青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「信長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信一郎~ ~信仰 信仰~ 信州~ ~信念 信念~ 信玄~ ~信用 信用~ 信者~
信長~
~信頼 信頼~ 俥~ 修業~ 修行~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俵~

「信長~」 4603, 50ppm, 2335位

▼ 信長~ (1473, 32.0%)

21 前へ 13 すがた 12 姿を 9 死を 8 ために, ほうへ, 前に, 命を, 耳へ 7 眼に, 眼は, 胸に 6 ように, 心を, 手に 5 側に, 許へ, 顔いろ

4 [15件] あとを, こころを, 代に, 令は, 兵は, 前で, 命によって, 天下を, 姿は, 方で, 死は, 第四子, 耳に, 退路を, 顔を

3 [29件] そばに, ような, 偉さ, 側へ, 名を, 命令を, 声が, 声の, 声は, 声も, 妹お市の方の, 子だ, 後を, 怒りに, 思うところ, 感情は, 方が, 時に, 本軍が, 機嫌は, 死が, 眉を, 眼には, 耳には, 草履を, 軍が, 軍は, 軍勢は, 馬前に

2 [96件] こと, ことばに, ことばは, ことばも, それは, ところへ, ほうが, ほうを, まえに, やり口を, ゆるしを, ようには, よろこびは, 一面に, 下の, 乞いに, 使者として, 俗名を, 偉大な, 先に, 全軍, 兵が, 処置を, 前を, 勤皇は, 厳命に, 同盟者だ, 名は, 命に, 喜悦は, 声と, 大軍が, 大軍に, 大軍を, 妹であり, 妹の, 姿に, 子の, 子供だ, 子供である, 安土の, 家来の, 将士は, 居城安土の, 屍を, 弟の, 弟信包の, 弟信行の, 御意に, 性急な, 性格を, 意に, 意を, 意中も, 意見を, 手から, 方針を, 旗幟を, 本軍は, 機嫌を, 死, 死によって, 死後は, 気に入らぬ, 気色は, 父, 父信秀が, 眉には, 真の, 真意は, 眼が, 眼にも, 第二子北畠信雄, 第五女, 管理し, 肚が, 背後を, 胸には, 胸の, 膝下に, 行き方, 覇を, 身に, 身を, 軍門に, 重臣瀧川一益が, 長所に, 陣へ, 陣代として, 陣門に, 霊に, 顔にも, 顔は, 首を, 馬首は, 駒を

1 [985件 抜粋] ああした気性, あいだへ, あっさりした, あの性格, いったことば, いるすぐ, いる前線, いわゆる, うしろから, うしろへ, うつけ振り, うわさを, おッ母さん, お守役, かたわらに, こういう顔つき, ことしあたりの, ことだ, ことばで, ことばを, ころだ, さかんな, さしず, すぐ前, せいとも, そういう複雑, その横顔, そばへ, それとは, ためには, ため薩摩に, つぶやきが, とむらい合戦, なしたこと, は英断, ひとみを, ほうは, ほか穴山梅雪長, まえには, まわりから, やうな, やること, よろこぶ顔, わきに, わきへ, ケチは, モリ役の, 一令によって, 一弟子という, 一族を, 一族岐阜中将信忠北畠中将信雄織田三七信孝柴田前田明智細川丹羽その, 一族彦七郎信興は, 一番偉い, 一身を, 一部将に, 一顧の, 三女を, 三男信孝と, 下向に, 不明を, 与党に, 世話ばかり, 乗か, 乞ひ, 予測を, 事業は, 亡きのち, 京都進出以来天下の, 人を, 今は, 代五年三年は, 代理として, 令も, 企画である, 休息小屋を, 伝記作者の, 位置は, 余りに烈しく, 使いとは, 使者から, 使者と, 使者どの, 使者も, 侍側が, 信寵を, 偉いという, 健康を, 側には, 側臣が, 側近から, 兄信広の, 先見と, 先駆けし, 公平と, 兵のみ, 兵力は, 兵威を, 内意も, 処刑の, 処置も, 出先を, 出現により, 出馬の, 分国, 列は, 到底頼むべから, 制覇に, 前後を, 前途を, 創意した, 力だった, 力は, 勃興勢力という, 勢から, 勤皇が, 卯月を, 厳罰を, 口から, 召しを, 台下まで, 右手へ, 同盟国で, 名には, 君寵浅から, 周囲味方の, 命で, 命令に, 哄笑する, 唱える志, 問いに対して, 問に, 嘆声だった, 嚇怒を, 四男於次丸を, 困却ぶりを, 在世中に, 在世当時安土城で, 坐を, 場合であったなら, 境遇に, 声しかも, 声である, 変にすら, 大切の, 大好きな, 大義を, 大軍は, 天下は, 天性に, 失ふところ, 奇禍は, 女が, 女も, 好みは, 好意を, 妹, 妹お市の方は, 妹が, 妹では, 妹婿である, 妻の, 妻子眷族を, 姿の, 威と, 威風や, 婿で, 嫌いの, 嫡子信忠であり, 嫡子信忠佐久間明智丹羽筒井細川などの, 子, 子では, 子らしく, 子三位中将信忠が, 子孫を, 守役として, 安土城をも, 室へ, 家来が, 家来でしょう, 家来どもは, 家臣か, 家臣で, 家臣として, 容子も, 宿営と, 宿直衆たる者は, 寛大を, 寵が, 寵を, 寵臣の, 将校中第, 小姓とも, 居候を, 居城へ, 居城清洲と, 居室の, 居間に, 居陣の, 崛起, 希望どおりに, 帰還の, 幕下に, 幕営の, 年頃とも, 幻想を, 幼少からの, 床几を, 座右に, 座所は, 延長と, 弔い合戦という, 引き揚げなどで, 弟九郎信治の, 弟信行と, 弟子だ, 影へ, 征旅の, 征旅は, 待って, 後天下の, 後継者さ, 従兄弟にあたる, 従兄弟因幡守が, 得意で, 御意を, 徳と, 心が, 心でも, 心に, 心の, 心へ, 心やりも, 心理を, 忠臣森蘭丸と, 怒りを, 思ふ壺, 性には, 性格としても, 性格的欠陥が, 恩命に, 恩寵を, 恩義を, 悠長な, 悩みは, 悪声を, 意の, 意中が, 意中を, 意志だに, 意思を, 愛僕であった, 愛家中の, 愛馬山月の, 感情では, 感情を, 慧眼は, 懇篤な, 成敗を, 戦いも, 戦争は, 戦法と, 所へ, 扇は, 扈従百余名は, 手へ, 手もとへは, 手早いこと, 手許の, 手際を, 扮装が, 折角な, 持ち前である, 指令に, 指示を, 掌に, 援軍などは, 攻めて, 放縦と, 政治方針が, 政略の, 敵たちは, 敵である, 敵と, 敵の, 敵は, 新しい勢力, 方から, 方へは, 方針が, 旗下は, 旗本も, 旨を, 昔を, 時代に, 時代実力が, 智か, 書を, 月辰, 望みを, 末を, 本営である, 本山である, 本拠安土を, 本軍と, 本陣の, 本陣を, 本陣法養寺だけ, 本陣龍ヶ鼻まで, 来臨という, 果断は, 極端な, 横死, 機嫌が, 次子北畠信雄や, 歓びかたは一通りでなかった, 正使として, 正式な, 正面に, 歩行の, 死とは, 死ぬる, 死去に際し, 死後六十何年か, 死後忽ち, 母の, 気が, 気も, 気もちとには, 気もちも, 気性が, 気持には, 気色から, 気難しさ, 沙汰を, 治下に, 法城本願寺が, 海外知識は, 清洲という, 準備は, 火元は, 為めに, 無眼無情, 焦躁を, 爲に, 父の, 父も, 父信秀の, 爽やかな, 独創を, 猜疑には, 猜疑を, 現われの, 理想へ, 生ある, 生きる途, 生みの子では, 生活も, 用意を, 用間に, 留守の, 発向としては, 盛んであった, 目附を, 直感と, 直書である, 直領地, 相続者は, 眉の, 真剣な, 真情を, 眼からも, 眼で, 眼ばかり, 眼を, 着用する, 祈願を, 禁圧の, 立ち触れが, 立場近畿の, 第三子, 第二子信雄, 策にて, 策戦功を, 粗暴を, 精神である, 紋です, 経営下に, 統業は, 統業下に, 総攻撃, 総見寺という, 縁者小さく, 肉親なりと, 肚を, 胸は, 胸を, 能事に, 臂に, 臣として, 臣下を, 臣羽柴筑前守秀吉に, 自戒であった, 至らなかったこと, 舞った敦盛, 苦痛が, 英才や, 草履取と, 落着きぶりであった, 葬儀と, 葬儀を, 虚を, 血すじな, 衆臣は, 行動に, 行動へ, 行状を, 表面的な, 被官の, 襲撃に, 西下を, 覇業の, 覇示にたいしては, 見るところ, 観るところ, 言は, 言葉の, 訊ねに, 許すところ, 評価を, 誓約書を, 誘いで, 諸国に対しても, 謹厳も, 警備の, 越前発向を, 足の, 足もとに, 跡に, 跡目を, 身なりそのまま, 身近な, 軍に, 軍ぶりは, 軍勢で, 軍立を, 軽率な, 近侍たちも, 近習たちは, 返事は, 退陣を, 逆境であった, 通過を, 進出は, 逸話的な, 過ちから, 違約を, 遺した事業, 遺児功臣多数が, 遺子たる, 遺子ひとりを, 遺業が, 遺臣なら, 遺臣中にも, 部下の, 部将は, 酒量は, 重臣であった, 野郎も, 長大を, 長子信忠を, 陣へは, 陣中に, 陣前に, 陣所の, 陰に, 雄略を以て, 霊を, 非業な, 面には, 面上にも, 面色も, 頃まで, 領土を, 領有する, 領民には, 顔が, 顔には, 顔も, 食客と, 首が, 首級を, 馬の, 馬前へ, 馬廻り衆小沢六郎三郎は, 駒から, 駒脚に, 骨肉を, 高い声, 鷹狩には, 麾下に

▼ 信長~ (987, 21.4%)

18 彼の 8 それを 6 急に 5 いった, また, 眼を, 自分の 3 そこに, 何か, 知って

2 [46件] あれで, いう, いったが, うなずいた, うなずいて, この大, これを, そこを, その手, その眼, それに, ちょうど二十歳, つぶやいた, もう岐阜, 二度も, 人を, 喜んで, 声を, 安土の, 安土を, 将軍義昭を, 屹と, 岐阜へ, 床几を, 弓を, 彼らの, 彼を, 思った, 意外な, 手を, 椅子を, 歩いた, 浮田を, 父の, 眼に, 空想家である, 笑って, 聞いて, 臣下の, 藤吉郎を, 見て, 諸将, 身を, 静かに, 駒を, 鷹狩に

1 [834件 抜粋] ああ申し, あくまで浮田, あたり隈なく, あっさり答えた, あなたの, あのすぐれた, あらかじめその, いきなりその, いきなり歩い, いくつだ, いただいたの, いっかな藤吉郎, いったん居室, いつのまにか衣服, いつもの, いながら, いま岐阜城に, いま食膳に, いわなかった, うしろへ, うなずいてから, うめいた, かえって彼, かかるあ, かならず乱脈, かの仏教, きっと向き, きのうから, けろりとした, こういっ, こう観た, ここに, このところ, このニグロ, この末世, この武田勢, これで, こんなこと, さきに, さすがに, さらに子, さらに改良, しきりにいった, すぐさま義昭, すぐその, すぐ察した, すぐ袴, すこしも, すでに五体, すでに足利将軍, すまない気持, せめて野望, そういう輿論, そういっ, そうした経験ずみ, そう見, そう観る, そちを, そのこと, そのただ, その中, その光景, その切っ先, その夥しい, その席上, その広い, その折, その敵, その日, その時確か三萬位, その月十日, その条件, その水野信元, その甚だ, その策, その精神, その老人, その要求, その間に, その顔つき, その魂, それが, それ一策を, それ以上ここで, そんな愚かさ, たえず威圧, たしかに命じた, ただ一人, ちがう, ちらと, つと床几, ともあれ眼はし, ともかく天下, どういわれよう, どうやらその, どう惜しん, なお, なお口, なお夜, ながめ入って, にわかに軍, はじめて彼, ひとり静か, ひどくそれ, ひらりと, ふたりの, ふといつ, ふとべつ, ふと眼ざめた, べつにまた, ほとんど全, まず, またぞろ長嶋, また一隅, また健啖, また哄笑, また嫡男, また少し, また決して, また沈思, まだ, まだひれ伏し, まだ一気にそれ, まだ眠っ, まだ舞っ, まだ衾, まったくことし四十九, まるで風, むしろ日吉, むむ, もうあらかじめ概算, もういつ, もうわが家, もう北近江, もう家, もう寝所, もう彼, もう昨日, もう浅井攻め, もう裸体, もう鞍, もとより前衛部隊, やがて爽やか, やすやすと, やはり信長, やや上気, やや斜め, やや駒, やられるだろうと, ゆうべも, ゆるして, よくした, よくも, よく唐突, よく来た, よろめいて, ろくにそれ, わけてもこの, われも, オルガンチノの, スルスルと, ホッと, ミヤゲに, 一五八二年その, 一室に, 一室を, 一族の, 一日ましに, 一日措く, 一書を, 一笑した, 一笑を, 一覧し, 一言に, 一隅の, 一領の, 三十七歳, 三十四だ, 三度目の, 不安だった, 不審な, 並木の, 主賓の, 久しき暗夜, 久秀に, 乱暴な, 予告なし, 二十九歳の, 二条を, 二条城に, 云い添えて, 京都堺を, 人一倍村重, 今こそ, 今や天下, 今切の, 今川義元を, 今正しく, 仕合わせ者でござる, 令し, 仰いで, 伊丹城を, 伯父では, 何に, 何やら苦念, 何人よりも, 余りの, 使いの, 侍臣たちへ, 信念し, 信玄の, 信長らしい, 傍らの, 僥倖とは, 光秀が, 入城する, 入洛し, 六ツ下の, 共に彼, 兵法の, 内には, 切支丹ぎらいではない, 初めて口, 刺客の, 労を, 勝家などの, 勝負は, 半歳の, 半開きの, 即座に, 叡山ひとつの, 叡山へ, 口尠ない, 口頭で, 可憐しい, 右を, 合掌し, 同じ諫言, 味方の, 咎めるよう, 哄笑を, 喰いかけて, 噛んで, 四十八歳なお, 四日目には, 囲い隔てて, 土に, 土地の, 地の利を, 地方の, 城外へ, 堤へ, 堪りかねて, 声の, 夙くから, 大いに歓待, 大きく頷いた, 大きな意義, 大介, 大声で, 大挙し, 大高城, 天井へ, 天正七八年頃から, 太刀を, 夫人の, 奉行を, 妙心寺で, 妹お, 始め信じない, 始終それ, 存外すげなく, 安土城内に, 安心, 安養寺には, 実にその, 実に若々しく, 家康に, 家康を, 家臣へ, 密かに, 寝たが, 實に, 将士を, 小大名, 小姓へ, 小鼓を, 少年の, 尾張一国を, 居ながらに, 居間の, 屋外に, 山を, 岐阜城に, 岡崎まで, 川舟で, 左右の, 左右へ, 平常から, 床几にも, 庭へ, 弥二右衛門に, 弾正忠と, 当り前な, 当時の, 彼にも, 待って, 後も, 後代の, 後詰の, 御辺, 微笑を, 徳川家の, 心から妹聟, 心を, 心憎く思った, 快く湯漬, 怒った, 思いどおりに, 思い出したよう, 思わずさけんだ, 怪しんで, 息が, 悪党に, 悪魔であった, 愉快そうに, 感心せぬ, 感泣し, 或る, 戦わない, 戦わなかった, 戦後の, 扇を, 手にも, 手討に, 抑えて, 拝伏し, 持ち前の, 携えて, 操作の, 教会の, 敢て, 敦賀まで, 料紙と, 断を, 新兵器, 新領主, 日々どんな, 日本中の, 時代を, 暇を, 暗然と, 書を, 望外の, 朝倉退治の, 本堂へ, 本願寺の, 東福寺に, 案外怒っ, 森佐々前田などの, 楼上の, 檜柄杓を, 欧州の, 正徳寺に, 正面から, 此方へ, 武骨な, 殺す必要, 気さくが, 気に入らないと, 気象の, 求めて, 決してあなた, 派遣軍と, 浅井の, 渚の, 湯殿から, 湯漬を, 満足そうに, 無口に, 熱田神宮の, 父逝く, 物の怪にでも, 狭量で, 率直に, 理知そのもの, 畏服させた, 癇癖で, 発令した, 白綾の, 皇室と, 直に父, 眺めて, 眼八分に, 着くと, 知らぬ顔目玉を, 碑を, 秀吉を, 稲葉一鉄を, 突き退け, 突然右, 突破を, 立った, 立派な, 笑いながら, 笑い声に, 笑みを, 箸を, 素直に, 経済上の, 罪を, 義元の, 義昭の, 義銀を, 考えこんで, 考えた, 耳を, 聴かずして, 肩を, 胸の, 脇息を, 腑に, 自ら斯波氏を, 自分から, 自嘲を, 自身で, 自身本丸に, 自身案内に, 舞の, 色白く, 苦慮した, 苦笑した, 茶の, 茶磨山の, 莞爾として, 蒼くなっ, 蔑むよう, 藤吉郎が, 虎御前山の, 螺鈿鞍を, 街道の, 表面の, 表面茶遊を, 要路要路に, 見直した, 見舞を, 覚えの, 観るの, 觀て, 訊いた, 討つとも, 許さない, 詳しいに, 誰もが, 諸国で, 謝し, 質子を, 赤沢殿以上放, 足早と, 躑躅ヶ崎の, 軍評定は, 迎え入れるに, 退けて, 逃げる美作, 通って, 道家の, 遠くから, 遠路の, 遮るもの, 那古屋の, 重臣を, 野田へ, 野良犬の, 鉄砲の, 銚子や, 長嶋の, 長政と, 長政反する, 間もなく寝所, 降って, 陸路の, 露地へ, 面を, 鞍によりか, 鞍を, 領主でない, 顎で, 顔を, 風呂の, 飽くまで近代的, 首を, 馬の, 馬市を, 馬頭観音堂の, 驚いた, 驚くよりも, 鬢の, 鷹を, 黙って, 黙然その

▼ 信長~ (362, 7.9%)

5 本能寺で 4 それを, 光秀に, 兵を 3 天下を, 彼を

2 [16件] ある有名, 京都の, 京都へ, 今川を, 出て, 天下統一らしき, 安土を, 微行で, 来て, 横死し, 横死する, 秀吉の, 秀吉を, 自分の, 自分を, 蘭丸に

1 [307件] あの天才的, あの寺, あるうち, あるし, いいつける命, いう, いうと, いうの, いかにこの間, いかに村重, いかに激怒, いかに畿内, いきなり云った, いそいで, いちど京都に, いった, いったらもう, いよいよ月, うわさを, お命, お市さま, かかる関心, きょうの, きょうも, ここへ, ここまで, ここ二年ばかりの, このとき, この世の, この事件, この古老, この国, この地方, この寺, この居城, この怪敵, この日, この書面, この様, さっさと行っ, しきり, したら信長, しばらく柱, そういっ, そう急き立てる, そう簡単, そう考え, そこで調子, そこらの, そなた, その二人, その初陣, その妹聟, その子信孝, その寵愛, それから, それとなく云った, そんな考え, ただこれ上総介, ついて, とたんに席, どう人, どう虚, なお他, なお何, なかったら, にわかな, はなしに, ひそかに, ひところ切支丹の, ひらりと, ふみ潰して, また例, まだ清洲, むりな望みという, もっとも急務, ものを, ゆるした程, ゆるして, よくいう, よく背, よく見ぬい, わがもの, バカヤロー, 一喝した, 一寸八分を, 一札入れ申せ, 一箇の, 三十に, 三軍を, 不徳という, 不愍に, 中国へ, 中島に, 丹下から, 乗り叩くには, 九分通り天下を, 二十七日の, 二条へ, 云い張った場合, 亡父の, 京都への, 京都を, 人相の, 今川義元の, 今日の, 今日まで, 伊勢の, 伊勢へ, 会って, 例の, 借用し, 働きを, 先づ京都に, 其将材を, 出向いて, 分裂し, 切歯し, 十六七歳の, 十年前庄内川の, 半生の, 取ったばかりの, 叛臣光秀の, 叡山焼打ちを, 名づけたところ, 名を, 呆れて, 命じて, 垂涎し, 城を, 城中の, 城主と, 堺の, 多大な, 多年手塩にかけて, 多年抱い, 大事を, 大兵を, 大坂, 大変目を, 天下に, 天下の, 天下第, 天主教に, 天成の, 婿に, 安土城の, 完成した, 客へ, 家康に, 家康の, 家康へ, 家康を, 寡兵を, 射る矢, 小姓たちを, 小谷の, 尾張に, 尾張半国から, 居を, 居城し, 屡, 岐阜の, 岐阜へ, 岐阜を, 帰ったあと, 帰ったの, 常に離さず, 広縁の, 建築した, 式台を, 引揚げる, 彼の, 待って, 後ろへ, 徳川家康の, 心の, 志業を, 怒ったの, 怒って, 怒りに, 思い寄る, 恐れて, 悪魔に, 愚かであったら, 感じて, 成敗し, 或る, 或時, 戦に, 戦わずに, 戻って, 所望じゃ, 扈従わずか, 手もとに, 手を, 指揮し, 授けた三千, 授けた軍配, 斎藤義龍の, 日ごろ義昭, 日吉に, 旧態を, 旧館を, 旨を, 明智日向守光秀に, 朝廷に, 本巣湖を, 本曲輪, 朽木越えした, 松千代を, 桶狭間で, 桶狭間へ, 極めて生活, 欲し, 正徳寺の, 武田勝頼の, 武門の, 死ぬと, 死ねや, 死の, 死を, 死んだの, 死去し, 殺された天正十年, 殺して, 比叡山に, 気に入りの, 決心のほどを, 河内城を, 泊まると, 法華や, 浅井朝倉を, 滞在し, 無かり, 無遠慮な, 熱田の, 父を, 王室の, 生れたところが, 生れ秀吉, 甲州凱旋の, 皇居を, 目標である, 真っ先だった, 真実打ち込ん, 眼を, 着京, 着座した, 禁裡の, 秘蔵の, 突として, 突然岐阜, 絶対の, 美濃を, 義昭に, 義昭を, 老人の, 老蝮, 考えて, 耳を, 聟入を, 自害を, 自身で, 舞うと, 船中で, 苦りきるか, 茶筌首, 落馬した, 行列を, 行動を, 衰微を, 襲せ, 見えたの, 見えて, 見こんで, 見て取つて, 訊ねて, 討死と, 諧謔した, 諸将, 謙信を, 貰うて, 起業の, 越前の, 越前経営以来の, 足下を, 足蹴に, 近頃は, 逆臣明智光秀の, 途中で, 道三の, 遠くから, 酒興に, 鍾愛し, 長嶋から, 長嶋の, 長嶋門徒の, 長政に, 除夜の, 領下に, 顧みて, 馬上で, 骨髄から, 鬼神なれ, 鼓構えの, 龍ヶ鼻へ

▼ 信長~ (258, 5.6%)

18 の御 13 のお 3 にお, に御, は蘭丸

2 [11件] なき後, に弓, のこと, のご, のもの, の命, の御意, はじめてこれ, へのお, へ弓, を失った

1 [196件] からいたく, からお, からさほど, からその, からもまたなく可愛がられ, から拝領, から烈しい, から特に, から罪, から賜う, が, があれ, がえ, がお, がお越し, がこれ, が世に, が何故, が君臨, が天下, が安土, が強いる, が御, が死なれた, が短気, が美濃, が自身攻め, が至極, こそは名, こそ稀代, だ, であった, であった場合, でさ, でなくては, とかつぎあげ, としては心から, となり, とのよしみ, とはいったい, とはかかる, とはたいへん, ともある, とも同座, と結べる, と那古屋城, と長政公, などが覇, におかせられ, におす, にお目にかかった, にこの, にたいしてお, にとってかわりてん, にはこの, には信長公, には御, には黒田どの, にむかい, にも, にもお, にもお茶, にもその, にもっとも, にも御, にも申しわけ, にも買われ, によう, に二心, に仕え, に対し反旗, に屈する, に差し上げ, に拾われ, に献じ奉ります, に目通り, に直接, に至っ, に謁, のあと, のおおせ, のおられる, のおん妹君, のお越し, のさし, の一兵, の不, の不慮, の亡き, の仕方, の使い, の偉材, の先発, の処置, の前, の命令通り, の図南西覇, の在天, の執拗, の多年, の大業, の天下, の婿, の嫡孫三法師殿, の家臣, の小姓, の弔い合戦, の後, の御前, の御恩顧, の御身, の御馬前, の忌諱, の忍び役, の志, の思し召し, の恩命, の悪い, の悪口, の感情, の招き, の暗愚, の死, の滅落, の目通り, の知遇, の膝下, の許, の身内, の遺子, の門葉, の面前, はぎふ, はこう, はそんなに度々, はただ, はてまえ, はまだ, はわし, はわずか, は事もなげ, は何事, は先ごろ厠, は将来, は此, は毎年四月, は河遊び, は物事, は科学的, は聞きし, は荒木, は達者, へ, へお, へこの, へごらん, へたいして, へ対し, へ援軍, へ讒した, ほどな, も, もさすが, もまた, もよも, もわるう, も及ぶまじき, も実によく, も家康公, も御, も思し召しつらん, も本能寺, も満足, やこの, よりお, よりかたい, よりは信行様, より中国, より勢州, より命, より御, より生前功, を, をたばかり, を中心, を始め味方, を安心, を弑逆, を措い, を故, を殷, を見ろ, を離れ, 御せいきょのことはかくべつ, 御在世中, 故あつて管内

▼ 信長~ (254, 5.5%)

4 謁し 3 むかって

2 [13件] 似て, 取っては, 向っては, 報告し, 従いて, 従って, 濃姫を, 謁した, 謁見した, 謁見中国征伐を, 近づいて, 随身し, 顔を

1 [221件] あった衆望, ある, いだいて, いったいどんな, いや全, くだって, くれい, この, ささやいて, さし出して, しては, しても, しばらく貸し, しろ豊臣秀吉, すすめた, すすめて, その志, その悠長, たいしかく, たたかれると, たよ, ちがいない, つくもがみの, つづけ, とれば, どこか, どれほど, なみだ, なんの, まみえたの, まみえるとき, まみえる前, まみえんや, めあわせた, ゆるさなかった, よく話した, 三度や, 不利である, 不愍がられ, 与えて, 乞い彼の, 事の, 云った, 亡ぼされた斎藤家, 亡ぼされた永禄六年, 仕えた修理亮康豊, 仕えるまでの, 仕える前, 仕え次に, 仕へて, 仕へるまでの, 仕へる迄は, 代って, 会うも, 会う前, 会おう, 会って, 伝えると, 似せようという, 供え遺物, 信じて, 働きかけて, 先だって諸般の, 全軍みな, 内通し, 内通した, 分捕られた上, 別辞を, 勝つみこみ, 厚かった, 反いた, 反き, 反意, 反抗を, 反旗を, 取つて, 取り次いで, 取り立てられ柴田, 叛い, 叛いた, 叱られた位, 同情を, 名を, 向い直して, 向って, 向ひ, 告げ知らせその, 味わえと, 味方し, 呼ばれると, 呼ばれ信長, 和し, 嘆願書を, 声を, 売り込んで, 奔れよ, 奨めるには, 好感を, 委嘱した, 媚びて, 学ぶならば, 密勅を, 対抗し, 対抗する, 将来が, 就て, 平定せられた, 幸した, 庇護され, 征せられた蒲生賢秀, 御推挙, 忌まれる要素, 思い合わせ鵯, 愛された頃, 憐れを, 手ずから受取っ, 手出しが, 抗しきれるもの, 抗しここ, 抗戦した, 招かれたらしいが, 拠って, 拠っても, 捧げよ, 接して, 擁立され, 攻められたの, 敵しがたき, 敵するわけ, 敵抗し, 断念を, 有無を, 服従した, 楯つく, 楯突くの非, 槍を, 正式の, 歩みよりこちら, 殉じた, 殉じて, 殺されかけたの, 殺された, 殺されたの, 殺されて, 比し滅多, 深く愛され, 滅ぼされたところ, 濃く伝わっ, 犬千代の, 献じ信長, 献上した, 献言も, 生命をも, 用いられて, 用談が, 異心, 疑われて, 疑惑の, 目見得し, 目通りした, 眼通りを, 続いて, 義を, 翻弄され, 背いた, 能うかぎり, 至っては, 至る戦国時代, 良い家来, 菅莚を, 蘭丸は, 衝かれたよう, 見せた処, 見せると, 見出されかけて, 見出されたこと, 討たれたろうし, 討たれて, 討ち取られん, 託して, 詫びを, 詫び秀吉, 認められて, 説いて, 諫言でも, 諭し給わらんもの, 謁見せしめた, 譲れと, 負けじと, 身を, 近づかぬ間, 近づきいきなり, 近侍し, 近江に, 追いつめられて, 逐落された, 通じたとき, 通じた寺部城主鈴木重教, 通じて, 通じ土着, 道三の, 酌を, 重用され, 附いた, 降って, 降るが, 降伏し, 降伏を, 降参し, 限らず居並ぶ一統, 随身した, 随身なし, 離叛し, 面接を, 面罵され, 頤使され, 頼った方, 頼られたの, 頼りきらぬも, 飜弄された, 首を

▼ 信長~ (185, 4.0%)

8 して 3 訪ねて 2 さして, たずねて, 中心として, 中心に, 主君と, 奔命に, 怒らせたもの, 父とも, 見て, 頼りもし

1 [154件] あきらかと, うらむ心, ここに, この土, なだめるには, のぞいて, はじめすべての, はじめ行軍の, はじめ諸, ひき止めて, みな自分の, めぐる幕将たち, もって, よく知りぬい, ホーフツさせる, 一挙に, 一朝に, 一頃は, 中央に, 主と, 主柱として, 亡き者, 亡し, 京都に, 仆さんと, 仏法破壊の, 作って, 信じろ, 倒した以上, 倒せ, 凝視した, 出し秀吉, 刺し有るとも, 刺そうとして, 勇気づけて, 呆気に, 呑みきって, 味方に, 営中に, 嘲弄し, 困らせたが, 囲む田舎武士, 囲んで, 圧して, 夜空に, 天下の, 天性の, 失いまた, 始めとして, 始め安土の, 孤立せしむべく計った, 客観し得られる, 宥め和睦, 屈伏させ, 平常に, 廃嫡し, 弑逆した, 引寄せお, 後世総見院殿と, 忌み呪う門徒, 忌むよう, 志しては, 忠臣として, 急きたてた, 恃み, 感奮勇躍せしめる, 憎しと, 扶ける, 招じ, 拝した, 挾撃する, 排撃せん, 撃つ, 撃つため, 撃捕る, 攻めんと, 攻撃し, 救うべき機, 敵と, 暗愚と, 暗愚の, 本尊として, 正解し得ない, 殲滅すべきである, 殺した, 殺したという, 殺すこと, 殺す前, 殺す機会, 殺せば, 気どって, 洛中にも, 滅そうと, 濃姫の, 物足らなく, 狙撃した, 狼狽させた, 生れしめたの, 産み秀吉, 畏怖させ, 盲と, 破らなければ, 称う, 窺う敵, 窺う眼, 窺ひ撃たん, 笑は, 繞って, 罵って, 育てたオモリ役, 育てた老臣平手中務, 臆面も, 自分の, 苦しめて, 裏切って, 見, 見くびって, 見ぬいた, 見よ, 見るは, 見捨てかけて, 親類扱いに, 観て, 解く鍵, 討たんこと, 討ちさえ, 討ちとって, 討ち取る, 討ったる心, 討った酬いを, 討って, 討つ, 討とうが, 討とうとして, 訪ねても, 訪ねるわけ, 訪問し, 評したいに, 誘いだして, 諫めた, 諫めて, 諫める, 譏り森右近丸, 賞める, 超えて, 踏み潰して, 迎えた荒木村重, 退治し, 離れて, 離れ一夜, 離反し, 頼むと, 頼むよりも, 頼らなければ

▼ 信長~ (136, 3.0%)

4 秀吉も 2 あきれ顔, それを, 相当に

1 [126件] あらためてそれ, いう, いけないよ, いた旧, いった, おろそかには, お市の方の, お風呂, きょうは, けっきょく, この二人, この戦い, この時, こんどの, さきほどから, しんから, すぐ左右, そこに, そこへ, その事実, その夜, その視線, その間に, それ以上無下に, たしかにそれ, ついに, ついに一緒, ついに敵, ついに達人, つねの, ない笑い方, なく今川義元, なにも, ひそかに, また, またそうした, また一部, また使臣, また少年, また彼, また眼, また親しみ, また豪奢, まだ漲り, みな天下を, めで, 一国の, 一生胆に, 一箇の, 一臣子自分も, 予想し, 予期し, 今川風の, 以後は, 以来沈黙し, 何か, 信長, 充分に, 光秀秀吉も, 共に聞こう, 切支丹に, 前には, 参るでしょうから, 参拝し, 図面の, 多事なれ, 多忙であった, 大きく買っ, 大勝の, 大安心, 大感悦で, 失念し, 奥に, 始めて, 容易に, 寄附者の, 岐阜へ, 幼少から, 度胆を, 弑されるだろう, 待ちかねて, 後で臨もう, 御民, 心から満足, 心の, 快然, 怒りを, 思いきった, 悪党ぶりには, 愉快であった, 愛し信忠, 於犬於犬と, 昔の, 昨夜来ほとんど, 時には感慨, 本能寺一夜の, 歓んで, 氷の, 汗みずくに, 深くは, 無碍に, 皇室の, 真実は, 眼の, 神仏の, 自服, 自然不, 自身山上へ, 舌打ちした, 苦笑し, 苦笑した, 苦笑する, 血と, 見直した, 許したが, 謡った, 負けない気, 近日には, 近日の, 近頃うれしい, 都から, 長政を, 陣を, 驚いて, 髪を, 黄母衣の

▼ 信長~ (79, 1.7%)

8 のお 5 の御 3 のご, へお 2 にお

1 [58件] からお, からのお, からは愛しい, から今夕, から名氏, から拝領, から申され, が, がか, がこの, が世評, が初めて, が安土, が常に, が御, が私財, だ, です, で治まるだろう, という英主, といえ, と対面, と拝, と浅井家, におかれ, には, にはお, には密か, には御, には浅井家, にもこれ, にも決して, に一度, に仕えたら, に弓, に従い, に敵対, に次いで, に近づかん, に随身, のいらせられる, のおす, の代参, の大奥, の家来, の弱点, の徳, の業, の烱眼, の育ち, は総じて, へ対し, ほどな, も生前, も知らぬ, よりお, をおい, を頼っ

▼ 信長~ (74, 1.6%)

2 同盟二十年間ついぞ, 家康が, 肩を

1 [68件] いい柴田, いうものの, うまく結ん, おれとは, すれば, そう変らない, その前後, ただ二人きりで, ただ服従, ちがい戦はきらい, ちがうよう, ちがって, ひとつに, 一緒に, 争うほどの, 云い交わした当初, 会ったこと, 会って, 会見した, 信玄の, 兄信忠の, 兄弟分の, 光秀とは, 別れてからは, 刻込まれ, 勝入とが, 十八歳に, 同じ大所, 同一の, 名を, 名乗る人間, 天下を, 天正の, 好一対百二十五まで, 宗易に, 対座し, 対立し, 対立した, 対等に, 対面した, 平等に, 彼との, 彼の, 彼らの, 御小人仲間, 戦端を, 攻守同盟を, 最後の, 池田勝三郎と, 海道第, 清須城に, 相結んだ, 知ったの, 知ると, 秀吉と, 秀吉とは, 秀吉に, 約したよう, 結んだ家康, 絶縁せん, 縁者と, 自分との, 蘭丸だけの, 語り合って, 謀って, 軍議に, 隣交を, 駿遠

▼ 信長から~ (69, 1.5%)

2 それを, 勲功の, 拝領した

1 [63件] いいたい, いわれたことば, いわれたの, いわれたよう, いわれて, こういう言葉, こう口, これほど, そういう恩命, その寛大, で越前, ゆるしが, 一個の, 一粒の, 下は, 与えられた禄高, 中国の, 中国攻略の, 主人に, 云い出した, 任命される, 何かという, 六曲一双にわたる, 出て, 出るので, 労られた, 向けられた出迎え, 呼び出される前, 委嘱された, 宥され, 家康を, 寧子へ, 射向けるの, 幾度と, 彼に, 感状を, 慇懃を, 拝領し, 拝領物の, 指令を, 援けに, 於蘭ひとつ小舞せいと, 明智家に, 望外な, 柴田が, 楽屋へ, 歓心を, 正面を, 水軍の, 洲股へ, 特命を, 発令された, 直接この, 直接に, 眼を, 祝賀の, 秀吉時代にわたる, 突然こう訊かれ, 観て, 診せに, 身を, 重用され, 高松城の

▼ 信長~ (64, 1.4%)

4 向って 3 宛てて

1 [57件] いう前, いまの, こう促した, こう申し出, それを, たずねてから, ひと口の, また信長, 一刻も, 三人の, 人払いを, 伝えた, 使いを, 促して, 働きかけ以後久しく, 加勢として, 反意, 取次を, 向つて, 報らせ, 嫁した, 宛てた将軍家, 対して, 対坐し, 希望した, 帰伏し, 帰服する, 従一位太政大臣を, 復命し, 懇願し, 手ミヤゲの, 拝礼を, 拠ったの, 捧げた, 故なき, 明らかに, 服従を, 款を, 献じた, 献じたの, 甲州の, 知らせい, 神酒を, 綸旨と, 聞えて, 要請し, 見参とともに, 訴えた, 訴えると, 質して, 近づき信長, 近づく機会, 返上し, 通じたいと, 遠くから, 降伏を, 願わく

▼ 信長自身~ (32, 0.7%)

1 [32件] か今, がそうした, が出馬, が家康, が点前, が近習たち, すら兵事, でさえ槍, ですら, ではあるまい, で見た, のうち, のお家, のその, の動静, の口, の性格, の施政, の朝夕, の来援, の胸, はその, はまだ, は一夫一婦, は洛中, もそう, もまた, もまるで, もやがて間もなく, も出馬, も江州, 約五千

▼ 信長という~ (28, 0.6%)

5 人は 2 ものが, 者が

1 [19件] おそろしく破壊的, ただひとりの, はなはだ独創的, ひとの, 主体あっ, 主柱, 人について, 人の, 人を, 半キチガイ, 名門の, 大将の, 奴は, 存在は, 対立的な, 悪魔の, 明快きわまる, 男は, 者あり

▼ 信長には~ (28, 0.6%)

1 [28件] こうしか, ごく内密, すぐ察しられた, その豪放, まつたく適, もう内室, 主君としてばかり, 亡き父, 今が, 仕え申さん, 何となく気, 信念は, 初めから, 勝ち得ない, 地方の, 子供も, 張りあいが, 愉快に, 持って, 捨てられた, 新春と共に, 物足らないらしく, 用心ぶ, 直接的な, 見られなかったところ, 解せぬ, 誰よりも, 近代人的な

▼ 信長~ (24, 0.5%)

3 秀吉の 2 秀吉が, 秀吉は

1 [17件] 一蜂須賀の, 三河の, 信長の, 偲ばれん, 唐姫の, 太閤や, 家康から, 家康が, 家康よりも, 平將門, 早雲, 木曽義仲は, 秀吉ほどの, 秀吉を, 自分の, 藤吉郎の, 豐太閤の

▼ 信長とは~ (23, 0.5%)

2 何者である, 旧来の

1 [19件] いかなる大将, かくの, すでに見知りごしである, そんな人, どうしても心から提携, どんな男, 乳兄弟な, 乳兄弟に, 似ても, 健康の, 合わなかった, 大いに趣, 思わなかったが, 恐らく知らなかったろう, 款晤の, 親しく会い, 違う今, 長年昵懇な, 骨の

▼ 信長との~ (15, 0.3%)

2 二十余年の, 同盟に, 和睦を 1 あいだが, 今朝の, 会見に, 君臣の, 対照は, 戦では, 最後の, 謁見は, 間の

▼ 信長としては~ (12, 0.3%)

1 [12件] いわゆる士, その返礼, それが, それも, ときどきその, 何物にも, 大出来, 明智光秀や, 最大な, 極めて生ぬるい, 現職の, 甚だじれったい

▼ 信長にも~ (12, 0.3%)

1 [12件] あったもの, その点, ない秀吉, やや淋しい, 乞い彼女を, 何とぞ恩爵, 名分あり, 従四位下右兵衛督へ, 御敬服, 愛せられ秀吉, 目通りし, 見せたいと

▼ 信長秀吉~ (12, 0.3%)

1 [12件] からは将来, などの戦国時代, に会っ, に対して, の手先, の時, の殊寵, の眼, の鋭鋒, の鼻, は事, を起せし

▼ 信長より~ (10, 0.2%)

1 さしあげた十七ヵ条, さしずが, 一つ下秀吉より, 先に, 先へ, 八ツも, 前は, 加勢を, 家康への, 褒美ぞと

▼ 信長にとっては~ (8, 0.2%)

1 ここは, ことしの, すべては, もう一つ, やはり一つ, 大事な, 敵であっ, 生れてから

▼ 信長への~ (8, 0.2%)

1 供養に, 単なる反感, 取次を, 報告を, 忠勤に, 批判や, 離反を, 領民の

▼ 信長からの~ (7, 0.2%)

1 お迎えとして, 援軍としては, 数々の, 来状だった, 近習が, 長い手紙, 餞別の

▼ 信長~ (7, 0.2%)

1 が中原, が高価, とご, にもまた, のお供, もご, より羽柴家

▼ 信長~ (7, 0.2%)

1 から京都奉行, ではそれ, に接収, の兵, の槍, の軍, はいくら

▼ 信長~ (6, 0.1%)

2 家康で 1 あつた, この主君, さえ眼, さえ自身

▼ 信長では~ (6, 0.1%)

2 ない, なかった 1 なくて, 持ちきれないと

▼ 信長でも~ (6, 0.1%)

2 風流も 1 あった, なかった, なく国主, 少々手

▼ 信長どの~ (6, 0.1%)

1 にはすでに, のお, の使い, の故智, の数寄, は

▼ 信長~ (6, 0.1%)

2 のである 1 のであった, のでズバ, ので長門, のも

▼ 信長に対する~ (6, 0.1%)

1 依存の, 加勢として, 報告が, 彼の, 森蘭丸と, 畏敬は

▼ 信長~ (6, 0.1%)

1 が, であった, の池田勝三郎信輝, は二, は大いに, を三人

▼ 信長秀吉家康~ (6, 0.1%)

1 があれ, とあわただしく, という世界歴史, に至る, もいい, を除け

▼ 信長その~ (5, 0.1%)

1 いずれも, とき二十八だ, 人について, 故を, 次は

▼ 信長にとって~ (5, 0.1%)

1 およそ始末, 実に何もの, 常に心, 折から, 決してそう軽視

▼ 信長ひとり~ (5, 0.1%)

1 だけでなく, では受けきれない, にて舅殿, の装束, 大宴

▼ 信長以上~ (5, 0.1%)

1 そういう諸, に不遜, のもの, の人物, の暴虐

▼ 信長以前~ (5, 0.1%)

2 の戦国乱世 1 の乱脈, の状態, の老練家

▼ 信長勢力~ (5, 0.1%)

1 と毛利圏内, の壊滅, の発展, の組織改変, を駆逐

▼ 信長殿~ (5, 0.1%)

1 かと遠く, というお方, のお, の禄, よりほか

▼ 信長さま~ (4, 0.1%)

1 が宣教師, が本能寺, にお, にもさも

▼ 信長であった~ (4, 0.1%)

1 から惜気, とは後で, に相違, 秀吉であった

▼ 信長に対して~ (4, 0.1%)

1 冷やかな, 反抗を, 立ったまま, 義を

▼ 信長何者~ (4, 0.1%)

21 ぞと誇っ, ぞ家康

▼ 信長信忠~ (4, 0.1%)

1 の手勢ども, の指揮下, の父子, の血

▼ 信長時代~ (4, 0.1%)

1 からのこの, から桃山期, となり, に京都

▼ 信長麾下~ (4, 0.1%)

1 の名将, の宿将たち, の武将, の諸

▼ 信長~ (3, 0.1%)

1 秀吉だった, 秀吉だつた, 秀吉時代に

▼ 信長ずれ~ (3, 0.1%)

1 が何, に和, の駆使

▼ 信長として~ (3, 0.1%)

1 この時, 今それを, 正に忍ぶべから

▼ 信長なら~ (3, 0.1%)

2 で誰 1 ば必ずや

▼ 信長なる~ (3, 0.1%)

1 を今, 一箇の, 者以外に

▼ 信長ほどの~ (3, 0.1%)

1 大丈夫も, 者が, 荒武者に

▼ 信長~ (3, 0.1%)

1 の兵, は生来, を討っ

▼ 信長よりは~ (3, 0.1%)

1 その近臣, もっとそち, 大人の

▼ 信長よりも~ (3, 0.1%)

1 おそかった, こういう人, 太

▼ 信長以外~ (3, 0.1%)

1 にご, になす者, に持ち合わせ

▼ 信長家康~ (3, 0.1%)

1 の士酒井左衛門尉忠次, の方, 両旗

▼ 信長晩年~ (3, 0.1%)

1 の夢, の妄想, の設計

▼ 信長~ (3, 0.1%)

3 一の

▼ 信長~ (3, 0.1%)

1 から多額, に負け, の主力

▼ 信長ある~ (2, 0.0%)

1 ことを, の所以

▼ 信長からは~ (2, 0.0%)

1 いえるの, 幾度も

▼ 信長こそ~ (2, 0.0%)

1 わが子以上の, 道義の

▼ 信長さえ~ (2, 0.0%)

1 も散々, 持て余した手術

▼ 信長だけ~ (2, 0.0%)

1 であった, では

▼ 信長だけは~ (2, 0.0%)

1 その正反対, 例外に

▼ 信長だった~ (2, 0.0%)

1 かどう, のである

▼ 信長である~ (2, 0.0%)

1 がその, こという

▼ 信長とか~ (2, 0.0%)

1 時代の, 朝倉家とか

▼ 信長とが~ (2, 0.0%)

1 四方の, 岐阜城中で

▼ 信長とき~ (2, 0.0%)

1 てはお, に三十四

▼ 信長とて~ (2, 0.0%)

1 ケチな, 何の

▼ 信長とても~ (2, 0.0%)

1 乗りつぶれぬ, 否定の

▼ 信長とも~ (2, 0.0%)

1 あろう時代, 親しかった

▼ 信長などの~ (2, 0.0%)

1 すること, 陣中生活を

▼ 信長などは~ (2, 0.0%)

1 呉清源的な, 望んでも

▼ 信長にかけて~ (2, 0.0%)

2 賭博を

▼ 信長について~ (2, 0.0%)

1 入洛し, 新城の

▼ 信長によって~ (2, 0.0%)

1 或る, 飛躍的に

▼ 信長に従って~ (2, 0.0%)

1 各処, 赴いた北陸

▼ 信長はに~ (2, 0.0%)

1 ことうなずいた, ことながめ

▼ 信長へも~ (2, 0.0%)

1 信忠へも, 書を

▼ 信長ほど~ (2, 0.0%)

1 な器量, な良い

▼ 信長もち~ (2, 0.0%)

1 と疲労, と眠る

▼ 信長らしい~ (2, 0.0%)

1 人だった, 解決を

▼ 信長一人~ (2, 0.0%)

1 の盛装, をもっ

▼ 信長一行~ (2, 0.0%)

1 がここ, のため

▼ 信長主従~ (2, 0.0%)

1 の微行, はもう

▼ 信長亡き~ (2, 0.0%)

1 あとの, あと今や

▼ 信長仕込み~ (2, 0.0%)

1 という, の小

▼ 信長以下~ (2, 0.0%)

1 の, 続々と

▼ 信長以来~ (2, 0.0%)

1 の宿題, 睨まれて

▼ 信長依存~ (2, 0.0%)

1 の交渉, の魂胆

▼ 信長~ (2, 0.0%)

1 の要点, を得たであろう

▼ 信長~ (2, 0.0%)

1 がいる, に将軍弑逆

▼ 信長公存命~ (2, 0.0%)

2 のころ上洛

▼ 信長分子~ (2, 0.0%)

1 が多い, と毛利家

▼ 信長~ (2, 0.0%)

1 な強圧主義, な戦法

▼ 信長聯盟~ (2, 0.0%)

1 の三本山, の構成

▼ 信長~ (2, 0.0%)

1 と浪華, の如き

▼ 信長逝き~ (2, 0.0%)

1 中旬山崎に, 光秀去っ

▼ 信長~ (2, 0.0%)

1 の聯合, 替の

▼ 信長青年頃~ (2, 0.0%)

2 の世相

▼1* [190件]

信長あわれんでその, 信長いかに虎狼の, 信長いま覇を, 信長かと思えば, 信長かなもしあの, 信長からも随身を, 信長ぎらいで一貫して, 信長ここまで馳せつけ, 信長この時賽銭を, 信長こんどは過った, 信長ときに, 信長ごとき一地方の, 信長さえどこを見, 信長さっそくに馳せくだろう, 信長すら手を, 信長たちはさも, 信長たとえ一目なり, 信長たりと足利義昭を, 信長ッ, 信長だつたが甲斐, 信長だの秀吉てえ, 信長ッとも, 信長でありまして織田信長, 信長でしたからね, 信長でなくても世の中, 信長といふ題で, 信長としても思いきった抜擢, 信長とを並び立たせた今, 信長なき後秀吉にとって, 信長など濫用の, 信長なども其一人で, 信長なり依て某, 信長なればこそ於犬於犬, 信長にさえ多年仕え, 信長にたいする恨みという, 信長にだってある, 信長につき従った家来, 信長にてござる, 信長にとっての最大の, 信長にとっても官兵衛にとっても, 信長にまで申し出た台所方, 信長によつて遂げられた, 信長に対し死を, 信長に対しては誰も, 信長に対しても秀吉に対しても, 信長のきげんを, 信長のみならず四隣, 信長のみのものだつた, 信長のみはどうした, 信長はかぶりを振っ, 信長はじめそち達の命日, 信長はじめみなお嗜み, 信長はじめ人々はそういった, 信長はつねに京都, 信長ばかりでない, 信長びいきと, 信長また清須から, 信長までが寺の, 信長みずから名乗って, 信長めずらしく戴きました, 信長もにこと頷いた, 信長やがて岐阜に, 信長をてきに, 信長サンのお, 信長出動モナキハ, 信長猶前線ニ止マレルヤ否ヤ, 信長一個を出, 信長一族としては嫡子信忠, 信長一箇を討つ, 信長一身のため, 信長一鉄の鑑識, 信長一門のさい, 信長一騎を追いかけ, 信長三河には家康, 信長上洛の催し, 信長乗馬の鞍, 信長予てから武田の, 信長にも信長, 信長しと, 信長亡きこのかた特に, 信長以下岐阜を発した, 信長以下席についた, 信長以下接待役の丹羽長秀, 信長以下援軍の全, 信長以下殉難の将士一同, 信長以外誰も信盛, 信長以後黎明期の時人, 信長上秀吉的な, 信長侍坐の諸, 信長保険の利息, 信長信忠村井春長軒父子燭はすず, 信長個人の言, 信長偉い武将だ, 信長兄信忠の霊, 信長先ず焼香の, 信長光秀秀吉の三人物, 信長入洛の事, 信長公みずから御出馬, 信長公ヨリ御感状, 信長公一人にては候, 信長公信忠卿のお, 信長公秀吉公東照宮様と代, 信長其業をつぎ, 信長でて, 信長を与え, 信長初めて敗戦の, 信長勃興の地, 信長勝つと見る, 信長勝頼の両, 信長十九である, 信長印形を造らせた, 信長卿ハ清水寺ニ在, 信長同様長槍, 信長同盟の張本, 信長味方の全, 信長の連繋, 信長圏内ではまだ, 信長在る地上からは, 信長在世中中国征伐の大将, 信長をあららげ, 信長大いに行状を, 信長天下を統一, 信長天守の上, 信長始め安土衆のあ, 信長存命の限り, 信長守山に在る, 信長安養寺に此, 信長対上杉というもの, 信長居城の岐阜, 信長左様に仰せられる, 信長幕下でも一城, 信長広間に出, 信長弓矢をとる, 信長当方へ打入り, 信長愛誦の唄, 信長成功の理由, 信長所持の茶入小茄子, 信長承知はいたした, 信長政治を怖, 信長棄てて置かれない, 信長歿後の妙心寺, 信長の中, 信長法要が着々, 信長の一環, 信長であった, 信長を流し, 信長清須の主家織田氏, 信長に入ら, 信長生害の事, 信長町人の秀吉, 信長直ちに使を, 信長直属の陣中, 信長秀吉光秀などの当, 信長秀吉家康三代にわたる日本統治者, 信長秀吉等は皆朝廷, 信長稲葉の功, 信長笑わせ給へば, 信長が予想, 信長の武将, 信長終生熱愛の, 信長織田麾下へ急, 信長義昭につづい, 信長聞いて, 信長を屈し, 信長自体の手脚, 信長自筆の問責状, 信長自身あとではすぐ, 信長自身兵をひきい, 信長自身参ろうと存ずる, 信長自身拝受に出, 信長自身演技に立ち, 信長に塗りつぶされ, 信長行為と誹られる, 信長て所望, 信長見ると面体, 信長記浪華の春雨, 信長調伏の旗, 信長をもっ, 信長迂愚の策, 信長退治のふれ, 信長重ねて朝倉, 信長長兄信忠の死, 信長にはなお, 信長領地の坊主, 信長頼むに足らぬ, 信長頼朝の諸公, 信長顧みれば決死, 信長風情に屈する, 信長から下り, 信長鷹野で小鳥