青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~何度 ~何故 何故~ ~何時 何時~ 何時も~ ~何物 ~何等 何等~ ~何者
何者~
~何處 ~余 余~ ~余り 余り~ ~余りに 余りに~ ~余地 余地~ ~余程

「何者~」 2902, 30ppm, 3904位

▼ 何者かが~ (287, 9.9%)

4 忍んで 3 ある, いて, 住んで, 忍び込んで, 私の, 自分の

2 [23件] あって, いたこと, いたずら半分に, いる, その窓, それを, やって来て, 人を, 外から, 屋根伝いに, 廊下の, 彼の, 彼女を, 懐中電灯を, 暗闇の, 本當, 潜んで, 私を, 自分を, 近づいて, 追って, 階下へ, 顔を

1 [219件] あちこちと, あなたの, あの, あの品物, あの部屋, あやか, あらかじめ彼, いた, いち早く放火, いること, いるの, いるらしいこと, うしろから, うしろに, うしろの, おみよ, おりそう, お嬢さんを, お悦, かきまわして, かけたこと, かなづちで, きゃーっと, くんづほぐれつして爭つて, ぐっとつかんだ, こう呶, ここから, こちらへ, こっちへ, このスコープ, この人骨, この女, この家, この小屋, この建物, この月, この窓, この部屋, これ等の, しかも帆桁, しのび入って, じぶん, すがり寄る気, すぐ目, そうしろ, そこに, その体, その双生児, その坂路, その斧, その樹, その着物, その石塊, その草履, ために, ちょうど今, つかつかと, どれよりも, ひそんで, ふいに, ぼくにね, また何, やったの, コッソリ呉青秀の, ヌウッと, バタバタと, パッと, マンの, 一方の, 一時は, 上から, 与えて, 両腕, 事実問ひ, 人さわがせ, 伊兵衛の, 何かを, 何処かで, 何者かを, 傍から, 傍に, 先ごろの, 先生の, 入り来らむとしたる際, 入り来りて, 全然同様, 六波羅へ, 其月を, 出入りした, 前へ, 動いて, 博士の, 又斬っ, 取り出して, 右手の, 向かって, 喧嘩師茨右近先生を, 喰べでも, 嘲笑し, 囁いて, 囃して, 土管を, 壁に, 声を, 壺を, 夫人を, 奥から, 妖怪的な, 始め出した, 姿を, 嫡子を, 室内へ, 家の, 小使に, 少年探検隊を, 居て, 巣を, 工場の, 帳場と, 庭に, 当屋敷, 形の, 彼に, 彼には, 彼女の, 彼等より, 往来から, 後ろから, 後醍醐の, 忍び入った形跡絶無, 忍び入り家探しを, 忍び入り床下を, 忍び込むとか, 忍び込んだもの, 忍び込んだらしい形跡, 忍入っ, 想像されぬで, 戸の, 手に, 手を, 投げ込んで, 拳銃を, 掠めて, 攻撃し, 旗田鶴彌, 暗の, 書きちらして, 書斎に, 最初の, 木の, 本館の, 来たわけ, 来て, 東京じゅうの, 松井田の, 森の, 武右衛門の, 歩いたの, 歩いて, 歩き廻って, 死体を, 殺人した, 毒茸を, 毛沼博士に, 泰二君を, 深夜の, 演奏した, 無理に, 犯行の, 獣の, 王様面を, 留置場の, 異様な, 病気の, 発する声, 発見し, 盗み出したの, 眼に, 矢庭に, 確かに, 私に, 秘かに, 窓から, 窓ガラスに, 窓外に, 窺って, 糸を, 絞め殺してから, 縁さきへ, 縁の, 耳に, 自動車の, 自己の, 草の, 草原の, 被害者の, 見えぬ力, 調餌室の, 警視庁へ, 財宝を, 起き上らうとして, 足音を, 蹲つてゐる, 軍人に, 近づくけ, 道標の, 遥かから, 金兵衛の, 門を, 闇で, 防空壕の, 陰険な, 障子の, 隠れて, 青幇の, 頸動脈を, 飛び込んだらしいの, 鷲づかみ, 麓の

▼ 何者~ (278, 9.6%)

43 でなければ, 知らないが, 知らぬが

2 [19件] こっちへ, である, である如く思われたりも, わからないが, 住んで, 名を, 女の, 小一郎の, 忍び入っ, 来る, 正体を, 海賊たらざりし, 知らん, 知らんが, 知れないが, 私の, 立って, 門を, 高き声

1 [227件] あらわれた場合, あるいは数人, あるよう, あれしきの, いま思い当らない, いるらしい, およそ六, お電話, からからと, かんじんな, きゃっといってとびのいたものがある, この壺, この無遠慮, この白山, この門内, この靴跡, これ天地を, これ店を, ころげ落ちた, さらに飛びかかる, しめやかに, しらん, すぐお, そこに, そちは, その地中, その女, その戒め, その辺り, だったん, つけて, であること, であると, であるらしい, ですよ, どうし, なんの, のけはい, はしらないが, ひそひそ話し, ひとり余計に, ふらふらと, ふんだくって, ほのめいて, まだご存じ, わからないと, わからん奴, わかる機会, わたしにも, われに, われわれの, ア, アキルリュウスに, アーッ, クスクス笑う, サクラを, ッて, ハッキリ答, 一人の, 一人腹這っ, 一寸一息, 一方の, 一箇の, 一閃氷の, 上の, 不明である, 之を, 乱心いたした, 二人切り込ん, 二階の, 京都から, 仲間の, 企んだ偽, 何と申さるる, 何の, 余に, 來り, 倒れて, 偉大な, 働いて, 優しい声, 先刻から, 先刻の, 入って, 其莚の, 凝と, 分らぬ, 分らぬと, 判らないと, 判らないので, 判らなかったん, 判らぬ, 割れそう, 又何, 向こうで, 呼ぶ者, 咄嗟に, 因果の, 城内へ, 墓石の, 声を, 夕顔の, 大きな掌, 失意の, 女子を, 妖気を, 妖邪の, 存じませぬが, 存じませんが, 存ぜぬが, 実用なら, 密告者が, 専介どのに, 尋ねて, 小一郎を, 屋敷内へ, 川上機関大尉の, 弁えて, 引き上げたよう, 引き起こしたよう, 強敵に, 彼の, 待ち人の, 御存じでございます, 御存知な, 心当りは, 忍びこみましたぞっ, 忍びこんで, 忍び寄るよう, 忍び足に, 忍び込んだに, 忍んで, 思い当る人物, 性急に, 恐ろしい折檻, 悪者が, 悪魔よりも, 憎んで, 成敗し, 我に, 我等ことを, 戯れに, 戸を, 扉に, 抜き取って, 押し上ぐるよう, 探す容, 敵に, 新たに, 日本でも, 是非ともそれ, 暗窖, 更に手掛り無し, 木太刀を, 未だ判らぬ, 未だ学術上, 来たると, 来合わせ, 欅を, 此の, 歩いて, 歯を, 殺されしは, 殺し度い, 毎朝自分の, 毒害せらる, 気づかぬ様子, 汝を, 深い, 潜んで, 火を, 煙を, 犯人は, 犯罪の, 現われて, 現われ出て, 生きて, 男性が, 眼証人でも, 知らず大きな, 知らぬくらいじゃから, 知られぬため, 知らんて, 知りたい顔, 知れずキチ, 知れませんが, 私には, 私達の, 種子を, 空中に, 突然あらわれ, 突然ごつ, 窃に, 窃み, 窺い寄るよう, 立ち聞きを, 第五, 紙帳の, 素姓も, 編笠の, 美人を, 背後から, 腰かけて, 自分の, 自覚した, 落ちて, 董卓の, 行方さへ, 表で, 表の, 見とどけて, 見張りの, 見究めようとして, 踊りながら, 迫って, 過ぎ往いた, 道の, 道庵先生の, 門口を, 関東を, 雨戸に, 雨戸を, 頻りに戀, 顔を, 飛び込んで, 高い声, 髭を

▼ 何者である~ (223, 7.7%)

2517 かということ 6 かその 5 かを知っ, かを知る 3 かそれ, かという事, のか 2 かといふこと, かと云う, かを兵馬, かを忘れ, かを知った, かを知らない, かを突, かを説明, か一向, か判らない

1 [136件] かあの, かお知り, かがわかった, かが主税, かが決して, かが直覚, かきい, かこういう, かこの, かこのごろ, かこれ, かさえわかりましたら, かさらに, かそこ, かそして, かそれから, かそろそろ, かだれ, かついに, かというあらかた, かという点, かという真相, かといふ, かときかれる, かどこ, かなどもほとんど, かに家の, かに思い及ぶ, かに眼, かのち, かはお, かはこの, かはどうも, かはまだ, かはめまぐるしくっ, かは今, かは今日, かは判らなかった, かは容易, かは御, かは文字自体, かは新聞紙上, かは申し上げる, かは知らない, かは私, かは見られない, かは解らなかった, かは読者諸君, かは誰ひとり, かまた, かまだ, かもう, かもお, かもちゃんと, かもと, かも俺たち, かも目には, かも知らず, かわからない, かわからなかった, かをおそらく, かをお話し, かをたしかめた, かをつきとめ, かをまだ, かをも知らなかった, かをよく, かを一見, かを了解, かを判断, かを前, かを大抵, かを尋ねました, かを彼ら, かを推察, かを揣摩, かを既に, かを明, かを明らか, かを棚, かを気付かぬらしく装い, かを決める, かを知らなかった, かを知ろう, かを確かめよう, かを示す, かを私達, かを考え, かを聞こう, かを見, かを見て取り, かを見定めよう, かを見定める, かを覚った, かを覚り得ないらしく, かを訝っ, かを閃, か不幸, か之, か人, か今夜, か俺, か分らぬ, か判らなかった, か判断, か判然, か勿論, か女, か専門, か当て, か彼, か思いださず, か更に, か注意, か疑問, か知っ, か知らない, か知られ, か知る, か知れよう, か私, か篤と, か素性, か見届け, か起き, か顔, ぐらいのこと, ということ, ともご存じ, とも思われません, にし, にしろ, やもよく, をや, 乎現在何処に, 蜂須賀家じゃとて

▼ 何者~ (203, 7.0%)

2219105 か分らない, と思う 4 か判らない, と云う 3 え, か知っ, とお

2 [11件] あれは, かということ, かまったく, か判りません, か突き, か解らない, ということ, と問うた, と思います, どうして斯様, 白氏なら

1 [103件] あの人間, いったい日本人, うぬ, おぬ, おまえは, かいう, かおまえさん, かさっぱり, かそしてまた, かその, かそれ, かどこ, かはまるで, かぼく, かまるっきり, かもう, かよく, かわからない, かわからねえ, かわかり, かわかりません, かわかるでしょう, かを探り出す, かブレシントン, か分かっ, か分かった, か判らねえ, か名前, か君, か少し, か御存じ, か思い出せない, か権田, か殆ど, か痩せ, か知れない, か聞かし, か要領, か見, か見る, か見極めた, か解りません, ご当家, そちは, その方たち, そやつは, たとえ反対側, ついに見かけない, と, とかどこ, とすぐ, とたずねる, ともまだ, と云ふから私, と人, と反省, と問う, と尋ねる, と無邪気, と纏め, と考え, と聞い, と言う, と言え, と言っ, と訊い, と訊いた, と詮議, と長い, どうしてここ, どこの, どの魄, などと大言, なんて生意気, ね村, の, わしの, ッう, ッそこに, ッほんとうの, ッ余計な, ッ卑怯な, ッ汝は, ッ貴様は, ツ, ツ餘計な, ネ彼, 五十歳にも, 何故犬, 又こ, 名を, 夜中に, 大胆な, 娘を, 山崎譲の, 次第によっては, 此處を, 無礼者め, 第一、人, 覆面を, 誰の, 貴様は, 足の

▼ 何者~ (169, 5.8%)

9 姿も 5 仕業か, 手に 4 しわざ, 仕業 3 仕業だ, 仕業とも

2 [11件] ことか, ために, ためにか, 仕業ぞ, 仕業であろう, 姿をも, 子か, 子とも, 影も, 悪戯か, 立てるとも

1 [114件] いたづら, おすすめな, かげも, ことでござろう, しわざなるぞ提灯松明と, すがた, もとに, イタズラかな, イタズラだろう, 事かは, 仕事であろう, 仕業かと, 仕業である, 仕業でしょう, 仕業に, 令嬢かと, 住まいじゃ, 住まいでしょう, 住めりとも, 住家である, 住居, 住居か, 住居である, 何事を, 作だろう, 侵攻も, 偏視眼者流ぞ, 党か, 出這入り, 力であった, 力何者の, 化身だった, 反対をも, 叫ぶ声, 問ひ来る, 墓な, 声かと, 変身か, 威力も, 娘か, 娘かな, 娘だ, 娘だろう, 娘であろう, 子で, 子であろう, 子として, 子何者, 家人でも, 寄り合いだ, 小せがれ, 屋敷な, 幽霊です, 悪戯やら, 所業, 所業かな, 所業であろう, 所為なる, 所為にや, 手すさび, 手で, 手によ, 手によって, 手中に, 手先, 手勢か, 手勢ぞと, 手跡だ, 持ち品, 持って, 指図でござる, 暢気か, 権力を以て, 死体な, 死体なる, 泣声だろう, 潜みけん駒, 為業なる, 狡兒か, 献策か, 生腕, 知恵も, 種とも, 筆と, 筆に, 美形とも, 血だろう, 血で, 行列な, 表象が, 裏切りだ, 見えし, 趣味だ, 足痕か, 足跡でござろう, 軍隊か, 軽薄児か, 返事も, 追随をも, 通信である, 邸であろう, 郎党な, 部下か, 闖入者が, 陣か, 隊だ, 隠し置き, 霊の, 音であったろう, 餌食と, 首か, 首で, 首級とも, 驕慢ぞ

▼ 何者かに~ (157, 5.4%)

4 殺されて, 殺害された 3 殺されたの

2 [11件] 依って, 後ろから, 殺される, 殺害されました, 盗まれて, 誘拐され, 誘拐された, 足を, 追われて, 鉄砲で, 首を

1 [124件] あやつられて, うばわれては, おびやかされて, お詫びでも, さらわれたと, したたか腰を, すれ違ったの, その腕, たしかに右源次, なり得るの, ねらわれて, びっくりした, むごたらしく殺されまし, ペタリと, 一千万円ゆすられ, 両脇, 乱されて, 依属して, 依拠し, 依頼せね, 促されて, 再びこの, 出会う可能性, 刃で, 切りとられて, 切り落とされたと, 刺されたと, 刺されて, 力を, 助け出されたの, 化けるつもり, 取ッ, 口を, 呼びかけられて, 命ぜられて, 咀われ, 咎められるよう, 奪られた, 奪われたの, 奪われて, 宛てた, 射殺された, 導かれるよう, 尻から, 帰依信仰し, 幽囚され, 引っ掴まれたよう, 強迫され, 怯やかされ, 感謝しず, 憑かれ悩んで, 手繰られた, 打擲され, 扮し, 投げつけて, 投げられて, 掴まれた, 操られるよう, 攫われたの, 斬られて, 斬り殺され而, 暗殺された, 欺され, 欺むかれ, 殺されたこと, 殺されたなどの, 殺された佐々木左門, 殺されなすったの, 殺されましたお, 殺害され, 毒殺さる, 毒殺され, 水落を, 汚されて, 浅草で, 深い怨み, 深刻な, 狙われて, 生命を, 盗みさられて, 盗み去られしは, 盗み去られました, 監視され, 真っ向を, 短剣で, 突き当たらずには, 突然起こされた, 窃取された, 粉砕されざる, 組み着かれた, 絞め殺されたの, 締めつけられて, 背中を, 背後から, 裏切られるやう, 襟上を, 襲われた時, 襲われました, 襲撃され, 討たれ剰え, 許しを, 訴へて, 試されて, 話しかけてるが, 誘惑され, 誰何された, 追いかけられるよう, 追かけられる, 追ひ駆けられ, 追われてでも, 追駈けられ, 違いない, 鎗で, 関係が, 関心し, 闇討ち, 非常に, 頓死させられた, 頭を, 頸を, 頼まれこの, 頼まれて, 駈り立てられて, 魅せられたよう

▼ 何者~ (157, 5.4%)

5 それを 4 なんの, 住んで, 何の 3 こんなこと, そのよう, 乗って 2 いるか, いるの, どこから, どこに, 来て, 記憶し

1 [119件] あらうぞとも, あろう, いかなる考えあっ, いかにし, いくら馬力, いたかという, いたん, いつ俺を, いつ忍び込んだ, いるかと, うごくの, うったの, おれの, かくれて, かような, こういう摺替え, こういう詩的, ここへ, このよう, この屋敷, この武蔵, これを, こんな悪戯, ごちそうを, さよう, したの, した悪戯, しゃべって, そこに, その兜, その機械人間, そんなこと, そんな智恵, どういう遺恨, どうしてあんな, どこへ, なぜに, ひらいたの, むごたらしくお, やったこと, やって来たかと, 乱入した, 五つの, 仕掛けたの, 何を, 何事の, 何事を, 何処の, 何者を, 使者に, 侵入し, 入って, 入り来ったもの, 共犯者かは, 出した広告, 出て, 切って, 勝手に, 勸める, 参りましても, 取り来ったの, 命令した, 喜平らを, 報じたの, 奪ひ去つた, 子羊を, 専介と, 居るん, 左様な, 彼女を, 忍びこむこと, 忍ぼうが, 所持し, 扉の, 扉を, 打つの, 投じたもの, 持去ったかっ, 操るもの, 支配し, 敵と, 斯う, 最後に, 来たかと, 来ようとも, 来るか, 来るの, 歌うの, 此の, 殺したかという, 殺したという, 殿を, 毒殺した, 決定した, 河童権に, 満洲国, 焚いて, 狼を, 生まれるか, 発したもの, 盗むであろうか, 盗んだと, 盗んだもの, 立ったの, 立て籠って, 籠って, 臨んで, 自分にとって, 裏切りしたの, 訴人を, 説いて, 貝を, 貴方を, 錬えた盾, 頼んだか, 飛びかかるか, 騒いでも, 麻を, 鼾を

▼ 何者とも~ (133, 4.6%)

6 知れぬ者 4 知れず殺害, 知れぬ曲者 2 分らないが, 判断が, 正体の, 知れずカラ, 知れないが, 知れない男, 知れない覆面, 知れぬ手, 知れぬ敵, 知れぬ男

1 [99件] いえないほど, しれずこそこそ, しれず二人, しれず前, しれないもの, しれぬあの, しれぬ人物, しれぬ黄金怪人, はっきりしない, わからずただ, わからないが, わからぬの, わかりませんが, 不知切害被, 云わず電話, 分らず随, 分らないあの, 分らない男, 分らなかった, 分らなかったが, 判らぬ犯人, 判弁し, 判断の, 判明しなかつた, 悟られぬ様, 知らず二三人, 知らず鉄砲, 知らなかったまた, 知らねど, 知られよう, 知りませんでしたが, 知ること, 知れざる一人, 知れざる一婦人, 知れずなりしと, 知れずキャーッ, 知れずバラバラ, 知れずポカーン, 知れずマイク, 知れずロケット, 知れず亀遊, 知れず人手, 知れず人間, 知れず其たけ六尺あまり, 知れず十歩位, 知れず墓, 知れず安, 知れず彼, 知れず忍, 知れず忍び込んで, 知れず急, 知れず文箱, 知れず日暮ヶ岡, 知れず旦那さま, 知れず来って, 知れず氷りたる雪, 知れず突き落されて, 知れず突然, 知れず衲衣, 知れず覆面, 知れず闇, 知れて, 知れない, 知れないこと, 知れないこの, 知れないの, 知れないもの, 知れない一人, 知れない不徳漢, 知れない中年男, 知れない人, 知れない他人, 知れない外, 知れない女性, 知れない彼, 知れない武士, 知れない自殺死体, 知れない隻腕, 知れなかったので, 知れぬやつ, 知れぬ一個, 知れぬ不思議, 知れぬ二つ, 知れぬ人影, 知れぬ女, 知れぬ奴, 知れぬ巨, 知れぬ怪人, 知れぬ早技, 知れぬ武士, 知れぬ焼, 知れぬ生首, 知れぬ相手, 知れぬ響, 知れませんでしたが, 見当の, 視られなかったと, 解釈の, 身分を

▼ 何者かの~ (109, 3.8%)

13 ために 7 手に, 手によって 5 手で 2 姿を, 来るの

1 [73件] あること, いたずらかも, いたずらと, いたずらにも, たくらみによって, 人影を, 人相書や, 侵入を, 傀儡では, 力が, 力は, 力を, 反撃に, 圧迫を, 執拗な, 報らせ, 声が, 変名, 変名だろう, 大陰謀, 太い手, 娘, 射つ機関銃, 強い手, 影は, 影響なるべき, 復讐に, 思考で, 恵みと, 悪戯, 悪戯である, 悪戯でなく, 悪戯より, 惡相を, 意志によ, 意志の, 意識もしくは, 意識若く, 手が, 手段と, 支配に, 方へ, 最も悪, 来訪それに, 槍を, 歩みゆく跡, 気配が, 涙と, 深い魂胆, 為めに, 為を, 片手の, 目が, 眼であった, 眼である, 耳を, 聲が, 與へ, 襲撃を, 見守りに, 言い出した珍, 計画的な, 讒言だ, 讒言と, 讒訴が, 近づく気配, 非常に, 頼みを, 顔に, 馬上に, 骨ばった拳, 魔手によって, 黒い影

▼ 何者にか~ (92, 3.2%)

4 殺されたの, 殺されて 3 愕いた 2 傷つけられた, 喉笛を, 惨殺され, 殺された, 殺害された, 突き当たった, 踏まれるの

1 [67件] その四肢, その袖, 一撃を, 二人とも, 作られたの, 信光は, 其の方, 刺し殺されて, 呼び醒まされました, 啖い殺された, 喉を, 奪われた, 奪われたの, 寝込みを, 射殺された, 巧妙な, 引き抜かれて, 必要も, 惨殺されたる, 惨殺されたるなり, 抜き取られて, 押し付けられるよう, 捉われの, 掘り返されたらしい跡, 掴まれて, 掻き散らされた形跡, 攫われて, 攫われでも, 斬られたという, 斬り殺されて, 殴り倒されたこと, 殺されたと, 殺害せられ, 殺害せられた, 毒殺され, 浚われて, 煽動され, 申しわけを, 盗まれる, 盗みとられ殿, 盗み出されたの, 盗み去られて, 真向を, 睡り薬, 知れず傷つけられたと, 突き倒され, 突き当たりましたこれ, 組み敷かれて, 絞め殺されたこと, 絞め殺されて, 肖たるよう, 腕を, 衝突った, 詛はれ, 誘拐された, 買収され, 足を, 追いかけられて, 連れさられた, 連れ出されたと, 鎌で, 頭を, 頭髷を, 頸すじを, 頼まれたの, 騙されましたか, 髷っ

▼ 何者~ (87, 3.0%)

20 のか 19 のであろう 11 のだ 7 んだ, んです 4 のだろう 3 のです 2 のかと, ので, のでしょう, んだろう 1 の, のじゃ, のだい, のでございましょう, ので御座います, んだい, んでございます, んでしょう

▼ 何者~ (78, 2.7%)

5 ない 2 なかった, 制御し得なかった

1 [69件] いないこと, いないの, いないばかりか, うつらなかった, かくれて, かれら, こっちへ, このよう, この庭隅, この最, さすがに, そのバンジ, ただ其の, だ, ないこと, ないの, ない彼, ない思い, ない時, なくなつた, なく意識, なく様子, なく貂蝉, はいって, はっきり見えない, はばみ止めること, ひそんで, わが熟睡, 与えざれば, 之を, 乱すもの, 仆れ, 信用する, 其奔飛の, 及ばないの, 存しない, 存在しなかった, 容易に, 居ない, 居りません結局, 征服せられない, 忍んで, 恐れるもの, 来りおかすもの, 棲んで, 潜んで, 点ぜぬところ, 犯人では, 現し得なかった智的感覚, 生気を, 眼の, 知って, 祀られては, 窺い得ないほどな, 總て, 處女である, 見えない, 見えないので, 見えないよう, 見えません, 見えませんでしたけれど, 見て, 見当りませんが, 触れた事, 近よった, 追いかけるの, 邪魔を, 配せず, 隠れて

▼ 何者でも~ (73, 2.5%)

13 ない 5 ないの, 垣を 3 ありません, ないと 2 ないし, ないもの, なかつた, よい, 有り得ぬ悲し

1 [34件] あらぬべく消え去って, ありたくないの, ありませんよ, あり得ない, あり得ないの, あり得ないほどの, あるまい, ここを, どんな用事, ないが, ないこの, ないだろう, ないぢ, ないで, ないという, ないといふ, ないとしか, ないとまで, ないん, ない単に, ない唯ひとり, ない気, ない自分自身, ない随, なかった, なかろう, なく人間, なく祭文語り以下, なく考えたい, 埋められないと, 有り得ないこと, 構わない, 皆一日いくらの, 身近く寄せつけない

▼ 何者であろう~ (69, 2.4%)

312 ということ, な

1 [34件] かこうして, かその, かという, かという疑い, かとお, かとも考えました, かと必死, かと考え, かトラ十, か味方, か大, といっさい頓着, とお, ともあと, ともかまわない, ともそれ, とももう, とも取ろう, とも少なくとも, とも彼ら, とも斯様, とも時, と云う, と米友, と考え, と考えました, と辺り, どれほどの, などと考えました, など当地, の, やら, テントの, ナ

▼ 何者かを~ (56, 1.9%)

2 追うてでも

1 [54件] あさるよう, すぐ了解, すぐ悟った, そこで搜, その身, たしかめて, ほのめかす, もっと見届け, 使い尽すまでは, 咎めるよう, 嘲けるよう, 失うこと, 庇おうと, 待ちうけてでも, 待ちだしました, 待ち望んで, 得るまたは, 思いだされは, 恐れつつ, 恐れて, 想像しなく, 払いのけるよう, 捉えようと, 捉へ, 捜し求めでも, 捜し求めました, 探し求める如き冷, 探すよう, 擁して, 期待する, 欠いて, 殺そうと, 求めて, 激しく恐れ, 現実的に, 知って, 知りたかろう, 米友に, 考えないが, 蔵し, 要求する, 見かけて, 見たかも, 見つめて, 見附け出さうとして, 計りかね宮家, 認めたが, 認めなかつたの, 識別する如く, 追いかけるよう, 追いかける叫び声, 追っかけて, 追って走っ, 追蒐

▼ 何者かと~ (51, 1.8%)

3 いえば, 見れば 2 いうに, 分れば, 思って

1 [39件] あなたに, いうと, いうらしく期せずして, いって, いふと, おたずね, きかれて, さまざまに, しっかり責めただし, そちは, たずねるの, ふりかえって, みつめなおした, やつた, 云うよりは, 云う事, 云ふ, 僕に, 呼びかけまするに, 問えば, 室外で, 小次郎が, 思うと, 思えば, 思わずキッと, 挑み闘うよう, 振りかえった, 朱同は, 松明を, 眸を, 眼稜強く, 考えますと, 見ると, 言う事, 訊いたが, 訊けば, 謀りお, 追いついて, 首を

▼ 何者にも~ (50, 1.7%)

2 さまたげられない環境, まけない強い強い, 恐れること

1 [44件] あれ天神, たえがたい激怒, たとえ偉大, とらわれること, ならうと, まして個人主義者, 不可能であった, 代えがたい, 低頭しない, 光栄が, 制せられず天職, 制肘されない, 劣らない実, 咎められず土牢, 囚われないで, 奪はれる, 奪われないで, 奪われること, 干渉されない, 影響されず, 御対面無用, 怖れない, 恐れずまた, 懲りようと, 拘束されない, 損ねられなかったの, 明かさぬ, 比較に, 煩は, 特徴を, 犯されずに, 目を, 盲従する, 経験されない, 耕し古るされて, 見えなかった, 見つからないで, 規定されない, 負けぬ発展性, 負わない自由, 踏めない三十あまり, 追跡せられ, 関知されず, 頓着しない

▼ 何者だろう~ (48, 1.7%)

113 な, ね 2 と思っ

1 [29件] あれは, お嬢様か, かしら, かその, かとの好奇心, かと了解, かね, が官兵, ここの, この二人, この白鳥, ということ, という好奇心, という疑い, とおもっ, とか自分たち, とまた, と学士, と康子, と眺めた, と考えた, と考えました, と考える, どこかで, 叔父は, 家から, 是非逢い, 私には, 第一

▼ 何者~ (48, 1.7%)

4 殺されたの 3 頼まれて 2 ござります, たのまれて, 殺されたか

1 [35件] かいたく踏み荒されて, ござりましょう, ござりまする, しろ道場, せよ火事装束, たのまれた, なったらよい, なるかは, ぬすまれたの, まれ乞食僧の, むかって, やと, 仮装する, 勝つつもり, 勝手に, 向けるか, 向つて, 委ぬる, 学ぶ, 対って, 対比し, 對し, 引っぱられて, 当るお方, 当るの, 当る人, 成りたいか, 扮装し, 斬られたかを, 斯くは, 誘拐された, 追はれし, 追われて, 連れ出されて, 限らず教育者

▼ 何者~ (46, 1.6%)

7 あつた 3 あらう, ござりましょう, ござります 2 あらうか, あらうかと

1 [26件] あの娘っ子, あらうと, あらうとして, あらうとも, あらう今頃此邊, あツ, いったい全体どこ, しよう, すい, せう, どういう身分, どうしてここ, どうして海, どうして邦原君, どこから, どこへ, また市長, もござりませぬ只今, 今の, 何し, 何を, 幸之助に, 有ろうと, 爆破する, 誰に, 誰の

▼ 何者です~ (37, 1.3%)

281 かい, かと聞く, かな, かなあこれ, か十二機, その男, ね, 先生, 御主人

▼ 何者~ (34, 1.2%)

3 いえども 2 四ツに, 思いますかな, 思って

1 [25件] いうよりも, いえ天子, いっても, いへども, たずぬる, たたかって, 一しょに, 何者とが, 判断するでしょう, 問へば, 尋ねて, 思う, 思うて, 打見やれば, 知れず健か, 確定する, 組み打ちを, 結婚しよう, 考へるか, 覚し召しおらるるかな, 透して, 重ねて, 雖この, 雖も, 鴫沢は

▼ 何者なる~ (28, 1.0%)

2 か, や

1 [24件] かいかなる, かが不明, かなど密, かにつき, かにつき曩時, かは前号所載, かをいうた, かをこういう, かをわきまえ, かを云, かを明らか, かを深く, かを熟知, かを知り, かを知りつくし, かを研究, か怪しき, ぞ, ぞ名, やと凡て汝等, やと問, やはいまだ, やを見よう, を知つた人

▼ 何者をも~ (28, 1.0%)

1 [28件] おそれる必要, その存在, 与えない, 信用しない, 利用する, 受けないまで, 失っては, 失わないで, 平伏さして, 引きつれて, 恐れない, 恐れぬぞ, 恐怖しない, 愛したこと, 拒むまいと, 持たないから, 探り出す事, 描かずに, 撃つであろう, 敵と, 敵として, 日本に, 有せざる, 発見しなかった, 真二つ, 自分と, 要めなかつた, 見出すこと

▼ 何者であった~ (22, 0.8%)

122 かということ 1 かいまさらくどくど, かな, かまた, かを思い出し得ない, かを解く, か見抜けなかった, のか, のです

▼ 何者~ (19, 0.7%)

32 やと, 加賀爪甲斐か

1 [12件] こんどは, ただ生活, なんべ, よさ, 三万の, 何者ぞ, 升田の, 唯是, 家康また, 彼も, 彼等こそ, 気の

▼ 何者をか~ (18, 0.6%)

2 攫まんと

1 [16件] 与えて, 取り巻いて, 叱, 呼びもとめた, 噬まざらん, 寄与する, 待つごとくに, 捜す, 案内し, 畏るる, 秘めいて, 見たり, 見たる, 見ました, 見出したと, 買収し

▼ 何者~ (16, 0.6%)

1 [16件] たといその, つれて, とらえたの, 冷笑した, 助勢として, 射殺すかそれは, 待って, 指すか, 指すかを, 捕えようと, 斬ったかという, 斯う, 犠牲と, 生かそうかと, 疑ふこと, 訪ねようと

▼ 何者かによって~ (14, 0.5%)

2 狙われて

1 [12件] ぐっとにぎられた, その駕籠, 妨害され, 巧みに, 掏りかえられ, 残虐な, 焼き払われたという, 破壊された, 詰めかえられ, 誘い出されそのまま, 誘拐されました, 買取られて

▼ 何者かという~ (12, 0.4%)

2 ことが, ことは 1 こと, ことの, ことをね, のが, ような, 事は, 事実を, 詰問にたいしては

▼ 何者ぞと~ (12, 0.4%)

1 [12件] すれちがうおりかれこれ互に, 取糺しましたところ, 叱ると, 問えど, 声かけ, 怪しみ誰何, 怪み, 月光に, 気負い込んで, 疑いまた, 睥睨し, 誇ったり

▼ 何者たる~ (11, 0.4%)

1 [11件] かが分つ, かを知っ, かを知らない, かを知らぬ, かを知りたい, かを知りぬい, かを見定めよう, かを解しなかつた, を問わず, を知り, を解せず

▼ 何者だった~ (11, 0.4%)

7 のでしょう 2 かということ, のだろう

▼ 何者でしょう~ (11, 0.4%)

81 かざわざわ, か突然, な

▼ 何者よりも~ (10, 0.3%)

1 よく知っ, より高き, 先に, 強くなる, 東洋の, 白雲を, 私に, 美事であった, 鞏固でなけれ, 高き自尊心

▼ 何者かは~ (9, 0.3%)

1 しれないが, どうでも, わからないが, わからぬが, 病室の, 知らないが, 知らぬまた, 知れないが, 私は

▼ 何者じゃ~ (8, 0.3%)

41 これへ, そのほう, 芸者か, 身分を

▼ 何者であったろう~ (7, 0.2%)

61 と彼等

▼ 何者なれ~ (7, 0.2%)

1 ばかく人, ばアンテノーラ, ば一布指, ば何処, ば独り鬼神, ば詐, ば集まり

▼ 何者でございます~ (6, 0.2%)

1 か, かまた, か多分, か次に, な, の

▼ 何者でござる~ (6, 0.2%)

32 かな 1

▼ 何者にとも~ (5, 0.2%)

1 なくしきりに, なく何事, 知れずよく, 知れず殺害, 見当の

▼ 何者によって~ (5, 0.2%)

1 こんなに斬られた, どこへ, 描かれたもの, 殺されたという, 買取られたか

▼ 何者かから~ (4, 0.1%)

2 逃れるよう 1 来た不安, 背後から

▼ 何者から~ (4, 0.1%)

2 出て 1 出たの, 聞きましたか

▼ 何者でございましょう~ (4, 0.1%)

21 か御, か次

▼ 何者やら~ (4, 0.1%)

1 ソロソロと, 彼には, 果報者でござる, 知れず前

▼ 何者かしらと~ (3, 0.1%)

1 忍剣が, 疑って, 首を

▼ 何者かも~ (3, 0.1%)

1 むろん知らない, わかって, 知らない婦人

▼ 何者だらう~ (3, 0.1%)

1 か, かと考へる, といふ好奇心

▼ 何者であるや~ (3, 0.1%)

1 は確か, を見て取る, を見極めよう

▼ 何者という~ (3, 0.1%)

1 ことに, 不機嫌, 野郎じゃ

▼ 何者なら~ (3, 0.1%)

3 んと

▼ 何者なりとも~ (3, 0.1%)

1 切支丹に, 吉利支丹に, 蹴散らして

▼ 何者~ (3, 0.1%)

1 なんの, 対つてか, 送るところ

▼ 何者かでは~ (2, 0.1%)

1 ありますよ, ないあの

▼ 何者かといふ~ (2, 0.1%)

1 ことは, 事を

▼ 何者かによ~ (2, 0.1%)

1 つて永遠性を, つて胡粉で

▼ 何者からか~ (2, 0.1%)

1 殺剣, 金が

▼ 何者からも~ (2, 0.1%)

1 侵されない平和, 自由に

▼ 何者じゃろう~ (2, 0.1%)

2

▼ 何者~ (2, 0.1%)

1 徒に廣大, 苟も雄

▼ 何者ぞや~ (2, 0.1%)

1 寸土も, 花盗人は

▼ 何者たり~ (2, 0.1%)

1 とわが, と斬っ

▼ 何者だっ~ (2, 0.1%)

1 どこの, もうひとり

▼ 何者であっ~ (2, 0.1%)

1 てどこ, て何

▼ 何者であり~ (2, 0.1%)

1 現にいま何者, 社会の

▼ 何者でありませう~ (2, 0.1%)

2

▼ 何者でございまし~ (2, 0.1%)

2 よう

▼ 何者でござろう~ (2, 0.1%)

1 か, やら

▼ 何者でした~ (2, 0.1%)

2

▼ 何者でもねえ~ (2, 0.1%)

1 この斑鳩嶽, 見た通り

▼ 何者とは~ (2, 0.1%)

1 一体誰, 何だ

▼ 何者なりや~ (2, 0.1%)

1 と驚, に関する解説

▼ 何者にや~ (2, 0.1%)

1 して, 此方を

▼ 何者より~ (2, 0.1%)

1 お館, かわいがって

▼ 何者~ (2, 0.1%)

1 あるところ, の働く

▼ 何者~ (2, 0.1%)

1 かい, が乗っ

▼1* [66件]

何者浦の, 何者かいなと頭, 何者かうしろ, 何者かぐらいなこと, 何者かしらないが, 何者かつて云ふ, 何者かであり得るという, 何者かとは問わぬ, 何者かにとり憑かれたかの, 何者かに対してすまないよう, 何者かに対するなんらかの不満, 何者かに額を蹴られ, 何者かへの復讐を, 何者かんですか, 何者じゃと問われたらわし, 何者それは右, 何者そ佛國何者そ露國米國何者そ苟も雄, 何者そ土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 何者そ獨逸何者そ佛國何者そ露國米國何者そ苟も雄, 何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 何者そ露國米國何者そ苟も雄, 何者そ韓國何者そ土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 何者ぞという日本政府の, 何者だいあれは, 何者だい胡麻の蠅, 何者だい鞍馬寺の小坊主さん, 何者だっきさまらは, 何者だったろうか, 何者だつたかといふ, 何者だつたらうと未だに時どき, 何者だろう頼んだものは, 何者だ見れば町人姿, 何者であっただろうか, 何者であったでしょう大谷千尋も, 何者でありますか, 何者であれ人を, 何者であれ恥ずるに及ばぬ, 何者でもなかりしなり, 何者とが相闘っ, 何者とて高く笑, 何者とでも力競べを, 何者とばかり放す手, 何者どころでは, 何者なりしか其行衛は, 何者なりやということは, 何者なんだか松つ, 何者によつてかかれた, 何者に対してもかなりの, 何者に対しましても求めざるの, 何者貴様は, 何者やらに殺されました, 何者を以てしても, 何者無礼者奴ッ, 何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 何者ニモ気付カレズ予一人ニダケ全ク予一人ニダケハッキリト感ジ, 何者子ダ, 何者の不幸災患, 何者南条五十嵐の両人, 何者嘗て身一つに, 何者て之, 何者非雲助児, 何者かあらざる, 何者約束した人, 何者芸術の何者, 何者過去とならぬ, 何者まなけ