青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「代目~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

付近~ 仙~ 仙台~ ~代 代~ 代々~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~
代目~
~代表 代表~ 令~ 令嬢~ ~以 以~ ~以上 以上~ 以下~ ~以前

「代目~」 1040, 10ppm, 10686位

▼ 代目~ (206, 19.8%)

6 皇帝

2 [11件] 主人が, 住職に, 喜兵衛は, 型ばかり, 孫だ, 家族が, 家族の, 忠実な, 皇帝と, 薄墨華魁が, 高尾は

1 [178件] い, おさくさん, おさなき児等, お孫さま, お祭佐七で, かぼちゃが, がつい, すぐ下, つき合, は角海老, ように, よさ, アンドリウ・ジヤクソンに, イキから, オービユルンです, ツモリで, ヘロデは, ペレウスに, モルモットに, ローマ皇帝, 一人で, 七兵衛まで, 七兵衞は, 七兵衞まで, 三甚いい, 三甚と, 三甚は, 上人様でございまし, 不思議な, 世において, 世の中にては, 世話も, 主人だけ, 主人に, 主人学, 主人惣右衛門親子の, 主人金次郎の, 交友に, 今日の, 他日の, 代に, 仮声, 伊勢屋の, 伊皿子の, 俺が, 傳法大阿闍梨でありました, 優婆掬多, 先生にも, 先祖が, 先祖の, 先祖は, 加茂の, 化身で, 司馬談が, 吉兵衛正, 吉左衛門が, 名跡を, 君が, 和帝の, 唇が, 唇の, 団十郎に, 団十郎様が, 団十郎様の, 団長で, 国貞, 坑長と, 塩原多助の, 多助といふ, 天鼓も, 太守の, 太宗, 女弟子, 姉輪平次は, 子孫に, 子孫を, 孫でした, 孫にあたる, 孫の, 孫女に, 宗旦に, 家の, 家光で, 将軍に, 小糸という, 左団次である, 左団次と, 市川団十郎と, 店子の, 建文帝は, 弁天小僧を, 当主に, 後嗣として, 御嫡孫也, 御子だ, 徳川の, 忠利公も, 忠義で, 怪猫が, 怪談を, 怪談物, 悩みも, 悪写実, 感じが, 所長であった, 新七, 方却り, 易者を, 時世だった, 時代の, 書牘に, 會葬者とは, 松の木は, 株を, 桝田屋惣右衛門は, 横井何太郎が, 次郎左衛門は, 此の, 死とは, 永助の, 法王から, 法王なり, 法王は, 海老蔵だ, 海老蔵様だ, 清十郎その, 演出について, 瀬川は, 瀬川も, 為永春水に, 爆笑, 爺さんの, 猫です, 玄伯である, 王様です, 甚五兵衛勝則に, 甚五郎を, 甚五郎年も, 生涯は, 盛名が, 相伝を, 相手で, 相手である, 破戒坊主が, 祖先が, 祖先の, 種員が, 穀物は, 米国大統領として, 紀の, 細君と, 綱宗が, 者に, 胤舜かと, 舞台を, 芸を, 芸風に, 若い喜兵衛, 菊五郎に, 藝は, 蛇吉で, 蛇吉は, 血の, 衣装飾りという, 親分という, 親分株に, 評を, 誰だ, 踊を, 金庫と, 長楠右衛門, 院長ドルワール・ド・レゼー翁は, 院長ベルトラン神父は, 雑種が, 雑種の, 顔し, 顔など, 館長として

▼ 代目菊五郎~ (69, 6.6%)

3 の弟 2 から出, が, である, という人, に接近, の別荘, の最初

1 [52件] がとり, がまだ, が初演以来, が大工, が小坂部, が曽我兄弟, が贔屓, が近年, が長谷川時雨さん, さっそく十一月, だったが, では, でも又は, で定型, との芸, と並んだ, と中村吉右衛門, にそっくり, についても素より, によって上演, によつて完全, に似, に劣つた風情, に生, の, のこれ, のその, の一手専売, の三十三回忌追善興行, の人気, の凝り, の女房, の実子, の幻影, の幼時, の役, の新, の権太, の舞台, の舞台姿, の芸, の鏡獅子, はこの, はたしかに, は亡くな, は好ん, までの伝襲, をさえ齲, を始め, を舞台, を髣髴, 死す六十歳

▼ 代目団十郎~ (50, 4.8%)

4 の寿海老人 3 である 2 に対抗, のため, の候補者, の勧進帳

1 [35件] から出た, から受けた, から破門, がまだ, が児雷也, が演じはじめ, が自刃, が贔屓, でも実際, と五代目菊五郎, の, のお, の一座, の兄, の児雷也, の妹, の幻影, の所謂一世一代名残狂言, の書いた, の演じた, の矢張り盗賊, の石像, の邸, の養父, の首, はこの, は人格, も菊五郎, や五代目瀬川菊之丞, や市村羽左衛門, を師匠, を筆頭, を贔屓, 即ち海老蔵, 及び三遊亭円朝

▼ 代目~ (39, 3.8%)

2 まだ若い, 初代に

1 [35件] ああいふ, うまかった, これこれ三代目は, ごく緩慢, さておき二代目, さらに太平洋, しかじか, それを, まだ二十一, むしろちょろ, めしを, もう宗旦, もう民衆, もう通り越し, ウィスキイが, ジミすぎた, ピストルだ, 三代目に, 中部の, 住宅地区の, 六法全書を, 太平洋岸サンジェゴに, 恐ろしや, 日本にも, 日本橋区大鋸町に, 早世, 眼を, 自分の, 話好きで, 諸経費, 谷川氏あたりであろう, 辛抱づよく聞い, 難しい, 飼わないの, 駄目だ

▼ 代目~ (34, 3.3%)

2 して, なって, なるわけ

1 [28件] あたる, あたるその, しても, すえたの, そういわれた, なったの, なってからは, なっても, なりかかって, なるが, なるため松沢, なると, なるター坊, なる息子, 似かよって, 家が, 幽室, 当るこの, 当る公義, 当る教祖, 当る長, 授けて, 於て, 至って, 芸を, 芸質が, 豪信法印と, 里右衛門という

▼ 代目~ (29, 2.8%)

2 継いで, 見に

1 [25件] して, しのぐと, すでに道場, ついだもの, つぐべき人, ゆずられたので, 偲ぶよすがに, 初代と, 助けながら, 受け継いだ師匠, 狙って, 狙つてゐる, 相続させ, 神様に, 約束され, 継いだ, 継いだ近藤周助, 継ぐ名, 襲いだ今度, 襲いでよそれから, 襲うひと頃, 襲用した, 誡めた, 門弟の, 髣髴させる

▼ 代目かの~ (28, 2.7%)

3 管長候補の, 管長候補は

1 [22件] 主人の, 五郎左衛門が, 人が, 人の, 先祖に, 大友氏が, 寵姫である, 将軍が, 廣重の, 当主にな, 後の, 後継ぎだ, 御先祖, 所蔵者が, 明珍の, 桜が, 殿様は, 淡島堂の, 管長候補に, 総督夫人が, 若木なる, 遊女高尾の

▼ 代目~ (27, 2.6%)

2 田之助或は

1 [25件] なくなってからは, また親, 一生かかっ, 上演し, 上演した, 中堅と, 二十五歳であった, 出現し, 初代に, 城井久右衛門三代目が, 大阪の, 大阪へ, 嫁を, 山田長政である, 松の木に, 気にいって, 現れないうち, 病気あがりのせゐ, 素敵だ, 自刃した, 色白で, 芝居した, 若い方, 達者の, 青梅町の

▼ 代目~ (27, 2.6%)

3 なると 2 三代目の

1 [22件] いい確か, いう, いうだけ, いうと, した, すれば, その一党, つづいて, である, なった河原崎権, なつた, なるうち, 三代目との, 何代目との, 八代目と, 同じよ, 称せられる, 続いて, 花柳の, 花柳章太郎君が, 襲名する, 言ふ

▼ 代目クラブ~ (25, 2.4%)

2 のクラブ

1 [23件] から入会, が冷静, が終戦, ではただ, では故, にはあまり, のおしこみ, のひとたち, のひと達, のオール, の万能選手, の会報, の社会連帯心, はあの, はふらふら, は死に絶え, は馬鹿, もお, ももう, も一億, も利巧, も鎌倉組, や鎌倉組

▼ 代目~ (19, 1.8%)

1 [19件] あつた, あらうと, すら民衆, どんなに内輪, はない, はないだろう, はなく, トマスという, ベッドへ, 一九の, 一日も, 先代に, 初代の, 初代は, 大いに発展, 左衛門太郎惟寅という, 浮浪人に, 表向き家名を, 重二郎

▼ 代目小さん~ (14, 1.3%)

2 を聴いた

1 [12件] が, が結構, それと私, だけは大震災直後, の, の十八番, の手口, の看板, はこの, はしばらく, も十八番, も知らなかつた

▼ 代目三代目~ (10, 1.0%)

2 となる 1 でも短時日, という, と続い, と襲名, の怪談, は日本, は諸, は難しい

▼ 代目には~ (9, 0.9%)

1 そろそろ経営難, なき型, 一億六千六百八万五千余人三十代四十代と, 人口が, 八倍に, 四倍に, 必神に, 登り詰めるか, 約七千七百人

▼ 代目~ (8, 0.8%)

1 うなずいた, どこか, 亡くなったかも, 八代目も, 出て, 大きな嚏, 幾たびか, 数榛軒の

▼ 代目市川団十郎~ (8, 0.8%)

1 が, が一興行, であった, のたった, の心境, は明治三十六年九月, を襲名, を贔屓

▼ 代目かぼちゃ~ (7, 0.7%)

1 がその, であるところ, に発見, の無口さ, の眼, は動く, は春彦

▼ 代目伊之助~ (7, 0.7%)

1 からその, がみずから樽, のところ, の家族, の相続, の顔, を襲名

▼ 代目歌右衛門~ (7, 0.7%)

1 か三代目三津五郎, でやつ, となった, と改名, のもの, の父, の若

▼ 代目河竹新七~ (7, 0.7%)

1 が巡査, が引退, が講釈種, と竹柴其水, の作, は市村座, 死す六十歳

▼ 代目尾上菊五郎~ (6, 0.6%)

2 が死んだ 1 が最後, となる, とも交, は怪談劇

▼ 代目左団次~ (6, 0.6%)

1 がまだ, が舞台, のため, の旗揚げ, は彼, を襲名

▼ 代目惣右衛門~ (6, 0.6%)

1 が五十三歳, のよう, はこの, はわが子, は大坂, は親

▼ 代目~ (5, 0.5%)

1 であったため, 七代目, 二代目半と, 四代目には, 経って

▼ 代目~ (5, 0.5%)

1 かそこ, か知らぬ, ぞ, という実話, よこっち

▼ 代目にも~ (5, 0.5%)

1 あるひ, なるのに, やと, 七代目にも, 五代目にも

▼ 代目喜兵衛~ (5, 0.5%)

1 が譲り受けた, として男, の力, の商才, は頗る

▼ 代目団蔵~ (5, 0.5%)

1 がこれ, の像, の当り狂言, の末年, は七代目団蔵追善供養

▼ 代目である~ (4, 0.4%)

1 か判らない, その従兄, ところの, ようだ

▼ 代目~ (4, 0.4%)

2 ハリマ屋の 1 円朝小さんの, 権十郎の

▼ 代目仁左衛門~ (4, 0.4%)

1 であつ, の引き立て, の気随気, の素顔

▼ 代目勘兵衛~ (4, 0.4%)

1 から奪っ, の仕事, の鑿, は又

▼ 代目勘兵衞~ (4, 0.4%)

1 から奪, の仕事, の鑿, は又

▼ 代目守田勘弥~ (4, 0.4%)

1 を子供, を父, を襲名, 死す五十二歳

▼ 代目岩井半四郎~ (4, 0.4%)

1 が福島屋, になった, は明治十五年二月, 死す五十四歳

▼ 代目という~ (3, 0.3%)

1 ことは, わけだ, 時代の

▼ 代目まで~ (3, 0.3%)

1 相続せられる, 続きました, 譲られるかと

▼ 代目三津五郎~ (3, 0.3%)

1 と四代目歌右衛門, のもの, もよかつ

▼ 代目三遊亭圓生~ (3, 0.3%)

1 の内弟子, の身振り, は茶

▼ 代目中村歌右衛門~ (3, 0.3%)

1 が江戸, の血達磨, の養子

▼ 代目市川団蔵~ (3, 0.3%)

1 と改名, の自来, 死す七十六歳

▼ 代目彦三郎~ (3, 0.3%)

1 である, の養子, は後

▼ 代目新七~ (3, 0.3%)

1 が新た, であったが, の頃

▼ 代目林家正蔵君~ (3, 0.3%)

1 とも盟友, の披露, の雑司ヶ谷

▼ 代目桜田治助~ (3, 0.3%)

1 のごとき, の勧, 死す七十六歳

▼ 代目樽金~ (3, 0.3%)

1 がどうか, は妙, は振ってる

▼ 代目瀬川如皐~ (3, 0.3%)

1 の作, や三代目桜田治助, 死す七十六歳

▼ 代目瀬川菊之丞~ (3, 0.3%)

1 が全盛, の死, や五代目半四郎

▼ 代目璃寛~ (3, 0.3%)

1 のお初, の名跡, は鏡山

▼ 代目羽左衛門~ (3, 0.3%)

1 になった, の桜丸, を相続

▼ 代目~ (2, 0.2%)

1 葉は, 鯉が

▼ 代目さん~ (2, 0.2%)

1 なんぞは, は附属

▼ 代目です~ (2, 0.2%)

1 か元禄時代, ね

▼ 代目との~ (2, 0.2%)

1 ヰツク様から, 間へ

▼ 代目~ (2, 0.2%)

1 んだ, んです

▼ 代目に対しては~ (2, 0.2%)

2 東京へ

▼ 代目よりも~ (2, 0.2%)

2 源之助の

▼ 代目一刀斎~ (2, 0.2%)

1 は初代, を名乗っ

▼ 代目一刀斎勘兵衛~ (2, 0.2%)

1 の彫物, は親

▼ 代目一刀齋~ (2, 0.2%)

1 は初代, を名

▼ 代目中村芝翫~ (2, 0.2%)

1 と改名, 死す七十歳

▼ 代目五郎作~ (2, 0.2%)

1 としてある, としてゐる

▼ 代目~ (2, 0.2%)

1 か三代目位, の人

▼ 代目円生~ (2, 0.2%)

1 とどこ, を伴なつ

▼ 代目~ (2, 0.2%)

1 とすれ, の代表者

▼ 代目半四郎~ (2, 0.2%)

1 と改名, や鼻高

▼ 代目四代目~ (2, 0.2%)

1 となる, とは無

▼ 代目圓生~ (2, 0.2%)

1 が双手, にぜひ

▼ 代目團十郎~ (2, 0.2%)

1 の聲色, はそこ

▼ 代目坂東秀調~ (2, 0.2%)

1 と改む, 死す五十四歳

▼ 代目天勝~ (2, 0.2%)

1 が出てる, の芸

▼ 代目小稲~ (2, 0.2%)

1 であった, と称し

▼ 代目市川團十郎~ (2, 0.2%)

1 より名, をた

▼ 代目市川高麗蔵~ (2, 0.2%)

1 となつ, となる

▼ 代目松本幸四郎~ (2, 0.2%)

1 と改名, の父

▼ 代目柳枝~ (2, 0.2%)

1 に至り, の大

▼ 代目柿右衛門~ (2, 0.2%)

1 が認められる, の出

▼ 代目沢村宗十郎~ (2, 0.2%)

1 である, を襲名

▼ 代目沢村源之助~ (2, 0.2%)

1 と改む, を襲名

▼ 代目沢村田之助~ (2, 0.2%)

1 再び脱疽, 死す三十四歳

▼ 代目片岡市蔵~ (2, 0.2%)

1 などもそれぞれ, 死す五十六歳

▼ 代目胤舜~ (2, 0.2%)

1 はまだ, よりは日蓮寺

▼ 代目高尾~ (2, 0.2%)

1 という吉原, の櫛笄

▼1* [228件]

代目あたりからそろ, 代目いつもと同じ, 代目かが居たよう, 代目かで初めて男の子, 代目かと半七, 代目かに蘇つてゐる, 代目から本当にフモト, 代目からの分家の, 代目ぐらいに貴族の, 代目こうしていまだに売, 代目こッちも, 代目へ亡び果てた, 代目さえその, 代目やお父さん, 代目でありますが八代, 代目でも短時日に, 代目とかいったよう, 代目とかにあたるそう, 代目として彼等の, 代目としての彼は, 代目としてはもう初代, 代目とは無關係, 代目とまでは行かなかったが, 代目ともいうべきビヤース, 代目どころの騒ぎ, 代目なしという諺, 代目などがやる浮, 代目にでもなったよう, 代目に対する一種の, 代目のでオノトである, 代目びいきといふ者, 代目来て, 代目ほど芸の, 代目ほどの役者は, 代目ぽん太伊藤野枝岩野泡鳴夫人原信子久野ひさ子などの, 代目みたいに大っぴら, 代目浮木を, 代目よりは体も, 代目らしく一つ壊れ, 代目イーベンをせき立て, 代目クラブ一同九段坂の灰色, 代目クラブ以下鎌倉組の英仏派, 代目ハリキってゐない, 代目メジチの息ピエロ, 代目一陽斎豊国という名高い, 代目万橘がこの, 代目三代目時分の禿, 代目三十郎は知らず, 代目三升は八代目団十郎, 代目三役早替り結局凝っては, 代目三木助師の家, 代目三木助門下となっ, 代目不破喜兵衛として良人清作, 代目中村仲蔵死す七十八歳, 代目中村勘三郎死す六十八歳, 代目中村富十郎死す四十三歳, 代目中村歌右衞門が江戸, 代目中村翫雀大阪に死す, 代目中村雀右衛門大阪に死す, 代目九蔵様の富樫様, 代目亀亭を訪れた, 代目以前の人, 代目伊三郎の合併一座, 代目伊之助方の井戸, 代目伴法外が血相, 代目何某の, 代目円橘売りだしの, 代目円生二代目円橘売りだしの, 代目円生君もしば, 代目写しの, 代目前田正甫という殿様, 代目助高屋高助名古屋に客死, 代目勘兵衛さんは又, 代目勘兵衞さんは又, 代目九郎夫婦に, 代目古今亭今輔俗にめっかち, 代目吉野に擬せられ, 代目同士のつきあい, 代目名人荻江露友が手, 代目善孝と云った, 代目団十郎八汐と仁木弾正, 代目団十郎宇治紫文都千中乾坤坊良斎などの人々, 代目団十郎弁慶は七代目団十郎, 代目団十郎敦盛は後, 代目団十郎様の義経様, 代目団十郎相州茅ヶ崎に死す, 代目団蔵団菊とは違った, 代目団蔵追善供養の為め, 代目国貞が新柳二橋, 代目圓三のち先代圓馬門に投じ, 代目圓太郎たり, 代目圓左の他, 代目土佐太夫になった, 代目坂東彦三郎に随従, 代目坂東彦三郎大阪に客死, 代目坂東彦三郎蘭丸市川猿蔵であつ, 代目坂東玉三郎米国にて客死, 代目塩原が大層, 代目塩原多助の家, 代目夜半亭を継いだ, 代目夜雪庵の門人, 代目大統領ジヨン・クインシ・アダムスは国祖, 代目天鬼にでもなる, 代目夫婦があり, 代目存生中の咄, 代目孝兵衛の長女, 代目安房守氏勝であろう, 代目宗室の命, 代目宗旦が本, 代目実川延若が若し, 代目小さん先代の談洲楼燕枝, 代目小さん君はその, 代目小さん君らみなひと方ならない, 代目小さん建之云々, 代目少くとも蔵前, 代目尾上多見, 代目尾上多賀之丞, 代目尾上松助と改名, 代目尾上菊次郎に似, 代目尾上菊次郎大阪に死す, 代目てこの, 代目岩井松之助北海道の旅興行中, 代目岩井紫若八代目半四郎と改名, 代目嵐小六の家, 代目嵐璃寛が貞任, 代目嵐璃寛大阪に死す, 代目左楽師は一時競馬, 代目市川団十郎五代目尾上菊五郎とも交, 代目市川団十郎以来社会人として認められよう, 代目市川団十郎所蔵の関帝像, 代目市川団蔵大阪に死す, 代目市川寿美蔵死す六十二歳, 代目市川小団次に接近, 代目市川海老蔵死す四十二歳, 代目市川門之助死す五十八歳, 代目市川鷺十郎の孫女, 代目市川鷺十郎あたりから伝わった, 代目市村羽左衛門となる, 代目慶であります, 代目幸四郎の今, 代目広重あり, 代目延寿太夫という, 代目な部分, 代目張りの演技, 代目志賀山勢鶴を名乗る, 代目忠政の時こ, 代目忠雄の高弟, 代目或は三代目の, 代目支配者としてヨーロツパ, 代目文車桃川燕国松林伯円がある, 代目新七名題は, 代目春団治に似, 代目春水などの作, 代目春風亭柳枝が人情噺, 代目春風亭柳枝此の人等, 代目時分の禿, 代目服部喜兵衛と名乗っ, 代目末次平蔵は商館長コークバッカー, 代目東家楽遊君が部屋村, 代目東雲となるべき, 代目松本幸四郎市川男女蔵瀬川菊之丞岩井半四郎は云う, 代目林屋正蔵という坊さん, 代目栄三郎と改名, 代目梅幸丑之助は六代目菊五郎, 代目梅玉の名, 代目で納まっ, 代目橘家円太郎の墓, 代目橘家圓太郎を私たち, 代目橘屋圓太郎いよいよ先代写し, 代目歿後の新, 代目段四郎と改名, 代目江戸屋を相続, 代目河原崎国太郎死す三十八歳, 代目河原崎権之助, 代目河竹新七向島の梅屋敷, 代目治助が作, 代目津藤として出藍, 代目公に, 代目海老蔵に御座います, 代目清兵衛氏は日本毛織, 代目清十郎は片, 代目源之助を襲名, 代目源十郎としての彼, 代目漱石文化の代表者, 代目烏亭焉馬の八丁堀, 代目片岡仁左衛門大阪に死す, 代目狂訓亭と自称, 代目白猿に贔屓, 代目白竜か, 代目祐経の方, 代目種彦になつ, 代目竿忠の音ちゃん, 代目系統の芸風, 代目紫朝これはなぜ, 代目織江と成り, 代目羽左衛門丈が存命, 代目胤舜どのはあなた, 代目芝翫となり, 代目芳野の頃, 代目荒木伊兵衛たるアナタ, 代目荒木伊兵衛氏に警告, 代目荒次郎を襲名, 代目菊之丞を継い, 代目菊五郎伝を見たら, 代目菊五郎嘉藤太と外記, 代目菊五郎団七にとつて, 代目菊五郎市川小団次九蔵といった団蔵, 代目菊五郎狂言座第一回, 代目菊五郎英造は六代目栄三郎, 代目藤治が明治初年, 代目蜂谷源十郎の殘, 代目談志が郭巨, 代目豊国である, 代目のたんか, 代目越路太夫の眉間, 代目近藤三助は武州多摩郡加住村, 代目通詞目付を襲ぐことは出來, 代目都々逸坊扇歌となった, 代目長兵衛顔をし, 代目長谷川勘兵衛死す, 代目門下後に歌仙, 代目門之助を襲名, 代目関三十郎死す六十六歳, 代目雲浜は竹崎, 代目音羽屋のごとき, 代目馬楽だつた, 代目鴈治郎も之, 代目鶴屋南北の作