青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「信一郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

保存~ ~保証 保証~ ~保護 保護~ 信~ ~信じ 信じ~ ~信ずる 信ずる~
信一郎~
~信仰 信仰~ 信州~ ~信念 信念~ 信玄~ ~信用 信用~ 信者~ 信長~

「信一郎~」 1121, 12ppm, 9073位

▼ 信一郎~ (576, 51.4%)

28 夫人の 22 可なり 12 自分の 8 さう, 妻の, 心の, 青年の 7 思った, 思つた 6 それを

4 [12件] やつと, ポケットに, 一刻も, 大男の, 女王の, 彼等を, 懸命な, 満身の, 瑠璃子夫人の, 自分が, 自動車に, 青木淳の

3 さうし

2 [166件] うっとりと, おそる, かすかに, しみじみと, そのキビ, そのノート, その中, その儘ポケット, その刹那, その孰, その特異, その男, その裡, その険しい重くるしい, その電車, それが, それと, それに, それ以上かれこれ, た, ともすれば後退り, なるべく相手, まだトランク, もう一度瑠璃子夫人, もう一歩, もう先刻, もう可, もう四十分の後, もう美しい, もし事情, ハンカチーフを, ヒシ, ピアノの, ボンヤリつ, ポケットから, 一寸おいてきぼり, 一寸意外, 一寸狼狽, 一目見た, 不安と, 不審り, 不幸にも, 不思議に, 不愉快とも, 事毎に, 今にも夫人, 今は, 今此, 低く可, 何かの, 何だか拍子抜け, 何処か, 何時の間にか自分, 俄に, 先刻青年の, 兎に, 其処に, 再度その, 冷汗を, 初めて口, 初めて夫人, 力一杯に, 勧められるま, 十分な, 可なり会話, 可なり拍子抜け, 可なり熱狂, 可なり狼狽, 可なり興奮, 周章て窓, 国府津だ, 外面如菩薩と, 多くの, 夢から, 大きく肯いた, 大事な, 大声で, 夫人から, 夫人が, 夫人に, 夫人に対して, 夫人に対する, 学生の, 家庭の, 小声で, 少しは, 少しドギマギ, 少し躊躇, 少年の, 崩れか, 左側に, 差し出されたその, 平手で, 幾度も, 床を, 当惑と, 従順な, 心から夫人, 必死の, 快活に, 怒鳴りつけずには, 急いで, 急に, 恐ろしい音, 意外な, 愛妻に, 懸命に, 懸命の, 改めて学生, 文学に, 新しく婚, 時々彼女, 時計が, 暫らくし, 最初の, 最後の, 果して叩き, 柱時計を, 此の, 死んだ青年, 死者の, 水を, 求めら, 淡彩に, 深い感激, 漸く口, 激しい羞恥, 火の, 烈々と, 烈しい興奮, 生れて, 畳みかけて, 目が, 相手の, 答えた, 答へ, 素早く部屋, 結局それを, 美しい蜘蛛, 群衆を, 聴衆を, 肝腎な, 胸を, 蒼白に, 薬品を, 見るべからざるもの, 言下に, 言葉丈は, 趣味や, 身体中が, 身支度を, 車中に, 車中を, 車台に, 軽く肯いた, 遅ればせに, 部屋の, 電車から, 青年を, 鞄を, 音楽会に, 頭の, 顔の, 顔を, 驚いて, 驚異に

1 [79件] いらいらしく, いらいらしくなっ, いらだった, いらだって, いらだつた, いらだつて, うつとりと, うつとりとして, おず, おづ, そうした取りとめ, そうした学生, そうした表情, そう云い, そう云う, そう云っ, そう強く, そう挨拶, そう考え, そう考えた, そう考える, たじろがなかった, たぢろ, つい心からさ, つい心からそうした, ふとかう, ふとこう云う, ふと思いついた, ふと思ひついた, またかう, またこう, もっとピッタリする, もつと, やっと, やっとそう思い返した, やっと自分, やっと自分自身, オズ, オヅ, ホッと, ホツと, 一生懸命だった, 一生懸命だつた, 乞はる, 乞わる, 予, 凜として, 凜としてさ, 到頭思い切った, 到頭思ひ切つた, 劬はる, 劬わるように, 却って落着, 却つて落着いた, 奇異な, 心で, 心でも, 思いの外に, 思い切って, 思ひの, 思ひ切つて, 手答えが, 手答へが, 掩いかぶさる, 掩ひかぶさる, 断るやう, 断るよう, 最初思っ, 最初思つてゐた, 益々いらだった, 益々いらだつた, 直ぐかう思ひ返した, 直ぐこう思い返した, 立ち上らうと, 立ち上ろうと, 縋り付くやう, 縋り付くよう, 駄々っ子か, 駄々つ

▼ 信一郎~ (269, 24.0%)

32 心は 21 心に 18 心を 14 心の 10 方を, 顔を 6 頭の 4 声も, 心が, 心には, 心も, 心持を, 方へ, 眼にも, 耳に, 言葉は, 頭は

2 [51件] さうし, それが, 予期は, 卓の, 右の, 同乗者たる, 同行を, 名刺を, 声の, 失望も, 差し出す時計, 想像した, 意外な, 持説を, 攻撃に対する, 敵意が, 方から, 方が, 方も, 案内せられた, 歩み去る, 決心も, 注意は, 注意を, 注意丈は, 目前で, 直覚し, 眼には, 眼前に, 瞳に, 知人は, 確な, 紙入に, 素人離れした, 絶望と, 肩を, 脱ぐ上衣, 興奮し, 興奮した, 興奮は, 良心が, 言葉が, 言葉に, 語気は, 責任は, 賛意を, 面にも, 頭に, 頭を, 顔が, 鼻を

1 [16件] かうした愛妻, こうした愛妻, そうした, そうした心遣い, ところへ, ほてった頬, ほてつた頬, 乗って, 乗つてゐる, 云う事, 云ふ, 娘が, 答えいかに, 答へ, 言うべきこと, 言ふべき

▼ 信一郎~ (68, 6.1%)

4 夫人の

2 [26件] あれほどまでに, これほど, その日, その美しき, フラ, 一寸躊躇, 一高の, 予想し, 何の, 何も, 何を, 勧められるの, 口籠り, 定刻の, 席に, 彼女の, 暇を, 椅子に, 此の, 漸く気, 激すれ, 眼の, 茲まで, 青年の, 静子を, 駭い

1 [12件] さう, そう言う, 云った刹那, 云つた刹那夫人の, 入って, 入つて, 受け取ったの, 受け取つたの, 周章て立ち上がらうと, 周章て立ち上がろうと, 述べ来った時, 述べ来つた時

▼ 信一郎~ (51, 4.5%)

4 云った, 云つた, 取っては, 取つて

2 [12件] 呉れた, 嫣然たる, 少しの, 扉の, 最後の, 死水を, 注いだ, 紹介した, 訊いた, 説き圧されて, 近づきながら, 頼む外

1 [11件] さう, さうし, そうした機会, そう云い切られる, とつて, 云い伏せられた腹癒, 云うとも, 云ひ伏せられた, 云ふと, 当てこするやう, 当てこするよう

▼ 信一郎~ (42, 3.7%)

4 麾ねいた

2 [12件] 会話の, 促した, 信頼した, 唖然たらしめた, 屹と, 憫れ, 案内した, 皆は, 苦しめた, 見詰めた, 除いて, 顧みた

1 [14件] もっと不愉快, もつと, 促すやう, 促すよう, 信じ切って, 信じ切つて, 揶揄って, 揶揄つてゐる, 突き放すやう, 突き放すよう, 窘めるやう, 窘めるよう, 見付けたやう, 見付けたよう

▼ 信一郎~ (31, 2.8%)

2 [12件] ある丈, それを, ついムカ, 何だか不安, 可なり激, 女性に対する, 学生達の, 少女の, 懸命に, 相手から, 荘田夫人なる, 飛ぶが

1 一度乗った, 一度乗つた, 予, 心からさう, 心からそう答えた, 黙って, 黙つて

▼ 信一郎には~ (20, 1.8%)

2 それが, た, 一寸気恥しい, 一瞥も, 冷めたい横顔, 宛ら美しい, 忘れられない時計 1 もうハッキリと, もうハツキリ, 余りによく判っ, 余りによく判つて, 此上なく嬉し, 此上なく嬉しかっ

▼ 信一郎~ (17, 1.5%)

2 一刻でも, 並んで, 同乗すべき, 学生とを, 巡査との, 運転手とで, 青年の 1 向きあ, 向きあって, 申すもの

▼ 信一郎にも~ (10, 0.9%)

2 もう青年, 最初から, 直ぐそれ, 聞えて, 聞き覚えの

▼ 信一郎~ (4, 0.4%)

2 はなかっ, はなかつた

▼ 信一郎わが~ (4, 0.4%)

4 恋人よ

▼ 信一郎自身~ (4, 0.4%)

2 にも厭, の表情

▼ 信一郎~ (3, 0.3%)

1 などに会う, に先ず, は本当

▼ 信一郎から~ (2, 0.2%)

1 預かった時以来, 預かつ

▼ 信一郎とは~ (2, 0.2%)

2 恐ろしい生死

▼ 信一郎とを~ (2, 0.2%)

2 結び付けて

▼ 信一郎などに~ (2, 0.2%)

2 頼まないでも

▼ 信一郎なども~ (2, 0.2%)

2 新来の

▼ 信一郎に対する~ (2, 0.2%)

2 一脈の

▼ 信一郎~ (2, 0.2%)

2 を選んだ

▼ 信一郎殊に~ (2, 0.2%)

2 文学などの

▼ 信一郎~ (2, 0.2%)

2 をし

▼1*

信一郎な, 信一郎にとって結局気楽だった, 信一郎氏教師の顔触れ, 信一郎氏来訪久し振りで御