青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

何より~ 何ら~ 何れ~ ~何ん 何一つ~ ~何事 何事~ ~何人 ~何処 何処~
何分~
~何度 ~何故 何故~ ~何時 何時~ 何時も~ ~何物 ~何等 何等~ ~何者

「何分~」 1298, 13ppm, 8234位

▼ 何分にも~ (400, 30.8%)

4 暗いので

2 [17件] いろいろの, この時代, 不安である, 主人の, 今から, 初めての, 大事の, 捗々しく参りませんで, 時局の, 気が, 気に, 無証拠, 相手が, 眠くて, 確かな, 紙を, 老人で

1 [362件] ああいう, あなたは, あの丸く, あの暴風雨, あの混雑, あの興行, あの頃, いたずらが, いたる処, いま信長の, おとといから, お師匠さん, お稽古人, お立派, お聞済み, お銘, お頼み, かたきの, きょうは, ぎっしりで, ここも, この一件, この作者, この前, この座, この柘榴口, この矢先, この通り, この陣中, こんな形, ごろつきの, さかなが, さっきあれ程の, そのお祓い, その基, その実, その実物, その時代, その機微, その烈し, その狂言, その蛙, その資金, それが, それに, それは, たくさんの, ただ今お, たのむぞ, なれない他人, はなはだ以, へえ全体お前さん, ほかに, まだこの, まだその, まだ信用, まだ城門, まだ年月, もうすべて一昔, よろしくねがえます, わたしに, わたしの, ハンドバグが, 一刻も, 一回僅か, 一山を, 一方の, 一途の, 七十六歳の, 三個の, 下は, 下総の, 不安心のみか, 不完全でいけない, 不意の, 世帯を, 世故の, 乗組員の, 九十六間の, 九州全土は, 交通不, 人も, 今の, 今まで, 今川勢は, 今晩の, 仙北地方だ, 伝蔵が, 何う, 何処にか, 信じられない, 信用する, 信用出来ませぬ, 先入主と, 先刻程から, 先程から, 其の品, 其処が, 内済に, 出し場, 出身が, 刃物は, 分り兼ねる誠に, 初めて参った, 利害の, 前々からの, 力が, 加減が, 勘弁し, 勘当の, 十六七の, 十年余の, 双手を, 古御所, 可哀そうでした, 合点が, 吉良の, 同藩, 名人として, 吹込みが, 周囲が, 呼吸が, 命だけは, 善鬼の, 土地が, 土地不案内の, 堅固です, 場所が, 売り口が, 外辺ばかり, 多忙で見, 多数が, 多数を以て, 夜なかの, 夜中と, 大きいので, 大きな声, 大倉郷一郭は, 大勢が, 大家族, 女の, 奴に, 好機会, 子供は, 実力が, 実母に, 家は, 宿屋では, 寂しゅうございます, 寒くて, 寝られませんあの, 寺用に, 小さいもの, 小坂部という, 少しひどい, 少女時代の, 屏風の, 山之, 嶮峻の, 巽検番の, 帝政時代に, 年が, 年中行事の, 年代を, 年月を, 年若き, 広くない, 店が, 当時室は, 当節は, 彼の, 彼らが, 従来の, 御めい, 御別懇, 御前体へ, 御承引, 御承知, 御條, 御猶予, 御面倒, 心の, 心もとないが, 心臓が, 心苦しく思われ, 忘れて, 怪しい事, 恐入りますが, 恵那郷の, 悪病の, 想像が, 慌てて, 我が心, 我慢が, 戸締まりが, 手が, 手もと不如意の, 打つても, 押しの, 拝借と, 撥という, 支那流の, 敬意を, 数年前の, 文壇に, 斯の, 斯んな, 旅さきの, 旅姿を, 日夜監視が, 日陰の, 早くこれ, 昌吉の, 明治初年か, 明治十六年に, 昔の, 是と, 時代も, 時間が, 暇が, 暗いなか, 暗いの, 暗い夜, 暗くては, 暗黒と, 更生の, 月の, 望みの, 望んで, 朝暗い, 未だ利尻山, 本丸の, 本人自身の, 材料が, 松山には, 柄が, 此外には, 此方は, 死人に, 死罪の, 殺生の, 殿様の, 毎日の, 毎週原稿に, 気味が, 氷河が, 永居する, 江戸の, 浪路も, 深い穴, 深夜に, 混雑の, 滋幹の, 火の, 火急を, 無人で, 無代価, 熊笹が, 熱くって, 熱帶地方であります, 狂言の, 狭いところ, 理屈が, 甚だしい難産, 生れつきの, 生命にも, 生命危篤という, 産後で, 番が, 痛くて, 盆前で, 目見得中の, 相当手遅れ, 相手は, 眼が, 眼口を, 睡眠不足と, 確実な, 磁石が, 私どもは, 私に, 私には, 私の, 科目の, 秘密の, 穢れた外国人, 突然の, 竜の, 竜宮界の, 竪六尺九寸幅一丈にも, 素人の, 素姓の, 老先の, 考へられぬでは, 耽読した, 肝腎の, 肯きませんから, 胸に, 腑に, 自分たちの, 自分の, 自費を, 興味が, 航行の, 色が, 芒が, 芝居道と, 若くて, 草深いので, 薄暗いから, 薄暗い路, 虚を, 蟄伏し, 衆寡敵せず, 解し難い, 言い出しにくい, 言ひ, 証拠が, 謀殺を, 變屈人で, 貧乏な, 赫々たる, 足の, 躊躇した, 身体の, 身分が, 軍の, 農場は, 近づき難き, 迷うて, 遅過ぎます, 道路が, 道路を, 遠いところ, 遠い昔, 遠い江戸, 遠く懸け離れ, 遠方ゆえ存じ, 遺憾至極な, 郷里に, 金田に, 鋳掛屋じゃあ, 長い間, 長文すぎる, 閣下が, 阿父さん, 雑草や, 難所で, 雪が, 青褪め, 面白くない, 靴を, 頬張て, 風が, 風采が, 餒れた, 首には, 馬である, 馴染みの, 黒旋風で, 鼠が, 鼻の

▼ 何分よろしく~ (46, 3.5%)

11 願います 3 頼む, 頼むと 2 お力添え, お願いします, お願い申します, と頼む, と頼ん

1 [19件] おねがい申します, おねがい申す, お取計らい下さいませ, お引き廻し, お願い申しまする, お願い致します, しかしくれぐれも, とまじめ, ねがいます, 併し, 全力を, 取り計らって, 取計らって, 尽力を, 御願い, 御願ひします, 頼みますよ, 頼むぜ, 頼んますという

▼ 何分宜しく~ (36, 2.8%)

3 お願, お願い申します, 頼みます, 願ひます 2 お頼み, と頼んだ, 頼むぞ, 頼むと

1 [16件] お願いいたします, お願い申しまする, と言っ, 併し, 保管を, 御助力, 御頼み, 御願ひ申します, 御願申しやす, 言つと, 頼みますと, 頼みますよ, 頼むの, 願います, 願い申す, 願上候

▼ 何分~ (35, 2.7%)

5 御吟味 2 沙汰が

1 [28件] いくつとかいう, おはからい, お慈悲, お指図, お沙汰, 一な, 事情も, 処分を, 右と, 川止めで, 巨額で, 御利益を, 御喜捨, 御声援, 御察し, 御沙汰が, 御沙汰を, 御言葉, 御返事を, 御返答, 扶助を, 深傷, 病身堀留の, 老齢で, 艱難に, 解決が, 重傷です, 騷ぎに

▼ 何分~ (30, 2.3%)

5 頼み申します 2 店の, 早く

1 [21件] 内儀さんは, 取計い下し置かれます, 城の, 墓の, 実家様の, 察しを, 引立を, 心がけおき願いとうございます, 心安く願えます, 心易く, 案じ申し上げます, 若いので, 若い同士, 若い金之進, 雛が, 静かに, 音信さえも, 頼ウ申ます, 願ひいたします, 願ひ申す, 高祖頭巾を

▼ 何分~ (19, 1.5%)

2 猶予いたす, 贔屓を

1 [15件] 不都合の, 主人が, 主人さまに, 内分に, 勘弁に, 勘弁を, 容赦願います, 普請が, 注意なさらん, 聞き済み, 聞の, 贔屓お, 贔屓なすっ, 軍勢が, 骨折宜しく

▼ 何分とも~ (16, 1.2%)

3 お前が

1 [13件] ここしばらく, よろしく, よろしくと, 主人輝政へも, 出し抜けで, 商人ども増長いたし, 宜敷く, 彼も, 御了簡, 明日の, 松枝町の, 死者の, 空腹を

▼ 何分頼む~ (15, 1.2%)

4 ぞ, よ 2 と言っ 1 ぜ己, と云, と書いた, よと云う, 骨を

▼ 何分お願い~ (13, 1.0%)

4 申します, 申しますと 2 申し上げます 1 いたしたい余りに, いたします, します

▼ 何分その~ (13, 1.0%)

5 男が 1 ときは, 下宿屋は, 地方は, 当時は, 折には, 方は, 日思いたつやい, 時は

▼ 何分~ (13, 1.0%)

1 [13件] が活き, なぞまだあまり, の性質, の画室, はお, ははじめて, は二, は今, は会社, は忙, は斯, は遠く, も年

▼ 何分この~ (11, 0.8%)

1 [11件] 上庸で, 事について, 仕事は, 夜の, 後は, 時刻では, 男長崎代官所で, 節は, 頃は, 頃飛出し, 風が

▼ 何分まだ~ (9, 0.7%)

1 お人形, 中学を, 人選等の, 勉強が, 子どもである, 年が, 申し上げ残ったこと, 稚いが, 貴方だ

▼ 何分あの~ (7, 0.5%)

1 兄貴の, 子さらひ, 足場の, 通りの, 通り人氣者の, 雪で, 頃

▼ 何分~ (7, 0.5%)

2 口でも 1 云ふ, 区別し, 申くすりを, 約束を, 頭を

▼ 何分~ (7, 0.5%)

1 はまだあまり, は昔, までヴェロナール, 云ったよう, 急病人が, 直に何, 言った様

▼ 何分相手~ (7, 0.5%)

2 は殿様 1 が女, が異教, は土部一族, は顕微鏡, は魔

▼ 何分ここ~ (6, 0.5%)

2 の亭主 1 の城主, はチベット, は片田舎, までは目

▼ 何分~ (5, 0.4%)

2 にも申し上げました 1 にも申, に云, 通りと

▼ 何分~ (5, 0.4%)

5 の殿

▼ 何分~ (5, 0.4%)

1 な御, な階段, を要する, 劇に, 込しくっ

▼ 何分もう~ (4, 0.3%)

1 その何だか, 幾度も, 戦は後手, 満員に

▼ 何分不案内~ (4, 0.3%)

1 でございますので, な土地, の土地, の山

▼ 何分~ (4, 0.3%)

1 ゐそれ, 居りましたか, 歩いたでしょうか, 消えて

▼ 何分何秒~ (4, 0.3%)

1 かがある, だか, になります, の間

▼ 何分~ (4, 0.3%)

1 く願, 敷く頼むと, 敷やうに, 敷御

▼ 何分~ (4, 0.3%)

1 が若い, のゆかない, を取, を取っ

▼ 何分病人~ (4, 0.3%)

2 が多い 1 のこと, を抱え

▼ 何分自分~ (4, 0.3%)

1 で遣ろう, と大金藤八郎, の事, は一介

▼ 何分~ (4, 0.3%)

3 ひますと 1 ます

▼ 何分かかる~ (3, 0.2%)

1 かと中野君, か東京, 文を

▼ 何分これ~ (3, 0.2%)

1 が店じゅう, で飯, までの行

▼ 何分~ (3, 0.2%)

1 かと思はれる, かを海, か知らぬ

▼ 何分~ (3, 0.2%)

2 ざまの 1 が平

▼ 何分不便~ (3, 0.2%)

2 で大きな 1 でたまらない

▼ 何分世間~ (3, 0.2%)

1 が悪い, の口, を憚

▼ 何分~ (3, 0.2%)

1 はムリ, は大して, は斯

▼ 何分出る~ (3, 0.2%)

2 事も 1 事が

▼ 何分多勢~ (3, 0.2%)

1 に無勢旦那, のこと, の奉公人

▼ 何分~ (3, 0.2%)

2 が厄 1 の行方

▼ 何分~ (3, 0.2%)

2 の方 1 がある

▼ 何分手前共~ (3, 0.2%)

2 でも迎 1 の仕事

▼ 何分~ (3, 0.2%)

1 が無く, が経つ, といふ程

▼ 何分穏便~ (3, 0.2%)

1 にし, に取り計らっ, のお

▼ 何分若い~ (3, 0.2%)

2 盛りの 1 ので

▼ 何分願います~ (3, 0.2%)

1 という, と云ったら, 外の

▼ 何分あまりに~ (2, 0.2%)

2 も興奮

▼ 何分ある~ (2, 0.2%)

1 かと数え, ひは

▼ 何分お引き立て~ (2, 0.2%)

1 を, を願います

▼ 何分かが~ (2, 0.2%)

1 喧囂の, 過ぎ去った後

▼ 何分ぐらい~ (2, 0.2%)

1 たったであろう, 立ったでしょうか

▼ 何分こう~ (2, 0.2%)

2 年を

▼ 何分こっち~ (2, 0.2%)

1 へ越し, も急い

▼ 何分~ (2, 0.2%)

1 加担を, 指導のほどを

▼ 何分それ~ (2, 0.2%)

1 では物足りない, は日本紀以後

▼ 何分そんな~ (2, 0.2%)

1 事は, 宗旨の

▼ 何分たのむ~ (2, 0.2%)

1 ぜ, ぞ今年

▼ 何分~ (2, 0.2%)

2

▼ 何分ともに~ (2, 0.2%)

1 御前態よろしゅう, 日光さまに

▼ 何分どう~ (2, 0.2%)

1 かお世話, か其の

▼ 何分ひとつ~ (2, 0.2%)

1 たのみたい, の障り

▼ 何分ひどい~ (2, 0.2%)

1 ヒステリーで, 闇で

▼ 何分ほか~ (2, 0.2%)

1 にも連れ, の職員

▼ 何分~ (2, 0.2%)

1 かかって, 何時間も

▼ 何分われわれ~ (2, 0.2%)

1 がいる, に適当

▼ 何分三年~ (2, 0.2%)

1 の長期, も前

▼ 何分不安~ (2, 0.2%)

1 であるので, でご

▼ 何分不意~ (2, 0.2%)

1 に恐ろしい, の事

▼ 何分~ (2, 0.2%)

1 が余り新, の分った

▼ 何分今度~ (2, 0.2%)

1 は井谷, は御返事可

▼ 何分俸給~ (2, 0.2%)

1 が足らない, が足ら無い

▼ 何分其の~ (2, 0.2%)

1 際軽度乍ら酔っ, 頃の

▼ 何分内密~ (2, 0.2%)

1 に計らっ, に願上候

▼ 何分初めて~ (2, 0.2%)

1 のこと, の山登り

▼ 何分古い~ (2, 0.2%)

1 ことで, ものでし

▼ 何分多数~ (2, 0.2%)

1 の俗法師, の生徒

▼ 何分~ (2, 0.2%)

1 が更けましたで, のこと

▼ 何分大勢~ (2, 0.2%)

1 のこと, の書生

▼ 何分宜しゅう~ (2, 0.2%)

1 お願い申します, 願います

▼ 何分小児~ (2, 0.2%)

2 が娘

▼ 何分少し~ (2, 0.2%)

1 のこと, 氣も

▼ 何分年数~ (2, 0.2%)

2 が経っ

▼ 何分年齢~ (2, 0.2%)

1 が年齢, が違う

▼ 何分~ (2, 0.2%)

1 づけて, を用

▼ 何分手廻り~ (2, 0.2%)

2 兼ねるの

▼ 何分手数~ (2, 0.2%)

1 と時間, のかかる

▼ 何分文芸~ (2, 0.2%)

2 のこと以外

▼ 何分新米~ (2, 0.2%)

2 で何

▼ 何分~ (2, 0.2%)

2 の事

▼ 何分時間~ (2, 0.2%)

1 が差逼つて, が早い

▼ 何分最早~ (2, 0.2%)

2 その何だか

▼ 何分~ (2, 0.2%)

1 の夙, の早い

▼ 何分此上~ (2, 0.2%)

1 とも御, とも御願申上置候草々

▼ 何分此校~ (2, 0.2%)

2 の生徒

▼ 何分此頃~ (2, 0.2%)

2 飛出しが

▼ 何分~ (2, 0.2%)

1 になっ, も急かれ

▼ 何分積極的~ (2, 0.2%)

2 に作用

▼ 何分老年~ (2, 0.2%)

1 ですから, と申し

▼ 何分胸部~ (2, 0.2%)

2 をひどく

▼ 何分証拠~ (2, 0.2%)

2 がない

▼ 何分足りない足りなきゃ~ (2, 0.2%)

2 借金が

▼ 何分遠方~ (2, 0.2%)

2 の事

▼ 何分重態~ (2, 0.2%)

1 だから, で動かす

▼ 何分~ (2, 0.2%)

2 の中

▼1* [393件]

何分あたりが暗い, 何分あれば先方, 何分あわただしい市と, 何分いい度胸だ, 何分いやな咳, 何分いろいろの画債, 何分うろんな侍ども, 何分おくれている, 何分おそろしいような, 何分おねがい申すと, 何分おねがい申しますると, 何分おめでたい日な, 何分おもしろい相手な, 何分お上がお上, 何分お客さますじがお客さま, 何分お年のこと, 何分お断り申しまする, 何分お母さんの御, 何分お願い申上げまするよう, 何分かかったろうね, 何分かがさうして過ぎた, 何分かくいう私, 何分かの御国益, 何分きょうは山中, 何分くらいこの状態, 何分こうした儘手紙でも, 何分ここらの片田舎, 何分こちらにも弱味, 何分こつちに充分, 何分こんどは今, 何分こんな所で, 何分ごらんの通り, 何分さし上げるよう, 何分さだ子にすすめられた, 何分しかるべきものは, 何分じっとして, 何分そう云う普通, 何分それでは損が, 何分つらいからであった, 何分立て, 何分であるのか, 何分とっぴでちょっと, 何分とのさまが, 何分ともにどうぞよろしくおとり扱い, 何分どうか味って, 何分どうぞ唯今はじめまして, 何分どうも忙が, 何分どこに居ります, 何分と, 何分なまけ者で, 何分もうしろ, 何分にもてまえは, 何分のちのこと, 何分はっきりとは聞き取れません, 何分ばかり前です, 何分ひどく昂ぶって, 何分まつくらなので, 何分もうすこしで心臓, 何分よろしう, 何分わたくしは御, 何分わたくし共のお, 何分ウルサクて面倒臭く, 何分オソロシサガ先ニ立チマスノデツイツイ遠クカラ拝見シテイルトイウヨウナコトデ, 何分セエラはまだ, 何分チベット人がどうせ, 何分ドウも争, 何分ヘッドライトもない, 何分マズくて, 何分ラサの人間, 何分ロッキー山の山奥, 何分一人つ子, 何分一冊に集録, 何分一時間半以上の間隔, 何分七年も前, 何分三週間の謝礼, 何分上り下り二十四日の旅程, 何分下僕は徒歩, 何分下品な調子, 何分納得之, 何分不作法で善く, 何分不審なので, 何分不自由な身, 何分不調法者で此, 何分不馴れの仕事, 何分世話になっ, 何分世間体がある, 何分両脚の痛手, 何分両親はじめ殆ど全部, 何分中国の一寒村, 何分主人の玄徳, 何分九十近い老体, 何分了解すること, 何分予算がない, 何分事件が重大, 何分事態急迫し躊躇, 何分二十名位の客, 何分二十年も以前, 何分亞剌比亞海から吹き寄せ, 何分と関東, 何分の見, 何分人気の悪い, 何分人気渡世は一時, 何分今晩は先, 何分伝三郎が千恵造, 何分位費りますね, 何分位邸内にいた, 何分にも知らない, 何分余地がありませぬ, 何分俄仕度くなので, 何分も取る, 何分俺達は之以上, 何分値段のきまつてる, 何分僕達は彼女達, 何分元気がない, 何分先月は全く, 何分先生は四ヶ月, 何分入られたのは, 何分八條の女院, 何分公儀へは御, 何分公方様御事禁庭様御首尾大, 何分おひきまわし, 何分共にお願い申上げます, 何分共後輩と思召, 何分兼任だったので, 何分冷たくなつて, 何分出崎の志, 何分分らん遺失主の, 何分初対面で遠慮, 何分刺身はあやまる, 何分加藤先生御著, 何分効験もございません, 何分動顛した折, 何分十何里も先, 何分半分眠つて居たこと, 何分博物館といつても美術考古博物館, 何分危険だからな, 何分原因が原因, 何分原士の旧, 何分原文がひどい, 何分収入が丸, 何分取れないが若し, 何分取締りがきびしく, 何分台所にいた, 何分叺八十杯の錢, 何分各人の願い望み, 何分向うに目的, 何分向こうは三上山, 何分周辺の者, 何分唯事ならぬ二人, 何分問題が大きい, 何分四十年以前のでき, 何分四十年前のこと, 何分四月でハ, 何分の中, 何分地震で屋根, 何分にはまらない, 何分城壁ひとえの, 何分が明かず, 何分場所が遊里, 何分の浦の戦, 何分夕景ではっきり, 何分人數である, 何分多くは何段, 何分多人数の事, 何分多年にわたるもつれな, 何分多忙な身体, 何分夜更けだし, 何分の事, 何分夢うつつでボンヤリ, 何分大きな墓石の, 何分大兵それに新手, 何分大将としてはお, 何分大役仰せつけ下されまするよう, 何分大枚の代物, 何分大納言殿はあの, 何分大金でございますから, 何分太いので何分, 何分は私, 何分女形のこと, 何分始めての御, 何分委員はみな若輩, 何分子々孫々にいたる, 何分季氏はこのごろ専横, 何分学歴もない, 何分学者の悲し, 何分学説が論争, 何分の奉公人, 何分守衛が発見, 何分安値くもあるし, 何分安心の出来る, 何分宜しうお, 何分客舍匆卒の際, 何分しく頼むとの, 何分宮廷権臣の間, 何分の生計, 何分容易の者ぢ, 何分寂しくてならない, 何分寝ようという気, 何分實際に作者, 何分専門の仕事, 何分小学生のこと, 何分少少は落, 何分尽力して, 何分居候の身, 何分をする, 何分嶄新なその, 何分差支えるからもうちっと, 何分希臘から兵隊, 何分常に他の, 何分幕府の直轄, 何分幼心でよくも, 何分広い原っぱみたいな, 何分延びたというしるし, 何分引きつづきの, 何分は我儘者, 何分当人が少, 何分当方は無人, 何分当日はご, 何分当時はまだ, 何分当時大江戸で飛ぶ, 何分当時良人はきびしい, 何分は近代的, 何分彼奴が物, 何分往来中のこと, 何分の処, 何分後輩の秀吉, 何分御前様にもよろしく, 何分御存じの不景気, 何分御存じのとほり筆無精, 何分御沙汰がある, 何分御覧の通り, 何分微力のもの, 何分忘れられない米の, 何分がしい, 何分怖くて居られぬ, 何分思ひ切つた事は, 何分急場の役, 何分急病といふ事, 何分恐ろしい乱暴者で, 何分悦子を生ん, 何分悪人とは申し, 何分に任, 何分成たけの御, 何分我心の不安, 何分戦後で品物, 何分所轄署へ重大, 何分手ぶらで居った, 何分手ニ入かね候, 何分手先を袖口, 何分手掛りがありません, 何分手馴れぬ仕事である, 何分播種しくれと, 何分支那は廣, 何分数学といえ, 何分数齟齬いたし未だ, 何分文字が読めません, 何分の景公, 何分斉彬の志, 何分役の, 何分旅先の事ゆえ, 何分日暮れまぐれの薄暗がり, 何分日本は貧乏, 何分日本語は語彙, 何分旦那を頼む, 何分大名風の, 何分早い方が, 何分昨日行啓の今晩, 何分時刻が時刻, 何分時節が十二分ニ, 何分の疲れ, 何分かつた, 何分暗かったので, 何分暗くって分らぬ, 何分書物の標題, 何分最善のお, 何分が佳い, 何分未だお宜しく, 何分条件が特殊, 何分来春余一見えられ候, 何分東京より遠い, 何分東京市内の番地, 何分検事時代にいろんな, 何分様子を知らない, 何分模樣を見, 何分樣子を知らない, 何分樹木が繁っ, 何分の儘, 何分此処は水の手, 何分此處から離れ, 何分毎日の仕事, 何分毎日二三十づつ賣れるお, 何分の事, 何分気分が子供, 何分ないし, 何分泰平と鎖國, 何分洛東江の魚, 何分激しい業務の, 何分無いとも有る, 何分無銘にて残念, 何分芋は, 何分て食べたら, 何分い舟, 何分胆を, 何分用事のある, 何分用意等も致し置きません, 何分づくであ, 何分町すじからはなれ, 何分留守で仕様, 何分留守中のこと, 何分疲労が甚だしい, 何分疲勞致して, 何分百年此方誰もその, 何分な夢中, 何分皆んな夢中になっ, 何分の嫁, 何分相川の発した, 何分の多い, 何分研究の日, 何分神様の方, 何分神経衰弱がひどく, 何分秘密を要する, 何分穩便のお, 何分空氣が棺, 何分窮屈で堪らぬから, 何分立派なお嬢さん方, 何分紅毛油の大, 何分経つたか記憶, 何分経とうが立往生, 何分統計などのある, 何分絵心も何, 何分つたか, 何分続いたのか, 何分続くそれからどれ, 何分総領のお子様, 何分締切間際の事故, 何分に余白, 何分翌月の雑誌, 何分耕介へも頼み入る, 何分肝腎の花形, 何分胸中に抑えきれない, 何分自宅は手狭, 何分臭いねと云い出した, 何分がない, 何分が小さい, 何分草廬もお, 何分藤枝があと, 何分蚊帳が小さい, 何分被告人の父親, 何分裸体になります, 何分親分御贔屓, 何分親御の行方, 何分解し難き次第, 何分解らない神様が, 何分課業その他が忙, 何分講師はみな, 何分讒言に中てられぬ, 何分貧乏とひま, 何分貧乏暇なしで, 何分貧家に生れ, 何分貴方より其条理御立, 何分起ちませんから左, 何分足痛にて歩行, 何分身動きも自由, 何分い中風, 何分近在の百姓, 何分近頃通行人有之道形, 何分途上の別れぎわ, 何分途中気をつけ, 何分連日の公判, 何分過ったのか, 何分は遠い, 何分道中の事, 何分道具藥品などが揃, 何分重役の者, 何分長々の病気, 何分長い間の, 何分長崎ニては正金都合, 何分長崎ハ不案内之事故, 何分長途のこと, 何分隋以來の風流餘韻, 何分難証で困つた, 何分に逢っ, 何分雨漏りの場所, 何分電気のコード, 何分頬冠りを, 何分の上, 何分には進まぬ, 何分願いたい一儀が, 何分が向い風, 何分飯田先生にもよろしく, 何分がよう, 何分駕籠でもまいられ, 何分高価なもの