青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

付いた~ 付き~ ~付く 付く~ ~付け 付け~ 付近~ 仙~ 仙台~ ~代
代~
代々~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~ 代目~ ~代表 代表~ 令~ 令嬢~

「代~」 10628, 102ppm, 1063位

▼ 代~ (2559, 24.1%)

16 うちに, 顔を 12 前に, 間に 10 姪の, 顔は 9 死骸を 8 手を 7 ために, 上に, 事を, 方を, 死体を 6 事も, 所へ, 様子を, 言葉は, 貴公子の

5 [13件] 声が, 声は, 女帝の, 後に, 方が, 方に, 方へ, 昔語り, 時に, 歴史を, 美しさ, 胸の, 若い心

4 [21件] ことは, ことを, ものと, 人は, 健康が, 兄が, 姿を, 心を, 手に, 手頸を, 方で, 方は, 物と, 物語りを, 男が, 眼の, 者に, 者よりも, 過客に, 間は, 頃から

3 [37件] うちにも, ことで, もので, ように, 中に, 二字が, 人気を, 兄は, 初期に, 前へ, 君に, 基を, 天皇の, 女の, 姿は, 娘の, 対局に, 心に, 恋を, 感情の, 手の, 最後の, 為に, 物を, 男で, 眼は, 研究で, 腕を, 若さ, 言葉を, 調子は, 運命を, 道を, 間には, 頃に, 顔に, 高臺

2 [209件] いやな, うちで, うちでも, うちには, うちは, こころもちには, ことが, ことに, ためには, ところへ, ひとたちの, ものが, ものである, ものに, ものの, モスク, 一家にも, 下駄を, 不覚, 世を, 中の, 主人が, 主人に, 事が, 事だ, 云ふ, 人々に, 人々の, 人々は, 人に, 人には, 人の, 人女子に, 代りに, 仲間入りの, 住居の, 何人よりも, 作と, 依頼を, 傑作, 兄と, 兄に, 兄にも, 先夫から, 全体に, 写真を, 別, 勢威は, 十二文の, 口元が, 口吻で, 右の, 名だけは, 名は, 名法医学者, 周囲の, 商人らしい, 嘉例なり, 地位と, 坐つて, 場合は, 声を, 大天才, 大秦寺の, 天皇が, 天皇武烈の, 失徳とや, 失敗を, 失策だった, 女としての, 女房武家女房しか, 女芸人, 姿が, 字で, 孫で, 孫照宣公の, 官能に, 家の, 家へ, 家光の, 家督の, 容体を, 富貴栄耀の, 将軍は, 居城として, 岡の, 引力を, 当面の, 後までも, 後見に, 御恩, 御皇統, 心には, 心根を, 心臓を, 心願が, 忠義者で, 思つてゐる, 性格が, 恥辱である, 息を, 悲しき運命, 意味が, 愛嬌が, 感情が, 感情には, 感情は, 感情を, 態度は, 手が, 手の甲を, 手紙だった, 手紙の, 才女の, 才気は, 挙止動作と, 支那が, 政治家なる, 文化の, 文化を, 方から, 日の, 昔から, 時の, 時よりは, 朝に, 期待の, 未来が, 未来を, 末までも, 本意を, 杯に, 栄華の, 栄華を, 案外廉, 極めて薄手, 歓心を, 歴史が, 死体は, 死骸の, 浜松が, 滝の, 滝へ, 為にのみ, 父は, 物, 狡さ, 王朝の, 珍の, 生活を, 病気と, 病気に, 病気は, 病気を, 痩せた男, 目録を, 眼が, 眼に, 石塔同, 終りを, 綺と, 繪畫は, 美少年の, 美青年たるべき, 老僧, 者が, 者は, 者を, 肩に, 育つた家, 胸を, 腹では, 腹の中に, 膝に, 色を, 色沢が, 若いとき, 若僧に, 若者に, 華族を, 著述のみを, 蒲姓の, 表情は, 視線に, 言葉に, 詩人が, 詩人に, 説明には, 説明を, 豪といふ, 豪奢の, 迷惑に, 運命に対して, 過ち, 過去を, 野中に, 長子であり, 長崎高資の, 門前を, 間柄は, 関係を, 陰に, 集金やら, 青年で, 頃世の中の, 頬が, 頬に, 顔や, 風雲児と

1 [1723件 抜粋] あいだまた, あとから, あんなに激しい, いうよう, いのり, うけ答え, うち神武崇神垂仁景行仲哀應神仁徳履中允恭安康雄略清寧顯宗の, うわさを, おみやげの, お手元, かけあい鼻紙や, かたじけなさ, からだは, きらいな, こけ猿, ことしぬ, ことである, ことばを, ころから, ころ一時候文の, さまを, すぐ来, そういう云い, そういう熱中, その言葉, そばへ, たのみの, ためを, つづいた旧家, とりなしは, ならい主と, はじめまでは, はらってない品物, ひとという, ひとびとがしんに, ほうが, ほうへ, ほかにも, ほこりか, ほとんど毅然, めざましい進歩, もの, ものには, やさしく華やか, わがまま強情から, わきへ, エピソードを, ギルドにおいて, ジェネ, トータルほど, ハツラツと, パルチザンの, フレデリック・ドラーゲ公は, リレーの, 一両だ, 一寸苦味, 一銭と, 三分の一にも, 不健康, 不覚だ, 不面目あたかも, 世辞を, 中学一二年からの, 主と, 主人でございます, 主人にも, 主君家時の, 乱れた髻, 乳母に, 事だけは, 事に, 事件, 事蹟を, 二円が, 二百五十年間よりも, 云つた通りには, 五物を, 五郎作後, 亡霊を, 人, 人たちが, 人だった, 人も, 人気に, 人生にとって, 人間を, 仁宗皇帝に, 今日も, 仏教哲学に, 仕事は, 仕払能力, 以前及び, 伎楽から, 伝説に, 体を, 余韻が, 作家たち, 作家も, 佳話と, 侠骨町奴の, 保に対する, 俥屋が, 借銭を, 健康に, 健康上シベリア経由を, 傑作だろう, 傑作の, 催促され, 傾向が, 儒家が, 兄で, 先祖早雲入道これを, 光りに, 光輝ある, 六銭に, 兵法書にも, 内河党は, 再修, 出産という, 初めの, 別漁田の, 制度である, 前では, 前納という, 劉向, 功臣たる, 助三郎が, 勇士, 動揺変転する, 十二円に, 半ばに, 半分にも, 占術の, 友誼と, 取りきめとやら, 口には, 口癖が, 古びたる, 古本である, 可愛が, 史學の, 史蹟も, 右手を, 吉次郎が, 名人と, 名医たち中には, 名士と, 名家韓昌黎に, 名探偵, 名硯, 名臣殊, 君は, 君若殿には, 命を, 哀れな, 啜り泣きに, 国主は, 国民たる, 圓蔵である, 坐って, 執権代十二代の, 基礎堅けれ, 場所はから, 士大夫も, 壮挙たるのみ, 声も, 変ぜざるところ, 外に, 外國貿易港の, 大きな偶然, 大儒として, 大広場, 大禍, 大芝居, 大願目が, 天子さまに, 天子の, 天才なり, 天皇二条も, 天皇允恭, 天皇安康の, 天皇或は, 天皇綏靖の, 天皇雄略第, 天華は, 夫と, 夫婦と, 失策であったであろう, 奇事に, 奉行角左衛門は, 女であった, 女みたいです, 女帝に, 女形三都に, 好い男, 如く官氏としての, 姿から, 娘時分から, 婿と, 子供では, 子爵玉置義正の, 孝道が, 季節を, 学者である, 孫た, 孫は, 孫尾張守之高の, 孫権に, 學者とか, 守である, 宗となる, 宗教芸術家とも, 宝物郷義弘の, 実弟, 実費を, 家が, 家元が, 宿将にも, 密偵政策だったでしょう, 富豪で, 寶物郷義弘の, 対局の, 将棋の, 将軍に, 将軍家継が, 将軍温, 將軍有徳院吉宗公と, 小枝, 小鼓に, 尻ぬぐい, 履歴を, 岸の, 工事野を, 左楽か, 巫に, 帝と, 帝後醍醐天皇第, 師と, 幕府である, 年の, 年数までも, 幾分かを, 府は, 座が, 延若もよ, 弔詞で, 弱った身体, 当時南唐に, 彭暁註, 役目には, 後から, 後にも, 後も, 後胤である, 後胤に, 後裔だ, 後見役として, 御安息, 御用役, 御門の, 徽宗皇帝とも, 心情としては, 志類を, 忠臣正行公には, 思索家によって, 怪談総まくりの, 恥つかきだ, 恥辱とも, 悪戯そうな, 悲しい希, 悲願で, 情人の, 想いが, 意志が, 意志は, 感情に, 態度への, 懺悔話を, 我家を, 所謂赤繪を, 手まわりの, 手伝いを, 手紙から, 手紙を, 才女が, 才能を, 抵当に, 拵えて, 指には, 掌の, 掲示などを, 携帯品である, 支払と, 支那の, 支那人は, 政治と, 政策を, 故郷なる, 教養は, 文学者には, 文明に, 文武を, 断りの, 新しい侍医, 方へは, 旧家家憲が, 明師が, 昔も, 是々非々論を, 時です, 時を, 時分生れたての, 時自分を, 晴れの, 書と, 書物を, 替つたの, 最明寺時頼また, 服装だ, 朝廷及諸侯の, 木像首を, 木鐸, 末に, 末期に, 本体は, 本郷丸山福山町あたりの, 条理は, 松の, 栄の, 校定を, 棋戦と, 業で無い, 様子が, 権威, 機嫌の, 正岡子規の, 歴史であります, 死んだ傷, 殿樣島津齋彬公の, 民處, 気に入った, 気分が, 気持ちの, 気質から, 決心は, 法を, 法孫に, 法王みな毒殺, 泣声は, 流行作家が, 海浜にて, 満足の, 源遠く, 激情, 激痛は, 無邪気な, 爆発的な, 父広, 物語の, 独り住いは, 率いたる五百, 王様の, 珍客に, 理性は, 瓦器や, 生徒も, 生活に, 生活気分は, 田畑が, 男である, 男に, 男女労働者の, 畫よりも, 痩せ細つて渋団扇, 白旗は, 白銅貨を, 的迷失吉, 皇胤と, 盛時に, 目で, 目録では, 真価が, 眼のと, 矢と, 知慧者から, 石摺の, 碑さへも, 碩學兪曲園は, 礎石を, 祖, 祖大浦光信の, 祖虹汀氏の, 神経をも, 私を, 租, 積威を, 立てか, 立派な, 筈当主十郎次は, 粉骨の, 精鋭な, 素朴さむき, 終るまでは, 結果は, 統治の, 綱吉公の, 緑林挿話の, 縞の, 繁栄を, 織物が, 美青年に, 羽織を, 考え次第で, 耳に, 聖の, 職を, 肥料のか, 背後に, 能弁は, 自分と, 自尊心にかけても, 致死期の, 興敗を, 良心として, 色感に, 芸歴を, 芸風を, 若い人, 若い男らしかつ, 苦労なんて, 英雄の, 華やかな, 著述目録としては, 薬草の, 蜀が, 血気盛りの, 血脈と, 行状には, 衣冠に, 裔に, 要心深くて, 見たこと, 親と, 言わば, 言質を, 記録や, 訴へ, 詩や, 詩各々神髓あり, 話す調子, 誉れ甲賀の, 誤算であった, 諸欲, 讀者よ, 豪傑に, 負けられぬ大事, 貰って, 超特級, 趣き申立つる, 足を, 身の上を, 身心には, 轍を, 退屈といふ, 逸品とか, 運気は, 道士真一子彭暁が, 遠孫, 遺言に, 都が, 釈然と, 重恩を, 金四円を, 鎧は, 長安, 間これを, 間また, 間四裔の, 間皮剥ぎ, 間連綿と, 阿魔, 陶器に, 集つまり, 霊廟の, 青年の, 青白い手, 非難に, 革命に, 頃までの, 頬を, 顔には, 顔色の, 類書を, 風雲児を, 馬は, 高いこと, 高僧伝の, 髪は, 魅力で, 麗人か

▼ 代~ (1466, 13.8%)

17 それを 15 急に 13 自分の 7 伸子が, 固より, 顔を, 黙って 6 伸子の, 手を 5 伸子を, 声を, 娘の, 見ての 4 云った, 低い声, 何にも, 大きい眼, 澄子の

3 [17件] いつでも, こう云っ, すぐに, やるほどに, 両手で, 伸子に, 例の, 入りませぬから, 変って, 彼の, 目を, 眼の, 笑って, 自分で, 言葉を, 頭を, 驚いて

2 [140件] あまり緩, いきなり娘, いくらでも出す, いつもの, こう叫ん, これまで, さすがに, すぐ打ち消す, すでに年老い, その子, その時, その袖, その言葉, ただ, ただ御, たぶん策師, はっとした, ほとんど息, まだ手, まだ顔, もう大丈夫, もしかしたら, よその, わざと平岡, バッタリと, モスク, 一度も, 一生懸命裁縫に, 上気した, 下女と, 下女も, 下女を, 不安らしく首肯いた, 不思議な, 不意に, 二人の, 云ふ, 五年の, 人の, 今代助の, 今湯, 今病気, 仰山な, 何か, 何という, 何方かと, 保が, 俯いた, 俯向い, 傘を, 元来神経質, 兄と, 先刻から, 先刻代助の, 全く知らぬ顔, 刀を, 前日の, 力を, 危険だ, 去年の, 又泣き出した, 又酌, 口の, 口を, 叱られるか, 呆気に, 命ぜられた通り, 多計代, 夜更け, 夫を, 始めから, 始め美努王に, 嫁ぐ可, 客室の, 宿直料の, 寧ろ恨めし, 小供, 少し挨拶, 少し涙ぐんだ, 少し色, 平岡の, 年老いて, 彼を, 彼女の, 心持が, 忽ち視線, 思つてゐる, 急いで, 怪訝な, 感心した, 手に, 手帛を, 手拭を, 払わなくちゃ, 文武天皇の, 暗に同情, 更に一つ, 東京を, 椅子の, 次の, 次の間で, 歇私的里の, 死ぬ前, 気にも, 洋燈を, 涙に, 涙の, 涙を, 淋しい顔, 漸くに, 濡れた手, 燗徳利を, 父と, 状袋の, 猶泣いた, 玄関から, 甚だ苦し, 盥を, 直ぐ引返し, 看護の, 眼を, 私が, 穏かに, 立つて, 精神的に, 素朴に, 美くしい, 翻が, 金の, 長い睫毛, 階段を, 隣りの, 頬の, 顎を, 顔色を, 首を, 首皇子を, 驚ろいた, 黙った, 鼻から

1 [1010件 抜粋] あからさまな, あとで, あまり残らない, あらわに, ありますかと, あんなに当然な, いう, いうの, いきなり彼, いきなり横合, いくらか, いくらかばつ, いくらか知らない, いくらです, いくらに, いずまいを, いただきませぬ, いったいどうした, いっぺんにね, いつの間にモスク, いつも信長, いつも自分, いまの, いま臨終という, いらないの, うとうと居眠り, え, おくれて, おちついた静か, おもに日本橋浜町, おろか百代の, かいがいしく卓上, かえって蔑む, かかる悲運, かせげますよ, かねがね私, きちんと坐り, きっとあの, きっと和一郎, きっと日本食, きまりで, きょとんと, ぎくっと, くらくらと, けだし巨額, こう云った, こう思いきめ, こう松尾, ここへ, こだわった, この一足, この前, この地方, この男, この部屋, これぞという, これらの, さからわずに, さっと蒼く, しかし声, しげしげ竹次, しばらく会わなかった, じっと姑, じっと聞い, すこしびっくり, ずいぶんかかった, ずッ, そういうとき, そういう情景, そういう話, そうです, そう云いおわっ, そう呼ん, そう感じ, そう言っ, そこで, そこへ, そつと, そのこと, そのとき保, そのまま黙っ, その三つ, その光, その妹, その後五六ヶ月し, その方, その暗い, その眼, その膝, その身ぶり, その門, その頃, その首, それじゃ, それとしては, それ丈接近しなけれ, それ以上を, そんなふう, そんな空虚, た, たしなめた, ただ交際上已, たびたび出先, だまって, ちやんと, ちょっと淋し, ちらりとあの, つて謝罪いふ, つるの, とうとう忘れちまっ, とうとう葉子, とび降りて, とりちらした反古, どうし, どうしてきょう, どうしてベートーヴェン, どうであっ, どうも病身, どきっと, どんなこと, どんなに新しく, どんな風, なかなか云わなかった, なにほど, なんといっただろう, にやりと笑っ, はじめから, ひそかに, ひろがって, ふっさ, ふとこう呟いた, ふと泣きたい, ふらふらと, ぷいと流し, ほっと吐息, ほんた, まけて, まず一服, また例, また目, また越智, まだ平和, まつ毛を, むこうもち, むしろ得意, むしろ精神的, もうしぜん, もうすんだ, もうそれ, もうそれ以上, もう彼, もちろんそれ, もちろん答え, もとよりの, やがて自分, やがて飽き, やはり俯, やめました, よき顔, よくその, られると, わざ, わざわざ断わった, わたしには, ウイスキーの, ジェネ, チャンポポ上州妙義山の, トランクの, バザーの, パリの, ブランク, マネキンに, 一ヵ所五銭だ, 一向いそがない, 一寸待遇, 一層彼女, 一瞬ふしぎな, 一足にて, 一遍化粧台の, 七歳の, 万治三年八月に, 三左衛門の, 三遊亭だった, 上り湯を, 下駄で, 不比等, 不経済, 両袖, 中國主義, 中生代以前に, 久しぶりで, 九太から, 九太に, 乱暴に, 乾いたよう, 二十三歳に, 二十歳の, 二種の, 云いよう, 云ったきり, 五銭の, 京都に, 人質として, 今の, 今やる, 今井の, 今日の, 今死につ, 今苦しみつ, 仕方なく, 他意なく, 仮装の, 伊代で, 伸子と, 佃が, 佃に, 何かの, 何とも云い出さなかった, 何の, 何円何十銭也, 何歳に, 何氣ない, 何程に, 例によって, 依然として顔, 保については, 側近の, 僅に, 先入観で, 兎角木山, 全く気づこう, 兩人をば, 六ルーブリ五十カペイキで, 其光の, 其方面の, 其時少し, 其膝の, 再び笑った, 凌ぎがたく, 出して, 出窓の, 初々しく苦しい人間, 別です, 利藻氏の, 刺すよう, 加藤医師を, 助かる, 勿論一銭, 勿論醫師藥禮等, 化粧が, 十九歳であった, 十年といふ, 南北合併した, 即ち極めて, 又あと, 又立っ, 取らねえもん, 受け取るから, 只眼, 叫んだ, 史學の, 合の, 吐出すよう, 呆れ返って, 周章した, 和一郎が, 和服だ, 唖の, 喉もとへ, 四円, 地主と, 坐りこんで, 場所がらと, 売り手が, 変わって, 夕方粥や, 夢とも, 大きく眼, 大柄な, 大色紙, 夫以上を, 奈良に, 女ばかりが, 女性の, 妹の, 娘と, 娘を, 子供たちの, 子供の, 孫三郎の, 安くない, 宿泊料に, 寒そう, 寛文二年九月に, 寝所から, 實物經濟といふ, 寧ろ応じなかつた, 小さい男性, 小枝, 小首かしげた, 少し安心, 山道を, 嵩んだの, 左の, 巻野越後守貞良の, 幣舞橋と, 幸いにも, 幾度も, 強ひ, 彼女に, 心の, 心譽一鐵信士である, 必しも, 怒ったよう, 思いだして, 思った, 思ひ出して, 思わずきいた, 恥づか, 恰も唐, 意地に, 意外に, 愚かにも, 感情に, 慥かに, 成功し, 戴きませぬ, 打驚かされ, 払うし, 払っても, 払わぬ, 投げ出すよう, 抱いて, 押っ被せました, 拭き終ったピン, 捨鉢に, 擲られた, 政府の, 数日の, 文章も, 旅費の, 日本服で, 明ならざれ, 明治時代の, 時計を, 智恵子の, 更にその, 替つた, 木剣の, 本気に, 札束を, 東北の, 東照宮樣御聲掛り, 松尾に, 枕の, 梅葉姐さんと, 極々日蔭者, 極度に, 構いませんから, 櫛の, 次男だった, 此不思議に, 此年七月二十一日に, 歩きながら, 殺され続けて, 比較的おちついた, 気に, 気の毒そうに, 水い, 水枕を, 永井さんの, 江戸将軍を, 決心の, 泉さんの, 泣きたいよう, 泰造はじめ家族の, 浴槽に, 淋しそう, 深い吐息, 清水氏に, 満足した, 滞り勝ち, 漸く自分, 火事に, 灯の, 無気力二十代は, 煙草を, 父には, 物語の, 独りで, 狼狽の, 玄関迄, 珍しく戸棚, 甚だしいヂャナリズム, 生涯男の, 申し上げること, 男として, 男も, 男子と, 畳一畳について, 疲れた, 百五十乃至, 盲なる, 相原さんの, 相手の, 眉を, 眺めながら, 着いたなり, 矢も, 矢張り俯つ向い, 知らない, 知れたもの, 砂場が, 私と, 空家に, 突っ込むよう, 突然胸, 立ち退きましたぞ, 立って, 竹の, 笑った, 笑つてゐた, 筆を, 答えない, 答へ, 約三月, 素直に, 絶えずその, 絶望の, 続かせないと, 縁側と, 美しい黒髪, 耳にも, 聞えないの, 聞き返した, 肯定も, 胸が, 胸勘定でも, 脇へ, 腫れぼったい眼もと, 腹立ちまぎれに, 膝を, 自分が, 自分や, 自尊心を, 致命的な, 舌打ちする, 船旅の, 良人の, 花弁に, 若いけれども, 若い男, 苦笑した, 菅画伯の, 薄化粧を, 薫譽沖谷居士である, 蚊帳から, 表の, 襖の, 西譽淨賀信士である, 要らぬと, 見ちがえるよう, 言って, 詔勅を, 詰るばかり, 話を, 誠実とか, 説明し, 談論風発であった, 謡いかけた藤吉郎, 責められなければ, 走り出す, 路傍に, 身の, 身を, 近くて, 迷い三十代, 逆は, 通稱金藏で, 針助の, 銀座裏の, 長い間, 間もなく戻っ, 隠居所へ, 雑誌を, 静枝に, 面喰った, 鞍上に, 項垂れました, 額を, 顔が, 顫える, 食慾を, 馬から, 駢文の, 高くなっ, 髪を, 黒い瞳, 黒雲の, 黙つて

▼ 代~ (907, 8.5%)

55 なって 24 なると 14 なっても 13 なってから 10 於て 7 して, なってからは 6 なつて 5 いたって, なる, 出來, 渡した, 逢って 4 これを, なっては, なれば, 至るまで, 身上を 3 なつた, なるの, 入って, 及んでも, 就ては, 渡って, 相当する, 至って, 至りて, 迷惑が

2 [44件] あつて, するつもり, すれば, なった, なったとき, なってからでも, なってからの, なりては, なりました, なりまして, なりますと, みたされて, 事欠き女房, 云った, 亙って, 人並は, 仕えて, 仕上がったもの, 入つた, 刻下の, 危しげな, 取って, 向って, 平岡の, 成て, 於ても, 旅費さへ, 来たの, 歴仕して, 没落した, 洩らした事, 渡來した, 理解せられた, 相詰め候事, 結婚した, 聞き継ぐ人, 至つては, 蒙古, 見えるくらい, 費つても, 超絶する, 這入って, 逢は, 金を

1 [608件 抜粋] あえなく自殺, あたらせ給う, あった, あてて, あてインク, あらわれたの, あらわれて, ありては, あり又, いたり, いたりましては, いたるわが, うちあけられたろう, うつると, うつるまで, おどろくよう, およんで, お納め下さいます, かえて, かかって, かかれたそれら, かち得たばかりで, かなりの, かなわねば, かわって, きいた, きこえない小声, こういう事件, ここへ, こしらえた借金, この家, この爭, これだ, こんなこと, さが, さへ, ざっと三千円, したいと, した炭, しては, しろと, しろ一度, し楽しく, すぎないが, せめられる心配, せよと, そういった, そうした二人, そっくり通じ, そのキザシ, その先鋒, その夜, その田, その頃着る, それから七ちゃん, それから毎日, それだけの, それは, ただ一人取り残され, たった二銭, たのまれて, ついて, ついて行くより, つけて, つたえて, つないだ銭, つないでも, できなければ, どううけとられ, どうかし, ないという, なかった, なったころ, なったその間, なったならこの, なったの, なったら, なったカール, なった夜, なってからと, なってからも, なってるけど, ならないずっと, ならねば, なりさっき庭先, なりし頃陸尺, なりましてから, なりましてからは, なりますか, なりますから, なりまする, なり厄介, なり文明開化, なり森, なり身分, なるか, なるこう, なるとは, なるもう, なるもの, のこって, のぼせて, のみこめたの, はあ敬二郎さん, はい, はなつては, ひたりて, ひとり美しき, ひよつこり偶然, ほとんど無くし, ほろびた, まさる芸術, めぐんで, もう一遍, やかましく云われ, やはり何割, やる肩蒲団, ようやく宮廷, わが身を, キリストの, コマ郡に, スイスの, ナポリ王の, ローマ人等その, 一つの, 一世を, 一人と, 一人は, 一切未練の, 一寸四分切り取っ, 一度すれ, 一度と, 一度は, 一度も, 一度来臨, 一度行, 一建立で, 一杯に, 一行という, 七代とかいう, 三代目不破喜兵衛として, 三日住んだ, 下つた, 下つて, 両統合体, 中, 予告し, 事件の, 二三年他郷に, 二千貫しこため, 云い付けて, 云われて, 五十圓選別費に, 亘って, 亘りて, 亘り甚しき, 亘る徳川様, 亘る敵, 亙っての, 亙つて, 亙る女性たち, 亙る家族全部, 亙る思ひ出, 亙る敵, 亙る日本, 亙る父系, 亙る画壇騒動, 亙る白痴, 人を, 仕えた強豪, 仕えた重臣, 仕え父, 仕へ, 仕へて, 仕上げられたもの, 仕向ける, 付き添われながら, 伊勢か, 会うこと, 伝えても, 伝り, 伝わり後世, 伸子の, 似合った自然, 位を, 何ほど, 何千兩といふ, 何故このみ, 余計な, 作った田産, 作つたもの, 作られたもの, 作られた四度, 作用した, 供えて, 保さんは, 俺が, 傷寒を, 僅に, 光被し, 入ったばかりの, 入った紳士, 入つた者, 入りて, 入ると, 入れた分, 入れて, 其完成を, 冠絶し, 冷酷で, 出しても, 出た年, 出た時, 出て, 出家され, 出来たとして, 分けて, 利子を, 到って, 前より, 力の, 功が, 加奈陀ロッキーの, 勝れた大徳, 化けるため, 南北の, 却って痛, 原田家の, 又と, 及ばずその, 及ぶもの, 及ぶ永い, 取られて, 取られ三千円, 叛い, 古い町家, 召し出されしもの, 召し出された, 史記の, 同情し, 向かおうと, 向っても, 告げて, 品物としての, 国知らさ, 在ると, 地埋, 増やした物, 売った絵, 変ったこと, 変らぬ, 変死人が, 多く起った, 大きな過失, 大久保百人町に, 大秦寺の, 夫丈の, 夷島の, 奉つたの, 女中を, 妄想を, 妻を, 委せて, 姫を, 娘が, 守山の, 完成する, 定り, 宰相蕭何が, 家督が, 家督の, 密教が, 富を, 實際行はれ, 封を, 封禁され, 小遣だけ, 尚武的色彩が, 尸祝さるべき, 山岡一族に, 巨億の, 己の, 己は, 已に染付, 市の, 帰れと, 帰ろうとて, 幾度という, 店を, 建てたか, 建てられた館, 廻しても, 張果老という, 当てたり, 当てるべき養蚕, 当る守将, 当時流行の, 当時達と, 往け, 御殿の, 御法事, 御鉄砲御用衆筆頭大筒方兼帯, 復讐する, 必ず此文, 思いを, 恐怖が, 成って, 成れる晩出, 戦場から, 戻ったという, 所謂大食國の, 手を, 手伝はれ, 手拭を, 打つところ僅か, 払ったの, 承諾された, 拵えたの, 持つ間, 掘りその, 掛けて, 支那に, 改まる直前, 斬りつけられたので, 新な, 新に, 新唐書並び, 於いては, 於けるかずかずの, 於ける今, 於ける史學, 於ける囘教徒, 於ける思想海, 於ける政治上, 於ける曲學, 於ける歴史, 於ける自分, 於ける香料, 於ては, 於る, 既にあった, 是と, 是非貴方, 更に祖父, 書かれたから, 書籍の, 替って, 最も隆盛, 有附ん者, 来た葉書, 架した, 楠どのが, 止て, 此店の, 歴仕し枢機, 死なせたかったの, 残して, 残すこと, 残忍極, 母の, 毎年芝の, 毎月十円乃至, 比べてなんて, 毛伯道劉道泰謝稚, 気兼ねを, 気長足姫命の, 求めたこと, 求婚しただろう, 決められたもの, 泣き附いて, 泣付いて, 泰始あり, 洋館の, 浙江蕭山の, 添へてだに, 渉る, 渡し總代, 渡る知識, 溜めた身代, 溝尾が, 溯って, 滞って, 為て, 為る, 焼尽し, 煙草は, 熊野から, 爪先へ, 爲給へと, 父が, 父兄に, 物を, 王あり, 王たる, 生きると, 生まれた青瓷砧, 生れ日本, 用人を, 由りて, 留學した, 當り, 痔瘻を, 盛で, 盛んな, 相成って, 相成り候節, 私の, 移って, 積まれた多少, 窮する身分, 築きあげた立志伝中, 築き上げた商, 細川家に, 罪が, 罪せねば, 考へて, 聞いた, 聞えた, 肩を, 至っては, 至つて近代は, 至りては, 至りましたが, 至りまして, 至るまでを, 至る五代, 至る過渡期, 若返るだろう, 落ちこの, 行うの, 行って, 西域諸州を, 見えたの, 見える若々し, 見える鼻すじ, 見せた, 見つかつて, 見られて, 親の, 言った, 言訳し, 訳した, 詭隨, 認めて, 誘われても, 説きました, 読んだの, 譲らせたり, 讓る, 貯へも, 貸した金千円, 費っても, 賛意を, 質入れした, 起こって, 起ったその, 起れること, 足りないん, 跡の, 軽井沢に, 輝いたであろうこの, 辮髮の, 近々なる, 迷惑がか, 追っつかぬ, 追れます, 造られたもの, 造ること, 逢いに, 逢おうかと, 逢った時, 逢つたなり, 逢つた時三千代はた, 逢つてもう少し, 逢つて云ふべき, 逢つて己れ, 逢つて自分の, 逢ひ, 逢わなければ, 連れて, 達してからの, 遡りては, 遣った旅行費, 遣つた旅行費, 適合すべく, 遭はれたら, 部屋を, 酒癖の, 采を, 附近の, 限ると, 陸奥の, 隠して, 集めたもの, 霧散した, 預けて, 飛び掛かろうと, 飛ぶ, 高き近衛公, 鰤網で

▼ 代~ (645, 6.1%)

28 払って 9 重ねて 5 取りに, 見て 4 して, 並べ稱, 払った, 送つて 3 中心に, 勘定する, 取って, 思ひ出す者, 經て, 跡目相続の

2 [47件] かけて, かさねて, かせぐべくモデル, さいそくされる, だして, とられて, はじめ青蛇団の, もって, 何が, 促した, 借りて, 倹約する, 其上に, 出して, 加えると, 取られるかも, 叱つて, 命ぜら, 差引くと, 払いながら, 払うため, 払うと, 払うという, 払うの, 払った上, 払ひ, 払わずに, 捜しに, 支払って, 支払は, 救ふも, 案内に, 残して, 経て, 聞きに, 蓋ひたる, 見上げて, 譲って, 貰う, 貰って, 送って, 逐うて, 過ぎて, 重ねるうち, 頂戴した, 風靡し, 風靡した

1 [470件] いかにし, いた, いただきます, いただけましょうか, いただこうという, いっぺんに五百円, いでずして, いらだたせそういう, うたって, おいて, おさめたれい, おどろかさないため, お取り下さい, お払, かえされた, かえりみたとき, かく頃, かけすぎましたな, かけた, かけてに, かさねるに, かせいで, かせぐため, かせぐわけ, かな女は, きめつけにか, くれないの, くれるん, このお金, こめた数人, こんな所, ごっそり取られる, ごまかしたという, ごまかし手紙, さ, さがしだすかと, さき払いした, さへ, さること百二十余年前, しかさねつ, した呉羽, すむべき影, すゝむる情の, せしめたこと, せしめたなど, せしめたの, ぜひ自分, そそのかして, そっとつまん, その内, そんなに叱る, たすける能力, ただに, たのしませるよりも, ちゃんと支払った, ちよう, つけて, ともな, とられる故, とりかこみ四七番, どうして捻出, ねだるよう, のぞく佐々, はじめその, はじめとして, はじめ三人の, はずんで, はらいに, はらう, はらうと, はらった, はらったもの, はらったり, はらって, はらわずに, はらわないん, ひどく喜ばせたらしい, ひねり出すの, ふやすこと, へだてて, ほうるが, もつて, もらう, やったら客席, やって, やらうとお, やるぞ, ゆずったと, よこさねいじゃ, よこさねえであと, よろこばせた, コーヒーその他飲食物に, ジェネ, ナースチャに, ハンドバッグに, ボックスで, ヤミ屋さんに, 一ヵ月十銭出, 一ヶ月百円はらっ, 一人前一銭ずつ, 一日南工宿を, 七カ月分も, 三八九によ, 三十銭に, 上げても, 下されば, 不快に, 与えて, 並べんが, 中心として, 主として両親, 主に, 主人へ, 主人側に, 九代と, 二倍ばっか, 二倍支払う, 五十円あげ, 交番に, 人知れず彼女, 伝えて, 余計に, 供えるという, 保ったが, 保つたのみ, 倍払う, 借りた, 借りる途中一杯ひつ, 倹約し, 傭う積, 傷つけて, 僕が, 償わざるべからざるごとしと, 儲け出す方法, 先拂に, 入れさせる, 入れると, 六ルーブル払ひました, 六十弗この, 出させられたから, 出さないで, 出さねえじゃ, 出しそして, 出した, 出しましたが, 出し着物, 出すから, 出す元, 出す気, 出せとか, 出せろと, 分けて, 切りつめること, 別に出せ, 別に払っ, 割り戻して, 加えても, 勘定された, 勤むべ, 勤め大納言殿の, 勤る, 十五スーに, 半ば過ぎた, 半分弁償し, 厄介に, 原則として, 厳重に, 取ってるくらい, 取つて, 取らすや, 取らないでは, 取らぬと, 取られた, 取られたり, 取られないで, 取り立て, 取るといふ, 取る気, 取立てた, 受けとると, 召し取る仍つて其親類等, 召取らせ, 合唱し, 同じう, 君に, 含む, 呼びとめて, 嘆じ, 四十に, 回収する, 圧した林黛玉, 圧倒した, 失望させた, 奪ひ, 奪る, 威かして, 威かそうと, 守り申す壬生職, 守れ伊勢, 定めて, 客に, 家まで, 家見, 寿枝に, 工面する, 差し引き労力, 差し引くと, 差引いた其利益, 差引かれましたが, 幾ら欲しい, 度々請求, 弁償させる, 引き出すこと, 引き源七, 強いて, 当然に, 待つ心, 待つ熱いさびしい, 従え, 得ながら, 得る, 得るの, 御けらいしゅうへまでくだしおかれ, 必要と, 忘れて, 忘れ果てて, 思い出す者, 思ふ, 惜しんだわけ, 想像する, 愕ろかせない, 愛して, 慰めて, 慰めるまでには, 戴いて, 戴きます, 払い, 払いこの, 払いな, 払いなよ, 払いに, 払いますよ, 払いガラス, 払い南, 払い死後遺産, 払い近辺, 払うだけの, 払うて, 払うなど, 払うなんど, 払うやつ, 払うよ, 払う事, 払う勇気, 払う約束, 払う胸算, 払えないから, 払えば, 払えるの, 払おうと, 払ったあと, 払ったらいい, 払ったら文句, 払ったん, 払った事, 払ってるん, 払つた, 払つたとも, 払つてぢき, 払つて立帰りました, 払は, 払ふ, 払わせたこと, 払わせて, 払わないから, 払わないので, 払わない老人, 払わなかったと, 払わなくても, 払わぬのみか, 投げ出すを, 押さえつけた, 拂つてぢき, 拂つてゐる, 拂はれなき, 拂ふ, 拂ふと, 招ぐ, 招来せん, 持たせて, 持たぬ無職者, 持って, 挙げて, 捕縛なされ, 捧ぐる必要, 捻り出して, 掛に, 掩った, 掻かしたとかいふ, 掻きよく, 掻く, 握り締めて, 損し, 損するを, 携えて, 撃ったこと, 支弁しなけれ, 支払うこと, 支払った例, 支払ふ, 支払わなければ, 支払わねば, 收集すれ, 施与に, 更へて, 月々洋服屋に, 月賦で, 棄てるね, 樹明君が, 歌ふ, 此処へ, 此山に, 毎日夜十時までに, 水谷八重子お, 治め民, 浮ばせるため, 淨本として, 渡さんならん義務, 渡したと, 渡して, 渡すこと, 滞おら, 滞こらせてるん, 滞らして, 滞らせるよう, 無料に, 無理に, 無駄に, 瑛子が, 生きると, 用ゐる, 異にし, 目当てに, 盲目の, 督促され, 睨みすえて, 睨みつけて, 睨んで, 矢の, 私の, 私は, 稼いで, 稼ぎだすの, 稼ぐという, 積んで, 空に, 立てる必要, 節約した, 納めると, 納めるの, 累ぬる, 累ね, 終つたばかりの, 終らうとして, 経た今日, 経た時代, 経た関東一, 経ても, 経ないと, 経ると, 経るに, 経るも, 経今, 經た, 經たる, 継いだ, 継いで, 繰り返すに, 纏めて, 置いて, 置き暗い, 聞くと, 自分で, 自分の, 致しますので, 興した光武帝, 融通し, 襲ぐ子とても, 要するに違い, 見ずして, 見た, 見つめた, 見つめて, 見よそこ, 見よ宋代, 見るも, 見渡すと, 覩たま, 説得しよう, 調達する, 請求し, 請求した, 識った, 譲った倅, 譲る心, 豹一に, 負担する, 貢いで, 責むといへるゲラルドとは, 貰いたいため, 貰いて, 貰いに, 貰うて, 貰うという, 貰うよう, 貰える, 貰つて飲む, 買え, 買わねば, 貸して, 貸せが, 費すの, 賭て, 起さないよう, 越して, 踏みかけて, 載せたもの, 迎えられた英断, 返して, 返せ, 追い出して, 追うて, 追つて主人公, 退かせたに, 送り候, 送る間, 送れ食料, 逃がして, 通じいずれ, 過された時代, 遣り街道, 遣る, 選ぶに, 酒代に, 里子に, 重ねた名人達, 重ねての, 重ねるに, 重ねるにつれて, 重ね各々名, 重ね技, 鉄砲で, 開くため, 附けるの, 限つたのである, 除いて, 隔てて, 震撼したる, 頂いたんで, 頂戴する, 頼んで, 顧りみ, 風靡しだした, 食い始めた, 食に, 飲んぢ, 養ふ, 駕屋が, 騙り取った, 黄金時代と

▼ 代~ (608, 5.7%)

9 変って 6 平岡に 5 出て 4 変わって 3 かわって, ないと, はりの, 手を, 殺したこと

2 [49件] あつた, いて, うつって, きいた, そうであった, それに, それを, たまって, ないから, わざと来ない, モスク, 云った, 伸子に, 何か, 入って, 再び入, 又くる, 又一人, 又尋ねた, 又訪ね, 和一郎の, 大変だ, 寝て, 己を, 帰る時, 平岡へ, 彼の, 徳利の, 急に, 提げて, 替っただよ, 替りいかずちの船大工, 来た翌日, 来て, 来てから, 横町を, 死ぬと, 気の毒だ, 涙を, 清水町に, 無暗に, 産後心臓が, 直に代, 細君に, 聞いた, 自分の, 蔦代が, 裾を, 金を

1 [471件] あいだ呉, あったと, あとから, あのとき身, あまり高かっ, ある, いいきったとき, いいつのろうと, いくらとか, いくら人夫賃, いくら要った, いくら誘っ, いた, いった, いつも坐る, いまどれくらいか, いらないから, いる, いるには, ういて, おこりだすこと, おこれば, おとも, おどろいたよう, おなじよう, おれの, お米, かかるん, かつておじさま, かれら, かわりました, がばと突然顔, きるよう, くたびれて, こういうこと, こうと, これこれ広告が, これだけの, これを, ございませんね, しかも大勢, しどけない姿, しめやかに, すぐには, すこしはりすぎ, すすめる化粧, そう云っ, そう云った, そこから, そのうえに, そのころ甥, そのどれ, そのやう, そのよう, その上, その傍, その問題, その後も, その教師, その時, その沈黙, その途方, それぞれ土着し, それについて, そんなニュアンス, ただでも, ただの, たまったもの, だん, ちょっと襟, つづけば, できたん, できるなら食事, でて, とつぜんそう云い, とれないといふ, とれる, どういう男, どうした, どうしてそんなに機微, どうしても外国旅行, どうしても胸, どうして真夏, どうのこうのといった, どこへ, どの位, どんなにし, どんなに可哀そう, どんなに自尊心, ないの, ないので, なくしては, なぜ今夜, なんといふ, においと, にやりと口端, はいって, はね起きて, ひそかに, ひどく意気込ん, ぴつたりしないといふ異論には, ふだんの, また別, また口, まだいただかず, みな丈夫で, みも, むくむくと, むしろそういう, もって帰る, やかましくいう, やっとだ, ゆとりの, よくて, よほどかかる, わざわざたのん, わしん, わたしの, ゐて, イギリスの, インド洋を, カステラを, ゲーテと, ザーッと, シベリア鉄道へ, ジャーナリズムの, ソレ程の, ナプキンを, バケツに, パリか, ピンと, ヨーロッパへ, 一シリングなら, 一人これには, 一人二円, 一人前一銭二十人前で, 一円から, 一円九銭です, 一円五十銭, 一升十銭薪炭代一銭肴代二銭五厘家賃一銭五厘石油代五厘布団損料一銭五厘最低これだけで, 一回分五十円も, 一日十四銭五厘御, 一段落で, 一石七八円平均です, 一種の, 一銭合計四銭の, 三十フラン婆さんに, 三十両宜しい, 三歳まで, 三百円という, 三百円餌代が, 上がる, 上気し, 下がれば, 不健康な, 不正を, 不用意に, 主であっ, 主唱し, 乱暴する, 乳母の, 二人分滞っ, 二人如木が, 二十スー, 二十何円か, 二十何円とかに, 二度も, 云ったやろ, 云った何, 云つた, 五六銭製本代が, 五十銭, 五厘ばかりに, 五厘烟草盆が, 五百両だ, 五銭する, 亡んで, 亢奮で, 人生の, 今の, 今井を, 今年の, 今御禮, 他の, 代つた時, 以外な, 伸子に対する, 低い襖, 何かの, 使を, 來た, 保の, 倍だ, 側から, 偶然かえり合わせた, 僅か一フラン, 入れて, 八匁も, 八歳の, 六月分も, 六銭, 冷蔵庫に, 出た, 出まい, 前の, 前崎, 力戦し, 加は, 助つた譯, 動けないため, 勢力を, 医師に, 匿も, 十三歳の, 十二三銭これは, 十二文と, 十八歳に, 十円ほど, 千円と, 半分近くへらしました, 半分過ぎ, 半襟箱三つ引き出し, 反対の, 取れるから, 古老の, 台所の, 吉五郎の, 同じこと, 同行した, 否定した, 哲学が, 喫驚し, 四五銭広告一二銭編輯費二三銭で, 四人次に, 四十円を, 変ったの, 変ったん, 変ってからは, 変つたで, 変つてし, 変つて今は, 変りせっかく, 変りそう, 変りや, 変ると, 変るの, 変れば, 外から, 外出した, 多少気, 多賀家へ, 夜具の, 夜遅く, 天智朝以後に, 失禁だ, 女だ, 女として, 女としての, 好きです, 好きな, 好きに, 好むよう, 姉に, 学士なら, 安いこと, 安いの, 安政四年に, 客間の, 宦官の, 家督した, 家督する, 寝ずに, 寢ず, 封入し, 小枝, 小鼓を, 少しばかり, 少君, 少女時代に, 居間から, 岡崎逗留中の, 崎を, 嵩む一方, 嵩張る譯, 差引いて, 差引かれる, 帰りかけると, 帰ると, 幕府から, 平和であった, 幾らかと, 床几を, 店へ, 座敷の, 廻らぬため修繕, 張陵で, 強つて, 強つて勸め, 彼を, 彼女なりに, 往復で, 微笑みながら, 心づけを, 必死とな, 怒り伸子, 思ふ樣, 恋愛の, 恰度鳥海山の, 悲歎に, 惜しかつ, 意外にも, 戻って, 扉を, 払えず毎日出前持ち, 払えたら, 払えない始末, 払へ, 承知しよう, 挨拶した, 損に, 教えたこと, 数年この, 斉泰卿の, 昂奮し, 昼間洗い清め, 晩飯の, 更って, 替って, 替りましたし, 替わったり, 最年長者と, 月四円であった, 月百八十法, 木下殿へ, 木遣音頭で, 本気で, 本気に, 来ると, 来るまで, 来る迄, 枕の, 格子戸の, 案じられるなんて, 森谷の, 槍を, 次の, 欲しかったら, 此家に, 死して, 死んだ後, 死んでも, 残して, 残つたから, 気弱らしく起直っ, 水を, 注目され, 浜屋敷で, 浮いたので, 浮いて, 深々と, 溜まって, 滞りがち, 漸う口, 澄子に, 瀬戸火鉢で, 無い, 無かつ, 無くとも, 無理な, 熱望し, 父の, 父は, 父を, 物判り, 独で, 玄益成美である, 玄益順成三代が, 理解しない, 生まれる吾一, 生れた, 甲斐, 男である, 白い手, 百五十フラン集まる, 目の, 目を, 着なれぬ, 知ったろうか, 矩之の, 示した好奇心, 神経質に, 空虚に, 突然その, 突然に, 立ち寄りませんでしたか, 立って, 立替えに, 竿頭から, 笑いながら, 築いた流派, 系図に, 紀久ちゃんを, 細そり眼を, 終らうとして, 結婚という, 絵姿の, 耳を, 聞いて, 背中に, 腸の, 自動車で, 自家用の, 自殺し, 興りますと, 船から, 若し独身, 荒療治を, 藤原威夫の, 褊一枚の, 要らないところ, 要るが, 見つめて, 見て, 言った, 言った時, 言って, 訪ねて, 許婚の, 調達できない, 警察を, 變つてゐる, 豹吉に, 負擔以外, 貰ってなかったね, 貸して, 賛成した, 起きて, 起つと, 越智と, 越智一人への, 身の, 迅くも見, 迎えに, 迎えの, 送られなくて, 逃げ出すと, 通りかかると, 逸早く駈寄っ, 違って, 遺言で, 醫者に, 重なり自然淘汰, 重なる間, 銀一分七厘三毛, 銀座へ, 鏡台に, 長崎奉行に従って, 長椅子にかけて, 間に, 関の山じゃ, 隅から, 頬を, 顏を, 顔を, 餠を, 駒の, 駿府に, 騰って, 高いから, 高くなっ, 鴈治郎横丁界隈で

▼ 代~ (263, 2.5%)

8 前の 6 三代も, 何代も 5 前から, 名代も 4 続いて 3 かかって, まえから

2 [12件] ある, ない, ないから, 住んで, 前からの, 四代も, 子の, 後の, 末に, 果物屋を, 此家に, 澄子も

1 [199件] あがり蕎麦, あなたを, ありますからね, ありませんので, あるだらけきったケチ, ある信仰牢固, ある情慾崇拝, ある黴菌, いつ終わるか, いるし, うちつづいて, うちつづく伝統, おなじこと, かかった行商, かわいそうに, きかずたつた川, くそも, この問題, この機会, この調子, これまで, しまいには, すると, そうしたよう, そうです, そこに, その土地, その崖, その灰色, その言葉, たまつたの, つづいた大, つづいた武田, つづいて, つづかないの, つづきゾシマ, つづく名主, つづけば, なくな, なく名代, なく女中, なしに, のんびりと, はいつて, はじめて微笑, ひそかに, ほかの, ほしいという, まえの, また倍, また無事, まだ払っ, みこまなくては, みんな綺麗に, みんな飲んでしまつた, むろんその, もはや元治年代, やつれて, ゆずらなかったし, コーヒ代も, 一二度の, 一番馬鹿な, 一緒に, 世代を, 中半を, 二十代も, 五代も, 亦同じく, 代って, 代の, 仲直りが, 伝わる剣, 伸子が, 住みつかない限り, 住み続けた大阪, 住んだ小屋, 何もかも本当に一文, 何十年も, 何村何兵衛で, 例外なし, 傳は, 傳へる, 僕が, 僕に, 八十代も, 共に家光, 出して, 出席した, 切詰めぬいても, 勧めて, 取るから, 同じく夢, 同じ仕事, 名工の, 和一郎も, 和服の, 変つて最う, 変りて, 太橋, 学問を, 安くする, 定在, 宮廷に, 實費の, 專制時代である, 少し入れ, 届いて, 引き続いて, 後だったら, 後に, 心に, 忘れた顔, 我慢しかねる, 払うよう, 払えなかったそう, 払はずに, 持ち伝えた品, 持ち傳へた品, 持って, 提灯を, 数十代も, 昔の, 普通の, 智恵子に, 智惠子に, 暖簾を, 替りお母様, 替り名も, 最早トック, 朝子も, 末遠く, 本当に我慢, 檻の, 正勝も, 水道税も, 決して, 決して不, 油代も, 流行は, 満足に, 満足には, 火葬の, 炭代も, 無生物よりは, 煙草代も, 生まれ変らせて, 生涯かか, 略ほ, 皆この, 相模守を, 知らむ, 知らむ磐代, 知らん磐代, 碌には, 祟るかも, 立ち合ひ, 結構です, 絵の, 經つた人の, 続いた丸部家, 続いた古い, 続いた家, 続いた小森家, 続いた掟, 続いた糸屋, 続きましたらば, 続きました名主役, 続きますとは, 続き田舎, 続くかなり, 続く大, 続く家, 続けて, 續い, 續けて, 置いて, 美奈子が, 自動車賃も, 致す者, 芸術家に, 葉巻一つ喫かさない, 衣裳の, 複雑な, 要らない, 要るまま, 親ゆずりの, 貰えなかったの, 貰へ, 通して, 連なり続いた古い, 連なり続いて, 遂にろくな, 過ぎて, 道芝の, 都会の, 重縁という, 頭巾で, 養子続きだった, 黙って

▼ 代~ (246, 2.3%)

5 なった 4 して, なってからは 3 つづくこと, なって, なってから, なると

2 [21件] しも, す, なっても, なりて, なりては, なれば, まを, 云う娘, 云ふ, 会見する, 伸子との, 別れた, 同じよう, 呉れるに, 多少の, 澄子とが, 澄子とは, 申したの, 結婚した, 話した, 運送費を

1 [179件] あって, あんまりちがい, いいあらそったの, いいかけて, いうが, いうてな, いうても, いえば, いっしょに, いって, いっても, いつた, いつて, いひしさ, いわれた頃, お直, かさねさせて, くれるに, さへ, した, すべき或, すると, する事, する豊受姫神, すれ, すれすれぐらいの, すれすれに, すれば, その幸, ちがうところ, ちごうて, つくもの, つや子とには, つや子とは, なく付近, なく宮廷, なく深川, なく重ねた, なす, なっては, なつた, なりました, なりましてから, なりましては, なり三万円, なり人民, なり力, なり平和, なり法令四方, なるの, なるので, なるまで, なるまでには, なるや, なる訣, なる頃, ほとんど同じ, よばれた幼少, よびし芸者, ピアニストとしての, 一割の, 一所に, 七代の, 三十代とは, 三度の, 世を, 中村とに対しては, 主人が, 二人きりだった, 二人の, 二人養父の, 二十代と, 二重結婚を, 二銭, 云い三野王, 云い而, 云うもの, 云つた, 云つても, 云ふと, 交易し, 交通費に, 交通費を, 今井とは, 代を, 伸子とは, 保の, 六代将軍と, 共通する, 出会う折, 切手代だけの, 別に, 刷り代を, 刷賃だけを, 名づけられたが, 名のった, 名乗らせて, 向き逢つた, 君權漸長の, 呼び猿, 唖娘は, 喰物を, 土地の, 執事を, 妾の, 守り袋に, 密告賃それに, 対坐し, 対座し, 将軍家の, 小遣を, 少女への, 屋根代を, 己が, 思うて, 思ってるか, 思わず顔, 懇意に, 成ける, 手数料を, 抱き合って, 抱き合つて, 教区を, 書く, 朝子とでは, 栽る, 比較する, 水引きの, 汽車賃だけは, 泰造とを, 澄子とには, 火鉢に, 炭代と, 炭代とを, 申か, 申しあげたいが, 申します, 申し談, 知りながら, 祝儀あわせ, 神座との, 称して, 称すと, 税金が, 立つ内, 米代と, 素子とは, 経って, 続かず必ず, 続かないから, 続くまいぞ, 続く商家, 聞いた時, 肥料代に, 自分との, 茶代を, 草鞋の, 薪炭費丈は, 見える紳士, 見るかも, 見れば, 言っちゃ, 言って, 言つ, 語らい誓った事, 読む以外, 謳われて, 連れ立つて, 運動費夥しい, 酒代に, 開けて, 雑費を, 電燈代と, 頼家との, 風呂銭とが, 食費と, 食費を, 髪結銭さえ, 鳴きますよ

▼ 代から~ (223, 2.1%)

4 仕えて 3 代へと, 伝わって

2 [14件] あるという, 七代まで, 二代も, 住んで, 何の, 出入りの, 受けた恩, 来た手紙, 此の, 私の, 船乗りだったで, 蘆屋に, 贔屓に, 頼まれた金策

1 [185件] あつまりはじまったもの, ある, あるやう, いる多, いる時山中弥, いる老人, おぼえが, おれの, お出入り, お庭番, お狸様, お願いした, かこの, きいた, こうして稽古, こうむった侮辱, こき使, こき使われて, この爐, この茶屋, この辺, ご当家, して, しみこんで, ずっと医学者, ずっと御, そうなった, そのこと, それを, たのまれて, である, です, なくなる六十五, はなそうと, まだ一度, もう三十余年, もう土釜, やって, やってる連中, やつて, わしの, 一向宗, 一種の, 三代目の, 三十代であった, 三十代にかけての, 下物の, 不和だった, 不在の, 両藩, 主人畠山氏を, 主筋の, 二代つづい, 二十代の, 二十代まで, 二十歳の, 云われた言葉, 五代を, 五十代という, 亡くなった兄, 仁徳天皇と, 仕えあなた様, 以下一切の, 仲が, 伊勢屋に, 伏見屋に, 伝えた天文, 伝えられて, 伝わった田地田畠, 住みこんで, 住みついて, 住み馴れて, 佐藤と, 何かの, 使って, 信仰として, 俺の, 傳はつた, 傳はる道具で, 傷つけられた泰造, 元代, 元明, 六十代女は, 六朝を, 出入りする, 出入りを, 前十二代までは, 勤めて, 医師な, 十二代に, 十代ぐらゐ遡れ, 十数年もの, 原田家の, 反対の, 口を, 口伝された, 名題の, 味の, 唐代へ, 四十前後にかけて, 地方官に, 地面の, 多くそれに, 天下に, 始まったか, 始まったの, 始めること, 子の, 存在する, 宋にかけて, 実験ずみだ, 家を, 家督を, 小遣いの, 居つい, 屋上の, 属して, 年来の, 幾たび幾十たび行った, 廿代西郷南洲は, 当山に, 徳を, 息を, 懇意に, 押入の, 支那人間に, 数えれば, 既にある, 日本橋の, 早く漢譯經典, 木と, 本陣に, 村の, 歌は, 此処に, 残って, 母上に, 永く振り放さう, 永く振り放そう, 江戸の, 泰造へと, 浪人を, 浪居し, 溜め込んで, 為た, 牧の, 率先し, 疑問に, 白髪の, 皇居の, 短い羽織, 石の, 精巧な, 絞り取ったまま, 続いた大, 続いて, 耕して, 花前と, 荒物屋だの, 荷車の, 蜀は, 行はれた, 行商を, 西には, 見れば, 貧乏だ, 貰ったじみ, 車造りで, 連れて, 都を, 都軍に, 鎬を, 長兄の, 長屋で, 隅田川岸に, 集めて, 離れて, 順くりに, 順次に, 頭髮の, 頼みが, 飼いはじめたという, 馴染の, 髪の, 魚の

▼ 代さん~ (222, 2.1%)

6 の顔 5 はそっと 4 はその 3 の肩, はそれ, は心配そう, は思わず, は胸 2 が, が小川中佐, は, はやさしい, は又, は窓, は美しい, も弱, 少し瘠せた

1 [174件] か, がいくら, がたしかに, がたった, がひとり衣紋, がふるえる, がまた, がやった, がよろこび, が声, が岩, が引止め, が心配, が悲鳴, が残っ, が滅法, が濡れ手, が無理矢理, が眼, が突きつけ, が美しい, が裸足, が見付け出し, それから海, だけで, だって小, でしたか, というしとやか, とこの, とは母屋, と云う, と十七, と称する, なんかどう, に, にことわっ, にはなんだか, にもよく, に一口, に会わし, に見られたくない, の, のうつくしい, のお, のこと, の前, の叫声, の声, の家族, の恍惚, の悲しみ, の手, の時, の死ぬ, の水兵服, の白い, の礼, の美しい, の耳もと, の肌, の胆玉, の胸, の腕, の血相, の襟髪, の話, の身, の金切声, の頭, の顔付き, の黒い, の黒髪, はあわて, はいつも, はうちつづく, はえらい, はかなし, はこの, はこれ, はさみしい, はしばらくうっとり, はじ, はすっかり, はすねた, はすまし, はただ, はだまっ, はつづい, はつめたい, はとてもよく, はどう, ははっと, はふるえ, はふるえる, はわが身, はチョット, はハッ, はハンモック, は一番後, は不吉, は久しぶり, は云う, は今, は伝令兵, は何, は何やら, は前, は力, は唯一人, は地獄, は大佐, は女の子, は小川中佐, は小樽, は岸, は引返し, は後, は心, は心配, は急い, は旗艦, は昨夜, は望遠鏡, は檣, は櫓, は武田博士, は死のう, は死んだ, は気, は沫, は消毒ポンプ, は清少年, は無理矢理, は片手, は盃, は眼, は知らねえ, は耳, は色, は蒼く, は見る見る, は身軽, は香港, もいづれ, もうなずきまし, もくやしい, もつやつや, もモールス信号, も怒, も怖, も慄, も敵弾, も最後, も残念, も清少年, も生, も眼, も負けず, も負けぬ, も防毒面, よくごらん, よく来た, よ悲しみ, をあざけり, を又, を引止め, を愛し, を抱き上げた, を起した, 居なさるかい, 弱い巡洋艦, 怖くない, 成らう事, 成ろう事

▼ 代~ (164, 1.5%)

5 られて 4 られない 3 させて, た, ようと, ようといふ

2 [14件] しめて, たの, たると, たる恋も, ます, られた, られたと, られぬもの, 向って, 宛た, 手紙を, 難いと, 難い季節, 難い愛情

1 [115件] あらゆる危険, お廻し, かけての, かけてまでの, がたいね, がたいの, がたく私, こにな, さす事, させた, させたの, させながら, させられ手拭, させる, しなり, しを, じと, ず, そのお隣, たいと, たが, たつて, たので, たばかり碧玉, たらどう, たるうす, たる全曲の, たる銀白の, てこの, どちらかと, なきや, なくちや, なければ, ぬ, ねば, むとするとき我等は, むとせしかどもその巣に, むなど, やう, やうと, ようか, られ, られたが, られたり, られた最後, られつつ, られないから, られないといふ, られないほど, られない大事, られない寶, られない此宿, られない親父, られなかつたの, られなくなる時, られぬといふ, られぬ筈, られねえ五分の利息, られねば, られますか, られますまい, られません, られやしないやね, られやせん二十弗, られるか, られるの, られんなア, られワーグマン, られ漆長者, られ球ボヤ, られ砂利, サルペードーンの, ソッと, ハルミは, 一族ひきつれ, 之を, 以て, 僕は, 其境遇を, 到り牧野丹波守殿, 前記の, 向い九時同地着, 品を, 問い合せた上, 執こく, 大金を, 宿を, 度く, 得る気軽, 束縛を, 棹に, 殉葬を, 無漏, 玉では, 相談した, 行こうと, 見せた, 親しみに, 言葉の, 酌した, 難い, 難いさ, 難いその, 難い何ん, 難い品, 難い大事, 難い自然, 難かつ, 難き, 難き大, 難く愛する老いた, 難しと, 電車で, 靴を, 飮んで

▼ 代~ (115, 1.1%)

7 あつた 2 改まる物

1 [106件] あつたの, あつたらう, あとは, おぼえた仕事, この世の, この世を, これまでに, こんな面白い, ござりまする, さらにその, すらなほ家運隆盛, すら陰ながら, その職, その趣味, それから, それだけの, たいがい没落四代目に, たくさんで, たしか喜作, つかいきれる金, つぶしては, つぶれる財産, つぶれッ, つぶれローマ, できは, できること, どれほどわれわれ, どんどん死, は, はどんな, はない, はむずかしい, は美事, めっきり, もとは, ゆつくり, よくなった, よろしい, 一ぱいいけた, 一人前の, 不可能な, 二に, 二倍に, 二杯飲みたかった, 二百二十石余の, 亡びた, 亡ぶもの, 亭主に, 人間が, 代表させ, 伝統を, 全く処女, 其人から, 出来たもの, 出来ないまでも, 同時に霹靂木, 四に, 堂々たる大, 壁へ, 売出し, 大ヤマト大根大神, 夫に, 奇代で, 峠じゃろう, 工場を, 役を, 惜しみなく, 戒律などは, 探し出せないこと, 故郷で, 文学の, 早くも, 有名な, 末すぼまり, 果てまた, 死す者, 死ぬの, 死んだ家橘, 死んで, 没落する, 流行した, 滅すると, 滅亡に, 片付くもの, 狛家の, 現在の, 発行された, 精一パイだ, 終りました, 終ると, 終る如き美, 結婚し, 絢尭斎の, 絶えた, 絶えても, 若しくは二十代, 親分に, 話した, 輩行は, 逝く者, 長い間, 際どく引っ掛っ, 隠居し, 隠居した, 非常な, 音楽の

▼ 代には~ (99, 0.9%)

2 それが, 決して無, 遂に一度

1 [93件] いたくペトラルカ, いつのまにやら, おどろいたが, お前の, こせつかぬお, この予防法, だんだんちいさく, とうとう沓, とれるの, どうもぴったりこず, なる, ほぼ家運, めずらしい愛嬌, もういけなくなった, もうその, よく思いだす, ハムレットを, パンが, モーパッサンを, 一日だって, 七草の, 上屋敷が, 中央の, 人に, 伊代の, 何等数学, 余計な, 信濃の, 傾倒し, 儲も, 兄の, 入墨の, 八十キロを, 冬向き出来た, 分って, 別に扁鵲中蔵経, 南部の, 史學の, 各種各, 夏の, 多く書かせ, 夫だの, 好都合である, 実に見事, 屹度消える, 幾分でも, 彼の, 後醍醐も, 必ず家, 愈, 抹茶が, 既に荊楚地方, 日つぎの, 早く皿, 早く讀み試み, 曲りなりにも, 書が, 梁代に, 此の, 死ぬると, 毎年約, 気を, 永く逗留, 決して困らない, 海軍相だった, 父が, 父親も, 特出せる, 理解する, 男三十女二十と, 百二十石ばかりの, 相當, 眞宗の, 砲術の, 約六百萬石, 純潔感が, 結局その, 美味さうに, 老子と, 自らそれ相当の, 蔦代の, 見ちがえるよう, 規模廣大で, 計画的に, 賢臣聚る, 車代も, 道教が, 遙かに, 郷里姫路で, 長い北条氏時代, 限らぬらしく古く, 鞦韆を, 鬼市として

▼ 代~ (80, 0.8%)

8 の祖先 5 の主人 3 の先祖 2 のこと, の一色家, の当主

1 [58件] かに主家, かの住職, かの先祖, からかこの, からこの, からの地縁, からの大人, からの牧瀬, からの生粋, から傳, から家, から家族四人以上, から新庄家, から続い, か三代前, が海賊, その家, で本, という, とやらの住職, にあつ, に分れた, に勘四郎, に据ゑて, に真, に遡, のじじい, の不, の世, の事, の亭主, の人々, の人達, の何とか, の俺, の儀十, の大きい, の大原右之助, の女人, の孫右衛門, の宗, の履仲天皇, の帝, の御, の我々, の政家, の有名, の桓武帝, の正, の殿様, の母屋, の父, の神主, の老, の者, は因州侯, は関根名人, までは平家

▼ 代将軍~ (74, 0.7%)

4 の頃 3 が大政奉還, の綱吉 2 の霊廟

1 [62件] かのお, がすわっ, が上洛, が京都, が保護, が当社, が御, が生れた, が谷中辺, が鷹狩, とし, としての徳川慶喜, となった, となつ, となる, と互に, と肩, に直す, に謁見, のところ, の三女, の上洛, の世, の人選, の供, の元和四年, の台徳院廟, の場合, の墳墓, の大御所様, の好み, の宝塔, の家宣, の寵, の寵愛, の川崎, の弟甲州公徳川綱重, の御前, の徳川家斉, の承, の時, の時代, の病気, の秀忠, の継嗣問題, の義満, の職, の薨去, の霊廟全体, の霊廟有章院別当瑞蓮寺, の頃和蘭人, は一人立ち, は工事奉行, は誰, へのかわり, へ使, をゴシゴシ, を名乗った, を父, を継がせた, を継承, 実朝

▼ 代まで~ (69, 0.6%)

2 保存され

1 [67件] いやおそらく, おはし, かけて, かたりつたえるべきであると, この海岸, させたくないと, さるご, ずっと続い, たおしとうとう, であって, でも, なかった, やらせるもん, 三代鋤鍬を, 五人の, 伝わりその, 伝わるだけ, 借りて, 典膳が, 出して, 又八が, 取られたん, 古道具屋の, 只に, 命が, 富み栄えて, 忘れないと, 恐ろしい祟り, 折助なんぞを, 掛けて, 敵に, 昔ながらに, 映画撮影は, 来たが, 来たの, 栄華に, 殘つて居つた, 永く歌人, 流儀に, 生物は, 禁物だ, 稼がなくつちや, 続けて, 続ける約束, 續い, 置いて, 腰弁な, 花岡伯爵の, 萌えては, 落着い, 行はれ, 計算し, 記憶に, 語り草, 調べ上げること, 越後高田の, 身うごき, 辛抱しなけれ, 辛抱する, 進んだとき, 遣る処, 釣ばかりは, 長年し, 非常に, 頂戴した, 飛びつかなければ, 高くなった

▼ 代にも~ (68, 0.6%)

2 三千代の, 平岡にも, 窮してる, 関係の

1 [60件] ことを, この掟, こんなこと, さう, しみついて, すべての, その当時ざつと話, そんなこと, たびたび発しられ, たりない, なければ, なって, ならないよう, ならねえ, ならねえが, なるよう, またその, まだ一枚, わたって, わたる派閥, 世は, 九州が, 事欠くと, 亙つて, 亙つて榮, 例なく, 出て, 動かした事, 及ばぬ価格, 同じこと, 困って, 困るだろうと, 奇を, 当分の, 撞いて, 撞きその, 斯う, 朝廷の, 横着者は, 残るの, 漸次かかる, 當る, 碌々と, 絶えない, 絶えない金持, 繰り返されて, 観客は, 認められぬは, 負けないくらい, 費いこみ, 足らない値段, 足らなかつた, 足らなかつたと, 足らん金, 足りない, 足りません, 足りゃしない, 雨が, 魔法という, 魔法といふ

▼ 代からの~ (57, 0.5%)

5 掟で 2 もんで, 知遇を

1 [48件] いろいろな書きつけ, おつきあい, だいじな家具, もので, よみにくい, 世話人で, 乞食で, 二度目の, 二王や, 人間でござん, 令で, 係りあいが, 係りあいと, 借金は, 印刷業で, 古い交際, 古制が, 城鼠が, 定めかは, 定住者だ, 家従で, 家業だつた, 恩を, 懇意だ, 懇意で, 手紙だけが, 手紙の, 掛りあいが, 掛りあいと, 政治改革と, 文官にも, 料理人で, 旧臣八木ノ, 朋輩同士である, 望みを, 浪人で, 漁場だ, 炭焼で, 知らせを, 知合いの, 種ヲヂも, 者である, 花主は, 襲用で, 觸れ, 通知で, 電報を, 電話と

▼ 代という~ (55, 0.5%)

4 言葉を 3 女の 2 のは, ものは

1 [44件] つもりで, のが, のと, のも, はさまりもの, ひとであろう, ものが, もの積み貯えられた, わけでした, 一事が, 事に, 二字が, 像が, 名が, 名で, 名であった, 名の, 名を, 名取名を, 女が, 女な, 女中と, 女中に, 女中を, 娘は, 字の, 季題は, 年増が, 年齢で, 強敵が, 悪銭が, 松倉郷の, 男に, 登場人物を, 眉目の, 者を, 肩書の, 若い女中, 言葉に, 言葉は, 訳で, 踊りの, 青年を, 魔法の

▼ 代へて~ (55, 0.5%)

2 古いの, 居た

1 [51件] あるだけで, いつた, うまさうに飮ん, おさまったが, おろすと, くれましたので, しかもどの, しまへば, ところの, また同じ, やつて, やらうと, やりぬ獄窓, ゐたの, ベッドへ, ローマンスの, 一寸盛, 一途に, 三挺の, 下さるさ, 位牌に, 党員達の, 出て, 努めて, 十二時半頃橘の, 受取らうと, 召上がつたやう, 幸右衞門は, 感嘆した, 戻る, 戻る甘い, 改めて代り, 最惜む恋人, 然るべきなら立処, 神祕的形而上學的の, 紙を, 置く積り, 行つた珈琲の, 見た, 見たが, 見て, 親愛なる, 読みな, 讀んで, 貰は, 貰ひ, 送ります, 進ぜる, 都へ, 雇役といふ, 高野さんの

▼ 代として~ (54, 0.5%)

1 [54件] あつた, あてに, お岩, きまった料金, これを, さいご, その度, なにとぞお納め, もって, ペトローヴィッチは, 一夜は, 一定に, 一封ずつの, 一知人の, 一間につき, 二タンガー納めなけれ, 二十五サンチームぐらいの, 二十文ずつ, 二十銭を, 二十銭喜捨, 二百万円は, 五十円ずつ, 五十圓も, 五十銭を, 五拾銭玉を, 交付す, 伊登志部を, 何とか云う, 俊亮に, 公卿と, 別勘定, 十一円を, 取りたい胸算用, 周藏喜平次の, 変に, 多分の, 天降ります, 女の, 小長谷部を, 年礼に, 御門警固の, 提供する, 日に, 日光の, 気づいたこと, 決算せられた, 無理に, 神を, 積んだの, 答辭を, 若干の, 貸した, 阿部が, 頂く月々

▼ 代~ (53, 0.5%)

2 ゴシック時代の, 二代で, 春さめ

1 [47件] あの李朝期, つや子の, つや子より, 三代で, 三代の, 三十代の, 下女の, 亀吉が, 二代の, 交際費や, 今度の, 医者代を, 印刷代が, 大蝙蝠, 子供の, 家賃が, 小さかった, 小作米に, 小姓たちが, 工賃などは, 建築費は, 惡友どもが, 手数料として, 手数料は, 授業料には, 料理や, 料理代を, 新聞代の, 気取り賃を, 水引きたちは, 水引き達は, 池田勝三郎や, 澄子や, 煙草賃に, 石倉を, 示談を, 立て替えが, 赤松則祐や, 身付の, 農會の, 道具の, 醤油代が, 金利を, 電車賃にも, 食扶持の, 食料を, 2代で

▼ 代~ (40, 0.4%)

9 前の 3 前に 2 以前の, 後に, 後の

1 [22件] あったの, おまえまで, ッ, 一つの, 三代の, 三代立っ, 三十か, 三十二三の, 三十代の, 人なから, 保つか, 前か, 前から, 四代かの, 土地に, 変って, 封建制度の, 数知れぬ, 江戸に, 経って, 続いた丸多, 續く

▼ 代~ (36, 0.3%)

2 にならない, に委任, の方, の置い, は但馬, は全く, は寐, は平岡, は筆

1 [18件] が歌舞伎座, には逢, には逢わない, に向, に向っ, に肉薄, の前, の性格, の手, の頭, は三千代, は元, は前, は平気, を気取, を眺め, を見た, 郷人馬への

▼ 代へる~ (34, 0.3%)

4 やうに 2 のだ

1 [28件] い, がな, が故に, ことだ, ことであります, ことに, ことは, ことを, たびに, ために, つもりで, といふ, といふ侵略, とき始め, ところも, と云, のであつ, のに, のは, のを, 不二アイス, 事で, 今の, 手間は, 時に, 木に, 為今, 野蛮人の

▼ 代うる~ (30, 0.3%)

32 に他, に平面, に御, に皇帝

1 [19件] ことなく, にすべて, により, に夫婦間, に永遠, に浦島明神, に狼, に瓢箪, に研究, に秋野, に自我, に英, に躊躇, に道理的, に銭貨, に陳留王, に馬鈴薯, ものありたれ, ものの

▼ 代~ (27, 0.3%)

3

1 [24件] からお前さん, からシベリア, がこんな, が明朝, しかもおれ, つたで, つたのだ, つてバカに, つて惜しい, というの, とか保管料, とか引く, とこの, とも言, とも言われ, と云う, と云っ, と山嵐, と百兩, と百円, なぞと大盤, なんどと, のを, わねえ

▼ 代ふる~ (27, 0.3%)

2 に, に今

1 [23件] ために, にあすの, に之, に了蓮, に初, に句, に各自辺土, に實, に左, に平, に惟長立敬, に批評, に文字, に文章, に最も, に策論, に經義, に自然, に草堂集, に鮮斎永濯尾形月耕, も数, 能は, 逍遙子が

▼ 代より~ (25, 0.2%)

1 [25件] 三十代であった, 久しく瀋州, 久しく禁門, 今日まで, 仲買商手広く, 先に, 六朝へ, 勤め殊に, 口に, 執事の, 大なる, 宋の, 家衰へ, 引続き三代, 後家であり, 志は, 明末までは, 用ゐ来りたれ, 田畑數多持ち, 登りしが, 直接見る, 舊來の, 遙か, 酒の, 高いの

▼ 代~ (24, 0.2%)

2 は本家

1 [22件] が事, が唖, が裸馬, が見附け, とは殊に, に現, の勢, の唖, の大きい, の父親, の答, の間, は三歳, は家, は手頃, は最早, は貧しい, を呼ん, を土藏, を宥めなかったら, を邪魔, を頼ん

▼ 代までは~ (23, 0.2%)

1 [23件] いわゆる三代相恩, ひきつづいて, タタラない, 人が, 伝わりえない, 十八歳で, 国老格だった, 壁畫が, 大貫の, 家も, 山伏稼業だった, 廣く知られた, 彫刻大いに, 微禄, 或る, 旧幕臣, 横須賀村の, 田の, 百石あまりの, 祟りますむむ, 穀屋を, 芝に, 離騷に

▼ 代にな~ (22, 0.2%)

3 つてから, つても

1 [16件] つてかは, つてからも, つてそれぞれに, つてまで, つてゐた, つて先生が, つて君兪といふ, つて國の, つて失うた, つて家賃を, つて玄關の, つて系図から, つて色々, つて賣, つて酒造を, つて銭は

▼ 代~ (22, 0.2%)

2 から聞いた, が云った

1 [18件] から彼, が剣呑, が御, が日, が薄笑い, であった, であったならたとい, である事, に見せた, の予言通り, の年寄二人, の連名, は仲裁, は母, は顔, も傍, も驚ろ, を顧みた

▼ 代でも~ (21, 0.2%)

1 [21件] ある, ある酒, かかって, そうかも, そうである, そうでしょう, ない, なくなったのにと, なく泰造, なにかの, 三代でも, 仕遂げ得なければ, 同じよう, 子供役者の, 小枝, 恵んで, 源氏の, 痩腕にゃ, 税務署の, 稼ぎまっ, 雇うべ

▼ 代~ (21, 0.2%)

4 の彼ン代集の

1 [17件] から段々, が文学, と, と名づけ, と名づける, と定家, と近世歌人中, にかわる, にまなん, に後, の中, の和歌, は全く, をはじめ, を以て贈物, を出, を指す

▼ 代とは~ (20, 0.2%)

1 [20件] いう, うって, ちがった感情, とりも, ゆっくりした, ペレールの, ミセス・レイマンと, 何か, 出かけて, 出来た一浴, 反対な, 国土の, 市政も, 明治の, 田中絹代一夫とは, 画が, 異ならうでは, 秋の, 違う, 非常に

▼ 代~ (20, 0.2%)

7 の孫

1 [13件] かのかぼちゃ氏, かの老松, が屋敷, が後, でございます, で代々養, になる, には上閉伊郡甲子村コガヨ, の主, の子, の子孫, の孫たち, の源氏

▼ 代~ (20, 0.2%)

1 [20件] が同, が検事, だとは, であると, という探偵作家, と別れた, と山川牧太郎, と称する, のこと, の素性, の面皮, の頭, の顔, はもはや, はやはり, は思わず, は本名, は生れ, は真, は辛うじて

▼ 代では~ (19, 0.2%)

2 ありません

1 [17件] ありませんか, この國, これを, つきり, つまるまい, ない, ないから, ない争, なかった, なかつたか, 一ヶ年に, 一面熟れき, 八に, 十六に, 有名な, 縱ひ, 荒唐不

▼ 代にわたる~ (19, 0.2%)

1 [19件] いわゆる田沼時代, ご恩顧, ところの, わが呉, ヒダ王家の, 不運つづき, 世々の, 友情の, 名刹の, 哀れな, 国主の, 宗教と, 家の, 家族史を, 寄席文化史の, 日本統治者に, 罪状を, 譜代の, 遺産相続の

▼ 代に対して~ (18, 0.2%)

2 こんな関係, それ程政略的, 責任を

1 [12件] そのこと, どう親愛, はたで, みると, よこすたより, 合わせる顔, 外の, 思い切った振舞, 思ひ切つた振舞, 肉感的な, 見ると, 警戒的に

▼ 代までも~ (18, 0.2%)

2 話の

1 [16件] こんないい, その法系, なつた, 世に名高かる, 予算されなけれ, 信長の, 僧形の, 出させること, 引続い, 待ちませう, 御中心, 早や, 有りやすよ, 続き実に, 言い伝えたり, 飛虫ひとつむざとは

▼ 代以後~ (18, 0.2%)

2 の大, の源之助

1 [14件] には趣味的, には頗る, に渡来, に貴ばれた, の哲學, の實物, の明君, の生涯, の第一人者, は茶人, は規模, は龜卜, も支那人, 其の跡

▼ 代にわたって~ (17, 0.2%)

1 [17件] この乱国, その俥, 三公の, 仇敵の, 円明二刀流の, 四十年一日の, 実隆が, 宮中に, 彼等は, 忠実な, 懇意だった, 押し進められたこの, 朱の, 皇后に, 続いたが, 蓄積された, 運上

▼ 代に対する~ (17, 0.2%)

2 情合も, 愛情は, 義務の, 自分の, 自己の, 責任の 1 同情と, 心底からの, 感謝の, 態度の, 私の

▼ 代~ (17, 0.2%)

2 と家達公

1 [15件] から三十年, がこれ, がそいつ, が入っ, が霊前, そんなこと, と見えた, にさき, にまで成り上がろう, のお, の貫禄, は両手, も見え, らしい人柄, 御言いつけにござります

▼ 代だけ~ (16, 0.2%)

1 [16件] いただきます, かせげれば, だ, だった, だよ, であった, ですという, でどう, では, まるまる損, もらったよ, やすまん, 儲かる, 手土産を, 汽車賃が, 渡して

▼ 代将軍家光~ (16, 0.2%)

2 は水泳

1 [14件] お手植桜, が夜な夜な, と, に至つて, の寛永年間, の日光, の時, の時代, の時分, の死, の牟礼野田猟, の祖先, は数度, をどうして

▼ 代といふ~ (15, 0.1%)

2 のは

1 [13件] ことに, のが, のである, のも, ものが, ものは, やうな, 名が, 名目で, 地位に, 娘は, 王朝の, 約束だ

▼ 代までの~ (15, 0.1%)

1 [15件] 八十歳の, 夢を, 學問の, 恥辱なりと, 支那の, 生活環境で, 耻辱なり, 自分の, 語り草つくづく, 語り草に, 過渡期に, 間の, 間は, 間代々片目であった, 飜訳で

▼ 代將軍~ (14, 0.1%)

3 の廟 2 の時 1 が小金原, には或, に用, の命名, の命日也, の御代, を擁立, 初世, 更に代

▼ 代かの~ (13, 0.1%)

2 後には

1 [11件] 事蹟が, 人が, 太守が, 孫に, 尾張の, 手で, 承繼ぎ, 新たなる, 旧藩時代の, 裕福な, 間を

▼ 代つて~ (13, 0.1%)

1 [13件] から既に, また呑牛, ゐる震災前, 助かつ, 又明らか, 同じ所, 御挨拶, 来たらわ, 来ますさかいな, 来る, 殺して, 詠んだもの, 隣りの

▼ 代とも~ (13, 0.1%)

2 つけずに

1 [11件] いただきかねますと, なく時計, に気違い, わずか一人三, 何かに, 名妓が, 成るならば, 相談の, 芳町の, 言は, 言ふ

▼ 代にかけて~ (13, 0.1%)

1 [13件] 一つの, 北支那人は, 城守の, 尼子の, 嶺南地方は, 或は雲南方面, 支那に, 曲の, 有識者の, 決して少, 行われた支那芸術, 見ものであろう, 道佛二教の

▼ 代まえ~ (13, 0.1%)

3 の先祖 1 からのちゃきちゃき, からの水呑百姓, からふしぎ, から伝わっ, から男子, から白へび, にとき, に移封, に鶏, の人

▼ 代三代~ (13, 0.1%)

1 [13件] でも仕遂げ得なけれ, とかさねさせ, と主人, と代, と立つ, にかけて尼子, に到っ, のうち, の重恩, はもとより, は知らず, も前, をかけ

▼ 代だけは~ (12, 0.1%)

1 [12件] とれたア, どうしても払う, どうも東京歌舞妓, 六条院を, 出來, 当家へ, 払った, 捻出し, 損に, 明らかである, 考えて, 衣類を

▼ 代なし~ (12, 0.1%)

1 [12件] ぢや, でございませう, といった古い, にされた, にした, にする, になっ, に会う, に出来た, の証拠, は昔, 親子の

▼ 代がわり~ (11, 0.1%)

1 [11件] した, しただけの, するもの, となりし, になっ, になった, の世界, の中村屋, の前兆, の多き, 早々何

▼ 代~ (11, 0.1%)

2 のだ 1 のだろう, のでこの, のにそれ, のね, もんでございます, んだ, 人間が, 者にて, 風だ

▼ 代部屋~ (11, 0.1%)

2 の方 1 がある, が工場, で将棋さし, に入れる, に寄ったら, に帰っ, の中, も夫婦長屋, を兼ね

▼ 代限り~ (11, 0.1%)

4 のもの 1 でテッペン, で消え, として子供, となるべき, ともあります, に死滅, 如何なる事情

▼ 代とか~ (10, 0.1%)

2 何んとか 1 お母さんに, 七代とか, 住んで, 何とかあるなら, 将軍の, 此處に, 清代とかいふ, 藤吉郎とかいう

▼ 代にとって~ (10, 0.1%)

1 どんな不満, 世の中には, 伸子が, 保の, 冷酷でない, 十分一つの, 意味の, 激情からの, 藤原威夫が, 越智と

▼ 代よりは~ (10, 0.1%)

8 気の毒に 1 もっと安楽, 重量の

▼ 代以前~ (10, 0.1%)

2 の小説, より始 1 といふの, にすでに, に別れ, の俗語, の時, 已にかかる

▼ 代~ (10, 0.1%)

1 が分からず, が頷いた, に頼む, は一時間, は如何, は親分, ばかりじゃ無い, を入れる, を告訴, を監獄

▼ 代将軍秀忠~ (10, 0.1%)

1 が上洛, が政宗, が江戸, にも気, に嫁い, の如き, の息竹千代, の愛女, の慶安年中, の第

▼ 代~ (10, 0.1%)

1 とも称せられた, と言, など称する, のあつ, の伝へた, の伝承, の所管, の新, の発生, の開祖誉津別皇子

▼ 代つづい~ (9, 0.1%)

1 てそれぞれ, てパリ, て受け, て史官, て巣食っ, て明治維新, て時, て死んだ, て番頭

▼ 代との~ (9, 0.1%)

2 間に 1 云い合いの, 交際で, 全部であった, 約束は, 融合した, 間で, 間には

▼ 代など~ (9, 0.1%)

1 けっして安い, どこから, 倹約に, 合せて, 四五名を, 大変な, 番頭より, 財布を, 遣は

▼ 代~ (9, 0.1%)

2 九郎奴は 1 九郎の, 九郎は, 九郎へ, 九郎を, 九郎宅の, 九郎昌秋のう, 九郎昌秋は

▼ 代家光~ (9, 0.1%)

1 が将軍, この義伝公, であること, とだけである, のころ, の濶達, の頃, は日光, 相ついでの

▼ 代~ (9, 0.1%)

1 という, に, の, の主人公, の代り, を並べ, を先頃手, を大正二年, を買入れた

▼ 代ぐらい~ (8, 0.1%)

1 だったとき, なら俺, 代変り, 催眠剤を, 即座に, 払って, 文句言われた, 貰って

▼ 代つづいた~ (8, 0.1%)

2 かわからない 1 ますやの, ものです, 万屋の, 竹原の, 老舗でした, 鰹節問屋の

▼ 代である~ (8, 0.1%)

1 からと云っ, が先代, しそれぞれ皆, とその, と信ずる, 亀山六万石は, 事を, 左馬允は

▼ 代とを~ (8, 0.1%)

2 使つた後で 1 いれて, 下さつた下さつたと, 持たして, 携えて, 請求する, 頂戴する

▼ 代三十代~ (8, 0.1%)

2 はほとんど 1 に既に, の定家, の生活, の盛り, の者, を過された

▼ 代~ (8, 0.1%)

1 が乞食, が順次, にかかる, の一座, の諸, はそれでも, は箕, を合算

▼ 代~ (8, 0.1%)

1 と云う, にし, に出, の, の三浦, の伝, の時姫, を連載

▼ 代だけで~ (7, 0.1%)

1 サラリーが, 十五円食事は, 外へ, 決して満足, 終るもの, 邦貨に, 預ること

▼ 代だけでも~ (7, 0.1%)

1 そのくらい, 七十五ルーブルは, 二百両は, 六百円からの, 生やさしい, 相当だ, 随分の

▼ 代~ (7, 0.1%)

1 坐せしむ, 広重と, 急雨, 渇を, 用ひしか, 見たいやう, 雨を

▼ 代なる~ (7, 0.1%)

1 か二十代, か十代, だしは, 人形の, 基礎観念が, 泰勝院にて, 青山

▼ 代にとっては~ (7, 0.1%)

1 そうとしか, まさに大海, パリ生活の, 凌辱に, 助けだった, 彼が, 神聖この上ない

▼ 代へたり~ (7, 0.1%)

2 して 1 した, 大變, 方々雑巾を, 方々雜布を, 聖アンジェロ橋の

▼ 代もの~ (7, 0.1%)

1 である, の出所来歴, 人々の, 留学生が, 祖先の, 結構だ, 親たちにあたる

▼ 代を通じて~ (7, 0.1%)

1 この種, わが邦, 依然官憲, 概して, 法運の, 福建地方に, 築き上げられたブルジョア文学

▼ 代将軍吉宗~ (7, 0.1%)

1 が和漢, が果して, が職, たる源六郎, に仕え, の時代, の頃

▼ 代~ (7, 0.1%)

4 いて 1 いた老, いた醫者, かぬ

▼ 代~ (6, 0.1%)

2 てくれ 1 ている, てなり, て奥, 更に肩

▼ 代なれ~ (6, 0.1%)

2 ば三傾, ば五傾 1 ば右, ば左

▼ 代への~ (6, 0.1%)

1 ない獨子, 不断着が, 天邪鬼な, 影響の, 態度にも, 面当てに

▼ 代ほど~ (6, 0.1%)

1 では, 前から, 前に, 前は, 四方八方からの, 有りや無し

▼ 代をも~ (6, 0.1%)

1 同時に置き, 引き入れた, 正統と, 知ること, 知る筈, 観察したらしく

▼ 代~ (6, 0.1%)

1 人民ハ, 人民ハ前, 人民ハ快, 人民ハ無, 時本所カラ日本橋区横山町一丁目ニ移ッタ, 蓄蔵先代

▼ 代三右衞門~ (6, 0.1%)

1 が今, の自適齋眞譽東里威性居士, の覺了院性譽一鎚自聞居士, はわたくし, は享保四年五月九日, は天保十一年十月二日

▼ 代~ (6, 0.1%)

1 が出, が著しい, になる, にはその, は春秋, までの正史

▼ 代夫人~ (6, 0.1%)

1 から対坐, と, という, にも無心, の弟, を視る

▼ 代~ (6, 0.1%)

2 側向御 1 使番高二千石松平縫殿頭殿先箱赤熊二本道具徒士小姓馬廻り, 奉公を, 恩を, 皇譜神代文字之

▼ 代用品~ (6, 0.1%)

1 さえも取出せる, である, では個人, とあらゆる, となる, を世間

▼ 代からも~ (5, 0.0%)

1 いついつまでも, 伝わって, 何とも云っ, 何とも云つて, 永くお

▼ 代ぐらいは~ (5, 0.0%)

1 あるだろう, あると, 払えそう, 猶予も, 立て引いて

▼ 代さえ~ (5, 0.0%)

1 あれば, それからは, のこさず不, 尽きた, 払えば

▼ 代たち~ (5, 0.0%)

1 がアンテルナシオナール, だけ卓上電話, ともう一度, はきっと, は何

▼ 代にか~ (5, 0.0%)

1 こぼれた種子, だんだんに, はり机, 取り毀たれた, 姿を

▼ 代にて~ (5, 0.0%)

1 ありしか, 十幾歳なる, 昼食, 興りも, 鰻を

▼ 代一人~ (5, 0.0%)

1 が道づれ, しかなかっ, と揉み, と揉み合う, の頭

▼ 代~ (5, 0.0%)

3 助は 1 助の, 孫なり

▼ 代以来~ (5, 0.0%)

1 この分銅, とも知らず, の力, の舞台姿, の骨

▼ 代四十代~ (5, 0.0%)

1 となりまし, と云, になっ, の人間, の男

▼ 代宮廷~ (5, 0.0%)

3 をめぐつ 1 をめぐ, をめぐって仕え

▼ 代~ (5, 0.0%)

1 に火事, の三河権守重兼, の今, の多門房行高, の落魄

▼ 代此方~ (5, 0.0%)

3 から進ぜなかつたら 1 から進ぜないなら, から進ぜなかったら

▼ 代秀忠~ (5, 0.0%)

1 の室, の歿, の裏方崇源院, は増上寺境内, 同裏方崇源院

▼ 代続い~ (5, 0.0%)

1 ていない, ている, て仁義, て氏上職, て繁栄

▼ 代続いた~ (5, 0.0%)

1 家には, 家柄だ, 徳川家に, 旧家だ, 袋物商で

▼ 代肖像畫~ (5, 0.0%)

2 の傳來 1 の標本, の遺風, より全く

▼ 代かぎり~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, じゃと, で絶える, のもの

▼ 代ぎりの屋敷~ (4, 0.0%)

3 を構 1 を構え

▼ 代この~ (4, 0.0%)

1 かた歴朝の, ような, 国とともに, 近郷の

▼ 代これ~ (4, 0.0%)

1 には調度掛, は加納家, は所帯持ち, をつけ

▼ 代だけが~ (4, 0.0%)

1 ムキな, 全然損失, 大使館へ, 知って

▼ 代とが~ (4, 0.0%)

1 ない, 出来るまで, 届いた, 純子について

▼ 代どの~ (4, 0.0%)

1 家がらも, 家督の, 御一同, 抱守の

▼ 代などを~ (4, 0.0%)

3 遣りて 1 思い切って

▼ 代なら~ (4, 0.0%)

1 ばその, ば右, 何だ, 廉いもンだ

▼ 代において~ (4, 0.0%)

1 亡失し去り, 古書を, 甚しい, 重き使命

▼ 代にでも~ (4, 0.0%)

1 しろって, しろと, なったらどう, 使つ

▼ 代に対しては~ (4, 0.0%)

2 一点も 1 以前の, 最大の

▼ 代はり~ (4, 0.0%)

1 に白川, に追廻され, の人形仕立, を致し

▼ 代ばかり~ (4, 0.0%)

1 でない宋, でなく倶楽部, でなく多く, でも

▼ 代へと~ (4, 0.0%)

1 いふこと, 伝えられて, 神の, 遺伝され

▼ 代へに~ (4, 0.0%)

1 下りた, 使ってる平野, 行つたと, 行つたのは

▼ 代よりの~ (4, 0.0%)

1 事なるべし, 大族にて, 家來に, 職業を

▼ 代らしく~ (4, 0.0%)

1 ベルリンに, 敷衍し, 考えまわし, 越智との

▼ 代~ (4, 0.0%)

1 けでも毎月, であつ, になりゃ, は僕等三人

▼ 代~ (4, 0.0%)

1 でもあはれ, で一番人目, で最大, には失意

▼ 代五代~ (4, 0.0%)

1 とかく奥庭, となっ, と経っ, の村正作

▼ 代以上~ (4, 0.0%)

1 の人たち, の値, も同じ, 純粹

▼ 代十代~ (4, 0.0%)

1 といふの, にわたるいわゆる, の間, は殺され続け

▼ 代将軍家斉~ (4, 0.0%)

2 の末 1 には五十幾人, の治下

▼ 代将軍綱吉~ (4, 0.0%)

1 が住む, の乳母, の殺生禁断, の臨んだ

▼ 代山女魚~ (4, 0.0%)

1 といっ, と同じ, と言う, を釣り

▼ 代~ (4, 0.0%)

1 に合祀, の奥院, の結構, へ金

▼ 代~ (4, 0.0%)

1 上す, 傳は, 受け継いで, 名主役を

▼ 代集の~ (4, 0.0%)

4 と申し

▼ 代~ (4, 0.0%)

1 から在, から幕府, の貝墓, を顧

▼ 代あたり~ (3, 0.0%)

1 からお互い, に目安, の音

▼ 代~ (3, 0.0%)

2 利代 1 花代それは

▼ 代お前~ (3, 0.0%)

1 よく気, よく氣, 検めるが

▼ 代かかっ~ (3, 0.0%)

1 て具体的, て溜めこん, て集めた

▼ 代かけ~ (3, 0.0%)

1 てのどか, ての契り, て駒

▼ 代からか~ (3, 0.0%)

1 出る家, 幽霊藻とか, 用ゐ出した

▼ 代きり~ (3, 0.0%)

1 にたやす, のものゆ, の捨身

▼ 代ぐらゐ~ (3, 0.0%)

2 遡れば 1 迄のもの

▼ 代さんとこ~ (3, 0.0%)

1 からをなご, は大, へ泊めよ

▼ 代だけを~ (3, 0.0%)

1 支払って, 節約した, 部屋に

▼ 代だの~ (3, 0.0%)

1 三十代だの, 呆れ果てた分類, 雑誌や

▼ 代だろう~ (3, 0.0%)

1 がほとんど, が乃至, が五十代

▼ 代っていう~ (3, 0.0%)

1 人が, 娘さんも, 娘は

▼ 代つた~ (3, 0.0%)

1 がグリゴーリイ・グリゴーリエ, ものの, やら

▼ 代つたの~ (3, 0.0%)

1 であらう, でないか, では

▼ 代ても~ (3, 0.0%)

1 報じ難し, 御引受, 母樣に

▼ 代であった~ (3, 0.0%)

1 から定基, 両氏の, 仏国革命の

▼ 代です~ (3, 0.0%)

1 から, もの, ものね

▼ 代にと~ (3, 0.0%)

1 思うて, 残して, 言つて寄進し

▼ 代にわたり~ (3, 0.0%)

1 一万に, 人民の, 当主其部翁は

▼ 代のみ~ (3, 0.0%)

1 だれも, ならずそれ, ならず或は

▼ 代へながら~ (3, 0.0%)

2 極彩色で 1 然う

▼ 代へを~ (3, 0.0%)

1 したあなた方, して, やる

▼ 代また~ (3, 0.0%)

1 三代目広重あり, 孫の, 金剛山の

▼ 代までを~ (3, 0.0%)

1 割勘に, 編年體で, 見たり

▼ 代やら~ (3, 0.0%)

1 さうい, 月末の, 知れないこと

▼ 代らしい~ (3, 0.0%)

1 一図さ, 派手ご, 見習看護婦が

▼ 代一鐵~ (3, 0.0%)

1 の時寛政五年, の父長島五郎兵衞, まで皆

▼ 代三代前~ (3, 0.0%)

1 から家, の神主, の者

▼ 代二十代~ (3, 0.0%)

1 で早く, の人, の時

▼ 代住みついた~ (3, 0.0%)

3 豪族の

▼ 代如何なる~ (3, 0.0%)

2 技芸にても 1 技藝にても

▼ 代実録~ (3, 0.0%)

1 に, の宣化天皇, 元慶八年

▼ 代實録~ (3, 0.0%)

1 に據, に此事, に見えたる

▼ 代将軍吉宗公~ (3, 0.0%)

1 の御, を胸, ニッコリ微笑

▼ 代将軍家光公~ (3, 0.0%)

1 がある, が雑司ヶ谷鬼子母神, に訴えました

▼ 代崇神天皇~ (3, 0.0%)

1 と次ぎ, の御代, は御

▼ 代~ (3, 0.0%)

2 の劉恢 1 の五台山下

▼ 代広重~ (3, 0.0%)

1 が紫, の末孫, の開化三十六景

▼ 代御前~ (3, 0.0%)

1 として二度目, の塚, の杜

▼ 代景行天皇~ (3, 0.0%)

1 が筑紫, の御代, はお

▼ 代~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 代~ (3, 0.0%)

1 で徒渉, で洗う, で流れた

▼ 代清常~ (3, 0.0%)

1 であつ, と此定五郎, の近親

▼ 代玄長~ (3, 0.0%)

1 が消え, と申す, にかかる

▼ 代瑞仙~ (3, 0.0%)

1 その二男洪, の兄信一, 直郷

▼ 代相伝~ (3, 0.0%)

1 というごとき, の主人, の火縄銃

▼ 代祟る~ (3, 0.0%)

1 ということ, と俚言, 執念で

▼ 代~ (3, 0.0%)

1 一の, 六代と, 四代まで

▼ 代胤舜~ (3, 0.0%)

1 が師法, とは反目, は

▼ 代自身~ (3, 0.0%)

1 いくらかそういう, が気づかない, の肉体

▼ 代若く~ (3, 0.0%)

1 は六朝, は十一代, ばその

▼ 代鎮守府将軍~ (3, 0.0%)

2 の号 1 たりし

▼ 代雑種~ (3, 0.0%)

1 のなか, の種子, の結んだ

▼ 代ある~ (2, 0.0%)

1 かない, の

▼ 代いかに~ (2, 0.0%)

1 その方, 落ちぶれても

▼ 代かに~ (2, 0.0%)

1 塗り替えたもの, 引延して

▼ 代からは~ (2, 0.0%)

1 売って, 本丸を

▼ 代がかり~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の彼

▼ 代ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 家門には, 若僧であったろう

▼ 代ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 お扶持, 先祖が

▼ 代こそ~ (2, 0.0%)

1 故政宗, 経れ

▼ 代ごろ~ (2, 0.0%)

1 のご, の江戸上流階級

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 へも残りかねる, へ払

▼ 代さんあなた~ (2, 0.0%)

2 は不断

▼ 代さんあなた役者~ (2, 0.0%)

2 になれ

▼ 代さん今日貴方~ (2, 0.0%)

2 無論暇

▼ 代さん君~ (2, 0.0%)

1 は心臓, 怖いの

▼ 代さん此所ん所~ (2, 0.0%)

2 を一寸

▼ 代さん皮~ (2, 0.0%)

2 切に何

▼ 代さん貴方~ (2, 0.0%)

1 こそ気楽, こそ気楽ぢ

▼ 代さん貴方今日~ (2, 0.0%)

1 はどうか, は何

▼ 代しか~ (2, 0.0%)

1 ならぬ程, 残って

▼ 代じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないね

▼ 代する~ (2, 0.0%)

1 ような, 男が

▼ 代ずつと~ (2, 0.0%)

2 下ざまの

▼ 代その~ (2, 0.0%)

1 人であり, 業を

▼ 代その他~ (2, 0.0%)

1 の夫人たち, の生活費

▼ 代それ~ (2, 0.0%)

1 からさき, から百五十円

▼ 代だった~ (2, 0.0%)

1 からである, としてまだ

▼ 代だって~ (2, 0.0%)

2 おんなじさ

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, て下さい

▼ 代つづき~ (2, 0.0%)

1 の美濃, の質屋

▼ 代つと~ (2, 0.0%)

2 くな

▼ 代つや子~ (2, 0.0%)

1 の一行, も帰国

▼ 代といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 義顕や

▼ 代とかいふ~ (2, 0.0%)

1 やうに, 風に

▼ 代としての~ (2, 0.0%)

1 ほの, 年頭で

▼ 代とで~ (2, 0.0%)

1 二回の, 六十日目毎に

▼ 代とともに~ (2, 0.0%)

1 二十五銭位なら出来ましょう, 知的要素に

▼ 代とに~ (2, 0.0%)

1 ちかづきと, よりて

▼ 代などが~ (2, 0.0%)

1 やたらに, 払えぬので

▼ 代などの~ (2, 0.0%)

1 ほかに, 調達に

▼ 代なり~ (2, 0.0%)

1 たまふ, 組頭なりとして

▼ 代なりと~ (2, 0.0%)

1 かせがせて, 金子を

▼ 代なんか~ (2, 0.0%)

1 とても払えない, やめろ

▼ 代なんて~ (2, 0.0%)

1 てんで集まらない, 舞妓さんの

▼ 代における~ (2, 0.0%)

1 土佐国大地震と, 易の

▼ 代にかも~ (2, 0.0%)

2 あらめ

▼ 代について~ (2, 0.0%)

1 ホテルに, 話して

▼ 代についての~ (2, 0.0%)

1 手紙を, 記載の

▼ 代にては~ (2, 0.0%)

1 とても第, 唐代の

▼ 代にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ過ぎ, 姉さんも

▼ 代に対してこそ~ (2, 0.0%)

1 さう, そう云う

▼ 代はでも~ (2, 0.0%)

2 余りだ

▼ 代ばかりが~ (2, 0.0%)

1 かさんで, 大変だ

▼ 代ばかりは~ (2, 0.0%)

1 その中, 昔は

▼ 代へで~ (2, 0.0%)

1 待ち, 済すところ

▼ 代へれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば日本的

▼ 代ほか~ (2, 0.0%)

2 に労働

▼ 代まだ~ (2, 0.0%)

1 他国に, 明治以前の

▼ 代もしくは~ (2, 0.0%)

1 御祝儀何両, 数十代前からの

▼ 代よりも~ (2, 0.0%)

1 水代が, 発展した

▼ 代をと~ (2, 0.0%)

1 いやはって, つてを

▼ 代をば~ (2, 0.0%)

2 エリスに

▼ 代をもって~ (2, 0.0%)

2 家督を

▼ 代を通じての~ (2, 0.0%)

1 北条氏の, 戦争であった

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 以テ廣ク之ヲ, 朝鮮鐵道南滿鐵道等ノ

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 を下さいません, 全クソンナ資格

▼ 代一両句~ (2, 0.0%)

1 には過ぎず, には過ず

▼ 代一家~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 代七代~ (2, 0.0%)

1 と将軍家, も引き続い

▼ 代七兵衛~ (2, 0.0%)

1 がその, のところ

▼ 代三百年~ (2, 0.0%)

1 の各, の間

▼ 代三郎~ (2, 0.0%)

1 が小俣村, と云

▼ 代主義~ (2, 0.0%)

1 から漸次, の慣習

▼ 代二人同道~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 代五十銭~ (2, 0.0%)

1 はやつぱり, を取った

▼ 代仁太夫~ (2, 0.0%)

1 と思はれる, によつて出版

▼ 代以下~ (2, 0.0%)

1 お新, の著述

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 が開かれる, では私

▼ 代~ (2, 0.0%)

2 はつて

▼ 代前後~ (2, 0.0%)

1 は感情, は手腕

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 の伝統, を伝える

▼ 代十五代前~ (2, 0.0%)

1 の我々, の祖先

▼ 代半六~ (2, 0.0%)

1 が六十六歳, をはじめ

▼ 代即ち~ (2, 0.0%)

1 後年の, 諾冊二神が

▼ 代及び~ (2, 0.0%)

1 周旋料として, 教区巡回の

▼ 代友厚~ (2, 0.0%)

1 に提出, の弘成館

▼ 代四代~ (2, 0.0%)

1 と世, の末

▼ 代団十郎~ (2, 0.0%)

1 との趣味, に少し

▼ 代大将~ (2, 0.0%)

1 も総, 前九大教授武谷医学博士

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 があに, は四十前後

▼ 代嫡家相承~ (2, 0.0%)

1 と称する, の兵法焼失

▼ 代孝徳天皇~ (2, 0.0%)

1 である, の大化元年十二月

▼ 代~ (2, 0.0%)

2 の代

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 の家宝, の禁裡馬術

▼ 代家光公~ (2, 0.0%)

1 の寛永年間, の治世

▼ 代家慶十四代家茂~ (2, 0.0%)

1 などであっ, 同夫人

▼ 代家治~ (2, 0.0%)

1 であった, の悠々

▼ 代家督~ (2, 0.0%)

1 のとき, の礼

▼ 代家綱五代綱吉~ (2, 0.0%)

1 などの霊, の廟

▼ 代家茂~ (2, 0.0%)

1 などであっ, 同夫人

▼ 代将軍家継~ (2, 0.0%)

1 の時, の時代

▼ 代将軍家綱~ (2, 0.0%)

1 が予定, は何事

▼ 代将軍徳川家光~ (2, 0.0%)

1 の治世, は近臣十二名

▼ 代将軍時代~ (2, 0.0%)

1 からの煤, に輩出

▼ 代将軍様~ (2, 0.0%)

1 から何やら, でわっ

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 の奥, は見えとる

▼ 代市村羽左衛門~ (2, 0.0%)

2 が本道

▼ 代庄太夫~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, のとき本木姓

▼ 代所著~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 代文化~ (2, 0.0%)

1 というもの, の所産

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 叱三代昌琢, 程弟祖白

▼ 代明代~ (2, 0.0%)

1 のもの, の織物

▼ 代時代~ (2, 0.0%)

1 からは佛典, の外來文化

▼ 代時分~ (2, 0.0%)

1 には時々, の人

▼ 代最後~ (2, 0.0%)

2 の精気

▼ 代東雲~ (2, 0.0%)

1 となりました, の栄吉氏

▼ 代林家正蔵~ (2, 0.0%)

1 が胃病, に頼ん

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 に出雲国造, の文

▼ 代桓武天皇~ (2, 0.0%)

1 の延暦四年八月, は山城国葛野郡宇太野

▼ 代正蔵君~ (2, 0.0%)

1 のは銀座, の私

▼ 代殿~ (2, 0.0%)

1 と一郎殿, を嫁

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 に代, に変る

▼ 代沢本寿君~ (2, 0.0%)

1 が払, の努力

▼ 代法外~ (2, 0.0%)

1 である, を名乗っ

▼ 代無し~ (2, 0.0%)

1 だそれ, になり

▼ 代続き~ (2, 0.0%)

1 のおやじ, の遭難

▼ 代維盛弥助~ (2, 0.0%)

1 をいがみ, を引つ

▼ 代義満~ (2, 0.0%)

1 と八代義政くら, のころ

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 が投票當選者タル制度, であつ

▼ 代菊五郎居士~ (2, 0.0%)

1 と言, の如何

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 と尾上岩藤, の文句

▼ 代落手~ (2, 0.0%)

1 ありがたう助, さつ

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 り以前, り買つて

▼ 代豊国~ (2, 0.0%)

1 と称しぬ, の名

▼ 代連綿~ (2, 0.0%)

1 として相, とそれ

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 したの, をやっ

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 の家, は心得た

▼ 代長崎高資~ (2, 0.0%)

1 の一族泰綱, の御

▼ 代開化天皇~ (2, 0.0%)

1 の子, の時

▼ 代難し~ (2, 0.0%)

1 とて取, 然とて

▼ 代~ (2, 0.0%)

2 元天皇

▼ 代~ (2, 0.0%)

1 やその他, を呼ん

▼1* [804件]

あったその間の, 代あつめの多く, 代あての手紙, 代あまたの奇跡, 代いかなる技芸にても, 代いくらくらいな, 代いつしか三倍と, 代うちつづく三人の, 代うやうやしげに, 代おいらも十五代, 代おめでとう存じあげまする, 代および奈良時代の, 代かかるか見, 代かが住まい自分も, 代かつら代などの調達, 代かと思はれるほど, 代かまえに混入, 代かや附添の, 代かや附添の者, 代からずつと本所業平に, 代からと言うの, 代ぎりの屋敷, 代くらい前の, 代ぐらいに見えそう, 代ぐらいまでの長い天皇物語, 代ぐらゐ文句言はれたつて構, 代ぐれえにしかならねえ, 代こういう事が, 代こちらの十両, 代こっきりの, 代こと河田しまとし, 代これ以上の御, 代こんなお平の, 代さすがよかろう, 代されたのに駕籠, 代さん僕海軍の戦死者, 代さん遊撃隊で生き残っ, 代じゃあない棟梁, 代すけまさ公の, 代すでにかかる定例, 代すれば其の, 代せんといかぬ, 代そう仰っしゃったように, 代たたぬ間に, 代ただ一度芝の, 代たる父は, 代だけでもと思ひまして, 代だけに消えて, 代だけについて見ても, 代だけのことだ, 代だけも十両ばかかつて, 代だにしらず魏晉, 代ゅうでも屈指の, 代ちかく続いた青森市屈指, 代ちゃんここは地獄, 代ちょっとおどろく, 代つたらよかつ, 代つた智恵子にも居, 代つた智惠子にも居, 代つた東京の今日, 代つた様に落ち付い, 代つた樣に眞面目, 代つづくとたいてい, 代つづけて取り殺し, 代つて之に乘, 代つて了つてゐる, 代つて二十三四の若い, 代つて來なければ, 代つて俎板にむかつ, 代つて勇気に満ちた, 代つて又新らしい男, 代つて國を背負つて, 代つて室へ戻り, 代つて机を占領, 代つて東京博物館長となりぬ, 代つて椽側から障子, 代つて毎年見かける一人, 代つて私がその, 代つて罪穢を懺悔, 代つて習之進の本, 代つて階子段を驅, 代つらぬく筆硯の, 代づきの星川余一, 代てえのは, 代てでも御全快, 代であり郡司より, 代であろうまことにあっぱれ, 代でございますな, 代でござる何も, 代でしょうが日, 代でなければ知り得べからざる, 代というくらいであの, 代というは妓は, 代といふだけで詳しい, 代とかいう姉妹の, 代とかは雀の, 代とくに今の, 代とぞ鳴く, 代とでも名を, 代とやらの詩を, 代どうぞ花籠の, 代なおらぬもの何一トつ, 代ながらおなじよう, 代なき手の, 代なぞが時々足, 代などと共によく清洲, 代などは諸方へ, 代なに不自由なく両替屋, 代なまじ劍術の, 代ならぬ神の, 代なんずはそらそら, 代においても先秦の, 代にかけての事故まだ, 代にかけましても私たち親どもは, 代にかはつてし, 代にかへてゐた, 代にごりヘラブナを, 代にさえ見える, 代にさえも亡びなかったこの, 代にしか見えない, 代にたいしてとって, 代については参右衛門は, 代にとってこそそれは, 代にとってもしっくり行かなかった, 代にとて渠に, 代にまで残るもん, 代にや為しけん積みて, 代によって使用される, 代によっても使われて, 代により長慶體とか, 代にわたつて, 代に関する革命の, 代のちまで祟られる, 代のみかど伏見天皇, 代のみかど仁明天皇の, 代のみは頗る異例, 代のやきもの, 代のよこてから, 代はかぶりを振っ, 代はがくりと, 代はじめとんぼ組パチパチと, 代はたいせつな若君, 代はたとひ彼女等, 代はとくいらしく床几, 代はにことした, 代はねまきの, 代はりきのふの現像, 代はり奥の一間, 代はり奥様の方, 代はり形ばかりの式, 代はり死に代, 代ばかりの天皇の, 代ばかりを見て, 代ばくちの名人が続いた, 代ひと構えとして独立, 代ふる見えぬにあらず, 代ふれば貞之進, 代ぶりの二つ, 代へがたくお, 代へては齒車に, 代へても差支へ, 代へなどして, 代へなどにまめ, 代へらるべきであるといふこと, 代ほどに高い借, 代ほどもないので, 代へに鶏, 代までにはおよばぬ, 代までをもこめて, 代みたいに直接行動, 代め彦左のご, 代もっと年を, 代もどころか本当の, 代ものでお安く, 代ゆる珍寶の, 代ゆゑ御直參同樣, 代リダリウスの, 代ようやく大国家, 代よりか余程上, 代に腕組み, 代らしいやりかただった, 代らむと叫びしなるべし, 代ろ水は出ぬ, 代わずかに十四年, 代を通して地代として, 代を通じては新派が, 代を通じても同じやう, 代を通じてわづかに, 代エタが特に, 代エテ使ワナイト直グ利カナクナル, 代エドワアド六世の御宇, 代コーヒー代は勿論, 代たなりに, 代ッテ吾等ノ道, 代ッテ懲罰ヲ下, 代ッテ道ヲ行ウ, 代テ暴雨ヲ防グ, 代ドラーゲ公の父君, 代当ツテ, 代ハリ得ベキ爲ニ男子ト平等ナル國民教育ヲ受ケシム, 代ハルベキ半期毎ノ給付, 代フルニ人間自決主義ト云フガ如キ笑倒ノ沙汰, 代フルニ此等小君主, 代フレバ能ク甜味ヲ生, 代ヘタルガ故ニ, 代ランの和名, 代ラントシテ入水シ給ヒシ為御安行, 代リテ當年ノ保全者ニ脚下, 代リテ近世各國, 代リニグレイハウンドヲ飼ッテ見タイト自分カラ云イ出シ, 代リニ佐々木ノベッドニ寝ルコトニシテアル, 代リニ夫ニ向ッテ云ワナイノカ, 代リニ美女ヲ美男ニ嗾ケテ, 代リニ衆議院ヲ通ジテ國民トシテ國家ノ全, 代リ奥田ヨリ土地取戻シテ呉レト頼マレ, 代リ通路ニ寄ッタ方ノ席ニ掛ケサセラレル, 代残ラズ集メテオレガ懐ヘ, 代一つという揃い, 代一円二十銭あんたに残らず奢った, 代一冊一銭毎日学校の帰り, 代一升分返した, 代一度の行事, 代一本二千三百円と頭, 代一杯まで, 代一般文明の精華, 代一銭五厘は安い, 代一銭肴代二銭五厘家賃一銭五厘石油代五厘布団損料一銭五厘最低これだけで十七銭, 代一間につき五十銭, 代丁寧に会釈, 代七人四十三十の壮年者, 代七百余年一度も領主, 代は御, 代三万円の由, 代三主宰の童説, 代三五郎と申者, 代三代四代の末, 代三代江戸の水, 代三公の位, 代三十五ポンド程度の量, 代三十代分類系列苦心サンタン妖怪を描きだし, 代三右衞門後の稱三左衞門, 代三月も溜め, 代三職の名, 代その当時, 代上々代御皇譜神代文字, 代上等金一円八十五銭中等一円四十銭高土間上等一円七十銭中等一円三十銭平土間上等一円五十銭中等一円十銭と記載, 代の悌, 代下れりとてみづか, 代不易の宏大, 代不要だ, 代与一忠純と名乗れい, 代世襲の庄屋, 代並びに荷造り費, 代中井らの人たち, 代中絶して, 代の神, 代主人が變, 代主権の座, 代乃至先代の, 代久衞門十四代定五郎となるであらう, 代九両を与え, 代九十二円庭造り四十八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 代九十五銭を要する, 代九歳信長の女, 代乳母がところ, 代亀之助様のお供, 代亀島町に伝わる, 代二人分一円もらって, 代二代の研究, 代二十五円の汽車賃二百七十円, 代二十日分十九貫五百文金となし, 代二十法座席の予約料, 代二十銭米を持っ, 代二名私と警察官, 代二君いや星田代二, 代二百五十両をお, 代二百六十五年を以て政権朝廷, 代二百幾年ていよく栄華, 代二百餘年の後, 代二銭五厘家賃一銭五厘石油代五厘布団損料一銭五厘最低これだけで十七銭, 代五代宋代にわたる名刹, 代五代将軍の綱吉, 代五代将軍時代に輩出, 代五円クラブ費親睦費とさしひかれる, 代五十三次の, 代五十代でどんどん, 代五十代以上の人たち, 代五厘しかもらっ, 代五厘布団損料一銭五厘最低これだけで十七銭, 代五年三年は持たせ, 代五明楼玉輔の自作人情噺, 代五郎作の實兄, 代五郎作定生は同, 代五銭出して, 代交通費その他の小遣錢, 代遠在, 代も一代, 代人文七と呼, 代人間の九代, 代仁太夫本木三世は西家, 代仁徳天皇に於かれ, 代仕度段奉願上候処, 代代々住持しきたり, 代代々扶持せられて, 代以下撰述有定名而記注無成法, 代以來の史官, 代以外は無料, 代以後支那哲学の正統, 代以後稀には行, 代以後織物の發達, 代以後萎靡して, 代以来無二の忠義, 代以求といふ, 代仲哀天皇のお, 代伊織樣は病死, 代会社で出す, 代はつて, 代伝わっている, 代伝わるところの, 代伝わるべき我が家の, 代伸子の間, 代住み古りた質屋で, 代住めば江戸, 代住んでゐる, 代何とかして, 代何十銭次に電気代, 代何十銭也といれた, 代俊正とはわれ, 代信寧の宝暦, 代信政の時, 代信虎の子が信玄, 代信長に対する森蘭丸, 代俳優だすよ, 代リ3升分, 代値下要求運動の時, 代倶生天神の第, 代傳はる稻葉屋の大, 代僅か八百円位で未墾地, 代儲けさせたまえと祈っ, 代元明天皇の御代, 代のこと, 代先きの誰樣に何, 代光乗が作らしく, 代光仁天皇の御世, 代光友の時, 代光圀は頼房, 代八拾銭を取られました, 代八百円か, 代八百年の基, 代八郎次さまは至って, 代六十年にわたるの, 代六十文とある, 代其の他多勢, 代其他雑費諸掛りを計算, 代其帝國主義の光輝, 代典籍の一, 代兼元なる関, 代円朝円喬らを会員, 代出れば昔, 代をつかまつります, 代分類系列苦心サンタン妖怪を描きだし, 代刑務所の産室, 代初めての国難, 代初代は石川県人, 代初期からすでに, 代別天皇の四十年, 代と云った, 代前半の人たち, 代前四十代前に遡, 代前夙くも彼, 代前年数は百年余以前, 代前狂馬楽の前, 代前納で直接購読, 代劇場持ちといふの, 代包装郵税などは毎号, 代匠記の訓, 代十一代頃から幕府, 代十七歳養子祐二五歳の三人世帯, 代十三両を与え, 代十三銭借りたよ, 代十二代の連署, 代十人六十代四人五十代七人四十三十の壮年者, 代十円の由, 代千三百五十三年間繼續した, 代千兵衛へ立ち向かった, 代半ばの活気旺ん, 代南部信濃守と称し, 代印刷費用共に甚廉, 代原田家も与次郎, 代と稱, 代左衛門重宗が, 代古い処では, 代古屋ではお, 代叩き上げた内福な, 代台徳院殿様すなわち前, 代史志と云, 代右衞門方へ到り, 代吉あとは下女, 代吉野なの, 代は末代, 代名君と聞えた, 代名義に区別, 代后土の, 代向きと云えなかった, 代君あたりが誘っ, 代吹いてオツトセイ, 代吾助に及ぶ, 代に仕え, 代和一郎と小枝, 代和一郎保つや子と佐々一家, 代和一郎小枝つや子という一家総勢, 代咲き變ると, 代のひと, 代四人五十代七人四十三十の壮年者, 代四代五代とかく奥庭, 代四代幾代かけても, 代四十億円ですむし, 代四十前後の頃, 代四十錢入れて, 代四度目の, 代四銭殺虫剤が買, 代圓蔵が得意, 代は六郡, 代基衡のこの, 代を撒い, 代壱円も受取つた, 代壱円仲間入のシルシ, 代な死方, 代納言義直卿の, 代大夫人はこれ, 代大晦日の午すぎ, 代大道具代衣裳代弁当代かつら代などの調達, 代天智天皇とならせ給うた, 代太元の頃, 代太古代中古代, 代太郎音丸栄竜たちだ, 代奥むめお山根千代子小寺菊子白鳩銀子長谷川時雨二代目ぽん太, 代女芝居の歴史そのもの, 代が余, 代姉さん存命中は姉さん, 代始めの大同元年, 代子さんの, 代子女史が夫君, 代孝謙天皇と申し上げ, 代孫策そしていま三代, 代生總, 代學者であるが, 代宇多天皇の御宇, 代宇多帝の時, 代守るぞ, 代安楽に暮された, 代宗将の長男, 代定五郎となるであらう, 代して, 代宣るの義に, 代宦官の禍, 代宮居を定められた, 代家一統の一族評定, 代家代々の御, 代家宣七代家継九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 代家斉の寛政, 代家来になっ, 代家治十五代慶喜などが祀っ, 代家継九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 代家継公のとき, 代家綱五代綱吉八代吉宗十代家治十五代慶喜などが祀っ, 代家達公と霊廟, 代家重の寛延元年七月廿七日, 代家重公の宝暦, 代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 代宿銭を借り, 代富太郎茂吉え遣し, 代寧親は必死, 代将軍たるの御, 代将軍はんのほか, 代将軍みずから図したる, 代将軍以来この寺, 代将軍吉宗様と大岡越前守, 代将軍吉宗蘭書の禁, 代将軍家に, 代将軍家慶公の御, 代将軍家斉公の享和二年三月十一日, 代将軍家茂の薨去, 代将軍家重の長子, 代将軍幕府中興の時, 代将軍徳川家慶の薨去, 代将軍徳川家斉の末, 代将軍慶喜はあ, 代将軍時分に酒井讃岐守忠勝, 代将軍最後に増上寺, 代将軍綱吉公だナ, 代将軍義政は政治, 代将軍義晴の天文十一年, 代将軍義満はすでに, 代将軍義詮のもとめ, 代将軍義輝の天文二十二年, 代将軍誕生の間, 代将軍霊廟造営に際して工事費支払場所, 代將ビツドルが來航, 代將軍吉宗公は徳川氏中興, 代將軍家光が夜, 代將軍家綱が豫定, 代將軍徳川家光は近臣十二名, 代將軍死し堀田正盛之, 代將軍義晴の天文十一年, 代將軍義輝の天文二十二年, 代將軍薨去の節諸侯近臣數人殉死, 代法師御用無, 代小田にうつろ, 代小遣い銭のため, 代小野二郎右衛門も達人, 代少々借りる身慄, 代尽しの文, 代は表, 代岡崎の城主松平, 代島津重豪の, 代川勝歌蝶富菊などは三都歌妓, 代巣河岸皆学頭を置く, 代差副の者, 代差引いたらあとに, 代市馬を聴いた, 代帝位の争い, 代師範まで勝ちぬい, 代席小普請入になり, 代に引きくらべ, 代常陸介宗村の代, 代平常申には慥か, 代平泉館に住ん, 代并びに周代, 代幽斎以来大事にかけて持, 代幾代かけても, 代弁当代かつら代などの調達, 代とめ, 代引き續きて, 代と妹, 代当選した, 代後家の幽魂, 代後白河天皇御建立, 代後醍醐天皇が即位, 代後醍醐天皇北條九代の執権相摸守高時, 代御前松並木も打越, 代御旅籠とも二貫七百文, 代御高恩を, 代徳川家斉であろう, 代必ず前天皇, 代の文章, 代忠八不屆, 代忠八兩人に向, 代忠兵衞其の和吉, 代忠兵衞其方々にては此, 代忠篤が隠居所, 代忠義が一豊, 代恩賜配分金二分と銭百六十文, 代悉く皆では, 代才助の周旋, 代才助あてに提出, 代才助紀の内意, 代昭の, 代押え通せるか通せぬ, 代持たずに滅びます, 代捻りだした曰く空炭俵六枚十八銭古, 代推古天皇の摂政, 代推古帝の御代, 代掻いたのか, 代揃っての晴れ業, 代支払わっしゃい, 代改めなかったのだ, 代政右衛門さんの末子, 代政治家に一貫, 代数十代の努力, 代と幾何, 代數的解き方です, 代を支払わず, 代朝であり, 代と, 代旅行費絵の具代間借り代その他の生活費, 代日用品の供給, 代早川貞水だらう, 代昌同は壽, 代昌琢四代昌程弟祖白, 代春延幼名又四郎享和三年家督賜二百石文政十二年三月二十一日没か, 代時服を献上, 代普通の大食, 代景行天皇六十年十月帝御悩ありて, 代暑い時咽喉が, 代替っても長く, 代有徳院殿もこの, 代有章院の別当瑞蓮寺, 代未だ嘗て帰附せざる, 代末森第四, 代朽ちも揺る, 代村上天皇は英明, 代東代西代などと対立, 代林家正蔵君は私, 代林通元に至る, 代染井右近當代染井鬼三郎の名, 代柳枝先代助六先代今輔, 代柴田勝家に佐久間信盛, 代栄えんと東, 代栄華の時, 代格別の御, 代桀王に及ん, 代桃園天皇の御, 代梅玉の女形, 代概皆係明清両朝重修, 代様在世中は時々, 代様徳川家達公がいた, 代から三十年, 代の修繕費, 代次郎と云う, 代歌ったやうな, 代歌麿の板画, 代正法五百年像法一千年末法一万年には衆生, 代正蔵と今日, 代正蔵先代圓生当代文治が睦会, 代正蔵金語楼金馬現下の正蔵, 代武勇に鍛えた, 代武家の覇業, 代武芝のやしき, 代武蔵武芝という人物, 代殊に最後の, 代の実兄尾藩磅, 代水道料これらもひどく高く, 代永らえたが死際, 代江戸の水, 代江戸生れで本当, 代池田勝三郎佐脇藤八郎そのほか, 代法華をし, 代泰造しんがりに伸子, 代洋服代なぞが時々, 代洲河岸に着いた, 代活代とは国土, 代に派手, 代清三郎建之と刻, 代清司令官の命令, 代清満と改め僅, 代清高の甲, 代湯銭がない, 代を形, 代滞納のため, 代のこの, 代演馬力をかけ, 代濶葉樹で, 代炭代赤ン坊の牛乳代, 代無料の定め, 代煙草銭キス代は頂戴, 代燃料代をはじめ, 代に火, 代特に多計, 代玄長五万石の寺格, 代の与惣次, 代王斉王をし, 代生まれ更らせて, 代田村の勇猛談, 代疏一篇でも證明, 代百五十年鎌倉の府, 代百余年間の平泉, 代百八文難屋代七十二文, 代百円許り貸して, 代百四年遂に三山統一, 代なもの, 代的気分から出る, 代皆法の如く, 代皇靈神御帝河内交野私市師師, 代皮剥ぎの業をなさざれ, 代目的近代カブキの表現, 代目見に行く, 代相つぎしが茶溪, 代相傳の江戸兒, 代相続の都会人, 代相續の有, 代着金さつ, 代石鹸を使っ, 代神功皇后がこの, 代神妙に奉公, 代神酒の乾杯, 代祟って呉れる, 代福助に仕へ, 代秀忠廟は豪華壮麗, 代秀衡老雄の奉納, 代の手間代, 代租税高利負債等の負担, 代秦漢六朝文の中, 代稙宗が天文五年, 代稽古に参り, 代立っている, 代等一錢も取ず, 代簪纓の誉れ, 代百四十年間奥羽の, 代組合の者等大勢呼集め是, 代組頭等これに捺印, 代経って家光, 代経つと其洞, 代経てば其死人, 代経過しここ, 代給仕の賃銀, 代綏靖天皇さまでいらっしゃいます, 代継友卿がお, 代続けて同じ, 代美人の粉飾, 代美術の精粋, 代義元の祖父, 代義公光圀は元, 代義植の明応何年, 代老子から第, 代聖武天皇の御代, 代聞書を見る, 代肅公綱條は享保三年, 代肉身の相続, 代脉喋舌るなり何, 代を以て神荼欝塁兄弟, 代自分をつれ, 代自身びっくりすること, 代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 代船大工か, 代船賃に非ずし, 代芝翫のゐた, 代苗字帯刀一度は永代苗字帯刀, 代若干借ること, 代若返って居る, 代茶代メンソレタム一銭の使途, 代薪代として二十文, 代薪炭代西洋洗濯代等の諸, 代をあげる, 代薬師寺与一を使者, 代藏經と名, 代藤吉郎などが君前, 代藩主信政の元禄年間, 代藩主津軽信牧の時, 代蝶花楼馬楽が谷中浄名院, 代衣裳代弁当代かつら代などの調達, 代被服費小遣などと記した, 代襟屋半三郎と書いた, 代西代などと対立, 代西村廓清信士で問題, 代西村東清信士は過去帳一本, 代西洋洗濯代等の諸, 代見送りて今三代, 代親政と申し, 代請求の付状, 代がいはれ, 代は尊子, 代雑費それに, 代變化があつ, 代豊国あたりの筆, 代貢租のこと, 代貴族と云っ, 代赤ン坊の牛乳代, 代越前の名門庶流, 代足利義昭にいたっ, 代足利義輝の存在, 代身上で立派, 代身上俄分限に相違, 代軍学をもっ, 代農具代は政府, 代を根拠地, 代という家, 代造氏が能静氏, 代の一人, 代連署引付衆などの歴々, 代運賃引ッ括め, 代反玉, 代選代とつく, 代遷しの, 代醍醐天皇様の御世, 代醍醐帝の皇紀一五九〇年, 代里榮里葉玉勇などの名, 代重なったこの不思議, 代重ねん殿が, 代之丞氏, 代をエタ, 代銀一貫三百匁家従七人にも銀三百五十匁, 代銀五厘二毛などというの, 代鋤鍬を取らなかった, 代は拂, 代長安に在, 代約百年, 代間借り代その他の生活費, 代間糧食を給与, 代間行政財政の整理, 代閣下の松葉, 代雄略帝二十二年七月丹波国余謝郡菅川村の住人, 代集あたりのし, 代集以後には静心, 代雨露をしのがせ, 代電気代被服費小遣などと記した, 代電燈代水道代薪炭代西洋洗濯代等の諸, 代霊帝の代, 代承の, 代順次に彼女, 代頼房もよく, 代食費おうた, 代養子が続け, 代と書く, 代駅馬車代及び教区巡回, 代高倉院ノ御宇治, 代高句麗時代金遼時代等の古墳, 代高名の大儒, 代高時という人, 代鹿の六代, 代鹿島清三郎氏は目下小田原下河原四四番地, 代黄金五十枚棉二百把そして拝領, 代の供乗物, 代7рとなる