青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

何となく~ ~何とも 何とも~ 何もかも~ 何もの~ ~何やら 何やら~ ~何より 何より~ 何ら~
何れ~
~何ん 何一つ~ ~何事 何事~ ~何人 ~何処 何処~ 何分~ ~何度 ~何故

「何れ~」 2534, 26ppm, 4435位

▼ 何れ~ (965, 38.1%)

5 人肉を, 立派な 4 これも, 手を, 日本の, 此の 3 人間の, 何れも, 同一の, 国民の, 当時の, 緩るみ, 面白くを

2 [41件] うまい, この, この活動寫眞, さうである, その, それぞれの, より薄い, 一個の, 一時的の, 中飽, 之を, 今の, 今日の, 危險の, 可能に, 同じよう, 吻と, 唐の, 唯だ, 多少の, 少しも, 年が, 彼の, 惜しいもの, 所謂, 日清戰役後に, 有閑階級の, 朝から, 無言, 申合せた, 皆な, 皆男, 皆立派な, 皆踊, 相当の, 眠相な, 純然たる, 素晴しい, 自分の, 餘り, 魚問屋で

1 [836件 抜粋] あつさ, あまり感心, ありがたいもの, うすいもの, おとなしいもの, おめかしや, この二つ, この歌, この派, これを, さしゑ, しっとりと, すこぶる地味, その作品, その問題, その文学的稟質, その本, その本質的両端, その気質, その疲勞, その統率下, その花, その語源, その跡立派, それぞれに, それだけとしては, それは, それらしい, ただそれだけ, ただ私一人, つと系統的, ひどい悪臭, へとへとに, へんぽんとして, まだ二十歳, みなこの, みな學者と, みな相寄っ, やたらに, よく似た, わがひと頃, アカデ, アシの, クルップだ, テーブルを, パッと, フンニの, マホメット教徒から, マルクス主義的文化理論の, 一ウヰークに, 一名づゝある, 一地方の, 一幕物の, 一応吟味, 一端鋭く, 一長一短である, 七八斤ほども, 七分目ばかりは, 三千米突内外の, 上演に際し, 不可である, 不可能であった, 不孝の, 不当な, 不思議千萬な, 不義の, 世の, 中, 中腰にな, 丸裸体にな, 丹念な, 之は, 亂心者で, 予に, 二三百円も, 二十二年に, 二等という, 五分十分にて, 五火と, 亭主の, 人体横側の, 人文的事業なり, 人格者として, 人間として, 今後益々, 今日極めて, 他の, 代赭にて, 伏目に, 似たり, 似て, 似寄つた赤土水, 何か, 何等の, 余り成績, 作者の, 信ずる所, 信州の, 傘を, 元この, 元久元年十一月七日, 先駆の, 入唐した, 全く浮石, 公定の, 六種揃つたもの, 共通の, 其の張本, 其天然的基礎たる, 其旅行記の, 其構図から, 其處の, 其記事を, 其靈が, 冀求する, 内外の, 冬だ, 冬籠の, 冷笑の, 凡そその, 凡作揃ひでお, 初め其の, 初花, 前頭の, 前髮, 劇芸術の, 勇敢に, 勇立つ, 動きをかへ, 十キロである, 十歳から, 千登世を, 半分までも, 南人の, 友達の, 口を, 古くなっ, 古代の, 古風な仕, 叫ぶ, 各々の, 同じく却って七五音, 同じもの, 同時に社会哲学, 同様なり, 同様に, 同様塾が, 同説, 名門の, 周りが, 命まで, 和, 品格は, 唖然として, 唯一色の, 喜劇の, 四年から, 国家の, 圓形又は, 在来の, 地上から, 地球の, 城守困, 基督降誕祭の, 堅固なる, 夏の, 外国に, 外套帽子の, 多少多孔質, 多少非難, 夜が, 夢の, 大らかな, 大作だ, 大岩崖に, 大師と, 大成功, 大満足, 大自然, 天下の, 太陽に, 夫婦喧嘩の, 失敗で, 奇々怪々を, 奉公人奴隷的境遇に, 奥へ, 女学校を, 如何にも尋常, 妻が, 威張れる所, 婦女を, 嬉しくない, 存ずる事, 孟卿の, 学生か, 安料理屋, 宋の, 宋室の, 定連, 客止の, 容姿を, 寺の, 専門の, 専門的空間概念に, 尊きもの, 小さな田舎町, 小説家の, 少女が, 居民, 屋上に, 山の, 山嶽や, 山東省の, 岩魚の, 左右の, 巧妙を, 市街や, 幕府の, 平凡な, 平家に, 幾何学なる, 庚申の, 強い現実的, 当時無双の, 彼にと, 後人が, 従来の, 御神燈, 微細に, 必ず生産, 忙が, 快く引き受け, 忿懣に, 恐怖心より, 息を, 悲泣し, 情緒纒綿たる, 惘れて, 愚劣極, 感心が, 感心しない, 慧鶴を, 成功した, 我が四五十間幅, 截然と, 戯曲に, 戰爭を, 所謂關西の, 手の, 手嚴しい, 拱に, 持て余して, 採用實行された, 支那の, 支那人それに, 支那文字の, 放逸に, 教師が, 教権の, 数学的に, 文学の, 文学者らしい, 文武の, 断章, 断髪の, 新嘗祭と, 新聞社の, 新進の, 斷片的報告に, 方言の, 於沢の, 旗色の, 日は, 日常語, 日本と, 日本人としての, 日本人は, 日本民族が, 日本精神の, 日置の, 旧来卯月八日を以て, 昂奮し, 昔を, 昔近くに, 是れ, 時代性を, 普通に, 暗澹たる, 最初は, 最近は, 月を, 未開時代の, 本染, 杏丸と, 東西両, 東西演劇の, 柳原の, 根本から, 根源的であっ, 極めて特色, 極めて遠い, 極り切った, 極端な, 横長き, 樺太に, 歌麿筆として, 正規軍である, 此れ, 此種の, 武勇の, 歪んだり, 歯楊枝を, 死ななくて, 死因としては, 殆ど沸騰し, 毎興行一, 毒を, 永久的の, 決闘場の, 泉州を, 活神様, 派手な, 浅ましく口拍子, 海岸に, 深い科學, 深く蟠, 温い記憶, 演劇の, 演劇貧困の, 火星の, 無の, 無人相, 無戀愛小説, 無理に, 無責任不, 無銘の, 熱ツた, 熱心に, 特別委員會附托と, 狂の, 独身の, 王と, 現代に, 現代人の, 現実の, 甚だしく古もの, 生きて, 生面の, 當時の, 當時錚, 疊五六疊も, 病気その他で, 白の, 白無垢を, 皆, 皆そうした, 皆その, 皆仏教, 皆似, 皆固く, 皆大切な, 皆小, 皆彼女には, 皆東洋芸術, 皆異様の, 皆真面目な, 皆禁物, 皆自己, 皆金玉, 皆閉つて, 皆驚い, 目に, 直覚的に, 相当な, 相当深い, 眼と, 眼鏡を, 矢毒, 砂の, 神に, 神話中の, 福建に, 秀吉を, 私の, 秦が, 程なく帰っ, 稼業人ばかり, 穢くは, 空間そのものを, 空間という, 空間表象の, 立派に, 竪穴に, 筮と, 簡單に, 米を, 米川正夫訳新潮社出版, 精巧鮮美目も, 精采なき, 約半里, 純粋正義之, 素直な, 終りは, 絵に, 絶えず算盤, 綾さんが, 缺點なき, 美々しき服裝, 美しい才能, 美人として, 羽二重の, 老人で, 聽き, 肉體を, 肩の, 自ら此林檎を, 自分にとっては, 自分達の, 自然乃至, 興味ふかく, 興味津々たる, 舞台にかけて, 舶来もの, 色あおざめた, 芝居といふ, 芸術的作品の, 若木で, 茸狩りの, 落胆の, 蒲田に, 蓋を, 薄き絹, 薄弱である, 虫が, 血気旺んな, 血気盛んな, 衣裳や, 表向, 表象し得る, 裏手の, 西洋人相手の, 要するに幽冥, 覆面し, 見にくい, 見事な, 見覚えの, 親屬相爲容隱, 観るもの, 計量を, 訴へて, 証拠が, 詳しく説明, 説教者の, 読む気, 論理的に, 變化なく, 象徴的なる, 資本の, 赤なれ, 赤紐に, 軽い調子, 軽重が, 輕快では, 途中から, 運命の, 道教信者である, 適当に, 酔眼を, 里へ, 野中又は, 金モールの, 金縁の, 釣り人憧憬の, 鉄道敷設の, 鎌倉方, 鎮魂に, 門瓦の, 間違って, 間違ひで, 陸に, 際限が, 障害物の, 難船した, 零れる程度, 電信の, 霎時は, 面白いやう, 面白くない, 面部の, 頑是ない, 顔を, 食事を, 餌つきの, 馬を, 高五十間とい, 高所から, 高田の, 髷を, 黒き衣, 黒くつやつや

▼ 何れ~ (323, 12.7%)

8 処か, 時代にも 7 場合に 5 処ぞ, 処より, 国民の, 地に 4 国にも 3 国の, 國でも, 年に, 日にか, 時に, 時代でも, 時代に, 時代の, 時代を, 民族に

2 [28件] ものも, 事にでも, 側に, 処に, 処にか, 國と, 國の, 國を, 國何れの, 地の, 場合にも, 宗派に, 御時, 所に, 教義にも, 方面から, 方面に, 方面にも, 時なる, 時代とも, 書にも, 民族の, 民族も, 社会にも, 職業にも, 部分にも, 集会でも, 馬を

1 [190件] これが, ものが, アイヌに, 一つが, 一片を, 万葉学者も, 上にも, 世に, 世にか, 世にも民間藝術, 世界に, 中にも, 事實も, 人々も, 人が, 仕方に, 代にも, 代価をも, 伝へで, 作家も, 信仰でも, 停車場附近にも, 側からも, 側が, 側にも, 僧侶に, 勢力が, 卷で, 原点が, 古社でも, 名も, 品物も, 啓示も, 団体で, 国でも, 国に, 国も, 国を, 国何れの, 国家民族も, 国民に, 国民にも, 国民を, 国籍の, 國にも, 國家民族も, 圓も, 土にても, 土地に, 地なる, 地にも, 地を, 地方に, 堂にも, 場合にても, 場合も, 場所に, 塲合にも, 女性も, 字からも, 学問にも, 学校にも, 家でも, 家なる, 家の, 家も, 山に, 山にても, 山地でも, 峠を, 川の, 川へも, 川も, 年で, 幾何学に, 御内か, 御家中, 御藩中, 御返事を, 徴証も, 恵みにも, 意義に, 戒にも, 所にも, 手で, 批評の, 支流も, 文が, 文に, 文化民族も, 文献学に, 方か, 方かは, 方法を, 方法を以て, 方面より, 日で, 日であろう, 日に, 日乎必成の, 日本居留民中に, 春か, 時にか, 時代, 書が, 書を, 書物を, 書肆より, 月に, 期ぞと, 木へでも, 未開地にも, 村よりもの, 来会者を, 棚にも, 極も, 権妻か, 武官にや, 歴史にも, 民族でも, 民族よりも, 汀に, 没情漢ぞと, 津々浦々にも, 海浜を, 涯に, 点から, 点に, 点まで, 猫も, 町に, 畑に, 矩に, 社会でも, 社會にも, 社界にも, 神に, 神社でも, 神社も, 神話か, 神話に, 程度まで, 種族に, 種族にも, 策に, 範疇にも, 糸が, 終点にも, 結果も, 經典から, 考え方も, 者か, 芸術に, 英領へ, 藩じゃ, 藩も, 處に, 處にてか, 要害も, 要素か, 観想を, 解釈を, 言語文字が, 記録にも, 説が, 説に, 説に対しても, 説に従うも, 説話も, 賢に, 身分ある, 辺に, 辺にか, 道にも, 道も, 道を, 邊に, 邊にまで, 部分に, 部門に, 都市に, 都市にも, 里に, 長所を, 院とも, 階級にも, 階級何れの, 頃に, 領域も, 點より

▼ 何れ~ (238, 9.4%)

150 しても 4 せよこの 3 せよ私 2 しろ今, せよ聴取者, 在るやを

1 [75件] ありて, ありや, あるか, あるかは, あるを, かきまり, かさむ手, しろあの, しろそれ, しろ事態打開, しろ奇現象, しろ日本, しろ此の世, しろ父親, しろ皺, しろ私等, するかを, するも, せよわが, せよわれわれ, せよ世界二分, せよ事実上三軍, せよ何, せよ何故, せよ先生, せよ別れる運命, せよ反省, せよ彼ら, せよ後, せよ必至, せよ慾, せよ文学, せよ最終戦争, せよ此点, せよ牧, せよ老, せよ自分, せよ表現, せよ認識, とる事, よらず翻訳物, 中るかは, 似ても, 依つて, 决定する, 力を, 動くも, 向って, 向つて, 好惡, 就いて, 就いても, 居たかと, 居られますか, 居るかを, 属するもの, 属する物, 帰す, 従うて, 於て, 歟決定する, 決するかという, 片づけて, 発祥した, 相当する, 相談が, 眞理または, 真理または, 組みそう, 背かんも, 致しましても, 致せすておけぬゆえ, 退歩あらむ, 進歩あらむ何れに, 重心を

▼ 何れ~ (78, 3.1%)

3 よいか 2 今おくれた, 重親, 鏡の

1 [69件] なくなつた, より恐し, より現実, モダニズム作家である, 不義と, 主で, 主に, 仕合とも, 何と訊かれる, 佳きや, 元か, 先に, 先着を, 出ても, 前である, 勝って, 原始の, 味聖の, 因で, 園丁か, 大きいであろう, 威壓する, 子と, 存在, 実際の, 實際の, 山である, 従である, 必然で, 明神ヶ岳で, 是な, 最も健全, 最も適当, 末とは, 本源なる, 本物やら, 果か, 果して真, 根源的である, 正しいかは, 正しいかを, 正しいの, 正當, 正義何れが, 田舎者である, 病的な, 瘋癲者だらう, 瘋癲者だろう, 盲從する, 真に夫, 真実でも, 美しさ, 芸術家である, 芸術的に, 親何れ, 詩人的な, 誰の, 誰やら, 誰れ, 論理として, 路とも, 踊りの, 進歩的である, 道教の, 重いかは, 重きかと, 重大か, 鈴虫か, 魅惑的かと

▼ 何れ~ (73, 2.9%)

8 見ても 2 えと, それと, 何れと, 択ぶらん, 高しと

1 [55件] とって, とらうかと, とりあげて, 主として取る, 主何れを, 主原因, 人と, 以つて亞細亞的なりと, 低しと, 何うい, 信ずるかは, 優る美し, 先と, 冠せても, 前に, 去るべきかと, 取り何れ, 取るに, 問はず演つたなら, 夢と, 夫とも, 如何する, 後に, 従とは, 必然的の, 憎しと, 戀の, 択ぶかといふ, 択ぶべきかと, 指して, 指せるや, 捨つ, 採つたらよい, 採る可, 採用する, 本主と, 本当だ, 正しと, 正嗣に, 正統と, 目指して, 聞いた時, 自分の, 花何れを, 見るも, 認識目的と, 読むでも, 逐ふべき, 運動し, 選ぶかは, 選ぶかを, 選ぶも, 選んで, 選んでも, 重しと

▼ 何れにも~ (57, 2.2%)

1 [57件] あり得るの, あるといふ, あるの, せよ, せよお, せよ京都, せよ小, せよ未曾有, ない苦しみ, ハチと, 一応の, 一方の, 不安を, 仕事を, 伴ふ, 何となく不, 偏しない, 偏せず, 僕は, 全部的に, 共通な, 其流通の, 含まれるが, 執達吏の, 多少は, 多少迷惑, 対すること, 属して, 屬する, 幻滅を, 従わせること, 必ず或, 忘れ難い, 思われた, 拘はれず両方, 数学が, 柄杓はか, 没交渉な, 海を, 無条件的な, 無関係で, 焼き付いたやう, 現れて, 現代日本の, 米の, 致せ貴, 該当しない, 趣味を, 通じる一種, 通ずる根本的, 適用される, 関せず, 陥らない内容, 難あり, 難を, 非常に, 高さ

▼ 何れ~ (48, 1.9%)

6 である 3 でなければ, 一つを

1 [36件] この返答, だといふ, でありたかった, であり又, であると, である筈, です, 一つが, 一つと, 一つに, 一つの, 一つ御, 一に, 一人を, 一方に, 一方の, 一方を, 一枚に, 一羽は, 不幸何か, 不祥の, 之を, 先に, 咄に, 大なる, 忘れたが, 戀の, 果して日本なり, 極致なき, 水の, 海洋的分子に, 煩惱ならぬ, 犯しても, 秋に, 重要なりや, 陸何れか

▼ 何れ~ (37, 1.5%)

2 これも, 人に

1 [33件] ありきたりの, お命, これほどの, そこへ, そもそもの, そんな最期, 三人で, 三四ヶ月の, 之を, 亡びて, 人間でも, 今の, 僅かな, 先づ実相の, 別れる宿命, 勝れたる人々, 又後, 古事記を, 同じもの, 商店の, 坊主にでも, 慣れつこ, 戻って, 捨てねば, 斉彬の, 死ぬ, 法の, 舞台の, 船司は, 落語の, 遠からずし, 還つて, 鬼頭にも

▼ 何れほど~ (37, 1.5%)

2 驚いたかは

1 [35件] お歎, で有るか, やりよい, 之を, 仕合せだ, 厭らしい, 君に, 好いか, 好ましからぬ, 安心した, 底が, 彼の, 待つて, 恐ろしい所, 恨まれても, 愉快だ, 愛するか, 愛せぬかは, 有難いか, 検めても, 正直に, 泣く目, 深いか, 深くあの, 深く穴倉, 甘いん, 盡し, 秀子を, 私が, 立腹遊ばす, 苦労し, 貴方を, 辛い想い, 遠くても, 重大な

▼ 何れとも~ (32, 1.3%)

2 分らなかった, 分らなかったが

1 [28件] お定め, お知らせしましょう, きめかねて, それは, つかず渾然, つかず首肯いただけ, つかぬ所, つかぬ靜けさ, 全然ちがった, 分たない清々し, 分ち難い, 分らぬ川, 判じ難かっ, 判らぬ気分, 定めかねたので, 思い起せなかったが, 決しかねた, 決しかねる, 決し兼ねた樣子, 決定しない, 決心が, 決著の, 異って, 知れない顔付, 見分けがたく, 話を, 返事は, 選び難く

▼ 何れ~ (29, 1.1%)

1 [29件] あつて, それが, 余裕の, 利口な, 勉強に, 古いか, 呑気だ, 大きな身體, 大人びて, 孤独に, 役に立つて, 心の, 必要である, 急激な, 悲しむだか, 悲しんで, 愛着し, 有用に, 根強くそれら, 泣いたか, 深く思はう, 町人から, 私から, 細い者, 自分は, 自尊心を, 衆目を, 貧乏な, 進んだの

▼ 何れかに~ (24, 0.9%)

2 属して

1 [22件] おかれねば, よらねば, 偏し, 勝利を, 属し又, 属するもの, 帰着せ, 当てはめて, 彼を, 從ふべき, 根拠地が, 決せられると共に, 決って, 決定しない, 直面し, 相談を, 缺陷が, 考へられよう, 近づいて, 這入って, 類似し, 黄金の

▼ 何れかの~ (24, 0.9%)

1 [24件] うちに, 一方が, 一軒へ, 人間たちであった, 人間は, 取合せの, 問題の, 国家に, 外には, 形に, 所に, 方法を, 時に, 朝の, 民族か, 窓から, 範疇に, 者に, 職業に, 處に, 誤りなる, 貴族の, 途しか, 類型によるといふ

▼ 何れだけ~ (24, 0.9%)

2 なの

1 [22件] お役に立ちます, この学校, この學校, その不幸, 其の共同生活, 其の爲, 力強いさ, 幸福だらう, 強く深い人生, 影響を, 彼女の, 彼女は, 必要だ, 持つて, 熱情的で, 異同が, 私たちと, 積った, 立派に, 荒木と, 處世の, 關係が

▼ 何れでも~ (21, 0.8%)

2 なかった, なくして, 可い

1 [15件] あり得ると, ないの, なくそして, なく老, やれるし, よい, よいが, よろしい, 好いから, 好きな, 宜しいと, 宜しいの, 宜しい政府, 実際時には観たい, 読者の

▼ 何れもが~ (20, 0.8%)

1 [20件] あり得ること, 世界的に, 中国山脈を, 互に気, 優秀作な, 共にその, 単に娯楽的, 又如何なる, 大部分自分, 意味する, 持ち合して, 掴んで, 支那風の, 束の間も, 極めて薄弱, 決して, 激しい鰊, 真の, 自分にと, 進行し

▼ 何れかを~ (19, 0.7%)

1 [19件] みな実行し, 一夜の, 主と, 仮定した, 取らねば, 含まざるべからず, 択ばなければ, 抱く人, 擇ば, 用ゐる, 発想する, 聞いた時, 聯想した, 表示する, 見廻したけれども, 買ひ入れなかつたらう, 選ばなければ, 選ぶ境, 選べばい

▼ 何れ~ (19, 0.7%)

1 [19件] だつたかね, な気前, の損失, の時, の時間, の速, の酒, ひお金, ひの, ひ三日目, ひ力, ひ彼処, ゐ, ゐな, ゐの, ゐ交際, ゐ出来あがりましたの, ゐ金, 離れた処

▼ 何れ~ (12, 0.5%)

2 参る, 行きしか 1 なり共, 向っても, 寝たもの, 寢た, 心の, 歟任官相成, 行こうと, 逃げた

▼ 何れ~ (12, 0.5%)

2 夫が, 追加される 1 という, 刑事が, 寛緩, 後便で, 改めて私, 病院にでも, 良い機会, 記す機会

▼ 何れ~ (11, 0.4%)

2 するも 1 さへ, して, しても, しら雪の, わかねども, 人は, 何れとを, 待ち受けて, 惑ふらん

▼ 何れへか~ (11, 0.4%)

2 消えて 1 去り徃, 去ること, 姿を, 往って, 立去りし由, 身を, 逃げて, 逐電した, 飛んで

▼ 何れかが~ (10, 0.4%)

1 ぴんとはね飛ばされる, 一方の, 何かを, 勝った時, 壊れなければ, 彼女から, 特に優先権, 特別の, 身魂の, 間違って

▼ 何れかと~ (10, 0.4%)

3 いえば 1 いふに, いへば, 云えば, 云ふと, 云へば, 問はれた, 決めようとして

▼ 何れをも~ (10, 0.4%)

1 とりあつめて, 兼ねた公演, 同じ興味, 択びかねて, 敢て, 潔く捨てる, 真似る必要, 能き, 超越する, 軽蔑し

▼ 何れまた~ (9, 0.4%)

1 お訪ね申しましょう, といふ, 三人で, 会社の, 出ます鉄砲, 同道の, 学校に, 招待しなほす, 逢おう

▼ 何れである~ (8, 0.3%)

2 のか 1 かその, かといふこと, かに迷, かを発見, かを知らない, と思う

▼ 何れほどか~ (8, 0.3%)

1 助かるだろうに, 宜い, 恨めしく睨んだであろう, 悶いた, 残念であった, 私の, 腹が, 辛く感じたであろう

▼ 何れから~ (7, 0.3%)

1 何時始まった, 來た, 先に, 御聴き込み, 招かるるも, 眺めても, 行くにも

▼ 何れ~ (7, 0.3%)

42 から具体的方策 1 からもう一度

▼ 何れ~ (6, 0.2%)

5 目に 1 浮れでございます

▼ 何れだけの~ (6, 0.2%)

1 問題が, 夥しい犧牲, 損である, 相違も, 貢獻を, 重さ

▼ 何れかで~ (5, 0.2%)

2 あらう 1 塗りつぶすと, 委しく書かれ, 遇し

▼ 何れ劣らぬ~ (5, 0.2%)

1 ものである, 優美の, 情の, 梅桜世に, 浜育ちの

▼ 何れ後刻~ (5, 0.2%)

2 でお話 1 で緩, で緩く, ゆっくり

▼ 何れからも~ (4, 0.2%)

1 戦時に, 日本の, 独立した, 私は

▼ 何れその~ (4, 0.2%)

1 ことで, 中汝も, 中読む, 話は

▼ 何れほどの~ (4, 0.2%)

1 宝が, 尊敬を, 疑いに, 身代が

▼ 何れ~ (4, 0.2%)

1 け藝者, の価値, 悲しい事, 根強くて

▼ 何れ~ (4, 0.2%)

2 面會の 1 尊宅へ, 考奉

▼ 何れ明日~ (4, 0.2%)

2 でも 1 にも参上, に廻りましょう

▼ 何れ~ (4, 0.2%)

1 からも委しい, から和尚さん, から花輪, が立て

▼ 何れ程の~ (4, 0.2%)

1 きのこが, 光明と, 狂態を, 金額を

▼ 何れ~ (3, 0.1%)

1 え, お求め, 出来るか

▼ 何れにおいても~ (3, 0.1%)

1 これまで, ツァーの, 皇室の

▼ 何れにても~ (3, 0.1%)

1 よろしい, 可なれ, 相当に

▼ 何れもの~ (3, 0.1%)

1 旦那衆に, 為めだ, 點に

▼ 何れ二三日中~ (3, 0.1%)

2 には村長 1 に持て来ます

▼ 何れ何処~ (3, 0.1%)

1 かの島, かの新聞, へか御

▼ 何れ~ (3, 0.1%)

1 ある武士, にし, のある

▼ 何れ手紙~ (3, 0.1%)

2 で云 1 で書きます

▼ 何れ春永~ (3, 0.1%)

2 に頂戴 1 に往きます

▼ 何れ緩く~ (3, 0.1%)

2 りを 1 りみんな

▼ 何れ~ (3, 0.1%)

1 か外, でも教え, やら泣い

▼ 何れ近々~ (3, 0.1%)

1 のうち, 出府する, 皆様の

▼ 何れあなた~ (2, 0.1%)

1 としては幽界, の寺

▼ 何れかへ~ (2, 0.1%)

1 転り, 飛込むより

▼ 何れくらい~ (2, 0.1%)

1 利いたか, 流行って

▼ 何れこの~ (2, 0.1%)

1 姿勢が, 模倣に

▼ 何れ~ (2, 0.1%)

1 や, やわが

▼ 何れだけも~ (2, 0.1%)

1 滿たされなかつた, 知つてる

▼ 何れといふ~ (2, 0.1%)

1 はつきりした, 区別の

▼ 何れにか~ (2, 0.1%)

1 はっきり買う, 決定する

▼ 何れにとも~ (2, 0.1%)

1 定めて, 賛同する

▼ 何れもに~ (2, 0.1%)

1 そうした因縁愛的, 燃えて

▼ 何れもを~ (2, 0.1%)

2 愛する

▼ 何れより~ (2, 0.1%)

1 來り, 来りて

▼ 何れ~ (2, 0.1%)

1 と通りならぬ, と騒動

▼ 何れ上京~ (2, 0.1%)

1 したらトツチメ, 致し候

▼ 何れ位心丈夫~ (2, 0.1%)

2 であらう是

▼ 何れ何事~ (2, 0.1%)

2 かやり出すだらう

▼ 何れ何處~ (2, 0.1%)

1 かで自分, かの新聞社

▼ 何れ其の~ (2, 0.1%)

1 中御家内様へ, 内に

▼ 何れ劣らず~ (2, 0.1%)

1 烈しく切り結ん, 粧を

▼ 何れ奉公~ (2, 0.1%)

1 の祕傳, の秘伝

▼ 何れ~ (2, 0.1%)

2 生徒の

▼ 何れ~ (2, 0.1%)

2 敷御

▼ 何れ改めて~ (2, 0.1%)

1 この次ぎ, 私が

▼ 何れ故郷~ (2, 0.1%)

2 に安着

▼ 何れ此方~ (2, 0.1%)

1 からお, から出向かれまし

▼ 何れ~ (2, 0.1%)

1 つたら安之助, つたら能

▼ 何れ~ (2, 0.1%)

1 なこたあし, なこと

▼ 何れ程に~ (2, 0.1%)

1 厭うて, 厭ふて居る

▼ 何れ程まで~ (2, 0.1%)

1 修練を, 支那人に

▼ 何れ組合~ (2, 0.1%)

1 から知らし, にも加入

▼ 何れ遠から~ (2, 0.1%)

1 ぬ中, んうち

▼ 何れ電車会社~ (2, 0.1%)

1 の, の方

▼ 何れ黒田侯~ (2, 0.1%)

1 が二晩, は二晩

▼1* [190件]

何れあじけない旅烏, 何れあちらでお, 何れあなた方にもその, 何れあらわれるであろう犯人を, 何れあれも今度, 何れいつかゆっくりお話し, 何れお金のこと, 何れかでしかない, 何れかについて漢口に, 何れかによりて人は, 何れかは偽証罪と, 何れかを通じてのみ止揚される, 何れこちらから伺う, 何れこれからは毎朝新聞記者, 何れ同様に, 何れても教育, 何れじゃ直江山城この, 何れそのうち僕は, 何れそりゃア尋常漢では, 何れそれだけの事由, 何れぞと露の, 何れぞや我が傍, 何れただではすまない, 何れだけと処分は, 何れだって構や, 何れだつて多少, 何れだらうかと煩つて, 何れだろうかと煩っ, 何れとは極めて了, 何れともして説明, 何れとも分きて, 何れとを抹殺すべき, 何れどこかに隠し, 何れのかしら, 何れなんらかの実を, 何れにとつても, 何れにとっても最上の, 何れほんの今発作的に, 何れまあそんな利害的, 何れ当り次第買います, 何れもう一風呂浴び, 何れもから防がれた最も, 何れもつと君, 何れもともとは何処, 何れもはや議論と, 何れもやはらかく, 何れからむ, 何れよりも覆面という, 何れをとも昨日までは, 何れデルフオイの広場, 何れドーヴィルストックの名花, 何れパリへ帰ったら, 何れプロツトに就い, 何れマルセーイユへつけ, 何れ一つとして彼女, 何れ一つ一つをつくろいましょう, 何れ一つ満足なの, 何れ一度は御, 何れ丈便利で且つ, 何れ丈市内労働者の仕事, 何れ丈豊麗な風致, 何れ三時間や五時間, 何れ三部經の一つ, 何れに出れ, 何れ三年已前にても, 何れ中宮の御内, 何れ主人が自身, 何れ九月になつ, 何れ事務所の方, 何れ二度と再び帰って, 何れ五年十年帰国相成るべき事, 何れ京都で緩く, 何れの眼, 何れ人間と生れた, 何れ今夜集まろうから, 何れの為, 何れ仔細あって, 何れ國へ, 何れ位ひなものかを明, 何れ位國家を益, 何れ位海外で富, 何れ位續けて行け, 何れ位美味に飽い, 何れの様, 何れ俊子に分る, 何れは税率改正, 何れ先方からこちら, 何れ六ヶ敷い鍵, 何れ六波羅わたりの内人, 何れ其中読む事, 何れ其節何殿かに御, 何れ其金を呉れた, 何れ前世のある, 何れ動機だらうと, 何れ千斎研究致す事, 何れ只今私も新吉, 何れ方面の, 何れ商売上手の手合, 何れ善からぬ目算, 何れ嘉吉さんも此方, 何れ四月の各, 何れ西郷などが, 何れ大したもんじ, 何れ大学を出た, 何れ大著が未来, 何れ大衆文芸が小説, 何れ天王寺の墓碑, 何れ如何にかなる, 何れ学者の示教, 何れ完訳したいと, 何れ富豪の手, 何れ賄賂の, 何れ小太郎の耳, 何れ帰つて来ましたら, 何れ帰れば御, 何れ帰郷の上, 何れ常盤博士の論文, 何れ月内には, 何れ後便にて, 何れ後年には云々, 何れ御返事は後で, 何れをなやめぬ, 何れ忍男に心移り, 何れ思い出させて遣ろう, 何れ思案の外なんめ, 何れならぬは, 何れ捕まれば死刑, 何れをする, 何れ支度金をその, 何れ斉彬公御世継, 何れは花園, 何れは時節, 何れ時機を見, 何れになつて, 何れ本懐を遂げた, 何れ東京へ出たら, 何れを見, 何れ機會を得, 何れ死ぬのであらう, 何れ注意をした, 何れ滅びる兆候が, 何れ無事で帰って, 何れけると, 何れ物見に一足先, 何れ犯人は宗皇帝, 何れ由緒ある人, 何れ申す機が, 何れ男女の問答, 何れ直に御辞儀, 何れ相談をし, 何れ程かの量の, 何れ程で有ろう王侯, 何れ程迄に真実である, 何れ種々な理由, 何れ終りは同じ, 何れ綱手と同じ, 何れ老後の厄介, 何れの竣成後, 何れ良人にも逢えるであろう, 何れも實, 何れ芸者上りが多い, 何れ氣の, 何れを不, 何れて見よう, 何れ行かずとも他界, 何れふる時, 何れ詳しい批評を, 何れ詳しくお話を, 何れ読んでから, 何れ誰かが例へば, 何れ議会の開期中, 何れ變らぬ亡國, 何れ身体の工合, 何れ近い内に, 何れ近き中父様に, 何れ近日何等かの沙汰, 何れ近日先は早々, 何れ近日返金するつてツ, 何れ逃れぬ命と, 何れ連れて行く, 何れれ得ぬ因果, 何れの機嫌, 何れ野天でありますので, 何れ鐘太鼓でさがし, 何れ長崎の倅壹岐, 何れ長田のこと, 何れ母さんに, 何れ香港へ到着, 何れ高森の方, 何れ麻布七不思議ツてな