青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

侮辱~ 侯~ 便り~ ~便利 便利~ 便宜~ 便所~ 係~ ~俄 俄~
俊~
俗~ 保~ ~保存 保存~ ~保証 保証~ ~保護 保護~ 信~ ~信じ

「俊~」 1528, 17ppm, 6875位

▼ 俊~ (261, 17.1%)

6 自分の 5 それを, 叔父の 4 そう言っ 3 お延

2 [15件] きよ子の, それが, また何, 何か, 奥座敷の, 嬉しげ, 帰って, 帰らなかった, 従姉妹の, 独りで, 縁側の, 自分で, 負けずに, 附添し, 鼠が

1 [208件] ああだろう, あわてて, いつか噂に, いつの間にか彼, いつも対岸, お新, きょうも, きよ子が, こう言っ, この近所, さすがに, しかたなし, しきりに私, しぜん, じれったそう, すぐ居間, すこし心地, すこし改まった, すこし羞じらった, すこし顔, そういう可憐, そう言え, そちらを, そのうしろ姿, その平井, その父, それに, それの, それ以上尋ねる, ちょっと冷たい, どうかする, どうした, どうしても立ちあがれなかった, どう成っ, なお落莫, なかなかそれ, なかなか気, なんにも返事, にわかにマジメ, ふざけて, べつに何, まだ一度, まだ汚い, もう床, もう引っ越し, コップだの, ジレッタそうに, ズンズン成長した, トシ子が, ニヤリと, ネチネチみしみし, ノコノコ歩き出した, ノシノシ行っ, バケツを, ブラリと, ホッと, 一人で, 一寸礼, 一笑に, 三吉に, 三吉叔父の, 丙申に, 両手に, 両親の, 丸い小さい手, 主人の, 了哲の, 二三日の, 二人の, 云った, 云ふ, 井戸端へ, 京都に, 今さらの, 仕方が, 以前トシ子と, 何っ, 何も, 何処までも, 傍へ, 先日からの, 六十歳を以て, 再び頭, 冷そうに, 冷たくなった, 処女たり, 勿論それ, 十七だった, 半ば身を, 半死半生で, 反って, 叔母と, 叔父に, 叔父達の, 口早に, 名を, 唐の, 嘆息を, 器量を, 四人の, 四十五歳で, 夢中に, 天明二年壬寅四十五歳に, 妹と, 嫂を, 家に, 小学校を, 山田を, 峻と, 巡警, 工場から, 己が, 幾年振, 幾枚かの, 康治元年に, 弱力, 彼女が, 微笑って, 微笑んで, 思った, 急に, 怪しいと, 恐くは, 悸然と, 或いはそう, 戻って, 手あてを, 手を, 折り折り団扇, 持明院統の, 振起し, 斉広が, 既に記した如く, 日が, 明るい茶の間, 最う一度, 最早帰っ, 最早気, 来て, 柳ば, 楽しげ, 次の間に, 此人に, 歯を, 母に, 母の, 気に, 気もちの, 気を, 洗濯した, 流弾に, 涙が, 涙なし, 溜息を, 無邪気だった, 父の, 父京水が, 片付けて, 物珍らし, 独身で, 猶書き, 玄関の, 男や, 痘科を, 癖の, 皆なに心配させ, 相変らず, 相手の, 相生町一丁目に, 眼に, 眼の, 眼を, 着物の, 笑った, 笑って, 紳士を, 肩を, 肩揚げの, 胡麻化され, 自ら起つべから, 自分より, 花の, 苛立ちて, 苦労人だ, 苦笑いを, 茶を, 茶戸棚の, 萎れた, 蒼白に, 薄あばた, 袖口を, 親方が, 言って, 言葉を, 評判の, 起って, 身嗜みの, 金無垢の, 釣瓶の, 鋏の, 長い袴, 長男次男が, 頭巾を, 頻りに何処, 顔を, 骨牌の, 髪に, 黙って

▼ 俊~ (251, 16.4%)

8 の身 5 は彼 4 だった, の姿 3 が鎌倉, は, はその, はふと, はまだ 2 が山伏姿, が関東, の処分, の方, の眼, の胸, はすぐ, は手, もついに

1 [197件] からは大事, から死, から起った, が, がその, がそんな, がまた, がゆるし, が上, が代っ, が大きな, が宮門内, が形見, が文談会, が旅衣, が朝臣, が正成, が笑っ, が都, この場, そっくりに, だ, だが, だったに, であること, でお, でもあった, とあるじ, とこう, としては和殿, とすれ, とにらんだ, との交渉, との今生一ぺん, とは有縁, とは顔, ともう, と人, と共に野路, と最後, と高氏, などとは聞いた, などは, など早く, なの, ならでは, に, にすれ, にとって思いがけない, にはそう, にははからずも, にもこんな, にも高氏, に可愛がられ, のあっせん, のあと, のあの, のいう, のおらぬ, のかたみの品, のごとき, のそば, のなすべき, のまえ, のよう, の乗物, の体, の余りに, の信頼, の公卿, の前, の双輪, の右手, の同意, の報告, の妻, の室, の寝所, の審議, の居所, の形見, の意志, の才, の捕われ, の最期, の木曾, の消息, の潜行, の牢室, の眉, の知識, の竹, の笑う, の美しい, の落ちついた, の行った, の行方, の装束, の見損じであった, の足蹴, の身代り, の逮捕, の顔, の首, はあらたまっ, はうれしかっ, はかねて, はからから, はからく, はきびしい, はこの, はこれ, はすぐそう, はそう, はそこ, はただ, はただちに, はちょうど, はちょっと, はなお, はまた, はみずから, はもう, はわざと, は事, は何度, は元結, は公卿, は冠, は初めて, は口, は嘆息, は土倉, は地上, は外, は妻, は客殿, は家, は居眠っ, は峠, は廊, は後ろ, は得, は微吟, は微笑, は心もち頭, は愕, は懐紙, は気の毒, は沓, は添え, は独り, は疑わなかった, は眉, は答えなかった, は簾, は胸, は自嘲, は苫, は荒涼たる, は見, は言い出した, は警戒, は足, は身, は輿, は迎え, は高氏, へ, へは, へ眼問い, まえの, も, もしいて, もほっと, も一つ白洲, も共に, も冷ややか, も少なから, も彼ら, も手, も聞き及ぶ, も資朝, も身, や資朝, や資朝ら, をかり, をここ, をその, をはじめ, をめぐってその, をやみ, を別, を拉した, を捕える, を館, 斬られ

▼ 俊~ (179, 11.7%)

7 つくり 5 一刀を, 家へ 4 方を, 病を, 首を 3 家を, 手を, 為に, 話は 2 姿は, 家の, 家は, 小脇差, 鍔際から, 顔を

1 [126件] あき家, くどき, ことばであった, さわりは, すすめた茶, そばに, そぶりを, ような, ように, 一件だ, 一刀が, 一刀八方眼に, 一命助けおい, 一奇癖を, 三君にも, 三男祐二は, 下駄を, 世を, 事である, 事蹟を, 亡骸を, 京都に, 亭主は, 人形の, 側には, 兄猿牽与次郎が, 兒小姓森田圖書十四歳で, 出である, 出安, 刀が, 刀も, 切り首を, 前でも, 前に, 口より, 古風が, 咏に, 喉を, 噂自分の, 坊主に, 報知は, 声は, 大刀を, 太刀も, 太股を, 妹の, 姉小路の, 娘らしい, 子だ, 子で, 子でなく, 子京水を, 学殖と, 家に, 家へは, 家財を, 小さな胸, 師の, 平軍の, 引っ越し一件が, 弟と, 後について, 心, 心を, 情を, 情人だろう, 懐中鏡を, 抜刀そのまま, 拔刀その, 方は, 方へ, 木剣造りの, 本名は, 様子が, 様子を, 死後八十日を, 母お, 母か, 母は, 母親が, 烈閃が, 父が, 父は, 父家親が, 生んだ子, 病の, 病は, 眼からは, 眼に, 眼の, 着物を, 知恵, 短刀を, 称を, 結婚が, 結婚に, 結婚も, 絵筆を, 縁談などを, 習慣的に, 考えを, 耳に, 脇差しであった, 芳草萋時花壓谷高, 茶を, 血糊を, 親に, 言おうと, 記に, 記は, 詣でたの, 語の, 説明を, 請に, 諸兄から, 讒言に, 身元を, 轎の, 逸作ふところへは, 遺文を, 遺稿に, 都に, 長男は, 鞦韆咏には, 頭も, 鯉口を

▼ 俊ちゃん~ (90, 5.9%)

64 と二人 3 はもう, を可愛がる 2 がトンキョウ, が好き, の家, の言った, はお上りさん, は不景気, は先, は男

1 [58件] から今日話, がいっしょ, がほし, が出, が喜ぶ, が持っ, が来た, が画, が誰, ぐらいな男, じゃない, だったの, だってこのごろ, とは喧嘩, と一緒, と云った, どうだい, なぞが最早, などとじき隣, に, にそんな, にでも来, にもお祖母さん, にもね, にもわけ, に手紙, に持たせ, に話, に話しかけ, の方, の旦那さん, の真似, の背, の背中, はあれ, はお, はこの, はじゃあ, はどう, は下, は何, は僕, は午, は好, は島田, は東京, は父さん, は真実, は評判, までをこんな, もうあっち, もなにか, も医者, も御, よりおそい, をほんとう, 早くしない, 残るの

▼ 俊~ (81, 5.3%)

4 言った 3 京都に 2 嫁に, 旦那の, 見えないの

1 [68件] いた, これまで, これを, さか, すすめた, その客, その心, その手伝い, よんで, 一兵一騎も, 世話を, 乗って, 二十一歳の, 京都車屋町に, 何か, 催促する, 元親方, 出て, 初代長官と, 厚いお, 叔父や, 四十八歳で, 多く居つた, 安政乙卯の, 射た箭, 尋ねた, 帰りそう, 待受顔に, 従姉妹に, 御家騒動の, 懇意の, 戻ると共に, 所領を, 手を, 択んだ人, 来馬と, 柳橋に, 森枳園と, 楼梯を, 歩かして, 母親に, 水の, 父方の, 狂言中笑ひし, 生れた, 病み臥して, 私の, 立って, 笑いながら, 答える, 続く, 縁談も, 美しい顔, 聞いた, 薄紅い, 言出した, 訊ねて, 話し聞かせて, 起きた, 農園で, 遊んで, 遺文中首尾略全, 遺文数種の, 酒色に, 錦橋初代瑞仙の, 風呂敷包の, 飛んで, 駒形へ

▼ 俊~ (49, 3.2%)

2 侮辱された, 網羅したる

1 [45件] お添え申しあげた, そのままに, たたき出して, つれて, どんなに心から愛し, みた, スラリと, 促して, 妾が, 娶った, 娶つた, 娶つたらしい, 学校へ, 引いて, 引かせる話, 引き立てて, 引っ立てて, 徴すと, 思い出して, 悪く気取っ, 憎むよう, 拾って, 拾つて來て, 握りしめた, 斬って, 残して, 殺したの, 殺して, 殺すならば, 深川の, 渡して, 狙って, 率いて, 私の, 笑わせた, 見た, 諭して, 赦して, 身受せん, 追い出して, 追い出すつもり, 連れて, 連れ立出しあと, 集め得たのみ, 驚かした

▼ 俊~ (42, 2.7%)

1 [42件] いつもの, おとなしく内, お新, お母, お父さんが, そのうち, ついて行った, また, ウマクやっ, 一郎も, 万力に対しては, 三吉夫婦に, 伝兵衛も, 何んの, 何気なく見詰め合った, 元気な, 共にこれ, 叔父に, 同じく二十七, 変に, 好きです, 学校の, 家に, 小学校の, 幹太郎も, 延も, 思いがけなかった, 数学に, 来た, 来て, 来合せて, 残念であった, 母も, 気分が, 災難で, 甚七を, 目の, 笑いながら, 笑った, 遊びに, 降りた, 随い

▼ 俊~ (38, 2.5%)

2 という坊主

1 [36件] がその, がやがて, が姉さん, が直ります, が縊れた, であると, ですか, でもありません, で縛られ地蔵, などはいい, にも自由, によく, に別れ, に引き合わせる, に恋慕, のこと, の云った, の指図, の数珠, の罪, の難儀, はお歌, は又もや, は叱る, は夜明け前, は女, は年, は得心, まだ若年, も困っ, も断わりました, も気, をどこ, を森, を相手, を裏山

▼ 俊~ (37, 2.4%)

4 はをぢさん 2 はひとり, はもう一度

1 [29件] がすぐ, が毎晩來, というの, と海, に影繪, のくりくり坊主, のせ, のそば, のキヤラメル, の下駄, の手, の様, の眼, の胸, の顏, はもう, はテーブル, は大きく, は大きな, は小さい, は毎晩, は眼, は貝がら, は返事, も默つてくつ, を下しました, を切りぬいた, を抱きあげ, を見ました

▼ 俊~ (36, 2.4%)

1 [36件] いうに, いった, いって, いふ者が, お絹, して, よばれた, 一緒に, 一郎と, 不思議な, 了哲とによって, 二人出, 云ふ, 伝兵衛が, 其実子に, 別れて, 別れるには, 呼ばる, 呼ばれ領治, 宮とは, 左門の, 甚七は, 申しまして, 申すもの, 相対に, 眞ツ黒にな, 私の, 私は, 称した, 称する二尺八寸, 稱する, 薬師丸の, 薬師丸を, 被呼候者共, 頭領が, 鼠と

▼ 俊和尚~ (32, 2.1%)

2 からうれしい, に相

1 [28件] からのハガキ一枚, からの来信, から緑平老, が植えひろげ, が浮かない, とは性情, と同行, と強い, と握手, と星城子君, に呈す, のそれ, のもの, の典座, の温情, の温情そのもの, の袖, の贈物, の返事, はなつかしい, はエライ和尚, は予期, は小城さん, は熊本, は知らせ, も安心, を訪ねる, を驚喜

▼ 俊~ (29, 1.9%)

3 の歌 2 に対抗, の歌風

1 [22件] が民間伝承, である, との年代, とはり合うた, と文雄, などが口語, に伝, に向っ, に対して旧, に更に, の, のた, の事業, の今様, の作物, の子, の新, はかうし, はすぐ, は親, は詠んだ, や顕昭

▼ 俊さん~ (25, 1.6%)

2 の所, はもう, までが

1 [19件] お瀧さん, が, が御, が照さん, こそ如何, だけ, というの, と時々, なぞは思つて, に差上げる, に邂逅, の家, の旦那, は中, は好き, は少し, は意気, は私, も来

▼ 俊~ (23, 1.5%)

2 薄あばた

1 [21件] あばたはねえと, しろ明日, つくのほか, むかいつくづく, キッパリ出られた, 乗りうつッ, 似て, 係り合いが, 取りに, 嫁した, 少納言の, 次いで, 比すれば, 煙管を, 絵画を, 聞いた, 脚を, 菓子を, 走せ違って, 迷って, 風が

▼ 俊基朝臣~ (23, 1.5%)

1 [23件] がおれ, だけです, だけは天皇, でいらっしゃいましょう, でお, でおわそう, ではおざりませぬ, との大事, とは何, と洛中, などの非業, にお目にかかり, にぜひ, に相違, の, のばあい, の処刑, の最期, は, も今日, も赦免, や菊王, を斬る

▼ 俊~ (17, 1.1%)

9 お延 1 おふくろまでが, お鶴, 一寸, 優美な, 栗田永寿軒などの, 美津の, 酒屋の, 鶴の

▼ 俊とは~ (11, 0.7%)

1 [11件] この土間, 三十一長, 三十九女洲八つ国五つ蘭軒の, 三十二女洲一つ蘭軒の, 三十八女洲七つ国四つで, 二十九蘭軒の, 二十八蘭軒の, 何人ぞ, 昔恋仲だった, 自分達が, 違って

▼ 俊~ (10, 0.7%)

2 の得難き, の風 1 とに對, なるを, なる法官, の態度, の才, の色

▼ 俊~ (10, 0.7%)

1 がそれ, が伊勢, が申しおります, のひきい, の一勢, の一隊, の家来, の新た, は陣, も加勢

▼ 俊という~ (8, 0.5%)

1 ひい婆さん, ひとが, むずかしい名前, 大祖母さん, 女と, 奴は, 弟が, 者が

▼ 俊~ (7, 0.5%)

1 が乳牛, が五万, と義兄弟, の一行, の若い, の邸, も殪

▼ 俊陞氏~ (7, 0.5%)

1 に愛重, の第, の脂ぎつた身体, の顔, はいつ, は不思議さうに赤塚氏, は瘠せた

▼ 俊~ (6, 0.4%)

1 な感じ, な直感力, に言, の伝統, は此考, や為兼等

▼ 俊には~ (5, 0.3%)

1 それが, はっきり見え透い, 何事も, 唯悲しかっ, 薄あばた

▼ 俊~ (5, 0.3%)

1 であった, はその, また子, も心, をも恨めしく

▼ 俊~ (5, 0.3%)

1 が秘密, というの, の二人, は奥二階, 食べ合せ物

▼ 俊~ (4, 0.3%)

1 あつた, はどんな, 大丈夫です, 長じ

▼ 俊姉さま~ (4, 0.3%)

1 が来, のこと, は, は屋外

▼ 俊御坊~ (4, 0.3%)

1 と薬師丸, にお, にはこれぞ, もお

▼ 俊~ (4, 0.3%)

1 に会, に逢つた, の書生, は辛うじて

▼ 俊~ (3, 0.2%)

1 延お, 延なぞの, 身は

▼ 俊から~ (3, 0.2%)

2 眼を 1 帽子を

▼ 俊ちゃん達~ (3, 0.2%)

1 に進げ, もいらっしゃい, も笑っ

▼ 俊を以て~ (3, 0.2%)

2 組織したる 1 すなわち光厳上皇

▼ 俊乗房重源~ (3, 0.2%)

2 は上 1 を推挙

▼ 俊伝兵衛~ (3, 0.2%)

1 は大層, を伴, を聴いた

▼ 俊夫婦~ (3, 0.2%)

1 お愛夫婦, のため, の写真

▼ 俊~ (3, 0.2%)

1 がその, が聳立, を卍巴

▼ 俊~ (3, 0.2%)

1 と云, の子, の男

▼ 俊~ (3, 0.2%)

1 がい, はこの, はその

▼ 俊でも~ (2, 0.1%)

2 小春でも

▼ 俊とが~ (2, 0.1%)

1 三十三これにも, 三十蘭軒の

▼ 俊なぞ~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は大き

▼ 俊など~ (2, 0.1%)

1 以下五百余の, 足もとへも

▼ 俊にも~ (2, 0.1%)

1 それほど恐怖, 一寸気

▼ 俊ひと~ (2, 0.1%)

2 腰だけを

▼ 俊乗さん~ (2, 0.1%)

1 が死にました, を堕落

▼ 俊乗坊重源~ (2, 0.1%)

1 が入唐, が弟子三十余人

▼ 俊乗房~ (2, 0.1%)

1 がこの, が興福寺

▼ 俊僧都~ (2, 0.1%)

1 が何, の処

▼ 俊基等~ (2, 0.1%)

1 の英才, の近臣

▼ 俊姉妹~ (2, 0.1%)

1 と聞い, は漸く

▼ 俊~ (2, 0.1%)

1 が廊, だけであった

▼ 俊居士信卿瑞仙弟京水父~ (2, 0.1%)

2

▼ 俊~ (2, 0.1%)

1 は武鑑, を謂

▼ 俊慧法師~ (2, 0.1%)

1 である, の加へた批判

▼ 俊~ (2, 0.1%)

1 をわが, ヴィユー中尉が

▼ 俊継尼~ (2, 0.1%)

1 は亡き, を伯母

▼ 俊良殿~ (2, 0.1%)

1 がチョロリ, の云われる

▼ 俊~ (2, 0.1%)

1 の巻, は暴風

▼ 俊~ (2, 0.1%)

1 なるに, の材

▼ 俊邁明達~ (2, 0.1%)

1 の矢野竜渓, の矢野龍溪

▼ 俊邁達識~ (2, 0.1%)

2 の士

▼ 俊~ (2, 0.1%)

1 の影, の翼

▼1* [147件]

お前の習った, 俊お前のとこの, 俊お婆さんは涙, 俊この推定は, 俊さまの筆, 俊じゃあ無さそう, 俊だけに義太夫の, 俊だけは憂鬱に, 俊だの通盛などは, 俊ちゃんその後眼の方, 俊ちゃん何してる, 俊ちゃん午前十時四十分の急行で出立, 俊ちゃん叔母さんが一人, 俊ちゃん小母さんにポッポッポ, 俊ちゃん母さんが行かなく, 俊ちゃん毎晩画を御, 俊ちゃん駄目やわ, 俊であったが彼女, 俊で殺したのは, 俊といふ公卿の, 俊とても同憂でない, 俊との出あひは, 俊とを勤めて, 俊などでこの半年, 俊なりは, 俊なる僕を, 俊にまで掛った, 俊ばかりでなくお, 俊ばっかし顔, 俊ひとりで寝, 俊訊ねて, 俊ほか幕僚の諸, 俊までがパッと, 俊もっと葉書を, 俊より院へ, 俊はもちろん, 俊らしゅうござんすよ, 俊らしいとわたくし, 俊ら以下手飼いの郎党小者, 俊朗かなり, 俊れた人と, 俊一件は, 俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 俊三十五女洲四つ国一つ長三十一, 俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 俊乗自身の申す, 俊京水父子の伝, 俊今一と息心入れ, 俊以下いずれも去年, 俊以来の平俗主義, 俊係り合いだから香奠, 俊は今日ただ今, 俊の三君, 俊兄星城子兄入雲洞兄, 俊先刻の物, 俊またついに, 俊とも云った, 俊其伯父錦橋錦橋の妻沢, 俊初対面の一席, 俊十九歳の五男直吉, 俊な徳, 俊和尚上洛中と聞いた, 俊和尚元寛君の厚意, 俊和尚孝志君緑平老敬治坊, 俊和尚帰山まで行乞, 俊和尚苦味生君いつもあた, 俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 俊四十七妾春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 俊四十二女洲十一国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 俊四十五妾春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 俊四十六妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 俊四十四妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 俊基どっちからも一方, 俊基どのが文談会, 俊基ひとりだけはまだ, 俊基らとは多年, 俊基一人亡しとて, 俊基一名をからめ捕っ, 俊基主従を途中, 俊基卿の所在, 俊基朝臣東下りの道行, 俊基東下りは私, 俊基琵琶せよ, 俊基資朝の鎌倉押送, 俊基資朝らの犠牲, 俊士生と云, 俊はトマト畑, 俊大屋さんの庭, 俊姉さま私にも一枚, 俊姉さんのは催促髷, 俊始め列座の面々, 俊姫様の嫁入り, 俊実子におくれ, 俊と名, 俊小字桓三郎が摂津国伊丹, 俊の慈眼房皆一代, 俊御願がございまする, 俊も中納言, 俊と呼ばるる, 俊第一, 俊書かしむるの, 俊の敦盛, 俊材拔擢の名, 俊殿は山田, 俊母子を近江三河一万石, 俊の公卿たち, 俊の子, 俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 俊は尚, 俊為す能わざるを覚り, 俊煙管をとら, 俊狩谷懐之小野富穀等, 俊王家郎と称された, 俊を含む, 俊禅師貎下の御, 俊だ精一杯, 俊が開帳, 俊義博士なども常連, 俊能登守教経などの平家軍, 俊良これだけが半田屋九兵衛方, 俊良字は基昌, 俊良様御掛り合, 俊蔭出羽守藤原経邦兵部少輔良峰, 俊西入道があつ, 俊のみならず, 俊豪傑をし, 俊貞俊ら以下手飼いの郎党小者, 俊賓鴻等敢然として起っ, 俊が初めて, 俊通称は武左衛門, 俊造君市次郎が上京, 俊連以下の人々, 俊らしい眉間, 俊拭きがわり, 俊陞さんの奥さん, 俊は長門, 俊頼もまた時鳥, 俊頼口傳集上にもいけ, 俊頼系統との外, 俊頼統には尠, 俊頼集文雄集曙覧集を見よ, 俊の歿後, 俊願ニ依リ本職, 俊の在る, 俊鶴ちゃんの免状