青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

価格~ 侮辱~ 侯~ 便り~ ~便利 便利~ 便宜~ 便所~ 係~ ~俄
俄~
俊~ 俗~ 保~ ~保存 保存~ ~保証 保証~ ~保護 保護~ 信~

「俄~」 3279, 35ppm, 3304位

▼ 俄~ (1569, 47.8%)

9 眼を, 顔を 8 口を, 身空中に 7 彼の, 顔色を 6 声を 4 人の, 元気づい, 寒さ, 明るくなった, 暑し, 暗くなった, 自分の, 色を, 足を, 身を

3 [25件] して, それを, 世を, 今日品切れもをか, 元気に, 変って, 夜の, 寒し, 彼は, 息苦しい煙, 我に, 新鮮な, 晴れて, 目を, 眉を, 真面目に, 私の, 立上っ, 笑い出した, 萎れか, 言葉を, 話を, 開けて, 陰って, 頭に

2 [84件] おどろく, おなかが, おろおろし, ざわっとしました, しみじみと, しーん, その顔, ぞっとし, ときめいた, シインとして, パッと, 不安に, 不機嫌, 両手で, 何の, 元気づいた, 元氣, 凉し, 勇敢に, 変心し, 外の, 夜寒を, 天下を, 天井に, 奇声を, 客人を, 市価を, 広くなった, 店を, 座より, 強くなり, 彼女は, 後戻りを, 御立腹, 思いついたよう, 思い出したよう, 思ひ出した樣, 思想の, 息が, 悪くなった, 掻き曇って, 断じ, 気が, 気に, 気の, 氣が, 活気づいて, 活気を, 消えて, 涙が, 涙を, 火の, 牛の, 用事が, 眞面目な, 真面目な, 眼の, 穂吉の, 空が, 空腹を, 窓から, 立ち上った, 立憲大臣に, 耳に, 聲を, 胸が, 腹痛を, 膨れて, 興が, 興奮の, 複雑な, 調子の, 起ちも, 迸り出, 途方も, 遠くかすか, 雨が, 雨に, 雪が, 頭の, 香具師は, 駒を, 騒がしくなっ, 高くなった

1 [1232件 抜粋] あかるくあたり, あって, ある不吉, いきり立った, うすら, うす暗く変りました, おかくれ, おそれて, おとなしくなっ, おもい出したふう, お召しあった, お攻め, お越しあっ, かえて, かきくもるよと, かしましく聞え出す, かっと熱く, がた, がら, きっと鋭く, きゅっと私, ぎくりとした, くつろいだ態度, くりあげられたと, げんなりし, ここらが, このとき, こはい, こんなこと, こんな守勢, さう無性に, さめし次第, しおしおし, すさまじく湧き起った, せがんだ, その冷たい, その幻, その母, その砂原, その総督, それが, それへの, そんなお, ぞくぞくした, ぞっとした, ぞっと震え, ちぢこまって, とまりました, どうする, どこへ, どよめきを, ぬくき所, はた, はっきりと, はっとして, ぱッと, ひらかれる, ぴたりと, ぶるぶる慄, ぷんとし, ぼんやりと, まくし立てた, また暑く, また退き, むくむくと, もとの, やんだ, ゆらゆらと, アリストテレスが, クリーバーの, スピードを, ソワソワと, トランクの, ノゾき込ん, フッと, ミハイルアウエリヤヌヰチは, メキ, 一変せり, 一時退, 一策を, 一道の, 丁重な, 三十騎の, 上の, 上座から, 上機嫌らしい, 不安と, 不安を, 世話女房気取りと, 中国大陸土産を, 乱酔が, 亂る, 二人の, 二十余町も, 云ひ知れない, 人々の, 人を, 人心地を, 今朝金の, 伏せて, 低く囁かれた, 体中が, 何となく閙, 何事が, 作才を, 侵入し, 信じがたい, 信用し, 信用は, 倍加し, 健康の, 優しい顏, 元気づき, 元気付けられた, 光り出す, 全軍二万, 其の影, 再起を, 冷たい死, 凄じ, 出来て, 出雲へ, 切れて, 判定し, 刺戟した, 力が, 加はり薄き, 勇んだ, 勇氣を, 動悸を, 勘氣を, 勢ひづいた, 化粧を, 十銭と, 卒去した, 厳めしうなり, 厳重に, 又驚様, 反り身に, 取りのける, 取出した冬服, 口に, 叫ぶと, 可否の, 右近丸は, 向きなほつて, 周囲が, 味が, 和楽の, 咲き乱れる百花, 喫驚する, 嘲笑的な, 四方の, 国元から, 城内から, 増して, 墨を, 変じて, 変つて来た, 変る股, 変梃な, 夕暮らしい, 外ががや, 外界の, 多くの, 大きく膨らみのぼった, 大きな学塾, 大井夫人の, 大患を, 大混雑, 大胆不敵な, 大金持, 天が, 太くも, 奮発し, 妻を, 媒妁人と, 嬉し顔, 安心を, 安静なる, 宮一味を, 宮方へ, 家と, 家来なども, 容を, 寂然と, 富は, 寒くなりぬ, 小い, 小雨交り, 尻込みし, 山巓を, 崩れた, 嶮しくなった, 左の, 左様な, 己の, 師匠に, 平凡という, 年老いたよう, 広く打, 床の, 弓に, 引揚げの, 弱って, 強い愛憐, 強烈な, 役の, 彼星の, 彼自身の, 後悔しだした, 御史, 御料を, 心ぼ, 心付き, 心動き拾ひあげ, 心忙しく, 心臓を, 心配で, 忍足に, 快方に, 怖しくなった, 怖ろ, 思いついて, 思い出せなかった, 思い当ったよう, 思い立たれたか, 思ひ立つて, 急き立って, 急となり左右, 怨敵の, 怪塔王は, 怫然にな, 恐い眼付, 恐れたらしい, 恐ろしい豪い者, 恐ろしくなった, 恐怖が, 恐縮し, 息苦しく感じた, 悪寒と, 情熱は, 惑へる, 愁然と, 意見が, 感ぜられた, 態とらしく笑つた, 慌て出して, 憎悪の, 我頸を, 或る, 戦備を, 手の, 打ちひそめて, 打って, 抉れて, 押し寄せたよう, 拡がりしよう, 掻き晴れて, 揚った, 改まったの, 放されて, 敵に, 断ずべからざりしなるべし, 断定し, 新田勢が, 方角が, 旅に, 旗上げを, 早くなった, 早起, 昇と, 明く暖気, 明るくぞろぞろ, 明るく燃え上り, 明瞭な, 昨夜の, 景気づいた, 晴々と, 晴れ風, 暑し風邪, 暗いかげ, 暗くなつた, 暗く緩く爪先下り, 曇って, 更った, 未練な, 村, 杖を, 東京が, 株に, 楽に, 様子を, 機嫌よ, 止まった, 此度は, 此時消えた, 歩調を, 死んだと, 死亡する, 殺人を, 母に, 毒流を, 気がかりに, 気づいて, 気味が悪くなっ, 気味悪くなっ, 気色ばみ居ずまひ, 氣を, 水の, 水ン中だ, 汗が, 決定し, 沈めた, 沸いた, 沸き上がった, 沸騰し, 波立つたと, 泣き出した, 泣き声を, 泥の, 洗い落したよう, 洶湧滾, 活動し出す, 活動的な, 活火山の, 消えたので, 淋しく惨め, 深くなっ, 混雜し, 清く澄ん, 湖が, 潮滿ち, 激する, 濟ま, 火の手が, 無警察, 熱くなり, 版権侵害の, 物の, 物騒がし其響, 独逸語の, 狼狽する, 狼狽の, 現世的に, 甚しく, 生き生きと, 生活上の, 申訳らしく, 疏, 疲勞を, 病室の, 病気に, 痛み出したの, 痩せたよう, 発して, 発熱三十八度に, 皮肉な, 盛名を, 目覚めたよう, 眉深く, 真夏らしくなった, 真面目の, 真黒な, 督戦の, 知られるよう, 礼を, 私へ, 秋らしくなっ, 移るべきところ, 種々の, 空々しき辞儀, 窓の, 立ちどまった為, 立ち上つて着物の, 立ち枯れたり, 立ち止つて, 立つたん, 立体的に, 笑いだした, 笑い出しぬ, 管待や, 紅葉の, 素顔君の, 細く左右, 経験し, 緊張し, 総ての, 緩んだ, 署員の, 美服を, 老の, 老衰した, 耳立ち船, 耽味, 肌を, 肩身が, 背負わされて, 胸へ, 脚光を, 腸を, 腹立たしくなっ, 自然に対して, 興を, 良質の, 色めき立った, 色めくもの, 苛立った様子, 茂と, 荒々しい様子, 荒し山, 落ちかかって, 落魄れた, 蒲團を, 蕭殺たる, 薄暗く集っ, 虎という, 虫気に, 行を, 行李を, 衣紋を, 表面に, 襲はれた, 襲われたよう, 見えず成り給, 見付出されたその, 観察の, 言囃される, 試験の, 語調を, 警官としての, 變る, 豪くなっ, 賑かに, 赤いプラトーク, 走り出したそう, 起ち上がりぬ, 起つて, 起る一夜, 足元重げに, 踵を, 蹶起し, 身の, 身繕いした, 身震いを, 輕くす, 辺幅を, 近寄って, 迹を, 追求し, 逆上し, 途方に, 造った防塁, 進歩し, 違約を, 邸内に, 都会の, 配合せる, 重って, 重病に, 金持にでも, 銭や, 鏡子が, 開いた, 開け朗かに, 降って, 陣所を, 陸の, 険悪の, 隆昌しだした, 雄弁に, 雨の, 雷電し, 震ふこ, 面替り眼は, 革まって, 響いて, 頬っ, 頭を, 顎を, 顔など, 顔色蒼ざめて恐怖の, 風呂を, 風荒れ, 食慾を, 首だけ, 駆け戻って, 駈け歩いて, 騒々しいよう, 騒々しく聞え始め, 騒ぎが, 騒ぎ立って, 騷が, 高く品性, 高く聞え, 鬢鬚の, 魘え, 鳥の, 麓の, 黙り込んだり

▼ 俄かに~ (1354, 41.3%)

8 足を, 顔の 6 出て, 声を 5 ぞっとした, 伸し上る, 変った, 明るくなった, 松風が, 物音が, 立ちどまった, 蓮の, 風が

4 [15件] からだ, それを, 一種の, 大に, 形を, 情熱らしい, 気が, 気を, 私の, 空腹を, 薄暗くな, 言葉を, 頭が, 顔いろ, 顔を

3 [33件] お母さんの, がらんとして, がらんと空, そこに, その子供, カムパネルラの, ピタッと, 不安に, 人の, 元気が, 叫んだ, 変って, 大きい声, 大きな音, 大風が, 彼の, 思出した, 態度を, 手を, 楽な, 沈むが, 眼を, 窓の, 立ち停まった, 緊張の, 胸の, 蓋を, 赤い旗, 赤旗を, 起りて, 身を, 車の, 転き出した

2 [98件] あたりを, うしろから, うしろを, くすりと, しいんしいんと, その名声, ぞっとしました, なりぬ, ばさばさ羽, ひやりとする, またで, みんなは, よろめいて, ガランと, ピチピチ鳴り, ラクシャンの, ラクシャン第, 一人が, 両肩, 之を, 二つの, 仮面の, 何とも云, 何を, 傲然と, 元気づいた, 元気を, 其申込を, 勇気が, 動いて, 動悸が, 北の方へ, 又声, 可憐く, 善コが, 喜びの, 喜色を, 声が, 居ずまひ, 広くなった, 引っ返して, 怖ろ, 思ひ出したやう, 恐くなっ, 悪心を, 慶次郎が, 戸が, 押し寄せたよう, 振返つて, 暑氣, 暗くなった, 林の, 樂な, 武者ぞ, 気がついた, 泣き出した, 淫蕩な, 熱が, 物に, 狼狽し, 盛んに, 立ちどまって, 立って, 笑い出した, 笑顔を, 緊張した, 耳を, 胸が, 胸を, 色めいた, 荷造を, 蓋が, 西の, 見物が, 誰かが, 警戒する, 賑かに, 赤くなりました, 赧く, 足の, 路を, 身に, 身体を, 輝く, 轉き出した, 近くなつた, 進んで, 道の, 遠くから, 重く成り, 野に, 降れる夜, 陥落し, 陷落し, 顔色を, 騒ぎ立った, 驚いて, 高くなった

1 [926件 抜粋] あがって, あたふたと, あっと, あわてだして, あんまりの, いそいそする, いろいろな, うろたえて, うろたえ騒いで, おそろしくなっ, おとなしくなっ, おどろいて, おびただしい人馬, おみち, お前達に, お笑いなされ, お計らい下されたい, お鳥, かき合せさし俯向け, かれの, がらんと, きこえたので, きゃっきゃっと, ぎょっとし, ぎょっと顔色, くちびるを, くもりて, けたたましくなった, ここに, こころを, こっちを, こと惜しまれる, この世には, この文章, これも, こわくなっ, ご当家, さっと灰, さっと窓, さびしくなっ, さめた, さわぎ出した, ざあざあと降る, ざわめいた, ざわめいて, しいんとなった, しびれて, しんと, じょうちゅうが火, すきとおるよう, すツ, そこら明るく, そのわたり, その北側, その場所, その湖畔, その面目, それが, それに, そわそわと, そんな料簡, ぞっとする, たびたび跳ねあがる, ちよツと, ときめいた, とびあがって, どこからか, どよめいた, にっこりと, のっぺりと, はげしい郷愁, はげしくなった, はしゃぎ立った, はっと気, はねあがって, ぱっと顔, ひっそりと, ひどく飛び, ひどく飛びあがっ, ふえる, ほんのりと, まじめに, またむら, また呼吸, また空模様, みなぎる不平, めかし出したが, ゆがんで, ゆるんでしまつた, よろこんで, わが官能, わたしの, アーク灯の, カランと, ガヤガヤ騒い, グラつきだした, ザワついた, ザワザワし, シッカリ引き締まる, ドットと, ハタと, ハッキリ見据えました, パリで, ビリビリッと, ポカンと, ムクムクと, ヴェリチャーニノフを, 一変した, 一層暗, 一本の, 丈を, 上ッ調子に, 上下に, 上気し, 下で, 下手に, 下落した, 不安な, 不平つのり来, 不機嫌な, 世界が, 中門を, 之が, 乳いろ, 二人とも, 二階で, 云いました, 人が, 人生が, 今夜の, 仏事を, 伝法な, 低い声, 体力の, 何かに, 佗しい, 信じられない顔付, 信ずること, 信ず可, 信心者が, 修繕工事に, 停まった, 傷害沙汰が, 働かない生活, 僕等を, 元気の, 先生は, 光沢布巾の, 入口の, 公を, 共鳴した, 其能を, 冷えて, 冷たい風, 冷静と, 凍りついたよう, 出來, 刃を, 判定し, 判断しかね, 前肢で, 劉の, 加奈子の, 勃興し, 勇氣が, 動揺し出した, 包孝粛の, 半七, 半身を, 博士の, 厳粛な, 友人に, 口の, 口を, 右へ, 吐いたり, 向うの, 向うを, 向ふ, 周章狼狽し, 呶鳴る, 呼吸が, 咲き出した毒, 唸りはじめた, 啼き止んだ, 四足を, 国の, 土地の, 堪らなくゾクゾク, 墜落感が, 変ったこの, 変りその, 変わって, 変心したらしく思われた, 夕方の, 多くの, 大きい波, 大地震, 大夕立, 大熱, 大福長者に, 天地は, 夭滅し, 奇怪な, 奮い立った形, 妥協的に, 子供が, 孤独感に, 家内の, 寂しく暗くなつた, 富みて, 富有に, 寒くなつた, 寒けだって, 将軍家お, 尖鋭と, 居ずまいを, 山巓の, 帰って, 幾代か, 床を, 座を, 引き立つ場合, 引き締まりました, 引攣った, 強い勢い, 強く痛み出し, 強く痛み出した, 影を, 彼を, 御上洛, 御不快, 徹底的な, 心づいて, 心付て, 心持が, 心神悩乱し, 忙しくなつた, 忙しそう, 怒つて, 怜悧に, 思いだしたか, 思いついて, 思い付いた犯罪, 思い出したよう, 思い立って, 思はれて, 思ひだしたやう, 思立ち, 急き込みながら, 急迫した, 怪談の, 恐るべき加速度, 恐怖の, 恐怖を, 恥かしくそんな, 悩乱す, 悸える, 想い出されて, 愕きの色を, 感じたこと, 感慨に, 慌て, 憎悪と, 懇ろと, 我に, 打ち解けたよう, 打首と, 折から, 拡大された, 据え置くの, 擡頭した, 数人あり, 斉田が, 料簡を, 新鮮な, 旅支度を, 旋風の, 早くなつた, 昂奮する, 明かるく, 明るくした, 明るみに, 春めいた空, 晦く, 景気づい, 暑くなる, 暖く, 暗い心持, 暗く淋しくな, 暴風雨が, 曇って, 曇つて来た, 最初の, 月天子の, 有名と, 未練が, 本然の, 来た, 松葉いぶし, 根こぎに, 森と, 椅子を, 楢夫が, 機嫌を, 欧化した, 正気づいた, 武蔵野の, 歩き出して, 歩調を, 死なれたといふ, 死を, 殖えたという, 母の, 気おくれ, 気がついたやう, 気がついて, 気強くなり, 気色を, 水の, 永福寺に, 永遠の, 決心し, 波の, 泣き崩れて, 洲崎へ, 活気づいた, 活気づいて, 活気づく, 活溌に, 浅ましい妄念, 浪は, 浮き浮きと, 消失せ, 淋しくなれ, 淋しく人数はさ, 深切に, 温くなる, 漢文学を, 激しい, 激しくなっ, 濶く, 濶歩と, 煮え返るよう, 爛々たる, 犬を, 狂気し, 狼狽し出した, 狼狽て, 献上品を, 球が, 生々として, 生色を, 用心した, 男女合併興行を, 畑の, 疲労を, 疼き出して, 病みぬ, 病状が, 痛み出した, 痛む膝, 痩け瞼, 癪が, 発病された, 白馬は, 省作に, 眞面目臭つた顏を, 真面目臭つた顔を, 眩暈を, 眼さへ, 瞳孔を, 知れぬとて, 砲門が, 硬直し, 磯部行を, 私は, 秋らしい, 秋風が, 稽古された, 空を, 突っ立ちあがっ, 窶れたよう, 立ちすくんだ, 立上がって, 笑い出しました, 籠を, 紅潮した, 紅鷺の, 紫雲が, 緊張し, 緑いろ, 緩みから, 繁昌する, 羽を, 耳が, 耳元までも, 聴力が, 肩を, 背後より, 胸中に, 腕力の, 腹痛を, 腹立たしくなつた, 自分たちの, 自分の, 自己の, 興奮させた, 興行中止を, 舟が, 艦内の, 色めきたって, 色めき立った, 色を, 花が, 荒々しいもの, 荒々しい調子, 荒れはてた様, 荷が, 萎れだしたが, 落ちたし, 蒼くなった, 薄明るく, 薄暗くなっ, 蘇生せる, 蜃氣樓か, 融けて, 血潮の, 行方知れず, 衣を, 表の, 襟を, 西田加藤渡邊三君を, 見返った, 解放され, 言い知れぬ恐怖, 計り知ること, 討ち果し, 評議を, 變りました, 象に, 贈太政大臣, 赤い血, 赤くした, 赤味が, 赤飯を, 起き上がった, 起き直って, 足立ち, 踊り出した, 蹙まり双, 躓き仆, 身神悩乱し, 返答は, 逆流する, 途方に, 逮捕される, 進まなくなった, 遠くなっ, 遠くへ, 酔いが, 醜くな, 重らして, 重苦しい顔色, 銭使いが, 長者に, 門前が, 関東軍司令部が, 陰った, 陳述を, 階段を, 離れて, 雨風が, 露の, 青ざめながら, 青白くなり, 静まつた, 静岡に, 須利耶さまに, 頭の, 頼もしさ, 顔が, 風ふき来たりて, 風趣を, 風雨が, 飛び上って, 飛び去りぬ, 馳せ集った大軍, 騒いで, 騒ぎが, 騒ぎ出した, 騒ぎ始めたので, 騒然と, 騷ぎ出した, 驚くべき熱心, 高く笑, 鮮かな, 鳴り出し土工たち, 黒雲を, 鼻さきへ

▼ 俄~ (68, 2.1%)

4 天気で, 造りの 3 づくりの 2 仕込みの, 作りの, 天気の, 雨が, 雨に, 雨の

1 [45件] づくりであった, なる, なる雨, めくらでね, やもめで, 事ながら, 事乍らすべてお, 仕立の, 先生に, 公爵の, 分限者の, 同心こんな, 坊主か, 坊主唐瓜頭が, 大名迷ひ, 大工が, 天文学者が, 天気に, 奉行では, 孝行は, 市, 干しに, 支度に, 政務官, 旦那の, 武器に, 気違いたちまち, 浪人は, 渡来の, 白痴を, 盲人と, 石炭社員が, 立ての, 紳士風の, 繕いを, 落人とは, 製の, 覚えの, 貴族, 道化師の, 長者に, 闇屋らしかった, 隠居の, 雨, 雨で

▼ 俄~ (35, 1.1%)

2 があり, にあっ

1 [31件] か本降り, がある, がかかっ, がふり出した, が一方, が大いに, が来た, が降, が降り, でも降り出した, で谷, にうたれ, にでも出会, に傘, に出, に出逢った, に困っ, に追われた, に逃げ込む, に逢っ, に降られ, に降りこめられた, に風, のあと, のとき, のよう, の時折, の降り出した, は夢, を憂慮, を運ぶ

▼ 俄~ (28, 0.9%)

2 捕物に

1 [26件] お召しです, こととて, ことながら, ご宴, 仰せ, 光が, 光に, 出來事に, 出来事に, 喊の, 大しけこみ, 子持ちと, 御出, 手違ひ, 手違ひだし, 指圖に, 旅立, 明りで, 暑さ, 村雨の, 狼狽貸, 病気な, 訛略だ, 詮索見苦しから, 雪に, 騒ぎです

▼ 俄~ (27, 0.8%)

1 [27件] お召が, ことで, ご後悔, どよめきを, みにくい総くずれ, 人つむじの, 佐々木どのの, 停頓を, 出来心などでは, 出陣と, 動揺と, 変り方である, 変動に, 大軍は, 家捜しと, 密議が, 尊敬阿諛が, 御動座, 御病人, 御発向, 御腹痛, 新手が, 申し入れに, 砦工事を, 胸騒い, 臆病風とは, 騷ぎが

▼ 俄かの~ (18, 0.5%)

2 病で, 驚きに

1 [14件] ように, 光線, 出立を, 喜悦を, 変り方, 寒気が, 差込みで, 御病気, 復員と, 腹痛に, 調べにも, 雨に, 雪解けを, 鶴家団十郎門下の

▼ 俄~ (18, 0.5%)

1 [18件] でいい, での兇悪振り, での最も, で徒党, で見物, なぞよべる, にて見物, に住ん, に招待, の富豪, の悪漢団長アル・カポーン, の親分コロジモ, の酒, へ行き, チームを, トリビュウンの, 紐育いづ, 附近で

▼ 俄作り~ (9, 0.3%)

2 の戯奴 1 の仮, の坊さん, の掘, の熊笹, の芸者, の英雄豪傑, の詩人

▼ 俄分限~ (6, 0.2%)

1 での急, となり, に相違, の同胞, の山田, や勿体ぶる

▼ 俄~ (5, 0.2%)

3 しらえ 2 しらへの

▼ 俄づくり~ (5, 0.2%)

1 のバラック, の公式, の県会議員, の見, やつけ

▼ 俄には~ (5, 0.2%)

1 うち出し, ことばも, わかち難く, 信じない, 信ぜられなかったの

▼ 俄車掌~ (4, 0.1%)

1 がやっと, の姿, は停留所, は動揺

▼ 俄造り~ (4, 0.1%)

1 に出来上った, のかけ, の桟敷, の砲台

▼ 俄かな~ (3, 0.1%)

1 ことで, 宵闇に, 花の

▼ 俄商人~ (3, 0.1%)

1 がぞく, が筵, はカンテラ

▼ 俄かに勢~ (2, 0.1%)

1 がつい, よくなっ

▼ 俄かに電~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 俄なる~ (2, 0.1%)

1 信心の, 慘き死を

▼ 俄にも~ (2, 0.1%)

1 よろこべなかった, 信じ難い

▼ 俄~ (2, 0.1%)

1 その笑, 勿論彼

▼ 俄~ (2, 0.1%)

1 したといふ, 見せた

▼ 俄~ (2, 0.1%)

1 急デアル, 阿州家ヨリ

▼ 俄仕立て~ (2, 0.1%)

1 の友釣り, の蕎麦屋

▼ 俄分限者~ (2, 0.1%)

1 と成つた, のお

▼ 俄古あたり~ (2, 0.1%)

1 の玉, の腰抜け警察

▼ 俄~ (2, 0.1%)

1 とすれ, になり

▼ 俄~ (2, 0.1%)

2 への囃し

▼ 俄~ (2, 0.1%)

1 とそこ, と跳ね起き

▼ 俄羅斯~ (2, 0.1%)

1 にもその, の人ツルゲニエフ小説喧嘩買

▼ 俄舞台~ (2, 0.1%)

1 と桟敷, はよし

▼ 俄~ (2, 0.1%)

1 になつて, の姉妹

▼ 俄雨降り~ (2, 0.1%)

2 しくところ庭草

▼1* [84件]

かなので岩松経家は, 俄かにぞつとして, 俄かには極め難い, 俄かにも盲ひしなら, 俄かに唄をうたい出した, 俄かに家の中, 俄かに店の前, 俄かに生へた, 俄かに産の気, 俄かに用のない, 俄かに目をぎょ, 俄かに電燈が一時, 俄かに面を曇らせた, 俄始まった, 俄させ器械の, 俄つんぼのよう, 俄精氣を, 俄なうごきをひそか, 俄などに似た, 俄なはにかみ顔を, 俄にがつくりと, 俄について話した, 俄にとはむとおもひなりぬちひさき, 俄にどつと笑つた, 俄にをののく胸押, 俄めくらと見え, 俄ニ一念発起シテ外出スベク自動車ヲ命ズル, 俄ニ千軍万馬ヲ坐, 俄ニ右京ガ大病ニテ死ンダ故イロイロト世話ヲシタガ, 俄ニ山腹ヨリ烟リ相立初メシカ, 俄ニ日本古銭ヲ玩ブ人, 俄ニ自分ガ腕白盛リノ駄々ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, 俄引揚に, 俄は出来る, 俄仕入れしけものが多う, 俄仕度くなので, 俄仕立の青道心, 俄仕込にあらざる, 俄以出家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 俄信心を起す, 俄倫春族が今, 俄で浮氣, 俄分限生涯人らしきもの, 俄古から桑港まで, 俄国亡命の歌劇団, 俄国人の営める, 俄国人歌劇を興行, 俄国人男女数名来りて, 俄国歌劇一座最終の演奏, 俄坊主が殊勝, 俄大名のこと, 俄大尽のみである, 俄大尽出来星紳商山木剛造殿の御, 俄夫婦の生活, 俄寄合の席, 俄屑屋を思いついた, 俄のやう, 俄の気持, 俄成金は時に, 俄拵えに数, 俄按摩らしくなるほど, 俄探偵の口, 俄探偵二の句もでない, 俄探偵面目玉を踏みつぶし, 俄旅人の私, 俄普請としてはこんな, 俄浪人となった, 俄灸点師だもの, 俄百姓が疝痛, 俄か, 俄砲四十七粍速射砲砲門をならべ, 俄になっ, 俄芝居じみた姿態, 俄を貼つた, 俄踊等の状, 俄であろうか, 俄雇いの人夫, 俄雨くらゐには, 俄雨アリと云った, 俄雨ガ去ッタ後空ガ, 俄雨午後は曇天, 俄頃復活或人云是, 俄が吹き起っ, 俄高大學の聘