青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊東~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~仲間 仲間~ ~件 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 任務~ 伊~ 伊勢~
伊東~
伊藤~ 伊豆~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~

「伊東~」 1028, 10ppm, 10502位

▼ 伊東~ (125, 12.2%)

2 地へ, 屍骸を, 消防は, 生れで, 町が, 町に

1 [113件] ことは, ために, ところへ, ほうへ, やうな, ような, アベックは, アユが, ステーションだ, トバ口ンと, パンパン街が, パンパン街へ, ポンプが, 一族で, 二ツの, 人々の, 人から, 代わりに, 伊東祐親と, 住人尾崎士郎先生いったい, 住人尾崎士郎先生訪客に, 何倍も, 先の, 入道が, 冬は, 冬を, 別荘からの, 別荘で, 別荘と, 別荘などと, 別荘に, 別荘の, 別荘へ, 別荘も, 半箇年は, 四周の, 地に, 声で, 声に, 女房の, 宛先の, 家と, 家などは, 家は, 家名も, 家名を, 家従である, 家柄は, 宿には, 宿へ, 帰りだ, 後を, 得意で, 得意と, 指紋も, 放言には, 数人の, 方で, 方に, 方へ, 旅館に, 旧い友人宝沢, 暖香園へ, 材料で, 残党の, 殺人事件の, 水揚げは, 津浪, 海には, 海は, 消防が, 温泉しぶきに, 温泉と, 温泉へ, 温泉地へ, 温泉地帯も, 温泉療養所に, 温泉療養所の, 游泳術は, 漁師には, 漁師の, 漁師街では, 玖須美の, 瓶山という, 生れでない, 町, 町には, 町は, 町はずれまで, 町伊豆の, 目の, 眥が, 紺サージの, 繁栄が, 耳に, 肝臓先生という, 花街にて, 芸者の, 街, 親類だ, 話しに, 話では, 豪族で, 辰姫か, 辰姫を, 音無川は, 頭が, 頭の, 風土病だろう, 駅に, 駅へ, 駅員も, PTAの

▼ 伊東~ (60, 5.8%)

1 [60件] いつに, いはゆる, かねがね宝沢, すぐ行っ, その前, その晩, その朝, それも, それを, そんなこと, びっくりした, みちみち菜の花, もと鈴木大蔵, ドンチャン騒ぎの, 下の, 乾いたよう, 伊豆の, 元来山地である, 全然諒解, 刀を, 別天地だ, 南国だ, 同じ室, 吐き出すよう, 四角な, 大きな声, 大将な, 宝沢の, 家賃が, 対等には, 小さな岬, 岩に, 川奈の, 市では, 年に, 弾かれたよう, 彼を, 急に, 愛する懐かしい, 手早く処理, 晴れた空, 暖いと, 朝の, 松林に, 汽車も, 海山の, 満ちきった気分, 特別に, 犯人じゃ, 着座には, 祐親の, 考え考え答えた, 聞いて, 自分の, 苛, 観衆が, 返事の, 部屋を, 酒癖の, 頭も

▼ 伊東~ (55, 5.4%)

5 きて 2 向けて, 行くの, 遊びに

1 [44件] お越しに, きてからは, くる車中, ついた翌日, ついて, つく, つとめ先, つれて, やって, ロケとか, 一里ばかりの, 交渉する, 伺ひたいが, 使を, 來る, 出る間道, 出発する, 出発の, 同行した, 向へとの, 引越して, 戻った, 持つて, 来た日, 来て, 来るかと, 来るよう, 来る前, 死にに, 疎開し, 着いた, 着くの, 行きませうねと, 行くから, 行くこと, 行く機会, 行く準備, 行けば, 行こうと, 行って, 見えて, 越す山, 辿る二人, 逃げ帰った

▼ 伊東伴作~ (50, 4.9%)

3 は考へた 2 が蕗子, に女, の方, はその

1 [39件] がやや, が本気, と蕗子, には一つ一つ, には判らなかつた, に言, に頼んだ, のもと, の予期, の仇心, の内, の悒鬱, の気, の気持, の知らない, の脳裡, の言葉, の記憶, の頭, はま, はダンスホール, は一時本気, は吃驚, は嫉妬, は心, は怖, は思はず, は悒鬱, は益々, は簡単, は紅庵, は腹, は蕗子, は親代々, は面喰, は驚く, は鸚鵡返し, も幾分, をつかまへ

▼ 伊東~ (44, 4.3%)

3 住んで 2 来て

1 [39件] いたころ, いたるを, いったんだい, いらしつて, こもって, ヒロポン屋という, 会って, 住む故, 住む私, 何う, 別荘を, 嫁を, 安い宿屋, 小菴, 居た時分, 居た頃, 居って, 年を, 敵が, 於ける療養中, 於て, 残して, 流した, 温泉博物館と, 滞在し, 留まること, 盃を, 着いた, 置いて, 自噴の, 至る十一, 落着い, 落着く, 親戚の, 訊くと, 貸したか, 転地し, 送られ移植, 遅れずに

▼ 伊東七十郎~ (38, 3.7%)

2 であった, という顔ぶれ

1 [34件] がそう, がそれ, がにやっと, がはいっ, が上方, が斬罪, が来, が酒, が顔, だ, だという, だまさか, でございます, です, ですからね, という者, とその, と里見, と里見十左衛門, に見られ, のほか, の声, の手引き, はごまかせません, は二三日うち, は云った, は伊達, は新左衛門, は歩き, は浪人, は甲斐, は着, まで怒らせた, も指摘

▼ 伊東~ (32, 3.1%)

1 [32件] が, がかういつ, が人物画, が単なる, が立派, が観, が風俗画家, なの, のこの, の人間性, の作品, の古邸, の場合, の将来, の少年時代, の愛情, の所謂美人画, の滅亡, の経歴, の美人画, の苦労話, の請, はその, はよく, はジャナリズム, は四十歳, は好ん, は改易, は日本画, は轉業, をロマンチスト, を冒し

▼ 伊東さん~ (27, 2.6%)

2 がやつ

1 [25件] がやっと, が一度, が出られ, が約, が自転車, が送つ, だけでしょう, ですか, というカフェー, とアイビキ, にはふられる, に手紙, に渡し, のお嬢さん, の事, の便所, の文句, はコオリ, はヤキモチ焼, もおんなじ, もどう, や, や和平どん, よりは和平どん, を送

▼ 伊東~ (24, 2.3%)

1 [24件] このよう, この町, さ, なにを, やる, 一味同志, 中学生に, 二度目に, 出て, 分離した, 千二百両かけた, 大義名分に, 宝沢と, 引止めたが, 手飼いの, 来たので, 来て, 牛耳を, 立って, 興奮した, 芹沢と, 言うこと, 近藤の, 顔を

▼ 伊東~ (20, 1.9%)

1 [20件] そのこと, また後手, 一二を, 仕事を, 休憩カツレツを, 保養し, 八畳六畳四畳半という, 切らなきゃならないから, 前に, 寂しい思, 寝て, 強盗なぞとは, 火葬に, 病後の, 病気を, 療養を, 税務署の, 見聞した, 静養する, 静養を

▼ 伊東~ (20, 1.9%)

2 を再興

1 [18件] から行列, などいふ, においても安閑, に保存, に於, に着い, に関聯, のボート, の一族, の人, の内部, の家老, の手, の老臣, は御, へ到着, を訪れ, を逐うた

▼ 伊東~ (19, 1.8%)

3 連れて

1 [16件] はじめ高台寺の, 中心に, 出発し, 取囲んで, 叱ったり, 呼び出して, 店先に, 彼は, 案内し, 殺したの, 発つ日, 盟主と, 継がせようという, 罵る声, 誘殺した, 越して

▼ 伊東甲子太郎~ (18, 1.8%)

1 [18件] がせっかく, が出来上った, が最も, が殺され, が肩, だよ, という男, なの, に向っ, の一派, の残党, の胸中, はこう, はこれ, はこんな, も以前, を送っ, を首領

▼ 伊東新左衛門~ (17, 1.7%)

2 が危篤, という人, の養子

1 [11件] が出府, が坐っ, その人, という館主, の住居, の厄介者, の病状, の義理, は桃生郡小野, は青根, は高野兵衛

▼ 伊東から~ (16, 1.6%)

1 [16件] ここへ, すでにヤジウマ, わざわざ見物, 下田行の, 來て, 又下田行, 四方へ, 大仁へ, 大島行の, 戻ったらまいれ誓紙, 招きが, 望見した, 歩きだしたの, 諭されたので, 迎へに, 運ぶの

▼ 伊東深水氏~ (16, 1.6%)

1 [16件] がある, がその, が幼少, だけがやつ, の, の作品, の作画上, の場合, の生, の画業, の考へ, は世間的, は大家, は鏡獅子, もまた, を語る

▼ 伊東~ (16, 1.6%)

2 の刑事部長

1 [14件] からの報告, から連絡, で打ち合せ, の丸山捜査主任, の刑事, の報告, の捜査主任室, の捜査本部, の調べ室, の連絡係, へひき揚げ, へ来, へ留置, へ行く

▼ 伊東~ (15, 1.5%)

1 [15件] お玉とは, ハマムラで, 三ノ宮バーまで, 別府三ツの, 半々の, 同じく微風, 大同小異で, 宝沢は, 斎藤とは, 熱海の, 薩州の, 行って, 話しながら, 話中早川は, 道子も

▼ 伊東~ (15, 1.5%)

2 に手紙

1 [13件] からその他, からも国森君, が笑った, に, にあて, に対しても同様, のお客, の宅, の家庭, の生活, また同誌, も理屈, を見送る

▼ 伊東~ (15, 1.5%)

1 [15件] だったの, でこれ以上チッポケ, ではロク, でも目下, という温泉都市, に起った, のちょうど, のどこ, のみの風土病, の半分, の新聞, の街路, は一切, は不思議, は温泉町

▼ 伊東温泉~ (13, 1.3%)

2 に住ん

1 [11件] さ, で療養, などは物の数, には海, に三浦按針祭, に行, の六箇月, の半年, の地下鉄寮, の日蓮宗, の松川

▼ 伊東巳代治男~ (11, 1.1%)

2 あり, あり之, の如き, を外務大臣候補者, 及び星亨氏 1 の手

▼ 伊東どの~ (10, 1.0%)

1 がおとなしく, が国老, が滅亡, どうかした, の在所, はこう, はそう, はなにか, へまいらなけれ, をまったく

▼ 伊東~ (10, 1.0%)

1 あぐねて, その前, それは, それを, 五十嵐も, 出府した, 振返って, 木像を, 自分の, 観光祭

▼ 伊東博士~ (10, 1.0%)

21 が一昨年ここ, が撮影, が此, が記され, の法隆寺, の熱心, の雲岡, は之

▼ 伊東~ (9, 0.9%)

2 の汽船 1 に乗車, の列車中, の普通列車, の望み, の汽車, の湘南電車, は丁度

▼ 伊東頼母~ (9, 0.9%)

2 であった, と申し 1 がこの, はそう, は足, を恋, を返り討ち

▼ 伊東さま~ (8, 0.8%)

1 からうかがいました, が, が仰し, はあなた, は一昨日, もむずかしい, らしいこと, を御

▼ 伊東まで~ (8, 0.8%)

1 そこで又, やって来たの, 來た, 南下する, 来て, 流れたこと, 相当ある, 行く思

▼ 伊東十兵衛~ (7, 0.7%)

1 あわてて, がなにか, では, は予期, は袴, もわたされた, もスワ

▼ 伊東~ (7, 0.7%)

1 で原稿用紙, で買っ, の側, の六階, の昔, へ寄る, へ行き

▼ 伊東祐親~ (7, 0.7%)

1 と北条, の墓, の娘八重子, の息女, の慾心, の父子, は祐経

▼ 伊東義益~ (6, 0.6%)

1 が一族, といい, という男, の子, の甥, の甥伊東アンシオ

▼ 伊東には~ (5, 0.5%)

1 チッポケな, 何人いる, 売家も, 川奈に, 手ごろの

▼ 伊東~ (5, 0.5%)

1 で本立て, へよっ, へ行く, へ行っ, 近藤とも

▼ 伊東参龍~ (5, 0.5%)

1 の始末, の見分けた, はこの, を殺した, 両先生

▼ 伊東では~ (4, 0.4%)

1 ない, 漁師の, 畑の, 風教上よろしく

▼ 伊東という~ (4, 0.4%)

1 ところは, 平和な, 游泳を, 男そんなに

▼ 伊東一族~ (4, 0.4%)

1 に加えられた, に対する裁決, の過酷, を亡ぼした

▼ 伊東入道~ (4, 0.4%)

1 からそっと, に意中, の兵, の女八重姫

▼ 伊東~ (4, 0.4%)

2 右衛門を 1 右衛門が, 右衞門は

▼ 伊東參龍~ (4, 0.4%)

1 の始末, の見分けた, はこの, を殺した

▼ 伊東忠太~ (4, 0.4%)

1 であ, といふ一つ, の三氏, の時事漫画

▼ 伊東温泉療養所~ (4, 0.4%)

1 に入院中, に限ります, の同僚, へ問い

▼ 伊東甚三郎~ (4, 0.4%)

1 といい負けず劣らず, と相対, のところ, の三人

▼ 伊東祐親入道~ (4, 0.4%)

2 のむす 1 の兵, の到着

▼ 伊東~ (4, 0.4%)

2 を連れ 1 が吉本, は柳

▼ 伊東行き~ (4, 0.4%)

2 の列車 1 のきまった, をすゝめ

▼ 伊東采女~ (4, 0.4%)

1 のまえ, の家老, は寛文三年, は重定

▼ 伊東中尉~ (3, 0.3%)

1 が八羽, はセルロイド製, は話された

▼ 伊東忠太氏~ (3, 0.3%)

1 が漫画, の応接間, へ

▼ 伊東~ (3, 0.3%)

1 から北西, では多数, に大川某

▼ 伊東胡蝶園~ (3, 0.3%)

1 で俳優花柳方面, の祖父伊東玄朴, もここ

▼ 伊東さんそれ~ (2, 0.2%)

1 じゃお前, じゃア結婚

▼ 伊東だけ~ (2, 0.2%)

1 だった, でした

▼ 伊東アンシオ~ (2, 0.2%)

1 と申します, の名

▼ 伊東七十郎どの~ (2, 0.2%)

1 がお, が死罪

▼ 伊東上空~ (2, 0.2%)

1 をとん, を飛行機

▼ 伊東~ (2, 0.2%)

2 治男は

▼ 伊東入道祐親~ (2, 0.2%)

1 から山木兼隆, も手勢

▼ 伊東出雲~ (2, 0.2%)

1 とて少し, にきく

▼ 伊東巳代治~ (2, 0.2%)

1 の君, を率

▼ 伊東巳代治末松謙澄金子堅太郎~ (2, 0.2%)

2 の二三

▼ 伊東巳代治男等~ (2, 0.2%)

1 が自由党, が自由黨

▼ 伊東市民~ (2, 0.2%)

1 に限らない, の大半

▼ 伊東忠太博士~ (2, 0.2%)

1 が指摘, の意見

▼ 伊東橋塘氏~ (2, 0.2%)

1 が暴漢, である

▼ 伊東玄朴~ (2, 0.2%)

1 の門人, は蘭書

▼ 伊東~ (2, 0.2%)

1 広などの, 広肥後八代

▼ 伊東祐勝~ (2, 0.2%)

1 であった, とする

▼ 伊東頼母様~ (2, 0.2%)

1 と仰せ, と仰せられる

▼ 伊東~ (2, 0.2%)

1 のホーム, へ

▼1* [154件]

伊東あたりが背後, 伊東お待ちよ今, 伊東からの帰り路です, 伊東からは二時間橘丸だ, 伊東からも火の手が, 伊東きってのホンモノ, 伊東くんだりへ出向い, 伊東まったら, 伊東さま里見さまのお, 伊東その他へ移住, 伊東よ伊東甲子太郎, 伊東だけでも去年の, 伊東だったか, 伊東ですら一匹の, 伊東での療養生活という, 伊東でも訊問しよう, 伊東とかレッキと, 伊東とのこと, 伊東とは少なくも一年, 伊東とも友達の, 伊東のである, 伊東などホク, 伊東などの東国の, 伊東などは漁場の, 伊東なにがしのこと, 伊東にも外の, 伊東のという, 伊東まちがっていたら, 伊東まつざかへ行く, 伊東までは全然ダメ, 伊東みやげのきれい, 伊東やに欲しいブックエンド一対, 伊東やにてある, 伊東病児を, 伊東より北, 伊東とこの, 伊東カムロ氏の長い, 伊東ゴルフ場のクラブ, 伊東ゼローム以下生徒たちは校庭, 伊東ゼローム殿です, 伊東介, 伊東マシヤス小市レオ北喜左衛門等は斬首, 伊東ヶ崎の洞窟, 伊東一人を殺した, 伊東一刀流の流れ, 伊東七十郎らが甲斐, 伊東七十郎一族の処刑, 伊東七十郎十左どの蜂谷六左衛門どの, 伊東七十郎後藤孫兵衛真山刑部という顔ぶれ, 伊東下田の外洋, 伊東下田行が出かかっ, 伊東之右衛門という, 伊東中尉加島医師森山特派員のいつも, 伊東二郎祐親の軍勢, 伊東五十嵐のいる, 伊東五十嵐望月三人のうち, 伊東五十嵐望月常と四人, 伊東以下がここ, 伊東俊さんに邂逅, 伊東修善寺湯ヶ島の温泉, 伊東修善寺熱海伊豆山をはじめ, 伊東先生は如何なる, 伊東八兵衛という水戸侯, 伊東六十次郎君の歴史観, 伊東利蔵重村は隠居, 伊東司狩野七郎宇佐美摂津, 伊東太夫の, 伊東十兵衛どのが源氏閣, 伊東十兵衛言下に立ちかけた, 伊東參龍兩先生が殺された, 伊東及び熱海の, 伊東周辺の山々, 伊東在住の文士, 伊東圭一郎氏の著, 伊東大典医は冲斎玄樸, 伊東大典医伺に罷出, 伊東とで行き, 伊東季藏峰旗良充, 伊東宗休は切腹, 伊東家再興という問題, 伊東局長が勢力扶植, 伊東岩佐らの侍医, 伊東岳泥股山などの大山高岳, 伊東左右太と, 伊東市中を自動車, 伊東市署からのもの, 伊東市鎌田の療養所, 伊東忠右衛門の忰, 伊東忠右衛門一族に示せよ, 伊東忠太博士池田成彬後藤新平平田東助等の青年時代, 伊東忠太君はその, 伊東助事務長, 伊東憲氏の, 伊東支局へ電話, 伊東斜酣と石毛, 伊東新左衛門どのがお, 伊東新左衛門どの危篤という使者, 伊東新左衛門ひとりに誓紙, 伊東昌春林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 伊東春子という女給, 伊東望月の訊問, 伊東末松両男, 伊東末松兩男の如き, 伊東村大字岡の条, 伊東松雄が僕, 伊東とかいった, 伊東橋塘花笠文京等明治十四五年頃の小説, 伊東氏再興の可否, 伊東水練場の助, 伊東河越工藤なども陣, 伊東海岸につたえた, 伊東海軍大將, 伊東深水さんの, 伊東深水氏伊藤熹朔氏など入院, 伊東深水氏大仏次郎氏伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, 伊東火葬場の棺前, 伊東熱海のリンタク車夫, 伊東熱海間を往復, 伊東燕陵がでた, 伊東玄朴松平三河守慶倫家来遠田澄庵松平駿河守勝道家来青木春岱に奥医師, 伊東産ブタノールという奴, 伊東甲子太郎ひとりだけです, 伊東甲子太郎一派抗争の血雨, 伊東甲子太郎先生が斬られ, 伊東甲子太郎様が何者, 伊東町大字岡などはその, 伊東療養所をたぐらせ, 伊東発塔之沢福住, 伊東真鶴石橋山また箱根一つ向う, 伊東祐持や三浦, 伊東祐時稲葉一鉄氏家行広などが属し, 伊東祐益を以て代えた, 伊東祐益大村純忠の甥, 伊東の市街散在, 伊東精一に就い, 伊東紀州の浜中, 伊東義祐が島津義久, 伊東自身にもその, 伊東行き温泉特急はフル, 伊東行三等に乗る, 伊東を御存知, 伊東ひ新道, 伊東通い新道のあの, 伊東の代り, 伊東配下御陵衛士隊の錚, 伊東釆女が事, 伊東静雄の詩集, 伊東靜雄神保光太郎伊藤信吉津村信夫田中克己阪本越郎立原道造などの若い, 伊東頼母めを返り討ち, 伊東頼母先夜は府中武蔵屋, 伊東頼母先夜父の敵五味左門, 伊東頼母殿か拙者, 伊東頼母氏か, 伊東駅熱海で沼津