青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~仲 仲~ ~仲間 仲間~ ~件 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 任務~
伊~
伊勢~ 伊東~ 伊藤~ 伊豆~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ ~休み 休み~

「伊~」 2481, 25ppm, 4739位

▼ 伊太夫~ (326, 13.1%)

6 の家 5 に向っ, の頭, はそれ 4 の心, はこの 3 の娘, の座敷, の方, の船, は

2 [17件] がこの, が与八, が家, というの, に頼ん, のため, のところ, の大船, の後妻, の死骸, の眼, の身上, はいよいよ, はお, はこんな, は伊太夫, もさすが

1 [248件] お角さん, からそう, からたずねられ, からたより, から冷かされた, から招かれた, から来た, から選ばれ, が, がお前, がこう, がここ, がこんなに, がしきりに, がすんなり, がそこ, がその, がたずね, がちょっと, がはっと, がまた, がまたも, がやって来, がようやく, がホッ, が一人足, が上方見物, が不憫, が二人, が今度, が今晩避難, が何, が何と, が全く, が叱った, が合点, が命令, が唸りました, が大津, が尊信, が小町庵, が床, が引連れ, が怒っ, が思い当る, が思わず, が手ずから, が承知, が断わっ, が旅, が旅立ち, が案内, が甲州, が立, が蛇の目, が見つめる, が覚りました, が言葉, が遥か, が頑固, ここだここ, さえも一時, その人, だと, でありました, であります, であるという, でさえ騒々し, でその, というもの, とお, とかいう名前, とかいう浪人, としての貫禄, としてはそれ, としてもかり, として自分, とその, ともある, と女興行師, と旅川, と親しく, にとってはそれ, にとっては不思議, にとっては今日, にとっては無上, にはながめられる, には執事, には相当, にも相当, に会い, に会っ, に会わせ, に光悦屋敷, に向い, に吹聴, に大きな, に対して資本主, に急, に招かれた, に案内, に申し出る, に講釈, に近く, に面会, に飛びかかる, のこと, のこの, のその, の一, の一行, の傍, の傍ら, の前, の取り得, の周囲, の命令, の喜び, の大丸船, の家来, の宿, の富, の屋敷, の従者, の心持, の怖, の意, の手許, の持てる, の枕許, の独り子, の生活, の発意, の知った, の立場, の老, の脳膜, の苦い, の袖の下, の見せられ, の見た, の許, の話し出す, の調子, の財産, の財産額, の身辺, の部屋, の金力, の鑑賞力, の雇人, の顔, の顔色, の髑髏, の黙認, はいや, はうなずい, はかまいません, はこう, はこのごろ, はしかるべき, はすなわち, はそういう, はその, はそれでも, はちょっと, はついに, はついに全く, はつくづく, はどうか, はなお, はなんとも, ははじめて, はまた, は一人, は一向, は与八, は他, は他家, は供養, は傍, は充分, は六十, は冷かす, は動ぜぬ, は午ごろ, は厩, は只事, は変人, は夢, は宿, は小坊主, は市五郎, は情けない, は慢心和尚, は折れ, は抱え, は拙者, は是非, は最も, は果して, は泣い, は片腕, は相当, は真剣, は眼, は箱, は絶えず, は絶望, は考え, は自問自答式, は自身, は苦い, は観念, は言葉, は記憶, は軽く, は陰密, は頭, へは丁寧, へ来た, へ話, へ頼ん, もあたり, もこの, もなんだか, もなんとなく, ももとより, も一応, も命令, も旨, も狂気, も眼鏡, も立派, も自分, をこれから, をたんのう, を喜ばす, を居合, を座, を当の, を御前様, を悩まさね, を招, を見送っ, を関ヶ原, 濁った眼, 第一

▼ 伊右衛門~ (229, 9.2%)

9 はそれ 6 はお, は刀 4 の前, はしかた 3 の家, は其の, は喜兵衛

2 [15件] が伝え, とて毒蛇, と申す, と直, のこと, の留守, はあわて, はその, ははっと, はまだ, は又, は斯, は飛びあがった, は驚い, は驚いた

1 [161件] から乱心, が入っ, が内職, が博奕, が容貌, が帰らない, が或, が来た, が死ん, が父源四郎, が裃, が追いすがっ, が進み出, が驚いた, じゃまあ, だと, であった, です, でなくても, というの, という侍, という老人, とお, とほか, と云う, と云う摂, と唱え, と弥兵衛, と書い, と言, など最も, ならぬ良人, にそれ, には興味, にやる, に一つ, に云いつけ, に加担, に同情, に復讐, に悽愴, に扮, に散ざん, に鉄砲同心, に飛びかかっ, のため, のよう, の二人, の体, の再生, の刀, の台詞, の娘, の帰らない, の心境, の所在, の手, の持ち出し, の揮っ, の朋輩今井仁右衛門, の母親, の苦衷, の道楽, の顔, はいきなり, はうやうやしかっ, はうれし, はうろたえ, はかん, はきっと, はこの, はさすが, はさっさと, はじろりと, はすばやく, はそう, はそこで, はそれから, はそろそろ, はにがにがしい, はにやりと, はにんまり, はひどく, はびっくり, はふう, はふと, はふるえあがった, はますます, はまず, はまた, はやがて, はやけに, はわっ, は一方, は上, は上げ, は不思議, は与, は二千六百石, は云った, は五, は今夜喜兵衛, は何だか, は傍, は傑作, は八百蔵さん, は初め, は却って, は同じ, は女房, は娘, は小平, は屏風, は帰っ, は度胸, は引き上げた, は恐ろしい, は悪女, は惨, は手先, は此処, は江戸者, は男, は町, は直, は直ぐ, は眼, は秋山長兵衛, は給仕, は美男, は肩, は興味, は舌打ち, は芝居がかり, は行燈, は訳, は調子, は貼りかけ, は途中, は邪気, は長兵衛, は頷いた, は頸, は顔, は駈けよった, は高尚, も信じ, も畳, も酒, も首, も驚くだろう, や直助, をする, を呼ん, を大事, を恨む, を演ぜしめ, を見た, を見つけた, 待て, 思わず仰天

▼ 伊~ (171, 6.9%)

5 の旦那 4 との間 3 との話, にその, に逢, の前, の土地, の心事, は默つて

2 [13件] が云, にした, に向, のこと, の人間, の方, の田圃, の考, の表情, の變化, は氣, は駿介, を見た

1 [115件] からいきなり, から借り, から確定的, がこんなに, がただ, が一昨日, が一言, が何, が所用, が探る, が産業組合, が考へ直し, が連れ, が餘, だつて, だつて土地, であつ, といふ人物, といふ個人, とちら, との事, との問題, との面會, とはもうすつかり, と懇意, なん, にある, にし, にも亦, に懇請, に掛け合う, に會, に較べ, に遠慮, に願, に駿介, のさう, のみならず, のやう, の今, の他, の倉庫, の名, の家, の小作地, の差配, の差配沼波, の弱腰, の性格, の恩惠, の所, の手, の手許, の指示, の本意, の氣持, の求める, の決定的, の白い, の盃, の眼, の矛盾, の硬, の腹, の腹立ち, の言葉, の言葉一つ, の邸, の邸宅, の頭, の顏, はええ, はかういふ, はこの, はさ, はさつき駿介, はせかせか, はほんとう, はまたじ, はわざとらしくいい, は云, は今度, は何とも, は前, は小作人, は少し, は平然, は年齡, は徐ろ, は折れ, は本妻, は段々, は毎日晝, は氣持, は留守, は當然沼波, は皆, は矢張留守, は空とぼけた, は答, は續, は苦り切つた, は訝し, は買つたの, は買つて, は遂に, は難物ぢ, への紹介, も遂に, よりは小さな, をし, を對照的, を見下す, を説得, を遣り込める

▼ 伊~ (104, 4.2%)

4 の眼 3 と劉子 2 が明子, のアトリエ, の方, の肉体, はその, は劉子, は彼女, は思

1 [81件] から聽, がお勝手, が別, が劉子, が単独, が愚か, が描いた, が結婚, が縛られました, が許され, である, でもやられた, といふん, としては其処, と向, と話し, にとつ, にはその, にはそれ, によつて頸, に全く, に口, に愛された, に紹介, に言, に訊い, に起つた, に逢つた時, に逢つて, に関するもの, のそれ, のやう, の名, の外, の妬み, の強, の情婦たち, の愛し, の手, の本, の沈黙, の空, の腕, の證言, の身許親許, の長椅子, の飜訳, はこの, はそこ, ははつ, はむつつり, は不調和, は全く, は別に, は外苑, は実に, は少女, は幾分, は強い, は心, は感じた, は新しい, は明子, は次第に, は止む, は画家, は真白, は知らず知らず, は自ら, は見た, は見つ, は野蛮, は鋭い, は飛んだ, もそんな, をまとも, を中心, を奪, を戸迷, を混乱, を訪問

▼ 伊~ (88, 3.5%)

3 は九太 2 がうつっ, の心, の胸, は, を送っ

1 [75件] が本気, が物, で壁, には伊代, には好都合, には父親, には結局, には計画的, に一切未練, に向っ, に見せた, のなりふり, のパナマ帽子, の円い, の前, の店, の後, の悪戯そう, の意志, の手, の方, の気持ち, の泣声, の独り住い, の眼, の眼の, の肉体, の胸算, の見えない, の誤算, の身心, はこの, はこれ, はこれら, はそう, はその, はとっさ, はド, はマネキン, は九, は乱暴, は仕事, は他意, は伊代, は何, は出窓, は化粧, は十九歳, は只, は合, は夢, は寝, は小首, は幣舞橋, は早くから, は枕, は桃, は歩き, は泣き声, は浅草時代, は男, は眼, は綺麗, は腹立ちまぎれ, は街, は躯中, は銀座裏, は飽きず, は黙っ, へ見せた, を, を慰め, を慰める, を見た, を識

▼ 伊~ (75, 3.0%)

18 吉の 9 吉に, 吉は 8 吉が 3 吉と, 吉という 2 吉も, 吉を

1 [21件] さんと, はんは, 勘八半次源三なんかが, 吉, 吉さんで, 吉その他大, 吉といふ, 吉とは, 吉には, 吉はじめ各, 吉より, 吉君の, 吉宅に, 吉宅まで, 吉方からは, 吉方には, 吉方へ, 君の, 松といふ, 松には, 松の

▼ 伊~ (63, 2.5%)

2 の手, はすぐ, はまだ, は義弟

1 [55件] が, がふた, が実家, とのなかだち, と共にかれ, にはそれ, には父, にも席, に婿, のねがいだった, のやく, の実家, の父八郎右衛門, の蒼ざめた頬, の言葉, はあ, はあと, はいきいき, はうち, はうなずき, はかえって, はかたく, はかなしげに, はけんめい, はこみあげ, はさっと, はしっかり, はそっと, はそば, はそれ, はなぜ, はひたと, はひところ自分, はふたり, はまったく, はやっぱり, は不安げ, は十七歳, は口, は夜仕事, は姑, は心, は昼, は泣かなかった, は父, は病床, は良人, は襷, は黙っ, への婿, もその, も手, も膝, よりひとつ下, をその

▼ 伊~ (46, 1.9%)

5 の國 4 の松山, の湯 3 の二名, の熟田津 2 の今治, の別

1 [23件] からの交通, だ, だけである, である, では古く, とのみである, との交通, と阿波, に傳道, に巡錫, に左遷, に淨土宗, に越智氏, のあ, の佐田岬, の方, の方面, の温湯, の藤, は勿論, は西南, より出で, を中心

▼ 伊~ (44, 1.8%)

6 の声 3 の顔 2 からだった, ではない, のほう, の人生, をご, を探し

1 [23件] が巴里, である, といふ博勞, にそのまま, にちっとも, のいた, の嘆息, の宿, の拾う, の生れ, の発議, の考, の處, の話, はいた, へも手紙, へ談, をうむ, をかばいだしたら, を庇いだす, を生む, を知っ, を知つて

▼ 伊四郎~ (37, 1.5%)

1 [37件] がまず, が見た, が駈け付けた, といい, という弟, という御, という者, と此, のところ, のひそん, の告別式, はおどろかされた, はここ, はその, はそれ, はそれぎり何処, はともかく, はなるべく, はもう, はもちろん, はもろもろ, は一心に, は一時, は偶然, は再び, は初めて, は取りあえず, は実に, は快く, は断っ, は濡れた, は足袋, は龍, もまず, も又, も思い切っ, 又作

▼ 伊三松~ (35, 1.4%)

4 の家

2 [11件] が飛ん, と交, の十手, の忿怒, の船, はまだ, は説明, は飛ん, は鼻, も喉, を劬め

1 が留守, その妹, とは知らなかった, とは知らなかつた, は躍起, は酔, は醉, も酔眼矇朧, も醉眼朦朧

▼ 伊~ (33, 1.3%)

1 [33件] ごとき料理国, たのもしい背中, はん, はん私も, ような, 一部蜂屋頼隆の, 三ヵ国は, 乱等の, 二箇国語を, 伊吉は, 全体主義と, 動員解除を, 協定調印成れり, 口調は, 各国別の, 各國, 四國と共に, 四國語に, 四箇国語の, 国境に, 国境には, 国境マントンに, 国民との, 字が, 山々は, 山である, 山を, 左利きを, 心掛けが, 政策の, 文芸が, 通俗楽に, 鞭は

▼ 伊兵衞~ (32, 1.3%)

2 と云, と申す

1 [28件] が出, が参り, が折, というもの, という固い, という番頭, といふ者, と申します, なりとて, に向い, の兩人, の妻, はそれでも, は人並, は權高, は牢, は質屋, も安兵衞, も怖い, も悦びまし, や彼方, や机, や灯火, を始め私, を差置科, を殺害, を見, 思ふは

▼ 伊之さん~ (29, 1.2%)

3 の病気 2 の事, の処, の字

1 [20件] が連れ, と, とは迚, と可, と花魁, のこと, のよう, の気に入らん, の胤, の顔, は男, は相, は親, は赤ん坊, ばかりが男, も侍, も堀切, よりも上手, よりも上手ぢ, を巳

▼ 伊耶那岐~ (28, 1.1%)

18 の命 2 の命詔, の大御神, の大神, の神 1 の命伊耶那美, の命大

▼ 伊東男~ (25, 1.0%)

2 が閣下, と感情上, に至, に謀らず, の二人, の平生敵視, の新, は尚, は最初, は近頃漸く 1 との関係一変, との關係一變, に惑乱, に惑亂, に移った

▼ 伊耶那美~ (25, 1.0%)

19 の命 4 の神 1 の命のりたまはく, の命答

▼ 伊皿子~ (24, 1.0%)

2 の山の手, の荒物屋

1 [20件] かけて, とやらのお, の, のお, の仙太, の仙太郎, の仙太郎親方, の化物屋敷, の家, の寺, の杉崎先生, の某, の親分, の長, へ声楽, へ帰っ, までは行きますまい, まで一時間, まで往復, を引き払っ

▼ 伊留満~ (20, 0.8%)

3 の一人

1 [17件] がしきりに, が自分, に化けた, に迫る, のなり, の住ん, の冗談, の姿, の首, はこれ, はちよい, はふりむいた, はもとより, は帽子, へ声, も寝し, 忽ち隠し持ちたる

▼ 伊~ (20, 0.8%)

2 のことば

1 [18件] からの交渉, から迎えさせ, がたずね, がちょうど, が先, が来, が玄徳, が説く, すら色, であった, ならば, に諮っ, はかさね, は倉皇, は荊州, は蔡夫人, は親しい, は遠く

▼ 伊左衞門~ (19, 0.8%)

1 [19件] がまだ, が住ん, が手, が殺されました, ではありません, とお里, とかいうよう, なぞは師走, には伊太郎, の新妻, の遺骸, はまだ, はガツクリ膝, はツイ涙, は主人, は今, は父親, は頑固, を誘つて

▼ 伊貝さん~ (19, 0.8%)

2 にお, の田圃

1 [15件] が眞, が私, といふ人, にし, には一面識, にもお話, によつく, に宜しく, に廣岡, に掛け, に話す, はまた, もうお, もう一度よくお, を全然

▼ 伊呂村~ (17, 0.7%)

3 の岡 2 に於, の堤, の河原, 迄 1 にて切, にて石川安五郎妻并, にて石川安五郎妻并びに馬士松五郎, の外れ, の辨天堂の前, へ來

▼ 伊~ (15, 0.6%)

15 之助

▼ 伊保木金太郎~ (14, 0.6%)

2 がやられました, の死骸, の着物, はお, を殺した 1 が通り, が通りかかり, は二十一, は二十一二

▼ 伊佐奈~ (13, 0.5%)

2 は海

1 [11件] が携, のいへ, の胸中, の言, はこの, はこれ, はなほ祕密, は戀, また言ひつぎ, も亦, よ惜しみ

▼ 伊~ (13, 0.5%)

1 [13件] かけて, が, であったればこそ, でございますから, とが内々談合, に娘, のこと, のこの, の宅, の家中, の手, の脊梁山脈, の面影

▼ 伊左衛門~ (13, 0.5%)

1 [13件] か藤十郎どの, じゃ, じゃない, っていう柄, などでかう, などでこういう, などにて大いに, には堪能, に扮, の妹, の紙衣姿, はいかにも, を出し

▼ 伊弉諾神~ (13, 0.5%)

5 はその 2 はこの 1 が禊ぎ, と伊弉冉神, は, はしまいに, はまっ, は永い

▼ 伊~ (12, 0.5%)

2 の細君 1 がいつも, がそういう, が葬う, の復讎, は, はこの, はニコニコ, は癇癪, は苦笑, よりもよく

▼ 伊皿子台町~ (11, 0.4%)

3 にいる 2 の荷足 1 じゃア, でございますが, ですから, の侠客, の宅, の者

▼ 伊右衞門~ (10, 0.4%)

2 と申す 1 です, といふの, の苦衷, の顏, は先づ出發點, は江戸者, も疊, も首

▼ 伊良虞~ (10, 0.4%)

6 の島 1 が島, に流された, の島辺榜ぐ船, の島近く榜ぐ船

▼ 伊~ (9, 0.4%)

1 などで女, に於, のトウール, のフェルミ教授, の冬, の如何に, の旅館, は地理学的, へ行きました

▼ 伊太夫様~ (9, 0.4%)

1 がお立ち, がこれ, が乗込ん, だなん, でさえ, とおっしゃる, のお, の道中, も世

▼ 伊皿子坂~ (9, 0.4%)

2 の中腹 1 の上, の下, の崖, の途中, はひどく, へ上りかける, を大股

▼ 伊保木家~ (8, 0.3%)

2 から引取り, から死骸, の折助 1 もことごとく, も悉く

▼ 伊東屋~ (8, 0.3%)

1 であなた, でウオタマン, でレコード, で石膏像, へタクシー, へ入る, へ寄っ, もちょっと

▼ 伊良胡~ (8, 0.3%)

6 が崎 1 に杜国, の島

▼ 伊~ (8, 0.3%)

2 でマロキオ 1 でカッポネ, でストレガ, で雄鶏, のモンナ, の性質上原作以上, を大学

▼ 伊~ (7, 0.3%)

1 くそ真面目, さすがに, めいめいの, 中立, 危っかしい, 水の, 蘇は

▼ 伊四號~ (7, 0.3%)

4 の家 1 に住む, の, の芥川

▼ 伊弉諾尊~ (7, 0.3%)

1 が黄泉, という有様, と共に人間, の御, の気息, は御, を祀り

▼ 伊志麻呂~ (7, 0.3%)

1 か或は, か然, が其領土, が福地, が賜わった, と同日, に関係

▼ 伊~ (6, 0.2%)

2 じゃない 1 が差し, でいい, 伊おと呼ぶ, 公だ

▼ 伊之はん~ (6, 0.2%)

3 の事 1 に欺, のこと, の心

▼ 伊~ (6, 0.2%)

2 の細君 1 に約束, のこと, のやり口, の答え

▼ 伊~ (6, 0.2%)

2 の麻和迦, 沙和氣の 1 の眞若, 沙和気大神という

▼ 伊~ (6, 0.2%)

2 各國 1 の何れ, の劇壇, の国々, の美學者四十餘人

▼ 伊耶本和氣~ (6, 0.2%)

4 の命 1 の天皇, の王

▼ 伊豫守~ (6, 0.2%)

1 が我馬, と組ん, の三人, を大将, 未並, 馳せよりて

▼ 伊~ (5, 0.2%)

1 が解説, が言う, という甥, の野郎, を座敷

▼ 伊右衛門様~ (5, 0.2%)

1 に道楽者, の三人, は伊藤喜兵衛様, へ, をいっしょ

▼ 伊太夫殿~ (5, 0.2%)

1 から餞別, が湖水, のため, の御, へはお世話

▼ 伊~ (5, 0.2%)

1 がいう, がいった, がすまし, とドール, はふたたび

▼ 伊~ (5, 0.2%)

1 の使った, の使つた料理鍋, の輔, を挙げ, を氣取つて

▼ 伊津丸~ (5, 0.2%)

1 の口, の病床, は天井, もおる, 寒くは

▼ 伊理毘賣~ (5, 0.2%)

4 の命 1 の命二柱

▼ 伊~ (5, 0.2%)

2 満喜三郎 1 満一人, 満共相従, 満高く

▼ 伊萬里~ (5, 0.2%)

2 の徳利 1 などの色繪, の無地, の白い

▼ 伊~ (5, 0.2%)

1 の注意, の飛行機, はじりじり, を追う, 第一陣地

▼ 伊邪那美~ (5, 0.2%)

2 の神, よ僕 1 とかき

▼ 伊~ (4, 0.2%)

1 がいる, といい, と申し, はあと

▼ 伊企儺~ (4, 0.2%)

2 の妻大葉子 1 の妻, を心

▼ 伊保木樣~ (4, 0.2%)

1 から死骸引取り, とも金太郎樣, の跡取り, へは知らせ

▼ 伊右衛門殿~ (4, 0.2%)

1 が重々, とても心安く, のこと, は家代金

▼ 伊号一〇一~ (4, 0.2%)

1 が出航命令, というやつ, はこの, は爆雷

▼ 伊弉冊尊~ (4, 0.2%)

1 がこの, それから大日霊尊, の二神, を祀る

▼ 伊志井寛~ (4, 0.2%)

1 が大阪, が芝居, に逢, もゐ

▼ 伊斯許理度~ (4, 0.2%)

4 賣の

▼ 伊津丸殿~ (4, 0.2%)

1 の心, はおいで, はこうして, は拙者

▼ 伊~ (4, 0.2%)

1 あるいは新, に対する野心, の邊荒, を併呑

▼ 伊~ (4, 0.2%)

1 といふ女, とし, と二人, の滝

▼ 伊緒どの~ (4, 0.2%)

1 のお, のまこと, の評判, を実家

▼ 伊與造氏~ (4, 0.2%)

1 とわし, に似とる, はきつい, は亡くなられた

▼ 伊通河~ (4, 0.2%)

2 の左岸 1 に長い, を渡つて東

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 あるであろうか, はっきりと, 出会わした時

▼ 伊ーさん~ (3, 0.1%)

1 と逢曳, に岡惚れ, に熱く

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 の熟田津, 子妹の, 日々新聞社長柳原極堂氏から

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 という娘, に似たる, のモラル

▼ 伊二號~ (3, 0.1%)

1 に借り, の, の家

▼ 伊~ (3, 0.1%)

2 の國 1 与於母比弖

▼ 伊兵衞夫婦~ (3, 0.1%)

1 が休ん, と養子, を始め

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 か, は或は, も可也

▼ 伊右衛門さん~ (3, 0.1%)

1 お久し, そうじゃあ, の有

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 はうなずい, は太い, を筆頭

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 の伯仲, 賣, 賣に

▼ 伊呂大中~ (3, 0.1%)

3 つ日子

▼ 伊商会~ (3, 0.1%)

2 の支店長 1 へ入れ

▼ 伊場健之助~ (3, 0.1%)

1 が縁側, の部屋, は十八

▼ 伊奘冊尊~ (3, 0.1%)

1 の糞尿, は則, またはアダム

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 ありとぞ, に過ぎね, の深

▼ 伊弉冉~ (3, 0.1%)

2 の二神 1 の神

▼ 伊弉冉尊~ (3, 0.1%)

1 に対して伊弉諾尊, は神迦具土, を重く

▼ 伊弉諾~ (3, 0.1%)

2 の尊 1 と伊弉冉

▼ 伊志井君~ (3, 0.1%)

1 によつて, の前途, の演技

▼ 伊玖米~ (3, 0.1%)

2 入日子伊沙知 1 の天皇

▼ 伊理泥~ (3, 0.1%)

2 の王 1 の王三柱

▼ 伊~ (3, 0.1%)

3 の池

▼ 伊耶河~ (3, 0.1%)

2 の坂 1 の宮

▼ 伊許婆夜和氣~ (3, 0.1%)

2 の王 1 の命

▼ 伊豫守様~ (3, 0.1%)

3 の御

▼ 伊貝幸藏~ (3, 0.1%)

1 の人となり, の人物, は長らく

▼ 伊貝訪問~ (3, 0.1%)

2 の日 1 までのこと

▼ 伊迦賀色許~ (3, 0.1%)

3 賣の

▼ 伊那丸~ (3, 0.1%)

1 というやつ, という小童, という方

▼ 伊邪國~ (3, 0.1%)

1 より好, 次有郡支國, 次有都支國

▼ 伊邪那岐命~ (3, 0.1%)

1 の御, を祭る, 御佩かせる

▼ 伊~ (3, 0.1%)

1 は固, を仏, を誅す

▼ 伊防共協定~ (3, 0.1%)

1 がむすばれ, が調印, にまで突入

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 いけねえっと, 息を

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 いいあるいは, 云つた人である

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 中心の, 廻り三十七年末日露戰役

▼ 伊万里~ (2, 0.1%)

1 とも全然, を出し

▼ 伊三兄哥~ (2, 0.1%)

1 は両国, は兩國

▼ 伊三松さん~ (2, 0.1%)

1 か知ら, の家

▼ 伊三松三十前後~ (2, 0.1%)

1 でガラッ, でガラツ八

▼ 伊三松多勢~ (2, 0.1%)

2 の番頭手代小僧

▼ 伊人スラブ~ (2, 0.1%)

2 の露墺人

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 の十一人, は三十一二

▼ 伊佐奈妻~ (2, 0.1%)

2 の止利

▼ 伊佐奈翁~ (2, 0.1%)

1 と, よ

▼ 伊~ (2, 0.1%)

2 は到底

▼ 伊保木~ (2, 0.1%)

1 の伜, の倅

▼ 伊保木金十郎様~ (2, 0.1%)

1 の倅, の倅金太郎

▼ 伊保木金十郎樣~ (2, 0.1%)

1 の伜, の伜金太郎

▼ 伊保木金太郎さん~ (2, 0.1%)

2 を殺した

▼ 伊保木金太郎様~ (2, 0.1%)

1 から毎日手紙, がこんな

▼ 伊保木金太郎樣~ (2, 0.1%)

1 から毎日手紙, がこんな

▼ 伊八親方~ (2, 0.1%)

1 が死んだ, は人手

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 の悪辣, の著名

▼ 伊兵衞さん~ (2, 0.1%)

1 が上り口, と同じ

▼ 伊兵衞どんお前~ (2, 0.1%)

1 が往かなくっ, 少し其処

▼ 伊刀比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣次に

▼ 伊北庄~ (2, 0.1%)

1 に在り, に御

▼ 伊協定~ (2, 0.1%)

1 が結ばれ, の声

▼ 伊右衛門さま~ (2, 0.1%)

1 どうぞ末, の心

▼ 伊呂村辨天堂~ (2, 0.1%)

2 の前

▼ 伊呂比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣次に

▼ 伊呂泥~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 の事, の跡

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 と二人, の方

▼ 伊場さん~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は親

▼ 伊夜彦山~ (2, 0.1%)

2 の麓箭矧村

▼ 伊大利大使館~ (2, 0.1%)

1 の女中, へ行く

▼ 伊奘冊二尊~ (2, 0.1%)

1 の御子, の遺体

▼ 伊奘諾尊伊奘冊尊~ (2, 0.1%)

1 は則, またはアダム

▼ 伊尹周公~ (2, 0.1%)

1 にならい, に比し

▼ 伊~ (2, 0.1%)

2 の島

▼ 伊~ (2, 0.1%)

2 の水門

▼ 伊弉冉神~ (2, 0.1%)

1 とおっしゃる, はその

▼ 伊弉冊尊火神~ (2, 0.1%)

1 を生み, を生む

▼ 伊弉册~ (2, 0.1%)

1 の二神日神月神蛭兒素盞嗚等, の黄泉

▼ 伊弉册尊~ (2, 0.1%)

1 それから大日靈尊, の所

▼ 伊弉諾伊弉冉~ (2, 0.1%)

2 の二神

▼ 伊弉諾伊弉册~ (2, 0.1%)

1 の二神日神月神蛭兒素盞嗚等, の黄泉

▼ 伊弉諾命~ (2, 0.1%)

2 はそれ

▼ 伊弉諾尊伊弉冊尊~ (2, 0.1%)

1 それから大日霊尊, の二神

▼ 伊弉那岐尊~ (2, 0.1%)

1 は百億萬年, より後

▼ 伊弉那美尊~ (2, 0.1%)

1 の御名, は伊弉那岐尊

▼ 伊弥彦~ (2, 0.1%)

2 の指月寺

▼ 伊弥彦明神~ (2, 0.1%)

2 を拝

▼ 伊弥彦社~ (2, 0.1%)

2 を当

▼ 伊~ (2, 0.1%)

2 比賣

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 が右, という若い

▼ 伊戦争~ (2, 0.1%)

1 にまで展開, を喰い止め

▼ 伊支馬~ (2, 0.1%)

2 次曰彌馬升

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 の徳行, 遠く玉舍

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 の三国, の四国

▼ 伊曾保物語~ (2, 0.1%)

1 に倣, の訓話

▼ 伊沙知~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 伊治公呰麻呂~ (2, 0.1%)

1 の反, の如き

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 飛楚は, 飛楚ヘ

▼ 伊登志和氣~ (2, 0.1%)

2 の王

▼ 伊登志部~ (2, 0.1%)

1 を定めき, を定めました

▼ 伊登次~ (2, 0.1%)

1 という看板, も今

▼ 伊皿子あたり~ (2, 0.1%)

2 の貧乏人

▼ 伊皿子台~ (2, 0.1%)

1 から海, の方

▼ 伊~ (2, 0.1%)

2 の眞若

▼ 伊耶佐~ (2, 0.1%)

2 の小

▼ 伊~ (2, 0.1%)

2 牟の

▼ 伊良胡崎~ (2, 0.1%)

1 なごろ, の蔭

▼ 伊良虞島~ (2, 0.1%)

1 の玉藻, 之時人哀傷作歌

▼ 伊良虞崎~ (2, 0.1%)

1 に向, のこと

▼ 伊蘇保物語~ (2, 0.1%)

1 どうです, などにし

▼ 伊蘇夫~ (2, 0.1%)

1 は卓上, は澄み渡る

▼ 伊西日~ (2, 0.1%)

1 の六ヵ国, 各一人

▼ 伊豫國~ (2, 0.1%)

1 なりと恐らくは, なる藤

▼ 伊豫國藤~ (2, 0.1%)

2 が原

▼ 伊豫國造~ (2, 0.1%)

2 の皇別

▼ 伊豫路~ (2, 0.1%)

1 への白い, への街道

▼ 伊迦賀色許男~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 伊~ (2, 0.1%)

1 の川, の橋

▼ 伊達引~ (2, 0.1%)

1 だの金, は太夫

▼ 伊那陀~ (2, 0.1%)

2 の宿禰

▼ 伊邪奈岐命~ (2, 0.1%)

1 見畏, 語りたまはく

▼ 伊邪奈美命~ (2, 0.1%)

1 を生身, を相

▼ 伊邪那美命~ (2, 0.1%)

1 のこと, を祭り

▼1* [330件]

おと呼ぶから, 伊うまくやってるらしい, 伊せやのすっぽん, 伊その他十ヶ国からイプセン研究者イプセン役者, 伊であっていずれ, 伊ぶきやま, 伊前へ, 伊女上総女, 伊セ丹の裏, 伊セ家分伊セ家, 伊セ家竹二国家山桜家松新丁字松恵比寿増田福の家, 伊遂に開戦, 伊ヶ谷にはこれら, 伊ならむ, 伊と云, 伊三お前も, 伊三どん少し話, 伊三どん大変な道, 伊三はんは自分, 伊三はん閣下は横, 伊三国同盟の歌, 伊三次は拷問, 伊三穴山望月海野筧等六人の荒子姓, 伊上原豊前守, 伊与四郎という番匠, 伊与国神野郡の郷内, 伊両国の干渉戦, 伊両国間の国境劃定, 伊近くて, 伊久女となじまない, 伊久米伊理毘古伊佐知の命, 伊之さん一本槍で見掛け, 伊予引揚げの平軍三千騎, 伊二國語にも重, 伊二艘ともゴオル, 伊井谷神社の深い, 伊を凌ぐ, 伊人ポッジオが金銀, 伊人氏とで別に, 伊介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 伊の新刊書, 伊仏国の猫, 伊仏独英の諸, 伊伊兵衛来て, 伊住屋曰ク武蔵屋曰ク新丸屋, 伊佐奈うちほほゑめ, 伊佐奈汝とあ, 伊佐野の局, 伊佛蘭獨その他各國, 伊作男げ斷つたつちいん, 伊侶具泰公稲梁を積み, 伊保木樣御使ひの, 伊騰安, 伊の譚, 伊像守山角上野介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 伊に渡し, 伊八カ国の出兵, 伊六国の歳出, 伊兵衞お前然う, 伊兵衞中間七助等なり大岡殿大音, 伊兵衞事八十兩喜八に遣した, 伊兵衞儀重罪なれども, 伊兵衞内儀のお, 伊兵衞北田忠之丞中村右助皆八戸住, 伊兵衞嘉川藤五郎建部郷右衞門伴佐十郎山口惣右衞門陸尺七右衞門右の者一同白洲, 伊兵衞始め一同心配, 伊兵衞孕石源兵衞其外徒士六人の者, 伊兵衞安兵衞の二人, 伊出市や亭主, 伊の音, 伊加奈留夜人にいませ, 伊加豆知と唱, 伊加賀民部山崎勘解由等これに殉じた, 伊の放った, 伊勤呼里山の西南, 伊北庁南庁北の健児, 伊十君や岡本帰一君, 伊十某氏広右衛門, 伊印独支八ヵ国の少年, 伊即ち東亜と, 伊原生の話, 伊可御茶屋之普請, 伊右衛門さん久しぶりで, 伊右衛門どのを恨む, 伊右衛門はかぶりを振った, 伊右衛門やいと口々に唱えた, 伊右衛門伊右衛門と唱え, 伊右衛門初め一家の者, 伊右衛門喜兵衛お花, 伊右衛門店を借りた, 伊右衛門殿わしを殺し, 伊右衛門立会の上, 伊右衛門達の方, 伊右衞門樣へ, 伊右衞門立合の上, 伊第五潜水艦, 伊号一〇一乗組の紅子, 伊号一〇一潜水艦は大胆不敵, 伊号一〇二は巧, 伊名コニグリオ西名コネホこれらはラテン語, 伊吹おろしの風さき, 伊吹屋一家を有頂天, 伊呂村引廻の上獄門申付, 伊呂村役人は納め, 伊呂村役人共と呼時一, 伊呂村辨天堂前に待伏, 伊呂杼次に長谷部, 伊周公である, 伊四郎本多又作, 伊国三冬草已青瑞山八月雲猶白, 伊国人だろうか, 伊国公使や普国公使, 伊国境劃定委員長たる仏国陸軍中佐, 伊国普国の公使ら, 伊国民に対する日本人, 伊国特派全権公使トゥール普国代理公使ブランドオランダ公務代理総領事ブロックそれに米国弁理公使ファルケンボルグ, 伊国軍艦の砲撃, 伊国首相やエ国皇帝, 伊のアルタ橋, 伊國漫遊中の故, 伊の戦争, 伊敷の, 伊の明神, 伊墺匈の諸国, 伊墺戦線最大の殺戮, 伊多賀神社の氏子, 伊多弖於毛比, 伊夜是留乃阿是乃古麻都爾, 伊大公だの91, 伊大利のは新, 伊太さんが胡瓜, 伊太夫その他の者, 伊太夫なにがしという財閥, 伊太夫のは佐藤信淵, 伊太夫はじめこの大尽, 伊太夫はじめこちらから見, 伊太夫はじめ一族が参列, 伊太夫はじめ能登守のお伴, 伊太夫らの水戸藩士, 伊太夫ロクにない, 伊太夫一行の泊った, 伊太夫主従は着, 伊太夫今日の旅路, 伊太夫以外の何人, 伊太夫周囲の取, 伊太夫大尽の宿, 伊太夫手を貸せ, 伊太夫直々のこの, 伊太夫膝を立てかけ, 伊太夫自身も如何, 伊太夫鬼頭天王の尼, 伊太夫鷹司の臣小林民部権太輔両人遠島, 伊奘冊二柱の神, 伊奘諾伊奘冊二柱の神, 伊孫その他最年少組でかれ, 伊孫イタリア少年ドールとコスター, 伊孫ドールコスターの幼年組, 伊孫ドールコスター次郎の幼年組, 伊孫次郎ドールコスターはモコウ, 伊尊二柱を始め, 伊尸耆利山で法敵, 伊尹これを桐宮, 伊尹両道仰げば, 伊尹太公老荘などを祠, 伊州丸の償金, 伊左衛門亀屋忠兵衛紙屋治兵衛に扮, 伊左衛門六条村の手下権兵衛, 伊左衛門役はトラムプ, 伊左衛門諸国で見た, 伊希臘羅甸の書物, 伊爾久太佐牟也, 伊平が元のからだ, 伊庵玉虫二郎右衛門矢代越中守などの諸, 伊弉冉二神が大, 伊弉冉尊伊弉諾尊及大己貴命の四神, 伊弉冉尊天の浮橋, 伊弉冊が, 伊弉冊二尊倶に議, 伊弉冊二神の国土, 伊弉冊神の子, 伊弉册神をこ, 伊弉本別の王, 伊弉諾伊弉冊二尊倶に議, 伊弉諾伊弉冊二神の国土, 伊弉諾尊伊弉冉尊天の浮橋, 伊弉諾尊伊弉册尊それから大日靈尊, 伊弉諾尊及大己貴命の四神, 伊弉諾尊黄泉国行の神話, 伊弉那岐伊弉那美二尊の時代, 伊弉阿芸怒珥比蘆菟弥珥, 伊弉阿芸伊佐智須区禰多摩枳波屡云々, 伊の山, 伊張山老木の藤, 伊志井の青年役, 伊志井さんがお, 伊志井寛君は比較的, 伊志井寛君舞踊家の石井美代さん, 伊忠奥平監物貞勝等と共に兵三千, 伊忠奥平貞能などを始め, 伊悦さんのお母様, 伊悦さん優等ですってね, 伊の村, 伊斯許理度売命は鏡作連, 伊日蘭波蘭和蘭加奈陀諾威等の国人, 伊といふ學士, 伊とあり, 伊曾保の物語, 伊曾保物語古本の展覧会, 伊曾保物語平家物語の歐字本, 伊曾保物語風にちょうど, 伊服岐の山の神, 伊東尾四郎君はわざわざ, 伊東山華君が志士的, 伊東温泉地方では汝, 伊東貫斎が奥医師, 伊杼美といふ, 伊枢軸側との戦闘, 伊止宇眼に萎えた, 伊止宇苧環の花, 伊を溯つ, 伊沢又分家では信治二十一, 伊治公呰麿というもの, 伊治城に置く, 伊を談ずる, 伊津丸お前はそれほど, 伊津丸このごろ人の話, 伊津湊へ著船, 伊津野氏の開会, 伊海峡に入れ, 伊淵太一郎ひらきに, 伊満里の花瓶, 伊もある, 伊瀬知に告げ, 伊之敝欲伊麻乃乎追通爾, 伊の二家, 伊狩二家の本領, 伊独日にアメリカ, 伊独等の青年男女, 伊王ヶ滝の自, 伊理毘古伊佐知の命, 伊留満等の祈祷唱讃, 伊留滿たちの不撓, 伊登志別の王三柱, 伊という鍼医, 伊皿子二本榎猿町白金辺を持場, 伊皿子台上の汐見坂, 伊皿子坂月の岬住人, 伊皿子辺へ来, 伊皿子高輪まで燃えぬけ, 伊知地といふジャズ青年来訪, 伊知地季盛がこの, 伊知地正治野津七左衛門の率いた, 伊知根神何村さいは神何村殿内神, 伊籍字を機伯, 伊籍学士尹黙その, 伊籍糜竺向朗馬良などをとどめ, 伊の二強国, 伊米仏などあらゆる, 伊緒なにを申す, 伊織っ伊織っ, 伊羅保刷毛目各種の茶碗, 伊美吉石竹の官舎, 伊美吉諸君が進上, 伊耶古杼母怒眦流都美邇, 伊耶那岐伊耶那美の二神, 伊耶那岐命言阿那迩夜志愛袁登, 伊耶那美命先言阿那迩夜志愛袁登, 伊聲者掖耶約等八人, 伊自分を見, 伊與造親父の駒平, 伊良沢岳に続く, 伊良虞崎あたりで, 伊良虞能島之, 伊萬利を出し, 伊萬里支那の染付, 伊萬里燒の徳利, 伊葡諸国の人民, 伊藤山県両公, 伊藤山県両侯の調和者, 伊藤方成先生が私, 伊蘇保の物語, 伊蘇普が物語, 伊蘇普物語の奇, 伊衛門の蛇除, 伊衡一人で法皇, 伊衡平希也など僅か, 伊西の各国語, 伊西以外和蘭瑞西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 伊西等の諸, 伊許許知邇の神, 伊して, 伊はさすが, 伊であった, 伊豆蔵人形などを二人, 伊豫ヶ嶽山骨を露, 伊豫國新居郡西條の城主高三萬石松平左京太夫此程病氣, 伊豫國松山の親類, 伊豫壹與の稱, 伊豫大洲の城, 伊豫守太田備中守松平左京太夫御側, 伊豫守殿太田備中守殿松平左京太夫殿等御相談, 伊豫守殿御邸へ引渡すべき, 伊豫守殿江戸屋敷へ問合せ, 伊豫尋常中學校を卒業, 伊豫小瀬村庄屋井樋政之亟那珂村長山伊介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 伊豫岩城島の三浦敏夫君, 伊豫柑があった, 伊豫花房治右衞門竹森新右衞門, 伊貝宅を訪問, 伊軍事同盟が結ばれ, 伊軍陣地を突破, 伊通川朽ちて, 伊通川人多くし, 伊邪奈美命答へ白, 伊邪本別水歯別若子宿禰のお, 伊邪本別皇子はお, 伊邪那岐の尊, 伊邪那岐伊邪那美とかき, 伊邪那岐伊邪那美命妹妖二柱嫁き給いて, 伊邪那岐命詔く吾, 伊邪那美命妹妖二柱嫁き給いて, 伊邪那美神まで併せ, 伊闇多田治部右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 伊という金物屋, 伊防協の祝杯, 伊隠去者, 伊雑神宮の地, 伊の現代語, 伊露等の各国, 伊麻村の穿江