青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「任~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仰ぐ~ ~仰し 仰せ~ 仰向け~ ~仲 仲~ ~仲間 仲間~ ~件 件~
任~
~任せ 任せ~ 任務~ 伊~ 伊勢~ 伊東~ 伊藤~ 伊豆~ 伊達~ 伊那~

「任~」 1575, 16ppm, 7196位

▼ 任~ (342, 21.7%)

27 当って 14 當る 5 して 4 あたって, あたること, あるもの, 当った, 当らなければ, 当ろうと 3 あらず, たえうる人物, 当ったもの, 当つて, 当りたいという, 当る, 当ること, 当るもの

2 [22件] あたった, あたらせた, あたりたり, あたる者, あらざること, ある者, しあれば, 就いた, 当たって, 当たること, 当ったと, 当ったの, 当りて, 当りぬ, 当るには, 当るの, 当る者, 憲法立案の, 當つてゐる, 當り, 當りし, 當れる

1 [204件] あたったもの, あたった三人, あたった水奉行, あたった若い, あたつ, あたつた, あたらした, あたるか, あたると, あたるべき関税委員会, あたるべく甚だしく, あたるべし, あたるもの, あったの, あった庄内藩, あった徳善院前田玄以法師, あった武士波多野義重, あらざるもの, あらずと, あらずという, あらず道徳, ありて, ありながら, ある, あること, あること十年, ある人, ある孔明, ある宮内省, ある将卒, ある尾州藩, ある木下藤吉郎, ある義経, ある藤掛三河守, ある許都, ある身, おこたえしなけれ, お就き, けり, したい, その所, そむき一旦, たえる異才, ためらうなど, ついたそう, ついた半, ついて, ついてからも, つかれ野津, つき今や, つく, つくべく乞, つけ, なったでは, なり仙台, ふさは, まかせられた, やって, 与うべしと, 仰せつけ下されました初め, 会って, 動かして, 在ること十三年, 在る時, 堪うるには, 堪うるやいなやは, 堪えざるを, 堪えざれば, 堪えず, 堪えぬ, 堪えませんからね, 堪えられぬ, 堪え得られないよき, 堪え得るもの, 堪え難きもの, 堪ふ可, 堪へざるを以て, 堪へざる事, 堪へないの, 堪へ得る優秀, 堪ゆる, 大きな矛盾, 妻をば, 就かれ去年, 就く, 就くこと, 就くと, 就くとともに, 就くもの, 居る必要, 巴蜀の, 当たった, 当たったもの, 当たらしめたならば, 当たらせる必要, 当たらんと, 当たりあるいは, 当たりたる学者, 当たりましたが, 当たりも, 当たる, 当たる大官たちみずからこれら, 当たる専門家, 当たる者, 当たる警部, 当たれる人々, 当たれる行司, 当ったこと, 当ったら先ず, 当った人, 当った安井左近家清, 当った次第, 当った長井, 当っても, 当つたの, 当つた長井, 当つて皆様, 当ておられる, 当てられたの, 当らざる可, 当らしむべきもの, 当らしむるために, 当らしめその, 当らしめたるなり, 当らしめば, 当らしめようと, 当らしめること, 当らずとも, 当らせた, 当らせたもの, 当らないまでも, 当らぬの, 当らねば, 当らむことを以て, 当られた時, 当られるはず, 当られるよう, 当られる予審判事, 当らんこと, 当りしも, 当りし佐伯部, 当りし米人ドクトル某氏, 当りたま, 当りたる事有, 当りました, 当り兼ねない勢い, 当り如何なる, 当り工藝, 当り日々勤務, 当り町村, 当り行く事, 当り諸国, 当るという, 当るとしましたら, 当るべき個人, 当るべき申出, 当る以上, 当る壬生氏, 当る天下, 当る教育家, 当る方々, 当る警吏, 当る駆逐艦, 当れよう, 当れりと, 当ろうという, 得たこと, 復すべしという, 用ゐられた, 當つたのは, 當つたれ, 當つた經驗も, 當つて居る, 當らざる, 當らしめ, 當らむこ, 當り得る, 當るべき, 當るべし, 當れり, 直接当る, 答けれ, 続いて, 耐えそう, 耐えなくなった以上, 膺る, 至らば, 至る, 良臣さえ, 荷い去る, 赴いた, 赴いた時, 赴かせた命令, 赴く, 赴く人さ, 赴く時, 趣く, 足らなかった罪, 逢った, 適した男, 選ばれたの, 選まれた, 非ず, 順いしは

▼ 任~ (232, 14.7%)

34 られて 26 られた 18 られたの 6 られたが 5 らる, らるる 4 られた時, られること, られると 3 られ, られたこと, られたという, られたので, られた訣ぢ

2 [12件] ざるべからず, むとするの口吻を, られたと, られたに, られた人, られた訣, られました, られるよう, られ全力, られ左, られ本年三月, られ給

1 [87件] ざるの, ざるを, ざる可から, しこと, しなり, しむ, しむるゆえんのものは, しめようと, しめ九月二十三日申刻, しめ学校図書館互に, しめ給ふ, られかかる, られこの, られしなど, られしも, られそこで, られその, られたいと, られたため, られたところ, られたとの, られたもの, られたよう, られたより, られたる, られた事, られた人々, られた伊達左京亮, られた日, られた時分, られた町医坂上玄丈, られた者, られた頃, られてからは, られなかった前, られながら, られぬ理由, られべつに, られましたが, られましたので, られまた, られる, られるお, られるそう, られるとは, られるの, られる事, られる例, られる時, られる見込み, られアルビジョア派, られ一五二二年, られ一八五二年, られ七年, られ七月二十日, られ中書, られ二十日, られ今, られ公然, られ六月二十七日, られ出羽, られ又, られ右京さま, られ同, られ同じ, られ品行, られ天平二年大納言, られ天文博士, られ天皇, られ安元二年, られ家光, られ幕府, られ当社, られ日本出品事務所所長, られ日本橋電信局, られ明治十九年十二月三日享年六十三, られ更に, られ月俸十五円, られ爾来, られ特に, られ祖先以来, られ胆沢, られ西征, られ金十八両六人扶持, られ陸軍省医務局長, り業, り而

▼ 任~ (119, 7.6%)

9 帯びて 5 果して 2 兼ね土, 解いて, 負って, 除き

1 [97件] うけたと, うけ次, おっぽ, おびて, おわって, お供に, お受け, かわいがって, きめられては, このひと, ご辺, すました上, なして, はたしたき念, ひきうけたので, ひとりで, フランス共和国から, 一人お供に, 今度是非とも, 全うした, 全うすといふ, 全ふせり, 其方に, 兼ねさせること, 分担し, 去るという, 受けた, 名誉として, 命ず, 執ったり, 姜叙に, 完うし, 完うせる, 富士男に, 寵遇した, 尽くさざるべからずとて, 尽くさざるも, 尽くされたばかりか, 尽くして, 尽くすに, 尽し合いましょう, 山と, 帯びたスペイン, 帯る, 帶びて席上演説に, 帶びて札幌に, 帶びて行く, 引き受けろと, 征伐あられ, 御命じ, 忘れては, 我に, 拜する, 揚げんと, 支配し, 敗軍の, 有せり, 有って, 果さぬこと, 果したいと, 果して来た, 果し併せて, 果し先, 果し得るの, 果そうとして, 果たして帰国, 果たし終った呂布軍, 果たす傍, 果たせば, 求めた, 済まして, 生捕っ, 田沼様が, 盡くす, 祝せむと, 罷むる, 與へ, 見る, 見失い味方, 解いた, 解かれきと, 解かれたの, 解かれた古, 解かれて, 解き王伉, 解く, 許されたいという, 負いかねて, 負い通せるわし, 負うて, 負ったので, 負へ, 越えて, 辞して, 辞すると, 辭し, 離れること

▼ 任ずる~ (92, 5.8%)

3 ときは

2 [13件] がよろしい, ことが, ことに, に拘らず, のは, の大略, は既に, ものである, ものに, ものは, もの洵, や太, よしの

1 [63件] か, からにはそれ, がどうか, ことなど, ことは, ことをさえ, この古都, ために, つもりは, であろう, という事, という弱点, とか某, ところと, ところに, ところは, と云う, と共に一面, と共に下層社会, と共に天皇, などといふのぢ, なり, なア, には余り, にもかかわらず, に其人, に堪えざる, のが, のには, のみ, のみ若し, の士, の諸, の輩, は快, は恐らく, ほどな, ほどには己惚れ, ほどの作, もの, ものが, ものこれすなわち, ものぞ, もので, ものであります, ものでない, ものと, ものなら, ものなり, ものにも, ものの, もののみの, ものの起稿, ものほど, ものを, も可, も室中, も知らず, も自然, やからでも, ような, 以上もっと, 如き実行

▼ 任~ (55, 3.5%)

2 重い

1 [53件] いったん義家, いって, お請け, こう勇断, さらに深入り, すぐに, すんだと, そのまま都, そのゆえ, その時, その田地, その金, ついに陣前, ない, ひどくおかしがっ, ふしぎな, まさに大丈夫, まっぴら御免, もと長髄彦の, ゆえに重い, 一軍の, 不利と, 今や重い, 他に, 何よりも, 何方が, 各将軍, 国の, 国司という, 天を, 寄手の, 平陽, 忽ち, 怒って, 政治に, 智謀機略衆を, 槍先の, 殺され弟, 江戸に, 沈痛に, 治安警察司刑などの, 牛車を, 甚だ重い, 白馬の, 皇宮の, 笑って, 肩を, 舞いつつ, 逃げ奔, 重いぞ, 金を, 陶宗旺, 馬を

▼ 任~ (47, 3.0%)

3 家へ, 聟が 2 昔忍ばるる

1 [39件] あはれが, はしに, まに, もとに, 一令に, 一手が, 一行で, 中に, 事を, 二子と共に, 僧侶両, 公卿ばらも, 出家は, 命は, 子孫らしい, 学生課長を, 官吏が, 家から, 家では, 弟宗任が, 所得あり, 披露宴を, 書く, 最下級じ, 束帯姿が, 残党説は, 母が, 父子が, 甚だ重き, 眼と, 行なわれる際, 表だけを, 軍隊だった, 連歌に, 重きこと, 重きに対して, 重きを, 重大に, 首を

▼ 任かせ~ (41, 2.6%)

3 て置け 2 ておくれ, 切りに

1 [34件] っきりに, つつ担架, ていました, ておく, ておる, てし, てちょうだい, ては如何, てほとんど, てまあ, てもとより, てゐる, て居た, て巨大, て措いた, て暴露, て私達, て置, て置きなさい, て置く, て貰いたい, て造物, て隨分勝手, て髪, にし, に引, に投げ, に突いた, に言った, 他者より, 沙漠へ, 自から, 赤星は, 限りで

▼ 任~ (31, 2.0%)

4 して 2 す可, せざる可, せり

1 [21件] したもの, し国史, し常に, し来れるわが家, すべき所, する, するよう, する位置, せずその, ただ二人一騎打ちの, なし, なすもの, なつた, 信ずるもの, 思った, 為し私利, 為すと, 爲し, 籠城の, 袖萩の, 言うべきなり

▼ 任~ (31, 2.0%)

1 [31件] あまり世間, があらためて, だ, だけしか見, と聞い, には感じまい, の三分ノ一, の体, の出場, の巨体, の弟子たち, の弟子数百人, の手, の野郎, はついに, はどこ, はクシャッ, は二ツ三ツしどろ足, は吠えた, は社廟, は聞くやい, は舞台, は逆上気味, へ当, もさる者, もつづい, もまた, も横手, も腰, 親方の, 関取の

▼ 任~ (26, 1.7%)

15 して

1 [11件] されたの, された限り, した, したなあ, した私, しちゃあ, しては, し自分, せよ父母, どうかといふ, 事務員らしい

▼ 任~ (23, 1.5%)

2 ある, ある且つ

1 [19件] あきらめて, かなわなくなって, かわいそうに, 小耳に, 府舎を, 末なりと, 果されたとは, 果せるか, 果てて, 梅の, 盛んに, 花道の, 談なりとて, 部下へ, 重くなった, 重過ぎる, 陣屋なりと, 陣屋を, 馬を

▼ 任する~ (22, 1.4%)

1 [22件] かこの, ことは, じゃて, ときは, とき又, ところの, にあらずや, に不, のみ, のみです, はと軽, わが身と, わと軽, 一女子の, 即心是仏, 子供は, 巳代吉の, 所夫れ, 楊柳的の, 浮草式生活の, 程に, 身こそ

▼ 任~ (21, 1.3%)

3 の日本府 2 の服屬, を根城

1 [14件] から帰化, など互に, になり, には古く, に日本府, に派遣, の国, の国号, の太宰, の我國, や新, を崇神天皇, を新, を鎮め

▼ 任有亭~ (13, 0.8%)

2 にゐた

1 [11件] から梅陽軒, との間, に入, に寄寓, に後期, に於, に来, は享保中僧, へ任有亭, より梅陽軒, 翌賦呈宣上人

▼ 任では~ (12, 0.8%)

4 ない 2 ありません, ないと 1 あるまい, どうにも調和, ないから, なかった

▼ 任~ (10, 0.6%)

4 と雖 2 と憲法 1 という朝命, という辞令, と遣る, 而し

▼ 任~ (9, 0.6%)

2 が朗詠集 1 には斉, の意, はゆゆしく, は中納言左衛門督, は元来学問詩歌, は悦んだ, を破顔

▼ 任でも~ (8, 0.5%)

2 ないが 1 あり良心, ないから, ないこと, ないのに, なしまた, なんでも

▼ 任という~ (8, 0.5%)

1 ところあり, のは, ものが, もので, 人は, 兄弟の, 老人に, 蜀の

▼ 任かす~ (7, 0.4%)

1 ことに, ことの, なア, のである, の外, やを, より仕方

▼ 任ずべき~ (7, 0.4%)

2 ことも 1 ものが, 両親に, 教師その, 文芸家もしくは, 肉親に

▼ 任~ (7, 0.4%)

1 なく武士, 位置も, 果てたので, 生け捕りに, 解かれては, 負けずに, 逃げながら

▼ 任~ (7, 0.4%)

4 の生活 2 の心持ち 1 はいかに

▼ 任かせる~ (6, 0.4%)

1 ことなんか, ことを, よりない, より外, んです, 気に

▼ 任ずる者~ (6, 0.4%)

1 で二重橋, は他, は学理, は誰, もあります, 蓋し端

▼ 任でない~ (6, 0.4%)

2 身のをの 1 といつ, と固辞, のです, のみならず

▼ 任教授~ (6, 0.4%)

1 か何, でドイツ人, となった, なの, の遠藤博士, をし

▼ 任かせた~ (5, 0.3%)

1 のも, もので, ような, 始末, 暢気な

▼ 任ずる人~ (5, 0.3%)

1 でない事, にし, に対しては私, の夫人令嬢等, もある

▼ 任ぜん~ (5, 0.3%)

1 か身心, その価直, と, とす, と欲する

▼ 任~ (5, 0.3%)

1 告げた, 就いて, 就けと, 着いた, 養子に

▼ 任三博士~ (5, 0.3%)

21 との, の絶讃, は余り

▼ 任土貢~ (5, 0.3%)

1 といいました, というもの, に売られる, をどうしても, を奉らない

▼ 任待遇~ (5, 0.3%)

1 だからと, と昇給, にする, になる, の先生

▼ 任重く~ (5, 0.3%)

2 途遠し, 道遠く 1 心軽し

▼ 任ずる所~ (4, 0.3%)

1 なれば, にし, に就, もまた

▼ 任として~ (4, 0.3%)

1 これを, 当然すぐさま捕手, 王の, 私等が

▼ 任には~ (4, 0.3%)

1 ゐて, 手勢どれほど, 打って, 諸葛瑾

▼ 任~ (4, 0.3%)

1 実に至, 山伏や, 重し, 重しだ

▼ 任三氏~ (4, 0.3%)

2 は大変 1 であるが, はその

▼ 任以上~ (4, 0.3%)

1 には政府, の地位, の官吏, までが腰弁

▼ 任~ (4, 0.3%)

1 が作り, が兵書, といふ人, は兵書

▼ 任~ (4, 0.3%)

1 である, は到底, は烏桓, は班超

▼ 任~ (4, 0.3%)

1 からくる, に身, の曝し, の河原

▼ 任~ (4, 0.3%)

1 にては一瀬, に赴いた, の模様, へゆきし

▼ 任ずる人々~ (3, 0.2%)

1 が新聞, は多少, 乃至は

▼ 任ずる政治家~ (3, 0.2%)

2 は伯 1 の繁忙

▼ 任とは~ (3, 0.2%)

1 どんな人物, 国守に, 汝よな

▼ 任なり~ (3, 0.2%)

1 テイン氏言へるあり, 下賤, 文芸

▼ 任にあたり~ (3, 0.2%)

1 各自家中から, 居住も, 氷河委員会との

▼ 任にあたる~ (3, 0.2%)

1 ひとは, 立場を, 自分の

▼ 任について~ (3, 0.2%)

1 大岡越前守忠相として, 庁に, 隠岐へ

▼ 任にも~ (3, 0.2%)

1 当たった, 現れたの, 當れるであらう

▼ 任三先生~ (3, 0.2%)

1 から郷里, は次第に, は私

▼ 任司祭~ (3, 0.2%)

1 がディーニュ, をあるいは, をほとんど

▼ 任~ (3, 0.2%)

1 から二百餘年, がいひ出した, といふ坊さん

▼ 任生員~ (3, 0.2%)

1 の小娘, はいなくなった, は娘

▼ 任~ (3, 0.2%)

1 が腰かけ, に挨拶, は穀物

▼ 任立政~ (3, 0.2%)

1 が陵, はさりげ, は陵

▼ 任~ (3, 0.2%)

1 と言, は, はこの

▼ 任ある~ (2, 0.1%)

1 汝な, 者じゃ

▼ 任かす可~ (2, 0.1%)

2 き者

▼ 任かせられ~ (2, 0.1%)

1 てあった, 長年月

▼ 任から~ (2, 0.1%)

1 外された, 雇員人夫にさえ

▼ 任さば一人~ (2, 0.1%)

2 の歎

▼ 任すれ~ (2, 0.1%)

1 ば事, ば鳥足

▼ 任ずべきもの~ (2, 0.1%)

1 にし, は個性

▼ 任ずる会津武士~ (2, 0.1%)

1 であった, は敵

▼ 任ずる男~ (2, 0.1%)

2 で欠かさず

▼ 任ずる賤者~ (2, 0.1%)

1 で杖, の称

▼ 任ずる鉄胤~ (2, 0.1%)

1 の方, は一切

▼ 任ぜよと~ (2, 0.1%)

1 儂に, 告げたと

▼ 任~ (2, 0.1%)

1 という, のと

▼ 任~ (2, 0.1%)

1 卯平がいふ, 神使と

▼ 任としては~ (2, 0.1%)

1 それだけに小心, 摂関家の

▼ 任なれ~ (2, 0.1%)

1 ども人間, ば宜

▼ 任によって~ (2, 0.1%)

2 心を

▼ 任ふと~ (2, 0.1%)

2 雖も

▼ 任また~ (2, 0.1%)

1 重し, 重しと

▼ 任主人~ (2, 0.1%)

1 か少なくとも, にならなくっ

▼ 任侍郎~ (2, 0.1%)

1 の妾, の家

▼ 任~ (2, 0.1%)

1 の兵, は討たれ

▼ 任宗任~ (2, 0.1%)

1 の二子, の子孫

▼ 任~ (2, 0.1%)

1 では, は倉奉行

▼ 任御用係~ (2, 0.1%)

1 という, となッ

▼ 任御用掛~ (2, 0.1%)

1 で月給四十円, を拝命

▼ 任~ (2, 0.1%)

1 に二宮女, の妻柳氏

▼ 任~ (2, 0.1%)

1 て永き, へて地方

▼ 任~ (2, 0.1%)

1 にし, 騰

▼ 任運自在~ (2, 0.1%)

1 の生活, 起きたい時

▼ 任那服屬~ (2, 0.1%)

2 の後

▼1* [194件]

あまりに多く, 任いったい何んでございましょう, 任えぬ次第である, 任かさず候故, 任かし去れ, 任かす富岡先生を十分, 任かせおくとそう, 任かせしようと思いまし, 任かせたら或は殺された, 任かせろと小意気, 任かせ出来ねえね, 任かせ切っていた, 任かせ成らずは御, 任かせ申してもよろしい, 任かも知れぬ, 任さされし時に, 任じゃアございません, 任ずべからざる, 任ずべきではなく, 任ずべきでありませんそれに, 任ずるあなたが出廬, 任ずるがんりきの地声, 任ずるこれらの作, 任ずるわれわれ日本人は武道, 任ずるサモア人の間, 任ずるファルケンボルグにこころよい, 任ずる上野介に心, 任ずる上野介義央が江戸城内, 任ずる事には此の度, 任ずる事内々思食し立つと, 任ずる人たちは過半どころ, 任ずる人達を罵る, 任ずる人間が口, 任ずる企業者事業に投下, 任ずる伝あにいです, 任ずる伝六親方がとうてい, 任ずる低級の使用人, 任ずる個人的作家でもわずか, 任ずる僕の自己犠牲, 任ずる内山がゐる, 任ずる千余人の薩摩, 任ずる国際または経済的方面, 任ずる土佐兵にし, 任ずる城代家老としては主, 任ずる外又支那政府, 任ずる大力の理想的荘厳, 任ずる奴は天下, 任ずる奴隷の意味, 任ずる妾の寓所, 任ずる学者は己, 任ずる専ならざれば, 任ずる将軍綱吉公はこの, 任ずる平子尚君の, 任ずる平田鉄胤のよう, 任ずる彼は海, 任ずる彼らの面目, 任ずる彼等が一攫千金, 任ずる心はなくし, 任ずる心持であったろう, 任ずる意である, 任ずる意気軒昂たる青春, 任ずる文芸家及び文学者諸君, 任ずる早乙女主水之介, 任ずる春廼舎主人の所説, 任ずる是等の作, 任ずる様やあるいは, 任ずる次第ではなく, 任ずる水滸伝的豪傑が寄っ, 任ずる沼南にあるまじき, 任ずる活神のご, 任ずる為政家の深い, 任ずる玄洋社の連中, 任ずる等のこと, 任ずる緑雨の眼, 任ずる義侠の白人, 任ずる義雄は家名, 任ずる者口に藉, 任ずる者漫に高壮, 任ずる諸君は宜しく, 任ずる謙信以来の上杉家, 任ずる身でそれほど, 任ずる軍人は自他共, 任ずる軍隊から殺される, 任ずる長州の志士たち, 任ずる陸海軍部隊および地方官憲, 任ずる高田文相はこの, 任ずれども給料, 任ず終る所を, 任ぜんことを主張, 任や, 任たる方々が, 任だけを任と, 任だったからである, 任だの奏任だ, 任だらうと飛んだ, 任であるがその, 任との連歌の, 任仕打である, 任なぞというヒョロヒョロ大名なんどは, 任などの記事が, 任ならんと, 任にでもなれる人, 任に対して功を, 任に当たる私は, 任ねた人も家庭, 任ねられる折とても, 任はじめ敵のとりこ, 任みたいになかなか, 任よりいと前, 任をば之から, 任をも打忘れ, 任セバ臣ハ恐ル, 任セルワダケドオ爺チャン, 任ゼズ自如トシテ以テ意, 任トシ強チニ小事ニ精シカラズ, 任トナシ其任ヲ遂グルヲ以テ我無上, 任トナスといひ, 任非ズト考エ, 任ハ万山ヨリ重シ, 任負フモノナリ, 任を負, 任三さんの語源類解, 任齊, 任二三等ぐらいの住居, 任二律の一, 任五等珍田捨巳等々について示せ, 任今日の言葉, 任吾恋の, 任何事之有, 任かどう, 任冷苞などこもごも, 任判事阪直人氏の宅, 任卿中納言を辞そう, 任原そちに異存, 任原関にはご, 任及びそれ以下の, 任さるべく取做, 任右中将兼加賀介建永元年二月二十二日叙従四下承元々, 任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 任右兵衛佐元久元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 任右近少将同二年正月五日正五下, 任司祭館と二百八十五, 任同行だつたの, 任に下, 任土ハ有ヲ貢シテ, 任という所, 任士田という人, 任大いに憤慨し, 任大臣の拝賀, 任に報じた, 任寛喜二年閏正月之例, 任卿書, 任に就い, 任当時は六等属, 任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 任後折にふれたる, 任の第, 任所長ともいふべきで, 任を行なわせた, 任錯雑の, 任教授待遇の講師, 任教諭は相応顔, 任日上人の句, 任亭, 任有亭者吾院之所有, 任未だ到らざるの, 任果てて京, 任権大納言三月六日にいた, 任が居た, 任満ちて都, 任滿ちて, 任申付るぞと, 任の代官所, 任立政らが胡地, 任立政ら三人であった, 任の人々, 任終ぢや, 任終って故郷, 任翻天台巾子峯に遊び, 任の注, 任茂張端等十余人各途, 任といふ男, 任蜀中の勇将呉懿, 任運無碍の三昧境, 任運蕩々の時間, 任し大, 任那人等は古く, 任那伽羅秦韓慕韓六國諸軍事, 任那国司として差し, 任那日本府を復興, 任那高麗百済の四つ, 任ふして, 任を定め, 任は教頭