青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「依然として~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~侍 侍~ ~供 供~ 供給~ ~依 依~ ~依っ 依っ~ ~依然として
依然として~
~依頼 依頼~ ~価値 価値~ ~価格 価格~ 侮辱~ 侯~ 便り~ ~便利

「依然として~」 1750, 19ppm, 6073位

▼ 依然としてその~ (36, 2.1%)

1 [36件] あッと, 了見が, 人の, 價値は, 儘であり, 兇暴さを, 勢いを, 勢力を, 名に, 声は, 外形に, 夫と, 女の, 威厳を, 形は, 循環論的な, 意味は, 態度を, 手懸りは, 指導的態度を, 日も, 熱が, 直観性, 真中を, 管領に, 系統に, 肖像画を, 膜が, 舊態を, 要領を, 象徴的生命を, 跡形も, 躍起の, 近づいて, 遺骸が, 鉤刺が

▼ 依然としてこの~ (19, 1.1%)

1 [19件] ソヴェート連邦の, 事件の, 人の, 反逆が, 同情とは, 地峡さながら, 小さいながらも, 形而上学の, 悟性的と, 方面にも, 曲の, 状態に, 生に, 解決済みの, 語を, 誤謬, 都會の, 野蠻な, 鼻に対して

▼ 依然として同じ~ (17, 1.0%)

1 [17件] こと, ことを, でありしかも, であり堅く, ものを, ような, 事である, 城壁の, 場所に, 存在を, 性情に, 沈黙に, 状態だ, 独逸も, 距離に, 運命を, 部族

▼ 依然として~ (11, 0.6%)

1 [11件] から眼, なの, には不愉快, には冷淡, には蟲, にもわからない, の内部, の心, の顔, は貧しく, を待ち

▼ 依然として不明~ (10, 0.6%)

2 であった, なわけ, のまま 1 です, ですわい, なので, なれば

▼ 依然として~ (10, 0.6%)

3 のまま 2 の通り 1 のところ, のま, の儘, の席, の立場

▼ 依然として存する~ (9, 0.5%)

4 に相違 1 にもせよ, のだ, は実に, 道理でありましょう, 間に

▼ 依然として存在~ (9, 0.5%)

4 して 2 するの 1 し居れり, すべきである, は飽くまで

▼ 依然として旧態~ (9, 0.5%)

2 を改めざる 1 にとどまるべき, に止まろう, をあらためぬ, を存, を守り, を更め, を脱し切れない

▼ 依然として~ (8, 0.5%)

2 君であった 1 いよさんが, よろしくない, 君だった, 妙からは, 続けに, 露に対しては

▼ 依然として~ (8, 0.5%)

1 かかい, のこと, のしだら, の人影, の信号, の反響, の得る, の物音

▼ 依然として~ (8, 0.5%)

2 と同じ 1 にいた, の仮定, の女流画家, の結論, 外相の, 資本主義的段階に

▼ 依然として~ (8, 0.5%)

1 が想像, に便利, の心, の體, は一人っ子, を凝視, を招ぐ姿, を見据えた

▼ 依然としてもと~ (7, 0.4%)

1 のとおり, のペン, の下級, の位地, の席, の所, の才人

▼ 依然として微笑~ (7, 0.4%)

1 しいしい古木書記, した, しながら, をやめなかった, を含み, を含ん, を続けた

▼ 依然として~ (7, 0.4%)

2 のまま 1 と同じ, の名所絵, の夢, の自己, の通り

▼ 依然として立っ~ (7, 0.4%)

3 ていた, ている 1 ていなけれ

▼ 依然として~ (6, 0.3%)

1 こうして認め, でも心, に臙脂, は枕もと, も各自, より約

▼ 依然として同一~ (6, 0.3%)

2 であろう 1 であるならば, である限り, なの, の名目価値

▼ 依然として~ (6, 0.3%)

1 であるという, なる現実, 掾に, 海人の, 酒を, 雨中に

▼ 依然として~ (6, 0.3%)

1 に異ならず, のフランス, の平民, の通り, 様をと, 説を

▼ 依然として~ (6, 0.3%)

1 だ, であった, である, である以上, のまま, の様

▼ 依然として静か~ (6, 0.3%)

1 であった, でありそこ, である, で無言, なまま, なハッキリ

▼ 依然としてそのまま~ (5, 0.3%)

1 であった, なの, なん, の謎, 実在である

▼ 依然としてそれ~ (5, 0.3%)

1 からもつづけられた, より先, をそのまま, を生産, を読まない

▼ 依然として~ (5, 0.3%)

1 が悪い, は利かなかった, をきかない, を開かなかった, を開かなかつた

▼ 依然として変り~ (5, 0.3%)

2 がない 1 がなく, はなかっ, はなく

▼ 依然として太古~ (5, 0.3%)

3 のま 1 さながらの, のまま

▼ 依然として~ (5, 0.3%)

4 して 1 し遺物遺墨

▼ 依然として自分~ (5, 0.3%)

1 だけは人, というもの, の誤解, は嚢, は西廻航路

▼ 依然としてここ~ (4, 0.2%)

1 で同じ, にある, におい, に栄えました

▼ 依然としてなお~ (4, 0.2%)

1 お寺との, 匹夫の, 残って, 陥ちずに

▼ 依然として一つ~ (4, 0.2%)

1 の企業, の図式, の客観的存在たる, の部落

▼ 依然として~ (4, 0.2%)

1 に向いた, を向いた, を向き, 積に

▼ 依然として不快~ (4, 0.2%)

2 の情 1 なので, に違い

▼ 依然として二人~ (4, 0.2%)

1 であった, の間, を接近, を見おろし

▼ 依然として~ (4, 0.2%)

1 の住める, の眼, を小馬鹿, を掻き分け

▼ 依然として仕事~ (4, 0.2%)

1 に頼まれなかった, のこと, の手, をし

▼ 依然として先生~ (4, 0.2%)

1 に会い, に心服, の文章, を見つめた

▼ 依然として其の~ (4, 0.2%)

1 形式を, 形骸を, 昔覺悟まで, 色を

▼ 依然として国民~ (4, 0.2%)

1 の一半, の上, の文化常識, の最大

▼ 依然として~ (4, 0.2%)

4 の底

▼ 依然として彼女~ (4, 0.2%)

1 の前, は無知, をきわめて, を愛し

▼ 依然として必要~ (4, 0.2%)

1 である, であろう, なこと, なもの

▼ 依然として~ (4, 0.2%)

2 の通り 1 のペン, の所

▼ 依然として日本~ (4, 0.2%)

1 に於ける, の奇怪, の文芸評論界, の海岸

▼ 依然として無言~ (4, 0.2%)

3 のまま 1 である

▼ 依然として照つて~ (4, 0.2%)

4 居た

▼ 依然として生き~ (4, 0.2%)

2 ている 1 ていた, てゐる

▼ 依然として~ (4, 0.2%)

2 から真直 1 である, は曇った

▼ 依然として~ (4, 0.2%)

1 うごきだに, うごきも, の構, を以て世

▼ 依然として重大~ (4, 0.2%)

1 なカテゴリー, な問題, な基調, な意義

▼ 依然として黙っ~ (4, 0.2%)

4 ていた

▼ 依然としてある~ (3, 0.2%)

1 が厭, のに頭, ものであり

▼ 依然としてじっと~ (3, 0.2%)

1 して, イワン, 通りの

▼ 依然としてそう~ (3, 0.2%)

1 であるだろう, なの, 細くなっ

▼ 依然としてどこ~ (3, 0.2%)

1 からも耳, にもひと, の何某

▼ 依然としてやはり~ (3, 0.2%)

1 社会主義者だ, 花聟の, 詩人の

▼ 依然として不安~ (3, 0.2%)

1 だった, で今, の状態

▼ 依然として五里霧中~ (3, 0.2%)

1 だから, のここち, の裡

▼ 依然として今日~ (3, 0.2%)

2 の如く 1 の如け

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

1 にある, の武士, を拘束

▼ 依然として傘入~ (3, 0.2%)

3 の中

▼ 依然として内部~ (3, 0.2%)

2 に纏綿せり 1 にもっ

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

2 ていた 1 て来ない

▼ 依然として呉下~ (3, 0.2%)

1 の旧, 蒙たる, 蒙たるなり

▼ 依然として変る~ (3, 0.2%)

2 所の 1 もので

▼ 依然として多く~ (3, 0.2%)

1 の詩派, 小さなこの町, 西洋から

▼ 依然として少し~ (3, 0.2%)

1 の油断, の疑ひ, も動く

▼ 依然として屋内~ (3, 0.2%)

2 は静か 1 からは何ん

▼ 依然として平和~ (3, 0.2%)

2 に暮らし 1 か戦争

▼ 依然として幸福~ (3, 0.2%)

1 であった, であつ, でした

▼ 依然として彼ら~ (3, 0.2%)

1 は全く, は彼ら, は救済

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

1 にある, を弛めなかった, を拡げた

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

3 解決の

▼ 依然として残つて~ (3, 0.2%)

1 ゐるけれども, ゐると, 居た

▼ 依然として殘つて~ (3, 0.2%)

1 いて, ゐる, ゐれば

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

1 のよう, の如く瞑想, をこつこつ

▼ 依然として空虚~ (3, 0.2%)

1 であった, な廃屋, の自分

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

1 に残っ, のところ, を折つて

▼ 依然として葉子~ (3, 0.2%)

2 を見つめ 1 を見守っ

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

2 である 1 の住ん

▼ 依然として變ら~ (3, 0.2%)

1 じ, なかつた, なかつたが

▼ 依然として身動き~ (3, 0.2%)

1 が出来なかった, もしない, もせず立ちし

▼ 依然として返事~ (3, 0.2%)

1 がない, がなかっ, をしない

▼ 依然として長く~ (3, 0.2%)

2 密に 1 垂れたまま

▼ 依然として降っ~ (3, 0.2%)

3 ていた

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

2 の中 1 の底

▼ 依然として~ (3, 0.2%)

1 が出, を垂れ, を振った

▼ 依然として黒い~ (3, 0.2%)

2 星で 1 者が

▼ 依然としてあの~ (2, 0.1%)

1 枯葉同様の, 老人は

▼ 依然としておす~ (2, 0.1%)

1 がのもと, がの許

▼ 依然としてきわめて~ (2, 0.1%)

1 つまらぬもの, 重要な

▼ 依然としてこっち~ (2, 0.1%)

1 の顔, を向い

▼ 依然としてすこし~ (2, 0.1%)

2 も変らなかった

▼ 依然としてそこ~ (2, 0.1%)

1 にある, にいた

▼ 依然としてつづい~ (2, 0.1%)

1 ています, てゐる

▼ 依然としてにやにや~ (2, 0.1%)

1 する, で

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 つそつ床, 上からの

▼ 依然としてほとんど~ (2, 0.1%)

1 何物も, 同一であるなら

▼ 依然としてゐる~ (2, 0.1%)

1 から駄目, のである

▼ 依然として一人~ (2, 0.1%)

1 は後, は追い迫った

▼ 依然として一方~ (2, 0.1%)

1 では主観的事実, の雄

▼ 依然として一種~ (2, 0.1%)

1 の形式論理学, の珍奇

▼ 依然として不可解~ (2, 0.1%)

1 に思われた, に残され

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 を持続せり, を覚らない

▼ 依然として人格上~ (2, 0.1%)

2 の一問題

▼ 依然として以前~ (2, 0.1%)

1 と同一, の調子

▼ 依然として低く~ (2, 0.1%)

1 あります, あるかぎり

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 の愛らしき, は常に

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

2 向いたまま

▼ 依然として傲慢~ (2, 0.1%)

1 なる敵, な態度

▼ 依然として元気~ (2, 0.1%)

2 だね

▼ 依然として先刻~ (2, 0.1%)

2 の鼠

▼ 依然として公衆瞻仰~ (2, 0.1%)

2 の標目

▼ 依然として六尺~ (2, 0.1%)

2 の障子

▼ 依然として冷たい~ (2, 0.1%)

2 壁が

▼ 依然として冷静~ (2, 0.1%)

1 なるが, に構え

▼ 依然として処女~ (2, 0.1%)

1 と童貞, のまま

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 を保っ, を保つ

▼ 依然として動揺~ (2, 0.1%)

1 した心持, を継続

▼ 依然として区別~ (2, 0.1%)

1 されて, せられた

▼ 依然として問題~ (2, 0.1%)

1 でありますの, なの

▼ 依然として在来~ (2, 0.1%)

1 のもの, の関係

▼ 依然として変らない~ (2, 0.1%)

1 でいる, 彼である

▼ 依然として変らぬ~ (2, 0.1%)

1 木立と, 美しさ

▼ 依然として変わらない~ (2, 0.1%)

2 のである

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 のまま, の光

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 でも見, を食つて

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 を睨み付けた, を軽蔑

▼ 依然として威厳~ (2, 0.1%)

2 を保ち

▼ 依然として実存~ (2, 0.1%)

1 し随つて其内閣, するに

▼ 依然として容易~ (2, 0.1%)

1 なもの, に異

▼ 依然として實存~ (2, 0.1%)

1 し隨つて其内閣, するに

▼ 依然として居る~ (2, 0.1%)

1 そして其の, のまでが

▼ 依然として屈伏~ (2, 0.1%)

1 しないこと, しないばかりか

▼ 依然として山野~ (2, 0.1%)

1 に河海, に鳥獸

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 につい, に横たわった

▼ 依然として強く~ (2, 0.1%)

1 垂れたズツク, 張りだし握力

▼ 依然として彼等~ (2, 0.1%)

1 に對, は木

▼ 依然として微動~ (2, 0.1%)

1 さえもしませんでした, だに

▼ 依然として忙しく~ (2, 0.1%)

1 働いて, 活気に

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 がない, がなかっ

▼ 依然として意識~ (2, 0.1%)

1 の契機, もなく

▼ 依然として我々~ (2, 0.1%)

1 が夢, の心

▼ 依然として或いは~ (2, 0.1%)

1 最近の, 益々厚い

▼ 依然として承知~ (2, 0.1%)

2 しない

▼ 依然として抜き身~ (2, 0.1%)

1 をひっさげ, を下げた

▼ 依然として挨拶~ (2, 0.1%)

1 に困った, をせず

▼ 依然として改善~ (2, 0.1%)

1 されたる特殊部落, の跡

▼ 依然として放心~ (2, 0.1%)

1 したよう, の様

▼ 依然として新しい~ (2, 0.1%)

1 刺激を, 知識であります

▼ 依然として明らか~ (2, 0.1%)

2 にせられ

▼ 依然として星氏~ (2, 0.1%)

2 の手中

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 の月, を乏しく

▼ 依然として普通~ (2, 0.1%)

1 の如く食, の如く食った

▼ 依然として暗夜~ (2, 0.1%)

1 のあり, のごとくである

▼ 依然として有為多望~ (2, 0.1%)

2 なの

▼ 依然として朝湯~ (2, 0.1%)

2 を焚く

▼ 依然として森閑~ (2, 0.1%)

1 とし, とした

▼ 依然として止まず~ (2, 0.1%)

1 その間を, 一日一メートルくらい

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 の, の生

▼ 依然として残っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て居りました

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 なるべし, の中

▼ 依然として江戸以来~ (2, 0.1%)

2 の暗い

▼ 依然として洋卓~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 依然として浮世絵在来~ (2, 0.1%)

2 の人物画

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 依然として液体~ (2, 0.1%)

1 のま, の水

▼ 依然として無表情~ (2, 0.1%)

1 な強直, な眼付き

▼ 依然として照っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て居た

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 からは, は昨夜

▼ 依然として猛烈~ (2, 0.1%)

1 なフィリッピクス, なフイリツピクス

▼ 依然として現在~ (2, 0.1%)

1 の資本的経済組織, も居る

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

2 の住民

▼ 依然として異状~ (2, 0.1%)

2 なき健康

▼ 依然として疑惑~ (2, 0.1%)

1 でさらに, と不安

▼ 依然として癒ら~ (2, 0.1%)

2 ないから

▼ 依然として発展~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 依然として皇帝~ (2, 0.1%)

2 の人格

▼ 依然として益々~ (2, 0.1%)

1 殖える一方, 組織的発育を

▼ 依然として相当~ (2, 0.1%)

1 の速度, の集書

▼ 依然として真暗~ (2, 0.1%)

1 であったが, である

▼ 依然として瞬き~ (2, 0.1%)

2 もせず

▼ 依然として立ち~ (2, 0.1%)

1 たり, 攫者は

▼ 依然として笑っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 一報を, 二次的に

▼ 依然として精神~ (2, 0.1%)

1 の直接的表現, は衝動

▼ 依然として経済~ (2, 0.1%)

1 であり主義, に関する問題

▼ 依然として継続~ (2, 0.1%)

1 して, するが

▼ 依然として続い~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

2 の中心

▼ 依然として自己~ (2, 0.1%)

1 の立場, の運命

▼ 依然として自由~ (2, 0.1%)

1 であること, を缺

▼ 依然として苦しい~ (2, 0.1%)

1 がどうも, 生活の

▼ 依然として落ち~ (2, 0.1%)

1 てくる, て来る

▼ 依然として落ち付い~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 依然として行われ~ (2, 0.1%)

1 つつあり, ていた

▼ 依然として見えなかった~ (2, 0.1%)

2 が牀

▼ 依然として許諾~ (2, 0.1%)

2 の意

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 りは, ること

▼ 依然として象徴詩~ (2, 0.1%)

2 の時代

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 俗物である, 自然的である

▼ 依然として身体~ (2, 0.1%)

1 は丈夫, を逆さ

▼ 依然として遠く~ (2, 0.1%)

1 に見え, に釘

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 にひたつた, を浴びる

▼ 依然として重い~ (2, 0.1%)

1 荷に, 軛を

▼ 依然として金八~ (2, 0.1%)

2 の背後

▼ 依然として銀色~ (2, 0.1%)

2 に凍っ

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

2 には絶えぬ

▼ 依然として閉された~ (2, 0.1%)

1 ま, ままであった

▼ 依然として開け放され~ (2, 0.1%)

1 ているで, てはいない

▼ 依然として陣地~ (2, 0.1%)

1 から一歩, である

▼ 依然として険しい~ (2, 0.1%)

2 感情を

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 に聳え, の柱

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 な寝息, な調子

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 に加えた, を支え

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 を伏せた, を暗く

▼ 依然として~ (2, 0.1%)

1 の汗, の頭

▼1* [1028件]

依然としてあたりを憚ら, 依然としてて児島, 依然としていたが奉行所, 依然としていつ万年筆と, 依然としてぉううぉうとひびいていたよ, 依然としてうつむいたままである, 依然としてうららかな春, 依然としてうるさい暗闇の, 依然としてえたいの知れぬ, 依然としておおいに茂り栄えて, 依然としておちついていた, 依然としておとなしく寝て, 依然としておなじ方向へ, 依然としてお許しがなく, 依然としてはらない, 依然としてかかる支配者の, 依然としてーが, 依然としてきのうも今日, 依然としてぎごちなくリズム, 依然としてぎらぎらと光っ, 依然としてこちらを見, 依然としてこの世に生きる, 依然としてこの小さな活動の, 依然としてさつきのま, 依然としてざぶりざぶりと水を押し分け, 依然としてしなやかに指, 依然としてしょんぼりとうなだれた, 依然としてすうすう寝, 依然としてそういう小家が, 依然としてそうした私の, 依然としてそここことなく, 依然としてそして又愈々被, 依然としてそれらは最も, 依然としてそれ等金銭をあつかう, 依然としてそんなもんでしょう, 依然としてただ民政署だ, 依然としてだまっている, 依然としてだらりと横, 依然としてちゃぶりちゃぶりと階律, 依然としてつけていた, 依然としてつまらぬ儘に, 依然としてできるような, 依然としてとり除かれてゐない, 依然としてどんなにつよいかという, 依然としてどんより曇って, 依然としてないのです, 依然としてなでるように, 依然としてなほ今日國民の總力, 依然としてなるほどなる, 依然としてのさばってい, 依然としてのっそりと居る, 依然としてのどかな声, 依然としてはしはしした, 依然としてはなはだしき貧富の, 依然としてはなはだしく印度人は, 依然としてひそかに巷, 依然としてひっそりして, 依然としてひとつところで狂い廻っ, 依然としてひどいもので, 依然としてふところ手のまま, 依然としてぼろを着た, 依然としてぼしそう, 依然としてますます深刻に, 依然としてまだ叔父秀吉の, 依然としてむかしの廃語, 依然としてむずかしくそうし, 依然としてもがいている, 依然としてもどっては來, 依然としてやめずに扉, 依然としてゆたかな微笑, 依然としてより稀少な, 依然としてよろしくない啓明会, 依然としてわが格式に, 依然としてわれわれにはわからない, 依然としてつた, 依然としてアリアリと見え, 依然としてイデオロギーの資格, 依然としてウォンステッドにいた, 依然としてカツフエ・パウリスタのテエブル, 依然としてクリストフを憎まなかった, 依然としてグミを茱萸, 依然としてコロムビアのカペエ四重奏団, 依然としてタッタ一人で宇宙間, 依然としてダンチョンだけは気絶, 依然としてツウラ沼なる名称, 依然としてドイツ流の直訳, 依然としてドイツ的現実の貧弱さ, 依然としてドス黒いかたまり, 依然としてニヤニヤのまま, 依然としてニヤリニヤリと笑い, 依然としてヌックと立った, 依然としてノロノロ歩いて, 依然としてハッキリして, 依然としてバタバタだ, 依然としてヒスパニオーラ号の船跡, 依然としてフェア・ウェザーとセント・エリアス, 依然としてフランスの画帖, 依然としてブルジョア社会の政治的, 依然としてプトレミーの考え, 依然としてプロメシュースでいる, 依然としてホームズを軽蔑, 依然としてポンプの如く, 依然としてマスコットを失わず, 依然としてメンシェヴィキの権威, 依然としては通俗的, 依然として一個の世界観, 依然として一刻前と少し, 依然として一向に実が, 依然として一夫多妻が行われ, 依然として一年の他, 依然として一度も無かっ, 依然として一座の岩, 依然として一時的の小舎がけ, 依然として一本の桜, 依然として一枚の額, 依然として一生涯を郡内, 依然として一般的に人民戦線, 依然として丁髷を墨守, 依然として七月の盆, 依然としての目, 依然として三四郎を待ち設けた, 依然として三河色だ, 依然として三百年前の遺跡, 依然として三角同盟の制裁, 依然として三間ばかりを遠のいた, 依然としてから見下し, 依然として上半身を傾け, 依然として下々段にかまえ, 依然として下宿で暮らす, 依然として落を, 依然として不動であり燈, 依然として不可能で結局, 依然として不味い蕎麥打つ, 依然として不変でありそして, 依然として不当に少く, 依然として不愉快なこと, 依然として不振の状態, 依然として不朽それに対して人間, 依然として不気味な空気, 依然として不穏文書出版物は後, 依然として世界を睨みつける, 依然として世論の機関, 依然として並んで歩い, 依然として中段と中段, 依然として丹生川平のこの, 依然として主人の許, 依然として主税は無言, 依然として主義の為め, 依然として久米正雄です, 依然として九州の南部, 依然として争ってゐた, 依然として事実であろう, 依然として二つのもの, 依然として二条派和歌の調子, 依然として五六寸の長, 依然として京都四条坊門空也堂紫雲山光勝寺の門流, 依然として人家さえ視界, 依然として人工重力装置が働い, 依然として人気のない, 依然として人間にまじっ, 依然として人類社会の発達, 依然として今になほ原始の, 依然として仏頂面をし, 依然として他日の報復, 依然として付近のもの, 依然として伊達を疑つ, 依然としてはつて, 依然として低いままに, 依然として低落の兆, 依然として住めるが如し, 依然として住居すること, 依然として佐治君との接近, 依然として何んの得る, 依然として何百里の山河, 依然として余り楽にもならず, 依然として佛間に閉じ籠っ, 依然としての執事, 依然としてを離れ, 依然として俛首れた儘遂, 依然として保持して, 依然として保証されずおまけ, 依然として信仰の霊, 依然として信玄在世の頃, 依然として修築されない, 依然として俯向になってる, 依然として俳句のみを見, 依然としての眼, 依然として個人的な意識, 依然として個人的意識の概念, 依然として健全な科学的良識, 依然としてでこれ, 依然としてには不可能, 依然として僕たちを結び合わせ, 依然として優しい柔和な, 依然として兄さんの手, 依然としてが吟味, 依然として入口の柱, 依然としてロンドンを, 依然として全身が硬直, 依然として全速力で航続, 依然として六〇でありすなわち, 依然として六千万円程度であり軍事費, 依然として六塵の巷, 依然として其上を流れ, 依然として其焼失がそれ程, 依然として具体的にはならぬ, 依然として内心では自由主義, 依然として写実を乗り越す, 依然としてのもの, 依然として冷戦の状態, 依然として冷淡な待遇, 依然として冷笑して, 依然として冷遇される旧態, 依然として凄いの, 依然として凝り固って, 依然として凝るか, 依然としてを構え, 依然として分らぬのだ, 依然として切明けが続い, 依然として切組に止まった, 依然として初心な若, 依然として判官の心証, 依然として判明せぬ焦燥さ, 依然としてなもの, 依然として利用すべきもの, 依然として前方の空, 依然として前記の額, 依然としてちょろの, 依然として副文のまま, 依然としてに向かない, 依然として動かうとはしない, 依然として動かしつづけている, 依然として動かずにいる, 依然として動作す, 依然として勝れなかったにも拘らず, 依然としてよく溯つ, 依然として勢力を占め, 依然として勤労する者, 依然として勤勉な春風楼, 依然として包蔵して, 依然として化物屋敷であります, 依然として北大陸ツングースの方, 依然として北斎は貧乏, 依然として匪賊の絶え間, 依然として十八世紀の古い, 依然として南シナ海インド洋および太平洋, 依然として南京虫は出なかつた, 依然として単なる多数に, 依然として単純なる文筆業者, 依然としてのまま, 依然として原始の土地, 依然として原始的である処, 依然として原理的でなければ, 依然として又は愈々以, 依然として双方共真である, 依然として反り身になっ, 依然として反動的な批評, 依然として反対します, 依然として反応を呈する, 依然として取残されていた, 依然として口腔外科へは週, 依然として古い古い柳の, 依然として古音を保存, 依然としての結果, 依然として合点のいかぬ, 依然として合理的な概念, 依然として向うを向い, 依然として君権主義のもの, 依然として君江は驚かない, 依然として君臨して, 依然として吹きつづけ来るべき船は, 依然として呆れ返ったトボケた, 依然として周囲の軽蔑, 依然として和まないのを, 依然として和解を主張, 依然として哀れな今村, 依然として唯物論の友, 依然として商人の手, 依然として善意に拘泥, 依然として嘗て喜びしもの, 依然としてをつく, 依然として器械台に喰いつい, 依然として四五間の距離, 依然として四辺は月, 依然として囲んでゐる, 依然として囲炉裏の焚き, 依然として固い土に, 依然として固かった, 依然として固くさしもの, 依然として国文及び漢文, 依然として國史界を支配, 依然として國學者流の圈套, 依然としてである, 依然として土曜日になる, 依然として土豪の領有, 依然としてつても, 依然として地中に残り, 依然として地平線の上, 依然として坂田であ, 依然として坐ったまま黙りつづけ, 依然として坐つてゐる, 依然としてから上がっ, 依然としてを抜け出し, 依然として城中大奥にいる, 依然として執念深くつきまとうよう, 依然として執拗な処, 依然として基督じみた憂鬱, 依然として堅く口を, 依然としてに懸っ, 依然としてが出ない, 依然として変えない所の, 依然として変じないといっ, 依然として変らざりしかどもそれ, 依然として変わらなかったであろうしその, 依然として変わらぬから各, 依然として夏休み前の通り往来, 依然としてからの指導, 依然として外廊下の石柱, 依然として多数原理が大衆, 依然として多量の排外的感情, 依然としては黒, 依然として大きいのだ, 依然として大きな口を, 依然として大切なの, 依然として大胆に艶, 依然として大西洋の航行, 依然として大阪及び西方, 依然として大隊であり傭兵, 依然としてを眺め, 依然として天下無双でしょう, 依然として天地に充ち, 依然として天気模様は好く, 依然として天皇の特権, 依然として十に, 依然として太古水は依然として, 依然として失われていない, 依然として失業しつつ, 依然として女らしい声と, 依然として女房のナースチャ, 依然として奴隷関係の旧態, 依然として印象を, 依然として妊娠する様子, 依然としてと恩, 依然としてを抱え, 依然として婦人を第, 依然として婦人解放論者の最も, 依然として婦人道徳の限界, 依然として子供のやう, 依然として存在上存在と直接, 依然として存立し草, 依然として孝行ができません, 依然として孤城落日のあばた, 依然として宇宙間に存在, 依然として安らかに眠っ, 依然として安全剃刀の刃, 依然として完全であり彼, 依然として宏大な屋敷, 依然として官兵衛以上の太胆, 依然として実に少ない, 依然として実感が湧かない, 依然として害されず自らの, 依然として家屋内に於ける, 依然として宿長の邸, 依然として寂しいけれど今, 依然として寂寞たるところ, 依然として寒く街路に, 依然として寒帯文明の範疇, 依然としてていた, 依然として寝台のぐるり, 依然として寝坊をする, 依然として寸断の行為, 依然として対岸にあった, 依然として寿子を蚊帳, 依然として封建時代からの伝統, 依然として専門教育の師範教育的縮小逓減, 依然として尊厳なる国体, 依然として尊敬を博し, 依然として小さい蜘蛛一匹の, 依然として小使で, 依然として小刀の先, 依然として小径なの, 依然として小説に止まる, 依然として少なくとも自分に関する, 依然として少数の孤高, 依然として就床しいるもの, 依然として尾山清之助であ, 依然として尾張中村の貧農, 依然として屈服遊ばす色, 依然として屋根の上, 依然として展望的な期待, 依然として展開して, 依然として山谷に住居, 依然として岡っ引きなの, 依然としてと本土, 依然として崩さないままジョージの, 依然として左側に流れ, 依然として左右田経済哲学に外, 依然として左岸に通じ, 依然として左様なもん, 依然として左膳の手, 依然として巴渦を巻い, 依然として市井の一豎子, 依然として帰ってこない, 依然として常に種子なり, 依然として幕府だ, 依然として社員の, 依然として平板卑俗なもの, 依然として平穏な日, 依然として広がっている, 依然として広告されて, 依然として引っきりなしに, 依然として張飛は酒, 依然として強い女であった, 依然として弾いている, 依然として当てられた児が, 依然として当局の調査続行中, 依然として彼処に係っ, 依然として彼我の境, 依然として彼方の船, 依然として彼等生前の情慾, 依然としてにのこる, 依然として後向きになっ, 依然として徒食する人達, 依然として従来の指導的態度, 依然として従来通りの態度, 依然として御用を聞かせ, 依然として復興期以前の状態, 依然として微々たる有様である, 依然として微熱は取れない, 依然としては夢中, 依然として心情の気分, 依然として心臟のうえ, 依然として心身明朗たるを, 依然として志賀直哉が主観的, 依然として忠実だ, 依然として忠實に働い, 依然として快活である, 依然として怒号を続け, 依然として思い出す事が, 依然として思案外史石橋氏の居, 依然としてだ, 依然として急ぐ小説を, 依然として怪物のよう, 依然として恋しく思う人, 依然として恋愛面は暗闇地獄, 依然として恐ろしい暗はそこ, 依然としてなく存在, 依然として恢復の徴候, 依然として恥ずかしそうに, 依然として悟性の段階, 依然として悠々たるもので, 依然として悠長なもの, 依然としてである, 依然として悪いがうまく, 依然として悪かったが, 依然として悪事の頭目, 依然として悪臭に満ち, 依然として惜しかったと, 依然としてを恥づる, 依然として惡口を止めなかつた, 依然として惨落の一途, 依然として想像もつかない, 依然として愚民の心天, 依然として愛されたいと願うべきである, 依然として愛玉只がある, 依然として感じつづけていた, 依然として感じられている, 依然として態度を崩さなかった, 依然として憑かれた者の, 依然として懐かしいものでありました, 依然としてつてゐた, 依然として懸かっている, 依然として懸っていた, 依然としてによって動い, 依然として我が血筋に, 依然として我彼は依然として, 依然として我毛利先生がまるで, 依然としてる特殊, 依然として或は妖艶に, 依然として戦争のさなか, 依然として戦闘機であるとも, 依然としてのそば, 依然としてを異に, 依然として所謂形式論理学と全く, 依然として手欄に身, 依然として手続き中ですから, 依然として抗戦しつづけて, 依然として抽象の歩, 依然として拘泥して, 依然として拝啓失敬申し候えどもという, 依然として持ちまえの才能, 依然として持っている, 依然として立小屋な, 依然として措定であり続ける, 依然としてわれぬ限り, 依然として支配人の令嬢, 依然として支配階級の手, 依然として政党と利害, 依然として政治を支配, 依然として政治運動によって人心, 依然として政界の影武者, 依然として政黨と利害, 依然として救いを求め, 依然として散漫なもの, 依然としてに占領, 依然として文化主義者らしく又, 依然として文化批判という目標, 依然として文学と呼ぶ, 依然として文明進歩の遲, 依然として文芸の発達上効力, 依然として平民もしくは, 依然として新たに刊行, 依然としての心, 依然として日傘をかざし, 依然として日出而作日入而息, 依然として日刊と並行, 依然として日常的概念としての性格, 依然として日本新劇運動の最大, 依然として旧い論争を, 依然として旧套を脱せず, 依然として旧式の親分乾分, 依然として旧式聴診器に耳朶, 依然として旧時の状態, 依然として旧来の道徳, 依然として旧観を革めず, 依然として明るければ軒先, 依然として昔ながらの野ら猫, 依然としては乱れ飛ぶ, 依然として昨夜のごとく, 依然としてとも夜, 依然として時間をすぎ, 依然として悒な, 依然として暗い中に, 依然として暗かった, 依然として暗がりに静まり返る, 依然として暗く大きく見えた, 依然として暗澹たるもの, 依然として暗黒である前後, 依然として暢気そうに頸, 依然として暴力主義の迷夢, 依然として曇つて居るが, 依然として曖昧な微笑, 依然として最も重要である, 依然としてに何度, 依然として月給は上らず, 依然として朝まだきの郵便箱, 依然として朝飯夕飯のたび, 依然として朦朧と立つ, 依然として木の下で罵っ, 依然として木村項の知られざる, 依然として木蘭の花, 依然として未決監に蟠踞, 依然として未知の世界, 依然として國中心主義である, 依然としてに向, 依然として東海道線の寝台車, 依然として松浦頼母の屋敷, 依然としてを離れられない, 依然として枕許の台, 依然として枯れたやうに, 依然として枯木林の間, 依然としてに倚, 依然として栄えている, 依然として校讐の業, 依然として梯子が懸け, 依然としてが立っ, 依然として植物性の静か, 依然として極めて高い, 依然として構造上内向型であるといふ, 依然として樗牛はうそつき, 依然として権力者であった, 依然として横隔膜から下, 依然として櫛名田姫の面影, 依然としてに詠まれる, 依然として歌舞伎の舞台, 依然として歌舞音曲にふけっ, 依然として歐洲人から世界, 依然として歓喜であり悲しみ, 依然として止っている, 依然として武蔵の影, 依然としては餅, 依然としてのよう, 依然として死骸の如く動かぬ, 依然として残ったのである, 依然として残つている, 依然として残るわけだ, 依然として残存する, 依然として残液中に存, 依然としてしたばかりか, 依然として殺伐な北声, 依然としてと藤尾, 依然として毎月一日に, 依然として毛布から大きな, 依然として民衆の力, 依然として民衆的な宣伝力, 依然として気の毒である, 依然として気持のいい, 依然として気高いのである, 依然として水の上に迷っ, 依然として水びたしだったが, 依然として水滴でいる, 依然としてをかけた, 依然としてを垂らし, 依然としてない小舎, 依然として決定論を支持, 依然として沈黙を守っ, 依然として没批判的であること, 依然として治らないことだった, 依然として泰然自若舟はジリジリ, 依然として泰軒はうごかない, 依然として洗濯を他, 依然として活躍して, 依然として流れに向っ, 依然として流れることを, 依然として流動して, 依然として流通して, 依然として浪花節を好ん, 依然として浮かぬ様子を, 依然として浮かれ人の, 依然として浮き沈みして, 依然として海岸は来なかった, 依然として消えたままで, 依然として消えないのです, 依然として消え去りはしなかった, 依然として淋しそうな, 依然として淋しかろう, 依然として淑やかな態度, 依然として深かった, 依然として混雑を極め, 依然として渋紙面である, 依然として減少すること, 依然として減退しなかったので, 依然としてを窮せしむ, 依然として渾沌たる性的関係中, 依然として満月のよう, 依然として源氏の掌中, 依然としてせず, 依然として演劇時代の転換, 依然として澄んだ目つきを, 依然として激しく他方において, 依然として濛々とゆれ, 依然として濛気と昆虫霧, 依然としてもない, 依然として火の車なの, 依然として火柱は立っ, 依然としてがつい, 依然としてをあげ, 依然として烈しく咫尺を, 依然として無人の境, 依然として無名の會, 依然として無慈悲に輝い, 依然として無能無力に鎖, 依然として無関心なるアウレリウス, 依然として無限であるので, 依然として熊谷のこと, 依然として熟睡して, 依然としてを持つ, 依然として熱心に論議, 依然として爛れて居つ, 依然として爾来悠久な, 依然として片山さんを第, 依然として足らぬかも, 依然として物質的不遇な作家, 依然として犯人の顔, 依然として狂言作者の手, 依然としてを見つめた, 依然として独り癡を守る, 依然として独り者で詩, 依然として独り言の癖, 依然として独立の心, 依然として独身生活を続け, 依然として狭山以外のもの, 依然として狭義の又, 依然として王師に反抗, 依然としてを延べた, 依然として現代の巴里尖端人, 依然として現存する, 依然として現実を信頼, 依然として現状に止るなら, 依然として理化學の實驗, 依然として理由のない, 依然としてを作る, 依然として甘栗を食, 依然として甚だ好まず, 依然として生きた私であった, 依然として生き残り来春復た, 依然として生れ出た社会的環境, 依然として生命がある, 依然として生徒の群, 依然として生暖かい靄の, 依然として生気すなわち生命, 依然として生活に困る, 依然として生贄の冬子, 依然として用いられている, 依然として甲装の一卒, 依然としての顔, 依然として男の子が編輯, 依然として画僧や士人, 依然として画紙に向かっ, 依然として番附を発行, 依然として異らざりしか, 依然として異彩を放つ, 依然として異父の子女, 依然として疑問でなくては, 依然として病院の門, 依然として痛みますがちよ, 依然として瘤派が五名, 依然として癩患者である自分, 依然としてかつた, 依然として白く海へ, 依然として白銀号には莫大, 依然として百万の愛読者, 依然として百姓仕事に甘んじ, 依然として百年以前の旧, 依然として百軒足らずの一寒村, 依然として皇國の前途, 依然として皇室にたいし奉っ, 依然として盛りの最中, 依然として盛んにのぼっ, 依然としてをつぶった, 依然として直らないのでその, 依然として直らぬ長三は, 依然として直立したなり, 依然として相手の好意, 依然として眞闇だ, 依然としての万吉郎, 依然として真実であろう, 依然として真新しい白壁の, 依然として真赤である, 依然として真黒なまま, 依然としてを伏せた, 依然として眼先にありあり, 依然としてを一点, 依然としてを垂れた, 依然として矢張進むべき針路, 依然として知らない顔を, 依然として知らぬ顔をし, 依然として知らん顔をし, 依然として石井馨之助, 依然として石柱の連続也, 依然として石段また石段, 依然としてのなか, 依然として砂上に秋, 依然として碁盤から眼, 依然として社会からの干渉, 依然として社会人の道義的感触, 依然として社長はデスポティック, 依然として祖神が天, 依然として神聖なもの, 依然として福太郎の半分麻痺, 依然として秀子が背後, 依然として私自身であろうと, 依然として科学に対する愛, 依然として科学的範疇の資格, 依然として科学的認識でなければ, 依然として科学者らしい何, 依然としてかに睡っ, 依然として穏やかでない, 依然として窮措大だね, 依然として立ちのぼっている, 依然として立ったまま三太夫も, 依然として立てたままで, 依然として立春立夏立秋立冬を以て四季, 依然として童貞を守り, 依然として笑いながら声, 依然として第一人者であり彼, 依然として第二義的の価値, 依然としてうるもの, 依然として篤い知遇に, 依然として米友車を曳かない, 依然として精励恪勤な模範的社員, 依然として紋つきを着た, 依然として収入であろう, 依然として紙谷伸子はただ, 依然として紛糾する家庭, 依然として素人の常識, 依然として素晴らしい高鳴り, 依然として素知らぬ顔で, 依然として細いけれど余, 依然として結局主観的であること, 依然として絨氈の上, 依然として絶えずあること, 依然として絶対に出来ない, 依然として絶対優勢な位置, 依然として続き岩波アカデミズムは, 依然として続くじゃろうよ, 依然として維持せられる, 依然として緩やかだった, 依然として緩慢でしたから, 依然として縄紋土器に見られる, 依然として繰り返えされ, 依然として繰返すことを, 依然として繼續するであらう, 依然としてけている, 依然として罪人に対する法官, 依然として罷業は続けられる, 依然としてなり, 依然として美しいからであった, 依然として美しい白さを, 依然として美しくうた, 依然として美女の姿, 依然として群がり寄せ執拗に, 依然として羨まし相に, 依然として翻訳物につくであろう, 依然として職務に忠実, 依然として職業を大事, 依然として余る瞼, 依然として肉食を嫌わなかった, 依然として肥っていた, 依然としてから上, 依然として背中へ瘤, 依然として胡座をかいた, 依然として胴体だけで, 依然として脳底に印せられ, 依然として腕組をし, 依然として自ら韜晦し漫, 依然として自然であ, 依然として自然そのものなの, 依然として自然哲学という概念, 依然として自然発生的な洞察力みたい, 依然として自然科学にぞくする, 依然として自由主義に止つた, 依然として至難で戦争持久, 依然として舅姑たり関係者, 依然として興奮して, 依然として舊來のま, 依然として舊觀を保つ, 依然として舞台に残っ, 依然として船首を下, 依然としてを失わず, 依然としてを揉ん, 依然として芬子嬢の顔, 依然として芸者舞妓花蛙などにとじこもっ, 依然として若く美しく口元に, 依然として苦笑と沈黙, 依然として英国なの, 依然として茂っている, 依然として茫漠たる雲, 依然として荒れ狂い岸には, 依然として荒野の如く, 依然として菊池寛であり三上於莵吉, 依然として菊花壇は菊花壇, 依然として落ち着きはらって, 依然として落伍の状態, 依然として落着いて, 依然として蒙昧粗笨の域, 依然として蒼い顏を, 依然としてでは言う, 依然として蔵人は機嫌, 依然として蕭条千里の沙上, 依然として薄いばかりである, 依然として薄弱すぎる人物, 依然として薄暗く空には, 依然として蝦夷の旧態, 依然としてはれたり, 依然として行く者は, 依然として行くべき方に, 依然として行われたので或, 依然として行方が知れぬ, 依然として行方不明である, 依然として街頭のパン, 依然としてに立った, 依然として表情を動かさなかった, 依然として表象として残るで, 依然として被害民を救う, 依然としては閉ざされ, 依然として襤褸を纏っ, 依然として襲う淵の, 依然として西南に流れる, 依然としてていた, 依然として見たところ非の, 依然として見下している, 依然として視覚はぼうっと, 依然として観音である, 依然として解き難い謎, 依然として解けない謎であり, 依然として解消しない, 依然として解釈哲学の本質, 依然として言葉は無く, 依然として言論の自由, 依然として訂正の必要, 依然として証明されない物理現象, 依然としてを曖昧, 依然として試験場にあらわれ, 依然として認められるがしかし, 依然として説かれている, 依然として読ませて儲ける, 依然として論理でなければ, 依然として諸君の眼, 依然として謹んだ態度で, 依然として謹厳な口調, 依然として警察にいる, 依然として貞世の病室, 依然として貧しき元の木阿弥だった, 依然として貧乏だった, 依然として貧富の懸隔, 依然として貴方の罪ぢ, 依然として貴族政治の形骸, 依然として貴族的なりしが, 依然として資本家の資本, 依然として賑わっているであろう, 依然として赤いのを, 依然として赤かったそう, 依然として赤く濁ったまま, 依然として走っている, 依然としては前, 依然として足もとを睨みつけ, 依然として足許に横, 依然として踊りの歌, 依然として躊躇するでも, 依然として軍事学に於ける, 依然として輝くこの光, 依然として辛辣な表情, 依然として辛酉革命甲子革令は日本, 依然として農事に忙殺, 依然として近衛内閣に青眼, 依然として返辞はなかっ, 依然として迷惑である, 依然として退嬰そのもののごとく, 依然として通譯外交が繼續, 依然としてかにひらい, 依然として進歩性を失わない, 依然として遊離細胞の, 依然として運命のごとく下っ, 依然として過去の人, 依然として過渡期だった, 依然として道士の呂翁, 依然として篝は, 依然として遠い氷の, 依然として遠慮勝ちに問うた, 依然として避客牌は彼, 依然として還元性を有っ, 依然として部屋部屋を歩い, 依然として都人観花の勝地, 依然として鄭寧な言葉, 依然として酔いが廻らない, 依然として重きをなし, 依然として重要な問題, 依然として野犬の群れ, 依然としては出, 依然として金錢に幾ら, 依然として金魚の眼, 依然として鉛筆を動かし, 依然として鋭い神経を, 依然としてのなか, 依然としてを揮い, 依然として鍵盤に指, 依然として鑑賞に値すれ, 依然として長々と寝, 依然として長いあひだ, 依然として長江なり, 依然として長者風に御, 依然として長閑な心, 依然として長髪を守っ, 依然として閉ざされてはゐた, 依然として閑雅な京風, 依然として間歇的に頻発, 依然としては続い, 依然として闇黒のうち, 依然として降らず人間の, 依然として降りたま, 依然として降りつづいて居る, 依然として降りつづけて居ます, 依然としての近, 依然として院本式な姿, 依然として陰雲におおわれ, 依然として隅柱を負っ, 依然として階下のコック室, 依然としてしい感情, 依然として雑草が繁茂, 依然としてかしいの, 依然としてを捲い, 依然として雰囲気の無い, 依然として雲表に聳え, 依然として雲間に存するなり, 依然として電燈はつかなかった, 依然として需要である, 依然として震災の後, 依然として露西亜風で仏蘭西文学, 依然として青々と降り続ける, 依然として青眼と青眼, 依然として青野氏と同様, 依然として静寂をきわめ, 依然として生産的な, 依然として面白くもな, 依然として面白味はある, 依然として鞏固では, 依然としての無い, 依然として須田町の方, 依然として頭山満を中心, 依然としてを壁, 依然として顕微鏡で覗かれ, 依然としてえて, 依然としてが吹く, 依然として風俗が少し, 依然として風前の灯であった, 依然として風来坊を気取り, 依然として飛んで行きます, 依然として食ってるが食われ, 依然として食慾がない, 依然として饅頭焼豆腐の境涯, 依然として首キリがどんどん, 依然として首席ではあった, 依然として馬乗りになった, 依然として馬鹿にし切っ, 依然として駘蕩たる面持ち, 依然として騒ぎ出すので, 依然として驚いた眼を, 依然として驚かない評定を, 依然として高原たるに変り, 依然としてである, 依然としてかに残っ, 依然としてを描く, 依然として鰹節を眺め, 依然として鳴いて居る, 依然として鳴りをひそめ, 依然として鴨下ドクトル邸に出入, 依然として鶏商をやっ, 依然として鶴郡とある, 依然として黒い冷たい影法師の, 依然として黒暗々だ強いて, 依然として默つてゐる, 依然として默想をつづけた, 依然としてつてゐた, 依然として黙している, 依然として黙りこくっていた, 依然として黙りこくつてゐる, 依然としてをかい