青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

住民~ 佐~ 佐々~ 佐々木~ 佐渡~ 佐藤~ ~体 体~ 体系~ ~何
何~
何かしら~ 何かと~ 何しろ~ 何ぞ~ ~何だか 何だか~ 何で~ ~何と 何と~ ~何とか

「何~」 204056, 2112ppm, 39位

▼ 何~ (33345, 16.3%)

350 して 181 書いて 165 考えて 136 他の 130 話して 110 云って 101 言って 93 一つの 84 重大な 83 自分の 82 話を 76 特別な 73 別の, 言おうと 70 特別の 66 変ったこと 65 あったの 64 云おうと, 悪いこと 61 御用です 60 持って 59 非常に 58 わけが, 仕事を, 口の, 用が 57 やって 55 ほかの, 物を 53 いって, 不思議な 52 急に 51 心に 49 私の 48 関係が 47 あるの, 事が 46 いおうと, 理由が 45 そこに, 他に, 小声で, 心の 44 仔細が, 気に 41 買って 40 ほかに, 私に 39 訳が 37 考へて 36 なしに, わけの, 変な, 意味が, 面白いこと 35 事件が 34 あったん 33 あるん, ものを, 考へ, 自分に 32 ある, あると, 用か, 用事が 31 人の 30 御用で 29 知って 28 事情が, 云は, 変った事 27 云った, 別な, 思い出したよう, 意味あり 26 気の, 言は, 非常な 25 出て, 斯う, 眼に, 訳の 24 しなければ, ひそひそと, 不吉な, 云ひ, 曰くが, 目に, 知らぬが, 考え込んで, 胸に 23 いうと, するの, 僕の, 囁いて, 大事な, 御用が, 特別に

22 [12件] それに, 一種の, 事の, 云うと, 悪い事, 或る, 書けと, 物音が, 異様な, 白いもの, 自分が, 音が

21 すると, 口を, 彼の, 用でも, 考えこんで, 読んで, 身に

20 いいこと, 外の, 御用でございます, 思出した, 秘密が, 聞いて, 話が

19 [14件] あらん, ささやいて, すること, それは, 人間の, 僕に, 叫んで, 外に, 大声で, 妙な, 用です, 相当の, 考えが, 隠して

18 [11件] 別に, 大切な, 怖ろ, 意味の, 探して, 新らしい, 深い仔細, 言うと, 話しかけて, 食べて, 黒いもの

17 [14件] ありそう, あるに, せん, 合図を, 囁いた, 本を, 気が, 物に, 用かい, 用事を, 異変が, 異常な, 適当な, 面白い話

16 [11件] いやな, する, 云いたそう, 妙に, 御用, 心を, 思い当ること, 新しいもの, 知らないが, 言いたそう, 話しながら

15 [12件] おいしいもの, お気に, そんなこと, ために, 声高に, 思案し, 気味の, 熱心に, 秘密の, 考えるよう, 言はう, 重いもの

14 [15件] しゃべって, 人を, 喰べ, 大きな声, 大声に, 彼か, 心配な, 手に, 特殊な, 珍らしい, 用事でも, 腑に, 自分を, 變つた, 面白い事

13 [17件] ささやくと, 喋って, 変わったこと, 大きなもの, 容易ならぬ, 忘れ物でも, 急な, 恐ろしいもの, 私が, 美しいもの, 見て, 言うこと, 言おうとして, 言ひ, 言ふ, 言葉を, 面白そう

12 [25件] あつた, いい事, ご用で, ご用です, ささやいた, しきりに考え, だと, ほっとし, 云ふ, 仕事が, 固いもの, 密, 御用でも, 心が, 思いついたよう, 書いたもの, 欲しいもの, 漠然とした, 目的が, 神秘的な, 考えごとを, 胸の, 落ちて, 面白くない, 食って

11 [25件] あるだろう, さがして, であろう, よい工夫, ヒソヒソと, 一定の, 一寸した, 不自然な, 事を, 云いながら, 動いて, 夢を, 大変な, 御用は, 思うところ, 悪戯を, 曰くの, 気に入らないこと, 用, 秘密な, 言いながら, 言った, 間違いでも, 食べるもの, 食物を

10 [45件] あなたの, あるかも, あるよう, いわくが, お仕事, お前に, お土産, その間に, ついて, ひとりで, 事あり, 云つてゐた, 云はう, 人に, 光るもの, 冗談を, 口実を, 叫んだ, 声を, 変ったもの, 変事が, 大へん, 子細が, 彼に, 得体の, 微妙な, 忘れて, 思いも, 急用でも, 意見を, 持つて, 書きものを, 歌を, 深い事情, 物が, 用を, 相談し, 知らんが, 考えながら, 考え事を, 胸を, 腹の, 言つてゐる, 買物を, 間違いが

9 [46件] あなたに, あるか, いいもの, いうの, お心当り, お話が, ご用でございます, しようと, そこには, それが, それと, それを, ひそひそ話し, ほっとした, やつて, よい方法, よくない, 云つた, 仔細の, 冷たいもの, 叫びながら, 呟いて, 商売を, 女の, 小声に, 意外な, 描いて, 新鮮な, 日本の, 書き物を, 歌って, 残って, 深い意味, 相談を, 眼の, 私には, 細工を, 考えに, 職業を, 胸が, 言いそう, 証拠が, 返事を, 面倒な, 飛んでも, 食べさせて

8 [58件] あったか, いいながら, えたいの, これには, しや, だろうと, ないかと, なければ, ふしぎな, へんな, べつな, よくよくの, らしい, 一と, 一生懸命に, 事ある, 云ったの, 仕事の, 出して, 動くもの, 口々に, 品物を, 囁き合って, 大きいもの, 子供の, 彼女の, 御心配, 御用な, 御覧に, 御馳走が, 心配が, 思いだしたよう, 思い出して, 思い違いを, 思案を, 恐ろしいこと, 悲しいこと, 新しいこと, 書きつけて, 物でも, 物音を, 理由の, 甘いもの, 用かね, 用な, 異った, 知らねど, 秘密を, 積極的な, 考えこんだ, 言つた, 話しあっ, 説明し, 送って, 連絡が, 都合が, 重い物, 食べに

7 [84件] あったな, あって, あなたは, あるなと, いいたそう, いった, いろいろの, お礼を, お考え, お話を, かにか, かんか, これに, したの, そういう, その男, それには, たくらんで, である, ひそかに, ひそひそ話を, ぶつ, 一つ, 一つ書い, 不安な, 不意に, 不気味な, 事故が, 云いかけたが, 云おうとして, 云つ, 云ふと, 低い声, 低声, 作って, 原因が, 口早に, 叫ぼうと, 叱られて, 君の, 変化を, 夢の, 大事件, 嫌な, 小さなもの, 小細工を, 小言を, 巨大な, 彼等の, 心当りが, 思いつめて, 怪しいこと, 恐しい, 手がかりが, 手を, 捜して, 探し物, 教えて, 有力な, 為に, 物思いに, 物足らない, 用あり, 用かと, 癪に, 目的を, 知ら, 知らねえが, 知らんと, 確実な, 神の, 答えようと, 精神的な, 自分でも, 見えて, 見つけて, 言いたいこと, 言ったの, 言わなければ, 起ったの, 関係でも, 頭の, 騒いで, 騒動が

6 [135件] あったに, あるかい, あるぞ, あれば, あわてて, いい方法, うまいもの, え, お前の, くどくどと, こしらえて, ことが, ささやきました, ささやき合って, しきり, しちゃ, しながら, するもの, そのこと, その辺, だ, ないか, ひそ, また, もっと別, よんで, わたしの, わめきながら, クドクドと, ハッと, 一つでも, 一心に, 不安を, 不平が, 不幸な, 不自由な, 世間に, 事あれ, 事件の, 二人で, 二人の, 云いそう, 云いたいこと, 云い出そうと, 云つてゐる, 人が, 何か, 便りが, 係り合いが, 偶然の, 働いて, 僕は, 優しい言葉, 共通の, 勘違いを, 危険な, 口に, 君は, 告げて, 呟きながら, 変つた, 家の, 少しは, 彼が, 彼を, 彼女に, 心当りは, 必要が, 忘れたもの, 思いあたること, 思い当ったよう, 思案に, 恁う, 悪事を, 悪口を, 憂鬱な, 我々の, 手紙の, 拾って, 指図を, 文句を, 早口で, 早口に, 暗示を, 書いたり, 書くこと, 書くよう, 書類の, 書類を, 最後の, 期するところ, 期待する, 来て, 様子が, 機会が, 欲しいと, 深い理由, 火急な, 物の, 犯人の, 独りで, 独言を, 珍しいこと, 用かな, 用は, 皮肉な, 知らないもの, 私と, 笑いながら, 簡単な, 素晴しく, 素晴らしいもの, 考へながら, 自分たちの, 薬を, 複雑な, 言いたげに, 言いましたか, 言う, 言つ, 言ふと, 言われると, 話しかけようと, 話し合って, 話でも, 話の, 變な, 貴方の, 赤いもの, 足りないもの, 載せて, 途方も, 頻りと, 高声で, 魚の

5 [195件] あったと, あらむ, ありましたか, あるな, あるもの, いい出そう, いおうとして, いけないこと, いたずらでも, いつて, うなずきながら, おもしろいもの, お役に立つ, かすかな, こそこそと, ごたごたし, ご用でも, ささやきあって, しきりに話し, したいと, したん, しっかりした, しなくては, しゃべり出した, しらべに, じっと考えこん, そのほか, そのよう, その中, その人, それだけの, それらしい, つぶやいて, であるに, でしょう, とんでもない, どなって, のは, はっきりしない, ぶつぶつ言い, ほのぼのと, ましな, みたいに, よいこと, わたくしの, わめいて, ガヤガヤと, キラキラ光る, キラリと, 一人で, 一口に, 不安に, 不都合な, 云ひた, 云ひたげ, 云へば, 云われると, 仄かな, 仕事に, 偉大な, 催しが, 兄の, 入れて, 出した, 切ないよう, 切りに, 力が, 動物の, 参考に, 名案が, 君に, 呪文を, 命令を, 唄って, 問題が, 喚いて, 喚きながら, 喧嘩でも, 喰べて, 囁くと, 夢でも, 大きな力, 大声を, 好きな, 嬉しいこと, 子細の, 安心した, 宗教上の, 密談を, 小さな声, 小聲, 少しでも, 影の, 彼は, 得られるでご, 得るところ, 御不審, 御心当り, 御用事, 御馳走を, 心当りでも, 心配事でも, 忘れものを, 怒って, 怖しい, 思い出そうと, 思ひついたやう, 思惑が, 思案する, 怪しいもの, 恐ろしい事, 意見が, 手がかりを, 抱えて, 挨拶が, 掴んで, 故障が, 新たな, 旨い物, 昂奮し, 昔の, 書いた, 書きこんで, 書物を, 有益な, 本当の, 本質的な, 此の, 気持の, 氣の, 決心したらしく, 深いわけ, 深い考, 深い訳, 爽やかな, 特殊の, 珍しい物, 生きて, 生活の, 生物が, 用事あり, 申して, 男の, 異様に, 異樣, 盛んに, 目を, 真剣な, 真面目な, 眼で, 知らず銘酒, 確かな, 神秘な, 神聖な, 秘密でも, 立ち話を, 答へ, 紛失した, 素晴しい, 絵を, 罪の, 考へごと, 腹を, 自分で, 自分にも, 色の, 見たの, 見付かりましたか, 言い出しそう, 言えば, 言ったり, 言つてゐた, 言ひたい, 言われて, 記念品を, 訴えて, 証拠でも, 詰まらないこと, 話題を, 認めて, 調べ物を, 諦めて, 起こったの, 起るに, 運命的な, 野心が, 間違ひ, 関係の, 面白いもの, 面白い遊び, 音の, 食うもの, 食わして, 飲んで, 魂胆が

4 [349件] あったよう, あっても, あの方, あらんや, あるかと, あること, あるだらう, いいの, いい工夫, いうこと, いたずらを, いったが, いつもの, いて, いはうと, いふと, いわくの, うっとりと, うなずいて, うまいこと, おかしそう, おそろしいこと, お互いに, お前が, お急ぎ, お聞き, お話し, お金の, かいて, かすかに, かたいもの, がさがさと, きいて, こう, こう自分, ここに, ことばか, これは, ごたごたが, ご承知, ご用が, させて, さっぱりしない, しきりに話し合っ, した, したこと, しっくりしない, しんみりした, しーん, するとき, するので, するよう, そう云う, そぐわない気持, そこへ, その時, それ以上の, そんな気, そんな風, たくらみを, だったと, だつた, だろう, ちらと, であった, であったの, ですか, とくべつの, ないかな, のせて, のと, はっきりした, はっとした, ぶつぶつ言っ, ほしいもの, ほつと, ぼんやりし, また別, もう一つ, もっと他, やりきれないもの, やりたいと, やると, やわらかいもの, よその, わからないが, わからないこと, わしの, われわれの, パッと, ブツ, 一つお, 一つずつ, 一つを, 一脈の, 一言でも, 一言云っ, 不可解な, 不吉の, 不安らしい, 不審の, 不平でも, 不平を, 不幸が, 不快な, 不愉快な, 不機嫌な, 不足が, 事でも, 事件を, 云い争って, 云い訳, 云えば, 云ったよう, 云っては, 云つては, 云つてる, 云ひたさう, 云ひ出す, 云わなければ, 今まで, 仔細あり, 仕掛けが, 何が, 余計な, 先生に, 光って, 入つて, 共通な, 其処に, 内心の, 内証の, 内部的な, 冷やり, 出來, 切迫した, 前に, 割りきれないもの, 勝手が, 勝手な, 危険が, 厭な, 口実が, 只ならぬ, 可憐な, 吾, 呟いたが, 命じて, 唄いながら, 商売でも, 問題を, 喋りながら, 喋舌って, 囁き合った, 因縁が, 因縁を, 声が, 変ったところ, 変った様子, 変った物, 変事でも, 変化が, 夢見るやう, 大きい声, 大きな動物, 大それた, 大事が, 夫の, 失策を, 奇妙な, 女に, 好い工夫, 娘の, 字を, 存在論的な, 宿命的な, 密議を, 尋ねて, 山の, 弁じて, 弾いて, 当に, 形の, 彼にか, 御用か, 御用かな, 御用でございましょう, 御自分, 御馳走し, 心あたりが, 心あたりは, 心配ごとでも, 心配そうに, 心配の, 心配事が, 忘れものでも, 忘れ物を, 忙が, 怒つて, 思い付いたよう, 思って, 思案の, 怪しい物, 恍惚と, 恩でも, 悪いもの, 悪い病気, 悲痛な, 惡い, 愉快な, 意味ある, 意趣を, 感じて, 感ずるところ, 感情を, 感想を, 感慨に, 手がかりでも, 手懸りが, 手懸りに, 手懸りは, 手掛りが, 打合せを, 折入っ, 探すよう, 提げて, 握って, 新しい発見, 日本に, 春と, 是には, 普通の, 書いた物, 書かうと, 書かなければ, 書きはじめた, 書き出した, 書き込んで, 書く, 書くつもり, 書こうと, 望みが, 期待し, 木の葉でも, 根拠が, 根本的な, 歌いながら, 此う, 殺気を, 母の, 母親の, 気がかりな, 気に入らない事, 気に入らぬこと, 気分が, 氣に, 滑稽な, 火急の, 為て, 無性に, 無気味に, 煮て, 犯罪が, 犯罪を, 狼狽し, 猥褻な, 珍しいもの, 理窟が, 生活に, 生理的な, 生理的に, 由緒の, 男に, 異状の, 白い物, 相図, 相談が, 研究でも, 私は, 私を, 私語い, 積んで, 立派な, 笑って, 粗相でも, 約束でも, 素敵な, 細々と, 置いて, 考えてるよう, 考えるところ, 考え深, 耳に, 耳打ちを, 興味の, 興奮し, 苛, 苦しそう, 落ちる音, 薬でも, 見えないもの, 見つくろって, 見ては, 見知らないもの, 見覚えの, 親の, 言いかけようと, 言いたいよう, 言うかと, 言おうとしても, 言ったかい, 言ったが, 言ったよう, 言っても, 言つてる, 言わねば, 訊ねて, 記入し, 記念に, 詩を, 話しかけても, 話しこんで, 話したそう, 話し合いながら, 話し合つて, 話そうと, 誤解を, 調べて, 貴様は, 買ひ, 質問を, 起ったに, 起って, 起りそう, 身を, 都合の, 重苦しいもの, 鍬の, 間の, 陰気な, 雑誌の, 難かしい, 非常の, 頼んで, 飛んで, 食う物, 食べたいもの, 食べ物を, 首を

3 [625件 抜粋] あいず, あた, あったかね, あったのに, あったのね, あったらしい, あぶないこと, ありは, ありまして, あるたび, あるやう, あれは, いいそう, いいましたか, いう, いえば, いざこざが, いそいそと, いわれの, いわれると, うまそう, うれしかった, えらいこと, おかしくなった, おかしなこと, おもしろいこと, おもしろを, おれに, お互に, お前さんに, お忘れ, お忘れ物, お感じ, お料理, お耳, お肴, お頼み, からくりが, ぎょっとした, くわえて, ぐず, こう大きな, こしら, このよう, この国, この子, これまで, これまでと, ご用, ご用の, しきりに云っ, しきりに物, しきりに話, したが, しばらく考え, しましたか, しみじみと, しらして, するかも, するから, する時, せずには, そういったもの, そういったよう, その奥, その日, それ相当の, そわそわし, そんなもの, そんな事, たべて, たべるもの, たべる物, たべ物, だったの, だらうと, ちぐはぐな, ちょっとしたもの, ちらちらと, つけて, つぶやきながら, つぶやく, であると, であるという, であるの, でなければ, とりとめの, なんだ, ばつが, ひいて, ひとか, ひどいこと, ぴったりしない, ふた言三言, ぶつぶつ云っ, ぼくに, ぼそぼそと, ぼんやりと, まっくら, もくろんで, もじもじし, もっと新, ものの, やったん, やつたらう, やらせて, よからぬ, らしいん, わけも, わしに, わたしを, わるいこと, われわれに, カチッと, キラキラと, ソワソワと, ッ, ブツブツいっ, ユーモラスな, 一つは, 一つ新しい, 一つ自分の, 一策を, 一緒に, 一言いう, 不安が, 不安定な, 不審な, 不快を, 不思議が, 不潔な, 不純な, 不足を, 世間の, 乙な, 乾いた物, 争って, 事件でも, 二つの, 二言三言ささやいた, 云いたげに, 云いつけて, 云い分, 云う, 云うだろうと, 云うて, 云うの, 云う声, 云ったかい, 云ってるぜ, 云つたら, 云ひかけよう, 云や, 云われて, 些細な, 交渉し, 人生の, 今の, 今度の, 今日の, 仕事は, 似て, 作業を, 來た, 価値ある, 信じられないよう, 僕には, 僕等の, 先生には, 先生の, 光る物, 光を, 入って, 内に, 凶事が, 出鱈目な, 切ないもの, 切りと, 割り切れないもの, 力の, 力を, 勘ちがいし, 博士の, 印刷した, 厄介な, 原稿を, 取つて, 取りに, 口で, 口疾に, 可笑しさ, 同情に, 名案は, 呟やき, 呶鳴っ, 命令し, 哀れな, 唐突な, 唱え言, 商売の, 問いたげに, 問は, 喜びに, 囁いては, 囁く, 困難に, 堅いもの, 変りは, 外国の, 夢中に, 大きい仕事, 大きな手, 大きな物, 大きな理由, 大事そうに, 大事だ, 大仕事, 大変が, 大變, 失敗した, 失望に, 奢つて上, 奥歯に, 妙案が, 妹に, 妾が, 婦人の, 嬉しいよう, 嬉しそう, 子細あり, 存じませんが, 学問めいた, 宗教的な, 家具の, 小さいもの, 小さい声, 工夫し, 巧い, 希望が, 希望を, 幽かに, 底に, 弟に, 弱い尻, 弱点を, 強い力, 形を, 彼女は, 得る所, 得意な, 御用かよ, 御用でした, 御用でしょう, 御相談, 御詮議, 御話, 御馳走でも, 御馳走の, 心中に, 心当りの, 心得て, 心配し, 念じて, 思いついたと, 思いついて, 思いに, 思い出した様, 思い直したよう, 思う所, 思ひ出したやう, 思案が, 思案顔に, 急の, 怪しげな, 恥かしい, 悪さ, 感情の, 感違いを, 手がかりに, 手がかりは, 手品の, 手掛りは, 担いで, 拙者に, 拵えて, 持たせて, 掘り出すか, 握りしめて, 揮る, 損を, 改たまつての, 故障の, 敷いて, 文句が, 文学的な, 新しい事, 新しい物, 新事実, 方法は, 方法を, 日本人の, 早や, 暗いもの, 暗い影, 曖昧な, 書かうとして, 書かせて, 書きかけて, 書きたい, 書きつける, 書き止めて, 書けという, 書見を, 最初から, 望みは, 望みを, 本の, 本質的に, 柔かいもの, 椿事が, 極りを, 楽しそう, 機械の, 次の, 欲しい物, 欲しがっ, 気に入らぬ事, 気まずいこと, 気を, 求めて, 決定的な, 活, 淋しい気, 淋しそう, 深いもの, 深い考え, 深く心, 深く考えこん, 為なく, 無気味な, 無理を, 焦, 物思ひ, 物足らなかった, 物足らぬ, 物足りない感じ, 特種な, 犯しがたい, 狂気じみ, 独り言を, 玩具を, 現実の, 理が, 理屈が, 生涯の, 生物の, 用事かな, 用事で, 疳にでも, 痛々しい感じ, 痛快な, 発見でも, 白い粉, 白つ, 皮肉に, 盗んで, 目星しい, 目的あっ, 目算が, 直感した, 眼が, 着て, 着てね, 着るもの, 矛盾が, 知つてゐる, 知られて, 知らを, 確乎と, 確信が, 確實な, 礼を, 祈祷を, 私たちには, 私も, 秘伝でも, 第二, 筆を, 筋の, 答えた, 粗忽を, 精神的に, 紙に, 紙片を, 素晴らしい事, 素晴らしい事件, 給仕と, 緊張した, 罵りながら, 考えこむよう, 考えごとでも, 考えたが, 考え事が, 考え込んだよう, 考え違いを, 考へたこと, 聞いたこと, 聞かれても, 肝心な, 肝心の, 自分自身を, 自明の, 自身の, 致して, 興奮の, 良心の, 芝居の, 花やかな, 苦情が, 草の, 荷を, 落し物でも, 落度でも, 落着か, 薬が, 薬は, 裏が, 西洋の, 見えるやう, 見せて, 見覚えが, 親しげ, 言いかけましたが, 言い出すの, 言い出そうとして, 言うの, 言ったか, 言ったこと, 言はれ, 言ひかけ, 言ひたげ, 言われても, 言葉の, 計が, 計画し, 計画を, 記念の, 訴えたいよう, 証拠品が, 詩の, 話しかけた, 話しかけたが, 話しかける, 話したり, 話すこと, 話声が, 話込ん, 語らいながら, 説明しよう, 論理的な, 譯が, 議論を, 買うて, 買つて来る, 買は, 賑やかに, 起ったん, 起つたの, 超自然的, 趣味を, 躊躇し, 身体に, 身近な, 輕い, 返答しよう, 透明な, 途中で, 遠いもの, 遺言は, 重大なる, 重大事, 金の, 間違いを, 關係が, 隱し, 雑誌を, 面白い仕事, 面白い本, 頻に, 頼みたいこと, 食ふ, 食べさして, 食べようよ, 食べる物, 飲むもの, 饒舌って, 驚きに, 高価な, 魔の, 黒い物

2 [1909件 抜粋] あ, あたりまえでない, あったという, あったらどう, あの女, あらんです, ありそれ, ありゃしませんか, あるという, あるらしいの, ある筈, いいかけるの, いいつけて, いい出しそう, いい智恵, いい目, いうとき, いざこざの, いっては, いる, いわんと, うつとりと, うまい工夫, えこの, え彼, おあがり, おこると, おそらく一生忘, おぼしめしが, おれの, お力に, お奉行, お役所, お望み, お祝ひ, お薬, お話の, お鳥, がさがさいう, きょうも, くどくど言っ, けげんそうな, こう一種, こう遠い, こと, このこと, この人, この男, この頃, ごそごそや, ごらんに, ご病気, ささやいたが, ささやく声, しきりにやっ, しきりに書き込ん, しきりに話しあっ, しただけに, したもの, しなくっては, しましたが, しゃべりはじめました, じめじめし, するだらう, するん, せきたてられる想い, せつない氣, そういう類, そこで, そちは, そのお, その他の, その樹, それぞれの, それ自身の, たえられないよう, ただならぬけ, たべたいなあ, ためらって, だったん, ちょっとしたこと, ちよつ, つかまえて, つぶやいた, であったと, である場合, ですから, とりだして, ないかね, なげかむ, はっきりと, ぱたんとわたしのなかで滑り墜ちる, ひやりとした, ふに, ぶつぶつつぶやき, へまを, ぼんやりした, まさにこの, また少し, また理性的, まだ云いたい, まだ我々, まっ黒な, めずらしいもの, もっとちがった, もっと大きな, ものでも, やったの, やりたい, やるな, よいお, よこすか, らしい新築, わからぬもの, わたしに, わめく声, アラを, ガラスの, ケチを, ゴトゴトやっ, ゾツと, ニュースが, パチパチ音, ヒヤリと, ブツブツもの, モジモジし, 一つあっ, 一つ如何です, 一つ話し, 一寸少し, 一点の, 一縷の, 一言ぐらい, 下五文字, 不具な, 不安で, 不思議の, 不敵な, 不自然に, 世話を, 乱暴でも, 争いでも, 事情でも, 二言三言話しかけた, 云うが, 云う時, 云ったそう, 云つてゐます, 云ひ罵る, 云われたろう, 人から, 人生に, 人目を, 人間に, 今に, 仕事以外の, 他人事, 以前社に, 企ての, 伸子が, 余程の, 作者の, 例の, 信ずるところ, 偉いもの, 僕を, 兇行を, 先手を, 六かしい, 内へ, 冗談の, 冷い, 凡庸な, 出来るか, 分らないこと, 切に, 刺戟で, 力と, 動く群, 動物的な, 半鹹, 危ないこと, 厳然と, 収穫が, 取り越し苦労を, 取留めの, 古い手紙, 叫んだよう, 可笑しそう, 号令を, 合図でも, 名の, 向うに, 吻として, 味が, 命がけの, 哀れで, 商売が, 喋ったり, 嗅ぎ出したん, 噂を, 囁き合ひ, 固定した, 在るの, 堅気な, 変った所, 変わったもの, 外部的な, 夢みたいな, 大きなやわらかい, 大きな畳んだ, 大事でも, 大事業, 天文学の, 失敗でも, 奇抜な, 奢りましょうか, 好い仕事, 妹の, 嫉妬に, 存在し, 宗教の, 家庭に, 宿題が, 密談し, 専門的な, 小耳に, 居るよう, 山へ, 工場の, 差支えが, 平凡な, 幽霊の, 底意地の, 店員と, 引っかかりが, 張りあいの, 当然だ, 役に, 彼女たちと, 後めたい, 後悔したい, 後暗い事, 得られるでございましょう, 御使い, 御差支, 御注文, 御用だった, 御用件, 御辺, 御邸, 御馳走しよう, 心にか, 心臓を, 忘れ物が, 快活に, 怒ってるの, 怒鳴つて, 思いあたるところ, 思いだしたの, 思いの, 思い出したという, 思い当るもの, 思い立ったよう, 思ふこと, 思想的に, 急激な, 急用の, 怪奇な, 恐い感じ, 恐ろしい秘密, 悪い物, 悲しい事情, 悲鳴を, 想像も, 意味を, 意見は, 感じませんか, 感ちがいし, 感情に, 慰みに, 憂鬱に, 憧れの, 懸命に, 手ごろの, 手前に, 手真似で, 手頃な, 投げた, 拠りどころ, 持前の, 捨て難い, 掛け合いを, 描こうと, 政治的の, 救われるよう, 散り深く, 料理を, 新しい世界, 新しい暗示, 新しい計画, 新に, 方法も, 日本語で, 昌作に, 普遍的な, 暖いものでも, 暗澹と, 更にいはう, 書いても, 書きつけを, 書きます, 書くの, 最期の, 有らむと放言し, 望みや, 木の, 未知の, 本質に, 来たぜ, 東京の, 格式と, 楽しい心もち, 楽器を, 樂しむ, 機会を, 歌ひ, 正体を, 殘念の, 気に入らないところ, 気持に, 氣が, 水郷の, 求めるもの, 江戸で, 油紙に, 波瀾の, 注意を, 洗って, 浮き浮きし, 液体を, 深い心配事, 深く考え, 清々した, 済まないこと, 温かいもの, 瀬川君の, 為ず, 烈しいもの, 無形の, 無言の, 焼いた跡, 父と, 物影が, 物音でも, 特定の, 犯罪の, 献策が, 珍奇な, 生といふ, 生理的本能的とでも, 用で, 用事かね, 用足しを, 申しましたか, 男という, 異変でも, 異状が, 病気でも, 痕跡が, 痛烈な, 発見を, 白っぽいもの, 皮肉を, 目先の, 目的の, 相当な, 相談した, 真暗な, 着いて, 知つ, 知らない腹部, 知られざるもの, 知ら企てるでなければ, 知れること, 研究し, 祖母から, 祭の, 私で, 私達の, 穏か, 空虚に, 第三, 筋道が, 粉本が, 約束が, 紙片に, 素晴らしい獲物, 絶対的な, 緊要な, 縮尻を, 羨望に, 考えついたよう, 考えは, 考える様, 考へが, 聞えたの, 聞き込みは, 聞けば, 職を, 肚に, 胃から, 膳の, 自信を, 自分達の, 自然の, 舳へ, 色彩の, 若干の, 苦しかった, 英語で, 荒々しい悲しみ, 菓子を, 落ちつける職業, 著しい特色, 虔ましく, 血の, 裂ける響, 見える, 見つけた, 見るべきもの, 見解を, 親しいもの, 観念的な, 言いかけた時, 言いにく, 言い出すかと, 言うだろうと, 言うよう, 言っては, 言つて慰め, 言ひさう, 言へと, 言われは, 言伝は, 訊こうと, 訴へ, 詩集を, 話しかけそう, 話しかけられるの, 話しだした, 話し出した, 話せと, 話合つて居た, 語りながら, 誰ぞの, 調戯つて行き過ぎる, 諜し, 講話を, 警告を, 貰いに, 買物にでも, 起きたの, 起りましたの, 起れば, 足らないもの, 身の上に, 辱しめ, 迷って, 遂げたと, 過去の, 違いが, 遠すぎた, 選挙運動に関する, 部落の, 酷薄な, 重たいもの, 金銭上の, 長いもの, 間違って, 陰の, 陸軍に, 雷の, 非常なる, 面白い事件, 面白え, 音を, 頬笑まず, 頻りに石塔, 風呂敷包みを, 食は, 食べたが, 食べようと, 食事が, 飲む物, 餞別を, 騒ぎが, 高いもの, 魂の, 黙祷し

1 [14992件 抜粋] ああ, あったら, あつらえようかね, あの座敷, あらゆる重, あるかしら, あるらしい鶏, ある特異質, あわただしく忍び込ん, いいたげな顔, いい出すの, いい水難, いうては, いくらか, いたましい感じ, いね, いままでの, いわして, うたがわしげ, うまいお, うるところ, え揚代金, おかしなもの, おしゃべりを, おっしゃる方, おまちがい, お争い, お前知っ, お尋ねに, お拵え, お知らせする, お菓子, お認め, かいては, かき出した, かたくなな, かわりの, きかれると, きびしい尋問, ぎらぎら光る, くわえた大, こうおれたち, こう低, こう晴れ晴れ, こう貫禄, こっそりうまく, この下, この書, こまかいこと, こんぐらかってるな, ごぞ, ご存じでしょう, さがすの, さして, さも孝行, しかるべき茶器, しきりに啀, しきりに考えめぐらし, したいこうして, したら私, してるン, しましょうかといった, しやが, し出すの, すきな, すまないよう, する人間, せんと, そういう行事, そぐわないうすっぺら, そのため, その声, その滴, その龍山公, それ貴方が, そんな秘密, たくらむなどそんなおひまも野心も, ただ事ならじ, ためらいでも, だったシンクレーヤー, ちょきちょきと, ちらちらちらちら網, つけようと, つまらないと, てれくさそう, であろういえいえ, ですます, とびきりばかげた, どしんと, なくなる二十円, ならば, ねえの, はかない思い出, はてしない, ひき出した, ひっかけて, ひと言やさしい, ひどく寂しい, ひどく金, ぴゅるウん, ふっと思いつい, ぶつぶついっ, ほかへ, ぼんやりほかの, またすこし, また御, まだぐづぐづ言つて, まちがいを, みたいである, むずかしい誰, もうすこし阿, もう怒つた, もっとずっと悪い, もっと物, もみじの, やな, やられたね, やるだろうという, ゆるされるべき余地, よくわかった, らしいですよ, わからんけれども, わたくしへ, われわれには, ウダウダ言ふて, ガヤガヤ雑音が, グツグツ煮え, コンベンショナルで, ショックが, ゾッとさせる, デパートの, ノミにとっては, パーリーへ, フランス語の, ホトケの, ムニャムニャを, レコードが, 一つする, 一つ位仕事が, 一つ歌い給え, 一ぱいポケットへ, 一口云ふ, 一寸し, 一心に為, 一枚といふ, 一瞬は, 一言ぐらゐは云ひつけるだらう, 一言口を, 七兵衛の, 上品な, 不利な, 不幸でも, 不気味の, 不遇に, 世間で, 中間的に, 九州筋長崎へでも, 争闘し, 二こと三こと森源の, 二言三言云い, 云いさえ, 云い交したん, 云い重厚さ, 云おうかなと, 云つてから, 云ひ争っ, 云ッつけた, 人々が, 人生問題を, 今と, 仕かけて, 他にも, 仰せ付け下さる儀, 企画的に, 似つかわしくない, 余に関する, 作曲し, 依頼者あら, 俺には, 傀儡子に, 僕らには, 兄と, 光つて見える, 入組んだ金, 兵書の, 内密話が, 冥想し, 凶い, 出た人, 出来たら人, 分からないなりに, 分らぬ言葉, 初な, 別に良手段, 前ぶれする, 功を, 動かさない方, 勝ち誇った様, 化身の, 卑近な, 原口さんに, 又怪しから, 反駁できない, 取りましょうか, 取調を, 口論が, 叫びだしたくなる, 召上る, 各地で, 名人が, 吠えたと, 呉れっていう, 周都督から, 命じたる時, 哀れなり, 唱えごと, 問うても, 喋べらなく, 喜びの, 嗅ぎ出して, 嚥脂色の, 囈言の, 固有名詞すなわち, 圧迫的な, 埴生と, 報酬が, 売り込みものを, 変つた御, 多くの, 大きい重いもの, 大きな曰く, 大きな間違い, 大原君を, 大蔵大臣と, 天来の, 失敗みたいな, 奥底の, 好い智慧, 妨害を, 始り, 子供と, 宇津木の, 官命の, 客の, 寂しい思い, 富者が, 審理の, 尋ねたり, 小さなこだわり, 小料理屋か, 少しイライラした, 少し話し, 居るのよ, 巣が, 差し図し, 希望に, 平一郎に, 床にが, 建築図の, 引ツ攫む, 張物を, 弾きましょうよ, 役に立ったこと, 彼放逐された, 後世へ, 得物を, 御奉納, 御気, 御覧なさり, 微吟に, 心不安なる, 心残りを, 必ず貰える, 忘れごと, 快味, 怒鳴った時, 思いだすでは, 思い事に, 思い当ったふう, 思おうとしても, 思わくでも, 急用か, 怪しい興奮, 恐いめ, 恐ろしい災難, 恥知らずの, 悟りといふ, 悪い獣, 悪気を, 悲惨, 想いに, 意表に, 感じること, 感激する, 慾心に, 憤懣でも, 或考え, 扉の, 手帖へ, 手癖が, 打開し, 抗弁しよう, 担って, 持たして, 指図し, 捜し出したが, 探しに, 掴もうと, 損でも, 改善の, 教える気, 數字が, 料理の, 新しい思ひ, 新しい美しさ, 新らしく書い, 旗やうな, 早く帰りたいらしかった, 星尾に, 普通でない, 暗示的な, 書いた軸, 書きそう, 書きはじめるなら今, 書き記して, 書けるだらう位, 書類でも, 有りやしょうお, 期するが, 本家の, 来たと, 果てしなく遠いところ, 根本的の, 椿の, 楽書を, 機密が, 欺したらう, 止つたのだ, 武蔵どのの, 残念がっ, 毒々しい花, 気でも, 気味悪さ, 気軽に, 求食り, 沁み込むよう, 泥棒の, 流して, 海中の, 淫らが, 深い考えごと, 深謀を, 温まるもの, 滲みだして, 潜りこんで, 濡れて, 為そうなもの, 無いの, 無電が, 煩悶が, 燃え上るやう, 物いいた, 物想いに, 物足りなくて, 特色が, 独語し, 珍らしく, 理由なきおかし, 甚だしく勿体, 生気に, 用事かい, 申しあげて, 画いても, 異状な, 疑獄事件が, 発作的に, 白羽の, 盗られなすったそう, 目企ん, 直接的に, 看板に, 眼前に, 知ってるか, 知らないけれど, 知らん恐し, 知ら危險, 知ら此, 知りたくて, 研究の, 示唆を, 祝おう, 祭に, 私たちや, 秘密結社の, 空恐ろしいやう, 突発的な, 笑いかけたそう, 答えるとき, 粗相で, 納得私は, 素朴な, 経文を, 絶えずもの, 線の, 纏まりそう, 美しく光る, 習ったらしい, 考えついたこと, 考え事など, 考え込む風, 考案は, 聞いたろう, 聞きとりにくい, 聞込むやう, 肩身が, 脅かすやう, 腹掛けの, 自分一人で, 自身を, 良い気持, 花と, 苦しいよう, 茲に, 荷物らしい, 落ちてきさうだ, 蒐めてる, 藁苞に, 血だらけの, 表面の, 要らない無用, 見せたがって, 見つけた様子, 見付け出したか, 見逃して, 観音像の, 言いかえすかと, 言いにくい, 言い寄って, 言うには, 言った様, 言ひつける, 言われるたんび, 計画され, 訊ねるよう, 訴えては, 評議中らしかった, 話しかけながら, 話しだろ, 話し掛けると, 話聲が, 語りそう, 説明出來ない, 誰の, 論文らしい, 譬え話で, 貞子に, 貰わねば, 買えと, 買物に, 賭けませう, 起こったに, 起るか, 跡を, 身辺雑事に対する, 轉んで, 近松の, 追っ懸けられるよう, 通行人の, 運動を, 道路の, 遠い地方住居, 遺品は, 酒宴の, 重い病気, 野呂間の, 金目の, 鋭い勘, 長くほしがっ, 間違ってるぞ, 防空設備の, 陰謀めいた, 障礙が, 集めに, 震へる, 非難でも, 面白い考, 頑丈な, 頻りに喜ん, 頼み事を, 風, 食い物の, 食べたいとか, 食べようじゃ, 食違ったもの, 餌でも, 駆けなければ, 高いところ, 魅力的な, 鳴る, 黒い見上げる

▼ 何~ (17224, 8.4%)

824 ために 329 役にも 230 関係も 228 気も 200 為に 176 ことだ 146 苦も 142 様な 130 ことは 125 意味も 123 気なし 119 事だ 117 ことか 102 物音も 96 事は 94 返事も 93 不思議も 81 音も 80 興味も 78 ことも 76 かのと, 変りも 72 用が 71 理由も 69 ことやら 57 ための, 関係が 56 事も 54 事か, 事やら 53 必要が 51 奇も 49 変化も, 変哲も, 躊躇も 48 爲に 46 目的も 45 目的で, 罪も 44 造作も 42 ためか 41 こだわりも, 感じも, 用で 40 ためだ, 異状も 39 用だ, 音沙汰も 38 ことです 37 不思議が, 用も, 用意も, 足しにも 36 遠慮も 35 手掛りも, 様に, 表情も 34 効果も 33 不安も, 力も, 得るところ, 意味か, 沙汰も 32 因果か 31 効も, 心配も 30 何の, 因果で, 甲斐も, 疑いも 29 便りも, 意味だ, 為めに, 答えも 28 価値も, 話も, 連絡も, 雑作も 27 感情も, 用事で, 考えも 26 交渉も, 反応も, 苦労も 25 かかわりも, 意味が, 証拠も 24 故障も, 罪が, 關係も 23 ことだろう, 未練も 22 不足も 21 苦痛も 20 こと, 不自由も, 事です, 挨拶も, 用か, 能も, 話を 19 つもりで, 事とも, 声も, 影響も, 役に立つか, 彼のと, 望みも, 氣も, 縁故も

18 [12件] ことを, 反響も, 屈託も, 御用で, 御用です, 感興も, 抵抗も, 根拠も, 楽しみも, 氣なし, 足しに, 風情も

17 思慮も, 消息も, 用事が

16 [11件] たよりも, 希望も, 役に立つの, 得る所, 必要も, 感動も, 様にも, 爲めに, 蟠りも, 説明も, 関り

15 ことな, つもりか, 不平も, 心も, 手懸りも, 益にも, 言葉も, 魅力も

14 かかわりが, ためらいも, 仕事も, 憚る, 木か, 相違も, 知識も, 責任も, 関心も, 飾りも

13 変ったこと, 家も, 役に, 用です, 痕跡も, 縁も, 考へも, 變哲も

12 [13件] ことじゃ, 利益も, 容赦も, 影も, 役に立つもの, 役に立とう, 某と, 注意も, 為だ, 用に, 用事も, 記憶も, 面目あっ

11 [16件] あても, か, ことかと, ことだい, ことで, こッた, 位の, 反省も, 手がかりも, 疑念も, 痛痒も, 矛盾も, 答も, 考も, 話だ, 音だ

10 [25件] こだ, たしにも, ためである, わだかまりも, 功も, 努力も, 危険も, 同情も, 問題も, 困難も, 報告も, 変ったところ, 御用か, 悔も, 意味をも, 気なく, 気配も, 用事だ, 異常も, 謂ぞ, 變つた, 變り, 障りも, 面目が, 音だろう

9 [27件] お役, ご用です, ためだろう, やうに, わけも, 不思議は, 予告も, 仔細も, 味も, 応答も, 恨みが, 恨みも, 意見も, 手段も, 故とも, 準備も, 為の, 無理が, 理由が, 理由で, 用だい, 益が, 美が, 變化も, 返答も, 音信も, 響きも

8 [34件] かわりも, ききめも, ことであろう, やうな, ゆかりも, 上に, 事た, 価値が, 光も, 取柄も, 夢も, 妨げも, 彼の, 御用事, 応えも, 恐怖も, 悪意も, 感覚も, 手応えも, 支障も, 権利が, 理解も, 用な, 用にも, 用をも, 疑も, 目的が, 策も, 背景も, 自信も, 装飾も, 覚えも, 訳も, 躊躇する

7 [53件] かいも, それが, ためとも, と云う, はずみか, やくにも, ッて, 不都合も, 事, 事じゃ, 事件も, 交渉が, 人影も, 他愛も, 前ぶれも, 前触れも, 力が, 収穫も, 問題でも, 問題にも, 執着も, 差別も, 心ぞ, 心の, 必要あっ, 思案も, 怨みも, 意ぞ, 感慨も, 懸念も, 手ご, 手ごたえも, 故か, 故ぞ, 木なる, 某という, 無理も, 特色も, 獲物も, 用を, 疑問も, 益か, 益も, 知らせも, 秘密も, 美を, 色も, 証拠に, 辺に, 返辞も, 隔ても, 面倒も, 面白味も

6 [60件] お話も, くれえ, ためかと, つもりな, ふしぎが, ような, 不思議でも, 不満も, 不足が, 事あ, 事ぞ, 事なく, 仕掛けも, 会釈も, 余裕も, 便も, 働きも, 分別も, 効目も, 印象も, 噂も, 因縁も, 姿も, 形も, 影響をも, 悪いこと, 意味で, 意味とも, 意味を, 慾も, 拘束も, 支度も, 文句も, 期待も, 某の, 気は, 為か, 特徴も, 理窟も, 用, 用かと, 甲斐が, 異なるところ, 病気だ, 目的あっ, 目的の, 目的を, 相談も, 真似だ, 罪で, 聯絡も, 興味が, 花か, 花も, 處にか, 被害も, 見得, 解決も, 遠慮が, 邪魔も

5 [79件] きつかけ, ことだらう, こととも, ことやらさつ, たのしみも, ためだい, ためでしょう, ためです, ためな, ためにか, たわいも, といっ, と云, と云っ, なにがしと, へんてつも, ようにも, ジャムでも, 不都合が, 事かと, 事な, 事を, 利益が, 合図も, 因縁が, 変るところ, 変事も, 子細なく, 害も, 家でも, 巧みも, 差も, 当ても, 役に立ちません, 役に立つん, 御用が, 御用な, 必要あり, 怖るる, 怪我も, 情熱も, 意味である, 意味やら, 感じをも, 感ずる所, 感傷も, 感想も, 感激も, 憚りなく, 成算も, 手答えも, 抵抗力も, 損害も, 料理に, 束縛も, 樣な, 権利も, 特長も, 用あっ, 用事かと, 用事だろう, 異なる所, 異変も, 疑うところ, 疑ひも, 発見も, 科も, 経験も, 能が, 興も, 興味をも, 設備も, 証拠が, 詞も, 話かと, 違いも, 酔興で, 音か, 飾も

4 [177件] いいところ, おもてなしも, お咎め, お料理, お沙汰, かかはり, かざりも, くらゐ, こった, ことさ, ことでしょう, ことや, ご用で, さわりも, ため, ためであろう, ためでも, ためにも, たよりにも, つながりも, とそんな, と申す, と言, ふしぎも, やうの, ように, よりどころ, 不便も, 不服も, 不自然も, 予備知識も, 予感も, 事で, 事なし, 事情も, 仕事を, 余念も, 備えも, 傷も, 價値も, 光りも, 判断も, 制限も, 刺戟も, 力にも, 力をも, 功をも, 加ふる, 効が, 効き目も, 動揺も, 取りどころも, 咎が, 咎で, 因果かと, 変った事, 変りが, 奇異も, 実質的な, 屈托も, 差支も, 己れ, 幸福も, 当も, 影響する, 役に立ちましょう, 役に立つもん, 御用でございます, 御用でしょう, 応へも, 思い出も, 怨みが, 怪しいこと, 恐る, 恐れも, 恨が, 悲しみも, 意か, 意味だろう, 意義が, 感情をも, 感銘も, 慰めにも, 才能も, 技巧も, 接触も, 故なる, 故に, 效果も, 效能も, 日か, 望みが, 木で, 本だ, 条件も, 某が, 標も, 権威が, 権威も, 欠点も, 欲望も, 歌, 武器も, 気兼ねも, 気兼も, 淀みも, 渋滞も, 滞りも, 濁りも, 点から, 為で, 為めだ, 物思ひ, 特別な, 特殊な, 理由に, 生き甲斐も, 異り, 疑惑も, 疵も, 痕も, 痛痒をも, 益あらん, 益ぞ, 益に, 目的を以て, 相違が, 科が, 程度まで, 罪を, 考へさ, 肉でも, 脈絡も, 花だ, 花だろう, 花とも, 苦しみも, 要も, 見分けも, 角の, 言葉が, 訣とも, 訣やら, 証拠にも, 話, 話が, 話だらう, 話な, 誇張も, 誰と, 警戒も, 趣味も, 跡も, 車, 辺で, 造作が, 連絡が, 連鎖も, 道にも, 道を, 道具も, 違いが, 選ぶところ, 邪念も, 関わりも, 関係を, 隔りも, 障害も, 雑念も, 面白い事, 音, 音とも, 順序も, 顧慮も, 馬鹿, 鳥か, 鳥だ

3 [283件] あてども, あとかたも, いわれも, おかまい, おのれが, お稽古, お言葉, お話, お話か, お話です, お障り, かのって, こったか, こっちゃ, ことかね, ことぞ, ことだった, ことである, ことでございます, ことなく, ことに, ことばも, これが, ご遠慮, しるしも, すること, せいか, そんな事, たしに, たそく, ためぞ, ためであった, つまらぬ身の上, つみも, ひびきも, わけで, タシにも, タワイも, 上にも, 不幸にも, 不思議さも, 不自然な, 世話も, 事だい, 事だらう, 事だろう, 事である, 事でございます, 事でしょう, 事に, 云ひ, 今は, 仔細が, 仕事が, 仕事でも, 位まで, 作為も, 係りも, 係り合いも, 値も, 値打も, 共鳴も, 出来事も, 前置きも, 力か, 力でも, 力に, 力によって, 助言も, 効力も, 効能も, 印も, 原因も, 収入も, 取り柄も, 取得も, 否やも, 咎めも, 咎も, 商売だ, 商売を, 喜びも, 因縁か, 報も, 境も, 変った所, 変った様子, 変わったこと, 変異も, 好奇心も, 妨げにも, 妨害も, 威厳も, 子細は, 学科も, 学科やらの, 客観性も, 害を, 工夫も, 希望をも, 干渉も, 影か, 役に立つと, 役に立つという, 役に立とうぞ, 得る処, 御信心, 御商売, 御用, 御用だ, 御用でござる, 徳が, 心あっ, 心残りも, 怖れ, 怖れる, 思ひあたるところ, 思想も, 怨みで, 恐れるところ, 恥か, 恨みあって, 恨も持たぬに, 悪気も, 惜しげも, 意味, 意味ぞ, 意味でも, 意味な, 意味なし, 意義も, 意趣が, 愛情も, 感動をも, 感興をも, 憚りも, 手も, 手応へも, 打合せも, 抗議を, 拠るところ, 掴みどころも, 摂理か, 故を以て, 教養も, 方法も, 日に, 時か, 時に, 時にか, 曇りも, 曲を, 書にも, 書を, 木だ, 木とも, 未練気も, 材料も, 某, 様なる, 権力も, 権威を, 権威をも, 樹とも, 權利が, 歌だ, 此の, 気がかりも, 気勢も, 気苦労も, 氣なく, 求むる所, 汚れも, 波瀾も, 活動も, 深い意味, 為にも, 為めか, 爲の, 特権も, 猶予も, 玉の輿までは, 珍らしい, 理由なく, 生命も, 用あり, 用かね, 用事か, 用事である, 由縁も, 異る, 異存を, 疑いをも, 病気で, 病気とも, 目印も, 目当も, 目的にて, 省慮, 真似でも, 神か, 神の, 私にも, 策を, 結果も, 縁が, 縁故で, 罪とがも, 罪なく, 罪をも, 罪咎も, 罪科が, 罪科も, 羞恥も, 義理が, 考慮も, 聯想からか, 職業を, 能なく情なき, 色彩も, 花, 花が, 花ぞも, 花ひらいた, 花を, 芸も, 苦勞も, 苦悩をも, 苦痛をも, 落度も, 蔭も, 見境も, 見当も, 見所も, 親しみも, 計算も, 記載も, 訳か, 詩ぞ, 詮も, 話か, 誰, 誰だ, 誰という, 證據も, 警報も, 議論も, 貢献も, 質問も, 趣も, 身振りも, 身支度も, 辞を以て, 辺まで, 迷いも, 通知も, 造作でも, 造作は, 逡巡も, 遮るもの, 選ぶ処, 遺恨が, 遺書も, 邊に, 配合物も, 野心も, 金と, 間違いも, 関するところ, 関わりが, 関係の, 關係が, 防ぎにも, 障壁も, 障害なし, 雜作も, 面白いこと, 面白くも, 音で, 頼りにも, 願いも, 風波も, 飾りけも

2 [756件 抜粋] あの阿, いたずらか, いはれも, うらみが, おとさたも, おもてなしを, お前が, お前様見た, お店, お怨み, お指図, お答え, お経, お話な, かいが, かかり合いも, かかわりあらん, かのといふ, かんけいも, きっかけで, くつたくも, こころぞや, こたえも, こって, ことかさ, ことから, ことが, これしきの, ご心配, さしさわりも, さまたげが, さまたげも, ざまぞ, せいだ, それを, ためだった, ためと, ためらいなく, ちがいも, つもりに, ですか, といわれた, と申し, と言う, と贅沢, ないこと, なにが, にべも, まあ勿体ない, まとまりも, ゆえか, よどみも, わけだ, わけとも, わずらいも, わたしが, コダワリも, ヒューマニズムぞ, マジナイに, 一念も, 上下が, 下らないと, 不思議だ, 不思議であらう, 不思議な, 不思議や, 不自然なく, 不自由なく, 主張も, 事だいそれは, 事よ, 事件か, 事実も, 事私が, 交渉を, 交渉をも, 人お, 人工も, 人生ぞや, 仇も, 仔細は, 仕事に, 代償も, 仰せも, 位ある, 位で, 位に, 何某という, 何番に, 作意も, 作爲が, 使に, 価も, 価値をも, 係り合いが, 信仰, 信号も, 信念も, 修飾も, 先生, 先生とも, 共通点も, 凄味も, 処にか, 処置も, 別状も, 利ぞ, 利害も, 利益にも, 前後の, 前提も, 前置, 創造が, 力で, 力であったろう, 功が, 功果も, 功能なく, 加うる, 助力も, 効いも, 効果の, 勉強だ, 動くもの, 動機で, 匂いだろう, 印象をも, 厚みも, 取り乱したところ, 取止めたこと, 取立てたこと, 口を, 同情の, 名案も, 命令も, 咄, 商売にも, 商売も, 問題の, 喜びが, 因果ぞ, 因果だ, 困難が, 困難を, 地に, 報酬も, 場合にも, 増減する, 増減も, 声か, 声だに, 声であろう, 変てつも, 変は, 変わりも, 変更も, 夢を, 女王でも, 妥ならざる, 妨か, 妨げとも, 妨も, 子だ, 存在も, 学閥も, 宗旨にも, 実力も, 実際上, 客観性を, 室も, 家にも, 導ぞ, 小言を, 工作も, 巧も, 差別なく, 差支えも, 希望, 希望が, 幸ぞ, 幸福が, 店を, 弁解にも, 弁解も, 張合も, 影像も, 役に立ちますか, 役に立つ, 役に立つかと, 役に立つだろう, 役に立つほどの, 役に立つ馬鹿, 役を, 役目も, 役目を, 得にも, 得も, 御心配, 御斟酌, 御猶予, 御用だろう, 御用に, 御病気, 御返事も, 御遠慮, 徳も, 徴候も, 心当りも, 心得も, 忍耐ぞ, 怖ろ, 思いも, 思い残すところ, 思ひも, 急用か, 怨みだ, 怪異も, 恋愛も, 恐れ気も, 恥ずるところ, 恨みで, 恩怨なく, 恩怨もない, 恩恵にも, 悔をも, 悔恨の, 悪い事, 悪怯, 情報も, 情愛が, 情趣も, 惜しいこと, 惜氣も, 想像も, 意も, 意味ある, 意地も, 意義をも, 感も, 感傷が, 感興を, 感謝なし, 慰めも, 慰藉をも, 憂慮も, 成果も, 所在も, 手がかりにも, 手を, 手応も, 手掛かりも, 手掛りを, 手数も, 批評の, 技能も, 択ぶところ, 抱負を, 拍子か, 拘りも, 拠り処, 挨拶だ, 援けにも, 損傷も, 摂理ぞ, 撰む所ぞ, 故にその, 故に斯, 故障を, 效あらじ, 文学ぞ, 料理が, 斟酌も, 方へ, 旗だらう, 日です, 昂奮も, 是れ, 時代に, 智識も, 曲も, 書だ, 月も, 望か, 木です, 木の, 未練が, 本, 本が, 本だい, 本も, 村でも, 枝か, 某は, 楽しさ, 楽も, 様にでも, 樂しみも, 権威にも, 機会も, 機掛も, 此身に, 民なりや, 気で, 気に, 気ぶりも, 気兼なし, 気無しに, 氣でも, 永久的結果も, 沙汰をも, 注意をも, 涙か, 涙だらう, 涙でも, 渡りかけて, 温かい手, 澱みも, 火だらう, 点に, 為かと, 為だった, 為だろう, 為めかと, 煩は, 爲ぞ, 爲だ, 猶予が, 珍しきこと, 理想も, 理由あっ, 理由から, 理由とも, 理解が, 理論が, 生甲斐も, 用かを, 用さ, 用ぞ, 用だらう, 用であろう, 用とも, 用事だらう, 用事を, 用意が, 由で, 畠でも, 異った, 異状なく, 異議も, 疑か, 疑は, 疑ひも殘, 疑わしいもの, 疑点も, 疲労も, 病気も, 病氣だ, 痛ましげ, 発言も, 益するところ, 益なし, 目的あり, 目的であった, 目的という, 目的に, 相図も, 相談を, 真似だい, 真似です, 矛盾を, 知識をも, 研究で, 研究を, 祝杯を, 神様です, 禁厭やら, 科で, 程度の, 種を, 積極的な, 端緒も, 競争を, 答へ, 答へも, 約束も, 約束を, 細工も, 経やら, 統一も, 締りも, 罪あり, 罪とも, 罪や, 罰で, 義か, 義なる, 義理はり, 考慮を, 聯関も, 聲も, 職業にも, 肉だ, 脅迫の, 臆する, 自制心も, 自慢に, 臭いだ, 興味でも, 色をも, 色彩である, 芸でも, 苦なし, 苦心も, 苦悶も, 葦影に, 蔽うところ, 薬にも, 虚飾なき, 虫の, 蝶も, 蟠まり, 衝動も, 要領も, 見るべきところ, 見るもの, 覚悟も, 解決にも, 解釋も, 触れも, 計画も, 訣も, 註文も, 証明にも, 評判も, 試験を, 話だい, 話だった, 話です, 話でも, 語かが, 誤魔化しにも, 誰か, 謂はれ, 識別も, 警察力も, 譯も, 負ふ, 貴僧, 貴女, 資本も, 足だ, 足跡をも, 足音も, 跫音も, 躊躇が, 身動きも, 身寄りも, 辺です, 辺を, 進歩も, 遅疑も, 運動である, 過渡も, 道でも, 道理も, 違ひ, 選む所あらむ, 選む所なき, 邊で, 邪念が, 邪魔物も, 部屋も, 重みも, 間違いで, 関りあらん, 関わる処, 防備も, 防禦も, 難き事, 面倒な, 面識も, 音さたも, 音である, 音でも, 音響も, 響きをも, 響をも, 頁も, 顏さげ, 顏を, 顔を, 願いぞも, 食物でも, 飾りの, 駈引, 騒ぎも, 験も, 驚きも, 魚の, 鳥ぞ

1 [4494件 抜粋] あいさつよりも, あたらしい悔, あなた旦那様だ, あやまちが, いい工夫, うけ答, うらみも, おかま, おそるる心, おとづれもない, おまじないだ, お使い, お前様この, お変りも, お恨み, お民さん, お禁厭, お訊ね, お話なさっ, かい, かくし立て, かの難癖, がっかりも, くそと, くらい嬉しいか, ぐらゐ眉を, こじつけなもん, こった自分, ことかネ, ことにでも, ことわりも, この度, これ若衆でさえ, ご歓待, ご軍議, さら, しなも, すきも, そのため, それに, ぞうさも, たしなみが, たはれごと, ためたるや, ためについて, ためらひもなく, ため門歯は, ちょうはんの, つてね, つもりで与えよう, とあんまり, とごま化, とりとめたお話, と云った, と厳しくっ, と強がっ, と申し上げ, と謂, なかでも, なにがし作る, はからいも, はなやかな, ひとことも, ほうで, また聞えず, むずかしい叱, もうけにも, やくに, ようにか, よろこびの, わざわざこの, ゑんりよも, エピソードかと, ソノじゃ, ツナガリも, バイ, プライドも, ユカリも, 一場面でも, 一般者の, 不便をも, 不平が, 不徳であろう, 不思議をも, 不義も, 不足し, 不面目, 世界の, 中も, 主水, 乾杯を, 予猶も, 事と, 事件である, 事業を, 云訳に, 人か, 人生とは, 今時, 仕出かしたこと, 付け加えるところ, 仰せか, 会であっ, 位あれ, 位大きい, 位置に, 位金を, 何某と, 余生の, 作為を, 使命が, 便りでございました, 促進的な, 信心が, 修養も, 値段です, 傷だ, 像と, 兆しか, 先例にも, 光ぞ, 光明も, 共軛性を, 内容が, 凡てだ, 刃を, 判断をも, 利益の, 刺激も, 前兆にても, 力あらん, 力の, 功なき, 功名欲を, 加減も, 効か, 効用を, 動力を, 勝助, 勲も, 匂ひも殘つては, 化粧を, 卑怯な, 危險が, 原料で, 反古か, 反橋ぞ, 取りえも, 受け答えも, 古典だ, 号令も, 吉左右も, 名残も, 否やの, 呪詛か, 命何の, 咎めるべきところ, 品評を, 商人の, 問題であった, 喜しい, 噺も, 因果ぢゃやら, 因縁に, 国の, 地方, 基準をも, 報いられるところ, 場合にでも, 壜だ, 壺だろう, 変も, 変化の, 多寡が, 夢見てる, 大志何の, 天意であろう, 失敗も, 奇異で, 女ッ子, 好感も, 姿だらう, 嫌惡も, 字ぞ, 学位だらう, 学識も, 完全な, 定ぞや, 実を, 実質にも, 害が, 家庭争議だ, 宿縁で, 實か, 対策か, 小癪な, 尤むるところ有り, 山, 巣だいそれ, 工風を, 差別が, 巷の, 希望を, 年かの, 広告か, 庭面廊下到る, 弁別も, 張合いにも, 当てにも, 影らしい, 役に立たない, 役に立ったか, 役に立つで, 役に立とうとも, 彼ので, 待つもの, 後顧の, 御事業, 御子ぞも, 御新姐, 御用であろう, 御用も, 御紹介, 御顔, 心のこり, 心構えも, 心配する, 必要ありや, 念も, 思いの, 思し召, 思召も, 思案にか, 急用なき, 怨も驚き, 怪しむ必要, 恋ぞも, 恐れる景色, 恙もお, 恨みあっての, 恩恵も, 悔いも, 悦楽も, 悪感情, 悲嘆も, 情景も, 惡口といふ, 愉快を, 意にて, 意味でしょう, 意気地の, 愚痴だ, 感与, 感激をも, 慰さめ, 憂ひも, 憚かる, 憾む所, 成算は, 戸外の, 所爲で, 手だても, 手向いも, 手掛かりをも, 手段か, 手紙かと, 手違いであろう, 才覚も, 批評も, 技術手段も, 披露する, 拘はる所, 指令が, 推移も, 揺ぎをも, 據り, 改善も, 政見も, 故ならん, 故に手, 故障か, 救助をも, 教育も, 文句や, 文辞も, 斯んな, 新しい變化, 方を以て, 施しよう, 日の, 明るさ, 時でした, 普遍的な, 暗い影, 曲であった, 書は, 會明日は, 有難味が, 期待を, 木であろう, 未練もも, 本でも, 本質的関係も, 東北の, 某ならざる, 根拠と, 椀どの, 楽しみあり, 楽曲でも, 様な嘲りで, 模様とも, 横町を, 機械だろう, 欲の, 歌な, 此程の, 死な, 民ぞや, 気懸り, 気配か, 求むるところもなく一片義侠の, 沙汰と, 泥棒の, 洒落にか, 海津城こよい, 深味も, 温度も, 滞るところ, 瀬に, 点が, 為であろう, 為とも, 煙か, 煩わされること, 爲す, 爲めかと, 物影も, 特別の, 犠牲者である, 猶予や, 珍奇も, 理由なくぽ, 理窟無しに, 生れである, 生活的劃線が, 用ぞと, 用ば, 用件も, 用捨も, 甲斐あらん, 画像か, 異変をも, 異状をも, 疑うこと, 疑懼をも, 病いでしょう, 病気かね, 痕跡をも, 癡言と, 皮でも, 益あるべきや, 目かくし, 目的か, 直訴か, 相談対手にも, 真味, 知らせ, 知己も, 研究者を, 確証も, 社会的内容も, 神社でも, 祭礼, 禍難に, 私怨も, 秘かな, 秘策かが, 種類であれ, 積りか, 窮屈でも, 符号かね, 答を, 箱です, 精神ぞや, 約束か, 素性など, 結局も, 絵け, 続ける言葉, 縁故なく, 纒まった, 罪である, 罪科で, 美しい感激的, 羞恥とも, 羽か, 耳の, 職人じゃ, 肉は, 能力をも, 臓器だ, 自然も, 臭いだろう, 興奮も, 船も, 色をかな, 艷も, 花である, 花開いた蓮華, 芽, 苦しみよりも, 苦情なく, 茶わんを, 菓子へ, 落つきも, 葛藤も, 薬の, 虚飾なく, 血すじの, 行為も, 表情が, 要あらむ, 見せしめな, 見れば, 見舞も, 覚悟だ, 観音を, 言い草だ, 訂正も, 記憶え, 許の, 訳無う, 証明書類も, 詩感も, 話さ大変, 話だって, 誇りをか, 誘惑をも, 説くところ, 誰それ, 誰べ, 調律も, 諷刺か, 謎でありましょう, 警告も, 議論やら, 豫備智識も, 貢献する, 貴殿が, 貼紙も, 趣が, 足し前に, 路を, 躊躇を, 身分は, 輝かしい朝, 辺, 返す言葉, 迷ひであつ, 通知もうけなかった, 遅疑すべきで, 運命も, 道かの, 道便りを, 道楽だ, 違ひもない, 遠慮に, 遺恨あっ, 邪惡の, 部屋の, 醉興ぞ, 金だ, 錯覚からか, 長い発作, 間も, 関る, 関心でも, 防禦にも, 険も, 隙間だ, 障碍物も, 隨喜にも, 難いこと, 静寂が, 面白い日, 面目を, 音が, 音沙汰の, 頓着する, 頼りも, 願がけに, 風の, 飛躍も, 飾りっ気, 馬車よりも, 騒がぬ面色, 骨を, 鬼でも, 魔か, 鳥だろう

▼ 何~ (16599, 8.1%)

828 彼も 338 ない 218 なかった 171 知らずに 110 ないの 84 しないで 83 云は 70 ありません 67 言わずに 63 すること 61 して 60 無い 59 せずに, 云わなかった 57 云わずに 56 見えなかった, 言わなかった 52 言は 51 忘れて 48 知らない 45 知らないの, 見えない 44 あったもの, 心配する, 言うこと 43 知らないで 42 持って 41 いわなかった 40 なかつた 38 いわずに, 考えて 35 悪いこと 34 言はずに 33 ないが, 云はずに 32 いうこと 31 ないと 29 ありは, 無かった 28 言わないで 27 しない 26 私が, 言ふ 25 あつた, なくなって, 出て, 残って, 知らなかった 24 しなかった, ないので, 彼もが, 手に, 私は 23 ありませんが, 無いの, 考へて 22 ございません, ないよ, 不思議は, 云うこと, 知らないん 21 ないん 20 ございませんが, はいって, 考えなかった 19 御存じない, 知らないと, 見て 18 する事, ないから, ないよう, なくて 17 あるもの, 云わないで, 聞いて, 食べて 16 ないのに, なし, 僕は, 出来ない, 好んで, 書いて, 珍らしい, 知って, 答えなかった, 自分の 15 いらない, かにも, わからない, 云って, 知りません, 考えないで, 話して 14 あなたの, なしに, 入って, 分らない, 心配は, 知らないから, 知らなかったの, 見えません, 言へ, 言わない 13 いって, いわない, ないこと, ないという, 云ふ, 私に, 考えずに, 見えないの, 返事を

12 [12件] ありませんよ, わかって, 不思議な, 云わない, 為なかっ, 特別な, 知らないよう, 答へ, 考えること, 自分が, 見えぬ, 言いません

11 いえなかった, ご存じない, 云う事, 云へ, 何も, 変ったこと, 得るところ, 言って, 驚くこと

10 [18件] ありませんでした, そんなこと, ないところ, わざ, 出來, 分らなかった, 口を, 彼の, 恐れること, 持つて, 無理に, 用は, 知らない私, 私の, 私を, 要らない, 見えなかつた, 言えない

9 [15件] お前に, それが, できない, ならぬ, もって, 云えない, 云えなかっ, 出来ないの, 問題に, 悪い事, 無かつ, 知らないので, 知らない人, 見なかった, 遠慮する

8 [24件] あったもん, いはずに, いふこと, お前の, かもが, それを, なりません, 之を, 変った事, 怖がること, 感じなかった, 書くこと, 気に, 知らないお, 知らないもの, 知らなかつた, 知らぬ, 考へずに, 要りません, 見ず何, 覚えて, 言う事, 買って, 関係は

7 [48件] あの男, いう事, いわないで, おつ, お前が, これは, しないの, しなくても, ついて, ないじゃ, なくただ, ならない, ならん, なりは, わからずに, 云ふこ, 僕が, 出来ないん, 出来なかった, 分らないの, 口に, 君が, 君に, 君の, 問題は, 存じません, 思うこと, 持たずに, 放り出して, 書いてない, 泣くこと, 無くな, 無くなって, 特別に, 申しません, 申すこと, 眼に, 知らないが, 知らぬ身, 聞えなかった, 見えなかったが, 見えなくなって, 見えは, 角も, 言うな, 語らなかった, 買わずに, 食わずに

6 [42件] あなたが, ありゃしない, きいて, ここで, こんなこと, しないのに, しやしない, そんなに心配, なくな, なければ, むずかしいこと, やって, わからなくなって, 不思議で, 世間の, 人の, 仔細は, 出来やしない, 君を, 喰べ, 変りは, 失って, 強いて, 怖いこと, 怖れる, 恐いこと, 残つてゐない, 生えて, 知っては, 知らない様子, 知らなかったが, 知らぬ者, 知らん, 知らんの, 考へないで, 見えなくなった, 言えなかった, 言ふこ, 言わなかったが, 訣らぬ, 話の, 食べずに

5 [87件] あなたに, あなたを, あの人, ありませぬが, あるもん, いうな, いらないと, いわなかったが, おかしいこと, おっしゃらないで, ございませぬ, しずに, したの, しなかったの, しなくて, する気, それは, そんなもの, たべて, できは, ないかの, ないけれど, ないで, ないといふ, ない処, ない方, ない私, ない空, なかったら, はじめから, はっきりした, わからなかった, わからぬもの, わるいこと, 一つも, 云わないの, 人を, 他に, 俺の, 分らなくなって, 判って, 変って, 変わったこと, 彼が, 御存じなし, 手を, 教へ, 文句は, 書いてなかった, 書かないで, 欲しいもの, 欲しくない, 浮んで, 消えて, 無いから, 無いので, 珍しい事, 珍しげ, 用が, 申上げる, 目に, 着て, 知らず, 知らないし, 知らないのに, 知らない顔, 知らぬと, 知ること, 知るところ, 答えない, 考えず何, 考えない, 考えないこと, 考へては, 聞えて, 聞えない, 聞きこむ間, 自分で, 見えないが, 見えないので, 見えなくなりました, 話さなかった, 話すこと, 語らない, 身に, 頭に, 食べないで

4 [134件] ありませぬ, ありませんから, あるはず, いいは, いうまい, いわないうち, いわないの, おかまいは, お前を, お知り, きかないで, ことさらに, これと, こわいもの, ございませぬが, ございませんよ, しないが, そこに, そなた, そんなに気, そんな事, できないよう, ないです, ないのよ, ない所, ない時, ない部屋, なくても, なくなつ, なくなる, なさそう, なしで, ほかの, むつかしいこと, ものが, やつて, わたしが, 不思議がる, 云いませんでした, 云うべきこと, 云う必要, 云ひ, 云ひません, 云わなかったが, 云わなかつた, 今に, 今日に, 仕事が, 仕事を, 他人に, 仰言ら, 余計な, 俺が, 僕の, 六かしい, 出来ずに, 出来ません, 分って, 分りません, 外に, 尋ねなかった, 御心配, 御馳走は, 心配しない, 心配しなく, 心配なさる, 思って, 思ふ事, 急ぐこと, 惡い, 意識し, 憚る, 教えて, 斯も, 新しいこと, 映って, 書かずに, 書かなかった, 書く事, 有りは, 材料が, 欲しくありません, 気がつかずに, 気づかずに, 気を, 決定的な, 無いが, 無いと, 爲ない, 珍しいこと, 用の, 申しますまい, 申し上げること, 異状は, 直接に, 知つてゐない, 知らず思はずに, 知らないけれど, 知らない彼, 知らない母, 知らない癖, 知らぬから, 知らぬの, 知らねえで, 知りませぬ, 知りませんから, 知りませんでした, 答えずに, 答えませんでした, 考えては, 考へること, 考へる事, 耳に, 聞えなかつた, 見えないし, 見えませんでした, 見ずに, 見ては, 見ないで, 見ること, 覚えが, 言いは, 言はん, 言ひ, 言わぬ, 試みだ, 語らなかつた, 読んで, 谷間の, 遠慮を, 関係が, 食はずに, 食べないので, 食べるもの

3 [291件] あの女, あの子, ありゃあ, ありゃしないじゃ, ありゃしません, ありや, ありやしません, あれは, あわてること, いいたくないの, いえない, いえないの, いざこざは, いなかった, いらないの, いらないよ, いらぬ, いりません, いわずただ, おぼえて, おれが, お伺い, お前さんの, お前女口一つ針仕事で, お土産, お礼を, お聞き, お言い, お話しに, かぶって, きかずに, こっちから, このこと, この人, この男, これが, こわがること, ございませんけれど, ご存じ無く, しないから, しないこと, しないという, しないよりは, しない人, しない者, しませぬけれど, しようと, しらない, しらないで, しらなかった, すき好ん, せずただ, せぬ, せぬのに, そう云う, そのよう, そんなにびっくり, そんなにまで, そんなに案じる, できないの, できなくなって, できません, ないか, ないさ, ないただ, ないぢ, ないはず, ないもの, ないやう, ないわ, ない人, ない何, ない壁, ない女, ない家, ない庭, ない机, ない空虚, ない空間, なかつたが, なくつて, なくなった, なくまた, なすこと, なって, ならないと, なりゃしない, なるもの, ねえが, ぼうつ, むりに, ろた, わからないの, わからぬ, わかりは, わけの, わたしは, 下品に, 不足は, 事を, 云いません, 云うな, 云つては, 云ひませんでした, 云や, 云わず黙って, 人に, 人間の, 今さら突出す, 今の, 今は, 他の, 作家の, 信じません, 僕を, 入つて, 入らない着物, 入るもの, 其様に, 出ない, 出なかった, 出来ないくせ, 出来は, 出来るもの, 別に, 原因は, 君そんなに, 吹っ飛んで, 告げなかった, 問わなかった, 喰って, 困ること, 墓地を, 変な, 大したこと, 大したことぢ, 女郎の, 好きこのんで, 妨げは, 嫌や, 存じませぬ, 存じませんから, 居ない兄, 己の, 彼にも, 彼にもが, 彼もに, 彼を, 彼女に, 得る所, 御在, 御存知ない, 御遠慮, 心配な, 怖い事, 思ふこと, 急に, 悲しむこと, 感じなくなって, 態, 慌てること, 持たなかった, 捨てて, 書く材料, 書けない, 最初から, 有りません, 望まない, 望みが, 望んで, 格別案じ, 案ずること, 構わずに, 正直に, 此の, 残らない, 殘らない, 求めなかった, 沈んだ事, 為ずに, 為ない, 無いぢ, 無いよう, 無い事, 無くて, 特別の, 特殊な, 犯して, 理解し, 用事は, 申さずに, 発見されなかった, 発見する, 眇の, 知ってや, 知らずただ, 知らず何, 知らせずに, 知らないこと, 知らないという, 知らないといふ, 知らないらしいの, 知らないストーン氏, 知らない事, 知らない女, 知らない娘, 知らなかつたの, 知らぬうち, 知らぬお, 知らぬが, 知らぬこと, 知らぬふう, 知らぬ世間, 知らぬ人, 知らぬ様子, 知らぬ顔を, 知らんよ, 知りは, 知りませぬとて, 知りませんよ, 私だ, 科学の, 稽古事も, 答えないで, 答えないの, 糞も, 罪は, 考えてや, 考えないよう, 考えよう, 考える必要, 考へてや, 考へなかつた, 聞かずに, 聞きは, 聞きませんでした, 聞くまいと, 能が, 腹を, 自分から, 自分に, 舅姑の, 苦しんで, 苦情を, 落ちて, 蚊も, 要らぬ, 要らん, 要るもの, 見えないから, 見ようと, 見るもの, 見当が, 見当らない, 見当らなかった, 見知つて, 言いたくない, 言いますまい, 言うまい, 言おうとは, 言ったこと, 言ひませぬ, 言ひません, 言ふまい, 言わず私, 言わないの, 言わないので, 言わない先, 言わなければ, 言葉あらそひした, 言葉を, 訊いて, 訊かないで, 記憶に, 訝しい事, 証拠は, 話が, 説明しない, 貴女の, 貴方を, 買うもの, 買へ, 這入って, 遠慮は, 遺憾な, 重大な, 関係の, 隠しては, 隠すこと, 食は, 食べたくないと

2 [830件 抜粋] ああまで, あやまること, ありませんのよ, ありゃしないの, ありやしないん, ありやしませんよ, あれを, あんたの, あんなこと, あんな晩, いうわけ, いえないが, いえなくなって, いえん, いっては, いないじゃ, いないので, いないよう, いはなかつた, いまさら私, いやアしない, いらぬと, いるもの, いわなかったの, いわぬ, いわん, おいて, おせい様, おどろくこと, おまへん, おもてなしは, おらは, お前, お前さん方に, お前と, お前みたいな, お怪我, お構, お菜が, お返辞, お隠し, かも, かもすつかり忘れて, かもを, かも面白く, ききやしない, きくこと, くそも, くわしいこと, こうも, こちらの, こと新しく, このよう, この映画, これという, これらの, これ一つに, こんな処, ござらぬが, ごぞんじない, ご心配, ご承知, さう云, しないでは, しないと, しないよう, しなかったのに, しなかったよう, しなかつたの, しなければ, しねえで, しませんよ, しやしないよ, しらずに, すっかりぬらすた, せず会社, せぬ体, そうむき, そう心配, そう面目, その人, その方, その考え, それ程に, そんな, そんなこわい, そんなにお, そんなに多く, そんなに気味, そんなに體裁, そんな人, そんな話, たべずに, たまらず流れたり, つかなかった, できねば, できませんから, でて, ないかも, ないがらん, ないけど, ないし, ないせい, ないぞ, ないとき, ないとは, ないまるで, ないン, ない事, ない全く, ない小さな, ない小屋, ない平岡, ない様, ない焼跡, ない筈, ない路, ない顔, なかつたの, なき身, なくとも, なくなったの, なくなるであろう, なくまるで, なく遊ぶ, なし得ない, なし得ぬ, ならぬくらい, なりゃあしません, なりやしねえ, のって, はっきりと, びっくりする, ふれて, むづかしいことはないのです, めちゃめちゃだ, やきもきする, やらないと, わかつて, わからないと, わからなかったが, わからぬと, わかりません, わかりませんでした, わけが, わざわざこの, わざわざ山, わしの, わたくしが, わたくしは, ゐは, ツノメ立つ, ビクビクする, 一ことも, 一時に, 上げるもの, 不思議と, 不足な, 不都合を, 世間に, 之は, 事件が, 二人で, 云う気, 云えません, 云つ, 云ひ出す, 云わないから, 云わないのに, 云わなかったの, 云わなくても, 云わぬ, 云わぬ先, 人物が, 今が, 今はじまった, 今まで, 今日とは, 今更の, 他人の, 仰しやつ, 仰っしゃったんではございませんがちょっとしたらご存知, 俳句に, 僕に, 先の, 入らぬ連れて, 入れて, 入れないで, 具体的に, 出しませんでした, 出ないの, 出や, 出来そう, 出来ないから, 出来ないじゃ, 出来ないよう, 出来なくなって, 出来ぬという, 出来やしないん, 分らずただ, 分らないよう, 分らなかったが, 分らなかったの, 分らなかつたが, 分らなくなった, 分らなくなつ, 判らない, 判らなかった, 別にめづらし, 別段に, 厭な, 取らずに, 取返さぬので, 可笑しいこと, 同じこと, 同情する, 向うの, 吾, 唐沢が, 問はずに, 問わずに, 喫って, 喰わずに, 困る事, 売って, 変つてゐない, 大した事, 大学へ, 大学校, 天井には, 失くなって, 失望する, 女は, 好き好んで, 妹の, 娘が, 存じませんが, 存じませんの, 存在しない, 学んで, 学問じゃ, 宣らさね, 宿命だ, 専門の, 居らぬ, 己が, 当人が, 彼もを, 彼奴の, 彼等の, 後に, 御存じが, 御存じなく, 御座無く, 心に, 心を, 心配が, 心配しねえで, 必要は, 忘れてな, 念頭に, 怒ること, 思い当ること, 思はずに, 思わずに, 思わなかった, 急いで, 怪しいもの, 恐がらなくっても, 恐るべきもの, 恐るるに, 恐れるもの, 恐ろしい事, 恥かしい, 意味の, 感づかなかった, 感心する, 慌てるには, 我が心一つ, 打ち忘れて, 持たない, 持たないという, 持たぬ小さな, 描写する, 放ったらかしで, 教えること, 文学の, 斟酌には, 是れ, 暴露し, 書いては, 書けさ, 書けるもん, 書こうと, 有つた話ぢ, 有りゃア, 有るの, 望むこと, 期待しない, 本を, 東京に, 構って, 構は, 欲しい物, 残さないと, 残されて, 残して, 残らないこと, 残らないよう, 母屋や, 気がつかないよう, 気がつかなかったが, 求めて, 泣くこたア, 洒落や, 満足に, 滅茶苦茶に, 為るの, 無いこと, 無いのに, 無いまま, 無いん, 無い部屋, 無き畑, 無し我, 無理を, 無駄な, 然ん, 爲る, 物音が, 特に, 特に軍事教育, 狼狽えること, 珍らしく, 珍らしくない, 理由は, 生別死別を, 生産は, 申さぬ, 申しませぬ, 申しませんから, 申し上げずに, 申し上げられません, 申上げない, 男の, 異常な, 病気の, 発見出来なかった, 皆悄然, 皆正義の, 目的が, 相手に, 相手を, 眼中に, 知らう筈, 知らずうっかり, 知らないあんな, 知らないその, 知らないで眠って, 知らないよ, 知らない人間, 知らない信一郎, 知らない又八, 知らない御, 知らない百姓, 知らない者, 知らなかつたが, 知らなかつたと, 知らなん, 知らぬふり, 知らぬやう, 知らぬ娘, 知らぬ幼児, 知らぬ故に, 知らぬ村, 知らぬ気, 知らぬ長野, 知らんくせ, 知らんで, 知るまいが, 知る所, 知れて, 礼に, 私との, 私なんかに, 私ひとりに, 秘密が, 答えません, 約束は, 罪の, 置いて, 考えない方, 考えなかったの, 考えなくなって, 考えられない, 考えるひま, 考える事, 考へても, 聞えないし, 聞えなくなって, 聞えませんでした, 聞かせないよう, 聞かないが, 聞かないよ, 聞きません, 聞きも, 聞こえなかった, 聴え, 肉が, 背丈けの, 自分は, 自慢に, 致したこと, 芝居小屋らしい, 苦しい事, 複雑な, 要ったもの, 要らないお前, 要らないの, 要りは, 見えず, 見えずに, 見えないらしかった, 見えない位, 見えない暗闇, 見えない真暗, 見えない窓, 見えなくな, 見えなくなつ, 見えませんよ, 見えるもの, 見ずただ, 見つかりませんでした, 見ないが, 見は, 見られない, 見る事, 見る気, 見分けること, 覚えは, 覚えませぬ, 解らない, 解らなかったが, 解りは, 言いませんでした, 言うべきこと, 言うべきもの, 言う資格, 言えなくなるの, 言ってないの, 言はずただ, 言はず肩を, 言はれぬ, 言ひたくなかつた, 言ひやしない, 言ふべき, 言わないが, 言わないもの, 言わないよ, 言わなかったので, 言わぬの, 言わんもん, 訊かないこと, 許容しない, 証拠の, 話しては, 話は, 話を, 認識せられない, 語っては, 語りませんでした, 読まなかった, 謝まる, 貧乏に, 貴方に, 貴方の, 買う気, 贅沢を, 起こりは, 起らないん, 踊りの, 返事が, 送つて, 過去の, 醒め果てて, 金を, 隠して, 隠す必要, 面倒な, 頼まない, 顔ばかり, 食へ, 食べないん, 食べない私, 食べません, 餘計な, 首を, 騒ぐこと, 驚く事, 高見さんとは

1 [7115件 抜粋] ああいう, あたしには, あなたと, あの美しい, あらへんけど, ありませんね, ありゃしませんけど, ありやせんさ, あわてて, あんな大騒ぎ, いいませぬ, いうまいという, いおうとも, いっこう知りませぬ, いなかったの, いひだせない氣, いままで, いらないので, いらねえで, いわずについて, いわず玄関, いわなかったけれども, うかがえなかったけれど, ええこと, おかげを, おこなわれません, おっしゃって, おどおどする, おれに, お前さんたちに, お告げに, お役, お気づかぬ, お聞き申さない, お話に, かう菖蒲, かくすもの, かの風呂敷, かまわずに, かもすん, かも新しく, かんがえて, きくよう, きまらないのに, くれないだもの, げんざい血の, こしらえ事を, ことわりなし, この子, この概念, こみいったこと, これ程の, こんなに横風, こんな旋風, ございませんでしたよ, ござりません, ご存知なかっ, さう心配, させないので, したくなくなつた, してはを, しないといふ, しない只台所, しなかったはず, しねえ師匠, しやしないん, しらない動物, すきこのんで, するつもり, ずるずるに, せず何, せぬ人, そうお高くとまる, そう俺, そう急, そう気取っ, そう面倒, そのため, その女, その錢金, それほど口惜し, そんなにおこらなくたつ, そんなに厭, そんなに改, そんなに黙っ, そんな手数, たくさん, たべずしまいに, たべられやしない, ついたまま, つけて, できないから, できなかつた, できません私, とらの, ないかなしさ, ないさあお, ないだろうと, ないのでな, ないんでね, ない世の中, ない冷血鬼, ない吐出せ, ない始末, ない広い芝生, ない普通, ない殺風景, ない物, ない穴ぐら, ない袋, ない里, なかったで, なかを, なくこんな, なくなったとき, なくフライビンズ, なく死ん, なく誰, なさらないで, なったもの, ならない又, ならぬ事, なりゃしません, ぬすまないで, のこしません, はたから, ひつくるめ, ふっ飛んで, ほったらかして, まだよく知らない, まともな, みんな焼いちまっ, めちゃくちゃに, もう考へたくない, もとめる物, やらないで, やれないぞ, よその, わからず山, わからない人, わからぬが, わからんの, わざわざお話し, わざわざ印度洋, わざわざ紙, わたしに, ゐない, イデオロギーの, グスに, セッパ詰った, ハムスンの, メンションし, ワルシヤワへ, 一切掛けず, 一歩と, 上げる物, 不名譽, 不敬罪とは, 不足はござりませぬ, 与えるもの, 世間体を, 之に, 事件の, 二日かかる, 云いません娘何, 云い度, 云えずいつくしんで, 云つて來や, 云ふこつ, 云わずポケット, 云わず濠, 云わなくとも, 云われなかったの, 五十銭, 人助けの, 今から, 今年に, 今更彼女等, 仕た訳, 付いた訳, 仰っしゃって, 仲時が, 伺って, 作らない生徒, 保険申込は, 修道院や, 借金の, 僕たちに, 元日早々, 先祖の, 入りますもの, 入用らない, 兵を, 具合の, 冷たくなっ, 出ては, 出やしないと, 出来ず早く, 出来ない状態, 出来ねえが, 出来や, 出来上らないの, 分らず皺だらけ, 分らない何, 分らぬ浮世, 切腹には, 判らなくな, 別してお, 別に取り所, 別ニ申上事, 刷っては, 加減を, 勿体ない事, 千歳村の, 卿の, 反駁を, 取りゃしませんよ, 受けつけないの, 古人ばかりを, 可愛い妻子, 吉岡の, 君から, 吸血鬼が, 告白する, 咲いて, 問わず能八郎, 喋れなくなるに, 喰わんの, 固定的な, 地主だ, 報らされず, 変ったところ, 変りも, 多い訳, 大した身支度, 大業に, 太宰風の, 奥平様に, 好き嫌いしなく, 妾から, 威張らなくツ, 存じて, 存ぜぬから, 学問を, 官憲などを, 客人の, 宿の, 尋ねかけては, 小言を, 居ねえや, 山の手とは, 差支えないよう, 帽子だけに, 序ゆゑ申し上げ, 弁解しまい, 弘法利世の, 当家に, 役に立たなかったこと, 彼女を, 後學の, 得られは, 御存じは, 御沙汰が, 徳の, 心得んとて, 心配はいりません, 忘れちまって, 念仏に, 思いも, 思はず横, 思わず三歳, 急ぎは, 恋人とも, 恐わ, 悉くが, 悪くいふ, 悲しいこと, 惡氣の, 意識に, 感じないらしく, 感ぜずこの, 憂ひを, 戦に, 手には, 手答えが, 打明けては, 投げ捨て庭先, 押切つてその, 持たない変, 持たぬ空しい乏しい, 持てぬ由, 捨て, 描いてない部分, 携帯し, 改めて仲人, 教えまい, 敢て, 文學其物を, 新しいもの, 新聞記者だけとは, 旦那さまが, 明言した, 昨晩この, 曲んだり, 書いてなかつた, 書かなかつたが, 書きません, 書けなかつたの, 有って, 有るもん, 朝鮮と, 本気で, 来ないの, 栞に, 概念を, 様子の, 欲しがらないの, 正貨の, 武家と, 死んだ者, 残らないかと, 残りゃしないぜ, 母様に, 気がつかなかつたので, 気づかぬよう, 気色ばんだ顔いろは, 永遠の, 決して僕自身, 法律が, 洗い立を, 海まで, 添えてなかった, 滅入る必要, 為さず, 無いという, 無い只, 無い涼しい恋, 無き所, 無くなると, 無理矢理に, 爲ず, 物が, 物質の, 特色を, 獨房を, 現わし, 生えませぬ, 田島さんを, 申しあげる力, 申し上げなかったん, 申し残しまいらせ候, 畜生が, 疑つて, 痛い思ひ, 登山記だ, 皆よい, 皮肉でいった, 盗ッ人, 相続しなく, 着ずに, 知っちゃ, 知らずぐッ, 知らずバツ, 知らず差出口, 知らず知己, 知らっしゃらねえ, 知らないさ, 知らないでも, 知らないらしく夢中, 知らない二頭, 知らない労働者, 知らない女子, 知らない少女, 知らない悪食者, 知らない民衆, 知らない田舎, 知らない自分, 知らない間, 知らなかったとは, 知らなかった能登, 知らなくても, 知らぬもし, 知らぬ侍, 知らぬ娘ども, 知らぬ松寿丸, 知らぬ萩乃, 知らねえ, 知らねえ者, 知らん小, 知りませんので, 知り得ぬさき, 知んねえ在郷, 確定せず, 禁止する, 私ばかりじゃ, 秘し隠しに, 空いて, 筑前を, 答えられなかった, 約束などは, 細工などを, 結婚を, 縁起ものだ, 置かずに, 羞含む, 考えずわれ, 考えない可愛らしい, 考えられないので, 考へたり, 考へられなかった, 聞いてないね, 聞えないよう, 聞えやしない, 聞かず食べず云わず嗅がずに, 聞かれぬさき, 聞き度, 聞こえないの, 聽か, 脱け, 自分だけは, 自然科学的範疇にだけ, 興味の, 色気は, 苦しい仕事, 英子と, 落ちなくて, 虎井夫人の, 表立った白洲, 西洋式に, 要らんじゃろが, 見あたらない仕方, 見えないこと, 見えない世界, 見えなかったけれど, 見えなく信じること, 見えやしなかったの, 見たくなくなった, 見ないまま, 見るべき行政, 見当らないこと, 覚えなかった, 観世音の, 解らないわ, 触っちゃ, 言いのこす事, 言うには, 言えない正二郎, 言つてない, 言ひ得ず, 言わずのこのこ, 言わず早く, 言わないつもり, 言わなかったら僕, 言わぬさき, 計画的に, 訊ねなかったが, 記憶し, 証拠が, 話させずまた, 話しませんでしたか, 詳しく申し, 語らないか, 語ろうとは, 読まなかったに, 調味料は, 諸葛亮, 議論に, 豊島は, 貰って, 買えなくても, 資料が, 起こるはず, 起りませんでしたので, 躊躇する, 辞職まで, 返辭, 退屈し, 逢坂を, 道楽で, 遣い所は, 邪険で, 醒め果てた乱れ髪, 釣れません, 間を, 附加える, 障碍物の, 隠しへ, 雀に, 非戰鬪的, 頂戴しなく, 顔色を, 飜訳文芸に, 食ふも, 食べてない, 食べません塩物, 食わざりき, 飲まずに, 香水や, 高山に, 麗々しく扱おう

▼ 何~ (16521, 8.1%)

1363 して 256 意味する 234 するの 220 考えて 131 するか 129 するん 125 言って 121 しても 101 しようと, する 97 しに 95 見て 94 訊いても 90 しや 79 見ても 78 いって 77 いうにも 73 考へて 71 言や 70 思ったか, 措いても 62 したか 61 意味し 60 いうの 58 言っても 56 やって 55 書いて 53 ッ, 話して 52 おいても 49 やっても, 思ったの 48 するつもり, するにも, 云って, 見たの, 言うの 46 したの, してるの, してるん, やり出すか, 馬鹿な 43 もって, 云うの, 求めて 42 云っても 41 するかと 40 いう 39 持って 37 知って, 考えたか, 聞いても 36 いうか, しでかすか 35 言ふ 34 好んで, 見たか, 言ってるん, 証拠に 32 言うん 31 なさるの, ぼんやりし, 考へたか, 苦しんで, 言ふんだ 30 したって 29 ぐずぐずし, 云うん, 言ってや 28 読んで 27 いうん, しようという, ツ, 言うにも, 語って 26 っ, 言ってるの 25 云ふ, 思い出したか 24 いっても, するでも, 云うか 23 感じたか, 考えてるの, 食べても 22 きいても, する気, なさる, なさるん, 申す, 着て 21 云や, 思って, 泣いて, 泣く, 言う 20 さ, やつた, 云つてゐる, 置いても 19 お隠し, されるか, やりだすか, 考え何, 買って 18 おっしゃるの, したん, 指して, 指すの, 書いても, 言われても 17 いってるん, する人, なさいます, やらかすんで, 云ってるの, 愚図, 笑う, 見るとも, 言つても, 言つてゐる

16 [11件] いおうと, ですか, ばかな, 云ってるん, 云つても, 思い出したの, 欲し, 申すか, 考えるとも, 言ひ出す, 騒いで

15 云おうと, 云つてる, 仕出かすか, 言つてる

14 したという, すること, つまらねえ, やるか, 云うにも, 恐れて, 言おうと

13 してるんだい, するに, するッ, どうした, 仰し, 探して, 申すも, 隱さう

12 [12件] いわれても, するとも, つまらない, です, どうする, やつて, 云ったって, 入れて, 目的に, 言うか, 話したか, 食べて

11 [19件] あわてるん, おっしゃる, おっしゃるん, させても, してるか, そんなに考え, なすべきか, やらかしや, 云われても, 待って, 思つてか, 望んで, 為て, 笑って, 考えても, 考えてるん, 言ったって, 言つてや, 語るか

10 [25件] されても, した, したかと, しなければ, するっ, するのよ, つまらねエ, どうしよう, ぼんやりしてる, やらかすか, 信じて, 商売に, 問われても, 思つた, 愚図愚図し, 感心し, 持つて, 標準に, 生意気な, 考えたの, 見何, 言うかと, 言ったの, 話しても, 隠しましょう

9 [23件] あわてて, いうかと, いうぞ, したと, すると, するツ, すれば, そのよう, つまらないこと, なすって, まごまごし, やるん, 云ったの, 仰言, 小癪な, 書こうと, 為すべきか, 申しても, 申すにも, 発見した, 知るもの, 聞いて, 言い出すか

8 [30件] いってや, うろたえて, ぐずぐずしてる, したらいい, してや, しとる, するという, するんだい, そんなにお, やつても, 与う, 云ったか, 出すの, 叫んで, 思いついたの, 感じて, 描いて, 書いたか, 書いたもの, 書くか, 祈って, 考え込んで, 聞いたか, 要求し, 見たと, 見つけたの, 言い出すかと, 訊ねても, 隱しませう, 食って

7 [38件] おっしゃるやら, おつ, お考え, したつて, してを, しようが, するかも, する元気, なさって, まごまごしてる, もつて, やるにも, やるの, 云い出すか, 云う, 云はれ, 何を, 君は, 尋ねても, 思ったもの, 思つたのか, 意味するであろう, 指すか, 書かうと, 書くの, 期待し, 求めるの, 申すの, 研究し, 考えること, 考える暇, 聞かれても, 聽い, 莫迦な, 言うても, 訊かれても, 隠しましょう私, 驚くん

6 [59件] あてに, いつてる, いつまで, いふか, おっしゃいます, お前は, さしおいても, したんだい, しようかと, しようとして, するんで, そんなに, ためらって, なさるんで, なしたか, やらかしゃいい, やらしても, やらせても, ニヤニヤし, 云つ, 云つてや, 云ひ出す, 云ふんだ, 仰せられまする, 何う, 働いて, 喋って, 喚いて, 待つて, 怖がって, 思いついたか, 思ってか, 感じたの, 憚る, 書いたの, 標準として, 為すべきかを, 為るの, 目当てに, 着ても, 私に, 笑うの, 考えこんで, 考える余裕, 自分は, 苦ん, 苦んで, 見つけたか, 見るの, 覗いて, 言ったか, 言わるる, 言出す, 話しかけても, 話したの, 語るの, 読んでも, 食っても, 驚いて

5 [75件] あなたは, いったの, いってるの, いふの, いふん, ぐづ, こしらえて, したかという, したといふ, しだすか, してる, しやう, するため, する家, する間, そんなに見, なさろうと, なして, なすべきかを, やったの, やろうと, 与えて, 云い出すの, 云うかと, 云つた, 云は, 仕でかすか, 企むか, 企んで, 叱られたん, 問うても, 失礼な, 学んで, 弾いて, 彼は, 怖れる, 思うとも, 思ひ出したの, 思案遊ばす, 悪いこと, 意味した, 愚圖, 感じ何, 慌てて, 教えて, 教へ, 書いてるの, 根拠に, 楽しみに, 欲してる, 求め何, 泣くか, 泣くの, 泣くん, 物語って, 独りで, 目的と, 私が, 私は, 考えるの, 考えるひま, 考へるでも, 見たん, 見てるん, 見るか, 見るでも, 言うつもり, 言ったん, 言つ, 言は, 言われたの, 語り何, 遠慮する, 隠そう, 隠そうその

4 [130件] あなたに, いい出すか, いい出すの, いうても, いうやら, いたして, いったって, いやァ, いやア, うたって, うろうろし, おもふ, おやりです, お礼に, きかれても, ぐず, さして, されて, したらい, してたの, してたん, してるかを, しました, しよう, しようとも, しろと, するかは, する気力, そんなにびっくり, たくらんで, たずねても, たよりに, だ, なされたの, なし得よう, なすか, ぬかす, ひとりで, ぼんやりと, やったか, やらかして, やるつもり, ボンヤリし, マゴマゴし, 下らない, 云い出すかと, 云うぞ, 云うんだい, 云おうとも, 云ってや, 云われて, 云ッても, 仕出来す, 仰しゃる, 仰しゃるのです, 仰せられます, 仰有, 仰有るの, 其, 其様に, 吐かす, 告げるか, 変な, 夢みて, 如何に, 妙な, 始めようという, 学ぶか, 履いて, 忘れたの, 怒って, 思い出して, 思うの, 思ひ付いたか, 思ひ何, 探すの, 書くべきか, 此の, 求めようと, 為や, 為よう, 狙って, 申しましても, 申すぞ, 申上げ, 発見し, 目標に, 目的として, 眺めて, 示して, 祝って, 笑うか, 笑うん, 縫ふも, 考えたって, 考えてるか, 考え出したか, 考へ, 考へても, 考へるとも, 聴いても, 職業と, 自分に, 致して, 致す, 見せて, 見た, 見たつて, 見てるの, 見る, 見ること, 言いかけても, 言い出すの, 言おうとも, 言はう, 言ひ, 言ふかと, 言ッた, 計画し, 許して, 語つてゐる, 語ろうと, 読んだの, 調べて, 證據に, 讀んで, 買ったか, 買は, 迷って, 食べたか

3 [258件] あわてたか, いい出すかと, いい出そうと, いうこと, いったんだ, いってるんだい, いつて, いやあがる, いやがる, いわれて, うつとり, うろ, うろたえたか, おっしゃっても, お泣き, お言いだ, お読み, お買い, かいたの, かいたもの, かくか, かくそう, かくそうこの, きいて, くよくよ, くれるの, ぐづぐづしてるんだ, これしきの, さがして, さし措いても, さし置いても, さすの, しあがる, したでしょう, しつつ, してやること, してるかと, してるね, しとるの, しとるん, しましょう, しゃべって, しゃべるか, しようとしても, し出すか, するお, するかっ, するだろうと, するつもりだい, するところ, するもの, する何, する力, する時, する男, する積り, せよと, そんなにぼんやり, そんなに腹, そんなに見つめ, そんな処, たべて, たべるの, だかは, どうしていい, どうすれ, なさるおつもり, なさるつもり, なさる方, なされて, なさんと, なしつ, なしつつ, ぬかしゃがるん, ぬかしやがるん, ば, ふざけたこと, ぼんやり考え, まご, みても, もくろんで, やったん, やつたつ, やらかしたん, やり出すの, やるに, よりどころ, グズグズし, ッて, ッという, パチクリ, 一人で, 下さるの, 不足に, 与へ, 二人で, 云い出すやら, 云うこと, 云うやら, 云ってるんだい, 仕出かすかも, 代表し, 仰せられる, 仰っしゃいます, 仰っしゃるんです, 仰つし, 企らんで, 何と, 作るか, 作るの, 作ろうと, 信じ何, 僕が, 出したって, 力に, 勉強し, 勉強する, 吠えて, 吹いて, 告げて, 問うまもなく, 喰って, 喰べても, 埋めたの, 売るの, 始めるか, 学んだ, 小僧奴, 小生の, 得ようと, 御覧なさる, 御覧に, 必要と, 忘れて, 怒つて, 怒るの, 怖れ, 思い立ったの, 思うか, 思うて, 思つてゐる, 思はむ, 思ふか, 思ふと, 急いで, 悩んで, 悪い事, 悪戯を, 悲しむ, 悲しむか, 惡い, 意味しよう, 意味するであらう, 愚図愚図してる, 愛し何, 感じたもの, 感じてか, 憎んで, 憤って, 成さる, 我々に, 投げたの, 指すかと, 捜すん, 搜し, 教えるか, 教え何, 教へて, 書かなかったか, 望むべきか, 標準と, 気に, 求めに, 泣いてるん, 演って, 為して, 為し何, 無礼な, 燃やせば, 申したところ, 申しますにも, 白状する, 目あてに, 目ざして, 目安に, 目論んで, 相談し, 知ってるの, 知らせに, 研究する, 示すの, 祈るの, 祭って, 笑ってるの, 笑ふんだ, 笑や, 縫って, 考えたもの, 考えてるんだい, 考えようと, 考える力, 考へてるの, 考へよう, 考へるの, 考へ何, 聞かねば, 職業に, 自分で, 自分の, 苦しんでか, 血迷うて, 見せても, 見つめて, 見ようと, 見るにも, 見付けたの, 見出したか, 観ても, 言うこと, 言うと, 言えば, 言おうが, 言ってるんだい, 言つた, 言ふか知れやしない, 言ふんです, 言へども, 言われるの, 言ッても, 訊こうと, 訴えて, 証明する, 話しあって, 話したかも, 話したかを, 話そうという, 認めたの, 語っても, 語ること, 語るもの, 読んだか, 談す, 貰つた, 買いに, 買うの, 買ったん, 送って, 遊ばすの, 遊んで, 遣るの, 隠して, 隠そうこの, 隠そう私, 食うん, 食ったって, 馬鹿を, 騒ぐん, 黙って

2 [645件 抜粋] あやまるの, あれに, いいやがるん, いい出そうという, いうかい, いうかっ, いうつもり, いうて, いうべきか, いう権利, いえば, いおうとしても, いおうとも, いたしましたの, いったか, いっちょる, いつまでも, いふ, いふにも, いやんで, いわっしゃる, いわれる, いッ, え, おいいだえ, おっしゃいますお嬢様, おっしゃいますこと, おどろく, おもふか夫, お云いだ, お入れ, お召し, お待ちです, お笑いなさいます, お笑いなさる, お笑いに, お見つけ, お訊ね, お願, かくそう私, かや云ふ, かわれに, きかなければ, きくか, くだらない, くだらんこと, くれる, ぐずついて, ぐたりと爲て, こいつら, さがすの, さすか, さすもの, さっきから, されるの, されるん, しあがるん, したかは, したかを, したとか, したら一番, してるかは, してるッ, しでかさないとも, しでかす魂胆, しなさる, しましたか, します, しゃべったか, しゃべったの, しようか, しようとか, しよぞ, じたばたし, じゃねえ, すき好んで, するかという, するかに, するだよ, するって, するとか, するどう, するやら, するン, する事, する勇気, する室, する張合, する氣, する目的, する能力, する資格, そんなところ, そんなに怒る, そんなに急ぐ, そんなに泣く, そんなに熱心, そんなに考, そんなに考え込ん, そんなに見てる, そんなに遠慮, そんなに騒い, たべても, たべるかね, たべると, たわけたこと, だい, ったって, つくるの, つまらない狸, つまらぬ, つまらぬこと, つまらねえお, つまらんこと, でございます, とぼけて, どうしてよい, どうして好い, どう思う, どこから, どのよう, どんな風, なさいました, なさるか, なさるン, なされますこんな, なさろうという, なしたかと, なしたかといふ, なし何, なすつて, なすべきや, ねらって, のぼせて, はじめるか, はなして, びっくりした, へどもどし, ほざく, ほざくか, ぼやぼやし, ぼやぼやしてた, また, まつまつ, もじもじし, もたらして, もてこの, やった, やったって, やったという, やったらいい, やりだすやら, やりましょう, やりゃいい, やり出すかも, やるという, やるんで, やろうが, よこせと, よんで, わかりきったこと, わたしは, ウロウロし, キョトキョトし, ツて, バカな, ボヤボヤし, ボヤボヤしてる, メソメソ泣く, 一ツ頼ん, 一緒に, 下らんこと, 不吉な, 与えたか, 乱暴な, 云い出されるかと, 云い出すこと, 云うても, 云おうかなどとは, 云ってるか, 云つてゐ, 云つて居る, 云ひ, 云ひ出した, 云ふか, 云わないでも, 云われるの, 人は, 仰しゃるのでございます, 仰せられますか, 仰っしゃる, 仰有るやら, 企てて, 伸びたり, 何をと, 作るかを, 使うな, 使うの, 使って, 信ずべきであるかを, 信ずるか, 信ずるかを, 入れたか, 写生する, 出しやが, 切り出すこと, 力として, 取りに, 取り出すかと, 召あがります, 叱られて, 吐かしゃア, 吐かしやがる, 吐し, 吐す, 呆れて, 唄って, 商って, 問はれ, 喋ったか, 喋つてゐる, 喋舌らう, 喰はせる, 嗅ぎ出したん, 売って, 売っても, 夢見て, 失ったか, 失敬な, 奪られた, 如何にの, 始めるかと, 婆やは, 学んだか, 寝ぼけて, 尋ぬる, 尋ねられても, 左様に, 差しおいても, 差上げます, 希望する, 彼女は, 待つの, 後に, 得たか, 得たの, 御商売, 御覧なされまする, 心配する, 忘れても, 思いついたもの, 思い何, 思い出してか, 思い立たれてか, 思うひま, 思っても, 思ふや, 思ッて, 思出した, 思慮する, 怨んで, 恐れること, 恐れ何, 悟ったか, 悲しむの, 悲しんで, 惑うぞ, 意味するだろう, 愚頭, 愛して, 愛するかを, 感受する, 感謝し, 憂い何, 憂えて, 憚つてか, 成さるに, 戸惑うて, 手伝うの, 手前は, 抱いて, 拵えても, 指したもの, 指すかは, 指導し, 捜して, 捜しに, 捨てても, 探したん, 探し何, 探し当てたか, 探って, 掴んで, 描こうかと, 搜すんだ, 改まって, 改めてやりだしたら, 日本精神と, 暗示し, 書いたって, 書いたらいい, 書いたらよい, 書き加, 書く, 書こうか, 有仰る, 望む, 望むか, 望むの, 根拠として, 楯に, 楽に, 欲しいと, 歌ってるんだい, 歌つたのか, 求めるかといふ, 求める風, 泣いてか, 泣く何, 洗って, 渡したん, 渡世に, 演る, 為し得るかを, 為すかという, 為そうと, 為ても, 為てるん, 為るん, 為る気, 煩ふ, 煮て, 爲すべきである, 爲て, 爲る, 物好きに, 物語るか, 犠牲に, 狼狽えたか, 猶予し, 理由に, 理解する, 生徒に, 用いて, 申し上げて, 申すかと, 申すッ, 申上げた, 疑う余地, 盗った, 目指して, 目標として, 目當と, 目論で, 着せて, 着れば, 着何, 知つてゐる, 知らすか, 知らぬにも, 知るもん, 示すか, 祈り何, 祕さう, 稼業に, 稽古し, 穿いて, 立腹し, 笑うて, 笑うんだい, 笑ってるんだい, 笑ふ, 答へ, 約束したつたらう, 結局これから, 置いて, 習って, 習は, 考えさせるだろうか, 考えついたか, 考えてか, 考えるでも, 考が, 考へたの, 考へてか, 考へること, 考へるん, 聞いたの, 聞かせても, 聞きたいの, 聞くとも, 聞こうと, 聽いた, 自分が, 致しおるか, 致すか, 致そうと, 與へる, 落したの, 表は, 表わして, 表現し, 要求しよう, 要求する, 見いだすこと, 見せたか, 見たであろうか, 見たもの, 見に, 見付けたか, 見出したと, 見出したの, 見届けて, 見詰めて, 視ても, 覚えさしましても, 言い何, 言い出したの, 言うぞ, 言う積り, 言ったかは, 言ったところ, 言ってる, 言ってること, 言つたとて, 言つていらつ, 言はつしやるだ, 言はれ, 言はれた, 言ひかけ, 言ふんだい, 言へ, 言わっしゃる, 言ッて, 言ッてる, 言上した, 訊いて, 訊ねられても, 許すこと, 訴えに, 詰らない事, 詰らねえ事, 話したかと, 話し出すの, 話すの, 話す積り, 話そうと, 認めたもの, 語つて居る, 語り合つて, 語るかを, 語るであろうか, 語るでしょうか, 語るべきか, 説いても, 説く, 読みましたか, 読むの, 読んだかという, 読んだらいい, 読んでるん, 調べても, 調べに, 調べようという, 謂ふ, 讀んだか, 象徴する, 貴方は, 買うて, 買ったらよい, 買っても, 買ひ, 買ふ, 賣らう直, 質問し, 踊るの, 躊躇し, 迷う, 造って, 遠慮し, 遠慮するだ, 遣って, 避くべきである, 鑑賞する, 間違えたの, 隠そうあの, 隠そう俺, 隠そう吾輩, 頂きましょう, 頼みに, 願って, 食つてる, 食べてるの, 食べるの, 飲んで, 馬鹿馬鹿しいと, 騒ぐ, 騷いでゐる, 騷ぐんだ, 齎したか

1 [4656件 抜粋] ああ騒い, あきらめるツモリ, あざ笑われるの, あの鳥, あわてる必要, いいかけて, いいました, いい出す, いうだい, いう余地, いえ地, いじくりまわして, いたすかと, いちばん好む, いったい囁き合った, いってるのよ, いはうと, いふ必要, いやがる打つぞ, いわれた, うたうの, うつそうと, うろうろしとっ, おあわ, おくったらいい, おずおずする, おっしゃいますの, おっしゃるので, おねだりし, おもいちがい, おれたちや, お利益, お前方, お差し, お捜し, お求め, お確かめ, お答えし, お話し, お送りいたしましょう, かいおうぞ, かえりみて, かくしませうわたし, かくそう郷里, かしつ, かつつまん, かもの, かん違いした, きかれるの, くさって, くよくよしてる, くれと, ぐずぐずと, こいつら失礼な, こしらえてるん, この人, この梅干婆, これ以上あてに, ごほうび, ご立腹, ささやいて, さすので, さておいても, されたか, しある, したお話, したつて関, したわけ, してじゃ, してるかも, してんの, しでかすこと, しとるかね, しなさる御, しますかね, しゃらくせえ, しようたって, しらせようと, し得るもん, すすめても, するかこ, するすべ, するつもりぢ, するも, する勿体, する斯様, する目当, する隙, そうがみがみいう, そう泣く, そこで考え, その白墨, そんなお気, そんなにこわい, そんなにも, そんなに喜ぶ, そんなに怒ってる, そんなに欲しきゃ, そんなに瞶め, そんなに腹ア, そんなに騒ぐ, そんな重荷, たずねて, たのもうと, たべましょうね, ためらつて, だね, つかふか, つくる, つてお, つまらないそれ, つまらねえ意見, ですと, とぼけた顔, とるつもり, どういった, どうして可, どう使ったら, どう書き飛ばす, どう覚えた, どの程度, なさいますか, なさりや, なさるっ, なされますな, なしてるかも, なすこと, なすべきかという, なす事が, なやみて, ぬかしやがるかと, ぬかっしやがる阿呆め, のぞんで, はじめたであらう, はやくする, ひがんで, ひやかすという, ふさいで, ふらふら道草, ぶらぶら遊ん, ほしがる, ぼんやり口を, ぽかんとし, まごついたの, また云いだそう, また数馬, まだ云, みとめたの, めちゃだ, もたらそうという, もて若き, やったなんて, やっとるか, やらかしても, やらせようかな, やりだす気, やり出すもの, やるべきかは, やろうとして, わけの, われわれに, クソ畜生め, コセコセした, ッの, ッ馬鹿奴ッ, ツ山師坊主奴, ニヤ, フリーダから, ベソ掻い, ポカンとしてや, 一つ酬いる, 一体縮尻たん, 一體思ひ詰めた, 上げましょう, 下さりたいでしょう, 不安な, 不調法しました, 与えるか, 世界に, 主眼として, 争うこと, 云いつかって, 云い合って, 云うんざま, 云ったかも, 云つたその, 云つたのです, 云はれたつ, 云ふつもりな, 云われん, 人の, 今さら銅雀台の, 今更葛岡, 仕事に, 仕度し, 以つて陛下の, 仰しゃろう, 仰せられましても, 仰る奥様, 企てつつ, 伝えて, 作つてるね, 作ろうかと, 便りに, 信仰いたし, 俺が, 倹約し, 僻んでか, 入れたの, 入道様仰せられます, 冗談いう, 出しても, 出そう, 切ればと, 前に, 助けるの, 勘ちがいなすっ, 包みし移香, 占って, 原動力に, 収めあの, 取り出すべきであらうか, 口が, 叫んだか, 召上って, 同じこと, 君に, 吼え出すか, 告げようと, 呑んだの, 命じたか, 唄ったの, 問い何, 問おうが, 喋つてゐた, 喋舌つてゐる, 喰べ, 嘆くこと, 囁くか, 土台として, 報いられたか, 売りなさるだね, 夢みたか, 太平楽を, 女め, 如何する, 始めたの, 姫を, 学びとっても, 学べ彼, 完了する, 寄与し得る, 寝ぼけたこと, 専攻する, 尋ねよとや, 工事し, 差置いても, 建てるに, 弱つて, 当てとも, 彼らは, 待ち設けて, 待てと, 得ること, 御勉強, 御遠慮, 心配しよう, 忘れないやう, 怒ったん, 怒鳴らうと, 思いだしたか, 思いふけって, 思い出してるの, 思い浮べたって, 思おうと, 思ひ出させたか, 思ひ附いたか, 思ッてか, 怨むか, 恃ま, 恐るる, 恐れ入って, 恥ずかしく思う, 悔ひ改めさせた, 悲しみてか, 惑って, 意味すべきである, 愚図愚図してた, 愛すか, 感じてるという, 感ずつて, 感得し, 感違ひし, 憂えんや, 成さる私, 戯言勘弁相なら, 手間どって, 打つの, 投げさせたらいちばん, 押えようぞ, 拝んで, 拾つて來た, 指さして, 振って, 捕つた, 捜すの, 掘り出そうと, 探し當, 掲げて, 描いたって, 描くか, 描こうと, 握って, 携えて, 擦っても, 教えたろうか, 教った, 教わっても, 斉彬公の, 旅の, 暗誦する, 書いたら好かろ, 書かう程, 書きますか, 書くかを, 書こうかなと, 望まうと, 望めるや, 本來意味, 根に, 棲ますべき, 概念する, 次郎は, 欲せしむべきかを, 歌ったり, 残す, 気を, 求めたか, 求めるか, 汝らねぼける, 泣いてや, 泣くと, 洗うん, 渋らるるか, 演じさせられたでしょう, 為させやう, 為す, 為すべきであらう, 為る, 為る気力, 無茶する, 焼こうと, 爲しつ, 物語るでしょうか, 狙つてゐる, 猶予っ, 現実の, 生きたろう, 生業に, 田舎岡っ, 申しました, 申し上げること, 申すそれでは, 申す怪しい, 画策し, 疑るん, 痴事吐かしおる, 白い蝶々, 盆槍し, 盗むの, 盜つて行つた, 目星か, 相談かな, 着たって, 知ったかは, 知ってるん, 知りましょうや, 矯正すべき, 示すでしょうか, 祈るという, 祷る所, 私共に, 稼ぐと, 突きとめ何, 笑うや, 笑つたらい, 答うる, 糞とばかり, 結論として, 繰り言, 習つた, 考うる, 考えだしたか, 考えやがったん, 考えるよりも, 考え付いたの, 考へてるん, 考へるといふ, 考へ事, 聞いたろう, 聞きつけるの, 聞くも, 聴かうか, 胸に, 致した, 致すの, 若旦那に, 茶を, 行ったか, 表わしたの, 褌も, 見せられたか, 見たからと, 見たも, 見つめるとも, 見どころに, 見られるか, 見る我が, 見出すか, 見違えたやら, 覚えたか, 観察してる, 言いだすかと, 言いやがる, 言い出すかを, 言い継ぎ, 言うだか, 言うのよ, 言う気, 言ったかに, 言ってる又, 言つたらう, 言ひたいと, 言ふこ, 言わしゃるのだ, 言われるかっ, 訊かなくても, 訊こうという, 訴えたかと, 註文する, 試みても, 詰め込んだの, 話しするかの, 話し出しても, 話すつもり, 誂らえ, 語ったかという, 語りつつ, 誤解など, 説こうと, 読みますか, 読むべきかに, 読んだとか, 調べる, 論ずるの, 講じたりとて, 謳歌する, 貢献する, 貰っても, 買うにも, 買ったら無駄, 買つて煙草入は, 賭けます, 贈ろう, 踊りましょう, 躊躇って, 迷おうと, 送りしぞ, 造るんけ, 達らない, 選びましょう, 選んで, 酬ゐる, 釣る人, 間違えたん, 附け加, 隠さうわれら, 隠しましょう中国筋, 隠すべきもの, 隠そうわれわれ兄弟, 隠そう本, 震えるん, 面白さうに独り, 頼むの, 願ったん, 顧慮し, 食うつもりだい, 食すべきや, 食ってるの, 食ても, 食べさせたらよかろ, 食べてる, 食わせても, 飲み何, 飲んでも, 饒舌つてゐる, 騒いでるん, 騷ぐんだドブ板の, 驚こうや, 魘されて

▼ 何~ (11384, 5.6%)

851 でも 544 だか 445 となく 246123 だえ 100 だと, とかし 82 だつて 81 にも知らない 75 のため 65 といっ 58 な事 55 とか言, のこと 54 だ八 52 なこと 49 とした, なもの, にもありません 48 です, にも知らず 45 と言つて 43 にもない 41 といふこと, と言 40 か御用, の變 38 ということ 37 ですか 36 だろう, です親分, にも言 35 と云う, の役 34 と言う 33 にも知りません 32 とも言, にも無い 30 だい 28 と云っ, な風 26 という, にも存じません 25 か變, の, の用 23 にもならない, の不思議 22 とか, とはなし 21 とも云え, と云, なりと, の事, の気, の變哲 20 と申し, な場合, の苦 19 だって, にも, の音 18 じゃ, ぢや, と云つて, の物音 17 とも云, な類, にもわかりません 16 とする, の意味, の手掛り 15 ともない, の何ん, の異状, の関係 14 だね, であるか, ともいえず, ともいえない, とも思っ 13 だそんな, だよ, であろうと, ですって, でもなかつた, とか言つて, になる, にも言はず, の因果, の躊躇

12 [11件] か, か用事, か言, だいそれは, だお前, だ何ん, でもいい, といつ, にも云, にも見えなかつた, の変化

11 [17件] かわけ, か斯, でしょう, という事, とも云えず, と云おう, と申す, と言っ, な人, な顔, にも知らなかつた, の怨み, の理由, の用事, の足し, の遠慮, の關係

10 [18件] かだらう, だかしら, ですが, ですそれ, という不思議, となれ, と思っ, と言つた, にもなかつた, にもなく, にも見えない, にも變, の為, の禁呪, の罪, の蟠り, の話, の變化

9 [15件] か気, か氣, か知ら, だこれ, だそれ, であらう, とその, とも云わなかった, なに好い, にする, にもございません, にも知りやしません, の変った, の得る, の疑

8 [26件] かある, かの彈, か変った, だが, だな, だらう, だッ, だ何, てこと, であるかと, と, といふ口, とかいった, とかうまい, とかしよう, とそれ, となし, と思う, な所, な言葉, にし, にもありやしません, にも出, にも聽, のつて, の木

7 [33件] かあつ, かして, かだ, だってこんな, だつまらない, だろうと, だツ, ですね, でも知っ, とお礼, とかしなけれ, とかなる, とか云った, とか言っ, とでもし, ともありません, とも思, とも思はない, と思った, な意味, にもならん, にもなりません, にも書い, にも氣, にも知らぬ, にも知らねえ, にも見ません, のお, のこ, の御用, の氣, の爲, の花

6 [36件] かかう, かでせう, かやつ, か手掛り, か知つて, ぞや, だお, だその, だったの, でござるな, ですな, ですの, とか工夫, とそう, とも云い, とも云われない, とも知れぬ, とも言いよう, とも返事, と云ったら, なもん, な男, にもしない, にも持つ, にも無, のご用, のそんな, のって, の仔細, の変り, の巧み, の必要, の未練, の特色, の目的, の音沙汰

5 [50件] かの足し, か大, か容易, か物音, か良い, だあの, だ騷, て馬鹿, であろう, でも好き, というの, といふ事, とかいっ, とかかん, とかする, とか云, とか云う, とか身, とか返事, とこの, とまあ, とも, ともいい, ともなかっ, とも何, とも思つて, と云います, と云った, と心得, なにお, なの, な具合, な処, な時, にも云わなかった, にも引出せ, にも無く, のこだわり, のその, の力, の取柄, の変哲, の意趣, の淀み, の私, の興味, の苦労, の造作, の間違い, ぼ何ん

4 [98件] かありました, かお, かの方法, か仔細, か変, か外, か惡, か約束, か細工, か面白い, しよまア, じゃな, だいその, だこの, だすの, だぜ, だってあんな, だって又, だつまらねえ, だまだ, だろういったい, だ相, ていい, であったか, であるかを, であろうかと, ですから, でもかん, でもし, でもする, というん, といおう, といったら, とかうまく, とかこの, とかした, とか云っ, とか小町, とか言う, としよう, となされます, ともいえぬ, とも思わない, とも言えない, と不思議, と仰, と女, と形容, と心得る, と恐ろしい, と申, と私, と美しい, なであつ, なにか, なにその, なに私の, な事件, な変化, な奴, な形, な怖, な手紙, な書物, な生活, な用事, な目, な種類, にもある, にもならぬ, にもならねえ, にもなるまい, にもわからない, にも変った, にも御座いません, にも怖い, にも盜, にも知らなかった, にも知る, にも見えなかった, にも見えません, にも言わず, の不都合, の危険, の変わった, の妾, の役に立つ, の挨拶, の樹, の表情, の誇張, の證據, の跡, の返事, の返辞, の隱, や, や阿呆

3 [163件] かこう, かしら重大, かで大, かの弾み, かの用事, かの都合, かを持つ, か心當, か腑, か重大, か隱, しに, ぞのよう, だあんな, だいそ, だってそんな, だなあ, だべ, だ小僧, だ馬鹿, てえ, てお, て云う, て厭, て口, て恐ろしい, でございましょう, でございますか, ですえ, ですかね, ですその, ですねえ, でも非常, で死んだ, というそれ, という不, という仕合せ, という名, という名前, という恐ろしい, といふ人, といふ運, といふ馬鹿, とお, とお詫び, とかならない, とかならぬ, とかなるだろう, とかなろう, とかの守, とか云い, とか流, とか色, とし, とでござる, とでも言, とない, となくいい, となく物々しい, となく騒がしい, となされました, とならば, ともいへず, ともお, ともかとも言いよう, ともございません, ともそれ, とも仕様, とも思い, とも思わなかった, とも無い, とも申譯, とも相, とも答えなかった, とも言わず, とも謂, と何, と弁解, と思つて, と思われる, と申したら, と申します, と素晴らしい, と考え, と致した, と返事, な, なとこ, なにこの, なにでも, なに強かっ, なに私が, なに辛い, なに面白い, なりとも, な人間, な仕事, な声, な夢, な大, な心地, な理由, な者, な苦しみ, な責任, な部屋, な難題, にせよ, にもいない, にもお, にもし, にもする, にも云わない, にも出ない, にも分らない, にも判りません, にも得る, にも御存じ, にも手, にも持っ, にも知っ, にも知らねえだ, にも知りやしない, にも私, にも考へず, にも聞えない, にも見, にも解りません, にも言う, にも訊かず, にも附い, にも隱, のかかわり, のかの, のこつた, のこの, のわけ, の不自由, の不足, の偽り, の含み, の因縁, の変わり, の御, の怖, の怨, の感動, の抵抗, の收, の権利, の為め, の甲斐, の疑ひ, の疑念, の痕跡, の發展, の約束, の訳, の間違ひも, の障り, の鳥, ぼでも, も

2 [453件] かあった, かあり, かで, かでやられた, かで喉, かで廻し, かで突き上げ, かで肩, かで顏, かと一緒, かにやられた, かに助け, かに腰, かのはずみ, かのやう, かの因縁, かの役に立つ, かの意味, かの拍子, かの縁, かの間違, かを選ん, かモノ, か人, か仕事, か企ら, か入, か動き, か厄介, か又, か含み, か大事, か大変, か御, か御馳走, か心配, か恐ろしい, か持つ, か掛け, か確か, か私, か考へ, か自分, か言おう, か話, か起る, か間違ひで, か非常, か食べ, しろ, しろその, しろ大作, すれぞ, ぞ, ぞ今, ぞ大隈伯, ぞ大鵬, ぞ用, ぞ用だっ, たって, たること, だあれ, だいそんな, だうるさい, だかね, だかは, だかも, だから, だかわ, だかんだ, だこんな, だそれだけ, だってあの, だっていい, だってお, だってまた, だって物, だつけ, だつて主人, だつて死骸, だとか, だねえ, だらうね, だろうね, だ下らない, だ又, だ嫌, だ忍術, だ手前, だ詰らねえそんな, だ金, だ顎, ちうても, ちゅう人, てあの, てうまい, てえこと, ておれ, てざま, て不思議, て云, て云おう, て云つて, て名, て名前, て微妙, て方, て沢山, て百姓, て綺麗, て美しい, て言, て間拔, であるかという, であるかも, であるの, であろうか, であろうが, であろうとも, でございます, でござんす, でしょうか, でしょうな, ですかい, ですかな, ですよ, です佐野屋さん, です何ん, での, でもあれへん, でもすき, でもねえ, でも出来る, でも書い, でも来い, でも東京, でも構わない, でも珍しく, でも知ってる, でも自由, で御座いましょう, とあの, というお方, というこれ, というもの, という人, という卑怯, という失礼, という奇観, という所, という方, という構え, という浅ましい, という無礼, という矛盾, という立派, という風, といふお, といふ好い, といふ情けない, といふ無, といふ結構, といふ罰, とかい, とかいう言葉, とかかと, とかご, とかしたい, とかしてやろう, とかしなく, とかするであろう, とかその, とかそれ, とかだ, とかなつ, とかなるだらう, とかの茶碗, とかをしろ, とか一つ, とか世話, とか云え, とか助け, とか取返し, とか埒, とか外, とか御, とか思案, とか恰好, とか挨拶, とか法, とか解決, とか言ふん, とか話し, とか誤魔化し, とこれ, としてもこの, としても小品, としても氣, としても私, としましょう, とします, とでも云え, となく可愛らし, となく明るく, となく淋しい, となされる, となら, との, ともいう, ともいへ, ともいわず, ともいわなかった, ともお礼, ともなっ, とも云い出さなかった, とも云わない, とも何人, とも形容, とも得体, とも御返事, とも思はなかつた, とも早, とも申し, とも申し訳, とも申そう, とも申訳, とも知れない, とも素姓, とも言う, とも言えぬ, とも言はず, とも返辞, とハアお, とマア, と云うた, と云われる, と仰し, と儀式, と八五郎, と唯, と声, と多く, と夢, と奇怪, と幸福, と思われ, と悦ばしい, と愉快, と感謝, と浪人, と物, と申した, と立派, と答えよう, と見すぼらしく, と解釈, と言います, と言った, と言ったら, と言われる, と錢形平次, と霊薬, と静か, と驚く, なあんばい, なお客, なであったか, なであったろう, なと訊い, なにか可笑しから, なにそれが, なにも, なに単純で, なに困難な, なに嬉しい, なに御, なに暑, なに楽しい, なに浦山しうござんせう, なに深い, なに烈しく, なに耳を, なものだい, なもんだい, ならを, な人々, な仔細, な仕掛, な出世, な商法, な困難, な土産, な塩梅, な失敗, な姿, な小説, な山, な工合, な影響, な悲しみ, な愁ら, な感, な政治家, な文句, な本, な気持, な無理, な物, な犠牲, な状態, な瑣細, な目的, な秘密, な程度, な立派, な細工, な経歴, な美しい, な職人, な自分, な良い, な苦しい, な苦労, な証拠, な試験, な踊り, な身, な返事, な酒, な酷い, な関係, な風なかたち, にしよう, にしろ, にでもなっ, になさる, にもありゃしません, にもい, にもいわず, にもいわなかった, にもしません, にもせず, にもなかっ, にもなり, にもなりませぬ, にもなりやせん, にもねえ, にもわからず, にもわかる, にも云わぬ, にも仕事, にも心配, にも惡, にも持たない, にも掴んだ, にも書いたらしまへん, にも欲しく, にも物音, にも申, にも知, にも知つて, にも知らなかつたらしい, にも知らん, にも知りませんでした, にも知ろう, にも穿い, にも答, にも考え, にも考へ, にも聞かなかつた, にも聞こえない, にも聴きません, にも要らない, にも見えなくなった, にも見た, にも見ない, にも解つて, にも言わない, にも言わなかった, にも訊かない, にも話, に使, に来た, に驚いた, のおと, のこれ, のこれしき, のご, のそれ, のと, のなす事, のわだかまり, の不安, の不平, の企み, の係り合ひも, の備え, の傷, の光, の別状, の前ぶれ, の助け, の効果, の動き, の動揺, の反応, の反響, の問題, の嘘, の困難, の声, の心, の怪我, の恐れ気, の感じ, の手向ひも, の手落, の技巧, の掛り合ひも, の支障, の望, の業, の機械, の滯, の澁滯, の熱情, の異存, の異常, の痴事, の真似, の答え, の細工, の考, の考え, の芬, の苦勞, の藥, の親切, の言葉, の詮索, の邪念, の關, の關はり, の雑作, の非, の餘念, の魅力, べん, ぼに, ぼも, ぼ借して, やいな, や例

1 [3218件 抜粋] かあ, かいう, かかううるさい, かしらお, かしら必死, かしら通ふ, かそれ, かです, かで七千兩, かで取, かで夜半, かで格好, かで突いた, かで読んだ, かといや, かにさされ, かに化け, かに載つ, かのめぐり, かの仕掛物, かの寄合, かの役に立つだらう, かの約束事, かへ潜り込ん, かをうつし, かを引き出そう, かを用い, かを鼠, かワケ, か仰言っ, か入れ, か勝さん, か唯事, か妙, か小さい, か引出そう, か思い, か急, か手, か持出し, か書い, か水, か物, か異, か知, か縁談, か良から, か見る, か言わなけれ, か警察, か買つてぼんやり歸つて來, か違った, か附い, か飮, か齒, しょ彼は, しろあいつ, しろ一度, しろ大, しろ桓武天皇時代, しろ繩, じゃと, せえ, ぞお気, ぞに壓ツ, ぞや父, ぞ変わった, ぞ支那, ぞ種, たる一族, たる無, だあつし, だいくじ, だいもう, だい何ん, だい君今の, だい番頭さん大仰な, だお前今, だかこそ, だかん, だじゃ, だだから, だっていくさ, だってそう, だってやれる, だって信玄, だって因縁, だって彼奴, だって未, だって興味, だつたか, だつて人, だつて利三郎, だつて幾松, だつて梁, だつて瀧三郎, だつて與三松, だつまらねえ寒垢離, だの, だへえ, だらうこれ, だろうこの, だん, だヤイ悪党, だ下手人, だ代理, だ兄貴, だ又五郎ツ, だ国民劇場, だ大層, だ婆, だ岡, だ思ひきつ, だ早く, だ権次, だ洒落どこ, だ畜生, だ筋, だ若, だ見せろ, だ詰まらねえ, だ賊, だ錢形, だ馬鹿奴, ちゃ知らん, て, ていうの, ていった, てたっ, てやさしい, て不合理, て仰, て初心, て可笑し, て奇麗, て悲しさうな, て有難い, て生意気, て答え, て貴, て阿呆, て魂消た話しだ, であるかは, でございましょう今日此処, でございますよ, でござろうの, ですかいな, ですそつちの, ですも, です丁稚, です親分さん, でもかまわぬ, でもします, でもに趣味, でもを破裂, でも切れる, でも変, でも怪しい, でも東京新報, でも死んだ, でも見える, でも飲む, で来た, で食っ, といいなすった, というこいつ, という下手, という不運, という凶悪, という厳重, という嗜み, という奇妙, という好運, という対照, という思想, という愚か, という料理人, という有様, という理由, という穢き, という羅馬法王, という腑甲斐, という蛇, という貴方, という飽く, といふ, といふザマ, といふ亂暴, といふ名前, といふ平凡, といふ意味, といふ有難い, といふ理由, といふ立派, といふ自棄, といふ豐富, といわれよう, とかあるなら, とかいう魚, とかいふお, とかいふ子供騙し, とかお, とかかとかいうし, とかじゃ割り切れん, とかせんければと, とかつべこべ, とかなるであろう, とかの助, とかの水差, とかもう少し, とかツイ, とか世間, とか云われ, とか伜, とか口実, とか圭一郎, とか女史, とか巧, とか彼ん, とか思つた, とか懇意, とか手詰, とか斬る, とか智惠, とか池上, とか独白, とか私, とか纏, とか育て, とか見, とか言つて來, とか読めない, とか非難, とさびしい, としてもそれ, としても八五郎, としても口説き落さう, としても慊ら, としても木目, としても番頭, としても腰, としても説明, として下, とすがすがしく, とてしかく, とでも僕達極東, とでも返事, となく円い, となく嬉し, となく恐ろしい, となく懐かしい, となく気味悪かっ, となく清々しくっ, となく疑わし, となく胸苦しゅう, となく薄暗い, となさるる, とのんびり, とまんまと, ともいえねえ, ともうるさく, ともかん, ともたて, ともならぬらしい, とももっ, とも云い出そう, とも云われぬ, とも奇妙, とも思ふまい, とも有難い, とも申し上げられません, とも答, とも苦情, とも言つて來, とも謂ツ, とやら仰し, とよい, と一式小一郎, と下卑た, と二千五百兩, と云つたつて情熱, と今, と仰せある, と俺様, と出た, と勧め, と吃驚仰天, と噂, と大力, と姿, と少し, と彫っ, と忠義酒屋, と思へ, と悲しい, と憎々しい, と掛合いまし, と時, と本条殿, と残忍暴戻, と浮世, と無知, と男女, と矛盾, と素晴, と美しく, と聞い, と致すべき, と見える, と言い出した, と言ツ, と誰, と賑, と部屋, と雅味, と驚いた, なあつかひ, なお気持, なそれア穏密方, なとご用, なにいた, なにお前は, なにか短, なにその後私を, なにヒヤ, なに人間に, なに先生は, なに吃驚りする, なに喜ばれるだろう, なに声高らかに, なに嬉しかっ, なに幸福だつたらう, なに心地が, なに念入りに, なに急ぎの, なに悲しい, なに慰められ, なに損を, なに日毎を, なに有難く, なに歌の, なに沈鬱な, なに無益な, なに眠い, なに窮屈な, なに絶望し, なに苦しく, なに藻掻い, なに賤しう暮し, なに遠い, なに随喜する, なに騒ぐだらう, なぼろ, ならん少し, なら宿屋, なら見舞, なんだい, な不, な事実, な伝世, な入, な処置, な効果, な原始生活, な哲理, な塗色, な天気, な完全, な小説家, な形ちの物, な御馳走, な悪, な感じ, な懐し, な方法, な末梢神経, な欣び, な河, な狂乱, な申出, な眼, な祟, な細道, な考, な花, な裏店, な読者, な貧しい, な軽い, な遊び, な酒家, な鎖, な面, な顔色, にした, にもあっし, にもいう, にもいらぬ, にもした, にもつくる, にもなりあしない, にもほしく, にも不用, にも云はず手, にも仰しやらず, にも僕, にも出来やし, にも判らなかった, にも召しあがらないらしい, にも土産, にも居ない, にも御存じぢ, にも怨ん, にも手出し, にも掴ん, にも構, にも気がつかず, にも片付けられ, にも盜む隙, にも知らされなかった, にも知り, にも纏まった, にも聞く, にも聴こえない, にも見えねえ, にも見なかった, にも解らない, にも言わず黙りこくっ, にも語るべき, にも起らなかつた, にも頼まねえ, にも食べられ, に成る, のいわれ, のお話, のこんな, のそれしき, のとすて, のよま, のヒント, の不自然さ, の云い草, の仕合せ, の体, の信心, の價, の其方, の刺戟, の勇気, の反感, の囈言, の大騒ぎ, の姫, の尊敬, の差し支え, の形, の心當, の思慮, の恐ろしい, の悪, の惡計畫, の感情, の所故, の手答, の拙者, の故障, の時間, の望み, の樂しみ, の江戸ッ児, の無理, の特徴, の画, の目印, の科目, の童子, の罪咎, の臭, の苦痛, の血統, の親分, の証拠, の貞操, の連絡, の重, の障, の面倒, の香, の鼓賊め, ぼうましか, ぼかも, ぼにも, ぼ働いたつて, ぼ差上げたらえ, ぼ芝居, もない, も知, やのん, やナ, や高慢

▼ 何でも~ (7830, 3.8%)

335 ない 218 ないこと 117 ないの 104 ない事, なかった 97 ないん 96 いいから 65 ないよう 60 ありません 58 ないが, ないよ 56 ないと 42 自分の 40 して 37 知って 31 彼でも, 金に 29 いい 27 ないもの 2624 ないさ, 好いから 22 ないのに 21 人の, 好きな 20 ないのよ, ないやう 19 ないじゃ 18 ありませんよ, よい, 持って 17 よいから, 無い, 話して 16 なくて 15 ないわ 14 ないので, 構わないから 13 構は, 構わない 12 する, ない人, なかつた, 勝手に, 無い事 11 あるまい, 宜い 10 ないただ, ないぢ, ないでは, なさそう, やって, カンでも, 知つてゐる, 自由に, 買って 9 その時, 出来ます, 無いの, 私の, 自分で

8 [11件] ありませぬ, ありませんが, ありゃしない, いいや, ございません, ないという, ない様, よく知っ, 君の, 此の, 聞いて

7 ありは, いいの, いいよ, かまは, これは, 出来ると, 心得て, 無いん, 私は

6 [15件] いいと, お前の, そうだ, ないから, ないです, ない言葉, ない話, 手あたり次第に, 構わずに, 欲しいもの, 無いが, 無いこと, 私が, 質問し, 関は

5 [26件] いいが, いいん, それは, ないけれど, ないけれども, ない時, ない顔, よろこんで, 人間は, 今の, 他人の, 何か, 出來, 可い, 売って, 彼んで, 手を, 気を, 無いのに, 物を, 素直に, 能く, 自分が, 蚊でも, 言つ, 非常に

4 [55件] あなたの, あの郎女, ありませんわ, ありゃしません, ありゃア, ありやしない, いいわ, きいて, ございませぬ, ござらぬ, すぐに, するよ, その辺, その頃, それを, そんなこと, ないがね, ないところ, ないわけ, ない女, ない筈, なくなって, なく実は, やります, よいの, よくお, よろしい, 一つの, 人間の, 僕は, 出来る, 喰べ, 宜しい, 少し興, 手に, 打ち明けて, 教えて, 新しいもの, 昭和の, 書いて, 望みの, 正直に, 母親の, 無かった, 男の, 知つてる, 立派な, 致します, 見て, 言って, 逢って, 金を, 食う, 食べて, 食物は

3 [111件] あの男, あの辺, ありませんがね, ありませんでした, ありやしません, いいこと, いいじゃ, いいよう, いたします, いって, いつでも, ええから, かうして, この人, この時, ございませんから, ございませんわ, さして, します, しますから, するが, すると, せい, その日, その通り, ないかも, ないこの, ないその, ないって, ないといふ, ないに, ない一寸, ない仕事, ない何, ない問題, ない平凡, ない方, ない普通, ない物, ない自分, ない行為, ない酒, なかつたが, なかろう, なく, なしに, やった, よい手, ようございます, よく知つて, チヤツクの, 世間の, 云って, 云へる, 人に, 今日の, 信じて, 僕に, 僕の, 元は, 先生は, 出来るの, 出来るよう, 勝手な, 古道具の, 叶えて, 同じこと, 呉れて, 奇麗のが, 奥さんが, 好い, 娘の, 子供が, 宜う, 小児の, 彼が, 彼の, 彼女の, 御座れの, 御座んせぬ名, 必要な, 思ったとおり, 或る, 手当り次第に, 是は, 是れ, 望み通りの, 来い, 東京の, 東京へ, 構わぬ, 構わねえ, 欲しいと, 気に, 無いと, 無いもの, 無いわ, 無い厭, 無遠慮に, 父の, 猿の, 白い身, 秋の, 自分を, 興奮を, 角でも, 言うこと, 話が, 足の, 都合の, 食物の

2 [339件] あなたが, あの人, あの晩, ありますから, ありませぬが, ありませんから, ありゃしないん, ありや, ありやしないぢ, ありやしないん, あれは, あんなに腹, いいからよ, いいけれど, いいという, いいとにかく, いいわよ, いい人, ええ, おいしく食べられる, おれの, お好き, お茶番, かう云, かまいません, かまわない, こ, こいつは, このよう, この土地, この山, この役者, この硯一つ, この記事, これが, これでは, ございませんが, ございませんの, ございませんよ, した, したいこと, するから, するわ, そこに, そこらに, そこらの, その何某先生, その名前, その夜, その女, その娘, その年, その時分, その晩, その話, その説, その金主, たべるもの, だいじに, ちゃんと心得, ちょっとは, できるよ, どうぞ, ないし, ないすなわち, ないぜ, ないちよ, ないつて, ないつまらぬ, ないつもり, ないで, ないであろう, ないでしょう, ないでしょうが, ないなあ, ないのね, ないは, ないふとした, ないや, ないらしい, ないわよ, ないン, ない事ぢ, ない些細, ない人声, ない他人, ない会話, ない只, ない同情, ない如く, ない実は, ない山, ない工夫, ない当り前, ない当然, ない所, ない手紙, ない昔, ない木, ない本, ない極めて, ない気, ない河野一己, ない當然, ない私, ない習慣, ない草原, ない野, ない風, なかったろう, なかつたの, なかつたので, なかつたん, なからう, なくこの, なくただ, なくな, なくなつ, なく何とか, なく見える, なければ, なげに, なし, ねえが, ねえこと, ねえや, ほかの, やりなさい, やりました, やりましょう, やりますよ, やる人, やれること, よいが, よいほどに, よいわ, ようござん, よくわかつ, よろしいから, よろしい何, よろしい目的, キリストの, ハイハイと, バリバリと, 一人の, 一年の, 一方ならぬ, 一旦出した, 一本の, 一緒に, 一途に, 一通り東京の, 七八人も, 三河屋の, 上手に, 不意に, 世の中の, 二人で, 二人は, 云いたいこと, 云うこと, 云うの, 云える, 亜米利加の, 人が, 人間を, 今は, 仕事を, 他の, 伺ふよ, 信じるよ, 信州の, 俺の, 先様の, 先生が, 先生に, 先生の, 先輩に, 六十三は, 六月の, 其様な, 其財産問題に, 出て, 出来そう, 出来ますが, 出来ますよ, 出来ること, 出来るだけ, 出来るわ, 出来るん, 分って, 判って, 北へ, 十八の, 南部領とか, 原書で, 去年カナダへ, 叔父が, 可なり, 司馬江漢や, 同じ物, 同じ白馬, 名人の, 商売に, 噂に, 嚥み下す, 国家の, 夏の, 外に, 大事に, 大袈裟に, 女が, 好いわ, 好きに, 妾腹で, 宅の, 安達が, 宗助の, 宜いとある, 差支えない, 帰れと, 平気で, 年は, 広告を, 座敷へ, 廉い, 当然と, 彼んでも, 御前の, 復何か, 心の, 思う存分, 惡い, 感心し, 我慢が, 戦争に, 戴きます, 手当たりしだいに, 拾って, 斯う, 新聞に, 旗本の, 日露戦争の, 早く谷地, 春三郎の, 時計の, 書いといて, 書く, 書けた人, 書けと, 最初に, 月に, 朝の, 期待し, 本人の, 本当の, 村田君の, 来いと, 東京で, 校長といふ, 構わんから, 様々な, 欲しい, 此頃では, 歩かなければ, 殿の, 母さんを, 気が, 気味の, 水の, 江戸に, 汲みます, 洞穴が, 無いけれども, 無いよ, 無理を, 熱心に, 物事を, 物置か, 理由が, 用が, 百五六十囘に, 相手の, 真直に, 眼に, 知つて居る, 石油を, 私に, 私には, 稲見の, 答えた, 答えて, 精を, 老人だ, 考えて, 考えること, 聞かなければ, 聞くと, 肉の, 自由な, 芝の, 若いうち, 若い時分, 華族か, 薔薇だ, 見えると, 親戚の, 言うなりに, 言えるよう, 言ふとい, 訊いて, 許された, 話します, 話す, 話すが, 話すの, 読んで, 誰か, 貴方の, 買うて, 越後の, 近いうち, 通帳で, 遠く離れた, 釧路に, 間に, 陰陽の, 隠さずに, 集めて, 非常な, 韃靼人の, 頭の, 食ふ, 食へる, 食べるし, 養生し, 馬の, 鳥だの, 黙って

1 [4019件 抜粋] ああいう, あすこの, あとで, あの女, あまりぞんざい, あらへん一体, ありますまいて, ありませんの, ありません私, ありゃしねえじゃねえか, ありやしませんが, あるが, あれしまへんけれど, あんまりじゃ, あんめえ, いいさ, いいつけられたこと, いいので, いいわけ, いい何かしら目的, いい旅行生活, いい読者, いえるが, いふもん, うち明けてる, ええが, おかみさんの, おちゃっぴいに, おめでたいに, お上へ, お前さんの, お好み次第, お氣, お聞きなさい, お願いし, かくさず言って, かまわす自分, かまわず癪, かまわぬ, ききましたが, きっといたします, ぐんぐん喰っ, こうして版行, ここいらが, こっちに, このスウェツランスカヤ, この仙台, この墨, この政府, この温泉宿, この赤い, この頃丸善, これまでとは, こんな惡歳, ございますまいがの, ござれで諸宗, ご存じで, させるから, しきりに金持, してやりたいと, しますけれど, しようがない, すきな, すむまで, するだろう, するので, ずか, そいつらを, そうしたもん, そこが, そのちよ, その令嬢, その周囲, その家, その日田, その男, その試験, その黒い, それァ, そんな無茶, たしか年の, たべるけれども, ちょっとさわっ, できます, できる手つき, とにかく一つ, どんどんやるべし, ないからかい半分, ないこんな, ないそうして, ないつまらないこと, ないとき, ないはず, ないよそ, ないブリッグス氏, ない世間咄, ない事犬, ない作画方法, ない况, ない只町, ない喧嘩, ない姫, ない小説, ない引っかかりで, ない心, ない散歩, ない時間, ない歌, ない炭火, ない眺め, ない練習, ない苦痛, ない製材所, ない逸話, ない陳腐, ない飯, なかつただけに, なかろうやはり, なくうなずいた, なくそんな, なくどこ, なくなる日, なく上, なく六弥, なく又, なく思うこと, なく書い, なく片付いた, なく考えられ, なく解決, なく通りすぎた時, なされませ, なれるんでしたけど, ねえん, はあおら, はきはきと, はっきり見え, ひどいじゃ, ふくよかな, ぶちこんで, ほんとうだ, まさか其様, まだ十時, みんな乞われる, もうクリスマス, もう早く, や, やつて, やりますからね, やれ, やれる大きな, よいぜひ, よい厨, よい黒い粉, よくしらべ, よく分る, よく考える, よっぽどいい, よほど山奥, よろしいが, よろしおます, わたしにだけは, アメリカに, ガンコな, サツサと, スピードアップなさる, タマヨの, トロピズムとか, ハイスピードで, ビフテキ専門の, プラトーと, ボール紙みたいに, ヨシ子が, ロシヤの, 一つとして, 一の酉の, 一向平気, 一巻の, 一心にひがみでない, 一旦紛失, 一枚の, 一身の, 七代目な, 三四年前から, 三月の, 上げて, 上手な, 下さるだろうけれども, 下女が, 不満, 世中を, 中ぶらりんで, 中気か, 主人一人の, 乞は, 予期せぬ, 二三人は, 二人や, 二十九日ごろから, 二十日以上三十日足らずの, 二歳か, 云うまま, 互いに打ち明け, 五回か, 亡くなったこの, 京都の, 人並みに, 人通りの, 今きく, 今朝あたり顔を, 他所者からは, 仰せられませ, 会社へ, 体に, 余りに便通, 余程変, 使って, 信長は, 値切るの, 偵察か, 僕らの, 元通り女と, 先方の, 入れて, 八の, 六七人手勢を, 兵部省とかの, 其の田舎, 其日其日を, 内の, 冬に, 出る, 出揃い申し候, 出来ますから, 出来るなあ, 出来る雑多, 切って, 初婚は, 利用する, 前科が, 労働者の, 勝ち抜くぞの, 医者に, 十九日の, 十何年ぶりとか, 十年ばかり, 半夜さばかり, 博覽會の, 原稿紙を, 及第させる, 取合, 口へ, 只氣, 可なりには, 右へ, 向うへ, 呑みこんだ, 咲いて, 善いこと, 喧嘩の, 嗜みが, 噛んで, 四代前の, 四文と, 国体に関する, 圧し潰せ, 坊間の, 場内で, 変な, 外部から, 夜半近くから, 大きな外国人, 大分前から, 大坂から, 大変景気の, 大旦那, 天下に, 夫人の, 奥歯に, 女敵討な, 好かった, 好くってよ, 妙国寺と, 委託金費消の, 嫁を, 嫌われて, 孕んだとか, 学校の, 安どんが, 宜え, 実地に, 家ぢや, 容赦は, 寒さ, 小さく出, 少々の, 居ようさ, 屋主義に, 山盛り呉れるだ, 崖裏か, 差上げて, 市街から, 帰ろうという, 年内に, 店員とさえ, 引き出して, 引き越すと, 強いて, 形式的な, 彼女が, 後で聞い, 御存じです, 御新造は, 御馳走しよう, 心中ものが, 忘れるといふ, 怖いという, 思うん, 急用らしい, 恐しいなん, 悪い奴等, 愚圖, 慈善会へ, 我観我説を, 手ごうしに, 手伝うと, 手近な, 打ち明けられたし, 投げて, 挽き切つて, 掌へ, 揃えること, 支倉の, 故障が, 文学に, 料理する, 新しい御, 新奇な, 旅廻りの, 日本一の, 旦那に, 早く出来る, 早すぎる, 明日が, 昔から, 昨夜は, 是非天狗に, 景清だ, 曰附に, 書き留めて, 書生を, 月曜か, 有合, 望み次第, 朝早く, 本ものは, 村の, 来ね, 東洋の, 果てなし, 根気よく, 植える用, 楽みなことさえ, 構うもの, 構はん其処へ, 構わず大きな, 構わず露骨, 構わない気, 構わぬ誰, 様子を, 欧羅巴の, 正木直彦先生が, 此本を, 死なんぞを, 殿に, 毛利家の, 気分が, 水気を, 沢山ある, 法律だ, 洩れなく読む人, 深く考え, 源護の, 漫に, 為て, 無いので, 無い丸瓦, 無い時, 無い風景, 無く殆ど荒廃, 無理に, 照ちやんなどが, 父は, 牝牡雌雄が, 特別彼の, 独創的に, 玄関から, 珍らしく, 理詰めに, 生れつきの, 田舎で, 男の子が, 町藝妓だ, 異常な, 病氣を, 白状しちまう, 百年ばかり, 皆孝で, 盗んだ句, 盲従しなけれ, 相手は, 真っ直ぐに, 真面目だ, 知ってること, 知つてゐるらしい, 知らん知らんと, 短刀と, 碑の, 祖父が, 神輿が, 私を, 穢くし, 窓から, 答弁する, 米友様旅に, 紙片か, 細長い御, 結構どす, 縫へる, 美しいと, 耶路撒冷は, 聞きましょう, 聞くん, 肉類には, 腹が, 自然その, 興世王や, 良い師匠, 芝居の, 若い女, 茂右衞門どんの, 菓物を, 藝妓を, 蠅男の, 行ります, 製造という, 西比利亜から, 西郷隆盛論で, 見せるから, 見るものごと, 見透しに, 親父は, 言いますぜ, 言え何, 許して, 詰らない事, 話し合える中, 話せるい, 語って, 読んだ, 警察の, 谷一つ隔て, 負債を, 貴方は, 買えるその, 資料らしき, 赤シャツの, 蹙めらつる樣なおも, 車掌の, 農繁期の, 近頃は, 逃げろ, 逮捕状が, 道後あたりへ, 遠慮なくさ, 適中る, 郵便局と, 酷いです, 金剛寺門前町に, 鉄道局との, 鋭い牙, 長城から, 間にあいます, 防空監視哨という, 隠さず云って, 雑誌社の, 雪を, 非番の, 音頭取りの, 願いごとを, 風流がっ, 食う物食い, 食べたがる意味, 食わせて, 飲める, 馬丁の, 騙すより, 高価な, 髪結さんが, 鳥打ち帽を

▼ 何~ (6384, 3.1%)

168 なしに 79 あるの 78 どうした 57 あるか 51 入って 48 書いて 46 何でも 44 あつた 36 出て, 大變 34 はいって 27 あったの, おかしいの, です 26 ある, 變な 24 おかしいん, 何んだ 23 あるん 22 しの 21 あったん 20 何んで, 起ったの 19 不足で, 面白いの 18 おかしい, 何やらわからぬ, 何やら少しも, 可笑しいの, 彼を 17 何だかわからない, 起るか 16 あるもの, 入つて, 大変な 15 あったか, さ, 面白くて 14 あっても, なんだかわからない, わかるもの, 何やらわけ, 何やら解りません, 悲しいの 13 しかの, なんだかわけ, 何だか分らない, 何やらわからない, 可笑しい, 為に 12 始まつたん, 残るか 11 ために, なんです, わかる, 何やらわからず, 可笑しいん, 幸いに, 気に 10 あるかを, いい, 不思議な, 何だ, 出来るもの, 変な 9 それを, できましょう, ですか, 仕合せに, 何だか判らない, 何やら解らない, 妙な

8 [15件] あったと, お気に, そんなに可笑しい, できよう, できるもの, 何だか分らなかった, 何やら解らぬ, 出るか, 出来る, 原因で, 悪い, 来ても, 無くとも, 自分の, 這入って

7 [16件] あるかと, い, なんだかわからなくなっ, なんでえ, 何だかさっぱり訳, 何だか少しも, 何だか訳, 何やらわかりません, 何やら分らない, 幸に, 彼女を, 残って, 氣に, 美を, 自分を, 起こったの

6 [30件] うれしいの, このよう, そんなにおかしい, そんなに面白い, どうあろう, どうなっ, なくとも, なんだ, よかろう, 不足な, 何うし, 何が, 何やらさ, 何やら分らぬ, 何やら判らない, 何やら解らず, 出來, 判つた, 変だ, 嬉しいの, 故か, 故にその, 来て, 私を, 解つた, 起きたの, 起こったか, 起って, 面白いん, 駄目な

5 [42件] あんまりだ, いいかしら, いいの, いいん, おもしれ, おもしろい, そこに, だ, できるの, とんだ, どうな, どうなる, なんでも, ほしいの, やられたん, わかつたん, わかるか, わかるもん, 仕合わせに, 何だか分りゃしない, 何やらわからなかった, 何やら訳, 出来るの, 出来るもん, 好きだ, 幸せに, 恐ろしいと, 悲しくて, 惡い, 憎むに, 故にこの, 書かれて, 残されて, 無礼だ, 私に, 胎児を, 腑に, 見えて, 見えるか, 解るもの, 起ったん, 起っても

4 [75件] あった, あったろう, あつて, あるかは, あるだろう, あるんだい, あろう, いいか, いいでしょう, いるか, いるの, おかしいか, おかしいんだい, おかしゅうて, おもしろいの, お好き, そうだ, その川, それで, そんなに悲しい, できるもん, どうだ, なしの, なるほど, なんだか判らない, ツて, 一番お, 不思議, 何だかわからなくなっ, 何だか分らなくなった, 何やらただ, 何やらわからん, 何やらサッパリ, 僕に, 出来よう, 出来るか, 分るもの, 判ったん, 厭な, 問題な, 困るん, 好き, 始まったん, 存在者乃至, 居るか, 必要な, 怖いん, 怖ろ, 恐い, 悪いか, 悪いん, 悲しい, 悲しいん, 想を, 故にかく, 故の, 旨いん, 望みで, 来たの, 欠けて, 欲しい, 欲しいと, 気に入らないで, 気に入らないの, 気に入らなくて, 潜んで, 現れるか, 笑ふべき, 苦しいと, 見えるの, 變だ, 起ったか, 起ったという, 起ろうと, 面白いもの

3 [109件] あったであろうか, あの色, あるかも, あるでしょう, あると, あるので, あろうと, いいかな, お前を, お氣, かいて, かくまで, かくも, しくれが, しという, そうさせた, その次, それだ, それな, そんなに怖, でございます, でて, へんな, ほしいなん, ほんとうに, われわれに, 一番好きかと, 一體大變な, 中に, 何し, 何だかわからなく, 何だかわからなくなる, 何だか分らなく, 何だか分らなくなっ, 何だか分りません, 何だか解らなかった, 何やら, 何やらわからなくなっ, 何やら判りません, 何やら見, 何やら解らなく, 何箇ある, 來たんだ, 僕の, 入ってるか, 入れて, 出たの, 出たん, 出ても, 出る, 出来ましょう, 出来ますか, 出来るん, 分ったの, 原因な, 可笑しくて, 善だ, 善で, 善である, 大丈夫だ, 大変だ, 好い, 始まって, 始まるか, 安心だ, 宜からう, 幸福だ, 幸福に, 彼女の, 怖い, 怖いの, 怖かつ, 恋しい, 恥かしい, 悪かった, 愉快な, 故ぞ, 故に此, 故に然, 早いん, 映ったか, 望みだ, 望みな, 望みに, 来たって, 棲んで, 残る, 残るかと, 残るん, 気に入らねえん, 淋しい何, 無しに, 生れるか, 癪に, 目的で, 私たちの, 美しいと, 苦しい世の中, 行われて, 起こるか, 起つたか, 起つたの, 違う, 違うと, 隠されて, 面白い, 面白いこと, 面白いと, 馬鹿だ

2 [396件] あっけないと, あったかと, あなたを, あべこべだ, あらう, ありがたいん, ありますか, あるかという, あるって, あるでも, あるな, あるんで, あろうぞ, あろうとも, あんな花弁, いいと, いくらと, いったいどうした, いって, いやだ, いよう, おかしいと, おかしくて, おめでたいん, おもしれえんだ, お弟子, かの女, きっかけに, この下, この世で, さて一方ならぬ, さて私, さて麿, さは, して, しといふ, しに, しまわれて, じゃ, そうさせる, そうな, そう合点, そこで, そなた, その中, その内容, その原因, それです, それでも, それらの, そんなにうれしい, そんなにお, そんなにを, そんなに主人, そんなに嬉しい, そんなに恐し, そんなに恥しい, そんなに気, そんなに腹, ためである, ための, つて, できる, できるか, できるかを, できるでしょう, できると, でご, ですえ, どうあらう, どうある, どうしただ, どうして, どうである, どうと, どうとは, どうなった, どうなれ, どうなろう, どれだけ, なかったら, なき心強さ, なき頼り, なくても, なく心, なしあたし, なんだかさっぱりわからなくなっ, なんだかさっぱりわからねえ, なんだかわかった, なんだかわからなかった, なんだか夢中, なんだか見当, なんと, はいってるか, はじまったの, はじまるか, ばかな, ひどいの, ひどいん, ふしぎ, ふしぎで, ほしいん, まあだ, みえるの, もとで, ゆえぞ, ゆえにかよう, よいか, よからう, よくて, よせだ, わかりましょう, わかるといった, わかろう, チェーホフに, ッて, フムです, 一体オオル・ライト, 一番必要かと, 一番面白かっ, 一番食いたい, 一般に, 不安か, 不実です, 不平だ, 不平な, 不幸に, 不思議だ, 不満で, 不足, 不足だ, 人々を, 人生だ, 什うし, 以前私の, 住んで, 何う, 何だかさ, 何だかちつ, 何だかわからなかつた, 何だかわからなくなりました, 何だかわからぬ, 何だかわからねえ, 何だかわかりません, 何だかわけ, 何だか分からず, 何だか分からない, 何だか分らなくなる, 何だか分りゃしなかった, 何だか私, 何だか解らない, 何だか解らなくなっ, 何だか譯, 何であろう, 何でえ, 何と, 何やらさっぱりわからない, 何やらさっぱりわからぬ, 何やらさっぱり分らない, 何やらさっぱり判らない, 何やらさっぱり解らなかった, 何やらさっぱり訳, 何やらひどい, 何やらまだ呑, 何やらまるで見当, 何やらみんな, 何やらわかった, 何やらわからなく, 何やらわからなくなった, 何やら分らず, 何やら分らなかった, 何やら分らなくなっ, 何やら夢, 何やら意味, 何やら煙, 何やら目算, 何やら私, 何やら見当, 何やら解, 何やら解らなくなっ, 何やら話, 何んであろう, 何んでも, 何処に, 何處に, 余計な, 來た, 來ようと, 信ずるもの, 俺を, 入ってるん, 公共事業だ, 其樣なに腹が, 其樣なに逆鱗に, 内陣に, 出されたん, 出るかと, 出来したの, 出来ると, 分つたん, 分る, 分るもん, 判って, 危ないもの, 危険だ, 原因だった, 口惜しいん, 口惜しい何度, 可哀そうだ, 可哀想, 可哀想な, 可恐い, 可笑しいかと, 可笑しいと, 可笑しいんだい, 可笑しいんで, 君の, 問題に, 善いか, 善い本, 善か, 善であり, 善後策だ, 喧嘩の, 嘘です, 困るの, 困るんで, 在るか, 在るの, 大丈夫な, 大切か, 大切な, 大笑ひだ, 好きか, 好きかと, 好事な, 妨げるの, 始った, 始まったの, 始まってるん, 始まるの, 嫌いだ, 嫌だ, 嬉しい, 嬉しいん, 存在する, 宜いのだ, 居るん, 工藝の, 巴里の, 役に立つか, 彼の, 彼らを, 彼等を, 待って, 得られるもの, 御不足, 御意に, 必要かと, 必要だ, 必要である, 忙しいん, 怖いこと, 怖いと, 怖いといふ, 怪しいと, 恐いの, 恐しい, 恐ろしい, 恩だ, 恩返しに, 悪いの, 悪か, 悪かつ, 悪かろう, 悪である, 悲しいと, 悲しかった, 悲しくって, 惜しい, 惜しいこと, 惡いか, 慈善だ, 慢心, 我々の, 手に, 描いて, 描けぬと, 故である, 故にここ, 故にそう, 故に人生, 故に其の, 故に彼, 故に彼等自身, 故に斯, 故に新旧両様, 故に神話学, 故に自ら, 故に苦しむ, 斯う, 新しいか, 新らしい, 日本である, 書けるの, 有るか, 望みか, 本当の, 来たかと, 来たと, 来るか, 来るの, 楽しみで, 楽しみに, 樂しみに, 欲しいか, 欲しいん, 欲しくって, 正しい工藝, 正しい美, 正義か, 正義だっ, 此の, 此樣な, 残りましょう, 殘る, 殺生や, 母の, 永遠だ, 汝に, 法である, 泥棒だ, 満たして, 無法, 無理だ, 無茶だ, 父の, 珍しいの, 画いて, 目出度いもの, 目的だった, 眞理だ, 真である, 祭って, 秘められて, 突発した, 箱の, 結構な, 美しい作, 美である, 聞えるの, 臆病と, 自己の, 自由に, 良いか, 良いの, 苦痛よりも, 蔵つてある, 要るの, 要求せられる, 見えたの, 見えます, 見えるという, 見えるもん, 見付かつ, 解ったん, 解ったんで, 解る, 解るもん, 語りたかつたので, 誤って, 變で, 貴方の, 赤いこと, 起こってるかは, 起こってるかを, 起るかを, 辛いと, 辛いの, 通りました, 違つた, 都合好い, 醜い作, 釣れるの, 釣れるもの, 障碍に, 面倒な, 面白いかと, 面白いもん, 面白くって, 面白くない, 面白れ, 飛んで, 馬明生を, 馬鹿な, 駄目だ

1 [2738件 抜粋] ああだ, あそこには, あって, あなたに, あぶないもの, あらうが, ありましょうか, ありまた, あるかといふ, あるだらう, あるといふ, ある栃木縣, あろう白粉, あんな蕊, いいかしらん, いいていう, いい櫛かかん, いくらかに, いけねえん, いちばんの, いちばん読ん, いったいどうあそばした, いったい崩壊, いったい見られよう, いやな, いると, うそじゃ, うまくいったん, うるさいの, ええかのう, おいしいん, おかしいこの, おかしいので, おきたの, おそめ, おとろし, おもしろいか, おもしろいん, おれの, お入用, お前に, お困りな, お早うだい先刻上野の, お蔭さまだ, かってな, かわりの, くぐるめ, くるか, けれん芸立派な, こうまで, この不幸, この大きな変革, この馬, これらの, こんなにおろかしく, こんなに忙しい, こんな惨め, ござるな, さうかと云, さきや, さてたった, さて今度, さて南蛮キリシタン国, さて年寄, さて明治, さて無能ぞろい, さて置き, さて馬, しあは, したいんだい, しでも, しゃんと股立, し大人撰む甲, し甚内, するの, そういつ, そうだろうだ, そう宿料, そう面目, そのうち, そのよう, その大胆, その敗北, その能力, そもそも詩的, それに, それほど皇帝, それ見ろな, そんなにかなしい, そんなに不平, そんなに問題, そんなに御, そんなに愉快, そんなに癪, そんなら, たいせつか, たのしくて, ためなら, だってなの, ちがう, つて困るだらう, つまらないか, つまるもん, つれない, できようぞ, できるだろう, でござるの, でるか, とびだすか, どうえらい, どうした叱, どうして悪く, どうであった, どうよくなる, どう緒, どすえな, どんでんがえしで, なお園, ながれて, なくほのぼの, なければ, なしこの, なし人, なし戸外, なにやらどうも途方, なにやら一向わからない, なもの, なんだかさっぱりわけ, なんだかてんで分らず, なんだか一向に判りません, なんだか判らなくなり, なんだか少しも, なんであろう, なんな, のっぴきならぬ, はいってるの, はじまろうって, ひそんで, ひびくの, ふらちであろう, へんだ, ほしいと, ほんとに自分, まずいもの, まアいい, めでたいやら, もどかしいの, やつて, ゆえにそう, ゆえに浅学不通, よいかという, ようようだい, よくない, よろしい, わかつたといふ, わからねえん, わかるんで, わたしたちの, わるいの, ァ本, オッぱじまるかてえとこれが, ジャンボーなんだか, チィ, バタバタだ, フレキシビリテイの, ホントによ, モーティブ, 一体お前, 一体怖い, 一体飛込ん, 一番, 一番の, 一番大切かという, 一番怖, 一番気に入っ, 一番疑問な, 一番苦しく, 一番難しい, 一體わからない, 一體癪に, 上ったの, 下品な, 不安という, 不幸だ, 不愍だ, 不満な, 不足じゃ, 与えられて, 中心を, 亂暴で, 五十年以前からの, 人生について, 今でも, 今自分を, 仕出来せるもの, 他所行, 伏見や, 何あろう, 何だかあっし, 何だかさっぱりわけ, 何だかさっぱり分らぬ, 何だかちっともわからない, 何だかと, 何だかまあ夢中, 何だかわからなかった, 何だかサッパリ, 何だか一向に見当, 何だか分, 何だか分らぬ, 何だか判らなかった, 何だか女, 何だか滅茶苦茶, 何だか示され, 何だか見, 何だか解らなくし, 何だか馬鹿げた, 何つていふ, 何でもお, 何ものが, 何やらお, 何やらさっぱり腑, 何やらてんで事件そのもの, 何やらまるで煙, 何やらよくは, 何やらわかりかねます, 何やらワケ, 何やら上の空, 何やら僕, 何やら分らなくなり, 何やら判らず, 何やら判らぬ, 何やら夢中, 何やら彼, 何やら無意識, 何やら腑, 何やら解らなかった, 何グラム一日三回分服といった, 余だ, 保子の, 俺達を, 偉さ, 優性であり, 先ず大切, 入ってるんだい, 入るもの, 六つかしい, 其様に, 凍って, 出たかという, 出よう, 出るだろう, 出世だ, 出来ましたな, 出来るえ, 出来るだろう, 出来るという, 分って, 分りましょう, 切なかった, 判った, 判るもの, 到来し, 勃発し, 動機でと, 化粧でしょう, 卑しい想像, 占いだ, 卿を, 原因でございましょう, 反対です, 取って, 口惜しくって, 可哀相だいあんな, 可笑しいツ, 合わないん, 吊して, 君を, 呼んでなんぞ, 唸ッ, 善い事, 喰ひたいそれツ, 因果で, 困る, 固有である, 在ったかを, 基本的である, 変でしょう, 多いかと, 夢だ, 大丈夫だって, 大変かね, 大詰な, 天災である, 奇妙だ, 契機で, 好いでしょう, 好い氣味, 好きです, 妙光尼に, 始つたんです, 始まるという, 始る, 嬉しいとて, 孝行じゃ, 完了した, 実現しただろう, 寒かろ, 專らだ, 小林氏の, 居るの, 左様だ, 帰結する, 幸いと, 幸不幸とも, 幻だ, 引つけるの, 強情な, 当るもの, 影響する, 彼奴を, 待つかも, 得られよう, 御不審, 御安心, 御苦労だ, 心を, 心配だって, 必要であり, 忙しいこと, 怖いもん, 思ったとおり, 怪鳥である, 恐るべきかと, 恐ろしいの, 恥しいこちら, 恭, 悪いでしょう, 悪い時代, 悪るい, 悲しいぞ, 悲痛な, 惜しかろう, 惡るい馬鹿野郎呼はりは, 愼しむべしだ, 成功で, 所望じゃ, 扨転げ落ち, 拙者だ, 持つイデオロギー, 揃ったんで, 支那人だ, 故に, 故にこんな, 故にまた何, 故にロメオ, 故に世間, 故に人目, 故に傀儡子, 故に只, 故に善徳, 故に婬, 故に島津家, 故に我, 故に春一, 故に歌, 故に温柔, 故に男, 故に細民部落, 故に自分, 故に變化, 故黄銅, 文学だ, 新しく生れつ, 日本人の, 旨い彼, 映って, 普遍妥当性という, 暴行だ, 書ける, 最も好く, 最も本人, 月で, 有り難いの, 有名な, 末恐ろしいの, 本職だ, 来たか, 松露や, 棲むで, 楽しいと, 樟蔭第, 欲しいかい, 欲求されてる, 正しいかを, 正しくそして, 正月お, 此那に, 残つてゐる, 残るかよ, 残るでしょうという, 残酷と, 毒酒な, 気に入ったん, 気の毒です, 気持さ, 氣の, 求められて, 泣いてるの, 浮いて, 測り難い, 滑稽な, 為此の, 無理が, 無頼漢だ, 熱い何, 犬にも, 珍しいと, 現われねば, 生き残るの, 生れ出よう, 生憎だ, 町長でございますだ, 病根である, 白骨に, 目出たかべい, 目的な, 真であり, 真実自身か, 知り得られるかと, 社会的に, 禁物かぐらいは, 私達と, 穴を, 笑うべきもの, 範疇であり, 糸子を, 終ったの, 繁昌だ, 美しきか, 美味いん, 習って, 耐らない, 聞こえますもの, 自分に, 自由で, 芸術家だ, 苦しいか, 莫迦野郎だ, 葉子の, 蘇生つて來る, 行って, 表現され, 製産され, 見えたか, 見えますか, 見えると, 見られるかと, 規則違犯だ, 解せねえん, 解るか, 計画されてる, 証拠です, 詰め込んで, 語られたと, 證據, 貴辺, 賤しい, 起きたか, 起こって, 起こると, 起ったと, 起つたん, 起り得るという, 起るの, 足りないとか, 転倒した, 迷信家の, 這入ってるだろうあけて, 通るん, 達者な, 適してるかを, 醸されて, 野郎だ, 釣れる, 閉じたの, 関門だ, 降ってると, 障子じゃ, 雲の, 面白いんで, 面白からう, 面白く何, 頭に, 風俗さ, 飛んだかなと, 食ひたいと, 食べられたかと, 馬鹿で, 駄目, 骨が

▼ 何かの~ (5601, 2.7%)

156 ように 116 やうに 110 拍子に 80 形で 63 都合で 61 意味で 58 機会に 56 理由で 43 話の 40 折に 38 拍子で, 用で 37 はずみで 35 ことで 31 用事で 29 事情で 28 場合に 25 ために 24 意味に, 関係が 22 ついでに 21 機会で 20 はずみに, 秘密が 19 意味を, 時に, 本で 17 ような, 参考に 16 原因で, 方法で 15 御縁, 機會に, 秘密を, 雑誌で 14 仔細が, 仕事を, 役に, 本に 13 因縁が 11 お間違い, 事で 10 場合には, 意味が, 用に, 話から, 間違いだろう, 雑誌に

9 [11件] きっかけで, ことに, 上に, 力で, 合図を, 時には, 機会が, 話を, 調子で, 足しに, 間違いでしょう

8 [12件] おりに, おりには, ことを, 動機で, 口実を, 席で, 序に, 影が, 意味での, 手がかりに, 間違いで, 間違いでは

7 ことが, ご縁, やうな, 中に, 仕方で, 因縁で, 子細が, 役割を, 縁で, 関係を

6 [22件] きつかけ, 会で, 係り合いが, 力を, 問題に, 因縁だろう, 因縁である, 弾みに, 形を, 影響を, 役に立つかも, 役に立つこと, 御参考, 必要から, 暗示に, 書物で, 本を, 様に, 気配を, 理由が, 薬を, 間違いが

5 [36件] ことから, 世話を, 中で, 事情から, 会合で, 価値を, 力が, 力に, 問題を, 因縁かも, 因縁だ, 場合の, 変化が, 小説に, 形に, 必要が, 意味の, 手がかりを, 手段で, 新聞に, 暗示を, 機み, 理想を, 理由から, 用が, 用を, 縁が, 罪を, 職業に, 花の, 言葉を, 話が, 話に, 都合が, 間違いじゃ, 間違いに

4 [46件] かたちで, ことは, ひょうし, やうで, 事が, 事に, 事件で, 儀式の, 具合で, 合図の, 命令を, 因縁であろう, 因縁の, 大木が, 形の, 役には, 役目を, 御用を, 感想を, 時の, 書物を, 木の, 樽を, 機に, 機会を, 点で, 為に, 物音に, 用事が, 用事に, 病気で, 目的で, 研究に, 祟りが, 立場に, 糸を, 縁だ, 縁に, 縁を, 翼の, 職人に, 邪魔に, 都合から, 間違いかも, 間違いだ, 間違いであろう

3 [85件] おまちがい, お引合せ, お話を, きっかけから, きっかけに, しるしの, つもりで, んで, キッカケで, ハズミに, ヒントを, 不思議が, 事件を, 事情が, 仕事に, 係り合い, 出来事を, 刺戟を, 前兆に, 前兆の, 助けに, 包みを, 印象を, 危険を, 参考にも, 合図で, 合図と, 合理的な, 呪詛が, 因縁でも, 因縁と, 声が, 変事を, 変化を, 小説の, 工合で, 希望を, 弾みで, 形での, 形式で, 影を, 役にも, 役に立つ, 必要で, 必要の, 意味あり, 感じが, 或る, 打ち合わせを, 折には, 折の, 折りに, 方法が, 機会には, 機械の, 機縁で, 機縁に, 毒でも, 気配が, 気配に, 注意を, 深い微笑, 為方で, 物音で, 特殊な, 理由の, 用事を, 病気の, 痕が, 目的の, 相談に, 相談は, 神の, 禍いを, 粉を, 粗相で, 糸が, 約束を, 薬に, 角度で, 記録の, 間違いな, 間違いの, 関係で, 音が

2 [316件] いたずらを, おりごとに, お導きでせう, お役, お役に立て, お支度, お沙汰, お考え違い, お聞き, かげに, きっかけが, ことも, しみが, ためには, ついでには, つてで, つながりが, ときに, ときには, ときの, はずみから, はずみです, はずみは, はなしから, はねる音, ふしに, ほかに, ぼろが, まじないに, まちがいじゃ, まちがいだろう, まちがいであろう, やうだ, やうである, ようだ, ようであった, ようである, ようにも, ろ臭い, わけで, ト書きの, ビラ何とも, プレパラアトを, 不思議な, 不思議を, 不満を, 世話に, 予感で, 事から, 事は, 事件が, 事情の, 事情を, 亡霊に, 交渉を, 仔細で, 仕事が, 仕事の, 仕方によって, 会の, 会合へ, 伝説でも, 作業を, 作用で, 作用を, 作用線が, 便りが, 便宜を, 信号を, 俵の, 偶然で, 働きによって, 償ひ, 内職を, 写真で, 凶い, 制裁を, 前兆が, 前兆では, 前兆を, 力によって, 助力を, 動きが, 動物を, 匂いに, 匂ひ, 匂を, 化身の, 原因が, 参考と, 参考として, 参考の, 參考として, 反応を, 反響が, 収穫を, 口が, 口実で, 口実の, 口絵を, 可能性を, 合図が, 合図だった, 合図に, 呪文を, 問題の, 啓示の, 噂が, 因縁だらう, 因縁でございましょう, 因縁でしょう, 因縁という, 因縁とか, 因縁に, 因縁を, 図案らしい, 型の, 埋蔵物を, 多分間違です, 夢を, 大事な, 奇蹟が, 如くに, 姿が, 嫌疑を, 子細で, 実の, 客観的な, 対策が, 工事を, 工夫を, 布片を, 希望が, 希望と, 張合で, 彈み, 当りが, 形が, 形態に, 影も, 役に立って, 役に立つの, 御用で, 復讐で, 心得に, 思い違いです, 悲しみの, 意味を以て, 意義を, 意見を, 感情を, 感慨に, 態度を, 憑物が, 手がかりが, 手伝いを, 手懸りが, 手掛かりを, 手掛りに, 手掛りを, 手段を, 手筈を, 手紙が, 手蔓を, 手違いで, 技法を, 折その, 折にでも, 拍子から, 拍子には, 指図に, 指図を, 挨拶を, 支度も, 故障で, 料理に, 方法を, 時は, 暗示で, 暗示の, 曰くが, 書類に, 木が, 本の, 材料に, 架け橋が, 森が, 様子を, 模様を, 権利が, 機会から, 機會で, 欠点を, 欠陥が, 次手に, 歌を, 毒薬を, 汁を, 決心を, 注射を, 準備を, 点に, 爆発する, 爲方で, 物体を, 物理的威力を, 物足りなさ, 獣に, 獲物が, 理由によって, 理論を, 用件で, 異状では, 疑いを, 病気にでも, 痕跡が, 皮を, 目的が, 目的を, 相談が, 相談を, 眼の, 社が, 社の, 神を, 神秘的な, 祟りでも, 禁呪に, 禍いが, 程度で, 種類の, 空箱に, 符を, 符牒に, 結果を, 綱に, 縁かと, 縁だろう, 縁であろう, 繋がりが, 罪で, 考えが, 考えを, 聞き違い, 聞き違えで, 自信を, 色が, 芝居の, 花が, 花を, 若木が, 葉の, 著る, 葩の, 蓋の, 蔓が, 蔭に, 薬には, 行動に, 計画が, 訳で, 話で, 話も, 誤りが, 調子が, 調子に, 象徴の, 責任を, 貴重品でも, 賑かな, 足しにと, 足しには, 足しにも, 足痕あらん, 踊りを, 軍需品を, 途惑いを, 途端に, 連坐で, 連絡が, 連関を, 運この, 都合の, 都合も, 都合上その, 重大な, 金属を, 長靴を, 間違いでありましょう, 間違いでございましょう, 間違いと, 間違えだ, 間違だろう, 間違で, 間違ひ, 間違ひだらう, 間違ひでせう, 間違ひでは, 関係の, 関心を, 関聯が, 關聯が, 陰惨な, 集に, 雑誌か, 雑誌の, 雑誌を, 雜誌に, 霊の, 非合法的な, 面倒を, 音に, 飛行機でも, 餌を, 魔力に, 黄葉を

1 [2444件 抜粋] あいさつや, あやまちが, いつたいあの, うちは, おそろしい事件, おりおりに, お咎め, お役に立たう, お慰, お祝いだ, お稽古, お話が, お間違, からくりを, ぐあいであの石が, こととは, ことの, ごみを, ご詮議, しをりに, その獅子, たしに, ためでは, ちがいあり, つきものとも, つよい生活的文学的欲求, とき世話に, とこぢゃないんだい, なぞの, はずみの, はにかみを, ひそんで, ぺらぺらした, まきぞ, まちがいだ, むざんに崩壊する, やうです, やさしい情緒, ようにさ, よりどころ, イキサツから, イマージュに, カラクリな, クサビに, ゴシップに, ジャムが, ゼスチュアーを, チョットした, トーンで, ハズミの, パノラマ館が, プラスを, モデルには, 一固, 一節に, 上で, 上着を, 不備から, 不安疑問確信の, 不明瞭な, 不純な, 世界観を, 世間話を, 中心を, 中毒であろう, 主義の, 予兆だ, 予感を, 事の, 事変の, 事情やむを得ず, 事物を, 人物評に, 仏像の, 仕事場の, 仕掛けが, 代価を, 伏線が, 会以外には, 会議に, 位置が, 余興に, 使ひ, 供養に, 価値の, 便利が, 係り合いを, 信念を, 倒れる音, 偉さ, 催しが, 傷跡が, 僥倖で, 兆候が, 光である, 光景らしかった, 入目で, 共通な, 冒険を, 処が, 凶兆が, 凶器の, 出来事と, 分類の, 切石の, 利得を, 制限, 刺繍に, 前兆です, 前進性敢て, 力, 功徳か, 加減でしょう, 動きを, 動機から, 勘定の, 勞役に, 包み紙に, 博覧会を, 原則が, 原因に, 参考までに, 反射だつた, 反故に, 取り調べを, 口絵の, 古い皮革, 可能が, 合図かも, 合図やも, 同類だ, 名誉職に, 呪詛, 命令だ, 咒文の, 唇の, 問題で, 喜びを, 器物だ, 囑託を, 因縁ある如く, 因縁です, 固まりの, 地位を, 埋草に, 堂跡でも, 報告, 場合ごとに, 場合にも, 場合都合が, 塊り, 壮士扱いだ, 壺を, 変換の, 夢想に, 大きな祝福, 大演説, 天ぷらを, 奇妙な, 奇麗な, 好みが, 如く車体, 妾宅に, 委員会に, 威嚇手段じゃ, 婦人服を, 子分ならん, 存在と, 学校には, 宗教を, 実力として, 実質的な, 客観的で, 家を, 宿命によって, 寄与を, 實業的仕事を, 専門また, 小さな包み, 小社と, 屈托に, 展覧会に関する, 巡りあわせみたい, 工合を, 工夫で, 差支えで, 布でした, 師匠と, 帳簿を, 幻影を, 幽霊である, 広目屋が, 底意が, 度びに, 建物が, 廻り合せでありましょう, 式を, 引用文で, 強い意志, 当てが, 形式の, 影だにも, 影響が, 役に立ちますか, 役に立つだろう, 役に立つと, 役に立てば, 役割が, 後援の, 御咎め, 御用です, 御計画, 復讐に, 徴税吏をも, 心理を, 必然の, 必要による, 忌日で, 念珠かも, 思いちがいを, 思い違いで, 思想なる, 性質の, 怪物が, 恐怖に対する, 恨みか, 恩沢を, 悩みでも, 悪さ, 悪魔に, 情実に, 想念が, 意味と, 意志で, 意趣遺恨の, 感応が, 感激が, 感違いだ, 憑き物が, 成算を, 所有だった, 手がかりには, 手づるで, 手入れに, 手応への, 手掛かりと, 手業を, 手筈は, 手違いから, 打合わせの, 扮装みたいだ, 折々には, 折それとなく, 折は, 折宿望を, 折誰かが, 招待状を, 指揮や, 捫著が, 掛物に, 揃ひ, 支度に, 政治方針を, 故人の, 故障も, 教授を, 数に, 文句が, 文様の, 斑らな, 新しい可能, 新しい文学者, 新発見, 方で, 方面に, 旅支度が, 昔の, 時と, 時茶の, 景物によって, 暗号では, 曲が, 書に, 書物からの, 書面を, 服で, 木の芽が, 末裔に, 本質的異, 条件として, 柱頭の, 根拠と, 植物が, 業かも, 業績を, 標準が, 樣にぞ, 横腹でも, 機でしたろう, 機会において, 機會が, 機械を, 欠点ある, 次男に, 武器を, 毒が, 比較的利益, 気まぐれに, 気安めに, 汁で, 法を, 泥濘へ, 派手な, 消化器官の, 深い考え, 準備も, 漢詩を, 激情を, 灯火に, 点音の, 無的進歩, 煙草の, 燃焼が, 片手落ちや, 物を, 物置らしい, 物語にでも, 特別な, 特色が, 犯罪の, 独吟に, 現実的威力を, 理窟が, 瑞兆に, 甘味を, 生れ代りだ, 生活にわたるまで, 用の, 用心に, 用途に, 画を, 番小屋の, 異変を, 疑いが, 疲れも, 病気だ, 痕跡を, 発明の, 白い花, 目じる, 目的何かの, 相談には, 相違によって, 眼付が, 矛盾と, 知人関係が, 研究で, 示唆, 祝ひに, 神に, 祟りじゃ, 祟りの, 祭礼の, 禁厭を, 科学を, 秩序を, 穀物を, 空気を, 立ち話を, 端々で, 笑談を, 答えを, 策動を, 節から, 範疇組織を, 精神病者という, 糸口を, 約束と, 紙を, 細工ものとしての, 絆は, 結果やす子を, 統計でも, 絵の具で, 網で, 練習として, 縁でございましょう, 縁故に, 縞柄の, 繊維が, 缶詰が, 罰が, 美しい面影, 義務を, 者らしかった, 職に, 職業を, 肉片だ, 胤を, 脊椎骨が, 膚の, 自立性への, 舞に, 色彩が, 花などを, 芸は, 苗床である, 苦悶が, 草紙に, 菩薩の, 葉っ, 蔓類の, 薬の, 處置の, 蝶に, 血縁にでも, 行動にあたって, 行進曲を, 表紙の, 補足に, 要事あっ, 見すぼらしいの, 規約は, 観念を, 角度から, 言訳を, 記に, 記念日な, 記録に, 証人として, 証文の, 評判が, 詩句にでも, 話には, 誘因で, 誤報では, 誤解だろう, 説明を, 論文で, 謀略でも, 講演で, 證據を, 變でも, 財の, 貴重な, 賄賂を, 走るよう, 足しにとも, 足溜りにも, 身仕度を, 軍需工業を, 返辞くらい, 迸が, 通俗長篇に, 連絡に, 運に, 運命です, 道を, 達人とでも, 遺恨が, 邪魔でも, 都合ッて, 重しでも, 野望とを, 金銀もの, 鋭さを, 錯覚である, 錯誤を, 長所と, 間ちがいであろう, 間違いである, 間違いなら, 間違から, 間違ひであ, 関係でも, 關係上土地を, 陰影と, 隊法が, 隙を, 障害で, 隱れた, 集りでは, 集団が, 雑誌と, 難儀の, 露骨な, 面影でも, 革命思想の, 音色が, 顔である, 類だ, 食いものを, 飾に, 香料にでも, 骨じゃ, 高さ, 魔の, 魔術を, 麻の, 黙契が

▼ 何~ (4843, 2.4%)

553 いっても 491 しても 275 云っても 155 思ったか 120 いって 116 言っても 102 云って 87 なれば 75 言って 65 して 59 したこと 41 思って 31 いうか, する 28 云ったって, 返事を 27 いったって 26 言ったって 22 云われても, 思ったの 21 したもの, した事 20 しよう 19 思ってか, 言われても 18 云う事 17 いわれても 16 云ったらいい, 言ったらいい 15 した 14 云った 13 いったらいい 11 あっても, したの, 云う, 云ったか, 云ったの, 云ふ, 形容し 10 お礼を, してでも, するか 9 おっしゃっても, 言った 8 云いました, 云うの, 形容したら, 微妙でしょう, 申す 7 いうだろう, しましょう, せう, まあ, 云うこと, 言う, 言ったか, 言われたって 6 いいでしょう, いうかと, してか, 云う処, 呼んで, 挨拶し, 言うか, 言ったの, 言ふ

5 [21件] いいますか, いうの, いったらよい, いつても, うれしいでしょう, したか, したって, した自分, しようぞ, するの, する気, 云いますか, 云う所, 云ったらよい, 云つても, 云われたって, 思うか, 思ったもの, 言いますか, 言えば, 説明し

4 [28件] あろうが, いえば, いったと, お礼申し, した訣, しょう, すること, するぞ, なる, なる身, まあ不思議, もしやう, 不思議な, 云うか, 云うもの, 云えば, 云ったかな, 云ったね, 仰っしゃいます, 何とを, 形容すれ, 思う, 挨拶を, 申すか, 申す者, 複雑でしょう, 言うん, 言ったもの

3 [51件] あったか, いいましょう, いいます, いう, いうでしょう, いうな, いおうか, いたしましょう, いった, いわれようと, うら, お答えに, お詫びし, されても, したらよかろ, しますか, しまする言, なりして, なりまする先, なる事, なろう, まざまざと, もはや, 云うど, 云うひどい, 云う人, 云う名, 云う奴, 云う美しい, 云ったら好い, 呼ばれて, 思うだろう, 思し召すか, 思っても, 思ってるの, 思つた, 思ふて, 感じて, 挨拶した, 改めても, 法の, 申して, 罵られても, 解釈したら, 言いました, 言うの, 言ったっけな, 言は, 言われようと, 説明したら, 返事し

2 [160件] あった, あやまって, ある, あろうとも, いいましたか, いいましょうか, いうぞ, いうだろうか, いうべきかを, いったとて, いってもね, いふに, いふらむ, いふ名で, いふ名の, いふ間の, いわるる, いわれたか, いわれるの, おっしゃって, おっしゃる, おっしゃるでしょう, おらが, お詫びの, きくけれども, したぞ, したので, しましても, しようと, すべきと, するかという, するつもり, せば, せん, せんあと, せんかと, せんと, せん何と, せん姉さま, せん浮むよしなき埋れ木, どっさりの, まあおどけた, まあこの, まあ楽し, まあ素晴, まあ見る, また, むずかしいでしょう, もはやお, やらだ, よく出る, 不幸な, 不思議だろう, 争って, 云いましたかね, 云ううれしい, 云うかと, 云うて, 云うばった御方, 云うべきであろうか, 云うん, 云う好い, 云う寂し, 云う恐し, 云う生きる事, 云う言葉, 云う間, 云ったかと, 云ったところ, 云ったらい, 云ったろう, 云った私, 云はれた, 云ふであらう, 云われようが, 云われる, 人生とは, 仰せらるる, 仰っしゃいますか, 仰っしゃっても, 仰っても, 何と何, 便利な, 僅かの, 内気な, 判断し, 叫んだか, 可愛いもの, 叱られても, 名乗って, 呼んだか, 唾棄すべき, 大きな樫, 大したこと, 大したもの, 大切でしょう, 妙でしょう, 小さな人間, 幸福な, 弁解し, 弁解した, 御礼を, 御返事を, 思いちがいした, 思います, 思ったであろう, 思つたのか, 息も, 悲しいこと, 悲しいもの, 意味ふかい, 意味深い, 批評する, 批評を, 挨拶したら, 挨拶すべき, 挨拶の, 有仰います, 楽でしょう, 残念でしょう, 残念な, 生活の, 申しても, 申すでしょう, 申すもの, 異様な, 考えて, 考えるであろう, 聞くらん, 肩がきの, 解する, 解釈し, 解釈した, 解釈すべきである, 解釈の, 言いましたかね, 言います, 言いよう, 言いわけ, 言うお, 言うでしょう, 言うべきであろうか, 言うよ, 言ったかな, 言ったけな, 言ったところ, 言ったッ, 言ってるか, 言われたか, 言われる, 説明する, 読むの, 返事した, 返事する, 返事も, 返辞を, 遊ばすお, 違って, 驚くまいこと, 鳴くぞ

1 [1315件 抜粋] あいさつし, あしらうかと, あそばすお, あの婚約指環, あやまっても, あらゆる曲折, あるかと, いいあらわすべきであろうか, いいの, いいましたッ, いいますね, いい全く, いい心持, いい計算, いうかを, いうであろうか, いうね, いおうかな, いたした, いったら一等, いってい, いってね, いってるだろうね, いつて, いふても, いふやすら, いふ目の, いやな, いろいろの, いわるるか, いわれたかね, いわれたの, いわれましたか, いわれるか, いわれるでしょう, うようよ巣くってる, うれしい手紙, おいいだったえ, おいしかった, おかしな理屈, おそろしいでしょう, おそろしい病気, おそろしく執拗, おっしゃるか, おっしゃるんで, おどろくべきでしょう, おわびし, お礼の, お行者, お詫び申し上げ, お話したら, かの爺ども, きびしい返報, くちおしいこと, こう申した, このくらいの, この二人, この幹部連中, この春しょう分, この無人, この褐色, この頃, これは, さびしいゆうべ, された, したという, したらよい, したるぞ, したッ, したドヂ, した仔細, した古風, した心もち, した縁, してじゃ, してもだにの, しばしば出会う, しも, しやる気, しようそうそう, しよう見惚れるばかり, じき枚数が, すばらしい事, すばらしい絶景, すべきだろうか, するかで, すると, するもの, するわけ, する御, する止せ, せうしよんがい, せう邦枝完二, せし酒屋, せられても, せんもう, せん夫, せん必ず, せん詞, せん青書生, そこらの, そのふしだら, そのよう, その作家, その嘲笑, その姿, その戦, その持主, その期間, その羽織, その違い, その顏, それ狂言は, ぞっとする, ちかひ, ちがい弾力, ちがうところ, ちがった抒情, ちつとは, どっさり喋りたい, なし人寰, なって, なりましょうぞ, なるかな, なる又, のんびりでしょう, はや呆れはてたる, ふしぎな, まああぶなっかしい, まあいろ, まあふつ, まあわくわくし, まあヨイ気候, まあ二人一度, まあ今朝, まあ厭, まあ埃, まあ奇怪, まあ待遇, まあ怖し, まあ憐れ, まあ滑稽, まあ現身, まあ私, まあ美しい, まあ自動車, まあ鈍く, まあ麗, また明るく, むずかしいの, もしこれ, もっともっと喋りたいでしょう, もはや妙, もはや恐入りやす, もはや癪, やらいうダンスホール, やらいう待合, やらじゃ, やらん不, やらん様子, ゆるゆるたつ, よう働くこっ, よく似た, よく寝, よく扶, よほど面白い, キビキビ思った, チマチマし, バック夫人の, モスクワも, 一々見分け得る, 一寸した, 上手な書き, 上気せ, 下手糞な, 不公平な, 不安に, 世の中は, 中年者の, 了簡した, 云いおったか, 云いのがれようとしても, 云いました倉子, 云いますかと, 云いやすか, 云い出すか, 云い出すかを, 云い訳, 云うあく, 云ううっかり, 云うお転婆, 云うかな, 云うざま, 云うた, 云うだろう, 云うでしょう, 云うな, 云うひねくれ者, 云うみやげ, 云うやつ, 云う乱暴, 云う余地, 云う僥倖, 云う力, 云う名前, 云う哀れ, 云う変ったこと, 云う大胆不敵, 云う女, 云う寒い淋しい, 云う対照, 云う山, 云う幸, 云う廣さ, 云う恥知らず, 云う悪い, 云う悲惨, 云う情ない, 云う態, 云う抜目, 云う有難い, 云う楽し, 云う殺人, 云う気味, 云う滝, 云う無慈悲, 云う熱心, 云う異い, 云う盲目野郎, 云う眼, 云う種々, 云う素, 云う罪, 云う莫迦, 云う虫, 云う賢い, 云う違い様, 云う釣合, 云う髪, 云おうか, 云ったい持つべきもの, 云ったこと, 云ったっけな, 云ったとかいう, 云ったもの, 云ったらこの, 云ったら良い, 云った少, 云った瀧川左京, 云ってたか, 云ひます, 云わりょう, 云われたいの, 云われたん, 云われようと, 云われること, 云われれても, 五六種の, 人間らしい姿, 仕合わせした, 他愛も, 仰っしゃいましたッ, 仰っしゃられても, 仰っしゃるか, 仰天だろう, 何だか全部, 何でその, 何と, 何とそれ, 何とで, 何とに, 何と買おう, 健康で, 六枚折の, 再生され, 冷静な, 分類し, 判断するでしょう, 前触, 匂うの, 単純だろう, 又世の中, 及ばぬながら, 叔父の, 古風な, 可哀想でしょう, 可笑しいでしょう, 同じく文, 同化した, 呪わしいこと, 呼ばれるべきであろうか, 命名したなら, 善良であろう, 嘉納の, 困ったこと, 堀江亭だ, 堂々たる偽り得ない, 報告する, 変ったでしょう, 変った姿, 変な, 夥しい金銀, 大きいであらう, 大きい気持, 大きく複雑, 大きな所, 大きな豆腐, 大した違い, 天恵であろう, 奇怪であろう, 女らしく互, 始末する, 媼は, 嬉しい事, 寒く烈しいだろう, 小さく杳, 少しばかりの, 平静でしょう, 幸福であろう, 度々耳, 弁解なすっ, 強弁しよう, 形容するだらう, 彫ったの, 御無沙汰したでしょう, 御見舞言た, 御返事なすった, 微妙な, 心が, 必要であり, 思いあきらめて, 思いますか, 思いやるのう, 思うえ, 思うかなどという, 思うだろうかなどと, 思うであろうか, 思うであろう少し, 思う余裕, 思ったずら, 思ったらよい, 思った乎, 思ってるかしら, 恐ろしいこと, 悲しいでしょう, 悲しく痛痛しさ, 惨めで, 愚劣な, 感ずるかという, 感謝, 感謝すべき, 憎らしいこと, 所作ぶりも, 批評し, 批難された, 抗弁しよう, 披露し, 挨拶もし, 料理屋の, 日中の, 映ること, 暖かな, 書いたであろうか, 書く, 有仰, 有益な, 果敢なくて, 楽しいこと, 横溢的だろう, 歌って, 比較する, 沢山反, 流動性が, 涼しく体, 清吉が, 滑稽な, 無学だろう, 熱心に, 爺どのは, 爾で, 物々しい, 珍しいこと, 珍しい心がけ, 理解し, 瑞々しく恋愛, 申すかと, 申すところ, 申す何人, 申す名, 申す村, 申上げ, 男らしく女, 疑わしいもの, 発心を, 相談が, 眼が, 神々しい異常, 称んだら, 笑おうと, 笑われても, 答えたの, 答えて, 答えん, 算え, 素晴らしいこと, 素晴らしいニュース, 素朴で, 素朴に, 美しいこと, 美しい名, 美しい芸術, 美しく善いこと, 美しく青ざめた, 翻訳し, 自分の, 自然でしょう, 自白し, 致しましょうぞ, 致す, 若々しく妖艶, 落魄最中の, 薄いもの, 表明し, 表現し, 表現するでしょう, 見える, 親しいウラジミロフカ, 解く, 解釈しただろう, 解釈すべきであろう, 解釈するであろう, 言いなさるかね, 言いなさるん, 言いましても, 言いますかと, 言いやがてそれとなく, 言い出したらいい, 言い現すべき言葉, 言うこったろう, 言うだろう, 言うでも, 言うなどと, 言うべき言葉, 言う事, 言う勿体ない, 言う失礼, 言う恐ろしい, 言う情ない, 言う方, 言う莫迦, 言おうか, 言おうと, 言ったい, 言ったかね, 言ったってね, 言ったらよい, 言ったんだい, 言ってるだろう何, 言つた, 言つても, 言わなくとも, 言われたかな, 言われたろう, 言われようとも, 言われるだろう, 言われる方, 言訳が, 言譯の, 訊かれたら彼, 記憶が, 話が, 説得し, 説得的だろう, 誰が, 謂ったって, 謙遜な, 議論し, 貴様は, 質素な, 踊って, 軽蔑され, 近頃は, 返事したら, 返事しよう, 返答を, 退屈な, 透明でしょう, 違うでしょう, 選挙そのものが, 鑑定を, 間違ったか, 陰鬱に, 雄渾でしょう, 青々と, 面白く展開, 頭が, 顔を, 馬鹿, 驚くべきもの, 高貴な

▼ 何~ (4398, 2.2%)

115 すること 81 いう訳 67 かする 57 云う訳 55 する事 52 云ふ 49 致しまして 44 かすると 42 やら斯 38 する 35 か, するの 33 でも好い 31 かお 30 すれば 28 ぞお 27 いふわけ 25 いう事 24 いふもの, するん, だい 23 でも可, 見ても 22 か御 21 でも宜 20 ぞ此方, ぢや, も仕方 19 あっても, ぞ 18 でせう, ともする 16 か私 15 するか 14 いふこと, かは知らない, なすつたの, 云う事 13 いうもの, も不思議, 云うもの, 考えても 12 したえ, なつて, もしない, も是, も此 11 か此, ぞ御, であらう, なすったの, も変, も飛んだ 10 いうこと, いうわけ, しようかと, するつもり, なさる, も, 考へても, 言ふ

9 [12件] いふ風に, か其の, か斯, する気, する積り, ぞ私, でもい, でもいい, なつた, なの, も困る, やら彼

8 かそれ, かなさいました, も大変, 斯う, 有っても

7 かまア, か知らない, しよう, でも関, 云ふも, 思う

6 [11件] か此方, するかと, するもの, でも構, も仕様, も女, も斯, も有難い, も私, 云う御用, 考えて

5 [22件] かこれ, かなる, かね, か云う, か願います, すると, でも宜しい, なつたの, のと, の斯うの, もしねえ, もならぬ, も今日, も困ります, も妙, も様子, も致し方, も面白く, も面目次第, も驚きました, やらかう, 仕りまして

4 [39件] あつて, いふ理由, お考え, かしなけれ, か工夫, か彼, か心配, か為, か秀子, してる, しようかしら, しようと, する積, ぞし, ぞ堪忍, ぞ御免, ぞ此, でげしょう, でも斯, で此樣, とかする, なすったかと, もお, もそれ, もならない, もならん, もやり, も今, も心配, も思い掛けない, も恐入りました, も悪い, も気の毒, も済みません, も胸, も自然, 云うもん, 云う者, 致すの

3 [81件] いうの, お考, かおしか, かしない, かなさりました, かなす, かなすった, かなすつ, かは疑問, か今日, か僕, か堪忍, か早く, か是, か死なねえ, か貴方, しようか, するだらう, するんだい, する訳, ぞ其の, ぞ然, でげす, でもなれ, でも勝手, でも御, とかし, ともし, とも勝手, なさったの, なすったか, なすったん, なすつたん, のかう, もありがたう, もいかん, もうまく, もこれ, もする, もつまらん, も先方, も分らぬ, も判らない, も可, も客, も怖, も思ふ, も恐れ入りました, も恐れ入ります, も恐入ります, も旦那, も早, も腑, も腹, も自分, も見た, も言, も近頃, も酷い, も驚いた, も魂消た, や, やらこう, やら私, 云うお, 云うこと, 云う理由, 云って, 出て, 召さる, 変るか, 思って, 成って, 探しても, 歩いたか, 相成りますか, 致す, 言うわけ, 遊ばさうと, 遊ばしたの, 遊ばそうと

2 [251件] あらうと, いうもん, いう機, いう物, いふ了見か, いふ事が, いふ子細, いふ意味な, いふ方法, いふ物, いふ積り, いふ訳, いふ訳か, いふ譯, おもう, かいたし, かお前, かが僕, かこの, かしよう, かそう, かその, かそんな, かなるだらう, かなるでせう, かはその, かはよく, かは分らない, かは別, かは手記, かは請合, かもし, かよろしく, かわからない, かわかりません, かをお, かを試した, か一つ, か主人, か些, か何, か分らない, か夢, か妾, か安穏, か尋ね, か工風, か幾, か幾重にも, か店, か御免, か悪しからず, か成る, か手前, か才覚, か早々, か此処, か疑, か皆様新郎新婦, か知らぬ, か知りません, か若旦那, か記憶, か誘惑, か身, か身請, か金, じゃア, するたって, するだ, すると云, するね, するもん, するよ, する人間, する氣, ぞお前さん, ぞお構いなく往, ぞこれ, ぞ何, ぞ内済, ぞ夫, ぞ安心, ぞ御願ひで, ぞ敵, ぞ置い, だい凄い, だい貴公には, でご, でも, でもなります, でもよかつ, でも出来ます, でも勇, でも厭, でも妻, でも宜いと, でも明けられぬ, でも話し, でも遣りませぬ, で幾代, で此方, で盲目縞, といふ, とか斯, ともお, ともなる, ともなれ, とも仕, と言, と言つて, なさつたの, なさろうと, なすって, なすつて, なすツ, の彼, もえらい, もお前, もお礼, もしかし, もそう, もつい, もつまらない, もはや, もひどい, も不意, も云, も些, も人, も体, も何, も先生, も分らない, も切実, も勝手, も厭, も口, も只, も善い, も嘘, も團子, も堪へられぬ思ひ, も失礼, も好い, も家, も寒い, も尋常, も山, も巴里, も当惑, も御免, も御無沙汰, も思い掛けねえ, も思う, も意味, も愚痴, も感心, も旨く, も昔わたし達, も有難う, も有難うご, も残念, も気のり, も気乗り, も氣, も永持, も江戸, も治らない, も活気, も火傷, も為らぬ, も無い, も然, も爾, も珍, も現代, も生き, も疊, も病, も皆様, も眼, も矢張, も短篇, も結構, も能, も致方, も虫, も調子, も足, も身, も身体, も遠い, も長い, も飛ん, やら其の, やら笑, やら終った, やら絲, やら見, やら飽くまでも, ツて, 云うわけ, 云う何, 云う傾向, 云う御, 云う次第, 云う発明, 云う結果, 云つたら, 云つた拍子で, 云つても, 云ふこ, 云ふもん, 仕よう, 仰しやつ, 侮辱した, 処分し, 処置し, 処置する, 取るかと, 叱られるか, 工夫した, 思いますか, 思うか, 思つて, 思ふか, 思ふね, 慰めて, 成るか, 成るの, 歩いて, 気が, 潜ったか, 為る事, 爲ようかと, 爲ようかな, 現して, 答えるかと, 考へて, 致した, 致したの, 致して, 致します, 致す事, 詫びて, 説明したら, 諫めまし, 身動きも, 返事する, 進んで

1 [1647件 抜粋] あらうかと, いう作, いふお, いふ作を, いふ合評の, いふ場合, いふ御, いふ態度, いふ文句, いふ潮時, いふ生活に, いふ美しい, いふ連想からか, いふ関係に, いふ鳧, お受けなさる, お答, かあなた, かあんた此方, かえ, かお互い, かお前さん, かお待ち, かお連れの, かきい, かこれ此, かしら受けつける, かせめて, かそれ丈, かである, かといふ場合, かとも思ひました, かと言った, かなすつた, かなつたの, かならない, かなりやしません, かなん, かねえ, かの自信, かは問題, かは疑, かは真実, かは見極め, かは遂に, かまア御, かも分明, かよい, かをき, かを心配, かを考え, かを見, かウーン, か一つ叔母さま, か一刻, か一晩, か一番上手, か不味, か丹治, か二人, か今夜不束, か今月末, か仰し, か何分, か供, か先, か免, か其ん, か出来るであろう, か分らなかつた, か分りますれ, か別段, か助けたい, か勿論, か善い, か多分, か天気, か妻帯, か媒妁, か寄っ, か尼様, か市四郎さん二百円, か幾許, か当分, か恐, か悪く, か成るだろう, か手, か捜したら知んねえ, か支, か新吉, か旦那小田原町, か最初, か来, か止め度, か死水, か泊め, か為さいました, か然, か独り, か疑われた, か盗賊, か知らせ, か確, か籬, か結納, か置い, か考え, か腹臓, か致しました, か行っ, か言葉, か調べる, か貴様, か身体, か送りてえ, か遠慮, か都合, か開け放す, か頭, か願っ, か馬左也氏, けったいな, されようと, してるだらう, しようかって, じゃその, じゃ井上出雲, じゃ対手, じゃ是, じゃ町役人, じゃ立派, じゃ違っ, すりゃ好い, するかね位, するだよ, するだろう直ちに, するて, するといふ術, すると頓, するにも, するんで, する孝, する料簡, する早く, する私, せいと, そんなら, ぞお茶, ぞこれから, ぞすべて, ぞとお願い, ぞまた, ぞアノ約束, ぞ一寸和尚さん, ぞ一目, ぞ今後, ぞ何方, ぞ入, ぞ其様こと言, ぞ失礼, ぞ密, ぞ幾, ぞ思ひ, ぞ旦那, ぞ昔, ぞ是非従軍, ぞ百両, ぞ美代吉, ぞ訳, ぞ貸し, ぞ適宜, だい下手人の, だい偉い, だい大変大きな, だい様子は, だい貸したろう, だす今日, だの松風, であつ, でがん, ですい, でもします, でもよから, でもよろし, でも処分, でも嫌, でも彼, でも成ります, でも活き, でも約束, でも致します, でも輪田夏子, でも隠れなくっ, で有った, ということ, といふ見当, とかこう, とかとおき, とか云いました, とか為, とは, ともならない, とも思, とも突詰めかね, と云, と言っ, なすったで, なすったんで, なすった所, なすつたらうつて, なだめても, なつたらう, なんかな, なツ, のペスタ何とか, の斯, の畫, もあきれた, もあら, もいえ, もうまい具合に, もお姫様, もかったるく, もこう, もさうでは, もさう一時, もしは, もしようが, もた, もなさけない, もな何, もふびん, もめっきり, もやめられない, もらく, もイヤ, もエヽ石田作右衞門, もコレ百両, もソノ変, もト, もヒイ, もマアおかみさん, もリアリスチツク, も一概, も一角先生, も不自由, も世間風俗, も云う, も人手, も今何, も代役沢山, も何とも, も余り, も充分, も免, も其の, も其様子, も冗談, も出来, も分ん, も劇剤, も労, も南無阿弥陀仏々々々々々々、成, も友達, も只今, も同役, も呆れちまった, も商買, も四歳, も困りました, も国, も声, も外, も夜, も大げさ, も大袈裟, も天気, も好き, も妥協, も婆, も宅, も客足, も容子, も寝, も少し, も山平殿, も巨, も店, も弱い, も弱りました, も往かぬ, も御念, も心得, も心掛け, も快く, も思いません, も思ひあたる, も恐れ入った, も恟りす, も悪態, も情けない, も感服, も懐妊, も手, も持ざっぺいが, も揮発油, も文章, も日本人, も旨い, も明瞭, も是ゃア, も普通, も暮, も朋輩, も本意, も来られねえだ, も案じる, も止めよう, も此度, も此様, も此行文簡単, も死んだ, も毎度, も氣恥, も沈着, も流線型, も涙, も済まぬ, も湯加減, も濟, も熱, も狐猿, も申し上げ, も申訳, も画工さん, も疑問, も痛くっ, も皆さん, も相手, も矢張り知らん顔, も知ん, も私達, も穏, も糖, も素的, も緒, も義理, も能くまア, も自信, も色, も草臥れた, も萬七, も蚊帳, も見えぬ, も見届けね, も親方, も解らな, も許し, も誠にどうも, も諦められません, も謝る, も負ける, も賢い, も身装, も込ん, も連れ, も過ぎ, も違う, も邪魔, も都合, も酒場, も重々相, も長居, も長老, も降りやす, も障り, も露, も面目, も頭, も飢え死, も養子, も驚きやした, も鼻筋, やって, やらあの, やらお前様, やらその, やら一人学校, やら三, やら亜米利加, やら今, やら他, やら其邊, やら千円, やら合唱, やら夫人, やら尊敬, やら川上, やら慣れ, やら日一日捜査, やら未だ, やら桑港, やら此家, やら漸, やら神戸行, やら窓, やら組伏せ, やら自分, やら華魁, やら赤い, やら領内, や天滿宮さん, ォ, 争えるか, 云う事柄, 云う作品, 云う心持, 云う様子, 云う武家, 云う縁, 云う風, 云ったの, 云つた, 云つてゐる, 云ふほめ, 仕たって, 仰し, 仰しゃるのでございますか, 使つたつて誰も, 働くかを, 処置しよう, 切り出さう抔, 力の, 動くか, 危い, 参りましたら宜, 口を, 向き變つて行く, 埋もれて, 変な, 女君は, 安う踏ん, 尋ねて, 弁解し, 彼うなる, 御返事し, 思い直して, 思うので, 思つたに, 思つてゐるだらう, 思つて居るだらう, 思ひますか, 思ふだらう, 意見の, 慰める術, 成さった, 成りましたか, 所置したら, 抜摘したなら, 捌くか, 教えられようとも, 断念める, 書くもの, 来たもの, 気持が, 為たら, 為やした, 申して, 發展した, 目標として, 答へ, 続くの, 考へたか, 致したら宜しい, 致しましたえ, 致しましたら, 致すこと, 致そうかの, 落ち伸びるに, 行くの, 襲撃したら, 見て, 見直しても, 覚召し, 言った, 言つて拜んだの, 言ふて, 言訳し, 調べたか, 變つてどう, 變化る, 走つたかの, 踏み迷つて, 返事を, 通つたか, 遊ばしたかと, 運が, 間違ったか, 飛込んだか

▼ 何にも~ (4188, 2.1%)

86 ない 83 ならない 46 知らずに 37 ありません 30 しないで, なかった 27 云わずに 26 なりません 25 ならぬ, 言わずに 24 言は 22 知らない 21 見えなかった 20 云わなかった, 知りません 19 して, ないん, 知らなかった 18 増して, 知らないで 16 知らないと 15 なりは, 知らないの 14 いわずに, 存じません, 知らないん, 言わないで 13 ならなかった, 考えて 12 云は, 出て, 答えずに, 言わなかった 11 ございません, すること, ないの, 云わないで, 残って, 眼に, 解りません 10 する事, ないと, ならないと, 知らねえ, 見て, 言わない 9 なくて, ならないこと, ならないじゃ, ならないの, ならん, 云うこと, 云はずに, 知って, 答へ 8 せずに, ならないから, 知らなかったの, 答えなかった, 考えること, 耳に, 見えない, 言うこと 7 いらない, いわないで, ないから, ならぬこと, ならんじゃ, わからなかった, 持って, 無い, 覚えて

6 [14件] ありは, なかつた, なしに, なりゃしない, 云わない, 口を, 御存じない, 悪い事, 気づかなかった, 知らなかつた, 考えては, 見えません, 言いません, 関係が

5 [25件] ありませんが, ありゃしない, いわなかった, しない, しないの, ないので, ないのに, ならねえ, なりませんよ, なるまい, 分らなかった, 彼にも, 心配する, 手に, 申しません, 知らないから, 知らないこと, 知らないという, 知りませんよ, 知りゃしません, 考えずに, 考へて, 見も, 言はずに, 言や

4 [50件] ありませんよ, いって, いやしない, しないこと, ないよう, ならないで, ならないよ, ならぬと, なるもの, わからない, 云うまい, 云へ, 仕事が, 出来は, 分って, 分らない, 分らないん, 尋ねなかった, 彼も, 恋しくない, 悪いこと, 手を, 書いて, 書けない, 欲しくない, 気づいて, 無いの, 物を, 用は, 申しますまい, 知つ, 知らないもの, 知らぬ, 知らぬと, 知りやしません, 考えないで, 考えなかった, 考えまいと, 考えられなかった, 聞きません, 興味が, 見なかった, 覚えなかった, 言って, 言ひませんでした, 語らなかった, 返事を, 関係の, 食べないで, 黒板へ

3 [82件] あなたの, ありませんでした, ありやせん, あるわけ, いうこと, いわない, お構い申しません, かにも, しないという, しないのに, しなかった, ないこと, ないし, ないです, ないという, ないところ, ないよ, なくって, なくなって, なつて, ならないでしょう, ならないわ, ならないん, ならぬから, ならぬの, なりゃア, なる事, はいって, はっきりした, ものが, 云えない, 云えなかっ, 云って, 云や, 云わないこと, 云わない先, 代へ, 出來, 出来ない, 出来ないの, 出来ないん, 判りません, 喰べ, 引出せそう, 彼の, 御存じなかっ, 御存知ない, 思わないで, 感じない, 手が, 書いては, 欲しくは, 残らなかった, 気が, 気を, 無くて, 知っちゃ, 知らないうち, 知らないよう, 知らないらしい, 知らない弟, 知らなかったし, 知らん, 知りは, 知ること, 考えも, 聞いて, 聞かなかった, 自分の, 要らない, 要らねえ, 見えなくなった, 見出さなかった, 言いませんでした, 言えない, 言えなかった, 言わないの, 言わぬ, 言わねえ, 話さなかった, 話して, 説明せず

2 [235件] あなたに, ありませんけれど, ありませんぜ, ありゃしないわ, ありゃしません, ありやしません, あれすべて, い, いう事, いらないこと, いわず, いわぬ, おかまいも, お構, お知り, お話に, きかないで, ございませんが, ご存じない, しずに, しては, しないか, しないから, しないと, しなくても, するの, せよ自分, せんか, たよるもの, ついては, つけない天秤棒, ないお, ないが, ないじゃ, ないだろう, ないやう, ない僕, ない処, ない物置, ない畑, ない空間, ない自分, ない陰気, なかつたの, なく主人半之丞, なく道庵, なって, ならないので, ならないもの, ならない事, ならぬげに, ならぬじゃ, ならぬという, ならぬもの, ならぬ話, ならぬ醜, ならんさ, ならんと, ならんの, なりませぬ, なりませんぜ, なりませんでした, はいらなかった, ほしくは, ましてその, もう駄目, わかって, わからないの, わからなくなった, わかりませんでした, わけが, 世の中の, 事情を, 云える, 云ふ, 云わないん, 云わぬ, 仰しゃらないから, 仰言ら, 伺が, 入って, 出来ないで, 出来ないよう, 分らないで, 分らないの, 判らないけれど, 判りませんが, 別にない, 取らずに, 口に, 可恐く, 変った事, 女房には, 存じませんよ, 存じません親分さん, 尋ねないで, 尋ねは, 居ないの, 彫らずには, 役に立たぬ, 得るところ, 御存じじゃ, 御存知なかっ, 御存知なき, 御座いません, 心を, 忘れて, 怖いとは, 思って, 打明けません, 拘束されない, 持たずに, 持ち合せない調子, 教えて, 日本語を, 書いてない, 有りは, 有りませんが, 望みは, 構わずに, 残っては, 気がつかずに, 気が付きません, 気づかないで, 気づかないふう, 気づかないふり, 氣が, 泣かずに, 無いと, 無いよ, 無いん, 無かつ, 無くな, 爲やうとも, 物は, 生えて, 申上げる, 盗んだこと, 目に, 眼には, 知らして, 知らずその, 知らずただ, 知らず何, 知らせたくは, 知らないお, 知らないが, 知らないくせ, 知らないって, 知らないといふ, 知らないほう, 知らない下女, 知らない俺達, 知らない彼, 知らない様, 知らない樣子, 知らない若, 知らない若様, 知らない顔, 知らなかったが, 知らなかったん, 知らぬ十歳, 知らぬ妻, 知らぬ子供, 知らぬ彼, 知らぬ馬鹿者, 知りませんから, 知りませんが, 知りませんでした, 知りゃしませんよ, 知るところ, 知れて, 礼を, 私は, 縁だ, 罪は, 考えてなんか, 考えないこと, 考えないの, 考へまいと, 聞えて, 聞えませんが, 聞かしては, 聞かずに, 聞くこと, 聞こえなかった, 聞こえません, 脊の, 芸が, 要らないから, 要らねえって, 見えないの, 見えないよ, 見えないん, 見えない位, 見えなくなること, 見えなくなると, 見えぬ, 見ずに, 見ず何, 見ないで, 見ないよう, 見る処, 見付かりません, 見付らない, 見当らなかった, 覺え, 解つ, 解らない, 解らんの, 触れて, 言いは, 言っては, 言はねえ, 言ひません, 言わないつもり, 言わないよ, 言わなかったが, 言わなかったの, 言葉が, 話しかけようと, 話すこと, 話を, 語らなかつた, 説明しない, 買つて呉れない, 趣味が, 送つて, 遠慮は, 邪魔を, 銀杏返, 面白くない, 音が, 食は, 食べて

1 [1927件 抜粋] あげるもの, あったもん, あなたには, ありますまい, ありませんとお, ありゃしねえでがす, ありやしない, あるまいとは, あれわが, あんなに頭ごなし, いいませぬ, いい得ないの, いえないと, いえなくなって, いないから, いはず, いふ事, いらないよ, いらない誰, いりは, いりゃしません, いわず少し, いわないと, いわなかったもの, いわね, うつらないまっしろ, おかずは, おっしゃらずご, おまへん, お前に, お小言, お恥ずかしい, お綺麗さ, お菜が, お願いしない, かからない餌, かまって, かもみな知つてゐました, かも貧が, ききません, くれなん, こだわりも, これが, ございませんから, ごちそうの, さし上ける, さわるな, してや, しないよう, しない時, しなかったという, しねえ, しませんが, しめくくりに, しらずに, しらないよう, しらなかったから, せず何, せっつかれず横, せよあれ, せよすでに, せよ三馬, せよ嬉しき, せよ母, せよ若し, ぜんぜんその, そうな, そのよう, そんなこと, そんな理由, たべられないし, ついて, つかまらないで, つけなくても, できない, できなかった, できやしませんわ, ないがの, ないそら, ないちふ, ないで, ないとさ, ないや, ないわよ, ない一面, ない二三百石積, ない便所掃除, ない台所, ない年寄, ない本棚, ない真赤, ない筈, ない裸, ない頃, なかつたらお松, なきゃア, なくな, なく人影, なさらない時, なすこと, なっちゃ, ならず固, ならず最後, ならないくらいよ, ならないじゃァねえか, ならないぢ, ならないです, ならないほど, ならないよう, ならないエタイ, ならない却, ならない徒事徒言, ならない理窟, ならない見ず知らず, ならなかつた, ならぬが, ならぬぢゃ, ならぬナ, ならぬ時, ならねえの, ならへんや, ならんぞ, ならんとお, なりますまい, なりませんから, なりませんや, なりゃあしねえわ, なりゃしないね, なりゃせん, なりやしない事, なりやせん, なるまいけれど, なるめ, なんにも見え, ねえし, ねえ筈, のめないの, はじまらぬ, ひるまず取り込んで, ほしくありません, まさるもの, ましてこの, まして夏, まして彼等, まして母親, まして空間, まして醜い, まるで長, むずかしいこと, もってが, やらない事, よくわからなかった, よまず直木三十五, わからず若, わからないという, わからなかったし, わかりは, わかりません何日, わるい事, ツイお, ワスレグサに, 上げる物, 不平な, 不自由は, 与えない様, 乗らずドロンドロン, 予期し, 云いたくなかった, 云いません, 云い出せなかった, 云う事, 云つ, 云はず半ば下げすむ, 云ひたくない, 云ふまい, 云わず元, 云わず外套, 云わないので, 云わなかったけれ共, 云わぬ細君, 五倫に, 今までに, 仕る事, 付いては, 仰いませんですけど, 仰りやしません, 仰言, 伺いません, 余計な, 使えない, 信じません, 停滞し, 億劫な, 入つて, 入らぬ微, 全く生命, 内面的な, 出ないから, 出来ずに, 出来ない人, 出来なかったし, 出来ませんお, 出来ませんので, 出来やしないと, 分からないや, 分らず十五日, 分らないくせ, 分らないなり, 分らない怪物, 分らなかったほど, 分らぬくせ, 分らんとって, 分りゃしない, 判ってないん, 判らない私達, 判らなくなって, 判らねえの, 別にわるい, 別りません, 前と, 包まずに, 取っとりゃしませんぞな, 取りだせないぞ, 受け取って, 口へは, 召しあがらないの, 右衛門七さんとなんか, 吾れ, 呑まないで, 商売は, 問は, 喉へ, 喰わなかったんで, 囚われぬそのまま, 執着ない, 声を, 変な, 外に, 大してむずかしい, 好んで, 娘子が, 存じません代り気, 学ぼうと, 察して, 尋ねず秋子, 尋ねること, 居らない, 巻いては, 引っかからずに, 強請らない, 当人死んでる, 彫つて, 役は, 後に, 得られよう筈, 御存知ねい, 御構申さなかった, 御馳走を, 心得ちが, 心配なんざ無く, 忘れ物な, 怖がらない一切, 思い出さなかった, 思い残すこと, 思うまい, 思ひ出せないわけ, 思わないが, 急な, 恐くは, 恐ろしくなかった, 悪か, 悲しむほどの, 惡いものは, 感じて, 感じないもの, 感じなかったけれど, 感ずいて, 感情を, 憚から, 成る物, 手繰りやう, 払つてない, 拘泥し, 持たないだらうか, 持たねえ茶代, 持つて, 捉えられん仏者, 掘り出す事, 掴まないうち, 揃って, 描いては, 換えられなくなって, 搜す, 放ってしもて, 教えるもの, 文字の, 新らしい, 明かしませんでした, 映って, 書いてないから, 書いてなかった無, 書かないと, 書きませんでしたわね, 書くこと, 書けません, 替へ, 有りませんよ, 期待しない, 未練らしく, 来て, 来ませんね, 植えてない広い, 構は, 構わねえだ, 欲しがらねえこと, 死な, 残さないやう, 残らなん, 殺す理由, 比較が, 気がつかなかったかね, 気づかず息, 気付かないらしく庭, 求めまい, 泣くこと, 渡してない, 為やう, 為る事, 無いです, 無いもの, 無い中, 無えべ, 無くつて, 無ければ, 片附い, 珍しくいう, 理解できなかった, 用事は, 申しませんが, 申上げません, 異状を, 発見されなかった, 盗まれる必要, 盜つたわけぢや, 目ぼしい, 真赤な, 着が, 知っちゃあ, 知らしては, 知らずボー, 知らず十三年, 知らず眠るの, 知らず近づいて, 知らせないこと, 知らないかの, 知らないぜ, 知らないで入らつし, 知らないので, 知らないらしいの, 知らないらしく甚吉, 知らない三匹, 知らない兄, 知らない喰, 知らない女, 知らない小, 知らない故, 知らない母親, 知らない無垢, 知らない継母, 知らない質問, 知らない風, 知らなかったに, 知らなかつた樣子, 知らぬから, 知らぬその, 知らぬポッ, 知らぬ事, 知らぬ力松, 知らぬ次女, 知らぬ若い, 知らねえが, 知らねえな, 知らねえ者, 知られたくないの, 知らん振を, 知りませんけれど, 知りゃしないよ, 知りやあ, 知るまいと, 知んねえだよ, 祖母さんに, 私の, 積んで, 答えないで, 紀州は, 纏まったこと, 義理は, 考えないがよ, 考える事, 考へずに, 考へないの, 考へませんでした, 耳を, 聞えない処, 聞えませんでした, 聞かせられないお, 聞かなかったが, 聞かなかつたの, 聞かれぬ恨み, 聞き出しえないの, 聞き取って, 聞くには, 聞こえないよう, 聞こえも, 聴こえは, 自ら答える, 致したわけ, 芸の, 落さなかったの, 褒めずに, 要りませんの, 見えずただ, 見えず夜半, 見えないこと, 見えないところ, 見えない眼眸, 見えなかつた舷側, 見えなくなるまでは, 見えねえ, 見えませんでございました, 見えやしない, 見たくなかった, 見なかったし, 見ようとは, 見分けの, 見分けること, 覚えずに, 親しく語った, 解らないしかも, 解らなかつた, 解りゃしないんでござんすよ, 言いたいこと, 言いませんよ, 言うなという, 言う必要, 言えなくなるん, 言はずと, 言はず默つて居ました, 言ふ, 言わさないよう, 言わず微笑むらしいお, 言わないかわり, 言わないと, 言わないのに, 言わない妹, 言わなかったか, 言わなかったん, 言われなかった, 言わんでも, 言得なかつた, 訊かなかった, 記さないで, 証拠が, 話が, 話したいという, 話しは, 話すまい縱令屋根, 語らずに, 語るもの, 読まない小学校, 読めも, 誰にも, 變つた, 貧しく乏しい身, 買えないや, 買わずに, 起こらなかったん, 起らないで, 軽部君から, 述べなかったか, 通じず憎らしい, 達雄からは, 邪げられず, 重大な, 関係なんか, 障子に, 隠したこと, 隠すこと, 零したり, 面白く有りません, 頭に, 額は, 食えないかも, 食べさして, 食べたくないの, 食べないので, 食べなければ, 食べませんの, 食べる気, 食わねえや

▼ 何~ (3876, 1.9%)

107 へ行く 71 へ行 62 からともなく, に居る 57 に居た 55 にある 4940 となく 39 へ行つて 36 ともなく 28 から來, の國 26 に隱 23 へ, へ行つた 19 にあつ, へ隱 18 にゐる, の家 16 から出した, へ行つたの 15 かに隱 14 の誰, へやつ 12 へ逃げた 11 から入, だえ, にゐ, に何 10 かで見た, にゐた, に住ん, に置い, へゆく, まで行つて 9 から出た, から持つ, に, に行, へ行かう, をどう 8 かへ行く, かへ行つて, かへ隱, から何處, だと, へ行きなさる, を何

7 [15件] か, かへ飛ん, から出, から見, です, で何, で誰, にあ, にいらつ, にでもある, に居なす, へともなく, まで, まで行く, を歩い

6 [11件] かの家, かへ行, から手, だか, で, です親分, にありました, にも見えなかつた, に寢, へいらつ, へ行き

5 [19件] かで, かの部屋, だらう, でせう, でそんな, で聽, といつ, といふこと, にそんな, にもある, にもなかつた, に行つて, の世界, の人, の何某, の學校, の御, の隅, へ行きます

4 [34件] かにあつ, かにある, かへ出かけた, かへ姿, からそんな, から出る, から持出した, から聽, から逃げた, か他, か知らない, か遠く, が好い, が惡, ぞ, であつ, と云つて, なの, なん, にもない, にも見, にも見えません, に居なすつた, に行く, の娘, の新造, の港, の藩, へお, へでも行く, へなり, へ置い, までも, を搜

3 [70件] かお, かで聞いた, かに持つ, かに殘, かに殘つて, かの人, かへやつ, かへ出, かへ出かけ, かへ消え, からか出, からか歸つて來, から何, から現, から生れ, から飛ん, か人, か似, か小, か怪我, か恁, か斯, か遠い, でお, でどうして, でもい, でもいい, で手, で聞いた, で見, と何處, にあらう, にあるでせう, にてか, にもありません, にも傷, にも存在, にも見えぬ, に在る, に家, に居ました, に私, の國民, の土地, の娘さん, の子, の店, の村落, の生れ, の船, へつれ, へでも行きます, へでも連れ, へも出, へも出ず, へも出なかつた, へも行きやしません, へ押流, へ泊る, へ消えた, へ潜, へ訴, へ逃げる, までも何處, までも我々, までも自己, までも行きます, までも追, よりともなく, を探し

2 [224件] かかう, かこの, かで自分, かに, かにどうやら, かに姿, かに影, かに御, かに良い, かに集ま, かのお, かの坊さん學校, かの小僧, かの會社, かの海港, かの賭場, かの赤い, かの野良犬, かへゆかれる, かへ入, かへ廻つた, かへ忘れ, かへ持つ, かへ振り, かへ捨てた, かへ行かう, かへ行つて了, かへ逃げ, かへ連れ, からか吹きこんだ, からか斯, からか聞える, からか起る, からか鴛鴦, からで, からでも入れます, からでも入れる, からでも見える, からでも鬼神, からとなく, からどう, からも出, からも扶持, から乘, から何時の間に, から入る, から出す, から取, から推斷, から搜, から流れ, から聞い, から聞いた, から誰, から起つ, から飛出した, か大, か宿屋, か心, か此, か爺さん, か病身, か知ら, か調子, か農家, か違つて, か間, が氣, が美, だつて, だ何處, でくすね, ですか, でそれ, でどう, でどんな, でも可, でも宜, でも皆, でも賣つ, で始まつた, で宿つたの, で採, で暮し, で聞い, で見付けた, で親分, で買, となくそ, とはなし, ともない, ともなく立去, ともなく立去つた, ともなし, とも知れず, なり行つて貰, にあり, にありや, にあるだらう, にお, にお出で, にからくり, にか行き, にこんな, にでもあります, にもあなた, にもあり, にもそれ, にもゐない, にも姿, にも存, にも持つ, にも無い, にも見えず, にも見えない, にも貴重, にゐます, に人間, に仕掛け, に到る, に在, に居, に居なさる, に居ます, に居るだらう, に往く, に惡, に敵, に於, に泊つて, に潜み, に行かう, に行つたつて, のお, のお勝手, のお寺, のお方, のかお邸, のもの, の何, の何奴, の停車場, の林, の湖水, の猫, の町, の町内, の空, の藩中, の蟹, の親, の部屋, の馬の骨, へいつ, へお客樣, へか參, へか行かう行かう, へか行く, へでも伴, へでも隨, へでも隱, へどう, へも, へもいらつ, へも一處, へも出ない, へも出ません, へも行かず, へも行かない, へも行き, へも行けません, へも行つた樣子, へ來たん, へ俺, へ出し, へ出る, へ捨てた, へ歸, へ潜り込んだ, へ私, へ置く, へ行か, へ行たか筆, へ行つて何ん, へ行つて來たん, へ被, へ連れ, までいつ, までもおどけ, までもさばけたる, までも他, までも奇麗, までも恁, までも惡るいさ, までも我儘, までも深く, までも田舍書生, までも私, までも續, までゆく, まで信じ, まで持つ, まで盛り, まで行, まで行つた, もかしこ, も何とも, やらが水子, やらにて表札, やらの人, やらの割前, やらへ行かはる, やらをとなしく見ゆる, やら寢顏, やら釋, より來, より起つ, をた, をほ, を向い, を見, を見たつ, を通る, を風

1 [1735件 抜粋] いづこ, い行くん, かからお, かが怖く, かしらモリエェル, かしら若々しい, かしら非常, かでさ, かでだ, かでは固, かでやつ, かでヒイ, かで一杯飮め, かで久六, かで何時も, かで六千兩, かで叫ぶ, かで嗅いだ, かで寢呆け, かで居眠り, かで年貢, かで打ち, かで時島, かで次第に, かで氣, かで留まつ, かで祭, かで終局, かで腐つ, かで貰つて來, かで逢, かで食らう, かといふ, かにお, かにはさまつ, かにゐる, かに亡, かに偉, かに出かけた, かに動い, かに品位, かに大きな, かに存する, かに寄附, かに強靱, かに忘れたる如し, かに悲慘, かに押し, かに旅行, かに棄てた, かに火事, かに狎れ, かに生れつい, かに確り, かに緊め, かに菅笠, かに行き, かに見出される, かに變, かに身, かに酒宴, かに閉ぢ籠め, かに飮, かのドイツ語, かの世界, かの修業寺, かの命令航路, かの城, かの大, かの女學校, かの小僧さん, かの岡, かの帰り, かの御, かの新造, かの本屋, かの水邊, かの海邊, かの町角, かの石置場, かの船着場, かの蜘蛛, かの釣堀, かの障子, かの領事館, かへあの, かへかなぐり捨て, かへ一寸, かへ出かける, かへ出る, かへ匿, かへ圍つて, かへ嫁, かへ廻し, かへ捨て, かへ旅行, かへ泊まり, かへ潜り込んだ, かへ絲, かへ藏, かへ行き, かへ行つた樣子, かへ行つて仕舞つたの, かへ買出, かへ逃げ出し, かへ遊び, かへ集め, かぽ, かよい, からあんな, からかひたひた, からかフラリ, からか冷たい, からか合槌, からか微か, からか持つ, からか湧い, からか物, からか精悍, からか聽, からか見つけ, からか迷, からか都會, からが洒落, からこんな, からでも大抵, からでも明瞭, からといふこと, からともなく恐ろしい, からとも無く, からみ, からも手, からも槍, からや, から何處迄丹念, から來なす, から受取つた, から始まつ, から得來つた, から持ち出した, から散つた, から此所, から歸つて來たん, から現れた, から立つ, から聞き込んだ, から買, から逃げ, から鐵砲, から馬車, かを擽, かを見詰め, かガラン, か一つ所, か一味, か一週間, か不思議, か五十嵐, か仇ツ, か優しい, か其邊, か切り, か厭味, か地球, か大阪, か子供, か宗教, か年寄り, か彼, か心當, か愚鈍, か慇懃, か戸締り, か拔けた處, か斬られなかつた, か映, か枝振り, か横着, か水, か海, か清潔, か漠然, か爽, か瑞西あたり, か病氣, か紺碧, か聖書, か花袋氏, か落, か行く, か變つて, か躯, か逃げ道, か違ふた, か長崎あたり, か頼り, がこんなに, が亡くなつ, が何處, が惡い, が特別保護建築物, が章學誠, が違, け, ぞの温泉場, ぞへ宿, ぞへ行き, だそれ, だな, だらう何處, だ案内, つちつたつて, であらう, ですかと, です彼處永丘, でそれら, でのたる, でもいらつ, でもこれ, でもつかつ, でもよい, でも一杯, でも之, でも初め學術的, でも君達, でも市中の橋際, でも敗け, でも氣樂, でも熱い, でも草木, でも通れる, でも飛, でやる, で他, で何種族, で切つて, で夜, で宵, で拭く, で採つた, で教育, で會, で此出來事, で死ん, で泥土, で盜, で細工, で落さん, で見物, で那, で飮, といふ事, といふ行くべき, とかの田舍, とか思へる, となく暗い, ともなき, とも無く, とも知らせぬ, とも知れぬ, とやらに眺望, と我問, と指し, なと, にあらむ, にお前, にかける, にか似, にか取り得, にか恁, にか求むべき, にか潜伏ん, にか行, にさ, にての事, にても伴, にでも同じ, にでも有る, にでも腰, にでも隱, になります, にも, にもあるまい, にもその, にもゐなかつた, にも俄, にも刄物, にも國訛, にも寛容, にも居ません, にも引い, にも戀, にも晴衣, にも水死人, にも無く, にも發見, にも空いた, にも血, にも被, にも見付かりません, にも見出せぬ, にも詩, にも踏臺, にも開けた, にゐたつ, にナイル, に下げ, に二つ, に伴, に光り, に危險, に向かはう, に坐れ, に如何なる, に尋, に底, に得べき, に怎使つて了, に据ゑることが, に新しい, に有, に殘, に水雷, に泊, に潜り込ん, に知り, に窮局的, に置かれた, に自分, に行かん, に行つたの, に賣られ, に通じ, に限らず, に首, のおん婆さん, のがんこ, のだい, のなんと, のポケツト, の入, の十七娘, の地, の大家, の如何なる, の子供衆, の家中, の寺, の山, の岸, の年寄り, の文字, の旅舍, の梢, の歸, の温泉場, の狐, の登山口, の神社, の者, の船室, の若旦那, の谷間, の酒屋, の銀行, の風, へいた, へいらつしつた, へかお, へか入院, へか吹き, へか持つ, へか消え失せ, へか通ずる, へその, へつて言つて, へでもべたりと, へでも來, へでも可, へでも小屋, へでも焔, へでも自由自在, へでも鍬, へといふあて, へと方向, へどんな, へもお, へも出かけません, へも出なさり, へも出る, へも到達, へも持つ, へも行かなかつた, へも行く, へも行けやしない, へやら, へやら驚愕, へ不足, へ來ちやツたん, へ其, へ到着, へ去, へ坐つたら, へ姿, へ屆, へ引つ越した, へ憚, へ拔, へ振り, へ歩い, へ泊つて何處, へ潜つて, へ立退いた, へ置かれた, へ行かる, へ行きはるん, へ行ける, へ行つたかや, へ行つたつて大丈夫, へ行つて來, へ行つて泊つて, へ轉, へ連れ出した, へ金, へ響い, までお出ですか, までが夢, までが本, までちかづい, まででも附き, までのんびり, までもお, までもさう信じ, までもそんな, までもつまり, までもガラツ八, までも一書生, までも世界史的使命, までも佛蘭西的, までも偃, までも内, までも十八世紀, までも同じ, までも女らしい, までも常識的, までも心, までも惜しき, までも慘苦, までも提携, までも昇つて, までも机, までも民族, までも海邊, までも眞ツ, までも知的, までも聽, までも茶かし氣味, までも行儀, までも調和, までも遊ん, までも鎌倉, までも黒き, まで嘗めた, まで此父, まで眞氣, まで脱線, まで行ける, まで話, もかもガラス戸, もこ, もみな鬱蒼, も同一, も惡, も此處, も見物, も雪, やらで單調, やらで調子, やらにまだ, やらに大きな, やらの地上, やらの御店, やら分らへん, やら洒落, やら異, よりか來, よりか盜, よりも進歩, より落ち, をさし, をそれとも, をも平らか, を一體搜, を向いた, を尋ね, を押した, を流れ, を見た, を讀ん, 如何なる國

▼ 何~ (3499, 1.7%)

150 もない 143 でもない 4436 もなかっ 31 であるか 23 であるかを, もなく 21 かがある, ぞ 20 たるかを 19 でもなく 17 も無い 16 でもあり得ない, でもなかっ, も私 15 もなかつた 13 なるかを, も存在 12 かである 11 だろう, とも知れぬ, も残っ, をも有 10 かを持っ, だか, も彼, をも犠牲 9 かが潜ん, かを発見, がある, にも代え, にも換え, にも興味, もなし, も見えない, をも意味 8 かがあった, も無 7 であろうか, でもなかつた, とも知れない, なの, にもまして, をも恐れない

6 [11件] かが, であらう, にも換, も, もありません, もある, も持っ, をも持たない, をも持つ, をも要求, をも見

5 [19件] かがあつ, かが私, かを, かを意味, かを求め, だ, であるかという, であるの, にも囚われない, の力, もそれ, も存, も恐れない, も持たない, も見えなかった, をもっ, をも持っ, をも発見, をも附加

4 [30件] かがあっ, かが彼, かそれ, かに, かに向っ, かを創造, かを求める, たるかは, であるかと, であるかは, であろう, なるかは, にかつ, にも捉, の姿, の影, もありませんでした, もあり得ない, も出, も持つ, も有, も目, も見えず, も見出す, をか期待, をもそれ, をも持たぬ, をも見ない, を犠牲, を見

3 [55件] かがこの, かだ, かでなけれ, かに脅かされ, かに裏切られ, かよく, かをもっ, かをもつ, かを予想, かを感じた, かを感得, かを掴んだ, か私, たるやを, だと, だらう, であるかが, であろうとも, です, でもなくなる, なるや, なん, にもあれ, にも代, にも似, にも動かされない, にも増し, にも替え, にも比較, にも耳, に對, もこれ, もその, もまた, も彼ら, も後, も怖, も惜しまない, も映らなかった, も発見, も眼, も知らぬ, も與, よりも愛し, をか求め, をも喪失, をも彼女, をも所有, をも蔵, をも見る, をも見出す, をも認めなかった, をも顧慮, を意味, を見つめ

2 [230件] かがあらゆる, かがあります, かがその, かがない, かがはいっ, かがひそん, かが刹那, かが存在, かが引去られ, かが現れた, かが確か, かが胸, かこれ, かであった, かで強く, かという目付き, かと和平, かと遊ばず, かにかりたてられる, かに引きずられる, かに征服, かに怯, かに感謝, かに打ち突けたい, かに胸, かに自分, かに衝突, かに身, かのみに耳, かの上, かの中, かの意識, かの甚だしい, かの興奮, かの重い, かへの欲求, かへ強く, からも生じない, かをさがす, かをそれ, かを与, かを与える, かを付加, かを否定, かを呪う, かを哀願, かを失わず, かを待ち受けた, かを待ち続け, かを待つ, かを得られる, かを感ずる, かを持つ, かを指先, かを捜す, かを探し, かを探し始めた, かを探す, かを教, かを暗示, かを欠く, かを與, かを蔵, かを見た, かを見出し, かを見出そう, かを調べ, かを附加, かカラクリ, かネチネチ尻, か之, か大いなる, か沈ん, か自分, か身, があらう, が人生, じゃな, ぞという疑問, ぞや, だかという, だったん, だという, だらうか, だらうと, であるかをも, でで, でもある, でもないでしょう, でも断じて, でも決して, でも無, ともしか, と雖, なので, なりや, なりやを, にか衝突, にさ, についても決して, になっ, にもかえ, にもこの, にもた, にもたとえ, にもなり得る, にもぶつかっ, にもぶつかる, にも囚, にも囚われる, にも執着, にも妨げられる, にも手, にも拘束, にも拘泥, にも換えられなかった, にも束縛, にも気, にも溶け, にも煩, にも縛せられない, にも繋がれない, にも触れぬ, にも遭遇, に化, に対してか, の上, の出入, へも得意さ, もありやしない, もこの, もはいっ, もはっきり, もまったく, もみえなかった, ももたない, ももっ, も一つ, も予, も予想, も余され, も作られない, も作る, も其の, も動い, も在る, も居ない, も彼女, も得られない, も得る, も把捉, も抵抗, も持たず, も指示, も掴まぬ, も支払われない, も書かない, も止め, も残さず, も残らなかった, も永遠, も求め, も無き, も無く, も無し, も眼中, も知性, も神, も精神, も見, も見えなかつた, も見た, も見ない, も見られなかった, も認めよう, も身, も進め得なかった, も顧慮, よりも好き, よりも強き, よりも心, よりも貴重, をか恐れ, をか池, をか発見, をか聞き出そう, をか見付けた, をも, をもはっきり, をももっ, をも与, をも与え, をも与えない, をも与えなかった, をも信ずる, をも包蔵, をも否定, をも含ん, をも吾ら, をも希求, をも得, をも得る, をも心, をも恐れなかった, をも所持, をも持ち合せなかったであろう, をも支払わないであろう, をも書かない, をも求めよう, をも汝, をも理解, をも生産, をも産出, をも留め, をも知らない, をも知ろう, をも肯定, をも要しない, をも見なかつた, をも見分ける, をも認めない, をも認める, をも贏, をも隠す, をも齎さない, を以てし, を怖, を掴みだす, を祭っ, を齎し帰るべき

1 [1721件 抜粋] お高涙, かあり, かからひどく, かから構成, かがあった渦まいてる, かがあるべき, かがいる, かがご, かがそれ, かがちょっと, かがふわふわ, かがわが, かが人, かが出入, かが前面, かが在ったら, かが変換, かが客観, かが屈辱, かが巻きつい, かが後ろ, かが必要, かが手許, かが既に, かが有る, かが来, かが横, かが殘, かが無い, かが生き, かが目, かが笑っ, かが考え, かが芽, かが蟠, かが車, かが這入つ, かが附, かくれた, かちょ, かです, かで満ち, かで自分達, かとはいわゆる, かと云いたい, かと思っ, かと誤認, かにしがみつく, かにつけ狙われ, かにぶつかっ, かによって次第に, かに似, かに包まれた, かに向けられた, かに囚われ, かに変えよう, かに対してそれ, かに対する一種, かに対する憫, かに導かれる, かに引きしめられ, かに当った, かに忿怒, かに憧れる, かに押えつけられた, かに救われた, かに滅茶, かに瞳, かに突きあたり, かに絶えず, かに脚, かに衝かれた, かに誘惑, かに追, かに阻まれる, かに駆り立てられ, かのある, かのなか, かの世界, かの余儀ない, かの匂い, かの年貢, かの手, かの来らざる, かの気配, かの犠牲, かの目ざめ, かの破片, かの表現, かの迫つて來, かの面目, かはそこ, かは一体, かは寧ろ, かは死滅, かは葉子, かほんとう, からしい, からも害せられる, からも生命, から變化, かをがっちり, かをさがし求める, かをたずねる, かをねらう, かをぶっつけた, かを一刻一刻, かを与えられる, かを以て彼女, かを備え, かを包ん, かを取出そう, かを受取っ, かを呑もう, かを地上, かを学ぼう, かを察し, かを引きだした, かを形, かを待ち続けた, かを得, かを思ひ起さした, かを愛し, かを憎み, かを抜き取る, かを担い, かを拾いあげ, かを捉, かを探した, かを探りあて, かを掴まう, かを掴もう, かを握つ, かを有し, かを期待, かを求めよう, かを注入, かを物色, かを用意, かを眺め, かを確實, かを稲妻, かを置い, かを聴手, かを胸中, かを若い, かを見, かを見つめ, かを触感, かを詛わざる, かを語る, かを象徴, かを身, かを追っかけ, かを造る, かを隠し, かを齎す, か不思議, か人, か例えば, か分らなかった, か力, か君, か地上, か崖, か意義, か抑制, か新しい, か残した, か煮, か白く, か突き出した, か縛られ, か薄, か見当る, か躍り出し, か閃, か頭, があなた, がおります, がそして, がない, が与, が入っ, が動い, が存在, が待っ, が木村重吉, が狙っ, が私, が詩的, が鳥, ぞただ, ぞと問わ, ぞと考える, ぞや哲学, ぞ救何物, ぞ苟も, たるかをさえ, だったかと, ってやはり, であっても, でありますか, であるかについては, であろうかと, でしょう, ですかな, でもありません, でもあるまい, でもございません, でもとり入れる, でも一度, でも戴かなけれ, でも有り得ない, でも異, でも立派, という分別, とはひどい, ともつかぬ, とも妥協, とも矛盾, とも解らなかった, と果して, なるかも, なるやを, にかぎらず, にかぶつかっ, にか具躰的, にか到達, にか喉, にか引かれる, にか強制, にか掴み附い, にか池, にか狙われ, にか躓い, にか釘, にか驚いたらしく, にか驚かされたい, にたいしてもやはり, にである, にでも本意, にともなく, にまれ, にもかえられぬ, にもさ, にもそれぞれ, にもとらはれぬ, にもなり得ない, にもめげない, にも他人, にも使われない, にも値しない, にも冷淡, にも凭れ懸らない, にも動じない, にも同じ, にも変えられない, にも定着, にも屈しない, にも張合い, にも従わなかった, にも慰まなかった, にも我, にも會, にも欺かれ, にも求め得ない, にも注意, にも無い, にも犠牲, にも癒される, にも着せよう, にも紛らされない, にも脅, にも色彩, にも覚されず, にも譬, にも踏み込ませたくない, にも遮らるる, にも阻められない, にも顧慮, にや, によっても満ち足る, によっても行動, に代え, に対しても価値, に対しても心構え, に導かれ, に比すれ, に自分, の介在, の卑劣, の声, の形, の悪魔, の支配命令, の為, の真, の臭, の表象, の連想, の集まり, へともない, へ帰らなけれ, もあらざるべし, もあるで, もいる, もこれ以上明証的, もこれ以上確實, もて填むべ, もない空しい, ものがれる, ももたぬ, もをそれぬ, も与え, も乱し, も亡びる, も介在, も価値, も停止, も其, も割く, も加えられ得ない, も口, も合成, も在り得ない, も変った, も失はれ, も妨げ, も学ぶべきで, も小売, も引き出す, も御座, も情火, も愛, も感じ, も成つたの, も所持, も抱えられ, も持たなかった, も振り返らず, も掴めませんでした, も放す, も断念, も映らぬ, も最後, も有らぬ, も有る, も本来美醜, も正しく, も残らない, も殘ら, も決っ, も消費, も物, も現われ, も生じ, も發見, も知らず, も破壊, も確實, も神聖, も継続, も置かない, も耳, も能, も要せない, も要求, も見えざりしか, も見えぬ, も見せず, も見よう, も見分けられなかった, も認められない, も読み取る, も贏, も這入っ, も達し, も遺っ, も顧みる, も食わず, よりもそれ, よりも七里, よりも先, よりも尊, よりも怖, よりも明らか, よりも権威, よりも特に, よりも私自身, よりも苦心, よりも農, よりも雄弁, より自分, をかお松, をかのせ, をか与えん, をか呑ま, をか埋め, をか尋ね, をか待つ, をか忘れた, をか想像, をか持つ, をか捜索, をか探し歩い, をか搜, をか望ん, をか求めつ, をか狙う, をか繋い, をか聞き得た, をか茶山, をか見つけたら, をか認めた, をか載せ, をたべ, をもいかなる, をもこうして, をもそこ, をもつめる, をもとめる, をもみ, をももたらさなかった, をもよかろ, をも与えられなかった, をも付け加えなかった, をも伴わぬ, をも侮蔑, をも先入主的, をも分け, をも包ん, をも叔父, をも受けず, をも否認, をも圧し, をも失はなかつた, をも奪, をも学び取る, をも容赦, をも幻, をも彼, をも得られない, をも恐れ, をも惜, をも感ずる, をも打ち砕く, をも拒まない, をも持たざる, をも持ち得ない, をも捨て, をも掴む, をも支払わない, をも教, をも書き添えない, をも有する, をも栽, をも欲しなかつた, をも求むる, をも求めなかつた, をも決定, をも無視, をも焼き尽くし, をも疑う, をも眼中, をも神聖, をも等閑, をも粗末, をも考へない, をも聞くまい, をも自己以上, をも要せない, をも見ずし, をも見た, をも見なかった, をも見られなかった, をも見出し得ない, をも見落さない, をも見逃し, をも観せ, をも記録, をも証拠立て, をも認めず, をも貫く, をも載せ, をも遺すまい, をも重, をも附与, をも頼らず, をも齎さないだろう, を中, を以ても抗し得ぬ, を得なく, を持っ, を書こう, を混じ, を見せ, を討つ, を重大, 売来

▼ 何~ (3404, 1.7%)

79 になく 40 でも 34 見ても 29 だ, になつ 25 だろう 19 となく 18 でも私 16 にない, の頃, まで経っ 15 でもお, までも何時 14 でしょう, でもその, になっ 13 だか, だと 12 だったか, ですか 11 です, でもこの, でも自分, になつて, まで 10 から, からともなく, ともなく, になったら, の時代, 迄経っ 9 なん, のこと, の世, まで経つ 8 だつたか, であったか, でしたか, どんなこと, なりとも, になる, 来たの, 来て 7 からとなく, から奉公, でもそれ, でも同じ, とはなし, に出る, の日, の汽車, 帰るか, 死ぬか 6 だらう, でもこんな, でも彼, でも御, となし, なの, までも, まで続く, 行っても

5 [18件] からとも知らぬ, から此處, だつて, だね, でもい, でもそう, でも云っ, でも何, ともなし, どんな事, に, までも同じ, までも目, までも続く, 死ぬかも, 迄たつ, 迄も何時, 迄經つて

4 [23件] からです, であるか, でもかう, でもする, でも人, でも其調子, でも勝手, でも持っ, でも斯, でも自己, どのやう, なりと, になれ, にもない, に變ら, の比, まで待つ, まで經つて, まで續, 死んでも, 迄も, 迄待つ, 迄続く

3 [61件] から何時, か一度, か書物, そんなこと, たりとも, でもこれ, でもさう, でもそんな, でも一つ, でも何処, でも何處, でも來, でも大, でも少し, でも差支, でも帰れる, でも必ず, でも必要, でも成つて, でも昔, でも暇, でも然, でも父, でも用意, でも自由, でも遊び, でも随意, となく心安く, とはなく, どういうこと, にどこ, になった, にもなく, に着いた, に着く, の世にも, の事, の代, の場合, までか, までたっ, までたつ, までもお, までもずる, までもその, までも人形, までも凝, までも待つ, までも眺め, までも続い, までも続け, までも自分, よりは極彩色, 出て, 如何なる場合, 持つて, 聞いても, 迄もあの, 迄待っ, 迄待て, 迄経つ

2 [227件] あばれ出すか, あるか, かおつし, かは必ず, かは飛んだ, からかその, からこ, からこんな, からそう, からとはなく, からの事, から一緒, から始まった, から此樣, か左樣言, か忘れる, この眞理, しか病, じゃ, そんな事, だがの, だしぬけに, だったね, だってある, だねえ, だらうと, だらうね, だろうね, だろう少し, であつ, であるかと, でございましょう, でしたかね, でしたつけ, でしょうか, でもあなた, でもあの, でもある, でもこ, でもこう, でもこういう, でもこんなに, でもさ, でもさうな, でもそこ, でもやつ, でもやり兼ねない, でもわし, でもアノ通り紅, でも一種, でも一緒, でも二階, でも云, でも云つて, でも今日, でも代用教員, でも何時, でも僕, でも其の, でも出来, でも出来る, でも出発, でも前借, でも剥き出し, でも可, でも噪, でも夫, でも好き, でも宜しい, でも寒, でも工場, でも左様, でも帰っ, でも平和, でも幼, でも彼女, でも後, でも手拭, でも投げ出し, でも損, でも最後, でも望み, でも机, でも東京, でも極, でも此方, でも此章, でも死なれる, でも死にます, でも死ん, でも母親, でも涙, でも煙, でも用, でも男, でも目, でも直ぐ, でも相手, でも確, でも神, でも秋, でも第, でも素直, でも美奈子さん, でも義憤, でも耳, でも胸, でも若い, でも薄暗い, でも蟄居, でも行っ, でも表, でも裸, でも負け, でも貴方, でも退化, でも酒, でも降参, でも面白く, でも鳴り出す, でも黒い, とは無く, と云う, どのよう, どんなところ, どんな処, にかあれ, にか苦, にする, にてもこれ, にどこそこ, になったら出る, になります, にも見た, に変らず, に家, に寝た, に帰っ, に果てる, に至る, に起きる, に開く, に限らず, までで, までの間, までもここ, までもさ, までもぢ, までもぼんやり, までも僕, までも姉, までも存続, までも寢, までも居, までも平和, までも御, までも心, までも押し, までも持ちます, までも気, までも泣い, までも泣き, までも浮ん, までも然, までも狂奔, までも獨, までも生き, までも生きなけれ, までも癒ら, までも私, までも立去らう, までも継続, までも舞い落ち, までも花, までも芸妓, までも見送っ, までも起き, までも馬鹿, までも黙っ, まで坐っ, まで待っ, まで眺め, まで着, もの嘲笑, もの様, も無抵抗主義, よりもまして, より何時, 仕へた, 出かけて, 出たか, 出るの, 別れて, 取られるかと, 如何なる時代, 帰って, 帰るの, 戻つて, 来たら宜, 来ても, 来るかも, 果されるとも, 果てるとも, 止むとも, 死んだん, 殺されるか, 破れるかも, 終るか, 聴けるの, 行って, 読んでも, 責めるよう, 迄たっ, 迄つ, 迄もこの, 迄もその, 迄も保っ, 迄も同じ, 迄も現, 迄も続いた, 迄も話し, 迄も黙っ, 迄同じ, 迄待った, 迄立つ, 迄見, 返す気

1 [1803件 抜粋] ああなるか, あの大, あらわれたの, いかなる事変, いかなる時間, いら, うまれた, かお, かその, かに斯様, かの疑ひ, かは亡ぶ, かは止ま, かは良人, かもおこった, かも己, かも笑つて, からおまえ, からか卑人, からか思ひ込ん, からか長い, からだ, からでも一気, からということ, からとも無く, からと無く, からはじまった, からやらはる, から人間, から侍, から始まつた, から家, から来た, から此方, から治つたの, から病人, から聞かう, から親しく, か上演, か分らぬ, か吹きやみ, か散っ, か林檎, か混乱, か知らん, か聞いた, か自然, か開く, くるの, この仙界, この漢, この車, こんなに, しか變, その主, その行末, そんなもん, そんな金, ぞ天, だかは, だったかしら, だったろう, だってかまわない, だってヨ, だって同じ, だって大体, だって構わなかった, だって貴方, だという, だべ, だらうねえ, だろうな, だ昨日, って判然, であったかな, であるなぞ, でございましょうか, でした, でしょういけませんいけません皆さん, ですかね, でなくては, でもあんな, でもいらしつ, でもうまい, でもお供, でもお母さん, でもかへります, でもこッそり工場長, でもじめじめ, でもそういった, でもた, でもできる, でもなつい, でもはし, でもひょっこり, でもまるで, でもむずかしい, でもやん, でもわが, でもキチン, でもズパ, でもドン底, でもボク, でもラケット, でも一つ位, でも一番先頭, でも三千代さん, でも下, でも不思議, でも世話, でも乗馬ズボン, でも事, でも二二ンガ四, でも五円, でも人間, でも会, でも何かしら, でも來給, でも側, でも優勢, でも光沢, でも八重, でも其定, でも内密, でも冷酒, でも出来ます, でも別に, でも副食物, でも動かなかった, でも勝つ, でも半白, でも博奕, でも又, でも取り消す, でも召喚, でも同じく, でも咲き, でも喋べつ, でも坂, でも売, でも大きく, でも大漁, でも奥様, でも妾達, でも婆さま, でも安心, でも実行的, でも寄附, でも小さく, でも小説, でも差し上げます, でも帰り, でも平気, でも引き渡せる, でも引受, でも彼女たち, でも御相手, でも心得た, でも応援, でも思う, でも悠然と, でも愉快, でも態, でも我身, でも戻れる, でも払っ, でも拵, でも捕へられる, でも撃てる, でも改竄者, でも料理, でも日, でも春, でも時間, でも暫く, でも書籍, でも木虱, でも来い, でも松風, でも森, でも構, でも欲しい, でも止める, でも此処, でも此處, でも此青年, でも死ぬる, でも死神, でも毛利家, でも気軽, でも水道, でも沢山, でも泣き出したくなる, でも海外移民, でも温かい, でも潟, でも火鉢, でも父さん, でも犠牲, でも現金, でも用いる, でも甲, でも病気, でも百疋前後, でも眞赤, でも眠, でも着, でも矢, でも移れまする, でも窓, でも立ち去る, でも簡単, でも細君, でも絵, でも綻びる, でも翌, でも考えたい, でも胃, でも脚気患者, でも腹巻き, でも臨機応変, でも自由自在, でも色々, でも花, でも茶, でも落ちつき, でも處分, でも行き, でも行く, でも西伯利亜経由, でも見られる, でも親分, でも誓, でも謂わ, でも貴女, でも貸す, でも身, でも追い出す, でも逢ひたい時, でも那翁, でも金, でも長い, でも関, でも雇, でも非常, でも靴足袋, でも類型表現, でも飛び出せる, でも食べられる, でも馬小屋, でも黄八丈, でも黙つ, という目的, といたしましょう, として何處, とはなく覚え, とも分らない, とも知れず, と限った, どうして基経, どうして殺された, どう云, どんな地震, どんな役に立つ, どんな窓, なおって, なと, なる, にい, にかわらぬ, にその, にてもということ, にでも枕, になく暗く, になったら出来, になつたか, になるでしょう, にはじまる, には慰め, にもそんな, にも募集, にも接した, にも細君, にも鏡, に似合はず見当, に出た, に口, に帰つて, に彼, に御, に昼寝, に此処, に無く, に眠った, に終った, に貰い, に起き出, に鞄, の作品, の建築, の時, の汽車だい, また五重塔, また出, また神妙, までかうし, までか見ん, までこの, までそんな, まででも待ちます, までにといふ期限, までに竜燈, までべらべら, までもあんな, までもいる, までもかく, までもぐずぐず, までもさがし, までもすわり, までもそう, までもちぢこまつ, までももったいない, までも一人, までも云っ, までも人々, までも使, までも俺, までも入院, までも出, までも動かう, までも可愛らしい, までも呑気, までも囁い, までも堂助, までも奇体, までも妹, までも宙, までも寝, までも差, までも彼処, までも忘れなかつた, までも愚圖愚圖, までも手前一人, までも持ちこたへられる, までも捨てきれない, までも曳い, までも業, までも檻, までも残っ, までも氷解, までも泣く, までも消えなかった, までも消さず, までも湖水, までも無精, までも独り, までも生きてる, までも睨み合っ, までも窓, までも箱, までも続き, までも美し, までも腰かけ, までも蔵, までも見せられたら, までも見送りし, までも記念, までも証拠, までも貯, までも足, までも退かない, までも銹びず, までも門口, までも響い, までも食べられる, までも高い, まで争っ, まで働く, まで厭味, まで奉公, まで寝てる, まで居る, まで待ったら, まで捨て, まで汝我, まで獨身, まで経, まで繼續, まで苦しませる, まで誇らすべき, まで軍隊, まで長らえ居りまし, まで頭, もいらっしってた, もぐらぐら, もちやんと, もの自動車, もの黄八丈, も借手, も心, も母, も身体, やらの新聞紙, やるか, や今, よりか二時間, よりも効験, より晝, を限り, 亡びるか, 会うか, 伝わるとも, 倒れるかも, 入れたか, 再ビアアイウ状態ガ襲ッテ来ルカモ知レナイトイウ不安, 出るかと, 出来るの, 別れたん, 去つたか, 召しを, 吹き飛ばされるか, 壊れても, 如何なる事態, 如何なる復讐, 始まったか, 始められるか, 寒く成る, 居なくなったろうと, 帰ったとかいう, 帰るだらう, 怖いなんて, 戻ったの, 戻る, 持込んだか, 描く気, 散つたの, 暮れるとも, 書きしもの, 来た, 来られても, 来るかと, 果てるかと, 棄てた世帶道具, 死んだの, 殺されるかも, 渡して, 発つの, 磨いたの, 突然壊れ出す, 終るといふ, 罷めさせられるかも, 聞かの, 聴いても, 行かれるかと, 行く積り, 見てもといふ, 話し終, 起つたか, 踏み間違ふか, 迄たつたつ, 迄に御, 迄もお, 迄もし, 迄もはなし, 迄もよく, 迄もエァリエル, 迄も一緒, 迄も不愉快, 迄も保ち, 迄も元気, 迄も其處, 迄も可, 迄も大, 迄も家, 迄も小, 迄も彼女, 迄も我儘, 迄も時間, 迄も欄干, 迄も此方, 迄も毎日, 迄も済め, 迄も用, 迄も盡, 迄も眺め, 迄も笑っ, 迄も老女さん, 迄も耳, 迄も著述, 迄も覚え, 迄も譲吉, 迄も過去, 迄も長生, 迄も默つて針, 迄モ俺ハ屍体デアラントシテ屍体ナラヌコトデアラウカ, 迄行っ, 通じて, 逢うかを, 逢われるかと, 開くか

▼ 何~ (3007, 1.5%)

227 となく, も何度 3129 も繰り返し 27 もその, も同じ 18 もそれ, も頭 16 も繰返し 15 もくり返し, やっても 13 もあった 12 もある, もうなずい, も見た 11 もお, もこの, も私 10 かあった, もいう, もそう, も心, も言う 9 かある, も水, も繰り返した 8 あるか, もうなずいた, もこう, も手, も足, も首

7 [12件] あったか, かその, もいっ, もお辞儀, も云っ, も彼, も往復, も念, も自分, も行っ, 繰り返して, 読んでも

6 [12件] もいった, もくりかえし, もそこ, もやっ, も云, も云った, も口, も妻, も来た, も目, も見, 見ても

5 [11件] きいても, だか, もおじぎ, も二人, も手紙, も来, も注意, も繰りかえし, も腰, も言った, も通った

4 [35件] いっても, か, かあの, かこの, か私, でもくり返し, もうなずき, もお礼, もかう, もくりかえした, もくり返す, もそんな, もふり, もやった, も出, も声, も思った, も接吻, も父, も眼, も空, も繰り返された, も繰返す, も考え, も考えた, も耳, も聞い, も聞かされた, も言っ, も読み返した, も読ん, も雪, も顔, 来ても, 聞いても

3 [43件] かこんな, か自分, ともなく, にあり, もあつ, もあの, もあります, もうなずきました, もうなづく, もくり, もくり返された, もこんな, もやり直した, もわたし, もベル, も先生, も唾, も家, も寝返り, も小便, も彼自身, も振返り, も時計, も書いた, も次郎, も母, も浴びた, も眺め, も礼, も続け, も繰返した, も聞かされ, も胸, も行った, も見かけた, も電話, も頷い, も額, も鼻, 繰返して, 繰返しても, 行っても, 通っても

2 [159件] あったかも, いって, かあつ, かありました, かうなずい, かお, かした, かしら, かためらった, かまた, か対山館, か彼, か彼女, か持ち合せ, か来た, か眼, か経験, か繰返し, か繰返した, か行った, か足, か転び, か顔, くり返して, この聖徒, したか, でも, でもくりかえし, でもハッキリ, でも下, でも何度, でも彼ら, でも申します, でも繰返し, でも迷っ, ということ, という寒, という風, と数, になる, の寒, もおびやかされたらしく, もお話, もくりかえされる, もくりかえす, もこれ, もし, もしくじっ, もした, もそういう, もたしかめた, もひとり, もまごつい, もまた, もみた, ももどし, もやつ, もやり, もやり直し, もよく, もキッス, もコンニチハ, もステーション, もスパスパ, もタクシイ, も上, も不幸, も両手, も互に, も休んだ, も会っ, も低く, も便所, も俊ちゃん, も信輔, も修繕, も入口, も刑事, も前, も叫んだ, も呟いた, も呼ん, も呼んだ, も夢, も大, も失敗, も娘, も寝言, も帽子, も廃学, も往き来, も後, も思いあきらめ, も思案, も恭一, も息, も指, も振り, も掌, も撫で, も書い, も木剣, も杯, も洗っ, も消え, も熱心, も猫, も窓, も立ち止ま, も笑, も経験, も結び直し, も繰り, も繰りかえした, も繰り返す, も繰返してる, も聽, も背後, も船, も行く, も表, も裏口, も見くらべ, も視線, も言つて, も訪れ, も読んだ, も調べられた, も踏む, も躊躇, も迎え, も逃げ出そう, も這入っ, も逢った, も道, も道ばた, も鉄冠子, も鐘, も電話口, も頼み, も頼ん, も馬, やつて, 云うても, 云っても, 会っても, 叫んだこと, 呼んでも, 思い出しても, 思ったか, 押しかけて, 歩いても, 泣いたか, 繰り返しても, 行って, 見たか, 見直しても, 言っても, 願っても

1 [1352件 抜粋] あけられるか, あの隧道, あるもの, いわれても, おたずね, おっしゃっても, お參, かああ, かおひろい, かかれ, かくれた, かこちら, かしか回っ, かそういう, かたずね, かで見た, かのぞい, かの小さい, かは今, かひどい, かまだ, かやり, かエーホー, か不安, か事務上, か休ん, か会っ, か佐川, か出合いました, か切符, か十一谷君, か口籠, か呼ぼう, か噂, か地震, か夜なか, か大, か失敗, か寝, か小, か廻る, か御, か思い出し, か愚図る, か手紙, か振り, か日, か書出し, か此処, か死線, か母親, か決心, か流血, か猪, か留置場, か目標, か知れなかつた, か神田, か立, か立ち寄った, か競争, か続け, か繰り返される, か繰返された, か聞いた, か聞耳, か脅かされ, か芝居, か行かれた, か見た, か詠み, か諸国, か買物, か起つた, か蹌, か躓いた, か通った, か道, か開墾, か頼んだ, か飛躍, か驚嘆, か鳴り, くずれても, くりかえしても, くり返したっ, ぐらいになります, ぐらい逢っ, このおすん, この悪法撤廃, この橋, この裙子, この足, この食糧店, すすっても, その絵, その顔, たたいたこと, だって繰返せ, であるかを, でもあなた, でもいいます, でもいっ, でもくりかえされるだろう, でもけふ, でもその, でもだまされるだろう, でもひっくり返し, でもやる, でも他, でも写し, でも十円, でも執拗, でも尋ね, でも当, でも戦争, でも格子, でも毎回新, でも眠る, でも立, でも結い直させ, でも繰返す, でも行くだろう, でも読み返し, でも負け, でも起つべきであった, でも食える, でも首, という厳寒, という数, という程, といふほど読み返す, とかところ, となくさういふ, となく恐ろし, とはない, とりかかっても, と仕事, どうせ棄権さ, にか山, になったら, にもかよう, にも抱え, にも運ん, にも騎馬, の冬, の時, の殺人的寒気, の範囲, の間, はいる, へ潜り込んだ, もあけ, もあやまる, もあるだろう, もいいよどんだ, もいわれ, もうなづい, もうまい, もうろうろ, もおじさん, もおでん, もおびえ, もお伴, もお腹, もかう呟く, もかけ, もかぶり, もからかいッ, もきい, もきき返し, もくどい, もくりかえし読みました, もくり返される, もぐりぐり, もこく, もこっくり, もこみあげる, もころび, もさまよいました, もしつこく, もすぐ, もずしんず, もそれ等, もためいき, もだした, もつ, もつづける, もつぶし, もでる, もどうして, もなおし, もなま, ものめ, もの手紙, もはっきり, もはふり出さう, もひやひや, もふりかえり, もぺこぺこ, もぼくら, ももう, ももぞもぞ, もやけ, もやめよう, もゆめ, もよみ返し, もアルプス, もウロウロ, もクリスチャニア, もグルグル, もコーヒー, もスキー, もテニス, もハラハラ, もパクンパクン, もホーム, もマツチ, もミスラ君, もリハサル, もヴイヨン, も一緒, も三階, も上演, も下げ, も不, も中央, も乗換え, も事故, も二階, も云う, も交渉, も仕事, も他愛, も仰山, も休まなけれ, も会う, も会議, も低, も余り, も使った, も便, も保証, も側, も入っ, も八鹿, も円, も冷たい, も出され, も出はいりし, も刀身, も割下, も勉強, も勧め, も危ない, も反覆, も取上げ, も口ずさん, も叫ぶ, も叱られた, も吃った, も名高い, も君, も呟い, も周旋人, も呼ばなけれ, も呼ばれね, も咳払い, も唱え, も唸い, も喚きました, も嘆息, も嘔吐, も囀っ, も図, も土瓶, も垂らした, も場所, も壇上, も夏, も大きな, も大抵, も大股, も失礼, も婦人雑誌, も子供たち, も守人, も宿, も寒い, も寝床, も尋ねた, も小声, も小鬢, も巡りあっ, も布団, も幸子, も廊下, も廻っ, も引き倒され, も引移, も彼等, も後ろ, も必ず, も忠告, も思い起した, も感嘆, も戦争, も戸口, も手招ぎをしたのは, も打ち続け, も抑え, も抜こう, も拭いた, も拳, も振っ, も振り落された, も振り返った, も掛軸, も握手, も文字, も断っ, も新聞, も時, も曲った, も書かれ, も書類, も本番, も来たし, も東京, も染料, も梯子, も欠伸, も歩いた, も死なう, も母親, も気がついた, も汽笛, も泣き, も浄書, も浴槽, も海戦, も渋谷, も満足そう, も滅亡, も激しい, も烈しく, も燐寸, も独り, も玄関, も王子さま, も現われ, も用, も申しあげる, も申します, も番号, も登り, も監督, も相棒, も眺め廻した, も石鹸, も神経性, も移転, も立ち上った, も立往生, も笑声, も糸, も紙, も經驗, も縊死体, も繰り返さなく, も繰り返しました, も繰返, も繰返される, も繰返し読んだ, も續, も羨望, も聞いたらしい, も聞きたい, も聴い, も聴衆, も脣, も腕時計, も自, も自殺, も舌, も舞台, も苦痛, も荒田老, も落ち, も蔵, も血, も行き, も街角, も袋路, も見かけやしない, も見なおしました, も見上げた, も見付かる, も見直し, も観念, も言いよどん, も言われました, も訊き合った, も訊ねた, も訴え, も詫び, も話したらしい, も話し合った, も誘われた, も読み, も読みかえしました, も読みはじめた, も謡わせまし, も讀み返し, も貴様, も質した, も赤面, も起き上ろう, も起し, も路, も蹌, も蹴つまずいた, も身近, も転身, も返答, も逆, も通っ, も通りすぎる, も造り替えた, も遊んだ, も道具, も選定, も酒屋, も重吉, も鉄路, も銀色, も門口, も間違えた, も雄, も雲, も青春, も面, も頬, も頷かせ, も飛び下り, も飛ん, も首肯いた, も高梨, も魘され, も鼻ッ先, ハッと, 上るという, 会ったって, 入れかえても, 出て, 刈っても, 取上げては, 叱っても, 同じよう, 問い合せが, 廻っても, 思いおこしたか, 思い止まろうかと, 思えるか, 感じやう, 戻る気, 振り返って, 捨てても, 擧げたか, 教えても, 新しき年, 来られるかしら, 止そうと, 泣かされたか, 生きるの, 申しても, 眺めたか, 築ても, 繰り返すか, 繰返したって, 考えて, 聞いて, 聞かされて, 行ききし, 見て, 見ること, 言ったって, 訪ねたか, 訪れるか, 誘っても, 読んだとて, 讀み返しても, 買わされるか, 追っぱらっても, 逃げようと, 通って, 遣って, 頼んで, 飛んでも, 飲んだか

▼ 何~ (2974, 1.5%)

43 といえ 2927 となく 24 あるか 21 の手 17 であるかを 16 も知っ 14 かの人々, も 13 もいなかった 12 もこれ 11 であるか 10 かの手, もいる, もその 9 の男, もいない 8 かの人, か来, であるかは, なるかを, なるを, も何人 7 かある, だろう, にも容易, もこの, も之, も異議, も知らない 6 あるだろうか, いるの, かの男, たりとも, だ, であるかが, の眼, もい, も異存, も疑

5 [20件] かの女, か是, か能, だか, だろうと, であらう, でござるな, ですか, と雖, なるかは, にもそれ, の前, の子, の心, も彼, も想像, も承認, も異論, も知る, よりも先

4 [31件] あるだろう, かいる, かこれ, かの作家, か来た, がこの, じゃ, ぞ, ぞや, であったか, であるかという, でござる, でしょう, でもありません, なれば, にもある, にもあれ, にも明白, にも知らさず, にも知られ, によらず, のため, の人, の力, の子分, の恋人, もいた, も出, も認め, も認めなけれ, も認める

3 [66件] いたって, いるか, いるだろうか, かいたが, かが, かがその, かが入っ, かここ, かこの, かその, かと云, かによつて, かの友達, かの男女, かの若い, かの血, かよく, か之, か交替, か人, か他, か彼, か早く, か表, がその, が皆, が読ん, だね, であるかと, であるの, であろうか, であろうとも, です, なりとも, なるやを, にし, にもできない, にも容れられる, にも理解, にも話さなかった, によつて, に向, に對, のお, の上, の人間, の仕業, の目, もある, もそれ, もの男, も予想, も何, も女, も手, も歩い, も気, も決して, も泳い, も直ちに, も見, も首肯, よりもさき, ゐるの, をし, 云うと

2 [206件] あっても, あるかという, あるだろうかと, あるでしょう, あるの, いようとも, いるかね, いるん, かいたという, かいて, かがこの, かが住ん, かが来, かである, かと思ったら, かと約束, かに困難, かに憑, かに漠然と, かに訊い, かのため, かのひと, かの人びと, かの人間, かの作家たち, かの侍, かの僕自身, かの卒業生, かの大, かの婦人作家たち, かの子供, かの悪戯, かの批評家, かの新しい, かの犯罪的天才, かの者, かの親しい, かの面前, かはある, かまじっ, からお, かを客, かを真実, か一人, か二三人来客, か何十人, か入っ, か出, か垣根, か子, か心, か来よ, か来る, か知っ, か紐, か自分, がこれ, がそんな, が定める, が居, が屋久島, が彼, が来たろう, ぐらい, ぞ我輩, であつ, であるかの, であろう, であろうと, でございますか, です放して, でもある, でもくれ, でも成れぬ, でも才能, でも通る, とも事, とも知らず眠っ, とも知れない, とも知れぬ, とも解らない, と云う, と数えられる, なりしか, なるやは, にこれ, にても来訪, にとつて, になった, にもその, にもできる, にも云っ, にも侵さしめざる, にも共通, にも出来る, にも勝れる, にも十分, にも強要, にも悪い, にも想像, にも承認, にも異論, にも知られざる, にも自由, にも見られなかった, にも見出されない, にも譲らない, にも貸してない, にも迷惑, にも非難, にも面会, によっても認められるであろう, に依, に依っ, に取っ, に対してよりも自分自身, に所有, に訊い, のこと, のもの, の中, の会葬, の作, の反対, の口, の奉公人, の女, の少年少女, の想像, の所為, の捕方, の敵, の死, の注意, の生徒, の男たち, の罪, の者, の胸, の頭脳, は皆んな親類縁者, もあった, もいう, もうろつい, もえ, もおらん, もおりません, もかつて, もかれ, もない, もなかっ, もの接吻, もまだ, もゐなかつた, も一家, も伊藤侯, も何物, も動い, も否定, も子供, も実験, も客, も容易, も少し, も彼ら, も復, も忙し, も恐らくは, も持っ, も故障, も敵する, も斬っ, も斯, も来た, も模倣, も汝, も物, も疑う, も疑っ, も疑わない, も疑わぬ, も目, も知つて, も経験, も若い, も認むる所, も認むる能はじ, も遠く, よりもまず, よりもよく, よりも一番, よりも多く, よりも大, よりも強い, よりも深く, よりも秀, をも首肯, を以て之, を指せる, 出たか, 取り替えるか, 居って, 居るか, 居るんで, 殺した, 殺したって

1 [1694件 抜粋] あったじゃ, あの年, ありやを, あるかも, あるでしょうね, あるやら, あろうかという, いたか, いても, いる, いるだろう, いるとか, おられるの, かあっ, かあらわれ, かいちど, かいますし, かおるだろうか, かかの室町時代, かがこっそり, かがむらむら, かが一九一七年, かが云った, かが入, かが動い, かが困る, かが夢中, かが己, かが暗示, かが死ん, かが眠ってた, かが立っ, かが自殺, かが裏庭, かが走り出す, かが頑固, かこけつ転びつ逃げ, かさえ笑った, かずつきめる, かそうして, かづつかへらせ, かで空けちまった, かとくどくど, かと宿駅, かと租税, かと話し, かにとって一つ, かによってはっきり, かによって留守中, かによって飲ましめられた, かによりて罸金, かに共通, かに創作, かに弁護, かに甘やかされ, かに眼, かに聞きます, かに誘拐, かに顔, かのお, かのコムソモール, かのルシアン, かの人たち, かの代議士, かの使嗾, かの傑, かの厚意, かの友人ら, かの名前, かの大名, かの天涯, かの女史, かの女流俳句研究, かの妻妾, かの婦人たち, かの子供たち, かの客, かの巨像, かの弟子, かの御, かの悪, かの情夫, かの才女, かの文筆家, かの月給袋, かの歌い女, かの狂人, かの盗人, かの知人, かの罹災者, かの老幼男女, かの船頭, かの芸術家たち, かの見物人, かの詩, かの軽蔑, かの遺失, かの閣僚たち, かの青年, かの頭, かはそんな, かは一人, かは廊下, かは無実, かは移り変っ, かもそんな, かやっ, からそれ, からも制肘, からも教, からも解かれ, から得た, かわからない, かを同, かを夫婦づれ, かを探す, かを逸早く, かフランス人, かレーニングラード, か乗っ, か何, か俺, か入った, か出られた, か初めて, か半, か名, か女らしい, か子供, か家人, か居り, か屋敷, か往, か我, か新しく, か映画スター, か此処, か残る, か滞在, か無名, か玄関, か登場, か知つた人, か神, か罪, か胆力, か西班牙語, か見た, か覗い, か近く, か遊び, か閨房, か集った, か頭, がいい切れるだろう, がかかる, がそういう, がだれ, がやって来た, が三木雄, が云うた, が伝えた, が勧請奉安, が定, が少く, が投じ, が晏如, が泊つて, が生命, が考へ, が負うべきであろう, が軍国主義者, が鼻唄, くらいあるでしょう, ぐらいある, ぐらいでしょう, ぐらいの人口, ぐらい居, ぐらい死んだ, ぞいねえ, ぞ何, ぞ彼, ぞ野夫, たるかは, たるは, だったか, だって殺せる, だろうあの, だろう今日, ついて行く米, であったかを, であっても, であるかに, であろうウィリアム, でございましょうか, でしたかね, です何人, でもあり, でもいい, でもお, でもたやすく, でもまた, でもゐます, でも之, でも何人, でも反証, でも執着, でも宜, でも彼, でも承知, でも殺し, でも狩り出す, でも直ぐ, でも考へ得る, でも重んずる, で形容卑劣, で食べる, とありません, という子, という死傷者, とかつけ, とか持ちかえた, とその, ともの, とも分らぬ, とも口, とも異, とやら入り込ん, と乘つて, と変った, と指, と見たる, と雖ども, なの, なりやと, なるやさえも, にあ, におわす, にせよ, にてお, にても同じ, にても自由, にでも思う, にとっても恐ろしい, になりまする, にまれ利益, にもうちとけた, にもきらわれた, にもそんな, にもまける, にもわかっ, にも一文, にも不足, にも乱される, にも人間らしい, にも似合, にも備, にも出来なかった, にも分りますまい, にも劣らじ, にも勘, にも合点, にも告げ知らす, にも喰い違っ, にも妨げられない, にも属さない, にも強いず, にも思わせる, にも感動, にも拒み, にも推薦, にも斷ら, にも明瞭, にも望む, にも機密, にも沈黙, にも無関係, にも犯さしめぬ, にも相談一つ, にも知られず, にも知る, にも示さざれ, にも秘められた, にも絶対, にも聞いた, にも興味, にも見せた, にも解し, にも言っ, にも許されない, にも話し, にも認める, にも謁, にも負, にも貸す, にも遠慮, にも関係, にも面會, によっても, によっても無視, によっても記録, によって処理, によつて樹, に一台, に似, に依頼, に召使い, に向っ, に対してもそうした, に対しても常に, に対しても用, に対するいかなる, に強要, に恋する, に気がね, に肖, に質問, のいや, のところ, の之, の予測, の人名表, の企て, の何, の作物, の児供, の判斷, の努力, の反, の名, の坑夫, の夫人, の娘, の存在, の小野小町, の影, の念頭, の息子, の所有量, の捧ぐる, の撰文, の書, の母親, の生命, の町, の紹介, の肌, の良人, の草, の讐, の邸宅, の青年, の骨髄, へお, ほどありました, ほど練習, もあつ, もいぎたない, もいなくなった, もおそれる, もお出で, もかたまっ, もが他人, もが東郷大将, もこういう, もさとり得ないで, もそれほど, もただちに, もつくり, もとめようとも, もなし, もに逢, もの人夫, もの出動, もの女性, もの荒ら, もまぬかれる, もやってきた, もわが, もパリス, も一度, も不可抗力, も不断, も争, も享, も企て, も会った, も保証, も信じません, も傭, も入らなかった, も其娯楽, も出かけました, も出ない, も出入り, も到達, も十分, も及ばない, も受け得る, も向上的精神, も否む, も咎むまじ, も喙, も器, も坊主, も多少, も完全, も富む, も居ない, も征服者, も心得おった, も思いがけなかっ, も怪しまない, も悪事, も感歎, も我党, も戰利, も拒み得ない, も拳, も損害, も文学, も明白, も服膺, も期待, も来なかった, も正直, も残っ, も気づかなかった, も法華経, も淋しい深い, も爭, も珍重, も理解, も男爵, も疑えない, も発明, も百発百中, も知らず, も知らぬ, も知り得ざる, も社会的, も私すべき, も立ち並ん, も組織的, も群, も腰, も自由, も苦む所, も蠅, も裁決, も見た, も見誤らぬべし, も記憶, も認めざりし, も認め得ないであろう, も諒, も起すべき思ひなるべし, も踏まない, も返事, も送り, も重大, も非, よりは一番そ, よりも佐藤, よりも其詩, よりも命中矢, よりも思い当る, よりも明白, よりも無, よりも真っ先, よりも繊細, よりも認め, よりも駒井, ゐるん, をそんな, をもってする, をも同時に, をも怨みませぬ, をも成仏, をも気, をも退屈, を愛する, を支配, を責むる, 出るの, 取る, 変ったかて, 居たつけ, 居られるでしょう, 抜かれたやら, 斬ったか, 斬ったやら, 旧詩句, 来て, 死んで, 殺されたって, 殺しました耳, 生れようと, 知らぬ者, 行くの

▼ 何うし~ (2802, 1.4%)

161 たの 151 た, たん 6041 ました 40 たもの 32 たか, たこと 30 たと, たら宜 28 て此 23 てそんな 16 たといふ, た事, てそれ 15 て此処 13 たら可, てあの, て私 12 たわけ, てこの, てこんな, ます 11 たつて, てもそれ 10 たら好い, ている, ませう

9 [12件] たろう, てあんなに, ていい, てお, てかう, てこう, てこんなに, てそんなに, てもお, ても俺, て暮し, ましょう

8 たんで, た八, てあんな, てお前, てこれ, てさう, てもその, て斯, て自分

7 たらいい, てくれる, てその, ても彼, て彼

6 [11件] ただ, たって, たもん, た何, てもお前, ても厭, ても此, て其の, て御, て斯ん, て茲

5 [12件] たい, たので, たら好から, てくれよう, てです, ても, ても出, ても駄目, て僕, て君, て来た, て此處

4 [23件] たかしら, たらよい, た機会, てい, てさ, てもこれ, ても二人, ても出来ない, ても動かない, ても思はれなかつた, ても思へない, ても此処, ても私, ても自分, てゐる, て中, て何, て勝彦さん, て又, て妾, て手, て斯様, て貴方

3 [46件] たかと, たという, たとも, たね, たらよかろ, た拍子, た物, た理由, た訳, てあゝ, ているだろう, てまた, てもさう, てもそう, てもみのる, てももう, ても云, ても僕, ても其の, ても出来ません, ても名前, ても彼女, ても思ひ出せない, ても承知, ても支那人, ても末筆, ても東京, ても言, ても許し, ても誰, ても足, てゐた, て俺, て先生, て其処, て其樣, て好い, て居た, て居る, て御存じ, て来, て此様, て生活, て見た, なました, やうも

2 [160件] たかは, たからとて, たって出来, たなら, たならよい, たなら人, たのよ, たも, たものぢ, たら, たらあの, たらばい, たらよから, たら中, たら好かろ, たろうと, たツ, た原因, た心意氣, た機みか, た蝶, た風, た騷, た鼻緒, てああ, ていた, ておい, てお出で, てお前さん, てくれます, てここ, てこの世, てだ, てだらう, てと, てまあ, てまア, てもあたし, てもあれ, てもいけない, てもお前さん, てもこの, てもなく, てもわからなかった, ても一緒, ても三時間, ても不思議, ても世界, ても主人, ても人, ても今日, ても他, ても他人, ても伯林, ても兄妹, ても其処, ても出世, ても分らなかった, ても口, ても合点, ても君, ても嫌, ても学校, ても座席, ても御, ても心, ても忘れられなかった, ても思ひ出せなかつた, ても思われなかった, ても恋人, ても我慢, ても文學者, ても斯, ても是, ても次, ても歸, ても気軽, ても活動的, ても無い, ても発見, ても知れません, ても確め, ても私共, ても立, ても置かれぬ, ても美奈子, ても老人, ても聽, ても肯きません, ても胸, ても若い, ても行く, ても見えない, ても解らなかつた, ても諒解, ても諾, ても變てこ, ても起訴, ても身, ても電車, てよい, てるちふこと, てゐるだらう, てッ, てツ, て一定, て一家, て一緒, て之, て云, て人間, て今日, て他人, て何処, て何時の間に, て作る, て侮辱, て其, て其様, て出, て出た, て出来よう, て出来る, て分った, て割った, て同じ, て嗅ぎ付けた, て塔, て小, て彼女, て彼方, て急, て扉, て才覚, て時計, て此遲くに, て死んだ, て殺した, て滅茶苦茶, て知, て知っ, て知れた, て磨く, て神, て箸, て結婚, て美奈子, て肩, て胴巻, て若い, て解, て証拠, て逆上せた, て這入った, て開いた, て黙っ, べえ, ましたつて, やがる, ような

1 [930件 抜粋] たあやまちか, たいか, たうむ母樣, たえ上るが, たえ旦那様, たお, ただえ, ただって, たってそれ, たっても, たって云う, たって仕, たって嬢様, たって是, たって眼, たって金策, たつてさ, たつて否定, たつて片付樣, たであろう, たといふの, たな, たなどと, たなら斉彬公, たにも, ためぐり合せ, たもう, たらうなあ, たらう那, たらな, たらよろし, たら好, たら客, たら帰国, たら此門, たら血, たら面白く, たろうまだ, た事だい, た何處, た其様, た加減, た大変, た奪, た屁, た忘れたと, た急いで, た怪我, た捕ったか, た方策, た時, た此, た泣顔, た滅多, た略, た秋, た絵, た見せろ髷, た調子外れ, た豆府, た造化, た金だい, た間違, た騒々しい, てあいつ, てあちき, てあんた, ていますでしょう, ておま, ておる, てお前尼, てお前等, てかこの, てか元気, てか山吹, てか手前ら, てか此, てこういう, てこんな大きな, てそう, てそれら, てたの, てだろう, てぢ, てつて, てでは, てといふ訳, てとは夫, てと云つた所, てなか, てなこの, てね此処, てはじめ, てはるやろ, てへ, てみ, てもあの, てもあり, てもいかん, てもいけねえ, てもうまく, てもお前死, てもお話し, てもか, てもかれ, てもこんな, てもさつきそれ, てもしっかり, てもそこ, てもそれら, てもたのむ, てもだまらない, てもちぎる, てもとは, てもなれない, てもな一度, てもやめられなかった, てもわからない, てもわからなかつた, てもわれわれ秋水党, てもエヴァンス技師, てもチツチツチツ, てもハツキリ, てもフロオマン, てもペエア, てもラツキー, ても一個, ても一旦, ても三十万両, ても三千代, ても三国, ても下, ても之, ても九分, ても二十八円, ても二朱, ても云う, ても京都, ても仇, ても仕, ても仕置, ても付かなけれ, ても何, ても余, ても信じない, ても働い, ても先, ても先生, ても免れ, ても児童等, ても入り, ても其家, ても冬子, ても出られない, ても出家, ても出来ぬ, ても分らなかつた, ても切炭, ても判らぬ, ても判然, ても刺す, ても前者, ても剥し, ても勉強, ても動かぬ, ても医科, ても千円, ても南, ても博奕, ても取らせ, ても受けません, ても受取れなかつた, ても受取れません, ても困る, ても坐っ, ても堅い, ても売っ, ても夏子, ても多少, ても大切, ても夫, ても奴等, ても妾, ても姐, ても婿側, ても嫌悪, ても安く, ても宜, ても家, ても尋常, ても小説, ても川口, ても帰らなけれ, ても平次親分, ても廊下, ても彼様, ても往く, ても往けません, ても待っ, ても心理, ても忘れられなかつた, ても忘れ去れない, ても思い出されなかった, ても思い切っ, ても思う, ても思ひ出されなかつた, ても思ふ, ても思へねえ, ても想い浮ばなかった, ても憎い, ても我が, ても戴けません, ても手, ても打明け, ても持ちあげる, ても振り返つ, ても振返らず, ても捕へる, ても捕らなかつた, ても推察, ても損, ても擧ら, ても放さぬ, ても斉彬, ても斬首, ても断らう, ても断片的, ても日本語, ても明日中, ても是非両方, ても智識階級, ても更に, ても書かなけれ, ても書かね, ても書物以外, ても朗, ても未練, ても村道, ても来なかった, ても来る, ても東, ても果さね, ても果し得なかつた, ても棄てる, ても権田時介, ても欲しい, ても止まらぬ, ても此女, ても此方, ても死, ても死んだ, ても死病, ても殺せない, ても気息, ても氣, ても汝, ても浮気, ても深い, ても満足, ても潜水的, ても無理, ても爽, ても生涯秀子, ても男姿, ても白, ても盗賊, ても直されねえ, ても相手, ても真に, ても真雄, ても眠れない, ても眼, ても知れない, ても石田, ても筆, ても約束, ても絶念め, ても美濃, ても考えられない, ても考へられなかつた, ても聞かず, ても職, ても脱, ても腹の中, ても自分一人, ても船室, ても苛酷, ても落着, ても藻西太郎, ても行かう, ても行けない, ても西洋, ても要る, ても見える, ても見つかりませんでした, ても見出せね, ても見当, ても見物人, ても見逃されません, ても解らなく, ても解りません, ても言葉, ても討ちたい, ても許さなかった, ても話, ても話しかけられなかった, ても読み下せなかつた, ても論理, ても諦める, ても谷間田, ても起きねえだ, ても起らなかった, ても近い, ても這入らなけれ, ても通れない, ても遁, ても都会, ても金, ても長篇, ても間違い, ても院長, ても障子, ても離れない, ても雪岡, ても靜, ても面, ても顔, ても食べられない, ても馬車, てるね, てわかつ, てゐ, てアノ室, てマア此処, て一歩, て一瞬, て一通り, て上る, て下, て不可, て不幸せ, て中村, て二人, て今, て仕事, て伝右衛門, て何樣なに意固地, て何等, て先, て入れた, て八重, て其時分ぢ, て再び, て出たろう, て出られた, て分ったろう, て判つた, て判ります, て判断, て刺したらう, て古今東西, て古河, て向う, て呉よう, て呉れよう, て呑ます, て呼んだ, て和睦, て喰う, て回収, て変る, て大, て大志, て夫, て好子さん, て妻, て嫌, て学校, て宜いか暫し, て寢, て小児, て居ます, て居るだらう, て左, て帰った, て幾千, て心, て忰, て怒る, て思ひ, て思ひ知らせよう, て惡い, て我々, て戦った, て持ち出し, て持つ, て捲き, て掘つた, て探り当てる, て斬られた, て旦那樣, て暮らさう, て有りました, て木彫, て来らっしゃった, て林檎, て櫛, て此不思議, て此切符, て此所, て此樣, て此罪人, て此頃, て死ん, て殺された, て殿, て氣, て泊った, て泊らなかつた, て泳げる, て浦上さん, て消えた, て清之介さん, て渡る, て無, て無く, て特許, て獲た, て現状打破, て生れ, て用意, て申訳, て発射, て発展, て白髪, て皆さん, て眼, て知った, て知つて, て破婚, て神棚, て空しく, て突然, て絞殺, て縁側, て置い, て肉, て胎, て華山, て蜻蛉, て行かう, て行暮れた, て見出した, て解く, て解った, て解つて, て言う, て言わず, て討った, て誘き出された, て豆腐, て負傷, て貴女様自身, て赤子, て越え, て較べ, て返事, て逃れた, て逃出, て造つた, て遊ん, て遺失, て酌ん, て金, て針, て銭, て附いた, て雨, て食物, て馬作, て鼻, なすったか, に行く, べえと, ましたか, ましたエ秀子さん, ました何, ました死んだ人, ましょうか, ましょう胆, ましょう詰らぬ事, ますつて, ます三輪, ませうあの, ませうと, ませう川下, ませう親分さん方, やう, やがつたん, やんして

▼ 何という~ (2655, 1.3%)

88 ことなし 48 ことだ 45 ことも 28 不思議な 24 ことでしょう 22 ことなく 21 ことを 19 事なし 14 のか 13 んだ, 事も 12 ことだろう 11 ことは, わけも 10 のです, 不幸な, 事なく, 奇妙な, 奇怪な 9 名だ 8 のだ, 愚かな, 相違だろう, 者だ 7 ちがいだろう, ものか, 人だ, 名前の, 怖ろ, 恐しい, 美しさ, 訳も 6 ことであろう, 事だ, 情けないこと, 愉快な, 所です, 皮肉な, 馬鹿な

5 [18件] ことか, みじめな, 不可思議な, 乱暴な, 事は, 人か, 人の, 名か, 名で, 名の, 奴だ, 悲惨な, 情ないこと, 意地の, 方です, 立派な, 簡単な, 静かな

4 [21件] お方だ, ところか, ものです, りっぱな, 不気味な, 事を, 人で, 仕合わせな, 名前だ, 名前です, 哀れな, 変てこな, 大胆な, 嫌な, 浅間しい, 理由も, 素晴しい, 結構な, 運の, 運命の, 違いでしょう

3 [49件] いやな, お名前, これは, ざまだ, ちがいでしょう, ところだ, ところな, のかしら, のでしょう, ばかげたこと, ばかな, まざまざと, んだい, んです, 不用心な, 不運な, 事だろう, 人が, 人です, 人な, 人を, 俺は, 偶然の, 名, 名を, 変な, 失礼な, 島だ, 御親切, 微妙な, 恐ろしいこと, 恐ろしい事, 悩ましさ, 悲しいこと, 惨めな, 意味か, 意外な, 態だ, 有難いこと, 残酷な, 気の毒な, 無茶な, 目的も, 私の, 種類の, 者か, 見事な, 訳の, 違いだろう

2 [134件] あた, あても, あわてようだ, いい山, うるわしさ, お前の, お料理, ことで, ことでございましょう, ことな, ところで, ところです, の, のかね, のだろう, ひどいこと, むごたらしいこと, ものだ, やさしいこと, んでしょう, イヤな, カラクリだろう, スタイルの, 上品で, 不作法な, 不可解な, 不思議, 不注意な, 乱暴だ, 人, 人だい, 人でしょう, 人間の, 仕合せな, 仕合わせでしょう, 光栄であろう, 処です, 卑劣な, 厭な, 古風な, 可哀そうな, 可愛らしい山, 可憐さであろう, 名が, 名でした, 名です, 名な, 名前か, 名前だった, 名前に, 喜びだろう, 埃だ, 変化だろう, 天の, 奇想天外な, 女だ, 嬉しいこと, 子だろう, 字を, 家だ, 家の, 宿屋に, 寂しいこと, 寂しさ, 山だ, 島か, 島です, 幸いだろう, 幸福だろう, 幸福な, 幸運でしょう, 店だ, 弱りよう, 強さ, 強健な, 心の, 恥知らずの, 悲しい歌, 所でしょう, 損な, 方だ, 方でしょう, 方な, 早い足, 明智でしょう, 明瞭な, 果敢い, 残忍な, 残念な, 気分の, 水準だろう, 深刻な, 無作法な, 無力な, 無惨な, 無理な, 無造作な, 物か, 理由なし, 生々しさ, 申分の, 男だ, 男だったろう, 町か, 皮肉だろう, 相異, 矛盾だろう, 神の, 種類か, 簡潔な, 罪の, 美しい女, 者の, 聡明な, 自由な, 親切な, 言い草だ, 言葉遣いを, 賢者だろう, 返事も, 途方も, 適切な, 酒か, 醜態だ, 野郎だ, 間の, 頼もしくない, 題に, 馬鹿げたこと, 馬鹿げた事, 馬鹿だ, 馬鹿だったろう, 馬鹿馬鹿しい事, 高さ

1 [1508件 抜粋] あきれた, あね, あること, いいぐさです, いい場所, いい気な, いい躾, いくじの, いじらしい光, いたいたしい婦, いまわしいこと, いやらしい猫撫声, うまいしょうばい, うれしいこと, えい景色でしょう, おそろしい迷い, おとなしいもの, おどろくべき等差, お仕合わせ, お医者さんだい, お喋りの, お役むき, お方で, お早い, お祝, お芝居気, かきいて, かすれた笑い, かわいいいたずら, きたならしい選手達, けちくさ, こったかなあ, ことだったろう, ことに, この立派さ, こましゃくれた口, さびしいこと, ざまを, すぐれた先生, すばらしい仕掛け, すばらしい手品, すばらしい生甲斐, そぐわないもの, それは, たかと, だらしな, ちがいだったでしょう, つきものだ, つまらないこと, つもりやった, つらい教訓, ところに, ところダエ, なさけない自分, のが, のどかな, はいり方, はげしい対照, ばかだ, ひどい人, ひどい変り様, ひどい風, ふてくされた悪, ぶしつけな厚かましい, べら棒な, まじりけ, まぬけだ, みすぼらしい小屋, むごい扱い, もったいないこと, ものかと, もんだ, やさしい何, やさしさ, やりきれない息, よい眺め, よろこばしさ, わからない女, わけとも, わるい女, エライお方でしょう, コマシャクレた, ザ態だ, チャンス, ドジだろう, バンプ, ブルジョア的な, ムダな飲み, ラマである, 一致と, 三絃的情調を, 下らない一日, 下素な, 不便な, 不吉な, 不幸か, 不得要領な, 不快な, 不思議でございましょう, 不愛相, 不祥な, 不遜さと共に, 乱暴を, 事です, 事なく悲しく, 人かね, 人たちだ, 人でした, 人悪, 人間か, 人間らしいひろがりでしょう, 人間離れの, 今の, 仕合せだった, 仕様でございます, 他愛も, 伝統の, 体だ, 依怙地な, 信義の, 偶然, 傾向だろう, 儀でも, 優しいそして, 元気の, 円くなめらか, 冥加な, 冷たいこと, 冷酷な, 凄惨な, 処でございましょう, 処女林清高な, 初々しい声, 利口な, 力なき, 力強い食慾, 勇気だろう, 勿体ない事, 区隊か, 卑しいこと, 卑劣さだ, 単純さでしょう, 厚顔な, 厳粛な, 取っても, 口おし, 古い醜さ, 可愛いもの, 可愛想, 吉日か, 名かね, 名だか園, 名であったろう, 名主が, 名前だい, 名前を, 名裁判, 呆やりした, 呪われた憂鬱, 哀しい存在, 唄な, 喜劇だろう, 嘘つきな, 因果か, 因果なこった, 困ったよう, 国で, 土地ぞ, 地層で, 型だ, 執念だったでしょう, 執念ぶ, 塩っぱい鼻, 壮観だろう, 変りかたでしょう, 変りようであろう, 変り方であろう, 変わった兄弟, 変わり方, 多計代, 夢を, 大きい違い, 大きな力, 大きな損失, 大きな都会, 大それた, 大将の, 大罪を, 大芝居, 太く逞しい自分, 失敬な, 奇しき運命, 奇異な, 奇蹟でしたろう, 奇遇でござろう, 女か, 女でしょう, 女菩薩であろう, 奴どもだ, 好い味, 好成績でしょう, 姓です, 娘だい, 嬉しい顔, 子供まる, 字か, 存在であった, 孤独であろう, 安心しきった, 宝石, 家から, 家で, 宿が, 寂しい夏, 寂寞だ, 寂然たる, 寺だ, 対照であろう, 小説な, 山か, 山だろう, 崇厳何という, 川かなどと, 巧みな, 己は, 平凡で, 平次の, 幸福であったろう, 幸福でしょう, 幸運であった, 幽け, 店に, 廻りくどい, 弱さ, 強調楽, 彷徨だろう, 役者でしょう, 御出家様, 御酒で, 心得違いを, 快さ, 念入りな, 思いがけないもの, 思いを, 怠惰な, 怪奇な, 恐るべき複数, 恐ろしい事実, 恐ろしい力, 恐ろしい天才, 恐ろしい姿, 恐ろしい暗示, 恐ろしい眼, 恐ろしい運命, 恐ろしい顔, 恐ろしき疑惑, 恐怖い事, 恥かしい, 恫喝的な, 恵まれたうれしい, 恵まれた機会, 悪いこと, 悪戯だ, 悪相でしょう, 悲しい二人, 悲しい避難所, 悲傷であろう, 悲運の, 情ないお, 情ない真似, 惜しさ, 惨憺たる, 想像を, 意味, 意味の, 意地ッ張りだろう, 意気地なし, 愚かしい毎夜, 愚しい, 愚痴を, 感じでしょう, 感心な, 感情表現でしょう, 慕わしさ, 憎々しい, 懐かしい想い, 戦慄すべき, 所だい, 手に, 手早い思いきった, 折が, 拙劣な, 支那は, 故も, 敬虔の, 数奇的の, 新しい若い日本, 新聞社です, 新鮮な, 方でした, 旅情だ, 日の, 早さ, 明るいよろこびでしょう, 明るさ, 星です, 晩だったろう, 暴論だ, 書物でした, 有り得べ, 望外の, 本名だった, 村, 果敢なくも, 柔らかな, 業, 楽々と, 楽器か, 様だろう, 横暴な, 橋です, 歌だ, 歓びでしょう, 歓迎すべき, 残忍酷薄の, 残酷さが, 殿様, 毒々しく猛々しく感じられる, 気の, 気まま勝手な, 気持だったでしょう, 気持でしょう, 気軽な, 気違いでございましょう, 気随な, 汚らわしい, 沈着であろう, 活気に, 浅ましいこと, 浅ましい奴, 浅薄さだったろう, 淋しい酔, 淋しさ, 深刻さでしょう, 清浄に, 清麗朝見たよりも, 溢れるばかり, 滑稽な, 激しい爺さん, 無分別な, 無惨, 無慈悲な, 無智, 無神経である, 無茶な分らない, 無駄な, 煙草が, 煮えきれない分別, 物すさまじい光景, 物凄い光景, 物凄い錯綜, 物知らずの, 特別の, 狂気染みた, 独特な, 獣に, 珍しいこと, 現代の, 理解力に, 甘さ, 生き甲斐の, 生活破壊を, 田舎者だ, 男だった, 町かなどと, 町の, 異常な, 疾い, 痛ましい不幸, 白痴だった, 皮肉でしょう, 目ざめの, 直情径行の, 相違であろう, 真直な, 矛盾だ, 知慧者でしょう, 確かり, 神々しい校長先生, 神楽な, 私は, 穏やかな, 空虚感だろう, 突飛な, 窮屈な, 答えも, 簡素と, 純一な, 素早い奴, 素晴らしい特種, 素気ない, 細君不孝だ, 絶壁だろう, 縁の, 罪つくりであろう, 羊である, 美しい声, 美しい死に, 美しく健康, 美観であろう, 老衰でしょう, 考も, 者じゃ, 者どもだ, 職烈, 脆さ, 腕力的な, 臆病者だろう, 自分の, 興味ある, 良夜でございましょう, 色気の, 芝居で, 芸妓か, 苗字の, 茫洋たる, 草だ, 草の, 荒っぽい言い草, 荒涼悲惨な, 莫迦な, 落ちついた叡智, 著る, 薄っぺらな, 薄情な, 虚空でしょう, 行届いた三谷, 西班牙らし, 見つけもの, 見境も, 見苦しいざま, 親戚に, 言葉か, 言葉でしょう, 記念碑だ, 詞で, 誇らしいこと, 謙譲さを, 豪い人, 貧弱さだろう, 貴族の, 身に, 軽卒な, 軽薄さだろう, 辛いこと, 迂濶さ, 迂闊な, 返事を, 透明な, 連中な, 運命でしょう, 違いであったろう, 遺憾何という, 都合の, 醜く卑しいひと, 醜態である, 野蛮な, 金属であろう, 錯誤だろう, 間抜けだ, 間違いである, 陰惨な, 隠れ場所であった, 雑言だ, 難解な, 青い澄みきった, 静けさだろう, 非現実的, 面白そう, 頼み甲斐の, 頼りない, 題を, 風俗でしょう, 香水か, 馬鹿であろう, 馬鹿者でありましょう, 馬鹿馬鹿しいはなし, 馬鹿馬鹿しい間違い, 騒ぎだ, 騒ぎに, 驚くべき欺瞞, 驚くべき言語学的, 骨が, 高い蹄, 高慢な, 魔物の, 魚かね, 魚屋でござる, 鳥だ, 鳥でしょう

▼ 何~ (2611, 1.3%)

295 しても 75 つけても 73 なる 54 するの 50 なろう 37 なるん 36 なるの 30 するん 27 なるか 18 なるもの 17 使うの, 驚いたか 16 なさるの 14 原因する 13 ならう 12 なりましょう, なると, 譬へ 11 なるつもり 10 するつもり, 依って 9 しろあの, なるでしょう 8 しよう, する, たとえよう, なって, なるもん, 原因し, 驚いたの 7 かわけが, しに, するかと, 似て, 脅えたか 6 して, しようかと, たとへ, なっても, なります, なろうか, 向って, 致しましょう

5 [11件] しましょう, しようか, するんだい, なさるん, なること, なろうぞ, 使うもの, 使っても, 向つて, 由来する, 譬えよう

4 [22件] しろ日本, するもの, なさる, なるかと, なるといふの, なるんだい, なろうと, 不滅の, 乗って, 使うか, 使ったもの, 使ふ, 使用する, 基いて, 当るか, 心を, 成る, 致しましょうと, 起因する, 駭いた, 驚いたん, 驚いてか

3 [43件] あるかと, いたしましょう, かせむ, かたぐへむ, しましても, しようと, しろもう, しろ私, するか, する気だい, せかれて, せよ私, たとえたらいい, つけてか, なさいます, なさるつもり, なりませう, なるかという, なる気, なる積り, よらずその, よらず彼, ッ, 付けても, 使おうかと, 使ったか, 使って, 使つた, 使用し, 例えよう, 因って, 基因する, 就けても, 愕いた, 感じてか, 感心した, 成るべきや, 由って, 腹を, 腹立ってか, 興を, 費つた, 驚く

2 [107件] あつた, おどろいたの, かこの, この師走, したって, したもの, しましょうか, しましょうね, しようかね, しろあなた, しろお, しろこの, しろこんな, しろその, しろひどい, しろ今日, しろ君, しろ旅, しろ自分, しろ菊, するため, する気, せい飛んだか, せよ, せよその, せよ安心, せよ相手, たとえたらよかろ, たとえようか, ついてでも, つけて, つけ禿頭, なさいますか, なさるんで, なったろう, ならうた, ならうと, なりたいの, なるだろう, なるだア, なるという, なるとも, なるわし, なれるの, なろうとか, のるの, びっくりしたた, むせけん小, よらず体育, よらず惜ん, よらず見処, よらず誠実, 一つとして, 世を, 世渡る, 代へ, 似たるか, 使うつもり, 使うて, 使うん, 使う品物, 使おうと, 使ったの, 使つても, 使はれた, 使ふも, 依るかを, 出て, 利くん, 効くの, 向かって, 因るの, 変ろ, 存するかが, 当るかという, 当るの, 当る人, 彼に, 意趣を, 感じたか, 感じたの, 慰めを, 成るの, 拠って, 棟梁でも, 比べるもの, 気がついたの, 気づいたの, 気附いた, 用ひる, 由りて, 由るか, 由るの, 由るや, 當る, 疲れたとも, 目星を, 立つ水, 肖て, 致しませう, 致せ憎い, 興味を, 遠慮し, 限らず事, 限らず勝負事, 驚いたもの, 驚く陰陽師

1 [1129件 抜粋] あこがれたの, あたらせられます, あたるだろう, あったかを, あったろうか, あの男, あるか, あるの, いたしました処, いたしましょうと, いたしましよう, いたしませうか, いたす, いたすの, いたせおせっかい, いたせその, いたせちっと, いたせ明るい, いたせ貴方がた, いッ, おどろいたか, おどろいてか, おびえたか, おびえてか, おれは, お使い, お当り, お用い, お金を, かえ貴方, かお心當り, かお氣づき, かお間違ひ, かかれる, かぎらず芝居小屋, かぎらず金, かさか, かせがん, かせんや, かたどったもの, かないの, かにと, かに刄物を, かに憑れた, かまた吩附ける, かもう大きな, きく神様, くらべてか, この人, この身, こんなに絶望, さその, しかけましょうか, したらよい, したん, してた, してもかの, しべ, しましょう海老, しますか, しませうか, しようが, しようこれ, しよう何, しろああ, しろあれ, しろいっさい, しろお祖母さん, しろこれ程, しろすべて, しろそういう, しろだ, しろとても, しろまごまご, しろわたし, しろジルベール, しろ一旦, しろ上京, しろ与一, しろ二十代, しろ人力車, しろ人間界, しろ俺, しろ僕等先住者, しろ初めて, しろ動機, しろ博多ッ子, しろ呼吸病, しろ困りましたなあ, しろ大, しろ夫婦中, しろ婦女, しろ寒く, しろ居所, しろ広い, しろ御, しろ感心, しろ新しい, しろ月十円, しろ桃, しろ此コロップ, しろ死にそう, しろ泥, しろ現世, しろ相手, しろ福井辺, しろ職工, しろ芥川龍之介, しろ蝦姑, しろ貴女, しろ跣足, しろ遣ろうと, しろ附近, しろ非常, しろ驚いた, し給, じれてか, すべい, するかな, するだらう, するだろうと, すると, するべな, するや, するッ, する物, する間, せいお初, せいと, せい夜分, せい珍, せい筑紫次郎, せお宮, せよあなた, せよこれ, せよどうして, せよバタ, せよ一回, せよ之, せよ五十年間, せよ今度, せよ出来上って, せよ加藤先生, せよ味, せよ垂死, せよ大変, せよ奎吉, せよ好い, せよ孔子, せよ宿屋一軒, せよ屋, せよ張る氣, せよ悪, せよ我々日本人, せよ或, せよ批判, せよ政宗, せよ此大病人, せよ武命, せよ氣, せよ法域, せよ片々, せよ現存墨子, せよ目出度う早く, せよ礼拝信仰, せよ行ける処, せよ諏訪, せよ運動, せよ遼東, せよ随分, せん天, せ熊, そうで, そのとき, その驚いた, それを, たかが山, たと, たとえて, たとえるすべ, たとえんすべ, たとえんよう, たとふべき, たよって, だらうか, つかうの, つけかにつけ, つけようかしらと, つまずいたか, とりついて, どう敏感, なさいます鳥, なさるだね, なされますか, なったか, なったって, なったもの, なってるん, なつたら, ならうとして, ならん, なりするが, なりたいか, なりたいかね, なりたいという, なりてえか, なりますか, なりますかね, なり度いの, なるかっ, なるかは, なるそんな, なるだろうといった, なるったって, なるであろうか, なるとか, なるなどという, なるので, なるべね, なるよ, なる人間らしい, なる死にかかって, なる百姓め, なる農夫, なれと, なろうかなど, なろう何, に使, ひかれて, びっくりした, ぶつかつて, まして白く, まれ出版し, むかって, もさう恐ろしい, もそないに, もとまって, ものも, もみやしないわ, よう云つてる, よったかを, よらずあまり物, よらずこれ, よらずその道, よらずできる身の上, よらずクンクン, よらず一滴, よらず人, よらず人格以外, よらず傍目, よらず優れて, よらず分福, よらず品薄, よらず外来語, よらず官庁, よらず小さい, よらず御, よらず患者, よらず暇, よらず欲望, よらず炭坑街, よらず珍しい, よらず科学的, よらず精粗, よらず練習, よらず舶来品, よらず読んで, よらず進歩的, よらず都合, よらず長, よらず高い, よりてた, よるべきかと, インスパイヤされ, サービスする, 一つそういう, 一つ取捕まへ, 一つ遺憾は, 一呼吸で, 一番感動した, 不満である, 乗つて, 云ってるん, 今に, 今日や, 仕立てて, 代えても, 似たりと, 似てるん, 使う, 使うとか, 使うばって, 使う棚だい, 使ったかと, 使った紐, 使ってるかい, 使つたのか, 使つた紐だらう, 使はれ, 使ふか見, 使われたかは, 使われましたでしょうか, 使われるもの, 使用された, 使用した, 例えるもの, 例へ, 依つて改定, 依らずもの, 依らず前, 依らず愉快, 依りて, 依存する, 便乗する, 信頼したら, 俺も, 儔へ, 入つて, 入るて, 其等は, 出逢うの, 利くか, 利くの, 刺戟された, 効くんだい, 動かされて, 動揺する, 化けるか, 化って, 印刷された, 反抗しよう, 叛逆する, 向うの, 向けられて, 向つて突進, 君待つ, 喩ふべき, 喰いつくか, 因つてである, 因づくもつれなる, 因るので, 困って, 基する, 基づいたの, 基づき何, 基づくの, 堪えきれないの, 増しての, 夢中に, 大丈夫と, 大丈夫氣を, 安心した, 寄らずけしからんけしからん, 寄らず御, 対立する, 少しでも, 就いたって, 就いても, 左右される, 帰着する, 弱ってか, 当って, 当りを, 当る者, 役立つ, 役立つかを, 彼の, 彼等は, 御入用, 御用で, 心が, 忍びむ夕まぐれ, 怒ったの, 怒ってるの, 怖れた, 恨めしさ, 感じてやら, 感激し, 慴え, 憑い, 憧れて, 懲りたか, 成って, 成つて居ました, 成るつもり, 成長し, 打たれて, 打ちのめされたの, 扮る, 押されたの, 拠ったの, 拠りて, 拠るこの, 拾ひけん, 捧げるかという, 探偵で, 措いても, 換へても, 據つた, 料理し, 於ても, 明を, 映る顔, 書かうも, 替えようとか, 月を, 材料を, 根ざして, 構うもの, 比へん, 気がついたか, 気がついてか, 気づかいは, 注目し, 浮れ, 激した, 為ろお前, 生きながら, 生意気な, 用うる, 用うるかという, 由つて生ぜられたる, 由らず社会, 由來する, 留まるらん, 発心した, 發表される, 眸を, 知って, 私は, 終るだらう, 結おうかしら, 絶望し, 縁つて李唐以上の, 耐えて, 肖かったの, 胆を, 自信が, 致しても, 致しましょうか, 致すにも, 致せああ, 致せいや, 致せもと, 致せ僕, 致せ天下分け目, 致せ御, 致せ焼けて, 致せ騾, 興奮した, 著替, 血迷ってたん, 表現し, 見えやす, 見えるか, 見えるって, 見惚れてるん, 触れるに, 訳けは, 誘われたか, 譬うべきでしょう, 譬えたら宜しい, 譬えたら読者, 譬えんもの, 讐え, 貴様が, 費したかと, 費ふ, 起因し, 躓いたか, 身を, 轢殺されたら, 這入ったの, 逢いやしたそれ, 遊び耽っ, 適するか, 酔ふか, 間に合わんといふ, 関したこと, 限らずあれ, 限らずいつも, 限らずさ, 限らずそこ, 限らず今, 限らず例えば, 限らず古参, 限らず好き, 限らず日本, 限らず歌ひたい, 限らず目新, 限らず聴いて, 限らず集つて一緒, 限らず高下深浅, 障るかと, 障わっ, 飛騨の, 飴, 駆られて, 驚いて, 驚ろい

▼ 何よりも~ (2427, 1.2%)

158 先に 26 大切な 17 大事な 16 第一 13 私の 11 先き, 自分の 10 まずその, 好きな, 重大な 9 さきに, 彼の, 雄弁に 7 たいせつな, まづ, 先ず自分, 先づ, 嬉しかった

6 [13件] うれしかった, それが, まず, まずこの, 大切である, 好きで, 好きであった, 彼は, 彼を, 彼等は, 怖れ, 気に, 私は

5 いけないこと, それを, 其語は, 嬉しかつ, 彼女の, 必要な

4 [13件] いけないの, かによりも, 先ずその, 先ず彼, 大事に, 嬉しい, 嬉しいこと, 彼が, 心を, 必要だ, 必要である, 私には, 重要な

3 [35件] いやな, うれしい, きらいな, まずフリーダ, まず人民, まず半蔵, まず科学, まず第, まづそ, よい, 人間の, 今は, 大切に, 好物で, 嫌いな, 嬉しいと, 嬉しいの, 彼に, 彼女を, 心配な, 急務である, 恐れて, 我々は, 楽しみに, 母の, 特に共産主義, 癪に, 真先き, 結構です, 肝要な, 腹が, 自分には, 苦痛な, 金が, 難有

2 [137件] あなたを, あの人, いいこと, いい事, いい記念, いちばんに, うれしいの, うれしかつ, うれしそう, おそれて, かんじんな, この点, これが, その詩, たいせつです, つらいの, つらかった, です, はっきりと, はつきりと, まずあなた, まず何, まず彼, まず必要, まず母, まず病人, また私, もっと翻訳, よく示す, 一番に, 不得意で, 不思議な, 不満である, 不満な, 両側の, 之が, 人々を, 人の, 人間としての, 仕事を, 作品の, 僕には, 僕は, 先ずそれ, 先ず岸本, 先ず第, 先ず節子, 光線の, 前に, 創作的情熱である, 医者に, 厭な, 友達が, 君の, 吾, 困るの, 困難な, 夢の, 大きなもの, 大きな悦び, 大切と, 奇怪な, 女房は, 好きでした, 好む, 好んで, 子供に, 完全な, 家庭を, 寂しいこと, 寒さ, 尊敬すべき, 師の, 幸福です, 強く眼, 彼らの, 待たれた, 心に, 心配する, 必要で, 恐しい機械体操, 恐ろしいもの, 恐ろしかった, 悪い, 悪いこと, 悲しいこと, 悲劇である, 愉快で溜らなかつた, 或程度, 日本の, 明かに, 明らかに, 明瞭に, 時間を, 最初に, 望ましい, 望ましいこと, 望ましいの, 木村さんの, 本来の, 楽しみであった, 次郎の, 欲するもの, 殺戮の, 母が, 母に, 河の, 海が, 生活しなけれ, 男の, 目を, 知識の, 私を, 私自身の, 秩序と, 秩序の, 米と, 結構な, 美味い物, 肝心な, 肝腎だ, 肝腎です, 肝腎な, 自分が, 自分に, 自分も, 興味が, 苦しいこと, 苦しいの, 貴とき宝, 辛いわ, 迷惑な, 都合が, 雪の, 顕著な, 驚いた, 魂と

1 [1544件 抜粋] あなた自身の, あの不自然, あの眼, あの逆説的, ありがたい, ありがたくまた, いい眺め, いけないん, いけなかつたの, いちばんたい, いちばん目に, いまここに, いやでならなかった, うまいもの, うるさくて, うれしい御, うれしい私, うれしく存じ上げまする, うれしさ, おしげの, おそろしいの, おどろくべきこと, おもしろかつ, およろこびなさる, お前桝目の, お好, お父上, お金の, きらいである, くつろぎと, こういうの, こうして意外, この, このムーア彗星, この哲學的精神, この大火, この断定, この美術品, この迷い, この駐在巡査, こわがった, しんせつで, すぐれた形勝, せっかく入れた, そのふくよか, その人物, その作品, その問題, その堂々たる威厳, その女, その悠揚, その手巾, その激しい, その無邪気, その甘美, その純潔さ, その表情, その諦らめ, その静中, その顔, それによりて, ただもうこう, たのしみである, だね, つらい或, なつかしかつ, はっきりした, はつきり書きたい, ひどい音, ふしぎでたまらないというおももちです, まあその, まずいわゆる, まずこれ, まずなぜあなた, まずもしあなた, まずわが国, まず中世, まず伏見屋, まず先立っ, まず力, まず古い, まず女王, まず実際の, まず専制君主, まず幸福, まず彼奴ら, まず文学作品, まず昨夜, まず村人, まず母自身, まず民草, まず永, まず理想, まず目, まず私ども自身, まず窓, まず縮図帖, まず自由, まず詩人, まず逮捕状, まず隣り, まず高い, まだ地上, まづ人, まづ君, まづ未来, まづ私達, まづ芸術的感激, まづ音樂, めでたい, もっとたび, ものを, ゆがんだ自尊心, よい練習, よかった, よくない, よく僕, よく物, よく語っ, わが身が, われわれの, インテリの, キミ子から, サクラさんの, スタイリストである, デカルトの, ナイフが, ハラワタが, ビフテキが, ボオドレエルの, メモを, ヴァンデラー將軍から, 一つは, 一座の, 一番いい, 一番有力な, 上へ, 上手であった, 不安で, 不幸な, 不思議だ, 不思議でならない, 不明でならぬ, 不自然であり, 世界で, 主要な, 事実の, 交通の, 人々に, 人が, 人民的な, 人間は, 今夜の, 今日は, 他巳吉, 休息を, 住む家, 体面という, 作物の, 信盛が, 俳優が, 俺自身は, 倦む事, 健康の, 僕の, 優しい心づかい, 允男である, 先ずこれ, 先ずビレラ, 先ず三氏, 先ず例, 先ず四十, 先ず常識, 先ず意外, 先ず最も真面目, 先ず死んだ, 先ず激しい, 先ず目立っ, 先ず羽織, 先ず自身, 先ず食物, 先づこ, 先づルナアルが, 先づ今度の, 先づ何か, 先づ僕の, 先づ共同への, 先づ妹の, 先づ彼の, 先づ明かに, 先づ浪漫主義者である, 先づ産業の, 先づ祖国の, 先づ空な, 先づ老い, 先づ言葉を, 先づ酒と, 先づ食を, 先人の, 全体の, 兵士達を, 内心から, 出家仏教に, 分り易い, 初めの, 利が, 刹那に, 力で, 加十の, 効果的である, 勇氣が, 勤勉で, 卑しく見せる, 単調に, 危険人物だ, 反抗する, 可恐し, 同人の, 吐胸を, 周囲と, 命を, 唯物論的存在論として, 喜ぶの, 喜んで, 困ったこと, 困つたの, 困難を, 固く信じ, 国語に, 地点を, 堪へ難, 堪らなかつたの, 多く虚栄心, 夜更しを, 大きい生, 大きな理由, 大事だ, 大事にかけて, 大切で, 大和を, 天子の, 奥様の, 女達が, 好いて, 好かぬ, 好きらしい, 好物だって, 妻には, 娘を, 婆芸者を, 嫌います, 嫌だった, 嫌に, 嫌ひな性分な, 嬉しいので, 嬉しう御座いました, 嬉しく存じます, 嬉しく思つて, 子供が, 子孫の, 安らかな思ひ, 安心だ, 宛名が, 実践人であり, 家伝を, 家族が, 容易くて, 寫眞機が, 尊いところ, 尊い自分, 尊く思ふ, 尊崇すべき, 小川の, 少年を, 山口には, 巧に, 平家一門の, 平行線を, 幸ひでした, 広い大道, 弱ったこと, 強い魅惑, 強く別離, 強く誰人, 役に立ちました, 彼には, 彼女にと, 彼等の, 得難い, 御家の, 御機嫌での, 徳川期の, 心丈夫らしく, 心強いわけ, 心淋しかっ, 心躍る, 忌わしいの, 快かつ, 怕れ, 怖れ出し, 思惟や, 急務だ, 恋しい, 恐がる人さ, 恐れるの, 恐ろしいッ, 恐ろしく感じられた, 恥かし, 恥ぢずには, 悔まれた, 悪いと, 悪い思想, 悲しい思い出, 情けなかった, 惧れ, 愉快でした, 愛したい, 愛情だ, 感心する, 感慨無量であります, 慇懃な, 憂欝, 憤懣に, 懐疑家である, 戦争の, 手腕だ, 技術である, 按摩を, 撫順の, 政府の, 教育者自身が, 文章から, 断ち切るのに, 新聞紙に, 旅が, 早いの, 早く医者, 早く恋人, 早く達したい, 明らかな, 明治憲法によって, 時の, 智力の, 最も代表的, 最も許し, 有力な, 有効である, 有難いこと, 有難いの, 有難かつ, 期待せね, 杭州の, 柿を, 校舎を, 案じたの, 検索しなけれ, 楽しいもの, 楽しみです, 楽みで, 横に, 次郎を, 正しい道義観, 正直な, 武技を, 死人の, 残念である, 母親から, 氏自身の, 民衆が, 気が, 気の毒な, 気持ちの, 気遣はれた, 氣がかりだつた, 水の, 永い人類, 汝である, 沛然と, 注意せね, 浪漫派の, 淀の, 温かい好い心持, 滋養分を, 潔白が, 火を, 無事な, 無念と, 煙草が, 熱く語っ, 父を, 特に古典, 犬と, 独りきりに, 率直に, 現代人の, 環境条件が, 甜瓜が, 生命保険に, 生活を, 画を, 病気に, 痛めたの, 発情に, 監督を, 看視, 眞實に, 真実な, 真理に, 眠りを, 着物と, 睫毛が, 研究し, 確固たる信念, 社会状態を, 祖母の, 神仏の, 福田平八郎氏の, 私たちに, 私達を, 積年の, 立見場を, 策の, 簡古を, 精神的一存在である, 納める事, 素子が, 結局肉体の, 緊急な, 美しい, 美しかった, 美少年であった, 羨ましかつ, 羨むべき幸福, 老先生, 職業な, 肌ざわりの秋, 肝要である, 臣子としての, 自分は, 自分自身で, 自己主張の, 自然の, 自由にたいする, 自身の, 舞台指揮者が, 船材, 艱難を, 花の, 芸術コンクールとは, 苦しかつ, 苦手だつた, 苦痛である, 茶が, 荒馬の, 菜の花に, 葉子には, 著る, 虫を, 蜜房が, 血筋を, 行軍に, 西洋演劇の, 見たが, 親しみを, 解釈に, 詩だ, 話の, 読書する, 読者に, 警官たちを, 讃うべき, 貴いもの, 趣味判断に, 身の, 身体の, 軍事上の, 辛いやう, 辛がっ, 農に, 近視らしいくるっ, 退屈に, 適当であろう, 選手を, 酒を, 重大だ, 金な, 銘記すべきである, 間取りが, 隙間風が, 雄弁です, 雪之, 非なる, 音楽家に, 頼もし, 願は, 飯の, 驚いたこと, 驚かれる, 骨骼の, 魏王の

▼ 何かを~ (1981, 1.0%)

27 して 20 求めて 17 持って 14 見て 13 待って 10 知って 9 探して, 書いて, 考へて 8 期待し 7 もって, 取りに, 思い出したよう, 持つて, 着て, 祝おうでは, 考えて 6 やって, 入れて, 手に, 見つけて, 読んで, 買って 5 待つて, 思い出そうと, 意味する, 語って

4 [11件] たくらんで, やつて, 云ふために, 作って, 呼んで, 得ようと, 恐れて, 感じたの, 結論する, 言は, 調べて

3 [26件] しなければ, じっと見つめ, そこへ, つかもうと, ねらつて, 云つた, 勤めて, 囁いて, 届けて, 思ひつめ何, 恐れるもの, 感じて, 探しに, 探し始めた, 探り出そうと, 描いて, 教へ, 暗示する, 歌ひ, 求めるよう, 洗って, 考えようと, 見つめて, 見に, 見るよう, 読もうと

2 [119件] いつも探し, かしな, さがすよう, さぐるやう, さらって, しきりに求め, じっと怺, すること, つくって, つけて, はかったり, ひそかに, やったん, ハッと, 一杯つけた, 一粒口に, 両手で, 両断する, 予感し, 云って, 云はう, 使って, 借りて, 利用し, 動かして, 取り上げると, 叫ぼうとして, 叫んだり, 叫んで, 含んで, 哀願する, 堪え忍んで, 学ぶこと, 察する, 尋ねて, 干して, 待ちながら, 待ち受けて, 待ち望んで, 待つたり, 待つよう, 心の, 必要と, 怖れる, 思いついたよう, 思い出して, 思ひ出したやう, 感じた, 感じ何, 感ず, 手伝って, 扱うよう, 投げたらしい, 投げて, 招いて, 拵へて, 持運んだ, 捜して, 探し求めて, 探し求めるよう, 探すよう, 探るやう, 探るよう, 掴み取ろうと, 掴んで, 搜し, 教へに, 新しく要求, 暗指し, 暗示し, 書きつけて, 期待する, 残して, 気に, 求めようと, 求め探して, 深く決心, 渡して, 為さずには, 為すこと, 為すという, 煮て, 煽り何, 発見した, 盗んで, 相手に, 知らせる様, 祈りつづけて, 私達の, 笑って, 紛らすには, 考へ, 聴こうと, 胸に, 自分の, 要求し, 見いだそうとして, 見た, 見てね, 見ようと, 見わけること, 見世物に, 見違えたの, 言ふために, 話して, 説明する, 読み上げて, 読み取らうと, 論じて, 讀んで, 買いに, 起して, 避けようと, 鉄砲で, 開いて, 頼んで, 食って, 食べて, 食べ散らしたり

1 [1380件 抜粋] ああ美味しい, あぶって, いそいで, いはうと, うたつて居た, うまくやりとげる, うんと塗った, おおって, おはなし, お延, お探しなさいます, かいたと, かき回しそれ, かしく察られ, かぞえるよう, かん, きかれた場合, きめようと, くさしても, くみとること, こしらえるため, こってりと, こらえて, こわしたの, さがして, さがすやう, ささやくと, さして, さなき, さらに誓わせ, しきりに探し, しきりに考え, しきりに見よう, したんぢ, してやるの, しはじめようと, しびれを, しや, しようと, じっとうかがっ, じっと堪え, じっと聞きとろう, すこしカツイ, すっかり手紙, するもの, する積り, そ, その唇, その辺, それへ, たたいて, たのむという, つかみ取ろうと, つかむの, つけ加えること, つげようと, つぶやく, つめ込んだ袋, といで, とりとめなく疑りだして, とり落したやう, どうかし, どうやらかう, なしとげること, なぶり物, ねじこんで, ねらう眼付き, はつきり名指す, ばら, ぱたん, ひっさげて, ひろいあげ目, ふっとばしたかった, ふと目, ぶら下げた如何にも, ぼんやり思い耽ってる, まって, みな心の, むさぼるやう, めぐらしたその, もくろんで, もたらす芸術, もってること, もとめて, やったり, やめさせる, やらせろ, やる, やるの, よくなし得る, わざと怖, カンにさえ, シンボルした, ソッと, ツヅクリ廻し, フッと, モウレツに, 一寸ばかり, 一心に見つめ, 一杯命じた, 一生懸命に, 一纏めに, 下して, 下へ, 与えられて, 与え病者, 主張し, 主張する, 予感する如く, 争うドドド, 云い何, 云うの, 云ったのに, 云ひ出さない, 五六粒手の平へ, 人に, 仄めかそうと, 仕出来し得る, 仕様としても, 仰山に, 企てると, 会得した, 体得し, 余り繰返す, 作ること, 例えば線, 促すよう, 信じてること, 信じなくては, 信ずると, 借りるため, 傍に, 先ず第一歩, 入れたり, 入れた銀細具, 具象的に, 再現しよう, 凝視し, 出されて, 刀断する, 分析的に, 切り下げること, 切実に, 刺繍し, 前提と, 創り出すという, 加えた人間, 勉強した, 勤めたこと, 包みかくして, 匿し, 参照し, 取って, 取つて隱, 取り上げる音, 取り出して, 取り出そうと, 取り揃えて, 取出しました, 取巻きに, 受くる, 受けた小, 受ける事, 口に, 口外させよう, 口語体に, 叩きつけられたやう, 叩き壞, 叫び両手, 叫ぶと, 台所の, 合圖しよう, 吸いこんで, 吹聴し, 告げようと, 呟いた, 呪うよう, 命じた, 咄し, 唄って, 喋って, 喘ぎ求めて, 喰いそして, 喰べて, 嗅ぎま, 嗅ぎ出そうと, 嘆願する, 嚥んだ, 囘想する, 困らして, 地面に, 塗って, 塗つて呉れ, 売りに, 変えなければ, 多計代, 夢中で眺めてる, 大事に, 大島でも, 失って, 始めたと, 媒介しなく, 学ばうとは, 学生には, 実感し, 富子の, 尋ねたいと, 小さい槌, 少しずつ, 届けさせるという, 左近クンに, 差出すごと, 平気で, 建設せん, 引っくり返しは, 引っぱるよう, 引出すもくろみ, 引繰返し, 強い薬, 強ひる, 彼に, 彼女は, 待ちかねて, 待ちでも, 待ちわび探しあぐねて, 待ち合して, 待ち構えて, 待つらしく引ッ切り, 待つ心もち, 待設けるもの, 後手に, 得ると, 御覧なさい, 忘れた感じ, 念じて, 怖れ, 思いあてて, 思いついたらしくちょっと, 思いつめ何, 思い出させようと, 思い出した様子, 思い出せそう, 思い惑うよう, 思い耽ってるという, 思い返したらしく, 思ひついたやう, 思ひ出させようと, 思ひ煩らつてさ, 思わせるもの, 恐らくは小さな, 恥じて, 悟つたやう, 悲しんででも, 想ひ出す, 意味しなけれ, 感じずには, 感じたよう, 感じます, 感ずること, 慄は, 憧れて, 懸念し, 戴くやう, 手伝つてゐる, 打ちつけるやう, 打壊す時, 払いのけるよう, 払ひのけよう, 承りましたから, 抑制し, 投げたこと, 投げつけるよう, 抛り出したが, 抜いたあと, 抱いてる格好, 押えつけて, 押しつけるやう, 抽き出す, 拒むが, 拡大し, 拭いたらしい棒, 拭う必要, 拾って, 持ち出して, 持つの, 指さすこと, 指したもの, 指導し, 挙げて, 振り廻して, 振り飛ばすよう, 捉へる, 捜し求めるよう, 捜す気, 捨てて, 探したの, 探し廻るよう, 探すの, 探す場合, 探りあてようと, 探偵されてる, 掬いあげた文学, 掴まねば, 掴みたい考え, 掴むが, 掴んだらしいね, 描きそこ, 提げて, 握らせるの, 携えて, 摘んでる樣子, 撰んで, 擲つよう, 支配せず, 教えこむよう, 教えるという, 散々に, 敷いて, 旅館から, 明かして, 書かして, 書きすさんで, 書き出す, 書くという, 朗読し, 期待され, 束ねて, 棄てるよう, 楽しむよう, 横領を, 欲し, 欲するやう, 歌われたんで, 殘し, 毎日少し, 求めた, 求めつつ, 求めに, 求めるかの, 求める場合, 求め演劇自体, 決したよう, 法律上しらべた, 注文し, 深く考え込ん, 渡したの, 渡すと, 漏れて, 漸っと, 為したいという, 無言に, 煽るよう, 爲ず, 物色した, 犠牲に, 狙う以上, 珠太郎に対して, 生かすこと, 生み落して, 生産させる, 疑っては, 発見しよう, 發散する, 皆山田へ, 盗み所刑, 盗んだの, 直接に, 相手の, 真面目に, 着かざらせ往来, 睥みつめる, 知ったらそれ, 知らせるよう, 知りたいといふ, 知るの, 研究し, 確めようと, 私たちに, 私語くらしく, 穿鑿し, 突ッつきながら, 突込ん, 窺い失望, 答えようと, 策して, 米斎君に, 純粋に, 組立ててるよう, 継承しよう, 編んで, 縫つ, 罵って, 考えさせた事件, 考えた, 考えながら, 考えるよう, 考え出しそれ, 考え込んだ, 考え込んでばかり, 考へさせられた面持, 考へる, 考へる時, 耳うちし, 聞いた英也, 聞き出そうと, 聞き澄まそうと, 聞澄ますよう, 聯想させる, 育てたが, 膝に, 自転車に, 興の, 落しでも, 行商する, 製します, 見こちら, 見せびらかして, 見たと, 見たやう, 見つけた, 見つけに, 見つめた, 見つめるよう, 見ても, 見る, 見るという, 見出さなければ, 見出したよう, 見出すん, 見守って, 見定めんと, 見究めた結果, 見落すの, 見透して, 視詰めて, 覗き出そうと, 親類の, 観察した, 言うらしい, 言おうとして, 言つ, 言ひ切つ, 言わんと, 訊かれると, 記した羊皮紙, 訪う人, 訴えたくなった, 訴えるよう, 訴へて, 証明し, 話しかけたり, 話してる間, 話し込んで, 詳しく調べた, 認めた, 語らずには, 語りかけて, 語りたがって, 語るところ, 誤解し, 誦しながら, 説き立てて, 読みはじめました, 読み耽ったり, 読者に, 誰人かに, 警戒し, 貯えて, 貰ふ, 買った覚え, 買出す, 賭ける決意, 足場に, 踏みにじるよう, 踏んだよう, 述べ得る者, 追ひ求め, 逃げるよう, 通りたかった, 造ると, 遊びに, 運んで, 遠くへ, 選ぶだけの, 重そう, 間に, 附け加, 隔てて, 隠すという, 静かに, 頬ばりながら, 頼みに, 願ふ, 風呂敷に, 食う為, 食べ絶えず, 飲ませようと, 飲み込むよう, 飲んで, 黒いリボン

▼ 何~ (1702, 0.8%)

19613043 のと 38 と思う 3226 と思っ 1816 と八 15 と思ふ 13 とえ, な 11 と云う, と思 10 と思つて, ねえ 9 という, と思ってる, のという 8 と思います 7 とお 6 から, とッ, と聞いた, と聞く, ねお前

5 [17件] かい, が, っけ, というの, というん, といふ, と云っ, と云ッ, と申す, と畜生, と聞い, と聞いたら, と言, ねその, ね君, のが, べ

4 [13件] かしらない, ということ, とか彼, とこの, と云, と思ったら, と誰, ねお前さん, ねこの, のの, のを, よう, んべ

3 [23件] がお, ぜ, っけな, つたと, つてこんな, とて傍, ともう, と聞かれ, と言う, と言っ, と阿, なお, なア, ねあの, ねえお前, ねそれ, ねそんな, ねどう, ね何, のって, のといふ, よお前, よお前さん

2 [78件] ぃ, お藤, かいぢ, かけふ, かこは, かそんな, かたより, かに赤旗, かは分らない, からとつて嫌, から世の中, か自分, けれども, ぜあの, ぜこれ, それを, ぞ, つたのか, つて, つて云ふ, といい合います, といっ, とかかんだ, とかと云, とかと云う, とか云, とか云っ, とその, とて此樣, とはサッパリ, と何, と俺, と僕, と反問, と問う, と女, と心得, と思った, と思ひます, と思ッ, と思召, と私, なお前, な其樣, な貴女, ねえまあ, ねお前たち, ねバイロン, ね今, ね先生, ね小, ね早く, ね騒々しい, のか, のっていう, のは, のも, べな, もの, や, よお, よ今, よ君, わ, わね私, ッ, ナ, ネ, 下手人は, 何を, 失敬な, 平次か, 平次夜の, 彼だ, 此の, 立花君は, 結局狐にも, 高等の

1 [686件 抜粋] あの赤い, あれは, いいかげんの, いと下女, いと聞い, いと車, え, おかしいじゃあ, おかしな奴, おらがの, おれは, お前の, かあ, かいかにも, かいや, かが眼, かこっそり, かこんな, かさっそく, かさっぱり, かさつ, かしら何もかも, かしら嬉しかっ, かしら青く, かた, かということ, かというよう, かともかく, かと思いました, かなまさか, かにつかまった, かのソース, かの小さな, かの屑, かは知らぬ, かまあ, かますます, かもわからない, からい, からこれから少し, からその, からちょい, からとつて厭, からと云っ, からと思っ, からスグ, からテニス, から一緒, から二階, から借り, から明日, から私, から紙片, かわかった, かわかりません, かを書いた, かを突っこまれた, かソ, かペコペコ, か分る, か判りっこない, か叔父さん, か合点, か妙, か実は, か少し, か急, か整理, か日, か知れた, か私, か苦笑, か解決, があれ, がおそろし, がお前, がお金, がこれ, がさ, がぞっと, がとても, がわたし, がバサッ, が不安さうだつ, が僕, が其, が味方, が妙竹林, が後幾ら, が御, が態, が涙, が混雜, が痛, が空間, が裕福, が隱事, けど, けどお前, けど悪党たち, けれど, けれどあの, けれどおれ, けれどもアノ内海, けれども僕, けれども私, けれど一年三両, けれど第, この期, この騒ぎ, これの, これ何とは, さっぱり面白く, さつき, しと思っ, ぜあれ, ぜお前さん方, ぜやまい, ぜ俺, ぜ善六さん, その赤い, それらは, そんなもの, ぞい, ぞえ, ぞまだ, ぞ眼鏡, ぞ蜻蛉, たしかに預けた, だからと, っけえ, っけな精神的, っけね, っけね婦人, っけ安保箭五郎直行, つたで, つてあんな, つてあんなに, つておれの, つて不意に, つて八五郎の, つて小麦や, つて言ひました, つて貴方を, てえ, てえんだ, てや, とい, といい, といい加減, という位, という挨拶, という軽蔑, といきなり, といったよう, といふ質問, とおかしな, とおっしゃっ, とおもっ, とおれ, とお前さん, とか, とかいう, とかいう身の程知らず, とかいっ, とかいふ作爲的藝能, とかくさくさ, とかそういう, とかそんな, とかで済したろう, とかどこ, とかわし, とかをヒネ, とか勉強, とか独, とか理窟, とか田中, とか第, とか簡単, とか言っ, とか言ふし, とか言われる, とか述べたてる, とか騒い, ときい, ときく, とくら, とこりゃ, とさ, とさ学校, とじゃあ, とそいつ, とそう, とたずねます, とちょっと, とて斯, とは何, とひとつ, とへ私, とぼく, とまあ, とまだ, ともう一度, とよ手筋, とエ, とガラッ, とトンガラシ, とヒーヴリャ, とヱ良さん, と不思議, と丑, と両方, と云え, と云った, と人殺し女, と人殺し女め, と今に, と何と, と俺たち, と偽, と分る, と咎める, と妾, と学校, と家人, と尋ね, と尋ねた, と尋ねたなら, と怒った, と思いました, と思召す, と想像, と手前, と押え付けられ, と捨て, と推, と本郷春木町, と来る, と死相, と烏, と無駄, と用事, と白雲, と皇帝, と繰返し, と纏め, と考え, と考える, と聞, と聞き返したら, と聞け, と聴い, と自分, と自分はぶつきら棒, と蛇吉, と見合せ, と親, と言ったら, と言つて, と言われず, と訊い, と訊いた, と訊く, と諸君, と質せ, と遣たら, と野暮, と銭形, と馬鹿野郎, と鳴物入り, ど思つて行つて, なあんた, なあ姉さん, ないつぞや, なえ, なそういう, なそれ, なそんな, などと言われる, なんて聞い, な何, な僕, な其様, な博奕, な吝, な大, な大晦日, な婆さん, な川手, な本, な某氏, な権力, な知, な知ってれ, な知吉さん, な酒, な首装束, な馬鹿, ねある, ねあれ, ねえお前さん, ねえずっと, ねえその, ねえどう, ねえまた, ねえもう, ねえ丑さん, ねえ人, ねえ失礼, ねえ寝, ねえ正太さん, ねえ確乎, ねえ私, ねえ高慢, ねおれ, ねお初ウ, ねこう, ねここ, ねこないだ, ねこんなに, ねしんみり, ねじゃ, ねそこ, ねそり, ねと案内, ねと聞く, ねと訊い, ねなに其様, ねばか, ねやっぱり, ねプリュタルク婆さん, ねロゴス, ね一体, ね一昨年, ね乃公, ね五點, ね人, ね人面, ね俺, ね借金, ね僕ン許の, ね其処, ね凡て, ね厭, ね友達, ね喧嘩, ね困ります, ね夜中ぢ, ね大分左右, ね宅, ね実際, ね憂き, ね支倉, ね斯ん, ね松永君, ね樺太三界, ね次郎, ね毎日斯, ね氷, ね私, ね紙巻, ね羅宇屋さん, ね腕, ね自殺, ね若い, ね袂, ね見捨てる, ね話, ね誠に, ね釣堀, ね隨分彼奴, ね面白く, の, のかだの, のつち, ので金, のに, のにな, の採っ, べぁんす, べあの, べえせえ, べまあ, まあお, ものだ, もの姉弟だ, やい, やはりこの, やまア, よいや, ようこの, よう死ぬ, よこんなに, よしつかりお, よそろ, よそんなに, よと呶, よほんとに, よまたは, よやかましい, よペトローヴィッチ, よ伊作さん, よ先, よ其様, よ大きな, よ御, よ気, よ活動寫眞, よ猪口, よ眠, よ私ア, よ詩, よ詰らん, よ誰か, よ踊るぐれえなら, よ酒, わしは, わその, わねあなた, わねこの, われに, んね, アルト, エ, オレに, カツカツカツ, クリステンダムの, ッ工事場では, ツ間男間男, ナと釣り上げる, ナ残り, ネお, ネ養母さん, バクチでも, フフツ, マダ十二時と, ヨ, 一とは, 不思議とは, 不思議な, 事, 人を, 人民と, 何が, 何し, 何だ, 何者だ, 余り馬鹿, 健坊よわ, 其の方, 其の疑問, 其日送りの, 内の, 原因とは, 吉植威張っ, 否なら, 坦々たる, 大分しばらく目だ, 大勲位, 学位は, 学校の, 安心されなかった, 小ぽ, 小使溜へ, 小説も, 念の, 怪しからん, 悲しいが, 惣次郎方の, 意気の, 手前も, 手前エこそ, 昔の, 本堂の, 本当に魂消る, 案山子とは, 様子が, 永遠の, 洋服とは, 清左衛門, 溝鼠, 無礼千万, 無礼至極, 狼藉者, 田舎漢の, 皆門下生じゃ, 眠つてゐる, 知事の, 秋山の, 端銭を, 罪悪の, 茶屋の, 血が, 講釈師が, 迅く, 道徳が, 鉛ぢや, 銭箱の, 革かね, 馬鹿らしいという

▼ 何かに~ (1623, 0.8%)

310 つけて 15 付けて 13 つけては, なって, 気を 12 つまずいて, 書いて 9 驚いて, 驚かされて 8 似て, 躓いて 7 憑かれたよう 6 心を, 憑かれて 5 して, ぶつかって, 使って, 向って, 耳を, 興味を, 足を, 附けて

4 [13件] おびえて, かこつけて, つけての, つけても, 出たの, 反抗する, 就いて, 就けて, 激し, 紛れて, 腹を, 触れて, 驚いたよう

3 [22件] つきあたったよう, ぶつかつて, 不自由だ, 出て, 包んで, 取り紛れて, 夢中に, 怖れ, 思い耽って, 怯えて, 怯やかされ, 感謝したい, 憑かれたみたい, 成って, 生れて, 祟られて, 胸を, 行って, 襲われて, 誘かれたやう, 追われるよう, 魅入られて

2 [79件] ありました, おどろいたよう, おびえたよう, これを, しなけ, じゃれて, ためされて, つかって, つかれたよう, つけてな, つまずいた, つままれて, ならなければ, なると, なろうと, はじかれたよう, ひっかかって, ひどい目, ぶっつかったよう, ぶつかったよう, グイと, 今年の, 利用する, 勤めて, 包み熱い, 化けて, 取り憑かれたよう, 向かって, 周章た, 唆か, 喫驚し, 對し, 導かれて, 就て, 引かれるよう, 引きずられて, 引き戻されたよう, 引っかかって, 引用し, 強制された, 微笑を, 思ひ当, 怯か, 惹かれて, 愕いた, 手を, 打たれたよう, 押されて, 拗ねて, 持ちあげられるよう, 束縛され, 来て, 気の, 氣を, 注意を, 涙を, 激昂する, 熱中し, 相違ございますまい, 瞞され, 祈らずには, 絡み付かれたら大きな, 脅かされて, 脅されたやう, 腰を, 見入つてゐる, 誓って, 誘われるよう, 躓いた, 追い立てられて, 追い立てられるよう, 追はれ, 追われて, 遮られて, 関はりが, 隨分可愛想な, 駆り立てられるよう, 驚かされたよう, 魅され

1 [866件 抜粋] あこがれようと, あったそんな, あったやう, あまり悲しみ, ありつかなくては, ある, ある神話, いつも強く, いろいろお, うまく持ちかけられた, おきせん, おしつけられるよう, おどろかされた鳩, おなり, おなりに, おびえなされまして, お世話なさる, かいて, かかなければ, かける音, からみついたり, からみつかれる思い, きまつ, ぎゆつと押しつけられ, くみ出して, くるまって, けつまずいて, こしかけて, こしら, こだ, こだわるよう, この疑問, こり固まったもの, さからうこと, さわり直ぐそう, しがみつきたい気持ち, したいと, したくなる, しっかり捉まり, しめつけられて, しようと, すがって, すがりたいん, すがりたい慾望, すがりつきたいという, すがりつきたい女, すっかり勝手, するらしいが, せきたてられるやう, せき立てられるよう, そっと文, そのため, だった, だらしが, ちがいあるまい, ちがいない, つかうのに, つかまらうと, つかまらうとして, つかまらなければ, つきあたるごと, つけ, つけいちいち, つけお, つけお祖母さん, つけさぐるよう, つけそう, つけそれ, つけどうせ, つけまわり, つけみんな, つけ一風呂, つけ丸, つけ主人思い, つけ仏法, つけ兵庫, つけ城下, つけ娑婆, つけ思い出されて, つけ日頃, つけ次郎さん, つけ気がかり, つけ犬神, つけ町に, つけ秀吉, つけ茶事, つけ質子, つけ追慕, つけ遠まわし, つけ食卓, つまずいたと, つまずきどしんと, つまずきました, つまづきどしん, つよく執した, てれて, とまど, とりすがる必死, とりつけた妙, どうかし, なったかも, なった人, ならなかったかが, なりさ, なりますか, なる, なるさ, なるだろうと, なるという, なるばかり, なるわけ, なる必要, なれるやう, のぼせて, のみこまれたよう, はさまれて, はっとして, ひかれて, ひきこまれるよう, ひっかかったり, ひっかかっては, ひつかけ, ひどくおびえ, ひどく熱中, ふときっと振り向く, ふれて, ぶっつけたくなった, ぶつかりさうに, ぶつかるだろう, ぶつかるの, ぶつかる味, ぶつけて, ほうり込んで, まごついたよう, まどわされ何, むせるよう, もう一遍, やって来て, やられたので, ょろ, よく気, アノ迷っ, ギクリと, グイグイ押しあげられる, ゴツンと, ツヤツヤした, ヒョッコリ出, ブツかつ, ブツカルに, 一心に, 一時も, 一番多く使はれ, 三保の松原の, 不便多く, 不思議にも, 不自由がちな, 乗ったまま玄能, 乗って, 乗らない, 乗る時, 云って, 今まで, 付いて, 仮託け, 会って, 体を, 使うとき, 使用する, 価するすべて, 促されたよう, 俺は, 傾けられて, 充たされたやう, 光るとき, 入れて, 具象されなけれ, 凝り出す, 凭れて, 出かけなすって, 出かけ知人等, 出すから, 出た所, 出ると, 出会って, 出遇, 別れを, 刺された, 刺撃され, 加工する, 助けられ僅, 動かされる読者, 勤めるもの, 包むだけ, 医専の, 半殺しの, 南洋煙草の, 卯の花が, 厭や, 反抗し, 取らせりゃいい, 取らせりやい, 取りついて, 取り憑かれてる, 取憑かれてでも, 取掴まったらしく堅く, 吃驚した, 吐け口, 吸い込まれて, 吸われる様, 吹き抜けられる気, 呪縛され, 呼ばれて, 呼びかけて, 呼びかける気持ち, 命ぜられる様, 咽び入る性質, 啖い取られ, 喫驚した, 喰らいつこうと, 喰らひつかう, 嘲弄され, 噛まれたに, 囲まれて, 固定しよう, 圧えられた, 在り, 坐敷, 売飛ばされて, 変るかも, 変わるなどという, 変形させ, 夜どおし自責, 大変化, 奪はれ, 女性が, 妨げられて, 寄りか, 寄りすがらなければ, 少し堅く, 就いても, 尽力した, 差支を, 建てたもの, 引きあげられるよう, 引きつけられるよう, 引きつけられる様, 引っか, 引っかかったが, 引っかかりでも, 引っかかれながら, 引ったくる, 引つかかる, 引つかかると, 引つ掛らなかつたの, 引懸って, 引掻かれて, 引止められた, 強姦され, 弾かれたよう, 当たるの, 当って, 当り散らしたくなる, 当る訳, 役立たないもの, 役立ちそう, 役立つか, 彼を, 往き当って, 復讐し, 心の, 心動かされた, 心臟を, 怒って, 怒つた芳公, 思いきり気もち, 思いふけってるよう, 思い当ったよう, 思い耽つて, 思ひついたらしくにつこりし, 思ひ合, 思われて, 性急に, 怯えたよう, 怯じ, 恟っと, 悶えて, 悸された, 感じ入って, 感動した, 感激し, 感激した, 感謝し, 慰められて, 慴えた, 憑かれた人, 憑かれてるよう, 憑かれ何, 憤慨する, 懺悔せず, 我の, 手に, 打たれたか, 打ちのめされたよう, 打ち挫, 打つかりたいの, 打興じ, 払いのけられたよう, 托す習慣, 托つけ, 抄した, 抱えられて, 挑みかかるやう, 挑みかかるよう, 振り撒き繋ぐことによつて, 捉われた, 捲き込まれて, 捺印署名した, 掛けたい願望, 握られたやう, 搾らるるよう, 摺れ違ったよう, 支えられて, 支配され, 改まって, 於ては, 昂奮し, 映したの, 時々出る, 書いたもの, 書き残して, 未練の, 来ない, 松岡譲氏の, 棄てて, 楯つい, 欺された, 殺されるだろうからって, 気がついた様子, 気がつくの, 気づいた調子, 気持の, 氣が, 求めるという, 没頭し, 渇いて, 満足し, 滑って, 漬けたの, 激発されれ, 煙草を, 燃えうつった気配, 片づけようと, 牽引を, 狂いだしたよう, 狼狽た, 生まれ変つたの, 甦らさずば, 畏言, 當り散らさう, 疎いところ, 病気を, 白昼電燈の, 盗まれて, 相当する, 相当の, 着替へるんで, 知らせて, 確乎と, 祈った, 祈りたいといふ, 祈ると, 私が, 私だって, 積った, 突きあたったかの, 突き当った, 突き当った感じ, 突然打たれた, 立ったあと, 立つ, 立脚する, 立腹でも, 笑いまぎらわせようと, 答えるもの, 納得されたい, 結い昔風, 結びなおして, 結城君の, 縋りつかないでは, 縋りつきたい気持, 縋りつきたい風, 縫いこんで, 繻珍の, 罹ったのに, 美化された, 義務を, 考え耽って, 耐えて, 耽溺した, 聞き惚れて, 脅えた臆病, 脅えてでも, 脅かされたやう, 脅されたよう, 脅迫せられてる, 腰かけ独り静か, 自分だけが, 苛立ったかの, 菜漬を, 蔽われて, 衝きのめされて, 衝き当ったよう, 表わして, 被はれ, 裏町の, 襲われた人, 襲われるといった, 襲われるよう, 見えて, 見せると, 見たてて, 見とれながら, 見出して, 見込まれたよう, 視入って, 触れ, 触れると, 触れる絃, 触れれば, 觸れ, 詰めて, 誑らかされた, 誘われて, 読みふけって, 論理的に, 議論を, 負けさして, 費消され, 蹌いた, 蹴つまずいて, 転じようと, 載せて, 載って, 近いきまり切った, 迷つていらつ, 追いつめられて, 追い立てられてるよう, 追っかけられたよう, 追ったてられるよう, 追ひた, 追ひつめられ, 追われつづけて, 追われるといった, 追随し, 追駈けられ, 退治られる, 逆上っ, 這入つて, 通ずるもの, 連載された, 遊ばしますか, 過ぎないの, 違いない, 遮られたよう, 酔ってでも, 酔っぱらったよう, 酷く使, 醒ました, 針を, 鈍な, 関係し, 限られて, 限定する, 随う, 隠れて, 非道く, 面倒を, 頭を, 頼む方, 頼りたかったの, 類するもの, 飛びついたやう, 食い取られて, 飯を, 馳けずり, 駆り立てられる心地, 駈り立てられた, 騙された後, 驚いたため, 驚いたの, 驚いたらしい, 驚いた舟夫, 驚かされたやう, 驚きを, 驚けば, 魂を, 魅せられたよう, 魅入られたの, 魘え, 鯉絵の

▼ 何~ (1441, 0.7%)

135 か前 62 も前 41 になる 31 も何年 26 となく 25 かの間 23 か後 18 の間 15 かの後 13 たっても 10 の後 9 にもない, も昔 8 の昔 7 かたって, か経っ 6 になります, もまえ, 経っても 5 か, かたった, かのあいだ, か昔, たつても, になるだらう

4 [16件] か以前, か振り, か経った, か経つ, であったか, という長い, と云, と云う, にもなる, のあいだ, ほど前, も, ものあいだ, も一緒, も生き, も連添う

3 [19件] かかるか, かたつ, かたつた, かになる, かの歳月, かの生活, か立っ, か經, というもの, になるだろう, になるでしょう, にも見た, のこと, の生涯, もお, もその, も会わない, も立っ, も経っ

2 [68件] いても, かあと, かかって, かし, かその, かないしは, かに, かのうち, かぶり, かまえ堀東, かめえに, かを経た, か何十年, か先, か經つて, か自分, か過ぎた, ぐらいになる, たって, たつて, だったか, であつ, ですむ, という時代, といふ, といふもの, とか費, にお, におなり, にもこの, にもなかっ, にも人, にも手入れ, にも無い, にも物, に一度, に成るだろう, ののち, の何月, ばかりになる, まえに, もいた, もか, もかかっ, もここ, もこんな, もそこ, もたっ, もたった, もたって, もたつ, もつづく, もむかし, も動かした, も経った, も經, も続いた, も続け, も追っ, やときいた, を始め大抵, 振かで, 生きて, 立っても, 経って, 経つと, 経ても, 越し世話

1 [697件 抜粋] ああやっ, あっても, いたか, いや何十年, おいても, おっぽりだして, おやり, かいる, かかいた, かかったこと, かかった後, かかっても, かかるもの, かかろうと, かが彼女, かが深い, かが経っ, かここ, かさき, かすぎた, かすぎる, かそこ, かたちました, かたて, かつ, かでも生き残っ, かになります, かにわたってこれら, かに一遍, かに世阿弥, かに亙る, かに出た, かに千万人, かに大いに, かに日置弾正, かに東京, かに歿, かに渉つて蓄積, かに買った, かに遷された, かね, かのあ, かのお正月, かのさう, かのため, かのち私, かののち, かの交際, かの京都, かの今日, かの動勢, かの十二月六日, かの学校生活, かの徒刑, かの悪運, かの昔, かの春, かの暗い, かの有名, かの江戸生活, かの活動, かの淋しい, かの煤, かの留守, かの禁獄, かの落葉, かの落語家生活, かの話, かの間学校生活, かの間戦争, かの間盆, かの間自分, かの革命党員, かはおまえ, かはっきり, かは公表, かは名人位, かは女, かは晩年, かは続けられる, かまえの, かまえは, かまえ松竹座, かよく, から, からその, から何年, から何年位, から附けられた, かをお過ごし, かを中, かを生き, かを要します, かを閲した, かを雪山, かを飼い馴らした, か以来, か住まわせ, か何千年, か何日, か保安条例, か冬ごもり, か出, か前一度穴釣り, か前私, か勤め, か夏, か妻子たち, か家, か専門, か小説, か待て, か後私, か恐らくは, か懸った, か持続, か散々要領, か日記, か時代, か暮した, か書き続け, か楽屋, か欧洲, か泰造, か焚火, か無人島生活, か狂, か琴, か生, か監禁, か相, か知らぬ, か硝子, か立ちました, か経, か経ち, か経つた, か経る, か經つて了つた, か続けた, か能, か見きわめ, か見ず, か試掘料, か過した, か間, がやって来られた, が過ぎた, が間, くらいになるでしょう, くらいもたった, くらい今, くらい前, くらい奉公, ぐらいあの, ぐらいおいで, ぐらいで腐る, ぐらいになります, ぐらいの予定, ぐらい前, ぐらい吉見さん, ぐらい居るでしょう, ぐらい自然生活, このかた, この欲望, しかもたなくする, じゃ, そうして甘い, そうやっ, たったであろう, たったでしょう, たったらあんな, たったら完成, たったろう, たつかは, たつたらあんな, たつも, だか, だかに, だったっけな, だったろう, だったろうか, だっていられます, だつたん, だという, つき合って, つづくか, つづく事, つづけても, つとめたね, であるかを, でしたか, でもあの, でもいられる, でもお, でもふるえ, でもまた, でも島, でも往, でも待つ, でも御, でも息子, でも構, でも石, でも程よい, でやした, で皆済, という, ということ, というこの, というものそこ, というもの手, というん, という事, という今, という建設期, という数字, という時, という間我子, といっ, といふ長き, とかお, とかなんとか, とかの, とかのコレラの, とか云われる, とか奉公, とか撒水車, とか経っ, とか言いました, とたつちまった, とないひさしい, とはいわない, ともなき, ともなく, とも分らない, とやらに造られ, と定め, と思っ, と時, と見きわめ, と見ない, なるとを, にても宮津七万石, になく, になつたの, にならう, になりましょう, になるであらう, になろう, になんなさる, にはまた, にまだ, にもいつも, にもお, にもかいた, にもした, にもそんな, にもつけた, にもつひぞない, にもどこ, にもならない, にもならぬ, にもわたっ, にもキユー, にも何十年, にも出合った, にも口, にも幾日, にも往き来, にも思ひ出した, にも感じた, にも憶えない, にも教会, にも植木屋さん, にも泳いだ, にも着た, にも絶無, にも聞き覚え, にも見ない, にも親しく会, にも通った, にも酒盛り, にも顔, に作つた, に出, に即位, に始つて, に成ります, に生れ, に生れた, ねかして, のあ, のうち, のため, のつもる, の五月, の人情, の八月, の前, の山, の憂鬱至極, の星霜, の時, の正月, の歳月, の法規, の秋, の苦労一ト, の間つれ, の間殆ど寧日, は乱雑, ほどになります, ほど持つ, までどこ, まで在位, まへ, もああ, もあちら, もあと, もあの, もいったい, もおれ, もお世話, もかかる, もかけ, もこ, もこっち, もこの, もし, もしまった, もすぎた, もそういう, もそれ, もたたぬ, もたち, もつかえるだろう, もつづけ, もつとめあげ, もない, もなおらなかった, もなげやり, もの夏, もの戦時中, もの長い, もの風雨, もほこり, もやった, もやってる, もドツク, もロッキー山脈, も一つ, も一つ仕事, も仕事, も他所, も以前, も会いません, も住ん, も何十年, も作らなかった, も修行, も側, も入, も全く, も冬, も前の, も前線, も化け, も化けおおせ, も口一つ, も図書館, も外国, も大切, も天井, も奉公, も始終, も学術鎖国, も居る, も居候, も山, も座つて, も後, も御前, も忘れ, も忠実, も思いだした, も思出, も慣れた, も我慢, も或, も持っ, も掛かっ, も故郷, も旅, も昔平林初之輔, も暮し, も暮した, も暮す, も棲ん, も楽しく, も死, も母国, も母親, も汗水, も江戸, も消える, も無人島生活, も父母, も生死, も男, も病気, も監獄, も社会全体, も童貞, も経た, も給料, も絵筆, も經つて, も繼續, も續, も考え通し, も胴忘れ, も船, も蝋燭, も行き来, も行方不明, も見落され, も親しく, も話した, も費, も軍隊生活, も辛棒, も逢わない, も遊蕩費, も道場, も遠洋漁業, も集めました, も雑木林, も顔, も食事, も飯, やったって, やっても, やつて, やりても, より有卦, ゐるん, をもう一度, を生きられる, を病気, を経, を経過, を過ぎ, を重ね, 住むか, 住めば, 別れて, 勤めて, 勤めても, 居たうち, 居っても, 居るん, 待たうとも, 待って, 振で会堂, 振で伯母さん, 振とか, 振に, 捲き込まれても, 掛かったやら, 新しいの, 漂おうと, 生きたけれど, 生きたって, 生きなさるか, 生きられるの, 生き続けて, 着ること, 程になります, 立って, 立つ, 経っただろう, 経ったん, 経つたこと, 経て, 経てば, 経とうが, 被りました僕の, 見たこと, 見なかったろう私, 調べたところ, 越し戀, 越し私, 逢って, 連れ添っても, 遊んで, 遠ざかって, 附いて, 顧みずにおいても, 食った

▼ 何です~ (1192, 0.6%)

35424222117 かお 13 かそれ 12 つて, 親分 11 かえ, かその, かね 10 と, な 9 それは, ッて 87 かあの, か私, これは, 何です 6 かあなた, か御 5 かこの, よこの 4 とえ, ねえ 3 かお家, か先生, がお, その花, って, て

2 [61件] あれは, かそこ, かと訊こう, かどういう, かどなた, かな家, かねえ, かね新しい, からな無論, かッ, かネ, かリウマチ, か之, か今, か大, か大変, か大層, か少し, か日向さん, か昨日, か此夏, か自分, か貴下, か貴方, か遠慮なく, か頭, があんな, がお茶, が何, が怨み, けれど, けれど那, それについて, それまた, とさ, とネー, と聞く, と聞け, と遠慮がち, な先生, な御, な私, な譬, ねえ其, ね貴女, のこれ, の宅, よお, よ私, よ過日, わ, 井崎の, 今話した, 家に, 昌作さん, 明日から, 松原の, 私は, 負傷者でも, 野村さん, 面白い話

1 [440件] あの人, あの伝法肌, あの音, ありゃ, いつか自動車が, え何ぞ, おじさん人様から, おせい様, お前さん人の, お婆さん, お嫁さん, お嬢さん, お孃さん, お武家さん, お父さん, かあなた方, かあれ, かい, かいあの, かいけません, かいそがし, かいそれ, かいつ, かいつぞや, かいつも, かいな, かいま, かいやっぱり, かいよいよ, かい僕, かい小さい, かい親分, かい近頃, かおかげ, かおなか, かお婆さん, かお嬢さん, かお母さん, かお雪ちゃん, かかう, かきょう, かこう, かこっち, かこれ, かこんな, かさも, かしかし, かしぐれ, かしら判, かじゃあないっ, かじゃない, かすっかり, かする, かそう, かそりゃ, かそんなに, かただお目, かってわたし, かつい, かといっ, かときいた, かとたずね, かとよく, かと不思議さうに, かと事務長, かと云う, かと問う, かと大きな, かと寺田, かと尋ねたら, かと聞きかえされ, かと言い出した, かと訊かう, かどうか, かな, かなまぬるい, かな較べ, かねさ, かねふらふら, かねわし, かね何とか家, かね台所, かね島流し, かね旦那, かね甚だ, かね私, かね蛇, かね蝶々, かね見番, かね覚え, かのう, かひとり, かひよろ, かふかい, かほんとに, かまだ, かもある, かもうすこし, かもうずっと, かもう一度, かもんく, かやはり, かよ, かよく, かよっぽど, かよほど, からお, からどうぞ, から一寸, から急ぎます, かわたし達, かアタピン, かアレ, かエクタ, かカロチ教授, かフツ, か一つ, か一体, か一向どうも, か一寸, か一方, か一言, か三つ離れ離れ, か三題話, か不体裁, か世間, か丸帯, か主人, か云う, か人, か人形, か人間, か今の, か何, か余り, か余計, か先刻, か兵助さん, か其方, か前川さん, か助ける, か勝野君, か十年契約, か千隆寺, か卓一さん, か叔父さん, か可, か吉岡さん, か君, か喜ん, か喧嘩, か変, か大きな, か大勢一緒, か大槻さん, か失礼, か奈何, か婦, か存じません, か家, か宿屋, か対手, か小さな, か小娘, か工場, か座敷ちがい, か弥, か彼事, か御用, か心配, か恁, か手拭, か招待状, か掛合, か支倉, か改まっ, か斯, か新治, か旦那様, か早く, か明神様, か本田, か本船, か来, か林, か母さん, か気分, か水, か浅吉さん, か瀬川さん, か瀬戸物, か無地, か焼け出され, か熊谷君, か狐, か田山先生, か病氣, か知りません, か磯屋さん, か笛, か結, か舶来, か船長さん, か色, か花房君, か芳町, か蔭, か薩長藩閥, か藻西太郎, か蘭竹, か蜜柑, か蟇, か言っ, か話, か貴君, か貸座敷, か身体, か遜, か郡内, か隠遁生活, か震え, か音, か騒ぎ, があまり, がお前さん, がこの, がその, がそれ, がそんな, がどうか, がな, がもし, がもしや, がわたくしども, がわたし, がサッポロ, が世間, が今度, が今日, が仏, が他人, が僕, が僕等, が入費, が実に, が御, が百物語, が色男タイプ, が裏, けどあなた, けど他, けど実は, けど家計, けど此人, けれどあたし, けれどもお雛様, けれどもわたし, けれども市郎さん, けれども楽屋, けれども然し, けれど一寸, けれど下町, けれど優しい, けれど厭味, けれど私以外, けれど関井, この子, こりゃ人, これやあ, ぜえ, ぜお, ぜお前さん, ぜだんな, ぜちょい, ぜ杉本さん, ぜ殺す, ぜ野郎, そのお, そのまんま後びっしゃりに, そのバッブラッブ, その丸木隊, その今度, その口, その忘れ物, その思いつかれた, その顔, それを, そんな顔, たか, ってお雪ちゃん, ってそんな, てば, てわたし, とあの, という, とさ会社, とさ火の玉, とさ鶏, とにかく困りました, とわたし, と一言, と人, と卑劣, と問うた, と慳貪, と私, と聞い, と聴いたら, なお困った, なこう, なこれから, なまじ薄, なまだはっきりこう, なまア, なムニャムニャムニャ, な夫婦関係もと, な市長さん, な池, な矢張り外, な貴, にぎやかです, ねえそんな, ねえ四郎さん, ねえ存じません, ねえ恟, ねえ邪険, ねえ首, ねお客さま, ねこれ, ねゑ, ねん, ねエ, ね女, ね有り金, ね義雄さん, のお母さん, のお話, のそれ, のほ, の富ちゃん, まあ口あけ, またそんな, よあんた達, よいつも, ようちょい, よお前さん, よそう, よなにどこ, よねむったふりしていたんだ, よまア, よ一週間, よ僕, よ勧め, よ同じ, よ奥庭, よ女, よ屹, よ屹度, よ新聞, よ旦那, よ旧, よ母さん, よ気, よ貴女, よ貴方, よ開業式, わっし, わつい, ウ現行犯で, ツ, ツて, ネ, ネーお前さん何を, ネーたいへん, ネー母親さん他人の, ネ口, ネ電胎法, 一つ江戸住と, 一体, 一体に, 一體, 二度添とは, 人が, 人間の, 今の, 今のは, 今までの, 今頃楊枝なぞを, 他人に, 何うし, 何を, 何十代という, 僕の, 僕は, 元は, 全体まア, 兵助さん, 前期と, 剣術の, 勝手と, 博士, 厭に, 可い加減, 君の, 君は, 吾, 坂を, 失礼な, 奥さん, 姉様の, 対向った, 山河内という, 工場の, 彼女は, 御わかり, 急病人, 愕いた, 数寄屋町の, 旦, 昨年に, 有難い事, 此の, 泥棒です, 湯家って, 珍しく幾, 生意気だ, 甲斐の, 番頭さん泣く, 痺れを, 米友さん, 翻訳は, 藩閥政府の, 親分六郎を, 誰を, 豚かいなんて, 貴女の, 贈与契約書とかが, 遠慮なく然, 鎮台の, 電車です

▼ 何といふ~ (1059, 0.5%)

39 ことも 21 ことなし 19 事も 13 ことなく 11 ことだ 9 わけも, 不思議な 8 事なし 6 ことは, ことを, のか, 事なく, 立派な, 美しさ, 馬鹿な 5 うまさ, ことだらう, 事で, 嫌な, 幸福な, 皮肉な 4 ことで, 意味です, 愚かな, 我儘な, 理由なし, 私は

3 [13件] 不幸な, 事を, 仕合せだ, 冷い, 名だ, 善良な, 尊い事, 幸福であらう, 怖ろ, 理由も, 相違だらう, 譯も, 馬鹿だらう

2 [69件] い, いい精神, すばらしい表現, つつましさ, のかな, のです, みじめな, ものかと, やさしさ, んだ, んです, ケチな, 下らない人間, 不幸だらう, 事です, 俺は, 優しさ, 先生だ, 其風采で, 初初しさ, 力づよさだ, 古風な, 可憐な, 名か, 名前です, 呆然した, 哀れな, 大変な, 奇妙な, 女で, 弱さ, 強さ, 心の, 心得違ひ, 恐ろしいもの, 悧巧者だらう, 悲しいこと, 悲しさ, 悲惨な, 意気地なし, 愚劣な, 態だ, 懸命さで, 旨い歌, 旨さ, 明智で, 曲です, 格構で, 此娘は, 汽船だ, 深切だらう, 無慚, 男だ, 男だらう, 穩や, 結構な, 罰あたりだらう, 聲だらう, 自分は, 草だ, 薄情な, 親切な, 言葉で, 長い時間, 靜けさだらう, 馬鹿, 馬鹿げたこと, 鳥か, 鳥な

1 [657件 抜粋] あきらめたやう, あた, あは, あはれの, ありがたいことぢゃ, あわてやう, あッけなさ, いい聲, いけませんか, いじらしい話, いたいたしい美しさ, いはれも, いやな, いらだ, うつくしさ, うまいうどん, うまい物, うまくない, うれしい感触, うれしい言葉, えらい人, おとなしい犬, お寒い, お幸福, かしましさ, かなしいもどり, きよらかな, きれいで, くだらない人間, くだらなさ, けたたましくも, こだ, こつちや, ことが, ことなく気味悪く, こと親方様が, この娘, これは, さびしいこと, さびしさだ, ざまだ, ざまを, しつつ, しづかさ純愛の, すが, すがすがしさ, すばらしい日, すべてが, せは, その鳥, だらしな, だらしの, つまらない男, つめたい態度, つらい毎日, づうづうしいやつだらう本, とりとめも, なごやかさで, なつかしい人間, なつかしい愛, ぬくいこと, ぬくさ, のだ, のを, はかなさ, はつきりした, ばかの, ひどいこと, ひどい罪, ひねくれたいけない心, ふしぎな, ほがら, まあ壮ん, まだるつこし, まづい, みすぼらしい生活, みすぼらしさ, ものあり, ものか, もの寂しい聲, もんかね, やうに, よいこと, よい声, よろこび, わからずやの, わが儘, わけか, んだつた, アツケない, ウソの, ダラシな, デリカで, デリケートな, バスの, ヘマばかり, ホガらし, ボンクラな, メイキャップの, 一生の, 上天気だらう, 不作法な, 不可思議な, 不味い三鞭酒, 不幸の, 不心得な, 不思議で, 不注意な, 不衞生, 不謹慎な, 世界で, 乱暴な, 乾ききつ, 亂暴な, 事だ, 事だらう, 云ひ, 人か, 人です, 人の, 人間な, 今朝の, 仕事, 仕合せの, 仕合だらう, 仲の, 佗びしさか, 佗びしさかな, 侘びしさかな, 偉大な, 健気な, 傑れた, 傲慢そのものだ, 優美さそして, 光だ, 光り輝く青, 円くなめらか, 冥加な, 凄まじい眼, 出鱈目な, 刈萱の, 初々しい声, 劇的效果だ, 力強さ, 劣惡な, 勢ひであろう, 北の, 卑き, 卑しさ, 原因も, 厭な, 厳かな, 可憐と, 名かと, 名が, 名である, 名に, 名まへ, 名前だ, 名前の, 名前を, 名称な, 向ふ, 吝嗇臭い, 呪はれた, 和んだ気持, 善い国, 善い日, 單純な, 嘘つきだらう, 嘘つきで, 因果で, 因果なこつた, 図々しいこと, 図々しい頼み, 國だ, 坐り態だ, 堅い結びつき, 塀和さんで, 壯大な, 夜だらう, 夢だ, 大きいそして, 大きい胃袋, 大きな仕事, 大きな相違, 大きな蒼天, 奇態な, 奇異な, 奇麗な, 女だい, 女は, 女性らしい, 奴です, 奴の, 奴等だらう, 好い清水, 好い町, 好もしい学者肌, 妄想が, 姓かね, 威嚴の, 嫌らしい, 嬉しい狂氣, 安さ, 安ツ, 家かのう, 家だ, 家は, 寂しいあしなみ, 寂しいこと, 寂しげな, 富士山の, 寒々と, 寡慾な, 尊い言葉, 小さな建物, 小鳥で, 山の, 崇高い, 巧みな, 常套的な, 平易で, 幸福に, 幸福を, 幸運で, 幸運な, 幽妙, 弱い肉体, 弱虫だ, 強い沈默, 強情な, 役に立たない肉体, 彼女の, 得体の, 御用御, 微かな, 心得だ, 快い驚き, 快適な, 怖しい, 思ひま, 怪し気な, 恋の, 恐ろしい方, 恐ろしい沈默, 恐ろしい沈黙, 恥さらしな, 恥しさ, 恥知らずだ, 恥知らずな, 悩ましい姿, 悲しい光景, 悲しい壮, 悲しい現実, 悲しい言葉, 悲しく寂しい生涯, 情けないこと, 情ない, 情ないこと, 情ない方, 情なさ, 惜しいこと, 惡譯で, 惨めさだ, 惨めな, 愉快な, 意久地なし, 意久地の, 意味も, 意気地の, 意識も, 愚か者か, 愚人の, 愚劣だ, 愚劣だらう, 感情の, 感謝で, 慎しみの, 憂欝歩く, 憎い声, 憎態, 懶い日, 我が儘, 手あらな, 手ぬかりで, 手も, 手答への, 手紙で, 拷問だらう, 操の, 支離支滅な, 敵の, 文字の, 方だ, 旨い言廻し, 早い月日, 早さ, 明るい倦怠, 明るさ, 明察, 星ぢやらう, 時代おくれ, 時代後れ, 時計だ, 有難い事, 有難い志, 有難い経験, 木かしら, 木ぞ, 木な, 梨だ, 樂し, 横着さ半之丞が, 正直な, 死だつた, 殺生な, 気まぐれ日和だらう, 水臭いやり方, 汚ない, 没分暁漢な, 浅ましさ, 浅間しい, 淋しさ, 深い根本的, 深い色, 深く光沢, 深淵によ, 淺ましい, 温い手の平, 温情だらう, 湖だつた, 湖水の, 滑稽な自惚れだつたらう, 激しい變化, 濃やかな, 無作法な, 無意味な, 無愛想な, 無數, 無残な, 無気力と, 無気味な, 無茶苦茶な, 無責任な, 無邪気な, 無駄な, 然しい, 煮切ない, 燈火だらう, 爽, 物凄い力, 物産が, 犧牲的な, 狂人の, 狂喜だつた, 獨特の, 理窟ツぽい, 甘えツ子だらう, 甚しい, 生きたるもの, 男が, 男としての, 町だつた, 痛々しい感じ, 痛快な, 痛烈な, 百合である, 皮肉で, 目だちたる事, 相異, 相違で, 眞實な, 真摯だらう, 矛盾だらう, 神祕的な, 種も, 穏かさだつたらう, 笑は, 笑ふべき, 簡明な, 粗忽を, 粗暴な, 純な, 素敵も, 素晴しい, 素晴らしい手巾, 素晴らしい欄干, 素晴らしさ, 細々しさ, 絵だらう, 罰あたりどもだらう, 美しいことば, 美しい奥様, 美しい文字, 美しい月, 美しい朝, 美しき発見, 聖麗何といふ, 聲だ, 肉縁の, 背信忘恩で, 腐れ縁だらう, 花の, 苦しいこと, 苦しい立場, 苦しみ樣だらう, 草か, 草にかと, 莫迦な, 落つきの, 著しい相違, 蒼褪めた, 薄気味の, 薔薇色の, 虔まし, 虫だらう, 虫で, 虫の, 螢の, 行儀の, 見物の, 見苦しい態, 親しげ, 親しみ易い, 親不幸, 解らなさ, 言草だ, 言葉だ, 言葉を, 詩的の, 誇らしいこと, 謙虚な, 謙遜な, 譯の, 豊富, 豪勢な, 貴いかた, 賤しい, 距離ぞ, 軽卒な, 迂闊な, 透明な, 造化の, 違ひ, 遠大な, 遠慮した, 邪推深い, 酒の, 酒臭い, 酷い不孝者, 醜い私, 醜い顏, 醜い黒い顔, 醜怪, 醜悪, 醜悪事で, 醜態だ, 重苦しい日, 銘だ, 鋭い眼光, 長い間, 長たらしい収まり, 間の, 阿呆な, 陰欝な, 陰気な, 陽の, 雑誌, 難かし, 静かさだつたらう, 静かな, 静けさだらう, 靜かさだらう, 靜かさで, 靜な, 非常な, 面倒な, 面白い歌, 面白い造物, 頭だ, 頭の, 頼母しい, 頽廃何といふ, 題かは, 顏色ぞ, 飯の, 馬鹿気た, 馬鹿者で, 騒々しい電車, 騷ぎだ, 驚くべき均衡, 驚愕, 鬱積した, 魅力を, 魔力で, 鮮かさだらう, 鳥, 鳥だ, 點に

▼ 何とも~ (1041, 0.5%)

60 云わなかった 35 なかった, 言わなかった 26 云わないで, 言わずに 25 云えない 24 云わずに 15 いわなかった 13 云わない 10 言わない 8 云って 7 言わないで 6 ない, 言って 5 いわずに, ございません, 云へ, 思わない, 思わなかったが, 思わぬ, 申しよう 4 わからぬ化身, 云わないから, 云わなかったん, 云わぬ, 云われないほど, 仕方が, 言わないの

3 [11件] いわないで, つかずに, ないよう, 云わないのに, 云わなかったが, 云わなかったの, 云われない, 云われなかった, 思わなかった, 言わなかったが, 言われません

2 [57件] いわないから, いわなくなった, おっしゃらないの, ございませんが, つかずその, ないか, ないの, ないよ, ないん, なかつた, なかつたが, なくて, なって, ならないで, ならぬ, 云えなかっ, 云えませんでした, 云っては, 云わずまた, 云わないうち, 云わなかったかい, 云わなかったので, 云わぬから, 云われないかるい, 云われない恐怖, 云われない気持, 付かない若い, 付かない調子外れ, 付かぬもの, 付かぬ言葉, 仰せの, 思はぬ樣子, 思わず, 思わないけれど, 思わないで, 思わないのに, 思わなかったけれど, 思わなかったの, 思わなかったもの, 思わぬが, 思わぬけれど, 無かった, 申されません, 申訳ありません, 私は, 答える事, 致方が, 言いようの, 言わないうち, 言わないが, 言わないので, 言わなかッ, 言わねえ, 言われなかった, 言われぬ, 言われん味, 譬えよう

1 [535件 抜粋] ありません, ありませんか, ありませんの, ありませんよ, ありやしねえや, いいなされしません, いいよう, いい様, いえずに, いえず活気, いえないその, いえないつめたい, いえないとんぼ, いえないほど, いえない倦怠, いえない哀寂, いえない変, いえない温蒸, いえない肌ざわりのものが, いえない面白, いえぬ古色, いえぬ変, いえぬ薄汚い, いえませんが, いえませんや, いはないので, いはなかつた, いはぬ, いはぬひま, いわざるは, いわず, いわずただ, いわずバラ, いわず僕, いわず唯それとなく, いわず女連, いわず横, いわず通り過ぎても, いわないうち, いわないけれど, いわないのに, いわないよ, いわないわ, いわないん, いわない弱りさ加減, いわない彼女, いわない竜, いわなかったから, いわなかったの, いわなかったので, いわなければ, いわぬに, いわれず気味, いわれない, いわれないいや, いわれないと, いわれないのに, いわれない優しい, いわれない可, いわれない寂しい, いわれない悲惨, いわれない懐し, いわれない気, いわれなかったお世話, いわれぬので, いわれぬ厭, いわれぬ残春, いわれぬ温かい, いわれぬ羨まし, いわれませんかった, いわんと, おっしゃらない, おっしゃらないん, おっしゃらなかったでしょう, おっしゃらなかったの, おっしゃらなくってよ, お気の毒, きいては, きまらずボー漠, ございませんけれど, ございませんでしたか, しない, しないならそれ, しないの, しないよ, しない秀吉, しらず表情, せぬが, たとえよう, たまらず, つかず, つかずこばむよう, つかずやれば, つかず快き, つかず思出, つかず憶, つかず散歩, つかず此方, つかず突然, つかず貰った, つかず返事, つかない, つかないこんな, つかない変, つかない独り言, つかない笑声, つかない色, つかない面白い, つかぬごま化, つかぬとりとめの, つかぬ一種, つかぬ冷酷, つかぬ切実, つかぬ剽輕, つかぬ叫声, つかぬ声, つかぬ年中行事, つかぬ強い, つかぬ悶々, つかぬ混雑, つかぬ無数, つかぬ空ろ, つかぬ話, つかぬ迷, つまらない女, つまらぬもの, どうも飛んだ, ないから, ないこと, ないと, ないので, ないのに, ないコリャ, ない方, ない様, ない痛み, なかったです, なかったら, なかつたかしら, なかつたけれども, なかつたと, なかつたんで, なかつた私, なくとも, なく平気, なく往来, なく思う, なく蟻, なく食事, なげなる顔, ならず, ならずついに, ならない, ならないん, ならない出来なければ, ならなかった事情, ならぬこと, ならぬこれから, ならねえん, ねえが, ねえだ, ねんだもの, のうなって, もうしませんでしたが, わかず, わからないざれごと, わからないながらも, わからない変, わからない試し, わからぬが, わからぬので, わからんですよ, わからんな, ハヤ面目次第も, 下手くそな, 不可解な, 不釣合の, 云いよう, 云えずかなしく, 云えずきれい, 云えずさわやか, 云えずに, 云えず不安, 云えず凄い, 云えず好い, 云えず心持, 云えず拠りどころ, 云えず無気味, 云えず熱烈, 云えず瞳, 云えず立派, 云えず美くし, 云えず落着き, 云えず風情, 云えないうすら寒い, 云えない好い, 云えない恐い, 云えない温か, 云えない美しい, 云えない良い, 云えない面白い, 云えぬ, 云えぬかと, 云えぬ不気味, 云えぬ不気味さ, 云えぬ印象, 云えぬ国男二十七, 云えぬ好い, 云えぬ気味, 云えぬ目つき, 云えぬ素直さ, 云えね, 云えませんでしたよ, 云ひ, 云わざった, 云わずあたりまえ, 云わずしかし, 云わずすぐ, 云わずただ, 云わずだまって, 云わずには, 云わず上気, 云わず傲然, 云わず地下足袋, 云わず湯桶, 云わず煙草, 云わず物思わしげ, 云わず程, 云わず顔, 云わず黙って, 云わないこと, 云わないでは, 云わないの, 云わないまでも, 云わないよ, 云わないドウ, 云わない内, 云わない夫, 云わない様, 云わなかったけれども, 云わなかったぜ, 云わなかったですが, 云わなかったよ, 云わなかったろう, 云わなくても, 云わぬ先, 云わねえの, 云われずうれしい, 云われず吻, 云われないいや味, 云われないおだやか, 云われないお湯, 云われないきびしい, 云われないしずか, 云われないしみじみ, 云われないだろう詐欺, 云われないの, 云われないやさし, 云われない不思議, 云われない人懐ッ, 云われない女らしい, 云われない嬉し, 云われない心持, 云われない恐ろしい, 云われない悪寒, 云われない感, 云われない様, 云われない殺気刀気, 云われない疲労, 云われない調法, 云われない野生, 云われない頑固, 云われない魂, 云われなかったが, 云われなかったけれど, 云われなかったら女, 云われなく美くし, 云われぬ一種, 云われぬ切ない, 云われぬ実に, 云われぬ微妙, 云われぬ恐ろしい, 云われぬ悲し, 云われぬ感想, 云われぬ気の毒さ, 云われぬ臭気, 云われぬ芳ばしい, 云われませんでした, 云われん, 云われん位, 仕方の, 付かぬこと, 仰っしゃってくださいますな, 仰らないが, 六十の, 分からんさ, 分らずに, 分らないから, 分らない大, 分らない謎, 分らなくってよ, 分らぬ変, 分らぬ怪物, 分らぬ異常, 分らんが, 分らんな, 判らないと, 判らない肴, 判らんで, 友達ガヒの, 名状し, 呆れ返った野郎, 問わず薫, 堪らなくなりました, 存じませんから, 尤もで, 得体の, 得知れぬ, 御無礼, 御生別, 御迷惑, 心得難く, 思しめされずただ, 思しめされず唯, 思って, 思はずに, 思はない, 思はないが, 思はないで, 思はないやう, 思はなかつた, 思はぬ, 思はぬ様子, 思はんかね, 思はんくせ, 思ひは, 思わざりしに, 思わずに, 思わず敵, 思わないかえって, 思わないでしょうが, 思わないと, 思わないという, 思わないね, 思わないの, 思わない時分, 思わなかったそう, 思わなかったその, 思わなかったむしろ, 思わなかったろうて, 思わなかった隆吉, 思わぬに, 思わぬはず, 思わぬらしい, 思わぬ様子, 思わねえから, 思わねえが, 思わねども, 思われません, 思われる懸念, 思わんかも, 思わんよう, 恐れ入りました再度, 恐入りました, 恐入ります少し, 感じませんか, 我は, 断らないでですか, 曰われぬ嫌, 書いて, 書かなかった, 未だ知れぬ, 決めて, 無い, 無いから, 無い顔, 無くって, 猶言はず, 申されぬが, 申されませんね, 申されませんわ, 申しません, 申しませんが, 申しませんでしたが, 申しわけが, 申し上げませんでもと, 申し上げよう, 申し上げること, 申し様, 申訳ございません, 申訳なく存じ, 申訳は, 異様な, 知らずこの, 知らずしまったという, 知らずそ, 知らずまた, 知らず悲しく, 知らず感謝, 知らず覚えただけの, 知らず面白かっ, 知らなかったけれど, 知らぬ不安さ, 知らぬ御, 知らぬ柔らか, 知らぬ者, 知らぬ言葉, 知れない恐ろしい, 知れぬ会, 知れぬ隣室, 答えません, 答えよう, 答えること, 答える者, 答える訳, 考へちや, 聞かないん, 解らんぞ, 言えず力強い, 言えない後部, 言えない顔, 言えぬほど, 言えぬ句, 言えぬ旨味, 言えぬ異様, 言えねえ匂い, 言えませぬが, 言えん晩, 言わずお, 言わずただ, 言わずよたよた, 言わずツイ鼻, 言わず上等, 言わず目, 言わず美くし, 言わず路地, 言わないそうして, 言わないその, 言わないのに, 言わないまま, 言わないわ, 言わないん, 言わない先, 言わない許りか, 言わなかったあの, 言わなかったから, 言わなかったけれど, 言わなかったそう, 言わなかったそしてまた, 言わなかったの, 言わなきゃ彼奴, 言わなくったって, 言わなくても, 言わなくなった, 言わぬ, 言わぬうち, 言わぬお, 言わぬ中, 言わぬ問題, 言わねえの, 言われず快し, 言われず美しい, 言われず艶, 言われない, 言われないほど, 言われない好い, 言われない恐ろしい, 言われない苦痛, 言われない陰欝, 言われぬしおらし, 言われぬでは, 言われぬ位, 言われぬ嘶きかた, 言われぬ妙, 言われぬ妙作, 言われぬ情な, 言われぬ淋し, 言われぬ美, 言われぬ落莫, 言われねえの, 言われませんが, 言われませんね, 言われません建前, 言われん, 言われん風味, 計らはれませぬ, 評しなかつた, 評しよう, 話しかける手づる, 語らなかった, 語らなかつた, 誠にどうも何で御, 説かれて, 返事は, 附かない字, 附かぬ自分, 限らないからね, 音さたなし, 響かないもの, 響かん

▼ 何~ (929, 0.5%)

183 に来た 40 ている 3629 にここ 28 に行く 20 ていた, に行った 16 にこんな 13 に来 12 やがる 11 ておる 9 にこの, に來, に参った 8 てゐる, においで 7 にきた 65 ていらっしゃる, に来る 4 てもお, てゐた, にそんな, に来ました

3 [23件] ておった, ておられる, てもこの, てもその, て何, て居る, にお, にお前, にこれ, にまいった, にまた, にやって来た, に佐渡, に出, に参る, に帰っ, に帰つて, に来たろう, に来なすった, に来やがった, に物, に見えられた, に降

2 [39件] あんした, て, ていただ, ていなさる, ていやる, ておら, てけつ, てす, てそんなに, てな, てもこれ, てもこんな, てもそれ, ても信長, ても孔明, ても彼, ても御, てらっしゃる, てわらった, てん, て呉れう, て暮らし, て来た, て遁げ, て黙っ, にあの, にそんなに, にです, に偽り, に山, に役者, に拙者, に新聞社, に此処, に此樣, に行, に行ぐだあ, に行っ, に見えた

1 [292件] てあげ怒る, てあんな, てい, ていい, ていたい, ていました, ています, ていやった, ていよる, ていらっした, ているかっ, ているだろう, てお, ておいで, ておいやす, ておられた, ております, ておるっ, てお寺, てから途中, てけさそった, てけつかる, てけつかんだ, てこの世, てこんなに, てござった, てござら, てござるだ, てござろ, てじゃと問え, てたん, てとった, てどう, てね, てねんやえらい, てはいない, てはりま, てます, ても, てもあの, てもうるさい, てもきょう, てもきり, てもここ, てもご, てもさしたる, てもずいぶん, てもめでたいめでたい, てももってのほか, てもラサ府, ても一武臣, ても乙女, ても二人, ても人騒がせ, ても今, ても今日, ても今日中, ても今時, ても信長公, ても働く, ても六波羅, ても出, ても出来ませぬ, ても判らぬ, ても別れる, ても前例, ても半襟, ても単, ても厭, ても困, ても報いられない, ても大坂新城, ても娘子怪我, ても官兵衛, ても山木さん, ても幕府, ても彼ら, ても心外千万, ても忙しい, ても忠利, ても惜しい, ても意識無意識, ても承知, ても斯ん, ても旅中, ても早い, ても早く, ても有史以来, ても格, ても案じられる, ても此時, ても武具, ても油断, ても泣く, ても灯, ても無事, ても無念, ても物々し, ても由々しい, ても相手, ても絶代, ても美人, ても耳, ても腹, ても自分, ても若い, ても蒲團, ても身軽そう, ても退屈至極, ても逃げる, ても金, ても長州ざむれえの元気, ても雑沓, ても靴, ても馬謖, ても騒ぎ, てやす, てらっした, てゐ, てゐます, てゐるだらう, てピムキン, てン, て下さい, て中, て今頃, て会社, て何何, て俺, て偶然, て其様, て切れる, て子, て居, て居さら, て居った, て居ます, て彼様貧乏人, て戸, て斯, て早, て昨日, て梅子さん, て此所, て歩い, て歩いた, て死んだ, て泣ぃ, て物, て狼, て猫, て登られる, て私, て置く, て行かなかった, て見, て貰う, て貴方, て逃げた, て遊びませう, て遊ん, て阿, て食っ, て髪, て鼠, にあたし, にあんな, にあんなに, にい, にいきなり, にいまごろ, にいらっした, にうせやがった, にうそ, にうろつい, におい, においでなさる, におじゃった, におれ, にお出で, にお越し, にかれ, にきました, にこうして, にこころ, にこちら, にござった, にさ, にそこ, にその, につて, にでもない, にとは情けない, にとやかく, にと思われました, にどうして, にどこ, にはいっ, にはいってる, にはお, にまいられた, にもどっ, によ, にわざわざ, にエルシノア, にツ, に世の中, に人, に今ごろ, に今時, に今頃, に仏蘭西, に伊勢, に佐々木, に入, に入る, に出かけ, に出かける, に出しゃ張っ, に出ました, に十二年もの間, に参られた, に参られる, に又, に口外, に召され, に君, に君たち, に土蔵, に大根おろし, に大根卸, に子, に字数平仄, に宝, に家, に寄るっ, に常陸, に従い, に徳川殿, に心, に患者, に悲しき, に憎く, に憎しみ, に戻っ, に斯様, に新橋, に日光, に来おった, に来てる, に来とる, に来なさった, に来ます, に来ますでしょう, に来よつた, に来られた, に来ん, に此山, に此所, に残る, に殺害, に江戸, に江戸表, に海外, に生れ, に町筋, に疎略, に登った, に空屋, に箪笥, に紙, に素性, に羨, に臆し侍らん, に虚偽, に行かっし, に行きます, に行つたの, に行ッたん, に言葉, に證拠, に躍り来た, に身, に這入った, に還っ, に錠前, に駈けた, ゃがるんだなんで, やうとちつ, や來, や来たす, 給へと

▼ 何~ (921, 0.5%)

25 も何日 9 たっても, の間 8 のこと, もかかっ 7 の何時 6 だか, であつ, となく 5 かの間, か後, であったか, であったかに, になく, も続く, 経ったか, 経っても

4 [11件] お帰り, か前, だったか, でも, でもお, でも可, になる, に死する, の何時頃, も, 見ても

3 [16件] お歸, か, かは春, か何処, か私, か経った, ぞや, だ, だつたか, になっ, の夜, までもお, もたたない, ものあいだ, も続いた, も船

2 [80件] かかるの, かしら菊池君, かであつ, かのあいだ, かの後, かは必ず, からだ, からとも知れず, か古山, か君, か此女, か無駄, か経っ, か続い, か続いた, が暮れたら, しか七月, しか取除かれた, しか四箇月, しか大きい, しか此女, しか精神, たつても, だえ, だっけ, だつけ, だツ, でしたか, です, でもニコニコ, でも事務室, でも半分, でも寄る, でも御, でも持つ, でも昨晩, でも月初め, でも次, でも此病院, でも泊っ, でも私, でも衣嚢, でも議論一つ, でも貴方, でも酒, でも飛び出すだらう, ともなく, とも被, と何日, と判じ, と日限, にする, にどこ, になろう, にはどこ, に帰つて, に来, の事, の何時ごろ, の何時何分, の晩, は身, まで, までだ, までも, までも持つ, までも此儘, もの如く三歳, も云, も何十日, も何週間, も前, も吹雪, も御, も心, も濃い, も続い, も飯, 丁度八月十五日, 着くの

1 [545件 抜粋] あるいは何十日, あるとか, あるの, いうたか, いたの, いても, いや何月, かあった, かあと, かいたの, かお, かお目にかかります, かかって, かかっても, かかつて, かかります, かかるか, かかると, かがあっ, かがすぎ, かがそんな, かし, かその, かそれ, かたった, かたったが, かたって, かたつ, かつづけられました, かであった, かである, かでダメ, かで東京, かということ, かというん, かと問う, かと聞く, かにアガる, かに当っ, かに知世子, かに自殺, かに都, かねえこの, かのあれッ限り, かのやう, かのよう, かの不, かの凌ぎ, かの回想, かの大相撲, かの新聞, かの日暮れ方, かの昔それら, かの晩, かの海上生活, かの滞在, かの潜伏期, かは, かはお, かは一度, かは之, かは切る, かは投, かは文字通り, かは来るだろう, かは毎日夜中, かは話, かは食べる, かまた, かまで一度, かもはや, かも話した, からか土地, から一週間, から常用, から江戸表, から芝居, から見えなくなった, から開演, かをぶっ, かを忙しい, かを持つべく, かを経過, かを送った, かを遊び, かヒビだらけ, か一度, か二人, か他, か会う, か何年, か北方, か吹く, か埃, か密偵団, か弥次馬, か懐胎, か或は, か投げだされ, か暇, か木挽橋, か柳屋, か此方, か江州, か汽車, か泊つて下宿, か深い, か煩悶, か生, か眠つて, か経ちます, か経ったら, か経つ, か經つて, か続け, か蟻, か街道, か酔い, か金沢, か鎖, か雀部, か雨模樣, か頃, か飯, がいい, がお, がすぎた, が出立, くらいであったろう, くらいで帰れるでしょう, くらいもつかね, くらいをこの, ぐらいかかります, ぐらいかかりやす, ぐらいかかる, ぐらいかかるでしょう, ぐらいかね, ぐらいでかび, ぐらいでしょう, ぐらいで飲みました, ぐらいに当る, ぐらい動い, ぐらい或は, こんな日, しか棲み, しか自然, したら安治, じゃったかな, すぎても, ぞや讀んだ, たったろう, だかに, だから, だそれ, だっけかね, だったかしらと, だったかは, だったかも, だつたかね, だといった, だね, だろう, であったろう, でございましょうか, でございます, でござる, でしたっけ, でしたつけ, でしたッ, でしょう, ですかねえ, でそして, では, でもかま, でもこられる, でもその, でもち, でもというよう, でもまるで, でもゆっくり, でもをつて, でも人間一人, でも何十日, でも俯い, でも出来る, でも同じ, でも居, でも役目, でも忍び, でも悪く, でも惡, でも押掛け, でも旦那, でも暗く, でも朝, でも此陰氣, でも死ぬ, でも死ん, でも残る, でも気楽, でも泊つて, でも泊め, でも煙草, でも燦, でも立っ, でも翌月, でも軽い, でも輕, でも違った, でも附加, でも髪, でも髮, で加賀, で給田, とあった, とある, という, というもの絶対, というよう, という事, という日附, という間, という風, といへ, といわね, とか, とかその, とかはちょうど, とし, とてもか, とに来た, とはなく, ともいえぬ, とも日, と云う, と今年, と勘定, と決まった, と決定つた, どう云う, ながめても, なと, なりし, なりや, なるらん半ば, なるを, にあたし, にあたる, にあちら, にいくらいくら, においで, にかえるで, にこういう, にご, にしょう, にその, にというとき, にどう, にどこそこ, にない冷た, になく激しく, になった, になつ, になつた, になつて, になるだらう, になるだろう, にはどう, にはジプチ, にはナポリ, には何處, には日蝕, には聖上, にもない, にも亘っ, にも煮, にヨコハマ, にロンドン, に上陸, に位する, に何流, に來, に入院, に出よ, に剣難, に圃, に城門, に大阪, に幾日, に広島, に当る, に戦争, に扱所, に日蝕, に早朝, に根岸, に根岸庵, に案内者, に此地, に死ぬ, に火難, に為替, に無い, に生まれた, に當, に目盛, に自分, に薬価, に處, に西貢, に誰, に雨, に雷, に魚津, の, のお, のつ, のよう, の世の中, の何新聞, の何時何分何秒, の何時何分頃, の何時何刻, の何時頃線香蝋燭, の夜半, の天候, の天気, の日附, の深夜, の続き, の自分, の船, の頃, の黒, は何曜日, は凶日, は吉日, は必ず, ばかりの後, まであゝ, までお人好し, までか訊ねた, までに, までにヨコハマ, までに何枚位, までに書く, までもこんな, までもじつ, までも世間, までも仇, までも凹込, までも宅, までも未練, までも此方, までも沙汰, までも生き, までも続いた, までも足, まで一つ所, まで入獄, まで待っ, まで怒, まで朽ち, まで着, もある, もいっしょ, もお, もお湯, もかかる, もきっぱり, もくりかえしくりかえし, もくり返し, もこの, もそういう, もたった, もたつ, もつ, もつづい, もつづき, もつづける, もつであろう, もつねに, もつまっ, もない, もの刻, もの時刻, もの様, もの樣, もの源吾, もぶっつづけ, もみんな, もよりちと, もより少し, もタバコ, も一日一度, も不思議, も主食物, も乗っ, も仕事, も何年, も保たぬ, も偃松, も働きました, も元気, も其家, も出掛け, も同じ, も商売, も坐りつづけ, も売れない, も室, も家, も寝, も寝ない, も帰らぬ, も待たされる, も待たね, も戻っ, も授業批評会, も放っ, も放ったらかし, も新聞, も旅, も日向ぼっこ, も来る, も根気, も武蔵さん, も残っ, も汚れた, も洗った, も洗わない, も洞穴, も病臥, も眠りとおしたい, も眼, も立たない, も経ず, も経たない, も續, も聞かされた, も自分, も苦心, も草餅, も見, も言, も賣れない, も逃げ隠れ, も降り続い, も降り続く, も食えない, も魯迅さん, よりか小生, よりと予告, より何日, をへ, をも計られざる, をやっ, を期し, を要する, を誦し出した, 休みその他布告, 入って, 出るか, 到來, 坐っても, 大日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島, 帰るかとか, 帰れること, 待たなければ, 待って, 待っても, 待つても, 御帰, 掛ったら抜けるだろう, 揺られ通して, 早くズブリ, 有るとか, 来るか, 某処, 死ぬの, 目だつたかな, 眠ったか, 睨めつこ, 立つ, 経ったでしょうぼく, 経ったと, 経つと, 続くか, 行ったといった, 見えられたえ, 話されたの, 迄つ, 迄に是非掲出, 迄もこんな, 迄も埒, 連れて, 過ぎても, 過ぎようが, 閉じこもって, 降り続こうとも

▼ 何である~ (884, 0.4%)

18426 かという 21 かということ 12 かに就い, かを理解, のか 9 かと云, かを知らない 8 かといふこと 7 かそれ, かを知る 6 かその, かといえ, かと申します 5 かと云う, かは誰 4 かが問題, かという問題, かといふ, かは彼, かは後, かわからない, かを問わず, かを知っ, か又

3 [13件] かがわかる, かこれ, かと考え, かと言います, かは分らない, かまた, かよく, かを, かを我々, かを知り, かを私, か私, 乎

2 [58件] かいかに, かが理解, かが解る, かそこ, かそんな, かである, かというよう, かという事, かといふ事, かと問う, かと私, かと言っ, かにある, かに私, かは, かはおのずから, かはこの, かはこれ, かははっきり, かはまだはっきり, かはやがて, かは今, かは判らない, かは既に, かは私, かをいくらかよく, かをいっそう, かを一層, かを他方, かを吾, かを尋ね, かを彼, かを想像, かを改めて, かを早く, かを発見, かを直接, かを知った, かを知つて, かを知らう, かを知らね, かを確かめる, かを示す, かを考え, かを考へ, かを自ら, かを見よう, か亨一, か何, か分らなかった, か如何, か彼, か思惟, か筆者, か自然, か見当, といえ, ので三方四方埓

1 [358件] かいい, かいつ, かお, かお互い, かお分かりです, かが, かがこの, かがまるで, かがよく, かがわかった, かがわかろう, かが一目, かが判る, かが動い, かが大抵, かが少し, かが明白, かが決められ, かが第, かが解かれるであろう, かが解らない, かが話題, かくらいの事, かこそ今, かこの, かこれプログラム中, かさえ判らない, かさえ知らなかった, かしばらく, かすぐ, かそういう, かそして, かだけで, かちゃんと, かちょっと, かではなくし, かと, かといいたくなる, かといいますれ, かというあの, かというところ, かというと金, かという反省, かという哲学的議論, かという形, かという旧, かという根本問題, かという段, かという深刻, かという理論的, かという疑問, かという空間そのもの, かといふ點, かとか如何, かとか如何なる, かときいた, かと反問, かと問われた, かと問われたなら, かと尋ねる, かと思, かと思う, かと申しますれ, かと知りたい, かと考へ出した, かと言, かと言う, かと言え, かと訊ねられる, かなど, かなどということ, かなどという点, かなどを今, かなら, かに, かにあった, かについてはすでに, かについてはその, かについては他日, かについて考え, かには思いあたらなかった, かにも亦色々, かによってその, かによって分類, かによって実在論, かによって所謂明白説, かに最も, かに来る, かに満足, かに至っ, かに關はり, かの定義さ, かの推測, かはいかなる, かはいつ, かはさっき, かはすぐ, かはその, かはただ, かはつい, かはついに, かはと, かはどうしても, かはまだ, かはまだよく, かはまだ少し, かはもとより, かはわからない, かはゲーテ, かはゴマ化, かはハツキリ, かは今ここ, かは今更, かは信念, かは全く, かは再び, かは分らなかった, かは判らぬ, かは判り, かは判然, かは別, かは勿論, かは単なる, かは単純, かは合理的, かは吾, かは哈爾賓, かは困難, かは国民精神文化研究所, かは多く, かは実は, かは彼女, かは必ずしも, かは忠作, かは握り, かは明らか, かは明言, かは未だ, かは未亡人自ら, かは林首相, かは次に, かは殆, かは無論, かは物, かは矢島さん自身, かは積極的, かは簡単, かは考えられ, かは自分, かは語らなかった, かは身体, かは身體, かは陽子, かまだ, かもその, かもよく, かもわかった, かもわかり得る, かも之, かも今, かも知らなかった, かも自分, かも解さない, かも説明, かよりも先, かわからなかった, かわからぬ, かわたくし, かをあなた, かをおれたち自身, かをこの, かをご存知, かをさ, かをさし, かをさらに, かをすぐ, かをたしかめよう, かをついで, かをにわかに, かをはじめ彼, かをはつきり自覚, かをば或, かをひたすら, かをますますよく, かをまだハッキリ, かをもう, かをもう少し, かをもっと, かをもっとハッキリ, かをも或は, かをも明らか, かをも知っ, かをも簡単, かをよく, かをより, かを中心, かを云い当てる, かを今十分, かを俄, かを俺, かを先ず, かを全く, かを具に, かを具体的, かを再認, かを判断, かを反省, かを君, かを問題, かを大, かを学び, かを実に, かを実質的, かを容易, かを實, かを尋ねた, かを少し, かを当然, かを御, かを必ずしも, かを悟っ, かを悟った, かを悟つた, かを感じ, かを探り, かを教え, かを明, かを明らか, かを更に, かを最も, かを根源的, かを概観, かを歌, かを正しく, かを此処, かを省み, かを知つた兼家, かを知つた後, かを知らず, かを知らせ, かを知らなかった, かを知りはじめた, かを知り得る, かを知ろう, かを確め, かを示してない, かを究明, かを突き止める, かを羊得ら, かを考へる, かを考察, かを考慮, かを聞く, かを色々, かを見, かを見せつけられた, かを見て取った, かを見定める, かを見届け, かを解かれた, かを診察, かを認める, かを認知, かを語っ, かを説かなけれ, かを説明, かを誰, かを論じ, かを論ずる, かを議論, かを貞盛, かを質, かを述べる, かイギリス, か一体全体どう, か一口, か之, か了解, か人間, か人類, か余, か個人, か僕, か兄妹, か其, か分からぬ, か分らない, か分り切った, か判らなかった, か又は, か反動, か外的世界, か多少, か夫, か夫人, か少し, か形, か御, か御存知, か惜, か意識, か探偵小説史, か文学, か新九郎, か明らか, か本体, か殆ど, か気, か濃い, か無い, か現実, か申され, か発見, か直に, か相手, か眞理, か真理, か知っ, か知つて, か知る, か窯芸, か窯藝, か第, か等々, か老女, か考え, か聞き, か臣下, か自ら, か芸術, か見きわめよう, か言おう, か言っ, か訓, か詩, か誰か, か遅れ, か鳥渡想像, という, とお, とか, ともわからぬ, と思います, と考えた, と考へた, と訊く, な, にかかわらず, のかすら, のかも, のかを, ので三方四方埒, のやら, ものかと, 乎と, 乎到底, 乎決して, 筈かという

▼ 何かが~ (866, 0.4%)

25 ある 15 あるの 11 あって 9 あった 8 あると, 彼の 7 出て 6 あったの, そこに, 私を 5 あるよう, 欠けて, 気に 4 あること, あるに, あるん, あれば, 僕を, 落ちて

3 [11件] あるという, ある筈, 光って, 分って, 合図を, 彼女の, 急に, 来て, 来ると, 胸の, 起って

2 [51件] あっても, あるやう, おのれの, ぐるぐると, さご, ずれさ, ちらと, なくては, はいって, 今しきりに, 何かと交錯, 何かを, 俺を, 僕の, 其処に, 出る, 動いて, 動くの, 咽んで, 墜落した, 存在し, 引っかかって, 彼を, 想い出されて, 意識化される, 憑り移った, 書いて, 木の葉の, 来たと, 死んだ, 残して, 残って, 毀れるならば, 浮んで, 潜んで, 燃えて, 爆ぜたやう, 爆発する, 特に強く, 私の, 置いて, 聞えて, 自分の, 蒼白い香炉, 起りつつ, 起る, 起るに, 近づいて, 頭の, 飛んで, 鳴つて

1 [591件 抜粋] あがるから, あったからこそ, あったこと, あったには, あったらしい, あったらしく処々, あったわよ, あったん, あつた, あつて国民党, あなたの, あの丘, あの神殿, あまねく食卓, あらわれて, ありさえ, ありまして, あり一方, あり沢田, あるか, あるかも, あるから, あるその, あるなら必ず, あるので, あるらしい, あるわけ, あるッ, あるナと, あるピッタリ, ある仕事, ある氣, あんなに傷つける, いいとのこ, いたじゃ, いたずらを, いたん, いたんだので, いっぱいつまっ, いつのまにかはぐくまれ, いなくなったの, います, いるの, いるよう, いわれつくして, うしろから, うずくまって, おこったに, おこって, おれから, お分り, お心残り, お気に, かくされてでも, かけて, かれに, がらがらと, きしる音, くしやみを, くずれ落ちて, ぐずぐず煮え, ここに, この村, この間まで, こみあげて, こもって, ころがる音, こわれて, ささやくよう, ざわざわと, しきりに感染, したくなるかも, しぼりとられたよう, しまはれずに, じっと思い, すぐ不, すこしちがいます, すこぶる怖, すっと抜け去る, すでにあった, そうだ, そうな, そこい, そこから, そこで, そこなわれでも, その世界, その家, その方, その襟, それと, それは, それらの, そろそろ男, たくさん群れ, たとえば放射能, たぶんかすか, ちょうど家, ちらちら映り, ちらっと爽やか, つかめるはず, つかりしたもの, つかりした倦怠, つまらないと, できると, でるという, とろけるよう, どかりと, どこかに, どしんと, ないかって, ないかという, なかに, なくなったという, なくなって, なって, のったよう, のりうつったの, はいったん, はさまった様, はさまって, はっきりと, はでだ, ばたついて, ひそんで, ぴようぴようと吠える, ふくまれて, ぷつりと切れた, ほしそう, ほろりと, ぼんやりと, まだかすか, まだぬけない, まだよく揃いますまい, まだ来, みんな反対党の, もう一度彼, もとで, やがてはっきり形, やって来たよう, やはり変, やんわりと, よくない, よく硝子, より重大, わかって, わきかえる思い, わたくしを, わやわやと, ゐたぢ, ウンと, キラリと, スッと, チラ, ハッキリし, バクハツする, バルナバスに, パツたり, ヒョイッと, ピカッと, プラスされる, ポッと, ポロリと, 一つ足りない, 一ぱいあった, 一ぱいになつてゐるやうな氣が, 一ぱいはいってゐたのですって, 一変した, 一緒に, 上ってでも, 上官の, 下の, 不足するであろう, 与えられて, 乱されは, 二つ三つ清麿の, 二三人かたまっ, 二人の, 二重層の, 亡びて, 今と, 今にも引捕, 今私の, 仕事の, 企まれて, 佇んでる筈, 低いから, 住んで, 体から, 何かに, 何とかで, 何となく違っ, 使って, 倒れたり, 偶然彼の, 働いて, 僕から, 光った, 入ったの, 入れて, 全然欠如, 内側から, 再びよまれ, 冷酷な, 出た時, 出来そう, 分るかも, 別にある, 刻まれて, 前の, 剥げてでも, 力ある, 加えられたり, 加えられること, 加はつて, 加わった, 加わり, 動いてるの, 匂って, 厳重で, 又指先, 取引され, 叫んで, 各自に, 君の, 咽喉下に, 唸って, 唸るよう, 善い, 囁く, 圧え, 在りそう, 在る, 在るところ, 地から, 塗って, 塗られた古風, 墜落し, 壊るれ, 壊れる, 売込みに, 変って, 変る丈, 変化された, 変化し, 大まかで, 大事に, 始まると, 始まろうと, 孕まれて, 実は或, 実在し, 実際に, 実際には, 客観的である, 宿つてゐる, 密んで, 寝泊りし, 射しとおしたよう, 小さな音, 少し変, 居所変でも, 崩壊し, 崩壊した, 崩壊する, 己れ, 帰朝した, 床へ, 店の, 建った家, 建って, 建設される, 引去られて, 強くそれ, 当って, 彼女に, 律動し, 後まで, 徘徊し, 復興院の, 心から振い落された, 心に, 心の, 必要な, 必要に, 急にの, 恋をでも, 恐ろしくなった, 悉く抜け出し, 悪いの, 惜しまれて, 惹かれて, 感じられた, 憑い, 懸かって, 或る動き出そう, 戦ぐ音, 戻って, 手品の, 投げつけられました, 抜け出したよう, 抵抗すべからざる, 押し出されて, 押込んである, 挿しこまれするどい, 掴めそう, 掴めるだろう, 播いて, 教えたもの, 教えられる時, 整理され, 断ち切れたよう, 新しく見える, 施り出し, 旅費に, 日本人離れを, 映つて, 是非一匹いなけれ, 時に気, 更には, 書かれて, 有りうると, 有るよう, 有る言葉, 有機的に, 朝子に, 期待せられる, 本当の, 来たら私, 来ては, 来るよ, 楕円軌道を, 横倒しに, 次第に多く, 欲しい, 止って, 歯で, 死骸の, 残つてゐ, 殖えて, 毎日手落ちなく取り行われます, 気に入らなかったの, 水に, 水底に, 求められて, 決して一般的, 泰家に, 流れて, 浮き出して, 渾沌として, 湧き上って, 湯の, 溢れて, 滅茶苦茶に, 滲み出して, 漸く発育, 潜んでは, 潜入した, 澱んで, 無い明るさ, 煉炭で, 煙草でも, 煤けた表装, 熟しました, 燃えるパチパチ, 燃え上るそれ, 爆発した, 父の, 物影から, 特に食べたい, 玄関の, 甚しく, 生々しく感ぜられた, 田舎に, 留守でなけれ, 疾風の, 癪に, 目ざましく閃きたっ, 目に, 目の, 目覚めて, 直接原因では, 眼に, 眼を, 石盤瓦の, 砕けて, 破けたの, 破れそう, 破裂した, 破裂する, 確かに, 神だったら, 私たち夫婦に, 私小説に対する, 私達を, 秘したん, 空気を, 突ぱったの, 突発し, 立って, 築かれるの, 納められないの, 素敵な, 素早く童部, 絶えず尾, 絶えず根, 続いて, 緩んで, 翔る, 考えられるであろうか, 職業とは, 胸に, 胸へ, 自分から, 自分に, 色々の, 花崗岩と, 芽を, 若い美津江, 萌して, 落ちかかって, 落下した, 著いて, 薄い包紙, 螫した, 行く先を, 袂に, 見えて, 見えない動機, 見える, 見えるか, 見えるらしい, 見つかりは, 見られるなどと, 見出せるだろうかしら, 見当らないよう, 見落されてるよう, 視覚を, 覗いたって, 解って, 解決出来た, 解決出来る, 触って, 触知, 記され或, 訪れて, 設けられ何物, 詰って, 語られて, 語られるだろう, 誰かが, 買へる, 走りました, 起こったこと, 起ったと, 起ったのに, 起っては, 起つたの, 起りさうだつ, 起るだろうという, 足りない, 足りないといふ, 足りない心, 足りなかった, 足りなくは, 跼んで逃げたよう, 蹲まっ, 身体に, 身近に, 軋むよう, 迫って, 追いかけて, 追い駆けて, 追かけ, 這入りやがって, 通るの, 進んで, 進行し, 道に, 邪魔し, 部屋の, 重い鈍, 銀線の, 長さ, 間違って, 閣僚候補に, 陥ったこと, 隱れ, 静に, 音も, 音を, 頭を, 顔の, 顔へ, 飛び立つかの, 飛び込んで, 食いたいん, 首を, 麻痺し, 齟齬すれ

▼ 何かで~ (748, 0.4%)

7 読んだこと 4 あつた, 読んで, 顔を 3 あらう, 冷語でも, 或る, 読んだが

2 [40件] いっぱいに, お名前, かなりの, それに, ついそのままに, でも, 人の, 仕事を, 例の, 傷つけたらしく血, 充填しよう, 其儘お, 力任せに, 叩き込むん, 家が, 家を, 左手の, 後手に, 御承知, 心意気の, 撲りつけられたの, 新宿へ, 時間を, 欺し, 殺して, 毎日の, 流許, 無理に, 私の, 糊付けに, 聞いて, 見たの, 読んだの, 読んだ事, 読んだ記憶, 貧乏な, 返事にも, 適当な, 革命歌の, 飼って

1 [637件 抜粋] あつたらしく穴倉, あのふた付き, あらうか, あらう散り残りの, あらねば, あり得るため, いい音色, いかにも暢氣, いざと, いただけで, うめ合せも, うんと儲ける, おさえつけられるよう, おまへ, おもしろおかしく, おやじから, お使い, お母さんの, お耳, お膳, お茶を, お足が, かきむしって, からげるその, ききまして, きっとこっぴどく, きっとナオミ, ぎゆつと引き締められた, くるんで, ぐなりとした嬰児を, ぐるぐるぐる, けんかを, こしらえるの, こすったよう, こっちも, この母, この病院, この野郎, これから益, ごたついたので, ごろごろし, さざめいて, さして取繕い, しばりつけて, しよう, じじつ, すっかり忘れ, すりつぶしたり, ずっと用事, せう, せしめに, そういう染模様, そう云われ, そこそこに, そっと帰ろう, そつと, そのこと, その春, その時, その欠員, その翌年, その頭, それでいて新作まがい, それと, それにこの, それを, そんな事, そんな字, ちくりと刺された, ちょっと教え, つかまって, つかれは, つぐないを, つつまれて, つぶすの, できたもの, とびあがるほど, とまれ生徒, とりかかった, どっかへ, どんどん日本海, なしに, のんびりし, はじめの, ひがんだよう, ひつそりと, ひどく焼けただれた, ひどく盛つて, ひまどって, ふいたもの, ふいと, ふくらみ張つて, ふさがれた気, ぶらりと訪ね, まず気, まっ黒に, もう元気, やっぱり国男たち, やれば, ゆうべ海老塚さんに, ゆく出代り婢, より以上, アンタンたる, ガマ六の, ガンと, グイグイ引っかけ, グザと, ゴタゴタし, スイと, スポリと, セリーソースを, ゾロッと, チビチビやり, チョイチョイと, チョコレートを, デンマアクの, ヒステリックに, ヒヨロ, ビシャリと, ピシヤリと, ブタ箱にでも, プイと, ベルリンの, ポンポンと, 一ツ一ツに, 一人前に, 一度に, 一度見た, 一心に自分, 一思に, 一本傾け, 一杯に, 一杯もらいたい, 一生別れ別れに, 一般の, 一銚子つけさせまし, 三十人ばかりは, 三時間ぐらいで, 上は, 下はた, 下駄の, 不意に, 不機嫌だ, 中津の, 久しく顏, 二三十手先までの, 二三日で, 二三杯やりたい, 云うの, 五円の, 些とは, 亡くなった宣教師, 人事不省に, 仇うちを, 今のは, 代赭の, 仲, 仲間喧嘩を, 伎倆で, 会場へ, 会得され, 伝わるよう, 住居も, 体中を, 何とか致します, 何処からとも, 余り牛ども, 來訪された, 修理する, 偶, 償いたいとの, 先方の, 入院し, 入院した, 具合の, 内務省の, 内田魯庵先生に, 写真師には, 出会うと, 出来た支那風, 出来て, 出血したら, 切り取られて, 前後した, 剣術を, 助けて, 動かした土, 勤めの, 包んで, 十六か, 十六武蔵ぐらいの, 十文字に, 半ば信じ, 単身頭山翁を, 占って, 占わずには, 参内される, 又死刑囚, 又酒, 受けた創傷, 受けられるの, 叱つたらO, 各戸とも, 呟いで, 咽喉を, 喉を, 四日東京へ, 回りに, 困らせて, 土地を, 地球を, 埋め合わせつけねば, 埋め合わせを, 堅気らしく見せた, 塚田八段が, 墨汁の, 壓へ, 多忙に, 夜が, 夜も, 夜会が, 夜空が, 大きい扇子, 大にぎやか, 大分, 大変お, 大変字が, 大学あたりの, 大酒呑で, 失策らせ, 奇々怪々な, 好い品, 威嚇した, 字を, 存生中に, 学校が, 安い酒, 実務上の, 害を, 家の, 容赦なく, 寂しそう, 實務上の, 小さい道場, 少々ボンヤリ, 少年の, 居眠りを, 屹度恩を, 市販に, 席に, 席を, 帽子を, 幼い時, 幾つにも, 底に, 店を, 引っ掻いた文字, 引つかいて, 強くこすった, 強く打たれた, 形容した, 彼の, 往復葉書で, 待ち合せるより, 律するわけ, 後は, 御存じであった, 御守殿, 御飯を, 微温の, 心を, 必要な, 思い出すの, 急死した, 怪我を, 悠くり二人限りの, 態と蚯蚓腫れ, 我々の, 我鬼大将に, 戻つて, 打たれたか, 打たれたらしいと, 打ち合わせたの, 打つの, 抑へられ, 押し通すの, 押て, 拭くだけで, 拵えて, 拵へ, 持つて, 捜して, 探り知った, 掻き取った裂傷, 撲られて, 散り落ちて, 断片的には, 斯う, 新道へ, 方々飛びまわっ, 旗本の, 日本座敷の, 早く判っ, 明後日大森へ, 昔取った, 時刻に, 晩酌を, 暮らして, 書いたもの, 有名な, 有職婦人の, 本国へ, 朴の木歯を, 松代から, 柊の, 染ったよう, 桂華が, 横山大, 樫尾が, 機嫌を, 歯が, 死ぬよりも, 死んだ男, 死体が, 殺されるの, 殺す程, 毎月の, 気がねを, 気心の, 水でも, 水面を, 汚して, 決心が, 法相に, 流して, 海底に, 消えたかった, 消毒するだろう, 溶いて, 漸く昼飯, 澄まして, 濾過する, 烈しく撃たれた, 無茶苦茶に, 無雑作, 焼いたの, 焼かれたよう, 熱いとこ, 燒いた, 猫を, 珍らしい, 珍らしく, 生活費の, 甥が, 甲府監獄には, 町に, 白くな, 百合子女史の, 皆が, 皆さん帰郷し, 皮膚と, 盃を, 目に, 直ぐに, 相識だ, 真面目に, 真面目腐っ, 着せて, 知ったと, 知っての, 研究し, 神の, 私など, 私にも, 私は, 私等が, 程よく固めた, 穴を, 空に, 空の, 突かれたらしい疵, 突き刺されるやう, 突くとしても, 突っつかれるよう, 窺って, 立ったまま, 立派な, 符牒でも, 筋骨隆々と, 簡單に, 粒の, 精神異状を, 納まって, 細く卸し, 細君が, 細君の, 結へ, 結婚し, 結構やつ, 縛られて, 繁華な, 置換し, 美人が, 美人を, 耳について, 聞いたもの, 聞いたよ, 肩へ, 背中を, 胸でも, 腰が, 臥せつて, 臥つてゐる, 自分には, 自分の, 自腹遊びを, 船を, 色も, 苦しまずに, 苦しむ, 苦しんで, 菊池さんが, 行かなかった子, 行詰った事, 街を, 表白する, 被われてる感じ, 製造されたごとく, 覆うたやう, 見かけたこと, 見すぼらしいったらない, 見せて, 見た, 見たそんな, 見たっていう, 見たよう, 見たり, 見た油絵, 見て, 見出されて, 親戚の, 計り知れぬ印象, 訊いて, 訓練を, 証明され, 詰って, 誤魔化し幸い, 読むか, 読んだ, 読んだか, 読んだぞ, 読んだよ, 読んだり, 読んだん, 読んだワイルド, 読んだ本, 読んだ通り, 誰を, 調べて, 讀んだの, 讀んでから, 賑かな, 路子と, 身を, 身体を, 軽く挟まれ, 途中の, 通るよりも, 逢ったろう, 運轉し, 遠くの, 遣って, 郷里の, 酷く咽喉, 里では, 重大な, 野郎の, 金の, 金を, 金右衛門が, 阿魔, 陰気な, 隔てられたよう, 集ること, 面を, 音楽を, 頤と, 頭が, 頭を, 頭山満に, 頭巾様の, 顔は, 飛びあがるね, 養父の, 首を, 鬢も, 鬢を, 鳴らした, 鶴床に, 鼻の

▼ 何~ (698, 0.3%)

9 ことを 8 云うの 7 んだ 6 云った, 言うの, 馬鹿な 5 いったって, 口の, 綺麗な 4 いふの, いやな, 云うん, 厭な

3 [19件] いふん, お気の毒, こった, ことでしょう, ことなし, ことも, ッて, 事を, 云うか, 云ったん, 云つた, 口を, 変な, 奇麗な, 好い声, 妙な, 綺麗だらう, 言って, 間抜けな

2 [37件] いったの, いふ書付, きれいな, こったい, ことだ, なくの, ばかだろう, ばかな, まあ, まあ馬鹿, よかった, エ馬鹿だらう, ステーション, チグハグな, ッたっ, バカらしい, 不思議な, 不軍紀, 事だ, 云ったって, 云って, 云ひます, 云ふ, 仰しやつ, 名, 名だ, 因果な, 幸福な, 掛けます, 書いて, 有仰る, 有様だ, 有難い事, 真似を, 簡単な, 顔を, 馬鹿だろう

1 [494件] あすこは, あたしを, あなたでしょう, あひるさんは, あやふやな, ありがたいこと, あんたが, い, いいかげんの, いいきもち, いいだろう, いいましょう, いいやがった, いいん, いい人, いい女, いい方, いい眉毛, いい縞, いえお, いけすかない, いけすかないん, いったかしら, いったっけなあ, いつたの, いつたらい, いつても, いふのよ, いふ宿屋, いふ方, いふ種類, いやがるだろうな, いやだらう, いやな見, いやらしい, いろいろと, いろいろな, いわれたって, い恥ざらしな真似, うちは, うまいん, うまい事, うるさいいびき, うるさいん, うれしいの, うれしそう, えいい草, えこ, えますか, え太, え寒, え煩い, おいのり, おかしいん, おかしい言葉, おしゃべりな, おっしゃいまして, おっしゃって, おっしゃる, おっしゃるん, おっしゃる方, おつ, おつめたい, およみ, お偉く, お優しい, お前え, お前さんは, お前ら邪推深い, お可愛い, お名前, お呼びすれ, お悧巧さん, お方でございましょう, お節介なお, お美しい, お花, かかって, かたい肉, かなしい対面, かるいん, がんばったか, きたない手, きたね, きょうは, くやしいん, くらくらする, けちな, ここまで, こったし, こったろうほんとに, こったろう小勇, こと, ことだろう, ことは, ことわりましょう, この人, こわかった, こんがらかって, ごしごし洗った, ざまだ, ざまを, しずかな, したり顔の, しましょうねと, しゃあしゃあし, じれったいお, じれったいおじさま, すなお, すばらしい縮れ毛, ずうずうしいん, せいて, せわしくうるさく鳴っ, そういおう, ぞんざいな, たって驚きました, たわいなく欺, だだら長いない, だらしの, ちからが, ちがいでしょう, ちがう生活, ちゃんとし, つまんないもん, つみが, づう, とこ, どこにも, どっさりの, どっさり読むでしょう, にくらしいん, にくらしい奴, ぬけぬけした, のろ助ばかり, ふかひかあるべき, ふしあわせ, ふづるい奴, へまな, ほしいでしょう, まああきれた, まあお, まあお金払い, まあこの, まあそそっかし, まあだらし, まあよく眠つて, まあ仙衛ム, まあ古, まあ可愛い, まあ好い, まあ子供, まあ宿無し猫みたい, まあ意地, まあ景色, まあ横, まあ無愛想, まあ煩い, まあ礼儀, まあ立派, まあ自分, まあ行儀, まあ軍なんど, まあ面倒くさい, ますか, また忙しい, まだるっこいこと, まア玄坊, みっともないたべ, みにくい女, みにくい私, みんなで, やかましいん, やくざな老いぼれ, やけに, やんで, よく似合う, よく分っ, よぼうかな, わからずやでしょう, わからないん, わけだ, イケ好かない, イヤな, エ下素な, エ了見だらう, エ人を, エ可愛, エ言ひ, コドモさんな, ザマだ, ッた, ッだって, ツたんだい山村によ, ツて, ハンマで, バカな, 一つ一つおふくろさんの, 一生懸命可愛, 上手に, 下らないん, 下等な, 下素, 不幸が, 不景気な, 不精たらしい, 不自由な, 世話の, 世間は, 丸くなった, 主人の, 乱暴な, 事ったろう, 事は, 事も, 云いくるめるん, 云いよるの, 云いわけ, 云うかわいい, 云うこったい, 云うたろうか, 云うって, 云うのす, 云うのゥ, 云う名, 云う家, 云う小さな, 云う汝, 云う物, 云う者, 云おうと, 云ったい, 云ったか, 云ったけな, 云ったと, 云ったの, 云ったらいい, 云ったんだい, 云っても, 云つたツて, 云つて, 云ふす, 云ふのす, 人でしょう, 人間らしいん, 今日は, 仕合せだった, 仕合わせな, 仰いまして, 仰しゃるつもり, 仰しゃるの, 仰しゃる方, 仰言った, 会社, 似て, 何て, 依岡で, 冒険的な, 冷い, 冷たい人間, 出鱈目な, 判らない方, 力が, 勇ましいあの, 卑俗でしょう, 厚くて, 口のき, 可愛らしいん, 可笑しいでしょう, 可笑しく又, 可笑しな, 同志的な, 名なんだい, 名前だい, 名前です, 名前な, 名前の, 向う見ずの, 呑気な, 呪われて, 呼ぼう, 呼んだの, 呼んだらいい, 噂話の, 器用な撫でかたしやがる, 図う, 坊ちゃんは, 埃だ, 声を, 夢中で入った, 大きいの, 大きい眼鏡, 大きな乳母, 大きな牛, 大胆な, 奴だろう, 好いん, 好い処, 好い名, 好んだろう, 妙ちきりんな, 妙に, 妾は, 姉さんぶるでしょう, 威張って, 嫌な, 家の, 寒いでしょう, 寒いところ, 寒いの, 寝呆助, 小さい紙, 小つ, 居るん, 山じゃ, 山だ, 年よりの, 幸福, 弱い方, 強いの, 強情な, 待たせや, 待遠しいこと, 御利発, 御挨拶, 御親切, 御飯の, 心が, 怖い事, 怖い話, 怠屈, 性急な, 恐ろしい危險, 恥知らずな, 恰好だい借金の, 悪い顔色, 悪ひ, 悲しいけれども, 悲しいこと, 情が, 情ないこと, 情ない事, 情ない生活, 惡戲を, 惨酷, 愉快だろう, 愉快でしょう, 愉快な, 意地の, 意気地の, 意気地のね, 愚かでしょう, 愚かな, 愚劣な, 愚物な, 感じでしょう, 慌て方, 憂鬱な, 憎い口, 憎らしいんで, 戸を, 手間の, 拙い人形, 揺れる汽車, 教育しとった, 方, 日本語の, 明るいお, 明るい色, 暑いん, 暑い晩, 書いたもん, 有難いこと, 本だい, 格好を, 楽だろう, 機械です, 歌うの, 歯がゆいでしょう, 残酷な, 殿様, 殿様な, 気さくな, 気に, 気の, 気味の, 気楽な, 沢山の, 滅茶な, 無器用な, 無意味な, 無様な, 熱いん, 物の, 独特な, 男だろう, 男です, 男の子は, 男らしくも, 留守番だ, 痩せて, 癪な, 真夏らしいでしょう, 眼つきを, 矛盾した, 知恵の, 石な, 神々しいの, 神秘な, 私たちの, 私は, 突拍子も, 立派な, 笑い方, 答えたかって, 答えました, 素晴らしい政治的, 素走っこい, 組合の, 結局は, 綺麗で, 綺麗でしょう, 綺麗に, 縁儀の, 考えの, 聲で, 脚の, 腑の, 腹立たしい可笑しさ, 自棄な, 色が, 莫迦な, 薬だい, 虐たらしい, 虐ったらしい, 虚しい莫迦, 蠅が, 見っとも, 親という, 親切な, 言いましたか, 言うん, 言えば, 言った, 言ったって, 言ったらいい, 言ったネ, 言ってる間, 言つた, 言つてゐる, 言ふんだ, 訳の, 謙遜であったでしょう, 貧乏たらしい, 賤しい, 贅沢な, 辛抱強いん, 返事した, 返事したら, 途方も, 邪慳な, 酒だ, 酷い事, 醜いだろう, 醜い児, 重いお父さん, 重たいの, 重宝な, 野郎だろう, 間拔けな, 間拔な, 雑炊な, 難かしい, 難しいもの, 青い顔, 靜か, 面を, 面白いん, 面白い子, 頓馬でしょう, 頓馬な, 顏を, 顔してる, 風だ, 風采の, 食ひ, 香水を, 馬鹿げた想像, 馬鹿に, 馬鹿らしい事, 馬鹿らしい顔, 馬鹿馬鹿しい騒ぎ, 騒々しい声, 騒ぎを, 鬼だ

▼ 何から~ (672, 0.3%)

371 何まで 15 何までが 13 話して 12 なにまで 11 手を 5 先に 4 して, 何までの, 来る 3 お話し, お話したら, 何までに, 何までも, 何迄, 先へ, 来て, 来るの, 申さう胸

2 [15件] さきに, 何に, 何までを, 始めたもの, 書いて, 生まれて, 生れるかと, 申して, 申しましょう, 申し上げて, 言っても, 話し出して, 起ったこと, 起るかと, 辻の

1 [176件] ああ云う, いい出して, いい出そう, いい蔓, いっさいがっ, いったいはじめ, いって, いっても, いつでも, お礼を, お話しし, お話ししたら, お話しましょう, お話し申さう, お話し申し, お話し申しましょう, お話し申し上げ, お話し致し, お話を, かから成田山, かかり一切, かにまで, この癈兵問題, しい古びた蒲団, しかった, すっかり源氏, すべて大野川から, そっくりでございます, それが, たずねて, だと, ついたもの, つくるの, つくるん, では, でも, どうして近江屋, どう糸, どう言い出した, どう話, どう話し, どう話し出し, どう述べ, はじまった事, はじめましょう, はなし出したらいい, まだそのままでした, みんなその, みんな登美子の, みんな話し, よく合っ, よく死んだ, ジエィン, スッカリわかっちまいます, 一人で, 一切を, 一番恩惠を, 万事指図を, 下, 云おうぞ, 云つてよい, 云ひ出した, 仰ぐかと, 何までじゃ, 何までと, 何までとは, 何を, 何如手を, 來る, 借用した, 入っても, 入つて, 入るの, 写したの, 出したい, 出たか, 出たに, 出て, 出るでしょう, 出来て, 出来るの, 出発し, 出発する, 切り出したらいい, 切り出そう, 割りだしたお, 割りだしたの, 割り出したもの, 割出したか, 取ったもの, 只者でない, 喋らなきゃいけないという, 始まったかと, 始まつ, 始むれ, 始めて, 始めるべきかについて, 家中切もり, 尋ねて, 引いたもの, 得たか, 得よう, 思いついたの, 思いつきなすったん, 思出した, 怨みいは, 恢復しなけれ, 惹起した, 手伝うこと, 持たして, 採っただろうと, 書いたら私, 書きかけて, 書きはじめたらよから, 書きませうか, 書き出したら好い, 書き出して, 書き初めたら, 書き初めて, 書くの, 書こうかしら, 材料を, 来た, 来たかと, 来るか, 来るとも, 来るもの, 残らず私, 決定される, 湧くでしょうか, 生じるか, 生じるの, 生れたか, 由来した, 申しあげましょうやら, 申しましょうか, 申しませう, 申上げ, 發生した, 皆お, 皆別々に, 索くの, 纏綿の, 習うの, 考えても, 考えられて, 脱出したい, 自由に, 製したもの, 製られる, 製造られる, 言い出して, 言うても, 言って, 言出し, 訊ねて, 話さう, 話したもの, 話し出したらい, 話せば, 話そうか, 話そうという, 説明される, 読んで, 誰が, 議論しよう, 讀んで, 起こったか, 起こる音, 起ったお, 起ったかと, 起つたか, 起りましょう, 起るの, 醸し出されたもの, 青梅の

▼ 何だって~ (605, 0.3%)

7 そんなこと, そんな事 6 お前は 5 構や 4 こんな所, 人の 3 あたしは, そんなに人, 俺は, 俺を, 君は, 私が, 私の, 私は

2 [35件] あの男, あんなところ, いいじゃ, いつまで, えじゃ, かまわない, かまわないじゃ, こんなところ, こんな事, そんな, そんな所, そんな馬鹿, またあんな, またこんな, またそんなに, ジーキルは, 人間の, 今まで, 今日に, 今頃に, 何だって, 俺が, 同じこと, 女に, 己を, 彼の, 早くそう, 最初の, 構わない, 此の, 死んで, 私に, 聞いて, 自分の, 言うん

1 [478件] ああし, あいつは, あたいは, あたし赤に, あたりまえに, あっしを, あとから, あとで, あとを, あなたが, あなたの, あの友, あの娘, あの方々, あの時, あの時僕, あまりな, あれだ, あんなこと, あんなとこ, あんなにえばった, あんなにじっとし, あんなにびくびくする, あんなにまで, あんなにまやかし物, あんなに呶, あんなに笑う, あんなに跳ねる, あんなに酔っ払った, あんな仏様, あんな処, あんな出鱈目, あんな嘘, あんな大, あんな奴, あんな所, あんな毛唐, あんな罪, あんな邪魔っけ, あんな野郎, あんな非, あんまりだらし, いいいわよ, いいわ, いいん, いい気, いうんだい, いけねえ事, いたずらを, いやとは, うちの, おれの, おれは, お前これの, お前こんな, お前さんねえ, お前さん女人禁制で, お前さん方あ, お前さん頼まれ, お前たちは, お前ベソ三な, お前様殿様の, お力落し, お忍びで, お愉し, お春, お杉, お袖, お見捨てなさる, お金を, お雪ちゃんは, かまやしませんよ, かまわないから, かまわない正しい, かまわぬ, かんだって, きかないなぞと, きみの, こうした発掘事件, こう脊, ここに, ここへ, ことわりも, ことを, このまま, このよう, このオヤジ, この丁稚, この児, この商売, この川, この条件, これくらい, これは, こんなあぶなっかしい, こんなしみったれた, こんなに南京玉, こんなに家, こんなに手間取る, こんなに日本, こんなに早く, こんなに沢山, こんなに泥棒猫扱い, こんなに船, こんなに長く, こんなばか, こんなもの, こんなバツ, こんな下らない, こんな丸の内, こんな人, こんな場所, こんな嫌, こんな子供, こんな家, こんな明るい, こんな時分, こんな無茶, こんな色, こんな華美, こんな話, こんな遠い, するよ, せっかくの, そういう, そうおばあさん, そうそう不眠, そうだ, そう人, そう何もかも知ってる, そう僕, そう急, そう早寝, そう気, そう薄気味悪, そのあの毛唐人奴等, その夫婦, その翌, その養子, そりゃあんまり, それに, それは, それを, そんないじ, そんなにあらたまる, そんなにやかましく, そんなに一年, そんなに仕事, そんなに小さく, そんなに死度, そんなに沈ん, そんなに泣く, そんなに秘し, そんなに肝, そんなに自分, そんなむずかしい, そんなや, そんな余計, そんな可, そんな大袈裟, そんな巡査, そんな巡査みたい, そんな思い違い, そんな無, そんな無分別, そんな眼, そんな莫迦, そんな行儀, そんな覚束, そんな親切, そんな軽薄, そんな騒ぎ, たかの, たしかにある, だめです, ちっとも田舎, つっかえされて, つづらの, できないこと, またあの, またすぐ, またそういう, またそんな, またたかが, またつまらねえ, またわれ, またネクタイ, また人間, また出掛け, また大衆, また天王山, また己, また帰っ, また意地, また手数, また沸かし, また物貰い, また綾吉, また西国, また選り, また野衾, また鰻, また黙っ, まだ奥さん, まだ馬, まアそんな, みんなは, みんなわかっ, もう一本, もう浮い, もって, やって, やっぱり女房, やります, よいジャ, わたしに, んだ, アリ, アンナに, エッソゴウソや, オイ上がる, キミは, コレラ病患者は, コンナ処に, コンナ処へ, ソンナに, ソンナ奇怪な, ヒットラー氏に, ペンに, ヤイ上がりや, リイユなどへ, 一旦他, 一旦汚した, 一本五貫ずつに, 一生気永な, 一番わるい, 一緒に, 丁寧に, 上方役者を, 不忠な, 世の中の, 世帯を, 主人を, 主殺し, 乃公の, 乞食の, 予を, 二人も, 二人連れの, 云うん, 云えば, 五十五だ, 五千両の, 亡くなられたろうと, 交番に, 人なんか, 人を, 人間だい, 今に, 今夜は, 今日は, 今時分出掛け, 今時分来た, 今時分酔っぱらっちゃった, 今此, 今頃あわて, 今頃両国橋を, 介意いません, 伊勢屋を, 伯父は, 何うも, 何か, 何て, 余計な, 価を, 俺あ, 俺の, 俺ん, 僕に, 僕を, 優しくされ, 兄さんは, 光線が, 公園へ, 六郎を, 其様な, 其様に, 其様事を, 内大臣の, 冒頭っ, 出て, 出掛けたの, 出掛けて, 出来ないこと, 出来ないとは, 出来ますと, 出来ること, 出来るさ, 出来るわよ, 分け目の, 分りゃア, 動いて, 勘当され, 勿体ないお嬢様, 十二の, 又歯, 友だちでも, 友達を, 古い半纏, 君あの, 君やっぱり, 告げたの, 味わいたいと, 和尚さん奴も, 商売の, 土地の, 城介君は, 変な, 外に, 外郎なんぞを, 夜中に, 大変だ, 大変です, 大抵は, 大黒屋の, 女などを, 奴僕達と, 姫に, 嫂とも, 小田巻直次郎, 少し慣れれ, 山の, 山ン中だ, 島田で, 巡礼に, 左様な, 平気です, 幽霊の, 強いん, 彦左の, 役に, 役に立つもの, 彼に, 彼は, 御主君, 御前の, 御門前に, 忍術指南の, 怒り出したの, 怖いと, 思うまま, 急に, 恭ちゃんなんかに, 想像なぞした, 意固地な, 戦になんか, 手出しを, 手前は, 手前らを, 打ったよ, 承知しない, 投げて, 捨てずに, 描くの, 撰り, 斬るの, 断らなかったん, 断るん, 新造さん, 日本へなんか, 日蔭ものに, 旦那を, 旦那有難い, 早くお, 早くそれ, 暑い暑いと, 曲馬団を, 月謝を, 服を, 本箱の, 本街道, 机竜之, 来なすったん, 格子の, 楊子を, 構うこと, 構わないとも, 機織室に, 止めるの, 此小僧奴は, 気が, 汚いじゃ, 江戸の, 江戸者は, 法律で, 泣くん, 浜田屋の, 涙なぞ, 渡した, 滝松が, 漁師を, 物をこそ, 環が, 瓢箪供養なんて, 由兵衛を, 男と, 番を, 畳針を, 皆佃の, 皆結構な, 盲目の, 知って, 知ってるよ, 神仏は, 私そんな, 私たちを, 私まさか, 私を, 稼ぐの, 突っ込んで, 突破しろ, 粥河さんは, 糸瓜とも, 素人の, 紺の, 網に, 締め出しなんか, 聞きましたら, 聞くの, 肉屋の, 臆病窓から, 自分を, 船員になんぞ, 若旦那を, 薬礼を, 藤枝蔵人を, 虎に, 行けるぜ, 表の, 袋を, 見世物になんぞ, 覗いて, 親分の, 親子主従が, 言うこと, 言うの, 訳なし, 誰か, 諸君は, 貴方を, 貴方異類異形の, 買えるし, 買って, 賛成しない, 質子構えになんか, 足を, 跟けられてる, 車夫が, 軽薄に, 追っかけて, 遊ばせて, 遠まわしに, 酒屋ばかり, 金を, 金庫爆破に, 金持ちなら, 隠して, 離縁状が, 面倒臭いもの, 面白けりゃいいよ, 鞄を, 顎を, 飛び出て, 食えないもの, 食って, 飾り立てて, 馬鹿に, 髭を

▼ 何~ (513, 0.3%)

60 となく 49 も何遍 97 もその, も繰り返した 6 もくり返し 5 もそれ 4 も自分

3 [13件] もあった, もある, もお辞儀, も云う, も出, も口, も同じ, も繰り返し, も繰返し, も聞い, も頭, 繰り返しても, 聞いても

2 [26件] か前, か同じ, か宗助, か述べた, でもやり直し, でも繰返し, もくりかえし, もこう, もこの, もこんな, もやる, も咳, も好き, も宗教, も往復, も書く, も消し, も素通り, も繰返した, も繰返す, も聞いた, やっても, 同じ事, 繰返しても, 聞かされたか, 読んだか

1 [275件] あの人, あるか, あるん, いたしましても, いふても, おっしゃるの, かありました, かいても, かお, かつるりと, かの女, かチベット, か上げ, か倒れた, か同氏, か咲いた, か問い合せました, か四季交換, か夫, か少し, か崩, か己, か思わず, か思想, か撫でまわし, か施したです, か来た, か毒, か泣いた, か相模屋, か立ち, か繰返し, か繰返した, か蔵, か言, か言う, か述べ立て, か高く, きいても, くりかえして, ぐらいこっち, このあたり, この海, この頭, その顏, それとなく注意, だか, だって滅ぶ, だつて云つて, でもあります, でもある, でもいふ, でもくり返すらしい, でもこの, でもそういう, でもやって来る, でもやる, でも云つて, でも今一番, でも仕代えさせられる, でも何遍, でも勝手, でも取り換えた, でも同じ, でも味, でも喉元, でも形, でも彼, でも念, でも手紙, でも扱, でも湧き上っ, でも突っ返します, でも窓下, でも繰り返し, でも繰り返す, でも聞いた, でも聞かされた, でも行っ, でも装置, でも見, でも言, でも言う, でも訊い, でも話します, でも読ん, でも遣りなおしです, でも電話, でも面白, と望む, もあの, もあります, もいい, もいっそ, もおなじ, もお目にかかっ, もお目にかかつた, もかけ直し, もかたく, もくどい, もくり返さし, もくり返されました, もくり返しくり返し, もくり返じ, もくり返す, もこすっ, もこすり, もこっくり, もこの同じ, もしつこく, もしもしと, もしゃべる, もずぶ, もせんならん, もひつくり返し, もふつ, もみた, ももと, もやった, もやったです, もやつ, もやりたがる, もやり直し, もやり返し, もココア, も一つ事, も丁寧, も二人, も云, も云い合いました, も云つて, も云われました, も交代, も仰, も会わんならん, も何遍もさ, も便所, も出し, も卒倒, も合点合点, も味わっ, も咀嚼, も喰ってる, も嗅ぎ廻し, も国, も圓盤, も塾生, も声, も変る, も大, も大声, も女王様, も寝返り, も廻っ, も廻った, も引き留めまし, も引つ, も強調, も後ろ, も心, も念, も打ち崩された, も打った, も打つた, も抜い, も抱え上げかけ, も拭き, も拳固, も掃除, も探偵, も接吻, も揉めた, も描く, も撫で, も書い, も書かせられる, も書直し, も朗讀, も根本的, も此大問題, も歩い, も母, も浅ましい, も焼い, も燃え, も珠数, も申, も申す, も男爵, も研ぎ直さね, も破壊, も礼, も礼拝, も私, も立った, も立留まつ, も繰りかえし, も繰りかえした, も繰りかえし起されるであろう, も繰り返したらしい, も繰り返す, も繰返しつ, も美智子, も聴いた, も聴く, も自殺, も船, も船長, も落ち, も藤太, も行っ, も衝突, も見, も見比べた, も触れた, も言われた, も言訳, も訊かれた, も診察, も読み返した, も読み過し, も調整, も讀み返した, も變化, も買っ, も買つて, も身代限り, も身読, も迎, も迎え, も通し, も違った, も鏡, も閣下, も駄目, も骨, やって, やり直しても, やるか, 云ったって, 云って, 云っても, 云われた事, 入れるか, 叱られたか, 唱えたところ, 問うたところ, 大床, 廻つたか, 引っ掻きまわして, 思うたか, 思ひ立つて, 擦っても, 擦つて, 断ったって, 断つたつて, 歯がゆい不快, 死なうと, 殺されて, 生き延びて, 直さしても, 直されたか, 繰返して, 聞いたって, 聞いて, 致して, 苦い顔, 行っても, 見ても, 言うても, 言って, 通った, 逢うかな, 飛び込んでも, 験しても

▼ 何うも~ (492, 0.2%)

12 私は 9 それは 7 私が 6 これは 5 御親切, 有難うございます, 有難う存じます, 私の 4 お気の毒, 僕は, 彼の, 彼奴の, 然う 3 お前さんの, お忙, ね, よく似, 怪しからぬ, 怪しからん, 気が, 誠にお

2 [35件] お役所, お恥, お立派, お見掛け, こうも, それが, それに, まア何, まア思い掛けない, パッと, 二人の, 何う, 何です, 俺より, 僕には, 其の様, 君は, 大したもの, 宜く, 実に驚きました, 帽の, 彼奴らしい, 御厄介, 怪しい, 日本の, 本當, 死切れない, 気に, 甚だ宜しく, 相済みません, 秀子の, 私には, 私も, 訝しいと, 誠に相

1 [324件] あなたお, あなた虚飾なし, あの垣, あの弟, あの青年, あまり賢, あゝいう, いつもの, うちの, おかしいの, おとなしい客, おやかまし, お不仕合せ, お両人さま, お二人様, お互に, お内儀さん, お前さんには, お前には, お前の, お前は, お加減, お品, お喧しゅう, お寒き, お店, お懐かしゅう, お早い, お杉, お武士さん, お母, お母ア, お気の毒さ, お気の毒様, お淋しゅう, お珍, お目, お芽出度, お菓子, お身装, お違ひな, お顔, お驚き, が, この夜汽車, この怪談, この道, こりゃつまらぬ, こりゃア水戸笠間辺, これまでの, これを, こんな有難い, しっくり来ない, すっかり御, すみませんでした, すみませんもの, ずうずうしい奴, そういう, そう行かない, そこが, その, その人間, その割, その悪い, その才智, その様子, その武士, その死んだ, その猪口, その皆んな吾, その短冊, その私共, その辺, それだけ, それだけの, それでも驗, それな, そればかり, それらしい, そんな外, つい此方, とても挽け, とんだ事, と平常, ど, どちらにと, なんとも云えません, にもハヤ, ねえ, ねお, ねお前, ねこれ, はいと, はっきりと, はア油断, はア私ア勘弁, ぴったりしない, へ, まあ, まことに仕, まだ, まだハッキリ掴めない, まア, まアあの, まア図々しい, まア宜, まア表, まア見違える, まア貴方, まア貴方何, まア飛んだ, よく似た, よく思ひ出せない, わたしには, をかしい, トシと, トン, ハア新吉さん, ハッキリしない, ハッキリしません, ヘ, 一人で, 一人の, 一向にハリキら, 一向仕方, 一方ならぬ, 一本釘の, 一杯飲み, 七十六度厠へ, 両三日, 中に, 事を, 他の, 伊之助さんに, 何だか宜しい, 何だツ, 何ぢや, 何でございます, 何ともお, 何ともお礼, 何ともとんと私, 何ともはや人, 何とも何, 何とも恐れ入りまし, 何とも気高い美しい, 何とも済まぬ, 何と二十六年, 何んだ, 何んです, 何んとも, 何共, 何処で, 何処まで, 余りに多く, 余り傑作, 余り早い, 余程好い, 俺の, 俺達覚えの, 僕が, 僕も, 入りが, 八州は, 六かしい, 其の日, 其の有難く, 其の養蟲園, 冬子さんを, 凛々しい男, 凛々しく成っちまっ, 初めて参りました, 前掛, 千円と, 千萬辱ない, 可く, 可哀, 可愛相, 可笑しいん, 向ふ, 君に, 君の, 大きくなり, 大きく成り, 大きなもん, 大きに有難う, 大きに酩酊, 大した入り, 大なる, 大事件, 大変り, 大層奇麗, 大洋へ, 大變, 宜う, 宜しくない, 実にな, 実に不実, 実に不思議, 実に偉い, 実に嘉納先生, 実に好い, 実に怪しく, 実に情ない, 実に感服, 実に旦那不思議, 実に旨, 実に有難い, 小六, 少々話, 少しグラつくし, 少し話, 少し顔色, 少し飽気, 巧いもんでございます, 己が, 己の, 己は, 平常乙, 彼奴は, 彼所から, 彼様な, 御丁寧, 御出家様, 御奇特, 御尊父さま, 御愁傷, 御新造, 御検屍, 御様子, 御機嫌, 御気象, 御無心, 御真実辱, 御精, 御苦勞さま, 御親切千万, 御記憶, 御近所, 御返答, 御遠方, 御馳走さま, 徳山にも, 忙し過て, 怪しいと, 怪しいという, 怪しいねえ, 怪しからん事, 怪しからん奴, 恐ろしい怪我, 恐ろしくて, 悉く熱う, 悉皆變, 懐かしいな, 我がま, 新吉さんの, 方が, 日が, 日劇て, 日本では, 日本在来の, 時々針, 暫く, 最う少し, 有難う, 有難うございまする, 未だ浮世, 未だ私, 本当に奇妙, 本当に驚いちまった, 松五郎の, 此お, 深傷, 為ねえ, 為や, 為ょうがねえなア冗談じゃ, 為方が, 為方がねえ, 然うい, 然うだろう, 然うだん, 然うらしい, 然しうまく, 然し今月, 甚だ癪, 生海老, 由良之助見, 百金と, 皆な, 皆酒家, 相済みませぬ, 相済みませんでございました, 相變ら, 眞個では, 私たちの, 私としては, 私共の, 私達の, 空々しくな, 笑靨の, 美代ちゃんが, 苦しい, 薄気味, 訝しいは, 訝しい様子, 誠にねえ, 誠にへえ, 誠に久しく, 誠に何, 誠に多病, 誠に御無沙汰, 誠に思い掛けない, 誠に気の毒千万、えん, 誠に申す, 誠に私ゃアホヽヽヽヽ, 誠に面目次第, 貴方らしく, 貴郎, 買へ, 近頃ちと眠た, 追, 長々お世話, 長々お世話さま, 間が, 難い事

▼ 何~ (485, 0.2%)

9 へ行く 8 となく 7 に居る 6 へ行った 5 にある, に何, に在ります, も彼所 4 からともなく, から何所, に在る, の国, へ行っ 3 かへ隠し, から来た, に居ました, へ行つて

2 [31件] かで見た, かの若旦那, かへ失, かへ掃き出され, かへ行, からともなし, か外, か奉公口, か御, か沈んだ, か見, が好い, だ, だね, とかに大きな, となく淋しい, とも知れず, に, に行く, に行っ, に音楽会, のお, の人, の隅, へでも斯, へまいる, へ行つた, までも, までもソシアス, まで進ませね, を見渡した

1 [341件] いら, かありませぬ, かえ, かから電光, かが特に, かこの, かしたたか傷, かで, かでこの, かでした, かで会う, かで座料, かで打った, かで滝, かで狐猿, かで私, かで秘密, かで見, かで金, かで鳴らし, かで鷄, かにあった, かにひらひら, かにぼんやり, かに住んでる, かに卵, かに寝台, かに必ら, かに扁, かに手水場, かに抱かしめた, かに智馬, かに残存, かに殺, かに生き, かに秘密, かに脚燈, かに術語, かに見, かに見出されるなら, かのお, かのつ, かの二階間, かの停車場, かの技師, かの温泉, かの矢場, かの美しい, かの葬式, かの血管, かの貧民病院, かの鈕, かぴちりと, かへ一晩泊り, かへ出, かへ寝台, かへ往, かへ押, かへ散っ, かへ旅行, かへ消え, かへ行つて, かへ行つて飲, かへ退かせた, かへ逃, かへ逃げた, かへ逃げちまう, かへ隠れ, から, からいらっした, からかヒヨコヒヨコ, からか妻, からか此, からか犬, からだって這入る, からともなく青い, からも働い, から來, から借りた, から出, から出た, から手, から来たい, から来る, から皆, から移住, から算段, から聞える, から落ちた, から話, から逃げる, から逃す, から這入った, か人, か其所らあたり, か其辺, か出, か多分, か奥ま, か奸譎, か寝る, か弱い蔭地, か往來, か打ったら, か気, か気に入った, か水, か沈ん, か生硬, か知らない, か締り, か西部, か見た, か見覚え, か遠い, か離れた, が所謂論難, が此, さいただ, ぞへお, ぞへ行つた, だか, だかへ, だろうと, だ何所, だ直に, であらう, でか見た, でこの, でしょう, です, ですか, ですどうしても, でも先づ間違, で切, で喫させる, で手, で探った, で果して, で聞く, で見た, で買, で買うた, で買つて來, で逢います, で飲んだ, といっ, とか云, となく暖かい, ともなくす, ともなし, とも交渉, とも判らない, とも定め, とも極ら, と云, と云つて, と無く, なるらむ, なん, にあ, にあった, にあらう, にあります, にあるだ, にあるだろう, にいらっしゃる, にいるだろう, にえ, にえらい, にかあらむ, にかあるべき, にか一人不足, にか其の, にか動き, にか悪魔, にか有るだろう, にか求め, にか禍, にか立たすべき, にか萌さしめなけれ, にか違った, にそんな, にでも海, にまた, にもあり得ないだらう, にもそんな, にもない, にも人っ子一人, にも何, にも其記事, にも出場, にも居ない, にも居ませんでした, にも幸福, にも怠, にも脱, にも見えなくなった, にも見つかりませんでした, にも見出されない, にも見出す, にも見受ける, にも認むることができない, にも響き, にゐ, にア爾, に一点, に住, に可, に宿るべき, に居, に居た, に居るだろう, に有らう, に有りましょう, に有ろう, に此様, に残つて, に發, に紅, に置く, に遊ぶ, に隠れ, に風, の, の何者, の大臣さん, の奴, の家庭, の家郷, の湯, の美人, の者, の誰, の馬の骨, へ, へいっ, へいらしつた, へいらっしゃる, へお出で, へか叩き落された, へか往, へか御, へか行き, へか行きました, へか走っ, へか身体, へか隠し, へか隠れ, へともなく, へと問, へもゆき, へも往かす, へも行く, へも行けません, へも退路, へやら, へ出る, へ坐つた, へ往きます, へ往く, へ稼ぎ, へ立ち去る, へ結納, へ置いたで有ろう, へ行, へ行かう, へ行きました, へ行っただろう, へ行つたの, へ行つて腰, へ返したら, へ逃亡, へ逗留, へ連れ, へ遣った, へ隠し, へ隠す, までもお, までもかさ, までもアノ報酬, までも上手, までも人, までも其の, までも劇烈, までも夫, までも打解けた, までも疑ひ, までも発達, までも真直, までも私し, までも自ら, までも自由, までも見る, までも誠, までも際限, までピチピチ, まで一寸, まで人, まで悪, まで押, まで深い, まで真白, まで考へ, まで行つたやら, まで行つて, まで買った, まで送っ, まで進ん, も同じ, も開け放し, やらどっしり, やらに潜む, やら似通っ, やら共通, やら我が, やら暗い, やら謙遜, より, より何, より聞き知り, をあるい, をドー, を推せ, を歩いてる, を眺める, ヘ行ツタカ, 之, 似, 似天地一沙鴎, 迄もうぬぼれ, 迄も事実, 迄も復讐, 迄も思想, 迄も恰当, 迄も悪い, 迄も愛嬌, 迄も進ん, 迄悪, 迄有る, 迄進ん

▼ 何にか~ (388, 0.2%)

22 變つた 15 氣の 8 言ひ, 變な 5 あつた, 御用で, 心當り, 重大な 3 なるとかく, 仔細の, 書いたもの, 物音が, 用事か, 知つてゐる, 知つて居る, 言は

2 [25件] あると, 人に, 人間に, 仔細が, 厄介な, 変った点, 変化が, 外の, 大事な, 大變, 妙な, 御礼の, 思ひ當, 斯う, 書いて, 氣が, 氣に, 物を, 目印が, 知つ, 約束でも, 良い考え, 間違ひ, 雑誌を, 面白いこと

1 [241件] あの二人, あらむ白き, あらんと, ありましたか, あるだらう, あるだらうと, あるに, あるらん劇しき毒, いひ度, うまい工夫, うら淋しい心持, うるさく絡ん, お禮, かにか, こぼして, だ, だらうと, なくなつた, なるこれ, ひどくやり, やましい事, わからないこと, わかるかも, わけが, イヤな, ガラツ八には, チラリと, ドタリと, ブツブツ言つて, ホツと, モヂモヂし, 一つの, 一貫した, 不便な, 不思議に, 不純な, 不足でも, 不首尾でも, 主人の, 云いたげだったが, 云ふと, 仔細を, 仕事に, 仕事を, 仲が, 企らみのある, 候らむ陽炎の, 光るもの, 入つて, 八五郎に, 其処に, 出たかい, 割りきれない心持, 十に, 危ないこと, 又嗅ぎ出した, 又頼み度い, 口上は, 口實を, 含みが, 呑んで, 唸るやう, 唾でも, 喰ひたい願ひで, 嗅ぎつけて, 噂は, 因縁が, 堅く結んだ, 塗つて姿を, 変った処, 外に, 大事の, 大切な, 大旦那, 大望でも, 大風の, 奪られた, 女の, 妥協の, 始まつたかな, 左樣な, 差したの, 庵を, 引いて, 引つか, 引出さうとして, 役に立つと, 彼にか, 御氣付き, 御用, 御用かな, 御馳走でも, 心に, 心を, 心配で, 忍ばせて, 思いがけない物, 思い出した様, 思ひ付くこと, 思ふこと, 思惑が, 恐ろしい事, 恐ろしく頼り, 息づまるよう, 悪霊に, 惜しからん薩摩, 惡い, 惡戯を, 手傳ひ, 手傳ふこ, 手廻りの, 手掛りは, 手柄を, 折目の, 押向けられた, 持つて, 振り冠り, 捨てて, 掘りに, 掛けて, 掛り合ひでも, 掴まうとして, 教へて, 新しい暗示, 新しい聽, 昔馴染の, 映つた, 春の, 暗示を, 曰くの, 書きますつて, 望みが, 望みは, 期待し, 機械的または, 次第に事件, 歌を, 死ななきや, 比せん御礼, 沈めて, 深いわけ, 深い仔細, 深い掛り合ひで, 深刻な, 無理を, 燒くくらゐなら, 物に, 物音か, 物音を, 狩り立てられる, 獨り, 用事が, 用事で, 用事でも, 異變, 當てが, 発見でも, 白い藥, 百里の, 相談が, 眞新しい, 知つてゐ, 知つてゐた, 知つて居, 知つて居た, 知つて居なさる, 知らいろ, 知らホツ, 知ら一種, 知ら不, 知ら人を, 知ら合點, 知ら因縁, 知ら容易, 知ら小, 知ら愕然, 知ら疑念, 知ら突き詰めた八五郎, 私に, 積んで, 突つか, 約束が, 約束を, 素晴らしいヒント, 細工を, 結構な, 續け, 考へ, 聞き込んだか, 聽いた, 聽か, 脅えたやう, 脅かされたやう, 腑に, 腫物に, 腹を, 自分の, 自分を, 良い匂, 良からぬ, 落して, 褒めて, 見た筈, 見て, 見るか, 見付かつ, 見付けた樣子, 覺束ない, 言つた, 言つたら, 言ひかけ, 訊かれ, 訊ね度, 詰めて, 話してを, 話し込んだ樣子, 證據でも, 證據の, 譬えん, 變つた音でも, 變つた音を, 豫想外な, 豫想外の, 跡が, 踊つてゐた, 身を, 迷は, 追つ立てられる, 造化の, 連れ込んだ樣子, 連絡は, 重い物, 関係が, 隱し, 面白いもの, 順序が, 頼みに, 飛び出すの, 飛出しさ, 飛出したら構, 駭然と

▼ 何まで~ (382, 0.2%)

4 一人で, 知って, 縛りつけるやう 3 して, すべてが, 自分で

2 [24件] あけっぱなし, お世話を, そっくりです, わかって, 一切合切での, 世話に, 世話を, 先生の, 厭に, 変って, 夢の, 小説の, 御親切, 念入りに, 意表に, 新発明, 有難うございます, 気の, 流して, 立派な, 蟻は, 見透しで, 話したの, 面倒を

1 [313件] あてるん, あなたに, あなたを, あべこべだ, あまさずつめこんだマイクロコスモス, あまり不意, ありがたい, ありがたう, ありがとうございます, あるの, いっしょくたよ, いつもと, いとしいもの, うちあけても, うまい工合, えらく薄ぎたない, おとよ, おゆうさん, おれァ, お世話に, お前さんじゃ, お厚情, お心添え, お慈悲, お気づかれる, お膳立てを, お輿入れ道具, かぎつけるが, きまって, くさびどめの, くわしく知っ, こいつアみんな約束事かも, こそこそやっ, ことごとくその, この, このよう, さらけ出して, しかも三度三度, しようと, じつにうまく, すっかり他, すっかり手真似, すっかり私達, すつかりかうし, すべての, すべて狐の, すべて百パーセントに, すまないことだらけ, ずらかろうという, そっくりで, そっくり同じ, その警部補, それぞれの, そろって, つつしまなくっちゃあ, つまりブルジョア, つりあわないわ, できて, とり違, どうせ自分たち, なつかしまれた, はいって, はては日常, ばたばたふるって調べ, ひとつひとつが, ひとつ言つて見せよう, べた一面に, ほんとうに, ほんもの, まことにお似合い, まるで別人, みな来, みんなこの, みんな侍從武官か, みんな当, みんな階段の, やらせても, ゆき子に, よい具合, よく世話, よく気, よく知っ, わかり切って, わたしは, オーカミイナリが, キチンと, タラス王の, パリパリの, ピンから, ルパンの, ヴァン・ダインの, 一と, 一どきに話しすぎた, 一切世話を, 一度に, 一生懸命に, 一知半解である, 丈夫に, 不審ずくめでござる, 世間は, 事も, 二人に, 二人の, 二人分ある, 五月に, 人を, 人手に, 今の, 以前潔の, 似て, 佐助どんが, 使に, 便所の, 偶然だ, 僕には, 先を, 先方の, 先生に, 其の警部補, 具備し, 円みを, 出来るだけの, 出来るもの, 出来るりっぱ, 切り, 切り廻して, 判切見えた, 動いて, 勝手が, 勝手な, 十二分に, 単調な, 厄介に, 厄介千万に, 反対な, 可笑, 合点の, 吊合わないまるで, 向日葵ずくめで, 喋ったシナ人, 嘲笑的じゃ, 圓生生写しの, 変つて居る, 変な, 変へ, 変へて, 変梃な, 外国式な, 外国製品を, 大学式の, 奥床しい心憎い住居, 女性的であり, 好きであった, 好きと, 妙に, 妾にだけは, 委しき説明, 嬉しいん, 安いの, 安直な, 安直に, 実にほっそりと, 実に器用, 実に奇妙, 実に整然とそろっ, 寸分ちがわぬ, 寸分違わぬ, 対蹠的な, 小説家の, 届く人, 工夫し, 弁えて, 弟子に, 当局者が, 役者らしくない, 彼一人で, 御一人, 御世話, 御心配, 御恩, 御持参, 御生家, 心得て, 忝のう, 思い出された, 怪しいもの, 悉く現, 悉く趣味, 悪魔の, 意の, 手落ちの, 手製でした, 抜け目, 指図を, 指圖し, 探られて, 推理の, 揃って, 揃へて, 支配され, 支配し, 救ふと, 教わりました, 教父さまに, 整って, 新しいものずくめ, 新規まき直しで, 旦那の, 暗誦し, 書き入れる, 書き留めて, 書生派が, 有難いこと, 有難ずくめ, 本当である, 本物でなけれ, 本金づく, 正反対と, 正真正銘の, 死ぬよう, 残らず貸して, 殺気立ち眼, 気に入って, 気に入りましたと, 気に入りましたなんて, 氣に, 油断の, 洩れの, 焼けたり, 燃え上って, 父の, 父君が, 物が, 珍しい, 理ヅメの, 理窟の, 生きた人間, 申し上げられないし, 申分なく, 申訳ない, 疑い深くそして, 癪に, 皆恥, 皆手掛り, 相手に, 相談あい, 眞理を, 真理を, 知つてゐる, 知られて, 知りぬいて, 知り抜いて, 石だらけの, 磁力とは, 私が, 私の, 私一人の, 筍づく, 米国式流行の, 素ッ葉抜き, 細い事, 結構ずくめの, 結構ずくめまるで, 絵で, 縛りつけるよう, 美事に, 聖像と, 聞いちゃ, 肯定し, 自分が, 自分の, 自分ひとりの, 自分を, 自分一人の, 自分達の, 自由に, 芸術的に, 蔽い隠して, 行き届いたお, 行き届いた西洋人, 行き届かして, 行くとして, 西洋の, 見て, 見るもの, 見劣りし, 見透して, 見透しという, 覗くやう, 親切に, 解せぬこと, 計ろうて, 計算の, 話が, 説明し尽されない, 説明する, 貝類ばかり, 買い占められるだけの, 身に, 道具だてが, 邸の, 陳紛漢紛の, 難有, 面白いもの, 響いて, 顔に, 類型なし, 馬鹿に, 骨細, 黒い, 黒ずくめの, 黒一色の, 龍造寺殿の

▼ 何~ (374, 0.2%)

286 んも 27 んか 21 んと 14 んで 3 んでも, ん叱られ 2 ん引き裂かれ

1 [18件] んあった, んいっ, んくらい, んぐらい, んといふ, んどす, んの, んもかい, んもね, んもよ, ん叱, ん叱っ, ん戻っ, ん承った, ん言うたら, ん言っ, ん買ふさうです, ん転がる

▼ 何~ (367, 0.2%)

23 となく 14 も何本 4 作る 3 あるか, かある, かが投げ棄てられ, か立っ, もあった, もある, も出

2 [24件] かうちこん, かそよい, かの竹, かの竹管, というよう, と謂っ, の遊び, もない, もの条溝, もふかした, もマッチ, も並ん, も斜め, も杉, も横, も無駄, も立つ, も立てた, も筆塚, よりも熱意, を唱え, を買, 擦つて, 飲んだか

1 [257件] あつた, ある, あるかな, あるかも, あるかを, あるという, あるとも, あるの, あるや, あるん, いや三十何本, か, かあけた, かあっ, かあった, かかかった, かが蓋, かでへべった, かとその, かのかも, かのところてん, かのひろい, かのまくら木, かのタコ, かのトランペット, かのマツチ, かの一升ビン, かの丁髷, かの並木道, かの丸太, かの信濃桜, かの小川, かの手紙, かの指, かの指先, かの木, かの松, かの柱, かの燭台, かの画筆, かの真赤, かの石柱, かの紐, かの紫苑, かの罅, かの腕, かの艸, かの芯, かの蓮根, かの蝋燭, かの軍刀, かの酒, かの鎖, かの鑰打ち, かははっきり, かは地面, かをとにかく, かを無造作, かを融通, かマッチ, か並ん, か伐った, か倒れた, か切っ, か切断, か別, か密生, か徳利, か心配, か必要, か手紙, か旗, か棒, か植え, か櫛, か用意, か縄, か送っ, か運びこまれたりしたのを, か選びだし, か雪, くらいになっ, ぐらいある, ずつ持っ, その収穫予想, その毛, たらあらつせたげなに, たりとも, でないまでも, でもある, でもいい, でもみんな製薬用, でも削, でも固め, でも折れる, でも持っ, で村, というところ, というの, という傘, という問い, という者, といふ夥しい, とか倒し, とか受取った, ときまっ, とくぎっ, とイナウル, と事細か, と唱え, と定められ, と極めて, と毎日, と神官, どういう種類, なりや, にもわかれ, にも岐, に比べる, の太い, の手紙, の文句, の木, の木材, の毛, の煙草, の照空燈, の磔刑柱, の色文, の遊戯, の骨, はひつ, もあっ, もいれ, もお, もおっ立てる, もきらめく, もさし, もさし木, もしごいた, もじゅず, もせしめ, もせん, もその, もそよい, もそれ, もたてられ, もだった, もでけ, もともし, もどう, もなく, もならん, ものばされ, もの弓形, もの手, もの消息子, もの紐, もの航路, もの赤布, もの足, もの黒い, もはえた, もぶら, もぶら下げた, もわからない, もクシャクシャ, もスーッ, もマツチ, も一しょ, も上げた, も下, も下っ, も串, も仆, も仕上げ, も何, も併行, も傘, も光っ, も几帳面, も出し, も出た, も出ない, も切らし, も吹かし, も唾液, も喫つて, も塗りたくっ, も射込む, も差し, も引きあげ, も彼, も手, も抜, も持つ, も挿し, も揺れ, も数, も敷い, も敷島, も旗, も書いた, も植え, も植えられ, も楔, も歓喜, も注射, も浮かんだ, も灰, も煙, も発表, も目, も真っ白, も空, も突ッ, も立ちあがっ, も立っ, も立て, も立てられた, も竪, も筆, も細い, も続け, も縞, も肩, も腕, も舟, も船, も色鉛筆, も茂つて, も行, も見物, も貰っ, も赤, も赤い, も走っ, も踏切り, も軒, も転, も這っ, も通っ, も集め, も鵞ペン, をまだ, を持っ, 作るかと, 切らなければ, 吸うたか, 吸うん, 打とうと, 折れたか, 持つて, 植えて, 突き出した, 造られて, 飲んで

▼ 何~ (360, 0.2%)

23 兎も 22 措いても 15 おいても 13 扨置き 8 さて置き 6 ともあれこの 5 ともあれその, 無くとも 4 ともあれ, ともあれお 3 あれ, ともあれ彼

2 [16件] あっても, さておいても, さて措き, ともあれと, ともあれまず, ともあれもう, ともあれ先ず, ともあれ千日前, ともあれ御, ともあれ心, ともあれ早速, ともあれ私, どうだ, なくても, 措いて, 措きまして

1 [217件] あとからとして, あの此間, あれこうして, あれここ, あれそこ, あれ一人, あれ六波羅, あれ宿の, あれ我々, あれ梵天丸で, あれ氏郷は, あれ連れて, あれ関勝蔵の, あれ院, いづこと, おいて, さしおいても, さし措い, さておきお祖母さん, さておきこうして, さておきこの, さておきちょっと, さておき今, さておき国友商会, さておき娘, さておき既発売, さておき色合, さておき酒, さて一つお願い, さて一流, さて官等, さて熱い, さて置い, さて置き出でず, さて置き飛ん, しかれ先ず, しかれ其杢, しかれ千五百年, しかれ命, しかれ女, しかれ御, しかれ我々, しかれ湖岸, しかれ車, しませんでしたという, ちょいちょい来らるる, できなくても, とまれ土合, とまれ差し当って, とまれ狆, とまれ私, ともあれああ, ともあれあなた, ともあれあらかじめ, ともあれいっぺん, ともあれいつも, ともあれおもしろく, ともあれお母さん, ともあれこう, ともあれこれ, ともあれこんな, ともあれぜひ, ともあれという, ともあれひと, ともあれひとまず, ともあれふたり, ともあれまっしぐら, ともあれよく, ともあれわたくし, ともあれアカンサス, ともあれエムデン様々, ともあれトック, ともあれマルクス主義, ともあれ一, ともあれ一同, ともあれ一応, ともあれ一日, ともあれ久しぶり, ともあれ二人, ともあれ二剣, ともあれ人生, ともあれ今晩, ともあれ伊織, ともあれ会っ, ともあれ先生, ともあれ光琳, ともあれ入り, ともあれ初湯一風呂, ともあれ博士, ともあれ原理的, ともあれ命, ともあれ善, ともあれ土, ともあれ外出, ともあれ大阪, ともあれ女, ともあれ婦人民主クラブ員, ともあれ子供, ともあれ學校, ともあれ安静, ともあれ寒, ともあれ小, ともあれ小沢, ともあれ居士, ともあれ岸, ともあれ島原, ともあれ帰ろう, ともあれ床, ともあれ御意, ともあれ念, ともあれ急い, ともあれ我家, ともあれ戸部, ともあれ扇子, ともあれ握手, ともあれ斬られ, ともあれ暫時, ともあれ来, ともあれ来月中旬, ともあれ樫田武平, ともあれ正装, ともあれ汚い臭い, ともあれ汝, ともあれ江戸, ともあれ油絵, ともあれ波羅夷罪, ともあれ浮世絵屋, ともあれ無事, ともあれ無意識, ともあれ申し上げなけれ, ともあれ男の子, ともあれ空疎, ともあれ第, ともあれ素袷, ともあれ細田氏, ともあれ結いた, ともあれ綱, ともあれ罪, ともあれ肝腎かなめ, ともあれ脱出, ともあれ腹, ともあれ自分, ともあれ萬事, ともあれ落度, ともあれ親分, ともあれ観察, ともあれ豊臣秀吉, ともあれ貴公, ともあれ赫々, ともあれ走ろう, ともあれ都, ともあれ頗る, ともあれ食事, ともかく, ともかくお呼び, ともかくという, ともかくゆうべ, ともかく上がったら, ともかく主, ともかく千両箱, ともかく御, ともかく捨ておけない, ともかく本土, ともかく現場探査, どうあろう, どうし, どうした, どうでも, どうともあれ, どこの, トモあれ取押えられ, 三右衛門は, 令嬢は, 何うし, 何だ, 何処の, 何年掘ったら無くなる, 先ほどから, 内海は, 厭だ, 君の, 問はず黒人は, 大勢の, 大学の, 失うとも, 学ばなくても, 居らんか, 差置きましても, 差置き橘, 帰ったか, 幸福だ, 御不足, 忍んでも, 恥じ怖, 所詮逃げる, 扨て, 扨措い, 措きても, 措ても, 放っといても, 斯う, 斷言が, 春が, 河の, 無くっても, 無くても, 無くなる何, 知らねど, 紬まで, 置いても, 羽二重を, 若様は, 行ってるん, 行届きませんでも, 載ったか, 金之助さんは, 難波の

▼ 何~ (356, 0.2%)

12 なく 10 なくその 9 もなく 8 なく手 6 なく見 5 なくお, なく見る 4 なく振り返る 3 なく下, なく積重ねたる, なく美登利, なく隣, なしに

2 [30件] なくそこ, なくそんな, なくひょいと, なく云った, なく伸子, なく入, なく其の, なく向う, なく室内, なく帰っ, なく後ろ, なく拾い上げ, なく振り返りました, なく斯, なく新聞, なく机, なく歩い, なく歸つて, なく眼, なく私, なく筋書, なく耳, なく自分, なく行く, なく表, なく裏庭, なく見返る, なく覗い, なく言った, なく身

1 [222件] ぞ我, となく, ない好奇心, ない様子, ない樣子, ない視線, ない遊戯心, なきお, なき噂ばなし, なくあくび, なくあけ, なくあぜづたひに, なくあるいは, なくいた, なくいたずら, なくいったん, なくいとよく, なくおこ, なくこう, なくこの, なくこれ, なくさうさ, なくさよう, なくしゃべっ, なくしゃべり, なくじっと, なくそういう, なくそとの, なくそれ, なくそれで, なくたちどまった, なくつ, なくであった, なくとり上げたら, なくどこ, なくながめ, なくひろっ, なくふりかえっ, なくほととぎす, なくぽかんと, なくめくった, なくもの, なくテーブル, なくビルディング, なくフト, なくベルリン, なく一本道, なく一皿, なく下り, なく下駄, なく不意, なく中, なく中川家, なく之, なく二三行, なく二階, なく云, なく云い, なく云いかけ, なく云う, なく五六人, なく他, なく会社, なく伯母さん, なく何等, なく來, なく例, なく侍, なく係官, なく其処, なく其日, なく其面, なく出したげ, なく出た, なく割いた, なく卓上電話, なく受け取った, なく受け取りてかれ, なく受取っ, なく口笛, なく古, なく吐い, なく吐く, なく向こう, なく吹上, なく唇, なく喋り, なく四辺, なく土手, なく土産物, なく地蔵堂, なく執, なく場内, なく外, なく大人, なく夷苺, なく奥, なく奪う, なく女, なく女中, なく姉, なく娘, なく安否, なく家, なく寄り込んだ, なく寐衣, なく封, なく小, なく小さいうち, なく小腰, なく帰った, なく座敷, なく引き出し, なく従妹, なく扇, なく抜い, なく披, なく拔, なく拾取り, なく持っ, なく持つ, なく挙げる, なく振り, なく振り向け, なく振り返, なく振り返っ, なく振向い, なく振向く, なく文三, なく方丈, なく日記, なく書かれ, なく本堂, なく来かかりし, なく来かかる, なく来た, なく枕, なく柱, なく梯子段, なく横目, なく欄干, なく歩道, なく歸つて來, なく水, なく永代橋, なく江藤, なく源八郎, なく潜戸, なく火鉢, なく物, なく玄関, なく現任大臣, なく男雛, なく目, なく眉, なく真向い, なく眩が, なく眺める, なく秋蘭, なく窓, なく立ち止まる, なく立っ, なく立つ, なく端, なく答え, なく籠, なく罪, なく考え, なく考へ, なく聲, なく背戸, なく腕時計, なく芳子さん, なく薬研, なく行っ, なく行燈, なく表通, なく裏, なく見かえる, なく見た, なく見たら, なく見ます, なく見まわし, なく見上げた, なく見廻, なく見直し, なく見送る, なく覗き, なく訊きかえした, なく詠むだ, なく話し, なく誦した, なく説明, なく読みおり, なく論文, なく貰, なく辿っ, なく近づく, なく途, なく通りかかった, なく過ぎ行く, なく道, なく部屋, なく釜, なく開ら, なく降り, なく障子, なく雀色, なく雑談, なく雲壁, なく頑是, なく頬杖, なく頭, なく顔, なく顧, なく食事, なく駱駝, のう今, のごとき, の如き, もありませぬ, もなく漁っ

▼ 何うに~ (322, 0.2%)

37 もならない 13 かし 11 かなる, も斯うに 9 もならぬ 8 でもなる 6 もなる, も仕様 5 も堪らない 4 もし, もならん, もなるまい, も手, も辛抱 3 かなるだろう, もならなかつた, もなりません, も仕方, も出来ない

2 [28件] かかうに, かこう, かしなけれ, かなつて, かならない, か切り抜けれ, か心配, か成る, か胡麻化, か見られる, か辛抱, か遣繰, か騙し, でもし, でもなれ, もならず, もならなかった, もなりませぬ, もまだ, も仕, も分りかねる, も彼うに, も涙, も父, も眼鼻, も考へられない, も苦痛, も面白く

1 [125件] かあの, かいつも, かお前, かします, かすました, かする, かすれ, かそれ, かなくなっ, かなつ, かならん, かなり, かなりさうな, かなります, かなるだらう, かなるまい, かやれ, か不自由, か了解め, か仕, か住める, か出, か呑み込ませた, か大, か女給タイプ, か始末, か工夫, か後始末, か成ります, か成るだろう, か承知, か抜け, か挽回, か斯うに, か欺うに, か此うに, か決, か済ませる, か爲, か目鼻, か直せ, か纏まった, か行った, か誤魔化せます, か静, だつて整理, でもしてやる, でもする, でもなろう, でも付く, でも切れ, でも叩き潰したかった, でも叩き潰したかつた, でも大きく, でも己, でも成りました, でも成る, でも操縦, でも致します, でも誤魔化せます, でも誤魔化せる, もい, もうまい, もお, もお前さん, もかう, もくさり, もごまかす, もします, もしめっ, もしょ, もしようが, もその, もつまらない, もなら, もならねえで, もなり, もやり, もハヤ, もバカ, もボーメンズ, も不安, も不思議, も人気, も凝つ, も出せない, も合点, も名残惜, も堪へられず, も堪らなかった, も堪らなかつた, も堪らなく, も堪らなくなっ, も役, も御難, も恁うに, も成らない, も成らなかったら, も我慢, も拭, も持, も支, も救, も氣味, も無理, も爲樣, も理由無し, も相, も答えられない, も胸, も自動車, も自由, も致しやす, も苦しい, も苦しく, も落着, も説明, も足りない, も辛く, も遣繰, も遣繰り, も長, も長く, も離れ, も高級もの

▼ 何~ (320, 0.2%)

11 も何枚 9 となく 4 も, も重ね 3 かの写真, かの原稿, かの紙幣, かの銀貨, でも描い

2 [19件] ある, かのビラ, かのレコード, かの作品, かの銅貨, でも, でもあら, でも何枚, もある, もはがし, も出し, も撮っ, も皿, も繰り返し, も貼っ, も重ねた, 持って, 書いても, 見ても

1 [239件] あげましょうか, あげませうか, あった, あっても, あります, あるかという, あるとか, あるん, いるか, いるの, うれた, かあった, かあと三十枚, かあり, かあります, かあるでしょう, かいても, かかかげられ, かがある, かが済んだ, かが滝野, かきました, かずつ振り, かそれで, かつかん, かつまれ, かでした, かで一応, かのやう, かのカード, かのセザンヌ, かのビスケット, かのポスター, かの一シリング銀貨, かの丁, かの中, かの六, かの千円札, かの千圓札, かの古, かの図面, かの女, かの小判, かの居催促, かの愚, かの文, かの新しい, かの新聞, かの書きつけ, かの東京地図, かの板, かの法幣, かの盆, かの着物, かの窓ガラス, かの端書, かの筋書, かの羽, かの自叙伝体小説, かの葉, かの薄板, かの衣, かの貨幣, かの銅版画, かの銭, かの附箋, かの黄金, かひきぬい, かまで徹っ, かもっ, かもって電車, かを丁寧, かを取り出し, かを心, かを書きすまし, かを自家用, かを袖の下, かを試みた, かを隔て, かバラバラ, か並べ, か二晩, か今, か入れた, か卷い, か壁, か封緘, か巣, か市中, か幾つ, か引か, か抜出し, か描い, か撮った, か敷き込ん, か景気, か書き上げた, か来まし, か残し, か残っ, か渡し, か皆, か積み重ねた, か続い, か縦, か縦横, か袂, か見られる, か飾られ, ぐらい書けた, ずつか, たのむん, だっても書ける, だつて, つけるか, でしたっけ, ですみます, でもある, でも一篇, でも壊し, でも売れる, でも夜ふかし, でも好き, でも引き受ける, でも描かせよう, でも描く, でも書かせる, でも着物, でも買っ, でも買つて, でも重ね, というの, という心細, とかいうの, とか買っ, としか記入, と此, になった, にも越した, の何行目, の花弁, はいっ, ひらいて, まとめて, もあっ, もおい, もかい, もかさね, もずらりと, もそこここ, もそれぞれ額縁, もたま, もとれた, もない, もならべ, もの平板, もの板, もの白い, もの紙の, もの罫紙, もの蘭, もはられた, もわれわれ, も下画, も人, も何十枚, も何故, も何枚もの紙, も写真, も出させ, も受取っ, も合わせ, も壁, も折りかさねた, も拾っ, も持っ, も捨てられ, も描いた, も描き捨てられた, も描き直す, も描く, も撮つた, も数字, も敷き詰め, も早く, も書きなおし, も書く, も枠張り, も現れる, も画, も画い, も着, も着せ, も着とらん, も紙, も綴じた, も縫い合し, も縫っ, も背中, も苫, も菊半截, も見せられ, も貰えた, も貼つ, も貼りつけられ, も貼り付け, も貼り出され, も赤い, も重, も重ねあわした, も重ねれ, も鼠色, わったという, を出し, を書き, を書了, を選ん, コマを, ペーパを, 並んで, 入れましょうと, 呑むと, 売れたかを, 宛か, 張りだ, 書いたとか, 着たって, 着とるんな, 竝ぶだらう, 続きかの, 衣ものを, 要るかから, 見たか, 見て, 買って, 買っても, 重なって, 重ねても, 頼まれたの

▼ 何~ (313, 0.2%)

85 となく 8 も何回

2 [14件] かあった, か眺め, か私, か繰り返す, でも繰り返す, でも聾, もあった, もお, も私, も繰り返される, も繰返し, も自分, も見た, も訪問

1 [192件] あったか, あったかを, いかなる連句, かあの, かある, かいいました, かいった, かうち, かお, かくきる, かくるくる, かこういう, かさういふ処, かされる, かそちら, かそれ, かつい, かにそれ, かにわたつ, かに渡つて自分, かのフランス美術展覧会, かの休憩, かの勝負, かの失敗, かの容易, かの査問中, かの話, かの調査, かは廊下, かは撤廃, か丁度, か不思議, か互, か代金, か作品, か使っ, か博士, か土蔵, か学校, か宙, か往復, か必ず, か意識, か東京, か業, か渡欧, か病床, か発表, か神経質そう, か行った, か行なっ, か見物, か言われ, か走水, か踊, か連絡, か運ばれた, か鑑別, くらい日本, くり返しても, ぐらいやった, ぐらい彼, ぐらい行った, この林, しかない, だかの, だって掘ります, つづくか, でも, でもくり返す, でもこの, でもそんな, でもはね返す, でももの, でも僕, でも出, でも反覆, でも審問, でも拝み, でも来る, でも柔らかく, でも繰り返し, でも繰返し, でも繰返す, でも襲撃, でも言っ, でも返事, でも送りつける, というよう, という僅, という古来, となく近, と一本, と版木, と目標, と続けた, と言, どういう速度, になる, にもわたっ, にも漬かる, にも行われる, にわけ, に何人, のキス, の失敗, の拷問, の能, は規則, ひっくりかえったか, ほどまわった, まきあげられたか, も, もある, もうたた, もお礼, もお預け, もかけ, もくりかえし, もくりかえす, もくり返し, もすぱすぱ, もそうした, もそれ, もつづく, もでくわした, もない, ものこういう, ものむ, もの侵略, もの海底噴火, もふるえた, もやった, もやってくる, もやつ, もよこした, もよみ, もグルグル, も上がったり下り, も云っ, も会議, も八千代サン, も刑務所, も勅使, も動かした, も受けた, も叩かなけれ, も吐いた, も唱えられた, も地上, も客, も小群, も延期, も廻っ, も廻る, も往き来, も打ち, も打った, も放火, も断られ, も旋回, も来, も歩き慣れた, も求め, も火箸, も犯行, も続け様, も繰り返した, も續, も聴きたい, も腸出血, も裁判所, も見物人, も試みた, も読みこなし, も踝, も道夫, も重病, も開かれ, も開館, やつて, を重ね, 出て, 同じこと, 尋ねて, 捲き上り, 繰返されて, 繰返されても, 繰返して, 葬り去られたか, 行くか, 通っても

▼ 何だろう~ (307, 0.2%)

4839 と思っ 8 あれは 64 と云っ, と考えた, な 3 この人, と思いました 2 かということ, かと思っ, が, これは, と思った, と聞い, と見, ねえ, 何だろう

1 [170件] ああそう, あいつ, あそこに, あのお蔦, あのシュウシュウ, あのネクタイ, あの人, あの侍, あの和尚様, あの女, あの本, あの火, あの音, うるさい, え, え君, おかしいな, お前さんの, かこの, かこれ, かしらんあすこ, かとあたし, かといぶかった, かとさかん, かともう一度, かと娘, かと学者たち, かと思い, かと思った, かと目, かと眺め, かと考えた, かね, かまあ, か知ら, か薄く, がおれ, がこの, がその, がそのまま, がそんな, がとんと, がどんなに, が一晩, が乗越え, が俺達, が消防夫, が理, が立派, が身構えたら, が闘ッ, が駄目, けれどお雪さん, ここの, このにおい, このゴロゴロ, この夏, こんなに臭い, その娘, それは, それを, たしかに人数, って噂, ということ, というとたん, という氣持, という疑い, といっ, といぶかり, といらぬ, とおどろき怪しん, とおもっ, とお出で, とお尋ね, とすぐ, とそこ, とその, とそんな, とちょっと, とて噂, とねらい, とぼく, ともう, とよく, と三人, と三分, と不思議, と云う, と今, と思い, と思います, と思い怪しん, と思う, と手, と暗い, と構わず, と構わん, と皇帝, と窓, と立ち停っ, と考え抜いた, と耳, と行っ, と遠慮, と開け, と音, どうした, どんな心配, なあ, なお父ちゃん, なその, なぞという問題, なもう, なウチュウジン, な八, ねえ大層, ねえ杉, ねお母さん, ねエまア, ね今の, ね何, ね凱旋, の, ひどい嘘つき, へえ宜, まあ, まだちっとも通らない, まるで小鳥, まるで赤坊, もう時刻, やはり身体, ガバガバガバと, ゴミ屑かな, ユリは, 一体, 亭主は, 人を, 今じゃ, 今の, 何と, 何の, 何人かおるだろう, 何犯だろう, 余程半間さ, 僕等の, 千ちゃん, 卓一の, 可愛らしい小, 多助さん先へ, 奉公人の, 山田から, 店先へ, 彼女は, 成層圏を, 松岡が, 浮気を, 済まないこと, 真名古君これまでに, 私, 私を, 秋祭かな, 腹からの, 言葉も, 雨戸を, 雪崩れだろう, 雲に, 馬みた, 馬騒ぎで, 髪の, 鼬かい

▼ 何時間~ (307, 0.2%)

10 も何時間 6 経ったか 5 かの後, となく 3 かをその, か後

2 [16件] かうとうと, かの間, かを過ごした, たったか, たったの, でも口, でも待っ, でも黙っ, もぶっつづけ, も坐っ, も待たされ, も自分, も黙っ, を要する, 眠ったか, 経っても

1 [243件] あったら別室, ある, おいても, おくれるだろうね, おったか, およげるね, か, かかったろうかい, かかるか, かかるぐらいは, かがこうして, かがすぎさりました, かが過ぎ, かが過ぎた, かさうし, かし, かしら, かじっと, かすれ, かたちました, かたったが, かたって, かたのしい, かであった, かのうち, かの時間, かの緊張, かはこいさん, かは休息, かは信子, かは必ず, かは自己, かひどい, かもう, かよし, かを費したる, かアイヌ語, か何十時間, か働い, か前, か坐っ, か山野, か待つ, か眠つた, か立ちづめ, か立つたらしい, か経った, か続きました, か過ぎた, くらい過ぎた, ぐらいかかった, ぐらいかかります, ぐらいかかる, ぐらいこうして, ぐらいその, ぐらい後, ぐらい眠った, ぐらい過ぎた, こうやっ, こんな臭い, ずつ完璧, ずつ課業, そうやっ, そこでじつ, そのよう, たっても, たつたこと, たつたの, だか, だったか, です, でもお前, でもこの, でもときどき, でも人, でも動かず, でも唇, でも坐っ, でも坐つ, でも店, でも引き延ばす, でも彼, でも待ちつくし, でも待つ, でも探す, でも独占, でも眺め, でも眼, でも私, でも続け, でも見せ, でも見飽きせえへん, でも説明, でも革, でも飽かず眺め, で書けた, で終った, で行かれます, で追いつく, というよう, という間, という風, とか, とかいう, とかの道, とすべき, とたたぬ, と決められ, と考え, と読む, どころか一生涯, になる, にもならなかった, のあいだ, の余裕, の後, の試験, の長, はここ, ほど眠った, までぐらいの腸, もあやまらなかった, もか, もかかっ, もかかつて, もかからなけれ, もこう, もこうして, もしん, もそう, もその, もそのまま, もそれ, もない, ものあいだ司令官, もひと言, もぶっ, もぼんやり, ももつまい, もわたしたち, もジュスチーヌ, も一室, も上空, も乗り廻す, も人, も仕事, も休息, も使つて來, も前, も動かず, も動かない, も動かなかつた, も化学実験室, も口, も同じ, も吹きまくられ, も唯顔, も地壇, も坐った, も坐り込ん, も多く, も夜, も夜なか, も夢み, も妹, も帰っ, も幾日, も彼女, も待たせ, も悲劇的, も打, も掛っ, も撞球, も明るい, も昼, も時間, も暗がり, も暮し向き, も極地飛行, も横, も止められない, も歩いた, も歩き, も水の上, も汽車, も沈思, も流れ過ぎた, も無い, も無心, も町はずれ, も病室, も眠れません, も私, も空, も立ち, も立ちつづけ, も経った, も続け, も続けざま, も興奮, も行列, も謁見, も費した, も費す, も走り歩いた, も身, も遅刻, も過ごした, も過し, も過す, も長い長い, も閉ぢ, も非常管制, も食事, も駅, を働く, を経過, を費し, 働いた上, 働かして, 働かなければ, 働くの, 働こうと, 坐り込まれるか, 寝たか, 寝て, 待たせるつもり, 待ったか, 待っても, 眠ったかをも, 眠ったと, 眠って, 立って, 立つても, 経っただろう, 経ったでしょう水, 経ったの, 経つたと, 経とうが, 経過ったか, 続いたの, 見ても, 費しても

▼ 何かしら~ (276, 0.1%)

5 自分の, 重大な 4 異常な 3 或る, 異様な, 非常に 2 それが, 不安な, 不安を, 不慮の, 別な, 奪られない, 彼女と, 心に, 敬虔な, 非常な

1 [233件] あなたを, あのセルロイド職工, あははははと, あまりに雲, いつもと, いつもより, うしろに, うれしがっ, うろたえるよう, えたいの, おそろしい運命, お咎め, お涌, けなしつけて, こうただ, ここで, ここ十年来は, このよう, この世に, この六枚屏風, この唐人唄, この踊っ, これまでに, しっとりした, しめやかに, すべてに, せめて金, そういう, そうしなけれ, そこに, そこには, そして何, その人, それに, それを, ぞっとした, たいそう偉, だめでない, ちょッとでも, なごやか, ひしひしと, ひじょうなことがおこったらしいのです, ひとつの, ひと花, ひやりとした, ほの, ほッ, ぼくたちの, まご, また本, また空, まだ割りきれない, まるで想像, まるで違った, めずらしいこと, もう裏切られた, もっともっとおそろしい, もつと, やみの, ゆうべとは, よい機会, よほどおそろしい, わしは, わたくしの, わたしの, われわれの, ガンジー翁が, ギョッと, ゴソゴソ描きました, サムに, ゾーッと, ドキン, ドキンドキンと, パッと, ペラペラと, 一大決心を, 一座の, 一種抽象的な, 一面に, 不図私, 不図胸, 不安であった, 不安らし, 不安らしく云った, 不機嫌, 不機嫌で, 不潔な, 不確実, 世界が, 二人の, 人も, 人間以外の, 人間界を, 今まで, 今度の, 健全で, 催しものを, 僕に, 僕には, 僕の, 全くちがった, 全くの, 其の入口, 其家の, 冷酷な, 分らないもの, 厭らしい, 厳粛な, 叫びながら, 各, 噛んで, 墓が, 変な, 多少もの, 大きなこと, 大きな仕事, 大きな力, 大きな商売, 大きな屏風, 大きな禍, 大へん, 大事が, 大変な, 天の, 失礼な, 女房に, 妖しき物語, 妙な, 妙に, 姉から, 安心した, 安心の, 客観性の, 室蘭から, 小さな羽虫, 己の, 平次の, 幸福の, 張りつめて, 強烈な, 彫刻の, 彼が, 彼の, 彼女が, 彼女の, 彼等は, 従来とは, 心の, 心を, 思いあたるよう, 急に, 恐ろしい犯罪, 恐ろしさ, 恭一に対して, 悽愴な, 意外な, 感激の, 憂鬱そうである, 扁桃腺なら, 手を, 押えつけて, 押問答を, 斉彬に, 新鮮な, 書き初めました, 未知の, 様子の, 母に, 母達の, 気強い感じ, 汚い物, 深い関係, 清新に, 演劇に, 無性な, 無数の, 無理も, 無語, 無邪気な, 熱情的に, 父が, 父の, 特別興味を, 独自の, 猿の, 生きて, 生活の, 番頭と, 異樣, 目的を, 眼を, 社会といふ, 神々しく見せる, 神泉氏に, 私と, 突飛な, 立派な, 笑ひだしたくなる, 精一ぱいの, 綺麗な, 義観に, 肉感的な, 胸に, 脚下から, 腹が, 腹を, 自分が, 自分自身にまで, 自分達長崎以来の, 興奮してる, 茫漠と, 莫大な, 薄紅, 親しみさえ, 親しみを, 話して, 認められないところ, 誰かを, 誰も, 諦め深い, 警句でも, 賑かさが, 超自然, 超風景的, 鎧の, 長い夕暮, 闇の, 陥し穴, 青い木の葉, 高いお山, 鬱勃と, 魔物の, 鴉の

▼ 何十年~ (266, 0.1%)

14 となく 10 か前, も前 5 の間 4 かの後, たっても, に一度, の昔 3 かかったって, か後, の後, も何百年, も昔

2 [22件] かの雨風, かまえ, か何百年, か生き, この方, たつか, という月日, という長い, といふ長い, と云, にいっぺん, になる, の泰平, の苦労, の長い, まえに, もかかっ, もそこ, もたって, もつづけ, も使用, 経ったか

1 [152件] かある, かかかっ, かかったらこの, かかって, かかつ, かが持続, かたっ, かたって, かたて, かになります, かにまた, かに一度, かに亘る, かのあ, かのあいだ, かの勤続, かの後師匠, かの果, かの街道生活, かの跡, かの間, かぶったの, かまえの, かをつうじ, かを送っ, か先, か奉公人, か振り, か植えた, か知らない, か経った, か美しい, か聖人, か記録, が短い, が間つて, このかた近所近辺, して, たったって, たって, たつも, でございますか, ですか, でもがんばる, でも何百年, というあいだ, という平均, という年, という戦, という間, といふ歳月, といふ百姓仕事, といふ間, とかの間, とこの, とそんな, と三味線, と捕われ, と洗った, と火事, と経ちました, と継続, と続け, ないほほえみ, になるだらう, にもわたっ, にも人, にも変り, にも奥, にも變ら, にわたる長い, に一人, に屋根, のし, のリウマチ, の人生, の公生涯, の埃, の実際, の年月, の恨, の恨み, の悲壮, の歳月, の歴史, の経験, の練習, の習練, の自分, の遠き, の間大事, は, はたらいても, は余生, への生命, ほどかかった, も, もうこの, もかかった, もこの, もたっ, もたった, もたつ, もつい, もつづく, もの年, もの昔, もまえ, も一緒, も以前, も会わなかった, も住ん, も働ら, も千軍万馬, も古画, も哲學, も土足, も坑内, も川, も年賀状一本, も忘れない, も怒らず, も思, も恩, も持つ, も月, も歩い, も殆, も病気, も経た, も経つ, も聞かなかった, も術, も見, も距, も長い, やって, を経, を經過, を過し, イヤ百年, 或は何百年, 振かに, 振に, 捲き込まれても, 有らうとも, 浮かんで, 生きられるか, 立ったか, 経った後, 続けて, 過ぎて

▼ 何時頃~ (262, 0.1%)

7 ですか, でせう 6 なん 5 お帰り, だか, だったろう, の事 4 だらう, のこと 3 だ, だったか, でしたか

2 [14件] からあつ, からそんな, から出, から此, から起つた, だったかね, であろうか, とか書, なの, にお, になる, に使, に寝, に生れた

1 [177件] あがるん, おかえります, お出懸, お帰来, お悪く, お父, かういふ催し, かえるの, かしら, かしらん, かといふこと, かと云う, かと追及, かな, かね, かや, から, からある, からかこの, からかは知らぬ, からか山神様, からか細か, からこんな, からこんなに, からすえ子, からそれ, からだ, からだい, からである, からなく, からのお, からの事, からの仲, からをかしくなつ, から井筒屋, から來, から出かけ, から出来, から出立, から始, から始まった, から始まつた, から始めた, から定められた, から居らぬ, から文献, から此処, から此處, から無く, から用いられた, から知つて, から知り, から私, から空家, から職人, から言慣, か其, か知らん, か覚え, が一番静か, じゃ, そしてどこ, だえ, だそれ, だっけね, だったけや, だったっけね, だったでしょう, だったでしょうか, だったね, だったの, だってどうして, だつたい, だね, だろ, だろうと, つくでしょうこの, であったの, であったろうか, できたもの, できるの, でございましょう, でござんせう, でしたかね, でしょう, でしょうか, でしょうまだ, です, ですかと, ですの, で有った, という, といったかもう, とも分らない, と彼, なんだい, にしましょう, にとった, にと惚け, になっ, になります, になるでしょう, に伺ったら, に入, に出, に寝る, に帰, に帰った, に帰りはります, に帰る, に戻っ, に捺された, に撮つた, に死ぬ, に生存, に立った, に行き, に行く, に行つた, に變化, に銚子, に順番がま, のことだい, のもの, の作, の物, ほんとにこの, までか, までこの, までご, までにし, まで散歩, まで續, もいで, よりか懇意, よりか知りませぬ, よりか観音堂, よりのこと歟, をかしく, 亡くなつた, 亡び去つたか, 出かけたの, 出たん, 出られたん, 出れるか, 出掛けるの, 出来あがるん, 出来たもの, 出来た字面, 参りましょうと, 如何なる形, 寝るの, 帰ったかを, 帰ったんだい, 帰りましょうか, 帰ります, 帰る, 御參府, 御奉公, 戻つて, 書かれたかと, 来て, 来ますの, 来りゃあいいんだ, 来るかと, 栄えいつ頃, 殺されたん, 焼いたか, 生れるというの, 着くこと, 終るの, 著きました, 見付けました, 起つたか, 逢いましょうと, 降るだろうか, 頂けるん

▼ 何~ (258, 0.1%)

6236 のか 25 のだ 17 んです 12 のだろう 6 んだ 5 のよ 4 のさ, のだらう, のでしょう, んでしょう, 事を 3 のお, のであろう, のです, んだろう 2 とお, として上げよう, のかが, のかしら, のぢ, のでございます, もんだ, んだろ

1 [47件] かたで, ことに, づむ, と, とある, とうけたまわろう, と御, と為され, と裾, のいい, のいったい, のかという, のかね, のかも, のかを, のきかせ, のこの間, のしばらく, のそりゃ, のだった, のだって, のでせう, ので少し, のどう, のどうか, のよそれ, のよッ, のよツ, のツ, のノーミソ, の一たい, の何, の内, の小, の御用, の此の内, の此間, らちつと, んだらう, んでございます, んでせう, 事でございます, 事に, 異様な, 益満の, 者で, 音が

▼ 何をか~ (250, 0.1%)

6 云わんや 5 言はんや 4 云はんや, 彼れ, 言わん 3 いわんや, 思ひ出したやう, 考へ, 言わんと

2 [13件] 働く, 囁くと, 夢の, 恐れん, 懼れんやと, 打案ずる, 歎き, 為さむ, 爲せる, 申しましょう, 言わんや, 語る呼吸, 謂ふ

1 [189件] いふべき, いふを, いわんやだ, いわんやと, これに, しばらく一思案, たつて, なすと, なすの, ブツブツ口小言, 一事業を, 一定を, 一思案の, 一玄徳の, 三変遷という, 不平面に, 与へんと, 世を, 云は, 云ひし, 云ふ, 云わん, 云わんやと, 人間の, 今な, 今曰, 今爲, 他の, 仰ぎながむるや, 促すよう, 凝視む, 加う, 加えん, 包み秘さんとて, 包む可, 口の, 合唱し, 吐いたの, 吾の, 哀れむ, 哀願する, 問うものの, 問ふも, 喞つべき, 嗾られ, 嘆かむうちなびき心, 嘆かむ打ち, 囁く, 囁くみどり, 囓つてゐる, 国民的思想と, 圓朝は, 夢みたる, 夢見んと, 好む, 好んで, 如來二種の, 小さいナイフ, 小声で, 尤もこの, 常に追う, 引いて, 当りを, 待たん, 御辞退, 念はむ, 思い出て, 思い当って, 思うと, 思える小, 思はんせめて, 思ひ出して, 思ひ出しでも, 思ひ残さんいざ, 思ふ, 思へとや, 思へる, 思凝すなるべし, 思案しました, 怨み恨んで, 恋ふる, 恐れるか, 恐れ何, 悔い給う, 悔み候べき, 悪ま, 悲しま, 悲しまんや, 悲しみ何をか, 感じたの, 感情と, 愧づべき, 憂えんや, 憂え何, 憚らんや, 憶ひ出, 憶出し, 懼れん, 成さんと, 我とたのまん, 探り出す機会, 推理し得ん, 描かんや, 提げて, 教へ, 新たに, 時弊と, 暫らく思案し, 曰はん, 曰わむ, 書かむ, 曹操に, 最もめでたし, 最も無類飛切り, 望まんや, 期す, 欲せん, 民権論派の, 求むる希望, 求めること, 求めん, 求めんと, 求め待つため, 求め憧れつつ, 汝に, 沢庵に, 為さ, 為さんと, 為し得ん, 為すも, 煩らふ, 爲す, 物思える, 物語りたまう双, 物語る, 猶予う, 申しましょうや, 畏れとせむ, 疑いましょう, 疑い何をか, 目ざし何, 瞋り, 第一, 続けようと, 緒として, 考え込む様子, 考へたやう, 聞き給, 臣下へ, 自問自答の, 興ずる, 若きに, 裹むべ, 見つけたもの, 見て, 見はるかす, 見る, 見付けたに, 見給, 言いわけ, 言おうと, 言はう, 言はん, 言はんおしなべて, 言はんじや, 言ひ, 言わむ, 言わんとして, 訴うる, 訴へて, 試むると, 誇り知りき, 語りしと, 語り何, 説明しよう, 調実の, 謂ふや, 警めむと為たであらう, 買ひ落した, 賑やかに, 躊躇う可, 述べん, 隔つる, 隠く, 隠し申すべきわれ幼少, 青木さんに, 額き祈つ, 願ひ, 顧んという

▼ 何~ (242, 0.1%)

8 かの後 7 かの汽車 5 かの間 3 か, かが過ぎ, か前, というの, ともよろしく

2 [16件] かにここ, かに着く, かの, かの時, かの東京行列車, かの沈黙, か後, か経つ, か過ぎ, ぐらい部屋, と長, にもお, にもこれ, に又, の御, 経ったか

1 [175件] かかかっ, かがまた, かが過ぎ去っ, かが過ぎ去った, かきまり, かする, かその, かたって, かだった, かで戸田, かなァ, かにこちら, かについて改札, かにのりおくれ, かに上野着, かに京都, かに国, かに大阪, かに島田, かに横浜, かに発見, かに網代, かに鳥栖, かのあ, かのあいだ, かの上り, かの下り, かの事, かの口銭, かの夜行, かの大阪行, かの室積行, かの小淵沢行き, かの差違, かの後私, かの東京行き, かの理窟, かの登山列車, かの祈祷料, かの神聖感, かの終列車, かはやはり, かはモーター, かまぜる, かをベッド, かを分け, かを費し, かを返済, か一, か今日, か何十分, か数えられぬ, か気, か知りません, か礼金, か立った, か立つたらしい, か籠っ, か経過, か經, か色氣, か過ぎ去った, か酔う, か黙っ, ぐらい, ぐらいです, ぐらいで済む, ぐらいにしたら, ぐらいに切ったら, ぐらい待った, ご高齢, しっかり受け, ずつ授乳, だけでもお, だった, だとかいう, だな, だネ, です, でなければ, でもい, でも出来る, でも勝目, で又, で鎌倉, というところ, というふう, というよう, といふ騒ぎ, とか, とかある, とかたいてい, とか加, とまでおぼえ, ともあの, とも案内, とも疲れ, と区別, なりやとか, にする, にはドシャ降り, には爆発, にもおとり, にもかゆく, にもこの, にもその, にも一群, にも事, にも人手, にも他, にも厳重, にも君方等, にも周囲, にも周圍, にも多忙, にも嫌, にも寒く, にも年, にも忘れる, にも手がかり, にも敵, にも旧, にも旨く, にも此, にも死場所, にも気, にも煩悶, にも現在私, にも病人, にも痛む, にも篠田, にも蝋燭, にも贔屓, にも足, にも進む, にも道路, にも達する, にも選外, にも長い, にも願います, に乗る, に伊東発, に大分, に来, に死んだ, に生れ, に産, に着, に終る, に被害者, に鐘, に風, のご, の富士発, の新潟行き, まだいかん, まっすぐ帰宅, まで大いに, もかかっ, より雨降り, よろしくお, よろしく御願, を所得, を指し, 宜い様, 宜しゅう頼む, 宜敷, 待って, 捨て置きがたく, 着自動車, 程経た, 経てば, 頼む, 頼むよ, 願いますどうも

▼ 何うかし~ (239, 0.1%)

20 てゐる 11 て居る 7 てその 6 ている, て瑠璃子 5 てゐた, て其の, て此 4 てお, てそれ, て呉れ 3 てと思っ, て下さい, て忘れ, て私

2 [17件] てお前, て一度, て乱れ, て僕, て助け, て吉野, て居ます, て彼, て救いたい, て救ひたい, て晴, て松五郎, て此処, て無くし, て父, て眠り, て眼

1 [116件] て, てあげれ, てあの, ていた, ていやがる, ておふくろ, ております, てお前さん, てお父さん, てくれ, てこの, てこれ, てこんな, てござらう, てさ, てしまった, てしまつ, てそーッ, てと思い, てと思ってる, てと種々, てひとつ, てひとり, てほんとう, てもう一度, てやがる, てやつ, てやらなけれ, てゐ, てゐるだらう, て一日, て一般植物, て上げれ, て下りられるだろう, て不気味, て両親, て亭主, て人並, て仇, て何, て何処, て俺, て入らつ, て其様, て助けたい, て十二時, て厩, て又四郎, て取りたい, て取持っ, て合格, て君, て夫婦, て孝, て学校, て室, て少し, て居ました, て居ら, て居られ, て居ります, て居るでなから, て帰りてえ, て彼奴, て御, て心, て怪我, て恢復, て意趣返し, て憂い, て手, て担ぎ出そう, て拝, て拵え, て探し出そう, て斬らせたくない, て日本, て早く, て明日主人, て本草家, て機嫌, て欺, て此中, て此心, て歩け, て死な, て死にたい, て殺し, て江戸, て渾然, て甘く, て田圃伝い, て癒ら, て監獄, て看破らね, て眠ろう, て立ち, て芋蟲, て茂之助, て薄く, て虎, て見, て見たい, て見ましょう, て詫, て貰, て起す, て身体, て追掛け, て逃れよう, て遁, て遇, て鼠共, の, ようといふ, ようなんて

▼ 何ゆえ~ (230, 0.1%)

11 であるか, にこの 97 であろうか 5 に彼, に私 4 にかく, にそう 3 という, ともなく, にその, にそれ, に自分

2 [11件] か, かという, かなれ, ぞ, であるかという, にあの, にこれ, にそういう, に人間, に直ちに, に花

1 [137件] ああも, あって, あの女, お高どの, かと申します, かはっきり, か山男, か意気込んだ, か沈黙, か私, か素晴らしく, この大学, この精神的事業, この願い, こんな恥, こんな泥棒, さように, その実行, その空想, その財, そんな空想, そんな馬鹿, ぞと問い, ぞ解し, であったか, であるかは, でご, でございますか, でございますかな, となし, ともわからない, ともわからなかった, ともわかりかね, とも知らね, と申す, な, なら教育書, なるかは, なるやを, なれば, にああ, にあと, にあんなに, にいけない, におかしい, にか, にかかる, にかほど, にきた, にこの世, にこんな, にせめて, にそんな, にです, にという説明, にウェッシントン夫人, にフランス, にプティー・ピクプュス, に一行, に予め, に二板, に今, に今日, に他, に候, に冷然, に前任者, に叙情詩, に古今, に召捕る, に哲理, に外出, に多数, に大きく, に太子, に太陽, に失恋者, に妻子, に家伝, に対称的, に平安朝末期, に幽霊, に建築, に心, に恐れ, に愛されたい, に憂い, に憤る, に我, に戦争, に日夜, に日本, に映画, に朕, に東洋, に歌舞伎劇, に歩いてる, に歴代, に歴史, に死, に汚れたる, に特殊, に理髪師, に用事, に甲, に甲乙少数, に直接, に知った, に知性, に確実, に突如, に純化, に総督府執事, に老い, に自然, に自然現象, に良人, に苦しむ, に菅江真澄, に萎縮, に読者, に誹諧, に近代, に長吉, に驚く, のもの, の俄, の奔走, の生, の罪科, の遅参, 大きい罪, 嬉しか, 早くここ, 泣いたかを, 特にこ, 見すてて

▼ 何とは~ (220, 0.1%)

90 なしに 5 無しに 3 なしの, なし気, 言は 2 なく変, 知らずただ, 知らず氣

1 [110件] あ素晴, つかずぴーんと, づかしい, ない涙, なくあの, なくいわば, なくぐずぐず, なくさわやか, なくしめった心持ち, なくそう, なくぞ, なくて, なくである, なくどきッ, なくはっと, なくほほ笑まれた, なくほろり, なくもの, なく不安, なく人, なく人間的, なく今, なく倉地, なく光秀, なく別種, なく反, なく吉原, なく唯, なく喋り合いながら, なく大塔, なく大変, なく奥床しくまた, なく宗清, なく家事, なく対立, なく山巒, なく己, なく彼, なく急, なく意味, なく感じさせる, なく戦捷, なく明後日, なく柳浪先生, なく気, なく沈重, なく深い, なく澎湃, なく熱い, なく物, なく眼, なく私, なく私たち, なく立ち上がって, なく竿, なく粟, なく肩幅, なく背中, なく自分, なく謹慎程度, なく身の毛, なく間, なけれ移りゐて, なしありがたいこと, なしそこ, なしその, なしとりとめ, なしどうしても, なしどっさり, なしにぞ, なしまことに, なしもの, なし可愛げ, なし善良, なし家長的位置, なし彼等, なし悲しい事, なし特別, なし男, なし痛切, なし眠り, なし積極的, なし立ち, なし自分, なし落つき, なし解る, なし重々しい様子, なし重っ, のう不気味, ア此處ア瀬が, ア立派な, ア諦め, 云はんわれに, 何だ, 知らずギョッ, 知らずゾーッ, 知らずハッ, 知らず周囲, 知らず堪へて, 知らず夕, 知らず彼, 知らず恟ッ, 知らず或, 知らず気, 知らず紫, 知らず脂, 知らず骨, 知らないけれども, 知らぬ身ぶるい, 表面に

▼ 何であろう~ (219, 0.1%)

7654 とそんな, とも 3 ぞ, とそれ 2 かという文学, が, とその, とも今, と余, と彼, と私

1 [110件] かと, かということ, かというところ, かという問, かという心持, かという思い, かという本質的, かときかれれ, かとつくづく, かとわし, かと不思議, かと助手, かと小沢, かと思わず, かと若松屋惣七, かの疑い, かわき目, がその, がそんな, がた, がわが, が彼, が殆, が目先, が頭, きっと金, それを, とあ, とあり, という感じ, という気, とお前さん, とかまう, とこの, とそっと, とその他, とたのしん, とてめえ, ととも角, とどんな, とに論, とまた, とまで考え出した, ともかかる, ともこんな, ともし, ともその, ともです, ともどこ, ともまず一杯, ともわれわれ, とも千世子, とも唆され, とも大, とも彼, とも御, とも新聞記者, とも日本古来, とも東亜, とも気, とも礼拝, とも関わぬ, とわれわれ, とゴロツキ, と三人, と之, と今年, と今日, と仰い, と伝令, と俺たち, と入学, と其許, と取っ, と商品, と子供, と尼, と岸本, と平和, と引続き, と彼女, と後, と思い, と思わず, と思われた, と急い, と捕物小説, と明石, と極めて, と歓迎, と民族意識, と活路, と焼けねえ, と田舎者, と立ちどまっ, と考える, と自分, と観念, の, はずは, 乎, 何であろう, 余, 女の, 確か密旨が, 秀子は, 筒井は, 読者も, 運が, 雲井の

▼ 何かは~ (217, 0.1%)

13 知らぬが 5 つきり 4 いって, 以て 3 せん, 存じませんが, 心が, 知らないが 2 あろう, ひつて, 分らないつひぞ分つたためし, 判りませんが, 存じませぬが, 知らずその, 知らず泣き出せば, 知らねど, 知れぬ震, 苦しかるべき

1 [159件] あった, あったの, あらむトロイアと, あらむ一女性或は, あらむ今彼を, あらむ我は, ある, いて, かなげな, きらいで, この手, これを, さむい, さらに君, して, しないの, すっかりこちら, すっかりなほ, すべて女中に, ずれたよう, せむ, そっくりそのまま少しも, そのこと, たとえ沢庵様, たまるべき荊州, たまろう, ちっとも知らない, ちっとも起さず, ちつとも, つかむ, ともかくも, ともかく五厘切手, とんと分らん, どういうもの, どうでも, どこにも, どれに, なして, なし合って, ひどくきれい, まこと, まだよくわからない, まだ必ずしも世間一般, まだ意識, まちが, まりの, みたされない, もって, もってたまるべき, よく知らぬ, ら, わからぬが, わかれむ, ッと, ツと, 不要との, 之を, 云い知らぬ淋し, 会の, 何う, 余程気, 全然別, 八王子の, 其方退け, 出来ない, 出来ます, 分らないが, 分らなかったが, 助けて, 厳しい, 去年の, 命を, 喰べて, 堪らむ避, 堪らん避, 堪るべき, 堪ろう蝶, 大きな声, 女には, 子供だ, 存じませねど, 存ぜず渡り, 寄せて, 専門家と, 心配する, 思ひかこたまし子等うち, 思わん, 我ままだ, 文学の, 斯中から, 更に作りませんで, 本来の, 極端に, 此方へ, 洩れて, 浪江の, 消さん, 消さん血, 猶予の, 現実の, 異ならん, 皆己が, 皆此方の, 知らず, 知らずうす, 知らずお, 知らずおどおど, 知らずこれ, 知らずただならぬ, 知らずとにかく, 知らずに, 知らず一般生物界, 知らず人, 知らず人間社会, 知らず伝六, 知らず其人, 知らず冷え冷え, 知らず咳一つ遠慮, 知らず壮厳, 知らず太, 知らず早い, 知らず早くから, 知らず滅多, 知らず火急, 知らず由緒, 知らず眼, 知らず私, 知らず腸, 知らず重大, 知らず金色, 知らず頭, 知らず風向き, 知らぬ, 知りませぬが, 知りませんが, 知れず油然, 知れないが, 知れぬが, 私が, 私の, 素人にゃ, 美学と, 聞えぬ事, 良人も, 芸術的表現を, 行って, 見えなかったか, 見えなかつたか, 見えん人, 見つかるまいかと, 親類に, 貴婦人風を, 買って, 身に, 運びますから, 道に, 隠くさ, 隱さん, 驚きやす

▼ 何~ (217, 0.1%)

49 彼や 4 彼と 3 角や

2 [13件] かは餘, けったいな, ねん, のん, 何や, 彼で, 急に, 様子けったいな, 知らんが, 知らんけったい, 知らん怖い, 腑に, 阿呆らしい

1 [135件] あって, いいにくう, いうて, いうと, いろいろ聞かはった, うるさいほど, おまはん, お互に, お前の, かが見舞, かて私, かて美津さん, かでつい, かと, かと世間, かと少しく, かと幕末, かと理窟, かと用意周到, かと訊ねなさる, かと話しかけられる, かの申しわけ, かの都合, かやら見積つて, から私, かを私, かを見聞き, けったいに, けど, こうお, こうすこし改まった, こう心配, こう淋し, この二条, この男気イ, しらんはっと, しらん息詰まるよう, しらん頭, その態, その面, それ, それが, そんな気イ, たいそう気に入っ, つて黙, て, てお金はん, て光ちゃん, て止める, て直, て着物, でよく, と, と往来, と思うたら, と百姓, なおま, なお前, ねんそんな, ねん一体, ひそひそ眼エ, ほんまに, まあそんな, らん差図を, らん目科の, わしに, をやる, オチョクラれてる, テもう, ドッと, 一体あんたの, 一寸お, 下手クソや, 云うて, 会うてるみたい, 何でそ, 何やで, 僕らに, 兄さんも, 光子さんの, 分らん, 判れへん, 別な, 向うの, 嫌アな, 彼に, 彼んや, 心配です, 思たら, 悦子の, 支那なら, 新らしい, 暗うなっ, 曖昧な, 気の毒な, 気イさし, 気味が悪いな, 気持が, 泣てや, 清藏あの, 済まんよう, 物足らん, 狐に, 独りで, 疑うてる様子, 知らんお婆さん, 知らんけれど, 知らんつまんない, 知らん光子さん, 知らん夢みてるみたい, 知らん怪しい, 知らん悲しい, 知らん気イ, 知らん気分, 知らん相談, 知らん胸, 知りませんけど, 私も, 綿貫いう, 血の, 見られるの, 角と, 角やに, 解決した, 誰ぞに, 貴方が, 途中から, 重い病気, 阿爺さん, 陸賈の, 隠してるみたい, 電気みたいな, 露西亜人らしい感じせえへん, 面白う思いませな, 馬鹿

▼ 何かと~ (213, 0.1%)

55 いえば 20 言えば 11 云えば 6 一緒に 4 いいますと 3 いって, いふと 2 いっては, なると, 云って, 思えば, 戦って, 考えて, 言って, 言っては, 言っても, 間違へ

1 [91件] いいですわね, いい指示, いうと, いうよりも, いっしょに, いっちゃ, いつし, いふを, いふ事, うるさい風聞, きくと, くっついて, する中, そんなふうに愚, てらし合わせて, なって, 両女, 並んで, 云いながら, 云いますと, 云いますに, 云う, 云うこと, 云うと, 云うのに, 云うもの, 云っては, 云へば, 云わざるを, 云われは, 全く独立, 別に仕事, 労働に, 問は, 問わねば, 問われるならば, 問われれば, 大学の, 夫婦に, 家内とも, 御多忙と, 必ずしも関係, 思いこんで, 思いそっと, 思い全然, 思い込んで, 思うと, 思ったら吉屋女史, 思って, 思ってるでしょう, 思つたらしい, 思われるらしい, 懇意な, 歩いても, 比較し, 気を, 混って, 爲事を, 私どもは, 私通を, 素材を, 結びついて, 結婚するであろう, 考えよく, 考えられて, 考える, 考へて, 聞いて, 聞かれると, 聞くだろう, 行届かん勝, 見たらしい顔付, 言いかけるもの, 言いながら, 言いますに, 言いわけ, 言い歩くという, 言うと, 言うの, 言う人, 言った源氏, 言われましたが, 訊くと, 詰寄られると, 誤解され, 違つて金を, 間違えたこと, 間違えたの, 間違えたのよ, 間違へて, 間違われやしないかな

▼ 何十人~ (204, 0.1%)

17 となく 4 あるか, か何百人 3 という警官, と云う, の人

2 [11件] あるいは何百人, かいる, かの文士, かの男女, かの若い, でも何百人, という, というもの, という人, という人間, のもの

1 [148件] あらうとも, いたって, いても, いや何百人, いるうち, いるか, かあった, かがピストル, かのあか, かの人, かの人々, かの僧ども, かの先輩, かの剣団, かの婦人部隊, かの寢道具, かの少女, かの意見, かの敵, かの新聞記者, かの生命, かの男, かの目, かの老人, かの貧乏人, かはここ, かわからない, かを無視, か一度, か恩沢, か捕え置い, か知りません, か蟄伏, がここ, がみな, が総出, ぐらいいる, ぐらいで, このほか, たりとも, だか, だけだ, だったか, だったの, でかかった, でもいい, でも宜, でも相手, でも網, で奏する, で襲おう, とありました, とある, というお, という事務員, という人夫土工, という人影, という刑事, という士分, という客, という座頭, という料理番, という曲馬団員, という機械人間, という泊まり, という海賊ども, という男女老幼, という美人, という職工, という若い, という部下, という黒い, といっ, といつ, といふこと, といふ人, といる, とお, とちゃんと, とない, となく青い, とほんと, とも知れない, とも知れぬ, と一人, と世界, と云, と売り, と居る, と火消装束, と題し, に素顔, のお, のお嬢さん, のなか, のファン, の一人, の事務員, の人間, の兵, の内, の力, の印象, の同志, の名, の唄声, の唄聲, の商人, の大人, の大工, の女, の弟子, の情夫, の百姓, の者, の警官, の負傷者, の飢, はほどなく, もあった, もある, もいる, もかたまっ, もがど, もつかえ, もの人間, もの命, もの女, もの日本人, もの村民, もの男女, もの老, もの若い, もはいれる, もまわり, も取りそろえ, も手, も控え, も殺し, も浜, も牢人, も生き, も産む, も馳せつけ, を斬つ, 助けて, 売るもの, 約五百名

▼ 何百人~ (203, 0.1%)

6 の人 5 という人 4 か, という人間, となく, の人間 3 あるいは何千人, という少年, と云 2 かの女学生, だか, といる, とも知れません, と云う, の多き, ものうち

1 [153件] あるか, あろうと, いや何千人, いるか, かあるいは, かいる, かかっても, かの人々, かの人達, かの作品, かの女學生, かの学生, かの患者, かの死人, かの特攻隊員, かの男女, かの罹災民諸君, かの被告, かの議員, かは梃子, かももし, からの人足, からの同勢, かわからない, か人目, か何千人, がいっぺんに, がもう再び, が二日間狩, が声, が幾組, が犠牲, ぐらい居た, ずつを借用, だったか, だってあります, てえ女, でいらし, でもわたし, でも手伝わせ, でも手傳, でも爺さん婆さん, とある, といい, という, というお客さん, というたいへん, というピオニェールたち, という人々, という人びと, という侍, という出前, という大軍, という奴隷, という巡, という日本人, という生徒, という登山者, という自分, という顔ぶれ, といっ, といふ人数, といふ人間, といふ日本人, とか伊那, とだんだん, となく遠い, となる, とね, とまとめ, ともしれぬ, とも知れぬ, と云ふ頭数, と入れ, と困らせ苦しめた, と持っ, と集まる, にも見えた, に一人, に逢, に逢った, のあ, のうちお金, のお巡りさん, の下男人夫, の中, の乗船, の事業家, の人々, の人だかり, の人足, の代議士, の侍法師, の努力, の口, の同志, の囲み, の女, の岡, の手, の気狂い, の溜息, の生命, の生徒, の男, の男の子, の眼, の科学者, の者, の職工中, の若い, の追, の顔, はないでしょう, もい, もの乗客たち, もの人, もの人々, もの人出, もの人間, もの傭人, もの声, もの少年, もの手術者, もの生命, もの職, もの部下, も何千人, も入っ, も入り込ませ, も凍死餓死, も宴会, も徒党, も揃う, も来, も見た, より千人以上, をうけいれました, を夜昼, を讓, を路頭, を限つて施餓鬼, 出て, 叩き斬ったか, 居なくなるか, 居るか, 愛して, 押しかけたところ, 押寄せて, 斬りの, 来たところ, 群れよって, 集まったって

▼ 何なり~ (201, 0.1%)

167 して, とお 6 と御 4 とも 3 と仰しやれ, と各自, と申し

2 [11件] お盡, しやら, といたします, とお話し, とし, とも御用, と堅氣, と御用, と致しましょう, と言え, と訊い

1 [130件] あらゆるパツシヨンネイト, いふが, お尽しなされ, お役に立ちましょう, かなりな, けむ, させ自分, したら却って, しや, しやは, しやを, しよう, するの, する段, たよらなければ, といたし, といっ, といふ, とうけたまわろう, とおれ, とお力, とお尋ね, とお答え, とかなえ, とこの, とご, とご馳走, とし給え, とそちら, とそれ, とひっぱたけ, とひつぱたけと, とひとつ, とまた, ともいっ, ともお, ともして, ともすべし怖, ともせよ, ともはめ, とも中, とも叶えやろう, とも奪い, とも小さく, とも屹度, とも御, とも心置き, とも思附, とも氣, とも相, とも私, とも経, とも話し, とも賭けよう, とも遠慮なく, とも遣りましょう, とゆっくり, とトシ子さん, と一つ, と一つ所望, と与える, と仰せ, と仰せつけ下さいますれ, と仰せつけ下さら, と伺いましょう, と余談, と叔父さん, と喜ん, と喫, と堅気, と好, と存分, と尋ね, と差し上げます, と彼, と後, と御意, と思召す通り, と惜, と拠, と早く, と明け, と明日, と有, と望み, と望め, と望ん, と村, と欲しく, と気任せ, と申, と申し上げまする, と申し述べろ, と申出る, と相談相手, と私, と答えよう, と答えられよう, と耳, と聞き入れ, と肴, と致します, と致しませう, と要求, と訊く, と訊ね, と記念, と買っ, と逃がさん, と運ぶ, と遠慮, と難癖, みなさまの, もう本人, 充分に, 凡そ人間, 努めて, 否あらず, 奮発し, 得物を, 改善の, 方法も, 書いて, 書くと, 欲しいもの, 然る, 甲斐甲斐しくあった, 筋道を, 縫おうと, 誰かに

▼ 何んで~ (201, 0.1%)

12 せう 85 せう親分 4 私が 3 そのよう 2 あつた, あない, おいで, げすね, げすッ, 俺が

1 [157件] あたしが, あっちへ, あつて, あの女, あんたは, あんなこと, あんなに急ぐ, あんな事, いきまへんね, えこつたら, えこの, えという, え三田公, え仲, え何, え何ん, え小太郎, え弱虫, え汝, え篦棒め侍, おぬ, お前を, お前方, お連れ, お頭, きまること, げすか, げすが, げすけれども, げすソノ, げす何, げす此, このよう, この世が, これほど, こんな好い, こんな所, せうその, せうそれ, せう掘り散らして, そう叫ぶ, そんなこと, そんなに急ぎなさる, そんなに見づらい, そんな不審そう, そんな労働, そんな頓狂, つくつたん, ときどき立ち止ま, またお前, またこんな, また洗った, まどわされるもの, もって, やつたんで, やれよう, やろ, わかる, エ, ヒットラーの, 一人で, 丈助, 上らねえん, 不正を, 世間が, 主人を, 云えよう, 何うも, 何とか申した, 何事でござる, 兄さんにばっか, 六百人もの, 其の様, 凄い景色, 出来るの, 利口な, 刺したん, 勝手ぢや, 化け比べなど, 厭に, 参りましたやら, 反対しよう, 台所などから, 叱られはつたん, 吐かしや, 君の, 嘘を, 夜の, 夢だ, 妾が, 安が, 容易く開く, 小父様が, 島君が, 師匠が, 彼な, 彼れ, 彼女を, 悪いの, 悪魔な, 惜しまう, 打つたん, 投げよう, 持って, 斯んな, 旅へなど, 日本の, 早く調べない, 昨夜は, 昨日は, 暮して, 有つた, 本町の, 染めるん, 染吉の, 此方様へ, 死ぬん, 死ぬ氣, 死のう, 殺されたんで, 殺される, 殺したか, 殺したと, 殺した外, 殺した金, 殺すこと, 気附かず, 無茶な, 煙草を, 煮る程, 牛の, 現実主義と, 現実的であり得よう, 相島は, 着物が, 知る, 知るもの, 知ろう, 私の, 自転する, 船中に, 花魁が, 薬で, 衝突った, 袖を, 解る, 言えよう, 許そうぞ, 貴様に, 賊が, 賭博に, 迷信だ, 遊ぶよ, 酒を, 離縁を, 面皰出け, 馬鹿な

▼ 何うだ~ (185, 0.1%)

141053 あ, か知らねえ, と云 2 かわからない, か分らない, か判らない, か知りません, とある, とか言, と云う, な, の, 儲けが

1 [127件] あの修法中, いつ会っ, いと云, いと御, いや消える, えあゝ彼奴, ええ, えお賤, えずう, えまだ, え今夜, え宗意, え己, え拙者宅, え本当, え止め, え此, え此処, え私, え貴, お前いふ, お前は, お靜行, かさつ, かつて, かと云, かと云う, かと思つた時, かと様子, かなど, かなわし, かわからん, か分り, か分明, か宜, か根, か様子, か知れぬ, か自分, か解った, これだけ, これでも, それとも内聞, それよりは, といふ, といふやう, とか斯, とか黒船, と云われる, と大分世の中, と窕子, と聞かれ, と言い出した, と責められ, な八五郎兄哥, な其, ね一奮発, ね一石, ね容態, ね御坊, ね神島, のう知れない, もう歸ら, グウ, ツて, 一両はずむ, 一番食っただろう, 一盃遣らない, 一盃飲まん, 人を, 今日, 何んか, 侍に, 全盛だろう, 八兄哥手代の, 別に国, 剛い, 北八恐, 北八線路の, 君斯し, 噂を, 天網恢, 奇態な, 奇麗だらう, 好い態, 姉え, 定公, 少しは, 尾崎君君の, 屎草履を, 巧から, 己に, 床間に, 彼の, 御屋敷, 抔と, 拙者を, 探偵の, 散歩の, 敵も, 是じゃ, 本当に力士, 桂お前も, 権田時介である, 汝が, 決して止め, 猪口を, 玄関も, 画姿の, 目科君倉子へ, 稼業の, 第一, 繪具と, 美しからう, 自分も, 藤六, 虎井夫人の, 解つたらう, 言へ, 誰の, 諸君疑ふ, 貴公も, 賛成か, 返答しろ, 重右衛門, 金が, 飮み

▼ 何~ (183, 0.1%)

25 となく 6 の人々, の生徒 5 という 3 か何千, ともしれぬ, とも知れぬ 2 という数, という水晶, という種類, という金色

1 [124件] あっても, あつて, あるか, あるとも, あるの, あろうか, いや何千里, かあり, かになる, かの世界観, かの分身, かの家族, かの種類, かゐる, か並む, か並ん, か只, か唯, か書い, か知らぬ, か知れなかった, そのうち, って人, つづいたろう, てえ人間, でも何千, というお辞儀, ということ, というこの, というすじ, というねずみ, というカブトムシ, というガラス, というタコ入道, というヒツジ, という一つ一つ, という乾児, という人たち, という人間, という千両箱, という名, という官私大学卒業生, という宝石, という家の子郎党, という小, という小さな, という市民, という影, という御, という愉快, という戦死者, という数字, という朱欒, という死骸, という火星人, という烏, という無数, という特許, という登山客, という白帆, という百姓, という眼, という石, という紙鳶, という表題, という見物人, という論文, という部屋, という野次馬, という針葉, という鍵, という雑兵, という飛行機, という飢死, といふ勝, といふ口數, といふ彌次馬, といふ投書家, といふ数, といふ敵, といふ毛, といふ焼死体, といふ雀, といふ馬小屋, とかいう位, とかせいぜい, とか云え, とか打つた, とか殺し, とたたい, とたまっ, とまとめ, ともなく, ともわからぬ, とも知れない, とゐる, と一度, と並べ, と云う, と出, と描く, と殺し, と算, と算する, と載せた, と食っ, どうして幾千, に何千何百何十, のお, の不良, の兵, の捕り, の教会, の船, の議員, の門人, ものホタル, も並べ, も利根川, も居る, も持っ, も積ん, 多い時, 食ったって

▼ 何~ (181, 0.1%)

9 となく 7 という人 4 とも知れぬ 3 の人, 何億の, 何十万という 2 あるか, という, という小さな, という金, と並ん, と云う, の人々

1 [138件] あるの, あろうとも, おろうと, か, かが束, かずつに分け, かずつ食み, かの人間, かの宇宙塵, かの財産, かわからぬ, かを加算, かを数える, か何十万, か数えきれない, か知れなかった, って金, ていう仕事, でしょうが, で買う, とあったろう, とある, といううつくしい, ということ, というひと, というひな, というもの, という下, という人々, という人数, という人達, という代々, という信徒, という兵, という兵隊, という兵馬, という単語, という収入, という句, という大勢, という大数, という大軍, という大金, という学生, という将兵, という州民, という市民, という強制疎開, という怪円盤, という怪物, という提灯, という数, という敵, という旅客, という渡り鳥, という生き物, という甲冑, という登場者, という程, という程書架, という群集, という花, という蒐集品, という蛍, という身上, という身代, という身台, という軍勢, という透明怪人, という魚群, という鴨, といふ人命, といふ小さな, といふ強制疎開, といふ歌, といふ観衆, とおびき寄せ, とか何百万, とこの, とこもっ, とてもかなうべき, とまとまった, ともしれない, とも何億, とも数え切れぬ, とも限, と云, と作り得た, と儲けた, と出る, と利益, と天, と押しかけ, と申す, と立っ, と集まっ, と鯔, になる, にまで増え, のお客さん, の人口, の児童, の兵, の兵士, の兵馬, の労働者, の原地人, の同志ら, の大軍, の娘たち, の将士, の戦車, の探偵小説家, の数, の死者, の献詠, の生霊, の白馬黒馬, の目, の若い, の電燈, の首, はいい, べん, もある, をころす, をもって数, を検し, 何億ある, 何億何兆年とも, 何億倍された, 何十万でも, 何十万と, 何十万といふ, 何十万何百万と, 何千の, 来るとか, 満洲

▼ 何ぞの~ (174, 0.1%)

92 ように 45 やうに 9 ような 6 様に 3 ようで

1 [19件] ごとく思って, やうで, やうにや, ようじゃ, ようだ, ようにしか, 一室花見疲れの, 中に, 光景で, 勧誘員が, 台所の, 熱が, 繪そのものを, 繪でも, 臺所の, 言葉で, 貿易商や, 静物を, 類の

▼ 何一つ~ (169, 0.1%)

5 としてない 4 なかつた 3 として私, なくて, もない 2 からだ, だて, としてその, として炎熱地獄, として識ら, ない子供, の建設, もありません

1 [135件] して, しなかった, しや, すら他人, すら著い, するにも, だに無き, でかした, といっ, とし, として, としてうまい, としてかた, としてここ, としてこの, としてご, としてそこ, としてちえ子さん, としてなかっ, としてまとまった, としてろくな, としてわからず, としてわれわれ, として一等国, として一致, として一行, として上品, として不思議, として予審判事, として人並み, として人格, として位置, として兇器, として先人, として其処, として功, として効果, として動く, として反駁, として叔父さん, として同じ, として名, として地, として奇怪, として好い, として存在, として完成, として尋ねなかった, として岸本, として得られない, として必ず, として思い出した, として思い出し得ない, として思い出す, として想像, として意味, として戦時, として手, として持っ, として捨てる, として探り得た, として描き得ない, として旧物, として楽しく, として正しく, として残され, として永遠, として注文, として洩れ, として無い, として珍しく, として生気, として知らない, として積極的, として聞く, として舊主, として西洋, として見るべき, として見当らず, として言葉, として誇る, として譲治さん, として贅沢, として遠い, として間違っ, として面白い, とてさ, とてない, とてなく, ないうち, ない場合, ない洗耳房, ない田舎, なかつたと, なくおまけ, なくしかも, なくただ, なくな, なくなつ, なく僅か, なく泥, なく清掃, なく紙幣, なく血潮, なく近隣, なく過し, にも無関係, の不安, の不平, の不自由, の欠点, の装飾, はいっ, もくれませぬ, もなく, も伝わっ, も口, も吸収, も持っ, も源氏, も無くなる, も眺めた, も見えなかった, も賞め, をも選択, 怪しいもの, 楽しい目, 無くとも, 無く義弟, 珍しい事, 目まぐるしく動い, 美しい思い出, 詳しく知る, 面白い事, 面白くも

▼ 何百年~ (169, 0.1%)

8 の昔 6 か前, の間, も前 4 かの間 3 かの歴史, たったか, という間, となく, も昔, を経た

2 [12件] か以前, か何千年, か後, という長い, とも知れぬ, のあいだ, のその間, の古い, の後, もたった, も続いた, を経

1 [97件] かかるかも, かたちました, かたつ, かにわたって作られ, かにわたって裸体, かの昔, かの星霜, かの窯, かの過程, かの長い, かを知っ, か場合, か昔, か暮らしました, か知れない, か色, か解らない, か過ぎ去, ぐらいたっ, この方, この時, でもい, でも保つ, でも宝石, でも立っ, という, というよう, という松の木, という長, といふこと, といふ年月, とか何千年, とたった, とつづい, となき古い, とまっ, と云, と人, と傳はる豪族, にあたる, にひとり, の其間, の前, の剣, の古邸, の変化, の太平, の山王, の昔世, の時, の武, の歴史, の石碑, の間人類, の間吸, の雨, も, もかからなけれ, もかかるだろう, もここ, もたっ, もたつ, もの前, もの宇宙, もの風雨, もヨオロツパ中, も住めない, も先, も大昔, も守らう, も年, も戦争, も斧, も昔しの人, も毎日毎日人形, も溜めた, も生き, も生きながらえた, も秘密, も立っ, も経つ, も続け, も遺伝, も長い, も食っ, を所在, を通じて五刑, を過ぎた, 否千年前, 待たなければ, 生きて, 生きても, 稼いだって, 経ったかも, 経ってから, 経つて, 経ても

▼ 何なら~ (165, 0.1%)

3 む, わたしが

2 [15件] あの株券, ここで, む指もて, んと, ん何事かの, ボストンへ, 一緒に, 今日の, 使に, 僕は, 君今日の, 家へ, 御紹介, 此處へでも, 自分が

1 [129件] あなたに, あの男, おつき合なさいまし, おまえにも, おめ, おれが, お上り, お会い, お使, お供を, お前さんを, お前さん方御, お呼び致しませう, お宅, お目, お譲り, お迎えに, お迎えの, が清之介君, こ, こっちへ, この足, これも, すぐここ, その点, それを, ちいと, ちっと御用立て, ちょいと, ちょっとお, ちょっと迎, ついざうさはありませんよ, ついでだ, ばお, ばご, ば御, ば御寝室, ひとつ手取早く, ひとつ易を, むいと, むこの, むと例の, もう一人, もう一度皆, もう一遍下, アトで, チョイ, チヨイ, パテントを, 一人で, 一円五十銭でも, 一圓五十錢でも, 一度連れ, 一杯気付けでも, 一番立派な, 一週に, 三時頃にね, 久一さんに, 二人で, 今すぐ, 今初めた, 今夜これから, 今夜は, 今夜内へ, 今度御, 仕事を, 他に, 僕から, 僕が, 僕の, 初筆を, 別にのし餅, 医者に, 半裸体で, 君に, 四万でも, 四年級に, 増上寺の, 夜だって, 大学へでも, 契約も, 奥様まで, 妾が, 子供に, 定吉の, 家賃を, 少しお, 少し酒, 帰りに, 帳場へ, 御免を, 御別荘, 御勘弁, 御遠慮なく, 御都合, 早く来たら, 明日は, 明日僕と, 明日君に, 月に, 松竹いでも, 此処へ, 此処へでも, 毎日来, 浜へ, 湯へ, 爺やでも, 町の, 病院でも, 相撲でも, 祗園の, 私が, 私でも, 私の, 私も, 簡単に, 紹介し, 紹介しよう, 虫眼鏡で, 証拠を, 誰か, 警察の, 豫め其の, 賭を, 赤羽根まで, 追, 野球場だけを, 電話で, 露を

▼ 何~ (163, 0.1%)

21 になる 6 になっ 5 ぐらいじゃ, の時 4 であるか 3 かのレムブラント

2 [12件] かの時, かの老, からか又, じゃ, だえ, であつ, と云う, なるか, に成る, に相, に相成る, までが四ツ身

1 [95件] か, かで, かであつ, かです, かで三河守, かで悪化, かで没, かで獄中, かで郷里林崎, かになった, かに達した, かのクリスト, かの作品, かの叔父さん, かの彼, かの悲しい, かの某, かの祖母, かの老女, か超え, くらいだ, ぐらいからか, ぐらいから山歩き, ぐらいという算出以外, ぐらいに成られる, ぐらいに見る, ぐらいの人間, ぐらいの女, ぐらい是, さ, その学塾, ぞ, ぞ二十一, だ, だか, だったか, だという, だよ, だバ, であったか, であったかと, であろうと, であろうとも, でごぜいす, でしたかね, でしょう, ですか, でなん, でもカクシャク, で乞食, で強敵, で死んだ, で獅子, ということ, という中, という伝奇的, という分別盛り, という若手, という血気盛り, とかで初婚, とかの爺サン, と判じ, と書い, と皆籍, なの, なるや, にいたれ, にお, になった, になったら, になつて, になり, に成ります, のころ, の声, の女, の娘, の子ども, の年齢, の当時, の時分, の未亡人, の男, の老人, の老年, の西園寺公, の違い, の青春, までに子, までは生きられる, までも嬰兒さ, まで生きる, より何歳ごろ, を以て就学, 細い髷

▼ 何年ぶり~ (161, 0.1%)

7 でしょう 3 かで, だろう

2 [11件] か, かで会った, かで図書館, かで會, かで見上げる, かに女, だ, だらう, でほか, になるであろう, の再会

1 [126件] かだ, かだった, かだつた, かであきらか, かであった, かでお, かでお正月, かでお母さん, かでここ, かでその, かでそんな, かではいこんにちわ, かではぢめ, かでふと, かでまあまあ心から, かでめずらしい, かでやつ, かでわが家, かでイエーツ, かでピアノ, かでペット, かで一緒, かで三平, かで不思議, かで久し振り, かで今年, かで借金, かで内部, かで出会った, かで十三, かで土曜日, かで夜, かで存分, かで家, かで實, かで岡崎, かで帰国, かで弘養館, かで彼, かで心, かで手紙, かで旧, かで早朝, かで母, かで満足, かで灯, かで父, かで牛乳, かで珍しく, かで省線, かで私, かで聞いた, かで落, かで西洋映画, かで見た, かで見る, かで逢う, かで逢うた, かで逢った, かで鎌倉, かで零下何度, かで青山, かで食った, かで食つた汽車辨當, かで鹽原, かと思われた, かなの, かにて田村とし子さん, かにわが家, かに佐藤, かに父親, かに笑, かに雨, かのただ, かの京都, かの健康, かの姉, かの所蔵品, かの谺, かの銀座, か久しぶり, か幾月越, か見る, じゃろ, だか, だったもの, だっぺなア, だらうと, だらう山柿, だろうか, でこんな, でございましょうな, ですか, です靴, でせう, でその, でたべる, での船旅, で今日, で冬, で圓朝, で思い出, で新, で月, で見つけ出された, で語り過ごした, で食うた, とかで, とかの寒, と謂, なの, なん, になるだろう, にも顔, のもの, のわけ, のシネマ見物, の冷害, の対談, の対面, の帰郷, の服薬, の松葉杖, の涙, の溝口健二, やらわからない

▼ 何じゃ~ (158, 0.1%)

1985 これは 3 ありませんか, いな, それは, 何じゃ 2 いナ, かや一杯呉服物を, どうした, ろか, 何か

1 [104件] あれじゃ, あれは, いこれ, いし, いど, いサンジカリズム, い何, い刺し, い手, い騒々しい, え, え出家, かしましい, くちなわか, くちなわどころか, けれど田町, このこの人でなし, この与右衛門, この孫め, この玄関, こんがら, さっきの, しらんが, そうぞうしい, その懐中, その装い, その面, それからまた十五世紀, それでも其方, それや, それやあ, そんなに急, なあの, ないか, ないかい, な今, な向う, な次, な汝, な源七, ねえか, ばばばばばばと, まだ一つ, まだ歇, よ, よ雪, ら彼じゃ, ろうぞいの, わけて, わしの, ア, アない, ア其様な, イあ, イこれは, イと, エ, ッ, ッた, ッて, ッ意趣が, ナ, 一体どうして今朝, 三歳の, 不意に, 乞食じゃ, 今頃, 佐々刑事, 何の, 何者が, 何者じゃ, 先生には, 其宝物は, 内へ, 厩の, 塾じゃ, 外じゃ, 妙な, 弥太一, 待女とは, 御無礼, 御用人様, 明後日の, 最前から, 有りませんが, 楽士共か, 武士に, 汝が, 片仮名を, 獣類会議に, 白いの, 白い粉, 知らぬが, 私は, 穢いこと, 自ずとお上, 蔵は, 袴は, 角之, 貴様は, 質問か, 返事を, 金作, 骸骨が

▼ 何ひとつ~ (158, 0.1%)

2 お土産話, して, ない, ないただ, ないの, なかった, はいっ, わからなかった, 惜しいとおも, 無かった

1 [138件] ありは, ありませんでねえ, ありやしません, いい条件, かぎわけること, きこえなかった, ございましょう, したか, しねえでそれで, せずただ, そのつまり, たらざること, だってできる, だって分かっ, だって分っ, できなかった, できぬ僕自身, として役に立たぬ, として思わしくない, として見つからない, として鷹, とてない, とらなくとも, とりたてて, とりなして, ないあき部屋, ないと, ない世界, ない女, ない眞, ない自分, なき芝庭, なくそこ, なくただ, なくとも, なくランプ, なく一行, なく彼女, のこっては, の光り, はっきりした, はつ, はぶくこと, ふれずごくあっさり, まとまった物, も欠点, やらずに, やらせて, ろくに返事, わからぬ金五郎夫婦, 不始末, 交えずすぐ, 仕止めず見栄, 信じて, 傷つけること, 出来ずに, 出来て, 割りきれて, 動くもの, 取りかわさず敷金, 取り出すいと, 取乱さぬ態度, 取換, 叶わぬこと, 変った事, 変って, 変らぬよう, 失はず綺麗, 実らなかった, 小やかましいこと, 御奉公, 怖いもの, 悪いこと, 惜しまず年少, 愉しそう, 感じないで, 感じること, 感づかなかったと, 憂なく, 持たぬの, 持たぬばかり, 持ち合せ, 持って, 持つてや, 探し当ては, 描くべき画, 撮さぬうち, 教えて, 明かしてないの, 曇ったところ, 残さず手, 残して, 残らなかった, 浮かんで, 無いといふ, 無いの, 真に受ける, 知っては, 知らない, 知らないの, 知らない伸子, 知らぬの, 知りも, 知るでは, 穫れない田地, 考えようとも, 考へられなくな, 聴いても, 良いこと, 落した物, 見あたらず, 見あたらず長剣, 見えない, 見えないほど, 見えなかった, 見えなかったの, 見えなかつた, 見えんの, 見せる物, 見つからなかった, 見わけられず何, 見わけること, 見出されないの, 覚えなかったと, 言おうという, 訊き漏らさなかったの, 記されては, 語る言葉, 諮ろうて, 貰わせないよう, 買えたもん, 足しに, 逃がさずに, 逃すまいという, 運び出すひま, 頼んだこと, 食べなかった, 飾りとてない一室

▼ 何思った~ (157, 0.1%)

20 のか 15 か急 94 かいきなり, ものか 3 かそれ, かやにわに, か不意 2 かあわて, かすたすた, かその, かとつぜん, かにこり, かにっこり, かにわかに, か再び, か名人

1 [78件] かえい, かお, かお通が, かかれ, かくるり, かことば, かしばらく, かじっと, かそこで, かぞろぞろ, かついと, かつと, かどう, かにやりと, かふい, かふと, かまた, かむっくり, かオトラ婆さん, かポケット, かミネ子, か万吉, か与次郎, か丹造, か主, か五助, か例, か俄, か俊夫君, か元気, か前後, か前田, か劉備, か劉岱, か博士, か反対, か同勢出発, か四つン匍い, か城内, か増上寺, か夕方, か天, か寄っ, か小柄, か引き返し, か後肢, か忠顕, か怖, か戟, か手, か振りきっ, か新田先生, か時計, か暗い, か暫く, か武者修行, か死体, か毎日細工場, か水, か泗水, か炉, か無精髭, か田原町, か畳, か社家, か福間警部, か秀吉, か秀政, か突, か縄, か芝生, か藤吉, か袴, か走り出そう, か金博士, か銀, か関羽, か駒

▼ 何~ (150, 0.1%)

9 ない風 7 ない顏, なささうに, なしに 5 なく言 4 なくその, なく顏 3 ない樣子, ない調子, なく云, なく手 2 なく眼, なく聞い

1 [91件] ないふう, ないふり, ないもの, ないやう, ない交際, ない手, ない樣, ない無, ない見合ひで, ない話, なく, なくあたり, なくうち, なくお, なくそう, なくそこ, なくそれ, なくちが, なくぼく, なくみんな, なくやつ, なくアンヌ, なくスラスラ, なくドイツ, なく一同, なく上つて, なく上體, なく中, なく云つてしまつて, なく交, なく人, なく倚子, なく傍ら, なく其, なく其話, なく出, なく加藤醫院, なく千代子, なく口, なく叱る, なく告白, なく呼ん, なく問うた, なく外套, なく大阪毎日新聞, なく左樣, なく師匠, なく微笑, なく投げ, なく新聞, なく東, なく欄干, なく歸つて來, なく河原, なく無造作, なく申, なく畫家, なく疊, なく百和堂, なく眺め, なく私, なく窓ぎわ, なく立ちどまる, なく立つ, なく笑つた, なく笑つて, なく答, なく箸, なく紙コツプ, なく組合, なく老人, なく衣袋, なく見すごす, なく見せかけた, なく見る, なく覗い, なく觸, なく言い, なく言つた言葉, なく言つて, なく話し, なく讀み過ぎた, なく讀ん, なく讀んだ, なく近よ, なく開い, なく飛び込ん, なさ, なしの, のない, もなし

▼ 何~ (144, 0.1%)

41 何でも 10 何だって 3 でも出す, なんでも, 私が 2 お返ししまよ, が泣いだ, なんだって, 何でも文吉, 好きな, 衝突した

1 [72件] あの人, あんなやつ, あんまりや, いいか, お前さんは, お困りで, かええと, かで買う, かと見れ, か嬉しい, か貰, こんなもん, せいせいする, でもいいはん, でもおいしい, でもする, で買いやる, になるだ, もあるならいどす, もあれしません, も咲, わしかて, わたしが, わたしだって, オンチでも, ーい, 三等五円なにがしと, 不具者だって, 今の, 何だつて幾分, 何でもこれ等, 何でもねえ, 何でも今夜, 何でも吾輩, 何と, 何や, 何食っ, 使だ, 修行だ, 僕だって, 優しか, 兄弟でも, 先生さまでもねえ, 勘当されてた, 女中でも, 女給の, 好いか, 少うても, 年が, 形容詞が, 彼れ, 心ない, 慾に, 懲役人の, 探偵でも, 放任主義が, 朋友の, 東京だって, 男でも, 画家や, 私かって, 私だって, 私共みたいな, 等々力の, 義母はんや, 肉類が, 自然主義だ, 英国だって, 証文通りでも, 通りでも, 酔狂でも, 長庵め

▼ 何であった~ (143, 0.1%)

4610 のか 3 かという, かということ 2 かそれ, か忘れ, のだろう

1 [75件] かがわかる, かさえケロリ, かその, かという事, かといえ, かと云え, かなどもやはり, かに就い, かの, かはここ, かはこれ, かはただ余り, かはとにかく, かはなはだ, かはまだよく, かはよく, かはわからない, かは一向, かは小町大路, かは彼自ら, かは後, かは御, かは忘れ, かは旅, かは漸く, かは知らぬ, かは知る, かは詳しく, かは間もなく, かもう, かも考え, かよく, かを, かをある程度, かを反省, かを告白, かを忘れ, かを思い出した, かを憶, かを明らか, かを気, かを理解, かを発見, かを第一義, かを考え, かを考えたら, かを見る, かを覚え, かを説くべきであろう, かハッキリ, か何, か何処, か分っ, か分らぬ, か名, か坊主, か忘れた, か思い出せず, か戦場, か明かでなく, か正直, か熊, か知る, か私, か笑った, か紀伊守, か結果, としてもおそらく, と思います, にせよ, にもせよ, ね縁談, のじゃろ, のであろう, のでしょう

▼ 何~ (143, 0.1%)

42 あって 9 があっ 7 か, じゃ 54 がある 2 あってか, あつて, かとたずねる, かな, があつ, だべな, だろう, でござる, のため

1 [51件] あつて此處, ありて, あるとも, かこの, かしら, かとわし, かと彼方, かと思う, かと思っ, かと振向く, かと自分, かなどとたずねない, か三八九, か三成, か用向き, があった, が起った, ござって, じゃな, じゃのう, だこの, だね, だろうか, だッ, って云った, で, でいらっしゃいました, でこの, でござるな, です, ですか, ですかと, ですって, でとお, でと来意, ではいっ, でも大抵, でわれら, でオトキ, で余, で参られた, で御, で来た, で来なすった, で礼子さん, なん, につくられる, に供, に録音機, を帯び, を弁じ

▼ 何にでも~ (142, 0.1%)

2 [13件] あたる鉄砲, お化けなさる, なって, なつて, なる, なるが, ぶつかって, 同意を, 姿を, 手を, 興味を, 身を, 通用する

1 [116件] あること, あるぢ, ある内容, あれ常に, あんまり感動, い, おしなさい私, おだやかな, お成りなさい, かけて, からみつく葡萄, きく, きまった金, くっつけて, して, すがりつきたいと, すぐに, それが, それは, つかえるやって, つく事, つく癖, なってよ, ならなければ, なりますよ, なりますわ, なるから, なるなんて, なれば, なれるさ, ぴったりと, ぶつかつて, へつらうという, よくつい, よく手, よく眼, わけが, キツイ事が, 上には, 中心を, 代用し, 使える極めて, 使って, 利くよう, 刺戟され, 加はる, 効くこと奇妙不思議, 効くと, 効く上, 勝つかと, 化けるから, 化ける蝋, 反対し, 口を, 吸い附かせる生活, 売んなさい, 売払って, 変じ得, 変化する, 大袈裟な, 存在する, 対手に, 差押への, 幸福を, 役に立って, 役立つという, 得意な, 徹底的な, 心の, 応じます, 応用が, 感情が, 感服しない, 感激し, 感激する, 打ち売って, 押して, 持って, 描いた, 損を, 時と, 書いて, 梅の, 極度に, 死が, 気が, 氣の, 注がれる深い, 満足し, 溺れたがってるもの, 滿足し, 用いられて, 目に, 相成りますから, 眼を, 神經を, 私を, 絶対に, 腹が, 自分が, 自分の, 興味が, 色を, 行つて取りつきます, 行つて帰つて来なけれ, 行つて打突つて見る, 觸る, 負ひも, 通達し, 適応し, 邪魔を, 酔へる, 集まって, 頭でも, 魂魄が, 鼻柱つっこむだ

▼ 何~ (139, 0.1%)

16 もある 3 も大きい, も大きな 2 ぐらいある, となく, になっ, にもなっ

1 [109件] あるいは何十倍, あるから, ある物質, かある, かしのぎ, かずいぶん, かであった, かです, かで買っ, かにつかわれ, かになっ, かに上るであろう, かに当たる, かに拡大, かの丁寧さ, かの人々, かの儲け, かの円周, かの利益, かの原稿料, かの大金, かの強, かの活動家たち, かの深刻さ, かの爲, かの苦労, かの苦悶, かの金, かひどい, かよ何しろ, か丈夫, か上回る, か効果, か多く, か彼, か愉快, か母, か物, か知れぬ, する死傷, する長文, つめたいこと, でもを使用, というか百万倍, というねうち, という数, という稽古熱心, とか何分, にかし, にもされ, にもし, にもなつて響き, にももり返す, にも人数, にも及ん, にも大きく, にも広く, にも明るく, にも映った, にも殖え, にも殖えた, に及ん, に当り, に当る, の広, の長時間, の骨, もあった, もいい, もおいしく, もぎっしり, もけたたましく, もしあわせ, もつらい, もの, もの人口, もの強, もの美食, もの警察官, もの骨, もひどい, もオトクイ, もシャン, も不安, も何十倍, も働い, も優った, も光り, も割つて, も勝る, も多く深く, も夜昼, も大きかっ, も大きく, も広かっ, も強い, も強力, も彼, も怖し, も悧巧, も時間, も暖か, も用い, も肩身, も苦しい, も製造, も逆上惑乱, も開けた, をし

▼ 何年間~ (135, 0.1%)

4 いや兄, かの生活 2 いやはははは, さう, といふもの, どのやう, など費す, もう眠れない, も眠らない, も見馴れた, も迷惑

1 [109件] おりましたか, か, かいつも, かお世話, かこつこつ, かそいつら, かそれでも, かつまらぬ, かにわたつ, かに必要, かに異常, かに養われる, かのこの, かのもの, かの一生懸命, かの動静, かの準備期間, かの生活態度, かの間, かは乳人, かみんな, かを経たでしょう, かアフリカ, か一貫, か代診, か全く, か努力, か強い, か彼, か暮し, か本役, か毎, か毎日, か知らず知らず, か私, か通った, か都會生活, この辺, この邊, つけたこと, でもおりない, というもの, というもの人, というよう, という長い, といふもの春秋, とも知れず, と思いやつれ, と生活, と言った, どのとしも, にたった, になかっ, になる, には千万, にも亘つて, にも亙っ, に一千万人以上, に一遍凡て, に何千杯, に先生, のうち, のうつり, の女王, の如き, の学費, の探偵生活, の教育, の血, の話, の道徳, はそんな, は全く, は閣僚, もあの, もこわれた, ものがれ, もまるで, もドタ靴, も住ん, も何年間, も作品, も僕, も否定, も埋もれ, も思いつめ, も患者, も新しい, も水呑百姓, も無視, も疎遠, も眠っ, も繰り返し, も自分たち, も苦労, も英語, も銭一文, も閉め, やはり摩擦, をとにかく, を他, を地, 同じ本, 或は全, 押されと, 押されとおして, 生きて, 眠らなかったの, 眠らなかつたの

▼ 何うなる~ (128, 0.1%)

8 ものか 76 のか, 物ぞ 5 ことかと, のだ, んだ 3 と思います, んだい, んでせう

2 [12件] かわからない, ことか, と思ひます, のかしら, のじゃ, のだらう, のでございます, のです, ものだらう, んです, 事かと, 物で御座んせう

1 [53件] かそれ, かつてん, かとそれ, かと云う, かと思, かと思う, かな, かは書いてない, かまだ, かもわからぬ, かも知らず, かわかりません, かを江戸, か下手, か其の, か分らない, か分らぬ, か分り, か分りません, か判らぬ, か判らん, か古川緑波, か君, か大方, か昭和九年, か眺め, か解る, ことだ, ことで, ことであろう, ことやら, こツちやろかい, つてな, というの, といふん, と思う, と思ふ, と言, のかは, ものかね, ものぞ, もので, ものでしょう, もんか, やら, んだらう, んや, 世かと, 世の中だ, 事か, 何う, 者か, 身の上だろう

▼ 何~ (125, 0.1%)

10 となく 4 か何万, という金, とも知れぬ 3 と群れた 2 あるか, かわからぬ, という人々, という少年, とない, の人, の兵, の女

1 [84件] かの見物, かの資本, か分らぬ, か知れない, か知れなかった, がいちどに, さらに張角, でも変った, でも貸したっち, というお金, というご, というたいへん, というの, というカード, という一, という両, という人, という人たち, という人夫, という人目, という人間, という仲間, という兄公爵, という大口, という大工, という大金, という家々, という弟子, という死骸, という泉, という浦上部落, という火の玉, という真珠, という織, という若い, という蜆, という観客, という警官, という金額, という針, という錘, という額, という顔, といふ人, といふ女, といふ家来達, とかあった, とかをおさめる, となき白い, となくなら, となく広い, とはこん, ともしれない, ともしれぬ, ともなく, とも数えきれない, と売られる, と多, と婦人労働者, と新しく, と生き, と知れない, と艇, と製造, と隊, と集め, と駈け向った, のひと, のショップ, の中, の兵士, の動物, の奴隷, の木工, の無恥, の目, の花, の都, の門弟, の黒い, べんいや, も何万, 居るか, 数え切れぬ其花

▼ 何うせ~ (123, 0.1%)

2 学校へ, 斯うなる, 此の

1 [117件] おもち, おらッち, お帰り, お邸, これから先, さう, そうでございましょう, それは, な家, ほんとに始まる, もう僅かの, もう明日, もう父親, もう狎れる, 一人嫁を, 一軒戴く, 並大抵の, 中, 京都へは, 人の, 人生ツて, 人里の, 人間は, 今夜は, 今迄, 仕方が, 仕様が, 他へ, 他所行きになんかなり, 何も, 何処に, 僕の, 僕は, 内面は, 化物でござんす, 厄挫ものさ, 君この, 君の, 命がけの, 和服は, 堅気の, 売り物買い物の, 大したこと, 女の, 女サ, 女郎の, 妾は, 客は, 宮の, 家ぢや, 家へ, 寒い中, 将曹, 小説を, 廉物だらう, 役にゃ, 斯様した, 新吉, 新聞の, 日蔭の, 旨くは, 東京には, 果は, 此の世にゃ, 此方は, 此様な, 母と, 毎年湯治に, 毎日いらっしゃる, 毎朝人肌に, 汝エ殺す, 流行物じゃ, 清浄な, 無事には, 然うなんです, 爾とより, 物言は, 現代人が, 田舎に, 皆さんには, 皆焼け死んだろう, 皆虚僞, 着物なんて, 矢太さんの, 碌な, 秀子の, 私も, 種々の, 素ッ首の, 能, 自暴だ, 若旦那に, 覚悟の, 親分なんかに, 誰を, 談は, 負けついでだ, 貰は, 貴女は, 貴方とは, 貴方に, 貴方は, 追つかない, 退屈な, 遁れる, 運は, 里にや, 野合者だ, 金品を, 銭の, 長屋風の, 開ッ放し, 閑な, 間違へば, 随筆である, 食ふ, 駄目な

▼ 何千人~ (120, 0.1%)

4 の難儀

2 [14件] という一つ目小僧, という人, という人間, という見物, といる, となく, に一人, の一つ目小僧, の人, の人たち, の人達, の客, の怨み, の男

1 [88件] あるいは何万人, あるか, いやいやもっと多い, いや何万人, いるだろうか, かが四年前, かが更に, かのそう, かの人々, かの会葬者, かわからない, かを詰め, か分りません, か増員, か知らない, か知れぬ, か飢えた, がいっしょ, が死んだ, だか, だかの, てえ貧乏人, て人, という, というおとな, というおばけ, というの, という一つ目小僧ども, という会員, という兵たい, という大, という大学生, という家来, という旅人, という東京, という正直, という登山者, という神たち, という者, という職工たち, という見物人, という騎兵, とか, とかたまっ, とかの人, ともいう, ともしれない, とも何万人, とも知れない, と云, と入り込み, と手, と折り重なっ, と集っ, と集る, と黒く, なりとも, にげこんで, に上る, に祟られる, のあるいは, の中, の人々, の兵士, の力, の壽命, の大, の大人たち, の婦人たち, の学者, の寿命, の暴徒, の漁夫, の画家, はソヴェト国内, または何万人, もの一つ目小僧, もの優れた, もの兵士, もの左利き, もの死傷, も何万人, をもってかぞえられた, を入れ得る, 時としては, 更にその, 来ても, 総費用いくら

▼ 何~ (116, 0.1%)

15 だか 4 なら 2 お前は, だ, ならこの, ならそれ, なら彼, なら香取

1 [85件] あのやう, あのよう, あれほど, あれほども, あ奴, いつもそんな, いわぬか, お答, ここが, この人, これほどの, こんなにさみしい, こんなに悲しくさみしい, こんな事, こんな愛, こんな所, そのままに, そのまま押し通し, それ程大変, そんなになる, そんなにふざけ, だろうか, だオルガ, でしょうかね, ならいまだ, ならいまだかつて, ならこれ, ならばこの, ならもし, ならもしも然, ならコルシカ, なら今日, なら位階, なら個人, なら分つて, なら唯心論, なら如何に, なら彼ら, なら感覚, なら所詮, なら支那資本, なら故障線, なら此, なら此時, なら生活, なら耶馬台, なら言いたいこと, なら陸軍, なれば, ふらつくの, またこれ, またそんな, まだおれ, もっと自分, ソウなった, 俺とこを, 俺に, 停車した, 僕の, 勘次が, 同棲した, 名を, 君は, 嘘が, 困るの, 学者の, 幼稚だ, 彼女の, 彼女は, 息子が, 憐み合う, 手で, 支那服なんか, 殺されないかと, 滅んだの, 知らないと, 私には, 私の, 縣會議員に, 自分にも, 被告が, 誰によって, 面白いと, 饂飩に, 黙って

▼ 何~ (114, 0.1%)

8 なしに 7 なく訊いた 5 なく云った 4 なくお 3 ない顔, なくその, なく手 2 ない貌, ない風, なく, なくこの, なくそこ, なく半蔵, なく答えました, なさそう, のない

1 [63件] ないて, ないふう, ないふり, ないよう, ない夜, ない態, ない様子, ない熊野, なくいつも, なくうなずいた, なくおそらく, なくしかも, なくのぞいた, なくふい, なくほか, なくほほ笑ん, なくほんと, なくまったく, なく上, なく不自由, なく主膳, なく人, なく今, なく保存, なく傍ら, なく内, なく呟いた, なく咲きいでたる, なく宋江, なく巻, なく帰って, なく店先, なく彼, なく微笑, なく拭い, なく挨拶, なく振り向いた, なく敷居, なく烏山, なく父, なく用, なく看過ごし, なく眺め, なく眺めた, なく眼, なく立ち上がった, なく笑い, なく笑っ, なく繰りひろげて, なく翁, なく自分, なく見せ, なく見る, なく見過ごした, なく言っ, なく訊きました, なく訊ねた, なく談笑, なく越え, なく開いた, なげに, なささ, なささう

▼ 何ういう~ (113, 0.1%)

7 理由で 4 風に 3 理由か, 訳で 2 人だ, 人の, 人間な, 意味です, 次第で, 理由だ, 理窟で, 種類の, 関係な

1 [78件] お方かね, お腹立, か婆さん, まア何, 不慮の, 主意を以て, 了簡じゃ, 人か, 人でした, 人を, 仔細か, 作家である, 使者だ, 冗句に, 処か, 処で, 処に, 功だ, 因果因縁か, 因縁か, 因縁でございます, 因縁に, 執成しを, 塩梅だ, 塩梅に, 失策を, 女かと, 御用で, 御縁, 心である, 心得か, 心得じゃ, 心得だ, 心得で, 心得違いで, 心持の, 意味であろう, 所存に, 手段を, 手立を, 手蔓で, 拍子か, 敵を, 文句で, 暦だ, 本心又, 様子か, 法が, 災難で, 状態に, 理屈だ, 理由じゃ, 理由だろう, 理由な, 理由の, 男か, 男かしら, 神様でございます, 稼ぎを, 累を, 縁か, 縁故をもって, 考えか, 腕人物, 苦行を, 虫だ, 行間違いか, 覚悟, 証拠が, 証拠を以て, 誤解が, 調べに, 運命に, 道楽者か, 間違いかは, 間違か, 関係であったろう, 風にでも

▼ 何する~ (107, 0.1%)

14 ものぞ 9 んだ 6 者ぞ 5 んだい 4

2 [11件] つもりだ, のだ, のや, ものぞと, ものぞという, や恋しき, んだけは, んでえ, ッ, ツて, 馬鹿めと

1 [47件] か, かと彼女, かッ, か下, か分らない, か分らん, か分れ, か知れたこっ, がいね, けれどもつい, ことも, ぞと見る, という事, といったら, とこ, ところぞ, として今, とすて, となく, と思っ, のかと, のけ, のよう, ひとな, ものじゃ, ものぞの, ものぞよ, もので, もんか, や, や分らん, らむか, んだいこの, んだいッ, んだい今から, んだっ, んで, んです, んですっ, ツ, ンか, 人, 人だ, 壁ぞ, 気かっ, 者ぞと, 間さえ

▼ 何~ (106, 0.1%)

4 あります, かの道 3 あるの, ぐらいある, となく, も先

2 [12件] ある, あるか, あるかい, あるかも, か先, だ, だか, とかの山, の道, もある, も離れた, 歩けるか

1 [62件] ありましょうか, ありませうかと, ありやと, あるかと, あると, あるね, か, かね, かの山路, かは自分, か上り下り, か上流, か黙っ, が間, くらいある, ぐらい, ぐらいあります, ぐらい歩いたら, ぐらい続い, ございましょう, ただ一色, だつて平気, だね, つづくとも, ですな, でも走る, とあった, という, という四方, という大, という琵琶湖, という道, という間人家, とか言いました, とその, とつづく, となく広かっ, と勘定, と聞け, などと書い, になる, のあいだ, の夜路, の山道, の沖, はなれた, ほど, ほどありましょう, ほどあるだろう, もしくは何百里, もの涯, も徒歩連絡, も来る, も歩い, も行く, も遠道, も離れ, も離れない, を駆けたでしょう, 歩き続けたこと, 行っても, 飛ばしたか

▼ 何とかいう~ (104, 0.1%)

2 アメリカの

1 [102件] あっちの, いい加減な, お通夜みたいなまじめくさった, そういうの, その甥, どこかの, ような, ように, アイヌ語の, ドイツの, ドイツ一流の, フランス王の, ムズカシイ名前の, 一人の, 三十ばかりの, 下宿へ, 不思議な, 世界地図にも, 事柄に, 人のは, 人を, 人相の, 今の, 代物と, 会合に, 位地に, 僕と, 六ヶしい, 初め五字を, 剛い, 動物を, 十九歳の, 単純な, 印度人の, 原因でない, 口実で, 名高い絵かき, 堂々たる名前, 場合には, 場合は, 場所で, 壮俳に, 大きいあすこ, 大きな通り, 大目附が, 奴が, 奴に, 婦人車掌が, 実にまずい, 実はお, 家柄を, 尺度一点張の, 希臘の, 広告めいた, 役に, 御叱り, 御馳走ごとには, 思想上の, 怪談屋の, 憚りも, 手相指紋の, 批評は, 折角の, 教会が, 日蓮宗の, 昔の, 時分には, 普通の, 普通人間の, 書なりし, 枕言葉に, 欺し, 武家に, 民衆の, 気取った名前, 爺さんが, 特号四段抜きか, 珍しい貝, 理由から, 理由で, 男が, 男だった, 男へ, 病気を, 目当が, 紅い表紙, 経歴が, 老詩人, 脇差だって, 若い大学生, 若い妓, 薬屋の, 言葉が, 言葉を, 豪気な, 赤い青い小さな, 辺鄙な, 迷説を, 道徳には, 隣の, 露西亜人は, 黒いあご髯

▼ 何ほどの~ (104, 0.1%)

14 ことが 9 ことや 6 ことも 5 事か 4 ことか, ことやあろう 3 ことで, 事が 2 ことを, もので, 利益を, 深さ

1 [48件] お蔭を, ことであろう, ことに, ことにも, ものか, ものが, ものでしょう, ものに, ものも, ものを, 事で, 代価に, 価値が, 値打が, 働きが, 利益が, 利益だ, 刺戟と, 力も, 力や, 功績を, 効果にも, 反響をも, 壯擧でも, 役にも, 思慮や, 悪い業, 意味が, 意義も, 手数を, 時が, 時間が, 時間も, 本が, 注意にも, 深い風流, 物で, 物である, 物も, 知識も, 社会的効果をも, 腕立て邪魔立て致す, 自負をも, 費用に, 費用を, 里程かと, 驚きでも, 魔力でありうるだらう

▼ 何~ (104, 0.1%)

134 か, だえ, 経ったか 3 だと, だろう, に來

2 [13件] かしら, かたちました, じゃ, だった, だつた, だつたらう, だな, だらう, だろうな, であろう, となく深い, に出, に歸

1 [44件] あるいは幾日気絶, かたった, かな, かの後, かもわからない, か経ちました, か經, ぐらいかかるだろう, ぐらい入っ, たったか, たったろう, だか, だったえ, だったろう, であろうか, であろうかの, であろうの, でございましょう, でござんしょう, でした, でしょう親分, でも, でも此方, で御座いませう, なん, に, に帰っ, に帰った, に戻, に戻つた, に行, に行つて, に閉められる, の月, ほどたった, ほど経った, ほど經つて, ほど続く, ほど續くん, まで, までゐた, まで居た, もこの世, も経っ

▼ 何かという~ (101, 0.0%)

17 ことを 11 ことに 6 ことは 5 ことが 3 ような 2 ことだ, ことである, ことについて, ことについては, ことも, 問題を, 点に, 疑問が

1 [43件] うちに, けげんの, ことしか, ことと, ことな, この発展, ときやっぱり, なぞの, のである, ふうに, 事です, 事は, 事を, 事柄から, 人困らせ, 今の, 偶然な, 具合に, 問いでなけれ, 問にたいする, 問に対して, 問題から, 問題が, 問題の, 問題は, 基本的な, 場合に, 場合には, 実際上, 時には, 最も原始的, 最後の, 根本問題に, 根本疑問から, 物質とは, 疑問に, 疑問も, 疑問を, 発問であります, 科学そのものの, 科学の, 認識論的問題から, 質問が

▼ 何~ (100, 0.0%)

13 か前 6 も何代 4 か後, となく, も前 3 も続いた 2 かの後, も傳, も子, も果物屋, も続い

1 [56件] かあった, かの人, かの太守, かの孫, かの手, かの旧藩時代, かの裕福, かの間, かまえに, か一つ, か人, か以前, か保つ, か土地, か変っ, か封建制度, か数, か江戸, か続いた, か續, くらい前, つづいたもの, というもの, とか此處, ともなく, になる, にも亙, に亙る, の人手, の後裔平, の御, の血, までも引, もか, もかかっ, もその, もつづけ, もどころか本当, もの人々, もの留学生, もの祖先, もまえ, も世代, も住み続けた, も何十年, も学問, も定, も後, も相模守, も続く, も續, も芸術家, も親ゆずり, も都会, を九代, 替っても

▼ 何~ (99, 0.0%)

6 何さ 3 一体 2 ただお

1 [88件] あなたでは, ありゃ, あんな印籠一つ, いけすかない思ひ出し, いまの, いわして, ういふ, うだ, うるさいな, おいらが, お前さんの, お梅, お祖師様, きい奴まだ, このすじ, この頃民さん, しっかりした, じゃない, そいつを, そのお, そのお前さん, その事, その平気, その目つき, その顏つき, その顔, そりゃ此方, それ, それにも, それは, そわそわ時計, ちと家, どうする, なにさ, またすぐ, わからないよ, わしが, わしは, ッ, 三ちゃん, 云うだけ, 今しがたお, 何さ一通りどころか, 何を, 例の, 兄さんとかいう, 先様でも, 内々は, 別に心配, 勿体振っ, 同じこと, 四拾円くれた, 変な, 嫌いなら, 実はお前, 実は気, 対手が, 帰るには, 弟, 御苦労とも, 怖いこと, 恐くは, 意が, 意気地の, 昨夜の, 昨夜上尾へ, 昨日自動車を, 未だ頭, 札の辻辺りの, 李鴻章, 生むで, 田沼の, 病人が, 着ふくれちゃ, 秀八さんとも, 立派な, 縁の, 聞く聞く, 自分の, 行って, 行つて見, 遠慮が, 遽に, 阿父様, 雪の, 馴れッこ, 高遠の, 鼻たれ

▼ 何でございます~ (94, 0.0%)

204 か私, の 32 え, それは, な, ねあと

1 [55件] あゝ慌てました, え今, お洗い張, お爺さん, かい, かお嬢様, かこの, かさっき, かしら, かそれ, かとたずねた, かは私, から小僧さん是, か前橋, か厭, か叶います, か向う, か四十, か御, か手前共, か新しい, か昼間お立ち, か郷, か長老様, か額, か騒ぎ, が今, が私, が若, が贋物, そのさ, その柿の木, その清姫様, って, とかくお, どうぞもうお, ね, ねお前さん, ねその, ね前, まあ, よ, よ御, よ貴方, わ, 一寸お, 何を, 兵馬さん, 其の事, 実はこの, 実は此先一町, 山路と, 旦那, 私の, 誠に只もう出所

▼ 何でしょう~ (92, 0.0%)

19104 親分 3 かね

1 [56件] あのお, あの人, あの向う, いまごろ, おかみさん, かしら, かそれ, かただ今, かどこ, かな, かにィ, からね, か写真, か生, か自分, がお, ここは, これは, そんな引込思案, と吃驚, どうもお辞儀, なその, ね先生, ね御存じ, ね親分, ね馴れません, もう浜地, わたしシュウタイなんて, ニーチェとは, 二つ揃っ, 人並は, 今光った, 何だろう, 何でしょう, 兄上, 兵児帯を, 前から, 四五月前後なら, 外へ, 奥さん, 弁天町に, 文学は, 昔馴染みてえ, 月日も, 気味の, 病人, 空電信柱雀樹の, 粟粒疹熱って, 絵草紙屋を, 英語の, 貴下は, 貴女なんか, 貴老, 運動会は, 随分智慧, 馬鹿らしい

▼ 何ほど~ (88, 0.0%)

10 でも 2 かかりましょう, ですか, 下さります, 立派な

1 [70件] あるか, あるやと, あるやら, ある上等品, かかります, ご入用, さばけたりとて, ずっと以前, つらいか, よくとも, 下へ, 与えます, 与へれば, 云うとも, 人足何ほどと, 仕事の, 位の, 便利だ, 入れます, 公卿へ, 兵気に, 出したと, 利益だ, 哀願し, 増して, 大小各, 嬉しいの, 嬉しいので, 安くても, 年を, 廻しても, 念を, 思い合っても, 恐怖絶望の, 悦びますか, 愚痴を, 愚鈍な, 抱えても, 暴風が, 木曾谷には, 煮ても, 物を, 玉子を, 申されても, 看護婦が, 経済だ, 腹が, 自己が, 自転車の, 致しましょう, 致します, 荒唐であろう, 衰えたとも, 親しい友人, 財産に, 軽尻何, 辛いかと, 連れて, 違うもの, 鉛筆で, 長く煮, 開明に, 離れて, 頼もしき宿, 風の, 食物ばかり, 飲んでも, 高い雇賃, 高価な, 鬼だ

▼ 何食わぬ~ (87, 0.0%)

39 顔を 21 顔で 5 顔し 2 顔, 風を

1 [18件] フリを, 姿態だった, 態で, 貌で, 面では, 顔ただ, 顔とを, 顔の, 顔は, 顔バスに, 顔五郎に, 顔会社へ, 顔松之助の, 顔毎度ありがとう, 顔衣子を, 顔酒宴に, 顔鳥居を, 風に

▼ 何かも~ (86, 0.0%)

4 つと他 3 まっ黒に 2 すこしおあいそ, つと別, 少しひどい

1 [73件] あって, ありますから, あるん, いちど呼びかけ, かなり知っ, こ, ここの, した, しれませんわね, ずも, たくさん行われ, たせて, ぢゃ, つとええ, つとそこ, つとはつきり, つとグレイス・プウル, つと云, つと力強い, つと反, つと反対, つと収入, つと固い, つと変, つと大きな, つと奥, つと安易, つと強烈, つと收入, つと景気, つと洒落れた, つと深い, つと濃厚, つと華々しき, つと言, つと面白い, つと食べる, つなぎ合せ, まつ黒, めちゃめちゃだ, らいに, ろくに知らない, ザツと, スッカリ私に, ツと, 一つにな, 一つ私の, 一つ腑に, 一つ読ん, 仕送って, 何か, 余程有り, 出したり, 好く見, 少し鮎釣, 彼女の, 整理しなけりゃならない, 明白感情以外の, 本當, 殖やした方, 気がつかずに, 決めるから, 為む, 父は, 皆な喋った, 直接間接に, 知らずただ人, 知らぬきれい, 知らぬ睦魂, 自分でなけれ, 藤六と, 評判が, 飛んで

▼ 何とかいふ~ (86, 0.0%)

2 ものを, 事は, 人の

1 [80件] うちで, うちへ, おん身の, ことが, ことだつた, さよりに, つまり燈臺守, ので, ほんの間に合せ程度, ものでなく, エッセイの, ダルマ茶屋で, バーは, 七八歳に, 不景氣, 丸形の, 五十男が, 人が, 人を, 侠客の, 係りへも, 倶楽部の, 博士が, 印度人の, 叔父さん見たい, 命題を, 問題より, 型を, 奇人の, 女工の, 子が, 子な, 學校の, 安宿に, 実にま, 家が, 家の, 家へ, 小さいしる粉屋, 小娘が, 小役人に, 小村が, 小説家が, 小鳥が, 手段をも, 手相指紋の, 昔からの, 昔の, 木に, 本を, 本屋の, 桜は, 極古き, 歴山大帝の, 漁師は, 珈琲店に, 理髮師の, 社会主義の, 神廟へ, 程度の, 種類の, 芝居で, 草花なぞは, 蒲鉾みたいな, 藥と, 藥屋の, 蟹甲良が, 西洋料理の, 豪い大, 遊人風の, 遺偈, 郊外を, 野郎です, 長い市場, 陶工らしい, 雑誌に, 露西亞人が, 面倒くさい名前, 風薬から, 飜訳本で

▼ 何~ (86, 0.0%)

5 かあった, となく, もある 3 あるか, でもある, もあっ 2 かの, かの家, もあった, も軒

1 [54件] ある, あるあの, あるえ, あるだろう, あるだろうか, かあっ, かあります, かが数えられる, かし, かで分け合っ, かで見られた, かの名門, かの映画館, かは便乗景気, かは影, かを写生, かチェーンストアー, か借家, か建っ, か廻っ, か焼けた, か見え, か貧しい, か集っ, くらいあるだろう, だ, でも新築, という風, とかの割合, と記しあり, にも分かれてる, の家, の寄席, の由, の町家, の酒屋, もあつ, もございます, もでき, もない, もならん, も二階建, も代々, も出店, も出来てる, も建てられ, も掛床, も流失, も立ち並んだ, も続い, も見た, も食い逃げ, 廻っても, 飛んで

▼ 何もかも~ (84, 0.0%)

14 忘れて 7 云って 4 打明けて 3 打ち明けて, 言って 2 申しあげて, 聞いて, 見えなくなった中

1 [47件] すぎて, すてて, つけて, ぬれて, ぶちまけて, ぶちまけられないの, わからないといふ, わからなくなって, 事足りなくて, 云っちまえ, 任せきった調子, 信じられなくなつ, 分った様, 分らなくなって, 分らなくなつ, 判らなくなって, 取り上げないと, 忘れさして, 忘れさせ判断, 忘れたい気, 忘れたやう, 忘れたよう, 忘れた風, 忘れましょう, 忘れようとさえ, 忘れられて, 打ちあけて, 打ち捨てて, 持って, 捨てて, 捨てよう, 棄て, 片付いた後, 申し上げて, 秋めいて, 考えなくなって, 耐えしのびます, 聞いたと, 見えなくなったまま, 見えなくなり石造, 見えなくなるまで, 見せて, 見て, 解らなくな, 読めたぞ, 調べて, 諦めて

▼ 何不自由~ (82, 0.0%)

13 なく暮し 8 のない 3 なく育った 2 なくお, もない, もなく

1 [52件] ありません, がある, ないに, ないの, ない一城, ない境遇, ない妙齢, ない官邸, ない平和さ, ない恵まれた, ない暮, ない暮らし, ない淑女, ない表現, ない身の上, なきまでに, なき大名, なき貴族, なく, なくいつも, なくかえって, なくかわいがられた, なくさせ, なくし, なくぜいたく, なくその, なくのんき, なくやっ, なくやつ, なく世間, なく今日, なく仕合せ, なく伯母, なく優美, なく夢, なく天寿, なく女房, なく学問, なく安穏, なく幸福, なく暮らし, なく暮らす, なく育ちました, なく育っ, なく過ごせる, なく食べ, なく食わせ, なく養生, なしに, はねえ, もさせない, 無く暮せし

▼ 何~ (82, 0.0%)

11 も何杯 4 となく, もお 3 も飲む 2 であつ, でもお, もお代り, も飲ん

1 [52件] かそして, かのがし, かの客, かを傾けた, かを流し込んだ, か撒いた, か酒, か飲み, さしつささ, たべたかしらと, だったかも, でしたっけ, でも, でもすゝつた, でも引き, でも食べられ, で量る, とか食った, と教わった, のめる残る一円五十銭, もあおりつけ, もあがる, もかえ, もがぶがぶ, もぐいぐい, ものみました, ものんだ, もの水, もひっかけた, もひっかける, も強いず, も御馳走, も手桶, も水, も注ぎ, も貰う, も運ん, も重ね, も難破, も頭, も食べ, も飯, も飲まし, も飲みたい, も飲んだ, 呑まされたつて, 呑んだつて醉, 汲んだか, 浴びたって, 頂きましたか, 飲みましたろう, 飲んだこと

▼ 何~ (80, 0.0%)

12 して 10 しても 5 いふこと, いふもの 3 であるとか, なもの 2 いふやう, か知らぬ, であらう, である, に肩身

1 [32件] いふところ, いふの, いふ間柄, か知らない, したいと, だと, であるかと, でもよい, でも宜いと, で有らう, とも判らぬ, なる學士, な人, な場合, な男, な言, にもならぬ, の獻立, の社, もグリーナー, もトツケ, も一朝一夕, も予, も人, も宜, も惜福, も禪録, やら佛教, やら斯樣, 凄まじい血潮, 物凄く不, 見ても

▼ 何だった~ (79, 0.0%)

8 のか, のだろう 54 んです 3 か, かね 2 かな, か待ち兼ねた, か覚え, っけな, と思う

1 [38件] かうっかり, かが分かれ, かこの間, かしら, かそれ, かに明示, かねそうそう, かの折, かの時, かは忘れた, かは遠い, かまったく, かもう, からだから, かを吟味, かを知っ, か何, か借りよう, か判らなくなった, か待ちかねた, か徳川初期, か忘れた, けな, けなあと, っけ, って一本松, って三上, と云う, にせよ, ね, ねとよっ, のかな, のです, べす, ろうで, んだ, んだろう, んでしょう

▼ 何時ごろ~ (79, 0.0%)

5 だね 4 お帰り, ですか 3 でしたか 2 かしら, だったね, でしょうか, のこと, 迄啼き続け

1 [53件] お正さん, お部屋, か, かえるかしらと, かしらんもう, かと思い, かな, かに彼女, からかネ, からか知らない, からです, から売っ, から来, か分らない, か正しい, この片, そして日, だ, だえ, だか, だったか, だつたかね, だろうか, だろうこれ, だろうと, ってきまって, つきますか, であったかは, であったろうか, でした, でしょうかね, でしょうかネ, でしよう, です, でせう, どういう病気, なん, にはどの, に事件, に参りましたら, に家, に寝た, に私, に第, まで家, 出かけたかね, 出られたでしょうか, 出掛けたね, 帰って, 帰る, 来たらよろしい, 来ましょうか, 来るの

▼ 何喰わぬ~ (78, 0.0%)

38 顔を 27 顔で 7 顔し 1 体を, 態度を, 様子を, 顔ですう, 顔色肚の, 風を

▼ 何によって~ (76, 0.0%)

2 であるか, 生きて, 衣食し

1 [70件] あの天平伎楽面, かぎとった, きまるであろうか, こうなった, この方, しかるかとは, そうした夢, そうなった, その微光, その本義, その確実性, その運動, その雪崩れ, それだけ純潔, それは, それを, できたか, もたらされたかという, われわれが, ドコへ, 与えられるか, 他を, 何から, 何を, 創作の, 動くか, 区別される, 区別し, 同伴者的作家である, 吾, 味覚に, 定めるかと, 彼が, 彼と, 彼を, 性格づけられる, 惹起された, 感覚したら, 救われるの, 日を, 書くかという, 来るかを, 標準を, 死あらん, 死を, 決定したら, 決定せられる, 渡るおつもり, 湧くの, 満たして, 特徴づけられる, 現わ, 生きるかという, 生ずるの, 知るかという, 知る事, 知れば, 立てようぞ, 苦しんで, 規定さるる, 証明する, 説明せらるべきであろう, 誰に, 起こるか, 起り得るかと, 起り得るかを, 起るかと, 起るかという, 躓いたかを, 量るかという

▼ 何十万~ (75, 0.0%)

4 という人間 2 という人, という人々, という読者, ともしれない, とも知れぬ, の人, の家

1 [57件] あるか, あるでしょう, いや東京, かに殖え, かの少年少女, か何百万, か何百万ペソ, でも透明人間, とあらわれたら, とある, というお, というまだ, というよう, というサラリーマン, というトカゲ人種, という事, という労働者, という同胞, という多数, という数, という敵国人, という札束, という民衆, という珍品ぞろい, という窓, という膨大, という若い, といふ程多数, といます, とか何百万, とむらがっ, ともわからない, と云, と売れる, と居るで, と数, と決っ, に一人, のうち, の大軍, の標品, の死んだ, の死者, の源氏, の白骨, の空虚, の窮民, の身代, の軍, の金, の陸軍, の預金者達, はこの, もの黴菌, も軍艦, を要する, 寄せるとか

▼ 何してる~ (74, 0.0%)

2011 んだ 8 んや 3 のや 2 かい, つて何を, んだい, んだろう, んです, んですつ

1 [20件] お星様何, かおべ, かお前, かつ, そこで, のお, のかしら, のけ, のさ, のだ, のまた, のん, の今, の何, の時間, の震える, んだろ, んでせう, ンだい, 今

▼ 何~ (74, 0.0%)

3 も飼っ 2 いるん, となく, もつれて, も泳い, も蝋燭

1 [61件] いても, かあつまる, かが五郎, かそこ, かとであった, かのうはばみ, かのとかげ, かのカナリヤ, かの兎, かの牛, かの猿, かの獣, かの蝮, かの野猫, かの鰺, かは捕れるであろう, かは生き, かを釣竿, か呑下, か捕えた, か食っ, か馬, だと, でも巻き付かせる, でも蝉がくッ, とかいる, とか食っ, とった, とった事, と云, にしん, になった, の動物, の黒猫, もい, もいなくなった, もすがっ, もとん, もの犬, もの虫, もの蛇, もひらひら, もぶらさげる, もやって来た, もゐ, も何匹, も半死半生, も威勢, も家鴨, も悠々, も曳かれ, も水, も続い, も踏みつぶし, も這い廻っ, も顔, も飛び出した, も馬, 出て, 居るの, 飼って

▼ 何月何日~ (74, 0.0%)

4 に死する 3 の何時, の夜 2 の何時ごろ, の何時何分

1 [60件] かと聞く, から見えなくなった, だか, だから, だったか, だったかは, だったかも, であつ, というよう, といへ, といわね, とかその, と今年, にあたし, にいくらいくら, にこういう, にご, にどう, にどこ, にどこそこ, になる, にはどこ, には日蝕, には見せしめ, にヨコハマ, にロンドン, に何流, に剣難, に城門, に幾日, に日蝕, に早朝, に火難, に生まれた, に當, に聞える, に雷, の, のお, のこと, の何時何分何秒, の何時何分頃, の何時頃, の夜半, の天候, の天気, の晩, の深夜, の続き, の黒, は凶日, は吉日, までにヨコハマ, よりと予告, をやっ, を期し, を誦し出した, 大日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島, 某処, 死ぬの

▼ 何~ (74, 0.0%)

2 の前, の妹, の邸, は, はすぐ

1 [64件] から先, がおります, がそう, が再三, が十, が愚か, が諸国, っ汝, である, では, なりと, に一喝, に直言, に通じ, のほう, のよう, の一族, の人間, の側臣たち, の催促, の優柔不断, の幕将, の生首, の病, の眼, の警固, の輦, の部下, の館門, の首, はうなずい, はすこし, はその, はなに, はもと, はよろこん, は下, は先ごろ来, は右往左往, は変, は妹, は数名, は潘, は用いなかった, は病帝, は真, は聞い, は苦い, は謀叛の, は部下, もうごかされる, もそれでも, もまた, も一躍, も今度, も気づく, をおよび, をなだめた, をよべ, を召す, を呼び, を殺す, を諫め, を謀っ

▼ 何だらう~ (73, 0.0%)

7 か, と思つて 43 が着かぶつ, それは 2 といふ, と思, と思ひ, と考へた, と言, な, ね僕

1 [35件] あの子供, かといふこと, かと一寸, かと思ひ, かと思ひつ, が壽命丈, が客, が差支, きいちやん, これらの, そんなに一々お前, て, とのみ思う, とふた, と不思議, と云, と思つて手, と思つて直, と怪, と此弱蟲, と考へ, な八, ねえ大層, 今十五か, 何だらう, 何犯だらう, 倅の, 君達の, 山師を, 己を, 晶子先生も, 色々考へた, 花摘みにでも, 血と, 銀翼も

▼ 何とでも~ (73, 0.0%)

5 勝手に 3 おっしゃい, して, 好きな 2 云え, 云える, 云ふ, 云へ, 云へる, 思つてゐる, 言ふ

1 [45件] いうが, いえ, しますから, せよと, その場合, つきましょうが, つくと, なるだろうという, 云う法, 云えるだろう, 云ひ, 云や, 付くもの, 仰し, 仰せあそばせ, 仰っしゃいましとサ, 仰やい, 出来るもの, 吐かせ公娼制度, 呑気に, 存分に, 容易くいい紛らす, 容易く云, 御意なさい, 怒るなり, 思つ, 思ふがい, 思わしときましょう一つ, 思わせて, 恨が, 戒名を, 沢山吠えやい, 理由は, 申しあげて, 穏便に, 考えたらいい, 若し貴君, 言いたまえと, 言え対手, 言はせ, 言ひ, 訴けて, 辞義を, 非難を, 饒舌るなり

▼ 何~ (73, 0.0%)

2 か, かを減らす, が果して

1 [67件] あったろうか, かがかかっ, かが実は, かが正当, かが空気, かが軍閥一家, かが通俗読物, かが避け, かに過ぎない, かの増収, かの払戻し, かの損, かの確実, かはこの, かはちやん, かは前もって, かは商人, かは本当に, かは橋, かは物, かは特に, かは親, かをきちん, かをきちんきちんと, かをしめ, かを占める, かを生き, かを職業組合, かを貰う, かを身, か増し, か安く, か減じ, がほんとう, が健康, が八年制, が古事記, が国庫, が家庭, が未婚, が栄養失調, が欠かさず聴い, が社会人, が達せられた, くらいが凍りつく, しかくれなかった, だと, だろう, でも何分, で多く, ということ, というもの, という規定, にとぼっ, の損, の若い, の配当, までかが罪, まで行っ, みたされて, もうそれぎり国, もの損, を仏蘭西, を占め, を占めるであろう, 偽学生, 活かされて

▼ 何かい~ (70, 0.0%)

2 お前は, 先生が, 学校の

1 [64件] ああ, あの人, あの南町, あの屋敷, あの屍体, あれは, うまも, おッ母さん, お前が, お前さんお, お前の, お嫁, きょうは, ここで, こちらの, この俺, こんなに言う, そのお, そのなん, その死体, それで腹, ぢらしい, ついぞまだそこ, つてし, どうしても江戸, どこの, ほりを, また出掛け, また拾っ, もしそこ, やっぱり魯, パラースカ, フェージャは, 七不思議は, 世界的の, 亭主といふ, 佃さんは, 兇状持かい, 兵隊が, 加集の, 君なんか, 君は, 君ん, 商売でも, 喃と, 奴が, 少しは, 弦之, 旅籠屋です, 昨夜か, 月給で, 本当に一学期, 柏屋と, 歩きながら, 焼き殺されたん, 痲酔剤を, 立派な, 筋が, 老爺は, 親方その, 身に, 酒を, 鉱泉宿へも, 魔醉劑をかい

▼ 何を以て~ (70, 0.0%)

3 怖れ 2 之れ, 内閣の, 天下に, 孔子たらん, 行はれ, 謂ふか

1 [55件] かくいふ, かくの, この国, この御, これに, これを, そちに, その功, その境界, それを, カラフトと, 之に, 之を, 今日の, 他に, 俄に, 僧侶の, 免れん乎, 兵を, 其の理由, 内容上の, 劣と, 千歳日月の, 司徒の, 向ふ, 君臣の, 否定する, 国民に, 堤方村で, 報いられたか, 増加する, 外人に, 天地の, 宗社に, 御言に, 憂いを, 新体詩の, 書を, 最と, 此國を, 氷水に, 為さんや, 犠牲たる, 申すの, 相当と, 知るか, 神案内の, 私は, 答ふる, 綱紀を, 能わざる, 規矩と, 識り, 軍律を, 避けむとするか

▼ 何べん~ (69, 0.0%)

2 くり返して, 叫びよ, 大黒屋へ, 私を

1 [61件] あいつが, あはう, いいましても, うながされても, お正月を, お迎, お迎い, お駒, くりかえしたろう, ぐらゐ欺されました, ここへ, こっち側を, この男, なめたこと, 上映され, 云つた, 位使っ, 内閣が, 出そ出そ思, 厄介を, 取りにおい, 受けたこと, 口説いても, 口走りそう, 同じこと, 同じ噂, 唱えても, 唱えると, 唱へても, 外へ, 思ひ出されること, 書いたつて, 来たこと, 歩いたこと, 殺して, 比較検討し, 理智が, 生命は, 目か, 目かで, 目かに, 眼を, 磔刑柱を, 空が, 窓の, 繰り返したか, 考へなおし読みあさり, 聴いて, 舞つても, 行つた, 見ても, 解散し, 解消しよう, 言わすん, 議会が, 逃げ出さうと, 逃げ出そうと, 金藏を, 項を, 飛びだして, 飛出そう

▼ 何~ (69, 0.0%)

2 かの金, と定める, と決定, の金

1 [61件] かおもちゃ, かかつ, かが無くなっ, かだ, かであった, かね, かのだだっ広い, かの月給, かの歩, かの現金, かの通帳, かも万更浪費, かを支払っ, かを番頭役, か取られ, か金, が剰っ, ぐらいに見える, しかない, しか貰, しか金額, ずつか出し, だけ, って大金, てしよう, である, で女, とかいう高価, とかかる, とかだ, とかつかった, とかになった, とかの金, とか書き出され, とやらいった, と云う, と安かっ, と書い, なりしオールド・パア, になっ, にもなる, に付い, に当ります, に当る, のセット, の判任官, の収入, の呵責, の奥様, の現金, の税, の請求, の通帳, の附加税四拾何円, は安し, もお, をおよそ, を持参, を静岡大火, アガった由, 儲けるという

▼ 何千年~ (69, 0.0%)

6 の昔 5 も前 3 か昔 2 かの間, か何万年, となく, の後, の時間

1 [45件] かかうし, かつてあらゆる, かの日本, かの昔海, かを蛹, か以前, か何百年, か先, か前, か暮し, か知りませぬ, たったとも, たっても, つ, つづくか, でもやっぱり, というあいだ, という長い, といふ間満足, とかいう永い, とか何万年, とか何萬年, と云う, と存続, になる, にわたって厭, の人間, の労力, の夢, の悲劇, の文化, の経験, の豊秋, は決して, もかかっ, もそういった, もたった, もの時, も同じ, も斧, も昔, も有名, も歴史, 経ったとも, 経っても

▼ 何年前~ (69, 0.0%)

10 のこと 3 になる 2 でしたか, に書いた, の同窓, の流行

1 [48件] か, かにお, かに実, かに文六さん, かのこと, かの実業, かの忠臣蔵, からお, からか確, からの友達, から耳, から食わし, か一度, か夫, たまたま村, だったかな, だろうと, であったか, でございましたか, でも同じ, にあった, にお, にここ, にこの, にはイクラ文人, には文人自身, には新聞社内, にエノケン, に変わらない, に我が, に最後, に死んだ, に現実, に返ります, のいつ, のキールン, のターザン, の九月十三日, の何月, の富士見軒, の月刊雑誌, の游心帖, の爭, の秋, の自分, の記憶, の非, 若い男

▼ 何~ (69, 0.0%)

3 ですか, と言 2 だ, だったかしら, に御, のお客さん, の座敷, へ

1 [51件] い電話, かだった, かのお札所, かの札所, かまではお金, か大き, か稽古, がよく, がよろし, が出, が売れ, じゃったね, だったか, だったかなあ, だったね, でしたかな, です, でとちゃんと, でむこうさま, でもかげん, で出た, とある, ということ, というの, というよう, という小さな, という番号, といはれた, といふ大, といふ身上, とかあっ, とかの札, とかやいう, と呼ぶ, と指, と言う, にいた, にする, の, の何組, の元素, の席, の誰, はわたし, は私, へ電話, もさがっ, を買, ノ何番ト云ウ, 打ったか, 煎じかの

▼ 何うかと~ (64, 0.0%)

5 思ったが 3 いふこと, いふ事, 云ふ, 云ふと 2 いふ, 云つた, 思はれる, 思ふ, 言ふ

1 [37件] いうに, おも, お案じ致し, お追従, それを, の島袋君, 不安に, 中六, 云うこと, 云うと, 云うの, 云つて呉れる, 云ひます, 俺は, 存じまして, 心配し, 心配そうに, 思うが, 思うて, 思った, 思ったら果して, 思つたのが, 思つてゐる, 思つて始めは, 思ひながら, 思ふが, 思ふね, 思ふの類, 思ふむしろ, 思われた腰, 案じて, 言えば, 言へば, 訊いた, 記録を, 話したら敵, 迷って

▼ 何~ (62, 0.0%)

6 も何台 4 となく 2 という金箱, もやりすごし, も立往生, も自動車

1 [44件] かならべ, かのタンク, か客, か数, か現れた, か通りすぎ, か通り過ぎた, ぐらいは用意, ぐらい持ち出す, ぐらい製作, というトロッコ, という財宝, の炭車, の自動車, もお, もずら, もたてかけ, もつづき, もつながれ, もつめかけ, もとても, もならん, ものタイプライタア, もの立派, もの電車, もぶう, も出, も動い, も動けなくなっ, も工事中, も工場, も待ち合わした, も撃ちおとされた, も止まっ, も綺麗, も茶色, も見かけました, も走っ, も走つ, も通っ, も連結, も道, 増して, 通るか

▼ 何万人~ (61, 0.0%)

3 となく, に一人 2 あるか, とある

1 [51件] あったか, あったこと, あること, いるやら, かある, かのアヴデンコ, かの善悪, かの科学, かの罪人, か何十万人, が息子, が死ん, ていう寄手, という, というひなん者, という人々, という人間, という全員, という有象無象, という熟練職工, という群, という販売者たち, ともわからぬ, とも知れない, と働かせられ, にものぼるであろう, のお, のファン, の人, の人々, の人命, の前, の命, の女房, の妻, の未亡人, の病人, の目, の科学者たち, の腹の虫, もいる, もいるべき, もがペチャンコ, もが私たちみたい, も居るべき, も死ん, も焼死, を並べた, を地獄, 召捕らるるとも, 殺したって

▼ 何~ (61, 0.0%)

10 かの本 3 もあっ 2 かの愛読書, か出

1 [44件] あつて, あるか, かあった, かある, かだし, かできる, かになつ, かのもの, かのノオト・ブック, かのノオト・ブツク, かの哲学書, かの日記, かの書類, かの番号, かの稿本, かをとっ, かを翻訳, かシリーズ, か仕入れ, か届い, か持っ, か焼け残った, か買つて, が一束げ, だか, だかの, でも取っ, とか売れた, の手帳, もある, もかたわら, もそして, もの本, もの百科辞典, もはい, もひろげ出した, も並ん, も古典, も持つ, も本屋, も翻訳, も自由, も読みつづける, 書いた

▼ 何うです~ (59, 0.0%)

82 な, 大変な, 瑠璃子さん

1 [45件] あの帽子, あの格好, え親分, かまあ, かもう, か汽船, か能, この頃, と私, な世の中, な変った, ねスコツト, 一つ, 一度故郷, 一遍逢つて御, 中が, 些と, 今夜は, 何が, 佳い詩, 僕の, 先刻後の, 其のダッジ, 又洞窟, 君の, 奥さん, 宜う, 彼の, 彼方へ, 後継者として, 御燗, 旦那, 旨く行きました, 是でも, 暑い折, 暖かい内, 最う迷い, 此汽車で, 此癖は, 爪先が, 祕傳を, 私の, 秘伝を, 諸君, 貴方も

▼ 何~ (56, 0.0%)

2 の, の老人, の誰, も人, も何家

1 [46件] え嫁, か, かで家尻, かの下郎, かの女, かの折助, かの未亡人さん, かの若い, かへ振舞酒, から貰, だか, でもいい, でも出来る, でも夫婦, といふ風, ともなく, と云う, と濟世, などはどう, などは何, にか一人, にはもう, のがんこ, の下僕, の何ちやん, の何侯, の児, の大事, の女, の妓, の娘, の子供, の方, の書物, の柿, の福松, の色子, の葬式, の裏二階, へいきまし, へ嫁い, へ投げ出し, へ行こう, へ行っ, やろ, を捜す

▼ 何うかした~ (54, 0.0%)

9 のです 63 のか, んです 2 かひどく, のかい, ので

1 [27件] か, かお, かと尋ねる, かと思つて, かの何, か又, といふぢ, とみえる, と思ふ, な, に違, のかとでも, のじゃ, のだらう, のぢ, のでしょう, の日本授産館, やうだ, やうな, んだ, んぢや, んでせう, ハズミに, 女学校の, 心掛でなけれ, 拍子に, 野郎と

▼ 何~ (54, 0.0%)

112 にそう, にほんの, に少し, 大きくなつ

1 [35件] にあれ, にあれら, にあれ何ア, にいけなけれ, にお, にこれ, にそれ, にそんな, にどんな, にはア, にもう, にやれ, にゆ, にわけ, に二つ, に二里, に何, に使う, に俺ア, に先生, に其処, に其様, に大丈夫, に失敬, に好い, に構, に構わない, に此, に犬, に玉川, に買います, に革命, に須磨, んしよ, んでえ

▼ 何不足~ (54, 0.0%)

6 のない 4 なく暮らし 2 ない大, ない身分, なく叔父, なく暮し, なく暮らせ, もない

1 [32件] がご, ないわたし, ない暮らし, ない栄達, ない羨ましい御, ない裕福, ない身の上, ない連中, なき別, なき好き縁, なき家, なき身, なくお, なくゆたか, なく何ん, なく働く, なく勉強, なく居りやん, なく幸福, なく数百年, なく斯, なく暮らす, なく生, なく育つた, なく驚愕安然, なしに, のねえ, はない, はねえ, もなく, やねん, 無いところ

▼ 何~ (53, 0.0%)

174 やい 3 やらう 2 やこの, やと, やね

1 [23件] き其處, やありません, やといふ, やとてそげなそしらぬ, やねえ, やの, やぽん, やもの貰, ややつぱしよう, やらうまあ, やわい, やア, や不作法, や乎ぢ, や君たち, や夢, や失敬, や宿下り, や小松, や御, や思つた, や懸賞小説ぢ, や親類

▼ 何~ (53, 0.0%)

2 は部下

1 [51件] が一喝, が叱咤, が直々知事, この江, つらを, である, という者, ともう, とやらこれ, と申します, と申す, どのつら, なる者, にし, の両, の体, の喉, の妻, の弟何清, の手, の苦心たる, の起つ, の足, の身, はさっき, はさっそく, はしいて, はそれ, はつい, はとにかく, はみずから接近, はむかっと, はもう, は一同, は不面目, は亭主, は仰天, は刑事特有, は刑事頭, は奉行, は奥, は小手, は手, は気分, は狂喜, は疲れた, まで行ッ, や仲間, を呼べ, を引っぱり出し, を押ッ

▼ 何~ (52, 0.0%)

3 つても 2 ゅういい札だい, ゅうた, ゅう不幸な, ゅう名や, ゅう恩知らずやろ, ゅう情ない

1 [37件] つたお, も用ら, ゅううそつきやろ思て, ゅうお菜なら, ゅうかあ, ゅうか思て, ゅうけったいな男や, ゅうこっちゃ, ゅうことしでかした, ゅうことなしに幸福な, ゅうことをしてるだ, ゅうても耳に, ゅうて和武の, ゅうて慰めたげたら, ゅうて訴えを, ゅうの, ゅうまた小さな, ゅうむごい事だ, ゅうもんあるやろ, ゅう不, ゅう事だ, ゅう事を, ゅう人たちだら, ゅう卑劣な, ゅう可愛, ゅう名だった, ゅう好い, ゅう当ったこった, ゅう意地悪い, ゅう気イで, ゅう気イやろ, ゅう煙たい, ゅう遅い, ゅう魚だ, ゆツてな, ょっくら親切してやった, 馬鹿だ

▼ 何~ (52, 0.0%)

3 の人間 2 のもの, の産, の言葉, の語, の誰

1 [39件] かのお婆さん, かは知らず, か知らない, だろうか, だん, でも土, でも未だ, でも申します, でも蕪, とわかつべし, と同盟, と知れず, にひけ, に属し, に有る, に由らず, のお方, のなにがし, の人, の何製, の大, の大将, の子供, の字, の山, の御方, の果, の港, の者, の船, の軍隊, は名物男一人, へも尻, へ逃げ行きましょう, も同じ, も軍律不行届かく, よりともなく, を選ぶ, ノ人

▼ 何うしよう~ (50, 0.0%)

7 と言 6 と云 3 といふの 2 というの, と思う, と思つて, もない

1 [26件] かと思いました, かと思ひました, がある, がそんな, こっそり抜出し, というん, という気, といふん, とおも, とおれ達, とはなさるまい, とも言, と世話, と云う, と云われた, と実は, と思っ, と言つた, と足, の斯, もなかっ, もなかつた, もなく, も無かっ, も無く, 困った事

▼ 何代目~ (50, 0.0%)

7 かの管長候補 2 かの人, だか, の祖先

1 [37件] かが居た, かで初めて, かに蘇つて, かの, かの主人, かの五郎左衛門, かの先祖, かの大友氏, かの将軍, かの当主, かの後, かの後継ぎ, かの所蔵者, かの明珍, かの桜, かの殿様, かの淡島堂, かの総督夫人, かの若木, かの遊女高尾, か経っ, だ, であるか, ですか, という, とつづい, とのヰツク様, と何代目, の先祖, の孫, の海老蔵, の海老蔵様, の猫, の玄伯, の誰, まで相続, まで譲られる

▼ 何~ (50, 0.0%)

2 か進ん, だ, と問う, の何屋, の何某

1 [40件] あるかと, あるかも, か, かある, かの往復, かの道路, かは分らない, か先, か入った, か歩い, か知らない, ぐらいある, だか, であったかのう, という, という間, となく, とも知れぬ, と五十三次, と刻ん, にあつ, にある, のどこ, の何, の内, の豪商, の道, の間, ばかりだ, ばかりも引込ん, もつづき, もない, も行きます, も離れ, をどう, を往, を自分, を隅, 降りたか, 離れた松林

▼ 何した~ (49, 0.0%)

3 と云, んだ 2 っての, ど, のじゃ, の新太郎さん, べ

1 [33件] か少し, か知, か返事, ごつさら, だい, ってかまい, って云う, って尻, って私, つての, つてんだ, つて黙, とおんなじ, のかと, ので, ので御座います, ものぞ, わけか, んだらうつ, んでした, んです, んで当り, んや, ッても, 上でない, 事, 事か, 今でも, 別れたらう, 家さ行ぐだぐなったのが何した, 株なんぞも, 楢夫腹痛ぃが, 汝など

▼ 何もの~ (49, 0.0%)

8 たるを 3 たるやを, です 2 なるぞや

1 [33件] かがある, かが我, かと格闘, かに, かには, かにひきつけられ, かに対する抗議, かに手を, かに激しく, かね, かのため, かをさぐっ, かを凝視, かを呼び, かを尋ね迫り, かを得る, かを指す, かを探し, かを獲得, かを発見, たるやも, たるをも, だい, ぢや, つてゐなかつた, でしょう, なるぞと, なるや, なんだい, んでやしねえ, 何事にも, 彼に, 敢て

▼ 何~ (49, 0.0%)

5 だと 4 でもない 2 して, をする, を言, を言う, を言ってる

1 [30件] うして, う云う, が, が大変だい, しなさいと, し給, じゃ, じゃと, するんで, たあ, だって, だな, っ, ですよ, でもありゃしません, でもありやしません, といった, と言いなはる, なぜそれほどの, なんて呼び, に気がついたら, の事, を, をいっ, をした, をしよう, を怪しから, を言いやる, を證據, 何故笑

▼ 何分の一~ (49, 0.0%)

1 [49件] か, かがかく, かがこの, かが常に, かが載っ, かでも価値, かで全体, かで果せる, かのうち, かの原因, かの毎晩, かの間, かはあ, かはどうも, かは先頃, かは妾, かは常に, かは明らか, かわからない, かを満たす, か何十分の一位, か残っ, か過ぎ, が今日, が凍っ, が祖先以來, しかない, しかなく, しか収める, そして馬, でも武蔵, というよう, という様, といふ程度, と云, にしか当らない, になる, にも当らない, に当る, に過ぎないでしょう, に過ぎなかつた, の値段, の御築, の間隔, は養子夫婦, もお話, も話せなかった, を領有, イヤ何十分の一

▼ 何十倍~ (49, 0.0%)

2 か働かね, になる, に当る, もある

1 [41件] かも大きい, か何百倍, か強烈, ぐらいかのところ, した巨大, するだけの, すると, するもの, する妻子老幼, だ, というねうち, という財宝, とかけられ, となった, と云, と多い, にもあがる, にもし, にもした, にもなつて溜つて, に達する, の値打ち, の物, の生活量, の綺麗さ, の高, もあ, もたのしむ, もたのしんだ, もの痛み, もの造田, もの食料, もよろこん, も何百倍, も儲かります, も厚く, も大きい, も富強, も強い, も押し戻さなけれ, も青白く

▼ 何~ (49, 0.0%)

3 となく 2 かの書棚, かの棚, にもなっ, も重なった, 増して

1 [36件] あったか, ある, あるか, あるんで, か, かに指定, かのあの, かの前, かの又聞き, かの実力, かの帆, かの段々, かの高い, かを埋める, か知れない, つめて, ですか, という体格, になつ, にも, にもし, にもなつて, にもわかれた, にも何段, にも分れ, にも区別, にも層, にも棚, にも自分, にも説明, にも重なっ, にも野菜, の石段, もの石段, も一足, も積み重ね

▼ 何かへ~ (47, 0.0%)

3 行って 2 入れて

1 [42件] いきなり敵名乘, お出し, お組み換え, どすんと肩, ふりかける筈, ぶち込んで, ぶつけて, まとめて, わたしを, ギョッと, シッカリと, 一途に, 出す訴状, 出て, 勤めに, 取ッ, 叫んだ, 叱りつけた, 寄って, 廻って, 引っ掛って, 感謝を, 憤慨し, 手紙を, 抵抗し, 書いたこと, 書いて, 書くつもり, 書くよう, 棄てて, 目を, 紛れ込んだもの, 縋り付こうと, 膝を, 行こうかと, 貰われて, 蹶いてど, 迫らずに, 送られしならん, 通って, 連れて, 雇われた事

▼ 何~ (47, 0.0%)

2 かを買収, でご, のカワカミ

1 [41件] いつも実によく, いるね, かあつ, かがそれ, かが介添, かのカワカミ連, かの加勢, かの子供, かの学者たち, かの御, かの武者輩, かの船員, かをいちどに, か打ち揃っ, がともかく, が余興, が死にたい, が殺され, ぐらい居る, この上方, じゃ, でしたか, で来, という夥しい, とただ, とただ帳, とやらにのぼっ, などという総括, に減っ, に減つて, の中, の会員, の勞働力, の囚人, の者, もある, もいる, 乗り込み, 向けて, 揃って, 程居る

▼ 何~ (47, 0.0%)

4 の誰 3 が客廻し, の店 2 がある, だか, の娘

1 [31件] かの内儀さん, があり, じゃな, すなわち升屋, だかに, だね, だろう, であっても, ですかね, です何屋, でもいい, でもそれ, でも日本人, で何, というよう, とかを借り, とか言った, として何, と少し, なの, に下命, のお, の何で, の何子, の某, の若旦那, の若者, の隣, へ新富座, へ行っ, をし

▼ 何週間~ (47, 0.0%)

3 か前 2 か僕, も何週間, も前

1 [38件] かかかっ, かかるか, かというもの, かという問題, かの間, かは家, かは私, かは経過, か帰らない, か日, たったら件船, とかかる, となく, にもわたる, のあいだ何か月, の規定, も, もあの, もかかった, もかけ, もけいこ, もこちら, もこの, もそこ, もたっ, もベッド, もリヨン, も仏語, も寝台, も放り出し, も明る, も森, も水の上, も生き, も落着, も遅れた, も過ぎ, も過ぎた

▼ 何として~ (46, 0.0%)

3 拾はれませう 2 そのよう, 東京などへ, 耳に

1 [37件] おゐやる, この世に, この暗い, この状態, なりとも, もちと, 一つ不足の, 云い表わされて, 今から, 今まで, 今尚, 今日はと, 仕返しを, 候ぞ, 博奕を, 告げ口を, 夜毎に, 如是は, 娘さんを, 小言聞く, 帝は, 後るべき, 忍び出で, 忠房の, 愛想の, 手柄を, 格套的に, 此処には, 此戀なり, 此樣な, 氣の, 解かるべき, 遁れ, 隙あるべき, 青く, 面が, 風習で

▼ 何~ (46, 0.0%)

6 となく 2 と並ん, もある, 加えれば

1 [34件] か何百, か集っ, とあっ, とある座敷, とある猛獣, という, というトーチ, という人, という別, という叺, という同族, という国, という所, という程, という紙芝居, という裏山, といふ南瓜, とか何百, ともしれない, ともない, とやらにのぼった, とゐる, と云う, と建っ, と準備, と部屋, と重なり合っ, になる, の到来, の邸宅, べん, もの方言, 振と, 貼でも

▼ 何千何万~ (45, 0.0%)

2 という人, とも知れぬ, と並ん

1 [39件] とある, ということ, というもの, という代々, という句, という大勢, という大金, という将兵, という怪円盤, という怪物, という渡り鳥, という程, という蛍, という身上, という透明怪人, という魚群, といふ人命, とおびき寄せ, とてもかなうべき, となく, ともしれない, とも限, と作り得た, と儲けた, と天, と申す, と立っ, になる, のお客さん, の人々, の児童, の労働者, の娘たち, の戦車, の探偵小説家, の生霊, の白馬黒馬, の若い, の電燈

▼ 何~ (45, 0.0%)

26 につけ

1 [19件] だって好い, につけ絵, につれて老婆, につれて頭, に就け, に殊に, に邪魔, の下知, の世話, の噂, の差別, の手はず, の手掛り, の指圖役, の掛け引き, の支度, の用事, の話, を見聞

▼ 何百万~ (45, 0.0%)

2 という人間, と云う, の人, の人間, の兵隊

1 [35件] かの人々, かの男女両性, からのそれら, からの寺院, かわからぬ, というつみ, という人々, という同胞, という弾薬筒, という数, という程群, という読者, という財産, とかの生命, とか四千万, とか途方, とか集った, とない, となく, とまとまった, と還っ, のお, のお前, の人々, の富, の日本, の産, の財, の雷, は事, もかけ, ものダイヤモンド, も何百万, も少なかっ, をもお金

▼ 何百里~ (45, 0.0%)

4 離れて 3 という早, も離れた 2 あるの, の山河, の海, の道, もへだたっ, 歩いた事

1 [23件] か離れた, っていう道のり, とある, というもの, という途, といふ道, とへだたっ, とも見きれず, と云う, と小声, の困難, の幅, の道のり, の針金, の隔て, もある, も乗ったら, も乘, も奥, も遠い, も離れ, を隔て, 遠い此処

▼ 何~ (44, 0.0%)

43 かの間, か何分 2 かたつ, の間

1 [30件] かかかった, かかったか, かかるか, かがある, かが過ぎた, かだ, かというもの, かのしずかさ, かののち, かの後, かの空白, かは遅れる, かもうけ, から春, か後, か経っ, か默つて, ぐらいであった, だか, であるの, ですか, とかいう端, と云う, になります, に始まつ, に終る, までも, ものあいだ, ノ一, 流しっ放し

▼ 何ヶ月~ (43, 0.0%)

2 かね, もかかつて, も前

1 [37件] かかるか, かさき, かになる, かにわたって骨, かの後, かは暗い, かを生き, かを食, か何年, か先, か前, か待つ, か後, か續, か觸, でありずゐぶん, というもの毎月, というもの精魂, という頃, と云, になる, にもならない, にも油, にわたって骨, はそれ, はプロ, もか, もかからないだろう, もの独身生活, もバクハツ, もポカン, も以前, も練習, も逗留, も閉切, 思いつめた人間, 立っても

▼ 何万円~ (42, 0.0%)

2 というの, という酒, とつけ, は高

1 [34件] かという現金, かの広告料, かの金, だって安, だと, でなければ, でも充分, でも即座, とあります, というよう, という多額, という研究費, とかいう大金, とかいはれ, とかも国, とかを鉄道省, とか書いた, とも知れぬ, と云, と云う, と権利金, などとその, にもあれ, にも取引, のしんしよう, の高価, もする, もの金, も何十万円, も出す, も持ってる, も費す, を売り, 出しても

▼ 何百円~ (42, 0.0%)

2 だか, だと

1 [38件] かするそう, かのお金, かの印税, かの原稿料, かを私, かを貰った, か私, ってする, てお, ですから, でも出します, でも買, という収入, という小切手, という嵩, という暮し, とかその, とかです, とかで二十五町, とかで人手, とかで売れた, とかとる, とか云った, とか何千円, とか新, とする, と雖, など, にもあれ, にもなります, に売れる, の借金, の大, もする, も借金, も貰っ, 乃至何千円, 持って

▼ 何くわぬ~ (41, 0.0%)

13 顔を 11 顔で 4 顔し 2 様子で

1 [11件] ような, 行装の, 顔この, 顔ごまかし, 顔の, 顔付で, 顔唄を, 顔寄席へ, 顔悠々, 顔自分方の, 風で

▼ 何ていう~ (41, 0.0%)

43 のか, んだ, んです 2 んでしょう, 名, 名な, 子だろう

1 [20件] お名前, お変りようです, お方だろう, ことなし, のお前さんの, のかね, の名は, んだい, 乱暴な, 口つきだ, 名だ, 幸福者, 底ぬけかと, 脚本やる, 花, 芸人だろう, 農民どもでしょう, 間抜けだ, 題, 顔を

▼ 何かでは~ (40, 0.0%)

7 なくて 5 ない 3 なかった 2 あるまいか, ないかと, なからう

1 [19件] あっても, あつた, ありませんけれどね, あるが, あるまいかと, ないそういう, ないでしょうか, ないの, ないので, ない挙国一致, なかったらしく, なくして, なく魂, 不充分で, 何等その, 少しも, 日本の, 無い, 間にあわなかった

▼ 何~ (40, 0.0%)

4

1 [36件] しろ来てから, たって, たる沙汰, だつて, だよう, だん, だ言う事ア夫, ちゅうことだ, で, でかね, でご, でしょうおまえさん, でわたし, と, といっ, とか口, とも彼, とも思っ, と止めよう, にもない, にもならなく, にもならん, にもなり, にも仕事, にも働く, にも厄介, にも喋舌, にも泳げない, にも聞え, にも興味, にも返事, の罪科, の虚言, も用事, ノ年カ植エテ, 遍も

▼ 何~ (40, 0.0%)

2 の裂地, もありやしない

1 [36件] あるの, おあり, かの土, かの長, か下げた, か削られた, か剪, か地盛り, か後ろ, か河底, か迄こおる, か高い, それだけの, というきまりの, という蛇矛, といふ雪, とかここ, とかと云う, とか上がり, とした, とでも形容, と一人前, と云う, と何寸何分, なるぞ, の反物, の地, の深, の紐, もある, もなかっ, も何丈, も降りつもった, も雪, 取っても, 高さ何丈

▼ 何度目~ (40, 0.0%)

2 かに劇, かに目, だと, の帰郷

1 [32件] かにその, かには燕青, かにふと, かにぶつぶつ, かに呼んだ, かに答, かに送風パイプ, かのまかし, かの会見, かの兇器, かの勧め, かの土曜日, かの大, かの妻, かの官吏侮辱罪, かの日本文学, かの画期作, かの疲れ, かの破戒, かの経験, かの耳, かの踊り, かの驚愕, かをまた, か繰返し, ぐらいか, だよ, の恋, の正直, の航海, をこすっ, を開け

▼ 何~ (40, 0.0%)

4 となく 3 いるか 2 かいる, とも知れない, も静か

1 [27件] いるん, かの黒鶫, か啼い, でも斬っ, とも知れず巣食う, と数えられる, の, もあと, もぎつしり, もぢ, ものひよっこ, も一度, も人, も何羽, も出来やした, も放し, も放し飼い, も気軽, も群れとん, も舞, も舞い下っ, も見た, も赤黒い, も飛びまわっ, も鬨, 喰わせるつもり, 止ったかという

▼ 何~ (39, 0.0%)

3 いらつし, せうね 2 すって

1 [31件] あらうと, うそを, おめおめ放そう, お前どうも, ごぜえます, ごぜえやす, さうノン, すえ親分, する, せう, そんなにいい, そんなにひと, ふたたび国政, もさう言つた, 一度いけなくなった, 一旦関白面前, 二人が, 今更夫婦, 先生が, 力を, 可笑しくそめた, 天下を, 文学史の, 此の, 行ったか, 解決や, 貴方が, 隠すもん, 隣村の, 食って, 骨が

▼ 何をも~ (39, 0.0%)

3 見か 2 ないもん, 知らない私, 見じ

1 [30件] いけん, いはざるは, いはず睡りか, いふを, なさないの, なしえなかった, まだ知らず, 一心の, 云わないが, 信ぜざる者, 分かず枯れたれど, 取らない二人, 彼に, 彼をも, 得なかった, 恐れないよう, 模範と, 求めまいという, 求めまいといふ, 産出する, 知らなかった, 知らぬ羊, 見ざりしかば, 見ざること, 言はず, 言ひ得なかつた, 識別し得なかった, 遺すこと, 隠さずに, 食べようと

▼ 何~ (39, 0.0%)

3 ぞといふ 2 にもない, をお

1 [32件] かしらん, かの極意, か知らねえ, だか, だったか, だの何, で, であるか, であれ本人自体, であれ武芸, でござるか, でござろう, でもこれ, で誰, とかの剣法, とも考えない, と名乗る, と言わず, にもあり, にもねえ, に属し, に拘らず, に茶の湯, のなにがし, の何某, の何者, の剣道, の家元, の誰, をつかう, をやった, を学ばれた

▼ 何かにつけ~ (38, 0.0%)

2 都合が

1 [36件] お行儀よう, かなり不自由, がみがみ叱りつける, そこに, それを, ねらはれてでも, ひとことわるくち, もち出され, わたくし共に, 不自由いたし, 冷淡だった, 出るの, 吾, 嫁を, 引目を, 当分具合も, 彼の, 彼は, 心掛けては, 恋しかった, 恭一と, 想起され, 慾という, 指導を, 旅立に, 東京をばかり, 次郎を, 気がかり, 気兼ねは, 睦じく, 窮屈な, 細かに, 美的文化に, 自分の, 言いがかりを, 訊かない方

▼ 何番目~ (38, 0.0%)

2 かの作物, の窓

1 [34件] かで始めて, かには戸田老人, かに据えられる, かに据ゑられる嘉兵衞, かに藤代, かに請取つた, かのそれ, かの仕切, かの具足櫃, かの大, かの娘, かの娘さん, かの子供, かの実, かの弟子, かの抵当保持者, かの枝, かの皇女, かの茶, だったかしら, という完美, という無垢, といふ風, と何番目, になる, の伜, の台, の夫人, の娘, の娘ちゃん, の肋骨, の袋, へとかへ坐る, ものモデイフイカチヨン

▼ 何かね~ (37, 0.0%)

2 いつもあんなに無口, わしが, 世の中の

1 [31件] あの器量人, あの男, あんたの, お前様この, お粂さん, これは, その男, その赤い, それヴェトウェンが, もうそれっきり, やっぱり御, らいが, 云って, 今此家, 先には, 全くそんな, 十九日が, 婿を, 廓の, 御当処, 持参金でも, 掘返して, 本当にある, 母様は, 泣いたり, 濠州より, 犬は, 私と, 美学なんて, 警察へ, 鳩の

▼ 何~ (37, 0.0%)

3 かへ行っ, 方も 2 かで見た, ちとも

1 [27件] かから庄吉, かが曲った, かでしょう, かで逢う, かに変った, かに悪い, かに未だ, かに残っ, かに疲労, かの蔭, かへお出かけ, かへ皆, か引掻かれた, ちかだ, ちかに, ちの方角へ, 何が, 当途, 怪し火, 方かに, 方から, 方からとも, 方からも, 方でも, 方に, 方を, 貴様は

▼ 何万年~ (37, 0.0%)

4 経っても 2 の永い, も前

1 [29件] かたつた, かの思想, かの昔, かの百年ごと, かの間, か樹齢, か生存, か経っ, たって, でも何億年, でも俺, という悠久, という輝かしい, とかいう間, とも知れぬ, と寝, にわたって嫌, の人間, の後, の水, もくらし, も不眠症, も何億年, も動い, も火星独得, も無邪気, も経つ, を経た, 呼び続けるか

▼ 何十本~ (37, 0.0%)

11 となく

1 [26件] かある, かが薪屋, かの手, かの紙, かの配り, か整列, か焼け, つくって, とある木, というカギ, という偽物, とかいう一列, とか持っ, と一本, と出, は庭, もそろえた, もない, もの木竹, もの突支棒, もの蛇, もゴチャゴチャ, も恋文, も持っ, も立っ, 買って

▼ 何~ (37, 0.0%)

4 の何日, の幾日 2 です三月

1 [27件] かに死ぬ, かに美濃, かドウモ, か経った, が産月, それどころか何年, だか, だったと, であつ, といふ脱稿, とははっきり, なりや, になる, にはかういふ, にはどこそこ, に何, に何貫, に吉事, に天皇, に定め, に生れた, に至る, のどの, の件, の何日頃, の間, を入れ

▼ 何てえ~ (36, 0.0%)

2 ことを, 事を, 方な

1 [30件] か不毛, か蒙, ことだろう, ごうつくばりでしょう, ざまだ, とこです, のでございましょう, のです, まあ了見, んでしょう, ザマな, チョボ一だ, 事でございましょう, 事なし, 人で, 剛突く, 名だ, 名だい, 図々しい犬畜生, 大きな聲, 奴だ, 始末の, 意味だ, 態な, 気の毒な, 気障, 物覚が, 間抜だろう, 頓狂な, 馬鹿正直な

▼ 何~ (36, 0.0%)

2 それ畜生道の, 芸者あがり

1 [32件] あれだ, あれは, うるさいねえ, おいらが, お前の, けんあわび, ござんす, その本, その清, それ, それ何に, そんな大声, そんな眼, どう人間違げ, また道寄, まだか, やあ子急に, アホイホイアホイと, ウしよる, ウびくびく, ウ言っ, ツ, 一日蔵の, 何だ, 元は, 又そんな, 彼よと, 憂慮を, 明ちやん, 用談が, 自分が, 譲治さん

▼ 何よりもの~ (36, 0.0%)

7 特色は 2 原因は, 理由は

1 [25件] その証拠, 任務は, 入門書は, 兵器である, 功績であった, 努力な, 勝れた特徴, 味方で, 問題と, 固有な, 大きな不足, 好材料, 念願と, 恵みであった, 政治干渉と, 楽しみで, 歴史的大, 生活問題に, 良い証拠, 言葉だ, 贅沢品である, 重点を, 頼りである, 願ひ, 願ひだつた

▼ 何~ (36, 0.0%)

3 の傾向 2 の力, の得る, の方法, の根拠, の饒舌

1 [23件] か或, のかかる, のまとまった, の仕事, の他, の変る, の奇窟怪岩, の実在的, の尊敬, の形, の役, の技術, の政治的, の根據, の注意, の特典, の特定, の罪, の言句, の計らひか, の説明, の輝き, の障礙

▼ 何世紀~ (36, 0.0%)

3 か前 2 かの流れ去

1 [31件] か, かかかっ, かにわたる商業, かの教養, かの流れ, かの渦, かの長, かの間, かは大河, かは或は, かわからぬ, かをへだて, でもなく, にもわたる, にも決して, にわたって河, にわたって芸術家, に亘っ, の出来事, の歴史, の永い, の葡萄酒, の間, の頃斯, もつづいた, ものあいだ十分理解, もの間, もむかし, も前, を積み重ねた, 立っても

▼ 何十回~ (36, 0.0%)

15 となく 2 もあった

1 [19件] かの立読み, か何百回, か知れない, か行っ, か話, つづくか, であった, といふ程, とした, としなけれ, と見る, の面接, もぐるぐる, もそれツばつ, も川, も手, も集会, も霧, 試みても

▼ 何千円~ (36, 0.0%)

3 の金

1 [33件] かの大穴, かの小切手, かの生命保険, かの穴, かの額, かを差上げ, が最高, ってお金, とある, ということ, という大穴, という実験費, という汗牛充棟, という税金, という金, という鯉, といふ事, とかの謝礼, にしろ, にもなる, に当, に当った, の俸給, の大, の年俸, の月収, の高価, もかかる, もする, を値い, 入る映画女優, 買って, 費したと

▼ 何層倍~ (36, 0.0%)

2 かまし

1 [34件] かむつかしい, か人間, か早く, か気むずかしい, か沢山生産, か濃厚, か苛酷, か錯綜, か頭脳, した新しい, した熱烈, だったか, という人出, となく美しい, と考, にも当る, に当る, の呪い, の汗水, の深, の費用, もあつ, もびっくり, も多い, も大, も尊い, も強か, も強く, も強まった, も早く, も真実, も身の毛, も辛く, 歯痒い思い

▼ 何でした~ (35, 0.0%)

93 かね, っけ 2 っけね, つけナ

1 [16件] かいつぞや, かしら, かそれ, かなア, かね君, か手, っけな, っけねあの, っけねそら, っけ何, っけ確か歯, っけ細田民樹, つけね, の, ッけ, 別にあぶない

▼ 何にても~ (35, 0.0%)

1 [35件] あるもの, あれあれ, あれその, あれ一つ事, あれ宮廷, あれ御, あれ我, あれ我が, あれ持ち出でて, あれ書き, あれ歌一首, はやり事, もらえば, よい敵, よし此, よろし, 三枚皆整ふべき, 之を, 可し, 可受験者の, 好しと, 季の, 宜し御, 心の, 新き, 望むもの, 水中へ, 物體の, 男の, 真面目な, 語り聞せ給, 読破したい, 買ひ, 食を, 食事の

▼ 何~ (35, 0.0%)

2 目的デ

1 [33件] 便不便ゾ, 信仰ゾ, 写真ヲ, 処ニ生ズルカヲ知ルニ足レバナリ, 因縁モナクナッテシマッタ土地ニ埋, 國家何ノ, 國民道徳ゾ, 夢ゾ大抵, 實用ニ應ズル完成ヲ, 意ゾ碧山ニ棲ムト, 所為ゾと, 断リモナシニ勝手ニ東京ヘ立ッタコトヲ知ッタノハ午前十一時頃デアッタ, 楽シイコトモナイシ颯子モ病人扱イニシテ真面目ニ相手ニシテクレナイコンナ有様デ, 民族ガ豐臣徳川タリ神聖皇帝タルカノ一事アルノミ, 注射デモタトエバヴィタミンノ注射ノ, 渓タルヲ, 為メニ来ルヤ, 爲メニ日露大, 用カ為スベキ, 用ゾヤ, 用途ニ使ッテイルカヲ直, 甲斐ガアロウ颯子ノ, 益カアルト従来ソウトウトシテミダリニ行ズルヲ覚ウ, 目的デサヨウナ, 自主的人格アランヤ, 被害モ受ケナカッタラシイ, 補ヒタラズ, 説明モ求メナカッタ, 説明モ聞イテイナイ, 證拠ダロウ, 趣アランヤ, 関係モナイ人バカリデアル, 雨ゾ金春ヲ

▼ 何ごころ~ (34, 0.0%)

3 なくその 2 なくそれ, なく振り返って, なく眼

1 [25件] なくこの, なくしゃべったの, なくのぞい, なくひょいと, なくみやると, なく傍, なく差し出す, なく拾い取っ, なく振り向くと, なく振り返ると, なく振返ると, なく提灯, なく晴れやか, なく灯り, なく眺め, なく石づたいに, なく行っ, なく裏口, なく見おろす, なく見かえり, なく見返ると, なく踏み込む, なく透かし, なく雨, なしに

▼ 何にかの~ (34, 0.0%)

3 彈み 2 やうに, わけが, 機み, 誤りであろう, 都合で

1 [21件] お役に立つ, 三尺を, 事情で, 仕掛けが, 仕掛けで, 名で, 因縁と, 建具が, 弾みで, 役に立つかも, 役に立つの, 折に, 時の, 暗示が, 暗示に, 篩にでも, 縁だ, 繋がりが, 證據に, 足しどころ, 間違ひだらう

▼ 何分間~ (34, 0.0%)

1 [34件] かが浮くだろう, かこんな, かたつ, かに素早く, かのエッセンス, かの優越, かの持続, かの時間, かはモーター, かふるえ, かを過し, か判らない, か十何分間, か眼, が悪, が悪く, ぐらいつづけ, ぐらいウタタネ, しかも坂道, たったか, だ, だったか, でも何時間, で出来る, の夢, まで堪えるべき, もそこ, もつづけ, もぼんやり, も夢み, も奴め, も非常, をも費す, を要したであろう

▼ 何~ (34, 0.0%)

7 の境 2 たかが知れた, の砂漠, ハア俺みたい, ホンの, 今言, 好し好しまだ

1 [15件] から山, に煌, に病らひも, の夢, の奈落, の悪, の沖, の花やか, の里, の風情, ハア月々三両, ハア月々三兩, 悪い処, 最少しです, 眞の

▼ 何~ (34, 0.0%)

4 ですか 2 でも宜

1 [28件] あの時, あの被風, かう意気地, かその, かという, か家, か秋, こんな淫乱, ぞそれ子, ぞ行政区劃, た事, でもお前さん, で御座います, ならさて, にか君顔, にこんな, にな, になんぞなる, に君, に若い, ば則, やがる, わが中, 成り得るの, 成り得んの, 放さんの, 歩いて, 死ぬまで

▼ 何~ (34, 0.0%)

5 かの意味 3 かの形式 2 かの利得, 抱いて

1 [22件] かの主義, かの事情, かの交渉, かの作詩法, かの内容, かの動的表現, かの場合, かの存在何等, かの山, かの新しい, かの方面, かの様式, かの機会, かの沙汰, かの社会意識, かの社会的価値, かの秘密, かの肩書, かの舞台, かの色, か直, というの

▼ 何のって~ (32, 0.0%)

2 親分

1 [30件] あっしも, お話に, こうして寝, この間は, しょっちう団扇, そんな事, とてもだ, とても一口, とても私, へっへ, ワッともき, 七景の, 丸で, 呆れけり, 四谷で, 夏である, 大したもの, 大変な, 大騒ぎを, 客も, 工学士と, 愚痴は, 日劇の, 泣っ, 私考え, 結局ニュースが, 蜜と, 親分ありゃ, 貴方に, 顔を

▼ 何一ツ~ (32, 0.0%)

1 [32件] ありません, きいて, こまごました, しでかすもの, として俺, として彼, として眼, ないこと, ないじゃ, なかった, ふそくこれ, やろう, 与えられないもの, 入れるべき隠処, 出来ないよう, 成し遂げなかッ, 持たずに, 持ち出せなかつたん, 残って, 残らずすべて, 残らず知っとるん, 無く又, 現れて, 知らぬという, 示すこと, 見えずイヤ何一ツ, 見えないの, 見られない, 見られません, 見るもの, 見出されないし, 見当らないじゃ

▼ 何商売~ (32, 0.0%)

3 じゃ 2 だな, にかかわらず

1 [25件] か, か彼, か知れない, がよろし, じゃの, だ, だったか, だったっけな, ですか, でもい, で年, と分らね, と見えます, なとして, なの, にも隠し, に限らず, の者, も持たぬ, をし, をすれ, を仕度くも資本, を例, を問はず, を選ん

▼ 何~ (32, 0.0%)

9 となく

1 [23件] かのフランス美術展覽會, かの會合, か歸つて來, か行つて, この不吉, と無く, にも分け, にも切つて, もおじぎ, もこの, もこんな, もそれ, もひとところ, もゆすつた, も何囘, も厄介, も寄つて行, も尻込み, も會, も歩き慣れた, も水, も言, 生じたかは

▼ 何カ月~ (31, 0.0%)

2 も前

1 [29件] いうたか, かおい, かかるもの, かたって, かのあいだ, かはたっ, かをくい, かを東京, かを過した, か交通, か以前, か続いた, が過ぎ去り, では, とかする, の暮し, もなかっ, ものあいだ, ものあいだ姿, もぶらぶら, も何カ月, も何百日, も地表, も良人, も風雨, も飼養, やいう, 経ったか, 見ないだろう

▼ 何~ (31, 0.0%)

2 あるか, という財産, の堕落者

1 [25件] かの幸福, かの財産, か何十億, か知れない, っている, でしょうから, と, とある, といいたい, という人民, という幸福, という星, という百姓, とも知れぬ, とんで, と云う, に相, の人間, の富, の歳出, の苦しみ, の財産, は公債, もあっ, もしくは何十億

▼ 何年目~ (31, 0.0%)

2 になるだろう, に一度

1 [27件] かで開かれた, かになっ, かには名題下, かには引下げ, かに来る, かの同じ, かの最後, かの順番, から生, か大正, だ, だろう私, であらう, でせう, で日本, にかあるいは, になりましょう, になります, になるでしょう, には又, に一回, に再び, に来る, に見える, のカテリイヌ, の何月何日, ふと見せられた

▼ 何~ (31, 0.0%)

2 しかない

1 [29件] かであった, かになっ, かのばら銭, かの前, かの貯金, かはたちまち, かは堀川保吉, かも忘れた, かを投じ, かを歎ずる, かを考えはじめた, か五十何銭, ぐらいかな, しか残っ, しか金, だったという, であったと, であろうと, では, という, というところ, というキャベジ, という記事, とかであった, にいくら, に当, の掻き, はりつけて, 安いな

▼ 何だの~ (30, 0.0%)

4 彼だ

1 [26件] いふ三百代言共が, かんだ, そのひまひま, そんなつまらない, そんなもの, そんな事, そんな洒落どころ, そんな美徳, つて, つてそんな, つてちつち, つて威張つたつて裁判所に, つて言ふ, ともかくその, みんなうそだ, めんどうくさい事, ヒキアイに, 云ったって, 冗談じゃ, 切れはしを, 彼だの, 支持した, 種々な, 角だの, 鍵の, 頼りにも

▼ 何千兩~ (30, 0.0%)

3 といふ金, になる 2 となく

1 [22件] あるやら, いづれは, いや, かあつ, かの費, といふこと, といふ借金, といふ値打, といふ名, といふ天下, といふ寶, といふ有金, といふ身上, とかの小判, とも幾萬兩, とも知れぬ, と稼いだ, の外, の小判, の金, も何萬兩, 持込んだつて

▼ 何~ (30, 0.0%)

2 かある, と定法, もある, も積, 凹みが

1 [20件] かあろう, かに垂れ下っ, かのあまり, かの距離, か高けれ, が手頃, ぐらいお, でなければ, とあり, という大, といっ, とか前, と定, ほどの鯰, もささら, もなかつた, も深く, 上ったかを, 切られて, 長いの

▼ 何あに~ (29, 0.0%)

1 [29件] あっしも, あなた, あなた私共の, あの中, お前体は, かうひま, こ, さ, ちつとも, ぢや, サディが, 云ふ, 何でも, 俺は, 個性は, 傍で, 兄さん, 初めれば, 塩を, 大したこと, 大丈夫, 大丈夫皆んな平気です, 是は, 此方が, 此處に, 決心さえ, 社員日頃の, 私が, 芳公が

▼ 何とやら~ (29, 0.0%)

3 下足札そろへて

1 [26件] いふ開閉で, お気の, でこれ, む初鰹の, 不安心の, 与惣公, 仏作って, 余等に対する, 偽りの, 大層世間が, 奇妙な, 帰りとも, 恋に, 悲く, 技の, 書いた額, 気が, 澄まぬ顔, 物悲しく風の音, 申す侍, 綿入れの, 腑に, 血気の, 郡邑に, 頼りない, 館の

▼ 何十枚~ (29, 0.0%)

8 となく 2 という鉄扉

1 [19件] あって, かあった, かのこの, かを書いた, か入った, か書き溜めた, だか, という値, という寄進, という小説, と続い, の原稿用紙, の手紙, の肖像, もかい, もそれ, もはいっ, 買ったところ, 貼られたところ

▼ 何~ (29, 0.0%)

6 もって 2 いうて

1 [21件] いたたまるべき, おいそれと貴様, かにかう, かに依っ, さよう, その知己, たまりましょう, とやらに原稿, にこう, に差支えない, の径路, もの美しい, も照らした, 再びその, 堪るべき雫, 御無事, 悪いだ, 汚く生き延びる, 疑いましょう, 見免, 黙すべき

▼ 何百倍~ (29, 0.0%)

2 もある

1 [27件] ある大, か何千倍, か大きい, して, する多数, する大兵, というペルシャ, という高価, とモ, にした, になっ, になる, にも何千倍, にも大きく, のクーリー, の値段, の大石, の血, の電力, もすべて, もでかく, もの苦労, もひどかっ, も大きい, も大きく, も苦しまね, も高かっ

▼ 何萬兩~ (29, 0.0%)

5 とも知れぬ 3 といふ身上 2 といふ大, といふ金, の身代, の金, もする

1 [11件] かの金, といふ夜光石, といふ寳, とかの黄金, とやらの夜光石, と溜め込み, にもなる, の大金, の黄金, も木, を散じ

▼ 何~ (29, 0.0%)

2 かで下界

1 [27件] あります場所, あるん, かに小さく, かに越した, かの品等, からおり, か下, だ, だかも, ですの, で止まる, なの, にある, にいる, になっ, のどこ, の何処そこ, の何番売場, の窓, の部屋, まで昇った, もある, も何階, も昇った, も通り越し, も階級, も高い

▼ 何がって~ (28, 0.0%)

2 いわれれば, 君僕の

1 [24件] あなたどうも, あのオペラバッグ, あの時, お前うれしい, お前向島まで, お前女の, ことも, このひと, この境内, この島, この松, そら播州浅野, はなはだ困る, ばかばかしい大事, オホホホホ桃子さんとの, 今頃何の, 僕にも, 君の, 旦那此の, 犬の, 眼前の, 知ってるじゃ, 藤判官の, 魏五路進攻にたいして

▼ 何だい~ (28, 0.0%)

3 下らない 2 ありや, この薬

1 [21件] ありゃあまるで, あれあと, あんな節, うんなに, こころざしなんて, ごんごと, じゃない, その拙, そんな暗い, た, ただ仕事, といふふうぢ, とは何だい, などと口占, まるで千里眼, よく勝麟勝麟, 御みおつけ, 本当に親, 死に損, 突然に, 見ともない鳩

▼ 何~ (28, 0.0%)

1 [28件] いくら言つたつて無益, いまに, こう老いぼれ, この間の, さうじ, そうか, それも, となりが, 三年前にね, 世話になんぞ, 中之島の, 今から, 僕は, 實は, 小林が, 少しお金, 少し面白く, 少し頭痛, 愚図, 新弟子, 時刻に, 此処らじゃ, 此間の, 父様が, 獣だ, 義理と, 詰らん事, 道場と

▼ 何~ (28, 0.0%)

24 はぬ 2 ぬ顔 1 はぬとりすました, べるだらう

▼ 何年振り~ (28, 0.0%)

2 であらう, に尾道

1 [24件] か, かしら, かでひとまず, かで井の頭公園, かで今年, かで会, かで出合った, かで帰朝, かで會, かで朝起き, かと思, かと思った, かの厳寒, だ, だよ, だらう, だらうとか, だろう, ですかな, で延若, と云, に道子, のこと, の価

▼ 何~ (28, 0.0%)

25 はぬ 1 せる, て肥える, もたべない

▼ 何うで~ (27, 0.0%)

7 もよい 5 もなる 2 え, も泊らする, 下品に 1 え五人組, え師匠, え庄公, え昨夜, え町内, え野郎, と云う, もよかっ, 弟御

▼ 何マイル~ (27, 0.0%)

4 も何マイル 2 も離れた

1 [21件] あるか, あるとかいう, かの平坦地, かの間, か走っ, という遠方, と記し, にわたって絶間, にわたる最も, もはこばれ, もひろがる, も徒渉, も歩いた, も継続, も続い, も続いた, も走った, も走り, も走る, も運搬, 行っても

▼ 何~ (27, 0.0%)

3 の某 2 の何某

1 [22件] か, ですえ, というの, とかの者, と書い, どの里, に属する, に産, に赴きたまわ, のどこ, のエタ某, の何, の何某方, の小学校, の戸籍, の折口某, の物語, の産, の誰, の農奴, はアイヌ, は自分

▼ 何~ (27, 0.0%)

2 だったか, とも云, とも呼びかねる

1 [21件] かと訊いたら, かと訊かれる, かの真黒, がいちばん, がうまい, が一番, だったかしら, だね, でしたろう, ですか, で模様, というんだい, といっ, ともはっきり, とも名前, と名づけるべき, なるや, にでもよく, のうち, を好む, を貰いました

▼ 何~ (26, 0.0%)

2 小間使ひと言ふ

1 [24件] とぼけでない, ぬいさんだって, ぬしぐらいな, めでて, もひ, よろこびかしらと, 仕事で, 兼に, 土産だ, 宗旨だ, 小間使ひといふ年では, 峯が, 峰が, 島が, 愛想お, 末が, 浦の, 爺い, 米を, 葉が, 言やす, 邸の, 風呂だ, 高さんが

▼ 何かから~ (26, 0.0%)

2 だを

1 [24件] あれこれと, いいもの, お帰り, かえって, かつた, かつたん, だに, ふっと思いつきなさった, トルストイの, 云って, 何かを, 出て, 取り上げられる, 始めなければ, 搾り取って, 病的に, 索いて, 自分たちの, 見て, 説明され得る, 追われたよう, 遁れる, 醒めたよう, 頼まれまして

▼ 何そんな~ (26, 0.0%)

5 事が 3 ことが 2 ものの, 遠慮は

1 [14件] ことは, ご斟酌, ものばかりじゃあ, ものを, 事ある, 事は, 事仰有りゃしません, 処に, 奴が, 怖い顏, 手数の, 気の, 水臭い事, 高価な

▼ 何十分~ (26, 0.0%)

1 [26件] か, かかるかと, かがムダ, かにかなり, かにすぐ, かのほか, かの後, かの急行, か漕い, か過ぎた, くらいもたっての, ぐらい経っ, だ, だったか, でもぐるぐる, でもつかっ, とかに出発, などという例, にもなる, までにその, もきいた, を示し, を費した, 経ったか, 経ったかは, 置き毎

▼ 何~ (26, 0.0%)

2 から何号

1 [24件] かがしのびよっ, かなどと, かに達し, かに魚雷, か何, か続いた, がテレスコープ, であったか, です, ですか, といふの, とやら称し, と云, と呼ん, の坑, の小舎, の御飯, の支店, の数, の虎鮫, まで総高幾, まで集まれ, もつづけたら, よりとかBBB

▼ 何~ (26, 0.0%)

4 によらず 2 でご

1 [20件] かを不良少年, か食う, じゃ, でしたか, でも中村屋, でも喰い, でも売る, でも賣る, にても救助, に依らず, に限らず, は何程, もなく, をいつたい, をと云う, をも受けぬ, を仕入れ, を幾円, を見, を買う

▼ 何日間~ (26, 0.0%)

1 [26件] かでやっ, かの幸福, かの心持, かの経験, かはぜひ, か居た, か差配松本, か応援演説, か知らなかった, か買っ, か過す, か飯, がこの, だか, であったか, でも平気, といふもの書物, に日, の平均, もこれ, もアドロ彗星, も動かない, も煖炉棚, も男, 歩きつづけても, 痛まぬと

▼ 何番地~ (26, 0.0%)

2 とやらむ, のどの, の何

1 [20件] あの湯屋, かにある, さえ, だったか, だったかね, だつたかね, ですか, というの, といふ, とか大正何年何月何日, なの, なりし, にいる, にそれ, に在る, に新築落成, のだれ, の何さん, の有馬勇氏方宛, を訊ねる

▼ 何うだらう~ (25, 0.0%)

62 かと心配, が身一つ出世, 氣違ひ

1 [13件] そんな考へ, と云, と云ふから, と心配, と考へ出した, な親分, ね, ツて, ネ靜, 君の, 忽ち幽, 此事は, 車夫車夫

▼ 何うだろう~ (25, 0.0%)

1 [25件] お浦, お粂さん, かと, かね, という, と云う, と仰し, と問います, なんぞと云います, ね, ヤンキー達は, 中は, 人と, 其のお方, 其の服, 君は, 壁一面に, 夫れ, 市長さん, 彼の, 町の, 自動車より, 話を, 身請を, 銃器室の

▼ 何~ (25, 0.0%)

2 であるかと

1 [23件] せん唯, ぞ契濶乃ち爾, ぞ寢れん, ぞ年一たび, です, となれ, ともせ, なるもの, なる人, なる女, にせん, にとなれ, にも心得違い, にも邪魔さうに, にも雪子, にも静か, によつて, に下品, に之, に其管仲, の意味, の章, をいふ

▼ 何御用~ (25, 0.0%)

4 ですか 32 でお出で

1 [16件] あって, かは存じ上げません, か知, ぞと行っ, ぞと行つて問, だろ, で, でいらっしゃいます, でげす, でございましょうか, でございますか, ですかね, で入, にご, にて候哉, に御

▼ 何日目~ (25, 0.0%)

2 かに

1 [23件] かでやっと, かで平次, かには金箱, かに大臣, かに眼, かに訪, かのこと, かの入浴, かの午後, かの快晴, かの晩, その上何万プ, だとかいう, であったかの, であらう, であるか, であるとか, で同志, にお, になるだろう, には巴里, に雛, を柴指

▼ 何物たる~ (25, 0.0%)

3 を知らざる 2 を知らない, を知らん

1 [18件] まで調べいた, をも心得ぬ, を人, を弁えざる, を弁じ置く, を御, を略, を知ら, を知らずし, を知らぬ, を知るあたわず, を知れり, を藩中, を解せざりし, を解せず, を解せぬ, を解せん, を辨

▼ 何百万円~ (25, 0.0%)

2 もする

1 [23件] あるかな, お入用, かかけ, かの詐欺, か私, だって高く, つんだとて, です, という値うち, という財産, という高価, に, にのぼった, にも積, のもの, の値打, の取引, の香水, はよかっ, もいや, も何百万円, イヤイヤどうかしたら, 出したとか

▼ 何~ (25, 0.0%)

2 の内閣, もある

1 [21件] あったか, あるか, かある, かのうち, かの御馳走, かの成績, かの高山植物, でしょうか, というの, という系統, とかある, とかという話, と大勢, に属する, の, のもの, の論文, の論派, の運, は東京, を持つ

▼ 何~ (25, 0.0%)

3 となく 2 かの手紙

1 [20件] かあった, かが失くなっ, かそれ, かはちょうど, ぐらい出, だなん, といっ, の手紙, の通信, もああ, もつく, もの手紙, もの艶文, も尚侍, も手紙, も書きつ, 書き直したか, 書こうと, 来りしや, 送ったうち

▼ 何~ (24, 0.0%)

2 かく父

1 [22件] したの, せっせと縫っ, ならないで, 下り去らざる, 召上物でも, 唐繪の, 喜ばん, 図らんそれ, 図らん今年, 図らん君, 図らん此, 妨げん, 尊いもの, 差上げますわ, 帰らざる, 料らむ, 料らん本, 知らんや, 知らん鉱夫ども, 知らん鬢華らん, 見たいに, 間に合わせに

▼ 何であったろう~ (24, 0.0%)

211 か意外, とふしぎ, ひとりよがり

▼ 何~ (24, 0.0%)

2 かと思つて, でござる, です

1 [18件] かしら, かである, かとも仰しゃいました, かは知らない, かをお, か扉, がおいで, が持つ, じゃ, だえ, で, でした, でしたか, ですい, でまた, とどんな, と恐ろしく, にでも好かれ

▼ 何ほどか~ (23, 0.0%)

2 年代記的性質を, 心を

1 [19件] あろう, この茸, それを, わかるが, 妹の, 嬉しかろう, 寄進を, 急激な, 恥ずかしい思い, 捨てけると, 新参扱いに, 母に, 気安い事, 知らんが, 著しく増悪, 詩らしい, 返したと, 防ぎ止めること, 香気と

▼ 何~ (23, 0.0%)

1 [23件] イウニモ借金ガ五千両バカリアル故, オ隠, シテイルノダ, タクランデルカ知レタモンジャナイ, 云ウノダ夫ハコノトコロ大分好調ガツヅクト思ッタラトウトウタマリカネテ降参スルノダナ, 云ッテルノカ自分デモ分ラナカッタ, 以テカ億兆ノ, 以テ刺スコトヲ為サン, 以テ吾人ノ, 待チ構ヘテ, 惜シガルコトガアルンダコンナニ手ガ痛ンデ, 意味スルカソレヲ考エル, 意味スルカハ追, 意味スルカ余ニハ解ラヌ, 慮リ何ヲカ望マン, 書イテモドンナニ行儀ワルク書イテモドンナニ甘, 書コウトイウアテ無, 欲シテイルカヲ知ッテイルカノゴトクデアル, 泣クコトガアルンダ, 知ルモンデスカ, 考え出したん, 言オウ声高ク, 迎ヘテ

▼ 何ヵ月~ (23, 0.0%)

1 [23件] かくらした, かつづいた, かの間, かを過した, か休ん, か働いた, か立ち, か経ったら, か経つ, に足らぬ, の年月, の間, はそれ, もいたく, もこう, もそんな, もつという, もよ働い, も東京, も肉類, も薄, も陸地, 経っても

▼ 何云つて~ (23, 0.0%)

7 やがる, やがんだい 2 やがるで, ゐやがるんだい, ゐるんだい 1 やあがる, やがん, んだい

▼ 何十度~ (23, 0.0%)

6 となく 2 か自分, のアラスカ

1 [13件] かそういう, か休む, という恐ろしい, という無人境, という試み, といふほどもある, の厳烈, の合戦, も医者, も繰りかえした, 忌ま忌ましい腹, 繕ったもの, 逢っても

▼ 何十里~ (23, 0.0%)

3 というもの

1 [20件] あるか, あろうと, かの遠い, かぶっとばした, か何百里, が放っ, といふ感じ, と江戸, にひろがる, にもわたる, に笛太鼓, の平面, の敵地, の旅, の道, ばかり駈けましたろう, ものお山, も運ん, も離れた, 走らせようとも

▼ 何小二~ (23, 0.0%)

2 と云う, はその, は全然

1 [17件] が鞍, なる者, の眼, の頸, の首, の馬, はこの, はそれ, はどうか, はもう一度, は仲間, は心, は思わず, は自分, は軍刀, は馬の背, を乗せた

▼ 何百何千~ (23, 0.0%)

2 となく

1 [21件] でも貸したっち, というご, という兄公爵, という少年, という金, といふ人, ともしれない, とも知れぬ, と多, と艇, と製造, のひと, のショップ, の中, の動物, の女, の奴隷, の無恥, の花, の都, 居るか

▼ 何かな~ (22, 0.0%)

2 そのお, のです

1 [18件] かみも, この佳い, さるの, さる人, すべきこと, その老人, のだ, のであった, のである, のでしょう, やみと, ア, 先生お前様は, 先生お前樣は, 別に俺, 御身は, 横取りの, 阿兄さん

▼ 何せよ~ (22, 0.0%)

2 彼せよ

1 [20件] ここは, この図面, 一足遅かっ, 今ま, 今思い, 場所が, 大金だ, 幕将の, 慓悍無比な, 曹操は, 格式の, 機動戦を, 歌の, 深傷, 珍客ゆッくりお, 盟約のて, 秀吉に, 言語道断だ, 議論紛々だった, 道場へ

▼ 何それ~ (22, 0.0%)

1 [22件] がし, がただ, が人並, だけがむずかしけれ, だつて, で結構, なれば, には及びません, にゃ及ばない, にゃ及ばん, に限らない, は, はそれほど, はわざわざ, は前, は幽霊, は怪しい, まで居る, もある, もどさくさ紛れ, よりや案山子代り, を種

▼ 何をと~ (22, 0.0%)

3 母が, 答ふ

1 [16件] いって, おっしゃって, ずたずたに, ただ盲目, ふと思案顔, サイソクする, 云って, 云ってね, 云わぬばかりの, 今の, 八蔵は, 反感を, 問われて, 欲する欲望, 言いながら, 言ふ

▼ 何云ってる~ (22, 0.0%)

9 んだ 4 のだ 3 のさ 2 んだい 1 の, のよ, の裸, んだろう

▼ 何十万人~ (22, 0.0%)

1 [22件] いるだろうか, かある, かがその, かが皆不倶戴天, かの新聞読者, が洛中洛外, が良人, というロック, という同じ, という従業員, とできました, と居, と西部戦線, と言う, の未亡人, の署名, の行進, の集団, もいる, もの労員, も要る, 生れても

▼ 何十匹~ (22, 0.0%)

7 となく

1 [15件] か何百匹, というウサギ, という蛇, といふ狼, とも知れぬ, と獲た, の動物, の猿, もとっ, もの犬, もの蚤, もの電気鰻, も殺した, を科する, 斬られたか

▼ 何年来~ (22, 0.0%)

2 となく

1 [20件] かたまった手紙, こがれ抜いたお, それに, と出入, ないかしら, にもなかっ, にも珍, の所帯, の旧友みたい, の私, の頗る, は尋常人, まるきり魚, もったこと, も交渉, 溜って, 置き古し, 買ったこと, 食ったこと, 飽くこと

▼ 何日頃~ (22, 0.0%)

1 [22件] か, からか知らない, からか知りません, から其様, から始め, から新鮮, が見頃, この地, だね, であったか, であったかの, できるでしょうか, でしたか, です, になり, になる, に日本人, に見物, のこと, 伺いましたらば, 放したらいい, 来て

▼ 何~ (22, 0.0%)

2 であるか, でした, にきく

1 [16件] かに利く, だか, だかを, だったか, でありましたか, であるかという, でお, で死なれました, で死んだ, という, とは明, とも別, とも知れない, にも用い, によろしい, に利く

▼ 何~ (22, 0.0%)

2 となく

1 [20件] かお, か思い立っ, か繰り返される, か繰返し, か足, でも糧食, ともなく昇り降りする, にある, も, もやる, も倍加, も口吟, も呼ん, も思った, も秀子, も迎, も運んだ, 繰り反されても, 繰り返したこと, 繰返しても

▼ 何~ (21, 0.0%)

2 や, ょなことでも為んす, ょに

1 [15件] やあの, やい, やその, やといひ, やと思はつ, やまた, やゆつくり, やテ先方, や大変大臣, や家, ょうするだ, ょう殿を, ょって奴等あ, よにし, 世相が

▼ 何であれ~ (21, 0.0%)

2 右に, 私が

1 [17件] あまり掛けが, おなぐさみ, かたくるしさ, ご病気, その現実, だんだん今, 充分疑惑, 兎にも, 千人の, 大手合, 常に少数, 彼は, 新時代, 概念な, 現代では, 精神を, 自分たちの

▼ 何なる~ (21, 0.0%)

4 かを知る 2 かをさえ忘れ

1 [15件] かとの問題, かと反問, かを見よ, ぞ, と, やを, やを問は, やを辨へ, や白くすずしく, や考, を知り, バ, 事か, 時に, 詞ぞ

▼ 何ほどかの~ (21, 0.0%)

2 変化を, 程度に

1 [17件] はたらきを, やくには, 事情を, 創造力を, 助けと, 危険を, 同窓生, 増加を, 幻影が, 幼稚な, 意味を, 推定を, 給金に, 考が, 貢献を, 閑地が, 附届けを

▼ 何十円~ (21, 0.0%)

2 もする

1 [19件] か, かで買い取りました, かをせびった, か彼女, たった一人, だか, ってたべた, というの, といふ巍然, とかする, とかなら, とは殆, と定めまし, の一時金, は百倍, を支払っ, を納め, 出して, 出せ

▼ 何十日~ (21, 0.0%)

2 かぶたばこ, も倉

1 [17件] かかるか, かの毎日, か賄う, たって, だか, でも日光, でも頑張る, という長期興行, という間, のあいだ, の間彼, もお便り, もかかっ, も同居, も地中, も洋上, 入らっしゃっても

▼ 何十遍~ (21, 0.0%)

7 となく

1 [14件] かこれ, かわからない, か何百遍, でもある, でも何百遍, でも水, でも私, も何百回, も心, も経験, も聞きました, も読みかえし, も額, 繰返して

▼ 何回目~ (21, 0.0%)

2 かの上演

1 [19件] かしら同じ, かで書く, かに今, かに通り, かの, かのジャム, かの上映, かの作業, かの十年計画, かの対決中, かの彼, かの汗疣, かの発芽, かの相, かの紅葉祭, かの見学, かの食事, になります, の爆発

▼ 何日ぶり~ (21, 0.0%)

2 の入浴

1 [19件] かでこの, かでランプ, かで名古屋, かで外, かで奴豆腐, かで手紙, かで新聞, かで理髪入浴, かで生きた, かで諸君, かに出あった, かに巡りあった, かのこと, かのゆっくり, かの月, か忘れた, で湯, に入浴髯, に経験

▼ 何~ (21, 0.0%)

1 [21件] から云, から云う, がうわさ, が善根為, が殺されれ, だってもう, だって先刻, だって小野君, と一調, なら落ちたん, の傍, の剣術, の大笹どまり, の身, はもう, はパリ, は構, は話, もその, や勝手, より阿

▼ 何かよほど~ (20, 0.0%)

2 大事な, 興奮し, 重大な

1 [14件] せわしそう, な一大事, な御, な願望, 不幸な, 困ったこと, 大きな変化, 大切な, 急を, 手強い大物, 深い関係, 私が, 競い込んで, 豊富な

▼ 何~ (20, 0.0%)

2 さしあげますか

1 [18件] あるか, あるかを, かの木造, か上むき, が全編, だか, でも出せる, といったの, といふ割当, と呼ぶ, と胸算用, ぬっと出, の島, の柿, ほどある, も並ん, も出た, 集まって

▼ 何千万~ (20, 0.0%)

2 と云う, を殺す

1 [16件] という兄弟, という土百姓, という死骸, という漁民, といふ, といる, とも知れない, とも知れぬ, と数限, と無数, の人々, の出入り, の貔貅, を相手, 何億クローネという, 何億万という

▼ 何年何月何日~ (20, 0.0%)

4 に死する 2 の何時何分

1 [14件] だったかも, とかその, にあたし, にどう, になる, に剣難, に幾日, に日蝕, に火難, の続き, をやっ, を誦し出した, 大日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島, 死ぬの

▼ 何箇月~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] かあった, かかるか, かたった, かの後, かの間, か何年, か前, か過ごした, ぐらいで如何なる, ぐらい泊っ, の間, も, もこの, もひょっとしたら, も住んだ, も何箇月, も経っ, 立っても

▼ 何~ (20, 0.0%)

2 かの僕, かを読む

1 [16件] かで片, かにヴエスビヤス, かの文字, かは書きこまれ, かを充, かを充す, かを心せ, かを抹殺, で書く, という短文, の汽車, も並び, も抹殺, も染め出され, も読まない, 目だったろうと

▼ 何~ (20, 0.0%)

5 ですか

1 [15件] あかあかと, かしら, かの羽裏, かわからない, か啼い, か啼けり, か白く, か知らない, か頻りに, だ, だか, だかの, であろう伸, でございましょう, やその

▼ 何してん~ (19, 0.0%)

73 だい, のさ 2 のや 1 だい勉強かい, ねんやえらい, のか, の早く

▼ 何やつ~ (19, 0.0%)

2 じゃ, のし

1 [15件] かその, か知らぬ, がいつの間に, が何, けえ, たらわ, だ, だと, てるの, てるのよ, であろう, とは勿論, とも知れぬ, と何奴, の仕業

▼ 何~ (19, 0.0%)

3 ふとなく 2 つたつて, つてる, ふだべさ 1 つてるの, つてるん, つてるんだい, つてるン, てやん, はれたつて構, ひくさる, ふだべ, ふねん, やあがる

▼ 何~ (19, 0.0%)

3 だろうと 2 だか

1 [14件] だろう, であるか, であるかは, であるかを, でだれ, というか, というか知らん, という名, とかいふに登れ, に登る, の中, の井, の何合目, の稲荷

▼ 何時何処~ (19, 0.0%)

2 でお

1 [17件] かで消える, からとこれ, で, ででも遣, でといふこと, でどうして, でどれ, でも偉大, でチェホフ, で如何, で思ひ出し, で演, で聞い, で覚えた, においてもたやすく, に於, へ行っ

▼ 何~ (19, 0.0%)

4 となく

1 [15件] あるか, かかかっ, かを造る, という舟, にも一杯, の英吉利貨物船, の黒船, ものこの, もの舟, もアメ, も何十艘, も日本橋, も浮かべ, も眠っ, も通った

▼ 何處迄~ (19, 0.0%)

2 も沈着

1 [17件] お目出度い, も, もかん, も一所, も下, も儒者, も吾儕, も唯音樂, も妨害, も將軍家, も御, も承知, も果て, も素直, も維持, も續, も被害地人民

▼ 何~ (19, 0.0%)

2 歩いたか

1 [17件] あるかという, かのところ, かの幅, かの明, か先, か測量, が解らん, ぐらい或いは, で突きぬけるだらう, といふ柱, と数え, に二十何間, に何間, の繁昌, もある, も先, 掘り下げても

▼ 何かせ~ (18, 0.0%)

111 はしさう, むああ, むものおしみするわれをさげしむ, む惜め涙よ, む手にも, む皆得, ッせ

▼ 何その~ (18, 0.0%)

1 [18件] お床, お話を, かわり楽屋では, くらいな, 下の, 勾玉を, 国, 尾山ぢやあない, 山男が, 指環は, 方どもが, 方の, 方は, 時の, 果物が, 畳の, 舞を, 風呂敷

▼ 何までが~ (18, 0.0%)

1 [18件] およそ不審, お関, これみよがしの, べっぴんだ, まるで蜂の巣みたい, 一切不具な, 個人主義だった, 前の, 含まれて, 妙に, 怪奇に, 新鮮で, 有利な, 残らず記憶, 異国的な, 能く, 赤いずくめ, 零落そのものの

▼ 何時何處~ (18, 0.0%)

1 [18件] から乘, から聞知, から迷込ん, であつし, でどこ, でどんな, でやつたかよう覺, で如何, で手, で死ん, で落さん, で誰, にての事, にゐたつ, へでも行く, へどうして, へ行き, へ飛ぶ

▼ 何~ (18, 0.0%)

2 といふ身上, といふ金, の人

1 [12件] かの愛讀者, とある, といふ人々, といふ人夫, といふ大, といふ小さな, といふ血液, といふ高い, とも數, と云, と知れ無い, と鯔

▼ 何かしきり~ (17, 0.0%)

1 [17件] としゃべる, と万吉, と云つて, と写生, と別離, と声高, と女中, と子供, と待ち顔, と慌ただしい, と手探り, と指図, と注意, と献言, と考えごと, と論判, と鉛筆

▼ 何か月~ (17, 0.0%)

2 か前, のあいだ

1 [13件] かで成績, か何年, こんなこと, とかで, とか十八年何か月, に六斎, に話し掛け, の欠け, もかれ, もたたず, も不眠症, も何か月, も家

▼ 何たら~ (17, 0.0%)

4 事だ 2 樣だ, 譯の 1 いふえらい, ことだいチヨツ気狂ひ, こッてえ, そそっかしいこと, と唇, 因縁で, 学校学校だ, 様だ, 訳の

▼ 何でしたら~ (17, 0.0%)

1 [17件] あちらの, あとで, あなたから, お午, お母さんも, この上, そちらへ, そのうちいい, 一度郷里, 今度は, 僕が, 成田に, 海胆でも, 私の, 私よく, 私付きの, 私共の

▼ 何なと~ (17, 0.0%)

2 やれよ, 訊くが

1 [13件] お命じ下さいませ, お話下さい, きいて, したいと, なさい, 仰せつけ下し, 御用仰せ下さる, 生活の, 聞くが, 聞くがい, 訊きな, 話そう, 間に合うがな

▼ 何につけ~ (17, 0.0%)

2 彼に, 彼につけ

1 [13件] お上においては, お耳, 事物を, 優れたもの, 善悪とも, 嬉しい植民地根性, 安心だ, 張合いも, 欠くべからざるお気に入り, 自信の, 説明しきっ, 議論し, 都が

▼ 何十名~ (17, 0.0%)

1 [17件] いるか, かが居る, かが静か, かと共に甲府, かの一団, かの家士, かの工人, かの頭数, か何百名, という人たち, という数, の堂々たる, の大, の戦死者, の相手, の総見, を相手

▼ 何~ (17, 0.0%)

2 の方

1 [15件] であらう, でもまだ, にし, にも宮方, に於, の人, の如何なる, の方面, の砂, へなり, へゆかん, へ捨て, へ行っ, も平均, を指し

▼ 何時何分~ (17, 0.0%)

1 [17件] かなァ, だった, だな, だネ, とまでおぼえ, なりやとか, にする, にはドシャ降り, には爆発, に又, に死んだ, に生れ, に被害者, に鐘, に風, より雨降り, を指し

▼ 何~ (17, 0.0%)

3 に属する 2 の何, の誰 1 だか, だと, だという, ですか, といえ, なりや, に依る, の亜流, の型, もしくは何主義

▼ 何~ (17, 0.0%)

2 ある

1 [15件] あるいは穀物, あるん, ぐらいあるだろう, って目方, とお, ときめる, と釣れる, になっ, の大兵肥満, の重み, もある, もの大石, 取るかといふ, 取れるかと, 釣れたという

▼ 何うなっ~ (16, 0.0%)

3 て行く 2 ている, てもいい 1 ているだろう, ても厭いません, ても好い, ても宜しゅう, て了, て居る, て死ぬ, て行った, とする

▼ 何にを~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] いう弟淳造, したん, して, するところ, するん, つまらんこと, みんなでしや, 云ふ, 今から, 喋ったか, 為よう, 苦しんだので, 話して, 買はんかって

▼ 何んじゃ~ (16, 0.0%)

2 それは

1 [14件] いな, い打つ先手, お前安次や, この頭, こんなもの, それはと, 何んの, 其の方, 左京君, 恩知らずめ, 火急の, 爺さん, 疑わし相, 誰も

▼ 何パーセント~ (16, 0.0%)

1 [16件] あろうか, かが戦後, かはこっち, かは犯罪者, かを光, か混, がこの, がその, が何故, が破れ扇, しか渡さない, にも出ない, の日本人, までは愚, もあり, を占める

▼ 何主義~ (16, 0.0%)

2 と云う

1 [14件] だ, だろうかと, だろうと, でもない, で教えられる, というもの, とか号, のもと, の名, の時代, も奉じ, を奉じ, を限らず, 某主義

▼ 何十年ぶり~ (16, 0.0%)

2 ではじめて

1 [14件] かで, かでお, かで市民たち, かで故郷, かで行った, かで見た, でこういう, でその, という暑, とかで, とかの暑, とかの酷暑, のこと, の猛暑

▼ 何千倍~ (16, 0.0%)

4 もある

1 [12件] かずっと, かの昇汞水, にした, にもした, にも倍加, に大きく, に達し, のムダ, もグロテスク, も恐ろしい, も悪い, 貴いか

▼ 何~ (16, 0.0%)

1 [16件] かのどんぐり, かの団栗, かの地面, ずつ焚い, で家, というよう, とか肉何斤, のうち, の周囲, の大飯, の米, もって, も借り, 之有, 入ってりゃあ, 飲み乾したかといふ

▼ 何~ (16, 0.0%)

2 商法を

1 [14件] 不自由も, 不足にも, 不足の, 両所そう, 加増を, 商売かな, 商売したはります, 商売で, 商売です, 帰宅と, 方様の, 迷惑なら云わない, 遠慮に, 遠慮にゃ

▼ 何百本~ (16, 0.0%)

2 も筍

1 [14件] あるか, かの弁当, とある, とか並べ, とも知れぬだろう, のみごと, のウイスキー, の日章旗, の皺, の空中魚雷, もの材木, もの百目蝋燭, もの見事, も森

▼ 何~ (16, 0.0%)

2 だ, だと, の植物, へ行くだろう 1 あって, かと訊ねる, だね, にする, に屬, に這入る, の學生, をやる

▼ 何かさ~ (15, 0.0%)

9 ういふ 2 う云 1 ういつた風, ういふ罪, うした, むざむとへばりついているのが自分を

▼ 何この~ (15, 0.0%)

1 [15件] 人は, 俺が, 俺に, 方が, 本を, 歎, 淫売婦が, 界隈トンネル工事の, 盃が, 私に, 老ぼれ野郎, 苦しみも, 野郎, 馬の, 騒ぎの

▼ 何これ~ (15, 0.0%)

1 [15件] があれ, が一番, が時代思潮, だけの頭数, で死ん, で胸, と言っ, はこっち, はどうして, は何, は何ん, は私, は魔物, もすぐ, ァ昨夜雪

▼ 何さま~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの容子, お見立て, かのお, がお, この伯母御, だか, に眺むらむ, み妃ならでは, 悪く放免, 早い頃, 深い事情, 物々しいばかりの, 見ちがえるばかり, 醜怪, 重篤

▼ 何さん~ (15, 0.0%)

1 [15件] がさういふ, がどう, が何処, だとかいう, ですと, ですな, という人, とか呼ばれ, とは關係, に浜町河岸, に紹介, の前, の姿, の所, は芥川さん

▼ 何であっ~ (15, 0.0%)

3 てもその 2 てもそれ 1 てもあなた, ても二度三度, ても公衆, ても可能, ても大した, ても好い, ても武士, ても決して, ても表, ても要するに

▼ 何でございましょう~ (15, 0.0%)

43 あの音 1 あの騒ぎ, か先生, か夫, とお尋ね, と熱心, なあ, 今の, 病気は

▼ 何を以てか~ (15, 0.0%)

2 これに, 平生を, 自らを 1 リアルと, 之にか, 之を, 俳句本来の, 忍辱を, 我を, 枉れる, 異ならんや, 邊鄙の

▼ 何アん~ (15, 0.0%)

51 だこの, だそんな, だワキガ, だ俺達, だ千代子, だ斯ん, だ隱居, だ馬鹿, でも, もしねえ

▼ 何万両~ (15, 0.0%)

2 という大

1 [13件] かに売り払っ, が手, っていうご, というお金, という身上, という額, となく, と溜め込み, の財産, の身代, の長者様, はいらねえ, 貯めてる親分

▼ 何十万円~ (15, 0.0%)

1 [15件] かの資本, かの金, かはいってる, か何百万円, という値打ち, という声, という金, とかを投じ, と云, の, もかかつて, もしよう, もする, を得, を掻き込む

▼ 何千万円~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるとか, するかも, だって持っ, というしろ, というよう, というわし, という値うち, という宝石, という損害, という研究費, という美術品, と云う, の郵税, もの商い, も価する

▼ 何年後~ (15, 0.0%)

2 になっ, の今

1 [11件] かに大, かね, でもよい, に千万人, に大きな, のいま, のこと, の世界, の事, の今日, の昨日

▼ 何年頃~ (15, 0.0%)

3 までの間 2 の事 1 からである, から何年頃, か覺, であったか, であつ, でありましょうか, でございましたでしょうか, なの, まで姫路, デアッタカ幼少

▼ 何百匹~ (15, 0.0%)

1 [15件] かのスパァニッシュ・フライ, か知れない, が檻, ずつ群れ, だか, というウサギ, という猟犬, という鼠, となく, とも数, とも知れない, のカミナリ, の同類, も狂い出, 並んで

▼ 何箇所~ (15, 0.0%)

2 かある

1 [13件] かで云っ, か大きな, か空, だか, でも直したい, にもなるだろう, にも出す, にも載せた, に出, もあっ, もあります, もしやべつ, も掘つ

▼ 何かによって~ (14, 0.0%)

1 [14件] ただ疑惑, はじめてその, 交渉の, 例えば物体, 国元へ, 妻が, 押えられた時代, 救いあげられ高められる己, 死の, 狂気に, 生かされ動かされて, 紛らわして, 自分の, 自己自身で

▼ 何かより~ (14, 0.0%)

2 高いもの, 高い人間 1 いい考, かかるもの, どころが, よいもの, よきもの, 以上すぐれた, 以上な, 写したもの, 勁い, 深い意味

▼ 何ぜとも~ (14, 0.0%)

1 [14件] なくそう, なくたじろぎ, なくふと, なく不意, なく久慈, なく今, なく嬉しかった, なく彼, なく情愛, なく梶, なく気の毒, なく父, なく黙って, 分らずいきなり

▼ 何そう~ (14, 0.0%)

2 でも, でもない 1 あらたまって, あわてる事, かだって, でない, では, むずかしい事, 云う訳, 早く逃げ込まん, 言ったが, 驚くにゃ

▼ 何によ~ (14, 0.0%)

1 [14件] つてこの, つてその, つても, つて偉大である, つて割り出した, つて埋められ, つて定める, つて救ふかと, つて生じ, つて緩和される, つて自己を, つて製せられた, つて達せられるであらう, つて養はれた

▼ 何ぶん~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの通り, とも, どうかよろしくおねがい, にもその, にも千七百余年, にも大業物, にも疲れはて, にも県令, にも黒旋風李逵, の御, の返答, まだ戦, よい成人, 暗かった

▼ 何ほども~ (14, 0.0%)

1 [14件] かからなかったので, かかりゃしない, ないよう, なかった, 例は, 入るまい, 劣るところ, 変って, 残って, 立たなかった, 要りません, 買って, 違うもの, 遠くなっ

▼ 何~ (14, 0.0%)

1 [14件] かで売付けた, かの献上金, かの金, この浪人, でも出す, という品, という装束, といふもの, とやら纏まった, につく, の金, の金子, を飲み, 貸す事

▼ 何~ (14, 0.0%)

2 という米

1 [12件] あったかね, かの米, だ, でも廻し, の勘定, の米, の籾, もの米, も蓄え, をむだ, を搗き出す, 出すと

▼ 何十両~ (14, 0.0%)

2 の金

1 [12件] が盗まれ, だか, だとか, という大金, と云う, と吐き出させた, と絞られた, の貸借, はどこ, は変, は大金, も絞られる

▼ 何十年来~ (14, 0.0%)

1 [14件] この商売, この木曾地方, なかった, のお尋ね者, の大雪, の彼, の旧, の溜飲, の煤, の親友, の豊作, まだほんたう, まったく諦め, 暮して

▼ 何曜日~ (14, 0.0%)

2 だとか

1 [12件] か, かしら, かの朝, かは終始, だって言う, であるか, とやらの午後, なんだい, になる, に休業, に来る, に立つ

▼ 何百尺~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるか, かの空気, かの距離, かの高, か眼づもりもつかない, くらいな深, だか, という地獄, と数字, と違, の地下水, の赤土, の高, ゆけば

▼ 何~ (14, 0.0%)

2 もめぐっ

1 [12件] にもそれ, にもたがい, にも削り取られ, にも厚ぼったく, にも織り重っ, にも身, にも重なる, にも高く, に搾り上げられる, もある, もの包, もの環

▼ 何あの~ (13, 0.0%)

1 [13件] お前は, よく似た, 何の, 卑劣なる, 女と, 女連れの, 島五六郎殿と, 晩火事の, 汽車を, 畑打ちの, 自動車の, 貸したきり, 鉄道馬車会社の

▼ 何いっ~ (13, 0.0%)

6 てやん 4 てやがる 1 たって本場, てやがんだい, てン

▼ 何うかしました~ (13, 0.0%)

92 かえ 1 かお, よ大変

▼ 何うなった~ (13, 0.0%)

2 か, のか 1 え, かと誰, か其処, ということ, と云う, のだろう, のであろう, の斯, 事か

▼ 何ぜかと~ (13, 0.0%)

5 いうと 1 いうに, いえば, 云いますと, 云いますとね, 云うと, 云うならこれら, 云えば, 云へば

▼ 何ちら~ (13, 0.0%)

42 とも付かない 1 から, が勝つ, さまで, でしょう, に致しましょ, へお出で, へでも

▼ 何って~ (13, 0.0%)

2 やんで

1 [11件] こった, ことは, 事は, 事も, 云うん, 何さ, 先刻からの, 別に, 困りますよ, 話したこと, 貴方には

▼ 何てっ~ (13, 0.0%)

1 [13件] たってお前, たってとても, たって化ける, たって朝夕顔, たって開けるこっ, て, ておわび, てお礼, てこう, てももう, ても血道, て勧めやがっ, て来

▼ 何ともい~ (13, 0.0%)

6 へない 1 おうようなく, ぢらしく, はずに, へないいみ, へないさびしい, へない甘, へませぬ

▼ 何にかしら~ (13, 0.0%)

2 容易ならぬ

1 [11件] きつかけ, 一脈の, 僞善的な, 平次にも, 棘の, 此二人には, 異常な, 祈らねば, 腑に, 言ひ捲られた, 重大な

▼ 何にかで~ (13, 0.0%)

1 [13件] お由, せう恐しい腕, コジ開けられたらしく, 一と, 三度の, 來た, 儲けた樣子, 動かした樣子, 叩き込まなければ, 喉笛を, 外から, 毆つた, 額に

▼ 何のという~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことが, ことは, そんな大人びた, のでなく, のは, ような, わけじゃ, わけでない, 六ずかしい, 訳じゃ, 訳で, 騒ぎじゃ, 魂胆でなく

▼ 何~ (13, 0.0%)

2 入れて

1 [11件] いらっしゃいましよ, かかっても, なり訴, 不審を, 包みます紙, 向って, 向ってでも, 向っても, 祟つた, 行き過ぎて, 行って

▼ 何をって~ (13, 0.0%)

1 [13件] あたいの, あなたは, あの事, お前のなんぞは, お前驚くで, お料理, その左将軍, わかってるじゃ, カフェーの, 君, 私の, 継母は, 金さんと

▼ 何~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるか, あるの, かある, かの三味線, かの淀川, かぽくぽく, くらいあった, ぐらいあった, ぐらい歩く, じゃ, だ, ですかね, 程とも申し上げられません

▼ 何人前~ (13, 0.0%)

1 [13件] いりまするかの, か計上, とか届け, と書いた, と箱書き, などと箱書き, なんて葬式ぢ, の木具, もの食物, も疲れる, も調え, 出るえ, 出来ます

▼ 何十羽~ (13, 0.0%)

5 となく 2 といふ燕 1 ありましても, かわからない, という鵜, も大, も大まはり, も飛

▼ 何~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるか, お燗, かの大飯, かの水, とか食っ, に塩いくら, の水, の餅, や, 持つて, 炊きだい, 買えると, 食ったか

▼ 何大した~ (13, 0.0%)

6 ことは 3 事は 1 こた, ものは, 事じゃ, 事で

▼ 何~ (13, 0.0%)

1 [13件] おるか, かの兎, かの絹, でも水, ともなく走, とも知れない, のお初穂, もそこら, もたかっ, も何疋, も枝, も船, も這い出し

▼ 何百万人~ (13, 0.0%)

1 [13件] あっても, いること, かの日本人, かの犠牲者, かの陸軍, だかが, といる, とかいう無辜, に対して仏教, のため, の中, の太陽, の気にいる

▼ 何百人何千人~ (13, 0.0%)

2 の難儀

1 [11件] がいっしょ, という人, となく, とも知れない, なりとも, の人々, の力, の壽命, の大人たち, の寿命, もの優れた

▼ 何百枚~ (13, 0.0%)

2 となく

1 [11件] かの小説, か何千枚, でも複製, といふ高, の絵, もかいた, もの寫眞, も書き入れた, も書き直し, を細かく, 見ても

▼ 何百遍~ (13, 0.0%)

4 となく 1 あつた, かになっ, か通った, くりかえしても, でもい, となくした, も往復, も改正, 繰り返されたかを

▼ 何萬圓~ (13, 0.0%)

2 かで落札

1 [11件] かかつ, かをひそか, したなど, で買つた, といふこと, といふ品物, とかで太政官, など, の價, の茶入, 出せとか

▼ 何言っ~ (13, 0.0%)

3 てやがる, てやん 1 たって始まらねえです, ている, てやあんだ, てやがん, てやがんだい, てらっしゃる, てん

▼ 何~ (13, 0.0%)

4 となく 2 も席, も聞いてる 1 もある, もやる, も出, も御, も繰り返した

▼ 何うかしたら~ (12, 0.0%)

1 [12件] お吉一人, お母様に, この娘, この魅力, よさ, 三十年も, 下手人は, 可い, 家へ, 浪人者の, 犯罪に, 誰か

▼ 何うだつ~ (12, 0.0%)

2 たの, て構 1 たいを, たい花嫁さん, たつて, たらう, たア, ていい, て云, て好い

▼ 何うなり~ (12, 0.0%)

3 勝手に 2 ともしろ, とも勝手, と成れ 1 となれ, とも成る, と御意

▼ 何かこそこそ~ (12, 0.0%)

2 相談を, 話を 1 やって, やってるよう, 仕事を, 囁きあって, 囁き合ふ, 用を, 言って, 話して

▼ 何かといふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] お侍, 問は, 問ひ, 問題が, 問題は, 問題を, 場合には, 定義に, 從來の, 新しい問題, 根拠から, 認識論的問題から

▼ 何がと~ (12, 0.0%)

4 いって 1 いうほど, いえば, 云ったって, 云ふ, 仰しゃって, 叱られるから, 油断し, 自問する

▼ 何じゃと~ (12, 0.0%)

2 言うの 1 云った, 今聞け, 他流試合御, 何じゃと, 思って, 思わっしゃる, 流れ弾が, 申すに, 言うぞ, 言わるる

▼ 何でもね~ (12, 0.0%)

2 自分の 1 あの近辺, えぢ, えとお手本, えんだげ, え罪, チョイと, 君の, 広い野原, 支倉さんが, 箪笥が

▼ 何といった~ (12, 0.0%)

3 ところで 2 のか, のと 1 そうしたら, でしょう, ところが娘, のだ, 外套氏

▼ 何のくらい~ (12, 0.0%)

1 [12件] でげしょうか, なの, やれるもの, 上りましょう羨し, 困るか, 御立腹, 怒るか, 惚れたか, 歩いただろうもう, 私共は, 降りて, 飲ませるんで

▼ 何ぼう~ (12, 0.0%)

2 はあ 1 かうれしい, でも彼等, にか心, にも考え, の憾み, の損失, はあ金持, 嬉しいか, 悪い事, 酔うて

▼ 何もう~ (12, 0.0%)

1 [12件] いまに, お見上げ申しました, これだけ, やったもの, 中軍か, 十日も, 好いん, 子爵家を, 御覧の, 直き行く, 直です, 胸の

▼ 何メートル~ (12, 0.0%)

1 [12件] か上, だか, とある, ともしれない, と註し, になったでしょう, に撮影, の山, もある, もとび出し, も河底, ハアあらそう

▼ 何丁目~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, かにあつ, かに小さい, かのあの, でしょう, で常磐津, というよう, とか今, に宏大, の支線道路, の狭い, の通り

▼ 何万倍~ (12, 0.0%)

1 [12件] かに拡大, だか, とあり, にした, になっ, にもし, にもした, に拡大, の人数, もある, も嬉しい, も悲しく

▼ 何万坪~ (12, 0.0%)

2 という広い 1 あるか, あるもの, かある, かといふ屋敷跡, かの田畑, かの面積, という宏荘, とかある, となく, にわたるか米友

▼ 何万石~ (12, 0.0%)

1 [12件] かの田地, かを貰える, という村, という観覧料, などという大名, になる, の増収, の大名, の若殿様, をやろう, を夢み, 取って

▼ 何云つてん~ (12, 0.0%)

2 のさ, のよ馬鹿 1 のさつまらない, のさもう, のさ用, のさ突然, のさ行く, のさ馬鹿, のよあんな, のよ馬鹿ツ

▼ 何~ (12, 0.0%)

1 [12件] が欲しけれ, と黄邵, につい, のほう, は, をどこ, をわれら, を渡し, を縁, を縛りあげ, を追いかけ, を馬

▼ 何~ (12, 0.0%)

2 お礼の 1 せん方ない, ねえもの, ハヤ千万有難う, 困るだろう何とか, 恐入, 恐縮の, 是非が, 殘念至極に, 申上兼候, 紛らは

▼ 何十メートル~ (12, 0.0%)

1 [12件] いや何百メートル, か先, か大きい, で計算, という高, ともしれない, ともしれぬ, とも知れぬ, の炎, の長, 潜るの, 登らなければ

▼ 何十頭~ (12, 0.0%)

1 [12件] かしれまい, かの小荷駄隊, かの馬, か数, という, という馬, となく, の猛獣, もいる, もの荷馬, も刈った, も馬繋ぎ

▼ 何千両~ (12, 0.0%)

2 の金 1 という儲け, という大, という身上, という金, の夢, の大金, もの金, をゆすり, 傷つけられ殺された人, 貸して

▼ 何千何百~ (12, 0.0%)

3 となく 1 という無数, という鍵, という飛行機, といふ敵, とたまっ, ともわからぬ, とゐる, と殺し, に何千何百何十

▼ 何千里~ (12, 0.0%)

2 歩いたこと 1 あるか, あるだい, あるの, かな, か向う, というもの人, と飛んだ, の遠方, も海, も離れ

▼ 何~ (12, 0.0%)

1 [12件] かある, かにすぎない, か私, くらいの速力, だ, となく, と歩き廻り, もある, もつづい, もほとんど, も何哩, も先

▼ 何太后~ (12, 0.0%)

1 [12件] だけは盧植, であった, とは楼, と共に永安宮, と新帝, に召された, の首, は帝, は永安宮, も廃帝, をだまし, をも即座

▼ 何日ごろ~ (12, 0.0%)

2 になる 1 から肉眼, だったか, というよう, になりましょう, に到着, に当たるであろう, の季節, までに届く, 死ぬだろうと, 着くでしょう長く

▼ 何時誰~ (12, 0.0%)

2 れが 1 からともなく, から如何なる, から聞いた, が, がやつ, が創つたの, が喰, と何処, に這入, の仕業

▼ 何~ (12, 0.0%)

2 かの画 1 か出品, が売約, が現, が見知らぬ, すって, という美術品, といちいち, と点, 盗んで, 頂けるでしょう

▼ 何百両~ (12, 0.0%)

3 という金 2 でも一ぺん 1 という大金, とかいう金, とも知れない, と教会, にはなるだろう, の金, の鼈甲

▼ 何百年前~ (12, 0.0%)

2 の日本 1 からの仕来り, から繰返した, に人, に建った, のもの, の不破, の無線光波通信機, の石碑, の祖先, の神代時代

▼ 何~ (12, 0.0%)

1 [12件] あつた, かのプロレタリア作品, かの詩, かの論文, かは恐らくは, くらいになった, であったかを, という風, の小説, はみな歌仙, も作っ, 遺つて

▼ 何~ (12, 0.0%)

2 も何臺 1 かがその, とある, もつながれ, もの馬橇, も待ち, も待つ, も綺麗, も載せ, も過ぎ, も電車

▼ 何~ (12, 0.0%)

1 [12件] かを作つて, ぐらい売れる, するの, です, となっ, と云う, と定めた, なりとも, にてもよこした, の何番, を定めた, 売れるとも

▼ 何ういたしまし~ (11, 0.0%)

32 て私 1 てまだまだ, て何, て年, て斯ん, て昨夜, て迷惑

▼ 何うでしょう~ (11, 0.0%)

1 [11件] あなたには, お聞, その町, 不味い紅茶, 先生食う, 其の美しい, 其泣て, 奥さんです, 既う, 貴方此毛は, 面白くも

▼ 何うなります~ (11, 0.0%)

2 か, か次 1 か一寸, か併, のでしょう, ものか, やら, んで, 私が

▼ 何かもの~ (11, 0.0%)

1 [11件] いひたげに, ずきに, わかりの, 云いたげであった, 恐しげに, 恐ろしげ, 欲しげに, 狂ほしい, 言ひたげ, 足りないよう, 足りなかつたの

▼ 何がを~ (11, 0.0%)

5 かしいの 2 かしいんだ 1 かしい, かしいのでも, かしふて笑, るでえ

▼ 何だつ~ (11, 0.0%)

4 てい 1 たかなんて, てこんなに, て皆, て私, て貴方, ぺなお, ッて

▼ 何にかを~ (11, 0.0%)

2 持つて 1 出しさ, 待ち構, 洗ひ立て, 用意は, 置いた跡, 被せられたの, 見たに, 見て, 踏み消すと

▼ 何によりて~ (11, 0.0%)

2 生じたるもの 1 かく信ずる, かく多く, かしこに, これを, 孔子の, 将来の, 生じたるの, 負債を, 賞罰を

▼ 何による~ (11, 0.0%)

3 のか 2 のだらう, のであろう 1 のかという, ものか, ものだろう, ものである

▼ 何ぴと~ (11, 0.0%)

1 [11件] かに行き, にも共通, にも容易, にも見えない, にも語る, の心, の構, の構えた, の眼, も思ひ, も見る

▼ 何~ (11, 0.0%)

2 か下, という高 1 ありますかねえ, あるとか, か真下, という大木, とも知れない, と知れぬ, もつもっ

▼ 何人たる~ (11, 0.0%)

2 を問わず, を詳 1 に拘らず, を問わない, を明かさぬ, を知らず, を知らない, を知る, を間

▼ 何代前~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 かに主家, かの住職, かの先祖, からかこの, から傳, の主人, の大きい, の女人, の母屋

▼ 何兵衛~ (11, 0.0%)

2 の娘 1 が貧乏, だ, だか, でもい, で通っ, なる通称, に瞞, の女房, の通称

▼ 何十丈~ (11, 0.0%)

2 だか 1 からの大, か崖下, という, という高い, といふ絶壁, ともしれぬ, と上, に積みかさねた, の深い

▼ 何十分の一~ (11, 0.0%)

1 [11件] かのよう, かは自分, がそれ, だ, でしかない, という小勢, にしかあたらない, にもせよ, にも足らない, にも足りない, の外

▼ 何十種~ (11, 0.0%)

1 [11件] とある薬, という, という動物, とかに上る, となく, と云, と云う, と出来, の魚, もの園芸的, 収められて

▼ 何十銭~ (11, 0.0%)

1 [11件] かでした, か出し, という, という札, と言っ, に改め, のお, のショール, の冤罪費, の日給, 次に電気代

▼ 何千回~ (11, 0.0%)

3 となく 1 か何万回, くりかえした事, という, となくう, もくり返し, も写し直し, 流そうと, 繰りかえしたこと

▼ 何~ (11, 0.0%)

2 か貴所 1 あしからず, かお話, か宜しく, か師匠, か悉皆, か枉, か水, ぞ此処, もすこし

▼ 何大丈夫~ (11, 0.0%)

4 だよ 21 だと, です, ですが, ですこの, 分るよ

▼ 何~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこの世, であったの, といったの, とかいう芸者, とか云う, とか何店, と一々, と呼ぶ, と称, の涙, より

▼ 何時果~ (11, 0.0%)

10 つべしとも 1 つ可

▼ 何~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるか, かあゆみ離れた, か先, か歩み出された, か行っ, と歩かない, どの方角, に当たる, も行かぬ, も進んだ, 進んでも

▼ 何~ (11, 0.0%)

5 もない 1 にしてる, のあった, のう河原, のせい, のない, もなく

▼ 何百年来~ (11, 0.0%)

2 の習慣 1 いかばかりの, この山国, ささえて, のこの, の所蔵, の独自, の町筋, の系図, 培われた親子

▼ 何~ (11, 0.0%)

2 なの 1 ぐらいかあたり, ぐらいかな六万, という数, とかに及ぶ, とれるか, のご, の酒, を以ても隨意, 取であろう

▼ 何種類~ (11, 0.0%)

1 [11件] あって, ありましたっけね, あるか, かの型, かの楓, かを食べ, が適する, でも望む, とも知れぬ, もある, 取つて

▼ 何いう~ (10, 0.0%)

1 か目, てはる, てもたより, ても生返事, てゐ, て来, と妻, の, まもなく陣門, 名前

▼ 何うじゃ~ (10, 0.0%)

81 な怪我, な牧

▼ 何かについて~ (10, 0.0%)

1 こだわらずにと, その発生, 不足が, 事情の, 少し相談, 思い込んで, 正しい判断, 知らせが, 科学上の, 考えたわ

▼ 何だつた~ (10, 0.0%)

21 かしらと暫く, かは推賞, かまつたく, かろくに, かを知つて, か判らなく, か取り, か待ち兼ねた

▼ 何であり~ (10, 0.0%)

1 何でなく, 何の, 何を, 又何, 又何で, 又現に, 困窮は, 如何に, 次に形づくる, 私的生活とは

▼ 何~ (10, 0.0%)

3 てやん 1 かから来た, て母親, て相手, と言, もう一言, 未だ聞きたい, 来た

▼ 何万何十万~ (10, 0.0%)

2 ともしれない, の家 1 とある, というトカゲ人種, という人々, と数, と決っ, を要する

▼ 何云っ~ (10, 0.0%)

4 てやがる 2 ている 1 たってかまわない, たって是, ていらっしゃる, てらっしゃる

▼ 何人位~ (10, 0.0%)

2 ごあんすか 1 あるの, いるん, かとあけすけ, だろうと, だろうという, で男女, まだ来る, ゐたか

▼ 何刻頃~ (10, 0.0%)

2 だ, のこと 1 だえ, であろう喃, でした, でしょう, でせう, 出たん

▼ 何~ (10, 0.0%)

1 あるかと, あるの, あるもの, かを摂取, ずつ集まり, といった風, とか取らなけれ, とか昆布何枚, と唱え来, などと正確

▼ 何十ぺん~ (10, 0.0%)

3 となく 1 きても, この邸, でも何百ぺん, でも同じ, でも行っ, に一度, も友だち

▼ 何十人何百人~ (10, 0.0%)

1 でも手伝わせ, でも手傳, という人, とだんだん, となく, の事業家, の人間, の者, の若い, もの生命

▼ 何十兩~ (10, 0.0%)

2 の金 1 といふ大金, と絞られた, と金, は何處, は大金, は變, も絞られる, を吐き出させた

▼ 何十通~ (10, 0.0%)

3 となく 2 の古手紙, の手紙 1 かの手紙, と云う, にもおよん

▼ 何千万人~ (10, 0.0%)

3 の嘉村由子 1 あって, いるも, がせせこましい, が総計延べ時間何億時間, の中, の人達, の兄弟

▼ 何千万年~ (10, 0.0%)

1 かかって, かの後, かの昔, かの長い, か昔, に亘る, の後, の惰性, の間, まえの

▼ 何千年前~ (10, 0.0%)

2 とかがどう 1 から似た, から老人, に人, のギリシャ, の予言, の土器, の支那人, の神話

▼ 何千本~ (10, 0.0%)

1 か艶, だの, というえ, という杉, という矢, と云, と分っ, もの桑, も培養, 売って

▼ 何~ (10, 0.0%)

1 といわれ, のほか, の兄何進, の生んだ, の裙下, はすぐ, はそれ, は彼ら, へすがっ, も何進

▼ 何~ (10, 0.0%)

3 かの御 1 かい, だか, だつけ, であるに, であろうと, とか名乗っ, を信じ

▼ 何年位~ (10, 0.0%)

1 か, になろう, のこと, の間, までが中世, までが古代, までが近代, 居るの, 居るん, 続いたかとの

▼ 何年何月~ (10, 0.0%)

2 の幾日 1 であつ, といふ脱稿, にはかういふ, に吉事, に天皇, に生れた, の件, の間

▼ 何年奉公~ (10, 0.0%)

9 して 1 をし

▼ 何~ (10, 0.0%)

1 でもやっ, で掘出し, で買, で買った, にもある, によらず, の内儀さん, へか寄った, もしまふ, も半

▼ 何時代~ (10, 0.0%)

2 のこと, の頃 1 からはじまつ, でも都城, というの, に於, に當, に誰人

▼ 何時來~ (10, 0.0%)

2 たン 1 ても喜ばれるで, ても天鵞絨, て下さいます, て見, るえ, るか, るだらう, るとも

▼ 何町歩~ (10, 0.0%)

1 かの土地, かの最良質, かの田圃, という広い, という廣, という畑全体, とかの畑, とか叔父さん, と買, 持って

▼ 何百兩~ (10, 0.0%)

1 かの入費, か何千兩, といふ借金, といふ巨額, といふ金, といふ黄金, とかの手切れ, とか言ふん, とも知れぬ, と費

▼ 何~ (10, 0.0%)

4 か置かせ 2 か置く, の勝負 1 ぐらいの勝, ぐらいの勝負

▼ 何~ (10, 0.0%)

1 あるかしら, か, かあった, かいる, かの客, がどの, という写真班同伴, のなにがし, もここ, も乗りつけ

▼ 何~ (10, 0.0%)

1 かにのこるだろう, かの本邦植物, かをフーム, かを占める, かを書き留め, かを畳んだ, かを置い, だけを手垢, めくつて, を読み

▼ 何~ (10, 0.0%)

2 の猛犬 1 かずつ納め, かづつ, かになっ, かのアザラシ, かの犬, かは野犬, 倒れたという, 盗んで

▼ 何あれ~ (9, 0.0%)

1 が洒落文, だつて中, は, はあなた, はな空, は中学, は通りもん, もとても, もみんな嘘

▼ 何うど~ (9, 0.0%)

5 すうー 1 すえと, すっか, すーっ, すーっ何うど

▼ 何かには~ (9, 0.0%)

1 お頭, ごくいい, ぞくしても, わからないが, 一つも, 持って, 日頃から, 関係が, 青むしも

▼ 何かよほどの~ (9, 0.0%)

1 ことが, 事件でも, 御決意, 急用でも, 悪いこと, 決意を, 確信が, 重大な, 重要会見でも

▼ 何~ (9, 0.0%)

3 とかここ 2 とか君 1 とか, とすらし, とならし, と更に

▼ 何だったら~ (9, 0.0%)

1 こちらから, このまま足, 今日只今でも, 僕が, 助言を, 妹を, 本人に, 看護婦を, 私まっすぐブラブラ

▼ 何だったろう~ (9, 0.0%)

1 お前先月の, か, とそんな, と思い, ねあれ, ねえポラーノ, 今のは, 何だった, 嘉代が

▼ 何っち~ (9, 0.0%)

2 にし 1 が師匠, が本当, ですい, でもええ, も, も別, も千五百石程度

▼ 何でもが~ (9, 0.0%)

1 そう簡単, そう見えます, 他の, 大体に, 如何にも子供子供, 安いこと, 心の, 相性の, 頭の

▼ 何といふか~ (9, 0.0%)

2 知らないが 1 こんな問題, どこから, 各, 更に年, 直接に, 知らんが, 輕くも見る

▼ 何により~ (9, 0.0%)

1 いかなるさま, てかただちに, てか上る, てか目, てか辺鄙, どころを, 仕合せである, 神経痛の, 立ちとまるべき

▼ 何に対しても~ (9, 0.0%)

1 まったく冷淡, 全くの, 執着の, 惜も, 極めて穏健, 疑ひを, 羨望という, 興ずること, 興味が

▼ 何また~ (9, 0.0%)

1 あの豪傑, いつもの, この上, 何でさ, 何の, 唱えごと, 御使い道, 返事を, 雨具も

▼ 何よう~ (9, 0.0%)

1 いって, いっとるか, ございます其処, ございます構いませんと, ござんす, しやが, のことわけ, 言うで, 言って

▼ 何~ (9, 0.0%)

21 ノ一条カ文殊岩, ノ処ニカ塵埃, ノ処ニカ尋ネン, 其の節, 御深慮千万, 急成ハ, 近程ニ

▼ 何十何百~ (9, 0.0%)

2 ともしれぬ 1 かの分身, という論文, となく, とまとめ, と一度, と載せた, の捕り

▼ 何十億~ (9, 0.0%)

2 とかの金, の看客 1 あるか, かかるかも, かほんとう, か見当, という莫大

▼ 何千貫~ (9, 0.0%)

1 かという問い, かわからない, という重, といっ, とも知れぬ, とも見当, の大石, の巨岩, の石

▼ 何国人~ (9, 0.0%)

1 かね, が一番, であっても, であるか, でもなく, といえ, と思われ, のギャング, よりもキリスト教

▼ 何~ (9, 0.0%)

2 の人, の軍艦 1 かの貿易港, の某, の領地, よりも長い, 之船

▼ 何~ (9, 0.0%)

31 かとはね起きる, かと思ったら, かな, か事, か我が, か拾つて

▼ 何~ (9, 0.0%)

1 かを足し前, ぐらいのた, だ, だか, というよう, と云う, と言つた昔, の目, 落したの

▼ 何百回~ (9, 0.0%)

2 となく 1 かわからない, と, とした, となる, も乗り, も人中, も繰り返し

▼ 何~ (9, 0.0%)

3 あるまで 1 あるか, です, と数, になるでしょう, の荷物, 売り出すと

▼ 何~ (9, 0.0%)

2 は差上 1 だかは, の寄合事, の手伝, の様子, 御不自由, 教え導, 有難う存じます

▼ 何貫目~ (9, 0.0%)

1 あったって, ありますなどと, ぐらいの豚, というかね, とか手, と数字, の棒, の重量, やらむ尾

▼ 何うい~ (8, 0.0%)

4 っていい 1 う密談, う重い, ふかは, ふんだか

▼ 何かお~ (8, 0.0%)

1 てがかり, とした, ねがひすれ, めずらしい人形, もしれ, 寝苦しいこと, 美味いもの, 美味しいもの

▼ 何かでも~ (8, 0.0%)

1 あるの, あるみたい, あるやう, あるよう, とにかく送ろう, ぼくが, やっぱりそう, 詰めこんで

▼ 何かにも~ (8, 0.0%)

1 すでにその, 便利だ, 前に, 屡々伝えられた, 手の, 書いたこと, 木曾方の, 目立たんよう

▼ 何ぞい~ (8, 0.0%)

43 の未練 1 はむや

▼ 何ちふ~ (8, 0.0%)

2 ことなら 1 がつ, 云ひ, 心の, 恥を, 義理知らずものも, 處や

▼ 何でござる~ (8, 0.0%)

321 かな, か頓, が御意

▼ 何とおつ~ (8, 0.0%)

4 しやる 2 しやつ 1 しやいます, しやるでせう

▼ 何との~ (8, 0.0%)

1 う不満足, う好きそう, う気, う高貴, 働きを, 応対も, 移轍か, 総熱量

▼ 何どき~ (8, 0.0%)

1 いかなる禍いが身, ごろじゃった, そのむごい, どんな奇問, にも何, 不意に, 騒ぎが, 魚を

▼ 何について~ (8, 0.0%)

2 どんな話, 感傷する 1 お談話, 伸子は, 話すこと, 話せといふ

▼ 何のこた~ (8, 0.0%)

3 あない 2 あねえ 1 あなかっ, あねぇ, なかッぺ

▼ 何まだ~ (8, 0.0%)

2 早うござん, 雨戸が 1 一冊も, 一月は, 未決監です, 行くとも

▼ 何やらん~ (8, 0.0%)

3 大袋 1 あなたに, おそろしきもの, 打案じ顔, 打被ぎたれど, 甘へ

▼ 何ゆゑ~ (8, 0.0%)

1 に作者, に刻したる, に国情, に彼, に文語, のこの, の涙, 泣きし涙

▼ 何より~ (8, 0.0%)

2 著しい特色 1 いい塩梅, いい方法, うれしい, 嬉しい, 嬉しいの, 結構です

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 に, にその大した, によ絹ちゃん, に大した, に玉川, に給料, んだ, んでえ

▼ 何一つ身~ (8, 0.0%)

1 にしみ, についた, につく, につぐ, につけず, の中, を入れ, を労する

▼ 何万枚~ (8, 0.0%)

2 となり 1 あったって, かのレコード, に一枚, のプログラム, の梅, の絵

▼ 何九叔~ (8, 0.0%)

1 および果物売り, がやって来, って男, というお, と果物売り, の家, の手, は

▼ 何人目~ (8, 0.0%)

2 かのお産 1 かが向, かに手鈎, かの亭主, かの妻, かの老, か何人

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 かにあった, かに吉川英治, という幾字, と云, と云う, にし, に叙する, の程度

▼ 何何ん~ (8, 0.0%)

1 だ, だって, だってお, だってまだ, だと, というん, といふこと, の光

▼ 何十万年~ (8, 0.0%)

2 となく, をき 1 かはしらぬ, はたっ, も努力, 秘められて

▼ 何十尺~ (8, 0.0%)

1 か, かの断崖, かの穴, の土層, の巨大, の高, もの高, もズルズル

▼ 何十年前~ (8, 0.0%)

2 の話 1 かの支那旅行, にこの, にともかく, に一度ライプニッツ, に云った, の神功皇后時代

▼ 何千石~ (8, 0.0%)

2 のお 1 かの奥方, かの旗本, かを頂き, だか, の旗本, の高禄

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 か何と, だ, だろうが, なの, に在る, の上流, の支流, の鮎

▼ 何心配~ (8, 0.0%)

2 するほどの 1 するよう, する事, なく橇, には及ばん, のこと, の事

▼ 何思いけん~ (8, 0.0%)

1 児を, 勢に, 呵々と, 御者は, 手を, 氏は, 色を, 足を

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 あるか, あるだろう, とかいふ餅, とか何石, と書く, の實, の年貢, 持って

▼ 何新聞~ (8, 0.0%)

1 かである, か知らん, だそんな, だろうと, で二十二圓, なの, にある, の記者

▼ 何時どこ~ (8, 0.0%)

1 から戻っ, から現, がどんな, でですか, ででも僕, でなくした, でなん, でもできる

▼ 何枚目~ (8, 0.0%)

1 かにたずぬる, かの, かの原稿紙, ということ, といふところ, とかいふ伊勢屋, にある, に書い

▼ 何~ (8, 0.0%)

3 先生の 1 が鞘, 博士を, 学校の, 智慧ある, 處の

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 がまた, だろ, の手, は声, は自分, は訪ね, は鼻紙挟み, を連れ

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 でしたか, でも何, の命中弾, ほど来ました, も命中, も射つ, を射った, 心してか

▼ 何百万年~ (8, 0.0%)

2 か何千万年 1 かもしくは, か知らん, と云う, の生い立ち, もかかっ, もこうして

▼ 何百羽~ (8, 0.0%)

1 か殺した, とも知れず, と知れず下りた, と群, と飼っ, はいっ, 飛んで, 食べただろう

▼ 何百軒~ (8, 0.0%)

1 あったか, かある, とある, とあるであろう, とある家, という家, の中, の人々

▼ 何處の~ (8, 0.0%)

2 か伯父さん, か店, だ 1 も何時の, を見

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 つたか, つたん, つてる, ふてるん, も云わず, やがる, 喋ったらうか, 居つたか

▼ 何~ (8, 0.0%)

2 の草鞋 1 あるね, かすて, かと競争, か選び出し, くらいあったでしょう, になりやす

▼ 何~ (8, 0.0%)

1 か結び, だか, の捕鯨帆船, の船, もの捕鯨船, も出入, も横, も軍艦

▼ 何うすれ~ (7, 0.0%)

7 ばい

▼ 何うだっ~ (7, 0.0%)

3 ていい 2 て構う 1 て盥, て遊人

▼ 何かしらと~ (7, 0.0%)

2 思って, 首を 1 おもって, おもつ, ほうも

▼ 何かとして~ (7, 0.0%)

1 あるに, よろこんで, 仮定される, 指定する, 政治学を, 片附ける, 貰ふ

▼ 何かとは~ (7, 0.0%)

1 一寸別に, 何か, 何事に, 別な, 格式の, 訳が, 違ッて

▼ 何がは~ (7, 0.0%)

5 いつて 1 ひつてる, らが

▼ 何くそ~ (7, 0.0%)

2 と思っ 1 と反骨, と決心, ツと, 死ぬもの, 負けて

▼ 何こんな~ (7, 0.0%)

1 もの, ものぐらい, ものを, 内上る, 小僧ッ子の, 山は, 生活も

▼ 何ご用~ (7, 0.0%)

1 かと名人みずから, だろう, で, でご, でしたか, ですか, にてご

▼ 何しとる~ (7, 0.0%)

1 かい, ぞ, ぞい, というよう, のかね, んかっ, んや

▼ 何すん~ (7, 0.0%)

2 ねん, の 1 でえ, ねん無茶しな, のか

▼ 何~ (7, 0.0%)

2 あ何だい 1 あ何, か小説家, るこつちや, ッた, ッて

▼ 何ですつ~ (7, 0.0%)

1 てあれ, て九月, て叔母さん, て夫人, て私, て蛙, て閣下

▼ 何でなけれ~ (7, 0.0%)

4 ばならぬ 3 ばならない

▼ 何なるや~ (7, 0.0%)

1 につき, はダンテ自ら言はず, は汝, をしり, を知らん, を知りしか, を聞かん

▼ 何びき~ (7, 0.0%)

1 かの怪物, すてに, という怪物, のカブトムシ, の魚, もはいだし, もゾロゾロ

▼ 何よりは~ (7, 0.0%)

1 さきに, 今の, 今を, 唄弾奏軽い, 恋しい会いたい, 王師範の, 自分は

▼ 何~ (7, 0.0%)

2 て言 1 くそ, ちが, ていう名, てもう, て言ふか名

▼ 何ヵ所~ (7, 0.0%)

1 からも出, か着手, というもの, となく, にも人糞, の寺院, も構築

▼ 何万何千~ (7, 0.0%)

1 あるか, か知れない, という仲間, という金額, とも知れぬ, と生き, 数え切れぬ其花

▼ 何万分の一~ (7, 0.0%)

2 である 1 かのきわめて, かはこの, とか何, にも足りない, を選びだした

▼ 何云う~ (7, 0.0%)

2 べこの 1 か, てもこう, ても仕様, のよ, 訳です

▼ 何云ツ~ (7, 0.0%)

3 てやがる 2 てるん 1 てるの, てるのよ

▼ 何~ (7, 0.0%)

1 でなくっても, でなくても, に来る, のが, の若い, 小児を, 貸して

▼ 何~ (7, 0.0%)

1 が, が君, だって軍人, では殺せない, と, の故, はマスコット

▼ 何億年~ (7, 0.0%)

1 が, でも動きつづける, の, の後, もあの, も処女, 待っても

▼ 何十万石~ (7, 0.0%)

1 という住居, という大名, のお家, の大, の知行, も捨てる, を送りつけ

▼ 何十代~ (7, 0.0%)

2 つづいたか 1 かの新た, か前, というもの, の何, を送る

▼ 何十個~ (7, 0.0%)

1 あつまっても, だか, という懐中時計, という鎖つき, といふヘボ石, ともなく, も鏤め

▼ 何十冊~ (7, 0.0%)

2 とも知れぬ 1 といふ字引, となく, とも数, ほどめくら, まで読んだろう

▼ 何十台~ (7, 0.0%)

1 というトラック, という鉄車, とかのトラック, とも知れぬ, の自動車, の車, も作り

▼ 何十年間~ (7, 0.0%)

1 かこの, か過し, の道境三昧, もお, をこ, 稼いで, 続いて

▼ 何~ (7, 0.0%)

2 かの秋 1 あるの, かのじめじめ, ですかな, ばかり, 借りて

▼ 何~ (7, 0.0%)

1 あるの, あれば, か多い, でございますね, で書き表わされる, を要する, を覚え

▼ 何~ (7, 0.0%)

1 ともなく, ほどご, もの鱸, も干からび, も泳い, も群, も釣りあげられた

▼ 何年ごろ~ (7, 0.0%)

1 じゃ, にか純次, に講ぜられた, の事, の軍隊経験, までは其筆, 切って

▼ 何年生~ (7, 0.0%)

1 だ, だったかの, ですか, になった, になつて, のクラス会, は一体

▼ 何思ひけん~ (7, 0.0%)

1 つと振, 一聲高く, 両眼, 前後無差別踵を, 宮は, 小松殿の, 豫じ

▼ 何時東京~ (7, 0.0%)

2 へ帰る, へ行く 1 に出, に来た, へ来た

▼ 何時自分~ (7, 0.0%)

2 を欺 1 が兄, が東京, が火, の伝道, の傳道

▼ 何有郷~ (7, 0.0%)

1 と言, に帰臥, に抱き去らん, に連れ, の遊び人, を彷徨, を細やか

▼ 何~ (7, 0.0%)

2 も何服, も喫ん 1 と行く, も, も刻煙草

▼ 何殿~ (7, 0.0%)

1 かと思ひましたら, かに御, が確か, です, と仰, に頭, も国家

▼ 何町何番地~ (7, 0.0%)

2 のどの, の何 1 というの, のだれ, の何さん

▼ 何~ (7, 0.0%)

2 かの畳, だか 1 か仁右衛門堂守, ぐらいは敷けるであろう, という広

▼ 何百分の一~ (7, 0.0%)

2 の短 1 かに過ぎない, か縮小, だけが最も, に当るでしょう, に足らぬ

▼ 何百名~ (7, 0.0%)

1 かその, かの人馬, か連中, か階下, が引, とかに電気局, の応募者

▼ 何知らぬ顔~ (7, 0.0%)

3 をし 1 して, で家, で返却, にてまた

▼ 何~ (7, 0.0%)

1 かの兵士, かの留守居役, かの軍隊, か私, にあれ, の定宿, の早

▼ 何言う~ (7, 0.0%)

2 てなはる 1 てや, てん, て來たん, て来た, んだ

▼ 何~ (7, 0.0%)

2 からです 1 かに雇, という奴, という部屋, に於, の誰さん

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 がす, ざとなればどうかなるよ, そう幾つ, つてや, ッて, 作法だ

▼ 何うあろう~ (6, 0.0%)

1 か, ととにかく, ともこの, とも主君, と今度, と赤穂

▼ 何ういた~ (6, 0.0%)

2 しませう 1 しまして, します, そうかと, そうと

▼ 何うかしてる~ (6, 0.0%)

2 んだ 1 としか思へない, よこの, わ, んぢや

▼ 何うである~ (6, 0.0%)

42 かと云

▼ 何うであろう~ (6, 0.0%)

2 か, 余は 1 かと思い, 其の美人

▼ 何うなさいました~ (6, 0.0%)

21 か知りません, ろく, 奥さん, 殿樣

▼ 何かし~ (6, 0.0%)

1 くらいがなけりゃ, つかりした思想, やべ, やれた一篇, をらしい, 残したこと

▼ 何かじゃ~ (6, 0.0%)

1 ありませんか, あるまいかと, ない, ないかしらと, ないかという, ないよ

▼ 何かぞ~ (6, 0.0%)

2 つとする 1 おっと, くと, くとでも, つと厭

▼ 何かって~ (6, 0.0%)

2 いいん 1 えとヤレ手前, と出しゃばる, まっすぐに, 言うん

▼ 何かにな~ (6, 0.0%)

1 つた人である, つてを, つて呉れる, つて存在し, へる人, ッて

▼ 何からも~ (6, 0.0%)

1 乱されは, 優越した, 同一の, 強いられたの, 強制され, 生れは

▼ 何すれ~ (6, 0.0%)

2 ばしかく 1 ど参来つる, ば, ば曹操, ば親類

▼ 何せい~ (6, 0.0%)

1 きょうの, この高, すでにお, 今は, 呉王孫権が, 若い男

▼ 何そりゃ~ (6, 0.0%)

1 おいら整然と, そうです, そんな事, ちゃんと心得, もとより覚悟, 好いた女

▼ 何~ (6, 0.0%)

2 方が 1 かに結構, かの島, 孔ある, 方みち買は

▼ 何てひどい~ (6, 0.0%)

1 んだろう, 事を, 天気だ, 女でしょう, 建てかた, 物々交換でしょう

▼ 何でありましょう~ (6, 0.0%)

51 やらとんと

▼ 何であります~ (6, 0.0%)

41 か明朝, がそうそう

▼ 何でもは~ (6, 0.0%)

1 いて, お前様に, ア五六千円も, ア年は, ア此の, ア芋沢あたりの

▼ 何でもを~ (6, 0.0%)

1 うけ入れやすい, して, ひきずりおろして, ひやっこい目, キツスし, 自分の

▼ 何といったか~ (6, 0.0%)

1 どんな顔, もう一度いっ, 日米関係の, 知らんが, 覚えて, 訊かなかったか

▼ 何ならぬ~ (6, 0.0%)

3 一ふし哀れも 2 一ふしあはれも 1 品も

▼ 何にかに~ (6, 0.0%)

1 つけて, なるん, なれそう, 囲われて, 引かされるやう, 脅えたやう

▼ 何にかは~ (6, 0.0%)

2 せむ 1 すべき, せんと, せんなよ, 驚きけむ

▼ 何にが~ (6, 0.0%)

2 あるの 1 その敗北, そんなに遊ん, 必要な, 生れたの

▼ 何にだって~ (6, 0.0%)

1 なれるわよ, 人後に, 化けるん, 弊害は, 役に立ちは, 興味もってる

▼ 何にと~ (6, 0.0%)

1 なく江戸, なく賑, 云ふと, 失礼ながら, 待つ, 氣遣へば

▼ 何に対して~ (6, 0.0%)

2 だか 1 だ, だかは, 作用します, 失敬な

▼ 何はとも~ (6, 0.0%)

1 あれ, あれだ, あれの, あれも, かくと, 角今夜は

▼ 何ばい~ (6, 0.0%)

1 かの書籍, でも汲ん, の血液, もつぎたした, も何ばい, も水

▼ 何もか~ (6, 0.0%)

2 かつて居なかつた 1 あるやう, はり候事は, もちつとも, もちやん

▼ 何もね~ (6, 0.0%)

1 いまと, こんなところ, そんなにまで, 休みたか, 伯母さんが, 秘密な

▼ 何わたし~ (6, 0.0%)

2 は作品 1 が忍ん, が行っ, でございますか, の逃げ途

▼ 何バイ~ (6, 0.0%)

1 おのみ, お砂糖, もで, も何バイ, も浴びる, も酒

▼ 何一言~ (6, 0.0%)

3 の口上 1 きくすき, も人, 云わない

▼ 何万ボルト~ (6, 0.0%)

4 の電流 1 という高圧電気, の電撃

▼ 何万本~ (6, 0.0%)

1 あっても, てある, という万年筆, とも知れない, と云う, も寝ころん

▼ 何万粒~ (6, 0.0%)

2 の数の子, の無駄 1 のどれ, の犠牲

▼ 何先生~ (6, 0.0%)

2 はどう 1 が僕, だという, に, に来

▼ 何分頃~ (6, 0.0%)

1 には何処, には小やみ, にポツ, に当りませう, に霽, 行く

▼ 何十年振り~ (6, 0.0%)

1 かで今年, かの大雪, だ, でまた, とかいう大水, に大

▼ 何十日ぶり~ (6, 0.0%)

1 か, かで句作気分, かで毎日, かの雨, で, で草庵

▼ 何千哩~ (6, 0.0%)

2 も離れた 1 の空, もの運河, も続い, 隔てた海

▼ 何千坪~ (6, 0.0%)

1 あるの, かいちめん, かの雪, か何万坪, とあらう, は拝借

▼ 何千枚~ (6, 0.0%)

1 かにのぼつ, か知れぬ, という金, も仕入れた, も何萬枚, を無傷

▼ 何回分~ (6, 0.0%)

2 かの原稿 1 か終り, と決め, と纒め, 残るから

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 が孕み生んだ, であるかが, であるかを, に恥辱, の児, の首

▼ 何~ (6, 0.0%)

2 でも明い 1 だったかね, にはいったん, の受け持ち, も他

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 かの長, かを山上, とか手写, なるを, まで行ったでしょう, もかかっ

▼ 何年級~ (6, 0.0%)

1 かで山田先生, でも構, といつ, などといふこと, のクラス会, を志願

▼ 何度私~ (6, 0.0%)

2 はそれ等 1 の借金申込み, の肩, は道, は電車

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 をいつか, 何時也李商隠, 共剪西, 共剪西窓燭, 出清詩千古続遺唱, 茶

▼ 何思う~ (6, 0.0%)

4 ともなく 1 ともなき, 間もなくたちまち深井

▼ 何~ (6, 0.0%)

3 しか無い 1 かのなか, はいっ, は半数

▼ 何故人~ (6, 0.0%)

1 に言っ, の真情, はそう, は死ななけりゃ, は毒薬, を欺

▼ 何日何時~ (6, 0.0%)

1 か分らぬ, でも旅行, どんな牡馬, に死ぬ, に鞄, まで毛布

▼ 何時何~ (6, 0.0%)

1 うした, うして, があつ, が動機, が始まる, に使う

▼ 何時何時~ (6, 0.0%)

1 でも, でも安心, でも此, の昔, 別れて, 来たの

▼ 何~ (6, 0.0%)

31 によれ, のいう, の序

▼ 何本目~ (6, 0.0%)

2 かの煙草 1 かの指, かの莨, かの薪, かを撫で廻す

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 がよから, が自分, でも皆, とはなけれ, に限らず, も命がけ

▼ 何百メートル~ (6, 0.0%)

1 くだったの, という高, のところ, の深海, もむこう, も向こう

▼ 何百丈~ (6, 0.0%)

2 の谷底 1 かにわたるざらざら, か何千丈, と見挙る, の高

▼ 何百何十~ (6, 0.0%)

2 加えれば 1 という所, と並ん, になる, の到来

▼ 何百冊~ (6, 0.0%)

2 とも知れぬ 1 かの本, と云, も並べたて, も書物

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 か君, か祭っ, とも知れず, にいまそう, やら判然, を祭っ

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 かを飛行, ぐらいはいった, というの, と記入, にかねがね, 突かの

▼ 何~ (6, 0.0%)

1 つと力み返, でいきなり, と力みかえり, と思っ, と思つて, もっとしてやれ

▼ 何考え~ (6, 0.0%)

2 ていらっしゃる 1 ている, ててんやろ, てん, て見れ

▼ 何萬人~ (6, 0.0%)

1 と云, と數, と聞け, に一人, に一人くら, の命

▼ 何言ってる~ (6, 0.0%)

21 のか, んだ, んだい, 大きな声

▼ 何あろう~ (5, 0.0%)

1 あの廻転琴, か巧妙, 双体畸形, 現在眼の, 鹿子さん実は

▼ 何あんだ~ (5, 0.0%)

1 こんな時, こんな花, そんなこと, ハ, 左様か

▼ 何いってん~ (5, 0.0%)

1 だか, だよ, のさ, のさふん, のさ跛足

▼ 何うだった~ (5, 0.0%)

21 かしら, といったところ, ね

▼ 何うならう~ (5, 0.0%)

1 とそれ, とまさか, ともそれ, とも兎, と平気

▼ 何うもねえ~ (5, 0.0%)

1 お筆さん其処, どう云う, まア何, 元は, 然うで

▼ 何かか~ (5, 0.0%)

2 ような 1 きはじめました, ぶさつて, やうな

▼ 何かかわった~ (5, 0.0%)

1 ことは, 出来事が, 名を, 式が, 話を

▼ 何かくれる~ (5, 0.0%)

1 かどう, ときつ, とそれ, よ, よろしいな

▼ 何かに対して~ (5, 0.0%)

1 大きい罪, 怒鳴りつけたくなった, 戦線を, 誹謗や, 身構えるかの

▼ 何かまう~ (5, 0.0%)

3 もんか 1 ことは, ものか

▼ 何しか~ (5, 0.0%)

3 来けむ 1 我は, 時の間に

▼ 何しかも~ (5, 0.0%)

2 都の 1 母の, 過ごし酔ひ, 露の

▼ 何ずれ~ (5, 0.0%)

1 かの国, かの第三国, の国, の大国, も不

▼ 何せん~ (5, 0.0%)

3 ことも 1 と, よい手蔓

▼ 何ぜか~ (5, 0.0%)

1 これは, やはり黙っ, 意味あり, 涙が, 面白くて

▼ 何だろ~ (5, 0.0%)

1 が, さっきの, というよう, なごま, 小い星

▼ 何てった~ (5, 0.0%)

1 けのうえ, っけなア, っけね堅く, っけ勇, ってちがう

▼ 何でございまし~ (5, 0.0%)

2 てその 1 て, てへい, てエー

▼ 何でもと~ (5, 0.0%)

2 いって 1 いふの, 向う顱卷, 思ったが

▼ 何でもねえ~ (5, 0.0%)

1 あなたと, この女, この田, わざわざ知らせ, 縁切だ

▼ 何どう~ (5, 0.0%)

2 だろう 1 あっても, したと, でもい

▼ 何なく~ (5, 0.0%)

1 中へ, 切破っ, 忍んで, 開くこと, 離れて

▼ 何なりに~ (5, 0.0%)

1 したら面白かろ, して, 夫婦で, 接せず, 重きを

▼ 何なん~ (5, 0.0%)

2 だと 1 だって, ですつて, でもいい

▼ 何にもかも~ (5, 0.0%)

2 解ったと 1 忘れました, 放り出して, 皆な

▼ 何ひとつこれ~ (5, 0.0%)

1 という事績, という目的, といふ, といふ専門, といふ道楽

▼ 何ぼで~ (5, 0.0%)

1 もお客, も怒るでしょう, も材料, も虫, も貰

▼ 何までの~ (5, 0.0%)

1 おもてなし恐縮千万に, お心尽し, ご恩人, りりしさに, 世話を

▼ 何やっ~ (5, 0.0%)

1 ていらっしゃる, てこんな, てもいい, ても手応, てん

▼ 何わざ~ (5, 0.0%)

1 してか, も, も我が, も自ら, をし

▼ 何んら~ (5, 0.0%)

1 かの数学上, の名案, の奇, の実在性, の感情

▼ 何キロ~ (5, 0.0%)

2 と計られる 1 かの間それ, ぐらいかね, のキノコ雲

▼ 何グラム~ (5, 0.0%)

1 では, で何, というよう, という小さい, にあたる

▼ 何ダース~ (5, 0.0%)

1 かの征服者, というたくさん, とか言つて, も買いこん, 寄ったって

▼ 何ヶ月振り~ (5, 0.0%)

1 かでふた, かで彼女, かにその, かのまつ枝, の餡気

▼ 何一つ人~ (5, 0.0%)

2 の目 1 に與, のため, の心

▼ 何一つ口~ (5, 0.0%)

1 にしなかった, にする, へ入れるで, へ出し, を出さう

▼ 何一つ目~ (5, 0.0%)

1 につく, にはいらない, には止まらなかつた, ぼしい証拠, も心

▼ 何万匹~ (5, 0.0%)

2 とも数 1 あろうとも, というブリ, の昆虫

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 かの兼光, だかの, であろうな, と名, の後裔

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 助とかいふ, 奇特も, 弟子也然, 心配も, 沙汰も

▼ 何事もなげ~ (5, 0.0%)

1 ながらどことなく, に信濃守, に居残った, に松, に毎日

▼ 何~ (5, 0.0%)

2 の紙入 1 が悪い, が持っ, は結局

▼ 何倍何十倍~ (5, 0.0%)

1 という財宝, とかけられ, と多い, の値打ち, も押し戻さなけれ

▼ 何分の汽車~ (5, 0.0%)

1 でロケーション, で女房, で帰京, で平, に乗る

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 かに侍らせ, かの机, となく, にも並ん, も移植

▼ 何別に~ (5, 0.0%)

1 その, 仔細は, 入用な, 悪いこと, 用事は

▼ 何~ (5, 0.0%)

2 でも勝手 1 だね, とかハッキリ, に属する

▼ 何十ヵ村~ (5, 0.0%)

1 という村, の不平, の同じ, の飢え, も火

▼ 何十人前~ (5, 0.0%)

1 かの木具, と注文, の膳, の膳部, の膳飯

▼ 何十俵~ (5, 0.0%)

2 の米 1 という米俵, の半紙, も積

▼ 何十倍何百倍~ (5, 0.0%)

1 する多数, の値段, の血, もひどかっ, も大きい

▼ 何十兆分の一~ (5, 0.0%)

1 ぐらいのもの, という小さい, という程度, にも相当, に当る

▼ 何十年何百年~ (5, 0.0%)

1 かかるかも, といふ年月, とまっ, の間, も戦争

▼ 何十年後~ (5, 0.0%)

1 でなければ, に亡国, のこと, の今日, の現在

▼ 何十畳~ (5, 0.0%)

1 では, とある, の中, 敷きと, 敷けるでしょう

▼ 何十組~ (5, 0.0%)

2 となく 1 かを見送っ, もある, もの結婚式

▼ 何十貫~ (5, 0.0%)

1 といふ巨木, といふ蓋, と云, もある, もあろう

▼ 何十軒~ (5, 0.0%)

1 かの家そのもの, かの小さな, という数, といっ, も持ってた

▼ 何十階~ (5, 0.0%)

1 という建物の, という高層建物, のビルジング, のビルディング, の上

▼ 何千人何万人~ (5, 0.0%)

1 あったか, という熟練職工, のお, の前, 召捕らるるとも

▼ 何千億~ (5, 0.0%)

1 というねうち, というばくだい, という細かい, といふやう, ともしれない

▼ 何千匹~ (5, 0.0%)

1 というおびただしい, となく, のハチ, の鱶, よ

▼ 何千圓~ (5, 0.0%)

1 とか何萬圓, なら何千圓, の値打, の年俸, デアル

▼ 何千羽~ (5, 0.0%)

1 とたかり, とも知れない, の群, も飼っ, を集めた

▼ 何卒末~ (5, 0.0%)

2 長く白ツ 1 長くね, 長く御, 長く見捨てず

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 あるの, とかこ, と決った, もそろえる, 織ると

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 ぐらいで, ぐらいの船, といふほどの大きな, の石炭, 詰まるでしょうかね

▼ 何姉さん~ (5, 0.0%)

2 が辟易 1 が一人, が泣く, は見懸けた

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 かの僧, に詣でた, の何ん, へは何月何日, や何堂

▼ 何~ (5, 0.0%)

3 仙の 2 仙は

▼ 何年もの間~ (5, 0.0%)

1 お犬様, どんなに数々, の, をさまよい, 読みたい新聞

▼ 何年先~ (5, 0.0%)

1 かわかりません, か分りません, にこの, に出来る, の事

▼ 何思ふ~ (5, 0.0%)

2 らむか, 我の 1 事とてな

▼ 何方様~ (5, 0.0%)

1 で, へも番附, へ参りまし, も, もよく

▼ 何日誰~ (5, 0.0%)

1 が殺した, が言つた, と此方, に教えられた, 某宅

▼ 何時何分頃~ (5, 0.0%)

1 には何処, には小やみ, にポツ, に当りませう, に霽

▼ 何時何日~ (5, 0.0%)

1 には聖上, に出陳, に扱所, に自分, に薬価

▼ 何時通つて~ (5, 0.0%)

3 も覗かれ 2 も白痴

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 だか, だという, だろう, と何曜, は診察無料

▼ 何月頃~ (5, 0.0%)

2 はどこそこ 1 であったか, であつ, であろうか

▼ 何杯目~ (5, 0.0%)

1 か, かのお, かのウイスキー, かのグラス, だろう

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 かの草, というよう, に依る, もって, 第何條

▼ 何~ (5, 0.0%)

2 の獅顔火鉢 1 かで一挺, でも承知, の何だか

▼ 何構う~ (5, 0.0%)

1 ごとねえ, ものか, ものかという, もんか, もんです

▼ 何~ (5, 0.0%)

2 が新聞 1 ですか, に食われ, の協会

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 だらうなどと, だろうなどと, という連中, とかそんな, の大島親分

▼ 何~ (5, 0.0%)

4 は何派 1 が点す

▼ 何~ (5, 0.0%)

2 を殺す 1 か女, であるかまで, とやら改名

▼ 何百万ルーブリ~ (5, 0.0%)

1 という価格, という利益, という取引, という金塊, とかつんだ

▼ 何百年間~ (5, 0.0%)

1 ずッ, も使われた, をはたして, 寝る瀬, 眠り続けた後

▼ 何百日~ (5, 0.0%)

1 いや何十年何百年, かであった, の稼ぎ, も踏みしめた, ゐるか

▼ 何百町歩~ (5, 0.0%)

1 かの草地, ずつ払下げ, とかの水田, の檜山杉山, も持っ

▼ 何百貫~ (5, 0.0%)

1 という無数, という鉄, の大石, の成績, 賣つたさうだ何處其處

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 お傭, かの官吏, にせよ, の大臣, の書記官

▼ 何神様~ (5, 0.0%)

1 かと訊く, が祭っ, が祭つて, のお, の神主

▼ 何秒間~ (5, 0.0%)

1 かが息, かの沈默, か思いだせなかった, か穴, も続ける

▼ 何~ (5, 0.0%)

2 かです, かに 1 とかいう文句

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 かの酒, か上, であったか, となっ, も高等

▼ 何~ (5, 0.0%)

21 だろうかと, と問い, にても必要

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 とか言う, となく青く, にても三品とり, の, よりも高く

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 かということ, だか, を教わっ, を解, を話し

▼ 何~ (5, 0.0%)

1 かと看守人, となく, もうなづいた, もつついた, も同じ

▼ 何~ (4, 0.0%)

2 つても 1 がつて, 落てるん

▼ 何いい~ (4, 0.0%)

2 んです 1 ですよ, んだ

▼ 何いつ~ (4, 0.0%)

1 てるの, てんのさ, てんのさあんた, てン

▼ 何いふ~ (4, 0.0%)

21 てもふんふん, 事を

▼ 何うたっ~ (4, 0.0%)

1 ていけません, てグッ, て今, て何うに

▼ 何うでございます~ (4, 0.0%)

1 か私, といふ, 一日ぐらい, 大黒様が

▼ 何うなるであらう~ (4, 0.0%)

1 かと二番鷄, と云, と云つて心配, と思はれる

▼ 何うなろう~ (4, 0.0%)

1 かもしれぬ, とも, とも小峰, とエエ儘

▼ 何かいた~ (4, 0.0%)

1 し誠に, づらを, という気分, はりの

▼ 何かけ~ (4, 0.0%)

2 だもの 1 しからぬこと, はいを

▼ 何かつて~ (4, 0.0%)

2 言へば 1 いふと, ばかう怒鳴

▼ 何かて~ (4, 0.0%)

1 えとお酒, えと俺, えと友, 胸くその

▼ 何かや~ (4, 0.0%)

1 つては, むにやまれぬ用事が, ッて, 後は

▼ 何がでも~ (4, 0.0%)

4

▼ 何がよ~ (4, 0.0%)

1 からむと, じいさん, オだい, ツ

▼ 何~ (4, 0.0%)

2 はぬ 1 そっ, より来

▼ 何くに~ (4, 0.0%)

2 かある 1 か存, か寄せん

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 にと疑はる, に平家, より來, をさして

▼ 何じゃの~ (4, 0.0%)

1 何がや, 何故お, 己が, 意見とは

▼ 何すぐ~ (4, 0.0%)

1 に冷たく, 別れて, 戻つて, 来るつて

▼ 何そういう~ (4, 0.0%)

1 ことが, わけで, 様子の, 次第では

▼ 何そんなに~ (4, 0.0%)

1 ご心配, 困りゃしないと, 心配おしでない, 怒るが

▼ 何ぞと~ (4, 0.0%)

2 いうと 1 問いし古, 軽く見

▼ 何ちょっと~ (4, 0.0%)

1 あのエレヴェーター, 支倉さんに, 朋友を, 知って

▼ 何つう~ (4, 0.0%)

1 こった, こったよ, つらだ, どぶ

▼ 何つて~ (4, 0.0%)

1 いふわけ, いふん, も怖, やがるだ

▼ 何でしたろう~ (4, 0.0%)

4

▼ 何でもか~ (4, 0.0%)

1 あいらしい, まはず, まはず喧嘩, まひません

▼ 何でん~ (4, 0.0%)

1 お迎い, チャアンと, 下の, 持っとる

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 あったん, 為ろとかも, 繰り返して, 菜物でも

▼ 何なりを~ (4, 0.0%)

1 すべて政府で, つけて, やり出しても, 作るとして

▼ 何なれ~ (4, 0.0%)

3 や今 1 や幾日

▼ 何ぬかす~ (4, 0.0%)

1 あんぽんたん奴, そして白眼, ぞい, んや

▼ 何のといふ~ (4, 0.0%)

1 そんな気味, ものも, 其様な, 理窟は

▼ 何ひとつ不足~ (4, 0.0%)

2 のない 1 して, は無い

▼ 何ひとつ目~ (4, 0.0%)

1 にもせず, に入らなかった, に留める, ぼしい物

▼ 何へでも~ (4, 0.0%)

1 使う事, 手を, 自由自在に, 頭で

▼ 何へも~ (4, 0.0%)

1 わき目を, 叫んだ, 手が, 書かない

▼ 何もねえ~ (4, 0.0%)

1 容子を, 此処な, 行かねえか, 貴方が

▼ 何をっと~ (4, 0.0%)

2 一時は 1 喚いて, 相手も

▼ 何をという~ (4, 0.0%)

1 ところから, 仏頂面で, 気分も, 目に

▼ 何カ所~ (4, 0.0%)

1 かある, かで折った, か聞知, も

▼ 何トン~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの船, という乾草, と輸出, と運ん

▼ 何ベン~ (4, 0.0%)

1 もある, もグル, も何ベン, も機会

▼ 何ヶ月ぶり~ (4, 0.0%)

1 かでやつ, かで熊吉, でルパン, の魚

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 くれ一, というの, としてない, と一

▼ 何一つ物~ (4, 0.0%)

1 も言わず, をいはない, を言わず, を買う

▼ 何一つ話~ (4, 0.0%)

1 ができん, しあって, に上らなかった, をするで

▼ 何一つ間違つた事~ (4, 0.0%)

2 をした 1 はござらない, はない

▼ 何一品~ (4, 0.0%)

1 ありません, 動かしたもの, 盗まずに, 盗まれて

▼ 何万何億~ (4, 0.0%)

1 か知れない, と, といいたい, と云う

▼ 何万里~ (4, 0.0%)

1 となく, もさき, を一瞬, 漕ぎ巡って

▼ 何万金~ (4, 0.0%)

1 でも取引, の値打ち, も惜しまない, も投げなけれ

▼ 何人分~ (4, 0.0%)

2 の生活 1 かの仕事, も働い

▼ 何代集~ (4, 0.0%)

4 の彼ン代集の

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 かのコソ泥, ともなく云い伝えられ, の故殺, もあっ

▼ 何何さん~ (4, 0.0%)

1 がさういふ, とは關係, に紹介, は芥川さん

▼ 何何何~ (4, 0.0%)

1 が, っ, の事, をしよう

▼ 何億人~ (4, 0.0%)

1 かあっ, なら何億人, にも対抗, の人

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 この浪人, といふ品, を纒め, を飮

▼ 何分ごろ~ (4, 0.0%)

2 でしたか 1 だから, には上

▼ 何刻ごろ~ (4, 0.0%)

1 か, だ, で, に相

▼ 何十ぴき~ (4, 0.0%)

1 ってブンブン, となく, もとっ, もカスリの

▼ 何十年目~ (4, 0.0%)

2 かの大 1 かで再び, かの肩車

▼ 何十町~ (4, 0.0%)

1 か先, か向う, という田圃, もある

▼ 何十町歩~ (4, 0.0%)

2 の青田 1 という土地, と私たち

▼ 何十秒~ (4, 0.0%)

1 かかかりました, かの間, といふやう, とかいふ

▼ 何十萬~ (4, 0.0%)

1 か知りませぬ, が皆, という都市, と綜合

▼ 何千尺~ (4, 0.0%)

1 だか, の山の上, の山崩れ, の高

▼ 何千年来~ (4, 0.0%)

1 のもの, の圧迫, の恋, 搾られた精神

▼ 何千挺~ (4, 0.0%)

1 か張宗昌, か買入れた, の鉄砲, を外船

▼ 何千株~ (4, 0.0%)

1 と躑躅, なるを, の柳, の躑躅

▼ 何千町歩~ (4, 0.0%)

1 という美田, という農場, もの払下げ, やけた

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 からよ, となく, と区別, と数え

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 いそれ, いよ, からう, 測斬蛇潭

▼ 何右衛門~ (4, 0.0%)

1 だけは首, とかいう者, の話, を始め人夫一同

▼ 何~ (4, 0.0%)

2 もない 1 あって, も無い

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 だ, ではありません, なんぞつく, を云う

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 とかで, とかの金, の生活費, の筈

▼ 何太郎~ (4, 0.0%)

1 が, という男, の家内, もわるく

▼ 何如璋~ (4, 0.0%)

1 と云う, の揮毫, は明治, は明治十年頃

▼ 何子さん~ (4, 0.0%)

1 にうち復讐, の友, は病気, も誰さん

▼ 何~ (4, 0.0%)

3 いのさ 1 いものか

▼ 何年め~ (4, 0.0%)

2 えに 1 かに一度, かに私

▼ 何年型~ (4, 0.0%)

1 かの流線型哲学, がふたたび, のフォード, の制服

▼ 何年難波~ (4, 0.0%)

3 にゐ 1 にい

▼ 何度わたし~ (4, 0.0%)

1 にせがまれ, に苦勞, は溺れる, を呼びたてたでしょう

▼ 何度手紙~ (4, 0.0%)

3 を出し 1 を書きかけた

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 だの, で何噸, によるかを観察, のもの

▼ 何悪い~ (4, 0.0%)

1 ことしたむくい, ことしたむくいじゃ, と明瞭, 事を

▼ 何持た~ (4, 0.0%)

4

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 かの氷, くるか, という斤目, とか言わず

▼ 何日位~ (4, 0.0%)

1 かかりますね, で消化, ゐで, 飢える修養

▼ 何時人~ (4, 0.0%)

1 に知られる, の目, へやつ, を縛る

▼ 何時何事~ (4, 0.0%)

2 にでも用意 1 が起つ, の破裂

▼ 何時如何~ (4, 0.0%)

2 にし 1 な事情, に言ひま

▼ 何時結婚~ (4, 0.0%)

1 したつて, したの, するン, なされた

▼ 何晏集解~ (4, 0.0%)

1 には孔安國, に引ける, に漢以來諸家, の序

▼ 何月ごろ~ (4, 0.0%)

1 が一ばん, と結婚, に災難, のどこそこ

▼ 何期生~ (4, 0.0%)

1 かであり, か言っ, だ, と刷っ

▼ 何枚位~ (4, 0.0%)

1 ゐお, ゐ出来たん, ゐ書いて, ゐ進んだ

▼ 何樂模氏~ (4, 0.0%)

1 とは行違つて面識, の作, の作つた模造碑, は長安

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 などの名, など言, の名目, を詠んだ

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 が口頭, が適宜, が高, はいい

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 ぞ劇藥, てゐる, なりや, もそ

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 かを積んだ, とあった, におろす, のからさう

▼ 何番さん~ (4, 0.0%)

1 かでお, がお, だったかしら, でいらっしゃいます

▼ 何百ぴき~ (4, 0.0%)

1 いたって, というへび, というホタル, ともしれぬ

▼ 何百ぺん~ (4, 0.0%)

2 となく 1 でもくりかえす, でも君

▼ 何百マイル~ (4, 0.0%)

1 の旅, もの北の方, も旅, も離れ

▼ 何百万何千万~ (4, 0.0%)

1 とも知れない, と無数, の人々, を相手

▼ 何百億何千億~ (4, 0.0%)

1 というねうち, というばくだい, といふやう, ともしれない

▼ 何百匁~ (4, 0.0%)

1 あるかを, だつたか, とかあっ, のたい

▼ 何百度~ (4, 0.0%)

1 か知らない, となく, と見る, と読まされた

▼ 何百石~ (4, 0.0%)

1 というよう, と言っ, の侍, の禄

▼ 何百米~ (4, 0.0%)

2 の嵐 1 かの切り, 突か低く

▼ 何百金~ (4, 0.0%)

2 を積まなけれ, 積んでも

▼ 何百頭~ (4, 0.0%)

2 かの牛 1 もの牛馬, も曳い

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 か知らん, ですか, に属し, の上空

▼ 何知る~ (4, 0.0%)

1 ものか, ものです, もんかヨ, 由と

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 でもいかん, でも総代, などと先方, の何

▼ 何神社~ (4, 0.0%)

1 か森, といふ文字, とも思わず, のお祭だい

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 ある, かの加勢, ぐらい取れる, 出ましたか

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 ともなく, ともなくあり, もの水, 苅るの

▼ 何萬年~ (4, 0.0%)

1 か先, とかいふ間, も昔, も經つて

▼ 何處さ~ (4, 0.0%)

1 か行, か行ぐべア, でもけつ, 行くん

▼ 何處だい~ (4, 0.0%)

21 お美乃さん, 御苦勞

▼ 何處其處~ (4, 0.0%)

1 とさんざ, の木の下, の馬, へ金

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 てかえる, ても日本, ても楽, て跳ねる

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 はありません, はねいん, は御座いませぬ, もない

▼ 何軒目~ (4, 0.0%)

1 か, かに絵草紙屋, かの梯子酒, に狭苦しく

▼ 何遠慮~ (4, 0.0%)

2 をしねえ 1 がある, すること

▼ 何里位~ (4, 0.0%)

1 あるかね, あるの, か判明ら, 歩いたんで

▼ 何~ (4, 0.0%)

1 かが新聞, かの歌, がない, の歌

▼ 何ありゃ~ (3, 0.0%)

1 いいん, いい加減に, 売物

▼ 何いざ~ (3, 0.0%)

3 と言

▼ 何ういたし~ (3, 0.0%)

1 てあれ, て天下, て手前共

▼ 何うなされた~ (3, 0.0%)

1 か, かお, かと日々

▼ 何うなりましょう~ (3, 0.0%)

1 か, ぞ, な

▼ 何うもいけない~ (3, 0.0%)

1 がさりとて, よ, 余程いけ

▼ 何うもし~ (3, 0.0%)

2 やうが 1 てゐない

▼ 何おも~ (3, 0.0%)

3 ふとも

▼ 何かこ~ (3, 0.0%)

2 ひしき人 1 はいこと

▼ 何かすまない~ (3, 0.0%)

1 のう, ものを, 気持だった

▼ 何かにつき~ (3, 0.0%)

1 当つたやう, 当りそう, 無礼を

▼ 何かにつれて~ (3, 0.0%)

1 すぐ村, 人を, 佐渡の

▼ 何かばかり~ (3, 0.0%)

1 お上がり, で西洋, 読んで

▼ 何かまで~ (3, 0.0%)

1 出るの, 小脇に, 彼の

▼ 何かよほどな~ (3, 0.0%)

1 大事でも, 彼の, 探し物

▼ 何かをも~ (3, 0.0%)

1 忘れて, 知らないで, 見ながら

▼ 何か村~ (3, 0.0%)

1 に用事, の有力家, の相談事

▼ 何がだって~ (3, 0.0%)

1 だか, だそんなに, です

▼ 何がへ~ (3, 0.0%)

1 えぢ, えって, えってたの

▼ 何さまこれ~ (3, 0.0%)

1 で六十, は負傷, ァ大きに

▼ 何さむい~ (3, 0.0%)

3 位で

▼ 何したら~ (3, 0.0%)

1 好いと, 宜かろう, 篠田様の

▼ 何してた~ (3, 0.0%)

21 んだ

▼ 何してやがる~ (3, 0.0%)

1 んだ, んやろ, 下司めが

▼ 何してるだ~ (3, 0.0%)

1 あ, か, ンべ

▼ 何しとるだ~ (3, 0.0%)

1 この寒い, んべ, ンべ

▼ 何しにいらした~ (3, 0.0%)

1 か誰, の, んです

▼ 何しよう~ (3, 0.0%)

1 がお前, というの, と慎しみ

▼ 何じゃったろ~ (3, 0.0%)

2 かい 1 何じゃったろ

▼ 何じゃろ~ (3, 0.0%)

1 あの空いろは, かのう, がこれ

▼ 何だいこれ~ (3, 0.0%)

21 は何

▼ 何だいそれ~ (3, 0.0%)

3

▼ 何だっても~ (3, 0.0%)

1 こうなれ, ないよ, 此の

▼ 何ちう~ (3, 0.0%)

1 おつか, てな, 組合だっ

▼ 何つて云つて~ (3, 0.0%)

1 も彼, も私, 叱かられたの

▼ 何ていうか~ (3, 0.0%)

1 云わば, 井戸が, 科白が

▼ 何てこッ~ (3, 0.0%)

1 た, たろう, てしょう

▼ 何でございました~ (3, 0.0%)

1 っけね, でせう, 間もなく赤樫さん

▼ 何でもという~ (3, 0.0%)

1 わけ, サモし, 長庵

▼ 何で御座いませう~ (3, 0.0%)

2 貴方方 1

▼ 何とが~ (3, 0.0%)

1 なくなったん, 焼け失せたか, 燒け

▼ 何とで~ (3, 0.0%)

2 ござります 1 つかい胃袋

▼ 何とを~ (3, 0.0%)

1 かしい程, トラックで, 買ったとか

▼ 何どす~ (3, 0.0%)

1 え, か切開, 銀錆で

▼ 何どん~ (3, 0.0%)

21 の注進

▼ 何どんな~ (3, 0.0%)

1 事が, 女だった, 目に

▼ 何なに~ (3, 0.0%)

1 心強いか, 責められても, 遠くつて

▼ 何についても~ (3, 0.0%)

1 斯様な, 最も悪い, 罪悪です

▼ 何にて~ (3, 0.0%)

1 も本づく, 候ぞ, 極る

▼ 何にね~ (3, 0.0%)

1 え己ア元村, その村, 向ふ

▼ 何にもねえ~ (3, 0.0%)

1 ほんの独法師, 八方から, 詰らねえ事

▼ 何によるかと~ (3, 0.0%)

1 いうに, いえば, いふと

▼ 何のくらいの~ (3, 0.0%)

2 ものだろう 1 力かと

▼ 何のじゃ~ (3, 0.0%)

2 ない 1 ないどう

▼ 何のて~ (3, 0.0%)

2 だても 1 以ての外だ

▼ 何のね~ (3, 0.0%)

1 うちか, うちが, うちも

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 しよったと, 云よっ, 寢ぼけてる

▼ 何ばかりの~ (3, 0.0%)

1 楽の, 物も, 血をも

▼ 何ひとつ私~ (3, 0.0%)

1 にはくだす, に手伝わなかった, の若々しい

▼ 何ひとつ頭~ (3, 0.0%)

1 に入らない, に浮かばない, に浮ん

▼ 何ほどと~ (3, 0.0%)

1 そこに, 定価の, 言った当時

▼ 何ほどに~ (3, 0.0%)

2 なりました 1 教育する

▼ 何ほんの~ (3, 0.0%)

1 ちよいと, 悪戯で, 惡戯で

▼ 何ぼな~ (3, 0.0%)

3 んだ

▼ 何までに~ (3, 0.0%)

1 感服は, 渡って, 渡つて随分

▼ 何までも~ (3, 0.0%)

1 いい花, 大ちがい, 芝居の

▼ 何もは~ (3, 0.0%)

1 ぢき飛ばす, ひつてない, ふり出して

▼ 何もを~ (3, 0.0%)

2 かしがること 1 やしんけど

▼ 何やっぱり~ (3, 0.0%)

1 ありますよ, さよならです, 道は

▼ 何ゆえ死~ (3, 0.0%)

3 にしか和主

▼ 何よりの~ (3, 0.0%)

1 幸福の, 機会だ, 証拠だ

▼ 何わけ~ (3, 0.0%)

1 がない, なしで, は有りません

▼ 何をかも~ (3, 0.0%)

1 とむ呼, 忘れて, 攫むとすら

▼ 何をとも~ (3, 0.0%)

1 なく目守, なく神, 待つ

▼ 何をの~ (3, 0.0%)

1 のかむ, んだ, 謂である

▼ 何をよ~ (3, 0.0%)

1 そんな事ッ, よせや, 何んの

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 向フハ闇夜, 早ク東京ニ帰リタイ理由ガアッタノデハナカロウカ, 頻リニ話シ込ンデイル

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 在ル, 故ニ, 故ニ英米ト日本トガ國民精神

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 浅カラン, 然ラン, 疑ハン乎

▼ 何フラン~ (3, 0.0%)

2 を越え 1 かをへずらした

▼ 何ポンド~ (3, 0.0%)

1 あれば, かの煙草, ぐらいの大

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 グズグズ吐きゃ, 三拝九拝スルッテッタ癖ニ, 手前は

▼ 何ヶ年~ (3, 0.0%)

1 ぐらいかかる, と云, に相成る

▼ 何一つ罪~ (3, 0.0%)

1 がない, はねえ, らしい罪

▼ 何万年前~ (3, 0.0%)

2 からこんな 1 の脊椎動物

▼ 何主義者~ (3, 0.0%)

21 であるか

▼ 何云い~ (3, 0.0%)

1 がかりとか, なはる, 分を

▼ 何人だい~ (3, 0.0%)

1 あの肥った, あの肥つた親爺, ありゃなんだか

▼ 何人様~ (3, 0.0%)

1 で, と, もお

▼ 何何故~ (3, 0.0%)

1 だ, 招ば, 笑ふ

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 か登城, に半弓, の御

▼ 何億円~ (3, 0.0%)

1 であらう, の美術品, の金

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 な, にはいろう, に属する

▼ 何其の~ (3, 0.0%)

1 家政學である, 簪は, 舟覆りあ

▼ 何其樣~ (3, 0.0%)

2 な氣 1 でもありません

▼ 何冊目~ (3, 0.0%)

1 と記した, の戯曲集, の本

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 ほどの金聖歎, もこれ, もの大作

▼ 何分何秒~ (3, 0.0%)

1 から春, に始まつ, に終る

▼ 何分家~ (3, 0.0%)

1 が揉め, が此, と家

▼ 何刻時分~ (3, 0.0%)

1 だ, だらう, だろう

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 かの四角, ときまっ, よりは多い

▼ 何十プロセント~ (3, 0.0%)

1 にはなりうる, は綺麗, を排泄

▼ 何十ヵ所~ (3, 0.0%)

1 かしれず, とある, にもわたっ

▼ 何十万何百万~ (3, 0.0%)

1 という人間, とまとまった, の日本

▼ 何十分間~ (3, 0.0%)

1 ぐらい便所, に一人, 歩き続けたか

▼ 何十回目~ (3, 0.0%)

1 かで彼, かは知らない, 故ダレ

▼ 何十圓~ (3, 0.0%)

1 かの金, といふ巍然, といふ立派

▼ 何十尾~ (3, 0.0%)

1 でもよろこん, といふ数, とか放つた

▼ 何十年一日~ (3, 0.0%)

1 のごとき, の如き, の如し云々

▼ 何十年先~ (3, 0.0%)

1 で当る, の事, まで生きる

▼ 何十戸~ (3, 0.0%)

1 かわからない, という数, を数える

▼ 何十時間~ (3, 0.0%)

1 かが経過, だか, 居すわって

▼ 何十箇所~ (3, 0.0%)

1 というくらいでした, とふえた, にもあっ

▼ 何十艘~ (3, 0.0%)

1 という軍艦, の持船, も川

▼ 何十頁~ (3, 0.0%)

1 か, という宿題, を切り裂い

▼ 何十騎~ (3, 0.0%)

1 いたか, という馬の背, となく

▼ 何千キロ~ (3, 0.0%)

1 という遠方, の毒薬, もはなれた

▼ 何千メートル~ (3, 0.0%)

1 という, という深い, も高い

▼ 何千丈~ (3, 0.0%)

1 か乾, とも知れぬ, の谷底

▼ 何千何萬~ (3, 0.0%)

1 といふ身上, と知れ無い, の人

▼ 何千卷~ (3, 0.0%)

1 あるか, の書物, は實物

▼ 何千名~ (3, 0.0%)

2 の御 1 と云う

▼ 何千年何万年~ (3, 0.0%)

1 という悠久, にわたって嫌, 呼び続けるか

▼ 何千度~ (3, 0.0%)

1 か云われ, でも楽, という高熱

▼ 何千語~ (3, 0.0%)

2 の註釈 1 あるの

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 ちがうか, とかいった, または何分

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 只留殖民州外烟, 失却往年航海名, 韋娘老

▼ 何叔母さん~ (3, 0.0%)

1 さえ信用, の方, の方ぢ

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 あつた, あるか, か連続

▼ 何号室~ (3, 0.0%)

1 と記したる, に投宿, の患者

▼ 何合目~ (3, 0.0%)

1 かの茶店, が即ち, まで降雪

▼ 何吉郎~ (3, 0.0%)

1 がいい, と何治郎, には圭角

▼ 何~ (3, 0.0%)

21 してけ

▼ 何吐かしやがる~ (3, 0.0%)

2 のや 1 豪らさ

▼ 何~ (3, 0.0%)

3 となく

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 でも服地, の倉庫, の蟒蛇

▼ 何坪何合~ (3, 0.0%)

1 かの地面, のうち, の周囲

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 に古代, の菓子, は十幾万

▼ 何大通~ (3, 0.0%)

2 とやらの一人 1 の番付尻

▼ 何安田~ (3, 0.0%)

1 の名刺, の炭鉱, の炭鑛

▼ 何屈託~ (3, 0.0%)

1 なう遊び, のない, もなかつた

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 あると, 倍するだろう, 第幾箱目

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 か不明, だからねえ, のどの

▼ 何~ (3, 0.0%)

3 れは

▼ 何年くら~ (3, 0.0%)

2 ゐ奉公 1 ゐに

▼ 何年何十年~ (3, 0.0%)

1 と捕われ, の経験, の長い

▼ 何年分~ (3, 0.0%)

2 の勘定 1 もどっさり雑然と

▼ 何年昔~ (3, 0.0%)

2 になるだろう 1 の謎

▼ 何年組~ (3, 0.0%)

2 の秀才 1 または昭和何年組

▼ 何年經つて~ (3, 0.0%)

1 も一定, も同, も私

▼ 何年間僕~ (3, 0.0%)

2 が眠らない 1 はもう

▼ 何度自殺~ (3, 0.0%)

1 と云う, を考えた, を計った

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 で何, の出し物, も大入満員

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 く縫, とも書い, み吾

▼ 何思い~ (3, 0.0%)

1 けむ小膝, けむ踵, のこす

▼ 何思い出した~ (3, 0.0%)

1 か事務長, か沁, か甚七

▼ 何思ひ~ (3, 0.0%)

1 けむ, けむと, けむ紫ぐるみ

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 かすゝ, そら何ん, 掴みだと

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 あるか, かの短銃, を持っ

▼ 何日ここ~ (3, 0.0%)

1 で逢う, へ登山, を出かけた

▼ 何日どこ~ (3, 0.0%)

1 で, でそんな, の場所

▼ 何日分~ (3, 0.0%)

1 かの飯代, の眼薬, はそれ

▼ 何日前~ (3, 0.0%)

1 から明日, に磨った, のこと

▼ 何時あなた~ (3, 0.0%)

1 がおいで, の所, は私

▼ 何時はな~ (3, 0.0%)

2 も恋 1

▼ 何時もの~ (3, 0.0%)

1 とはまるで, とほり安価, に歸つて

▼ 何時何分何秒~ (3, 0.0%)

1 から春, に始まつ, に終る

▼ 何時出発~ (3, 0.0%)

1 しようと, する予定, なさるの

▼ 何時往~ (3, 0.0%)

1 ったら逢われようかという, っても好い, て善い

▼ 何時拘引~ (3, 0.0%)

2 されるか 1 するの

▼ 何時此処~ (3, 0.0%)

1 へい, へ来, へ来た

▼ 何時歸~ (3, 0.0%)

1 るか, るとも, るの

▼ 何時死~ (3, 0.0%)

1 ぬるの, ぬるも御, ぬるやら

▼ 何時眼~ (3, 0.0%)

1 が覚めよう, をさまし, を醒し

▼ 何時私~ (3, 0.0%)

1 がそんな, が御, までもその

▼ 何時間位~ (3, 0.0%)

1 かかるン, ひ眠つたん, 眠ったでしょうか

▼ 何時間後~ (3, 0.0%)

1 じゃな, にそれ, に何分

▼ 何曰く何~ (3, 0.0%)

1 そして無論, と日本婦人, と色々

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 というの, に近づき, は怒っ

▼ 何月何日ごろ~ (3, 0.0%)

1 に到着, に当たるであろう, の季節

▼ 何月号~ (3, 0.0%)

1 と銘打った, に何枚, の何

▼ 何月幾日~ (3, 0.0%)

1 の, の事, の何時頃人

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 であるか, となく, の上

▼ 何本もの~ (3, 0.0%)

2 飛ぶ矢 1 斬尖が

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 ふもの, ふもんかい, やしない

▼ 何樂模~ (3, 0.0%)

1 が疑, とあつ, は即ち

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 かを彼等全部, とか敵機, も来

▼ 何~ (3, 0.0%)

3 かの活字

▼ 何歳位~ (3, 0.0%)

1 から始まる, かナ, だったか

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 であったという, の女, の題字

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 のウラ, の岳, の頭

▼ 何町四方~ (3, 0.0%)

1 の町家, は一ぱい, を邸内

▼ 何番鶏~ (3, 0.0%)

2 か知らん 1 か知らない

▼ 何病気~ (3, 0.0%)

2 で死んだ 1 でも仁丹

▼ 何百万倍~ (3, 0.0%)

1 あるから, の放射能, も大きな

▼ 何百何~ (3, 0.0%)

1 うして, に何千何百何十, 万何億

▼ 何百何千人~ (3, 0.0%)

2 の難儀 1 あるか

▼ 何百億~ (3, 0.0%)

1 か知れない, つぎこむよりも, という狂気

▼ 何百億円~ (3, 0.0%)

1 だか, というおそろしい, の予算

▼ 何百回何千回~ (3, 0.0%)

1 くりかえした事, となく, 繰りかえしたこと

▼ 何百年もの間~ (3, 0.0%)

1 には落雷, に世界中, ひとりぼっち

▼ 何百年何千年~ (3, 0.0%)

1 の後, は決して, 経っても

▼ 何百年後~ (3, 0.0%)

1 のこと, の世界, まで形

▼ 何百戸~ (3, 0.0%)

1 かの苦しい, といふ巣窟, のうち

▼ 何百艘~ (3, 0.0%)

1 で一本マスト, となく, もの船団

▼ 何百輛~ (3, 0.0%)

1 とも数, とも數, の大群

▼ 何百騎~ (3, 0.0%)

1 という荒武者, の侍, 来るとも

▼ 何知らぬ~ (3, 0.0%)

1 おとめまでが, 静けさです, 風を

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 の軍, は兵, は遁

▼ 何種族~ (3, 0.0%)

1 がはじめて, に属する, も戦争

▼ 何~ (3, 0.0%)

3 の源氏名耳

▼ 何考える~ (3, 0.0%)

2 ともなく 1 か寒

▼ 何考へてるだ~ (3, 0.0%)

2 べさ 1 かな

▼ 何萬坪~ (3, 0.0%)

1 といふ大地, となく, ともしれぬ

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 かだ, かに達し, まで續

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 かの理髪床, か理髮床, で発見

▼ 何言うた~ (3, 0.0%)

1 ぞ, て, はりまん

▼ 何言うてる~ (3, 0.0%)

2 のや 1 がんだ

▼ 何言つて~ (3, 0.0%)

1 やあんだ, やんだい, やんで

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 かの金, くかに, の寺

▼ 何負傷~ (3, 0.0%)

3 をする

▼ 何貫文~ (3, 0.0%)

1 かの褒美, とか都, の銭

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 やって来たの, 仕切って, 此の

▼ 何遍それ~ (3, 0.0%)

1 を一ぱい, を怺, を繰返すだろう

▼ 何里四方~ (3, 0.0%)

1 が隙, という程, をゆるがし

▼ 何階目~ (3, 0.0%)

1 であつ, なん, に隠し

▼ 何面白い~ (3, 0.0%)

2 ことも 1 事あります

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 でか, はいなかった, はゐなかつた

▼ 何~ (3, 0.0%)

1 の大きい, の色, の頭

▼ 何あなた~ (2, 0.0%)

1 ご心配, ちっと待たし

▼ 何あなたここ~ (2, 0.0%)

2 に月明

▼ 何あにいくら~ (2, 0.0%)

1 女房ぢや, 考へ

▼ 何いうてる~ (2, 0.0%)

1 のん, んや

▼ 何いけませんけれ~ (2, 0.0%)

2 ば跣足

▼ 何いってる~ (2, 0.0%)

1 のよ, んだ

▼ 何いわれ~ (2, 0.0%)

1 てもただ, ても平気

▼ 何うえ~ (2, 0.0%)

1 このお, まよく

▼ 何うかしたい~ (2, 0.0%)

1 くらいに思っ, と思つて

▼ 何うかしやしない~ (2, 0.0%)

1 かしら, かしら怪我

▼ 何うござんしよう~ (2, 0.0%)

2 かと答

▼ 何うさ~ (2, 0.0%)

1 っしゃったろう, つし

▼ 何うしたんぢ~ (2, 0.0%)

1 やこれしき, やな

▼ 何うす~ (2, 0.0%)

1 べいと, べえ

▼ 何うせ死ぬ~ (2, 0.0%)

1 のだ, 位なら

▼ 何うでございました~ (2, 0.0%)

2

▼ 何うでございましょう~ (2, 0.0%)

1 かね, か知ら

▼ 何うでござんしよ~ (2, 0.0%)

2 か持たれる

▼ 何うでござんす~ (2, 0.0%)

2 太吉も

▼ 何うなさる~ (2, 0.0%)

1 かしら, かと思う

▼ 何うなりし~ (2, 0.0%)

1 ぞや, てくれ

▼ 何うなるだ~ (2, 0.0%)

2 アよ

▼ 何うにかなり~ (2, 0.0%)

2 はしない

▼ 何うもいけません~ (2, 0.0%)

1 何を, 幾ら金を

▼ 何うもな~ (2, 0.0%)

1 つては, ア

▼ 何うや~ (2, 0.0%)

1 な, なア

▼ 何う訊き出した~ (2, 0.0%)

2 か山

▼ 何おもった~ (2, 0.0%)

1 かもの, のか

▼ 何おれ~ (2, 0.0%)

1 の子, をはり

▼ 何お前~ (2, 0.0%)

1 の盜, 案じるほどの

▼ 何かいます~ (2, 0.0%)

1 ぜ熊, よ

▼ 何かおつ~ (2, 0.0%)

1 しやつ, な手土産

▼ 何かお書き~ (2, 0.0%)

1 なさるの, になっ

▼ 何かからか~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひ度

▼ 何かかん違い~ (2, 0.0%)

1 をし, をしてる

▼ 何かけもの~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 何かこそこそと~ (2, 0.0%)

1 相談しあっ, 耳打ちした

▼ 何かこつ~ (2, 0.0%)

1 そり相談した, やとこ

▼ 何かさも~ (2, 0.0%)

1 不平に, 面白くて

▼ 何かす~ (2, 0.0%)

1 がす, ーす

▼ 何かたいせつな~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものを

▼ 何かでしか~ (2, 0.0%)

1 ないこと, なくなる歴史的時間

▼ 何かとか~ (2, 0.0%)

1 学校の, 更には

▼ 何かとしか~ (2, 0.0%)

1 思へない女性, 言えない

▼ 何かとも~ (2, 0.0%)

1 ぢ, ひとつの

▼ 何かにでも~ (2, 0.0%)

2 来て

▼ 何かにとり~ (2, 0.0%)

1 かかると, 縋るよう

▼ 何かに使~ (2, 0.0%)

1 ふべき金, ふ木標

▼ 何かに囚~ (2, 0.0%)

2 はれて

▼ 何かに対する~ (2, 0.0%)

1 復讐を, 根本的な

▼ 何かねだ~ (2, 0.0%)

1 つた, つて居る

▼ 何かねと~ (2, 0.0%)

1 きいても, 訊くと

▼ 何かへの~ (2, 0.0%)

1 つけてさ, 申しわけとして

▼ 何かへも~ (2, 0.0%)

1 強盗に, 知らせ檀那寺

▼ 何かま~ (2, 0.0%)

1 ひません, ふことは

▼ 何かもに~ (2, 0.0%)

1 ゃもにゃ言っ, やもにや

▼ 何かやら~ (2, 0.0%)

1 なくちゃ, なくては

▼ 何かよりも~ (2, 0.0%)

1 この, もっとたび

▼ 何からか~ (2, 0.0%)

1 察知し, 急に

▼ 何からが~ (2, 0.0%)

1 なんとも言えない, 何とも云

▼ 何かを以て~ (2, 0.0%)

1 極めて小さな, 飾り立てぼろぎれ

▼ 何がち何顔何心~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ 何がっ~ (2, 0.0%)

1 ていってる, 兵頭っ

▼ 何がとも~ (2, 0.0%)

1 いえぬが, なく癪

▼ 何がも~ (2, 0.0%)

1 ないもん, 何も

▼ 何ぐずぐず~ (2, 0.0%)

1 して, しぶくってる

▼ 何こか~ (2, 0.0%)

1 横顔に, 父に

▼ 何ここ~ (2, 0.0%)

1 で, に緑

▼ 何こっち~ (2, 0.0%)

1 だって味方, の衆

▼ 何こりゃ~ (2, 0.0%)

1 十分ばかり, 詰らない事

▼ 何これから~ (2, 0.0%)

1 でも励め, 運が

▼ 何これしき~ (2, 0.0%)

1 とガンバリ, の下され

▼ 何さしたる~ (2, 0.0%)

1 事で, 程で

▼ 何され~ (2, 0.0%)

1 ている, てもどうも

▼ 何してるだらう~ (2, 0.0%)

2 お定

▼ 何します~ (2, 0.0%)

1 どうも貴下御免, につけ

▼ 何しゃべった~ (2, 0.0%)

1 かな, かなア

▼ 何しやる~ (2, 0.0%)

1 のじゃ, ッ

▼ 何しよ~ (2, 0.0%)

1 っと, っとか

▼ 何しらず~ (2, 0.0%)

2 目の

▼ 何しるで~ (2, 0.0%)

2

▼ 何じゃあ~ (2, 0.0%)

1 あの棟方与右衛門, ないん

▼ 何じゃか~ (2, 0.0%)

1 愚僧は, 言って

▼ 何じゃかじゃと~ (2, 0.0%)

1 つまらんこと, もう煩

▼ 何じゃった~ (2, 0.0%)

2

▼ 何じゃね~ (2, 0.0%)

1 大変な, 話が

▼ 何じゃやら~ (2, 0.0%)

1 ちっとももの, 頻に

▼ 何じや~ (2, 0.0%)

1 がう, ぞえ

▼ 何せい父~ (2, 0.0%)

1 の相国, は忙しく

▼ 何それ何~ (2, 0.0%)

1 あの貸した, という騒ぎ

▼ 何たかが~ (2, 0.0%)

1 女だ, 油売の

▼ 何たっ~ (2, 0.0%)

1 て本場, て社会

▼ 何だい彼物~ (2, 0.0%)

2 は昌作さん

▼ 何だい滅多~ (2, 0.0%)

1 な物貰, な物貰い

▼ 何だい狸~ (2, 0.0%)

1 が何, 阿魔

▼ 何だかず~ (2, 0.0%)

2 しんと枕元

▼ 何ださうだ~ (2, 0.0%)

1 ね, ねえ先

▼ 何だす~ (2, 0.0%)

1 娘の, 検事さん

▼ 何だっ~ (2, 0.0%)

1 こんな客, さ真

▼ 何だったであろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 何だつたら~ (2, 0.0%)

1 うちの, 大事な

▼ 何だのか~ (2, 0.0%)

2 だの

▼ 何だ見~ (2, 0.0%)

2 ッとも

▼ 何ちった~ (2, 0.0%)

1 ってこいつ, って今日

▼ 何ちっとも~ (2, 0.0%)

1 この人, 心配じゃ

▼ 何ちつたつ~ (2, 0.0%)

1 てあれ, て仕

▼ 何っても~ (2, 0.0%)

2 怖っ

▼ 何つかす~ (2, 0.0%)

2 んぢや

▼ 何つま~ (2, 0.0%)

2 でも撫廻

▼ 何つも~ (2, 0.0%)

2 大きく瓶

▼ 何づれ~ (2, 0.0%)

1 の處, も不

▼ 何ていうの~ (2, 0.0%)

1 だい, 樗牛という

▼ 何てか~ (2, 0.0%)

1 いて, はい

▼ 何てこ~ (2, 0.0%)

1 ってしょう, となくなっちゃっ

▼ 何てつ~ (2, 0.0%)

1 たつけな, たつて

▼ 何ても~ (2, 0.0%)

1 あいにくな, どじばかり

▼ 何であろ~ (2, 0.0%)

1 ただ事では, 真実は

▼ 何でございませう~ (2, 0.0%)

1 か, けれど嫌

▼ 何です困~ (2, 0.0%)

2 つた事ツて

▼ 何でもさ~ (2, 0.0%)

1 ういつた文句, 目張でも

▼ 何でもな~ (2, 0.0%)

1 ささうに, 男には

▼ 何でもへ~ (2, 0.0%)

1 い世間, 足を

▼ 何といったかと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 言えば

▼ 何といったかな~ (2, 0.0%)

1 その宿, イギリスの

▼ 何といふの~ (2, 0.0%)

1 だい, 覚えて

▼ 何としての~ (2, 0.0%)

1 おん涙です, 相違ぞや

▼ 何ともかとも~ (2, 0.0%)

1 申されぬな, 言ひ

▼ 何ともし~ (2, 0.0%)

1 がたい恋しく苦しい心, ていない

▼ 何とやらと~ (2, 0.0%)

1 云うこと, 鼻唄を

▼ 何どうして~ (2, 0.0%)

1 いようと, 返事を

▼ 何どうせ~ (2, 0.0%)

1 三枚は, 今日は

▼ 何どきだ~ (2, 0.0%)

1 と訊いた, ね

▼ 何どの~ (2, 0.0%)

1 は内端, 国の

▼ 何なす~ (2, 0.0%)

1 つて, となく

▼ 何なりは~ (2, 0.0%)

1 父様も, 自分自身が

▼ 何なりや~ (2, 0.0%)

1 いかに汝, との疑問

▼ 何にあたる~ (2, 0.0%)

1 え, ひと

▼ 何にかけても~ (2, 0.0%)

1 美味うございます, 美味くなる

▼ 何にかと~ (2, 0.0%)

1 僕まで, 訊く少年

▼ 何についての~ (2, 0.0%)

1 悩みな, 贖罪である

▼ 何にとも~ (2, 0.0%)

1 なく息気, 知れない怒り

▼ 何にな~ (2, 0.0%)

1 くらむかなし, つても

▼ 何にもが~ (2, 0.0%)

1 アせんだに, 影を

▼ 何にもは~ (2, 0.0%)

2 ひつてない

▼ 何にやら~ (2, 0.0%)

1 島居氏に, 考へ

▼ 何によっても~ (2, 0.0%)

1 分類されうる, 慰められぬ月日

▼ 何によつ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て學んだ

▼ 何に対する~ (2, 0.0%)

1 喪か, 憫れみな

▼ 何ねエな~ (2, 0.0%)

2 奴でも

▼ 何のけ~ (2, 0.0%)

1 はひも, はひ無き

▼ 何のち~ (2, 0.0%)

1 がひもなかつた, ゆうちよ

▼ 何のっ~ (2, 0.0%)

1 てなあに, て可笑しい

▼ 何のみ~ (2, 0.0%)

1 だれも, れんも

▼ 何のや~ (2, 0.0%)

1 くにか, 主人と

▼ 何はばむ~ (2, 0.0%)

1 長髄彦, 長髓彦

▼ 何はや~ (2, 0.0%)

1 お上を, お戻り

▼ 何ばん目~ (2, 0.0%)

1 の車, の辛酸

▼ 何ひとこと物~ (2, 0.0%)

1 をいう, を言わなかった

▼ 何ひとつ不純~ (2, 0.0%)

2 な声

▼ 何ひとつ人~ (2, 0.0%)

1 にすぐれた, の眼

▼ 何ひとつ仕事~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, をするで

▼ 何ひとつ心~ (2, 0.0%)

1 を励ます, を躍らす

▼ 何ひとつ教訓~ (2, 0.0%)

2 らしいもの

▼ 何ひとつ眼~ (2, 0.0%)

1 には見えず, にもとまらず

▼ 何びき何~ (2, 0.0%)

2 ぶくろ

▼ 何ぴとにも~ (2, 0.0%)

1 問うこと, 怪ま

▼ 何ぴとよりも~ (2, 0.0%)

2 深徹

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 くろ

▼ 何ぶり~ (2, 0.0%)

2 などと詠ずる

▼ 何ぶり何がち何顔何心~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ 何ぶんひま~ (2, 0.0%)

2 に見えた

▼ 何ぶん私~ (2, 0.0%)

2 の一存

▼ 何ほどという~ (2, 0.0%)

1 ことから, ふうに

▼ 何ほどにも~ (2, 0.0%)

1 ならないが, なるものぢ

▼ 何ほどを~ (2, 0.0%)

2 分けて

▼ 何ぼく~ (2, 0.0%)

1 ど, にかはて

▼ 何まあ~ (2, 0.0%)

1 かけたま, ね何

▼ 何まぐれあたり~ (2, 0.0%)

2 に見えた

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 てゆだろう, をつくし思ひ

▼ 何もが~ (2, 0.0%)

1 すべて消え, 唐で

▼ 何もしや~ (2, 0.0%)

1 へんという, べらず

▼ 何もっ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て何

▼ 何もな~ (2, 0.0%)

1 しこ, 何も

▼ 何やこう~ (2, 0.0%)

1 意味あり, 頭抑えつけられる

▼ 何やらを~ (2, 0.0%)

1 咬んで, 読んで

▼ 何やろ~ (2, 0.0%)

1 かいな, 黄疸か

▼ 何ゆゑとなく~ (2, 0.0%)

1 懐かしき思ひ, 睦ましく離れがたく

▼ 何わき~ (2, 0.0%)

2 まへぬ

▼ 何わし~ (2, 0.0%)

1 かい, を負う

▼ 何ゑと~ (2, 0.0%)

2 受けて

▼ 何をかなさ~ (2, 0.0%)

2 むとせしそは

▼ 何をかは~ (2, 0.0%)

1 人生の, 待つ

▼ 何をば~ (2, 0.0%)

1 提げて, 言い散らすの

▼ 何をもって~ (2, 0.0%)

1 実証する, 証明いたしたら

▼ 何んでした~ (2, 0.0%)

1 っけ, つけね

▼ 何んでしたら~ (2, 0.0%)

1 お仲, 御案内

▼ 何アー~ (2, 0.0%)

1 んで, んでえ

▼ 何カイリ~ (2, 0.0%)

1 か, まで見える

▼ 何カ月ぶり~ (2, 0.0%)

1 かで再び, のこと

▼ 何クソ~ (2, 0.0%)

1 っていう気, とねばらなけれ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 この子, 宜う

▼ 何シロ~ (2, 0.0%)

1 早ク, 早ク決メテ貰ッテ

▼ 何ゾ人~ (2, 0.0%)

2 ヲ貴

▼ 何ゾ太ダ~ (2, 0.0%)

2 急ナル

▼ 何ゾ寺~ (2, 0.0%)

2 ヲ貴

▼ 何デモ~ (2, 0.0%)

1 早イ方ガイヽ, 遣ルガ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 仰ッシャルカ伺ッテ, 仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ

▼ 何トナク~ (2, 0.0%)

1 四角ナ, 重キヲナシ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 おッ母さん, 例の

▼ 何プロセント~ (2, 0.0%)

1 あったか, であるかという

▼ 何ヘン~ (2, 0.0%)

1 なの, なん

▼ 何ページ目~ (2, 0.0%)

1 かに挟ん, に挟んである

▼ 何ミリ前~ (2, 0.0%)

2 へ伸びぬ

▼ 何ヨリモ~ (2, 0.0%)

1 今ノトコロ僕自身ガ自分, 急ニ

▼ 何ヨリモ僕ガ彼女~ (2, 0.0%)

1 ヲ心カラ愛シテイル, ヲ愛シテイル

▼ 何ヵ条~ (2, 0.0%)

1 でもお, の難題

▼ 何ヶ寺~ (2, 0.0%)

1 の一つ, も皆

▼ 何ヶ所~ (2, 0.0%)

1 とか烏祭, の寺院

▼ 何ヶ月前~ (2, 0.0%)

1 かにもこ, からちゃんと

▼ 何ヶ月間~ (2, 0.0%)

1 の禁, はこの

▼ 何ヶ条~ (2, 0.0%)

1 と細目, もあった

▼ 何一つもの~ (2, 0.0%)

1 になつて, を言

▼ 何一つ事~ (2, 0.0%)

1 も起らぬ, を欠かぬ

▼ 何一つ室~ (2, 0.0%)

2 を賑

▼ 何一つ家~ (2, 0.0%)

1 の中, へは持っ

▼ 何一つ家計~ (2, 0.0%)

2 の補助

▼ 何一つ手~ (2, 0.0%)

1 にしなかつた, を触れ

▼ 何一つ覚え~ (2, 0.0%)

1 がありません, がなかっ

▼ 何一ツ愉快~ (2, 0.0%)

2 もなき

▼ 何一寸~ (2, 0.0%)

1 の間, 御命じ

▼ 何万トン~ (2, 0.0%)

1 かの海水, の海軍

▼ 何万プ~ (2, 0.0%)

1 と負ける, 負けるの

▼ 何万ルーブル~ (2, 0.0%)

1 でも出す, の為

▼ 何万億~ (2, 0.0%)

1 となく, の星

▼ 何万億哩~ (2, 0.0%)

2 の天上

▼ 何万冊~ (2, 0.0%)

1 かの乱読, となく

▼ 何万回~ (2, 0.0%)

1 か繰返す, という経験

▼ 何万尺~ (2, 0.0%)

2 あるか

▼ 何万巻~ (2, 0.0%)

1 となく, の有難い

▼ 何万年何億年~ (2, 0.0%)

1 の後, 待っても

▼ 何万年後~ (2, 0.0%)

1 のこと, のわれわれ

▼ 何万戸~ (2, 0.0%)

1 かの戦災家族, という荘民

▼ 何万町歩~ (2, 0.0%)

2 と云う

▼ 何万騎~ (2, 0.0%)

1 という軍, やらただ

▼ 何上人~ (2, 0.0%)

1 の袈裟, の遺骨

▼ 何下らない~ (2, 0.0%)

1 ことを, 何を

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 歸, 滿が

▼ 何世紀分~ (2, 0.0%)

2 もの物理学

▼ 何世紀頃~ (2, 0.0%)

1 にはどういう, の警察

▼ 何中學~ (2, 0.0%)

1 で二十五圓貰つて, の生徒

▼ 何中隊~ (2, 0.0%)

1 のやつ, の兵タイ

▼ 何串戯~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 だ, だの何

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 というよう, という莫大

▼ 何人がかり~ (2, 0.0%)

1 でお, で捕

▼ 何人め~ (2, 0.0%)

1 かに呼ばれ, にあの

▼ 何人以上~ (2, 0.0%)

1 では困る, はいけない

▼ 何人何びき何~ (2, 0.0%)

2 ぶくろ

▼ 何人來~ (2, 0.0%)

1 て居る, るか

▼ 何人先方~ (2, 0.0%)

2 で入れ

▼ 何人家内~ (2, 0.0%)

1 ですこちらさん, になるであろう

▼ 何人種~ (2, 0.0%)

1 に属する, も同

▼ 何人衆~ (2, 0.0%)

1 とか云われ居る, の一人

▼ 何人裸~ (2, 0.0%)

2 にされる

▼ 何人間~ (2, 0.0%)

1 なりとて容赦, を飼っ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 だか, の一分派

▼ 何代め~ (2, 0.0%)

1 かのかぼちゃ氏, かの老松

▼ 何以知~ (2, 0.0%)

2

▼ 何似るべき~ (2, 0.0%)

1 か釿, 歟釿で

▼ 何位財産~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ 何何事~ (2, 0.0%)

1 だ, でございます

▼ 何作家~ (2, 0.0%)

1 だ, なの

▼ 何億クローネ~ (2, 0.0%)

1 という世にも, という莫大

▼ 何億万~ (2, 0.0%)

1 というの, の人口

▼ 何億倍~ (2, 0.0%)

1 された恐ろしい, という

▼ 何億萬年~ (2, 0.0%)

1 の古い, の昔

▼ 何八景彼八景~ (2, 0.0%)

1 しまひ, といつた

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 でした, でしたの

▼ 何其外ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 何円以上~ (2, 0.0%)

1 でなけりゃア, は手拭

▼ 何円何十銭~ (2, 0.0%)

1 という札, に改め

▼ 何円彼~ (2, 0.0%)

2 は何円

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 て行った, 拂つてし

▼ 何分の処置~ (2, 0.0%)

1 があるだろう, を請う

▼ 何分る~ (2, 0.0%)

2 ッて

▼ 何分位~ (2, 0.0%)

1 してから, ひか

▼ 何分廻転~ (2, 0.0%)

2

▼ 何分東京~ (2, 0.0%)

1 って街, へ向

▼ 何分身~ (2, 0.0%)

1 にも世にも, は砕け

▼ 何列目~ (2, 0.0%)

1 か知らない, の左側

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に是

▼ 何刻經~ (2, 0.0%)

2 つたか

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 だか, だろう

▼ 何割引き~ (2, 0.0%)

1 かのもの, でも新

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 でも構わず

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 になろう, も強い

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 という小, のと

▼ 何包ん~ (2, 0.0%)

1 で権作老爺, で權作老爺

▼ 何十たび~ (2, 0.0%)

1 か夜店, 思ったか

▼ 何十マイル~ (2, 0.0%)

1 とかいう高度記録, とか二百何十マイル

▼ 何十万両~ (2, 0.0%)

1 の調達, の身代

▼ 何十万円何百万円~ (2, 0.0%)

1 という高価, にのぼった

▼ 何十万本~ (2, 0.0%)

2 の髪の毛

▼ 何十人目~ (2, 0.0%)

1 かの女, の姫

▼ 何十円何百円~ (2, 0.0%)

1 にもなります, に売れる

▼ 何十号~ (2, 0.0%)

1 かの絵画, という部屋番号

▼ 何十囘~ (2, 0.0%)

1 となく, に及んだ

▼ 何十家~ (2, 0.0%)

1 にも及ん, も同じ

▼ 何十尋~ (2, 0.0%)

1 という巨大, という深い

▼ 何十年來~ (2, 0.0%)

1 のまま, 馴れたもの

▼ 何十年昔~ (2, 0.0%)

1 には, のこと

▼ 何十年来絶え間~ (2, 0.0%)

2 ない創作

▼ 何十斤~ (2, 0.0%)

1 か何, という偃月刀

▼ 何十日目~ (2, 0.0%)

1 か, に現れ

▼ 何十条~ (2, 0.0%)

1 としれず, ともしれない

▼ 何十枚一郡一城~ (2, 0.0%)

1 あるいは血みどろ, 或は血みどろ

▼ 何十株~ (2, 0.0%)

1 か何百株, も川

▼ 何十歩~ (2, 0.0%)

1 だかで, と眼

▼ 何十疋~ (2, 0.0%)

1 となく, の馬

▼ 何十石~ (2, 0.0%)

1 という風, 取の

▼ 何十米~ (2, 0.0%)

1 かの周囲, かの突風

▼ 何十萬人~ (2, 0.0%)

1 といふ血縁, の血縁

▼ 何十萬臺分~ (2, 0.0%)

1 も押せるなら, を一度

▼ 何十行~ (2, 0.0%)

1 でも論ぜられるであらう, という長い

▼ 何十辺酒樽~ (2, 0.0%)

2 の周り

▼ 何十通り~ (2, 0.0%)

1 しかない, とか変り種

▼ 何十遍何百遍~ (2, 0.0%)

1 かになっ, となく

▼ 何十部~ (2, 0.0%)

1 と詰め込ん, も認めましょう

▼ 何十里何百里~ (2, 0.0%)

1 の山河, も奥

▼ 何十銭也~ (2, 0.0%)

1 といれた, を豹一

▼ 何千マイル~ (2, 0.0%)

1 というとんでも, も遠く

▼ 何千万両~ (2, 0.0%)

1 かの大財産, とも知れない

▼ 何千万倍~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのコンクリート, とも知れない

▼ 何千万分の一~ (2, 0.0%)

1 となる, にすぎない

▼ 何千何~ (2, 0.0%)

1 万何億, 万何億倍

▼ 何千何万人~ (2, 0.0%)

1 にものぼるであろう, の未亡人

▼ 何千何万倍~ (2, 0.0%)

1 に拡大, の人数

▼ 何千何百何十~ (2, 0.0%)

2 加えれば

▼ 何千億倍~ (2, 0.0%)

1 かの力, のその

▼ 何千兩何萬兩~ (2, 0.0%)

1 とは全く, もする

▼ 何千円何百円何拾円~ (2, 0.0%)

2 たった一人

▼ 何千分の一~ (2, 0.0%)

1 か何万分の一, という赤ん坊

▼ 何千圓何萬圓~ (2, 0.0%)

1 かかつ, の價

▼ 何千巻~ (2, 0.0%)

1 という金色燦爛, の蔵書

▼ 何千年何百年~ (2, 0.0%)

1 という, というよう

▼ 何千条~ (2, 0.0%)

1 ですかね, というたくさん

▼ 何千杯~ (2, 0.0%)

1 のん, 売るといふ

▼ 何千艘物資~ (2, 0.0%)

2 の豊富

▼ 何千軒~ (2, 0.0%)

1 あるか, とも知んねえ

▼ 何千遍~ (2, 0.0%)

1 もくりかえし, も浴びせられた

▼ 何千部~ (2, 0.0%)

1 かの本, の本

▼ 何千首~ (2, 0.0%)

1 かは凡て風, となく

▼ 何千騎~ (2, 0.0%)

1 の中軍, も擁し

▼ 何卒伴~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 しか遺らない, であつ

▼ 何台目~ (2, 0.0%)

1 かに来た, かの一銭活動

▼ 何号船~ (2, 0.0%)

2 かということ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 あるん, 要るん

▼ 何名位~ (2, 0.0%)

1 じゃ, 集まりました

▼ 何名酒~ (2, 0.0%)

2 の消費量いく樽

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 といったっけな君, と君

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 か, か保留

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 か, ともお

▼ 何商店~ (2, 0.0%)

1 に何日どこそこ, のどの

▼ 何囘目~ (2, 0.0%)

1 かの彼, かの豫想

▼ 何回め~ (2, 0.0%)

1 かの, だね

▼ 何回私~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は部屋代

▼ 何地ゆ~ (2, 0.0%)

2 くらむ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 でしょう御存じ, に属する

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 何大変~ (2, 0.0%)

1 と申した, な騒ぎ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 なもの, な顔

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 であるか, ですか

▼ 何存じ~ (2, 0.0%)

2 ております

▼ 何孟春~ (2, 0.0%)

1 の, は奢

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 なるを, を学びたる

▼ 何学問~ (2, 0.0%)

2 を修める

▼ 何学科~ (2, 0.0%)

1 でも成績, も成績

▼ 何學科~ (2, 0.0%)

1 でも成績, も成績

▼ 何宗と~ (2, 0.0%)

1 云ふこ, 信仰は

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 の処, を云う

▼ 何実は~ (2, 0.0%)

1 この前, この間死んだ

▼ 何家業~ (2, 0.0%)

1 に限らず, のよう

▼ 何宿~ (2, 0.0%)

1 とかいう地名, の戻り馬

▼ 何寸何分~ (2, 0.0%)

1 というよう, と区別

▼ 何寸其~ (2, 0.0%)

2

▼ 何寸女~ (2, 0.0%)

2 は何寸

▼ 何屋さん~ (2, 0.0%)

1 で父, なン

▼ 何層楼~ (2, 0.0%)

1 という建物, のアパートメント

▼ 何層樓~ (2, 0.0%)

1 かの建築物, のアパートメント

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 から以西, の表七分の六

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 かを水引

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 かも決して, の間

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 か新しく, と先方

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 というの, などいう

▼ 何年さき~ (2, 0.0%)

1 に訪れる, のこと

▼ 何年交際~ (2, 0.0%)

1 っても親友, を重ね

▼ 何年代~ (2, 0.0%)

1 のもの, までは物資

▼ 何年以上~ (2, 0.0%)

2 にもなる

▼ 何年以来~ (2, 0.0%)

1 という減水度, の寒

▼ 何年何月ごろ~ (2, 0.0%)

1 に災難, のどこそこ

▼ 何年經~ (2, 0.0%)

1 つたか, つとあんなになる

▼ 何年越し~ (2, 0.0%)

1 に分っ, の埃

▼ 何年間夢中~ (2, 0.0%)

2 で走りつづけて

▼ 何年間日本~ (2, 0.0%)

1 にい, にゐ

▼ 何年間色~ (2, 0.0%)

2 が黒い

▼ 何年離室~ (2, 0.0%)

2 に置い

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 の民五郎

▼ 何度そこ~ (2, 0.0%)

1 から会計課, を離れ

▼ 何度それ~ (2, 0.0%)

1 を本来, を繰り返した

▼ 何度もの~ (2, 0.0%)

2 をよん

▼ 何度やつ~ (2, 0.0%)

2 てき

▼ 何度上~ (2, 0.0%)

2 つたか

▼ 何度何分廻転~ (2, 0.0%)

2

▼ 何度使い~ (2, 0.0%)

2 をやっ

▼ 何度僕~ (2, 0.0%)

1 はこんな, は無駄

▼ 何度女~ (2, 0.0%)

2 にありつく

▼ 何度床~ (2, 0.0%)

1 につく, の上

▼ 何度彼~ (2, 0.0%)

1 は自分, は酒樽

▼ 何度彼女~ (2, 0.0%)

1 の手, は僕

▼ 何度我慢~ (2, 0.0%)

2 したか

▼ 何度曲~ (2, 0.0%)

2 つたか

▼ 何度眼~ (2, 0.0%)

1 をパチパチ, を瞬い

▼ 何度自分~ (2, 0.0%)

1 にいった, はこの

▼ 何度返事~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 何度逢つて~ (2, 0.0%)

1 も例, も繊細

▼ 何廼屋~ (2, 0.0%)

1 と署, の名

▼ 何往来~ (2, 0.0%)

1 のものども, をあるい

▼ 何心何ぶり~ (2, 0.0%)

2 などと詠ずる

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 られないこと, るべき家来

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 づる人びと, れるほど

▼ 何怖い~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 つたか

▼ 何思うた~ (2, 0.0%)

1 かにわかに, か片

▼ 何思わず~ (2, 0.0%)

1 そういう意味, 卵焼を

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 ぐのじゃあねえけれど今日中に, に東京

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 るところ

▼ 何憚ら~ (2, 0.0%)

1 ず北国, ず北國

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 に往

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 天が, 天の

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 の藁束, をもって計算

▼ 何拙者~ (2, 0.0%)

1 にぜひ, に一大事

▼ 何拾円~ (2, 0.0%)

2 たった一人

▼ 何撃ち~ (2, 0.0%)

2 にきた

▼ 何撲られた~ (2, 0.0%)

2 位で

▼ 何料理~ (2, 0.0%)

1 と名, を得意

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 かの血

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 ういふ時, が便利

▼ 何日おき~ (2, 0.0%)

1 かにあっ, かに電気

▼ 何日何時間~ (2, 0.0%)

1 かたのしい, たっても

▼ 何日慰めら~ (2, 0.0%)

1 るるとも, るるの

▼ 何日發つて何處~ (2, 0.0%)

2 の港

▼ 何日社日~ (2, 0.0%)

2 は何時

▼ 何日私~ (2, 0.0%)

1 が憎みました, の許

▼ 何日風~ (2, 0.0%)

1 のない, のない暖かい

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 がよかろ, もいた

▼ 何昨夜~ (2, 0.0%)

1 から飲み続け, は暗がり

▼ 何時たる~ (2, 0.0%)

1 を問わず, を忘却

▼ 何時ぢ~ (2, 0.0%)

1 や合衾, や我輩

▼ 何時に~ (2, 0.0%)

1 どのバス, なつて

▼ 何時の~ (2, 0.0%)

1 に間に合う, も端的

▼ 何時ほか~ (2, 0.0%)

1 のお客, の住僧

▼ 何時ツ~ (2, 0.0%)

2 て八時頃

▼ 何時何分ごろ~ (2, 0.0%)

1 だから, には上

▼ 何時何所~ (2, 0.0%)

1 で果して, にあ

▼ 何時出來~ (2, 0.0%)

1 たか, たかと

▼ 何時取り~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 何時大陸~ (2, 0.0%)

1 に達し, へ着く

▼ 何時奥さん~ (2, 0.0%)

1 を貰, を貰う

▼ 何時寢首~ (2, 0.0%)

2 を掻かれる

▼ 何時帰つて~ (2, 0.0%)

1 来たの, 来るの

▼ 何時幾日~ (2, 0.0%)

1 と仰し, に何

▼ 何時引取つて~ (2, 0.0%)

2 呉れるだらう考へると

▼ 何時当地~ (2, 0.0%)

1 へ, へいらっした

▼ 何時彼~ (2, 0.0%)

1 が繰り込ん, の為

▼ 何時彼岸~ (2, 0.0%)

2 は何日

▼ 何時意外~ (2, 0.0%)

1 な現象, の方面

▼ 何時敵~ (2, 0.0%)

1 が上陸, が現れよう

▼ 何時斬髪~ (2, 0.0%)

1 したか, したかを

▼ 何時新聞~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持つ

▼ 何時日本~ (2, 0.0%)

1 は金, へおいで

▼ 何時比~ (2, 0.0%)

1 から寝, のこと

▼ 何時泥棒~ (2, 0.0%)

1 をしました, をやつ

▼ 何時病気~ (2, 0.0%)

1 にかからない, になる

▼ 何時盜まれ~ (2, 0.0%)

1 たの, たん

▼ 何時聽~ (2, 0.0%)

1 いても, かれるか

▼ 何時舊~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 何時蟋蟀~ (2, 0.0%)

1 が之, に変りけん

▼ 何時貴君~ (2, 0.0%)

2 をはぐらかした

▼ 何時身~ (2, 0.0%)

1 を処し, を極める

▼ 何時逢~ (2, 0.0%)

2 つたす

▼ 何時間分~ (2, 0.0%)

2

▼ 何時間労働~ (2, 0.0%)

1 というよう, という中

▼ 何時間目~ (2, 0.0%)

1 ぐらいという一般, に一回

▼ 何時離縁~ (2, 0.0%)

1 されて, をいひ

▼ 何時雨戸~ (2, 0.0%)

2 を引い

▼ 何時頃何処~ (2, 0.0%)

1 で, で生れた

▼ 何時頃家~ (2, 0.0%)

1 へこい, へ帰る

▼ 何時頃東京~ (2, 0.0%)

1 へいらつ, へ行く

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 からお, にも倦ん

▼ 何月何日何時~ (2, 0.0%)

1 に死ぬ, に鞄

▼ 何月何日社日~ (2, 0.0%)

2 は何時

▼ 何有大丈夫~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ 何有毎年今日~ (2, 0.0%)

2 はそれ位

▼ 何有男~ (2, 0.0%)

2 に敗け

▼ 何有私~ (2, 0.0%)

2 なんかモウお婆さん

▼ 何有解~ (2, 0.0%)

2 つてるよ

▼ 何枚何十枚一郡一城~ (2, 0.0%)

1 あるいは血みどろ, 或は血みどろ

▼ 何某御~ (2, 0.0%)

2 旦那様と

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 かの消音拳銃, となく

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 がなく, と称する

▼ 何楽しみ~ (2, 0.0%)

1 にこの世, の偏人生活

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 かの前, とかの女郎

▼ 何樣なに~ (2, 0.0%)

1 困りきツ, 薄氣味惡

▼ 何樣一~ (2, 0.0%)

1 とかどの, と癖

▼ 何樣容易~ (2, 0.0%)

1 ならぬこと, ならぬもの

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 の界隈トンネル工事, の路

▼ 何此騷ぎ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 何歳ごろ~ (2, 0.0%)

1 からのこと, までが智力

▼ 何歳頃~ (2, 0.0%)

1 から草双紙, のこと

▼ 何段返し~ (2, 0.0%)

1 とかいう, とか称する

▼ 何決して~ (2, 0.0%)

1 お前さんの, ご斟酌

▼ 何治郎~ (2, 0.0%)

1 というの, の方

▼ 何泣い~ (2, 0.0%)

1 ている, てなはる

▼ 何泣く~ (2, 0.0%)

1 ぞと拳, ね

▼ 何流何派~ (2, 0.0%)

1 といえ, の型

▼ 何清葉~ (2, 0.0%)

1 だ清葉, の

▼ 何焚く~ (2, 0.0%)

1 煙ぞ, 菜種殼焚く

▼ 何無理~ (2, 0.0%)

1 なんぞする, にも掴まえよう

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 か知りません, だろう

▼ 何爲ん~ (2, 0.0%)

1 だとう, だな

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 と一しょ, の居どころ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 だ, でもいい

▼ 何番地何~ (2, 0.0%)

1 の某方, の誰

▼ 何番首~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, だか

▼ 何病氣~ (2, 0.0%)

1 だか, なん

▼ 何百とも数~ (2, 0.0%)

1 知れぬ大, 知れぬ猿共

▼ 何百キロ~ (2, 0.0%)

1 かずっと, の距離

▼ 何百フラン~ (2, 0.0%)

1 とか何千フラン, を費した

▼ 何百万両~ (2, 0.0%)

1 になる, もうけたとて

▼ 何百万何千万両~ (2, 0.0%)

1 かの大財産, とも知れない

▼ 何百万何千万年~ (2, 0.0%)

1 かの長い, の後

▼ 何百万本~ (2, 0.0%)

1 という護謨, の

▼ 何百万石~ (2, 0.0%)

1 かの田地, という米

▼ 何百何十万年~ (2, 0.0%)

1 かはしらぬ, 秘められて

▼ 何百何千倍~ (2, 0.0%)

1 のムダ, もある

▼ 何百何千艘物資~ (2, 0.0%)

2 の豊富

▼ 何百何千語~ (2, 0.0%)

2 の註釈

▼ 何百倍何千倍~ (2, 0.0%)

1 に達し, も悪い

▼ 何百円何千円~ (2, 0.0%)

1 という鯉, 買って

▼ 何百円何拾円~ (2, 0.0%)

2 たった一人

▼ 何百反~ (2, 0.0%)

1 渡して, 置いて

▼ 何百台~ (2, 0.0%)

1 となく, と数えられる

▼ 何百号~ (2, 0.0%)

2 への大作

▼ 何百呎~ (2, 0.0%)

2 の下り

▼ 何百哩~ (2, 0.0%)

1 の鉄道, もある

▼ 何百圓~ (2, 0.0%)

1 かを所有, といふ揚り

▼ 何百日目~ (2, 0.0%)

1 で広い, といっ

▼ 何百束~ (2, 0.0%)

1 か配給所, とか銭何貫文

▼ 何百歩~ (2, 0.0%)

1 ときっちり, 置きかに

▼ 何百燭光~ (2, 0.0%)

1 かと思つた煌々, と云

▼ 何百町~ (2, 0.0%)

1 の田, の空閑

▼ 何百疋~ (2, 0.0%)

1 かのご, とも知れず

▼ 何百種~ (2, 0.0%)

1 とあります, という位

▼ 何百種類~ (2, 0.0%)

1 と持っ, のもの

▼ 何百萬~ (2, 0.0%)

1 といふ女, といふ神

▼ 何百通~ (2, 0.0%)

1 かの案内状, もの手紙

▼ 何百通り~ (2, 0.0%)

1 もある, もあるで

▼ 何百間~ (2, 0.0%)

1 かに亘る, の堤

▼ 何百露里~ (2, 0.0%)

1 というところ, も離れた

▼ 何百頁~ (2, 0.0%)

1 かが必要, の小説集

▼ 何皆鳥~ (2, 0.0%)

1 が囀ってる, が囀つてる

▼ 何目位~ (2, 0.0%)

1 の勝, の勝負

▼ 何石積み~ (2, 0.0%)

2

▼ 何秒後~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 何秘す~ (2, 0.0%)

2 ものです

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 の何時頃

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 が折れた, にし

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 ひおる, ひと云

▼ 何笑っ~ (2, 0.0%)

1 ても構わない, てん

▼ 何等親~ (2, 0.0%)

1 だか, というの

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 といふ, は自分個人

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 かと訊ね, だ二十八粁

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 というよう, の国内的

▼ 何繃帯~ (2, 0.0%)

2 と呻吟声

▼ 何考えてる~ (2, 0.0%)

1 んだい, んです

▼ 何考へ~ (2, 0.0%)

1 てなはる, てゐた

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 に限らず, やら工匠

▼ 何職業~ (2, 0.0%)

1 であれ職業, を選ぶ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 かのベンチ, かの椅子

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 北地來と, 苦之

▼ 何色彩~ (2, 0.0%)

2 を使つて

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 によらず, を教えおる

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 か日時, 丸とか

▼ 何莫迦~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 何莫迦莫迦~ (2, 0.0%)

1 しい遠慮, しさ

▼ 何萬人何十萬人~ (2, 0.0%)

1 といふ血縁, の血縁

▼ 何萬年前~ (2, 0.0%)

1 であるか, には斯

▼ 何處さ行~ (2, 0.0%)

1 つたか, つてる

▼ 何處ら~ (2, 0.0%)

1 か歩い, でせう

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 か, が呼ぶ

▼ 何行かなり~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ 何行目~ (2, 0.0%)

1 にどんな, に何

▼ 何袂ッ草~ (2, 0.0%)

1 で治ッ, を着け

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 だの何式, てん

▼ 何見てる~ (2, 0.0%)

1 の, のさ

▼ 何親爺~ (2, 0.0%)

2 を呼び出さない

▼ 何言はつ~ (2, 0.0%)

1 しやる, しやるだ

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 之御, 同人于野同

▼ 何貴様~ (2, 0.0%)

1 がボンヤリ, のずっと

▼ 何買う~ (2, 0.0%)

1 たかて, 時から

▼ 何贅沢~ (2, 0.0%)

2 に飽きた

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 も置き捨て, 老福徳宮宝誕

▼ 何辺云~ (2, 0.0%)

1 つたか, はれたか

▼ 何通り~ (2, 0.0%)

1 となく, もの手紙

▼ 何週間もの間~ (2, 0.0%)

1 の苦悩, 寄ると

▼ 何遍決心~ (2, 0.0%)

1 しかけたか, したか

▼ 何遍目~ (2, 0.0%)

1 だか, を回した

▼ 何遍結婚~ (2, 0.0%)

2 を勧められた

▼ 何道士~ (2, 0.0%)

1 が読む, にそれ

▼ 何~ (2, 0.0%)

2 無好詠

▼ 何郡何村~ (2, 0.0%)

1 に赴きたまわ, の何某方

▼ 何里何町~ (2, 0.0%)

1 か, と刻ん

▼ 何里先~ (2, 0.0%)

1 きだって, まで行つて草木

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 がある, に当る

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 か這入, の汁

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 あるとか, と尋ねる

▼ 何間位~ (2, 0.0%)

1 の高, 離れて

▼ 何降る~ (2, 0.0%)

2 ものと

▼ 何階建~ (2, 0.0%)

1 かのコンクリイト, かのコンクリート

▼ 何階建て~ (2, 0.0%)

2 かの表

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 かの題名, の歌

▼ 何項症~ (2, 0.0%)

1 であるか, に属する

▼ 何顔何心~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 だの第, の動物

▼ 何食っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て育った

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 かは馬の背, 帰って

▼ 何~ (2, 0.0%)

1 があの, が雨

▼1* [3880件]

怖っ, 何ああ云う人でなし, 何あがったの, 何あげまほ, 何あげようと昨夜, 何あげるの, 何あそばすツ, 何あそびうつつなき, 何あっしンとこで, 何あっちで放す, 何あてになる, 何あとのは張詰めた, 何あなたそれまでの贅沢, 何あにごく簡単な, 何あにそんなに心配した, 何あにもう一時間も, 何あにもう少しの辛棒, 何あに兎角斯う, 何あのお雪の, 何あらふ, 何あらうと詩, 何あらんとぞ思ふ, 何あるものか, 何あんて間抜け, 何いいなさるのん, 何いうたにし, 何いうとるんや, 何いくらも待ちゃしない, 何いそいでいる, 何いそぎの用, 何いそぐ妙に, 何いたしますと寒う, 何いってたのよいま, 何いってんだいあんな奴, 何いとしゅうて泣いてるだ, 何いふ訳日頃の気性, 何いふ量見で居る, 何いま一つ向うの, 何いやどうも何だ, 何いやがるんでえ, 何いれてるの, 何い見てやがる, 何ういうなんです, 何ういう話し振のまア, 何ういたしたもんで, 何ういたしましたので御座います, 何うかさういふ御, 何うかさういふことが, 何うかしたくつても, 何うかしたら直りそうな, 何うかせねば拾っ, 何うござらうぞ食べ, 何うしたんだい小獸, 何うしたんだい夜が明ける, 何うしたんだい守ちやん早く, 何うしようこれを羊羹箱, 何うしよう伊勢崎まで往けよう, 何うしよう何処へ行かう, 何うしよう恁うしようといふ悪気, 何うしよう縁切と云う, 何うしよう身代今の間, 何うしろツて言, 何うじや歩, 何うじゃったな, 何うじゃろう萬助, 何うせあるのは, 何うせうね一寸, 何うせなるやうにしか, 何うせよとか斯, 何うせ下らんこつたがね, 何うせ云われるくらいなれ, 何うせ休むなら東宝劇団へ, 何うせ出るなら客筋の, 何うせ帰るんです, 何うせ役に立たんから討入, 何うせ思ふま, 何うせ来られませんが明朝, 何うせ棄てた命だ, 何うせ死ぬなら生れた田舎で, 何うせ死んでから自由, 何うせ焼いて了, 何うせ着て寝る, 何うせ知れますからな, 何うせ行かなければならない, 何うせ要るものです, 何うせ通れない門なら, 何うせ遊んでいる, 何うせ飲んでしまふ, 何うせ飲んだんだ, 何うそれて, 何うたったかてええ, 何うだったろうと悪事, 何うだとおつしやる, 何うだらろう, 何うだらう飲めて呉れる, 何うだ云わんければ斯, 何うだ思ひ知つた, 何うだ恐れ入たか, 何うだ知ってるかな, 何うだ見せようか, 何うだ試みて見ない, 何うつて云ふんぢ, 何うであったか, 何うでありましょうか, 何うでしょう助かりましょうか, 何うです変ったことは, 何うです泊りませんか, 何うどす血みどろの, 何うどんにしよう, 何うなのか, 何うなさいますもしか戦争, 何うなされまして, 何うなされましたのでせう, 何うなっただろうとの疑い, 何うなったろうと思っ, 何うなりましたか, 何うなり出来るが長篇, 何うなるだらうかと疑ひ出した, 何うなるべきであるか, 何うにかまとまつたら, 何うのとかと酒, 何うめあわせをせよ, 何うもうかうかと, 何うもしません左様さ投捨て仕舞いました, 何うもしやせん少々遺恨, 何うもたって私, 何うもないがた, 何うもなくつて, 何うもならんで, 何うもね実に万年町, 何うも下さいませんと困ります, 何うも仕樣が, 何うも冴え返つて恐ろしく寒, 何うも困つたもの, 何うも困つたもんです, 何うも堪まら, 何うも立つてばかりゐる, 何うも立つたところを, 何うも返つて私, 何うれしいんだ, 何うれしかろ春の, 何うろてえる, 何うろたえて, 何う往きますかね, 何う払いのけようとしても, 何う書きますでせう, 何父はん, 何えと受けて, 何えなわてが男, 何おいたしてる, 何おいやす姉さん, 何おいら直ぐ出掛けよう, 何おじではない, 何おっことしたかね, 何おっしゃるのよ, 何おのれで渡, 何おまえらを呼ん, 何おらがベソ, 何おれたちの振舞い, 何お前さんお互様, 何お前さん晩の支度, 何お前大島ッて流し, 何お前様学校で体操, 何お前達姉妹は何, 何お礼には及びません, 何お茶お茶どこへお茶, 何お茶一つ上げんかい, 何お話して, 何お金が無い, 何お雪さんと云う, 何かいお山の客, 何かいとはしい暗い, 何かうね, 何かお勢に云いました, 何かお邸でございますの, 何かお館うちにも取り込み, 何かかっとする, 何かかと思われるカーキ色ずくめ, 何かかど立った訪問, 何かかにかして, 何かかも知れない, 何かからの見積りだらう, 何かかれらにも, 何かかんちがえを, 何かかん高に泣き叫ん, 何かががちゃんと烈しく, 何かがたりという音が, 何かがともつて, 何かがも一つ出現する, 何かきやつき, 何かきさまこそわし, 何かきたいな怒鳴り, 何かくすぐつたいやうな気持と, 何かくらいあるまじいしわざ, 何かくれてやりました, 何かぐらいなこと, 何かげいでも出来れ, 何かこう為めに, 何かこたへるのを, 何かことんと落ち, 何かこみいつた事を, 何かこみ合ったことを, 何かこわれた物や, 何かこツそり囁くやう, 何かごわ, 何かござりますか, 何かざれかけられるのを, 何かしかひそむ暗き, 何かしこは何, 何かしだす動機を, 何かしらねえが, 何かしらはッと, 何かじやぶじやぶ音, 何かじっとしてはいられない, 何かじつくりと考へよう, 何かじょうだんをいいながらのんびりと, 何かじッと思い沈ん, 何かすまぬことで, 何かずつと前に, 何かせつかちさうに, 何かそさう, 何かたしかなこんき, 何かちようだいッて, 何かつづくり仕事をし, 何かででも鍛えあげたよう, 何かでもって埋め合せしたく, 何かとの生活の, 何かどえらいもの, 何かなあそれよし, 何かなどという問題は, 何かなどの問合せを, 何かなどを探しなど, 何かにあたって思いがけない時, 何かにあたる人であった, 何かにて陽気なりし, 何かにとって危険極まりが, 何かによっては一身の, 何かにわかな用でも, 何かに使つてやらうといふ, 何かに従って漸近的に, 何かに費ってしまいました, 何かに関する臨床医科的の, 何かねえ小鳥の, 何かねえか見るもの, 何かねだり事をでも, 何かのみましょう, 何かのみに食堂という, 何かはばまむ, 何かばっかりして, 何かべちゃべちゃしゃべっている女生徒, 何かべちゃべちゃと話しつづけて, 何かまた嘉助が笑わし, 何かまた麗姫の珍, 何かまでも慥かに, 何かまわずに置い, 何かみつくろつて持つ, 何かむずむずしやがるのさ, 何かよ断ったのよ, 何かよか仕事は, 何からいつても, 何からでも悪口を, 何からといふことは, 何からの復興という, 何からを皆んな入れ, 何かわりに簡単, 何かをと求めるもの, 何かをという選択を, 何かをめぐってヒダと, 何かをよけているためそれ, 何かネ君は, 何か働らくんだと, 何か国に宛て, 何か年より老け, 何か所もお, 何か所謂遊びをしない, 何か月なみの解決, 何か月何年紙に包ん, 何がかは分らないで, 何がさはつて, 何がじゃあないよ, 何がってさー今日の, 何がとは何が, 何がにこ, 何がははアん, 何がへへへだい大きな, 何がや向うの, 何がよかッた, 何きかせても分りやしない, 何きょう嶽麓へ出かける, 何くそと固パン, 何くだらないものが, 何くろつちんで, 何くわない顔で, 何ぐさ山の百合, 何ぐずっちょる, 何え, 何けさ捕まつた, 何こうに移した, 何こさえている, 何こそこそと鼠, 何こちらに見える, 何こつたらもの, 何ことと後, 何これくらゐならば, 何こわくない, 何ごっこをし, 何ごろ御都合, 何さえぎる物も, 何さがしてん, 何さっきあんなけんけん, 何さまただの神禰宜, 何さま一とかどの, 何さま一種云われぬ物凄い恐し, 何さま七十に二つ, 何さま不思議なもん, 何さま人の噂, 何さま今日は菊の節句, 何さま信号でも交わし, 何さま十人並み勝れた愛くるしい, 何さま合点行かぬ次第, 何さま奇抜なもの, 何さま家内無事に大, 何さま尋常人ならずと, 何さま幾十年を黒部, 何さま我々の行く, 何さま数十行の文字, 何さま文武両道の博識, 何さま斯の邸, 何さま昌平之化可仰, 何さま昌平之化可仰可感候, 何さま氏の苦勞人, 何さま由緒ある貴族, 何さま異形の者, 何さま精悍な気, 何さま逞ましげな悪戯小僧, 何さま遠方の客, 何さま重大なる案件, 何さま魁偉な猛勇, 何さよ気分に, 何さらさら御事情, 何さらすかしれん, 何さらす去ねやい, 何されっかしん, 何さわいでいる, 何さん女子大の先生, 何さ一通りどころか十二分, 何さ田舎言葉は止め, 何ざます, 何しあがるんでえ, 何しくさるで, 何したいんです, 何したなンて, 何したまえると恐る恐る, 何したるぞ, 何してやンで, 何しといやすねン, 何しとんなはる, 何しなさいと云, 何しなすツた, 何しなるんだらう, 何しにさ, 何しにいらしつたの, 何しまして, 何しましたもんでございます, 何しませうねへ未だ, 何しよるとじゃろ, 何しらに灰掻き, 何しら流れ漂って, 何しら糸の清き, 何し知れない虫は, 何じきにすく, 何じゃがうう知らん, 何じゃぞ手下どもにも, 何じゃったろうかいね, 何じゃや人間らしく無い, 何じゃろうと段々, 何すがれるものかという, 何すこぶる別嬪だって, 何すっかしん, 何すねて日, 何すむやすまねえじゃねえ, 何すらん船の, 何するだ稲が, 何するでなしに, 何するんでしたけれど今夜, 何する持って行く, 何すんだ馬鹿, 何ずら今の, 何せい人数が少ない, 何せい卍丸へお座, 何せい吉い日, 何せい喉が渇いた, 何せい土民の親, 何せい地方事情というもの, 何せい山せまき土地, 何せい彼方の曲輪, 何せい拙者は小次郎, 何せい木石様のこと, 何せい欣しい, 何せい此方のからだ, 何せい火急だ, 何せい相手が唖女, 何せい老齢ではあり, 何せい肩の荷, 何せい荊州は戦禍, 何せい長篇である, 何せい陣中いずれ鎌倉, 何せい養父御の長, 何せっかく山中に, 何ぜかしら恐いわ, 何ぜにあのよう, 何や皆克, 何そこらの芥溜, 何そして無論切符, 何そちがふ, 何そったら不景気な面してる, 何そっちにも蝦蟆, 何そのうち志野を, 何そのままの支度, 何その間は君, 何それから何, 何それだけあれば, 何それで大怪我, 何それでも結構じゃ, 何それ位なら大した, 何それ何それ何という騒ぎ, 何それ程こみ入った挨拶, 何ぞうなだるる, 何ぞじゃあるまいし, 何ぞともみづから知らず, 何たいしたことで, 何たかが雨, 何たずねる人が, 何たった一学期や, 何たらいう田舎寺の, 何たわいなき咄し, 何だいありゃ兄哥, 何だいぢやうぶ, 何だいべらぼうめ女をこしらえ, 何だいトリックって, 何だいドテカボチャひやけ, 何だい一体その話, 何だい一體その話, 何だい今の男, 何だい今のは時計, 何だい俳体詩と云う, 何だい俺の前, 何だい卑怯なこと, 何だい友さんそんなに心細い, 何だい君英語の漢語, 何だい器量の悪, 何だい小説か食道楽, 何だい後からげら, 何だい情死かね, 何だい憚ンながら大金, 何だい新体詩かね, 何だい旗本がすっかり, 何だい此れは, 何だい殿様が何だい, 何だい烏じゃねえ鵜, 何だい父のこと, 何だい犬だろう, 何だい私行つたぢやない, 何だい窓のは, 何だい立派な大, 何だい紙幣に眼鼻, 何だい萩原様の奉公人同様, 何だい親方そそう無茶, 何だい貴公は, 何だい質屋の亭主, 何だい赤たんて, 何だい野暮くさい, 何だい野球の選手, 何だかせなかが, 何だけれ共, 何だけの御散財, 何ださうですね, 何だしと詫言, 何だったらうねあれ, 何だってすらア, 何だってとたんかの, 何だつたらうと考へた, 何だらうありや, 何だりかだりって人だます, 何だれの紹介, 何だろうあけて見, 何だろうそおれ千葉から, 何だろおっかちゃん, 何だ出て来い, 何だ出して見せろ, 何だ出すぎた真似を, 何だ知らぬ者は, 何だ衰えるのが, 何だ見せたまえエ君賽転の, 何だ許さんぞ, 何ちか一つは験, 何ちこつたか恁ん, 何ちたつて国会議員, 何ちっと遠方だ, 何ちつたそんで, 何ちふことぢ, 何ちふさんすの, 何ちふ威張り方だ, 何ちゃいらんと, 何ちやんはどんな, 何ちゆう事は, 何ちょうなどと数, 何ちよつと知つて, 何ちんだん, 何ぢゃ蟹か, 何っかから現れて来るだろう, 何っちゅうだっぺ, 何っち向いても知った, 何っていう言葉が, 何ってやンで, 何つう地獄だ何つう, 何つう病気だか, 何つか其の愛, 何つちにしろ, 何つちだか解らなく, 何つて君今の洒落, 何つて昔の戀人, 何つて返事をした, 何つまらないことな, 何てえこったあ, 何てえ笑い方を, 何てこつた下手の渡船場, 何てひどかったの, 何てめえまで, 何てんだい, 何であったでしょうか, 何でありまするか, 何でありんすえ, 何であろう問うまでも無く, 何であろう怪しむまいと思っ, 何でしましょうか, 何ですかう幾つも, 何ですわからないじゃありません, 何です呑みびらかすと, 何です逃げて行った, 何でといって, 何でなくそして何で, 何ではあれその, 何でもけつこう, 何でもすらあ, 何でもに合点が, 何でもねエ去年は, 何でもの一つとして, 何でものう云って, 何でもやつて行く, 何でもやらあね, 何でもよござんす, 何でもよほど久しい事, 何でもよほどの数に, 何でもナ近け, 何でも程があると, 何でやして, 何といへない, 何というのだい, 何といったっけオオ俵一八郎俵一八郎かれ, 何といったっけねそうそうお, 何といつても薪, 何といふかはいらしいウナラペ, 何といふぞ父親の, 何とうはべばかりの人間, 何とうかつでしょう, 何とうとう行きましたか, 何とうに起きて, 何とおいひでも, 何とがべえし, 何ときたったであろう, 何とこはそも, 何とこじ付けても結論, 何とこそ言ってるか, 何ところが大学生も, 何としても顏出し, 何とせむあくまでも包み, 何とせむ了簡ぞそこ, 何とせむ今は恨み, 何とても留守中一回も, 何とにはなけれど, 何とのう自信の, 何ともそとのさわぎ, 何とも後の句, 何とや書かん, 何とやらがやって来たらどう, 何とやらのお角さん, 何とやらへ行つてゐない, 何とりいで, 何とデカイかな, 何どか吾がせ, 何どかもいはむ武蔵野, 何どきでも押し出せる, 何どきであるか判らない, 何どき死んでしまう, 何どき襲って来る, 何どき見る目嗅ぐ, 何どこそこの人也, 何どし何の, 何どっしゃろ, 何どとなく切っ, 何どんと呼ぶ時, 何ないしやはりました, 何なう私が, 何なぐさめて云はん, 何なさいますの, 何なさるだね, 何なすったかと思っ, 何なぜそれほどの容色, 何なぞの謎々を, 何なつてるんだい, 何などと尋ね草, 何などの諸将, 何なに博士に相違, 何なに密と歩い, 何なに街とある, 何なに郡大字なん, 何なに静で好, 何なみなみとあるもん, 何ならいつそ午前に, 何ならってらっしゃる, 何ならむこは, 何ならやらせたくないものです, 何ならわたっが, 何なら出てもいい, 何なら寄っておい, 何なら尋ねてご覧, 何なら思うように, 何なら持って行き, 何なら止した方が, 何なら殺しましょうか, 何なら殺しませうか, 何なら聞いときま, 何なら聞かしてやろう, 何なら落した序に, 何なら蒙古牛, 何なら見せにやろう, 何なら見ない方が, 何なら話して見ましょう, 何なら読んでごらん, 何なりいたさねばなりません, 何なりしかは敢て, 何なりで揚げるの, 何なりとこの爺, 何なりとしてさしあげられましょう, 何なりました全で, 何なるならし, 何なるべきと思ひ浮べ, 何なるまじき境しかも, 何なんか一向一致, 何なんて呼び方, 何なんですって, 何において証明するでしょう, 何においても明かに, 何にかがたしなめて, 何にかけてや繋ぐらん, 何にかしらぞつとする, 何にかへくくり付けた様, 何にかも来し, 何にから記述し, 何にぞそは, 何になとお成, 何ににも手を, 何にほどの役に立つか, 何にもかはった答, 何にもかへがたい真言秘密, 何にもなつて居りません, 何にもよ他人で, 何によつたかは活字以上, 何によりも先づ舊制度の, 何によるかの研究は, 何によるかを考えて, 何にわかに刎ね, 何に対し誰に, 何に当たるおかた, 何に従ってその数, 何ぬかしヤがんだい, 何ぬかしてんねど, 何ねえだよ, 何ねぼけてん, 何のこれたかが幽霊, 何のさはりも, 何のせてるんでしょう, 何のせゐだとしてもこの, 何のと思う, 何のわざをかかこたむとする, 何はっきりと時刻, 何はなはだ軽少で, 何ばかなもの, 何ばかり勵精倦まずし, 何ばら掻きに, 何ょろもう, 何ひと出たらおれ, 何ひとこと聞き取ること, 何ひとこと言はぬ, 何ひとつあれにわかつ, 何ひとつおできにならない, 何ひとつお金でできない, 何ひとつご存じなく死ん, 何ひとつそつがなかつた, 何ひとつまわりに見えなかった, 何ひとつヴ・オ・ク・スの紹介状, 何ひとつ一昨日と変った, 何ひとつ下心はない, 何ひとつ不満な思ひ出, 何ひとつ不自由も知らず, 何ひとつ世間さまのこと, 何ひとつ兇器をもっ, 何ひとつ出来はせぬ, 何ひとつ初段の程度, 何ひとつ利益など受けられる, 何ひとつ半分以上喰ふこと, 何ひとつ卒業して, 何ひとつ厭な顏, 何ひとつ取り得のない, 何ひとつ口にださなかった, 何ひとつ商なひも, 何ひとつ商品のない, 何ひとつ喉をとほらず, 何ひとつ器用に出来ない, 何ひとつ変りがない, 何ひとつ嫁入り道具がなくなっ, 何ひとつ完成して, 何ひとつ容易に見, 何ひとつ希望も慰め, 何ひとつ幸福にし, 何ひとつ彼は興味, 何ひとつ復讐すること, 何ひとつ心願なんぞのあり, 何ひとつ思い出の種, 何ひとつ慰みになる, 何ひとつ手につかず, 何ひとつ手出しをさせない, 何ひとつ手懸りらしいもの, 何ひとつ指図をせず, 何ひとつ掛値のない, 何ひとつ推察のてがかり, 何ひとつ支えになる, 何ひとつ文句はつけぬ, 何ひとつ明らかにされ, 何ひとつ暴力のしるし, 何ひとつ植っていない, 何ひとつ楽しみなんてあり, 何ひとつ欠くるところ, 何ひとつ武器を持たぬ, 何ひとつ残つちや, 何ひとつ残つてゐないやう, 何ひとつ決心できないの, 何ひとつ派手な衣裳, 何ひとつ物を盗った, 何ひとつ物音のきこえない, 何ひとつ理解して, 何ひとつ用意されて, 何ひとつ発見しなかった, 何ひとつ相談をし, 何ひとつ礼をもらった, 何ひとつ神聖なもの, 何ひとつ秀れた器, 何ひとつ素通りのできない, 何ひとつ結果は生まれない, 何ひとつ自分を主張, 何ひとつ花とて無く, 何ひとつ著けていない, 何ひとつ要領を得ない, 何ひとつ言はなかつた, 何ひとつ説明できるもの, 何ひとつ読みもしなけれ, 何ひとつ貰いはしなくっ, 何ひとつ運命から求め, 何ひとつ道具のない, 何ひとつ道楽のない, 何ひとつ道草もせず, 何ひとつ違はない, 何ひとつ都人のお, 何ひとつ鉱毒ということ, 何ひとつ難のない, 何ひとつ非の打ち所はなかっ, 何ひと言和尚様は語りだされるで, 何ひと言返辞をする, 何ひどいものか, 何ひろ子が犯人, 何びくびくして, 何ぴとかがいなくなったのを感じて, 何ぴとでも測りやすき, 何ぴともあの苦境を脱する, 何ぴともこれを愛好する, 何ぴともそれを見いだすこと, 何ぴとも模倣する為, 何ぴとも耳を貸そう, 何ぴとも説明を下しえた, 何ぶっきりしてるん, 何ぶんごらんの如き, 何ぶんともに, 何ぶん一人の母, 何ぶん九カ月もたった, 何ぶん二日の会議, 何ぶん危険な代物, 何ぶん城下は敵, 何ぶん家中の輩, 何ぶん将門の方, 何ぶん才略縦横な男, 何ぶん文武の宿老, 何ぶん旅先の身, 何ぶん死体が見つからない, 何ぶん留守を頼む, 何ぶん長途一気に疾駆, 何ぷく煙草すったと, 何へともなく反撥, 何べつにこれまで, 何べんすれ違う人たちに, 何べんその本, 何ぺージか費やされ, 何ほっておけ, 何ほどかずつは享楽人である, 何ほどかはあつて, 何ほどかを与えて, 何ほどでもいといませんあいにく, 何ほどにかあたひせん, 何ほどにてもある故, 何ほら何や, 何ぼう哀れなる物語, 何ぼう坊主でも酒, 何ぼう奥が明るい, 何ぼう殺風景の限り, 何ぼう無念じゃ, 何ぼくらいか言う, 何ぼすすめても行こう云う, 何ぼたたいても音, 何ぼたべても追, 何ぼほめられるがいい, 何ぼんやりして, 何ぼ怒らっちゃか, 何ぼ急いでも今, 何まことにしおらしいお慰み, 何まごまごと叱られ, 何までじゃないか, 何までとなると, 何までとは言わない, 何までを批評的に, 何まもる吾, 何まれ心を注, 何みんな判るはず, 何むかし馴染じゃある, 何むらとかいふ家, 何もかもようく御存じ, 何もさそう怒る, 何もそない堅なら, 何もそない改まったことや, 何もっていうと, 何もつてき, 何もてまえに, 何もなんてそんなにびくびくし, 何もよかりさうな, 何もをもわくの, 何やいな雪姉ちゃん, 何やうにも御, 何やかんやと, 何やすうッと, 何やたら碌でも, 何やったな, 何やったらおとなりの, 何やってるの, 何やでは分らん, 何やら横行し, 何やらかやら頂戴した, 何やらしめし合せる, 何やらせか, 何やるんだ, 何ゆえお前を人手, 何ゆえお隣の伯父, 何ゆえこれほどに人, 何ゆえわしを見, 何ゆえ一番を理想, 何ゆえ不思議がるであろうか, 何ゆえ人に毒蛇, 何ゆえ仲間を集め, 何ゆえ初めからこの, 何ゆえ印籠をすった, 何ゆえ取調べのあった, 何ゆえ塩冶をほろぼす, 何ゆえ天下の為, 何ゆえ小次郎は刀, 何ゆえ延期せよなどと, 何ゆえ式部は流された, 何ゆえ拙者へ毒蛇, 何ゆえ文化形態の外貌, 何ゆえ楊曁や宮中, 何ゆえ死別しなくては, 何ゆえ母上とともにわれ, 何ゆえ生活必要品の生産, 何ゆえ疎略に存ずる, 何ゆえ私は, 何ゆえ縁が切れた, 何ゆえ評定所より, 何ゆえ護王神の類, 何ゆえ貴公は故意, 何ゆえ長助が斯様, 何ゆゑか寝られねば, 何ゆゑかあまたゝび顔撫でながら, 何ゆゑそんな大事をとつ, 何ゆゑとも知らず, 何ゆゑとなく懷かしき, 何ゆゑともなく物なつかしい自分, 何ゆゑとわが問はむとき, 何ゆゑと問ひたま, 何ゆゑにかれ等は火災, 何ゆゑにそれを世間一般に公表, 何ゆゑわたしを貰, 何ゆゑ一言の忠言, 何ゆゑ舞ひかがやく, 何言うんで, 何ょ言やがる, 何よいお嬢様上りの, 何よかろうさあ, 何よけむ杉の, 何よしてゐる, 何よそで話した, 何よりもはその外, 何よりもようっく信じて, 何よろこんで死んだ, 何わが殿は, 何わしさへ我慢すり, 何わずかだもの, 何をかもながらの橋と, 何をが少しも, 何をぞめぞめこい, 何をといふことは, 何をとははっきりと, 何をとばかり矛を, 何をはあるまい, 何をへちやこちやいう, 何をべちゃべちゃ言って, 何をや打案, 何をやらにや可かんの, 何を以てでもどう云, 何を通じてヘルンに, 何んでと仰しゃいますが, 何んらそれ以上のするべき, 何ん時どのよう, 何アメリカのお転婆女, 何アンだ, 何ア目ぐせバ, 何ア莫迦だつて, 何イエもうアノ, 何イズムだの, 何インチか持ち上げました, 何ウフフ聞いて, 何オメオメと生きられよう, 何カアッタッテ安心ジャナイカネエ颯チャンハコッチデ寝テオクレヨ, 何カアッタトシテモ浄吉ツァンハ見テ, 何カイトと呼ばれ, 何カゴザイマス今直グ家内ニ捜サセマス, 何カシラ見ツカルダロウ, 何カシラ安心シマア今日ハ助カッタト胸, 何カシラ感ヅイテイラッシャルノデハナイデショウカト乙ニ絡ンデ云ウ, 何カットもある, 何カット夕方迄に済んだ, 何カテ何マデ彼女ガ身ニ纏ッテイルモノヲ悉ク剥ギ, 何カト訊ネ質シ給ヒ, 何カニビックリサレタヨウニフト目ヲサマシタノ, 何カノ川柳ニ見及ビタル事アリ, 何カノ時ノ用心ニアレハ, 何カフランス語ノ教科書ラシイ, 何カヘ押シ隠サレル音デアッタ, 何カヨイ治療法ハナイモノデショウカ御老人デイラッシャルノデ, 何カラットぐらいある, 何カラ何マデタイル張リニシシャワーノ設備ヲシタ, 何カロリーとは云え, 何カヲブチコワサズニハヰラレナイホド君は悩み苦しみ焦立つ, 何カ会ダノ組織ダノガデキルタビニズラリト重要ナ椅子, 何カ処の寺院, 何カ堅イ物ガサワッタノデ夢中デ要之助, 何カ外ノ薬ハナイカナ, 何カ年もつづいた, 何カ戦場ヘ長袖, 何カ手答ヘシタルト覚エシガ敵ヲ突キ留メタルナリ, 何カ書クコトガモットアッタツモリデシタガ丁度妹ノモトカラ電報ガ今届キマシテ, 何カ月ブリカデ颯子ト席ヲ並ベルコトガ出来タコト, 何カ月前からだ, 何カ月目だったか, 何カ空白ガデキタヨウナ淋シサヲ覚エタ, 何カ視覚ニ異状ナ変化ガ起ッタノデアルラシイ, 何カ非常ニ不自然ナ方法, 何ガロンかビール, 何ガーガー云うの, 何キログラムといふ重い, 何キロ二十二三貫でしょう, 何キロ四方の人間, 何クジラは何十何尺以下, 何クッタクなくニコニコ, 何クヮイズ藩そんな藩, 何グラム一日三回分服といった風, 何グラム砂糖何匁などと正確, 何コマか入れ, 何ゴソゴソして, 何ゴトモナク無事ニ過ギテイルノデアルガ, 何ゴルフ場じゃ無い, 何サンチメートルくらいな, 何サ今ごろんなっ, 何サ女給と三人, 何サ提灯がある, 何サ芸術は衣食的実用品, 何サ蝋燭がある, 何シイに来, 何シテイルカト問ウノデコレ, 何シテルノヨソンナ所デ, 何シリングかということ, 何シロアノ方ハ一度見タラ忘レラレナイ世ニモオ綺麗ナオ方デスシ, 何シロアマリ立派ナ石, 何シロソレホド出来様ト思ウナラ直グニ寄加持ヲシテ, 何シロ先ズ一度御宅, 何シロ出張旅行ガ多イシ, 何シーシーという容量, 何ジャズとは何, 何ジャムでも菓物一斤, 何スレゾ其レ然ルヤ, 何センチかの小, 何センチスカートのひだ, 何センチメートルというよう, 何ゾアッタラ切死ヲシヨウト覚悟デ出, 何ゾヨク此大業ヲ遂ゲ以テ同学企図, 何ゾ以テ異ナラン, 何ゾ土産ニテモ持ッテト存ジタガ御好キナ物モ知レヌ, 何ゾ妄リニ巧言ヲ弄シテ世, 何ゾ必シモ牽牛ヲ問ハン, 何ゾ忙ヲ之レ, 何ゾ憑ラン百歳ハ風前短焔, 何ゾ我ニ乏シキ者ナルカノ如ク彼, 何ゾ汝ヲ怨ミ汝, 何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, 何タルの清酒, 何ダイ又内診, 何ダイオ前ニハ女学生, 何ダウン兄さんはダウン, 何ダカカタツムリノ, 何ダカ極リガ悪クッテ死ヌニモ死ニ, 何ダコンナコトカ痛クモ, 何ダネ君ノ要求ハ, 何ダース何月何日の何時, 何チウ妙なモンヤ, 何チヤンだの何子, 何ッフン貴様の様, 何ッ勉強が足りない, 何ッ拙者に待て, 何ッ方つかずな, 何ッ水天宮様で誘拐, 何ッ源三郎様のお, 何ッ綾吉が, 何ツ云つてやがんだい, 何ツ師範学校フウン小学校の教師, 何ツ水天宮樣で誘拐, 何ツ父上は御, 何ツ生意気なこと, 何テだらしがねえ, 何テコトヲ仰ッシャルンデス, 何テヘンナオ子サンダラウマルデカツパノオバケミタイダワ, 何テンカン引きになる, 何帰リヲ, 何デカ面白カツタ帰リニ清チヤント坂道ノトコロデケイ馬ゴツコヲヤツタガ雪駄ヲハイテヰタノデマケテシマツタ清チヤンハカケナガラ勇マシイカケ声ヲシテヰタ, 何デモイヽカラオ爺チャンハ黙ッテオ休ミナサイ, 何デモイヽカラ颯子ヲ使ッテ下サイヨ何デモサセマスヨ, 何デモイヽ予ニ神様カ佛様ガアルトスレバ颯子ヲ措イテ, 何デモオモイ浮ンダコトヲ書ツケテオイテソレガドレダケノ月日ヲ経タラ, 何デモスルカラ仰ッシャッテヨ, 何デモナイワソレヨリ自分デ自分, 何デモ三井化学アタリカラ樹脂原料ヲ買イ入レテ写真フィルム, 何デモ兄ノ心, 何デモ冬ノ寒, 何デモ引キ受ケテ極メテ, 何デモ施シガ第一ト心得テ近所ハ, 何デモ結婚後半年バカリ過ギテカラ, 何トイフ巻積雲ノ崩潰, 何トイフ莫大ナ旅程デアラウカ, 何トカシテ居残ル算段ヲシナケレバナラナイ, 何トカシテアノ素晴ラシイ美シイ足ヲ思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願, 何トカ云ウ有名ナ絵草紙屋, 何トカ出来タラ一夕彼ヲオ座敷, 何トカ巧ク持チカケテ見タラ, 何トカ思ッタト見エテ, 何トカ湯俣迄ト思フモ有元ヲ捨テルニシノビズ, 何トスルヤト問フニ彼サシテ分別ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, 何トナクアレガ不吉ノ前, 何トナク心ヲ安, 何トナク気味ガ悪イ, 何トナレバ右ノ九人, 何トム公のこと, 何トモゴザイマセンカラ御心配ナク, 何トモ不思議ニ重ミガカヽリ, 何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 何トモ云エナイ若イ時ノヨウニ尿ガシャー, 何トン黒眼何種と大勢, 何ト云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, 何ト云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, 何ト云ッタッケナ何トカ云ウ有名ナ絵草紙屋, 何ト云ッテモ京都ガ一番安全デアル, 何ト思ッタカ問題ノキャッツアイ, 何ナサルノヨオ爺チャン勝手ニオ菓子ナンゾ遣ラナイデ頂戴, 何ナリトモ御相談ニ応ズベク候間, 何ナル印ヲ結ブトモ思ハズ, 何在ルナリ, 何ニアルカトイウト第一ハ, 何ニシテモ彼女ノ顔ガ, 何ニシヨウト己ノ勝手ダ, 何ニシロオマエガ断ワルト出来ヌカラ加入シロト云ウ掛金モ出来ヌトイッタラソレデモイイカラトイウ故承知シタトテ帰シタラ, 何ニモイラヌト云ウカラ権之助, 何ニモ増シテ恐シカッタガ, 何ニ使ウノカ全ク見当ガツカナイラシク, 何ニ因ツテ伍相ニ逢フ応ニ是秋胡ヲ想フベシ, 何ノコトダ武士ハ武士ラシクスルガイイ此方ハ侍ダカラ中間小者ノヨウナコトハ嫌イダト云ッタラフトイ奴ダトテ吸物膳ヲ打, 何ノタメニ颯子ニ心ヲ明カシタカ, 何ピーとかい, 何プウ・フウ新聞の記者たち, 何プラスも加えぬ, 何ベースボールとは何, 何ペエジに求むる, 何ホテルの第, 何ホテル曰く妾宅別荘さもなければ徒に, 何ボヤボヤして, 何ポンコツか, 何ポンド位の大, 何デ彼女ガ身ニ纏ッテイルモノヲ悉ク剥ギ, 何マイル以上にある, 何マイル航海した後, 何マデタイル張リニシシャワーノ設備ヲシタ, 何ミカンに相当, 何ミリかを増した, 何ミリメートルあるこの, 何メエトルくらいあります, 何メートルいや何十メートル潜るの, 何メートル位ひの, 何見エナイ, 何モイヤニナッタの自暴半分, 何モウチノコトハ気ニカカルコトハナイ息子ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 何モコワイコトハ無カッタ, 何モソンナニ恐ガラナイデヤッテ下サル訳ニ行カナイノカシラ, 何モソンナ思イヲシテマデ見ニ来ルコトハナイジャアリマセンカ, 何モ彼女ガ実際ニ石, 何モ持ッテキテガナイカラ何ニモイラヌト云ウカラ権之助, 何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 何モ私ノ創意ニヨルコトデハナイ, 何モ語ラズ気ヅカレモセズニ過シテシマッタガ, 何モ間違イガ無カッタ, 何ヤイロイロ諸方ヨリ頼ンダガオレガ初メ, 何ヤツなの, 何ヤードも上下, 何ヤールあるかという, 何ヨリ好キダ, 何ラカ他ニ所有主, 何ランプを一つ, 何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, 何ルーブル応募したとかいう, 何レカ三昧ニ非ザラン, 何レニしても, 何レモ少年時代ノ幾年カヲワガ塾生トシテ, 何レモ片道本社負担ニテ現地御案内, 何レモ特別ニ眼ヲカケタト云フ訳デモナイノニ士官学校又ハ兵学校ニ入学シテカラモズツト遊ビニ来ルシ, 何レ人情ハ身勝手ニ筆とりひとのなれ, 何レ拝顔の時, 何レ近日拝顔の時ニ, 何レ近間ニ候得バさらにあ, 何レ長崎よりかへり, 何ヲカイテ好イカ分ラナイ, 何ヲサセヨウッテ仰ッシャルノヨ, 何ヲ買イ物シテイタノカト彼女ノ出, 何ンだいあいつら笑ってや, 何ンゾ太ダシク急ナル, 何ンデモナイト云ッテ君チャンノカオ, 何ントカ省という賑やか, 何ントカ省前で二人, 何ンベンモヤスンデイキヲ入, 何ン時ばかり眠ッ, 何ヵ国の恩賞, 何ヵ月ぶんしかない, 何ヵ月もの間言いふるし, 何ヵ月振りの餡気, 何ヵ月目或は何年目, 何ヵ月間イヤという, 何ヵ村だけの死活, 何ヶ日忌かで山水楼, 何ヶ月何年此の弾圧, 何ヶ月役所を休ん, 何ヶ町を歩い, 何ーんの事, 何一々委しいこと, 何一つようぞんじて, 何一つ不自由のない, 何一つ不足はし, 何一つ仕事をしなかつた, 何一つ先のため, 何一つ光の見えない, 何一つ分隔てをしない, 何一つ判つてないん, 何一つ力といふもの, 何一つ取りか, 何一つ外から見える, 何一つ形成され造られのこされて, 何一つ役にたたない, 何一つ後を言, 何一つ心を惹かない, 何一つ意見がない, 何一つ折檻の種, 何一つ書きのこされ, 何一つ本当の生活, 何一つ楽の無い, 何一つ決行する気, 何一つ法に触れる, 何一つ爲出來すこと, 何一つ紛失して, 何一つ自分の記憶, 何一つ装飾のない, 何一つ要求する権利, 何一つ身仕度などあろう, 何一つ身體に當, 何一つ近代文明への関点, 何一つ隠し芸のない, 何一ツ不自由のない, 何一ツ人の目, 何一ツ出来やうじ, 何一ツ将来に対して予期, 何一ツ小言をいった, 何一ツ彫刻の装飾, 何一ツ心に任せぬ, 何一ツ悲惨を連想, 何一ツ手をつける, 何一ツ抗議さえよく, 何一ツ燒きや, 何一ツ特別なもの, 何一ツ稽古に往かぬ, 何一ツ苦心したこと, 何一ツ見えなくて, 何一ツ見物しなかったの, 何一ツ証拠にする, 何一ツ趣味もなけれ, 何一トつ満足, 何一人は供, 何一口いわずに, 何一名の紳士, 何一寸町へ, 何一度味を, 何一枚書いて, 何一物も無断, 何一等怖かった, 何一語も言, 何丁がけの法式, 何丁くらひ先, 何丁上井出の村, 何丁目何番地に新築落成, 何丁目何番地住何新聞記者小川某氏其夜脳溢血症にて死亡せり, 何丁目何番地何の誰, 何丁目何番地小川方に二人, 何丁通りに当り, 何万いつおし襲, 何万いや何億とある, 何万とも数知れぬ見物人, 何万ばいもあるずう, 何万エーカーとか何十万エーカー, 何万キロの爆弾, 何万ドルという金, 何万ペソという契約金, 何万マイル先へとどく, 何万マルクとかの寄附, 何万七が, 何万両何千貫とも見当, 何万人何十万人もいる, 何万体かしらん, 何万何億年が, 何万何十万人の署名, 何万何十万円今日して, 何万何千何番目になる, 何万何千何百に何千何百何十, 何万何千何百何に何千何百何十, 何万何千何百何十本と一本, 何万何千何百里あるの, 何万何千円という汗牛充棟, 何万個という品物, 何万億分の一の軽, 何万元かの懸賞金, 何万円今にすれ, 何万円何十万円もする, 何万円桜の葉, 何万升の酒, 何万台も置い, 何万噸の浮城, 何万坪テフ庭園の彼方此方, 何万字だのイブセン, 何万年来旧態依然として今になほ原始, 何万弗だか, 何万弗請取りと, 何万斤という生糸, 何万日という, 何万枚警視庁にため, 何万法か出し, 何万疋とれて, 何万石一時に着い, 何万種という小説, 何万種類出版物がふえよう, 何万羽とかいう評判, 何万軒の家, 何万部刷ろうとも, 何万隻とぶっ, 何万隻何十万隻という夥しい, 何万頭となくなら, 何万馬力の電動機, 何とかいふ文楽, 何三晩やそこ, 何三郎が分限者, 何上りはしまい, 何上方筋の唐辛子, 何下げ髪で緋, 何不人情でも構う, 何不慣れはわたし, 何不知哉丸さまをどこ, 何不道徳と云う, 何世代もの間, 何世時代の面白い, 何世紀前後の氷, 何世紀層かの洞窟ぐらし, 何世紀間かそこ, 何両泥棒の付け届け, 何中隊本部と書いた, 何丸岸を刺し, 何丸誰を刺し, 何主君に対して困る, 何之図などと題する, 何之役にも不, 何乎今御覧になった, 何也断見矣, 何が頼み, 何二カ月や三カ月, 何二ヶ月や三ヶ月, 何二世なぞがある, 何二人とも上げます, 何二千両の行方, 何二時間も経て, 何二足片足しかねえと云う, 何二階のさだ子さん, 何云うてるねんそら, 何云つてンのよオ, 何云わせて見せる, 何云ツてんのさ, 何五十題といふ, 何五郎の称, 何五錢ぐらゐ自分の小遣, 何些細なこと, 何在亦, 何京師殿それはそれ, 何の料理, 何人あばたに出逢っ, 何人あぶれ者が雑魚寝, 何人いるかしれません, 何人おいでにはおいで, 何人お召連れになる, 何人こっちの委員, 何人それは昨, 何人だい此処へ来, 何人づれかで食事したり, 何人づれかのアンチャンが必ず, 何人づゝゐるとしても知れたもの, 何人といへ雖, 何人とりかへてみた, 何人どこへ這入った, 何人のでも, 何人ひとかたまりの若い衆, 何人もの行く物音, 何人ニテモ之ヲ有, 何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, 何人一と塊, 何人一人参詣するもの, 何人一人舟を出そう, 何人中の何人, 何人也若賊乎, 何人人を殺した, 何人人柱に立つた, 何人以下では断わる, 何人位死刑に遇う, 何人何十人の女, 何人侍臣奴隷たち六百何十人このほか, 何人俺等が死んだ, 何人入用かは計算, 何人兵隊を置い, 何人分普通の兵卒, 何人前皿何人前と箱書き, 何人前膳何人前などと箱書き, 何人力だか, 何人労働者が不足, 何人博多長崎大阪京都此大都會から五六十人, 何人危めた曲者, 何人厚板金入り繻珍の帯, 何人吝嗇家になった, 何人堺の商人, 何人奏任官ならば, 何人女が何人, 何人妾がある, 何人子供をもとう, 何人客があっ, 何人彼奴の手, 何人情がわかる, 何人手にかけた, 何人払いと, 何人扶持だったけかな, 何人拘留されて, 何人指のない, 何人捕虜にした, 何人撰に當, 何人束になっ, 何人来客があっ, 何人槍付けたら鼈甲柄, 何人機械人間があらわれ, 何人混交っているか, 何人父母いくつと寺受け, 何人男を代え, 何人目かの子が直ぐ, 何人目の子じゃ, 何人知り合いがある, 何人礼服着用とたやすく, 何人私たちに知られ, 何人米国人を殺した, 何人組という, 何人被告と一緒, 何人試験料丸取られさ, 何人醫者が出, 何人飛込みがあつ, 何人高等官一等ならば, 何今ここにいる, 何今夜の, 何今度ばかしゃ仲間, 何今日はお嬢さん, 何今更にたゆ, 何今私の所, 何て出来ない, 何仕度してる, 何代将軍かのお, 何代目何某の, 何代足利義昭にいたっ, 何代頃から在, 何に我, 何以上口耳之學也, 何以称焉徒負不羈, 何企らんでる, 何の解詁, 何休んだんじゃあ, 何休公羊傳註三年一換主易居の類, 何休暇を頂きまし, 何は無量数万, 何会社取締役と三四行, 何住吉の海上, 何何ごとです, 何何でござるてな, 何何と云うぞと, 何何とか云ったな, 何何なんだと, 何何処へなお, 何何友さんそりゃなんと, 何何君僕はとくに, 何何愚僧が三度息, 何何會などといふ陳列場, 何何父と一しょ, 何何鉱夫じゃア, 何余りお美しく, 何で何, 何作品があります, 何以知後身, 何侯爵の銅像, 何になる, 何信用しない, 何修験者玄沢殿が見えた, 何俵位用意する積り, 何俺達がこの世, 何個区隊いたか, 何個所かががたがた, 何個月経っても, 何個村とかある, 何個条かの非常, 何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 何個燭台何本というよう, 何個草履何足幕何張それに供, 何倍ぐらゐな損だね, 何倍ぐらゐもうかる仕組みにできてる, 何倍此方が尽し, 何倶楽部の集会, 何偉いかどう, 何働いて食っ, 何億かけ合わせても, 何億キロメートルの何億倍, 何億ペソと言っ, 何億ヴオルトといふ空中電氣, 何億万とも数知れぬ, 何億万倍か重々しく, 何億万光年といふ観念, 何億万円の軍事費, 何億万年かかっても, 何億万年後の地球, 何億何万何千何番目になる, 何億何兆年とも, 何億何千万年に亘る, 何億兆という莫大, 何億兆分の一よりも小, 何億光年何億万光年といふ観念, 何億出っくわそうと, 何億分の一くらいな, 何億回か回した, 何億年前の無, 何億時間を消費, 何億萬年前の話, 何億馬力の力, 何がいる, 何兆トンあるか, 何兆年とも, 何先方が馬鹿, 何入って来た, 何入れとるか知れた, 何入質はるん, 何全部俺が責任, 何八丁堀へおい, 何八蔵が毒, 何公判の時, 何公爵の旧, 何共何うも御, 何共別りかね, 何共勝手になさいだ, 何共申訳はござらぬ, 何共筆には尽, 何兵衛さんが今夜, 何兵衛何蔵に瓜二つ, 何兵衛氏と呼ぶ, 何兵衞尉と名, 何だつて, 何其処までは解らない, 何其奴も不死身, 何其様でもありません, 何其許のよう, 何へ鼬, 何円ショッパイうちだ, 何円也という金, 何円二百円前借してるから, 何円以上何名何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 何円以下何円以上何名何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 何円何十何銭かになっ, 何円何十銭也を豹一, 何円献金する, 何円茶代二十円の女中, 何冊全部のほか, 何再度試る, 何冗談ですよ, 何写真館かしら, 何冷かすなんてそんな, 何出る事は, 何出世の出来ねえ, 何出払ってしまった, 何出来べい, 何分お願い申しますどうか, 何分ぐらゐで出来るの, 何分ってい, 何分った偉い, 何分つてゐ, 何分のお知らせをする, 何分の一かに加算されるはず, 何分の一位しか来ない, 何分の一何十分の一何百分の一何千分の一何万分の一である, 何分の一十何分の一という様, 何分の一奴隷は其何分の一, 何分の一秒かの間隔, 何分の上りの汽車, 何分の沙汰を待て, 何分の由宿屋以後が受け, 何分の返辞をいたす, 何分の間かそれとも, 何分グライ続ケルンデス, 何分ニモ見当ラズ唯怪, 何分ホテ・グリへ服部良一, 何分上野着円タクで家, 何分不二屋旅館へ落ちつく, 何分不如意じゃに依っ, 何分京都着一先づ松吉旅館へ落ちつく, 何分佐世保着軍艦見え飛行機, 何分列に立たせられた, 何分別りがたく, 何分外にその, 何分大町着直ちに出発, 何分幾久しゅう願います, 何分御願ひ申します, 何分手が行き届かぬ, 何分時と云, 何分極く最近, 何分熱海着つるやへ清, 何分筆がいい, 何分道中の事, 何分重傷なもん, 何分重役ども長崎不案内ゆへ此処ニ而御定, 何分長崎ハ一同不案内ニ候, 何分間位持って, 何分間何時間どころか一生涯, 何分間集中し得るかという, 何分青年部五六名連れて, 何分静岡発大阪へ向, 何分頃何ホテルの第, 何分頼ムトイッタラソノウチニ姉ガ来テ一先ズウチヘ帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, 何切支丹宗徒だから, 何列座のお, 何別にそうでござらぬ, 何別段の事, 何ざるべき追, 何刻ごろお出ましになります, 何刻位入つて, 何刻頃迎ひの, 何刻頃迎いの者, 何剃刀で殺す, 何則造物之始, 何にも一, 何前後の様子, 何の工夫, 何がいい, 何副長の点検前, 何割づつかを分けて, 何割位を火葬, 何割何分というの, 何割何弗何弗の話, 何割保険金何割何弗何弗の話, 何割合格しますかと, 何割引かのもの, 何割引くか判然, 何割雪が多い, 何創作を一日位, 何動物の脳髄, 何勘弁を願いたい, 何勘辨を願, 何匁フライパンに入れ, 何匁丙丁各何匁, 何匁乙元素何匁丙丁各何匁, 何匁味酬どのくらいと言っ, 何匁配給になった, 何北条殿の御意, 何匹ぐらゐ居ます, 何匹産れたか, 何匹行水盥に伏せた, 何区所属で略称セレクトフスカヤ, 何と云, 何十かに處せられます, 何十ぴき何百ぴきいたって, 何十ぺんツギをあてた, 何十ぺん何百ぺんとなく, 何十ぺん探題へ告げよ, 何十ぺん肱鉄食うても, 何十カロリーという莫大, 何十ダース何百ダース所蔵するの, 何十チェンの次, 何十トンのバクダン, 何十パーセントかはジイド, 何十フィートも高い, 何十ページずつか読む, 何十メートル先か判りません, 何十ヶ所で, 何十丁かの鑢, 何十万それがいま, 何十万イヤ何百万円あるかな, 何十万エーカーとかいいました, 何十万カロリーを使用, 何十万何百万円の取引, 何十万倍だかの, 何十万円今日して, 何十万分の一にすぎない, 何十万噸いや福の神, 何十万年何百万年の生い立ち, 何十万年後でありませうか, 何十万年来の人間, 何十万床屋には禿頭病, 何十万弗拵えて, 何十万戸といっ, 何十万枚重なったもの, 何十万省線の吊, 何十万石阿武隈大膳正の乱行記, 何十万箇無ければ, 何十万部発行されたか, 何十万銭湯には目, 何十万隻という夥しい, 何十万騎剣門関をうかがう, 何十世帯も住みつい, 何十世紀かかるか, 何十両一石数百両なぞという, 何十人いるかわかりませんよ, 何十人イヤいく十人かの死体, 何十人トナクコノ患者ヲ扱イ, 何十人何百人何千人なりとも, 何十人何百人此御殿を取卷い, 何十人何百人行倒れになる, 何十人助けに行く, 何十人年によっては何百人, 何十人敢て現われよう, 何十代以来とも知らず, 何十何べん買, 何十何万の兵士, 何十何円何十銭也を豹一, 何十何圓の筈, 何十何尺以下は捕っ, 何十何年ほど持つ, 何十何年七月十日の事, 何十何年目に再び, 何十何歳自ら顧みるに, 何十何煙といっ, 何十何百何万何億, 何十何百倍もの苦労, 何十何銭かになっ, 何十何階かに小さく, 何十俵代金千両余りの品, 何十個大隊が横隊, 何十個所か知れない, 何十倍罪がひどい, 何十億何百億人だ, 何十億倍というよう, 何十億円というすばらしい, 何十兵衛に劣ろう, 何十兵衞に劣らう, 何十円也を試験料, 何十円在中の一個, 何十分の一しか誌されて, 何十分の一位であろうが, 何十分の一何百分の一何千分の一何万分の一である, 何十分の汽車に間に合った, 何十分頃に宅, 何十匁とか何百匁, 何十反もぶら下げ, 何十口という古来, 何十台分と買っ, 何十名水兵が千何百名救助, 何十名酒なしの, 何十呎という大, 何十哩の曠野, 何十回ここへ戻っ, 何十回めかの沈下, 何十回何百回も繰り返し, 何十回手先きを, 何十回競馬を見物, 何十回談話を交換, 何十図の写真, 何十坪は一坪一円, 何十夫人までを包括, 何十字か何百字, 何十層倍大きな海蠍, 何十州ありますか, 何十巻ものエンチクロペディー, 何十年あきもせず, 何十年かたち今ふた, 何十年がかりの粒々辛苦, 何十年この世に呼吸, 何十年もの間子供をこらしめる, 何十年もの間根気よくこの, 何十年もの間極っている, 何十年一介の押領使, 何十年三味線を弾い, 何十年以来の古馴染, 何十年以来植物の日本名, 何十年何百年間をはたして, 何十年保存と記された, 何十年分れたもの, 何十年前血気盛りの海軍少尉, 何十年勤續の人, 何十年孤独の生活, 何十年店の入口, 何十年心をうちこむ, 何十年挿画壇の人々, 何十年来なに一つ過ちをし, 何十年来シベリヤの空, 何十年来一つ家に暮らした, 何十年来一日も欠かさず, 何十年来使用したこと, 何十年来様々変化は多い, 何十年来毎日見馴れた世界, 何十年来片時も欠かさず, 何十年来関係して, 何十年洋の東西, 何十年祭かに当るらしい, 何十年經つたか, 何十年經つても容易, 何十年識っておっ, 何十年間何の勉強, 何十年間成長してからも, 何十年音信不通に相, 何十度何百度か知らない, 何十張りも野鼠, 何十挺だか, 何十文かの木戸銭, 何十方尺の間, 何十日お宅を明け, 何十日ッてもの夜, 何十日何年間と生活, 何十日何百日いや何十年何百年, 何十日何百日海洋を流される, 何十日間かにわたる大, 何十杯となく, 何十枚何百枚といふ高, 何十枚観賞しても, 何十樽も蔵, 何十番というの, 何十発となく, 何十百人武家の秘蔵娘, 何十百倍稼ぎうるのに, 何十百年悲劇的な運命, 何十着になる, 何十石大麦が二千何百石, 何十石油何斗布何反と決った, 何十石餅米が百何十石, 何十種何百種という位, 何十粍という急, 何十粒入りの袋, 何十級かの石段, 何十編を書いた, 何十羽施術しても, 何十艘引っ越し荷物を積ん, 何十萬兩の身代, 何十萬圓と云, 何十萬圓拂つて買取つたら自分, 何十萬坪の構内, 何十萬石を與, 何十遍摺とかの色表紙, 何十遍死生の境, 何十遍足を通わせる, 何十邊とどならなけれ, 何十里一軒の人家, 何十里先へ行, 何十里土の露出, 何十里逆流させ以, 何十銭入りの蟇口, 何十銭坪で手ばなし, 何十錢なりさして, 何十間も先, 何十隻も助け, 何十項目と並べた, 何十題何五十題といふ, 何十風が轉居, 何千さつという, 何千つぶともしれない, 何千エーカーという水田, 何千カロリーあるって, 何千ガロンを買入れる, 何千トンかあった, 何千ドルという小切手, 何千フランとかをどう, 何千リットルという牛乳, 何千ルーブル放り出したまま, 何千万キロ先のひろびろ, 何千万トンという, 何千万ドルであるか, 何千万ペセタ費おうともまだ, 何千万ペソと言っ, 何千万何億クローネという世にも, 何千万億の錯誤, 何千万回あるいはおそらくは, 何千万年がかりで鰭, 何千万本とも知れないです, 何千万枚あったって, 何千万様の変化, 何千万状あるか, 何千万石の米, 何千万足を作っ, 何千万里の大空, 何千万里ここはまったく, 何千両何万両となく, 何千人ッていう小作人, 何千人何百人を限つて施餓鬼, 何千人大江の岸, 何千体か何万体, 何千何万何億と, 何千何万何億年が, 何千何万里漕ぎ巡って, 何千何万隻とぶっ, 何千何万騎という軍, 何千何尺と何寸何分, 何千何番目になる, 何千何百万トンなどという計算, 何千何百万燭光とも譬え様, 何千何百人当選者の氏名, 何千何百何に何千何百何十, 何千何百何十本と一本, 何千何百何十番というの, 何千何百歩ときっちり, 何千何百足の草鞋, 何千何百里あるの, 何千何萬兩もする, 何千倍何万倍とあり, 何千兩お金の金之助, 何千兩傷けられ殺された人, 何千兩入つてゐたか, 何千円二万何千円という大穴, 何千円何万円にも取引, 何千円何百円何十円たった一人, 何千分の一何万分の一である, 何千升何万升の酒, 何千反持って, 何千噸何万噸の浮城, 何千回何万回という経験, 何千坪中には一万坪, 何千層倍あろうか, 何千年今夜のよう, 何千年來一歩の進歩, 何千年來養はれた支那夫人, 何千年来愚なる前例, 何千年来王覇の争い, 何千年来痼疾の精神病者, 何千年来皇室を中心, 何千年肉身から肉身, 何千年逆転しても, 何千年間の常識, 何千弗と正札つき, 何千戸にのぼり, 何千斤かの重, 何千日の間, 何千日間の生活, 何千本何の誰, 何千本何万本てある, 何千束とも知れぬ, 何千梃来たか, 何千機とも知れず, 何千次という方程式, 何千段老杉しん, 何千法に売れよう, 何千百円を儲, 何千石何百石と言っ, 何千種あるか, 何千艘は両方, 何千萬の人, 何千萬つて人がゐる, 何千萬分の一, 何千足も貯え, 何千車という土, 何千通とあっ, 何千通山積して, 何千部何万部刷ろうとも, 何千頃の干潟, 何千頭という大, 何升どこはこの節, 何升何合飲み乾したかといふ, 何升工面して, 何升手に入ります, 何卑下すること, 何卒そないお, 何卒そうであって, 何卒ようと云っ, 何卒一ツ何とでも戒名, 何卒一方でも宜, 何卒一目逢わせて, 何卒上へ仰せられん, 何卒何分よろしくお, 何卒先に故郷, 何卒出牢させたきもの, 何卒合力して, 何卒好き檀越に一度, 何卒家を出し, 何卒此度之義, 何卒然るべくお, 何卒目を掛け, 何卒筆がお, 何卒速かに此方, 何博士を探し, 何の何品, 何厘何毛という利前勘定, 何厚也既帰欲遺一物以表謝意, 何という名, 何原因も知れた, 何原子だろう, 何参らせん品も, 何友さんそりゃなんと, 何友仁という男, 何友軍か, 何友達の事, 何双手燭何挺燭台何挺火鉢何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 何叔父さんはどう, 何焉取, 何取りに行け, 何取り出で, 何口奴婢何口と区別, 何古い里歌でも, 何句位出來たい, 何可愛らしい小犬だ, 何可笑しいですか, 何台卵を孵, 何台自転車をもっ, 何台豊島園へ, 何台通過したか, 何右門が参った, 何叶えてくれる, 何号何号の支店, 何号医学博士の診察所, 何号弾を用いる, 何号支店といふ工合, 何号町かにある, 何合何勺ときまっ, 何合衣類は何尺, 何がどこ, 何だ抔, 何同老萼黏枝死, 何名タリトモ徴発シテ苦シカラズ即チ後日, 何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 何名何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 何名余興にたのまれ, 何名助太刀がつい, 何名同様予想を絶, 何名秦の断, 何后何進の一族, 何后何進らの一族, 何吐すぞいこの野郎, 何も少し, 何向うで何もかも, 何向き市街の, 何向き僕は一人旅, 何君なんでもない, 何君何君と君, 何君僕はとくに, 何君心配しないでも, 何呆けつる, 何呉れ御面倒, 何したか, 何周りかした, 何が惜しい, 何即秦誓, 何哩奥地のカンディー, 何をお, 何唐蜀黍の葉, 何った一度, 何唯乗つてゐたかつたから, 何唯佳景富茶香酒美貯書堆, 何商たるを知らなかつた, 何商ばいです, 何商品でもそう, 何商法でもお好, 何問目かは仙臺, 何喋るもんか, 何喧嘩をする, 何遠の, 何喰わない顔で, 何喰ワヌ顔ヲシテイルツモリデアッタガ, 何囘反逆を企てた, 何回ここを往復, 何回トナクコノ注射ヲシテルンデスガ血管ニ触レタコトハ一度モナイノニ, 何回事故休み何回病気休み何回は規則, 何回位採れるん, 何回何十回とした, 何回内外の地震, 何回千登世は内儀さん, 何回卒業同窓会であろうと, 何回反逆を企てた, 何回彼は米, 何回忌に当る, 何回振り仰いで, 何回接吻をした, 何回斯うした, 何回猛士とか僭し, 何回病気休み何回は規則, 何回襲来しそれ, 何回評議をかさね, 何回足を運ん, 何因業な割, 何の翻刻, 何図版第何百何十図, 何国流の観念主義者, 何国軍だか, 何國何時代に於, 何國何村は自分, 何圓づゝか出して, 何圓何十錢なりさして, 何土曜日には何, 何疑是須弥山頂居, 何在雪擁藍關馬不前, 何地ゆかめとそきたけ, 何地区と言った, 何地名産とか何, 何地獄も考える, 何地行きけむ, 何坊さんも早く, 何垣内も一つ, 何と呼ばれ, 何の, 何売り価でございます, 何とな, 何つたこと, 何なら炎天, 何夕方までの内, 何外套を着, 何多寡の知れた, 何のあの, 何夜食はすまし, 何大いにあると, 何大きくなったばかり, 何大事はない, 何大公殿下の気まぐれ, 何大切の皿, 何大学だってその, 何大将軍とかもすれ, 何大師の遺骨, 何大概大丈夫でしょう心配, 何大高表から飛脚, 何天下が騒々しい, 何天子や某, 何天晴御会釈, 何天炯等がゐました, 何天王に数えられる, 何夫人のほう, 何夫人連中も喰う, 何失敗は成功, 何奈ンゾ之ヲ賜ハル恩沢, 何奥さんに, 何女らの女らしい, 何如した機だった, 何如といは, 何如んぞ富ま, 何如ナル道ニ從事スベキヤト云フニ余ガ見ル所ニテハ, 何如手を着け, 何如斯可謂之土矣, 何如様共可致, 何如璋葉松石王漆園などいう, 何妨抹過海門関, 何に免じ, 何であったの, 何婚式になる, 何子かに子と云つて, 何子チャンというの, 何子供よりもその, 何子君と呼び, 何子嬢の結婚式, 何字書によつたもの, 何存ぜぬことが, 何学士と申す, 何学校の生徒団体, 何学的の構造, 何といふもの, 何學年の教室, 何學的構成だとか, 何宇治の牛丸, 何宗たるを問わず, 何宗ニテモ人々ノ信仰スル所, 何宗厳どのが, 何宗旨でも妻帯, 何室阿片でギッシリ, 何宮さんまで出かける, 何宮様だか, 何家何家といふ風, 何家族いるの, 何の証拠, 何密夫をし, 何富田流を学んだ, 何寒くはないです, 何ている, 何を云, 何寸水平動何寸という大, 何寸筋骨脂肪質足袋何文顔うす黒い質, 何寺塔尖聳, 何寿といふ名, 何為, 何将軍はまだ, 何小学校なん, 何小崎さんがお, 何小町と云われた, 何姐さんは, 何少いもの同志, 何少し思うこと, 何少将はおれ, 何尺下かわからぬ, 何尺以下は捕っ, 何尺何寸と定, 何尺何寸筋骨脂肪質足袋何文顔うす黒い質, 何尺何間が解らん, 何尺横幅何尺それだけの, 何とはっきり, 何居るに違い, 何屋何兵衛だ, 何屋小間物は何屋, 何屋敷か怖, 何屋誰へ縮緬五巻, 何展覧会に行きました, 何層倍人間として愉快, 何層倍濃厚いそう, 何層倍猛烈だか, 何層倍輪をかけた, 何山ここは何, 何山伏の数篇, 何山姫に布, 何山河内様のお姫様, 何山田の停車場, 何山道に迷った, 何とかいう軟か, 何島君じゃと, 何と言う, 何川辺までの何町, 何の牧, 何巡査をどう, 何巡査さんが, 何左樣でない此獸, 何之松, 何とある, 何市何市とある, 何師団かが占領, 何席目かの喋りだし, 何とえ, 何帰して呉れ, 何帰つて来ない, 何帰りの支度, 何帰路を絶つ, 何帳何帳と先方, 何といふ大, 何平三が, 何平方露里かの社会主義化, 何平気さうんと仕込んどきゃ, 何年あちらへ参りませぬ, 何年いっしょにい, 何年いやでいや, 何年お上の御用, 何年かたち十四歳に母, 何年かたッてねどこ, 何年かなり教育して, 何年かまへに越した, 何年がかりとかで出かける, 何年ここにいる, 何年ころどれだけの数字, 何年そこにゐた, 何年それを言っ, 何年のちのこと, 何年ぶりぞいの叔父, 何年もと言つたら中, 何年もの間ここへ来た, 何年もの間それに親ん, 何年もの間モウのめないの, 何年もの間人目から遮断, 何年もの間彼女のこと, 何年もの間朝しかうけとった, 何年もの間殆んど, 何年もの間民主主義的な文学, 何年もの間気丈に一人, 何年もの間自分に向けられ, 何年やつたつて, 何年エステルハツィ城で老, 何年ニモナリ嫁入リ前, 何年一心不乱に父, 何年一日の如く, 何年一足飛びに二度目, 何年七月十日の事, 何年不意にまた, 何年人生既往を想え, 何年今では主人彦太郎, 何年位伊香保にゐる, 何年位会はないだらう, 何年位前に起つた, 何年何の時代, 何年何ヶ月思いつめた人間, 何年何十年来のお尋ね者, 何年何十年識っておっ, 何年何國の某, 何年何年と, 何年何日に雨, 何年何月どこの小屋, 何年何月何日何分に産, 何年何月何日櫻木海軍大佐之を發見, 何年何月何日生としるし, 何年何月何日誰某宅, 何年何月地に埋, 何年何月幾日の, 何年何月某国に対する戦勝, 何年何月生れだ, 何年何箇月かの間, 何年來の頗る, 何年來妻の實家, 何年來幻のやう, 何年前これこれの女, 何年前スコットランドのネス湖, 何年前位から始めなさった, 何年前僕はミシェル神父様, 何年前南伊豆の家, 何年前塾の書生, 何年前姫路を退転, 何年前東京市に初めて, 何年勤続して, 何年厄介になっ, 何年圧力をかけ, 何年太宰府に居る, 何年家賃を溜めた, 何年小屋にい, 何年平安にその, 何年年々鶏頭は赤し, 何年後琴曲界の一方, 何年振りくらゐです, 何年明治三十年頃には立派, 何年本当の飛行機, 何年来ひろ子が愛着, 何年来別々に暮し, 何年来手にした, 何年来町役場の書記, 何年来稽古をし, 何年植向仙壇上早晩移植到梵家, 何年此の弾圧, 何年気楽に住めるだろう, 何年波風にさらされ, 何年無事で今, 何年生まれかな, 何年當り續, 何年目私は四五日前, 何年相経ち申し候, 何年眞黒になつて日, 何年研究したとかを, 何年祭とかいうの, 何年私は自分, 何年紙に包ん, 何年経過か算, 何年經つたつて一本の職人, 何年經つたつて熊吉が擧, 何年維新の立者多く, 何年習つたつて駄目だらうよ, 何年舵をとっ, 何年越かでふっと, 何年踏切につとめ, 何年逢はなかつた, 何年運転士をつとめ, 何年鉱を敲くだろう, 何年間その間に楢雄, 何年間それを持ち続けた, 何年間ラジオの機械, 何年間一日も竹刀, 何年間三十歳を越す, 何年間人の国, 何年間冷飯を食, 何年間十手で飯, 何年間夫は何と, 何年間好きな本, 何年間朝夕二回の屋敷, 何年間此ういふ, 何年間武術を怠り, 何年間海を見ない, 何年間癇癪を起し続けな, 何年間肺病で寝, 何年間芝居というもの, 何年間道をつくらず, 何年間道場へ叩かれ, 何年限り生きたれば, 何年雨風の中, 何年頃東京麹町区三番町沿いの御, 何幼少から, 何干か, 何度あそこへ出, 何度おしやはった, 何度おだやかに言い聞かされた, 何度おれにその, 何度お前が頼み, 何度お辞儀をした, 何度かいらしたわ, 何度くり返されても, 何度そば路を踏みはずし, 何度とりかへても亭主, 何度びつくりしたこと, 何度ふり返っても, 何度ふり顧ってもすぐ, 何度めかに背のび, 何度めかに目をさました, 何度めだいまた握手, 何度もさうした, 何度もとのからだ, 何度ゆききしたこと, 何度わたくしも国, 何度アンコールにおじぎ, 何度イヤだと, 何度キスを許した, 何度クラムに頼んだ, 何度ジャコビン党に殴られた, 何度ゼラチンをかけた, 何度ゼルビノのお, 何度ダイヤルを, 何度ノックしても, 何度ヒステリイを起した, 何度ブランカには追, 何度モソノコトヲ話ニジヤガイモサンノオ家, 何度モ何度モ聞キ直シテミル, 何度モ打診シテ見背中ヲ調ベ, 何度モ聞キ直シテミル, 何度レターを差し上げ, 何度一ぱいにさせた, 何度一塊の青酸加里, 何度一日に彼, 何度上げ下げしたこと, 何度上京したか, 何度下山を思い立った, 何度不幸な思い, 何度両親に頼んだ, 何度乗り換えをし, 何度云ひ聞かしても, 何度云つても同じ, 何度云ふたかわからない, 何度人血をなめね, 何度仆されても, 何度今までにだっていま, 何度今日までにお, 何度位だね, 何度使つたこと, 何度來てもそれ, 何度催促されても, 何度元の土地, 何度先生の處, 何度内心にお, 何度卓へ呼んだ, 何度反復しても, 何度反撥されても, 何度口論をした, 何度合図を示し, 何度吟味を重ね, 何度味わい返しただろう, 何度呼び出しをうけ, 何度商業をなし, 何度太刀へ手, 何度失敗しても, 何度妻を殺そう, 何度娘をほめなけりゃならない, 何度字引を買っ, 何度宇野のこの, 何度富士見の馬場, 何度専門家が鑑定, 何度峰吉が自分, 何度巴里夕刊を引つ, 何度平家のお, 何度店を畳もう, 何度引ツ越したか, 何度張り換えても, 何度弾ねかえす, 何度形勢が激変, 何度彼らを救済, 何度往き来したって, 何度御免と言っ, 何度心の中, 何度念を押し, 何度恋をした, 何度恋愛しても, 何度悲しみをお, 何度戦ッても勝てず, 何度戦場を踏んだ, 何度手を触れた, 何度折衝を重ね, 何度操返しても, 何度支払い部屋からほうり出された, 何度斯様な賑やか, 何度新紙で読ん, 何度昇つたらうか, 何度時計を見, 何度會つても心, 何度枕に顏, 何度橋をかけ, 何度氣づいたこと, 何度河の中, 何度河原町でこの, 何度泥棒に覘, 何度注意したか, 何度漂泊しても, 何度父親さんも東京, 何度玄関を外, 何度現場を調べ, 何度癇癪を起し, 何度発展をとげる, 何度目付衆が出, 何度真似をし, 何度福島の地, 何度筆を投げた, 何度経験しても, 何度自動車を飛ばした, 何度自覚したこと, 何度致死期の仲間, 何度舌を巻い, 何度茶を点てよう, 何度藤枝と林田, 何度蝶子さんあんたと連絡, 何度行逢っても, 何度行つてもその, 何度行逢つてもあ, 何度裏から表, 何度見舞に行っ, 何度親子心中をねがった, 何度言はれるか, 何度言つても黙, 何度試みを繰返さなけれ, 何度読直しても, 何度請願したか, 何度転居したろう, 何度通つても同じ, 何度郷里へ帰ら, 何度里へ降り, 何度重版しても, 何度鏡子はした, 何度隣郡の侵入者, 何度雪が降つたらう, 何度鞍馬詣りを, 何度頭を金剛杖, 何度顔を洗っ, 何度駄目でしょう, 何座つて居ても, 何座敷を取散, 何などによるもの, 何とかいふ蕎麦屋, 何を使うたら, 何弁えない処の, 何式服というもの, 何弓矢にかけて, 何の話, 何弗何弗の話, 何弱るもんです, 何張それに供, 何彗星かの出た, 何彫刻師なの, 何彼右左と御, 何往復かのバス, 何徘徊意欲還故, 何御免を蒙る, 何御前とかいう女性, 何御礼なんぞ御, 何心処之亦, 何心地なく遊ん, 何必守弓箕負笈, 何必要のない, 何はそれ, 何かいま, 何思いついたかむくり, 何思いましたか起上り, 何思い切れないのだ, 何思ってか突然, 何思ってるか位, 何思つたのか, 何思つて居るん, 何思ひたまひけむ, 何思ひ立ちてや世, 何思何慮天下, 何思敬という人, 何思案をし, 何急がなくっても好い, 何急ぎでしたからね, 何急用が出来た, 何と突然, 何恐ろしいことです, 何恐竜だって, 何恨むべき物あり, 何悪かろう, 何悲しきと思ふなるらし, 何ふならむわれ早, 何意画幅懸来, 何愚僧が三度息, 何を刺戟, 何へ行つて, 何慰めの言, 何懇意な男, 何は何, 何る時, 何戸前だとか, 何戸百何十人かはここ, 何所かお悪う御座います, 何所かしつかりしたところ, 何所ン所だった覚えて, 何所一つ道寄りをせなかった, 何所其所で喝采, 何所爲ぞと一喝, 何だか, 何になる, 何棄つた, 何扱いにもしない, 何把炭が何俵, 何拝見をします, 何拾万円が手, 何拾枚もかきつづけられる, 何持ちなんだかさっぱり自分, 何持てないとは思わない, 何挺火鉢何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 何挺燭台何挺火鉢何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 何捨てておい, 何掘つてるか, 何探してるのよ, 何描かせては手間, 何をした, 何損するような, 何摩利の教, 何撃つ銃, 何撲り殺すだけなら, 何剥も, 何結婚が, 何故にあゝ云, 何故人違ひと思へば, 何故意久地がない, 何敗けてなる, 何敗れるにきまっ, 何も必ず, 何教室だか, 何教授今明両日休講, 何散髪して, 何文ぎつしりつめて老少男女を吹きわけ, 何文人足何文と言つた昔, 何文堂の店, 何文字か一つ, 何文峠の茶屋, 何文輕尻何文人足何文と言つた昔, 何文顔うす黒い質, 何斎漫録とか何, 何斗何升の餅, 何斗何石という数, 何斗布何反と決った, 何斗米がとれる, 何理るやら, 何斤皮短銃麝香さまざまな異国品, 何新聞社の人, 何新聞記者小川某氏其夜脳溢血症にて死亡せり, 何の者, 何旅館とか云いました, 何からも亡ぼされる, 何日くらゐか, 何日この世から拭き消される, 何日これだけの顔, 何日ごろ開場するそう, 何日ときまつたわけぢ, 何日どこそこの店, 何日の出來事だと, 何日ぶんも船, 何日もと言はれたらごめん, 何日もの間食べるもの, 何日丁何日とし, 何日下手人の見, 何日丙何日丁何日とし, 何日交際ったこと, 何日位前か忘れた, 何日何か月こんなこと, 何日何処に何時, 何日何分に産, 何日何刻に, 何日何商店に何日どこそこ, 何日何夜のあの, 何日何日休みその他布告, 何日何時上野駅へつく, 何日何時何分とまでおぼえ, 何日何時頃家へこい, 何日何貫目何屋誰へ縮緬五巻, 何日其手腕の顕れ, 何日出発できるだろうか, 何日出頭せよと, 何日午後一時本部総長室に出頭, 何日午後三時より鳴, 何日參上すると, 何日同行何人とその, 何日夕方から食事, 何日富田の正徳寺, 何日左記の通り処分, 何日帰京などと期日, 何日御飯をたべなく, 何日戦へ, 何日戸締りをし, 何日振りかで九段, 何日掃ひしか, 何日掛ても構わぬ, 何日敵討に出立, 何日日の暮れがた, 何日時刻は何時, 何日晴とか今日, 何日某事件の証人, 何日櫻木海軍大佐之を發見, 何日此方へ帰つたの, 何日武蔵と出会わん, 何日武蔵野新町街道捨児の事, 何日死去されましたから, 何日比逢えるだろう, 何日水で死ぬ, 何日江戸へ来た, 何日汽車に乗っ, 何日洗はない, 何日生としるし, 何日留置されるかは, 何日目さきのこと, 何日立ツて何処, 何日經つても埒, 何日續くか, 何日船橋では上下祖師ヶ谷, 何日蓮の高弟日朗, 何日藩邸までお, 何日蘭丸にのつ, 何日軍議をさだめ, 何日逗留して, 何日邸に居る, 何日開場という予告, 何日間かおめにかかれなくなります, 何日間千五百円といふい, 何日間必要なん, 何日間滞在する等, 何日陸を見ない, 何日頃ここへ立ち寄る, 何日頃こっち宛の手紙, 何日頃何の事, 何日頃千葉へ立つ, 何日頃帰国ると, 何日頃舞子へお, 何旦那さん癇癪持の嫉妬, 何旦那大丈夫で昨日, 何にあたる, 何星野さんちょっとお, 何昨夜自邸にもどっ, 何昼間は休み, 何時うちなんぞもどんな, 何時おいでなすっ, 何時お客があっ, 何時お発ちになります, 何時お祭をします, 何時がらが来る, 何時ぐらゐなのか少しも, 何時こちとら, 何時こっちへ来た, 何時この世に送られる, 何時これがこの世, 何時ころですか, 何時ごろあなた方はこちら, 何時ごろそこを出た, 何時ごろ棺車は棺, 何時ごろ食事をなさった, 何時だいもうそろ, 何時つてとつくだ, 何時つて今度で四度目, 何時つて何時でも云つて, 何時なりや誰, 何時なんどきあたし, 何時なんどきでも, 何時なん時でも渡した, 何時の間について來, 何時もちアんと言葉, 何時スイスをお発ち, 何時ドコから現われ, 何時ニてもよろしく, 何時ニテモ保管中ノ証書, 何時フォービズムの洗礼, 何時プイと死ん, 何時ポケットに入れ, 何時ムッソリーニが出現, 何時ルウスが発見, 何時一所になつて, 何時上京したの, 何時上海へ来ました, 何時上野駅へつく, 何時不意に近寄っ, 何時不慮の事, 何時九女八とお, 何時也李商隠詩, 何時事変が起る, 何時云つたい, 何時京都に帰る, 何時人間様になった, 何時今の家, 何時今日ほどまざ, 何時他の止宿人, 何時他人を迎え, 何時代どこの燒, 何時会はれるか, 何時位であつ, 何時何んなこと, 何時何人の手, 何時何分大町着直ちに出発, 何時何分時と云, 何時何分頃何ホテルの第, 何時何刻の月, 何時何十分を示し, 何時何十分頃に宅, 何時何日頃舞子へお, 何時作用したと, 何時使ふか解らないから, 何時來たんだ, 何時例のこと, 何時俺が汝, 何時傳はるとも, 何時先生を拘引, 何時入院されたの, 何時八五郎に脅かされる, 何時共同になつて戦, 何時其処に帰る, 何時再発するやら, 何時冬が来, 何時出來上がつたん, 何時出産か分らない, 何時到着したか, 何時剃刀を入れた, 何時助太刀に立とう, 何時医院から出, 何時千尋の湖, 何時卒業したか, 何時危くなるかも, 何時危険を齎らすか, 何時危險に遭遇, 何時原稿を書く, 何時叔母の家, 何時吉岡方の者, 何時吉良家上杉家のお, 何時君の母, 何時品物を掻, 何時土地の事, 何時地震に襲, 何時坑夫になった, 何時堀口達が踏み込ん, 何時塀を越える, 何時壞れるか, 何時変つたといふこと, 何時変化がある, 何時変心せぬと, 何時夏季の旅行, 何時夜討を掛けられる, 何時大蛇が参る, 何時奉公するん, 何時如何ことが起るまい, 何時如何様にし, 何時妖怪のため, 何時妹の秘密, 何時妾が来た, 何時始て相, 何時始つたか何時, 何時婿が来る, 何時官を退い, 何時客が来る, 何時家を出, 何時富岡に振り返られ, 何時實現出來るか, 何時対岸から弾丸, 何時山の上へ着いた, 何時崩壞するか, 何時川竹暮しを投げ出し, 何時差押へになる, 何時差押えになる, 何時已むべしとも, 何時帰ッたの, 何時平和が破れる, 何時建て増しをした, 何時式を挙げる, 何時引取れること, 何時引ツ越さうか, 何時引取つて, 何時引越せるか, 何時引越しですか, 何時彼方から呼ばれる, 何時御立帰りになりたる, 何時御部屋様などへも危害, 何時復た先生, 何時心が魔道, 何時心臓が動悸, 何時必要があれ, 何時思いも掛けぬ, 何時急変がある, 何時息を吹き返し, 何時惡事がバレる, 何時愚痴を言うたい, 何時我起きいでん, 何時戦争が初, 何時手にし, 何時払つて呉れるの, 何時拙宅にて夕餐, 何時持ち前のカンシャク, 何時捕吏の手, 何時掃除した事, 何時撥をもつ, 何時敵名乘をし, 何時敷つ込めるもん, 何時敷居にふらっと, 何時旅から帰つて, 何時旦那に捨てられる, 何時旧のやう, 何時是地主が帰つて, 何時時分に何, 何時時針を知れ, 何時晴るべき見極め, 何時暖簾を分け, 何時暗号室に入っ, 何時暗礁に乗上げ, 何時暮れの何時, 何時會へること, 何時来なすつたね, 何時来客があっ, 何時東洋の存在理由, 何時橄欖島に赴き得べし, 何時機械の間, 何時櫛を入れた, 何時此の答, 何時此の世を去るべき, 何時此所へいらした, 何時此方へ来た, 何時此遊を企てた, 何時歸つて何うといふ, 何時死者が帰っ, 何時殿が左様, 何時母さんは帰, 何時気候の劇変, 何時氣が付きました, 何時江戸に来た, 何時活動などを見, 何時浪人されました, 何時渡來致すべきやも難, 何時温泉の宿, 何時湯に入った, 何時滝が中心, 何時無礼を, 何時爆発スルヤモ計ラレズ, 何時物になる, 何時犠牲に供, 何時留守に歸つて不自由, 何時病で斃, 何時癒るべき景色, 何時発作を起す, 何時発起したやら, 何時目を醒す, 何時相発し候儀, 何時相手の爲, 何時知らず熱い涙, 何時神の標め, 何時空襲がある, 何時立退を, 何時立候補の届出, 何時節子を連れ, 何時籍が入った, 何時精進落するか, 何時約束なされた, 何時結婚式を挙げる, 何時緑をとった, 何時縛つたもの, 何時纏つたか, 何時羽根を切られた, 何時腰を拔, 何時花が咲いた, 何時花嫁をお伴, 何時草の花, 何時葛籠のなか, 何時蕾をもち, 何時虐殺の悲運, 何時衝突して, 何時襲來するとき, 何時見込のつく, 何時覚むべしとも, 何時親の責任, 何時親達の許し, 何時覺えたか, 何時解決されるか, 何時言告ぐるでも無く, 何時読了るか, 何時議院の為め, 何時貰ふんですか, 何時貴女ここへいらっしゃった, 何時買つたとも判らぬ, 何時賞美しようという, 何時赤外線男にアリアリ, 何時赤痢が取つ, 何時辻斬に逢ふか, 何時返事をお, 何時退院して, 何時逮捕せられるか, 何時過激派が宅, 何時遭遇しても, 何時部下から突, 何時酒のお, 何時醫院から出, 何時里に帰つて, 何時重大に変ずる, 何時長州から帰, 何時間お前は稽古, 何時間かたち楢雄は急, 何時間かまへ, 何時間ここに坐っ, 何時間その間にキリキリ, 何時間ぶっ続けに切りつけよう, 何時間ブルタアニュの西海岸, 何時間他所行きの言葉, 何時間内に発熱, 何時間呼吸をつづけられる, 何時間後デアッタカマタ違ッタ夢ヲ見, 何時間手間が掛かる, 何時間書類とハンコ, 何時間水に漬かってる, 何時間湯煎にし, 何時間眠つたのだらう, 何時間眠つてゐたの, 何時間自分は動かなかったろう, 何時隣の肺病患者, 何時雲南から帰つたの, 何時電報が掛っ, 何時電話がある, 何時霽れるとも, 何時頃おいでになります, 何時頃お発ちになります, 何時頃こちらへいらっしゃいます, 何時頃それを言, 何時頃つてはつ, 何時頃のか五, 何時頃ストーブに火, 何時頃五千尺に着く, 何時頃人に頼まれ, 何時頃何者の隠し, 何時頃來るかと, 何時頃信州からお, 何時頃婆さんが眠る, 何時頃帰つて来たら好い, 何時頃梅田い来て, 何時頃榮え何時頃, 何時頃此処で見た, 何時頃此處を出かけました, 何時頃歸つて來るんで, 何時頃決定が聞ける, 何時頃田植をすれ, 何時頃線香蝋燭をあげ, 何時頃舶載されたかと, 何時頃薬師堂へ参詣, 何時頃覺めたらう覺め, 何時頃銀座へ出かける, 何時頭蓋骨が破裂, 何時風向きが変る, 何時風波が起らぬ, 何時颶風が起ツ, 何時飯を得べく, 何時駒鳥が巣, 何時髪剃が, 何時髯を剃り, 何時鳥の嘴, 何時鷲が戻, 何時鼻唄を唄い出さぬ, 何晋之の大著, 何晏左傳に杜, 何晏等二三の学者, 何見ても, 何普通で離れて, 何かの一つ, 何暗いたッ, 何暗からず立派, 何曜日何時には何, 何曰く何と相, 何曰くなにとそれぞれ, 何曰く何一つとし, 何曰く何斯ういふ時, 何曲目か踊りつづけた, 何などといふ陳列場, 何會社の, 何月どこの小屋, 何月ぶりだろう, 何月五日であらう, 何月何年でも箱根, 何月何日ここで逢う, 何月何日ときまつたわけぢ, 何月何日の出來事だと, 何月何日何分に産, 何月何日何時何分とまでおぼえ, 何月何日何貫目何屋誰へ縮緬五巻, 何月何日出頭せよと, 何月何日參上すると, 何月何日同行何人とその, 何月何日富田の正徳寺, 何月何日左記の通り処分, 何月何日戸締りをし, 何月何日晴とか今日, 何月何日櫻木海軍大佐之を發見, 何月何日武蔵野新町街道捨児の事, 何月何日水で死ぬ, 何月何日汽車に乗っ, 何月何日生としるし, 何月何日誰某宅, 何月何日軍議をさだめ, 何月何日逗留して, 何月何日頃何の事, 何月地に埋, 何月某国に対する戦勝, 何月渡しの利札, 何月生れだ, 何月目か後, 何月號にひし, 何有これで可, 何有るとえ, 何有何處のお家, 何有僕は些, 何有喰べる, 何有境の法悦, 何有姉や心配, 何有惡い處, 何有真の些, 何有道庁の学務課, 何有道廳の學務課, 何有郷裡の英雄, 何有関はんさお, 何だの, 何未だ望みは, 何本のは中将, 何本めの歯, 何本もの艶の出た舁き, 何本ニュース幾本とそれぞれ, 何本マッチがマッチ箱, 何本京都ではまた, 何本人はどう, 何本位売れるだろうと, 何本何本と毎日, 何本來たんだ, 何本劇映画何本ニュース幾本とそれぞれ, 何本外国の問題, 何本幾値で買つて來, 何本抜きつれあって, 何本教育映画何本劇映画何本ニュース幾本とそれぞれ, 何本注射をし, 何本海にある, 何本火鉢何個燭台何本というよう, 何村あたりの農家, 何村さいは神何村殿内神, 何村伊知根神何村さいは神何村殿内神, 何村何兵衛で通っ, 何村何某妻うし何村何某母親などある, 何村何某妻何村何某妻うし何村何某母親などある, 何村何某母親などある, 何村何番地とか大正何年何月何日, 何村何神社といふ文字, 何村何谷の穢, 何村字何の何, 何村殿内神など言つた書き方, 何村神と書い, 何束何把をもって計算, 何条あとわずかな, 何条ことかはあらむ, 何条これを許すべき, 何条主人と思は, 何条否やを申しましょう, 何条尊氏の意, 何条易々として信雄卿, 何条権之兵衛, 何条正成一個のとぼしい, 何条気の弱, 何条猶予すべき直ぐ, 何条異存など, 何条粗略なる事, 何条素通りをばすべき, 何条肩書に嚇, 何条通りかのカフエエ, 何条野良猫に躊躇, 何杯お代りしても, 何杯ぐらゐ飲んだか, 何杯食つたかね, 何松やいと繰り返すの, 何松代まで行く, 何を重ね, 何板幾度かえして, 何枚じきはあり, 何枚ついでに大作, 何枚めだかを, 何枚もの紙でくるんだ, 何枚張りといふの, 何枚書き損つたか, 何枚絵をかい, 何枚続きの絵, 何枚馬券を買つた, 何と優しい, 何第何層, 何某々の氣, 何染何縞がはやろう, 何柳生どのへ, 何格別明き巣狙, 何と申す, 何梅茶亭からこの, 何條厭ふべき, 何條姫が助け, 何植物園から豆府地蔵, 何と言うた, 何構はんで下され, 何構わず遣るぞ, 何構わないような, 何樣いふ人であつ, 何樣いふ影響を受, 何樣いふ心だ, 何樣だいなぞと自ら笑つて, 何樣なに悦しかツ, 何樣なに愉快な事, 何樣なに意固地なん, 何樣以て容易, 何樣唯ならぬ樣子, 何樣木造の多い, 何樣澁い翳, 何樣異なる趣き, 何樣私娼ではある, 何樣耳新らしい語, 何樣處理解決されたといふ, 何樣變化しても, 何権利がある, 何権理とか名, 何樵夫に聞く, 何でも御, 何機撃墜したか, 何かの変化, 何欲しいつちん, 何歟右等の力事, 何正体を見れ, 何正義党の本部, 何此の間スタニスラフの尼寺, 何此方のこと, 何此船の底, 何歩私たちは歩み出し得, 何歳ぢや, 何歳以上一人当りいくらといふ割合, 何歳伊沢蘭軒が何歳, 何歳団扇を取つ, 何歳女の奴隷何歳, 何歳父はだれ, 何歳絢子と御, 何歳自ら顧みるに, 何死ぬものか, 何残して置く, 何残らないでもいい, 何段抜きで取扱ふか, 何段教授法だ児童心理学, 何段歩位あるかな, 何殺された鹿が, 何殺すもんか, 何殺せじゃあ, 何殿方にはははこりゃ, 何という利前勘定, 何毛柄とか鈎, 何毛虫がいたっ, 何民族か判明, 何気ナク見テ置イタコトガ, 何気ナクコレニ近寄リ, 何水曜ならちょうど, 何水母にやられた, 何水滸伝と云, 何求復載, 何汚れはしません, 何沸いている, 何況明朝又一年, 何だか, 何泊めてくれない, 何泊位かい, 何泥棒だと, 何泥龜だつた, 何洒落じゃあねえまったく, 何ふ音, 何洗面所を教え, 何海岸まわりは出来ない, 何海岸邊の日の丸, 何海浬もサッと, 何梅花香底伝佳話只, 何深川名物の溜池, 何清白だと, 何渡場じゃと, 何温泉宿の夜中, 何滅多にゃいない, 何演つたかてよろし, 何演説をしたがらない, 何を盗られた, 何点代価いくらと云う, 何点何点と点, 何点富士が何点, 何点春の野, 何点裏の高砂有明, 何為ぁひとの傘, 何為さすらむ, 何為してゐる, 何為らんとやう, 何為一思に死ん, 何為成敗は遊ばしません, 何為添れんの, 何為私腹を立てる, 何為立派にその, 何為車を駐, 何為近頃は奥さん, 何為高利か可, 何やらん, 何忌憚, 何無いことは, 何無精たらしい雇婆さん, 何といふの, 何といっ, 何煙草かい, 何煩って, 何爲殿彼不殿此耶, 何爲者ぞ, 何父上だと, 何父室へ登った, 何雅の, 何くるか, 何片目か, 何に乗らない, 何牡丹のひたし, 何物かになつて行, 何物かに後から押される, 何物かに策うたれ駆られて, 何物だい芸術は無力, 何物ぢやか, 何物の怪が襲った, 何物何事に対し, 何物理の割, 何物直にし, 何物蓬頭亂面の青年車夫, 何物陶詩与柳文, 何犯人は分っ, 何というの, 何狭い所だ, 何といおう, 何の毛皮, 何玄通という者, 何玉造の小町, 何玉香が香玉, 何の時代, 何珍しき事とては, 何と名づけぬ, 何瑠璃色に小さく, 何とも知れぬ, 何と云, 何生意気な毛長猿め, 何用有つて来た, 何にし, 何由以とある, 何由良の伝吉, 何町位あるねと, 何町何村字何の何, 何町何番地何の某方, 何町内の若い衆, 何町四方つて囲つてゐるん, 何町四方人家のない, 何町歩これは直接, 何町目なぞと記し, 何町臼の借, 何町貧窮人と紙, 何に属する, 何といっ, 何畦道を通る, 何番これを, 何番めかの赤さん, 何番ト云ウ故一同ガ嬉シガッタ, 何番何番がよろし, 何番号の貨車, 何番地住何新聞記者小川某氏其夜脳溢血症にて死亡せり, 何番地小川方に二人, 何番売場の何処, 何番山豚の何番, 何番牢じゃ, 何番町かにあった, 何番目何番目といふ風, 何番組の諸君, 何番綱張れいとか弛めろ, 何番館そうし, 何畳敷だか, 何とは數, 何疋来ても恐く, 何疲労ると, 何病院へお, 何が知れてる, 何療法っていうの, 何白い幽霊, 何白髪小僧さんにどんな, 何百すじもすいすい, 何百ぺん頭を下げ, 何百カラツトあるか, 何百カロリーかずつ儲けさせ, 何百キロ何千キロという遠方, 何百キロ先の横浜, 何百ダースもつん, 何百ダース所蔵するの, 何百ツて云, 何百トンの艦, 何百トンのとずっと, 何百ファージングの代り, 何百ペンも製紙會社, 何百ポンドと入ってる, 何百メートル下の氷原, 何百メートル前方ともハッキリ, 何百ヤードも離れ, 何百ルーブリか, 何百ヱルストといふ遠道, 何百ヶ村を毛見, 何百万トンなどという計算, 何百万ドルという高, 何百万ペセタ積んだって, 何百万何千万人の兄弟, 何百万光年の空間, 何百万外に出で, 何百万年来の荒んだ, 何百万戸とある農民, 何百万燭光とも譬え様, 何百万町歩とかを開墾, 何百万町歩開墾計画とかいっ, 何百万遍も否, 何百両それに建前, 何百両何千両の金, 何百人かしらないが, 何百人一時に棄教, 何百人何万人の妻, 何百人威儀を正し, 何百人帝大出が何百人, 何百人当選者の氏名, 何百人此御殿を取卷い, 何百人目か知れなかった, 何百人行倒れになる, 何百人選びようがない, 何百体という人形共, 何百何倍あるから, 何百何十万円もかかつて, 何百何十人とちゃんと, 何百何十分かがムダ, 何百何十号という部屋番号, 何百何十図の写真, 何百何十本と一本, 何百何十番というの, 何百何千万と云う, 何百何千万ペセタ費おうともまだ, 何百何千何万の娘たち, 何百何千兩といふ名, 何百何千足も貯え, 何百何年とやらに造られ, 何百何条にこう, 何百俵を詐欺横領, 何百個と貰っ, 何百個中隊何十個大隊が横隊, 何百倍幸福になる, 何百億人だ, 何百兩何千兩あるやら, 何百円と金をかけ, 何百円何十円たった一人, 何百册書いたつて, 何百册かになつて, 何百分の一何千分の一何万分の一である, 何百千の折助, 何百千万の同類, 何百千年でもつ, 何百千首となく, 何百名救助されたって, 何百品あるか, 何百囘何千囘をくり, 何百回ここで歓迎会, 何百回行の熟達, 何百坪本邸の方, 何百字を連ねた, 何百尋か分りません, 何百幅という絵, 何百年むかしの話, 何百年位かかるもの, 何百年何人も恐れ, 何百年何千年今夜のよう, 何百年何千年来の圧迫, 何百年來やつて, 何百年来封鎖して, 何百年来朝夕を知らせ, 何百年来歌舞伎や講談, 何百年来河上から流れ, 何百年来誰ひとり考え, 何百年来養成されて, 何百年激流に洗われ, 何百年無駄飯を食う, 何百年祭とかをした, 何百年經つて居ると, 何百年續いた町名主, 何百年遠忌だかを, 何百年間大繁昌をし, 何百年間特殊な血統, 何百年間運搬に困る, 何百度服を着せ, 何百度泣たか, 何百弗何千弗と正札つき, 何百戸溺死怪我人算なし, 何百把かの廐肥, 何百挺か何千挺, 何百挺何千挺の鉄砲, 何百文を論ずる, 何百方里が湖水, 何百日何千日の間, 何百日海洋を流される, 何百日間凄惨な環境, 何百日間飢餓感に堪へ, 何百本何千本何の誰, 何百本目かの割り箸, 何百条何千条というたくさん, 何百杯かのカレーライス, 何百枚來ようと見向き, 何百株かの持主, 何百機の爆撃機, 何百次というよう, 何百歳だか, 何百段かの石段, 何百畳といふ大広間, 何百発もあった, 何百目まで云う, 何百石何千石の高禄, 何百石小麦が何百石, 何百石粟が, 何百碼と云う, 何百磅といふ値打, 何百種何千種あるか, 何百箱の兵糧, 何百粒か数え切れない, 何百膳だか, 何百臺と云, 何百艘飛報は早く, 何百萬両になろう, 何百萬年と云, 何百萬町歩とかを開墾, 何百萬百億萬と世界, 何百貫何千貫の巨岩, 何百足の草鞋, 何百辺聞かされたこと, 何百遍何千遍も浴びせられた, 何百遍高島屋からもの, 何百里ここはお, 何百里名の知れない, 何百里年々の往還, 何百里深山の古い, 何百首かの病中吟, 何百首何千首となく, 何皆千破矢, 何だ, 何飲むだか, 何盗ったのです, 何盗まれぬ面つきを, 何というの, 何目下は私たち, 何目算して, 何ですと, 何直ぐ止む, 何省書記官正何位, 何県何村何番地とか大正何年何月何日, 何県何町の何某, 何県城はない, 何県知事に任ずる, 何真雄の弟, 何眠いもんか, 何か知らない, 何つ張り犬, 何矢張道は同一, 何矢文が落ちた, 何知ったのは, 何知らず遠いもの, 何知らず冷やかに照っ, 何知らず空はかなし, 何知らないんなら, 何知り人が, 何知るまいと思, 何知れず眩き雲, 何知れりゃ華族だ, 何知れるものなら, 何知事様のお, 何知従来不巧機, 何知貧富似風潮, 何石何俵を搗き出す, 何石何斗と書く, 何破り得るものは, 何社地方紙何社などと先方, 何祈るらん, 何神さんかが乘, 何神サマでもかまわない, 何神田の平次, 何祭る二月の, 何福乃ち営を霊壁, 何福奮撃して, 何福等此を見, 何私たちに, 何私なんざほんの手先, 何私信を見た, 何私業でないこと, 何秋風が吹く, 何秒何分の一そして馬, 何秒時の間に藤野さん, 何秒間それが釣技, 何泣いたか, 何程度の問題, 何種のか一包づゝ, 何稲荷だよ, 何つ手, 何突出しやせん, 何立ち上れじゃ, 何立田さんの, 何章何節は自分個人, 何笑つても構, 何とよく, 何笠何笠とよく, 何筑州どの甥め, 何答えるはずも, 何箇処にも現れ, 何箇月ぶりではじめて, 何箇月目に来る, 何箇条あるか, 何篇五十巻始め池田大助十巻外幾つかの捕物小説, 何米突若干銭と秤量, 何ずつ飲め, 何とけたかという, 何糞ッ若け者, 何糞ツと思, 何糞ツ天狗が出や, 何を, 何系何系の国内的, 何素戔嗚尊が乱暴, 何組土間に幾十人, 何綿が消化, 何がはやろう, 何の人, 何縫つてるの, 何織るうららか, 何罪科あつて, 何美しい顔を, 何美人なも, 何含む訳ぢ, 何ぐらいだろう, 何義的生活であらう, 何と名乗った, 何習うてるの, 何へ込んでる, 何考えてるだかな, 何而上未嘗有書, 何聖人のこと, 何聞く方の, 何聯隊の白襷隊, 何聴かなくってもいい, 何聴かむこの日, 何職人であろうとも, 何職工になる, 何くらべを, 何胡麻の蠅, 何脚目の椅子, 何脱げば可さ, 何を切れ, 何ずつかに分ける, 何自分はただ, 何とかに舞, 何船ぢや, 何船賃なんぞいります, 何であるか, 何えん, 何か咲いさがり, 何花村が参った, 何若旦那は何, 何苦労もなく, 何苦痛です, 何英町という土地, 何やったの, 何荷物の番, 何萬七が, 何萬人此處に積ん, 何萬代の先祖, 何萬何千哩の空, 何萬囘の足音, 何萬圓つて權利金がいる, 何萬年後に斯, 何萬枚も衆議院, 何萬町になつ, 何萬軒の家, 何之助, 何に瓜二つ, 何でも生えてりゃ, 何を使っ, 何處かしらない遠い山脈, 何處かに人知れぬ涙, 何處かに別の地位, 何處さ作つたんで, 何處さ泊つてるん, 何處さ行げや, 何處そこへ行け, 何處だい國は, 何處つてあてなんかない, 何處つて穴つ子, 何處ウ徘徊くだべえ, 何處サでも行, 何處何處の生れ, 何處父が涕, 何處行きだと, 何處覓無雙, 何處迄もと蠶食して, 何處迄世の中は單純, 何處迄丹念に塗り上げ, 何處迄山氣がある, 何處迄強情か底, 何處迄行つても限り, 何處迄野呂さんにお, 何處邊に在る, 何號街といふビル街, 何が, 何蜘蛛が, 何行けるとも, 何行って見よう, 何行乞ぞや, 何でござるな, 何術加之, 何街道とかの要所, 何にしよう, 何西国の大名, 何要るものか, 何見えたればこそ, 何見えざらん問, 何見のがしてくれ, 何見料どころかこの, 何親王何の源氏, 何言い訳がある, 何言つてんのさケチ, 何言ふか野球手袋なあれお, 何はありゃしない, 何訳ゃないやね少し長い, 何に属する, 何試験なんかどう, 何詰らないと思う, 何詰らぬ事でと, 何詰らんことを, 何話してるって, 何話しましょうネエ, 何話し掛けても生返事, 何話すとなく, 何語りてや打, 何語ることの, 何読み給ふ, 何誰さまでげした, 何誰さんは何, 何誰外へも出し, 何誰樣で, 何諏訪だ, 何謂浩然之気, 何講談だそう, 何識佳賓来満坐, 何の穢, 何けむ石場, 何貫目何屋誰へ縮緬五巻, 何貰うたでんでん太鼓に, 何貴婦人に違い, 何貴方お米, 何買い物かよ, 何買われて行く, 何だ, 何赤穂の塩屋, 何足幕何張それに供, 何足絹の靴下, 何足跡を残す, 何路頭に立つ, 何蹤跡之遺, 何躊躇すべきしおらしい, 何の胸, 何身体中疵だらけだから, 何身延詣りさ, 何軍隊だつたら銃殺, 何軒位あるだらう, 何軒小屋が開いてる, 何軒本屋を歩いたらう, 何軒水役何軒と記しあり, 何転進とか申す, 何もつながった, 何辺そつと見, 何辺やつたこと, 何辺らあたりに住んでる, 何辺脚を運ん, 何とかいう俗称, 何返やったって同じ, 何返りも往くだ, 何返考え直しても何条, 何迷亭が洋行, 何逃げようと云っ, 何逃げれば捕える, 何通入用かと, 何造作はありません, 何の木曜日, 何週間もの間パトラッシュは力, 何週間何カ月が過ぎ去り, 何進らの一族, 何進一時は憤怒, 何進行曲か神様, 何進門を閉ざせり, 何遊ばすツ, 何遍そこから川, 何遍その後にやつ, 何遍もさうした, 何遍ロザリーはこの, 何遍一つこと云うてるの, 何遍京都へ参勤, 何遍仕官の口, 何遍位見るだらう, 何遍夢に見た, 何遍嬢はこの, 何遍床屋へゆく, 何遍思つたか, 何遍文壇に繰返された, 何遍欠伸をし, 何遍病妻の死, 何遍白状しようと, 何遍百姓一揆が起きた, 何遍眼を閉じ, 何遍私はそこ, 何遍繰返し繰返し観ても, 何遍肱で突いた, 何遍自分に云っ, 何遍落第したかね, 何遍血の雨, 何遍話をし, 何遍追跡しても, 何遍門を叩い, 何遍頭の中, 何遍願つても出, 何にも見る, 何の詩, 何遠慮すべえとめいめい, 何邊云つても母親, 何をくれる, 何郡何村何神社といふ文字, 何部位売れる, 何部分かである, 何部隊かと訊ね, 何の党, 何都何村の何某, 何酔ったまんまで, 何里こちらへ逃げた, 何里どちらへ走っ, 何里今夜も, 何里四方小丘の起伏, 何里急流を登っ, 何里歩行いたとも, 何里江戸へ何里, 何里距った汽車, 何重盛の所領, 何野何兵衛の娘, 何金お礼をしたら, 何鉱夫じゃア, 何銀平さんに文ちゃん, 何銀行頭取何会社取締役と三四行, 何銅貨を呑んだ, 何銭チップ帳場へ二十円, 何銭入りの蟇口, 何銭米が一升十銭, 何かは聞き忘れました, 何錢ときまつて, 何錢形の親分, 何錢程度の安, 何までもありゃしません, 何鏡葉之助, 何じたる事なき御身, 何閉めて来ない, 何開けたらまた閉め, 何間々口かの, 何間くらゐ離れて, 何間四面という板壁板床, 何間幅の大, 何間道路とかいう大通, 何間違ったって大事, 何うまい, 何防ぐべき骨露れし, 何母が, 何阿弥という茶屋, 何降って参った, 何降りゃしまいかと思っ, 何隊何番組の諸君, 何隊長がいる, 何隔意の候, 何雄これが何子, 何雄竺海波高貿易風夕日沈時雲漸散, 何雜誌の何月號, 何青天井いや滴る, 何青年団の美挙, 何面目ないと, 何音楽会に行きました, 何響くほどの広, 何響枕頭聴或疑, 何頁づゝとか讀むと, 何からの事, 何頃帰つたか, 何頃彼方と別に, 何頃行つて何頃帰つたか, 何須永へ行った, 何元立, 何といっ, 何頼まれる方で, 何頼むらん, 何頼め降らす石かも, 何頼んだ訳じゃ, 何顏有乎是智士識己之度量, 何に吹かれ, 何風呂であらう, 何食わない顔を, 何養軒と名乗る, 何の池殿, 何館何ホテル曰く妾宅別荘さもなければ徒に, 何とさぐり当てる, 何香具師とな, 何馬の骨だって, 何馬車が来た, 何馬鹿だ, 何かの間, 何駿太郎君がいない, 何じゃ, 何とか言っ, 何體裁なんぞそんな, 何高値いべ, 何魔法使いにやられた, 何鳴海へ襲, 何の面, 何鹿の和知, 何鹿辺に一つ, 何鹿郡上林庄殿村のエタ, 何鹿郡安国寺の住持梅垣謙道師, 何鹿郡東八田村安国寺の住職梅垣謙道和尚, 何麻痺して, 何に悲しい, 何などは知れた, 何黒山の中, 何黒旋風李逵という牢番, 何黙れと若松屋惣七, 何か俺, 何の少し, 何