青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「依~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

例~ 例えば~ 例へば~ 例外~ ~侍 侍~ ~供 供~ 供給~ ~依
依~
~依っ 依っ~ ~依然として 依然として~ ~依頼 依頼~ ~価値 価値~ ~価格 価格~

「依~」 1601, 17ppm, 6599位

▼ 依~ (362, 22.6%)

10 之れ 5 以て 4 又一, 思うに, 組織せらる

2 [40件] ここに, チヤムバーレーンの, 一旦水門, 亦両手, 伝へら, 修正せらる, 傳へらる, 入閣せる, 入閣を, 其勢力を, 分合する, 包擁せらる, 占領せられた, 口碑的豪傑が, 唱へらるる, 唱らる, 守備せらる, 定まること, 左右せらる, 成立す, 指導せらる, 指導せられた, 指導せられたる, 描かれ醜, 染, 次第に培養, 決定し, 活けり, 着色せられたる, 研究する, 私の, 種子を, 答弁せず, 組織せられたる, 聯結せられ, 衆議院議長の, 議員より, 運動する, 重きを, 鑛毒を

1 [255件] いつくしめるもの, いて, お暇, お龍氏自身, この脱走, さらに又, そこで止むなく, そのころ, その勧められる, その完成, その流路, それは, つくられたの, つくられた竈, つくられ日本, ほとんど遺憾, やって, 一層勇気, 一攫千金の, 一方の, 一日の, 一旦埃塵溜, 一時凌ぎに, 一時攘夷家達は, 一策を, 一足飛に, 万世に, 下等の, 不得止太平号, 不知不, 世上の, 主人に, 久政も, 之を, 也, 予か, 予が, 予は, 事を, 二氏の, 五名の, 今この, 今までの, 今度は, 今後に, 今後は, 今我輩, 今改, 今般御召に, 代表される, 仮に之, 休止しおる, 伝えられる感情, 伝へられたり, 何う, 何でも, 作りかへたり, 來る, 供へ, 倫理道徳は, 六七貫目以上の, 其山県侯の, 其山縣侯の, 其情を, 其方が, 其用を, 其當時まだ, 其目的を, 其言の, 其詳細を, 其迷を, 分つ, 初めて幕府, 利益を, 十二日の, 却つて政権より, 却つて政權より, 又弱められる, 古くも, 右道筋等素絵図一枚相添此段御, 叺を, 同八日甲州, 同志と共に, 吾等に, 吾輩が, 嗣を, 四日間は, 囲繞せらる, 圍繞せらる, 土人に, 土人を, 地球に, 外国侵略を, 大學者大智者, 大成された, 奏されて, 学んだという, 安慰, 定まるかと, 定まると, 定まるの, 実は彼奴, 宮島の, 家庭を, 察せられる, 寿命を, 尚多く, 屡々騷動, 己が, 帝の, 帰路は, 常にも, 建築すべき, 弱められ子供, 律せられるの, 律せられるのみ, 律せられ居るとき, 得た知識, 得らる, 御上, 御話, 心は, 恐水者, 悟らしめたの, 成來したる, 我ある, 我國の, 我独逸の, 我等夫婦殊に, 我等老, 或る, 所得を, 手にて, 承知いたしました, 抑制する, 援助され, 攪乱せられたりき, 攪亂せられたりき, 改めて太都夫, 改革を, 政党を, 政治の, 政黨を, 故郷と, 斎がれ, 断ずる者, 断ぜられたりと, 斷ぜ, 日々に, 日本人が, 明なり, 明らかである, 昨日の, 更に出直し, 最も明, 朗読せられ, 本来の, 村方諸, 某信長, 次第に心身共, 歌はれた, 此の, 此上に, 此厚着にて, 此木を, 此案は, 此等の, 此迄は, 此間中より, 此際は, 殆ど占領せられ, 民党の, 汝は, 江戸を, 江戸八百八町の, 渡人なる, 満足せしめられる, 演出さるべき, 漸く無事, 濛々たる, 無暗に, 熱の, 熱烈に, 父を, 片山夫婦に, 牧塲に, 物が, 特殊な, 理想の, 生し壽命之, 生じたもの, 生する, 生ずるの, 生ずる害, 生命を, 生活する, 申せまい, 白玉を, 百方其害を, 益々此, 直に第, 相思の, 看過される, 知られた, 知る路加伝冒頭, 破壊され, 社会改造の, 窃に, 立つ可, 箇人的気質が, 築かれた都, 結ばれたるもの, 維持される, 維持しよう, 維持する, 縮まり居常怏々, 自ら心に, 自分の, 至誠は, 苦を, 茶碗と, 萬世に, 蒙古, 蕨採りとして, 薬師寺家と, 處理し, 號る, 蟄伏, 行われる豊富, 観察する, 解除さ, 試驗する, 誘発せらるべき, 誘發せらるべき, 諸天, 象徴される, 豫て, 質問を, 起るの, 軽々しく判断, 辛うじてその, 農家に, 追次此等, 速に, 達せら, 都合よく, 鈴を, 鉱業条例第, 長年大, 隋書經籍志新, 雪中に, 音響を, 餅を, 養われたる民族, 齋がれ

▼ 依つて~ (232, 14.5%)

6 もそれ 5 である 3 教えた通り 2 はそれ, も当時余, 或る, 生きて, 異る, 見ても, 誤られて

1 [204件] いい顏色, いづれとも, かうで, この事件, この大刀, この農業, さういふもの, さう云, して, そのオホハツセ, その一丈, その功績, その國王, その大, その大神, その家, その少年たち, その巫女, その御子, その母, その河, その火, その父オホヤマツミ, その男, その皇后, その神, その罪, その説, その調子, その近所, その隼人, とられた, どんな示唆, のみだつた, のみなされ, のみ作品, のみ成し, のみ支持, のみ本当に, のみ歌, のみ現す, のみ自己, のみ色彩, の出來事, の肯定, はあの, はあんなに, はいつ, はおもしろく, はじつに, はそこ, はその, はどうにか, はまるで, はわが, はドンキホーテ, は三崎, は三年間, は今夜, は何, は充分, は全く, は其の, は匕首, は十分, は午前午後, は同じ, は命, は問題, は堪らなく, は墓, は大蛇, は女給氏, は好く, は安らか, は實際エソツプ, は少し, は常に幾分, は必ず, は意識, は打ち明け, は敏雄, は斯ん, は昔, は様々, は此, は殆, は生き, は疑ふ, は益, は直ぐ, は神泉氏, は福屋, は自分, は自分等, は興趣無限, は舞台監督者, は若, は街, は近道, は長く, は閂, は随分, は非常, は面倒, もその, もできる, も人類, も其の, も分る, も判る, も夷三郎, も察せられる, も岱岳, も幕府, も承知, も明々白々, も明か, も明かである, も明かな, も絶對, や, やつて, よりも他, ゐた, ゐたもの, 人間らしい道, 作られる感覚的, 作られる筈, 借り得る金, 働く世の中, 其の事, 其の満足, 其の記録, 其の靈藥, 分るので, 判じようと, 動いて, 動く, 同じもの, 名高い, 変り知る限り, 大きく完成, 如何なる決意, 安んずるに, 定まるの, 容易く限定, 尋ねて, 居たの, 当の鞍馬, 形づくられた朝鮮國, 彫まれ, 思ひ捨てたくは, 懸つて, 成り立つて, 或歌, 或程度, 打切りながら, 推するに, 断ち切られた, 書いた, 書いたの, 書きました, 有する内容, 決まるし, 深くも, 獲たる所, 生々しく露出, 生ずる力, 生れし子, 生れたプロレタリア文学, 生れた漁撈農耕, 生れて, 生れ次に, 異なる, 盛られて, 省く, 短く, 破壞, 立ち依つて, 第一期, 第二作, 第二期, 第八版, 築きあげて, 約三十分くら, 繰り反すこと, 纏めて, 美しい結合, 考へて, 考へれば, 花々しく羅列, 荒々しく開かれた, 裏切られて, 見た日蓮, 親しく導かれた, 言えば, 調べて, 讀み直したいと, 述べてから, 違うて, 遠國, 遮られること, 長い

▼ 依~ (46, 2.9%)

7 の沙汰 3 のお, の心 2 があっ, と申す, のある, の御沙汰

1 [25件] から金銀, があつ, がある, がなかっ, が多く, す, するところ, だよ, とも評されましょう, なく平等, なく軍, にする, になる, のご, のため, の事, の振舞い, の条, の私, の致し, は致さぬ, は致しませぬ, や毛嫌い, る気, を致す

▼ 依~ (45, 2.8%)

3 であつ 2 の本意, を其上

1 [38件] から屋上, が勢力, が竿頭, である事, として天, として神, とすべき, とする, となつ, となる, との融合, とも言, と神座, と見る, なので, なるだし, なる事, なる人形, なる基礎観念, に在る, に奉, に宿つた分霊, の役目, の思想, の本体, の用途, の空, の立て場所, の立場, の附い, は一転化, は何物, は固, は必, を奪, を用, を立てる, を附ける

▼ 依~ (42, 2.6%)

5 して 4 した 3 を受け 2 されて, したもの

1 [26件] された仏師, された折, しえべくんば, したい, したの, した事実, した生活, した記憶, するため適当, するより, せらる, たる降服勧告, で反対方面, で書きすすめた, というの, にすまない, によって矮鶏, により, により何, により大陸軍, による, に応え得なかった, の仕事, もその, れたの, れ畏

▼ 依右衛門~ (32, 2.0%)

2 の家

1 [30件] がこの, がそれ, が大, が現れ, が目黒, だけで, でした, というの, ならずとも, には嘗める, に言われ, のところ, の供, の女房, の妾, の娘, の弟, の後ろ, の言葉, はそれでも, は一, は五十前後, は引留め, は最早, は気, は江戸一番, は確, は脇, もこれ, を夢中

▼ 依~ (28, 1.7%)

4 すること 2 いたして, して, しないこと, しないという, しないといふ, しないところ, しないに, するところ, するもの, する一切 1 すると, するという, する疑い, する疑ひの

▼ 依羅娘子~ (28, 1.7%)

1 [28件] が, が京, が人麿, が同, でこれ, といづれ, といふ説, との関係, とは同, とを同人, なるべきこと, なるを, のこと, の作れる, の前, はその, は京, は京師, は同, は在りし, は後妻, は本, は歌, を別人, を同, を妻, を娶, を娶つた

▼ 依~ (16, 1.0%)

12 多女 1 なれば, ヲ受クル也, ヲ受ケ, 即チ所

▼ 依~ (15, 0.9%)

3 て自己

1 [12件] たら殺し, てはこんな, て假, て多少, て子爵, て存在, て廣, て淋しく, て燃え, て甚だ, て風早學士, て馬車

▼ 依~ (14, 0.9%)

2 祖師と

1 [12件] 句は, 大将連が, 字が, 患な, 意義を, 村まで, 経に, 経典とに, 經典たる, 經典と, 經典とは, 義なり

▼ 依~ (12, 0.7%)

2 の名 1 がある, がその, だと, というたいそう, と申す, にことづけ, はその, をこちら, を改めて, を見

▼ 依~ (11, 0.7%)

1 [11件] が養育, でお, という大, と御, と申す, には心持ち, に通った, に逢いし, の所, の霊統, を祭る

▼ 依姫様~ (11, 0.7%)

2 の方 1 から伺った, つまりこの, にいろいろ, にお目にかかった, のあの, の末裔, はほほ, は一々, は大

▼ 依つたの~ (9, 0.6%)

6 である 1 であります, では, でも

▼ 依ては~ (9, 0.6%)

1 一坪四十銭と, 却て, 年中絶えず第, 店頭にも, 支那同, 此五字を, 甚だ有益, 陶の, 額に

▼ 依~ (9, 0.6%)

1 候, 候覧, 増加書酒債, 恒河辺聞説, 様権門に, 様金銭名誉なんどは, 真人間で, 笑春風, 鴫沢の

▼ 依~ (8, 0.5%)

2 して, を受け 1 したよう, すること, により余, は一切

▼ 依~ (8, 0.5%)

5 の池 2 の阿 1 の地

▼ 依~ (6, 0.4%)

1 しこの, したところ従来, して, してあつ, し讀者, でこれら

▼ 依~ (6, 0.4%)

21 古, 古と, 賣と, 賣に

▼ 依比売~ (6, 0.4%)

1 との神婚, との神婚説話, なりと記せ, に育てられ, を生む, 或時石河

▼ 依~ (6, 0.4%)

1 と同人, の石見, も私聘, をば, を京, 又京

▼ 依志子~ (5, 0.3%)

1 が最後, のもの, の仆, の動白, 走り出づ

▼ 依怙贔負~ (5, 0.3%)

2 の仕事 1 なしつち, はせぬ, ばかりし

▼ 依~ (5, 0.3%)

1 たり山紫水明, たる活気, たる細雨, として去年, 似去年

▼ 依つて例~ (4, 0.2%)

2 の如き, の如く

▼ 依つて思考~ (4, 0.2%)

2 して 1 する, すること

▼ 依つて解釋~ (4, 0.2%)

3 されるやう 1 すると

▼ 依~ (4, 0.2%)

1 させそこ, する状態, などの鵜呑, なり襲来

▼ 依~ (4, 0.2%)

1 して, するよりも, と爲, を爲

▼ 依水荘~ (4, 0.2%)

1 での作, で聞かれ, に出, へ出

▼ 依つて他~ (3, 0.2%)

2 の種属 1 の動物

▼ 依つて以~ (3, 0.2%)

1 て天下國家, て安住, て纒繞

▼ 依つて其處~ (3, 0.2%)

1 の名, を當藝, を近つ飛鳥

▼ 依つて明~ (3, 0.2%)

1 かとなつ, かにされ, かにされた

▼ 依つて歌~ (3, 0.2%)

1 はれると, はれ研究, をお

▼ 依つて獲得~ (3, 0.2%)

1 したの, したる制度, して

▼ 依つて生活~ (3, 0.2%)

1 が豊か, した, を維持

▼ 依つて考~ (3, 0.2%)

1 へさせられる, へ得られる, を運ん

▼ 依つて自分~ (3, 0.2%)

1 が教, の一夜, を慰め楽しん

▼ 依つて行~ (3, 0.2%)

1 はれたとは, はれるばかり, はれるべきであらう

▼ 依つて解決~ (3, 0.2%)

1 されること, する事, せられるの

▼ 依つて解釈~ (3, 0.2%)

3 しようと

▼ 依つて言~ (3, 0.2%)

2 を爲 1 ふの

▼ 依つて言葉~ (3, 0.2%)

2 を濁す 1 を上品

▼ 依估地~ (3, 0.2%)

1 なところ, になつて, に身

▼ 依~ (3, 0.2%)

1 して, しない関係, するか

▼ 依成斎~ (3, 0.2%)

1 が朱, の事, は肥後生れ

▼ 依毘賣~ (3, 0.2%)

1 に娶ひ, に附け, の命

▼ 依羅氏~ (3, 0.2%)

1 は新撰姓氏録摂津国皇別, を名, ノ義女トナリ玉フトナン

▼ 依つた彼~ (2, 0.1%)

2 の原則

▼ 依つてあら~ (2, 0.1%)

2 はされる

▼ 依つてもの~ (2, 0.1%)

1 を知らう, を見る

▼ 依つてタケシウチ~ (2, 0.1%)

2 の宿禰

▼ 依つて不可なかつ~ (2, 0.1%)

1 たり, たり人

▼ 依つて世の中~ (2, 0.1%)

2 の人たち

▼ 依つて先づ~ (2, 0.1%)

2 青い二葉

▼ 依つて区別~ (2, 0.1%)

1 があつ, すること

▼ 依つて名前~ (2, 0.1%)

2 が違

▼ 依つて富~ (2, 0.1%)

1 を増す, を拵

▼ 依つて形~ (2, 0.1%)

1 は變つて來, 造られた

▼ 依つて從來~ (2, 0.1%)

1 の學者, 故なく

▼ 依つて支配~ (2, 0.1%)

1 されて, せられたもの

▼ 依つて日本~ (2, 0.1%)

1 といふ国, に対する愛情

▼ 依つて暗黒~ (2, 0.1%)

1 になつ, の中

▼ 依つて此~ (2, 0.1%)

1 の大, を区別

▼ 依つて毒舌~ (2, 0.1%)

2 をみがきぬ

▼ 依つて民衆~ (2, 0.1%)

1 が動かされる, を楽しましめる

▼ 依つて決定~ (2, 0.1%)

1 されること, する

▼ 依つて父~ (2, 0.1%)

1 の心, の言います

▼ 依つて犯罪妄想~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ 依つて発見~ (2, 0.1%)

1 したもの, するであらう

▼ 依つて研究~ (2, 0.1%)

1 すること, する方法

▼ 依つて自己~ (2, 0.1%)

1 を新, を育て

▼ 依つて英語~ (2, 0.1%)

2 を手

▼ 依つて藝術~ (2, 0.1%)

1 を作り, を作り出す

▼ 依つて衣食~ (2, 0.1%)

1 するので, する腰掛

▼ 依つて裝飾~ (2, 0.1%)

2 されて

▼ 依つて証明~ (2, 0.1%)

1 された, し

▼ 依つて説明~ (2, 0.1%)

1 されること, すること

▼ 依つて近国~ (2, 0.1%)

2 の御家人等群

▼ 依つて違つて~ (2, 0.1%)

1 居りますから, 居る

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 今の, 面した坂路

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 てエヘヘ笑い, て此雜誌

▼ 依ラズ一切仔細ニカカハラザルコト~ (2, 0.1%)

2 同前ナリ

▼ 依リ本職~ (2, 0.1%)

2 ヲ免ズ

▼ 依ル変化~ (2, 0.1%)

2 ヲゴラン下サイ

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 御定式, 明晩戌の

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 したる所, して

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 地さは, 地に

▼ 依土人称~ (2, 0.1%)

2 破鐙坂

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 せずに, の感情

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 するすなわち, するの

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 するところ, するの

▼ 依怙ひいき~ (2, 0.1%)

1 がある, のない

▼ 依托笑~ (2, 0.1%)

1 なりこの, をする

▼ 依托金~ (2, 0.1%)

1 という, を貰っ

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 して, する主軸

▼ 依~ (2, 0.1%)

1 し天陰り雨, った古

▼1* [446件]

あるいは自由を, 依世界の, 依つてかくは名づけ, 依つてさうした, 依つてひき緊めるほど, 依つてアケタツの王, 依つてアメノトリフネの神, 依つてエジプトから救, 依つてオホサザキの命, 依つてカクの神, 依つてカムムスビの神, 依つてカルの太子, 依つてスサノヲの命, 依つてタヂマモリが遂に, 依つてドイツ語全集本のすぐれた, 依つてヨオロツパの文学, 依つてルールを占領, 依つてヲダハラの母, 依つて一人の作家, 依つて一應平民と見, 依つて一致しない部分, 依つて一致團結して, 依つて世道人心の堕落, 依つて二本氏の族人, 依つて互の所在, 依つて人々が利益, 依つて人間が非常, 依つて代へられた, 依つて代表されて, 依つて以後はこまかい, 依つて住吉社に二十首, 依つて何時でもこの, 依つて作つたもの, 依つて保存され其の, 依つて保護されさ, 依つて修驗道の神火, 依つて俳優が舞台, 依つて個人的に封印, 依つて倍加された怒り, 依つて停止すること, 依つて傀儡子は同じ, 依つて傳へられて, 依つて儒教を以て人心, 依つて儒林に列する, 依つて儲書の富, 依つて兄の王, 依つて充されなかつた欲求, 依つて先づ裝飾されて, 依つて六朝時代の四聲, 依つて其味が異なる, 依つて其近傍に其, 依つて典謨の諸, 依つて冒頭の文章, 依つて冷かに制御, 依つて出來るだけ, 依つて出來上つた歌詞が東儀氏, 依つて出産のけがれ, 依つて分限の程, 依つて分類し批評, 依つて判断した古代, 依つて判斷したの, 依つて別に作られた, 依つて利益を得る, 依つて刺戟を享けたこと, 依つて労働し, 依つて勉学する児童, 依つて動き昨日の宮方, 依つて勝負けが決まる, 依つて医さうと, 依つて医術申合会頭としての賞, 依つて半行だか, 依つて却つて言葉が卑猥, 依つて厳禁されて, 依つて参向し大倉辺, 依つて句作の心, 依つて可なり傷, 依つて右側を歩まず, 依つて合唱の一節, 依つて吉野を落ち, 依つて名聲を博した, 依つて周の制度, 依つて命令の通り, 依つて唐代以後の實物, 依つて唱歌者或ひ, 依つて嘉吉よりも早く, 依つて城の壁, 依つて大統領が出, 依つて天子でも或は, 依つて天然に反した, 依つて天皇の歌われました, 依つて太政大臣禅師よりすゝ, 依つて夫の妻, 依つて奥州は平定, 依つて字を稽古, 依つて存して, 依つて季節を知る, 依つて宇宙万物を解釈, 依つて宇陀のウガチ, 依つて実写されて, 依つて実現されたの, 依つて家を継いだ, 依つて察するに, 依つて察知なされて, 依つて寢臺の上, 依つて専門家に向, 依つて小賢げに立ち振舞つて, 依つて山の上にお, 依つて左右さるべきもの, 依つて巫から判斷, 依つて差押を免, 依つて帝都の上流社会, 依つて幕府に密告, 依つて年号を和銅, 依つて幾分医された, 依つて幾多の恵まれ, 依つて廃嫡せられた瑞英, 依つて引上げられる方針さ, 依つて彫刻家としての自分, 依つて影響を蒙る, 依つて御前に伺候, 依つて心を慰めん, 依つて必らず確乎, 依つて必然に二つ, 依つて息を吹き返した, 依つて愁眉を開きうる, 依つて意義をつけられる, 依つて憤慨する人, 依つて我生を慰むる, 依つて戦闘状態の大略, 依つて所謂人事を尽す, 依つて所謂純粋なフランス語, 依つて手ほどきを享けたの, 依つて折角の喜び, 依つて拡大され発展, 依つて拵へた, 依つて拾はれ編輯者, 依つて指導された殖産興業, 依つて推測して, 依つて支配階級の公的, 依つて改定せるかを, 依つて教へられた, 依つて文学的形式を保たう, 依つて新体詩と銘名, 依つて旅の夢, 依つて日光の値打, 依つて日光三代の廟, 依つて日本側とロシア側, 依つて日本文化といふもの, 依つて日本語を覚えたい, 依つて星を数等, 依つて春陽煦和の景, 依つて時を計り, 依つて晉の荀, 依つて晶子さんが自身, 依つて會社の方, 依つて本校の創立趣旨, 依つて材料が手, 依つて架空された彼, 依つて柏軒に纏繞, 依つて栄達した人々, 依つて校正され, 依つて栽培せられたと, 依つて植ゑ直されると, 依つて楽を奏で, 依つて概略の地方, 依つて樹てたらう, 依つて歓喜を生ずる, 依つて此方の愛, 依つて歪曲されると, 依つて歳を吉津村, 依つて殺害せられたの, 依つて氏を作つた, 依つて気分の異なる, 依つて江戸を夢み, 依つて決濟し得ると, 依つて治保の世, 依つて法令を制定, 依つて泰西の文學, 依つて渥かつたの, 依つて渾然と飽和, 依つて満足を求め得, 依つて熟境に入る, 依つて物語りを運ん, 依つて犂返へ, 依つて王様はぬかり, 依つて現はしたい, 依つて現出し得る活動写真器, 依つて瑞仙の家, 依つて生命の根柢, 依つて男ならば, 依つて画格をつくりださう, 依つて留學費として支給, 依つて當然其本源の竹本座, 依つて発音法を習, 依つて發達したかと, 依つて百太夫社は夷社, 依つて益明確になりつ, 依つて目録を作る, 依つて相手をし, 依つて相違があり, 依つて知つたのであります, 依つて確められると, 依つて確定されたと, 依つて神道を解釋, 依つて禿鷹の餌食, 依つて私有を認められる, 依つて秋の夜, 依つて称へられ始めて, 依つて種々の利益, 依つて空襲直前取壊しの, 依つて窃に思, 依つて等級を定め, 依つて筑前國を貰つた長政, 依つて精神的に国民, 依つて糾明せられとても, 依つて紀伊に達し, 依つて組織されるの, 依つて経験した, 依つて統一されて, 依つて維持される事, 依つて缶チヤンが如何なる, 依つて罪を按じ, 依つて考察すると, 依つて耕地八千三百余町歩の開墾, 依つて聖らかなる, 依つて聖像の前, 依つて職を免じ, 依つて背中に三本, 依つて脅迫して, 依つて自動車工業は必ず, 依つて自己防禦的に真剣, 依つて自殺する, 依つて致仕し子主計頭, 依つて致方がない, 依つて良民と賤民, 依つて色彩は必然的, 依つて芝居の中, 依つて芸術家の価値, 依つて英文法の実地研究, 依つて萬歳の叫喚, 依つて處分するの, 依つて血族相承すること, 依つて行つた農事の報告, 依つて行動した人達, 依つて表現し童謠, 依つて表示する象形文字, 依つて製法を見出しました, 依つて西洋流のダンス, 依つて観察せられ得る一切, 依つて觀れば, 依つて解つた, 依つて詩を遺し, 依つて説が異, 依つて證明される, 依つて議論を立てた, 依つて變るよりも, 依つて變化の妙, 依つて谷中村を潰す, 依つて貧乏動もしない, 依つて貫通せられて, 依つて賃金の高まる, 依つて賜はつた功田, 依つて購ひ得られる享楽, 依つて赦に遭, 依つて趣向を凝らした, 依つて蹶起し河内赤坂城, 依つて身を立て, 依つて輩出した江戸時代初期, 依つて近代惡といふもの, 依つて迫力がつく, 依つて速力の影響, 依つて運搬されるの, 依つて違ふ所, 依つて金解禁も出, 依つて金銭を溜め得た, 依つて鑑賞されそこで, 依つて長さんへ金, 依つて門を出でなかつた, 依つて開拓して, 依つて間違ひない, 依つて除禍招福の力, 依つて隅から隅, 依つて隠岐に遷され給うた, 依つて離縁も決まる, 依つて難波に還, 依つて青森県の誕生, 依つて領土的侵略を行, 依つて風格までも傷, 依つて食を得, 依つて養はれた彼, 依つて髣髴されること, 依つて鶴岳宮の別当, 依つて黒白の幕, 依つて齎らされた, 依つてA子の部屋, 依てかの家を, 依ても猶上, 依なす, 依といふ小村へ, 依としてゐるまで, 依二三十戸の, 依かの石見, 依引つ返す心, 依れましても, 依を諾い, 依むところはただ神業ばかり, 依よりどころ, 依ッテ今回モ来週カラ来診ヲ乞ウコトニスル, 依ッテ彼女ノタメニオ静ガ籐, 依ッテ起ス所ノ識トハ, 依ツテココニ茅屋ヲ造リ報謝, 依ツテ作ラレタル過去現在ヲ, 依ツテ合唱セルヲ吹キ込ミタルモノナリ, 依ツテ活ヲ窃ムガ如キモノハ殆一人モ, 依ツテ現今第六, 依ツテ羽津光明寺ニ謹慎仰付候ニモ, 依ツテ行フ驚察等云フ名誉心ニ駆ラレテ暗闇, 依依身, 依テ始メヲナス所以ニシテ之ヲ名, 依テ汝等ヲ左, 依テ生ズ之レヲ掘, 依テ知ラズ識ラズ其本分ヲ盡ス者ナリ, 依テ茲ニ之ヲ表彰ス, 依ラズ現在ニ誤リテ惡源因ニ從事スレバ, 依早速和睦, 依リテ公知ノ事実ナリ, 依リテ必ズ殺害ヲ全, 依リテ行厨器ヲ功一級トナサバ, 依リ保護セラルル著作物ノ著作者カ反対, 依リ全部殺スベシ, 依リ兵ヲ挙ゲ, 依リ其ノ著作物ニ表示セラルルヲ以テ足ル, 依リ機ヲ待テ, 依リ短銃其他ニ依リテ必ズ殺害, 依リ腕力ニ依リ, 依リ魔酔剤ニ依リ腕力ニ, 依ルイタリー好ミノオートクチュールノ服ガ沢山飾ラレテイル, 依ルトコノ犬ノ父ハロンドン生レデレスリート云ウ名ダッタノデ, 依ルトコロ孝ト忠之ヲ取, 依ルト今日ハ全学連ノ反, 依ルニ非ズシテ逮捕監禁審問処罰, 依ルヨリ仕方ガアルマイ薬ハ矢張パロチンノ注射ガ一番イヽデショウ, 依ル神経痛ト云ウコトニレントゲン検査ノ結果診断ガツイテオリマス, 依レバ既ニ往昔ヨリコノ種ノ犯罪ガ行ワレツツアリシ事実, 依三世は長門守正利, 依之名くる与猶, 依之四人は種々, 依之我を教育, 依之月代仕湯島天神下薬湯, 依之村方親類は不, 依之横目中にも見聞申付, 依之此上之以御慈悲, 依之此者に一々, 依之為祝儀若殿様え組合目録, 依之諸氏のみの名, 依仁親王殿下ノ御, 依估ひいきな眼, 依估地さと似合わない, 依估地頭だ, 依ノ正, 依もされ, 依候義と奉, 依とを齎ら, 依去様, 依児匂ふ, 依では無く, 依冤罪を蒙, 依といふ, 依千郎さんの家, 依卜昆垤児の夢, 依贔屓が, 依右衛門家の裏, 依右衛門苗字こそ許され, 依右衛門金さえ積め, 依各人之所乏而分與, 依各人所需而分之, 依嘱者と作家, 依姑地に自己主張, 依姫命だとして, 依姫湍津姫田霧姫三柱の姫神, 依姫系との区別, 依姫系統の方, 依完圏模大地一周一万里還須欠得, 依属的たらしめず自己, 依するの, 依山林及樹下或復塚間露地, 依川土呂部川の岩魚, 依の門, 依心十七歳の明, 依志子愕然たる表情, 依怙情実に愛想, 依怙沙汰の原因, 依怙驕慢ぶりなどは推し, 依恋恋とする, 依恬地に病気, 依愛哀埃など, 依托販売をやる, 依地を, 依斯坐志乎痴鈍己等之身爾如斯有重荷負事者可, 依を発っ, 依様十号から慾, 依様我々と同級, 依様画胡盧的の文人, 依を作, 依するの, 依比売それ容姿よかりき, 依毘売に附け, 依毘売其容姿よかりき, 依毘賣それ顏好かりき, 依するだけ, 依理而推之引類而演, 依は演出家, 依的兒匂ふ, 依せねば, 依縁律儀生活需要品を節制, 依羅娘子といへり, 依羅娘子一人は軽, 依羅娘子人麿と相別, 依羅娘子作歌二首のところ, 依羅娘子同人説の方, 依羅娘子歟尚又, 依羅娘子観には或, 依羅宿禰の条, 依羅石見国高角辺に住, 依羅連の条, 依早々おさしず, 依而予ガ家名ノ続, 依而今是を編輯志, 依而今般御召相応じ去二月中, 依而仲間共一統奉顧上候所願之通, 依而免職被仰, 依而如件さ, 依而後日のため一札如件, 依而武蔵調伏に功, 依而茲ニ書ヲ呈ス, 依而養生ノ為, 依は鞏県, 依観音助遁賊難持命語, 依讒訴逢誅戮歟太以不便斬首持來于陣頭見之, 依賤吟味之, 依身ハイカナリトモ苦シカラズ臨終ニ何ナル印ヲ結ブトモ思ハズ, 依鑒其志給可奉, 依堪卒子從廿餘人, 依雪眼病を煩った, 依雲亭のみ店, 依