青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「佐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

低く~ 住~ 住み~ ~住む 住む~ ~住ん 住ん~ ~住居 住居~ 住民~
佐~
佐々~ 佐々木~ 佐渡~ 佐藤~ ~体 体~ 体系~ ~何 何~ 何かしら~

「佐~」 1767, 18ppm, 6253位

▼ 佐~ (188, 10.6%)

8 云つた 4 自分の

2 [13件] かう云, さう, そんなら, 不審らしい, 云って, 何も, 何やら取調役, 口を, 太田と, 思つた, 思つてゐた, 急に, 赤面し

1 [150件] あるいは非, いつも神経質, いまどこで, かうほめざるを, かぶりを, ことに冷静, こぼれかけた涙, しかしその, しばらくの, しばらく書付, そう云った, そう呟き, そこへ, そのとき急, その先輩, その効果, その後ろ姿, その異様, その行列, その言葉, ただ今かよう, ちょっと外出, にやにやし, まずせっかく運ばせた, まだ木口, むら, もう此男, もったいない気, やはり母, ドキリ, ハツとして, ヒラリと, 一人道も, 一寸かう, 一寸からか, 一寸ぎつくりとした, 一寸黙つた, 一瞬間黙つ, 一言も, 下役の, 不平そうに, 不調法の, 両奉行, 二人の, 二十七に, 云った, 云ひ, 今夕上杉家の, 仙台に, 伊豆に, 低く鋭く吉三郎, 何うなりましょう, 何んだ, 何遍も, 併し, 例の, 俯向い, 先づ切角運ばせた, 全く意外, 兩奉行の, 其名札を, 其日の, 冷やかに, 刀を, 割り込んだ, 勾欄にも, 千代重が, 半玄, 却って父, 又おとなしく, 口に, 口びるをかみしめたが足音だけは, 只今か, 君香に, 呆然として, 呟くやう, 基衡を, 堪らなくさびしい, 外へ, 大きく息, 大声で, 奉行の, 姉に, 始めて, 始終轎, 嬉しそう, 子供を, 孫四郎の, 宗太を, 家に, 家の, 少しも, 少し云い渋っ, 尤もらしく, 屋敷の, 彼女の, 御取調, 思はずかう嘆息, 思はずかう答, 思はずその, 急いで, 断る訳, 暫く書附, 更に或, 書院へ, 最後迄, 根から寂しい, 此の, 泣き乍ら笑, 洋風の, 火急の, 無念相に, 父に, 父の, 畏れるやう, 目を, 直ちに断然, 眼を, 笑つた, 答へ, 細君の, 綿で, 繩を, 翌日即ち, 老父母, 考えた, 考へた, 耐えられなくなる, 耳の, 胸が, 腹でも, 自分で, 自家へ, 舌打ちを, 苛立つて, 苦々しく思, 苦しい程, 茶山への, 茶山書牘中の, 言葉も, 謝した, 責め道具の, 責道具の, 赭く, 返事を, 遮切つた, 間もなく石山, 青年の, 頼りない, 驚いて

▼ 佐~ (156, 8.8%)

14 市は 12 市の 5 市が, 顔を 3 前に, 市という, 方を 2 市さんと, 市と, 市といふ, 市を, 懸念も, 方へ, 首

1 [97件] おかみは, お才, その心, たそや, はつ霞一はけ引く, ほかに, ような, 一子とは, 三人に, 上に, 両人に, 二妓いづれ, 仙台における, 企を, 佃煮なんかを, 住居と, 住居は, 作, 作とを, 兵とでは, 冤罪が, 前を, 卓識を以て, 名を, 君, 君が, 君の, 命を, 声は, 子が, 子たちは, 子とかの, 子も, 客間に, 家では, 家に, 家を, 小濱, 局涙を, 居間へ, 山の, 市, 市か, 市これは, 市さんが, 市さんだ, 市さんだって, 市さんだつて, 市それは, 市だけ, 市だけさ, 市でございます, 市では, 市とは, 市に, 市も, 市何を, 市其方の, 市鍼は, 御様子, 忠誠なる, 性格に, 戦死だ, 挙措を, 方が, 方に, 旧居, 智慧を以て, 松の, 気に入るよう, 熱情を, 父は, 父子が, 画の, 結婚後の, 聲は, 自分に, 苦心と, 訛誤なら, 誤字として, 赭く, 身なりを, 邸は, 鋭い横顔, 頑固さと, 頭に, 顏には, 顔いろはもう, 顔と, 顔とを, 顔には, 顔色を, 養女と, 首を, 首宮の, 駕籠舁であった, 鬢の

▼ 佐兵衛~ (123, 7.0%)

4 はまた 3 の娘, は帳場 2 のところ, の兄, はひどく

1 [107件] から禁物, が, がそこ, がよん, が交代, が今, が厠, が向う, が和助殺し, が嘆願, が気が付く, が自分, が自殺, が茫然, が飛び下り, たった一人, だ, だった, であった, という呉服屋, とお, と云う, と番太, と見当, と養子分, と駒三郎, なるもの, にくれぐれも, に二十両, に導かれ, に当っ, に着せる, に箱, に見せ, に訊こう, に預けた, に飲ませた, の倅, の分家, の女房, の妻女, の店, の引止める, の弟, の後家, の手, の死体, の襲撃, の話, の説明, の足, の跡取り娘, の遺族, の顔, は, はあれ, はそこ, はまだ, はもう, はよく, はカンカン, は一つ, は下腹, は主人, は事もなげ, は伊織, は先ず, は六十, は商売上, は喉, は土間, は坐った, は変, は大坂, は定, は巌流, は年寄り, は手, は暗愚, は汗, は泣き出し, は熟睡, は脅え切っ, は腕, は船, は若い衆, は足, は軒, は転んだ, もそれ, もほか, も六右衛門, も周り, も妙, も若い衆たち, をそっちのけ, をふり, を介抱, を便所, を初め店, を助け, を呼出し, を斬った, を殺した, を襲った, を顧み, を顧みました

▼ 佐~ (87, 4.9%)

6 宜の 3 の君

2 [13件] が書院, が月番, に同意, のみで, の前, の懸念, はそん, は不審, は云っ, は何, は何やら, は太田, を顧み

1 [52件] がむくむく, が声, が東京, が聲, が軽い, だった, という画家, との身の上, と話, に対, に言, に言った, の三人, の両人, の声, の方, の父, の画, の聲, の鋭い, の頑固さ, の顏, の顔, は, はしばらく, はその, はただ今, はにやにや, はまずせっかく, は不平そう, は両, は云った, は例, は先づ切角, は兩奉行, は半, は只今, は嬉し, は少し, は暫く, は眼, は考えた, は考へた, は責め道具, は責道具, もいた, も傍, も同様, も無言, も背, や遊部, を見た

▼ 佐渡守~ (85, 4.8%)

3 の屋敷 2 の中間部屋, の領地

1 [78件] から入れた, から喜平, から急, が, がいつも, が戸棚, が手塩, が秀忠将軍, が職, が言, だけはこの, だったから, でした, といふの, といへ, と弟, どの佐久間信盛どの, などは一向, などもこの, などをお, には部屋住, に任官, に帰せられ, に引継ぎ, に渡しました, に無礼, に聞いた, のお抱え, のよう, の三人, の下屋敷, の云い渡した, の仲間喜平, の前, の口, の如き, の子息, の家, の屋敷前, の手もと, の狂信, の老巧さ加減, の著, の著す, の言葉, の辞世, はお勝手方, はかねて, はこう, はこれ, はその, はただ, はなぜ, は三河, は不思議さうに, は今更, は仲間喜平, は口, は吐き出す, は喜平, は家康, は瀬戸, は老死, は金子, は黙, へ, へ云い切った, へ命, もあまり, もよく, やほか二, を刺そう, を泊めた, を煩, を見た, を訪う, を訪れた, 兼ねて

▼ 佐柄木~ (73, 4.1%)

3 の貌 2 が言った, の姿, の心, の言葉, の顔, はまた, は尾田, は急, は立ち上がった, は静か

1 [50件] がいる, が呼ぶ, が尾田, が応える, が樹上, だ, とも思われない, と親しく, にとってはおそらくは, に復, に易々, に連れられ, のしっかり, の世界, の前, の声, の思想, の意, の方, の横, の眼, の美しい, の胴体, はあたり, はさっと, はしばらく, はにたりと, はにたりにたりと, はまだ, はもくもくと, はゆったり, はバット, は一つ, は生きる, は男, は笑う, は考え込んだ, は腹ばっ, は言い, は言った, は言葉, は身構え, は馴れきった, もいる, もバット, も黙っ, も黙った, を呼んだ, を思い, を見た

▼ 佐殿~ (72, 4.1%)

3 のお 2 か, の調略

1 [65件] うっ, からでもいう, から承った, が, がおらるる, がひそか, が何, が御, が本当に, っ助けて, です, では, とお, との仲, との間, とはそも, とも広い, と会わせた, と密か, にお, におかせられまし, にお目にかかった, には, にはつつがなく, にははや, にはもう, には何, には何と, には叔父, にもよろしく, にも既に, にも言伝, に下され, に付い, に会え, に会わせ, に従う, に文覚鰒, に譲られた, のある, のご, のす, のほう, の事, の召状, の奥方, の室, の影, の恋愛沙汰, の旗, の父, の身内, はおわさずや, は元, は安房, は様, は目, へ彼女, までお, まで告げ, もこの, もわかっ, ようっ, を欺いた, を見奉り

▼ 佐~ (47, 2.7%)

5 の背中 2

1 [40件] がかつて, がやはり, がハヽヽヽヽ, が久美子, が走っ, きさ, だったの, だって肌, という名前, という男, と三人火鉢, と口, と知合い, など北条遺臣中, に違い, のこと, の元気, の存在, の影像, の方, の裸, はおそらく, はこう, はちょっと, はどうも, はもう, は久美子, は困惑, は感心, は鍬, は風采, もうお, も一夜省作, も乗り気, よりはかえって, を, をはっきり, を成東, を薊, ノ前

▼ 佐~ (43, 2.4%)

2 書院の, 月番に

1 [39件] あつた, ある, いっこうに取り合う, かう云, そこを, その後に, その手頸, まだ少佐, むくむく起き出し, 今は, 仙台支部長として, 住んで, 佐竹右大夫へ, 何かの, 何よりも, 其夜妓楼を, 叛逆を, 嘗て夢想, 声を, 婦人同盟の, 将軍を, 手提鞄を, 敬軒と, 東京から, 東京を, 橋廊下を, 櫓の, 此版画家に対して, 殺される王恒, 猛運動, 病気に, 縁近く, 聲を, 職業上の, 苛烈な, 軽い吐息, 迎えに, 青沼へ, 飛びだす

▼ 佐~ (39, 2.2%)

3 の娘 2 が細工, と千之助, のよう

1 [30件] が, があんなに, が怒りました, が泊った, が自火, だ, だよ, でございます, ですよ, でなきゃア, で菊次郎, と判った, と言う, にし, には怨, には怨み, のところ, の小善小悪, の手錠, の顏色, の顔色, はすつかり恐縮, は名題, ばかりと言った, ばかりと言つた時, もガラッ, もガラツ八, やお, をやる, を手錠

▼ 佐~ (37, 2.1%)

3 が云った 2 のした, の側, は云った

1 [28件] が或, が訊いた, が重病, という病人, といっしょ, とおいら, と出会った, にひきずられ, に与えた, に会った, に強く, に掛け, のぐあいはどうだ, のこと, のところ, のばか, の口ぶり, の家, の容態, の枕許, の言葉, の額, の顔, はしゃがれた声, はまるで, は呻く, もしい, も半年

▼ 佐兵衞~ (36, 2.0%)

1 [36件] が二十日前, が今, が喰, が急死, が番頭, が頓死, ですが, といふの, と後で, と養子分, にくれ, には甘え, にも悉く, に引, に聲, の家, の引止める, の弟, の氣持, の甥, の縁側, の跡, の遠縁, の遺言状, の顏, はそれ, はよく, はカンカン, は斯, は熟睡, は目, も妙, をつれ, を助け, を呼出し, を斬

▼ 佐女牛~ (36, 2.0%)

7 の邸 3 のおや, の屋敷 2 のやしき, の宿所, の杉並木

1 [17件] から練っ, って, のお迎え, の一邸, の佐々木道誉, の宏壮, の深夜, の自邸, の衆臣すべて, の道誉, の門, の館, は無人同様, へおちつき込んだで, へ連れ戻される, まで一ト鞭, を辞した

▼ 佐太夫~ (28, 1.6%)

1 [28件] から, というお, とは歴々武士, と全く, と共に心機霊活, と霜頭, なる一美形, なる人物, なる或, なる魔女, には言, のドラ息子, の君, の生涯, は, はさ, は天晴, は女性, は如何なる, は早速, は申しました, も喜びました, も道也, を主観的, を以て紅葉, を得, 御預り, 程に妙

▼ 佐~ (25, 1.4%)

3 逆意 2 なって, 同意し

1 [18件] かう云つた事, そっと耳打ち, ぶっ突か, 一生に, 叙し, 向つて云, 威圧され, 嫁いで, 対い, 相談し, 笑顔を, 莞爾と, 言った, 言つた, 託し機会, 譲る, 追ひ, 金米糖入りの

▼ 佐~ (20, 1.1%)

2 と云

1 [18件] が文學, が日本國現在書目, と申す, に勅命, に命ぜられた, の, の撰, の方, の日本, の時代, の書目, の自筆本, はこの, は初, は基經, は宇野氏, も心, を煩

▼ 佐~ (20, 1.1%)

2 の娘

1 [18件] といふ, といふ浪人者, と仲人, に訊ねました, に逢, に逢い, の入, の浪宅, の話, はしばらく, はそつ, は何, は前, は後ろ, は持前, は暫らく經つて, は血潮, を顧みました

▼ 佐~ (20, 1.1%)

15 の浜 3 真興英君 2 真興英氏

▼ 佐~ (18, 1.0%)

2 思った, 顧みて

1 [14件] 仙台には, 加えて, 呼び出して, 想って, 指した, 指し乍ら, 無責任だ, 聞きに, 見た, 見た後, 責めて, 踏花園に, 選んで, 非凡人として

▼ 佐~ (17, 1.0%)

2 葉子との

1 [15件] いい子, いい母, その一子, なった, 一緒に, 云ふ, 云ふも, 仙十郎, 名乗りおりました者, 子の, 小酌した, 池希白とは, 猶江戸, 相應, 話を

▼ 佐五兵衛~ (17, 1.0%)

2 も米吉

1 [15件] から金, が爪, が金, だいかにも, ですよ, に小言, に責めさいなまれる, に頼まれた, のもの, の二役, の家, の手, の手代, はそろそろ, は如才

▼ 佐~ (16, 0.9%)

1 [16件] いた, かう云, とうとうお, まもなく京都, ハツと, 傍で, 同様に, 懌ば, 挨拶に, 来て, 河内守も, 無言だった, 背を, 自分も, 莫大な, 軍務司長あたりに

▼ 佐五衛門~ (12, 0.7%)

2 であった 1 の方, はその, はそれ, はひっ外した, はまた, は嬉し, は少し, は持っ, は行燈, も走った

▼ 佐頼朝~ (12, 0.7%)

2 のす 1 という者, によつて, に示した, に見る, のこと, は, はがく, は二十万, やその, をし

▼ 佐次兵衛~ (10, 0.6%)

3 は京内 1 が猪, が真, といふ炭焼, と三たび, に伴, は此, も捨て

▼ 佐には~ (9, 0.5%)

2 分つて 1 あるらしくも, さう, 何の, 嬉しかつ, 忽ち覚られる, 逆意, 運命の

▼ 佐五郎~ (9, 0.5%)

1 という男, とかいう老人, と文無し画家岡本弘, と申す, どの程, の事, はソソクサ, は大きく, は旅支度

▼ 佐~ (8, 0.5%)

21 から, から大次郎, の言う, の言った, や助作, を呼び出し

▼ 佐~ (7, 0.4%)

6 の中山 1 の中山合戦

▼ 佐~ (7, 0.4%)

1 と粟代, の岡, の岡辺, の御, 大神, 大神われたてり, 大神之

▼ 佐~ (7, 0.4%)

1 が後に, その子, とは違う, のこと, の母, を四五年前, を生ん

▼ 佐義助~ (7, 0.4%)

2 だった 1 が三条高倉, のいかつく, はすぐ, はちら, も打ち連れ

▼ 佐脇藤八郎~ (7, 0.4%)

1 がいる, そのほか, だったし, といい, は小姓組, は年少, をゆり起し

▼ 佐~ (6, 0.3%)

1 おること, しめたて, なければ, 上下協力し, 四海の, 朕が

▼ 佐~ (6, 0.3%)

1 といふ道士, とやらだ, の口, はいつも, はその, はつぶさに

▼ 佐さん~ (5, 0.3%)

1 とはこういう, にもうそ, のお, は堅い, も呼ん

▼ 佐という~ (5, 0.3%)

1 四ッ橋の, 山の, 浜に, 生薬屋で, 画家に

▼ 佐どの~ (5, 0.3%)

2 うっ 1 じゃ, だ, にご

▼ 佐兵衛さん~ (5, 0.3%)

1 とも一人, の兄さん, はさしも, は旦那, も物故

▼ 佐~ (5, 0.3%)

1 とは大石内蔵助, の土蔵, はその間, は奥, は奥方

▼ 佐~ (5, 0.3%)

1 之, 之けむ, 之佐, 之家牟, 之毛君

▼ 佐~ (5, 0.3%)

1 右衛門, 右衛門とが, 右衛門に, 右衛門も, 右衛門殿西郷吉之助殿吉井仁左衛門殿大久保一蔵殿罷り出まし

▼ 佐~ (5, 0.3%)

1 と言い, と訓む事, の一部, の河原, は平安京右京

▼ 佐~ (4, 0.2%)

1 の中城, の遺物, は王, を除かん

▼ 佐~ (4, 0.2%)

1 が姉, はおそるおそる, は十六, は若

▼ 佐佐紀~ (4, 0.2%)

4 の山

▼ 佐塚愛祐~ (4, 0.2%)

1 がかえって, の訓辞, はその, を始め

▼ 佐塚警部~ (4, 0.2%)

1 の妻, の頭, は忙しく, は抜剣

▼ 佐多田無道軒~ (4, 0.2%)

1 の城廓, は唯, は振り返りました, を指し

▼ 佐~ (4, 0.2%)

21 の王, の郎女一柱

▼ 佐~ (4, 0.2%)

1 さハハハハ, とたった, と言われる, は

▼ 佐毘古~ (4, 0.2%)

4 の神

▼ 佐~ (4, 0.2%)

1 でも, の三日月村, へ出, ノ宿

▼ 佐~ (4, 0.2%)

3 の造 1 の縣

▼ 佐とは~ (3, 0.2%)

1 恋愛から, 甞て, 話の

▼ 佐~ (3, 0.2%)

2 尉に 1 遊部それから

▼ 佐~ (3, 0.2%)

2 彦君と 1

▼ 佐五郎老人~ (3, 0.2%)

1 が帰り道, はここ, はちょっと

▼ 佐~ (3, 0.2%)

1 など八九人, の案内, 同弥八

▼ 佐十さん~ (3, 0.2%)

1 が南摩ホテル, という頑強日光一, は壮者

▼ 佐~ (3, 0.2%)

1 では, というの, を悼み

▼ 佐喜真君~ (3, 0.2%)

1 に引合せ, の, のもの

▼ 佐左衛門~ (3, 0.2%)

1 で三番目, は火煙, 躍り込んで

▼ 佐柄木さん~ (3, 0.2%)

1 はもう, よ, よろしくお願い

▼ 佐殿方~ (3, 0.2%)

1 には自然, は木ッ端みじん, への加担

▼ 佐~ (3, 0.2%)

1 の努力, は一九三七年ニューヨーク・コーネル大学教授パペーズ博士, を差しおい

▼ 佐~ (3, 0.2%)

1 が意外, が熱海, を譲り受けたい

▼ 佐渡守殿所司~ (3, 0.2%)

3 之時分

▼ 佐渡島他吉~ (3, 0.2%)

1 が, の商売道具, はマニラ

▼ 佐用姫~ (3, 0.2%)

1 の望夫石, も斯く, を仙媛

▼ 佐あり~ (2, 0.1%)

1 あるいは行軍, 木曾に

▼ 佐けて~ (2, 0.1%)

1 天の, 尊王の

▼ 佐ける~ (2, 0.1%)

1 もの, 気に

▼ 佐たらん~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 佐なども~ (2, 0.1%)

1 お見え, 集つて重要な

▼ 佐のみ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 佐アちやん~ (2, 0.1%)

1 の絵具, の繪具

▼ 佐五郎老体~ (2, 0.1%)

1 の眼鏡, の言葉

▼ 佐介さん~ (2, 0.1%)

1 からあらまし, にお

▼ 佐仲まこと~ (2, 0.1%)

2 に心得た

▼ 佐佐又四郎成意~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 佐佐宣~ (2, 0.1%)

2

▼ 佐允純~ (2, 0.1%)

2 へ永

▼ 佐兵衛どん~ (2, 0.1%)

2 の兄貴

▼ 佐兵衛次郎兵衛弥五郎六右衛門~ (2, 0.1%)

1 との五人, の五人

▼ 佐又四郎成意~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 佐商店~ (2, 0.1%)

1 という商標, に当らせ

▼ 佐善氏~ (2, 0.1%)

1 から申されました, の仲介

▼ 佐士布都~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 佐夜姫~ (2, 0.1%)

1 であるとか, を愍笑

▼ 佐夫志~ (2, 0.1%)

1 けめ, といふ仮名書き

▼ 佐~ (2, 0.1%)

1 という鳥, といふ

▼ 佐~ (2, 0.1%)

2

▼ 佐容姫~ (2, 0.1%)

2

▼ 佐山文随~ (2, 0.1%)

1 の使い, また青年

▼ 佐平太兼政~ (2, 0.1%)

1 お猿畠, が火

▼ 佐弟狷之介愛妾~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 佐志木作右衛門~ (2, 0.1%)

1 の邸, は千束島

▼ 佐忠之~ (2, 0.1%)

1 の出した, は放縦

▼ 佐恵久仁~ (2, 0.1%)

1 とある, と云った

▼ 佐枝竹蔵~ (2, 0.1%)

1 といった, の息子

▼ 佐柄木町~ (2, 0.1%)

1 の弥生, へ小料理見世

▼ 佐比大路~ (2, 0.1%)

1 の名, の西三町目

▼ 佐比持神~ (2, 0.1%)

1 という, というたて

▼ 佐比里~ (2, 0.1%)

1 はその, は有名

▼ 佐渡守正純~ (2, 0.1%)

1 に命じ, は家康

▼ 佐渡守目付~ (2, 0.1%)

2 は宮崎助右衛門

▼ 佐用媛~ (2, 0.1%)

1 が帰りくる, は夫

▼ 佐竹ケ原~ (2, 0.1%)

1 であった, をまわっ

▼ 佐紀宮~ (2, 0.1%)

1 の近く, は現在

▼ 佐義貞~ (2, 0.1%)

1 だった, はいま

▼ 佐都紀~ (2, 0.1%)

2 の臣

▼ 佐~ (2, 0.1%)

1 から即時待機, の各

▼ 佐韋河~ (2, 0.1%)

1 といふ由, と名

▼1* [237件]

ふきなどの, 佐お里それにお, 佐尉かを, 佐かた利園はやつぱりよかつた, 佐かでめづらしく, 佐から何か, 佐がかうぶつきら棒に, 佐くべし彼の, 佐ぐらゐの人の住ん, 佐けというものか, 佐そこに集まっ, 佐その他須磨の夫人, 佐たるに過, 佐だった頃に, 佐だってそれを, 佐ですが父君, 佐ではあるまいか, 佐で御座いますか, 佐とであつた, 佐との身の上の, 佐と共に六月三日に, 佐など幕僚五六名と, 佐などにお目にかかるにつけ, 佐などは初めから, 佐などをつかわした, 佐にもその例, 佐のやしきへ, 佐前野但馬守と, 佐よりも早く君香, 佐がぞくぞく, 佐に嫻, 佐を以てせむとしたれば也, 佐だが, 佐もお, 佐三郎さんだの中山博道さん, 佐三郎氏の息, 佐世勘兵衛また馬, 佐世勘兵衛正勝はその, 佐丸當時のもの, 佐久平を下, 佐久馬氏が次兄, 佐尾是視則良佐固, 佐也介之明介志, 佐也加爾在佐也介之明介志, 佐五兵衛その後から猾そう, 佐五平爺やのところ, 佐五平老人は昼, 佐五郎奴で御, 佐介すべて茫たる焦土, 佐介ばかいいを, 佐介上総介, 佐介五郎そのほか, 佐介五郎淡河兵庫斎藤宮内城ノ介師時, 佐介茶にしろ, 佐介貞俊以下いずれも去年, 佐介金沢塩田などの諸, 佐仲樣晝過ぎに田熊丹後樣, 佐伏海老弦などいう, 佐位寺に, 佐位郡国定村で, 佐佐その他須磨の夫人, 佐佐んだが, 佐佐伏海老弦などいう, 佐佐理その子, 佐佐那美道を, 佐侍従大夫などという人ら, 佐保ちやんか, 佐元久元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 佐光之とが同日, 佐八さんのよう, 佐兵エどんの家内, 佐兵衛たちがその, 佐兵衛ほかに手下, 佐兵衛ら七人が十三夜, 佐兵衛信茂原隼人佐を加え, 佐兵衛夫婦はちょうど, 佐兵衛女房の達者, 佐兵衛室佐という四ッ橋, 佐兵衛次郎兵衛六右衛門弥五郎甚太郎権十の七人, 佐兵衛次郎兵衛弥五郎六右衛門甚太郎権十の六人, 佐兵衛湯柄杓を退け, 佐兵衛血の海, 佐兵衞伜の彌, 佐兵衞夫婦は丁度, 佐兵衞血の海, 佐賣, 佐具利山と命名, 佐具売という女, 佐分真の葬式, 佐分真君の自殺, 佐の住人, 佐十亀岡毎次郎庭田恒吉谷房吉野口春蔵小林偵七郎茂呂近助, 佐十原田英三郎小山孝八郎持斎茂吉は煽動, 佐十小山孝八郎川島元次郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 佐十木村勇吉持斎茂吉桜井与惣治横塚治三久野口春蔵谷口房吉野口源蔵越波丑次郎井田兵吉等が上京, 佐十野口春蔵等を先頭, 佐半蔵夫婦を見, 佐卑彌理國其王有侍婢千人, 佐南嶢といふ所, 佐原屋さんか, 佐及び洋装の, 佐延牟等, 佐の博奕, 佐右衛門の口述書, 佐右衛門佐の子, 佐右衛門方へ托し, 佐司笠按司北山は阿, 佐吉一人を残し, 佐吉郎はその, 佐吉郎方を訪れた, 佐吾兵衛のそう, 佐の臣裴寂, 佐和子に分った, 佐唐虞禹讓稷契及皐陶堯舜之道, 佐商入学試験を受ける, 佐嘉勢者腰に藁注連平戸勢者大小鞘, 佐驥而余之, 佐の坂, 佐壁忠臣と書い, 佐付近ニテ採, 佐多いね子, 佐夜具といふ動詞, 佐夜気久於比弖来にし, 佐郎の, 佐太夫始めより真, 佐太夫居常寛濶を好み, 佐夫斯久おもほゆべし, 佐女牛八幡宮両所へ参る, 佐女牛小路から火事, 佐安中左近武田逍遙軒と共に一, 佐安威志門をも加え, 佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 佐川北伊勢吉氏は一昨年, 佐川田喜六の蛙以上, 佐州客居中これを訪問, 佐左衞門父の看病, 佐左近等も下馬, 佐帰路同道江戸へ二十度, 佐で御, 佐平定文と云, 佐平等が自分達, 佐度全島の, 佐親類は, 佐で, 佐忠太と云いました, 佐で織られる, 佐村氏の, 佐枝熊吉と旅行, 佐柄木さんあなたがはいる, 佐柄木町すじ連雀町から風呂屋町, 佐柄木自身が自分, 佐栄兼て御, 佐と言, 佐次兵衛講釈に聞い, 佐次衛門は退席, 佐此間ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 佐殿公事御勝利, 佐比持などその, 佐比様すなわち鶴嘴様, 佐比毛知など人, 佐比物玉作佐比毛知など人, 佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 佐比神だ十二年前熊野, 佐池希白である, 佐治めやるの, 佐清長は美濃大垣, 佐渡ってどこ, 佐渡りの議員, 佐渡守弟の美作守, 佐渡守志水甲斐守渡辺飛騨守の年寄衆, 佐渡守様を泊めた, 佐渡守様三万二千石江戸より百六里, 佐渡守正信の弟, 佐渡守父子の讒言, 佐渡守親康の女, 佐渡守通勝や安藤伊賀守父子, 佐渡守邦直の屋敷, 佐渡守酒井左衛門尉松平右近将監等の一族縁者, 佐渡守高矗が屋敷, 佐渡守高矩の菩提寺, 佐渡守高虎が率先, 佐渡島外側の海府地方, 佐渡御勘気鈔という本, 佐渡殿よとの取沙汰俄, 佐渡辺は持場, 佐源太とは浪合, 佐源太なぞの顔, 佐為盛さま右馬権頭頼茂さまなども京, 佐父子のほか, 佐理藤原行成の三跡, 佐理行成だの弘法大師, 佐理道風もいる, 佐用姫様というよう, 佐用姫鬼界が島, 佐留太と云った, 佐留歌集の猿丸太夫, 佐毘, 佐神社あり又, 佐禰天乃日嗣等之良志久流, 佐突然入口に, 佐竹原へ向い, 佐という唐物屋, 佐羽さんに誘われ, 佐脇仙十郎お蝶, 佐脇屋義助が, 佐脇藤八山口飛騨守賀藤弥三郎の五騎, 佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 佐若年のため, 佐荻生惣右衛門などと云, 佐がある, 佐と云, 佐藤原伊衡平希也など僅か, 佐衛門は貴族院議員, 佐衛門橋の橋上, 佐衛門氏綱の軍忠状, 佐豊房は清閑寺家, 佐意云々は, 佐というお爺さん, 佐造老爺が与一兵衛, 佐造老爺さんは実は, 佐連中で, 佐遂同到礫川, 佐純家来竹内玄同, 佐那美道を, 佐の人, 佐郡管川の人, 佐に擬せ, 佐都美がお, 佐都美青葉の山, 佐矩である, 佐重郎その両家, 佐野山に打つ, 佐閉消失多列夜, 佐附きの中小姓, 佐といひき, 佐韋川よ, 佐馬頭義朝の末子