青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「例へば~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

使命~ ~使用 使用~ ~使者 使者~ ~來 來~ ~例 例~ 例えば~
例へば~
例外~ ~侍 侍~ ~供 供~ 供給~ ~依 依~ ~依っ 依っ~

「例へば~」 1294, 14ppm, 7963位

▼ 例へば~ (17, 1.3%)

3 が三角形

1 [14件] がいま眼, がこの, が人間, が東京, が欲する, が疑, が首, とも自由, の感じた, の親, の額, はこれ, は太陽, は結婚後

▼ 例へばその~ (10, 0.8%)

1 中に, 中には, 勞働價値説の, 女は, 当時として, 性格の, 時に, 時折の, 理論が, 著作一巻に

▼ 例へばこの~ (9, 0.7%)

1 一二年の, 六疊の, 場合の, 夏から, 室この, 戦争で, 湯豆腐に, 蜜蝋を, 頃の

▼ 例へば自分~ (9, 0.7%)

2 の娘 1 が実際, で自分, の代名詞, の前, の從兄, の從弟, の胸

▼ 例へば~ (8, 0.6%)

1 京が, 兄いさん, 姉樣が, 幾に, 洗濯白い, 牧が, 薬なんか, 釋迦さんが

▼ 例へば~ (8, 0.6%)

1 一卷の, 一歌劈頭近くに, 七不孝の, 二の, 二巻所載侠女の, 二百十五夜, 四幕目で, 四条の

▼ 例へば日本~ (7, 0.5%)

1 の大学, の松毬魚, の現代劇, の現代文化, の皇帝, の逓信省, は小島國

▼ 例へば~ (6, 0.5%)

21 なら僕, のところ, の如き, は目前

▼ 例へば~ (6, 0.5%)

1 にあげた, に挙げた, に掲げた, に擧げた, に言つたプラノ・カルピニ, の電車

▼ 例へば支那~ (6, 0.5%)

1 の人, の今, の古代, の婦人, の學問, の府志

▼ 例へばある~ (5, 0.4%)

1 事柄を, 人に, 劇場が, 小説を, 文学的な

▼ 例へばそれ~ (5, 0.4%)

1 が手袋, の高, は, はその, は兩者

▼ 例へば~ (5, 0.4%)

1 いつた源之助, まで做, まで胡坐, 仮に或, 文學家の

▼ 例へば史記~ (5, 0.4%)

2 といふやう 1 が訓詁, で子, に於

▼ 例へば家庭~ (5, 0.4%)

2 に伏在 1 では, で様々, の臺所口

▼ 例へば我々~ (5, 0.4%)

1 がゆ, が停車場, が我々, にとつ, はある

▼ 例へば政治~ (5, 0.4%)

1 がさうである, に文化性, の如き, の文化性, は政党

▼ 例へばあの~ (4, 0.3%)

1 ノートだ, 日瀬戸一弥君が, 石燈籠さ梅の, 邊から

▼ 例へばお前~ (4, 0.3%)

1 が三浦屋, の身許, の頬ツぺた, はこんな

▼ 例へばここ~ (4, 0.3%)

1 にかう, にその, にアスパラガス, に十箇

▼ 例へばこんな~ (4, 0.3%)

1 ことも, ものと, 場合が, 風の

▼ 例へばどんな~ (4, 0.3%)

2 事が 1 男が, 男で

▼ 例へば今日~ (4, 0.3%)

1 でも敬坊, のやう, の時局, も四五日入浴

▼ 例へば~ (4, 0.3%)

2 が二十二年, は決して

▼ 例へば~ (4, 0.3%)

1 かの主義, か二つ, か待, よりもその大きな

▼ 例へば同じ~ (4, 0.3%)

1 ものは, 学校時代から, 知識階級の, 議論を

▼ 例へば~ (4, 0.3%)

1 が陶器骨董, の事件, の浣渓沙, の自殺

▼ 例へば最近~ (4, 0.3%)

1 その三上, のラインハルト, の某, 読んだカミユ

▼ 例へば~ (4, 0.3%)

3 のやう 1 の諸

▼ 例へばあなた~ (3, 0.2%)

1 お一人, にとつ, のその

▼ 例へばいふ~ (3, 0.2%)

1 プラトンの, 唯一つ, 變化を

▼ 例へばかう~ (3, 0.2%)

1 いふ種類の, いふ脚本が, 私が

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

1 ういふ, ういふフランス流, けだるは

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

1 ね俺, よ八, 社で

▼ 例へば人物~ (3, 0.2%)

1 の心理, の性格, の関係

▼ 例へば佛教~ (3, 0.2%)

1 のやう, の哲學, の飜譯

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

1 巖石の, 畜の, 誥

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

2 が存在 1 を仰い

▼ 例へば少し~ (3, 0.2%)

1 リリカルな, 前に, 昔には

▼ 例へば尚書~ (3, 0.2%)

1 の召誥, の孔安國傳, の洪範

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

1 る人物, る海岸, る難解

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

1 ういふ媒介者, ういふ風, うだよ

▼ 例へば日本人~ (3, 0.2%)

1 が普通, が自分, に物

▼ 例へば東京~ (3, 0.2%)

1 から日光, のあらゆる, の上野公園

▼ 例へば此処~ (3, 0.2%)

1 に一つ, に一篇, に吾等

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

1 と共に眺めた, のみを孤独, の妹

▼ 例へば煙草~ (3, 0.2%)

1 がなくなる, だとか, でも何

▼ 例へば~ (3, 0.2%)

1 に一人, に一農学士, に忠孝

▼ 例へばかりに~ (2, 0.2%)

1 人物の, 神奈川県を

▼ 例へばそんな~ (2, 0.2%)

1 冬の, 風に

▼ 例へばぼく~ (2, 0.2%)

1 が怪我, の家

▼ 例へばイプセン~ (2, 0.2%)

1 で成功, ならイプセン

▼ 例へばファルス~ (2, 0.2%)

2 の人物

▼ 例へばフランス~ (2, 0.2%)

1 が好き, のベルグソン

▼ 例へばラシイヌ~ (2, 0.2%)

1 の如き, の数

▼ 例へば一つ~ (2, 0.2%)

1 の犯罪, の茶碗

▼ 例へば一人~ (2, 0.2%)

1 の甲, は牛方

▼ 例へば世人~ (2, 0.2%)

2 は彼

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 と三, と二

▼ 例へば人類~ (2, 0.2%)

1 が狩猟, の原始

▼ 例へば仏蘭西~ (2, 0.2%)

1 でなら, と英吉利

▼ 例へば以前~ (2, 0.2%)

1 に存しなかつた, は

▼ 例へば何処~ (2, 0.2%)

1 かの部屋, へ出かけ

▼ 例へば作者~ (2, 0.2%)

1 の名声的野心, の思想

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 に十年餘, りに

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 が郡視学, が郡視學

▼ 例へば儒家~ (2, 0.2%)

1 の孔子, は司徒

▼ 例へば先生~ (2, 0.2%)

1 があなた, が母屋

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 軍の, 體的に

▼ 例へば其性情必らずし~ (2, 0.2%)

2 も極

▼ 例へば利益分配~ (2, 0.2%)

2 の事情

▼ 例へば前述~ (2, 0.2%)

1 の缶詰, 第十六例

▼ 例へば勇気~ (2, 0.2%)

1 にしろ, の質

▼ 例へば唐詩選~ (2, 0.2%)

1 にある, の岩波文庫本

▼ 例へば国民~ (2, 0.2%)

1 に対する告示, の教育

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 が勧工場, の乗車券

▼ 例へば小説~ (2, 0.2%)

1 にし, に比し

▼ 例へば小説家~ (2, 0.2%)

1 として名声, にも詩人

▼ 例へば巴里~ (2, 0.2%)

1 のノートルダム, のハイカイ

▼ 例へば希臘~ (2, 0.2%)

2 とか羅馬

▼ 例へば我が~ (2, 0.2%)

1 帽子我が, 校長田島氏の

▼ 例へば戯曲~ (2, 0.2%)

1 が戯曲, のやう

▼ 例へば戰國策~ (2, 0.2%)

1 とか列子, の評論

▼ 例へば政府~ (2, 0.2%)

1 がこれ, が非常

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 陸奥伯の, 陸奧伯の

▼ 例へば教育~ (2, 0.2%)

1 であるとか, とか宗教

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 が歩, に對

▼ 例へば文字~ (2, 0.2%)

1 として表示, の用法

▼ 例へば文明~ (2, 0.2%)

1 の恩人, を呪

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 の人, は歴史

▼ 例へば書物~ (2, 0.2%)

1 には善人, はノタ

▼ 例へば最も~ (2, 0.2%)

1 晩年の, 輝いたる唐

▼ 例へば最初~ (2, 0.2%)

1 の種子, は土瓶

▼ 例へば松林~ (2, 0.2%)

2 の間

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

2 の袂

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

2 の男

▼ 例へば武者小路実篤~ (2, 0.2%)

1 のやう, は

▼ 例へば浅草~ (2, 0.2%)

1 の十二階, を描く

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 の面, を忘れよう

▼ 例へば特に~ (2, 0.2%)

1 今日の, 感性的活動と

▼ 例へば現在~ (2, 0.2%)

1 のいろんな, 有りと

▼ 例へば現実~ (2, 0.2%)

1 の問題, の快楽

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 が乙, なる者

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 が家, には憂鬱

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 へ行かう, を少し

▼ 例へば病氣~ (2, 0.2%)

1 である人々, などをも含め

▼ 例へば石塔~ (2, 0.2%)

2 でもです

▼ 例へば私達~ (2, 0.2%)

1 が風景, は日本式

▼ 例へば空腹~ (2, 0.2%)

1 とか睡眠不足, を強

▼ 例へば經書~ (2, 0.2%)

1 といふやう, の中

▼ 例へば脚本~ (2, 0.2%)

1 だけはあ, の方面

▼ 例へば自己~ (2, 0.2%)

1 の屬, の心理現象

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

2 とか足

▼ 例へば芝居~ (2, 0.2%)

1 などによく, を見

▼ 例へば萬葉集~ (2, 0.2%)

1 といふ歌, の石上乙麻呂

▼ 例へば行儀作法~ (2, 0.2%)

2 といふ語

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 を罵つ, 兄弟や

▼ 例へば豆腐~ (2, 0.2%)

1 が出, を造る如き

▼ 例へば釋天~ (2, 0.2%)

1 にある, の歳名

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 に就い, を出せ

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

2 の蓋

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 つこの, の別室

▼ 例へば~ (2, 0.2%)

1 の格好, の痛む

▼ 例へば食物~ (2, 0.2%)

1 についてみ, を一例

▼1* [916件]

例へばいぬの, 例へばいかにして, 例へばいそはくはいそ, 例へばいびきが聞える, 例へばいまは地下, 例へばいま私は私, 例へばいま臣道といふこと, 例へばうしろを向い, 例へばおけさ節と, 例へばお前たちが空, 例へばお爺さんが柴, 例へばかういふやうな, 例へばかたつむりのやう, 例へばきのふの恋愛経験, 例へばこの世の苦惱, 例へばこの間のメーデー, 例へばこの間うちの高瀬実乗, 例へばこの間ヴィルドラックの古い, 例へばさきの法相宗, 例へばさる地位に, 例へばすぐれた劇評家または, 例へばすべてのこと, 例へばすみ子を可愛がる, 例へばつい半年ほど, 例へばつまり女房が, 例へばですよ, 例へば来ると, 例へばどの田は, 例へばなほ水経の百川, 例へばなんだぜ, 例へばのちにみる, 例へばひとが或, 例へばひとつのゼミナール, 例へばまだ無邪気なる, 例へばゆる火, 例へばもう半歳も, 例へばもし私が, 例へばもしや艸紙の, 例へばわたし自身にしろ, 例へばわれわれの家庭, 例へばアフリカのセネガル, 例へばアマリリスの花, 例へばアミエルの日記, 例へばアリストテレスが語法, 例へばアントワアヌの如き, 例へばイギリスの場合, 例へばエチオピアの黒人, 例へばエデンの園, 例へばオスカア・ワイルドに, 例へばオーストラリヤの土人, 例へばカントの道徳, 例へばガリレオやワツト, 例へばガーゼとか明石, 例へばキリスト教神學の説く, 例へばギリシアの學問, 例へばギリシア哲学史家のホフマン, 例へばギリシヤであります, 例へばクリークの中, 例へばクレッチュマーの體型, 例へばクロアツィアより人, 例へばクロオデルロスタンポルシェ等の作品, 例へばケンタウルといふ惡神, 例へばゲーテの, 例へばコクトオの, 例へばコケコッコーでもカック・ア・ダッダルドウ, 例へばコツプの水, 例へばゴシック建築の内部, 例へばサア・オルコツクは或, 例へばサンスクリツトのアカ, 例へばシェクスピヤ或はモリエール, 例へばシュレーゲルの, 例へばジエネヴアの湖水, 例へばジヨージ・ワシントンと名, 例へばスウイフトの, 例へばスピノザに於ける, 例へばスポーツのため, 例へばセザンヌの畫, 例へばセント・ジヨージが誘惑, 例へばゾラの晩年, 例へばタンクを軍用, 例へばチェエホフを読む, 例へばチントレツトの壁畫, 例へばヂギタリスやたばこ, 例へばツウルウズ辺へ行く, 例へばディルタイの精神科學論, 例へばドイツフランスイギリスといふ風, 例へばナポレヲンがヨーゼフ, 例へばノラが, 例へばハムレットの如き, 例へばハルナックの書いた, 例へばバブーフの著書, 例へばパトロクロスはパートロクロス, 例へばパンとチーズ, 例へばビイル會社の近代的, 例へばフランスワ・ド・キュレルユウジェエヌ・プリユウアンリ・ラヴダンエミイル・ファアブル等は何れ, 例へばフランス革命はブルジョア的財産, 例へばフリーデマン, 例へばフロオベエルゾラゴンクウルモオパッサン又はユウゴオ, 例へばフロオベルになる, 例へばフーリエは直接, 例へばブレンターノやディルタイ, 例へばヘブライのアダム, 例へばヘルマン・コーヘンの, 例へばヘルメノイティクの歴史, 例へばボートの選手, 例へばポアンカレの, 例へばポオの翻訳, 例へばポオドン・キホーテボルテール等々自然似た作風, 例へばポオル・ブウルジエの作物, 例へばポルト・サンマルタン座は一〇パーセント, 例へばポルト・リシュのもの, 例へばポルト・リシュクウルトリイヌの作品, 例へばミュッセの, 例へばムニユイ又は西班牙踊, 例へばメレディスみたいな客觀的小説, 例へばメロドラマなど, 例へばヨーロッパ人ならば, 例へばライブニッツと云, 例へばリイヌ・ノロの場合, 例へばリヒアルト・ワーグネルの歌劇, 例へばルブランの好い, 例へばロスタン等の諸, 例へばロマンティック派が余り, 例へばロマン・ロオランやブウルジェ, 例へばワキに対しては, 例へばヴィオロンの批評, 例へばヴイテルボの附近, 例へば一個の文字, 例へば一分の理窟ある製作, 例へば一分間に一糎, 例へば一切の精神現象, 例へば一友の肖像, 例へば一定の動物, 例へば一年生に読方, 例へば一度見たら忘れられないほどの, 例へば一日中に家族, 例へば一條禪閤兼良と云, 例へば一町の田, 例へば一番地のぼく, 例へば一緒に風呂, 例へば一群の根笹, 例へば一般大衆少くとも, 例へば一部落の長老中, 例へば丁抹とかいふやう, 例へば三國では何れ, 例へば三角形の本性, 例へば上演料も作者生存中支払, 例へば上級学校にゆく, 例へば上述の結論, 例へばに引用, 例へば下手人が何ん, 例へば下男の權三, 例へば世界の波, 例へば世説の注, 例へば両国橋の側面, 例へば中世以前の抒情詩, 例へば中国守職田二町稲に准, 例へば中根氏の舊夫人, 例へば丸善であつ, 例へば體が, 例へば主人が時折, 例へば主婦が台処仕事, 例へば主席通詞の榮, 例へば主張すべきこと, 例へば久板君の作品, 例へば乗物のなか, 例へば九州では島津家, 例へば九流諸子の書, 例へば乾卦は卦名, 例へば予算問題の討議, 例へば二つの感覺, 例へば二ヶ月も気持, 例へば二三日前に紙, 例へば二十六番館おふくろ晩秋赭毛南の風, 例へば二十年も病氣, 例へば二問題のうち, 例へば二枚落を指す, 例へば二階三階の模樣, 例へば二頭の虎, 例へば五十銭の品物, 例へば五月の表情, 例へば五月二十四日なら五月二十四日, 例へば五泉家の後室, 例へば五番の能, 例へば五番立の演能, 例へば亜剌比亜人の形容, 例へば京阪地方で産兒, 例へばあり花, 例へば人口に膾炙, 例へば人格神論的なる宗教, 例へば人膽人骨人血毛髮爪甲等を始め, 例へば今僕の訳しつ, 例へば今朝土藏の戸, 例へば今朝私共が見た, 例へば今私が此處, 例へば今米が不足, 例へば仏国当代の名優リュシャン・ギイトリイ, 例へば仏蘭人には, 例へば仏蘭西文の味, 例へば仮名の形, 例へばの良い, 例へば任意の句集, 例へば伊太利譯には道徳哲學, 例へば伊東氏は好ん, 例へば会計法の如き, 例へば会話のため, 例へば伯父伯母兄と云, 例へば但馬邊から中, 例へば住宅に於ける, 例へば住居に就, 例へば佐野松さんとか杵太郎さん, 例へば体裁も遠慮, 例へば何んな風, 例へば何座で何, 例へば何時あの大, 例へば何處かの役所, 例へばが斯, 例へば余り善良な, 例へば作品は鏡, 例へばに云, 例へばは斯, 例へば個人を個人, 例へば借着であ, 例へば倫理的といふこと, 例へば倭人傳によれ, 例へば倭名抄以前からの織物, 例へば偶然海岸に漂着, 例へば傳記でいふ, 例へば僞物でありませうけれども, 例へば元屋村の条下, 例へば先だつて日本, 例へば先程内務大臣は金利, 例へば先程申上げました能狂言, 例へば先般の奉天方面, 例へばと色, 例へば光音苦痛及びこれ, 例へば兒童が生れ落ち, 例へば公衆道徳の問題, 例へば六七頁の, 例へば六臂の觀音, 例へばの權謀, 例へば兵略は任宏, 例へば兵隊が入営, 例へば其冷静な哲学者的, 例へば具體的表現が理論的, 例へば内閣直属の映画局, 例へばを被, 例へばの寒, 例へばとか地球儀, 例へば出征兵士の送迎, 例へば切支丹本の密輸さ, 例へば番に, 例へば初めて來た, 例へば前夜の吾, 例へば劇場の新富座, 例へば向劉, 例へば劉向の説苑, 例へばの柄, 例へば加藤武雄君の, 例へば勉強するにも, 例へば動植物が一, 例へば動植物生々の理, 例へば勝太郎のやう, 例へば勤労を楽しむ, 例へば勳功があつ, 例へば北斎が描ける, 例へば北海道などの死火山, 例へば北面の武士, 例へば十七字卅一字のつもり, 例へば十年前までに発表, 例へば千田君にしろ, 例へば千葉の成田, 例へば千頃堂書目の如き, 例へばの卦, 例へば半ば神半ば人であるやう, 例へば単に修辞句としての, 例へば印度の三眼, 例へば即位式は大極殿, 例へば厄拂とか節季候, 例へば原始基督教宗教改革フランス革命等にあ, 例へば原子が光, 例へば口碑の研究, 例へばの忠臣義士, 例へば古今集などの傳授, 例へば古典の演出, 例へば成り世間, 例へば史徳といふ篇, 例へば司馬温公の資治通鑑, 例へば司馬遷の史記, 例へば各国語の簡単, 例へば同じく唐詩選に, 例へば同胞の, 例へばは同じ, 例へばひ合つて, 例へば向うにゐる, 例へば吾等の笑, 例へば呼吸をさまたげる, 例へば和歌の浦, 例へば和泉屋の主人, 例へば咽喉をからした, 例へば哲学の学生, 例へばの時代, 例へば唐書藝文志には天文類, 例へば商売するにも, 例へば商業学校あれが少し, 例へば善良なる, 例へば喜怒哀楽にも歩きぶり, 例へば喜悦恐怖悲哀等の感じ, 例へばに修辭句, 例へば單調の作業, 例へばをつく, 例へば四つ目垣でも屋根, 例へば四聲に由る, 例へば四谷本郷青山など貸, 例へば団体の自治, 例へば困難な問題, 例へば国民衛生の問題, 例へば国立劇場へは父兄, 例へば国策宣伝の写真展覧会, 例へば国語の問題, 例へばは一定點, 例へば土牛の作品, 例へば土藏ならば, 例へばを打つ, 例へば地名の中, 例へば地方娯楽にし, 例へば坊さんのこと, 例へば坊間行はれて, 例へばといふ平たい, 例へば堂々たる帝國の, 例へば堂塔伽藍を造る, 例へば場所を變, 例へば塩酸加里の会社, 例へば夏休みも近づかう, 例へば夕食に呼ん, 例へば外交官とか通訳, 例へば外出の如き, 例へば外国租界に巣喰, 例へば外国語教育が偏重, 例へば外國では一種, 例へば外海から鰯, 例へば更けてから, 例へば夜中にでも厩, 例へばの中, 例へば大きな寢臺とか, 例へば大したものぢや, 例へば大勢の聽衆, 例へば大和路の如き, 例へば大学の先生, 例へば大川にし, 例へば大工の物差し, 例へば大師が徳宗皇帝, 例へば大戦後の独逸劇壇, 例へば大村夫妻の変死, 例へば大衆小説は面白い, 例へば大阪落城から徳川, 例へば天上の仙, 例へば天明や天保, 例へば天狗にし, 例へば太平記平家物語等は高等民種, 例へば太陽はかくかく, 例へばが高等官一等, 例へば奈良へ遊び, 例へば奧さんが勸め, 例へばの坐り, 例へば女学校を出る, 例へばは自分, 例へば奴等はメイ子, 例へば如何に文章, 例へば如露だとか, 例へばたり夫たる者, 例へばが嫁, 例へばつ子, 例へば婚禮は支那風俗, 例へばの敵, 例へば孔子が春秋, 例へば孟子に放, 例へば孟買であるとか, 例へば学問に対する場合, 例へば学校の教師, 例へば学生がイギリス人, 例へば學者にでも詩人, 例へば宇津保物語にし, 例へば宇野浩二氏などの反対, 例へば安藤夫人を世話女房型, 例へば宋人が宋, 例へば官吏になつて故郷, 例へば官製煙草のおよそ, 例へば宝暦より寛政, 例へば宣教師が内地, 例へばが破産, 例へば寄百姓で成立つ, 例へば寅彦の, 例へば密接に利害関係, 例へば寒い北満の, 例へば寛文時代に浮世絵, 例へば實在者從つて充實したもの, 例へば實業家的立場から云つて, 例へば實踐的な態度, 例へば対支文化工作の基礎, 例へば対話による描写, 例へば封建的島国的形式主義的非科学的, 例へば楯とも, 例へば導火力の最も, 例へば小式部内侍が大江山, 例へば小松均先生の, 例へば小松清氏によつて, 例へば小鼻をいつ, 例へば少女を前, 例へば屠牛場の内部, 例へば山の端に落ちかかる, 例へば山城の, 例へば山本鼎君の木版等, 例へば山氣多男澤氣多女と准南子, 例へば山羊博士は去, 例へば山肌などの地色, 例へば岩波文庫版の註, 例へば岩田豊雄君のやう, 例へば島原陣諸家指物図に鍋島光茂, 例へばも海, 例へば川端康成は沢山, 例へば左傳に韓宣子, 例へば巧妙なる絵師, 例へば巫神が此姿, 例へばれを, 例へば巻三雑歌のうち, 例へば帝国劇場の如き, 例へば帶方郡即ち臨津江口, 例へば常に暴力を, 例へば帽子を冠, 例へば平たく刃が, 例へば平安京の大内裡, 例へば平曲から出た, 例へば年紀を記す, 例へば靈怪物の, 例へば幾何學に關, 例へばの浄瑠璃, 例へば床屋に対してアンマ, 例へば弁慶とか格子, 例へば之洞, 例へば張作霖段祺瑞馮玉祥と呉佩孚, 例へば強気弱気神経質多血質偏屈八方美人何れもそれ, 例へば形式論理學または數學, 例へば形體位置場所的運動などの直接, 例へば彼等は明治中期頃, 例へば律詩を作る, 例へば後方勤務部隊の軍規厳正, 例へば覽なさい, 例へば御徒町の伊勢屋, 例へば必要な書物, 例へば念珠の珠, 例へば思考法とか感受性, 例へばなどは第, 例へば恋人を擬し, 例へば恋愛を天, 例へば患者が, 例へば趣味で, 例へば悪魔が神, 例へば感覚気分快不快, 例へば慘憺たる鬪, 例へば憂鬱を宿す, 例へば懷疑主義であらう, 例へば戀愛といふ問題, 例へば成吉思汗が西域, 例へば我校長田島氏の如きで, 例へば或は靈魂の, 例へば戦ふ国民の, 例へば戦災者の数, 例へば戦車だの飛行機, 例へば戰災を被らなかつた, 例へばについてはかう書い, 例へばだ, 例へば手の平に乘, 例へば手前が嗅ぎ出した, 例へば手籠めか何, 例へば拘留何日に處, 例へば持家は悉く, 例へば指先だけを触れ, 例へば指環のやう, 例へば揚雄の太玄, 例へば摩尼教が他, 例へば支度して, 例へば支那人の政治上, 例へば政党の行政権, 例へば政治家としての考へ, 例へば政黨の行政權, 例へば敗戦といふやう, 例へば教師たるもの, 例へば散文を読む, 例へば数年以前に観光団, 例へば敷地などでもその, 例へば數學の如き, 例へば數年前僕が宮本武藏, 例へば文化の擁護, 例へば文化統制といふこと, 例へば文化部門に於ける, 例へば文学者の, 例へば文章を書く, 例へば断崖絶壁の上, 例へば新しい流行の, 例へば新井白石は綾, 例へば新劇団体の結成, 例へば新聞で殺人事件, 例へば新聞小説の場合, 例へば日々報道される様々, 例へば日中両国民, 例へば日常の挨拶, 例へば日曜毎に訪ね, 例へば日本國土の魂, 例へば日本紀の神代, 例へば日比谷公園横の道路, 例へば日蓮や法然, 例へば日記を書かう, 例へばの永樂帝, 例へば明治廿三年二月廿三日夜より廿四日, 例へば易尚書論語に於, 例へば春風といつた, 例へば昨夜この家, 例へば昨年の七月二日, 例へば時間とか位置, 例へば晩飯の後, 例へば普通は, 例へば景気のいい, 例へば暦法陰陽に安倍家, 例へば書かれた文字の, 例へばて日本, 例へば最初支那の中, 例へば最近われわれの注目, 例へば最近結成された日本文学報国会, 例へば最近評判になつ, 例へば會津の若松, 例へば會計法の如き, 例へばを示す, 例へば月並な平衡, 例へば月末に金, 例へば機体との, 例へば有意運動はたしかに, 例へば有福の人, 例へば服装の点, 例へばどんなに皆なに, 例へば朝鮮総督府から出る, 例へば木下杢太郎の, 例へば未だ何処を, 例へば本郷でいへ, 例へば李太白の, 例へば材木の空洞, 例へば東京下町のい, 例へば東京市内でも下町, 例へば東京最近の山岳国, 例へば東北のズウズウ辯, 例へば東大寺獻物帳の如き, 例へば東都駿河台の図, 例へば松尾太夫の吉田屋, 例へば果して今美術界, 例へば高官の, 例へばの聲, 例へばをはし, 例へば棟梁の佐太郎, 例へばに烏, 例へば植物の種子, 例へば最近に, 例へば楽器の音色, 例へば模樣の中, 例へば横浜埋立事件に就, 例へば横濱埋立事件に就, 例へば櫻樹でさ, 例へば櫻田の事變, 例へば欧洲諸国のやう, 例へば歌舞伎へ行く, 例へば歌舞伎新派が発展, 例へば正午の刻, 例へば此處に一匁, 例へば此装飾美術展覧会へ来, 例へば武人の顔, 例へば武藏といふ一人, 例へば武術の奧儀, 例へば武道荒事の役者, 例へば歯磨粉の袋, 例へば歴史を作る, 例へば歴史哲學社會哲學藝術哲學道徳哲學宗教哲學等々について私, 例へば死ぬ時が, 例へば殺された佐野松を, 例へば毆打して, 例へば毎日の切り, 例へば毎日入浴する習慣, 例へばの作品中, 例へば比較或ひ, 例へば水戸に行け, 例へば水腫病を患つて, 例へば水遊びにより, 例へば水銀は六つ, 例へばの病, 例へば永井の場合, 例へば永代橋辺と両国辺, 例へば永字八法とか云つて, 例へばを試すべくある, 例へば江戸演劇の旧, 例へば沈約の宋書, 例へば河内にある, 例へば法律一般のこと, 例へば法華經即ち天台宗, 例へば洋風の家, 例へばの只中, 例へば海岸の好い, 例へば消化を助ける, 例へば淡路と和泉, 例へば淨土眞宗に屬, 例へば清川虹子の前身お櫃, 例へば清朝の官制, 例へば清玄の庵室, 例へばを閉ぢ, 例へば覺は, 例へば満里子は至極, 例へば源氏といへ, 例へば溶解せる鉛, 例へば漁夫の八郎丸, 例へば演劇についていつ, 例へば漢代の匈奴, 例へば漸く器物を, 例へば澁澤榮一を書く, 例へば激しい笑ひ, 例へば激動の後, 例へばの神, 例へば火鉢とか膳, 例へばと寒, 例へば熱い物體の, 例へば燐酸が缺乏, 例へば爬虫類の皮膚, 例へばされたこと, 例へばと子, 例へば父母はとと樣, 例へば物語の発展, 例へば物資の欠乏, 例へば物體は下, 例へば特定の出來事, 例へば犠牲的行為といふやう, 例へばが公達, 例へば独逸語のアインザーム, 例へばくて, 例へば猟官熱の熾, 例へば獄囚も喰, 例へばだに子, 例へば獵官熱の熾, 例へば玩具なら玩具, 例へば現在日本の政治, 例へば現在活動中の火山, 例へば現場に何, 例へば理化学研究所式の半官半民的研究生産機関, 例へば理由もなく, 例へば理科志望者の減少, 例へば理論的物理學においてさ, 例へば理髪業のやう, 例へば環境に向, 例へば生きた科學博物館の, 例へば生存者の祭祀, 例へば生活するの, 例へば生活戦といふやう, 例へば生産活動の領域, 例へば田中千禾夫は, 例へば田舍なぞで, 例へば田舍者が西洋人, 例へば由比正雪の陰謀, 例へば甲乙の二人, 例へば町内に神社, 例へば画壇では誰, 例へば画家の興来, 例へばを作る, 例へば然とは, 例へば當時の俗傳, 例へば當時歐洲では金一, 例へば病院から出られ, 例へば癌研究といふやう, 例へば発声法発音矯正呼吸調節顔面表情科との関係, 例へば白老や近文, 例へば百年前に槭樹, 例へば皆さんにし, 例へば皆様が一日, 例へば皇帝は蜂蜜, 例へば盆暮の贈答, 例へば直観の逆, 例へば直角三角形において底邊上, 例へば相互に作用, 例へば相州小田原町だとか, 例へば相模平野に起る, 例へば看板の横文字, 例へば看板一つにも其の, 例へば真夏の宵, 例へば真弓が一つ, 例へば知覺説においては眞理, 例へば石垣を積んだ, 例へば石川淳と僕, 例へば石炭とか肥料, 例へば石炭油の火光, 例へば石鹸歯磨道具手拭その他茶瓶から食器類, 例へばだとか, 例へば砂糖などを溶かす, 例へば破瓜性痴呆の輕, 例へば社会主義者の家庭, 例へば社会事業にどれ, 例へば社会的支配者の地位, 例へば社長は事務机, 例へば祖父母とか此祖父母, 例へばの家, 例へば祝詞には皆一つ, 例へば神社の研究, 例へば神秘の探求, 例へば神經質の患者, 例へば福地桜痴居士は始終, 例へば福田恆存の, 例へば禮記の中, 例へばの夕暮れ, 例へば秋月筆の寒山拾得, 例へば科學者に重大, 例へば穀物を主食物, 例へば空想の楽し, 例へば章學誠は, 例へば競売屋だ子, 例へば取の, 例へばとか動作, 例へば管仲の如き, 例へば管子の中, 例へば米國に於, 例へば粉末となつ, 例へば紋服の端然たる, 例へば経済面から貯蓄運動, 例へば絵画の輪郭, 例へば維新元勲の書, 例へばのつくろひ, 例へばの如き, 例へばのなだらか, 例へば縁側を誰か通つた, 例へば織物としては前, 例へば美しくあると, 例へば群集を用, 例へば羽前の, 例へば翻訳劇を日本, 例へば翻訳者の失敗, 例へば翼賛壮年団青少年団婦人団体産業団体農業団体産報等の団体, 例へば老人がゐる, 例へば聯關は因果的, 例へば肉体各部の機能, 例へば肥つた人を見る, 例へば肥満した体格, 例へば能楽の如く, 例へば脈搏の如き, 例へばを曲げ, 例へばの異常, 例へば臣連宿禰朝臣などの類, 例へば自動車の鑄物, 例へば自国の真相, 例へば自殺の目的, 例へば自由主義的な物, 例へば臺灣から九州, 例へば興亜奉公日といふやう, 例へば興安嶺の東南部, 例へば舊藩主といつて, 例へば舒業順敍也舒業順敍緒也といふの, 例へば舞台へでも出, 例へば舞台上で走つ, 例へば舞台装置の著作権, 例へばに乘, 例へば色音味苦痛及びこれ, 例へばの莖, 例へば芝三田の第, 例へば芝愛宕下なる青松寺, 例へば芭蕉の句, 例へばを, 例へば花川戸助六, 例へば花盛りの時代, 例へば芸術といふもの, 例へば芸術家としての俳優, 例へば若し我々が, 例へば若旦那の許婚, 例へば英人は英語, 例へば英佛和獨西葡等の諸, 例へば英吉利で見る, 例へば英国人と仏蘭西人, 例へば英国婦人の為す如く, 例へば英文学と仏文学, 例へば英語ならば, 例へば英雄の痴情, 例へば菅原の家, 例へば菓子の製法, 例へば萬葉文學が今日, 例へば藝術的宗教的などがある, 例へば藤原源平菅原紀などの類, 例へばが雨, 例へばの在所, 例へばではその, 例へば蟇六夫婦の性格, 例へばの卦, 例へばを歩い, 例へば裁判官警官醫師とかと云, 例へば装置とか衣裳, 例へばの物置, 例へば西洋で生活, 例へば西洋式の家具, 例へば西洋料理の食, 例へば西洋風俗は一, 例へば西藏の如き, 例へば西郷南洲の逸題, 例へば親戚の誰彼, 例へば親鸞などでもその, 例へばのやう, 例へば語学が出来る, 例へば説文解字とか釋名, 例へば読書であるとか, 例へばか肉親, 例へば國行脚の, 例へば諸君も記憶, 例へば警察網が完備, 例へばり果てた町, 例へば象徴的心理劇など, 例へば豫算問題の討議, 例へば貝錦と六朝以後, 例へばを厭, 例へば貨幣の作用, 例へば貫名などの如き, 例へば貴婦人の動作, 例へば貴方の方, 例へば賀茂真淵のもの, 例へば赤穂義士の事件, 例へば越中氷見の大, 例へばのうち, 例へば身体の鍛錬, 例へば軍事のこと, 例へば農學をやる, 例へば農業にし, 例へば近代劇を読ん, 例へば近代美人を論ずる, 例へば近松や南北, 例へば近頃些々或, 例へば近頃三輪の親分, 例へば送迎への車, 例へば通典が作られた, 例へば通勤の往復, 例へば道徳は相, 例へば道教相承次第録を見, 例へば適當な環境, 例へば避姙が盛, 例へば那須の與一, 例へば郵便を出し, 例へば都會と農村, 例へば都筑馨六小松原英太郎藤田四郎古沢滋の如き, 例へば都筑馨六小松原英太郎藤田四郎古澤滋の如き, 例へば鄭景岫の南中四時攝生論, 例へば配り物の, 例へばを飲む, 例へば醜いものを, 例へば醫學なんていふ, 例へば醫者の學問, 例へば黎篇に, 例へば重い石か, 例へば重病室や不自由舎, 例へば重盛が清盛, 例へば量子數の大きい, 例へば鉄亜鈴棍棒まだその他室内, 例へば鉱毒被害の惨状, 例へば鋸びき薪割り溝さらへ穴堀等, 例へばといふ樣, 例へば錬金術とか醫學, 例へば鎮魂歌をたまふり, 例へば鐵砲の彈丸, 例へばさと, 例へば長唄や浄瑠璃, 例へば門閥富又は学校教育等, 例へば関西の人, 例へば闇取引の話, 例へば阪中正夫が, 例へば防空訓練やその, 例へば婆摺れ, 例へば阿蘇の建磐龍命, 例へば阿蘇山の活動, 例へば陸游が入, 例へば陽気の工合, 例へば隣家の古金買, 例へば隣組といふもの, 例へば隱公の五年, 例へば離婚のやう, 例へばの夜, 例へば雪みぞれの, 例へばの白き, 例へばを聞け, 例へば雷門の大, 例へば電車の中, 例へば静かに平らか, 例へば坐によつて, 例へば非常に私, 例へば面子意識であるとか, 例へば韓非子であるが, 例へば音楽と美術, 例へばを踏まない, 例へば韻文劇乃至詩劇, 例へばを不, 例へば頭脳労働者には頭脳労働者, 例へば顧炎武とか錢大, 例へば風俗壊乱云々といふ, 例へば風雪の海上, 例へばひ過ぎ飲み過ぎ遣ひすぎいづれも, 例へば食貨を獨立, 例へば養育係りの蜂, 例へば骨格の一部, 例へば高倉テル氏や矢田, 例へば高句麗三韓の如き, 例へば高津表門筋や生玉, 例へば高等數學はむつかしい, 例へばのちぢれ, 例へば髪の毛を乱さず, 例へばの文侯, 例へばのこと, 例へば鳴海潟や清見潟, 例へばなどが飛ん, 例へば鶴屋南北だ, 例へば黄河の沿岸, 例へば黄金といふ言葉, 例へばの賢相