青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「住居~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

低い~ ~低く 低く~ 住~ 住み~ ~住む 住む~ ~住ん 住ん~ ~住居
住居~
住民~ 佐~ 佐々~ 佐々木~ 佐渡~ 佐藤~ ~体 体~ 体系~ ~何

「住居~」 3066, 32ppm, 3688位

▼ 住居~ (542, 17.7%)

25 方へ 10 方で 7 ほうへ 6 方から, 方に 5 ほうの, ような, 方は 4 ように, 中に, 中の 3 ことも, 庭へ, 玄関の, 相手なし

2 [40件] ありさま, ことが, すぐ近く, ほうが, ほうは, ようです, 一室で, 中で, 中には, 中を, 二階で, 傍に, 入口から, 前に, 前を, 前一間, 十町四方は, 周囲に, 問題を, 地を, 址が, 家も, 方には, 方の, 方へと, 方も, 方を, 時分から, 果敢さも, 様子などを, 段, 用事が, 窓は, 西の, 跡は, 近くに, 近くの, 近くへ, 造作細々, 附近に

1 [369件] あたりを, あった場所, あった面影, あとであり, あとへ, ある, あること, あるところ, あるの, あるサン・トアン, ある壺, ある帝塚山, ある所, ある生糸, ある町, ある行くさき, ある西荻窪, ある郊外, ある部屋, うえに, うちにおける, うちには, おなじもの, おもしろさ, お蔭である, かえかた, がらんと四角く, きまるまで, こと, ことか, ことから, ことだ, ことなど, ことなどは, ことなどをも, ことに, ことや, こと収入と, こと彼の, この父娘, ころ一六か, ございます上杉様, さまを, さま面かげに, しかたとしては, そここ, そのころ, そばに, たまものだった, つもりだ, つれづれを, ともすれば, どこかを, ないこと, ない書齋人, ない浮浪人, なかには, なかも, ひそやか, ひとつな, ほうだろう, ほうで, ほうに, ほうへと, ほうへは, ほうを, まえに, ままである, もう少し河上, やうで, やうな, ようでございます, わきにも, ガラス窓へ, コンクリートの, シーンの, スケッチを, ドアを, ベッドの, 一室を, 一席も, 一席尊い, 一廓は, 一番近くに, 一部で, 一部分, 一部屋を, 一隅で, 七兵衛という, 三浦さんと, 上に, 上についても, 上を, 下にも, 下等なる, 不潔と, 不自由, 中へは, 中流人趣味が, 二人の, 二階から, 二階の, 二階へと, 人に, 人には, 人達に, 今宮を, 付属物みたいに, 伝説も, 伽藍を, 位置が, 位置は, 佐々木殿の, 体, 側に, 先住民を, 光景だ, 入口は, 入口を, 具合は, 内たる, 処女造庭境へ, 分ったの, 別棟が, 前で, 前は, 前面の, 化外の, 十王殿附近を, 千本格子が, 南隣に, 印象を, 周囲から, 周囲の, 周囲は, 周囲を, 問題から, 問題が, 問題は, 問題建築の, 四周には, 四年間ラジウムを, 国で, 土着神であった, 地には, 坊には, 坪には, 場所を, 塔おそらくは, 境遇である, 変わった気, 変化の, 夏は, 外見などにも, 大圍爐裡, 大小は, 大工の, 大部分, 夫婦者か, 奥を, 女の, 女易者, 安全と, 定まらない人達, 定めも, 家に, 家へ, 容子は, 密集した, 富人が, 寝床の, 寝間であった, 寺院を, 小さなあきん, 小壺, 小屋を, 小窓, 屈託から, 屋根を, 島の, 工事, 平野を, 年標として, 幼兒に, 床下に, 座敷が, 座敷各種の, 庭に, 庭は, 庭をも, 庭門から, 建ち並んだ物静か, 建築石器の, 形に, 形態は, 彼女たちの, 彼方には, 後いさ, 後方にも, 御主人, 御様子, 御殿に, 御殿へ, 御殿も, 御蔭である, 御話, 心持は, 心持や, 心配ばかり, 情調また, 成立に, 戸口で, 戸口であったろう, 戸口へ, 所などは, 所へ, 扉に, 扉の, 扉も, 扉を, 手すりと, 手入れも, 手狭な, 捜索が, 掃除とに, 掃除なぞに, 搆造とは, 数年間に, 方でも, 方と, 方へでも, 方へは, 方向の, 方角へ, 日常で, 昆虫館へ, 時, 有様から, 有様な, 有様を, 望みなる, 木戸も, 木村摂津守の, 机に, 机の, 村巷町屋に, 村落は, 条件の, 東の, 板屋が, 柱や, 格子に, 格子を, 格子戸に, 極度の, 構造が, 構造と, 様で, 様子から, 様子だ, 様子では, 様子や, 様子製紙の, 標準が, 模様から, 模様を, 模様をも, 模樣を, 横へ, 次郎吉や, 段で, 段に, 段も, 段親分は, 比例が, 気を, 気楽さに, 池袋三丁目土地では, 烈しい蚊, 煤や, 状態を, 状況から, 独身者には, 狭苦しいの, 玄関さきで, 玄関を, 玄関口は, 生活の, 産後の, 用具である, 男の, 町の, 町は, 留學生などには, 痕は, 癖に, 百姓家その, 看護婦身綺麗で, 知れ難, 私共だって, 秘密境処女造庭境の, 移転が, 稼ぎ人が, 空気に, 竪穴たり, 端々にまで, 竹垣の, 筵一枚を, 範囲を, 経験が, 結構は, 絵師の, 縁側が, 縁側に, 美も, 者であったら, 者とは, 者らしい, 自由と, 自由を, 茅屋根が, 蔵も, 藤兵衛という, 行屆いた, 表側の, 裏から, 裏です, 裏には, 裏の, 裏より, 裏側にあたる, 裏側へ, 裏口を, 見すぼらしさ, 貧しい暮し, 跡である, 跡に, 跡も, 身な, 身の毛の, 転々は, 辺りを, 近くだ, 近所ばかり, 近所も, 近所を, 退屈さが, 連中の, 選択に, 部屋の, 部屋を, 鍵を, 長屋へ, 門から, 門で, 門の, 門口から, 門口に, 門口らしい, 閑寂に, 間よく, 階段を, 障子の, 隣に, 隣りに, 隣町まで, 雅名が, 雪の, 類は

▼ 住居~ (482, 15.7%)

56 して 5 訪れて 4 いたして, 定めて, 尋ねて, 正した, 訪ねて 3 もって, 出て, 半分と, 畳んで, 見つけて, 訪れた

2 [24件] いとなみ早く, した, しなければ, たずねた, つくって, 出た, 別に, 卜し, 囲み私達夫婦, 尋ねても, 尋ねねば, 建てて, 持って, 教えて, 新築した, 構へ, 構へる, 直して, 移そうと, 襲って, 見ると, 見捨てようと, 訪ねたこと, 訪ねました

1 [335件] あけなければ, いいこと, いたしたこと, いたします, いっしょに, うかがうとは, うつすばかり, おかすそれ, おそわれて, おとづれて共に, お俊伝兵衛, お建て換え, お求め, お訪ね, かえた位, かまえた, かまへ, きめたいと, きめたこと, きめること, こしらえた, こしらえたかという, こしらえたり, こしらえて, この四階, さがしだして, さも忙し, さらさらと, しある, しことさら, したとき, した人, しましたいわゆる, します, しようと, すっかり空, すること, するつもり, すると, する彼等, する様, せねば, たずねあてて, たずねたの, たづねてきてくれたことがあつた, たて心, つきとめて, つきとめると, つきとめるの, とりまいて, ないしょに, なさるに, なされば, のぞいた, のみつくし新しい, はじめたので, ひき払い近日中, また借りたかった, みんなし, みんな有り, めぐりて, めずらしく思う, もたない, もった, もったから, もつ必要, もとうと, やらかしたらとんだ, よぎなくしたでございましょう, よそながら眺める, モスク, 上宮門入, 与えて, 与えようと, 与えられた, 与えるこの, 与え何かと, 丘に, 主税は, 予想し, 争い人, 二十世紀に, 人に, 他人に, 仰ごうと, 住みよく, 作って, 作つてその, 作らせつつ, 作られました, 作り上け, 作るの, 保存し得ない, 借りること, 共同で, 再建しよう, 写すこと, 出た柿崎六郎兵衛, 出ては, 出ると, 出島の, 出発した, 初めて見る, 割当てられました, 医院らしく使う, 占めて, 去って, 去るには, 取られたの, 取毀され或は, 取毀ししっくり, 受け得るの, 叩いての, 周旋された, 営むには, 営んで, 城内へ, 売って, 売り払いタキツケ, 売り払つて, 変えた, 変えたるなり, 変えて, 変えること, 変える気, 夜に, 失つた第, 失礼な, 定めあるいは, 定めた, 定めたこと, 定めたので, 定めた人民, 定めてる者, 定めぬ人々, 定めます, 定めようと, 定められた, 定めるつもり, 定め日, 宮城墓を, 宮殿に, 家宅捜索し, 小町長屋と, 左衛門橋の, 差して, 建てるから, 建てる資力, 建て始めて, 建て隙, 廻ったかぎ, 引き払って, 引き払つたの, 引き払つて, 引き拂つて移つて來, 引上げて, 形づくつて, 後にテク, 後にテクテク今戸, 得たお, 得て, 御存じであろう, 御移し, 思うにつけ, 思ひぬ, 思へば, 恋びとは, 恒春園と, 想像させた, 慣用し, 手に, 打立った, 拔ける, 拵えたの, 拵えて, 持たないため, 持たぬ泰軒先生, 持つて, 持つん, 指さして, 捜して, 捜し求めた, 捜そうと, 捨てたもの, 捨てて, 捨て先祖代, 掘つて, 探させたが, 探しあてて, 探しに, 探すこと, 探すと, 探そうという, 探り歩いた, 教えた人, 教えられた, 教え住居, 敲いた, 是非とも, 晦し, 最寄, 有せしや, 有せず, 有たず, 東京へ, 棄てた時, 棄て魚, 構えたもの, 構えた当座, 構えて, 構えてる姉, 構えること, 構えるまでは, 構える者, 構え例, 正しながら, 求めに, 求めること, 求め当分, 求め得る如く感ぜられます, 決めようと, 洗い清め自分, 淋しがる, 淡水に, 清潔に, 焼かれ蔵書衣類什器, 爆弾で, 片里に, 犯して, 用意する, 申し上げ兼ねる訳, 異にする, 直した, 直しで, 眺めた時, 知って, 知らせなかった, 知ろうと, 確める, 祝福してやろう, 禁じられて, 秀吉は, 移させること, 移したの, 移した千人, 移して, 移し境遇, 移し新宿, 移すと, 突きとめたの, 突き止めた, 突き止めて, 突き止めること, 突止める事, 立ちいでたの, 立ち退くこと, 立てるほど, 続けて, 繕すに, 自らピエル・フォンと, 自らピエル・フオンと, 致しおりましてな, 致した事, 致して, 芝の, 襲つたのです, 見すてしより, 見つけた, 見つけたもの, 見つけられて, 見つけるつもり, 見つける必要, 見て, 見に, 見られるの, 見れば, 見出した, 見出して, 見出すで, 見捨てるの, 覗いた訳, 覗き込むと, 言い渡す, 訊いて, 訪ねたその, 訪ねたとき, 訪ねた人, 訪ねた時, 訪ねること, 訪ふも, 訪れそこで, 訪れその, 訪れたの, 訪れたみちのく少女, 訪れました, 訪れるの, 訪れるので, 訪問し, 許さなくなったの, 許したの, 証拠だ, 認めたの, 調べるため, 谷宮門と, 買いつぶして, 買う契約, 貸して, 購いある, 転じ故, 辛抱し, 追う間, 追手の, 通り越して, 造って, 造つた, 遠くから, 選ぶこと, 選んだ一郭, 鎌倉に, 閉じ未だ, 限として, 隈なく, 隔てた空地, 隠遁舎, 離る, 離れた事, 離れて, 離れること, 離れるのに, 音信れた, 飛出しました, 騒がすこと, 騒がせに, 驚かしました, 點出せり

▼ 住居~ (303, 9.9%)

2 [12件] すぐそこ, そこから, どのあたり, ない, 代々を, 土手三番町である, 奇妙に, 本郷の, 東京の, 浜屋敷の, 蒲田に, 雲州の

1 [279件] あっても, あの山, あの愛宕下, ありました, ありますまいか, あわれな人たち, おそらく村じゅう, お角, かなり広い, ここかの, ここから, ここに, こちらである, こちらです, こちら様でございました, こっちだ, こなたでござるか, この先, この土地宝塚, この家, この林, この界隈, この辺, この間山奥の, これからです, こんなもの, こんな所, さながらわが家, しかし新, したい, しても, しないし, すぐ店, すこぶる穢い, すべて二三日前の, そういうこと, そこであった, そこな, そこの, そのころ, その地内, その官邸, その茶店, その道路沿い, その頃芋洗坂下, ただ如何にも, つつましい平屋づくり, できません, とりわけすぐれ, どうして見いだせる, どこか, どこかと, どこじゃ, どこだ, どこでござる, どこでしょう, どこです, どこと, どこに, どこの, どこへ, どちらでしょう, どちらです, どちら様でございましょう, どの辺, どの辺り, どんな家, ないわ, ない筈, なか, なにやらかやら, なるべく学校, なんと暢気, ぱつと燃えあ, ひっそりした, ひつそりした, ぴかぴかし, ぶるぶる嫌, べつで, まことに粗末, まこと清潔, まさしく十四世紀, ますます狭隘, まだか, みな牢獄と, むずかしかろう, もう家庭, もう少し山, もう狭く醜い, もちろんその, もとより寶生, やはり一号, やはり中庭, やはり五条坂, やはり大きい, よしや粗末, わかって, わたしの, わびしい林間, アルカヂアから, カフカが, コバ葺き, ソヴェトでは, ハルムステッドの, ベーカー街である, モスク, 一甕の, 一番電車通りに, 三階に, 下町です, 下谷西町三番地, 中島座の, 丸太材を, 二人の, 二棟の, 京都に, 人の, 今の, 今年の, 他の, 住居で, 何ちら, 何処, 何処か, 何処だ, 何処に, 何方です, 余り見受けなかった, 依然として柳生, 信州諏訪八ヶ嶽山中でございます, 借家, 僅か八ヶ月, 先人の, 先年の, 入口が, 八條に, 公園の, 六畳の, 出入に, 出来ぬ, 制限せられた, 前と, 前のより, 前庭の, 千石の, 南京路でも, 即ち都, 古風な, 向柳原, 吹く風, 噂に, 土で, 塀を, 夏の, 外から, 多くは, 多く北, 大きな九本, 大奥まで, 大層氣持, 大巻さんの, 大混雑, 大菩薩峠の, 天幕でも, 夫人が, 如何, 如何なるもの, 子供を, 定らぬ, 家庭では, 家賃十何円かの, 寺の, 対の, 小さなアパート, 小田原, 小石川音羽の, 小者長屋の, 少し道程, 山の, 崩れかけて, 平野の, 店の, 庭を, 延坪六十坪に, 当今の, 当時社交界のより, 往来から, 後庭, 徒士町一丁目あの, 思ったより, 思ったよりも, 性に, 愛宕下町の, 我々のに, 斯様な, 新婚の, 新宿の, 日本人町の, 日本橋に, 日本橋通三丁目でし, 時候違いの, 最小限において, 本郷, 東三條胡同といふ, 果てしなくつづい, 根岸に, 梁山泊そのまま, 棟障子窓四方から, 楽しかった, 此の, 武蔵野の, 殆どみんな国家, 法音比丘尼の, 浅草田圃ここから, 浜松町だ, 浮寝の, 海に, 淀橋区角, 湯島横町名は, 滅多にありますまい, 澁谷だ, 無趣味, 燒け, 父が, 牛込の, 特別に, 狭かり, 狭苦しかった, 田所町の, 田舎の, 甲府へ, 町から, 真黒であった, 矢張り今の, 知人の, 神の, 神田代官町で, 空で, 空家猫の, 突き止めた, 竪穴で, 細川藩の, 結局寂し, 繭の, 船越街道より, 芝の, 荒壁の, 萩井家の, 落葉や, 葬式の, 蒲田区内の, 藤井の, 蜀黍畑に, 蟋蟀の, 裏に, 裏の, 親類中の, 諏訪町の, 越後の, 蹴破っても, 軒下な, 近頃, 遠くも, 邸内北が, 郊外の, 野々宮さんの, 長い廊下, 長屋とは, 長崎です, 門の, 隅田川の, 隣の, 青山師範の, 食物と, 飯田町です, 駒形に, 高輪の, 鰻谷の, 麻布村の

▼ 住居~ (248, 8.1%)

21 なって 17 して 5 しては 3 うつて, 人の, 華族さまを 2 しても, つづく台所, なった, 不似合, 帰って, 成しよし, 移ってから, 近い三本松, 飽きて

1 [178件] ありながら, あるん, いた時, いつも見る, いられるの, いる, いるの, いる人達, いる姫君, おられる人, おる, お訪ねした, お迎えする, かけられた, かれも, くすぼり返っ, くっつけて, こけ猿, この華麗, させて, したとは, した道臣, してやろう, すばやく視線, する, するため, それへ, たった一つ, だれが, つきては, とどまらなければ, なったり, なった寮, なってからの, なつた, なつて, なられたであろうと, なるか, なるかと, なること, なるの, なるはず, なれるもの, はやり切れますまい, ひきこもったまま, ひとり残る, ふさわしいささやか, ふさわしいほどの, ふさわしいもの, ふさわしい岩畳, ほど近き池上本門寺, まいれと, またこの, もどって, やってきた, やるなどとは, ゐるとき, 一夏を, 与えて, 二人の, 人目を, 付属した, 付属する, 似ず隣りの, 似合ない, 住みとおして, 住めるため, 住んで, 何の, 余生を, 使って, 侵入します, 借りて, 倦みつかれたる昼下り, 倦み果て, 元薩州, 充てた, 充てて, 入つて家賃, 出て, 出來, 別れて, 友人の, 同居し, 困った, 困って, 堕ちたの, 堪えられなくなって, 塵の, 大工左官を, 好い処, 就て, 居座りと, 居附いた, 届いたけれども, 帰つてゐました, 帰りあと, 帰る時, 帰国後とかく, 建てられて, 引き帰したところ, 引き移って, 感化され, 慣れて, 成ったこと, 持込んだの, 掲げた国旗, 放縦な, 於ても, 明りの, 昨日落ついた, 昼の, 暖みとうるおい, 暮らして, 来られました, 植ゑた業平竹が, 機械だけ, 死んだなら墓地, 比べて, 比べると, 気の, 氣を, 決まりんしょうが, 決めて, 泊って, 独りで, 現われた, 留まって, 盂蘭盆の, 直したらしく家, 相違ない, 石で, 移った際, 移らせて, 移る前, 程遠からず, 穏やかに, 立てた, 置いて, 置きますこと, 耐へて, 腰を, 自分自身を, 落着い, 落着いた, 行き着けるらしいと, 行く, 被入しやる, 見られるとおり, 設けられた, 誘い入れた, 誰も, 賛成しだした, 起つた突然, 身を, 近いあたり, 近いこと, 近いだけに, 近い或, 近い所, 近くなりました, 近づくと, 進んで, 運ばれて, 道を, 違いない, 遠く富豪, 選びそう, 選ぶこと, 選んだの, 金を, 関係が, 関心が, 關する, 隠れ彼, 飛び込んだよう, 駈け込んだまで, 魂消ること

▼ 住居~ (150, 4.9%)

10 帰って 5 戻って 4 行って 3 行った, 辿りついて 2 お帰り, もどって, 帰りながら, 来て, 落延びて

1 [115件] いって, いつまで, おいで, おいでくだされ, おびき寄せると, お引, すなわち監視, ぜひにも, その娘さん, つれて, とまりに, どやどやと, はいると, ひとまずお迎え, ふと立寄りました, もどった, やってきた, ゆき去定, ゆくか, ゆくなり, 三人の, 上って, 二人の, 人を, 伴つた, 何用が, 供を, 先頃から, 入ってさえ, 入つて縁側, 入れるかも, 内大臣が, 出かけましたが, 出御謁並手札差出, 参りました, 参りましょう, 参ると, 向え, 向って, 声を, 寄越して, 導いて, 小僧に, 帰ってから, 帰つ, 帰つた, 帰り引被, 帰る, 帰るつもり, 帰るとき, 帰るの, 帰るよう, 帰れ, 引き上げた, 引き返して, 引上げました, 心の, 忍び寄つて, 志すには, 或る, 戻りましたが, 投げ文, 押し入り主, 招かれた節, 持って, 捕縛に, 接近させない, 昇って, 曲る角, 来いと, 来た, 来たり, 来た以上, 来てからの, 案内された, 案内も, 歸れ, 殺到した, 河口は, 流れて, 現れたといふ, 直ちにお伴, 着いたとき, 着いたの, 着いた時, 移った, 移ること, 移転した, 続くらしい細長い, 義雄と, 自分から, 華美な, 衆を, 行かず階, 行けと, 行こうとして, 行っては, 行つて居た, 見えたの, 訪ねて, 訪れたという, 転げこむよう, 辿りつくまで, 迎へたのさ, 近寄り彼ら, 返したり, 返り店, 逃げこんだ翌日, 通って, 連れて, 連れ込んで, 運ばれてからの, 運んで, 馳け, 駈けつけて

▼ 住居~ (132, 4.3%)

5 あった 4 あって 3 あるの 2 あつた, あります, あると, ここに, そこに, 東京にも

1 [108件] あったの, あったはず, あったわけ, あったん, あつて, ありきっと, ありました, ありませんから, ある, あるこの, あるため, あるところ, あるので, あるやつ, あろうかと, こしらえて, このへん, この伊之助, したいと, して, そうしたの, その森, それです, だんだん狭く, できるか, どこに, どこにも, ないまま, まだ知れない, みえ奈良, やはり水道尻, ようやく整った, よく分っ, よろしいの, わかったこと, わからなかったもの, わからなくては, イマ, 一夜に, 不便な, 不便に, 中の, 二軒も, 五六年を, 人の, 人間に, 傳通院の, 僻遠であった, 全焼いたしました, 出来て, 出来ましょう, 分って, 分らなくっちゃあ, 別に一棟, 名実とも, 君たちの, 増加しない, 変って, 変つて浅草に, 多いので, 多かった, 多くし, 大きれえで, 大森に, 女学校の, 寺町に, 山手の, 広くなった, 庭ごとそっくり, 建って, 建てられて, 彼女の, 彼方に, 心から好き, 恋しくなりました, 悉皆寺, 手狭である, 手狭と, 拵えて, 文化ハウスだった, 栞と, 森や, 武庫郡の, 気に, 水草を, 漢権守の, 焼けつつ, 狭いので, 睥睨し, 示されるならあなた, 私の, 窮屈に, 背戸を, 芝の, 荻窪だ, 見える, 見たい, 見つかるかも, 見られるという, 設けられたの, 變つたばかり, 足りない, 近いため, 近くなつた, 近所だ, 遠いため, 黒島で, 黒板塀や

▼ 住居~ (108, 3.5%)

8 して 2 する者, なって, べつで, 思へる

1 [92件] あまり遠く, いうならば, いうのに, いうべき形, いうより, いうよりは, いうよりも, いたしましたもの, いたす者, いっても, いわず商店, いわねば, おぼしき小, かわらぬ綺羅づくし, きまったとき, きまって, されて, しこ, した, し一階, し家庭, するの, せしもの, せし者, せり, ちがって, なされたまま年月, なった, なつて, なる家, はなつた, また止る, みゆるは, ハッキリと, 三手に, 不十分な, 二人の, 云うの, 云うもの, 云うよう, 云う家, 云っても, 云ふ, 同じで, 同じよう, 同じ間取り, 営業との, 土地の, 変わりも, 存じます, 学校とに, 店を, 心得て, 心着いた, 思うて, 思えば, 思って, 思ひゐるとの, 思へば, 思わる, 感じたの, 扱所とは, 承知し, 植民地とを, 気の, 為って, 生産とを, 申します, 申すで, 申すも, 痛ましくも, 称するお, 給養とを, 聞いたには, 自分の, 自然の, 苛酷な, 見えます, 見て, 言うでしょう, 言って, 貸家を, 遊び場は, 道場の, 違って, 隠居所とは, 隣家とは, 隣家の, 食物に関する, 食物を, 食糧の, 飢渇を

▼ 住居~ (101, 3.3%)

5 あつた 2 二階が, 彼の, 手掛りも, 新しい年, 雇人などを

1 [86件] あつたらう, あるじは, あんたの, いかにもしまつ屋, いざという, いたかも, おげん, おそらくこの, おひささん, お産が, お話しようでは, かたわら登山者の, かれが, ここに, この少女, これから小豆粥, こんな生活, ござってな, ござります, しばらくの, すい, そうそう愉快, その普請, でも, どうかし, また折々, まアお広くっ, もござりますかな, よく彼, 主人と, 主人の, 二人ある, 二階などが, 今一度逢おう, 仕度が, 伸子と, 使いの, 共和生活を, 別れの, 半次は, 又今日, 同じよう, 同時にその, 周囲の, 四畳半の, 変り果てた氏職, 女学生の, 安価い, 家に, 家内も, 寝起きを, 弟に, 思い立つところ, 悲しい歌, 慈恵に, 成程, 我慢しよう, 手に, 揉まれた揚句, 故人を, 日も, 朝から, 此處に, 炊事の, 男と, 眼が, 睦じ, 私は, 維新の, 若い主人, 若い女, 菊之丞の, 葉子の, 蚊の, 見たところ, 起ったこと, 送りたいと, 過ごしたひと, 郷里の, 重臣でも, 障子にも, 隣り近所, 雑草で, 領主夫婦と, 顔も, 高瀬は

▼ 住居~ (94, 3.1%)

2 お長屋, 名も, 持たないで, 要ります

1 [86件] あったよう, ある, あるが, あること, いかにも旧, いつか五年に, いつか十七年と, かれを, こう御, この様子, すくない, そのままに, たった一つ, つくらせましょう, つまりそう, とんと知れぬ, ないよう, ない一少年, なかった, なくパン, なく芸, なにも, なり難く, ひどいところ, ほしい, また浮草, また町人, めいめいが, わかるだろう, 一年以上いられ, 不自由とて, 不足で, 二人の, 五分から, 人と, 便利な, 充分世間, 冬の, 古びた, 同じ小石川, 告げられて, 国野て, 変えず居ながらに, 多く芳町, 大梵高臺, 好いが, 姓氏も, 安住の, 定まらず親子三人, 富山附近に, 床も, 庭園も, 急に, 戴くし, 所狭き, 手廣く, 拝見してやろう, 拵えなければ, 捨て難き, 揃ひ, 新築の, 早や, 明治三十何年かに, 最早お, 殻明きに, 比較的自由, 清潔に, 満六年, 無論同時に罹災, 現在の, 用意し, 疎らな, 相手の, 紳士風に, 自ら安ずる処あら, 若い時, 見えた, 見えて, 覚束なく, 調度も, 近いこと, 近所で, 追, 長い間, 風通しの, 館の

▼ 住居~ (87, 2.8%)

14 ている 11 ていた 4 てい, て居る 3 ておる, てゐる 2 て居た

1 [46件] たりとせ, ています, ていられた, ておい, ておられる, ておりました, ておろう, てござる, てその, てみた, てもよい, てもよし, てをりました, てアイヌ, て他人, て八十三, て場末, て夜な夜な, て居つた, て居つたらしい, て居りました, て居ります, て市中, て市街, て当世流, て成るべく, て所謂蕃長, て散財, て来た, て毎日一心, て水力応用, て深紅, て秦氏, て聖母マリヤ, て読書, て賤職, て遊芸, て魚, ロシヤ政府の, 一軒の, 各, 営田の, 時々京都, 美服美食する, 貴人さへ, 起居眠

▼ 住居から~ (54, 1.8%)

2 いずれも, 押上の

1 [50件] この森下, これでは, ちょいちょい墓参, もさ程遠く, よちよち臀, ヨロピン酒場迄の, 一丁ほど, 一番近い, 一里半も, 云えば, 五町ほど, 來た, 出るの, 十町余りの, 十間ほど, 國分町の, 奪い頼母, 姿を, 帰るしか, 当時十七歳の, 感じたよう, 持って, 持つて, 放逐した, 旅に, 来た獅子, 楽屋へ, 浮かび上る事, 消えて, 甲府勝手こうだんだん, 百メートルぐらいの, 神田の, 立ち戻つて, 立つて, 肉食の, 裁判所までは, 解放された, 谷一つ距てた, 退きまして, 遠い距離, 遠くない, 遠くの, 遠くは, 遠くへ, 遠く野, 銭湯へ, 附いて, 離れあの, 離れたところ, 電車線路までは

▼ 住居する~ (43, 1.4%)

3 ものに 2 ことが, ことに, 婦人とは

1 [34件] お雪初, ことの, という小柄, という美術家, という貿易商, ところを, と病者, と聞く, ばかり誠に, ものが, ように, を得, 世界には, 事が, 人間もしくは, 以上いくら, 兄の, 右臂の, 同一の, 同国の, 土地を, 坊市の, 富田家清六の, 岡や, 数百数千ありとあらゆる, 東京に, 森野敏と, 様な, 武士という, 武蔵坊弁慶にて, 法官である, 町家その他の, 者の, 藩士も

▼ 住居には~ (39, 1.3%)

2 誰が

1 [37件] あいにく八畳以上, あまり晴れ, いって, いつて, うしろだ, きらって, こてこて凝りすぎ, このごろ著しく, せまいよう, ほとんど来る, よい茶室, 不相応な, 人気なく, 似合わしからぬ電灯, 何一つ商品, 別に玄関といつて室, 割に手広い, 広かった, 意表外の, 持って, 探題邸をも, 新しい主人, 普通夜, 樣, 油の, 治兵衛の, 申し分が, 直徑五六間, 私を, 竜之, 老母ひとり淋し, 耐えなくなり早暁, 至って無造作, 過ぎたもの, 違ひない, 頷かれるが, 鮮かな

▼ 住居~ (35, 1.1%)

32 ぞ, とかには頓着

1 [28件] からもしか, から式台, から着る, から身, か倉庫, がもと, が一部, が長火鉢, けれども取柄, この中, しお, しどちら, し夜具布団, そうだ, つたと, といふ杉垣, と人, と思った, と推定, と断ずる, と考へた, と聞いた, なとさとりました, なと思う, なと思わず, まず討ちとる, よ, ネ

▼ 住居では~ (29, 0.9%)

3 ないか 2 あったが, ない, 発着所を, 老いた合邦夫妻

1 [18件] ありますが, あるが, きょう初めて, その父, たいてい行燈, たいへんだ, ないかの, なかった, 今しも, 何の, 便所という, 十人家族な, 夜は, 大抵行灯, 少しは, 殊に, 湿気の, 自分の

▼ 住居として~ (29, 0.9%)

2 設計した

1 [27件] あてがわれて, あてられて, いて, おったらしく実隆, そこへは, ひとつ渡世の, 一つの, 一生涯北には, 両側の, 余が, 使用する, 借りて, 印度人, 取り残されて, 堀りたる, 夏時暑, 子孫代々に, 居りまた, 建てその後, 建てられた四戸, 指定し, 新円五十万円, 昼は, 格好な, 残されたもの, 穿ちたる横穴, 逗留し

▼ 住居です~ (25, 0.8%)

64

1 [15件] かそれとも, からむさい, から世帯, から釣瓶, から阿部さん, が, がここ, が机, けれどもなかなか, こと, しどこ, ってね, な, ねえ, 物臭太郎が

▼ 住居でも~ (19, 0.6%)

1 [19件] あった岩屋, あらうか, ありそう, あるか, あるらしい, ある大東共報社, あれば, あろうか, これは, ないか, ないらしい, なかった, まるで違っ, よく酒宴, 別荘でもか, 少し財産家, 料理でも, 晩酌だけは, 衣食の

▼ 住居である~ (18, 0.6%)

1 [18件] かということ, かのよう, から屋敷, か知らぬ, が西京, ことが, ことは, ことも, そして夫婦, と云う, と思った, ばかりで, 事を, 其の舳, 古風な, 堀田原の, 為に, 躑躅ヶ崎の

▼ 住居まで~ (18, 0.6%)

1 [18件] あとを, おくって, そこに, ついて, 参上致し訪ねましたる, 同道しや, 大巻さんの, 是非にも, 歩いて, 歩けたらどんなに, 洩れて, 移しきつ, 行ったところ, 行って, 訪ねて, 送って, 連れて, 駕籠を

▼ 住居~ (18, 0.6%)

2 有毒なる

1 [16件] お庭, そのほか私, その他の, その隣家, 信仰の, 別荘には, 家の, 店や, 店を, 敷松葉, 習慣は, 茶の, 衣服も, 被服の, 路地を, 飯にも

▼ 住居した~ (16, 0.5%)

1 [16件] ことが, ことは, という旧, まふ, エロキユアス人種といふ, 女酋長であった, 寮だ, 所が, 所謂河原者すなわち, 時代の, 時代は, 月村京子雅名を, 落伍者の, 西川太夫一座の, 跡が, 跡と

▼ 住居であった~ (15, 0.5%)

2 海辺の

1 [13件] からそんな, から宮, から気楽, ことを, ころある, というその, という話, といわれ, とか, と聞く, のであろう, のを, 家は

▼ 住居とは~ (15, 0.5%)

1 [15件] かけ放れた方, こういうもの, どの辺, わずか一里余, 別にかなり大きい, 制限せられ, 名ばかりの, 如何し, 察しながら, 思わせなかった, 思われない古風, 思われない程, 離れて, 驚きましたな, 麦畑と

▼ 住居という~ (14, 0.5%)

5 のは 2 のが, ような 1 ことや, わけの, 切り詰め方, 境遇を, 意識から

▼ 住居にも~ (13, 0.4%)

1 [13件] あてたところ, かえらないし, ご不安, じっと我慢, なお必ず, 似て, 使わせずに, 尚必ず, 帰らず学校, 戻らず用達, 比べて, 近い, 飽き果てたり

▼ 住居らしい~ (13, 0.4%)

1 [13件] がなかなか, それで, でせう, ところに, 一棟と, 住居に, 匂いだ, 品は, 庭へ, 所と, 格子造りです, 竹垣の, 華やかな

▼ 住居~ (11, 0.4%)

2 のであった 1 のだ, ので, のである, のです, ので気, んでおかまい, んでございましょう, んです, 上に

▼ 住居だった~ (8, 0.3%)

1 か, がその, ことか, とみえ, のが, のである, のです, 家なんか

▼ 住居せし~ (7, 0.2%)

1 ものに, や否や明言, 事なり, 土穴あり, 跡が, 長屋の, 頃の

▼ 住居でございます~ (7, 0.2%)

2 か, な 1 かそれとも, がさ, 斯うい

▼ 住居であっ~ (6, 0.2%)

1 てそこ, てもあなた, て互いにごく, て来客なぞ, て神聖境, て規律

▼ 住居へと~ (6, 0.2%)

1 なんの, ひたすら駕籠, 内弟子に, 出かけた, 急いだ, 渡って

▼ 住居らしく~ (6, 0.2%)

1 なつた家, 前栽に, 小さいながらも, 広い牧場, 往還に, 設備われ

▼ 住居~ (6, 0.2%)

1 としてチユプカ, となっ, には有尾人以外, の所轄署, の選定, を攻撃

▼ 住居かと~ (5, 0.2%)

1 おもえば, 思いましたが, 思いましたらそう, 思へば, 考えながら

▼ 住居よりも~ (5, 0.2%)

1 もっと大きく, もっと狭く, 下の, 大がかりな, 広く住み

▼ 住居をも~ (5, 0.2%)

1 探り出しました, 知った, 自分の, 見て, 追い流す都会文化

▼ 住居じゃ~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ございませんか, ござんせん

▼ 住居としては~ (4, 0.1%)

1 ずいぶん整っ, 何んと, 典型的な, 清浄に

▼ 住居との~ (4, 0.1%)

1 仕切に, 心像の, 数を, 距離も

▼ 住居なども~ (4, 0.1%)

1 作って, 個人個人の, 出来て, 始終だらし

▼ 住居などを~ (4, 0.1%)

1 したところ, なさろうという, 尋ねました, 描いたの

▼ 住居なる~ (4, 0.1%)

1 を, 二百十二番地, 檜物町に, 赤坂山王台アパート有明荘の

▼ 住居にまで~ (4, 0.1%)

1 お訪ねした, 到り着いたが, 行って, 訪ねて

▼ 住居へも~ (4, 0.1%)

1 来れば, 立ち寄るよう, 訪れはじめて, 通えるの

▼ 住居までは~ (4, 0.1%)

1 さして遠い, よほどの, 一里ほどしか, 谷底から

▼ 住居より~ (4, 0.1%)

1 パルコル, 木挽町楽屋へ, 言語風俗に, 遠くも

▼ 住居いたす~ (3, 0.1%)

1 御簾中樣御用人島五六郎樣用人川前市助, 法月一学の, 者で

▼ 住居だけに~ (3, 0.1%)

1 こういう屋根, 喜田氏は, 私には

▼ 住居だって~ (3, 0.1%)

1 ホテル住居だって, 一所だ, 構いませんわ

▼ 住居とも~ (3, 0.1%)

1 思われない, 見える閑寂, 言えないほど

▼ 住居とを~ (3, 0.1%)

1 一つ棟の, 受くべし, 突き止める

▼ 住居などは~ (3, 0.1%)

1 いやじゃと, すばらしいもの, する気

▼ 住居において~ (3, 0.1%)

1 おれを, 栄之, 臨終の

▼ 住居致し~ (3, 0.1%)

1 ており, て居りまし, 永らく徳川家

▼ 住居致す~ (3, 0.1%)

1 もので, 者でござる, 者にて

▼ 住居いた~ (2, 0.1%)

1 しいささか, し慶長

▼ 住居いたし~ (2, 0.1%)

1 て当時浪々, 候

▼ 住居からは~ (2, 0.1%)

1 少し遠かっ, 道子が

▼ 住居からも~ (2, 0.1%)

1 オーカミイナリからも, 遠くない

▼ 住居こそ~ (2, 0.1%)

1 借家だ, 夏はかへ

▼ 住居こちら~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 住居~ (2, 0.1%)

1 へ保ち, へ判明

▼ 住居せる~ (2, 0.1%)

1 早稲田の, 早稻田の

▼ 住居たる~ (2, 0.1%)

1 家の, 家尚

▼ 住居だけが~ (2, 0.1%)

1 家らしい, 過去の

▼ 住居だけでも~ (2, 0.1%)

1 知りたい気, 突きとめ

▼ 住居だけを~ (2, 0.1%)

1 この三十間堀, 聞いて

▼ 住居でございましょう~ (2, 0.1%)

2

▼ 住居での~ (2, 0.1%)

1 仕事場という, 新しい生活

▼ 住居なし~ (2, 0.1%)

1 になる, 六人一同に

▼ 住居などに~ (2, 0.1%)

1 一切頓着せず, 執着しすぎ

▼ 住居などの~ (2, 0.1%)

1 壁に, 間取りは

▼ 住居なり~ (2, 0.1%)

1 事務所なりに, 南無仏南

▼ 住居について~ (2, 0.1%)

1 何とも, 食物について

▼ 住居については~ (2, 0.1%)

1 何の, 現在住宅難の

▼ 住居にな~ (2, 0.1%)

2 つて居り

▼ 住居へは~ (2, 0.1%)

1 いるとたん, 誰も

▼ 住居もとより~ (2, 0.1%)

2 先刻の

▼ 住居上框~ (2, 0.1%)

2 を背後

▼ 住居~ (2, 0.1%)

1 は昼飯時, をフワフワフワフワ

▼ 住居~ (2, 0.1%)

1 の子供, を早速

▼ 住居即ち~ (2, 0.1%)

1 ヤシキへの, 根城を

▼ 住居~ (2, 0.1%)

1 は, を水浸し

▼ 住居~ (2, 0.1%)

1 があっ, の裏

▼ 住居調度奉公人~ (2, 0.1%)

1 の数, の數

▼ 住居附き~ (2, 0.1%)

1 のオフィス, の蔵構え

▼1* [205件]

住居あたりで甲高い, 住居あの達すべからざる高徳, 住居あらせられたと拜察, 住居あるひは, 住居あんた一人じゃあ勿体ない, 住居て店, 住居いたさるるでも理, 住居いづれも家賃, 住居風情が, 住居取壊, 住居および家族の, 住居どうかは, 住居かも知れません, 住居ぐらいな小門と, 住居こそはほぼ頼朝密通, 住居この赤藍色の, 住居ごと焼き殺される事, 住居ご存じなれば, 住居さえ明らかに, 住居さして急いだの, 住居さす婦人である, 住居させておる, 住居させぬ由, 住居させられ寝起きの, 住居さりとて向島根岸の, 住居されていた, 住居したき願ひ, 住居したら和歌子や, 住居したるや住居, 住居してるんです, 住居すでに備わり一家, 住居すなわち田屋である, 住居すればする, 住居せしめたことを, 住居せられていた, 住居せられし事故小, 住居せられたから世子, 住居せり如何に, 住居なたは, 住居そっくりがここ, 住居そのものが無意義, 住居その他の関係, 住居その後が厨司一家, 住居それからこのひょろひょろ, 住居それではそなた, 住居たる者は殊に, 住居だけあって, 住居だけでもと存じましたの, 住居や住居, 住居であり障子に, 住居でありますがいかにもよく, 住居であるべく誰の, 住居でございましたか, 住居でござんすが, 住居でないから娘, 住居といったような, 住居といつてはわづか, 住居といふはどこから, 住居とか食事とか, 住居とかくの如し, 住居とが見えて, 住居としか思われないのに, 住居としてもあまりに外見, 住居とても決して三千石の, 住居となせるもの, 住居とに少なからず, 住居ともしている, 住居とやらにでもなりんすの, 住居と共に新らしい, 住居ながら垣根に, 住居なさるという, 住居なされておる, 住居なすったのです, 住居なぞでは, 住居なぞがあって, 住居なぞは実に風流, 住居などで受けるでご, 住居などと騒いで, 住居などとはどうにも思われない, 住居などには全く何, 住居なら土地の, 住居なりき彼は, 住居なれども住まれけり, 住居なんか云や, 住居なんて言うん, 住居な仕る桑原甚内と, 住居にこそ墳墓を, 住居にすら二人の, 住居についてもそうであった, 住居にてその女客, 住居にては世間体も, 住居になんか耐える必要, 住居に対する執著, 住居はつひ構内, 住居ばかりなの, 住居ばかりということに, 住居へだけ来たん, 住居へなどは渡られない禅尼, 住居への仄かなる, 住居へるは狐, 住居ほど心を, 住居または生産用の, 住居までがもう出来, 住居までの距離が, 住居までも突止めたるは, 住居みたいになっ, 住居ゆゑおきき, 住居わが友, 住居らしくなって居た, 住居らしく散らかってはいた, 住居らしく磨かれた家でした, 住居セシ跡ナル事是等ノ中, 住居トセシ事ハ彼ノ地ニ存スル竪穴, 住居プチブルの住居, 住居プロレタリヤの住居, 住居分ケテ, 住居一つの窓, 住居一晩でも家賃, 住居一軒だけであつ, 住居下さればその, 住居下総の古河, 住居不定のま, 住居主人は桜井直之輔, 住居おとし殿及旧門下, 住居京都大和路の間, 住居人某の女房, 住居人間がどんな, 住居以外に粗末, 住居以来だったナア, 住居にしかみえない, 住居住吉島の屋敷, 住居全体を占領, 住居公共の建築物, 住居其姓名まで知, 住居再建はまず, 住居労働婦を兼ねた, 住居がここ, 住居厩舎サイロなどを入れる, 住居市は, 住居右側は西尾長屋, 住居向きに改造, 住居器具に移り, 住居地帯に到着, 住居地方に当る, 住居場所らしく弓矢鉄砲刀鎗, 住居増築のため, 住居変更を届け, 住居多少は百姓, 住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 住居好ましく着るよろこび喰, 住居妓家の間, 住居存在せしか如き有, 住居実は女髪結, 住居もでき上っ, 住居も綺麗, 住居家族も芝辺, 住居届けを倍, 住居屋敷はすべて官憲, 住居川上まで夷人粮魚, 住居を突き当れ, 住居差し支えなしとの, 住居年頃だから, 住居寂しゅうござっ, 住居払底で虹ヶ浜, 住居新築の擧, 住居時代に執筆, 住居有りし事疑ふべからず, 住居来者拒まず去者, 住居様式を採用, 住居のこと, 住居次に馬小屋, 住居歌俳諧や茶の湯, 住居母親が甘い, 住居水分と二里, 住居洲崎の番所, 住居特有な校倉式, 住居の長方形テント, 住居画室を建て, 住居着物その他いろいろの, 住居の朝陽, 住居二級天の, 住居等凡て直接絵画に関係, 住居在候, 住居の材料, 住居者たちも千鳥足, 住居いて, 住居致しまする友川三郎兵衛次男三次郎矩行と, 住居致候商家の後家, 住居落ちるような, 住居で使い古した, 住居衣食言語風習まで徹頭徹尾, 住居為在大慶至極, 住居貧乏臭い平, 住居賃銀門司の港, 住居たる竪穴數多存在, 住居跡なんどいふの, 住居はおお, 住居近くの最も, 住居遺跡です, 住居が若し, 住居隠居家の趣き, 住居からたいてい, 住居露店のあきない, 住居食糧教育資材の欠乏, 住居飮食等に至る