青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仏像~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~今更 今更~ ~今朝 今朝~ 今頃~ ~介 介~ 介抱~ ~仏 仏~
仏像~
仏教~ 仏蘭西~ ~仔細 仔細~ ~仕 仕~ ~仕事 仕事~ 仕合せ~ ~仕度

「仏像~」 1200, 12ppm, 9413位

▼ 仏像~ (279, 23.3%)

8 ように, 前に 6 あいだを, 中に 4 ことを, ひたいに, ような 3 供養を, 左の, 秘密の, 頭の, 顔に

2 [21件] うしろへ, おめかし, どこに, ひどさ, やうに, 下に, 中か, 中の, 中は, 体内に, 傷口を, 前で, 前には, 前の, 台坐, 唇に, 封印切れ, 相好についての, 美しさ, 背中の, 部屋には

1 [182件] あいだから, あたま, あの眉, ありかを, うちで, かずかずピカピカ, からくり, からだが, かわりに, ことは, すぐれて, どれかの, なかに, なかの, ならんで, ひたいの, ひとつが, ひろげた腕, まわりに, まんなかに, まんなかへ, むれの, やうで, やうな, ようだった, ガラス箱が, ガラス箱の, ピストルに, 一つが, 一つに, 一群は, 下台座の, 並んだ次, 並んで, 中から, 中にでも, 中には, 中へ, 中を, 体内へ, 余光を, 供養なども, 値を, 値打の, 側に, 側によって, 光だ, 光背は, 円光の, 写真と, 写真を, 凝視める, 処分を, 出来ぐあいを見, 前であった, 前では, 前へ, 前まで, 剣に, 剥製博物館といった, 創作には, 印象を, 原形な, 口を, 台座に, 台座の, 右の, 右手には, 名前と, 命とも, 堆積を, 壮麗さは, 多くは, 夾紵法による, 奇跡, 姿が, 存在の, 寝姿, 尊厳を, 山万巻の, 左右の, 巨大な, 廃棄や, 彫刻が, 彫刻を, 影を, 御首, 所在を, 手に, 時の, 木に, 柔和な, 根源に, 様に, 様式に, 様式について, 様式の, 横の, 正面に, 涙なら, 涙を, 深い秘密, 焼きすて, 疎開には, 疎開は, 白毫は, 盗まれた二三日前, 目が, 目に, 相好は, 眼に, 眼を, 研究家でも, 破壊を, 神秘な, 笑い声が, 絵が, 総元締, 美に, 美に対する, 美を, 美術鑑賞は, 群それから, 肩の, 肩まで, 肩を, 背には, 背中が, 背中に, 背後へ, 胎内が, 胎内に, 胸を, 胸像が, 脇士は, 腹の, 腹を, 膝の, 色彩を, 芸術的な, 菩薩に, 蒐集だつた, 蒐集家として, 薄すらと, 虚栄は, 衣文に, 表情は, 装飾にも, 装飾花机の, 製作を, 製作法事の, 製作者が, 見えないところ, 見えること, 話が, 話に, 買い手は, 足元から, 足元に, 身がわりに, 輸入に, 造立は, 進歩という, 部には, 部屋に, 部屋ね, 金の, 金色が, 金色の, 陳列の, 陳列室を, 陳列棚を, 静かな, 頭を, 頭上に, 顔が, 顔であっ, 顔を, 類と, 飾りちょっとした, 首が, 骨相であった

▼ 仏像~ (276, 23.0%)

5 持って 4 見て 3 刻んで, 見つめて

2 [18件] かかえて, つくって, ふろしきに, ほりだして, 作ったり, 刻めば, 刻んだよう, 安置し, 拝みに, 焼いた火, 礼拝し, 祀って, 背負って, 見せて, 越して, 造った者, 運び出して, 難波の

1 [225件] あき家, あつらえに, いい値, いただいてから, いまいましそう, いれて, うばいそして, うやうやしく取りだし, おいたテーブル, おきざみになりながらのお説教, おろして, お形見, お据え, かきあつめ十年あと, かきわけて, かたっぱしから, きざむ倅, きざんで, くいいるよう, くだき寺院, けがし殿さま, げんこつで, ここまで, こわしたり, しらべて, じぶん, その芸術的価値, それが, つぎから, つくったり, つくるという, つくるに, つつみ拝む者, とりだして, どうしてぬすみだそう, どこかへ, どなりつけたの, どんな心, ならべて, にらみつけたまま, ぬすまれて, ぬすみだした手下, ぬすみだして, ぬすみだし庭, ぬすみだすといった, ぬすみだすので, ぬすめば, ぬすんで, ねらって, ひと目見る, ひねくりながら, ぼんやり眺める, まもるため, みつめました, みるの, もって, ゆずりうけて, ゆびさしながら, よくしらべ, わたすまいと, ガラス箱に, 一貫し, 下に, 下手人に, 仏像とも, 何者にか, 作ろうとしても, 倦か, 其儘焼い, 内ポケット, 出しました, 切ったところが, 刻むため, 刻む人, 刻む店, 刻む思い, 刻んだ人, 前に, 単なる美術品, 収集せる, 取ったの, 取り上げて, 取り下ろして, 取り出しましたこれ, 取返しに, 台座から, 同じよう, 土中に, 埋めその後数年, 埋め置いたこと, 堅くしっかり, 壊したりなど, 売る家, 売払う輩, 外のと, 大事に, 奪ひと, 好んで, 媒として, 安置した, 安置する, 安置せる, 射るという, 小坊主の, 小林君たちの, 帳の, 幻視した, 床の間に, 建立し, 彫ったり, 彫らずに, 彫る, 彫ること, 彫るのに, 彫んだの, 彫刻美の, 彼に, 恋した, 愚弄した, 愛し私, 感心した, 戻して, 所持し, 手に, 抱いて, 押しいただいて, 拉し来って, 拝し, 拝し念じたと, 拝まして, 拝ませるところ, 拝むこと, 持ちこむため, 持ちまわって, 指さしました, 挙げざるを, 据えつける時, 描かせて, 敬ふべし, 文字通りに, 明日は, 書斎へ, 替えて, 木に, 木切と, 本尊と, 枕もとに, 標準に, 横からでも, 気ちがいの, 池田瑞長が, 洗い落したよう, 焚いて, 焚く代り, 焼いたり, 焼いた結果, 焼き仏寺, 照した, 爪んで, 狙うよう, 画き出したといふ, 盗みさったの, 盗みだすと, 盗みだすなんて, 盗みだすん, 盗んで, 眺めると, 知つてゐる, 破棄し, 示した, 礼拝する, 神体と, 突然見いだした, 糞担桶に, 置いて, 美術研究の, 背負ったまま, 背負った貫一, 蔵し, 見あげた, 見たこと, 見たので, 見つけたもの, 見つめたまま, 見ながら, 見はって, 見まさに, 見ましても, 見る, 見ること, 見ると, 見上げました, 覗きま, 観た位, 解しうるだろうか, 評価しない, 語るという, 語るといふ, 語るとは, 調べて, 請わしめ善光寺, 負ひ, 負ひ取り, 買いました, 買うて, 買ったという, 賜わるよう, 足場に, 転がし落された不釣合, 載せて, 造るため, 造るの, 造る人, 造る妙技, 造る気持, 道の, 部屋の, 鑑賞する, 開眼供養する, 集めその, 集めたが, 集めて, 頼みに, 頼みましたが, 馬士に

▼ 仏像~ (139, 11.6%)

4 立って 2 並んで, 何百と, 刻まれて, 消えて, 私に, 置いて

1 [123件] あった, あったかも, あったから, あったが, あつた, あのやう, あぶない, あまり小さ, ありいろいろ, ありますとか, ある, あるの, あるので, いいもの, いかにも推古仏, いくえにもかさなりあっ, いくつも, いっそう古めかしく尊く, いっぱい押す, いらア, おそろしい声, おのおのその, おばけの, お互いに, お気に, かさなりあって, がっくりと, ここに, この村, すきな, ぜひ見たくなりました, そうだ, たくさんある, たくさんなら, だまりこんで, つくられた頃, つごう十一体, どれも, ない, なくては, なくなった, なみなみならぬ, ならび天井, にこにこしてる, にせものだ, にたにた笑い, はいって, はっきりと, はやくも, ひとりで, ほしくなりました, まるで博物館, まるで風, みなれんげ台の, ものを, スウッと, ズラッと, タダ同然値下りの, ムクムクと, ユラユラ動いた, 一つあった, 一つある, 一つふえ, 一つ運び出された, 不足だ, 両手で, 五つそろっ, 今も, 仰がれる, 伝わって, 佇立し, 作り出されたの, 偉大な, 児戯に, 全滅し, 出来上ったところが, 動きだしたとき, 動きだしたばかり, 十一体とも, 取りかえされて, 口を, 問答師の, 四ほうから, 塑像である, 好きだけ, 好きな, 存在する, 安置し, 家に, 少なくない, 少年探偵団員の, 引越すよう, 怪しいわ, 或いは破壊, 描かれたの, 描かれねば, 暗い内部, 村に, 次第に人体, 歩きだしたの, 残って, 消えうせて, 潜みある尿, 焼かれた, 現われました, 生きて, 真鍮と, 瞬きを, 破壊された, 祀って, 立ち現われる, 篏入され, 維新の, 腕を, 自然に, 至る所, 落ちて, 運びだされたの, 金であったら, 金色に, 集った, 飾って, 飾りつけて

▼ 仏像~ (92, 7.7%)

2 どこへ, 何も, 語るべきもの

1 [86件] あはれ虚栄を, あれでございます, いかに不思議, いまの, いま私の, いやに, おそらく師匠, かき消すよう, きわめて人間的, この意味, この部屋, さうである, しかも何, そこに, そのとき, その本体, その芸術的価値, それが, それ自体として, たいてい国宝, たいてい宗派, たぶん盗まれた, とっくにぬすみだされ, とりわけ尊い, どこにも, どんな卓越, まだ台座, まだ随分多く, みるみる消え, ギリシア彫刻の, サッとれんげ台, 一挙に, 三体も, 人間を, 仏である, 仏典によって, 似て, 何の, 何よりも, 像である, 先祖代々の, 全然無言, 共に焼けた, 内奥に, 分解し, 前の, 各, 各氏族, 向かいの, 国宝です, 埃を, 大抵蓮華, 奈良や, 完全に, 小さいと, 弥勒だ, 彫刻では, 彼らの, 御首, 悔恨と, 所持し, 技術の, 拝みに, 拝むため, 拝むべきもの, 推古仏と, 暗い庫, 最初から, 本尊です, 本来信仰の, 枯れ切った檜, 正しく三列, 決して金, 無い, 物置の, 生きて, 眼の, 私にとって, 背延びをするようにしてのろりのろりと歩きだした, 蘇我氏に, 親父の, 身を, 静かで, 靴を, 黄金の, 黙然として

▼ 仏像~ (65, 5.4%)

4 ばけた恐怖王 3 ばけて 2 しても, 恋を

1 [54件] あるむしろ, いちばん似, かわった, しかけが, その面影, ついで羅漢像, とるの, どうしても親しみえなかった, なり神像, ねがいごと, ばけたけれども, ばけた変装, ばけるとは, ばけ庭番, みられるよう, ゆき会った, 不敬を, 似たよう, 似て, 供米が, 価値が, 刻まれたという, 勿論その, 化けにくい, 吊ったの, 吊られて, 向かって, 地蔵様の, 変装し, 変装した, 宿るだけ, 対して, 対照し, 往った, 惚れぬいて, 投げつけて, 投射し, 拠る手法, 日なか風あり, 準ずるもの, 熱病の, 特に目, 目が, 納めて, 縄を, 見るよう, 見入って, 近づいて, 近づきいきなり, 近づける障り, 返すか, 非ず, 面と, 魂を

▼ 仏像~ (29, 2.4%)

2 菩薩像に, 菩薩像の

1 [25件] あの刹那, その他いろいろ, その他の, 人物それから, 仏具を, 仏画朝夕に, 博物館長や, 古いよろい, 台座の, 土の, 大きな花崗石, 奇怪な, 嫁入り衣裳また, 建築に, 彫刻が, 支那の, 白玉を, 経論を, 絵巻などを, 絵巻の, 美しいもよう, 聖霊院の, 菩薩像において, 菩薩像は, 陶器類や

▼ 仏像~ (24, 2.0%)

3 ひきかえに 2 いっしょに, ガンダラ美術との

1 [17件] いい今, いっても, せられるマトラ博物館, その作者, ダイヤが, 先祖代々の, 単なる象徴, 古さ, 古寺と, 外国趣味の, 書などを, 梵字の, 素木の, 経典とを, 長い間にらめっこ, 雑り, 首との

▼ 仏像~ (15, 1.3%)

2 ギリシャの

1 [13件] あったに, あるもの, いつまで, つくった, ない, 二男の, 和尚も, 好い作, 宝物も, 怒って, 沢山見た, 焼かれたり, 皆立派なすぐれた

▼ 仏像などを~ (14, 1.2%)

2 観て

1 [12件] おさめる厨子, 勉強かたがた僕が, 周りに, 彩色する, 沢山並べ, 照らして, 置き並べて, 見た, 見だしそして, 見て, 見ても, 鑑識する

▼ 仏像には~ (12, 1.0%)

1 [12件] いいもの, さほど心, そういう仕掛, ない, 人が, 何の, 大概両, 希臘藝術の, 時々この, 珍しく大きい目, 美くしい, 翼が

▼ 仏像から~ (10, 0.8%)

1 うつくしくほとばしりはじめた, はずした物, 名香を, 大は, 少しも, 居間の, 庭番の, 抜いたもったいない, 抜け出して, 教は

▼ 仏像仏具~ (8, 0.7%)

1 などは一ヵ所, まで盗ん, を専門, を所蔵, を漁る, を焚く, を盗ん, 及び装飾

▼ 仏像彫刻~ (8, 0.7%)

1 が作られ始めた, が鎌倉期, と同じ, の伝習, の技法, の理解, は飛鳥, もはるか

▼ 仏像でも~ (7, 0.6%)

1 そのすぐれた, なく異国, 安置し, 据えたなら構, 推古の, 背負って, 身近く

▼ 仏像~ (6, 0.5%)

1 いくつも, すらしかも, すら写実的傾向, 出来が, 煖を, 西洋彫刻に

▼ 仏像です~ (6, 0.5%)

1 かい, かおまけ, からどこ, がショーウィンドー, が七世紀ごろ, が両手

▼ 仏像との~ (5, 0.4%)

1 中間に, 比較によっても, 間に, 関係が, 類似を

▼ 仏像仏画~ (5, 0.4%)

1 にも接した, の味, の面, の類, は美術的

▼ 仏像~ (5, 0.4%)

1 に関する研究, の部, を以て神, を得, を携え

▼ 仏像~ (4, 0.3%)

1 からだ, とか美し, よ, 仏像に

▼ 仏像とは~ (4, 0.3%)

1 全く違った, 彫刻では, 根柢から, 限らぬ

▼ 仏像などに~ (4, 0.3%)

1 まじって, 如何に, 彫って, 残って

▼ 仏像経巻~ (4, 0.3%)

1 などもそれ, の供養, も挙げ, を焼き

▼ 仏像だけが~ (3, 0.3%)

1 いつの間にか盗まれ, 今も, 昨日買い入れた

▼ 仏像である~ (3, 0.3%)

1 かな, が故に, が数多き

▼ 仏像では~ (3, 0.3%)

1 ない, なくて, 猶更

▼ 仏像とか~ (3, 0.3%)

1 絵とか, 絵画などの, 骨董品とか

▼ 仏像なども~ (3, 0.3%)

1 皆御, 立体的に, 美しかった

▼ 仏像にも~ (3, 0.3%)

1 ふれた筈, 向かう, 私たちを

▼ 仏像に対して~ (3, 0.3%)

1 敬虔な, 立つた, 美的受用の

▼ 仏像~ (3, 0.3%)

1 納めて, 見世物向きに, 飛びついて

▼ 仏像みたい~ (3, 0.3%)

1 なやつ, にその, にだまっ

▼ 仏像やら~ (3, 0.3%)

1 一つ一つに, 漆器やら, 鏡やら

▼ 仏像よりも~ (3, 0.3%)

2 何物よりも 1 こつちの方

▼ 仏像~ (3, 0.3%)

1 が不気味, だ, の前

▼ 仏像~ (3, 0.3%)

1 の前, もそれ, を通り過ぎ

▼ 仏像~ (2, 0.2%)

1 何かを, 木彫仏かと

▼ 仏像さえ~ (2, 0.2%)

1 みること, 出来て

▼ 仏像その~ (2, 0.2%)

1 台座の, 隣りに

▼ 仏像そのもの~ (2, 0.2%)

1 が美術的, に対して不謹慎

▼ 仏像だけは~ (2, 0.2%)

1 ちょうだいしなけれ, 人を

▼ 仏像という~ (2, 0.2%)

2 のは

▼ 仏像として~ (2, 0.2%)

1 日本に, 用いられて

▼ 仏像ども~ (2, 0.2%)

1 がピストル, のほう

▼ 仏像なんて~ (2, 0.2%)

1 きらいだ, ないの

▼ 仏像によって~ (2, 0.2%)

1 培われて, 昔の

▼ 仏像に対する~ (2, 0.2%)

1 ことの, 自分の

▼ 仏像への~ (2, 0.2%)

1 危惧であった, 愛着

▼ 仏像仏具等~ (2, 0.2%)

1 は一所, をインド

▼ 仏像仏器~ (2, 0.2%)

1 は却つて焼, は焼きすて

▼ 仏像仏寺~ (2, 0.2%)

1 に対する讃嘆, の破壊

▼ 仏像舎利~ (2, 0.2%)

1 は如来, を恭敬

▼ 仏像菩薩像羅漢像等~ (2, 0.2%)

2 を刻んだ

▼ 仏像~ (2, 0.2%)

1 が幻燈, はジリジリ

▼1* [104件]

仏像あるいは名号が, 仏像および仏書を, 仏像ぐらいは一通り見, 仏像さえもその因縁, 仏像しか考えられないと, 仏像じゃないよ, 仏像すらもどこかの, 仏像そのままである, 仏像その他の供養, 仏像たちかくれんぼにはもってこい, 仏像だけ持ちさられて, 仏像だけをぬき出して, 仏像だったんだ, 仏像だって息を, 仏像だの色々な, 仏像ってたいていインド人, 仏像であったのだろう, 仏像であるらしいと彼, 仏像とかいうものに, 仏像とかに恋した, 仏像とから得た幻想, 仏像としか思はれない首, 仏像とともに漸く整備陳列, 仏像とも思わない人間, 仏像とを比較し, 仏像なぞの家に, 仏像などが立ちならんで, 仏像などでも眼は, 仏像などの奇異な, 仏像なんかまで試る, 仏像において高められた人間的, 仏像における彫刻性あるいは, 仏像にさえ偽物は, 仏像について何かの, 仏像についても同様の, 仏像に対しても真実に, 仏像に対するも神像に対するも, 仏像に関する三十二相や, 仏像インド人みたいな, 仏像のみに積る, 仏像はかりそめに創られた, 仏像ばかりなの, 仏像ほど心を, 仏像まで煙の, 仏像やなんかたくさんおい, 仏像ゆえに遠慮, 仏像よといったそうだ, 仏像より大きな顔, 仏像よりもからだが, 仏像をも多く見る, 仏像を以てする様, 仏像サ祠ったの, 仏像シナの仏像, 仏像三体を作り, 仏像三台と其仏, 仏像の最も, 仏像二千年昔の寺院, 仏像仏具経文合せて, 仏像仏画仏器等も輸出, 仏像以上に完璧, 仏像以外のもの, 仏像伝来と言, 仏像作家にその, 仏像傷ものの陶磁器, 仏像全体に対しても以前, 仏像出現せりとて, 仏像及び経を, 仏像墨蹟と, 仏像台座を削っ, 仏像もない, 仏像名剣を得た, 仏像堂塔の類, 仏像にした, 仏像女神像は云う, 仏像崇拝のみが摂取, 仏像当麻寺の諸, 仏像或はその附属物, 仏像拝観に訪ねた, 仏像指輪のいっぱい, 仏像整理中本邦祀るところ, 仏像日本の仏像等, 仏像明日にも五百両, 仏像書画工芸にわたって正味たっぷり一冊, 仏像泥棒以外の犯人, 仏像燈明御器, 仏像ばかりのところ, 仏像画像及び経本等, 仏像破壊を道楽, 仏像経巻等を繍, 仏像経箱経巻の包み, 仏像絵革聖多黙, 仏像聖画讃美歌祈祷ことごとくある, 仏像を想像, 仏像自体の真価, 仏像舎利塔などを担ぎ出し, 仏像舞楽面蒔絵もの熊野懐紙, 仏像見物の心, 仏像に似, 仏像趣味なん, 仏像造顕の絶大, 仏像造顕そのものが国家, 仏像陳列館であった, 仏像青年を増加, 仏像青銅製の大