青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「住み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

佇ん~ ~位 位~ ~位置 位置~ ~低い 低い~ ~低く 低く~ 住~
住み~
~住む 住む~ ~住ん 住ん~ ~住居 住居~ 住民~ 佐~ 佐々~ 佐々木~

「住み~」 1043, 11ppm, 10002位

▼ 住み~ (49, 4.7%)

2 金太郎

1 [47件] お絹, まま百石を, をかし, 万太郎この, 不良児が, 丸三年は, 主人持ち, 人形の, 作業な, 分け米, 別荘へ, 危うさ, 境遇で, 好少なき, 學生, 家だ, 家の, 小さな家, 年も, 御隠居さん, 徳川新之助を, 心が, 応揚さと, 息子の, 折に, 新之助様だって, 果敢ない身, 次男の, 次男坊で, 歌僧で, 気安さ, 無責任さが, 翁から, 者などは, 若い者, 若者が, 身と, 身なれ, 身に, 身の上で, 身分でも, 長三郎は, 門前婆さんの, 静けさに, 頃から, 願ひあり, 高氏も

▼ 住みよい~ (49, 4.7%)

5 ところに 2 か, 国に, 土地を

1 [38件] からそこ, くらゐな, ことを, というよう, ところで, ところである, ところでしたら, ところでは, ところは, ところへ, と思います, と思った, に何故人, のが, ものである, ように, 世界を, 処へ, 処を, 合理的な, 国では, 国は, 国を, 土地が, 土地だ, 土地であった, 地面を, 場所に, 島に, 所でございます, 所では, 所とは, 所に, 気分の, 浮世で, 熱帯や, 社会を, 裕かな町では

▼ 住みながら~ (48, 4.6%)

2 ついまだ東京, 教育家とか, 自分一人いつも

1 [42件] いきな, その周囲, その社会, それでは台, それを, なおかつ社会, ひそかに, ほとんど口, まるで外国人, パレルモ芸術協会の, 一夜も, 一生涯下手に, 一週に, 上層の, 今まで, 住めば, 先の, 内実は, 北条家の, 天朝様の, 嫉妬排擠が, 少しも, 屡, 川童予防の, 彼と, 彼女は, 往き来は, 東京風の, 正倉院見学, 求めて, 消息せず, 父と, 玉琴も, 紳士は, 翁の, 色香を, 襁褓の, 評判の, 近いという, 都会に, 都會に, 鉢物も

▼ 住み心地~ (47, 4.5%)

6 のよ 4 のいい 3 がい, のよい, は 2 がいい, がよかっ, のい, はどう

1 [20件] からいう, がよ, がよい, がよく, がわるく, が佳い, が悪い, が悪く, になる, のよく, の好い, の家, の良い, はいいかね, はよい, は悪い, は良い, もおかみさん, もよろしい, を見出そう

▼ 住み~ (36, 3.5%)

2 であった

1 [34件] があったら, があり, がある, たる肉体, であるからには, であるトタン, ときい, とそこ, となっ, とみゆる, と定め, などの類, なの, にならなかった, にも行き渡っ, に向かいました, のよう, の中, の場, の庭, の玄関, はいずこじゃ, はその, は見当りません, へ帰っ, へ返し, も秘め, も見当たらなかった, やその, をさぐる, を作る, を占領, を去らず, を新築

▼ 住み~ (32, 3.1%)

5 煙壁を

1 [27件] あぐる煙, ある人, いまは, これを, だし, よりいつしか一年, キリケス民族の, ベルナルドオと, ヨブは, 亡き母上, 人の, 先考遺愛の, 勇猛なりし, 南京虫を, 即興詩を, 啼く声, 家計は, 山には, 心に, 租税の, 老いゆく命, 藝藩邸には, 蚊やり, 變り, 身を, 間も, 魚を

▼ 住み~ (29, 2.8%)

4 なって 2

1 [23件] いらしたこの, けり, しろ世帯, し森, し西賀茂, し跡, なったが, なったこと, なった二条, なった座敷, なつて, なられて, なりたいん, なり日, なるお, なるか, なるの, なるはず, なるほどの, なる御殿, なる方, 来るの, 行こうと

▼ 住み古し~ (29, 2.8%)

2 たと, た家, ている

1 [23件] たこの, たれど, た一人, た世の中, た事情通, た人, た伝来, た古い古い, た古家, た国, た家屋敷, た小さな, た年配, た旧, た父母達, た田舎家, た西, た跡, た雑, つつある, てきた, て行つた此, の狭い

▼ 住みよく~ (25, 2.4%)

2 するため, はなかつた

1 [21件] さして呉れた, したとお, した喜び, して, し人, し浮世, すると, するより, する可能性, する駘蕩, せねば, だれも, てそして, なつた, なりまた, なるだらうに, なるだろうに, なると, なるに, なるよう, もあり

▼ 住みにくい~ (23, 2.2%)

2 ことが

1 [21件] からとて越す, からと畳, かを考へさせられた, この我が住家, ところとも, ところに, と悟った, のか, のを, やっぱり生まれ故郷, ように, 世界よ, 世間と, 個所を, 国, 土地だ, 我が家へ, 所を, 浮世で, 浮世でございましょう, 社會に

▼ 住み~ (15, 1.4%)

1 [15件] がどんな, がなかっ, がゐ, が光, が新鮮, だつたわけ, であつ, として放っ, のない, のなかっ, のはいる, の若い, をおどかした, を完全, を捉

▼ 住みそう~ (14, 1.3%)

3 な家 2 な磨き抜かれた調度 1 して, なありさま, な又は, な古めかしい, な場所, な境地, な門, にもない, もない

▼ 住み~ (12, 1.2%)

3 さそうな 1 かつた, かりけり, かりけると, かりけれ, げな, げに出, さそうだ, さそうに, さは

▼ 住みにくく~ (9, 0.9%)

2 なるの 1 てしかた, てその, なったので, なつた, なりましたので, なるばかり, 丹造は

▼ 住みかと~ (8, 0.8%)

2 言ふ 1 なった, なり, なる, なるであろう, なるであろうという, 言ふも

▼ 住みそして~ (8, 0.8%)

2 最早十一月 1 その少数, その製造法, 去るの, 彼の, 暗くそして, 眠ること

▼ 住みその~ (8, 0.8%)

1 うちこそ, ために, 卵を, 地形を, 河の, 波に, 狐虎の, 社会を

▼ 住み~ (8, 0.8%)

1 いた当時, いるわけ, 住居は, 出來, 奥の, 小さな作, 自由の, 長くは

▼ 住み~ (8, 0.8%)

2 して 1 すると, するよう, する身, りて, 續けて, 致して

▼ 住み好い~ (7, 0.7%)

1 だらう, だらうよ, だろう, ところは, とは思わない, やうに, 所では

▼ 住み~ (7, 0.7%)

2 ひし家 1 ひける母上, ひしが不思議, ひし離家, へかし, へる靈場

▼ 住み同じ~ (6, 0.6%)

1 ものを, メクラと, 月の, 楽屋生活も, 習慣を, 食物を

▼ 住みかを~ (5, 0.5%)

1 さがして, つきとめて, 定めそして, 捨てて, 求めなければ

▼ 住みふるし~ (5, 0.5%)

1 た一軒, た学僧, た家, た家屋, た麻布

▼ 住み~ (5, 0.5%)

1 しない別荘, しなかったが, し見聞き, 同様の, 大丈夫だろ

▼ 住み~ (5, 0.5%)

1 といふやう, によつて, の工合, をし, を小鳥

▼ 住み~ (4, 0.4%)

1 だと, であり一本, であるという, なる天上

▼ 住みかの~ (4, 0.4%)

1 おも, ひみつの, 古穴, 有名な

▼ 住みかは~ (4, 0.4%)

2 ない 1 ふるさとで, 里遠く

▼ 住みごこち~ (4, 0.4%)

2 のいい 1 のよい, よい世

▼ 住み~ (4, 0.4%)

3 うな 1 うして

▼ 住みそれ~ (4, 0.4%)

1 が最初, と交渉, に満足, を離れよう

▼ 住みたり~ (4, 0.4%)

1 しお, しを, し址, し鶯谷

▼ 住みての~ (4, 0.4%)

1 ないところ, 人柄が, 変る家, 種類が

▼ 住みでも~ (4, 0.4%)

1 なされたら江戸中, 二人が, 十五歳以上の, 料理人の

▼ 住みにくき~ (4, 0.4%)

2 世である 1 世から, 煩いを

▼ 住み~ (4, 0.4%)

1 がだれ, が二十八日, の希望, を知らん

▼ 住み~ (4, 0.4%)

1 がいなかった, に交わる, に化け, の無くなった

▼ 住み~ (4, 0.4%)

1 と見られ, などの称, も有る, も正

▼ 住み多く~ (4, 0.4%)

1 の児女, の召使, の牛, の門人召使

▼ 住み~ (4, 0.4%)

1 の好い, の安静, はよかっ, よかるべく思わるる

▼ 住み心地よく~ (4, 0.4%)

1 できて, なったであろうか, なるか, 工夫され

▼ 住み時代~ (4, 0.4%)

1 からの側臣, には一個, の放蕩家, 放埓

▼ 住みいい~ (3, 0.3%)

1 であろう, ところで, 国だ

▼ 住みかに~ (3, 0.3%)

1 おち, しようという, 帰っては

▼ 住みこの~ (3, 0.3%)

1 任務に, 家を, 礼拝堂で

▼ 住みそこ~ (3, 0.3%)

1 に最初, の岸辺, へ出入り

▼ 住みそれから~ (3, 0.3%)

1 上海に, 修道院に, 後の

▼ 住みながらも~ (3, 0.3%)

1 一方には, 国家の, 夜は

▼ 住みまた~ (3, 0.3%)

1 単に, 古建築, 農産物高の

▼ 住みよき~ (3, 0.3%)

1 ものと, 人生と, 柱組

▼ 住み~ (3, 0.3%)

1 か, が狭く, のよう

▼ 住み~ (3, 0.3%)

1 には舞, に出, 芝円山辺に

▼ 住み~ (3, 0.3%)

1 である, に思はれない, 変らず足袋

▼ 住み自分~ (3, 0.3%)

1 が鋸, の細君, より貧乏

▼ 住み難い~ (3, 0.3%)

1 からであらう, と思ふ, ばかりになっ

▼ 住みかへ~ (2, 0.2%)

1 ろつてしつこく, 出入りし

▼ 住みかも~ (2, 0.2%)

1 とむと, 現代の

▼ 住みけら~ (2, 0.2%)

2

▼ 住みここ~ (2, 0.2%)

1 に在る, に朝夕

▼ 住みてが~ (2, 0.2%)

1 いかに住み, かわって

▼ 住みても~ (2, 0.2%)

1 ないよう, なく荒れ

▼ 住みという~ (2, 0.2%)

1 わけにも, 御身分だ

▼ 住みまたは~ (2, 0.2%)

1 人を, 石を

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 団扇も, 果てまし

▼ 住みやすい~ (2, 0.2%)

1 と思っ, 世の中に

▼ 住み且つ~ (2, 0.2%)

1 また江戸, 活きて

▼ 住み~ (2, 0.2%)

2 に離

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 の一, の一派

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 しやどを, し民

▼ 住み其處~ (2, 0.2%)

1 ではお前, で生きる

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 太郎高氏に, 秋風の

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 は寝, は紙帳

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 建築を, 自然の

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 も三人, を産ん

▼ 住み安楽~ (2, 0.2%)

1 し肉, な一生

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 いと思わぬ, い心

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 がもつ, のもの

▼ 住み往来~ (2, 0.2%)

1 の旅人, は草鞋がけ

▼ 住み心地よ~ (2, 0.2%)

1 ささ, さそうに

▼ 住み心持~ (2, 0.2%)

1 も黒谷村, よき家

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 かり, の山

▼ 住み憂く~ (2, 0.2%)

1 思うか, 思うよう

▼ 住み戦災~ (2, 0.2%)

1 に遭った, を二度

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 でもする, へをし

▼ 住み朝夕~ (2, 0.2%)

1 に往来, 共住み

▼ 住み東湾汽船~ (2, 0.2%)

2 の発着所

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 の一年, の年

▼ 住み次に~ (2, 0.2%)

1 はまた, リュクサンブールの

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 と一緒, の体

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 のひらけ, の人魚

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 があなた, は毎日抒情風

▼ 住み縁先~ (2, 0.2%)

2 からオーイ

▼ 住み自炊生活~ (2, 0.2%)

2 を始めた

▼ 住み良く~ (2, 0.2%)

1 して, たそがれの

▼ 住み袋物~ (2, 0.2%)

2 の内職

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 は止め, も煙草

▼ 住み~ (2, 0.2%)

1 には堺町, の心

▼ 住み食事~ (2, 0.2%)

1 の時, は留守

▼1* [353件]

住みあざらしの皮, 住みあたかも高山の, 住みあまりあるいは生活, 住みあるいは寺院の, 住みいっしょに食事, 住みいつもそれと, 住みいろんな客を, 住みうくて別れ, 住みかがある, 住みかでもありまた, 住みかといふことを, 住みかとも考へたらしい, 住みかに関する諸問題, 住みかへて來た, 住みから仮住み, 住みけむ跡どころ谷沢越え, 住みこうした御様子, 住みこどもの姿, 住みこんどは血, 住みさまざまの国, 住みさむらいの, 住みしかもその厳し, 住みすでに原子野の, 住みそういう家の, 住みそうして高価な, 住みそこで長剣を, 住みそのうえ町内の, 住みそれぞれ自炊して, 住みそれでもお互い勉強の, 住みたまへども恆, 住みたりとの事実を, 住みだっていいの, 住みつつあるという, 住みづらかろう, 住みてはそれにも, 住みてを失い安値, 住みでは何かに, 住みどう着て, 住みどんな美しい着物, 住みはったから, 住みにおいでなさろう, 住みにくさが, 住みにくい苦しい世の中を, 住みにくかったら一緒, 住みにくからう, 住みにくかろう, 住みにくければ住み, 住みになつてるこつた, 住みには大ぶ馴れ, 住みのちに栗原山, 住み当然でした, 住みはじめになぜ, 住みひとつ道を励み, 住みふろしきを被, 住みへと私は, 住みほどなく越後南条の, 住みもっともみごとな, 住みやがてその経験, 住みよいなつかしい土地であった, 住みよい良い世の中を, 住みよからまし, 住みよく好ましくするさま, 住みわずかな土地, 住みわれわれと共に教, 住みコンブやワカメ, 住みヒダかミノ, 住み一つは, 住み一つ社会を構成, 住み一つ釜の御飯, 住み一二度しか相, 住み一人自から, 住み一切の兼職, 住み一性分の水, 住み一日土地の者, 住み丁度アングル人サクソン人その他ピクト人ブリトン人らが, 住み七十五万の所帯, 住みの曲輪, 住み三井や竹原, 住み三好のところ, 住み不破夫妻は西側, 住み世界文学史の上, 住み世話役を二, 住み乍らむかしこの建物, 住み二十も三十, 住み二男児の長ずる, 住み二百円ばかりの印税, 住み井伊は和田倉門, 住み井戸を掘る, 住みはした, 住み京都でも茨城県, 住み人夫といふの, 住み人形無頭, 住み人間が営む, 住み見るやう, 住み今度は名山, 住み今後の命, 住み他方には土人, 住み付き代々公儀の御用達, 住み代々安穏にすごし, 住み令嬢のませ, 住みも他, 住み何かとお世話に, 住み何やら大きな企て, 住み何人かの子供, 住み佗びていたかどうかを問う用, 住み係累もなく, 住みは会社, 住み僧房のほう, 住みの王, 住み兎鹿猿狐などの獣, 住み児童の心, 住み人類を, 住み公園の興行もの, 住み六十六で終っ, 住みに食し, 住み共に北條氏の, 住み其財力と資産, 住み其間大約我が千里, 住み具合のよい, 住み円通は大阪, 住み再び近所の, 住み出入りする者, 住み分家玄仍の裔, 住み初めてからはいつも, 住み勝手なこと, 住み勿堂は鍛冶橋内, 住み北欧のもの, 住み十八を頭, 住み十分彼の文化, 住み午後になる, 住み厳島研究に造詣, 住み又八は庫裡裏, 住み台所の板敷, 住み右筆となり, 住み各自の生活, 住み同市の西部製糖会社, 住み和修吉を諸, 住み唐寺へ絶えず, 住み土民と共に喰, 住み地主に交渉, 住み坊主に浮世, 住み城内のご用, 住み場所も名前, 住み外面はあくまで, 住み夜中恐ろしき響き, 住み大佐をはじめ武村兵曹其他, 住み大海底の竜宮, 住み天使は未来, 住み奥地は一つ, 住み如何云ふ, 住み子供八人をちゃんと, 住み子孫一村を成せり, 住み学院へも入れられず, 住み安いかのよう, 住み実に心配を, 住み容姿絶群であったと, 住み密輸入者は山中, 住み寒気に悲鳴, 住み寛斎も亦, 住み専ら幼女陽の, 住み鬼に, 住み小さなトロールは, 住み小屋と自家, 住み屍肉をくらう, 住み山男の子ども, 住み山間に住み, 住み巌谷小波先生の門人, 住みのごとく震え, 住みなるに, 住み左右に小さな, 住み市民にも露宿, 住み常に頭陀事を, 住み幼君に謁, 住み幽囚中でも肉十三ポンド, 住み強賊が勢力, 住み当時東京中で名うて, 住み彼らと話, 住み彼等は哥薩克, 住み後前田家が府中, 住み徐州の客将, 住み徒士を勤め, 住み微かに暮す, 住み徹夜や夜ふかし, 住み心地よい北海道争闘の, 住み心地よきもので, 住み恐らくはロシアから, 住み悪いとのみ観じた, 住み悪くはありませんでした, 住み悪行いたらざるなき, 住み憂い所のよう, 住み憂き土地には, 住み憂しと言, 住み戦死の尸, 住みを見, 住み支那料理を食べられたら, 住み故国からの留学生, 住み教会に通つて行, 住み数十人の奴婢, 住み文字を扱, 住み断りをいっ, 住み旅人や良民, 住み日夜不断に鑿, 住み日本の女, 住み日本風の墳墓, 住み明治大学の前身, 住み易い建物を, 住み易く沈淪し, 住み易げに四方八方, 住み時代徳川新之助といっ, 住み晏如としてその, 住み普通市民の服装, 住み更に浅草の, 住み最も卑しい召使, 住み最下第七処パタラ, 住み月明りに源氏, 住み有為転変の世, 住み朝夕只管に神, 住み朝夕湖畔を逍遥, 住み未開の原野, 住み本郷の弟, 住み東京に移り, 住み松露を食い, 住み柳営を中心, 住みを掘っ, 住み植木師たちと一緒, 住みは医師, 住み権勢の限り, 住みを商, 住み歌人の加茂真淵, 住み此蛇が褶振峰, 住みぬるまで, 住み残つて居た山人, 住み母乳を飲み, 住み母親にななえ, 住み毎々大木を, 住み毎日食物を食う, 住みの狂った, 住み気分の座興, 住み氣象の觀測, 住みを游ぐ, 住み永久にのろ, 住みを前, 住み河内にも吉野, 住み河口夫妻は北, 住み洋服を着, 住み流れには陽性, 住み海岸通を通っ, 住み漁夫の貧しい, 住み濾過されて, 住みでもあっ, 住み爛熟した西洋文明, 住みの死骸, 住み牝虎子を生んだ, 住みを見る, 住み特定の部落, 住みで生活, 住みに侵し食われ, 住みひぬ, 住みと富者, 住み王朝藤原氏が盛ん, 住み王滝川のほとり, 住み理想的なベター, 住み甚だしきは, 住み生活の方, 住み田楽女の藤夜叉, 住みの大, 住み百姓をやっ, 住み皇太子の生母, 住み皮細工に従事, 住みに見えざる, 住み目下病氣で寢, 住み相模扇ヶ谷に転ず, 住み真実の人間, 住み石炭の煤煙, 住み礼讃勤行すること三七日, 住み祖母と私, 住み秋戸塚の方, 住み科学の研究, 住み移つた外に喘息, 住み紡績ばかり著, 住み細君は音楽学校, 住み終つて後では, 住み織田彦五郎信友がその, 住み美人を侍らせる, 住み父母たちは, 住み耕田採薪, 住み自ら相闘諍す, 住み自分自身があの, 住み自炊とは世, 住み自然農民とは生活状態, 住み自身のうち, 住みさに, 住み良いのか, 住み芥川が田端, 住み若い訪問者に, 住み荒らくれた浪人者, 住み著いて宿, 住み著く様に, 住み著述をした, 住み着たよう, 住みはそこ, 住み蝸牛は地中, 住み衣食に窮, 住み覚一は琵琶, 住み親しく交る, 住みを以て旅客, 住みひや, 住み謡いや碁, 住み豆腐を下物, 住み貿易を業, 住みモダンな, 住み辛い處でも, 住み辛かった, 住み辛くなつてる, 住み農場を持ち, 住み近くのコタン, 住み近代音楽を弄び, 住み近島多くこれに服す, 住み邦人のクラブ, 住み邸内に土俵, 住みは夜明け, 住み郷党が交, 住み郷士になっ, 住み郷里馬籠の宿場時代, 住み野辺に生る, 住み金襴の法衣, 住み金魚をひどく, 住み鎌倉も尼御台, 住み鎌倉彫りの方, 住みをたたい, 住み長い苦しい修業を, 住み長六七尺に及び, 住み門戸も張り社交, 住みに上がっ, 住み階下には主人伊兵衞夫婦, 住み隣人としての感じ, 住み難き世を, 住みの日雲, 住み電灯によって夜, 住み電燈があれ, 住みかに讀書, 住みり談, 住み音曲の方, 住み須磨子さんを生ませた, 住み領主も平, 住み風守に侍っ, 住み風紀紊れし處, 住み食べ物から着る, 住み食卓の前, 住み飲食の故に, 住みを守る, 住み魚類を取引, 住みが放流