青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「使用~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

使~ ~使い 使い~ ~使う 使う~ ~使っ 使っ~ ~使った 使命~ ~使用
使用~
~使者 使者~ ~來 來~ ~例 例~ 例えば~ 例へば~ 例外~ ~侍

「使用~」 2857, 31ppm, 3781位

▼ 使用する~ (576, 20.2%)

25 ことが 20 ことを 14 ことは, のは 9 ことに, ように 8 のが 7 ことによって, のである 6 ことも 5 のだ, ような, 必要は, 道具を 4 事が, 事は 3 が如き, ことと, ために, に於, ものは, 事を, 必要が, 方が, 長塚君は

2 [29件] がしかし, こと, ためには, ということ, というよう, という事, ときにも, ところが, にし, のと, ものか, ものが, もので, ものと, やうな, やうに, を得べし, 事である, 人に, 人の, 人馬の, 各種の, 方法に, 時が, 時に, 物を, 精神は, 者が, 藁の

1 [344件] いは, いろいろな, か, かあるいは, かしない, かということ, かという疑問, かといふこと, かと問え, かと思う, かどう, かまあ, かまたは, かもしれぬ, からである, から硝煙煤煙, から総, か使用, か否, か然, か等, がこ, がこれ程, がそれ, がため, がより, がよろしい, が之, が例, が元来, が大きな, ことから, ことからは, ことただし, ことだけ, ことにすら, ことにな, ことにも, ことにより, ことによりて, ことの, ことを以て, こと能は, こと自身が, これは, ごとに, その方法, たびに, ためな, ための, ためややもすれば, だけの能力, だけの隠れ家, つもりであった, つもりである, とあくどい, といういささか, というの, という川木, といふ, といわれ, といわれる, とかいうよう, ときでも, ときは, ところであった, として認識論的, とすて, とは, とよい, と佳良, と信じられ, と否, と思う, と木, と白状, と頸, どころか取り脱す, などは手数, などは最も, にある, にしく, について軍, にはいかに, にはすでに, には不幸, には余りに, には長, にもあたらん, に便利, に到った, に到る, に堪へず, に慣れたる, に相違, に耐, に至っ, に至った, に際し熱湯, のだろう, ので, のであ, のであっ, のです, のでコーヒ, ので広く, ので板の間, ので焚口, のに帽子, のに是非, のに特殊的, のみである, のを, の健児, の必要は, の止む, はずも, は当人, ほかには, までに幾千年, ものだ, ものである, ものです, ものとして, ものとしては, ものに, ものの, ものより, もの一般民間藥として, もの等が, や, やつで, ようで, よき部屋, よりもそれ, を余儀なく, を得た, んだ, スウェアの, セメントの, ハトロン紙などでも, ブールジヨアジー, プロゼックも, メディアムが, 一句に, 一種の, 丈で, 亀の, 事と, 事に, 些細な, 人々によって, 人々の, 人が, 人も, 人夫の, 人数が, 人物の, 人間が, 他人に, 代りに, 以上は, 以上賊盜律の, 余地が, 使用者としての, 例は, 便利な, 個人にとっては, 側から, 傾向ある, 充填機械に, 兵法の, 円筒形の, 刀槍その他すべての, 力は, 勇気は, 動物である, 動物なりという, 千枚とじ, 半リッタア入り, 単式或は, 危険なる, 口語そのものの, 可くつ, 可能性が, 吹込レコードが, 品々も, 唯一の, 器の, 器械が, 器械を, 囘暦は, 団扇を, 国家間の, 土は, 堅固なる, 場合が, 場合に, 場合には, 場合も, 場所を, 壁土が, 壮士的口吻が, 外決して, 大きな岩, 大切な, 大抵の, 大石の, 奇妙な, 季節により, 家とては, 家具の, 小舎, 巻紙便箋封筒原稿用紙名刺表具紙帳面障子紙その他は, 店座敷といふ, 弾は, 心理の, 必然の, 必要の, 情とは, 戸の, 所に, 所を, 扇見事な, 手の, 技術は, 押紙などを, 故一方の, 文句に, 文字の, 文字は, 料理鍋や, 新しい開けた, 方法と, 方法は, 時あなたは, 時には, 時の, 時期の, 時期をば, 普通の, 更紗や, 最も多し, 材料たるや, 条件を, 東京人の, 栗を, 機械だけは, 機械や, 權利を, 歌い手或は, 武器が, 武器も, 毒の, 毒は, 気が, 気には, 水瓶に, 流行語について, 清い飲料水, 漢字が, 漢字の, 火の, 為には, 為の, 煉炭火鉢が, 煙草入れ, 物である, 物指すなわち, 特別な, 特別の, 特殊の, 理由が, 理由は, 由, 癖が, 着想は, 知識には, 石を, 砂糖でさえも, 秤ほど, 稽古, 立派な, 筆は, 筈で, 算用数字が, 箱だ, 粉茶を, 粗, 紙へ, 結果単に, 網の, 網を, 線及び, 美しい磁器, 者に, 者によって, 者の, 者のみの, 者は, 者を, 者有り, 能が, 色な, 色彩や, 芸術に, 苦衷は, 落し金という, 薪の, 衣類は, 表現で, 補助具他の, 言葉について, 言葉の, 言葉も, 言語の, 言語や, 試みを, 諸設備, 貝殻を, 資本が, 資本家達が, 贅沢屋が, 赤い顔料, 赤樫蛤刃の, 車には, 迄もなく, 道具の, 道具ばかり, 適当な, 部屋一つこれは, 金な, 金槌は, 鉄槌は, 鋤や, 鑛銅用の, 間投詞を, 限りにおいて, 電力を, 青や, 面白い音響信号, 食物の, 香水だ, 馬の

▼ 使用~ (423, 14.8%)

82 ている 25 ていた 20 てゐる 10 て居る 6 ていない, てゐた 5 てある 4 たりする, て人 3 てあった, ていました

2 [16件] たり而, たるが, ております, ておる, てはいけない, てもよい, てよい, てゐない, て代議士, て居た, て居つた, て居ります, 以て, 得らるる, 時には, 濫用する

1 [223件] あらゆる眠り, かつそう, かつ同一, かつ機械, これ等を, そして, そしてその, そしてもう, その工業品, その後の, その後明治十年前頃までに, その需要, それで, それによ, それ等が, たまへ, たりし, たり氣, て, てあります, てい, ていった, ていなかった, ています, ているごとき, てえと, ておった, ておりました, てかなり, てこの, てこんな, てしかるべき, てしばしば, てしまつた相, てすらその, てその, てそれ, てそれぞれ原子状態, てであろう, てできた, てどこ, てなるべく, てはゐた, ては却つて能, てます, てまた, てみ, てもどこ, てもほとんど, てもよろしい, てもらいたい, ても不快, ても其当初, ても其當初, ても好い, ても実際, ても差支えない, ても平均的, ても断じて, ても斷, ても極, ても決して, ても相手, ても短期間, ても立派, ても言う, ても費用, ても面倒, てやっ, てやっと, てやらう, てやる, てよろしい, てゐます, てゐるで, てをる, てアルファベット, てコジリ, てボーリュー自らこれ, てヤット目的, て三角形, て了, て事態, て二〇%, て二ヶ年, て二年, て二本, て五年, て今後, て他, て以来, て余り, て作られた, て來, て円理, て凝固, て処理, て別に, て削れない, て各, て同一, て国家, て国家有用, て埋め立てられ, て夕食, て大, て大いに, て女湯, て如何にも, て完全, て実, て実に, て實のり, て少し, て居らぬ, て居りました, て居れ, て川手一家, て差支えない, て布, て引き出したらしい, て彼等, て必要, て怪しまない, て悪事, て悪銭, て意味連絡, て抜けた, て敵, て明, て昏酔, て有難がらせよう, て朝食, て木版, て来た, て模様, て権力, て注意深く, て演算, て漢字, て火藥, て灯, て生型, て登る, て皺, て相, て真似, て社会科学, て種々, て絶えず, て自分, て自己, て舟, て蒙, て行う, て行った, て裁縫, て製造, て複雑怪奇, て見, て見せ, て見る, て見れ, て解き得る, て計画, て試みた, て輪郭, て遅い, て金, て金軍, て食事, ながらあるいは, ながらこれ, ながら何, ながら或, また食料, やがった, やすいの, サイパン島では, ベルダン以西に, ロダンを, 一切の, 万能鍵を, 乱脈を, 二と, 二哩四分の一なる, 二巻なら, 他の, 他方農業者は, 俗情を, 全く両者, 凹字形の, 受信増幅装置と, 各種兵器の, 壁も, 夕方の, 夜に, 左手の, 往来では, 従って労賃, 愚夫愚婦を, 慣は, 或とき, 戦争を, 換気法も, 時には木炭, 月經費を, 樹の, 消費する, 生産能率が, 盡す, 盡すに, 筆算式に, 而かも, 自分は, 英語で, 言語が, 誰れで, 通常一日使う, 酢に, 陸軍大学に, 霧が, 鼈甲板を

▼ 使用した~ (206, 7.2%)

5 ことが, のである, のは, ものである, ものと 4 ことを, もので 3 ことは, のが, 労働の 2 がそれ, ことの, ことも, ので, のであっ, のであった, のを, ばかりで, ものらしい, ような

1 [144件] あとで, あと海中に, かということ, からかかる, からだ, からである, からやがて, か巌流島, か汽車賃, か長い, がその, が経費, きりで, こと三千子の, じゃない, ためか, ために, という, というべきであろう, という理由, といはれ, といふの, といふ傳説, といふ由緒書, といふ點, ときには, ところが矢, ところで, と考え, にすぎない, に照, に違い, のだった, のだつた, ので即ち, のと, ほどであった, までで, もの, ものかと, ものであっ, ものであった, ものであろう, ものでなけれ, ものに, ものの如くであり, ものは, ものも, ものらしく, ものらしく思はれる, ものを, わけである, わけは, タイプライターが, ランプダビデが, 事が, 事は, 事實は, 人々の, 以外家庭住宅等に関する, 作例が, 例が, 例を, 俳優への, 兇器又は, 兇器鉈薪フンドシ, 兵力は, 凧という, 化粧品の, 化粧品までも, 原則の, 右の, 器具, 器物から, 安全剃刀も, 実例は, 巧妙な, 廃物を, 形跡の, 後で, 後でも, 後に, 所の, 所を, 手段の, 推理の, 揉紙を, 摺針嶺碓氷嶺函嶺などは, 改訂版とは, 文明の, 斎藤秀三郎氏の, 方が, 方法でも, 旧式の, 時代が, 時代は, 時間を, 暴秦とか, 書き方を, 最古道村山口の, 極めて稀有, 様に, 模様も, 権力を, 櫂の, 歌留多が, 毒ガスは, 毒物は, 氈の, 点は, 為却って, 物品の, 物品を, 特別の, 猿股の, 理由も, 痕跡が, 矢は, 神代文字も, 空気銃で, 紙幣が, 結果から, 者は, 船だった, 船の, 船は, 色彩の, 花色木綿男手で, 英国風の, 著書の, 薬物の, 術語は, 語である, 論理的過程が, 諸方法, 跡は, 道具が, 道床が, 金量の, 鋏を, 鑿が, 隼の, 電燈の, 風呂桶が

▼ 使用され~ (178, 6.2%)

67 ている 16 ていた 6 て居る 5 てゐる, て居つた 4 てい, ていない, てゐた 3 て来た 2 てある, てゐ, てゐない, て居ります

1 [56件] かつ地代, かつ決して, かつ紙幣信用, がちである, そしてかかる, そしてそれ, そして利潤, そして愛用, そのおかげ, その一つ一つ, たり, たり又は, つつあった, つつある, ていなかった, ていました, ています, ているで, ているなら, ておらず, ており, てこそ自然, てしかも, てそして, てのみ始めて, てはたまらない, てはなりません, ては如何なる, てよい, てゐました, てをつた, て今, て來, て多く, て芸術品, て蘇生, て身体, また如何, やがてその, ポオは, 一種芸術的に, 三日目に, 優秀者から, 初めた, 利用され, 原子爆弾は, 官軍と, 彼ら自身が, 易いかを, 殊にルイ十六世, 漠然たる曖昧, 犁の, 荘重なる, 語韻や, 適宜に, 都市にも

▼ 使用される~ (146, 5.1%)

11 ように 5 ことに 4 ことが 3 と云, に至った, のだ, のは, 労働の, 資本が 2 ことと, ということ, と旅館, のである, ものである, 資本の

1 [96件] かについて監視, かもしれない, からそこ, からまた, から或, かを見たい, がそれ, が今日, が同時に, が必ずしも, こととの, ことは, ことも, ことを, その涙, といふ, ところです, とするなら, とはいえ, と仮定, などということ, にかかわらず, に恰好, に至る, のか, ので所どころ, ので私, のにここ, のを, ものだった, ものであり, ものでなく, ものと, ものとしては, ものも, やうだ, ようだ, ようです, ような, 一般の, 三部経の, 事は, 人数のより, 人間は, 人馬は, 位有益です, 労働と, 労働との, 労働者を, 各異, 命令報告号令の, 器具を, 器官が, 場所によ, 富は, 工業貨物の, 建物が, 影響の, 必要が, 怪異な, 技術家は, 文字は, 新しい大小, 新資本, 時にのみ, 時代と, 材料に, 概念も, 様に, 機械器具の, 漢字が, 物と, 特殊の, 犁の, 珈琲は, 目的に, 砂は, 程重要な, 範囲の, 範疇と, 結果として, 薪炭の, 薬な, 装飾の, 言葉である, 語で, 警句の, 資本とが, 資本は, 軍隊の, 迄は一枚, 道具類を, 金属に関して, 関係上自然と, 限りは, 際に

▼ 使用~ (103, 3.6%)

4 場合 3 こと 2 うちに, ために, 場合を, 方法は, 目的を, 結果が, 結果たる, 限界が

1 [80件] ことで, ことであっ, ことという, たびに, ため老朽し, ものくらいは, トリックは, ハンサム, パーセンテージの, 上に, 予想量よりも, 事は, 代数学が, 代数学は, 倭国の, 出来ないの, 出来ない幾多, 初見, 利益を, 動機が, 問題については, 器具が, 基礎と, 場合により, 場合意味が, 増加に対しては, 増大と, 如きは, 始めとも, 客の, 巧みな, 年代に, 従来からの, 惨虐, 扇などを, 手順が, 拡大によって, 文字と, 文字の, 方からは, 方には, 方法においても, 時代より, 更正によって, 有無を, 材料の, 栄も, 権利あり, 権限を, 注意も, 済み次第, 特権を, 犯行が, 理由を, 理由具体的に, 當時如何に, 目的が, 目的によって, 目的は, 禁制の, 第一門, 範囲が, 範圍を, 約束を, 結果でなけれ, 結果加速度の, 継続は, 自由や, 苦力らの, 装飾の, 製氷機である, 複雑強化に, 許可証と, 途も, 連続は, 連鎖劇に, 過程自身は, 錬金薬学書, 鎖鎌です, 電力

▼ 使用~ (98, 3.4%)

3 なしても, 決定する 2 しても, 停止し, 許して

1 [86件] すくなく, すすめたが, すすめたのち, する面, すれば, なすに, はにかみ恐れて, ほとんど不可能, ぼくらは, もって, もつて, やめた, ゆるされる, ゆるした, 一刻も, 中止するであろう, 人間に, 促が, 保証する, 全社会, 制限せよ, 厳禁し, 受けてるかを, 含む, 売る, 契約し, 奨励し, 奨励した, 奨励せられた, 宣伝し, 宣言しない, 容認した, 巧妙に, 已むなくする, 彼に, 待って, 御許可, 心懸け, 必要と, 忌む, 我々に, 承認し, 拒否しなかった, 改善し得る, 断念せよ, 止めざるを, 止めるの, 止め私, 止め蓄積, 熱心に, 父に, 特許する, 独占する, 疑うもの, 疑われたる事, 白亭に, 知つたのは, 知つて之が, 知つて居つた, 知つて居る, 知らぬ, 知りませぬ, 知り併せて, 知ると, 確実に, 神經過敏に, 禁じたの, 禁じ今日拙者, 禁じ詩, 禁ずる, 管理する, 節約し得る, 節約すれ, 絶つに, 考案する, 許さるると, 許されて, 許しは, 許す, 許可する, 誤って, 誤つて, 誤まつたば, 誤らせたこと, 遅らしめ, 閑却され

▼ 使用された~ (94, 3.3%)

2 ことが, ときには, のは, ものか, もので, ものと, 唯一の, 場合に, 資本を

1 [76件] あとの, かについては今, かは, かもアラカタ見当, か知れぬ, がその, がそれ, ことと, ことについて, ことの, しそれ, だけであっ, という, ということ, のかも, のであっ, のであります, のである, ので私, のと, ばかりで, ものから, ものが, ものだらう, ものである, ものは, ピストルそのものが, フィルムの, プラカードの, 事を, 事実を, 五〇〇〇磅なる, 例が, 信牌航海図きりした, 信牌航海図切支丹ころび, 兇器を, 全資本, 凶器は, 出版用紙は, 労働が, 労働に, 労働量の, 反故紙を, 古體, 固定資本の, 地圖は, 場合そして, 家中の, 家屋は, 寝殿の, 巡回器は, 手拭いの, 手拭いを, 手拭は, 拳銃は, 支那ドンスの, 斧とが, 斧の, 机を, 浴場の, 爲に, 球が, 目的と, 石が, 祭具を, 粉末は, 素材自身もしくは, 結果とが, 繃帯や, 製造財貨は, 證據である, 資本の, 資本は, 資本熟練及び, 軽便という, 金屬の

▼ 使用~ (93, 3.3%)

3 を授け, を知らない 2 が如何, を実地, を忘れ果て, を綴字科, を読方科, を述

1 [75件] あるを, から生じる, がまるで, が上手, が倫理, が巧妙, であったこと, であつ, である, で彼等, で言う, として理想, とを有っ, と共にこの, なぞを尋ねられた, などは研究, などめちゃめちゃ, にあまり, における新しい, についてもっと, について一言, について寝, について幸い, について詳しい, によってはいろいろ, によって更に, に於ける, に熟練, に熟達, に関する説明, に馴, のいかん, のみを伝授, の大略, の欠点, の誤り, は猫, は若干, は間違っ, も竪穴, も詳しく, をあやまらなけれ, をどこ, を取り立て, を実行, を弁ずる, を心得ず, を忘れ, を意味, を我々, を教えた, を教える, を教え込み, を教授, を敢行, を文法, を書いときました, を有し, を比較, を温存, を理解, を知, を知らなかつた, を知らぬ, を研究, を示し, を箇条書き, を考え, を見る, を覚え込んだ, を誤った, を読みこなせる, を読ん, を誰, 特に敬語

▼ 使用~ (83, 2.9%)

4 便利な 3 依って 2 不案内で, 堪へて, 於て, 耐へ

1 [68件] たえない, たえないだろうと, たえないほど, たえないイス, たえること, つきて, とりかかった, なつた, なるが, なるばかり, 不便なれ, 不便を, 他ならない, 伴なう, 供され, 供するの, 備えるの, 充つること, 充てるやう, 反対する, 向うという, 基づける, 堪えない, 堪えないほど, 堪えないまでに, 堪えないもの, 堪えない睡眼, 堪えない間, 堪えなくなったもの, 堪えなくなるまで, 堪えぬとか, 堪えぬまま, 堪えるほんとう, 堪え得る健実, 堪え得る天下, 堪え得る音律, 堪へさ, 堪へざるに, 堪へないやう, 堪へないピストル, 堪へない剥げた鏡, 堪へなくな, 堪へなくなつ, 堪へなくなりしかも, 堪へぬ剥げた鏡, 堪へぬ鍋, 堪へません, 堪へられなくな, 堪へ得るもの, 堪ゆ, 少し制限, 就いて, 当てたの, 当りて, 役立ち得るとき, 慣らされて, 慣れない内, 慣れ思慮, 放任しない, 狃れ, 甚だ多く, 耐えないほど, 耐えなくなったの, 耐え得るもの, 適当し, 重きを, 關する, 馴れて

▼ 使用~ (48, 1.7%)

1 [48件] あって, できないまでも, できなかった朝, できるの, とめられて, はばかられる美徳, ますます多く, より多く, 人類の, 便利な, 傳は, 全然廃止, 出來, 出来て, 可能で, 問題である, 多くなった, 始まったころ, 少いの, 少く作品, 少し緩和, 必要である, 愉楽と, 推奨され, 支えるべき最大, 普及し, 曝されて, 東亞の, 東洋から, 正しからぬ, 殘つてゐた, 比較的短日月, 滅茶で恐れ入りやす, 現代に, 益, 盛に, 社会の, 第一義的に, 経済の, 考慮, 製造業に, 見えて, 許されて, 誤りである, 適切でなけれ, 長年に, 頻出する, 騎士の

▼ 使用~ (44, 1.5%)

2 今も

1 [42件] ある領地, いかにも能率, かなり出来る, これを, しばしば労働者, たとえそれ, ほとんどチベット人, ますます普及, やむをえなかった, やめて, クローゼーに, スワデシの, 一国家において, 一時敵線の, 一種の, 一般的命題を, 不自由は, 両方の, 今日は, 原則的に, 同一の, 多分支那, 如何に, 宣命や, 慎んで, 文明に, 日本人の, 最も無私, 最も費用, 東洋が, 武勇優れた, 武士と, 無料です, 統治は, 談林一派の, 諸人種, 軽便と, 近世まで, 運転手を, 避けなければ, 鎌倉時代から, 面部は

▼ 使用~ (33, 1.2%)

2 である, の側

1 [29件] が流砂, が聖徳太子, が読者, であるけれども, とがありました, としての哲学者, なる事, にその, によりそして, に喜ばれる, に囘収, に経験, に罪, の価値判断, の個性, の全部, の凡, の性質寧沈着, の方寸, の方面, の範囲, の考え方, の職業, の腹, は何で, は借家人, は困る, は必, まで持っ

▼ 使用せられ~ (26, 0.9%)

5 ている 3 ていた 2 てきた, て居つた, て居る

1 [12件] つつある, てある, ていない, てその, てはゐない, てゐた, て居た, て現存, 俳優には, 或いは良家, 武装した, 雑芸雑職に

▼ 使用によって~ (23, 0.8%)

1 [23件] である, 一定量の, 作られ得かつ, 作られ得べき利潤, 取得された, 取得され得べき, 吾, 回復せしめる, 多くの, 得られたすべて, 得られた生産物, 得られるすべて, 得られる生産物, 成立する, 更に八十五クヲタア, 来る疲労, 生産された, 私が, 等しく利得, 見ちがえるよう, 貨物の, 輸入され, 量において

▼ 使用価値~ (22, 0.8%)

3 と交換価値 2 から抽象, はそのもの

1 [15件] からだけ見え, から離れ, でもなけれ, とか交換価値, とはどういう, と価値, にすぎない, の二倍量, の多い, は何らかの, や交換価値, をその, を増加, を有, を附加

▼ 使用すべき~ (17, 0.6%)

2 もので

1 [15件] か, ことが, こと助, それぞれ一定數の, ものである, 人物を, 人物養成に, 切り札だ, 同一の, 権能に, 注意を, 燃料の, 爲にのみは, 物質に, 金が

▼ 使用しない~ (16, 0.6%)

2 はう

1 [14件] かは結局値段, けれども其等, ことについて, で主観, で機械, という管理, のは, ものを, 人民は, 元始的な, 所の, 方針であった, 時には, 歌舞伎とか

▼ 使用し得る~ (15, 0.5%)

2 ものを

1 [13件] といふ自己, に対し大王, は無し, やう例へば, ような, ように, 兵力の, 兵力は, 小遣ひ, 方法を, 正当な, 者が, 至極重宝

▼ 使用すれ~ (15, 0.5%)

2 ばいい, ばこの

1 [11件] ばいくぶん, ばその, ばやはり, ばスワデシ, ば今, ば今日亂用, ば呪力, ば実際, ば必ず, ば疲労, ば頗る

▼ 使用~ (13, 0.5%)

3 の価値 2 に費用 1 においても大, においても逓信省貯金局あたり, に区別, に大いなる, の峻別, の節約, の誤謬, 最も便利

▼ 使用しよう~ (11, 0.4%)

3 とする 1 ということ, とし, とした, とまじめ, と思う, と思うなら, と試みた, などの下心

▼ 使用せられた~ (11, 0.4%)

1 [11件] おびただしいトリック, かと云, ことであり, のである, ものである, 事が, 各種の, 彼が, 文句である, 日常品である, 綾地切と

▼ 使用~ (11, 0.4%)

1 [11件] が一〇〇, が全体的, が多かっ, は半分位, は名古屋, は日毎, は釣瓶, もしたがって, も激増, を制限, を牽引

▼ 使用されず~ (10, 0.4%)

1 そしてその, その代り, その箪笥, にいた, に処分, 主として, 主観的なる, 事務室に, 作戦計画以外の, 恵瓊殿には

▼ 使用せし~ (10, 0.4%)

2 とせん 1 むることを得ず, むるならば之を, むるには稍, めんが, めんと, 嚆矢と, 敝布を, 言語につき

▼ 使用せぬ~ (10, 0.4%)

1 こと, そうである, という一点, とか除名, ところは, とも宜しい, ものが, ゆえエレベーターや, 座敷な, 文字も

▼ 使用せられる~ (10, 0.4%)

1 かなどには無頓着, ことばは, のだ, のは, ものは, 刑事の, 性質の, 時に, 社会的富の, 賃金労働者は

▼ 使用には~ (10, 0.4%)

1 たいてい先, たえられないよう, たえ得ない, レーヨンの, 堪えないよう, 堪へぬもの, 大なる, 煎茶が, 統制が, 限度が

▼ 使用せず~ (9, 0.3%)

2 私の 1 そして一般, にしまっ, に直接手, に算盤, 一定の, 単独に, 必ず縦

▼ 使用~ (9, 0.3%)

1 いひ何れ, なったり, なって, なれば, 分業とが, 実感とが, 漢字借用とに, 相俟, 聖務執行の

▼ 使用に対して~ (9, 0.3%)

1 あまりにも, ある報償, その名, 何人も, 受取る補償, 土地の, 地主に, 彼らに, 支払われたもの

▼ 使用~ (9, 0.3%)

1 がいる, としてお納め, は約, をとられる, を含め, を払うべきだ, を支払わず, を置い, を要する

▼ 使用してる~ (8, 0.3%)

1 うちは, じゃない, ところから, のでした, ものと, 場合が, 者が, 者に

▼ 使用されない~ (7, 0.2%)

2 事を 1 からでしょう, までに壊され, 一切の, 多くの, 音が

▼ 使用方法~ (7, 0.2%)

1 についてでげす, に就い, に於, の批判, の最後, はその, を習っ

▼ 使用~ (7, 0.2%)

1 が附着, とプラチナ山, を取つた, を地元, を得た, を狭められ, を獲得

▼ 使用しなかつた~ (6, 0.2%)

2 のは 1 のであります, のである, 為か, 爲に

▼ 使用しなけれ~ (6, 0.2%)

2 ばならない, ばならぬ 1 ばならないだろう, ば酸化作用不足

▼ 使用できる~ (6, 0.2%)

1 し天草商事, のだ, やうに, ように, 兵器まで, 物ばかりを

▼ 使用により~ (6, 0.2%)

2 破壊せられ 1 あるいは速, その所得, 事変により, 発達した

▼ 使用に対し~ (6, 0.2%)

1 そして土地, なお存在, または無限, 常に支払われる, 支払われるそれ, 支払われる部分

▼ 使用に対しては~ (6, 0.2%)

2 何らの 1 いかなる地代, いかなる料金, 他方の, 何物も

▼ 使用~ (6, 0.2%)

1 この問題, さのみ, しないのに, その製作, 官省銀行会社工場商店その他の, 目途も

▼ 使用~ (6, 0.2%)

1 には竿, の手入れ, の風呂, の風呂水, は折っ, は空缶

▼ 使用禁止~ (6, 0.2%)

1 されラジオ, とあり, などが, のため, のアッピール, をこの

▼ 使用さるべき~ (5, 0.2%)

2 もので 1 かまたは, 動物は, 名誉ある

▼ 使用され得る~ (5, 0.2%)

1 ものでない, わけである, 力である, 場合に, 方法を

▼ 使用したい~ (5, 0.2%)

1 という一週間前後, と思う, ものである, 感が, 絶景が

▼ 使用しなかった~ (5, 0.2%)

1 かという, とは断言, 事と, 大道具が, 過失に

▼ 使用せね~ (5, 0.2%)

4 ばならぬ 1 ばならない

▼ 使用せよ~ (5, 0.2%)

1 とある, という, と主張, と云, と叫ん

▼ 使用について~ (5, 0.2%)

21 注意しよう, 語るの, 論議する

▼ 使用出来る~ (5, 0.2%)

2 のである 1 はずである, ものも, ように

▼ 使用~ (5, 0.2%)

2 を盛ん 1 などについて相談, につき研究, を提供

▼ 使用させる~ (4, 0.1%)

1 からです, よう命じ, わけにゃ, 小判形の

▼ 使用さるる~ (4, 0.1%)

1 いわゆる思考実験, ことと, 純粹, 語である

▼ 使用され得ない~ (4, 0.1%)

1 としてもこの, のである, ほどの資本額, 時従って

▼ 使用しうる~ (4, 0.1%)

1 という確信, どの部屋, ほどにある, 日本紙幣という

▼ 使用したら~ (4, 0.1%)

2 よかろう 1 どんなこと, 一時間ごとに

▼ 使用せん~ (4, 0.1%)

2 とする 1 と欲, と試みた

▼ 使用った~ (4, 0.1%)

1 もの古い, 事は, 板の間も, 鍬の

▼ 使用できない~ (4, 0.1%)

1 ということ, ものも, ように, 粗野の

▼ 使用によ~ (4, 0.1%)

1 つて, つて場所を, つて概念が, つて資本と

▼ 使用に対する~ (4, 0.1%)

1 ものであり, 利潤も, 大なる, 応分の

▼ 使用~ (4, 0.1%)

1 がある, が多い, が無い, と違

▼ 使用目的~ (4, 0.1%)

1 から地代, は雨天, をすこし, を推定

▼ 使用いたし~ (3, 0.1%)

1 てよろしい, て居た, 候が

▼ 使用いたします~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 ゴム製の

▼ 使用させ~ (3, 0.1%)

1 ていただきましょう, てもらっ, て見たい

▼ 使用されし~ (3, 0.1%)

3 以前に

▼ 使用されてる~ (3, 0.1%)

1 ことは, 一部を, 者が

▼ 使用し得べき~ (3, 0.1%)

1 ものは, 名稱, 多量の

▼ 使用するなら~ (3, 0.1%)

1 ばその, ば私, まだよい

▼ 使用せざる~ (3, 0.1%)

2 を得ない 1 を得ないであろう

▼ 使用せずし~ (3, 0.1%)

1 てそれ, て不, て之

▼ 使用せらるる~ (3, 0.1%)

1 までは, 例が, 大阪言葉は

▼ 使用せる~ (3, 0.1%)

1 ものにて, 算木も, 航空標識は

▼ 使用~ (3, 0.1%)

1 に逆, のもの, のもの二三

▼ 使用~ (3, 0.1%)

1 が巧, は一部, も学生

▼ 使用から~ (2, 0.1%)

1 公衆の, 発生する

▼ 使用させぬ~ (2, 0.1%)

1 ことに, と言った

▼ 使用されれ~ (2, 0.1%)

1 ばかの, ば即ち

▼ 使用したる~ (2, 0.1%)

1 ものと, 器物調度図書典籍を

▼ 使用します~ (2, 0.1%)

1 この割合, しかしながら支那

▼ 使用し始めた~ (2, 0.1%)

1 か, ものである

▼ 使用し得ない~ (2, 0.1%)

1 とはどうして, 程僅少

▼ 使用すべきである~ (2, 0.1%)

1 かを研究, とする

▼ 使用するであろう~ (2, 0.1%)

1 が如く, ということ

▼ 使用ずみ~ (2, 0.1%)

1 か, ですか

▼ 使用せしめる~ (2, 0.1%)

2 ことによって

▼ 使用せられず~ (2, 0.1%)

1 また, また濁

▼ 使用せられたる~ (2, 0.1%)

1 ものを, 薬剤の

▼ 使用せられない~ (2, 0.1%)

1 のでいかにも, 社会的富の

▼ 使用せられなかった~ (2, 0.1%)

1 原料と, 鍵が

▼ 使用って~ (2, 0.1%)

1 いた机, 居る手拭

▼ 使用~ (2, 0.1%)

1 書き好い, 補充せざる

▼ 使用との~ (2, 0.1%)

1 始まったの, 結合から

▼ 使用とを~ (2, 0.1%)

1 絶対に, 馴らさせるため

▼ 使用などが~ (2, 0.1%)

1 これである, それである

▼ 使用については~ (2, 0.1%)

1 まあ久子, 人員や

▼ 使用にも~ (2, 0.1%)

1 やはり自由, 堪へずして

▼ 使用による~ (2, 0.1%)

1 秘密通信音楽による, 結果を

▼ 使用價値~ (2, 0.1%)

1 に重, を極めて

▼ 使用出来ない~ (2, 0.1%)

1 から第, 程ひどく

▼ 使用~ (2, 0.1%)

1 の類, ばかりだった

▼ 使用~ (2, 0.1%)

1 勝手の, 随意です

▼ 使用成績~ (2, 0.1%)

1 が個人別, が悪い

▼ 使用~ (2, 0.1%)

1 と最初, や石油

▼ 使用時間~ (2, 0.1%)

1 をきめる, を書いた

▼ 使用法等~ (2, 0.1%)

1 にっき, に至る

▼ 使用致し~ (2, 0.1%)

1 候様記憶致候, 居候

▼ 使用農耕灌漑その他~ (2, 0.1%)

1 を挙げる, を擧げる

▼1* [185件]

使用あそばされる茶わんを, 使用あそばすならばわたくし, 使用いたしませねば絶対, 使用いられましてご, 使用い古るした葡萄の, 使用気に, 使用おうかと思っ, 使用かたがた英学の修業, 使用くださいますよう, 使用くらいのものを, 使用こそ来るべきサンボリスム, 使用こそは越中文人の, 使用さえすれば, 使用されたいというふう, 使用されたであろうかが実感, 使用されたらしい棒杭が, 使用されたる刑罰法の, 使用されなかったという点, 使用されなければならず, 使用されねばならぬであろう, 使用されはじめたのが, 使用されますが私, 使用され出した時代に, 使用され到るところに, 使用され始めてからカヤツリ紙, 使用され始めた時期は, 使用され来ったのである, 使用しか許されて, 使用しきれぬ程の, 使用しこみ入った模様を, 使用したくないので云う, 使用したならばいくぶん, 使用したわからない絵でありました, 使用しなくてはならない, 使用しなくなった古い下水管, 使用しはじめたとのこと, 使用しまするぞ, 使用し始めて以来文学, 使用し始めると僕, 使用し尽された後の, 使用し尽されないほどに増加, 使用し尽してしまった, 使用し得しめまたより, 使用し得せしめるものである, 使用し慣れてくる, 使用し来たったところであり, 使用し開いた両手を, 使用すなわちある種, 使用すべからずとか万人, 使用すべきではない, 使用すべきでありかつ出, 使用すべく製作されました, 使用すべしとはいかに, 使用するうづゑ, 使用するべきグリュー引きの, 使用する如き真面目な, 使用する如くさあ床, 使用する破甲爆雷などの, 使用する送られてといふ言葉, 使用てイヤ口, 使用せざりし時の, 使用せしめば一面郷土観念, 使用せしめたから大きな, 使用せしめぬ様に, 使用せず住んでいる, 使用せなければならぬ, 使用せらると雖, 使用せられざるを得ない, 使用せられなくなるから孤城落日, 使用せられる浮いた言葉な, 使用せられ始めて唐, 使用せられ得るものである, 使用そのものに何, 使用その他細菌戦を行わない, 使用金は, 使用という約束, 使用てんで舞台は, 使用でありますからまだ, 使用でも褐色の, 使用とが今日生活の, 使用とに帰着する, 使用とは総生産物, 使用ないときまった, 使用なさると見える, 使用なされたしとなり, 使用なぞの特權, 使用などでも適当な, 使用などにはおのずから限度, 使用などによって知らず知らず煩わされて, 使用などのような, 使用にすら耐へ, 使用についての責任の, 使用にによってその富, 使用によっても生ずる電波, 使用によつて得る, 使用に対してのみ地主に, 使用に対してよりもより多く, 使用に関して採用され, 使用に関する考察とは, 使用に際して初學者, 使用のみであろう, 使用ふといふ腹, 使用ふまいとその, 使用へる頃には, 使用または土地の, 使用までも禁ぜられるやう, 使用より起る貨物, 使用ない, 使用をさえ禁止したい, 使用シテ頻ニ無辜, 使用スルニ非ズンバ鐵器, 使用スルヲ以テ自然ノ理トス, 使用スル事能ハズトノ理由一モ存スル事無シ, 使用セラレタルコトハ例エバ明治三十九年東京市下谷区御徒町仁愛堂発行ノ, 使用ちまって, 使用堪エズ, 使用一八一三年バウツェン会戦に於ける, 使用上不快なく日常机上, 使用上所謂敬語階級的な感情, 使用上音標文字の一種たる, 使用下さる由申渡されました, 使用中音部の強化, 使用久しくて其, 使用享受せずして, 使用人数に等しい, 使用人民ノ棲息セシ地ニ家屋, 使用人民ハ亞米利加舊來ノ石器使用人民, 使用としてその, 使用以上に重大, 使用は羨望, 使用具合とか何とか, 使用なるみつ, 使用出來ぬもの, 使用出来さえすれ, 使用出来ますから昨夜, 使用分量が少く, 使用をし, 使用制限でストウブ, 使用効果の実験, 使用原紙八千トン以上の会社, 使用及び地主の, 使用の東, 使用圖書館などに於ける, 使用だったという, 使用小屋としては完全, 使用度數を器械的, 使用後乾燥速なり殊に, 使用或は国語の, 使用方等に就い, 使用時代にはひる, 使用になっ, 使用期限は場合, 使用を遺し, 使用に注意, 使用決定の権限, 使用法以上かも知れない, 使用法改良研究者に属する, 使用法理論の立て, 使用法脇路活栓排水弁の操作法, 使用をみる, 使用物件には米友公あたり, 使用生産用具土地の賃貸借, 使用番号の役目, 使用相成らずと東照権現, 使用空中写真赤外線通信などみんな煙, 使用等規則違反が多い, 使用範圍に於い, 使用習慣から云う, 使用者さへ確か, 使用者之を荷, 使用者是に乘, 使用者自身も当然, 使用の朱印, 使用製作を制限, 使用の多く, 使用語彙の場合, 使用資本に対し取得, 使用だという, 使用遊ばすいろんなゴム細工, 使用過労を避け, 使用開始を命じなかった, 使用頻度の統計, 使用が次第に, 使用にはなれない, 使用OKの由