青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「使う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~作用 作用~ ~作者 作者~ 併~ ~使 使~ ~使い 使い~ ~使う
使う~
~使っ 使っ~ ~使った 使命~ ~使用 使用~ ~使者 使者~ ~來 來~

「使う~」 2644, 29ppm, 4108位

▼ 使う~ (350, 13.2%)

19 です 12 では 11 である 109 であるが 5 だと 4 かそれ, が一番, だから, と同じ 3 さ, だろう, であった, でした, ですか, ですから

2 [19件] か, かい, かと訊かれた, がすき, がよろしい, が厭, が好き, じゃ, だという, だろうか, であって, でしょう, ですが, はいや, はその, はまだ, はもったいない, は今日, は稀

1 [212件] かえ, かがわからない, かその, かそれとも, かと思う, かと思え, かと憤慨, かと見, かと訊ねます, かね, かほとんど, からし, かわかりません, か云わなく, か分らない, か大小さまざま, か太い, か得体, か水銀, か滑らかそう, か見当, があっ, があります, がある, がいや, がこの, がさながら, がその, がつぶつぶ, がよい, が一番利巧, が一番有利, が上手, が下手, が便利, が僕, が億劫, が功徳, が却って, が名物, が大迫玄蕃, が嫌, が定法, が巧, が平気, が当り前, が御, が御殿, が惜しかっ, が方言, が普通, が本当, が朸, が正しい, が気に入らない, が臆劫, が自慢, が見世物, が間違い, だい, だえ, だか, だからね, だが, だこれ, だし, だそう, だった, だったが, だったらライスカレー, だったら俺, だで, だとか, だな, だなどとは, だろうかと, だろう馬, だ小, であったが, であります, でありますお, であり図引き, であるから, であるという, でございました, でございましょうな, でしたから, でしたが, でしょうか, でしょうが, ですかな, ですかね, ですね, です後, でなければ, でも, とお, とで同級生仲間, とはわけ, とは訳, とほとんど, とイースト, と全く, と冷笑, と別々, と煮物, と近い, と阿漕, にもまるで, にも安く, に分け, に取っ, は, はあかん, はいくら, はいけない, はいささか, はかの, はがら, はこれ, はさぞ, はしみったれ, はじつは, はちょうど, はとりわけ, はどう, はどういう, はどんな, はなかなか, ははじめて, はべつに, はまずい, はむしろ, はむずかしい, はもう, はもちろん, はやっぱり, はイヤミ, はオレ, はサンドイッチ, はセンス, はボク, は一番容易, は世話, は争うべからざる, は人, は人形, は例, は公金, は剥いた, は十六年, は口, は只, は善良温和, は固, は大佐, は大抵, は好い, は如何にも, は実に, は実は, は専門上, は小さな, は少し, は山田, は当然, は惜しい, は損, は料理法, は新, は柳, は相, は祈祷, は私, は空々しく, は立派, は経済主義, は至極, は虚飾外見, は誰, は遺憾, は醤油屋, は鍛冶屋, は間違っ, は青年, は非道, は骨, までが怖しく, もタクミ, も今, も単に, も少し, も店, も悪く, も皆, をやめ, をやめる, をマリユス, をムダ使い, を大切, を好まない, を差, を眺め, を見, を見た, を見る, を許し, を遠慮, んなら, ん屁, 狐を, 鼠を

▼ 使うこと~ (288, 10.9%)

16 にした 9 ができる, にし 8 になっ 7 が出来る 6 になった 5 が出来た, にする 4 がある, ができない, にしよう 3 ができた, が出来ない, にしました, になる, を知らない, を覚えた

2 [17件] から始めね, ができません, が上手, が出来ず, が分っ, である, です, によって或いは, のできる, はならぬ, は出来ない, は滅多, もあった, もある, を教え, を知らなかった, を考えた

1 [159件] がいけない, がございます, ができず, ができなかった, ができなくなった, ができぬ, がない, がなかっ, がねえや, がひどく, がほぼ, が上手ゆえ, が上手ら, が何, が何より, が例, が出来ません, が堂, が多かっ, が好き, が才能, が抑, が日本, が東方文芸, が止められ, が流行りました, が第, が非常, しか知らなかった, それからお, だけでその, でしょう, では, でも, で思いあたる話, で斯道, となった, などできる, にある, においては天成, にきまっ, にきめ, にしましょう, にすれ, について条件, になり, になりました, になるだろう, になろう, によって何とか, によって愛, による生活, に利用, に同意, に感動, に慣れ, に気がついた, に決心, に注意, に熟練, に逡巡, に馴れ, に馴れなけれ, のできない, のよしあし, の一つ二つ, の他, の出来る, の合理化, はありゃしない, はある, はあるまい, はお, はかなり, はこの, はその, はできなかった, はなかっ, はまるで, は中, は余り, は全く, は出来なかった, は出来ぬ, は出来ます, は卑怯, は同じ, は周知, は大, は心得, は文明, は村, は甚だ, は用兵以上, は発展性, は結局, は絶対, は花子, は許されない, は避ける, ばかりに満ち, ばかりを意味, ばかり急い, ばかり考え, もあるまい, もできない, もできます, もできる, もなく, も上手, も人, も出来る, も出来るだろう, も呪縛, も売る, も知っ, やといったよう, やセイヌ河岸, をあなた, をいう, をおこたっ, をふれさせ, をやめさせられた, を卑し, を厳禁, を命じなかった, を咎めない, を固執, を奨励, を嫌がりました, を学ばなけれ, を学び, を御存じ, を忌みきらい, を忘れなかった, を思いつく, を意味, を教えられ, を決心, を白状, を知, を知っ, を知らず, を知らぬ, を禁じ, を禁ぜられ, を禁止, を私, を習っ, を要求, を解せなかった, を許されるなら, を許し, を許した, を許可, を警戒, を非常, 仕入, 故その

▼ 使うよう~ (130, 4.9%)

17 になっ 16 になった 6 にし 5 になる 4 になり 3 なこと 2 である, なの, なもの, な言葉, にした, にしたい, になりました

1 [65件] でございました, ですが, で心配, なおもちゃ, なかっこう, などんぐり, なカンナ, なズーズー, な一台, な上等, な事, な仕事, な傾き, な具合, な円筒形, な勝った気, な可愛らしい, な四角, な声, な安い, な安全排気管, な小, な山刀, な工合, な店, な旧式, な時, な机, な椅子, な澄んだ声, な片目, な独木舟, な眩しい, な移動照明器, な網, な色, な調子, な護謨輪, な踊り地, な醤油, な黄色, にさえ見える, にしなけれ, にする, にすれ, にだけ作られ, にとおっしゃいました, にとこしらえられた, にと渡した, になったなら, になつ, になります, になれ, にのこし, にまかない, によく, にシキリ, にッ, にペコペコ, に九尺, に取っ, に四階, に娘, に酷使, 思わるるに

▼ 使う~ (119, 4.5%)

3 すると, すれば, 同じよう 2 いう, いうが, いうと, いうよりも, いっても, いわれて, 消化が

1 [96件] あ, あったけれども, あっては, あらゆる矛盾, いうては, いうほどの, いけません, いったが, いって, お云い, かんたん, きみは, したらその, します, しょうぞ, しようか, しよう飼料, すぐに, そのトタン, その使った, それは, それを, ただ年中行事, たちまち能率, ちゃんと雪, ちよつと, つまり美学的, どういうもの, どうしても女, どうも味, なかなかコンパクト, なっては, なまぐさの, なれば, なんとなく間に合う, ふとりませんな, またあの, みえる, よくある, よく出来ます, わかるん, ホースが, ボヘミアン襟飾が, 一度こすった, 上まで, 不体裁の, 不幸に, 世界じゅうが, 二人で, 云う事, 云う噂, 云った癖, 人は, 余りにも, 使わないと, 使わないとには, 六銭の, 別の, 前述驢様の, 区別が, 取らないでいい, 可笑しいと, 味が, 味も, 強すぎる, 思ったあんな, 思われるよう, 意外な, 或いは君, 手軽で, 放射線粒子一つ一つの, 文学, 日本人には, 水道の, 滑稽でも, 申すこと, 発破と, 相慕い帰る, 私が, 素敵に, 聞きました, 聞き御嶽冠者, 胃ブクロへ, 脂肪分が, 蚕が, 西洋人は, 言う女, 語った, 読者の, 賃銀ばかりの, 過去を, 金が, 随分高い, 非常に, 頭に, 魔術よりも

▼ 使う~ (84, 3.2%)

5 ゐる 2 ゐた, ゐる例

1 [75件] あげな, あの商, あの商売, あるほどに, いた妻, いた隠密, いて, いると, いる八蔵, おくれやすや, おられながら, くさるの, くれと, くれぬかと, くれは, さうし, しまう, た, なるもの, まことし, ますねんけど, みて, みるかなあ, やったもの, やったん, やった恩, やって, やつて, やる, よいか, よいかは, ゐた事, ゐるのに, ゐる先島, ゐる所, ゐる為事為, 世間の, 了うたら, 事業を, 人を, 人夫共の, 又帰っ, 困ると, 家々を, 居た, 居つて, 居られた位, 居らん, 居るの, 居る私, 幕府を, 引っ括らせます, 思うた時, 戦わしむる, 更に人, 来て, 液体に, 男の, 益々推理, 研究を, 神の, 素性や, 緩やかな, 自分等が, 自己の, 見たいので, 見たの, 見ようと, 貰うたら結構, 買ひ込む, 道路の, 長者にな, 関所を, 阿諛ふ, 顕る

▼ 使うという~ (75, 2.8%)

9 ことは 5 ことも 4 ことが, ことに, ような 3 ことを, 風に 2 ことである, のが, のは, 習慣が

1 [35件] こと, ことじゃ, ことだ, ことで, ことでなけれ, ことなどで, ことには, たちであった, のか, ものであっ, ように, わけに, わけには, ジレンマに, 一見些細な, 中央に, 事が, 人相では, 厄介な, 噂は, 地方も, 奇妙な, 工合で, 当は, 方から, 期待は, 無双な, 目的は, 約束だった, 考えを, 規定は, 評判が, 評判だ, 評判であった, 近頃はやり

▼ 使うもの~ (74, 2.8%)

3 である, ですから, では 2 なの

1 [63件] か, かい地震除, かね, か何ん, がこうして, が失脚, が思い, が沢山, じゃ, じゃなし, だ, だか, だかお, だから, だが, だけが遠方, だそう, だったという, だと, だとばかり, だなんて, だろう, だろうねえ, だ使えない金銀, だ気, であった, であったから, であって, であるが, であると, ですか, ですよ, でそれ, でない, でないこれ, で加減, で殆ど, としか考えられなかった, としてつかわれ, としてはとても, としては火縄銃程度, とを用意, と使われる, と信じ, なのに, なん, には間違い, はああ, はその, はみんなただ, は久助君, は人, は品物, は塩, は英国, は非我, ばかりで, も無くなった, やらさっぱり, より見る, をちがえ, をひきくらべ, を軽蔑

▼ 使う~ (42, 1.6%)

84 だから 3 ですか, ですね 2 じゃなかった, だな, だろうと, ですよ

1 [16件] じゃねえ, だからね, だが, だし, だって話, だという, だね, だよ, だろう, だ仮り, だ足, でしょう, でしょうと, です, ですかい, ですもの

▼ 使う言葉~ (35, 1.3%)

3 である 2 だ, です, の意味

1 [26件] からが余自身, がそうして, がその, が余等, が東京, じゃ, だった, だったの, でなければ, では, ではない, でもなんとなく, で使われる, で俺, としてしかしらなかった, について余り, の, は, はあまり, はある, はなく, は身勝手, は霰, をすっかり, を用い, を話す

▼ 使う~ (34, 1.3%)

7 いい 4 よい

1 [23件] あのねっとり, いいその, いいべさ, かんじんじゃ, これも, ごときもの, そのかわり, どうした, ふのりは, ほかには, もしも能力, よいぞ, よいと, よろしい, 一々ハエ, 他の, 全く直下, 君は, 夏から, 好い, 日本の, 日本料理の, 頬白に

▼ 使う~ (34, 1.3%)

2 がある, が出, と使われる, の働き

1 [26件] ありて, があっ, がいる, がすこし, が毎日, でなければ, と数々, には一種, にもなりたくない, に時々, の勝手, の声, の心, の心中, の意志, の精神, の話, はここ, はその, はなかっ, はよく, はよくよく, は偶然, は歯, もある, も数える

▼ 使うため~ (33, 1.2%)

2 です, にある, のもの

1 [27件] だ, ついには, ですか, なの, に, にすこし, にちゃんと, には是非とも, に今, に倒れた, に古人, に土, に桃色, に欲心, に犬, に肌, に金, に鉛筆, に間に合わせなけれ, のうじ, の不思議, の乾いた, の借り, の喬, の室, の蛆, らしく思われた芝

▼ 使うので~ (32, 1.2%)

2 この孔

1 [30件] ああいう, あおぐと, その前, その発光継続時間, それが, それは, それも, それ以外の, どこへ, なくては, まるで別, 上流社会に, 上等に, 何処でも, 先代政祐の, 出来上りが, 勇名が, 換気の, 有名です, 枯れて, 汗で, 甲比丹ブルックに, 私は, 縁も, 薄墨色の, 観世では, 観世流では, 贔屓筋としては, 近所の, 近頃では

▼ 使う~ (30, 1.1%)

2 がない, はない, もありました

1 [24件] か, がある, がなくなるでない, が多い, が忍び込ん, たるべしと, だな, では, とそう, の内, はいない, はおりません, はなかっ, は孤寒素貧, は心, は新聞記者, は無造作, は飯綱, もあった, もあまり, もいねえ, ものど, もまた, を片手

▼ 使う~ (29, 1.1%)

3 が出来る

1 [26件] があります, がございましょう, ができます, がどんなに, が出来た, が出来なくなりました, が多い, だけを知っ, だった, ったら, でも, にし, にする, にむしろ, によってますます, のできない, のない, はよそう, を御, を心得, を忘れない, を決定, を知らなけれ, を知り用いた, を研究, を許した

▼ 使うから~ (24, 0.9%)

1 [24件] うまいなどと, お茶くれねえ, こうなる, これからもうストロー, だ, だと, であって, である, です, 今いった, 取扱いが, 口へ, 同じじゃ, 太鼓を, 孤児も, 寝泊りする, 平油単, 懲しめの, 特別の, 脳を, 色は, 見に, 随分危険, 電波の

▼ 使う必要~ (24, 0.9%)

4 のない, はない 3 がある

1 [13件] ありますや, があった, があろう, がない, がなくなり, がほとんど, が生じる, はちっとも, はなかっ, は少し, もないだろう, もなし, を感じた

▼ 使う~ (23, 0.9%)

2 はその

1 [21件] がいよいよ, が永久, だ, でも斯, にはきっと, にはすべて, にはそれ, にはそれぞれ, にはまだ, には家庭, には左手, には私, には釣り竿, のよう, の使い方, の持ち, は, は先ず, は勝手, は水, は純粋

▼ 使うつもり~ (21, 0.8%)

2 だ, で来た

1 [17件] か腰, だから, だった, だったか, だったこと, だったの, だったろうか, だとか, だろうね, であったの, であったらしい, であるほんとに, ですけれども, で一二年世界漫遊, で無く, の新しい, ものう

▼ 使う~ (20, 0.8%)

2 がよい

1 [18件] がこの, がずっと, がよっぽど, がマシ, が合理的, が国家, が日本, が遙, では, でも, でも使い, としては不便, ならいくら, になっ, のもの, の有難味, はまず, を望む

▼ 使うには~ (18, 0.7%)

1 [18件] ちと難しい, どうしたら, まずなまり, やはり精密, カステラ鍋で, 丈夫一式に, 余りに不精者, 使いよい, 十分である, 十四年間も, 厄介な, 厚いブリキ, 及ばなかった, 安心できる, 少なく与え, 我意に, 海底の, 無理の

▼ 使うのに~ (18, 0.7%)

2 骨が

1 [16件] おとなしい羊, こんな安易, そっくりであった, よい子供, 三円なんて, 云々という, 少しでも, 恰好な, 熱中し, 苦労し, 螺鈿の, 都合よい, 非常に, 革むちを, 驚ろかされた, 骨を

▼ 使う~ (17, 0.6%)

1 [17件] あるいは蒸し返し, あるいは重, この辺, その生かし, なぐし, ひとつあて, また靴, もっとも富める, わからねえ, わざわざ短い, 一つ見せ, 使わないかという, 分らないよう, 活動写真の, 知ってる, 言って, 金に

▼ 使う~ (17, 0.6%)

1 [17件] しても, しろまとめて, しろ相手, その人, はなはだ不始末, 余り便利, 余る金, 及ばず匕首, 堪えたもの, 妙を, 必要だった, 物柔らかな, 礼を, 越したこと, 過ぎない, 適した広, 限るですぞ

▼ 使うだけ~ (14, 0.5%)

3 使って

1 [11件] であった, である, であるから, でこんど, でございます, でないこと, で不断, なの, なら腹, ますます頭脳, 使った方

▼ 使う場合~ (14, 0.5%)

1 [14件] が多かっ, など, などにはある程度, ならそれ, ならば, にはそういう, には哲学的範疇, には料理, には日本語, には魚刺, に一方, に限っ, はその, はまれ

▼ 使うかという~ (13, 0.5%)

2 ことが, ことは 1 ことの, ことを, 予算を, 使い分けが, 問題さえ, 問題は, 段に, 点に, 風に

▼ 使うとか~ (12, 0.5%)

1 [12件] いろいろ工夫, こうすれ, でよしあし, ジェラルディン・ファーラーは, マイクロホンが, 云う者, 婬を, 悍馬に, 浪人に, 温泉を, 管狐を, 言う

▼ 使うとき~ (12, 0.5%)

2 はその 1 がない, にでも出来る, にはわたしたちみんな, には前, には線輪, のほか, の机, はお金, よりも汗, 御常

▼ 使うより~ (12, 0.5%)

2 仕方が 1 ないので, もっと有用, よいこと, ロバを, 人力が, 前に, 外に, 外道の, 生理休暇の, 身に

▼ 使う~ (12, 0.5%)

2 にならない 1 かね, とみえる, なの, になった, になれなかった, にはなれ, にはなれない, にもなりませんでした, はしない, は全然

▼ 使う道具~ (12, 0.5%)

1 [12件] が幾通り, さえ目, じゃない, でなければ, に有害, の一, の分際, の名前, はみんな, は一種, や薬, を売りはらっ

▼ 使うところ~ (11, 0.4%)

1 [11件] から部落, が一本, だ, でしたわ, に何, の人, の木彫り, はどう, は大方混乱, は非常, もある

▼ 使う代り~ (9, 0.3%)

2 にこれ 1 にこの, にこんな, にも南京豆, に南京豆, に水銀, に無用, に頭

▼ 使う~ (9, 0.3%)

2 は惜しく 1 さえ持たない, ではない, と違っ, の道具, はかなり, はどうして, 働くもの

▼ 使うほど~ (8, 0.3%)

1 りっぱな, スティーフンの, 何かしらいい, 得だ, 成績が, 殖えるもの, 親しさ, 頑固に

▼ 使うかも~ (7, 0.3%)

1 しれずという, しれないと, しれません, しれんね, 判るわけ, 知らないし, 知れん

▼ 使うけれども~ (7, 0.3%)

1 お粥, それは, ただ剣技, 人間の, 僕は, 或る, 結局は

▼ 使うとは~ (7, 0.3%)

1 いって, おもいも, ちと容易, なんて拙い, 些か意外, 何たる軽佻浮薄, 若気の

▼ 使う大きな~ (7, 0.3%)

1 ショベルを, 刀は, 匙と, 斧を, 蠅た, 赤革の, 鋏でございます

▼ 使う~ (7, 0.3%)

2 がいる 1 じゃ, だ, の一人, は, はあまり

▼ 使う~ (6, 0.2%)

1 そのマネゴト, またそれ, また説明, ヒルデブラント夫人は, 両手でも, 算盤を

▼ 使うそう~ (6, 0.2%)

2 です 1 じゃがこれ, だし, だモデル, である

▼ 使うはず~ (6, 0.2%)

1 がない, だった, だと, のその, のアルコオル, の日

▼ 使うもん~ (6, 0.2%)

21 じゃある, じゃねえ, じゃねえや, だから

▼ 使う~ (6, 0.2%)

1 がない, が多い, にこの, には決して, に錯誤, は誰

▼ 使う~ (6, 0.2%)

1 がある, しか料理人, である, は第, もあるだろう, をも汚さず

▼ 使うかと~ (5, 0.2%)

2 いうと 1 問うて, 彼らの, 言えば

▼ 使うだけの~ (5, 0.2%)

1 ことでしょう, ことです, ものを, 余裕分別の, 水が

▼ 使うわけ~ (5, 0.2%)

1 でも, にいかない, にはゆかない, にも行く, にゆかない

▼ 使う~ (5, 0.2%)

1 ですから, なら使わないと, なら少し, なら貴様, には出来るです

▼ 使う~ (5, 0.2%)

1 にどう, にまず, に二人, に役人連, の小手調

▼ 使う品物~ (5, 0.2%)

1 かね, か謎, だから, の製造, を

▼ 使う~ (5, 0.2%)

1 が住ん, だ, でした, なら差し詰め医師, の衣裳

▼ 使う小さな~ (5, 0.2%)

1 人あまりに, 座敷である, 紙袋を, 起重機が, 鈴玉を

▼ 使う習慣~ (5, 0.2%)

1 ができた, のつい, をそんな, をつけない, を持っ

▼ 使う~ (5, 0.2%)

1 と人様, と使われる, になっ, のほう, よりもなんぼ

▼ 使うかは~ (4, 0.2%)

1 人の, 学問の, 結局センスで, 語によって

▼ 使うとして~ (4, 0.2%)

1 あたしの, 二十四銭です, 五十四銭です, 衣の

▼ 使うとも~ (4, 0.2%)

1 いった, 掃溜を, 知れない化学装置, 護法の

▼ 使うなどという~ (4, 0.2%)

3 ことは 1 寛度は

▼ 使うなんて~ (4, 0.2%)

1 じつにけしからんばか者, ぜいたくだ, 益々品, 術も

▼ 使うにも~ (4, 0.2%)

1 人の, 使いどころ, 半挿盥, 遠慮を

▼ 使うばかり~ (4, 0.2%)

1 じゃ, ですよ, でなく母, では

▼ 使う仕事~ (4, 0.2%)

1 じゃない, だから, には始終, に耐えない

▼ 使う~ (4, 0.2%)

1 ではなく, とがなく, は人形使い, を持った

▼ 使う~ (4, 0.2%)

1 だ, である, もわかっ, をよく

▼ 使う~ (4, 0.2%)

1 があたためられ, ではヘリ, と同じ, の音

▼ 使う身分~ (4, 0.2%)

1 となりました, と心得, になっ, になった

▼ 使う~ (4, 0.2%)

1 ぐらいは心得, だけ心得, に困る, は礼

▼ 使う~ (4, 0.2%)

1 がする, さえ遠慮がち, というの, や桶

▼ 使うても~ (3, 0.1%)

1 よかろう, 之に, 四万円は

▼ 使うとかいう~ (3, 0.1%)

1 噂が, 紙ゃあこれですね, 話を

▼ 使うやつ~ (3, 0.1%)

1 がある, さ, なん

▼ 使うよりは~ (3, 0.1%)

1 ずっと楽, 二人と, 友人に

▼ 使うよりも~ (3, 0.1%)

1 どんなにムズカシクテ, 悪い結果, 金が

▼ 使う~ (3, 0.1%)

1 からはこの, におや, の方

▼ 使う~ (3, 0.1%)

1 の最も, の民衆, もある

▼ 使う~ (3, 0.1%)

1 き雑, しの, し与え恵む可

▼ 使う方法~ (3, 0.1%)

1 である, は古来京都, も知らない

▼ 使う材料~ (3, 0.1%)

1 でありますから, の布, を尼君

▼ 使う~ (3, 0.1%)

1 な家, になっ, になった

▼ 使う機会~ (3, 0.1%)

1 がなかっ, のない, の無い

▼ 使う~ (3, 0.1%)

3 になる

▼ 使う~ (3, 0.1%)

1 だからね, もいた, も少ない

▼ 使う神経~ (3, 0.1%)

1 が弛緩, というもの, と又

▼ 使う~ (3, 0.1%)

1 の雪, の面, もこの

▼ 使う英語~ (3, 0.1%)

2 でも大概 1 に頼み

▼ 使う~ (3, 0.1%)

1 あるいはある, には馴れ, は

▼ 使うあの~ (2, 0.1%)

1 シベリア水晶の, ドイツの

▼ 使ういろいろ~ (2, 0.1%)

1 な器具器械, な道具

▼ 使ううち~ (2, 0.1%)

1 にいい, にはきっと

▼ 使うかが~ (2, 0.1%)

1 ハッキリわからない, 問題だ

▼ 使うかに~ (2, 0.1%)

1 ある, 興味を

▼ 使うくせ~ (2, 0.1%)

1 にぼく, もなかっ

▼ 使うって~ (2, 0.1%)

1 お母さまが, 法が

▼ 使うとしても~ (2, 0.1%)

1 一年に, 他人に

▼ 使うとの~ (2, 0.1%)

1 こと足手まとい, 評判が

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 そんなにおせじ, 仔細は

▼ 使うなぞ~ (2, 0.1%)

1 という噂, とまあ

▼ 使うなと~ (2, 0.1%)

1 云っても, 俚諺にも

▼ 使うのよ~ (2, 0.1%)

1 それで贅沢, ねえさんだって

▼ 使うひつよう~ (2, 0.1%)

1 があった, はない

▼ 使うひま~ (2, 0.1%)

1 さえなかろう, をもっ

▼ 使うほう~ (2, 0.1%)

1 がおいおい, が有利

▼ 使うほか~ (2, 0.1%)

1 に取得, はありません

▼ 使うまで~ (2, 0.1%)

1 でございますよ, 踏込んで

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 一切世間の, 少なく使う

▼ 使うもの位~ (2, 0.1%)

2 に思っ

▼ 使うカテゴリー体系~ (2, 0.1%)

1 との関係, と文芸

▼ 使うゴム~ (2, 0.1%)

1 のホース, はどこ

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 で棄て, の勇気

▼ 使う上手アリマス人~ (2, 0.1%)

2 を斬る

▼ 使う人形~ (2, 0.1%)

1 が二十幾つ, なの

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 はない, はなく

▼ 使う以外~ (2, 0.1%)

1 には一, 大した収穫

▼ 使う余裕~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, のある

▼ 使う価値~ (2, 0.1%)

1 もない, もなし

▼ 使う古い~ (2, 0.1%)

1 大釜が, 方法が

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 の手, を見

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 じゃねえ, はこの

▼ 使う商売~ (2, 0.1%)

1 の巧者, や人間関係

▼ 使う器械~ (2, 0.1%)

1 かね, のよう

▼ 使う場所~ (2, 0.1%)

1 がなかなか, とする

▼ 使う塑像~ (2, 0.1%)

1 のやり方, は少なかっ

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 テーブルを, 百姓などは

▼ 使う小道具~ (2, 0.1%)

1 がいっぱい, だってこと

▼ 使う役者~ (2, 0.1%)

2 も勤める

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 に変り, の正しから

▼ 使う手段~ (2, 0.1%)

1 がない, を憚

▼ 使う文句~ (2, 0.1%)

1 がアルファベット順, はもう

▼ 使う文字~ (2, 0.1%)

1 かい, だ

▼ 使う新しい~ (2, 0.1%)

1 言葉にも, 言葉は

▼ 使う新式~ (2, 0.1%)

1 のケロシン油, の道具

▼ 使う日常~ (2, 0.1%)

1 の器具, の言葉

▼ 使う時間~ (2, 0.1%)

1 のある, を惜

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 で陰, を洗う

▼ 使う極めて~ (2, 0.1%)

1 安い鼠色, 幼稚な

▼ 使う様子~ (2, 0.1%)

1 が, を聞い

▼ 使う標本~ (2, 0.1%)

1 や道具類, を先生

▼ 使う機械~ (2, 0.1%)

1 が一番必要, だったらその

▼ 使う武器~ (2, 0.1%)

1 ならよほど, は常に必ず

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 がある, は古来

▼ 使う流儀~ (2, 0.1%)

1 であって, は西条流

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 は何, をもっ

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 が新, においては彼

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 でなく人, にある

▼ 使う特別~ (2, 0.1%)

1 の木幣, の語

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 がある, はあった

▼ 使う白い~ (2, 0.1%)

2 球を

▼ 使う目的~ (2, 0.1%)

1 でこの, にも使い方

▼ 使う研究~ (2, 0.1%)

1 はぷっつり, をし

▼ 使う積り~ (2, 0.1%)

1 だ人, はない

▼ 使う範疇~ (2, 0.1%)

1 が単なる, は根本概念

▼ 使う考え~ (2, 0.1%)

1 だろうか, であったの

▼ 使う自分~ (2, 0.1%)

1 の声, の心

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 はいわゆる, を知らない

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 機関銃じゃ, 機関銃であった

▼ 使う部屋~ (2, 0.1%)

1 です, を一つ

▼ 使う銀紙~ (2, 0.1%)

1 の刀, の竹べら

▼ 使う鏡台~ (2, 0.1%)

1 と縫針, の上

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 もつらつら, も与えず

▼ 使う~ (2, 0.1%)

1 で浅瀬, は大

▼1* [556件]

使うあそばせ言葉とは全く, 使うあるいはヒョイと, 使ううえに出, 使う砂糖が, 使うおもちゃだ, 使うお湯を貰い, 使うお金の桁, 使うかぎり鬼塚元帥からの通信, 使うかぐらいのことは, 使うかたはその, 使うかとかいうだけの, 使うかなんて訊ねるもの, 使うかねと問われると, 使うからといって, 使うからなどではなくて, 使うからねえっいま, 使うかを決定し, 使うふうを, 使うくらいであると, 使うくるみの枝, 使うぐらいにしか頭を, 使うけれど人種は, 使うこころはない, 使うことみんな陳腐です, 使うこと自身が既に, 使うこと農具の改良, 使うこの福祉に, 使うごかいをとる, 使うさかいに一緒に, 使うじゃござんせんか, 使うじょうろも買わなけれ, 使うすなわち東京の, 使うそれではなかっ, 使うそんな少女な, 使うぞんざいな口, 使うたいていの物, 使うただの鎌, 使うためお茶さえのみません, 使うため三百頭の牛, 使うため健康な肉体, 使うため辞書の並ん, 使うたりして, 使うだけは毎朝の, 使うだのそれからそれ, 使うちょる, 使うちょうど時計の, 使うては神妙不可思議これまで, 使うあすソ, 使うでもなく教えるで, 使うとき人を失笑, 使うとしか解釈できなかった, 使うとて名乗りかけて, 使うすべた, 使うどうかすると, 使うなかれと命ぜられたる, 使うなどこういう類, 使うなどは乱暴すぎる, 使うななどという規則が, 使うなんていう望み, 使うについての指標たるべき, 使うに当たっての礼と, 使うねんいうてるけど, 使うのみならずまた, 使うのりをおばあさん, 使うの差がある, 使う本盗人, 使うはしごになる, 使うばってその銭, 使うひどいガタ車であった, 使うひろい実験室が, 使うぶんには誰, 使うえてきい, 使うほどになった, 使うほどにも思いませんわ, 使うほどの大地震, 使うまきを取り, 使うまでにならないので, 使うまでの処分かたについては, 使うまでもなく警官, 使うまねをし, 使うまんなかのま, 使うみじん玉かと思った, 使うみんなにそれ, 使うむちでした, 使うもの外国で使う, 使うもの小笠原島方面で使う, 使うもの恋だけの対手, 使うやら到らざるなき, 使う柿ナマスと, 使うよりはという和一郎の, 使うりっぱな若, 使うねだるわ, 使うわいと思った, 使うわらぶとんのよう, 使うわりに私, 使う忌みまた, 使うんでたびたび鞘当て, 使うアテはなし, 使うアンチモニーは二十円前後, 使うアンモニヤの壜, 使うインクの色, 使うオフェリヤの棺, 使うオルガンを弾い, 使うオーカミイナリではなく, 使うカントの用語, 使うカントクの頭, 使うカンナの中, 使うガラス製の注射器, 使うクラブ洗粉をいつのまにか, 使うグラインダー装置に似, 使うグラスのよう, 使うコクチウス検眼鏡の装置, 使うコルク板の破片, 使うコンテ式のマユズミ, 使うゴーリキイの作家, 使うサボタージュという言葉, 使うシボレーで今一台, 使うスタンドが出来, 使うスリッパのまま, 使うタオルにハンカチ, 使うタメシのない, 使うチャコを抓み出し, 使うテーブルがある, 使うトイレツトなどオトイレツト, 使うドロがいる, 使うナギナタにすらこの, 使うノンセンスと云う, 使うノートブックで表紙, 使うハサミでも清七, 使うバターは新鮮, 使うヒマがない, 使うピンセットの先, 使うフェルトも貰いました, 使うフライパンがない, 使うブシという草, 使うベンチが両側, 使うポンプがとりつけ, 使うマスクなん, 使うマスク類レースガラス玉煙草入れ三つ揃い八〇フラン, 使うメスの一種, 使うユダヤ系商人であった, 使うレールのよう, 使うロケットの製造, 使うロープに似, 使うワケではない, 使う一渡の品, 使う一種の書体, 使う一節がある, 使う万葉仮名は非常, 使う三室から成る, 使う三尺ばかりの鉄, 使う三盆を用箪笥, 使う上下の顎, 使う上落合池添紙店製のをつかっ, 使う下段の鍵, 使う不埒を責め, 使う不完全な道具, 使う不快に堪えがたく, 使う中学の生徒, 使う中年増の女, 使う丸太や滑車, 使う主人も仕われる, 使う乱暴な粗野, 使う了見だ, 使う予定だと, 使う二月も三月, 使う二階はぶっ, 使う人々のあいだ, 使う人人の手, 使う人形芝居の起原, 使う人次第でどうにも, 使う人物はこれ, 使う人種であるという, 使う人達に飽き, 使う人間だと, 使う仕掛けのコロ, 使う仕組みになっ, 使う以上は芸術的, 使う以上それが町人, 使う以上国民全体の利益, 使う伊太利の獣苑興行人, 使う似顔というよう, 使う位置にある, 使う低い腰かけから, 使う何倍もおいしく, 使う作者がある, 使う使いかたと云ったら, 使う値打のある, 使う健康という言葉, 使うに立つ, 使う催眠術の一種, 使う先鋒者は結局彼, 使う全身総彫, 使う八丈を貼った, 使うは鍛, 使う刃物を出した, 使うは政府, 使う分量の何層倍, 使う分銅が一番ボーラズ, 使う切抜きを拵え始めた, 使う刺客やら江戸中, 使うと老人, 使う剪定鋏を引きこませる, 使うです, 使う力学は役に立たなくなる, 使う労賃を考える, 使う勇気のある, 使う勘定です, 使う勘平の刀, 使うでメリケン粉, 使う医者の残酷さ, 使う十手だぞ, 使う半弓を持った, 使う厚紙は隣, 使う原理を教える, 使うの構造, 使う口上の一つ, 使う台所用の燭台の, 使う台所道具に帰るなら, 使う同額とは為替関係, 使う騎手の, 使う名所の名, 使う命知らずのふたり, 使う品それらもあまり, 使う唐がらし漬のキャベツ, 使う唐草瓦の窯元, 使う唱合戦もある, 使う商人風の男, 使う嘗て人に, 使う四分板をならべはじめた, 使う固い煙草な, 使う圧搾空気を入れたら, 使う坊主でもいる, 使う城辺の野草, 使う塩梅に両, 使うで塗り消す, 使う墨斗の形, 使うなぞ見た, 使うはない, 使う夜汽車だった, 使う大砲の筒口, 使う天才もなし, 使う太刀や槍, 使う女中なん, 使う女房の一人, 使う子どもを探す, 使う字引きとして, 使う実印だけは母, 使うの処, 使うと目, 使う家具類を自然, 使う家庭となる, 使う寝台の座, 使う寝棺二つ分ぐらいの容積, 使う寝業であった, 使う寿司は高い, 使う助に対する, 使う小兵の男, 使う小石が積ん, 使う屋敷で用人その他, 使う屋根船でめったに, 使うの人魚, 使う山ことばだが, 使う山笛というの, 使う工事で働き, 使う工夫をした, 使う工業に応用, 使う巫女が現れ, 使う帳本人なん, 使う帳簿は紙, 使うべったい, 使う平凡な飯茶碗, 使う年寄りのばん, 使う幻魔術のこと, 使う床机が積み重ね, 使う座布団が置い, 使う座敷にこしらえ, 使う延べの銀板, 使う弁天小僧や直, 使う弓矢である, 使う当人にさえ判然, 使う当座の言葉つき, 使う心組からだった, 使う必然性や効果的, 使う必要あれしません, 使う念仏の鉦, 使う恐ろしき奴, 使う意味が少し, 使う我々の親, 使う戦争となる, 使う房楊枝である, 使うを一手, 使う手つきがもはや, 使う手下をそそのかし, 使う手拭を, 使う手法である, 使う手燭を上, 使う手箱囮箱通い筒など友釣, 使う手網は美術品, 使う手練の鮮やかさ, 使う手際を拝見, 使うがあった, 使う技術が巧み, 使う指揮棒のよう, 使う捕鯨用の鋭い, 使う提灯だの行燈, 使う提琴や矢筒, 使う揮発を危険, 使うの需要, 使う支那の紙, 使う故事などは大抵, 使う故馬の稽古, 使う敵役なぞは出, 使う文章をかきます, 使う料理屋は田舎, 使う料簡なぞは毛頭, 使うに刃, 使う新兵器はここ, 使う新造にまでかかる, 使う方便だ, 使う方針であった, 使う日本の枕, 使う旨味はここ, 使うの裁判法, 使う時みたいに両手, 使う時代なのね, 使う時分に, 使う時刻なので, 使う時本格探偵小説の価値, 使う時箸で茎, 使う暴徒にし, 使う最も酷い言葉, 使うの棒, 使うやの工夫, 使う本人にとってはきわめて, 使うや椅子, 使う枇杷の葉, 使うを逆さ, 使う枳園の同窓, 使うの若葉, 使う染料のせい, 使う栃の木で刳抜いた, 使う桑籠用の大, 使う梵語の, 使う植物です, 使う楊枝の削り, 使う業者の無, 使う極寒の地, 使う楽譜グリンカのマズルカ等, 使うでも見る, 使う槍術はそもそも, 使う樋口十郎左衛門になんとなく, 使う権利をもっ, 使う機敏で闘争的, 使う機械油が絶えず, 使うの室, 使う段落の文字, 使う毒ガスなので, 使う気働きすらない, 使う気勢がする, 使う気持は毛頭なかっ, 使うで浄水, 使う水上げ機械のそば, 使う沃度の注射器, 使う沈み釣りを石川釣り, 使う法人を睡り, 使う法則にまで転化, 使う浮粉というもの, 使う浮薄な美しい, 使う液体空気の中, 使う深みに堕ち, 使う漁夫の手, 使う漏斗の幽霊衣, 使う潜望鏡と同じ, 使うなので, 使う点字であった, 使う為め私の部屋, 使う無線電話機で耳, 使う無限軌道のよう, 使う無電室なの, 使う煙草入がなかっ, 使う熔融切断器を持った, 使う燧金には大きな, 使う燭台は分厚い, 使う牛乳であるが, 使うですから, 使う特別客の仲間, 使う特技がある, 使うだったらそんなに, 使う独逸ナマリの英語, 使う力無双な, 使う玄翁に血潮, 使うだな, 使う玉子の半分以上, 使う玻璃房の燈籠, 使う現代的とか不安, 使う球竿のよう, 使う生活であって, 使う生計費が権衡, 使う生魚がつけ, 使う用器が民藝品, 使う用語を以てすれ, 使う甲斐がある, 使う男伊達一流の早技, 使う男女も常に, 使う画家であった, 使うを作っ, 使う疑念の道具, 使う白描を買っ, 使う白熱電灯の細い, 使う白魚と鮎, 使う百姓たちもそして, 使う百法の模擬貨幣, 使うを澤山作り, 使うを金五郎, 使う真っ黒な麻, 使う真空管とよく, 使うのない, 使う眼鏡は出来, 使う知能犯と間道, 使う短銃はこちら, 使う石炭や水道, 使う石炭二千五百万斤の大, 使う石炭屑が段々, 使う石版を使う, 使う石鹸を風呂場, 使う砂壺とインキ壺, 使う硝子瓶がある, 使う硫黄の匂い, 使う磁石棒の長, 使う稀代の悪僧, 使うでも, 使う種々の物, 使う種族の事, 使う種類の煙草, 使う立場になったら, 使うの杵, 使う筆記帖が五冊, 使うもなく, 使うと云う, 使うは鉄, 使うは少し, 使う粘土のよう, 使う精確な時計, 使う紋床の手, 使う純一無雑まず混, 使う細引を一束夫, 使う結果としてしまいに, 使うには必ず, 使うとか蔓, 使う義務をみずから, 使う習練の不足, 使う者たちよ, 使う聖ヨハネみたいな少年, 使う聖護院の覚明, 使う聴診器のよう, 使うらしかった, 使うがない, 使う胆刺と呼ぶ, 使う胡乱な言葉, 使う能力を養う, 使う脇差刃引がし, 使う腰掛を持出し, 使う膠質でお腹, 使う自由の方, 使う至極有効な, 使う舶来の鑵入り, 使う色々の根本概念, 使う色眼の凄かっ, 使う花筒のなか, 使う芸術には云われる, 使う苦い醗酵性の, 使う茶碗である, 使うです, 使う草刈鎌をふるって, 使う草履や塵紙, 使う莨盆の灰吹, 使う薄荷入りの水ピストル, 使う藪畳のよう, 使うの顔, 使う蝋燭は主, 使う血糊のよう, 使う行者などは跡, 使う衣裳小道具は渋江, 使う裁判が復活, 使う西洋かみ, 使う西洋史の教科書, 使う角灯をつかん, 使うがない, 使う試験を累, 使うはよく, 使う語調でもありました, 使う読書の力, 使う豪快な笑い方, 使う豹使いのじいさん, 使う資材くらいは多寡, 使う資格のある, 使う赤いハンケチの, 使う赤紫のインキ, 使う辞書といわれ, 使う農民たちも昔, 使う近江女などは凄味, 使う通りの言葉, 使う運搬のしかた, 使う運搬法がだんだん, 使うがない, 使う道具類を一つ一つ念入り, 使う道臣下が君主, 使う適度の食べ頃, 使う干の, 使う金それをやかましく, 使う金棒を男の子, 使う金槌の音, 使う金田君のごとき, 使う金貝張りに相違, 使う金額と日本, 使うを出し, 使う針金で浮かし, 使う針金製の馬節, 使うの重石, 使うの古い, 使う銀器を出させる, 使うは僕, 使うの板, 使うだから, 使う鍋釜のたぐい, 使うがときどきキラリ, 使う鍬鶴嘴長い竹箆, 使うだ錆だらけ, 使うが違う, 使う長いナスが, 使う間もなく崩れ落ちるよう, 使う関係上月曜日が休み, 使う限り折角の実際, 使うにもこういう, 使う離れの附属座敷, 使う霊異な道具, 使う青昆布ねあの, 使う唯物史観的悪癖である, 使うよ, 使う面倒もなく, 使う面白さを, 使う鞣革そっくりに, 使うではありません, 使うですから, 使う食卓かたかだか, 使う食器でさえもう, 使う餌採りの相手, 使う香油の匂い, 使うである, 使うの柄, 使う魔術には種, 使う鮫皮のよう, 使う黄色い紙千切れた, 使う黒塗りの刷毛箱, 使う黒衣の類