青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「使い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

作家~ 作業~ ~作用 作用~ ~作者 作者~ 併~ ~使 使~ ~使い
使い~
~使う 使う~ ~使っ 使っ~ ~使った 使命~ ~使用 使用~ ~使者 使者~

「使い~」 4415, 48ppm, 2441位

▼ 使い~ (790, 17.9%)

44 行って 22 して 17 なって 15 来て 13 出て 9 いって, 持たせて, 立てて 8 やった 6 やって, 出して, 来たの 5 なること, なるの 4 よこして, 手紙を, 来た, 立った, 行くこと, 行くと

3 [13件] なったの, なれば, やったの, やらされた, よこしたの, よこした人, 出すと, 出ると, 参って, 参りました, 来たという, 来た人, 気を

2 [43件] お出し, きて, しては, たって, たてて, なった, なったり, まいった, まいったの, やったこと, やとわれると, やるの, やれば, ゆけ, 來た, 出されて, 参ったの, 参りましょう, 来たもの, 来たり, 来たん, 来た男, 来ました, 相手を, 立ったの, 立った者, 立って, 立つと, 立てた, 答えて, 行く, 行くの, 行く途中, 行け, 行けば, 行ったが, 行ったこと, 行ったの, 行ったり, 赴いて, 身を, 遣られて, 選ばれて

1 [467件] あそばして, あんな冷淡, いいつけて, いうて, いきました, いきますと, いくとき, いくとき取り次ぎ, いくの, いこうとして, いった, いったけっか, いったついで, いったやつ, いったんだろう, いった仙場甲二郎, いった木村助手, いらっしたこと, いわせた, いわばリチャルド, おいでくださいました, おいでたとか, おどろかされて, おやり遊ばしたで, お上り, お立て, お選び, かかっては, きたので, きた人, きた漢, きた私, くる, こられたな, ございましょうか, ござります, さしむけたわけ, さし向けられた者, されお, じっと警部, すぎないの, するため, するもの, それを, そんなこと, たったわけ, たて, だした, だしたあの, ちがいない, つきつけますと, つまり侍女, どうこの, なぞ出しは, なったこと, なったって, なったに, なったので, なったよう, なったらどう, なったわね, なったん, なった人, なった古い, なった小刀, なった薬, なった衛門督, なった高等遊民, なっちゃ, なっては, なってる, なつた, ならず唐, ならないもの, ならない何, ならない方, ならなかったの, ならなかったのね, ならなけりゃ頭, なられたもの, ならんこと, なりある, なりこれから, なりは, なりました, なりまして, なりましては, なりますな, なりますよう, なります処, なります草, なりませば, なりませんから, なり低く, なり艶麗, なるお, なるそう, なるつもり, なると, なるとき, なるので, なるべ, なるほか, なるようおすすめ, なるん, なる人, なる古代, なる大, なる女中, なる手, なる硯, なる筈, なる精霊, なる紙, なる酢酸, なる関係上, なれます, なろうと, にらみあげるの, のぼせ奏聞, ぴたりと, まいったり, まいった私, まいりましたが, まいりまする, まいる途中, まさると, まぜて, みえたと, みえましてな, みえましてね, むくいて, めえりやした, もたせ軍師, もって, やったが, やったその, やったばかりに, やったもの, やったらいつも, やったり, やった下士, やった仲間僧, やった切支丹族, やった寺男, やった鮑龍, やってきたもの, やって来た, やらされる, やらされるたび, やらせられたり, やられた, やられたり, やられたわ, やられること, やられるの, やられるほど, やられる通りすがり, やりその, やりたかったの, やりました, やりますから, やりまた, やり姉, やるか, やること, やると, やるわけ, やるん, やる男, やれたの, やろうかという, やろうって, やろうと, ゆくとき, ゆくよう, ゆく人物, ゆく店, ゆく時, よこされたん, よこされた程, よこしたから, よこしたこと, よこしなさるだろうと, よこしなすったの, よこしましたところ, よこしました下男, よこすか, よこすぐらいが, わけを, わざわざ陵, ジロリと, チラと, ディーネルは, 一夜禁門から, 一書を, 万事を, 三日間でも, 上げて, 上って, 不満を, 世辞を, 主人が, 九字を, 二人の, 云った, 云って, 人に, 仕立てて, 任命された, 伴れ, 伽羅と, 住み込ませたの, 何事かと, 使いあるき, 使い抜く残忍, 來たんでした, 借りても, 出かけたが, 出かけたまま, 出かける, 出されたお, 出されたこと, 出されましたが, 出される, 出されるたび, 出したの, 出したり, 出した女, 出した者, 出した責任, 出してから, 出しましょう短い, 出す, 出すから, 出すこと, 出すの, 出す左近将監, 出す度一緒, 出す肚, 出た, 出たお, 出たお爺さん, 出たか, 出たすき, 出た寿女, 出た帰り, 出た者, 出た若党, 出た采女, 出でて, 出ました, 出るたび河原, 出るほど, 出る二刻, 出る前, 出れば, 加わって, 化けて, 参った, 参ったぐらい, 参ったもの, 参ったり, 参った家, 参った私ども, 参っても, 参りましたか, 参りましたから, 参りましたが, 参りましたと, 参りました者, 参りますが, 参り帰った時, 参るにも, 向い盛政, 呼び返されたとき, 命ぜられましたから, 困りました, 天降った, 夫を, 奔らせた, 妙に, 娘を, 婉曲遠廻しな, 媚びを, 孔明の, 守られて, 官兵衛が, 山の手まで, 己が, 平次の, 廊下へ, 廻らせる, 当って, 往く訳, 往った, 往って, 待たせて, 忘れずいって, 急がせた, 恨みを, 手伝わせて, 折ふしの, 持たして, 持たせ即刻, 持って, 指の, 捨てる金, 接して, 文を, 書を, 書面を, 本日参上いたしました, 来たおまえ, 来たか, 来たこと, 来たしょうこに, 来たそうだが, 来たと, 来たとき, 来たよ, 来たわけ, 来た先方, 来た八助, 来た兵, 来た壮志, 来た女, 来た小僧, 来た帰り, 来た彦右衛門, 来た御身, 来た時, 来た者, 来た通船楼, 来ても, 来ましたので, 来ること, 来る人, 森長さんからも, 殊の, 比べれば, 派遣され, 煩わされること, 瓦町へ, 町へ, 番を, 病気の, 盗むよう, 相手の, 神原五郎治が, 立ちお, 立ちましょう, 立ちまする, 立ち計らずも, 立ったが, 立ったその, 立ったとき, 立ったに, 立った古, 立った畠山, 立つか, 立つこと, 立つなり, 立つの, 立つべきふさわしい, 立て, 立てば, 立てもし, 立てられて, 答えた, 終わるの, 緋衣の, 肩揉らし, 能登守の, 腹を, 自分の, 色気を, 若者の, 茂助は, 行きました, 行き一両, 行き佐々, 行き宇治, 行くぐらいの, 行くという, 行くとして, 行くのに, 行く青年たち, 行けと, 行こうという, 行ったか, 行ったという, 行ったまま, 行ったよう, 行ったらその, 行ったん, 行った事, 行った太田黒兵助, 行った女中, 行った娘さん, 行った婆, 行った帯来, 行った帰り上野, 行った忍, 行った本庄采女, 行った男, 行った筈, 行った良助, 行った葬式彦, 行った藤九郎盛長, 行った藤田伝五, 行つた女な, 表戸, 見えたこと, 見えられた由, 見送られて, 角店の, 言うと, 言づてを, 言わせた, 言わせて, 訊いて, 訊くと, 託した, 託した書中, 託して, 誘拐され, 貴殿の, 走った男, 走って, 走らされる, 走らしたのに, 走らせても, 走らせられたこと, 赴いたもの, 返歌を, 追いだすため, 逐いまわされたもの, 通って, 違いございません, 遠くへ, 遠方を, 遣ったのに, 遣られた, 遣られたり, 遣られた者, 遣られます, 遣られる, 遣ること, 遣ると, 遣る者, 選ばれただけの, 選び自身, 限ったこと, 雇った, 雇われたの, 靴の, 頓着なく, 頼みますので, 顎を, 飛ばせたそう, 飛びかかった贋金使い, 駈けあるいて, 駈けて, 駒の, 驚いて, 魏延は

▼ 使い~ (699, 15.8%)

34 者が 20 者は 19 者に 18 者を 13 ように 10 男は 8 お菊, ような 7 口上を, 方が 6 男が, 者の 5 ものに 4 役を, 旨を, 男の, 者だ, 者へ

3 [11件] お八重, お花, ものが, 人らは, 僧は, 方は, 用件を, 男に, 結果を, 者から, 者と

2 [25件] おりんが, おりんも, お美代, お駒, ことを, こりの, ものを, ようで, 二人の, 人が, 人の, 人は, 人を, 口上にも, 吉左右を, 名人だ, 告げありけれ, 女は, 浪速あやめが, 男を, 者たちが, 者で, 荒い人, 適任者は, 関さんが

1 [435件] あいだに, あさましさ, あやめと, あらい者, いやしき, いわば使童, うちに, うちひとりが, おきみ, おしげさん, おじさんと, おばさんが, おばさんの, おもだった人, おもて, おもむきとは, おもむきは, おもむきを, おりん, おりんです, おりんに, おりんを, お婆さんに, お婆さんは, お文, お旨, お爺さんが, お腰元たち, お金さんは, お金などねだり, かえりなもの, からすを, きびしさ, ことにまで, ことのみを, こと調いまし, こりだからと, したたるばかり, しだいを, じいさんだ, その女行者, それは, たしなみの, ために, ついでに, つもりで, ですか, でるとき, なかの, はなしでも, はなしを, ひっきりなしに, ひとくせ, ひとりで, ひとりを, ふたりが, ふたりへ, ふたりを, ほうが, ほうも, まえに, まやかしの, もたらした手紙, もたらした書面, もたらした牒文, ものか, ものじゃ, もので, ものであります, ものである, ものの, ものは, ものや, やうな, ようには, ウチに, ニコレットと, パイスケ二百本串が, ヒューリングが, フレッドが, マグロアールのみが, 一人と, 一味だろう, 一味を, 一家が, 一番おそれ, 一銭も, 上前取りも, 上手が, 下手人が, 不調について, 世話には, 両名, 主が, 主人に対する, 主旨は, 二人にも, 二人は, 二十めんそうは, 二名が, 二品を, 人です, 人に, 人も, 人らに, 人らも, 人形も, 人形芝居は, 人物にも, 仕事を, 代わりに, 件だけは, 任務を, 伝えた言葉, 伝える僧都, 佐伯聞太は, 侍は, 働きだ, 働きと, 僧に, 僧までが, 僧を, 儀は, 儀も, 儀残念ながら, 兄貴でも, 兇状持の, 兎唇の, 兵を, 内侍が, 冷刃を, 出しようも, 出来る範囲, 刑部と, 前で, 功は, 労を, 動きさえ, 動きの, 勤めを, 北向の, 単純化を, 反応も, 口ぶりが, 口上お, 口上が, 口上だけは, 口上だけを, 口上で, 口上とは, 口上に, 口上早う, 口子は, 吉左右いかに, 吉左右が, 吉左右は, 吉村という, 名が, 名人と, 名人として, 名人に, 名人吉田文五郎桐竹紋十郎諸氏を, 名人曲馬団の, 名前なぞと, 向かう方角, 向きに, 呪文で, 命令を, 品々をこそ, 品が, 品は, 品らしく, 品沢山, 問題である, 喜介の, 団員, 報告は, 報告も, 声が, 声の, 声を, 多く参った, 大事な, 大島雲八を, 大看板, 大道芸人と, 天満浪人俵同心と, 太夫である, 太夫な, 失言を, 女が, 女です, 女との, 女に, 女の, 女中に, 女太夫, 女太夫の, 女性に, 奴が, 如きも, 如き遊芸人, 姪の, 威風すら, 婆さんがなあ, 婆さんがね, 婆さんなどに, 婆さんに, 婆さんは, 婆さんを, 婆は, 子供で, 子孫という, 存在が, 宇右衛門は, 安否を, 家元じゃ, 容子ただ事ならず思われる, 将校が, 小侍, 小僧だった, 小僧は, 小女が, 小姓も, 小田賢一は, 小者まで, 少年, 少年とは, 少年の, 少年を, 左手が, 左手の, 帰える, 帰りが, 帰りです, 幾人かは, 庇護の, 度数の, 座蒲団が, 廷臣達に, 弁は, 弁舌に, 弥兵衛たらいう, 張本人金鍔次兵衛, 形も, 役これで, 役さえ, 役であろう, 役目は, 役目大儀だった, 彼女が, 往復十数日を, 往還を, 従者, 御両所, 御狗, 御返事ここより, 復命を, 忰に当たる, 恐い恐いお婆さん, 恵鎮は, 意の, 意味あり, 成功についての, 成功を, 戻りが, 戻りを, 手の甲に, 手へ, 手代に, 手先が, 手先き, 手先にばかり, 手柄を, 手紙でも, 手紙に, 手紙を, 手首の, 技術との, 拍子木の, 挨拶だ, 教祖が, 方で, 方に, 方法は, 旅の, 日記, 服の, 服装である, 服装を, 木村秀俊は, 来たこと, 来ること, 枕頭の, 某君, 根臣は, 格に, 様な, 様に, 武士は, 歯切れよい, 比丘尼小町に, 沙汰も, 法を, 消息も, 源さんという, 源七は, 源七格子を, 烏として, 爺さんでした, 牛久玄斎先生, 物語の, 猫間犬丸が, 用事を, 由を, 由造から, 男である, 男と, 男籠から, 画だ, 白い前掛け, 白狐が, 着物と, 知覚が, 私にも, 私の, 私服は, 程秉は, 立ち合わなかったの, 童に, 童忙しく, 竹, 竹が, 精神と, 紅茶を, 網の, 綺麗な, 編集者が, 罪に, 美人行者そも, 美術家も, 老人の, 老人を, 老婢について, 考えつきそう, 者しか, 者じゃ, 者たちである, 者でございましょう, 者でございます, 者です, 者という, 者とか, 者とともに, 者と共に, 者な, 者なぞを, 者まで, 者も, 者よりは, 耳と, 腕に, 腕を, 芸を, 芸人が, 芸当, 芸当じゃ, 芸当少女たちの, 茶道具を, 草履取など, 荒っぽい男, 華欽に, 落度では, 蔵人の, 衆は, 行きか, 行く先が, 行く先と, 行を, 行者なんかを, 表, 褒美に, 要旨を, 要求に, 見世物師が, 角張ったところ, 言葉なんか, 言葉以上に, 記者であろう, 許, 話しを, 話の, 話は, 警官の, 買物の, 趣は, 返事は, 返事よく, 返事を, 返辞は, 途中で, 途中に, 途中明神下で, 途中近江の, 通るの, 運動においてのみ, 運転手は, 道化者が, 達者を, 野卑で, 野郎だ, 間家の, 関が, 陳登を, 面々は, 面は, 面目が, 鞭の, 音吉が, 頭に, 頭中将は, 類は, 類種々の, 飛札を, 飴屋さん, 首尾が, 首尾は, 香具師一派という, 馬良は, 馴れた野郎, 駄賃は, 魔術には, 鳥を, 鳩も, 龕燈を

▼ 使い~ (633, 14.3%)

36 やって 27 して 21 出して 17 立てて 16 もって, 派して 9 出した 8 したり, やった, 走らせて 6 うけて, よこして, 立てた 5 飛ばして, 馳せて 4 お出し, たてて, 出したり 3 しながら, する, するの, やっても, やり, 果して

2 [31件] した, すまして, たのまれて, たのんで, つれて, なりわいに, やったの, よこした, 出したの, 出すこと, 出すという, 受けて, 向けて, 呉に, 呼んだ, 呼んで, 命じられたもの, 帰して, 斬って, 果たして, 派し, 派した, 立て, 立てたり, 見て, 賜わって, 走らせた, 送って, 遣って, 頼まれて, 頼みました

1 [347件] あなたの, いいつかり忌々しい, いいつけた, いただいて, いただきまして, いたわって, いろいろ苦心, うけた, うけたの, うけたので, うけたまわったもの, うけたまわって, うけた玄徳, うけた関羽, うけると, うける前, おつかわし, おびて, おやり, お向け, お命じ下さるなれ, お遂げなされませ, かえすと, かしこんで, くださりゃからだ, くだされた, くだすった, さし上げたところ, させた, させたこと, したこと, したし, したとか, したね, したの, したもの, した三人, しては, してやった時, してやる間, しどういう, しなくなると, しなければ, しました, しようと, すぐに, すまし都, すませたあと, すること, するそう, するたんび, すると, するという, するとの, するね, するので, するもの, するよう, するわけ, する始末, する小僧, する掃除, する眼付, する褒美, する資格, する部族, せい, せよと, たしなめねば, たて羽柴どの, たのまれたのに, たのめる人, たまわりまして, つかわして, つかわしますゆえ, つかわし給わば, とばしその, とらえて, なさるのに, なすもの, ねぎらい日, ねぎらい酒宴, ねぎらって, はじめ数人の, はせて, ひとりお, みなごろし, むなしく帰した, もてはやして, もらったの, もらったら自分, もらって, やったが, やったところ, やったので, やったのに, やったわけ, やった事, やった間, やりましたから, やりますから, やりますと, やり彼, やり朔日立ち, やるが, やること, やると, やるの, やるよすがさえ, やる折, やる暇, やれないかしら, やれば, やろう, やんなされ, よくさせた, よこしたそう, よこしたの, よこしたわけ, よこした動機, よこしましたので, よこすかしたまえ, よこすからと, よこすが, よこすだろう, よこすなどは, よこすねえ, よこすの, よこすよう, よこせ, わすれて, ヤットオ使いと, ヤットー使いと, 一人と, 一人の, 上げて, 上せ朝廷, 下さいますれば, 下さったそう, 下さったその, 下して, 乗せ克明, 二三度お, 云いつけられた宏子, 交わすであろう, 信長の, 傍室へ, 傍屋へ, 儲けて, 先に, 再参自ら, 出さずに, 出さねば, 出し, 出しその, 出したが, 出したはず, 出したら汝ら, 出した後, 出しひそか, 出しましたから, 出しましたが, 出しますよ, 出し兄弟分, 出し助太刀, 出し礼, 出し秀吉公, 出すと, 出すなら早く, 出すほか, 出すやら, 出す間もなく, 出せ, 出そうか, 利用し, 勤むる町人に, 勤めさえ, 受けた中将, 受けるもの, 向けた, 向けても, 向け給うたか, 呉れと, 呼び立つる, 呼び詳しく, 命じたため, 命じたもの, 命じて, 命じられた, 命じられた法正, 命ぜられたの, 命ぜられ長く, 城中に, 変えれば, 大騒ぎし, 始めたが, 姫路へ, 孫桓の, 容れる器量, 寄越されて, 寄越したの, 寄越せ, 少し持たし, 山屋敷へ, 帯びての, 帰せば, 引いて, 彼に, 往返し, 待たせて, 待とう, 忍ばせ決死, 応接する, 怒らせたが, 思いの外早く, 思い出して, 急派し, 悪い方, 戴くなどと, 手招き, 拒んで, 持ち馬車, 持つ宗教, 指摘し, 捜させ饗応, 撃退役に, 改め椅子, 斬ったの, 斬りまた, 曹へ, 替えて, 果さずに, 果さぬうち, 果したところ, 果してから, 果し得ませんで, 果たさず失意, 果たさなければ, 果たすため, 果たす者, 欠いた対談, 正視し, 求めたり, 江東の, 河内の, 派した安土, 派し冀州, 派し蜀, 派し高氏, 派すこと, 派せば, 烈しくし, 犒って, 生け捕ったこと, 発明し, 相手に, 立てたとき, 立てたもの, 立てた出先, 立てては, 立てなされよっ, 立てねば, 立てまする, 立てまず, 立てまた, 立てようかと, 立てられたい, 立てること, 立てるよう, 立て一嚢, 立て万端, 立て停戦勧告, 立て多年お世話, 立て後主, 立て極力, 立て相, 立て自身, 立て謀事, 立て通行, 縛つた褒美の, 自分に, 自分の, 血みどろに, 行き渋ったり, 見せたらば, 見つけたん, 見やるばかり, 言いつかった, 言い付けられた, 訂正し, 託されたもの, 象った博多人形, 貰たら, 貰ってらあ, 買い込んで, 賜わりながら, 賜われば, 賞めて, 走らすの, 走らせますが, 走らせまた, 走らせる, 走らせるという, 走らせろ, 走らせ一方, 走らせ城中城下, 走らせ魏王, 迎えて, 迎え一族, 返した, 返したあと, 返してから, 返すと, 追いつかせて, 追いやった, 追い返したあと, 追い返した沢井左衛門, 追い返し即日, 退けた, 遣して, 遣りましたらまるで, 遣るには, 遣わしぜひとも, 遣わして, 重視した, 陵へ, 隋に, 頼ませた, 頼まれた人間, 頼まれるという, 頼まれる御, 頼み込んだという, 頼むつもり, 頼めようか, 頼んだかた, 頼んだ仔細, 頼んだ隣りの, 頼んで, 飛ばした弟, 飛ばしては, 飛ばし関羽, 飛ばす, 首に, 首尾よく, 馳せかつ, 馳せ給う, 駿府へ

▼ 使い~ (420, 9.5%)

25 来て 24 来た 9 あって 6 あった 3 お見え, きて, 出して, 見えて

2 [16件] あったそう, あったの, ある, いて, おそくなった, これを, ござりまし, ござりました, 人形を, 出された, 出て, 持って, 来たと, 来たの, 私の, 立った

1 [312件] あったすぐ, あったでしょう, あったとやら, あった以上, あってね, あなたの, あまりうまく, あまりに奇妙不思議, あらい, あらいよ, あらい上, あらわれた, ありそう, ありは, ありました, あり伝来, あり足利家, あると, あれば, あわただしく駈け, いう, いました, いる, いるん, うれしく感ぜられた, うろうろと, おいでに, おみえ, おりまして, おるの, お高, きた, きたから, きたら九十九, きた時, くだれば, くりかえされ具足, くる, くるなんて, こう告げた, この人, この林念寺前, こぼして, ございましたが, ささげ来, じきじきお, すぐ近く, せいぜいよ, その狼狽ぶり, その猴, その途中, それを, たびたび来た, ちがうん, ちょっとお, ついて, どうやら返辞, どんなに迷惑, なきゃ私, なくて, なくとも, なくなりなくなりしてこ, なければ, はきはきし, はるばる都下, ひとりいるでしょう, ひとりで, ひとり残らず, ふところに, まいったと, まいって, またこの, また彼, まだまだヨーロッパ, まっしぐらに, みえた, みえました, むずかしいの, むなしく帰っ, もたらした司馬懿, もち来, もって, もどって, もはやいなくなる, もはやこれ, もらって, やってくるに, やって来て, やめられない五人, やるの, ゆき町, よこされた, よびに, わたくしなんぞに, ゴザの, ドアから, ヒジキの, ボクさんを, ヤットーか, ワイン・ジェリイの, 一つの, 一人は, 一夜の, 一時に, 一緒に, 丁寧で, 万事を, 上手だった, 不つつかであった, 両手を, 乗る時いっしょ, 二人がかりで, 二度も, 人形の, 今表まで, 仕えて, 代る代る立っ, 以前よりも, 伝えたため, 住んで, 佐用の, 何を, 何心も, 余り妖艶, 使う蛇, 使者の, 俗に, 借家の, 催促を, 僧庵を, 先方で, 入国した, 入道の, 出たあの, 出来るかしら, 切支丹の, 切支丹族の, 初めて私, 別室に, 別府の, 到着いたしました, 効を, 勝家の, 北口から, 医務室に, 去ったその後, 去って, 参ったの, 参った筈, 叫び声を, 叱り止めて, 器用だ, 固辞し, 変だ, 変った, 多いで, 大きな蝶, 天目台を, 奥様の, 女主人, 如何に, 妙に, 始終来, 密書を, 寺, 山荘へ, 山荘を, 帰った日, 帰って, 帰ると, 常に往来, 常に来た, 平生よりも, 幾度彼の, 店や, 引き受ける, 引っ返して, 往った, 御到着, 忘れて, 急がし立てるため, 手に, 手紙を, 持ち去ッ, 持て来し茶, 捕まる惧, 敬礼を, 数日来当, 敷物を, 方々に, 早いという, 早く済ん, 早馬に, 明石へ, 最初に, 来たそう, 来たなら家, 来たので, 来たら太平洋新聞, 来たり, 来てな, 来ての, 来ても, 来なかったならそれ, 来る, 来ると, 来るという, 来るの, 来るん, 来る上, 次々に, 次郎, 欲しいと, 正面に, 殺されたり, 母の, 母親であった, 気味悪く大村, 水引かけたる, 河内の, 泊まって, 清水寺の, 源氏に, 為されてるか, 焔を, 無かったなら, 熊を, 猛獣に, 獅子の, 現れて, 現われそれ, 現われた, 現われたが, 現われて, 番の, 直観する, 相応だろう, 真言の, 着いたとの, 着いて, 着かれて, 福島の, 立ったと, 立って, 紅茶を, 絶えず平気, 絶えませぬで, 群れを, 聞いて, 聞えたの, 聞える, 聴えた, 自分達の, 至急の, 舞台へ, 茶を, 荒いが, 荒いと, 荒いなんて, 荒いね, 荒かった, 荒くては, 荒くなった, 荒く初めて, 荒く太っ腹, 荒ら屋へ, 荷駄行装に, 菓子盆を, 葬場へ, 薬を, 行きつかぬさき, 行き着いて, 行く, 見えた, 見えたので, 見えたよ, 見えたらしく彼方, 見えてから, 見えまして, 見えられました, 見え次第に, 見兼ねた様, 言ったけれど, 読める差し出し人, 象の, 走った, 返事を, 送られた時, 途中召捕られ, 通って, 速舟, 遅いからさ, 違って, 都から, 重大で, 野獣どもを, 鉄砲を, 鋭く見すくめ, 関羽の, 雨傘を, 静まると, 鞄を, 須磨に, 頻々と, 顔を, 飛び蘇武, 飛んで, 馬に, 馬車で, 駆けこんで, 駈けて, 高麗村へ

▼ 使い~ (208, 4.7%)

5 帰って 2 これでござい, 出たか, 口上を, 荊州へ

1 [195件] あそこに, あちらこちらと, ありませぬか, ありません, あるめ, あんまりゾッとしません, いくど, いずれじゃ, いたしましょう, いたします, いたしません, いない, いないそう, いらなくなった, おひる, おりおり送っても, お待ちに, きっと彼女, ことさら華やか, このこと, この日本左衛門, これで, こんなふう, させた, さとった, さるぐつわを, したが, しばしば西国, しまいもの, しません, しめえし, しりを, すぐに, すぐ帰っ, すぐ敵方, すべてプロマイドと, すべて出演, すまいが, せずに, そこに, そちとしては, そっと立っ, その反対, その大賀弥四郎, その打ち合わせ, その方面, その翌日, たいした贈り物, たいていお母さん, たし, たしたか, たしても, たすべき多く, ただ着物, たとえば右肩, たのまれないし, たびたび義貞, たれでも, ないか, ないもの, ない事, なかなか帰らない, のべつ城門, はじめから, はや出し, へいこうして, ますます御, まだ何, まにあったか, まもなく暗黒, もういい, もう一ぺん, やはり御, やむなく立っ, やや遅れた, やらして, ようござん, よく通用, わが国威, わざとらしく落着, わたくしどもに, アッという, ガラッ八, ヨボヨボの, 一切つつしみ, 一生貧乏する, 一銭も, 不安ない, 世を, 主人に, 二人を, 二度も, 五日に, 人間の, 今まで, 仮借なく, 伴って, 使い手らしく, 例の, 信長の, 僕が, 入道の, 兵部卿の, 出て, 出ません, 力むること, 南進中の, 単なる面談, 占いの, 同じ人, 国五郎や, 園絵の, 地方巡察の, 変な, 大きな水, 大好きです, 天さ, 失敗に, 子供が, 官庁からの, 家康の, 少し端, 尾藤甚右衛門どのの, 左手に, 帰ったか, 平気で, 広陵, 度々であり, 廃兵であった, 引っ込んだが, 彼なりける, 彼の, 御寝の, 忍びの, 忙しいか, 急がわ, 恐懼し, 捕まった, 文学の, 斬らないという, 新米だ, 明朝帰る, 昏れがた, 更にいらない, 書面を, 曹操から, 朝に, 杯を, 桐竹紋十郎吉田玉造, 気に, 波の, 派手な, 漸, 無用じゃ, 無用だ, 無駄足だった, 片足で, 甚だ穏やか, 確実に, 立った由, 箒持ちの, 絡みつく奴, 絹糸の, 自分に, 自分の, 自然, 至って綺麗, 舟びとにその子細を, 舟行し, 茶わん屋の, 荒くなかった, 菊松の, 藤典侍である, 許都の, 負けた恨み, 贈られた品, 返した, 途中で, 通うて, 酒の, 酒樽の, 重大中の, 長岡家の, 間もなく帰っ, 雨の, 面目悪げに, 鞄の, 頭殿から, 顛末を, 風の, 飛んで, 馳せて, 驚いた顔, 驚いて, 髯なんか

▼ 使いとして~ (105, 2.4%)

2 これへ, 敵の, 権之

1 [99件] お出し, きょうからでも, ここに, この寮, この要求書, これに, すぐ後, その儀, その状, それも, それを, ただいまこの, なれば, にわかに瑯, ひそかに, みえた, みえた密使, もう一名, もう云い送っ, やって来たの, やとわれました, やるは, わが国を, わざと朝廷, わざわざ大, 両三日前, 主人宗治の, 乗った, 京に, 今日さし向けられた, 介の, 仏国公使あてに, 住み込んで, 何やら殿, 例の, 働くこと, 入り込んだという, 到着いたしました, 前田又, 前田方の, 加賀田の, 北, 参ったの, 吾, 呉に, 城へ, 城中へ, 学校へ, 宋忠の, 富山へ, 小屋を, 弟子の, 当然, 彼を, 徐庶が, 御用を, 微臣信長, 徳川家へ, 態度の, 手回りの, 招いたところ, 指摘すれ, 明智光秀丹羽長秀松井友閑などが, 曹操の, 曹真に, 来たという, 来たり, 来たわけ, 来た堀尾茂助, 来た御厨三郎, 来た男, 来た者, 来ましたので, 森長定どのが, 次の, 歓迎する, 渡られしか, 渡米された, 漠北から, 火急の, 特に関羽, 特別な, 益田孫右衛門が, 禰衡を, 立てた一国, 縫殿介と, 自分たちの, 自身から, 話しを, 説客を, 貴ぶと, 迎えよう, 道ならぬ, 関羽の, 降伏の, 降伏を, 陣中へ, 雇い入れたところ, 鳩の

▼ 使いながら~ (101, 2.3%)

2 云った, 大声で, 歩いて

1 [95件] いつまでも, うむと, お茶を, こう僕, ここへ, こんなこと, こんな事, されるまま, すぐに, すぐ鼻, せき込んで, そう紹介, それぞれほかの, だが習慣, ちょっとその, ついには, できるだけすばやく, どうかする, にやにや笑っ, はっきりと, また一つ咳払い, まるで役に立たない, やがて入っ, セメントの, トランクに, ハゲ天氏が, ベッドの, 一人舞台の, 上ったり, 主は, 二人の, 何か, 其処に, 内儀さんの, 出て, 初心な, 動き出す, 勝手元で, 十年あまりも, 口の, 右の, 同室の, 姿見を, 少しずつ, 平然と私, 式場に, 彼は, 彼女の, 彼女は, 往来を, 心配そうに, 忘れられたよう, 急に, 悠々と, 悠然として, 支那では, 改めてお, 木村に, 木村の, 未亡人の, 本を, 欄干に, 正坐する, 歩きまわって, 決闘でも, 湯の, 父の, 父親を, 硝子の, 碌々に, 社長の, 私に, 突風に, 窓から, 立ち上るの, 笄で, 答えた, 細々と, 縁側に, 自らは, 船の, 花台の, 落着払っ, 解剖台上の, 言った, 訊いた, 追手の, 釘を, 障子を, 青べかの, 静かに, 頭を, 鶴雄の, 黒くくっきり, 鼻唄かなんか

▼ 使い~ (100, 2.3%)

4 来たの

1 [96件] いたわけ, おせんの, おれは, お二方様, お前とこに, お城, お酌, お酒, くびかざりをいただきにまいりました, この書面, この筑前, これから東海, これが, ござりました, ござります, しきりに話しかけ, すっ, たった一人, つい昨日ここ, どうしても隣り, どうもすみません, な衆人, のみならず火, まいったの, まいったもの, まいりましたあなた, まいりましたので, まだいくらでもオシャベリ, もう一人, やって来ますと, よく明日, オズオズと, オドオドと, チョコレートを, バットを, 一王国の, 上られた姿, 不忍池, 丹三郎を, 事足るでしょうか, 二三度天下茶屋の, 云い出した, 今さら故郷, 今一寸他所へ, 今夕四名とも, 何か, 例の, 八五郎が, 八尺余の, 内々で, 再々垣間見あっ, 初めて追放, 割下水まで, 参ったの, 参りました, 各々足, 吉原へ, 吐きだすよう, 四谷の, 地図の, 城外へ, 大事な, 天下の, 室の, 島へ, 御本邸, 急に, 探し廻ったが, 来たん, 来た者, 来ました, 東条の, 残念ながら, 浅草へ, 湖水街の, 澄み切った音, 牛込まで, 猪肉を, 社内でも, 綿を, 自分の, 若い下っ, 若い女, 若い武士, 草履の, 見えたこと, 見えたの, 説客に, 質の, 追い返されて, 通ったの, 進言された, 達して, 門跡さまの, 陳震という, 隣国の

▼ 使い~ (77, 1.7%)

2 来た, 梨の, 苦しそう

1 [71件] いくらか変えなきゃいけません, いたしましたよう, おかしいが, おやめ, お命じ, この同じ文句, この屋敷, この旺, しないで, しないと, しない二人, しない湯, しなけれぁ, するという, するん, すれば, そのこと, ない, ないか, ないは, はじめの, まかされます, またもどっ, また問題, まだ帰らぬ, まれな, みんな桜の, もう静まっ, 一つは, 一計を, 丁寧だった, 下の, 与えられず支那, 今の, 今もっ, 今日は, 他所行, 何だか知れた, 使いました一つ当り, 偽使者, 出しかねて, 出来ぬ筈, 同様です, 失敗に, 宿に, 忍びこませたが, 急に, 戻りそう, 敵に, 敵の, 来る, 来る使い, 果した安心, 止しましょうね, 活, 消えて, 渋い写実, 滞りなく, 無事に, 無論傀儡子, 申して, 立て毛利, 綺麗人品も, 苦しくなくなり, 行ったよう, 覚え汽車, 身の, 近所の, 迷亭に対しては, 野卑でなく, 難役生還は

▼ 使い~ (69, 1.6%)

5 なって 3 いって 2 一緒に, 云ったもの, 聞いて

1 [55件] あっては, あるに, あれば, いい侍従, いう, いうて, いうので, いうよりも, いっても, おっしゃいましたが, されたの, されるもの, して, し事実, し信州海津城, し天水, し旧縁, それから山神奇童, ちちくり合ったの, となえて, なして, なりすまし京, なると, はうけ, ひそかに, みえ秀吉, よばれたこと, オキマリの, ハグれた, 二度目の, 偽って, 同じぐらい, 同じよう, 同行者な, 呼ばなければ, 呼んだ怪人物, 尋ねられると, 思いちがえたらしくこんな, 批評家に, 暗紫, 書いて, 生まれて, 白髯の, 称しその, 称して, 称する者, 称する香具師, 約束し, 耳に, 聞いたから, 聞きまた, 自称し, 触れて, 言い水夫の, 言ったとさ

▼ 使い~ (56, 1.3%)

4 ということ, よ 3 てし, といっ, な

1 [39件] からという気持ち, からとか云いたげな, からと仰言った, からな, からね, からわたし, から他流試合, から夢酔先生殆, から大丈夫, から弁護士, から画, から若様がた, が, があそこの, がちょっと, が真剣勝負, そうです, てる, と, という婆さん, という話, とおっしゃいます, とおもっ, とかいっ, とか言っ, とみとめる, と思っ, と思ったら, と言う, と言っ, なと察し, などといいふらし, などという噂, の, のという, のも, めしを, わ, 二三年みっちり

▼ 使いかた~ (45, 1.0%)

2 なら中洲亭

1 [43件] からはびっくり, がいい, がいくぶん, がだめ, が単調無味, が大, が永年, だった, だのカッフェ, であった, であるからと, でこれ, でパラオ, というよう, として玄人, とは違う, とチャンス, と云ったら, などを教え, についても同じ, に対する感覚, に文句, のこまかい, の変化, の自在性, はもう, もある, もいくら, もなかなか, や拍子, をおしえた, をおしえる, をし, をしゃんと, をする, を主張, を教えない, を教える, を私, を考えるだろう, を覚えた, を観察, 激しくて

▼ 使いよう~ (33, 0.7%)

4 がない 2 もない

1 [27件] から判断, がかかる, がずばずば, がなく, だと, である, でざんす, ですよ, で成り立つ, で田畑, で砲撃, で薬, どうしても女, によってはなかなか, によってはまだまだ, によっては人間以上, によっては使える, によっては充分こう, によっては座敷牢, によっては皮肉, によっては限り, によって死, によって至って, はすまい, は日々, をする, を知らなかった

▼ 使いから~ (30, 0.7%)

6 帰って 2 かすよう

1 [22件] かえり荷, しが, しの, しは, 受け取ったの, 受け取って, 女房が, 始まりいろいろな, 帰ったらまた, 帰らなかったりなど, 帰らなければ, 帰ると, 戻っても, 戻られた采女どの, 戻りましたと, 戻るまでには, 早く帰る, 様子合い, 次々敗報, 見ても, 詳しい様子, 重ねて

▼ 使いには~ (23, 0.5%)

1 [23件] あきあきした, あの大蔵大輔, いって, お前は, しまりが, そなた, ならなかったよう, なりません, ひどく精神的, ほかに, ほかの, むしろ打っ, 何者が, 余人を, 修理之, 及ばないね, 及びませぬ, 多少方言, 大へん都合, 私が, 私でも, 纏頭が, 誰を

▼ 使いです~ (20, 0.5%)

32

1 [15件] かい, かな, かね, からといっ, からね, から下手, か非常, がた, がぼく, が主君, ね, ものそりゃ, よ顔, わね, ッ

▼ 使い~ (20, 0.5%)

1 [20件] いたしませんので, がったん, その外身, 借金の, 労働を, 女中火の見仲間などが, 子守を, 弱者や, 挙動の, 文で, 浪人とは, 義太夫語りに, 言い廻し方, 豪傑から, 豪傑の, 起居を, 辻占売り, 避病院の, 電報が, 飛脚の

▼ 使いわけ~ (20, 0.5%)

3 がある 2 ということ

1 [15件] すなわち仮名遣, である点, でも聞い, によっていとも, に操られ, の六ケ, の器用さ, の奥義, の程度, はそれ, は従来, は甚だ, までも, をのみこむ, 方が

▼ 使い部屋~ (19, 0.4%)

5 の裏 4 の物 1 から姿, から関さん, では貞子, に近づいた, の側面, の後ろ, の方, は全く, へいっ, めがけて

▼ 使い~ (17, 0.4%)

1 [17件] かも知れません, から苦労, か何, が手紙, が持っ, だ, でございます, ですよ, にすぎません, に手紙, の老, の顔, は, は仕事, は同じ, をした, をたのん

▼ 使い~ (16, 0.4%)

3 のです 2 の, んだ, んです 1 のじゃ, ので, のでしょう, のでふだん, のよ誤魔化した, んでしょう, ンか

▼ 使い残り~ (16, 0.4%)

2 の水

1 [14件] があった, がすこし, で悪い, のあの, のお金, のレター, の一両あまり, の二三日, の二十八缶, の小, の棒紅, の紅皿, の脱脂綿, の金

▼ 使いという~ (15, 0.3%)

3 のが

1 [12件] のか, のは, ものはね, やつだ, ような, わけでした, ボロい目, 名義の, 奴は, 旨を, 者が, 高い職務

▼ 使いにも~ (13, 0.3%)

1 [13件] かかわらず, かけ出して, そのこと, 充分に, 同じこと, 拙僧, 来て, 無頓着に, 茶など, 行く, 行くし, 隠されぬ冷淡さ, 鼻も

▼ 使いとは~ (12, 0.3%)

1 [12件] いうものの, お身たち, すなわち私, どこから, どこへ, まるっきり吊り合わなく, 事実を, 云うものの, 何事か, 何事です, 何事を, 汝の

▼ 使いまた~ (12, 0.3%)

1 [12件] アルフレッド, 坊間の, 士操凛々たる, 多くの, 子供にも, 或る, 沢山の, 浅井家や, 糸瓜の, 藩士の, 追い来って, 鍬を

▼ 使い歩き~ (12, 0.3%)

3 をし 1 が辛い, くらいで生活, だけで, にこきつかわれた, は素晴, または車, や物, をさせられる, をした

▼ 使い~ (11, 0.2%)

1 [11件] てくれまい, てぜいたく, ても少し, ても私, て今日帰着, て君命, て居りませぬ, て来い, て考えた, て襟, て魏

▼ 使いじゃ~ (11, 0.2%)

5 あるまいし 1 ありません, あるめ, ございません, ござんすまいね, ねえん, アなし

▼ 使いでは~ (11, 0.2%)

2 ない, なかった 1 あっても, ありません, ありませんか, ありませんが, あるが, ないか, ないの

▼ 使いふるし~ (11, 0.2%)

1 [11件] たの, たもの, た古着, た小さい, た桶, た棕櫚箒, た椅子, た皺くちゃ, の払子, の抽出, の毀れかかった

▼ 使いその~ (10, 0.2%)

1 お返しに, ときいささか, 一点に, 労働力から, 古訓は, 囮を, 外料理は, 推理の, 木を, 長官の

▼ 使い~ (10, 0.2%)

1 いった, 云ったのみ, 出した, 出した纏頭, 戻した, 末摘花の, 渡す前, 示した, 行くにも, 託した

▼ 使いである~ (9, 0.2%)

1 から一緒, ことは, ことを, ぞ, だけに血ぐさい身装, という, とも云いきれなかった, ので侍従, 門番の

▼ 使いなら~ (9, 0.2%)

1 いとお, お安い, この正行, なおのことこんな, なくても, やがてここ, 供の, 誰でも, 谷忠兵衛ただちに

▼ 使いにくい~ (9, 0.2%)

1 からともつとも, ことが, こと予想の, ため自然配合物の, では, 兵卒は, 左手を, 忍びの, 火独楽めんどうと

▼ 使い~ (9, 0.2%)

1 がか, じゃ, とを貰っ, にその, に鳥目, は遣る, をあげます, をもらう, を貰う

▼ 使い馴れた~ (9, 0.2%)

1 ものへの, ユークリッド幾何学では, 器物を, 潜水船を, 老婢が, 耳掻である, 言葉の, 象牙の, 附人もござります

▼ 使い~ (8, 0.2%)

21 ともあれ御, 何かじゃ, 手紙の, 花園に, 返事待つ, 造花師の

▼ 使いする~ (8, 0.2%)

1 からであった, になん, ので口実, は必定, 一条の, 二人にも, 大役を, 者は

▼ 使いよい~ (7, 0.2%)

1 ことなども, というの, とは言われない, 品な, 女中を, 程の, 飛行機だった

▼ 使いそれ~ (6, 0.1%)

1 から三ヶ月間火星, が甚だ, はお, もその, を利用, を取りもどす

▼ 使いたち~ (6, 0.1%)

1 と語り手, に知られたら, のよう, はそれ, も起き, を遠ざけ

▼ 使いでも~ (6, 0.1%)

1 ありますそう, あり同時に, いやがって, いるん, お寝間, 云いつけら

▼ 使いなすっ~ (6, 0.1%)

1 てみ, てもかまわない, てよろしい, て下さいまし, て下さいません, て居らっしゃる

▼ 使い~ (6, 0.1%)

1 から告げる, でもあろう, という三ツ, のよう, の兵六, をした

▼ 使い込み~ (6, 0.1%)

1 がばれ, が一時, が知らぬ, と申し立てさせた, などに対しては刑, の大穴

▼ 使い~ (5, 0.1%)

1 君へ, 父様の, 絹その他を, 菊の, 駒お

▼ 使いさえ~ (5, 0.1%)

2 すれば 1 したならあした, 済めば, 聞こえない

▼ 使いそう~ (5, 0.1%)

1 なもの, な大きな, な笹, な道具, な長い

▼ 使いであった~ (5, 0.1%)

1 が今, ことを, し帰り, にし, ものか

▼ 使いであり~ (5, 0.1%)

1 どっこいどっこいであり, また蜀中, 一人は, 悪いこと, 秀吉も

▼ 使いども~ (5, 0.1%)

1 がやってきた, が生活, が見せしめ, に平手, の用いる

▼ 使いなど~ (5, 0.1%)

1 させて, であった, 上品に, 呼ばるる魚, 頼めり

▼ 使いなどを~ (5, 0.1%)

1 いたして, したり, なされるの, 出したこと, 訂正しました

▼ 使いぶり~ (5, 0.1%)

1 が彼, ときた, は上手, は神経的, も悪く

▼ 使い初め~ (5, 0.1%)

1 た, たじゃ, たの, た日, ますと

▼ 使い捨てた~ (5, 0.1%)

2 器具の 1 その時代, と言う, 器具や

▼ 使い馴れ~ (5, 0.1%)

2 てい, ていた 1 てよけい

▼ 使いさん~ (4, 0.1%)

2 に頼ん 1 が下町, の知らせ

▼ 使いどころ~ (4, 0.1%)

1 がある, がなくなっ, だよ, をわきまえ

▼ 使いなれた~ (4, 0.1%)

1 家来同様宗任を, 智識感情と, 胡弓を, 複雑な

▼ 使いなんか~ (4, 0.1%)

1 ちっともし, やらされて, 一々死骸, 来やしなかったぜ

▼ 使いにて~ (4, 0.1%)

1 お味方, まいった帰り, 出先よりけ, 馳せまいりました

▼ 使いはたして~ (4, 0.1%)

1 やれと, 来たという, 洋服の, 無一文にも

▼ 使い~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 だか, だよ

▼ 使い~ (4, 0.1%)

1 で荷物, のそば, の障子, へ用事

▼ 使い早間~ (4, 0.1%)

1 にお, には何, もし, も進ん

▼ 使い~ (4, 0.1%)

1 あるごと, でどう, とされ, の裏門

▼ 使いこれ~ (3, 0.1%)

1 さそう, に蝋色漆, を奴隷以下

▼ 使いご苦労~ (3, 0.1%)

1 であったと, である, に存じます

▼ 使いだけの~ (3, 0.1%)

1 来たため, 範囲に, 貫禄を

▼ 使いであろう~ (3, 0.1%)

1 か白い, が, と思っ

▼ 使いでございます~ (3, 0.1%)

1 な, もの, よ

▼ 使いとしては~ (3, 0.1%)

1 バティスティーヌ嬢と, 大知房という, 門番の

▼ 使いなすった~ (3, 0.1%)

1 ままで, 事でございましょう, 処が

▼ 使いなどに~ (3, 0.1%)

1 この界隈, やっては, 頼まれて

▼ 使いなんて~ (3, 0.1%)

1 ものが, 下々の, 志願する

▼ 使いばかり~ (3, 0.1%)

1 でそんな, でアキアキ, で作衛

▼ 使いみたい~ (3, 0.1%)

1 じゃない, な役, な玄妙不可思議

▼ 使いを以て~ (3, 0.1%)

1 その儀, 将門の, 招いた

▼ 使い~ (3, 0.1%)

2 すって 1 では堀木

▼ 使い台所~ (3, 0.1%)

1 には必ず, のお手伝い, も自分等丈

▼ 使い~ (3, 0.1%)

21 が持っ

▼ 使い工合~ (3, 0.1%)

1 が頃合, も上々, も申分

▼ 使い慣らした~ (3, 0.1%)

2 白へびを 1 りっぱな

▼ 使い残し~ (3, 0.1%)

1 の半, の紙, を空っぽ

▼ 使い~ (3, 0.1%)

1 をねだった, を持っ, を都合

▼ 使いあるき~ (2, 0.0%)

1 には差し支えなかった, や大

▼ 使いこの~ (2, 0.0%)

1 仮名は, 地に

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 すんじゃ, までしょ

▼ 使いさえもが~ (2, 0.0%)

1 恐れを, 目を

▼ 使いざま~ (2, 0.0%)

1 とも違う, は

▼ 使いした~ (2, 0.0%)

1 のは, 十一月の

▼ 使いすぎ~ (2, 0.0%)

1 になった, のため

▼ 使いせぬ~ (2, 0.0%)

1 のである, ようこれ位で

▼ 使いそして~ (2, 0.0%)

1 使用後は, 飛去来器に

▼ 使いだけは~ (2, 0.0%)

1 勘弁し, 困ると

▼ 使いだった~ (2, 0.0%)

1 のである, ので本当

▼ 使いだって~ (2, 0.0%)

1 なかなかできますまい, 脱けられ

▼ 使いつつ~ (2, 0.0%)

1 腰を, 額の

▼ 使いであっ~ (2, 0.0%)

1 たり落語家, てテナルディエ

▼ 使いでござる~ (2, 0.0%)

1 か, が若

▼ 使いでした~ (2, 0.0%)

1 が今度, よ

▼ 使いというは~ (2, 0.0%)

1 お菊, 海馬と

▼ 使いながらも~ (2, 0.0%)

1 心の, 解釈する

▼ 使いなどで~ (2, 0.0%)

1 しげしげ参る, 中には

▼ 使いなどと~ (2, 0.0%)

1 いって, 内心軽蔑し

▼ 使いなどの~ (2, 0.0%)

1 やりそう, 私室を

▼ 使いなども~ (2, 0.0%)

1 あのグロテスク, よこされて

▼ 使いなれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てその

▼ 使いにくく~ (2, 0.0%)

1 て困る, 年の

▼ 使いにでも~ (2, 0.0%)

1 差しあげて, 行って

▼ 使いによって~ (2, 0.0%)

1 ひとりの, 愛という

▼ 使いに対しても~ (2, 0.0%)

1 なんとかかと, ひどく反感

▼ 使いへの~ (2, 0.0%)

1 憧憬だ, 贈り物に

▼ 使いへは~ (2, 0.0%)

1 女房を, 青鈍色の

▼ 使いまで~ (2, 0.0%)

1 させられるん, 細やかに

▼ 使いまでも~ (2, 0.0%)

1 よこしたの, 恋人の

▼ 使いもし~ (2, 0.0%)

2 食べ過ぎて

▼ 使いやすく~ (2, 0.0%)

1 して, できて

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 それでは魚, オ

▼ 使いよく~ (2, 0.0%)

1 どの家庭, 便宜な

▼ 使いより~ (2, 0.0%)

1 先に, 聞得し

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 の間, への給料

▼ 使いらしい~ (2, 0.0%)

1 男が, 男だった

▼ 使いらしく~ (2, 0.0%)

1 実に壮観, 櫓音も

▼ 使いわざと~ (2, 0.0%)

1 冷かに, 差し控えて

▼ 使い一方~ (2, 0.0%)

1 では平中, に少し

▼ 使い並びに~ (2, 0.0%)

1 江戸お, 江戸公儀よりの

▼ 使い五六人いずれ~ (2, 0.0%)

1 も身, も身の丈

▼ 使い何だか~ (2, 0.0%)

1 小理窟, 烏帽子櫃の

▼ 使い使い~ (2, 0.0%)

1 わざと冷, 来るが

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 がなく, 用い処

▼ 使い場所~ (2, 0.0%)

1 のない, を決め

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 になる, はすなわち

▼ 使い大儀~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 使い孫乾~ (2, 0.0%)

1 が書簡, は

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 が下った, の木

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 老中高家さしそえ, 自分だけが

▼ 使い心地~ (2, 0.0%)

1 だろうと, のいい

▼ 使い易い~ (2, 0.0%)

2 からと追い廻し

▼ 使い棄て~ (2, 0.0%)

1 て見せたら, に使う

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 の前, の観察

▼ 使い独り~ (2, 0.0%)

2 で踊る

▼ 使い的形成~ (2, 0.0%)

1 なの, によって実に

▼ 使い相手~ (2, 0.0%)

1 の手, を喜ばせる

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 がせき立て, とした

▼ 使い難い~ (2, 0.0%)

1 そうだ, やつな

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 の娘, の玉枝さん

▼ 使い~ (2, 0.0%)

1 によって国, に依っ

▼1* [383件]

使いあとの三本, 使いあらゆる冗談を, 使いあるにはどう, 使いあるいはセロリに, 使いいい永年使う, 使いいかに上手な, 使いいくらかのお金, 使いうまく兄弟の, 使いえらばるるようなる, 使いおはねなの, 使いおまけにそういう, 使いかくて身体, 使いかけの赤, 使いかけたのが, 使いかも判らないな, 使いからまでしかられて, 使いかを寄越す筈, 使いがね手品でも, 使いがらもって, 使いがら今までは全然, 使いくじの控え, 使いくださいますように, 使いくだされた御主君, 使いぐらいにしか見えまい, 使いこういう語には, 使いここ数日それに奔命, 使いこんなものの, 使い座所の, 使いごろの槍, 使いご苦労さまでございました, 使いさしの猫イラズ, 使いされて黙っ, 使いされたので狂う, 使いされたらどうかと, 使いざかりで伸びざかり, 使いしかもたないこと, 使いしかし何でも, 使いしたてまえの, 使いしだいであったが, 使いしようというの, 使いゃあるめえし中から, 使いじつは武家の, 使いすぐむこうの, 使いすてになる, 使いすら自分の, 使いせんでもよろし, 使いそうしてその題下, 使いその他はすべて, 使いそれからまた金切り声で, 使いただ彼を, 使いたまえスコップを, 使いたまえスコープを, 使いたりし蓋, 使いたるのみならず, 使いだけが小刻みに, 使いだけでも夕刻までに, 使いだんだん注意し, 使いって奴だ, 使いっぷりで今月, 使いつけの女中, 使いつぶした身代は, 使いづらいに違い, 使いづらくて困る, 使い失敗す, 使いてはたしかに西塔小六, 使いできそうか, 使いでございましたからね, 使いでございまするが, 使いでしてね, 使いでないよと頬, 使いでなく気楽な, 使いといったものだ, 使いとさえ間違えられるの, 使いとしての自分の, 使いとともに喋べ, 使いとの手筈も, 使いとを見きわめるの, 使いどういう場合に, 使いどうかして, 使いどれほどの宝物, 使いない智恵も, 使いなかなか多弁に, 使いながらのそりの, 使いなくともお, 使いなさいますか, 使いなせえ, 使いなぞが如何に, 使いなぞは好まないの, 使いなどから薫の, 使いなどというものは, 使いなに暗からず暮らせしあり, 使いならして長年, 使いなりとすれば, 使いなりとも御飯焚なりとも, 使いなんかじゃないん, 使いなんかにはちゃんとそこ, 使いについてはも少し詳しく, 使いにては不足かは, 使いにとってはことに尊く, 使いにばかり向けられた, 使いにわたって来た金波鎮, 使いのみが知る鞭, 使いはじめ字を書き損ねた, 使いはたに対して照れ臭い, 使いばかりを使うが, 使いぱちりとすぼめて言葉を続けた, 使いふうの愛くるしい, 使いふるされ古臭くなっ, 使いふるされた肱かけ, 使いべりのしな, 使いまず十分に, 使いまでがせわしい, 使いまわしも激しい, 使いまんまと殺させるには, 使いみずから指図をし, 使いみちのない, 使いめいま一本お差し紙, 使いめったにひと, 使いもはや帰りそう, 使いやすいのです, 使いやら近郷の, 使いよう唇の曲げよう, 使いよう次第で人, 使いよう頸のひねりよう, 使いよかろうと, 使いよけいな精神的緊張, 使いよりも早く, 使いよるげに世界一, 使いらしき僧が, 使いわけたというの, 使いわれらの叱咤, 使いをやッて, 使いを通じてとうとう市十郎, 使いなっては, 使いオーケストラが日本一, 使いキリレンコが時々, 使いシミがたくさん, 使いテーブルに向っ, 使いナイフや匙, 使いホッとつく, 使いロマンティックな荘重さ, 使い一つはパンテオン, 使い一つ一つの言葉, 使い一七九三年の舞台裏, 使い一代の履歴, 使い一夜のうち, 使い一大決心を定めた, 使い一定の機械, 使い一年経たぬうち, 使い一日の大, 使い一歩も外, 使い一狗子を畜, 使い三貴人をうごかし, 使い三馬やなぞ, 使い下さいませたくさんは, 使い下さいませまかり間違えばわたくし, 使い下さらんかいなこちら様, 使い下肥は用いませんでした, 使い不都合のない, 使いを害する, 使い名も, 使いの紙, 使い中平年間の末, 使い乗組の四人目, 使い亀井重茲からその, 使い二人だけ此処, 使い五千人の信者, 使い五百円余りを持っ, 使いを集めた, 使い人使いの滅法, 使い人民たちは何でもかでも, 使いでは植学, 使い今夜化けて, 使い仏壇を拝, 使い仏蘭西の巴里, 使いの家族, 使いか自分, 使い何というても, 使い何とも大儀であった, 使い作り方にも念, 使い作品がかせぎ出した, 使いによって明日一杯, 使い働きにあがる, 使い入院費用をだまっ, 使い其の力で, 使い具合は前条, 使いないと, 使い兼帯でここ, 使い兼細君候補生として入り込む, 使い写真測量機の調整, 使いがあった, 使い出産を守る, 使いがはげしい, 使い切下げの髪, 使い初歩の忍術, 使い到頭ここまで, 使い剛腹老獪な峰丹波, 使いの道, 使いだから, 使い千里の征馬, 使い南部のへい, 使い又はその逆, 使い取りの職, 使い口笛を嚠喨, 使い吉田玉次郎の後頭部, 使い同じ紙同じ, 使い名前を包み, 使いと呼びあう, 使い周囲の調和, 使い商人の様子, 使い善助が村, 使い四五日掛って, 使いがなく, 使いはこの, 使い売り物としてきれい, 使いの食物, 使い大道具は本当に, 使い天下の城, 使い天晴れの親分大尽, 使いの死, 使いになろう, 使い女たちは妻戸, 使い奴隷売買人殺し請負いナンテもの, 使い始めは乾漆像製作, 使い学生専門の下宿, 使い完全なアース, 使いに売りつけた, 使い家畜を飼い, 使い容易に討ち取り, 使い富家の財, 使い小宮山の目, 使い小町騒動以来かれこれ二カ月, 使い尽してしまっ, 使い崩れのしない, 使い工藤孫市皆吉七郎兵衛の両, 使いの手, 使いや書, 使い帳一冊残って, 使い帳幾冊かの帳簿, 使い幸福をちら, 使い幾万の費用, 使いいと思っ, 使い建築にも道路, 使い彼女が情なく, 使い彼女自身も赤い, 使い後でそれを, 使い御苦労であったな, 使い御飯たくこと, 使い心地ようございます, 使い心持がよく, 使い怪しいながらストーヴ, 使い恐怖させるに, 使いの声, 使い慣らしていた, 使い所謂文学の代り, 使い払いを立て, 使い抜け目のない, 使い招待された客, 使いだと, 使い損なったため万年筆には, 使い擬古文を作る, 使いを研究, 使い日本では私, 使い日本一太郎と申す, 使い日本人として最高, 使い日本風の生活, 使い早田隼人通るぞ, 使いから家主, 使い昼夜とも安, 使いじゃで, 使い時によつて, 使い時には変な, 使い時間のねうち, 使いになっ, 使いがある, 使い暗い雰囲気の, 使いなどは西洋人, 使い本位田又八という人, 使い来たのは, 使い来るが扇子面, 使い恐入ります, 使い栄えのする, 使い桐竹紋十郎吉田玉助ら上京し明治座, 使い桜丸様を罪, 使いまことに素人, 使い機械体操式軽身術, 使い歩行をさせる, 使い残した僅かの, 使い泉山虎之介, 使い法螺を吹き, 使い海蘊絡めの, 使い液体には硫酸ソーダ, 使い清潔に保ちます, 使い減らしたのは, 使いの群, 使い烹調料理の品味, 使い爺さんに留守, 使い物腰いかにも謙遜, 使いらしたもの, 使いとして現われた, 使い玉次郎がその, 使いに配する, 使い生徒の試験, 使い生物の命, 使い用度の品, 使い甲斐がない, 使い甲賀者は切支丹以前, 使い申したがその, 使い男気のない, 使いの一部, 使い畳敷の方, 使いを療ずる法, 使い相手役はジゴロ, 使い瞬きをし, 使い石川播磨守もいた, 使い石鹸と水, 使いしほんとに, 使い神保造酒風情に背, 使いを育て, 使い私達三人翌朝は早い, 使い立てして, 使い競べによる正面衝突, 使いは細い, 使いの飯, 使い糜竺をもてなし, 使い納めにこちら, 使い給いし黒奴を, 使い総称というもの, 使い置いていく, 使い翌日町役人とも相談, 使いを使い, 使い臨機応変にそれ, 使いを派し, 使い色彩も向っ, 使い若い者が, 使い英文を用, 使い茶の間でそんな, 使い荒彫りは自分, 使い葡萄酒を飲んだ, 使いを折っ, 使い衣装ばこ, 使い複雑なからくり仕掛け, 使い要するにあの戸口, 使い見事にその, 使い試験で精力, 使いと一字一点, 使い谷博士の研究ノート, 使い豪奢贅沢華麗それは実に, 使い貝ごと平鉢に盛っ, 使い貧弱な旅費, 使い賃これが向こう, 使いのない, 使い踊屋台がとおり山車, 使いの焼かれる, 使い身命を賭し, 使い通してきた, 使い通しな不都合な奴, 使い遁甲隠形飛行自在, 使い遊ばして下さりませ, 使い遊ばせな, 使い遊ばそうとしてお, 使い過ぎでこちら, 使いゆくまち子, 使い都合がよかっ, 使い鉄弓を引き, 使いは三匁, 使いで畦, 使いを引きずり, 使いの関さん, 使い長唄と踊り, 使い隠見出没致しますため霧, 使い難くそうである, 使い電流を生ずる, 使いがありまし, 使い順らされて, 使い顕微鏡で拡大, 使い願わしゅう存じまする, 使い食客を居く, 使い食物を豚, 使いだけを幾枚, 使い馴らして手, 使い馴らした椅子食器寝具などの, 使い魔法使いと恐れられた