青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「今度~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

今さら~ 今に~ 今にも~ 今や~ ~今夜 今夜~ 今宵~ ~今年 今年~ ~今度
今度~
今後~ ~今日 今日~ 今晩~ ~今更 今更~ ~今朝 今朝~ 今頃~ ~介

「今度~」 18115, 174ppm, 596位

▼ 今度~ (10006, 55.2%)

68 自分の 63 私の 59 私が 47 逆に 40 自分が 29 それが, 彼の 28 それを, 反対に, 急に 24 右の, 自分で 23 何を 20 何か, 僕が, 前よりも 18 別の 17 君の, 左の 15 彼が 14 女の, 男の 13 ほんとうに, 私も 12 あべこべに, それに, 前の 11 おれの, 俺が, 彼女の, 私に 10 僕の, 反対の, 思い切って, 誰も 9 お前が, こっちから, 二人の, 他の, 何の, 俺の, 前と, 声を, 家の 8 あなたの, お前の, もつと, わたしの, 主人の, 細君の

7 [16件] わたしが, 上の, 主人が, 例の, 兄の, 前より, 妙に, 姉の, 娘の, 彼も, 検事が, 次郎が, 自分から, 頭の, 頭を, 顔を

6 [24件] あなたが, お父様, こっちが, これを, そうは, その方, どんなこと, 両手を, 代助, 何に, 何も, 別な, 前とは, 君に, 彼は, 念入りに, 東京の, 私は, 誰だ, 誰の, 逃さねえぞ, 非常に, 首を, 馬の

5 [41件] おれが, さすがに, すぐに, そこに, それと, ほかの, ほんとうの, もう一つ, 乳母一人の, 二人で, 何うし, 僕も, 兄が, 前に, 右へ, 向ふ, 君が, 外から, 子供の, 平次が, 手を, 方面を, 普通の, 本式に, 本気に, 本當, 東の, 此方から, 母の, 深い睡り, 猛烈な, 相手の, 私を, 立派な, 紋也の, 腹を, 調子を, 足を, 身を, 進んで, 階段の

4 [67件] あなたに, いつ来る, いよ, お前さんの, きつと, こっちで, これで, さう, そこから, そっちの, それとは, どこへ, また, また別, ポケットから, 一人で, 下へ, 二つの, 二疋連れで, 人の, 人を, 人間の, 今の, 今までの, 以前の, 何だ, 先に, 先生が, 先生の, 兜を, 八五郎の, 向うの, 完全に, 宗助の, 左に, 店の, 彼を, 思いきって, 急いで, 本当の, 本気で, 次の, 正面から, 此方が, 母が, 番頭の, 相手が, 真剣に, 眼を, 確かに, 私と, 積極的に, 第二, 細君が, 自分に, 自分も, 自分を, 莫迦に, 裏から, 誰が, 足に, 返事を, 間違ひもなく, 青年の, 顔の, 鼠が, 鼻の

3 [137件] あいつも, あたしが, あなた方の, いつまで, おばあさんが, おまえが, おれも, お前にも, お君, お秀, こちらから, こっちの, こっちへ, そこで, その, その上, その下, その子供, その音, たった一人, だれも, どうだ, はっきりと, はつきりと, ひとつその, ひとりで, また新しい, もうひとり, ゆつくり, わしが, わたくしが, わたくしの, わたしに, わたしも, チチコフの, ハッキリと, フェライラが, 一人の, 三四郎が, 三四郎の, 上から, 不意に, 丘の, 両手で, 両方の, 二人とも, 今迄に, 以前より, 低い声, 何んだ, 何処に, 僕を, 兄さんが, 出て, 出来るだけ, 北の方の, 北側の, 十分に, 千種の, 又別, 口に, 右側の, 右手の, 向うから, 向うで, 品を, 声に, 夢も, 大に, 大丈夫だ, 夫人が, 夫人の, 女が, 妙子を, 妻の, 姉が, 子貢, 客の, 家に, 宿の, 宿屋の, 少しずつ, 山の, 左側の, 庭の, 彼に, 御自分, 思いも, 手に, 手段を, 手紙を, 指を, 斜に, 方向を, 方針を, 日本の, 是非に, 最後の, 本堂の, 本物の, 本職の, 机の, 村の, 東京に, 横に, 正直に, 母親が, 河岸を, 洗面器を, 流石に, 海の, 灯の, 猫の, 目の, 目を, 直ぐに, 眼の, 神谷が, 私から, 竜之, 笑わなかった, 第三, 素直に, 胸が, 自分たちの, 船頭の, 良人の, 葉子の, 表の, 表へ, 見事に, 話題を, 軽い心持ち, 隣の, 雨が, 非常な, 駄目だ

2 [608件 抜粋] あたいが, あなたを, あの女, あやめと, いつ出, いつ御, いままでとは, いろいろの, うちの, うまくいった, おくれたの, おしりに, お上の, お互に, お兄さん, お兼さん, お利代, お前さんたちかい, お前は, お品, お夏, お孃さん, お定, お島, お幾, お才, お町, お絹, お臍, お芳, きっとうまく, くるりと, ぐるりと, ここの, この前, この家, これに, これらの, ご相談, さうは, しきりと, すっかり面目玉, そいつを, そういうこと, そこへ, そつぽ, そのお, そのこと, その中, その代り, その反作用, その名前, その大きな横文字, その心像, その次, その点, その男, その眼, その話, その辺, その近く, その隣り, それらの, そんなに遠い, できなくなったの, とある暗がり, とろりとろりと, どういふ, どうやらうまく, どこか, どこから, どこを, どの花, どんな事, なぜか, なんだ, なんの, ひどくケチ, ひよい, べつの, ほんとの, ぼくの, またその, またどう, また何, また信吾, また女, また非常, まだ十三四, まつすぐ, まともに, まるでべらべらした, みんなが, むずかしいぞ, むづかしいぞ, もうその, もうどんな, もう一度答, もう学校, もう承知, もう要心, もう駄目, もっといい, やるよ, ゆっくりと, わたくしを, アノ指が, アベコベに, ガラッ八, サガレン・マニヤならぬ, スキーの, スッと, スーッと, ズンズン膨れ上っ, ハッキリした, ハツキリ, バラ撒かず, マッチを, ロシア舞踊だ, 一つ大, 一世一代腕一杯の, 一二合刀を, 一同が, 一層遣り切れない, 一散に, 一生懸命に, 一番下で, 一目見た, 一軒の, 一転し, 七兵衛が, 三人仲よう暮らさう, 三千代の, 三宅と, 三村屋の, 三番目の, 三郎が, 上海に, 下から, 下の, 下り坂で, 下半身を, 下男に, 下駄が, 下駄を, 不思議にも, 丸木が, 主膳が, 乃公が, 之が, 之だ, 事が, 事件を, 事実を, 二人が, 二人し, 二度目だ, 二段目左端の, 二階から, 二階の, 今まで, 今までよりも, 今松, 仕方が, 仙之, 仰向けに, 伊豆を, 伊香保へ, 体が, 何と, 何となくフワフワと, 何んな, 何處の, 余が, 作の, 侍が, 俊亮が, 俺だ, 俺を, 健の, 傍に, 傘を, 僕や, 先方から, 兎の, 全くの, 全く分らない, 全く別, 八つか, 公園の, 六人の, 兵馬が, 再び中段, 冷やかに, 冷笑を, 出しぬけに, 出る, 切るぞ, 初さんが, 別に何, 別種の, 前にも, 前を, 前川の, 前言を, 北側から, 匙を, 十五分おくれ, 千早先生の, 千鶴子は, 南の, 印半纏を, 却て, 原作の, 参つたと, 又三郎, 反対な, 反対側から, 反対側の, 反対側へ, 口の, 合って, 同じよう, 向うへ, 向側に, 命が, 命がけだ, 品川だ, 哲学の, 哲学者の, 問題は, 善い事, 四番目です, 四辺を, 図示に, 地に, 地図を, 地蔵さんが, 坊主の, 塀の, 外の, 外を, 外套を, 外廻りを, 大きい方, 大きな籠, 大丈夫, 大丈夫らしい, 大声で, 大変な, 大負け, 天下の, 夫人自ら空いた, 好い具合, 如何にも素, 妹が, 妻が, 学校へ, 寒気が, 寧ろ法外, 小林の, 小男が, 少しく気色ばん, 少しばかり, 少しも, 少し不安, 少し大きい, 少し強, 少し強く, 少し長い, 少し離れた, 少年の, 尚々単純, 屋敷の, 山へ, 崖の, 左り, 左手の, 左脚に, 差支が, 己の, 平次も, 平次一代の, 広小路の, 広田先生が, 床に, 廊下の, 引つ掻く, 形の, 彼らの, 彼等が, 彼等の, 後ろから, 従来の, 徳二郎が, 必ず其の, 怒って, 急な, 恭一に, 息子が, 息子の, 惨劇の, 想ひきつ, 愈本性, 意識的に, 慾が, 懲り, 我が職員室, 戸を, 戸口の, 戻って, 手が, 手の, 打つて, 指の, 支那の, 支配人の, 放しませんよ, 方嚮を, 日吉が, 日本に, 日本人の, 明かに, 明さんの, 明らかに, 昔の, 是が, 時計の, 時計屋の, 更に他, 月が, 服を, 本を, 本当に, 本当に消え, 本気だ, 杜若は, 東京へ, 松村の, 林の, 林田が, 根底から, 極度の, 横へ, 横合から, 次郎の, 歌の, 歌一首の, 正三君が, 正文の, 殆ど手当り次第に, 殺しだ, 母親の, 毎日の, 民子が, 水を, 沈着い, 波の, 泥んこに, 涙を, 深山理学士, 清と, 火の, 火を, 父が, 父親が, 狼だ, 猿に, 王城の, 生きて, 生垣を, 甲の, 男が, 留守番を, 病院へ, 目が, 直き, 直接に, 相当の, 眉を, 眞面目に, 着物に, 石を, 私にも, 私へ, 私一人で, 私一人の, 秋の, 秋野が, 稍, 空から, 突然に, 窓から, 窓の, 立派に, 笊森へ, 笑ひ, 筆を, 答えた, 算哲博士が, 米友が, 純日本, 絶対に, 縛られるに, 署長が, 羽が, 老人の, 聲を, 肝心要の, 肩の, 胎龍の, 胸に, 能く, 脚の, 腰の, 膝の, 自分たちが, 自分自身の, 自宅から, 自殺では, 自然に, 自身で, 興に, 船の, 若い男, 若者が, 菊池君の, 菓子, 葛岡の, 藩の, 虫けら会の, 行って, 表から, 袴広, 裏口の, 要領を, 見て, 見るの, 親分に, 親方が, 親方に, 親類の, 試みに, 誰です, 誰に, 誰れ, 誰を, 警部が, 議会が, 豪い目, 貴女の, 貴方に, 貴族へ, 賑かな, 赤い火, 赤井左門も, 足の, 身体が, 車の, 軽々と時, 輕い, 返事も, 返辞を, 迚も, 途中で, 連れて, 道を, 違ふ, 遠慮を, 部屋の, 金の, 釘を, 銀笛では, 錢形の, 長いぞ, 門野が, 間違いなく, 間違ひ, 防空要員の, 階段を, 隱さず, 雑誌を, 雲一ツ見えない, 電力の, 電車に, 霧が, 露月町の, 露骨に, 静かな, 靴の, 頭痛を, 頻りに自分, 額を, 風に, 馬を, 馬琴が, 馬鹿に, 高い崖, 鶏の, 黙って

1 [6730件 抜粋] ああした驚き, あたし達は, あなたと, あの人, あの生, あまり出来すぎ, あわ, いい目, いくらか, いささかの, いつかの, いつ帰っ, いよいよかける, いよいよ師匠藤左衛門, いろいろ世話, うまくできた, うれしかった, おい, おしまいである, おふくろの, おれ一人だ, お光, お吸物, お小夜, お杉, お父さんに, お種さん, お茶わかし, お金が, かう心, かなり手ひどく, きっとすわり直った, くちばしを, けんか腰にな, こちらが, こつちであべこべ, この不幸, この方々, この老人, これからどうなる, こんがらの, さきの, さっぱりそんな, しかし事務長, しっぺえ, しんみりと, すぐ下りる, すぐ飲んだ, すっかり後頭部, ずうずうしい奴, ぜひ沼田, そう思わない, そのから, そのヨメさん, その六七匹, その地蔵, その小, その従者, その昼席, その為, その着, その色付油, その身体, その類別, それに対して, そんな心配, たしかにびっくり, たつが, だめな, ちっとばかし, ちょうどセラ, つぶさにそれ, とらえて, どうかしら, どうしても子供, どうだろう, どうも本人, どこかな, どんどん足, なお強く, なぜそんなに老人, なんでも, にんじんが, はっきり, ぱったりやん, ひとつ京大阪の, ひと思い, ひるまです, ふところから, ほとんど毎日, ほんとに肩, まかりまちがえば, ませた口, またも, また以前, また子供, また白昼九人, また車窓, まちがいなく, まるで性質, みんなの, もうあの, もうわたし, もう動かない, もう掛値, もう誰, もっとたくさん, もらったぜ, やめる, ゆうべの, よくぞ, よく見, わが君, わしの, われわれが, アンタじゃ, ウイスキーの, カツレツが, キッと, グッタリと, サイハツタンドクと, シラトリさんさあ, スッ裸で, セレナ夫人から, タラスの, チーズと, トランクに, ドューウが, ネコが, バカバカしいぐらい, パリイを, ビルディングの, フラフラと, ヘンてこに, ボーイらしい, マナガ市の, モデルが, ラを, ルックサックから, 一つ, 一つ悪, 一ばんしまい, 一人も, 一号の, 一年下級の, 一服吸いたくっ, 一段甲高い, 一番先頭に, 一言で, 丁度その, 万事遠慮する, 三十三間堂の, 三年ぶりで, 三田さんとお, 三頭全体に, 下って, 下宿の, 不得要領で, 両手に, 中仙道筋を, 主の, 久し振, 乾分を, 二の矢と, 二人連れで, 二枚で, 云々と, 五円札一枚で, 井戸から, 京橋へと, 人工的に, 今一つ従来から, 仏蘭西語で, 代々木の, 伊太夫が, 伝法院横町の, 似ようが, 佐久間佐太郎といふ, 何かしら神秘的な, 何といふ, 何やら考え込んだ, 何処へ, 何物も, 佛教, 係長が, 俺らの, 健康無比の, 僕に対して, 元気よく, 先導の, 光子さん妊娠し, 全く一息, 全体そうです, 八方から, 六月ごろいらつ, 其処から, 内に, 内面の, 写真師の, 出来たかい, 刑務所から, 別です, 別館の, 剣を, 助六, 動き方, 勝った組, 北の方から, 十二時過ぎ, 十手で, 千鶴子さんどう, 半蔵さんも, 博士も, 即座には, 厳重に, 又先生, 又新しく, 友人たちと, 反射し, 取り戻そうという, 口笛で, 右のをと, 右隣に, 同じ村内, 同行者が, 向きなおった, 君らは, 呟く, 和尚さんの, 唖の, 啓ちゃん連れ, 嘲りの, 四六倍の, 困ったよ, 土を, 地方地方で, 堀尾一等卒が, 塔の, 壺坂を, 外部に, 夜逃げを, 大きいぞ, 大きな時計店, 大丈夫で, 大八, 大変に, 大層旨く, 大江美智子一座という, 大變, 天井の, 太平の, 失礼します, 女の子の, 奴が, 妻までも, 姪の, 婦の, 子供に, 学芸新聞を, 安請合, 実に辛抱強く, 室内一杯に, 家康に, 寒月だ, 寸法の, 小さいパテー型, 小夜子から, 小母さんと, 小者の, 少しその, 少し困, 少し濃い, 少し頑固, 居間の, 山岸主税が, 岡村の, 川上の, 左側を, 巧くやらう, 布の, 帰りたい, 幕府に, 年を, 幹事じゃ, 広江先生排斥演説を, 座敷牢では, 弁護士だ, 弱腰を, 当主が, 役に立ちませんでしたな, 彼方へ, 後ろに, 徒あるきである, 御父さん, 徳兵衛が, 心臓の, 応揚である, 怒るぜ, 思わぬ機会, 恐しくて, 恭一の, 悪徳新聞, 意見を, 慎重に, 懇願です, 我々は, 或家, 戸口で, 手ごたえが, 手本を, 打てと, 抽出から, 指で, 掏摸の, 握り飯に, 支那浪人, 故意に, 散々だ, 文に, 文学内部へ, 断然桁ちがい, 新元服, 新約で, 旅川周馬あとへも, 日暮から, 旧国道, 明るくなっ, 春雨でも, 昼の, 時間を, 智慧を, 更に最大速力, 最後に, 有耶無耶に, 木の, 未だお, 本当にこころ, 本当に火, 本省の, 朽木の, 東へ, 松本幸四郎が, 枝を, 校舎の, 桐の, 棚の, 楕圓形な, 楽屋から, 横斜違に, 機関, 次郎君は, 正反対に, 此処に, 歩かないで, 死体が, 殺されたの, 母様が, 氏が, 氣付い, 氷島の, 江戸城下の, 決勝戦な, 油絵の, 法師丸の, 泣ながら, 派手に, 浮藻が, 涙が, 混乱僅かに, 湯の, 滅茶滅茶縮尻です, 潜り戸を, 火精か, 無病息災われながら, 焼豆腐か, 熊は, 爪先ばかり, 片手で, 牧場を, 特に大阪方, 犯人は, 独語の, 獅子ヶ鼻岩の, 玉子の, 現実に, 生きた人, 産婆の, 甲州の, 男性を, 畳の, 病院の, 白の, 百合子の, 皿を, 目白鳥が, 直自分, 省くこと, 真暗に, 眼ざとく気がついた, 矢代の, 石の, 硝子窓を, 祇園祭を, 私たちが, 秋に, 積雪の, 突然祭壇, 立並ぶ材木, 笑いました, 第四, 簀巻に, 糊の, 納得ゆきましたろう, 素敵に, 細身の, 絵だ, 綱を, 緑屋の, 繁が, 美人から, 習うの, 考えましたゆえ, 聞得大君の, 肩章を, 背負って, 脊長けと, 腹の, 自分でも, 自宅へ, 自然科学に, 舵を, 艦隊を, 花やかな, 若林博士も, 茂太郎が, 草履の, 萩の, 葉巻に, 薄気味悪くなった, 藤枝の, 蚤を, 蝶々だった, 表座敷の, 裏庭だ, 褒めて, 要心し, 見物が, 親指と, 言いつかったため, 許さん, 詩吟入りおなじく, 誠の, 誰より, 諸所の, 豆でも, 負けぬぞ, 貴夫人, 賛成した, 赤垣源蔵だった, 起ちあ, 足音が, 身体中に, 転居中止の, 轟の, 近より, 逃がすこつちや, 逆な, 逞しい, 運転手が, 違う, 避けるまもなく, 配下の, 里人が, 野菊を, 金物屋に, 鈴本と, 鉱泉を, 鍬の, 長い麻糸, 長谷の, 間違ひもない, 降り坂, 階下の, 隣り村, 離散的諸, 電報に, 青くな, 靖国神社へ, 音に, 頭痛ばかり, 頼正が, 飛脚で, 饅頭を, 馭者が, 驚きましたね, 高座の, 髪や, 鯨は, 鶏卵では, 黒旋風が

▼ 今度~ (3593, 19.8%)

70 ような 67 ことは 50 事件の 33 事件は 29 事件に 26 ことで, 戦争で 23 ように, 場合は 22 事件が, 戦争の 21 やうな 20 ことに, 事は, 事件で, 戦争は, 旅行は 19 事件を, 日曜に 18 戦争に 17 旅は 16 ことを 15 大地震, 戦争が 13 ことが, 事件には 12 ことも 11 事件では, 仕事は, 旅の, 旅行で 10 事を 9 総選挙 8 ところは, 事に, 事件も, 旅行には, 旅行の, 狂言は 7 事件でも, 事変が, 問題は, 場合も, 家は, 私の, 縁談を, 計画は 6 事件について, 事変の, 土曜に, 場合の, 旅行も, 日曜は, 病気は, 震災の

5 [21件] お手紙, ことについて, は, 一件は, 一件も, 一件を, 上京を, 世には, 事の, 事変で, 土曜日に, 大戦争, 小説は, 戦争でも, 戦争中の, 旅行に, 日曜には, 犯罪の, 航海には, 芝居は, 震災で

4 [32件] ことの, はそれ, 一件に, 一件について, 上京の, 下宿は, 事, 事で, 事件, 事変は, 仕事を, 先生の, 問題に, 場合に, 大戦の, 御通行, 戦争を, 手紙には, 旅で, 旅に, 旅行を, 犯人も, 病気の, 相手は, 結婚を, 興行には, 航海は, 芝居の, 話は, 選挙に, 選挙は, 騒ぎで

3 [46件] いきさつを, ことだ, ことばかりは, まつりには, やり方は, 事が, 事も, 事件と, 事件については, 事変では, 人は, 仕事の, 企ては, 休みには, 休みは, 会は, 俺の, 公演に, 内閣は, 問題では, 大戦で, 大戦に, 奴は, 奴等と, 戦で, 手紙は, 旅では, 旅にも, 旅行にも, 日曜にでも, 樣な, 欧洲戦争が, 欧洲戦争で, 歌は, 母さんの, 母の, 犯人は, 犯罪は, 縁談が, 自分の, 船で, 話が, 遭難者で, 選挙には, 選挙の, 騒ぎは

2 [193件] お企て, お宅, お役, お芝居, お話の, こと, ことから, ことなども, ことについては, ことにつき, この, はまた, は何, は余程, は半分, は大した, は心臓, は更に, は男, は相手, は鎌鼬, ものに, も仙太郎, やうに, われわれの, ゑぢぷともどきの本が, アメリカの, コロラドは, パニックは, 一件と, 予防命令は, 事と, 事とは, 事については, 事には, 事件から, 事件にか, 事件についての, 事件についても, 事件より, 事変を, 事情を, 事變の, 二杯酢の, 五重塔は, 亜米利加行に, 仕事が, 仕事だけは, 仕合に, 企ても, 企て破れる, 会議で, 作品を, 修行場は, 儀を, 公演の, 処置は, 処置を, 出し物は, 出来事を, 函館の, 北海道の, 受賞は, 問題が, 問題について, 問題を, 土曜日の, 地震で, 地震では, 地震の, 場合が, 場合にも, 場所が, 場所は, 売立で, 変化は, 大乱である, 大乱の, 大戦は, 大戦中に, 大戦乱, 大水害, 大赦に, 失踪も, 奇怪な, 女は, 女中は, 如き世界, 妻が, 実験は, 室は, 家を, 小説では, 展覧会で, 展覧会に, 展覧会は, 工事命けられ, 庚戌会は, 役は, 彼氏は, 御処置, 御巡幸, 御病気, 御縁談, 思い立ちは, 恋愛事件で, 戦に, 戦争では, 戦争において, 戦争について, 手紙で, 捕物にも, 改正案は, 改革は, 敵の, 新入者の, 新内閣, 新富チョウは, 新政府, 新火山, 方は, 旅でも, 旅には, 旅行が, 日曜が, 日曜ぐらいに, 日曜日に, 暗殺事件が, 曲者は, 木曜にも, 本に, 本にも, 本の, 本も, 検地は, 次に, 殺人事件の, 氏の, 水害で, 洪水に, 流行性感冒も, 火事で, 烏は, 犯人が, 犯人の, 犯罪に, 狂言の, 狂言も, 狐も, 町の, 病気が, 百貨店の, 短篇集へ, 私は, 秋の, 第二回, 経験で, 結婚に, 継母は, 縁談については, 縁談に対する, 縁談は, 縁談も, 罷業は, 脱獄後の, 興行は, 航海が, 航海の, 芝居には, 芝居を, 落第は, 行程について, 西岡の, 計画を, 試合は, 試験で, 試験の, 話も, 話を, 議会では, 通し矢の, 金は, 隨筆集の, 震災と共に, 震災に, 震災についても, 震災にも, 震災を, 革命は, 風邪は, 騒ぎも, 騒動の, 高等文官試験の

1 [1952件 抜粋] あいつの, いくさは, うわさは, おかみさんだい, おみやげも, お光, お召し, お嫁取り, お客は, お旅, お民, お産に, お盆にゃ, お米, お話は, お金ばかりは, かぜは, がもの, が彼女, ことだって, ことと, ことまで, こと覚悟は, この平行線, この海員, この速記録, ご征伐, ざまア, その世話係り, それは, ではそういう, との間, なんでは, に似た, はい, はいっそサラリと, はきっと, はそういう, はちょっと, はほんとう, はや, はジリジリ, は七月, は久しく, は何ん, は例, は全部クズ糸, は出し物, は匂ひだ, は大丈夫, は嬉し涙, は少し, は巨蟒, は後ろ, は思想後退, は旅, は本物, は歓呼, は灰色, は目的意識, は種板の, は絵解き, は色, は違, ぴかどんだけはまったく対策が, また破損, ものには, も前, も近所, やり口を, わたくしの, んは, アンも, エチオピアの, ギャング狩りには, コリーは, シーズンの, チーフ・ジャスティスは, ノーベル・プライズの, ピカデリー劇場が, ペンギンみたいな, マイクを, ヨーロッパ大戦に対して, ロシヤの, 一件それを, 一件には, 一品の, 一条も, 一番は, 七三郎に対しては, 三十三間堂の, 三崎丸ほどに, 三門の, 上京が, 上京は, 上杉討伐に, 上演禁止については, 下宿屋で, 不平も, 不慮の, 世にもお, 世界の, 世界戦争以来わが, 中央委員の, 中等野球の, 主君の, 主要な, 九月二十一日の, 争議あなたは, 争議には, 争議も, 事から, 事だって, 事にて, 事ばかりは, 事件だけに関する, 事件で御座います, 事件なる, 事件によって, 事件ばかりは, 事件ほど, 事変について, 事変相次い, 事變にも, 二十日の, 二科は, 五千さえ, 京都出兵も, 人口調査に, 仏像は, 仕事には, 仕舞の, 件です, 企てに対して, 伊勢参宮にも, 休戦が, 会こそ, 会津攻めでも, 会議にも, 低利資金だって, 作では, 作品にも, 使いにも, 使節の, 信州討伐軍が, 倶楽部は, 僧院に, 兇行が, 光秀だけは, 入院費なんかは, 八景は, 公暁などには, 公演について, 兵学大講会に, 内閣も, 写真の, 処置も, 出府なんの, 出来事の, 出演を, 出陣たるや, 分は, 列車にも, 制度の, 劇に, 功を, 労働者団結も, 動機は, 北伐, 半蔵が, 卓一と, 博士論文に, 原因は, 参詣に, 収穫中それが, 台風の, 合戦には, 同人座談会は, 名誉は, 周遊を, 呼びものと, 命令も, 和睦と, 品物は, 問題についても, 喝采は, 嘆願書提出の, 団十郎問題は, 国民学校にも, 土地の, 土曜の, 地球観測年の, 地震が, 地震には, 城攻めにも, 場合そんな, 場合などは, 場面は, 塾生活には, 壻を, 変事を, 夏祭り時に, 大乱を, 大仕掛け, 大入りについても, 大変非常の, 大川竜太郎氏の, 大戦が, 大戦後に, 大流行, 大破局, 大著, 大阪行きは, 天災で, 天神まつりには, 太平洋戦争勃発の, 失望は, 奉公先は, 奥様の, 奴には, 妖鶏は, 妻福代の, 委員に, 婚礼でも, 婚禮へも, 嫁は, 学会で, 学校の, 学術探検の, 守田座は, 定型詩も, 実験で, 家だって, 家の, 宿は, 寓居との, 対手は, 小曲集こそ, 少女の, 展覧会を, 山登りが, 工作も, 巻の, 市長は, 布告で, 帯屋を, 帰るの, 帰国は, 帰朝を, 帰省中転がってる, 幕では, 年忘れの, 幽霊は, 庚戌会へは, 座員で, 引越は, 張本として, 彗星は, 役人に, 後の, 御主人, 御呼出し, 御巡見使, 御歸圍, 御発足, 御謀反, 御道筋, 復職とやらは, 応募作品中はつきりその, 急使の, 恋愛を, 恐ろしい犯罪, 悲劇も, 態度は, 成案などは, 戦いの, 戦では, 戦争, 戦争だけに, 戦争にも, 戦争中に, 戦役に, 戦績で, 戦闘の, 戰爭によ, 所長の, 手紙小説を, 技藝に, 招待程, 持役の, 捕物は, 探険隊員の, 改正で, 改正法律案でも, 改革を, 政府の, 敗戦は, 整理が, 敵多勢とは, 文字は, 文展も, 斉彬公の, 断り役は, 新しい実験, 新しい靴, 新兵器, 新手も, 新税法, 新舞台, 旅じゃ, 旅程の, 旅行によって, 旅行前に, 旅費明細書に, 日光修営に, 日曜あたりに, 日曜こそと, 日曜にね, 日曜を, 日本の, 日米競泳でも, 日記は, 早稻田, 昇進は, 春の, 時も, 時間は, 暴力団検挙にも, 曲者ばかりは, 書物を, 服装と, 期間を, 木曜日までに, 本には, 本片づけ, 東上に際しては, 東北戦争の, 校長が, 検挙で, 様な, 権八には, 機会は, 櫓下の, 欧洲戦争の, 歌には, 歌舞伎座では, 正月で, 此方法で, 死骸には, 殺され方, 殺人事件との, 母さん, 母さん次郎ちゃんを, 水死人を, 汝の, 江戸出府を, 決算次第で, 法令によって, 法要の, 津浪を, 流行の, 消防組の, 深見夫人の, 温習会で, 滞留は, 演出によ, 漱石全集に, 火事は, 火災に, 災害から, 災難も, 為吉の, 父の, 牧の, 物怪の, 犯人位悪魔の, 犯罪も, 狂言で, 独ソ戦争で, 狼は, 献上陶器の, 生活の, 甲府詰めを, 留守番は, 異変にて, 病気だけの, 病気について, 痛ましい事件, 発見が, 発車は, 盗難に, 目的でも, 相談を, 看護婦に, 矢は, 研究では, 磯五は, 祈祷に, 禁止が, 税制改革は, 稿料で, 空襲ばかりは, 立役者らしい, 競馬に, 第二回目, 第二次大戦, 笹川君の, 籠城戦であった, 紀元節を以て, 素人従業員は, 紺ガスリと, 組は, 経営主から, 経験は, 結婚問題に, 絵見れ, 網が, 編纂では, 縁談でも, 縊死者は, 美女丸で, 聖戦は, 背景は, 脱獄後に, 興味深い事件, 舞台で, 舞台装置は, 航海では, 船室給仕だ, 芝居に, 花嫁お, 若い尼, 茶話会には, 菊池寛賞受賞の, 著述は, 虹の, 行いが, 行幸に際して, 被害は, 製作については, 褒美に, 見物には, 観光団は, 触出しについて, 計画に, 討手は, 訴状の, 試合が, 試験には, 話でございましょう, 話など, 誕生日には, 調査に, 諍いは, 謀叛だ, 講演旅行の, 議会を, 賃銀値上の, 赤ちゃんだって, 赤坊は, 趣意を, 蹶起計画には, 軍評定の, 辞職は, 通行の, 進発は, 運命に, 道中では, 道案内の, 遠足だって, 遣り損い, 選挙で, 選擧の, 配給で, 里帰りには, 金を, 銀行が, 鎧についても, 長い眠り, 長篇に対しては, 開城の, 開帳は, 閣令が, 防空演習は, 院展や, 陸海軍への, 集に, 雑誌の, 電報は, 震災では, 面倒な, 音楽会へ, 風で, 颱風と, 駈落, 騒ぎだ, 騒動さ, 驚愕は, 高野參詣も, 魏王顛覆計画の

▼ 今度こそ~ (458, 2.5%)

8 遁が 7 本当の 4 あの男, 本當 3 お前の, ほんとうに, 私の, 自分の, 身売りを, 逃がさぬぞ

2 [18件] あのスタンド, そのまま死, はいよ, わたしは, ホントウに, 今度こそと, 大丈夫です, 家が, 彼女は, 手ばなして, 最後の, 本気に, 本物の, 本芸, 真剣に, 私は, 立派に, 能く

1 [381件] あとは, あなたから, あなたが, あなたを, あの小, あの怪指紋, あの戦争中, あの立派, あの赤新聞, あぶない, あれに, あ仙さん, いい, いいの, いい早く, いかな三谷青年, いくらか溜飲, いささか失敗, いよ, いよいよそれっきり, うさぎを, うまく, うんと, ええぐなるべッ, おめ, おれの, おれは, おツ母さん, お別れ, お前あの, お前は, お塩, お家に, お経, お討ちとり, かたが, かたを, かれは, きっとか, きっと少年, きっと軍, きっと食っ, きっと鳴る, きッ, こいつに, こっちで, このまま仕事, この颶風, この鼻蔵人, ごねるあの, ご恩返し, しくじったら台, しっかりと, してやったり, すこしそれ, すっかり参っ, すっかり見失われ, すばらしいもの, すべてが, すべり落ちたら百年目, すんでの, その晩, それが, それは, たしかにそれ, たつた一人, たッぷり二升, つかまえられるという, とうとうこんな, どうだ, どうなる, どことも, どんな困難, どんな心持, なるほど, のがさぬ, はあわれ, はきつと, はこちと, はさう, はじつくりと, はてがら, はもういよいよ, はやられるお陀仏, はようよう, ひどいし, ぺしゃんこだった, ほしだほ, ほんとうにて, ほんとうの, ほんとにあたしゃ, ほんとにノウトルダム, ほんとに働きたい, ほんとに勝っ, ほんとに握る, ほんものの, まじめに, まったく精, むづかしいと云はれ, もうお, もうひっかかり, もうよかろ, もうアリョーシャ, もう彼女, もつと, もろ共に, やまるでしょう, やりそく, よく見, よく見とこう, わが身の, わしにも, わしの, アイツを, ア船さ, イギリス政府は, カンベンなら, クビに, ゼヒ落札し, ソックリ丸出しの, ヒメの, ホンモノの, ミリガン夫人は, ムラムラと, モー直き, ロスの, 一世一代の, 一挙にという, 一日も, 一晩ゆっくり, 一生止めない, 万事終った, 三十郎を, 上手に, 二人きりと, 二人とも, 二階から, 人間に, 人間の, 人間並みの, 今までに, 今度こそ, 今度こそとは, 仔細に, 仕止めろ, 何とかしよう, 何とか仰せある, 何とか纏まり, 何處を, 侮りがたい, 俺の, 俺れ, 働く処, 僕が, 僕に, 僕は, 充分問答, 先手を, 先生から, 先生も, 兎の, 入ろうと, 全く支那風, 八重梅間違いは, 六尺も, 再び起つ, 出すよう, 切る, 切るぞ, 初めて常陸関, 別れようと, 別れるよう, 劉高が, 助からないだろう, 助からないだろうと, 十分に, 友だちは, 取り返しの, 取返しが, 受精し, 句集の, 否応なし, 呉侯も, 商売を, 図引きが, 圓太郎は, 堅実な, 夜を, 大きな声, 大丈夫, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大事を, 大相撲です, 大竜氏, 大阪京都方々を, 天にの, 夫の, 失敗が, 失敗る, 妾には, 姉の, 娘が, 実行なさいまし, 家を, 少し詰め, 少年は, 川島は, 左内と, 左様なら, 市役所へ, 帯の, 帰つたら, 帰る気, 幕府から, 幸福に, 幾の, 座敷牢, 引っ包ん, 引ッくくんなさいまし, 当った, 当該先生の, 彦田博士の, 彼の, 彼れ, 徹底的に, 必ずともに藩議いずれ, 必ずアリョーシャ, 必ず私, 思い切った放れ業, 思い切って, 思い切り派手, 思ひきつ, 思ひ切り派手, 愈々お, 愈滅亡, 慣例の, 成功疑いない, 手前の, 捕えた, 教えて, 斬られるぞ, 断じて宥, 断末魔の, 断然たる行動, 日本一の, 明瞭な, 春に, 是が, 是非やめ, 最後迄, 會へる, 有耶無耶で, 木彫りなら, 本式に, 本当にご, 本当にす, 本当にねえ, 本当にもう我慢, 本当に何処, 本当に出, 本当に太閤様, 本当に夫婦, 本当に帰らぬ, 本当に幸福, 本当に強く, 本当に未亡人, 本当に歓喜, 本当に殺された, 本当に殺し, 本当に泣き出した, 本当に身, 本当に逃げよう, 本当に逆上, 本当に醂麝液, 本望が, 本物, 本物だろう, 本調子, 来るぞと, 根こそぎ叩きつけ, 格子が, 様子が, 次郎吉は, 欺したら, 正真贋, 武器は, 死ぬな, 殺す, 気が, 永久に, 決心した, 決心を, 洗いざらい根こそぎ, 洩らさず討って, 焼け死ぬだろうと, 父に, 独りに, 生涯の, 田舎者の, 疑いも, 病院へ, 白い葬式, 白河戸郷を, 皮も, 目的の, 相手に, 眞當の, 真から, 真の, 真ものだ, 真当の, 真逆様に, 眼に, 私も, 私憤ろう, 秘めた破邪, 立派な, 結婚し, 置いてきぼりに, 義兄さんの, 聞いて, 聴きに, 胆を, 腰を, 腹も, 自分のを, 自分を, 自分自身の, 自慢の, 良縁である, 色仕掛けで, 落着い, 行けます, 袁大将軍にも, 見つかつ, 見覚えが, 見逃すもの, 見附から, 覚えてれ, 覚悟した, 角力が, 言いあてさせるもの, 許さぬ四本目, 誰か, 誰も, 負けっこ, 負けるもん, 貴方と, 貴方の, 返事が, 追ひ付い, 送金が, 逃がさず追い詰めて, 逃がさないよ, 逃がさぬ, 逃がさぬよう, 逃げるやう, 逃しは, 遁さぬ, 遁さぬくたばれくたばれ, 道の, 閉口し, 間違いでない, 間違いなく, 間違いの, 間違っては, 間違は, 間違ひなく, 間違ひなく明け, 間違ひもなく, 阿Qは, 雑念を, 雪子の, 電燈を, 青江に, 食いに, 驚かして, 高柳君の, 鳥の, 黒の

▼ 今度~ (420, 2.3%)

4 私が 3 これで, それを, わたしは, 何か, 彼女は, 私は

2 [17件] あかな, お婆さんに, かなりに, きつと, それと, またそう, やはりスタニスラーフスキイ, よくは, 一昨日から, 外部に, 始まること, 此の, 汽車の, 無事に, 然うです, 私の, 逃げられたら又

1 [364件] あたしを, あてには, あの時, あぶないよう, ありませんが, あるいはそう, あるいは春子さん, あれをといふ, あれ等ぢ, あんたと, あんな方, いけないの, いつて, いろいろに, いろいろの, いんぎんに, うまく言いあてる, お伴を, お前の, お母さんの, お隅, かかって, かけちがいまして, かなりがぶる, きっと人間隊, きっと相手, こうした名前, この三人, この工合, この方, この本, この続き, この随筆, これを, こんな気, さうなん, ざあっと雫が, しかけたの, しなくては, しばらくの, すこし落ちつい, そうであった, そうハッキリした, そこから, そのよう, その人, その寸法, その手, その白雲堂, その示した, その辺, それが, それ以上は, そんなこった, そんなこと, そんなに気, そんな意味, そんな破, たいしたこと, たしかにと, たしかに手, ただプラン, たのまれて, たぶんこの, たよって, どうかと, どうなる, どうも断り, どうやら持ちこたえました, なお減ずる, なにか泥坊物, なるほど, のがれ可, はずれて, はたで, ひょっとする, ほとんどまる, ほとんど身動き, また, またこの, またさせて, またその, またそのまま, またわずらわし, またわたし, またキッティ, また一人, また一粒, また五六年, また人ごみ, また伯爵, また伺い, また僕, また出, また向う岸, また壁, また大, また大変, また失敗, また子供, また延ばす, また心配, また昨年, また東方, また片づいた, また相手, また真似, また私, また自分, また落ち, また見付, また見付かっ, また読んだ, また謀臣賈, また謝絶, また雨, また首, また駄目, また魂胆, また鳥類, みんごと家, みんなが, もう少しの, もう星月夜限り, もう行かない, もしかする, もとよりなに, やっぱり善, やっぱり四千両, やっぱり我知らず右, やつぱり寝つけない, やつぱり届きません, やはり一緒, やはり初め, やはり同じ, やはり肺炎, ゆツくりお話も, わしが, わたしに, わたしを, われわれの, アイマイに, カルロ・ナイン嬢と, キット引ッ張られるだろう, ゴムなら, タダでは, ツイその, ツツイラの, ナオミの, ニップニッピーズを, ホントウは, 一つも, 一つ逆に, 一万一千ルーブルで, 一人で, 七兵衛の, 七十マイル以上の, 七十歳を, 丈夫そうな, 三上を, 三人と, 三右衛門は, 三月に, 三浦さんの, 主人の, 主人は, 事の, 二日も, 云った, 云ふこ, 亦そうだ, 亦一人, 亦中途, 亦人ごみ, 亦僕, 亦前, 亦小さ, 亦心配, 亦新しい, 亦漸, 亦詣で, 亦警察権, 今川義元は, 仕切り人は, 仕合せだつた, 休憩中に, 何とも, 何の, 何を, 何事も, 例の, 例へば福田恆存, 供を, 偶然な, 優等で, 先刻と, 先達に, 六十歳を, 兵隊を, 出かけて, 切ること, 刑期中に, 別に大した, 別荘の, 前に, 前の, 助けて, 十日目に, 博士が, 参加できなかった, 又あの, 又それ, 又俄, 又当の, 受精しない, 右は, 右右へ, 各種の, 同じい, 同じよう, 同じマンション・オノレエル, 同じ宿屋, 同じ時計, 同じ経験, 同行は, 名誉な, 命を, 咄嗟の, 哲学書生だ, 商用の, 嘘かも, 四番だ, 地の, 坊さんから, 塾を, 墜落であったなら, 声が, 多分その, 多分ダメ, 多分善光寺, 多分室長, 大したこと, 大丈夫だろう, 大塔宮様には, 大抵大丈夫, 大方そうだろう, 夫は, 好結果, 妙に, 妨げを, 子供衆の, 実あ久しぶり, 実はその, 家の, 局面の, 左様です, 帰って, 帰へりましたら, 常州一帯下野辺からまで, 常陸介から, 弦は, 弾丸は, 彼は, 彼奴に, 微笑の, 必死に, 急場だけは, 恋しさ, 愛ちやんは, 感じましたが, 態態立寄, 成功だ, 手を, 把手に, 抗弁は, 支払わなければ, 敬二郎さんの, 断りなの, 新橋で, 方々に, 日数を, 早く生まない, 昨夜お, 昨日の, 是非とも, 是非サイゴン, 昼食の, 最初の, 木村の, 未亡人の, 果して甕, 栃の木の, 栄転する, 武州公の, 氣が, 江戸の, 淡路の, 滝人の, 煮え湯を, 熱心に, 父の, 父親の, 猿の, 玉鬘は, 理由は, 畑を, 異様な, 病後の, 病状が, 直ぐに, 相談相手は, 真先に, 矛盾撞着が, 矢張り新しい, 矢張首を, 税金の, 空手で, 立たぬ事, 笑つたのは, 笞打と, 第一回, 第二回目, 等比級数か, 築地の, 細君は, 続けて, 総代だ, 美味佳肴が, 老僕には, 老医千斎, 耕平は, 耳の, 肝心の, 腰を, 自殺である, 自殺を, 色々の, 菊五郎の, 虎の, 表向きは, 見せて, 見参は, 見当たりませんでした, 見附から, 規則正しく一定, 負けにな, 軽井沢の, 辻野君の, 近松の, 返事が, 連れて, 違いました, 都合で, 都合よく, 金右衛門が, 隊と, 鞭を, 願います, 馬の, 鳥居甲斐守の, 麓の, 麻布の, 黒天鵞絨の, 黙って

▼ 今度こそは~ (285, 1.6%)

3 ほんとうに

2 [14件] しっかりし, その蝋燭, 一と, 今度こそは, 何とかし, 俺の, 利助も, 大に, 安心し, 本気に, 身に, 近江へ, 逃がしは, 遠慮せず

1 [254件] あたしも, あの婆, あの飴屋, あの鳥辺野, いちどきに残り, いよいよお, いよいよ東洋, いよいよ退社, いろんな事情, うつかりする, うまく行った, おそらく自分, おまえさんが, おれは, お前の, お目, お老母, お陀仏と, かけがえのね, かならず成就, きっと頼んだ, ここに, このクラブ, この事件, この妹, この百磅, ご安心, しつかと, じゃ, すっかり手証, すべてが, ぜひとも数馬, その恋, その正体, その黒怪手腕中, それを, た, たしかである, だなあおい, とっつかまえて, とてもたまらない, とても免れぬ, どうしてもトルーソツキイさん, どうしても帰れ, どうでも, どうもそうらしい, どうやら危な, どうやら取り詰めたらしい, どんな事, なかなか容易, なんとか処置, のがさぬぞ, ふん縛って, ほんとにお父さん, ほんとに死ぬ, ほんとに青酸加里, まちがった理屈, まるで飛びあがっ, まんまとまい, もうあなた, もうの, もう疑う, もう駄目, ゆるさないぞ, よくお, エリザベス王冠の, カンベンしない, キミの, ギュウとも, ボロ糞, ボーシスも, 一ト月だ, 一世一代, 一人旅だ, 一切の, 一度でも, 一挙し, 一挙に, 一擧し, 一擧に, 万事休矣, 万難を, 三池信託へ, 下宿なり, 不発でなく, 不調和でない, 中二君, 乗遅れぬやう, 五年の, 仕事に, 何か, 何と云つて, 何な, 何時でも, 余儀なく取り戻せる, 信玄と, 俺は, 俺も, 倉賀屋さんが, 假親を, 充分養生, 先は, 全くひとり, 全然償う, 兩手を, 別れよう, 前の, 勇気を, 厄介払いかと, 君自身の, 否応なく, 吾家の, 周助殺しの, 嗤い返し, 堅気に, 堅氣に, 多少の, 夢や, 大丈夫とは, 大事の, 大勢し, 大和に, 大急ぎで, 夫君と, 女に, 女を, 好く行っ, 妊娠だ, 姉さんに, 孔子の, 寧ろ, 少し纒め, 少し辛い, 居所なりと, 屹度一週間位ゐ, 屹度勝つ, 屹度書ける, 年貢の, 幸福な, 幸福に, 弁信さん, 引っ捕えて, 彼は, 彼女の, 往ってと, 待つて, 後顧の, 怖ろ, 思いきり焼かれ, 思い切ッ, 思ひ切つたといふ, 意を通して, 意地にも, 愚図, 我が国にも, 手前の, 承知しません, 抜かなくちゃ, 提灯と, 敗けないぞ, 断じて武蔵, 断然見限らざる, 断絶だろう, 日頃仲の, 書いて, 最後の, 最早とても我慢, 有らん限り, 有無を, 本当に勇敢, 本当に帰らざる, 本当に念仏, 本当に正気, 本当に死ぬ, 本当に顔色, 本当の, 本物の, 束の間の, 板橋口へ, 正銘に, 武蔵に対して, 武蔵も, 死ぬ, 死物狂いで, 殺られるだろう, 気軽に, 水も, 決して見破られない, 決して負けません, 泣くまい, 洗いざらい隠し, 潰されると, 照子の, 甚内を, 生きた人間, 生き返る心配, 生命が, 用が, 癖に, 白眼を, 百パーセント勝つ, 相手が, 真から, 真人間に, 真実に, 真面目に, 確かである, 祝福を, 私を, 稀古の, 立派な, 立派に, 結着そこで, 絶念めた, 縦横無尽だ, 考え直して, 腰を, 自分で, 自分の, 自分は, 落着い, 行雄の, 見失わぬよう, 言ひださう, 討って, 許さぬ, 誰憚る, 課長, 貴様の, 越後へまゐります, 辛抱し, 辛抱する, 逃さないぞと, 逃しつこはねえ, 逐い出されるかと, 遁が, 遁しつこ, 過去を, 酒に, 金輪際ドンナ事, 鎌と, 長い間, 長の, 間の, 間違いなく, 間違いなし, 間違いも, 雀の, 雪隱詰だ, 面白く相手, 顔色を, 餘程の, 駄目だ, 龍造寺主計も

▼ 今度という~ (93, 0.5%)

64 今度は 9 今度こそは 6 今度ばかりは 2 今度こそ, 今度の 1 今度はネ, 今度ひどく, 今度まことに, 今度まで, 今度わが, 今度わたしは, 今度廉物では, 今度書架の, 今度私は, 今度角十の

▼ 今度ばかりは~ (93, 0.5%)

2 何と, 平次も, 手の, 手を, 本当にお, 見當, 銭形の

1 [79件] あたるもの, うっちゃって, おどろいたよ, おれは, お客好きの, お蝶, さすがの, すこぶる景気, そう行かないらしい, その方, ちっと汗, つくづく考えました, どうした, どうしても事件, どうぞ, どうでも, どこか, ふたたび牛, へたばること, ほんとうに, まるっきり見当, まるで調子, わしも, われわれに, キャラコさんの, 二度とこの世, 二本差が, 例外に, 健一の, 先手を, 全く不思議, 全く見, 全く見当違い, 力が, 勝たなければ, 危く仕損じる, 名人右門も, 外れっこの, 外れつこの, 大いに不思議, 大人しく辛抱, 妙子と, 姉から, 安閑としては, 寄席の, 尼が, 御辺, 御迷惑, 必死, 思いがけない機会, 意想外と, 我を, 打つ撲るの, 掻巻に, 揶揄気味に, 新十郎, 是非成立させたく, 是非私, 本当に死んだ, 本当に苦しい, 無事に, 煙山の, 犯人を, 確かに, 私本当に, 童伊の, 腹が, 虎之, 見当が, 見当も, 親分も, 解らない絵解き, 解らない繪解, 諦めて, 身に, 辛抱し切れなかった, 辛抱も, 運が, 金儲けの

▼ 今度~ (79, 0.4%)

8 始めて 7 初めてで 4 初めてだ 3 初めての 2 はじめてで, はじめてである, はじめてなり, はじめての, 初めてである, 最後の

1 [45件] これで, しまいの, その, その再度目, その最後, ねだり仕舞い, はじめて, はじめてじゃ, はじめてだ, はじめてであった, はじめてな, やはりそれ, 一番上出来です, 二度目だ, 二度目だつ, 二度目であった, 二度目でございます, 初めだ, 初めてじゃ, 初めてだから, 初めてだつた, 初めてであります, 初めてでしたら, 初めてです, 初めてでない, 初めてと, 初めてよ, 初めである, 別れに, 大船です, 始て, 始めてな, 始めての, 始めである, 左右じゃ, 幾度目に, 最初である, 最初の, 漸く白河, 生れて, 皮切な, 皮切りかも, 第三回目, 終列車らしい, 道場の

▼ 今度だけは~ (69, 0.4%)

3 許して 2 特別を, 知らぬ振り, 赦して

1 [60件] あの一節切, あやまった, えらいと, お前しかたが, お前の, お暇, お許しを, こっちの, ご返事, さうし, その負かされた, それが, たしかめるため, だめだ, でこれ, どうか許し, ほとんど腹, まア大目, やっても, 不承し, 交替といふ, 今度だけは, 僕の, 内分に, 内済に, 処分という, 助けて, 勘弁し, 勘辨し, 勝手が, 千に, 博士の, 告発すん, 命を, 失敗だった, 娘の, 少しその, 己の, 幾らか手加減, 復校を, 手伝って, 政府が, 断念し, 朝倉石見守様の, 朝倉石見守樣の, 殺さず角, 特に寛大, 現金で, 用心し, 目こぼしし, 私一人の, 腹を, 良さそう, 見のがしいたすによって, 見物も, 見逃すが, 責任を, 足りない分, 近所へ, 隠れ遊びも

▼ 今度また~ (54, 0.3%)

2 来たら

1 [52件] あなた様が, あんなイカモノ, いたずらを, おいでよ, お榮, お目にかかりましたらお, お願いします, こちらへ, この地, すばらしい夢, ぜひ聘ん, と出, まいて, まごつくよう, やり直します, ゆっくりお話し, アーノッドに, モスクワへ, 一緒に, 二人逢う, 会うて, 何か, 來たら, 停滞が, 先生が, 其の青年會, 出先を, 別に女, 君が, 妙に, 帝の, 帰って, 御迷惑, 急に, 手紙を, 折角苦しい, 拾い上げられて, 揃って, 新しい番附, 新しい論文集, 新たに, 新劇協会が, 旅行を, 暇の, 来られるか, 焼けて, 生れ変って, 私が, 私にまでも, 菁柿堂の, 馬券を, 麺麭粉の

▼ 今度~ (46, 0.3%)

4 目に 2 京さんが, 仕事に, 出に, 婿さんを, 館の

1 [32件] つかいに, のぶサンも, はなし致しませう, ひまの, 上洛り, 会ひあそばしたら, 兄いさん, 出の, 出来なすった, 君を, 国の, 墓参りに, 嫁を, 子達が, 屋敷が, 帰ん, 引移りに, 引越しに, 役付に, 情け深い江戸, 母ま, 民が, 父さまに, 目にか, 相手に, 綱に, 見えに, 誂へに, 辰と, 通に, 逢いでしたら貴方, 雇いに

▼ 今度~ (43, 0.2%)

2 三度目です

1 [41件] いいから, おしまいに, お仕舞い, こりご, すっかりきまった, すっかり手, すっかり継母, すでに四度目, そのゆいいつ, それがよ, たった四度, ちやうど三度目だ, ひきつづき三回, また別に, もうコリゴリ, もう十回目, 七回目な, 七回目の, 三人目である, 三代にも, 三度めです, 三度目じゃ, 三度目だ, 三番目である, 二度目ぐらい, 二度目です, 二度目な, 二度目の, 八人目これから, 六回目です, 六度産を, 十六俵だ, 四度である, 四度目さ, 四度目である, 実力が, 小一万, 彼は, 止そうと, 緑平居訪問は, 駄目に

▼ 今度~ (43, 0.2%)

20 限って 3 して, しよう 2 しても, する, 限ったこと

1 [11件] しましょう, しませう, しようか, するさ, するわ, 限ったわけ, 限つてさう, 限つてフッツリ忘れ, 限つて各, 限らず始終, 限らず庸三

▼ 今度といふ~ (38, 0.2%)

26 今度は 7 今度こそは 1 ことに, 今度こそ, 今度ほど, 今度小山君は, 今度真に

▼ 今度から~ (35, 0.2%)

2 そんな場合

1 [33件] お帰りなさい, ここの, ご飯に, そんなこと, そんな事, そんな金, だが, もうこの, もっと苦く, ゆこうかしらん, シェクスピーアの, ハッキリ言っ, ピッチャーを, 一円五十銭くらいのに, 一緒に, 伯父の, 先の, 出ます, 千葉姓です, 友達を, 善く心得, 学期毎に, 廃める, 思いきって, 本郷バーと, 牢屋へ, 監置主義の, 約三倍, 能, 道場へ, 選挙な, 酔つた時は, 魂が

▼ 今度~ (32, 0.2%)

7 云ふ 6 云う今度 3 同じよう, 言ふ 2 同じ手段

1 [11件] いいフト, おなじやう, 二回を, 同じか, 同じやう, 同じ面白, 同じ題目, 同様芝舞台で, 朝夕の, 言うよりは, 言う今度

▼ 今度来た~ (32, 0.2%)

3 時には 2 のは, 時に

1 [25件] あの商人, お前さんの, お役人, ときは, とき二階へ, のが, のです, のも, のを, ビッシェールの, 中佐の, 人にだって, 太田さんて, 女なら差支えなかろう, 奴は, 守備隊長などに, 家庭教師よ, 方ね, 方の, 書生には, 毛利先生は, 水産技師だろう, 玄関の, 私は, 花嫁の

▼ 今度この~ (31, 0.2%)

2 兄に

1 [29件] あとで, お家を, ような, 三浦さんを, 人間の, 内藤君が, 冷めし喰いが, 十二月の, 土地で, 地に, 地において, 地へ, 学校で, 学院を, 家を, 屋上に, 山の, 山科の, 山越を, 指輪を, 旅行に, 洋服を, 熊本地方を, 県に, 県の, 節国の, 身をも, 辺を, 館へ

▼ 今度東京~ (31, 0.2%)

4 へ出 2 へ帰っ, へ帰ったら

1 [23件] から帰っ, から来され, でいろんな, で一度, で知り合い, で経験, で行, にかへりましたら, にも家, に出る, に来, に来た, に来られた, に行け, に行ったら, の慶応義塾, の玄文社, へも寄っ, へ呼んだ, へ帰, へ戻, へ来た, を離れ

▼ 今度来る~ (29, 0.2%)

2 ときわからない, 時は, 番楽の

1 [23件] お母さまについて, ときおばさんを, ときには, とき儂が, とき四頭引きの, と云う, には麓, にもず, はずに, までに幾度, まではこの, 土屋総蔵という, 奴は, 時に, 時には, 時への, 時まで, 時も, 時何か, 時小母さん坊っちゃんに, 時母にも, 母の, 番楽も

▼ 今度初めて~ (27, 0.1%)

2 投宿した, 釧路へ

1 [23件] です, で少し, と申せます, わたしは, 使いや, 全過程, 参政権を, 婦人に, 役に立った訳, 我々が, 据えつけ土曜日, 東京を, 江戸へ, 田村さんの, 知った雪形, 纏って, 花が, 行く所, 行った露西亜, 見て, 読方の, 逢うので, 離れの

▼ 今度~ (27, 0.1%)

2 は山

1 [25件] があの, がなほったら, が一寸, が亜米利加, が余所, が卒業, が外国, が感じた, が懇願, が来た, が此処, が泉鏡花氏, が病気, が着, が脱獄, と一緒, と新守座, にも加勢, に突合, の処女作, の娘, の家, の蛇, はよくよく, を江戸

▼ 今度こそはと~ (26, 0.1%)

2 いうので, 必死に, 思って, 期待し

1 [18件] ついあせった, また次, マドロスを, 彼は, 思いながら, 思い定めあらゆる, 思うと, 思ってか, 思ひ詰め, 意気組を, 投書熱を, 持上げて, 松林の, 注意し, 眼ざし, 自負し, 見込みを, 飛びかかって

▼ 今度はじめて~ (24, 0.1%)

2 なん, のお, 知ったこと

1 [18件] だろう, クイーン・メリー号が, ムムネの, 仕事に, 來て, 出て, 味は, 当時の, 本来の, 氣づいた, 永井隆氏の, 火星人の, 盗み出して, 確定的な, 答弁した, 約三キロメートル半, 試みられたもの, 通読した

▼ 今度~ (22, 0.1%)

11 て来た 3 て来 1 ていらし, ている, てゆく, て来たら, て来る, て行け, 來た, 發前一度李堂に

▼ 今度いよいよ~ (21, 0.1%)

1 [21件] お母さんに, なんです, わしの, ダンスの, 二度目の, 京都本山の, 他の, 勤めて, 吉原の, 国の, 御親征, 戦争の, 時節が, 本邦人, 決心を, 落籍されること, 読本の, 転任し, 采女に, 長い暇, 長者どのの

▼ 今度~ (20, 0.1%)

3 てみる, て見る 2 やア

1 [12件] てひろ子, てみ, てみたら, てみれ, てよかっ, て今度, て思う, て本当に, て聞く, て見たら, なすッ, やが

▼ 今度その~ (17, 0.1%)

1 [17件] かわりに, 二人から, 人から, 令嬢の, 会議に, 反対の, 古い譯文, 増収を, 大阪なる, 宿望が, 少女も, 少年が, 層を, 服装で, 目に, 積りで, 解決に

▼ 今度だって~ (17, 0.1%)

2 貴女変な

1 [15件] おれの, そんなにいつも早く, やっぱりその, 何か, 僕は, 先生に, 口では, 外れりゃあ, 本部が, 此地へ, 珍らしい, 留守居の, 紀久ちゃんは, 荷物なんか, 諸戸氏直き

▼ 今度わたし~ (16, 0.1%)

3 はその 2 は京都, は総督 1 がお, がキス, が引, が行った, はこの, は東京, も, も伊那, も出

▼ 今度~ (16, 0.1%)

1 [16件] あのきれい, がさだ子さん, がたった, がわるい, が奧多摩, が突然, が邸, の妹, の所, の方, の沓, の著述, は三間, は北海道, は若様, も読ん

▼ 今度帰っ~ (15, 0.1%)

3 て来, て来る 1 てくる, てもしばらく, て坐った, て来た, て聞きます, て肥下, て行く, て見, て見たら

▼ 今度からは~ (13, 0.1%)

1 [13件] こち, たった十四時間, どうしてもつ, 争い食っ, 御免を, 描くの, 毎月二十五日定休日が, 汝達に, 留守だ, 私も, 訪ねて, 降って, 龍子を

▼ 今度だけ~ (13, 0.1%)

2 許して

1 [11件] さうだと, でいい, では, で棍棒, で無理, どうにかなれ, やわ, 入り道成寺, 大目に, 御客様, 私に

▼ 今度~ (13, 0.1%)

1 [13件] 一緒に, 一緒にでも, 丈夫である, 上京の, 下向の, 光来の, 奉公申し上げる, 好意で, 当家と, 新任に, 新任にな, 書に, 独りで

▼ 今度始め~ (12, 0.1%)

1 [12件] てじゃない, てそう, てです, て僕, て厳しい, て和女, て妾宅, て彼, て斯, て漸く, て現実, て田舎

▼ 今度~ (11, 0.1%)

1 [11件] つてそんな, つてワシリが, つて別に, つて口では, つて左様で, つて左樣で, つて惡寒から, つて数は, よ, よこの, ッても

▼ 今度~ (11, 0.1%)

1 [11件] たそれ, たつて, て掘り出します, て見る, ますからね, ますよ, ませう, よと言, るとき, るなら, るの

▼ 今度~ (11, 0.1%)

2 あんな風, 来ても 1 一度行っ, 乙松を, 倉川と, 奈良へ, 屑が, 此方へ, 没落人上森だ

▼ 今度来たら~ (11, 0.1%)

1 [11件] あんまり優待, おれが, お前から, お祖父さんからも, それとなく言っ, ば斬り殺せ, キッと, 十分言っ, 少し叩い, 屹度知らせます, 私の

▼ 今度自分~ (11, 0.1%)

2 が後釜 1 がこうして, がついに, が都, でこれこれ, で死んち, の子供, の寺, の生活, は芥川

▼ 今度~ (10, 0.1%)

1 おとなしく御, その仙衛ムどん, 一番高座で, 二束三文どころか, 先生一つ犠牲に, 後れないよう, 怖くはねえ, 恐れ乍ら御, 知らぬ顔の, 石垣左近将監様の

▼ 今度こそと~ (10, 0.1%)

1 いいながら, その度, 一斉に, 四枚目の, 心で, 志した下宿營業, 思ったの, 思って, 期待し, 経験の

▼ 今度ここ~ (9, 0.0%)

2 で何 1 から連れ, に合同, に来る, の劇場, へ来, へ来たら, を立退く

▼ 今度これ~ (9, 0.0%)

1 がどういう, が禁止, でせう, を, を書き出し, を書く, を築地座, を譯, を買

▼ 今度ほど~ (9, 0.0%)

1 な戦果, はげしい焦躁, よい詩, 困つた事, 好人物という, 私は, 自分の, 苦しく思った, 重態な

▼ 今度一つ~ (9, 0.0%)

4 試して 1 お拵え, よろしく桐山, 借りて, 大きくやつ, 遣て

▼ 今度~ (9, 0.0%)

1 かあったら, か変った, か山, か支那學會, か機会, か買っ, か食おう, しにいらしつたの, に著

▼ 今度~ (9, 0.0%)

1 が京都, が帰らなけれ, が来る, が行け, と俺, にあう, に無類飛切, の出した, の弟

▼ 今度~ (9, 0.0%)

1 がその, が帰っ, が決行, が賣らう, に会, の, の黄いろい, は自分, を迎える

▼ 今度日本~ (9, 0.0%)

1 から見えた, に参ります, の軍艦, へおいで, へ來, へ帰っ, へ戻ったら, へ来た, へ来ました

▼ 今度ばかり~ (8, 0.0%)

2 九分通り自分の 1 でなくこれから, でなし, はまるつきり, ゃ, ゃいか, ゃほうぼうから

▼ 今度新しく~ (8, 0.0%)

1 お衣, 二人が, 出來, 別の, 地球物理学の, 建て直されて, 薄手の, 開墾を

▼ 今度こちら~ (7, 0.0%)

1 でひとつ, においで, へまいった, へ店, へ来た, へ来る, を向く

▼ 今度はと~ (7, 0.0%)

2 赤い紙キレ 1 云えば, 噂する, 心を, 思うて, 祝氏の

▼ 今度上京~ (7, 0.0%)

2 して 1 したら寄って, したら矢田部先生, すること, するの, の途中

▼ 今度京都~ (7, 0.0%)

1 にやつ, に來, に来, の或, の文科大学, へ出, へ行っ

▼ 今度行っ~ (7, 0.0%)

3 てみる 1 てみたら, て見た, て象潟署, て賭

▼ 今度逢ったら~ (7, 0.0%)

1 その時, を繰り返す, 乃公が, 大に, 宜しくと, 左へ, 注意し

▼ 今度こっち~ (6, 0.0%)

1 に来る, の大, の棟梁, へ乗り込ん, へ来, へ来た

▼ 今度はね~ (6, 0.0%)

2 私は 1 その眼, またべつ, 大百姓, 私が

▼ 今度出た~ (6, 0.0%)

1 ときから, など斷定, のが, のは, ばかりの人, 水は

▼ 今度帰ったら~ (6, 0.0%)

1 そのこと, 冷評て, 別の, 承知しない, 殊更私, 食いものだけは

▼ 今度~ (6, 0.0%)

2 らしい法律 1 に出版, らしく二人, らしく大連, らしく来た人

▼ 今度新た~ (6, 0.0%)

1 な家, な術, に二種, に奉公, に岩波文庫, に非常時的宣言

▼ 今度江戸~ (6, 0.0%)

2 へ出 1 への供, へ御, へ行っ, をずらか

▼ 今度行ったら~ (6, 0.0%)

1 どんな目, グリーンホテルで, 一つ寄っ, 俺が, 宜しく云う, 額を

▼ 今度負けたら~ (6, 0.0%)

3 長吉の 2 降参する 1 俺は

▼ 今度あなた~ (5, 0.0%)

1 が行く, にお目にかかる, の代り, の出題, を御

▼ 今度ある~ (5, 0.0%)

1 お家に, 別な, 媒妁口に, 時も, 社の

▼ 今度いつ~ (5, 0.0%)

1 しよに, でも必要, 会って, 又逢, 帰省なさる

▼ 今度おいで~ (5, 0.0%)

3 になる 1 なさ, になっ

▼ 今度お前~ (5, 0.0%)

1 が嫁さん, さえよけれ, と逢う, に骨, の発案

▼ 今度お金~ (5, 0.0%)

1 が入ったら, が出来た, のあつ, のある, を持っ

▼ 今度くる~ (5, 0.0%)

2 ときに 1 ときお, ときヒロポンと, とき着

▼ 今度こそはという~ (5, 0.0%)

3 意気込みで 1 意気込みを, 腹は

▼ 今度どこ~ (5, 0.0%)

1 かでちょっと, で逢う, の方角, へ引っ越した, へ生れ

▼ 今度はか~ (5, 0.0%)

4 の女 1 へつて

▼ 今度~ (5, 0.0%)

21 かぎりにと, 初めてと, 外すと

▼ 今度~ (5, 0.0%)

1 お浪さん, ちっとばかり, ちっとア, なかなか奴ら, もう僕

▼ 今度一緒~ (5, 0.0%)

1 にお, に伴, に持つ, に来た, に譯

▼ 今度~ (5, 0.0%)

2 は妾悪意 1 けは何人, けは料簡, け貸す

▼ 今度事件~ (5, 0.0%)

1 が起ったら, になりました, の起った, をおこしたら, 起こして

▼ 今度会う~ (5, 0.0%)

2 のは 1 ときには, までにもっと, 時まで

▼ 今度会ったら~ (5, 0.0%)

1 こういうもの, そういおう, 一つそう, 医者に, 紹介し

▼ 今度~ (5, 0.0%)

1 が帰っ, が選ばれた, に銀時計, の用事, は墓地

▼ 今度出来た~ (5, 0.0%)

1 けい古場を, のです, 思想局の, 自分たちの, 谷川に

▼ 今度出版~ (5, 0.0%)

1 されるの, されるシナリオ文学全集, される昭和十四年度, すべき文学史, する

▼ 今度~ (5, 0.0%)

2 へ帰る 1 に帰っ, へかえったら, へ行った

▼ 今度~ (5, 0.0%)

1 から持つ, が野火, に赤ちやん, を出たら, を持つ

▼ 今度小樽~ (5, 0.0%)

3 に新 1 に商業學校, へ出

▼ 今度洋行~ (5, 0.0%)

1 して, するとき, の利益, の次第, を命ぜられた

▼ 今度生れる~ (5, 0.0%)

1 のが, 坊のに, 子が, 子を, 赤ん坊とは

▼ 今度田舎~ (5, 0.0%)

1 のお, の土産, の小さな, へ来た, へ行く

▼ 今度~ (5, 0.0%)

1 つたらうんと, つたらウント揶揄つて, つたら是非, はせて, ふまでに

▼ 今度限り~ (5, 0.0%)

1 かと, さ, であるよう, になるであろう, よすよ

▼ 今度~ (4, 0.0%)

1 よいよそ, らしったお隣さんへ, らしつたお母さまつて, らッし

▼ 今度かえって~ (4, 0.0%)

1 お師匠様, くるよう, も弄花弄花, 伸子は

▼ 今度きり~ (4, 0.0%)

1 ですから, でもう, で交渉, で閉鎖

▼ 今度こういう~ (4, 0.0%)

1 ことが, ものを, 事に, 名の

▼ 今度こうして~ (4, 0.0%)

1 元手が, 思わぬ負傷, 遺産も, 長旅を

▼ 今度こんな~ (4, 0.0%)

1 ことが, アムビシァスな, 仕事を, 目に

▼ 今度ついで~ (4, 0.0%)

1 があったら, があったら届け, があつ, の時

▼ 今度はかれ~ (4, 0.0%)

1 の足, はそれ, は一刻, 等は

▼ 今度はず~ (4, 0.0%)

2 うっと 1 ゐぶん親切, ゐぶん閑散

▼ 今度わし~ (4, 0.0%)

2 の領分 1 が作らし, が直し

▼ 今度~ (4, 0.0%)

1 から, からはたとい, からもっと, くらい自分

▼ 今度~ (4, 0.0%)

1 へ, へ上つて, へ上る, へ行っ

▼ 今度再び~ (4, 0.0%)

1 この山神奇童, 売り物に, 渡欧出来る, 自覚を

▼ 今度出たら~ (4, 0.0%)

1 今度シャバに, 今度シヤバに, 着附を, 麿が

▼ 今度出る~ (4, 0.0%)

1 ことに, には藩, のは, 時は

▼ 今度出来る~ (4, 0.0%)

2 駒形橋です 1 てえ, 駒場の

▼ 今度帰つて~ (4, 0.0%)

1 来たところ, 来たら話して, 来た友達つて, 来て

▼ 今度持っ~ (4, 0.0%)

2 て来 1 てゆく, て来る

▼ 今度改めて~ (4, 0.0%)

1 それを, ドアを, 単行本として, 義兄弟の

▼ 今度新しい~ (4, 0.0%)

1 のを, 仕事として, 住職が, 商売を

▼ 今度書いた~ (4, 0.0%)

1 ものそれを, ものを, 小説は, 百枚ほどの

▼ 今度~ (4, 0.0%)

2 へ降りた 1 の者, の若い

▼ 今度此処~ (4, 0.0%)

1 にかれ, に出来る, へ停車場, を出る

▼ 今度漸く~ (4, 0.0%)

1 出奔の, 摘発せられた, 稿を, 肥立った

▼ 今度病気~ (4, 0.0%)

1 がよく, が重く, になった, をなすっ

▼ 今度~ (4, 0.0%)

1 の時, をあけ, をさます, 見た時

▼ 今度~ (4, 0.0%)

1 がさめたら, が覺め, のあたり, を覚まし

▼ 今度結婚~ (4, 0.0%)

2 すること 1 したいから, するのに

▼ 今度行け~ (4, 0.0%)

1 ばどうせ, ばシャビエル, ば再縁, ば初対面

▼ 今度逢う~ (4, 0.0%)

1 ときは, までに, までにもう一度, までに考え

▼ 今度都合~ (4, 0.0%)

1 により一時, のいい, よく当選, を訊い

▼ 今度あたし~ (3, 0.0%)

1 があなた, が此方, の愛情

▼ 今度あったら~ (3, 0.0%)

1 みんなに, 一緒に, 直ぐそち

▼ 今度あの~ (3, 0.0%)

1 娘の, 恐ろしい底, 辺へ

▼ 今度いい~ (3, 0.0%)

1 ものを, 折が, 板が

▼ 今度かぎり~ (3, 0.0%)

2 でやめ 1 きッ

▼ 今度きた~ (3, 0.0%)

1 ときに, 女中です, 時分に

▼ 今度ぐらい~ (3, 0.0%)

1 つまらない目, 不思議な, 困惑した

▼ 今度そんな~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 ことしたら

▼ 今度でも~ (3, 0.0%)

1 もし前, 慶應義塾大, 杉野にでも

▼ 今度とは~ (3, 0.0%)

1 反対に, 反對, 本当に比較

▼ 今度なども~ (3, 0.0%)

1 ずいぶん運動, そう聞い, 見た人

▼ 今度はも~ (3, 0.0%)

1 ひとつの, 一つ上の, 少し具合

▼ 今度ぼく~ (3, 0.0%)

1 がうちの人たち, は休暇, は誰

▼ 今度やっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てはもはや

▼ 今度われわれ~ (3, 0.0%)

1 の文学座, の方, はその

▼ 今度アメリカ~ (3, 0.0%)

1 の気象学会, へ行っ, を見

▼ 今度フランス~ (3, 0.0%)

1 で造った, のため, へ行く

▼ 今度一度~ (3, 0.0%)

1 お目, だけ, だけじゃ

▼ 今度五ヵ年計画~ (3, 0.0%)

1 で診療所, で集団農場, によってすっかり

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 つたら会, つたら私, つたら言

▼ 今度偶然~ (3, 0.0%)

1 にも自分, に森本君, に覺

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 つて来た, ルト最早, 監中の

▼ 今度入った~ (3, 0.0%)

1 ひと凄い, 堀尾君です, 文芸部の

▼ 今度函館~ (3, 0.0%)

2 にゐる 1 から江戸

▼ 今度友達~ (3, 0.0%)

2 の医者 1 がきた

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 地震と, 戦争を, 變なる

▼ 今度失敗~ (3, 0.0%)

1 しても, すると, すれば

▼ 今度~ (3, 0.0%)

2 が来た 1 の姿

▼ 今度始めて~ (3, 0.0%)

2 家を 1 この日本橋

▼ 今度少し~ (3, 0.0%)

1 ばかりの用事, 吟味しろ, 裁縫を

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 へお母さん達, へやられる, へ遣られる

▼ 今度帰る~ (3, 0.0%)

1 とき将校連中は, と分家, 時もし

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 の手伝い, を持った, を開いた

▼ 今度引越す~ (3, 0.0%)

1 と云つて, 代々木上原という, 家の

▼ 今度彼女~ (3, 0.0%)

1 が白浜, の店, は何

▼ 今度彼奴~ (3, 0.0%)

2 が娑婆 1 に会ったら

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 にロンドン, に圓太, に忰

▼ 今度戦争~ (3, 0.0%)

1 があったら, になっ, になろう

▼ 今度戦地~ (3, 0.0%)

1 へ行く, へ行らッ, を訪れた

▼ 今度政府~ (3, 0.0%)

1 が減免租, で新, に於

▼ 今度文芸春秋社~ (3, 0.0%)

1 が新劇協会, が私, の手

▼ 今度新聞~ (3, 0.0%)

1 で報ぜられた, に書きたくなったら, の案内広告

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 から帰る, のお, を打っ

▼ 今度旅行~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, の途次, を為

▼ 今度書く~ (3, 0.0%)

1 としたら, ものを, 方の

▼ 今度次郎~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, が提げ, を預る

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 つたら嚊, ると, るまいと

▼ 今度死んだ~ (3, 0.0%)

1 函館の, 凾館の, 女房の

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 が注い, が注いた, を付け

▼ 今度王様~ (3, 0.0%)

2 が御 1 が是非

▼ 今度生まれ~ (3, 0.0%)

2 て来る 1 て来たら

▼ 今度生まれた~ (3, 0.0%)

1 のは, 子には, 孫は

▼ 今度~ (3, 0.0%)

2 へ被 1 へ遊び

▼ 今度発見~ (3, 0.0%)

1 されたら, されると, した可笑しい

▼ 今度米国~ (3, 0.0%)

1 に来, の某, へ渡っ

▼ 今度若し~ (3, 0.0%)

1 あなたが, この町名, 銅像の

▼ 今度~ (3, 0.0%)

1 つたら聞いて, てやつ, 向う時

▼ 今度行く~ (3, 0.0%)

1 のでしたら, んだ, 学校は

▼ 今度貴女~ (3, 0.0%)

1 と結婚, に会った, の小説

▼ 今度逢った~ (3, 0.0%)

1 心持ちとの, 時取り付き, 時笑っ

▼ 今度遠い~ (3, 0.0%)

1 所に, 所へ, 朝鮮へ

▼ 今度あたり~ (2, 0.0%)

1 から調子, でおしまい

▼ 今度あらた~ (2, 0.0%)

1 に一冊, に二年

▼ 今度いっしょ~ (2, 0.0%)

2 に連れ

▼ 今度いらっしゃる~ (2, 0.0%)

1 ときっと, ところは

▼ 今度お出で~ (2, 0.0%)

1 になった, の時

▼ 今度お前さん~ (2, 0.0%)

1 がこの, 之を一番

▼ 今度お父さん~ (2, 0.0%)

1 があそこ, に自転車

▼ 今度かう~ (2, 0.0%)

1 いふ商売を, 云ふ

▼ 今度かさね~ (2, 0.0%)

2 て来

▼ 今度かへ~ (2, 0.0%)

1 つたら本当にまた, つてま

▼ 今度かれ~ (2, 0.0%)

1 が指さした, を招聘

▼ 今度くら~ (2, 0.0%)

1 ゐ内容, ゐ痛切

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 さ眼に, さ雪子の

▼ 今度こそはといふ~ (2, 0.0%)

1 氣にも, 腹は

▼ 今度すぐ~ (2, 0.0%)

1 また酒場, 窓の

▼ 今度すっかり~ (2, 0.0%)

1 焼けて, 畑の

▼ 今度ぜひ~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 建造し

▼ 今度そう~ (2, 0.0%)

1 させて, 言って

▼ 今度そちら~ (2, 0.0%)

1 からのかえり, へ行った

▼ 今度それ~ (2, 0.0%)

1 を支那, を改作

▼ 今度だす~ (2, 0.0%)

2 短篇集の

▼ 今度どんな~ (2, 0.0%)

1 手踊りが, 無茶を

▼ 今度にわかに~ (2, 0.0%)

1 当惑すべき, 思うこと

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 商売に, 祖先伝来の

▼ 今度はからずも~ (2, 0.0%)

2 篤志の

▼ 今度はは~ (2, 0.0%)

1 ア仕方が, ッと

▼ 今度はわてを~ (2, 0.0%)

2 追ひ出す

▼ 今度ばかしゃ~ (2, 0.0%)

1 仲間の, 大真面目

▼ 今度ひとり~ (2, 0.0%)

1 で参ります, で旅

▼ 今度まことに~ (2, 0.0%)

1 嬉しいこと, 後味の

▼ 今度もう一度~ (2, 0.0%)

1 君の, 逢いに

▼ 今度もし~ (2, 0.0%)

1 やって来ましたら引留めて, 新たに

▼ 今度もしか~ (2, 0.0%)

1 したら始めて, の女

▼ 今度もち~ (2, 0.0%)

2 やうど

▼ 今度やって来た~ (2, 0.0%)

1 とは半蔵, 彼女を

▼ 今度やつ~ (2, 0.0%)

1 たらあたし, とのこと

▼ 今度やる~ (2, 0.0%)

1 ときには, ときは

▼ 今度ようやく~ (2, 0.0%)

1 きまりまして, 二人が

▼ 今度よく~ (2, 0.0%)

1 よんで, 訊きましょう

▼ 今度クウトベ~ (2, 0.0%)

2 から同志

▼ 今度パリ~ (2, 0.0%)

1 がおちたら, へい

▼ 今度一處~ (2, 0.0%)

2 に寫眞

▼ 今度七日~ (2, 0.0%)

2 遊んでるうち

▼ 今度三人~ (2, 0.0%)

1 が前後, の庄屋

▼ 今度上方~ (2, 0.0%)

1 へやって来, より初

▼ 今度上海~ (2, 0.0%)

1 へ来たら, へ行く

▼ 今度中学校~ (2, 0.0%)

1 に勝てるだろう, をでた

▼ 今度久々~ (2, 0.0%)

1 で帰った, にこの

▼ 今度久し~ (2, 0.0%)

2 振に

▼ 今度久しぶり~ (2, 0.0%)

1 で院本, にこれ

▼ 今度久し振り~ (2, 0.0%)

1 だったなむ, で出

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 が家, 御勝

▼ 今度二度目~ (2, 0.0%)

1 に若宮祭り, の嘆願

▼ 今度会社~ (2, 0.0%)

1 から洋行, で新

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 かに毛利, に二十円

▼ 今度信州~ (2, 0.0%)

1 に踏, の御

▼ 今度先生~ (2, 0.0%)

1 のお, の書斎

▼ 今度其の~ (2, 0.0%)

1 三ツ備はりたれ, 若年寄に

▼ 今度出来~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 今度出逢った~ (2, 0.0%)

1 が最後, 時わざわざ

▼ 今度切り~ (2, 0.0%)

1 が何遍, ですから

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 て其時分, まった爆弾漁業

▼ 今度到頭~ (2, 0.0%)

1 明るみへ, 父が

▼ 今度勅命~ (2, 0.0%)

1 にて下られた, により召寄せ

▼ 今度協和書院~ (2, 0.0%)

2 から吉江

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 をきい, を塞ぐ

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 の肩, の足

▼ 今度堀江~ (2, 0.0%)

2 へ附き

▼ 今度大坂~ (2, 0.0%)

1 に出陣, より來

▼ 今度大変~ (2, 0.0%)

1 いい温室, な数千円

▼ 今度大工~ (2, 0.0%)

1 を雇った, を雇つたの

▼ 今度大阪~ (2, 0.0%)

1 の社, へ帰ったら

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 が当分, も嫁入り先

▼ 今度始まった~ (2, 0.0%)

1 ことで, ことの

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 として娶らう, に行った

▼ 今度子供達~ (2, 0.0%)

1 が苛め, の眼

▼ 今度学校~ (2, 0.0%)

1 へ出る, を開いた

▼ 今度実現~ (2, 0.0%)

1 すること, するに

▼ 今度尋常科~ (2, 0.0%)

2 の三年

▼ 今度小説~ (2, 0.0%)

1 を書いたら, を書く

▼ 今度尾行~ (2, 0.0%)

2 たら承知

▼ 今度屑焼き~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 今度展覧会~ (2, 0.0%)

1 が開かれる, に出しました

▼ 今度展観~ (2, 0.0%)

1 された墨蹟, する私

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 から来た, を下り

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 つたらもう, つたら真先

▼ 今度帰国~ (2, 0.0%)

1 する新, を許す

▼ 今度帰郷~ (2, 0.0%)

1 したらあの, してから

▼ 今度幸い~ (2, 0.0%)

1 にミル, に生えたら

▼ 今度幻燈会~ (2, 0.0%)

2 のとき

▼ 今度建つべき~ (2, 0.0%)

2 五重塔は

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 移った実, 移りましたの

▼ 今度当地~ (2, 0.0%)

1 へ来, へ来ます

▼ 今度当選~ (2, 0.0%)

1 するか, つたら君

▼ 今度彦兵衞~ (2, 0.0%)

1 の一件, へ下さる

▼ 今度徴用~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 今度必ず~ (2, 0.0%)

1 七年目ごとの, 男子が

▼ 今度恋愛~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ 今度息子~ (2, 0.0%)

1 に艪, を中学

▼ 今度愈々~ (2, 0.0%)

1 戦地へ, 着手致す

▼ 今度我々~ (2, 0.0%)

1 が名古屋, に於

▼ 今度我々九名~ (2, 0.0%)

2 の同志

▼ 今度~ (2, 0.0%)

2 る雑誌

▼ 今度戻っ~ (2, 0.0%)

2 て来

▼ 今度手前共~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ 今度手紙~ (2, 0.0%)

1 で書い, のついで

▼ 今度掲げる~ (2, 0.0%)

2 だけに

▼ 今度文学座~ (2, 0.0%)

1 といふ劇団, のアトリエ公演

▼ 今度文芸戦線~ (2, 0.0%)

2 と云う

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 う云, う云う

▼ 今度是非~ (2, 0.0%)

1 その京都, とも罷めさせ

▼ 今度是非東京~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ 今度月夜~ (2, 0.0%)

2 に雪

▼ 今度朝鮮~ (2, 0.0%)

2 に対する私

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 にする, になる

▼ 今度来るなら~ (2, 0.0%)

1 一人で, 臼を

▼ 今度横浜~ (2, 0.0%)

1 で震死, を引き上げる

▼ 今度~ (2, 0.0%)

2 したら承知

▼ 今度此方~ (2, 0.0%)

1 の棟梁, へ出

▼ 今度武蔵野~ (2, 0.0%)

2 に居

▼ 今度歸つて來~ (2, 0.0%)

1 たの, て毎日來

▼ 今度死ぬ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 今度死ん~ (2, 0.0%)

1 でしかも, でしまったら

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 に詰問, の体

▼ 今度河内屋~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 今度温泉~ (2, 0.0%)

1 の涌いた, を掘り当てた

▼ 今度源助さん~ (2, 0.0%)

2 が四年

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 と一緒, に死なれた

▼ 今度生れ~ (2, 0.0%)

1 たりとも私し, て来る

▼ 今度生れた~ (2, 0.0%)

1 のは, のも

▼ 今度生れ変る~ (2, 0.0%)

2 時には

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 の脚絆, はぎに

▼ 今度相撲~ (2, 0.0%)

1 とると, の節会

▼ 今度矢田津世子~ (2, 0.0%)

2 と結婚

▼ 今度社長~ (2, 0.0%)

2 が代議士

▼ 今度秀吉~ (2, 0.0%)

1 が伊勢路, と二日間

▼ 今度突然~ (2, 0.0%)

1 出現した, 東京に

▼ 今度立ち上っ~ (2, 0.0%)

1 て二, て首

▼ 今度立派~ (2, 0.0%)

2 な記念碑

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 一書房の, 三交代で

▼ 今度箱根~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 今度花屋敷~ (2, 0.0%)

1 へ嫁入り, を買う

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 の王子, の王子入城

▼ 今度蜘蛛~ (2, 0.0%)

2 を虫けら会

▼ 今度行こう~ (2, 0.0%)

1 というその, と思っ

▼ 今度行つて~ (2, 0.0%)

1 お世辞, もあげ

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 て御覧, 損うたなら斬っ

▼ 今度見えた~ (2, 0.0%)

1 時こそ, 神主は

▼ 今度見つけた~ (2, 0.0%)

1 巣は, 本に

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 の跡め, 堅の

▼ 今度親類~ (2, 0.0%)

1 から出し, におなり

▼ 今度計らず~ (2, 0.0%)

1 も小野家, も稚

▼ 今度訊ねられたら~ (2, 0.0%)

2 俺は

▼ 今度訪ね~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 かと一緒, かラムネ

▼ 今度警察~ (2, 0.0%)

1 の許可, へとらえられ

▼ 今度~ (2, 0.0%)

1 ひ取つて, ひ取つて落着

▼ 今度買う~ (2, 0.0%)

1 て上げます, て来

▼ 今度買っ~ (2, 0.0%)

1 てきたら分けあっ, て来

▼ 今度踊り~ (2, 0.0%)

2 の晩

▼ 今度逃がせ~ (2, 0.0%)

1 ば十手, ば十手捕縄

▼ 今度逃げ~ (2, 0.0%)

1 て来た, 隱れ

▼ 今度逢っ~ (2, 0.0%)

1 てみれ, て見る

▼ 今度連れ~ (2, 0.0%)

2 て來

▼ 今度遊び~ (2, 0.0%)

1 に来るなら, に行っ

▼ 今度金婚式~ (2, 0.0%)

1 を挙げた, を擧げた

▼ 今度開く~ (2, 0.0%)

1 のが, 歌舞伎座の

▼ 今度間違う~ (2, 0.0%)

1 と動き, と直ぐ

▼ 今度閣下~ (2, 0.0%)

2 に対する債権

▼ 今度集めた~ (2, 0.0%)

1 藏書目録を, 論文の

▼ 今度集められた~ (2, 0.0%)

2 小曲は

▼ 今度離縁~ (2, 0.0%)

1 になった, に及びたれ

▼ 今度~ (2, 0.0%)

2 の上高地

▼ 今度駄目~ (2, 0.0%)

1 だと, だよ

▼ 今度鶴仙堂~ (2, 0.0%)

2 から板

▼1* [1250件]

今度ぁゆっくり歩べ, 今度ぁ狙撃だぞ, 今度あいつに会, 今度あげるよ, 今度あそこまで案内, 今度あたしたちを若松, 今度あたり前に結, 今度あちらから帰朝, 今度あったら云ってやろう, 今度あったら生かしちゃあ置かねえ, 今度あつたらよ, 今度あつしを用心棒, 今度あなた暖な日, 今度あばれちゃ駄目, 今度あまり急で, 今度あやまらうと覚悟, 今度あれを書いた, 今度あんな事が, 今度いくらでも実験, 今度いずれこういう背景, 今度いっさい家の方, 今度いつかそのドイツ語, 今度いつぺんきりよこんな, 今度いらっしゃって又, 今度いる新しいの, 今度いろいろな点, 今度いわゆる新式の, 今度ええ猫が, 今度おいでなさる時, 今度おごつて貰つたら可, 今度おじさんにお目にかかりましたら, 今度おちついた時には, 今度おっしゃっていた, 今度おつけしたら三杯, 今度おとなしかったから, 今度おもい切って決行, 今度おれが甲府, 今度お上さんが出かけるだったら, 今度お便りなさる時, 今度お出かけになったら, 今度お客が泊つたら茗荷, 今度お母さまがいらっしゃる, 今度お母さんに赤い, 今度お目にかかった折そっと, 今度お目にかかったら笹野の, 今度お目にかかつてくわしく, 今度お菓子を持っ, 今度お菓子屋に間違, 今度お許しが出ました, 今度お話になられ, 今度お越しになった, 今度お送りしたの, 今度かいている, 今度かいたらまた俺, 今度かういふことを, 今度かかって来た, 今度かぎり一生に一度, 今度かの六三郎と, 今度ておくれよ, 今度きゅうに会, 今度ぎりで当分どこ, 今度ぎんを捕ったら上げる, 今度こさあ捕縛, 今度こそとは思ふが, 今度こそはどえらい仕返し, 今度こそはの寸毫も, 今度こっさりや, 今度こっさりこそぼ, 今度こつちへ移つて來, 今度こんがらやせいたかを連れ, 今度こんなに咽喉を, 今度こんなひょんな事で, 今度一緒に, 今度ごたごたを片づけ, 今度さらにそれらを, 今度しくじって再び, 今度しくじったら大変です, 今度しくじつたら大変です, 今度しくじりゃ五へんめだ, 今度しでかしたとはいえ, 今度すれば罰則, 今度ずうっと高い, 今度せがれの石, 今度そういう手柄を, 今度そこを通り, 今度そこらを探しました, 今度そっちへ入る, 今度そつちへ, 今度そらを飛ん, 今度それで先へ, 今度それとなく訊いて, 今度それらの要求, 今度たとえ素人の, 今度たとえばその作人, 今度ためして見た, 今度だけさうして, 今度だけにお住, 今度だっても旦那が, 今度ゅう今度は, 今度ちっともいいこと, 今度から楠, 今度っきり始めての, 今度って今度は, 今度つい逢はずに, 今度つかまつたら小夜菊殺しの, 今度つけたら三杯目でございます, 今度つけるがいい, 今度つていふ今度, 今度つれて行かれたら, 今度であったとしても見そこなう, 今度できたのは, 今度ですつかりきまつた, 今度といったような, 今度とうとう尻尾を, 今度とおる自動車は, 今度とっ捕まったら風検ぐらいの, 今度とてぬかって, 今度とても素晴しい, 今度とにかく二十点といふ, 今度ないしても, 今度どう云う目的, 今度どうしても息子の, 今度どうやら軍兵を, 今度どこそこに生れ, 今度なくなりました角太郎で, 今度なぞも確か, 今度なぞはもし台湾, 今度などよりもっと長く, 今度なら先口よりも, 今度なんて仰有らずに, 今度ねっきりはっきり, 今度のこそ芳子さんです, 今度のだけは是が, 今度のだって当り前なら, 今度ので十二人だ, 今度のなども読むには, 今度のにかけて少し発見, 今度はうらなり先生, 今度はかいって面喰てる, 今度はかへつてさ, 今度はかりそめの, 今度はきッと, 今度はごうごういびき, 今度はさ程権柄ずく, 今度はさえざえした声で, 今度はさ様に遊, 今度はしつかりした足取り, 今度はしかえしだ, 今度はじゆうにあるけない, 今度はじまれば実に, 今度はじめた内職な, 今度はじめてさういふ, 今度はじめてつくづくと感じさせられた, 今度はじょあんなおすみも足に踏んだ, 今度はちよつと立, 今度はという決意の, 今度はといった意味は, 今度はとのさまが, 今度はにゃごにゃごとやって見た, 今度はねたアちゃんも, 今度はのつけに, 今度はようく見た, 今度はをぢちやんが, 今度ばあさん家の猫, 今度ばかりじゃない, 今度ばっかりこんなにし, 今度ひけるだげな, 今度ひとつある機会, 今度ひどいめに, 今度ひどくこの胸, 今度ぴかどんがきたら永遠のお, 今度ふざけた真似を, 今度ふとしたことで, 今度ふり切れば關係者, 今度ぶつつかつたら, 今度ほんとうに初音, 今度ぽっきりのこと, 今度までついぞ一度, 今度までに何か, 今度みごとに出来あがった, 今度みさ子を連れ, 今度みずから遂行したに, 今度みたよに, 今度みたいな仕事, 今度みなさん方のお蔭, 今度むこを取る, 今度めいめいの女, 今度めお見舞ひにおい, 今度もう一ぺん行て, 今度もしもウチに, 今度もっと暖かに, 今度もつて来る, 今度もと岩波書店で, 今度もね甲府金を, 今度もやーさん出かけ, 今度もわづかに, 今度つて御覧, 今度やった事件に, 今度やって来ても何, 今度やって来る第五氷河期, 今度やっと末席で, 今度やとい入れた船員たち, 今度やられたのは, 今度やるならもっとうまい, 今度つくりお話し, 今度ゆくといっ, 今度ゆけばまた, 今度よりももつと, 今度よんで見, 今度わが帝国空軍の, 今度わけがあっ, 今度わたくしご案内, 今度時は, 今度越前屋の, 今度アこれを売っ, 今度アブレたらそれ, 今度アメリカ海軍が発, 今度アルスの児童文庫, 今度ア今迄来た, 今度ア伊三郎の田, 今度ア其手じゃア, 今度ア女の髪の毛, 今度ア左様は往く, 今度ア物見遊山でなえ, 今度ア私の番, 今度インカの大, 今度インド婦人の額, 今度インド皇帝陛下の戴冠式, 今度ウィルメットに出来た, 今度ウペシュをカーテン, 今度オール読物を月刊雑誌, 今度カタリナが独逸, 今度カナダ政府ではこれ, 今度カルカッタに行く, 今度カルタの読み手, 今度ガソリン一ガロンにつき五銭価, 今度ガダルカナル辺へ行ったら, 今度ガムビア河に達した, 今度ガリヴア旅行記のやう, 今度キク子が花田さん, 今度キャジノで教え, 今度キャッチボールをしよう, 今度クルブラ島ヲ去, 今度ゴロちゃんは可哀そう, 今度ゴーリキイがソヴェト, 今度サン・セバスティアンに来る, 今度シャバに出たら, 今度シヤバに出たら, 今度ジャムを拵え, 今度スイッチを入れた, 今度スコットランドの現代文学, 今度スタンホルドのジョルダン博士, 今度スミス氏の発明, 今度ゼルシー島に持っ, 今度ソシアル・ダンスの倶楽部, 今度ソンナのが出ましたら, 今度ソヴィエト連邦へ招待, 今度タイキの馬蹄, 今度ダムの計, 今度ダンネベルグ夫人に現われた, 今度ドイツが大, 今度ナヂェージダ・フェドセーヴナに結婚, 今度ノーベル賞を貰っ, 今度ハガシャガシャ節ヲオ聞キニ, 今度ハムレットをやる, 今度ハ京都ヘ自分, 今度ハ寄ラナイデ帰ルカモ知レナイカラ悪ク思ワナイデ下サイ, 今度ハ快気ハオボツカナイカラ悴ノコトハ万端頼ムカラ嫁ヲ取, 今度ハ支那ノ唄イマショウ, 今度ハ方法ヲ改メテ, 今度ハ構ワヌトイッタ故ソノ時ハオレガホホノ下ニハレ物ガ出テイテ, 今度ハ燈心デデモオコシラエナサレバイイニナゼトイウニ私モ今度入ルト, 今度ハ颯子ガ正体ヲ現, 今度ハ鮭色ピンクノサッカーノガウンヲ着テ支那製ラシイ牡丹ノ刺繍, 今度パラオへ行っ, 今度ヒソカニ感ズルトコロアリテ永年ニ亘ル秘密ノ一部, 今度ブラジルに移住, 今度ブラジル公使に任命, 今度マアどうなる, 今度マニ教の噂, 今度マリア姫がそれ, 今度マーチン会社が海軍, 今度ムア・ハウスへ來, 今度ランギニてふ, 今度ルリに逢う, 今度ルール地方に行つて, 今度レビューを見学, 今度ロシアの領地, 今度ワリニャーニの携え, 今度ヴァイリマで一緒, 今度ヴァレリイの, 今度ヴエスタ広場に建てる, 今度一しょに釣, 今度一つわしとこの, 今度一つ御馳走して, 今度一つ投り込んで, 今度一つ社中の人, 今度一の谷で討死, 今度一万両出す金主, 今度一人ぼっちになっ, 今度一人欠員ができた, 今度一円五十銭貰うたらと, 今度一冊の書物, 今度一処に写真, 今度一切経の版行, 今度一寸した感想, 今度一寸海へ行っ, 今度一年生になりました, 今度一族が出発, 今度一条戻り橋, 今度一枚絵になっ, 今度一枚繪になつて, 今度一番だってね, 今度一葉をかい, 今度一遍伺わせて, 今度一部の文, 今度七万何千円といふ事, 今度七八年ぶりで阿波, 今度七尾へ養子, 今度が出たら, 今度三十一年後に彗星, 今度三幅を同じ, 今度三年ぶりで東京, 今度三浦に始め, 今度三百万円寄付したので, 今度三角の不思議, 今度三越へ出かける, 今度三輪の親分, 今度三週間暮して, 今度上るかもしれません, 今度上樣御代替に付, 今度上演したい脚本, 今度下宿を引払っ, 今度下野から上州, 今度不幸で中津, 今度不思議にも助かった, 今度世界が元, 今度世界戦争が始, 今度世間的に云っ, 今度中央アジアから掘り出され, 今度中学を卒業, 今度中山が出来ました, 今度中支に於ける, 今度中村屋は少年諸君, 今度中津に帰, 今度中門を立て, 今度主人縫殿頭より使者, 今度主任の役, 今度主君の仇, 今度主税之助, 今度乃公の分け前, 今度久三がその, 今度久保田万太郎岩田豊雄の諸君, 今度乗せられた新しい二艘, 今度二丁目の市村座, 今度二人でどこ, 今度二十五周年記念号を出す, 今度二科へ入, 今度二遍目ですが, 今度五ヵ国の承諾, 今度五年生になった, 今度五葉の松, 今度井沢民事部長に行っ, 今度亜米利加の方, 今度亜米利加作家某の作品, 今度亞米利加から船中, 今度亡くなりました角太郎で, 今度京伝を訪ねる, 今度京橋の同, 今度京都守護職とかいっ, 今度人造犬を発明, 今度今年学校を出た, 今度仏国のカルメット, 今度仏教国史などに関係, 今度仕合をし, 今度他所へいらつ, 今度仙台の, 今度代々木の八幡宮, 今度以上の熱心, 今度仰せ出されたところに, 今度伊勢守になられた, 今度伊賀から伴, 今度休暇を取っ, 今度会うたらお礼申しとい, 今度会えばころさん, 今度会って詳しい, 今度会った時で, 今度会つて見ると, 今度会われる時は, 今度会津へ帰っ, 今度伝馬町へ行け, 今度れて, 今度伸一郎氏に新, 今度伸子が帰っ, 今度伺いました時に, 今度佐久間先生のお供, 今度よく見切り, 今度体裁張って, 今度何処かの学校, 今度何時か一度, 今度何気なく柳田国男氏の, 今度作文の本, 今度の神様, 今度便所に往, 今度保守党自由党の連立内閣, 今度俳優座が実験劇場, 今度俵さんが洋行, 今度俺とこへ来, 今度俺等が剣, 今度倉川の手, 今度借りた家の, 今度借りたら今度こそは, 今度倶楽部へ出す, 今度備後国茶筅共と我々共, 今度儲けたらというとき, 今度元気回復いたしたし, 今度の供, 今度兄さんの銀行, 今度兄君が戦争, 今度を生む, 今度入って来た, 今度入りました新荷, 今度入れた市指定の, 今度入獄すれば, 今度全快したら東京中, 今度全身の絵, 今度全集をよみ, 今度八丁堀の私, 今度八幡のお, 今度公儀から越前様, 今度公然と開かるる, 今度公表された内容, 今度働組が, 今度共に連て, 今度其盜賊取押, 今度具象的となっ, 今度い遊び, 今度内蔵助外十七名を藩邸, 今度内藤に逢, 今度内藤濯さんの訳された, 今度再婚もした, 今度再度の上洛, 今度再建春秋社が改めて, 今度再演されると, 今度冤罪の下, 今度冬仕度がすみましたなら, 今度出しておい, 今度出会つたらほんとに, 今度出会った時は, 今度出会ったら向う脛を, 今度出席すべく日本, 今度出府致せしなり長兵衞殿先一通り聞, 今度出張つて来たの, 今度出征するそう, 今度出掛けたのは, 今度出掛けますか, 今度出来ました新しい劇団, 今度出版屋を狙, 今度出獄したすべて, 今度出立する時, 今度出陳された滯歐中, 今度切れば何, 今度刊行せられた, 今度判った重大な, 今度別れたらまあ当分, 今度別れるようだったら, 今度著の, 今度到る処の, 今度到底いたたまれないで, 今度よりも一層, 今度前項で, 今度割ると私, 今度元社, 今度創作座が取上げた, 今度創刊になる, 今度劇界の革新興行, 今度力蔵は良吉, 今度勅使の下向, 今度勘十郎でも死んだら, 今度勝利を得たなら, 今度勝頼に背い, 今度勲三等になつ, 今度区画割のできた, 今度医者としてこの, 今度だけ負けた, 今度十七歳の鶴松, 今度十五番もお, 今度十円のやつ, 今度千葉の家, 今度千葉てる子さんが僕, 今度卒業したの, 今度南洋へ手, 今度博文館に於, 今度印度から来られました, 今度印象を書い, 今度原作を読ん, 今度原子バクダンの落ちた, 今度原稿料が入ったら, 今度厭気がさして, 今度参ったなら元々へ, 今度参ったら直に, 今度参事会で市営建造物, 今度つたら一刀兩斷, 今度又八を誘っ, 今度友人鈴木君から同君ら, 今度友田君を一個, 今度友達ガ寄ッテ遊山無尽ヲ拵エルガ, 今度叔父も愈々, 今度取った路は, 今度取れた分から, 今度叛逆の張本泉小次郎, 今度口述したり, 今度古典的なバッハオーフェン, 今度古郷へ歸, 今度召喚を受ける, 今度台湾へ一緒, 今度各国文学の専門家, 今度吉原へ勤め, 今度吉田へ来る, 今度銀行蔵掃除について, 今度同宿の杉戸屋富右衞門, 今度同誌で各, 今度名古屋へ来た, 今度向島の高見山, 今度向島請地の笑楽軒, 今度吟味掛りの者, 今度吾等が此大危難, 今度吾輩が九大, 今度れば, 今度呼ばれればそれ, 今度呼んだら剰銭は, 今度呼んだら飛び込もうと決心, 今度呼子においでたなら, 今度の水, 今度和議が成就, 今度咸臨丸の航海, 今度商売を思ひ切, 今度商売用でジャワ, 今度商法をね, 今度問題をおこせ, 今度喜三公の奴, 今度嘉川家より公儀, 今度四国を巡遊, 今度図書館に行った, 今度国定教科書の插絵, 今度国家試験になる, 今度国許で処分, 今度國許に父, 今度土地を買つて, 今度地主が来たら, 今度地位を得, 今度にお銭, 今度坊主が来た, 今度垣内松三教授の, 今度を明け渡す, 今度堀口さんが買つた馬, 今度堀口大学氏訳の, 今度へ御, 今度境三造の過った, 今度売れた千八百万の, 今度夏休みに参ります, 今度外国課の方丈, 今度多くのもの, 今度夜具を一枚, 今度大きくなって, 今度大久保へ行っ, 今度大事なご用, 今度大佐は死ん, 今度大切の一軸, 今度大原さんに差上げる, 今度大向うからやんや, 今度大坂表にあっ, 今度大弐のほう, 今度大森君の紀行, 今度大橋文右衞門へ百兩, 今度大正五年迄, 今度大納言になっ, 今度大船製造御免被仰, 今度天守閣の狭間, 今度天気が長く, 今度天然記念物となった, 今度太宰さんが亡くなられた, 今度奉行が替った, 今度奉行所より賜りし, 今度へ帰っ, 今度奥さまが晴れ, 今度奥州の平泉, 今度女子大学を卒業, 今度姉さんが行きます, 今度姫宮接子さんが入る, 今度姿を見せやがったら, 今度は江戸向, 今度子供をアメリカ, 今度存じておろう, 今度へ来た, 今度宇治へおいで, 今度安五郎は白妙, 今度安心なの, 今度完全に独立, 今度より戻す, 今度宝塚の温泉宿, 今度宮内官になつて, 今度宮城二重櫓下から出た, 今度宮家には念願, 今度宮田さんにお話, 今度宮良君が島々, 今度家督を讓, 今度寄贈のため, 今度富村氏の注意, 今度寒月が来たら, 今度寒月君が来たら, 今度寺田寅彦全集の編輯, 今度小倉と改名, 今度小学校もできる, 今度小宮さんに伺っ, 今度小山君は俄然, 今度小山書店から出版, 今度小林に會, 今度小林君にきいた, 今度小次郎に逢おう, 今度少女が側, 今度少尉が出征, 今度就職したら職場, 今度居処を変った, 今度屋敷を立退く, 今度山野のところ, 今度屹度来て, 今度岡倉一雄氏の編輯, 今度岡野様ヘキタ剣術, 今度岩波文庫に, 今度岩波新書を発行, 今度岩波書店の諒解, 今度へ遣られる, 今度巡礼お花, 今度工場で拵えよう, 今度工藤の兄さん, 今度の腕, 今度差上げるとして牛肉, 今度差配が来たら, 今度巴里へ行, 今度で一定戸数, 今度市ヶ谷に廻っ, 今度市域が拡張, 今度帝劇で上演, 今度帰つた時探して, 今度帰りに新潟, 今度帰るまいとした, 今度帰ればもう, 今度帰参の問題, 今度帰省した時, 今度帰還の日, 今度帰陣のうえ, 今度平生文相が行おう, 今度年期もあけ, 今度ひ私, 今度幹部になった, 今度広い道路が, 今度広島でまことに, 今度床次がどう, 今度があつ, 今度府中の城, 今度府君に従う, 今度座敷用の湯沸かし, 今度ヘ檻, 今度廉物ではある, 今度建ちました御殿の, 今度建つのは, 今度建てた家の, 今度建てる別荘の, 今度建立さっしゃる, 今度引っ越して来た, 今度引越のとき, 今度引越した小さい家, 今度弦四重奏曲の幾つ, 今度彗星がやって来たら, 今度に立てる, 今度役に立つ事と, 今度彼女等が彼方, 今度彼様挙動エすれば, 今度ったら一捫着, 今度往く時には, 今度徐々消え失せました尾, 今度ものを, 今度得た理想主義的意力は, 今度御世話申候儀を恐れながら, 今度御免にお, 今度御方と顔, 今度御用人の平岡円四郎殿, 今度御用済みということ, 今度御覧になれ, 今度復活するそう, 今度徳三郎の襲名興行, 今度徳富先生の御, 今度徳川家にとってある, 今度必修課目の一つ, 今度忌避に触れたら, 今度忠兵衞が計らず, 今度思いがけなく一座が, 今度思ひがけなく, 今度思想局に昇格, 今度思立って外国, 今度急激に神経痛, 今度怪塔王はどんな, 今度悪いことを, 今度悪くなってから, 今度悪魔の使者, 今度愛嬌のない, 今度憲政会から提出, 今度成都からの詔書, 今度我々守護し奉つり江戸表, 今度我が子の, 今度我子の果敢, 今度我観社といふところ, 今度の有る, 今度戯曲座でやる, 今度戴くお人形, 今度戻つて来る, 今度手伝のもの, 今度ふべき九十円, 今度抒情詩のアンソロジイ, 今度へし, 今度抱え入れた草履取, 今度拘引された留置場, 今度拙作を執筆中, 今度拝見に行きます, 今度拝領した大崎, 今度拵えて差上げましょう, 今度持つ夫と, 今度挙げられたら先ず遠島, 今度捕まえたら姉さんに, 今度捕らえてき, 今度授かった事は, 今度授業中にじゃま, 今度掘り始めた旧坑, 今度描いたら屹度滿都の, 今度描くという, 今度摂津の国, 今度據ころなき事, 今度擡頭して, 今度支店長になっ, 今度改正された憲法, 今度改訂の機会, 今度改造社から, 今度放火したり, 今度政事総裁職になった, 今度政変があれ, 今度故郷へ帰っ, 今度文学士何某という人, 今度文学新聞が発行, 今度文科へ入る, 今度文芸家協会は, 今度文部省教化局に文化施設課, 今度斬られたのは, 今度新劇協同公演といふ興味, 今度新吉の方, 今度新国劇で私, 今度新明正道教授外二名の手, 今度新潮文庫に入れる, 今度新潮賞をうける, 今度新製の半襟, 今度新規お抱えになった, 今度新造された新, 今度方針を変え, 今度旅順に向かっ, 今度日本一の鹿, 今度日本軍からこの, 今度日田へお, 今度旦那から金, 今度旦那様が帰っ, 今度早川さんが蔵書, 今度昇つて來た時, 今度明治大学の文科, 今度が戻っ, 今度昭和合金との間, 今度昼夜に分け, 今度晩げにでも暇, 今度があったら, 今度暑中休暇で帰省, 今度曲ったのも, 今度曲者の姿, 今度曲馬を見せ, 今度書いても行くまい, 今度書かれるという長篇, 今度書き上げた百五十枚の, 今度書架の前, 今度最も注目すべき, 今度つたらそれ, 今度會つてお前から一つ, 今度會社で世界航海圖, 今度月給あげて, 今度月給十一円でいよいよ, 今度早く飼禽場, 今度朝廷からは松山征討, 今度木曾山を争おう, 今度木村からの, 今度末広君に会ったら, 今度本家へ行ったら, 今度本当に休んで, 今度本書の出版, 今度本町の小西屋, 今度本科になる, 今度本郷座にか, 今度村山氏らが提唱, 今度村山知義氏らによつて, 今度村民が, 今度杜松の小, 今度条山神社を建てる, 今度来たならば一撃, 今度来たらひっぱたいてやる, 今度来たら寄ってくれ給え, 今度来たら締めてしまう, 今度来たら追い出してしまえ, 今度来なさればいい, 今度来ます時に, 今度来遊その日本, 今度東京勤務と云う, 今度東方に見える, 今度東郷青児君をこの, 今度松坂町のさる, 今度松本先生のお, 今度板倉のこと姉ちゃん, 今度板刻の證, 今度林先生とおっしゃる, 今度林田にそれ, 今度果して王の, 今度某家の娘, 今度校刻すべき書, 今度格子戸を明ける, 今度桂川を流れ下った, 今度棉入れを売っ, 今度森田が上海, 今度森田屋のおせん, 今度検事と司法警察官, 今度楓湖氏を介し, 今度の世, 今度権現様より御, 今度櫟社の里, 今度欧州の大戦, 今度欧洲へ来られ, 今度欧米を巡回, 今度欧米漫遊をする, 今度欧羅巴から帰, 今度歌集が出来上ったら, 今度止ったら私と, 今度正蔵君の買った, 今度の全集, 今度此不思議なる出來事, 今度此弦月丸の航海, 今度歸つても暫く, 今度歸郷するに, 今度死ななくなったって何処, 今度死ねばおまえ, 今度死ねなければどんな, 今度んど, 今度殴られたらグラグラした, 今度殺される理由に, 今度殿さまのお, 今度気がついて見た, 今度気づいたことは, 今度の中, 今度水仙の花, 今度水墨をはじめた, 今度阪教会へ, 今度を養子, 今度江戸表からお越し, 今度江戸表御用有之御, 今度江戸詰となっ, 今度江湖雑誌で現代青年, 今度池上に対して催し出しました, 今度汽車が動き出しましたら, 今度沈むのも, 今度河出書房が, 今度治安維持法撤廃によって思想犯, 今度沼津へ草競馬, 今度法令が変わる, 今度洋画を出品, 今度洋食屋を新しく, 今度津和野に建立, 今度洪水があっ, 今度派遣されて, 今度流行りだしたものは, 今度浄曲研究家木谷蓬吟氏の手, 今度浅草鳥越において興業, 今度の方, 今度を渡った, 今度清水の叔父様, 今度の中, 今度温泉都市法案とかなんとか, 今度洲の, 今度滝田に逢ったら, 今度演奏会でためし, 今度演習に出かける, 今度漱石氏が亡くなった, 今度澤山入えび, 今度瀬越氏が大変, 今度火事になる, 今度て見い, 今度無くなつたらまた, 今度無心に来やがったら, 今度焼けてしまった, 今度煩い附きまして, 今度て差上げましょう, 今度熊本へ寄る, 今度爆発すれば, 今度父さんは自分, 今度附けて, 今度を新た, 今度独立したお, 今度独軍がワルシャワ, 今度猿田の操縦, 今度玉井に焚料口, 今度玉子を割った, 今度王女様が隣り, 今度珍しく読み直す機会, 今度現れた時は, 今度現れる時は, 今度現実的な条件, 今度瑪瑙座の創立記念公演, 今度璃寛を襲名, 今度甘味料の配給, 今度生まるべき児の, 今度生まれたらこうしよう, 今度生れかわる時は, 今度生れ変って来る, 今度生死を出, 今度生活を改める, 今度れたあかん, 今度産業別組合会議に加盟, 今度田中さんがその, 今度田口の子, 今度田端の方, 今度田辺で会, 今度甲比丹ブルックの話, 今度町会議員に当選, 今度画いたら屹度満都の, 今度留まったところで, 今度留守中に親切, 今度病床に就く, 今度病後の保養中, 今度病死したので, 今度発作が来れ, 今度発光路へ行く, 今度発明のもの, 今度発表された率, 今度發見された駒岡附近, 今度白官舎にはいったん, 今度白老町の住民一同, 今度や二百, 今度百合子が書いた, 今度百姓達は自分達, 今度の衆, 今度皇后宮大夫になつ, 今度皇太后陛下にお納め, 今度盗られたのは, 今度られたの, 今度目歸つて來てから森口, 今度直ぐそこに, 今度直す所へ, 今度相州小田原に寶山講, 今度省作が深田, 今度県庁から頼まれ, 今度真に思ひがけ, 今度真山青果又全然, 今度真珠を見つけたら, 今度矢島氏は明治三十六年, 今度知ったのだ, 今度知らせて頂戴, 今度石黒さんへ行く, 今度研究所をこの, 今度磯野に逢ったら, 今度社会正義に基く, 今度になっ, 今度神谷さんのお, 今度福井ツていふ, 今度福岡大学へ行く, 今度福島からその, 今度福永書店の手, 今度秀吉方につくなら, 今度私どもへいらっしゃいましたら, 今度私共が晨子様, 今度私共国方に皮田村, 今度私磯野さんに芝居, 今度秋田県北秋田郡荒瀬村根子といふ山, 今度移ったうちは, 今度稀代な仮面, 今度それが, 今度税吏が現れる, 今度稚内鉄道の工事, 今度積み込んだ樹に, 今度積んで行った, 今度空いた向ひ, 今度空中を飛ん, 今度空襲をうけた, 今度突出されると, 今度立ち上がることが, 今度立候補して, 今度立寄つた時診よう, 今度立山にも同じ, 今度竜一にあっ, 今度を執ったら, 今度筆屋が筆紙類, 今度筑摩家へ輿入れ, 今度節ちゃんを台湾, 今度築地に出来た, 今度をおかれる, 今度米国政府のため, 今度糺問所の手, 今度三十冊の, 今度級長になった, 今度紛失した大小, 今度細かい内容の, 今度経営困難に陥り, 今度経験したよう, 今度結う時は, 今度結合して, 今度結城の織元, 今度給仕が持っ, 今度統計を作る, 今度の学校, 今度総代として来た, 今度総督を迎える, 今度編輯局から送られ, 今度緩衝地区を設けよう, 今度縁談がきまつ, 今度で始めた, 今度縮刷したの, 今度織田徳川矛盾に及ぶ, 今度美樹でもことづけよう, 今度義兄が東京, 今度義理のある, 今度義雄が甲州, 今度羽生局に勤める, 今度習ったらいいじゃ, 今度翻訳権が統一的, 今度もかさずにじつ, 今度聞いたがバルチザン滅落後, 今度聯合組の秋, 今度肉屋が来たら, 今度脱退した黒島伝次, 今度ている, 今度自殺されたという, 今度に乗れ, 今度船中の食事, 今度良い硯を, 今度良吉の一家, 今度芝居へ連れ, 今度芥川といふめづらし, 今度若松に来たら, 今度英仏にも暫く, 今度菊池寛氏並に畑中蓼坡氏, 今度萩原が死んだら, 今度落度でもし, 今度著名の作家達, 今度葛西大崎を賜わった, 今度薩州の人, 今度薬師寺家の滅亡, 今度藍丸王様がお, 今度を吐いた, 今度行き逢つたら遊び, 今度行ったのは, 今度行ったら忘れないで窓, 今度行ったら見て来給え, 今度行つた佐久地方では鯉, 今度行ッタラコレガ京都ノ見, 今度衛生舎も市指定, 今度衣笠貞之助君の監督, 今度複線工事のこと, 今度襲うてきた, 今度襲われる地方が, 今度襲名した八代目団蔵, 今度西国筋のさる, 今度西川さんがお, 今度西部戦線へ派遣, 今度要路者の失敗, 今度見えたら云いますわ, 今度見えるのは, 今度見せてくださいました, 今度見たミッキーマウスの, 今度見つけ次第いきなり, 今度見まいに参りました, 今度見ました時も, 今度見るともう, 今度見直すと二人, 今度見舞いに参りました, 今度親しくなるよりも, 今度親戚をた, 今度親方のとこ, 今度親父の死, 今度ている, 今度角十のやり方, 今度触ったのは, 今度言葉を遮, 今度訃報が来た, 今度劃せられた宗教大会, 今度計画せられた此書物, 今度討死せば, 今度訥升に宗十郎, 今度註文をうけ, 今度証言したところ, 今度めして, 今度試みられて零点, 今度話してあげる, 今度話すことに, 今度へよう, 今度誘いに来たら, 今度馴れて, 今度読みかえすとやはり, 今度読み直して見, 今度読み返してみ, 今度読んで特別心, 今度調所殿の命, 今度がつく, 今度諸君と会う, 今度講演料を手, 今度講習をうけ, 今度した, 今度譯すといふチェホフ, 今度の舞踏会, 今度貫太が学校, 今度買いあげられそこに, 今度買おうかしら, 今度買った地面は, 今度貸してもろう, 今度賀茂神社の少, 今度赤ちゃんは大声, 今度赤十字の総会, 今度起きたら僕は, 今度起った根拠の, 今度越後の山奥, 今度足どめにいよいよ, 今度足洗いをする, 今度けたら, 今度踏んで来た, 今度に腫物, 今度転任者が一人, 今度転校した中学, 今度轉宿させるところ, 今度轟さんが殺された, 今度辞職した以上, 今度農業物理の研究所, 今度迎えるのは, 今度近くに, 今度近代劇全集が出る, 今度近江の国, 今度近衛さんが総理大臣, 今度返されて来たです, 今度返事を伝える, 今度迷惑したの, 今度追われる如く或は自ら, 今度送って参ります, 今度逃がさばお家, 今度逃がしたら取り返しは, 今度逃がすと大変, 今度途中で万が一, 今度逗留中かねて, 今度這入つて来た, 今度通いはじめた郊外の, 今度通ってみた, 今度通つた念場が原野邊山, 今度造らつしやる, 今度逢うたときよう礼を, 今度逢おうと思っ, 今度逢ったら思い切って一つ, 今度逢ったら聞いてみよう, 今度逢ったら言おう言おうと思っ, 今度逢つて見ると, 今度連中を作る, 今度つて, 今度遊説に来る, 今度悪く負けた, 今度運動会の折, 今度道尹になる, 今度道庵乗込みに対して, 今度道會議員の遠藤長之助君, 今度達治が戻ったら, 今度遊を, 今度遠くの学校, 今度遣ひし二人の, 今度選ばれた七匹も, 今度選んだのは, 今度那覇の火災, 今度部屋に来る, 今度部落の人達, 今度郷里から呼び迎えられた, 今度金沢から大聖寺山中, 今度金魚屋がきたら, 今度鈴木さんの家, 今度鉄道の敷地, 今度銀子が看板借り, 今度銅像を建てよう, 今度鋳型に流し込まれる, 今度長い間の, 今度長く寝ついて, 今度長崎に来た, 今度長年書きためた短文, 今度長政が信長, 今度長沙に移つて, 今度長浜の会員三田村耕治君, 今度開かれることは, 今度開店した小間物屋, 今度がああ, 今度間違ふと直ぐにも, 今度関脇になる, 今度関西公演に際して特に, 今度母さんに, 今度阿部を当分衛生舎, 今度降つて見なけれ, 今度降りる客が, 今度限り勘弁して, 今度陣十郎と連立っ, 今度陣容を建て直した, 今度除名された講談社, 今度に先立っ, 今度陽吉さんがお, 今度隅田川両岸, 今度になつ, 今度隣りに地所, 今度隣組長の役, 今度集まつた時報告, 今度雇い入れた新教員, 今度の結晶, 今度雪子ちゃんを呼んだ, 今度震災後特に眼, 今度霊岸島川口町の御用達, 今度露台の鉄柵, 今度露西亜と戦争, 今度非常な超, 今度音羽町の浪人大藤武左衞門, 今度を法華経, 今度頼むのは, 今度頼んで供, 今度を見れ, 今度を合せた, 今度願ってもないええ, 今度のたより, 今度風船に乗っ, 今度飛鳥の大臣様, 今度へ参られた, 今度馬籠へ来, 今度目だつたらもう, 今度高島秋帆先生の砲式, 今度高崎藩が引揚げ, 今度高橋氏のため, 今度高等学校制が変っ, 今度高谷君たちがきたら負かし, 今度魅入られたら一大事二つ無い, 今度鮮人連中の作品, 今度が姿, 今度鹽山の方, 今度鹿児島へ来