青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「使~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

作品~ ~作家 作家~ 作業~ ~作用 作用~ ~作者 作者~ 併~ ~使
使~
~使い 使い~ ~使う 使う~ ~使っ 使っ~ ~使った 使命~ ~使用 使用~

「使~」 6645, 72ppm, 1571位

▼ 使~ (774, 11.6%)

20 の者 12 方が 11 のやう, 方を 10 古した 9 になる, に行つて 8 をし, 方は 7 に行く, をやつ, 方も, 道が 6 が, を出し, 方に, 殘り, 走りを 5 に行, やうが, 走りも 4 ながら, に, に出し, の方, を出さね, 古しの, 方の, 物に, 盡し

3 [19件] にし, になつ, になつて, になり, に出, に出した, に出た, に文, に父さん, やう出入りの, をする, をよこし, を立てる, 分けを, 手だ, 手も, 方で, 方と, 走りの

2 [44件] が來, たまへ, になりました, にやられた, に來, に出る, に来, に来る, に遣られた, のもの, の張本人, の本, の男, の荒い, の車, は, やうに, やを殊更, を出しました, を置き, を送, 先の, 古され, 古された, 古して, 女, 姫秋ふた, 屋に, 屋は, 屋を, 手で, 方である, 方によ, 水が, 番は, 給へ, 賃を, 走りから, 走りに, 走りや, 道の, 道は, 道を, 酉の市の

1 [422件] お六, お寺も, かたにも, から半月, から帰つて, から歸つて, があり, がくる, がすぐ, がせん子, がどんなに, が三匹, が今朝, が余り, が其處, が奉つた, が妙, が少し, が届け, が木立, が来, が歸つて, が澁, が烈しく, が現れ, が登場, が神田, が立ち, が耳立たない, が自由, が荒く, が蝶々, が見え, こっちの, ごろに, さへ, そこの, そしてまた宇宙, その羽, だけを指す, つけの, て上下, といふ諸, ながらこれ, ながらすこぶる, ながらぢ, ながらつい, ながらもう, ながら云, ながら井戸端, ながら仙波氏, ながら僕, ながら初心, ながら各国, ながら夜, ながら大きい, ながら奥, ながら平然と, ながら座, ながら旅費, ながら磊落, ながら落着払つて微笑, ながら鏡, ながら静か, ながら黄色い, なぞに, なぞを, などをし, などをした, にいらつ, にお, にお出で, にお父さん, にくいもの, にくうご, にしよつちゆう動かす, にそつ, について聞かされ, にて義村, にでたらしく, になつた画, になつてさ, にはすみ子, にばかり気, にまで神經, にも幾度, にやつ, にやらされ, にやらせられた, にやられ, にやり慣れた, にやる, にゆく, によこした, によこす, に人, に出かける, に出す, に出たらしい, に出ました, に参つた, に参りました, に參つて, に叩き起された, に女, に平次, に幾島, に持たせ, に掛り, に来りし, に此方, に為, に相手, に至る, に行くらしく, に行け, に行つたくら, に行つた事, に行つた巡査, に行つた時, に行つた歸, に行つた歸りか, に行つてお金, に見上げる, に逢, に遣らるる, に頼ん, のあまり, のこと, のにこにこ, の一等, の井戸, の人, の人形, の人相, の出る, の卵, の口上, の品, の大臣, の女の子はか, の子供, の小僧, の小僧さん, の帰つて, の役, の役人, の役目, の悪者, の悪魔共, の意味, の手, の手先, の智惠袋, の木刀, の檻, の段, の留間, の真言九字, の荒, の血筋, の見世物, の親爺, の誤り, の豆本, の趣, の足跡, の軍師, の連続, の遅い, の遅き, の音, はあつ, はい, はしない, はしません, はたして幾ら, はどう, はガラツ八, は出来ない, は商人, は失敗, は始めて, は思考, は恐怖, は意外, は朝, は此戀, は決して, は細田屋さん, は近江, ぶりと, ぶりの, へのこと, みちに, みちの, みちは, やうだ, やうによつ, やうも, やう一ツ知らずに, やすからう, やらに行きました, やら愛嬌, や豪傑, わけだ, わけを, をいたしまし, をさし上げよう, をさせた, をさせられ, をした, をしない, をしなけれ, をしみじみ, をすつかり忘れ, をすまし, をなん, をにはかに, をもあげ, をもらひました, をやらう, をやらされ, をやる, をら, をテイマ, を下され, を下す, を京都, を以てアーサー王, を倶楽部, を先, を出す, を受け, を受ける, を味, を和田左衛門尉さま, を彼, を待つ, を感じさせる, を戻しました, を指す, を済まし, を父, を生む, を自分達, を誰方, を遣し, を頼ん, ッぷりに, ツ披から, プラスチックの, マスターする, 下の, 不必要, 不自由さうな, 之に, 之を, 乍らそれで, 乍らも, 乍らわれ, 乍ら戸口に, 乍ら自分で, 亡き夫, 人同時に, 他の, 何だか小, 僕が, 先から, 其ため各, 凄まじい火災, 到頭ここ, 動詞代名詞の, 北条の, 又, 又其行事, 古される, 古しで, 合つ, 合つた, 合つて居た, 同じ表情, 味噌に, 場所といふ, 塚田は, 多少でも, 女に, 女の, 女エオーネ, 姫, 姫か, 姫が, 姫で, 姫と, 姫といふ, 姫に, 姫は, 姫見たいな, 家賃は, 寿枝には, 屋が, 屋だつたさうです, 屋で, 屋でございました, 屋にも, 屋の, 屋も, 彼女自身も, 心地から, 念にも, 手が, 手でした, 手との, 手の, 手は, 手岩根半, 手紫田彈右衞門一年前から, 支那大陸まで, 放題つかつ, 料でも, 料にしか, 方, 方がから, 方さへ, 方だ, 方だって, 方つまり, 方でありまし, 方とを, 方な, 方なども, 方について, 方にまで, 方一つに, 方假名使ひ, 方先づ能の, 方造り方の, 易い人間, 時には鯰, 更らに, 期年に, 果してしまつた, 果してしもう, 果してほんの, 果してゐた, 果してゐたらう, 果して了つた場合, 果して家, 果して宿屋, 果して水, 果して私, 果して裸, 校長夫人の, 樣によ, 樣一ツ卒業せず, 此の, 歩きする, 歩きなぞに, 歩きなぞを, 歩きも, 歩きを, 歩行の, 残りが, 母親急病に, 水の, 水は, 水をも, 無理に, 物には, 物も, 狃れたる, 用で, 甲斐の, 番が, 番を, 癖, 盡さざる, 盡さざるの, 盡さず, 盡さずして, 盡さずん, 盡すの, 相手役は, 眺めの, 碧童また, 童か, 箸を, 紙にも, 素性の, 終へて, 給ひき, 緊張した, 耗らされ, 耗らす, 葉藏の, 裝身洗顏の, 見事に, 走りか, 走りで, 走りと, 走りまで, 走り位は, 途に, 途によ, 途も, 途を, 通しだ, 通しの, 難い, 難いと, 面白くなく, 面白く貴く長閑, 頃が, 頃に, 順序を, 願ひ, 風蕭々として, 飯も, 餘つたポスタービラ雜誌の, 鳩, 鳩が, 鳩は

▼ 使つて~ (653, 9.8%)

44 ゐる 29 ゐるの 23 ゐた 19 居る 11 ゐるが 10 ゐる言葉 9 ゐたが, ゐると, 居るの 8 しまつ 7 ある, ゐるので, 居ります 6 ゐるやう, ゐるん 5 ゐたの, をります 4 あるの, はいけない, ゐない, ゐる中, 居りました 3 あつて, ゐたので, ゐたもの, ゐます, ゐるうち, ゐること, ゐるもの, 暮して

2 [38件] ありますね, くる, はいかん, はならぬ, もよい, もら, も習慣, やらうといふ, ゐたこと, ゐたと, ゐたといふ, ゐたやう, ゐたり, ゐた人間, ゐて, ゐました, ゐるか, ゐるから, ゐるさ, ゐるに, ゐる人間, ゐる場合, ゐる時, ゐる間, 住んで, 呉れツ, 居た, 居たといふ, 居つた, 居るところ, 居る人, 書く筆, 来た, 置いて, 見たいと, 見て, 見ると, 遣つて

1 [319件] あげて, あつた, あります, あるから, あるところ, あるやう, ある前, ある文字, ある文字一つ, ある材木, ある言葉, いつたい何事, いろ, うまい芝居, おくれんかね, おすが, おつぎ, おみくじ, お孃さん, お願, かうは, かうまでに, くたびれて, しかつめらしい字, しかも君, しまつて, しまひ, する芝居, その上, その十, その土地, それつきり此部屋, たまるもの, た若, ちつとも, つ, つまらない細工, でも来る, どうにか從來作つた土地, ない, ないが, ないに, ないわけぢ, ないん, ない二三枚, ない時, のべつ幕, の所作, の招靈問答, の細工, はいけないだらう, はゐまい, はゐません, はゐる, は上方, は女性, は居らぬ, へらすより, ほしいと, まだ点しきらなかつた, みせなくてもよ, みて, みては, みても, もいい, もうちつ, もその他, もそれ, もつとも新しい, もよく, もらふか, もらふやう, もゐた, もキジ, も五六十年, も使つて, も十行, も塩, も外国語, も小さな, も少し, も差支, も心残り, も惜しく, も構, も残る, も猶, も知らん振り, も穢, も良い, も若い, も金, や, やつた彼奴, やつた細工, やつて, やらうかと, やらうと, やる仕事, よく洗つて幾松, る威儀, ゐたか, ゐたかも, ゐたさ, ゐたその, ゐたため, ゐたハイカラ女, ゐた下女, ゐた六畳間, ゐた前, ゐた原始時代, ゐた古島さん, ゐた品, ゐた國語讀本, ゐた夜具, ゐた意味, ゐた手燭, ゐた昔, ゐた机, ゐた柄, ゐた機械, ゐた生活, ゐた矢, ゐた石器時代, ゐた絵具, ゐた繪具, ゐた舶來, ゐた部屋, ゐた鏡台, ゐても, ゐないと, ゐないもの, ゐないやう, ゐない水車小屋, ゐねえやう, ゐは, ゐますが, ゐますし, ゐませんから, ゐやがる, ゐられた, ゐるあの, ゐるお, ゐるかといふ, ゐるかも, ゐるくら, ゐるせゐでも, ゐるだらう, ゐるといふだけで, ゐるところ, ゐるならこれ, ゐるね, ゐるのみか, ゐるらしい船, ゐるわけ, ゐるんぢ, ゐるアメリカ, ゐるデスク, ゐるプロシヤ, ゐるランプ, ゐるン, ゐる事, ゐる二人, ゐる人たち全部, ゐる佐渡, ゐる作家, ゐる例, ゐる八疊, ゐる動詞, ゐる口語, ゐる向き, ゐる地方, ゐる外国語, ゐる姿, ゐる室, ゐる家, ゐる家来, ゐる容子, ゐる寫眞屋, ゐる後代, ゐる意味, ゐる支那人通訳, ゐる暗い, ゐる机, ゐる枕もと, ゐる様, ゐる標準語, ゐる洋館, ゐる洗面器, ゐる為, ゐる物置, ゐる由緒, ゐる第, ゐる筈, ゐる紅, ゐる老, ゐる語, ゐる通り, ゐる道具, ゐる鍵, ゐる音, ゐる黒ん坊, をられた, をられました, をり, をる, ペコペコ頭, 今茲, 其のお蔭, 再び其紙, 分けても, 又更に, 取出したわけぢ, 叫んだ, 呉れぬかと, 呉れよ, 呉れる人, 喋り喋つて虚無感, 堪るもん, 大それた, 始終動かれ, 小さい窓, 小憎らしいこと, 少し手, 居たこと, 居たつて, 居たの, 居たもの, 居た世界, 居た兄, 居た剃刀, 居た娘, 居た安, 居た手拭, 居た某某二氏, 居つて, 居ても, 居ましたが, 居らぬ, 居られなくな, 居られぬでは, 居られます, 居られるか, 居られるから, 居りまして, 居りますから, 居りますが, 居りますので, 居り下手人, 居り此用法, 居るが, 居るさ, 居ると, 居るとは, 居るらしい恐しく大きな, 居るん, 居る一つ, 居る下, 居る内, 居る処, 居る嘉七, 居る女, 居る所, 居る掛鏡, 居る松田, 居る番頭小僧, 居る疊庖丁, 居る篇, 居る納戸, 居る薄暗い, 居る鍋, 居る長, 居る鼻紙, 居れば, 成るべく広い, 我が運命, 或日, 戴いて, 戴けないで, 掃いたり, 暫く天井, 書いたもの, 書かれて, 書くよりも, 来たけれども, 来て, 欲しいと, 殺した死骸, 泣かせるんで, 漸く案じ出した, 煮焚きすれば, 生きて, 破れた文字, 締めたの, 置いたが, 置く, 置くと, 美しいショーウィンド, 美味いもの, 考えた, 聞かせました, 蔑すむやうに, 見すると, 見せそれから, 見せて, 見せる, 見たい線, 見たくて, 見たら如何, 見た經驗, 見ました, 見よう, 見ようと, 責める許, 踏みつぶしたといふ, 造られる文学, 鋭く人, 開きますよ, 頂かうと

▼ 使~ (514, 7.7%)

24 のは 15 やうに 13 のが, やうな 9 のだ 8 ことが 7 のである 6 ことを, のです, のを, 事に 5 のも 4 事が, 事は, 事を, 様に, 語には 3 ことの, にし, のでせう, 人を, 法をも, 言葉が

2 [29件] が, がよい, に似ず, のか, のさ, のであ, のであります, のと, のや, ほどの言葉, 人も, 位で, 同一国土, 場合は, 外には, 宮女の, 小さな尖端, 必要の, 日常の, 有象無象の, 水を, 爲に, 癖が, 者が, 者の, 者は, 言葉では, 言葉は, 鋏を

1 [300件] あの鎌, おそろしく器用, がこちら, がに, がね, が中, が他人, が好い, が文晁先生, が歌, が用途, が男, が素練, ことから, ことであり, ことであります, この, ごかいを, だけが目, だけだ, だけで実, だけになつ, だけの費用, だけ健康, つもりで, といふやう, なアぐらゐにほとほと感心, な仔細, にすぎない, にてもこの, にはまだ, には一度, には気, には満足, にも気, に何ん, に日々鹽, に更に尽く, に由, に骨, の, のかい, のかと, のかといふ, のかな, のださうでございます, のだらう, のぢ, のであつ, のであり, のであるらしく, のでしたらう, のでどうしても, のでなく, のでわからない, ので一度, ので労, のには, のにも, のに一つづつ盜つて, のに便利, のに渡錢丈, のに誰, のに邪魔, のに骨, の技術, はさみの, ばかりにも氣, ほどにも思ひません, ほどの用意, やうだ, やうな気取つた, やうな荒れた, やうにと, やつなら, よりも原語, わけな, わけには, アマリヽスとか, コンテの, タガネで, チャックに, バツトとそつくり, パンを, マナイタの, 一人で, 一貫目も, 丁度時計, 七色の, 事から, 事だらう, 事にかけては, 事も, 五六間も, 人々な, 人が, 人でなかつた, 人といふ, 人の, 人形に, 人形の, 人種です, 人達に, 人間が, 仕事の, 以上に, 以外に, 伊太利人の, 伽羅油だ, 位である, 位は, 修身よりも, 側をも, 傾向が, 八疊を, 処が, 分を, 切り口状である, 前に, 前掛, 前髮鬘, 勇猛の, 動物なり, 匙が, 可笑しさ, 品か, 商賣だ, 器官は, 器械で, 地方で, 地方人は, 堤防建築費と, 場合で, 場合には, 場所によつ, 外は, 外国人と, 大きな杵, 大きな澁團扇, 大槍, 太綱, 女み, 姿を, 婚礼の, 子供づかひ, 安宅丸の, 宜い, 客の, 宮廷人は, 家である, 封筒と, 小道具の, 小鍋, 布が, 平面図だ, 庖丁は, 形, 彼の, 心組から, 惨めな, 意味は, 態度を, 所から, 所の, 所は, 所へ, 所を, 扇子の, 手合は, 手拭ぢや, 手拭の, 手燭の, 才能の, 技術とも, 掃布に, 採り物の, 文字では, 料にと, 方法などに, 旧式の, 映画の, 是れ, 時でない, 時に, 時には, 時にも, 時の, 時代にな, 時分に, 時間と, 時青地の, 暗さ, 木で, 木標の, 柏と, 柏の, 柔術を, 栢, 樣にな, 樣には, 権利が, 機会には, 機会も, 気にな, 気持を, 油や, 法に, 法則にまで, 澁を, 為でなく, 為に, 為には, 為ばかりに, 物しりも, 物は, 物を, 物語, 現代的とか, 理想といふ, 男の, 男女も, 畜類に, 當り, 石油は, 硫黄の, 秘傳ださうで, 積りな, 立場に, 笹紅を, 筈だ, 筈も, 簟笥掛だの, 紐まで, 紡錘くらゐ, 紫色の, 細引を, 結果, 結構な, 絹糸は, 縫針くらゐ, 習慣が, 習慣に, 者である, 者と, 者に, 者を, 職業の, 肉の, 胡椒や, 膝かけを, 自分の, 自動車が, 自動車だつた, 自己創造の, 舟で, 良い馬, 色素靴墨ナフタリン石鹸揮発油靴下針と, 英語でも, 英豪の, 茶代と, 茶碗と, 處を, 蝦蟇の, 西洋式の, 言ひ, 言葉じみ, 言葉で, 言葉や, 言葉を, 話, 貝殻の, 費り, 身にと, 身振りし, 農家は, 途は, 運命に, 道具や, 醤油が, 金ぢや, 釣瓶井戸が, 銅鑼が, 鋏でした, 鋭い鑿, 鎖帷子や, 鐵の, 間しばらく, 限り害も, 階級と, 雙刄の, 青竹へ, 青貝な, 音や, 音楽としては, 風が, 食器な, 馬鹿, 驢馬が, 高利貸や, 鬘を

▼ 使~ (403, 6.1%)

27 者が 14 ように 13 者に 12 ものが 10 者は 8 一行が 7 者を 5 ものに, 者と 4 帰りに, 方が 3 ものは, 一人が, 一人は, 一行は, 人が

2 [19件] ために, ついでに, ような, モンビシユウ街三番地にて, 一行を, 下に, 人に, 人の, 人を, 任は, 支配下に, 男, 神まつり, 者で, 者とは, 者も, 船は, 蝙蝠の, 迎えに

1 [241件] あらうも, いたるを, おとこたち, お方とやら, お日取り, げいたう, ことが, ことで, こと日本紀に, これは, そばへ, ときの, どぎも, なかま, なれの, ひとは, ふたりに, ほか直訴の, まねを, ままで, ままに, ものと, ものも, やうで, やうです, やうな, やうなる, やうに, ようで, ようにさえ, イダイオストロイアさして, 一人, 一人に, 一舟が, 一行であった, 万里小路侍従を, 三人は, 上り, 上人から, 上着の, 上陸地點は, 下つ, 下向と, 下向により, 不思議な, 丘の, 中隊巡視を, 主意は, 乗船であった, 事は, 事を, 二人だ, 二人に, 二人組で, 人から, 人は, 人單行本, 仕様を, 仮庁舎, 任には, 伴だ, 何とかいう, 余, 使命でござろう, 來た, 來る, 兎の, 兵が, 兵と, 出た後, 出先などから, 出雲介と, 列が, 制を, 前へ, 副使として, 労を, 動物の, 南島を, 参られました節, 参謀には, 口から, 口上と, 口上には, 口上を, 名を, 名前を, 君と, 君も, 問題, 基安に, 堕落だ, 墓と, 士は, 声が, 多治真人, 大七殿, 大和の, 大将に, 大将道誉へ, 大角まで, 奇しき力, 女が, 女たちも, 女といふ, 女の, 女を, 女本名を, 奴さん, 如きもの, 妻と, 姿が, 娘は, 婦人が, 存在を, 守りに, 宰領ふたりは, 小僧が, 小僧です, 小娘に, 小菊を, 工藤諏訪などの, 帰るの, 広告が, 庚午丸, 弟も, 弼ノ, 役は, 役人だ, 役人と, 役目で, 往反が, 往復, 後に, 徐知諫という, 心得は, 必要に, 応接室は, 悪だ, 意図を, 意義は, 我が國, 戻りだ, 手を, 手紙な, 投馬以東に, 持って, 支配に, 方で, 方です, 方に, 方は, 方策は, 旨で, 春の, 本体らしく見え出した, 本拠へ, 李逢吉は, 来たるところ, 来むと, 来る近き, 格で, 橋の, 橋本少将が, 橋本少将柳原侍従が, 歌を, 歡待所で, 正時で, 此答を, 死がいも, 気持に, 沙汰どう, 淵または, 片手煽, 用に, 用向きは, 用心棒として, 男が, 男と, 男の, 男一人, 番人か, 番頭姓氏あり, 神女は, 神様から, 移民の, 税簿にも, 積で, 立場には, 童どもは, 童の, 童をば, 童供に, 義務を, 老芸人鳥山, 者し, 者であった, 者でございます, 者でござる, 者という, 者に対してすら, 者の, 者ハ小曽根英四郎の, 聞き誤り, 職を, 職権で, 若い男, 若者と共に, 若者は, 衆が, 衆を, 言う通り, 言った通り, 言の, 言葉とを, 言語一向, 話な, 話を, 謁見順序について, 講談本に, 貫属とは, 責任は, 資賢の, 賢俊と, 賢俊御坊も, 趣が, 趣で, 趣を, 車を, 退場する, 部下は, 間を, 陽守亮が, 雑技あり, 青年と, 面影を, 饗応を, 首を, 高仙芝が, 高駢, 鳥さへ

▼ 使~ (380, 5.7%)

17 なければ 12 ないで 10 うと 9 ない 7 しめの, ないやう, ねば 6 ないこと 5 ないといふ 4 して, ないと, ない事, なかつた 3 ないに, ないの, ない言葉, まほう, れずに, 言った

2 [19件] う, うとして, さば宜, しては, しめと, しめを, せないやう, そうは, ないうち, ない例へば, ない方, なかつたの, なかつたやう, なくては, なくても, なくな, ぬといふ, 来たり, 見る間

1 [228件] いつも必ず母君, いまだかつて見た, いろいろめずらしい, うつて, うといふ, うとしても, うとは, うよ, お母さんと, こうお母さん, こう言い, ここでも, この官符, こは, これで, される, しき, した, したり, してか, してば, しめか, しめです, しめとして, しめとも, しめ又は, しめ或は, し此處, し見せしむる, す, すばやく鉄ごうし, せずに, せた, せたくない, せたくないと, せない, せないぞ, せなかつたの, せながら, せねえ, せねば, せやが, せられて, せられなかつたこと, せられる少女たち, せんと, せ幕府, その前, その募集, その後杳として, その潔白, その翌年廃止, それに, それについて, それを, そんなを, ちょっととび下り, つとまりませんよ, どのへん, ないかも, ないから, ないが, ないため, ないでも, ないまでも, ないもの, ないよう, ないレター, ない上等, ない人間, ない仕事場, ない位, ない六疊, ない其の, ない冬, ない唯, ない文字, ない洋画同様, ない牡丹刷毛, ない特別, ない筆法, ない筈, ない絵葉書, ない繪葉書, ない薬局, ない詞, ない道具, ない鐵, ない頭, なお歓び, なかった, なかつたが, なかつたこと, なかつたころ, なかつたらローマ, なかつたら壽命, なかつたら海, なかつたわけ, なかつたんで, なかつた奴, なかつた是, なかつた神秘, なかつた筈, なきや, なけれや, なんだり, にがりきって, ぬ, ぬうち, ぬこと, ぬと, ぬもの, ぬ事, ぬ將來天守閣, ぬ故, ぬ方法, ぬ時代, ぬ樣休學, ぬ為, ぬ薄暗い, ぬ言葉, ぬ部屋, ぬ限り, ぬ階級, ねえこと, はがゆがっ, ひらき直った, ぴしんとむちで肉屋を, またすぐ, また追って往, まだ当分ここ, むくれて, むぞうさに, むとするのみ, もう御免, やがてそれ, ゆる吉備, よろこんで, るるを, れず, れるお前, れる一方, れる味気, れる時, れる準備, れ易い, れ次第に, わざと保さん, わたしが, アフリカへ, アラジンを, ベールを, 一向坊主, 一度往来, 一応老中本多上野介正純の, 三日に, 下段に, 中院, 伝承の, 來り, 供の, 元宰先生, 八方に, 前に, 包みを, 医師と, 厳しいか, 合点が, 同月十日北, 吹き飛ばされたやう, 商人に, 外の, 大きい菓子折, 大よろこび, 天平八年である, 宣伝す, 少し歩い, 少なくともこの, 尻込みする, 尼さんの, 左衛門の, 帰りそう, 平伏して, 府に, 廃止された, 待って, 御免蒙らう, 恐縮の, 折柄衣山に, 新しい方針, 最初に, 有名な, 朝鮮王が, 本多の, 来ませんでした, 来やしなかったかね, 来やしなかつたかね, 松田尾張守憲秀という, 残念に, 淮南の, 無きや, 生れてから, 番頭の, 登山の, 皇朝の, 直ちに家臣, 程なく帰った, 空しく還る, 立上る, 納めの, 純粋の, 美濃街道筋は, 自分が, 自分で, 色の, 若宮祭りに, 虎に, 誰でも, 走る, 走るよう, 踵を, 車台へ, 追い往く, 通政大夫呂祐吉通訓大夫慶暹同, 遠すぎる, 遲く, 閏四月二十四日に, 高百五十石

▼ 使~ (377, 5.7%)

17 やって 11 出して 9 立てて 8 遣って 7 して, よこして, 遣して 4 出したの, 遣は 3 やつて, 出したが, 受けて, 送って, 遣わして

2 [21件] したこと, する者, つかは, もって, やつてた, 云い付, 出さうと, 出しましたが, 出すか, 出すと, 射返し, 派して, 見れば, 走せて, 走らして, 走らせたほど, 遣つて, 郵便函に, 音にぞ, 頼まれて, 頼むの

1 [246件] あげたの, ありがとう, いたし或は, うけたまわって, うけながら, うるさくさし, おこせたり, おやり, お招き, お立て下さいまし, お頼み, かいたものの, かえした, かえして, かたって, かたらひ大, きめて, こづきまわす, この犬, さし向けて, さし向けられまた, したならずの, した捕虜, した橘, しようやく, すませて, すること, するには, するの, する一刀, する訳, せられなば, たのまれて, たまわる様, だして, だすと, つかわして, つかわすこと, つれて, のべつ派遣, またず即刻効力, またせて, もてなした, やったつもり, やったら不在, やったり, やつた, やつても, やめまして, やらねば, やりおでん, やりべ, やりました, やりましたが, やりましょう, やりシュウマイその他, やり玉子焼, やると, やるなんて, やろうかと, よこした, よこしたん, よこした漆原, よこすと, よこすなり, よこすの, アカイア陣に, アキリュウスに, アゼチと, シャーに, ワザワザ邸まで, 上げたよう, 下すつたのに, 下向させ, 二年とめ, 京及び, 以って, 僕に, 先陣の, 入朝せしめた, 内に, 出した, 出したぞ, 出したと, 出したところ, 出したので, 出したばかり, 出したり, 出した跡, 出してから, 出しは, 出しました, 出し外国, 出し立てる場合, 出すから, 出すこと, 出すには, 出す節刀将軍, 初め皆満腔の, 勤めさせられたもの, 勤めて, 受けたるも, 受けた時, 受けると, 受取りました, 吉野に, 吉野朝廷へ, 同時に謁見, 君に, 吩咐かり, 吩附られ, 命じても, 命ぜられたが, 命令られ, 唐の, 奉ずる前後七回, 安に, 寄した, 寄せられる, 寄越さないの, 寄越されたれば, 寄越せと, 寄越せ荷物, 射返しました, 差上げる筈, 差向けて, 引きずりおろして, 引き寄せる, 引見し, 待たせて, 待ちてこそと, 待ち射返しき, 待ち直義, 待って, 待つまも, 御存知では, 成の, 承って, 承る, 承わっ, 拒否した, 拝田村へ, 授けられたが, 政宗に, 斬るの, 暗殺し, 来らしむ, 樋口さんへ, 欺けるなり, 殺し人, 決行した, 洛中に, 派し継嗣, 派すにも, 派せられ関羽, 申付けられた, 疲れた足, 発したという, 発して, 発し賓客, 発す, 発するを, 睨まえて, 石田三成へ, 立てた, 立てたもの, 立てた当局者, 立てました, 立てること, 立てるという, 立て姥さん, 立て腹, 給はる, 給ふ, 置いた, 罷め会津征討越後口総督府参謀, 羅馬に, 聞きとりそれ, 聯想した, 肥前名護屋に, 胸に, 花屋まで, 西班牙帝使の, 見すえて, 見せに, 見るといふ, 見出し得ず, 討たんこと, 設け十地悪, 誨る, 請じ, 貢上りき, 賊たり, 賜ったまま, 走らかし尾張, 走らせたり, 走らせた様子, 走らせて, 走らせても, 走らせましたので, 走らせると, 迎へ, 返して, 追い立て城門, 追い返すなんて, 送り慶び, 送る, 送るかと, 送る理, 通させて, 道修町に, 遣さる, 遣し, 遣したそう, 遣すこと, 遣った時, 遣つた跡, 遣つてウヂ, 遣り又, 遣り薬, 遣ると, 遣ろうかと, 遣わされた事実, 遣わさんこと, 遣わしたが, 遣わし往いて, 遣わし新地, 遣わし置きしが, 選んで, 都へ, 門司にまでも, 頂いた神田, 頼まれた, 頼まれたと, 頼まれたの, 頼まれるの, 頼まれ出船ス, 頼みますわ, 頼む, 頼む事, 頼む人, 頼んで, 願いたいの, 飛ばし宮方, 駿府の, 魏に

▼ 使~ (352, 5.3%)

11 行って 10 出て 8 持たせて 6 して 5 出して, 来たの, 来たん 4 来て 3 やって, やつて, よこして, 來る, 来た, 行つた

2 [27件] いって, したがって, なって, もたせて, やらされたり, よこしたの, 來ました, 出したの, 出た途中, 出た間, 出ましても, 出ようとは, 向って, 来たので, 来た女, 来ました, 来るの, 渡して, 立ったの, 行きましたから, 行く, 行くこと, 行くの, 行く者, 行く途中, 遣った, 遣つて

1 [226件] あっては, いたろ, いったら伊勢茂, おさし, お島, お茶を, きた庫輔君, くるに, ことづけて, これへ, ござります, それを, たち沿道, たったつづみの与吉, つかわれたこと, なったこと, なった事, なつた, なりて, なりましたね, なる話, ひきつがれこれ, まいった, まいったもの, まいりましたが, まいります, まじって, やったアリック少年, やって来たん, やらされる場合, やられた, やります, やりゃええがな, やり主人, やり毎夜二人, やるそして, やる序, ゆかせること, ゆくと, ゆくの, ゆく国上寺, ゆく振り, ゆけここ, よこしそこ, よこしたから, よこしましたが, わたし申候, ミデルと, 万一あっ, 上りました, 上りましたん, 世に, 令下し, 任じついで, 任ぜ, 会ったりなんか, 会った時, 使うこと, 來て, 依頼した, 出された, 出されたり, 出された始めて, 出された小, 出されて, 出されるの, 出される時, 出したくない出来る事, 出した下男, 出した後, 出した野郎, 出しても, 出し博文館, 出し平次, 出すか, 出せないね, 出た, 出たお, 出たがった, 出たついで, 出たという, 出たとき, 出たはず, 出た女房, 出た家, 出た時, 出た歸, 出た留守, 出てを, 出ました, 出るより, 出る度, 出掛けたこと, 出掛ける松さん, 出歩くセエラ, 利章の, 化けて, 参りました, 参りましたが, 参りますの, 参る, 参るの, 取りに, 同心が, 命じたから, 命じ叫喚, 命じ長, 四国へ, 回答する, 大和國に, 守られた恵まれたる青年, 宣する場合, 宣せられる詔旨, 宣せられる詔書, 宰相律師実, 寄越した, 対捍し, 導かれて, 帝国ホテルへ, 引渡し平次, 当る者, 往く者, 往った, 徃く, 従つて会津其他の, 御手, 心を, 急ぐの, 扮した, 承諾させる, 抗し, 持たして, 接して, 文を, 書面を, 本を, 来たか, 来ただけじゃ, 来たもの, 来たやう, 来たらお, 来た何如璋, 来た女中, 来た小僧さん, 来た時, 来た甲斐, 来た私共, 来た輝子, 来ても, 来ましたから, 来られて, 来るよう, 歩いて, 毎日二人ずつの, 海賊橋辺の, 用心棒として, 田辺へ, 申すなり, 番傘傾げ, 発せられるのりと, 示し敵使, 禿が, 立たされたので, 立たないので, 立ったものの, 立った丹左衛門尉基安, 立った代官奥平三左衛門, 立った札差, 立った私共, 立つたも, 立つて, 立つといふ, 立つ塀和, 立てたなら, 纏頭の, 罷り出でました, 芝の, 苦まざりき, 行かないで, 行かなければ, 行かねば, 行かれへん, 行かれん, 行きました, 行きましたん, 行き帰途, 行き渋つて, 行くけ, 行くと, 行くを, 行く入新, 行った, 行ったとき, 行ったん, 行っても, 行つたといふ, 行つたのは, 行つた時の, 行つた歸り, 行つた頃よりずつと, 行つてくれ, 行つてこいつは, 見せびらかした, 言いつけて, 訊いた, 語ったから, 謂って, 逢うの, 進め兼ねて, 遣ったという, 遣つて歩行, 遣られる, 遣りました下男, 遣る商人, 遣申候間村中, 遭って, 遺し申候間, 酒を, 酬い以, 随い兼ね, 随行の, 預りまして, 頭を, 頼まれたと, 飛びかかる, 馬を

▼ 使はれ~ (245, 3.7%)

81 てゐる 28 てゐた 19 て居る 7 てゐます 6 てゐない, て居た 4 てゐ, てをります, て三年五年, て来た 3 てゐなかつた 2 てゐました, てゐるらしい, て來, て居, て居ります, 夜は, 芝居の

1 [65件] この冒頭, そして二年足らず, たり, たりさ, たりし, たり事, てあり, てい, ておいで, てきた, てどんなに, てはいかん, ては全く, ては迷惑千万, てもそれ, ても主要, ても文句, ても構, てやつぱり其処, てろくな, てゐたらしい, てゐるだらう, てゐる見たいだつた, てをつた, てをつて, てをり, てをりました, てをりまする, てをる, て三月, て不思議, て労, て参りました, て口, て堪る, て奥, て子供達, て安, て官, て居つた, て居ない, て成長, て晝, て来ました, て来る, て機械, て片時, て自分, て色文, ながら何故, はせう, 一つづゝの, 下女並の, 主治医煙の, 來りし, 僅かの, 勝ちで, 又芝居, 大ざつぱに, 帝劇なども, 殊に多く, 相な, 行はれ, 話が, 金魚の

▼ 使~ (239, 3.6%)

26 来て 11 来た 6 來た 3 来ました

2 [14件] あつた, あつて, くる, やってきて, 來て, 参りました, 参りまして, 帰って, 手紙を, 来たから, 来たの, 来なければ, 言いました, 走った

1 [165件] あった, あったと, あったもの, あったん, あって, あなたと, あらうとの, あらばとは, ありました, ありまして, あります, あるもの, おいしいお菓子, おりて, お盆へ, お見え, きた, きたので, きて, きまって, くると, こ, この使, これは, ございましたので, ございまして, その趣, なかった, はたしてこれ, はめて, まいりましたから, もし夷人, やかましくいっ, やって, やって来ぬうち, やって来ました, やられた, わたしの, アフリカの, アラジンに, アラジンを, シャーの, デビーからの, ヴルヴァルを, 一人見えた, 一心に下, 一支より, 上申した, 中央政府に, 中央部から, 二度までは, 二度来ました, 代つて, 佐渡屋の, 何遍も, 入った宿所, 入って, 入朝し来つた, 出たかういふこと, 出た後, 出て, 出なければ, 出ました, 出る, 到着しました, 十二代将軍徳川家慶の, 印度人に, 參りました, 呼びに, 商人の, 女官の, 如何な, 宮廷尊族の, 将曹様, 小月氏国へ, 帰らなかつたり, 帰国し, 帳簿を, 幌の, 度々三度, 引き揚げると, 彼女に, 徳川の, 急いで, 戲に, 扉を, 持って, 持つて, 捉えて, 時々人, 更迭中で, 木の, 来たでしょう, 来たらこう, 来た時二虎石橋, 来た胡瓜苗, 来てネ, 来ない, 来ないと, 来ないので, 来る, 来るやいな, 来又, 来母, 板部岡江雪斎と, 格段な, 欲しいに, 歸つて來た, 泊って, 注連縄張った, 浜松に, 玄関に, 現れる, 申して, 皇大神宮に, 着いた, 着いてから, 穴門, 立ちます, 笑った, 筑紫に, 聞きました, 芬夫人の, 葉子の, 行く, 行くこと, 行く時, 行ったならそれ, 行って, 襖外で, 要る際, 見えた, 見えたさ, 見えてから, 見えました, 見えましたもの, 見えられて, 見えるかも, 見物の, 言い添えるの, 言った通り, 言わせたの, 諸侯を, 象牙の, 走って, 越前へ, 足を, 迎えに, 返って, 送られた, 途すがら口を, 通行せし, 都を, 重詰を, 金森家用人へ, 長いの, 長安に, 隣家から, 集まって, 頻に, 頻繁に, 飛んで, 駆けつけて, 鳴物を, 鴨居を

▼ 使つた~ (137, 2.1%)

7 ことの 6 といふ 5 ところで, ものだ 4 ことが, ものか 3 ことも, ものだらう, もので, ものと, ものらしく, んだ 2 が, けれど老人, ことを, といふこと, ものが, ものでなく, ものも

1 [74件] あの詭計, あれさ, かいこの, かしら, かは輕, かも知れない, かも知れぬ, から, からだ, から拵, から読み, か甚だ, か調べたい, がその, が何れ, が鼻, ことか, その封, ためで, ためでも, といふ三間四方, といふ事, といふ毒, といふ罪, といふ裏, といふ訳, といふ豪勢, とかあの, ところなど, ところは, とする, とすれ, と云, と云ふからそ, と思はれ, と思はれる, と思ふ, と書い, などといふこと, にし, に相違, に過ぎない, ので効, のはいふ, ばかりの時, ほどに事大袈裟, までで御座います, もの, ものであり, ものである, ものな, ものなら, ものに, ものは, ものア斷, もの若い, やうに, ような, らしい, らしいか, らしいが, らしいの, らしい一本, んです, んでせう, 事だらう, 其の本, 厚い化粧, 古い瓦, 名高い僅か, 大きな老人, 物だらう, 筈は, 筈も

▼ 使~ (84, 1.3%)

6 たりし 5 ている, て下さい 4 てい 3 たりする, てくれ 2 たりまた, たり又, たり或, てしまひました, てしまふ, てみた

1 [46件] たま, たらしいランプ, たらしい大, たらしい手頃, たらしい軸, たりお, たりした, たりしはじめた, たりそれ, たりはしない, たり一分, たり下目, たり五年, たり仏語, たり来客, たり滅多, たり発音, たり私, たり胡麻, たり色々, たり黒子, ちやいかない, ちやいけない, ちやくれない, ちやつた, ちやつたのよ, ちや困る, ていただい, ていたら, ています, ておい, ておく, てくれつ, てくれない, てくれる, てしまう, てます, てみたく, てみなさい, てみよう, てみる, てよい, てるの, て下さいません, て欲しい, とかなき

▼ 使はれる~ (73, 1.1%)

4 やうに 3 ことが, 様に 2 ことの, のも, ものでなけれ, 身分で

1 [55件] い, から揃つて神経衰弱, から新劇, こと, ことにな, ことも, ことを, し家, とふとした, なぞは, のかと, のが, のだ, のである, のです, ので其故, のに, のは, のみで, もの彩りも, ように, わけであります, サンサアルの, 事も, 事主の, 仮面の, 伝宣者には, 侍が, 偶人が, 場合には, 場合は, 場合村人を, 年始の, 庭で, 当はなし, 恋文である, 戯曲こそ, 扇の, 文字例へば, 方が, 晩年の, 気にも, 物の, 猿も, 理由も, 端敵御嶽悪, 菜の花に, 言葉だ, 言葉で, 言葉である, 言葉と, 言葉として, 言葉としては, 言葉は, 馬鹿

▼ 使~ (69, 1.0%)

7 なって 2 なつた, なつて, なりて, 聞くからに

1 [54件] いいこ, いい雷鳴, いうし, いつは, し, した社, する事, する伝説, せる例, なし燕王, なし謝, なすに, なった, なりました, やらだろう, 並び坐す, 云うこと, 云ったが, 会見した, 倶に, 同時に国々, 名乗る者, 四人の, 女使の, 定州の, 察し間の, 崇めサンドミンゴ, 思って, 支那の, 書き出されて, 書くの, 為し盛庸, 為し義盛, 申しまして, 秀吉との, 称して, 称し遂に, 称するも, 称する者, 罵り焼き殺さんと, 聞いて, 行逢い, 見られて, 視め, 解しもしくは, 言つて蛇に, 言つて金森家重役に, 言つて餞別の, 詐りアを, 読み取って, 賜い乳牛院, 逃げ落ちよ, 逢ふ, 違って

▼ 使はれた~ (61, 0.9%)

2 ものか, 為に

1 [57件] か, かとも思はれる, ことこれなども, ことの, ことを, といふこと, といふ事, ところから, としてもそれ, との説, と言, と言つて, のだ, のであります, のでくさっ, のなどは, のは, のや, ものが, ものだつた, もので, ものと, ものは, ものも, ものらしいです, んぢや, ガラツ八の, ヒユーマニズムといふ, 上に, 上三度の, 上二三人は, 上深く, 乙護法といふ, 事は, 事まで, 初めだ, 古牛, 場合は, 墨の, 小者湯島から, 少年二人を, 序な, 挙句の, 數學パヅルの, 方言の, 昔は, 時代が, 様である, 櫓は, 物か, 用例だ, 筆の, 花の, 萌黄の, 語でも, 髯籠な, 鬼の

▼ 使~ (58, 0.9%)

4 ない, なくな 3 ないこと 2 ないと, ないね, ないので, なかつた

1 [39件] いった, かう寄附, こなせるもの, ず汗, たさうだ, た浅野家, とおつし, ないか, ないどぎつく且つ, ないの, ないもの, ないやう, ないん, ない家, ない神経, なかつたし, なかつたり, ぬし, ぬで, ぬといふ, ば, ばい, ば人を, ば使へる, ば善かっ, ば好い, ます, ますか, ますとも, ません, ませんかしら, ませんでした, め組の, り, 切れるもん, 學資窮乏を, 急使を, 申しつくろうて, 言った

▼ 使として~ (57, 0.9%)

2 神拝す

1 [55件] きたという, この地, この度, これを, つけられて, はる, まゐでたる, イーリスを, ヨーロッパに, 一切の, 下向し, 二人の, 京城に, 京都なる, 伯耆守数正は, 全くまずい, 出向いて, 参ったもの, 同心平田三五郎外一人の, 和卿を, 和田左衛門尉の, 小野妹子を, 弟, 当神社祭典, 御前に, 御諫言, 念仏往生の, 愚存の, 敗報を, 斉に, 期待した, 来る位, 来朝の, 東国へ, 栄え大行事猴神, 法然に, 法然の, 派遣され, 派遣し, 田中左兵衛殿品川まで, 病を, 目され, 真言宗より, 秀吉へ, 童を, 行かれた土地, 見廻りに, 進発せしめ, 遣され後々, 酒井忠次とともに, 野馬を, 金の, 鎌倉へ, 附随する, 鳩の

▼ 使~ (52, 0.8%)

1 [52件] あつた, あつたらう, このあ, このあいだ兵庫, ござりまする, その到る, でも, はなし, もござりますか, やって来たので, よんどころなく, スエ子が, 仙台は, 何処へか, 余り嬉しい, 内田氏の, 円覚寺の, 出かけたつきり, 出向いて, 勘蔵を, 參りました, 又二十円, 塩町まで, 平次と, 平次は, 年の, 当家の, 急いで, 持って, 断わりましても, 時々に, 来たのに, 榎本君は, 牛込まで, 特にお, 狼千疋の, 町まで, 礼を, 福神の, 私に, 紋作の, 胡國に, 自分の, 行ったなどと, 行つて見る, 表へ, 解雇通知と, 警察の, 迎えの, 金十円の, 顔の, 鶴源を

▼ 使へる~ (52, 0.8%)

8 やうに 2 な, のは, 岩次と

1 [38件] か, からと説明, がコツク, が個人, さ, しもう, し肥料, だけ使, ぢや, でせう, といふやう, とこも, と思ひます, のが, のだ, ので机, のよ, ものだ, もので無い, ものと, ものばかり, やう仕掛け, 一寸左官, 人は, 人間と, 傲慢の, 可能性が, 婢やつちや場に, 様な, 男, 神経は, 繪描き, 者が, 訳は, 部屋とても, 部屋は, 部屋を, 青竹色に

▼ 使つたの~ (51, 0.8%)

3 だらう 2 か墨, だ, である, は僕, は誰

1 [38件] かよく, か疑問, が第一義, が韓方明一人, だといふ, だらうか, であらう, であります, であるか, であるが, であれど, でした, です, ですが, でないと, で遽, との差別, と同じ, と名詞, は, はすばらしい, はその, はやがて, は一寸以上, は上出来, は下手人, は何, は俺, は唯, は国民党, は悧巧, は晶子さん, は本所, は理由, は驚く, をまねた, をガラツ八, を見た

▼ 使~ (43, 0.6%)

2 の後, は訶和郎

1 [39件] から訶和郎, が偵察兵, が積まれた, が這入っ, が鹿, とを傍, にいった, には和稲, に王命, に護られ, の上, の傍, の吏, の姿, の片手, の罪, の背中, の腕, の腰, の膝, の面部, の首, の黄色い, はいっ, は出, は厳か, は床, は彼女, は最後, は最早, は武装, は死ん, は白鷺, は直ちに, は石窖, は跪拝, を殺した, を罰し, を見た

▼ 使ふこ~ (42, 0.6%)

3 と, とによつ 2 ともある, とも出来ず

1 [32件] とにし, とにした, とにしよう, とにつき, とにでもなれ, とになり, とにも馴れ, とに定められ, とに感動, とに極めて, との他, との六, とはあるまい, とは使, とは妙, とは少く, とは必要, とは決定, とは珍, とは用語例, とは自由, とは長い, とは難中, ともあつ, ともあり, ともできる, ともない, とも出来た, とも出来る, とも枕言葉, とも私, とも舞

▼ 使ふと~ (38, 0.6%)

3 いふこと 2 いふの, いふやう

1 [31件] あつて, いふが, いふだけの, いふわけぢ, いふ意義, いふ毒, いふ目的, いふ考へ, いふ鳥兜, か或は, か映画的手法, か舞台, か調子, したら遠く, そ, ちよつと, はなにごと, は怪しから, もい, も掃溜, 云ふ, 喜んで, 承知しねえ, 見物が, 視線が, 言つたやり方で, 言つた時己は, 言ふ, 言ふて, 誤解され, 體まで

▼ 使~ (33, 0.5%)

3 て君命 2 て, て招かれぬ, 途に

1 [24件] その地, その妻思念, たりしました, てとう, てもらいます, て一番, て以来, て何とか, て前度, て孫權, て尋ねみたら, て居た, て居る, て神田, て自分, て言う, て車牛, また逋亡, われに, 圭を, 日に, 晋呉を, 河洛の, 自在なら

▼ 使はず~ (32, 0.5%)

3 に持つ

1 [29件] お世辭, お化粧, とも現在行, にあげ, にあつ, にあんな, にしまっ, にすむ, には居られなかつた, には居られなく, には物, にやる, にゐる, に二種類, に人形, に住む, に子供たち, に居られません, に平気, に捨て, に洗つて何時, に猟, に總, に置いた, に自分, に藏つて, に顔, に飛ぶ, 正しく叙

▼ 使ふも~ (28, 0.4%)

3 のかと, のが, ので, のは 2 のだ, のである

1 [12件] のあるなら, のでこれ, のでない, のでなく, ので器械, のとき, のとのみ, のな, のに, のになつた, のの, 他の

▼ 使~ (24, 0.4%)

3 手紙も

1 [21件] あるまい, え享, すすめた, するが, また真似る, やって来ないから, やる, よこさないので, 不出来な, 今日は, 來ね, 僕らには, 参りは, 外交的な, 心から秀吉, 情だけは, 昔は, 根が, 狩衣に, 生きて, 通ると

▼ 使~ (21, 0.3%)

2 と云っ, と云つて

1 [17件] からまんざら, から早速, つて余り, ということ, という白烏, といっ, といった, といつてた, といふ説, とかです, とニンゲル, と云, と名, などと云っ, なんぞといっ, 手を, 贋銭使だって

▼ 使~ (21, 0.3%)

2 に向かい

1 [19件] が君, が被る, が障子, としてゐる, と共に海岸, なの, に従い, の口争, の大勢, の話, はどこ, は小声, は左, は燭, は立ち帰り, は途方, は顔, も黙す, や童

▼ 使ひで~ (20, 0.3%)

3 上られた姿 2 も彩色

1 [15件] あつた, あらうか, あわて, お酌, しきりに話しかけ, もさし, も來, やつて來, 吐きだすやう, 御座いました, 珍しいウイ, 直ぐ來, 絶えずホワイトハウス, 若い下, 飛んで

▼ 使~ (20, 0.3%)

1 [20件] がったって, がるん, しない, しないから, しないよ, しねえだろうな, はったりし, はったり娘さんの, アがって, アがる, アすぐ, ア一生ある, 内侍使が, 力持は, 勝手許を, 国府役人の, 大参事, 維茂ごとき老いぼれ, 耗る, 醫師の

▼ 使へば~ (19, 0.3%)

2 もつと, 新聞が

1 [15件] あまりに老いた, きりが, ずゐぶん無駄, 丁度眞ツ直ぐ, 例の, 充分で, 半ば開きし, 地方が, 彼方も, 新体詩は, 竹箒に, 自然の, 認識的に, 足が, 飛行機をも

▼ 使から~ (18, 0.3%)

5 帰って

1 [13件] いまその, お沙汰, かえると, して, 中書令に, 帰り博文館, 御汰沙, 正式に, 歸つて來た, 着物の, 縁側の, 送られた日本最初, 預った大事

▼ 使~ (18, 0.3%)

2 の堀

1 [16件] に乗りこんだ, に働い, に出頭, のある, のこと, のほう, のサッポロ, の下部, の人気, の堀盛, の所在, の棟, の門, は漠然と, へわたさず, を采配

▼ 使~ (17, 0.3%)

4 の半次 2 に頼ん

1 [11件] が封じ, が届け, と一緒, と云, に手紙, の服装, の男, の話, は, はこの, を帰し

▼ 使~ (15, 0.2%)

1 [15件] だよ, だ祝儀, で豆腐, という事, として一銭, として二銭, に牡丹餅, をやらない, をやる, を与, を呉れた, を呉れる, を貯蓄, を遣っ, 欲しさ

▼ 使でも~ (14, 0.2%)

2 何でも, 寄こしは 1 あったよう, しますよ, ない, もう少し優しい, やるん, 來たんだらう, 出そうかと, 厭うこと, 来るかも, 穏便に

▼ 使した~ (13, 0.2%)

2 ことが, ことも 1 がその後, と申し, のは, もので, 人々の, 冊封使陳侃という, 時代や, 時大, 途上定

▼ 使大納言~ (13, 0.2%)

2 の夫人, の娘, の家 1 で左大将, といわれ, の下, の姫君, の未亡人, はもうずっと, は自分

▼ 使つたら~ (12, 0.2%)

1 [12件] といふ, と聯合軍, どうかしら, どうだ, どうだい, ばち, もう御利益, 今までの, 家までも, 当時先輩たる, 洗つて置け, 犬頭の

▼ 使~ (12, 0.2%)

1 [12件] くれはるな, こっちの, それに, たのんが, はりますねん, 下さい, 人オドスつもりや, 爾うし, 私を, 結婚さいしてしも, 製作すん, 量り難から

▼ 使である~ (11, 0.2%)

2 か神, ことを, と自任 1 かは分らなかった, かは分らなかつた, がごとく立働く, ぞ, と言っ

▼ 使には~ (11, 0.2%)

1 [11件] あらず, いつも相役, べつな, 一体に, 何と, 我慢が, 自分が, 許, 誰が, 足が, 足利家の

▼ 使ひだ~ (11, 0.2%)

1 [11件] した, したから, つた, といふ, といふこと, とか物事, とよ, と云, と案内, と言, よ

▼ 使部たち~ (11, 0.2%)

6 の剣 1 に代っ, の方, は剣, は立ち停った, は若者

▼ 使する~ (10, 0.2%)

2 や皇帝 1 ところと, の途, やうな, よう本師より, 意で, 所と, 気持ちを, 海中で

▼ 使ひます~ (10, 0.2%)

1 かな, からね, がにを抜く, が切れ味, が言, が青葉, し唯, ものです, んです, 誘導的な

▼ 使~ (10, 0.2%)

2 と操, の 1 のこと, は莫大, よ, より火急, ヲ忘ルル, ヲ説カント欲シテ先ズ涙下ル

▼ 使ひ分け~ (9, 0.1%)

1 がもつ, たり思ふ, て有らゆる, にはかなり, に感心, やをかし, や塩加減, や鹽加減, 或は柔らか

▼ 使ふか~ (9, 0.1%)

1 と云, と思へ, と言, に気づい, は僕等自身, も考へない, ナ, 見當, 解らないから

▼ 使ふんだ~ (9, 0.1%)

2 つて, な, よ 1 え, からハナ, つて云つてゐた

▼ 使~ (9, 0.1%)

2 自稱大夫 1 が田道間守以外, ぞ, たること, に封邑, の容儀, を見, 頻拭老眸

▼ 使~ (9, 0.1%)

2 とす 1 が兎, が生身, とし, としてインド, として毎年六月十五日猴, をかつぎ込み, を大

▼ 使たる~ (8, 0.1%)

2 恒松某が 1 の役目, イーリス共に, ペトラルカを, 当然こっち, 彼の, 御職務

▼ 使では~ (8, 0.1%)

2 ないこれ 1 ありませんでした, ないか, なくよく, なし金, 仕方が, 駄目

▼ 使はう~ (8, 0.1%)

1 が借金, が助言, が地所, とこつ, と云, と思, と思つて, と樋口

▼ 使ひし~ (8, 0.1%)

1 て, て了つて, て使, て生活, に文法學者, 事も, 真木和泉と共に, 語を

▼ 使ひも~ (8, 0.1%)

2 兼ねて 1 しない珠数, する, 屡々よこし, 改めた, 改めながら, 消えて

▼ 使を以て~ (8, 0.1%)

1 お返申します, お願いに, 大島討入の, 小栗に, 居宅に, 言は, 言わせたが, 音問す可し

▼ 使~ (7, 0.1%)

1 あーっ, え, 何かで, 判った, 或いは将軍, 羽衣の, 黒蝶が

▼ 使つてる~ (7, 0.1%)

2 がそれでも 1 ぞ, ものか, ものを, んだ, 奴に

▼ 使です~ (7, 0.1%)

1 か, かいきみ, からね, から断る, から見す見す, って, ね

▼ 使にて~ (7, 0.1%)

1 かりにのぼり, 仮に上京, 伊勢参宮に, 候うぞや, 有間敷也, 東に, 石の

▼ 使はん~ (7, 0.1%)

1 でおく, でくれ, でも, とする, と専務, のが一つぢ, は少し

▼ 使ひこ~ (7, 0.1%)

2 なすといふ 1 なした, なし得ぬ, なし父親, なす人も, なす迄の

▼ 使ひ馴れた~ (7, 0.1%)

1 唇を, 女中を, 為自然敬意を, 草刈鎌でも, 身藁や, 髪油の, 黒柿の

▼ 使ふから~ (7, 0.1%)

2 見るから 1 である, と断, は今に, 同じぢ, 大人しく其処

▼ 使たち~ (6, 0.1%)

1 といつ, なの, に守られ, の七人目, の仲間, の小屋

▼ 使にでも~ (6, 0.1%)

1 出たもの, 行くらしい風, 行くらしくかなり, 行く様, 行ったこと, 行って

▼ 使はせ~ (6, 0.1%)

1 てしまへ, てもら, てやりたい, てやる, てゐる, て生活

▼ 使はせる~ (6, 0.1%)

2 のであります 1 ことに, わけに, 妾たちは, 憂慮は

▼ 使はれない~ (6, 0.1%)

1 ので鳴らなく, やうである, やうな, よ, よ氣, 古網が

▼ 使ひと~ (6, 0.1%)

2 して 1 いふもの, か何とか, 信じられて, 見たと

▼ 使ひもの~ (6, 0.1%)

2 にならない 1 にならず, にならぬ, にもならないだらう, にやならない

▼ 使ひ果し~ (6, 0.1%)

1 てしまふ, てしよんぼり, て乞食, 九月の, 使ひきれない, 家屋敷は

▼ 使ひ込ん~ (6, 0.1%)

1 でしまふ, ですぐ, でゐる, で先方, で磨ぎ減した, で蒼い

▼ 使~ (6, 0.1%)

1 し是等, などは町人ども, なの, までただ, や小作人, を呼んだ

▼ 使~ (6, 0.1%)

1 であったが, で御座ろうか, として斬る, として海道, は江戸, は眼

▼ 使~ (6, 0.1%)

1 が出入, の加藤次, を呼ばわった, を招い, を襲っ, 之往還

▼ 使~ (6, 0.1%)

1 が任, が我國, が船上, の作った, より購入, 或有

▼ 使つた樣子~ (5, 0.1%)

1 で, で白い, はありません, も無い, も紅筆

▼ 使つた言葉~ (5, 0.1%)

1 がある, だが, だつた, のこと, を直ちに

▼ 使という~ (5, 0.1%)

1 ことが, のは, わけさ, 役に, 役目を

▼ 使ひたい~ (5, 0.1%)

1 から貸さぬ, といふわけ, と思ひまし, のです, 程畑

▼ 使ひま~ (5, 0.1%)

1 くりさうに, する, でさせられる, で全然, で曲つた腰

▼ 使ひました~ (5, 0.1%)

1 がそれ, けれどまだ, このマナイタ, のよ, んです

▼ 使ひ慣れ~ (5, 0.1%)

2 てゐる, て居る 1 て来る

▼ 使ひ慣れた~ (5, 0.1%)

2 その地方 1 もので, 真鍮の, 者の

▼ 使ひ込んだ~ (5, 0.1%)

1 もので, 剃刀, 剃刀です, 品で, 金は

▼ 使ひ過ぎ~ (5, 0.1%)

1 ていつか, てゐる, て二度目, て奧, て病気

▼ 使ふため~ (5, 0.1%)

1 だ贋金, でなく自分, に仕入れた, の参考書, らしい庭椅子

▼ 使ふべき~ (5, 0.1%)

1 に使はず, 息杖を, 独吟鳴物の, 金の, 革命軍の

▼ 使ふん~ (5, 0.1%)

1 だが, だものズルイ, です, ですか, ですから

▼ 使~ (5, 0.1%)

1 が十七県, が対視, の音声, より秘訣, を審神者

▼ 使次官~ (5, 0.1%)

1 がわたっ, が北海道開拓計画, が樺太, に任じ, に転任

▼ 使駆する~ (5, 0.1%)

3 ところの 1 が情趣, に至らなかつた

▼ 使さま~ (4, 0.1%)

2 じゃない 1 がお, じゃありません

▼ 使じゃ~ (4, 0.1%)

2 アなし 1 こんなこと, アない

▼ 使せよ~ (4, 0.1%)

1 とある, 五日以上なら, 僧寺に, 十日以上なら

▼ 使つた後~ (4, 0.1%)

1 でお, では, で仏貨, で佛貨

▼ 使つて貰~ (4, 0.1%)

1 つた, つちや, ひ度, へ

▼ 使とも~ (4, 0.1%)

1 そこに, なろうと, みえる拵, 称して

▼ 使~ (4, 0.1%)

1 のだ, のである, のでございます, のです

▼ 使などを~ (4, 0.1%)

2 いたして 1 やつた, 出したこと

▼ 使はせよう~ (4, 0.1%)

2 とする 1 と云, と相談

▼ 使はれだした~ (4, 0.1%)

1 のは, やうであります, 言葉であります, 言葉に

▼ 使ひこなす~ (4, 0.1%)

1 ことが, ことの, といふ, と言つた

▼ 使ひたる~ (4, 0.1%)

1 ものに, 悟性の, 男女共あた, 者も

▼ 使ひです~ (4, 0.1%)

21 か, よすぐ

▼ 使ひな~ (4, 0.1%)

1 される, すつちや, のすぐ, らして

▼ 使ひません~ (4, 0.1%)

1 か, かね, がその頃使, よ

▼ 使ひわけ~ (4, 0.1%)

1 てゐる, て亥刻半, て見せるだらう, 近頃は

▼ 使ひ分ける~ (4, 0.1%)

1 ことは, といふ意味, のだ, 妖しい力

▼ 使ひ残し~ (4, 0.1%)

1 に難渋, の墨汁, の紙製遮光幕, を嘗める

▼ 使ふよ~ (4, 0.1%)

2 り外 1 り以上, り大

▼ 使ふように~ (4, 0.1%)

2 なつたの 1 なりました, もなり

▼ 使~ (4, 0.1%)

1 はせ或は, ヨコシタ故, 以達可, 相待

▼ 使一行~ (4, 0.1%)

1 がはひり込む, のあらまし, を厚遇, を襲うた

▼ 使時代~ (4, 0.1%)

1 に拓かれた, の, の民家, よなよな官員

▼ 使~ (4, 0.1%)

2 に進められ 1 になっ, になつて

▼ 使筆法~ (4, 0.1%)

2 と云 1 と云つて, の一箇條

▼ 使貫属~ (4, 0.1%)

1 としてお, とはかく, に任, の資格

▼ 使走り~ (4, 0.1%)

1 の他, の廻道, の爺さん, の男

▼ 使~ (4, 0.1%)

1 から逃亡, において刻せられ, にきょう, へお

▼ 使駆し~ (4, 0.1%)

1 ている, てゐた, てゐる, て文芸講談

▼ 使からの~ (3, 0.0%)

2 手控えの 1 御汰沙

▼ 使~ (3, 0.0%)

1 こといお, ことが, のん

▼ 使だった~ (3, 0.0%)

1 のだ, ローマの, 時真宗の

▼ 使つた人間~ (3, 0.0%)

1 がある, が日本, は前

▼ 使つた方~ (3, 0.0%)

1 がい, がもつ, がよほど

▼ 使つてこれ~ (3, 0.0%)

1 ならと, ばかりはイヤ, まで一層

▼ 使つて來~ (3, 0.0%)

1 たでは, たパラオ語, た根氣

▼ 使つて言~ (3, 0.0%)

3 つた

▼ 使てる~ (3, 0.0%)

1 そない, ねんやろ, バイエルの

▼ 使でございます~ (3, 0.0%)

1 から紅葉, しあなた, と言っ

▼ 使なり~ (3, 0.0%)

1 云々, 手紙なりいた, 相州即ち

▼ 使にも~ (3, 0.0%)

1 行かなければ, 行って, 頼んだり

▼ 使ひか~ (3, 0.0%)

1 なにかの, 何んか, 風呂か

▼ 使ひかけ~ (3, 0.0%)

1 の書簡箋, の石鹸, の紅皿

▼ 使ひきれない~ (3, 0.0%)

1 といつた, とわざ, 金が

▼ 使ひた~ (3, 0.0%)

1 まはず, まひき, まふべし

▼ 使ひやさん~ (3, 0.0%)

2 を爲 1 を為せる

▼ 使ひ廻し~ (3, 0.0%)

2 て居る 1 てゆく

▼ 使ひ込み~ (3, 0.0%)

2 それを 1 夫れ

▼ 使ふお~ (3, 0.0%)

1 店は, 米は, 金も

▼ 使ふつ~ (3, 0.0%)

1 もり, もりだ, もりは

▼ 使ふとき~ (3, 0.0%)

1 にでも出, は, は島崎氏

▼ 使へて~ (3, 0.0%)

1 下女下男子守の, 四人とも, 廉え

▼ 使より~ (3, 0.0%)

1 おききとり, ただいまわ, 大気遣

▼ 使アルゲープォンテース~ (3, 0.0%)

3 即ち答

▼ 使一件~ (3, 0.0%)

1 については父, は後, も皆ここら

▼ 使~ (3, 0.0%)

1 ですばい, は白狐, 当の娘

▼ 使~ (3, 0.0%)

1 か何, のターニャ, の婆さん

▼ 使小僧~ (3, 0.0%)

1 が手, の鼻, は顫

▼ 使長官~ (3, 0.0%)

1 のタクト棒, の一行, の使い

▼ 使あるき~ (2, 0.0%)

1 とお葬い, をやる

▼ 使あれ~ (2, 0.0%)

1 て, てそれ處ぢ

▼ 使かも~ (2, 0.0%)

1 しれないぞ, しれませぬ

▼ 使せらるる~ (2, 0.0%)

1 に至る, ものと

▼ 使だけ~ (2, 0.0%)

1 であった, よこすかも

▼ 使つたい~ (2, 0.0%)

1 はゆる, ろ

▼ 使つたくら~ (2, 0.0%)

1 ゐぢ, ゐでは

▼ 使つた事~ (2, 0.0%)

2 の無い

▼ 使つた人~ (2, 0.0%)

1 が恰も, の心もちさ

▼ 使つた例~ (2, 0.0%)

1 しの, と違

▼ 使つた凧絲~ (2, 0.0%)

1 を死際, を隱

▼ 使つた時~ (2, 0.0%)

1 の後始末, の政治

▼ 使つた武器~ (2, 0.0%)

1 ばかりを陳列, をこんど

▼ 使つた氷嚢~ (2, 0.0%)

2 はカラ

▼ 使つた河郎~ (2, 0.0%)

2 之圖

▼ 使つた祖母~ (2, 0.0%)

2 が癒

▼ 使つた誇張~ (2, 0.0%)

2 を極めた

▼ 使つた道具~ (2, 0.0%)

1 がチャン, を抛り込んである

▼ 使つた銀竹~ (2, 0.0%)

2 といふ言葉

▼ 使つちまつ~ (2, 0.0%)

1 たんだ, ても父

▼ 使つてやつ~ (2, 0.0%)

1 た筈, と十

▼ 使つて一日~ (2, 0.0%)

1 のうち, の骨折

▼ 使つて云~ (2, 0.0%)

1 ひ表, ふ場合

▼ 使つて信吾~ (2, 0.0%)

2 は笑

▼ 使つて俺~ (2, 0.0%)

2 を苦しめた

▼ 使つて前~ (2, 0.0%)

1 から調べ, に申す

▼ 使つて加藤~ (2, 0.0%)

1 は太, は肥つた體

▼ 使つて大騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 使つて歌~ (2, 0.0%)

1 を作つて, を作る

▼ 使つて職人~ (2, 0.0%)

1 の為る, の爲

▼ 使つて自分~ (2, 0.0%)

1 が一ぱし物識, で遊ぶ

▼ 使つて自然~ (2, 0.0%)

1 の発達, の發達

▼ 使つて裸體寫眞~ (2, 0.0%)

1 を寫し, を撮つ

▼ 使つて解散~ (2, 0.0%)

1 の口実, の口實

▼ 使つと~ (2, 0.0%)

1 つておくん, つて滅多な

▼ 使でございました~ (2, 0.0%)

1 から飛ん, もしお

▼ 使といふ~ (2, 0.0%)

1 のが, のは

▼ 使とは~ (2, 0.0%)

1 恐懼に, 誰が

▼ 使とを~ (2, 0.0%)

1 そのままに, 引見したる

▼ 使と共に~ (2, 0.0%)

1 のつ, 生き得るもの

▼ 使なさい~ (2, 0.0%)

2 と無

▼ 使などに~ (2, 0.0%)

1 当る用語例, 逢えよう

▼ 使なる~ (2, 0.0%)

2 白狐が

▼ 使のみ~ (2, 0.0%)

1 伴ひ, 汝に

▼ 使ひさう~ (2, 0.0%)

1 なところ, な子供

▼ 使ひざ~ (2, 0.0%)

2 まとは

▼ 使ひたがる~ (2, 0.0%)

1 のである, ので徹底

▼ 使ひたく~ (2, 0.0%)

1 なつた, ば希臘

▼ 使ひたくない~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, のです

▼ 使ひつくし~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまふ

▼ 使ひつけない~ (2, 0.0%)

1 ナイフを, 字を

▼ 使ひで平次~ (2, 0.0%)

1 は霜, は飛ん

▼ 使ひなん~ (2, 0.0%)

1 かをし, だな

▼ 使ひや~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ 使ひよく丈夫~ (2, 0.0%)

1 で形, で永持ち

▼ 使ひ始めた~ (2, 0.0%)

1 ものだらう, ペンで

▼ 使ひ尽し~ (2, 0.0%)

1 てそして, て幾らか

▼ 使ひ得る~ (2, 0.0%)

1 何よりの, 僕では

▼ 使ひ慣らし~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て華道

▼ 使ひ残した~ (2, 0.0%)

1 時間でし, 金を

▼ 使ひ減らし~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て来た

▼ 使ひ走り~ (2, 0.0%)

1 奉公人の, 帳簿つけなどを

▼ 使ひ馴れ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, のした語

▼ 使ひ馴れたる~ (2, 0.0%)

1 文字の, 鞭を

▼ 使ふから何~ (2, 0.0%)

2 か血なまぐさく

▼ 使ふて~ (2, 0.0%)

1 も水の上, やつた

▼ 使ふまい~ (2, 0.0%)

1 ぜと思ふ, と決め

▼ 使へは~ (2, 0.0%)

1 こうお答え, しないし

▼ 使へるだらう~ (2, 0.0%)

1 な, ツてさ

▼ 使へるなら~ (2, 0.0%)

1 ば, 私たちの

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 は朗々, 争うて

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 ていた, て一飯

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 たからさ, てゐる

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 大納言資名, 大納言資名は

▼ 使ワナイ石~ (2, 0.0%)

2 ノ代

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 学校は, 学校を

▼ 使即ち~ (2, 0.0%)

1 之を, 命傳へ

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 に驚き, 参事大

▼ 使大納言家~ (2, 0.0%)

1 の若君, へ兵部卿

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 につかえ, をツカイビトヤッコ

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 はめずらしく, を恫喝

▼ 使持節台州~ (2, 0.0%)

2 の主簿

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 とともに太政官日本, をひるがえし

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 の唐櫃, は大きく

▼ 使歩き~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 使華欽~ (2, 0.0%)

1 に伝え, に大

▼ 使藤原秀郷~ (2, 0.0%)

1 には将門, は家人

▼ 使衆鳥~ (2, 0.0%)

1 に威力, の威力

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 つたきり, のあと

▼ 使~ (2, 0.0%)

1 京都, 闕

▼ 使長官黒田清隆~ (2, 0.0%)

1 がアメリカ, のタクト棒

▼ 使驛所傳~ (2, 0.0%)

2 極於此矣

▼1* [770件]

使あねえたつて, 使あのけまあ, 使あるを以てなり, 使あんだつぺか, 使かうのです, 使かわれようとはこういう, 使がたを, 使がまゐりました, 使ぐらいで満足, 使ぐらいはして, 使けを嗜んで, 使て仕残した, 使これを海王, 使用船が, 使さえ勤めなければ, 使さえも深くは, 使さし出候事ハ誠に小, 使したる傅安を, 使すべき家が, 使すべしとある, 使せしめて安等, 使せず前の, 使その令を, 使そのものは附け, 使その他官庁から参列, 使たらあとで, 使たらしめんと, 使たる者がなぜ堂々, 使たる者適當の言, 使だけがこの例外, 使だけは辛くも身一つ, 使だって方々振れ, 使だの権守だの, 使つたあげくに手, 使つたあともありません, 使つたお蔭でさ, 使つたお金はおどろく, 使つたさうで此次のには, 使つたぢやない, 使つたつてお駒, 使つたつて言葉は通じない, 使つたつて誰も何とも, 使つたらうと思ふ, 使つたわけぢやない, 使つたノンセンスを言, 使つたマラガアル地方の風景, 使つたモデルのうち, 使つたルネサンス式の建築, 使つた丈で其他, 使つた上から見れ, 使つた上二段が出, 使つた上句体が悪く, 使つた下女に孕ませ, 使つた二梃剃刀が死骸, 使つた何に使つた, 使つた佛式の三重, 使つた作品が書かれ, 使つた作者の意図, 使つた俗語の精彩, 使つた俘虜を殺し, 使つた兇器は家, 使つた刃物やマナイタ, 使つた勾玉の形, 使つた品だらう, 使つた品物を置き忘れ, 使つた器を記載, 使つた四つの術語, 使つた図案のを抜き出し, 使つた土器がかかつて, 使つた場合もつと, 使つた場所とかいふもの, 使つた多くのモデル, 使つた大人らしい言葉, 使つた奉公人の住, 使つた奴がある, 使つた妙な云ひま, 使つた対象物は微細, 使つた小判形の門鑑, 使つた小杉さんの行路, 使つた島といふ言葉, 使つた床下の穴倉, 使つた建築で畳, 使つた彼女の表情, 使つた手文庫を見つけ出した, 使つた扱帶はどれ, 使つた料理鍋禹の穿いた, 使つた木材の余り, 使つた木槌の音, 使つた東京語が喉, 使つた松も油, 使つた棍棒をきつ, 使つた植物だ, 使つた此の家々, 使つた殘りで大小二三十, 使つた毒は町, 使つた毛生え薬, 使つた牛馬を休ませ, 使つた物をあれ, 使つた物置だから, 使つた生徒からはその, 使つた甲斐がない, 使つた相応上等な物, 使つた矢を削り直す, 使つた短刀をわざと, 使つた神社の焼印, 使つた福田恒存の, 使つた竪の糸, 使つた竹の鞭, 使つた筆を洗つて紅筆, 使つた精巧な出來, 使つた納屋を有, 使つた紐だらう, 使つた紙例せば, 使つた縫箔の職人, 使つた繪具も發, 使つた船はまだ, 使つた芝居楽劇式の芝居, 使つた英語の読本, 使つた茶碗やお, 使つた草履や下駄, 使つた荒木田が雨, 使つた蜜蝋の量, 使つた蝋燭をむき出し, 使つた行燈くらゐは, 使つた術語を大師, 使つた衡の分銅, 使つた覺えは, 使つた許りでなく專任, 使つた詞だ, 使つた話でも喋る, 使つた趣味の低い, 使つた跡も見られません, 使つた踏臺に登る, 使つた酒造家らしい店間口, 使つた金梃なんで, 使つた鉄亜鈴や棍棒, 使つた鎌と鍬, 使つた鎧通しで世間並, 使つた鐵の釘, 使つた鑿を隱, 使つた類例が多い, 使つた食卓で或, 使つた馬具の類, 使つた高とを見る, 使つた麻繩で損ん, 使つてあとを全部, 使つてあべこべに敵艦, 使つてお出でになつ, 使つてお前から寸法書, 使つてしまつたのである, 使つてしまつてはあと, 使つてそこに戯曲創作, 使つてそれを忽ち, 使つてひろ子の行先, 使つてみたいが唯, 使つてもがりと言, 使つてろつて言ふの, 使つてセリフだけを陰, 使つてダニムの河, 使つて一番精しく書い, 使つて一瞥した大臣, 使つて一種の型, 使つて一軒家をもつ, 使つて三藏の顏, 使つて上手に玄関, 使つて下宿をやつ, 使つて世界の人, 使つて中蓋を切る, 使つて事務をとつて, 使つて二三年もたて, 使つて二三度呟いた, 使つて五十六首の挽歌, 使つて五度も郡長さん, 使つて井桁の大, 使つて人さわがせを, 使つて人目にかくれ忍びつ, 使つて今の谷中村丈, 使つて仕事をした, 使つて仕方がない, 使つて仕舞つたん, 使つて仕舞つたのです, 使つて仕舞つてゐる, 使つて仕舞つて借家人が明日, 使つて以来ズツと目, 使つて会話を書い, 使つて伝来の方法, 使つて何か食, 使つて佛器や其他, 使つて使ひ切らして, 使つて使つて使ひ切らして, 使つて侵略したもの, 使つて便利だから, 使つて保養がてら, 使つて元も子, 使つて兇賊を働いた, 使つて先づ裕福な暮し振り, 使つて先代の家業, 使つて八犬伝を褒めた, 使つて其は, 使つて冷汗をかく, 使つて制限内の水, 使つて取り賄つてゐる, 使つて可い文, 使つて善人を陥れよう, 使つて国を奪, 使つて國語の文, 使つて外國貿易殊に米國, 使つて外壁の厚い, 使つて夜も昼, 使つて大概手札乾板ばかりで寫し, 使つて大袈裟に国中, 使つて天上の星, 使つて天童太郎をおびき出した, 使つて女ばかりで暮し, 使つて女どもを喜ばせ, 使つて女子供を脅かし, 使つて女學生をからかつ, 使つて好きなこと, 使つて委細を悟る, 使つて字も書け, 使つて安軍吏との仲, 使つて小僧サンを見る, 使つて小態にやつ, 使つて山深く入, 使つて帝大構内, 使つて彦太郎を自滅, 使つて彼等盜賊の迹, 使つて後を放散ら, 使つて得意になつ, 使つて御覧なすつて, 使つて必要の部分, 使つて応対して, 使つて怨み重なる主人, 使つて想像的に主, 使つて意氣事と雜俳, 使つて感謝の意, 使つて手入れしながら, 使つて手紙をやり取り, 使つて招靈しその, 使つて效果を深め, 使つて新劇流の演出, 使つて新聞紙上に謝罪文, 使つて日本人にカルチユア, 使つて昔のもんぺ姿, 使つて朝飯を食, 使つて木版画を刷つて, 使つて末松君を洋行, 使つて東町奉行跡部の遣つ, 使つて松葉杖をつい, 使つて構はない, 使つて樂隱居して, 使つて權三郎と臼井金之輔, 使つて次兄の顔色, 使つて此家へ入り込み, 使つて此方の忙しい, 使つて洋裝の二人連, 使つて流れを飛越, 使つて漁業をやつ, 使つて火薬を製, 使つて片つ端, 使つて牢獄からこの, 使つて現在の歌謡曲みたい, 使つて生意氣な議論, 使つて用を辨ずる, 使つて画布も特別, 使つて盛大に商売, 使つて相手の氣, 使つて眼の前, 使つて眼前の石塊, 使つて石を投, 使つて研究しなければ, 使つて私を迎, 使つて私たちのところ, 使つて窃つとこちら, 使つて精神的なもの, 使つて素木のま, 使つて細工がし, 使つて絵を描く, 使つて綺麗に洗, 使つて縫ひかざりを, 使つて羽目板を後ろ, 使つて老を郤, 使つて肩でしなを, 使つて背中を拭い, 使つて臺所の事, 使つて與三松を和助, 使つて茨田の堤, 使つて菊次郎が五百兩, 使つて言つてかへつて, 使つて語つて, 使つて調子を取らう, 使つて貧乏に追, 使つて路ならしや, 使つて身を落ちつかせ, 使つて農業を經營, 使つて途中まで子供, 使つて通信簿の点数, 使つて遊びに行つて, 使つて醜悪なもの, 使つて野菜の促成栽培, 使つて金兵衞の入, 使つて鉛に打ち込み, 使つて鑛泉に入, 使つて阿波屋一家へ一服, 使つて隣の客, 使つて頤で追, 使つて頭から脅かし, 使つて顏を洗, 使つて食ふが, 使つて餘念もなく, 使つて骨の膸, 使つて麦笛に似た, 使つとる水な, 使てしもたら明日, 使てにをはだにも, 使ても悪いこと, 使でありその猛獣, 使でございましたなら御書, 使でござるのう, 使でなく若殿よりの, 使といったような, 使といふといふ伝へは, 使としてかの地に, 使としては彼らの, 使とともに二千人の, 使とに大別される, 使との談判に, 使ないよ, 使なくとも夙に, 使なければ, 使なさらなかつたさうです, 使なぞが横行し, 使なぞもして, 使などいう官名, 使などと仏法から, 使などは決して致しませんでした, 使などまで招かれて, 使ならこんな真似, 使なればよく, 使なんかよりおもしろいぞ, 使なんぞ下さいましたこと, 使にたいするお考え, 使にだけは行って, 使について行つた近衛府の, 使にばかり行っても, 使に関する指令を, 使のみがこの誠意, 使のみを見て, 使はずこれも落第, 使はず使ふべからざる, 使はず喉だけで声, 使はず大方の町人百姓, 使はず子供が能, 使はず山に引こもつ, 使はず獨り鐵, 使はず自分たちの時代, 使はせろといふ, 使はと問へば, 使はにやあなりませんや, 使はば詔シ給ヘ, 使はむとして喚, 使はやまをし, 使はるべき金が, 使はれすぎてほん, 使はれたせゐであらう, 使はれたらうか, 使はれたら困ると云う, 使はれたる自嘲の, 使はれたゐはゆる, 使はれてちゃいけない, 使はれなかつたに相違, 使はれなめられふみつけられそのあさまし, 使はれぬと云, 使はれませんがかの, 使はれるらしく見る影も, 使はれればわたし, 使はれ叱り飛ばされて打たれ, 使はれ申すわ, 使ひあそばすことも, 使ひあるきをし, 使ひおさめに来られた, 使ひかけですが筆, 使ひきつた証拠には, 使ひけるがもと, 使ひこなさうとする, 使ひこなしてゐる, 使ひこなし得る人もう, 使ひこなせてゐない, 使ひこみとかお, 使ひさ可愛らしいぢ, 使ひさうで眞に, 使ひさうなものは, 使ひさしの汽車, 使ひした水野刑事が, 使ひすぎたとか着物, 使ひすぎる感じ, 使ひたいやうな, 使ひたい位鮮かにやつ, 使ひたくなかつたのだ, 使ひたくなる程だつた, 使ひだすからあたしヒヤヒヤ, 使ひつくすべきあらゆる才能, 使ひつけてゐる, 使ひであるらしいよ, 使ひでしたからにせ, 使ひでなければ必要, 使ひで人死があつ, 使ひで問ひかけた, 使ひで心のニュアンス, 使ひで新村氏とはみんな, 使ひで月夜に江, 使ひで朝のうち, 使ひで病院から直ぐ, 使ひで相模屋の御新造, 使ひで行つて見ると, 使ひで錢形の親分, 使ひといふ事になる, 使ひと一口に言, 使ひと牛医とに此瞬刻, 使ひと考へ白猪, 使ひと行違に成つた, 使ひなどもたくさん置いて, 使ひなのである, 使ひなれもした, 使ひなれた青砥のうへに, 使ひによつてその後, 使ひのうへで注意, 使ひはしりと小用位, 使ひはじめたのかは, 使ひひろげられたものらしい, 使ひもんにならん, 使ひも気軽にした, 使ひも無事に通れ, 使ひも頼みやがらない, 使ひやいうて女中さん, 使ひやがったなとは思ひました, 使ひよく出來て居ります, 使ひより帰らずお針, 使ひより歸らずお針, 使ひらしくない煎茶を, 使ひわけたのだ, 使ひわける性の, 使ひ下さいなほ断つ, 使ひ下さいますならまた別, 使ひ下すつて, 使ひ兼ねぬのである, 使ひ出したか知らぬ, 使ひ出すのだつた, 使ひ分けなければなりません, 使ひ分けねば文化運動, 使ひ分けようとする, 使ひ切つたあとで, 使ひ切らしてし, 使ひ切れない分量の, 使ひ初める大工が, 使ひ古るした家具等の, 使ひ回してゐた, 使ひ困るとは使, 使ひ始め或は石, 使ひ居たるなり云々, 使ひ得られべきやう見受けられ, 使ひ怒鳴りつけ口ぎたなく罵つた, 使ひ捨てたと言, 使ひ放しで出, 使ひ来り則彼の, 使ひ来ると知つて, 使ひ果さないうちに, 使ひ果したのか, 使ひ残したる罫紙を, 使ひ続けてゐる, 使ひ見たいな金貨, 使ひ走つて行く, 使ひ込まれないうちに, 使ひ通してきた, 使ひ過ぎた穴を, 使ひ過ぎる故で, 使ひ遺した語で, 使ひ馴らされて居, 使ひ馴らされたのでせう, 使ひ馴れぬ肩と, 使ふから駄目だ, 使ふか之で人, 使ふか理由をき, 使ふさへある, 使ふさうで仲間では, 使ふしなもの, 使ふたからとてわづかな, 使ふたりが旗上げ, 使ふといつたら義ちやん, 使ふところまで努力, 使ふとしても茶碗, 使ふとどうしても女としか, 使ふとなんだか身分の, 使ふともうそれだけでも, 使ふと同時に必ず脳をも, 使ふと益々武士の, 使ふなら地方の, 使ふべからざるに, 使ふべきでも思ふべきで, 使ふべきであると彼女, 使ふべし乳酸菌を, 使ふわよ, 使ふんだつたら御自由, 使ふ労すと雖, 使ふ打ち揚げ花火だ, 使ふ頭は土地, 使へと云ふ, 使への犒いであった, 使へもせぬが, 使へやしないかしら, 使へるし總ての, 使へんやうに, 使まいらせ候の, 使またその弟子, 使みたいで立場, 使やくの女に, 使やつてみたら, 使やら自分の, 使やらを観察し, 使つばさを, 使らしいがなん, 使れる許り, 使をかへしてから, 使をのさきの, 使をば菓子折の, 使をも受つるに, 使を通じて示して, 使アカイア衆人の, 使アダムスとの交渉, 使アルゲープォンテース其時答へて彼, 使イソレカラ新薬師寺, 使イダケレドモ鮒鮨ハアマリ, 使イーリスは, 使イーリス潛り行き, 使ウコトガ出来ナイノデ一層困難, 使ウノカ全ク見当ガツカナイラシク, 使ウノモ不自由ナンダガソレヲ怺エテ今朝剃ッタバカリデアル, 使エドムンド・ロバーツにたいしてもシャムその他, 使オヂオスとユウリバテース, 使シテ君命ヲ辱メズ, 使ッテ見ル, 使ッテイルカヲ直チニ想像スル, 使ッテ下サイヨ何デモサセマスヨ, 使ツタコトガナイソレハナゼカトイウニ我々仰臥シタママデモノヲ書クモノニトツテハ些細ナ力ノ消費モ, 使中村様ヘ, 使トシイニシヘノ傍輩ナリ一命ヲ助, 使参り夫, 使ニ来リシ犬ハ最モ愛スベキ忠犬ナレバ, 使フ所ノあるみ, 使ユウメーデース黄金に, 使ルディ・シューラー氏であった, 使ルビノは日本潜入, 使ワズニ接吻シロナンテ随分無理, 使ワナイト直グ利カナクナル, 使七道始定田租法, 使三人がまた, 使三宝院ノ賢俊, 使上將軍に出世, 使上表曰封國偏遠作藩于外, 使下ってこれ, 使名登場, 使の最年長者, 使という召使い, 使之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 使人不死の水, 使人也器之, 使人徘徊賞之, 使人斎非時の振廻り, 使人樹より下り, 使人母の歌, 使人等の一行, 使人等同に集える, 使人鴻臚寺の掌客裴世清, 使今城中を觸, 使介船国王の書翰, 使から以下一切, 使以下の人々, 使以下供のすべて, 使伯寧がおなじく, 使便などが小ぎれい, 使倭國皆臨津搜露傳送文書, 使する筈, 使傭人であること, 使傭人たちが忙し, 使僉事の湯宗, 使僕たちがこっち, 使僕五人を連れ, 使僕大槻重助は物語った, 使だ, 使入朝自稱大夫, 使公家参向当日お使い, 使御買物方, 使の租税収入その他, 使出来ないと云う, 使分ちやる, 使到つて之, 使到来を待つ, 使則賢出会之処, 使在園, 使政府に, 使去るを見, 使参り是非とも, 使古しの箱火鉢, 使只今帰りまして, 使ひ度い, 使被下候, 使君われといったよう, 使疑有, 使を奉じ, 使絶えず賢者, 使喚いて彼, 使四条侍従四条少納言の陣営, 使垂成之功不獲, 使へ入り, 使大伴卿に従って登った, 使大儀であった, 使大坂の奉行, 使大夫伊聲者掖耶約等八人, 使大納言式部卿の宮様, 使大納言藤中納言左兵衛督などがまいっ, 使夫人画家たちを怪むがごとく, 使獻復以爲安東將軍, 使女二人は困却, 使女二人左の口, 使女四人とに燭, 使女子留学生たちもまじっ, 使女途方に暮れ, 使姫當の娘, 使媾和使降伏説得使なの, 使宇野卯右衛門が長治以下, 使定めて火急, 使宮中に於ける, 使寄投手自栽, 使尾州御材木方, 使屋今の話, 使の句, 使帰るに至る, 使幕府に入り, 使庁出張所となった, 使の捕手, 使張音を勅使, 使当時の実際, 使と此, 使御用掛を拝命, 使御苦労にお礼, 使忙しそうに, 使忙しければともかく, 使思い切ッて, 使恐れ入りましてございます, 使手ゆえ女風情やお前, 使手山内重作が, 使手陣十郎と太刀打ち, 使捨てた草楊枝の, 使撰ばるるやうなる, 使料理屋の門, 使斥けらる, 使を少し, 使方不十分が反, 使方顔料の解方, 使日本将軍と威張り出し, 使早く至りて, 使早馬で駈, 使星川余一なるもの, 使時分に下級官吏, 使朝貢謂之倭奴國, 使本庁舎はドーム, 使李鴻章を下関, 使たり四月中旬, 使来たらばを, 使来って相談, 使来り王今, 使果すこの上, 使の従者, 使栗本に兵力, 使梁鼎芬が聖人, 使梶川与三兵衛が出, 使楊厚などという偉い, 使楊念亭の論, 使楊文と与, 使権中主典たる鈴木隆助, 使権和その渠首五人, 使歩行やら草取, 使歩行きをする, 使れる時タイス, 使永山将軍が将来, 使求めけるに新しき, 使疑者, 使沈惟敬が来た, 使の達人, 使法発達いたし浪速, 使津田能登服部左門御買物役西池主鈴, 使渡来以還政務の多端, 使渡来以降外交の難局, 使の時国, 使永相, 使わばまだしも, 使玉造の小町, 使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 使田原藤太秀郷である, 使登営の節, 使百神の術, 使百神利生之道, 使に外交団的, 使真昼の霊, 使知國家哀汝故鄭重賜汝好物也, 使神戸の大夫漆, 使秀郷が檄, 使突然また消え失せる, 使立てをする, 使童達は奇妙, 使でお菜漬, 使に史黯曰元者吉之始也, 使粟田真人唐に入る, 使広純, 使行等三人は, 使美しきミケルはいふも, 使を通じたる, 使職文獻通編とか明史, 使自身もそう, 使花香放奈何鶯語稀, 使英保純行, 使藤原藤太秀郷の役邸, 使行權を行使, 使街道の杉, 使街道春日の參道, 使衙門のよう, 使襄禽獣則可苟亦人也則何心処之亦, 使襄随空轎而入西邸, 使西洋で申す, 使説団一行は大, 使謁見の議, 使貴は, 使譯僞りて, 使ひて, 使貢獻自稱使持節都督倭, 使貢獻是汝之忠孝, 使賀徳倹魏博の節度使楊厚, 使賃といつて名を附ける, 使趙鍠もまた, 使蹌踉と空, 使する精神, 使込むであツ, 使追い到りその脚跡, 使進貢を求む, 使を考え, 使が勝手氣儘, 使都市牛利奉汝所獻男生口四人, 使配される事は, 使酒嗜と書き誤, 使を馳, 使長井縫之助, 使長官様といふの, 使附属の蒸気船庚午丸, 使附属船であるこの, 使降伏説得使なの, 使陳侃という人, 使陳瑛が燕, 使面色土のごとく, 使顧問としてアメリカ政府, 使飲食を齎し, 使館地域はひっそり, 使饗応の間, 使に委ねられ得る, 使駆されてゐる, 使駆した人であり, 使駆し得た上方落語は, 使駆であつた, 使驚きて帝, 使黒田伯の銅像, 使齎金入浙中求慧琳経音義