青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~作る 作る~ ~作品 作品~ ~作家 作家~ 作業~ ~作用 作用~ ~作者
作者~
併~ ~使 使~ ~使い 使い~ ~使う 使う~ ~使っ 使っ~ ~使った

「作者~」 6816, 74ppm, 1528位

▼ 作者~ (2326, 34.1%)

13 心の 12 心に 11 名は, 名を 9 主観が, 名が, 心が, 意図が, 眼が 8 手に, 方で 7 主観に, 前に, 精神の 6 ものは, 主観を, 人格を, 心を, 意図を, 意欲の, 態度が, 筆は, 頭の 5 主観的な, 名も, 名前は, 思想が, 意は, 言葉, 身に, 頭に

4 [21件] 主観の, 人格が, 企図した, 名前が, 心から, 心境を, 心持が, 思想を, 意図は, 感情の, 才能を, 生きて, 生活が, 生活の, 眼, 眼に, 眼の, 神経が, 筆に, 罪では, 顔が

3 [44件] ために, もって, やうに, 人柄が, 人生の, 企画によって, 位置を, 側に, 内部に, 努力を, 勝手な, 名前を, 哲學上所見, 哲學上所見の, 場合に, 好みが, 幻想の, 思想と, 思想や, 意図する, 意図に, 意志を, 感情が, 感情を, 態度と, 態度に, 方に, 日々の, 書いたもの, 本当の, 気持を, 為に, 爲に, 現実への, 生活と, 経験した, 脚本を, 自由である, 興味を, 見解如何に, 観察の, 説明が, 迷惑に, 魂の

2 [172件] いうところ, いおうと, ことば, ことを, この忠告, これまでの, した様, した樣, その後の, それこそ, ぞくして, ほうが, ものが, ものとして, ものとしては, ような, ように, ギリシャへの, 一人, 一人は, 上に, 上には, 与り知らぬこと, 中に, 中最古語を, 主観において, 主観は, 主観や, 主觀, 予想した, 二つの, 人物が, 人生苦難が, 人知れぬ, 人間的, 人間的な, 他の, 仲間入りを, 企図する, 伝記も, 住む世界, 作品には, 作品は, 作品を, 作家的懊悩が, 作意に, 俤が, 個性の, 全ての, 内的な, 内部の, 前作, 前日までの, 力を, 努力に, 努力は, 句に, 同情を, 哲學上所見は, 唯一の, 境遇に, 多くの, 多少遺憾, 大なる, 好んで, 姿が, 実感から, 属する流派, 年齢や, 幸福なる, 当時の, 心には, 心境が, 心情は, 心持否, 志を, 思想である, 思想は, 性格の, 悲しみは, 情を, 情熱の, 情緒と, 意の, 意企が, 意企は, 意味では, 意図と, 意圖は, 意慾により, 意識は, 愛情と, 感傷に, 感情は, 感想と, 感想を, 感興の, 感興を以て, 感覚が, 感覚は, 態度で, 態度とか, 態度や, 懊悩は, 成長の, 手腕は, 才の, 批判から, 批判と, 批判は, 抱いて, 拵らへ, 推察で, 描いたもの, 教養に, 文学は, 新作で, 方が, 方も, 晩年に, 最も好む, 最後の, 柔軟で, 根氣と, 機智が, 歌の, 歴史を, 気持と, 洒落な, 洞察の, 物を, 特質である, 現わ, 現実と, 理想を, 生きかた, 生命と, 生活で, 生活は, 生活を, 生活意欲を, 用意と, 異常な, 目, 目が, 目に, 真面目な, 眼にも, 眼は, 眼光は, 社会的な, 私で, 私の, 空想に, 空想を, 筆致が, 精神が, 素質が, 素質なり, 考へ方, 胸に, 胸中に, 自我の, 興味が, 苦心を, 計画を, 計畫, 語りたい心境, 露骨な, 頭脳の, 顔を, 魂を

1 [1543件 抜粋] лицо, あひだ, ある心, いい素質, いた社会認識, いふ悲願, おさなさ, かういふ風, きまぐれが, こういう人生, こころもちは, ことである, ことばの, この作者, この特質, これまで, さうし, すきな, そのよう, その創作, その様子, それぞれちがった, それよりも, ため作者ひとりの, つくろわぬ真率, でも拙劣, なかでも, にも良い, ねらひと, ひそかな, ぼくとしては, もつ宇宙観, ものである, ものとしても, ものの, やうな, よい感覚, よく理解, わたしたちに, アナーキスティックな, イメエジに, エスプリと, コナン, ジイドと, スタイルそのものについて, ティーク自身が, デリケエトな, ドストエフスキイは, ヒューマニティーが, ペン, マリアが, ヨタでも, リズムが, 一つの, 一人にて, 一周忌に際し, 一念こった, 一生にとって, 一番脂の, 一面との, 万葉ぶりだ, 下らない気取り, 不分明, 不見識を, 世界像との, 並々ならぬ, 中でも, 中心として, 丹精そのものを, 主眼は, 主観する, 主観である, 主観以外には, 主観的翹望である, 予期した, 事務を, 云はんと, 亢奮に, 人の, 人柄から, 人柄に対する, 人格は, 人生に対する, 人生一杯の, 人生態度としても, 人生観と, 人生観や, 人生觀のみを, 人間性においての, 人間的圧力が, 人間観察には, 付言は, 代表作である, 企図が, 企画の, 伝わらないの, 伝記の, 住んで, 佐佐木茂索が, 何にでも, 作に, 作品の, 作意である, 例も, 信吉の, 修業といふ, 個人性作者の, 個性だ, 偉大な, 健康は, 側を, 傑作の, 働きな, 像な, 全人格, 全集が, 内に, 内心に, 内部から, 内面から, 内面に, 内面的全, 写した吉原, 凡ての, 出入起居を, 切りこみかたで, 制作全体を通じて, 前衛性を, 創作である, 創作手段解明の, 創作物は, 創作過程の, 創造に, 力で, 力強い主観, 力量に, 努力し, 勉強に, 勘定違いだろう, 勝利を, 勢一杯の, 包蔵する, 半身像だつた, 単純に, 危なげな, 参考に, 友人は, 反省を, 口からも, 右往左往のせゐ, 同じ作品, 同情し, 同意なし, 名さえも, 名なんて, 名まで, 名前として, 名声的野心といふ, 名誉にも, 周囲には, 呼吸と, 哲學を, 哲學上所見を, 喜ぶもの, 地主としての, 執拗な, 場合には, 境涯と, 境界で, 外国文学の, 多数が, 夢と, 大いなる人間愛, 大敗北, 大阪觀が, 天分気質性格境遇趣味思想年齢一言に, 奇抜に, 奉仕だつた, 好みと共に, 好み感じ匂いこころ, 好んだ所, 如き才分, 姿であった, 姿を, 存在を, 定めた通路, 客観的な, 家へ, 實感, 實感を, 小主観, 小熊秀雄という, 尾張濱主は, 居室の, 工匠に, 平安趣味の, 年齢とか, 序文を, 座右に, 強い言葉, 彌生は, 影が, 影響を, 彼にとっても, 得分, 微妙な, 心がけという, 心は, 心もちを, 心像の, 心境では, 心境の, 心持そして, 心持と, 心持を, 心理に, 心理主義の, 心理的説明を, 心緒と, 心象スケツチの, 心頭に, 志したところ, 快しと, 思いの, 思惑を, 思想によって, 思想傾向を, 思索生活が, 性格も, 恐るべき人間的境地, 恥さらしだ, 悪霊に, 情感の, 情熱が, 情熱は, 惡い, 想像力が, 意では, 意匠に, 意図せない, 意図とは, 意図以上の, 意志によ, 意欲を, 意気ごみを, 意識し, 意識には, 意識のうへに, 意識連続と, 愛する霊界, 愛着は, 感じ方見方腹, 感情には, 感想みたいに, 感慨などは, 感與を, 感興は, 態度, 態度である, 態度の, 態度も, 懐ける因果応報主義, 我がままで, 戯曲, 戯曲家的素質が, 所謂人間らしい, 手に従って, 手柄である, 手法の, 手腕を, 才気の, 才能作品の, 技倆に, 技巧であろう, 技術の, 投げやりに, 拵らえた, 持って, 持つ文章, 持味めいた, 指揮に, 捉えたテーマ, 推理と, 描いた行為, 提供する, 支配は, 政治的認識は, 敗北料であり, 数は, 文学の, 文学的素質から, 文章の, 新しい方向, 新作にも, 方から, 方ばかり, 方法への, 日記の, 昂奮した, 時代が, 智恵比べのみによって, 曲者性を, 書いたメガヅータ, 書きしるした竜, 曾祖伯父である, 最も得意, 有名な, 朝から, 未経験, 本領では, 核心を, 根気と, 桜痴居士を, 楽屋裏では, 機智は, 次の, 歌としては, 歌を, 歓喜と, 正義感を, 歩み出しは, 死後今日に, 死生を, 比較的後年, 気が, 気分に, 気取りが, 気持いっぱいで, 気持ちを, 気禀である, 気質だ, 気魄嗟嘆の, 求道心は, 注意を, 洞察点にまで, 浮腰を, 深い複雑, 満足を, 漸く成長, 激しい方法上, 無理解, 熱意の, 父らしい, 父親の, 特徴である, 特殊な, 特質は, 特點を, 状態を, 独創が, 独創性は, 独語でも, 現在観は, 現実にとっては, 現実認識の, 理想で, 理想作者の, 理解が, 生が, 生きた血, 生の, 生家たる, 生活では, 生活や, 生活意欲が, 生活感の, 生活波瀾も, 生活眼生活感覚が, 生甲斐に, 用意ぶ, 画風上の, 病気で, 発表し, 白日夢であり, 目から, 目の, 目的と, 眞摯な, 真意は, 眼から, 着実さは, 矢野龍溪に, 知らぬ処, 知的主張が, 知識人としての, 研究作者の, 研究的態度などを, 示した好み, 社会性を, 神経感情の, 私でさえもが, 私自身も, 稀な, 稟質にも, 空に, 空想は, 窮策じゃ, 立て前と, 立場は, 竹柴なにがしが, 笑が, 筆こそ, 筆や, 筆を以て, 筆端に, 精神に, 精緻なる, 素直な, 素質の, 組織活動に対する, 結論と, 緊張は, 罪が, 習慣の, 考えるところ, 考へ, 考へとは, 聖と, 肉をけ, 肌と, 背骨といふ, 胸裏の, 脚本として, 脳裏に, 腕前に, 腹と, 膝から, 自信が, 自己弁護が, 自然発生な, 自由な, 自負で, 色彩を, 芸術を, 芸術的意図が, 芸術的感興が, 若書きである, 苦悶を, 著名な, 虚を, 血液が, 行為, 衝動とが, 表現力と, 表現的手腕が, 西洋崇拜も, 見た人体, 見出して, 見解では, 視聴内に, 覘った, 親切正覚坊の, 観た天地, 観察と, 観照的態度に対して, 解釈, 言でも, 言葉その他事務一切を, 言葉に, 言葉他, 許しも, 評言といふ, 試みの, 詩境が, 誕生した, 語られない苦衷, 誤解かも, 説明や, 調べた文献, 論理的頭脳は, 責任が, 質量そのものの, 趣意は, 躍如たる, 身構えであっ, 身辺へ, 軽薄な, 迷惑を, 造語であろう, 運命的な, 道徳的種類を, 適応性が, 醜聞として, 鈍重な, 長い緒言, 関係第, 阿呆さに, 随意に, 霊感に, 非プロレタリア的現実把握, 面々に, 面影を, 領域に, 領界に, 頭は, 顔や, 駄説を, 體力の, 高潮した, 魂に

▼ 作者~ (1304, 19.1%)

14 それを 10 自分の 8 ここで 7 これを, 此の 6 自身の 5 この作品, 自己の 4 ここに, この小説, これらの, 作品の, 再び嚴密 3 さう, そこに, もつと, 一種の, 作中の, 日本の, 書いて, 興味を, 見て, 鬼怒川沿岸の

2 [75件] あくまで余裕, ある漠然と, いって, かう云, ここでも, この, この一篇, この主人公, この人生, この場合, この種, これが, これで, これらを, こんな風, その作者, その点, そんなこと, そんなツモリ, たいていこの, どこにも, どの人物, どんな人, ない, まともな, もう長く, ゲエテをも, 一方で, 云ふ, 人物の, 別として, 力一杯に, 同時に自ら, 唐の, 大勢の, 女の, 女性の, 如何に, 少くとも, 当時の, 彼の, 彼等の, 心に, 忘れたが, 思って, 感じたの, 成るべく自己, 描いて, 敢て, 書いたが, 最後に, 森の, 極端な, 殆ん, 物識り振る, 現在の, 甚だ聡明, 神の, 秋の, 稿を, 竹造の, 考へて, 膳所の, 自から, 自分を, 自己を, 自然を, 葉子の, 計らずも, 認めて, 語ろうと, 説明し, 誰に, 身を, 過去の

1 [1042件 抜粋] あ, あくまでもこの, あくまでも少年少女, あの秀作, あの青い, あらゆる花, あれほどに, あんな風, いかにし, いかにも樂, いくらか傾向, いずれかと, いったいいかなる, いつもこんな, いつも覇者頼朝, いま便宜上, いよいよ惨め, いろんな小説, うまい思いつき, えらい人, おそらく相当, おそらく青年, お秀, かういふ光景, かうした景色, かかる国家, かくの, かつて書いた, かの漢文, きっと思惟, けっして病弱, こういう言葉, こういつ, こうしてようやく, こう描き去った, こだわらずいい, このこと, このロシア, この不可能, この事件, この二つ, この人物, この作中人物, この句, この場, この妙, この御幸, この悲喜劇, この時, この比較的, この珍しき, この社会, この章, この義理, この蚊帳, この部分, この長編, この風習, これから古市加十, これに, これは, これまでの, こんどいろいろ, こんな句, こんな点, さうし, さっき, さらにそれ, しかし佐渡, しばしばこういう, しばらくの, すぐ見破られる, すべての, すると, そういうこと, そういう伝統, そういう個人的, そういう思想上, そういう気分, そういう熱っぽいい, そういう雁, そう公言, そこの, そとを, そのころ, そのとき偶然老妓, そのなか, そのチャーリー, その世界, その人物, その出発第一歩, その句, その国, その小説, その尺八, その後は, その想念, その態度, その文学, その時代, その橋桁, その短篇, その脚本, その貧, その軍隊, それが, それで, それまで, そんな意図, たいへん詰らない, ただあれ, ただひたすら, ただナイーヴ, ただ外面, ただ有り, ただ臂, たぶん伊豆代官江川, ついに常識人, つとめて, ときに, とにかく僧侶, とんでもない, どうしてももう一歩, どうだ, どう極めませう, どのよう, どんな悪たれ, ないか, ないよう, なかなか辛辣, なつかしさうに, はじめから, はっきり婦人作家, ひたすら, ひなげし, べらぼうという, まずこの, またこ, また一方, また唯々諾々, また或, まだ一人称的取扱, まだ人間的修養, まだ学生, まだ自分, むしろ苦, むやみに, もう一度, もう少し台詞, もちろんそれ, もち出し, もっともっとあの, ものぐさである, もはや一言半句, やはりその, よいトリック, よくもの, わが名, わざと読者, わるく色, カフエエの, シラノの, ジャールコフを, スタンダアルに, ソヴェト同盟の, テーマの, ニューヨークで, ハンスと, フアウストの, ホテルの, ポーランドの, レジャンヌ夫人の, ロビンソンを, 一九一七年に, 一九三〇年の, 一九二九年の, 一体はつきり見, 一八七七年に, 一向聞えた, 一寸類例, 一心に, 一意仕事を, 一松だった, 一段階を, 一通りこれを, 一頭の, 丁度神経過敏家, 万難を, 三田という, 下手だ, 不思議さうに眼を, 世間で, 中核の, 主としてモスクワ, 主人公たる, 主人公の, 主格を, 予めそれ, 事実が, 二人が, 二囘佐渡に, 云は, 五年間の, 亢奮する, 亮子に, 人生を, 人間を, 人間性を, 今は, 今後も, 今日この, 今日禁止の, 仏教の, 他の, 仮に玉島, 佐々木道誉みずから筆を, 何か, 何が, 何と, 何に, 何よりも, 何万といふ, 何時迄も, 余程腕, 作中人物に, 作品に対する, 作者が, 作者の, 俗に, 個性と, 傍観せず, 允子を, 先ずある, 全く不明, 全く個人, 全く無自覚, 全く自然発生, 全篇, 八文字屋自, 兵隊たちと, 其を, 内心甚だ, 凄い筆致, 凡人であり, 分析も, 別に相談相手, 利仁の, 前句によって, 劇中人物を, 動機を, 勿論俳優, 医者の, 十世紀代の, 十分の, 十四人である, 単なる感覚, 原稿料大枚五十仙を, 取扱おうと, 古風で, 句中に, 可成り, 各人物, 吉井勇, 同じよう, 名を, 君なる, 吾, 呆然と, 唯笑つてさ, 嘗てゐなかつた, 四十五の, 困難な, 土地の, 地下の, 地方の, 多く主観を, 多分はじめてこの, 夢子その, 大変偉い, 大抵この, 大胆にも, 天地人三才の, 失敗し, 女に, 如何なる人物, 如何なる眼, 姉の, 始終作品, 委しく知らない, 子供らしい, 宋の, 実にみじめ, 実生活の, 客觀的な, 容易に, 対象に, 尊い, 小声で, 小山田六郎の, 小杉未醒といふ, 小説の, 少しも, 少女の, 屡々その, 岸の, 川が, 巧妙な, 帝と, 常に演出家, 幇間遊芸人と, 幾度, 幾首かの, 当時その, 当時口々に, 彫刻的に, 影法師の, 彼等に, 後半に, 徐鉉であります, 従来未醒を, 御実感, 微笑を, 心の, 心理的世界に, 必ずしもその, 必ずしも人物それ自身, 必ずしも芝居好き, 必ずしも鰹, 忘れて, 忠直卿とともに, 思つたのである, 思ひます, 急速に, 性急な, 恐らくここ, 恐らくは無意識, 恐らく倦, 恐らく実地, 恐らく行詰り, 息子の, 意地わるい, 感心し, 感覚が, 憶良でも, 或いはこの, 或は巣元方, 或る思ひ, 戦災によって, 戯曲化し得る, 所謂文壇からも, 承知の, 抗し, 抽象化された書かなけれ, 持って, 探偵小説界における, 描いてねえ, 描くと, 支那について, 敬虔深く, 数歩進みました, 文字によって, 新井白石だ, 既に四十二歳, 日夜の, 日本語を, 明確に, 春桃の, 時として此, 暗に信長, 更にそうで, 更に数行, 書くこと, 望む, 朝鮮側の, 未来が, 本篇の, 材料の, 杜子美である, 東洋の, 果してそれ, 果して村, 桂月の, 植物通らしい, 極めて客観的, 極力この, 楽観し, 構はずに, 機械主義で, 次回においては, 次行, 歎い, 此瞬間に, 武田交来とか, 死んだ, 殆ど痛々しい, 汗水流し, 決して戯曲, 決定を, 河竹黙阿弥を, 涼しい顔, 清原業忠と, 溜息を, 漁師の, 火燵に, 無名の, 無産階級の, 熊本の, 熱意を, 特にそれ, 珍らしい, 珍重されなけれ, 現代社会で, 現場の, 現神即, 生々しい感情, 用心ぶ, 男な, 畑柳邸の, 疲れて, 発熱の, 白い菊, 皆敵討ものに, 皇子, 直ちにこの, 相当の, 真に資本主義社会, 真心から, 真面目に, 知らぬ事, 石ノ上, 神に, 神秘的な, 私どもに, 私よりも, 移転し, 空想を, 竹柴万治であった, 竹造という, 第三回, 第十六集, 簡単に, 素直な, 紫式部をさえ, 細かに, 経験した, 緑雨であった, 美しさ, 考えて, 考へた, 胃の, 胸を, 臆する処, 自ら白桜院の, 自ら舞台指揮を, 自作中に, 自分たちの, 自由に, 色々の, 色彩を, 苔城松子雁戯稿とな, 若い時, 若くしてその, 落魄悲哀の, 葉子を, 表現したく欲する, 裁物の, 西洋には, 見た通り, 観奕道人, 評者の, 詩人である, 語つて居る, 語る, 読者に, 誰か, 誰だろう, 誰も, 諷刺しよう, 謹んで, 讀者に, 赤面する, 身に, 軽い気持, 近頃の, 途方も, 達者に, 選択や, 鈴むらさんについて, 鋭い眼, 長者夫婦が, 関を, 院をも, 雪秀いかなる, 非常に, 順助に, 題名から, 顔を, 香以の, 魯文という, 黙阿弥である

▼ 作者~ (871, 12.8%)

10 自分の 6 如何に 5 何を, 自身の 4 この作品, そこに, 勝手に 3 ある, そのよう, その人物, 此の, 空想の, 自分で, 非常に

2 [43件] あって, あつた, ここで, これらの, こんなこと, それに, それを, そんな日本一, どういう態度, ゐる, アッサリ片附け, プロレタリアの, 三十八の, 人物の, 何かの, 卑彌呼を, 口絵の, 呼吸し, 好んで, 如何なる人物, 平安朝古典伝来の, 悲しんで, 意識的に, 慌てては, 或る, 描かうと, 描こうと, 故意に, 新作を, 新聞小説としての, 明白に, 池邊君の, 活きた, 甘んじて, 病氣だ, 発狂し, 真に言いたい, 知って, 篇中その, 自己の, 見えすぎる不動, 読者を, 題材として

1 [726件 抜粋] ああいふ風, あくまで文學的, あったよう, あの妹, あまりに技巧, あまりに象徴的, あらかじめ枠, あらわすよりは, ありつづいて, ありやがて, あるべき筈, あるん, ある俳優, ある意味, ある期間室生犀星, あんな物, いう, いかなる生活意識, いかに努力, いかに豊富, いかほど深刻, いきなり物語, いたずらに, いたずらに放恣, いた為, いて, うつし出したもの, うまくトワール, お供を, お軽, かういふ意味, かたくなっ, かなり脳髄, きびしく足どり, きりすとの, こういう女, こうした客観, ことごとく商人, ことさら悪, この一篇, この二年, この作, この十数年間, この場合, この惨め, この椿, この蚊帳, これに, これまで, こんな説明, さうであるやう, さう感じて, しいてふざけた, しまり, しゃにむになっ, すっかり突ぱ, すでに書いた, すでに象徴, すべて貴族階級に, そういう処, そういう意識, そこで, そぞろなつかしく, そつと, その上級生, その中, その亡友, その作, その作者, その偉大さ, その冷酷ムザン, その心, その心意, その思想, その母親, その現実, その真率, その解決, その距離, その題材, その馬脚, それぞれに, それらしい, そんなこと, そんな事, ただ一つ, ちがうの, ちっともわかっ, つよく描い, とくに興味, とらえて, とらえ表現, どういう心理的状態, どういう者, どうしてこれ, どこと, どこに, どのよう, どもりながら, どんなに深く, どんな空想, ないだろう, なぜその, のそ, はじめて映画的創造, ひとりで, ふと目, ふれなかった, ほしいもの, ほとんど我, まず児童, また傍目, まだ或, まだ高齢, みずから課した, めずらしく病的, もうすこし二人, もしこの, もしその, もし大作主義, もし床やテーブル, もし自分, もつと, やがて当時政教社, やってのけて, やみ難い, よく女の子, よりひろい, よろこびきわまった殆ど, わからないの, わが樹庵次郎蔵, わざといろいろ, アゼンスの, アララギの, カソリック精神で, カーッとばかりに, シェイクスピアの, シナにおいて, スウェーデン人であった, テーマの, テーマを, プロンプタアです, ロマンチストとしての, 一つの, 一人の, 一体どこ, 一八二八年に, 一句を, 一場の, 一小学教師の, 一心不乱に, 一方は, 一般的な, 一見常識, 三幕目を, 三田だ, 上品な, 上官の, 不安定な, 不明だ, 世論の, 主人公を, 主人公ジャックの, 主題を, 事務員を, 二人である, 二十六歳位の, 二十章の, 人に, 人生を, 人間としては, 人間の, 今後何を, 今日の, 代つて云, 企図し, 住んで, 何か, 何の, 何らの, 何回も, 余分に, 作ったよう, 作るもの, 作中に, 作中人物と, 作中人物の, 作品を, 作家として, 作画上で, 偶然少し, 優れた作者, 先ずその, 先だ, 全然自覚, 公けに, 其著作を, 冷やかにも, 冷淡に, 出るもの, 出席する, 初めから, 初めてで, 初め父太兵衛の, 制作にあたって, 前に, 前句, 創作に, 創作人物の, 劇場に, 力を, 力んで, 勤労者の, 勧善懲悪の, 北海道を, 十何年かの, 十分理解し, 単行本として, 原始的である, 厳正な, 取り出して, 叙述する, 古典の, 台詞を, 同じ時代, 君諸侯の, 否定的に, 告白し, 周囲の, 喋らして, 喧嘩買を, 嗚乎と, 堪へて, 墨に, 外部から, 夢に, 大人の, 大化頃の, 大坂の, 大部分手, 女および, 女とも, 女主人公を, 好みの, 好意を, 好意的に, 如何なる点, 妻を, 妻母として, 婦人の, 婦女子なる, 存在する, 実景を, 客観的情勢の, 寂しい無色, 寄席の, 対象と, 小説として, 少しあくどく, 少しも, 少年である, 少年時代や, 尽く一人, 巧に, 巧みに, 巴里に, 希望し, 常にお, 常にこれ, 常にはかな, 常に好ん, 常に陥る, 平凡を以て, 平助の, 年若い, 幼い頃, 強いて, 強くあら, 役者に, 彼とともに, 彼を, 彼等の, 後に, 従来おかれ, 従来生き, 御形と, 微塵も, 心の, 必しも, 必ずしも舞台監督, 必要である, 思いついたまま何, 思つて居る, 思ふま, 恋愛した, 恋愛という, 悲しいとか, 想像する, 意気ご, 意識し, 感じたから, 感化院の, 態度を, 懸命に, 我々に, 戦争によって, 戦争協力者でない, 戯曲の, 所知者たる, 所謂文学的に, 所謂良心的という, 手もとに, 批評し, 抑制し, 抗弁する, 抱いた批判, 拵えあげてること, 持ち易い, 持って, 振は, 捕へて, 描いたつもり, 描く前, 支持的に, 政治家であっ, 故郷を, 敢て, 数篇の, 文句を, 文学そのものを, 文学として, 文学修業の, 文書を, 施すこと, 日本にも, 日本の, 日本語を以て, 明らかに, 昔の, 昔を, 曲折ある, 書いた, 書いたもの, 書きました, 書き並べた数, 替って, 替れば, 最も語りたかつた, 最も鋭利, 月の, 望み求めて, 本当にさ, 村の, 東北の, 案を, 植物学者だっ, 榛名山上で, 次において, 歌を, 歓喜し, 歴史の, 死んだ轟氏, 殺人を, 殿様と, 気づかずつい, 気附いた, 永い将来, 求めて, 池辺君の, 波瀾の, 泣き笑, 海の, 浸って, 添えた手紙, 渡欧は, 満足する, 滑稽の, 漫然と医者, 無反省, 無意識的に, 熱情的で, 物語の, 独立教会からも, 率直に, 王女の, 現れ, 現われなければ, 現代に, 現在木を, 現実に, 現実に対して, 理性の, 生物学という, 田村という, 男色事件で, 異常な, 當時の, 病気だ, 皮肉に, 皮肉を, 益自重し, 目撃した, 真珠三枚で, 真面目に, 知ったら作者, 知人の, 示そうと, 社会の, 社会を, 神仙の, 私たちの, 税所敦子女史である, 稽古に, 立ち会ふと, 立って, 笑ひ, 第一ホテルを, 第三者としての, 筆を, 筆録した, 精神の, 精神を, 結婚した, 結婚という, 綴つた, 緊張し, 考証する, 肉体を, 肉体的に, 脚色した, 脳裏に, 自らも, 自ら幼時の, 自ら読者に対して, 自作の, 自然という, 自然天然に, 自著が, 自覚する, 自身への, 興味本位の, 興奮しない, 舞台に, 舞台稽古に, 良人の, 芝居を, 若しこの, 若しこれ, 若久板君, 菜の花を, 蔑意を, 血肉を, 行動する, 見たか, 見たという, 見た客観, 見てないので, 見事に, 見賭, 視点を, 親しく汽車, 親まれ, 言うもの, 計画企図する, 試みた描写, 認めて, 語って, 誤つて, 読みわりに, 読み他, 読んで, 誰である, 誰の, 讀者を, 豪ければ, 贔屓, 赤城へ, 身辺に, 輩出した, 近代的な, 追随し, 送った手紙, 違ひ, 都会人らしく, 都合の, 重い比重, 長崎耶蘇會出版の, 関という, 降りると, 隠れて, 集団農場へ, 面白く読ません, 鞍作鳥, 題を, 題材に, 養老院で, 駒吉という, 高田保で, 鳴乎, 鼻を

▼ 作者~ (229, 3.4%)

10 して 4 とつて 3 なって, 取つて, 就いては

2 [11件] すれば, それを, とりあげられて, なれば, 依って, 修正を, 即したもの, 向って, 好意を, 於て, 材料を

1 [184件] あげるん, あざけりしるされた田舎侍, ありますならば, ある, あるが, ある部分, あれだけの, いわせると, おつた, かう云, かぎらずなにしろ, くらべて, こうも, この一段, この歌, この言葉あて, さう, しては, しても, しろブルジョア, すぎざるなり, すぎないの, すっかり同意, そこでそっと, その人, ちがいない, とつてい, どれほど, どんな不意打ち, なじみ深い, なぞらへ, なったという, なったとき, なったもの, なったり, なった井内蝶二, なりたいと, なりは, なりましても, なりゃれ, なり番附, なるか, なるだろうぜ, なるにも, ぴったりし, ふさわしいもの, まだインテリゲンツィア, むしろ不遜, めんめんたる, よく内容, よりて, ハつまらぬ, ブラアヴであれ, 与えた, 与えられた紙数, 与へるところ, 云うべき小言, 云ふべき, 今それ等の, 今日の, 代って, 代つて, 会うが, 会つて見たい, 何よりも, 依つて, 信望とでも, 傑作も, 僕は, 共通した, 其, 其だけの, 切り張り, 判るか, 力の, 加へ, 勧めて, 印税を, 原稿を, 召され為家, 叱られるかも, 名が, 向かって, 向つて, 向つて許, 向ひ, 問い糺して, 堕ちて, 声援し, 失礼かも, 存在した, 安らかなよろこび, 寄せられた御, 将来の, 尋ねた処, 尋ねるが, 對し, 對する, 導かれた, 小説という, 就いての, 就て, 帰すべきに, 帰せられること, 帰せられ得るもの, 役立つもの, 従属し, 忠実で, 思想が, 愛されて, 感謝し, 憧憬的な, 才を, 把握され, 拵えて, 持つて, 指定し, 推定しなけれ, 支払つた上演料などの, 支払ふべき, 敗北を, 敬意を, 文を, 断りも, 新たな, 新たに, 於ける主観的態度, 於ては, 日本文学に, 是非とも見せ, 更に次, 書かせて, 書き送らうよ, 最も親しい, 最も近い, 歸せられる, 求められる, 求める, 済むか, 独自な, 珍らしく, 由つて自分は, 申します, 畠ちがいの, 異る, 確立される, 私は, 精神的活動の, 縁あ, 罪の, 聞いて, 自覚され, 至るまで, 芸術的嫉妬を, 芸術眼さへ, 苦心は, 苦痛を, 著しい思ひやり, 行き逢つて, 裡面の, 見る様, 言おう, 許されてるの, 註文が, 話したの, 豫備知識が, 質して, 起させたに, 身ぢかい, 身を, 辛らか, 近づいて, 近接する, 近親を, 追従し, 逢うと, 限りない, 震撼的な, 霊感を, 非ず, 非常な, 非難が, 音が, 頼むの

▼ 作者自身~ (205, 3.0%)

3 の生活

2 [16件] がまじめ, が恋, が意識, が畑, が自分, であって, でもある, の, の事, の場合, は何と, もその, も和泉式部, を描く, 云って, 次には

1 [170件] あんまり重き, かさ, からいつか, からいふた, から自然, が, がこの, がその, がそれ, がひかなき, がもたない, がよそめ, が一八三二年, が其感情, が反撥, が同社, が地方商家, が大, が失望, が實際, が従順, が思いつき, が武田勝頼, が物理的操作, が眼科医, が脚色, が自己, が自然, が舞台, が葬つた, が被, が読みかえし, が賢く, が飛び出し, こういう人々, さえ戯作, すこし憂鬱, すでに, だけが空虚, だつた, だといった, であつ, である, であるかの, であるという, でかう, ではなかったろう, といえ, とおぼしい, とが私, としてはいろいろ, としてはたとい, としてはまことに, としては題材, と同, と斯く, と新聞社当局, と面, にしつくりした, にその, にとってこれ, にとってその, にとっても自信, にとっても驚くべき, にとって具体的, にとつ, にも凡, にも評価, によって, によってかきまわされ, によつて, による制約, に少く, に強い, に朗読, のいふ, のうち, のけち, の一生, の一種, の世評, の人生, の人間的, の体験, の体験談, の光輝, の反映, の反省, の口, の呼吸, の境界, の境遇, の姿, の小説, の属し, の影, の心づかない, の心境, の心意, の心持ち, の心掛, の思想, の性格, の感情, の感激, の感興, の感覚, の戀, の手, の批判, の期待, の楽しき, の氣持ち, の無自覚, の現実生活, の理想, の皮肉, の私, の私生活, の筆, の精神, の純然, の緒言, の考え, の考へ, の肖像, の胸, の自我, の見地, の言葉, の記す, の身辺, の近代的, の郊外生活, の頭, の顔, の風俗, の體驗, はある, はそれ, はそれほど, はとても, はひとり, は自己, までかなり, もさう, もそういう, もまた, も亦, も人間, も人間改造, も山中, も恐らく, も気がつかぬ, も気持, も真贋, らしい晋, をもう, をも登場, をモデル, を人間, を向上, を感動, を持つ, を見る, を高所, 毛頭いだい, 深く考え, 然るべき匿名, 詰まらない思ひを

▼ 作者~ (174, 2.6%)

6 作品の, 読者との 5 作品との 4 いえども, 読者とが 3 する, 人物と, 作品と

2 [11件] いへども, されて, なって, 云ふ, 俳優と, 俳優との, 同じ血, 演出家との, 読者, 読者に, 読者の

1 [118件] いうと, いうべきであろう, いえようか, いふ, きいて, きては, したらそれ位, しない作者, する伝説, すれば, せずとも, そしてショウマンシップ, その周囲, その時代, ちがって, なった, なったが, なったの, なったジョン, なつた, なつて, なりしが, なりすましたの, なりやすい, なり得るやう, なり舞台監督, なる, なる如きは, ほんの一面識, もう一つ, テーマ自体の, ナポレオン, 一致せざる, 一部の, 中戸川氏と, 主人公が, 主人公と, 主役俳優との, 二通りしか, 云う一役, 云わなければ, 人種を, 仮定し, 作中の, 作中人物が, 作中人物とが, 作中人物との, 作品とを, 作物との, 作物の, 作者の, 使ひ, 俳優とは, 俳優の, 俳優を, 俳優憤慨, 僕は, 協議の, 南淵山との, 同じく足, 同じよう, 同じ場所, 同じ所, 同じ程度, 同じ立場, 同一人, 同一視せられる, 同時にうつっ, 名義の, 実社会との, 寸分違わぬ, 対き合っ, 対象とを, 尺度に, 座附作者でない, 役者が, 思われる少女, 恋愛関係に, 懇意な, 批評家と, 文学の, 智恵くらべ, 曲譜の, 殆ん, 水落君との, 演出家が, 演出者とは, 片隅の, 狂言作者との, 直接の, 相談の, 知つてゐる, 私との, 稱した, 立場との, 衣裳方と, 見なされて, 見なして, 親交が, 討論する, 評者と, 詩と, 誤って, 読者だ, 読者とは, 読者とを, 読者を, 讀者, 讀者見物と, 距離を, 選者とが, 鑑賞者との, 間違へ, 雖後にな, 非常に, 顧客, 馴合ひ, 黎明期の

▼ 作者~ (154, 2.3%)

9 読者も 4 俳優も 2 追求せらるべきで

1 [139件] あらゆる個所, ありますまいが, あるまいが, あるらしい, いささか唖然, いって, いよいよこんな, いろ, おそらくデタラメ, かつて大谷家, かの日我等, ぐったりし, ことわって, このオボー, この歌, この辺り, しきりに, しつかりした天分, しろうとで, すべて皆兒童心理學の, そこで, そこに, そのこと, その一人, その一員, その中, その取捨, その題, それから当時帝劇専務, それが, それに, それによって, それらしい, それを, それ以外には, なかなか面白, はっきり作品, まことに本懐, またそれ, また不明, また人, また推古仏, また読者, よく知っ, わからず次第に, わからぬ, ワグナーに, 一つの, 一切説明し, 一生懸命に, 一種の, 主人公も, 予期し, 云は, 亦この, 亦唯, 亦大, 亦好まれ, 亦専門化, 亦我國民, 亦旅役者, 今ここに, 会心の, 倫理上の, 全く予期, 全然興味, 出家した, 分からずどういう, 前記十四首の, 加へて, 助かるの, 単一でなく, 原作を, 同じ苦心, 同様に, 困る作品, 大いに希望, 大に, 実に沢山作つて, 寐起の, 小説家自身の, 少なくない, 尠い, 幼少の, 張合が, 当に, 当今稀れである, 恐らくは上方, 意識的に, 戯曲を, 承知の, 抵抗し, 教えられるとともに, 數多く, 昔からの, 時代も, 最初から, 桜町中納言の, 楽でない, 此う, 此の, 此空気に, 歩み出せたと, 歿し, 活路を, 満足だろう, 演奏者も, 漸く二十七八, 漸く成長, 漸く長, 物好きに, 珍しいと, 皆彼の, 矢張り, 知らない, 知りません, 知り我々, 秘秘である, 笑ひ, 羨望を, 脚本も, 自信の, 自信を, 自覚しない, 至極たのしい, 致称美候, 若返りてい, 著名な, 見たこと, 解らないが, 試みたが, 試みる程度, 詩が, 語りくたびれました, 誤解し, 誰な, 遠慮が, 選者も, 重く見ず

▼ 作者~ (135, 2.0%)

3 して 2 これまで, 心の, 思ひ出す機會, 畏敬する, 眺めて, 自家の, 訪ねて

1 [118件] いえば, いっそうよく知り始める, うちまかす, うれしさ, きらって, この, さまたげるの, した, ずっと後, そこへ, その中, その周囲, その師, その部屋, つよくとらえ, とりまいて, どうか責めない, のぞけば, まるでその, みれば, めぐる生活, もって, よく知らね, よみながら, コントロールし, 一層よく知り始める, 下目に, 二人に, 代表する, 仮に個人的, 作りは, 俟って, 偲ぶこと, 傷ける, 先づ二種類に, 其女みこの, 兼ねたもの, 兼業し, 写すこと, 分けて, 列べて, 前に, 動かしたつよい, 同ふする, 呼びカット, 呼び出した, 国経と, 天狗と, 存じて, 導者に, 彼の, 得た為, 怒らせて, 思い出す機会, 思ふの, 思わせるよう, 恨む, 懲罰するあり, 手放して, 批評した, 押しとどめ他面, 抽き出し, 探す六人, 推測する, 擧げて, 新進の, 楊雄として, 歓迎する, 残して, 殺す, 毒し文壇, 気取って, 求めて, 求めるならば, 求める社会, 泣かさぬと, 生んだ土地, 発展せしめる, 目し, 相手どる, 真個う, 眼中に, 知ったならば, 知らずと, 知らず時代, 知らぬ儘, 知りながら, 知り評価, 知るもの, 結びつけて, 罵倒し, 聖と, 背景と, 舌たらず, 褒めて, 西洋崇拜の, 見た, 見たが, 見て, 見る, 見ると, 見るべく刺, 見る様, 見廻しても, 見知らない筈, 見縊って, 覗き込んだ, 記念する, 訪問し, 詮索する, 誰と, 連れて, 閉口させ, 陋と, 除いて, 離れても, 離れない文芸, 風俗画家の

▼ 作者として~ (75, 1.1%)

2 名を, 有して

1 [71件] こ, この, これ以上何も, その名前, その理由, それを, とりあげられる種類, また演出者, やっと一つ, ゴーリキイが, ジユウル・ヱルヌヱルスそれから, 一つの, 一世を, 一代の, 一定の, 一時ブウルジュワ階級の, 一種の, 一郎の, 世間へ, 人格者として, 伝えられて, 傍らに, 僕から, 勝負の, 南北以後の, 参考に, 取るべき唯一, 口に, 名作を, 名高くな, 大変ありがたい, 夫から, 奮闘し, 専ら左団次一座, 当然の, 心の, 思ふ, 成立する, 所謂健康な, 抜群な, 採るべき態度, 換言すれ, 揺がぬ歩み, 敏感に, 既に文学座愛好者, 普通いふ, 正直さと, 此等の, 残るであらう, 漸く一家, 無意識な, 現われて, 現われるの, 用意が, 盛んに, 相当自信を, 知って, 知られて, 社会的に, 私が, 稀世の, 聞こえて, 腐りきるには, 自分は, 自然真知子の, 衆人の, 讀者の, 近年巴里の, 金銭上の, 餘程注意せなけれ, 鶴屋南北その他の

▼ 作者としての~ (52, 0.8%)

2 私の

1 [50件] ある達成, お話しを, ゴーゴリは, 一つの, 主観に, 位地を, 作品の, 側から, 傾向, 働きでも, 参考すべき, 反省を, 名を, 君の, 回答は, 大人の, 大石さんが, 天禀を, 婦人作家が, 心境が, 感動を, 感情の, 感情的デリカシイを, 感想として, 態度が, 故人の, 正当な, 民衆では, 漱石は, 生活が, 生活的実感を, 生活的実践との, 眼さえ, 眼の, 眼を, 私は, 立場から, 統一完成の, 義務である, 肯定の, 自分に, 自分の, 自分は, 自尊心を, 自己に, 襟度と, 見と, 視野が, 重要な, 馬琴は

▼ 作者たち~ (51, 0.7%)

2 はその

1 [49件] から種々, がいる, がこんな, がそこで, がその, がそれ, がどんなに, が人間, が必, が時代, が歌, が生活そのもの, が自身, とが作曲上ベートーヴェン, とその, にとっては行く先, に依っ, に好意, に客観的, に或, に日本, に智恵, に欠乏, に比べる, に自, のほとんど, の中, の作品, の凜然, の創作, の向きかた, の忿懣, の或, の手, の言語表現, の錦繍, の間, は, はいい, はいづれ, はこれら, はそれら, はたいてい, はみんなユダヤ流, は実に, は戦後, は虚子, は随分, をふくめる

▼ 作者には~ (48, 0.7%)

2 なれない, 効果ある

1 [44件] あのまま, いつも同じ, かなり知性, こういう小説, この作, さっぱり分らない, すまないが, そう見える, それが, そんなこと, ただ酢, ただ驚歎, ない, なまじひ, なり切れないの, はじめ山川登美子さんといふ, まだ人間, もつと, 一度だけ, 不快と, 二つの, 他には, 何もかもそれ, 其処までの, 又別, 口を, 各人各様の, 唯ならぬ, 問題では, 山東京伝であれ, 心理的に, 思いも, 感ぜられよう, 斯う, 書けないが, 残念乍ら解っ, 河竹新七次で, 無斷, 特に多い, 珍しかつ, 第一楽章, 自然が, 適用できない, 鰊の

▼ 作者である~ (43, 0.6%)

2 がこの, といふこと, 民族をも

1 [37件] かあなた, かはわからない, かは疑わしく, かわからない, が詩人, ことが, ことは, ことはさほどの, ことを, といふ存在, ところの, などといふやう, など思われる, のが, ばかりでなく, やうな, ゆえんは, サルドーが, シャーッウドと, ドナルド, 久保より, 井伏鱒二等が, 人々についても, 場合に, 妙覚尼と, 己れ, 年齢には, 必要さへ, 故にその, 日本人は, 横光利一が, 橋本氏その, 民族が, 画家との, 私で, 紫式部という, 遊亀氏自身その

▼ 作者としては~ (39, 0.6%)

2 ここで

1 [37件] あくまでも初め自分, あれでも, くどいよう, このごろやっと, これも, さうし, ただ広大, どんなこと, なんとなく注文, はなはだ憤懣, むしろその, もう破棄, わりあいに, ダンテの, ベン, 一歩踏み出した, 一言も, 不平だらだら, 不適材, 充分な, 先づ考へなけれ, 別に劇団, 十分女の, 友代の, 問題でない, 少し見物, 愛読がまづ望ましい, 本当に感ずる, 段ちが, 満足である, 演劇の, 無条件に, 苦しい境地, 苦も, 謂わば, 非常な, 面白い句

▼ 作者たる~ (32, 0.5%)

3 ことを 2 私の

1 [27件] おれが, ことは, の點, ものうっかり, ものは, わたしは, ゼー・エス・ミルに, フランソア・マリー・ハスレルが, 僕自身の, 司馬光の, 吾, 周公旦の, 己れ, 彼に, 柳里恭に, 洪邁一人について, 犯人は, 私が, 私に, 私には, 私如き, 范曄は, 詩人は, 読者の, 運命を, 馬琴および, 鶴屋南北の

▼ 作者によって~ (29, 0.4%)

1 [29件] あれだけ, かかれた, その生命, その顔, どういうふう, 一二年前提唱された, 初めての, 勝手に, 彼女の, 意企せられた, 描かれたもの, 整理された, 新しい内容, 暗記され, 書かれた従前, 書かれて, 書かれ出世作, 準備され, 異って, 目ざされて, 知りマルチネ, 絶えず意識, 表現され, 観られて, 解剖されなけれ, 言われて, 計画的に, 設定された, 進展した

▼ 作者にとって~ (27, 0.4%)

1 [27件] いかにも親愛, この意味, ささやかな, その女, それから後, たのみには, どんなに自分, なじみ深い, ひとごとでない, もっとも書きたく, 一番困難な, 主要な, 人間的追求の, 作家生活の, 公然と, 平静に, 幸いであった, 幽鬼と, 微妙な, 快いもの, 死のうが, 永久の, 第二, 自伝的な, 興味が, 良心的な, 身近な

▼ 作者との~ (24, 0.4%)

2 関係は

1 [22件] あいだに, けじめは, 共同的な, 内的レベルの, 合作, 合作であり, 境界なり, 契約に, 差を, 明らかな, 氣質的血液類似型的の, 相互関係が, 距離が, 間に, 間には, 間の, 間を, 関係から, 関係で, 関係では, 関係という, 関係に

▼ 作者~ (23, 0.3%)

3 といふ

1 [20件] から, からこそな, か絵師さん, が女性, が後, が悪い, つたと共に, つて自作に, という事, といわれた, ときめつけ, と思, と思う, と思つて, と思はれ, と知らぬ, と聞い, と言, と言え, ガルガンチュアの

▼ 作者にも~ (21, 0.3%)

2 ちょっと区別, 分らない

1 [17件] そう深い, ない別, よりませうし, わかって, 便利なら, 俳優にも, 共通した, 勿論そうした, 尋ねること, 成し得るであらう, 気の毒な, 済むまいが, 直接な, 真名古の, 訳者にも, 起らないであろうか, 金を

▼ 作者~ (20, 0.3%)

3 あつた 2 あつて, あり得るの

1 [13件] あらう, あらせられる北山老人, この私, すら雅俗折衷, その思想, もさう沢山, よく文壇, 侍で, 名高い河竹其水, 我々の, 戯作者の, 美意識を, 鶴屋南北それから

▼ 作者にとっては~ (20, 0.3%)

1 [20件] この上, この苦悩, そうである, ただの, たった一人, よろこばしくありがたいこと, 何の, 何よりも, 作中人物の, 俳優が, 全くもっ, 別に異様, 執筆に際して, 富裕は, 楽な, 殆ど理想的, 確かに, 美醜善意の, 苦痛であろう, 趣向が

▼ 作者~ (20, 0.3%)

2 戯曲における, 戲曲における, 狂言方の

1 [14件] その背後, またワグナーその他, チョボの, 主人公の, 唄本の, 団体に, 教師演者たちの, 時代を, 汪中は, 演技者の, 編集者に, 翻訳者の, 読者諸子が, 題材によつ

▼ 作者から~ (15, 0.2%)

2 美が

1 [13件] 上は, 共産党員である, 受取ろうと, 完全に, 尊敬される, 流出した, 生れた少数, 生れて, 直接に, 示されて, 聞かせられるだけ, 読んで, 贈呈の

▼ 作者~ (15, 0.2%)

1 [15件] がある, がした, にも一歩, に常に, のしば, の仕事ぶり, の比較論, の第一義的生命, の行文, はいつかどこ, はさ, は美術批評家達, もワイルド, も今, 及び一般読者

▼ 作者部屋~ (15, 0.2%)

3 の給料

1 [12件] というの, にあっ, には榎本氏, に入り, に出勤, に抛り込ん, に辛抱, のもの, の問題, の飯, へ座元, へ抛り込む

▼ 作者とは~ (13, 0.2%)

1 [13件] いえぬ, 全然立場, 実に演劇, 後世に, 思はれない, 我等を, 未知の, 果して如何なる, 良い對照, 見ず知らずの, 見当外れの, 言へ, 離れて

▼ 作者にと~ (13, 0.2%)

9 つては 2 つての 1 つても, つて閉口である

▼ 作者でも~ (12, 0.2%)

2 ある 1 あった, あつた, あつたら, あれば, ない私, フーシェを, 其處に, 序幕はい, 環境と, 生れて

▼ 作者~ (11, 0.2%)

1 [11件] がわたしたち, がイスラエル式, には怖, のあと, の唱和応答, の嫉妬, の手, はそこ, は傲然, は名声, は聖ベノア修道会員

▼ 作者不明~ (11, 0.2%)

1 [11件] だが, であ, であるが, でも誰, で皆民謡的, の, のもの, の旧, の歌, の民謡風, の絵本

▼ 作者自ら~ (11, 0.2%)

1 [11件] が出演, が評論, である, の, の力, の老, もし平安時代, も謂っ, も道者, を動き, 出でて

▼ 作者その~ (10, 0.1%)

3 人の 2 人に 1 人である, 人とは, 人に対する, 人も, 人を

▼ 作者では~ (10, 0.1%)

2 ない, ないと 1 あるだらうが, あるまい, ないから, ないこと, なく作家, なしに

▼ 作者より~ (10, 0.1%)

2 読者へ, 高い気 1 出で, 切離された作品, 外未だ, 成る連句, 敗北料を, 読者の

▼ 作者らしい~ (10, 0.1%)

1 メロディーで, モームは, 一貫性で, 人生観照の, 俤が, 力を, 勤勉さで, 妥協気やすめ, 観察と, 雰囲気で

▼ 作者~ (10, 0.1%)

1 が判らず出たら, が大事, などは抹消, になつ, の明らか, はわざと, は花笠文京, をあげ, を忘れた, を隠匿発表

▼ 作者という~ (9, 0.1%)

6 ものは 1 のには, のは, ものを

▼ 作者としても~ (8, 0.1%)

1 これを, その他の, たまらなく厭, また新しい, 作中の, 当然両方, 意に, 衰えを

▼ 作者と共に~ (8, 0.1%)

1 あの問題, この戯曲, その転落, われわれは, 憂へ作者, 樂み, 當時の, 耳を

▼ 作者なら~ (8, 0.1%)

2 この危険 1 ばそれ, ばなるべく, 別です, 単純に, 実はわたくし, 結構これ

▼ 作者に対して~ (8, 0.1%)

1 あまり親切, このこと, すまぬ訣, 加ふべき, 厳重な, 報復しよう, 心理描写も, 礼の

▼ 作者~ (8, 0.1%)

2 心安かれよと 1 おまへの, 寒い風, 小説家よ, 次々の, 汝は, 貴方は

▼ 作者~ (8, 0.1%)

1 に, にいる, にも責任, に有利, に自ら宇田王介, の云, の努力, の能力

▼ 作者独特~ (8, 0.1%)

1 な混乱, のもの, のエネルギー, の創意, の文体, の正統性, の皮肉, の観念

▼ 作者について~ (7, 0.1%)

1 いろいろな, ツワイクは, 一喋りしたい, 書いたかしら, 次の, 私の, 考えたって

▼ 作者こそ~ (6, 0.1%)

1 このグーッビョー, 初めて真, 現代日本の, 私は, 脚本の, 読者から

▼ 作者~ (6, 0.1%)

3 のである 1 かまの, のだ, んですつ

▼ 作者不詳~ (6, 0.1%)

2 の歌 1 であるにも, と申す, のもの, の短歌

▼ 作者そのもの~ (5, 0.1%)

1 が一箇, と同一, の経験, は決して, を充分

▼ 作者とが~ (5, 0.1%)

1 初めに, 同じ人, 実際まだ専門化, 相協力, 考えられて

▼ 作者とを~ (5, 0.1%)

1 一つに, 兼ねた上, 判定す, 混同する, 繋いで

▼ 作者などの~ (5, 0.1%)

2 知ろう筈 1 いう文句, 上りで, 思いも

▼ 作者などは~ (5, 0.1%)

1 その心掛け, てんで眼中, 手も, 数多く描いたらしい, 生れながらに

▼ 作者については~ (5, 0.1%)

1 おもしろい伝説, 世人は, 正岡容君が, 殊にもう少し何, 種々の

▼ 作者にとっても~ (5, 0.1%)

1 くりかえすこと, ひとかたならぬ, 新しくない, 語り易い, 読者にとっても

▼ 作者への~ (5, 0.1%)

1 上演料は, 侮辱だ, 慶賀の, 敬意として, 要求である

▼ 作者よりも~ (5, 0.1%)

1 より知識的, ロシアの, 力強からん, 皆様が, 註釈者の

▼ 作者仲間~ (5, 0.1%)

1 では異口同音, のこと, の事, よりはこういう, よりはむしろ

▼ 作者この~ (4, 0.1%)

1 場合は, 塔を, 時四十八歳, 時四十歳まだ

▼ 作者だけ~ (4, 0.1%)

2 では 1 ですから, です云々

▼ 作者であっ~ (4, 0.1%)

1 て古文書, て後篇, て正真正銘, て頬

▼ 作者であり~ (4, 0.1%)

1 また, 七十二歳の, 伊藤公は, 同一の

▼ 作者でなけれ~ (4, 0.1%)

1 ばその, ばならぬ, ば到底, ば描けない

▼ 作者ばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 でなく讀者, で実は

▼ 作者~ (4, 0.1%)

1 むかって, デヂケートする, 手紙を, 贈る

▼ 作者をも~ (4, 0.1%)

1 入れんと, 成長させた, 狂人なりと, 驚かす場合

▼ 作者一人~ (4, 0.1%)

1 の味わった, の性欲的写象, の損, は何

▼ 作者~ (4, 0.1%)

1 かを出す, とは訳本ファウスト, の中, を出した

▼ 作者及び~ (4, 0.1%)

2 作品に 1 国立劇場役員の, 読者の

▼ 作者夫妻~ (4, 0.1%)

1 の巴里, の最も, はこの, は鎌倉

▼ 作者様方~ (4, 0.1%)

1 の生命, は通, を尊崇, 即ち文学者

▼ 作者~ (4, 0.1%)

1 がどうして, について伝来, の戰線, は

▼ 作者だけの~ (3, 0.0%)

1 もので, 一人よがりでない, 感じでは

▼ 作者だって~ (3, 0.0%)

1 あの小説, そう思う, どんなにか

▼ 作者であった~ (3, 0.0%)

1 からである, とすれ, トルストイは

▼ 作者などが~ (3, 0.0%)

1 何となく僕, 作ったの, 出現する

▼ 作者なり~ (3, 0.0%)

1 監督なりが, 筆者なりが, 筆者なりの

▼ 作者なる~ (3, 0.0%)

1 山口直大口が, 母体に, 醫師ルカ

▼ 作者に対しては~ (3, 0.0%)

1 その作者, 批評家は, 無礼である

▼ 作者に対する~ (3, 0.0%)

1 希望等に, 愛が, 自分の

▼ 作者ほど~ (3, 0.0%)

1 そういう弱々しい, 既成興行者の, 自をも

▼ 作者みづか~ (3, 0.0%)

2 らが 1 ら途方に

▼ 作者らしくない~ (3, 0.0%)

2 作者を 1 粗末さだ

▼ 作者バルザック~ (3, 0.0%)

1 に対する疑い, の主観, はその

▼ 作者ユーゴー~ (3, 0.0%)

1 の作, の意志, の戯曲

▼ 作者ルナアル~ (3, 0.0%)

1 が小説, の一面, の感傷

▼ 作者以外~ (3, 0.0%)

1 には余り, に作品, の脚本家

▼ 作者同様~ (3, 0.0%)

1 だいたい既成, に土地, に智恵

▼ 作者山本有三~ (3, 0.0%)

1 が編み立てた, は, は彼

▼ 作者梅野十伍~ (3, 0.0%)

1 に自信, はそう, は再び

▼ 作者気質~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, には双方, や雑誌記者

▼ 作者獨自~ (3, 0.0%)

2 の解釋 1 の心ば

▼ 作者藤村~ (3, 0.0%)

1 の個性, の内面的, は深き

▼ 作者~ (3, 0.0%)

2 に対しては傲慢 1 は左母二郎

▼ 作者近来~ (3, 0.0%)

2 の傾向 1 の佳作

▼ 作者鴎外~ (3, 0.0%)

1 の客観性, の心, は

▼ 作者これ~ (2, 0.0%)

1 は原作者, を批評

▼ 作者すなわち~ (2, 0.0%)

1 犯人が, 犯人は

▼ 作者たり~ (2, 0.0%)

1 得る, 文芸協会の

▼ 作者だけは~ (2, 0.0%)

1 ぢつと, 知って

▼ 作者だった~ (2, 0.0%)

1 かもわからない, ものです

▼ 作者です~ (2, 0.0%)

1 か, からあの

▼ 作者でなく~ (2, 0.0%)

1 ても憎き, 且つその

▼ 作者といふ~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 作者とともに~ (2, 0.0%)

1 女の, 推理し

▼ 作者など~ (2, 0.0%)

1 列記したる, 知ろう筈

▼ 作者などには~ (2, 0.0%)

1 とても考え, 諒解され

▼ 作者ならず~ (2, 0.0%)

1 ともこれ, とも私

▼ 作者なんか~ (2, 0.0%)

1 君だって, 忘れられて

▼ 作者なんて~ (2, 0.0%)

1 てんで有り難く, 云ふも

▼ 作者にまで~ (2, 0.0%)

2 筆誅され

▼ 作者によ~ (2, 0.0%)

1 つて取扱は, つて行は

▼ 作者に対し~ (2, 0.0%)

1 いろんな注文, 何等修正削除

▼ 作者のみ~ (2, 0.0%)

1 ならずわたくしたち, ならず恐らく

▼ 作者らしく~ (2, 0.0%)

1 その作品, ジイドは

▼ 作者オオドゥウ~ (2, 0.0%)

1 が修道院, の

▼ 作者カー~ (2, 0.0%)

1 に代っ, は先ず

▼ 作者トルストイ~ (2, 0.0%)

1 が何日, はどう

▼ 作者ボオマルシェ~ (2, 0.0%)

1 である, の収入

▼ 作者マヤコフスキー~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, にとって

▼ 作者一葉~ (2, 0.0%)

1 がこの, が自身

▼ 作者~ (2, 0.0%)

1 最もクリスト, 最も彼自身

▼ 作者久保田万太郎君~ (2, 0.0%)

1 は現代稀, を感じられ

▼ 作者今日~ (2, 0.0%)

1 でいう, までの俳優

▼ 作者佐藤春夫~ (2, 0.0%)

1 が執筆, の

▼ 作者~ (2, 0.0%)

1 主人公が, 批評家といふ

▼ 作者即ち~ (2, 0.0%)

1 己が, 舞台監督の

▼ 作者夥間~ (2, 0.0%)

1 のしかも, もひとりぎめに

▼ 作者山本氏~ (2, 0.0%)

1 の与える, の意気

▼ 作者~ (2, 0.0%)

1 本人が, 自身と

▼ 作者或は~ (2, 0.0%)

1 画家という, 筆者の

▼ 作者有島武郎~ (2, 0.0%)

1 が自身, も自分自身生活

▼ 作者未詳~ (2, 0.0%)

1 の, のもの

▼ 作者火野~ (2, 0.0%)

1 によって常に, の態度

▼ 作者特有~ (2, 0.0%)

1 のシャレ, の思想

▼ 作者目下~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ 作者知らず~ (2, 0.0%)

1 として伝つて, になつ

▼ 作者竹田出雲~ (2, 0.0%)

2 に斧九太夫

▼ 作者紫式部~ (2, 0.0%)

1 の日記, の死後百年

▼ 作者~ (2, 0.0%)

1 から厳正, から評し

▼ 作者自身企図~ (2, 0.0%)

2 に近く会得

▼ 作者自身溜飲~ (2, 0.0%)

2 はさがらぬ

▼ 作者註柿内未亡人~ (2, 0.0%)

1 がほんの, はその

▼ 作者~ (2, 0.0%)

1 で旧来, の芝居珍景百出

▼1* [364件]

作者あっての優れた, 作者あはれとおも, 作者あまり板元と懇意, 作者いかんが作品, 作者いささか疲労れ, 作者もしくは註釈者, 作者からの提議音楽会主催者からの, 作者からもまた仲間はずれ, 作者くずれときてはどう, 作者くだらぬ長談義にのみ, 作者ぐらい現実の, 作者ぐるみというの, 作者ごときは外套, 作者さえ其処に, 作者て, 作者しばしば男女奇縁を, 作者じゃない, 作者すらも何んと, 作者それぞれがもっ, 作者それぞれ自分の受持ち, 作者たそがれうなだれつつ, 作者たち一団の思想, 作者たち中間小説と称する, 作者たらしめたのであ, 作者だけが弁へて, 作者だけにしか分るまい, 作者だつたので墨色, 作者だろうと考える, 作者やない, 作者てえのが, 作者でありますが一個, 作者であるらしいところに, 作者であれば自然, 作者であろうが荷風, 作者でない作者とが, 作者とか販売者とかの, 作者としてよりも小穴君の, 作者とでは同じ事件, 作者とに対して抱かずには, 作者どもが陥る, 作者なぞも立派な, 作者などとはとんでもない, 作者ならここんところは, 作者なりとせん乎, 作者なりの気魄を, 作者なるべけれと思へ, 作者なればこそその, 作者なんぞゐるうち, 作者にかやうの, 作者にだけ限られためぐりあわせではなく階級発展, 作者についての確説は, 作者についても何も, 作者にて終らむよりは, 作者になつてまつたく, 作者にのみ向は, 作者によってはその心像, 作者により近い人物, 作者のねうちの, 作者のぶざまな泣き笑, 作者のみの世界な, 作者はくふうして, 作者はしかしさういふ感じ, 作者はやきもちを, 作者ひとへに花, 作者ひとりのため, 作者までもいけないと, 作者みたいに迎え, 作者もしくは脚色家は, 作者もよかつた, 作者よりはズッと, 作者らしさの, 作者をつつ突いて, 作者を通して作品を, 作者を通じて当時一般の, 作者アンリ・ベルンスタインはバタイユ, 作者アンリ・ラヴダンはドネエ, 作者アヴデンコが革命当時, 作者イーデン・フィルポッツや, 作者ウォルフガング・ギョオテの名, 作者オストロフスキーがロシア, 作者キダミノル氏が行っ, 作者ギャンチヨンの青春, 作者クウルトリイヌは泣く, 作者ゲーテの悩み, 作者ゴーリキイの若々しく, 作者サルドゥー流の救済, 作者ザイレの方, 作者シェイクスピアは何国, 作者シャトオブリヤンのよう, 作者シャルル・ルイ・フィリップも熱心, 作者シルラーの脚本, 作者ジイドは薦められた, 作者ジョーンスとハーマン, 作者ジヨルジユ・クウルトリイヌは私, 作者スカーレットをああ, 作者ゾラが大いに, 作者ツルゲネフやトルストイ, 作者ディフォーは特に, 作者デュアメル以外に誰, 作者ドストエフスキーを持たない, 作者ドブジェンコは土, 作者ノックスは現在, 作者ノヴィコフ・プリボイも出かけた, 作者ノヴィコフ・プリボーイの近作, 作者ハウプトマンがケーテ, 作者ハスレルをあえて, 作者ハドウイウ人デスカ, 作者バアーンジョンの, 作者ピエエル・オオビュルナンの給仕クレマン, 作者ピカールはオデオン座, 作者フィオナ・マリラオドはこの, 作者フランスのアカデミー, 作者フールマノフの南方的, 作者ブルガーコフなかなか現代СССР, 作者プレヴォは本職, 作者ヘルマン・バアルも俳優, 作者ベズィメンスキーが挨拶, 作者ホイヒトワンガーはジイド, 作者ホーソンのやさしい, 作者ボーマルシェはフィガロ, 作者ポルト・リシュを生んだ, 作者メレヂコフスキイがかく, 作者モオリス・マアテルランクがあらはれる, 作者モリエールは其の, 作者ユウリビデスを退けた, 作者ラシイヌが控, 作者ラシーヌの作品, 作者ラジィゲについて一言, 作者リイル・アダンの生涯, 作者リベディンスキーはソヴェト, 作者レツシングと云, 作者ロジェ・マルタン・デュ・ガールの人生態度, 作者ヴェデキントのプロテスト, 作者一個の才能, 作者一流の任侠哀艶, 作者三十一歳の時, 作者三十六人を數, 作者三馬と画工豊国, 作者不詳海岸にい, 作者両氏の耳, 作者中川藤吉の両者, 作者中本たか子氏も脚色, 作者中里介山君は苦笑い, 作者久保田彦作死す五十三歳, 作者が為, 作者乾坤を呑み, 作者二代目河竹新七向島の梅屋敷, 作者二十六歳の作, 作者二十四歳の時, 作者二十年来の望み, 作者五十二歳血のにじむ, 作者人物の多い, 作者て如何, 作者以前には蓋し, 作者以来のあらゆる, 作者仮名垣魯文の著, 作者伊倉の仕事, 作者伊東氏をロマンチスト, 作者伊藤氏は少く, 作者に惑う, 作者俳優はその, 作者俳優演出家いずれも警戒, 作者俳優演出家舞台監督装置家道具方といふやう, 作者俳優演出者の, 作者個人が間接的, 作者れた俳優さ, 作者元来非惨, 作者元来言行一致ということ, 作者先づ知る, 作者先生のお, 作者先生物に気, 作者光瑤氏の強烈, 作者兒島法師が意識的, 作者全部のもの, 作者六十四歳のとき, 作者其の時代の, 作者其物が如何, 作者其角の名, 作者兼俳優兼舞台監督たる水蔭, 作者兼舞台監督として今度, 作者冥加に尽きる, 作者出版者文学上の楽屋, 作者出雲松洛千柳等はこの, 作者出頭の折, 作者別勅撰集を作っ, 作者創出の人物, 作者加藤君は竹, 作者勝諺蔵をば部屋, 作者十句に及ぶ, 作者南淵氏の人, 作者南風氏の自然観照, 作者単独では駄目, 作者印譜の模様, 作者又は批評家の, 作者叙事の間, 作者口述者又は筆記者, 作者古河黙阿弥のかつて, 作者各自の個性, 作者名のり出る規定, 作者名不明のシェイクスピア, 作者四十三歳のとき, 作者四十六歳の砌, 作者坪田勝氏がた, 作者多くの新劇団体, 作者大森痴雪から得, 作者天民は中年, 作者好きである人間, 作者好みの恋, 作者妙覚尼は武州公, 作者宇野浩二にこの, 作者定家に自ら感応, 作者実際の境遇, 作者対劇場主及俳優の問題, 作者小山いと子が屡々, 作者小林多喜二が, 作者居前増益者處後作非一時, 作者岩井紫玉同座附茶屋の主人武田屋馬平, 作者岩藤雪夫もまた, 作者島崎藤村氏の大写し一枚, 作者川口が見, 作者常套の筆法, 作者平田氏の文章, 作者年代が誰, 作者広津柳浪は当時, 作者広瀬操吉のこと, 作者庄野潤三の一種, 作者おろし, 作者座員一同の誰, 作者役者がない, 作者彼らの境涯, 作者しも記録者, 作者志望につき福地先生門生, 作者忽ち破顔し, 作者意中の人, 作者意識を以てし, 作者まへの, 作者指導者に人材, 作者フールマノフに, 作者故にこの感, 作者は百二, 作者早くも濫作, 作者春水堂がかね, 作者晶子さんの飾らぬ, 作者暮しの両刀, 作者曰く京伝三馬の伝統, 作者書くことを, 作者書家彫工画工と交っ, 作者曼舟氏の印象, 作者曾有の地, 作者月渓は画家, 作者木村祐章は山鹿町, 作者木節で医者, 作者未定である, 作者未熟の故, 作者未醒は必ずしも, 作者末広鉄腸が, 作者本来の目的, 作者果して父親小説以外の, 作者柳瀬俊雄の創作態度, 作者柴晋助となった, 作者桂月氏は松, 作者森山氏は主題, 作者森本氏は随分よく, 作者様方一連を云, 作者横光は当然, 作者歌人までを逮捕投獄, 作者氣質を脱し, 作者永井荷風は夏, 作者河竹新七は後, 作者浪漫派劇詩人アルフレット・ド・ミュッセと共に彼, 作者清少納言の性格, 作者滝亭鯉丈の墳墓, 作者演出家の領域, 作者演出家批評家装置家その他演劇関係者を悉く, 作者演出者乃至俳優, 作者漱石が妻, 作者としたる, 作者物語の作者, 作者独得の擅場, 作者独自の心, 作者之松, 作者猪熊弦一郎氏はアトリエ, 作者あらば, 作者生存中支払ふべき規定, 作者生活の背景, 作者産地はそれぞれ, 作者田中霜柳という人, 作者田口君の筆, 作者田畑修一郎君のその後, 作者甲賀氏小生をとらえ, 作者に大分異, 作者白蓮として見る, 作者的才能処世的才能の三者, 作者的演出的に精力, 作者的要求が起つ, 作者石坂氏が自身, 作者石川達三の失敗, 作者秦簡夫とほぼ, 作者竹柴なにがし, 作者等部屋へ来, 作者七百余首の, 作者紅葉とは編輯者対寄稿家, 作者に対する態度, 作者く理想, 作者自ら修正の個所, 作者自ら理論上女ほど厭, 作者自ら舞台全体の考案, 作者自ら舞台指揮者たること, 作者自己の関係, 作者自身三ヵ月も勉強, 作者自身令嬢の兄, 作者自身動悸を感じ, 作者自身戯曲に書, 作者自身本気に出来ない, 作者自身等をも顛堕, 作者自身龍江ほどそれ, 作者舞台監督等のすべて, 作者花圃の人生態度, 作者草刈真太は, 作者荷風の抱い, 作者菊岡沾涼の息, 作者菊田ひるの部, 作者華楊自身が野趣的, 作者落華生がコロンビア大学, 作者蒲松齢が満, 作者藤木氏の文学修業, 作者藤木稠子さんであること, 作者藤村氏が抒情的, 作者藤森氏並びに演出者土方氏, 作者装置家その他の演劇関係者, 作者見ぬうつくしかりき, 作者見物の協力, 作者見習としてのわが, 作者見習いの文学青年, 作者吾が津輕地方, 作者註優生学の間違い, 作者註写真を見る, 作者註大川氏は麻川氏, 作者評して曰く, 作者読者共通の弱点, 作者が出, 作者譲原昌子と, 作者赤木城吉氏の一門, 作者近くは河竹黙阿弥翁, 作者近藤元といふ歌人, 作者那威の詩人イブセン, 作者郭守敬のごとき, 作者酋長の番, 作者はあ, 作者金属細工人その他の細工人, 作者鈴木正三その耶蘇教弁斥, 作者鋭く小市民性, 作者に孤立, 作者関孫六の子孫, 作者陳壽が果して, 作者露伴は二十一歳, 作者面師は今日, 作者須井自身にとっても弱い, 作者頗る苦心の, 作者頭取部屋にし, 作者頼三樹三郎のこと, 作者高山麦子をおくり出した, 作者魯迅が没しました, 作者黙阿弥とのあいだ