青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作用~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

作った~ 作り~ ~作る 作る~ ~作品 作品~ ~作家 作家~ 作業~ ~作用
作用~
~作者 作者~ 併~ ~使 使~ ~使い 使い~ ~使う 使う~ ~使っ

「作用~」 3404, 37ppm, 3155位

▼ 作用~ (803, 23.6%)

25 して 13 起して 11 もって, 持って 10 するの 9 及ぼして, 受けて 8 する 7 営んで, 有するもの 6 するもの 4 した, すること, すると, 及ぼしたの, 覚せざること, 起した 3 なすごと, 及ぼすに, 及ぼすもの, 受くる, 媒介する, 演ずるもの, 爲す, 研究し, 起すの

2 [55件] あらわすもの, いう, いうの, するか, するが, なして, なすもの, もつの, やめしまでに, 与えて, 中絶する, 休止し, 促すところ, 促すもの, 分担する, 利用した, 及ぼしその, 及ぼした, 及ぼすこと, 及ぼすと, 及ぼすの, 含みそこ, 含蓄する, 呈して, 喚び起すため, 失つた四十女の, 強くし, 明らかに, 有するかと, 有って, 有つ, 活溌に, 演じたの, 為して, 現じ, 現ずること, 現ずるなりと, 現は, 現わし, 生ずべき理, 生ずるに, 示すかを, 脳髄の, 行うこと, 行ふ, 要す, 読者の, 識覚せざる, 起こすか, 起す, 起すに, 起すもの, 起す事, 開陳し, 離れて

1 [526件 抜粋] あきらかに, あたえた, あらは, あらわしたから, あらわして, あらわしはじめた時, あらわし土着, あらわすらしいや, ありのままに, ある階級, いいます, いい悟性, いい理性, いたしまして, いたしますからね, いつか書いた, いふの, うけざる, うけた自分, うけるところ, うけ又, うつすであろう, おこしたという, おこなった, およぼすという, およぼすもの, お感じ, かもし出す, ここで, このハンカチ, させたの, させるに, しかしていない, しそして, しつつ, しないとも, しはじめた, しました, し大きく, すべて知れる, するから, するからでも, するそう, するため, するでは, するという, するばかりの, するよう, するらしい, する原生動物, する器官, する限り, する際, せず固体, そして他方, その分, その自然, その適当, その間に, たえず発散, たくましくする, ただこの, つかさどりその, つかさどる, つかさどるもの, つかさどる器官, つとめるその, つとめるところ, とどむといわば, とどむること, とどめうるを, どこまでも, なしがち, なした形跡, なしつ, なし得るの, なし朱, なす, なすかは, なすが, なすこと, なすなら後, なすに, なすよう, なす一対, なす事は, なす会戦, なす物体, なす細き, のこして, のこすため, ひき起こしつつ, ほしいまま, ほどこして, まのあたり知った, みずみずしく営み得る, もたらす人間, もちそれ, もち階級性, もっと公平, もつかも, もつこと, もつその, もつであろうという, やって, やる者, よく観察, よそに, わきまえて, セルギウスの, ヂューマに, 一も, 一息に, 一時止める, 不安がっ, 不純に, 不都合な, 与えたこと, 与えた点, 与えはじめて, 与えるばかり, 与えるもの, 中止し, 丹念に, 人に, 人間に, 人間並に, 今一度数学の, 他方に, 仮る, 仮定する, 休む, 休止したる, 伴へば, 伴わない催眠薬, 伸ぶる, 作用する, 使い電流, 來たし, 促して, 促し知らず識ら, 俟つて始め, 信じなくなって, 個体間に, 借りて, 停止され, 停止される, 催起する, 傷ける, 働かして, 働くに, 全くする, 全景に, 全然無視, 全社会科学, 具するもの, 具へ, 出ないといふ, 分析し, 分業に, 分解し, 初めて現ぜし, 利して, 利用し, 力強くいたします, 助くるもの, 助けて, 助け合わないならば, 助け温度, 及ばせると, 及ぼさなかったので, 及ぼしたに, 及ぼしは, 及ぼします, 及ぼし其処, 及ぼし得るため, 及ぼし給, 及ぼすか, 及ぼすかという, 及ぼすという, 及ぼすとか, 及ぼすほどの, 及ぼすよう, 及ぼす力, 及ぼす勢力範囲, 及ぼす原因, 及ぼす実践, 及ぼす諸, 取り入れたとき, 取扱つ, 受けここ, 受けたに, 受けた粉雪, 受けつ, 受けても, 受けない, 受けないから, 受けないもの, 受けなくなって, 受けもつの, 受けるぐらいは, 受けるに, 受けるは, 受け之, 受け潰瘍, 只一行, 可能視なさる, 司って, 司どる瀕死, 各時代, 各種の, 呈したのに, 呈すること, 呈するもの, 呼ぶ, 喚び起すの, 営まざるか, 営みはじめた悲しみ, 営み他, 営み得るかという, 営むこと, 営むという, 営むについて, 営むの, 営むも, 営むもの, 営む必要, 営む田舎, 営んだの, 四つに, 四種に, 土台付ける, 圧倒し, 基調に, 変化し, 失いたる以上, 失うと, 失うは, 失うわけ, 失って, 失ひて, 妨げること, 学理的に, 完うし得る, 完遂する, 定量的に, 宰る, 容易ならしめた, 専用した, 巧く, 帯びるやも, 度外視し, 引きおこしこの, 引き起すから, 弱めて, 弱めわれわれ, 形作って, 待って, 徐々に受けた, 徐々に変型, 応用し, 応用した, 思ふと, 怠らない, 急がうとして, 想像し, 想定する, 惹起さし, 惹起し, 惹起する, 意味し, 意味する, 意味するであろう, 感じうるの, 感じさせる, 感性, 憶い起こす, 截然と, 手の, 承知の, 抑圧し, 持たせて, 持たないまま, 持ってる眼, 持つため, 持つて, 持つもの, 指摘した, 捲き起すかも, 授けて, 授けられしもの, 推理の, 描いて, 敢て, 数層倍し, 数理的に, 日本ファシズム, 早くなくする, 會得し居る, 有し意想行為, 有し紫色, 有すべき理, 有するが, 有すること, 有すると, 有するの, 有するので, 有する以上, 有する機会, 有せざる, 有せなければ, 有つよう, 期せずして, 極度に, 模寫的と, 止むるとき, 歴史的世界においての, 残して, 殺さねば, 氣と, 没我的でなけれ, 消して, 混同し, 減ずること, 減ずるよう, 減少さす, 減弱せしめられる, 溌剌の, 演じそして, 演じたばかり, 演じた前, 演じなくなって, 演ずるであろう, 為すもの, 為す者, 無視する, 無言の, 營んだ, 爲さなくなり, 爲し, 爲したく無い, 爲す有る, 爲る, 特にすぐれた, 狐火だ, 現したるとい, 現し夜間, 現すの, 現ずるに, 現ずる以上, 現ずる間, 現ぜざるなり, 現ぜざるに, 現わす, 現出する, 現出せし, 現示する, 理解するであろう, 生じうるであろうと, 生じさせて, 生じさせ大いに, 生ずること, 生ずるだろう, 生ずるの一原因, 生ずる事実, 生む力, 生活の, 畢つた凡ての, 略説した, 発するに, 発呈せん, 発展させ, 発揮する, 発揮出来ない, 発明したる, 發する, 的確に, 皮肉に, 皮膚の, 看破し, 睡遊, 知り尽して, 知るため, 知るもの, 知情意に, 知情意の, 研究させたい, 研究した, 研究し尽さない, 研究する, 確める, 示さない, 示した, 示して, 示すこと, 示すの, 示すべき理, 示す装置, 神格化せし, 私に, 私自身に, 種々に, 端的に, 筋肉の, 経て, 経れば, 経験しない, 続けること, 続けるであろう, 総称する, 考えたと, 考えて, 考えること, 考へても, 考へようと, 考へること, 聴官の, 致し感情, 與ふる, 舌の, 蒙った不明暸, 蒙りも, 蒙るであろう, 藉らざれ, 行うと, 行う非情的, 行った, 行って, 行なうため, 行なうの, 行わんが, 表すと, 装いて, 要する, 見きはめる必要, 見せるたび, 見て, 見よと, 見貫いた者, 視察せしむ, 覚えざるの, 観察する, 解剖した, 解釋する, 言ふ, 計画し, 試みんと, 話して, 認めて, 認めようと, 語るの, 説明する, 論じて, 論じ光量子, 論ずるに, 論ずるに当たり, 論究する, 謂ふ, 贊け, 起こして, 起こすと, 起こすの, 起こす道理, 起さしめる, 起さしめ血液, 起させようと, 起させる, 起さぬ勝, 起しましょう, 起しまた, 起し中毒性, 起し働かしむる基礎, 起し終, 起し若く, 起すかという, 起すこと, 起すなり, 起すよう, 起すを, 起す場合, 身内に, 述べる際, 退化させ, 逞くし, 遂げるため, 過分に, 重要視する, 錯覚した, 開始し, 開始した, 開始せしめ, 防禦する, 防遏しよう, 阻害し, 阻害する, 除却し, 集積する, 雑念或は, 電気分解の, 鳴

▼ 作用~ (337, 9.9%)

14 ために 5 うちに 4 一つに, 下に 3 上に, 内に, 妨害を, 根柢に, 連関の

2 [16件] あるもの, うちの, ことを, これに, ような, ように, 中に, 主原因, 之に, 意味に, 相合し, 結果が, 結果である, 結果として, 起こること, 起こるは

1 [263件] あるところ, あるの, ある所, いかに零細微妙, いかんを, うえから, うちで, おかげであろう, お蔭で, ことで, ことである, ことも, ごときは, ごとく無意識, しかたの, すばらしさを, すんだ後, せいであろう, その上, その反対, その結果, その自他, たまたま双方, ためだった, どの一部分, なかで, なかに, なかの, ひとつである, ふしぎそれらを, ほかにも, ものであります, やうに, やうにも, 一つで, 一つである, 一つとして, 一つなり, 一つ一つと, 一と, 一万分の一位しか, 一助を, 一層發達, 一役を, 一波であり, 一片でありまし, 一現象という, 一種である, 一部に, 一部分なる, 一部喜びまたは, 上において, 上部構造に, 不同な, 不思議なる, 不断に, 不覚作用に, 不覚無, 不足即ち, 両極を, 中で, 中にこそ, 中枢器なり, 主が, 二方面を, 二種である, 交互関係は, 作用, 側に, 兆で, 兆基という, 全体は, 全部で, 全體, 共通性で, 内から, 分業より, 力である, 力と, 効果は, 動かざるとき, 区別である, 千変万化の, 印象を, 原因に, 原理など, 及ぶところ, 反対の, 同一なる, 命令に従って, 問題です, 問題に, 地盤が, 堅確を, 場と, 場合において, 増大こそが, 増大によって, 変態なる, 外に, 外には, 外発し, 多少その, 大いに発動, 大いに関係, 大有力, 如きもの, 如き心理, 如き概念, 如く完全, 如く形成的であり, 如何を, 始まるところ, 子である, 存する, 存すること, 完全な, 實驗で, 専制すなわち, 工合を, 差違は, 帰納に, 強さ, 弾力で, 径路において, 後に, 微妙を, 心理的結果の, 必然性に, 思想を, 性質は, 性質を, 恐しさ, 悉くを, 意味を, 意義太陽内部の, 感覚への, 感覚的な, 成立した, 成立をば, 戦慄情緒の, 所産に, 所産の, 持ち主として, 支配を, 敏活な, 方が, 方の, 旺盛な, 最も明瞭, 有鈎原子, 本位なる, 本位を, 本縁, 本質は, 根元に, 根本即ち, 根柢には, 極致であっ, 概念を, 歇むを覺え, 正体を, 歴史を, 歴史的過程に, 法則と, 法則に関する, 法則を, 混乱が, 源泉と, 準備を, 潜熱によって, 激烈なる, 為に, 為めの, 爆裂から, 物心有限の, 特性によって, 玄怪, 現実は, 現象する, 生産, 生産物も, 産物である, 異なった方面, 発展した, 発生する, 相似た, 相関する, 真相を, 知識との, 研究が, 研究と, 研究なども, 神格化なり, 神格化なる, 神秘も, 科学文明の, 秘密を, 程度が, 立場に, 第一次的, 第三, 筋肉の, 範囲を, 純なる, 終末と, 結果とも, 結果な, 結果なり, 結果なりと, 統一では, 統一として, 緊張を, 総合作用, 總ての, 習慣に, 習慣連想の, 背後に, 自体中毒を, 興味と, 興味は, 著しいため, 行われた歴史, 行われぬうち, 表象が, 衰へて, 証拠が, 説は, 説明とか, 説明は, 謂じゃ, 謂である, 起こるゆえん, 起こる原因, 起り得るため, 起るでも, 足らざるところ, 跡は, 近代的な, 追加と, 逆の, 連続に, 連鎖が, 連関という, 過程の, 過程は, 過程を, 道徳的理想だ, 鋭いもの, 鎮花祭や, 間に, 間における, 間接の, 関係が, 関係せざる, 関係に, 関係の, 関係を, 集積に, 馬鹿馬鹿しさ, 高昇は, 麻痺した, 齎らす

▼ 作用~ (309, 9.1%)

8 ある 7 あって 5 あると, なければ 4 あるの, 自己矛盾的に 3 あること, 働いて

2 [12件] あった, あつて, あるという, たえずはたらい, 今度は, 始まる, 完全に, 強いから, 本当の, 行われて, 起って, 起るかも

1 [246件] あったに, ありそこ, あるからとも, あるかを, あるが, あるため, あるだけ, あるに, あるもの, ある程度まで, あんな形, いかなる詭計, いかに雪, いささかの, いつでも, うまく行ったら, おこったこと, おこりやすい, おのずと行われる, お母さんの, かういふところ, からだを, きつすぎ, きれて, この狂奔, この眼つき, この颱風, これら両国において, こんなところ, すでに売り, すべての, そういう機能, そこまで, そなわるから, そなわるな, その決心, その認識, それによって, それ以上強烈に, そんな風, だんだん退化, できて, とりも, どう及ぼす, どちらも, ないと, なかった, なかったなら, なくなること, はげしく往来, はじまったの, はたらいたで, はたらいて, はたらくとき, はたらく例, ひそかに, まだ十分の進化, まだ行われず, みられること, やがて灰, よく表現, アラゴの, ハッキリなる, ポツポツあらわれ初める, 一層強められる, 一方的, 一瞬の, 一般に, 不完全または, 不平等, 主体の, 事物に, 交錯し, 人を, 人類の, 今喰いとめられなけれ, 他に, 他の, 伴ったので, 作用として, 例として, 促進される, 俄かに, 停止する, 健康人には, 働いてる, 働くという, 働くもの, 働く場合, 充分に, 充分行われない, 先天的に, 光電現象である, 全く, 全身に, 再び農業, 凝然として, 出る訳, 出来るの, 制えがたい, 加わり現在, 十分に, 十分の, 単に加算的, 単に奇蹟的, 単に理性, 即ち具象性, 各独立, 合併し, 問題では, 四方へ, 多大の, 大きい爲, 大きく働いた, 妨害なく, 始まつたらそれ, 始まりそれ, 始まるの, 始められねば, 学問の, 完成した, 実在する, 実際いかに少い, 実際近代, 常に外界内界, 常態を, 引き起す怪奇味, 弱って, 当時ほとんど, 形は, 律動的に, 従って認識, 従前より, 従来の, 必要であっ, 必要です, 必要に, 応用される, 思考と, 思考作用だ, 急速に, 意識の, 愛によって, 成立しない, 我々に, 或る, 手の, 手伝うかも, 批評の, 振興される, 政治の, 日本の, 映画的表現を, 普通の, 暗憺溟濛, 最も著しい, 月々に, 服用後一時間に, 望ましい, 構造と, 欠けて, 次第に求心的, 正当である, 残る, 求められねば, 江戸の, 決定的役割を, 浸潤する, 消えるが, 消滅した, 潜んで, 激しいため, 無い, 無いという, 然ら, 熟睡に, 特に優越, 犯人さんに, 狂っては, 現れ出しわたし, 現われた, 現われて, 現われる, 現代の, 甚しかった, 生じて, 生じねば, 生理作用に, 画かれる, 発明される, 発生する, 発見された, 発達すれ, 百パアセントの, 私に, 私の, 種類を, 突飛に, 終ったと, 絶対矛盾的自己同一的世界の, 継続する, 考えられねば, 考えられるの, 背すじを, 脳髄の, 自意識な, 自然に, 薄気味悪いの, 行なわれる, 行は, 行はる, 行はれる, 行われずには, 行われた, 行われるから, 行われるもの, 解らないから, 起きて, 起こり始めそう, 起こるので, 起こるよう, 起こる年齢, 起ったとき, 起らないと, 起りそう, 起りは, 起るかを, 起るが, 起ること, 身体全体の, 連続し, 進行し, 鈍いから, 鋭くなかった, 開始さる, 開始された, 関係する, 附与され, 附随し, 階上に, 隠蔽されよう, 電光の, 面相に, 頑固に, 食物を, 黒紫色の

▼ 作用~ (224, 6.6%)

78 ている 21 ていた 7 てゆく 5 てい, てゐる 4 つつある, て来る 3 ていない, ており 2 てきた, てくる, てこの, てその, て一度, 合ふ, 逆に

1 [80件] おまけに, かつ同一, しかもそれら, そしてまず, そして資本, その角度, それを, たりする, てあの, ていたらしく, ていた事, ていなけれ, ています, ているであろう, ているでしょう, ているらしい, ているらしく思われた, てくるだろう, てくれる, てこれ, てこわれ, てしゃんと, てそう, てそこ, てそこで, てそれ, てそれら, てもいる, てゆくでしょう, てゐるらしい, て一層, て一時彼女, て中心力, て何, て倒れた, て分けられない, て勤皇, て反, て名声, て呪詞, て大変, て居り, て居りました, て居ります, て居るらしく, て彼, て彼等, て從來, て心理的, て或, て戦時中日本, て昔, て来, て来た, て来ない, て此, て波止場, て演説者, て生活, て皆, て精神, て記憶, て誠実, て軍事, て顔, どのよう, ながら生かし, また彼等, われわれが, 二つの, 作用され, 僕の, 反作用する, 各々の, 実質化し, 従って多く, 意識の, 方は, 真知子は, 而も

▼ 作用~ (204, 6.0%)

10 於て 7 して 4 外ならない, 帰する 3 他ならない, 帰したり, 相違ない

2 [11件] 依るの, 促が, 外ならぬ, 属して, 属すること, 帰せんか, 干渉する, 故障が, 相当する, 関係し, 非ずして

1 [148件] あやつられないよう, あらざること, あらざるはなし, あらざる一証, あらず, あらずという, ある, あると, あるという, あるの, うちかつかという, お前たちを, かなり重大, すぎない, すぎなかった, そして究極, そのなん, その起源, それを, つきて, つきての, とどまらで起きて, とどまり識覚有意作用, なれるもの, なんらかの影響, なんらの, ひっかかって, ひびが, ほかならざれば, ほかならぬ, ほとんど気づかない, まかせて, また数種, もとづく, よらざれば, よらずして, よらず情緒的, よりて一方, よる, よるならば, よれば, 一定の, 一心に, 他ならなかった, 他ならぬ, 任じても, 伴うと, 伴う痛み, 似たるも, 似た血, 何らかの影響, 依って, 依るから, 信用が, 停止を, 入り来るや, 制限せられる, 即して, 及べども, 及ぼす影響, 及ぼす温度, 反した注文, 反して, 因った為, 基いて, 基づくもの, 変じたる一例, 変ずること, 変化が, 外ならざる, 外ならざれ, 委ねられなければ, 富み紫外線, 富んで, 対応する, 導きこれ, 少からぬ, 就いて, 屬し, 屬す, 帰し難き, 帰すべからず, 帰すべきであろう, 帰せざるべからず, 帰せざるを, 帰せられて, 帰せり, 帰納される, 引っかけられて, 影響され, 影響し, 影響する, 恐れも, 恐怖を, 恵まれて, 打ち勝って, 抵抗する, 捉われ, 掛念が, 支配さるる, 支配され, 支配される, 支配せられる, 於ける夫, 服從し, 本質的に, 歸せんと, 照応する, 現参, 異常な, 祟られたくない一心, 立ち入ったり, 立ち入った質問, 立つ観念, 等しいだけの, 精神力を, 続いて, 続けて, 自分の, 至っては, 至りては, 至ると, 襲はれる, 見参しなかったなら, 變質を, 起因する, 連れて, 過ぎざれば, 過ぎずとして, 過ぎない, 過ぎないもの, 過ぎない事, 過ぎぬと, 過ぎぬもの, 違い無い, 適合し, 遵合する, 関せざるもの, 関係すべき, 関係なし, 関連し, 關する, 非す他, 順應し, 類したる心海, 類するもの, 驚かされる, 骨立った

▼ 作用~ (185, 5.4%)

3 それが 2 あなたが, 不思議です, 人間の, 噂から, 常に反逆的, 殆全く, 生命に, 非常に

1 [166件] あっても, あるが, いつかは, いつたいどこ, いつでも, いつもこの, おそらくスウェーデン, かえってその, こうした深刻, この意味, これに, これらの, こんな風, して, すべて夕飯後に, そう大した, そのよう, その主因, その化学作用, その召使, その形態, それぞれ認識の, たしかにある, たとえば当時, どこで, どこの, どんなに立入っ, ないらしい, なかなか消え失せない, ほとんど常に一定法則, また無死, まったく不可能, むしろ渠, もちろん外物, もちろん悪事, もっとおそく, もっぱら財産, わかり易いもの, アウグスティヌスにとって, デカルトによ, 一つな, 一六八八年及び, 一切の, 一切止んでしまつた, 一時休止し, 丈太郎氏の, 中断され, 主観に, 人間ばかりに, 今も, 今日只今完全に, 今述, 何から, 何と妙, 何ものにも, 何処までも, 依然として動作, 偏りの, 元来独立し, 充分に, 先ず物理的作用, 先験的統覚と, 全く休止, 全く反対, 全く無意味, 全体不十分なる, 全然別物, 内外の, 刻々分, 前の, 劇場の, 区別の, 単にただ, 却つてはるかに, 反つて過敏, 反対の, 可能に, 同様に, 喪われて, 因果的に, 固より, 地質学の, 塵の, 多く有り得ない, 夫が, 実はほとんど, 少しも, 常に事物, 常に暗黙緩慢, 常に本当は交互作用, 広く知られ, 廻わす, 強いので, 強まりたる, 形成作用であり, 形成作用である, 形成作用として, 彼の, 徐々にこの, 従前行われ, 必ずしも国家, 思惟對象の, 急に, 情であります, 惡癖の, 意向に, 意識に, 意識的に, 感覚を以て, 我ながら, 接触を, 斥力である, 明治時代の, 昼間は, 普通の, 最も未, 有るので, 有意識覚の, 案外早く, 極めて不等, 極めて現実的, 概して穩, 次の, 死時全く, 毫も履歴効果, 気狂に, 決して止ん, 決して知力, 消極と, 然樣いふ生動飛躍, 物から, 物質によるに, 独り天然と, 発動機や, 盛に, 相類し, 矛盾の, 破壊によ, 破壊によって, 神経組織中の, 積極的妨げよりも, 精神と, 絶えずその, 総人口, 脳中の, 腦膸に, 色々の, 花冠の, 芸術家が, 表現作用であり, 表現的な, 解き難い, 説明されない, 豊饒でなく, 赤道部と, 起らずされど, 起ると, 輻射熱に, 運動せしめられた, 運動力の, 遥かに, 醒覚の, 量子論に, 長い眼, 陰陽共に, 面白いもの

▼ 作用する~ (139, 4.1%)

7 ことが 6 ことは 4 ように 3 ことを, ということ, もので

2 [11件] かということ, かというよう, のである, のです, のを, ような, 事を, 力は, 限りにおいて, 限り日本に, 面は

1 [91件] かぎりそれは, かこの, かといふこと, かと云, かどう, から, からそれ, からである, からには反対, からね, から之, かを十分, か分らない, か又は, がある, ことで, この薬, そういう過去, ためで, ための, だけだ, というの, というよう, という奇妙, という研究結果, という結果, ところ何と, と同時に, と思っ, と狸, と考える, と考へ, にあらず, に違い, のであった, のなら, のは, のも, ばかりで, ものだ, ものである, ものでし, ものと, ものとして, ものを, もの客観とは, や否, 一例である, 世界観は, 事が, 事は, 事軽微であった, 二つの, 人間性を, 仕方を, 他の, 分解や, 力で, 力も, 力を, 原因の, 原因は, 善美の, 場合それは, 場合の, 実力を, 所以を, 映画芝居の, 暴力を以て, 条件が, 毒物薬物の, 消極の, 点で, 物理的原因と, 現実としての, 環境に, 生活の, 発見で, 相当の, 社会条件の, 社会関係全体が, 範囲と, 結果を, 自然的法則な, 落し金な, 複雑な, 道具と, 間は, 限りに, 限り右の, 電流で

▼ 作用~ (108, 3.2%)

2 あつた, もって, 優に始末, 光を, 変化し, 岩が, 肝心の

1 [94件] あらうか, あり得ると, いろいろの, おこるもの, かかる所業, かすかな, かれの, こちらの, この音源, これを, すべて主観に, その地, それらの, それを, ちょうど光り, でも, でもやはり, どんどん蒸発, なしに, やがて再び昏昏と眠り入る, ゴムの, スッと, メチャメチャに, 一ふり振りまわされ, 一人の, 一層この, 一方から, 一週り, 丁度光り, 不断に, 二人の, 二倍に, 人形の, 余の, 偏光面が, 充血した, 分解した, 切りぬけて, 動くの, 十八世紀頃には, 台風が, 向かう所, 君自身の, 吾, 呼び出されるの, 地面へ, 声の, 大部分, 太陽から, 奇抜な, 小鳥における, 彼らの, 彼女に, 心臓の, 悲しみも, 我々が, 或る, 手際よく, 春先に, 書き付ける, 本邦の, 樹皮の, 櫻木大佐が, 次第に悲し, 次第に離れ離れ, 此處へ, 活動する, 海底に, 海底三十呎乃至五十呎迄の, 無類の, 片づけて, 理知の, 生々と, 白色は, 眠って, 矢張一種の, 私に, 私の, 種子を, 継母へ, 美味しい果, 群集の, 自分自身にも, 虹彩の, 表面を, 観者が, 解毒の, 言えば, 調べること, 起るかの, 起るが, 路を, 雪人形は, 骨の

▼ 作用~ (90, 2.6%)

3 反作用との 2 なって, 反作用とは, 異なるの

1 [81件] いいますと, いえる, いふよりも, いわざるべからず, これに, されるの, せんこと, なす, なっては, なつて, ならんと, なりました, なるべきなり, なるべし, によつて, みるの, わずかもちがった, フィルムの, 並んで, 事物の, 二百三十個の, 云うの, 云っても, 云ひました, 云ふも, 云わねば, 使命を, 信じ穀神, 全く同一, 凄まじく相, 刺戟に, 前に, 効果, 化学作用とは, 同じ物, 同一に, 同一視したる, 同一視する, 同様に, 同量, 名けて, 呼ばれて, 呼ばれても, 呼ぶ, 呼んで, 如何なる関係, 存在とが, 客觀的作用とに, 対象とが, 干渉し合わざる, 形という, 意識作用との, 我以外の, 断じた, 比例する, 無関係で, 生殖作用とが, 申すが, 相合し, 看做すこと, 眼の, 科学者が, 称す, 称すること, 結び合せき, 結果を, 美的観念と, 考えられたもの, 考える故, 考へた, 考へられず人間, 考へる場合, 見た人々, 見ても, 見られ得るという, 見る思想, 覚醒時の, 解すること, 言ふべき, 言へば, 認むるを

▼ 作用~ (61, 1.8%)

2 ある

1 [59件] あり火花, あるという, あるらしいと, あろうが, あろうけれども, かような, しそう, した, するという, するの, その先後決定, その誘惑, つねに必要, ないもの, ない者, なければ, またかく, またこれ, また可能, また本能的, まったく含まれない, まつたく含まれないから, みなことごとく, わたしに, 亦石炭等, 亦量子的, 依然なかなか強い, 働いてること, 其に, 前述の, 十分な, 及ぼさないとは, 反対作用も, 古語や, 営まない, 変じて, 客観的な, 広義において, 形成的である, 後には, 恐るべきでは, 手伝って, 文化の, 明らかに, 次第に衰え, 歴史的創造的であり, 現実生活に, 社会の, 社会的な, 腦膸中に, 自然に, 自然は, 行って, 起らないよう, 起らなかった, 適当に, 適當に, 重複すれ, 非常に

▼ 作用によって~ (57, 1.7%)

1 [57件] そこに, その中, その価格, その正木博士, その真, ただ単に, まるで手, エセックスは, 一種趣の, 万遍なく, 人工心臓から, 人間の, 作られるの, 作られる概念, 助長され, 労働の, 吸収される, 商工業への, 固化した, 土地所有が, 堅い岩石, 女主人公の, 妨げられざるを, 子孫を, 存在し, 存在は, 実物そのまま, 彼は, 待ち兼ねた食事, 成立する, 我国にも, 抽象的な, 描きあらわされて, 既知の, 最大の, 構成された, 水蒸気が, 物理的実在を, 生ずるもの, 生み出された一種, 生成する, 発生した, 直接に, 確保すれ, 空気, 統一され, 自然に, 自然的物, 行われる, 表現せられた, 観客の, 説明される, 諸遊星, 起こりしよう, 起ったこと, 選び出しそうして, 馬鹿と

▼ 作用である~ (39, 1.1%)

2 ことが, といい得る, ということ, と思う

1 [31件] かそれとも, かといふこと, かどう, かのよう, かは問ふところ, かは知らない, かもしれない, からだ, から剋殺, から決して, ことを, そこに, それにおいて, それは, といえなく, とか云っ, とか又, とか言, として差支, と云, と云う, と信ずる, と思いました, と考え, と考へた, と考へる, と見れ, と言, 実際は, 故に単に, 故に單

▼ 作用した~ (38, 1.1%)

2 場合には

1 [36件] かまた, からで, かを知る, かを確め, ことが, ことは, ことも, このひとこと, ために, と人, と思います, と思う, と感じ, にし, に違い, のいずれ, のか, のだった, のであろう, のにちがい, のは, ものであっ, 一部の, 事は, 事も, 効果は, 巨大なる, 形です, 放射線は, 時に, 歴史の, 番人の, 結果が, 結果です, 跡を, 進化の

▼ 作用~ (33, 1.0%)

4 に自己自身 3 である, に物 2 でなければ, に世界, に働く

1 [17件] であり行為的直観的, であり見るという, であると, である即ち, でない, では, ということ, といっ, と考えられね, には志向的, にも浸み込む, に弁証法的, に形成的, に我々, に把握, に然, に相対

▼ 作用として~ (31, 0.9%)

1 [31件] あらわれて, いわば歴史, とらへ, なすもの, イデヤ的形成的なる, 一つの, 世界の, 人口の, 倉地も, 個人的意識の, 充分に, 判断する, 即ちその, 又は物質, 取り上げること, 各個体, 国家は, 形成作用でなけれ, 形成的なる, 成立し, 成立つ, 我々の, 斯んな, 現実を, 理解されね, 生じて, 生れるの, 見ら, 見る限り, 超越をも, 限定作用である

▼ 作用から~ (30, 0.9%)

2 出た安全, 来た幻覚, 来て

1 [24件] ある意味, いって, 七色の, 云うと, 冷たく堅くなっ, 出来て, 日本人が, 来たある, 来るの, 来るもの, 独立し, 独立の, 生じた一種特別, 直ちに除外, 眺めた作品, 研究し直し, 結果する, 考へて, 自由である, 起こるもの, 起って, 起ること, 逃げられるわけ, 逃れて

▼ 作用という~ (26, 0.8%)

6 ものは 3 のは 2 ことが, ものを

1 [13件] ものが, もので, ものである, ものにおいても, ような, んだ, 問題よりも, 奴が, 意識なり, 珍奇な, 現象の, 破壊力の, 観念的な

▼ 作用より~ (22, 0.6%)

7 生ずるもの 2 きたるもの

1 [13件] きたるところ, 何程強い, 成るひとり理性, 生ずる結果, 産み出だせし, 発するにも, 科学的なる, 科学的倫理作用に, 製造せる, 説けば, 起こる, 起こるに, 起こるもの

▼ 作用~ (21, 0.6%)

1 [21件] からこんな, からである, が豆州修善寺, けれども, ということ, というの, という考えかた, といつた, となつて, と云, と云われ, と僕, と思う, と考える, と言い, と言う, と言われます, などというの, などと片づけ, よ, 不思議な

▼ 作用による~ (19, 0.6%)

2 ものである

1 [17件] ことが, ことな, ことは, こと疑うべからず, のかも, のである, のです, もので, ものであります, ものであろう, ものと, ものとは, ものなり, ものに, ものらしく見える, 何の, 微細なる

▼ 作用によりて~ (18, 0.5%)

1 [18件] かえってその, できるという, 再び造, 安楽を, 此結果次第に, 瓦壊する, 磁針が, 自由意志を, 至るところ, 説明する, 識れ, 起こるもの, 起こるゆえん, 起しこの, 起るという, 運動神経の, 電流が, 飯を

▼ 作用とは~ (17, 0.5%)

2 人の

1 [15件] どういう意味, カントに, 世界を, 両々相伴う, 全くこの, 分離する, 別問題である, 刺激に, 悉く自然, 正常に, 略右の, 精神の, 芸術と, 表現作用的自己が, 離して

▼ 作用であり~ (16, 0.5%)

2 模倣は

1 [14件] かくの, きき目である, その結果, またそう, 一般に我々, 主観的, 従って測定, 御榊, 思惟は, 性質である, 統覺の, 肉体とともに, 芸術的活動のみ, 表現は

▼ 作用によ~ (16, 0.5%)

1 [16件] つてその, つてただ, つて人は, つて可能である, つて地震を, つて大, つて張つても, つて新たなる, つて條を, つて燥氣を, つて著しく, つて行はれ, つて表現せられた, つて觀者や, つて説明しよう, つて起さる

▼ 作用され~ (14, 0.4%)

4 ている 1 がちです, つつ文化, てかなり, てである, てバルザック, て偽悪, て多少, て捨鉢, て起る, 逆に

▼ 作用でも~ (13, 0.4%)

2 あるの, 想像の 1 あった, あったが, あります, ある, あるか, なく勿論, なければ, 触覚の, 觸覺の

▼ 作用では~ (12, 0.4%)

3 なくて 2 ない 1 あったが, ないけれども, ない粛殺, なくいわば, なくなって, なく陽イオン, 岩石の

▼ 作用~ (12, 0.4%)

3 のだ, のである 1 のか, のだろう, ので, のであります, ので普通, んです

▼ 作用~ (11, 0.3%)

1 [11件] また共通, 三体関係が, 代償作用が, 判断感覚なぞ, 反磁性, 対立, 平衡感覚などは, 性質やまでも, 新陳代謝の, 構造や, 関数関係は

▼ 作用しない~ (10, 0.3%)

1 で段々, というところ, という日本型ファシズム, とは限らない, と考える, のだ, ので, ものである, 状態に, 男を

▼ 作用をも~ (10, 0.3%)

1 まったく予想, まつたく豫想, 内に, 加えて, 勤めつつ, 取入れて, 営まなかったと, 演劇創造の, 目より, 自分の

▼ 作用そのもの~ (9, 0.3%)

2 のうち 1 がその, が実は, が模写, である, に基く, のうつし, の立場

▼ 作用との~ (9, 0.3%)

3 間に 2 間の 1 講話は, 間には, 関係について, 関係等々

▼ 作用なり~ (9, 0.3%)

1 といい, という, と申せ, と答え得れ, と速断, 即ち前者, 如何なる方法, 或は成徳, 果して

▼ 作用にも~ (9, 0.3%)

1 あらず別に, あらず有意作用, せよ物力, なんの, 一定の, 人の, 依るもの, 密接な, 必ず對象

▼ 作用ある~ (8, 0.2%)

1 ことが, ことを, のみである, ものである, を見る, 命令または, 所は, 電氣のみに

▼ 作用において~ (8, 0.2%)

1 多少の, 感動と, 或る, 有限性より, 決して寒月君, 異常あり, 見出すの, 過去から

▼ 作用には~ (8, 0.2%)

2 何も 1 なるまい, 原則として, 厳密に, 必ずその, 必ず肉体的表現, 著しい差

▼ 作用でなけれ~ (7, 0.2%)

4 ばならない 3 ばならぬ

▼ 作用とを~ (7, 0.2%)

1 同一視せる, 失へる, 看取した, 示すなら一定, 融会し, 融會し, 過去及び

▼ 作用により~ (7, 0.2%)

1 しこと, たちまち生活, または少く, 大脳の, 支那の, 時々刻々全く, 特別の

▼ 作用即ち~ (7, 0.2%)

1 主観或いは, 人類の, 命令其他の, 意識的精神作用が, 理窟を, 直接なる, 遊離窒素を

▼ 作用し得る~ (6, 0.2%)

1 かである, かどう, ことを, のです, のでなけれ, 力も

▼ 作用です~ (6, 0.2%)

21 からこれ, から困る, な, 電気で

▼ 作用とか~ (6, 0.2%)

1 あるいは亡者, で避雷針, 体験の, 力とかいう, 生物的作用とかいう, 相関関係とかを

▼ 作用としての~ (6, 0.2%)

1 働くもの, 因果關係も, 図書館が, 引力を, 政治について, 生理的変化を

▼ 作用とも~ (6, 0.2%)

1 いうべきもの, いえるもの, なって, 云ふ, 思えなかった, 見傚

▼ 作用について~ (6, 0.2%)

1 一言せざるべからず, 今日も, 宿命的な, 微妙な, 欧人の, 述べようと

▼ 作用にて~ (6, 0.2%)

1 この作用, 一秒時間に, 大中小幾百條, 彼の, 遠き島, 隆起せるなるべし

▼ 作用~ (6, 0.2%)

1 から云っ, がこの, でなくては, に連関, を持たず, を通っ

▼ 作用させ~ (5, 0.1%)

1 あるいはスペクトル分析, つつ描き出さなけれ, ている, て出来る, 他の

▼ 作用については~ (5, 0.1%)

1 やはり前述, よく説明, 吾, 更に假説, 過去において

▼ 作用に対して~ (5, 0.1%)

1 いかにも抵抗力, 世界史的見地から, 何の, 反作用を, 非常に

▼ 作用のみ~ (5, 0.1%)

1 でないそれゆ, でなく, では, ならず一物, はげしくなり

▼ 作用及び~ (5, 0.1%)

1 これに, それに, 作用を, 反作用は, 反作用を

▼ 作用~ (5, 0.1%)

3 が出る 1 のうち, を探す

▼ 作用連関~ (5, 0.1%)

2 の記述 1 の構造, を張る, を有

▼ 作用~ (4, 0.1%)

1 さもなく, どうかを, わからないが, 私は

▼ 作用された~ (4, 0.1%)

2 捨鉢な 1 のでなけれ, 角度から

▼ 作用しあっ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 てふと, て例えば

▼ 作用し合う~ (4, 0.1%)

1 というよう, ような, 因子として, 限り我は

▼ 作用といふ~ (4, 0.1%)

1 ことが, ことで, 事を, 方が

▼ 作用にまで~ (4, 0.1%)

2 論及する 1 昇格し, 溯りて

▼ 作用を以て~ (4, 0.1%)

2 火神の 1 圓滿に, 最も功

▼ 作用~ (4, 0.1%)

1 で最も, にまた, のどぶろく, の怒り

▼ 作用かも~ (3, 0.1%)

2 知れない 1 知れません

▼ 作用させる~ (3, 0.1%)

1 とちょうど, と両方, のだ

▼ 作用される~ (3, 0.1%)

1 か否, ところも, ので

▼ 作用しなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 作用し合っ~ (3, 0.1%)

1 ている, て二プラス二, て無論わずか

▼ 作用だけ~ (3, 0.1%)

1 では, で過去, で雪

▼ 作用だった~ (3, 0.1%)

1 と解釈, のである, のは

▼ 作用であっ~ (3, 0.1%)

2 てその 1 て直接

▼ 作用であった~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, というしかない, と並行

▼ 作用とが~ (3, 0.1%)

1 分離し得ぬ, 存續する, 渾然として

▼ 作用においては~ (3, 0.1%)

1 アルコールよりも, 變り, 過去と

▼ 作用に対する~ (3, 0.1%)

1 彼女の, 紫外光線の, 紫外線の

▼ 作用に関する~ (3, 0.1%)

1 もので, 憂いであります, 著者の

▼ 作用まで~ (3, 0.1%)

1 して, 無意識の, 論究し

▼ 作用をば~ (3, 0.1%)

1 少しも, 意識的に, 汝の

▼ 作用以外~ (3, 0.1%)

1 に存在, に活き, の何もの

▼ 作用的聯関~ (3, 0.1%)

3 から作られ

▼ 作用的自己~ (3, 0.1%)

1 が記号的, として単に, として矛盾的自己同一的現在

▼ 作用運営~ (3, 0.1%)

1 という観念, とは官吏, のみに於

▼ 作用あり~ (2, 0.1%)

1 てしかるに, と信ぜられ

▼ 作用こそは~ (2, 0.1%)

1 凡ての, 笑いの

▼ 作用これ~ (2, 0.1%)

1 なり, もまた

▼ 作用~ (2, 0.1%)

1 へも及ぼし, へ起さなけれ

▼ 作用さえ~ (2, 0.1%)

1 加われば, 見られるという

▼ 作用しなかった~ (2, 0.1%)

1 ことが, のだ

▼ 作用します~ (2, 0.1%)

1 か, からこれ

▼ 作用しよう~ (2, 0.1%)

1 があるいは, が慰安

▼ 作用し得ざる~ (2, 0.1%)

2

▼ 作用し得ない~ (2, 0.1%)

1 から, ものである

▼ 作用するなら~ (2, 0.1%)

1 ばその, ば之

▼ 作用であろう~ (2, 0.1%)

1 か, と思い

▼ 作用とかいう~ (2, 0.1%)

1 もので, 機能が

▼ 作用としか~ (2, 0.1%)

1 働かなかったの, 思われないの

▼ 作用などの~ (2, 0.1%)

1 内に, 或る

▼ 作用なる~ (2, 0.1%)

1 こと屡々, ものは

▼ 作用なるべしさらず~ (2, 0.1%)

2 ば涙

▼ 作用なれ~ (2, 0.1%)

1 どもその, ば排斥

▼ 作用なんて~ (2, 0.1%)

1 むずかしいもの, 実に妙

▼ 作用における~ (2, 0.1%)

2 ごとくみずから

▼ 作用にとって~ (2, 0.1%)

1 一つの, 欠くこと

▼ 作用によってのみ~ (2, 0.1%)

1 成り立つの, 生活資料の

▼ 作用のみを~ (2, 0.1%)

1 働かす意識, 気に

▼ 作用~ (2, 0.1%)

1 浸徹するの, 直接に

▼ 作用までをも~ (2, 0.1%)

2 最も偏頗

▼ 作用をしか~ (2, 0.1%)

1 なさない, 持たないの

▼ 作用をもって~ (2, 0.1%)

1 判断すべし, 鳩山さんを

▼ 作用~ (2, 0.1%)

1 から考へ, なる物

▼ 作用内的潜在力~ (2, 0.1%)

1 などいう, など言う

▼ 作用~ (2, 0.1%)

1 に頽廃, に頽廢

▼ 作用或は~ (2, 0.1%)

1 五徳の, 力を

▼ 作用的個物~ (2, 0.1%)

1 として考, の否定的統一

▼ 作用的存在~ (2, 0.1%)

1 でありラシュリエ, を動かす

▼ 作用~ (2, 0.1%)

1 について, はすべて省略

▼ 作用量子~ (2, 0.1%)

1 が古典論, の假定

▼1* [149件]

作用あってこそと覚悟, 作用あるいは宗教の, 作用ある張る氣といふ, 作用あれとも是, 作用いたく亂れし, 作用および消化作用の, 作用かとも思ったもの, 作用かは知らぬが, 作用この三つの, 作用させたのです, 作用させようとする, 作用されたら相当閉口, 作用しあふ客觀的實體は, 作用しえなかったのだ, 作用しか考えられないでは, 作用しかえしてゆく, 作用しかけていく, 作用しずにはいない, 作用しつづけてきた, 作用してる限りは, 作用しなくなったかどう, 作用しなくなり相手の, 作用し入るからし, 作用し出すとか現在生存, 作用し始めている, 作用し始めなければならなかった, 作用し続けてその, 作用し返すことと, 作用じゃよ, 作用すなわちある自生的過程, 作用するであろうからである, 作用するでしょうか, 作用する如く思われる程度を, 作用する隠されたこわさ, 作用せざるを得ない, 作用せしめればそれ, 作用せる物が, 作用それ自身が内容, 作用そんな方面の, 作用たちまち成るを, 作用たるかぎり倫理的意義を, 作用だけは機を, 作用だの元朝の, 作用でありまたさうでなければならぬ, 作用でかいくらか, 作用でしかないよう, 作用でないと結論, 作用でなくて内容, 作用というか影響というか, 作用というも何処までも, 作用といったような, 作用としてだけ役立ったの, 作用としては在り得ないで, 作用とで例に, 作用とでも云ふべき, 作用とに就て, 作用とに対する混同を, 作用とのみ解する事, 作用と共に進んだの, 作用なしでは, 作用などと同部類, 作用などによって変化する, 作用などは考慮に, 作用なども研究し, 作用などを待って, 作用ならば今日, 作用なるべきか, 作用にとつて一つの, 作用にともなふが, 作用にばかり頼りすぎて, 作用にまでも持って, 作用によっては増加され, 作用によりては少なくともその, 作用によりまして対手の, 作用によるかも知れない, 作用によるや明らかなり, 作用に対し不損不滅, 作用のせゐだつたのかしら, 作用のみが有機的思惟のみが, 作用のみによりかの己, 作用はくときとに, 作用はなはだ強くこの, 作用ばかり見つめて, 作用ばかりが化け物屋敷の, 作用ばかりをたよりに, 作用へと次第に深く, 作用ほど恐ろしいもの, 作用みたような, 作用もうけずに永もち, 作用よりかは知らぬが, 作用わかれて諸, 作用をのみ見て, 作用を通して一種の, 作用を通じて存在の, 作用次ナル結果ナル效驗トヲ相結合スル上ニ, 作用ニ何等カノ変化傷害ヲ与, 作用ニ出デ才ハ各部神經, 作用ニ由ルコトト見エタリ, 作用未ダ斯ニ盡キズシテ, 作用加フレバ人ノ, 作用ヲナスコトモ夾雜組織スルコト一層高, 作用一方だという, 作用不足で窒息, 作用並びに表象成立の, 作用中連想との関係, 作用乏しきに至れ, 作用皆習練ニヨリテ育成セラルルコト此ニ, 作用仲介でタッタ一つ, 作用休止して, 作用余り多きに, 作用其ものに非ずし, 作用出来ずに単に, 作用出来るのだ, 作用又は判断意識では, 作用反作用のこの, 作用呼吸作用はもちろん, 作用は運動物体, 作用塵埃の堆積, 作用樂説神秘説快, 作用意想を有, 作用批判作用こそは笑い, 作用有れば必ず, 作用概念にし, 作用歴史的認識の方法, 作用殊ニ著シク或ハ陷穽ヲ作リ, 作用活動の強弱, 作用減止するゆえ, 作用無き物の, 作用特定階級の人々, 作用的因縁には特に, 作用的形成の欲求, 作用皆内に潜み, 作用相互誘導作用じゃよ, 作用恐ろしいもの, 作用範囲の配分, 作用終わればたちまち, 作用自身として最近確立, 作用苗床の温度, 作用著しく民間信仰の, 作用表現作用のひとつ, 作用衰耗するに, 作用解毒作用をなし, 作用言葉を変えれ, 作用を以てする, 作用運営以外に吏道, 作用違った目的違った, 作用ふぱらふごとに一皮, 作用電子が放散, 作用靈肉の結合