青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伸ばし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~ 伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~
伸ばし~
~伸び 伸び~ ~伸子 伸子~ ~似 似~ ~似た 似た~ 佃~ 但し~

「伸ばし~」 1110, 11ppm, 9466位

▼ 伸ばし~ (841, 75.8%)

23 いた 10 いる 8 それを 7 みると 6 ゐる 5 いるの, 私の 4 いたの, ゐた, 彼の, 自分の

3 [11件] あたりを, いった, います, いるうち, ゆく, 卓子の, 女の, 娘の, 来た, 煙草を, 見たり

2 [50件] いったの, いて, いました, いると, ええべ, その瘤, その白い, ねころんで, みた, んだ, 下の, 二つの, 二三度飛びはね, 何か, 僕の, 力を, 太鼓を, 姉の, 寝て, 小切手を, 少年の, 居る, 平次に, 彼女の, 机の, 此方に, 浦島さんを, 父の, 片膝, 眠りかけると, 眺めて, 眼を, 私を, 空二を, 突き飛ばせば, 窓の, 簾を, 美しき犠牲, 背後の, 腕を, 膝を, 膳の, 自分で, 行きました, 行く, 行くと, 見た, 見て, 障子腰を, 顔を

1 [628件 抜粋] ああああ, あおむけに, あたかも蜘蛛, あたしを, あたりの, あなたを, あの長い, あはや, あやまりて, あるが, あわやという, いかにも感, いきなり相手, いく, いくの, いけるもの, いじって, いたい御馳走, いただきたい, いただきたいと, いたところ, いた彼, いた手, いた看護婦, いた着物, いた膝, いつて, いながら, いよいよ下, いられる位, いるから, いるが, いるだから, いるに, いる人々, いる今年, いる大, いる少女, いる焼木, いる男, いる画題, いる長髪, いわゆる王地, い花期, うしろの, うち浸った, うっかり見物, うっとりし, うつらうつらと, おいた, おいて, おくびを, おくみ, おどろおどろと, おみや, おりました, おり女の子, お休みなさいまし, お光, お妙, お杉, お艶, お薬, お銀様, お高, かく小説体, かじかんだ膝, がぶりと, きたわ, きちんと結っ, くの, くびじろの顎, くるか, くれた救い, くれと, ぐっすり寝こん, ぐつすり寝た, こちら合わせで, ごろりと横, ささやくの, さらにその, しばらく覗い, しまいました, しまうであろう, しまひシェパード, しまふべきでは, しよんぼりとして, じっとその, じつと, すいすいと, ずるずると, そこらを, そのあいだ, そのテーブル, その刀, その杖, その白犬, その者, その腐, その蓋, その襟, その鎖, ただで, だだだっ, ちょうどその, ちょうどはり付け, ちょんぼり, つかみかかって, つまんだが, とうぜんたる, どっかり浜, にこにこ絣, のびのびと, はや二, はるか彼方の, ばさり, ひったくりに, びっくり箱の, ぴたり塀ぎわ, ふたたびその, ぼんやりと, また酒, まるでヤトラカン・サミ博士, まるで氷, みたって, みたらすぐ, みたり, みる, もう懐かし, もがいて, やや気, やりたい, やりたい気, やるつまり, やる気に, ゆきました, ゆくこと, ゆくには, ゆっくり散歩, われわれの, ゐたにも, ゐたの, ゐます, ゐるかも, ゐるが, ゐるところ, ゐるの, アリョーシャの, アーッと, イキナリ私の, カーテンを, グウと, グラスに, グーグー寝込ん, サア・ロバアト・セシルを, スイッチを, スカートを, スタンドを, ソロソロと, テーブルの, ハツラツと, バネ仕掛けの, ヒョロヒョロと, ベルを, モ一度空を, ラムプの, リンシャンパイを, レナール夫人の, 一つ餅菓子を, 一二時間ひる, 一夜の, 一方の, 一日の, 一本の, 万歳の, 三味線を, 上甲板の, 下さい, 与吉の, 世間並の, 両掌, 両眼, 中腰に, 丸卓子の, 主人が, 主人の, 久方ぶりに, 之を, 乱暴に, 亀の, 京弥の, 人間なら, 今じゃ, 今ぢ, 今持っ, 伊織は, 伊賀の, 休息せらる, 体を, 何かに, 何かを, 何となくニジミ, 傷口の, 先生の, 入海を, 八重桜の, 其端を, 其細い, 内部に, 冠を, 冴子の, 凍った雪, 出そう, 前方へ, 匂に, 南は, 取った, 取り出そうと, 取ろうと, 口を, 只當, 叫絶する, 右手に, 吊り下げられる, 同時にアドルフ, 向うから, 向かって, 吸いかけの, 吸ひかけ, 呟いた, 周囲を, 呼鈴を, 喬之, 四辺を, 団扇を, 国旗の, 埋めたの, 壁と, 声の, 声も, 外套を, 大きく欠伸, 大きなあくび, 大きな欠伸, 大使の, 大村まで, 大豆を, 天に, 天空に, 太刀を, 夫人の, 婦人たちと, 子供を, 孔明の, 安眠熟睡した, 官道に, 宙へ, 家の, 宿場の, 寐返を, 寝たの, 寝ませて, 寝るだけの, 寝乱れた髪, 寝所の, 寢そべつたま, 寢つづけ, 寿美子の, 小舟を, 少年は, 尖った爪, 居た, 居られたのに, 居りました, 居るかと, 居るの, 屋形船の, 山口の, 左内の, 左手にて, 巻紙を, 帰つて来る, 常覚, 平次の, 床に, 床の, 床の間に, 座右に, 形あやしく, 彼らと, 彼を, 彼女が, 御座ったという, 忌中の, 忠実に, 怪人の, 恋人の, 房, 手の, 手巾の, 手招きを, 手紙を, 招くよう, 拾いかけた時, 拾いとろうと, 指の, 指を, 据眼で, 握り合った, 摘まみ皿, 摺鉢に, 撲りつけようと, 放牧場の, 數之介の, 新たに, 昔を, 春隆を, 時々思い切った, 暫くは, 書く小説体, 曹操の, 最も野心的, 最前から, 来た信長, 来た形, 来た腕, 来つつ, 来るの, 枕許の, 枝から, 柄杓を, 検事の, 楽しめ, 横たわって, 横に, 樹枝を, 欠びでもするような気持に, 欠伸を, 武蔵の, 武蔵は, 歩いた, 歩けないの, 気に入らないこと, 水筒を, 汁椀の, 油皿へ, 浄水鉢を, 浴びせかけた, 海を, 浸りながら, 湯の, 湯沸し場の, 源三郎の, 源五が, 潜り戸に, 濡れた葉, 無帽, 熱意の, 爪先を, 片手を, 犬の, 猪口を, 獅子の, 王允の, 瓦塔口の, 甘い眠り, 田宮へ, 男の, 白旗直八に, 盃の, 盆ごと取っ, 目八分に, 目安の, 相手の, 眠るだけ, 眼の, 眼は, 睡った, 矢間から, 石楠花の, 破れ目を, 祝福を, 神聖な, 私は, 種子島の, 穴へ, 空の, 空を, 突いた者, 突伏し, 窓かけ引き退くれ, 窓を, 窓際に, 立ちあがった, 立ち上がり沈んで, 立ち上りました, 立ち木の, 竹を, 竹杖を, 笑った, 笛に, 紙や, 絃を, 組んだりなんぞ, 継ぎ合わせ, 網棚の, 縁側だ, 縁側の, 缶の, 群生し, 老拱, 老画伯, 耳の, 聞き澄ました, 背後に, 脊広或いは, 脊骨の, 膝の, 自分を, 自然刀の, 花びんの, 花びんを, 花やかな, 花嫁の, 茶盆ぐるみ引き寄せ, 茶盆の, 茶箪笥の, 葉巻を, 蕎麦の, 薪木を, 薬瓶を, 虫を, 蜘蛛を, 行かうとして, 行くこと, 行くところ, 行くべき場所, 行く事, 行く全, 行く命, 行った, 衣の, 袂を, 袈裟に, 裏手の, 襟髪取っ, 見せるの, 見せる平次, 見やったけれど, 見る, 見ると, 見入った, 覗くやう, 親松の, 言う, 言つてわざと, 話しかける日, 読めも, 警護の, 責め折檻する, 貰いながら, 赤井の, 走りよる, 踊った, 車の, 軽くバタバタ, 辭儀を, 逃げ腰の, 進少年の, 遊び呆けて, 道に, 遠野の, 部屋の, 部長は, 鈎素の, 錢形の, 鍵盤を, 長く反っ, 閉める, 闇の, 陰に, 隣の, 隣りの, 電話帳を, 青龍刀の, 静かに, 静に, 頭を, 頭巾を, 額の, 顫いつく, 飲みくだした, 首を, 香炉に, 馬の, 魯粛の, 鮎を, 黒いものの, 鼻の, 鼻柱の

▼ 伸ばしたり~ (37, 3.3%)

8 縮めたり 5 して 4 しながら, ちぢめたり

1 [16件] かがめたり, くねらしたり, ぐるぐる面倒, したもの, すること, する作業, それだけ, ゆるめたり, 屈めたり, 引込めたり, 強直させ, 曲げたり, 曲めたり, 縮ましたり, 覗き込んだり, 額を

▼ 伸ばしながら~ (36, 3.2%)

3 言った 2 云った

1 [31件] うつって, お松を, お蝶, さておもむろに, たっぷり半, チョッピリした, ニヤリと, パーヴェル・パーヴロヴィチの, 叫んだ, 右足に, 土間へ, 廬山の, 微妙な, 把手の, 提げて, 栄介は, 横って, 横に, 横撫で, 眼の, 答えました, 自分の, 船首の, 落着いた, 身を, 長い長いふるえた, 障子を, 雪の下で, 霞んだ眼, 静かに, 飲み食いした

▼ 伸ばしても~ (11, 1.0%)

1 [11件] いい本質, いい自然, いる, この世では, 両方の, 全長七寸程度の, 届かぬ向こう, 決してと, 窓の, 行った, 鼻の

▼ 伸ばしその~ (9, 0.8%)

1 上に, 下に, 手で, 手を, 抜身を, 指先を, 紙屑の, 紙片を, 髪を

▼ 伸ばしては~ (8, 0.7%)

1 そつと, それを, ならない本質, ならない自然, 女の, 居られないわけ, 窓の, 虚空を

▼ 伸ばし~ (8, 0.7%)

1 しただけ, なり素早く, ふり下した木剣, ピューッと, ブンと, 伸ばしそれ, 掛った, 身上は

▼ 伸ばしつつ~ (6, 0.5%)

1 あった, あるかをさえ, スヤスヤと, ヨチヨチと, 両手を, 私の

▼ 伸ばしきつ~ (2, 0.2%)

1 た姿勢, た手

▼ 伸ばしそれから~ (2, 0.2%)

1 すっくと立ち上がった, 四国へも

▼ 伸ばし~ (2, 0.2%)

1 助広の, 術に

▼ 伸ばし~ (2, 0.2%)

1 したが, しないかを

▼ 伸ばし写真~ (2, 0.2%)

1 の中, の額

▼ 伸ばし~ (2, 0.2%)

1 の峰, の色

▼ 伸ばし~ (2, 0.2%)

1 を延ばし, を振りかざし

▼ 伸ばし~ (2, 0.2%)

1 を伸ばし, を張り

▼ 伸ばし~ (2, 0.2%)

1 をつぶった, を若い

▼ 伸ばし~ (2, 0.2%)

1 をつぶった, を擦り

▼1* [134件]

伸ばしあくびをし, 伸ばしあたかもどこかを, 伸ばしあるいは豪奢を, 伸ばしうるさく垂れさ, 伸ばし白粉を, 伸ばしお札を剥そう, 伸ばしかけの頭髪, 伸ばしかつ感覚し, 伸ばしぐっすりと寝込んだ, 伸ばしこうわたしに, 伸ばしごろりと横に, 伸ばしざま抱きとると, 伸ばしそして鳴らした, 伸ばしその小さな馬の, 伸ばしそれに無惨, 伸ばしそろそろと燗徳利, 伸ばしたりなどしたもの, 伸ばしちょうど牧場で, 伸ばしつと愛撫, 伸ばしっぱなしにした, 伸ばしてなこれを, 伸ばし見ること, 伸ばしともなるであらう, 伸ばしになつて買つてお, 伸ばしにはならない, 伸ばしらいを, 伸ばしみずみずしい花を, 伸ばしならぬの, 伸ばしもしくは深めること, 伸ばしやあがつて, 伸ばしようがない, 伸ばしわけて兄者は, 伸ばしわずかに面, 伸ばしデュルフェーはそれ, 伸ばしトロちやんの顔, 伸ばしブラウスを取繕い, 伸ばしホームスパンの背広, 伸ばしムンズと喬, 伸ばし一生懸命に働い, 伸ばし上半身は裸, 伸ばし且つ感覺し, 伸ばし腕を, 伸ばし両方の人差指, 伸ばし二尋三尋たぐるの, 伸ばし五十年配の陽やけ, 伸ばし人差指を鋭く, 伸ばし仰向けに正しく, 伸ばし伊織は膝, 伸ばし伸びをし, 伸ばし低い木製の, 伸ばしか小声, 伸ばし余りに人品が, 伸ばし信念のこもった, 伸ばし俳優として立派, 伸ばし先端の第, 伸ばし切れ切れな声, 伸ばし初めた, 伸ばし別れの言葉, 伸ばし医者は一本, 伸ばし千本万本数知れず生い茂って, 伸ばし半ば眼を閉じた, 伸ばし矯めして, 伸ばしを開け, 伸ばし同時に摘み枯らした傾き, 伸ばし四百里外に王, 伸ばし地上から何, 伸ばし堅固でやせて, 伸ばし多少とも先生, 伸ばし天秤の座, 伸ばし太い鼻息を, 伸ばし子供のよう, 伸ばし小さな紅い握り拳, 伸ばしの水, 伸ばしの足, 伸ばし左手を胸, 伸ばし青眼に, 伸ばしも這入つ, 伸ばし弱点を補, 伸ばし強い深呼吸を, 伸ばしをじっと, 伸ばし彼女に気づかれない, 伸ばし後ろへ悶え凭れた, 伸ばしを凝らし, 伸ばしる者, 伸ばし手巾を袂, 伸ばし縦いで, 伸ばしをひろげ, 伸ばし放題このとしの十二月, 伸ばし断末魔の物凄い, 伸ばし新聞社に雑誌社, 伸ばし方次第では決して, 伸ばしの光, 伸ばし日日結果となっ, 伸ばし日本人の性能, 伸ばし明澄な両, 伸ばし昏倒して, 伸ばし栗箱に鼻さし, 伸ばし棍棒を充分手, 伸ばしを廻し, 伸ばし椅子の上, 伸ばし次にまた他方, 伸ばし死力を出し, 伸ばしを含んだ, 伸ばし濃い胸毛を, 伸ばし立ち上って, 伸ばしの一民, 伸ばし玲子の手, 伸ばし白毛もだいぶ, 伸ばし眼つき鋭く胸飾り, 伸ばし瞬時苦痛に耐えかねる, 伸ばしを見上げる, 伸ばしを支, 伸ばし素早く攫ったホーキン氏, 伸ばし欹て, 伸ばしを張つたよう, 伸ばしも背, 伸ばしを張り呼吸, 伸ばし胸一ぱいに呼吸, 伸ばしはざること, 伸ばしては束の間, 伸ばしをつけ, 伸ばしをつけた, 伸ばし薄い白髪鬢を, 伸ばし薄汚い髯を, 伸ばし豊穣な彼女, 伸ばし赤みを帯びた, 伸ばしをつかもう, 伸ばしをひねり, 伸ばし醫者は一本, 伸ばし陰影を静寂, 伸ばしを昂然, 伸ばしを洗い, 伸ばし黙々として煙草, 伸ばしが食い残し