青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

余裕~ ~余計 余計~ 佛~ ~作 作~ ~作っ 作っ~ ~作った 作った~
作り~
~作る 作る~ ~作品 作品~ ~作家 作家~ 作業~ ~作用 作用~ ~作者

「作り~」 2291, 25ppm, 4709位

▼ 作り~ (271, 11.8%)

7 小脇差

2 [15件] もので, やうに, 名人が, 土地を, 大小を, 太刀や, 太刀を, 奥の, 家が, 家の, 建て物, 立派な, 長い箱, 長火鉢に, 門の

1 [234件] あなたでも, いずれも, いとも粗末, いらか, おんどるみた, お勘坊, お嬢さん迂闊り呼び掛け, お葉, かたわら寺普請の, ことを, この造作, ために, だしに, ちょっとした垣根, つるばら, ばらんと, まま秀吉の, ものであった, よいの, ような, ように, ツルメソが, ドラ聲を, フイリツプと, ベク助で, ベク助と, ベク助の, 一刀を, 一軒建て千本格子に, 上に, 上り口で, 上林に, 両口屋, 中二階に, 主が, 乗物を, 乾雲丸を, 二階家へ, 二階建洋館が, 人形が, 人形師も, 人間だ, 仕事も, 仕事場から, 仕事場で, 仕事着で, 仮普請, 伜だろう, 伝説である, 伝説は, 余戯みたいな, 働き者に, 入り口が, 入口が, 八畳で, 六助で, 六助の, 内からは, 写真館が, 刀を, 刀劍も, 前を, 剣を, 劍は, 南蛮鉄に, 博士と, 古風な, 名人だった, 名人であった, 名人と, 名人という, 名人といった, 名人といふ, 名人の, 名人は, 名人久左衛門の, 品種を, 唄, 四国猿の, 坊さんである, 城も, 城楼の, 場合においても, 変な, 夢を, 大が, 大きな家, 大きな釣手, 大刀を, 大小夜目, 太い火箸, 太刀の, 太刀打佩き, 夷橋や, 奥儀を, 女です, 女房に, 如きは, 如何にも, 妙相の, 威厳を, 娘を, 嫁が, 室, 家であった, 家な, 家に, 家を, 家具の, 宿屋へ, 寝台の, 小作人舟を, 小刀を, 小屋小屋を, 小道具が, 工場に, 工業家なども, 平屋根, 広い畠地, 広い間, 床の, 建物である, 形も, 志士である, 或は竹製, 戯奴が, 戯奴は, 手を, 手伝いに, 手伝ひ, 手水鉢の, 手腕の, 掘立小屋, 攘夷家に, 方に, 時に, 木の, 木靴の, 本館の, 東洲齋榮吉といふ, 柱, 根性から, 棟の, 楽しみや, 槌や, 様など, 権化と, 樹の, 橇を, 橋を, 檳榔毛車が, 歌, 武田菱の, 汚点だらけの, 法則を, 洋間も, 浪人者でした, 漁師達は, 火箸を, 灰色の, 煙管に, 熊笹の, 爺さんは, 猫も, 玄関にも, 町であります, 異国風, 白い袋, 眞以事にもな, 眼でしか, 石段と, 私が, 秘伝書とか, 窓から, 窓まで, 窓を, 米倉豆倉, 紅ばらの, 素晴らしい品物, 細身で, 絵看板や, 罪を, 美々しいもの, 美しさ, 習慣では, 老人が, 老爺が, 老爺こそ, 老爺でございます, 老爺は, 老爺も, 老翁が, 職人たちが, 職人のみ, 職工で, 胸毛男を, 脇差が, 脇差を, 船で, 芸者に, 苦心を, 英雄豪傑とは, 行灯を, 術が, 見事な, 角盆, 計画であった, 詩人や, 豌豆が, 豌豆の, 貸家へ, 質素な, 赤つ, 身装も, 部屋が, 野霜の, 鉄瓶に, 鉄砲檣, 銀行, 鋩子に, 門に, 門構え古風に, 陣太刀を, 雑戸であった, 雛人形が, 非人を, 鞄を, 頑丈な, 香煙具, 馬小舎み, 鳥居が, 鶏と, 鶏や, 黒塀で

▼ 作り~ (150, 6.5%)

4 これに 3 これを, 之を, 曰く 2 その殿内, 人を, 償えども, 償ひ, 大隈板垣の, 田舎の, 相酬, 送りさらぬをば

1 [121件] いわく, うむあなた, おりしころ, すな, そこそこに, その中, その假宮, その功業, その妹, その横臼, その衣褌等, はめて, ましましき, われに, ゐたり, クレタ島を, ダンテと, ポツジヨに, ローマ人の, 上つたが, 不愉快に, 世に伝う, 之が, 人に, 人民参政の, 今までの, 今を, 付けやる, 会釈し, 住居と, 何の, 余に, 作家の, 儒墨の, 全幅の, 其の殿, 其布に, 其心と, 其所懐を, 其非難を, 出て, 別に仁, 南山と, 卜する, 反対を, 営と, 塞ぐ, 夏の, 大御饗獻りき, 大阪文楽座の, 妾に, 始めて, 宿りましき, 寒帶生物を, 審美上の, 尾髪には, 居たり, 居られたれど, 平民社界に, 広く外国人, 当時の, 待ち戰ひき, 待つ時, 後部の, 御佩, 快樂, 感謝の, 憲政党に, 憲政黨に, 我が寐床, 我上下の, 手洗ひなどし, 持ち上り來, 捧ぐるなり, 支那人を, 政教子に, 日ごとに, 日毎にかの, 明日他の, 是を以て, 曰く噫男児不, 未得安心, 柏翠に, 歌ひ侍り, 歌ふ, 死りぬ, 河上に, 河鴈を, 海布の, 火を, 狸を, 甲板に, 皆皆大海に, 目出たく納まつた, 矢張り首に, 碧虚両子に, 神を, 禮拜の, 紙灯を, 聖人の, 自ら喜ぶ, 自ら娯みしに過ぎずし, 葬めまつりて, 被り払, 覆ひたり, 見む, 諫むるの権義ある, 諳んじ置くこと, 謳はんと, 貰ふべし, 送る, 遺し置きつ, 酒を, 鎭まりまさしめき, 霞壮夫に, 食わん味, 饗す, 馬より, 髭かき反せ, 魂を, 黄帝を

▼ 作りながら~ (81, 3.5%)

3 底に 2 出て, 反対に, 夫人の, 流れ出して, 美奈子達の

1 [68件] あちらこちらと, かつこれ, くだらぬ学術, これまでに, ずんずん走っ, その行く手, それを, はや近々馬, ぴたりと, ふと太古, ぼくらの, 三千子の, 九十年の, 今度は, 何気なく隣室, 信造を, 傍観し, 僅かに, 冷い, 前進し, 力の, 千恵は, 取り詰めた, 向こうへ, 唖然と, 問ひかけた, 坑道の, 声を, 夢中で, 奥山で, 宮の, 小さく区切られた, 小さな長, 少しうつ向き, 山と, 常に食う, 引き続いて, 弟の, 彼の, 斯う, 時々その, 時々にこやか, 朝夕雑談を, 村へ, 果ては, 父と, 現われて, 由に, 甲賀世阿弥, 登って, 白いモスリン, 皆が, 石膏の, 石面を, 破った頁文字, 私は, 窓を, 立って, 答えた, 縫って, 肝腎の, 膝を, 自分は, 誰れ, 踏み登って, 迎えかけた, 静かに, 音響を

▼ 作りその~ (77, 3.4%)

9 中に 5 上に 4 中で 2 しほん, 内に, 河の, 結果新しい

1 [51件] うちの, タイプが, 上で, 上へ, 中にて, 中へ, 中央には, 中心に, 人選を, 代金もて, 内部的な, 出版方を, 功徳を以て, 友人なる, 古訓に, 坑を, 型を, 外提灯手燭ボンボリ蝋燭等に, 天井と, 字母に, 家々だけで, 山車の, 工場の, 形式を, 御幣を以て, 振動を, 業績中の, 氷晶から, 炎の, 由來, 當時の, 直径から, 真中に, 睫毛を以て, 範律に, 組織の, 結果, 臺毎に, 花を, 葉を, 處方を, 補助未知数を, 計画に従って, 諸方程式, 輪の, 闇の, 霧の, 頃本家蜂屋では, 順番を, 顔は, 驚くべき仕事

▼ 作り~ (63, 2.7%)

5 かかった 4 なって, 雇はれた 2 ありながら, なると

1 [46件] いそしみ彩紙, かかったの, かかって, かかっても, かかりました, かかること, かかる気力, くるの, したやう, して, なったと, なった叙景, なつた, なりやしな, なり今, なり專ら娘つばめ, なる, 余念が, 余念なく, 傾けて, 出かけて, 出て, 出掛けたこと, 参りました, 参りますが, 取りかかる古生層地, 大阪の, 奈良の, 奥行が, 専念いたし始めた, 拵えて, 来る風流人, 活人形が, 生まれて, 精出して, 紙が, 致せとの, 行かねば, 行ったもの, 行って, 起きた時, 適するローヤル, 配膳室へ, 重い釘隠, 長じ, 雇われた

▼ 作りそれ~ (53, 2.3%)

2 を廊下

1 [51件] からだんだん, から直ぐ, から革命的, が, がまた, が今, が出, が推古仏, が集まっ, と應, によって可能性, に圧迫, に存佚, に悩まされ, に朝顔, に死体, に添, に老母, に色々, に薄口しょうゆ, の風洞実験, へ毛筆, も次第に, をこの, をウネウネ, を三階, を交叉, を人間, を他, を低温室, を先生, を切り取っ, を厳しく, を地震計, を学理的, を対照表, を懐, を支那, を日中, を標準, を次第に, を温, を研ぎ出し, を第一義, を紙, を紺屋, を自分, を自分達, を西, を讀ませ, を足

▼ 作り~ (39, 1.7%)

5 した 2 職と

1 [32件] おぼえて, お定め, して, しても, どこが, ぬけめ, ふつうの, やって, やらなければ, 四五本ここで, 変えて, 好んで, 宣傳し, 常にやっ, 想像し, 手伝って, 業と, 楽しみに, 無意識に, 生殺しに, 眺めた, 眺めたが, 着手した, 続け粟稗, 習って, 職業と, 肴に, 装って, 見せた笛, 見るならば, 訊き出して, 賞翫し

▼ 作り~ (37, 1.6%)

2 ある

1 [35件] かわって, さかんだ, すきで, それである, ちらばった, できた, なつかしく目, ならんで, ぴったり来る, みんな黄金でしょう, ゆる過ぎた, 一心不乱に, 予め引張る, 出来て, 初まつ, 名を, 名人の, 売れましたの, 変って, 多い, 多かった, 多少そわそわし出し, 好きで, 役に立たぬ玉, 思ひ違, 我々の, 早いの, 普通の, 流行るん, 浪人住居の, 無意味に, 補習学校を, 覗いて, 訣つて来る, 違うん

▼ 作りまた~ (37, 1.6%)

2 その状態, 日下の, 輕の

1 [31件] こちらの, それで, どんなにか, 一部は, 与えたいもん, 丸邇の, 他の, 作る, 右手に, 喫茶店に, 大連と, 家臣を, 専門の, 忽ち他, 拙筆ながら, 旅人も, 昨年から, 浄瑠璃, 漢学の, 潭を, 狹山の, 用いて, 白鳩号の, 盆や, 破れた殻, 移転も, 紅色の, 継母の, 美しいこと, 近年は, 難波の

▼ 作り~ (36, 1.6%)

2 あつた, 内部の

1 [32件] あの女, この通り, それを, つくられたが, どうかする, どう見, やって, やるの, 一番大切な, 三つ並びの, 下めに, 伯爵の, 俊夫君が, 半面に, 吉光の, 壁に, 壁には, 妖怪的な, 嫁入, 少しも, 床の, 朝の, 殺したと, 殺したといった, 片方が, 窓が, 鉋の, 長い廊下, 鞘は, 頭は, 高帽の, 鬼瓦の

▼ 作り~ (35, 1.5%)

3 しない 2 したが, しますが

1 [28件] いかにも昔風, いのちがけで, うまいが, お千絵, しないこと, しないであろうか, しないわね, しなかったろうか, しまいかと, すべての, せなかったが, なかなか風雅, まったく一つ, もう少しリベラリスティック, 一應百姓家には, 何も, 余りに度, 凝つたもの, 十手と, 土地を, 大和が, 大忙しがりで, 寺, 最早顔色, 止めないで, 母の, 父の, 花屋を

▼ 作りつつ~ (29, 1.3%)

4 ある 2 あるの

1 [23件] あったの, あったわけ, あった時代, あつた, あるうち, あるところ, あるので, あるやう, あるよう, ある事, ある優れた品物, ある悪人, ある連中, すばやく一撃, 一方に, 奥庭に, 待って, 暗さ, 福太郎の, 自己を, 道中を, 降りて, 食べ客

▼ 作りつけ~ (28, 1.2%)

10 の人形 3 になっ, のよう 2 の様 1 のもの, のベンチ, の化学実験台, の台, の武者人形, の流し, の生れ, の腰掛け, の蝋人形, の頭巾

▼ 作りこれ~ (24, 1.0%)

2 をその

1 [22件] が僕, が昔, が間違い, に非常, は四部, は幽邃, は銀座, をファランクス, を一場, を三十年史, を公刊, を包, を啖, を器物, を売り, を式場, を日光, を監督, を紀す, を衆弟子, を道中神妙番付, を頂髪

▼ 作り~ (17, 0.7%)

2 して

1 [15件] される桃水, しっかりし, しないし, しない者, し彩り, すると, そうりっぱ, それに, ない, 商品も, 少し力, 支那風であった, 時々に, 話しましょうか, 雅味が

▼ 作りそして~ (15, 0.7%)

2 作曲した, 私が

1 [11件] その生成, だん, 下に, 互に結果, 光によって, 床の, 現場にも, 空木は, 蠅が, 近年生じた, 金も

▼ 作り~ (13, 0.6%)

2 を格子門

1 [11件] がくっつけ, がくつつけ, で一パイ, にすぎ, の様, の樣, の立てがら, の軒, は龍華寺, をささせられ, を作り

▼ 作り~ (12, 0.5%)

1 [12件] がなく, がわからない, とは呼ぶ, になった, のみがひょいと, の人形師, の名, は, はたった, は知れ, や使い手, を覆せ

▼ 作り~ (11, 0.5%)

1 [11件] づみし秋の, のか, のでさっき, ので今, ので背, ば, ば十首, 定子は, 彼女は, 若い女, 衣装や

▼ 作りかた~ (10, 0.4%)

1 から研究, だ, といいます, には叶っ, の迅, は簡単, をし, を代えちまう, を教えはじめました, を知らず腐らし

▼ 作り自分~ (10, 0.4%)

2 の仕事部屋 1 が意匠, で芝居, で食う, のゐ, の土地, の生れ育つた, の言いたい, は泰然

▼ 作りそこ~ (9, 0.4%)

1 からあたり, から二台, なったり, なって, に住ん, に幾棟, に施術後, へ京畿, へ観音像

▼ 作り~ (9, 0.4%)

1 いい笊, し城中, なったので, なって, ほさうと, 古風な, 塗りの, 軍需供出に, 門の

▼ 作り~ (9, 0.4%)

1 作る, 公式を, 刀剣をも, 史部に, 尚書と, 漠然と, 自身も, 阮甫と, 除夜に

▼ 作り~ (9, 0.4%)

1 などもくちずさんだ, もよみました, も作り, も沢山, をこしらえ, を作る, を咏, を詠む, を読む

▼ 作りそれから~ (8, 0.3%)

2 雪の 1 数百万年の, 目を, 真妙純愛観, 葡萄酒も, 賽の目に, 錐を

▼ 作りたる~ (8, 0.3%)

1 ものを, よしの, 夢の, 火桶くれける, 燭臺に, 者なれ, 長柄の, 革紐彼の

▼ 作りなど~ (8, 0.3%)

3 して 1 しける, した, するの, 十五日の, 数千人の

▼ 作り~ (8, 0.3%)

1 と人, にも罪, は, はだれ, をし, を殺し, を煙, を集め

▼ 作り~ (8, 0.3%)

2 て其の, て内閣 1 て其才, て蕪村, て銅板, て鬻い

▼ 作り或は~ (8, 0.3%)

1 三成の, 又善本, 忠行に, 泥棒し, 甞て, 親昵朋友の, 貞伯に, 頭上に

▼ 作り~ (7, 0.3%)

1 からである, から今, が悪い, といったよう, とか決して, のを, わ

▼ 作り更に~ (7, 0.3%)

1 これを, アルバレートの, モンマルトルの, 之を, 他の, 未聞の, 進んでは

▼ 作り~ (7, 0.3%)

2 をし 1 でからかつて, でせう, で丁度, で出, の鼻聲

▼ 作り~ (7, 0.3%)

1 がまるで, がむっくり, だけがきちんと, だった, に向っ, は悉く, をなん

▼ 作りから~ (6, 0.3%)

1 して, すれば, 着物の, 立派な, 麦小麦やがて, 麺麭の

▼ 作りこの~ (6, 0.3%)

1 方を, 方寸曠古の, 景教碑を, 松原を, 衣裳に, 際に

▼ 作り~ (6, 0.3%)

1 によつて各自, を一隅, を他, を樂羊, を用, を米國

▼ 作り~ (6, 0.3%)

1 が大きく, で神, などについた, の意義, は神物, を担いだ

▼ 作り~ (6, 0.3%)

2 え作り直し 1 えたので, えて, えること, へられね

▼ 作り~ (6, 0.3%)

5 ひを 1 なり人

▼ 作りかつ~ (5, 0.2%)

1 これを, その地方, 味わうという, 外国と, 解くに

▼ 作り~ (5, 0.2%)

1 うして, うな, うもない長, へした, へすれ

▼ 作りしか~ (5, 0.2%)

1 これ植林に, さても, 探索の, 知らざれども, 若し我

▼ 作りそう~ (5, 0.2%)

1 して, な勢い, な道徳的, に斜, もない

▼ 作りです~ (5, 0.2%)

1 いつも庭, かと聞かれた, が大きな, けれどたいそう, な

▼ 作りなし~ (5, 0.2%)

2 たる谷中感応寺 1 たか, たる凄い, た池

▼ 作り~ (5, 0.2%)

1 がって, 田畑の, 畑の, 秤作りないし, 足跡の

▼ 作り乍ら~ (5, 0.2%)

1 かくれてを, もうすつかりガラツ八, ゆすぶつて, 恐ろしい勢ひで, 楽しさうに踊つて

▼ 作り~ (5, 0.2%)

2 を品, を解し 1 を作る

▼ 作り~ (5, 0.2%)

1 えない, へしものなり, へたら所謂千人風呂位, へて一層, られる

▼ 作りかく~ (4, 0.2%)

2 て個性 1 て人間的心情, て沙漠

▼ 作りかけ~ (4, 0.2%)

1 のよう, の仕事, の文章, の星座表

▼ 作り~ (4, 0.2%)

3 吾が山斎 1 そうな

▼ 作りである~ (4, 0.2%)

1 から, が床, こと熊本では, 上に

▼ 作りまたは~ (4, 0.2%)

1 仕入れ自分自身の, 地衣類を, 御幣を, 連語を

▼ 作りよう~ (4, 0.2%)

1 がない, などもきわめて, もない, を教え

▼ 作り~ (4, 0.2%)

1 いと骨折っ, い気, い目的, がる故

▼ 作り次に~ (4, 0.2%)

1 福島正則が, 裏の, 韻字平仄に, 鼻それより

▼ 作り深入り~ (4, 0.2%)

4 しない前

▼ 作り生際白粉べつ~ (4, 0.2%)

4 たりと

▼ 作り~ (4, 0.2%)

3 にしろ 1 ではなく

▼ 作り~ (4, 0.2%)

3 には御 1 に彩聯

▼ 作り飾り~ (4, 0.2%)

1 のない, の無い, を申しませぬ, を申しません

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 互ひ, 役所の, 浮かべに

▼ 作りかへて~ (3, 0.1%)

1 しまひます, しまふの, 別に變つた領分

▼ 作りたりとて~ (3, 0.1%)

3 驚くにも

▼ 作りでは~ (3, 0.1%)

1 あって, あるが, なく野

▼ 作りという~ (3, 0.1%)

1 ものは, わけじゃ, 職業が

▼ 作りにて~ (3, 0.1%)

1 上の, 家内の, 西行称所天下第

▼ 作りやがて~ (3, 0.1%)

1 一人の, 平野の, 彼の

▼ 作り一方~ (3, 0.1%)

1 の端, の蔭, は人家

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 の万事, の二人, の金

▼ 作り~ (3, 0.1%)

2 があんな 1 を描く

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 ものの見苦しき, や, を許され候わ

▼ 作り其の~ (3, 0.1%)

1 他謠曲, 御褒美, 槽は

▼ 作り同時に~ (3, 0.1%)

1 我等自ら車を, 法律継受の, 無数の

▼ 作り堅め~ (3, 0.1%)

1 たの, なさい, よ

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 へて交渉, へられる, へること

▼ 作り女子~ (3, 0.1%)

1 が男子, の顔, は子

▼ 作り学校~ (3, 0.1%)

2 を休ん 1 の生徒

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 の入口, へなどはよりつき, を建てる

▼ 作り~ (3, 0.1%)

2 の手 1 の品々一時

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 に千金, の小, の燈籠

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 ひは, る者, ハ屋ヲ

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 えなけれ, える訳, へたといつた様に

▼ 作り~ (3, 0.1%)

2 を抱い 1 の人形

▼ 作り自ら~ (3, 0.1%)

1 施すこと, 歌い自ら, 生き自ら

▼ 作り設け~ (3, 0.1%)

2 てきびしく 1 之れ

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 も作り, を作ります, を作る

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 と村, の三分の一, は村内

▼ 作り~ (3, 0.1%)

1 がある, の中, の先

▼ 作りあまた~ (2, 0.1%)

2 の迎春花

▼ 作りかへ~ (2, 0.1%)

1 ようといふ, 或は屋根

▼ 作りけれ~ (2, 0.1%)

1 ば清盛, ば耕人ども

▼ 作りさえ~ (2, 0.1%)

2 すれば

▼ 作りさらに~ (2, 0.1%)

1 春風馬堤曲を, 湖の

▼ 作りしかも~ (2, 0.1%)

1 その財産, クグツなる

▼ 作りそれで~ (2, 0.1%)

1 必要な, 突くまね

▼ 作りただ~ (2, 0.1%)

1 一人の, 移り変る新奇

▼ 作りだけでも~ (2, 0.1%)

1 一再でない, 金三四十枚に

▼ 作りでも~ (2, 0.1%)

1 されたもの, 履脱に

▼ 作りなお~ (2, 0.1%)

1 侮るべからざる勢い, 空を

▼ 作りながらも~ (2, 0.1%)

1 グーテンベルグの, 源氏の

▼ 作りなら~ (2, 0.1%)

1 女でも, 熊本の

▼ 作りには~ (2, 0.1%)

1 囲まれて, 竹びしゃく作りの

▼ 作りにも~ (2, 0.1%)

1 技を, 飽いたので

▼ 作りひたすら~ (2, 0.1%)

1 吹きならふほどに, 吹きなろうほどに

▼ 作りもしくは~ (2, 0.1%)

1 獣の, 鬼の

▼ 作りやすく~ (2, 0.1%)

1 なって, また香気

▼ 作りクリスマス~ (2, 0.1%)

1 には必ず, の朝

▼ 作りピーター~ (2, 0.1%)

2 とポール

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 は地上, ノ柵

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 けたるならん, たの

▼ 作り上野~ (2, 0.1%)

2 の先生

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 の方, 瞼が

▼ 作り互いに~ (2, 0.1%)

1 これを, 歌を

▼ 作り人形~ (2, 0.1%)

1 で小さい, は彩色

▼ 作り今日~ (2, 0.1%)

1 が到来, は九十何度

▼ 作り価格~ (2, 0.1%)

2 を考え

▼ 作り候物~ (2, 0.1%)

1 にまでお, に無

▼ 作り其上~ (2, 0.1%)

1 に九室, に紐形

▼ 作り出だし~ (2, 0.1%)

1 たるもの, たる米

▼ 作り初めて~ (2, 0.1%)

1 いたの, 文壇的に

▼ 作り化粧~ (2, 0.1%)

1 をさせ, をし

▼ 作り~ (2, 0.1%)

2 を結んだ

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 を作り, を組織

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 書の, 香炉を

▼ 作り~ (2, 0.1%)

2 の考案

▼ 作り和歌~ (2, 0.1%)

2 を詠ずる

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 の音, をする

▼ 作り四季~ (2, 0.1%)

2 を定めます

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 を受け負い, を受負

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 には戦, の方

▼ 作り大小~ (2, 0.1%)

1 に分かち, の弩弓

▼ 作り天地~ (2, 0.1%)

1 のうち, の神

▼ 作り宇宙観~ (2, 0.1%)

1 を作っ, を作る

▼ 作り小説~ (2, 0.1%)

1 も作り, を書く

▼ 作り少し~ (2, 0.1%)

1 も疑われる, 強味を

▼ 作り山紫水明楼上~ (2, 0.1%)

2 の一粲

▼ 作り当り前~ (2, 0.1%)

1 なもの, な美し

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 に給いたる, は傷

▼ 作り易い~ (2, 0.1%)

1 とした, 野菜から

▼ 作り樹木~ (2, 0.1%)

1 と同じ, の植つけ等

▼ 作り欠伸~ (2, 0.1%)

1 であること, の声

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 の遊園地, を引き

▼ 作り法語~ (2, 0.1%)

2 を書かん

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 へた, へ給

▼ 作り~ (2, 0.1%)

2 に形

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 が肴, の用心

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 う, ひし上

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 は決して, へ着いた

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 を作り, を耕

▼ 作り社会~ (2, 0.1%)

1 を作っ, を組織

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 と崇めいた, と悪魔

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 の精神, はお供

▼ 作り空気~ (2, 0.1%)

1 に飽和, の流通

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 えずあれば, へずあれ

▼ 作り笑顔~ (2, 0.1%)

1 になっ, に苦しい

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 一の, 二の

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 へたら, へなかつた

▼ 作り終り~ (2, 0.1%)

1 て常に, やっとやっとという

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 を織っ, を織り

▼ 作り~ (2, 0.1%)

2 を作らしたなら

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 を取り上げ, を絞っ

▼ 作り蘭軒~ (2, 0.1%)

1 に寄せ示した, はこれ

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 がこれから, が指揮

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 の, 神社に

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 で行客, の岐

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 も作る, を儲けた

▼ 作り附け~ (2, 0.1%)

1 の封建社会, の戸棚

▼ 作り階段~ (2, 0.1%)

1 の残骸, をつけ

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 に朱, をし

▼ 作り~ (2, 0.1%)

1 と飲み, を作り

▼1* [745件]

作りはよく, 作りあたりを憚, 作りあちらへ行っ, 作りあばたなの, 作りあるいはともに天下, 作りいっぱいに咲いた, 作りいつになく, 作りいつも村の, 作りいとも鷹揚に, 作りいわゆる風成雪殻と, 作りうずくまって住ん, 作りうたへの声楽的, 作りうちには西, 作りうろんくさい, 作りおよそあるところ, 作りお上の立ち退き, 作りお上筋は武家, 作りお互いに研究, 作りお前の畑, 作りお母さまのところ, 作りへる, 作りかきひくや, 作りかた赤坊のとりあげ, 作りかと譏る者, 作りかの律を, 作りかへがまた短歌, 作りかへたり須磨の, 作りかへもさせられた, 作りかへをも加へて, 作りくらゐして, 作りけれどもその客觀相, 作りこっちと向う, 作りことだ, 作りことに変梃な, 作りこれら一方の高, 作りごろの竹, 作りさて立たしむる, 作りしかして後日長上に, 作りしかは記してない, 作りしきりにあとから, 作りした痘瘡で, 作りしばらくの間そこ, 作りしまいにはこの, 作りしも有るべく目, 作りゃああるめえしそんな, 作りすぎうまくゆかず, 作りそうしてしかるべき人, 作りそこで茶店を, 作りそれらが互いに, 作りめ, 作りたちはみなそれ, 作りたまい神自ら唱えたまい, 作りたり後時老い, 作りたりと確信す, 作りたりとの意なり, 作りだらうと何, 作りだろうとお前, 作りだんだん郷里の, 作りまた急, 作りつつもそれは, 作りてをぢに, 作りでありましてその, 作りといふ感が, 作りとしか思われない, 作りとして食うの, 作りとしての自尊心を, 作りとしては古今独歩の, 作りとしても須田式な, 作りとに側目も, 作りとの説話は, 作りとはウソであった, 作りとも言われその, 作りどうして久しぶりの, 作りどさくさまぎれに, 作りどれだけの小さ, 作りないし弦差の, 作りなかなか人気を, 作りながらともすれば, 作りなす景色は, 作りなどから起った名称, 作りなどと名を, 作りなどはしなかつたらしい, 作りなども好く出来, 作りなにかなもなにか, 作りなまりを持った, 作りなるを見, 作りなるべく見られやすい, 作りなんかかなり違いました, 作りにくいのである, 作りになつてを, 作りねむくなって, 作りはるかに送っ, 作りばかりでなく屋敷内, 作りひとりでまじめ, 作りひまひまに亭主, 作りふたりで酒, 作りへちまの棚, 作りほうれん草三銭風呂銭三銭ちり紙四銭などと毎日, 作りゐらすべ, 作りまたあるいは深奥なる, 作りまたたく間に産, 作りまつせ, 作りまで試みたが, 作りみがいた庭にも, 作りみがかれ六条院の, 作りみずから農夫となり, 作りもうぼろぼろに, 作りやうで右手, 作りやすいものである, 作りよう仏像の飾り, 作りよかった, 作りよりその方, 作りよる一人乗魚形水雷ボートが, 作りが着る, 作りれんげ草を蒔き, 作りわがイギリスの, 作りわずか五分間の, 作りわれらの戦術, 作りキャップとなり, 作りグルグル廻わりながら, 作りゲッソリ痩せた頬, 作りシヤナアンを寝かせる, 作りシーザーのよう, 作りジリジリジリジリと攻め寄せた, 作りトラックの跡, 作りバルテルミーはタンプル, 作りパトロンのお金, 作りフレムを工夫, 作りフーラー教授の研究, 作りベタベタと地, 作りボンヤリ坐っても, 作りポオル・フォオル氏の雑誌, 作りマントルピースの上, 作りメンデルスゾーン家の音楽会, 作りヤミ物資の売買, 作りライオンを作り, 作りルイ十八世は五千七百九メートル, 作りワーグナーが音樂, 作りヴィナスがサイケ, 作り一つをいっ, 作り一人一人それを引い, 作り一代で咽喉一つ, 作り一八二〇年にはボストン, 作り一八二一年には紐育, 作り一定の路筋, 作り一日十枚を越えたる, 作り一時非常な評判, 作り一本にはアルファベット, 作り一歩進んで, 作り一歩一歩進む, 作り一端を長く, 作り一般の便, 作り万物を造る, 作りの字, 作り三代目菊五郎のこれ, 作り三本の杉, 作り上唇屡甞, 作り下手は下手, 作り不平の吟, 作り不道徳な族人, 作り世渡りの助, 作り世間の悪評, 作り両国井生村楼で新曲開き, 作り両者の関係, 作り両親の手助け, 作り中村屋考案の供物, 作り丹念して, 作り乃ち那勃烈翁が当初民権, 作り乍ら一日の半分, 作り乍ら樂しさうに踊つて, 作り二三度深呼吸をし, 作り二人にすすめた, 作り二十の頃, 作り二十九名の記名, 作り二十六日黄昏に至っ, 作り二国戦い疲れるを, 作り二尺五寸に三尺六寸, 作り五嶽を巡り, 作り五色の幣, 作り人差し指第二關節, 作り人間が専有, 作り仏像及び経, 作り仕事を誠実, 作りの鼻, 作り仙人の形, 作り仮宮を仕, 作り会頭理事評議員というよう, 作り但し一隅に, 作り住民の数, 作り佐藤さんは俳句, 作り何やらかやら作つ, 作りと秀子, 作り余裕があれ, 作り作られる歴史的自己の, 作り作りした, 作り作物の多寡, 作り來つた土地は死ん, 作り侍りしが鴬, 作り信州飛州から朝廷, 作り俳句を作る, 作り俳談を闘わす, 作り候由蝋を使用, 作りの御殿, 作り假宮を仕, 作り僅かにこの, 作りの湖水, 作り先輩の承認, 作りも角, 作り入口には斜月三星洞, 作り入口毎に八つ, 作り八丁滝の名, 作り八方十方へお, 作り公儀に願出, 作り公園でも散歩, 作り六斛ばかりも得べし, 作りに下, 作り共同研究をやりたまえ, 作りは猿, 作り其一代記を書したる, 作り其中より石斧, 作り其奥から氷, 作り其脳髄を以て恐し, 作り其處では技術的方面, 作りへて進, 作り内人土屋氏は昔槌屋, 作り再び商売に, 作りは必要, 作り冬日の用意, 作りたり, 作り出さるべき状態では, 作り出だしたるに候ら, 作り出でても今, 作り初めの人, 作り初期浮世絵風の画境, 作り別に灰汁を, 作りにタッタ一ツ孤光燈, 作り前後に出入り, 作り副詞は形容詞, 作り創めねばなら, 作りを評し, 作り動物を飼育, 作りを添え, 作り十二歳のとき父, 作り十五になっ, 作り十数日ほど滞陣, 作り南瓜を作り, 作り単独では歌う, 作り印象を之, 作り即座に尊氏, 作り又は提唱しよう, 作りの開合, 作り口上をならべ, 作り召したる島々や, 作り史記に倣, 作り各々歌や詩, 作り各人両手に一本, 作り各人兩手に一本づつ三尺足らず, 作り各種の蓄電池, 作り各自が書い, 作り合い鍵を作り, 作り合つてたのしげ, 作り合ふじやありません, 作り合祀を強行, 作り同氏の歿後, 作り向きを変え, 作りや栄養, 作りとしか思われないだろう, 作り商売工業も政党中, 作り喰用の助け, 作りだったの, 作り因縁ある所, 作り国語史を説き, 作り土俵を新しく, 作り在家出家の人, 作りを刻ん, 作り地下の世界, 作り地大即ち土地, 作り地方の講演會, 作り垣根には南瓜, 作り堀木に貸し, 作り墓地にゆく, 作り墨絵をかきなぐり, 作りに秘密扉, 作りを潜め, 作り売りける由, 作り外出する時, 作り外套にくるまっ, 作りを作り, 作り芝居を, 作り大いに得意に, 作り大きいのに, 作り大会を催す, 作り大伴家持は, 作り大根を斬り, 作り大根おろしをこしらえた, 作り大樹が何十本, 作り大砲を鋳造, 作りつ神地, 作り天井の周縁, 作り天子の寿, 作り契約を書かせ, 作り女らは綿撒糸, 作り女中を渋屋, 作り女人を慕, 作り女夫一対にそろえ, 作り如何に作るべきである, 作りに慇懃, 作りにそれ, 作り姉ファンニーの結婚, 作り始め給いき, 作り威嚇を行っ, 作りと二人, 作り嫩葉の色, 作り子供を産む, 作り子孫が繁殖, 作り字典は薩, 作り学生と秘密, 作りを人, 作り流行安, 作り安いからますます, 作り安く作るから, 作り安全を現し, 作りに渡る, 作り宗論のなか, 作り官撰の, 作り実行を怠らぬ, 作り宣言を発し, 作り宮内省の御, 作り宮良村では小浜村, 作り家什はいまだ, 作り家司も別, 作り宿命で人, 作り寄進せしめたる石燈籠, 作り密室に機謀, 作り富士見町の壁, 作り寛厚にし, 作り實用に供, 作り専門でく, 作りは威武, 作り尊氏が兵庫, 作り恵小善を, 作り小さい桐箱入りとして, 作り小さな地方銀行まで, 作り小柄な男, 作り小豆白黒二種の大豆, 作りほ此, 作り居り候由無論, 作り屈竟の壮夫, 作りにあ, 作り屋号のある, 作り山家斧三郎がそれ, 作り山神を祭り, 作りからとった, 作り工夫しようと, 作り左様かソリャ気の毒, 作り巧みにそれ, 作り已に組織病に, 作り師赤鶴一阿弥がこちら, 作り幕府の実権, 作り平生は水, 作り平糸まきの古刀, 作り年々内閣更迭の原因, 作り年表を作る, 作り幸福を産む, 作り幻燈を映し, 作り幾多の筆生, 作り幾島はそれ, 作り広い街路を, 作り広がりのうち, 作りには歩い, 作りは倍繁昌, 作り店先にブラ, 作り庭園なども非常, 作り廃物を以て生命, 作りに祀つた, 作り弁天など弁天, 作りちて, 作りは木, 作り弓弦作り竹細工などの家内工業, 作り弓矢等の武具, 作りとふたり一年, 作り弟子の心得, 作り弦作りの非人, 作り弱い乍らも, 作り弱きを助ける, 作り彫刻をし, 作り役所の方, 作りはバシャン, 作り彼等はその, 作り彼自身も縦横無碍, 作り後藤象二郎福岡孝悌この二人, 作り身辺の, 作り御子はみずから布, 作り御嶽山上に砦, 作り御飯を炊き, 作り必要のある, 作り応接間兼書斎に受賞式, 作り忠義立を申し, 作り快く相伝え, 作り念仏を唱え, 作り思慮の無い, 作り性能調査の根底, 作り恐れおびえて, 作り悪魔に扮する, 作り愛好者に分譲, 作り愛嬌奔流のやう, 作り懐風藻に載った, 作り戦争中の混乱, 作り戦闘を始める, 作りに穴, 作り所在に点々, 作り手蹟も流麗, 作り手達だ, 作りを練る, 作り挺身して, 作り捨てて顧みなかった, 作り捨てたのである, 作り掛け作り損じ, 作り揺らぎのぼる, 作り損いではありません, 作り損じ製造用具と, 作り播種施肥その他栽培に一番肝要, 作り政廳の施政方針, 作り敏捷なる官吏, 作りへるやう, 作り数人の有給助手, 作り數術は尹咸, 作り文芸の批評, 作り短歌を, 作り旁国典にも通じ, 作りの陰陽師, 作り入つて息, 作り日の出のよう, 作り日本橋からの東西南北, 作り日本犬の調査, 作り易かったかと, 作り春耕し夏耘, 作り昭和四年の夏, 作り時計も買える, 作り普賢そのものも六峰, 作り暁明駿馬に鞭打つ, 作り暁民共産党に発展, 作り暗号仕掛の鍵, 作り曉方主人の枕もと, 作り更めると, 作り左方石割山との, 作り最も後方に, 作りに二, 作り月花に並べ, 作り有合せの板, 作り有名な序曲, 作り有明荘のそれ, 作り朝夕を弁えず, 作り朝鮮人に売る, 作りの幹枝, 作り木刻紀要第一集, 作り本書六二頁に引用, 作り本物とすり換え, 作り東京在住の主, 作り松陽新報と言, 作り林泉の女神, 作り果樹をふやし, 作り果樹園を作り, 作りが社寺, 作り架構を施す, 作り柚子の木, 作り格天井の一枚, 作りも八十荷作り, 作り桶屋が桶, 作りの上, 作り植林し其等, 作り植物学の語, 作りを休む, 作りの枝, 作りへた, 作り構えでないこと, 作りが無かっ, 作り檐端に近き, 作りの時代, 作り次年辛巳には五, 作り歌物語を作つて, 作りを招代, 作り武門のちまた, 作り歴史を伝承, 作り歴史地理文学技術実業等各種専門に渉, 作り残虐な生, 作り殖民地を建て, 作りして, 作り殿艦は桜山, 作り毎日陶器を造っ, 作り毎月一回何処かの寄席, 作り毎朝金をその後, 作り毎週神田で講演会, 作り民衆を愛し, 作り気位は高く, 作り気品その顔, 作り水彩画をかい, 作り水筒靴下油紙といったよう, 作り氷砂糖などをしゃぶり, 作りが流水, 作り取った桶, 作り汽車の切符, 作り油絵具を以て忠実, 作りの支那, 作り法王帝説に穴太部間人王, 作り活かさしめたまひき, 作り流麗な歌調, 作り浅草地内或は東両国, 作り浦賀を退出, 作り浴槽はタタキ, 作りと陸, 作りにすっかり, 作り淀みを作っ, 作り清僧を請, 作り源氏を改訳, 作り溜めておく, 作り演出目録の撰定, 作り漢書藝文志が之, 作り濫費を助長, 作りが鳴っ, 作り灌漑方法について万端, 作り火みたいな息, 作り火星兵団に対抗, 作り焚火を焚き, 作り無花果を食べ, 作り無限のうち, 作りして, 作りまず行き, 作りの筆蹟, 作り特に純粋に, 作り犬猫魚それから蛇, 作り狂氣や, 作り狂言のよう, 作り独り喜ぶに, 作りを人, 作り甘蔗を種, 作り用ゆという, 作り甲斐も製造, 作り申候忽卒の際, 作りも作る, 作りりたるとき, 作り発表したの, 作り白帝を祠, 作り白衣も用意, 作り皇室に依附する, 作り皮膚は破れ, 作りより飛び出で, 作りぼしい公演, 作り暗な, 作り真白な泡, 作り真紅の網袋, 作り着物をどうして, 作り短い棒で, 作り研究物を編む, 作り砲艦の戰, 作り砲術を心得た, 作り硝石と硫黄, 作り確認し署名, 作り祀りしを後, 作り神様はそこ, 作り祭葬冠婚の場合, 作り福岡地方に売却, 作り私達一同を召し寄せ, 作り秘かに姉妹, 作り蒔くごとく撒賦, 作り稲舟という歌, 作り空しく埋れ果てたの, 作り竟らず故, 作りをする, 作り竹垣をゆ, 作り竹竿のさき, 作り竹細工などの家内工業, 作り竿を空, 作り笈摺を絡, 作り笑ひもことにこそよれ, 作り第一線に七個方陣, 作り筆耕以て無聊, 作りの家, 作りを作り, 作り簡文帝も亦, 作り精卒五千を選ん, 作りは糸巻き, 作り糸瓜の棚, 作り紀朝臣男梶は, 作り純粋の大根, 作り紡績共進會を開い, 作り細い三角形の, 作り終らないから還, 作り組立ても完成, 作り結び連ね置くを, 作りひしならん, 作り絶えずそれが, 作りをも作りし, 作り綿を取り, 作りの葉, 作りをもっ, 作りであるかに, 作り編木を用, 作り縦横の鼻息, 作り繼弓にし, 作り置かるる善根の, 作りを蒐め, 作り羽子板店に紙鳶店, 作り十年には, 作り翌年はパリ, 作り習慣を作りました, 作りして, 作り職業の分化, 作りの張り, 作り背後より拳銃, 作り能ふかを弁解, 作り脳天を墨, 作りを山芝, 作りを振, 作り働車などまで, 作り自らそれを書き, 作り自ら勝利の唄, 作り自ら善人に善人, 作り自党に不利, 作り自然と文筆生活, 作り色々の形, 作り色変りの兵, 作り色糸でかがり, 作り艶子の方, 作りを作る, 作りの畠, 作り芝口の西洋家具屋, 作り芝居をやっ, 作り若干の部分, 作り茄子を作り, 作り荒い言葉一つかけるで, 作りの功徳, 作り之助, 作りながら岸野, 作り蕪文を列ね, 作りを割っ, 作り藝文志の作り方, 作りが繭, 作り蚤取り眼で餌食, 作り蝋燭を立て, 作り蝶子はしきりに, 作りが塔, 作り行くものでなけれ, 作り行器の蓋, 作り行婬す, 作り表店の沢屋, 作りを持ち, 作り装置第四, 作り西洋文明の人, 作り見たいな建物, 作り見本帳に入れ, 作り親類の瘋狂人, 作りえて, 作り覺束ないながら, 作り言葉もございますまい, 作りくとも, 作り詩人としてはどうか, 作り詩才衆を愕, 作り詩歌を作つて, 作り誓文を発す, 作り語りにちがい, 作り調整も自分, 作り論語に擬し, 作り諸君の精神, 作り諸所の山上, 作り豚小屋鶏小屋を設け, 作り貞淑な可愛い, 作りを貯え, 作り貧民を作り, 作り買物などは増さん, 作り賊子が唱え, 作りいぬ, 作り贈物に充て, 作り赤銅の柄, 作りを作っ, 作り込んだ地面を, 作り近いうちに, 作り近き群峯脚下に, 作りも人, 作り逃げ腰を用意, 作り連歌も教, 作り道具を用い, 作り道路に宣令, 作りは成るべく, 作り遠い畑へは, 作り遠景の空, 作り遮断をする, 作りの人間, 作りの燗, 作り酩酊して, 作りのすじ金, 作り鉄枷を切り, 作り鉄橋を架する, 作り銅鑼をたたき, 作りやら茶碗, 作りの柄, 作り鑑賞したい人, 作り長者の統率, 作り門ごとに八つ, 作り門下の主, 作りをむすび, 作り附けた人形の, 作り隆起して, 作り随筆めいたもの, 作り集会ごとにその, 作り雑菜の種子, 作り難ければ大抵, 作り雪駄直しや一般, 作り雷門前地内にて往来, 作り電車に乘つて, 作りを作り, 作り青帝を祭つた, 作り非常な身軽さ, 作り面白さうにこの, 作りなども武具, 作りを作り, 作り順次に目, 作りを含め, 作り風俗を作り, 作り風呂を湧かし, 作り風致美についての関心, 作り飛行郵便でこれ, 作り食事の後, 作り食物を作っ, 作り飾っている, 作り飾らぬ自己を, 作り養蚕を片手間, 作りは後, 作り首卷のはんけち俄, 作り馬鈴薯を作る, 作り駒形堂から盜, 作り高価な鬘, 作り高台を考え, 作り高宗の陵前, 作り高欄は磨金, 作りを付け, 作りだつたの, 作り鬚作り眉を遊ばし, 作りを立て呻い, 作り魑魅魍魎が火, 作り魔よけとして女, 作り鳳闕の高, 作り鴨居長押に引, 作り鵞ペンを削っ, 作りを燻べ