青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伯母~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伝~ ~伝え 伝え~ ~伝わっ 伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~ 伯~
伯母~
伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~ 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子 伸子~ ~似

「伯母~」 2037, 21ppm, 5439位

▼ 伯母さん~ (623, 30.6%)

25 の家 1914 は私 8 のところ 65 のよう 4 のこと, はお

3 [17件] あの太夫さん, がお, では, でも, と一緒, に, にお, の所, の方, の痘痕, の背中, はその, はそれ, はまた, は自分, を, 止めずに

2 [41件] がある, がこの, がさぞ, が出, が持っ, が田舍, が迎, だの, だよ, というの, という人, とお, と昔談, なの, におぶさ, には見当, に当る, に御, に手, に殴られ, に話し, の, のお, のはう, の二番目娘, の四人, の外, の奥さん, の枕もと, の羽織, の考, はあわて, はなに, はなにか, はアタフタ, は子供, は敢, は昨夜, は自身四十九年間, をも早く, を避け

1 [405件] あんじよう言, おツ, お化粧, お幾つ, か, からお, からこれ, からです, からイジメ, から十兩くら, から持ちこまれた, から瓶, から聞き馴れ, から茶の間, から見れ, から頂いた, があっ, があの, があれ, がいっ, がいらっしゃる, がおまえ, がお家, がこ, がこんな, がせめて, がそう, がその, がそば, がそら, がそんな, がちゃんと, がと思う, がど, がどうも, がどこ, がなさる, がなに, がねなん, がひとり, がぼんやり, がまだ, がやかましく, が一週間, が今さら, が何, が何歳, が倒れられた, が先, が先祖代代, が再婚, が勤め, が可愛がる, が家, が居, が居なくなる, が弘一さん, が後, が御, が心配, が怪訝, が抱ッこ, が捜し, が来, が来るだろう, が東京, が現われる, が琴, が甚, が田舎, が病, が眼, が知つておいで, が神様, が筒井直介, が能, が被入, が見えた, が観察, が言いました, が貰つて, が針仕事, が預, が養っ, こわいわ, さえ人並, じゃあない, じゃない, その伯母さん, その手文庫, そんなに伯父さん, だ, だか, だから, だが, だってお, だって世帯人, だと, だの親類, だもん, て懐かれる, であった, であつ, でございますか, でしたが, ですよ, でなかつたの, でも死んだ, という全然, といっ, といっしょ, といつ, とお母さん, とかにやっぱり, としてのたくさん, としばらく, とそこ, とその, とは呼びません, と二人, と呼ぶ, と居た, と御, と懇意, と木の実, と母, と相乗り, と言いつけ, と言う, と言っ, どうしてこんな, どうも実に閑静, なり姉さん, なる中年婦人, なる人物, なん, なんかに遇っ, にあと, にいただいた, にいつけないだ, におぶさつ, にきい, にしなさい, にその, にそれ, にだけは内緒, につれられ, にでも会った, にとつて, にどれ, になつい, にはお寺, にはなした, にはまた, には内証, には必ず, にぶたれた, にも挨拶おしん, にも松, にも相談, にも聞きました, にも言, にホイホイ, に一切, に会え, に会っ, に促され, に出した, に失恋, に嫉み, に常磐御前, に引張られ, に復, に手紙, に打ち明け, に教, に歌っ, に用事, に私, に笑われます, に苦労, に見せん, に言, に貰ふた, に逃げられやしない, に違い, に頼ん, のあけた, のお伽話, のお家, のお迎え, のく, のご, のため, のつれ, のとこ, のま, のよりも甚だしく, のイトコ, のギブスン, の二階, の仰山, の住んでる, の住居, の体, の側, の出掛け, の分, の前, の剰り, の勘定, の古馴染, の墓, の天然の, の嫌ひな, の子供みたい, の小言, の山根さん, の幸福, の影法師, の恩, の感化, の手, の手ひとつ, の手許, の旦那, の様, の正直, の消息, の玉兎女史, の病気, の真に, の結婚記念日, の若い, の虎の子, の衰, の袂, の言う, の話, の話相手, の調子, の近所, の針箱, の頼み, の顏, の髮, はある, はあん, はあんまり, はいつ, はいつのまに, はお萩, はきつい, はこぼし, はこら, はこんなに, はしかた, はすかさず, はそういう, はそろ, はぢ, はどうか, はどうして, はながい, はなん, ははじめて, ははらはら, はひと, はひとりふたり, はひどく, はまだ, はまつたく, はみんな, はやう, はやっぱり, はよく, はアラビアンナイト, は一年, は一心に, は一所懸命私, は一部始終, は三つ組み, は乳母, は二匹, は伯父さん, は体, は初度, は口, は古ぼけた, は喉, は喜ぶ, は四王天但馬守, は多い, は女学校, は嬉し, は実際, は家ぢゆう, は寝, は小机, は少し, は幾つ, は彩色, は影法師みたい, は後で, は後ろ, は心得, は心配, は息せきき, は悲し, は愚痴, は抽匣, は早速, は明る, は昼, は未だよく, は殆ど, は毎日油, は毎朝仏様, は気, は水, は汗, は洋服, は点頭い, は無口, は父さん, は独得, は眉, は祝言, は私達, は聞かし, は背中, は苗, は苦労人, は茄子, は蒼い, は蛇, は見る, は貰, は輪, は門, は階下, は首, は鶏卵, ばかりを相手, ほんとに御無沙汰, までがみんな, も, もいっ, もいは, もお前, もお節, もそれから, もどう, ももう, もやっぱり, も二の足, も云っ, も伯父さん, も似合わない, も僕, も姉さん, も左様, も旦那, も来られ, も染ちゃん, も目, も私, も紋附, も見えた, も迎え, も達吉, やおばあさん, やそれから, やなん, やアガーシャ, や冨美子, や家族, や常子さん, や從兄さん, や柳子さん, や由松夫婦, や祖母さん, よ, より十歳, わかりませんか, をお嬢さん, をし, をそして, を伯母さん, を待受けた, を殺し, 仰しやる今, 何卒心配, 入御, 困らせな小唄, 御安心下, 御懇意, 改めてお知らせ, 明けて, 最早貴女, 知ってるん, 見たやう, 見たよう, 逃げるなんて, 飛んだお

▼ 伯母~ (329, 16.2%)

15 家に 9 家の 8 所へ 7 家で 6 家へ 5 お滝, 前に, 家は, 家を 4 ところに 3 声が, 姉の, 家から, 家が, 御寺, 眼は

2 [22件] ために, ところへ, 世話で, 主人は, 仮りの, 八代子が, 出して, 声だ, 女神の, 家, 所を, 手に, 手を, 方は, 福慈の, 肩を, 言葉なら, 訃報に, 許へ, 顔の, 顔を, 顔色を

1 [198件] あいだには, あとには, いう末, いる頃, おさや, おたね, お仙は, お仙を, お加久, かかりうど, かすかな, ことそれから, ことだけを, ことルイ金貨十個の, その心, その言葉, たぬきの, つれあいな, ところが, ところでは, はうの存在, ほうは, まにまにである, もとへ, ものを, やうな, ような, エナメル名札こそ, ジルノルマンが, ジルノルマン嬢の, タマーラが, ボンタン夫人が, 一家みんなと, 一族である, 一笑に, 下町の, 不倫に関する, 不義に関する, 世話に, 乳母も, 亀篠の, 予期以上に, 二人は, 云った通り十二日, 云って, 云つ, 亭主を, 人なづこい, 位牌が, 位牌の, 住居へ, 健康な, 側へ, 傍に, 優しい気立て, 元正天皇も, 八代子と, 内とは, 内に, 円顔の, 処へ, 前では, 前にも, 加藤夫人乳母その他五六人居, 化粧した, 口から, 口吻から, 口調から, 君他, 嚴しい, 外に, 外には, 夫に, 夫は, 夫人を, 如きは, 妹の, 姪の, 姿が, 嫁げる, 子として, 子の, 子爵夫人という, 孤り住む, 宅に, 家だ, 家だけ, 家である, 家では, 家でも, 家とは, 家や, 家主が, 家妹の, 家族が, 家病める, 容体が, 容態などが, 寐ついた, 寢る, 小間使いに, 居間です, 山が, 山の, 山を, 山本が, 希望から, 帰ったあと, 御の, 心に, 心痛も, 心遣いで, 怒りは, 怒りを, 息子即ち, 意見も, 慈愛に, 懇意だった, 所から, 手には, 手によって, 手ひとつで, 手伝いに, 手紙と, 手許に, 提言は, 揶揄に, 擒と, 方から, 方に, 方へ, 是れ, 望む如く鼈四郎, 末の, 枕もとに, 棺も, 権利を, 死の, 死は, 死も, 気に入ったふたり, 気に入りだった, 注意が, 洒落は, 清らけ, 清子が, 湯呑は, 煙管で, 理窟も, 生れた家, 申しつけで, 留守を, 病気が, 病気の, 病気は, 白い髮, 目は, 真向う, 真弓は, 眼も, 眼を, 知合, 知己の, 祕密を, 笑い声かわるがわる, 笑ましし, 策略は, 縁故で, 老女を, 老病を, 耳に, 背中に, 背後から, 膝に, 膝にも, 膝許が, 自分すら, 葬式の, 行動を, 言葉などは, 話で, 話に, 説得は, 諷示を, 身の, 身特の, 軒端近く進めり, 迎え父, 近所の, 遺産を, 長煙管, 関係から, 面は, 領く, 頭の, 顔は, 養子に, 髪を

▼ 伯母~ (250, 12.3%)

5 私の 4 言った

2 [16件] お庄, この二階, もう彼, 叫んだ, 家へ, 微笑みながら, 想像した, 次男の, 溜息を, 無理に, 眼を, 知らぬ事, 笑つた, 笑ひ, 自分の, 訊いた

1 [209件] あれど, いった自分, いつもの, お民, かの行者, きつと, きのう来た, けろりとし, こうも, こう訊く, すぐイボッツフィールド, すつかり, すでに寝, そのお家, そのこと, その家, その男, その紙, その話, それを, ただうろうろ, ただ一寸, だんだん薬, ちょうどそこ, ちょっと目, とり合, なお近く椅子, なぜか, なにかに, なんと答えるであろう, にわかに強い, ひどく心配, びっくりした, ほほえみながら, ほツ, また諄々, まだこの, まだ生き, むかし幼年で, もう一汽車前, もう次の間, もの言わず, やさしく引立めよう, よその, イソ, シューラそっくり, ハイと, バケツの, マリユスの, 一寸此方, 一旦噤んだ, 一段だけ, 一生懸命に, 三ヶ月ばかりの, 下女を, 不安な, 不平を, 主人が, 事も無げに, 二カ月ほど, 二人とも, 二人に, 二階から, 云つた, 人一倍肌理, 仕方なし, 伯父に, 伯父の, 僕には, 兄, 六十ピストルを, 其日は, 其間に, 内より, 内心恐れき, 再び家, 冬の, 冷ややかに, 冷笑った, 切り髪頭の, 別にわざとで, 制して, 前から, 勘当じゃ, 又も, 又梯子段, 取って置きの, 取り合, 口開い, 古ぼけた家庭, 台所に, 叱りつけるやう, 叱るとも, 問題の, 喜ぶん, 声を, 多少気丈, 大変名残りを, 女学校の, 如何にも類型的, 姉と, 始めて, 委しく身の上, 娘の, 実家の, 家の, 寝るの, 尋ねた, 小さき袂, 小さなキセル, 強ひ, 彼の, 彼女の, 從兄の, 心配そうに, 念仏狂に, 思はず失笑, 思はず恐怖, 思案の, 怪訝な, 恰もそれ, 悪いこと, 愉快さうに笑つて, 感心した, 感情を, 懷から, 戻かしく, 手も, 手を, 手放して, 打ち驚き, 新家庭, 日の, 日本の, 早くから退屈, 昼間の, 時代が, 更に言, 未だ寝ねずある, 未婚の, 本妻として, 机の, 東京へ, 極めて真面目, 歯を, 母親にも, 毎日出かけます, 気の毒さうに併し, 気象が, 決して口外, 決して悪い, 洋傘に, 涙堰き, 溜め息を, 無造作に, 独りで, 甥を, 白き頭, 益々真面目也, 相手にも, 眉を, 着肥った子供, 知ってるの, 祖父を, 私から, 私たちが, 私たちのいた, 私と, 私を, 笑いながら, 笑った, 笑つて, 篠田を, 結婚後一週間目とかに, 義盛の, 老人の, 考えた, 聞く内, 膝に, 自分には, 至ってやさしく, 臺所に, 良久言葉も, 芥川の, 若先生, 苦い顔, 落ちついて, 蔭で, 薄笑いし, 蛍雪館が, 袖で, 見るに, 親類の, 言つた, 言ふまで, 貧しい生まれ, 起き上がって, 起ちて, 閉ぢて, 雪に, 面倒だ, 頭ごなしに, 頭を, 顧み, 首肯き, 驚いたやう, 驚き恐れて, 驚くまでに, 鼓を

▼ 伯母~ (169, 8.3%)

6 出て 5 言った 3 家に, 私の, 高慢が

2 [12件] そんなこと, 一人古い, 云った, 伯父に, 声を, 家, 帰るとき, 死んだの, 私を, 言つた, 近所まで, 退院し

1 [125件] あるの, ある今, いうと, いった, いなかったら今日, おりますので, お時, からかった, こう言った, こと, これをと, さう言つたの, すぐに, そっと見せ, それについて, それを, つぶやいた, とって, どんな性格, にやにや笑い, ふり返り, やかましくって, ようすの, よくも自分, ゐなかつたら今日, ジャガいもを, トランプの, ラシャの, 一人ある, 一人い, 一人ございます, 一人それも, 一人ゐ, 一緒に, 上りまして, 下島老人へ, 世話を, 主に, 亡くなってからは, 亡くなつたの, 今夜どうして突然, 今夜押掛け, 代って, 伯父の, 住んで, 何かの, 何といおう, 何故伯父, 便所へなど, 傍から, 傍によ, 僕に, 僕を, 先夜の, 入つて, 八釜しい, 出来てから, 又叱り, 口授した, 変な, 大久保なにがしの, 妹が, 実際そこ, 客の, 川さは, 帰つて来, 帰らぬ内, 帰るの, 彼の, 後でかう呟い, 後で店, 心配し, 必ず強制的, 感冒に, 拾銭丸を, 持てるもの, 握って, 日蓮宗の, 暮してる田舎, 最も強い, 有ってこそ, 未だ合衾, 来あわして, 来たとき, 来て, 森本と, 横合から, 死んだ, 死去りまし, 母に, 浅山と, 涙ながらに, 炉上の, 目白に対しても, 目白を, 眞底から, 知ってる家の子, 私に, 笑い話にでも, 笑顏三之助に, 笑顔三之助に, 答えました, 節おもしろく, 縁づきたる家, 縁を, 腸窒扶斯に, 自分の, 自慢の, 自身で, 芥川に, 芥川の, 苦手であった, 蔭で, 袷と, 裏の, 襷がけで, 親指と, 言ったが, 言ふ, 言葉の, 調合を, 赤心一語, 身は, 頻りに勧める, 頼みますと

▼ 伯母~ (79, 3.9%)

4 連れられて 2 当る, 当る八代子, 誰よりも

1 [69件] いけずを, いった, こう訊いた, しろ, すつかり籠絡, それを, たすけられた東京, つかまっては, つれられて, とがめられたこと, なりて, なるわけ, ねだるので, よばれぬれた手, わたして, 世話を, 云つた, 今の, 任せて, 会いこの, 伴はれ, 似て, 何と書い, 取って, 叱られては, 叱られてばかり, 向けた, 向つて, 向つて言, 告白した, 呼び起こされる結果, 声を, 家出を, 宿屋を, 對し, 對する, 引っ張り出されて, 引取られた, 当たって, 当るお, 当るとかいう, 当る訣, 当る駿河能国, 従いて, 手を, 指図され, 握られて, 楯を, 発見され, 督促され, 知られたの, 笑って, 第二, 見出されたという, 見込まれて, 見透されたこと, 見附けられて, 言つた, 言はれ, 訴へ, 話しかけて, 説明し, 貰った本, 起された時, 逆らうこと, 逢いに, 逢ひたる, 遠慮勝ちな, 預けて

▼ 伯母~ (56, 2.7%)

4 二人で 2 いっしょに, 一緒に, 従兄の, 挨拶を, 言つてゐた

1 [42件] あうたび, あふたび, いっしょにはるばるとやってきて一泊, いったって, この家, その世話, それから親戚, それに, アダリーの, ジルノルマン氏と, 一しょに, 一しよ, 二人の, 云った処, 云ひます, 云ふ, 何かぼそ, 同国の, 同棲し, 呼ぶの, 呼ぶ遠縁, 多加志, 女中とを, 姉と, 差向いの, 従姉が, 従姉妹に, 挨拶し, 母と, 母とが, 母は, 母親の, 牧田が, 看護婦に, 私が, 私との, 称する遠縁, 聞いて, 親しくし, 話して, 長閑な, 院長の

▼ 伯母~ (47, 2.3%)

2

1 [45件] かえ, からお, からお菓子, から持出された, から貴方, がい, がこんな, がもう, が主人, が御, が心配, が最早, が直々, が膝詰め, さぞや寒から, ですね, ですわ, とに貴方, に, にばかり何, に相談, に違い, のお, の催促, の名, の定め, の家, の御蔭, の計略, はどう, はよく, はチャント心構え, は今日, は何とか, は又, は弥撒, は東京中, もいつか, も伯父様, も何処, も貴方, や千鶴子さん, をば様, を始め, 実に小

▼ 伯母~ (44, 2.2%)

2 その日, 声を, 涙なり, 顔の

1 [36件] いまは, かなり文学好き, その事, その他の, その男, とうとう話す, ないので, なんと答, なんと答え, またそんな, また毎晩沈黙, みんな口を, もう言, チヨと, 一時に, 側へ, 先生, 入って, 其の間老人, 口を, 女としての, 婢も, 媒人も, 幾も, 従姉も, 成仏すっ, 時々見廻り, 暮して, 母も, 気に, 病院から, 言い添えた, 訊いた, 賛成した, 身うちには, 門口まで

▼ 伯母さま~ (42, 2.1%)

3 がお, がなに 2 のお, を憶, 懸けて

1 [30件] お願, があの, があれ, がそれ, そして好意, ちょっと行かせ, と呼びまし, と從兄妹たち, と話し, どうしてそんなにお, にこたへ, に訊いた, のこと, のご, の家, の御, の方, の身ぶり, は, はよく, は先年, は昨夜あんた, は私, は自分, は親類, もこの, や從兄妹たち, をほとんど, を何, 助けて

▼ 伯母~ (36, 1.8%)

1 [36件] おまえに, ご存知です, たよって, たよりに, プラットホームに, 信じなかつた, 出し抜くよう, 呼んで, 圧倒する, 宥め, 心配さした, 思は, 恐れて, 意識し, 愛して, 憶ひ, 抱擁した, 敬愛し, 棄てた話, 款待し, 残したなり, 殺そうと, 母と, 演て, 知らぬ心, 見た, 見上げながら, 見事伯父から, 見舞ひ, 見舞ふこ, 訪うたの, 訪ねて, 賤しめ, 起こした, 起こして, 頼って

▼ 伯母から~ (18, 0.9%)

1 [18件] あの鼓, いえば, そういう労り, その子, ふんだくった一枚看板, 云われても, 令押被の, 切出されたとき, 手紙が, 歳暮に, 聞いた話, 聞いて, 聞くと, 脱化した, 見れば, 言出した, 貰った玩具, 連れて

▼ 伯母~ (15, 0.7%)

2 お苑さん

1 [13件] すみ子の, んに, イサベルの, 兄弟が, 妻は, 姉の, 実家の, 従姉たちも, 書生の, 本家の, 糺にも, 美人の, 親戚の

▼ 伯母~ (15, 0.7%)

2 が肩

1 [13件] がたまいし, が居られる, とも行交いたる, と話してる, どうしてここ, なりき, にその, に語ら, のうわさ, の一周忌, の見舞, はいかに, は快

▼ 伯母なる~ (12, 0.6%)

3 人が, 人に 2 ことは, 人また 1 ものに, 人は

▼ 伯母~ (12, 0.6%)

1 [12件] が思し, とよばるる, にも背き, のこと, の昨日, の眼, の耳, の詞, は隣村, も実に, を捨て, を杖

▼ 伯母にも~ (9, 0.4%)

2 話したので 1 ひと通りの, 一通りの, 愛想よく, 無論に, 病院へ, 與之, 詑びを

▼ 伯母やん~ (8, 0.4%)

2 みたいなし 1 って損, やなけりゃ, らとっく, 一寸這入っ, 此奴どっこも行く, 結構な

▼ 伯母夫婦~ (8, 0.4%)

2 もしきりに, も心配 1 が入, とは何年, に気兼ね, の養女

▼ 伯母さんたち~ (7, 0.3%)

1 に伯父さんたち, の消息, はそれ, はもう, は悪口, は来, もきっと

▼ 伯母たち~ (7, 0.3%)

1 が何かと, に叱られるであろう, に散々, に言, の子供ら, は二人, や従姉妹たち

▼ 伯母御前~ (6, 0.3%)

3 が御 1 にはよう, の御, の御許

▼ 伯母~ (5, 0.2%)

1 あつた, ズーッと, 内大臣の, 小石川に, 菅神左遷の

▼ 伯母とは~ (5, 0.2%)

1 これは, 三味線の, 互に意気, 呼ぶまいと, 帳場に

▼ 伯母には~ (5, 0.2%)

1 いつも相談, 内密で, 子供が, 秘密に, 話せないかも

▼ 伯母さんとこ~ (4, 0.2%)

1 に行く, に送ります, は三人, へ訊ね

▼ 伯母さん私~ (4, 0.2%)

1 です, の方, の花嫁, も仏様

▼ 伯母との~ (4, 0.2%)

1 あいだに, 間に, 間には, 関係で

▼ 伯母~ (4, 0.2%)

1 に知れ, のイヒトヨ, は此處, も何處

▼ 伯母さん今日~ (3, 0.1%)

1 は, はどうしても, は熊叔父さん

▼ 伯母さん夫婦~ (3, 0.1%)

1 の人, は大, は奥

▼ 伯母~ (3, 0.1%)

1 とか義姉, と思, のに

▼ 伯母だけは~ (3, 0.1%)

2 長命寺の 1 私の

▼ 伯母であっ~ (3, 0.1%)

1 てもこう, ても自分, て姑

▼ 伯母という~ (3, 0.1%)

2 のは 1 人の

▼ 伯母といふ~ (3, 0.1%)

3 間がら也はじめて

▼ 伯母とが~ (3, 0.1%)

1 差向, 次の, 関係が

▼ 伯母などが~ (3, 0.1%)

1 やって来て, 亡くなつて, 濁り水の

▼ 伯母なら~ (3, 0.1%)

2 心もちの 1 復讐する

▼ 伯母一つ~ (3, 0.1%)

3 になつて

▼ 伯母~ (2, 0.1%)

1 なんか御殿勤め, 知合いか

▼ 伯母かなんぞの~ (2, 0.1%)

1 様に, 樣に

▼ 伯母がを~ (2, 0.1%)

1 ぢとの, りますので

▼ 伯母~ (2, 0.1%)

1 ういふ, までせう

▼ 伯母さん此處~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 伯母さん親子~ (2, 0.1%)

1 が作った, が作る

▼ 伯母さん貴女~ (2, 0.1%)

1 こそ斯様深夜, の所

▼ 伯母さん達~ (2, 0.1%)

1 が, は他

▼ 伯母だった~ (2, 0.1%)

1 という, ということ

▼ 伯母だの~ (2, 0.1%)

1 その他親類が, ツて

▼ 伯母であった~ (2, 0.1%)

1 けれども決して, 女房が

▼ 伯母である~ (2, 0.1%)

1 ということ, フランケンシュタイン夫人の

▼ 伯母でも~ (2, 0.1%)

1 あり先生, 何でも

▼ 伯母などに~ (2, 0.1%)

1 催促され, 聞いて

▼ 伯母に対する~ (2, 0.1%)

1 ふた親の, 義憤を

▼ 伯母への~ (2, 0.1%)

1 手前さ, 遠慮は

▼ 伯母らしい~ (2, 0.1%)

1 人と, 文句で

▼ 伯母リジイ~ (2, 0.1%)

1 がぷんぷん, の来襲

▼ 伯母亡母~ (2, 0.1%)

2 の姉

▼ 伯母様何~ (2, 0.1%)

1 をそんなにそわそわ, を考え込ん

▼ 伯母死んだ~ (2, 0.1%)

2 僕の

▼ 伯母~ (2, 0.1%)

1 が斯, のよしみ

▼ 伯母~ (2, 0.1%)

1 がよく, ふるえ上つた

▼ 伯母~ (2, 0.1%)

1 になる, の中島翁

▼1* [133件]

伯母あるいは千鶴子まれに, 伯母いまだ髪も, 伯母うえのおこ, 伯母高さんなどの, 伯母お市の方を勝家, 伯母かねて最も, 伯母からでも静子が, 伯母からの手紙である, 伯母からは直ぐその, 伯母がりとはむ, 伯母さまたちの腹, 伯母さま兄さまのお, 伯母さま実を申し上げれ, 伯母さま恋のお話, 伯母さんあたしずいぶん骨, 伯母さんあれ本当の人間, 伯母さんうそでご, 伯母さんきょうどうなさる, 伯母さんここの伯父さん, 伯母さんこれは何, 伯母さんだつた, 伯母さんちやんはもう, 伯母さんところへ来た, 伯母さんのと格別違, 伯母さんひとりの手, 伯母さんぼくはどんな, 伯母さんパパもママ, 伯母さん二人と, 伯母さん以外の者, 伯母さん仲間の予想, 伯母さん伯母さんて懐かれる, 伯母さん兼てお話, 伯母さん到着の時刻, 伯母さん大かえ, 伯母さん家へ帰つて, 伯母さん己ア母親は我儘もの, 伯母さん從兄さんの深慮, 伯母さん復た遊びましょう, 伯母さん本当の話, 伯母さん枕の抽匣, 伯母さん此処の家, 伯母さん済みませんがという, 伯母さん留守やよ, 伯母さん相手に四王天清正, 伯母さん菊池久恵さんのところ, 伯母さん親切にし, 伯母さん誰だつて, 伯母さん雪路だから, 伯母さンとこにおい, 伯母しか残つて居なかつた, 伯母そだてにて投げやり, 伯母吾が母, 伯母であり彼女の, 伯母でありましたか, 伯母であろうと父, 伯母でしたので僕, 伯母ですとそん, 伯母でないことは, 伯母ではありません, 伯母とか何とかいう, 伯母とがかはるが, 伯母として生れた現, 伯母としての礼を, 伯母とでさつさとも, 伯母んだ, 伯母なぞは南無阿弥陀仏を, 伯母などよく叱られ, 伯母などからさんざん油, 伯母などの耳へ, 伯母ならずしてなお, 伯母ならわかってるが, 伯母なりしかなほそぼそと, 伯母なり呼ぶは父, 伯母にあたる浅野家に, 伯母にだけは親戚たちの, 伯母についてあるくだけ, 伯母については伯母が, 伯母にて侍りける女, 伯母にとつては, 伯母にとっては父自分にとっては, 伯母に対し初対面の, 伯母に対しても平常と, 伯母のみ霊も, 伯母へはさて何と, 伯母また叔母などの, 伯母までが言葉を, 伯母よりすらもはがき一枚来ぬ, 伯母よりも怖ろ, 伯母とこでの, 伯母サンニ御挨拶ヲシテ怱々退散イタシマス, 伯母サンニツイテうさぎやニ禮ヲノベニユク, 伯母ダトカイウ人ノ歪ンダ脚, 伯母一人姪一人と云, 伯母一家だけはどの, 伯母三人のオールドミス, 伯母上お代どのまで御, 伯母上何をか曰わ, 伯母上余所の客, 伯母上死去のため, 伯母二代の女帝, 伯母仏教に関する書物, 伯母仲間の評定, 伯母と云, 伯母八代子の談話, 伯母を訪, 伯母加藤子爵夫人の長女, 伯母千鶴子の見舞, 伯母叔父弟の細君, 伯母君二処居たり, 伯母呆れて無言, 伯母大長公主その女陳, 伯母妹甥嫁さん老主人, 伯母妻児等皆多少風邪, 伯母姪同士が奉公, 伯母富貴のごとき, 伯母小樽にいる, 伯母布施夫人の一人, 伯母思いは誰, 伯母様これが私, 伯母様そこでは見えませぬ, 伯母様どこかの御宮, 伯母様アノー大丸が美しき, 伯母様今日は急ぎ, 伯母様伯母様アノー大丸が美しき, 伯母様初枝ちゃん等皆々様にたく, 伯母様方に御, 伯母様達在世の御, 伯母正宗院の一週年忌, 伯母紫田是眞に畫, 伯母者さつきのくち, 伯母見えぬるき水, 伯母親友先生の奥さん, 伯母養母義ちやんの顏