青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伝説~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伜~ ~伝 伝~ ~伝え 伝え~ ~伝わっ 伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説
伝説~
伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~ 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子

「伝説~」 2235, 23ppm, 5002位

▼ 伝説~ (390, 17.4%)

12 中に 6 ように, 中で 5 ような, 下伊那 4 上に, 中には, 中の 3 やうな, 上では, 世界に, 弘法大師は

2 [17件] あるの, うちに, うちの, なかに, やうに, 一つである, 中にも, 中へ, 主人公の, 地に, 方から, 方が, 方で, 時代, 核は, 英雄の, 類を

1 [298件] あったもの, あった事, あとが, あとを, あやまりでお, ありげ, ありそう, あるあの, あるくらいの, あるという, あるところ, あるなども, あるを, ある劒岳, ある天目一箇命, ある奇妙, ある岩石, ある楚, ある産寧坂, ある竹林寺, ある絹本, ある通り, ある郷, いとど身に, いわゆる獅子心, うちで, うんだ現実, お姫様の, かずかずを, かむろ蛇, ことであり, ごときは, ごとしと, すじは, すべてを, せいで, たぐいは, ために, ないため, なかでも, なかにも, なかの, なかを, ぬエ, はじめに, ひとつに, まつわって, もっとも広く, もつ大ら, もつ遥か, ようでありまし, エジスに, コタン版とも, ジョンアルデンと, スクナの, ナーシサスは, ニデイアの, バシリスクと, バシリスクに, プロトタイプを, ミミラクの, 一つで, 一つです, 一つと, 一つの, 一ツで, 一例として, 一形式が, 一斑を, 一節である, 上においては, 下で, 下に, 世界には, 両面つまり, 中から, 中だって, 中でも, 中にのみ, 中心地である, 主人公である, 主眼は, 主要な, 人が, 人に, 人物で, 他の, 付き纏って, 代りに, 伝えられたの, 伝つてゐない, 伝らない, 伝播と, 例を, 偉大な, 像, 先祖たちなる, 全くない, 内容から, 凄まじい断崖, 分岐した, 制約が, 創造者とも, 動物が, 原型が, 原始様式の, 原始的要素が, 原形を, 原本と, 古い形, 史実的調査だけで, 名工な, 吸血鬼だ, 吹きだまりにな, 固有名詞は, 国と, 国を, 土地が, 地, 地だ, 地では, 地と, 地へ, 地や, 型に, 型によ, 型を, 域を, 基礎には, 場所を, 外に, 多いには, 多いの, 多くは, 多寡に, 大江山の, 女こそ, 如きは, 如きもの, 如く子, 如く間接的, 姫君の, 子供らし, 安寿姫で, 宝島だろう, 実感, 実証に, 小町の, 山である, 山の, 島は, 島原だった, 川で, 巨人は, 序に, 形と, 形に, 性質によるね, 怪物であります, 意である, 意味は, 意味も, 戯曲化せられた, 掟でした, 掟に, 推移に関する, 揺籃である, 支配階級の, 教うる, 数が, 文の, 文章とは, 方でも, 方も, 旅, 旭川, 時代が, 時代に, 時代に対しても, 時代の, 時代を, 最古版の, 最広く, 朝鮮, 本性であります, 東邦人が, 松が, 枠から, 栄え成長した, 森草叢の, 様に, 権威を, 正体も, 残つてゐる, 比では, 沼に, 流れの, 流動性の, 海の, 添った絵, 源でも, 源は, 片目の, 特徴と, 生じたところ, 生じた源, 生れたその, 生んだ現実, 生活の, 由縁を, 男の, 痕跡の, 発生と, 発生地に, 発祥である, 白犬を, 真が, 真似を, 研究の, 示すとおり, 祖先うずめの, 神, 禁断を, 種子や, 立役者の, 筆者は, 筋である, 筋です, 管理者だった, 紹介ぶりは, 結合は, 絵師が, 纏まつた, 纒わっ, 美しい悪魔, 美とを, 義に, 翻案である, 考証は, 聖者チェーホフの, 背景が, 胸に, 興味を, 舞台であり, 花も, 芽が, 英雄たちが, 英雄と, 荒唐無稽な, 菓子師は, 蔭に, 虚偽と, 衣を, 裡には, 西風に, 観念は, 解説を, 記録や, 訴うる, 試みが, 話や, 話を, 語るところ, 誤であ, 誤りでなけれ, 調査を, 謂なり, 豊富な, 起こったの, 起こるはず, 起原で, 起原と, 起原を, 起源の, 迷信が, 通りで, 通りに, 遺骸の, 部は, 部落です, 重要な, 野山の, 金箱が, 金箱であった, 金箱である, 銀三十枚であった, 銀貨はね, 長者の, 長良の, 附会した, 院御陵も, 項に, 風流さを, 驚くほど, 鬼婆である, 鬼婆では, 魅力が, 鳥の

▼ 伝説~ (308, 13.8%)

29 ある 15 残って 8 あって 6 あるの 5 あるから, あるが, あると 4 あります, 伝えられて 3 あつて, あること, あるので, 多い, 附随し

2 [12件] あった, あったの, あるもの, いくらも, ないでも, わたしを, 一般に, 伴って, 存し, 存在し, 発生し, 示すよう

1 [188件] あったもの, あった為, あらかた古典, あらゆる時間, あり, ありここ, ありさらに, ありそこ, ありその, ありました, ありましてな, ありますから, ありますが, ありますね, ありまた, ありソロン, あり三十町, あり大岡越前守, あり方言, あり続々, あるか, あるかと, あるくらい, あるこの, あるだけ, あるだけに, あるとか, あるなど, あるらしくわたし, あるわけ, ある位, ある徳川, ある時, ある由, あろうとも, いくつも, いくらかの, いくらとも, いって, いつからとも, いろいろ遺っ, いわゆる, うそらしくなっ, からまって, からんで, ここに, これに, ございます, すつかり消え, そこにも, その頃専ら, たくさんあった, たくさんある, ついて, つくので, できて, どうと, どの程度, ない, ないといふ, ない故, なお民間, のこって, のこつて, ふたたび諸人, ほとんど何人, ほんとうに, またたくさん, まだ後, まったく掻き消された, まつわって, もう昔話, わが国に, われわれに, われわれの, ギリシアに, パッと, ホーマーよりも, ポンチ画が, 一番古い, 不合理な, 世界の, 主張し, 事実を, 人買の, 今日も, 伝わって, 似よりを, 何かの, 作られるよう, 信じがたい, 信じられて, 偏見とさえ, 全く失われ, 八釜しく, 出来たと, 出来たの, 出来て, 出来まして, 初めて文学, 単なる伝説上, 口碑し, 古くより, 可なり, 右の, 各地に, 同じく穴, 名高かつ, 含んで, 嘲笑嫌悪憤怒を以て, 固く信じられ, 基調を, 夙くから, 多く例えば, 多く生れ, 多すぎる, 大岡政談に, 少くない, 少しは, 弘く行われた, 当時専ら, 成立する, 我々の, 批評界に, 投げて, 拡まった, 探検によって, 数へ, 新たに, 日向に, 日本の, 日本へ, 日本国中そこにも, 暗示する, 有るの, 此村にも, 残されて, 残つた訣だ, 沢山見え, 法水の, 流布され, 流布した, 流行し, 消えたり, 瀬田川を, 無い上, 現在どの, 生じたか, 生じたとは, 生じたの, 生じたり, 生まれたの, 生れたの, 生れてからは, 生れほととぎす, 産み出された後, 盛んに, 真実であったら, 真面目に, 矢張り横綱伝などに, 稍古い, 紛れ込んだもの, 結びついても, 絡わり付い, 綴られたの, 美しく生き, 脚色された, 蒸し風呂の, 虚か, 行はれ, 補足説明し, 西欧と, 見当ったならすぐ, 語られ謡曲山姥, 語るところ, 諸所, 起るの, 載つて, 輸入され, 農夫でも, 這入つて, 這入りこんで, 遺って, 附ものに, 附加され, 附着し, 顕著な, 風光の

▼ 伝説~ (260, 11.6%)

8 信じて 6 もって 4 持って, 知って 3 探るには, 詠んだもの 2 信ずる人, 利用する, 書いて, 継承した, 記して, 集めた

1 [220件] いうの, きいて, きかせて, きりだした以上, くつがえすため, ここに, ご存じない, ご承知, さながら事実, すなほ, そのままに, そのまま借用, たくさんに, たくさん持っ, ただした伝記, つくりあげて, つくり郷土, つたへて, とおして, とりたて, なるたけ有名, はじめ漢説仏説蘭説などをも, ぽつりぽつり物語っ, まるで本当に彼, まるのみ, もつの, もつほど, もつ月, もつ樹木巌石, ようやくに, わが奥州地方, わたしたちに, アンは, オペラに, グングンと, モトに, 主と, 主に, 伝えた場所, 伝へながら, 伴うて, 伴ふ, 伸すもの, 作りあげ信じたふり, 作り出したという, 作り地下, 例にと, 信じそこ, 信じても, 信じよう, 信じるかね, 信じるやう, 借りると, 借用する, 僕は, 全く虚妄, 全然象徴的, 内容と, 再び道具, 判断する, 包んで, 取りあわせて, 取り交ぜあの, 取り入れた山の神秘, 取入れて, 叙した, 古雅な, 史実と, 史実に, 史実化し, 史実化しよう, 君は, 固定させた, 土地の, 境として, 多分雑, 夢の, 大事に, 始めとして, 守りて, 実際に, 幻想的な, 引受ける事, 引合いに, 弥が, 形成せしめた, 彼女は, 得た, 御存知です, 御承知, 思い出さずに, 思い出させるもの, 思い出したの, 思い出し自分, 思い浮べて, 思ひ出させたの, 思ひ出したの, 愛して, 慶長版の, 懐古し, 手帳に, 抜き来りそ, 抱えて, 拾ひあつめ, 持ちだして, 持った大, 持つた由縁, 持つて, 持つ地方, 捕えて, 排する能わざりしは, 旨く利用, 是認しよう, 書くから, 書くに, 有したもの, 有しない, 有する曲, 有する社, 材料として, 歌ったので, 歌った有名, 歴史と, 残しただけ, 残して, 残しても, 比べて, 混じたるに, 混同し, 添えて, 溯源すれ, 漠然とこの, 為組んだ, 珍重する, 生じたとも, 生み今, 生み出したの, 生み又, 生むよう, 生んだとも, 生んだよう, 発見する, 目のあたり見る, 真似て, 真似ようと, 真似る心持, 真面目に, 知らないの, 知らないのみ, 知りながら, 研究する, 破って, 米友も, 紹介する, 考へたの, 考へるには, 考究し, 耳に, 聞いた, 聞いたとき, 聞いたの, 聞いて, 聞かぬから, 聞き其の, 聞き名称, 聞き咒語, 聞き込んで, 聞くこと, 聞くに, 聞く者, 聴いたこと, 育てて, 背景と, 脚色した, 自分の, 自然科学的に, 蔵し, 藉り, 見る, 規定する, 覚えて, 解いて, 解釈し, 解釈しよう, 記したろうまんすなる小説, 記すのみ, 記憶する, 記録した, 話さなかった, 話し出した, 詳しく物語り, 語って, 語つた, 語らば, 語りこの, 語ると, 語るとか, 語るもの, 読んで, 読んでも, 負うた浴室, 負うた皇后, 超えた神格的遺蹟, 踏んでは, 蹶做, 輿地誌略の, 述べついで, 逆に, 造って, 造りあげたで, 造り上げて, 録すること, 附会させ, 集めた本, 離れて, 韻律の, 頭から, 駆使する, 駆逐した, 髣髴さす

▼ 伝説~ (202, 9.0%)

5 あるが 3 諸国に

2 [15件] あるいは彼, いくらも, かうな, ここに, このほか, これを, 他の, 伝説としての, 嘘でない, 如何に, 彼の, 日本海の, 此の, 民衆の, 生まれたらしいの

1 [164件] あつて, あながち根拠, ある一つ, あれは, いったい何, いつごろから, いま読まない, いろいろ聞いた, かかる理想実現, かつては, こういうふう, こうだ, ここから, この悪魔, この民俗, これから起つた, こんなふう, さうし, すなわちこれ, すなわち是, すべて熱烈な, ずいぶん広く, そう結ばれ, その一つ, その部分, それから先, それについて, それを, それ故, そんなところ, たくさんある, ただ伝説, ない, ないと, なんという, ばかに, まあこんな, また加賀, まだまだ後, まだ相当, まだ終らない, みな架空なりとも, むかしから, むしろ逆, もう多く, もちろんほんとう, もっと早く, もともとこういう, りっぱな, アララットの, ノアの, モーゼの, 一縷の, 上州伊勢崎の, 上巻八章下巻十章を, 之で, 事実かも, 二三あっ, 人々の, 人が, 今でも, 今まで, 以上と, 伝わらなかったはず, 伝説を, 何を, 余りに多い, 信じ難けれ, 充たして, 兎に, 全く此丹比壬生部, 全く消滅, 全然生かせる, 其が, 其家が, 出て, 別として, 別としても, 単にそういう, 単に一種, 古い蘆刈, 各地に, 嘘だ, 土地の, 圧迫を, 多いが, 多くは, 大洪水, 天上の, 太陽が, 奇妙に, 奥州の, 子安の, 存し, 実に多く, 少からず, 少しも, 山の, 巨人の, 希臘神話中最も, 幾つもの, 幾らでも, 後で出来た, 後にも, 御岳にも, 意外な, 斯う, 旅行者が, 日本に, 早くから西行, 明らかに, 昔から, 昔話に, 時になんと愚劣, 書いて, 書紀と, 杭州地方ばかり, 果して本当, 植物の, 構成し, 此と, 此禊ぎと深い, 殆どすべて, 殊に弘, 水の, 決して馬鹿, 海の, 火の, 炭を, 無尽蔵で, 無邪気な, 甚だ多い, 生れは, 生活を, 疑わしいと, 皇族以外にも, 直観に, 相手方の, 真偽不明に, 真間の手児名, 神代に, 神社および, 神話学の, 秀吉が, 種々の, 緊密に, 自然科学的の, 興福寺の, 著しい気候, 言う, 記, 誤解もしくは, 諸書, 豊富だ, 転じて, 通例高い, 道祖神石神庚神などの, 野州の, 鎌を, 長く消えない, 間違ひでした, 関東地方一円に, 附会する, 馬琴の

▼ 伝説~ (201, 9.0%)

20 よると 10 よれば 5 拠ると 3 あるよう, なって, 出て, 曰く, 現われて, 語られて 2 いう源三位頼政, すぎないよう, なつて, よりますと, 依ると, 従えば, 拘泥する, 生い立った昔, 違いない

1 [130件] あって, ある告死婆, ある埋もれたる黄金, ある妖婆, ある東邦人, ある浮き岩, いう周, いかなる影響, いろどられた神秘, くみ込まれた部分, これは, したり, して, すぎない, すぎないが, すぎないですね, すぎないの, すぎなかったん, すぎぬよう, つきて, つきては, つくりあげて, つつまれた存在, とりいれたこと, どんなに業, なずみ過ぎて, なったり, のこるとおり, ひろく東夷, ふさわしいよう, まける, まつわられない明るい, まつわられるの, むしろロマンティック, やや似通っ, よく出, よりて, より深い, アルーと, ツジツマを, 主観的誤解を, 二人とも, 云われて, 人情味を, 仕立て上げようと, 付されて, 伝わって, 似た二三, 何か, 何でも, 何の, 依って, 便乗し, 値する美, 充ち満ちて, 入つて, 共鳴し, 典型的な, 包まれて, 及ぼした影響, 史蹟に, 合ってや, 合わなければ, 名高く文学, 囚われて, 外ならず, 奇怪な, 如何にもふさわしい, 少なからざる, 就いては, 平将門の, 心を, 恐怖を, 憑かれまたの日, 打勝たねば, 拠つて言つたので, 援用した, 攀ぢ登らう, 支配せられ, 数多い巫女, 方便の, 於てすら, 昔は, 昔を, 昔泉津の, 昔皇子誕生あるべき, 昔神あり, 時代相違の, 最も縁, 本づく, 樵夫二人林中で, 残されて, 残って, 残つて居る, 残りたる, 残るところ, 毒蛇ハブと, 比べて, 気が, 池袋村, 深い趣味, 現われたよう, 現われる, 現われる悪魔, 由ると, 由来し, 痕跡を, 着眼する, 移りクリスト, 第二, 結びつけしは, 聴く海魔, 興味を, 著しい女, 蛇が, 触れた時, 記録され, 語り伝えられて, 近いの, 近い物語, 造物主初め人を, 過ぎないであろう, 過ぎないの, 過ぎないもの, 那智の, 関したもの, 附会し, 鴇といふ, 鶏の, 龍樹菩薩が

▼ 伝説~ (67, 3.0%)

4 なって 2 云うの, 古い民謡, 結び付けて, 見るべきもの

1 [55件] いうと, いえば, そうし, その系統, なつて, なり神話, なるかも, なるだろう, カラの, 事実との, 云う言葉, 云えば, 云ふ, 何等の, 信仰との, 児童, 同じこと, 同じもの, 同じよう, 同じ話, 同様である, 同様曖昧に, 同等な, 幻象による, 幾個かの, 幾度の, 我国の, 支那神仙説とを, 昔話とは, 民俗とに, 混同したらしい, 登山の, 相啓発, 矛盾しない, 神秘の, 神話との, 穴門の, 童話とが, 結びついたアーサ王, 結びつけて, 罪悪と, 習俗の, 習合せられ, 習慣の, 著しい肖似, 見て, 言つて天人の, 謂はれ, 通じる所, 郷土史が, 長者伝説それから, 関係あるらしく思われる, 雑話, 風俗とを, 黒魔術が

▼ 伝説~ (62, 2.8%)

7 ある 3 あります, あるが 2 ありました, あるそう, だんだんに, よく見, 嘘では

1 [39件] あったので, あって, あり曾呂利新左衛門, あるさ, ある位, いいが, かうした信仰, このトリック, この通り, そのまま素直, その間の, なかった, なければ, なしただ, またかの, また各地, また方々, まんざら作りごと, 亦置きすてられ, 伝えて, 出来たの, 同命, 同時に全く消滅, 啌でなかろう, 変って, 存し, 少くない, 幾つか, 思いあわされて, 持たない, 支那から, 暫く忘れられた, 本当で, 残って, 波間の, 起ったの, 起ったもの, 迷信も, 遠からずまとめ

▼ 伝説~ (57, 2.6%)

2 な人物, な存在

1 [53件] だと, であっても, である, でも, で正確, で神話化, なもの, な一面, な主人公, な事実, な品もの, な天才, な姓名, な姿, な忍術使い, な怪物, な情緒, な挿話, な注釈, な海峡中, な物語, な状態, な義賊, な註釈, な評価, な誇張, な迷信, にさえなっ, にすらなっ, になつ, には遠方, にも, にもの, にガンダーラ人, に人々, に今, に名高い, に持ち伝へ, に書く, に最古, に潤色, に物語, に異形, に長い, に高貴, の人物, の技巧, の法則, の英雄, の蝶, の話, の迷信, の追憶

▼ 伝説~ (44, 2.0%)

2 信仰が, 歴史の, 神話は, 迷信も

1 [36件] あるいは人間対蛇獣婚姻, またお伽話, また悲しい, ローマンスの, 付会説を, 伝統も, 何かに, 俗信には, 信仰などを, 偉人や, 厳しい掟, 口碑が, 口碑で, 古い天地創造論, 古譚詩, 史実に, 各地の, 因習を, 地名が, 地名について, 地名や, 妄想や, 実験談等は, 形象は, 歌謡の, 歴史なぞから, 歴史は, 源氏物語にも, 由緒ある, 聖書に, 詩や, 説話などにも, 譬喩や, 風習は, 食物等いずれも, 高塚式古墳の

▼ 伝説~ (39, 1.7%)

10 して 4 せられたもの 3 されたもの, されて 2 したもの

1 [17件] された彼女ら, された西行, され一般, したるその, した化外, した恐怖, した説話, してしも, しても, しない時代, し劇的, すまいと, すれば, せらるるに, せられたの, せられて, であると

▼ 伝説では~ (32, 1.4%)

3 ない 2 あるが

1 [27件] おたつ様, ことに目一つ, このへん, それを, ないけれども, なくて, トート, パラティーノを, ロムルスは, 伐り屑, 体躯が, 別に其子, 動物の, 唐の, 天女の, 女の, 孫悟空ぐらいの, 屍体は, 山の上に, 山伏の, 山姥の, 日本武尊の, 昔一女子が, 此神が, 殉死の, 江戸時代の, 稲虫の

▼ 伝説として~ (28, 1.3%)

2 聞いて

1 [26件] あるいは作者, ここでは, そこで漁, ガリレイが, 久しくこれ, 伝わって, 取扱つてゐた, 受けとる以外, 受けとれば, 受取って, 各地に, 周知の, 型に, 所々に, 掲げるに, 日本に, 残って, 生れること, 真偽を, 知って, 神原家に, 美の, 見るべく或は, 言い継がれても, 語って, 語られて

▼ 伝説にも~ (27, 1.2%)

2 死んだ妣

1 [25件] ありまた, あるよう, ある高貴, その神様, ない, ないこの, ないよう, 一切現れず, 亦た, 亦其本体, 伝わりませんが, 何ら伝うる, 余るほど, 口碑にも, 少しも, 必ずある, 時に男子, 残って, 特に, 犬射さん, 現われここ, 蛇が, 見出さるるもの, 見当たらないよう, 非ざる

▼ 伝説~ (26, 1.2%)

2 あつた, 有名な

1 [22件] あつて, あらうが, あらうも, こんなに帰一, ね, ほんとうの, タイラー, 事実では, 伝えられた紀元前七五四年, 信じられない, 各々独立, 名高い三厩, 名高い源翁禅師, 寧ろ彼, 山の, 御定まり, 火星は, 申すと, 知られて, 見ても, 見のがせないの, 部落部落の

▼ 伝説には~ (26, 1.2%)

1 [26件] いろいろある, おおいに重き, およそ三つ, ちと気, とかく怪奇, よくある, よほどの, オディスソイスが, 三井寺は, 円卓騎士の, 南陽, 多分に, 天から, 必ず流れ, 明らかに, 最初犬も, 歌の, 正直勤勉の, 此人一乗要訣を, 此行列の, 珍しくない, 英雄, 蛇でなく, 解説が, 謳われて, 非ず

▼ 伝説~ (21, 0.9%)

3 の人物

1 [18件] で大, で最も, にも, にもそういう, に内地, に再現, に収容, に見出される, のゴネリア, の人, の仙女, の伝説, の偉大, の僧侶, の外国的分子, の奇蹟, の新型, の熊襲

▼ 伝説から~ (18, 0.8%)

1 [18件] であった, みましても, 今もっ, 借りたに, 出たもの, 切り放された救世, 取材し, 取材した, 古いもの, 宗教倫理の, 書き始めた, 来たもの, 来て, 来る超, 段々筋を, 自分を, 藁人形と, 見ても

▼ 伝説でも~ (13, 0.6%)

2 あるか, あるの 1 あつたらう, あつて薬師, あり事実, あれば, なければ, 何でも, 想像が, 皆か, 自然に対する

▼ 伝説~ (12, 0.5%)

2 が三略 1 かあるいは, かその, からハッキリ, か彼, がある, がね, つたと, とかは非常, よと断った, よ取る

▼ 伝説である~ (11, 0.5%)

1 [11件] から実は, がしかし, が伝説, が私, ことが, という, とだけ受けとっ, と思ふ, にし, のに私, 為名を

▼ 伝説~ (11, 0.5%)

2 の怪物 1 には正しい, に現れた, に置い, のもの, のアテナイ人, のスクナ, の人柱, の名, の宝塚

▼ 伝説~ (8, 0.4%)

4 のである 2 んだ 1 んだろう, んです

▼ 伝説なども~ (8, 0.4%)

1 からまって, 出来たので, 土地によって, 小耳に, 後に, 此神と, 田楽, 頭に

▼ 伝説という~ (6, 0.3%)

3 ものが 1 のは, 以上に, 奴は

▼ 伝説などが~ (6, 0.3%)

1 あるの, あるので, いつも二人, 之を, 多くある, 絡んで

▼ 伝説などは~ (6, 0.3%)

1 むろん事実, 一概に斥け, 作り話としか, 僻地の, 此系統に, 至って近い

▼ 伝説めいた~ (6, 0.3%)

1 ことを, ものが, ゴシップが, 噂が, 腕から, 話が

▼ 伝説~ (6, 0.3%)

1 であらう, という原語, の自費出版, はもっと, も交つて, を読ん

▼ 伝説とを~ (5, 0.2%)

1 こね合わせて, 作ったこと, 充分に, 同うせる, 持ってるもの

▼ 伝説などに~ (5, 0.2%)

1 つよい関心, とらわれないで, よったもの, 囚われて, 田舎人は

▼ 伝説によって~ (5, 0.2%)

1 おいおいに, 知って, 私は, 考えると, 語って

▼ 伝説による~ (5, 0.2%)

2 時は 1 のである, 創造の, 天皇家の

▼ 伝説口碑~ (5, 0.2%)

1 がいろいろ, などふくめる, に通暁, のよう, の殆ど全部

▼ 伝説的人物~ (5, 0.2%)

1 でペルセウス, となっ, の力, を指す, を知つたの

▼ 伝説~ (4, 0.2%)

1 何か, 俚謡でも, 童謡かを, 荒唐無稽の

▼ 伝説かも~ (4, 0.2%)

2 知れないが 1 しれない, しれません

▼ 伝説じゃ~ (4, 0.2%)

1 ありませんか, ありませんの, ないかしら, 私の

▼ 伝説であろう~ (4, 0.2%)

1 か, けれども喪葬令, という, と思う

▼ 伝説としての~ (4, 0.2%)

2 意味は 1 空想の, 答が

▼ 伝説とは~ (4, 0.2%)

1 この点, その国民, 性質を, 茲では

▼ 伝説などの~ (4, 0.2%)

2 合理化を 1 中から, 如く久しい

▼ 伝説~ (4, 0.2%)

1 で食傷気味, として有名, に来った, の中

▼ 伝説あり~ (3, 0.1%)

1 て今, て幼少, 遊離説話あり

▼ 伝説ある~ (3, 0.1%)

1 グロテスクを, 歌である, 由

▼ 伝説だけの~ (3, 0.1%)

2 話では 1 ものとして

▼ 伝説だの~ (3, 0.1%)

1 そんなこと, 古来幾多な, 迷信だ

▼ 伝説とも~ (3, 0.1%)

1 いふべきもの, 見られ八女津媛, 言い難い

▼ 伝説どおり~ (3, 0.1%)

1 には行かない, の実家帰り, の尾鰭

▼ 伝説なき~ (3, 0.1%)

2 にあらず 1 縁起なき

▼ 伝説など~ (3, 0.1%)

1 あるの, によつたもの, 知らずに

▼ 伝説において~ (3, 0.1%)

1 国津神または, 多数の, 祀つて

▼ 伝説における~ (3, 0.1%)

1 ものと, ジュピターの, ファウスト博士が

▼ 伝説に関する~ (3, 0.1%)

1 ものである, 知識も, 迷信が

▼ 伝説を以て~ (3, 0.1%)

1 お雪ちゃんの, 名高い雲横雪擁, 有名な

▼ 伝説時代~ (3, 0.1%)

1 で珍, にはこういう, のめぐり

▼ 伝説~ (3, 0.1%)

1 あり, に散見, は吾

▼ 伝説あるいは~ (2, 0.1%)

1 地鳴りの, 物語が

▼ 伝説からも~ (2, 0.1%)

1 ヘッベルは, 説明が

▼ 伝説~ (2, 0.1%)

1 ういふ, へ残つて

▼ 伝説さえ~ (2, 0.1%)

1 なければ, 民間に

▼ 伝説され~ (2, 0.1%)

1 ている, てし

▼ 伝説する~ (2, 0.1%)

1 が如き驕, 地方が

▼ 伝説だけに~ (2, 0.1%)

1 して, 残って

▼ 伝説だろう~ (2, 0.1%)

1 と軽く, ねえ

▼ 伝説であっ~ (2, 0.1%)

1 て厳しい, て歴史

▼ 伝説であった~ (2, 0.1%)

1 のである, のです

▼ 伝説であり~ (2, 0.1%)

1 これは, それは

▼ 伝説です~ (2, 0.1%)

1 か, がちょうど

▼ 伝説でなく~ (2, 0.1%)

1 て事実, 生活そのもので

▼ 伝説とかいう~ (2, 0.1%)

1 のが, ものは

▼ 伝説としては~ (2, 0.1%)

1 寔に, 甚だ面白い

▼ 伝説との~ (2, 0.1%)

1 明かな, 間に

▼ 伝説と共に~ (2, 0.1%)

1 有名である, 県の

▼ 伝説などと~ (2, 0.1%)

1 いくつかの, 同じ種類

▼ 伝説などを~ (2, 0.1%)

1 形成し, 案内の

▼ 伝説について~ (2, 0.1%)

1 書くこと, 話すこんな

▼ 伝説によっても~ (2, 0.1%)

1 名物化し, 確かめられるであろう

▼ 伝説に対して~ (2, 0.1%)

1 すこぶる根強い, 非常に

▼ 伝説ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 一粲に

▼ 伝説~ (2, 0.1%)

1 書き遺した二, 迫って

▼ 伝説ほど~ (2, 0.1%)

1 な力, 古くなる

▼ 伝説また~ (2, 0.1%)

1 これに対する, 地名郷土史的な

▼ 伝説まで~ (2, 0.1%)

1 生まれて, 織り込まれて

▼ 伝説までが~ (2, 0.1%)

1 スクナを, 実によく似

▼ 伝説までも~ (2, 0.1%)

1 同じである, 生じたの

▼ 伝説もしくは~ (2, 0.1%)

2 世人の

▼ 伝説やら~ (2, 0.1%)

1 古めかしい祭礼, 歴史やら

▼ 伝説らしく~ (2, 0.1%)

1 なつて, わたしは

▼ 伝説以上~ (2, 0.1%)

1 のもの, の莫大

▼ 伝説其儘~ (2, 0.1%)

1 で前半, の様

▼ 伝説及び~ (2, 0.1%)

1 北東ロシアに, 歴史の

▼ 伝説~ (2, 0.1%)

1 に直され, の錯綜

▼ 伝説或は~ (2, 0.1%)

1 説話は, 説話もしくは

▼ 伝説的動物~ (2, 0.1%)

2 を意味

▼ 伝説的存在~ (2, 0.1%)

2 にされ

▼ 伝説的色彩~ (2, 0.1%)

1 を与へ, を帯びた

▼ 伝説盗賊~ (2, 0.1%)

1 や巡礼, や順礼

▼ 伝説研究~ (2, 0.1%)

1 について, の中

▼ 伝説~ (2, 0.1%)

1 でもある, の恐怖

▼ 伝説風説~ (2, 0.1%)

2 の果たして

▼1* [142件]

伝説あれはあんまり, 伝説かおとぎ噺, 伝説かはつきり, 伝説からは何だか峨々, 伝説ごとだけれど, 伝説さえも生まれて, 伝説ている, 伝説じみている, 伝説じみるが事実, 伝説ずくめで物, 伝説そのままはやはり, 伝説そのもののよう, 伝説それから大阪町人の, 伝説たることを, 伝説だけであろうが, 伝説だけはもう今日, 伝説だけを聞き私, 伝説だらうが古武士, 伝説でありまして実際, 伝説でございますので, 伝説でさえも彼らの, 伝説でないということ, 伝説といった方が, 伝説といふものが, 伝説とから脱して, 伝説としか思われませんが, 伝説としても相当に, 伝説とで有名な, 伝説ながらけだし恐らくは信ずる, 伝説ながらも完全なる, 伝説なぞというものは, 伝説などから得らるる, 伝説などからは紫っぽい, 伝説などということを, 伝説などにはかなり詳しい, 伝説などにも関連し, 伝説ならば藍, 伝説なんかみんな迷信です, 伝説なんかじゃありませんよ, 伝説においてはむしろあらわ, 伝説においてもそうである, 伝説については今まで, 伝説にとっても共に嫌悪, 伝説によつて存する, 伝説によってはたから, 伝説によるも空也上人に, 伝説にわたって各, 伝説に従って其神話を, 伝説のこりまた石鏃, 伝説ほどにこれが, 伝説またはその奥, 伝説みたいな存在, 伝説やらを引張り出して, 伝説より来つて, 伝説らしい形が, 伝説をさえ伴なっ, 伝説オミキ沐浴の三ツ, 伝説ニーベルンゲン伝説などといくつ, 伝説忘レテソノ子孫ヲ, 伝説ヲモトニシテリオ・デ・ジャネイロノカーニヴァルノ時ノ黒人, 伝説の一, 伝説上有名な無尽和尚, 伝説並びに支那神仙説に, 伝説仏典の説話, 伝説の川, 伝説以外に存在, 伝説以外誰もこの, 伝説以来人間が人間的智慧, 伝説に考え, 伝説信仰者のたま, 伝説其物をも余り, 伝説叢書上総の巻, 伝説史片曲歪真偽さまざまであるが, 伝説史籍謬説世を誤り訛伝真, 伝説同様ある馬, 伝説同様夢の告げ, 伝説同様旅僧が小判, 伝説吾儕は敢えて, 伝説味嘘の神性味, 伝説哲学とでも言, 伝説図絵歌謡風俗変遷などの御, 伝説地土壇を中心, 伝説外相を変え, 伝説娘子に赤人, 伝説に考察, 伝説学者は海彼岸, 伝説少なからず, 伝説形式を形づくる, 伝説慣例各種の年中行事, 伝説播磨の巻, 伝説放縦な農夫, 伝説文学の常, 伝説文芸に関して云々, 伝説春香伝をやっ, 伝説さへの, 伝説概ね斯の, 伝説の一つ, 伝説武塔神やスサノオ, 伝説物語を生じた, 伝説物語童話の類, 伝説異聞怪談を土地, 伝説的不明瞭に負う, 伝説的主題として純粋, 伝説的価値以上の根拠, 伝説的俚諺を列挙, 伝説的地位でなくし, 伝説的存立としての仮象, 伝説的性格の饗宴, 伝説的悲劇性を吹き飛ばし, 伝説的時代はさておき, 伝説的流説の根拠, 伝説的発祥の地, 伝説的真もある, 伝説的秘密を承知, 伝説的逸話がもう, 伝説的道徳の犠牲, 伝説程度に止まっ, 伝説稗史に従え, 伝説童話の進展, 伝説筋書などで大正, 伝説系統の女神, 伝説経験について実例, 伝説の創造, 伝説習慣教訓と衝突矛盾, 伝説聖者の物語, 伝説聖者物語又祖母さん, 伝説製造業者の造つた架空, 伝説する前, 伝説記録なぞいう, 伝説記録等に拠っ, 伝説記録系図等を探っ, 伝説の後半, 伝説説話口碑其の他, 伝説近代の名人安本亀八, 伝説迷信はいずれ, 伝説追憶回想そういうもの, 伝説通りロブノール湖に浮い, 伝説通り安徳帝の事蹟, 伝説通り新田部親王の邸跡, 伝説通り良真が出羽守, 伝説の鐘, 伝説鮮やかなる