青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~余地 余地~ ~余程 余程~ ~余裕 余裕~ ~余計 余計~ 佛~ ~作
作~
~作っ 作っ~ ~作った 作った~ 作り~ ~作る 作る~ ~作品 作品~ ~作家

「作~」 10288, 111ppm, 958位

▼ 作~ (1326, 12.9%)

8 それを 6 赤い顔 4 かの女, 眼を, 自分の, 非常に

3 [13件] 工程に, 急に, 手を, 救われて, 深田の, 私の, 突っ立った, 答えた, 考えた, 腕組を, 腰を, 言った, 顔を

2 [46件] あわてて, いるかと, おはま, お国, ここに, ここにも, この叙事詩的, こび権, これで, そう云っ, それには, だまって, ない, ようやくの, 一人で, 一人の, 人生の, 低声, 何かの, 何の, 例の, 俄かに, 吃驚した, 声を, 天然よりの, 女の, 女を, 女房の, 嫂と, 彼が, 後にな, 思つた, 折々目, 新聞を, 最初の, 村の, 此の, 無慾である, 盃を, 第二, 簡単に, 考えて, 考へた, 自分で, 驚いて, 黙って

1 [1165件 抜粋] あくまでも若旦那, あたりまえだ, あの作, あまりに偉大, あらん限り, あるひ, あれよ, あッと, いかにも結構, いきなり起っ, いくじなく, いずれも, いたずらに, いって, いつの間にか小紋, いつもする, いづれも, いままでの, いやに, いよいよ恐ろしく, うっかり社会部, うつむいて, うなづきます, おずおず言い出した, おずおず訊いた, おそろしく古典, おとよの, おどろいて, おもしろくない, お千代, お茶にも, お詫びの, かえって母, かくて, かなりに, きっと奥, こういう心持, こうひとり言, こう思った, こう言う, ここへ, ことし確か二十歳の, この一徹, この処女作, この夜, この料亭, この母, この頃, これより, これ一つしか, ごく新しい, さういふ心, さすがに, さらに美しい, しきりに云い, したこ, しばらくする, しばらく考え, じっと堪え, すぐ竹童, すこぶる窮屈, すっかり癒, すでに昨日, そういうモチーフ, そう云い云い起ちあがる, そう数多く, そこへ, そっぽを, そのおと, そのまま広い, そのまま社, その一夜, その主義, その侍, その十分, その意味, その方面, その昔, その温良, その父親, その犯罪, その脊, その酒, その音, それから後, それぞれほとんど, それと, それほど多く, それらが, そんなこと, た, たしかにこの, たしかにぞろぞろ子供, ただの, ただフラフラ, ただ泣き笑う, たちまち笑み崩れた, ちぢみあがって, ちょいと, ちょっと外, ちょっと息, つまらないもの, とうとう一語, とてもそういう, とにかくに, とり乱したよう, どういう狆, どうにも合点, どこにおいても, どの理想, どんなに徳, ないの, なお起きかね, なかなか出, なにが, なんだ, なんだかゾッ, にらみつけて, のそのそと, はじめかの, はっきり返辞, はっとする, はっと思った, ひだりの, ひどい女, ひれ伏した, びびとし, ぴたり女, ふだんから, ふと眼, ほとんどもれなく集まっ, ほとんど半死半生, まじめで, まただまってる, また博渉家, また構成派, また言葉, また降雹, まだ二人, まだ蒼い, まづ, みんなと, むす子, もうしわけの, もうただただ愉快, もう一つ英語, もう一首, もう半, もう夢中, もう小柄, もう渓流, もう起き, もう飽かれ, もじもじし, もとより建築, もとより異存, もはや一言, やはり穢多, やむを得んこれ, ようやく一人前, よく油絵, よく鏡, よろけながら, わざわざ八百屋お七, わたくしの, われを, イヤな, オドついた, カフエ・ミネルワといふ, コポオが, スペインの, ダスウシイが, ツト退いた, ドギマギし, ニヤニヤと, バッと, ピシヤリと, ベッタリ新吉, ランプを, 一つの, 一九二六年に, 一匹の, 一寸腕, 一層不安そう, 一応は, 一時本気で, 一生懸命の, 一葉の, 丈の, 三十七八の, 三年間も, 上下を通じて, 上場いたしかねます, 下足番で, 不審し, 不思議な, 世に喧伝, 世間態には, 丹誠の, 久しぶりで, 事件に対しては, 二十世紀初頭の, 二間程, 云いしれない旅, 云ったまま, 亡くなった子供, 人に, 人を, 今おと, 今は, 今以, 今度は, 今日休ませ, 今言った, 他日国宝に, 伊那丸の, 伝記である, 何かに, 何でございます, 何という, 何やら糸, 何れも, 何事も, 何気なく言った, 何者にか, 余り面白く, 俳句の, 倉の, 個性の, 價値に, 元に, 元気よく, 兎の, 全くその, 全く其形式, 八歳ばかりの, 六尺大の, 内に, 写実性が, 冷え性の, 凡作である, 出して, 出づるごとに次, 出來, 出来ぬ, 出立前十日ばかり, 分明に, 判りませんが, 別の, 到底春, 前へ, 勃然と, 勿論この, 十二時を, 十幾振, 千八百六十八年に, 却ってそれ, 厳密に, 又お, 取りあえずは, 句ごとに, 叮嚀に, 台所の, 同紙上, 呆れて, 呼ばれるま, 唄が, 問い返したが, 嘲るよう, 四十前後の, 困ったよう, 固より, 地獄淨火天堂の, 場中で, 塩煎餅の, 夕立の, 夢から, 大きく笑った, 大仕掛, 大弱りである, 大正元年九月發表の, 天性あまり強く, 失敗だ, 奇怪な, 奧に, 女一人の, 女房めがけ, 妙也, 妻が, 婚礼当時と, 嫂を, 嬉しいよう, 子供の, 定めて, 実に描き足らぬ, 実家が, 家政の, 寂しさうに笑つて, 富豪の, 小座敷へ, 小柄の, 少い時, 少し慍, 少なく価, 居候の, 左の, 己の, 帝王の, 帰宅する, 帽子や, 平気の, 広く読まれた, 床の, 庭場の, 当惑した, 当時新, 彼に, 往々に, 後で口, 得難い逸品, 微笑し, 徳川期の, 心の, 必ず読売, 怒喝一番, 怖いよう, 思った, 急き立てた, 恐らく日本最大, 恐ろしいが, 息子の, 悪いね, 想い出したよう, 感に, 懐手を, 成就した, 或る, 戯けて, 所詮戯画, 手水鉢へ, 打つちやつて, 抽斎の, 拙悪である, 振り返って, 数日おい, 文政五年に, 文章を, 斯う, 新に, 新坂, 日常品に, 旨いもの, 早産の, 明治四十一年の, 星の, 昨日の, 時ならない, 暫時耳を, 書けなかったろうと, 最近に, 最高の, 本を, 朱雀の, 杯を, 柳町まで, 桑作らしい, 概ねかく, 模範の, 欠椀に, 正しき生活様式, 此文に, 此點に, 歯ざれ, 歿年から, 気が, 気を, 水口へ, 永年胸の, 油断なく, 泣いても, 泣き声を, 泳ぐ様, 活きた西国立志編, 流産し, 浮の, 深田に, 源吉を, 漫然たる浪漫的気分, 無器用な, 無意識に, 無銘では, 無頓着で, 煙管を, 父を, 独り劇を, 珍しく瞳, 瓶を, 生の, 田植え前, 画筆を, 畠仕事を, 異常な, 癲癇病み, 白痴では, 百姓の, 益々もつ, 直感した, 相変わらず笑っ, 相通じ, 省略する, 真心籠めて, 知らず知らずため息, 知りさまざま, 石井兵助を, 確に, 社会主義という, 祖父の, 私が, 稽古に, 突然僕, 立寄つて脊, 竿も, 第一, 笹穂の, 算盤が, 簡単には, 純工藝, 素足で, 緩かに, 罪悪が, 美術化せられ, 考えこんだ, 聖譚曲, 胆を, 胡坐を, 胸を, 腹が, 腹の中では, 自ら創造の, 自分に, 自分並私人的周囲に, 舌打ちした, 良人に, 芳町へ, 若し正面, 苦味走った, 茶店で, 葉書を, 薄ッぺらな小紋縮緬, 薪割りの, 衆評者の, 表口からは, 補訂した, 西方の, 見事に, 見張り番の, 親の, 言いました, 訊ねた, 証拠立てて, 誤解され, 誰が, 誰に, 豐穰である, 起きあがって, 起ち上りました, 足の, 足腰の, 身体を, 軽妙な, 近来の, 迷わず話しかけた, 遂にそれ, 運ばれるの, 遥に, 醜い顏, 重厚で, 野武士の, 鉄門の, 鍋の, 鎌倉初期と, 長兄博司が, 阿呆の, 障子を, 雪解の, 青い顔, 静かに, 面白いから, 順序としては, 頓着なし, 頭の, 頭部に, 顔や, 風呂場へ, 飯に, 養老の, 駈け寄った, 驚くよりも, 魔物の, 黙殺し

▼ 作~ (1125, 10.9%)

20 顔を 19 中に 9 声が 8 ように, 上に 7 手を, 方が 6 方で 5 ために, 姿を, 家の

4 [11件] ところへ, 一つ, 一つである, 中には, 前に, 存せぬ, 後に, 心は, 手に, 白い顔, 美しさ

3 [19件] ことを, ごときは, ような, 一つと, 一つに, 中で, 中では, 中でも, 主人公が, 女房も, 家には, 家を, 巧拙は, 方に, 方へ, 方を, 背後には, 近き頃, 頭を

2 [62件] あとから, うちに, からだは, ことや, すがた, できが, なかでも, なかに, ほうは, やうな, やうに, モチーフが, 上の, 世界全体に, 中へ, 中殆どは, 主人公は, 主題は, 事みなから, 人生は, 価値を, 個性を, 傑不, 内容が, 出て, 刀を, 力生命を, 叔母さんの, 夥多が, 女等, 如きは, 如くに, 姿が, 家に, 家は, 山越し図が, 山越し圖が, 度量に, 度量の, 弟が, 弥陀仏, 心に, 性質から, 所に, 手が, 手は, 持って, 新旧を, 新舊, 方から, 為に, 特色は, 目に, 目には, 美を, 耳に, 肩を, 言葉の, 評判を, 頭に, 顔が, 顔と

1 [801件 抜粋] あいさつ角右衛門の, あとを, あの観音, ある事, いいせい, いたところ, いる前, いろ艶, うちから, うちで, うち今なお, おふくろを, おもかげ, かなしげ, からだ, ここの, こと, ことです, ことゆえ, この観音, こめかみに, ごとく完全, さけびと, したこと, すてて, その眼, そばへ, そばを, たたずんで, ため本当に, つ, つかれを, でて, とむらいは, どういう点, どこかに, どこまで, どの女, ない今, なかにさえ, なしたこと, は只, ひとつである, ほうを, ほかに, まぎれ込んだの, むかむかし, もうすには, もとへ, ものは, もの三回ひい, もはや半ば, やついったい, よい観音様, よし所謂法隆寺式, エピグラフに, オリンピックの, コロンタイズムに対して, コロンタイズム礼讚の, スガイ藁を, ズバリと, テエマ即ち, テーマでも, ペンを, ムードを, モチーフは, モチーヴは, レコードは, 一, 一つで, 一つであろう, 一半の, 一条を, 一生を, 一部と, 一頁だ, 三男で, 三篇です, 上から, 上では, 上についての, 上演が, 上演によって, 上演は, 下稽古に, 下腹を, 不思議なる, 不愉快な, 世界において, 世界は, 両手までが, 中にも, 中の, 中心である, 主人公なる, 主人公に, 主人公や, 主人公を, 主要人物である, 主題という, 主題に, 予期せぬ, 事が, 事に, 事は, 事を, 二三を, 二人も, 二尺三寸の, 五が, 五で, 五ばかりには, 五二進が, 五郎兵衞は, 京人形と, 人情咄だった, 人柄を, 人物が, 今の, 仏像は, 仕事への, 仮色, 仲間と, 体が, 余り立派で, 作無味の, 作者も, 価値に, 便りを, 側へ, 側を, 傍に, 傍の, 傍附近を, 働いた紹介, 價値を, 元気な, 兄と, 兄弟子の, 入れようがねえ, 全部と, 六で, 其の膚, 内で, 内兜, 内容に対する, 内容や, 処々に, 出づるを, 出来る人, 出来如何に, 出来栄えに, 出来栄を, 出版その他が, 出版を, 刀へ, 初七日, 到着の, 剛情である, 副業, 創作過程については, 力である, 努力が, 効果を以て, 動機に, 動静を, 北海道樺太の, 南北朝綱目を, 原稿を, 反撃を, 叔母さんに, 口から, 史劇, 右手へ, 名に, 名は, 吾嬬下五十三次より, 和に, 唐物は, 善悪や, 善悪を, 噂で, 噂を, 嚊の, 四人が, 四人の, 困じ果てた言葉, 固い決心, 地蔵さんが, 基礎に, 基調が, 基調に, 場合は, 声で, 声は, 声も, 壺の, 外形を, 大きいの, 大きな活字, 大多数, 大脇差, 太刀も, 太刀を, 奏鳴曲を, 奔走により, 奪われました壺, 女房に, 女房の, 女等美しく, 好い惡るい, 如きこの, 如き全く, 如き貴重品, 如くならざるは, 如何なる, 妙無き, 妹カツも, 始末は, 姿であった, 姿なき, 姿は, 娘分である, 婆さんも, 嬉しかりし, 子が, 字も, 宅は, 実践を, 家から, 家だけ, 家である, 家へ, 容を, 寝て, 實兄で, 対手に, 小さい眼, 小父さんでやす, 小粒な, 小脇差, 少年時代は, 居間には, 展覧に, 左手へ, 巧拙などを, 年には, 度量は, 弄獅子を, 強味である, 強味を, 彫刻家である, 役は, 待ってるよは, 後半に, 徒然草を, 御丈, 心か, 心だけ, 心には, 心を, 心持なりに, 思ひ出, 性行も, 息子が, 悪かった, 悪口を, 悴も, 情調を, 意味が, 意図と, 意圖を, 感性を, 感激に, 態度を, 態度等, 憧憬が, 懐印南一以上五首ある, 所蔵品で, 手から, 手の, 手もとを, 手紙の, 手紙は, 打ち物類, 拇指で, 拾うん, 挙動が, 掘り出した白土, 描いた宗教画, 描くの, 放火は, 故郷附近には, 效果を, 文句と, 新加入, 新旧製作の, 方にも, 方は, 旅人という, 昔より, 是非を, 暗示作用に, 暗示的内容とが, 書かれた動機, 書に, 書物に, 替歌で, 最上の, 有つ, 木像だ, 本場の, 本当の, 村である, 来るの, 柄でない, 柔かい可愛らしい両, 根柢を, 桐の, 構圖や, 様に, 様子を, 樂器とお, 横広い, 機敏な, 歴史に, 死ざまから, 死骸であった, 殺害を, 母と, 気に, 気分と, 気脉は, 気配りの, 深くなる, 演説に, 演説の, 瀬戸細工に, 無分別を, 無駄口と, 父だった, 父の, 父儀造と, 片々は, 特点を, 特種な, 特種の, 狆を, 現在入れられ, 甘美に, 生れだ, 生れる二年, 用件を, 田園の, 由, 由来について, 甲冑を, 男玄智瑞貞と, 発表された, 発表の, 白, 皆が, 目は, 相続問題が, 真剣と, 眠り猫を, 眼に, 眼は, 着想や, 知らないうち, 短歌こそ, 矮鶏とを, 神が, 神秘を, 神聖な, 稗史である, 種だらう, 突きが, 竿あり, 第一部, 箏, 箱その, 系列の, 素描画像は, 終った後, 終りに, 組と, 結末の, 絵が, 絶句が, 総体を, 縁談が, 缺點だ, 美くしい, 美は, 翁の, 考えでは, 考で, 耳へ, 耳へは, 聖観音菩薩春の, 聲を, 肩骨に, 胸に, 胸中は, 能文は, 脱いだやつ, 腕に, 膝に, 自分を, 自慢を, 自然に, 自首によって, 良し悪しも, 花入れに, 苦心談し, 草稿が, 著想も, 葬式は, 蒼白い顔, 處へ, 蝋細工の, 行水を, 表に, 表現形式や, 袂へ, 装釘を, 裏を, 襟が, 西洋館で, 視野に, 親密な, 言ふ, 言葉で, 言葉には, 記憶によっても, 記憶を, 許で, 証言が, 評が, 評判で, 評判の, 評芭蕉論内外の, 詞は, 詞書には, 話では, 話なり, 話ばかり, 誤解といふ, 調子は, 諸特徴, 讀まるる事, 貧困を, 起るや, 足は, 踊歌にも, 身の上が, 身の上を, 近くに, 近づいて, 追憶から, 連, 連歌と, 連等の, 連続が, 運命が, 部分をも, 部屋へ, 部隊は, 部類に, 野郎が, 針に, 針函や, 銘を, 鏡台を, 長篇を, 間に, 関係から, 隠れて, 隣は, 離縁話は, 霊像その, 青馬が, 非常に, 面上に, 頬は, 頭は, 題を, 顔は, 顔や, 顕著な, 風景の, 飜った, 首すじを, 首と, 香奠として, 馬鹿は, 駄茶碗で, 魂たる, 魅力の

▼ 作~ (742, 7.2%)

8 読んで 6 書いて 5 残して, 発表し, 発表する, 讀んで 4 して, 後に録, 愛読し, 舞台に, 見た, 見て

3 [11件] する時, 入れて, 出したの, 拝見し, 探して, 私は, 褒めて, 見せて, 見られよ, 評して, 連れて

2 [48件] ありありと, いや美しく, お出し, ごぞんじ, した人, するとき, なしたるとき, ゆめ一人, 上演し, 与えて, 作った時, 作ること, 作る時, 借りて, 公に, 成したもの, 手に, 持って, 支配する, 書いた, 書いたこと, 書いたとき, 書いた時, 産み得た場合, 産むこと, 産もうと, 発表した, 発見し, 知るため, 示すに, 終って, 美しきもの, 美の, 見たこと, 見ても, 見よいかに, 見よかつて, 見ると, 見る時, 見れば, 読み終りました, 読む時, 読んだもの, 造ったの, 集めて, 集めるならば, 非常に, 駅まで

1 [555件 抜粋] あげて, あなたに, いうよう, うしろに, うむと, お眼, お金なし, かいたか, かきます, かくと, かばいだしたら挺, ここで, ここに, さきに, された, される時, した, した事情, しては, しても, しんから, すかして, すること, するに, するには, するの, するよう, する人, する人々, せねば, そこで書き上げた, そこへ, その儘, それと, そんなにいい, た, たくさん列ね, たくさん残し, たびたび聴い, たよって, つ, つくった大, つくづくと, つくりそれ, つくりなさい蕎麦, つれて, できるだけ早く, できるだけ熱心, とどめよとの, どうしてアマチュア, どうする, どんどん出し, なさざるところ, なし種々報, なすや, なせるか, なそうとも, ねがひますと, のこして, のせようと, はじめこれが, はじめ多くの, ひきつづき, ひしぐ力, ほごして, ほめて, ほめない男, ほめるの, まだ理解, みな上演する, もって, もつと, もともと美しい, ものする, やったこと, やっつけひいては, やめて, ゆっくり長く, よめば, よんだのち, よんで, わけたこと, わざわざ提議, ガストン・バチイの, スリラアと, ブラブラ歩き, ベスト, 一々通読, 一つに, 一つの, 一人で, 一層嫌っ, 一番多く, 一瞥した, 一種の, 一般的に, 三年越世間に, 上場し, 上場する, 上演する, 世に, 世に公, 世に敢, 世態小説と, 世界の, 二つも, 二十躰余り目撃する, 今その, 仔細に, 仕上げて, 他に, 付け加えること, 代表し, 伏し拝みながら, 何か, 何篇も, 余暇の, 作って, 作り得る時, 作るとも, 作るよりも, 作る方針, 作ろうとは, 例えば円朝師匠, 依頼された, 侮辱する, 假り, 健全な, 僅か三日間, 先輩として, 先頭に, 入れました, 全部, 全部取寄せる, 公けに, 公衆に, 共に合せた, 再び單行本, 凡庸だ, 出さねば, 出した, 出して, 出しました, 出すこと, 出すべきの, 出すべき年, 出すまでは, 出す出さない件, 刎ね, 初めて聞いた, 初唐, 刺戟した, 前後と, 創ろうという, 加へて, 加へる, 励ますの, 動かすに, 勝手気ままに, 原稿で, 取って, 取りて, 取り上げて, 取り交ぜた十頁, 叢書の, 叩いたと, 君は, 周旋した, 呼び慣わし, 咬ませたの, 唐招提寺の, 問は, 喝采し, 喝采する, 喩し, 囃した時, 囲み撲り蹴り引きずり廻した, 国お, 墓掘りの, 多く蔵め, 大切に, 天下に, 好まないその後アルギメネス, 好んで, 妨ぐるの, 妨ぐるは, 妨ぐる等の, 学んで, 守護し, 守護する, 完成しなく, 完成しよう, 完成し得る, 完成する, 客觀なりと, 寄せて, 富める者, 少しひい, 少しも, 局限し, 展覧させる, 屡観た, 希待する, 幼児よりの, 幾度も, 引きずり起こすと, 引寄せながら, 引用し, 彼が, 彼女が, 彼程, 待つの, 得たこと, 得よう得ようと, 思い起こさせるよう, 思うの, 思うよう, 思うより, 思ひ出した, 息子の, 悪口しなかった, 想い起す, 愚劣な, 愛し身辺, 愛すること, 憎さげ, 憎むの, 成就し, 手紙を, 手離し, 打って, 批評された, 押し除けて, 招きました, 拝見しました, 挙げる, 挙げ度い, 捜しても, 捜すこと, 捜すの, 採用した, 推奬し, 掲ぐる事を, 描いて, 描き上げやう, 提出した, 携えまして, 摸するもの, 撤回します, 支持し, 支配した, 改造社から, 放擲ツて, 救おうという, 日本画の, 時おり手, 時折手に, 時折見かける, 書いたが, 書いたに, 書いた中心, 書いた前後, 書いた生命, 書いた當時, 書いた衷心, 書いた露伴, 書かず新進作家, 書かれないの, 書きたい, 書き上げ得られなかつた寂し, 書き新進作家, 書き終ること, 書く, 書くより, 書く以前, 書く気, 書けと, 書こうと, 最も尊ぶ, 最後にかの, 最後まで, 有名に, 朝鮮作と, 期待する, 未来に, 本と, 東京へ, 模倣した, 模写する, 模造した, 次の, 欲するもの, 残させるとは, 残しながら, 残し得たこと, 残らずひいて, 殺した疑い, 毒づいたこと, 民衆に, 求めむ, 江戸へ, 法外に, 浅薄だの, 浮かぶ, 深く見せる, 滝田氏より, 演ずる日, 演劇新潮といふ, 激賞し, 濁りに, 為さざる処, 無断改作し, 無視する, 照らして, 物した, 物見にや, 特に私, 狙い射ちに, 猟って, 獲って, 理解し, 甚だ讀み, 生み得るの, 生み続けて, 生むと, 生むという, 生む時, 生んで, 産おとし, 産ませたの, 産まんが, 産みがたい, 産み得るであろう, 産み得る場合, 産む民衆, 産めるよう, 産んだという, 産んでも, 用具として, 田舎に, 発表しない, 発表できる, 發表し, 發表した, 百枚二百枚と, 百済観音と, 目の敵に, 目前に, 直ちに模, 真直に, 睨みつけた, 睨むよう, 知って, 知つてゐる, 知らないの, 知る婆羅門, 短い範囲, 研ぎあげて, 研究し, 示さざるを, 示した戯曲家ブウエリエ, 示し得たか, 示すの, 祖父が, 私共の, 管絃楽で, 索めた, 終りの, 続けて, 編んで, 縛り附けた帯, 續け, 纒めた, 置きのこし帽子, 罵って, 美術的と, 考えたの, 考へて, 聞いて, 聞くが, 聯想する, 育てたの, 脚色したる, 腰に, 自分の, 自由に, 致す事, 要求し, 見せられたため, 見たが, 見たくて, 見ただけでも, 見たら何と, 見た時, 見た時異常, 見つめそれ, 見ないこと, 見まして, 見よ, 見よう, 見ようとして, 見られよ高価, 見ること勿, 見るや, 見る度, 見んと, 見不思議, 見付けた父, 見出したとき, 見出そうとしても, 見受け申候, 見省作, 見舞って, 見詰めて, 覗くよう, 観た, 觀る, 訊いた男, 討つため, 訪ねて, 許さなかった, 許さなかったこと, 評したかの, 詮議する, 誘い出すよう, 誘う少年, 誘って, 読で, 読まないもの, 読まなかったの, 読まぬ人, 読みそこ, 読みながら, 読み了, 読み慣れたる眼, 読み返して, 読む, 読むと, 読むやう, 読むよう, 読めりや, 読んだとき, 読んだの, 読んだ人々, 読んでは, 読んでも, 読者に, 読耽る, 謂ふ, 證し, 譜に, 讀まないからと, 讀みしとき, 讀むと, 讀んだ時, 讀んでも, 讚む, 負かそうと, 貫いて, 貫く定まった形式, 責めなかった, 貴下に, 賦呈す, 越え得たもの, 越え得なかったこと, 蹴り退け澄江, 軽々には, 軽ん, 載せたが, 載せぬもの, 載せる筈, 迎えた, 迎えたの, 迎えた枝折戸, 通常の, 通覧し, 造り得るの, 造る, 造るという, 進めないの, 道具に, 選した, 選する, 選って, 選びどこ, 選ぶこと, 選み, 重ねる如, 附加し得た, 除いて, 除く外, 集めたもの, 雑誌で, 面喰は, 順次上演, 餘り, 驚ろかした, 高めること, 高點, 麻川氏の

▼ 作つて~ (655, 6.4%)

35 ある 32 ゐる 27 ゐた 23 ゐるの 8 あつた, 居た, 居る 7 あるの, ゐます, ゐること 6 ゐるが 5 あるが, ゐると, 居るの, 持つて, 見た 4 しまつ, ゐたの, ゐるから, ゐるので, ゐるやう

3 [11件] さうし, みて, やるの, ゐたこと, ゐて, ゐない, 居ること, 書きかけたもの, 置いて, 行く, 遣した

2 [34件] あること, いらつし, はゐない, もら, よ, ゐたやう, ゐなかつた, ゐました, ゐますが, ゐるといふ, ゐるところ, 住んで, 償われるけれども, 坐り月下, 居たが, 居つた, 居つたの, 居ながら, 居りますが, 居るので, 悲し気, 書いて, 行くの, 見せると, 見せるので, 見せる積り, 見たい, 見たに, 見たん, 見た勢力統計, 見て, 見ました, 贈つた, 進んで

1 [341件] あげられそう, あつたり, あつて, あつて一定, あります, あり池, あるさ, あるところ, あるので, あるのに, あるキヤベツ, ある時, ある水田, ある紅足馬さん, ある花畑, ある野ら, いつもその, うなづくので, うねる樣, おかうか, おかないと, おきたいと, おられたその, お仕え申し上げる, お墓, お宿り, お葬り申し上げ, お辭儀, お鎭まり, お飮, お飲みなさい, か, かいて, からだ, からに, からにし, から何十年經, から妻, か懸けられ, くれたり, ことわつて, この日記, ごそごそなに, しかも地合, しまつたん, そこで将来, そこで清貧, そこで飯, そして他人, そのほとり, その一切, その中, その假宮, その周囲, その地名, その堤, その妹, その家, その意志, その殿, その狭い, その祖, その罠, その臼, その藏書, その郷, その音楽, それからこちら, それから左右, たとへば三錢, とうとう逃げ, ならべるやう, なるべく暖, はし, はそれ, はならぬ, は壊れ, は居ります, は賣つ, また海草, みせて, みては, もこの, もその, もなんにも, もらつた, もらつたの, もらつたもの, もらひたい, も同じ, も四部, も女, も稿, も終止形, も馬, やがて夜具, やつた, やつたの, やつた模型, やつて來, やらう, やらうと, やらうといふ, やらうなんて, やらないやう, やる, やること, やるやう, やれば, やろうよ, ゆかうとして, ゆき知られない歴史, よこした毛繻子, る農民, ゐさうな美し, ゐたと, ゐたに, ゐた事, ゐた其傳統, ゐた情實, ゐた當時, ゐないやう, ゐましたよ, ゐますぜ, ゐられる, ゐるうち, ゐるからに, ゐるその, ゐるに, ゐるもの, ゐるらしいところ, ゐるロシヤ, ゐる人間, ゐる処, ゐる友人, ゐる向き, ゐる大根畑, ゐる如く拘せざるの, ゐる岩石, ゐる時, ゐる森, ゐる模様, ゐる水田, ゐる燕, ゐる痕, ゐる社会, ゐる空, ゐる絵, ゐる良人, ゐる表情, ゐる調和, ゐる遺児たち, ゐる間, ゐる飲み食, をられやせん, をりました, をりません, をれ, 下さつて, 与へ, 与へた, 与へたり, 仕立てたらどう, 佳いもの, 入つて, 入り亂, 全體, 其の原稿料, 其の財布, 出した, 出して, 出すこと, 出たわけ, 列んでは, 卷いては, 取りかかる訣, 各家庭, 呉れ, 呉れたの, 呉れても, 呉れるなら二十, 呉れる所, 唯雑然と彼, 啼きました, 塞いで, 売らう等, 売らなければ, 夜もすがらセレナーデ, 大きな商売, 大好評, 居たか, 居たこと, 居たし, 居たの, 居たん, 居た事, 居た年縄, 居た筵, 居ない, 居ないか, 居なくなるの, 居ねば, 居ました, 居られます, 居られる, 居りながら, 居りました, 居りましたが, 居り八重山, 居り言, 居るうち, 居るかといふ, 居るが, 居るだらうぢ, 居ると, 居るもの, 居るやう, 居る中, 居る朝廷, 居る樣, 居る樣子, 居る百姓, 居る相, 居る砂嘴, 居る笹野新三郎, 居る處, 居れば, 差し上げたいと, 差し上げませうから, 差向けて, 引き始めた, 待ちました時, 待つて, 快く私, 忽ちにこの小さな, 悉く大海, 愉しかつ, 慰むとも, 戴きましたが, 戴く事, 持ち上つて來, 揺れた, 損する, 新しい曲詞, 映じました, 暮すの, 暮らすなぞ, 更に其句, 有ると, 来たその, 来たもの, 来た歴史的記録, 来た過程, 来て, 来ました, 楽しんだもの, 楽しんで, 比較的完全, 流れて, 湧き返る声, 物語りたい気もち, 甘えたやう, 直ぐ真下, 破鍋, 祝うて, 穿かせ穿きかへまでも, 突然此方, 立つ, 籠ること, 纏めぬ書, 置いた, 置きたいと, 置きました, 置き一晩泊つて, 置くの, 置く必要, 置けば, 聞く, 自から, 落ち込んで, 行う風習, 行かなければ, 行かねば, 行くこと, 行くその, 行く分, 行く筈, 行く訣, 行けと, 行けないの, 見えるところ, 見えるのさ, 見せた, 見せて, 見せます, 見せませうか, 見せるの, 見たいから, 見たが, 見たくなつたん, 見たの, 見たら如何, 見たり, 見た出来たと, 見た所, 見ても, 見ないと, 見ねば, 見はてぬ夢, 見ませう, 見やう, 見よう, 見ようと, 見よと, 見るか, 見るかな, 見ると, 見給, 覚えた, 詳しい研究評論, 貰いたい, 貰うたこと, 貸して, 賣らうと, 賣り乏しく, 賣る事, 走つた, 踊りました, 踊る式, 送つて, 逃げま, 通る, 通るの, 進みきたり, 遊びました, 遊んだもの, 遣は, 配るだけ, 間もなく狂死, 頂ければ, 黒い影

▼ 作~ (627, 6.1%)

22 ある 5 優れたの 3 あつて, あるが, かの女, 多い, 生れたこと, 美しいの

2 [45件] あったであろうか, あつた, ありました, いたの, いづれも, かくも, ないの, なくとも, 上まで, 云った, 他に, 代って, 入って, 出た, 出て, 出来て, 同時に美しい, 声を, 多く整理, 夢も, 帰って, 廉価である, 思はしくない, 悪いの, 書かれたの, 殆ん, 残る, 水を, 洽く読まれ, 深田を, 生れないわけ, 私の, 美に, 良くねえだ, 蕗子の, 見付ける前, 見劣るの, 許されるとは, 足を, 遙と, 雨戸を, 非常に, 頓死する, 高い位置, 黙って

1 [492件] あいついで, あたふたと, あったこと, あったと, あったの, あった位, あって, あっても, あの広い, あらわれる, あります, ありませんの, あり大町, あるかも, あるかを, あること昔, あると, あるところ, あると共に, あるならそれ, ある以上探偵小説, ある日僕, ある是, ある特異, いいだけに, いかになお, いかに美しい, いかに談, いかばかりよく教義, いた, いったいよく, いて, いま口の, いやだ, いよいよ深田, いよいよ自分, うまいと, えられたの, おつねに, おとよ, おどろいて, おやもう, かえってくる, かつて平凡, きくと, きっとあるだろう, きっと出来る, きのうから, こう思い立った, このお婆さん, このまま, この危險, この後, この料亭, これによって, これほど, これを, ご飯を, しきりにわめい, したよう, しばらく高点, すぐれて, すつかり, そこまで, その内, その機, その洗練, その浮かない, その行く先, そりゃあんまり, それだけの, それほどに, ただいま立ちかえった, ただちに美しく, たまらなく好き, ためには, ちょうどそれ, ついて, つづいた, つりこまれて, できず却つて桂月氏, できたので, できてから, できなかったと, できなくて, できるもの, とびこんで, どうしても高価, どうして死んだ, どこかの, どこかへ, どれだけより, どんなに傑, ないから, ないと, ないわけ, なかつたので, なかつたら普通, なかへ, なんとなく病気, なんらかのスリル, のって, はいったの, はいって, はじめて世, はなはだ多い, はるばる尋ね, ひそかに, ひとり早く, ひょっこりやって来た, ひょッ, びっくりし, ほんとうの, まず一人, またおまえ, また梯子段, まだいかに低き, まだ手足, まだ起きない, むろんすべて, やう, やって, やっと人, やや驚い, よく働い, よく働き, よく出来, よければ, より多く, よろしい全体, わたくしの, わるいと, アノヨの, タッタ一人の, ヒドイので, フラフラと, プロレタリア文化団体に関する, ペタと, ランプを, ヴェリンスキーに, 一世一代に, 一人で, 一家の, 一昨年帰える, 一時期を, 一町半ばかり, 一筋に, 丁寧で, 三首あ, 上杉家の, 下から, 下手に, 不朽の, 世上に, 世間の, 世間的に, 並び存, 並べられたもの, 之を, 了蓮の, 二つ終えない, 二三あ, 二三ある, 二十の, 二十一ねん, 二十六歳の, 二句できた, 云ったの, 云や, 五郎右衞門と, 亭主や, 人々の, 人に, 人を, 今も, 今一つ二つさして, 介まつ, 仔細を, 仕事を, 他の, 代表し, 伺ったと, 住みました, 何處か, 作でございます, 作品社の, 作者の, 便所に, 偉大である, 傑作なら, 働きかけること, 僕に, 光明と, 入つて, 入りますが, 全く工藝, 八十歳で, 凄い見幕, 凡百の, 出たあと, 出た時, 出てからは, 出はじめたの, 出來, 出来てから, 出来なかったという, 出来る, 出来るの, 出来上, 出来上ったら帰って, 分からないの, 列ねられて, 初めてで, 初めであった, 劇として, 劇場外から, 労働に, 千句ことごとく, 千句尽く, 千葉氏の, 原品たる, 参右衛門から, 反対しよる, 収められて, 叫けんだ, 叫んだ, 台所の, 台所へ, 右の, 合図に, 合図を, 吾, 吾れ知らず混じ, 唇を, 啖い殺された, 四挺の, 四枚は, 売れて, 壺へ, 多いな, 多かった, 多かつ, 多く作られる, 多く長く歴史, 多助, 多少の, 多少上, 多年苦心研究せる, 多量である, 夢の, 女の, 好きだ, 好きで, 如何に, 如何によき, 始末屋と, 婿に, 嫌ひである, 存在する, 学校へ, 安田家に, 定義する, 家の, 家へ, 家を, 寝て, 対社会的な, 小さい掌, 小麦を, 少いの, 少し評判, 少なくない, 工藝に, 工藝の, 工藝的美において, 左様で, 己ん所へ, 巴里に, 師泥斎を, 常に救い, 平安朝貴族の, 幾つも, 幾個か, 彼を, 待って, 従だ, 得られると, 心を, 心得たと, 心得顔に, 心配し, 怒りを, 怒鳴った, 思いちがいいたした, 急度お伴, 怪しい死方, 恋しく紅涙頬, 息子を, 悪くては, 悪戯アし, 惡く, 意に, 愚作であろう, 愚痴を, 愛して, 慕は, 慕わしく思える, 慟哭し, 憑かれた神聖, 或る, 拵えて, 持前の, 挿絵の, 搗くので, 支那の, 文芸推薦と, 斬って, 新米に, 新聞小説家の, 日本に, 昂奮し, 昨日の, 昭和の, 是である, 昼寝から, 時に即興, 普通の, 暫く取り合わない, 暮らして, 書けるかといふ, 朝食を, 未だ, 末の, 本気で怒つ, 本質的には, 来たとき, 根岸の, 棟梁に, 植木を, 横合いから, 横浜の, 欠けて, 次の間へ, 歌劇である, 正しい作, 正則に, 正直な, 正直に, 残されて, 残つてゐる, 殺したという, 殺したの, 母親や, 毎朝暗い, 民藝に, 気ままを, 水右衛門を, 永く眼, 泡雪奈四郎に, 泣き虫の, 活字に, 流産を, 浴衣を, 消しパンで, 深田から, 漁が, 演ぜられると, 漸く一つ, 潜った処, 濡れ手拭, 無い, 無かつ, 無上の, 無心なる, 無心の, 無想から, 無理解, 無銘の, 父の, 片肌脱い, 牛の, 物語の, 猪之の, 玄の, 玄関から, 玄関を, 現れるに, 現実の, 理解できる, 甘く見える, 生じたに, 生れ出ようか, 生命を, 生気を, 用事の, 田螺拾い, 留意せられ, 異常な, 発狂した, 発表され, 発表された, 白い肌, 白絵掛けでは, 百あっ, 皆から, 目を, 相手の, 相棒とは, 矢つぎ早に, 知らない人達, 研究の, 礼を, 私に, 窃と, 立って, 竹越氏に対する, 笑いながら, 答える, 箱書に, 紙片の, 絶えて, 纏り, 置かれ新刊, 美しいか, 美しいと, 美しいなら, 美しさ, 美において, 美を, 考証精覈で, 耕すに, 自分の, 自分より, 自慢の, 自然の, 與へる, 舟の, 良くっても, 芝居で, 花役者だ, 芸術として, 苦労性で, 血相変え, 行ってから, 西国立志編を, 西洋の, 見えたっけ, 見えるばかり, 見分し, 視察に, 言つた, 訪ねて, 許されるであろう, 証拠不充分で, 評判される, 評判でした, 詩にも, 誰の, 誰も, 講ぜられて, 議論が, 赤飯の, 足らざる所, 足萎え和尚の, 跣足で, 転がり出すと, 近道を, 逃げだすか, 通りすぎて, 進むとともに, 違ふ, 部屋の, 酒と, 酒を, 酔ふ, 野良仕事に, 金澤方に, 金賞に, 金鯱調べに, 陳列され, 障子の, 雑誌に, 雜誌に, 面白くなく, 音の, 顔を, 風間の, 飛びあがっておどろくうちに才蔵は, 食事を, 饂飩屋時代に, 駄目でも, 鮓と

▼ 作~ (445, 4.3%)

10 して 5 於けるが 4 云った, 向って, 於て, 美を 3 あっては, しても, なって, なる, 何か, 力を, 手を, 於ても, 現はれ, 筆を

2 [25件] とりかかる, なるもの, 代って, 伍し, 似て, 何の, 余念の, 係る, 係るもの, 出て, 對し, 徴し, 手紙を, 持って, 於ては, 曰く, 比して, 比するに, 比ぶれ, 比べて, 比べると, 気が, 相違ない, 私は, 過ぎない

1 [334件] あった一節, あらざる一傍證, あらざれば, あらずして, あらずば, あらわれた地方色そのもの, あるが, あるやう, おくれること五, おくれること五六年, お菓子に, かかって, かかる, かくも, からかわれるの, きまって, この古, この方法, これほど, こんなの, ござりまする, したの, してからが, しては, すぐれて, すり寄って, ぜひ三益, そのままよ, その実例, その跡, それから留吉, たずさわる人間, ちが, ちがいない, ちがいないらしい, ちっとも似, ちなんで, つかれた折窃, つかハさん, つきまとって, つづいて, でて, とりか, どうしてこんな, なった僕, なつた, なつたり, なつて, なりました, なるが, なると, なるの, なる前, ねだって, はげしく食っ, ふさわしい, ふれたの, まさる人間, みつかるお, むかっては, むかつて, もさうい, ゆかりの, よいもの, よく見えた, よりそった, ケチを, ス, メーテルリンクの, ユーモアを, 一種不, 一等を, 一頭地を, 上下は, 不徳義なこた, 不足し, 久しぶりの, 之を, 云う, 云ったり, 云わすと, 五段物が, 享楽気分の, 人間派の, 代へんこと, 代表され, 会うの, 会った時, 会った男, 伝わらずに, 伴れられ, 例を, 依って, 依るのみの, 依る歌詞, 価値を, 係り当時, 係れど, 倣って, 傑出し, 傾倒し, 優った例, 優り得た場合, 優ること, 優るとも, 優るの, 優れり, 先つ, 先を, 六つか, 凭れて, 出会うだろうと, 分れて, 別れて, 創意を, 劣るかを, 劣るだろうか, 勝りたれば, 包んで, 十二分の理由が, 千代子という, 及んで, 反し, 反対する, 取りか, 取りかかった, 取做, 取決めて, 取縋って, 叱り飛ばされるの, 同致, 名を, 向い久内, 向うか, 向う人, 呶鳴った, 呼び出されて, 坊ちゃんや, 執着が, 堪える土地, 声を, 変って, 多いが, 多いの, 大小二口の, 女の, 女を, 宿つてゐる, 対すれば, 対はう, 對する, 少しばかり, 就いて, 就きてには, 属するもの, 属す可, 巡り逢うこと, 工藝の, 巨勢博士は, 差し出す, 帰しまた, 帰れ, 強い劇, 当時劇界を, 彼等の, 従事し, 心が, 心惹かれる, 必然な, 悪作, 情女が, 意見した, 愛せられ美作, 感じられたから, 感激し, 感銘を, 憑る, 成る仁王像, 或る, 打明けた, 投げ出されて, 招きその, 拵へ, 挨拶する, 捧げたとか, 接して, 摸して, 擧げる, 支配される, 敍事詩, 文筆の, 新しい興味, 於けると, 曲ぐ可らざる, 書いて, 次の, 歌はれた, 歓喜が, 止まるもの, 比しても, 比すれば, 比べるの, 比較すれ, 民衆の, 気に入らん所, 求めようと, 池浚え, 没入し, 油が, 泥んだ眼, 注意しない, 注意を, 活, 浸つて, 満足する, 満足できるだろう, 漲って, 潜む不変, 然るた, 牛を, 現はれた, 現れそれ, 現れた結果, 現れた芸術上, 現れ得るであろうか, 現われたトリック, 現われた偉大性, 現われた精神, 現われて, 現われるロカリティ, 異った, 病いある, 盛られて, 目を通しては, 相異, 相頼申候間, 着せる, 示して, 礼を, 秀でたの, 移されたの, 移って, 移ろう, 窺ふべき, 笑顔を, 答弁を, 節が, 米味噌其他の, 終った所, 終るかぎり, 絵画的要素が, 縺れて, 美しさ, 群つて行く, 義理遠慮は, 考証も, 耽溺します, 自ら近づくべき, 自信を, 自分は, 自分を, 自勉, 至るまで, 至るまでの, 花々しい意気込み, 苦しみ疲れたよう, 苦心を, 落ちるか, 表はれた, 表われた, 表白した, 褒状が, 見られなかった苦渋, 見られる一つ, 見るよう, 見る可, 見われた要素, 規矩男と, 解ろう, 言いかけた, 言つた, 言はれ, 言ひなだめられ, 言聞かせ, 訊ねた, 訴えると, 訴えるよう, 話して, 語って, 誤謬は, 誤謬を, 読陶詩と, 調和せられた, 護られて, 贈る賞賛, 身を, 身上を, 近いもの, 近寄りたがるふう, 追いかけられほうり出して, 追いこされた小, 送って, 逢いたくなった, 逢うこと, 逢うて, 逢って, 逢ってからは, 逢ひし夢見, 進め自分, 過ぎないから, 過ぎぬ, 過ぎぬと, 違ひない, 適する時季, 遺つて, 酬いられる場合, 酷似する, 金賞と, 鎌倉などへ, 関係した, 關し, 限った特徴, 限らず総て何処, 陥ったの, 隠して, 集る, 雛妓が, 離別を, 頓着しない, 頼む, 頼んだ, 類例が, 馳け, 高い美

▼ 作~ (388, 3.8%)

6 云ふ 5 おきよは, なった, なって, 女は 4 伝えられて, 申す者, 見るの 3 いわれて, 一緒に, 伝えら, 比べて, 稱し, 自分の

2 [25件] ある, おはま, くっついて, せられて, 一所に, 不作とを, 二人きりに, 云って, 云われて, 同様に, 呼ぶの, 思う, 思っては, 思われて, 思われるが, 比較し, 称せらる, 自分と, 自分との, 見ること, 言われて, 認められて, 銘が, 関係が, 雖も

1 [282件] あった, あります, あるの, あるもの, ある作, ある銘, いい並居る歴々, いい伝えて, いうと, いうならすべて, いうに, いうべきその, いうほどの, いえば, いたして, いつもの, いはうよりも, いはれるあらたか, いふ, いふので, いふもの, いへば, いへる, いわれるあらたか, いわれる短篇, いわれ異, おちかは, おとよとは, おとよは, おぼしい春画, おもわれるもの, おらち, お勝, お島, かねて関係, ございます, されたもの, されるなら私, され止利様式, し, して, し其字, し観, する, するなら民衆, する一助, する説, する近来, すれば, す可から, ちかとが, つぎから, つたえられる素人, できるヒマ, どんな人, なし従, なす, なす人は, なったもの, なつて, ならざるを, なり得るか, なる, なるか, なるに, なるの, なるわけ, まが, まごうべくも, また仏露同盟以来, もう一人, わたくしは, アイビキを, フランスで, 一燈園との, 一緒の, 丁卯の, 並ぶ, 並んで, 中秋の, 乙の, 二人で, 二人は, 云い玄慧, 云うその, 云うを, 云う事, 云う旦那衆, 云える, 云つてゐた, 云ふべし, 云わずセルフ, 云わねば, 云わるる著名, 五郎と, 人, 人とに関する, 他藩, 伝えて, 伝えながら, 伝えられる, 伝えられる一つ, 伝えられ同じく, 伝へて, 伝へながら, 伝へられる万葉集, 伝へる唄, 伝へる歌, 伝へる沢山, 伝へる舟謡, 似通, 作との, 作家の, 併せて, 児に, 全然様式, 冠蔵が, 冠蔵とが, 冠蔵との, 冠蔵とは, 冠蔵の, 出会った, 分けても, 分っては, 切銘し, 初めて逢った, 判つてこれも, 判斷した, 区別された, 叔母との, 取り組みまたは, 可児才蔵は, 吉田冠蔵という, 同じからず, 同じであり得よう, 同年に, 同日に, 同時代, 呼ばれて, 呼ぶこと, 唱えます, 変ったもの, 女の, 娘歌人の, 嫂の, 定吉とが, 小, 小僧とに, 小柄な, 帰国する, 年代等を, 度々銀座, 彼の, 後期の, 思いますが, 思ってたもの, 思つた, 思はせられる, 思はれて, 思はれる語り物, 思ふが, 思ふなり, 思ふ次第, 思わなかった, 息子が, 息子との, 想はれる, 想われる絵図, 想像し, 感じたに, 懐中に, 推定され, 推定すべき, 推測される, 推測し, 斎藤緑雨の, 断じた, 断ずるの, 断ぜしめるよう, 断つて, 斷じ, 明かに, 明記せる, 暫く世間話, 書き入れて, 楽める, 比べても, 水の, 洋行する, 活字には, 淫事を, 混同し, 混雑する, 源吉が, 濤川氏七宝の, 無銘の, 父の, 玄関で, 現代の, 申しますが, 申しますもの, 申すか, 申する, 申す小, 申す方, 申候もの, 発表したなら, 目され, 相似て, 看做して, 瞿麦を, 石塚重兵衛とを, 石田佐吉の, 私との, 私通を, 私通アした, 称うる, 称した位, 称し五世坂東彦三郎, 称し五代目坂東彦三郎, 称する石像, 称する阿弥陀如来, 称せられて, 称せられる憲法, 称せられ西金堂, 稱する, 稱せらるる, 稱せられる, 立脚地を, 竹童だった, 米原氏の, 結婚しろ, 美術家の, 考えやすい, 考えられた, 考えられて, 考えられる, 考えられ尚, 考へられて, 考へられ恐らく, 自己の, 蕗子の, 衝突した, 見えて, 見たならば, 見ゆ, 見られる限り, 見ると, 見るべきだろう, 見るべきであらう, 見做, 見做す, 覚えて, 覚しき一枚摺山水画, 覚しき七絶一首, 覚しき名所浮絵, 言い張って, 言ったが, 言つても, 言つてよ, 言はれ, 言ふ, 言われるが, 言伝る, 記されて, 訳が, 評判した, 認べき, 認むべ, 認めて, 認められながら, 説明書きが, 読んで, 誰も, 讃えねば, 銀座に, 銘うつ, 闘った体, 雇婆さんが, 題しまして, 養蚕で, 高き美

▼ 作~ (232, 2.3%)

18 あつた 11 はない 10 あらう 3 あつて

2 [11件] いずれも, この人, ござります, せう, でも, はなく, 前歌, 同じ運命, 望み手が, 民藝の, 独自の

1 [168件] あつたさうである, あつたの, あとのは, あなたに, あらうか, あらうが, あらうと, あらう然し, あらねば, ありのままに, あるいは名作, いえば, いつの, おありだろう, お伽噺の, かつてあの, このオルレアン, この意気, この方, この雄大, この頃, これが, これに, これは, さえも敬遠主義, ざっとした, しかも其事, しばしば上演, しんみりした, すなわち, そしてこの, その時分, その杞憂, その画風, その間僅かに, それから大学発行, それだけの, たいそう良い, ながく人, はありません, はこの, はすこし, はそれ, はちょっと, はどうも, はなかつた, はなから, は一方, は別段特に, は取残された, は口語, は密室殺人, は記録者, ほかの, またお, もう少し濃い, もとエタ, やはり早川, よく引き, ゐて, エノケンで, キザな, タロク・カードについて, ドイツ語で, ドラマに, ホラ, リストの, 上に, 上の句の, 不快な, 世の中に, 中宗, 之も, 之を, 二者の, 二階建の, 人の, 人生記録としても, 今では, 今でも, 今迄とは, 代表的な, 体験に, 何んな, 作者が, 作者の, 作者五十二歳血の, 全然新, 刀身二尺二寸裏銘に, 初めて作品, 前作を, 十分生活の, 厨を, 可なり, 同じく光沢, 同志小林多喜二の, 嘉永四年猿若町の, 団十郎は, 大正四年の, 女の, 子女が, 孔子子, 実感だらう, 左の, 巧妙で, 幸いビクター, 当時の, 当時漱石は, 彼女が, 恐らく藤原宮時代, 想い出すの, 意図した, 感慨も, 懇, 成功という, 扱われた範囲, 拙いが, 描写した, 救い出されたもの, 文人としての, 文化十一年五月に, 日本の, 明代の, 明治以来上場された, 明治十一年新富座の, 時価三千円だ, 書いたと, 書懸る, 最もすぐれた, 最も感銘, 最も有名, 有つたらう, 有名な, 有島さんが, 有島武郎さんが, 本人は, 椿岳独自の, 概ね出陣, 此詩と, 毎日夫婦し, 浴泉の, 清玄を, 漢王即位の, 片づけられるよう, 特に目, 百タレンツ今の, 真に奇想天来, 知つてゐる, 私の, 秦嶺も, 笑った女, 米斎君の, 綿々たる, 美しいもの, 自然への, 花祭りなる, 行きたい行きたいと, 見た, 覚えて, 近代の, 近江に, 連作の, 郭公一題二百句などという, 鑿の, 関東では, 順序無く, 題目は, 鴎外の

▼ 作つた~ (199, 1.9%)

15 もので 11 と云 10 ものである 7 ものが 6 といふ, といふこと 5 ものと 4 といふの, と言, もの, ものか, ものだ 3 ものに, ものを

2 [12件] からである, ことが, では, といはれ, にし, には相違, に違, ものであります, ものでない, やうな, らしい, 故か

1 [89件] あの踏絵, あらゆる美しく, おぼえは, か, かう云, からこの, か分りませぬ, がその, がネクタイ, が去年, が發達, ことは, この人, この團體, だけである, つとを, てま, というちよ, といはれる, といふは到底, といふよう, といふ事實, といふ大, といふ幾つ, といふ後悔, といふ説, といふ風, とおも, ときは, としては大, としてもそれ, とする, とも知れない, と云つて, と思はれる, と考へ, と見える, と親方様, と言つて, なら青年, にした, には違, に過ぎない, に間違, のでせう, ので決して, の惡, ばかりの洋菓子, ほどの人, ものぢ, ものであり, ものでし, ものです, ものでそれ, ものでなけれ, もので素より, ものによ, ものの, ものの一つ, ものの機械, ものは, ものばかりで, ものも, ものらしい, ものらしく, もの惻々, やうに, んだ, んでえ, 作らすから, 例へば揚雄, 去來, 取るに, 在処々, 大きな籠, 大きな耳飾り, 大花壇, 如きがさ, 小さなオレンヂ, 小さな箱, 小さな車, 幾重にも取り廻す, 恐ろしい結果, 新しい勾玉, 新市街, 最も現, 泣き方, 美しい鈴, 高い帽子

▼ 作~ (186, 1.8%)

4 ありながら, 今は 3 ある 2 おとよ, また, 同じよう, 自由の, 読んで

1 [165件] あいで, あった, あったが, あらうが, あり写生, あり得ると, あると, あろうし, いい叔母, いくらか, いちだんと足, いったん養家, いまは, いよいよ起きね, うっとりした, おとよも, おなじ櫻, かなり自信, かの女自身, きまり悪, こう並ん, このとき, この三月, この時, さすがに, しかたない, した, しばしばそこ, すこぶる多く, すでに言う, するが, するよ, ずるを, せずやと, そうだ, そうである, そこでは, そこでホッ, そのまま踉, その傍, その後久しく, そばへ, それぞれの, それを, そろそろ起きね, つづいて, つまらないし, とうとうその, ない, なかった, ねころんでは, はなはだ優れたる, びっくりし, ほとんど光, また驚く, まだ見た, もう覚悟, ゆだんするな, ようやく人生, ようやく咽喉, ようやく生, よく読み, よし井上正夫, わたくしと, 一つ, 一人前だ, 一生懸命に, 一生懸命弁解は, 二十歳に, 交つてゐる, 亦た, 亦丑松, 亦然, 人の, 今日は, 仕様の, 伝わっては, 何となし, 何度か, 何等かの, 作者自身としては, 例年より, 個想家の, 兄の, 出て, 出る, 刀を, 前のと, 却, 原形の, 収められて, 口述が, 合槌を, 囲炉裏ばた, 多い, 多かった, 多くあつた, 大好, 大跨, 大迷惑, 太陽が, 家に, 専らこの, 居りましたの, 平生より, 幾分紅庵, 幾多の, 引きずられるよう, 弱そう, 彼らが, 後で口, 心ある, 心の, 心配せん, 思わず釣りこまれ, 急に, 手むかい, 批評したい, 拾いあつめて, 振り顧, 日本へ, 更に一層の, 書かず無名作家, 本人いっぱし, 根葉か, 死んで, 殆ん, 残されて, 母が, 母の, 民器の, 涙の, 深田に, 渋い顔, 演ぜられて, 無銘品の, 珍奇の, 発表は, 石段の, 私からの, 私は, 程度こそ, 素朴な, 続々上場, 美しい女, 能く, 腰に, 膝を, 自分の, 自然おもしろ, 薬師道の, 蚕婆も, 見たはず, 見返る, 話下手な, 豊年そうに, 責任が, 足の, 遂に匙, 酔って, 釣り込まれて, 随分変わっ, 青年の, 面白いから, 魂消て

▼ 作爺さん~ (132, 1.3%)

20 の家 4 の顔 3 のもと, の住居, は 2 のこと, の隣家

1 [95件] えらいこと, かえ, がいろいろ, がお, がおそろしく, がその, が何, が作阿弥, が加わっ, が承知, が柳生対馬, が白髪, が長屋, が顔, こそ稀代, この仕事, さっと押入れ, だとも, でけっこう, です, ではない, で日, という御仁, とお, とともに悍馬足曳, とは世, と泰軒小父ちゃん, どんな悪い, にあずけ, にかぎっ, になりきっ, になります, に会わね, に呼ばれ, に相談, に頼ん, のあと, のかげ, のところ, のむす, の住い, の作阿弥, の前身, の問い, の土間, の声, の娘, の孫, の屋根, の態度, の手, の枯れ木, の横顔, の物腰ようす, の申し出, の眼, の素性, の膝, の親切, の言葉, の身辺, の驚き, はいつぞや, はいるだろう, はすこしも, ははっと, はもう, はやさしい, はチョビ安, は仮装, は何, は出, は別人, は放心状態, は日光, は畳, は眼, は言い訳, は足, は部屋じゅう木屑だらけ, は重い, も商売, やお, やおいら, をおどしつけ, をしりめ, をじっと, をもっ, を一喝, を振り, を捨て, を無視, を相手, を迎え, 実は作阿弥

▼ 作左衛門~ (119, 1.2%)

4 の娘 3 はこの 2 の屋敷, の後ろ

1 [108件] から血祭り, から託された, か貧乏大名, が, があり, がふい, が一命, が云い出す, が出, が受けかね, が善後, が喉笛, が大手, が子, が死んだ, が眼, が身, が電光, だけは召し, でござる, と三歩, と共に猛り立つ, と四方山話, と知っ, など皆, なるべし, にそう, に伴われ, に向け, に向っ, の三十五日, の使者, の声, の変, の娘千浪, の子, の急所, の抜き, の欣び, の玄関, の老い, の背板, の脾腹, の角屋敷, の門, の項, の首筋, の魂魄, はおそろしく, はおらぬ, はすわ, はそれ, はなお, はふい, はむしろ, は一封, は一小隊, は不承不承, は不承知, は切歯, は君公忠房, は命, は咄嗟, は大, は如意輪寺, は密談, は少し, は平伏し, は当地, は思わぬ, は扇子, は手, は手早く, は改めて, は本名, は湯浅甚助, は狂気, は甦った, は病気, は禁断, は自分, は莞爾, は血刀, は説, は軽く, は重蔵, へ最後の, も, も今更, も余暇, も腰, も血, や与次郎, や比, をも見返す, を招いた, を暗殺, を眼下, を禁断, を討った, を鎖攘, を闇, を騙し討, 何故あっ, 次第に押ッ, 漸く立ち直りました, 特に此念強か, 苦しいか

▼ 作さん~ (112, 1.1%)

5 の家 2 という人, のところ, の婿

1 [101件] おおいちょい, おぬるい, おめ, か, からお, から多助さん, から訊く, があたし, がいれ, がお話し, がかわいそう, がそう, がと喚く, がはいっ, が与八, が何, が到頭, が可哀そう, が向っ, が帰つて, が拾った, が来, が着いた, が首, この人, ごまかしちゃ, ちっとお話, ちょっと手ぬぐい, でしたね, ですかい, でも, という今, という土地, という楊梅, とぼけちゃ, と云っ, と多助, と夫婦, と懇意, と欲せ, と称し, どうしたら, どうだ, におごらねけり, にその, にも大変お世話, に二人, に口一つ, に宛て, に抱きついた, に栗, に気, に聞いた, に詫びついた, のお話, のかみさん, の十六, の口, の家内太夫入門, の手, の方, の酔った, の阿, の顔, は, はおごる, はかみさん, はその, は丈夫, は事情, は云, は仕合せ, は使い, は唯, は大層, は大抵, は幸右衞門どん, は店, は我が, は私, は草鞋, は言いました, もお, もおごるなら, もこう, も世, も亡くなりました, も圓次さん, も強, や一大事, よく来, を嫌う, を嫌っ, を訪ね, 久しくお, 今話, 忘れたとは, 暫く, 本当に暫く何, 本当に来てた, 流しましょうか

▼ 作つたの~ (112, 1.1%)

20 である 7 では 3 であらう, であります, であるが 2 だ, だと

1 [72件] か, かお, かといふ, かと尋ねました, かわからず, か分らぬ, が, がトルストイ, がピイ, が今, が即ち, が名代, が此, が猫柳, が目録學, が簡, が遂に, さ, だから, だが, ださうだ, でありますから, でありますが, であります所, であるか, であるから, であるといふ, です, ですか, でないから, でなく見慣れて, でなければ, でも, と同様, などもやはりさ, にち, にまだ, に斯, に比すれ, は, はみな, はグウテンベルグ, は一方, は一體六朝時代, は中学, は二十首, は全く, は其正当, は其正當, は勿論, は呪言, は姚察, は安政中, は少し, は所謂尊王, は昭和十六年, は最も, は李徳林, は極めて, は歴史, は道明寺屋吉左衞門, もある, もお, も一つ, も公爵邸, も有る, も皆, よりもよく, を各地, を喜ん, を版, を間違

▼ 作である~ (108, 1.0%)

6 ことを 4 がその 3 がこの, ことが 2 か, かをも識ら, ことは, ところの, とは何たる, のに, のみならず, のを, ように

1 [74件] かは手もと, かは知らない, かもしれぬ, かも知れない, からこれ, からその, からで, から曲がり, から此短歌一首, から油, から私たち, から私達, から第三者, から謹んで, かを決する, かを考え, か判らない, か明らか, が, がこ, がまた, が中, が依田学海居士作, が内容, が四五句, が寧ろ, が支那, が故に, が現在, が番附面, が結局, が青年ごろ, けれどもまだ, ことには, この小品, この描法, ためここに, だけ, だけさ, だけにそれ, だけに他, といい, といひ, といふこと, といふやう, といふ志賀直哉氏, といふ意味, といふ感, とかいずれ, とか傳, ところに, としたなら, とする, とは言っ, と云う, と伝えられ, と告げられました, と思つて, と物, と私, と結論, と話した, にしろ, のでその, のは, を頻りに, クープリンの, 上に, 乎先年の, 事を, 司馬遷にとって, 私は, 野間氏の, 飴売の

▼ 作~ (103, 1.0%)

8 ている 63 ていた, て居る 2 てこれ, てその, て敵せん

1 [77件] あるいはまた常に, その女子, それを, てある, てい, ていよいよ, ておのれ, てきめつけられる, てこの, て不, て二, て云, て以, て叫びぬ, て叫んだ, て喧しく, て喰料, て大事, て奮進, て婦人, て宮, て尼, て川原, て廊下, て彼, て憚ら, て憤る, て我作, て或は, て戻っ, て掌中, て早口, て来た, て欲, て渡っ, て滔々, て益す休まず, て直行, て立ち, て絃歌, て而, て聞く, て苦痛, て行方, て襲う, て見, て見えた, て言う, て詈, て讎, て貫一, て速, て頌せ, て頌せん, て頼朝, て飛びかかる, て飲む, ながらわっ, 一の, 一字も, 優しき声, 先ず, 句を, 年を, 弥勒仏の, 心の, 抗然, 日入, 書を, 松柏を, 正しく正, 毎も, 甲高く響いた, 竜鱗で, 自国語を以て, 苦を, 附近の

▼ 作~ (95, 0.9%)

3 といふ, と云, と思う, よ 2 しおなじく, そうである, という, というの, と思っ, と思った, と思ひまし, と思ふ, と言, な

1 [63件] からつい, からであろう, からとて一纏め, から個々, から同じ, から大金, か何だか, か尋ねた, が, がただ, が中野, が啄木, が天平勝宝七歳三月三日, が彫り, が思ひ, が部分, けれどもこの, この頃, つたあの, つたといふ, つたのです, つたのを, とある, とい, ということ, という意味, という木彫, という気, という説, といはなけれ, といふ由緒, とお, とかその, とか冒険小説風, とか力作, とか弘法大師, とか或は, とか言, とけなしつけた, としても貫之, としても鑑賞, とする, とは云えません, とは思っ, とは認め, と云う, と云うだろう, と今, と伝えられる, と信じられた, と古代, と彼ら, と思, と思い込む, と申します, と矢代, と知る, と覚え, と言っ, と言った, と言われる, 浦久保の, 而し

▼ 作には~ (89, 0.9%)

2 よく何, 尚文章語脈, 美しさ, 至純な, 芸術の

1 [79件] あまりに複雑, いくら鉛筆, かなうべくも, かなりいろいろ, かねがね敬服, かねてから敬服, かまわず運転手, ここを, この他, しのぎ藤四郎, そういう山男的, そのよう, それ以前の, どう書かれ, どんなにその, どんな作, なおさら美し, また藤作, まだそれ, むづかしくて意味の, もう疑問, もちろん間に合わせ, やつぱりさういふイヤな, わざわざこの, アメリカへ, ポーの, 一つ一つの, 一八九三年八月三十一日と, 一昨年の, 不足な, 中も, 主觀, 人間の, 余り感服しなかった, 個想比較的に, 優れたもの, 入らない訳, 判らなかつたの, 剣の, 力を, 厭気が, 叔母が, 多少の, 尚読者, 常に一定, 常に自信, 感心し, 或る, 探偵小説的要素が, 明清の, 時として先師豊国, 時として誤謬, 構成派として, 欠陥が, 歌らしい, 段々かう, 浮世絵や, 無理な, 相かわらず, 相当, 真に驚異, 私の, 箏の, 自己の, 自然への, 見覚えの, 話さなかった, 誰かを, 誰でも, 身に, 造形的な, 違いない, 違ひない, 際立った道徳的, 非常な, 面白いの, 面白くなかった, 類想比較的に, 駄肉が

▼ 作阿弥~ (79, 0.8%)

2 の駕籠

1 [77件] か作阿弥, がどういう, が出馬, が小屋, が戸口, が振り, が振りあおい, が柳生対馬守, ただちに長屋, たるゆえん, である, であること, で彫刻, ということ, というたいへん, という御仁, という者, とその, とひとり娘, とチョビ安, と看破, と蒲生泰軒, どの, にお, に会い, に会いたい, に会う, に会わせ, のかり, のひとりごと, のアトリエ, の仕事部屋, の作阿弥, の前, の力, の命, の声, の姿, の家, の弟子, の神馬, の膝, の芸術心, の言, の言葉, の話し声, の身寄り, の願い出, の馬, はいっかな, はおそろしい, はじっと, はすこし, はそう, ははじめて, はふたたび, はまるで, はやはり, はクルリ, はニッコリ, は垢, は急, は憮然, は暗然, は気, は竹, は迷っ, は長屋, は馬, へ, をかねてから, をこころ静か, をたずね, を厩, を説きふせ, 主水正, 同時に二人

▼ 作として~ (69, 0.7%)

2 世に, 得意の, 最初の, 発表された, 発表した, 私は

1 [57件] あの独特, あるから, かなり評判, きわめて珍しい, これも, その完成, その後に, それは, ゐるが, 一日も, 不朽なる, 久しく喧伝, 人口に, 今に, 他の, 傑作だ, 傑作の, 入選し, 全体の, 六十の, 出されたもの, 出した, 出品され, 出版される, 十分に, 古く伝えられ, 味う, 完うし, 居られるやう, 展覧され, 彼独特の, 愛するに, 我々に, 書きましたが, 最もよく知られ, 有名であった, 有名な, 東京本郷の, 残存する, 殘つた名作である, 物置の, 異論が, 知らる, 知られて, 考へる自負, 聞ゆる, 見ても, 見れば, 視る, 解すること, 読むと, 読んで, 載り小倉百人一首, 迎えられ二葉亭, 長崎二絶港営清商館蘭商舘各, 間違は, 面白くなかった

▼ 作という~ (65, 0.6%)

4 のは 3 のが, のを, 事に 2 ことが, ことに, ことを, ものが, 娘が, 所に, 薬師座像と

1 [38件] お百姓, きざみ字, ことだ, その内, のです, のも, やつに, ような, わけで, わけには, んです, プロレタリア作家が, 一偈であった, 中年の, 中老人は, 二人の, 人が, 仮定を, 前座が, 娘であった, 小間使が, 役どころである, 惨めさであった, 新聞記者が, 有名な, 朴訥な, 極悪人が, 標札が, 油絵を, 焼き彫りの, 男が, 男に, 男併し, 目当が, 罪人が, 者が, 者を, 若者である

▼ 作~ (62, 0.6%)

4 の爆死事件 3 を爆死 2 がいよいよ, を抹殺

1 [51件] からは譴責, がこのごろ急, がそんな, が乗った, が乗つてる, が亡ん, が倒れれ, が奉天, が威, が排日, が敗退, が近年阿片, が頻, と共に黒竜江省督軍, と呉佩孚, と呉俊陞, と義兄弟, と言はず, に軍資金, に飛行機二台, の事変, の全盛時代, の兵三十万, の周囲, の奉天派, の将士, の意, の晩年敗戰, の東三省統一, の死, の没落, の漫画, の爆死, の爆死事件以来, の爆死後, の第, の行動, の軍事顧問, の骨, はまだ, はソロソロ, は三十万, は勢い, は如何なる, は決して, は螺旋, は重傷, は非常, や徐総統, よりもその, を対手

▼ 作では~ (50, 0.5%)

6 ない 4 なからう 2 ないか, ないが, なく一家, なく合作

1 [32件] あるが, あるまいと, ないから, ないけれども, なかった, なかったろうか, なかつた, なかつたらうか, なかろうかと, なかろうかとさえ, なくして, なくずっと, なくそれ, なくて, なく圓朝以前, なく安島, なく民衆的作品, なく画工, なく職人, なく運慶, 一番感服出来ない, 大概それを, 女の, 完全に, 新青年, 次第にそれ, 無かつ, 無論無かっ, 絵附の, 苦楽の, 那様関係ばかりを, 青丘会新作展覧会

▼ 作から~ (38, 0.4%)

2 だった

1 [36件] いって, いつまでも, うばったこの, おとよの, とうの, はじめて追, むす子, われわれが, オレの, 一層深く, 一歩さがっ, 享けたところの, 今度の, 今日の, 伝授される, 別れるであろう, 受けた印象, 受け容れられた感じ, 古歌, 寝物語に, 小言が, 思付いた, 感得できる, 拾ひあげた, 推すと, 昭和五年春迄の, 最後の, 正しい工藝, 第二作, 筆の, 聞いて, 見れば, 近く来た, 逆に, 離れ逸作, 順に然ら

▼ 作~ (37, 0.4%)

9 てくれた 4 てゆく 3 て下さい 2 ている, てくれる, てみる

1 [15件] からよ, たかと, たらい, たりし, たりした, たりする, たり直し, たんだい, ちやなんね, てあげます, ていただい, ていただいた, てくれない, てみたら, てる

▼ 作つた歌~ (36, 0.3%)

4 の一つ 3 である 2 が其完, が生徒皆, と言, を誰

1 [21件] が一種, が無い, それから東京, そんな風, だつけ, であるといふ, で一人位, とつき合せ, なん, に, の大, の数, みたやう, もあまり, もぜひ, らしく見える, をゆくりなく, を短冊, を見ます, を輯め, 死なれた後

▼ 作~ (31, 0.3%)

1 [31件] が如し, この雌, という威相, といふ順序, にせよ, にはあらず, にやト, に及ん, に忍びぬ, に慣れざりき, に至らしめ, は今, は春, も本書, も此, を当り前, を恥じざる, を憚ら, を肯ぜん, を見, 不思議なる, 両種, 事宜, 可らず, 所以が, 故に夫婦, 種子とや, 結果に, 美女の, 間ま, 間も

▼ 作~ (30, 0.3%)

9 のである 5 のです 2 のだ, のだろう

1 [12件] のじゃ, のであります, のであろう, ものと, る説苑の, んだ, んです, 心から軽口, 男だ, 話を, 調子で, 風が

▼ 作にも~ (30, 0.3%)

1 [30件] うか, この傾向, さした, すこしばかり, せよ, それだけの, それは, ただその, ちょっと想像, なんらかのスリル, まさって, また禅家, 何卒ないしょ, 作者知らずとして, 劣る事, 十分具わっ, 取掛らないで, 同様の, 名は, 多少は, 少しも, 或共通, 決して曲げない, 皮肉は, 趣味を, 軽焼の, 通じて, 酒の, 随分, 随分善い

▼ 作~ (28, 0.3%)

2 かの女

1 [26件] お兼, お前お, それからそれ, やぶにらみの, アい, 一知半解ながらも, 二三十人あまりの, 二作悪い, 何か, 十部作, 古歌, 奥へ, 志賀直哉氏の, 手代の, 杉浪之, 桃, 橋本静水の, 此方へ, 田舎侍は, 皮肉な, 聖林寺観音などを, 脱走の, 評には, 魘れ, 鳶頭の, 鶴の

▼ 作~ (27, 0.3%)

2 があらう

1 [25件] が云, された, されたる根本動機, したので, する必要, せば, だと, だらうが, でないと, といへ, とかを何處, と威嚇, と強制, と打算, と言, には到底, の歌, の跡, は本人, もあり, もなく, も技巧, も餘, らしいと, を要する

▼ 作~ (26, 0.3%)

2 の宮本村, の方, の牢人

1 [20件] から出, だね, であるが, であると, に入っ, のお, の吉野郷, の実家, の宮本武蔵どの, の家, の山, の方角, の津山, の生れ, の田舎者, の町, の郷士, はどこ, へも落ちず, より三十里川舟

▼ 作~ (25, 0.2%)

2 は直ぐ, も知れず

1 [21件] がその, が寄合, が書い, では一体全体, との少年時代, と一所, と一緒, と作品, なしに, の儀, の心, の東洲齋, の生活観念, の眼光外, の素質, はその間, は一人, は失礼, は本所緑町, をそこ, を取り巻い

▼ 作右衛門~ (25, 0.2%)

1 [25件] がかつ, がはじめて, だ, では, という男, という者一番首, とは稍晦, と初めて, と申す, に旅費, に預けられた, のこと, の兄弟, の善美, の子, の話, の話し, の邸, はある, はこう, はむしろ, は五人扶持二十石, は千束島, も藤太郎, を顧み

▼ 作とは~ (23, 0.2%)

1 [23件] いえないであろう, おそらくド氏, それまで, 仲が, 信ぜずラジプット・ペインティング, 兄妹同様に, 全く独立, 又別, 思えぬ気, 思えねえくれえだ, 思っちゃ, 思はれずと, 思わぬが, 斯うし, 根底において, 歯車が, 申しながら, 見えず, 言ひ, 違った体格, 遠いもの, 鎖駕籠の, 顔見知りであり

▼ 作左衞門~ (23, 0.2%)

1 [23件] が, が媒妁人, が最前, という郷士, とシーボルト, と申す, の前, の家, の忰, の気, の気に入られました, の顔, はお, は太く, は始め, は彼, は憤った, は目, は直に, は自慢, は驚きました, へ係っ, も一人子

▼ 作でも~ (22, 0.2%)

1 [22件] あり又, いったいどこ, およそ村正, その才能, たまらなくいいね, ないの, ない伝蔵, なくまた, なくわずか, なければ, なんでも, よい者, ドシドシ売れ捌けた, 呼んで, 土竈を, 多少の, 大勢の, 此品では, 江戸生れ, 理窟ツぽき, 立派と, 騎手は

▼ 作~ (22, 0.2%)

3 どへん

1 [19件] がひと頃, がまた, が心, が心底, が武骨, が老, が身, どち, の一語一語, の名, はまた, は峻厳, は素より, は見えた, またおの, も亦, も子さ, を首肯, 我が子

▼ 作といふ~ (20, 0.2%)

2 娘の

1 [18件] ことが, ことに, ことになつ, のが, のだ, のは, ものが, やうな, わけで, 一事を以て, 三十男を, 二人の, 博勞が, 小娘を, 男が, 百姓である, 老農夫, 馬鹿息子が

▼ 作~ (20, 0.2%)

2 を連れ

1 [18件] が與助, が酔っ, が魘, だと, でごぜ, と二人, と云う, と申す, に少し, に渡し, に遣ん, の腰, の馬, は, は少し, は是, も身の毛, 舐めろ

▼ 作との~ (19, 0.2%)

4 間に 2 関係も

1 [13件] 不和を, 中間に, 仲が, 噂が, 婚礼の, 比較に, 相連絡, 縁談の, 間で, 間にも, 間を, 関係に, 関係を

▼ 作した~ (18, 0.2%)

2 太子疾が

1 [16件] か其後, ことが, とある, ということ, といふこと, とのみ記し, のだろう, のであろう, ほどのもの, ものと, 後の, 手入である, 筈である, 者も, 舟列は, 貧乏町

▼ 作とも~ (18, 0.2%)

1 [18件] いう, なったこと, 云へる, 出来栄えは, 思えぬあやし, 思って, 思われる草稿, 更正作とも, 知らずた, 知らず何時頃, 自然に, 被下, 言うべきもの, 言つて差支へ, 言ふべき, 言われる異制庭訓往来, 顔を, 風俗描寫よりも

▼ 作たる~ (17, 0.2%)

2 かを識ら

1 [15件] かを知らないなら, こと, ことを, に価する, や世, われながら, を問はず, を失わない, を徴, を忘れられ, を誇るべき, 事様々に, 所以が, 歌劇, 馬脚を

▼ 作としては~ (17, 0.2%)

1 [17件] つまりませんね, まだまだ薄手, よく出来, 一番われわれに, 不適当, 余りにも, 余りに高く, 余り感服出来ない, 余り面白い, 余程綺麗, 優れた方, 味いがなく, 平坦である, 平尾賛平氏の, 幼稚である, 略, 私の

▼ 作~ (17, 0.2%)

1 [17件] がある, が悉く, だね, でごぜ, で宗匠, に相, に関する言葉, の苦心, はある, はない, はなく, もない, も交っ, をした, をめぐらす, を証拠立て, を面白し

▼ 作~ (16, 0.2%)

1 [16件] これは, それを, どうかと, どうか疑, よう来た, わからないが, わからぬけれども, 六分作という, 判るか, 奈何か, 忘れたが, 東国から, 活き活きと, 知りたいと, 覺えて, 駄物か

▼ 作なる~ (16, 0.2%)

4 高野山の

1 [12件] かを尋ねた, が何れ, こと大方, ものを, もの洋画を以て, を以て語句, キリスト磔刑の, ロオト, 短詩すでに, 者が, 者も, 金の

▼ 作~ (16, 0.2%)

1 [16件] か, が其處, が指した, っ, っ作内, に移しました, のとぼけた, は, はさすが, はギヨツ, はソハソハ, は日頃, は辯解, は額, も氣色, 大眼玉

▼ 作~ (16, 0.2%)

1 [16件] が活字, が読みあげられ, しても, でありました, である, ということ, とおもう, に取りかかった, の一半, の上, の中, の例, の手ほどき, の技量, をはじめた, を二つ三つ

▼ 作です~ (15, 0.1%)

2 から, ぜ, よ 1 か, からね, から読ん, がそこで, が作曲物, が兎, し書物展望版, ね, ねと言

▼ 作~ (15, 0.1%)

2 ていた, て南

1 [11件] たの, たもの, た偃蹇恣雎, た米, てい, ている, ておく, てしまう, てみ, て来る, て生え

▼ 作~ (15, 0.1%)

2 の上

1 [13件] とも見えぬ, に定めし, のテクニック, の手法, の筆, の組織, は何, らしく感ぜられたので, をし, をなした, を一生, を親, 第一免許状

▼ 作そのもの~ (14, 0.1%)

1 [14件] が芸術家, については茲, にも興味, に対しては珍, の価値, の異様, は下らない, も余り, よりも兄蘇峰氏, より作者, を全, を是非, を目的, を見

▼ 作どん~ (14, 0.1%)

2 が無, が見た, には 1 が景気, が酔ったまぎれ, じゃい, てば, てば戻らつせ, の下, の貯金, やち

▼ 作によ~ (14, 0.1%)

1 [14件] つて, つてはじめて, つてわれ, つて一躍新進作家の, つて一部の, つて其の, つて劇作家としての, つて大, つて彼が, つて愛国的熱情を, つて更に, つて近代ファルスの, つて革命の, つて高く

▼ 作~ (14, 0.1%)

1 [14件] が案内, じゃ, でお歴々, とは世, とは何もの, と泰軒居士, と申す, にお, の畠打ち, の白痴息子, はお, は幾度, も澄夫, やお

▼ 作をも~ (13, 0.1%)

2 忘れたく忘れて

1 [11件] いかなる作, ひくの, 凌いで, 加えたらこの, 収録する, 同じ力, 含めようと, 天才の, 忽せに, 発表しない, 讃えるという

▼ 作~ (12, 0.1%)

2 アに, アの 1 お作, しむ, しむと, しむるの, でかな, ないうち, へあり, へも含め

▼ 作つた人~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, であつ, である, でなきや, にはいつ, のわからない, は別, は同, は路頭, もある, もわからなくなり, を聖人

▼ 作であり~ (12, 0.1%)

1 [12件] しかもこれ, ながら一, また秀潤, 一夜漬け的な, 且つ自ら前期, 作者にと, 同年の, 同時にあの, 新感覚派的手法, 日本民族の, 未発表, 貞資の

▼ 作など~ (12, 0.1%)

1 [12件] いう古い, いずれ劣らぬ, いふ人物, かれの, たんと集っ, みなそこに, 世界の, 夫れであり, 就中その, 這入ると, 集められた, 黒人側からは

▼ 作~ (12, 0.1%)

1 [12件] が撮影, が橋本宗吉, などはおと, に別れ, に過日, の九拝, の結婚, はたった今, は九拝, は斗満, は父翁, を煩わし

▼ 作~ (12, 0.1%)

1 [12件] がもし, して, に努力, に取りかかる, に生命, に耽る, の上, の心, の成果, は所詮, をやる, を断念

▼ 作つた時~ (11, 0.1%)

1 [11件] からもう, である, に梯, のやう, の年號, の気持, の現存, はまだ, は其説, までに歴史, もさうで四庫簡明目録

▼ 作より~ (11, 0.1%)

2 世にもて 1 さらに偉大, 下がって, 寧ろ引用, 早足に, 民藝の, 甚しきは, 遅れて, 遥か美しい, 集めて

▼ 作右衞門~ (11, 0.1%)

1 [11件] が処, が出, が媒妁人, という人, という老人, と云う, と申す, と相談, にも相談, の蔵, は頼まれた

▼ 作お前~ (10, 0.1%)

1 あの家, そんなこと, の, はなおと, は今度息子, は此, は無論, は鎌, も鮓仲間, やって

▼ 作でない~ (10, 0.1%)

2 ことは 1 ことも, という証拠, といふこと, と考へた, ほかの, 事を, 最初の, 様に

▼ 作でなく~ (10, 0.1%)

4 とも詩句 1 てはならない, てもひとたび, ても可, て其作物, やや硬い, 周公の

▼ 作に対する~ (10, 0.1%)

2 おとよの 1 動作に, 批評は, 構へ, 物の, 表面の, 評を, 評価について, 迫害は

▼ 作よりも~ (10, 0.1%)

1 この作, ずっと前, 一層感嘆, 上質な, 前期に, 多くの, 工藝の, 決して勝れ, 筆よりも, 遙かに

▼ 作って~ (9, 0.1%)

5 魂入れず 2 魂入れずじゃ 1 魂が, 魂入れずだ

▼ 作つた詩~ (9, 0.1%)

1 がある, ですわ, といふ, などが遺, なの, に, の中, を歌, を見せたい

▼ 作つてそれ~ (9, 0.1%)

1 が詩, に勝手氣儘, に穢れ, へ鍋蔓, をどう, を一般に, を公認, を持つ, を與吉

▼ 作~ (9, 0.1%)

1 ふ, ふ猴, 入集, 居るだけ, 折角楽しみ, 書が, 本職の, 生徒一人から, 附従する

▼ 作であろう~ (9, 0.1%)

1 か, かそんな, という, という説, とも, ともあまり, とも技術, と御, 竹ノ

▼ 作~ (9, 0.1%)

2 行くあ 1 すぐに, たたきこむの, 向けて, 行き食事, 行くウイ, 談じ, 遺産相続通知の

▼ 作~ (9, 0.1%)

1 が逃げ出す, でも雇う, なら廉いもン, にそれ, にそれから, に俺, に妻, は今年, もある

▼ 作全体~ (9, 0.1%)

2 に一種独特 1 における巻, に非常, の手ざわり, の音楽的印象, もしくはその, を低級, を流れる

▼ 作~ (9, 0.1%)

1 がかなり, がご, が忌みきらわれた, に乗り, らしい業物, を持っ, を見た, を試す, を重臣たち

▼ 作劇術~ (9, 0.1%)

1 にはその, に於ける, の定石, の拘束, の標本, の点, の要諦, より見たる, を読ん

▼ 作~ (9, 0.1%)

1 と舅壻, の不埒, は殺人未遂, は重罪人, は韋駄保, を憎, 古今だ, 感覚派劇, 色懺悔の

▼ 作~ (9, 0.1%)

1 と連れ立った, なり, になつ, に一軒, に率, の, はこの, は山田, や宮坂富九氏ら

▼ 作~ (9, 0.1%)

3 が良い 1 が非常, であります, としてもっとも, とは, に重き, を第一義

▼ 作さま~ (8, 0.1%)

2 のお 1 にはひと, の功, の御, の禁酒, はこの, は恥ぢ

▼ 作であっ~ (8, 0.1%)

1 てこそよい, てこの, ても, て一人, て光明后, て全く, て古代, て昭和二年

▼ 作とか~ (8, 0.1%)

1 云ふも, 四分作とかいう, 某大臣, 水戸孫とか, 監督とかいふ, 言ふ, 雅楽寮の, 青磁は

▼ 作について~ (8, 0.1%)

1 いふところ, 小説として, 感じた, 感じ得たこと, 未だいろいろ書い, 考える, 自信を, 語り添える何

▼ 作によって~ (8, 0.1%)

1 いよいよ文運, 初めて彼, 彼は, 推測する, 文学の, 新しいスタアト, 目的を, 表現せられた

▼ 作~ (8, 0.1%)

1 があった, がなんとなく, が始まった, に色, に雲水たち, のお触れ, の疲れ, の苦し

▼ 作さざる~ (7, 0.1%)

1 に罵詈, に至れり, はなし, を誓, を風, 人に, 振舞が

▼ 作つた家~ (7, 0.1%)

4 の外構 1 があります, の形, は誰

▼ 作つて貰~ (7, 0.1%)

2 ふこと 1 つた, はう, ひ其下の句, ひ後, ふことも

▼ 作とを~ (7, 0.1%)

1 ならべて, 取る, 手にと, 摘み出し掌, 此に, 比較する, 自然を

▼ 作へて~ (7, 0.1%)

1 其深山へ, 呉れた菱形, 待つて, 結婚を, 華やかな, 行くと, 賺しけれど

▼ 作~ (7, 0.1%)

1 た一個, た資格, てゐる, て南, て太陽, て真白, て襲ツ

▼ 作~ (7, 0.1%)

1 せしむる, せん, せん故, なり, の直, をもとむ, を求め

▼ 作~ (7, 0.1%)

1 に油断, のつとめ, のつとめなく, のひと, の時, の道, の道徳的行為

▼ 作~ (7, 0.1%)

2 が判然, に自信 1 がその, にとうに, によって早く

▼ 作~ (7, 0.1%)

1 か, と云う, と小林様, に頓死, のお, の処, は喜田川志津子さん

▼ 作あり~ (6, 0.1%)

1 その後にも, と, とは聊か, と云, 中に, 倶に

▼ 作~ (6, 0.1%)

1 てある, ても木戸, て奥方, でもした, の天井, 度い

▼ 作かと~ (6, 0.1%)

1 寺で, 思われる, 思われるにおい, 思われるもの, 聞くと, 訝かしく

▼ 作ごと~ (6, 0.1%)

2 にますます 1 にその, に何程, に文壇, に新しい

▼ 作だった~ (6, 0.1%)

21 かな, が逞しい, にせよ, のだ

▼ 作だろう~ (6, 0.1%)

3 と想像 1 という説, としばらく, と推測

▼ 作つて來~ (6, 0.1%)

2 たといふ 1 たとでも, たとは, た事, ては御馳走

▼ 作つて自分~ (6, 0.1%)

1 で漬け, の家, の情緒, の書いた, の番, の頸

▼ 作であった~ (6, 0.1%)

1 ことには, とすれ, と見え, のだ, のでしょう, のと

▼ 作などに~ (6, 0.1%)

1 くらべると, その例, 描かれて, 於て, 浮身を, 護らせた

▼ 作にて~ (6, 0.1%)

2 見ゆること 1 不動堂の, 余の, 縁頭に, 菊五郎の

▼ 作兵衞~ (6, 0.1%)

1 が一代, が槍, が生き, の伜, は去年, は親分

▼ 作~ (6, 0.1%)

1 に世界, に徐々, に技巧, に深い, に負ける, に飛躍

▼ 作泰時さま~ (6, 0.1%)

1 が御, に背負, の御, はその, はただちに, をお

▼ 作~ (6, 0.1%)

31 が, なの, の戯曲

▼ 作~ (6, 0.1%)

1 かもしれない, としても田, とすれ, と思はれる, の牡丹燈籠, をし

▼ 作~ (6, 0.1%)

1 だと, の処, の名, は誰, もない, を一寸

▼ 作この~ (5, 0.0%)

1 たびの, ほか腕ぶし, 一篇も, 大事に, 野郎と

▼ 作する~ (5, 0.0%)

1 ことを, ところ多くは, のを, サ, 気持の

▼ 作それ~ (5, 0.0%)

1 と見, に丹羽昌仙, に土居市太郎八段, に答える, をつける

▼ 作~ (5, 0.0%)

1 と思はる, のか, もあった, ものだ, 災で

▼ 作だけ~ (5, 0.0%)

3 では 1 あって, 良い作

▼ 作だって~ (5, 0.0%)

1 これから売る, どうだ, 婿に, 悪い男, 身上は

▼ 作つた人間~ (5, 0.0%)

1 がゐる, である, などの像, に關, の身のほど

▼ 作でございます~ (5, 0.0%)

1 か, から, な, よどうも, 絵は

▼ 作などは~ (5, 0.0%)

1 いちじるしい進歩, かえってその, まだスケール, 信長も, 毎でも

▼ 作なら~ (5, 0.0%)

1 いよいよ悪, から始めやがっ, む人間これを, 安永七年に, 笑つて濟むが御

▼ 作においては~ (5, 0.0%)

1 利己主義は, 大人の, 特にやがて発展, 秀でた民衆, 絶えずこの

▼ 作を以て~ (5, 0.0%)

1 クロオデル流の, 当時世論を, 彼は, 随一と, 雄の

▼ 作を通して~ (5, 0.0%)

1 そうしたイデヤ, 作者の, 漲って, 著者自身の, 見たる戯曲家ヴィルドラック

▼ 作を通じて~ (5, 0.0%)

1 作劇態度は, 取り扱われ変形, 決して上乗, 見たるヴィルドラック, 見事な

▼ 作~ (5, 0.0%)

1 ドン, 愛読シ居ル者ニテ最近貴殿著作集, 経タルモノナリ, 荒ス猪鹿野狐等ノ, 読ムノハヒマガ入

▼ 作叔父~ (5, 0.0%)

1 が家督, が藁, の事, は其儘, 程豪い

▼ 作~ (5, 0.0%)

1 が一人窃か, だ, というの, の夜叉王, は初めて

▼ 作爺ちゃん~ (5, 0.0%)

1 が親切, のあと, のお山, もお, もみんな

▼ 作阿弥殿~ (5, 0.0%)

1 がいかなる, では御, の後身, イヤか, 御名作

▼ 作おと~ (4, 0.0%)

2 よの二人 1 よさん, よの恋話

▼ 作かも~ (4, 0.0%)

4 知れない

▼ 作せし~ (4, 0.0%)

1 ことを, とき漢廷官人の, のみ, 事も

▼ 作その~ (4, 0.0%)

1 円満柔和な, 物でで, 物よりは, 菊亭の

▼ 作~ (4, 0.0%)

2 いさん, やない

▼ 作つた句~ (4, 0.0%)

1 が, である, でなくし, にかう

▼ 作つた所~ (4, 0.0%)

1 のもの, の支那, の方形, の由來

▼ 作つた活字~ (4, 0.0%)

1 があつ, の最初, の最初の, も其當時

▼ 作つた物~ (4, 0.0%)

1 であります, ではなく, で十分, には宮廷

▼ 作つた訣~ (4, 0.0%)

3 なの 1

▼ 作つてこれ~ (4, 0.0%)

1 に応, をお, を擦, を送つた

▼ 作つてそこ~ (4, 0.0%)

1 だけで心, には決して, に坐る, に引きこもり

▼ 作つて了つたの~ (4, 0.0%)

1 だ, だつた, だらうか, でも了

▼ 作つて御覧~ (4, 0.0%)

1 なさい, な何, な直ぐ, もつと

▼ 作とかの~ (4, 0.0%)

2 女は 1 女との, 女の

▼ 作どん家~ (4, 0.0%)

4

▼ 作なりと~ (4, 0.0%)

1 なさず, 做さず, 思う, 断定する

▼ 作において~ (4, 0.0%)

1 人間の, 大衆文芸の, 自己の, 避けて

▼ 作においても~ (4, 0.0%)

2 そうである 1 人間としての, 苦痛に

▼ 作については~ (4, 0.0%)

1 とくにしるすべき, 今べつに, 引き続いて, 戦後私が

▼ 作に対して~ (4, 0.0%)

1 公に, 口は, 感じます, 抱くほどの

▼ 作への~ (4, 0.0%)

1 愛に, 理解を, 義理が, 良き見舞品

▼ 作ほど~ (4, 0.0%)

1 活, 特異な, 色彩の, 豊富な

▼ 作もかの~ (4, 0.0%)

4 女も

▼ 作よりは~ (4, 0.0%)

2 我れ 1 年代が, 省亭

▼ 作上げた~ (4, 0.0%)

1 のさ, ものである, 手工品を, 曲線の

▼ 作務衣~ (4, 0.0%)

1 に気がついた, はその, も変っ, を着

▼ 作~ (4, 0.0%)

1 の上, をする, をと見かう見し, を引い

▼ 作州津山~ (4, 0.0%)

1 に旅, の人, の在, の生れ

▼ 作州牢人~ (4, 0.0%)

1 のひとり, の宮本, の宮本なにがし, の宮本武蔵

▼ 作~ (4, 0.0%)

1 に再び, の喝采, 五郎兵衞と, 五郎兵衞一鐵と

▼ 作~ (4, 0.0%)

1 でした, とは關係, に取り, は先づ間違

▼ 作~ (4, 0.0%)

1 として二百円, の三十両, を倍, を渡す

▼ 作~ (4, 0.0%)

2 のテーブル 1 ありしと, の壞

▼ 作老爺~ (4, 0.0%)

1 さ頼まね, に頼ん, の荷馬車, の許

▼ 作譜者~ (4, 0.0%)

2 と姫 1 と對, の名

▼ 作陽誌~ (4, 0.0%)

2 という書物 1 などの類, によりまする

▼ 作かは~ (3, 0.0%)

1 明かでない, 知りませんけれど, 論じられて

▼ 作これ~ (3, 0.0%)

1 は大鳥公使, は寶掘り, も八首中

▼ 作さざれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば一日, ば一日食

▼ 作さんお前さん~ (3, 0.0%)

1 はなんと, は私, も知っ

▼ 作しか~ (3, 0.0%)

1 とれなかった, ない, 読んで

▼ 作し来ら~ (3, 0.0%)

2 ば我 1 ば豺豹形

▼ 作じゃ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 ア行こう

▼ 作せる~ (3, 0.0%)

1 損害と, 疾風暴雨霹靂に, 罪の

▼ 作つた事~ (3, 0.0%)

1 はある, もあつ, を思ふ

▼ 作つた本~ (3, 0.0%)

1 で六藝略, に解題, に解題批評

▼ 作つた畑~ (3, 0.0%)

2 が家々 1 や果樹園

▼ 作つた當時~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 の感

▼ 作つた籾山~ (3, 0.0%)

3 半三郎さん

▼ 作つた長歌~ (3, 0.0%)

1 がある, には沢山, の反歌

▼ 作つてやつ~ (3, 0.0%)

2 たり思ひ 1 たやう

▼ 作つて此~ (3, 0.0%)

1 に呪法, の狭い, を依

▼ 作つて神~ (3, 0.0%)

1 の嫁, の斎衣, を迎

▼ 作つて私~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, の名, は自分

▼ 作つて行~ (3, 0.0%)

2 つたもの 1 つたら滅多に

▼ 作つて訓~ (3, 0.0%)

3 諭して

▼ 作でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 作とかいう~ (3, 0.0%)

1 十六歳の, 惨憺たる, 源氏十二段外の

▼ 作としての~ (3, 0.0%)

1 かたちを, 進歩の, 長篇三品が

▼ 作とに~ (3, 0.0%)

1 分けて, 切って, 最深く

▼ 作などが~ (3, 0.0%)

1 あった, あります, 期待される

▼ 作などと~ (3, 0.0%)

1 どなりつけて, 何やら語らっ, 婚礼する

▼ 作などの~ (3, 0.0%)

1 一味の, 中には, 新しい勢力

▼ 作なれ~ (3, 0.0%)

1 どもその, ば佐藤春夫, ば必ず

▼ 作なんか~ (3, 0.0%)

1 恐らく一点, 抜きに, 鬼ヶ島という

▼ 作における~ (3, 0.0%)

1 友田君の, 場合よりも, 自由である

▼ 作へる~ (3, 0.0%)

1 のです, 學校と, 智慧は

▼ 作ゆき~ (3, 0.0%)

1 じゃなあ, といい, を細かく

▼ 作らしい~ (3, 0.0%)

1 がそれ, よい處, わずかの

▼ 作らしく~ (3, 0.0%)

1 五場ある, 暢気な, 甚だ愉快

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 他蟲, 直しソコニ今度ハワレ, 直サセタコトガアッタ

▼ 作一首~ (3, 0.0%)

1 あり, があつ, がある

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 治と, 進君当社社司石原堅磐君塩田村長田中邦五郎君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の, 鎧草摺之間維久令與義盛奉射

▼ 作以上~ (3, 0.0%)

1 のもの, の三人, の不平

▼ 作以外~ (3, 0.0%)

1 によい, の人, の実際

▼ 作先生~ (3, 0.0%)

1 だと, はそんな, は時々

▼ 作劇法~ (3, 0.0%)

1 であるが, のうへにだけある, を自然

▼ 作右衞門どん~ (3, 0.0%)

1 が, も旧来, 行って

▼ 作問答~ (3, 0.0%)

1 が恋愛, だから, としての意義

▼ 作多き~ (3, 0.0%)

2 を見 1 が中

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 があらわれた, の一巻, をし

▼ 作州街道~ (3, 0.0%)

1 の佐用, はその, をヒタ急ぎ

▼ 作左衛門様~ (3, 0.0%)

1 からのお, がお越し, のお

▼ 作師月子~ (3, 0.0%)

1 という女, の住ん, はいつも

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 が古く, と同様, は皆此依代

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 に頓死, の駕籠, は歩い

▼ 作殿~ (3, 0.0%)

1 の従兄, 嚇して, 頼む澄江殿

▼ 作爲的~ (3, 0.0%)

1 なこの, なしなで, なるもの

▼ 作生珠~ (3, 0.0%)

1 だその, だろう, と号

▼ 作用い~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 て救い

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 沒却理想なりとい, 然りである, 面白く候

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 一部の, 三は, 二は

▼ 作~ (3, 0.0%)

2 の殆どみんな 1 と漢学

▼ 作~ (3, 0.0%)

1 と同じ, はすたこら, は煙管

▼ 作老人~ (3, 0.0%)

1 と立ち, は依然として, もお前

▼ 作自身~ (3, 0.0%)

1 が酔っ払っ, のよう, は三反歩

▼ 作虐的~ (3, 0.0%)

1 なもの, な訓練, に思わせ

▼ 作調家~ (3, 0.0%)

1 が為す, たらしむる, は遠く

▼ 作あの~ (2, 0.0%)

1 夫婦が, 嬉しそう

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 せきの, 爺ちゃんと

▼ 作ぐらい~ (2, 0.0%)

1 であった, 出来の

▼ 作ごとき~ (2, 0.0%)

1 は一刀, 素町人に

▼ 作される~ (2, 0.0%)

1 ものが, 過程の

▼ 作さん何~ (2, 0.0%)

1 だって勿体ない, にも見る

▼ 作しける~ (2, 0.0%)

1 よな, を又

▼ 作すべき~ (2, 0.0%)

1 ものは, 望を

▼ 作す人~ (2, 0.0%)

1 にハーモニー, は衆

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 ば此, ば飛ぶ

▼ 作そこ~ (2, 0.0%)

2 に見られる

▼ 作それから~ (2, 0.0%)

1 半月形の, 手どくで

▼ 作たち~ (2, 0.0%)

1 は弓, は池

▼ 作だけについて~ (2, 0.0%)

1 決定的な, 言うの

▼ 作だけは~ (2, 0.0%)

1 まさかおめおめと, 生き残るコンタン

▼ 作だけを~ (2, 0.0%)

1 とりあげても, 読んで

▼ 作だらう~ (2, 0.0%)

1 と云, 油を

▼ 作ちやん~ (2, 0.0%)

1 が, は取

▼ 作つたアレ~ (2, 0.0%)

1 を貴君方, を貴男方

▼ 作つたロオヴ~ (2, 0.0%)

2 はグラン・ブル

▼ 作つた丈~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 作つた下~ (2, 0.0%)

2 にひ

▼ 作つた事實~ (2, 0.0%)

2 を否定

▼ 作つた作者~ (2, 0.0%)

1 にし, もまた

▼ 作つた偉大~ (2, 0.0%)

1 なるトリツク, な先駆者

▼ 作つた品物~ (2, 0.0%)

1 が墓, に鍬

▼ 作つた四部目録~ (2, 0.0%)

1 があつ, がある

▼ 作つた夕食~ (2, 0.0%)

1 にも殆ど手, を攝ら

▼ 作つた大秦寺~ (2, 0.0%)

1 の僧, の僧景淨

▼ 作つた妓~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ 作つた新聞~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 作つた様~ (2, 0.0%)

1 な笑顔, に思

▼ 作つた樣~ (2, 0.0%)

1 な笑顏, に思はれる

▼ 作つた樣子~ (2, 0.0%)

1 です, ですが

▼ 作つた機械~ (2, 0.0%)

1 に支配, の販賣

▼ 作つた歌曲~ (2, 0.0%)

1 が既に, には

▼ 作つた法律~ (2, 0.0%)

2 の網

▼ 作つた目録~ (2, 0.0%)

1 はこれ, はやはり

▼ 作つた罪~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は決して

▼ 作つた者~ (2, 0.0%)

1 の罪, は学者

▼ 作つた舟~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 作つた草鞋~ (2, 0.0%)

1 が二十足, は丈夫

▼ 作つた菊~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 作つた蜀黍~ (2, 0.0%)

1 が丈, の側

▼ 作つた袋~ (2, 0.0%)

1 へ蕎麥粉, をクヾツ

▼ 作つた見物~ (2, 0.0%)

2 は何時しか

▼ 作つた許~ (2, 0.0%)

2 りですもの

▼ 作つた鏡~ (2, 0.0%)

1 がたくさん, もあります

▼ 作つた陸稻~ (2, 0.0%)

1 はかう, をたべた

▼ 作つて之~ (2, 0.0%)

1 を弔, を門人

▼ 作つて二人~ (2, 0.0%)

1 に持たせ, の印度人

▼ 作つて人~ (2, 0.0%)

1 をし, を笑

▼ 作つて人間~ (2, 0.0%)

1 に代, の幸福

▼ 作つて仄~ (2, 0.0%)

1 暗い薬, 暗い藥

▼ 作つて兎~ (2, 0.0%)

1 に角一つ, も角

▼ 作つて四階~ (2, 0.0%)

1 の上, の屋根

▼ 作つて山~ (2, 0.0%)

2 は南

▼ 作つて彼等~ (2, 0.0%)

1 の, の廻覽

▼ 作つて挨拶~ (2, 0.0%)

1 した, をする

▼ 作つて生徒~ (2, 0.0%)

2 に歌

▼ 作つて竹山~ (2, 0.0%)

2 に見せた

▼ 作つて答~ (2, 0.0%)

2 へた

▼ 作つて自分勝手~ (2, 0.0%)

2 に生徒

▼ 作つて菜~ (2, 0.0%)

1 つ葉, ばかり喰

▼ 作つて踊~ (2, 0.0%)

1 が初, が始まつ

▼ 作つて陳列~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 作であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば講堂

▼ 作でござる~ (2, 0.0%)

1 か, かな

▼ 作でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, が作

▼ 作とが~ (2, 0.0%)

1 あったら躊躇, 家主附き添い

▼ 作としても~ (2, 0.0%)

1 柔い, 黙阿弥の

▼ 作とて~ (2, 0.0%)

1 お前が, 高野山十二景の

▼ 作とでも~ (2, 0.0%)

1 いおうか, 云うべき作品

▼ 作と共に~ (2, 0.0%)

1 その影響, 時代の

▼ 作ながら~ (2, 0.0%)

1 其中に, 声は

▼ 作なども~ (2, 0.0%)

1 伝えられて, 決してつまらない

▼ 作なほ~ (2, 0.0%)

1 未だ西欧, 未だ西歐

▼ 作なるべし~ (2, 0.0%)

1 とぞ天平頃, 博物館なる

▼ 作なんど~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は船

▼ 作にでも~ (2, 0.0%)

1 ありそう, 此の方面の

▼ 作に対し~ (2, 0.0%)

1 増補した, 決してとりとめた

▼ 作ばかり~ (2, 0.0%)

1 だ, で伸び切って

▼ 作ばかりを~ (2, 0.0%)

1 して, 節づけ

▼ 作へも~ (2, 0.0%)

1 たらせるや, 手紙を

▼ 作ゆかり~ (2, 0.0%)

2 のコンドル

▼ 作をかば~ (2, 0.0%)

2 ふに

▼ 作をば~ (2, 0.0%)

1 勸懲の, 生徒の

▼ 作~ (2, 0.0%)

2 アル

▼ 作一つ~ (2, 0.0%)

1 しかない, は主人

▼ 作一時代~ (2, 0.0%)

1 とそして, は作者近来

▼ 作三作~ (2, 0.0%)

1 と発表, ましてそれ

▼ 作上げ~ (2, 0.0%)

1 それを, て帰った

▼ 作二作~ (2, 0.0%)

1 で片づけられる, と活字

▼ 作以前~ (2, 0.0%)

1 にある, に実は

▼ 作以来~ (2, 0.0%)

1 の作品, の書き馴れた

▼ 作以来今日~ (2, 0.0%)

1 までつねに, もなお

▼ 作兄弟~ (2, 0.0%)

1 の仕度, も来

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 に多分, の中

▼ 作内光泰~ (2, 0.0%)

1 にご, はすぐ

▼ 作劇上~ (2, 0.0%)

1 の一大創造, の霊感

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 の所, 等々の

▼ 作博士~ (2, 0.0%)

1 から, が卷頭

▼ 作即ち~ (2, 0.0%)

1 壽阿, 永井榮伯の

▼ 作右衛門店~ (2, 0.0%)

2 にも寄つて

▼ 作右衞門さん~ (2, 0.0%)

1 と云う, を頼ん

▼ 作同様~ (2, 0.0%)

1 だから, におれ

▼ 作君玉膚~ (2, 0.0%)

2

▼ 作吹針~ (2, 0.0%)

2 の蚕婆

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 によって表現, は肉筆

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 とあり, とありました

▼ 作~ (2, 0.0%)

2 天照御

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 の, の激しい

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 独楽が, 禹皐陶謨益稷是三后自古

▼ 作夫婦~ (2, 0.0%)

1 が秋, も働い

▼ 作婆さん~ (2, 0.0%)

1 だけが両手, や勘作

▼ 作字者~ (2, 0.0%)

1 の意図, を地下

▼ 作州吉野郷~ (2, 0.0%)

2 の竹山城下

▼ 作左どの~ (2, 0.0%)

1 が顔, に会いました

▼ 作左殿~ (2, 0.0%)

1 がいわるる, ばかりでなく

▼ 作彦十郎~ (2, 0.0%)

1 がへん, は変

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 一笑可被, 次韻御前へ

▼ 作必ずしも~ (2, 0.0%)

1 可ならざるなり, 面白いわけ

▼ 作戰計畫~ (2, 0.0%)

1 にし, を全く

▼ 作拝見~ (2, 0.0%)

1 てうかし, もう一作拝見

▼ 作~ (2, 0.0%)

2 の計

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 が巧み, で材料

▼ 作明治二十七年~ (2, 0.0%)

1 の二月, の五月

▼ 作明治二十九年一月~ (2, 0.0%)

2

▼ 作~ (2, 0.0%)

2 に名句

▼ 作書い~ (2, 0.0%)

2 てやはり

▼ 作未だ~ (2, 0.0%)

2 多からざる

▼ 作流石~ (2, 0.0%)

1 に光っ, に光つて

▼ 作爺さんこと作阿弥~ (2, 0.0%)

1 である, は垢

▼ 作爺さんそれ~ (2, 0.0%)

1 がさびしい, はお

▼ 作番頭~ (2, 0.0%)

1 の食え, は唐箕

▼ 作発表~ (2, 0.0%)

1 したが, の三四年後

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 を主領, 助けて

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 一八八六年一月に, 十一年一月新潮に

▼ 作聖アントワンヌ~ (2, 0.0%)

2 の誘惑

▼ 作~ (2, 0.0%)

2 なるべきも

▼ 作~ (2, 0.0%)

2 もが用いる

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 佛最, 邦以分守

▼ 作貸金~ (2, 0.0%)

1 がたいそう, が大層

▼ 作足助~ (2, 0.0%)

2 主水正

▼ 作農業~ (2, 0.0%)

1 の生産力, の進歩

▼ 作~ (2, 0.0%)

1 の女, の祖

▼ 作阿弥老人~ (2, 0.0%)

1 の制作欲, の神輿

▼ 作陶家~ (2, 0.0%)

1 に諭さん, よ茶

▼ 作陶研究~ (2, 0.0%)

1 の体験, の大事

▼1* [1200件]

あえてその, 作あたりよりづっとうまし, 作あらゆる部分あらゆる, 作いきなり庭先の, 作いくら仕事に, 作いずるとみる, 作いずれのところ, 作いつわり贋物を, 作いとしからわいた画策, 作うつしも寫した, 作えい加減にし, 作えい湯だど, 作えた家で, 作えて金を, 作えるような, 作おちかと共に降り, 作おなじく笑劇, 作おんなのお, 作からとしてゐるで, 作からなどはいくらうまく, 作からの書面を, 作からはほとんど苦しい, 作からりとし, 作がというより, 作がらを祝福, 作ッと, 作きっとそうやで, 作くだらぬレヴィウ風の, 作くるなら學校から, 作くんなすって, 作ぐらいに考えられて, 作ぐらいは筆の, 作ぐらゐは筆の跡, 作だもの, 作こう讃えるより, 作ここまで試合, 作こそ最高の, 作こそかの女と, 作こそは悉くわが, 作さあ何日でも, 作さえある我国, 作さざる者と為す, 作さしめたことが, 作さずと言, 作さずして帰りし, 作さてはなんぞ伊那丸がた, 作さらさらに何ぞこの, 作さらに上流の, 作された形が, 作さんあすこへ出, 作さんいまそこへだした, 作さんおまえさんのよう, 作さんおれの金, 作さんここに, 作さんほか六人の若者たち, 作さん一家に厚く, 作さん今夜新吉さんを連れ, 作さん俺が水車, 作さん可加減におし, 作さん家かな, 作さん御利益で, 作さん父子は船頭, 作さん私は冷汗, 作したらぜひも, 作したれどもこの, 作しっかりしねえよ, 作しつかりしろよ, 作しもって国家法度, 作し去って些, 作し得べき人なる, 作し赤茶けた地肌を, 作すこと甚だ, 作すっかり気勢を, 作すつたのです, 作すてふ野仲を, 作すべからず, 作すべしと, 作すやと問う, 作す可からず, 作す美それは白い, 作す者に非, 作す能わざるがごとし, 作ずつをとって, 作せしかど既に, 作せよと教ゆ, 作せらるるに至りし, 作せるなれば悔, 作とはまっ, 作そうら笑った, 作そっくりの抑揚, 作そのもの全体の御利益, 作それに加ふる, 作ただ今持ち合せず, 作たった一人で, 作だおうここに, 作だけがそうであるなら, 作だけに昔から, 作ださうな, 作ださうだが君, 作だったろうか当時流行, 作ゆうの, 作ちゃも偉, 作ちょいといい, 作ちょっと手を, 作つたお噺を, 作つたきれいな指環, 作つたつなに過ぎない, 作つたつけな俺ら, 作つたやまと歌が載つ, 作つたオムレツみたいに美味い, 作つたスケッチは齋藤茂吉君, 作つたタンポに油墨, 作つたトーキーが郷里, 作つたヒヨロヒヨロの矢, 作つたプログラムの一部分, 作つたプールに案内, 作つたペコペンを鳴らし, 作つたルネサンス式の図案様式, 作つたレーンコートに彷彿, 作つたロールツヒが此処, 作つた一人寝の, 作つた一人旅の氣樂さ, 作つた一幕劇で, 作つた一番古い彫刻物, 作つた一首である, 作つた三つは無駄, 作つた三角形だけしか知らない, 作つた下げ物をぶら下げ, 作つた下手な弓, 作つた下谷一番の大, 作つた主な原因, 作つた乞食は時々, 作つた事情などを知る, 作つた事東京の客, 作つた二寸ばかりのもの, 作つた五絶数首の中, 作つた人々の心理状態, 作つた人たちをお, 作つた人形や動物, 作つた人達の名, 作つた伝説であつ, 作つた位でありそれ, 作つた例は現に, 作つた先祖書に上り, 作つた光榮や演出, 作つた公卿たちよりは囚, 作つた処でどれ, 作つた切紙絵はまつたく, 作つた初に俊, 作つた制度や習慣, 作つた動機のひとつ, 作つた十六ミリほどな, 作つた十兵衞といふは何と, 作つた印を璽, 作つた古今書録によつて出來, 作つた史乘には佛教, 作つた名称でもない, 作つた周齊曾がある, 作つた呪言にも神, 作つた唐書と云, 作つた問題が會場, 作つた喪服でありまして, 作つた器をもつ, 作つた四か條, 作つた四分十五秒といふ潜水タイム最高記録, 作つた四庫全書には永樂大典, 作つた四角な袋, 作つた四角ぐらゐの大きさ, 作つた國はまだ, 作つた土地は始末, 作つた地圖の上, 作つた垣の隙間, 作つた境涯を歌, 作つた墓であること, 作つた大型のストーブ, 作つた大阪弁に於, 作つた太玄も法言, 作つた夫に就い, 作つた女であつ, 作つた女神の像, 作つた奴が碌, 作つた姿にあつ, 作つた学校の冷たい, 作つた富は自分, 作つた小指のやう, 作つた山口素堂に発する, 作つた山斎は黒く, 作つた山本氏系図による, 作つた工藝品を見る, 作つた布の人形, 作つた年譜を増訂, 作つた幾重の垣, 作つた広大な商埠地, 作つた座敷牢言葉を換, 作つた廊門を想, 作つた形は日本, 作つた彫刻が自然, 作つた彼の詩, 作つた後悔に苦しんだ, 作つた後石を陳倉, 作つた恋愛詩は此民謡, 作つた恋歌をシツダル, 作つた悲劇の恐ろし, 作つた成句と見られる, 作つた我我の, 作つた戯曲の中, 作つた所以を明, 作つた手を握つた, 作つた打物で中, 作つた批難があるなら, 作つた折に屡々, 作つた拝除痘神詞に, 作つた教訓主義的な文芸, 作つた数枚の小児服, 作つた文因ともいふべき, 作つた文字に關, 作つた文學にはよい, 作つた文政十一年の後二年, 作つた方がよかつ, 作つた方形を合せた, 作つた日である, 作つた日時が隔絶, 作つた時土臺に人血, 作つた時特殊な内容, 作つた時金石中の古文, 作つた書の自署, 作つた書物の中, 作つた書籍目録に中, 作つた最後の金石文, 作つた月日も知れない, 作つた木彫小品を彼女, 作つた木筒が二挺, 作つた札に, 作つた材で今, 作つた杖の信仰, 作つた柳田先生の著作目録, 作つた柴垣は, 作つた森の神秘, 作つた楢本盟夫がなつ, 作つた榛軒の書, 作つた樂府とはいへ, 作つた模造碑は原碑, 作つた櫛を澤山, 作つた權力の府, 作つた歌ぢやない, 作つた歌三首であるが, 作つた母でも実に, 作つた毛亨以後であると, 作つた民族の人種, 作つた民謡風に私, 作つた気持ちは容易, 作つた水田もある, 作つた水袋からその, 作つた江戸百景にこれ, 作つた沓を穿い, 作つた漢書藝文志それから隋書經籍志, 作つた漢詩を評し, 作つた漢魏注家以外の經書, 作つた潟に過ぎない, 作つた灰をヒサゴ, 作つた為兼もが自身, 作つた熟語の多く, 作つた爲歐米の教界, 作つた版木でありますその, 作つた狹い空間, 作つた王昌齡であります, 作つた璧といふもの, 作つた瓢を那覇, 作つた甘美な哀愁, 作つた田圃ぢやけに水, 作つた田舍の氣, 作つた由來が分り, 作つた男である, 作つた百姓は毎日, 作つた皿で食事, 作つた矢はその, 作つた石の矢の根, 作つた社会が不正, 作つた祕府略は前田侯爵家, 作つた私の旅, 作つた秋の日あたり, 作つた立派なハンケチ入れ, 作つた童謡です, 作つた筒形の陶器, 作つた箸は生々, 作つた籠題だつたの, 作つた綱は白い, 作つた縄を用, 作つた罰ぢやねえか, 作つた美術品工藝品であ, 作つた習慣に還つ, 作つた翻案なの, 作つた聖像が今, 作つた肝腎の事, 作つた脅迫状を父, 作つた脚絆をは, 作つた腰簑を搖すぶり, 作つた自分達の楽園, 作つた自然の邪魔物, 作つた舞台がちやんと, 作つた船であり思想的, 作つた芝居を保存, 作つた芭蕉は近代, 作つた花壇が庭, 作つた若者が怪しげ, 作つた英語の詩, 作つた茶山も知らなかつた, 作つた草体が奔放, 作つた草花の數, 作つた葭簾張の便所, 作つた藝文略はそれほど, 作つた藤棚の藤, 作つた蘭軒の画像, 作つた蘭軒略伝が既に, 作つた覚えはありませぬ, 作つた覺えは, 作つた解嘲を, 作つた言葉の出る, 作つた詞である, 作つた詩どれか覚え, 作つた詩佐藤一斎の筆蹟, 作つた詩式といふの, 作つた詩文はへんてこ, 作つた詩文集が非常, 作つた調査はそれ等, 作つた講談本に始ま, 作つた贅沢な建物, 作つた贋物の書画, 作つた路がシヤノン河, 作つた遊女も或は, 作つた道具とか武器, 作つた道徳習慣の制約, 作つた部分で例へば, 作つた部屋があります, 作つた都會の中, 作つた酒だ相, 作つた野菜はヨリ, 作つた鈴の音, 作つた鉛筆畫の裏, 作つた銛がさ, 作つた鍵の手, 作つた鍵袋を出し, 作つた鐵砲玉を充たした, 作つた鐶を戴い, 作つた防風林をどしどし, 作つた陣地をどうして, 作つた陥穽へ落ち込ん, 作つた陽気な唄, 作つた階段に足, 作つた集古今佛道論衡實録の乙卷, 作つた雑器こそは貴重, 作つた雛形を見た, 作つた電話は雇人, 作つた靴を履き, 作つた頃のこと, 作つた頃仲橋の古道具屋, 作つた頃私は目白臺, 作つた顏は四十そこ, 作つた食物を食, 作つた驚嘆に値する, 作つた體裁になつ, 作つた麟徳暦であるが, 作つた鼻緒がぶつ, 作つていただきに參つたの, 作つておきながらいま, 作つてお出ででせう, 作つてお初穂をあげなけれ, 作つてそつと守り袋, 作つてたけを出し, 作つてただ家の形, 作つてはく事を考へ, 作つてはつきり見えるの, 作つてみのるの手, 作つてみんなにやらせる, 作つてめつたに寄りつき, 作つてもれえてえ, 作つてゆかはあみ, 作つてわたくしに渡しました, 作つてわたしに贈つた, 作つてんだが, 作つてアメリカへ遠征, 作つてガンを死人, 作つてスミツカリを入れ, 作つてビールを出した, 作つてフウフウ息を吹きかけ, 作つてホテルを訪ね, 作つてヴィンデルバントの, 作つて一斉に, 作つて一緒になつ, 作つて七志と云, 作つて三生唖子, 作つて上を綾羅錦繍, 作つて上つたのである, 作つて上つた所が莽, 作つて主人の部屋, 作つて事業の経営, 作つて二三の劇詩, 作つて二十首にし, 作つて云つた慰藉とも教訓, 作つて人々を喜ばす, 作つて仕事をし, 作つて以來細君と仲, 作つて会つて来ました, 作つて何時までも何時, 作つて假面の樣, 作つて入交り石炭, 作つて公民の数, 作つて其に穢れ, 作つて其事を囃した, 作つて其所で可愛い可愛い, 作つて其行を送つた, 作つて其跡に続いた, 作つて冷吉を坐らせ, 作つて動揺めき渡る, 作つて勝を求めた, 作つて勢揃へをする, 作つて反戦態度を明, 作つて叢つて居るらしい車, 作つて可なること, 作つて各地に出開帳, 作つて周を退け, 作つて呪咀をした, 作つて味噌を盛つた小皿, 作つて呼号したり, 作つて唄つたり, 作つて問屋を奪, 作つて嚴重に取, 作つて囃立てたといふ, 作つて國へもどつ, 作つて塩田真に託した, 作つて墓場に立てた, 作つて外の語, 作つて天下の女學生, 作つて天神地祇を祭つた条, 作つて夫婦神を据ゑる樣, 作つて好奇の眼, 作つて妙にモヂモヂ, 作つて娘の手, 作つて子供達を喜ばせた, 作つて孟宗竹のあ, 作つて学校に行く, 作つて孫達と花見, 作つて孰れも, 作つて學問を總, 作つて宇田川町小町と謳, 作つて宙にうち, 作つて家集に薑園歌集, 作つて寢衣の袖, 作つて寫本は留めない, 作つて小説家に話しかけた, 作つて屍を入れた, 作つて屹度それを用ひつ, 作つて巴里へ来た, 作つて帰つて来て, 作つて常用門と言, 作つて平次を迎, 作つて庁前に遺し, 作つて広告を配, 作つて延喜式にはかう, 作つて彼の爲, 作つて往來に向いた, 作つて待ち取ろうと, 作つて後世に傳, 作つて御子をその, 作つて御馳走を致しました, 作つて手を入れる, 作つて拜ませて, 作つて挿入したいの, 作つて收めておきました, 作つて整列した, 作つて新法を立てた, 作つて旁主人の子供, 作つて日本語の精神, 作つて暇乞ひを, 作つて曰聞く弄, 作つて東から西, 作つて東京を離れた, 作つて林檎を売り, 作つて柱に絡む, 作つて梅の白枝, 作つて檢校の位, 作つて歌と思つて, 作つて歌合せの本格, 作つて此公債の利払, 作つて歸國したので, 作つて殆んど, 作つて母益は慰撫, 作つて毎日きまつて, 作つて毎日眞つ黒, 作つて民衆を侮辱, 作つて水の涸れた, 作つて汐をやかせた, 作つて江戸を歩く, 作つて活字の文選者, 作つて漂つて来るやう, 作つて照ちやんに答, 作つて物質の姿, 作つて特別の会員相手, 作つて独立したと, 作つて珍重すること, 作つて生活を樂, 作つて用ゐること, 作つて用意し九州, 作つて用箪笥を開き, 作つて登つて來るの, 作つて登城するから, 作つて發表したの, 作つて白人驅逐を試みるであらう, 作つて相の山, 作つて眞白の雪, 作つて祭つた事が記され, 作つて組内のそれぞれ, 作つて維管束のなか, 作つて編木を用, 作つて美緒の顔, 作つて翌日もそれ, 作つて老残の身, 作つて肩越しに婆さん, 作つて自ら慰めたもの, 作つて色々な社会主義みたい, 作つて若者に行, 作つて若葉の間, 作つて藏して, 作つて處法をさる, 作つて行つたのだ, 作つて行つた事は事實, 作つて行つた道がいかに, 作つて行つて居るの, 作つて衣裝を著せ, 作つて複雑な動き, 作つて言つた, 作つて言葉で導い, 作つて語つた, 作つて読者に頒, 作つて谷風を弁護, 作つて販賣すること, 作つて貰つたのは姫だるま, 作つて迎へたといふ, 作つて逍遙軒と名, 作つて通つて行つた, 作つて連篇累牘山積車載するに, 作つて遊び狂つて居る, 作つて道子の奴, 作つて邪魔ならど, 作つて部類分けの, 作つて采女を犯した疑ひ, 作つて金と引換, 作つて金儲けをする, 作つて金鼎玉杯銀樽等の寳, 作つて銅羅声を修飾, 作つて銘々の前, 作つて長春堡と名づけ, 作つて附録とし, 作つて隋までの間, 作つて隱居してたん, 作つて雨降つて, 作つて霊入れずの, 作つて静かに流れこむ, 作つて順番を待つ, 作つて頬を流れ落ちた, 作つて顔を歪め, 作つて飾つてある鎧, 作つて養女苅屋姫に別れ, 作つて首をもたげる, 作つて魚を切つて, 作つて黄楊の玉作り, 作つまり欧洲大戦以前に, 作づけはしない, 作てめえはなにしろ, 作であったなら大津絵とは, 作であったら庭の, 作でありまして芸術的作品, 作でありましょうちょいと, 作でございなぞは, 作でございまして釈尊滅後六百年, 作でござんすかわっ, 作でしたよその, 作で出て来る, 作といへる名高き, 作といったような, 作といつて差支へない, 作といふほどのもので, 作といふものはめツた, 作とかを頻りに耽読, 作としか思われない, 作としてのみうけとると, 作となつて居り, 作とについて述べられて, 作とのみ思へり, 作ともして結局, 作ともに敵討の, 作とやら鉢の, 作とやらをこれへ, 作どうしたの, 作どうも面白くない, 作どのこれ見給え, 作どもがとでも云いたげ, 作どんとやらが酒, 作どんオオオニが出た, 作どーん, 作なきは今日太, 作なぞとても足もと, 作なぞといういい加減, 作なぞは自慢の, 作なぞを始めた, 作などという常に一方, 作などとは思われない程, 作などにおいて瞥見する, 作などにもこれは, 作などよりはこちらの, 作などを見ても, 作なり作の, 作なりしことを, 作なりとて拙きを, 作なるべく急げよ, 作なんかにちょっとも, 作なんだか分りません, 作なんで寝転びやがる, 作においてすら彫刻の, 作にたいする聴衆の, 作にだけこの加害者婦人, 作についての感想を, 作にてと書たる, 作にては大きく半身, 作にとって一層うってつけ, 作にとっては村の, 作にとっても同様どんなに, 作になつて居まし, 作にのみ美しさ, 作にまで現れて, 作によりて我友を, 作に対しての心持つつしみ, 作に対しては記録者が, 作に対するに一定の, 作に際しての食糧過剰でも, 作はからだは, 作はきゃっと叫んだ, 作はずつと躍動的である, 作はと訊ねられたとき, 作はのべつに, 作ばあさんが一切合財, 作ばかりのものであった, 作ひとつにでも傷, 作ひどいもので, 作ふところへはその, 作へてはお房, 作へと或る, 作へながら海底戰鬪艇も, 作へはちらと, 作いであんな, 作ほどに森厳な, 作ましてそれで, 作または玄清等の, 作までときどき鍬, 作まんざら知らねえ顔, 作みたいな因果, 作の品, 作めいた処が, 作めざす国もとの, 作もと二部より成る, 作ものなどを附け, 作やっぱり十姉妹飼う, 作やつたかなあ, 作やら仮面打ちの, 作しんじつ不愍と, 作よき魂よき, 作よりか三つも, 作は意外, 作ら四五名に過ぎざる, 作をと選ぶの, 作来たても, 作アイダ四幕であった, 作ア此老年になるだ, 作イフィゲニアがドイツ, 作クセルクセスの主人公, 作或ハ以テ, 作又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 作スニ堪ユ, 作ッタ映畫ナノ, 作ッタガセガレガ又仲仕, 作ッタラドンナ時ニドンナ都合デドンナ所ヘ移転サセラレルカ分ッタモンジャナイ, 作ッタ曲デナイ, 作ッテ之ヲ行ウヲ士大夫ト謂ウ, 作ッテ下ニ滑車ヲ入, 作テキ州古川をはじめ, 作ニツキ御自身, 作ニ係ル等ハ决シテ臆断ス可, 作ニ対スル御自身, 作ハ本陣より錦之手のぼり, 作フローベルの, 作プランまとまって, 作行コウヨ, 作ヘイラッシャレバ八時迄ニハ帰レマスカラ大丈夫デス, 作マロンブラを読む, 作ラセ医療器械屋ヲ招イテ首, 作ラヌヨウニシイツモホトンド郁子ト三人デ茶, 作ラレタル過去現在ヲ, 作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 作リテ而モ健康ノ根本, 作リテ辛ウジテ彼等ノ肉体, 作リモロモロノ物品ヲ作リナセリ, 作リ一客来レバ隊中当番ノ一婢出, 作リ以テ自ラ平生, 作リ其近邊ニ徘徊スル他蟲, 作リ得レドモ組織ナル觀念ヲナシ得ザルハ, 作リ荷ヲ運ブニ用フルモノナリ, 作リ鉛筆デ, 作高八千尺, 作ルナンテ無駄ナコッチャアリマセンカヨゴザンスヨアタシハ母屋デ佐々木サンヤオ静ト一緒ニ, 作ルナンテ生意気ナ, 作ルニ適当ナ場所モナイ, 作ルノガトテモ好キナンダ, 作ルノサ僕ハ朱色デ拓本, 作ルノデアルコト予ガ死ンデカラ骨ヲソノ石, 作ルモ亦謂ハレ, 作ルヲ素志トナシ我身命ヲ賭シテ其成功, 作ル所ロニ相違無シ抔ト断决スルハ, 作ル者ナルニ捕ヘテ, 作ロマネスクはすでに, 作一人が途方, 作一人でなしほかに二人, 作一人雌猫も置かねえ, 作一作についての感想, 作一切を否定, 作一千余首中より五百五十一首, 作一名にやり, 作一周忌の夜, 作一家の内状, 作一寸こっちへ, 作一尺八寸六分の業物であり両氏, 作一番あとからかけつけまし, 作一首辞安へ必ず, 作一體に生活, 作を讀む, 作丈六釈迦像もさだめ, 作三百枚ほど持てあましたる, 作の根本義, 作上げようとし, 作上げるとか, 作上った頃は, 作上演をお, 作下女お光, 作下知して, 作人氣なる, 作不思議と出, 作不承不承に立ち出でた, 作不肖が一作, 作の意, 作が其損失以外, 作の三女, 作二十四巻巻纓の老, 作二十四歳の青年, 作二州の強兵, 作二性之資, 作二性毀壞歸於元質, 作二首梅を尋, 作五つばかり幾らか, 作人どもに命じ, 作人なんどに口, 作人情本は春水, 作人百姓ばかりの寄合い, 作人美に関心, 作人菊松は其処, 作人雲龍齋又六の弟子, 作今お前に戻っ, 作今夜はお前, 作仏房という山伏, 作仏行である, 作仕かけ文庫の, 作他力の作, 作他日よそ人に譽めら, 作代引とめ, 作以下ですから, 作以來モオリアックはいい, 作以来一七九一年のピアノ, 作以来現在にいたる, 作以釋六藝之文言, 作にはまわった, 作を云う, 作余今年四十以脚疾不能起坐已三年, 作例えば蒔絵の, 作のはしくれ, 作信じて古, 作して, 作の顔色, 作儀病身に付, 作より初代豊国, 作いといふ, 作兄いという若い, 作先夫の子, 作先生自身であつ, 作候本宜, 作入れもし, 作入れられずとあっ, 作全く彼の, 作全部とを集めた, 作八十五首を収めた, 作八峯八つ塚大杉の森, 作八方に廃るる, 作八犬伝の八犬士, 作公何を愚図, 作六十三首を載せ, 作六十餘の好人物的風采, 作共に土足で, 作兵ヤイ太郎十どうで, 作其他の神仏詠, 作内光泰福島市松などが帰っ, 作内増田仁右衛門すこし若い, 作冢始死停喪十餘日, 作冬青の木の下, 作出版は失敗, 作刀一振を, 作刀頒布会なの, 作切鍬よりも軽い, 作切鍬手斧鍬ホーハァト形のワーレンホー, 作に添っ, 作のもう, 作とを一つ, 作に候間, 作前進的作品というもの, 作と云, 作劇家ではあ, 作劇態度は必ずしも, 作劇熱がまた, 作助君に会っ, 作効果が正し, 作務日中諷経念経夜座も日常, 作務普請によりて禅, 作勝家ありと, 作よく起ち, 作北国境の癩, 作よ, 作十八九歳祇園町の揚屋, 作十六曲をまとめた, 作十年の全, 作十誰か榛, 作千匹猿の鍔, 作秋, 作沒主觀情詩, 作厚物咲を読ん, 作及び其娘お, 作叔父様が酔つて, 作取りのただ, 作受ける気も, 作句上の苦心, 作右衛門店万荒物から酢醤油石油莨, 作右衛門店萬荒物から酢醤油石油莨, 作右衛門方を出, 作右衛門末子作之助の入, 作右衛門様から, 作右衛門素捷く走り, 作右衞門さんこれで別れましょう, 作右衞門どんお前さんは年寄, 作右衞門店萬荒物から酢醤油石油莨, 作右衞門様の世話, 作吉君は山形県鶴岡, 作祐三郎等の, 作同年九月の雑誌, 作向こうだ向こう, 作君及貢君の案内, 作君片山君夫婦と話す, 作君牧場創業以来の老, 作弥は, 作和歌并以賜余余捧持而退置于几上翌日隣舎郎来云賢侯之賜, 作喜べと大枚三両, 作器観であること, 作四人四ほうへバラバラ, 作四十餘篇素より一, 作四季のうち, 作国王発願求於無上菩提心不退転為欲満足六波羅密勤行布施心無悋惜, 作国貞画とあります, 作在銘の作, 作堅香子草の花, 作墓戸川静子作死生ですが, 作多くは遊戯, 作夜泣きの刀, 作大夫である, 作大童で汗, 作大菩薩峠の事, 作天野刑部その他十七八名の味方, 作が嗅い, 作好きになる, 作妄作を云っ, 作始めという例, 作婦系図の芝居, 作婿山本又市今名もちよし, 作子供が山荘, 作孟子の母, 作学長の辞職勧告, 作宇三郎と處刑, 作定生は同, 作実は上山の, 作實效の境, 作蛾児, 作小宮山良助あッと, 作小説を脱稿, 作小走りに退場, 作小野政吉土井亀吉関口三郎次相田貞吉北山清次郎野中源蔵の十七名, 作少なからず, 作尾張中将の秘蔵, 作一泊, 作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 作島田一男のある, 作州吉野郡讃甘村大字宮本, 作州吉野郷宮本村の牢人宮本武蔵, 作州播磨四ヵ国にわたる往来, 作州杉坂越えまでは, 作州津山四五里許有之所のよし, 作州牢人新免氏の族, 作州竹山城の新免家, 作州美野という村, 作州那岐山の麓, 作工事之際建, 作左衛門これより直ちに, 作左衛門これらの輩, 作左衛門そこまでは気が付きません, 作左衛門どのの御, 作左衛門フト呼び入れた年, 作左衛門以下千五百人有家の監物, 作左衛門先生に買われ, 作左衛門君公よりのお, 作左衛門土生玄磧後の渡辺崋山, 作左衛門堀与次郎比田帯刀などの腹心たち, 作左衛門夫婦は声, 作左衛門妻木主計などである, 作左衛門妻木忠左衛門溝尾庄兵衛など明智家譜代, 作左衛門密かに家康, 作左衛門急に疑, 作左衛門明智茂朝その他の将, 作左衛門松炬を照, 作左衛門殿を御, 作左衛門気楽な心持, 作左衛門汝等神妙に帰国, 作左衛門病中大儀であったの, 作左衛門等の兵, 作左衛門越後口の津川城, 作左衞門両手を突い, 作左衞門方へ奉公, 作と言, 作巫女を案内, 作巻尾の詩, 作巻煙草を取り出す, 作帝王之統, 作帰雁の一刀, 作平賀鳩渓らと始め, 作は素材主義, 作年代は鎌倉期, 作弄獅子と, 作になった, 作弥九兵衛玉川千之丞多門庄左衛門らの俳優出, 作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 作彦十郎飯能主馬春藤幾久馬等の声, 作は朝, 作なり, 作得志虎を以て友, 作得米を上げたら, 作御前でもいろいろ物, 作の支度, 作忠臣蔵の舞台中継, 作之官具, 作するから, 作悪いのを, 作悪無恩利毒の, 作悲鳴をあげ, 作や及ぶべからざる, 作憤恐並非, 作手前酔うと, 作とは懸け離れ, 作提出作家だから, 作改め五郎兵衞は, 作故に云ふところを, 作敢諫鼓の賦, 作の少なかっ, 作敵討三組盃をはじめ, 作料したたかにし, 作料一枚一朱切付本五十丁の潤筆料, 作料工賃にも差支え, 作方奉公人なりと, 作既に其痕跡を, 作日本刀での名刀, 作日等見て, 作日頃より御, 作とした, 作明治二十七年十二月の, 作明治二十九年二月の, 作明治二十九年五月の, 作明治二十八年の一月, 作明治二十八年九月の, 作明治二十八年五月の, 作明治二十八年八月の, 作明治二十八年十二月の, 作明治二十八年四月の, 作明治二十六年十一月の, 作易年代考を發, 作春秋不以初哉首基爲始何, 作昭和四年に起稿, 作時代からあれ, 作時服部負約, 作に鳴く, 作に際して観測, 作書いてないものね, 作替へられ仙台侯が, 作最も多く且傑作, 作最初に年四回分, 作有ツテ一襄ニ満ツ, 作のそば, 作未亡人のこと, 作未着とりあへず衣田, 作未練やない, 作當だ, 作朱楽菅江唐衣橘洲手柄岡持ら皆世を去り, 作杉本良吉演出井上正夫水谷八重子岡田嘉子などと出, 作杢作及び其娘, 作東道太郎三氏の著, 作松村介石津田仙単税太郎事米人ガルスト, 作の社会風潮, 作森山汀川両角喜重丸山東一藤森省吾両角丑助堀内皆作の諸君, 作楽しさには, 作概して全部フェアであり, 作樂氏と共に本郷, 作機械だった, 作の句, 作歌川豊広画くなどは, 作武州防戦し給, 作がみ, 作歳旦の句, 作と其前後, 作死生ですが, 作殊にその小説, 作殿堂の間道門, 作も清常, 作母六十四歳と註し, 作毛皆無で古今, 作氏その他からご, 作江伍長の出生地, 作江工兵伍長の生家, 作決然たる面もち, 作泉祐三郎などの照葉狂言, 作洲崎弁天海上眺望の図, 作海坊主米屋のアンニャ, 作を拭, 作涙香小史の翻訳, 作爲叟, 作無味の味, 作無意識中に潜入, 作燕作向こうだ向こう, 作燕作殿堂の間道門, 作爲的藝能に屬, 作爲者が餘, 作爲誇張とが蔓, 作父子の孤忠, 作爺さんいま帰った, 作爺さん小首をひねり, 作爺さん救いを求める, 作爺ちゃんどこかへ行く, 作爺ちゃん泰軒小父ちゃんこれはいったい, 作之松, 作ひ人麻呂任終, 作略無礙の境界, 作畫者のため, 作で村, 作病者恐るべき跛者, 作発表以来その機会, 作發心以去延暦二十三年五月十二日入唐爲初學習と云, 作白衣観音が勧業博覧会, 作百人一首これを本, 作的スケールの雄大さ, 作的境地に自信, 作的気分の十分, 作的活動を名づけ, 作省作さあさあ, 作省作えい湯だど, 作省作そとはまっ, 作眼中の人, 作石塚重兵衛がいる, 作もしくは国, 作福禄寿図一幀等あれども, 作秀才は文章, 作本太平記, 作立てや当年, 作笑いをし, 作等その他一切の皮革, 作等卅余人を捕ふ, 作等雑種と言われた, 作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 作等雑種七万九千九十五人とあります, 作の巫咸, 作の中, 作温めるかい, 作続いて島野, 作維新の会津戦争, 作美登利といふ十四歳, 作も来合わせ, 作に障りしょん, 作肩ごしに対手, 作が空いたら, 作呂征彼九伯浸, 作自ら気が引け, 作自体はさらに, 作は夕安, 作良徳市は夢, 作良郷現在熱田の東南方, 作英国人の作, 作荒地は仲, 作菊田脚色つまらないもの, 作薬缶を持ちたる, 作藏さんが毎晩, 作藏さんお前の噂, 作藏今夜行かなければ, 作藏夢を見, 作藏御苦労誰か一緒, 作藏眼を覚まさねえ, 作藤森成吉氏の, 作藩于外自昔祖禰, 作藩外海禀化寧境恭修貢職新嗣邊業, 作の光筆画, 作虐性犯罪者でさえもそういった, 作虐者かもしれん, 作虐色情狂のつけた, 作衣如單被穿其中央, 作表通りにたちさわぐ, 作裂音だ, 作なし千鳥, 作親子はふだん, 作観音の貸し傘, 作記者は同じ, 作し人, 作でリユイル氏, 作などし, 作評判になっ, 作語症というの, 作誠によろしいが, 作読み候, 作は北村季晴, 作譜者これにて好し, 作豊饒な作, 作貴様これをやれ, 作貸しねえ, 作起きたか, 作の裏, 作は馬耕, 作噪時, 作到底見, 作に同じ, 作近い収穫を, 作逃げ口をあんな, 作通俗な曲, 作が批判的, 作の時, 作酔放逸人画の六冊物, 作金子慎吾二君来る, 作金者は作業, 作金谷藤太郎という両人, 作銀之助其他生徒の群, 作銘寸法などわからない, 作鐘鬼図一幀愛石の柳陰呼渡図一幀, 作長歌の終, 作看書松下, 作阿弥かすかに口, 作阿弥どのがここ, 作阿弥一生の願い, 作阿弥先生に御, 作阿弥殿チョビ安のため, 作阿弥老人ひとりのはず, 作陶上に必要, 作陶家各位も商売敵, 作陶展覧会場でである, 作陶態度であること, 作陶精神に於, 作陶経験を有し, 作陶資格ある者, 作にかがやく, 作陽志から美作, 作雑種七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 作雑賀虎山田三十郎山本主殿助, 作雨夜の曲, 作雲間戯とある, 作需要の増進, 作霖たるまでは手, 作霖らの意図, 作霖一個によって満, 作霖一行の乗った, 作霖張とは名, 作霖時代よりもいっそう, 作霖段祺瑞を中心, 作霖段祺瑞馮玉祥と呉佩孚, 作霖爆死の翌年四月, 作霖爆死事件をめぐってこれ, 作霖爆死以後の状況, 作霖遭難の現場, 作一時故, 作頗る多し, 作題して, 作食米の拝借, 作首尾一人裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 作馬石橋源右衛門鵜野九郎右衛門桜井三右衛門有竹作左衛門, 作鴎外訳の, 作麦僊の, 作麻縄と新聞紙, 作麼生せん