青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「佛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~余りに 余りに~ ~余地 余地~ ~余程 余程~ ~余裕 余裕~ ~余計 余計~
佛~
~作 作~ ~作っ 作っ~ ~作った 作った~ 作り~ ~作る 作る~ ~作品

「佛~」 2326, 25ppm, 4638位

▼ 佛~ (325, 14.0%)

8 の方 7 の中 5 に關, の如き 4 に對, の事, の目録, の研究, の經文 3 が支那, で云, と云, に入, の戒律, の教理

2 [31件] から來, が日本, でいふ, といふもの, と道教, の信仰, の傳播, の僧侶, の古い, の哲學, の尼僧, の影響, の惡口, の所謂, の本, の歴史, の毘沙門, の發展, の經典, の蟲, の説, も亦, も支那, を信ずる, を創め, を奉ずる, を學ぶ, を支那, を盛, 全體, 大辭彙

1 [200件] から一半, から開展, がさかん, がはひり, が人麿等, が傳はり, が其の, が墮落, が始め, が孝道, が尤も, が思想上, が早く, が東亞諸國, が東漸, が格段, が段々説, が流行, が流行つた時, が海路シャム, が渡來, が漸く, が盛ん, が矢張り, が起つた, が過去, が道教, であります, であります支那文化, であれ儒教, ですら, ではある, ではなくし, では人間, では到底, では堅く, では眞如實相, では罪深い, では過去, でも地水火風空, で成佛, で解釋致, といふ連鎖, とはどんな, とは如何なる, とは自, とは趣き, と共に印度思想, と共に多少, と共に鼎立, と其の, と前後, と同じ, と同日, と天主教, と神道, と肩, と關係, などで鍛, などの興る, なども夙に, ならば, にては此語, にとつ, にとつて相當, になつ, には僞物, には密教的思想, にも一種, にも傳, にも深い, にも釋迦以前, によく, に二樣, に依, に反, に在, に對抗, に對比, に尤も, に弘布, に心醉, に於, に此, に歸入, に法相宗, に淨信, に無, に玄弉三藏, に確信, に説く, に近い, に迫害, に通じ, に達し, に達すれ, に驚魂駭魄, のい, のこと, のさかん, のやう, の三世, の上, の五大明王等, の五戒, の五智, の俗習家等, の俤, の修行, の傳道者, の儀式, の判釋, の前途洋々, の勢力, の協力, の基礎, の外, の多く, の如く, の學問, の弘布, の從來, の思想, の意味, の慈雨, の批評, の支那, の教團, の教義, の文集, の新, の方ぢ, の最初, の極めて, の次第に, の法幢, の渡來, の無常觀, の目的, の眞如, の研究法, の立脚地, の糟粕, の統一, の經論, の聖典, の興りました, の藏經, の諸山, の諸説, の輪, の造詣, の飜譯, の高僧, は其の, は再生宗教, は勿論, は印度其儘, は取るべからざる, は必ずしも, は胡人, は西方, ばかりでなく, へてのたまはく, もあります, も必要, も然, も衰, や基督教, や波羅門, よりも寧ろ, をつきぬけた, をはじめて, を亞細亞文明, を以て單, を傳へた僧禪鑑, を唱, を始め, を學んだ, を尊ばず, を御存じ, を惡, を批評的, を抑, を排斥, を最初, を有難い, を欽明朝, を歴史的, を研究, を説くべき, を迫害, 即ち印度教化, 及び漢學, 及び耶蘇教, 各宗, 大辭彙卷一倶肥羅天, 漸く流通, 若くは, 諸尊

▼ 佛~ (204, 8.8%)

6 前に 5 一つも 4 やうに 3 前で, 前の, 山は, 山を, 道に

2 [14件] 前から, 山に, 徒の, 御石, 教なり, 教は, 殊に, 背景に, 腰から, 花の, 花を, 行者らが, 見たる幻想, 詞に

1 [146件] あたまに, うしろから, おかげだ, お下り, お引き合わせ, こと, ことなどでも, ことを, ごとき者, すがた, それらを, ために, ま, まねし, まへに, みえるやう, ものにまで, やうな, やどりさ, ヌツカに, ユウゴオと, ラフオンテーンの, 一派は, 一部として, 三教に, 三教を, 世に, 世話も, 事, 事に, 二つや, 亡者に, 人を, 人肌觀音の, 伴侶が, 伽を, 使者として, 供養を, 信心では, 修法を, 傳記は, 像に, 像は, 先達だらう, 光明寺さんに, 兩手を, 出現は, 出現以後即ち, 利益にも, 前には, 前世に, 力が, 力で, 動いて, 厨子には, 名を, 名號, 唱名が, 國のと, 土饅頭の, 在す西, 堂塔いかめしく, 外國語に, 夢に, 大鼓, 太鼓が, 如く古く, 始末やらに, 始末を, 姿は, 守の, 安置し, 實例は, 寺, 寺の, 峠も, 座で, 弟子, 影響を, 御名の, 御蔭で, 復活した, 心も, 恩得る, 惠み, 惠蒙ぶれる, 愛惠慈悲を, 慈悲に, 慈悲の, 慈悲聖母の, 教を, 數が, 數の, 數は, 新發意, 方が, 方で, 日は, 時に, 時代と, 本意を, 本當, 本體, 枕元に, 様式の, 樣子や, 歌の, 正體, 沙羅の, 涅槃である, 濁つた聲, 火, 皮下出血など, 眞如實相といふ, 眞意を, 眞理を, 石の, 碎けて, 空の, 罰ぢや, 羅漢弟子を, 美しさ, 聲が, 膝に, 艦隊は, 螺髮くろぐろ, 衆へ, 話とは, 説なり, 説法は, 調和を, 路しる, 通夜する, 道を, 邊から, 部に, 鐘鳴る, 障にも, 集りが, 靈驗を, 音きこ, 顏は, 顏も, 飾りの, 首は, 體の

▼ 佛~ (187, 8.0%)

23 の前 12 のやう 75 だ, を拜 4 の惡口, を 3 の懷, の膝

2 [13件] で, に, に供, に逢, のこと, の世話, の伽, の始末, の涙, の罰, はまだ, は天竺, みて

1 [95件] があつ, がゐる, が人殺し, が儘, が刄物, が夜遊び, が寛大, が撃つ, が祀られ, が踏臺, だけか, だね, だ惡, でございます, でも, でもあるまい, ともいひ, と云, と言つて, にされる, にし, になつ, になつて, には飛んだ, に對, に手, に毎日, に線香, のお守, のため, のところ, のみ胸, の側, の傍, の像, の大, の御, の御利益, の恰好, の戒名, の所, の打, の持つ, の枕元, の物, の甥, の眼, の着物, の耳, の飾り物, はどこ, はない, はもう, は何時引, は十六七貫目, は少し, は怨ん, は昨夜, は矢張り二階, は階下, ばかり, へお, への敬意, へ見世物向き, まで抵當, まで騙す, もない, も床, も死, も浮ぶ, も見放した, より外, らしく始末, を一, を下, を下手人, を今にも, を前, を始末, を寢, を引, を拜ん, を此始末, を片手拜, を知つて, を置い, を置いた, を置く, を見, を見たら, を見る, を調べました, を起し, を隣, 見たいな

▼ 佛~ (123, 5.3%)

25 の前 16 の中 3 の扉, へ供 2 があつ, には, に線香, の下, の隅, を前

1 [64件] ありその, からおろし, から取出した, から朝供, が粗末, が開く, が飾つて, その下, で阿彌陀如來, にそ, につ, には先祖, には精靈棚, にみ, にも部屋, にも青笹, に乘, に供, に向, に坐し, に御, に晝, に氣, に燈, に金, の, の南天, の奧, の引つ, の引つ越し, の戸, の抽斗, の掛金, の方, の棚, の正面, の燈, の燈明皿, の眞ん中, の花, の菜種油, の輪, の鈴, は, はお, はをかしい, は昨夜, は開いた, は駒込町, へ一パイ詰つて, へ一緒, へ入れ, へ案内, へ納めた, へ隱, もあ, を拜む時, を持つ, を掃除, を裏長屋, を見せ, を見る, を見上げ, を開ける

▼ 佛蘭西~ (116, 5.0%)

4 の女 3 の旅, の赤靴 2 に起つた, の為, の男, 御料理

1 [98件] から島崎藤村さん, から旅, から歸, から西班牙, から起つ, か何處, がは殊に, が嚔め, が最も, が生れ出た, が邪魔だて, ではもう, では國民, では早くから, では此遊戯, で心ゆく, で最も, と戰爭, などの批評家, なる諸, には十四人, に似, に來, に戻, に樂, に行き, に遊び, のある, のため, のみに限つた問題, のもつ, のアンクチル, のオーギスト・ルボン, のギイヨオ, のクトラレフアグ, のジョフル元帥, のゼローム, のデユボアー, のブリュンチエル等, のメヨル, のモリエール, のリオン, の一般國民, の上, の人, の介類, の何處, の作家, の勲爵士, の名, の國境, の國士, の國王路易九世, の國語, の婦人, の子供たち, の學者, の學者ダートウ・ド・メロン, の宣教師スミノー, の小説, の廉タバコ, の或, の故, の斯, の方, の有名, の本, の歴, の水兵たち, の海岸, の海軍港, の田舍, の老, の若, の詩人, の詩文, の語, の象徴派, の豫備海軍士官, の軍人, の近代, の都, の銀, の革命, の革命時代, はオメール, はブルボン王朝, は早晩獨逸, ばかりで無い, への旅, へも行つて來, やブルグンド, や独逸, を辭, を遊歴, ノ本, 大學, 女らしいの

▼ 佛~ (88, 3.8%)

4 稱へ 3 稱へる 2 おくこと, 入れたの, 唱へる, 圍んで, 引取る, 申すより, 稱へて

1 [67件] いのる, すゝめた, すゝめたり, ぬすみ堂, まつるみそ萩, ゴク, ヒクヒクと, ビク, 云ってから, 作ると, 侍者に, 信し, 信じ儒, 信ずること, 信ずるより, 信ぜず又, 信仰し, 信心する, 初めその, 前に, 口に, 唱えずに, 唱へ, 唱へても, 垂迹と, 奉する者, 奉ずる者有, 好み高麗, 始めたさ, 安置し, 寛文二年三月潰し, 尊んで, 小さく描いた, 建立せられた, 後に, 念ず, 恃まず, 拜しぬ, 拜むやうに文吾の, 拜んだり, 拜んでから, 拝むよう, 持つて, 探り汗, 本尊として, 疊の, 碎いて, 碎くほどの, 祈りて, 祈り影膳据ゑつ, 祈る, 称えて, 稱へたり, 稱へても, 線彫した, 製作し, 見せて, 見てから, 見上げなほ, 見妖怪, 覗かせたつて, 路傍に, 路地へ, 迎へに, 送つて村落, 鑄造する, 開帳し

▼ 佛~ (54, 2.3%)

3 の額 2 の涙, の臺座, を越し

1 [45件] ありと, から内陣, から唐紙, から大, が作り出され, が安置, が眼, が膝だめ, が鐵砲, さびしげ, だ, だつて, だの位牌, とかまたは, とを畫, どころか白い, などが二ツ, など少から, にも優る, に刻んだ, に眼, のうち, のおん手, の劍, の身體, は怪奇至極, は數多, は誰, や佛具, や繪畫, ををがみ, を上方, を作つて, を作つて拜, を作る, を供養, を安置, を洗, を畫かしめん, を背中, を見, を見た, を見る, を賣つた, を飾

▼ 佛~ (51, 2.2%)

3 歸依し 2 まゐ, 對し

1 [44件] あらず天台大師, おなりなさった, さ, されちや可哀想, して, その空虚, つかえて, なつた, なつたと, なり得る抔, なると, なれないと, 仕えて, 仕えながら, 仕へて, 代ればよ, 供へた水に, 反抗し, 因縁の, 夕勘定そろ, 奉つた物, 奉りかつ, 奉る人, 奉仕し, 從ふなら, 念佛衆へ, 成らせ給ん事, 手向けた菩塔婆, 於て, 歸命す, 祈つたの, 祈願を, 祟るとは, 禮拜した, 納めるなり, 總持第, 近いもの, 近き人々, 近づく心, 近よる, 遊んで, 遭り, 非禮, 餘念も

▼ 佛~ (49, 2.1%)

5 に於ける 2 であらう, では他, の大

1 [38件] あるのみ, が一番發達, が安, が支那學研究, が斯學, が本家, ではリオン市, では最も, で支那學, との關係, と相, などには同, にて支那關係, にも亦, に優る, に支那, に於, に留學, に盛ん, に送り, のギゾー, のマルセルス尊者, のラネツサン氏, の上下, の官吏, の宣教師, の小, の巨船ポール, の手, の支那學者, の教授, の文豪, の某, の殖民政策, は彼, を敍, ヲ例外トシタル歐洲, 大學

▼ 佛~ (42, 1.8%)

3 月影を, 蒼明の 2 何故に

1 [34件] あすの, あれは, あゝえに, お庫念佛, こはれて, さう, とかせ給, どうして出, まともの, われぢや, 之に, 二度ばかり, 伽藍佛教に, 何遍も, 威光を以て, 尊いもの, 弟子に, 強硬な, 往々種々, 戸外より, 文化人の, 文句を, 昔にか, 暗いうち, 次の, 殺され損, 浮かばれません, 無事だつた, 碎け顏色, 舍衛國に, 誕生した, 説きぬ娑羅双樹, 釋迦に, 靈山より

▼ 佛法僧~ (37, 1.6%)

2 といふ鳥, の事, の聲, 聞きに

1 [29件] が啼い, が想像, だけは到底, である, ですと, ではあるまい, という風, といふ, といふ如く三音, といふ發音, との差, と呼んだ, と響く, などの乾いた, に限らず, の姿, の繪, の鳴き聲, はその, はぴつたりと默, は夜, は清淨, は筒鳥, は近, もえらく, を樂しみ, を聞き, を聞く, を聽

▼ 佛~ (28, 1.2%)

1 [28件] あらゆる修行, と王法, には非, に入, に於, の佛縁, の僧侶, の大綱, の惡魔, の戒律, の教理, の敵, の海, の盛ん, の結縁, の興隆, の要諦, の話, の講義, の運, も世, も興隆, を信じ, を信ぜず, を尊ぶべき, を説い, を謗, 故遣

▼ 佛~ (27, 1.2%)

2 の前

1 [25件] から二階, が餘, でし, で手, とお, などで用箪笥, にい, になつ, になつて, に充て, に向う, に老, に閉じ籠っ, に集つた, のすぐ, のところ, の佛壇, へお勝手, へ入, へ取つ, へ居間, へ引返しました, へ持つ, へ歸, を挾ん

▼ 佛蘭西語~ (26, 1.1%)

2 で書いた, で書かれた

1 [22件] で愛想, で書かれ, で記され, で試みた, で話し, にて即興詩, に直す, に習熟, に譯, のあまり出來, の原本, の精神, の詩, の詩集, もうまく, も急, や英語, をならはせ, を全く, を教, を最も, を習得

▼ 佛~ (21, 0.9%)

1 [21件] かなり固く, その良秀, それを, そんな虐, なくなりア, やられてるの, ピリピリする, 上へ, 其の火, 唯の, 在ましたら早く, 在世の, 如何なる趣意, 本體, 流行つて公儀でも, 滅せられた年, 濟んでから, 無數, 畢る, 見えない, 進んで

▼ 佛~ (21, 0.9%)

2 朋輩の, 申すやう, 觀ずる日輪の, 言ふより

1 [13件] いうて, ならなければ, なる迄は, 云ふ, 唱へて, 変じ黄金, 平次と, 書きたる白旗, 法と, 見しは, 言つた反, 言ひたくなら, 非情の

▼ 佛~ (20, 0.9%)

1 [20件] あらば, ある, さぞかし哀れ, 五戒の, 亦其内, 人知れずこつ, 信用せん, 其の朝野廻り, 受納し, 妖怪も, 寒く御座, 憐れみを, 我爲には, 敵と, 未來も, 無事だ, 照覧あれまことに, 痛まず落ちても, 罰は, 見のがしては

▼ 佛蘭西人~ (19, 0.8%)

1 [19件] が問うた, が平和, が未だ, のそれ, の中, の信仰, の流派, の生活, の目, の頬髯, の首都, は何, は再び, は少しく, は最初, や英吉利人, らしい髯, を目, ノ自由ニ開放スルヤ

▼ 佛~ (15, 0.6%)

2 を讀んだ

1 [13件] といふもの, には果して, のうち, の一章, の中, の外, の大注, の言葉, は何千卷, は隨分盛, も存する, を指す, を讀ん

▼ 佛~ (15, 0.6%)

2 を如何なる

1 [13件] が涅槃, と同義, なぞの, に動亂, の弟子, の歸依者, の自説, の部, は厭離, は葷羶, や菩薩, よ, を指す

▼ 佛~ (13, 0.6%)

2 に讀誦, の蝋燭 1 にか, に供養, に捧ぐる, に据ゑてある二つ, に通夜, に香, の燈明, の用意, の靈供

▼ 佛教徒~ (13, 0.6%)

1 [13件] が, が南北朝時代, に恐慌, のみならず, の男性的, の集め, は支那, は昔, は熱心, は道教, は釋迦, も之, も亦段々

▼ 佛~ (13, 0.6%)

1 [13件] が得意, で, であ, で同じ, で所謂ウーブリエット, で話し, にも長, に飜譯, の一聲, の原書, の通詞, は, を必要上

▼ 佛~ (12, 0.5%)

2 へ運ばれた 1 から歸つて來, の圍爐裏, の雨戸, はごつし, は只, へ引とつ, へ窶れた, を指し, を覗い, を顧みなかつた

▼ 佛~ (12, 0.5%)

2 の懷, の説く 1 かは, が諸, が讀經, が釋迦, でみんな阿彌陀佛, の調息數息, は勝利, は行

▼ 佛~ (11, 0.5%)

1 [11件] が云う, で三武, にもまた, にも忍澂和上, のい, の呪術, の學問, の方, の都合好きやう牽強, の間, はこれ

▼ 佛教者~ (11, 0.5%)

2 の方 1 から云, から出た, が富永, が攻撃, に言, の如き, の標的, の言, は妙

▼ 佛~ (11, 0.5%)

2 を公 1 したもの, したフランス, して, せしもの, の表題, は間もなく, を手, を有, 及びその

▼ 佛~ (10, 0.4%)

1 が一パイ, が此家, のこ, の箱, の間, は單, も貧しく, を一パイ詰め, を作る, を打砕い

▼ 佛~ (10, 0.4%)

2 を青龍寺 1 であるが, と名, の六分の一, の現状, を廢, を建立, を探訪, 即唐青龍寺

▼ 佛~ (10, 0.4%)

1 が赤い, であるなら穢土厭離, といふは難, の一人, の中, の使つて, の内, はそれ, へという, へやる

▼ 佛頂面~ (10, 0.4%)

4 をし 2 をした 1 で立ちあがつ, とお河童, をしだし, をちよい

▼ 佛殿~ (9, 0.4%)

3 の前 1 と道人, などの潰れた, は兵燹後, を, を中心, を前

▼ 佛~ (9, 0.4%)

1 でないと, でないといふ, で其原話, と似, にも比丘有, に導かれ, の羅刹鬼女, を唱, 大孔雀王呪經

▼ 佛弟子~ (8, 0.3%)

1 たる修業, であつ, とする, と爲, に對, の中, の追加, を供養

▼ 佛~ (8, 0.3%)

3 に入, に歸 1 に入った, へ入

▼ 佛さん~ (7, 0.3%)

1 なんかそんな, の端坐, の肩, の背後, の頤, を拜みたい, を搖

▼ 佛~ (7, 0.3%)

2 がある 1 だよ, なん, の旦那, の者, は

▼ 佛~ (7, 0.3%)

1 にある, にては八家, のどの, の中天台, の僞作, は理, を云

▼ 佛~ (7, 0.3%)

1 などに珍, に限られ, はまことに, を摸寫, を模, を見, を除き

▼ 佛~ (7, 0.3%)

1 と齊, に此類, に見え, の文句, の經典中, を好まれた, を指す

▼ 佛~ (7, 0.3%)

1 に入る, に帰依, に心, の教, の順序, を修め, を擁護

▼ 佛~ (7, 0.3%)

1 がつくねんと, そのま, ならぬ重盛, には玉, に刻み込んだ, に見る, を頂

▼ 佛でも~ (6, 0.3%)

4 稱へて 1 稱へ, 見るやう

▼ 佛とも~ (6, 0.3%)

2 書いて, 言ふべき 1 つかぬ文句, 思はる

▼ 佛攝受經~ (6, 0.3%)

2 を千部, を姫, を寫しはじめた

▼ 佛~ (6, 0.3%)

1 が云う, が自由, は, は國家, は諭す, ほどで

▼ 佛祖統記~ (6, 0.3%)

2 に出 1 などに所謂, には貞, による, 第四十卷

▼ 佛蘭西風~ (6, 0.3%)

1 にスタンダール, に發音, に皆おれ, の暖簾, の見方, の軒燈

▼ 佛足石~ (6, 0.3%)

1 のよう, の歌, ノ存在, ヲ作ル, ヲ作ルノデアルコト, ヲ拝ン

▼ 佛たち~ (5, 0.2%)

2 を拜 1 が製作, の顏, わか立つ杣

▼ 佛~ (5, 0.2%)

1 あらう, 何, 別にお, 折々の, 總踊りと

▼ 佛~ (5, 0.2%)

1 にてはありけれ, に代, に逢, の如く, の流

▼ 佛國人~ (5, 0.2%)

1 が最も, に多, は比較的, は自ら, を傭

▼ 佛~ (5, 0.2%)

2 の本尊 1 に請じ入れ, に金, を築い

▼ 佛~ (5, 0.2%)

1 なら佛學, の新, の方, はそんな, をさせる

▼ 佛~ (5, 0.2%)

1 に誂, の勘兵衞さん, の大内藏, は菩薩像, 又六

▼ 佛教界~ (5, 0.2%)

1 にとつ, に新しい, の大徳名匠, の奮起一番, の英俊

▼ 佛教的~ (5, 0.2%)

1 な割りきれない諦め, な因果, に換骨, の色彩, 特に印度教化

▼ 佛~ (5, 0.2%)

1 だと, は亡ぼし, を刺し殺した, を滅ぼす, 呼ばはり

▼ 佛~ (5, 0.2%)

1 であ, に張る, の中, の更に, ばかり

▼ 佛といふ~ (4, 0.2%)

1 ぐらゐだ, のは, ものに, 風に

▼ 佛には~ (4, 0.2%)

2 實に 1 かかる和, 別に際立つ

▼ 佛~ (4, 0.2%)

2 供養シテゾ光陰ヲ 1 信ジナイ宗旨ナドハ何デモイヽ予ニ神様カ佛様ガアルトスレバ颯子ヲ, 冒涜スルヨウナ気狂イジミタ考案ノ

▼ 佛南無~ (4, 0.2%)

3 阿彌陀佛 1

▼ 佛教國~ (4, 0.2%)

1 であり幾多, と聞かされ, なれば, の前進

▼ 佛教學者~ (4, 0.2%)

1 でありますけれども, には目録, は別, は錫蘭嶋

▼ 佛教思想~ (4, 0.2%)

1 には離れられなく, の輪回轉生, の關係, を取り込ん

▼ 佛祖歴代通~ (4, 0.2%)

31 載の

▼ 佛~ (4, 0.2%)

1 が當つた, が當つて, と思ひ込んだ, を當

▼ 佛菩薩~ (4, 0.2%)

1 ではない, といふ, の像, の化身

▼ 佛~ (4, 0.2%)

1 だか, と一束, と別々, の爺さん婆さん

▼ 佛から~ (3, 0.1%)

1 借りた一兩二分の借金, 授かつたもの, 起つた

▼ 佛する~ (3, 0.1%)

1 といふ, の開運必然のといふ, やうに

▼ 佛とは~ (3, 0.1%)

1 いへ, いへ僕, 何う

▼ 佛にも~ (3, 0.1%)

1 救われないで, 聞えよと, 見放されたの

▼ 佛~ (3, 0.1%)

2 供へる 1 向ふ

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 和讃を, 死者に, 法隆寺金堂の

▼ 佛三昧~ (3, 0.1%)

1 で愼, に日, の道

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 とその, に列席, を行

▼ 佛在世~ (3, 0.1%)

2 の當時 1 の時代

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 がけふ, の生, を出し

▼ 佛教以前~ (3, 0.1%)

2 から我々祖先 1 からし

▼ 佛教家~ (3, 0.1%)

1 に尊崇, の眼中, は印度

▼ 佛教道教~ (3, 0.1%)

1 が行, が附いた, の本

▼ 佛松藏~ (3, 0.1%)

1 か, ですか, と言

▼ 佛桑華~ (3, 0.1%)

1 といはれ, の花, や印度素馨

▼ 佛法僧鳥~ (3, 0.1%)

2 を聽 1 のこと

▼ 佛混淆~ (3, 0.1%)

1 して, と云, の怪し

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 だと, でやぶる, とでも言

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 に三年間私, の心理學界, の文字

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 の例, の地中海沿岸諸市, の字引き

▼ 佛蘭西小説~ (3, 0.1%)

2 の傳統 1 の事

▼ 佛蘭西文學~ (3, 0.1%)

1 に精進, の教授, の旺盛時代

▼ 佛蘭西近代~ (3, 0.1%)

1 の作家, の畫家, の畫家シャ

▼ 佛蘭西革命~ (3, 0.1%)

1 に對, の話, やルウソオ

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 で三十九圓六十錢出, や獨逸, を交ぜたら有る

▼ 佛道二教~ (3, 0.1%)

1 の一敵國, の爭, の祖師

▼ 佛~ (3, 0.1%)

1 の表, や佛齒, を迎

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 何んかで, 即身是佛

▼ 佛さま~ (2, 0.1%)

1 にも中, を地獄

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 けれど貴, つたと

▼ 佛です~ (2, 0.1%)

1 が本堂, ね

▼ 佛としては~ (2, 0.1%)

1 すでにあれ, 全国的に

▼ 佛とを~ (2, 0.1%)

1 私は, 附載した

▼ 佛はを~ (2, 0.1%)

2 なごは

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 一ツトシテ勢至菩薩坐像, 二國獨兒格ヲ

▼ 佛作つて~ (2, 0.1%)

1 は居ります, 見えるのさ

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 の出方一つ, は戰爭状態

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 と術, 高足駄

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 と戰, のため

▼ 佛凝り~ (2, 0.1%)

2 が過ぎるで

▼ 佛出世~ (2, 0.1%)

1 の年代, の當時

▼ 佛協約~ (2, 0.1%)

1 は愈々, は滿洲北清

▼ 佛又は~ (2, 0.1%)

1 お庫念佛, 其他の

▼ 佛國生れ~ (2, 0.1%)

1 の傳教士, の宣教師

▼ 佛~ (2, 0.1%)

2 比丘衆一千二百五十人及び

▼ 佛學者~ (2, 0.1%)

1 の常に, の疑惑

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 でやつ, の三重

▼ 佛戰爭~ (2, 0.1%)

1 の結果, へも義勇兵

▼ 佛教中~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の天人

▼ 佛文科~ (2, 0.1%)

1 へ入る, を四五年前

▼ 佛桑花色~ (2, 0.1%)

2 の薔薇

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 には, の

▼ 佛源禪師~ (2, 0.1%)

1 の如き, の樣

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 には四海兄弟, 颯と血走れり

▼ 佛米屋~ (2, 0.1%)

2 と言

▼ 佛系統~ (2, 0.1%)

2 の哲學

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 つきて, である

▼ 佛艦隊~ (2, 0.1%)

1 と中立地帶, の勢力範圍

▼ 佛若く~ (2, 0.1%)

1 は古今東西, は運命

▼ 佛蘭西作家~ (2, 0.1%)

1 の解決, は努力

▼ 佛蘭西料理~ (2, 0.1%)

1 こそ日本人, ださうだが

▼ 佛蘭西時刻~ (2, 0.1%)

1 の三點, は羅馬

▼ 佛蘭西等~ (2, 0.1%)

1 の外國語, の如く

▼ 佛蘭西美術~ (2, 0.1%)

1 の知識, を探

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 は高踏派, を

▼ 佛銀行~ (2, 0.1%)

1 ではエスパーニャ, に用事

▼ 佛~ (2, 0.1%)

1 が律藏論藏五, であ

▼ 佛頂山~ (2, 0.1%)

2 を望み

▼ 佛領印度~ (2, 0.1%)

1 に於, の南部

▼1* [333件]

えん離れしかの晶ぎよく, 佛父さどうか, 佛くさけれどさり, 佛さま拜んで下さい, 佛さま私は惡人, 佛さん蟲馬追蟲を鳴, 佛て, 佛いましける, 佛つくつて魂入れずだ, 佛である十號具足である, 佛とか基督とか, 佛との五ヶ國は, 佛ならびに先祖の, 佛なんて實に, 佛にておは, 佛に対しても何よりの, 佛のみぐし落ち, 佛ばかり稱へて, 佛へというて, 佛をせ, 佛やらお經, 佛わが佛殿と, 佛をさえ唱えずに, 佛をとなへだした者, 佛をろがむと梅, 佛嗚呼奇ナル哉遊戯三昧, 佛沢山デ, 佛ト云ウモノガアッテ中尊ニ, 佛ト云ウモノヲ載セテイル, 佛ニ倣ッテ線彫リニシタ勢至菩薩, 佛ハ必要デナイ, 佛に犬切支丹, 佛一つお題目一つ稱, 佛一つ稱へるでも, 佛一如生佛不二, 佛まいに, 佛三寶に祈誓, 佛不二修羅即遮, 佛に出る, 佛中屈指の古い, 佛承推問子細, 佛了智教名明光親鸞の孫唯善, 佛事法事のある, 佛二國より海軍, 佛二者はこれ同時, 佛京巴里の大博覽會, 佛人獨逸人其他伊太利瑞西露西亞等の元, 佛代りにブツブツ, 佛以前に於, 佛伊二國語にも重, 佛作つた顏は四十そこ, 佛作りて魂, 佛候得バゆるして, 佛像多くあるを, 佛僧工人等の活動なぞ, 佛光寺の了源, 佛兩三返を, 佛其因縁を説, 佛具十五事を作らしめた, 佛具店で袈裟法衣, 佛などに傳, 佛勘兵衞と言, 佛せる名, 佛デ二百萬圓ダッタラ日本, 佛りに, 佛及び其派が, 佛同盟が何故, 佛同盟軍の北京侵入, 佛同盟軍侵入の際, 佛同等の能力, 佛和獨西葡等の諸, 佛喜三郎と言, 佛や其他, 佛國シエルブル造船所の一等潜行艇, 佛國何者そ露國米國何者そ苟も雄, 佛國優位を占, 佛國國民議會なり, 佛國大統領に陳情, 佛國宣教師であつ, 佛國巴里に赴き, 佛國巴里市を見せる, 佛國政府にし, 佛國殖民政策の弊害, 佛國流の殖民政治家, 佛國留學を命ぜられ, 佛國英國獨國大使別館いづれも, 佛國里昂の勞働者, 佛國革命時代に行, 佛國風範亦復如是, 佛土間のクリミヤ戰爭, 佛と相違, 佛塔神壇を寄衛, 佛壇あたりを迷つて, 佛壇ニ頭ニ綿帽子ヲ載, 佛壇佛像から大, 佛壇時計すらない, 佛壇燭臺の蝋燭, 佛を信じ, 佛天虚妄を惡, 佛を糺す, 佛姿を調, 佛嫌ひでね, 佛學といつても其研究, 佛をば無間, 佛の比較的, 佛の旅行, 佛の崖, 佛で生け捕つた, 佛師作のよし, 佛の涅槃, 佛得力三世との崩, 佛得道疑べしや, 佛ほゆ, 佛であるから, 佛愛護の御, 佛戰爭媾和の屈辱, 佛戰爭後に於ける, 佛戰爭當時の記念, 佛所説吉凶時日善惡宿曜經を見れ, 佛手柑の實, 佛教それも單, 佛教上忘るべからざるこの, 佛教主義の教訓書, 佛教以外に儒教, 佛教側に引き入れた, 佛教傳來の空想, 佛教傳道者の如く, 佛教僧侶の着物, 佛教儒教だけを國教, 佛教全般にわたつ, 佛教其他の諸, 佛教史籍を渉獵, 佛教各派の本山, 佛教四王天に在, 佛教嫌ひであつた, 佛教學必携予在英, 佛教徒正直な佛學者, 佛教戒律の文, 佛教戒律制定當時の印度, 佛教批評といふもの, 佛教排斥者の翹楚, 佛教採用の一理由, 佛教文學が歐羅巴, 佛教方面に於, 佛教既是西胡師法其徒自行, 佛教時代の文學, 佛教普行の宗旨, 佛教書でしかも, 佛教比丘も器物, 佛教渡來以後邦人の身體, 佛教發達の歴史, 佛教的思想は支那哲學, 佛教的蠱惑の氣分, 佛教研究の著述, 佛教研究者であるゴルドン, 佛教美術と人麿等, 佛教誑惑黎元宜, 佛教辭典は父母, 佛教青年會館や丸山, 佛教革命をひつ, 佛教風の饗宴樣式, 佛敵殺しは變つて, 佛再び中華, 佛日呈壽阿上人蓮座, 佛日庵北條時宗の墓, 佛日露の協約, 佛時代にやつ, 佛智禪師等いづれも, 佛のこと, 佛朗西人それがし, 佛行經, 佛本生傳に從, 佛本生經に見ゆる, 佛ノ足, 佛様ガアルトスレバ颯子ヲ措イテ, 佛様ガ歩行スル時ハ足ハ地ヲ離レルコト四寸, 佛様ダッテイヽコトヲシテヤッタ感心ナ忰ダッテオ褒メニナルサ, 佛様達ハ東京ニ置イトカレルト骨ニナッテカラモ始終アッチコッチヘ逃ゲ回ラナケレバナラナイ, 佛樣ぢやない, 佛樣奧樣と日出雄樣, 佛欄西の最も, 佛止して御座らつせ, 佛此船には魔, 佛殿法堂式の建築, 佛のない, 佛法僧聽きが近來急, 佛法大意の著, 佛法所立の人師, 佛法於百濟求得佛經始有文字, 佛法王法ヲ軽, 佛法繁昌の奈良朝, 佛法華經にまいらせ, 佛法録は戒律, 佛と云, 佛源禪師大休及び夢窓國師等, 佛源禪師空性禪師佛智禪師等いづれも, 佛滅デモ何デモ早イ方ガイヽ, 佛滅二十八日ガ大安デ, 佛滅後約四百年, 佛滅後若干百年を經, 佛は, 佛燈漸暗饑鼠, 佛獨伊を廻り, 佛獨蘭伊の四國語, 佛獨露白伊等各國, 佛獨露艦の敬禮, 佛王路易十五世の勅諚, 佛といつ, 佛生れさせまします時に, 佛生會生日の日なか, 佛畫佛具を作り, 佛相模屋總兵衞といはれた, 佛ぼとけなり, 佛礼社月見花見の御供, 佛の涎唾, 佛神三宝も尉殿, 佛禮拜の靈場, 佛程に示して, 佛に, 佛籬祖室の扉, 佛米伊の四國, 佛經的に出, 佛經經典の語, 佛の存在, 佛群集の霊地, 佛者一代藏經と名, 佛耶兩教の宗教書類, 佛と申す, 佛自身であつ, 佛を逆襲, 佛苦笑したまひ, 佛英ニ至リ漸ク以テ日耳曼地方ニ至リシハ, 佛英獨及び日本, 佛と申す, 佛蘭士大使館武官館以下西洋人の住宅, 佛蘭察等共同樣之御答, 佛蘭獨その他各國, 佛蘭西あたりの少年, 佛蘭西のは其實位地, 佛蘭西ト露西亞ニシテ甲ノ徴兵國ガ乙, 佛蘭西ニ對スル愛國心ヲ, 佛蘭西中部地方出のシモネエ, 佛蘭西人さへプルウスト, 佛蘭西人つて奴は何, 佛蘭西人等に隨分競爭者, 佛蘭西共和國を模型, 佛蘭西其他の諸, 佛蘭西十九世紀末の頽唐派, 佛蘭西和蘭にも與へた, 佛蘭西土産には父さん, 佛蘭西好きな商人, 佛蘭西婦人は概して, 佛蘭西學に於ける, 佛蘭西學者は元, 佛蘭西式にかならず, 佛蘭西式調練の小, 佛蘭西料理屋がある, 佛蘭西料理店だ, 佛蘭西新派の面影, 佛蘭西新聞には何, 佛蘭西新詩を以て嚆矢, 佛蘭西書籍十餘册を貸さる, 佛蘭西本や獨逸本, 佛蘭西機か高機, 佛蘭西流に演出, 佛蘭西浪漫派の大家バルザツク, 佛蘭西海岸の岩石内, 佛蘭西海軍ガ英國海軍ヲ, 佛蘭西特有の合理的, 佛蘭西獨逸等音に名高き, 佛蘭西的な方法, 佛蘭西窓を一ぱい, 佛蘭西製ノ手編ミノレース, 佛蘭西詩壇の新, 佛蘭西詩壇一部の極端派, 佛蘭西語英吉利語獨逸語と方々, 佛蘭西語譯を傍, 佛蘭西譯の中, 佛蘭西通信支社長のP氏, 佛蘭西革命小説經國美談三國志西遊記等の珍書, 佛を記す, 佛衆以外の村落, 佛詩人モオリス・ド・ゲランの, 佛詩壇に冠たる, 佛誕日の夜記, 佛誕會が近く, 佛語エスペラントも平易, 佛語教師デアル, 佛説史的逸話戀愛談怪異談その他諸種の傳説巷談, 佛説拔除罪障呪王經などは云, 佛説教といふやう, 佛説療痔病經や佛説, 佛説祕密相經下に, 佛説稱讃如來功徳神呪經や佛説拔除罪障呪王經, 佛説阿彌陀經聲は松風, 佛足石ニ彫ラセ, 佛を探らう, 佛踊りの先達, 佛蹟禮拜の爲渡天, 佛にもあらず, 佛の北京進撃, 佛軍艦を發見, 佛輪廻にま, 佛造つた額を上げ, 佛道禪師并びに南山士雲, 佛道論衡實録の乙卷, 佛に向, 佛都的な色めきを, 佛里法九十里にある, 佛金佛石ぼとけなり, 佛金銅にて鳥佛師作, 佛間主人夫婦の部屋, 佛間正面に見事, 佛陀又は佛弟子, 佛陀等の所愛, 佛のみで, 佛露國公使を主賓, 佛露墺伊の各, 佛露獨我劣らじと, 佛面して, 佛頂面脊は高く, 佛領印度支那などの東洋, 佛領印度支那方面にまで分布, 佛領安南の一部, 佛領後印度にも同, 佛領河内に於, 佛領西亞非利加のロアンゴ, 佛といふ土, 佛題目大聲, 佛が交つた西原氏, 佛高力と呼ばれた, 佛とある, 佛を珍重