青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伝わっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~会話 会話~ 会議~ 会釈~ 伜~ ~伝 伝~ ~伝え 伝え~ ~伝わっ
伝わっ~
~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~ 伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~

「伝わっ~」 1435, 15ppm, 7528位

▼ 伝わっ~ (1412, 98.4%)

92 いる 75 来た 43 きた 37 いた, いるの 30 来る 27 来て 24 くる 15 いない 14 いて, くるの 13 いった, いるが, 来るの 12 いたの 11 来たの, 来るよう 10 います, きて 9 おります, 行く, 行った 8 いないが, いること, いると, いるもの, ゆく 7 いるよう 6 いたこと, いなかった, いるので 5 くるよう, 来たもの, 来るころ, 流れた 4 いたもの, いるという, おりません, くること, 地中へ, 居ります

3 [17件] いたが, いたと, いないの, いました, いるそう, いるに, いるのみ, おらぬ, きました, くるもの, それが, 居りません, 私の, 行くと, 行くの, 行くよう, 降りて

2 [57件] いく, いたから, いたよう, いた古い, いったが, いなくても, いますが, いません, いませんが, いるあの, いるか, いるかも, いるため, いるところ, いるほど, いるらしいが, いる事, いる刊本写本五十余種, いる古い, いる品, いる土地, いる曲, おりました, おりますので, おるの, きたと, きた時, ここに, しまった, それを, ゆくの, スルスルと, 下に, 下りて, 二階の, 人々は, 天井の, 奥の, 居たもの, 居る, 居るところ, 彼らの, 後の, 来たこと, 来たころ, 来たという, 来た時, 来ないの, 来なかった, 来ました, 来るその, 来るので, 来る時, 来る鐘, 聞こえて, 走って, 足の

1 [610件 抜粋] ああ行く, あたりの, あの家, いきました, いくところ, いくもの, いくよう, いたし, いたずらに往来, いたため, いたという, いたとは, いたので, いたはなし, いたらしい形跡, いたろうこと, いた事を, いた同系, いた幅, いた心理遺伝, いた戦慄, いた通り, いったの, いったので, いても, いないから, いないけれども, いないこと, いないだけでも, いないと, いないらしい, いないらしかった, いない国, いない悠遠, いましてね, いますので, いやしない, いよいよ文化, いるかという, いるから, いるからでも, いるからには, いるかを, いるけれど, いるごとく感じたから, いるそんな, いるだけ, いるだろう, いるとは, いるのに, いるはず, いるらしい, いるらしい所, いるらしくその, いるらしく駕籠, いるわけ, いるん, いるオヴィジウス, いるドイツ, いるネングイ, いるヨナタマ, いる七夕, いる不気味, いる事実, いる仏足石歌碑, いる令, いる刀, いる剣, いる区域, いる古人, いる古楽, いる地所, いる奇蹟, いる宝石愛好慾, いる宮本武蔵, いる寸法, いる山野, いる建物, いる弥陀来迎, いる我が国, いる文学, いる新, いる方, いる春琴女, いる本能的, いる武器, いる武州公, いる武蔵, いる死者, いる法, いる渡辺崋山, いる炭焼藤太, いる理由, いる由緒, いる筈, いる肖像, いる色々, いる説, いる開闢観, いる頤, いる養生術, いろいろの, おしまいには, おらず大体, おらぬけれども, おらぬこと, おらぬという, おらぬらしいが, おられるならご, おらんと, おりいつ, おりそれで, おりまして, おりますか, おりますが, おりますよ, おります音楽, おります高倉どの, おりまた, おり別に, おるそう, おろうが, おろうよ, お尻, お徳, かけ声風を, かむろ蛇, きこえて, きたしかも, きたの, きたもの, きたよう, きた家伝, きた少し, きた行事, きましたが, きます, きますね, くるおのおの, くるが, くるたび, くると, くるところ, くるには, くる分裂, くる匂, くる報告, くる女, くる底, くる森厳, くる気動, くる爆撃, くる豆太郎, こういう声, こっちの, こない, こないの, この一画, この森林, さっきの, しかも事実, したたり, すぐ耳元, ずっと後年, そこでこうした, そこに, その後にも, その思想, その時, その村, その間に, それから数学, そんな想像, だれも, ちょっと途絶え, とげを, どこへとも, はるかな, ひびいて, ひびは, ひろがらしめるもの, ぼたぼた潮水, ぼろぼろと, まいりました, まいりましたおり, まざまざと, もうこの, もっとはきはきし, もとの, やがて亡ぶ, やって来たが, ゆかぬはず, ゆきました, ゆき神経質, ゆくという, ゆくところ, ゆくに, ゆくもの, ゆさゆさと, よい仕事, よけいに, よその, われらの, スーッと, ハッチソンの, ハラハラと, ビュルストナー嬢が, ヤシという, 一丈も, 一人の, 一個師団ほど, 一山超える, 一種の, 三峰岳の, 上ったとよ, 上って, 上へ, 上ろうとして, 下って, 下の, 下へ, 下りたもの, 下りたよう, 下りろといった, 下り楽屋, 下屋敷などで, 世を, 丘へ, 中国に, 五分と, 人気を, 今川家が, 他の, 代助, 以来万更思い掛けぬ, 何かしら, 何んの, 余韻嫋々, 作品を, 側に, 傍らの, 僕の, 光か, 入唐求法の, 八五郎が, 八町の, 六寸の, 内耳に, 円蓋を, 出ると, 出向いたり, 初めの, 刹那に, 刺激を, 力一杯の, 加害者の, 勿ち, 卓の, 南さんは, 危うく手摺, 古代文明人が, 右の, 君の, 和算家の, 喜怒哀楽を, 嗣いで, 地上に, 地面に, 垂涎が, 塗り靴の, 外へ, 夥しい白粉, 天さ来い, 奥へ, 始めて, 家主も, 小屋に, 尾けて, 居たため, 居たの, 居ない, 居らぬが, 居ります永正寺, 居ると, 居るので, 居る守袋, 居る犬神, 居る金銀珠玉, 居る龍樹菩薩, 屋根の, 屋根へ, 山頂でも, 巣鴨大塚駒込界隈一円の, 左義長と, 広間は, 廻って, 弔詞を, 引っ切り, 彼の, 彼を, 往来に, 後から, 後も, 後部の, 思わず声, 惨めに, 意外に, 或時, 手も, 手や, 手首を, 捨て子の, 斜めに, 断, 断崖の, 日本に, 昇降する, 明治の, 星の, 昼頃から, 時には岩, 暗い影, 更に強, 書斎の, 最後に, 木戸へ, 末世と, 本丸までは, 本人はと, 本州の, 来ずには, 来それ, 来たかという, 来たから, 来たが, 来たとおり, 来たところ, 来た三之助, 来た合図, 来た時分, 来た気持, 来た聖書, 来た舟唄, 来た蛇, 来た野蛮人時代, 来た雑煮, 来てから, 来ない, 来ますと, 来るあたたか, 来るうわさ, 来るが, 来ること, 来るたび, 来るため, 来るだけ, 来ると, 来るとも, 来るには, 来るほど, 来るパチパチ, 来るベル, 来る卵焼, 来る地響き, 来る幽か, 来る度, 来る恐ろしい, 来る悲しみ, 来る春, 来る楊, 来る様, 来る消息, 来る目, 来る相場, 来る種々, 来る触感, 来る賛美歌, 来る足, 来る軍楽隊, 来る遠い, 来る鋪道, 来る間, 来れば, 東から, 東に, 東京の, 枕を, 果然そこ, 桝屋の, 機械的な, 欄干まで, 次第に空想, 武家の, 歩いて, 殺生小舎へ, 毎年三月の, 民間に, 気の, 水面まで, 江戸中誰知らぬ, 沖縄に, 洩れて, 洪水の, 流れては, 流れます, 流れること, 流れるの, 流れ去るの, 流れ落ちた, 流れ落ちて, 涙が, 溯って, 激流を, 濡らした, 火薬が, 猿の, 町一つ通り抜けよう, 瘠けた頬に, 白い砂, 白壁町まで, 白山山中へ, 目的地に, 省作を, 真綿の, 矢の, 研究室の, 神田の, 禅寺の, 秀吉の, 私は, 空気に, 空気抜から入っ, 立ち上って, 終いには, 綱を, 聞く人, 肌を, 肘へ, 肩口から, 胸まで, 脳髄に, 膝の, 臀部へ, 自然に, 舟べりを, 落ちました, 落ちる, 落ちる雨垂れ, 行きます, 行くとはと, 行くほう, 行くもの, 行く方角, 行く際, 行けと, 行けば, 行ったが, 行ったらしく松明, 行った時, 行った状況, 行った理由, 行って, 裏口に, 襦袢の, 言葉の, 諸職人, 走るから, 走る大きい, 足が, 足音も, 身体なりに, 辛うじて下, 迂曲した, 近づいて, 近寄って, 追いかけて, 逃げる手段, 逃亡した, 逃散ります, 遠い外国, 遽しく往来, 重力装置が, 重蔵の, 野々宮さんの, 野獣の, 鍔もとを, 長く尻声, 間を, 陸に, 隣室に, 雨滴れ, 雪隠を, 非常な, 非常に, 頤まで, 頭髪の, 風の, 飛んで, 馬車が, 鹿ヶ谷の

▼ 伝わっては~ (8, 0.6%)

1 いない, いないだろうか, いないよう, ポタポタ雫が, 定めて, 居らぬぞ, 恋愛問題では, 時々さ

▼ 伝わっても~ (5, 0.3%)

1 おるまいが, この阿弥陀沢, そういう連中, なんだ, 逃げられるじゃ

▼ 伝わってから~ (4, 0.3%)

1 お増, 半刻, 芳郎の, 金の

▼ 伝わったり~ (3, 0.2%)

1 して, 作用し, 又は水際

▼1*

伝わってかカタカタカタと, 伝わってからは幾何学的方面も, 伝わってからもある人