青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「余計~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

余り~ ~余りに 余りに~ ~余地 余地~ ~余程 余程~ ~余裕 余裕~ ~余計
余計~
佛~ ~作 作~ ~作っ 作っ~ ~作った 作った~ 作り~ ~作る 作る~

「余計~」 1877, 20ppm, 5672位

▼ 余計~ (949, 50.6%)

119 ことを 86 事を 22 お世話だ, 口を 20 ことだ, 心配を 19 事だ 18 ことは 15 ものを 13 世話を 11 事は, 御世話 9 ものは, 苦労を 8 おしゃべりを, ことで, ものが, 手数を 6 ことかも, ことに 5 おせっかいを, ことの, ことまで, 事です, 口出しを, 心配だ 4 おせっかいだ, お世話だい, お世話です, お節介を, 世話だ, 事まで, 真似を

3 [17件] お世話じゃ, お世話よ, お喋りを, こという, ことである, ところで, ところに, ものだ, 世話まで, 事じゃ, 事に, 事ばかり, 御心配, 憎まれ口を, 質問を, 金が, 金を

2 [36件] おしや, お世話であるです, お世辞, お節介だ, ことして, ことじゃ, ことだった, ことについての, ことも, ことをと, ところへ, ものの, ものまで, 不信実, 世辞は, 事でも, 事の, 仕事は, 仕事を, 処へ, 失礼の, 差出口を, 恥を, 所へ, 手数は, 文句を, 気を, 注意を, 神経を, 細工を, 苦労は, 苦痛を, 話だ, 話を, 議論を, 頭を

1 [330件] あんな事, おせっかいであった, おめかしを, お世話かは, お世話から, お世話だった, お世話で, お世話でした, お世話と, お世話としか, お世話な, お世話や, お喋りは, お喋りはつ, お喋りまで, お喋舌, お手数を, お接介, お節介と, お節介には, お説戒, お金が, お金は, お金を, お金払ふもんです, お饒舌, からかい気分の, くせも, こと, こといたずらに, ことし, ことしない, ことだろう, ことでした, ことです, ことなんか, ことばっかり, ことや, こと云う, こと云っ, こと云ふない, こと喋べらない, こと貴下の, ごま化し, ご機嫌とり, ちょっかいを, ところには, ところを, と叱り飛ばし, と思い, のかも, のが, ばかばかしいこと, ひつかかりを, まわり路を, ものか, ものであっ, ものでも, ものな, ものに, やうである, ような, よそ見を, オセッカイか, オセッカイずくめだ, オセッカイや, カラめぐり, カンを, コップが, シミを, セリフなど, センギは, センサクだ, ロクでも, 一言を, 下手な, 不幸を, 世話は, 世話ばかり, 世話やく, 世話我からでも, 事いやしません, 事かも, 事が, 事さ, 事だった, 事で, 事であった, 事でございます, 事と, 事とは, 事ながら, 事なら, 事も, 事をと, 事ア無えせ, 事仕出し, 事言ふ, 事迄, 云い草の, 交番になんか, 人の, 人も, 人間だ, 人間を, 仕事し, 仕事の, 仕業し, 仮定を, 仲裁などに, 余裕さえ, 作為が, 兄妹関係を, 先潜りを, 入費も, 冗事を, 処が, 処まで, 分まで, 到来物でも, 制約を, 前置きが, 前置許, 力が, 力ばかりを, 助太刀が, 努力を, 労苦を, 勢力を, 危険に, 叙述を, 口さえ, 口だしは, 口は, 口出しでした, 口出しは, 合の手を, 名を, 告げ口なんか, 味を, 品物ばかり, 品物を, 問題にも, 喀血まで, 嘘を, 嘴入れる, 圧迫を, 報酬を, 場所ふさぎを, 失言である, 女王達の, 女郎呼はり置い, 奴が, 好奇心と, 婆さんなんぞを, 嫉妬心まで, 宣告を, 室が, 家具も, 寄道せっ, 封建の, 小刀細工を, 小細工を, 尾鰭は, 差し出口です, 差し出口を, 干渉だ, 干渉では, 建物余計な, 弁明を, 張り込みを, 形容詞なぞは, 役などで, 後援を, 御せっかい, 御忠告, 御手数, 御苦労, 心が, 心労を, 心配おしなすから, 心配かけ, 心配かも, 心配しなく, 心配だった, 心配なぞ, 心配なぞは, 心配の, 心配も, 忠義立てを, 念の, 思惑な, 思慮を, 思案が, 思案は, 悪戯だ, 想像なんか, 感情に, 慾を, 所で, 所に, 手入れを, 手出しに, 手数だ, 手数な, 手間がか, 手間を, 拡張解釈を, 指図, 指図は, 指図を, 掃除の, 掛引を, 推測です, 推測を, 支那的誇張風流の, 敬語乃至, 文句に, 文字を, 時間を, 木くずを, 木は, 気兼ねを, 油を, 注意力を, 注文ばかり, 注文を, 浅草紙を, 涙を, 深刻な思ひ, 減らず口を, 漫談である, 無駄口を, 物だの, 物で, 物です, 物に, 物は, 物を, 用を, 用心だった, 疑いが, 疑いの, 痛みや, 発議を, 皮を, 真似, 石や, 硬皮, 神経が, 神経の, 私と, 穿鑿だ, 穿鑿なぞは, 穿鑿を, 筈だつた, 策動を, 算当を, 算段は, 節約を, 精力を, 糞人情が, 細工は, 罪を, 美辞麗句が, 考えごとじゃ, 考へ, 者だ, 者連れ, 耳を, 肉が, 肉を, 花片は, 若気の, 苦労だ, 苦労も, 苦心を, 苦患を, 茶々を, 荷物の, 藁を, 角を, 解説を, 言伝なんか, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 詮索を, 話ぢや, 話に, 話は, 誤りを, 説明を, 謙遜は, 議論は, 豪傑笑ひ, 負けじ魂との, 貴様の, 買ひものを, 買物を, 費用が, 費用を, 資金が, 身寄は, 迂路を, 近代的装飾が, 返答に, 迷惑を, 道義心と, 道草を, 道路も, 違犯者を, 遠慮や, 遠慮を, 邪推を, 邪間だてを, 邪魔ものも, 邪魔物に, 酒代を, 金は, 金も, 額に, 風説を, 飾や, 飾りの, 飾を, 馬が, 騒ぎを, 驚愕と, 魔が

▼ 余計~ (474, 25.3%)

4 働いて, 金の 3 して, 彼は, 彼女は, 持って, 気に, 研究し, 私の

2 [19件] お種, なって, 僕は, 出した, 口を, 含まれて, 大衆的の, 心を, 持つて, 洋傘を, 生きて, 目に, 眼に, 種々の, 腹が, 自分を, 苦しんで, 買って, 骨が

1 [407件] あげようと, あったところ, あったもん, あの頃, ありは, あるだけ, あるね, あれした, い, いきなり大声, いただいたの, いたは, いて, いなければ, いるよう, いろいろ人から, おいでに, おきえさん, お好き, お父さんの, お節を, お買い, お金を, かかって, かかります, かかるよう, がたぴしする, がつがつし, きっぱりと, くたびれるもの, くるしくなる, くれたこと, この心, この思い, これを, しゃべり度, しようと, じっとあい手, じっと寝かし, すれば, そうじゃ, そうであったろう, そうと, そう云う, そこに, その事, その事件, その子供, その容貌, その心持, その相違, その美, その虚偽, その近, その部屋, その階下, それが, それを, そわそわし, たべると, つかわされて, つけて, つけ加える必要, つつむの, つらく身, とうとう足, とるよう, とれる, ないので, なったと, なります, なるだけ, なるばかり, ふさぎこんで, ふだん欲しく, へってるもの, もって, もつて, ものが, もらったので, やって, やる, よく繋がらなけれ, わるいよ, アイリスは, シャツを, ショックも, シーンと, ブラ下げる, リエに, リケットを, 一つもっ, 一枚持っ, 万力の, 三吉の, 下さらないもん, 下駄を, 不人情と, 不必要, 与えると, 丑松の, 世間の, 両先生, 之を, 乗せて, 乾燥し, 事件を, 交ぜ返したの, 享け, 仏教思想と, 他を, 他人の, 他界の, 使うよう, 使って, 保存され, 修羅を, 倉たちに, 働き過ぎて, 儲けて, 元気づいた, 兄の, 先へ, 先生の, 光って, 光りが, 入る負債償却, 入れて, 入れてナ, 内儀は, 冷えて, 冷ややかに, 出し過ぎてね, 出る, 出版された, 判断に, 刷る, 加った, 加へ, 効くかという, 包まれて, 厳めしくし, 収めもって, 取られ過ぎたと, 取りやがる, 取ろうと, 取ろうという, 受けたもの, 受けて, 受けねば, 受けるわけ, 可愛がるよう, 可笑しかった, 同感せられる, 吸い込むだろう, 吹き出すこと, 呉れたお客, 呉れるから, 周囲を, 咳が, 問題に, 喰べ, 四辺は, 在りは, 垢じみ, 執拗に, 報道する, 売りつけようと, 変色する, 外国生活の, 大きくも, 大喜び, 大塚さんの, 太十, 女に, 女の, 好きだった, 好むよう, 孤児としての, 寂しい思, 寂しく夜, 寒いよう, 寝て, 寝るの, 小さく見える, 小暗くなつ, 岸本の, 岸本は, 左足に, 巻きつけた, 巻込まれ蹂躙, 年を, 幸福に, 広く見えた, 引止めようと, 強いて, 強く早熟, 彼の, 彼を, 彼女に, 彼女の, 得られるもの, 得る訳, 心に, 心の, 心細く思っ, 心配を, 忸, 思う様, 思われるの, 思出される, 恐れて, 恐ろしくした, 悪くなっ, 悪くなった, 悪くなる, 悲しくって, 悲しもうと, 愚図, 感じる時, 感じ易く激し易く, 感謝された, 憎しみを, 所有し, 打たれるなんて, 打つ事, 払えば, 払って, 払つてください, 投げ込む, 抱いて, 拡張し, 拭くと, 持ちゴルフ道具, 指を, 掛けなければ, 撲りたかった, 攫み得るもの, 教わった彼等, 数えて, 旅らしい, 旅情を, 明るい気持ち, 昭青年は, 暑くて, 暗いの, 書いて, 書残したいと, 最愛しまれる, 服ま, 朝寝を, 来る時, 校長は, 歩いた方, 歩きました, 歩る, 歯がゆく思へる, 殖えたよう, 母親の, 毒を, 気が, 気の毒で, 気を, 気持が, 水を, 求められるもの, 汚ない, 沢山の, 泣きました, 注すから, 活動するだろう, 消磨させなけれ, 涙が, 深いもの, 深められた, 滞在した, 焚くと, 煙を, 煙草が, 現われて, 環境の, 甚い, 生かす方法, 生きさせようと, 生き延びた, 生き延びた自分, 生延びたとして, 田を, 畠を, 疲れた, 疲れるからと, 疲れを, 発行された, 発言権を, 白くした, 相手の, 相談相手の, 着込んで, 睡ったの, 知って, 知つてゐる, 知識の, 砂糖が, 硫黄分を, 神経を, 私なんざ懐く, 税金を, 積る, 積込まねえと, 穢多としての, 空想をも, 立ち前, 立働くの, 納め得しめも, 経って, 経過する, 給料を, 縁が, 繁忙に, 罪過は, 置いて, 美しく冴えた, 聯想され, 聴いて, 背く筈, 膨れて, 自分の, 興奮させる, 色々な, 苦しいん, 苦しく思った, 苦痛を, 草の, 落花が, 葉を, 薬でも, 血の, 衰える, 裹むという意味らしい, 要るぐらいの, 見えて, 見せ付けられるよう, 見たいという, 見るよう, 見込んで, 言葉を, 証拠を, 話しかけるの, 話せなかったの, 読みたいと, 謝まれ己でさえ, 豊世を, 貰う, 貰う事, 貰った上, 貰つた上何よりも, 貰わねば, 貸して, 費用が, 賃仕事の, 足の, 踏んで, 輸入したい, 輸出され, 迫って, 逃げる, 逗留した, 遣ること, 醜い娘達, 重い力, 重荷を, 金に, 金を, 金持には, 開いたに, 開いたり, 附く, 附けて, 降ったと, 陣所へ, 雇うこと, 雑って, 雨を, 面白くも, 響く, 頂いて, 頂きます, 頬の, 頭を, 頸が, 額に, 顔が, 顫い, 顫え, 食い入ったの, 食べた, 食べたくなって, 食べて, 食べること, 食べるん, 飲むの, 飲めば, 養って, 駆け過ぎた報ひで, 驚ろい, 高い声, 麦を

▼ 余計~ (30, 1.6%)

2 ことを, ように, 力を

1 [24件] おしや, ものと, ものを, 世話ながら, 事を, 仕事を, 労働を, 区別が, 問題は, 場所を, 妨げが, 子供を, 工夫は, 干渉を, 心配する, 心配なく, 心配を, 煙草を, 熱を, 男の, 足跡だっても, 邪魔物あっ, 金に, 食が

▼ 余計~ (23, 1.2%)

2

1 [21件] がとびだした, だから, だって気, だと, だという, だの, だ神経衰弱, だ邪魔, でどこ, で却って, というもの, と思い込み, なん, になつ, になりました, のよう, の彼, の自覚, の銅鑼, は滅多, まで飛び出し

▼ 余計~ (13, 0.7%)

521 がしかし, が実際, っけ, とするなら, と分った, な

▼ 余計~ (11, 0.6%)

1 [11件] いるよう, ことを, ない, ふり込んで, 上る訳, 下らない高山, 呑まず飯, 払わないという, 要らないから, 越して, 食べないと

▼ 余計~ (7, 0.4%)

1 かわいそうです, ゆうさんに, 元気でねえ, 出しに, 君の, 気の毒で, 水が

▼ 余計~ (7, 0.4%)

1 がつく, だ, だと, であるに, のやう, の市場価値, を売らざる

▼ 余計なおせつ~ (6, 0.3%)

2 かいだ 1 かい, かいでない, かいと聞える, かいを

▼ 余計もの~ (6, 0.3%)

2 なん 1 だわ, ですが, には相違, の第

▼ 余計~ (5, 0.3%)

2 にし 1 が置ける, をとられる, を附け

▼ 余計~ (5, 0.3%)

1 には物足りなく, の神経, を惹きつけました, を苦しめる, を驚かした

▼ 余計愛し~ (4, 0.2%)

3 ている 1 てゐた

▼ 余計自分~ (4, 0.2%)

1 が彼女たち, にもの, の命, の頭

▼ 余計ある~ (3, 0.2%)

1 という, と思っ, 訳である

▼ 余計じゃ~ (3, 0.2%)

3 ないか

▼ 余計お金~ (2, 0.1%)

2 がとれる

▼ 余計くれる~ (2, 0.1%)

1 んだ, 方に

▼ 余計この~ (2, 0.1%)

1 写真の, 必要を

▼ 余計さびしく~ (2, 0.1%)

1 なるの, 出帆し

▼ 余計そう~ (2, 0.1%)

1 なのよ, 思われるの

▼ 余計そういう~ (2, 0.1%)

1 傾があったろうと, 風に

▼ 余計そんな~ (2, 0.1%)

1 感じが, 様子が

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 云う事, 揺れるん

▼ 余計どうして~ (2, 0.1%)

2 いらっしゃるかと

▼ 余計にかけて~ (2, 0.1%)

1 三十五銭で, 化粧した

▼ 余計にも~ (2, 0.1%)

1 しゃくしゃが募ったろう, 存じませんがね

▼ 余計にゃ~ (2, 0.1%)

1 あ無い, 取らないよ

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 ねえわしら, やらぬが

▼ 余計やっ~ (2, 0.1%)

1 てもらおう, て居た

▼ 余計入れ~ (2, 0.1%)

1 ある時, てよく

▼ 余計入学~ (2, 0.1%)

1 させること, 出来るよう

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 て来る, にゃいかん

▼ 余計出し~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て貰はん

▼ 余計出る~ (2, 0.1%)

1 からそういう, と考えるべき

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 を利い, を利く

▼ 余計売れる~ (2, 0.1%)

1 のは, わけだ

▼ 余計奮発~ (2, 0.1%)

1 して, するの

▼ 余計好き~ (2, 0.1%)

1 なところ, な酒

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 がりに, さも

▼ 余計~ (2, 0.1%)

2 父さんの

▼ 余計疲れる~ (2, 0.1%)

1 人と, 人との

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 にかけてその, に食べ

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 につく, を向け

▼ 余計知っ~ (2, 0.1%)

1 ている, ております

▼ 余計苦労~ (2, 0.1%)

1 して, をし

▼ 余計~ (2, 0.1%)

1 はうと, はぬ

▼1* [265件]

余計われに, 余計あざやかに感じられる, 余計あなたに会いたくなった, 余計あばいてやりたくなる, 余計ありますから, 余計あろうと思われる, 余計いいわ, 余計いけないと思い, 余計いたということ, 余計いっぺんに年を, 余計いつ死んでも, 余計いるということ, 余計いれてそれでも, 余計うまく言えなくなるの, 余計おいしい気が, 余計おっ立て腰で, 余計お前ンとこの, 余計お湯を使, 余計かも知れませんが, 余計くれたからまず, 余計こたへるのだ, 余計こちらが淋しく, 余計こわかった, 余計さっさと歩き出した, 余計さびしさが, 余計したつもりだ, 余計しみじみと感ぜられる, 余計しょんぼりとなっ, 余計すればする, 余計ずるずるになる, 余計せしめようと思ッ, 余計その対面は, 余計それが魔性, 余計たのむので閉口, 余計たまらなかった, 余計だつたので, 余計だらうがアノ一番, 余計つづいた時に, 余計行く路, 余計でしたな, 余計でないことも, 余計で御座いますよ, 余計とって置い, 余計とれるかしら良い, 余計どうにも仕様が, 余計ないらざる妄想や, 余計なくたって二十ルーブリ, 余計なこたァいっ, 余計なしなおさら奥行, 余計なついてゐた, 余計なでしゃばりをしたばかりに甚五から, 余計なひがみだ云は, 余計なへり下りなどの, 余計なよごれ物を, 余計ならぬものは, 余計なる深切を, 余計な出しゃばりであるかも知れない, 余計な取越し苦労を, 余計な思ひやりが反, 余計な探ぐりを, 余計な書かなくてもいい, 余計な話しを挟ん, 余計な附けたりや渾名, 余計な骨折りをするだろう, 余計にかッこもう, 余計にかの女を, 余計にからだ全体, 余計にぞつとした, 余計には居るまいと, 余計ねむらなきゃならねえのか, 余計のびのびになっ, 余計のまないと利かない, 余計はたらかしてほしい, 余計はっきり見出されては, 余計ひどくなって, 余計ふざける位だった, 余計ぶんの口上, 余計へまなこと, 余計まぜた方が, 余計もの淋しかった, 余計もらえるとかこれ, 余計もんだったなあ, 余計やいやいわれるん, 余計よこせという, 余計カッキリと, 余計バタを塗り付ける, 余計不憫になる, 余計不手際になった, 余計世の中が退屈, 余計乱れると私, 余計がむずかしい, 余計五月蠅がられたり, 余計人目について乗合, 余計人間離れのした, 余計松は, 余計の感情, 余計ています, 余計似てるわけだ, 余計に影響, 余計何だか落着きません, 余計作っておく, 余計使えばおそらく, 余計使っている, 余計信用して, 余計信頼したい, 余計が出るでしょう, 余計働いたにもかかわらず, 余計には面白い, 余計儲かる訳である, 余計儲かれば余計, 余計公平に分る, 余計出れば何, 余計出来た時が, 余計出来るのです, 余計よこして, 余計分配するよう, 余計切った方が, 余計削りにくかった, 余計動かずにいよう, 余計勘定が嵩む, 余計危うくみじめに, 余計反動の強い, 余計取つて演芸欄, 余計取られるんです, 余計取れるように, 余計取越苦労や廻し気, 余計可哀そうに思われ, 余計可哀想な気, 余計可愛がって, 余計可憐に思われた, 余計吃ってこの, 余計吉川夫婦に接近, 余計味わい深かった, 余計商売に身, 余計が乾く, 余計べとこ, 余計喰う奴も, 余計困るんだ, 余計地主と小作人, 余計堂々とし, 余計堪らなく飛びだそうとした, 余計売って大, 余計売つてやる, 余計売れば宜, 余計なの, 余計夢中に成つて了, 余計大きくさせて, 余計大人の門, 余計の傍, 余計奇妙な感じ, 余計嫉妬を感じた, 余計嬉しいかもわからなかった, 余計寂しい気が, 余計専門上の書物, 余計尊敬したくなった, 余計尖らせてもぐもぐ, 余計引いてゐる, 余計強く心に, 余計忌々しいものに, 余計れて, 余計怪しく見えるの, 余計恭二にはうす気味が悪かっ, 余計悪くなりますので, 余計愛してるのん, 余計感じている, 余計感じさせるものは, 余計憎いか分らなかった, 余計憎まれるにちがい, 余計にもかけ, 余計拵えるのが, 余計持って行かない, 余計持つてゐる, 余計掛るけれどもこの, 余計採れるように, 余計接するやうに, 余計握まうといふ外, 余計日本の思い出, 余計早く体力を, 余計暑うなりますので, 余計暑苦しかった, 余計有っている, 余計来るくせに, 余計様子が可愛く, 余計権力が使える, 余計機嫌が悪かっ, 余計欠乏に悩むであろう, 余計欲しいと思う, 余計死ぬわけで, 余計殖えたのです, 余計母親と寝られる, 余計へ出させます, 余計泊りさえすれ, 余計泣きました御上人様御, 余計注意して, 余計の上, 余計為替が封入, 余計焼きたくなって思わず, 余計え宜, 余計生命に危険, 余計痛切に感ずる, 余計痩せこけてふらふら, 余計目立って見えた, 余計目立つて見えた, 余計眠れず長い夜, 余計眺めるように, 余計瞬きをする, 余計知つてたつて, 余計移転したからと, 余計稼いでゐる, 余計積極的な苦労, 余計の者, 余計紅いが白粉, 余計納むる人の半分, 余計納める人は, 余計綺麗に見えた, 余計考へるだけのこと, 余計者扱ひに, 余計者扱いにされ, 余計者生存に堪えがたく, 余計についた, 余計の中, 余計がへっ, 余計腹立しくさせた, 余計興味を持っ, 余計苦しかったの, 余計著しくして, 余計蒼白く骨ばった顔, 余計衣裳を買いたい, 余計要るさかい神様がち, 余計見えるかも知れません, 余計見たくなるものね, 余計見るばっかりだ, 余計規則が自分, 余計訊きたくてたまらなかっ, 余計がはずむ, 余計話しにくい, 余計でいた, 余計貰いたいのです, 余計貰うよりほか, 余計贅沢を並べます, 余計っ恥, 余計起きててやろ, 余計よると, 余計迷うばっかりさ, 余計迷惑するか, 余計這入って来る, 余計へる勘定, 余計遠くまで投げた, 余計遣い過ぎるせいか, 余計遣ってもよろしい, 余計里心がつのる, 余計重夫のこと, 余計を持っ, 余計鉱毒が障っ, 余計として来た, 余計陰欝な元気, 余計集まる訳に, 余計静かになっ, 余計面倒な気, 余計がする, 余計を使う, 余計食うのを, 余計驚いたろうが, 余計魅力を感じ, 余計黒い水の