青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伝え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~会社 会社~ ~会話 会話~ 会議~ 会釈~ 伜~ ~伝 伝~ ~伝え
伝え~
~伝わっ 伝わっ~ ~伝統 伝統~ ~伝説 伝説~ 伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~

「伝え~」 1667, 17ppm, 6598位

▼ 伝え~ (1167, 70.0%)

101 いる 33 いた, いるの 28 くれ 25 おります 18 くれい, 来た 17 くれと 14 下さい 12 いるが, いると 11 いるもの, おいて 10 います, きた 9 いたもの, 来て 8 いること 7 くれた, もらいたい 6 おきましょう, おりました, ください, くれたまえ, 来たの, 来る 5 いたの, いない, いるという, いるよう, おけ, きたの, くりゃれ, 今日に, 居ります

4 [12件] ある, いて, いました, いるに, おる, くれよ, くれるの, くれ給え, 呉れと, 置いて, 置きましょう, 行った

3 [15件] いう, いった, いるそう, いるので, おくれ, おりますが, くる, くるの, これを, ほしいと, やった, やれ, 来るの, 欲しいと, 種々の

2 [38件] あるが, いくと, いたが, いただきたいの, いますが, いるかと, いるかという, いるかも, いるため, いるだけ, いるところ, いるばかり, いる中, いる定子, いる所, おく, おくりゃれ, きましたが, くれたこと, くれて, くれとの, くれました, くれるよう, それを, もらったの, もらって, やって, やろうと, よこした, 例の, 呉れ, 来たが, 来たその, 来たもの, 来ると, 来るもの, 見物人が, 貰った

1 [524件 抜粋] あげた, あちこちから, あって, ありました, あります, あり市民, あるし, あるの, あるも, あるもの, あるよう, ある通り, いいか, いい重要, いたかという, いただいても, いただくこと, いただけるから, いたであろうか, いたと, いたという, いたところ, いたに, いたので, いたよう, いたマゾヒスムス的変態心理, いた古代, いた城主, いた昔話, いた書画骨董類, いた物語, いた絵様, いないという, いなかった証拠, いなくては, いは, いましが, いますので, いよいよ郷里, いるお, いるか, いるかとか, いるかの, いるから, いるかを, いるけれども, いるこうした, いるごとくであります, いるじゃ, いるその, いるだろう, いるでしょう, いるでは, いるには, いるにも, いるのみ, いるらしい, いるらしい外務省当局, いるらしい彼, いるらしかった, いるわけ, いるトウロ, いる一つ, いる一方, いる事, いる人間, いる俗説, いる土耳, いる地方, いる大木, いる奇談, いる孝子, いる家々, いる当の, いる彼, いる手毬歌, いる時, いる村, いる点, いる理由, いる生命, いる画, いる網, いる老, いる聖武時代, いる芸術, いる訴え, いる語調, いる通り, いわく上総介小幡信定, いわく宝螺跳り出で, いわゆるチベット, ええな, おあげなさい, おいたが, おいたので, おいたもの, おいでに, おうけなされて, おかなかった平凡人, おきたいと, おきたかったと, おきました, おきますよ, おくが, おくため, おくであろう, おくよ, おくれと, おくれ母, おく価値, おけと, おけよ, おこう, おった, おらぬ, おりしかも, おりながら, おります故, おりませんので, おり偶然, おるからは, おるが, お京, お呉れ, お雪, かち合う音, きたこと, きたので, きたもの, きた低位, きた名玉, きた夫, きた故に, きた時, きました, くだされ, くるらしい, くるるなよ, くる中, くる者, くれいそして, くれたそう, くれたなと, くれたの, くれたので, くれたもの, くれた中世, くれた二度目, くれた大切, くれた恭順, くれた私, くれた青年, くれとか, くれどうしても, くれないか, くれないもの, くれる, くれるおれたちプロレタリア, くれるかしら, くれること, くれるただ一つ, くれるため, くれるだろう, くれるだろうと, くれるであろう, くれるであろうか, くれるはず, くれるもん, くれる不思議, くれる人々, くれる人間, くれる宝石, くれる小さな, くれる小鳥, くれる有難い, くれる木鐸, くれれば, くれ近藤, くんねえ, こうして遠く, ここに, こない, こなかったの, この国, さしあげましょう, さしあげますよ, しかも新しい, しきりに彼, しばらく休息, しまうこと, しまったの, しまっては, そうして幾年, そこに, そちの, そのあと, そのまま翻訳, その上, その中枢作用, その名声天下, その月, その話, その負, その踰, それが, ただちに全国, ついに第, つかわしましょう, つかわせ, どうかし, どうかする, どうやら五里霧中, ならないやう, のちのちの, はおらぬが, はおりません, ほしいとの, まだ何等, みるが, みるん, むしろ因縁, もらいたいが, もらいたいこと, もらいたいという, もらいました, もらうの, もらえば, もらおう, やがて彼, やったらそれ, ややあり, やりたいと, やりました, やりましょう, やると, やるという, やるの, やるべき娘, やろう, ゆくなんて, ゆく役割, ゆれうごいて, よこしたの, より以来, より以来千余年, わざわざ馬喰町, わたくしは, わたしを, ゐる, コックリ様と, サイレンが, 一包みの, 一定せぬ, 一村の, 一村中老と, 七年越し, 万事ぬかり, 下さいあれ, 下さいそう, 下さいませぬか, 下さいわかりましたか, 下さったほう, 下さらんか, 下さりませ, 下さりませよ, 下さるでしょうね, 下されい, 下されば, 不完全な, 世に拡め, 主上の, 之を, 九星起こる, 争って, 二条千本屋敷の, 二階に, 云う, 云って, 人の, 今でも, 以て, 何時かは, 余すところ, 余生を, 使いの, 保護方を, 信心深い, 信者の, 俺の, 先方が, 兎も, 八幡太郎義家が, 共に降参, 其上に, 其当分は, 内々そんな, 冬も, 別に詩文, 剣打つ, 動揺めき立った, 十代めの, 十代目の, 南朝の, 参った物, 参りました, 参りました時, 参詣を, 取らせます, 召しつれました, 呉れよと, 呉れる様, 呉れ給えおれ, 呉家を, 味方につけ, 善後策を, 喜ばそうと, 国際的に, 境の, 外国の, 多少の, 夜に, 大勢の, 大混乱, 天狗談と, 妖怪屋敷の, 妙に, 媒介し, 孫子に, 宇治へ, 完から, 実父母, 家宝に, 家憲に, 将軍さまの, 尊信し, 居たが, 居たの, 居る, 居るでは, 居るの, 居る点, 山伏の, 帝の, 帰って, 帰るだけの, 年配とともに, 当時に, 当時は, 彼が, 彼らの, 彼を, 彼等が, 後生大事に, 後鼻は, 徐々に起こる, 御帳台, 御満足, 徳川家康江戸入府の, 志に, 忽ち, 忽ち全, 忽ち金玉, 恩を, 感覚を, 或は世人, 戴きたいん, 扇屋の, 手長神社を, 折々は, 押すな, 押収の, 持って, 故郷へ, 数百年を, 敵へ, 断って, 断や, 新旧の, 日本にも, 明治の, 曰う, 曰く伏義は, 曰く金川門の, 曲りかけた道, 有って, 村の, 来い, 来たか, 来たから, 来たこと, 来たとき, 来たので, 来たり, 来たリセプト, 来た原理, 来た国民, 来た宝, 来た岩沼, 来た悪魔, 来た時, 来た海外知識, 来た記憶, 来た返辞, 来ながらも, 来ましたが, 来ます, 来られたお方, 来るうち, 来るその, 来るまでに, 来るよう, 柄の, 栽培し, 棒の, 欣ぶ, 欲しい, 此の, 武士は, 歩いたが, 毫も怪しまない, 江浙の, 池の, 泡沫の, 消さず, 渡った七兵衛, 渡り者の, 満面の, 父の, 物は, 犬頭という, 猿字を, 王の, 申すまでも, 町の, 相談しました, 矢代の, 祭祀の, 禍せざる, 私たちの, 私と, 私は, 竇を, 竹刀の, 簾越しに, 置かなければ, 置きたい, 置きたい人, 置くと, 置くべき事柄, 置け道, 置こう, 美の, 翌る, 耶蘇教的カルチュアーと, 聞える小川, 肩を, 背後に, 膚ぬ, 自分たちにも, 自分の, 艇長を, 茫乎影の, 荊州の, 薬物の, 行くだけが, 行くという, 行くの, 行くもの, 見に, 覚悟いた, 言うかつて, 言うに, 言う晋, 訪れる肝臓病者, 詫を, 諸所方々から, 象山に, 貰い度い, 貰えるよう, 貰おうと, 越前守の, 跡目に, 近在から, 近所からも, 近所の, 迫って, 遂に一天四海, 運動を, 遠くに, 隣り町, 集まった数万, 静かに, 静岡では, 面白半分, 順に彼, 順を, 風を, 高山を, 鴻の

▼ 伝え~ (42, 2.5%)

73 るる 2 るるところ, るるに, るるもの

1 [26件] るべき性質, るべく帰り, るるが, るること, るるころ, るるは, るるばかり, るるほどに, るるまでに, るるも, るるや, るるよう, るるプロヴィンシア繞壁模倣, るる口碑, るる古い, るる場所, るる当時, るる木造, るる歌, るる神婚説話, るる船橋蒔絵硯筥, るる薬師如来坐像, るる講堂, るる長い, るる香薬師寺, る底

▼ 伝え~ (40, 2.4%)

5 ある 3 あって, あります 2 あるが

1 [27件] あった, あったから, あったこと, ありそれ, あるしかし, あるそう, あるため, あるのでね, この地, ございまして, てら九太夫, また信州, もし彼女, 区々に, 古くから, 吉野や, 天皇に, 夫である, 始まりそれ, 果してどれ, 残って, 火と, 真に近い, 私の, 英国辺りで, 茂り栄えて, 願い度いと

▼ 伝え~ (35, 2.1%)

4 なって 2 よると, 依ると, 来た

1 [25件] これから生まれ, して, しても, なりました, やった, よれば, 中門へ, 依れば, 元禄十四年の, 入ったか, 出る, 別山に, 婦女子の, 彼等の, 来たこと, 来たという, 来たとの, 来たの, 来ましたから, 来るの, 背負出し, 行った, 行ったらしい, 行って, 過ぎませんね

▼ 伝え~ (25, 1.5%)

2 遠き

1 [23件] あるが, あるので, おそらく確実, おそらく遺物, この像, この街, ないらしい, なお永く, まだ判る, まったく誤り, みな嘘ッぱちだといわれても仕方が, オーカミイナリが, 前に, 否定し, 嘘か, 嘘である, 大概他の, 延喜の, 御座らぬ, 昔から, 根づよいもの, 毫も無かっ, 無論さながらに

▼ 伝え~ (16, 1.0%)

2 あるところ, 歌なるべし, 里に 1 あるの, ある井戸, ある品物, ある画像, ある絵巻物, こととか, 世を, 内容を, 如くに, 里は

▼ 伝え~ (16, 1.0%)

1 [16件] いちおう信じ, うけて, きいたり, 乞う, 併せ書くと, 受けて, 口の, 失えば, 失ったところ, 失った場合, 常々年寄達も, 忘れた人, 有して, 残さなければ, 載せて, 願います

▼ 伝え~ (15, 0.9%)

2 ある

1 [13件] あった, ありました, あるが, あるの, しなかった, しましたし, するの, 信じること, 残って, 水の, 水延い, 略ぼ, 真偽は

▼ 伝えその~ (14, 0.8%)

2 傍らを

1 [12件] はじめは, 反響いかに, 呼びかた, 地名の, 失敗を, 孫に, 御代御代の, 意見を, 易筋経の, 権勢家の, 次第ストラボンの, 理想を

▼ 伝えても~ (12, 0.7%)

1 [12件] あるし, あるらしい, いいだろう, おそらくお, その義理会解, なりませず何, なんらかの良い, よろしゅうございます, 姉妹二人には, 旧領主時代, 破損と, 遠慮するであろう

▼ 伝えたり~ (8, 0.5%)

3 して 1 あるいはたまたま, すること, 或は死んだ, 書き残したり, 説を

▼ 伝えながら~ (8, 0.5%)

1 一座を, 会場の, 夜そのものに, 実は語部, 暮れました暮れました, 立つかと, 笑った, 言いました

▼ 伝えまた~ (8, 0.5%)

1 あの啼き, この日, 伝えて, 戦の, 旧唐書, 暦法算学をも, 神の, 秀吉の

▼ 伝え~ (5, 0.3%)

1 クイロスの, ソレが, 二本の, 或は筆者, 物を

▼ 伝えでは~ (5, 0.3%)

1 この人, 万法蔵院, 天皇が, 昔日本武尊が, 茶人志野宗信の

▼ 伝えあるいは~ (3, 0.2%)

1 体に, 暗き所, 週刊旬刊で

▼ 伝えこの~ (3, 0.2%)

1 事実の, 二国が, 身また

▼ 伝えてから~ (3, 0.2%)

1 あの人, また宰相, 戻りがけに

▼ 伝えては~ (3, 0.2%)

1 いなかったか, ない, 自分の

▼ 伝え~ (3, 0.2%)

1 それを, 同様に, 甚だしく異っ

▼ 伝え~ (3, 0.2%)

1 一時間半の, 足場は, 雨続きで

▼ 伝え~ (3, 0.2%)

1 もその, も成都, も現に

▼ 伝え~ (3, 0.2%)

1 一方には, 所々の, 阿蘇の

▼ 伝えから~ (2, 0.1%)

1 一歩も, 思い付いて

▼ 伝えこれ~ (2, 0.1%)

1 にいいつがれ, を療

▼ 伝えすぐ~ (2, 0.1%)

1 後から, 警察へ

▼ 伝えする~ (2, 0.1%)

1 お使い, ように

▼ 伝えずし~ (2, 0.1%)

1 て, て自分

▼ 伝えそう~ (2, 0.1%)

1 なもの, にずっと

▼ 伝えそれ~ (2, 0.1%)

1 に中味, を何事

▼ 伝えそれから~ (2, 0.1%)

1 公孫, 静かに

▼ 伝えたりと~ (2, 0.1%)

2 いう

▼ 伝え~ (2, 0.1%)

1 からおまえ, が諏訪法性

▼ 伝えつつ~ (2, 0.1%)

1 あるの, じっと見まもり

▼ 伝えていう~ (2, 0.1%)

1 かの人江都小田原町辺, 月夜雨夜に

▼ 伝えてさえ~ (2, 0.1%)

1 おれば, 行けば

▼ 伝えなども~ (2, 0.1%)

1 あって, 公開し

▼ 伝えには~ (2, 0.1%)

1 彼らの, 福仙という

▼ 伝えにも~ (2, 0.1%)

1 あったの, 私は

▼ 伝えまたは~ (2, 0.1%)

1 山小屋に, 栄えて

▼ 伝え~ (2, 0.1%)

1 それから出たらしい, 跡は

▼ 伝え下されたく~ (2, 0.1%)

2

▼ 伝え~ (2, 0.1%)

1 の心, を救おう

▼ 伝え~ (2, 0.1%)

1 て味方, て帰向

▼ 伝え~ (2, 0.1%)

1 との友情, に対する侮辱

▼ 伝え自分~ (2, 0.1%)

1 はその間, も共に

▼ 伝え~ (2, 0.1%)

1 下度三日三夜なり, 下度貴殿にも

▼1* [179件]

伝えあなた方の心構え, 伝えいさぎよく出でて, 伝えいまもこれ, 伝え表からとして, 伝えおおようで言葉, 伝えかつ史にも, 伝えかつて勇士に, 伝えがたいことを, 伝えがちでありますが, 伝えこう二者の, 伝えここ五日ほど不在, 伝えこんな願書を, 伝えごとについて知っ, 伝えさえすれば, 伝えさッしゃい, 伝えてよい, 伝えしたがって多分赤松一族, 伝えすこぶる天地剖析の, 伝えそして宝蔵院の, 伝えそのまま腰を, 伝えその後江戸時代になっ, 伝えただ口から, 伝えただしこれも, 伝えたとえば天海大僧正の, 伝えたりというもこれまた, 伝えたりなどするもの, 伝えたりもした, 伝えだけは申上げる, 伝えついで宣教の, 伝えてからの混雑狼狽そのものとも, 伝えてしもうたわけな, 伝えてと申されましたと, 伝えてよこれは, 伝えでなかったことは, 伝えとはどんなこと, 伝えば幾百代, 伝えながらも空気は, 伝えなどを思い出しローマ, 伝えにくいものである, 伝えばかりが方々の, 伝えふるした様, 伝えみたいな迷信みたい, 伝えもちろん矢島の, 伝え全軍, 伝えよく話合う, 伝えわれわれの眼, 伝えイタリーはそれ, 伝えクラム自身から返事, 伝えコックリを称し, 伝え一方原士へ, 伝え七軍の全滅, 伝え万世一系の皇室, 伝え襲などは, 伝え不安な彼女, 伝え不断騎りいて, 伝え且つ一方には, 伝えに害毒, 伝え中国人が無自覚, 伝え事相教相抜群の誉れ, 伝え二人の行方, 伝え二代目は三代目, 伝え二喜十八九歳の艶女, 伝え二寸の動揺, 伝え二寸動揺を示すべき, 伝え互いに庄屋なり, 伝えを伝え, 伝え他日に至り, 伝え伝え終らば, 伝えでやっ, 伝え佐太郎が夜, 伝え何やら知らぬ小禽, 伝え保存罐を買い, 伝え信州の諏訪, 伝え候国家にし, 伝えを伝え, 伝え充分諜しあわせ, 伝え公表せられた狐, 伝え共にその正大, 伝え写真を返した, 伝え処々に存, 伝えの少佐, 伝え別に騎馬の, 伝え助力方を願った, 伝え勘定書を求め, 伝え勝ちのもの, 伝え化石を見, 伝え医薬を伝え, 伝え十二日には狐, 伝え協力を乞う, 伝えくるもの, 伝え同所の北条時政, 伝えも似, 伝え和田峠その他へ早速, 伝え商用で京都, 伝え嘘言に興味, 伝え統を, 伝え大明神の言葉, 伝え好きなる人, 伝え媒助して, 伝えが孫, 伝え子孫は更に, 伝え孫策を会稽, 伝え実際的に, 伝え宣伝は甚だ, 伝え家財封禄家士に至る, 伝え市外池袋の村民, 伝え市民たちに警告, 伝えを改めて, 伝え幻雲ために宿神像, 伝え広重は二三十枚, 伝え弟子はまた, 伝え彦太郎逮捕の手配, 伝えは刻々, 伝えを安堵, 伝え後者はフランス人, 伝え小人も, 伝え徳川幕府ではこれ, 伝えの電気, 伝え怠りあるなかれ, 伝え急速に陣払い, 伝え戸板の支度, 伝え支那隋の高祖, 伝え文字と儒教, 伝え斬罪役中島その類, 伝えがぐいと, 伝え日向どののお, 伝え早くこの部屋, 伝え景一はまた, 伝え木葉の衣, 伝えたった者, 伝えは房総, 伝え東京大学で講義, 伝え林吉左衛門及び小林義信等, 伝え果たして八方から, 伝えが志, 伝え毎日何百疋とも知れず, 伝え民衆をし, 伝え永禄年中まで存, 伝え江戸の水野老中, 伝え汽車や自動車, 伝えもこれ, 伝え熊野広見川で実際, 伝えの卑怯, 伝えの最初, 伝え王家の復興, 伝え百代の後, 伝えの思召, 伝え神器を奉じ, 伝え竃鬼が貌, 伝え二回旅行には, 伝え紹興老酒の古, 伝え紹鴎また之, 伝え終らば九州, 伝え縁談解約のこと, 伝え美濃の夜叉ヶ池, 伝え美術を伝え, 伝え聞伝えて羨, 伝えにかかる, 伝え自己も鎧, 伝え自身もまた, 伝え衆人の力相合し相, 伝え西は尾張, 伝え訪問者をし, 伝え大名も, 伝え諸国より集りし, 伝え貴方の様, 伝え貴族は女王, 伝え通りひるには, 伝え遠く大和地方から落ち, 伝え遺し見識と, 伝え開眼大会の時, 伝え阿波藍を用い, 伝え附近には貝塚, 伝え難いのである, 伝え雨夜にはだれあっ, 伝え電瞬の間, 伝え青年団や小学生, 伝え飯田藩ともよく, 伝え高徳を望み