青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「余り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

何時も~ ~何物 ~何等 何等~ ~何者 何者~ ~何處 ~余 余~ ~余り
余り~
~余りに 余りに~ ~余地 余地~ ~余程 余程~ ~余裕 余裕~ ~余計 余計~

「余り~」 7961, 86ppm, 1295位

▼ 余り~ (726, 9.1%)

52 事に 29 ことに 13 恐ろしさ 11 嬉しさ 9 間に 8 不思議さに 6 恐しさ 5 不思議に, 悲しさ, 意外さに, 長さ 4 事で, 意外に 3 広さ, 日が, 時間を, 美しさ, 金を, 高さ

2 [33件] うれしさ, ことだ, ことで, でっぷりした, 事の, 仕儀に, 借りが, 可笑しさ, 呆気なさ, 女の, 小さな鉢, 山道を, 怖さ, 怖ろ, 所に, 時間で, 暑さ, 櫓を, 気味悪さ, 激しさ, 現金が, 男が, 男と, 男は, 痛憤に, 短篇を, 老人で, 見事さに, 見苦しさ, 道を, 間を, 驚きに, 驚愕に

1 [486件] あいだここに, あいだに, あさましさ, あっけなさ, あてな, あの若, あらゆるもの, いじらしさ, いとしさ, うつくしさ, うるささから, おそろしさ, おばあさんが, お上さんと, お人, お可愛, お変りように, お客様は, お爺さんが, お見事, お身軽, お金が, かみさんは, けちな, けぶさ, ことが, ことと, ご飯を, その記録, ところから, ところで, ところに, ところへ, ところまで, なさけなさ, にぎにぎしさ, ばかばかしさ, ばからしさ, ふっくりと, まばゆさ, みごとな, むちのようなものは一体, ものが, ものであった, やけ酒だ, りっぱな, カトリック教徒が, コマ鼠の, スピードで, 一団が, 一団だった, 丈しか, 三冊を, 三段の, 上に, 上洛中なども, 下には, 下宿生活の, 不審さに, 不快さと, 不意に, 不意打に, 不意討ちの, 不憫さまた, 不気味さに, 不用意と, 不足が, 並木の, 中に, 中へ, 丸を, 乗馬と, 乱雑さに, 事でございます, 事ゆえ尋ねる, 事ゆえ顔色を, 人々が, 人々長方形の, 人が, 人で, 人です, 人と, 人の, 人も, 人口の, 人影が, 人数だった, 人数であった, 人数である, 人数でした, 人数に, 人達が, 人間が, 仏像明日にも, 仕打や, 伊織の, 伏流は, 休暇の, 会員は, 会員を, 何でも, 佗暮しは, 余裕が, 作家は, 侍が, 侮辱に, 保釈中の, 信徒達が, 借金が, 傍若無人ぶりが, 傷まし, 光は, 兵が, 兵しか, 兵は, 兵数でしか, 写真を, 冷えに, 冷たさ, 凄味に, 処に, 分のみにても, 分を, 切なさ, 前までは, 力強さ, 労働羽の, 労働者で, 動揺に, 勿体なさ, 半盃, 単調さとから, 厚い煉瓦塀, 原稿を, 古代雛は, 可恐し, 同勢で, 哀れさ目も, 品を, 四百人に, 地蔵尊を, 増水を, 士官が, 売卜者の, 変奏曲を, 多さ, 夢も, 大きな頭, 大そう, 大もの, 大刀を, 大団扇, 大山伏, 大柄な, 大男で, 大蛇が, 大規模, 天然の, 失礼を, 失策に, 女が, 女で, 女であった, 女役者, 女達とは, 好評が, 姿の, 婆さんが, 子供たちの, 子供らし, 子供達に, 子孫を, 学生が, 客で, 客の, 家鴨を, 寂しさ, 尊さ, 小人数, 小学校の, 小屋が, 小屋の, 小庭, 小杉山, 小造り, 小鳥が, 小鳥まで, 少年少女が, 尼僧が, 屈強な, 山上に, 山原で, 崖を, 嶮を, 川幅を, 幕兵が, 幸福さに, 幻な, 広間が, 底に, 店の, 店員中に, 強刀, 弾薬盒であり, 彼の, 彼女の, 後だった, 後に, 後には, 後例の, 後方に, 御無沙汰に, 心寂し, 思いがけなさ, 思ひがけ, 思懸け, 思掛け, 恐さ, 恥ずかしさ, 恩を, 悦し, 情熱さに, 愁嘆に, 意外な, 意欲の, 意気な, 愚しき勇猛が, 愚痴の, 愚蒙, 感動の, 慕わしさ, 慾ばりらしい, 憤激で, 懐かしさ, 懸崕, 成功に, 或る, 戦闘にて, 所を, 所為でも, 手ぬかりである, 手応への, 手持無沙汰に, 抱えが, 押問答悪, 持駒が, 捕手, 搾取に, 敏捷さに, 数と, 数の, 斑竹の, 旅が, 旅に, 日の丸を, 日を, 早業に, 昂奮で, 明らかな, 昔不幸な, 昨夜川手氏は, 時を, 時間内に, 晩い, 晴れが, 暴状に, 暴言に, 月が, 月の, 月日は, 月日を, 未亡人は, 未練さを, 杉の, 杭が, 松並木, 松火タラタラと, 桜並木が, 椿事に, 極く, 楽しかった, 様子を, 欣ば, 歓ばしさ, 歓びに, 此の, 武士の, 歳月が, 歳月の, 死体が, 残虐に, 気の毒さに, 気持よ, 水底は, 池が, 汽車旅行は, 沈黙に, 浅ましさ, 深さ, 清らな, 滝の下に, 漢代の, 激動に, 激情が, 火薬だ, 炎が, 烈しさ, 無分別かも, 無分別に, 無念さに, 無念口惜し, 無意義なる, 無感動, 煩わしさ, 爺さんを, 牛乳と, 牛乳を, 物凄さ, 物忌の, 物置あり, 犠牲に, 珍しい形, 理不尽と, 理不尽に, 瓢箪は, 瓢箪を, 生々しさ, 生徒等が, 男こそ, 男である, 男の, 男も, 男女が, 男髪は, 畏れ多さ, 畠に, 異様さに, 痛さ, 白刃が, 白墨を, 白衣の, 白襷隊は, 白髪を, 盗賊の, 眩さ, 禿茶瓶が, 私の, 突飛さに, 竹竿を, 笑ひ, 箱根山椒魚が, 籠を, 精兵が, 紅を, 純真さそう, 紙幣を, 素焼の, 紬の, 細い松, 細い竹, 細長い灰坑, 緋鯉を, 総髪で, 繻子地であった, 美少年, 老人である, 老人の, 老僧, 老女であった, 老女を, 老婆は, 者が, 聴衆は, 肥った爺さん, 背の, 背高い, 脆さ, 腹立たしさ, 自然の, 色の, 色好みから, 芝居小屋が, 若侍, 苦しい登り, 苦しさ, 苦みに, 苦悩に, 蒼黒い, 薄暗さ, 薄気味悪さ, 薬代も, 虚勢だ, 蛇矛を, 西洋人に, 西洋館が, 見物が, 言葉です, 話つい, 話の, 論文が, 諸外国語, 講中と, 費用で, 賄い貰っ, 賤女が, 超自然的, 足を, 足音にて, 車輪です, 軍艦旗調製資金を, 軽薄さに, 辮子を, 農夫と, 迅さと, 退屈さに, 通り雨が, 遅参不, 過分に, 過慮, 道じゃから, 道じゃった, 道ぢや, 道ぢやつた, 道のりです, 道は, 道中を, 遠距離に, 遺跡が, 部分とに, 酔興と, 酷さ, 醜男な, 重さ, 金で, 金の, 金は, 金箱を, 金高である, 鉄の, 鉄工所が, 鉄扇を, 鉄漿を, 鉢の, 長い十手, 長くて, 長光を, 長刀を, 長広舌も, 長方形に, 長瓢, 閑日月は, 間である, 間と, 間は, 間ほとんど, 間冬彦先生の, 間団体観光の, 間幾度か, 間横田の, 間違でございます, 間露営の, 闇商人らしい, 雪は, 雪庇が, 電車の, 震動が, 静かさ, 静かさが, 静さに, 静養の, 面白さ, 飯を, 餅が, 馬鹿らしさ, 馬鹿馬鹿しさ, 馴染だ, 騒ぎに, 驕慢の, 骨は, 骸骨の, 高い鉄柵, 高粱の, 髪を, 魂が, 麻縄を, 黒さ

▼ 余り~ (192, 2.4%)

4 あって, 前に 3 離れて

2 [13件] あった, ある, たった頃, つづいた, 前の, 歩いた頃, 滞在し, 立ち尽したけれども, 経って, 蛭の, 行った頃, 遅れて, 飛び退ったが

1 [155件] あったかと, あったろう, ありそれ, あるいたであろうか, あるが, あるそう, あるだろうか, ある同, ある小さな, ある蛇, あろう, あろうよ, あろう夫, あろう藍, うろつき廻った, おびえながら, お旅先, お留守, お稽古, お邸方, かかって, こちこち其処辺を, このよう, この上, こもって, ございましょうか, さがって, さし込めたる, じっとし, すると, そこで, その儘, それからそれ, それを, たつこと, たつと, ついやして, つたいな, ない小さいもの, はなれて, プラスビイユは, ホテルに, ポカンとして, 丈の, 上へ, 今日まで, 伸びて, 佇んで, 使おうという, 傾きながら, 働いて, 先に, 光線の, 其所に, 出て, 出ること, 出来暮らし, 分入った, 前だった, 前万元といふ, 勤めて, 口を, 同じ日, 同じ留置場, 味気のうございまする, 固有の, 堤防の, 寂しい独身生活, 寄り集って, 居て, 居る臨時工, 山ばかり, 床屋に, 店先に, 延びたの, 忘れて, 悩みに, 悪戦苦闘を, 愚図, 戦うと, 戦地で, 持合せ, 掛るという, 攻め寄せられ襲撃, 斯うし, 旗亭で, 早かった, 昔の, 昔桓武天皇が, 時が, 時間を, 有ろうか, 来たかと, 来たら山, 来たりと, 来たろうと, 来た頃, 東の, 横ざまに, 樹の, 歩んだ経験, 死なないで, 汗で, 浮き上った, 深い溝, 清洲の, 渡って, 滞在した, 煩つて歿く, 積み重ねて, 経ちました, 経ったいま, 経った時, 経った頃, 経過した, 続いたろう, 続いた今, 続いては, 続くあの, 耽った後, 行った時, 行って, 見えないので, 見物席に, 覚えが, 詰めたろう, 語り続けて, 費やさねば, 赤坂の, 走った頃, 走り抜ける, 距れた, 蹴鞠の, 辿った時, 追掛けて, 送るうち, 逃げ延びた, 通りこし, 通るの, 進んだ時, 遊び暮したでしょう, 過した時, 違ふ, 遠巻きに, 鑿を, 長椅子の, 闇の, 階下に, 隔てなく話したの, 隙い, 集まって, 雑談に, 雪で, 頼朝は, 馳け

▼ 余りある~ (166, 2.1%)

9 ものが 5 ことだ, もので, ものと 4 ことである 3 のである, ものであった, ものである, ように 2 がその, ことと, ところである, にあらずや, のです, ので火, ものだった, ものであります

1 [110件] かも知れない, から心, がごとく, がよく, が小説, くらい満足, けれども見当, こと, ことで, ことでありました, ことであります, ことに, ことの, ことは, ことも, ことを, だけの愛妻, だけの生産, だけの男, という, というよう, ところ甚大な, としても特色, としても生活資料, とのこと, とも思う, と見えた, ので, のであった, のでございましょう, のでした, のに情, のみならず, のも, ははなはだ, ほどだった, ほどである, ほどであろう, ほどな前, ほどにさえなるであろう, ほどの快感, ほどの新, ほど数多, ほど逞しく, ものだ, ものです, ものとさえ, ものの, もの先生の, を云, を後ろざま, を思い, を急須, を是非, 事で, 事感傷的に, 云々, 人物だ, 位で, 光を, 公論という, 可し, 国境の, 土貨を, 多くの, 大きな口, 大岳が, 女じゃぞ, 奴, 好意を, 崖の, 川を, 怪, 或る, 所すなわち, 敵だ, 日本の, 時に, 時には, 時は, 時世であった, 極悪人では, 機会で, 次第であった, 次第であります, 次第であろう, 深い山井戸, 点だ, 生活の, 百金は, 祠, 程な, 程に, 程の, 程大きな, 精力を, 美徳な, 者なれ, 者を, 自分の, 自家撞着である, 自己満足が, 芸術的素質を, 華麗な相つぐ, 葉裏に, 身分だった, 重大な, 金額であった, 非常な, 面目を

▼ 余り~ (163, 2.0%)

8 なって 4 して 3 なる 2 なります, なるが, 彼は, 青年の

1 [140件] ああ気, ありつくという, おなさけ, こんな悪, ござります, せっかく親切, そちこち, その祠, たった今白状, とかくも, なった, なったの, なってること, なりし頃野分, なりますでしょうか, なりますと, なるその, なるという, なるの, なる武蔵, なる老人, なる老年, なる老翁, のび辛菜, ふとおそろしい, ほんも, もどかしき感, よろけさうに, コンナ事を, トラに, 一知が, 上わ, 上品すぎる, 不意な, 世間に, 両手に, 人に, 仏陀の, 仙台萩の, 作ったおかしな, 偏し, 僧家の, 元の, 冷えきって, 出た独り言, 出来過ぎて, 及ぶけれども, 叩き殺して, 吸取紙, 呉が, 四十両の, 四十両使い果し, 基督教に, 変って, 大なる, 奇蹟的な, 女性的で, 寂しい, 寒く気持, 少なかりしか, 尨大なり, 床広し, 弁えすぎて, 強くソ連, 強く余りに, 強く打ちけれ, 強靭なりき, 御台所さまを, 怒鳴り狼狽えた余, 急だった, 恐ろしいこと, 感服しなくなっ, 慌てたよう, 憐れで無かろう, 成った原稿, 我れ, 或る, 抵抗力が, 拡がったが, 整った創造, 日本の, 明白な, 暫くつっ立っ, 更に怖, 書いた文章, 業, 気が, 減って, 激しかった, 珍しいので, 申しおりまいたが, 申しました, 直心に, 碌々に, 秩序的に, 窮屈に, 立ち上って, 筆を, 経世的に, 緊張した, 繊巧に, 肥大せる, 肺と, 胸に, 脆くし, 自ら進ん, 自傷手段, 自分の, 色々と, 莫迦気て, 薄弱なり, 複雑に, 見詰めると, 規則立ちたる短, 言葉も, 誤らざる事, 誤られて, 諸方を, 豪壮に, 足駄を, 近寄ると, 近眼なる, 途方も, 進歩的に, 遂に還らぬ, 遅く時々, 過ぎないと, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 達したが, 違わなかった, 酒を, 重複をも, 露わな輝きのみが, 静かであった, 非詩的, 頭が, 驚くべき安定度, 高く評価, 鮮やかに

▼ 余りにも~ (112, 1.4%)

2 なって, なる

1 [108件] あっけない終局, お久しい, きれいな, こっちの, そなた, たやすく見替えられた, ちがいすぎる不機嫌さ, つたなかった, なりますけれど, なりますので, なりますよ, なる主人, なる毛利殿, はっきりした断り, ひどいのに, まだ何, まだ年少, 一般に, 不意である, 不意に, 不調和な, 予期した, 事も, 京都風の, 今朝は, 優しかった, 兄者人は, 凄愴, 同じこと, 周章てん坊たる, 哀れな, 唐突な, 堅く閉され, 変って, 変り果てた見すぼらしさ, 多くこの, 多く画の, 大きな差, 大き過ぎた, 大胆な, 奇怪な, 奉行らしくない, 孔明の, 孤立的で, 小さい自分, 小ッ, 小策すぎましょう, 少なかつた, 峻烈すぎた, 年少の, 強い自意識, 強く死, 彼の, 念入りな, 思ひがけ, 悲痛で, 惨めな, 意外な, 感傷的な, 戦の, 控え目で, 明かである, 有名であった, 有名に, 楽しげ, 構えた分析解明, 正直すぎる, 殺風景なる, 母を, 気高くあまりに, 漠然とさながら雲, 澄みきって, 激甚過, 火度を, 火急の, 無事な, 無残な, 無茶な, 物質的である, 現代に, 異り過ぎる, 痛ましい運命, 瘻れ果てた, 真剣な, 短い一生, 短かりし, 神経過敏な, 突然でした, 緊密な, 罪の, 聞きかねて, 自信あり, 自然は, 血なまぐさい, 複雑な, 見え透いた弁解, 観念的な, 認識の, 貧困である, 近くくっつき過ぎてる, 過激な, 鋭く感ぜられた, 長い時日, 長くなる, 頑な, 頻繁である, 颯々と, 鮮明な

▼ 余り~ (84, 1.1%)

3 費して 2 嘗めて, 持って, 費した

1 [75件] かしいので, かしかつ, この仮, すぎて, へて, みちのく平泉の, やって, ジュウタンに, タンマリと, 一月の, 一気に突き, 一皿振舞っ, 一筋ごとに, 上って, 与へ, 仮屋の, 借りて, 前に, 各警察, 小さいきれ, 巡遊した, 床の, 彼の, 押し流されて, 拾ったもの, 旧の, 暗室, 暮して, 月三度または, 来て, 枕の, 検事の, 殆ど囚虜, 残りなく, 決して蓄め, 減じて, 溜めといて, 無心に, 爪先上がりに, 用ひた, 町家に, 登り続けるよう, 私の, 積み貯えたるもの, 管理し, 籠って, 組合へ, 経ずば, 経たれど, 経た六月, 経過しました, 群猴食う, 舐めた, 要するであろう, 貰いに, 貰ひ, 費した大詰, 費した後, 費やした, 費やしたというは, 近畿附近の, 過ぎた, 過しましたが, 郵便貯金に, 重ねたある, 闇で, 隔てて, 雇って, 頂戴する, 頑張り通して, 食い挨拶, 食う, 食う場合, 飲み尽くして, 飲んだ

▼ 余り~ (82, 1.0%)

4 事を 2 ことを, 事だ, 人だ, 彼の, 相違から

1 [68件] おもてなしに, お変りでは, お方でございます, と焦, のが, のでわたし, のを, ふしぎさに, を架, を架け渡し, 一徹, 不人情だ, 不実な, 人と, 仕打です, 仕打また, 信長の, 偏愛の, 元気に, 力攻めの, 北山殿の, 卑劣に, 反感を, 変りようである, 変り方である, 大勇汝の, 大国の, 嫉妬を, 山田の, 幕府処置には, 彼への, 御偏見, 御卑下, 御帰館, 御挨拶, 御精励, 御謙遜, 思い過ぎである, 急ぎ方だ, 愚鈍を, 懸隔に, 手荒を, 放言に, 極言である, 激語は, 無人さは, 無法, 無礼さに, 生活難の, 白々しさ, 答えに, 節食を, 精力が, 精進に, 緊張が, 良人の, 苛烈や, 荒業に, 詠嘆は, 話だった, 話と, 誇張は, 軽さ, 違い方, 醜さ, 重さ, 長陣には, 陰口などは

▼ 余り~ (78, 1.0%)

38 ある 5 あった 2 あれば, あろう, ない, 三折の

1 [27件] あつた, ありそして, あるだろう, あると, あるとこう, あるに, あるの, あるので, そのま, できて, なかった, のし餅の, ひとかたまりの, ぶら下がって, まだ一尺, わめき叫んで, 一度に, 五六人に, 出来るので, 同じよう, 尽きて, 百個ほど, 私達の, 綻びかけて, 退路を, 道路を, 長々と

▼ 余り多く~ (78, 1.0%)

3 はあるまい 2 ない, ないが, ないの, の好奇心, の注意, の涙, の興味, を期待, を語らず, を語る

1 [55件] あったとは, て歩き, て紛らわしい, ないという, ないやう, ない例, ない名前, ない病気, なかったの, なかったので, なるので, の人々, の手腕, の才能, の日数, の時間, の苦, の識見, の酒, の騾, はありません, はなかっ, は喰, は見当らなかった, は語らず笑わず, は読ん, を云う, を云わない, を価値, を坊さん, を白耳義, を知っ, を知らなかった, を言わなかった, を語らなかった, 乾燥せる, 住んで, 価値する, 出会わなかったから, 喋ること, 接して, 描かれて, 湿潤せる, 現われて, 異つて, 発見されなかった, 知って, 知らない, 見掛けない, 親むで, 話さないで, 語らなかった, 進んで, 過去を, 降るな

▼ 余り~ (69, 0.9%)

20 いえば 10 云えば 8 申せば 6 いへば 4 言えば 2 なる

1 [19件] いうほど, いうより, いえは, おぼしく松姿鶴骨, なって, なりに, なります, なると, 云へば, 少し浮気, 弟新九郎の, 思うの, 思ふの, 権利を, 見える逞, 見ゆる一人, 見ゆる肥満, 覚しき部屋, 言ふ

▼ 余りよく~ (64, 0.8%)

4 似て 2 ない, ないの, なかった, 寝て, 知って

1 [50件] ありませんが, ありませんでした, ありませんのよ, およって, きいたので, ないが, ないこと, ないだろうけれども, ないと, ないね, ないのよ, ないよう, ないん, ない方, ない用事, なかったが, なかったけれど, なかったと, なかったとき, なかつた, なくて, なくカルーゾー, なし, なしサムガア, なった人, なりませんでしたか, ねられなかった, は出, は分からない, は分らない, もないだらう, やるので, 似たの, 分らない, 判つたようじや, 合わないこと, 存じませんが, 御寝なる, 御根気, 申しませんね, 眠らなかったから, 眠れなかったの, 知らないから, 知らないが, 知らない女, 知らなかったので, 知らなかったよう, 知らんですが, 知りません, 私の

▼ 余り~ (62, 0.8%)

1 [62件] あがりに, あやしに, かんじに, たかに, たかの, よみに, 丈夫の, 上手で, 世辞は, 人善し, 仕事に, 仲が, 休みに, 働きに, 儀式過ぎる, 動きに, 友だちは, 口許が, 可哀想で申せません, 可哀相で見, 味方は, 固いお洒落, 好きぢや, 好きで, 安いと, 安値から, 察しの, 屠蘇を, 広くも, 強い方, 情ない, 手軽で, 手間の, 早いで, 晩うございます, 書きに, 民は, 気の毒で, 気の毒な, 気の毒ね, 疑い深い, 目出度くない, 稚さ, 美しくいられる, 苦しそう, 見事ぢや, 見事に, 触りなすっ, 軽々しく, 遅いので, 邪魔し, 部屋にばかり, 酒が, 酒の, 酒を, 酔ひにな, 長く続きません, 饒舌な, 饒舌は, 駕が, 高くない, 魚が

▼ 余り長く~ (60, 0.8%)

10 なるから 6 なりますから 3 なると 2 なるので, はない

1 [37件] お前が, お悪い, するので, つけて, ない予定, なかつた島村氏, なく度数, なって, なりましたから, なりますので, なる, はありません, は御, もない, やまなかったので, 千鶴と, 外に, 居りますと, 居ると, 弁護し過ぎた, 待たして, 徘徊し, 成るから, 放って, 東京には, 止まって, 洗って, 留めて, 眠ったよう, 立つて, 続き過ぎると, 見つめられ私, 話する, 走った様, 邪魔し, 阿波の, 黙ってるので

▼ 余り~ (57, 0.7%)

4 を馬鹿 3 に知られ 2 は知らない, も通らず

1 [46件] から信用, から好かれない, がむやみ, が付けねえ, が住んだらしくない, が出入, が善, が居りませぬで, が来ません, が這入りませんでした, と争っ, と争った, と共に何, にも知られない, に云いたくない, に勧められない, に好かれないだろう, に愛し, に接しない, に煩聒, に聞かしたくない, に見せたくない, に頼り過ぎた, に馬鹿, のやらない, の事, の好く, の居ない, の往来, の悪口, の知らない, の行かない, の行く, の込み合わない, の通らない, はいなかった, は出ません, は知らぬ, も居ねえ, を信じ過ぎ, を呪う, を恐れない, を袖, を踏みつけ, を踏付け, を軽蔑

▼ 余り~ (55, 0.7%)

3 にかけない, のない 2 が遠く, にし, にせぬ, の利いた

1 [41件] がきかな, がすすまないだろう, が利かねえ, が早い, が知れ, が知れん, が進まぬらしかった, が進みませんでした, が違つて朝鮮征伐, にかけ, にかけず, にかけぬらしい, にくわない, にしない, にとめ, には掛け, にもかけない, にも掛けぬ, に喰う, に懸け, に掛けない, に止め, に留めなかった, に逆, のすすまぬ, のどく, の乗らぬ, の利いた迎え, の利かない話しだ, の合った, の進まぬ, も止めず, も附けず, をもませない, を入れる, を変, を廻しすぎた, を揉まない, を落さない, を落せる, 障な

▼ 余り好い~ (53, 0.7%)

6 気持は 5 心持は 3 気持が 2 事は, 心持では, 意味でないらしい, 感じが

1 [31件] ことは, ので小さい, のは, もので, 事で, 図では, 姿では, 客でない, 形は, 役では, 御天気, 心地は, 心地も, 心持じゃ, 心持だ, 心持でも, 心持の, 心持も, 恰好で, 感情を, 方とは, 月だ, 格好で, 気に, 気持ちは, 気持でない, 気持では, 気持の, 男振で, 装で, 音が

▼ 余り遠く~ (44, 0.6%)

5 ないところ 3 ない所 2 もない, 来過ぎた事

1 [32件] お顧客, かけ隔つて, てたより, でない去迚近く, では無い, ない, ないお寺, ないから, ないところ四五ヶ所, ないもう, ない万歳館, ない以前, ない場末, ない太田医院, ない小山, ない本郷台, ない池上, ない等々力村, なかつた, なくしかも, に行くでねえ, へ行かず, へ行く, もなかっ, もなく, も有りません, 古来の, 無いが, 隔って, 離れて, 離れないと, 離れないところ

▼ 余りいい~ (39, 0.5%)

4 気持は 3 気持が 2 心持は

1 [30件] とはおっしゃらず, ほうで, もので, 図では, 家の, 心持が, 心持だった, 心持の, 思いつきとは, 恰好の, 感じが, 感じの, 感じを, 感情を, 気に, 気もちが, 気もちは, 気持ちの, 気持では, 気持でも, 気持の, 気持も, 男じゃ, 結果を, 調和だ, 顔は, 顔を, 顔触れの, 風は, 香いで

▼ 余り~ (37, 0.5%)

2 あつた, もって

1 [33件] あつて, きわめて簡略, さして新, そこまで, ぱつたり婆さんは, やっと夫, ナショナルリーダーを, 乗りきって, 充分始末, 兵舎は, 出戻りであった, 大洞, 山脈は, 年度の, 彼の, 彼女との, 従三位に, 拵らえ, 政治家の, 明日の, 書き添えたらしく, 歿りました, 池の, 用意の, 税金の, 突然帰つて, 終った, 船越へ, 金木町より, 阿蘇駅に, 館林である, 馬でも, 鹿糠の

▼ 余り~ (30, 0.4%)

52 からとまだ, よ

1 [21件] あれは, からこの間, から可, から宜, ぜと例, そうです, そんな馬鹿, と存じ, と思います, と思う, と新吉さん, と書い, と腹の中, と言う, と訓, と額面, の, わねえそい, わ余り, 余りだ, 瓢箪の

▼ 余りその~ (29, 0.4%)

1 [29件] ま, 上に, 乱暴を, 人をも, 名から, 四脚を, 場に, 変りやうが, 妻と, 姿に, 婦に, 底に, 手紙を, 文通の, 方へは, 方を, 時の, 時間が, 景色に, 灰褐色の, 種の, 見透いた世辞, 足に, 辺の, 返事が, 震えてる年老いた両手, 面影が, 頂は, 香水を

▼ 余り~ (29, 0.4%)

2 過ぎて

1 [27件] あくる日与次郎が, いっこう寄手, ことごとく貸し, たしかである, つきり, つきりとは, ほとんど机, 事蹟が, 今しも, 何事も, 何処に, 修羅の, 倒れ疵, 年々宝蔵へ, 彼等以外の, 悠々休息, 真中より, 矢戦に, 短かかった, 経つ, 続いて, 職工であり, 身も, 農民であった, 過ぎた, 過ぎましたかの, 過ごすまい

▼ 余り興味~ (27, 0.3%)

3 がない, のある 2 が乗らない, を持っ, を持つ

1 [15件] あるもの, がな, が乗らなかった, なさ, のない, の無い, はあるまい, をもたなかった, を持たない, を持たなかった, を持たなかつた, を持たなかつたらしい, を持ち得なかった, を持つてない, を覚

▼ 余り面白く~ (27, 0.3%)

4 もない 2 ないもの, ないよう

1 [19件] ありません, ございませんけれど, ない, ないかも, ないが, ないの, ないので, ないん, ない上, ない噂, ない是非, ない演劇, もありません, もな, もないだろう, もなかっ, 感ずる者, 無かったけれど, 行かないとか

▼ 余りひどい~ (25, 0.3%)

2 じゃありません, 事を

1 [21件] からとお, から明日あたり, くずし方, ことを, とでも思った, と一番, ね, のでしまいに, のでそれ, のでどう, ので母親, 体を, 刺戟を, 勢いで, 噂です, 奴だ, 宗派主義に, 挫折を, 故もう, 田舎へ, 音が

▼ 余り~ (25, 0.3%)

3 を利かず 2 をきかない, をきかなかつた, を利かなかった

1 [16件] が利けなくなったらしい, が開いた, に出さない, に出なかった, の製造, も利かず, も利かぬ, をきい, をきかず, をきかなかった, をきく, をアングリ, を利かなかったらしい, を利かなかつた, を用, を開かなかった

▼ 余り沢山~ (25, 0.3%)

4 読んで 2 置き並べるので, 見ると

1 [17件] あったので, あるので, ある名, ではなかっ, な本, には殖えない, に出ないらしい, の人, は踊らず, みつからない, も残つて, 使いません, 居らなかったので, 持ち込むと, 来て, 生らないので, 食べないよう

▼ 余り感心~ (24, 0.3%)

2 しないが, しないもの

1 [20件] が出来ぬ, されないこと, されなかつたと, したこと, したについて, したもの, した葬り方, した風, しないの, しないよ, しない様子, しない西洋音楽, しなかつたので, せぬ風, せんよ, できないという, 出来ない男, 出来ぬもの, 出来ぬ睡眠薬, 致しません

▼ 余り好き~ (22, 0.3%)

6 では 3 でも 2 じゃない

1 [11件] でない, でないから, でないが, でなかった, でも無, なやつ, な所, な方, の方, ません, ませんが

▼ 余り~ (22, 0.3%)

1 [22件] がこんな, がしつ, が三十四歳, が可, が始終, が嫉妬, が彼, が正直, の云う, の意, はきっと, は何とか, は右, は外出, は実家, は理論的, も腹, を好かぬ, を待たし, を歓迎, を築城術, を贔屓

▼ 余り大きく~ (21, 0.3%)

3 はない 2 なかつたが

1 [16件] ない, ないところ, ない声, ない港, ない滝, ない舟, なかった, なって, ならないうち, なりすぎたら私, なるの, なるまで, は有りません, は無い, もない, 響くので

▼ 余り早く~ (21, 0.3%)

1 [21件] お駆なさらない, から世間, から海坊主, すりを, ない, 人を, 即位を, 彼女に, 旅から, 朝廻る, 来ると, 泊まり過ぎたとも, 消し止めること, 生れ過ぎた, 行き過ぎたので, 諦めて, 走つて, 近づくなと, 通り過ぎたよう, 酔いすぎては, 関係を

▼ 余り突然~ (20, 0.3%)

4 なので 2 だったので, だったもの, のこと 1 すぎたので, だと, でどう, で心, で思いがけなかっ, なのに, なぶしつけ, の事, の大事, やったんで

▼ 余り高く~ (20, 0.3%)

1 [20件] て誰, ない, ないおっとり, ないところ, ない事, ない声, ない天井, ない時, ない波動状, ない美人, ない裏, ない階, なくいられそう, なったもの, なって, はなかっ, は飛ばなかった, も揚がらなかった, 巻くと, 評価しない

▼ 余り~ (19, 0.2%)

3 のこと

1 [16件] からだ, から奥様, から彼女, から病兆, から絶え, から行く, にこの, に一寸, に上野公園, に神主, に裸体, に靜, のはがき, の事, の大学教授, まで迂

▼ 余り不思議~ (18, 0.2%)

2 だと, では, なので

1 [12件] だから, だったので, です, ですから, です貴女, でもなき, なもん, なるを以て, な事, な註文ゆえ, に思っ, はなかつた

▼ 余り自分~ (17, 0.2%)

1 [17件] が生まれ出た, が馬鹿気, ではたべません, では何, と取次, に近, の力, の地位, の心, の手, の空想, の総て, の鑑定, も襦袢一枚, も跡, を卑下, を頼られ

▼ 余り大きい~ (16, 0.2%)

1 [16件] からちょっと, から二つ, から流行, ために, ちがいは, とさえ云いたい, とびっくり, のでとうに, ので却つて気味悪, ので始め, 作品が, 声では, 支配を, 方で, 顔も, 鯉は

▼ 余り~ (16, 0.2%)

1 [16件] ひいきな, 体裁と, 力落しこれ無き, 勉強が, 夫婦の, 心配なら, 挨拶です, 気の毒に, 気色を, 気落が, 無体お待ちや, 無理です, 無理な, 無理を, 老体で, 自分の

▼ 余り熱心~ (16, 0.2%)

1 [16件] であるので, でもなかつた, でもなく, といふ程, なので, にならなかった, になり過ぎぬ, に多く, に絵図, に耳, に舞台, に見物, に話し, に頼む, に頼むのでどうしてもことはりきれなくなつてしまひました, 過ぎてかへつてうるさしと

▼ 余り~ (16, 0.2%)

4 もせず

1 [12件] がうま, が出, が急, が簡単, が長く, が長びいた, にならない, にも気乗, ははずん, らしい話, をしなかった, をせず

▼ 余りない~ (15, 0.2%)

1 [15件] ことだった, のだ, のであった, のでなんだか, はずである, ようであり, ようである, ように, らしい, わね二年, んだ, 人情の, 会議の, 所も, 結句である

▼ 余り深く~ (15, 0.2%)

1 [15件] ない, ないながらに, ない三間, ない水, へ下っ, 一処一物に, 熱心に, 立入る必要, 考えたこと, 考えても, 考へ, 自己に, 見ようと, 関係せず, 関心しなかったろう

▼ 余りあり~ (14, 0.2%)

2

1 [12件] て強固, という, というべき, というよう, という具合, といっ, と信ず, と僕, と私, と雖, 理想の, 衣の

▼ 余りはっきり~ (14, 0.2%)

3 して

1 [11件] いたして, しすぎて, したので, した確信, すると, せぬ様, はかきませんでした, 体を, 目撃する, 社会的に, 解って

▼ 余り世間~ (14, 0.2%)

1 [14件] が買いかぶっ, では知りません, では言われ, には沢山, には行われない, に交際, に知られ, に類, の荒い, へぱっと, へ伝播, へ知らせなかった, へ顔, を怨ん

▼ 余り~ (14, 0.2%)

2 い役, しからず 1 いから, い家, い心地, い成功, い手, い気持ち, くなかった, くなかつた, くなかろ, くは

▼ 余り心配~ (14, 0.2%)

1 [14件] させて, したせい, したため, して, しないでね, しない方, するな, するもの, なさいますな, なさらないが, なさらぬが, の仕, をせぬ, を致した

▼ 余り気持~ (14, 0.2%)

4 の好い 2 のいい, のよい, のよく 1 がいい, がよく, の良い, よくな

▼ 余り立派~ (14, 0.2%)

2 なので, なもの 1 でない人, でない創刊号, では, で貫一, な動機, な教会ぢ, な生長, な記念, な顔, な馬

▼ 余り評判~ (14, 0.2%)

3 が好く 2 がよく, のよく 1 にもならなかった, のいい, の好く, の宜, はよく, もしなくなり, をとらず

▼ 余り唐突~ (13, 0.2%)

2 なので

1 [11件] だから, でございますで, で解し兼ねる, と心付い, なの, な問, な激しい, な狼藉, に姿, に聞かれた, のこと

▼ 余り意外~ (13, 0.2%)

2 だったので, なので, な人物 1 だつたの, であつ, でしたので, な事, な出来ごと, な大きな, のこと

▼ 余り~ (13, 0.2%)

2 に涙

1 [11件] が疲れた, につかない, に付かない, に入らない, に入らなかつた, を丸く, を盲, を覚まし, を近づけ, 新しい珍, 覚めて

▼ 余り結構~ (13, 0.2%)

2 なもの

1 [11件] じゃア, だから, づくめ, でない薬, では, なお, な味, な経験, な霊, のもの, 過ぎると

▼ 余りよい~ (12, 0.2%)

2 歌は 1 お世辞, とは考え, ので, のは, わけで, 条件だ, 機嫌な, 気持が, 気持ちも, 男では

▼ 余り大きな~ (12, 0.2%)

2 ことを, 声で, 顔を 1 事を, 声を, 物へ, 異存は, 見っとも, 距り

▼ 余り~ (12, 0.2%)

1 [12件] がいじくった, が自分, と話した, に噛みついた, の審美眼, の念頭, の様子, の絹袴, の顔, はふと, は幾年, をほめなかつた

▼ 余り遅く~ (12, 0.2%)

2 ならないうち, なるからと 1 お帰り, なってはと, ならんうち, なりましたが, なりますと, なると, まで夜, まで話し込んだ

▼ 余り酷い~ (12, 0.2%)

3 じゃア 1 じゃない, ね, わ, わ余り, 事は, 事を, 冷汗を, 悪口も, 目に

▼ 余り長い~ (12, 0.2%)

1 [12件] から単に, ために, なア, ので, のでしまいに, のでドア, ので二人共気, ものは, ように, 為に, 間を, 間貴方を

▼ 余りひどく~ (11, 0.1%)

1 [11件] そわ, て動顛, て苦笑, なかったが, なければ, なって, 人を, 吹き過ぎたの, 呑んだり, 圧されるときフー, 表を

▼ 余り丈夫~ (11, 0.1%)

2 では 1 でないから, でないのに, でない為, でない肉体, でない身体, でも, で無いの, とも云え, な体

▼ 余り上等~ (11, 0.1%)

2 でない硝子戸 1 でないと, でないパナマ帽, でない女, でない室, とも思わなかった, な区域, な墨, な職業, の魚

▼ 余り信用~ (11, 0.1%)

2 されて, を置い 1 がおけない, されも, しなかつたの, の置けない, もおけません, 出来ないね, 出来なかったの

▼ 余り好く~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありませんでした, ない性, なかった, なかったが, なしさして, はなかっ, は思っ, は言わなかった, 有りません又, 無い人, 知つてゐる

▼ 余り~ (11, 0.1%)

1 [11件] から出なくなった, が建っ, にばかり蟄居, に居, に許, に閉じこもっ, のちかく, の前, の形, へ帰らなかった, を出なかつた

▼ 余り広く~ (11, 0.1%)

2 はない 1 ないので, ない墓地, ない知識, ない道幅, なくしかも, はありません, はなかっ, もない, 又高く

▼ 余り~ (11, 0.1%)

1 [11件] だったので, でしたもの, では, なので, な坂, に姿勢, に栄蔵, に眼, 角度な, 過ぎる, 遽しいじゃ

▼ 余り愉快~ (11, 0.1%)

3 では, なもの 1 でない顔つき, でなかった, なところ, なものぢ, に暮す

▼ 余り感服~ (11, 0.1%)

2 しなかった 1 いたしませぬ, いたしません表紙, しない, しないが, しなかった上, しませんでしたねエ, 出来ないもの, 出来ない人, 出来ない処

▼ 余り良い~ (11, 0.1%)

1 [11件] ので花, ものじゃ, ものぢや, やうで, 事は, 作で, 家柄では, 年では, 気持では, 結果を, 顔を

▼ 余り~ (11, 0.1%)

7 のない 2 の無い 1 がない, が有りません

▼ 余りこの~ (10, 0.1%)

1 ような, 人に, 俺を, 国について, 字を, 崖と, 忠実さが, 正月は, 歴史的社会の, 碑を

▼ 余りそんな~ (10, 0.1%)

3 ことを 1 事が, 事ばかり, 仲間に, 妙な, 所へ, 物には, 稼業を

▼ 余り問題~ (10, 0.1%)

2 にしなかった 1 が特殊, としなかったらしい, にする, にならない, にならなかった, にはし, にはならないでしょう, を見出し

▼ 余り~ (10, 0.1%)

4 なので 1 だと, ですが, で自分, なこと, な方向, な話

▼ 余り~ (10, 0.1%)

1 がか, がついた, にも負えない, のこんだ, の込み入った, も通さなかった, を入れられず, を叩きたい, を挙げる, 堪えが

▼ 余り知られ~ (10, 0.1%)

6 ていない 1 ていなかった, てゐなかつたらしい, てゐません, て居なかった

▼ 余り高い~ (10, 0.1%)

1 から少し, ですね, という訳, のでちょっと, ので或, のに, のね二等, のを, もので, ものです

▼ 余り~ (9, 0.1%)

1 三寸を, 列を, 堅き爪, 外貌にや, 情けなの, 我知らず秀子の, 案じ過せ, 極めて肥健, 辱け

▼ 余り~ (9, 0.1%)

1 かに世話, か礼, だから, でも大袈裟, といふ我儘, の気, も彼, も得る, も飲食

▼ 余り古い~ (9, 0.1%)

3 ことで 1 ですと, 事で, 事でない, 事な, 時代の, 縁故の

▼ 余り強く~ (9, 0.1%)

1 ないもの, ない南風, なかったので, なく弱く, もありません, も無い, 遣ると, 面を, 響かず従って

▼ 余り~ (9, 0.1%)

1 から笑う, にとまらなかつた, にもかからなかった, の臓, よくも, を動かされた, を用いない, を痛めた, 悪くは

▼ 余り智慧~ (9, 0.1%)

3 がない 1 が無, の足りない, の逞しい, は無い, は附い, もない

▼ 余り~ (9, 0.1%)

2 が減っ, が立った 1 がすく, が空い, が立っ, が立つ, の立つ

▼ 余り~ (9, 0.1%)

1 っともない, っともイイ, っとも好く, ていた, ていたく, てないし, ッとも, 兼た, 染め方が

▼ 余り遠い~ (9, 0.1%)

2 ところでは 1 からで, という, ところを, と云, のでこれ, のを, 過去に

▼ 余り~ (9, 0.1%)

1 には出さなかった, は丸顔, を伏せてる, を合わせない, を見せなかつた, を見せません, を見せん, を見合せた, を赤らめさせなく

▼ 余りこれ~ (8, 0.1%)

1 に興味, に食, までより冴えなく見えた, まで御, を歓迎, を神, を行う, 迄もなかっ

▼ 余りなかっ~ (8, 0.1%)

42 たそう 1 たけれども, た非情物

▼ 余り乱暴~ (8, 0.1%)

1 だ, だけれど, なので, な事, な疑い, になつ, をいふ, を働い

▼ 余り~ (8, 0.1%)

2 がよく, が好 1 が好い, が好過, のよく, の善い

▼ 余り勝手~ (8, 0.1%)

1 すぎるよう, だわ, なよう, な真似, な考, な考え, 過ぎます, 過ぎるの

▼ 余り~ (8, 0.1%)

1 いから, え声, ならざる帽, ならざる者, 事業大, 怪我を, 行成事身分不相応の, 雑駁で

▼ 余り度々~ (8, 0.1%)

1 かわるので, くり返すわけ, も行つて, 二人が, 師を, 来るところぢ, 聞かされるので, 見せるので

▼ 余り暑い~ (8, 0.1%)

1 から立っ, といふ, と頭, のでベランダ, ので愚, ので船頭, のにと思う, 盛りに

▼ 余り気味~ (8, 0.1%)

3 の好い 1 がよく, のいい, の可, の悪, もよく

▼ 余り注意~ (8, 0.1%)

1 されて, しないで, しない文章, せずに, をし, を其処, を惹かず, を払っ

▼ 余り~ (8, 0.1%)

1 反省に, 思慮では, 沙汰する, 知識であった, 識なり, 躾で, 躾な, 雑作に

▼ 余り綺麗~ (8, 0.1%)

2 では, なので 1 だから, だったので, でも, なもの

▼ 余り美しい~ (8, 0.1%)

1 からだ, から人, から若し, ので人々, ので別れ, ので始, 児な, 綺麗な

▼ 余り贅沢~ (8, 0.1%)

1 では, な品物, な客車, は出来ぬ, をさせ, 過ぎた注文, 過ぎて, 過ぎるやう

▼ 余り遅い~ (8, 0.1%)

1 からおおかた, から今, しそれに, し日, じゃア, ので外, ので様子, 故何時までも

▼ 余り離れ~ (8, 0.1%)

3 ていない 2 ては居ない, てゐない 1 て深雪

▼ 余り面白い~ (8, 0.1%)

1 ことで, ので熱中, ので自分, もので, ものは, 事を, 出来な, 手紙かけない

▼ 余りじゃ~ (7, 0.1%)

2 ありませんか, アない 1 らくらも, アありません, ア有りません

▼ 余りそれ~ (7, 0.1%)

1 が解かれる, が身, だけすぎた, に捉, をまた, を少し, を気

▼ 余りなく~ (7, 0.1%)

1 ことに社, ただ流した, どんなに暑く, 得て, 木の, 濡れて, 私の

▼ 余り上手~ (7, 0.1%)

3 では 1 でなかったが, でも, なお, に事

▼ 余り~ (7, 0.1%)

4 のない 1 が多く, の赤兎馬, を聞かない

▼ 余り大き~ (7, 0.1%)

3 かつた 2 すぎて 1 過ぎる, 過ぎるから

▼ 余り大した~ (7, 0.1%)

1 事で, 事件が, 人では, 信用を, 根拠には, 相違が, 秘密なんぞを

▼ 余り好まない~ (7, 0.1%)

1 のです, のでやたら, 叔母の, 彼も, 性質だつた, 暗灰色, 母に

▼ 余り思わず~ (7, 0.1%)

1 叫び声を, 噴水の, 声を, 床に, 知らずガッ, 立ち上りました, 足を

▼ 余り旨く~ (7, 0.1%)

2 はなかっ 1 はなかつた, は出来ません, もない, 出来て, 遣過ても

▼ 余り早い~ (7, 0.1%)

1 ぢや, と遣り込める, ねと母, ので人通, ので範頼, 一風呂浴びた, 取りに

▼ 余り歓迎~ (7, 0.1%)

2 しない, しないの 1 されなかった, されなかつた, せぬ制度ゆえ

▼ 余り無理~ (7, 0.1%)

1 が通りすぎ, しては, しないで, な頼, はしない, を, をする

▼ 余り真剣~ (7, 0.1%)

4 なので 1 すぎる恋, なん, に訴える

▼ 余り~ (7, 0.1%)

1 かでなかった, かならじ, かならぬ, し過ぎる, でないから, でなかった, なしくして

▼ 余り~ (7, 0.1%)

4 が好 1 が宜, のよき, の好い

▼ 余り見た~ (7, 0.1%)

2 ことが, ことの, 事は 1 事が

▼ 余り~ (7, 0.1%)

1 でも飲み過ぎた, にも酔つて, のいけぬ, は飲まない, を喫らん, を遣されます, を飲まし

▼ 余り重き~ (7, 0.1%)

2 を置い, を置かない 1 に過ぎる, をおかなかった, を置きたくない

▼ 余り関係~ (7, 0.1%)

4 がない 3 のない

▼ 余り静か~ (7, 0.1%)

2 だから 1 でしん, なの, なので, にし, に落着き

▼ 余りから~ (6, 0.1%)

2 来る迷信 1 そういう行動, 出て, 嫌味が, 自分でも

▼ 余りきれい~ (6, 0.1%)

1 で, でないシース, でないナプキン, なので, な挨拶, な星空

▼ 余りしか~ (6, 0.1%)

1 たたない重吉, ない, ないもの, なく平地, 所有し, 経って

▼ 余り~ (6, 0.1%)

3 やない 2 やありません 1 やご

▼ 余りです~ (6, 0.1%)

32 ものね 1

▼ 余りなる~ (6, 0.1%)

1 があった, ご卑怯, 人の, 挨拶他の, 無理解, 豹変ぶりには

▼ 余り世話~ (6, 0.1%)

2 になっ 1 にならん, をせず, をやかさない, をやき過ぎぬ

▼ 余り勉強~ (6, 0.1%)

1 し過ぎても, はせない, ばかりし, もせず, をし, をしない

▼ 余り~ (6, 0.1%)

1 なり遠慮なく, 哀さうだつた, 悲き, 惜ものだ思う, 懐しさ, 笑いので

▼ 余り外出~ (6, 0.1%)

2 はす 1 しませんでした, もされず, もせず, もなさらなかった

▼ 余り~ (6, 0.1%)

1 が深い, ただ一色, の局, も更けました, 深に, 良くお

▼ 余り幸福~ (6, 0.1%)

3 では 1 でなさそう, な身無し児, を与え

▼ 余り必要~ (6, 0.1%)

1 がない, でない事, でもない, のない, のもの, を感じない

▼ 余り意気地~ (6, 0.1%)

3 が無 2 の無い 1 がない

▼ 余り~ (6, 0.1%)

1 が深, が深い, が無, 張った面, 張り過ぎては, 張り過ぎるから

▼ 余り~ (6, 0.1%)

1 すぎた, すぎて, すぎると, や過ぎる, 過ぎて, 過ぎると

▼ 余り有難く~ (6, 0.1%)

2 ないね 1 ない, ないそれに, ない人, ない御

▼ 余り~ (6, 0.1%)

3 では 1 な登り, にもならず, をしよう

▼ 余り気の毒~ (6, 0.1%)

2 だと 1 だ, だもの, と思った, な位

▼ 余り気乗り~ (6, 0.1%)

1 がしてない, がしないらしく, がしなかった, のしない, のない, もし

▼ 余り深い~ (6, 0.1%)

1 ことは, つきあ, もので, 印象をも, 用心の, 縁故も

▼ 余り~ (6, 0.1%)

1 にしませんでした, に立たない, に立ち過ぎた, に立つ, のあたりゆえ, をまるく

▼ 余り知らない~ (6, 0.1%)

1 ので読もう, 作家が, 傑作の, 山奥の, 心づかいを, 頗る変梃

▼ 余り経験~ (6, 0.1%)

1 がない, して, しない, のない, の無かっ, 無き危急

▼ 余り行く~ (6, 0.1%)

1 とまた, とラサ府, と左, と藪, 気が, 気は

▼ 余り~ (6, 0.1%)

2 のこなし 1 も細る, を入れぬ, を支, を退く

▼ 余り近く~ (6, 0.1%)

1 に寄つて, に居た, に見えます, 寄った時, 跳び歩くので, 鳴かれると

▼ 余り重要~ (6, 0.1%)

2 なもの 1 でないもの, とも見えざる, な事, には思はれない

▼ 余り~ (6, 0.1%)

1 にならない, になり, もかかりません, もなく, を使う, を出さなかった

▼ 余り~ (6, 0.1%)

1 がきつく, が吹い, が強い, が悪い, もない, もなく

▼ 余り馬鹿~ (6, 0.1%)

1 だから, で愛想, な事, にし, にしてる, 過ると

▼ 余り~ (6, 0.1%)

3 かつた 1 からず, 過ぎたと, 過る

▼ 余りありがたく~ (5, 0.1%)

2 もない 1 ないが, ないだろうが, もなかっ

▼ 余りうるさく~ (5, 0.1%)

1 なると, 出入りを, 寄り付いて, 訊くの, 附き纏うから

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 かつた, かつて大小二匹, まごまごし, 四十にも, 英臣さんは

▼ 余りなお~ (5, 0.1%)

1 いたわしさ, ことば, 人よし, 仕打ちでは, 仕打と

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 たしかな, 似合に, 勉強の, 生産的な, 適当な

▼ 余り不躾~ (5, 0.1%)

1 だと, なよう, な様, にございます, らしいから

▼ 余り久しく~ (5, 0.1%)

1 人の, 御滞留, 散歩した, 相父, 飼えば

▼ 余り交際~ (5, 0.1%)

1 しない, しない方, しない積り, しなかった一事, を知らん

▼ 余り人通り~ (5, 0.1%)

2 はない 1 のない, もなかっ, もなかつた

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 で饒舌, に気, に見聞, のこと許, の遊牧民

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 の手巾, の話, の調子, はもう, を恐れぬらしく

▼ 余り古く~ (5, 0.1%)

1 ない時代, ない白銀色, もなき, もなく, 無い石碑

▼ 余り変らない~ (5, 0.1%)

1 が夜, ように, 位置を, 川蒸汽が, 返事を

▼ 余り変り~ (5, 0.1%)

1 がなかっ, が無い, ないの, のない, はありません

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 にはあらざら, のこと, へお, へも出ない, へ出る

▼ 余り奇怪~ (5, 0.1%)

2 な話 1 である, でございましたから, な事柄ゆえ

▼ 余り~ (5, 0.1%)

2 が熱心 1 が芸者, ばかりこさえ, を知つて

▼ 余り好かない~ (5, 0.1%)

1 から, と云っ, 方だ, 煙草を, 私は

▼ 余り嬉し~ (5, 0.1%)

2 そうな 1 うございますから, かつた, さに

▼ 余り嬉しく~ (5, 0.1%)

1 ないと, ないもの, ないよう, ない証文, もない

▼ 余り子供~ (5, 0.1%)

1 が多, に見過ぎ, らしいでは, を可愛がりすぎる, を可愛がる

▼ 余り寒い~ (5, 0.1%)

1 からと云っ, から一杯, から今一人, のでつい, ので何

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 いからと, こいので, せえ, つぽ, 狐へも

▼ 余り少し~ (5, 0.1%)

1 あが, だが, は賛辞, もそれ, 戸惑って

▼ 余り当て~ (5, 0.1%)

2 にはならない, にはならぬ 1 にせず

▼ 余り往来~ (5, 0.1%)

1 させないという, しなくなったゆえ, する人, のない, へ顔

▼ 余り心持~ (5, 0.1%)

2 の好い 1 の悪く, も好く, よさそう

▼ 余り快く~ (5, 0.1%)

1 なかった, は無い, 思って, 思はぬの, 思わぬは

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 と変らないらし, と変らないらしかった, のあと, の事, は無かっ

▼ 余り時間~ (5, 0.1%)

1 がかかる, がない, がなかっ, が遅い, の経たぬ

▼ 余り書物~ (5, 0.1%)

1 など読まう, に囚われ, を悪用, を読まない, を読まなかつた

▼ 余り有難い~ (5, 0.1%)

1 お客様では, ことで, とも思えなかった, 気持が, 者でない

▼ 余り正直~ (5, 0.1%)

1 すぎるとか, だつたの, には務めなかった, に聞い, 過ぎるよう

▼ 余り残酷~ (5, 0.1%)

1 だと, で, では, な言葉, のよう

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 がこ, にくれ, にも暮れ, の感じ, を滾した

▼ 余り激しい~ (5, 0.1%)

1 ので之, ので揶揄, 癇癪持な, 登降は, 登降も

▼ 余り無い~ (5, 0.1%)

1 から, よ君, テ私も, 夫に, 日であり

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 いお疑い, い恨み, く動いた, しいも, すぎると

▼ 余り真面目~ (5, 0.1%)

1 だもん, にそう, には取り扱っ, に密告, に考えすぎる

▼ 余り~ (5, 0.1%)

2 か過ぎ 1 かかったの, かくきりすぎ, かすぎる

▼ 余り突飛~ (5, 0.1%)

31 な事柄, 過ぎるだろうか

▼ 余り簡単~ (5, 0.1%)

1 すぎて, だと, で明瞭, に説明, 過ぎる仕事

▼ 余り臆病~ (5, 0.1%)

2 すぎたな, になり過ぎ 1 に成っ

▼ 余り言葉~ (5, 0.1%)

1 に現, も交わし, を妙, を返さない, を飾らない

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 に云, もいない, も何, も息, れも

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 えじゃ, からぬ, さは, 過ぎた, 過ぎる恐れ

▼ 余り~ (5, 0.1%)

1 が苦しく, が重い, の後ろ, も余り, や気

▼ 余り頻繁~ (5, 0.1%)

1 な経験, に二人, に往復, に鉄砲, 上りますと

▼ 余り頼り~ (5, 0.1%)

1 ないから, にならない, にならぬ, になる, 多く思っ

▼ 余り馬鹿馬鹿しい~ (5, 0.1%)

1 からな, んです, 余は, 偶然です, 文句を

▼ 余りいろんな~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 ことに, ものが

▼ 余りうまく~ (4, 0.1%)

2 もない 1 ないのね, 行きすぎた

▼ 余りお前~ (4, 0.1%)

1 が盗んだ, が考え過ぎる, の顔, を打擲

▼ 余りぞっと~ (4, 0.1%)

1 したので, しない, なさらないでしょう, 致しません

▼ 余りつい~ (4, 0.1%)

1 て来ない, 忘れて, 椅子を, 過して

▼ 余りつまらない~ (4, 0.1%)

1 ことに, じゃない, ぢや, ので冷汗かきかき一円

▼ 余りでは~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, ございませんか, ないか, 御座いませぬか

▼ 余りひと~ (4, 0.1%)

1 づき合, の知らない, をばか, を馬鹿

▼ 余りふと~ (4, 0.1%)

1 この夜, 思いついた窮策, 思い出したの, 飛んでも

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 いくら何, せんべいの, らん事に, 上酒が

▼ 余りゆっくり~ (4, 0.1%)

1 したお礼, して, では, はし

▼ 余りハッキリ~ (4, 0.1%)

1 したもの, した理会, しないが, 使用人どもに

▼ 余り一人~ (4, 0.1%)

1 で居られる, で生活, で飛びまわる, の人間

▼ 余り久しぶり~ (4, 0.1%)

1 だと, であなた, で却って, に行く

▼ 余り二人~ (4, 0.1%)

1 に悪い, の同志, の呑気さ, の手腕

▼ 余り~ (4, 0.1%)

2 ていない 1 ても居らぬ, 通つて居ない

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 で訊きます, の先, の寺, まで筆

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 く虐使, しくし, しすぎるから, し過ぎた

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 がありすぎる, が落ちまし, を入れ, を入れ過ぎ

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 がよい, が烈し, に乗じない, ひを

▼ 余り卑怯~ (4, 0.1%)

1 だと, です, な事, な遣り方

▼ 余り口数~ (4, 0.1%)

1 もきかず, もきかなかった, を利かず, を利かぬ

▼ 余り可愛~ (4, 0.1%)

2 がつて 1 気が, 相に

▼ 余り可笑しい~ (4, 0.1%)

1 からいいかね, では, のでつい, ので幸子たち

▼ 余り名誉~ (4, 0.1%)

2 のある 1 でないと, な職業

▼ 余り周囲~ (4, 0.1%)

1 に何, のあらゆる, のつまっ, の物

▼ 余り善く~ (4, 0.1%)

1 いはない勿論, ない人, も鳴らぬ, 世の中が

▼ 余り変っ~ (4, 0.1%)

2 ていない 1 てはいた, てはいない

▼ 余り多い~ (4, 0.1%)

1 ことに, じゃない, ので却って, や一両

▼ 余り大事~ (4, 0.1%)

1 でない殿様, にし過ぎ, にし過ぎた, の役目

▼ 余り大切~ (4, 0.1%)

2 にし 1 に仕過ぎ, に致し過ぎる

▼ 余り大勢~ (4, 0.1%)

1 で壕, の人, の合客, より看護婦

▼ 余り失礼~ (4, 0.1%)

1 だと, なこと, なので, な奴

▼ 余り奇麗~ (4, 0.1%)

1 なので, なもん, な布地, にする

▼ 余り好ましく~ (4, 0.1%)

1 ないが, ないもの, ない気, はない

▼ 余り寒く~ (4, 0.1%)

1 て仕様, ない日, なって, なる

▼ 余り小説~ (4, 0.1%)

1 じみた事, じみて, と事実, には出

▼ 余り平凡~ (4, 0.1%)

1 だ下らない, である, なのに, 過ぎて

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 が少, の行かない, より達, を経た

▼ 余り強烈~ (4, 0.1%)

1 だつたもの, であったと, であるため, な直覚

▼ 余り彼女~ (4, 0.1%)

1 に向けない, の好む, は夫, は高時

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 にハンブルヒ, に流行, の世, の出来事

▼ 余り徒然~ (4, 0.1%)

1 だから, なので, にたえぬ, の儘

▼ 余り御無沙汰~ (4, 0.1%)

1 になっ, になった, にならぬ, になる

▼ 余り恐ろしい~ (4, 0.1%)

1 ので殆ど, 事と, 事は, 疑いを

▼ 余り情ない~ (4, 0.1%)

1 では, と思ひます, と私, 不実な

▼ 余り我儘~ (4, 0.1%)

1 でげす, でイケ, を云, 過ぎると

▼ 余り新しく~ (4, 0.1%)

1 ない建て物, ない肩掛, ない西洋綴, はない

▼ 余り旨い~ (4, 0.1%)

1 お菓子は, とは思わん, 事は, 物でない

▼ 余り暑く~ (4, 0.1%)

1 てろくに, なかつたので, なくて, なると

▼ 余り有名~ (4, 0.1%)

1 であるし, でないの, でない詩人, な事件

▼ 余り期待~ (4, 0.1%)

1 が大きかっ, しないという, は出来まい, を大きく

▼ 余り~ (4, 0.1%)

2 を決して 1 に老醜そのもの, んでしまつたの

▼ 余り残っ~ (4, 0.1%)

2 てい 1 ていた, ていない

▼ 余り残念~ (4, 0.1%)

1 だから, でしょう, ですから, な次第

▼ 余り滞在~ (4, 0.1%)

3 して 1

▼ 余り烈しい~ (4, 0.1%)

2 運動である 1 とどこ, 往来中で

▼ 余り無造作~ (4, 0.1%)

1 なので, に手, に解決, に過ぎ

▼ 余り熱い~ (4, 0.1%)

1 といっ, と火傷, と苦く, のでつい

▼ 余り物事~ (4, 0.1%)

1 に凝り過ぎ, に心, に頓着, を深く

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 らしいので, らしい話, らしくないの, らしくない出来事

▼ 余り異様~ (4, 0.1%)

1 であったため, な感じ, な言葉, に興奮

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 にさ, に触つた, に障ら, に障る

▼ 余り知る~ (4, 0.1%)

1 人に, 人知らぬ, 者は, 者も

▼ 余り短い~ (4, 0.1%)

1 からなるべく, ので読まない, 命とを, 月日でも

▼ 余り確か~ (4, 0.1%)

1 でない事, でなかつた, でもない, な根拠

▼ 余り神経~ (4, 0.1%)

1 をたかぶらせない, をつかう, をやん, を使い過ぎ

▼ 余り突拍子~ (4, 0.1%)

1 がない, なの, もない, もなく

▼ 余り精神~ (4, 0.1%)

1 に激動, の異状, も常に, を使っ

▼ 余り経った~ (4, 0.1%)

1 ある朝, がこの, 昨日の, 頃には

▼ 余り~ (4, 0.1%)

2 のない 1 の遠い, も由

▼ 余り美し~ (4, 0.1%)

2 すぎる 1 過ぎた客, 過ぎると

▼ 余り良く~ (4, 0.1%)

1 ない影響, ない自分, なえ, 知らなくても

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 にしない, にしなかった, にしなかつた, もなく

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 つたこと, べからず, り過, 違った時

▼ 余り見ない~ (4, 0.1%)

1 がただ, ように, 人と, 間に

▼ 余り賛成~ (4, 0.1%)

1 しない, しません, はしない, を得なかった

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 が向かなかった, は板敷, を投げ出した, を絶ち過ぎ

▼ 余り距離~ (4, 0.1%)

1 がない, が隔, は直径, をあける

▼ 余り身体~ (4, 0.1%)

1 が冷え込ん, にたわい, に疵, を閃かす

▼ 余り近い~ (4, 0.1%)

1 し三, という非難, のでなかなか, 所へ

▼ 余り進ん~ (4, 0.1%)

1 でいた, ではいなかった, でマルクー, で行った

▼ 余り進んだ~ (4, 0.1%)

1 が桶, には進みました, ようすは, 四人は

▼ 余り遂に~ (4, 0.1%)

1 一個の, 内職に, 右の, 極端に

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 が遠く, はそこ, は山, を急い

▼ 余り違わない~ (4, 0.1%)

1 ものの, 様子で, 程度と, 財産制度が

▼ 余り~ (4, 0.1%)

2 有い 1 有くありませぬ, 有思いません

▼ 余り面白~ (4, 0.1%)

1 かつた, がつて, がらないこと, さに

▼ 余り騒ぐ~ (4, 0.1%)

1 と人, のは, もんだ, ような

▼ 余り~ (4, 0.1%)

1 は折れなかつた, を折った, を折り過ぎた, 細く振袖

▼ 余り高低~ (4, 0.1%)

3 のない 1 のない長い

▼ 余りあっ~ (3, 0.0%)

1 てその, て一心足らず, て情

▼ 余りあの~ (3, 0.0%)

1 人に, 家に, 男に

▼ 余りあるであろう~ (3, 0.0%)

1 からである, そして貨幣, と信ずべき

▼ 余りあろう~ (3, 0.0%)

1 からである, と云われる, と思われる

▼ 余りいう~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことも, ので武蔵

▼ 余りいつ~ (3, 0.0%)

1 までたっ, までも打たれ, までも独り

▼ 余りおそく~ (3, 0.0%)

1 ないうち, なるので, まで床

▼ 余りかかる~ (3, 0.0%)

1 とのこと, 事に, 大祈祷

▼ 余りくよくよ~ (3, 0.0%)

1 しない生活, するもの, せず五十歳

▼ 余りこちら~ (3, 0.0%)

1 に出かけぬ, の消息, は順調

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 ざりません, 無理を, 縹緻が

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 て二度目, て彼, て職人

▼ 余りたくさん~ (3, 0.0%)

1 いませんけれど, にはない, は話さない

▼ 余りたつ~ (3, 0.0%)

1 うちに, てから良平, ぷりはついてゐない

▼ 余りでございます~ (3, 0.0%)

21 ねと訴えた

▼ 余りという~ (3, 0.0%)

1 のは, もの私は, ような

▼ 余りとは~ (3, 0.0%)

1 いえあんな, いへ, 今日では

▼ 余りまざまざ~ (3, 0.0%)

1 でいや, としてた, と映る

▼ 余りまた~ (3, 0.0%)

1 机の, 童子の, 細工を

▼ 余りむずかしい~ (3, 0.0%)

1 ことを, 方法を, 詮議も

▼ 余りやかましく~ (3, 0.0%)

1 は云わない, 云うわけ, 活字の

▼ 余りパッ~ (3, 0.0%)

3 としない

▼ 余り上品~ (3, 0.0%)

1 でないみ, でない比喩, 過ぎるため

▼ 余り不意~ (3, 0.0%)

1 だったため, だったので, であったため

▼ 余り不景気~ (3, 0.0%)

2 には縁 1 なん

▼ 余り事件~ (3, 0.0%)

1 がすらすら, もなく, を引受けない

▼ 余り人中~ (3, 0.0%)

1 に出た, へ出た, へ面

▼ 余り人聞き~ (3, 0.0%)

2 のいい 1 の悪い

▼ 余り人間~ (3, 0.0%)

1 と出会わない, の事, をよく

▼ 余り仕事~ (3, 0.0%)

1 が中断, で無理, に精

▼ 余り以前~ (3, 0.0%)

1 に仕事, に言っ, に金森家

▼ 余り余り~ (3, 0.0%)

1 にも颯々, 忙しいという, 熱心に

▼ 余り使われ~ (3, 0.0%)

2 ていない 1 ている

▼ 余り価値~ (3, 0.0%)

1 の無, を置い, を認め

▼ 余り信仰~ (3, 0.0%)

1 して, しなかった, のない

▼ 余り元気~ (3, 0.0%)

1 なし, を落し, を落す

▼ 余り出ない~ (3, 0.0%)

1 が野望, であの, のは

▼ 余り叔父~ (3, 0.0%)

1 と秀子, の血色, を見

▼ 余り同情~ (3, 0.0%)

1 がない, されないで, を有

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 が出ない, の売れ, を知られ

▼ 余り名文~ (3, 0.0%)

2 ではない 1 でもなかつた

▼ 余り呑気~ (3, 0.0%)

1 だから, でない神経質, にし

▼ 余り喜ぶ~ (3, 0.0%)

1 ことで, の余り, 風は

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 ばかり云っ, らしい, らしくて

▼ 余り器量~ (3, 0.0%)

1 が好く, のない, も無い

▼ 余り固く~ (3, 0.0%)

1 なり過ぎるよ, もない, 云っちゃ

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 がし, を上げ, を震わし

▼ 余り変わっ~ (3, 0.0%)

3 ていない

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 すぎるでは, 過ぎて, 過ぎは

▼ 余り夢中~ (3, 0.0%)

1 で駆け込んだ, になっ, になった

▼ 余り大人気~ (3, 0.0%)

2 ないと 1 ないので

▼ 余り大胆~ (3, 0.0%)

1 すぎるからね, でない私, な事

▼ 余り大袈裟~ (3, 0.0%)

1 であると, にあらず, にしない

▼ 余り奇抜~ (3, 0.0%)

1 で予想外, なこと, なコントラスト

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 成績でなく, 結果では, 遇された

▼ 余り好まなかった~ (3, 0.0%)

1 がとにかく, ので稚い, 忠通も

▼ 余り好まぬ~ (3, 0.0%)

1 方そうして, 方な, 風習が

▼ 余り好みません~ (3, 0.0%)

1 が何とか, ので遠眼鏡, 位でした

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 だと, なので, な気

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 が妻, や子供達, を惨殺

▼ 余り学問~ (3, 0.0%)

2 はし 1 を勉強

▼ 余り安い~ (3, 0.0%)

2 方で 1 ようだ

▼ 余り安心~ (3, 0.0%)

1 が出来ず, した様子, して

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 が多く, が無く, の立て

▼ 余り容易~ (3, 0.0%)

1 に出来た, に得られた, に考え過ぎ

▼ 余り尊敬~ (3, 0.0%)

1 すべき仕事, をすべき, を持っ

▼ 余り小さく~ (3, 0.0%)

1 てあそび, て可愛く, 貧困な

▼ 余り小言~ (3, 0.0%)

1 を云う, を云った, を云わねえ

▼ 余り屡々~ (3, 0.0%)

1 であると, 奉公先を, 見られるせい

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 の中, の温泉, を囲ん

▼ 余り帰り~ (3, 0.0%)

1 が遅く, の遅い, も得ず

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 が広い, の利かない, も五

▼ 余り広い~ (3, 0.0%)

1 から真中, と写実, 範囲の

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 をこし, を失った, 重るので

▼ 余り強情~ (3, 0.0%)

1 でございます, を張らない, を張りなさりゃ

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 にしない, にもなりません, 時人が

▼ 余り急いだ~ (3, 0.0%)

1 ため捲取, ので両, ので甲

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 うございますわ, くて, やしい

▼ 余り悦ばない~ (3, 0.0%)

1 ことを, のであった, ようである

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 のない怖, 無い宮さん, 無くて

▼ 余り慣れない~ (3, 0.0%)

1 からその, でも宜, 手が

▼ 余り手間取る~ (3, 0.0%)

1 から寧そ食, ので安立, を訝り

▼ 余り拘泥~ (3, 0.0%)

1 しすぎてること, しなかった, しません

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 わず, わない, わなかっ

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 が多い, はなし, を覚えません

▼ 余り旅行~ (3, 0.0%)

1 しなかった, の準備, を好まなかった

▼ 余り日本~ (3, 0.0%)

1 では少ない, では流行, と変つて

▼ 余り明る~ (3, 0.0%)

1 すぎた, 過ぎない程, 過ぎらア

▼ 余り易々~ (3, 0.0%)

1 と受け容れた, と妥協, と自白

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 が立つ, をへだてず, 経た答え

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 くなっ, くならぬうち, くなるですから

▼ 余り景色~ (3, 0.0%)

1 が好い, が美しい, が面白き

▼ 余り暗い~ (3, 0.0%)

1 のでどう, 考えが, 茶室

▼ 余り暢気~ (3, 0.0%)

1 なの, な話, に構え

▼ 余り月並~ (3, 0.0%)

1 でね, で伸子, な夫

▼ 余り有る~ (3, 0.0%)

1 けれど不知案内, ことである, のだ

▼ 余り極端~ (3, 0.0%)

1 なるが, な処置, に厳重

▼ 余り様子~ (3, 0.0%)

1 が変, が変っ, が宜

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 が立たなかった, の根, の浮く

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 に残酷, の手, を困らす

▼ 余り気分~ (3, 0.0%)

1 が冴えない, が滅入る, よい頭

▼ 余り気絶~ (3, 0.0%)

1 したん, して, する

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 つぽい, ですむ, に濡れ

▼ 余り泣い~ (3, 0.0%)

1 たりせぬ, ている, て老獪

▼ 余り淋し~ (3, 0.0%)

1 すぎたので, そうな, 過ぎる

▼ 余り深入り~ (3, 0.0%)

1 させないため, すると, はし

▼ 余り清潔~ (3, 0.0%)

1 じゃあない, では, とも云え

▼ 余り漠然と~ (3, 0.0%)

2 して 1 あらわれず何

▼ 余り激しく~ (3, 0.0%)

1 てね私, 吸つた, 駈け出した為

▼ 余り無遠慮~ (3, 0.0%)

1 すぎたせい, だつたので, 過ぎますかい

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 がありすぎ, があれ, が劇

▼ 余り特殊~ (3, 0.0%)

1 なの, な心理, な文壇的

▼ 余り狭い~ (3, 0.0%)

1 なかで, 家は, 考え方に

▼ 余り珍しい~ (3, 0.0%)

1 から記念, なかみ, 廉価が

▼ 余り現金~ (3, 0.0%)

2 に見え 1 過ぎるぞ

▼ 余り甚い~ (3, 0.0%)

2 では有りません 1 ではありません

▼ 余り疲れ~ (3, 0.0%)

1 ていない, てついに, て寝入ってる

▼ 余り病気~ (3, 0.0%)

1 と称し, をした, を大切

▼ 余り経つ~ (3, 0.0%)

1 てその, て私, と種吉

▼ 余り美味い~ (3, 0.0%)

1 のでつい, ものだ, ものは

▼ 余り考える~ (3, 0.0%)

1 といけません, と胸, ものじゃ

▼ 余り聞いた~ (3, 0.0%)

1 事が, 事の, 事も

▼ 余り聞かない~ (3, 0.0%)

1 が旧態通り, ようである, 咄で

▼ 余り聡明~ (3, 0.0%)

1 でない人物, では, なり胡麻化さん

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 がワク, が痛い, をかきむしつ

▼ 余り自信~ (3, 0.0%)

1 がもてない, の無い, はない

▼ 余り自己~ (3, 0.0%)

1 の一剣, の人間的欠点, 及び自己

▼ 余り自慢~ (3, 0.0%)

1 にならぬ, になる, にもならぬ

▼ 余り自殺~ (3, 0.0%)

1 させようと, しようと, せる人

▼ 余り自由~ (3, 0.0%)

1 にさせ過ぎ, に心地よくひろく高く, に犬

▼ 余り興奮~ (3, 0.0%)

1 したので, したり, した為め

▼ 余り苦労~ (3, 0.0%)

1 したくなく思うの, をかけ, をしなかった

▼ 余り苦心~ (3, 0.0%)

2 して 1 をし

▼ 余り行きます~ (3, 0.0%)

1 とトモ・リンチェンガン, とネパール, と大きな

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 へ出なかった, へ出ねえ, を返した

▼ 余り褒めた~ (3, 0.0%)

1 事で, 事でない, 気持の

▼ 余り見つ~ (3, 0.0%)

1 ともない, ともなく, ともよい

▼ 余り親しく~ (3, 0.0%)

1 て照れくさかっ, はなかつた, は無い

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 はぬ, ふこと, 難い事

▼ 余り軽い~ (3, 0.0%)

1 んで, 方じゃ, 方ぢや

▼ 余り退屈~ (3, 0.0%)

2 したから 1 だもん

▼ 余り逗留~ (3, 0.0%)

2 して 1 が長く

▼ 余り通らない~ (3, 0.0%)

1 処に, 所です, 村道を

▼ 余り速く~ (3, 0.0%)

1 なくぜんまい, はない, 廻せば

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 かッ, なるから, 過るじゃ

▼ 余り遅う~ (3, 0.0%)

1 なっては, なつて, なりますから

▼ 余り運動~ (3, 0.0%)

1 も出来ない, をしない, を欠い

▼ 余り達者~ (3, 0.0%)

2 では 1 でない

▼ 余り違わぬ~ (3, 0.0%)

1 心持に, 情誼が, 毛と

▼ 余り邪慳~ (3, 0.0%)

1 だ決して, です, に責められた

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 かつた, すぎる, どい穿ち様

▼ 余り酷く~ (3, 0.0%)

1 しなさるナ, は評し, 抱締めて

▼ 余り重い~ (3, 0.0%)

1 ものです, んで, 上に

▼ 余り重大~ (3, 0.0%)

2 では 1 に考慮

▼ 余り長びく~ (3, 0.0%)

1 と折角, ので近頃, はおもしろう

▼ 余り長居~ (3, 0.0%)

1 するの, はせず, をする

▼ 余り間違~ (3, 0.0%)

1 ひの, ひは, ふまい

▼ 余り隔て~ (3, 0.0%)

1 て一間四面, て薪, を知らない

▼ 余り露骨~ (3, 0.0%)

1 に芝居, に見せつけられる, は可

▼ 余り~ (3, 0.0%)

2 で橋 1 です

▼ 余り~ (3, 0.0%)

2 社会的な 1 人間だった

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 がひどい, のせぬ, を立てる

▼ 余り頓着~ (3, 0.0%)

1 しない男, する男, はしなかった

▼ 余り~ (3, 0.0%)

1 けない, けなかっ, ぬ口

▼ 余り馴れない~ (3, 0.0%)

1 ちと覚束, 些と, 会場へ

▼ 余り黙っ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ 余りあからさま~ (2, 0.0%)

1 に露呈, のよう

▼ 余りあちこち~ (2, 0.0%)

1 とうろ, 見に

▼ 余りあつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 余りあつい~ (2, 0.0%)

1 のでかたかっ, ので又

▼ 余りあて~ (2, 0.0%)

1 になろう, に出来ない

▼ 余りあなた~ (2, 0.0%)

1 に適切, を悩ませる

▼ 余りありません~ (2, 0.0%)

1 が強, が精神

▼ 余りあるで~ (2, 0.0%)

1 はございません, はない

▼ 余りあれ~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, もこれもと一度

▼ 余りいずれ~ (2, 0.0%)

1 も皆, も華美

▼ 余りいちじるしい~ (2, 0.0%)

1 出来事も, 相違は

▼ 余りいつも~ (2, 0.0%)

1 見る習慣, 負けるの

▼ 余りいや~ (2, 0.0%)

1 しなかったん, だから

▼ 余りうれしい~ (2, 0.0%)

1 こと口へ, もので

▼ 余りおもしろい~ (2, 0.0%)

1 もので, 事件も

▼ 余りかかっ~ (2, 0.0%)

1 て弘安元年十二月, て彼

▼ 余りかすか~ (2, 0.0%)

2 に顫

▼ 余りきっぱり~ (2, 0.0%)

1 した処置, して

▼ 余りここ~ (2, 0.0%)

1 へ来, を出

▼ 余りこだわっ~ (2, 0.0%)

1 て居りません, て考え

▼ 余りこまかく~ (2, 0.0%)

1 体の, 干渉され

▼ 余りしばしば~ (2, 0.0%)

1 意識しすぎ, 見て

▼ 余りじっと~ (2, 0.0%)

1 して, 見詰めて

▼ 余りすぐ~ (2, 0.0%)

1 にも医者, 社へ

▼ 余りすらすら~ (2, 0.0%)

1 とその道, と運びすぎ

▼ 余りそう~ (2, 0.0%)

1 でも, な重

▼ 余りそういう~ (2, 0.0%)

1 点で, 空想に

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 つとしない, 化粧し

▼ 余りただ~ (2, 0.0%)

1 そういう, 一色の

▼ 余りたびたび~ (2, 0.0%)

1 重なるので, 間違えると

▼ 余りたんと~ (2, 0.0%)

1 歩かねえよう, 食べません

▼ 余りちやほや~ (2, 0.0%)

1 されないので, しなかつた

▼ 余りであった~ (2, 0.0%)

1 がその, という

▼ 余りどうも多少~ (2, 0.0%)

2 ふだんよりも

▼ 余りどこ~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, もかしこ

▼ 余りなかつた~ (2, 0.0%)

1 ことと, 上の

▼ 余りながく~ (2, 0.0%)

1 なって, 崖の

▼ 余りにしか~ (2, 0.0%)

1 ならないのに, ば術を

▼ 余りびっくり~ (2, 0.0%)

1 したので, して

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 ばらないうち三四日本, 山羊髯を

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 づい朝飯, づすぎるので人に

▼ 余りみじめ~ (2, 0.0%)

1 では, な

▼ 余りやきもき~ (2, 0.0%)

1 しないで, すると

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 つくりなので, つくり出来ないん

▼ 余りよう~ (2, 0.0%)

1 お姿, 寝なかったそう

▼ 余りよくも~ (2, 0.0%)

1 用いられなかったくせ, 見上げなかったよう

▼ 余りよろこばない~ (2, 0.0%)

1 んだ, 顔いろであった

▼ 余りわたし~ (2, 0.0%)

1 が意久地, のこと

▼ 余りを以て~ (2, 0.0%)

1 同志の, 弁ずるはず

▼ 余りウマク~ (2, 0.0%)

1 ないので, はなかっ

▼ 余りキチン~ (2, 0.0%)

1 とし, と袴

▼ 余りゾッと~ (2, 0.0%)

1 せぬ, せぬが

▼ 余りヒド~ (2, 0.0%)

1 いと思います, いと思ひます

▼ 余りピン~ (2, 0.0%)

2 と来る

▼ 余りロマンティック~ (2, 0.0%)

1 だ, でもない

▼ 余り一般~ (2, 0.0%)

1 にわからない, に知られ

▼ 余り上々~ (2, 0.0%)

1 では, の作

▼ 余り下らない~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, ことばかり

▼ 余り下り~ (2, 0.0%)

1 が激しい, 方が

▼ 余り不充分~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 余り不幸~ (2, 0.0%)

1 だと, と感じ

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 には議員, の仕組

▼ 余り主人~ (2, 0.0%)

1 の帰り, や召使達

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 を社会人, 違に

▼ 余り乗り~ (2, 0.0%)

1 心地よくは, 試み墜落負傷

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 はない, ふと怒り出す

▼ 余り五月蠅~ (2, 0.0%)

1 く仰, なッ

▼ 余り人目~ (2, 0.0%)

1 に立たぬ, に立つ

▼ 余り他国~ (2, 0.0%)

1 に類例, へ侵攻

▼ 余り他愛~ (2, 0.0%)

1 ないもの, ない話

▼ 余り仰向け~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 余り仰山~ (2, 0.0%)

1 な何, らしいと

▼ 余り低く~ (2, 0.0%)

1 二千二百二十八米である, 過ぎるから

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 が痛く, を動かさない

▼ 余り体育~ (2, 0.0%)

1 といふ事, のこと

▼ 余り余裕~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 余り佳い~ (2, 0.0%)

1 からあっ, もので

▼ 余り使~ (2, 0.0%)

1 はれて, ひたくない

▼ 余り便利~ (2, 0.0%)

1 でない, でなくて

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 え奉公人, 過ぎます

▼ 余り健康~ (2, 0.0%)

1 なの, の上

▼ 余り傑作~ (2, 0.0%)

1 が出来, も見えなかつたらしい

▼ 余り優待~ (2, 0.0%)

1 せられると, もせられず

▼ 余り先ず~ (2, 0.0%)

1 百合子の, 読書の

▼ 余り先生~ (2, 0.0%)

1 から誉められなかった, の美しい

▼ 余り入院~ (2, 0.0%)

1 して, し退院後

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 け沙汰, に御

▼ 余り其の~ (2, 0.0%)

1 様な, 顔が

▼ 余り冷淡~ (2, 0.0%)

1 だったの, 過ぎる態度

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 ていない, て来ない

▼ 余り出入~ (2, 0.0%)

1 しない奥書院, するなよ

▼ 余り切れ~ (2, 0.0%)

1 て落ちる, を入れ

▼ 余り利き~ (2, 0.0%)

2 目が

▼ 余り剛情~ (2, 0.0%)

1 であると, を御

▼ 余り勘定~ (2, 0.0%)

1 に合, をし

▼ 余り勝家~ (2, 0.0%)

1 の供侍三百余, はそれ

▼ 余り勤め~ (2, 0.0%)

1 ていた, をおすすめ

▼ 余り勿体~ (2, 0.0%)

1 ねえ, を附ける

▼ 余り単純~ (2, 0.0%)

1 にしか心, らしいいかにも

▼ 余り単調~ (2, 0.0%)

1 だと, になる

▼ 余り危険~ (2, 0.0%)

1 がない, でないという

▼ 余り原文~ (2, 0.0%)

1 には拘束, に忠実

▼ 余り厳しく~ (2, 0.0%)

2 干渉する

▼ 余り厳格~ (2, 0.0%)

1 であり解, に感じなく

▼ 余り厳重~ (2, 0.0%)

1 で荷物, にせぬ

▼ 余り友達~ (2, 0.0%)

1 などはない, に持たない

▼ 余り取っ~ (2, 0.0%)

1 てくれない, ても着けない

▼ 余り受けなかった~ (2, 0.0%)

1 ので正規, 国では

▼ 余り口惜しい~ (2, 0.0%)

1 から云う, ことだ

▼ 余り可哀そう~ (2, 0.0%)

1 ですから, な之

▼ 余り可笑し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 い事, い夢

▼ 余り名前~ (2, 0.0%)

1 の知れない, も知られない

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 が豊か, っていない

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 が口, を賭け

▼ 余り善い~ (2, 0.0%)

1 事で, 心持の

▼ 余り喜ばれなかった~ (2, 0.0%)

1 のを以ても, 苛細冷酷な

▼ 余り喜ん~ (2, 0.0%)

1 でいなかった, でゐなかつた

▼ 余り喧しく~ (2, 0.0%)

1 感じなくなるが, 言ひ立てる

▼ 余り喧嘩~ (2, 0.0%)

1 が騒々しく, をし

▼ 余り困難~ (2, 0.0%)

1 である, では

▼ 余り堂々~ (2, 0.0%)

1 とし, とし過ぎ

▼ 余り堅い~ (2, 0.0%)

1 のは, 事ばかり

▼ 余り壮健~ (2, 0.0%)

1 でなく痩せた図抜けて, な身体

▼ 余り多から~ (2, 0.0%)

1 ざるを, ず

▼ 余り多弁~ (2, 0.0%)

1 では, を振う

▼ 余り多量~ (2, 0.0%)

1 に, に甘い

▼ 余り大まか~ (2, 0.0%)

1 で矮鶏, 過ぎる

▼ 余り大差~ (2, 0.0%)

1 がなく, はありません

▼ 余り天下~ (2, 0.0%)

1 にいない, にゐない

▼ 余り太い~ (2, 0.0%)

2 幹でなけれ

▼ 余り失敬~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 の方, へいらっしゃらん

▼ 余り好み~ (2, 0.0%)

2 もせず

▼ 余り好もしい~ (2, 0.0%)

1 天候では, 癖では

▼ 余り好ん~ (2, 0.0%)

1 ではゐない, でゐなかつた

▼ 余り姿~ (2, 0.0%)

1 が小さく, を見せず

▼ 余り威張れない~ (2, 0.0%)

2 効果を

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 にああ, はこう

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 な顔, ひの

▼ 余り嬉しい~ (2, 0.0%)

1 から二枚一緒, から飛ん

▼ 余り嬉しき~ (2, 0.0%)

1 事に, 顔せず

▼ 余り安逸~ (2, 0.0%)

1 を貪った, を貪つた

▼ 余り宜しく~ (2, 0.0%)

1 無いの, 無く美

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 にならない, はない

▼ 余り容貌~ (2, 0.0%)

1 のよく, の良から

▼ 余り寂し~ (2, 0.0%)

1 さに, 過ぎて

▼ 余り寝た~ (2, 0.0%)

2 切りで

▼ 余り寝床~ (2, 0.0%)

1 のうち, の汗

▼ 余り尋常~ (2, 0.0%)

1 なもの, なものいいだったが

▼ 余り小さい~ (2, 0.0%)

1 ながらも縮図, 時分でございます

▼ 余り居ない~ (2, 0.0%)

1 と見える, ようである

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 の部屋, れに

▼ 余り常識~ (2, 0.0%)

1 になずん, は大ざっぱ

▼ 余り平気~ (2, 0.0%)

1 すぎる, なので

▼ 余り年代~ (2, 0.0%)

1 がちがいすぎ, がちがわなかった

▼ 余り~ (2, 0.0%)

2 くない

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 過ぎたから, 過ぎる

▼ 余り強かっ~ (2, 0.0%)

2 たので

▼ 余り影響~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を受けない

▼ 余り役者~ (2, 0.0%)

1 が傾く, のやう

▼ 余り得意~ (2, 0.0%)

1 になれなかつた, の境遇

▼ 余り御馳走~ (2, 0.0%)

1 でもない, をやった

▼ 余り微妙~ (2, 0.0%)

1 だとも, で出血

▼ 余り心悸~ (2, 0.0%)

2 が昂進

▼ 余り心機一転~ (2, 0.0%)

2 の結果

▼ 余り忙しい~ (2, 0.0%)

1 ということ, ものだ

▼ 余り忙しく~ (2, 0.0%)

1 ない奉公口, 働くの

▼ 余り快い~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ 余り快活~ (2, 0.0%)

1 でなく呟いた, な方

▼ 余り怜悧~ (2, 0.0%)

1 でない卑し, では

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 切った夫人, 掛けなかったが

▼ 余り思いがけない~ (2, 0.0%)

1 ことな, 土地だった

▼ 余り思わしくない~ (2, 0.0%)

1 ことを, と云う

▼ 余り急い~ (2, 0.0%)

2 で来た

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 の好く, の良い

▼ 余り怪物~ (2, 0.0%)

1 と思っ, 臭いじゃ

▼ 余り恐入りまし~ (2, 0.0%)

2

▼ 余り恵まれ~ (2, 0.0%)

1 ていない, てゐない

▼ 余り悧巧~ (2, 0.0%)

1 だから, な方法

▼ 余り悪い~ (2, 0.0%)

1 と知り, 事とは

▼ 余り悪く~ (2, 0.0%)

1 はなし年齢, 実際より

▼ 余り悪口~ (2, 0.0%)

1 は云え, をたたい

▼ 余り悲惨~ (2, 0.0%)

1 な抵抗, に死なせ

▼ 余り情けない~ (2, 0.0%)

1 と思っ, と自分

▼ 余り惨め~ (2, 0.0%)

1 だと, な法律的存在

▼ 余り意識~ (2, 0.0%)

1 しないから, に置い

▼ 余り感じ~ (2, 0.0%)

1 がよく, が好く

▼ 余り感謝~ (2, 0.0%)

1 されないもの, をはつきり

▼ 余り憂鬱~ (2, 0.0%)

1 ですから, なので

▼ 余り懇意~ (2, 0.0%)

1 でない人, に話

▼ 余り懸隔~ (2, 0.0%)

1 して, のない

▼ 余り手伝わない~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ 余り手前勝手~ (2, 0.0%)

1 ですからね, にもほどがある

▼ 余り手数~ (2, 0.0%)

1 がかかる, をかける

▼ 余り押し続けたら~ (2, 0.0%)

2 線路は

▼ 余り拙い~ (2, 0.0%)

1 から多分後, ので父

▼ 余り拷問~ (2, 0.0%)

2 が厳しい

▼ 余り掛け~ (2, 0.0%)

1 てゐない, 構は

▼ 余り敏感~ (2, 0.0%)

1 に作用, に考えなけれ

▼ 余り教室~ (2, 0.0%)

1 へ出る, へ顔

▼ 余り文士方~ (2, 0.0%)

2 が騒がない

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 らしいの, らしく関係者

▼ 余り新聞~ (2, 0.0%)

1 でも騒がない, に出なかつた

▼ 余り~ (2, 0.0%)

2 が照ってる

▼ 余り早かっ~ (2, 0.0%)

1 たから, たので

▼ 余り明く~ (2, 0.0%)

1 ない病室, ない電燈

▼ 余り明るく~ (2, 0.0%)

1 ない部屋, なく近く

▼ 余り明瞭~ (2, 0.0%)

1 な他人, にまるで

▼ 余り晩くま~ (2, 0.0%)

1 でやっ, で戸外

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 かつた, 過ぎた

▼ 余り暗く~ (2, 0.0%)

1 てやりきれない, ならぬうち

▼ 余り書い~ (2, 0.0%)

1 てはいかん, てはなかっ

▼ 余り有り難く~ (2, 0.0%)

2 ありませんね

▼ 余り望まぬ~ (2, 0.0%)

1 ようだ, 私は

▼ 余り未練~ (2, 0.0%)

1 すぎると, らしく振舞って

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 なし, をよまず

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 にない, にもない

▼ 余り極り~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の悪い

▼ 余り楽しい~ (2, 0.0%)

1 ことも, 食事では

▼ 余り~ (2, 0.0%)

2 がなさ過ぎた

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 しい事, んでいない

▼ 余り歩い~ (2, 0.0%)

1 てきた, てしまう

▼ 余り殺風景~ (2, 0.0%)

1 ですから, で実は

▼ 余り気の毒さ~ (2, 0.0%)

2 に顔

▼ 余り永い~ (2, 0.0%)

1 もんだ, 間持ち合し

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 の解らな過ぎる, を解らぬ

▼ 余り没趣味~ (2, 0.0%)

1 だ, でどうも

▼ 余り油断~ (2, 0.0%)

1 してたの, はならない

▼ 余り洒落~ (2, 0.0%)

1 でなかった, に念

▼ 余り活溌~ (2, 0.0%)

1 なもの, 過ぎる

▼ 余り流行~ (2, 0.0%)

1 するもの, せず国

▼ 余り浮かない~ (2, 0.0%)

1 気分である, 顔を

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 といへ, を眺め

▼ 余り混雑~ (2, 0.0%)

1 して, せぬ

▼ 余り滑稽~ (2, 0.0%)

1 だから, だったので

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 が低く, が辛い

▼ 余り烈し~ (2, 0.0%)

1 かつた, 過ぎる

▼ 余り無かっ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ 余り無念~ (2, 0.0%)

1 でこの, とは思ふ

▼ 余り無邪気~ (2, 0.0%)

1 でない処, な所

▼ 余り無駄~ (2, 0.0%)

1 に遊ん, に過さね

▼ 余り熱中~ (2, 0.0%)

1 して, もいたしません

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 すぎるから, すぎるん

▼ 余り現場~ (2, 0.0%)

1 に居ない, に触れない

▼ 余り理想的~ (2, 0.0%)

2 で無い事

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 さが, すぎて

▼ 余り甚だしく~ (2, 0.0%)

1 世間から, 傷けられた

▼ 余り生じた~ (2, 0.0%)

1 一つの, 想像に

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 じみるが, の田村

▼ 余り疲れた~ (2, 0.0%)

1 時分には, 足を

▼ 余り発達~ (2, 0.0%)

1 して, の跡

▼ 余り登った~ (2, 0.0%)

1 人は, 御前平に

▼ 余り監禁~ (2, 0.0%)

1 を破っ, を破つ

▼ 余り目立たぬ~ (2, 0.0%)

1 ようにと, 形の

▼ 余り目覚しい~ (2, 0.0%)

1 人気ゆえに, 人気ゆゑに

▼ 余り眠い~ (2, 0.0%)

1 からこの, ので十一時半頃飯

▼ 余り眠れない~ (2, 0.0%)

1 からという, ような

▼ 余り着物~ (2, 0.0%)

1 が悪く, でしめつけられ

▼ 余り知っ~ (2, 0.0%)

1 ていなかった, ている

▼ 余り研究~ (2, 0.0%)

1 せられて, に没頭

▼ 余り神経質~ (2, 0.0%)

1 すぎる自分, でいけないん

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 ってい, って身

▼ 余り積極的~ (2, 0.0%)

1 なこと, な返事

▼ 余り立っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, ても居

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 匆しく, 漏なる書き様

▼ 余り粗末~ (2, 0.0%)

1 なこと, になさりすぎる

▼ 余り精しく~ (2, 0.0%)

1 は知らぬ, 探らずに

▼ 余り素人~ (2, 0.0%)

1 すぎるん, 染るから

▼ 余り細かい~ (2, 0.0%)

1 事に, 字で

▼ 余り経た~ (2, 0.0%)

2 頃また

▼ 余り~ (2, 0.0%)

2 しく結ばれたので

▼ 余り緊張~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 余り繁華~ (2, 0.0%)

1 でもない, な町

▼ 余り美くし~ (2, 0.0%)

2 過ぎて

▼ 余り義理~ (2, 0.0%)

1 が悪い, を知らねえじゃ

▼ 余り考えない~ (2, 0.0%)

1 で下さい, で扱おう

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 にした, に附かない

▼ 余り聞かぬ~ (2, 0.0%)

1 言葉で, 話だ

▼ 余り聞かん~ (2, 0.0%)

2 名だ

▼ 余り聴かぬ~ (2, 0.0%)

2 から結局

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 の高い, は無論

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 く似, く肖

▼ 余り~ (2, 0.0%)

2 が痛い

▼ 余り自然~ (2, 0.0%)

1 で却って, に興味

▼ 余り自身~ (2, 0.0%)

1 のこと, の美し

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 の醒めた, 然師

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 かすぎるということでいざこざがおこって, の目立たない

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 に冷淡, に見惚れ

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 が拙い, が無

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 過ぎるので, 過ぎる婦人

▼ 余り若々しい~ (2, 0.0%)

1 ために, ので呆気

▼ 余り苦し~ (2, 0.0%)

1 がって, すぎる

▼ 余り苦しむ~ (2, 0.0%)

1 ので途中, のを

▼ 余り英語~ (2, 0.0%)

1 がよく, を勉強

▼ 余り草臥れ~ (2, 0.0%)

1 て物, も忘れ

▼ 余り落着~ (2, 0.0%)

1 いて, 払って

▼ 余り蒸し暑い~ (2, 0.0%)

1 ので寒暖計, ので縁側

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 を吐いた, を吐く

▼ 余り行われず~ (2, 0.0%)

1 そして入植者, 近隣の

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 かでない, かで無い

▼ 余り見かけない~ (2, 0.0%)

1 奴だ, 束髪に

▼ 余り見ぬ~ (2, 0.0%)

1 が仏蘭西, ほど立派

▼ 余り見事~ (2, 0.0%)

1 な格闘振り, な貴方

▼ 余り見受けない~ (2, 0.0%)

1 景物である, 程である

▼ 余り見当らない~ (2, 0.0%)

1 が立木, ようだ

▼ 余り見慣れ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 余り見馴れない~ (2, 0.0%)

1 恰好に, 朱房の

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 くしなかつた, をばばば馬鹿

▼ 余り親しい~ (2, 0.0%)

1 友達と, 者を

▼ 余り親しみ~ (2, 0.0%)

1 がない, を持っ

▼ 余り親切~ (2, 0.0%)

1 じゃあない, 過ぎる

▼ 余り言う~ (2, 0.0%)

1 のは, 事が

▼ 余り評論~ (2, 0.0%)

1 もかきたくありません, をしない

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 が美しい, を作る

▼ 余り話し~ (2, 0.0%)

1 てくれなかった, てをりませぬ

▼ 余り詳細~ (2, 0.0%)

1 の説明, を訊ねられる

▼ 余り読まなかった~ (2, 0.0%)

1 からこんな, が人生

▼ 余り調子~ (2, 0.0%)

1 に乗り過ぎ, よく運んだ

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 く仰し, く訊かれる

▼ 余り豊か~ (2, 0.0%)

1 でない財嚢, でも

▼ 余り豹一~ (2, 0.0%)

1 が黙っ, の出し

▼ 余り賑やか~ (2, 0.0%)

1 で舞台裏, なので

▼ 余り賞め~ (2, 0.0%)

1 たせい, られませぬが

▼ 余り賢明~ (2, 0.0%)

1 な思いつき, な道

▼ 余り赤く~ (2, 0.0%)

1 ならない方, はない

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 たった心持, たらぬ茂み

▼ 余り軽率~ (2, 0.0%)

1 だと, 過ぎたなれど

▼ 余り辛抱~ (2, 0.0%)

1 が続いた, と云

▼ 余り途中~ (2, 0.0%)

1 で武生, で隊員

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 などとまつり上げられない, はない

▼ 余り遊び~ (2, 0.0%)

1 に出掛けなかった, 暮すうち

▼ 余り遠慮~ (2, 0.0%)

1 をし, 深すぎ

▼ 余り適切~ (2, 0.0%)

1 な例, に例

▼ 余り都合~ (2, 0.0%)

1 が好く, のいい

▼ 余り酷う~ (2, 0.0%)

2 ございますよ

▼ 余り酷かっ~ (2, 0.0%)

1 た, たので

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 すぎた, ど過ぎた

▼ 余り鋭敏~ (2, 0.0%)

1 である, な素子

▼ 余り閉口~ (2, 0.0%)

1 してるもん, で仕事

▼ 余り開い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て肌寒い

▼ 余り開いた~ (2, 0.0%)

1 戸の, 隙から

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 があり過ぎる, を置かずし

▼ 余り間近~ (2, 0.0%)

1 かなもの, なので

▼ 余り関心~ (2, 0.0%)

1 がない, を払わないであろう

▼ 余り~ (2, 0.0%)

1 にも著く, の中

▼ 余り陰気~ (2, 0.0%)

1 で余り, な談

▼ 余り陳腐~ (2, 0.0%)

1 なる歌, になつ

▼ 余り隔たらぬ~ (2, 0.0%)

1 時代まで, 時期に

▼ 余り離れた~ (2, 0.0%)

1 或る, 海岸の

▼ 余り離れない~ (2, 0.0%)

1 から犬, 場所を

▼ 余り難しい~ (2, 0.0%)

1 のでもじもじ, 書物は

▼ 余り非道~ (2, 0.0%)

1 で厳しゅう, も遣らね

▼ 余り面倒~ (2, 0.0%)

1 なので, 見て

▼ 余り音信~ (2, 0.0%)

1 がない, もいたし

▼ 余り頼み~ (2, 0.0%)

2 にならない

▼ 余り飛ん~ (2, 0.0%)

1 でいない, で宅

▼ 余り食べる~ (2, 0.0%)

1 とまた, と夜

▼ 余り飲ん~ (2, 0.0%)

1 では体, では毒

▼ 余り饒舌~ (2, 0.0%)

1 るの, るので

▼ 余り香ばしく~ (2, 0.0%)

1 なくて, は無い

▼ 余り馬鹿げ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 余り馬鹿気~ (2, 0.0%)

1 てい, てゐ

▼ 余り~ (2, 0.0%)

2 け出した

▼ 余り駈けた~ (2, 0.0%)

1 ので体中, ので胃

▼ 余り騒がない~ (2, 0.0%)

1 方が, 様に

▼ 余り驚かない~ (2, 0.0%)

1 のは, までになった

▼ 余り高価~ (2, 0.0%)

1 いよ, だったので

▼ 余り高尚~ (2, 0.0%)

1 なむずかしい, な手段

▼ 余り高等~ (2, 0.0%)

2 な教育

▼1* [2370件]

余りツて, 余りあかるからずすべて, 余りあくびが出つづけ, 余りあせらぬことに, 余りあたり前の努力, 余りあっけのない, 余りあっさりと砕け, 余りあったことは, 余りあとの祟り, 余りあやふやだから, 余りあらはなので, 余りあらざるに非, 余りあられもない, 余りあらわなので, 余りありし所以なる, 余りありまして無, 余りありますまいが当時, 余りありますること, 余りあるいは騎馬あるいは, 余りあるまいテ馬鹿な, 余りあんなことに, 余りあんなに山狩し, 余りいいすぎたと思った, 余りいい出しにくく月, 余りいかがわしい政府が, 余りいきなりおいおいと声, 余りいきり立つた為か, 余りいじけたり呆然自失, 余りいじって何, 余りいじめないで下さい, 余りいじめるので最後, 余りいじらしいので自分, 余りいじらぬように, 余りいじり回したが, 余りいそがしくて詩集, 余りいまいましいので直ぐ, 余りいわれていない, 余りいわれない弾圧だ, 余りうかれぬやうありたし, 余りうちで暮さない, 余りうますぎたん, 余りうれしくないらしかつ, 余りうんとつめこんで, 余りええ図では, 余りえばれません十日以後は, 余りえらすぎて, 余りえらく強げ, 余りおかきにならなかった, 余りおかしいんです, 余りおくれています, 余りおさせしまいと思います, 余りおさつを召, 余りおそいので不安, 余りおだやかな目, 余りおっとりして, 余りおつきあひし, 余りおとなしすぎる程, 余りおとなしい連れあいという, 余りおなじ日に, 余りおもくなくて, 余りお世話になってる, 余りお前達が寄りつかない, 余りお前達二人を遠ざけ, 余りお気づきにならない, 余りお立ち寄りにはならなくなった, 余りお粗末にやれ, 余りお菓子の欲しく, 余りお金を無駄, 余りかうした休暇をも, 余りかきあつめできまり, 余りかけ心地の, 余りかけはなれていた, 余りかけへだたらない交渉に, 余りかけ離れてはいなかった, 余りかけ離れすぎていた, 余りかたくるしいけれどそういう, 余りかっと眩ゆくない, 余りかねてから本願寺軍の, 余りかの僧を, 余りかよって来た, 余りからになる, 余りかわったかわっ, 余りかわりのない, 余りかんばしく言わないよう, 余りがさつであった為, 余りな, 余りきかないのである, 余りきかなくなった正儀であった, 余りきたないからと云う, 余りきつと夢中, 余りきびしい迫害を, 余りきびしい堅い作品は, 余りきらきらする潤い, 余りきらびやかでない如く駆けつけて, 余りきわだって文章, 余りぎらぎらした光, 余りくさくさするもん, 余りくすりがきき過ぎちまった, 余りくたびれたら又薬, 余りくだくだしゅうございますから, 余りくだらないうちは, 余りくどくど記す必要, 余りくらくら眩暈して, 余りくわしい説明を, 余りけばけばしい装飾の, 余りけるほどに雷様, 余りけん身を, 余りなふぜ, 余りこういう話題には, 余りこたえがなく, 余りこのみませんから, 余りこのもしき女に, 余りこまかい網で, 余りこわがつていない, 余りこんでフォーム, 余りこんな強いお, 余りごたつくので, 余りう大して, 余りさきには養子, 余りさっと顔色を, 余りさびもつかないし風が吹け, 余りさらにその皇子, 余りしおらしいのが, 余りしかしそれでは飛ぶよう, 余りしかども私かに, 余りしかも男と, 余りしつかと小さな, 余りしつけてゐない, 余りしづかだと, 余りしぶりもせずし, 余りしまいこんでい, 余りしようと思わない, 余りしらばっくれて, 余りしんみりして, 余りじりじりせぬが, 余りじろじろ見たせい, 余りすいている, 余りすきではない, 余りすごしてしまった, 余りすっぱりと切り離され, 余りすべてにおいて思いがけない, 余りする事が, 余りするどいので末松子, 余りずつの損耗に, 余りずらりと居なら, 余りずるいので一時, 余りせいが高, 余りせち辛い世間だ, 余りせまかったこと, 余りせんと届かん, 余りぜいたくをおいいでない, 余りそいつに掴みかかっ, 余りそう精をつめ, 余りそこに恐ろしい, 余りそして何よりも, 余りそちの自由, 余りそつと手の平, 余りその道の左側, 余りそばへよらないで, 余りそりのあわ, 余りそれらが皆, 余りそれ等に目, 余りそわそわと文子, 余りたあいもなく, 余りたえず調子を, 余りたたない腹へ, 余りたって坂田, 余りたった後の, 余りたってから良平, 余りたっぷりはつい, 余りたてばこの, 余りたのしいことが, 余りたべて連れあい, 余りたやすく要求を, 余りたらふく喰って, 余りたりけるを一, 余りだしぬけだからさぞ, 余りだしぬけなものです, 余りだったとの事, 余りだまっている, 余りだんだん遊蕩に, 余りちがい過ぎて勝負, 余りちがった印象だった, 余りちがわないようね, 余りちと気鬱の, 余りちょくちょく自分で, 余りついに椅子から, 余りつかつかと歩み寄っ, 余りつかみすぎたために, 余りつかれないように, 余りつかわず特に仕事, 余りつかわないとかそんな, 余りつかわれていず, 余りつきもない, 余りつけられすぎて居る, 余りつづいた捜索は, 余りつと進むと, 余りつとめられると身体, 余りつぼにはまりすぎ, 余りつまらな過ぎた, 余りつまらなくてもうどう, 余りつまらぬ歌にて, 余りつらい事は, 余りつんけんしない方, 余りてなどか人の, 余りての業一刀削, 余りでありましょうともうまい, 余りであることを, 余りであろう立派な, 余りできすぎたのじゃ, 余りでしかない, 余りでたらめは書きますまい, 余りでも貰う気, 余りというも虚妄に, 余りといふ年月は, 余りとおり一遍で嘘, 余りとで暮らして, 余りとび上ったのだ, 余りとも見える, 余りとらわれずに先, 余りとり乱しすぎない空気も, 余りとれすぎて始末, 余りとんでもない事件, 余りつとしない, 余りどう読むか, 余りどうしても道子の, 余りどうも香ばしくない, 余りどなるので草臥, 余りどんな事を, 余りない小さい家である, 余りながら私は, 余りなきものか, 余りなこけを眺め, 余りなついて迦羅, 余りなどがあちこちから, 余りなどをこの犬, 余りなん大熊の皮, 余りにかけ距って, 余りにぎやかなので, 余りにこにこしてるもの, 余りにてよく飲み, 余りには種々の, 余りにやあらん男囚, 余りにわかに迷信深く, 余りのこのこ雑誌社に, 余りのぞましくないという, 余りのぞんでいないらしかった, 余りのち再び京都, 余りのち尼になっ, 余りのどかなれば, 余りのびてい, 余りのむから夜更し, 余りのんきな奴, 余りはかどつていないらしい, 余りはげしすぎるよう, 余りはしたなく泣いた事, 余りはっと思わせる球, 余りはびこる為めで, 余りはめを外しすぎる, 余りばかばかしいもの, 余りばかり離れて, 余りぱっとなさらないの, 余りぱっぱと使うなよ, 余りッという, 余りひくいので映画女優, 余りひそかに後日, 余りひとつ賞めてやりたい, 余りひど過ぎたので, 余りひどく悪くないくせ, 余りひまだもの, 余りひょろついて危, 余りびくびくすると, 余りぴつたり地に密着, 余りふざけるねえ手前, 余りふれず何か, 余りふれられていなかった, 余りふわふわして, 余りぶち打擲される, 余りぶった斬って持ち出した, 余りへそを越し, 余りほのかすぎ殆ど平面, 余りほめた顔じゃ, 余りほめることの, 余りぼくらが野放図, 余りぼろいもうけに, 余りぼんやりして, 余りぽうとした, 余りまじり気なく男, 余りまだかうして, 余りまったく夢中に, 余りまとまりのよい, 余りまんじりともせず, 余りみじかく候, 余りみすぼらしいのを, 余りみっともなくない, 余りみっともよくなかった, 余りみんながいや, 余りむきになっ, 余りむしゃくしゃして, 余りむすので一層, 余りむずかしくばかり考えこむ, 余りむづかし過ぎるので, 余りめそめそ泣き出しても, 余りめったなこと, 余りめでたい事が, 余りもう一つ黒木の, 余りもしくは二里も, 余りもたず外国を, 余りやって参円, 余りやはり盲愛の, 余りやらぬ方が, 余りやり方がしぶとい, 余りゆたかという風趣, 余りゆるゆる歩いて, 余りすぎて, 余りよくって被, 余りよごれず来年使える, 余りよそよそしくてこの, 余りよそよそしゅうございます, 余りよっぽど引き帰そうかと, 余りよみかきせず三四日休んだら, 余りよりその後数, 余りよれよれになった, 余りよろこばなかったのを, 余りよろこぶものだ, 余りよろしくありません, 余りらしいものが, 余りわかってびっくり, 余りわからないことを, 余りわかんないから新, 余りわきまえぬかのよう, 余りわたくしの用, 余りわるいからお, 余りわれわれの地位, 余りわれわれ親子を手荒く, 余りアッサリし過ぎても, 余りアテにならない, 余りアンビションというもの, 余りイイ感じを, 余りインドへ行く, 余りイヽ気になつて愚, 余りエハガキなどにされなく, 余りエライ少年でないけれども, 余りエレガントであるため, 余りキリキリと家, 余りギュウギュウと照子, 余りクドクド言い過ぎる難, 余りクヨクヨ云ふからあたしがお父さん, 余りコオランの経文, 余りコソコソ逃げて, 余りサバサバ片づきすぎ手, 余りジャーナリズムと云え, 余りジョン少年は漕ぎ, 余りステッキの先, 余りズウズウしいに, 余りゾツとしました, 余りチヤーチル物を売らう, 余りトラムプを弄んだ, 余りドットしませぬから, 余りドツと笑つた, 余りドメスティケートされすぎ極端, 余りバシリスクの所為, 余りバタバタやったもん, 余りバラバラおそろしくなるので, 余りパッパと云っ, 余りヒッ散らかって, 余りビツクリして, 余りブッキラボーでない当り触り, 余りブラブラして, 余りブルブル震えて, 余りブールジョア過ぎて, 余りベンレイして, 余りペンペングサは生えない, 余りポチばかり可愛, 余りマダ丁年にもならぬ, 余りミイラと変らなかった, 余りランシング市に居る, 余りリアルだし, 余りリッター以上には及ん, 余りロクロク睡らずに, 余りワクワクと躍つた, 余りの扉, 余り一つことをくよくよ, 余り一つ部屋の中, 余り一人息子と義絶, 余り一図に, 余り一寸私に, 余り一尺ほど切っ, 余り一座が傾聴, 余り一日思ひは, 余り一時は絶望, 余り一時逃れにああ, 余り一知と謀, 余り一箇所で遣て, 余り一計を案じ, 余り一遍に喰っ, 余り一部出版者の利益ろう断等他, 余り七十にもなろう, 余り七日に一度, 余り七郎丸から貰った, 余り三人は何事, 余り三味線弾いて, 余り三峰参詣の人, 余り三年になっ, 余り三度目の声, 余り三晩も泊り, 余り三朱出ない, 余り三蔵を極刑, 余り上げて貰いたくない, 余り上人を殺さん, 余り上手くない英語, 余り上流で外, 余りのもの, 余り下ってから左, 余り下らぬそう思い, 余り下らんナ, 余り下品すぎる, 余り下女にこう, 余り下素張つた真似をする, 余り不体裁なので, 余り不備な今日, 余り不平がましい, 余り不当な過信, 余り不愉快だから, 余り不束であつ, 余り不注意ですから, 余り不用意である事, 余り不自然では, 余り不覚なそれしき, 余り不親切でもありません, 余り不足しては, 余り不遜で非常, 余り不都合でも, 余りを悲観, 余り世にも持て囃されない検校さん, 余り世上へ知らしたくない, 余り世帯気があり, 余り世栄を享, 余り世界が悪魔, 余り世界的レベルからおくれ, 余り世話焼き致さぬが, 余り世間普通の品, 余り世間離れがした, 余り瀑の, 余り両人の間, 余り両手を顔, 余り並はずれな奇怪, 余り中野学士を火, 余り丹念すぎる為, 余りに女の子, 余り主上へご, 余り久しいことで, 余り廻す, 余り乾いた空気と, 余り乾版というもの, 余り予定狂わさずに, 余りが大きい, 余り事もなげな調子, 余り二度もシガレット, 余り二度と今生では, 余り二段づゝ急いで, 余り二階の上りつぱな, 余り二階三階を積重ね, 余り云々と言つた自分, 余り云い出したり其他子供, 余り云い張られては困る, 余り云わるるのでちょっと, 余り些細なる事, 余り交っていないらしい, 余り交わりをしなかった, 余り交情の親しい, 余り京都に良医, 余り人々の注意, 余り人づきあいをしない, 余り人出で事故頻出, 余り人前では酒, 余り人口に膾炙, 余り人員超過になった, 余り人好きのする, 余り人形の数, 余り人数にし, 余り人様のお, 余り人為的で細工, 余り人物の人, 余り人通が無い, 余り人違いの無作法, 余り人里離れた山, 余り人間らしく可愛いので, 余り人間離れがします, 余り今度この山越, 余り今日の法律, 余り今更の如く, 余り今朝死んで, 余り仏像を彫らず, 余り仏師長兵衛に亡き, 余り仕えてしまった, 余り仕合わせそうでなく気の毒, 余り付けません俳優の, 余り仙境霊地に心身, 余りて反っ歯, 余り以前私も是, 余り仮にも優し, 余り仰々しいという, 余り仰のかず胸を, 余り仰向いては人, 余り休んでいた, 余り休憩して, 余り会合などに出る, 余り会田さんが誘う, 余り伸びさしてはいけない, 余り伸びられないのだ, 余り似合わぬ学生風何でも, 余り似寄りの話, 余り位置の高く, 余りすぎる, 余り低い価を, 余り低うございますからね, 余り低級な考へ方, 余り住むことを, 余り住んでいた, 余り体力の強壮, 余り体裁が悪い, 余り何で此の, 余り何とか政友と, 余り何れも眼, 余り何一つ世間の, 余り何事も考えず, 余り何度もだ, 余りの信用, 余り余命は長い, 余り余念なく見, 余り余計喰わない, 余り余輩は二三, 余り作らないけれど, 余り作られなくなつてしまつた, 余り作りはせなかった, 余り作家が巧妙, 余り作意が奇抜, 余り使い過ぎたり遊ばせ過ぎ, 余り使い過ぎるとほんと, 余り使ったけれど洋封筒, 余り使はずにやる, 余り使わずに女, 余り使わないのに中, 余り使われなくなっている, 余り侘しさに, 余り依子の其後, 余り価うちのある, 余り侮り過ぎて眠り過ぎた, 余り便通を催した, 余りに改まった, 余り俊敏でない少年, 余りである, 余り信心気などと申す, 余りに噛, 余りはむ兀如, 余り候人の一時, 余り値段が張り過ぎる, 余り倹約しようとは, 余り偉い人が, 余り偉くなさ過ぎます, 余り偉大なので, 余りした一面, 余り偏痴気論を振り廻したくない, 余りなかった, 余り健康体でもなかっ, 余り健康自慢をする, 余りについていない, 余り偶然な邂逅, 余りを持っ, 余り催おしたらしい柔かさ, 余り催促すると, 余り傷んでゐなかつたら, 余り傾斜の峻急, 余り僅かに残った, 余り働いたから少し, 余り僕等が注視, 余り僻書ではございません, 余り優しくきつくしめられて, 余り優越感めいた傍若無人さ, 余り儲かりそうで, 余り元始的で故郷, 余り元来が灌木, 余りの狼狽, 余り兄上の心, 余り充分日光が射さなかった, 余り先刻詰込んだもん, 余り先輩に対する礼, 余りが強, 余り光らない丸い7形, 余り光彩陸離たるもの, 余り光沢のある, 余りを組ん, 余り入ったので嬉しく, 余り入らしった事も, 余り入らぬが父, 余り入りびたって学業, 余り入ると張切っ, 余り八蔵は思わず, 余り公表しない方, 余り六ヶ敷い事, 余りをし, 余り兵児帯は締めません, 余り兵卒若干を従え, 余り兵糧船から上陸, 余りの面白く, 余り内地の事, 余り内容とびはなれて, 余り冴えないものだ, 余りいので, 余り冷えると佐助, 余り冷しちゃいけません, 余り冷すときか, 余り冷たく生帳面, 余り冷澹ではなさ, 余り冷酷に過ぎ, 余り冷静すぎ傍観的態度でありすぎ, 余り凝っては身体, 余り凝るから魔, 余り几帳面なたち, 余り処世にも気, 余り凱旋の七絶, 余り凱歌をあげ, 余り出しすぎると饒舌家, 余り出しゃばるようで, 余り出し抜けなので, 余り出なかったがただ, 余り出なくなつたの, 余り出なくなるかも知れない, 余り出ませんでしたがこの, 余り出世間的傾向を有し, 余り出仕もし, 余り出席せない, 余り出掛けぬが時々, 余り出来ていなかった, 余り出歩かずいつの間にか昔, 余り出歩きも出来ない, 余り出迎えていた, 余り出鱈目の偽, 余りを持ち出し, 余り刃傷に及んだ, 余り分らないが私, 余り分らぬとお力, 余り分別がない, 余り切ないのです, 余り切りつまり自由を失い, 余り切ると眼, 余り切先が這入つた, 余り切実だから, 余り刈り取って黒い, 余り初め部屋のみすぼらし, 余り判明見えるので, 余りにこれ, 余り別に分別の, 余り別嬪じゃございません, 余り利かない方法で, 余り利かなくなるほど遠い, 余り利かぬ方です, 余り利き過ぎたんだ, 余り利口には見えない, 余り利己的な考, 余り到らぬ常州, 余り刺戟強く少し, 余り削減されたので, 余り前お主に, 余り前フランテンの欧洲航路, 余り前大阪へ行った, 余り前彼はある, 余り前後の見, 余り前砲兵工廠へはいる, 余り前私が女, 余り前髪を大きく, 余りを抜い, 余り割合が宜, 余り剽軽に物, 余り力強く抱いたせい, 余りに逸っ, 余り功徳にもならぬ, 余り加えたものより, 余り加留多も取つた, 余り労力を使わず, 余り効果が出, 余り効能の多く, 余り動かないので恐々, 余り動かぬ方が, 余り動きが酷く, 余り動きたくなし, 余り動く必要の, 余り動物好きでは, 余り勘弁がな, 余り勢いは強く, 余り勿体ぶらずに説明, 余り匂わない菜の花を, 余り化物臭いから, 余りに偏, 余り十六七になる, 余り十分過ぎまして, 余り十時半頃此処から遠く, 余り千住かもん宿, 余り半ばは滝太郎, 余り卑劣じゃありません, 余り卒中を起し, 余りの猪之頭, 余り単独にてその, 余りき過ぎぬところ, 余りて誤, 余り却ってこの歴史的社会, 余り厚く着て, 余り厚顔にも私, 余り原始的でみすぼらしい, 余りましく, 余り参って二軒家, 余り参ると一つ, 余り参考書を読まれる, 余り心配です, 余り反動的動機でございます, 余り反対だと, 余り反感を抱い, 余り逆上ては, 余り取乱していた, 余り取急いだので莨入, 余り取済ました口の, 余り取留めなくもない, 余り受け取れぬ話なり, 余り口喧嘩までし, 余り口惜うございます中央, 余り口惜し涙を, 余り口沙汰するな, 余り口演されなかつたこの, 余り口綺麗なこと, 余り古きを書き過ぎた, 余り古典にふれなかった, 余り叫ぼうにも陸, 余り上ると, 余り可哀相だから, 余り可愛がられ過ぎたのホ, 余り可愛がり過ぎたもんだ, 余り可愛がるから東京, 余り可笑しかったから, 余り叱らぬ先生の, 余り叱るのは, 余りへ寄り過ぎた, 余り右京権大夫隆信朝臣に仰せつけられ, 余り右馬介にむかっ, 余り吃り気味なので, 余り一町の, 余り各々涙を, 余り合掌して, 余り合点み過ぎたよう, 余り同僚であったばかり, 余り同志の者, 余り同感しなかったの, 余り名だたる大家の, 余り名乗らなかったのでした, 余り名僧かの如く引き上げられ過ぎ, 余り名誉心を抑, 余り吐き出されないで居た, 余り脛の, 余り向うの好意, 余りを九州, 余り吸って舌, 余り吹き出したのは, 余り吹き過ぎたものでない, 余り呉王自身馬をとばし, 余り告げに来た, 余り呑みたくもなし, 余り呑むな, 余り周囲三町四面の石塀, 余り周布風を学び, 余り周章てて居る, 余り呼吸を吐く, 余り咄嗟の出来事, 余り咲かなくなって来た, 余り咲きませんのでこれ, 余り品質のよく, 余りの一口, 余り唸りなさんな, 余り商売にあせらない, 余り商売柄心がけがわるい, 余り問われるので匡衡先生, 余りでもない, 余り善政行き届いて, 余り善良なもの, 余りの渇いた, 余り喋らずおだやかに, 余り喋らなかったがミサ子, 余り喋舌り過ぎて, 余り喜ばしくない種類, 余り喜ばない彼等の, 余り喜ばれないのは, 余り喜んだのですっかり, 余り喝采も受けませんでした, 余りましく云わねえで己, 余り喧しいのでつい, 余り喧ましくは, 余り喰わないがそれ, 余り嗚咽した, 余り器用に投げられた, 余り四十一名もの災死児童, 余り四方形峠の辻堂, 余り四股を踏む, 余り困っている, 余り困ったら起しに, 余り困つてゐるらしい, 余り困らない人間だ, 余り困ると私, 余り図々し過ぎる話, 余り図々しいよ, 余り固くるしいことを, 余りの人達, 余り国家の事, 余り地べたの上, 余り地味が良, 余り地租も以前, 余り坂本城を与え, 余り坐り通しで大いに, 余り執つこく言, 余り執拗にそれ, 余り過ぎるだ馬鹿, 余り堅く縛してなかった, 余り堅苦しくなく窮屈, 余り場所が悪く, 余り塩辛いので咽喉, 余り増長した了見, 余り墨染の衣, 余り士心を得た, 余りなの, 余り売りたがりもしな, 余り売れて濫作, 余り変ったせいか, 余り変てこな出入口, 余り変らずに主として, 余り変らなくなって来た, 余り変らぬほど心, 余り変りませんな, 余り変わらないほどの感心ぶり, 余り夕飯をとらなかった, 余り外れた事が, 余り外国に金, 余り外遊には気, 余り多きに苦しみ, 余り多く人に欺かれない, 余り多勢です, 余り多勢一緒に行く, 余り多少混乱する, 余り多岐にわたる, 余り多忙で何だかおちおち, 余り多忙顔はしなかった, 余り多感なり, 余り夜会の当夜, 余り夜更しをしたくない, 余りとも現, 余り夥しくて, 余り大きかったので, 余り大げさであった, 余り大して科学的に, 余り大人になり過ぎ, 余り大作を恐れすぎ, 余り大口を利く, 余り大和の領分, 余り大坂の新, 余り大層に書い, 余り大急ぎで木, 余り大業な騒ぎかた, 余り大陸の一端, 余り大食すると, 余り大騒ぎになり, 余り天主教に帰依, 余り天恵に富ん, 余り天文なぞに信, 余り天気もおだやか, 余り天然痘が出, 余り太くない小柄, 余り太陽のよう, 余りの話, 余り夫人の無, 余り夫人コジマの誕生祝い, 余り夫子に親しみ過ぎ狎れ過ぎた, 余り失敗ばかりする, 余り失礼物ゆえどうかと, 余り失錯を繰り返す, 余り奇妙では, 余り奇態な雨, 余り奇策に過ぎる, 余り奇麗さに目, 余り女らしい優しい感情に, 余り女丈夫になりで, 余り女郎買して, 余り好かなかったのは, 余り好かれても五月蠅, 余り好かれなかったりした, 余り好かれなかった白面二十五歳の, 余り好きませんわ, 余り好ましき事に, 余り好まれなかつたがそれでも, 余り好まれぬように, 余り好むところでないらしい, 余り好事家のほう, 余り好意を持たず, 余り好感を持つ, 余り好物な方, 余り好都合では, 余り如何なる蛮行をも, 余り如才がな, 余り妖艶であったので, 余りの同情, 余り姉さん振るものぢ, 余り委しい事は, 余り委しく書き立てるの, 余り姫路へ帰っ, 余り姿容が天人, 余り威勢よく馳, 余り威張ったり賄賂, 余り威張り栄が, 余りの胸倉, 余りきすぎるわよ, 余り嫌厭になった, 余り嬉いからさあ, 余り嬉しくってじっと, 余り嬲らんがいい, 余り存じませずしかしこれ丈, 余り存在しないの, 余り季節としてうたっ, 余り学校で習つた字, 余り学界の注意, 余り過ぎたなど, 余り安くしては, 余り安らかなおだやか, 余り安全の方法, 余り安易に考えすぎ, 余り安直で滅茶苦茶, 余り安請合なので, 余り完全過ぎる, 余り定まっている整い, 余り定式の行列歩調, 余り実に堂々たる構造, 余り実行して, 余り客遊して, 余り宮坂の唐突, 余り家じゅうどこへ行っ, 余り家事に関係, 余り容態に無, 余り容易く叔母が, 余り寂しいものである, 余り寂然して, 余り寄せつけない事に, 余り寄せ合った果最, 余り寄りつかないように, 余り寄付かない癖に, 余り寄席で致す, 余り寄稿者が無, 余りなので, 余り密書にし, 余り密議をこらし, 余り富んで居ない, 余り富裕でないアグネス, 余り寒気に打たれた, 余り寛永十九年の春, 余り寝られへんの, 余り寝られなかったという気持, 余り寝坊してるから, 余り察しのない, 余り寵愛なさるので, 余り対手にされなかった, 余り専断過ぎると, 余り専横になっ, 余り専門学の範囲, 余り専門的なお話, 余り将軍にも無断, 余り小さすぎる, 余り小倉の町, 余り小型のもの, 余り小心に考え, 余り小柄だから, 余り小樽港に碇泊, 余り小癪に触る, 余り小綺麗でないメリンス, 余り小高い所から, 余り少々出しや, 余り少いや, 余り少なすぎて, 余り少ないと恥かしく思つたの, 余り尖りすぎると却って, 余り尨大にし, 余り尻腰の無え, 余り尽し過ぎるのである, 余り尿を洩らす, 余り心の, 余り居らないこの旧都, 余り居りましたがその間, 余り屈んだり立つ, 余り屈託をした, 余り屋根の上, 余り山中にて停止, 余り山男の風説, 余り山登りなどはしなかつただらう, 余り山賊の商法, 余りに頭, 余り岩畳に出来, 余り峻酷なので, 余り崩れないで顔, 余り嵩張っている, 余りしくも, 余り巡査に遠慮, 余り工合がいい, 余りくない, 余り巧妙でしかも, 余り巨大に目前, 余り差はんぢやない, 余り差別なく出来る, 余り市中から遠く, 余り市民の崇敬, 余りで作られた, 余り希代だから, 余り希有な事, 余り帰宅が遅く, 余り常葉川を溯りました, 余り常識的で平穏, 余り平たく地に, 余り平らかでなかったが, 余り年下だった, 余り年数を経た, 余り幼かったので, 余り幾夜も続く, 余り幾日か夜徹, 余り広義に失する, 余り床の間が淋しい, 余りの無, 余り庖丁加減が上手, 余りの方, 余り度外れなのに, 余り度度出会すとき, 余り度胆をぬかれた, 余り度胸を据え, 余り庭上に多き, 余り廃りが早, 余り廉潔じゃない, 余り延々にし, 余り延びてることや, 余り延びなかつたことは, 余り延宝二年十一月晦日の暁, 余り延引になります, 余り建たず薄荷の, 余り建物と内容, 余り弁解もせず, 余り弊害もない, 余り引き抜けば根もと, 余り引けを取らぬ, 余り弱くても不可, 余り張り詰めた勇気も, 余り張合ひの, 余り強いものです, 余り強気の人, 余り強調せられる結果, 余り強調拡大させると, 余り弾いて見たい, 余り当りすぎて笑止, 余り当り前であったので, 余り当分失神したよう, 余り当地を恋し, 余り形式的である, 余り彫刻にならない, 余りには立たぬ, 余り役に立たない存在である, 余り役に立たなかったことを, 余り役に立ちそうでない, 余り役人風を吹かせる, 余り役儀も勤めず, 余り役立たない魚である, 余り役立たぬように, 余り役立ちませんでしたので私達, 余り彼奴厭らしいこと, 余り彼宗三の写真, 余り往訪外出はされなかった, 余り待たせても気の毒, 余り待ち遠しい話だ, 余り待ってはみた, 余り待甲斐のある, 余り後夜伽の妻, 余り後左近はその, 余り従順しく無い奴, 余りな方法, 余り御前が温順, 余り御座いますので死んだ, 余り御礼など申上度, 余り御覧なされぬ者, 余り復讐が執拗, 余り微かに残った, 余り微笑しながら, 余り徳川方に察知, 余り心丈夫でも, 余り心得の善い, 余り心得すぎて春隆, 余り心得ぬこの地方, 余り心理的で陽気, 余り心臓麻痺を起し, 余り忘誕な話, 余り応柄なの, 余り応用されたこと, 余りよく思わなかったらしい, 余り快しとしない, 余り快哉を感ぜぬ, 余りが入った, 余り念丈ガ岳西北面の御料林, 余り念入りに髪の毛, 余り怒らせると反っ, 余りろしい, 余り怖い怖いと思っ, 余り怖かったもん, 余り怖がらない彼は, 余り思いがけなかったもん, 余り思いがけなくてひろ子, 余り思いつめてると胸, 余り思いやりのない, 余り思い入った調子な, 余り思い切って出かけ, 余り思い切った事を, 余り思い掛ない事だ, 余り思ひきるむしろそこ, 余り思ひ掛けぬ事な, 余り思ひ設けぬ来訪に, 余り思わしくなかったらお昼, 余り思切って更に, 余り思慮のない, 余り怠けた結果私は, 余り急がぬのです, 余り急ぎもせず, 余り急ぎましたので耳, 余り急激であったため, 余り性急にやつ, 余り怪しむ顔を, 余り怪談じみて, 余り恋愛といふもの, 余り恐しいので, 余り恐るべき武器である, 余り恐れ入りますからとか何とか, 余り恐れ多うて, 余り恐縮をしなく, 余り恒雄のこと, 余りりしたんで, 余り息切れがする, 余り恰好がよく, 余り恵まれぬこんな境遇, 余り悉く与力と, 余り悔いから三千円, 余り悠長では, 余り悦んでもいないらしかった, 余り悦んだものです, 余り言毒語その, 余り悪戯が過ぎる, 余り悪質でない疲れかた, 余り悲しげな, 余り悲しい出来事が, 余り悲しくない, 余り情熱の激し, 余り惜しかつた, 余り惜しい様な, 余り惜しくかたがた些か, 余り惜気もなく, 余り意久地がない, 余り意味がない, 余り意地が焼け, 余り意外ぢやつたから, 余り意気天を衝い, 余り意気颯爽として進ん, 余り意義だの目標, 余り意表外なので, 余り意見はいわれなかった, 余り愚痴は申さぬ, 余りのない, 余り愛しすぎるので恥し, 余り愛らしくない, 余り愛国心がない, 余り愛惜を持たず, 余り愛相がよく, 余り感ぜざれども多情, 余り感情を現, 余り感泣おくところ, 余り感知せざる如く蝸牛, 余り感覚を刺撃, 余り慇懃に侍, 余り慌てていた, 余り慌てたので棚, 余り慎重過ぎるなあ, 余り慢心して, 余り慶長九年閏八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 余り憂鬱症に罹った, 余り憎いなそ, 余り憎らしいじゃア, 余り憚りなくいう, 余り懐かしさに, 余り懐かしいから先達て国, 余り懐かしく思ったまま, 余り成功しないの, 余り成績が可, 余り成金も居なかつた, 余り我々の生活, 余り我が身を攻めません, 余り我国に紹介, 余り我庭へも出る, 余り我慢して, 余り我輩を悪, 余り戦っては馬, 余り戦争なんて下らない, 余り戸外へなんか出た, 余り戸締りを致しません, 余り嫌わずに, 余り所在のない, 余り所謂いい景色, 余り所領下総に帰つた, 余り手先がぶるぶる, 余り手入れをしない, 余り手広く行われるの, 余り手放しで口惜い, 余り手段が簡単, 余り手紙のつき, 余り手荒く扱うと, 余り手軽なの, 余り手酷いじゃない, 余り手間が取れる, 余り手際が良い, 余り才用のきかぬ, 余り才識すぎる, 余り打たぬようにと, 余り打ちこわしだ, 余り打ち溶けてゐない, 余り打ち解けて彼女, 余り打ち解け得ない初めての, 余りちが, 余り批評をしない, 余り技巧を凝らさぬ, 余り折檻が辛う, 余りが強, 余り押し強くその, 余り抽象的でも, 余り拓けている, 余り拗いので今夜, 余り拗過ぎて我慢, 余り拙くや候, 余り拙劣なので, 余り拾いたがって若し, 余り持たなかったため例えば, 余り持ち上げられないことが, 余り持ち合せない幸子でも, 余り持っていなかった, 余り持つてをら, 余り持合せが無, 余り挑発もしない, 余り振ってい過ぎる, 余りわれ過ぎないよう, 余り捕縛の容易, 余り捜査の手助け, 余りは十歳余り, 余り掃除をする, 余り掛りましたけれどもなかなか, 余り探し回るからちょっと, 余り探偵小説を読ん, 余り掣肘されること, 余り接したことの, 余り接触がない, 余り接近せずじかに, 余り推つけがましい, 余り掴んだ彼女の, 余り描かなかったような, 余り描きたくはない, 余り描く元気が, 余り揚げる子供も, 余り揚つてゐなかつた, 余りはない, 余りり嫌ら, 余り支倉の事, 余り改悔の心, 余り放てき主義にて尽力, 余り政治には熱心, 余り教会で小山内氏, 余り教師くさいとか, 余り教育も受け, 余り散らかり過ぎている, 余り散り散りばらばらに成り, 余り整ったなりをし, 余りを持っ, 余りおくらぬ様子, 余り文三と口, 余り文学的でないので, 余り斜めになつた, 余り斬らんとす, 余り断然としてゐた, 余り斯んな事, 余り新しゅうないのでござります, 余り新しい本を, 余り新役中に華美, 余り新派過ぎると, 余り方正でさりとて, 余りを好まない, 余り旗人の細君, 余り日並が好, 余り日南ぼッこ, 余り日本語と琉球語, 余り旦那といふ人格, 余りそうな, 余り早うございますな, 余り早からずや, 余り早めにはじまる, 余り早急に公式論化, 余り旱天つづきの, 余り昂奮して, 余りかに浮ん, 余り明からぬ五分心, 余り明けっぴろげに娘たち, 余り明るい話でないらしい, 余り明日とも云わず, 余り明治大正の間, 余り明白な答, 余り明確にこの, 余り昏睡状態に陥っ, 余り昨今忌はしい, 余り昼食も取らなかった, 余り時々そっと羅生門へ, 余り時日がたたない, 余り普及して, 余り過ぎて, 余り晴れやかでなかった, 余り晴れ晴れとし, 余り智恵がなく, 余りさえあれ, 余り暑気の激しい, 余り暖くもないよう, 余り暖さが過ぎた, 余り暫し数行の, 余り暮してゐる, 余り暴くするなよ, 余り暴力的な切盛, 余り曝されてい, 余りがない, 余り更けては百韻, 余り更に奇抜な, 余り書きし故, 余り書きすぎたので今, 余り最善でもない, 余りがよい, 余り月日を置かない, 余り有ったと云う, 余り有り合せの本, 余り有り合わせたる鉄瓶を, 余り有力でないよう, 余り有益なこと, 余り有難からねどよく, 余り有頂天になりすぎた, 余り服装にかまはんぢ, 余り朗らかとも云えぬ, 余りを置き過ぎられ, 余り望ましいことで, 余り望ましくない, 余り望みない, 余り朝日がよく, 余りにて眠る, 余り未来のシャーロック, 余り本名は知られ, 余り本堂の周囲, 余り本意無し今夜一夜辛抱し, 余りに向わなけれ, 余り材料が無い, 余り村落のなき, 余り杜撰なるべし, 余り束縛もなく, 余り来ましてチョェテン・カルポ, 余り来訪者もなく, 余りを重ねず, 余りに寄り過ぎた, 余り東洋の幻想, 余り果報な身体, 余り果敢なさに, 余り之助, 余り柔かである美くし, 余りでも無く, 余り栄えた役割は, 余り栄えな過ぎると思った, 余り栄養物ばかり食べさせ, 余り根強すぎ犬, 余り案じてはならない, 余り案じられますから出, 余り案外であったの, 余りの上, 余り梳けづるところの髪を, 余りの美し, 余り椅子に凭れた, 余り植物の方言, 余り検束を加えなかった, 余り楽々と光明, 余り楽しげな, 余り楽しくも御座いませんでした, 余り構うて呉れなかった, 余り構わずに, 余り構わなかったし身体, 余り権十は眼, 余り権田の早く, 余りに搦, 余り横着というもの, 余り横道に入らず, 余りの下, 余り欲しさの, 余り欲しいものが, 余り欲しくない, 余り欲しゅうございましたので, 余り止まないから帰りかけた, 余り正しすぎ立派すぎ美し, 余り正当でない方法, 余り正月らしい設備, 余り正確でない法則, 余り正面から申入れ, 余り此処より高い, 余り此山を散歩, 余り武辺の芳ばしい, 余り歩いた後やっと, 余り歩きましたが景色, 余り歩くと疲れ, 余り歪められもせず, 余り歯痒い気が, 余りが違う, 余り歴史が遠い, 余り歴史的で片々, 余り死なないものな, 余り死んでしまった, 余り死んだので詔, 余り死物を念, 余り残されなかったほど彼, 余り残刻なの, 余り残忍なる行為, 余り殺到のため, 余り殺生が過ぎた, 余り母性そのものの先験的価値, 余り朝家を, 余り毎日のこと, 余り毎日退屈だったので, 余り毎晩欠かさずカルモチン, 余り毎晩伴れ出すと, 余りにもならぬ, 余り比丘尼になり, 余り毛色がよく, 余りは当時, 余り民主的でない範囲, 余り気がかりになる, 余り気づいていないらしい, 余り気に入っていない, 余り気に入ったからつい, 余り気に入つてゐなかつた, 余り気に入らず豊後の, 余り気に入らないで引立てられなかった, 余り気に入らなかった居士は, 余り気のりがしなかった, 余り気まま暮しな人間, 余り気もち一杯だと, 余り気乗がしない, 余り気合ひの, 余り気合いの烈しかっ, 余り気心を知らん, 余り気持ちが好く, 余り気狂いじみた様子, 余り気立がいい, 余り永くはない, 余り永生きしそうもなかっ, 余り求められなくなっていた, 余り汚く書いたと, 余り汚らわしい言い様だ, 余り汚れたものを, 余り江戸向では見掛けない, 余り沈滞した光彩, 余り沖遠くに行く, 余り沢山人間がい, 余り沢山女給を募集, 余り沢山毒草の話し, 余りれるまま, 余り沿道十四里の間, 余り泊る必要も, 余り波瀾の現われぬ, 余り泣きなすって身体, 余り泣くから疊, 余り注目を深めなかっ, 余り泰然として腰, 余り活気がな, 余り派手なもの, 余り派手やかでは, 余り流れが静か, 余り流行らざりしこそもつけ, 余り流行らないようで, 余り流行りませんハイ私は, 余り流達雄弁であるため, 余り浅薄でございます, 余り浮かれ過ぎて悪, 余り海水を飲もう, 余り海辺を好まない, 余り消すことに, 余りが多い, 余り涙ぐましい心地に, 余り涼しくもならない, 余り涼み過ると明日ダルキ者, 余り淋しい者です, 余り淋しく感じて, 余り淡々とし過ぎ, 余り淡いやうに, 余り淡泊過ぎるの, 余り深入りせん方がええ, 余り深刻なもの, 余り清吉をよく, 余り清純であった息子, 余り済まないから一日, 余り渋くもない, 余り渡らない物だ, 余り満足しないやう, 余り源一がおそい, 余り溜息を吐いた, 余り滋養分がない, 余り滑りすぎたようだ, 余りもない, 余り漠然として居ます, 余り激しかつたせゐ, 余り激しかったせい, 余り激しくって手, 余り激烈な変動, 余り濃からず, 余り火事沙汰のない, 余り火焔山下の大, 余り炭火がすきでない, 余り為合過ぎたの, 余り烈しかったと, 余り烈しくて人交ぜ, 余り烱眼家たりし, 余り無えんです, 余り無かろうと思う, 余り無下にし, 余り無事でばかりも, 余り無人の地, 余り無作法過るぢ, 余り無分別だから, 余り無力でした, 余り無垢なるもの, 余り無学文盲の書いたらしい, 余り無定見ぢやない, 余り無惨な有様, 余り無愛想な, 余り無慈悲だもう一度, 余り無残な有様, 余り無礼の語, 余り無稽な想像, 余り無謀な計画, 余り無責任に取扱いすぎ, 余り無辜を陥いれた, 余り無鉄砲過ぎる, 余り焼かず酒飲み相手に, 余り焼夷弾を花火, 余り煙草を吸っ, 余り照り続きたるけ, 余り照子が嬉し, 余り煩わされたくないからである, 余り煩悶もしない, 余り煽情的な書方, 余り熟練し切った口調, 余り熱くなったから, 余り熱っぽいお延, 余り熱っぽかった, 余り熱意を表, 余りな食欲, 余り燈火に近く, 余りの居所, 余り父子三人従者も何, 余り父親を憎む, 余り爽やかで海, 余り附きすぎて, 余り片意地に他, 余り片手落のお, 余り牛どもの気に入り, 余り牛乳屋の払い, 余り牛鬼蛇神の譚, 余り牢住居の様, 余りを云う, 余り物々しく技巧的過ぎ, 余り物知りでなき人, 余り物覚えがよく, 余り物質的なこと, 余り特別な袋, 余り特徴のない, 余り特権をふりまわす, 余り犯人の条件, 余り犯罪には向きません, 余り狂歌を喜ばぬ, 余り狎れてもゐなかつた, 余り独断で行動, 余り独断的に見える, 余り狭く暮すよう, 余り狭小な部分, 余り狼狽したはずみ, 余り猛獣が沢山, 余り猥褻にし, 余りのよう, 余り獲つたが本家, 余り玄徳は赫々, 余り王女に汝我, 余り珍しく熱心に, 余り珍重しないが, 余り珠数繋ぎにされ, 余り現れなかったが画才, 余り現代コントだから, 余り現代風に解釈, 余りのない, 余り理不尽じゃア, 余り理想に偏, 余り理由が分らねえ, 余り理窟の多い, 余り環境にめぐまれる, 余り甘く行かなかったり, 余り甘やかすな, 余り甘味くない, 余り甚だ過激なる, 余り甚だしいのに腹, 余り甚太夫の槍, 余り生えていなかった, 余り生きることに, 余り生れないのかな, 余り生一本にやる, 余り生地が無, 余り生家方の威光, 余り生意気の次第, 余り生気がなくなっ, 余り生活の苦し, 余り生長し過て硬く, 余りはない, 余り用いぬものと, 余り用いませぬ旧式の, 余り用いませんが只顔, 余り用いられず武芸者の, 余り用事がない, 余り用事以外の口, 余り田舎では女, 余り田舎者らしいところ, 余り甲斐ないこと, 余り甲高にとりみだし, 余り上げる気, 余り申訳が無い, 余りと一緒, 余り男らしさの, 余り男らしくなくて, 余り男子が四十歳, 余り男振りはよく, 余り男谷下総守斎藤弥九郎桃井春蔵伊庭軍兵衛と名声, 余りを愛しない, 余り画工に云いつけ, 余り畏れ多いからどうか, 余り畑違いの著述, 余り異ならぬてふ, 余り異風な故, 余り疑わない人間らしい, 余り疲れるといけません, 余り疲労すると, 余り病人を疲らし, 余り病床に仆, 余り病院くさくならない, 余りわしかった, 余り痛くもない, 余り痛切なかんじも, 余り痴呆の様, 余り痺れが切れた, 余り瘠せてはゐなかつた, 余り発作のよう, 余り発揮しない, 余り登ってまた, 余り登りそれから馬, 余り登山者にいじめられる, 余り白々しかつた, 余り白々しい顔で, 余り白い方で, 余り白くて血, 余り白けてし, 余り白痴にし, 余り黙って, 余り皆んながひどい, 余り皮相的にあまり, 余り皮膚とその, 余りに立たない, 余り盛んにもならない, 余り監獄にい, 余り目あてにし過ぎた, 余り目つきがよく, 余り目まぐるしく繰返すので, 余り目前で細かく, 余り目撃すること, 余り目立たずに彼, 余り目立った役も, 余り目立つほどのもの, 余り目近に迫っ, 余り盲目でありすぎます, 余り直射する日光, 余り直線的な感じ, 余りすみませんもの, 余り相伴い鉄砲を, 余り相応しくないという, 余り相手は終に, 余りツ黒な, 余り真似をしない, 余り真実を述べる, 余り真赤に錆, 余りかつた, 余り眠く体が, 余り眠ったのだった, 余り眠りに入り, 余り眼前の勝負, 余りて来た, 余り知つてゐると, 余り知らず識らず造り出した, 余り知らなかったがが, 余り知らなかつたけれどこの, 余り知らぬからあるいは, 余り知られてない話だ, 余り知られぬいい話, 余り知りたくもない, 余り知るまいが天金, 余り知れきッて, 余り知れないで既に, 余り知れ切った話です, 余り知恵のない, 余り短かったので, 余り短くでくでくしてる, 余り短歌十首を作る, 余り石子刑事には三時間, 余りっぽい風, 余り硬くないので, 余り硬化せずに, 余りいんで, 余り確信のない, 余り確実のもの, 余り祝福はされまい, 余りというもの, 余りをやりたくない, 余り禿げ過ぎてゐる, 余り秀子に対して無礼, 余り私たちの生活, 余り私どもの如き, 余り私的なこと, 余り私達がそば, 余り科学的でない顔つき, 余り科学的素養をもたず, 余り秘密主義過ぎて, 余り称められすぎて, 余り経て, 余り税金は高い, 余りかりき, 余り種々な人, 余り積もっていた, 余り積もることが, 余り積悪年久しく運命末, 余りが明るく, 余り空元気を粧う, 余り空想的で今日, 余り空気が乾燥, 余り突き出し過ぎてかえって, 余り突けもしない, 余り突っ走っちゃったもんで, 余り突っ込まないで下さい, 余り突兀としてい, 余り突抜けている, 余り突梯だから, 余りに一詩, 余り窘めずに方, 余り窘められたのでやがて, 余りして, 余り窮屈なもの, 余り立ちそうも, 余り立ちいらず団扇を, 余り立ちこめて来ない, 余り立ち寄らずひたすら主, 余り立つて踊る, 余り立入らんからこの, 余り竜輩評議して, 余り竦然として立ち止まる, 余り端近でそれそれ通りがかり, 余りつちや, 余り笑い続けたのも, 余り笑わず自分の, 余り笑ッたもん, 余りを執った, 余り筆マメでないので, 余り等閑に附し, 余り筋道の立った, 余り算盤気がな, 余り節約の評判, 余り篠田に接近, 余りとはそりゃ, 余りじゃあ有りません, 余りが揃っ, 余り粗暴では, 余りを過ごし, 余り精力家でない, 余り精力的でないナなど, 余り精巧であった為, 余り精微の点, 余り精神錯乱せる者, 余り紅矢に獅, 余り造が, 余り純情で殊更, 余りの値段, 余り素晴らしいから, 余り素朴なデマゴキー, 余り素朴的にのんびり, 余り素直な義仲, 余り細かな事, 余り細かく気を, 余り細かしいことまで, 余り細部にこだわらず, 余り紺碧の水, 余り終夜睡る事, 余り組織は東西南北, 余り過った, 余り経費がかかり過ぎる, 余り結びかけて, 余り結びつきすぎてい, 余り結果がよ, 余り結核菌についてあっさり, 余り絶望しないで, 余り続きましたがその, 余り続けて打つ, 余り綿を入れすぎ, 余り綿密過ぎるので, 余り総ての点, 余りと金, 余り締りを厳重, 余り縁起の好い, 余り縁遠いそんな事, 余り縊死して, 余り縞柄が好い, 余り縮れてもおらず, 余り繁いのでつまり, 余り繁昌したので, 余り繰返すので両方とも, 余りですぜ, 余り罰すると国, 余りく生れると, 余り美しかったの, 余り美しくてよろこび, 余り美しくって物凄う, 余り美しくも可愛くも, 余り美味では, 余り美味くはない, 余り美味しくはございません, 余り美智子が孔雀, 余り美貌過ぎて, 余り美麗で神々しく, 余り群落を見ない, 余り七日庭上に, 余りなどの鮮, 余り老人の慇懃さ, 余り老若七十余人華を散, 余り老込んだ取越苦労じゃ, 余り考えていなさすぎる, 余り考えすぎるからいけない, 余り考えずに梅, 余り考え込むといけない, 余り考え過ぎて頭, 余り考へすぎたために, 余り考へる人も, 余り耐えかねて男泣き, 余り耳触りになる, 余り耳遠いからし, 余り耳遠く普通に, 余り耳障りの言葉, 余り聞かせる事じゃ, 余り聞かなくなったので喜ん, 余り聞きもしず居た, 余り聞きたく無い事で, 余り聞き及ばぬ事で, 余り聴いたことの, 余り聴き劣りのしない, 余り職工服とは縁, 余りだたない, 余り肥え脹れし故, 余り肥ってはいません, 余りで呼吸, 余り背広服の壮漢, 余り胡魔化すなよ, 余りの強く, 余りを使いすぎた, 余り腐爛して, 余り腑甲斐なくも, 余り腑甲斐無し何卒し, 余り腕利きがいない, 余り腕自慢するやつ, 余り膝長一尺二寸という堂々たる, 余り自ら手を付け, 余り自分たちの土, 余り自動車にものれず, 余り自尊心が強, 余り自明である, 余り自暴自棄の心, 余り自然会社間の所要時間短縮競争, 余り自然薯を掘っ, 余り自由ぢやない, 余り自由学園式割当て生活でそれ, 余り自立たない, 余り至愚故詳, 余り舞台もみ, 余り船長を発作的, 余り良からず, 余り良好な地点, 余りが白い, 余り色気がな, 余りのない, 余り艶麗過ぎる, 余り芝居がかる, 余り芳しい結果では, 余り芸術的に高潮, 余り芽出度い話, 余りくもち, 余り苟くもちゃんと知っ, 余り若い女といふ, 余り若くないこと, 余り若旦那らしからず, 余り苦しいからしきりに, 余り苦しかったから, 余り苦しくなると, 余り苦しまずに死ん, 余り苦しめたくなくなったのだ, 余り苦笑した, 余り英邁であること, 余り茫然とした, 余り茶器に沈み過ぎ, 余り茶趣味に縛られる, 余り草臥れたので忘れ, 余り莫大の宝, 余り莫迦げた長閑さすぎると, 余り菓子をねだった, 余り華やかな軍功, 余り落ちぶれた姿を, 余り落付かない, 余り落雷の厄, 余り著しくその速度, 余り蒐集慾がない, 余り蒲田が手酷い, 余り薄くて色, 余り薄弱なもの, 余り薄情のよう, 余り薄気味がよく, 余りが劇, 余りの立たない, 余り虚偽の自白, 余り虫眼鏡を戸棚, 余り蚊帳を釣る, 余りは出ぬ, 余り蜘蛛蟻の卵, 余り融通がきか, 余り血相のけたたまし, 余りや血, 余り行きて郷地, 余り行ける口でなかった, 余り行っていた, 余り行ったことが, 余り行われていない, 余り行家が黙っ, 余り行進し易く, 余り衝突して, 余り衣類をまとう, 余り表現いたしませんね, 余り表面立つと, 余り衰えもせず, 余りの山, 余り複雑すぎたの, 余り褒めすぎるので私, 余り褒められないが幇間芸人, 余り褒め過ぎる事だけは, 余り西洋へ渡り, 余り西洋人自身の男, 余り西洋風のもの, 余り西風は吹きません, 余りありそう, 余り要らない割合には, 余り要求しすぎます, 余り要領を得, 余り見えをする, 余り見かねたから背後向き, 余り見せつけてくれる, 余り見たくも思われないだろう, 余り見つけものすぎる, 余り見つめてたせいでしょう, 余り見ともないそれに, 余り見なかったせいも, 余り見上げるやうな, 余り見兼ねた故此店の, 余り見受けざれば京童, 余り見受けぬであろうがこれ, 余り見場のい, 余り見当らず針葉樹の, 余り見当らぬようである, 余り見慣れない代物だった, 余り見懸けぬ十八九の, 余り見栄えもしない, 余り見縊られたのが, 余り見苦しいと削っ, 余り見馴れぬ立派な, 余り規則が正し過ぎる, 余り規則的すぎる一寸, 余り覗いたことが, 余り覚えよかった, 余り覚えないと少し, 余り親しそうだ, 余り親しんでもいなかった, 余り親切そうにも見えない, 余り親友知己等へも吹聴, 余り親子争いをしたくなかった, 余り親密でも, 余り親戚頼りのない, 余り観念的に純潔, 余り覿面に中る, 余り角目立たんがよい, 余り解らぬ十兵衞の, 余り触れていない, 余り言いすごしたと思った, 余り言いふらすな向こう, 余り言い及ぼされていなかった, 余り言ってはいけない, 余り言はずとも, 余り言ひたい放題なこと, 余り言わないが心, 余り言わなくなったのは, 余り言種が自棄, 余り言葉数も掛けぬ, 余り言語に絶, 余り記述されて, 余り訝しければ遥か, 余りを働かせよう, 余り試みず独り晶子歌に, 余り試みられたことが, 余り詩集が目先, 余り話しかけず昨日の, 余り話し出さないので二人, 余り話題にならなかった, 余り詳しい註釈を, 余り詳しく知らない, 余り詳らかでないシェストフ, 余り誇りとならない, 余り誇張して, 余り認めないが, 余り認められていない, 余り認められない作家の, 余り語らずあるいは皆無, 余り誤り過ぎてゐる, 余り説明的になっ, 余り読まないらしかつた, 余り読まれていなかった, 余り読みもしない, 余り読む時に, 余り読んだことが, 余り課業は好く, 余り誼みのない若, 余り調子づいて更に, 余り謙遜にそう, 余り謹んでは居ない, 余り警察を甘く, 余り議論を好まず, 余り讃めぬ方, 余り谷間へ貨車, 余り豊富だと, 余り豪雨の中, 余り財ゆたかに糧, 余り貫一の仕打, 余り責めぬでも宜, 余りひ過ぎるので, 余り貰って来た, 余り貰った金で, 余り貴いことだ, 余り貴きに似, 余り貴くないかも, 余り貴婦人らしく無い下品, 余り貴方の事, 余り貴重の事, 余り買っていない, 余り費用をかけず, 余り賀来子を離縁, 余り資本が掛らな過ぎ, 余り賈逵が一軍, 余りかな座組, 余りされないのみ, 余り賢くあること, 余り賢人めかすよう, 余りのいい, 余り贏利にならぬ, 余り贔屓になさり過ぎる, 余り赤ぎれへ油, 余り走って来た, 余り走り退くよと, 余り走り出たが静か, 余り走ると両脚, 余り起ることは, 余り趣向をかえ, 余り足しにはならなかった, 余り足りないと困る, 余り跣足で戸外, 余り踏まずじっと頬, 余り踏み付けた仕打ちじゃあ, 余り踴躍した, 余り蹈査の及ばざる, 余り蹌踉きて, 余り躊躇せずに, 余り躍り上ったそいつこそ, 余り身なりの好く, 余り身の程を知らな過る, 余り身体中の血, 余り身体使ひ過ぎて, 余り身分が違いすぎる, 余り身勝手過ぎるぢやありませんか, 余り身状のよく, 余り身軽に和尚どの, 余り軽々しく考えられなくなって, 余り軽卒で空虚, 余り軽蔑した仕方, 余り載せるものです, 余り輸出されて, 余りさに, 余り辛かったから, 余り辛く当らない, 余り農民作家的では, 余り辷らせたる此言葉は, 余り辺僻な所, 余り込み入った手を, 余り込み合うから八右衞門, 余り込んでいないらしく, 余り迅雷疾風的だったから, 余りさな, 余り近づき得ない一役人を, 余り近代人ばなれ, 余り近寄らないで其処, 余り近寄らぬところへと, 余り近寄られぬ方じゃが, 余り近寄らんように, 余り近所界隈の畑, 余り返辞を致しません, 余りひません, 余り迷惑そうなむくれ顔, 余りつけ追越せ, 余り送った後に, 余り逆上せきって図々しい, 余り透いて相撲最中, 余り透く気が, 余り途方もない, 余り這入つて来ない, 余り這入り度は, 余り通じてはをりませぬ, 余り通らないらしいと, 余り通俗に用い過ぎ, 余りに賢く, 余り速力を早めず, 余り造顕せられた御, 余り逢わず読書の, 余り逢わねえがいい, 余り進まぬから生涯, 余り進むと向う, 余り遅々しちや, 余り遅かったこと, 余り遅れて居りました, 余り遅れたとする, 余り遅れますとてまえ, 余り遅速は無かっ, 余り遊んでい, 余り遊んでると頭, 余りがつよ, 余り過ぎたる行い, 余り過ぎ今度は栄介, 余り過されただけで, 余り過去に圧, 余り過度に愛した, 余り過重な労働, 余り過重視しては, 余りしい, 余り道中の無, 余り道徳を無視, 余り道楽をした, 余り道理が分らな過ぎる, 余り道程にし, 余りしなかった, 余り達筆では, 余りはない, 余り違ったわけの, 余り違わず日に日に焼け, 余り遜色がない, 余り遠からず戦争, 余り遠き将来に, 余り遠大すぎて, 余り遠方へ行かん, 余り遣過ぎる善くない, 余り適当でない小さな, 余り選びかたが, 余り選挙などに熱中, 余り遺っていない, 余り邪推が過ぎる, 余り郵便局まで八里, 余り鄭重過ぎる通告, 余り酒好きでもなかつた, 余り酔った者は, 余り酔わさんようにし, 余り酷しく文学を, 余り酷似なので, 余りいわ兄さん, 余り醜いまでにどぎまぎ, 余り醜くないよう, 余り里近なせい, 余りそうにも, 余り重く痛ましくあるから, 余り重ねたので濁っ, 余り重んじられていなかった, 余り重大視されて, 余り重病の山野氏, 余り重要視しては, 余り野卑なり, 余り野村を喜ん, 余り野蛮過ぎるかしら, 余り見が, 余り金山で金, 余り金拾一両二朱ほどお, 余り金持になっ, 余り金銭に対して妙, 余り金高が少い, 余り針金の廻る, 余り釣れないと遊び, 余り鈍っている, 余り鉱泉宿から, 余り鋭いので喫驚, 余り鋭くない刄物, 余り鋭利でないこと, 余りは青銅製, 余り長い白い脛を, 余り長からぬ房, 余り長時間演壇を独占, 余り長湯を遊ばす, 余り長続きしそう, 余りと離れ, 余り開かないで言う, 余り開き過ぎてゐる, 余り開拓されず無, 余り間に合わぬだろうと思う, 余り間接にしか表現, 余り間近い為に, 余り間違った例が, 余り間違つてゐるやう, 余り関わりはない, 余り阻止しなければ, 余り附合をしない, 余り降らない暖かい大磯, 余り降られると子供等, 余り降りクリカネ村を, 余り降りますと川, 余り除糞人だった時, 余り陰惨なのに, 余り陰鬱な気持, 余りいて, 余りると, 余り隔たっていぬ, 余り隔たったおなじ雪, 余り隔絶しすぎて, 余りだから, 余り際立たないやうに, 余り隣りの友達, 余りの河童, 余り集めて網, 余り集約的に今日, 余り雋鋭ならず, 余り雑炊が美味い, 余り雑談して, 余り難解なため, 余りがつい, 余り雪中で雀, 余り雪子達の滞在, 余り雪崩は起らない, 余り雲雀の高上り, 余りの産む, 余り震えるからってうち, 余りをも打ち果す, 余り露わで瀑壺, 余り青ざめて夫, 余り青苔が生え, 余り非常である為, 余り非難しすぎると, 余りと向っ, 余り音曲の方, 余り音沙汰ないので, 余り頁数の多い, 余り頑迷でございます, 余りをし, 余りが白くっ, 余り頭がちすぎた, 余り頭ごなしというもの, 余り頭痛がする, 余り頻りに往来した, 余り頼もしい者は, 余り頼り過ぎてその, 余り顔ぶれを挙げない, 余り顔色がよく, 余り顛倒して, 余り類例がない, 余りない, 余り風儀がよく, 余り風呂に入れない, 余り風采の立派, 余り颯爽としない, 余り飛ばずちょろちょろ逃げ廻っ, 余り飛び上って自身, 余り飛び離れた言葉だ, 余り飛出し過ぎて思ひ, 余りひ過ぎるから, 余り食いもしなかった, 余り食う為に, 余り食ったって旨い, 余り食べないんだ, 余り食べなかつたからソツプ, 余りを食う, 余り飲ませるな, 余り飲ませるなって武田さん, 余り飲まない三造に, 余り飲みはしません, 余り飲みたくもない, 余り飲むな, 余り飲めそうにも, 余り飲らん方ですね, 余り飽気なかった, 余り養われた菩提山下の, 余りへ足ぶみ, 余り饒舌らなかつたので, 余りを縊つて, 余り香ばしい思ひ出, 余り香気が高, 余りを使わない, 余り馬漉らしいこと, 余り馬鹿げきった変梃な, 余り馬鹿げた様だ, 余り馬鹿げ切っている, 余り馬鹿さが過る, 余り馬鹿らしいこといふ, 余り馬鹿馬鹿しくて御, 余り馴れていなかった, 余り馴染みない周囲, 余りがひどい, 余り駆けたので体中, 余り駈けさせたのでテーラー, 余り騒々しいのでそこ, 余り騒がしく話を, 余り騒がれもしなかった, 余り騒がれたためか, 余り騒がん方が, 余り騒ぎ立てるのも, 余り驚いたので考へ, 余り驚く様子も, 余り高くって天, 余り高まることが, 余り高名ならざる御, 余り高慢な態度, 余り高温の温床, 余り高田家を訪, 余り高調するな, 余りを大事, 余り鬼灯提灯をかけ連ねた, 余り鬼踊りをやりません, 余りも身, 余り魔性の遠眼鏡, 余りを喰わない, 余り魚類を好きませんでした, 余り鯉のぼりはありません, 余り鳴き立てるもの, 余り鶴翼に展開, 余りへかけ, 余り黒くかいた画, 余り黙り込ませないようにと, 余り黙然として死, 余り黴菌が繁殖, 余りの卵みたい, 余りをかむ