青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「余~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~何時 何時~ 何時も~ ~何物 ~何等 何等~ ~何者 何者~ ~何處 ~余
余~
~余り 余り~ ~余りに 余りに~ ~余地 余地~ ~余程 余程~ ~余裕 余裕~

「余~」 14680, 159ppm, 671位

▼ 余~ (3999, 27.2%)

63 此の 35 これを 25 彼の 20 余の 12 直ぐに 11 彼れ 10 彼が, 自分の 9 ここに, これに, それを, 不幸に, 之を, 固より, 秀子の, 茲に 8 お浦, 伊藤侯が, 日本の 7 他の, 敢て, 汝を 6 この時, 今まで, 始めて, 彼を, 断じて酒, 曾て, 耳を 5 何う, 唯, 如何に, 少しも, 心の, 断乎として, 病に

4 [30件] かくの, その時, ナポレオン・ボナパルトだ, 之に, 今に, 今ま, 仕方が, 以上の, 何うし, 何が, 何の, 先に, 公の, 又も, 口の, 女の, 寝ながら, 息を, 手を, 斯う, 日本人の, 是等の, 母に, 汝の, 猶お, 秀子が, 胸の, 胸を, 驚いて, 黙って

3 [68件] あまりの恐ろし, かかる, ここで, この二者, この点, これより, これらの, すぐに, すぐ承知, それに, それらの, キヨオニヒ街の, 一も, 一種の, 不覚にも, 之を以て, 二人の, 人の, 今でも, 今の, 今も, 何分にも, 余が, 例の, 先生の, 兎も, 其後久しく, 其日が, 其時娘に, 其時自分の, 再びそれ, 出版の, 出版界の, 前後を, 呆れて, 咄嗟の, 固く信じ, 夜着の, 夢の, 天井を, 妖怪の, 妖怪学を, 守る所, 容易に, 宿の, 庭へ, 彼女に, 彼等の, 必ずしも彼, 我身一つの, 新聞の, 是非此, 未だ曾, 桜の, 此に, 此文士は, 此点に, 母の, 獨自の, 病床に, 目科の, 眼を, 秀子に, 秘かに, 窓の, 自分で, 詮方なく, 誰も

2 [287件] あわてて, いかにもし, おのれが, かかる暗黒時代, かねて, ここにおいて, このたび, この一事, この一瞥, この書, これが, これと, これに対して, これは, さう, しばしば同一, すべての, すべてを, そこで, そつと, その以上, その説明, それよりも, た, ただこの, ただの, たまらなくなっ, とくに歡樂, どういうもの, なりません, ひどく怖れる, またこの, もう東京, よし, エリスを, コックリは, コロボツクルは, ベンカイしない, ポッケットから, マツカーシーの, マリ子の, ヴェルハアレンの, 一介の, 一方に, 一週日の, 三者皆原因の, 下の, 不思議にも, 中学を, 中学校を, 主人の, 久しく流離, 之れ, 事務所の, 云つた, 亦理性, 京都に, 人間に, 今なほ畳, 今までに, 今以, 今日に, 今日の, 今自己, 今車の, 伊藤侯の, 何うも, 何と, 何とやら, 何と答え, 何も, 何よりも, 何れほど, 何事も, 余は, 余りに数理的, 余りの, 侯が, 侯に, 侯を, 便宜の, 信ずるの, 偉大なる, 元來, 先生に, 兎に, 全く此, 全く自分, 公が, 其の前, 其の様, 其の背, 其の足, 初めて現代, 別に一種, 別れて, 到底この, 医師に, 医師の, 博士が, 博士に, 印気の, 即ち此, 叔父の, 口で, 口に, 古き, 右の, 右向きに, 呆然として, 唯だ, 唯だ求むる, 唯是, 唯此, 唯特別, 唯秀子, 喜んで, 單に, 四五日前より, 国を, 地中, 塔の, 墓地から, 夢より, 大いに驚き, 大に, 奨励の, 好んで, 好奇心を, 好意の, 始めてこの, 嬉しさ, 子の, 子規の, 学者に, 宗教の, 宗教を, 実に万感胸, 容赦なく, 寒さ, 寧ろ伯, 尊公の, 少し踟, 尚ほ, 居士の, 山に, 常にカラ, 幹枝に, 幼き比, 幼少の, 幾度か, 座敷に, 彼に, 彼女を, 彼等親子の, 徒に唯多く, 微笑しつ, 微笑を, 心を, 心底から, 必死と, 忽然とし, 思はず叫びたり, 急いで, 怪訝に, 恐ろしい夢, 愛山君の, 我を, 我身の, 手に, 手も, 手巾を, 手袋を, 挿絵の, 政治上如何なる, 故と, 敗北した, 文法論に, 断じていわん, 断じて尊公, 断じて幸福, 斯る, 新潟は, 既に堂々たる, 既に幾度, 日々時代の, 日夜その, 日本に, 日本を, 日本人として, 旭川まで, 明治の, 昔から, 是まで, 是れ, 時計をは, 暫し茫然, 更に此, 最早や, 朝から, 本篇の, 模糊たる, 此を, 此言葉に, 此點に, 毎日新聞の, 気が, 江戸演劇を以て, 決して邦人, 汽車の, 浩さんの, 浮世絵を, 深く決意, 満腹の, 無言の, 無限の, 煩悶の, 熟, 熱心に, 父の, 現代の, 現内閣, 現時の, 理性を, 甘んじて, 甚しく憤りき, 生れて, 生れてから, 甲板上に, 画工である, 略します, 痛い腹, 盗賊の, 目録を, 知って, 石段の, 確かに, 磊落高潔なる, 秀子を, 私に, 空気の, 窃に, 窓から, 竟に, 笠と, 第一, 答えた, 答へ, 級中随一の, 総員に, 緑なす, 翌日を, 考える, 考へるの, 胸が, 臀部及び, 自己の, 自然の, 若しや, 荷物を, 蝋燭を, 西洋の, 見廻わ, 言葉短かに, 詩を, 認めて, 負けたり, 躍る胸, 身を, 通信員と, 進んで, 道の, 遽て, 遽てて, 那美さんの, 都新聞の, 酒樽の, 錠前に関する, 雀躍し, 青山を, 静かに, 非常に, 首を, 馴れぬ手際, 驚いた, 驚きぬ机, 鶴子と

1 [2721件 抜粋] ああいう, あながちに, あまり感服, ある時間, いかにし, いささかこれ, いっこう動い, いつも須磨, いまだ実視, うつらうつらと, おろす事, かかる時, かつて, かの人, がっかりした, こう云う, ことごとく樹葉, この三種, この体裁, この句, この女, この年, この文字, この旧友, この村, この濃厚, この理想, この草, この車, この鼻, これみな必然なりと, さきに, さよう, しばしば当夜, しようがない, すこしくどい, すべてなる, そういう人々, そこで百円紙幣, そのうちひとり心理的妖怪, そのボール, その交換条件, その参考, その少し, その意, その時浩さん, その秘密, その薄く, その開業医, それぎり重湯という, そんな彼, ただちに叫べり, ただ一つ, ただ仰向け, ただ案内者, たまらず身, ついにそ, ついに凍え死ぬべし, つくづくと, とうとう夜, とりつくしま, どこへ, なおさら保証, なにか思いちがい, なんたる, はっと露子, ひとたびこの, ふと此塔, ほとんど崖, まさかと, またその, また何, また法眼元信, まだ午, まるでアンポンタン, むしろ小, もう一度読みかえす, もう愕, もし人類, もの, やはり碧梧桐君, ようやく助かった, わが日本民族, わざわざセピヤ色, アイルランドに, アメリカインディアンの, イギリス人の, オーストリアを, コソ, ゴルドンを, ゾッと身, ダブリン湾頭と, ナレを, ハンケチの, フランスを, ホイッスラアの, ポツケツトに, ルスン島の, 一つ, 一人尖った, 一合飮み, 一度死んだ, 一日置き, 一時間と, 一本道で, 一番先に, 一礼し, 丁種でござる, 三十六年頃より, 三脚几に, 上ろうか, 上帝の, 不審の, 不意の, 世にも斯様, 世界の, 両作家, 両氏の, 中軍より, 久しく彼, 之まで, 事新しい様, 二作を, 二度と故山, 二階の, 亡姉を, 人相を, 人馬の, 今なお, 今を, 今囘, 今度女の, 今日まで, 今更に, 今記念, 他人に対して, 代りて, 伏見屋庄兵衛の, 何たる愚人, 何となく息詰る思ひ, 何とは, 何にも, 何処までも, 何故匆卒, 何等かの, 余として, 余程屡々滝, 依然として歌舞音曲, 信ぜざらん, 俵形の, 倭人が, 催眠術治療法に, 元来余が, 元来言文一致を, 先ず来意, 先づ我が, 先の, 先年不思議研究会において, 先祖代々の, 全くの, 全く塔, 全く辞退, 全身に, 公然独逸帝国, 其のまま, 其の少し, 其の所, 其の死骸, 其の言葉通り仮面, 其中から, 其好意に, 其時丸善から, 其辻占を, 兼て, 再びかゝる低級, 再び戸, 再び豫定, 冬の, 切ない思い, 初めてこの, 初めて我, 初めて能, 初三句, 別に説, 到底日本人, 前へ, 前文において, 劇壇における, 勢いよく浴衣, 勿論推量, 医学士に, 十五六年も, 卓子に, 単なる判定者, 博勞の, 印気が, 厳重な, 又余, 又筬, 友を, 取り捨てたよ, 口軽く, 只今ロイヤル, 台所の, 合点し得ざれ, 同志の, 名は, 君とは, 吾児, 呼吸の, 唯余自身の, 唯彼, 唯驚く, 喫驚した, 嘗て蛤位, 四辺を, 国貞の, 地方巡講中数回妖怪屋敷に, 坑の, 堪えがたき苦痛, 夏蜜柑の, 多くの, 多年之を, 夜半に, 大いによろこん, 大きな声, 大声に, 大抵五六十戸だ, 大連で, 天然を, 夫よりも, 奥村政信が, 女と, 好まぬ恐らくは, 如何なる特質, 妖怪研究の, 始の, 婆さんから, 嬉しやと, 学問は, 学習院長として, 宇宙本, 安達君の, 実になお言うべき, 実に彼ら, 実に暗中, 実に爾う, 実に驚いた, 宿るべき家, 寒雀とは, 寧ろ君, 寧後説を, 導かる, 小石川武島町に, 少々ばつ, 少し一行, 少し怪しんだ, 居士に, 屡, 屹度と, 左なる, 左様, 巾着から, 帳場へ, 常に後者, 幕僚を, 平民社を, 年来の, 幼なき, 幽霊有無論は, 幾重とも, 底荷水槽に, 弁解した, 当り前よと, 当日の, 形勢悪し, 彼等は, 往生と, 後者に, 御拝眉, 心配に, 必ず本論, 必ず養蟲園, 応挙の, 思う曙覧, 思はず癇癪, 思わず嘆息, 思わず笑つた, 思考す, 怫然と, 恐る, 恥かしい, 患者が, 悶えたさの, 意気地なき, 感泣措く, 憚らず, 懐から, 我恥を, 或る, 戸を, 手帖に, 手荷物を, 抱かれて, 拝眉千万, 提灯を, 政府が, 教学を, 数十年前伊豆熱海客中試みし, 文士では, 断じて同, 斯様な, 新聞を, 旅行を, 既に一歩, 既往に, 日本人に, 日記を, 早くに, 早速家屋会社, 明後日に, 明細に, 昨夕夜半に, 是しきの, 是も, 時々サムライ, 晩餐前に, 暗闇の, 暫く其処, 曠野に, 更に重く, 書物に, 最も居士, 最愛し, 月の, 有力なる, 朦ろなる, 未だに尻, 未だ此, 本日自習時間に, 本能性に, 来た甲斐, 松山に, 案内の, 椅子より, 様々に, 橋本に, 櫓下の, 欧弗同盟軍を, 此は, 此事件の, 此夜の, 此日限り既う, 此書の, 此町の, 此苦しき, 此間に, 武術の, 歴史を, 死の, 殆ど余の, 殆ど死刑の, 殆ど返す, 殊に彼ヤイコク, 殺されても, 毎電, 毫も君, 気短かく, 水戸の, 汝が, 江戸浅草に, 決してその, 河上家の, 泳ぎを, 浮世絵師が, 淡路町の, 深く考える, 渇いた喉, 満足じゃ, 滝の, 漸く六つ, 烏丸五條の, 無論手, 煙草の, 父や, 物に, 特に自ら主張, 独りボーシャン塔に, 独笑坪に, 猶も尾, 猶何とかし, 猿楽町の, 現今に, 理想界において, 甚だ惑, 生きむと, 生活した, 甲州北郡の, 画家に, 異論なく, 疑はず, 病床日誌と, 痛くその, 白色人の, 皆二千米以下の, 皮肉な, 益々切込み, 益々疑い, 目の, 直ぐ様叔父, 直ちに馬, 眉を, 真に助かった, 真理を, 眼に, 矢張り塔の, 知らぬ顔で, 短銃高く, 礼を, 神戸病院に, 秀子へ, 稍や, 空を, 突然な, 窓に, 立派に, 笠は, 篤と貴公, 素より自ら, 結構な, 絶望の, 總て, 群雄の, 羽織を, 老人子供を, 聊か不憫, 聊か安心, 聊余が, 股野が, 胸に, 腰を, 自ら一陣の, 自分が, 自由に, 臭いを, 舞姫多く, 艦長に, 芳幾の, 若い男, 茂る葉, 茲で, 荒々しく問い詰める, 著者の, 薄ぼけ, 血走る眼, 被害人民の, 要吉の, 見兼ねて, 覚えずギョッ, 覚えず鉛筆, 親の, 言い訳の, 訊ね返した, 話に, 諸君が, 警察医の, 讒謗罵詈の, 貧富協調の, 賞翫するなり, 起き直らんとして, 身体が, 車夫が, 近くへ, 迚も, 透谷が, 通り過ぎて, 遂に何もの, 遂に日本人, 運転手と, 遠くも, 遽しく馬, 都新聞に, 金盥の, 鉱毒被害地の, 門を, 閾際まで, 隙さず, 隣組反対論者である, 電気の, 青山で, 靴の, 顔形の, 飛び出して, 馬の背に, 駒込に, 驚きも, 高井戸の, 鬼怒川の, 鴉は, 麹町の

▼ 余~ (2629, 17.9%)

38 顔を 16 ために, 手に 14 心を 13 儀でも 11 兵を, 前に, 池に, 者は 10 ことは 9 事に, 心は, 目に, 頭を 8 すべての, 叔父に 7 傍へ, 儀で, 儀では, 叔父が, 姿を, 家に, 方を, 道を, 頭に

6 [11件] 叔父は, 心に, 方へ, 目には, 眼に, 眼を, 耳に, 荷物を, 記憶に, 間に, 頭の

5 [11件] ごときもの, もとに, 叔父を, 名刺を, 妻に, 家の, 居る所, 意見を, 池の, 知って, 言葉を

4 [27件] ここに, ごときは, 下宿に, 事は, 人々は, 別に, 力の, 名を, 如きは, 妻は, 妻を, 始めて, 嫌いな, 室に, 室へ, 心の, 心も, 手の, 手を, 挙動を, 方で, 病気の, 胸に, 胸は, 見るところ, 趣向は, 足は

3 [50件] いわゆる予期意向, ためには, のろくも, 一言を, 中には, 事である, 人々も, 傍に, 傍を, 兵が, 兵は, 前を, 力を, 叔父も, 口から, 呼吸は, 好奇心は, 好奇心を, 妻と, 娘が, 居室の, 幼少の, 心には, 憎むべき論敵, 手が, 文学は, 方に, 未来の, 枕辺に, 様子を, 母は, 浮薄を, 父から, 生活は, 療法を, 眼には, 研究を, 考えにては, 者には, 耳には, 肩を, 胸へ, 胸を, 見る所, 親愛なる, 言を, 誰も, 身体が, 身体を, 鯉を

2 [178件] お金が, ことが, ことで, ことを, すべてを, それに, それは, はなはだ取らざる, ものの, ように, ノートを, 上へ, 事と, 事を, 云う事, 人が, 人たちが, 人出に, 人間は, 今の, 今日の, 仕事ぶりを, 代議士を, 作品は, 信ずる所, 偉大なる, 側へ, 傍らに, 傷は, 儀でない, 儀と, 儀とも, 全身は, 八角棒を, 公を, 兵と, 兵力は, 兵力を, 兵馬が, 処に, 到着を, 刺された件, 前へ, 力で, 力に, 十二名は, 半生を, 叔父だ, 告訴に対し, 周囲に, 命は, 國の, 地に, 声を, 外に, 大軍は, 如き不道徳, 妃に, 姓名の, 姿が, 室で, 室の, 寝て, 察する, 将士が, 尊敬する, 居間へ, 屬する, 帆船は, 幸である, 序を, 廬を, 彼れ, 心状は, 怪我も, 悲しみを, 想像の, 意を, 意見は, 感覚に, 態度が, 憎むべき仇敵, 戸口に, 所見を, 所見を以て, 所謂讀み, 手にな, 手勢を, 掌中に, 攻撃点も, 方々は, 方が, 方より, 最も好む, 本陣を, 机に, 東京遊学中帰郷した, 枕辺で, 武士と, 死するや, 死に, 死を, 殺害を, 水は, 注意を, 浮世絵に関する, 爲に, 物で, 物は, 甚だ不, 生命を, 生活の, 異様に, 疑いは, 疑ふ所, 病気は, 目的を, 眸は, 眼が, 眼は, 眼前に, 眼底に, 知らない間, 知る限り, 研究する, 研究は, 研究完成する, 空想から, 空想の, 空間を, 立って, 策を, 義務である, 考うる, 考の, 考ふる, 者が, 者も, 耳へ, 耳もとで, 聞ける所, 背後で, 自負心を, 船は, 苦しみと, 行く道, 視線の, 親切に, 言葉に, 説も, 講義の, 贓物は, 趣味は, 身に, 身体は, 車は, 軍兵は, 軍勢は, 退屈を, 道だ, 道具たしなまず, 遺憾と, 部屋に, 郷里の, 金を, 隣に, 頬に, 頭は, 顔と, 顔に, 顔の, 顔色を, 食糧を, 馬が, 馬は, 驚きは, 魂は, 鼓膜の

1 [1628件 抜粋] あいだ五十間おきに, あと高知に, いちめんにわたって, いまだかつて見ざる, いる部分, いわゆる偽, いわゆる第, おかみさん, お客を, かたがたも, くれた盃, ことと, このたび, この堂, この気持, これを, ごとき書物, ごとく東京, すさび, それと, だいみょう衆までが, つれづれに, なすべき事, ほかに, もてる鶏血草の根, ものたらし, ものについて, もろもろの, をり, クラブ員を, タービン船で, ナキガラを, ヒゲをぞ, ポケットには, 一切の, 一大楽事です, 一存では, 一族は, 一般神經質に, 一身に, 一部落が, 万歳は, 三十余頭少し, 上堂の, 下宿にも, 不快と, 不相変ぼんやり, 世界と, 両手を, 主なる, 乃木大将夫妻では, 乗って, 乗れる船, 予想では, 予期以上に, 事な, 事なり, 事實に, 二万石を, 二件は, 二十人は, 亡者には, 人々に, 人たちは, 人なら, 人びとは, 人影が, 人数だった, 仁は, 今日に, 仏国に, 他には, 代王, 伯父は, 位置は, 住居は, 余裕を, 作物に, 使用する, 便宜を, 信ずる基督教的伝道, 修業三昧を, 借用証文を, 傍で, 傷を, 僑居と, 儀とは, 元の, 先祖とても, 入用と, 八角棒が, 共生の, 兵では, 兵の, 兵を以て, 兵力も, 円筒型に, 凉しき瞳を, 処分を, 出立の, 初て, 初對面, 刳りぬき鉄板, 前だった, 創作である, 力では, 力も, 勇猛を, 十三四の, 十余人方角をかへて, 十餘人方角をかへて, 卑見を以て, 博士を, 去るを, 友人にも, 双眼に, 叔父さえも, 叔父なる, 叔父朝夫も, 受けた煩労, 召使い二十余人すべて関羽と共に, 右側を, 各種トリックを, 同勢が, 同郷小学校の, 名物癖である, 君の, 呻き声, 命さへ, 命数尽き, 品とも, 商品の, 問う所, 問を, 嗜好に, 四分を, 囲みが, 国土に対し, 土手を, 地位に, 坐って, 執刀によって, 墓碑銘を, 多数者に対する, 大に, 大力が, 大太刀, 大文学者, 大演説, 大男で, 大船小艇にも, 大軍である, 大軍を, 大金も, 天下公衆に対する, 太刀筋に, 奉仕を, 女どもは, 奴僕は, 好むセピヤ色, 好んで, 如き大鹿, 如き財力, 如く機械的, 妹である, 始めて不折君, 婆さんに, 嬉しき義務, 子供が, 子孫之を, 存在は, 学校の, 宅である, 完全なる, 実験した, 室から, 室は, 室数を, 家へ, 家族の, 宿に, 寓居に, 寝床へ, 察する通り仏蘭西, 審美感を, 将士は, 導者は, 小城の, 小荷駄と, 小部落, 尤も, 尤も懼, 居直った所, 山々, 山車の, 島が, 川が, 左右に, 差し出す名刺, 市民男女, 席からは, 帰るまで, 常に倚, 平地であった, 幸福何ぞ, 座敷だけは, 弟の, 弱味も, 影は, 役目に, 後, 後さらに, 後へ, 後余は, 後油小路の, 従前自ら主張し, 御足, 心とても, 心中は, 心持を, 忍耐力は, 思いであろう, 思い通に, 思った所, 思ふ処, 性情文を, 怪我と, 恐る, 患者に, 悪癖は, 悲哀である, 想像にては, 意中を, 意気を, 意見と, 意見も, 愚かさも, 愛は, 愛を, 愛読し, 感情の, 感想を, 成功に, 戦死者を, 所で, 所家居取払い空地と, 所有の, 所謂, 手だけを, 手の内で, 手もとを, 手先には, 手兵を, 手許へ, 手際では, 承知と, 指からは, 挨拶が, 推測に, 揉み上げを, 提灯を, 支払が, 攻撃點も, 教は, 文學に, 文藻に, 新聞, 方々の, 方面は, 旅館が, 日が, 早舟十数艘を, 時計は, 暇な, 書斎には, 最も好まざる, 最も愛読, 有為の, 服装が, 期待に, 未来を, 本について, 本営に, 本意で, 本軍は, 杉苗を, 村長辞職の, 来るを, 松が, 枕許へ, 栄選を, 桟敷へ, 楽み, 標榜する, 欠点として, 此事ある, 武士たちを, 歯は, 死人を, 死後に, 残兵に, 母まで, 気に入らなかった, 気弱, 永井荷風先生に, 汚れなき耳, 池にて, 治療中に, 治療效果が, 注意が, 活躍かく, 浩さんにおけるも, 深く徳, 減少で, 滞在当時は, 潮は, 瀑布あり, 為す事, 為には, 無遠慮な, 煩悶を, 父が, 物した, 犯した如何なる, 獣類を, 玉穗の, 現金であった, 瓶の, 生に, 生れた年, 生れは, 生存期間なり, 生涯は, 男が, 留守に, 疑いの, 疑を, 病がしだいしだいに, 病を, 病床に, 病気見舞などに, 病軽から, 瘧を, 療法は, 発案なれ, 発表しよう, 白米や, 盛宴である, 目の, 目的では, 直ぐ隣, 相違を, 県道が, 真黒な, 眸に, 眼の, 眼前へ, 眼識の, 瞳に, 知らざる所, 知らない所, 知らぬ様々, 知る所, 知人で, 石段を, 研究の, 祖父玄澤は, 神経に, 神經質に, 禿が, 空間が, 竊かに, 立つ方, 競争者である, 筍を, 粉飾塗抹を, 精神を, 紙きれに, 細作りな, 絵の具箱は, 締金を, 群猛も, 翁に, 老人とは, 老婆心では, 老農あり, 考が, 考は, 考案した, 者を, 耳の, 耳朶を, 聽く, 胃の, 背後から, 背後を, 背面を, 脈を, 脳裏に, 腕に, 腰は, 膝に, 膝掛と, 臣下より, 自ら宇宙本, 自然的素質の, 興味を, 航海を, 船出も, 花次は, 苦痛は, 草鞋とを, 荷物に, 著書は, 蒲団を, 蔵書遺物等は, 蛇蝎視する, 衆生を, 行為に, 衣服は, 複雑な, 西遊に, 見たるもの, 見た書物, 見当に, 視るところ, 視線を, 親友京都便利堂主人が, 観想は, 言いたいこと, 言ふ, 言葉の, 記憶を, 許へ, 詩想を, 語る処, 説と, 説を, 調べて, 論を以て, 論旨を, 講話を, 讀書室を, 負傷者二百人の, 責任である, 費用, 賛成を, 赴くところ, 足袋の, 足音を, 路を, 身にも, 身代りと, 身分に, 車を, 軍は, 軽侮する, 輸送船が, 近づく足音, 迷惑之に, 這入ったの, 逢った頃, 遊行する, 運命も, 過去, 道でございます, 道程でございます, 選定せる, 遺産は, 部分に, 部屋へは, 郷里にては, 都合を, 重爆撃機, 鉄棒を, 長さ, 長男は, 長篇小説の, 門弟が, 開墾の, 間戦闘に, 陋室に, 陳述を, 隣人目科は, 集め得たる証拠, 青と, 面前以外では, 革鞄に, 領内に, 領民を, 頭をも, 頭脳に, 顋を, 顰む顔を, 首が, 馬車は, 驚きし, 高さ, 高塀, 鼓膜に

▼ 余~ (1189, 8.1%)

17 此の 7 さきに, 今日の 6 ここに 5 かつて, 始めて, 心は 4 大臣の, 彼を, 心を, 所謂る, 立って, 言文一致の

3 [18件] かくの, この冊子, ために, 先考の, 如きは, 妖怪学の, 家に, 居士の, 幼き頃, 徹頭徹尾, 心に, 意見を, 眼の, 研究の, 秀子を, 聞くところ, 脳中に, 茲へ

2 [78件] ある, いかに不, いわゆる予期意向, かつてその, かれに, この頃, その質問, みるところ, エリスを, 一個の, 之を, 云ひ終る, 借しつる書, 倶に, 先に, 免官の, 入社の, 前に, 十歳の, 博士を, 友徳富猪一郎君さきに, 名を, 命の, 品行の, 困る, 夢中聞きたる, 妖怪の, 妻は, 室の, 家の, 家光じゃ, 寝て, 少年の, 屡, 広重と, 弁解を, 影法師黒し, 彼の, 心の, 思ふ所, 悲痛感慨の, 所見を, 手に, 故園, 文書を, 斯う, 方に, 日本を, 日本人である, 明治三十六年の, 最後に, 未来の, 汝よりも, 深く彼, 狐狸鬼神の, 現在の, 病は, 病牀をば, 目的は, 眼を, 窓から, 立ちし日, 第一, 第三, 考ふる, 耳を, 聞きたる音調, 胸臆を, 言を, 言葉に, 言葉は, 諸君に, 議論の, 赤面の, 車を, 鈴索を, 頭に, 風俗改良に

1 [903件 抜粋] あえてとらざる, あたふたと, あの袋, あの銀杏返し, ある祈祷専門, いかなる人物, いつもの, いまだ世間, いまだ他, いわゆる偶合, いわゆる南球十二勝, いわゆる宗教, いわゆる知るべ, いわゆる精神上, いわゆる迷信, かかる質問, かつてある, かつて土佐, かつて徳島県小松島町, かつて抄録, かつて経験, かつて金満家, このごろ各, この如く, この年, この書, この牢屋, この窓, この論文, これまで, これを, さつきの, すなわち噂, その寺, その村, その盛況, その際, それに, ためには, つとに研究蒐集中, とめるかと, なすこと, ひとり惑う, まだ松山, むかし越後に, もっぱら講究, インドに, オーバーを, コックリは, サンチアゴ市に, ダージリンに, バイを, ボストンへ, 一万三千の, 一層愉快, 一方に, 一泳ぎし, 一身の, 七つか, 三十余年前に, 三十年前, 上州榛名山に, 下検査, 不審に, 不幸なる, 不快に, 不敏を, 世界に, 中学や, 乗艦した, 乘りし, 事無き, 二十九歳の, 二十六歳の, 二階へ, 交わった多く, 京極丹後である, 京都着早々, 人類社会より, 今の, 今も, 今度の, 今日は, 今日までに, 今日哲学館の, 今春熱海漫遊の, 今春病床に, 今見上げた, 代理として, 以上述べきたりし, 任に, 企てたる興津, 住む部屋, 何よりの, 何故に, 余と, 余ならぬ, 余り怪しむ, 作りたる樂曲, 依存いたす, 信ずる所, 修善寺で, 修繕を, 借れる間, 偶然論の, 傍らに, 元より, 先を, 先年, 先年の, 先年ニューヨークの, 先年信州佐久郡内巡講の, 先年家相家に, 先年朝鮮に, 先年洋行の, 先年芸州漫遊中に, 先年英国滞在中避寒の, 先生について, 先駆し, 其の前, 其傷を, 内に, 内外各国の, 写実し置いた, 冤罪を, 処置する, 出向くこと, 出雲巡遊中に, 初めて叔父, 刺された時, 前章において, 前説は, 前途には, 加って, 勝って, 勢力を, 北寿を以て, 北海道に, 匹夫より, 十二の, 十五年前の, 十勝にて, 千歳村に, 南ケンシントン博物館で, 危ぶむところ, 去ったあと, 参りましたの, 取りつつ, 口笛を, 右手に, 同氏を, 君を, 告ぐるとおり, 呟くと, 咽喉を, 唯一の, 唯死に, 喋々を, 喋々説弁する, 嗜好の, 四国巡遊中に, 困るうむ余, 在社時代を通じての, 地方巡遊中にも, 報に, 多くの, 多量の, 夢多き, 大いに愉快, 大に, 大学に, 大学院に, 大正二年八月十四日の, 大正五年九月十一日より, 大衆物を, 天地に, 失策談の, 奔走し, 如きも, 妄斷の, 妖怪事項を, 妖怪研究は, 妻と, 妻に, 始終を, 嬉しいと, 存外世間, 学校へ, 学資を, 孫を, 宇宙本, 官能に, 実子等へ, 実験いたしました, 実験する, 室に, 家へ, 家一番町に, 家小石川に, 家居に, 家来を, 家貧に, 宿所は, 寂光院の, 寃罪を, 寓居を, 寝台を, 寝静まつた後, 将兵の, 将来の, 尋ねると, 小楽地, 小説の, 局長に, 居るを, 居士に, 屡赤布, 巡講中, 帆船の, 平生から, 平生の, 年二十三, 幼時の, 廿貫目の, 引き受けたから, 弱冠の, 当地バルレー村に, 当時の, 彼れ, 後から, 従来研究中二三の, 志しまた, 忠之じゃ, 思いがけなくも, 思想人格の, 急に, 怪火と, 怯まんと, 想像に, 愈々立ち去ろう, 意を, 愛しかつ, 愛山君に, 感じたり, 感情の, 感服し, 懇望だ, 懸弧, 所乗の, 所説に, 所説に対して, 所論を, 所謂一種の, 手もとに, 手討にば, 承知しなかった, 抱き留めねば, 持って, 捜索せし, 撰擇の, 教授の, 教訓を, 敬愛する, 数日帰らね, 文学年表なる, 斬られるかも, 断言する, 斯く問う, 斯く考え廻す, 斯る, 新しい作家, 新作舞踊一幕是非とも, 新聞屋として, 方を, 旅行当時における, 既に疲れ, 既に話した, 日本人ならぬ, 日誌中に, 旧作上演の, 旧友中村是公を, 旧知なり, 明治三十九年の, 明石の, 春日山に, 昨年哲学会にて, 暫くたつ, 曩に, 書ける漢字, 書生時代群馬県旅行中同郷の, 最も恐れ, 最初の, 最初妖怪研究に, 最期を, 月並の, 望むところ, 未だ寝, 本名と, 本塾, 本意に, 本望なるべし, 村の, 村長に, 来た通り, 東京を, 東京市を, 松島に, 松洲に, 枕辺近く, 栃木県の, 案ずるところ, 検査官に, 楊弓で, 横た, 欄干に, 欧米を, 欲する詩, 此時の, 此樂器に, 此篇を, 歩き掛けた時, 殊にコロボックル, 毎に, 毎日の, 民族的精神に, 気絶以前と, 永井先生の, 決断を, 汽車から, 洋学は, 浅学に, 浅草公園を, 深く感謝, 源三郎である, 演劇に, 為したる評論, 為に, 為めに, 無事に, 煤煙の, 熟考の, 片身とも, 特に中編, 特に余, 独りで, 猶も秀子, 獨自の, 理論上教育宗教の, 甚蔵の, 生の, 生れし処, 生存する, 生活上の, 留守は, 番頭の, 病中に, 病気保養の, 癇癪を, 発表せん, 盗人家業の, 目に, 目的だ, 目配する, 直々筆を, 相沢に, 相談相手と, 真実探偵社会の, 眠らぬ為此, 眼に, 眼目を, 知って, 知るうち, 知れるもの, 知れる所, 知人に, 砂丘を, 確かに, 神経の, 秀子と, 秀子の, 秘書として, 稍長じた, 空腹の, 立ちつつ, 立てば, 竹竿でた, 筆に, 筑後女山の, 箱根の, 箸を, 範を, 米國遊學の, 納得した, 経歴に, 絵を, 継子根性は, 縁起日柄などについて, 美しと, 羽前の, 老人の, 考うる, 考定せる, 聞きたる話, 聞き噛, 肉體の, 肥前の, 胸中も, 脱け, 膝によりか, 自ら伴れ, 自ら大発見大手柄と, 自ら秀子の, 自分自らする, 自我心に, 茗渓の, 茲に, 茵は, 落第した, 著書の, 著述したる, 著述を, 藝術家としての, 血祭りを, 行は, 術策に, 表の, 衷情を, 襟元を, 要するところ, 見し事なき, 見たる諸, 見て取った通り, 見るところ, 見れば, 視界は, 親しく聞き得たる, 親しく風, 言うの, 言葉の, 証券印紙付きにて, 詣る墓, 詰問した, 読むところ, 諸方より, 謙信である, 豊後にて, 豪州漫遊中シドニー市にて, 貧富懸隔の, 貴下に, 起き返ろうと, 越中巡回の, 足は, 踵の, 身に, 車の, 軽卒にも, 輩に, 辛抱し, 辞退した, 近々と孤城, 近年埼玉県秩父郡内を, 述べようと, 迷惑がる, 通り抜ける極楽水, 進んで, 過日英国北部バルレー村に, 遺言録一巻中に, 避難先を, 郷里なる, 郷里にて, 重きを, 録せる, 鑑定の, 門を, 門庭に, 閲覧室へ, 陣を, 隣りの, 難じたる, 霊魂論の, 面を, 面前に, 面前より, 鞭之に, 頗る學問, 頭の, 頭を, 顔に, 顔は, 顫え, 風雅は, 飲むといふ, 餘り, 駒込蓬莱町に, 驚いて, 驚嘆し, 鬱屈も, 鳥人の, 黄色な, 鼓膜の

▼ 余~ (562, 3.8%)

9 ある 6 続いて 3 亦敢, 叔父も, 離れて

2 [18件] あった, これを, さう云, その同罪, また余, 亦彼等, 亦爾かく, 何か, 入院し, 当時は, 思わずもらい泣き, 此の, 目科も, 碧梧桐君も, 経って, 経過した, 過ぎて, 顔を

1 [502件 抜粋] ああし, あすこに, あせって, あったそう, あったと, あって, あとの, あなたの, あらうといふ, あらん大, ありそう, ありなだれ, ありました, ありまして, ありましょう, ありましょう毎朝, あります, ありますから, あるかと, あるが, あると, あるとか, あるので, あるもの, あるよう, ある上利別, ある土間, ある夜道, ある大切, ある富士山, ある岩魚, ある断層, ある火酒, ある縁, ある追貝, ある野口, ある金色, ある長々, ある長刀, あろうかと, あろうと, あろうという, あろう標高, あんな処, いくらせっかくだから, いささか心, いったんは, いて, いまだ足跡, うしろに, うっちゃって, お世話に, お側に, お前さん達の, かかった, かかったが, かかって, かかり候由, かかる, かかるの, かくして過しぬ, かけそろいの, かつてこの, こうして場所, ここに, ここへ, ことごとく満腹, このこと, この力学的, この問題, この度, この時, この病, この社会, この経, これから検分, これから逢う, これには, これらの, ござりまし, ござるが, ごぜえましょう, さいて, しばしばやった, じらしたあげく, すぎて, すぐ盲腸炎, ずりこけて, そうして同じ, そう云う, そこへ, そとに, そなた, そのうち, その一部, その争奪, その前日, その席, その軍需船, その通り, それに遅, それを, そろ, ただひやりと, たって, たつたあと, だんだん学校, つづいた, つづく千代, できるだけは, とまった, ともに一獻酌, ともに最後, とんで, どこへ, ねり歩いた行進, はいる大, ひきつけて, ひらいて, ぶたねえから, へだたった馬籠あたり, まけぬ気, またあながち, またいつ, またかつて, またよく, また何人, また強烈, また彼ら, また病褥, また若干, また豪傑, もたついた, もちろんそれ, もませや, やむをえずそう, やむをえずはあ, やむをえず岩手出身, やや辟易せり, ジッと, ゾッとする, ハンモックに, バタリと, ブラブラし, ムリな, ユックリ滞在し, 一つ二つ拾っ, 一つ二つ拾つて向, 一つ持ち居る, 一二度たずね, 一度探検, 一度見た, 一時に, 一杯を, 一枚所持せる, 一考すべき, 丁度考へ, 三十年の, 上って, 上であります, 下りると, 下を, 之を, 乗り合わして, 予備門に, 事に, 二三度味を, 二回欧米各国を, 二年間その, 二階へ, 亡びると, 亦, 亦こうして, 亦之, 亦二葉, 亦偉大, 亦元来我国民, 亦実に, 亦實, 亦少, 亦得意, 亦意, 亦感, 亦此派, 亦汝ら, 亦破れたる, 亦筆, 亦至極, 人並はずれ, 今は, 今夜其所に, 以前に, 以前の, 休んだ, 伸びて, 佇立し, 低い峰, 低くなっ, 住まって, 住み古し, 佐州客居中これを, 何をか, 何時の間にやら, 依然としてなる, 信力を, 信州佐久郡にて, 先に, 先の, 入りさ, 入りそう, 入れば, 入乱れて, 入学試験の, 全く同感, 六十七歳と, 共々に, 共に帰京, 共に轉, 共に麻布, 兵を, 其の呼吸, 其の防い, 其を, 其例に, 其方の, 内儀相手に, 再三停めた, 冠った, 出発までに, 分らないながら, 前ぢ, 前の, 勤めた, 勿論主, 半分その, 南寄りの, 単に, 卿等の, 又この, 叔父と共に, 合点が, 同じく小声, 同じく目配せ, 同じく算, 同じところ, 同じ分量, 同じ山中, 同勢に, 同君を, 同宿いたしました, 同年八月の, 君の, 君も, 吹き出しそう, 坐って, 堤が, 外廻りを, 多くの, 夜昼の, 大いに驚きたれ, 大きな声, 大丈夫とは, 大笑, 大陸の, 夫婦で, 好かろう, 如意嶽に, 妻も, 存じて, 学校に, 安堵いたした, 実に安心, 実は同感, 実を, 実視した, 実際溺死, 家相には, 寝たと, 寝続けて, 対坐した, 少しこの, 山中に, 巻きあげて, 帰国の, 平気で, 年下だった, 幾度か, 床に, 座敷の, 弁解する, 引き続いて, 弱火で, 強いて, 彷徨った, 彼の, 彼れ, 往々手, 往ッたろう, 待たされたらしかった, 待たされた後隊長, 待つて, 後からは, 後に, 御臨席, 微恙に, 心を, 心退け, 心配だ, 思はず微笑, 思わず襟元, 思わず釣りこまれ, 急いで, 怪しき脚, 恁う, 息が, 愈々差出人, 愛乗し, 感心せざる, 懸人, 成程と, 我子を, 手拭へ, 払わされて, 批評も, 抜け出でて, 招がれしか, 持ち堪えて, 持って, 捨て置き難い, 損じたりと, 敢えて争わず, 斯うし, 新聞記者の, 日数を, 是を, 暫く黙っ, 暮し南洋, 最一度怪美人, 有ける, 木瓜に, 札幌の, 来たであろう深林, 来たらうと, 来たろう, 来ぬると, 東京に, 柘植氏の, 案内を, 森も, 橋を, 橋本に, 櫓から, 欠配する, 此事に, 此呈書を, 歩いた, 歩いた時, 歩いて, 歩かねば, 歩くと, 死なねば, 死ぬもの, 殆ど怯まん, 残念ながら, 毎日毎日兵学を, 毎日牛肉屋から, 毒消し売り, 気の毒に, 水中に, 決して口, 汽車の, 泣いた権田時介, 泣き合って, 注意し, 泳いでは, 流石に, 深く埋もれた, 溜った塵埃, 溯って, 滝と, 漬けて, 漸く其窓, 無言の, 無遠慮に, 無駄骨を, 煖炉から, 煮ますが, 煮ると, 煮込みます, 爾る, 片意地らしい, 物語りて, 犬か, 狩り集めて, 生涯此, 畑の, 異存なし, 疲れては, 疾つて, 病む躯, 病院で, 病院へ, 登って, 益々不審, 盗人に, 直立し, 眠つたらしい, 眠りつ, 眠る, 睡むることが, 知って, 知らなかった, 知らぬあの, 知らぬ顔で, 社会へは, 私どもは, 積った, 積つた雪が, 立ち尽して, 立ち続い, 立って, 競争した, 笑いながら, 笑ふ, 簡単に, 経ちしかも, 経ったが, 経ったであろうか, 経つ, 続いた, 続けうち, 縁に, 縦走し, 至極御, 若い人たち, 苦笑した, 英語は, 茲に, 菓子一つ薄茶一碗, 行きますと, 行って, 行列に, 西北に, 要った, 見えない石畳, 見て, 話し込んで, 講義を, 貞盛を, 費やしたと, 費やして, 貼り重なって, 足を, 軽くなった, 辛抱を, 農奴を, 迷って, 通ったろうか, 逢わねえじゃ, 連れ立ち般若坂, 進んだ, 遂にその, 遂に譲歩, 過ぎた, 過ぎぬ遠, 過して, 遠からず, 遠のいて, 選評者中の, 金が, 鋏を, 鍛冶小屋に, 鎌倉客中に, 長火鉢を, 閉じ籠, 閉口すれ, 降りまして, 降積, 隔たった木曾, 隔つた田舎です, 隔りたる, 離れた処, 離れた海上, 離れた陸地, 離れ天気, 雨が, 雪が, 面白半分, 頓て, 頼まれて, 飛んじまつ, 食ってから, 駈けた, 驚いた, 高い熱, 高くなり, 高く千七百米, 高く巨大, 鰯を, 黒い波

▼ 余~ (549, 3.7%)

30 して 14 向って 9 取っては 7 取って, 向い 5 なる 4 なって, 向かって, 向ひ, 愛想を, 語りて 3 なった, 及んで, 向かい, 報知し, 於て, 書けるもの

2 [33件] ありては, とりては, なりますけれども, なるが, わたしつ, 一個の, 上る, 会釈し, 勧めて, 及べり, 及んだ, 取つて, 向いて, 向つて, 告げて, 寄する, 当たる, 打ち明けて, 持って, 振り向いて, 此の, 渡した, 示した, 示したる前途, 紹介された, 言った, 詢る, 詩人の, 語りたること, 謂て, 贈りあわせて, 近づいて, 送って

1 [373件] あいたいと, あてて, あり登ること一里十八町, あるいはこれ, うら, お譲り, かかる恵み, からかって, かんばしくない, こういう料簡, この事業, これを, ござります, さう思はせる程, ささやいた, させない様, したがへ, しては, しばらく考える, しようと, すぎなかった, する位, せがんで, その四次元世界, その場, その家, その説明, それに, たずぬるに, たずねて, つ, つかみかかって, でさ, とつて, とりて, どうしろ, なったが, なったの, なった先輩, なった時, なっても, なってるが, なります, なりますので, なりますもの, なりまするのに, なり浅手, なり電線, なるな, なる小次郎, のぼった, まかせて, やった武士ども, よくわかっ, わざわざ一通, わたった, わたって, わたるあの, ソクラテスよ, チト考えが, パリに, 一も, 一任した, 一個くれ, 一山の, 一年間の, 一度ならず, 一日の, 一早く, 一言の, 一通の, 七福を, 上った, 上って, 上つ, 下宿を, 不吉な, 与えた, 与えた手紙, 与えられた, 与えられなかった, 与へ, 与へた文章, 与へて, 与ること, 乗らしめ馭者, 乗り移って, 云った同じ, 云へ, 亘り採決, 亘る怪奇, 亘る酒宴, 亙る戊辰戦争, 交り, 交る, 人々の, 今日は, 介抱に, 代って, 任せよと, 会いたい, 会いたいと, 会って, 伝へた, 伴れられ, 何を, 余に, 使われるの, 傾きて, 充つべし, 先んじて, 先導たるべし, 其暇を, 再び得難き, 冷かに, 出て, 出で, 出でたこと, 出来さうも, 出版を, 刃向う, 分らぬのみ, 判断が, 別れて, 利き過ぎる時, 力作を, 劫か, 勧むるに, 勧告する, 協力されん, 危険だ, 及ぶ, 及ぶの, 及ぶ筈, 及んだそう, 及んだという, 反し最う, 取つて大困難, 取ては, 取られた悔し, 取られて, 取りて, 取りては, 口を, 口惜く, 古松の, 同乗を, 同情を, 同腹の, 向い出し抜, 向い時々, 向い発したる言葉, 向い説き明, 向て, 向ては, 告げたの, 告げた所, 告げなかった事, 告げるとは, 告げるに, 問い掛けた占めたぞ, 問うた, 問うに, 問ふ, 問質す, 喚いたので, 在っても, 在り知らず我慢, 声を, 売れたと, 大望ありし, 好意を, 委任する, 存するもの, 安く売られ, 安心させる, 宛て, 宛てたの, 宛てて, 寄せて, 寄り添うて, 寄り添おうと, 密使が, 密接の, 尋ねた, 對する, 尾行し, 左の, 差し出した, 巴里へ, 希望の, 席を, 帰すべく候, 幡旒旗大旆など, 幾日かの, 序を, 廃れ他方, 当って, 後おし, 微笑を, 徴する, 徴するあり, 応接せしむ, 忠告した, 思うところ, 思乱るれ, 悟らせん, 惺, 意志の, 懸けた, 成ったらしい点, 成った者, 成るので, 成るまで, 手暴く捩放せ, 打ち明ければ, 托し置いて, 投返され, 押しつけて, 指し示した, 挨拶も, 振り分けたは, 推察の, 提示し, 教えた, 文章を, 文部省の, 於ても, 早く見せ, 晩餐の, 智に, 智の, 暗誦せよ, 暴なる, 書いて, 書かしめたは, 書斎的な, 最も有用, 會釋し, 来て, 欠け過ぎて, 死の, 死んで, 死刑を, 殆ど以前, 残された畑, 比較する, 汚らわしい女, 江戸へ, 浅浅しくは, 深い目的, 減少し, 渡し, 渡して, 渡る長い長い, 物語りしこと, 王宮の, 生えて, 用捨無き, 目配せした, 相当す, 相談せられた, 眞正の, 知らせたの, 知らせて, 知らせるの, 示されたかつ, 示したが, 示した示されて, 示して, 示してに, 神を, 秀子の, 私事を, 秘策ある, 移れと, 積れ, 立ち聴, 約束せられたる, 約束の, 綴って, 緑盤の, 編輯を, 縋り附く訳, 美しく見, 聞いた, 聞いた事, 聞かれた事, 聲を, 背を, 背中を, 自分の, 自害せい, 自己を, 至っては, 至つては, 至り初めて, 至る, 與へて, 良き墨, 色美きが又, 英語を, 落着の, 著き面羸, 薄く円形, 行き所, 要求する, 見せて, 見つかると, 言ったこと, 計画なる, 許しの, 訴えること, 試みて, 話しかけた, 話した, 話したこと, 話したの, 話した所, 話して, 認められた彼, 語げた, 語った, 語り聞かせた, 語るべき舌, 読ませた, 読んで, 請はれた, 謀つてゐた, 責められるので, 賛成した, 質問を, 贈る, 贈れり, 贋電報の, 走り出させて, 起さした, 足守と, 躁り, 軽く弄ばるる, 辛しと, 近く歩み寄る, 近づいた, 返した, 追っ掛けられるかも, 送られるの, 送るに, 送るべく取り計, 逢ふ, 進言した, 過ぎざれば, 過ぎずして, 過ぎなかった, 過ぎぬの, 達して, 達し機関, 遠慮し, 開拓したる, 関せる, 関係し, 附纏ふ, 隠す事, 難忍, 露も, 非ず, 靡く筈, 面会を, 音楽を, 頭を, 頼るといふ, 頼る間, 題材を, 飛び掛る積り

▼ 余~ (505, 3.4%)

40 して 5 もって 4 迎へ 3 つれて, 見て, 見ると, 費して, 送りて, 連れて

2 [41件] 信じて, 公に, 助けしは, 呼ぶ者, 呼んで, 嘲り余, 囲みて, 嫉むのみ, 導いて, 導きつ, 従えて, 拉して, 拉し去りて, 指して, 支配し, 此の, 死に導く力, 活きたる法律, 猜疑し, 猜疑する, 疎んぜんを, 目し, 知らねば, 社の, 紹介し, 紹介した, 罰せられよと, 罵倒した, 自分の, 見しとき, 見た, 見たが, 譴めんとは, 讒誣する, 費やした, 超えて, 迎えら, 遇すること, 非難し, 顧問と, 驚かしつ

1 [356件] あまりにも, いさ, うかうかと, おびやかして, お取り遊ばした, こえ平氏一門, ここに, この地, さずけ, じっと見つめ, すごして, その一方, その中, その奇麗, その臣下, つくり十一宿, とらへて, とりまいて, どうしよう, どう捌く, のぞくのほか, のぼれば, ひきいて, ひっさげて, ひっさげ小牧, むちうちて, もつて, もてなし終に, ホテルまで, 一合戴きたい, 一室へ, 一方の, 一番近い, 一緒に, 不名誉きわまる, 不当に, 中に, 乗せて, 了解せず, 二つに, 二つ接ぎ合せた, 二三日引き留めた, 付して, 何處かに, 余りにも, 余を, 作りしもの, 作家として, 併せて, 侮辱し, 侮辱したい, 侮辱する, 便りに, 借り出すこと, 先へ, 先生先生と, 入れたの, 入口に, 全部石にて, 其道より, 出して, 別室に, 刺したの, 刺した兇徒, 助けて, 助けよと, 励す, 北海道庁の, 厭がらせる, 去る事二間, 叔父と, 取って, 取りこんで, 取り鎮める様, 受けて, 叱り二言, 叱る様, 各船, 名奉行, 吹飛ばさんと, 呑み去らんと, 呼び, 呼び醒まし, 呼び附けて, 呼んだ余, 唯一の, 喜ばし候ふか, 嘯集せる, 囚人に, 困らせた, 囲むには, 囲繞せし, 圍繞せし, 圧制しよう, 圧服せん, 埋める積り, 城内へ, 変り物に, 失ったあげく, 奪ひ去れ, 奮起せしめ, 嫌って, 実検し, 害したり, 害せずに, 尋常の, 導く, 小さい部屋, 小馬鹿に, 少しく欺, 少しも, 幾筐ひろい, 幾籃ひろい, 引いて, 引きて, 引き延ばした心, 引き止め, 引き残る所二, 引き留め, 引き留めて, 引き留め小さい, 引く, 引つけるやう, 引張るかと, 引摺らぬ, 引率し, 引連れて, 役場へ, 待ちかまえて, 待ち遠しがらせるごとく, 従えつ又, 従え先ず, 微見せし, 忘れしめ給, 恐れたと, 恐れての, 恐れるならナニ, 悦ぶと, 悦んだ, 愛したる念情, 愛して, 愛すること, 愛するよう, 愛する者, 慕ひ, 慰めた, 慰める積り, 慰問し, 憎み賤む, 憫んで, 憫殺する, 戒めて, 所有し, 手招きした, 払わねば, 拉し去る, 招きて, 招ぎて胥議す, 拝む様, 持ち来ったと, 振り捨てた, 捕え, 捕へ, 捕へること, 掠めんと, 揶揄う, 携帯し, 攫へて, 攻撃する, 数えた, 数えられた, 数える伝染病毒, 数え最も, 数へる, 敷き詰め仮屋, 斬らないの, 斬り殺し焼き, 旅館へ, 昏睡の, 暗殺せん, 有名に, 束縛する, 案内し, 橋本の, 欺き余, 歓迎する, 此の世に, 此の先生の, 死の, 殺し, 殺しに, 殺し直し, 殺すよう, 殺すより, 殺す積り, 油断の, 洛中で, 活きたる辞書, 活きたる辭書, 激励し, 激励した, 無礼だ, 煽動て, 狐か, 狙い, 献納する, 率いて, 率ゐ, 生みたる民族, 産し十万戸, 用うべし, 留めて, 疑い若し, 目懸け, 目掛け飛, 直ちに引上げ, 相当に, 看護する, 眺めこの, 眺めて, 眺望に, 睨んだ, 瞰い, 瞰いた, 瞰下し, 知つてゐ, 知つて居た, 知る人, 社会に, 窃めたり, 糾合し, 紹介する, 経て, 経るに, 経過し, 続航, 縄暖簾に, 繋ぐには, 罵った, 罵った罵られたる余, 罵って, 罵り妻, 聖餐式に, 背に, 背後に, 背負つた儘門の, 臆病ものに, 舎き, 船に, 苦しめたまわば, 苦痛より, 茲へ, 蓄わ, 製出する, 褒めたが, 襲い来らん, 襲ふ, 要す, 見たま, 見たら子規, 見た場合, 見た彼, 見つけ出して, 見ては, 見ても, 見るより, 見る事, 見舞に, 見詰めて, 見返して, 見送った, 視る立脚地, 視察家扱に, 覚えて, 親切に, 訪いたる甥, 訪いて, 訪うて, 訪ふ, 訪れ校舎新築, 訪問し, 詐わり終せた, 誘ふ筈, 誤解し, 誨誡し, 誰ぢやと, 豪傑だ, 貰って, 費したかと, 費したの, 費すべし, 費やして, 費やせり, 賤しむ, 贋者に, 赤阪の, 走れり, 跳ね返した, 踏まえ爾, 踏み付けに, 蹤わんと, 軽視する, 載せて, 輕く, 辞して, 迎えられたる諸, 迎える, 迎え小会, 近所の, 迫立て, 追て, 追わんとも, 送り出して, 連れだしたの, 遇するであろう, 運搬する, 過ぎた今日盗賊, 過ぎて, 過した, 過しながら, 過せども, 道具に, 遣り込める積り, 遣込めたれば, 遮らんと, 遮り, 選ぶ積り, 釘づけ, 閉じ籠め, 隔つるチグレ町に, 隔てたる個所, 隔てた追波川, 集め烏林, 雇入れ彼の, 離れるの, 頭から, 頭の, 顧み, 顧みた, 顧みて, 顧りみた, 飢えさせて, 馬鹿に, 駁撃し, 駆りて, 騙すつもり, 驚かしたの, 驚かしたる女, 驚かしま, 驚かし風呂場, 驚かすべく池辺君, 驚かすほどな, 驚かせたるもの, 驚ろかし, 驚破, 魔し去

▼ 余~ (347, 2.4%)

26 の間 25 の昔 17 も前 11 を経た 9 を経過 7 にし, の今日, の歳月 6 の後, を経 5 になる, のむかし, の歴史, の生涯 3 の久しい, の前, の同盟, の長い, の長き, も昔

2 [16件] になりた, にもなっ, に亘り, に亘る, に亙る, に及んだ, のあいだ, の基, の太平, の星霜, もの昔, も以前, も遠い, を過ぎ, を過ぎた, を隔て

1 [156件] いまだに広島, おった, かれの, がある, が間, この方, この狩太村, すぎて, ずっと目付役, せまじき恋, だけにし, つぶさに思索, であったが, であつ, でありました, であるに, では, で廃絶, という数, という齢, といえ, と称し, などは命, なり時刻爽, なり貴, なれば, にしかならぬ, になります, にわたって公私共, にわたつ, にわたる権勢, に渡る, に相成る, に過ぎない, に過ぎぬ, の, のあいだ一度, のうつりかわり, のきょう, のジャーナリスティック, の久しき, の乱国, の二人, の人生行路, の今, の作家生活, の光輝, の兵乱, の労苦, の半, の半生, の古寺, の在職中, の寛平年中, の封建的, の年月, の年齢, の建暦三年, の径路, の御高, の忍耐, の怨恨, の政治生活, の教授生活, の数奇, の明治以来, の昔自分, の昔話, の時, の時間, の月日, の期間, の末, の治, の治乱, の泰平, の涙, の潜伏信仰, の独立, の獄中生活, の生命, の社稷, の秘密, の秘封, の米国人, の臥薪嘗胆, の苦心, の街道生活, の託言, の誼, の貢献, の辛酸, の過ぎた, の遺伝, の長久, の長夜, の長日月間, の間五畿七道, の間君臨, の間継続, の間館, の闇, の雲霧, の静か, はそこ, は彼自身, は私, は翁, ばかり前, ほとんど世界, ほとんど社交, ほど前, まえに, もすぎ, もつづいた, もない, もむかし, もダラダラ, も別れ, も太刀, も居る, も新劇, も牢, も甚だ, も生きた, も育てる, も遡っ, ようやく蜀, をほとんど, をパリ, を一日, を何楽しみ, を独身, を積ん, を費やした, を送り来った, を送る, を通じての人情, を通じて一回, を通じて連続, 今や結縁, 住みなれた大森, 住んで, 後れて, 我が書き溜めし, 既に予, 未だ千点, 未だ天下, 未顕真実, 深くその, 程前, 経った, 経て, 老措大, 過ぎた今日, 重ねて

▼ 余~ (287, 2.0%)

8 の研究 6 の考 4 のいわゆる, の所見, の所論, はこの 3 がさき, のこの, は, はその, はむしろ, は今, もまた, をし

2 [13件] いまだその, の勧むる学問, の意見, の最も, の発表, の目, の臆説, はいまだ, はさらに, はただ, は此等, は茲, 其の可

1 [207件] あえて守銭奴, あえて政府, あにこれ, いまだ浅学寡聞, かつて本, から見る, がとくに, が今ここ, が今回, が他事, が伊原氏, が六歳, が小学校時代自由党, が希望中, が帝, が微力, が既に, が日本學會, が明治三十八年五月, が昨年胆振, が書いた, が本編起稿当初, が本誌, が極めて, が毎, が特殊部落, が試み, が過日, が那珂氏, が邪馬臺國, が金満家, が関野, が預かっ, その人, その法廷, つねに民権, としてはもはや, との縁, とはよく, とは違った, と同, と感, にとっては一つ, にとってむしろ, にとって滑稽, にとり, にはまた, には参考, には断じて, に向かっ, に寄せられた, に対して, に対する直接, に教え, に致されたる, の, のあずかり知る, のかね, のかの, のごとき, のさき, のはなはだ, の上, の事, の五十歳, の健康, の全然, の処, の取らざる, の回顧, の多年企望, の如き, の安, の実験, の常に, の当時, の意, の懇, の所説, の所謂再建論, の所謂消極, の持論, の故郷中津, の断じて, の旧, の有する, の望む, の村田翁, の極めて, の欲する, の法隆寺問題, の注意, の深く, の為, の生れた, の疑ふ, の知る, の研究上裨益, の禿筆, の立場, の立論, の考えた, の聞く, の胸, の能事, の臆測, の臓腑, の自信, の芸術史, の見解, の観劇眼, の言, の諸, の議論, の願う, はいわゆる, はかえって, はかく, はかつて, はかね, はここ, はことごとく, はこれ, はこれら, はすでに, はそれ, はそれら, はどう, はどんなに, ははじめ, ははじめて, はまず次に, はまた, はオシナサマ, は二三, は云った, は今日, は以上三個, は其理由, は出, は出社, は前々号以来, は前号, は博士, は右, は大御神, は大正十二年七月五日, は宇宙間唯一, は左, は帝大, は常に, は幾度, は当, は当路者, は彼, は彼ら, は従来, は必ずしも然, は悦ん, は我ら, は所謂藩, は政府, は斯, は日本國中, は早稲田鶴巻町, は明治二十六年, は時日, は本, は本郷, は東京, は此外國, は歴史家, は決して, は演劇, は狗奴國, は現存, は甚だ, は直ちに, は第, は結局, は綿々, は考古学者, は都新聞, は長野君, は隼人等, またかつて, もこれ, もはなはだ, も新派, も日本國中, も考えた, を以て之, を以て日本, を以て法隆寺再建論者, を俟, を定め, を拾った, を迎, を駆っ, ノ弁論, 常に思う, 悉くは, 敢えて人, 断じていわん, 断じてその, 未だ英国, 決してこれ

▼ 余~ (218, 1.5%)

8 の人々 4 の警官 3 の同志 2 が会合, が諸, の大, の者, の警官隊, の郎党, を加えた, を招待, を相手

1 [185件] あるからには, おのおのくだん, および巡査, があった, がいずれ, がいよいよ, がうまく, がこの, がこれ, が一時, が上京, が他, が件, が大八車, が戦死, が手, が斃, が枕, が殿下, が清十郎, が芝浦亭, が跡, が集まり, が集合, ぐらいな小勢, さすが警固, すら容赦, そのころ, その十分の九, であった, で他, で勿論, で押しかけ, で酒屋, というの, という人数, という十分の一, という多数, という浦上切支丹, といわれ, とかぞえられ, と一所, と共に殉教, と共に閣, と推定, と数えられた, と註せられた, なのに, にことごとく, につけねらわれ, にとりまかれ攻めたてられ, になった, にのぼり, に上った, に上り, に及んだ, に途, に達した, のうち, のもの, の一行, の一隊, の世界中, の乗客, の人, の人夫, の人間, の代表者, の代議士, の会合, の会員, の会者, の作家, の側臣, の兵, の切支丹, の力者, の助勢, の勤番, の原士, の参会者, の口, の同僚, の同勢, の名前がち, の多き, の大勢, の大官, の大衆, の太刀物の具, の女, の女子たち, の妻妾子供, の婦人達, の官人たち, の官職, の密航団, の州郡, の市会議員, の患者すべて, の慰霊祭, の手, の提灯行列, の整理, の敵首, の旧, の暴漢, の有数, の校友校員一致発奮, の模範店員たち, の水夫, の決死, の活弁, の浪人, の犠牲者, の猛者, の獄吏, の甲府勤番, の男女, の盛会, の給仕人燕尾服, の美人, の美人連, の聴衆, の芸妓, の若い, の被害民, の諸, の跫音, の送, の遊女, の酔顔, の野武士, の関取連, の降, の雪, は, はあり, はいた, はここ, はこれ, はその, はまたたく間, はまったく, はやがて, は三日来樽以来, は三等船客, は中重, は天川, は常陸下野地方, は悉く, は悦び, は数千, は正成みずから, は立派, は連署, ばかり息せき切っ, への賞賜, ほどなく呉, もいよう, もその, もの日本人, も同時に, も駕籠, をにわかに, をのせた, を乗せ, を伴い, を使役, を合せ, を失う, を捕えた, を捕縛, を捕虜, を擁, を殺傷, を眼, を船中, を葬った, を誘っ, を超え, を釜山公会堂, を集め, 打ち集, 残らず威儀

▼ 余~ (206, 1.4%)

8 をひきい 6 を率い 4 である, の兵, をひっさげ, を引率, を従え 3 の大軍, をつれ 2 がある, が腰越浦, こそ流れ, の将士, をさずけ, を与え

1 [154件] あるいはそれ, おめき渡っ, がいちどに, がここ, が凸形, が出迎え, が千早, が向けられた, が喊, が地の利, が殺到, が水鳥, が追っかけ, しかいなかった, そろえて, だ, だけを残し, だった, つつがなく渡る, で, でここ, でこの, でその, で南都, で塞がせ, で攻めかけ, で炎日, で行き, で賤ヶ岳, で隅田川, で馳せ降っ, で駈けつけた, とかぞえられた, となし, となった, とふえ, ともいわれる, と伊達勢, と公称, と激戦, と称えられた, と自分, にすぎない, にちがい, にて二千余騎, にて馳せ来り, になりまし, にのぼる, にふえ, にもなっ, に加え, に対して味方, に射手百人, に討ちへらされた, に達し, に麹義, のうえ, のうち, のうち三分の一, のぐんぜいをもって蟻, のわが, の不可解, の中, の供揃い, の先鋒, の入京, の兵ども, の兵共, の兵力, の兵馬, の夢, の大将, の奇襲部隊, の姿, の家人, の将, の将兵, の小勢, の影, の攻囲軍, の攻撃, の敵, の敵イ, の新手, の旗本たち, の本軍, の横列, の残兵, の精兵, の美々し, の落人, の跫音, の軍勢, の軍隊, の軍馬, の追手中, の陣中, の黒い, はいくつ, はおりまする, はすぐ, はその, はなおさら, はまだ, は一団, は初陣, は前, は前途幾段, は許, ばかりを従え, もおれ, もみな風, も畿内, も編成, も馳せ参じ, をうながし, をお, をさえ渡辺, をさしむけ, をさずけられ, をしたがえ, をそろえ, をととのえ, をひ, をひい, をひそか, をもって対峙, をもって関門, を一せい, を三手, を与え給え, を以て庸, を以て押し寄せた, を併せうけ, を具, を内, を国境, を彼, を扇, を択ん, を授け, を擁し, を枯葉, を率, を県城, を穀倉守備軍, を立ちどころに, を貸します, を追いかけ, を選ん, を金剛山, を鳥雲, 既にし, 見る見る鎖

▼ 余~ (194, 1.3%)

5 お浦 4 秀子との 3 いえども, 居士との, 目科の, 碧梧桐君とは, 秀子とを, 顔を

2 [16件] して, エリスとの, 一緒に, 余の, 倶に, 午餐を, 叔父とが, 婆さんは, 少女との, 権田との, 玄子とは, 相識る, 秀子とが, 美代を, 聞いて, 透谷とが

1 [135件] あの女, あるも, いう, いうが, いへども, いわれた関東, かぞえられたの, この時, ぜんざいと, そして余, その感, であった, であったかと, である, なし, なって, ならんで, なりき演説終つて後, なり湯屋, なれば, みえ参謀本部陸地測量部, アパートの, 一年後に, 一緒なる, 一間とは, 三人相会し, 三歩の, 並んで, 争に, 二人で, 云い目科, 云う形体, 云う順序, 云えば, 云ふ, 云われる程, 他の, 会衆十三万余人という, 倅は, 先生と, 児と, 入れかわらないとも, 共に起つ, 其あとから, 前後し, 叔父との, 叔父とを, 号された, 合せて, 同じく何事, 同じく傾聴, 同じく既に秀子, 同じところ, 同じ平面, 同じ想い, 同じ方角, 同じ服装, 同じ疑い, 同じ顔, 同一の, 同席した, 同年配, 同感と, 同時であった, 同時に白鳥博士, 同様に, 同様の, 同身一体, 同車し, 同郷の, 向き合ひ, 四つの, 因縁の, 堂宇との, 女とは, 婚礼する, 子規居士との, 安倍君とは, 対談中の, 尻合せに, 川尻氏とを, 彼の, 思わず一剣士, 思われたが, 怪美人とを, 数名相会し, 春子の, 未婚の, 枕元の, 枕合にな, 権田とに, 権田とは, 池辺君とは, 測られて, 甥一人豚兒三人なりき, 異なる事, 百合子と, 目科と, 目科との, 目科両人は, 相對, 相遇う, 眠れ, 知っての, 知るが, 碧梧桐君と, 碧梧桐君との, 社会党農民組合の, 秀子が, 秀子は, 称された, 称しその, 称せられた, 種穀一斛を, 老師とにも, 聞えた, 聞く, 自稱, 舅安藤伊賀守の, 荷物とは, 行を, 見解の, 言うの, 言って, 透谷に, 運命の, 運命を, 那美さんが, 都合四人外に, 銀杏返しの, 長男の, 関係の, 雖之を, 高輪田とへ, 鳥羽まで

▼ 余~ (132, 0.9%)

4 の前

2 [14件] が千歳村, が幼時, には餘, に横目, の外, は, はこれから, は八時札幌, は其日, は導かれ, は市街, は更に, は滑る, を青森

1 [100件] いなみて, がす, が其の, が寝, が專門, が帝劇, が昨日, が村住居, が歩い, が毎日海, が泳ぐ, が發掘, が突然, が立てる, が結婚十九年, が通り, が郷国, が面前, と食, にとつて, には余り, にも与え, に向い, に対する親切, に話し, のやる, の乗る, の交際, の仲間, の住居, の天幕, の幼時, の彼女, の探知, の東京, の毛布, の決議案, の潜伏, の眠り, の耳, の胸, の近く, の顏, はこ, はこの, はこれら, はまた, はヤコブ, は一八二一年六月十二日, は之, は二尺計, は五郎君, は今, は今一度眼, は其一, は各自, は夢中, は山, は平等院, は広沢, は弁天社, は戦後教育上, は春光台, は春光臺, は未だ, は来た, は橋本, は毎日寺の下, は注文, は無人境, は甚興, は相, は石, は立, は翁, は肌衣, は自ら, は茫然, は見事, は起された, は辨天社, は逆, は郡市, は額, は飛び, は高尾, は麓, も台所, も渡っ, も渡つて, も無花果, も貴族, も馬, より一日先, をつない, を呼びとめ, を追い越し, を遮り, ノ学友ガ卒業記念ノタメニ, 遂に路

▼ 余ほど~ (131, 0.9%)

3 驚いた様子 2 割引きを, 変って, 更けて, 違って

1 [120件] おびやかされたらしくその, お浦, お疲れ, くやしいの, すぐれて, はっきりした, むずかしい, むずかしい芸, むずかしかった, よく似, 丁寧に, 不当で, 不思議な, 不思議に, 不細工に, 人を, 仕事に, 以前から, 低く出来, 余の, 侵入し, 修正を, 内証が, 凌ぎよく, 切迫し, 前から, 前に, 力は, 古いと, 善く出来てる, 喧嘩の, 回復した, 困難であるらしい, 声を, 夏子を, 大きいと, 大きい物, 大きくなった, 大づかみに, 大切の, 大怪我, 太吉の, 奮んで, 容子を, 寒いと, 寛いで, 寵愛し, 巧妙な, 年を, 広くこんな, 強くしみ込ん, 強く撃たれた, 当時の, 役に, 後れ愈々, 心が, 心の, 心を, 忌々しく思っ, 思案し, 怪美人に, 恐ろしい所, 打ち萎れた様, 打ち萎れて, 捜したけれど, 早く未だ, 時間の, 時間も, 毛色の, 気丈夫に, 決心した, 涼しくなった, 深く合点, 深く心, 減って, 湿や, 用心し, 異様な, 目に, 真剣な, 着眼が, 知覚神経の, 秀子を, 秘密の, 積ったらしい, 立派で, 立腹する, 精密に, 綺麗な, 綺麗に, 羊に, 美人の, 自分の, 自由に, 興を, 若くみえる, 若く見える, 蒼蝿い, 薄くなった, 薄らいだとの, 詳しく書い, 警戒し, 貴重の, 身体が, 軽くなった, 運の, 遠いかね, 酔が, 酔って, 酷く肖, 鋭い刃物, 長いもの, 長いよう, 開けて, 闘った者, 難儀な, 面倒が, 面白かろう, 高かつ, 高輪田を

▼ 余~ (125, 0.9%)

78 之介 27 之介様 4 の湖 2 の海, の西岸

1 [12件] か, です, とお, に臨む, のみずうみ, の二湖, の方, の東南岸, の東方, の水際, の湖心, 之介一人

▼ 余年前~ (121, 0.8%)

3 のこと 2 である, に, に世, に丹波康頼, に悉く, に撰ばれた, の立派, も今

1 [102件] からの僕, から仏教, から廃れ, から新聞紙上, この国, この地, だ, であること, なり, にあり, にここ, にこの, にこの世, にただ一度実見, にたった, にできた, になるでしょう, にはこの, にはこれ, には信玄, には権六どの, にも椎の木, にツルゲーネフ, にワシントン府, に一度, に三人, に世に, に仏蘭西, に佛蘭西, に十二三歳, に双方, に因幡国, に大化, に小泉八雲, に当っ, に我々, に支那, に於, に東京, に注意, に浦安, に漠然と, に現れ, に用いた, に申し上げました, に異なり, に自分, に跡見女学校, の, のかの, のサッポロベツ原始林, のメーデー, の一月半ば, の事, の事実, の人, の伝五郎, の俳人, の冬, の出来事, の印象, の天平勝宝年間, の学校生徒, の宝永ごろ, の崖崩れ, の建保元年十月, の弘安年中, の悪夢, の手製, の支那人, の文化, の文化三年, の昔, の春, の時勢, の時節柄, の朝鮮, の某, の法令, の父, の相識, の葉居升, の蜂須賀村, の銀座, まだ本人, までだ, までの村上氏, までは金紋さき箱, までは高原, まで但馬因幡地方, まで差当り, まで戦勝, よりまたまた, より日本, 全ソヴィエート作家, 即ち西暦一八三二年, 大唐, 大集団, 成った, 満洲, 見たが, 遠き異国

▼ 余には~ (88, 0.6%)

2 それが

1 [86件] あの言葉, こう聞かれる, このよう, この初夜, この翁ただ何者, これほどまでに, これを, ござれど, さっぱり意味, その哲学, その心当り, そんなこと, どうしてもこの, また余相応, まづ四人, よく呑みこめない, よく通ぜん, わからぬが, わたくしの, ドストイェフスキーの, 一つの, 一人の, 一言も, 三十人の, 不得要領であった, 不思議に, 今暫く, 仲, 何の, 何らの, 何等の, 余だけの, 余自身の, 作家としての, 充分それ, 全然見込, 其謎を, 出来な, 分からぬ, 分らぬ余, 分らんよ, 初物也, 別に手掛り, 到底そんな, 十分には, 受け取れなかった, 口真似も, 君の, 堪へ難く苦々しい, 大い, 大変な, 子供に, 少しも, 広過ぎる, 彼の, 想像さえも, 振りも, 振り向きも, 斯う, 既に幹枝, 昨日まで, 更に分らぬ, 未だにそれ, 未だ差し入れ, 未だ言い渡さぬ, 欧弗同盟軍を, 死に對, 死を, 毛頭謀犯慾望, 毫も臭気, 深い意味, 無理ならぬ, 理由が, 白い着物, 相変らず, 真逆, 美しい二十一二, 耳なれぬ, 苦しい事, 見覚えが, 親類身寄りだ, 解から, 解らぬ, 賤しむべき, 遠いもの, 隠して

▼ 余~ (68, 0.5%)

4 の時 3 にし 2 である, の, の今日, の吉田忠左衛門, の寿

1 [51件] かとも見えまする, であるが, でございますが, ですでに, でなくなるまで, で喉頭癌, で婿入, で数年前, で明和, で歿, で見るから, とある文等, という, という福禄寿, という高齢, となり, とねんねこ, と思わるる, にて鬚, になっ, になった, になる, に相成る, のころ, の事, の今年, の厄年近辺, の年齢, の男, の皺腹, の老人, の老侯, の老婆, の老婦多年予, の老媼, の老衰病, の老骨, の老齢, の長命, の青年赤毛布, の高橋作左衛門, の高橋左衛門, の高齢, まで例, まで生きのびた効いあっ, まで眼, まで身代, まで通し, らしい清げ, を経, 罷成

▼ 余~ (64, 0.4%)

3 の間, を経 2 にし, になる, の後, の旅, の歳月, の髯

1 [46件] お預り, かかって, が経った, くらいになっ, さまよいある, しかつづかない, しかも其傍若無人, して, だ, である, とある, というもの, と聞い, に, にわたる牢獄生活, にわたる遠征, にわたる関東遠征, に及び, に及びます, に及ん, に至る, のあいだ, のヒゲ, の八寒, の期間, の籠城, の討議, の長い, の間毎晩一度, の間逃げ廻つた, は見なけれ, まことに前代未聞, もすれ, もひっきりなしに, も打ち通そう, も水, も水びたし, も無, も無く, を打ち続け, を累, を費さなけれ, を費やし, を過ぎぬ, 措かれて, 無朝

▼ 余~ (63, 0.4%)

6 の道 2 の路上, もある, を隔て, を隔てた

1 [49件] お膝元, が間, その損害, です, というよう, という道中, といわれ, と云, につづく, にわたる大軍, にわたる要塞, にわたる陣, に及ぶ, に及ん, のあいだ, のあいだ一滴, のあなた, のところ, の一, の南, の外, の大, の官渡, の屈曲, の山川, の山野, の彼方, の戦線, の旅, の水源, の海底, の深い, の深山, の湖水, の路, の郊外, の間, はまだ, まるで敵, も向う, も追撃, も遠から, も馬, をつらね, を行っ, を走りつづけ, 大石門, 廻って, 空しく魏船

▼ 余~ (50, 0.3%)

4 の扇 2 が下り, の父, はまた

1 [40件] がさわい, が失, が源氏閣, が風, すら乗りこなし, だった, というもの, といったよう, とつけた, とはいったい, とやらそれ, と申し, と紅球, なるもの, に一本, のかげ, のほか, の乗っ, の声, の嫁, の実父, の手, の泣く, の祈り岩, の絶叫, の顔, はことば, はそれ, はたちまち, は万, は十一番目, は坂東者, は泣い, は袴, は躍起, も咲耶子, より, を助けろ, を討った, 見えられ候

▼ 余~ (48, 0.3%)

2 の俳句, の前, の決して

1 [42件] がバッチング, が枕頭, が自己, と同じ, になじみ, に宛て, に英語, のいう, のため, のやう, の一行, の一行はさ, の不謹慎, の今回, の作, の学校時代, の意表, の教授, の書ける, の眠り, の計画, の論, の間, はこれ, はまもなく, は伝説, は加藤子爵, は四五丁, は居士, は彼ら, は御許, は志, は熱い, は親, もまた, も老い, も裾, を取りまい, を激励, を発見, を罵倒, を訓戒

▼ 余年間~ (46, 0.3%)

2 に於ける, の和歌, の歴史

1 [40件] そのあいだ, その統治, ついに中止, というもの, にあった, にあの, には少から, に亘れる, に作つた, に十二貫五百目, に取り扱われた, に文学, に渡っ, に顕著, のうち, のごく, の一心, の久しき, の勤勉, の好色生活, の平泉, の心血, の戦い, の拮据経営, の日記, の私, の腰弁生活, の舞台, の著述, はこの, はめざましい, は全く, は実に, もそれ, も有, も継続, 依然たる, 捨て飼いに, 書きたく話したいテーマ, 為せし

▼ 余~ (45, 0.3%)

3 ぽど, 程の 2 程深い

1 [37件] ていらし, 程あけつ, 程お, 程どうか, 程ひどい, 程やきもき, 程マセ, 程人を, 程人間, 程何, 程使へ, 程円満, 程凌ぎい, 程営養分, 程四時が, 程増し, 程夢中, 程學問, 程小説, 程川の, 程悪い, 程扁桃腺, 程手, 程晝飯, 程気楽, 程減らず口, 程焚物, 程痛い, 程膽, 程苦労だ, 程苦労でも, 程蝉, 程要心しねえ, 程違, 程面白い, 程面白く, 程頬げた

▼ 余~ (42, 0.3%)

3 をめぐって歩ける 2 に散在, に輝いた, に雲水, を尋ね

1 [31件] ありと, かくれも, から笈, にも平和, に及ぶ, に音楽批評, の中, の兵, の半端物, の反抗, の名所霊蹟巡覧記, の国, の将軍, の春, の津々浦々, は風, へ百八十, をおん, を一度, を一致, を回国, を指揮, を挙, を歩き廻ったです, を相手, を睥睨, を血眼, を跨, を踏破, 広い日本, 罷通るもの

▼ 余~ (40, 0.3%)

3 ぽど, 程い, 程気

1 [31件] 程, 程あの, 程あまる, 程お, 程おかしい, 程でなけれ, 程どうか, 程のぼせ, 程三田文学社, 程丹念, 程何, 程力, 程可笑し, 程増し, 程嫌, 程嬉しい, 程強い, 程怒つ, 程急い, 程慣れ, 程救, 程滝, 程祟られ, 程私, 程考へなけり, 程自惚れ, 程要心, 程面白, 程面白い, 程馬鹿, 程馬鹿だい

▼ 余~ (35, 0.2%)

1 [35件] あった, あること, が支出, である, でこの, というもの, になる, に売り, のうち, の借金, の収入, の大, の大金, の寄附金, の損失, の損害, の砂糖, の責, はそのまま, もあつ, もって, を佐野銀行, を使う, を儲け, を元, を剰し, を失ひ, を奪い取っ, を持っ, を捲上げる, を積み立て, を鋳造, 出し社殿, 思えば, 残って

▼ 余~ (34, 0.2%)

7 の兵船 3 の軍船 2 の船, の艨艟

1 [20件] が父孫堅, が魚住, で島, とみゆる, とをしばらく, なり, の大小船, の快足舟, の早舟, の舟, の船中, の船影, の速, はもう, もあった, もあり, もありましょう, をひきつれ, をもって官物, を加え

▼ 余にも~ (33, 0.2%)

3 なるが 2 なる, 眞面目な

1 [26件] すゝめられたれ, そのくらいの, たれ掛つて, なった, なって, なります, なるかのう, なるのに, はつきりと, また翅翼, 亦余, 何か, 分るが, 成るのに, 村民の, 真面目な, 縁浅から, 耳目の, 覚が, 解せぬこと, 誤解ありし, 謝し, 述作上に, 達して, 達する, 高輪田に

▼ 余~ (33, 0.2%)

9 なこと 3 なお世話

1 [21件] なところ, なもの, なわるびれ, な仕事, な年月, な弱味, な思案, な感違, な神経, な落着き, な要, な親切, な言葉, な話, な説明, な附, な面倒, に口, に大きく, に大阪, に眠る

▼ 余~ (33, 0.2%)

3 の道 2 にし

1 [28件] あつて, から出す, と承りました, に亘るであろう, に及び, に害, に飴, のあいだ, の処, の地主, の広, の西南, の間, の雪渓, は仕事, ばかり行く, またたくま, もある, も干あがり, も後退, を一, を攀じ, を隔, 屡々巨巌, 悉く灰燼, 辛うじて前, 離れたこの, 離れたる所

▼ 余自身~ (33, 0.2%)

4 の本質

1 [29件] から云う, がこの, が其の, が勝手, が自動車, にさ, にて談判, にはちよ, には御, にも解らない, に價値, のもの, の中, の個性, の内部, の内面, の内面的知覺, の小説, の歴史, の空想, の精神, の英語, の見解, の體, はそれほど, は三尺, は真宗, を余, を知る

▼ 余~ (30, 0.2%)

4 の大軍 3 の兵

1 [23件] が旌旗, が近く呉, とかいっ, とそれ, と称え, に過ぎなかった, の, のお金, の人民, の僅か, の大兵, の失業, の婦人, の寡婦, の小売商, の戦傷不具者, の戦災者, の民衆, の胃, の頭脳, も多い, を率, を算

▼ 余~ (27, 0.2%)

2 あつた

1 [25件] これを, さきの, すらも是, もとは, ドロドロに, バスが, 上り浅草みや古, 伏見の, 先陣は, 八角型の, 六弁の, 四間である, 地球に, 岩角で, 帰宅, 成就した, 拙妻, 正味は, 死ぬる二日前, 水も, 着く賭博中心, 稼盛りの, 辞しその後五年, 達ちゃんが, 頂上に

▼ 余~ (27, 0.2%)

2 のうち, のうち六十二合, のお, ほどございました, も戦った, 巻かずに

1 [15件] さすがに, すると突如, それでも勝負, で疲労, に及ん, に及んだ, に至っ, の火華, まで戦った, をかぞえた, を取り出し, 戦ううち, 戦ったが, 撃ち合ったと, 見るものみな

▼ 余とは~ (25, 0.2%)

2 いつよりとは

1 [23件] この引越, ほとんど詩, 一分の隙も, 中学時代以来の, 争って, 交る, 交わらぬ程, 人力車と, 何ものぞ, 何らの, 何時も, 何物である, 先づ林に, 別に噺, 口を, 固より, 宮本宮本と, 未だ相, 本來何者, 立身石を, 遂に支吾, 陸海軍の, 香峰を

▼ 余五郎~ (24, 0.2%)

2

1 [22件] がここ, が旅先, すぐ追いかけ, などには後学, にございます, の姿, の眼, の若, の若い, はいそい, はすぐ, はそこ, はふと, はやや, は受け, は壁, は旅先, は父, は駈け, も果てました, も許された, も踵

▼ 余まり~ (23, 0.2%)

4 だわ 2 好くない

1 [17件] じゃありません, で, ですねえ, に遅, やれこれ, 久しく無沙汰, 何ともな, 口惜しかった, 少しばかり, 快くも, 憤らせない方, 見とも, 遅いから, 遅うお, 重くは, 長くなる, 高いよ

▼ 余つて~ (22, 0.1%)

4 ゐる

1 [18件] たずねて, どたりと, ゐたので, ゐるし, ゐると, ゐるの, ゐるん, をります, 其の色香, 呟く時, 始終泣い, 少し誇張, 居た, 居るの, 巻いて, 当てずつ, 来て, 辷つた言葉

▼ 余~ (22, 0.1%)

2 あった, その大, の多き

1 [16件] あり, にて一組, に上っ, に分れ, に至つて, に達し, の原, の妖怪事項, の文芸雑誌, の材料, の雑誌, もあった, を収集, を所蔵, を翻刻, を購

▼ 余ほどの~ (21, 0.1%)

2 時間が

1 [19件] お怪我, 事が, 仔細が, 便利を, 偶然であろう, 危険な, 名筆ででも, 後悔に, 歳時を, 決心が, 老人でない, 老人に, 見込みを, 親しみを, 路のりは, 違いです, 難儀です, 難物である, 馬鹿でない

▼ 余一人~ (21, 0.1%)

2 のみなれ, の仕事

1 [17件] から云え, そのほか, だ三人三色, であつ, であるので, では, となった, のみが眞理, の力, の意志, の狭い, の私言, はやはり, を残し, を殺す, を責め, 取り残された

▼ 余~ (21, 0.1%)

4 に見

1 [17件] から仕入れ, から帰っ, で聞く, ながら見, にし, にする, にのんべんだらり, のお祖母さん, の事, の夫人, の奥さん, の女, の犬, へ行く, へ行つて居升, へ逃げ, より御覧

▼ 余~ (21, 0.1%)

2 がこの, の馬匹

1 [17件] あった, が乳, さらに進撃, に至る, のきつね, の小荷駄, の毛, の海ひょう, の背, の馬, は斃, もあった, を張飛, を数, を斃, を焼かしむ, 少しも

▼ 余年後~ (20, 0.1%)

6 の今日 2 の安政三年

1 [12件] ちょうど私, に一家, に自分, に行, のいま, の今, の今朝, の斉明天皇六年, の昭和現代, の記憶, わかった, ノ今日ニ思ヒ至レバ

▼ 余ある~ (19, 0.1%)

2 ものである

1 [17件] から二日前, から好い, ことで, と当局, な, のだ, のである, ので三文目五分筒, ものであった, やう存ぜられ, を, をお, 力量に, 所好個の, 金であった, 高い坂, 高利貸の

▼ 余よりも~ (19, 0.1%)

6 先に

1 [13件] お浦, よく知っ, 一年遅れ, 三十五六枚方明晰に, 前に, 工夫に, 彼の, 早く起きた, 権田の, 水練が, 深く秀子, 秀子が, 英語や

▼ 余れる~ (19, 0.1%)

1 [19件] ことも, に, ものは, を最愛, エネルギーの, 一二本は, 何物かを, 力に, 勢いで, 夫有てる, 彼いつまで, 毛を, 焔とぞ, 米国などで, 縄で, 老婆と, 老爺之に, 資産なく, 隣の

▼ 余を以て~ (19, 0.1%)

6 之れ 4 之を 2 侯を, 其の心事, 色を 1 嚆矢と, 居士の, 是を

▼ 余~ (17, 0.1%)

2

1 [15件] かきました, しか仕事, にわたる, に平家, の一冊, の小説, の歌, の洗い立て, ほどご, ほど書い, も書き試みたる, を嵌めさせた, を描きぬ, を數, 書いたの

▼ 余かつて~ (16, 0.1%)

4 これを 2 仏国より 1 いえること, 一絶を, 世の, 数人に, 東西を, 自宅において, 見ずゆえに, 見ず故に, 言えること, 達磨の

▼ 余から~ (16, 0.1%)

2 見ると

1 [14件] かく気楽, その球, 云うと, 五六間先で, 交渉した, 何か, 停車場での, 充分の, 成立って, 持ち出す者, 縁談を, 繩を, 認められるが, 頼むおもてだって

▼ 余~ (16, 0.1%)

1 [16件] ない用事, なきを, なき金策, なくうつむいた, なくされて, なくされる, なくせられしに, なくせられて, なくその, なくて, なく叔母, なく満足, なく赤露, なさそう, 無い用向, 無くお前

▼ 余~ (16, 0.1%)

4 の車 2 の戦車 1 ついに成都, にのぼる, には紅, のそれ, の器械, の木牛流馬, の火攻め車, の財物, を分捕っ, を聯

▼ 余~ (16, 0.1%)

2 に乏しい, を残し

1 [12件] が伝わる, が何物, が僅, のごとく繰り返した, のない, の嫋々, をことさら, をこめ, を伝え, を持たせ, を断たない, を長く

▼ 余~ (16, 0.1%)

1 [16件] からこの, がいつか民間, が江戸, が遺っ, が革まる, といえ, といえない, なの, は戦国期, は決してまだ, もだいぶ, をおさめきらない, をとどめ, を受け, を存す, を慕っ

▼ 余~ (15, 0.1%)

5 を受け 1 が王女, が金朱色, と, は今, は森, は薄, もここ, を周囲, を残し, を雲

▼ 余~ (15, 0.1%)

2 のなか, の中

1 [11件] がたち, がまだ, だけが望まれる, であろう微, と灰, のからん, の天, も消え, をとむらわん, をながめ, を遠望

▼ 余という~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことさ, ことに, ところへ, のである, ものなめられ, ものは, もの全く, 人口の, 兵数が, 勢での, 大軍が, 大部分, 海鼠の, 高い崖

▼ 余これ~ (13, 0.1%)

2 に答え, を読み 1 こそ大, により初めて, に移り, をインド在留, を目, を聞き, を視, を訳し, を試みん

▼ 余~ (13, 0.1%)

1 [13件] で前掲, という広大さ, となり, になった, に上る, に大小, に拡大, の地所, の境内, の大, の寺内, の邸宅, を所有

▼ 余~ (12, 0.1%)

3 れを 1 に入る, に告, を審, を聞い, を聴き, を見, を見逃す, ヲ読ミテ其感ニ堪, 生日入

▼ 余この~ (11, 0.1%)

1 [11件] うち藩士の, ことにつき, 報に, 夜故, 怪事の, 旗亭に, 時始め, 歳六月十五日初めて, 点に, 身体を, 頃曾て

▼ 余って~ (11, 0.1%)

1 [11件] かえって何, そうしてその, 処置に, 困るほど, 困るよう, 後ろざまに, 持て余すよう, 東の, 立派な, 筆尽さざる, 釣瓶を

▼ 余との~ (11, 0.1%)

3 間に 2 関係は 1 両人に, 前へ, 生存中に, 間には, 間は, 関係を

▼ 余にわたる~ (11, 0.1%)

1 [11件] 地域に, 塹壕や, 大戦は, 敵国の, 木曾の, 栄華と, 死闘また, 途, 長い谿谷, 長広舌の, 黄塵の

▼ 余万石~ (11, 0.1%)

3 から越前十五万石 1 だが, という大身, に封じ, の城主, の御, の領主, を手, を挙げ

▼ 余~ (11, 0.1%)

1 [11件] で渓中, で道, と測られた, の大, の大瀑, の岩盤, の懸崖, はあるらしく思える, また底, もあらう, 時々来っ

▼ 余~ (11, 0.1%)

2 あり, あり千首 1 と数えあげた, の作品, の新作, もその後半期, を得, を貫ける, を資料

▼ 余~ (10, 0.1%)

1 つるを, 此の, 気味に, 物を, 者が, 者であった, 者では, 者でも, 者と, 者の

▼ 余その~ (10, 0.1%)

1 いずれの, 一端には, 執念の, 棒の, 火の, 行くや, 語に, 説を, 頃には, 顛末を

▼ 余に対して~ (10, 0.1%)

2 誣告の 1 何か, 味方の, 居士は, 彼は, 忠実であるだろう, 抱いて, 生涯の, 示されたる数々

▼ 余~ (10, 0.1%)

1 一家言ニ非, 凹所ヲ, 場所少々, 差畫今日掲載ノブンニテ終ル, 愛ガ彼ノ, 池に, 生涯ヲ, 調査研究セルトコロニ依, 貝殼ヲ, 風流絃歌

▼ 余~ (10, 0.1%)

1 あるいは四十余尺, というその, という円い, なるもの, のこの, の七重塔, の上信, の幾度, の柳, の頂上

▼ 余年来~ (10, 0.1%)

1 かもしなされ, しばしば繰返し, たくわえて, の信長, の守護神, の慣習, の旧家, の江戸人, の無音, もおたがいに

▼ 余~ (10, 0.1%)

2 なの 1 だつた漢詩, でつぶし, では決して, に, に外, に耽り, に過ぎざる, らしい

▼ 余~ (10, 0.1%)

1 あったもの, あり, ことごとく入獄, となす, とひと口, と称する, の村民これ, の里, を移住, 大地震

▼ 余~ (10, 0.1%)

2 聴電車轟 1 ある生活, がなく, などが有る, などは無, なんてある, はなかつた, はなくなる, は得られなかつた

▼ 余より~ (9, 0.1%)

2 見れば 1 二三月前に, 二年前で, 奪はむ, 弐里も, 猶其の, 若きこと五歳, 離れ

▼ 余万人~ (9, 0.1%)

1 が重, に過ぎない, の失業者, の女, の戦災者, の苦しい, を包括, を数える, を釣塀

▼ 余~ (9, 0.1%)

1 だ, でない限り, のうち, のうらみ, の中, はあの, は厳しく, を燼, を誘つて自分

▼ 余年以前~ (9, 0.1%)

1 かの三蔵法師, であった, には村, にバビロン, に彼女, に我国, の経験, の追憶, は西国

▼ 余~ (9, 0.1%)

1 が口, が同君, が頻, とでも呼び, は, をいつも, をうけ, を冷やか, 飛び散りて

▼ 余町歩~ (9, 0.1%)

1 でなお, の大, の田地, の田産, の耕地宅地, の開墾, の間ただ一面, を分与, 即ち畑地

▼ 余~ (9, 0.1%)

1 だから, にわたる類別商店会案内, に亙る, のない, の大, の大冊, の小, の尨大号, の美しい

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 から宜, ぞ, つて滅多に, というの, と分った, ねそれ, もの最う, 余だ

▼ 余と共に~ (8, 0.1%)

1 して, 又中, 土地の, 泊つてし, 牢を, 物々しい警固, 狂気の, 跟い

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 あらん, この籠, 他人や, 叔父に, 叔父の, 短才浅学に, 秀子の, 附添婦が

▼ 余一郎~ (8, 0.1%)

1 が見舞, という人, と神南, はいよいよ, は念, は思い切っ, や神南, 御願い

▼ 余五郎どの~ (8, 0.1%)

1 が殺害, じゃない, にも, のほか, の壮気, の死骸, は単身, を討った

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 与之, 与会, 乗舟帰鹿門鹿門月照開煙樹, 学董者, 従二君同, 異論無し, 素人也何ぞ, 賦一律以奠

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 があった, がなお, がべち, はなお, は漏らす, を国境, を養い, を鼓

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 ださうである, だそう, と聞いた, なく晴渡ッ, に薄, の影, の色, は太

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 が餓えたる, ならざるを, に映っ, の如し, も余さず飲んだ, を啜っ, を指, を舐った

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 がエセックス, が城内, である, の冷める, の抜けきらない, はまだ, を上げ, を浴び

▼ 余等二人~ (8, 0.1%)

2 の間 1 に噛附ん, に飛附, はひそか, は止まる, は近辺, を卸し

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 ありき, に及んだ, の, のソネット, の作品, の詩, の遺作, も集まった

▼ 余~ (8, 0.1%)

1 かも知れない, である, であるか, で国史, として何, なの, のまだ, をついで

▼ 余自ら~ (8, 0.1%)

2 が彼 1 さえ嘘, の青竜刀, も人, も塔, も社会, も釧路

▼ 余した~ (7, 0.0%)

1 かたちだった, やうに, ような, 塩梅な, 様子で, 色恋の, 身体なり

▼ 余つた~ (7, 0.0%)

2 やうに 1 といふやう, ときは, ひと枝, ものが, やうな

▼ 余また~ (7, 0.0%)

2 茲に 1 これに, 十字路へ, 東京へ, 海舟翁の, 詩を

▼ 余万円~ (7, 0.0%)

1 だが, に上り, の巨額, の浪費, を削減, を投じ, を浪費

▼ 余~ (7, 0.0%)

1 に志, 憺父狩谷卿雲諸子曾作此賞距今十一年矣憺夫有, 於母比弖大伴能遠, 混外上人相知五六年於茲, 狩谷卿雲往候之, 翁不相, 金輪寺混外上人相知五六年於茲而以病脚在家未

▼ 余~ (7, 0.0%)

2 の保証 1 をと言つて, を送っ, を送りたい, を送る, 楽しく

▼ 余~ (7, 0.0%)

1 というもの, という人数, という多数, という家士, という盛況, ゐる平, 撃たれて

▼ 余~ (7, 0.0%)

2 が納め 1 ありと, の一切, の文, の絵, を箱入

▼ 余曲折~ (7, 0.0%)

2 の妙 1 が論文, して, する迷路, をきわめた, を明確

▼ 余~ (7, 0.0%)

1 ぐらいは飛ん, とある, に大樹, の所, の田畑山林, 広さ, 行くと

▼ 余~ (7, 0.0%)

2 である 1 あり, としてここ, として以上二種, もあろう, を申す

▼ 余輩自然論者~ (7, 0.0%)

2 は決して 1 から見る, との宇宙觀, の最も, は人間, は凡そ

▼ 余~ (7, 0.0%)

1 に及ん, の多き, の手紙葉書, の文書, の答案, の茶山, 送られて

▼ 余~ (7, 0.0%)

1 には僧, に余る, はみな間数, をのこし, を仲店, を隔, を隔てた

▼ 余っぽ~ (6, 0.0%)

1 どまめ, ど怜悧, ど怠けた, ど慈悲, ど眠剤, ど進んだ

▼ 余とを~ (6, 0.0%)

1 八丁堀の, 半々に, 呼ぶ, 招飮したき, 携えて, 相逢

▼ 余にわたって~ (6, 0.0%)

1 かれら, 何段かの, 包囲し, 続いて, 追求した, 陣屋柵門を

▼ 余ヵ所~ (6, 0.0%)

2 の陣屋 1 ですって, に新た, の城, の砦

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 ところで此金, の損, の為替, の無尽, の鐚銭, はそのまま

▼ 余~ (6, 0.0%)

2 の家 1 とお, と下女, の前, は一應

▼ 余~ (6, 0.0%)

2 あり, を挙 1 の俳諧, を得

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 からの人夫, となる, は知らず, までの騒ぎ, よりは小さく, を為し

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 の旗, の都市, を経, を緯, ヲ一変シテ華族ト改称ス, 旧蔵北宋槧本明堂鍼灸経

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 なれば, に及べる, に達します, のうち一度, まで勝負, を越し

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 である, である併, と存じあげ, は幾百年, をさがし, 被後代

▼ 余~ (6, 0.0%)

2 は我々 1 と波多君, はその, はにやにや, は私

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 と号する, ならどうせ, は万里, を描き, を描き出だし, を描く

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 で骨董羹, なきに, には眼, を乞い, を乞う, を遣う

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 に改め, のご, の賄料, の館, の高禄, ばかりの卵こぼれ出づ

▼ 余~ (6, 0.0%)

1 という白髪, なり余, の光秀, の武者, を喘い, を長く

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 之を, 海國民として, 記憶術に, 談する, 随分獲つた

▼ 余ここ~ (5, 0.0%)

1 において, においていよいよ, においてか少々, に着し, に遊び

▼ 余せる~ (5, 0.0%)

1 かのごとく, のみ, を男, 人あり, 巨瓶の

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 ぽど, 程勉学, 程弱い, 程悪魔, 程気

▼ 余一兵衛~ (5, 0.0%)

1 という古参, とか御池, のよう, はあわて, は真っ

▼ 余作君~ (5, 0.0%)

1 に別れ, に過日, の結婚, は斗満, は父翁

▼ 余初めて~ (5, 0.0%)

2 君また, 書を 1 小菅刑務所に

▼ 余~ (5, 0.0%)

2 が小半日 1 で禅坊, とある, の多き

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 の, の大刀, の戒刀, の木剣, の鉄杖

▼ 余年ぶり~ (5, 0.0%)

1 で故国, で高源寺, にお目にかかる, の再会, の師弟

▼ 余~ (5, 0.0%)

2 を永く 1 と見る, に期す, を含める

▼ 余既に~ (5, 0.0%)

1 之を, 余命いくばく, 昔日の, 耳順自ら謂えり這老耄矣蒲柳の, 鈴木春信論の

▼ 余~ (5, 0.0%)

2 を持っ 1 でほんとう, を承け, を資

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 か爰, が全く, が去らぬらしく, なるべし今, も去らぬ

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 が迸出, にし, を受け, を受けた, を酌みたるなり

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 に逢, の塵, の庵, を眺め, を着け

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 て見る, の楔状文字, は劣る, は殆, を捨て

▼ 余~ (5, 0.0%)

1 をさしはさむ, を加, を学び得, を籠, を許さぬ

▼ 余あり~ (4, 0.0%)

2 という 1 といへ, とも謂

▼ 余しか~ (4, 0.0%)

2 ない 1 向うに, 数えられぬという

▼ 余つてる~ (4, 0.0%)

2 わけぢや 1 ものが, 時に

▼ 余である~ (4, 0.0%)

1 から余, がそれ, が解, けれども日

▼ 余なる~ (4, 0.0%)

1 が如く, は住吉神社, 一個の, 者は

▼ 余にと~ (4, 0.0%)

2 つては 1 つての, つても

▼ 余のみ~ (4, 0.0%)

1 でない権田時介, では, 十年一日の, 年老いて

▼ 余メートル~ (4, 0.0%)

2 の烈風 1 の山道, の高山

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 亦唱歌者, 亦大戸タリ, 亦往ケトノ命アリ, 亦隨フ

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 た, に及び, ま村舎, 而始失一臂矣

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 の悪像, の死者, の死骸, は武士

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 の飛行機, の馬力車, もつながっ, も繋がっ

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 があり, がある, や後味, を帯びた

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 かりそめ, さ, の, の漢文体

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 が太郎坊, で人, と, を彼

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 が少し, にのんだ, のため, はなはだ香ばしい

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 があっ, のある, の時日, も与えられ

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 にし, の蜿々, を受, を敷居越し

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 と垢, の冷, の冷めぬ, を冷まし

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 であると, の多き, を梟, 尽く軍資器械

▼ 余~ (4, 0.0%)

2 古庵 1 の家, 古庵先生墓

▼ 余輩ここ~ (4, 0.0%)

2 に至り 1 に上下, に疑い

▼ 余輩もと~ (4, 0.0%)

1 よりこの, より今, より和漢, より市学校

▼ 余~ (4, 0.0%)

1 に積んだ, の木租, の馬, も曳い

▼ 余鬼塚元帥~ (4, 0.0%)

1 はそぞろ, は深甚, は貴下, は重ね

▼ 余いまだ~ (3, 0.0%)

1 その書, 妖怪の, 芳野を

▼ 余けい~ (3, 0.0%)

1 な事, な心配, に取ろう

▼ 余さえも~ (3, 0.0%)

2 此の 1 唯非常

▼ 余そう~ (3, 0.0%)

1 がいた, の船影, をくだっ

▼ 余だけの~ (3, 0.0%)

1 仕事が, 工風が, 考えが

▼ 余であった~ (3, 0.0%)

1 が今, という, と言われ

▼ 余として~ (3, 0.0%)

1 その道を, エタ一人で, 人生の

▼ 余とても~ (3, 0.0%)

1 何の, 同じ網, 御多分に

▼ 余とも~ (3, 0.0%)

1 いうべき程, 仲, 伝ふ

▼ 余などは~ (3, 0.0%)

1 外出する, 恥ぢ入る場合, 顔も

▼ 余にさえ~ (3, 0.0%)

1 それが, 檜扇を, 縋って

▼ 余にて~ (3, 0.0%)

1 亡くなりたり, 候, 生存せり

▼ 余にとっては~ (3, 0.0%)

1 万やむをえざる, 多大の, 難透

▼ 余にな~ (3, 0.0%)

1 ずいて, つた西洋画の, つても

▼ 余に対しては~ (3, 0.0%)

2 実に宗教 1 やや横柄

▼ 余に関する~ (3, 0.0%)

1 何の, 新聞の, 観察を

▼ 余はじめて~ (3, 0.0%)

1 このこと, これを, 船病に

▼ 余ひそか~ (3, 0.0%)

2 に君 1 に思う

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 ぬ, 来たの, 注意する

▼ 余よって~ (3, 0.0%)

2 左の 1 おもうに

▼ 余~ (3, 0.0%)

2 過ギズ 1 贈ル所

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 以テ之, 奠シテ汝活字子ノ, 汝ニ頒ツテ以テ平生

▼ 余ヵ国~ (3, 0.0%)

1 が代表, の兵六万, をも併呑

▼ 余一句~ (3, 0.0%)

2 をよみ 1 をつづり

▼ 余先生~ (3, 0.0%)

1 である漱石, には何, は鏡

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 あって, に当て, 過ぐる所

▼ 余吾西岸~ (3, 0.0%)

1 の足海, へ移り, を追撃

▼ 余~ (3, 0.0%)

2 を舐るで 1 にあらざる

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 ということ, に亙っ, までの構造

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 を一時, を陥した, ヲ下

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 というところ, の人, の良知説

▼ 余年私~ (3, 0.0%)

1 の境涯, の長い, は学生時代

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 に転じ至る, の兄弟, の内

▼ 余日間~ (3, 0.0%)

1 についてつぶさに, に百夢, 打ち通して

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 幕末の, 廬を, 相識前年已逝

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 の多き, を飲み, 支を

▼ 余~ (3, 0.0%)

2 を遁 1 とを透し

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 が明るく, の中, は山門

▼ 余猶も~ (3, 0.0%)

1 ないよ, なかった, なし若し

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 にも及ぶべき, もあった, も敷ける

▼ 余等三人~ (3, 0.0%)

1 の來, は他, を乗せた

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 ある限, は九頁, ヲ尽ス

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 の匂い, を喫, を損ぜさせじ

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 から虎, 便於捜閲人名与, 壬申冬来

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 と題した, に曰く, の一節

▼ 余~ (3, 0.0%)

2 其の醇駁 1 巣林子を

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 の住民, の醜業窟六百余人, をあらしあるいた

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 さいて, を御貸被, を置い

▼ 余~ (3, 0.0%)

1 をトラクオト, を神池, を雌猴

▼ 余いずくんぞ~ (2, 0.0%)

2 一言なき

▼ 余いふ~ (2, 0.0%)

1 そは, 月並調といふは

▼ 余おもえらく~ (2, 0.0%)

1 世人が, 将来東西の

▼ 余かの~ (2, 0.0%)

1 幽霊橋を, 高取りで

▼ 余すなわち~ (2, 0.0%)

1 その事実, 有志の

▼ 余それ~ (2, 0.0%)

1 に女人連, も平坦

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 金が, 金は

▼ 余だけが~ (2, 0.0%)

1 滝に, 計画内容を

▼ 余だけは~ (2, 0.0%)

1 どうしても二, 半ば無意識的である

▼ 余つたの~ (2, 0.0%)

1 をお前, を土

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 夫れ, 彼方に

▼ 余でございます~ (2, 0.0%)

2

▼ 余でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, ないが

▼ 余では~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, 今から

▼ 余でも~ (2, 0.0%)

1 たいへんである, 承知し

▼ 余などに~ (2, 0.0%)

1 真似の, 解るはず

▼ 余ならぬ~ (2, 0.0%)

1 ものの, 者と

▼ 余なりと~ (2, 0.0%)

2 いう

▼ 余にさえも~ (2, 0.0%)

1 この何処, 絶望の

▼ 余にとって~ (2, 0.0%)

1 不快な, 是程

▼ 余に対する~ (2, 0.0%)

1 ある消息, 同情の

▼ 余ひとり~ (2, 0.0%)

1 で出勤, で掃除

▼ 余まし~ (2, 0.0%)

1 たるもの, たる難局

▼ 余まして~ (2, 0.0%)

1 之れ, 底の

▼ 余ます~ (2, 0.0%)

1 ものに, 飲食の

▼ 余までは~ (2, 0.0%)

1 そうだ, 親の

▼ 余まり能~ (2, 0.0%)

2 く御

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 て漸く, て銀座ルパン

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 故男爵西周君ト相識リシハ, 見ル所ニテハ

▼ 余キロ~ (2, 0.0%)

1 というもの, の金華山

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 年来君, 急ニ感ズルコトアリ

▼ 余ヵ城~ (2, 0.0%)

1 の要害, を無血招降

▼ 余ヵ村~ (2, 0.0%)

1 から二千名近く, へ対し

▼ 余ヶ所~ (2, 0.0%)

1 に及ん, の守護

▼ 余一個~ (2, 0.0%)

1 に対しての攻撃, の感情

▼ 余万部~ (2, 0.0%)

1 が読まれ, を売り尽し

▼ 余不文~ (2, 0.0%)

2 といえ

▼ 余五将軍~ (2, 0.0%)

1 の郎等, をのみなかま

▼ 余以外~ (2, 0.0%)

1 の他人, の者

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ蟠踞, の大軍

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の分会, を取っ

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 のアルント, は字

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の金, を送った

▼ 余先年豆州~ (2, 0.0%)

1 にあり, に遊び

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 があり, にのぼっ

▼ 余冊これ~ (2, 0.0%)

2 も自分

▼ 余再び~ (2, 0.0%)

1 上京す, 航西の

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 ばかりであった, もはいっ

▼ 余名いずれ~ (2, 0.0%)

1 も旧, も正造

▼ 余名一斉~ (2, 0.0%)

1 に裸馬, に身

▼ 余君穀民~ (2, 0.0%)

1 が局票, の説明

▼ 余周囲~ (2, 0.0%)

1 およそ二尺, およそ五百間

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の御馳走, の料理

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の間, を徒

▼ 余嘗て~ (2, 0.0%)

1 維新革命前の, 謂ふ

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 西崎二年, 都下

▼ 余堂詩話~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 のみならん, 生れて

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 ば木履, 先考の

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の有る, もない

▼ 余常に~ (2, 0.0%)

1 言えること, 誦する所

▼ 余~ (2, 0.0%)

2 は二間半

▼ 余年今日~ (2, 0.0%)

1 も猶, 初めて苔寺

▼ 余年以来~ (2, 0.0%)

1 の事, 睨み合いを

▼ 余年前唐~ (2, 0.0%)

1 の李肇, の玄宗皇帝

▼ 余年昔~ (2, 0.0%)

1 に, の笑い

▼ 余年来未曾有~ (2, 0.0%)

2 の珍事

▼ 余幼年~ (2, 0.0%)

1 より生, より絶え

▼ 余幼童~ (2, 0.0%)

2 之時春色清和

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 を数, を登っ

▼ 余~ (2, 0.0%)

2 その命

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 なお色, 猶ほ

▼ 余思ふ~ (2, 0.0%)

1 にウテツ辺, に何晏集解

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 せるも, 未だ鬨の声

▼ 余按ずる~ (2, 0.0%)

1 に杜牧之, に舳羅島

▼ 余放吟~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 余日ぶり~ (2, 0.0%)

1 に入浴, に理髪

▼ 余時間~ (2, 0.0%)

1 で空腹, の活動ぶり

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 が妹, て言える

▼ 余曾多~ (2, 0.0%)

2 本毘賣

▼ 余有る~ (2, 0.0%)

1 ものならずや, 身の

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 をもちい, を費し

▼ 余未だ~ (2, 0.0%)

1 かくの, 其器に

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の人, の地

▼ 余~ (2, 0.0%)

2 の多き

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 あるもの, を楽しむ

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の戦闘機, を東北地方

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 あり尤も, を長く

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 をすっかり, をもっ

▼ 余江戸~ (2, 0.0%)

1 に帰る, に遊寓

▼ 余洵氏~ (2, 0.0%)

1 と食事, は老酒

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 と十幾個, を売っ

▼ 余理比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 という広汎, には幇匪

▼ 余矣其消散~ (2, 0.0%)

2 亦有

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の葛布, を掠奪

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 と申しまし, の落差

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 であるの, は除けた

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 は千八百五十五米, を遠く

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 の人渋木生, の武士

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 を率い, 競って

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 属故旧の, 至西京経七日之

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 えらく竜水, ふに

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 あらば, に因つて

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 などは生きる, なもの

▼ 余輩これ~ (2, 0.0%)

1 を保証, を政談家

▼ 余~ (2, 0.0%)

1 ありて, 竜華寺曰

▼ 余~ (2, 0.0%)

2 なくほとんど

▼ 余音嫋々~ (2, 0.0%)

1 としてその, として絶えざる

▼ 余騎今日~ (2, 0.0%)

1 で二日三晩, は西海

▼1* [1063件]

あえて妖怪なし, 余あって湖水, 余あったと認め, 余あつた, 余あの磽, 余あやめが浦, 余あらむ, 余あらかじめその弊害, 余ありだね, 余あり老いて黒き, 余あるではない, 余あれば町, 余あれど是は, 余あろうではない, 余さ, 余いささかここに, 余いふ四円お出しなさい, 余うちで座った, 余おくれて弾, 余おもうに今回, 余おもへらく辯は, 余およびヤクーツク造船所が, 余かいて終った, 余かく誓いしも, 余かたじけない恩寵の, 余かなりの道程, 余がほどを三回に, 余きょうも二時間近く, 余こそ遠州相良, 余これぞ秩父山脈の, 余さきに世間, 余さらに一句を, 余しきった時に, 余しものに, 余しものぢや, 余しものでその負傷, 余すっかりこねかえて, 余ずつ毎日食う, 余せしが今, 余たけ一寸ばかりの小さい, 余たそがれにはもう, 余たちまち大蛇が, 余たびなおひからびた, 余たび日暮れは平家三里, 余ために孟子, 余たる者豈に, 余だけしか知らないの, 余だったと云う, 余だの今の, 余ちと高い, 余ってか清浄な, 余ついにその請い, 余つたあげくが親, 余つたらロールツヒ先生と, 余つた卵からヒナ, 余つた揚句こんどは逆, 余つた様な顔, 余つた様子がありあり, 余つた皿が健啖家, 余つた胸のよ, 余つた蔓草であつ, 余つた連中が, 余つた露は煌々, 余つた顔でもあつ, 余つづいた青葉かげの, 余つて二人は觀音樣, 余つて僕の処, 余つて前によろめき, 余つて創ひたの, 余つて女房を行路病者, 余つて妻君の尻, 余つて庭からそつ, 余つて机掛の上, 余つて気の毒な運命, 余つて洋犬や三毛猫, 余つて浜勇に相談, 余つて滝と溢れた, 余つて総理大臣へ手紙, 余つて肉の厚い, 余つて背後へ蹌踉, 余つて舌を出した, 余つて親方の深井某, 余つて言葉足らずといふ, 余つて願ひに, 余つとにここに, 余でございましたがその間, 余でさえも村会議員と, 余ですよ, 余でなくて叔父, 余といふ順番である, 余とが毎朝代り合っ, 余ときに再, 余としては侠気と, 余とて正可, 余とても余り秀子に対して, 余とても必ずしも疑ったと, 余とともに生活する, 余とや本意無き, 余などと言うが, 余ならむ, 余なり余が, 余なるありて墜ち, 余にかはんこと, 余にとっても実にそれ, 余になんぞ力を, 余にのみ聞える様, 余にまで惜気も, 余にもわたつて, 余にわたり最も変化, 余に対し又余, 余に対してのみ有るの, 余に対しても紅緑君に対しても, 余のばかりで獲った場所, 余はかほどまで果断, 余はさほどに自由, 余はじめにコックリ, 余はなはだ恐るわが国, 余はむッとばかりに, 余はむつくり起きて見る, 余はもうい, 余ばかりでなくああ, 余への条件余が, 余ほとんど嶺の, 余ほどに驚き恐れず足, 余ほど後のこと, 余ど惚れ, 余まされている, 余ました色恋を, 余まったくその責め, 余までも生き延びた老, 余まりおいでなさらんから, 余まりトンチキの真似, 余まりフザけた口きくもんぢ, 余まり他愛が無, 余まり分別がねえ, 余まり周章るもん, 余まり模様が派手, 余まり眼を使わない, 余まり義理を知らな, 余まり要領を得ません, 余まり近頃は御, 余みずからの業, 余みずから物を食らう, 余むなしく過ぎて, 余もしほれないで, 余もっとも成功に, 余もっぱら倹約を, 余もつとも成功に, 余もと期せられつる京洛, 余もとより黙止に, 余ゆうもない, 余よい修行に, 余よりの新しき命令, 余ら八千は五千, 余ら四人は即日小樽, 余りくよ, 余れるくち法師あり, 余をば弟子檀那等に, 余をも見知りたりと, 余をもって佐久間の, 余アイルランド滞在中市の内外, 余アマネクこれを知る, 余インドの実況, 余ガタくり馭者, 余ガヤ懐古の題, 余ガ伊太利ニ遊ビシ時該撒ノ故, 余ガ唯物論ヲ唱フルモ其原ハ, 余ガ家ニモ有レド今ハ空蝉ト, 余ガ曾テ見ザル所ロナリ, 余クロワッサンは尾張町ヴイヱナカッフヱー, 余をたずさえ, 余シャンハイにあり, 余スナワチ金博士は, 余ドライブして, 余ニシテ直聳シ喬木, 余ニシテ皺多シ, 余ニハ未だ真実, 余ニ問ウ何ノ意ゾ碧山ニ棲ムト, 余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 余ハコムト氏ノ実学, 余ハ世界人類ノ不幸, 余ハ今日只今日本帝国内ニ本邦植物図志ヲ著, 余ハ小戸ト化シ函陵亦多, 余ハ戊辰ノ変ニ愛, 余ハ於菟類ヲシテ適宜ニ之ヲ分タシム, 余ハ最後マデ彼, 余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍皆縁故アレドモ生死別ル, 余バルレー村滞在中これらの町村, 余ブッ通して, 余ポンドでそのうち, 余ポートサイドよりマルセイユ, 余マジナイの種類, 余モグラ一等下士の死守, 余ヤソ教を信ぜん, 余ヤ性狷介固陋世ニ処スルノ道ヲ知ラザルコト匹婦ヨリモ甚シ, 余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 余ロンドンに遊ぶ, 余ロンドンデリーに着する, 余ヶ国の山野, 余ヶ国スデニ半国ヲ超, 余一さっきの餌, 余一その他のもの, 余一にわとりの死んだ, 余一三太郎猿にたくし, 余一事猶依, 余一人ぎりと見える, 余一人座敷に床, 余一余一さっきの餌, 余一元協承緒, 余一元協代末森三輔であつ, 余一兵ごとに一嚢, 余一兵衛小橋蔵人などとよぶ, 余一兵衛御池十郎左衛門小橋蔵人太田黒兵助などという古参門下, 余一分天青瑠璃亦甚清浄表裏, 余一切経を通覧, 余一南条小次郎仁田四郎忠常などは, 余一合が一銭六厘余, 余一吟して, 余一天野遠景仁田忠常大庭景親兄弟などの若い, 余一夫婦のこと, 余一左衛門尉横山馬允古郡左衛門尉和田新兵衛入道, 余一己の私見, 余一度び西洋より帰り, 余一日見ざれば, 余一日ここに遊ぶ, 余一時衰弱日に加はり, 余一睡して, 余一義忠とか武藤一郎, 余一般の認識, 余一行に尾, 余一言も発する能わず, 余一詠して, 余一貫八百匁三十年目で三尺二貫七百余匁, 余一貫四百匁二十年目で二尺五寸余一貫八百匁, 余一郎らは張合い抜け, 余一郎殿安見宅摩殿臙脂屋と御, 余一里の大道, 余一頭は尖り, 余となりし, 余丁山と前景, 余丁度五合目に当っ, 余七八歳より十三, 余万とも号して, 余万個という数, 余万冊を公開, 余万噸これがため, 余万平方キロの土地, 余万弗の懸賞金, 余万戸を超し, 余万斤という産銅額, 余万斤二十三年には九百七十余万斤, 余万斤二十四年には一千二百七十余万斤, 余万方英里の面積, 余万殺戮せられるという, 余万益州南部へ発向, 余万石兵数約一万六千, 余万石兵数六万姉川に来りし, 余万石動員兵力量四万四五千にすぎない, 余万蛮土の降参兵, 余万衆寡敵せず且臣病甚, 余万銭を供える, 余万陣を布い, 余万黎明に畢, 余丈それにしたがう, 余丈兵二千余人をのせる, 余丈千古の神木, 余丈渓の中, 余丈蹄より背上, 余三人保の講習会, 余三分角位はある, 余三百匁前後六年目で一尺五寸余四百匁前後, 余上りてチスパニー, 余下手に同じ, 余丸部朝秀の亡霊, 余九麿を一橋殿, 余予め衣を, 余云々と書いた, 余五六歳の頃, 余五将軍平維茂の郎等太郎介, 余五郎景政じゃ, 余五郎様が御, 余に入り, 余人夫三十万といわれ, 余今ここに死し, 余今ハ既ニ此大業ヲ執, 余今一つは汝, 余今夏友人紫紅山崎君と峡中, 余今川家の一役人, 余今年の本, 余今年四十五貧窶尤甚多年研究経籍一旦沽却, 余今年四十以脚疾不能起坐已三年, 余今日まで男物, 余今日将軍家右大臣拝賀の為, 余今日馬あるを, 余今試験のため, 余に人, 余代二百幾年ていよく栄華, 余以上に退屈, 余以前は箪笥, 余以爲く唯一, 余以癸酉十月二十日余之生日, 余の縁談, 余伊美吉諸君が進上, 余の人, 余の分量, 余位田四十石合計百十五石ほどである, 余佐郡管川の人, 余体重十六貫ばかり, 余何ぞ声名の, 余余捧持而退置于几上翌日隣舎郎来云賢侯之賜, 余作君及貢君の案内, 余作君片山君夫婦と話す, 余作君牧場創業以来の老, 余が挙げられ, 余である歴史的誤謬, 余倉皇として車, 余個所をノート無し, 余傾斜の角度二十度, 余にここ, 余を拝すべからず, 余儲かる夏向に, 余先年ある寺, 余先年ここに遊び, 余先年哲学会において演説, 余先頃少し入用, 余光秀はつぶさに, 余党検挙が各地, 余入院しましたが, 余全身黒褐色で胸, 余八百五十匁十五年目で二尺三寸余一貫四百匁, 余六十七歳にし, 余六時間ほども前, 余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 余はまったく, 余兵船は海岸一帯, 余其女主人公に就き, 余其家ヲ訪フ一二次, 余兼而三航蝦夷日誌にしるし, 余円これにたいして百九十八万余円, 余円入の財布, 余円及校友会費八百二十円の通帳, 余処目に見, 余出獄之後賃得者纔三間之矮屋也竊審容膝之易安, 余分のがあった, 余初めて広々とした, 余に, 余前官ニテ江戸ニアリテ頗ル此議ニ預ル, 余を被り, 余であると, 余を喪い, 余を没した, 余十一歳の比, 余十五歳家君の喪, 余十八九歳の頃片山, 余十羽ならば, 余升屋半兵衛の家, 余往訪之, 余即時所感をつづる, 余て今, 余去年訪其家而初謁其弟杏坪旧相識于東都, 余山天に, 余及今猶迷取捨, 余反別としては千七百五十八町余, 余反播州杉原紙二百束鞍置物十疋明石干し鯛千籠, 余を得, 余叔岩や尚, 余句作つた駄作ばかりだ, 余合北国一と聞えたる, 余合双方とも馬, 余合曹洪はかなわじ, 余合流汗は馬背, 余合火をとばした, 余合火華は鏘, 余吉川元春のひきいる, 余同志と議し, 余同意す, 余名これだけの人数, 余名一かたまりに, 余名一手となっ, 余名一行を待ち合され, 余名二日夜各自提灯を携え赴きたる, 余名各地合して, 余名命令に反抗, 余名咫尺の外, 余名天川とマニラ, 余名山の方, 余名峩冠をいただき, 余名延べ百三十余名といわれ, 余名我ら同僚一同当地市民の会葬, 余名本願寺出張所長今村恵猛氏の主催, 余名検挙されたり, 余名死者八千五百名とありました, 余名殿上人と称される, 余名等からも断行意見書, 余名臨時傍聴者三百余名を加えた, 余名荷駄足軽の供数十人, 余名議長の卓上, 余名負傷を加えれ, 余名赤坂の幸楽, 余名足軽小者は二百人, 余否むに辞, 余吾合戦覚え書, 余吾坂口辺りを放火, 余吾将軍維茂ではない, 余吾床に打, 余吾木ノ本のあたり, 余吾湖の昔語り, 余吾狐塚附近の三戦場, 余吾琵琶はいう, 余周り二三尺の白蛇, 余魯の, 余唯一の楽, 余ふ湯, 余嘗テ山東洋ニ問フテ曰ク我君ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, 余嘗聞袁中郎自刻其集, 余の大, 余四十一にし, 余四百匁前後七年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 余四記述稗海第三函等, 余四面海水皆濁るに, 余四麿の従者, 余回一時間を要する, 余因事泥之, 余よりこれ, 余国府津で暮しました, 余国許の少し, 余土人共見古老伝云, 余在るを以て寒く, 余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 余の堂舎伽藍, 余坪南北西の三方, 余坪現在の回向院, 余があれ, 余も正, 余場面はロンドン, 余を築き, 余増加したもの, 余皆屠腹, 余啼いて, 余暗くし, 余大いにしかりと, 余大きくなって, 余大名五万余の兵, 余大名六百三十九万石に課し, 余大身の槍, 余に請う, 余天休經濟學では, 余天気の点, 余天然の奇岩兀, 余夫婦衣服子女の料, 余失意の一生, 余と娯, 余好意を謝, 余を携, 余妖尚梗而中洲之地, 余て生田氏, 余始めて此妓を, 余婦未, 余宇焼亡す, 余宇禅坊三百余宇とある, 余官暇あれば, 余実に欧州は, 余の絵画, 余家君の余資, 余家母に従つて京, 余家行吟林典街頭月看酔智, 余宿痾あり汽車, 余寓舎に帰り, 余の御, 余た何, 余の絹, 余茶店に, 余少しの衰, 余少年の時, 余少時曾在先生之門, 余尺気候の暖さ, 余の鮎, 余居邸を売り, 余を挙げる, 余にわたりぬ, 余巌峰を見る, 余州すべてを敵, 余州ひとにらみに, 余州三百諸侯の総, 余州平定応仁以降うちつ, 余州庶民はもとより, 余州往来する魔物, 余州政道御意見, 余州津々浦々草の根を分け, 余州菜の花の上, 余巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 余に偶合論, 余左右に子石, 余巻これを誦す, 余市川村石狩國空知監獄署用地日高國捫別舊會所の裏等, 余を当世風, 余あらん, 余帰朝以来十年一度も西洋音楽, 余帰朝後十余年毎朝焼麺麭と, 余汝爾之, 余幅一尺余平たくまるくノッペラボー, 余平たくまるくノッペラボーの, 余平凡な蛇, 余平均となった, 余平常好自掃園, 余平象山に師事, 余年ぎりである, 余年そこから生活, 余年その間に絶えず, 余年のちの今日, 余年めぐみ深き母, 余年一定不変と名, 余年万民のため, 余年世態愈々変じ, 余年二十以後乃ち匹夫一國に繋る, 余年二十六歳之時初號千山萬水樓主人, 余年五十をすこし, 余年仁宗の景祐元年, 余年以上の沈黙, 余年以前日本古代史の研究, 余年以来東西二京を歴見する, 余年兄弟とも子, 余年先生との交際, 余年切支丹屋敷に生き延び, 余年前コロンブスの脳中, 余年前シナの詩人, 余年前一七〇五年もとオランダ, 余年前一九一三年十二月号の, 余年前一八九一年にオランダ, 余年前井上唖々子を失い, 余年前今年よりは千六百十余年前, 余年前十銭買つた鋏ほどの切味, 余年前和蘭でつくられた, 余年前大野徳太郎氏の歿後, 余年前大阪で演説, 余年前天明年間に日向国, 余年前子規と共に俳句, 余年前御一新頃の華族様, 余年前早稲田の学校, 余年前明治十三年の夏, 余年前昭和のごく, 余年前村の大火, 余年前枕流王の元年, 余年前武蔵を書い, 余年前氏独り菊五郎に反対, 余年前沖縄島の中部, 余年前渡天した法顕, 余年前私が東京, 余年前笈を負う, 余年前粉河で見た, 余年前羅馬の貴族ピオ, 余年前翰墨の間, 余年前自分が身, 余年前英国に帰化, 余年前蜂須賀三代の国主, 余年前醍醐天皇の延喜十一年六月十五日, 余年前銀座の表通, 余年前長崎に居る, 余年前鬼雄となっ, 余年前麻布で人, 余年剣術を稽古, 余年劇場内外の形勢, 余年北国の地, 余年十七八の時, 余年友達に恋人, 余年召仕う正直, 余年固め番とて非役, 余年太祖崩じて, 余年始メテ大凶変ジテ一元ニ帰セム, 余年威名亜非利加, 余年寅み畏れ, 余年寸土尺地といへ, 余年島原の乱, 余年嵯峨天皇の弘仁, 余年平和をつづけ, 余年幸いに蘆, 余年延暦三年二荒山の山腹, 余年彼の一生, 余年於此故詩中及之, 余年旗に漢室, 余年日本に留る, 余年日本文学史を書く, 余年是に至り, 余年来念仏の功, 余年来我国の人貴国留居, 余年来日本国をし, 余年来朝鮮の移民, 余年来生命をかけ, 余年来自分の肩, 余年来読書趣味図書館趣味の養成, 余年来郷国を隣, 余年来酒の他, 余年横浜の教育界, 余年毎朝焼麺麭と, 余年河南北直隷, 余年浪人が殖える, 余年添ひたる人, 余年清盛にしろ, 余年王政維新の事, 余年目に故郷, 余年維新の大業半ば荒廃, 余年繁栄して, 余年老死した後, 余年菲才を以て君, 余年議員以外の一切, 余年近時に至り, 余年過去積年の圧迫, 余年釈尊は生まれ, 余年間ともに起き, 余年間一日の如く, 余年間三備地方を巡遊, 余年間京都大阪の市民, 余年間国民的運動の首領, 余年間巨額の資本, 余年間未開のまま, 余年間本州の蝦夷, 余年間江戸劇界の人気, 余年間臣ポローニヤスのみならず, 余年間苦心惨憺して, 余にし, 余幼学詩韻的詩をもっ, 余幼少より生, 余さは, 余を高く, 余度一度も負けた, 余度闘技の場, 余弱冠より壮歳, 余弱火で煮ます, 余の半紙本, 余当日同州, 余当時汎瀾トシテ之ヲ聞キ, 余は老翁, 余ってまた, 余徃年今村君と米国, 余待って夜中, 余待つのだ, 余従つて句読を受, 余従つて花鳥を学び, 余従其言及帰留托友人石子道以佗日郵致越戊寅春余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 余微力と雖, 余徹宵枕辺に侍し, 余の中, 余心中ひそかに驚い, 余忽ち討たれて, 余思わしい日の目も, 余恐縮して, 余をお, 余を保っ, 余悠綽々なの, 余に過ぎない, 余き夢, 余愛其如天鵞絨毎倦書, 余が板橋雜記, 余を忘れ, 余我心を遺る, 余戦蘆名佐竹相馬岩城二階堂白川畠山大内此等を向う, 余戯みたいなもの, 余戯れに狂句, 余戸一番少ないの, 余戸八十歳以上の老齢者五人, 余戸死者三千人負傷者は数, 余戸酒舗また四, 余でしっかり, 余所行の我髪, 余を使わず, 余手元から先, 余手負いは数, 余裕撰する, 余抑留せられた, 余を劈ん, 余押えようとする, 余拙作一首を示す, 余按震沢を太湖, 余挺土居四千三百余駄の木租, 余に就き, 余捧持而退置于几上翌日隣舎郎来云賢侯之賜, 余掘り下げたれば仏身, 余掛かるがこれ, 余支里の間, 余政治に興味, 余故あつて日, 余ていつはらずし, 余をあつめ, 余文化年間ヨリ雪下ノ時毎ニ黒色, 余文壇に出でし, 余の道中歌, 余新旧両市街, 余方里をもっ, 余方里幹川の流路, 余於此書亦云, 余旌旗から輜重駄馬, 余のよう, 余既ニ蘭ヲ滋ウルコト九, 余日予はついに, 余日他の同僚, 余日夜もねむらず, 余日天と地, 余日平泉に百年, 余日後の身, 余日敵数万の包囲, 余日曹操も容易, 余日淹留正月年頭の儀, 余日満蒙各地を巡遊, 余日滞在する, 余日管絃のざわめき, 余日肌着や下, 余日西鳥来ツテ東魚ヲ食ラフ, 余日間にぎり飯を腰, 余日間病牀の人, 余日雇賃一両二分余親属故旧, 余日麾下の武者, 余あり, 余明治三十五年春四月徳島を去り, 余映えに騎西家, 余映で仄明るかっ, 余映で滲み出た脂肪が, 余を迎え, 余昨夏豆州に遊び, 余昼寝した, 余有りて, 余時臥病喜而賦一絶昔年余亦従二君, 余時間ぶりに御飯, 余時間休みもくれぬ, 余を五巻, 余に僧, 余曩キニ印度羅馬ノ諸, 余曰くこの花, 余曰くこれ我人を薫育, 余曰く余は既に, 余曰く各国みなその国, 余曰く国力強盛にて外夷, 余曰く国教は政教一致, 余曰く害を爲, 余曰く時非なり, 余曰く朝一家の人, 余曰く米国の宗教, 余曰く記憶術より一層, 余曲折数々の滝, 余所愛, 余最も小さい槌鯨, 余月色に逢, 余有り勃乎として, 余と遺産, 余未刊の著, 余未見の書, 余本年四月下総国香取郡香取村に遊びし, 余杉樅の大木道, 余そんなもの, 余村栗また四ヶ上郷, 余を買い込み, 余の道, 余来たところで, 余来ましたろうよ, 余来年寝るとき, 余東京の市街近日, 余東南に行った, 余東海道行の列車, 余東西に長く, 余東西梁行は十五間三尺, 余枚虫干の時, 余の学生, 余校書之際, 余の寄宿舎, 余業間時に, 余業雑業と斥け, 余楯岡の砦, 余様子見に参られ, 余横幅は広い, 余横百五十間余ノ場所, 余橋梁六十坊街八百を焼失, 余に一度, 余欧米の社会, 余欧米各国を巡遊, 余をもっ, 余歌いて曰く, 余此間病悩頗る其恃, 余此際に当り, 余歩いてかえりました, 余歩夜廻りの者, 余歳七十五十ほか合せて, 余歳今は仏門, 余歳塵臭漸やく脱し, 余歳奥より出, 余歳旧教の僧服, 余歳烏帽子筒袖小袴にて鑿, 余歳私立中学校の英語, 余歳笠をかぶり, 余歳裲襠すがた, 余歳鍬を持ち, 余歳陣中にあっ, 余したる跡, 余殃かくの如くなれ, 余殆ど喪心し元老趙秉世, 余残暑退, 余比丘のこの, 余は長く, 余ヲ塗炭ニ救ヒ, 余水吐の青じろい, 余泝澗流瑞湖風色入吟眸, 余の如く, 余流赤堀家に伝う, 余相を, 余深く其發刊を, 余溢れ出でし, 余滞在した, 余を弱く, 余ヲ紹ギ, 余烏戈国を発し, 余烟断膓亭を蔽, 余烟濛々として襲い, 余半面之, 余無事に旭川, 余がある, 余て砂糖, 余に対, 余の中, 余片つなぎ合せて, 余物これにかなう, 余特別給与四十石余位田四十石合計百十五石ほどである, 余狂句をつづる, 余猴これを王, 余に入り, 余獅子が岡, 余甚だ然りと, 余甚光栄に感ずれ, 余甚嗜甘旨, 余生きかえれば面白し, 余生田氏とは十年來交, 余産んでいます, 余甫めて冠し, 余は千八百七十石以上, 余甲州街道の古い, 余あり, 余町この間盛に護衛, 余町さのみ嶮峻, 余町スレバ浜辺へ出, 余町人家みな瓦屋にし, 余町奥なる山神社, 余町歩それが幕府全盛, 余町歩藩の, 余町町数にし, 余畳海一面に鮮血, 余の狼, 余疋人足三百余人を続, 余皆多くは漁猟, 余相応の義務, 余眠ったと見える, 余矢弾尽きるの, 余只有, 余知っている, 余石ころの田舎道, 余石玄米百十六石一斗とあっ, 余砲門高構圧坤輿金城鉄壁独難比恐是当初帝釈居, 余社会をし, 余を加え, 余福建海岸へは二百里, 余を教授, 余か, 余程度ぎつい色彩を要求, 余種八万巻の書冊, 余稲葉山の城下, 余稿筆をあらためて, 余窃かに記す, 余の舟唄, 余童子のとき匠人金次, 余笑つて曰く是れ即ち, 余二と, 余等さきにこれ, 余等一同かわる, 余等三人余作君及貢君の案内, 余等三人川音を聞き, 余等五人は穴, 余等今日において早く, 余等信州に入る, 余等坊に就きし, 余等夫妻草鞋ばき, 余等夫妻鶴子も新之助君, 余等夫婦洋傘を翳し, 余等流涕これを救う, 余答えていわく, 余箇度まで功, 余箇所を没し, 余で内苑外苑, 余篇全部の書き出し, 余籠城方の死傷二百二十五名, 余米最低二千百二十米平均二千六百米以上の高度, 余米突群峰の中央, 余紀州日高郡上山路村で聞いた, 余をとどめ, 余級白旄地に委し, 余級雑兵に至っ, 余素よりその人, 余を及ぼす, 余細い煙突から, 余の勝負, 余経ってから大分, 余継続的に仕事, 余続々と西上, 余の浜, 余の詩作, 余美篶村六道原漬大根の産地, 余義理と野心, 余來好ん, 余考也赤荻先生にも問, 余胴ヨリ頭小サク面赤ク眼丸クシテ鼻高ク傍ヲ見, 余脈左は金剛, 余脈日本海に臨む, 余脚本の腹案, 余腹痛あり, 余自らペイトン市へ行っ, 余自ら之を知らず, 余自ら好みはせぬ, 余自ら怪美人と云う, 余自ら案内をしよう, 余自ら此の家, 余自ら死ぬるにも, 余自ら頭を打ちつけしなり, 余自身近藤を召し, 余舞い倦みし時嫣然巧笑, 余船中にあり, 余船主に乞, 余船五百余艘で島, 余艘すべて藁と布, 余艘三江の岸, 余艘舳艫をそろえ, 余おかしゅうお, 余若し罪人なら, 余に感ずる, 余落人を語る, 余葉末の露, 余と赤ん坊, 余多抄本, 余蔵白氏集活字版本旧年売却頃書肆英平吉携来一本即旧, 余薪炭紙絹布の類, 余に火, 余あり気, 余行って東北, 余行内務省の注意, 余見た事なく, 余視力も衰え, 余えず戰慄, 余言ついでにあ, 余言文一致体をつづり, 余之, 余詩聊寓復古之意云, 余認めしをつと, 余語君墓嘉永元戊申四月十日, 余誤まって其音楽, 余處ヨリ取, 余謂博士曰花易散人易老君亦須及, 余とする, 余の巨牛, 余賊容易に平定, 余購得之於書賈英平吉, 余走って汽車, 余出ること晩きが, 余弱くし, 余の輜重, 余車扮戯女舞数十百輩満城奔波如湧, 余のうち二千余, 余軒片島にも四五軒, 余輩ハ与セズ, 余輩一人の幸福, 余輩一学究もと自己, 余輩上京の趣意, 余輩不敏そのしかる, 余輩不自由意思論者は右, 余輩今においてなお, 余輩出ずれば, 余輩同人の経営, 余輩天駆の, 余輩天道ノ扶助, 余輩学問の法, 余輩愚俗の妖怪, 余輩明治文学を思ふ, 余輩甚これを知る, 余輩積年の宿志, 余輩経若狭入丹後, 余輩言ヲ卑フシ謹テ願訴シタレドモ嘗テ, 余輩進化學者は決して, 余辞嗣の後, 余与霞亭北条君, 余通世界の各, 余通顕治四百通ほどの手紙, 余末水と, 余進まないから, 余遂に其の選, 余遊鎮留僅一旬所知唯四人曰迂斎東渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 余につかふる, 余避暑の情, 余を出し, 余の代官, 余がまだ, 余の霞, 余里ここの天嶮, 余里中間あまねき地, 余里先鋒は三段, 余里塵をもおそれ, 余里海内小山あり毎, 余里界隈隣国大和よりも人郡集, 余里見氏より以来, 余里隔った国, 余里鶏鳴狗吠白日も聞え, 余金ハ品物ニて御, 余鉱物質一分三厘水分五割二分から成り立っ, 余鉱物質一分六厘水分七割八分余から成立っ, 余銀座の支店, 余といったよう, 余鐵幹を見る, 余長編を賦, 余閑無しといへる瓢箪, 余閑草廬に抱い, 余間身を著, 余降るとちょっとした, 余の建物, 余の軍艦, 余離れた富来町の, 余がまだ, 余青嵐眉にせまる, 余の琵琶, 余面鼻雄異しかし性格, 余音バイオリンクラリネツトバステノル蝶の羽ばたき, 余音沙汰なしで, 余のある如く, 余頁巻頭の, 余を抜粋, 余頤養の意, 余頭家屋倒壊百五十戸破損三百五十戸浸水四百十六戸田畑の流没二十一町, 余頭平均して, 余を解き, 余風労未癒えず, 余風邪のため, 余首中より五百五十一首, 余首長歌十余首あり, 余を思わせる, 余騎いちどに対岸, 余騎わしの麾下, 余騎ト聞エソノ勢逐日熾烈, 余騎人数多しという, 余騎十三段に分っ, 余騎土居得能の二千, 余騎奮戦して, 余騎弩弓手五百槍戟の歩兵八百余, 余騎徒士百余人いずれも日ごろ, 余騎志を合わせ, 余騎朝倉孫三郎景健を主将, 余騎源氏は約, 余騎粛々として進発, 余騎街道をまん中, 余騎鉄砲をうちかけ, 余騎錦旗の兵, 余驚いて振向く, 余驚且喜梅舎与余, 余なお五百人, 余さ何十丈に, 余高須勢百人とある, 余は手拭, 余が声, 余の滝, 余魚明神という社, 余鳥辺山を語る, 余黒焦げとなった, 余齢いまでは深く