青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何時~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~何事 何事~ ~何人 ~何処 何処~ 何分~ ~何度 ~何故 何故~ ~何時
何時~
何時も~ ~何物 ~何等 何等~ ~何者 何者~ ~何處 ~余 余~ ~余り

「何時~」 2273, 25ppm, 4744位

▼ 何時までも~ (547, 24.1%)

42 何時までも 6 此処に, 父の, 黙って 5 動かなかつた, 家は, 見て 4 じゃ, 消えて, 端坐し, 若くて, 進まぬ, 黙つて 3 そこに, そんなこと, 俺を, 続いて, 茲に

2 [42件] いつまでも, お父様, ぐずぐずし, こうし, このまま, それを, そんな事, ぶらぶらし, 一人で, 今の, 住んで, 内閣の, 厄介に, 叔父さんの, 同じところ, 同じ事, 名ばかりの, 名誉ある, 家に, 待ちます, 待つて, 押させて, 棄つるに, 止まなかった, 此處に, 残って, 生きて, 眺めて, 眼を, 空に, 続いた, 続きさうに, 續い, 續き, 老骨を, 苦しむの, 葛籠の, 見送るに, 諸人に, 貧乏し, 門口に, 鳴いて

1 [349件] ああサ, あのま, いたいん, いらしって, うっかりと, うまくやっ, うまくやつ, おかしそう, お倉, お嬢様を, お対手, お待ちする, お忘れ下さいません, お懐中, お目掛けられ, お相手, お蝶, お話を, お顔, かうした田舍, きれいな, ここに, この名君, この湖水, この空想, この霊窟, これを, こんな事, こんな姿, しつこいのねえ, じっと気味悪く, じっと眼, そうした暮し, そうして後家, そう云う, そこへ, そっと胸, その, そのこと, そのままで, その前半, その場, その手, その時, その殻, その氣, それだ, それで, そんなに小, そんな言葉, ぞくぞくし, ぢ, つづくの, なめくぢ, のらくらし, のんべん, ふりかへ, ほどけず, ぼんやりと, めそめそし, よろしくお, ゐさうな, ウジウジ屈ん, ガラガラと, ガラツ八扱ひ, コソ, コンな, サツパリした, チビリ, ムッつり, 一つ事を, 一人や, 一緒にな, 三吉を, 不愉快の, 不正なゆるし, 乞食を, 争ひ, 二人で, 二人の, 二人差向いで, 云つて居られる, 交際って, 交際つ, 他人で, 他所に, 付き合おうよ, 佇って, 佇んで, 何処へも, 何時まで, 何氣ない, 佛樣を, 使うこと, 係り合って, 保って, 信者の, 俺の, 停ま, 僕にと, 元気で, 兄さんの, 兄の, 先生に, 兎や, 入口に, 其処を, 其印象が, 其處に, 内裏語だけ, 剃刀を, 加野を, 動かなかった, 動き出さない電車, 印象に, 去り度, 取っ附いて, 只立つ, 同じ処, 同じ度合, 同じ若, 君等に, 呶鳴り続け, 咲いて, 啼き続ける蝉, 喋りつづけた, 喰ひ下がる, 団扇の, 固く栓, 固定した, 国籍を, 國政を, 土地, 地上に, 坐ってて, 堕つる事が, 増長する, 壁を, 変だ, 変らなかった, 外が, 大玄關, 太平無事で居る, 奉公します, 女々しく未練, 女を, 子供に, 子供の, 宅へは, 安穩, 完全な, 実現されなかった, 富岡の, 寝つかれない, 寝て, 寝ないよう, 少年の, 山城屋の, 平次の, 床に, 底止なく, 廊下の, 引留めて, 彼の, 彼女を, 彼女等の, 彼等の, 待つ訳, 後を, 御姉様, 御心配, 心の, 忘れないという, 忘れぬ印象, 忘れられない, 忘れられぬ印象, 忘れられません, 忘れること, 忘れ兼ねた言葉, 悲しく見開い, 悲しみのを, 愚痴を, 慎作が, 我儘を, 戻って, 押入れには, 拭ふ, 持ち上げた茶碗, 持続ける, 指で, 指環を, 揚屋に, 握つて, 支那人の, 放さないわよ, 斯うし, 新しきゲエテ, 新聞記者なんか, 日常語と, 昔の, 暗い中, 書いた筆, 木綿の, 東村邊り, 根に, 根氣よく, 根氣好く, 根絶せぬ, 椀と, 止まず親子連れ, 止まなかつた, 止めない, 此方を, 此處へ, 歩きまわつて, 死体を, 残つ, 殿様の, 永続し得る, 汽車旅を, 沈黙って, 泣いて, 泣きしが, 泣き続けて, 浮いて, 消え残って, 減らないやう, 温かい路, 漂って, 漂つてゐた, 無難に, 煌々と, 熱くし, 牛の, 独りで, 獨りでゐ, 獨りでゐる, 獨りで居る, 生き長, 田舎に, 田舎暮しも, 疲れない澄んだ声, 疼いて, 眠なかった, 眠に, 眠れなかつた, 瞳が, 知らん顏, 神聖であり, 私の, 私は, 空を, 空高く, 突ツ伏しつ, 突伏し, 立たない, 立ち尽したの, 立ち縮んで, 立つの, 童心を, 端座し, 箱屋, 粘られては, 続かさねば, 続きそう, 続く, 続くとは, 続くの, 続く伝統, 続く筈, 繰り返して, 老女さんと, 考えた, 考えてるもん, 考が, 考へたの, 考へて, 耳に, 耳を, 腰抜の, 自分の, 自分は, 船底に, 色々な, 花の, 若々しいお, 若々しい姿, 若いね, 若いの, 若いん, 若い恋女房, 若い芸風, 若く又は, 若旦那の, 苦惱の, 苦痛を, 茫然と, 落ちないもの, 薄明り, 蝋燭が, 袖を, 裸の, 見飽きること, 親の, 親爺を, 覺えて, 言うん, 記憶を, 試み以上, 貴女の, 貴方の, 赤ん坊の, 起きて, 身代が, 辛抱した, 近代では, 近所に, 迷って, 迷惑な, 逗留し, 這入って, 進まない, 遊んで, 還つて, 酔は, 鎖されて, 鏡台の, 長くゆき子, 長続きする, 門べに, 陸に, 際限が, 隠して, 離れとも, 離れること, 雪を, 電気は, 頑張つて, 頭が, 頭に, 顔の, 飽きない気, 首を, 馬鹿で, 鬱々と, 鬼に, 鵞鳥が, 默つては, 龍一と

▼ 何時~ (478, 21.0%)

8 一度は 6 私の 5 山の 4 さうし, 何処かで, 私に, 織りあがるもの, 自ら遠 3 お前が, もう私, 彼の, 涙が, 私は

2 [25件] これを, それが, どこかで, ひとりごとの, まつ暗に, わたしの, 一度お, 互の, 其の手, 刻薄で, 暇は, 来鳴かむ, 理に, 真暗に, 知らずザアッ, 私も, 秋の, 緒口が, 自分の, 診察した, 貴女に, 貴方は, 越え往かむ, 雑木林に, 頭を

1 [374件] あかんぼ, あきれたこと, あったらどう, あと四五十ページを, あなたに, あなたにも, あなたは, あの幼い, あの範実, ありけむ, いね子さんの, うつら, うとうとした, うとうと眠, うとうと眠っ, ええぐなるべ, おかきに, おじさんだって, おせい, お前達に, お墓参り, お尋ねしよう, お由自身, きっと迎い, きまって, くみ子と, ぐっすり寝, ここまで, このガラン, この一隅, この事, この二日三日前, この人間社会, この御, この父親, すつかりほぐれ, そういう役廻り, そうした氏, そこの, その方, その泣き声, その甥, それなり凍つ, そんな言葉, そんな詩, たか子と, とりに, はなしが, ふり落し, またお, また私, また窓硝子, また行かう, また話される, みたいな, みんなの, もう一度行こう, もう御堂, もう斯, もう涙, もう米, やっぱりこの, やめなければ, ゆつくり見, よい気持ち, りん, りんりんという, わからない時, ウト, エミルが, エミ子に, ギラ・コシサンは, スティヴンスンは, チカチカと, チラと, デカタン派の, バツタリ絶え, パイプに, フランスの, マフラを, ミツシヱルや, ヲダハラから, 一つづつ失はれ, 一ぱいになつてゐたのだつた, 一度先生が, 一度君と, 一度實行してやらう, 一度撮つ, 三人で, 三宿に, 三年目の, 上京の, 不和に, 世界の, 久米の, 之を, 乳母の, 事実と, 云って, 云はれぬ, 互に遠慮, 五位は, 京都の, 人目を, 人間世界に, 仕事を, 他の, 伯と, 体全体に, 何らかの形, 何処か, 何日か, 何時かとは, 何處かで, 來る, 僕等が, 兇器を, 入日の, 全く元, 全く異なる, 其処に, 其処の, 其弟子の, 再び自ら他人, 写真版で, 出した, 出て, 分からぬ, 利渉橋の, 化けて, 十數日以來の, 占ひ, 又中空, 又人なつこい, 又具体的, 又戻っ, 又眼, 口を, 古今奇観を, 君に, 君等の, 呪は, 和らいで, 品川の, 唯の, 善良に, 固い決心, 國に, 土手から, 坐って, 墜ちて, 墮ち, 売れたら返せば, 売れるだろう何時, 大きな帆, 大劇場主義者, 大師へ, 大金が, 天気の, 太陽が, 夫人の, 女王蜂が, 好む戯詩, 妖しい愉しみ, 妙な, 妹が, 妻が, 姉や, 委しく書こう, 姿を, 子規氏を, 完全な, 宙を, 客観に, 家へ, 寄添うて, 寒石老人と, 少しづつひろがつて, 左翼の, 己れ, 帝国ホテルで, 帰って, 庄吉も, 店を, 店をば, 建つやう, 式部が, 彼から, 彼が, 彼は, 彼女と, 彼女の, 彼等の, 彼等は, 御兄さん, 御玄関先, 心持に, 必ず爆発, 必らず, 忍び込んだ山田藤六, 忍入りたる, 快い海軟風, 思ひ浮かべて, 恨みは, 息を, 感謝される, 憎いと, 懸巣, 我々は, 我が, 或る, 房子も, 手に, 手を, 教えられたよう, 教へ, 旅川が, 日の, 日本中の, 日本軍が, 昔の, 昨日見た, 晝間の, 暇が, 書いたこと, 書きかけの, 書き直す衝動, 書くかも, 書物に, 末枯れて, 机に, 来られるか, 来るで, 東の, 極楽へ, 横にな, 樹立小暗き, 歎願的に, 正氣, 此の, 此二人が, 此方迄が, 武一が, 歩き始めて, 歳月は, 段々恋, 母が, 気を, 江戸川亂歩氏に, 汽車の, 海水淺き, 消えて, 消え失せて, 涙を, 濃緑の, 火鉢の, 為た, 烈しい夏, 然様いふ役廻りを, 熊本と, 熱っぽく上気, 特高室で, 獨にな, 琉璃の, 甚さんに, 生田先生が, 生田長江氏が, 申上げる, 白山の, 皆な, 眉の, 眞んとの, 眞暗に, 眠つてしまつてゐた, 眼の, 眼頭が, 知つてはりまんの, 知つてる, 知らず寝て, 知らないうち, 知らぬけれど, 知らぬ其の, 知らん, 知ら密通, 石の, 石印本の, 破裂だ, 神が, 神の, 神仙に, 私達の, 空いとくろう, 童が, 端坐し, 管理人に, 終つた, 経って, 絶え入るやう, 縄脱を, 織りこまれて, 織れるもの, 義母の, 老先生, 聞いた事, 聞いた話, 聞いて, 聞きかじつて, 肉体が, 肉体を, 自分が, 自分も, 自分達の, 自身が, 航行を, 落ちけむ, 薄々金, 薄ツすり, 薄闇が, 蟋蟀の, 蟒女史の, 街の, 袋小路で, 西洋の, 西洋人も, 見かけた事, 見たいに, 見たホテル, 見た蟇, 解剖室の, 言つてた, 訊ねると, 話しましたね, 誰か, 護照を, 貴嬢, 赤瀬の, 赤黒い腐, 足が, 軍談の, 追憶に, 途中から, 逢うたこと, 逢ったあの, 遊女に対しても, 過ぎ來, 酒匂さんに, 酔つた友達が, 酔つてゐる, 酷い目, 里子と, 里子に, 野に, 金襴の, 長男を, 開かれるもの, 降歇, 院の, 雑誌で, 雛と, 雨の, 雨もよ, 雪にな, 雪舟の, 青山の, 静な, 非常の, 頁を, 頂戴した, 飼犬の, 饗庭芳子が, 高等學校の, 髪も, 黄昏の, 黙つて

▼ 何時まで~ (267, 11.7%)

33 経っても 27 經つても 22 たつても 15 経つても 12 たっても 10 待つても 6 待っても 5 この山陰 4 歩く跫音, 続くか 3 此処に, 此處に, 私は

2 [12件] あゝし, かうやつ, でも, 人の, 君が, 天罰を, 立っても, 立つても, 續く, 考へて, 見て, 言ひ続ける

1 [96件] いっしょに, おいでくださいまし, お前は, かうして, かかるかしら, こうして坐っ, ここに, こんな山の上, せ, そうして在らっしゃる, その燃える, それが, そんな女, ただ星, たつたつて, だつて帰り, ならいると, なりや, もい, もごたくを, もさうし, もた, やって, ゐたつてかま, ゐなさるね, ベン, ランプを, 二家族同棲の, 亭主が, 今日の, 伊香保に, 先の, 向い会って, 向ひ, 唖に, 噛み合せても, 坊ん, 坐っとるん, 塀に, 天狗の, 居られるんだい, 延ばして, 彷徨いて, 彼の, 彼処に, 彼女は, 彼方に, 待ちても, 待つて, 待てばい, 忍び得む, 手間取るの, 持つて, 政界に, 斯う, 斯くてあら, 昔の, 暗い訳, 朝寝を, 未練だらだら, 此の, 歩く足音, 気がつかないだらうツ, 永い娑婆, 泣いて, 澄ましてるの, 独身でも, 生きて, 田舎大名の, 番頭と, 盲目鬼を, 相談し, 睨み合って, 禁園の, 突き壊されずに, 立って, 立つて, 経ったって, 経ったら夫, 経つてもを, 経ても, 經ツても, 続くこと, 続くだろう, 続くもん, 続こうかと, 考えて, 胸に, 自己を, 莫迦な, 訊ねて, 誑されて, 須磨の浦に, 頑張っても, 黙って, 黙ってるの

▼ 何時~ (248, 10.9%)

5 悲しい時 4 づか, 夜の

2 [12件] いつも梵音妙, わが歩み, 丁寧な, 何時も君, 哀れなる, 寝る処, 見ると, 見る電車, 見馴れて, 起き上るの, 達者で, 静かな

1 [211件] あちらにばかり, あって, あの奥さん, あの端麗, あゝいふ, いくらでも, いつも的, いやな, いる古本屋, うっすりと, おじさまを, おだやかに, かうな, かかって, かわらぬギリギリ, きまって, きまってこう返答, きまって二の次, きまって大きな, きれいに, この夢, この曲馬団, ごく稀薄, ごまかされて, さうだな, さう云つて, さう思, ささやいたその, しんせつだ, じつに親切, すねて, すねてばかり, そうな, そっと揉ん, その度ごと, その裏面, その解決, そんなに早く, ただ竹刀木剣, ちらちら泣きいだす, つくろは, てきぱきし, とんとんとんとんといふ, どうしてかう描けるだらう, どんよりと, ならこんな, ならせぬやう, ならその, なんとなし, のほほんの, びっくりせえへん, ふしぎな, ぶるっと, ものやさしい, やること, ゆるやかに, よく導かれた, より広い, より御馳走, より重い, わが悲哀, わらつて, ジョオの, ボーメンズで, ママパパで, ミコちゃんの, 一つの, 一日中毎日毎日毎日毎日静かに, 丈夫で, 不如意勝ちで, 不思議に, 丑の, 両端の, 乍らの, 九州の, 人間は, 他愛なく, 低くつつましや, 何時も, 何時もやってくる, 余程の, 優しい笑顔, 入口の, 其処に, 冷汗を, 出あふところ, 出來, 出入で, 別々だ, 別れる時, 厭やさう, 取り合わなかった, 吾人を, 呑気だ, 唐律と, 唯一つ, 囁いた, 地味な, 変らない来る年, 変らない顔, 変らぬ紺青, 夏姫の, 大きな欅, 大きな犬, 大切に, 大勢の, 天照大神の, 太い丸太, 奥の, 奥深い室, 如何に, 妙に, 寒々と, 寝て, 寝る時, 小舎の, 山田は, 引かれて, 待ちくたびれるやう, 御馳走に, 心が, 悠々として, 惜く, 愉快に, 愛されて, 感じる不満, 感ずるの, 感激し, 我と我とが, 手を, 手早く処分, 持て居なければ, 捗るん, 撫で, 操り人形, 文語即, 新しい犀星論, 日曜日の, 旦那様の, 書画会に, 此の, 気の毒に, 水面に, 求める心, 決まって, 沢山食べ, 流れるやう, 清潔な, 湿って, 溺れること, 無情, 無色透明に, 無造作さうに髪の毛を, 煩ささうに云ひ棄てる, 熱くよしや, 獄吏どもには, 甚だ曖昧, 生きて, 申したり, 男性を, 留守中に, 真摯な, 眺める自分, 着て, 石鹸で, 立ち罩め, 素直で, 絶えること, 考える, 考へて, 聞いて, 聞く阿母さん, 胡麻化され, 脅かされるので, 腰掛ける衣裳箱, 良心が, 花の, 苛, 苦しまねば, 裏腹な, 見て, 見なれて, 親切な, 谷を, 負けてばかり, 貯水池の, 貴女が, 賢く和尚, 購ふ, 足りたから, 車の, 逃げるの, 通されるの, 通りに, 逢ふ, 違わぬ顔容, 遠ざけられ居り候, 邪慳に, 部下に, 部屋は, 長々と, 長長と, 長閑な, 附いて, 集る緑, 静かであった, 静かに, 静粛で, 頼まれた以上, 風邪などばかり, 鼻の

▼ 何時~ (209, 9.2%)

22 ことだ 11 時代にも 8 事だ 6 世でも 5 ことか, 頃からか 4 ことで, 時でも, 時代に, 頃から 3 ことです, 世に, 場合も, 日か, 時代からか, 汽車で, 頃か

2 [15件] ことかと, ことだつた, ことやら, 世にか, 事だい, 場合にも, 日でも, 日には, 時代でも, 時代を, 時代何処の, 汽車でも, 汽車に, 頃の, 頃よりか

1 [85件] ことかね, ことそれ, ことだった, ことであろう, ことでございます, こととも, ことな, ことに, ころから, でもそれ, ほどよりか, まさかも, ように, バスに, 七夕の, 下りだの, 世でもかの, 世とも, 世にもあつ, 世にも大岡裁き, 世にも当代, 世にも斯様, 世にも時流, 世にも民衆, 世にも絶えた, 世にも賢哲, 世にも適切, 世の, 世の中に, 世までも, 世誰にか, 事か, 事だつた, 事だろう, 事で, 事であった, 事でございました, 事で御座いませう, 二字を, 代の, 何日に, 初冬で, 場合でも, 場合に, 年にも, 年の, 幾日に, 幾日には, 影は, 撰集の, 日かに, 日かは, 日であろう, 日彼女等は, 日曜に, 昔から, 時のか, 時も, 時代だつ, 時代にか, 時代にだって, 時代の, 時代如何なる, 朝だ, 様に, 比からか, 比の, 汽車だ, 汽車です, 程からか, 程にか, 競争でも, 試験にも, 話です, 豫定な, 鐘だ, 雨でも, 雪の, 頃からかは, 頃で, 頃どう, 頃に, 頃にか, 頃何処の, 頃直した

▼ 何時かは~ (63, 2.8%)

2 きつと, 来るもの, 行つて住ん

1 [57件] かうした水商売, この男, これを, さう, そうなる, その主張, その時, その酬い, それも, それを, 七枚一時に, 三七に, 人間への, 何かに, 何かの, 何処かで, 俗吏の, 俳句も, 俺と, 元の, 先生の, 全ヨーロッパ, 其等の, 君の, 周囲が, 地球上に, 地金を, 大きくなっ, 子供の, 尤もそれ, 常傭工に, 彼等に, 必ずお上, 必ず彼等, 必ず見付かるだらう, 我々の, 東京へといふ, 極楽へ, 死ななければ, 殺される女, 清水は, 無限大と, 爆発し, 爆發し, 現代演劇の, 發掘しうる, 立上っ, 自分が, 自分の, 自然に, 茅原と, 言は, 起きる時, 起き上るさ, 返礼を, 逃げ出さうと, 逢ふべき

▼ 何時~ (51, 2.2%)

4 時を 3 何時に 2 なく世間, なく彼女, なく忘れ, なく聴い

1 [36件] しも, なくくるめき, なくこれ, なくどう, なく下り, なく乘, なく人事不省, なく可愛がった, なく呪咀, なく宗教的部分, なく幽か, なく廢, なく弛緩, なく従来, なく怠る, なく普通夫婦, なく枯れ, なく歌, なく気力衰, なく消え, なく煤ばん, なく理由, なく痩せ, なく自分, なく自治制度様, なく自然, なく誰, なく酒, なく釣魚, なく革命的精神, 云ふ, 思うとりますか, 思し召すと, 無く増大, 無く結果, 確定致す

▼ 何時何処~ (40, 1.8%)

2 で, でどんな

1 [36件] から何ん, から現れ, から舞い込ん, から這入っ, であるの, でお, でそして, ででもいくら酒, でともなく, でも貴方, で不意, で何, で何ん, で出, で君, で周子, で妖怪, で御, で拾っ, で死ぬ, で瀬川, で父, で見た, で誰, と云, にいたっ, にてもまた, に割り込ん, に炎, に移つて, に雷神, のステーシヨン, の会, へでも自由, へ出る, へ往

▼ 何時とは~ (36, 1.6%)

18 なしに 2 無しに

1 [16件] なくあの, なくマダム丘子, なく一人, なく双方, なく味, なく実は, なく深い, なく狐, なく疎々しくな, なく眼, なく肌, なく足, なく靜, なし泥, 無く変えさせ, 知らず木戸口

▼ 何時もの~ (36, 1.6%)

6 やうに 5 ように 2 様に

1 [23件] それが, やうな, ような, よう心ふか, 僕とは, 冗談と, 呟きが, 場処へ, 女が, 彼の, 彼らしくなく, 彼等の, 日向ぼっこの, 書斎に, 物置小舎の, 癖で, 百合ちゃんの, 自動車では, 表情を, 言葉を, 通りの, 須山らしい, 高くない

▼ 何時~ (32, 1.4%)

3 と思う, と思っ, ね 2

1 [21件] かもう, かもわからず弾い, かアムブロアジヌ, か時間, か正確, それア, つて十二時頃迄, つて外れ, つて投票するだ, つて考へた, つて腰掛けられる, つて見, つて貴方の, ということ, と思つて, と思ふ, な, やら眼, ツて, 一時か, 三時だ

▼ 何時かの~ (30, 1.3%)

2 やうに, 夜夢に, 部屋へ

1 [24件] おばさまほら, ことを, こと奈落へ, たは, ような, 修驗者に, 処に, 四条院の, 夜あなたが, 夜の, 展覧会に, 展覽會に, 座談会でも, 所に, 春の, 朝下僕が, 植木鉢が, 機会に, 汽車に, 親族會議では, 述懐に, 部屋に, 都の, 雨夜以来唯

▼ 何時にても~ (25, 1.1%)

4 起つこと 2 三十人以上を, 之れ, 入閣する

1 [15件] これを, 作り得べきもの, 十万横磨の, 差支は, 思うまま容易, 我方に, 来るべし, 死亡仕るべく, 湯で, 直様出発し得られる, 自由行動を, 苦情なく, 誰にても, 門を, 馬鹿の

▼ 何時~ (23, 1.0%)

2 信さんの, 帰りに, 目に

1 [17件] うちに, 上りに, 互に高まる, 亡くなりに, 別れし, 帰り, 帰りだらう, 帰りにな, 手元に, 持ちに, 止しに, 歸り, 生れでした, 直さんは, 袖を, 逢ひ, 願ひできませう

▼ 何時~ (17, 0.7%)

6 来ても 3 来たって 2 日も 1 いいん, 代にも, 来たつて, 来たら変ったところ, 適当かな, 都合が

▼ 何時~ (11, 0.5%)

5 あつた 1 あらうか, ござりまする, ごぜえます, せう, せうね, もちやかし

▼ 何時~ (10, 0.4%)

2 婚礼を, 帰りでした 1 世話に, 主人を, 帰ん, 帰宅に, 旅行さきから, 着きに

▼ 何時どこ~ (9, 0.4%)

1 から入, から嫁, から持つ, が何, だつて, で佐助, で何人, で取った, で詠んだ

▼ 何時~ (9, 0.4%)

5 でしたか 1 かわからぬ, でした, でしたろうか, とも申し上げん

▼ 何時~ (8, 0.4%)

1 が作った, が凡て, が取り降ろした, が言, に殺された, に見付けられ, の手, の耳

▼ 何時だつた~ (7, 0.3%)

2 か信吾 1 か, か墺太利皇帝フランツ・ヨセフ, か大統領, か女, か物の本

▼ 何時~ (7, 0.3%)

2 起きて, 起さうかと 1 なく沈んだ, なく疲れ, ならば

▼ 何時~ (7, 0.3%)

1 が御, が思つて, が操, が重態, に如何, のところ, は死ん

▼ 何時行つて~ (7, 0.3%)

2 見ても 1 みても, も好い, も屹度, も必ず, も負傷者

▼ 何時のほどにか~ (6, 0.3%)

3 さうし 1 そうした村, 交り, 来りけんこれなん黄金丸

▼ 何時かと~ (5, 0.2%)

1 また尋ねました, 云えば, 尋ねた, 時間表を, 言ふ

▼ 何時~ (4, 0.2%)

3 精進日とも 1 はてとも

▼ 何時ころ~ (3, 0.1%)

1 からな, から出, のこと

▼ 何時どう~ (3, 0.1%)

1 いふこと, した, なるか

▼ 何時~ (3, 0.1%)

1 とお召, んどき, んどき帰っ

▼ 何時~ (3, 0.1%)

1 うして, の爲, んなに貧乏

▼ 何時~ (3, 0.1%)

1 が階下, のため, の背後

▼ 何時おれ~ (2, 0.1%)

1 が悪い, の所

▼ 何時お前~ (2, 0.1%)

1 の店, は義兄

▼ 何時かな~ (2, 0.1%)

1 君ちょっと, 容易に

▼ 何時それ~ (2, 0.1%)

1 が悪用, と反対

▼ 何時だつ~ (2, 0.1%)

2 てあんた

▼ 何時どうして~ (2, 0.1%)

1 変に, 運び出されたの

▼ 何時まででも~ (2, 0.1%)

1 かうし, 見さして

▼ 何時もは~ (2, 0.1%)

2 馬鹿な

▼ 何時やつ~ (2, 0.1%)

1 たつて, てくる

▼ 何時~ (2, 0.1%)

1 のところ, の目方

▼1* [46件]

何時あたいが木の間, 何時あたしがそんな, 何時あれを見破, 何時かかへりみむ, 何時かっと閃いて, 何時かとは考へて, 何時かなと腕を, 何時かへつて來る, 何時かも大切の, 何時かナ未だ十二時, 何時ここへやって来た, 何時こちらへおいで, 何時これをお, 何時しらず柔かに, 何時そんなにお説教, 何時でも来られそう, 何時とても恋しからず, 何時ともなくウトウト, 何時とを問わず所謂, 何時どこそこに来, 何時なん時でも自首, 何時のほどにかさうし, 何時ふと死の, 何時ぽんという音, 何時までか父母の, 何時までさうして, 何時までもねエ其の人, 何時までもべんべ, 何時までもをかしかつ, 何時までやつて居, 何時もと違う不当, 何時國人が, 何時何れの書肆, 何時何んな危, 何時何処そこでは御馳走, 何時再び訪れ得るか, 何時初まったかが, 何時召捕られる身か, 何時樣の, 何時巣へ, 何時壞された, 何時突然訪ねて, 何時行つてしまつても俺, 何時ひ出さうか, 何時郎を, 何時論理的な