青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「休み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伊~ 伊勢~ 伊東~ 伊藤~ 伊豆~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ ~休み
休み~
~休ん 休ん~ 休息~ ~会 会~ ~会う 会う~ ~会っ 会っ~ ~会った

「休み~」 1962, 20ppm, 5630位

▼ 休み~ (296, 15.1%)

21 なって 9 して 8 なると 6 なつた, なる 5 なつたら 4 なった, なります, なるの 3 なったので, なっては, なっても, なりましたし, なりますか, なりますから, なりませんか, なる方, 御主人

2 [11件] なったの, なったらどう, なったん, なってから, なりました, なりますな, なりません, なるから, なる前, なれましたか, 行く

1 [180件] ありつくと, いたしたくあしからず, お兼, きたもの, きっといらっしゃい, きつねを, こ, された, されては, した, したこと, したらいい, しては, してやるから, しないよう, しなかったこと, すること, するとか, するなんか, するよう, それが, それこそ, それを, ちょっとひと, ちょっと山, とよ子が, なかなか出られない, なさい, なったかしらん, なったかも, なったから, なったそう, なったと, なったという, なったとか, なったよう, なったら, なったらいつ, なったらきっとスグ, なったらすぐ, なったら如何, なったら御, なったら行こうよ, なったんで, なった様子, なってるところ, なつたんだ, なつたんです, なにを, ならずちゃんと, ならず奉公人, ならない, ならないうち, ならないで, ならないという, ならないよう, ならないん, ならない樣子, ならなくては, なられたらしいからな, なりせえ, なりはりました, なりましたから, なりましたが, なりまして, なりましてな, なりますが, なりますなら, なりますならと, なりますの, なりますまで, なりませんでしたの, なりませんね, なり中學, なり鑛山, なるか, なるからと, なるそう, なるほう, なるほど, なるもの, なるよう, なるを, なるん, なる事, なる伊豆山, なる分, なる御殿, なる所, なる時, なる気, なる貴僧, なれた, なれたかな, なれなかったこと, なれなかったでしょう, なれば, なれましたから, またこの, みんなあっちこっちへ, めいめい好み好みの, ゆく, ダンスの, バアや, 三河の, 三浦三崎で, 予告も, 人々酒を, 休憩所で, 俺の, 僕は, 兄弟二人を, 先生は, 入る人, 冷たい水, 別棟に, 到るか, 北千島空襲の, 十日か, 南瓜の, 取る食べ物, 各巡業地先, 大伯母の, 學監を, 安倍さんの, 家に, 寄るうち, 寄席へ, 尋ねて, 帰った時, 帰って, 帰つてから, 帰つて来た, 帰宅した, 店員一同に, 当って, 成ってからも, 成りますから, 成る度, 手の, 捕ろうじゃ, 文選十六人は, 書くべき, 来い来いと, 来たのに, 来て, 来ながら, 来る, 来るところ, 来る時, 校庭は, 歸つて來て, 母が, 母親へ, 生徒らは, 私と, 私は, 竊と, 行くと, 行く家, 行って, 裏庭へ, 要旨を, 講堂の, 赤門前の, 這入った, 過ぎなかったもの, 郷里から, 郷里帰省中であった, 鉄砲を, 鎌倉から, 長崎から, 長野県の, 降りたくらい, 降りて, 隆福寺の, 食べるの, 食べ終って, 飲んで, 駈け戻つて來

▼ 休み~ (279, 14.2%)

23 時間に 1712 日に 11 日には 8 日, 日を 6 間に 5 前に, 日が, 日の 4 ところを, 時に, 時間を 3 ために, ときの, 日で, 日は, 時間が, 時間だ, 話しの

2 [11件] うちに, せいか, ないテンポ, 公園, 日であった, 日な, 日など, 日彼は, 時間らしく, 札を, 鐘が

1 [124件] あいだだけ, あいだに, あいだは, あとだけに, あと伸子と, あひだ, あるという, ある五日制, おしまいを, お茶の, ことだ, ことである, ことを, ため瑞々し, つづくの, つづく日, つもりで, ときうちの, ときに, ときには, ときは, とき元さん, とき遊びに, ところが, ところへ, ない手, ない雨, はずだ, はずである, はてに, ひとときなどに, まも, やうです, ようだ, ようなす, ハイキングは, 一つの, 一日を, 一日未だそんなに, 一部を, 中に, 交渉を, 処を, 初めの, 前日から, 勤勉である, 午後も, 喇叭までに, 土地の, 土曜の, 場所と, 多い月, 姿であった, 季節が, 家では, 家の, 家も, 家勤労婦人の, 家時には, 役者が, 後な, 御上京, 御暇, 感で, 所を, 挨拶を, 方が, 旅から, 日だけ, 日でも, 日なぞ, 日などに, 日なら, 日なんか, 日までを, 日も, 日や, 日寒吉は, 日登恵子は, 日私が, 日道頓堀で, 明けた日, 時かれ, 時には, 時の, 時は, 時分で, 時分に, 時刻で, 時刻に, 時間, 時間には, 時間中決して, 時間大抵の, 時間毎に, 晦日の, 暇とか, 暇に, 暇も, 朝でしょう, 札が, 来月だって, 洗面所の, 為か, 用意も, 由くさる, 由し, 盆から, 瞬間の, 礼を, 筈は, 続く頃, 習慣なく, 腰を, 貼り紙に, 遊ぶ時間, 間の, 間もなく此処, 間よく, 間暇を, 間温泉にでも, 際などは, 頃ぢや, 鴎丸

▼ 休み~ (109, 5.6%)

11 利用し 8 して 3 与えること 2 とって, とつて, もらうこと, 終へて

1 [79件] あたえました, あまり多く, いたして, えさする, おとりに, きめこんで, くれない, これが, した, したため, した小屋, した方, した時, しても, しないから, しながら, しなければ, します, し度, するか, すると, するの, するのみ, する度毎, する赤沢岳, する間, つくりこれ, とりたいと, とりました, とる, どうしてゐ, どうする, なされたのみ, ねごうて, もらうという, もらって, やって, タップリこれ, 一つも, 上げましょう, 下さいませ, 与えたいと, 与えて, 与えよ, 与えら, 人足どもが, 休んで, 勘定する, 取つて自宅, 取らなかったのに, 呉れたつて何, 廃止し, 待って, 待つて, 得るの, 必ず実習, 想って, 手当から, 抜かせば, 挾んで, 楽しむ予定, 楽しんで, 楽むような愉快な, 潰して, 用意する, 考えるひま, 言い祝福, 言って, 貰う, 貰ったと, 貰へ, 賜へ, 賜るよう, 除いても, 除く外, 陸奥の, 頂いて, 願いたいそう, 願うかも

▼ 休みなし~ (81, 4.1%)

4 に饒舌 3 にその 2 にパチパチ, に興行, に話しつづけた, に論争

1 [66件] じゃあ息, であるから, でかけるん, でよく, で呻, で漁獲, で騒ぎ回って, と言っ, なん, にあい, にかせい, にしかけ, にじーっと, にはたらいた, にはたらく, にやっ, によく, にカンソク, に一人, に三人分, に仕事, に伸びてる, に働い, に働かせ, に働かなく, に勉強, に動かし, に吹き通す, に囃しつづける, に大きな, に彫, に往, に忙, に忙しい, に忙しく, に急い, に懐中電灯, に晩, に書いた, に歩いた, に歩き続け, に歩き続けた, に毎日画架, に活動, に演奏, に登, に登場, に白い, に硝子窓, に蓄音機, に見廻っ, に話した, に話し続け, に誰, に踊, に降りつづけた, に騒い, に騒然と, に鰊汲, に鳴く, のわけ, の由, の直行, の興行, らしい驚いた, 物食はずに

▼ 休み~ (79, 4.0%)

8 しないで 5 なしに 2 ない, もう明日, 同様で

1 [60件] あること, い, くれぬ苛酷, こ, しあ, しない鎌, しなかつたのに, するの, せず, せずついに, せずどん, せずに, せずよくも, とらなかった, とれない私, ない目, なく, なくおり, なくこれ, なくその, なくと, なくどこ, なくへや, なくコキ使, なく仕事, なく働き尽め, なく元日, なく兵器, なく動きまわっ, なく吹き, なく呼び出され, なく夥しい水分, なく小泉君, なく巻煙草, なく愛情, なく戦争, なく私, なく筆, なく絶えず, なく而, なく自分, なく自由自在, なく莨, なく走って, なく走り, なく飼い馴らした, なしえたかと, もう過ぎました, 与えて, 休みに, 同様である, 同様でございます, 同樣, 同然だ, 同然に, 商売根性を, 平気に, 毎日こんな, 濟んで, 無く高い声

▼ 休みなく~ (75, 3.8%)

2 働いて, 回転した, 掻き廻して

1 [69件] いつまでも, お喋舌, かっこうが, すすみます, すすんで, つんのめされフラ, はたらきました, ひらかれますよう, ふかす方, またたいて, ウチワで, オールを, ゴーゴーと, 上昇を, 不安から, 与える刺戟, 五時間室の, 代数の, 伝わって, 働いた労賃, 刺戟し, 前へ, 動きその, 動く毎, 勢よく, 國家の, 地震し, 坂を, 変って, 変へられ, 変化を, 夜を, 奔り, 奮鬪苦戰つとめしむ, 廻りはじめたと, 彼方此方と, 応え合って, 息づいて, 愚図つい, 戸外では, 拍手を, 捲き上り八方, 歌ひ, 歩まなければ, 毎日毎日夕方には, 気を, 汽車が, 流れて, 溢れて, 産んだの, 確かに, 祈った, 窓から, 立ち上る埃, 立働いて, 絶えず何事, 繰返されて, 耽るならば, 肉薄した, 葉子の, 語り続け博士, 變化し, 起つて, 進み続けた, 進行する, 降り風, 頭の, 馬を, 駈けめぐり無限

▼ 休み~ (69, 3.5%)

2 ござります, 助なあ, 四日から, 家に

1 [61件] あくびを, あたしこんな, あつた, おざろうに, おざんす, かえったお, かえりには, ここの, このあいだ, こんなこと, ござりまする, しずかだ, すっかり怒ってる, そのわずか, とぐろを, ながれる, ひと晩じゅう耳鳴りが, まいに, ゐら, ジャリ多く, ブラブラその, リリー・レーマンは, 一安心した, 一寸上京しました, 一時開始と, 丸善へ, 人数が, 仲間どころか, 先生も, 午後半日紅茶を, 困る, 堀井だ, 堀井英一が, 外には, 大工も, 大庭が, 女形が, 子供たちが, 家の, 宿題が, 小僧の, 小鳥を, 居残った連中, 山の, 帰って, 帰つてゐる, 帰つて来る, 帰りました, 彼は, 戸締りを, 数百の, 木曾路を, 来, 次の, 歸つてゐる, 職人も, 落合長崎まで, 行水を, 跡は, 近くの, 雑沓し

▼ 休み茶屋~ (63, 3.2%)

5 の前 2 が軒, の見える, もある

1 [52件] お土産物屋, があった, がありました, がある, がそこ, が外, が幾軒, が葭簀, が見える, が設けられ, だのいろいろ, であった, である錦霜軒, で店, で息, で私, といっ, にはいる, に収容, に担ぎ込みました, に這入る, に連れこまれた, のある, のよう, の中, の周囲, の奥, の婆さん, の床几, の数, の方, の板屋根, の豆腐屋, の隣, の離れ, へとかけ込む, へはいっ, へ入っ, へ引つ張り込んだ, もなく, や何, や室, や居酒屋, や料理屋, や泊り泊り, や食い物店, をはじめ, を兼ねた, を営ん, を見いだす, を通りかかる, を離れる

▼ 休み~ (54, 2.8%)

3 ある

1 [51件] あったその後, あったん, あった十日, あまりたのし, ありお客様, あります, ありません, あり又, あるの, あるので, あるわけ, くる, たのしみである, ちらしかった, つづくの, てらまた, てら遅れた人達, できるので, とれる日, ない, なくても, もらえますのに, よかった, 一二度あるらしい, 一日村の, 一時不愉快な, 与えられるだけ, 二日つづいた, 二日も, 何文という, 余ツ程, 出る日, 出来るとの, 取れると, 多い奴, 始終貰, 尠く, 有るよう, 来て, 来る, 来るという, 来れば, 濟みます, 終ったら出かけて, 終りに, 続いたので, 続けば, 續く, 近づいたので, 過ぎて, 過ぎてから

▼ 休み時間~ (52, 2.7%)

5 になる 2 に運動場

1 [45件] がきれた, だと, でありました, でみな石垣, で次郎, で皆, で遊戯, などに次郎, など輸入部, なので, における控室, にしか遊び, にちょっと, になっ, になった, にはこの, にはそこ, にはわけても, には一人教室, には児童, には白い, には誰, には鉛筆, にわたし, にクラス, に婦人労働者たち, に忘れ, に手早く, に書いた, に眠つて, に砂場, に話, に遊ぶ, に道場, のこと, のとき, の区別, はそれ, まで教壇, まで時計, や放課後ひそか, をでも, を利用, を十分, を金

▼ 休み~ (51, 2.6%)

2 から, よ

1 [47件] からあの, からお, からきよう, からここ, からそれ, からって朝寝, からとにかく, からと云う, からと断る, からなかなか, からねえ, からわたし, から国男さん, から大川, から日曜, から明日, から良人, がどの, し, しあたしたち, し従って, し新聞, し明後日, そうだ, そうです, ぞ, ぞウ, つたので, つたもの, てえん, という, というわけ, といわれた, とかで部屋, とか云つて, とする, と云, と云う, と知っ, と答, と言う, べ, もう誰, わ, 千葉は, 嬉しい, 此の

▼ 休み~ (43, 2.2%)

1 [43件] あったが, ありますかと, いつから, いつな, いつも長い, おもしろかったです, きまって, ございませんの, しないから, しない必ず, それに, たいがい寝, ない, なかった, なるべく人, はじめての, ふいに, まだあと二日, まだ三, やれないと, よしや短く, 一つの, 一つも, 一日か, 一週間くらいずつしか, 不充分であり, 二度となり, 二時頃迄, 何といい, 大に, 字引を, 定めど, 実蔵さん, 寝ること, 既に我, 検査で, 温泉へでも, 終りました, 終わりました, 続いた, 誠に優渥, 週末に, 面白かった

▼ 休み~ (41, 2.1%)

4 の, んだ 2 のか, のだろう, のです, のと, のを, んです

1 [21件] さえ, さッ, せいよ, のかい, のだ, のでお, のでこの, のでみんな, ので中山, ので二, ので人, ので嬉しく, ので少々, ので曾つて行, ので朝, のとが, もんです, んで, 今日は, 土曜日の, 飛騨の

▼ 休みながら~ (32, 1.6%)

1 [32件] お前の, お待ちうけくださらん, お話しましょう, お話を, こんなこと, こんな話, ずっとブラマプトラ川, どうした, ぬっとあの, もったいらしいたどたどしい仕方, カンテラの, 三時漸く, 他人の, 伸子は, 右側の, 四辺を, 宇治山田の, 揉んで, 昼飯の, 暫くぼんやり, 暫く様子, 沼に, 海を, 焚火を, 登るうち, 考えたの, 考えましたの, 茄子を, 茶でも, 見ますと, 読んで, 鼻唄う

▼ 休み~ (29, 1.5%)

1 [29件] ありあはて, いうので, いへば, さへ, するか, なった, なった所, なつて, なり妃, なり座員, なる, なるし, みえる, 一日の, 二度だけ, 云うた, 云う形式, 人間らしい, 出て, 勉強の, 勤務時間を, 勤務時間短縮の, 成つたから, 気が, 炉を, 聞いて, 聞き何と, 致候, 言つた顔を

▼ 休み~ (29, 1.5%)

2 なので, の朝

1 [25件] がどんなに, が二十一度, じゃない, だからと, で, であったが, でも, でレコード, となりました, などに仲間, なんて大した, にこしらえ, にしろ, になっ, にはきまっ, には小犬, には屡々, によく三々五々, に外, に彼女, のお祈り, の娘, の愉し, の散歩, を暮し

▼ 休みには~ (24, 1.2%)

2 家へ

1 [22件] いつしよ, とうとうすっかりやみ, どこへ, なるまいと, なれないところ, また来い, もうホール, 一つ自分で, 多摩川へ, 家に, 帰って, 帰らないかも, 帰らないん, 帰れると, 必ず出かけ, 必ず関西, 是非とも, 昼寝を, 歌子を, 田舎へ, 私たちの, 閉め切って

▼ 休みです~ (22, 1.1%)

1021 かい, から一日机, から下, って, と言つて雛, と言わなけれ, な, よ, わ, ボールへ

▼ 休み場所~ (19, 1.0%)

3 である 2 に落着, をさがし

1 [12件] がまだ, が出来た, だ, でもあったら, で挿木, にする, になっ, には屈強, には桜, に落ちついた, をさがし歩い, をしつらえた

▼ 休み~ (18, 0.9%)

2 の裏

1 [16件] がある, であった, でない, でないぞ, というもん, として用いる, と思ひ, と言っ, と言った, と言つて, にし, に休ん, のため, の一つ, もある, もついでに

▼ 休み~ (15, 0.8%)

2 は東京

1 [13件] でいちばん, です, で寄宿生徒, なるべく早起き, にきた, によく, に先生, に書い, の心得, の練習帖, も毎日, を恐れ入ります, 暮して

▼ 休み~ (14, 0.7%)

1 [14件] おわさん, ひとり戰, また上る, ようよう上, 今日も, 再び程, 寺院に, 少年同士は, 店先に, 御演説, 撃たれたるあり口内, 数回倒れん, 日記の, 漸う上

▼ 休みという~ (12, 0.6%)

2 ことに 1 ことにな, ことは, のは, ものが, わけ, 事を, 休養日を, 口々の, 筈が, 訳です

▼ 休みない~ (12, 0.6%)

2 往来の 1 事情, 人生の, 制作の, 動揺を, 売文生活, 往来を, 振子を, 省察の, 蝉の, 響を

▼ 休みなき~ (10, 0.5%)

2 仕事である 1 七日よりは, 仕事が, 勉強と, 動作敏捷く, 勤労との, 吾人日常の, 宝石の, 昂奮と

▼ 休みがち~ (8, 0.4%)

1 だった大学, でした, でそれ, で僕, で遊び, なので, になっ, になった

▼ 休み~ (8, 0.4%)

1 として建てた, と見える, にあてら, にあてられる, に乗っ, の丘, らしい趣, をつくっ

▼ 休みでございます~ (7, 0.4%)

21 か鶴寿堂, が, がその, 丁度六日お, 気分も

▼ 休みにな~ (7, 0.4%)

1 つていらつ, つてそれから, つてゐ, つてゐた, つて妹に, つて居たつ, つて帰つて来た

▼ 休みだった~ (5, 0.3%)

1 という事, のだ, のでしょう, ので笛, ので蜷川さん

▼ 休みでは~ (5, 0.3%)

2 ないが 1 ないかしら, ないでしょうね, なかった

▼ 休みでも~ (5, 0.3%)

2 なかった 1 これだ, ないのに, 楽屋番は

▼ 休みどころ~ (5, 0.3%)

1 だよ, であった, のま, を下, を見つけた

▼ 休みにも~ (5, 0.3%)

1 そのこと, 営業にも, 御勉強, 日曜日にも, 誰も

▼ 休みまた~ (5, 0.3%)

1 三往復し, 祝って, 神祭を, 道を, 飛び立って

▼ 休み~ (4, 0.2%)

1 否か, 拙者は, 春休みか, 知ら

▼ 休みする~ (4, 0.2%)

1 ところは, の, 時例えば, 頃には

▼ 休みそれ~ (4, 0.2%)

1 あおまへの, から千種, から帰っ, から思いだし

▼ 休みそれから~ (4, 0.2%)

1 勝ちほこった, 夕飯の, 小金井の, 給仕が

▼ 休みである~ (4, 0.2%)

1 からどこ, から初日, が浅草, と云う

▼ 休みなさいませ~ (4, 0.2%)

1 お召替えは, と言いました, よろしく, 好い時刻

▼ 休みなさりませ~ (4, 0.2%)

2 お姉様 1 お休み, お姫様

▼ 休み~ (4, 0.2%)

1 さかいえ, ーす, 夕方の, 秋祭の

▼ 休み~ (4, 0.2%)

1 に嘉助石ぶっつけ, に帰っ, に急ぎ, まで顔半面

▼ 休み~ (4, 0.2%)

2 になる 1 だ, になりました

▼ 休み~ (4, 0.2%)

1 が明け, になれ, に入っ, も一人留守居

▼ 休み~ (4, 0.2%)

4

▼ 休み部屋~ (4, 0.2%)

1 から腰, でセリフ, にした, へ腰かけた

▼ 休み~ (3, 0.2%)

1 して, しては, へしなき

▼ 休みだつた~ (3, 0.2%)

1 ので広小路, んです, んでせう

▼ 休みでございました~ (3, 0.2%)

1 か, から他, し母

▼ 休みでしょう~ (3, 0.2%)

1 から当分, しわざわざ, まだ

▼ 休みといふ~ (3, 0.2%)

1 ことで, ものが, やうに

▼ 休みなどに~ (3, 0.2%)

1 なると, 子供たちが, 運動場の

▼ 休み今日~ (3, 0.2%)

1 は大辻, もまだ, も仕事

▼ 休み~ (3, 0.2%)

1 で飴菓子, のため, を横目

▼ 休み~ (3, 0.2%)

1 其後も, 四五町ゆく, 我民を

▼ 休み~ (3, 0.2%)

1 あるに, はスキー客, を賜え

▼ 休み~ (3, 0.2%)

1 に呟呻許, に東京市内, に欠伸許

▼ 休み~ (3, 0.2%)

1 なもの, の看守, の若い

▼ 休み遊ばし~ (3, 0.2%)

1 て, て下さいまし, て何

▼ 休みあそばしませ~ (2, 0.1%)

1 御用が, 粗茶一つ召上って

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 つたアか, 休みなすって

▼ 休みごろ~ (2, 0.1%)

1 には全校, 話しごろ

▼ 休みだろう~ (2, 0.1%)

1 と思います, と思っ

▼ 休み~ (2, 0.1%)

2

▼ 休みであった~ (2, 0.1%)

1 がこの, ことから

▼ 休みでした~ (2, 0.1%)

1 が五郎さん, ね

▼ 休みなさいます~ (2, 0.1%)

2

▼ 休みなどには~ (2, 0.1%)

1 よく洋傘, 種々の

▼ 休みもの食~ (2, 0.1%)

2 ふごと

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 なし, イワン

▼ 休み~ (2, 0.1%)

2 と月

▼ 休み二里~ (2, 0.1%)

1 来ては, 登っては

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 も分らぬ, をするで

▼ 休み同様~ (2, 0.1%)

1 であったため, である

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 にし, に出る

▼ 休み天気~ (2, 0.1%)

2 の良い

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 でゆ, に居

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 お野立, を越し

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 やすみ電車, を閉め

▼ 休み度い~ (2, 0.1%)

1 という平素, の

▼ 休み~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ 休み松林~ (2, 0.1%)

2 にね

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 が代る, の花魁

▼ 休み無し~ (2, 0.1%)

1 にぐるぐる, に踊っ

▼ 休み~ (2, 0.1%)

1 の, の部屋

▼ 休み間接~ (2, 0.1%)

2 には馬鈴薯

▼1* [229件]

休みあとは近い, 休みあるひは, 休みいやに猫撫声, 休みうちで規則, 休みおいらはこれ, 休みおじいさんがお, 休みかたがたやって来たわけ, 休みかつ味わうため, 休みかとおどろく人, 休みかも知れません, 休みから起きかへ, 休みからの復活である, 休みくださいませお道, 休みくだせえましな, 休みこいつには参った, 休みここは明朝, 休みご苦労であった, 休みさらにうめき出す, 休みじゃけみんなで, 休みじゃとか申されて, 休みつかり雨装束, 休みすぐ出発し, 休みすこしあるいては, 休みすっかり雨装束に, 休みそうな一ぜん飯屋, 休みそこより車, 休みそつちが, 休みその他布告して, 休みその間にもっと, 休みそろそろ帰途に, 休みたまえ君はもう, 休みたまはんこれ偏へに和主, 休みだけで馬籠を, 休みだそうですとがっかり, 休みだったりまたは, 休みだっていうじゃ, 休みだつたんか, 休みちっとも笑ひ, 休みって眠りましたよ, 休みつづきよ, 休みでありましたから次郎, 休みであれば, 休みであろうかそれとも, 休みでござればその, 休みでござんすと, 休みでしたらあの煙, 休みでなくってもそれ, 休みでなければ私, 休みでやすか, 休みといったふうに, 休みとして彼女らを, 休みとは起りは, 休みともいひつべしされば, 休みどれ私も寝よう, 休みながらといってるのに, 休みなく古い日本の, 休みなさりましお飯, 休みなどということを, 休みなどは取れませんでしたから, 休みなら千ヶ滝の, 休みなんか全く当, 休みなんかは新しい職工, 休みなんてありや, 休みなんにもされやせんからの, 休みにかけて出かけるわけ, 休みにだけはなれますから, 休みにて秀調染五郎家橘栄三郎松助ら一座にて, 休みになどなると, 休みばかり勘定せず, 休みひどい奴だ, 休みぷらりぷらりと手を振, 休みかけて, 休みぼうや, 休みまだ明るいうち, 休みもうお起きなさい, 休みやがつたよ, 休みやけにどうぞ, 休みゆえ殿様と隣邸, 休みわけのわからぬ, 休みグミか何, 休みステーションへゆく, 休みダレること, 休みトロトロとして寒く, 休みハネて銀座, 休みバラツクの陰, 休みブウと吹い, 休みミルクを註文, 休みメリーの首輪, 休みヤンせ, 休み一心太助は藤森, 休み一日のガタガタ, 休み三留野御一泊, 休み三益が代る, 休みさりますお, 休み中なんどか話, 休み中みなさんは何, 休み中吉本君は校庭, 休み中学や商業学校, 休み中軽井沢の方, 休み乍ら御接待方法, 休み乍ら私は身, 休み二尺引き上げては, 休み二時開演それも一・二, 休み二月に至り, 休み五分ほどのぼっ, 休み交代で泊り, 休みに書く, 休みとして二十銭, 休み休みに, 休み会田も又, 休み伸子が夕飯, 休みが悪い, 休み何回は規則, 休み何回病気休み何回は規則, 休みの通り, 休み傍題に役者, 休み儀仗兵のやう, 休みの帰っ, 休み先ずお開, 休み処といつた家をみつけ, 休み出し物して, 休み勝ちだった, 休み十月が有, 休み半分年季小僧も飯炊き, 休み半月やれば, 休み口碑伝説はいろいろ, 休み同所の巨刹, 休み四時に退出, 休み坪内千葉東京の家, 休み城中の諸, 休み場所どちらもにぎやか, 休み場所停車場というもの, 休み場所黒丸は旅人, 休み夜半に有, 休み大庭が代る, 休み大庭今日はセリフ, 休み大西が又, 休み大辻司郎に格さん, 休み太田宿お泊まり, 休み女房とホテ・グリ, 休みひの, 休み家老村越の役, 休み宿の紅茶, 休み居つたが子供達, 休み居りました累ヶ淵の, 休み岡谷昼飯の予定, 休み市中寂々としてただ, 休み幾夜を経, 休みに柳町, 休み三時牧塲に, 休み後方を見れ, 休み必ず定まった食物, 休み或いは海岸の, 休み或は泥水中に, 休みが足らず, 休み放題に休ませ, 休み散歩をしなさい, 休み日毎にたとい, 休み日等に仲間外れ, 休み早々国府津へ逃げ, 休み早く宿へ, 休み早大生等と別れ, 休み昼近く朝のコーヒー, 休み昼食を食す, 休み時間三度目はとう, 休み時間五年生たちがその, 休み月給もらって, 休みから凱旋軍, 休み木曾福島御一泊, 休み木曾須原への下山道, 休み木母寺の植半, 休み来春また始める, 休み枕頭につめきっ, 休み林檎をむき, 休み榛軒が上, 休み機械の手入れ, 休み狂言も, 休み次にやや小形の, 休みう休まれる, 休み気分でブラリ, 休みにうかぶ, 休み水師の中, 休みの真中, 休み活版所を継続, 休み炬燵開きなどし, 休み無い立て続けの, 休み焼印を押し, 休み爺さんが動き出せ, 休み片山河上鈴木の三委員長, 休み特別研究会を組織, 休み玄關は重々しく, 休み田地というの, 休み町内じゅうの小前, 休み病臥しなければ, 休み的状態から居眠り的, 休み相当歩いた, 休み矢島といふ少し, 休みというもの, 休み石それをめぐ, 休み私達はそれぞれ舎房, 休み程度の喫茶部, 休みをすました, 休み肺鞴動かざるに, 休み自分が出れ, 休みがし, 休み若いくせに, 休み茶屋そこを出る, 休み茶屋みたいなもの, 休み茶屋綺麗に掃除, 休み茶席だつたが, 休み行徳橋を渡っ, 休み贄川宿御昼食, 休みを洗う, 休み農夫は業, 休み辻猿楽の小屋, 休み追憶を去り, 休み連絡船で六時間, 休み遊ばしましては如何, 休み遊ばしました時ちょっと, 休みを浄め, 休み都会議員をし, 休み鉈豆に刻み, 休み開放されるの, 休み阿部知二の, 休み陳列の宝物類, 休みの去来, 休みな石ころ, 休みからにじむ, 休み食事をとった