青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊達~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

件~ 任~ ~任せ 任せ~ 任務~ 伊~ 伊勢~ 伊東~ 伊藤~ 伊豆~
伊達~
伊那~ ~伏せ 伏せ~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~ 休息~ ~会 会~

「伊達~」 1224, 13ppm, 8671位

▼ 伊達~ (193, 15.8%)

5 の方 4 のこと 3 の人たち, の人びと, の内紛, の将来, の者

2 [18件] が安泰, では上屋敷, と秋川家, に仕え, に内紛, に楯, に譲り, のあるじ, のため, の伊達, の入札, の問題, の大, の家臣, の宿坊, の役人, の紋, の臣下

1 [133件] からも抱え, から一粒, から出, から呉れる, から扶持, が亀三郎, が担当, が更に, そのほか, だけにお許し, だとて, でどんな, では, ではその, では一, では一藩, では不断上屋敷, では亀千代, では愛宕下, でもこの, でもさう, で継続, とが宿命的, との家臣, とは侯, とは近い, と細川家, にあっ, において兵部, にとってたいへん, にはしかじ, にはなん, にはまだ, には東照公, に下, に仕えられた, に伝える, に夜, に嫁, に存する, に対して反旗, に小石川堀, に御, に手, に秘蔵, に累, に若ぎみ, に関係, のささやか, のまん中, のわか, の一門, の一門一家, の上屋敷, の乙士, の事, の二大人物, の人々, の仙台, の侍, の供, の先人, の兵, の分家宇和島藩, の功名, の原田さま, の名誉, の国老, の士, の奥, の安泰, の宗徒, の定紋, の宝蔵, の家風, の宿舎, の専有, の就封三百年記念, の庇護者, の庶流, の当主, の後見役, の御用, の手, の旧臣, の本邸, の桜田上屋敷内, の桜田本邸, の浜屋敷, の浮沈, の王羲之, の用人, の直, の禍根, の私事, の築地塀, の米船, の羲之, の臣, の至宝, の船蔵, の衣裳持物, の親族, の訴訟, の証明, の負担, の追手, の運命, の重器展覧会, の重臣ども, の金山, の麻布屋敷, はいま三, は三千人, は安泰, は政宗, は数千人, は末永く, は浜屋敷, は籃中, へ仕え, へ帰った, へ来た, ほどの大藩, も六十万石, も壊滅, をとりつぶし, を出た, を徳, を横領, を潰す, 御安泰, 諸士控所

▼ 伊達~ (111, 9.1%)

3 ことを, 素性を 2 取調べは, 家に, 家来は, 方を, 様子を, 煙管は, 直臣, 行動が

1 [89件] ことかと, ことが, ことや, まち, ようすが, ようすに, アリバイは, 一家一門老職にまで, 一族も, 上に, 乙士は, 事について, 事を, 二人に, 仇名などを, 仕事と, 供述に, 停車場を, 味方な, 四人を, 場合と, 場合とは, 士風を, 声音には, 外に, 大御先祖, 大木戸, 大木戸あたりは, 大華族, 女の, 姓を, 威を, 嫌疑が, 子だ, 実の, 家と, 家を, 家中で, 家来を, 家臣では, 家臣でも, 家臣という, 家臣と共に, 家臣にて, 家長たちは, 容態を, 建場だ, 弁解に, 捕まつたこと, 政宗が, 春駒か, 時好として, 智慧であった, 様子に, 歩調が, 気持ちが, 渦巻と, 為に, 烈しい口論, 無罪を, 父という, 父母は, 眼鏡や, 科白ぢや, 素性の, 素袷の, 素足といふ, 素足に, 結婚について, 老臣どもは, 興廃に, 花嫁と, 落し差しでは, 蔵人家貞などの, 薄着と, 藤次郎政宗である, 藩地を, 衣裳を, 言葉は, 逃げさる, 遺書に対する, 陣跡, 青葉城下です, 顔には, 顔は, 顔を, 顔色には, 騎馬で, 騎馬鉄砲に

▼ 伊達政宗~ (60, 4.9%)

2 がその, が罪

1 [56件] からし, が, がある, がそれ, がひどく, がひどく羨, がわざと, がローマ, が会津, が太閤, が将軍家, が支倉, が支倉六右衛門, が来降し, が桃山城, が見た, が起つ, が連年血, が駈けつける, だ, である, という, という人, という大名, といふ田舎豪傑, にはじまった, に取り入り, に會, に言上, に関聯, のこと, のごとき, のはう, のひらいた, のよう, の手, の敵陣参加, の方, の殉死者, の軍兵, の領地, はいつか, は図南, は早く, は松島, は相, は米沢, ばかりでなく, も後れ馳せ, も皆文学, をかなり, をし, をのさばり出さぬ, を友達扱い, を説かなけれ, 迄が思ひ

▼ 伊達~ (56, 4.6%)

2 つけたるか, 買物など

1 [52件] かぶらせようと, ききに, さして, しごいて, したよう, して, すぐに, すぐ帰る, そんなあだ名, はあイッサイコレワノ, はつきりと, ひくわけ, ほかならない, ゃあささぬ生意気な, 交わしたわけ, 伸ばしたらしい月代, 備え徳川, 口に, 古仏, 婆さんを, 嫌疑が, 嫌疑を, 小刻みな, 就いても, 差して, 差す遊侠無頼, 引き取つて, 思い出した用, 托すと, 持った煙草入, 持つた煙草入, 持つちや, 持つてるん, 指さん事, 換え三味線, 書いて, 構えて, 用が, 眼鏡を, 突つ, 結ぶと, 結んだ銀杏返し, 結んで, 自ら酔つて, 行届いた姿見, 見せるつもり, 貴族振っ, 長刀を, 非ずして, 頼まれて, 飮めない, 飾って

▼ 伊達正男~ (50, 4.1%)

3 です 2 のこと, の供述, はほんとう, を養育

1 [39件] が恐ろしい, が捕えられ, が犯人, が病床, が窓, が自白, が警察, であつ, でない, で昨夜, という人, という人物, という存在, という男, という青年, には一回, に改めて, の事, の叔母, の姿, の存在, の父, の父母捷平夫婦, の病気, の素性, の行動, の身, の頭, はこの, はさつき, は君, は明らか, は犯人, は誰, を, をよん, を取り調べた, を育て, を訴えたい

▼ 伊達~ (47, 3.8%)

4 警察に 2 夕方出かけた, 犯人だ

1 [39件] あの時さだ子, あの浴槽, いつもよりずつと, いて, さだ子の, とめられた一件, どうして戻つ, どう帰つた, どこか, ひろ子と, まつすぐ, 一人で, 二階に, 佐田やす子を, 全責任, 加わつて, 勝てば, 口論を, 微笑し, 抱きとめたが, 来たという, 殺人の, 殺人を, 牛込警察署に, 用も, 疑われようとは, 疑われれば, 病気と, 私の, 脅迫し, 自分の, 至上の, 蒲生に対する, 話して, 起たない伊達政宗, 遊びに, 非常に, 顔を, 驚いて

▼ 伊達さん~ (47, 3.8%)

2 が警察, のこと, を疑

1 [41件] がいらし, がおそらくは, がど, がまず, が一人椅子, が今, が今朝, が何, が捕まる, が来, が母, が犯人, が申しました, が自分, が見える, でございます, と後で, と私, にお, にさそわれた, にすぐ, のお父さん, の事, の所, の決心, の父, の相手, の結婚問題, の過去, は一体, は今, は今日, は全く, は十七日, は妹, は捕まつ, もおりました, を, を信じない, を疑う, を育て

▼ 伊達~ (37, 3.0%)

2 増長致させ, 犯人だ, 疑つて, 見舞いに

1 [29件] いまだに忘れぬ, かばおうと, さしても, また留置場, よんで, グルグル巻, 先頭に, 凛然という, 売り物に, 失うこと, 愛しては, 疑い, 疑い出した, 疑い出したの, 疑い出したらしいので, 疑えば, 疑わせて, 疑わせようと, 盡くし, 競い常に, 競ったから, 考えたん, 見まいに, 訴えたと, 誇る都, 送つてさだ子, 送つて林田, 送り出したさだ子, 送り出て

▼ 伊達~ (25, 2.0%)

1 [25件] そして洋語そのもの, ところは, なりを, のね, んです, 兄の, 刀の, 味が, 姿を, 婦である, 從者に, 服装の, 格好を, 様子で, 男ッ振りと, 着物を, 若者だった, 衣裳を, 袷よりも, 装いよほど, 襟の, 趣きで, 青年好みの, 顎や, 風を

▼ 伊達~ (25, 2.0%)

3 が邸内 2 はまだ

1 [20件] がたしかに, がまた, が一旦, が二度目, が嫌疑, が念, が戻, が誰, と話し, にききました, にはかけられ, の事, の方, の話, はきつ, はその, はどういう, は僕ら, も来られた, をも留置

▼ 伊達~ (23, 1.9%)

3 さだ子は 2 さだ子が, 相馬の

1 [16件] さだ子がは, 二人あとでは, 二人で, 会つ, 信夫の, 別れてから, 妥協し, 心得て, 早川が, 早川とを, 林田が, 林田の, 結びついて, 自分の, 言えば, 豪奢の

▼ 伊達~ (22, 1.8%)

1 [22件] あの室, いつもの, そのおも, それじ, だね, どうしても一味南欧的, ほんとうに, 一旦帰宅, 一晩とめられ, 二階の, 夕方林田さんの, 大分やつれ, 婚約者で, 少くとも, 帰宅を, 平気で, 思つたより, 此頃毎晩の, 殺人の, 病気林田は, 競わずも, 語り終つて目を

▼ 伊達兵部~ (22, 1.8%)

5 少輔 3 と田村右京, 少輔宗勝 2 の用人 1 から多額, から月, がまっさきに, という人, との三人, のため, の屋敷, へいっ, をつかむ

▼ 伊達安芸~ (19, 1.6%)

1 [19件] が事, が涌谷, が相伴, が重罪, で甲斐, といっしょ, と伊達式部, と茂庭周防, にひと言, に盾, に評, の手紙, の遠田郡, の駕籠, は早朝, は遠田郡, は酒, まで使者, を斬

▼ 伊達~ (16, 1.3%)

3 である 2 はどう

1 [11件] がよく, が来, ったら, であり風流児, であろうが, ですよ, になり, に変貌, の心得, は苦味, への変貌

▼ 伊達~ (15, 1.2%)

3 はない 2 かけて 1 あつて, こいつばかりは, すらこれ位, はありません, はなかっ, はねエん, よいが, 噪狂でなけれ, 寛濶な, 綺麗で

▼ 伊達捷平~ (14, 1.1%)

4 の妻 3 の幽霊 1 が, がうつつたん, すなわち正男, と一緒, と同じく, の呪い, の場合

▼ 伊達という~ (11, 0.9%)

2 人が, 人の 1 のは, 人は, 地名は, 家に, 男ね, 男は, 邸の

▼ 伊達六十万石~ (10, 0.8%)

2 を分割, を寸断 1 が安泰, のため, の存亡, の安泰, の改易, は無事

▼ 伊達~ (9, 0.7%)

3 あれば 1 あの家族, この事実, さだ子も, のめいた黒, 共犯者と, 廓景色の

▼ 伊達家中~ (9, 0.7%)

1 になに, には現に, には穏やか, に紛争, の不, の内紛, の悪政, の紛争, ばかりでなく

▼ 伊達式部~ (7, 0.6%)

2 に預け 1 が無法, が領, との領地, の領地, へ預け

▼ 伊達~ (6, 0.5%)

21 として初江, と思う, ね, よ

▼ 伊達には~ (6, 0.5%)

3 通るほどの 1 つけぬぞ, 何の, 差さぬ

▼ 伊達~ (6, 0.5%)

1 が本気, との観音堂, の様子, は主将, もさすが, も蒲生勢

▼ 伊達姿~ (6, 0.5%)

1 が, が眼, で上り下り, で歩け, で舞台, にはない

▼ 伊達~ (6, 0.5%)

1 がわざわざ, の保護, の大きな, の始祖, の歴史, の法典

▼ 伊達かよ子~ (5, 0.4%)

1 という名, となつた, と同じく, の妹, の親戚

▼ 伊達好み~ (5, 0.4%)

1 から派手, な服, な服装, の戯談好き, の茶壁

▼ 伊達本家~ (5, 0.4%)

1 から出, から分けられた, に対してなにか, の中屋敷, の臣

▼ 伊達正宗~ (5, 0.4%)

2 の詩 1 が太閤, の最初, の額

▼ 伊達綱宗~ (5, 0.4%)

1 が彼, の側室, は万治元年, は新, も科

▼ 伊達邦夷~ (5, 0.4%)

2 の家臣 1 が陣笠, その人, はさかやき

▼ 伊達~ (4, 0.3%)

1 などは六十余万石, に申し伝えい, よりそち, を招待

▼ 伊達~ (4, 0.3%)

1 と細川家, のお, の上, の御

▼ 伊達~ (4, 0.3%)

1 であらう, で身, の喰, をきつく

▼ 伊達宗城~ (4, 0.3%)

1 からやはり, が, の言葉, は家老

▼ 伊達~ (4, 0.3%)

1 の赤い, の間, も一本, を大きく

▼ 伊達~ (4, 0.3%)

1 にひき渡した, のお家騒動, の者, の諸家

▼ 伊達~ (3, 0.2%)

2 がたし 1 がたに

▼ 伊達との~ (3, 0.2%)

1 会見は, 関係上多少, 関係大崎義隆の

▼ 伊達はな~ (3, 0.2%)

3 けれど何と

▼ 伊達~ (3, 0.2%)

1 その他に, 洒落ツ気も, 飾り物では

▼ 伊達五郎~ (3, 0.2%)

1 という人間, という表札, なんて聞いた

▼ 伊達兵部邸~ (3, 0.2%)

1 の門, へゆき, を訪ね

▼ 伊達家六十万石~ (3, 0.2%)

1 と全, の藩主, をめぐって雅楽頭

▼ 伊達屋敷~ (3, 0.2%)

1 が焼けた, におりました, は諸侯

▼ 伊達巻一つ~ (3, 0.2%)

1 で従っ, の時, の艶

▼ 伊達捷平夫婦~ (3, 0.2%)

1 が死亡, と秋川駿三夫婦, に関係

▼ 伊達政宗公~ (3, 0.2%)

1 というの, の臣下, より他

▼ 伊達模様~ (3, 0.2%)

1 という一つ, という云い, の単衣物

▼ 伊達羽織~ (3, 0.2%)

1 も地味, を, を腰

▼ 伊達~ (3, 0.2%)

1 に館, の掛田, の霊山

▼ 伊達陸奥守~ (3, 0.2%)

1 お預り, の一族伊達兵部, の家来

▼ 伊達~ (3, 0.2%)

1 から分けた, から分けられた, だと

▼ 伊達から~ (2, 0.2%)

1 かけて, 口ど

▼ 伊達じゃ~ (2, 0.2%)

1 いけない真, ない

▼ 伊達です~ (2, 0.2%)

1 か, がね

▼ 伊達とは~ (2, 0.2%)

1 婚約者だ, 違って

▼ 伊達などの~ (2, 0.2%)

1 実例を, 惑星が

▼ 伊達に対して~ (2, 0.2%)

1 かなりえんり, 伊達模様という

▼ 伊達に対する~ (2, 0.2%)

1 恋愛を, 警部の

▼ 伊達らしい~ (2, 0.2%)

1 怪しい男, 男が

▼ 伊達一家~ (2, 0.2%)

1 に対してなした, に永久

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 水, 水の

▼ 伊達侯爵家~ (2, 0.2%)

2 の売立

▼ 伊達六十余万石~ (2, 0.2%)

1 と多数, を手

▼ 伊達共犯説~ (2, 0.2%)

1 に対して云つたの, をちよ

▼ 伊達兵部さま~ (2, 0.2%)

1 とでなにか, のこと

▼ 伊達卷き~ (2, 0.2%)

1 をグル, を締め

▼ 伊達太夫~ (2, 0.2%)

1 が辛い, などは稽古

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 といった, や風流騎士

▼ 伊達宗家~ (2, 0.2%)

1 に属する, の安泰

▼ 伊達寛達~ (2, 0.2%)

1 な風, に学ぶ

▼ 伊達小袖~ (2, 0.2%)

1 で寛濶, と犬医者

▼ 伊達左京~ (2, 0.2%)

1 の方, を探し

▼ 伊達左京介~ (2, 0.2%)

1 であった, の使

▼ 伊達巻き~ (2, 0.2%)

1 とそれから, 一本の

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

2 から

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

2 之助

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 藩から, 藩に

▼ 伊達権中納言殿~ (2, 0.2%)

2 の役人

▼ 伊達次郎~ (2, 0.2%)

1 というの, などと云う

▼ 伊達秋川両家~ (2, 0.2%)

1 の事件, の話

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 と一, や漆桶

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 だけ掛けた, をぎりぎり

▼ 伊達藤次郎政宗~ (2, 0.2%)

1 は人々, は十八歳

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 にも似合わざる, のよう

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 と尋ね廻った, の岡田三郎助

▼ 伊達~ (2, 0.2%)

1 州邸では, 江守宗城

▼ 伊達領内~ (2, 0.2%)

1 にある, の金山

▼ 伊達騒動~ (2, 0.2%)

1 というもの, の講釈

▼1* [190件]

伊達または両方, 伊達かよの妹, 伊達さだ子が母, 伊達さだ子いずれかが昇汞, 伊達さだ子共犯説さ, 伊達さまの追手, 伊達さ加減で書類, 伊達しつくして紙衣, 伊達そのほか三四ヵ国の, 伊達だの肌合いの, 伊達でも当時に, 伊達といふ方で, 伊達とか南部とか, 伊達とが妥協を, 伊達とも思われるのに, 伊達どののご, 伊達なこしらへを, 伊達などというと, 伊達などに至るまでが, 伊達なら今僕が, 伊達なんて学校ぢや, 伊達な挿し扇, 伊達にでも使つ, 伊達にとつては, 伊達にや持たねえ, 伊達はずつとお母さんの, 伊達はぶつきらぼうに云, 伊達ばかりじゃない, 伊達ひきの火花, 伊達傾いて, 伊達ほどの大藩の, 伊達まきの上, 伊達むつの守, 伊達めいて面白い, 伊達めいた気風を, 伊達ものには見えない, 伊達より少ないと, 伊達は皆下, 伊達て変, 伊達三位遊雅平, 伊達一家中国は長州, 伊達一族はその, 伊達一藩にはこの, 伊達一門一家宿老ども熟談し入札, 伊達一門分家として審問, 伊達一門原田どのは家臣, 伊達三位房游雅とは, 伊達上杉の両立, 伊達上杉北条長曾我部みなそれぞれ名器の武将, 伊達上杉蒲生等の名族, 伊達与兵衛中山是非介働き殊, 伊達中将中仙道口は越前松平侯, 伊達二人と母, 伊達五十四郡の存亡, 伊達井伊等大軍で攻めた, 伊達伊予守両閣下, 伊達佐竹結城そのほか北藩数十, 伊達侯首がすっと, 伊達とか松平某, 伊達公六十余万石を挙げ, 伊達六十二万石を分割, 伊達六十二万石のちから綱, 伊達前田黒田という聞えた, 伊達千代松さまへお預け, 伊達千広と云, 伊達南部幾多の陣, 伊達南部結城などの大, 伊達又はさだ子が, 伊達吉村侯は細川侯, 伊達君君は今, 伊達君手数をかけない, 伊達周禎を推薦, 伊達堂下此奥に林子平, 伊達堂山の下にある, 伊達太夫相生太夫らにて今回, 伊達夫婦の身寄り, 伊達女たちと隠れ遊び, 伊達女房の夜歩き, 伊達みな気味が, 伊達安芸つぎに現職, 伊達安芸らと心, 伊達安芸伊達式部らの一門, 伊達安芸原田甲斐らはその, 伊達宗家一門としての名聞, 伊達宮内少輔, 伊達家ぜんたいのため, 伊達家一門一家のあいだ, 伊達家三代の霊廟, 伊達家中ぜんたいが同じ, 伊達家六十二万石を寸断, 伊達家十三代稙宗が天文五年, 伊達家奥御殿の場, 伊達家家中の面々, 伊達家所蔵の王羲之, 伊達家改易に成功, 伊達家文書巻之一, 伊達家時代から名題, 伊達家横領のため, 伊達家牧野家小笠原家黒田家本多家へも次第に, 伊達家秘宝の一つ, 伊達家秘蔵の赤穂義士, 伊達家老臣はこちら, 伊達家臣として道理, 伊達家臣ぜんたいに対する誓約, 伊達家草創よりの家柄, 伊達家菩提所の瑞鳳寺前, 伊達家贔屓であるから, 伊達寛濶な昔, 伊達対大崎の戦, 伊達早などが, 伊達左京亮は加賀絹数巻, 伊達左京介どのの御, 伊達左京介殿のお, 伊達といった風, 伊達巻姿で布団, 伊達式部らの一門, 伊達弥惣兵衛為永といふもの, 伊達忠宗に嫁, 伊達慶邦の処分, 伊達を持っ, 伊達捷平といつてね丁度, 伊達宗と徳川家康, 伊達政宗さへ此年, 伊達政宗仙臺を鎭, 伊達政宗位だけだ, 伊達政宗松平忠輝等の連合軍, 伊達政宗的な言葉, 伊達政宗等と片山道明寺附近, 伊達旧領の図牒, 伊達本邸を焼いた, 伊達本領の内, 伊達林田もこれ, 伊達桑折の宿, 伊達と小松甲斐守殿, 伊達模樣でなか, 伊達正男さだ子佐田やす子の三人, 伊達正男さんが加わつ, 伊達正男早川辰吉両名, 伊達正男秋川さだ子の結婚, 伊達正男秋川さだ子共犯説には見逃し, 伊達武士のうち, 伊達氏くらゐだけ, 伊達気分などはもはや少し, 伊達洞院の諸, 伊達浅野両侯, 伊達煙草だなく, 伊達牧野小笠原黒田本多の諸家, 伊達男お前が苦しむ, 伊達男たちが囁き合った, 伊達男ぶりやワイシャツ, 伊達男小室の咽喉, 伊達男爵は美音会, 伊達眼鏡を嫌, 伊達秀宗がかつて, 伊達競べに使われた, 伊達二に, 伊達細川黒田毛利鍋島家池田浅野井伊藤堂阿波の蜂須賀, 伊達締めをきゆうき, 伊達自得翁この田辺, 伊達の当世風, 伊達若狭守殿の控邸, 伊達若衆の新九郎, 伊達藤五郎成実だ, 伊達藤次郎かお, 伊達藩士が拓いた, 伊達藩宿老の家格, 伊達藩廳が江戸, 伊達行朝そのほか, 伊達行親真壁城主の真壁幹重, 伊達贔負の随一, 伊達跡伊達跡と尋ね廻った, 伊達の総, 伊達輝宗も来, 伊達遠江守殿から贈られた, 伊達遠江守蔵人は従五位下常陸介朝宗どの, 伊達遠江守邸に着く, 伊達邦夷個人の所有, 伊達郡小国村で出来る, 伊達郡山舟生や安達郡, 伊達郡桑折の宿, 伊達郡梁川の城主, 伊達郡苅田郡柴田郡名取郡宮城郡黒川郡であって, 伊達陸奥守六十万石の大, 伊達と会戦, 伊達ということ, 伊達風流にし, 伊達騒動当時の陰謀, 伊達で下り, 伊達黒田の人々, 伊達黒田島津毛利に次い