青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

何もの~ ~何やら 何やら~ ~何より 何より~ 何ら~ 何れ~ ~何ん 何一つ~ ~何事
何事~
~何人 ~何処 何処~ 何分~ ~何度 ~何故 何故~ ~何時 何時~ 何時も~

「何事~」 6011, 65ppm, 1754位

▼ 何事~ (2369, 39.4%)

189 なかった 27 なかつたやう, 手に 22 ないよう, 無かった, 知らずに 19 ない 14 忘れて 12 ないの 10 なくて 9 なさそう, 起らなかった, 起らなかったかの, 隱さず 8 ないと 7 なく過ぎました, 起らずに 6 ないやう, なしに, 知らなかった, 知らぬげに, 自分の

5 [11件] ありませんでした, この身, して, ないので, なければ, 命令の, 無かつ, 私に, 考へずに, 起こらなかったかの, 起らない

4 [22件] ありません, ないが, ないらしい, なくその, なく過ぎ, 云わずに, 大目に, 心に, 忘れたよう, 打明けて, 水に, 知って, 知らないと, 知らないの, 知らないので, 神の, 耳に, 胸に, 腹蔵なく, 語らなかった, 諦めて, 起らなかつた

3 [38件] おつ, ないかの, なかつた, なく, なくただ, なく済んだ, なく過ぎた, なく静か, なし得ない, 云は, 人に, 何事も, 出來, 天下の, 天命です, 御存じない, 明すけ, 無くて, 無ければ, 犠牲に, 知らない, 知らない人, 知らなかつた, 知らぬと, 確かな, 考えずに, 自分で, 自分に, 自然に, 親切に, 言は, 言はずに, 言出さず, 語らなかつた, 起こって, 金で, 隠さずに, 黙って

2 [129件] ありは, いわざりき, お上の, お主, お前の, お気に, きれいに, これからである, ございませんでしたが, すること, せずに, せず待ち, ないに, ないん, なかったらしい, なかつたよう, なくすぎ, なくすぎました, なくずっと, なく家, なく帰って, なく御, なく暮せ, なく暮らし, なく済みました, なく済む, なく済ん, なく無事, なく経過, なく進ん, なし, ねえよ, みな, わかって, わすれ草と, わたくしの, わたしの, 云うまいと, 云う能わずして, 仕出かさないの, 仕方が, 他人の, 偶然である, 内分に, 別に気, 口には, 合理化せず, 因縁ずくと, 容易に, 宿世の, 彼に, 彼の, 心の, 必然である, 忍んで, 忘れ果てて, 思いません, 思うに, 思うまま, 思ふこと, 愉快に, 意に, 意の, 成就し得ない, 成就せぬ, 我々には, 手が, 手の, 打ち明けて, 控え目に, 支那の, 明日に, 昔の, 正直に, 此の, 残っては, 母親に, 気づかずに, 気を, 深くは, 無い, 無いの, 無さそう, 無しに, 熱心に, 父の, 狐の, 申上げない, 畏くて, 相談し, 知らせずに, 知らないから, 知らないで, 知らないよう, 知らぬ顔し, 研究し, 神様の, 私が, 秘密に, 経験だ, 考えずただ, 考えて, 考えなかった, 考えまいと, 聞かなかったよう, 自分を, 自己の, 解決し, 言うな, 言えない, 言えなかった, 言ふ, 言わずに, 言わなかった, 言葉に, 語らない, 起こらないという, 起こらなかったの, 起つた様子, 起らないで, 起らなかったの, 起らなかつたかの, 起らなかつたと, 起らなかつたもの, 起らぬよう, 起りませんが, 辛棒, 運命だ, 阿彌陀樣の

1 [1402件 抜粋] あきらめの, あったの, あつたらしくは, あなたに, あの内, あまりに無感覚, あらざりしを, あらず内, あらば, ありませんでしたが, ありませんと, あるまいいずれ, あわてすぎたくは, いうな, いつわらずに, いやがり訪問, いわなかった, いわれませなん, うそから, うなずいて, おかしいの, おこりませんでしたが, おしまいである, おっしゃりつけ, おぼしめしの, おまかせおき給わります, おもわずに, お世話人, お家には, お心寛, お梅, お耳, お艶, かくさず嘘, かなへ, くよくよする, ここまでで, この峰, この老, これからは, これらの, ございませんでした, させずただ, しずかな, した家中, しない日数, しなかったもの, しゃべっては, すがっては, すぐれた魂, すべては, すべて小器用に, ずばずばとは, そうだ, そう出来し, そのときどき, その妻, その時逢着, その通り, それからの, そんなこと, ただ明るく快く頼もしく, だめじゃ, できないから, できは, とんと記憶, ないごく, ないぢ, ないとき, ないらしく, ない人, ない平和, ない枯木雪, ない清浄, ない鏡, なかったら, なかつたから, なかつたといふ, なかつたので, なかつた普段, なからざりし, なかりしを, なかれただ, なき薔薇, なくこの, なくさも当然そう, なくすみます, なくって, なくやはり, なくタイタニック, なく一年, なく事済, なく分れました, なく助かったの, なく十九日, なく千曲川, なく唯, なく少くとも, なく市, なく年月, なく待っ, なく明け, なく昨日, なく月日, なく次第に, なく波紋, なく漸く, なく玄関, なく穴, なく終ったの, なく終り船長, なく至極平穏, なく課業, なく迎, なく通りすぎたとたん, なく過ぎれば, なく過去, なく鶏, なさない者, なされて, なしえない, なし得ず今や, なし得ないもの, ならぬは, なるよう, ねつうやる, はじめの, はつきり口に, ぼんやりとしか, まず疑い, みな我からぞ, みな昔とぞ, みんな七蔵の, もうこれ, やがてよくなりますでしょう, やり出せば, やれるところ, よくお, よく之, よく通じます, わかき日, わからないで, わが国は, わきまえぬが, わだかまりの, ウソだ, ジッと, チャンスによって, ミルハに, 一人で, 一律には, 一時の, 一生たった, 三浦さんに, 上達は, 不便なれ, 不安定に, 不平を, 不確, 不調法, 世界的, 世間を, 主人の, 予期通りには, 事上錬磨だ, 二宮宗の, 云い出しそう, 云へ, 云わなかった, 云わぬ, 仏様の, 仕出かさなかった, 仰しゃらずに, 仰せられず取納めこ, 仰言ゃってくださるな, 任して, 余り世話焼き, 信ぜられなくなりやはり, 修業中だ, 僕が, 先とは, 公平に, 共有といった, 具体的の, 内気なる, 処理し, 出来ず空しく, 出来ない, 出来ぬと, 出来るよう, 分かりませんよ, 分りませんが, 分るの, 初心の, 判るやう, 別れて, 制度と, 前世にて, 加勢し, 勉強だ, 包まず隠さず申し上げますが, 包み隠しは, 半分は, 厭に, 取り合わないで, 叡慮を, 口へ, 古きおしおき, 叫ばなかつた, 合はず姑に, 君お, 命ぜられずに, 和しそして, 唯々諾々として, 善悪の, 因果なれや, 因縁づく, 因縁です, 因縁時節と, 在り得ないから, 堪忍を, 報道しない, 変ずる事, 外國人の, 夢である, 夢の, 大がいは, 大仰な, 大呑込, 大義名分という, 大隈の, 天命の, 天真爛漫に, 太政官の, 夫の, 妾が, 娘が, 子供と, 孔孟でなけれ, 存じませんが, 存じ申さぬ, 安心だ, 官僚に, 実地の, 実用的でなけれ, 実践に, 家来どもに, 宿縁とは, 寛大に, 将軍家を, 少かった, 屈託なく, 差し控えねば, 常にこの, 年寄作右衞門と, 弁えず又, 弁えぬ余, 当てには, 彼には, 彼女を, 得出來, 御ゆるし, 御存じで, 御存じなし, 御家風, 御意の, 御覧が, 徹底し, 心が, 心強く抛た, 心臓から, 必要は, 忍びまた, 忍ぶ, 忘れた状, 忘れ何物, 思いの, 思うとおり, 思う暇, 思はじ思ひて, 思ひますまい思ひますまいとて, 思ふま, 思わなかった, 怠り勝, 急ぐ必要, 悪くは, 情が, 意, 感じて, 感情任せ, 憂ひなけれど, 成行きに, 我慢しよう, 手つ取り, 手前一存にては, 手筈が, 打ち任せきったよう, 打ち明けるといつて, 打ち開けて, 打まけたで, 打明けるの, 打算しない, 扱って, 承知不, 拒まなかったけれども, 拝伏し, 控目に, 敏活には, 數にかけて, 断ぜられ何事, 新聞に, 日本風を, 早合点は, 明瞭と, 時の, 暴露した, 書き残して, 有の, 有りません, 有りませんよ, 未だ彼, 東京中心の, 根本さえ, 極力秘密, 楽観的に, 歐米の, 此の方が, 武士とは, 殿様の, 気づいて, 気早の, 水の泡と, 決定しない, 決断出来ない, 泣き寝入りに, 注意次第です, 洩らさなかった, 消極的に, 済んだ後, 濟んだ, 為しえずに, 為し得ぬ容体, 為ません, 無い日, 無きは, 無く勤務, 無く済め, 無く静か, 無事泰平である, 無政府状態, 無駄には, 父親が, 物遠い, 王さまの, 理窟っぽく数学的, 理解しなかった, 生きんが, 用が, 申しあげて, 申しましょう, 申しませんでした, 申し立てて, 痛烈に, 皆お前様の, 皆変りはて, 皆気随気侭に, 皆若旦那, 目に, 相談する, 相身互, 知らうと, 知らざりしもの, 知らずす, 知らず生駒, 知らせず祝わせて, 知らないらしい様, 知らない妻, 知らない旅舎, 知らない私, 知らない風, 知らなかった子供, 知らなかつたの, 知らぬもの, 知らぬよう, 知らぬ余, 知らぬ態, 知らぬ母親, 知らぬ顔で, 知られて, 知りませんでした, 知るまいと, 知れないよう, 神仏に, 神様は, 私の, 移らぬの, 積悪の, 穩便に, 突発的な, 答えない, 米国人との, 精神的の, 素直に, 経験し, 縁と, 老人の, 考えず何事, 考えない放心, 考えられないよう, 考えられぬよう, 考えるまいと, 考へて, 考へまいとして, 耐え忍んで, 耻か, 聞かぬよう, 聞き入れません, 聞はべらず, 胃の腑から, 腹は, 自分では, 自分より, 自業自得自分の, 自給自足であった, 致しませぬ, 芸の, 若いに, 華やかに, 落着い, 行き屆, 行われて, 要するに唯, 見なかったよう, 見識で, 視野が, 親の, 解しかぬ様, 解らない, 言いたがらず誰, 言い兼ねるの, 言うには, 言はじ思はじ, 言はず此儘歸り, 言わないという, 言わねば, 言出す, 訊いても, 記されて, 記憶らしい, 訴えること, 話さなかった, 話しを, 話し掛けは, 話なさなかつた, 語っては, 語らないから, 語らなかつたから, 語るまい, 説く資格, 説明する, 調べ上げきわめ尽くした事実, 諦らめて, 謎の, 豪勢に, 貴女次第です, 赤心を, 起こらない, 起こらないの, 起こらなかったこと, 起こりは, 起らずそれ, 起らなかったし, 起らなかつたなら世人, 起らなかつた筈, 起りそう, 起り得ない夜, 趙雲と, 辛抱が, 辛抱で, 逆らわぬ主義, 遂に起こらない, 遅れがち, 運命です, 運命と, 過ぎに, 道理に, 遠慮がちにて, 遠慮を, 酒が, 金金と, 関羽に, 陽気であらせたい, 隠さないこと, 隠さないの, 隠し立ては, 隱し, 面倒くさくなった, 面白く行かぬ, 須田伯耆の, 顧慮せず

▼ 何事~ (608, 10.1%)

8 考えて 6 起って 5 あったの, ささやいた, ささやいて, 成らざら, 熱心に 4 ある, あると, 凝議し 3 あるの, して, 囁いた, 大声で, 存じませぬが, 小声に, 話して, 起ったに, 起りそう

2 [45件] あって, あらん, あるな, あるに, あるん, これに, だと, なければ, ひそ, やり出すだらう, ッ, ヒソヒソと, 不自然な, 之に, 判らないが, 命令を, 喚いて, 囁いて, 囁くと, 声高く, 声高に, 大声に, 容易ならぬ, 小声で, 市政の, 思いついたと, 決心した, 画策し, 相談し, 知らぬが, 知らんが, 知らんと, 知れないが, 考え込んで, 考へて, 胸に, 話し合った, 話を, 話合っ, 起こったらしい, 起ったよう, 起ったらしい, 起りは, 起るに, 重大な

1 [440件] あった, あったという, あったなという, あったので, あったよう, あった場合, あった時, あっては, あってはと, あつた, あつたらしい, あらう, あらんと, ありしと, ありそう, ありは, ありましたと, あり相, あるかと, あること, あるだろうと, あるとき, あるやと, あるよう, ある時, あれば, いいつけ, いいつけて, いおうと, いそぎ始めて, いどみかかるよう, うなづき合つて, おかなしみ, おこったり, おこつたと, おっ始まってる, かき付くる, ここに, ここには, こころもちあえがせ, この一言, この一軒, この間に, この集会所, これへ, これを, ごやご, ささやきしが, ささやきはじめた, ささやき出す, ささやくと, しきりに弁明, しきりに推賞, しでかして, しなければ, しばらく考えこん, しゃべって, しようという, じいっと考え込ん, すぐ通せ, そこで吏士たち, そっとその, その云い, それでは折角, つぶやいて, でき候得バ, と列し, どこかで, なくては, ならざら, ならざらん, ならざんやだ, にわかに思い出し, ひそかに, ひそひそ囁き, ひそひそ相談, ひそひそ話しこん, ひそやかに, ひそんで, ひとりで, ひとり胸に, ぼそぼそと, またべつ, また戻っ, まだ事情, やりださずには, わあっと, わからずに, わからない, わからない或, わからなかった, わかりは, わかりませんが, われらには, タマリかねたらしく立ち上っ, ハッと, ブツブツと, ボシャ, 一向に知りません, 一大事件を, 一心不乱に, 一意専心演説を, 不慮の, 不満の, 主君の, 久しく祈念, 了解に, 予に, 二人は, 云いかけようと, 云いたげだった, 云いたげに, 云いだしかねて, 云いはじめた, 云い争い, 云い争って, 人生の, 今ごろは, 今夜は, 今我つぶ, 今考へる, 仕事を, 企てようと, 企んで, 会談し, 低声, 作者の, 侍臣を, 依頼した, 信長公の, 候うべき儲君, 凶事か, 出来するだろう, 出来ると, 分からずに, 分りませんが, 分りませんもの, 分りません小座敷, 分るの, 判らなかった店, 判らぬまま, 動乱の, 千鶴子の, 半兵衛殿の, 協議し, 協議した, 博士に, 危険の, 古木書記に, 叫びたつ, 叫ぼうと, 合点し得ぬ, 名状出来ない, 吠えあい叫び, 含め至急, 告げに, 告げるべくまた, 呟く, 呪い喚いてる, 呪文の, 呻くよう, 命じ郭淮, 問うて, 喋って, 喋舌り出した, 嘆いて, 囁いで, 囁かれた, 囁き合い乍ら, 囁くかの, 囁く声, 囁やいた, 囁やきつつ, 国書を, 報らせ, 変ったもの, 外が, 大きな仕事, 大きな影響, 大きな憂い, 大事な, 大変な, 大騒ぎを, 天意の, 夫人に, 始まったかなと, 婆さん聲を, 嬉しさうに, 嬌声を, 密告した, 密談が, 密談した, 察する, 尋ねて, 屋久島の, 已に行つて, 常に浜松, 幕府の, 彼方からは, 待ち受けるかの, 御用でも, 心に, 心躁ぐ様にて, 心配し, 忙しげ, 快楽といふ, 思いきって, 思いたって, 思いついたよう, 思いついた泰軒先生, 思いつかれたよう, 思いつめたよう, 思い付いたと, 思い出したと, 思い出したよう, 思い出したらしくいきなり, 思い出した様子, 思い出して, 思い当たったと, 思い当たるの, 思い当ったらしく唾液, 思い当って, 思い当れるを, 思い決した, 思ひ付いた態, 思入れよろしく, 思案せられるらし, 思案に, 急, 怪異な, 恐ろしいこと, 恐ろしい事, 恐ろしい事件, 恐怖すべき, 息を, 悲しむべき結果, 想い始めた, 意味あり, 慰め合わねば, 懸命に, 成らざらむ, 成らざる事, 成らぬという, 或る, 扉の, 手蔓を, 打揃う, 打案じ, 承って, 按じて, 支那語で, 新七, 日夜工匠の, 早打, 昔を, 暗示された, 暗示し, 暫し囁きし, 有った時, 有らば, 有らんや, 朝鮮の, 期するところ, 期する所, 条件を, 案じて, 機も, 次の, 気が, 気づいたよう, 永遠を, 求めること, 決心したらしく, 決心を, 決意したらしく, 決意を, 決断しなけれ, 沈吟に, 沈思に, 沖に, 洛内に, 深い決心, 深い考え, 深く思考, 深く決意, 深く考え, 深まって, 湧き起って, 源十郎に, 演説し, 漢に, 激しい罵声, 火星人が, 為させやう, 為さでかな, 為すあらんと, 為す可, 為ようという, 無くては, 熟思する, 爲さんと, 爲に, 物問ふ, 物思いを, 特別な, 犇めき合つて, 狼狽し, 理屈を, 由々しい準備, 異常な, 発言しつ, 發言しつ, 皆かき消え, 真剣に, 睦まじそう, 睦まじ気, 瞑想に, 知らず篝, 知りたかった, 知りませぬが, 確証を, 祈って, 祈ってでも, 祈りながら, 祈りの, 祈るよう, 秀吉は, 私たちに, 私の, 秘策を, 秘議し, 積極的に, 突然の, 笑い興ずる, 笑ひ興じ, 符牒を, 策を, 約束が, 細々と, 結論する, 絶叫したい思ひ, 継母との, 繰り返して, 罵り出した, 考えながら, 考えに, 考えまわし, 考えを, 耳へ, 耳打ちし, 耳許へ, 耳語い, 聞かうと, 聞き取って, 聴かして, 胸の, 胸を, 胸中に, 脅すよう, 膝づめで密談し, 自ら語る, 自分に, 自然の, 血腥い騒動, 行われて, 街に, 西門の, 見透しが, 親しげ, 触れるもの, 言いたてようと, 言い出すと, 言おうと, 言ひ, 言ひだし, 言ひ出した, 計を, 計画を, 訊問され, 訓令を, 記憶を, 訳の, 訴えて, 評議し, 詩人の, 話したもの, 話し中, 話し合って, 話合ふ, 語り合ひし, 語り顔に, 談じ, 談合って, 諜しあっ, 謀むぞとうるさい, 謀議した, 警視に, 議して, 議を, 貫けぬこと, 質問を, 起きたの, 起こったあと, 起こって, 起こりましたかな, 起した日, 起ったこと, 起ったな, 起ったの, 起つたに, 起つたら三人, 起つて, 起らずには, 起らぬでも, 起らぬ方, 起らねば, 起りたるとは, 起りに, 起り相で, 起る, 起るぞ, 起るので, 起るべくして, 起るべく思われて, 述べはじめた, 進行し, 遂げざら, 錯乱を, 閃いたもの, 関心を, 附け加, 非常なる, 面白相に, 頬を, 頼まれると, 額を, 饒舌って, 首を, 騒いで, 騒ぎ出したので

▼ 何事~ (345, 5.7%)

67 つけても 6 よらずその, 就ても 5 就いても, 於ても 4 ございましょうか, 於いても 3 よらずよろしから, よらず自分, 付けても

2 [17件] ござります, しても, ついてでも, まれ此方から, まれ言葉が, よらず, よらず一度, よらず彼, よらず素人, 依らず今, 向っても, 対してでも, 對し, 罵り騒ぐぞ, 逢っても, 附けても, 限らずその

1 [205件] あれ着実真摯, お逢, かかわらずただ, かかわらず司馬徽, かかわらず微妙, かかわらず知り得たこと, かかわらず間違い, かぎらずそれ, かぎらず女, ござりましょう, ござる, さうまで, しましても, しろただ, せよはっきり, せよ事, せよ手がける者, せよ旧式, せよ自己, そうまで, つけいつもよく, つけこの, つけ共に, つけ同じ, つけ威儀, つけ異様, つけ疑いぶかく, つけ藤氏, ならんと, まれお, まれおのれを, まれこの, まれぬるい, まれは, まれはじめつ, まれ一応, まれ出来得る, まれ勝れ, まれ感ずべき, まれ明日を, まれ本家が, まれ正面に, まれ物に, まれ真剣な, まれ胸中を, むかっても, もどつしり, や, やと, よらずあけすけもの, よらずいつ, よらずうるさく, よらずおれ, よらずかへ, よらずしばしば, よらずすべて體驗, よらずそう, よらずそれ, よらずどうして, よらずどこ, よらずますます, よらずむずかしい, よらずもっとも, よらずもの, よらずやむを得ず, よらずよく, よらずチャンス, よらず一, よらず一つ, よらず一事一物, よらず一代, よらず一概, よらず両, よらず事, よらず人, よらず今, よらず仏, よらず他言, よらず例, よらず先人, よらず先頭, よらず八分目, よらず具体的, よらず凡て, よらず判断, よらず力みかえって, よらず力みかへ, よらず変った眼, よらず夢中, よらず夫人, よらず嫌い, よらず実質, よらず容易, よらず専門, よらず常にもっとも, よらず当代, よらず当節, よらず彼女, よらず後ろ髪, よらず急, よらず我, よらず攻撃, よらず散々, よらず最後, よらず根本, よらず概ね, よらず正面, よらず母, よらず決心, よらず洋風, よらず深い, よらず物, よらず物の本性, よらず理論, よらず生涯私, よらず相談事, よらず真実エゴイスト, よらず知らないという, よらず私, よらず自己, よらず華やか, よらず血, よらず言うが, よらず近頃, よらず追, よらず追いつめられるたち, よらず長く, よらず露子, よらず面白味, よれ, よれご, よれそういう, よれ下手, よれ大ざっぱ, よれ奇, よれ島便り, よれ彼, よれ歯, よれ訴え事, 何物に, 使用する, 依らずお, 依らずすべて二人, 依らず人, 依らず古来, 依らず器用, 依らず完全, 依らず怖, 依らず怜悧発明, 依らず思し召しおかる, 依らず日本, 依らず早く, 依らず服従, 依らず氣, 依らず経済問題, 依らず習いたて, 依らず聴き届けて, 依らず肝心, 依らず腕次第, 依らず見た事, 依らず説明, 依れそこら, 処しても, 出て, 切迫し, 取りかかろうと, 召さる, 因らず改革奉行, 就けても, 就て, 当っても, 当ろうと, 従事する, 思ひ入りたる白露, 拘らず他人, 拘わらずその, 換へても, 最も苦しんだ, 比すれば, 気づいたの, 泣きなさるの, 煩わされるという, 現在の, 由らず新, 當つても, 臨み候, 触れても, 躊躇する, 逢うても, 逢ふて, 限らずこんなに, 限らずもう, 限らずわが, 限らず人前, 限らず大抵, 限らず大挙, 限らず未来, 限らず本気, 限らず科学的, 限らず自分自身, 限らず芸, 限らず話し合う相手, 限らず霊験, 首を, 驚いたかと

▼ 何事にも~ (336, 5.6%)

5 興味を 4 手を, 気の, 自分の, 飽き易く 3 興味が

2 [13件] あれ教, ウォーミング, 器用な, 屈従した, 控へ, 氣の, 無関心, 理窟が, 観察者の, 諦めよく深く, 頓着せずし, 驚かぬよう, 驚かんなどと

1 [286件] あせりが, あなたの, あるもの, あれこれである, あれ一葉, あれ御, いがぐり頭だ, いわゆる再三, お気乗り, かえがたい, かくしへ, かの大, かまわなかった, こせ, こせこせしない, こだはり, この御, これを, さっぱり興味, ざわ, すぐに, すぐむき, そのよう, ちゃんときまった, つけ, とくべつに, とらわれずまつ毛, どうした, なり得ない, はきはき答えた, ふしだらで, まさる難事, まして悲しくせつなかっ, また驚かぬ, まだ幼稚, みごとに, よく気, クギリを, ゲエテの, シャイでは, ジッと, ゾンザイならず, 一と, 一個の, 一応の, 一番大切な, 一異説を, 不器用で, 不検束, 不熱心, 与らなかつたが, 人に, 人を, 今は, 何ら人間らしい, 余り辛抱と, 例外は, 促らわれず, 信長の, 倦める心, 倦果て, 倹約な, 兄への, 先生に, 光栄の, 全員一致という, 全氣全念全力, 全身を, 公平な, 其境遇に, 内気で, 冷やかな, 冷静でなけれ, 凝り性な, 几帳面だった, 凶, 力の, 勇氣が, 動き易く, 動じないで, 動じない偉, 動顛した, 勝手な, 勿体ぶろうという, 勿体を, 半可通といふ, 又驚かぬ, 反対する, 反対好きな, 口が, 唯々と, 唯々諾々と, 喩へ, 器械を, 執念く, 執着に, 堪えて, 堪へ人以上, 増して, 声を, 変通といふ, 外の, 多くは, 大事に, 大事を, 大概満足し, 天才を, 夫を, 夫人の, 契約書といふ, 女は, 好く気, 妻君が, 嫌いでござる, 嬉々として, 官営が, 実際どおり, 實際を, 寸法を, 専門的に, 小器用な, 屈託など, 差出口を, 希望を, 平気で, 平然と構, 強く感動, 役立たないであろう, 後輩の, 從つて客觀的出來事としての, 從ひたい, 從ふ, 御威勢, 御腹蔵, 微笑を, 徹して, 徹底せず, 心を, 必ず弊, 忍耐強かっ, 応用法を, 念に, 念を, 怺え, 怺えて, 恐れの, 恐怖心を, 悔いまじ, 意志の, 感心も, 成功しない, 手に, 手強く手強くと, 手際という, 打ち勝って, 打ち勝つて, 批判を, 抜目の, 抜群の, 拘泥せず, 控え目に, 換えられぬ火急, 換へ, 携わらなん, 改良熱が, 敬服せない, 新しいもの好き, 新らしい, 既に御, 明るい蔭, 時機という, 服従しなく, 本気に, 柔である, 根本を, 根気が, 極く砕け, 楽むを, 横見も, 機敏な, 欧米の, 欺かれること, 気が付かないよう, 気乗りが, 氣が, 求めば, 江戸を, 注意しない, 注意を, 注意深い性質, 活溌だった, 深く頭, 清めという, 無智識, 無理な, 無頓着で, 無頓着です, 無頓着な, 無頓着なる, 煩累を, 煮えきらないの, 熱が, 熱する, 熱心さを, 熱心な, 率先し, 珍らし, 理解の, 用いられましょう, 用ゐられ, 用心の, 用心深い彼, 用心深くなった, 疑問を, 疑深くなる, 盡す, 目を, 盲目で, 直き, 相反する, 真剣に, 真面目な, 真面目なり, 研究的で, 神経質な, 私に, 秘伝多し, 穏かな, 穏やかな, 笑い出そうと, 篤志な, 精神を, 精神的で, 細かな, 義理で, 耳を, 腹を, 自信が, 自信の, 自己を, 自由な, 自由に, 興味と, 虫を, 行亘つて居る, 行届きし人, 衛生上の, 襤褸を, 見た目が, 見当違いは, 見透しの, 親切でありたがる, 触れないで, 計画の, 誠にハッキリした, 諦らめの, 負けては, 負け惜しみの, 賛成できなくなり, 走りを, 軋轢し合った, 軽々しくは, 辻褄を, 追われがち, 退嬰的な, 退屈した, 逆わ, 遮断せらる, 都合が, 関係する, 際立ち見映, 電報を, 面白がる, 順序が, 頓着せぬ, 頭から, 類例は, 食物の, 飽ツぽい, 首を, 驚いたため, 驚かずに, 驚かぬこと, 高飛車に, 鷹揚な, 黙って

▼ 何事~ (312, 5.2%)

50 起ったの 17 あっても 15 起こったの 9 あったの 8 起きたの 7 起ったかと 6 起ったか, 起っても, 起りつつ, 起るの 5 起って, 起つたか, 起つたの, 起るか 4 あろうと, 起こっても 3 おこったの, はじまったの, 始まるの, 起りましたか, 起るかと

2 [12件] あって, あつた, あつて, あるの, あろうとも, 初まつ, 次いで起らなかつた, 行われたか, 行われたの, 起こって, 起ったかを, 起ったろうと

1 [115件] あそこで, あったか, あったであろうか, あったん, あらうと, ありても, ありましても, ある, あるかと, あるかという, あるかも, あるとも, あるもの, あるん, あろうぞと, あろうという, おきたの, おこったという, おこったん, おこつたのかと, おこりましたか, おこるの, おっぱじまるのやら, お気に, この邸内, ございましょうとも, しるして, なくっても, なくても, なぜ可能, はじまったかと, はじまるかといふ, ひき起されたの, もちあがろうが, 今夜を, 伏在し, 出来したかと, 出来したの, 出来するか, 出来せん, 出来たの, 出来ようぞ, 分つて, 刻し, 勃発した, 始った, 始つたのかしら, 始まったかと, 始まったの, 始まって, 始まつたかと, 始まつたの, 始まるだろうと, 始め得られよう, 封じ込まれて, 幸福と, 戦争である, 持ち上がったの, 書いて, 有ったわけ, 有りうるの, 私に, 突発した, 突発する, 考えられて, 行くさきざきの国, 行われたかは, 計画され, 訴へ, 話に, 語られて, 謀られたの, 起きたか, 起きるか, 起こったか, 起こったかと, 起こったかという, 起こったかは, 起こったという, 起こったん, 起こらないとも, 起こりつつ, 起こりましたかな, 起こるか, 起こるかと, 起こるかという, 起こるかを, 起こるだろうと, 起こるので, 起ころうと, 起った, 起ったかは, 起っただね, 起ったという, 起ったに, 起ったやら, 起つたと, 起つたに, 起つたらうと, 起らないとも, 起りしぞ, 起りました, 起りましたかな, 起りましたの, 起りましたやら, 起りましょうとも, 起り得る筈, 起るかも, 起るであろうかという, 起るやも, 起ろうが, 起ろうと, 起ろうとも, 起ツた, 降って

▼ 何事かを~ (294, 4.9%)

4 成さんと, 暗示する 3 予期し, 低声, 叫びながら, 叫んで, 決心した, 知って, 祈って, 考えて, 考へて, 語って

2 [14件] ささやいた, ささやくと, 呟いて, 命じた, 喚きながら, 囁いた, 囁いたの, 囁いたり, 囁きながら, 待って, 期待し, 私に, 語り出した, 調べて

1 [228件] いい合いながら, かくして, きいて, きくと, さしずし, さとった様, さとり抱いて, されたという, したいという, したため始めた, した後, しっかり言おう, して, しゃべらせるという, その耳, つぶやきながら, なさ, なし得た人々, なし得るの, なし得る婦人, なすこと, のべようとしても, はげしく否定, ひそ, ひそひそと, みとめた, やらかさずには, ドルヴァル夫人の, パーリ語で, 一心に念索, 一心に思ひ出さう, 一生懸命に, 下界に, 了解させよう, 了解した, 予見し, 云い表わす事, 云おうと, 仄めかしたが, 仄めかしつつ, 仄めかして, 仕上げようなどと, 企んで, 企図し, 伝えさせた, 伝えた, 伴れ, 何時までも, 促すよう, 加えたいと, 口の, 叫びかけそう, 叫びつづける, 叫び拳, 叫ぼうと, 叫ぼうとして, 叫んだの, 告ぐるもの, 告げて, 告げるや, 命じて, 命ずるや, 唄い出すとき, 問いたそう, 問いただして, 問ひ出した, 喚いて, 喚くと, 喜ぶよう, 囁き合って, 囁やいで, 声を, 大声で, 大草額平に, 夫人に, 好み傾くという, 始めたの, 始めて, 姙んだ, 学ばねば, 宣言したらし, 尋思する, 弁解しよう, 引き起さずには, 強ひる, 弾きぬ, 彼に, 待ち受けるかの, 待ち受けるよう, 待構える, 思いうかべるかの, 思いきめた, 思いついて, 思い出させる間, 思い出したらしくその大きな, 思い出したらしく持って, 思い出そうと, 思い悩んで, 思い泛, 思い詰めると, 思はうと, 思ひ出さうと, 思ひ浮かべようと, 思わせる, 思索し, 怪人集団に対して, 悟ったと, 悟った様, 想いやって, 意味する, 感じて, 懇談し, 成し得るで, 成そうと, 成就しうる, 抑し堪へた, 指し示す, 指揮したる, 指示す, 捜し当てようと, 探りあって, 探り出そうと, 探り当てどうにか, 掻きくどく, 教うる, 教えて, 教えられた, 教えること, 教へ, 数へたり, 文太郎と, 早口に, 暗示し, 書いて, 極める為, 決すると, 決心された, 決心したらしい, 決心したらしく, 沈思し, 深く考え込んだ, 深く考へる, 深く考へ続け, 為ざるべからず, 為し得るの, 為すには, 為す一個, 煩悶し, 爲さんと, 爲さんとして, 爲す, 爲すには, 物語つてゐる, 獨逸語まじり, 画策し, 発表した, 発言する, 真に強烈, 知りたくて, 知り白鷹氏, 知ろうと, 祈る, 祈るよう, 祈念し, 祷るもの, 空想し, 答へ, 細々と, 絶叫し, 絶叫しよう, 考えさせずには, 考えさせられそう, 考えさせられたの, 考えつづけて, 考えながら, 考え付いたので, 考え気味, 考え計画, 耳の, 耳打ちする, 聞いた時, 聞かんと, 聞きだすよう, 肯定し, 自らなし得る, 自分の, 薄々感づい, 虞れる, 表現すれ, 見た時, 見出して, 覚ったの, 覚らせたと, 言いつけた後, 言うため, 言って, 言つて制止した, 言はう, 計画し, 計画する, 訓え, 託して, 訴えるべく無言, 話し合うという, 誓うかの, 語らうと, 語らねば, 語らひながら, 語りだした, 語り合おうと, 語り得ると, 語るが, 語ろうと, 説明する, 読まうと, 読みとろうという, 調べた, 調べ何事, 諫める, 警戒する, 貫徹し, 起さないでは, 隠すため, 面責しよう, 頷かせ, 頼んで, 饒舌らず, 黙祷する

▼ 何事~ (267, 4.4%)

7 意味する, 措いても 6 するにも 4 しても, なすにも, 爲し 3 おいても, かお役人に, なせしか, 意味し, 考えて, 言ひ

2 [20件] おいてもの, かさ, して, しようと, するの, するも, そんなに緊張, なさるにも, なさんと, やるか, 仕出来そう, 企図し, 差しおいても, 差置いても, 改めてやりだせ, 為して, 犠牲に, 計算する, 訴えようと, 語らんとや

1 [177件] いいても, いふとも, お話で, かいはんと, かしきりに, かして, かし給, かなした, かなしつつ, かなし得ら, き, この謙信, さして, さし置いても, さすや, させるかと, さて置い, したい当て, しでかすもの, するぞと, するでも, せられて, それは, たくもうも, たくらんで, どこまで, なしたかは, なしたるや, なして, なし得ようぞと, なし得るかという, なし得るであろうか, なし来りたるかを, なすか, なすべきであらう, なすべきや, なすも, なせるや, なせるやとて, ほざくか, もいはずして, もして, もじっと, もじつと, もって, やった人物, やりだす目論見, セントー・ハヤオから, セントー・ハヤオに, 主張する, 云い出さるるやら, 云うか, 云つて來た, 云ひ出, 仕いだそう, 仕出かすかも, 仕向けるかも, 仕向けるの, 仕掛けたの, 代表する, 仰せある, 企んで, 企図する, 做せし, 判別する, 口走ろうとも, 命ぜられたか, 命ぜられたの, 問われても, 喋って, 喋ろうという, 報道し, 始めたるぞ, 学びとるか, 学ぶべきかについて, 將來に, 巧もうも, 彼女は, 待ち望んで, 忍んでも, 思いついたの, 思し立たれましても, 思ひしか, 思ひだすこと, 思ひ立, 思ふとも, 意味しよう, 意味するでしょう, 意図し, 成さんと, 成しうるという, 成し遂げたか, 我に, 打任せ, 指していうか, 捨て, 掛合に, 教うる, 教えんと, 教わったかを, 斥し, 曹操から, 望む気持, 期待すべきであろう, 本庁に, 歌うべきか, 歎い, 為さんと, 為し得可, 為すにも, 為すの, 為てるん, 為るにも, 爲すにも, 狙うか, 現わす, 由子に, 申しに, 申し出さりょう, 申そうという, 目當に, 相伝する, 省みる必要, 知って, 知らざりしが, 示すの, 祈り且つ, 私が, 策し何事, 終っても, 経て, 経営し, 置いても, 考えたの, 考えだして, 考えても, 考えてや, 考えねば, 考え何事, 考へ, 考へて, 考へるに, 聞いても, 胸に, 行うこと, 行うに, 行うにも, 行って, 行ふこ, 見るに, 見るにあたっても, 見るにつけ, 言うの, 言ったの, 言ふ, 言上しけん, 訊ねられても, 話すつもり, 話そうと, 語ったか, 語って, 語つた, 語らひたり, 語りつつ, 語り出, 語るか, 語るであろう, 語るの, 語るもの, 談ずるも, 講ぜるかと, 起こそうと, 載せて, 述懐された, 追求し, 連合艦隊宛に, 養父から

▼ 何事をも~ (220, 3.7%)

4 語らない 3 知らず, 語らなかった

2 [12件] 忍んで, 忘れつつ, 為し得ぬもの, 直ぐ忘れ, 真剣に, 知らぬの, 考えて, 見聞せず, 語らざりき, 語らないの, 語らなかつた, 説明し

1 [186件] いい現, いはざりき, いわず何事, いわぬが, おそれず行, しなかった, それに, たじたじに, なさず何, なしえざること痛悔, なし得ない, なし得ないから, なし得るもの, なすべきでない, なすべし, なす能はず, はっきり考える, よく工夫, 云ふ, 云わなかった, 云わぬが, 享楽し得る, 仕得まいぞ, 伝へてを, 何物をも, 信じないすてき, 信じない年配, 信じようとは, 信ずる習慣, 偽ること, 共同で, 其人に, 写すを, 努めて, 勘弁する, 勘辨する, 包まず打ち明けて, 包みたがるという, 包み隠さぬお, 協へん, 受けいれると, 命じうる風俗, 子供たちの, 容しあひ, 容れ得ぬほどに, 容赦せぬ, 弁えず育ち候, 弁えぬさま, 強いて, 心に, 忘れたり, 忘れ去らうと, 怖化, 思い得るに, 思い浮べること, 思はず, 悉く信ずる, 悪い方, 悲痛に, 想いわたる隙, 意に, 意味しない, 意識し, 感じなかった, 感ぜぬらしく竹丸, 成し遂げ得なかったでしょう, 打ち忘れたらん, 打ち忘れて, 打ち棄て, 承知しぬい, 拒まなかっただけの, 捨てたやう, 教うる, 教えること, 敢えてなさなかった, 断定し得せしめないであろう, 早呑込, 早急に, 明かに, 明さ, 明日に, 書きうる筈, 期待しなかった, 正確に, 永遠に, 法治国化したくありません, 深く心, 為さ, 為さざるは, 為さぬ, 為さぬには, 為し得ざること, 為し得ないとは, 爲さぬ, 爲す, 物々しくし, 犠牲に, 申述べる, 畏れ憚ら, 疑は, 疑はず, 疑わない静子, 発見出来ない, 目ざさないもの, 直ぐや, 眞に, 真に知り得ざる, 知らざるに, 知らずに, 知らずまた, 知らず唯夫, 知らない, 知らないであろう, 知らないの, 知らない一老人, 知らぬ振り, 知らぬ顔に, 知りは, 知り得ぬという, 知り抜いて, 知り給, 知る, 知ること, 知るを, 知る必要, 確言し得なかった, 神秘化す, 究め尽そうと, 笑って, 答えなかった, 糸瓜とも, 考えさせないよう, 考えずつかれて, 考えたくない, 考えないこと, 考えない人, 考えなかった, 考へ得なかつた間, 聞き知るべきの, 聴こうとは, 肯定し, 自らの, 自ら拒もう, 苦に, 蘭軒に, 行はず時の, 行わず蝋, 見失つた一途, 見通すよう, 解せざる様, 解決し, 言は, 言わず何事, 言わないつもり, 言わないと, 言われなかったから, 言立ざりしか, 記して, 許さるべきならずや, 許すと, 詳しく語る, 誇張する, 語って, 語らないので, 語らないよう, 語らぬ, 説いたこと, 読むこと, 論ずる資格, 貫徹する, 起りそう, 躊躇ばかり, 軽々しく妄信, 辞すまい, 辞せない, 進ませずには, 進行させ, 重んずること, 金銭で, 鋭く看破, 隠くさない, 隠さないつもり, 難しと, 非科学的, 顧る, 顧慮しなかつた

▼ 何事かと~ (206, 3.4%)

35 思って 5 驚いて 4 思えば, 来て, 眼を 3 出て 2 いえば, 思いました, 思うと, 思て, 怪しみながら, 聞けば, 見に

1 [137件] あっけに, あとについて, あやしみながらも, あわただしく駈けこん, いつたやう, この人輪, すぐ人々, すぐ父, すぐ走っ, そこに, ひらいて, びっくりし, また心配, みな顔を, ヨハンの, 一座の, 不しん, 不審に, 九助が, 二人の, 二階で, 云うと, 人々は, 人を, 仰天し, 伺って, 俯瞰し, 側に, 内心すこしびくびく, 危ぶまれたが, 参って, 参内いたしました, 又八が, 取るもの, 吉宗の, 問うたなら恐らくは, 問えば, 夏侯淵は, 外へ, 外を, 太兵衛が, 好奇心を, 客の, 小六が, 岡倉さんは, 左隊の, 床上の, 彼が, 待って, 後に, 後列の, 思い, 思いつつ, 思いながら, 思い不安, 思い彼, 思うたれば, 思う間もなく, 思ったら北京, 思ったら昨晩, 思った程, 思った顔, 思つた位で, 思つて常葉を, 思つて窓を, 思つて立どまつ, 思へば, 思われるえ, 急いで, 怪しむ如く開きたる眼, 怪訝り, 手綱を, 振りかえっ, 振り向けて, 暗いうち, 朝之助は, 朝飯の, 未亡人も, 正太や, 武蔵も, 歩み寄り給ひし, 燭を, 猟人も, 畏れながら, 疑うよう, 疑って, 登って, 登城し, 皆居住いを, 直ぐに彼, 矢代は, 知って, 私に, 窓によって, 立ちつくして, 立って, 立出で, 細目に, 耳を, 聞いたので, 聞き澄まして, 聞き質すと, 聞くの, 胴の間へ, 胸を, 行きて, 表に, 襖を, 西方へ, 見たら鼠とり, 見て, 見ると, 見下す谷, 解せぬ顔, 訊きかへ, 訊ねると, 訝しそう, 訝りつつも, 話を, 足を, 部屋を, 開けて, 関羽を, 関羽張飛を, 陣前へ, 陳宮が, 面前に, 顔見あわせた, 馳け, 駕を, 騒いで, 驚いた, 驚いたらしく, 驚いたらしくそこ, 驚きおって, 驚きまして, 高力新九郎は

▼ 何事をか~ (159, 2.6%)

4 考えて 3 ささやいた, ささやいて, 考え込んで, 語って 2 予期し, 声高に, 言ひ, 記すの, 話して, 話しながら

1 [131件] かしましく叫びつ笑い, ささやきしに, ささやきつ, ささやき合おうと, ささやくと, しきりに怒号, つぶやきつつも, ひそひそと, わかりたいとして, マデライン嬢に, 争わん, 二言三言公務の, 云おうと, 云って, 交渉した, 人類の, 仕出だし候べき, 仕出来さん, 仕遂げなければ, 他事を, 企てねば, 企てようと, 企んで, 企謀んで, 做し出さん, 初めね, 包みましょう, 危害を, 叙すべき, 吾人に, 告げんと, 呟くのみ, 命じくれまじやと, 命ずると, 命ぜられた, 喃々と, 喋々と, 囁いて, 囁き示す, 囁き笑, 囁くと, 囁くに, 報告し, 声高く, 夢みたると, 差図を, 忍ぶべからざるもの, 念じて, 念ず, 思いついた, 思いついて, 思い出したよう, 思い出せし如く又, 思い占め, 思い泛かべ, 思ひ出, 思ひ出した様子, 思ふさま, 思案し, 意味する, 我軍艦に, 戸外にて, 打案ずる, 捉へて, 敍すべき, 教は, 書いたと, 書きの, 書き附けて, 書認めつ, 望める, 期して, 欠いたもの, 歌って, 残員と, 求むるものなり人は, 注意し出した, 深く考, 深く考へ, 為さしめん, 爭ふ, 爲さんと, 物し, 発見するだろう, 相手に, 知らうとして, 祈って, 笑い何事, 笑った, 考えたが, 考え付いた, 考え出さんと, 考え考え外へ, 考へ, 聞きし, 聯ね, 聴き取った, 聴く, 茶山に, 見詰めて, 言い罵って, 言おうと, 言つて居る, 言わんと, 言出さんと, 訴えるよう, 訴へ, 評議まちまち立てる, 詰問する, 話しつ, 話し合, 認めて, 語らう様子, 語らひて, 語りあいては, 語りかけて, 語り何事をか, 語り給ふ, 語るさま, 語ろうと, 語ゐたる, 論じて, 警戒し, 貪る, 述べさせようと, 連想し, 長らく語らいけん, 隱し, 頻りに説明, 頼まれたので, 頼もうと

▼ 何事でも~ (104, 1.7%)

4 ないの 3 ない 2 腹蔵なく, 自由に

1 [93件] ありません, いつでも, お嬢様の, こう物, したいと, すぐに, すると, するの, その眼, それを, です幕府, ないよう, ないわけ, ない場合, なかった, なさそう, なしたかも, ぱつと口に, やり兼, やれる, よいから, イエスに, 一利あれ, 一通りは, 三代を, 三段論法で, 上達し, 中間を, 人の, 信用する, 出来るもの, 力を, 口入れを, 名誉が, 困ると, 堪えて, 完全の, 差し控, 底まで, 当事者に, 彼女の, 心の, 思い切って, 思うとおり, 思った通り, 思立った, 恐れて, 手近な, 打明けられる彼, 承たまわりましょう, 拒むこと, 教育を, 日本より, 昔からの, 暗んじて, 民法に, 淡泊でなけりゃ, 無条件に, 率直に, 用心深くやっ, 疑わしいもの, 痩せて, 目的を, 相談しなけれ, 知らないといふ, 知りすぎて, 私は, 程度を, 種々の, 精密さを, 素直に, 組合の, 練習の, 考へること, 聞いて, 聞かずには, 自分で, 自分より, 自分側の, 若いうち, 苦しんだり, 茫大な, 表に, 見抜く力, 言葉では, 話せるが, 諾諾と, 貴方の, 贊成した, 起り得る又, 道徳的にのみ, 面白い方, 順序を

▼ 何事~ (81, 1.3%)

3 おは, お使い 2 ために, 仰せぞや, 恨みも, 苦しかりける, 起るとも

1 [65件] ありしかは, ありしぞと, あるぞと, あるとも, あればぞ, あればにや, いはるべき後世, おはせし, おわしますかは, お召かと, お心, お越しかの, お越しで, ご令旨, ご出朝, ためにわかな, をかし, 上にでも, 上にも, 侮辱を, 候ひし, 兇變も, 出来と, 前兆, 前兆か, 前兆である, 前兆にても, 召しであろうと, 変化も, 実在なら, 密告で, 御手助け, 御用向き, 思ひ出し, 思慮も, 急報か, 憂きか, 成らざるなし, 有らんやの, 望みも, 物の, 用だ, 甲斐あり, 異状も, 相談か, 相談ぞと, 知識も, 破裂する, 祈請, 祟も, 罪を, 美挙ぞと, 職司を, 觸り, 詮索よりも, 起こったかを, 起りける, 起りし, 起りしかを, 起りしぞ, 起れる, 附加なく, 面白きぞ, 頼みな, 願掛けも

▼ 何事~ (64, 1.1%)

2 ア, ッ

1 [60件] いったい, え, かまだ, かもう, かわかりません, か分からず, か分らなかった, か察, か少し, か殆ど合点, か頓, この埃, これは, さあ手, そういう危険, その態, その方, その血相, とあ, とあちら, というの, といきまいた, といふ, とこれ, と一人, と云, と十内, と同僚たち, と問うた, と思った, と憎まれ, と憤慨, と病人, と腹, と苦々し, と蟹江, と言, と言いたい, な, のう, ばかめ破廉恥めそんな, よくも揃った, われわれは, アさんぴん野郎奴同級も, ア第, エエ忌々しい, ッて, ツ, 何事だ, 冷飯と, 召使に, 妾は, 尤も彼奴, 御大家, 成程, 狂人か, 荒々しく息, 解けっ, 馬鹿者奴と, 鯨の

▼ 何事~ (54, 0.9%)

62 無いと, 花見る

1 [44件] いきなり下, いつも三, この未熟, この生, これ圓らかに, その筋, それは, ただ鼻, やと, わずかに, コーヒー入の, 一刀斎は, 一番に, 事實は, 互に劍, 人間を, 今は, 今国家刑罰権, 何故に, 六十路を, 其の爲體, 刀は, 前垂掛の, 北海に, 善き子, 夜も, 奸盗かなんぞの, 当節柄そんな, 彼らは, 徒に銃聲, 心のどけく, 悪い男, 我等と, 扨は, 斯る, 生酔, 眞の, 聞し上, 諫鼓をば, 転た凄, 遲き, 鈎折れ, 雨露に, 顧みずし

▼ 何事です~ (35, 0.6%)

202 かこの, かな

1 [11件] かお, かそれ位, かつ, かと三郎, かと皆, か今夜, か私, と夫, 君は, 富資が, 誰の

▼ 何事だろう~ (32, 0.5%)

11 と思っ 2 と余, と思った

1 [17件] あれを, か, かとさっそく, かと私, か奇兵隊, その威厳, とはいっ, と博士, と小首, と布目, と思い, と推し, と気, と深く, と申しましょう, と驚きました, 余は

▼ 何事かが~ (31, 0.5%)

2 ある, あるの, 起ったの

1 [25件] あった, あったの, あるか, あるに, なさるべきこと, はじまった, まだ二人, 出来ると, 到來, 暗中に, 男によ, 秋川家に, 突発し, 行える望み, 行われつつ, 起こって, 起ったらしく南, 起ったらば, 起つて, 起らなくては, 起らんと, 起りか, 起るに, 重吉の, 関係し

▼ 何事である~ (29, 0.5%)

92 かその, かと吉次郎

1 [16件] かというよう, かというわけ, かとガンバッ, かと僕, かと刀, かと自分, かと難, かは父, かは知らぬ, かもし, か何で, か大, か暴, か汝等, とお, のか

▼ 何事ぞと~ (28, 0.5%)

2 耳を

1 [26件] いう, いうに, いえば, する岩倉大使, なしたとい, みかへれ, 半ばは, 叱りつけた, 問うに, 問ひし, 問ふ, 存じ候, 思ひしに, 思ふと, 怪しみて, 戸も, 抗議し来たる, 振り返るに, 数多の, 甲板に, 眺めると, 腰を, 言はせよう, 訊けば, 近頃二三の, 驚いて

▼ 何事かに~ (26, 0.4%)

2 感謝を

1 [24件] いつでも, なりそう, 依って, 凝り固まって, 就いて, 思いあたったらしく彼, 思い当った心持, 思ひ當つた心持, 恐れたの, 情熱を, 気がついたと, 気づいたこと, 気づいたという, 気づいた後方, 気づいて, 気付いた様子, 気附き, 深く思ひ, 深く思ひ悩ん, 考へ, 落胆しきった, 触れようと, 関聯し, 驚き打たれたよう

▼ 何事かの~ (25, 0.4%)

2 御打合せ, 手筈が

1 [21件] 事業に, 前兆で, 合図或いは, 夢に, 威厳を, 密令とが, 希望を, 必要が, 手段かも, 業因に, 機会を, 欠如に, 礼を, 秘密ある, 秘密を, 考えに, 行なわれる場合, 計劃, 象徴であるらしく, 非常が, 騒音を

▼ 何事~ (25, 0.4%)

7 ござります 3 あらう, ござりましょう 2 あらうかと 1 あつたらう, あらうと, あらうムン, あらう内玄関, おざる, げすかな, ござりました, ござりまする, もござりませぬ, もさう云

▼ 何事とも~ (25, 0.4%)

2 弁へ, 知れず仄か

1 [21件] まだ分らない, わきま, わきまえがたい, 分かず唯, 分からぬらしくあたり, 分らない聞けば, 無きに, 知らず, 知らずに, 知らず嬉しかっ, 知らず年嵩, 知らず欠け, 知らず無性に, 知らず狼狽, 知らないが, 知らぬながら, 知れぬ極度, 覚えず驚, 解し得ざりしこそ, 解らんが, 鑑定が

▼ 何事であろう~ (21, 0.3%)

82 と思っ

1 [11件] あまり客, いつの間にか感情, かと思っ, かと目, と上, と取る, と正造, と私, と考えた, やがて氏郷, 今や天然

▼ 何事~ (21, 0.3%)

2 門に

1 [19件] なくふと, のぞいて, 仕出かすか, 問う玉江, 問ふ, 増賀を, 封を, 彼方を, 思って, 思つて抱きあげる, 眉を, 眺むれ, 知らねど, 縋り付き, 見に, 開き見れば, 駭ける, 驚く家, 驚く表

▼ 何事についても~ (17, 0.3%)

1 [17件] そういう考え, ひどいこと, ほとんど発言, まただれ, よわ見なること, 上帝や, 右と, 国民より, 娘の, 必ずおびただしく, 敢爲の, 消極的に, 相談し合った, 義務という, 考へ得られない, 自分の, 隠しだてを

▼ 何事よりも~ (16, 0.3%)

1 [16件] この長持, これは, その廟域, まず感謝, むしろ人殺し, 先づ友達や, 利得が, 字句の, 民藝の, 稀れである, 第一, 経済学を, 締めくくるべきは, 自然への, 赤裸々な, 重大な

▼ 何事にでも~ (12, 0.2%)

2 用意あり 1 それほどな, 内輪な, 器用な, 夫人は, 手伝うつもり, 自由が, 興味さへ, 誤解だらけで, 関係し, 首を

▼ 何事じゃ~ (11, 0.2%)

21 このあわて, ッ, ッ何事じゃ, ッ雑言申さるる, ナゼ助け, 卑怯者ッ, 御主人, 榊原大, 門番表詰の

▼ 何事なら~ (11, 0.2%)

10 んと 1 んかと

▼ 何事にか~ (11, 0.2%)

2 遭ひ 1 あらん, ありけん例, ひどく驚いた, 夢中に, 大いに感じたる, 忙しさうに, 感じた様, 痛く心, 關連し

▼ 何事に対しても~ (11, 0.2%)

1 [11件] 信用すべき, 多少の, 寛大に, 憶病な, 疑いを, 相当鋭い, 神の, 私の, 積極的でない, 表面的な, 部分に

▼ 何事でございます~ (10, 0.2%)

81 かな, な

▼ 何事なる~ (8, 0.1%)

21 かと急い, かは寸分, かは知らね, か満堂千万, や知らざれ, を知らない

▼ 何事につけ~ (7, 0.1%)

1 仕掛が, 僕を, 天象を, 廟堂の, 彼は, 晶子さんの, 朝廷を

▼ 何事かは~ (6, 0.1%)

1 存ぜねど, 存ぜねども, 恐らく二人, 知らず少なくとも, 知らぬが, 起こった

▼ 何事ぞや~ (6, 0.1%)

2 身は 1 いつぞや浅草, いよいよ戀, その志, 心ある

▼ 何事でござる~ (6, 0.1%)

21 お家の, かな, ぞ, 無作法千万

▼ 何事~ (6, 0.1%)

3 のか 1 のかと, のぢ, のでございましょう

▼ 何事だらう~ (5, 0.1%)

1 かと私, と思つて, と推し, と早乗り, と私

▼ 何事でしょう~ (5, 0.1%)

1 か, か近時琉装, ね, 何かの, 火は

▼ 何事においても~ (5, 0.1%)

1 常にまた, 彼は, 必須条件である, 総てかくの, 行きづまれるは

▼ 何事やらん~ (5, 0.1%)

1 お会いできぬ, と役目, と拝披, と馳せ, と駆け上がりたる

▼ 何事であった~ (4, 0.1%)

2 のか 1 かいぶかしい, かはむろん

▼ 何事でございましょう~ (4, 0.1%)

4

▼ 何事とは~ (4, 0.1%)

1 お情ない, 不埓, 嗚呼が, 知らず岩

▼ 何事にても~ (4, 0.1%)

1 ほとんど害悪, 或事, 現に起っ, 約束ある

▼ 何事かしらと~ (3, 0.0%)

1 じっと見, 心の, 襟を

▼ 何事かで~ (3, 0.0%)

1 あらねば, あり得るだろうか, 獲た金

▼ 何事~ (3, 0.0%)

21 や御

▼ 何事にて~ (3, 0.0%)

2 候ぞ 1 御在

▼ 何事~ (3, 0.0%)

1 ある, らんと, 起こりたると

▼ 何事あり~ (2, 0.0%)

1 とも人, とも涙

▼ 何事かしら~ (2, 0.0%)

1 ざりき, んと

▼ 何事かについて~ (2, 0.0%)

1 あせって, しきりに焦慮

▼ 何事じゃっ~ (2, 0.0%)

1 その様, 何事じゃっ

▼ 何事であれ~ (2, 0.0%)

1 告白したい, 強力に

▼ 何事で御座います~ (2, 0.0%)

1 父子の, 臨終の

▼ 何事にたいしても~ (2, 0.0%)

1 仮借しない, 示す例

▼ 何事ぶたず~ (2, 0.0%)

2

▼ 何事まれ~ (2, 0.0%)

1 お腹立ち, 語り給

▼ 何事ものう~ (2, 0.0%)

1 正月は, 済みましたけど

▼ 何事やら~ (2, 0.0%)

1 むと立佇まれ, 分りません

▼ 何事~ (2, 0.0%)

2 有哉

▼1* [81件]

何事かしきりに云っ, 何事かしようとしてやめる, 何事かという顔を, 何事かといったような, 何事かとのお尋ねが, 何事かにたいする不平ばかりを, 何事かによつて媒介される, 何事かねだつたり, 何事かへ本気に, 何事かまちかまへて居る, 何事かもう勝戦, 何事からこんな思ひ, 何事かわあッと, 何事しおるとな, 何事したるかと彼此, 何事や, 何事じゃと嘲笑うた無礼な, 何事ぞというのが, 何事たってどなった, 何事たりとも否む, 何事たるかを調べ, 何事だったのでしょう, 何事であったろうか, 何事であろう愛してくれる, 何事でございまするか, 何事でござらうぞ, 何事でござろうか, 何事でござんすの, 何事でもという捨てば, 何事で御座る高塚殿, 何事といふ風に, 何事なく言って, 何事なげにいひなし, 何事なしに納まるやろ, 何事なりとも御意の, 何事なりやと弥, 何事にかけても如才の, 何事について驚き焦り悶え, 何事にもかの大使徒たち, 何事にもかへがたく覚, 何事にもも一歩という, 何事にもわざわいされずに思いきっ, 何事にや委細の, 何事によって苦しむべきか, 何事によっても事務上の, 何事によるのであろう, 何事によるか前生の, 何事に関する指標も, 何事しあるとな, 何事もえいはず, 何事もござりませんで今日も, 何事もさからはず, 何事もなかりしに, 何事もねほりは, 何事もねえと見えるだ, 何事もはあ真当, 何事もへだての, 何事よりむす子, 何事よりか申さむ, 何事をかよばはりゐたり, 何事をともなく祈り願, 何事をば皆, 何事をもをかしき方, 何事を通してそのよう, 何事依レ永観ニ談ゼヨ, 何事ニモ旋毛曲リノ予ニハ気ニ入ラナイ, 何事無カッタガ, 何事モオレニ向ッテ口答エヲスル, 何事モナカッタヨウニ掃除シテ何喰ワヌ顔ヲシテイルツモリデアッタガ, 何事モ知ラズ走リ行キ, 何事モ知ラヌト見エル, 何事モ起ラザリシガ如ク平然トシテ歩ミ去ル, 何事営営索世誉, 何事を成し遂げ, 何事泣きよるとナ, 何事泣くという事, 何事シニ咄シテ居タラバ南平ガ云ウニハ勝様ハ女難ノ, 何事義憤制すべからずいま, 何事聞く耳も, 何事たしとは, 何事向東方拝聖恩