青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊藤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仲間~ ~件 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 任務~ 伊~ 伊勢~ 伊東~
伊藤~
伊豆~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~ 休息~

「伊藤~」 1880, 19ppm, 5888位

▼ 伊藤~ (504, 26.8%)

15 と大隈伯 8 にし 6 の本意, は此, も亦

4 [12件] が彼, と合, に向, の内閣, の勢力, の心事, の意思, の未だ, の理想, は勉め, は必ら, をし

3 に對

2 [155件] が一方, が丸腰, が主として, が今, が位地, が先年加賀地方, が内閣, が別に, が地租問題, が大隈板垣, が大隈板垣兩伯, が局面展開, が憲政有終の美, が憲法制定, が故, が日本ビスマーク, が特に, が特別, が現, が自ら骸骨, が藩閥, だとか, との物別れ, との間, との関係, との關係, とは其人格, とも其の, と切, と憲政, と政敵たる, と漸く, と絶交, と衝突, と見, にても善し, にも井上伯, にも信任, にも親密, に倦まれたる, に呼び付けられ, に委する, に容れ, に接する, に接近, に於ける, に最も, に比すれ, に背く, に見る, に親, に非, のみに非, の一派, の上, の不忠, の人物, の企て, の冀望, の創立, の動, の反感, の同意, の喜怒, の四天王, の失ひたる, の如き, の如く, の屡々, の思想, の愛好, の愛婿, の成功, の才能, の承認, の措置, の提出, の政党組織, の政敵, の政略, の政見, の政黨組織, の曾, の最初, の死活問題, の特質, の現, の自由意思, の色, の薫陶, の藩閥, の行動, の謀士, の謦咳, の起たざる, の遽, の邸, の野心, の銅臭, の長所, の門下生, の領有, の風流, の風流韻事, の風神, は久しく, は信仰, は党首, は公卿華族, は决, は固, は外, は大隈伯, は大隈板垣二老, は天賦, は太平時代, は威儀, は実に, は實, は彼, は得意, は快, は快活, は憲法立案者, は政治上, は政治家, は既に, は明治十七年公, は果して, は江湖, は決して, は磊落滑脱, は自己, は英雄, は進歩的思想, は閣下, は韓廷, は黨首, も田中翁, を以て自家, を其の, を大磯, を推す, を援助, を擁し, を朝廷, を累, を見, を評し, を認め, を起し, を離れ, 亦恐らくは, 亦自ら, 固より

1 [102件] が単名, が單名, が図らず, が媒介者, が当今第一流, が政友会, が政友會, が清国漫遊, が清國漫遊, が當今, が自ら陣頭, が自由党, が自由黨, が進歩自由両派, が進歩自由兩派, が頃ろ政党改造, が頃ろ政黨改造, と争, と云, と云ふん, と同車, と爭, と相, と相対, と自由党, と自由黨, に乗り替, に乘, に亜げ, に亞げ, に反, に反対, に対しては常に, に対して今日唯, に対する絶交書, に譲与, に讓與, の下, の党首, の出処進退, の出處進退, の勧誘, の勸誘, の声望, の属望, の屬望, の弔詞, の挙動, の擧動, の政党論, の政友会, の政友會, の政治的才略, の政黨論, の為, の爲, の現在未來, の現在未来, の発表, の発起, の發表, の發起, の相, の相続者, の立憲政友会, の立憲政友會, の計, の計画, の象眼豊面, の象眼豐面, の辞令, の辭令, の雄, の雄弁, の音吐朗徹声調抑揚, の音吐朗徹聲調抑揚, の黨首, は二三年以來頓, は二三年以来, は今日自由党, は今日自由黨, は周囲, は周圍, は改正選挙法通過, は改正選擧法通過, は政党, は政党内閣, は政黨, は政黨内閣, は日本帝国, は日本帝國, は潛勢力, は潜勢力, は独り此, は獨, や山県侯, を出し, を出し抜きたる, を帝国, を帝國, 及び自由党, 及び自由黨

▼ 伊藤~ (93, 4.9%)

2 それに

1 [91件] この, こんどいくつに, さらに松方正義, しばし茫然, すぐに, ずっとアメリカ, そういうこと, そう云った, そこまで, そのレポ, その時, その間の, それと, それらを, それを, たいがい意気銷沈し, どうも様子, まえに, みんなの, むしろ冷たい, めずらしく顔, めったに, やはりよく出来る, スペンサーに, メーデーを, モト以上の, ヨーロッパを, 一寸帯の, 七月に, 主としてドイツ, 主としてプロシァ, 久し振りで, 二番といふ, 云った, 五十銭私の, 五箇条の, 今まで, 今男の, 今迄に, 伊藤で, 何時もは, 冠せる, 分からないよう, 困ったよう, 壁に, 大いに日本人, 大隅重信松方正義の, 奥納戸役を, 存在が, 専ら椿岳, 岩倉具視に, 心配し, 忠の, 急に, 憲法調査の, 折ふし面白, 掛けない, 映画脚本の, 最近この, 松竹キネマ脚本部員と, 正反対, 毎日連絡を, 渾身の, 無心の, 熱い番茶, 牙籌一方の, 真率に, 私から, 私に, 私の, 私を, 穏かに, 筆まめに, 聞きかえしたが, 肩を, 臨時工の, 自分が, 自分たちは, 自分や, 英仏人の, 葉巻を, 蒲田に, 蒲田へ, 見て, 見込の, 警察に, 赤青黄と, 身体を, 追っつけどこ, 電車でも, 須山の

▼ 伊藤内閣~ (91, 4.8%)

4 が第, と結托 3 の時, の時代

2 [24件] が二囘, との結托, と自由党, にし, に代はらる, に反感, に向, に欺かれたる, の信任, の公等一派, の外務大臣, の大, の成立, の攻撃, の文部大臣, の末路, の第, の策士, は公, は斯, をし, を出現, を復活, 反對

1 [29件] が変っ, が成った, が成立, と交迭, と自由黨, に宣戦状, に宣戰状, に対する隠然たる, に對, の大蔵大臣, の将, の將, の後継者, の後繼者, の欧化政略, の歐化政略, の為, の爲, の瓦解, の逓信大臣, の遞信大臣, はこの, はこれ, は古河市兵衛, は官紀紊乱, は自ら, は自ら稱, もこの, も出来さう

▼ 伊藤~ (71, 3.8%)

3 家へ 2 報告の, 顔を

1 [64件] あとを, あらかじめの, あんさんの, いるパラシュート, うるさいの, おかみさん, おこなった, おじさんおばさんが, お母さんかね, ことを, このこと, この策略, ごとく死, しっかりし, となえたうそ, となえたところ, グループから, 一族である, 丈さんその, 下宿だった, 両氏に, 亭主の, 亭主も, 仲間や, 体は, 作家が, 側近者は, 傍に, 兄貴分な, 全盛時代に, 判断には, 努力は, 命により, 変節を, 如く, 家庭と, 屋号を, 幣制改革案が, 店から, 店さきには, 店には, 店へ, 影響力で, 後から, 心事も, 心配は, 性質を, 方を, 書簡, 月給は, 死を, 気づいてない私, 細君が, 肩に, 與助ぬ, 視線を, 言葉によ, 話に, 諸官, 運勢が, 野心とを, 鏡台を, 養子婿と, 鬼婆あ

▼ 伊藤~ (60, 3.2%)

2 の事, の信頼, の手, の狙撃, の議, は新, を引合

1 [46件] がドア, が先生, が憲法取調, が撃, が聖旨, が金, が魅惑, だけあっ, だけの事業, だの, とは生れ, と大隈伯, なりまた, にとり, にも公然, に関する趣味, のみでない, の仕事, の坐乗, の如く, の姿, の担がれ, の梅子夫人, の演説, の生涯, の略歴, の知遇, の石像, の話, の透き, の銅像, は, は伊藤公, は多数塾生, は奇麗, は庄司, は普通, は榛名也, は無頓着, も亦, も君, も現代, を失つたの, を推稱, を訪問, を語る

▼ 伊藤~ (58, 3.1%)

2 が, に會つたの, のお, は私

1 [50件] いろ, から滞留中, がこれ, が乘, が始め, が我々, が舊友, といふ好い, とは離れ, と双璧, と接觸, と私, と私位, と行っ, と謀っ, なら屹度, にそ, には石炭, に君, に會つた最後, に比べる, のお蔭, のその, のはからひで, のもの, のやり方, の今, の仕事, の作品, の案内, の歌以外, の總, の話, の連れ, の魚, はいった, はこの, はさ, は人麿, は仲見世, は生, は確か, は笑っ, は自信力, は頼む, へ手紙, もずいぶん, を訪ね, を訪ねない, を訪問

▼ 伊藤松雄~ (53, 2.8%)

11 のとこ 6 を訪問 3 のところ, の家 2 から手紙, を訪れ, 来り

1 [24件] いっかな動かず, から届いた, から斎藤豊吉, から電話, が書い, が森英治郎, である, とその, とビクター, とヴァラエティ, と斎藤豊吉, と青砥, に電話, の, のご, の原稿, の演出, の脚本, の詞, は何と, より原稿, を訪ねる, を訪れる, 来る

▼ 伊藤さん~ (44, 2.3%)

2 が殺された, の事, は殺された

1 [38件] から手紙, がお, がで, がどうか, がほか, がまた, がをる, が出, が手拭, さ土産コ, てえ人, でも, とか豪い, どうも遺憾, にあ, にか, にも会った, に代, に頼ん, の仰し, の宅, の官舎, の小田原, は交, は他, は博文公, は死ん, は自分, は芸術, は駅, みたよう, もこのごろ, もとんだ, も他, も飛んだ, や兄キ, を訪ねる, 見た樣

▼ 伊藤~ (40, 2.1%)

1 [40件] あらたに, この植物, じア何ん, そう云う, ひとり貧乏くじを, ひどく詰, まずわたり, また自ら政党, むりに, やった, やつて, グナイストから, 一番親しく, 一緒に, 今度中学を, 何気ないよう, 全責任, 受取ること, 報告文を, 場所を, 居る間, 引受けたので, 愛が, 手を, 政友会を, 書類の, 東京留守政府の, 次の, 病気の, 立ち上がりながら, 脚本を, 英語の, 菓子とか, 見て, 誘い合わせたので, 責任を, 責任者であった, 貸すと, 連絡の, 骸骨を

▼ 伊藤博文~ (40, 2.1%)

2 がヨーロッパ, が偶, であるが, の如く, の手紙, はナポレオン三世

1 [28件] から大隈, がドイツ, が官僚, が幣制調査, が自由党, だってただ, でさえ, と彼, と彼女, などのよう, に似た, に教えた, のごとき, のとなえた, の大字, の婿, の愛婿, の春畝山人, の欧州派遣, の逆, は, はいわず, は憲法起草中, までさかのぼり, もここ, や伊藤巳代治, や東郷, や貞愛親王

▼ 伊藤~ (29, 1.5%)

2

1 [27件] がフランス大使館, が健全, が言った, が電話, がOSS, で宇田川氏, という有名, には別に, には逢, に感謝, に紹介, に紹介状, に電話, に預ける, のこと, の創訳, の理解, は, はその, はマレー夫人, は大いに, は少く, は知らない, は青く, へあいさつ, も全く, 知り合

▼ 伊藤~ (27, 1.4%)

2 のところ, は

1 [23件] が, がいたましい, が七月一日, が信念, が朝日, とかいう評論家兼任, なんかまし, の, のこの, のこん, のよう, の人間, の作品, の小説, の得能五郎, の方, の現実, の衝動, の鳴海仙吉もの, への答五枚, も東京新聞, や春山行夫, をその

▼ 伊藤~ (24, 1.3%)

2 忠告しなかった

1 [22件] しろ林町, せまり旧臘二十一日, そんなこと, わかったとき, 万一の, 不正が, 云ったという, 何か, 何時でも, 依頼し, 向って, 吹きこんだもの, 手紙を, 持ち出して, 渡す, 結びつけた, 背を, 言ったという, 説いて, 逢いたりな, 逢わなかった, 道具を

▼ 伊藤野枝~ (23, 1.2%)

1 [23件] が, があなた, があり, がそういう, がアナーキスト大杉栄, が年齢, が引き, が甘粕, その甥, といっしょ, とが例, とも, と幼い, と甥, と辻潤, なる女, にゆずった, のやう, の廃娼運動否定論, の殺害, の苦しい, は大杉栄, は次第に

▼ 伊藤~ (22, 1.2%)

2 会うと

1 [20件] いつし, いつた丈, いへば, 一緒に, 云うの, 互角で, 呼ばれし老, 手を, 支那料理食った, 柏木と, 比らべて, 秀子とを, 称すべきもの, 稱すべき, 笠原を, 絶交する, 街頭連絡で, 連絡を, 須山の, 須山は

▼ 伊藤公爵~ (22, 1.2%)

2 と大隈伯爵, と雖, の幕下, も亦, も大隈伯爵, を以て彼, 若くは 1 との艶名艶罪, と韓太子, に關, のこと, の夫人梅子, の如き, は欧洲大陸, は歐洲大陸

▼ 伊藤~ (16, 0.9%)

2 推薦し

1 [14件] こういう問題, そそのかしたん, 伴って, 儲けさ, 助けて, 名乗る, 外務大臣に, 愚弄し, 私の, 立憲政治の, 笠原との, 見ながら, 諷して, 首相と

▼ 伊藤八兵衛~ (16, 0.9%)

1 [16件] が本所, という二人, となり, と手, と鳴らした, に用いられた, のお, の世話, の事業, の幕僚, の弟たる, の成功, の智嚢, の通り名, は末路, は飛ぶ

▼ 伊藤治太夫~ (16, 0.9%)

1 [16件] が全体, でした, はこの, はすっかり, はその, はわかり切った, は二, は大言, は妙月庵, は此処, は自分, は面目, は顔, も何やら, も銭形平次, を交え

▼ 伊藤~ (14, 0.7%)

3 須山の 2 辻や 1 大久保らの, 大隈や, 山崎などが, 役場員や, 淵君も, 皆露骨裸体の, 皆露骨裸體の, 笠原という, 須山が

▼ 伊藤~ (12, 0.6%)

1 [12件] すぐ身支度, それに, ちとうるさ, まだ盛ん, ようやく不審, 入って, 吃驚し, 困る, 思わず不安, 笑った, 行きたさうな, 試験に

▼ 伊藤一刀斎~ (12, 0.6%)

1 [12件] かこう, という者, とか柳生宗矩, なども詭計, の, のお, の剣道, の師, はご存じ, はすでに, は云う, は旅籠

▼ 伊藤先生~ (10, 0.5%)

1 おわづら, がばか, が大変, と二人, にもわかっ, のところ, の場合, はどうして, や井上先生, を男爵

▼ 伊藤井上~ (8, 0.4%)

2 の三老, の二者, を聯 1 の三人, は薄情

▼ 伊藤仁斎~ (8, 0.4%)

1 と東涯, などは尊王, に因り, の壮時京都近辺, の子息東涯, は死, やや遅れ, や山井崑崙

▼ 伊藤俊介~ (8, 0.4%)

1 が二公使, が羽織袴, それに京都旅館, とが付き添い, に逢った, の力, 他一名, 同じく中島作太郎なぞ

▼ 伊藤公爵大隈伯爵等~ (8, 0.4%)

2 が終始, と相, は其の 1 と対照, と對照

▼ 伊藤整氏~ (8, 0.4%)

1 が同氏, とが森山氏, によって書かれた, の場合, の得能五郎, の日ごろ, の短い, の近著

▼ 伊藤東涯~ (8, 0.4%)

1 とかの人々, などからし, などはその, の, の尤も, の已に, の門人, は繋辭

▼ 伊藤という~ (7, 0.4%)

1 人が, 先生の, 友だちが, 名だけは, 実業家は, 家から, 道具屋の

▼ 伊藤俊輔~ (7, 0.4%)

1 があいさつ, が云う, であった, と志道聞多, などのため, にまかせ, にも頼まれ

▼ 伊藤博文公~ (7, 0.4%)

1 がお湯, がハルビン駅頭, が憲法取調, と古く, の出生地, の額, は韓国統監時代

▼ 伊藤左千夫~ (7, 0.4%)

1 が, がそう, が評した, なんて人, の歌, の野菊, までの実例

▼ 伊藤弥五郎一刀斎~ (7, 0.4%)

1 が住ん, が常に, という剣客, なども桶狭間, ならなに, に従い, は私

▼ 伊藤永之介~ (7, 0.4%)

21 でありました, にしろ, に行きました, の書いた, の書斎

▼ 伊藤首相~ (7, 0.4%)

2 に向, に忠告書 1 に与, に與, は煩悶

▼ 伊藤から~ (6, 0.3%)

1 折返しあたたかい, 政権授与の, 暗示された, 聞いたこと, 聞き本当, 荷物を

▼ 伊藤~ (6, 0.3%)

2 の統督 1 が欧州, の命, はこの, を然

▼ 伊藤博文伯~ (6, 0.3%)

2 に繋, をし 1 に対するの情実, に對

▼ 伊藤~ (6, 0.3%)

1 から出, で斎藤, というわけ, にいる, に傳, の浪人

▼ 伊藤喜兵衛~ (5, 0.3%)

1 が, と云う, のお嬢さん, の家, は孫娘

▼ 伊藤松雄氏~ (5, 0.3%)

3 を訪問 1 が来り, 来り青砥

▼ 伊藤たち~ (4, 0.2%)

1 が普段, のパラシュート, の出入り, は次

▼ 伊藤~ (4, 0.2%)

2 は人民 1 にたいして二十回, の官吏

▼ 伊藤ヨシ~ (4, 0.2%)

1 が最近メキ, と一緒, のこと, は太田

▼ 伊藤一刀斎景久~ (4, 0.2%)

1 が出, が晩年, でその, はそういう

▼ 伊藤~ (4, 0.2%)

2 内閣倒れ 1 内閣崩壊後に, 内閣崩壞後に

▼ 伊藤大隈~ (4, 0.2%)

2 の連敗 1 は当世, は當世

▼ 伊藤攻撃~ (4, 0.2%)

2 の策, を事

▼ 伊藤系統~ (4, 0.2%)

2 の人 1 に属する, に屬

▼ 伊藤総理大臣~ (4, 0.2%)

1 がその, が辞表, の秘書官, は総裁

▼ 伊藤一族~ (3, 0.2%)

1 のこと, の初代, を思い出した

▼ 伊藤伝右衛門氏~ (3, 0.2%)

1 と, にとつぐ, は筑紫

▼ 伊藤侯爵~ (3, 0.2%)

1 が其媒酌人, と相対, は空

▼ 伊藤博文氏~ (3, 0.2%)

1 の総理大臣, は外国人, を総裁

▼ 伊藤圭介先生~ (3, 0.2%)

1 があった, というの, は九十九

▼ 伊藤左千夫君~ (3, 0.2%)

1 が茶の湯, であるといふ, ですと

▼ 伊藤松坂屋~ (3, 0.2%)

1 などの祖, の前, の通番頭

▼ 伊藤松宇氏~ (3, 0.2%)

1 が始めた, と森猿男氏, は久しく

▼ 伊藤松雄訪問~ (3, 0.2%)

1 いろ, ぜひロッパ節, それからそれ

▼ 伊藤統監~ (3, 0.2%)

2 を以て此 1 から命ぜられ

▼ 伊藤綾子~ (3, 0.2%)

1 の場合, の母上死去, の言葉

▼ 伊藤総裁~ (3, 0.2%)

1 は審査局, は鉱毒事件, もその

▼ 伊藤野枝さん~ (3, 0.2%)

1 にかわっ, の, のお

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

1 理屈が, 黙って

▼ 伊藤との~ (2, 0.1%)

1 交友二十年の, 提携を

▼ 伊藤とは~ (2, 0.1%)

1 毎日の, 震災の

▼ 伊藤によって~ (2, 0.1%)

1 みたされなかった美, 充され

▼ 伊藤グリル~ (2, 0.1%)

1 がある, を忘れ

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

1 侯を, 公も

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

1 がおどろい, の鎧

▼ 伊藤五忠清~ (2, 0.1%)

1 などというの, は後

▼ 伊藤仁齋~ (2, 0.1%)

1 の頃, は孟子

▼ 伊藤伊兵衛~ (2, 0.1%)

1 の, の著

▼ 伊藤伝右衛門~ (2, 0.1%)

1 の赤銅御殿, も親

▼ 伊藤侯クローマー~ (2, 0.1%)

2 及びラネツサン

▼ 伊藤侯以上~ (2, 0.1%)

2 の首領

▼ 伊藤侯以下~ (2, 0.1%)

2 或は曾

▼ 伊藤侯其人~ (2, 0.1%)

2 に傾倒

▼ 伊藤侯大隈伯~ (2, 0.1%)

2 などは伯

▼ 伊藤侯復~ (2, 0.1%)

2 た出でて

▼ 伊藤侯自身~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ 伊藤俊介ら~ (2, 0.1%)

1 は英国公使, を伴っ

▼ 伊藤公暗殺~ (2, 0.1%)

1 の号外, の號外

▼ 伊藤内閣反対~ (2, 0.1%)

2 の側

▼ 伊藤内閣組織~ (2, 0.1%)

2 せらる

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

1 太夫の, 太夫方ニ相成

▼ 伊藤博文とい~ (2, 0.1%)

2 へる名

▼ 伊藤喜兵衛殿~ (2, 0.1%)

1 からお, にお

▼ 伊藤嘉夫氏~ (2, 0.1%)

2

▼ 伊藤嘉奈子刀自~ (2, 0.1%)

1 のところ, の家

▼ 伊藤圭介~ (2, 0.1%)

1 に呉れた, の

▼ 伊藤圭介氏~ (2, 0.1%)

1 の創訳, はこれ

▼ 伊藤大隈連敗~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

1 になられた, に還っ

▼ 伊藤孫兵衛~ (2, 0.1%)

1 などの顔, は甥

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

1 輔であった, 輔は

▼ 伊藤弥五郎先生~ (2, 0.1%)

1 へお, をお

▼ 伊藤晴雨画伯~ (2, 0.1%)

1 から聞かされた, より聞かされた

▼ 伊藤東涯先生~ (2, 0.1%)

1 が大, が自筆

▼ 伊藤松雄あたり~ (2, 0.1%)

1 がロッパブレントラスト, 迄が心配

▼ 伊藤武蔵~ (2, 0.1%)

1 と云, 御馬印

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

2 と其心事

▼ 伊藤熹朔君~ (2, 0.1%)

1 の仕事, を装置家

▼ 伊藤船長~ (2, 0.1%)

1 が杓子定規, の話

▼ 伊藤若冲~ (2, 0.1%)

1 だ, の描いた

▼ 伊藤証信氏~ (2, 0.1%)

1 の無我愛, はどういう

▼ 伊藤~ (2, 0.1%)

1 前守忠綱, 前守忠縄

▼ 伊藤香女史~ (2, 0.1%)

1 が何, の特徴

▼1* [287件]

伊藤あいが杵屋勝久纓, 伊藤からの報告だった, 伊藤こそは鉄道問題の, 伊藤さえもがそれ, 伊藤さん大隈さんに次い, 伊藤さん等来たらしく名刺, 伊藤って人と, 伊藤というはその頃京橋十人衆, 伊藤といふのは, 伊藤とか云う人, 伊藤とも加藤とも, 伊藤などいう人, 伊藤などが入り込んだわけ, 伊藤などと共に皀莢坂の, 伊藤などの主立った者, 伊藤などはそれである, 伊藤なればこそ養っ, 伊藤のみでは, 伊藤はばア様と, 伊藤への追従者であっ, 伊藤へも行かずもちろん, 伊藤もばア様も, 伊藤より一月おそい, 伊藤らしくないと思っ, 伊藤を通じて昨日集まった, 伊藤イナという人, 伊藤て人鬼サ, 伊藤ハンニまがいの山師, 伊藤ハンニ時代に, 伊藤一刀斉を訪ね, 伊藤一刀斎丸目蔵人柳生兵庫小野典膳諸岡一羽その他多くの剣客たち, 伊藤一刀斎供の者, 伊藤一刀齋丸目藏人柳生兵庫小野典膳諸岡一羽その他多くの劍客たち, 伊藤一隆氏その他の人, 伊藤太方, 伊藤中佐につづい, 伊藤久之丞が来, 伊藤五左衛門玉虫七郎右衛門などの組頭たち, 伊藤五郎大夫は道元禅師, 伊藤五郎大夫様のお, 伊藤井上所謂維新の元勲, 伊藤仁斎先生が長屋, 伊藤仁斎文芸家として西鶴, 伊藤仁斎貝原益軒などはその, 伊藤以下閣員の任命, 伊藤とかの仕事, 伊藤伴右衛門高豊が編み出した, 伊藤佐藤など唱うる, 伊藤の, 伊藤作次郎といふ人, 伊藤侯井上はその, 伊藤俊助だの井上聞多, 伊藤俊助さんや井上聞多さん, 伊藤俊輔井上聞多井上勝山尾庸三らの洋行, 伊藤信吉津村信夫田中克己阪本越郎立原道造などの若い, 伊藤俺等一つでやめよう, 伊藤傘下に参じ, 伊藤兄上国より御, 伊藤先生及洪堂兄等の御, 伊藤兩侯をし, 伊藤兩公も時として, 伊藤公ハルピンにて暗殺さる, 伊藤公ハルピン駅にて暗殺さる, 伊藤公使の脳裡, 伊藤公出迎えのため便乗, 伊藤公横死の號外, 伊藤公爵來道の餘波, 伊藤公発憤の動機, 伊藤公追弔演説會以來の獨, 伊藤公遭難の跡, 伊藤の胸板, 伊藤典膳忠也が忠也派一刀流, 伊藤内閣辞職の後, 伊藤凌潮という軍談読み, 伊藤刑部と書いた, 伊藤半之丞武田七郎左衛門等数名の士, 伊藤博士に就, 伊藤博文さんが書いた, 伊藤博文なぞは我輩, 伊藤博文らはその, 伊藤博文一行だとか, 伊藤博文井上毅の大きな, 伊藤博文侯が奴, 伊藤博文公夫人が公, 伊藤博文内閣で陸奥宗光, 伊藤博文大隈重信などの各, 伊藤博文尾崎紅葉にいたる, 伊藤博文等は平和論, 伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, 伊藤古泉斎藤平野上田諸氏が集, 伊藤司旭と署名, 伊藤吉之助で柏木, 伊藤吉之助宇井伯寿高橋穣市河三喜亀井高孝, 伊藤君先導のもと, 伊藤君先生は君, 伊藤君君の齎し, 伊藤君記述の, 伊藤君達を相手, 伊藤呉服屋今は栄屋, 伊藤呉服店であった, 伊藤周吉氏はなかなか, 伊藤喜兵衛様のお, 伊藤助歿, 伊藤圭介博士の, 伊藤圭介翁の遺書, 伊藤圭介賀来飛霞の, 伊藤坦庵田中桐江などの学者, 伊藤基彦その他と行く, 伊藤夏子という人, 伊藤大尉が遇われ, 伊藤大師本願寺法主に次い, 伊藤大輔という名, 伊藤大輔君が來, 伊藤大輔氏にしろ, 伊藤太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 伊藤夫妻迪子バーミングビユルガ姉妹京極篠原高田寺井昌谷世良仙石に送られ, 伊藤奚疑の二氏, 伊藤女史が頭, 伊藤孝太郎といひ, 伊藤孫一といふ漢学好き, 伊藤宮崎各々辿るべきを, 伊藤家食客全員はここ, 伊藤家食客時代にも数種, 伊藤小波さんの, 伊藤少々神経衰弱では, 伊藤が, 伊藤に置かれた, 伊藤屋佐治兵衛へ宿, 伊藤山中等の諸氏, 伊藤山中野田等の諸氏, 伊藤山県三井三菱などいう, 伊藤山県井上などの維新, 伊藤山県榎本陸奥の諸人, 伊藤山縣兩侯の調和者, 伊藤山縣兩公と盛名, 伊藤山縣兩公等の間, 伊藤岩倉らの政府人, 伊藤崇拜の隷屬, 伊藤崇拜者が果して, 伊藤崇拝の隷属, 伊藤崇拝者が果して, 伊藤左千夫らを知る, 伊藤左千夫先生は, 伊藤左千夫氏は正岡子規, 伊藤左千夫氏森田義郎氏香取秀真氏蕨真一郎氏長塚節氏岡麓氏等である, 伊藤左千夫等のもの, 伊藤左千夫長塚節等の諸家, 伊藤巳代治のつくつた, 伊藤市郎氏この方, 伊藤市郎氏らに私, 伊藤廉氏の文章, 伊藤弥五郎を祖, 伊藤弥五郎どのから, 伊藤弥五郎一刀斎ひとりだという, 伊藤弥五郎景久といえ, 伊藤五郎一刀齋なども, 伊藤彦作がある, 伊藤彦四郎父子兄弟で門, 伊藤彦次郎父子は功名, 伊藤春た, 伊藤徳之助の諸, 伊藤徳裕先生について再び, 伊藤徳裕号を蘭林, 伊藤忠太博士が撮影, 伊藤彦氏の, 伊藤悌次君中橋徳五郎君等法学院派の法律家十一名, 伊藤掃部加藤虎之助小川土佐守など配置, 伊藤政友会総裁指名の奥田義人, 伊藤政府が心, 伊藤整たちの登場人物, 伊藤整中島健蔵氏にお, 伊藤整板垣直子春山行夫丹羽文雄本多顕彰徳永直徳田一穂岡田三郎尾崎一雄尾崎士郎大鹿卓和田伝上泉秀信田辺茂一楢崎勤室生犀星窪川鶴次郎福田清人浅野晃榊山潤水野成夫と申す, 伊藤整等の諸氏, 伊藤春吉君は語る, 伊藤晴雨君鹿塩秋菊君など数々, 伊藤晴雨氏にでも質し, 伊藤晴雨画伯それに小咄, 伊藤朝子と云う, 伊藤朝子氏のこと, 伊藤本人は憲法, 伊藤東籬有吉瓦楼森脇襄治大林古垣鉄郎, 伊藤松宇に, 伊藤松宇森猿男片山桃雨石山桂山石井得中の五氏, 伊藤松宇片山桃雨諸氏と共に刊行, 伊藤松本河西夫人八田岩崎に見送られ, 伊藤松雄ビクターの作詞, 伊藤松雄司会で市丸, 伊藤松雄夫妻来楽セリフが一体, 伊藤松雄来訪それからそれ, 伊藤松雄来訪東京発声の重宗所長, 伊藤松雄氏宅へ, 伊藤松雄等のオペラ・パヴオ, 伊藤松雄自身のけい古, 伊藤松雄訪問レコードの案, 伊藤松雄訪問一時まで何かと, 伊藤松雄訪問一時間余り雑談して, 伊藤松雄訪問伊藤は七月, 伊藤松雄訪問例の如く, 伊藤松雄訪問先日のラヂオ, 伊藤松雄訪問愚談数刻の末, 伊藤松雄訪問昨日のラヂオ, 伊藤柏翠来り小田中久二雄, 伊藤の亜流, 伊藤の両, 伊藤様これは飛ん, 伊藤之助, 伊藤橋塘と云, 伊藤欽亮今は次男, 伊藤正弘氏千頭直雄氏中村岩馬氏は先づ發, 伊藤正徳さんが, 伊藤武者景綱だの伊藤五忠清, 伊藤氏一時より三時間, 伊藤氏余を送り, 伊藤氏宅へ行, 伊藤氏寛政九年に上総国市原郡高根村, 伊藤民部兼大蔵少輔, 伊藤永之介等の作家, 伊藤河東高浜その他の諸子, 伊藤泰丸氏から手紙, 伊藤派遣の勅語, 伊藤清水も, 伊藤渡辺等の諸氏, 伊藤渡辺諸氏の尽力, 伊藤源佐荻生惣右衛門などと云, 伊藤源次郎という人, 伊藤熹朔さんである, 伊藤玄沢の施薬, 伊藤瓶太郎氏にはもとより, 伊藤田代の名, 伊藤甲子太郎はどう, 伊藤白木と見, 伊藤白蓮のかけ, 伊藤白蓮氏が宮崎滔天, 伊藤益良の死, 伊藤益良等小川を逃げ, 伊藤直之助君近所の菓子屋恵美須屋さん, 伊藤直君の研究, 伊藤直系のもの, 伊藤直純君は熱心, 伊藤直純君金沢町助役の伊藤直之助君, 伊藤眞一さんが待受け, 伊藤祐介二荒四郎東田行蔵らの人たち, 伊藤祐晃師の示された, 伊藤章一に浄書, 伊藤章一等が, 伊藤の頭上, 伊藤篤太郎に対し教室出入, 伊藤篤太郎博士の説, 伊藤篤太郎君に話した, 伊藤継郎氏は彼, 伊藤美代乃女史は秋田, 伊藤義郎などいう, 伊藤老侯よし小村外相, 伊藤老師ともすっかり, 伊藤聴秋瓜生梅村関根癡堂がある, 伊藤至郎石原辰郎石井友幸新島繁早川二郎伊豆公夫その他新進気鋭の諸氏, 伊藤葦天来りて, 伊藤薊山上京したるばかりの, 伊藤被告の妻, 伊藤証信氏流に云う, 伊藤誠哉教授の, 伊藤誠斎は己巳, 伊藤謙氏訳の, 伊藤貞子氏が鷹, 伊藤貫一君にこれ, 伊藤述史公使が私, 伊藤述史君に會, 伊藤述史氏に言うた, 伊藤道郎氏が老人, 伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, 伊藤道郎高田雅夫南部邦彦といった後年, 伊藤野枝君を常にそう, 伊藤野枝夫妻と六歳, 伊藤銀月という人, 伊藤長次郎氏を訪問, 伊藤長蔵氏に少から, 伊藤閑牛翁医師では天岸静里氏, 伊藤陸奥の全権委員, 伊藤隆三郎来りなやまされるちと, 伊藤隆三郎氏に連れられ, 伊藤隼君からいろいろ, 伊藤露国公使館の秋山, 伊藤靖氏の, 伊藤須山の報告, 伊藤駿児君それは確か, 伊藤鴎二氏の, 伊藤鼎氏辰川為次郎氏これは皆松山人