青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仲間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仰~ ~仰い 仰い~ 仰ぐ~ ~仰し 仰せ~ 仰向け~ ~仲 仲~ ~仲間
仲間~
~件 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 任務~ 伊~ 伊勢~ 伊東~ 伊藤~

「仲間~」 7730, 80ppm, 1392位

▼ 仲間~ (2086, 27.0%)

58 一人が 31 者に 29 者が 17 一人に, 者の, 者を 16 者は 14 ことを 13 うちに 12 一人を 10 ものが, ものに, 顔を 9 ために, ような, 一人であった, 者から, 者と 8 うちで, うちでも, 一人だ, 一人で, 一人の 7 うちの, ところへ, ひとり, 一人は, 中に 6 なかに, ように, 中でも, 家に, 手に, 方へ, 者も, 間で 5 うちには, ものを, 一人, 一人と, 中で, 中には, 人たちは, 者にも, 間では, 間に

4 [18件] うちでは, うちへ, ところに, ひとりが, ひとりと, ものは, 一人だった, 一人である, 人たちに, 人達が, 前で, 奴らが, 家で, 方を, 男が, 眼を, 者らが, 者らと

3 [26件] あるもの, うちから, ことだ, すべての, なかには, ものから, ものだ, もので, ものの, 三人の, 事を, 人々の, 人たちが, 先頭に, 声が, 多くは, 宅助, 者とも, 者らの, 若者たちの, 詩人たちは, 誰よりも, 誰彼が, 連中は, 頭だ, 龍平

2 [128件] あいだで, あとを, あひだ, いること, ことだった, ことは, すがた, そばに, だれ一人, なかから, なかで, なかでも, ひとりだった, ひとりに, ひとりを, ほうを, ほかには, ものと, もの一同が, やつが, やつに, ようには, ビルの, 一人として, 一人へ, 上に, 不平を, 中にも, 中の, 事です, 二三人と, 二人は, 人々も, 人たちと, 人たちの, 人たちを, 人に, 他の, 代りに, 会が, 会合で, 会堂に, 内幕などを, 力によって, 友達が, 口から, 口に, 名を, 商人と, 噂も, 四五人が, 四五人と, 多数が, 大部分, 女たちの, 女に, 奴が, 奴と, 奴を, 奴等に, 宅助が, 宅助だった, 定法で, 家を, 後を, 悪者に, 愛嬌ものです, 所へ, 所謂, 手から, 持余し, 揉事で, 方が, 末広町の, 杜遠, 様に, 泥棒の, 注目を, 湯島の, 物を, 生活を, 男を, 眼が, 石どもだけ, 秘密を, 符喋で, 符牒で, 美術家の, 群と, 群に, 義理から, 義理で, 義理としても, 習慣で, 者たちの, 者で, 者とともに, 者には, 者へ, 者や, 者等に, 者達と, 者達の, 者達は, 耳には, 職人も, 若い男, 蛙を, 蟻が, 親友マドロスに, 言葉で, 評判から, 評判に, 詩人です, 話を, 誘ひに, 誰かに, 誰かれ, 誰でもが, 誰とも, 誰彼と, 誼み, 連中が, 連中に, 間を, 飴屋が, 骨は, 龍平と

1 [1208件 抜粋] あいずと, あとに, あまりにも, あるという, ある者, いたバンガロー, いるの, いわゆる饗応, うしろから, うちでの, うちにも, おおかみども, お二人, お侍, お座所廻りの, お旗本衆, お菊, お雛妓さんたち, かかって, かんかん虫たち, きれいな, けばけばしい花, ことである, ことなど, ことなら, しめしも, その中, そろえた履物, たれ彼, だれ彼の, つきあいも, つらよごしだ, どれよりも, なかにも, のらもので, ひとりだけを, ひとりである, ひとりな, ほうへ, ほしい心持, みんなが, めいめいに, もっぱらの, ものとして, ものには, もめ事で, やつと, やつらの, やること, ようで, ような取りまき, よりあ, わるい企み, ゐないもの, アベルは, アムフィトリオン, アーロンを, エピミーシウスが, カアペンタアは, コンミニストな, サクラである, チュールカその, テクニックでは, パーキンズのです, ビルは, ボクサーを, ミノリを, リンピイから, ローズに, 一人たる, 一人でしょ, 一人な, 一人も, 一人わたしと, 一人吉田, 一人粛然として, 一員である, 一員として, 一団を, 一平という, 一平の, 一番の, 一番最初の, 一羽か, 一部で, 一部の, 三世清元延寿太夫等と, 三十位の, 三少年が, 上にも, 上りらしい, 不幸を, 不文律な, 不良共は, 世界である, 中から, 中では, 中心に, 主義でした, 乗って, 乞食に, 乱暴者を, 予想は, 二三人をも, 二人が, 云ったとおり, 五平であった, 交際いは, 交際では, 交際なんかをも, 人々からは, 人が, 人でも, 人は, 人数を, 人気を, 人達と, 人間どもに対する, 人間より, 仁義の, 仁義道徳に, 仕事は, 仕来りは, 仕業で, 会合や, 伜の, 位置に, 体へ, 作ったもの, 作家達の, 作法捨て, 保護者を以て, 借りて, 偏見と, 像でなく, 元禄西郷玉花林糖有平糖なぞは, 兄イ分だろう, 先に, 先輩である, 児島虎次郎氏を, 八人と, 六助が, 六朶園荒井雅重家元仲間の, 共感を, 兼吉や, 内に, 内へ, 凡てが, 凱歌が, 出入りにて, 出獄を, 分まで, 分隊の, 制度として, 剥製を, 力を, 労を, 労働者が, 動き, 動静や, 勝造を, 勤勉な, 北田家の, 十常, 半分以上は, 南陽房に, 印刷屋まで, 参会に, 參會へ, 友人程, 友達たちに対しては, 友達や, 古老から, 句であっ, 合図だ, 合圖の, 同床異夢は, 名声の, 名物男齋藤兼次郎君が, 名高い一人, 告口を, 呼び声に, 和泉屋という, 商人に, 嘆かわしい様子, 噂じゃ, 噂と, 噂の, 四段の, 土人は, 土方, 地道な, 塩汲が, 声は, 変り種な, 外は, 大勢とともに, 大半は, 大御所であった, 大群が, 太郎という, 女が, 女の, 女や, 女達五人ばかりと, 奴に, 奴らあ, 奴らと, 奴らは, 奴等が, 好奇心を, 妬みか, 妹や, 姿にも, 姿を, 娘も, 婦人が, 婦人数名が, 嫉視を, 子らに, 子供たちは, 子供と, 子供は, 子弟の, 学生たちが, 学生を, 孫先生と, 宅助おそろしい, 宅助にわかに, 宅助ぽん, 宅助天神河岸の, 宅助意味あり, 安倍君は, 官吏に, 定評に, 実業家でなくつ, 宴会が, 家では, 家へでも, 家鴨からは, 寄合へ, 寺院から, 尊敬の, 小供達, 小野は, 少壮文人たちが, 少女たちは, 少年達と, 尨犬に, 屍の, 山師連の, 島田清君という, 巣に, 工人から, 年中行事の, 年少者サ, 度胆を, 弁護士が, 弟と, 強い生き方, 彫刻家達と, 役人で, 役者たちを, 後殿の, 御輿が, 心づかいも, 忍術衆だけ, 性わる, 恐竜も, 恥辱と, 恩返しだ, 悪党たちでも, 悪口を, 悪路王, 情愛が, 惡戯者なんか, 意に, 意地の, 意見に, 或る, 戸塚を, 所有であった, 手へ, 手下たちだった, 手前も, 手輩は, 打解けやすい, 批評という, 技術を, 抜荷買を, 持って, 掟だ, 掟は, 採訪によって, 援護で, 救いを, 教育なり, 数名の, 敵討ち遁が, 文人でも, 文学者で, 文学者達を, 新旧の, 方々にも, 方たちに, 方にも, 方の, 日本左衛門に, 時代に, 暗合符だ, 最も丈, 最初の, 木葉ごろが, 杵太郎だ, 某の, 某氏に, 栄誉を, 桝田屋小左衛門は, 植物二三について, 楽手の, 様子を, 横っ面に, 機関手達は, 歌詠や, 武士も, 死骸, 残りは, 殺傷事件について, 気が, 氣質と, 水野藤十郎勝成と, 河童の, 法師は, 流行語と, 消息を, 淺草の, 渦中に, 源さんが, 溜り場所へ, 漁師も, 漁師達に, 火星人も, 為めに, 無反省, 無法者赤金の, 熊吉と, 爺や, 牡丹達に, 特に日本人, 特権であった, 犬の, 狙いであった, 独逸人の, 現代人です, 生命が, 生活は, 用語に従って, 由松でございます, 男で, 男とが, 男らしさ, 画家であった, 異端者, 百円紙幣を, 皆んなに, 盜んだ, 目に, 相談事が, 眼は, 知恵を, 石山氏角田新五郎氏臼田氏角田勘五郎氏の, 研究物であった, 礼儀作法も, 禁物は, 私刑には, 秋刀魚や, 種を, 窮迫を, 端つこ, 笑い話と, 笑われもの, 籍, 精神的品位に関する, 約束でございます, 紙幣に, 細君が, 結びつきが, 給料日の, 縒を, 美術通や, 群の, 群を, 義理が, 義理仁義を, 習いとして, 老人が, 者, 者たちが, 者だ, 者であり, 者でしょう, 者と共に, 者などと, 者まで, 者らに, 者らは, 者共が, 者同志である, 者等の, 者達を, 肩を, 背中を, 胸に, 脇腹を, 腕白にも, 自治を, 舟へは, 船頭の, 芝居好きと, 芸人が, 若い奴, 若い連中, 若者たちも, 荒くれ男の, 落伍者でありました, 蛇の, 血について, 衆は, 術語だらう, 被害民たちの, 裡に, 要塞であっ, 規則も, 規律は, 規約上殆ん, 親分らしい, 親類の, 言うこと, 言語とは, 評判なども, 評判を, 詩人が, 話なぞを, 話は, 話席亭の, 話題としては, 認めるところ, 誘惑だった, 誰かが, 誰に, 誰彼の, 談話は, 諸家の, 貰いの, 賤民階級三千万に, 赤星という, 跡を, 輩が, 通りことばでは, 通夜が, 速舟, 連中と, 遊び友達, 運動に, 運命は, 達者人と, 重りで, 野武士は, 鉄面孔目の, 長老, 間の, 間まで, 関係であった, 隙を, 隠れ屋敷, 雑談をも, 難腕章騎士の, 青年の, 青鷺, 非人すなわち, 面当てに, 頭が, 頭領という, 顏を, 顔に, 顔色に, 顕要な, 風娘も, 風評話や, 食人種である, 首領だ, 香蔵や, 馬方達に, 騒ぎは, 髢屋の, 鳥打帽の, 鴉を, 鼬だの, 龍平が, 龍平の

▼ 仲間~ (1179, 15.3%)

55 入れて 36 なって 32 入って 15 入つて 14 して, 加わって 12 加わった 11 這入って 10 いれて, はいった 9 加は 6 なったの, 入ること 5 入つた 4 すること, なった, なつて, 云った, 交じって, 加わること, 誘われて

3 [19件] いて, いると, されて, しては, なろう, まじって, 入った, 入るの, 入れと, 入れないの, 入れられた, 入れられて, 入ろうと, 別れて, 割りこんで, 加えて, 属して, 眼が, 身を

2 [51件] あつて, ある, いたるまで, いれたなあ, おはいり, きいた, きいて, されたという, され喧嘩, ちがいない, つれられて, ならうと, なりたいという, なります, なる, なること, なるなんて, なるよう, なれば, はいったの, やるの, 会って, 何か, 入っちゃ, 入つ, 入りて, 入れたが, 入れても, 入れられたものの, 入れること, 入れるという, 出会った, 前田上杉など, 割り込んで, 加った, 加はらう, 加わらないで, 加わる, 吹聴し, 告げる, 呼びかけて, 引入れて, 比べると, 知られて, 聞えた男, 話して, 話を, 追いついた, 這入つて, 這入れなくなる, 遣る物

1 [757件 抜粋] あいさつかたがた自分の, あずけ列, あった, あって, ありふれた種類, あるの, あるもん, あろうとは, いいよう, いじめられるか, いたから, いたずらを, いたトム, いないが, いふだけ, いらっしゃったからには, いる, いるひとり, いれたく思つて, えらい人, おかれて, おちぶれるほど, おとなしく素人写真, おなりそうして, おなり一緒に, おはいり下さいます, お相伴, お這入なされ, かぎっては, くらべて, くらべては, くわわって, くわわりました, ここだけの, この功名, この愉快さ, ごく規則, ござります, さそわれて, されたもの, されちゃ, されちや, したいと, したと, してやる, してやるから, しようと, じゃまっけ, すまないから, するから, せき立てられるといふ, せられて, そういう稀有, そう呼ばれる, その鋤雲氏, そむいて, そんな親切, ただ一人, だかれて, ついて, つたえた, つたわりお, できないと, できまいか, どこかに, なったこと, なったと, なったとても, なったので, なったもの, なった人々, なった気, なってよ, なつた, なにか深い, ならして, ならずとも, ならぬか, ならねえか, なられましたから, ならんか, なりたいほどの, なりたいもの, なり切って, なり切つて, なり順まわり, なるか, なると, なるとも, なるには, なる世の中, なる気, なれ, なれない, なれないのよ, のこしたきり, はいったこと, はいったなと, はいったらどう, はいらせなかった, はいらなかつた, はいりえないの, はいりたいと, はいりたがってるよう, はいりたくなった, はいりな, はいりながら, はいりましょうか, はいれないよ, はいれよ, はいろうかなあ, はいろうと, はいろうとは, はいッたこ, はぐれないよう, はやくあいたい, ひきこまれようって, ひきずられて, ひき入れ日本, ひき込まれながら, ひやかされたくらいの, ひょっくり顔, ふれ歩いた, ほしいの, まかせて, まぎれこんで, めぐりあったよう, もれたこと, やかましい敬神, やつした一方, やはりは, やれやれと, よくある, よくない, よせや, よんで, ゴーリキイは, トランプを, ハライ魔という, ベンヂヤミン・スチリングフリイトといふ, 一つの, 一人の, 一時小, 一杯喰わされた, 三人ほど, 久我の, 二十日会という, 云ったり, 交じらないので, 交ったり, 交って, 交つて腕も, 交らなかっ, 交わりたいよう, 交際が, 介抱され, 伍し, 伍すれ, 会うこと, 会釈する, 伝うる, 伝えて, 伝へたらしくみんな声, 伝染し, 伴はれ, 住んで, 住込ん, 何んの, 何事かを, 例の, 依って, 信用の, 倉地が, 働いて, 入ったから, 入ったと, 入った桜井静堂氏宅, 入った黒田松千代, 入つたの, 入つて久離, 入つて手弄, 入らうと, 入らずして, 入らない, 入らないでも, 入らないと, 入らなかったん, 入らなければ, 入らねえかと, 入られれば, 入りこの, 入りその, 入りたいという, 入りたいん, 入り女たち, 入り老人, 入り隼, 入る, 入るん, 入る前, 入る場合, 入る為, 入れたらヤーフたち, 入れてね, 入れといてよ, 入れないこと, 入れないわけ, 入れなかったの, 入れぬ方, 入れは, 入れません, 入れむとて伴, 入れようという, 入れようとして, 入れられたもの, 入れられなかつた, 入れられながら, 入れられ相手, 入れると, 入れるなぞと, 入れるなんて, 入れるべき人物, 入れるほか, 入れろ, 入ツ, 其様な, 冷やかされて, 処々の, 出あいましても, 分ける癖, 分け入って, 初めて口, 別れを, 加え, 加えた, 加えたこと, 加えたの, 加えられたこと, 加えられて, 加って, 加つた, 加つて第, 加つて調子外れの, 加はつたり, 加はつて, 加はらな, 加はらなけれ, 加はりたい, 加はりませんでした, 加はることに, 加はるのは, 加へ, 加わったが, 加わったという, 加わったもの, 加わったりも, 加わった自分, 加わってからの, 加わらずに, 加わらず知らんふり, 加わらないから, 加わらなかったが, 加わりえたと, 加わりここ, 加わり一緒, 加わり後年, 加わる一人, 加わる気, 加われる自分, 加わろうとして, 加特力僧も, 勇気を, 匕首を, 協力を, 参加させ, 参考せられ, 友蔵幸吉という, 収容される, 取つて, 取り巻かれて, 受止めて, 可愛がられて, 合図を, 名が, 名を, 名高い, 向って, 向つて答, 吸い寄せられ女, 呼びかけたい, 命じて, 喧嘩を, 嗅ぎ出されは, 嗾した, 噂の, 図体の, 坐って, 声を, 売る, 外れた, 外れたばかり, 多いと, 多いといふ, 大きな擾乱, 大きな欠陥, 大層珍重がられた, 天才人と, 女である, 如才ない, 婦人を, 婦人一名を, 安全の, 害ある, 尋ねあるいて, 對し, 就いては, 居たかの, 居りその, 属する動物, 布教する, 帳元と, 広まって, 引いて, 引かれて, 引きずり込まれた, 引き入れさうに, 引き入れる癖, 引き摺り込んで, 引入れあんな, 引入れた, 引入れまた, 引入れられて, 引入れ化物騒ぎ, 引入れ喜久治, 引入れ自分, 引出されて, 引張りこむから, 引張り込まれたもの, 引渡された時, 引込まれた俳句, 彼の, 彼は, 律儀者の, 後援を, 心得が, 応える, 怒ったよう, 怖れられ, 惡い, 感じなければ, 成って, 成り下がりしかも, 成下っ, 戻るの, 投げ込まれた, 投じた, 投じて, 抛げ, 抱き込みやがったん, 招かれて, 拭かせて, 指を, 振り向いて, 推されて, 提灯を, 教え込まれたの, 散所, 数えられずして, 数え入れて, 新華族, 於いてすら, 於いても, 於て, 於ても, 早く加わりたがってる, 曳かせて, 最近大学の, 杓を, 来て, 株という, 歯せられざる者, 殺された, 殺された善良, 母も, 毒麦が, 毛嫌いされ, 気どられること, 水を, 注意する, 洩れず欧羅巴行き, 流行し, 流行つた黒の, 浚われて, 深入りし, 濟ま, 火の, 無理矢理に, 無理矢理参加, 牽かれて, 犬千代と, 甚大の, 生きんが, 甲比丹の, 盗まれるの, 目くばせ, 相違あるまい, 看做し漁家, 真っ直, 知らせたの, 知らせて, 知られずに, 知られるよう, 知れ渉, 知れ渡って, 確証された, 示したという, 私が, 私の, 立った, 笑われながら, 紙きれを, 紛れ込んで, 細民が, 紹介されかかった, 置かれなくなったの, 聊か銭, 聞えた事実, 肩を, 舌を, 落すの, 落ちたの, 落ちて, 落ち入ったとは, 落ち込んだ事, 藤夜叉も, 行なわるる真理, 見せて, 見せるの, 見られること, 親しき人, 親しめずに, 言って, 言つて聞かせる, 言わせると, 訊いたら一向, 訣れて, 許して, 評判も, 詩人として, 話したりなど, 誇ろうとは, 誘ッて, 語らいモーナルーダオ, 警告し, 讀まれるのみ, 貢いだの, 起こされ堅気, 身過ぎは, 迎えたいと, 迎春館の, 追っつくため, 逐ひ込まれた, 這入ったから, 這入ったもの, 這入て, 這入らなかつたの, 這入らんよう, 這入りある, 這入りその, 這入りませんか, 這入り得ないで, 這入れ, 通った色魔, 通信する, 通用する, 逢ったが, 連れこまれた, 連れこんだの, 遇えば, 過ぎないと, 違いない, 適すべしと, 遺った, 銀林と, 闇打ちを, 限って, 陥込ませた原因, 隠れも, 非ず, 非ずや, 頭を, 頼んで, 飛んだ鼻毛, 食い倒されて, 首を, 馳せ参ずること, 魔除の, 鳥打帽が, 黙契され, 鼻の

▼ 仲間~ (569, 7.4%)

5 あって, いる, 来て 4 いて 3 あると, いた, いるらしい, おおぜ, 出来て, 集って

2 [39件] あった, あつた, ある, いると, いるな, お吉, そこに, それに, できて, どうして殺された, どこで, ふえて, もう一度望んだ, やつて, アルーエットに, クレヴァスに, 九人研究室の, 二人も, 先へ, 出て, 出來, 口を, 大ぜ, 宴会の, 家の, 居るん, 帰って, 彼の, 待って, 来ること, 砂利と, 私の, 背中に, 脅かすので, 行って, 誘いに, 連絡し, 銘々の, 難渋する

1 [454件] あだ名し, あの有名, あの通り, あやうくなったら, ありましたか, ありまして, あります, あるから, あること, あるとき, あるなんて, あるに, あるの, ある屋敷, あれば, あわただしく飛びこん, あわただしく駿介, いくたりも, いって, いつでも, いつに, いつも泊る, いつも船, いては, いなくなると, いまだに一人拙宅, いらつし, いるから, いるからかも, いるぜ, いるとき, いるとは, いるの, いるん, いれば, うしろに, うたって, うまく逃げ終えた, おおかみ, おたがいに助け合わない, おって見, おひとり, おもしろそう, およそ十数名, おりますから, お使いなさる, お前自分の, かうして, かがり火を, かく競い読む, かなり善良, きっとあった, きても, きのう使いが, けっして見殺し, こう云った, ここの, ここへ, こしらえようと, こちらを, この個条書, この勝ち負け, この通り, これほどの, これを, こんなにひどい, こんなひどい, ございます, しきりに南極探検船, しっかりした, しゃべって, じいっと心配そう, そういう場合, そこから, そのそば, そのほか, そのまま毒, その中, その仕返し, その姓名, その履物, その時力ずく, その脱獄, それぞれ片づける, それによって, それを, そんなふうになっ, たくさんいた, たくさんいます, だいぶあります, だいぶい, だんだんよっ, だんだん死ん, ちやんと, できた, できたと, できたよう, できたわ, どうした, どこからか, どこに, どこへ, どんどん上手, どんなに復讐心, どんな生活, どんな風流, ないから, なかったら, はじめて使い出した, ひっぱられたよ, ひとり乗ってる, ひろって, ふいに, ふたりまで, ふと将門, ほしいから, ほしかった, ぽつぽつと, またいる, また一人, まだいた, まだそこ, まだ三, まだ室, まだ生き, みんなおめでたく, みんなちり, みんなで, みんな火事にでも, みんな送っ, もうやめ, もう一人, もう一人ここ, もしかする, もっともっと年, もの凄い顔, やったん, やって来たん, やって来て, やられたのに, やる落語, ようやくここ, よくそこ, よくでき, よく集ま, らくに腰かけ, われるの, ゐたの, ゐて, ゐる, ゐること, ゐるよ, ウムムと, ケリーの, サント・アヴォア街区で, スパイの, バラバラに, ピストルを, ヘンな, ベッベッと, ベルリンの, 一しょでした, 一つに, 一つの, 一人でき, 一人ほんの, 一人一人思い出された, 一人交つてゐた, 一人増せ, 一人来る, 一人殖えた, 一人番人が, 一人窒扶斯にな, 一時に, 一般庶民に, 三ツ計りブラ下つて居る, 三人い, 三人ほど, 三人居た, 三四人い, 三四人申合わせ, 三日の, 上げられたひにゃ, 不安そうに, 不用の, 中心に, 乗って, 二三人, 二三人あとは, 二三人いる, 二人あった, 二人いる, 二人に, 二人ほど, 二人三人小屋の, 二人来あわせた, 云うの, 云つ, 互いに団結, 五つ計り居つた, 五人ゐた, 五人殺されました, 五六人行列を, 交じって, 京橋の, 人を, 人間の, 今き, 今も, 今やつて, 今夜乱入しよう, 他の, 仲間の, 伝えて, 何ヶ月も, 何人ゐる, 作って, 使に, 來て, 侍たちの, 俺ぁ可愛い, 俺らの, 儲仕事に, 兇暴な, 先生の, 入れ代り, 入れ代り立ち, 全然敵方, 公式に, 六ツバカリ坐つ, 六人づれ七人づれで此処へ, 其家に, 出しな, 出来た, 出来たの, 出来るだけ, 出来他愛, 出来始めた, 切符を, 割れるいま, 割れるばかりか, 創始した, 力に, 加勢に, 助け合って, 勝ったん, 化粧箱と, 十人程, 十四五名で, 取り纏めて, 受けとって, 叱って, 叱り飛ばされました, 合資で, 同時に云った, 名高くした, 吹雪の, 周章てて, 呼んだ, 噂する, 四五人来てる, 四人同じ, 団結し, 困ってるの, 土牛を, 増えた, 外から, 外へ, 多いぞ, 多いという, 多数に, 夜と, 大勢で, 大半欠席しなけれ, 大恥辱, 失敗した, 姿を, 宗次郎が, 実際に, 宴会を, 寄りたかって, 密告し, 密集し, 少年を, 居たの, 居る其家, 屯し, 山へ, 山伏の, 山林規則を, 川へ, 帰ってから, 幾人ある, 床几の, 引っ越すと, 彼に, 彼方で, 後から, 得て, 心配し, 必ずひとり, 快く容れる, 恐ろしくなり, 意地悪く, 成田山の, 戦争ばかり, 手の, 手を, 手分けを, 手荒く彼, 投込んだ, 押えたの, 拾うん, 拾ふか, 持って, 探が, 改心させる, 放けた火, 救いの, 数人いる, 旗じるし, 日光の, 日本人の, 日頃叩き落そう, 昨日醍醐の, 時どき誘い, 書いた偽計, 最大多数であっ, 村にも, 来た, 来たと, 森本を, 検挙され, 様子を, 次々に, 欲しいという, 欲しかった, 此樣な, 死骸を, 残って, 残っとるん, 残らずお寺, 残らずぞろぞろ, 殖えれば, 段々帰っ, 殺されたの, 殺された罪, 殺されて, 殺して, 毎晩この, 江戸の, 決定し, 河原に, 沼地から, 温い寝床, 潜んで, 火で, 無かつ, 無態, 無数に, 焼鳥に, 牛買に, 特権を, 現れたその, 生きて, 生唾を, 生活する, 生燒きの魚, 産卵を, 田楽ざし, 田楽ざしじゃ, 申し合, 百名ちかく, 皆いけなくなった, 目の, 目早く, 相手を, 相槌を, 相談し, 眞つくろ, 知らせて, 短册會, 石投げ, 私に, 私を, 立ち塞がった, 立ち塞がつた, 競いかかって, 笑いを, 箒を, 築地本願寺で, 精神を, 紙の, 続いて, 縄梯子を, 聞いたら何と, 聞きつけて, 聞きました, 肩を, 自ら称し, 自分に, 若い芸妓, 苦しんで, 落ち合つて, 落会う, 蟻の, 見えるかも, 見て, 見舞に, 親分に, 親許か, 言う, 詫びを, 説明し, 誰も, 誰何する, 諸先輩, 諸所の, 識らなかつた, 警察に, 責手で, 近くの, 近所に, 追分の, 通り掛かつ, 運惡く, 過去の, 遠い郊外, 遣ると, 重大な, 金福寺で, 釣られるから, 鈴川方に, 間違えたまま一函, 降りて, 集った時, 集つて來る, 集まって, 集まつて, 集まること, 雨の, 露店を, 順番に, 頑張り見張り, 顏に, 飛び入りを, 飛んで, 食わして, 食事から, 飮んで, 馬に, 駆けだして, 駈けて, 騒ぐし

▼ 仲間~ (418, 5.4%)

9 集めて 7 つれて 6 呼んで, 連れて 4 見た 3 見殺しに, 語らつて, 離れて

2 [20件] して, そこに, よんで, 一人, 作って, 八方に, 呼びに, 大ぜ, 失ったの, 廻ること, 廻るの, 引きつれて, 引き連れて, 持って, 求めて, 相手に, 組んで, 見廻したが, 討たれたさか, 離れては

1 [337件] あいてに, あっと, あまりに酷評, いうん, いつ誰, うながした, うんと喚ん, おかないと, おとしいれたり, お嫁, かえりみて, かりあつめて, かり集めて, こきおろすの, こき使って, こさえた, さがしましたが, さがすこと, さきに, さし招いて, しのびこませるため, すっかりそこ, そっと喫煙室, そまつに, たのみしばらく, ちょいと, つくったらまた, つくって, つくると, つれ東北の, つれ東南, つれ込んで, つれ高輪, とって, どうして殺し, どっさりつれ, どっと笑わす, ながめて, なくした悲しみ, なくして, のぞき込んだ, のもうと, はずれて, はずれ木蔭, ばらしたのよ, ひかえて, ひっくるめていう, ひっぱりあげて, ふたり残し, ふりかへ, ふり向いて, ふり返っ, ふり返った, まず捜さなく, みて, みんなひどい, みんな誘惑し, めつける, もって, もつこと, やめて, よく煽動, よびあつめもう一度, よんだ, よんだり, わかちて, わたしの, ジロジロ睨めまわし, ターリングに, 一とわたり, 一人一人敵の, 一人下女を, 一人前へ, 一人従え, 一人犠牲にまで, 一人騙し討同, 一人騙し討同様に, 一匹たり, 一眼見る, 三台の, 中心として, 二人つれ, 二人理不尽に, 五人が, 今の, 介抱した, 介抱する, 仕るの, 他に, 代表し, 仲よくさせ, 伴れ, 何人も, 作った, 作つてごそごそ, 作らず決して, 作り共同研究, 使いに, 使に, 侮辱した, 促した, 促して, 信じて, 偏見なく, 催して, 傷けて, 傷つけたくないの, 先駆とは, 写しにか, 凝視し, 出ながら, 前進さし, 加えて, 助けたいと, 助けて, 動かすこと, 勧誘し, 十二人ほど, 半殺しの, 去って, 叩き起した, 召し捕りの, 召集しよう, 台所の, 叱りつけて, 同志の, 呼ばうにも, 呼びました, 呼び交, 呼び出して, 呼び寄せた, 呼び寄せたと, 呼び揚子江, 呼び集めて, 呼び集める, 呼ぶよう, 呼んだの, 問い合わせたが, 嗅ぎつけて, 四人連れ, 増して, 売ったという, 外されて, 多勢引き連れ, 大いに叱っ, 大勢連れ, 大連へ, 失ひながら, 学校内で, 密告する, 庇ふ, 引きずりこんだ, 引くこと, 引っぱって, 引連れて, 形造っ, 待ちあわして, 待ちうける心, 待ち合せる際, 待ち設けたり, 待って, 待ってでも, 待つてたの, 待つ雪, 後ろに, 後方に, 得いつか七, 得ようと, 忘れきったの, 怒らして, 怒らせや, 怖れ, 思い出した, 思い起こした, 恨んで, 慕って, 憎まないだけ, 憎んだこと, 憫然らしく, 懲らさうとして, 戒める声, 戦慄させ, 手本に, 扶け, 扶けて, 抱き上げようと, 抱き留めて, 押しのけて, 押しのけても, 押し落しても, 招いた, 招いて, 拵えたの, 拵へ, 持つた者, 振り切つて帰つて, 振返って, 捨てたまま, 掘り出すの, 探して, 探すよう, 撲り人, 放水路ん中に, 数えたもう, 敵に, 斬って, 日夕相手に, 暴を, 楯に, 歓迎する, 止めて, 死んだもの, 残したまま, 殖やしたん, 殖やす力, 殴った, 殺したその, 殺したな, 殺したり, 殺して, 殺すという, 殺すなんて, 殺すやう, 殺す理由, 殺めて, 決して悪く, 決して望まなかったであろう, 泣かす悪戯, 洗って, 洗わせること, 煽動し, 片っ端から, 片つ, 牛の, 狩り集めて, 皆あぶない, 相手の, 眼の, 知つて居た, 磨くこと, 禅門だの, 私は, 穴へ, 突きや, 突き飛ばして, 笑えなかった, 笑えなかったよう, 笑った, 糞味噌に, 糾合し, 組織する, 結んで, 統率し, 罠に, 置き去りに, 羨むよう, 背中に, 脱して, 脱するの, 腕で, 自分は, 興がらすだけの, 苦労を, 葬ったの, 裏切ったな, 裏切ったの, 裏切った廉, 裏切ってよ, 裏切らうて, 裏切らないこと, 裏切りさせたわけ, 裏切りそして, 裏切りそのうえ, 裏切ること, 裏切るよう, 裏切る心持, 襲撃に, 見たこと, 見た憶えが, 見つけた, 見つけたと, 見つけて, 見て, 見られた極まり, 見ること, 見ると, 見るや, 見わたし, 見殺しにも, 言う, 言うの, 訪問した, 誘いながら, 誘い合せ海, 誘うもの, 誘って, 誘っては, 誘つてやらう, 誘ひ意味, 語らい宝蔵院, 語らって, 語らひそら, 語らひて, 説き伏せろと, 説き廻って, 説き廻つて, 誰れ, 讃めた, 起しに, 軽蔑する, 迎えて, 迎えに, 迎えるごと, 迎え顔, 追ひ越し, 追憶した, 追抜くよう, 退屈させない, 通じ更に, 造りはじめた, 遁れる, 遠慮なし, 遮つて, 配置し, 隅田川へ, 集めささやか, 集めた, 集め別れ, 集め包囲, 難じた, 順繰りに, 頭分たる, 顎で, 顧みた, 顧みて, 食うため, 饗応し

▼ 仲間~ (339, 4.4%)

7 づれに 3 それを, 彼の

2 [19件] お勝, かく内心, かならず二十代, すぐに, その晩, づれの, まだ外, よくこの, 一列に, 一般に, 不可解な, 不安な, 力説した, 各自に, 娘を, 小さな歓声, 彼を, 私の, 腕を

1 [288件] あの仲間, あの娘, あの通り, あるまい, あわてすぎて, いうまでも, いくらも, いく人いる, いつの間に忽然とし, いつも集る, いや喜ぶ, いよいよ腹, うんともす, おどろいた様子, おなじ放埒仲間, おまえでなく, お前何う, かう不良, かかる悲惨, かなり親切, かれの, がやがやわめき, ここの, ここへ, このことば, この奇抜, この手紙, これだけかい, これや, こんなところ, さすがに, ざっと十名, すべていのちを, すべて命を, ずれて, せっかく親切ごころ, そういう日, そこを, そのカフェー, その威力, その小, その幼虫, その後に, その術, それからまた一室, それだけよけい, それと, それと共に, それへ, それ以外には, そんなこと, そんな事, そんな遠く, たった七人しきゃねえんだからな, たつた三人切り, だれひとり, ちょっと見当たらない, つぎつぎと, づれにされたといふあんな, づれにされつからな, づれにされながらも私たちに, づれにされ意味あり, づれにしたさ, づれにするでも無い, づれになつてゐないのを見, づれになるのはお, づれになる子が, づれにはしながらも内, づれのかたちになつてしまつた, とても一夜, とにかく皆だれ, どうか, どうした, どうしても彼女, どうしてゐるだらう, どうなった, どこへ, どちらかと, どんどんポケット, どんな男, ないの, なおコラント亭, なにか妙, なに事かという, なるべくゆっくりと, なるほど, なんでも, ひとりでも, ひどい貧乏, ひどく興がっ, びっくりし, ほかにも, ほかの, まるで檻, まれである, みなパリの, みな笑った, みな起き, みんなあの, みんなこの, みんなそんな, みんなホイットマンの, みんな一様に, みんな上海と, みんな数日の, みんな楽しん, みんな死んでしまつた, みんな酷い, みんな集っ, みんな順ぐりにこんなめにあってこり, めいめいの, もうは, もうみんな反対, もう揃っ, もう死んだ, もう皆んな, ようやく事情, ゐないぢ, クスクス笑った, グラント・マンロー氏を, ササイな, サセックスにおいて, タモトを, 一人だに, 一人も, 一人殘らず, 一時に, 一番後に, 三人だけか, 世に忠義, 世界的に, 中津川の, 中老連などと, 乾政彦を, 予て幹事, 事の, 二人の, 今さら物識り, 今でも, 今どこに, 今日の, 今日流行の, 今晩は, 他愛なく, 仰向, 仲間として, 何だか先生, 何を, 何んとか, 作れるッ, 便宜上旅籠, 信長が, 側へは, 前に, 助けて, 勇んで, 勿論野球好き, 十五六人程, 千両と, 千人も, 博士を, 厭でも, 又八, 吃驚した, 同じ商店, 吸ひつけられた, 呼んで, 和田巌中村高一平野力三三宅正一川俣清音宮井進一吉田実田所輝明稲村隆一等々で, 唾をの, 四人だった, 四散した, 国境を, 土鼠の, 多いん, 多勢あつ, 大いに笑った, 大てい, 大丈夫だろう, 大抵縛, 大抵集まった, 女に, 安心し, 宿はずれの, 少いぜ, 工面の, 幾十日でも, 広々と, 引きあげて, 当時それぞれ町を, 当時最も, 彼に, 彼れ, 彼女から, 彼女が, 彼等の, 後に, 後の, 従順で, 御坊さんの, 心からうらやましく, 急激に, 恩と, 愍れ, 愕い, 成程, 戦争で, 戦争中彼の, 所謂大船に, 手の, 手軽な, 承知する, 故令弟活太郎君, 新参と, 日本国中に, 昔から, 晝間は, 東山道軍と, 案外平気, 機械によって, 次第に減っ, 正亥刻半, 此の間に, 武蔵坊帰り, 歸り, 死人な, 死地に, 殆ど一人も, 江戸の, 決してアンリー・バルビュス, 沢山いる, 滅多に, 煙草の, 物騒だ, 猫も, 生命なき, 男の子も, 町を, 皆んなの, 皆んな知つてゐる, 皆アメリカから, 皆入浴する, 皆寝静まっ, 皆建白を, 皆眉を, 皆笑い出した, 皆西の丸に, 直ぐに, 私も, 稲妻小僧の, 立場の, 竜騎兵が, 笑いながら, 答へて, 義が, 職場が, 脛に, 膳箱を, 色彩的な, 芝居に, 蓬莱亭へ, 見たこと, 親ねずみ, 解散に, 言うまでもないこと, 許されて, 話が, 誰も, 諫早の, 諸所に, 起き出して, 足弱の, 迎いの, 追, 逆に, 道をよ, 違うもの, 遠慮なしに, 遠方へ, 銀色に, 離せなくて, 雨の, 非常に, 頭を, 食べ物が, 食べ物を, 馬籠の, 馬鹿に, 骨の

▼ 仲間~ (286, 3.7%)

19 あつた 3 不快な

2 [13件] いって, うるさい事, ここに, それを, マシリイと, 一と, 何か, 十年も, 市価を, 目が, 立てられて, 蒲原氏の, 連絡を

1 [238件] あつたの, あつて, ある私立大学, あれを, いう, いういわゆる, いうこと, いくらか目先, いたいもの, いちばん年上の, いつでも, いづれも, いひならは, いふ謂, いへば, お嬢様に, お茶人さんと, きめて, こういう, こう名付け, このお父さん, これだけの, こんなことば, ござりましたら, さういふ, さかんに, さへ, さへもが, さらに下らない, しかもこの, しかも笛, すなわち非人, する遊戯, せう現に, ぜひ一つ通人, そういったくらい, そのう, その中, その支柱, その次に, その細君, その連中, それが, それほど流行, それも, ただ措かれ, たった一つ, ちびおよびばさと, でもあつ, とかくの, とんぼ草と, なぜやる, ならば, ならほんの, ね松屋, ふだんから, ほめ合って, やって, やるの, よく一, よく一座, よこしたと, わざわざ別荘地, オペラを, カード遊びを, グリューネバウムという, スカラ座が, 一しょに, 一体年は, 一番に, 一番富豪な, 一番年若で, 一番怖, 一番若い, 一種特別な, 一般に, 両人は, 中野一人だけが, 争いを, 二三人の, 二人とも, 二十年来発行し, 云う, 互に奢りっ, 亡者と, 人数は, 人間の, 付けた名前, 何も, 使われる死骸, 供せられる晩餐, 俊三とも, 俗に, 俳句を, 兄いと, 八丁と, 八方の, 出して, 前科の, 北原稲雄が, 卒業後は, 博識家として, 印度人に, 口が, 同じ年頃, 同時にお, 名を, 向島の, 哲学方面へ, 問屋さんと, 喝采する, 嘲弄する, 噂の, 因縁の, 國禁を, 地球の, 売つて, 変りズボンを, 外国生活の, 大にぎやか, 大分噂の, 大分県の, 大津屋へも, 大評判, 女神様が, 始めて, 孔明の, 客分という, 寄り合いを, 密告者を, 崇拝し, 市俄古で, 幅の, 年々父の, 年を, 年末ばかり, 幾日かかる, 彼の, 彼は, 彼らが, 彼女は, 後年には, 御取りなさい, 御法度の, 徳川慶喜征討令が, 心許り, 心配する, 悪戯の, 戦争を, 折角移っ, 文宣公を, 斬りころした不知火組, 春秋の, 時々お, 暮すん, 最も異常, 最終に, 有名な, 朝夕投げ合っ, 木鼠とも, 歎い, 此家に, 此方が, 歯いせられぬ, 死に騒ぎ, 死んだもの, 死んでから, 殊に心掛, 殊に自分, 毎日毎晩猫の, 江戸ッ子ばかり, 法科大学の, 活躍し, 流行る男, 熊谷の, 牒し合せた, 物蔭を, 特別に, 猫の, 猿蓑を, 留めて, 相互扶助的な, 相談が, 相談し, 知らない人, 知り合ったロマーシ, 神主を, 私の, 競争的に, 筋が, 終戦後間もなく, 結婚以外に, 聴えた, 肱や, 脱線的な, 腕の, 自ら炭をも, 自由労働者上りの, 茎を, 華族の, 蔵書家と, 薄笑ひ, 行う仁義, 行くところ, 見たとき, 親は, 親交あり, 解決つけ, 言い合った, 言い換, 訊いて, 設立した, 話しあふ言葉, 話して, 話し出しそれ, 誇る隠密魂, 読書家として, 誰一人本能的に, 談じ合う, 諜し合せた, 負傷者は, 身ぶくれし, 身分の, 辻川から, 近ごろ本国から, 追悼会を, 配分した, 銭の, 陽気に, 随分驚き, 集って, 集めた御法度, 音楽会を, 頭突という, 顔の, 飲み仲間, 鯨の, 鼻ツマミの

▼ 仲間~ (281, 3.6%)

39 一緒に 13 いっしょに 4 一しよ 3 なって, 云うの, 解せられる

2 [18件] けんかを, なったもの, なつた, なる, なること, なるの, なれるよう, 一ぺんに, 一緒にな, 一緒の, 伍し, 同じもの, 同じよう, 組んで, 蓙を, 遊んで, 酒を, 離れて

1 [180件] あそぶのに, いい組, いうが, いえば, いずれも, いっし, いつしよ, いふので, いふ者を, いろいろと, おなじよう, お喋りする, きた日, これを, さえずりあって, ささやき合い依然, されて, して, しや, し物部氏, すぐ近く, すっかり違った, その情婦ら以外, それらの, そんな陰謀, ちりぢり, てらてら卑し, でなければ, なお私, なった, なったかと, なったこと, なったとき, なったワイデマイヤー, なにか目交ぜ, なりそれ, なりました, なり彼, なり彼ら, なり農民以外, なるなかれ, ぶつかった, ぶつかりながらも, ほつつき, またおもしろく, まちがえられたか, みえその, むすび各地, よく遊んだ, わかれる時, 一しょに, 一人の, 一所に, 一緒であった, 一緒です, 一週に, 並んで, 丸の内の, 二人で, 二人の, 云おうか, 云って, 云ふ, 井上の, 人が, 仲間と, 仲間も, 会っても, 伯爵団の, 何か, 共によい, 共謀し, 写したもの, 出かけた, 別に変り, 別れた, 別れて, 別れながら, 力を, 協力し, 又手, 口を, 同じく市中, 同じレベル, 同じ程度, 同一に, 同席しなけれ, 同盟する, 同等視され, 向島に, 呼びあって, 呼んで, 喧嘩し, 喧嘩を, 墓地で, 大工小屋に, 女の, 寄宿舎従来の, 小松山へ, 左様云う, 往来で, 得意先が, 微笑と, 徴用の, 思ったか, 思はれても, 思はれるの, 思われたあの, 思われぬよう, 思われるの, 悪所へ, 或強, 手拭の, 手拭を, 数を, 日本の, 時にはよから, 木曾の, 来た日, 果たしあい, 権利という, 欄干によりか, 歩いただけ, 気が, 江の島で, 沙漠を, 火縄で, 甲板に, 盃片手に, 盆を, 相接した, 相談の, 相談会を, 磊落に, 称う, 称ばれ, 立ち止まつて一緒, 竝んで, 筵を, 羽を, 背中を, 腕を, 自分との, 色々話, 落ち合うと, 落ち合った, 落合ひ, 衝突した, 表面は, 袂を, 見える, 見られる惧, 見做, 親しくなっ, 言っても, 言われた五六人, 話して, 話しはじめやがて次第に, 話し考えあって, 認められたの, 認められた青屋, 認められて, 謀って, 議論を, 赤坂で, 走りこんで, 通夜を, 連合し, 連絡しない, 違つた方角へ, 金鈴社という, 間違えたよう, 間違へ, 関係を, 離れた方, 飛ぶなら楽, 飲みにも, 飲み歩いとりますだよ, 馴染が, 駈落したという

▼ 仲間では~ (205, 2.7%)

6 ない

2 [12件] ありません, あるまいか, ないかと, ないと, ないよう, なかった, なくまた, 大愛妻家, 山師だ, 有名です, 評判の, 誰も

1 [175件] ああした法律論, あの女, ありそれにまた, ありましたが, ありますが, ありませんがね, あるまいと, あれが, いちばん力に, いちばん正しい, いつたん渾名, いやな, うっかり羽織袴, うわっ面, お前が, お貞さん, かうした事, こう云う, ここへ, このよう, この人, この冒険小説党, この涸沢, これを, こんなに無慈悲, すべてが, すべての, そうでない, そのうち, それを, たいした附値, ついにそれ, つぶしが, どうやらモグリ, ないか, ないかとも, ないから, ないし, ない畜生, なかったらしい, なくかえって, なくて, なくともに, なくなって, ふだんその, ほとんど最, まず今度, まず押し, また寄, まだ年少, まるで奇蹟, めずらしいこと, よくある, よくやる, アーダであった, クリスマス祝祭の, ズヴェルコフの, ペエル, ボルネオ総督閣下よりも, ヤアギチは, 一人も, 一流と, 一番下等な, 三下だ, 之れ, 五セント十セントの, 五郎へ, 今でも, 仲の, 何故あの, 信頼され, 先生と, 先生の, 先輩の, 刑部を, 別に不思議, 助手が, 十一二に, 半蔵さんは, 博士の, 吉岡の, 同じ村, 君一人が, 唯一人の, 噂し, 嚴格と, 大人げのう, 大評判, 女道楽女郎買い芸者買い, 子供や, 定説に, 客の, 寄ると, 寧ろ年嵩, 少々知られ, 少し以前, 席次つまり, 常習と, 幅の, 幅を, 平常親, 年かさで, 弱肉強食は, 往来などで, 恰好が, 戦争を, 掠奪という, 教養ある, 新しい硅藻, 新米らしく, 昔ながら恐ろしい, 晴季はじめとんと, 最も優れたる, 最も古顔, 有名であった, 有数な, 松千代ひとりであった, 桐畑の, 森久保氏の, 此が, 此れ, 此事を, 死んだもの, 殊の, 沖縄の, 滅多に, 無かつ, 無政府主義, 男名を, 異口同音に, 目上の, 相当な, 矢張り一番つ, 知らぬ人, 知らぬ者, 知られて, 第一ボタン, 第一等, 第二流, 羨望の, 脱走の, 自分たちだけで, 若いロールズ氏, 血判を, 言つてゐた, 評判が, 評判である, 評判に, 詩は, 話し合われましたが, 誰かが, 誰が, 誰よりも, 謙遜家の, 豆腐屋亀と, 賞讃し, 賭博が, 軽蔑する, 近い中, 逆上を, 通り名に, 部将を, 酒飲みが, 門兵衛を, 隼英吉と, 霊妙なる, 非常に, 音楽を, 音無しと, 顏の, 顔の, 首領の, 馬術の, 鯨を, 黙って

▼ 仲間には~ (202, 2.6%)

44 いって 4 いること 3 いる 2 いつて, いると, 一種の, 何人もの

1 [143件] あるまいと, いってから, いっても, いつたり, いつてる, いまもっ, いるが, いること以外, いるそれ, いるため, いるだけの, いるのに, いるよう, いる者, おうおうそういう, かなり後々, かような, この新参者, ごくありふれた, ござんせん, そうした気持ち, それぞれ仁義が, それぞれ長たる, それは, それや, そんな乱暴, ただ一人, たとえば小道具係り, どこか, なりたくないと, なり得なかった, なれなかつた, はいらなかったが, ひつて, ひらうと, ひると, ほとんど産児制限, ほんとの, まだ全国芸妓組合, まだ十分, まま敵がた, めずらしい色白, めったな, もっとつらい, バビロニアが, マレイの, ヴォルテールの, 一人として, 三つの, 不似合, 不必要, 主人の, 乱暴者が, 伍せない, 何でも, 俗物も, 兎も, 入ったこと, 入って, 入つて, 入らないぞ, 入らないで, 入らなかった, 入らなかつたが, 入りませんね, 入れないけれども, 入れないもの, 入れないよ, 入れなかつたが, 入れません, 入れられないまでも, 入れられないもの, 到る処, 加えない, 加わらず相変わらず, 加わらなかった, 勢力の, 北海道の, 受が, 受けた, 可なり, 向かぬぞ, 喜びて, 大きな工場, 大彦命, 天罰だ, 嫌われる, 實に, 小胆者や, 少からぬ, 少なからず, 己は, 常に多く, 幅を, 彼の, 後年に, 忌まれた, 忘れえない関心事, 悪い癖, 慾張りや, 成らなかつた, 我慢が, 旋風の, 既に各種, 智恵者が, 本工, 本領を, 果てしも, 気を, 決して居ない, 泄れなかつた, 火星人が, 特に必要, 犬も, 独逸新聞の, 獨逸新聞の, 珍らしい, 皆んなそれぞれチェーンストーアーが, 眼の, 知られた人, 硬派も, 私の, 箇様な, 箇樣な, 繪事や, 聞えた本所竪川, 職人言葉相撲取りには, 興の, 藻とも, 見あたらないもの, 見わたしたところ, 触らせないよう, 誘はなかつた, 軟派と, 這入られないの, 野心の, 開けて, 随分かようなる, 非常に, 顔の, 飛鳥井雅賢だの, 馬鹿丁寧で, 高村光雲氏の

▼ 仲間から~ (145, 1.9%)

5 離れて 3 はずれて, 除外され 2 出て, 呼ばれて, 脱出する, 鬼神の

1 [126件] あっぱ, あの切り, ある笑い, いかなる豪傑, いじめられて, いわれて, うらやまれて, えらばれて, おふき婆さん, かけはなれて, きかない, さんざ冷やかされた, しょっちゅうからかわれ, じゃ, たつた一人, たのまれて, つまり君, とり入られたもの, なぐられてばかり, ぬけられるもの, のがれ出た, はぐれて, はずれた挙動, はずれようなんぞとは, ひまを, ふと耳, ほめられるほめられるやたら, もらって, よく言, エタに, キヨメなる, コソと, ユダと, 一せいに, 不満を, 五六人の, 仲間へ, 仲間へと, 何と, 侮られ成績, 僕は, 内々では, 出られやしないよ, 刎ね, 勇敢な, 去ろう, 取りのけて, 受けその, 可愛がられた, 嗤われも, 声を, 外れただ, 外れたの, 大事な, 女王の, 始終なぶられ, 小道具なぞの, 巣立ち一方, 左官屋の, 弔辞を, 彼を, 手厳しい非難, 批判され, 抜けだした, 抜けては, 抜け出して, 排斥される, 敬遠される, 映画作家には, 時々大いに持てはやされた, 歓迎せられる, 浮び上ること, 特別扱いされ, 異端と, 疑いや, 発したあッ, 発会式の, 目の敵に, 省かれ勝ち, 笑われる位, 笑われ先生, 組頭の, 考えたら実に, 聞いた, 聞いたもの, 聞いて, 聞伝えて, 脱退する, 若党童の, 袂を, 見ると, 親しい人, 言っても, 言われたこと, 認められると, 負わせられた, 貰ったたくさん, 起ったの, 足を, 身を, 辱められなぐられ皆, 迫害された, 追われ彼ら自身, 追出した話, 追払, 逃げたの, 逃げだすこと, 逃げること, 逃れようとして, 連絡を, 遅れて, 遙か, 遠ざかる, 銃殺された, 除外された, 除外されます, 除外せられる, 陰陽師が, 隔絶した, 韋駄天と, 頭を, 頻りにその, 餞別に, 黒坊主と, 黒旋風李逵の, 龍吉の

▼ 仲間~ (131, 1.7%)

14 入れて 10 入って 3 入つて 2 一番に, 入ったが, 面出しが, 顔を

1 [96件] いった, お這入んなさい, こういっ, この子, ささやいた, すべり落ちた動機, そう告げた, それを, どんな無礼, はいりたいん, はいりなさい, はいりましたところ, はいり暇, はいるもの, はいれと, はいろうと, はいろうとも, まじって, ゆくと, メーデーへの, 下がって, 人の, 入ったという, 入ったり, 入った身の上, 入つ, 入らないか, 入り船, 入ること, 入るの, 入るやう, 入る事, 入れては, 入れられて, 分けて, 割りこんで, 加えて, 加えられる, 加わった, 加わったの, 加わるの, 加わるべきだが, 加われ, 加わろうかの, 加入し, 加盟しない, 叱咤し, 呼びかけた, 囁いた, 大声で, 大盤振舞を, 奔った, 嫌で, 引きずりこまれて, 引き入れるの, 引き込むつもり, 恥辱だ, 手を, 手紙を, 投降させ, 挑戦を, 料紙一束ずつ, 流れ込むもの, 流れ込んで, 牒し合せた, 留めおきたいと, 発信しよう, 知らせる人寄せ符号, 組入れられなければ, 置いて, 義理が, 落されて, 落ちたおちぶれ者, 落ちて, 見知らぬ他所, 触れりゃ五日, 触れ廻って, 誇って, 誘い入れて, 諜し合せた, 走って, 身を, 這入って, 這入る事, 這入る奴, 這入ろうと, 通ずる戦略的, 逸はやく, 遊びに, 陥ちて, 顔出しが, 顔向けが, 飛び込んで, 飛んで, 食料として, 首を

▼ 仲間~ (117, 1.5%)

5 ある 3 あった 2 あつた, 少くは, 遠く去れ

1 [103件] あちこちに, あの人, あまりない, あるには, ある武村兵曹, いません, いる, いるし, かなりたくさん海底超人, かなり神妙, きちんと身支度, きょう品川の, これから少しずつ, これに, これを, すべて笑っ, そうする, そのうち, その当分, その方法, その男, その素直さ, それが, それに, たいていそうらしい, たくさんいた, つづいて, ない, なかった, なかなかやる, なくまた, なく育てられ, なく迷兒, なければ, なさそう, また一興, また一興ぢ, まだ地表, みな冷ややかな, みな出, みんな立っ, めいめいの, めが, もうむだ口一つきく者, ゐたの, ゐら, ゴロ寝, 上昇を, 二派に, 今では, 佐渡に, 何事が, 何時もの, 俄に, 先刻から, 分量も, 加は, 動くわけ, 叔母さんが, 古河が, 坐り直した, 多くは, 大体の, 大分ある, 大勢です, 大広間も, 大抵そうであった, 姿を, 子分も, 寺錢で, 居るし, 席亭も, 帰えりには, 帰って, 常よりは, 手下も, 持って, 挙げられたの, 敵も, 来ず, 殖えて, 殖え両々相俟, 沢山を, 浮かばれますまい, 混雑に, 無くて, 爾来は, 皆んな振り切つ, 皆歴々, 私には, 笑って, 答えて, 経済的な, 置けないし, 蔭へ, 行きつけで, 躍り上った, 追い追いと, 遊びも, 遠島から, 集り都, 離れ離れに, 骨折って

▼ 仲間たち~ (115, 1.5%)

4 と一緒 3 の顔 2 であった, のこと, のよう, の姿, の間

1 [98件] か, からおこつた話, からせびられ, からはなれ, からはむしろ, から二百円, から二百圓, から学んだ, から新た, から純粋, がお, がそういう, がそれ, がぞろぞろ, がたまりかね, がほとんど, が彼, が皆そう, が誠実, が門前, だから, だけが集まる, だった, できめ, とあまり, といっしょ, とが一列, との間, とも離れ, と一しょ, と仕事, と合流, と相談, にうすうす, にかつがれ, にからかわれる, にこれから, にさえある, にとりまかれ, には注意深く, には話せない, にも伸子, に信じさせよう, に前夜, に尾, に舞臺, のあいだ, のいたずら, のおる, のさし, のつまらない, のところ, のなか, の上, の後, の憤り, の戦場, の歌, の歓声, の気, の熱情, の目, の眉, の眼, の肩ごし, はあらゆる, はいつもびくびく, はお, はおかし, はそれぞれ, はふたたび, はみんな, は並木, は何度, は大, は大学, は思, は気, は気がつい, は皆心, は確, は肉屋, へ何事, へ教えた, もちょいちょい, もどう, もばらばら, も同じ, も多い, も昼間, や御用火消し, をとら, をようやく, を全部ボイコツト, を彼, を裏切つた, を見まわし, を訪ね

▼ 仲間でも~ (94, 1.2%)

2 あり格別, 何でも, 冷かしの, 評判に, 風采あがらず

1 [84件] あった, ありまた, あり友だち, あり用心棒, ある, あるかの, あるの, あるまいが, いまだに五代目, いるの, おじ毛立つくれ, その犠牲, ないし, なかなか力, なくあつさ, なくごろつき仲間, なくひょっと, なければ, なし若党, やかましく行, 一と, 一番先に, 一番年下に, 一番煙たがられ, 一番趣向の, 一番鈴子夫人に, 一目も, 三甚は, 上の, 下層階級の, 以上の, 余りせなかったの, 十年も, 名だたるけんかじょうず, 吹ける男, 商いの, 天皇の, 好い顔, 威張った手合, 尊重されない, 少しは, 少し利口, 幅を, 幅利きで, 幅利きであった, 彼は, 指折の, 新政府, 最近に, 有名であった, 有名な, 格別氣象の, 此が, 決断の, 泥棒の, 源十郎を, 演説の, 特別に, 生活に, 相手は, 眞面目な, 眼はしの, 睨まれて, 競争の, 符牒が, 羽振りよき, 聞えた家柄, 腹の, 至極出来, 舟着き, 荷主まで, 蔭ながら, 蟇と, 製薬局の, 評判だった, 評判で, 評判の, 誰も, 遊歴算家に, 長湯で, 香蔵は, 驚いて, 骨が, 鮎に

▼ 仲間~ (74, 1.0%)

14 をし 7 をした 4 をする 3 をしよう 2 をさせ

1 [44件] が出来た, が出来ない, が出来る, させて, したいけれど, したらよ, したれども, して, すべく紋付羽織, すら出来ない, する, するの, するん, する時, でも為さ, に呼出され, に来た, のシルシ, の儀, の処, は, はした, はできまい, はよも, は出来ない, は最も, もしたい, もしなかった, をさして, をさせられ, をされる, をしかけ, をしなかつた, をしなけれ, をします, をしろ, を勧める, を彼女, を為す, を爲, を致し, を致した, を致しました, を許された

▼ 仲間~ (70, 0.9%)

6 と思っ 4 ね, よ 3 とする 2 ぜ, ということ, と思う, な

1 [45件] あ, あね, お互いに, から, からあまり, からだ, から兄, から君ら, から酒, か敵, がね, がまだこれから, が体, が戦後, が父親, ぜどうしても, ぞと叫ぼう, だからプロレタリアート, つたといふ, つたのか, つたのである, つた二人の, つた子で, つた惡者共は, というの, というわけ, という気持, という疑い, といってる, といやがる, とは思っ, とも分かっ, とわかりました, とわかる, と云, と知らせたくなかった, と退屈, と遠く, なと思, などと考える, ねさあお, の, のと, ものすぐ, わ岩

▼ 仲間にも~ (69, 0.9%)

2 坊主も, 話して

1 [65件] ああいう, あったの, あわれ梨園, いくらか顔, いろいろの, いろんな人々, この徒, この連中, この頃, これまでの, しきり, それぞれ仲間の, つらし合って, つらし合つて, なる, なれないだろうむずかしい, はいれない非人, ようやく解放, 一本差し, 並ぶ者, 人數を, 会って, 伝わって, 侠気が, 元気の, 入らず硝子越し, 入れたくねえの, 厄介に, 反かず, 取り次いだ, 可愛がられて, 呪いを, 夜更かし, 大変徳望が, 女流作家という, 好ききらいは, 広がって, 彼女は, 手猿楽, 明かに, 殊更に, 気が, 涙香熱が, 生徒にも, 白痴ながらに, 知らせないよう, 知己が, 種々な, 立てられた人間, 競合いの, 細川家の, 羨望反感が, 色の, 行なわれて, 行われざるを, 行われて, 誤解を, 贔屓が, 逢って, 随分遊ぶ, 顔が, 顔を, 類は, 飛脚を, 鳥打帽が

▼ 仲間同士~ (61, 0.8%)

1 [61件] がやれ, がトーナメント, が背中合わせ, が袋, これからどんな, であらかじめ, でありその, でかう, でした, でちょいちょい, でつぶやい, では義理, でみんな, でもプライド, でケンカ, で何, で分裂, で友喰, で呼びあっ, で咬み合った, で嘲っ, で幸福, で抱き, で抱きあっ, で挨拶, で杯, で異論, で競争, で話, で語りあっ, で遊び, で長夜連日, と話し, ならあの, にしか口, にもなるだ, に限る, の, のあら, のどんなに, のほか, のやや, のよしみ, の争闘, の仁義, の喧嘩, の暮しかた, の正直, の物争い, の義理, の葛藤, の話, の鉢, の間, の階級意識, ふざけるかと, ぶつかり合い笑い, らしい裸, を一緒, 公然と, 大きな声

▼ 仲間同志~ (54, 0.7%)

2 で喧嘩, の口

1 [50件] が仲間どうし, が殺し合う, が集つて芝居, じゃあんまり, だと, であちこち顔, ではない, では云, でやってた, で会社, で何故こう, で勝手, で喋らない, で嫉妬, で悪口, で戦う, で散々オモチャ, で殺しあう, で殺す, で殿下, で私, で負担, で追跡, といった方, と云, にあっ, にはこの, には交通, に影, に話しかけ, のいい, のほめ, の上, の不品行, の争い, の内証話, の喧嘩, の思, の悪口, の爭, の男女関係, の禅坊主, の話, の食い合いだ, ひやかし合ったり, も仕事っぷり, より集まっ, を制裁, 争った例, 殺し合うし

▼ 仲間である~ (47, 0.6%)

6 ことを 3 が私 2 がこの, ことは

1 [34件] かとにかく, かの様, からその, から半, がある, が今夜, が故に, ことから, ことそして, ことに, この一人, とか, とつくり, とは恐ろしい, と思ふ, と申し立て, と自ら, と言っ, のでふだん, ように, ドバル, 人間の, 人間のみが, 労働馬も, 印として, 名士の, 多くの, 小さな日本, 市民の, 渡瀬ドクトルの, 男さえ, 男の, 関係から, 青年達が

▼ 仲間うち~ (46, 0.6%)

2 の者たち

1 [44件] からいくら, から噂, から強盗, がこんな, が来た, じゃござんせん, だ, だけから理解, だけで, でい, での有力者, では全, では変名, では大体それぞれ, では格式, では評判, では誰, では遅く, でも, でものッぺり顔, でも一番, でも七之助, でも眼, でも聞えた, で各々, で言う, と一土塊, にいわれる, にきこえる, にはとかくさんざん, には極, にも女房, にも薄々, に活動, に轟かせ, のもの, の小者, の店, の研究会, の秘密, の競争, の紀秋茂, の者, の隠居

▼ 仲間~ (39, 0.5%)

2 他人なら, 女人達の

1 [35件] こんな娘, そいから, キャラコさんの, ハチヤ番太, 傍観者を, 友達だ, 友達に, 同志を, 同類の, 土地を, 家に, 少くとも, 巡査の, 市内の, 年行事の, 悪番頭, 折助相手の, 新聞雑誌関係者などを, 時には出入, 朋輩の, 毎日顔を, 特に親戚, 癖に, 組頭の, 美しい婦人, 自分の, 若侍達, 行きずりの, 諸生, 諸藩, 配下の, 金持の, 雑誌記者は, 馬丁が, 馬丁という

▼ 仲間~ (34, 0.4%)

7 んだ 6 のだ 4 んです 2 のか, のである, のでしょう, のです, のでその 1 のかも, のだった, のでございます, ので免職, ので少し, んでしょう, ンでございます

▼ 仲間として~ (31, 0.4%)

2 待遇され

1 [29件] いたわって, その化縁外, なら萬事い, わずかでも, ブラリと, 一かたまり, 一般的に, 互いに心配, 交番に, 他から, 信用できる, 全然信頼, 共に, 出現した, 指導し, 接近された, 教えこむこと, 暮した, 有つこ, 生の, 生れて, 真佐子を, 結びついて, 許された, 話し笑い, 認められたもの, 認められて, 議論を, 足長族たる

▼ 仲間であった~ (27, 0.3%)

2 のです

1 [25件] から, がこの, がその, がその他, が先生, が非常, くらいの差, ことが, ことに, ことは, そして声聞師, とあります, ということ, というの, と想像, と解せられる, な, のだ, のに, ものから, クレルヴァルが, クールフェーラックも, 先々代七兵衛の, 学海が, 者なら

▼ 仲間~ (26, 0.3%)

2 と一緒, の間

1 [22件] から嘲笑, が, がさう, が必死, が自分, で, である, でその, とはこの, について海岸, に煽てられた, ののんき, の喋る, はあれ, はがん, はまた, は不平そう, は今, は戦勝, は私, へ黙っ, を吾

▼ 仲間~ (25, 0.3%)

1 [25件] から若い, から鮓屋, だけで, だけでひそか, ではいつ, では急速, では湯屋熊, では竜土, では誰, でもみんな, でゴシゴシ, で及時雨宋江, で評判, には入らねえ, には競争, には評判, にま, にも時々, に俊基, に多く, に於い, に謀反人, の者, の階級, へ

▼ 仲間からは~ (20, 0.3%)

2 なれて

1 [18件] いくらか継子扱い, すつかり遠ざかつ, づれて孤獨を, てんで認められ, むしろ嫌われ, アノヨの, 何か, 少し間抜け, 左官屋の, 後の, 相当に, 相手に, 笑われました, 箇性と, 羨ましがられる, 邪魔に, 非常に, 魔の

▼ 仲間です~ (20, 0.3%)

2 が今, が評判, よ

1 [14件] か, かい, から, からとても, から復讎, から根本, がきょう, がね, が仲間, とも, ね, ものいざ, もの地面をは, よと云ったら

▼ 仲間という~ (20, 0.3%)

2 のは, 者を

1 [16件] ことで, ことであろう, ことに, ことは, のが, のを, ものが, ものの, ものは, ものも, やつは, ような, わけで, 名を, 奴は, 語を

▼ 仲間部屋~ (20, 0.3%)

2 の者

1 [18件] から出ます, しかなかっ, で何, で夜ごと, で大, とは遠く, に伴, に賭博ごと, の中, の喧嘩, の戸, の角柱, へもぐり込ん, へ泊り, へ知らせ, へ連れ込ん, や船番, を覗き

▼ 仲間じゃ~ (19, 0.2%)

2 ないか, ないの, ナカナカ相撲が

1 [13件] そうであります, ない, ないこと, ないぞ, ないだだ器量, ないん, ねえぞ, ア好い, プリムロウズと, 当前, 渡場が, 第一, 鬼山梨で

▼ 仲間だった~ (19, 0.2%)

3 のです 2 のだ

1 [14件] か, からってひと, がこれから, が十一谷君, のか, のかも, のである, のでしょう, ような, よしみに, んだ, んです, チョビ安が先生を, 人だ

▼ 仲間らしい~ (18, 0.2%)

2 のは, ものが, 讃辞が

1 [12件] が編笠, な, よ, 人が, 奴等を, 男が, 男の, 男も, 男を, 者が, 荒くれ男が, 青年が

▼ 仲間~ (18, 0.2%)

13 の男 2 の者 1 ではある, に見えた, のもの

▼ 仲間からも~ (17, 0.2%)

1 [17件] この城下, ほめられそれ, 信頼せられ, 出た, 問屋場の, 外れて, 嫌われて, 支持され, 歓迎され, 汽車旅の, 無理解, 立てられて, 聞こえ隣国美濃, 起こった, 追いのけられて, 閉め出して, 離れたつた一人

▼ 仲間での~ (17, 0.2%)

1 [17件] インテリ夫人だった, レコード七十九時間と, 一般の, 出雲の神様に, 問題と, 嘱望だった, 噂話は, 圓朝への, 大立て者じゃ, 小頭であった, 年長者と, 智慧袋であり, 腕っこきであった, 評判は, 顔の, 首領らしい, 黒人ながら

▼ 仲間とは~ (17, 0.2%)

1 [17件] おのずから異, けんかを, ちと考え, なんだ, まるで感じ, もしやこの, もちろん交遊, よく言った, 一緒に, 別である, 思われない答, 異うん, 見ること, 覚悟の, 誰の, 違って, 違ひます

▼ 仲間ども~ (16, 0.2%)

1 [16件] が天地, が彼, が網, そのあと, だけで, で別, のこの, の小面, はどう, は扉, は鞍, を下知, を制し, を加え, を相手, を連れ

▼ 仲間との~ (14, 0.2%)

1 [14件] あいだの, ほこりっぽい, ゼミナールで, 交を, 便乗を, 姦策なる, 寄り合いです, 相談に, 行住坐臥もしくは, 話と, 間に, 間には, 餞別だ, 饒舌な

▼ 仲間とも~ (12, 0.2%)

1 [12件] しっくりいかない, なり多く, なろう, なろうし, よく遊び場所, 会って, 別れ妻子, 思われぬ絢爛美衣, 折り合わず飯田, 話を, 連絡が, 馴染まず避けずどんな

▼ 仲間であり~ (11, 0.1%)

1 [11件] しっかりと, それほど堅い, ながら米友, バーンズの, 一方では, 互いに京都, 今日の, 田中館先生の, 自分の, 若い命, 西の

▼ 仲間だけ~ (10, 0.1%)

1 あって, だ, だった, であった, では, でまた, で野鼠, らしいの, 繁昌すれ, 隅の

▼ 仲間と共に~ (10, 0.1%)

1 この岐阜, 一晩言っ, 住んで, 出歩くこと, 拳銃を, 海浜にて, 熱心に, 狩られ捕らえられ取り調べられいやおうなしに, 私を, 若竹で

▼ 仲間ばかり~ (10, 0.1%)

1 ごまんと, である, でしたから, でなくたとえば, でなく金持, で出來, とがめられません, ならず白人, 集って, 集つて來た

▼ 仲間喧嘩~ (10, 0.1%)

2 をする 1 が始まっ, が酣わ, さえ起りかねない, でもしでかした, にお上, に花, を始めた, を見

▼ 仲間小者~ (10, 0.1%)

1 ではない, でも出入り, となる, と力, ないし小, に身, のいでたち, のため, の末, も型

▼ 仲間一同~ (9, 0.1%)

1 から尊敬, が逮捕, ことにズヴェルコフ, にも熾, のため, の前, の片目, へ両手, へ話し

▼ 仲間いり~ (8, 0.1%)

2 が出来ない, に参つた, をし 1 をした, をしない

▼ 仲間~ (8, 0.1%)

2 或は又あの 1 さもなく, それともコソ泥, ッ, 折助で, 組頭に, 隨分うろうろ

▼ 仲間かも~ (8, 0.1%)

2 知れませんですもの, 知れませんよ 1 しれない, 知れない, 知れぬが, 知れねえぞ

▼ 仲間でない~ (8, 0.1%)

2 者は 1 ことは, だけだ, とまだ, とも限らぬ, のは, ようにも

▼ 仲間への~ (8, 0.1%)

1 ささやかな, 呼び声として, 御礼返しに, 心持の, 消息は, 義理や, 誇にも, 顔向けも

▼ 仲間まで~ (8, 0.1%)

2 一掃され 1 わし一人おい, 千葉の, 四十に, 揃って, 狩りあつめて, 関係づけた

▼ 仲間~ (8, 0.1%)

1 から人, での評判, でも一番丈, で平松子爵, の両, の第, の資本, ヘ借

▼ 仲間喜平~ (8, 0.1%)

2 の名, の名前 1 が薬師峠, でした, とやらは茶道, の汗じん

▼ 仲間だけの~ (7, 0.1%)

1 あひだ, ことで, もので, 三土会と, 内輪の, 酔後には, 集会が

▼ 仲間~ (7, 0.1%)

2 や評判 1 やありません, やない, やなかつた, や安心, や有

▼ 仲間とともに~ (6, 0.1%)

1 となえかつ, 二年後には, 働いて, 奪われその間プロレタリア文化運動全般, 翌日出発する, 遠足に

▼ 仲間にでも~ (6, 0.1%)

2 はいって 1 やられたの, 狙われたか, 美術記者にでも, 運んで

▼ 仲間にまで~ (6, 0.1%)

4 身を 1 色眼は, 響き渡って

▼ 仲間~ (6, 0.1%)

1 とともに競争者, に向かっ, の身の上話, は彼, は待ち伏せられ, は音

▼ 仲間以外~ (6, 0.1%)

1 です何, では決して, にいない, のもの, の者, の顔

▼ 仲間~ (6, 0.1%)

1 とこそ, に対して誠に, に言いつけ, の話, は大, は木片

▼ 仲間だけで~ (5, 0.1%)

1 派手に, 申しあわせて, 言論する, 集まるよう, 食べるの

▼ 仲間だろう~ (5, 0.1%)

3 と思う 1 か, 金を

▼ 仲間といふ~ (5, 0.1%)

2 のは, ものは 1 やうな

▼ 仲間としての~ (5, 0.1%)

1 友情は, 友愛友達としての, 呼び名だった, 男女働く, 變らない

▼ 仲間どうし~ (5, 0.1%)

1 でし, で話, にそんな, は勿論, らしく責任

▼ 仲間においても~ (5, 0.1%)

1 いやしくも愛国, お互いに, なんと申す, クール・デ・ミラクル一郭の, 大した違い

▼ 仲間にな~ (5, 0.1%)

1 つたわね, つてゐた, つて悪い, つて海の, つて考へ

▼ 仲間に対して~ (5, 0.1%)

1 つくさなかったこと, どうしても気, 人間として, 幅が, 普通に

▼ 仲間に対する~ (5, 0.1%)

1 侮蔑を, 威力も, 嫌悪反感の, 彼の, 気持が

▼ 仲間へは~ (5, 0.1%)

1 ひるや, 伝えた事, 入らない, 入りませんよろしく, 引き入れられるなよ

▼ 仲間へも~ (5, 0.1%)

1 入れなかつたあつし, 嘘を, 極秘に, 自分を, 這入った

▼ 仲間よりも~ (5, 0.1%)

1 これら政治家の, もっと広い, 特別に, 社交的だ, 私が

▼ 仲間~ (5, 0.1%)

1 である, と稚児僧, のす, は駈け, へ詫びた

▼ 仲間姿~ (5, 0.1%)

2 の井上, の男 1 の村松金之助

▼ 仲間さん~ (4, 0.1%)

1 そういう訳, だから, ですか, 実はこの

▼ 仲間じゃあ~ (4, 0.1%)

1 いちばん立派な, ないかと, 花形だ, 黙って

▼ 仲間だつた~ (4, 0.1%)

1 が強, ことが, ので忽ち, んだ

▼ 仲間であっ~ (4, 0.1%)

1 てそれ自身, ても改善救済, て諸君, て長

▼ 仲間とが~ (4, 0.1%)

1 三四人一緒に, 中途で, 戸の, 猩々を

▼ 仲間など~ (4, 0.1%)

1 いくらも, なくて, ミジメな, 裏切りは

▼ 仲間などが~ (4, 0.1%)

1 そう言い始めた, 下水の, 夕方近い, 獲物を

▼ 仲間なら~ (4, 0.1%)

1 ば出口, 一人を, 大事に, 誰でも

▼ 仲間にて~ (4, 0.1%)

2 賤しき 1 これを, 神道談話会と

▼ 仲間にゃ~ (4, 0.1%)

1 あこんな, あまり悧口, あ意地, されない

▼ 仲間より~ (4, 0.1%)

1 排斥される, 獲物が, 自分が, 遙かに

▼ 仲間われ~ (4, 0.1%)

1 しては, の戦争, の斬合い, をさせ

▼ 仲間三人~ (4, 0.1%)

1 だったけれど, で坐り込んだなり, もつれて, も留置場

▼ 仲間全体~ (4, 0.1%)

1 の問題, の計画, は私, を其処

▼ 仲間奉公~ (4, 0.1%)

3 をし 1 をする

▼ 仲間~ (4, 0.1%)

3 の男 1 ではいかん

▼ 仲間~ (4, 0.1%)

1 が吹き荒ぶ, が屡, に行き, はカンバン

▼ 仲間褒め~ (4, 0.1%)

1 ではありません, や後ろめたい, をし, 批評とか

▼ 仲間連中~ (4, 0.1%)

1 からどうも, の行動, は水族館, も一人

▼ 仲間~ (4, 0.1%)

2 の男 1 なの, の若い

▼ 仲間風情~ (4, 0.1%)

1 であるの, と駈落する, にしてやられ, へ話しかける

▼ 仲間~ (3, 0.0%)

1 妻ッ娘と, 米を, 蔵前の

▼ 仲間かと~ (3, 0.0%)

1 おまえさんにも, 思うと, 思ひ出して

▼ 仲間からの~ (3, 0.0%)

1 つき合いであった, 又聴きなんだそう, 攻撃は

▼ 仲間じゅう~ (3, 0.0%)

1 での耽美家, での音楽家, でよっ

▼ 仲間それ~ (3, 0.0%)

1 がゆうべ, に手伝い, は書記

▼ 仲間だったら~ (3, 0.0%)

1 たいへんです, どうする, 天国は

▼ 仲間づきあい~ (3, 0.0%)

2 をし 1 を大いに

▼ 仲間でした~ (3, 0.0%)

1 から, があんな, があんまり

▼ 仲間などに~ (3, 0.0%)

1 かれが, 何で加盟, 大分殖え

▼ 仲間などの~ (3, 0.0%)

1 うわさに, 屋敷者相手と, 物音が

▼ 仲間ほど~ (3, 0.0%)

1 じつは心から服したい, 世の中の, 仲間内だけ

▼ 仲間~ (3, 0.0%)

1 めで, めと, めは

▼ 仲間みたい~ (3, 0.0%)

1 な妖婆, になつ, やな

▼ 仲間よりは~ (3, 0.0%)

1 こういう士人階級, むしろ愛読者, むしろ自由職業者

▼ 仲間一人~ (3, 0.0%)

1 でよろしい, を連れ, 連れず彼女

▼ 仲間争い~ (3, 0.0%)

1 の焦点, をし, を演じ出す

▼ 仲間~ (3, 0.0%)

1 が遠く, だが, のこと

▼ 仲間扱い~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にはなっ

▼ 仲間~ (3, 0.0%)

1 としていましめ, と仰っしゃ, は要らぬ

▼ 仲間~ (3, 0.0%)

3 れに

▼ 仲間~ (3, 0.0%)

1 が押しかけ, の噂, の歩い

▼ 仲間こそ~ (2, 0.0%)

1 しなかったものの, 戦争防止に

▼ 仲間~ (2, 0.0%)

1 ている, てつたない

▼ 仲間たる~ (2, 0.0%)

1 ラローズ氏が, 身分を

▼ 仲間だけに~ (2, 0.0%)

1 わかり合, 通用する

▼ 仲間だの~ (2, 0.0%)

1 巾着切の, 能弁だの

▼ 仲間~ (2, 0.0%)

1 ぱずれにしていた証拠だ, 外れに

▼ 仲間づれ~ (2, 0.0%)

1 の女, の旅

▼ 仲間であったらしく~ (2, 0.0%)

1 その当時, 推測せられる

▼ 仲間であろう~ (2, 0.0%)

1 と思った, と想像

▼ 仲間でございます~ (2, 0.0%)

1 か, から斯く

▼ 仲間とでも~ (2, 0.0%)

1 感違いを, 見違

▼ 仲間などには~ (2, 0.0%)

1 その主義, 殊に何

▼ 仲間などは~ (2, 0.0%)

1 一人も, 問題と

▼ 仲間なりの~ (2, 0.0%)

2 交際に

▼ 仲間なる~ (2, 0.0%)

1 或鑵詰問屋, 景蔵は

▼ 仲間なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ君達, ば後

▼ 仲間にたいしては~ (2, 0.0%)

1 クリストフは, 遠慮が

▼ 仲間にだけ~ (2, 0.0%)

1 知られて, 適用する

▼ 仲間について~ (2, 0.0%)

1 知って, 行けません

▼ 仲間にては~ (2, 0.0%)

2 早くより

▼ 仲間にとっても~ (2, 0.0%)

1 当然の, 致命的な

▼ 仲間にや~ (2, 0.0%)

1 あんなピカピカ, 入らず

▼ 仲間によって~ (2, 0.0%)

1 支持せられる, 築かれたま

▼ 仲間はずし~ (2, 0.0%)

1 にされる, にした

▼ 仲間ひとり~ (2, 0.0%)

2 を連れ

▼ 仲間までも~ (2, 0.0%)

1 堕落させる, 食べ初めました

▼ 仲間~ (2, 0.0%)

1 ぼくたちは, 仲間よ

▼ 仲間をは~ (2, 0.0%)

1 づれて室に, づれて稍老いはじめ

▼ 仲間をも~ (2, 0.0%)

1 うやうやしく大, 賑わしたが

▼ 仲間三年前~ (2, 0.0%)

1 に別れ, に別れ別れ

▼ 仲間全部~ (2, 0.0%)

1 が集まる, の來年度

▼ 仲間同志争~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 仲間同様~ (2, 0.0%)

1 に待遇, に暮し

▼ 仲間殊に~ (2, 0.0%)

1 植物学者仲間に, 陸軍の

▼ 仲間~ (2, 0.0%)

1 にとっての社会, の妹

▼ 仲間~ (2, 0.0%)

1 となり, らしい三十男

▼ 仲間軽輩~ (2, 0.0%)

2 な士分

▼1* [238件]

仲間あたりではだいぶ, 仲間あっちこっちから声, 仲間いじめほど止め, 仲間いりするんだ, 仲間いわば同階級, 仲間かつては共に, 仲間かの数人の, 仲間からさえ驚嘆される, 仲間からさえも遠くは, 仲間からと哺乳動物組合鳥類連盟魚類事務所などからまで, 仲間からまでも受けが, 仲間がかはるが, 仲間ぐるみ足利の屋形, 仲間ことばで馬相場, 仲間入れて, 仲間さえもないの, 仲間しらべをし, 仲間じゃあねえかと思うの, 仲間じゃったから象山先生, 仲間ずれを恋, 仲間ぜんたいの前, 仲間そっくりで徳利, 仲間その一員に, 仲間その他のもの, 仲間そんなところで, 仲間だけが一緒には, 仲間ださうで, 仲間だって沢山いた, 仲間だらうと云つて, 仲間だらう叩けば埃, 仲間だろう叩けば埃, 仲間だ助けておけ, 仲間っていうわけです, 仲間ぱづれと言つたつ, 仲間づきあひが盛ん, 仲間づき合いしています, 仲間づらをし, 仲間ていの死骸, 仲間であったであろうと思われる, 仲間でありたいと思っ, 仲間でありまして遂に, 仲間でありますか, 仲間でありませんと云っ, 仲間であればこそ同じ, 仲間でいらっしゃるのか, 仲間でございまして歌麿, 仲間でしかあり得ないの, 仲間でしたらうそれとも結婚早々, 仲間でしょうクリスマスと, 仲間ででもあるらしい大きな, 仲間でなかったことは, 仲間でなければ商品, 仲間といたが, 仲間といったような, 仲間とか聞きし, 仲間とかいうものが, 仲間とかから引つきりなし, 仲間とかがかわるがわるに, 仲間としてだけ今も, 仲間としては取扱つ, 仲間としてもうれしいこと, 仲間とで満足し, 仲間とより萩野とは, 仲間とりわけ大沢や, 仲間とを混同しなかった, 仲間どころか二人で, 仲間ども一座の酒宴, 仲間ないものの, 仲間ながらあまり仲, 仲間なくしては, 仲間なぞにまで飛んで, 仲間なぞは一時真剣に, 仲間などでもう金吾, 仲間などにも刺青を, 仲間なりければ, 仲間なんかでは, 仲間なんかが訊いたもの, 仲間なんかはごめんだ, 仲間なんぞ何人殺した, 仲間なんぞはありやしねえ, 仲間においてはなるべく私, 仲間におきまして不測の, 仲間における都頭, 仲間にすら言えないよう, 仲間にだけは今でも, 仲間にての年長なる, 仲間にても太鼓といふ, 仲間にでもなつたのかしら, 仲間にとつては, 仲間にとってこの私, 仲間にとっての大きな損失, 仲間にとってはさほど恥ずべき, 仲間になんかはいらねえでいや, 仲間にのみ行なわれ一局地以外, 仲間にばかりなって, 仲間によささうな, 仲間によりも一群の, 仲間に対しては義理が, 仲間に対しても人間らしさ, 仲間のみを以て神明禁忌の, 仲間はと見ると, 仲間はね女房を, 仲間はね寝ずにい, 仲間ふたりと若党, 仲間ぶりを発揮, 仲間へだけは頒けられる, 仲間へと伝えられる, 仲間ほんとにしつこいったら, 仲間ぼめして所謂一致団結, 仲間までが一層陽気, 仲間みたような, 仲間みんなにつながっ, 仲間がやつ, 仲間やにはっきり語っ, 仲間やらが一緒にな, 仲間らしかったというの, 仲間らしく思はせようとした, 仲間らしく見えるのです, 仲間をやッと, 仲間なるだもの, 仲間カメラードの感覚, 仲間ジェコブ・マアレイだったよ, 仲間デハ諸先生ヲノケテ, 仲間皆ンナガイロイロハグラカサレタ, 仲間ハルクとの永遠, 仲間ブルヴェーシュニルディユーコシュパイユの三人, 仲間頼ン, 仲間ロフベルグの家, 仲間一番近い男, 仲間一組足軽二組の顔ぶれ, 仲間一統の申し合せな, 仲間七人申し合せて, 仲間丈甲板用の籐, 仲間下部などは一日, 仲間三人の, 仲間二三人でこの, 仲間二人が通りすがり, 仲間二百五十人ないし三百人, 仲間五人と何, 仲間の単なる, 仲間人これを求め, 仲間仁平が使い, 仲間仁義は守っ, 仲間今日もお昼, 仲間仕事を二年, 仲間付き合いだ宜いか, 仲間付合すら怖がっ, 仲間付合いに実, 仲間代表のわたくし, 仲間以上かも知れない, 仲間日射す, 仲間入そこへまたどう, 仲間入朝からのほろ酔機, 仲間共一統奉願上候所同月十三日無拠病用, 仲間共一統奉顧上候所願之通, 仲間のし, 仲間勝造それに二人, 仲間勝造庭掃きの, 仲間十五人ばかりを松尾, 仲間十人おのおの金子十両と酒肴, 仲間十何人の讐, 仲間十四人張番組十二人駕籠十八人としてあ, 仲間千百五十余人その主, 仲間半蔵と駆, 仲間協働者である農民, 仲間協力者としての異性, 仲間受けだけはよい, 仲間入宿富士屋治三郎, 仲間藩の, 仲間土の, 仲間同士それぞれに固まっ, 仲間同士反目しても, 仲間同士性悪な悪戯, 仲間同志その他の種々, 仲間同志他人のため, 仲間同志蹴合いをする, 仲間同志遊びたわむれて, 仲間呼ばわりでもしよう, 仲間呼びされるその娘, 仲間嘉兵衛助高屋高助の浅岡, 仲間在郷軍人親類などから祝, 仲間は致しませぬ, 仲間の音楽家, 仲間大勢のふり, 仲間奴お供先からぐれ出し, 仲間対手の小さい, 仲間屋敷へも帰らねえ, 仲間弟子や一座, 仲間彼女が稽古, 仲間心理にいわせれ, 仲間恋いの心持, 仲間悩める者あこがれる, 仲間態のが呟いた, 仲間折助たちで押す, 仲間拙者の顔, 仲間は手柄, 仲間にも故障, 仲間とか明記, 仲間株式を定め, 仲間根性が喉, 仲間槍持挟箱担ぎ馬方, 仲間気分に醸され, 仲間気立てのやさしい, 仲間江口渙はあと, 仲間法被真鍮こじりを, 仲間浜町の粂吉, 仲間滞留し居候, 仲間濱町の粂吉, 仲間無くしては, 仲間特有のそして, 仲間犬神の者, 仲間百余名を使役, 仲間顧みて, 仲間相手に送りこみます, 仲間鍮鐺を, 仲間十年に, 仲間の仕事, 仲間若い者を, 仲間若党が水門, 仲間草履取まで一行八人, 仲間はある, 仲間とて借財, 仲間誰彼となく, 仲間警察の人達, 仲間もやれる, 仲間足軽を繰出し, 仲間道中師の伊兵衛, 仲間道伴れの, 仲間道化のトン公, 仲間達それから滝本, 仲間金持通人幇間繪描きに, 仲間長持かつぎ, 仲間間に合うとして用いるごとく, 仲間附合はしなかった, 仲間限りで色々, 仲間随聞稚子, 仲間馬方に至る, 仲間龍平があ