青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仰ぐ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

以来~ 仮に~ 仮り~ ~仮定 仮定~ 仮面~ ~仰 仰~ ~仰い 仰い~
仰ぐ~
~仰し 仰せ~ 仰向け~ ~仲 仲~ ~仲間 仲間~ ~件 件~ 任~

「仰ぐ~」 1001, 10ppm, 10357位

▼ 仰ぐ~ (348, 34.8%)

3 月が

2 [16件] いふこと, そこに, その山, それは, 一朶の, 三階の, 上の, 二階の, 人間の, 光るもの, 嫩葉の, 星の, 梢に, 空が, 雲が, 黒い瓦

1 [313件] あたかもわれわれ, あっ, あの女, あわてて, いうほどの, いつぞや北庄城, いつのまにか内陣, いつの間にか君, いままで, いま出, いま歓語し, いよいよ, おいらん蜘が, お君, お甲, お角, かっきり午前, きょうは, くわっと恐ろしい, ぐるぐる旋転, このふしぎ, この藪寺, この陰鬱, これは, これも, さすがに, しばらくぼんやり, すぐ前, する, すれば, そこから, そこには, そこの, そのとき, その侍, その星, その藤, その頭, それへ, それまで, ただ一人, たまらない明るさ, ちっぽけな見すぼらしい, ちらと, つばめは, どっこい, なぜか, なにか暗夜, なにぶん頭上, なるほどその, なるほど鴨居, のしお, はじめてなに, ほんとうの, またしょんぼり, またステッキ, まだ辰, みな, むこう側, もうジヤムパア, もう夏, もう旗岡巡査, もう空, もはや日脚, やっと頂上, わけても憐れ, アイヌ部落の, ツイ頭の, バベルの, ホッと, 一丈あまりの, 一人で, 一斉に, 一語も, 一面の, 丁度繼母, 七八尺も, 七夕の, 三重の, 上層の, 下の, 下谷の, 両側の, 乏しい灯, 二丈ばかり, 二十歳か, 二重に, 二間とは, 二間ばかりの, 二階と, 云ふ, 五十人あまりの, 人々は, 人間を, 今にも何, 今までの, 仙人山の, 以前の, 何か, 例の, 偶像だ, 僅かに, 公卿眉が, 其処には, 典雅温優なる, 冬には, 初めて気, 初夏の, 利鎌の, 到底かくし, 削り立ったよう, 劉という, 北辰石神という, 千鶴子が, 南方の, 危岩が, 古帽子, 台座から, 各, 同時に, 同時にまた, 向いの, 向う側の, 吟味所の, 味方の, 哄笑した, 嘆息と, 四山の, 土藏の, 地球が, 堂閣の, 塒へ, 多量の, 夜空を, 夜露と, 夜鳥の, 大きな火, 大磐石, 大粒の, 天の河の, 天を, 天井に, 天井は, 天井板が, 姿を, 嬉しや, 実の, 家々の, 密林の, 富武五百之進の, 寒天には, 尊貌高く, 小六正勝, 小池の, 山家の, 山峡の, 山門の, 崖の, 川向うの, 川越の, 巨象の, 平ッ, 平仮名で, 建物の, 引窓が, 彼は, 彼女は, 後主も, 後醍醐は, 心の, 思いも, 思うさま背, 怪訝な, 恰も修繕前, 恰度, 悲痛な, 成政は, 抱き上げた方, 救われたよう, 救われた身, 斜めに, 断わって, 日ごろ見なれた, 日吉も, 早や, 星, 星が, 星空のわ, 春枝夫人は, 昼間の, 昼間は, 暗い雲, 暗くなっ, 暗灰色, 曇っては, 曇つてゐる, 曹操も, 月は, 木立の, 杉子は, 東は, 松の, 松代藩の, 梢は, 棟木の, 椎だの, 榛名は, 榧の, 橋を, 檀には, 此處から, 残雪が, 母が, 母屋と, 気の, 氣の, 洗い髪に, 消え残った雲, 淡い月光, 深い一片, 清水寺の, 渓谷の, 湿っぽい冷, 満月に, 溪の, 澄みきった朝空, 澄切つた山, 焼岳の, 熊打には, 燈明皿に, 甲武信岳の, 申して, 男泣きに, 町の, 町人の, 畑とも, 百合子は, 皎, 目に, 眉に, 真っ黒な, 真黒な, 碑面の, 祭具旗など, 私の, 穏かな, 空いちめんに, 空に, 空には, 空の, 空は, 空気の, 突兀たる, 窓は, 竿の, 等しい事, 粛として, 糜竺が, 素晴らしい月, 細い月, 細い細い路地, 細かな, 絶頂が, 綱を, 綱付山赤帽子岳丸笹の, 老僧, 脚元から, 臥龍に, 自分といふ, 自分の, 興を, 船板に, 花が, 若葉を, 葉は, 葉越しに, 藤吉郎は, 蝎座の, 行く秋, 行者は, 街燈の, 西の, 言ったものの, 訪れた常木鴻山, 誌されし, 誰も, 赤い雲, 赤沢岳が, 近づき得なかった, 途端に, 避雷針が, 重盛であった, 金色の, 鉄格子で, 銀河が, 阿蘇の, 降るやう, 陽の, 陽陰の, 階の, 雀の, 雲の, 青く澄み切った, 青月代の, 頂上から, 頭上には, 馴染みと, 驚くべき決意, 高い夜空, 高楼の, 鳥を, 黄金の, 黒い建物

▼ 仰ぐ~ (64, 6.4%)

10 です 5 である 4 だった, でした 32 だから, であった, では

1 [32件] か, が当然, が最も, が楽しみ, が順序, さえ物, じゃ, だそう, であるから, とではわれら重責, とは反, と同じ, と自, はあまりに, はこれ, はめずらしく, は人民, は唯, は筋違ひと, もあまりに, も何だか, も又, も手, も柿平, も眼, も秀吉, も胸, を止し, を見, 他なかつた, 旨を, 漸なり

▼ 仰ぐこと~ (58, 5.8%)

2 ができる, が出来ない, が出来なかった, が出来る, にした

1 [48件] がある, ができた, ができなかった, ができなかつた, ができました, ができましょう, ができれ, がなかつたなら, が万全, が出, が出来た, が必要, が自然, が説明, すらが限り, だ, である, といたせ, とはなりぬ, にきまった, にしよう, になっ, になった, になります, によって人生, によって真に, によって私たち, によつて, に相成ろう, のみで, の代り, の出, はできなかった, は六ヶ, は出来かねる, は初めて, は殆ど, は自分, もできなかった, も出来, も稀, を必要, を忘れなかつた, を憚, を最後, を言うらしい, 正に, 細々と

▼ 仰ぐよう~ (45, 4.5%)

4 になる 3 な感じ, な気持 2 だ, な心地, に, に見た

1 [27件] であった, なこと, なもの, な一点, な事, な佳き, な恰好, な朗らか, な格好, な歓喜, な眼, にし, にという土屋相模守殿, になった, になってる, にカラリ, に下, に小笠原, に崇拝, に庇, に彼女, に思兼尊, に明るく, に星, に活, に覗い, に顔

▼ 仰ぐ~ (33, 3.3%)

1 [33件] いたろう, しても, たえない容子, よかった, 三台の, 價ひせぬ, 冷淡でなかった, 同じ山地, 女神バワリアに, 当って, 彼の, 愈よ, 日の, 最もい, 月まさしく, 由ない, 痛き瞳, 相違あるまい, 絶高に, 至った, 至ったわけ, 至らしめたと, 至るは, 至れり, 至れる, 象牙の, 足るべきもの, 足るべき人, 足る人物, 連れ高坂, 違いない, 頂天より, 風早く

▼ 仰ぐやう~ (20, 2.0%)

4 にし 2 な気持, に娘さん

1 [12件] な弁訴, な形, な敬慕, な身構, にした, にわし, に小笠原, に庇, に磨き直され, に籠, に身, に陽

▼ 仰ぐ~ (15, 1.5%)

1 [15件] いい, いいの, ごときは, ごとき心地, ごとくお, ごとくである, ごとく口, ごとく大きく, ごとく明瞭, ように, 仰ぐたび, 如き不, 如き雄大, 如く眼, 如く黙然

▼ 仰ぐ~ (13, 1.3%)

3 の狭 2 の狹さ 1 には星, には片雲, には薄紫, には高々, の明る, の美し, はま, 次第に高く

▼ 仰ぐ~ (11, 1.1%)

2 尊い 1 いいが, すでに門楼, ものあはれ, 国の, 未だ見るべからず, 羨ましこれ, 荘重の, 辛そう, 高き一里瀧

▼ 仰ぐもの~ (9, 0.9%)

1 だそう, なし, なり, に其の, の心, はイエス, は和歌, は多い, を古史

▼ 仰ぐ~ (8, 0.8%)

1 が多い, と自らふたつ, の非常, はさ, はわざわざ, は彼, は稀, や行き会う

▼ 仰ぐため~ (7, 0.7%)

1 しかな, であった, にも一応, に乗鞍ヶ岳, のほか, のもの, やがて日

▼ 仰ぐばかり~ (7, 0.7%)

2 でした 1 であり腰まわり, である, です, でなく信長, では

▼ 仰ぐ~ (7, 0.7%)

1 ができた, が出, にするであろう, になった, も恊, を得た, 高き處

▼ 仰ぐほど~ (6, 0.6%)

3 高い 1 なれば, な用事, 暗い藍色

▼ 仰ぐ~ (6, 0.6%)

2 得た 1 うるの, 得ずとは, 得む, 欲しなかったろうし

▼ 仰ぐのみ~ (5, 0.5%)

1 であつ, では, で目星, なれど, 一同の

▼ 仰ぐより~ (5, 0.5%)

1 仕方が, 外ない, 外に, 外仕方が, 近く聳え

▼ 仰ぐ~ (5, 0.5%)

1 がなかっ, には忌まれ疑われ, はいま, をし, を護衛

▼ 仰ぐ~ (5, 0.5%)

1 のよう, の言, はあの, もあるいは, 真に息

▼ 仰ぐしか~ (4, 0.4%)

2 あるまい 1 ないと, 術は

▼ 仰ぐたび~ (4, 0.4%)

1 に壁間, に太陽, に彼, に諸

▼ 仰ぐところ~ (4, 0.4%)

1 であった, の役所, の物品, は信者

▼ 仰ぐとは~ (4, 0.4%)

1 まことに天, 云い得ないの, 元より, 申せそれ

▼ 仰ぐには~ (4, 0.4%)

2 あらぬ魚 1 こちらも, この神

▼ 仰ぐ二上山~ (4, 0.4%)

4 の山肌

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

1 八重の, 楽, 樂

▼ 仰ぐつもり~ (3, 0.3%)

1 お耳, であるとの, でおります

▼ 仰ぐとも~ (3, 0.3%)

1 なき目見, なく明り取り, また一刀流

▼ 仰ぐにも~ (3, 0.3%)

1 似て, 市の, 帝位についての

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

1 山中に, 曹丞相より, 生来未曾有

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

1 があ, はまだまだ, を

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

2 にし 1 になつ

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

2 にし 1 になつ

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

1 には年増, にまろまろ, をうつ

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

2 うごきて 1 のなか

▼ 仰ぐ程頃合ひな距離~ (3, 0.3%)

3 の土地

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

2 がない 1 になつ

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

2 ひ知らぬ胸騷ぎ 1 ひ知らぬ胸騒ぎ

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

1 となった, とはなった, も

▼ 仰ぐ~ (3, 0.3%)

1 に月光, に落, はどう

▼ 仰ぐ~ (2, 0.2%)

1 この二つ, または地下

▼ 仰ぐかと~ (2, 0.2%)

2 いうと

▼ 仰ぐからには~ (2, 0.2%)

1 如何なる下知, 誓って

▼ 仰ぐこそ~ (2, 0.2%)

1 その本望, 良人の

▼ 仰ぐそして~ (2, 0.2%)

1 日暦を, 無限の

▼ 仰ぐその~ (2, 0.2%)

1 光景は, 半腹

▼ 仰ぐという~ (2, 0.2%)

1 ことが, わけで

▼ 仰ぐといふ~ (2, 0.2%)

1 ほど近くなく, 事も

▼ 仰ぐなど~ (2, 0.2%)

1 贅沢な云い, 赤面の

▼ 仰ぐので~ (2, 0.2%)

2 あつた

▼ 仰ぐのほか~ (2, 0.2%)

1 なしと, は

▼ 仰ぐほか~ (2, 0.2%)

1 はございません, はない

▼ 仰ぐまでの~ (2, 0.2%)

1 この時間, 決心は

▼ 仰ぐオリオン星~ (2, 0.2%)

2 やシリウス星

▼ 仰ぐ一大岩壁~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ 仰ぐ世界~ (2, 0.2%)

2 ではない

▼ 仰ぐ人々~ (2, 0.2%)

1 がここ, の間

▼ 仰ぐ人たち~ (2, 0.2%)

1 が従二位大納言, ですから

▼ 仰ぐ~ (2, 0.2%)

1 がない, と信念

▼ 仰ぐ~ (2, 0.2%)

1 き能楽家只圓翁, くもない

▼ 仰ぐ太陽~ (2, 0.2%)

1 があたり, にたいへん

▼ 仰ぐ~ (2, 0.2%)

1 が深, に絶え

▼ 仰ぐ思い~ (2, 0.2%)

2 がある

▼ 仰ぐ~ (2, 0.2%)

1 がどの, が無事

▼ 仰ぐ神様~ (2, 0.2%)

1 です, で国津神

▼ 仰ぐ~ (2, 0.2%)

1 になる, に行かん

▼ 仰ぐ黒い~ (2, 0.2%)

2 眼は

▼1* [201件]

仰ぐあの奥深い大空, 仰ぐうちにも焔, 仰ぐかも知れない併, 仰ぐから汝は, 仰ぐくらいなもの, 仰ぐここに於, 仰ぐことさへ出, 仰ぐこと上の如し, 仰ぐこと井の底, 仰ぐこと今わが輩, 仰ぐこと神の如し, 仰ぐころから一行, 仰ぐさえ自分の, 仰ぐせつなのみ, 仰ぐたび鞘のうち, 仰ぐため京都にゆき, 仰ぐため勢揃いして, 仰ぐたんびにこの, 仰ぐだけに空を, 仰ぐちからに不断, 仰ぐていの渇仰, 仰ぐとかする時, 仰ぐとき天武天皇が生涯, 仰ぐとき山中鹿之介幸盛, 仰ぐとき確に山, 仰ぐとき草に触れる, 仰ぐとでもして, 仰ぐとともに両手を, 仰ぐと共に都委員会の, 仰ぐなと云ふ, 仰ぐなんといふこと, 仰ぐにぞ金三も, 仰ぐにつけ浅草に, 仰ぐのみにてほとんど独立, 仰ぐのみの如くなれども, 仰ぐの一事よく眼前咫尺, 仰ぐの乞ふの, 仰ぐの光栄に浴, 仰ぐの國は决, 仰ぐの必要を主張, 仰ぐの風致はげに, 仰ぐばかりに中天に, 仰ぐひとことはすべて, 仰ぐひとりの男, 仰ぐひとりひとりに, 仰ぐまでもない, 仰ぐゆえなり, 仰ぐ酒井の, 仰ぐよと見えしが, 仰ぐよりも路傍に, 仰ぐわが空それはた, 仰ぐわけなので, 仰ぐわれらの旅, 仰ぐわれら東邦民族の合同, 仰ぐオリオンでもスバル, 仰ぐ一人の英雄, 仰ぐには大きな, 仰ぐ上河内の絶嶺, 仰ぐ識庵謙信なる, 仰ぐ不幸を知らない, 仰ぐ民族の, 仰ぐ座第, 仰ぐ亭々たる大杉, 仰ぐ人達の積極的参加, 仰ぐ仏蘭西劇作家である, 仰ぐ伊吹にも思い出, 仰ぐ伴天連も兄, 仰ぐ何びとがそれ, 仰ぐ信仰や山岳, 仰ぐ元気さえなかっ, 仰ぐ八十九歳の大介義明, 仰ぐ八橋の頭, 仰ぐ処峠の頂き, 仰ぐ劉玄徳と仰っし, 仰ぐ勇気もありません, 仰ぐ北アルプスは言わずもがな, 仰ぐ半蔵らにとっては同, 仰ぐ南方の天, 仰ぐ名妓照葉の面, 仰ぐ喜びに咽び, 仰ぐ地獄の空, 仰ぐ坊さんの暮し, 仰ぐ場合にはその, 仰ぐ夜空の美し, 仰ぐ日輪の, 仰ぐ大きな住居が, 仰ぐ大学の先生方, 仰ぐ大衆の, 仰ぐ極むべからず, 仰ぐ天なほ極むべからず, 仰ぐ天の川に似た, 仰ぐ天井の高い, 仰ぐ天女の面曲, 仰ぐの顔, 仰ぐ如来の顔, 仰ぐに竝び, 仰ぐ守衛を喜ばせ, 仰ぐが喉, 仰ぐ富士の高嶺, 仰ぐ富士三保の松原龍華寺の富士, 仰ぐ富士山を書い, 仰ぐ尾根上のあたり, 仰ぐ帆村荘六とチラリ, 仰ぐに似た, 仰ぐ度ごとに彼, 仰ぐ当の光秀は, 仰ぐの眼, 仰ぐ彼女の眼, 仰ぐ空には, 仰ぐ御方は何, 仰ぐ必要がある, 仰ぐも涌かなかつた, 仰ぐ恩家のお嬢さん, 仰ぐ恩師笠神博士夫妻が思いがけない, 仰ぐ憧憬の焦, 仰ぐ所因もまた, 仰ぐ手続きがもう極, 仰ぐ方向に視線, 仰ぐ明星ヶ岳明神岳の眞青, 仰ぐの座, 仰ぐ星船室で誰, 仰ぐ時人生の崇高, 仰ぐ時溪谷を瞰, 仰ぐ時竜洞見ゆれ岩山, 仰ぐ時貫一は既に, 仰ぐ時雲の棧橋, 仰ぐのこと, 仰ぐの雁金, 仰ぐは一つ, 仰ぐ有情の涙, 仰ぐからは露, 仰ぐ機会が与えられ, 仰ぐに限り, 仰ぐ民族もある, 仰ぐは毛頭ない, 仰ぐ気力もありません, 仰ぐ気持はうれしい, 仰ぐ氣力もありません, 仰ぐ水野十郎左衛門を向う, 仰ぐ黒い顏, 仰ぐ灰色の空, 仰ぐ災後東京の秋空, 仰ぐ無数の信頼, 仰ぐ無限の蒼穹, 仰ぐ爲めに要する, 仰ぐと江戸市民たち, 仰ぐ爽快な蒼空, 仰ぐ物品が最も, 仰ぐ狭い空の, 仰ぐ由布の尖峰, 仰ぐ白歯も見えた, 仰ぐ百大夫に付会, 仰ぐ目的で自由, 仰ぐ真上にあかあか, 仰ぐ眼もとにも気分, 仰ぐの階子, 仰ぐ石段を三段, 仰ぐがありましょう, 仰ぐに高く, 仰ぐ程頃合いな, 仰ぐ積りでわざわざ, 仰ぐ空色は花曇り, 仰ぐ窓辺の藤, 仰ぐ紺碧の空, 仰ぐ絶壁の中腹, 仰ぐ美しい路だ, 仰ぐ群峰の姿, 仰ぐはざる, 仰ぐ能はずすご, 仰ぐを張れり, 仰ぐ花明りも眩, 仰ぐ若い女の, 仰ぐ若殿が日ごろ, 仰ぐ若葉の光, 仰ぐ落葉松の梢, 仰ぐの長老, 仰ぐ行く手の雲, 仰ぐ行手に学校, 仰ぐ表情をする, 仰ぐ見知らぬ風景の, 仰ぐ許東京の様, 仰ぐ売りの, 仰ぐ赤城の偉容, 仰ぐ越前その頭, 仰ぐ軒端にさり気, 仰ぐ途端にパッ, 仰ぐもなく, 仰ぐ遠い上州と, 仰ぐ遠くの空, 仰ぐ陛下は同時に, 仰ぐ青い顔淋しい, 仰ぐ青き空には, 仰ぐ青空は恐ろしい, 仰ぐ静かな心, 仰ぐを見れ, 仰ぐ頼朝の立身, 仰ぐは何, 仰ぐを生じた, 仰ぐの築地, 仰ぐ駒ヶ岳とは全く, 仰ぐ高家衆の吉良殿