青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何と~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~何 何~ 何かしら~ 何かと~ 何しろ~ 何ぞ~ ~何だか 何だか~ 何で~ ~何と
何と~
~何とか 何とか~ ~何となく 何となく~ ~何とも 何とも~ 何もかも~ 何もの~ ~何やら 何やら~

「何と~」 5541, 60ppm, 1919位

▼ 何となれ~ (633, 11.4%)

29 ば彼 26 ばこの 23 ばその 19 ばそれ 1211 ば之 10 ば吾 9 ばもし 8 ば空間 7 ば是 6 ばそ, ば人, ば伯, ば僕 4 ば問題, ば彼等, ば私, ば閣下

3 [13件] ばそこ, ば他, ば吾人, ば姿, ば学問性, ば幾何学, ば彼ら, ば日本, ば此, ば真理, ば社会, ば芸術, ば茲

2 [40件] ばいわゆる, ばかかる, ばわれ等, ば一切, ば一定, ば一方, ば一般, ば人々, ば今, ば侯, ば偉大, ば元老たる, ば右, ば天体, ば妥協, ば客観, ば山野, ば形式, ば形態, ば後, ば後者, ば或, ば文学, ば斯, ば方法, ば最初, ば桂伯, ば桂内閣, ば概念, ば武士, ば無, ば立憲政治, ば第, ば能力, ば自己, ば自然科学, ば若し, ば草, ば諸君, ば院長

1 [320件] との御, ともそれ, は世間, は人, は朝夕高尚, ばあなた, ばあなた方, ばあの, ばあらゆる, ばいかに, ばお, ばか, ばかの, ばここ伯耆, ばこちら, ばこれら, ばこれ皆親切, ばこれ等, ばこんなに, ばすでに, ばすべて, ばそう, ばそういう, ばそれら, ばそれ等, ばそんな, ばたとえ, ばだ, ばちょうど, ばと答, ばどうして, ばどうせ, ばどの, ばもろ, ばより, ばわれら国歌, ばイデオロギー, ばカント, ばクレオパトラ, ばサチヤグラハ, ばタルド, ばニュートン, ばニードハム, ばフィヒテ, ばベートーヴェン, ばポオ, ばムク犬, ばメリー, ばヤス, ばリッケルト自身, ば一つ, ば一個, ば一旦, ば一昨年早春, ば一般形而上学, ば一般的, ば丁度, ば三国氏, ば不正, ば与えられた, ば世にも, ば世界線, ば世間, ば両者, ば並存的, ば中古数百年間, ば主観, ば主観性, ば事実, ば事実彼, ば事實, ば事物, ば二つ, ば二学士, ば二次元, ば亜砒酸, ば交渉, ば京都, ば人物, ば人間, ば今度, ば今日, ば仏, ば仏人, ば任意, ば伊太夫, ば何, ば何れ, ば何事, ば余輩, ば例えば, ば俊夫君, ば信玄, ば俳優, ば倉庫, ば個人, ば個別化, ば個別的因果, ば傳染病細菌, ば僕たち, ば優美, ば元来方法概念, ば元来空間, ば先入, ば先覚者, ば先駆者, ば児童, ば公平, ば其の, ば其処, ば内国人, ば内容, ば凡そ, ば凡そ抽象的, ば凡て幕府, ば初め, ば初め三回, ば判断, ば別, ば制限, ば刺撃物, ば前, ば前者, ば力, ば北海道, ば千篇, ば原, ば去勢, ば反, ば古人, ば古代, ば古記, ば只今, ば各, ば合理的論理, ば同, ば同じ, ば同一, ば向, ば哲学, ば唯, ば啓示全部, ば喜ばしく, ば国中, ば国民論派, ば場処, ば多, ば夜中, ば大, ば大小, ば天下, ば天皇必らずし, ば如何なる, ば娘, ば娼婦型, ば婦人諸君, ば存在それ自体, ば存在判断, ば存在者, ば孝道, ば実証主義, ば実践, ば實際, ば対立, ば小説七軒, ば少く, ば屍体, ば岩石, ば巌流, ば巨手, ば弁証法, ば当時, ば当時憲政党, ば当該事件, ば形式的直観, ば形而上学, ば彼女達, ば彼曹長, ば彼等自身, ば御, ば忘れよう, ば思惟そのもの, ば性格, ば性格的理解, ば恋, ば悩み, ば悪, ば慈悲, ば懐疑者, ば我々, ば我が, ば我が国, ば我等, ば所謂新派劇, ば手, ば手続き, ば提出, ば支那, ば改めて, ば教導性, ば数学, ば数百年, ば文学哲学, ば斥力, ば日常, ば日本料理, ば日記, ば明治維新, ば是皆親切, ば時又, ば曹丞相, ば最も, ば最高, ば月日, ば本人, ば本篇, ば本質, ば東北地方, ば根柢的, ば構成, ば歐米, ば此一挙, ば此人, ば此権力均衡論, ば此權力均衡論, ば此等, ば武力的帝國主義, ば歴史的連関, ば歴史社会的事実, ば毎, ば毛利家, ば水分, ば沈黙, ば活動, ば浩平, ば渠, ば渠等, ば溶解, ば焼粉, ば物理学, ば物理的法則, ば特定, ば独乙, ば現, ば現に, ば現今歐米, ば理論, ば理論上, ば生, ば生命, ば甲, ば當時憲政黨, ば疑う, ば百姓, ば百字以上, ば皆さん, ば直観, ば看護人, ば真理性, ば睡眠中, ば知識, ば社会的規定, ば私たち, ば科學者, ば空間以外, ば空間知覚, ば精神能力, ば純粋直観, ば素人達, ば経験的直観, ば総て, ば繰り返し, ば罪過, ば聖浄, ば聯合國, ば肉食獣, ば能舞台, ば臨機, ば自然概念, ば自然現象, ば自身, ば與, ば芝居, ば花, ば芸術家, ば若い, ば草津街道, ば著者, ば衆目, ば行為, ば衝撃, ば表象, ば西洋, ば言語, ば詩, ば論理, ば講義者トゥルプ教授, ば識見透徹, ば貞盛, ば貧乏, ば資本, ば赤本, ば超越的存在, ば追われた, ば遂に, ば酒, ば銅, ば間, ば陰電氣間, ば陸軍部内, ば零, ば霊媒, ば霊界, ば革命, ば韓国, ば韓國, ば領域, ば食, ば食物, バ谷中村ハ一面に

▼ 何となし~ (401, 7.2%)

4 気が 3 に彼, に心配, に物, の不安, 不安心, 子供の, 心を

2 [13件] にこの, にその, にそれ, に正, に気, に涙, に煤, に粉雪, 今日の, 心に, 東京の, 私に, 読んで

1 [350件] あかぬけたろう, あたりまえでない, あちこちが, あなたの, あらゆる困難, いつもと, いやであった, うつむいた, うるおされて, うるおって, うんざりし, おっくうだった, おどろかしたところ, おなかすかせる, おねむい, きいて, ききなれないノック, きまりが, くよくよと, ぐらついて, けったるくなる, この小春日, この生活, この社会, この自信, これまでに, これも, ごみっぽく, さっきまでとは, しず心, しんみりし, すきという, すきま, すぐ返事, そういう空気, そうけじめ, そうでき, そっちは, その実例, その恐ろしい赤い, その感情, その手, その枕もと, その芸術, その頁, それから先, それが, それほど賢, それを, そんな関係, ただごとでは, なめらかな, にあはれ, にいい争う, にいそいそ, にうらら, にうれしく, におばさん, にお雪ちゃん, にぎやかで, にこの世, にこれ, にさむ, にし, にそこ, にそわそわ, にそんな, になつかしい, にばかばかしく, にやりとした, にジャン・バルジャン, にドキ, に一種, に五両, に人間, に佗びしさうに, に元気, に先生, に凶, に古, に哀れ, に喜ばれ, に夢うつつ, に大変, に嬉しく, に家事, に寄る, に対象物, に尋常, に市野さん, に底気味, に引き入れられ, に待つ, に心恃, に思い出され, に恐怖, に愉快, に慰められる, に憔悴, に戯曲, に押えつけられ, に方角, に旅, に日射病, に晴々, に歯, に死骸, に活, に涙ぐんだ, に猿, に現, に甲州一国, に痛, に目録學, に私, に空恐ろしい, に笑いたくなっ, に考えさせられる, に肩, に襟もと, に記憶, に読書家, に貫禄, に起る, に遠い, に酔, に重い, に鉄瓶, に閑寂, に雄二, に露, に鬼ヶ島, のんびりです, の可能, の悲哀, の流行, の魅力, はじめて案内, はずみの, はっとして, はにかむだろうと, ぱっちりしなく, ぱっとしない, ひとに, ひとりで, ひとり笑え, ひろ子の, びっくりした, ぴったりしない, ふらふらしてん, ほかの, ほほ笑みます, ほほ笑んだ, ほんがりした空気, ぼんやりした, ぽっとした, まだしん底, まだ此, もう一寸, もたれる, ものを, もの足りぬ, ゆとりの, わかって, サービスを, ノポーッと, ホッと, モヤモヤした, 一つ所へばっかり, 一目を, 不安が, 不安に, 不安定な, 不幸らしい, 不快な, 不都合な, 世界の, 世間と, 両方が, 井上や, 人々の, 人の, 人生の, 仕にくい, 仕事とは, 仙人くさい, 休まって, 伸子には, 伸子の, 体が, 何とかなるやっ, 兄さんの, 充実した, 先生に対して, 光が, 判断の, 劇的効果の, 十坪以内の, 単純で, 単純な, 印象が, 厭な, 口を, 口元を, 只通俗, 哀愁も, 唇を, 唐突な, 喋りたく美味しい, 地方色や, 坐りにくい, 型に, 変な, 夫人同伴の, 奥行きの, 好きだ, 妙な, 妨害物めいた, 学生暮しの, 家に, 家を, 家畜運搬車には, 寂しげに, 寛闊な, 寝る時間, 小説の, 少しずつ, 少しせいた, 少し楽, 少し片づけ, 工合わるく, 工芸化し, 平滑な, 当惑した, 彼女らはに, 後髪を, 心あたたまる, 心が, 心根を, 忘れて, 怏々として, 思いくらべさせる, 思います文学, 思いやります, 思い及ばないこと, 思い合わせられるとき, 思ひ當, 急に, 性格としての, 惨めくさく, 意味の, 意外な, 愕然と, 感じに, 感傷的な, 手が, 控え目に, 散漫だった, 文学の, 斜に, 斯う, 新らしい, 日本の, 日本人くさい, 晩春らしい, 曇って, 書いて, 期待させる, 根本に, 楽しみです, 正体の, 残りおしかっ, 殘惜しい, 母の, 民子をば, 気も, 気分が, 気懈い, 気障な, 汗ばむよう, 沈みがちに, 涙ぐまれるよう, 淡白に, 滑稽でしょう, 滑稽な, 澄明でなかった, 無理を, 父母子供犬まで, 牧場の, 特別に, 猛烈な, 生命ある, 目が, 目に, 目立つばかり, 直感され, 相手の, 眠りにくい, 眺めて, 眼の, 瞬きを, 社会の, 私が, 私たちに, 笑うよう, 笑えます, 結婚適齢期の, 絶えない私, 老人が, 考えこんだ, 肌当たりの, 胸の, 脊丈が, 脚本の, 腸の, 自分だけ, 自分に, 自分の, 自分一人一人の, 自然に, 興味を, 花の, 落ち付けない, 落付か, 落付けなくなります, 行きません, 視線を, 訳文の, 詰って, 話やめる, 語られて, 調子が, 足りないもの, 足早に, 躊躇する, 迷惑めいた, 進みません, 逸って, 重みの, 間が, 関心に, 難かし, 青柳の, 靴音を, 頼りの, 顔の, 顕著に, 首を, 驚ろかされた, 鷹揚な

▼ 何と~ (322, 5.8%)

16 はれても 15 ふ事 7 ふの, ふ不思議 6 はう, ふこと 5 つたつて, つて, ふことも 4 つた, つたか, つたらい, はれたつて

3 [11件] つたかな, はうと, ふ, ふもの, ふ因果, ふ幸福, ふ情ない, ふ美しい, ふ靜かさ, ふ馬鹿, へば

2 [20件] つたらよい, はれるか, ひました, ふひどい, ふわけ, ふ不幸, ふ光栄, ふ名, ふ大きな, ふ嬉しい, ふ恐し, ふ情けない, ふ所, ふ理由, ふ皮肉, ふ破廉耻, ふ綺麗, ふ親馬鹿, ふ訳, ふ譯

1 [161件] たもの, た乃公, た酒, つたかね, つたらいい, つたら可, つたら好い, つたん, つてる, ても怖い, ても検査官, て賞め, はうが, はうとも, はむ, はれたつて文句, はれましたでございませうか, はれるかと, ひますかね, ひませうかね, ひ出すかと, ひ出すかを, ひ返して, ひ過ぎ, ふい, ふいんねん, ふおそろしい, ふお名前, ふお神楽, ふお馬鹿さんだつ, ふことや, ふこれ, ふざま, ふすば, ふそつくりな, ふだらう, ふだらうお, ふだらう母, ふても, ふであらうか, ふでが, ふふが, ふやつ, ふんだ一体, ふヅウ, ふヒタ向き, ふ一夜, ふ不倫, ふ不合理, ふ不心得, ふ人達, ふ仕合せ, ふ何處, ふ作家, ふ僕等, ふ億劫, ふ儚, ふ円い, ふ冷静さ, ふ凜, ふ切ない, ふ剛, ふ劇, ふ厭, ふ可愛いい, ふ可笑し, ふ善い, ふ図々し, ふ地層, ふ執念, ふ執拗, ふ堕落, ふ堪へ難い, ふ堪らない町, ふ堪らない競争者, ふ失礼, ふ女らしから, ふ好い, ふ妙, ふ子供, ふ小さく, ふ小ぢんまり, ふ小鳥, ふ巧妙さ, ふ幸, ふ弱, ふ強い, ふ当, ふ御, ふ心強い, ふ忠實, ふ快い, ふ怖い, ふ思ひつき, ふ性悪, ふ怨めしい, ふ恐ろしい, ふ恐ろしき, ふ恩恵, ふ悪魔, ふ悲しい, ふ惡黨, ふ惨たらしい, ふ惨めさ, ふ意味, ふ意気地, ふ慕, ふ慘, ふ慘忍, ふ懐かし, ふ懐かしい, ふ文だい, ふ晴天, ふ望み, ふ末世, ふ格段, ふ樂, ふ歓喜, ふ歡喜, ふ気違, ふ永い苦しい, ふ沢山, ふ泰平, ふ浅ましい, ふ浅間, ふ無意味, ふ無礼, ふ無造作, ふ物々しい, ふ病的, ふ白い, ふ眼, ふ窮屈, ふ結構, ふ罪障, ふ美, ふ考, ふ能役者, ふ自在, ふ芸題, ふ苦しい, ふ苦労, ふ荘厳, ふ莊嚴, ふ薄命, ふ虚偽, ふ街路樹, ふ見下げた卑劣, ふ親し, ふ親切, ふ變, ふ遠慮, ふ邑, ふ醜態, ふ靜, ふ頼り, ふ饒舌, ふ駅, ふ驚き, ふ驚くべき事, ふ鳥

▼ 何と云う~ (218, 3.9%)

10 事も 6 不思議な 5 ことだ 4 ことなし, 事は 2 お寺へ, か知らぬ, ことだろう, んだ, 事なし, 因果な, 者の, 馬鹿な

1 [173件] ありがたい新年, あゝ東山, おしゃべりやろ, お立派, かてんで, かと云う, かと思うらしく, かと思った, かと知りたくなった, かどっさり, かなア, か不, か今, か兎, か反応, か家, か早く, か真昼, か私達, ことであろう, ことでございましょう, ことでございます, ことな, ことも, ことを, ぞと重ね, ても人間, ても勘定, ても名筆, ても怖い, ても返事, とも構った, にくらしい方, の, のかな, のだ, ひどい違い方, ひねくれた, また不思議, みじめな, むずかしいこと, ものか, も皆, よき場所, わけなし, わけも, んです, イヤな, シッカリした, 不倫な, 不健康な, 不幸だろう, 事ぞ, 事だろう, 事に, 人聞きの, 人臭さ, 人間らしくない, 今とは, 佗しい, 冷淡な, 冷静さだろう, 凜, 厭な, 厳粛なる, 可哀そうな, 名か, 名な, 名の, 名前か, 君は, 呪わしいこと, 咀われた, 哀愁, 因果でございましょう, 図々しい人, 図案な, 垂示が, 執念ぶ, 執拗な, 大きな美, 奇妙な, 女らしからぬ, 女性の, 好調和, 妙な, 妥協を, 子供らしい, 家族な, 寒々と, 尊い親切, 小心な, 山か, 幻滅を, 弱者か, 強靭さで, 御美, 心が, 心得違の, 怖ろ, 恐ろしい皮肉, 悧巧に, 悪魔の, 悲しさ, 惨酷, 愕くべき, 愚な, 感じの, 感銘の, 拙い芸, 推理力だ, 方だろう, 方の, 日だ, 日本の, 早く立った, 暗合, 暢気さだろう, 月並なと, 村であった, 根気の, 格段な, 機智に, 歌か, 気味の, 気高い何と, 浅はかさ単純さであろう, 浅墓, 浅間しい, 激しい変り方, 無礼な, 無精な, 無邪気な, 爽な, 理由も, 用心の, 町な, 皮肉でございましょう, 皮肉でしょう, 目的の, 目的も, 相違が, 真実か, 真実の, 種類か, 立派な, 粗野な興ざめた, 緊張した, 美くし, 美くしい, 美しい玉, 美しい響, 美しさ, 義王御前と, 莫迦だろう, 蕈かと, 複雑と, 訳か, 訳な, 論文です, 退屈さ加減, 過古, 違いだろう, 違いでしょう, 遠慮深い, 醜さ, 陽気さでございましょう, 静かさだろう, 題の, 馬鹿だろう, 馬鹿馬鹿しく解り切った, 鳥であろう, 黄色に

▼ 何と~ (128, 2.3%)

7 はうと 6 つたつて 5 つたらいい, はう, はれても, ふの 4 つて, ふ, ふこと, ふ情ない 3 つたらい 2 つたか, つたところ, つたもの, ふだらう, ふべきであらうか, へばい, へばいい

1 [62件] つた, つたなあの, つたらう, つたら貴方, てもまだ, はうとも, はれたか, はれたつて, はれたつて構, はれようとも, ひけむ, ひなさるそれから, ひますか, ひわけ, ひ譯, ふお, ふおとなしい, ふことか, ふことも, ふだらうて, ふとも, ふに, ふもの, ふんだか, ふドヂ, ふ不思議, ふ丹念さ, ふ事, ふ人, ふ人だい, ふ他, ふ俗悪さ加減, ふ冷たい, ふ厭, ふ名, ふ器量, ふ奴等, ふ嫌, ふ寂寞, ふ山, ふ恐ろしい, ふ惡, ふ惡相, ふ惱, ふ慧眼, ふ早い, ふ朗らかさ, ふ甘いなつかしい, ふ用語例, ふ穢, ふ穩, ふ簡單, ふ美しい, ふ色氣, ふ艶めかしく, ふ見當違ひで, ふ違ひで, ふ野郎, ふ間拔, ふ騷ぎ方, やあいい, やるでは

▼ 何といつ~ (121, 2.2%)

4 ていい 3 たつて, てもまだ 2 てもその, ても米, ても酒, てよい, て慰め

1 [101件] たらい, て, てこれ, ても, てもあれ, てもうれしい, てもかよわい, てもきく, てもこ, てもこの, てもまず, てももう, てもよろしい, てもよろしく, てもわかり易い, てもタイピスト, てもピヨトル大帝以來, てもフランス製品, ても一番, ても世の中, ても中, ても中学, ても二人, ても二科展, ても人, ても今, ても今上, ても健康, ても僕, ても先方, ても兎, ても入浴, ても出版, ても十一世紀, ても十代, ても半四郎, ても及び, ても古い, ても各, ても堂々たる, ても夜, ても天草, ても妻, ても安眠, ても山, ても当時人気, ても後, ても悪く, ても情熱, ても惜しい, ても戦争, ても承, ても敗けない, ても日本, ても昨夜, ても晩年熊本, ても書籍, ても朝酒, ても本家分家, ても桂月氏, ても樹明兄, ても此処, ても江戸時代, ても洒落た, ても源, ても源助, ても熊本, ても現在身, ても生涯, ても皮肉, ても矢, ても矢張り俳諧師, ても砧手, ても第, ても箱根, ても素晴, ても肯き入れません, ても自然, ても若い, ても苦しまぎれ, ても英国首相ロイド・ジヨウジ氏, ても藤崎専造, ても藤村君, ても製鉄所, ても親, ても送る, ても郷土風, ても金, ても雲鶴手, ても霜, ても食料品, ても髪床, てゐるだらう, て呼びかけ, て呼ぶ, て好い, て彼女, て悲しむ, て見ませう, の時期, 迄も暑い

▼ 何と云つて~ (104, 1.9%)

8 も私 32 もお前, もまだ, も僕, も君等, も根本, も正しい, も此詩集, 好いか, 行きました

1 [75件] あるの, あるん, いました, もお, もおの, もさう, もなつかしい, ももう, もオペラ・コミツク, もカイザル, もゲーレス, も一劇団, も一点一語, も一郎, も七郎, も両家対立, も中田博士, も人以上, も人物画, も俺, も出かけない, も動かない, も友達, も向, も君, も周子, も大した, も婦人, も富岡, も彼奴等, も心細い, も感じ, も戦争本来, も探偵小説, も文学, も新劇協会, も既に, も春, も月日, も来る, も止む, も此, も河童, も浅草広小路, も父, も牡丹, も独身時代, も現今, も真実, も矢張り女, も突然, も立派, も素直, も絶体, も羨ましい, も聽, も肉親, も自分, も船, も血氣盛り, も西洋, も見逃す, も解剖, も酒, も鑑賞力, も青野, も非凡, も飮, も鹽原, も默つて, やつて, ゐるかを, 出て, 怒つてる, 慰めたもの

▼ 何とはなし~ (99, 1.8%)

2 にその, に天神川, に恐ろしく, に清らかさ, に自分, に身, に針, に顔, に魂

1 [81件] おどけた茶化した気持, に, にいった, にいつも, にかわいそう, にこみ上げ, にさういふ, にし, にそのまま, にそれ, につく, につくづく, にどっしり, になつかしくうれしい, にはっ, にはや, にまた, にみんな, にわら, にド, に一種, に下品, に下手人, に以下, に余りに, に古び, に吐息, に啄木, に外国, に女, に好き, に嫌, に寂しかっ, に居着い, に己, に帝, に帰りたくなった, に床しい, に引きつけられた, に彼女, に心, に思いやられる, に思ひました, に怪談, に悲しく, に感じ, に感じられる, に感ぜられた, に憂鬱, に憧れ, に懐かしい, に振返っ, に探偵, に旗太郎, に日, に死, に気, に気分, に法学部, に深き, に熱, に熱っぽく, に爽快, に物足りない, に独逸, に眺め, に眼, に秘密, に胸, に脳裡, に腹立たし, に自ら心, に興奮, に落ちつき, に血, に見守り, に誰, に貰い泣き, に躊躇, に身の毛, のたのし

▼ 何という~ (86, 1.6%)

3 か, の 2 かあの, かそれ, か知らん, ている, てよい

1 [70件] かある, かあれ, かいと, かしびれる, かしらそういう, かしらテーマ, かしら心理, かすっかり, かその, かだ, かつまり, かとそれ, かとにかく, かと思ったら, かまだ, かも尋ね, かわたし, かを聞い, かを聴い, かを調べ, かカルメン夫人, かツルツル, か一種, か分りません, か名, か少し, か材料, か極度, か次第に, か異常地震, か知らぬ, か聞い, か色とりどり, か見もの, ことも, ておられた, てもあ, てもこの, てもこれぎり, てもまだ, てもわたし, ても二人, ても今川勢, ても伊豆, ても充分, ても児供, ても凌雲閣, ても女子, ても彦太, ても田舎, ても竜, ても織田家, ても羽柴殿, ても肯く, ても腕一本, ても諾, ても金, てやはる, てよろしい, て出させる, て帶, て歌, て聞かそう, となく, な, ね, ばかりで, 事なし, 所か, 方

▼ 何と言つて~ (75, 1.4%)

3 もその, も金戒光明寺の, 好いか 2 も信吾, も新しい

1 [62件] いいか, お宅さま, も, もあれ, もうれしい, もお, もくるしむ, もそれ, もつれ添, もまだ, もよろこばしい, もゴオルドスミス, も一寸先, も一番, も一等好き, も万葉集, も信實, も俺, も僕, も先生, も兼六公園, も冬, も出, も千兩, も名古屋, も大, も女, も女人, も嫌, も寂しく, も帰りません, も彼, も彼等, も後々, も徳川時代, も恋愛, も恐ろしい, も承知, も放さう, も文献, も柔軟, も梅玉, も業平, も此, も氣質, も水帳, も泣き止まない, も父さん, も現実, も生活味, も私, も語, も近代教, も道綱, も鈴木君, も顏, ゐました, 叱られて, 呼んで, 宜いか知れない, 来ても, 良いか

▼ 何と~ (73, 1.3%)

4 もなる, も云, も言 3 も仰, も言う 2 もいう, も外, も話

1 [49件] とひろ子, も, もいたし, もいへる, もうそ, もおだやか, もおわび, もごまかし, もしてやる, もそらし, もぬかせ, も仰し, も仰しゃい, も仰しゃっ, も作意, も内交渉, も友達, も叔母さん, も名, も名づけ, も品, も喩, も始末, も存分, も学究的, も弁解, も後図, も思う, も成る, も抜かし, も此方, も相談相手, も答え, も考えた, も致します, も解決, も解釈, も解釋, も言え, も言つて, も言わし, も話合い, も説明, も読者, も談合, も談話, も謝罪, も辞, も辯解

▼ 何と~ (53, 1.0%)

4 思いに 3 言いだ, 言いです 2 思いです, 禮を, 禮申し, 考えか

1 [35件] こたえしたの, めえ, 云いだね, 云いなされた, 云ひだえ, 付けに, 取り下さっても, 可哀そうな, 夫婦は, 寝るぞ, 強いあろう, 思いなさいます, 恨みなさるべきにや, 慰さめ申そう, 打ちに, 申しわけが, 目当の, 神さんが, 禮の, 答へ, 約束なさいました, 約束申し上げた, 美しいお, 考えあるやという, 考えに, 考へ, 聞きでした昔, 聞きに, 聞き遊ばして, 言いなさる娘, 言葉を, 詑し, 詑びしていゝか分らない, 詠みに, 返辞を

▼ 何とでも~ (49, 0.9%)

5 して 2 いえる, お言, 勝手に, 可い, 思って, 言いたまえ

1 [32件] いいから, いい逃れ, いって, おっしゃい, お云, お云い, お見立てなさい, お言い, きまってから, しますからね, しようから, するが, するがという, するし, できるだろうが, やって, 云って, 半兵衛が, 好きな, 宜しいよう, 後から, 御勝手, 御自由, 思いなさい, 答えられる自由, 考えられるという, 言いな, 言いなさい, 言いなせえ, 言える訳, 言って, 随意に

▼ 何とやら~ (48, 0.9%)

3 又より 2 いふ菜, 腑に

1 [41件] ある故, いひましたな, いふ名ぢや, いふ女学校, うまいこと, お, さまの, すまぬ心, その私, でいつ, でまた, で一知半解, む云ひ負けたる, む先方より, む面はゆく, よい知恵, 不思議な, 不気味な, 云いますからね, 云ひ, 冷かすやう, 包みきれぬ嬉し, 厳めしき名の, 取ってつけたような, 唯ならぬ, 唯事でない, 嚴めしき名の, 彼の, 心悪く, 意味あり, 気に, 気掛りです, 物質的に, 物静かに, 狂句を, 申す, 疑わしい影, 言いにく, 身躰が, 陰気での, 面伏せにて

▼ 何と申し~ (48, 0.9%)

6 てよろしい 5 てよい 3 ても私 2 てもお, て可

1 [30件] て, ておった, てもあの, ても一番, ても不, ても五年, ても人間, ても仕様, ても勅, ても原料, ても吹け, ても宜しい, ても左様, ても待つ, ても怪しい, ても故, ても松岡どの, ても眞心, ても私一生, ても肯き入れない, ても若い, ても重大, ても高力家, てやったら, てよかろ, て参, て参った, て宜しい, て宜しき, 候とも

▼ 何と~ (45, 0.8%)

37 つたか 2 つて, つてるの 1 たの, つたらう, やがつた, やるぞ

▼ 何といおう~ (40, 0.7%)

32 が, とお, と平気, と私

1 [29件] かこの, か人格, か憂鬱, がおれ, がここ, がもう, がわし, が御, が日吉, が最初, が突っ返し, が自分, が連れ, が道理, とこの, とそれ, ともこれ, とも決して, とも私, と一言, と今, と再び, と実際, と家, と当然, と正しく, と独本土上陸作戦, と謙信自身, と貴公

▼ 何と云おう~ (35, 0.6%)

2 とよしんば, と私

1 [31件] か, かその, か学校中, がやっつける, が信ずる, が確か, ぞ, と, とそう, とも, ともそんな, ともた, ともたとえ, ともわたくし, とも劇場全体, とも離れられない, と一定, と世論, と喋舌, と弟, と思い, と日本ファシズム, と早速どうか, と構, と構わない, と自分, と誰, と関, と鶴さん, 恩知らずめ義理知らずめ人情解せぬ, 悪鬼と

▼ 何と言おう~ (34, 0.6%)

2 ともこの

1 [32件] かと考え, か実に, がかまわねえ, が地球, が小, が拙者, とあれ, とこの, とこれ, ともおれ, ともこうした, ともこちら, ともこれ, ともわし, ともエライ方, とも動かす, とも時, とも自己, とも誰, と他, と俺, と内科的見地, と君ら, と夜, と彼, と手, と木像, と汝, と物, と王族, と黙っ, ト関わない

▼ 何と書い~ (33, 0.6%)

17 てある 4 てあった 2 てあります, ていい, てございます 1 てあつ, てあるだろう, ておす, てやっ, てやった, て御座います

▼ 何と~ (33, 0.6%)

2 へた, へてい, へて可, へるか

1 [25件] うべきや, うべき言葉, うるに, ふべきかを, ふるや, へたか, へたら, へたん, へていい, へてよい, へてゐる, へて下さる, へて好い, へむこ, へよう, へるあ, へるかが, へるかと, へるだらう, へる事, へれば, へん, もしら紙, をした, を言

▼ 何と面白い~ (33, 0.6%)

16 でしょう 3 でしょうね 2 ことだろう, ことでしょう 1 でしょうああ, でしょうこの, ものだらう, ものだろう, 人間だらう, 人間だろう, 私の, 計画では, 話では, 関係でしょう

▼ 何と~ (32, 0.6%)

2 がなかっ, だ, だったかを, です

1 [24件] がどんな, が三十六碗, が出来ます, が見える, だってたしかに, だつたかを, であるか, であるかという, でしたかね, ですか, とがなくなった, とが焼け失せた, との働き, との総, とをトラック, とを買った, と云いつくせない, と言った, に使う, の成分, は無くなる, また唱え, を売つた, を播け

▼ 何と言う~ (32, 0.6%)

2

1 [30件] おっとりした, かあれ, かこう, かそこ, かと思う, かと思ったら, かな, かを源氏, か知れない, ことは, ても古代研究, ても小母さん, ても後村上天皇, ても親, て世, て可, て来た, て言い寄ったろう, て返事, のだ, もんです, 不運で, 俗悪さ加減, 太夫じゃ, 女か, 恐ろしい事, 感激に, 虫だろう, 里の, 馬鹿な

▼ 何と答え~ (27, 0.5%)

12 ていい 9 てよい 3 て好い 1 てくれるだろう, て善い, 何と抗すれ

▼ 何とそれ~ (26, 0.5%)

2 が調子

1 [24件] から丸々, がみな鼠, が上杉家, が他人, が無事, が老大家, はあの, はいじけ, はこまやか, はむずかしい, はやッ, は一個小隊, は今日討議, は婦人, は深い, は美事, は美味しい, は見まがう, は貧乏, は高価, は鳴るでしょう, も甘, をまざまざ, を言い現し

▼ 何とのう~ (23, 0.4%)

1 [23件] この世が, その辺, そわそわし, ただ全体, 上の空で, 不愉快な, 不憫に, 中味が, 四方山の, 大空に, 待遠, 御周章, 心残りが, 心配に, 恍惚と, 気詰り便りに, 浮き上る, 生魚を, 眠るの, 神秘的な, 胸騒ぎが, 辱な, 頭脳の

▼ 何と心得~ (23, 0.4%)

10 ている 4 てゐる 3 て居る 2 ておる 1 てござる, てわざと, て左様, て来た

▼ 何となき~ (21, 0.4%)

2 不安が, 愛情を

1 [17件] この拳銃, そ, ただ一ひ, ものせ, 一種の, 不安の, 世の, 児姿をこそ, 反抗の, 息桃に, 満足が, 滿足が, 疑い, 草の, 軽快を, 輕快を, 追憶に

▼ 何ともはや~ (21, 0.4%)

1 [21件] ありがとうごぜ, お座の, お盛ん, お礼の, お話に, むづかしいセリフの, わが殿, ユル・ブリンナーの, 不始末な, 人という, 勿体も, 得体の, 御勘弁, 御同席, 忝けねえ, 汗顔至極, 浅ましい次第, 申しやう, 相済みませぬ, 面目次第も, 飛んだ御

▼ 何とない~ (20, 0.4%)

1 [20件] あた, おかしなもの, ブラブラ病い, 世間話を, 余裕の, 力頼みでも, 哀れつ, 哀慕の, 喜びを, 圧迫を, 安心が, 微笑が, 微笑の, 憎しみが, 或種, 海苔の, 自信も, 自分の, 行きずりの, 風の

▼ 何と仰し~ (19, 0.3%)

2 やつた

1 [17件] ゃいましたかな, ゃいましたのですか, ゃいましても兄には, ゃったかな, ゃったか気がかりでございます, ゃったか知りたい, ゃってもそれまでと覚悟を, ゃっても別れる, ゃるか, ゃるか知らん, ゃるだろう, ゃるな, ゃるの, ゃるのです, ゃるんです, やつて, やつてらつ

▼ 何とおっしゃる~ (18, 0.3%)

3 の, んです 2 のです 1 お名前, かあなた, ご仁, そのあいだ, のか, の名前は, んでございます, 兎さん, 方, 白骨谷へ

▼ 何と無く~ (18, 0.3%)

1 [18件] そんな気, 一種の, 世の常の, 奇異な, 妥協し, 寐つき兼ねた, 心と, 指に, 明日は, 気が, 気乗りせず, 気味の, 深厚として, 源三を, 私は, 穏か, 見ゆる或, 話し難い

▼ 何と申します~ (18, 0.3%)

2 え, か

1 [14件] いつ私が, かその, かまあ, かよく, か兎, か夫次第大抵, か存じませぬ, か深く, か経済, のかは, やら, やらああ, んで, ネ

▼ 何と~ (17, 0.3%)

3 挨拶を

1 [14件] 内儀よい, 同情申上ぐべきかを辨へ, 慰めを, 挨拶し, 挨拶の, 挨拶出来ましょう, 止めし, 決心ある, 申候也と, 申候哉, 禮の, 禮を, 覽じ, 覽じた

▼ 何といい~ (16, 0.3%)

7 心持でしょう 3 ことだろう 1 ことであろう, ものじゃ, ものであったろう, 光景でしょう, 気持ちだろう, 言葉でしょう

▼ 何と~ (16, 0.3%)

4 言る 3 しやる 2 やつた, 有いました 1 つても, 有います, 有つて, 有ても, 言られる

▼ 何と申す~ (16, 0.3%)

2

1 [14件] かそれ, かと尋ね申す, か其の, やらこの, 人にや, 人の, 名だ, 名称で, 太夫じゃ, 奴じゃ, 寺か, 用が, 者だ, 者で

▼ 何と答えた~ (16, 0.3%)

2 か, の

1 [12件] かこれ, かは出, かは聞えなかった, かを津田, か私, か耳, か覚え, な, ね, のか, ものだろう, ものやら

▼ 何と~ (15, 0.3%)

1 [15件] がした, が着, にとつて, の中, の勤め, の旧, の跫音, は, はこのごろ汎神論的, はもっと, は多く, は立派, は美しい, は莫迦者, を甘やかさないでしょう

▼ 何と~ (15, 0.3%)

2 ているでしょう

1 [13件] ている, ているだろう, ているであろう, ておられまする, ておられる, てかおむつ, てか人, てこんなに, ても天, てよい, む, らるる, 損いやあがったい

▼ 何と思う~ (14, 0.3%)

2

1 [12件] ぞ, ていた, ていなさる, ている, てかこの, てか停車場, てか武士, て云う, て今, のです, 慾徳尽の, 海老茶では

▼ 何と思ふ~ (14, 0.3%)

2 か知らぬ, て下さろう 1 か, か分りません, か大抵, つて小便の, て私, のだ, のであらう, 我輩が, 海老茶では, 礼手紙だ

▼ 何と思つて~ (13, 0.2%)

2 も先方

1 [11件] か三田, か半身, か横須賀, か知らぬ, か祖母, ももう, も仕方, ゐやがるん, 居るだらう, 見て, 見ましても

▼ 何と読む~ (13, 0.2%)

2 のか, のだい, んです 1 か, にし, のかしら, のかと, のこれあ, のでしょう, んでしょう

▼ 何となら~ (12, 0.2%)

2 ばこれ 1 ば, ばある, ばこの, ばこれ以上, ば元来麦門冬, ば唯一, ば学術, ば生活, ば神, ば麦門冬

▼ 何とよかっ~ (12, 0.2%)

3 たでしょう, たろう 1 たこと, たでしょうありがとう, たでしょうと, たでしょうね, たでしょう五時間, たろうかと

▼ 何と多く~ (12, 0.2%)

3 のもの 1 のかなしい, のもちこたえる, の作家, の男達, の葡萄牙, の語り, の議論, の通行人, 将来へ

▼ 何と微妙~ (12, 0.2%)

5 でしょう 1 で面白い, なあや, な現実, な調, な閃光, にしかも, に即

▼ 何と~ (12, 0.2%)

2 上げたの, 上げて, 上げる言葉 1 てよい, 上げたもの, 上げたらよろしい, 上げても, 上げましょうか, 上げよう

▼ 何とうれしい~ (11, 0.2%)

8 でしょう 1 ことでしょう, だろうと, 気持でしょう

▼ 何とこれ~ (11, 0.2%)

2 は怕 1 がロヨラ, が十時間, が夜あけ, が昔, が権畧, は世, は美々しく, は面白い, を裁きたまわ

▼ 何とまア~ (11, 0.2%)

1 [11件] 余り小せ, 偉大な, 太い阿, 嬉しい事, 情ね, 気違ひです, 浅ましい心, 深え御, 見事な, 見違え申しやすよう, 魂消たね

▼ 何と不思議~ (11, 0.2%)

1 [11件] だろう, でしょう, でつかまえにくく, なこと, な心, な気持, な現象, な静かさ, に思われる, に美しく, のよう

▼ 何と呼ぶ~ (11, 0.2%)

2 のか, 品物で 1 か, かと訊ねる, かはと, かをまだ, かを研究, か御, にや知らね

▼ 何と申した~ (11, 0.2%)

42 のか 1 かはわかりませぬ, か知りません, つてこの, つて事実は, 二十両遣わせ

▼ 何と答える~ (11, 0.2%)

21 かが彼女, かじっと, かと殆, かと注意, か庭先, か知らない, か私, か美奈子, ことが

▼ 何と思っ~ (10, 0.2%)

6 ている 1 ていたろう, てこんなに, てやがる, て眺めたであろう

▼ 何と申し上げ~ (10, 0.2%)

3 てよい 2 てよろしい, て好い, ようも 1 てもおそらく

▼ 何と興味~ (10, 0.2%)

1 あること, ある一つ, ある事実, ある歴史, ある点, ある特質的, があるでしょう, ふかいだろう, ふかいでしょう, ふかく描かれ

▼ 何といふ~ (9, 0.2%)

3 て遣した 1 ことだ, ことなし, ことは, ても書物, とももう, のが

▼ 何とおっしゃいます~ (9, 0.2%)

21 あなた様の, お嬢様, かそう, な, の, わっし, 与八に

▼ 何とひどい~ (9, 0.2%)

1 でしょう文芸雑誌, のでしょう, やつでは, んでしょう, 凸凹が, 害悪でしょう, 御無沙汰でしょう, 風でしょう, 風に

▼ 何とまた~ (9, 0.2%)

1 あの幅, その年ごろ, なき兵機, 其処らに, 欝蒼として, 空は, 驚くべき強力, 高麗鼠の, 鬱蒼として

▼ 何とよい~ (9, 0.2%)

1 ことか, でしょう, ねむりだつたらう, ものであろう, 思案では, 月だらう, 月では, 機に, 酒だ

▼ 何と人間~ (9, 0.2%)

1 が二人位樂, とは進歩, のよう, の尊厳, の心, の智慧, は生活, もその, を鼓舞

▼ 何と多い~ (9, 0.2%)

2 ことで, でしょう 1 ことか, ことかよ, ことじゃ, ことである, のでしょう

▼ 何と~ (9, 0.2%)

2 なもの 1 だろう, であらう, でしょう日本, な, なこと, な観念, にもっ

▼ 何と思った~ (9, 0.2%)

2 か木下, のか 1 かお, かほろり, か与吉, のかしら, 彼と

▼ 何と感じ~ (9, 0.2%)

2 ているであろう 1 ていた, ていよう, てか凝然, てくれ, て居よう, て見, の出る

▼ 何と綺麗~ (9, 0.2%)

8 な鳥 1 だつたらう新秋

▼ 何と考え~ (8, 0.1%)

1 てああ, ていらっしゃる, ている, てみ, ても惜しい, ても淋しい, てよい, 何に

▼ 何と見た~ (8, 0.1%)

41 かと気がつい, かと氣, ぞ, のだろう

▼ 何と見る~ (8, 0.1%)

2 か, らん母御は 1 かまだ, か御方, の, ダリヤよ

▼ 何と~ (7, 0.1%)

1 けれど物一つ, さりょう御, しいらしたでしょう, しぼーとして, はしに, もかるべし, ア怖い

▼ 何とまざまざ~ (7, 0.1%)

1 とし, としかも, とその, と二十三, と日本, と浮ぶでしょう, 感じるでしょう

▼ 何とやらん~ (7, 0.1%)

1 初鰹の, 後髪引かる, 御間柄, 無念の, 碑銘に, 約束が, 言を

▼ 何と~ (7, 0.1%)

1 ざすの, づくべきか, づくべきだろうか, もつけよう, を云, を付け, を付ける

▼ 何と~ (7, 0.1%)

1 が悪態, と私, の胸, は不幸, は吾, は思うであろう, は文字

▼ 何と申しまし~ (7, 0.1%)

1 てもあんな, てもかへらない, ても人間, ても以前, ても私, ても綺麗, ても縁談

▼ 何と申そう~ (7, 0.1%)

1 か, とも今度, とも私, と助太刀, と姓名, と引っ返す, と汝

▼ 何と自分~ (7, 0.1%)

2 にも解らぬ 1 は自分, を劬, を叱っ, を疲らすであろう, を解釈

▼ 何と驚いた~ (7, 0.1%)

2 ことに 1 お饒舌, ことには, ねえあの, ものでが, 雲散霧消だろう

▼ 何といろいろ~ (6, 0.1%)

1 あるでしょう, なこと, な人生, の世界, の内容, の角度

▼ 何とこの~ (6, 0.1%)

1 上の, 世界の, 囲炉裏の, 女を, 御職責, 鼻の

▼ 何とたくさん~ (6, 0.1%)

1 な若い, のもの, のエキスクラメーション・マーク, の激情, の物語, の黒人

▼ 何とつかず~ (6, 0.1%)

1 いい濁し, そわそわし, にこう, に言った, 竜之, 詫言を

▼ 何とやらの~ (6, 0.1%)

2 情と 1 折紙では, 殿様とは, 譬えついに, 譬か

▼ 何と勧め~ (6, 0.1%)

2 ても母 1 てもこれ, ても一つ, ても人, ても額

▼ 何と御覧~ (6, 0.1%)

1 あって, じたか, じまするやう, ぜられ, ですか, なさる

▼ 何と深い~ (6, 0.1%)

1 この縄, でしょうそれ, 心持を, 暗示だろう, 生活の, 社会生活の

▼ 何と申したら~ (6, 0.1%)

1 いいか, よいでございましょう, よいでしょう, よろしいか, 好いの, 好いやら

▼ 何と申しましょう~ (6, 0.1%)

2 か, かそれ 1 とも見ず知らず, ねえ

▼ 何とあなた~ (5, 0.1%)

1 に響きます, の忍耐, の目, の笑顔, らしいでしょう

▼ 何といつた~ (5, 0.1%)

1 かお, かおぼえ, がよから, のだろう, 處で

▼ 何とその~ (5, 0.1%)

1 また乾き, 前の, 女丈夫を, 山女魚奴, 部屋には

▼ 何となさる~ (5, 0.1%)

1 と考えれ, どうか臥む, どうか臥ん, のでご, 思召で

▼ 何と~ (5, 0.1%)

2 掛けると 1 かしいでは, 意味し, 持って

▼ 何と云ッ~ (5, 0.1%)

2 て出た 1 て, てもまだ, ても聞かず

▼ 何と今日~ (5, 0.1%)

1 のこの, のよう, の午後三時, の暑, は何

▼ 何と仰せられ~ (5, 0.1%)

1 ています, てか, てもそれ, ても斯様, ても貴

▼ 何と呼ん~ (5, 0.1%)

2 でいる 1 でいたろう, でよい, でゐる

▼ 何と小さい~ (5, 0.1%)

2 でしょう 1 だろう, ものだらう, 部分しか

▼ 何と心得おる~ (5, 0.1%)

2 かッ 1 か, ぞ, のか

▼ 何と心得る~ (5, 0.1%)

1 エー江戸市中とは, 如何に, 旦那は, 神田三崎町土屋殿の, 羽生村の

▼ 何と悲しい~ (5, 0.1%)

1 ことか, ことであろう, 喜劇でしょう, 心持だろう, 麺麭屋だ

▼ 何と有難い~ (5, 0.1%)

2 事で 1 ことか, ことでしょう, 因縁では

▼ 何と此世~ (5, 0.1%)

3 の悪心 2 の惡心

▼ 何と珍しい~ (5, 0.1%)

2 ことでしょう, でしょう 1 趣向の

▼ 何と答えたら~ (5, 0.1%)

3 いいの 1 いいか, 正しい返事

▼ 何と聞い~ (5, 0.1%)

1 ている, ておくれ, ても知らない, ても訳, て来た

▼ 何というだろう~ (4, 0.1%)

1 か, かとこのごろ, かと思っ, かなどとも考えた

▼ 何といはう~ (4, 0.1%)

1 か, か哀愁, か此, ともあて

▼ 何といはれ~ (4, 0.1%)

1 ても仕方, ても方解石, ても生き, ても若森

▼ 何とおっしゃった~ (4, 0.1%)

1 かい, か知らぬ, って引張っ, ね

▼ 何とすばらしい~ (4, 0.1%)

1 ことだろう, では, 截断であったろう, 虹の

▼ 何と~ (4, 0.1%)

3 といふ 1

▼ 何とつまらない~ (4, 0.1%)

1 およそこれ, 会見だったろう, 生活を, 細工を

▼ 何とで御座んす~ (4, 0.1%)

2 と袂, 私の

▼ 何とはっきり~ (4, 0.1%)

1 して, 作品へ, 出て, 養われて

▼ 何とやらいう~ (4, 0.1%)

1 たとえも, 公卿さ, 名高い上人, 噂も

▼ 何とハア~ (4, 0.1%)

1 有難え, 此の, 此処ア瀬が, 魂消た訳

▼ 何と久しぶり~ (4, 0.1%)

2 でしょう 1 だろう, にそして

▼ 何と仰せられます~ (4, 0.1%)

1 か, かな, か伺っ, 殿様が

▼ 何と仰有る~ (4, 0.1%)

1 お名前ぢ, かたか, のです, 裁判まで

▼ 何と~ (4, 0.1%)

2 ているだろう 1 ている, ているでしょう

▼ 何と可憐~ (4, 0.1%)

1 でしょうねえ, なる彦七, な空想, な花

▼ 何と可笑しい~ (4, 0.1%)

2 でしょう 1 のだろう, 栗鼠でしょう

▼ 何と呼ぼう~ (4, 0.1%)

1 といっこう, とも実は, と人々, と宥

▼ 何と奇妙~ (4, 0.1%)

1 でしょう, で不自然, なこと, な人間

▼ 何と姿~ (4, 0.1%)

3 が見える 1 も心

▼ 何と~ (4, 0.1%)

1 の抵抗, も躍る, を昂揚, を決めた

▼ 何と思おう~ (4, 0.1%)

1 が駄目, とも, と構う, と磯五

▼ 何と思われた~ (4, 0.1%)

1 ってかまわない, って仕方, て川島家, のか

▼ 何と思われる~ (4, 0.1%)

31 かしれません

▼ 何と思ッ~ (4, 0.1%)

1 た女, ていた, てかお, てるだろう

▼ 何と愛すべき~ (4, 0.1%)

2 生態で 1 感傷であろう, 髭の

▼ 何と感じた~ (4, 0.1%)

1 か覚え, か黄, のか, ものだろう

▼ 何と残念~ (4, 0.1%)

4 でしょう

▼ 何と素朴~ (4, 0.1%)

1 だったろう, な初恋, な男, に或いは

▼ 何と考える~ (4, 0.1%)

1 か, か全身, か知らない, のです

▼ 何と解する~ (4, 0.1%)

3 かにある 1 ことが

▼ 何と讀む~ (4, 0.1%)

1 かい, ぞと宿題, のか, のやろ

▼ 何と遠い~ (4, 0.1%)

1 ことだ, ことだろう, では, 思ひ出

▼ 何とあれ~ (3, 0.1%)

1 から動き, は云った, を説明

▼ 何というた~ (3, 0.1%)

21

▼ 何といたします~ (3, 0.1%)

3

▼ 何といっ~ (3, 0.1%)

1 てもこっち, ても面白い, て切り出したら

▼ 何といはれた~ (3, 0.1%)

1 か, つて構はんです, つて私達が

▼ 何といはん~ (3, 0.1%)

1 恥の, 言ひ, 言ひ抜け

▼ 何といひ~ (3, 0.1%)

1 かの火, 玉ひし, 訳立つ

▼ 何といや~ (3, 0.1%)

1 でしょう, でしょうね, な婆

▼ 何とうまい~ (3, 0.1%)

1 ことだろう, 手品でしょう, 手品では

▼ 何とおもしろい~ (3, 0.1%)

2 ことだろう 1 でしょう

▼ 何ときいた~ (3, 0.1%)

1 か, か知らぬ, ぞ

▼ 何としづ~ (3, 0.1%)

1 かな, かなあまりに, かなおちついた

▼ 何とそれぞれ~ (3, 0.1%)

1 その人, に人生, の場所

▼ 何となう~ (3, 0.1%)

1 動きて, 心地悪しけれ, 青嵐に

▼ 何となり~ (3, 0.1%)

1 とも察し, と仰せられ, 後世の

▼ 何となる~ (3, 0.1%)

1 かわからない, にもせよ, ものか

▼ 何とコッケイ~ (3, 0.1%)

2 な何と 1 なピエロ

▼ 何と不便~ (3, 0.1%)

1 でしょう, で且つ, な鉄道

▼ 何と云つたの~ (3, 0.1%)

2 です 1

▼ 何と云つて迎~ (3, 0.1%)

1 へて呉れるだらう, へるか, へるだらうたつた一人

▼ 何と云ふか~ (3, 0.1%)

1 も知れない, 知れませんがね, 知れやしないん

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 が思つて, のい, の生活

▼ 何と人生~ (3, 0.1%)

1 さながらの, の深い, は楽しい

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 しも印袢天, の私, は見すぼらしい

▼ 何と仰せ~ (3, 0.1%)

2 かまた 1 になりました

▼ 何と仰せられました~ (3, 0.1%)

3

▼ 何と仰言いました~ (3, 0.1%)

1 か, かしら, かねそれ

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 が少い, は近く, を喝采

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 ている, てくる, て来るでしょう

▼ 何と可愛い~ (3, 0.1%)

1 奴では, 悪魔だらう, 生き物だらう

▼ 何と名づけ~ (3, 0.1%)

2 ていい 1 ても差支えない

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 あること, いつきぬもの, のふかい

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 だろう, な歩きぶり, な癖

▼ 何と~ (3, 0.1%)

2 がきく 1 でしょう

▼ 何と安い~ (3, 0.1%)

1 そして何と, では, 繭の

▼ 何と少い~ (3, 0.1%)

1 ことか, でしょう, 女の

▼ 何と思ってる~ (3, 0.1%)

1 のかしら, んだい, んだろう

▼ 何と思つたの~ (3, 0.1%)

1 か三郎さん, か泥棒, か自分

▼ 何と思ひ~ (3, 0.1%)

2 しかは知らね 1 も分け得ざる

▼ 何と思われ~ (3, 0.1%)

1 ても仕様, て小川村, て逸見先生

▼ 何と愉快~ (3, 0.1%)

2 なこと 1 では

▼ 何と朗らか~ (3, 0.1%)

1 な, なもの, に調和

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 の娘, の幸運, の店

▼ 何と~ (3, 0.1%)

2 が楽 1 が休まるでしょう

▼ 何と申される~ (3, 0.1%)

1 お方で, 御仁か, 方じゃ

▼ 何と申し上げたら~ (3, 0.1%)

1 よいか, よろしいか, よろしうございましょう

▼ 何と痛快~ (3, 0.1%)

1 だろう, では, な現象

▼ 何と皮肉~ (3, 0.1%)

1 だったろう, で腹立たしい, なよう

▼ 何と私たち~ (3, 0.1%)

1 の家, は尻重, を笑わせ

▼ 何と称する~ (3, 0.1%)

1 かを知りません, 地名が, 肴か

▼ 何と立派~ (3, 0.1%)

1 でおいしい, なモデル, に行進

▼ 何と聞いた~ (3, 0.1%)

1 か, か知らん, のか

▼ 何と~ (3, 0.1%)

2 のはらない 1 へ喰いつく

▼ 何と致した~ (3, 0.1%)

2 のじゃ 1 ものか

▼ 何と見えます~ (3, 0.1%)

1 か, かと聞き返した, な

▼ 何と見える~ (3, 0.1%)

1 かの, んだ, ッて

▼ 何と言ッ~ (3, 0.1%)

1 たッ, てお, ても口

▼ 何と訊い~ (3, 0.1%)

2 て可 1 ても返辞

▼ 何と~ (3, 0.1%)

1 に沁み入る, の振り, も心

▼ 何と~ (3, 0.1%)

2 がうまく 1 と鍋

▼ 何と長い~ (3, 0.1%)

1 ことか, 時間を, 脛だろう

▼ 何と静か~ (3, 0.1%)

1 な春日, な秋, にそして

▼ 何とあつ~ (2, 0.0%)

1 たらしいが, たん

▼ 何といたし~ (2, 0.0%)

1 て, て古人

▼ 何といたしまし~ (2, 0.0%)

1 て, ても手前ら

▼ 何といたす~ (2, 0.0%)

1 か, ぞ

▼ 何といつたら~ (2, 0.0%)

2 いいかな

▼ 何といふだらう~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 何とうるさい~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 奴でしょう

▼ 何とうれしかっ~ (2, 0.0%)

1 たでしょう, たでしょう風

▼ 何とうわべ~ (2, 0.0%)

2 ばかりの人間

▼ 何とおかしい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, でしょうそして

▼ 何とおっしゃいました~ (2, 0.0%)

1 か, エ

▼ 何とお詫び~ (2, 0.0%)

1 をいたそう, 申そうやら

▼ 何ときつい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 刺戟する

▼ 何ときびしい~ (2, 0.0%)

1 その人ひと, 暗示に

▼ 何とくっきり~ (2, 0.0%)

1 とし, 面白く見えたでしょう

▼ 何とずるい~ (2, 0.0%)

1 だろうと, 技巧でしょう

▼ 何とせん方~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 何とそう~ (2, 0.0%)

1 云う良い, 云う道理

▼ 何とそこ~ (2, 0.0%)

1 は, へは行かれぬ

▼ 何とそち~ (2, 0.0%)

1 にいい, は近い

▼ 何とたやすい~ (2, 0.0%)

2 ことだろう

▼ 何とちぐはぐ~ (2, 0.0%)

1 な牝鶏, な鶏

▼ 何とつけ~ (2, 0.0%)

1 てやりましょう, てやろう

▼ 何とつけた~ (2, 0.0%)

2 と聞きましたら

▼ 何とです~ (2, 0.0%)

2

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 殿樣片, 申しまして

▼ 何とどう~ (2, 0.0%)

1 です不潔物, です崩れ口

▼ 何となく~ (2, 0.0%)

1 うちの, た

▼ 何となくそ~ (2, 0.0%)

2 はそ

▼ 何となさいます~ (2, 0.0%)

1 え, か

▼ 何となされた~ (2, 0.0%)

1 ことかと, な

▼ 何となされます~ (2, 0.0%)

2

▼ 何となされる~ (2, 0.0%)

1 か, やらほほ

▼ 何となし好い~ (2, 0.0%)

1 気持が, 色の

▼ 何となし新しい~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 活気が

▼ 何となつかし~ (2, 0.0%)

2 かきつばた

▼ 何となるべき~ (2, 0.0%)

2 ぞ額

▼ 何とふしぎ~ (2, 0.0%)

1 なもの, な色

▼ 何とまァ~ (2, 0.0%)

1 変怪な, 毎日好い

▼ 何とみじめ~ (2, 0.0%)

1 でそして, なそして

▼ 何ともう~ (2, 0.0%)

1 これに, 一歩織田家へ

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 誠し, 謂わん

▼ 何とやらした~ (2, 0.0%)

1 という話, と云う

▼ 何とやらと~ (2, 0.0%)

1 言いますからね, 言ったその

▼ 何とゆたか~ (2, 0.0%)

1 でしょう, な温泉

▼ 何とよき~ (2, 0.0%)

1 かな, 本の

▼ 何とよむ~ (2, 0.0%)

1 の, のか

▼ 何とわたくし~ (2, 0.0%)

1 の気分, をし

▼ 何とわたし~ (2, 0.0%)

1 が答へた, には全く

▼ 何とツツツ~ (2, 0.0%)

2 と尾

▼ 何と下らない~ (2, 0.0%)

1 でしょう, 奴だ

▼ 何と不幸~ (2, 0.0%)

1 な事, の数々

▼ 何と不自由~ (2, 0.0%)

1 なの, な勝手

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 の時参詣, の時參詣

▼ 何と云つたつて~ (2, 0.0%)

1 この死体, 動くもの

▼ 何と云つて弁解~ (2, 0.0%)

1 しても, する

▼ 何と仰あります~ (2, 0.0%)

2 唐氏の

▼ 何と仰しゃいました~ (2, 0.0%)

2

▼ 何と仰しやらう~ (2, 0.0%)

1 とも旦那様, と暗闇

▼ 何と仰せられる~ (2, 0.0%)

2

▼ 何と仰有っ~ (2, 0.0%)

1 ても嘘, ても婦人会

▼ 何と低い~ (2, 0.0%)

1 新緑の, 限界で

▼ 何と住み~ (2, 0.0%)

2 にくい浮世

▼ 何と便利~ (2, 0.0%)

1 なことば, に自分

▼ 何と信吾~ (2, 0.0%)

2 が嘘

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 は愚図, を家

▼ 何と僅か~ (2, 0.0%)

1 の本, の言葉

▼ 何と兄たち~ (2, 0.0%)

2 はひどく

▼ 何と典麗~ (2, 0.0%)

2 なしかもまた

▼ 何と冥利~ (2, 0.0%)

1 の尽きた, の盡

▼ 何と切なく~ (2, 0.0%)

1 また意味, 感じたこと

▼ 何と初め~ (2, 0.0%)

1 に言った, より一定

▼ 何と召さる~ (2, 0.0%)

1 か, ので厶

▼ 何と召された~ (2, 0.0%)

1 な, もかん

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 い工夫であろう, 有之

▼ 何と可笑し~ (2, 0.0%)

1 なこと, なもの

▼ 何と名づける~ (2, 0.0%)

1 かは人々, 心算な

▼ 何と呼ぶべき~ (2, 0.0%)

1 かといふこと, かは自分

▼ 何と哀れ~ (2, 0.0%)

1 でしょう, なる彼女

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 をいったら, をつい

▼ 何と因果~ (2, 0.0%)

1 なこと, な生れつき

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 をかけた, を掛けたら

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 の夕暮, の暑

▼ 何と夥しい~ (2, 0.0%)

1 不孝を, 呼び名が

▼ 何と大きい~ (2, 0.0%)

1 ちがいを, 影響を

▼ 何と大切~ (2, 0.0%)

1 でしょう, なこと

▼ 何と大勢~ (2, 0.0%)

1 の武士, の美しい

▼ 何と奇怪~ (2, 0.0%)

1 なこと, にも谷

▼ 何と好い~ (2, 0.0%)

1 秋日和, 陽気ぢや

▼ 何と子供~ (2, 0.0%)

1 はよく, らしいこと

▼ 何と宥め~ (2, 0.0%)

1 ても承知, ても聴き入れぬ

▼ 何と尊い~ (2, 0.0%)

1 ものでしょう, 塩だ

▼ 何と~ (2, 0.0%)

2 ばって

▼ 何と幸せ~ (2, 0.0%)

1 に恵まれた, に暮せ

▼ 何と弱い~ (2, 0.0%)

1 方でしょう, 肉体だらう

▼ 何と強靭~ (2, 0.0%)

1 に優雅, に美しく

▼ 何と彼等~ (2, 0.0%)

1 が俺一人, は頼り

▼ 何と御意~ (2, 0.0%)

1 遊ばしましたお前, 遊ばします

▼ 何と心得てる~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 ろしい, ろしいでしょう

▼ 何と思うであろう~ (2, 0.0%)

1 か, 自分の

▼ 何と思召~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 なさわぎでしょう私, に思いがけない

▼ 何と急速~ (2, 0.0%)

1 にはげ, に推移

▼ 何と恐るべき~ (2, 0.0%)

1 ことでしょう, 計画では

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 かしいこと, かしさ

▼ 何と情けない~ (2, 0.0%)

1 ことだろう, 雌どもでしょう

▼ 何と慰め~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 何と憐れ~ (2, 0.0%)

1 な救与, 深い情景

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 に映るでしょう, の中

▼ 何と拍子~ (2, 0.0%)

2 ぬけにも

▼ 何と敏感~ (2, 0.0%)

1 にし, にそれ

▼ 何と教える~ (2, 0.0%)

1 か, ことが

▼ 何と日本~ (2, 0.0%)

1 の明治時代そのもの, は小さい

▼ 何と明るい~ (2, 0.0%)

1 ことであろう, 空だろう

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 からさ, の作品

▼ 何と書いたら~ (2, 0.0%)

1 よいかという, よからう

▼ 何と書かう~ (2, 0.0%)

1 かしら何だか, 非常に

▼ 何と書こう~ (2, 0.0%)

1 かしら, かとつおいつ

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 はうとして, へよう

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 に似, に告げよう

▼ 何と気持~ (2, 0.0%)

1 のい, のよい

▼ 何と気楽~ (2, 0.0%)

1 で素直, な都会

▼ 何と永い~ (2, 0.0%)

1 間こういう, 間の

▼ 何と沢山~ (2, 0.0%)

1 だ, の本

▼ 何と淋しい~ (2, 0.0%)

1 私達の, 長屋だろう

▼ 何と深い深い~ (2, 0.0%)

1 受け入れが, 味でしょう

▼ 何と滑稽~ (2, 0.0%)

1 でしょう, な意気地

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 ざわめきて, 雑作に

▼ 何と無関係~ (2, 0.0%)

1 なこと, のよう

▼ 何と爽やか~ (2, 0.0%)

1 なやりかた, な羅馬

▼ 何と独特~ (2, 0.0%)

1 でしょう, な感じ

▼ 何と理窟ぢ~ (2, 0.0%)

2 やあございません

▼ 何と甘い~ (2, 0.0%)

1 そして美しい, のだつた

▼ 何と申しました~ (2, 0.0%)

1 かといえ, っけ

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 とあっ, の古い

▼ 何と痛切~ (2, 0.0%)

1 でしょう, に実感

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 のもの, の下手さ

▼ 何と目出度い~ (2, 0.0%)

1 ことぢや, 訳で

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 接触し, 異しながら

▼ 何と神々しい~ (2, 0.0%)

1 姿では, 景色では

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 でしょう, に痛み

▼ 何と答えよう~ (2, 0.0%)

1 が平気, とそれ

▼ 何と答えるだろう~ (2, 0.0%)

1 か, かという好奇心

▼ 何と答えるであろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 何と簡単~ (2, 0.0%)

1 だろう, に人間一匹

▼ 何と素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 ことだろう, 牛の

▼ 何と美しい~ (2, 0.0%)

1 ことか, 魚であろう

▼ 何と羨し~ (2, 0.0%)

2 いでは

▼ 何と考えた~ (2, 0.0%)

1 か八荒坊, のか

▼ 何と考へ~ (2, 0.0%)

1 ても好い, て呉れ

▼ 何と考へる~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 何と聞える~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 何と聴い~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, ていらつ

▼ 何と肉体的~ (2, 0.0%)

2 でしょう

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 が痛かっ, に浸み徹る

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 から目が, 働的で

▼ 何と致しましょう~ (2, 0.0%)

1 かと随分, 師の

▼ 何と荘厳~ (2, 0.0%)

1 なこと, な顔貌

▼ 何と華やか~ (2, 0.0%)

1 な笑い声, な面会

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 が可, の好い

▼ 何と複雑~ (2, 0.0%)

1 でしょう, な旧

▼ 何と見てる~ (2, 0.0%)

2

▼ 何と見ゆる~ (2, 0.0%)

1 今汝ら, 今汝等

▼ 何と見るであろう~ (2, 0.0%)

1 か, かととんでも

▼ 何と見事~ (2, 0.0%)

1 なもの, に彼

▼ 何と観る~ (2, 0.0%)

2

▼ 何と解いたら~ (2, 0.0%)

1 いいか, 良いので

▼ 何と解き~ (2, 0.0%)

1 なはるか, まひょう

▼ 何と解した~ (2, 0.0%)

1 かクツクツ, のか

▼ 何と言つた~ (2, 0.0%)

1 ところが応, 何と言

▼ 何と言つて其時兄~ (2, 0.0%)

2

▼ 何と言つて可~ (2, 0.0%)

2 いか解らなく

▼ 何と言ふか~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, 知れない

▼ 何と言葉~ (2, 0.0%)

1 で云っ, を発し

▼ 何と訊かれ~ (2, 0.0%)

2 ても勝彦

▼ 何と評し~ (2, 0.0%)

1 てよい, て好い

▼ 何と詫び~ (2, 0.0%)

1 てよい, を云っ

▼ 何と謂った~ (2, 0.0%)

1 かという, かわかる

▼ 何と貴族的~ (2, 0.0%)

1 に, の趣味

▼ 何と赤い~ (2, 0.0%)

1 旗と, 月がの

▼ 何と退屈~ (2, 0.0%)

1 なこと, なまた

▼ 何と醜い~ (2, 0.0%)

1 いやな, 顔

▼ 何と鋭い~ (2, 0.0%)

1 感覚を, 針を

▼ 何と閑雅~ (2, 0.0%)

1 な, な甍

▼ 何と間違~ (2, 0.0%)

1 へた, へよう

▼ 何と~ (2, 0.0%)

2 有い

▼ 何と~ (2, 0.0%)

1 が楽, を猪口

▼1* [1170件]

何とあげつらわれてもいっこう, 何とあさましいと見た, 何とあそばす事であろ, 何とあたりはしずか, 何とあちらのもの, 何とあっけない手品の, 何とあっけなくあきらめて, 何とあついのでしょう, 何とあつかったでしょう, 何とあてがはずれ, 何とあぶない一刻の, 何とあまりに不思議な, 何とあやしまれても弁解, 何とあらわれたと思う, 何とありがたいことでしょう, 何とあろうがここ, 何とあわれな者で, 何とてよかっ, 何といいかわしたかまた, 何といい明るさだ, 何というべき言の葉も, 何といえわし独りは, 何といおうそれを, 何といおう自分だけが帰っ, 何といかに秋風が, 何といくつもの段階, 何といたしましたか, 何といたせご諫言, 何といつたとてよき, 何といとしい私たちの, 何といはねえでも曲つた事, 何といひしか, 何といひましたかねと念, 何といひますの, 何といひ訳したものと, 何といふたぞや, 何といやるか, 何とうかつであろうかという, 何とうけてもいい, 何とうじうじとふやけた, 何とうす気味悪く行われたこと, 何とうちふるえるよう, 何とうつくしいトカゲの, 何とうつり変ったことか, 何とうまくスワンソンの, 何とうれしく又大した, 何とえい箱やろわ, 何とえらいもので, 何とおいひか知らねど, 何とおこたえ申し, 何とおそろしいものだった, 何とおちついた酒と, 何とおっしゃられてもお返し, 何とおでんの湯気, 何とおどろいたことには, 何とおどろくべきことか, 何とおほらかではない, 何とおもふの, 何とお互いにもつれ, 何とお前の持っ, 何とお前様見られた図, 何とお呼びになる, 何とお年よりになられた, 何とお粗末の婦人, 何とかおもひけん, 何とかけはなれているだろう, 何とかなしいことであろう, 何とかんぐろうとも別に, 何ときいてもただ, 何ときたないそして何と, 何ときびしく踰えがたい, 何ときょうは多い, 何ときりだすかという焦慮, 何ときれいな折箱, 何とくたびれたことでしょう, 何とくだらないことばかり, 何とくりかえしても要するに, 何とけちくさい自信, 何とここで咽びくやん, 何とこころもちのよい, 何とこの世に多い, 何とこまかい眼差しの, 何とこまかく伸子への, 何とこみ入っているでしょう, 何とこれがらつきようの花, 何とこれこれとを修め得ざる, 何とこれらの若い, 何とこんな時にも, 何とございましたかしら, 何とございます宇津木, 何としかしぞろぞろと, 何としみるかよ, 何としるしてある, 何とじき一杯になる, 何とすかしても泣き止まなかった, 何とすがすがしい味でしょう, 何とすがすがしい柔らかい風が, 何とすべての弱い, 何とすりへらされたのが, 何とせらるるのじゃ, 何とせられたか, 何とせん術もあらざれ, 何とせん道を間違, 何となたに, 何とそれでも怪しいかい, 何とたくさん墓がある, 何とたった三十円新, 何とたのしさが, 何とたのしいでしょう, 何とたゆむことなく, 何とだれもかれ, 何とちがうでしょう生物的な, 何とちがっているだろう, 何とやとお, 何とつかず立って厠, 何とつかまえどころが, 何とつかれていたろう, 何とつきず美しく湧き出すでしょう, 何とつきない味いの, 何とつけたらよかろう, 何とつけましょうねえそうそう, 何とつづけていい, 何とつよい腕と, 何とつよく見ること, 何とてめえが騒いだ, 何とであるかこれ, 何とであろうか, 何とであろう磨きあげた大理石の, 何とでござるな, 何とでござんす良人, 何とといたらいいだろう, 何ととりかへた, 何とどっさりひどい本, 何とないつめたさは, 何とない愉しみも, 何とない痛ましい事です, 何となうなつかしくて私, 何となう疎ましくなるに, 何となう面白く仰ぎ見れば, 何となき心細さを, 何となき懐しみと, 何となくさういふ機會を, 何となくさういふことの, 何となくさう感じられて心, 何となさけないことで, 何となしあつかったので, 何となしいい心持に, 何となしうまく行かないところ, 何となしうれしかった, 何となしうれしく楽しくなって, 何となしおぞけをふるった, 何となしおとなしいような, 何となししまりの, 何となしせわしさに, 何となしはかなく悲しくわが生, 何となしぽーとして, 何となしわざとらしさで, 何となし低い声で, 何となし厚皮し, 何となし可愛がって, 何となし可笑しかった日, 何となし嬉しい様な, 何となし嬉しかった, 何となし寂しい人, 何となし忙しくていらっしゃる, 何となし新しく展開する, 何となし物足りなさが, 何となし珍しい日ね, 何となし親しいものが, 何となし遠く大きい見と, 何となすべきか, 何となつかしく濃情に, 何となやましい春, 何となりしろと, 何となり遊ばしませ私は, 何としまひよう, 何とにがい味の, 何とぬかしやがるかそれ, 何とぬかるみの変態的興味, 何とぬくい寒だらう, 何とのびやかだろうと, 何とのびやかさが違う, 何とはかなき瀬戸の, 何とはなし一種の, 何とはなし仲居の方, 何とはなし自分たちの婚約指環, 何とはなし重苦るしい手持, 何とばらばらに暮し, 何とひたわななき, 何とひとつこの菓子, 何とひどく相違し, 何とひろいことだろう, 何とひろかったでしょう, 何とふかい皺, 何とふくらんでいる, 何とふさわしい表現でしょう, 何とぶつぶつ小言を, 何とがらかな, 何とほうれんさう, 何とづい豆腐, 何とまあ私の, 何とまじめな句, 何とまずいものであろう, 何とまとまつた事も, 何とまめな男, 何とまわりの者, 何とみすぼらしく見えたこと, 何とみたらいいだろう, 何とみるであろうか, 何とむかしは豐富, 何とむき出しだろう, 何とむさくろしく見えた, 何とむす子の, 何とむずかしいことだろう, 何とめんだうくさい, 何ともござりませぬのか, 何ともつひぞ見たことの, 何とものを知らなかったでしょう, 何ともの哀れにもおかしげ, 何ともはや実に見事な, 何ともはや誠に申兼ねまし, 何ともはや誠にどうも恐れ入りますな, 何とやすいことであろう, 何とやらして空, 何とやらは武士の, 何とやり切れない人間喜劇では, 何とゆつても人間, 何とゆるして下さらん, 何とよぶ曠野か, 何とよべばいい, 何とよまれたであろうか, 何とよんだことでしたろう, 何とわかりやすいでしょう, 何とわしに申した, 何とわび言をした, 何とわるびれたところの, 何とわれから根, 何とわれわれと多, 何とアメリカシャボンの包紙, 何とカスを食, 何とガタガタな一日, 何とガラッ八自身の, 何とキザな人間, 何とキチヨウメンな息子, 何とギラギラ明るかったでしょう, 何とクラシツクでそして, 何とジャーナリスティックなかん, 何とスマートな姿, 何とセンチなオヂイサン, 何とセンチメンタルにさ, 何とソナータの形式, 何とチンマリした十和田, 何とデカい胃袋, 何とニガイアルコールだらう, 何とノンビリした, 何とハア御運の, 何とハヤ時間表の見, 何とヒ弱で動き, 何とファシストの多い, 何とフシギなもの, 何とフランスのいわゆる, 何とフランス型の科学者, 何とフランス語で云った, 何とペラっとし, 何とマアたまげますナ, 何とマア刑事にとって幸運, 何とミョウガが入っ, 何とムダなこと, 何とヤワな身体, 何とユーモラスな事実, 何とリアリスティックだろうと, 何と一つのお, 何と一万にも足らなかった, 何と一九一八年をめぐる, 何と一坪十万円ということ, 何と一層緊密でしょう, 何と一抹の憫然さ, 何と一文にもならぬ, 何と一時的疲労としてしか及ぼさない, 何と一樽賭けまいか, 何と一言云いよう, 何と一言云ひ様, 何と一軒家の門, 何とどよから, 何と七十七港に及ぶ, 何と万事は変ったろう, 何と万事受身でしょう, 何と三十何円しか貰, 何と三升酒を被ります, 何と三敗一勝物の見事, 何と三時間余揺られ, 何と三枚目今日は何処, 何と三等と違う, 何と三谷青年ではない, 何と上品にくみ合わせ, 何と下手なこと, 何と正当な, 何と不安もなく, 何と不気味だったろう, 何と不見識で軽はずみ, 何と不運な人, 何と不都合なる原案, 何と世の中は甘い, 何とから現れた, 何と串戯にも脱, 何と丸儲ではない, 何と丹頂の鶴, 何と主君から叱られよう, 何と久々にいい, 何と久し振りで見た, 何と乏しく虚しいことか, 何と乗ると乗らない, 何とが頼み, 何と二三度用いたナイロン, 何と二人の女, 何と二十六年祟ったからねえ, 何と二百二十万町歩というの, 何と二重の間接, 何と二階の座敷, 何と云うきしむ戸だい, 何と云うであろう決して紳士, 何と云うわからないやつだ, 何と云う住み心地の, 何と云う堪らない競争者であろう, 何と云う変った坊主な, 何と云つたつけな, 何と云つたつけ団扇の画, 何と云つたつて二人だけになる, 何と云つたつて今晩は帰らねえ, 何と云つたつて少年だ, 何と云つたつて病はされ, 何と云つたつて親一人子一人の中, 何と云つたつて関ふもんですかねえ, 何と云つた坂部は居た, 何と云つて云ひつけるん, 何と云つて君はヂタバタ, 何と云つて挨拶をする, 何と云つて買ふ, 何と云つて部屋を去つ, 何と云ふかそれが聴きたく, 何と云ふくらべもの, 何と云ふんです, 何と云やあがつた, 何と云ツて可, 何と云訳が出来よう, 何と五十銭席などガラ, 何と五時すぎにオールチョン, 何と五月蠅いこと, 何と人なつかしい彼だつたらう, 何と人間らしく容赦なく, 何と今どきでないこと, 何と今宵の月, 何と今年は一つ趣, 何とようとも, 何と付かずにお前さん, 何と仰しゃッた, 何と仰しゃいますかね, 何と仰しゃる方でしょう, 何と仰しやりしと問, 何と仰せあるか分りません, 何と仰せあろうともおん身, 何と仰せらるる大谷刑部, 何と仰せられたな, 何と仰せられましても自分, 何と仰られしぞ今一度, 何と仰云ったの, 何と仰有るだッて, 何と仰言ったって美鳥さん, 何と伯父上の家, 何と似かようた二人であったろう, 何と似たような, 何と似寄った話では, 何と佐々木俊一が雲, 何と佐川田喜六の蛙以上, 何とのつかれ, 何と何年ぶりだ, 何と何日もかかる, 何と何時までも啼き続ける, 何と余力の欠けた, 何と作者の川島, 何とかに凄まじい, 何とに云う, 何とを起された, 何と信じにくいこと, 何と信じられないほど不思議, 何とを絶, 何と働きもの愛想のない, 何とは見あげた, 何と僕達が今, 何と優しく激しくあらわされて, 何と先生の姿, 何と先生たちがおっしゃいまし, 何と光りの速, 何と光り輝く星である, 何と光栄な喜び, 何と統一の, 何と全体のいのち, 何と八蔵そうなる, 何と六人もゾロゾロ, 何と六回にわたり午前八時, 何と其の棕櫚の, 何と其中庵の山頭火, 何と其自体ではたより, 何と具体的に痛感, 何と冥加のいい, 何と冷たいコウマンチキな, 何と冷静に何と, 何と凄からう, 何と凡俗でしょう, 何と出るか出よう, 何と切り出して好い, 何と切り出したものか, 何とねつけても, 何と判じたものでしょう, 何となもの, 何と別様に扱われ, 何と到るところで, 何と前田犬千代から頼み, 何とい按摩, 何と劇的な心, 何とを貸し, 何と勇ましい態度では, 何と勇気ある方々, 何と動物らしいそして, 何と動物的に無自覚, 何と動的でしょう, 何と勝手にも私ども, 何と十一時廻って, 何と十七日の日記, 何と十三です, 何と十二時近い, 何と十二時間三時半に眼, 何と十八になる, 何と十兵衞斯しては, 何と十時二十分にハネ, 何と卑小な喜び, 何と単調なもの, 何と博士邸から出発, 何と印象深かったでしょう, 何と危く乳首だけ両方, 何と危険なん, 何と去年のその, 何と何か, 何と取り繕つてやらう, 何と取りつくろおうともしない, 何と受けていい, 何と受けるか面白い, 何とをさし挟む, 何と古いのでしょう, 何と叫び出すか, 何と叫ぶのであつ, 何と召されるか, 何と可哀そうな夫, 何と可哀想なこと, 何とつても, 何と各自各様でしょう, 何と合理的で透明, 何と合點したの, 何と同じ金銀の, 何と名づけたらよかったろう, 何と名づけましょうか, 何と名人の一世, 何と名付けようと勝手, 何と名前をつけよう, 何と吾等の周囲, 何と呆れ切って物, 何と告げ口しても, 何と呑気な生れつき, 何と呵々大笑的, 何と呼び何と, 何と呼びかけてい, 何と哀調綿々たる歔欷, 何と品位の良い, 何と唄うえ, 何とふな, 何と問わるるも有り, 何と問われても云わず, 何と啼くかを教え, 何と善人が多い, 何と喋舌るかと, 何と四勝一敗すつかり得意, 何と四時迄, 何と四時半までしゃべっちまった, 何と困難な時には, 何と図々しい性根の, 何とははづみでころがり, 何と地球のいろんな, 何と堂々とこういう, 何と報導班員らしさ, 何との尊く, 何と掘人夫, 何と壱円十九銭出来たこれ, 何と外国の憲法, 何とさよ, 何と多かったこと, 何と多事でとぶ, 何と多彩でしょう, 何と多様に又, 何とではあるまい, 何と満員補助売切, 何と大きく画期的であるだろう, 何と大きくひろく動くもの, 何と大したもので, 何と大人に思え, 何と大変なこと, 何と大小の旗, 何と大胆なやり方, 何と大量に人間, 何と天候に恵まれざる, 何と天六の八田氏, 何と奇体に不具, 何と奇抜な説, 何と奇特な事, 何と奇麗でしょう, 何と奔放ですがすがしい, 何と奥様驚きますで, 何とは悠悠, 何と奸智に長けた, 何と好餌をもっ, 何との貞操, 何とやと麦, 何と威されても恐ろしく, 何と娑婆の世界, 何とが問う, 何と婦人雑誌が出るでしょう, 何とといふもの, 何と子分の始末, 何と孔丘の方, 何とがうまかっ, 何と孤独で戦わね, 何と安くそして何と, 何と安らかさがたたえられ, 何と安価な極楽浄土, 何と安全至極な殺人法, 何と完全に何と, 何とでしょう, 何と宣われましたか, 何と家庭になれ, 何と家康は無慈悲, 何と容易に死, 何と寒い日であった, 何と呆けて, 何と寢呆けてゐる, 何と寥々たる松風, 何と対蹠的な表情, 何と小さき人間達よ, 何と小さな黒子が, 何と小児ども花折りに, 何と小言吐くも, 何と少年的な海, 何と就かずに段々, 何と屁理窟に聞えないだらう, 何と心地よさそう, 何と居るわ居る, 何と届けておこう, 何と山男にも似合, 何とい言方, 何と巧みに使いこなし, 何と当って, 何とれの, 何と己様の計略, 何と布令ましょうか, 何と幕府へ云い, 何と太夫その, 何と平明派の作家, 何と平静にまごつかず, 何と年上のひと, 何と年頃三十二三の抜ける, 何となこと, 何と幸運なこと, 何と幾とおりもある, 何と深く洞ろ, 何と度はずれな大き, 何とさばいたよう, 何と引受けてはくれまい, 何と弱々しい声々で, 何と弱くなれば, 何と勇なお坊さんでしょう, 何と強い高い美しいものでしょう, 何と強情でまけじい魂, 何と強情我慢の婆さんだつ, 何と当今の歪んだ, 何と形容すべき眼, 何と彼女の美, 何と彼女たちは変ったでしょう, 何と彼自身の個性, 何と待つ心か, 何と涼殿の, 何と御存知ならば, 何と御身もそう, 何と心がけの悪い, 何と心得たものか, 何と心得違いしたか, 何と心憎いことであった, 何と心細かつた, 何と心細かったこと, 何と必然性に欠け, 何と必要であろう, 何と忌まわしい中傷だ, 何とは甘かっ, 何と忘れ難い晶子, 何と快いもので, 何と怒らふぞ, 何と怒鳴つても, 何と怖い事じゃ, 何と思いがけないおさなおさなした天真さ, 何と思いなおしても江戸, 何と思い返したか笛, 何と思うたか犬, 何と思うだろうかとも考えなかった, 何と思うてるねン, 何と思うでしょうねえ, 何と思し召してござろう, 何と思つた彼と思つた, 何と思つて入院して, 何と思つて居やがる, 何と思ふだらうといふ様, 何と思わるるかはちと, 何と思われようがお前, 何と思わ無くとも分ッて, 何と怨めしさうな目を, 何と怪しまれようも, 何と恐れ入つたる妙策ならずや, 何と恐ろしい因縁では, 何とに新鮮, 何と恥づかしい, 何と息苦しい一生を, 何と息苦しく大気を, 何と恵まれたりな此, 何と恵まれたるかな, 何と恵み深いお, 何と悔いても跡, 何と悟るべき者とも, 何と悠長なお, 何と悦ちゃんを定めた, 何と悪評されても, 何と悪魔の眼, 何と悲しそうな, 何と悲しく皮肉なる, 何と悲しむべきことで, 何とかされた, 何と情ないことだろう, 何と情愛の断面, 何と惨めにちっぽけ, 何とつてるの, 何とむべき, 何と意地わるく人間, 何と意地わるなん, 何と意気地なき男, 何と意気揚々充満すること, 何と意義深いこと, 何と愚かであつ, 何と愛嬌があるでしょう, 何と感じようと一切お構い, 何と感じられていたでしょう, 何と感じられるか, 何と感心な言葉, 何と感慨深い過程だろう, 何と感違いしたか, 何と慕わしかろうが, 何と慰みながら力競, 何と慰めることばも, 何と慾ばりでしょう, 何と憎々しい爺だろう, 何と憫然で腹立たしい, 何と懇切にしかし, 何と手のうちからこぼさず, 何と手出しもしませんでした, 何と手間取つたこと, 何と才知に長けてる, 何と抂げてお, 何と抗すればいい, 何と押絵の老人, 何とを繰っ, 何と捉えがたく云いあらわす, 何とをしない, 何と描かれているであろう, 何と政治家の多い, 何と太閤殿下へ, 何とへて見た, 何と散り散りばらばらな暮しかた, 何と文句を書い, 何と文芸評論にとって大切, 何と断つて好い, 何と断りてよき, 何とる善人, 何と新鮮なシベリア風景, 何と日頃命の緊張, 何と旦那様から冷かされ, 何と旧約風の憧憬, 何とや懐中, 何と早いものだろう, 何と明い月夜よ, 何と明けるのが, 何と明るくなること, 何と明確に私, 何と易しいことか, 何と映じたであらうか又, 何と映ずるであろうかと思う, 何とも騒ぐ, 何と昼間がゆっくり, 何と時代錯誤な感じ, 何と時間がかかるでしょう, 何と普通のよう, 何と景色のよい, 何と晴やかでしょう, 何と暑いでしょう, 何と暑かったでしょう, 何と暑き日で, 何とだったでしょう, 何と暖たかだったでしょう, 何と暗い無智, 何とんびり, 何と暢気にもシャクナゲ, 何とてやろう, 何と書かれるつもりです, 何と書きやい, 何と書出してよい, 何とよふと, 何と最初にいいだせ, 何と最後の一言, 何との感銘, 何と有り難い仰せぢや, 何と有ろうと注意, 何と有効につかつた, 何と有閑マダムをやる, 何と有難く見えたこと, 何と服部治郎左衛門というやつ, 何と朝飯のうまい, 何と木曾義仲源義経楠正成といったよう, 何と開拓の, 何と本当のこと, 何とと西, 何と果してくれる, 何と根ぶかいだろう, 何と極端なまでの, 何と楽しい課目, 何と様々の情景, 何と機械的であったろうかと, 何とのよう, 何と次次へと貴重, 何と次郎をおどかそう, 何とくべき小人, 何と武州郡の名, 何と殊勝なか, 何と残酷な鬼, 何と殘念なことぢ, 何と殺されても恨まない, 何と殿殿たちにも結構, 何と母親の力, 何と毎日に溢れ, 何と比べるわけじゃ, 何との禿げ, 何と気もちよく彼女たち, 何とのやう, 何と氷室だつたの, 何と永い永い年月だったろう, 何と永年わたしは大丈夫, 何と汝南で別れた, 何と江戸名うての広, 何と河童少年少女の泳ぎ, 何とを講じた, 何と泣いたか報告, 何と泰平な, 何と活きている, 何と派手な葬式, 何と墓な, 何と浅はかな母親, 何と浅ましい顔だろう, 何と浅葱色の紋付, 何とつぱいものだつたか, 何とすぎた努力, 何と深い広い内容を, 何と深く動かしがたく, 何と深く大きく渦巻き変って, 何と清吉がたとい, 何と清潔でないだろう, 何とに入る, 何と滔々たるもの, 何と滝沢氏明日は是非, 何と激甚な閃光, 何とに刺した, 何とても思, 何と為合せな人, 何と無いものに, 何と無く凄くて耐ら, 何と無く気味悪かった, 何と無く薄暗し中程には, 何と無く面倒くさそうで, 何と無しに此地, 何と無力なや, 何と無数に迷い出してる, 何と無用な生き物, 何と無類にお, 何と煤けた不気味な, 何とに持ちかけよう, 何と附けるであらう, 何と物々しかろうが, 何と特別に負わされ, 何と狂気じみて, 何と独自性のため, 何とじゃあるまい, 何と猿ぢやあるまい, 何と猿廻しの素早い, 何とらしい樺太, 何と珍しや文芸部, 何と珍しかったこと, 何と珍しく少し怖し, 何と珠運に云い訳せん, 何と現代に愚弄, 何と理学部植物学教室のただ, 何と理窟で責め, 何との爪, 何と生々しい声の, 何と生かしようも, 何と生きてい, 何と生きるよろこびが反映, 何と生き甲斐のある, 何と生れて以来, 何と生気にみち, 何と生魚をいきなり, 何と甲高い暢, 何と申さうやうも, 何と申されても中川殿, 何と申されました三輪大, 何と申しつかって来た, 何と申しまするか御, 何と申しませうかの小西節, 何と申し立てたか知りません, 何と申し聞けようも, 何と申すべきかお礼, 何と申せばよろしい, 何と申わけをした, 何と申上げようもございませぬ, 何と申候私の罪, 何と申開きを致し, 何と男冥利に尽きた, 何と男性的では, 何とって見える, 何と異様なもの, 何と疑われたって私, 何とわしい, 何と痛む可き, 何と痴鈍に頑固, 何とでしょう, 何と白々しい巧な, 何と皆さんそれよりも今日, 何と皆それぞれ納っている, 何と皮相なよろこびなる, 何と盗人に返事, 何と盜人に返事, 何と醒めた爺さん, 何と盲目に流され, 何と真実な声, 何と眺めて居る, 何との中, 何と睡いのでしょう, 何と知れねど少し, 何と短銃では岩見重太郎宮本, 何とくその, 何と碩寿翁は答えるであろう, 何とを云おう, 何と社会的に優遇, 何と祖母にばかり似, 何と祟るどてらな, 何と私等が高台, 何と秋安様が妾, 何と秘密が有ろう, 何とでしょう, 何と稚いものに, 何と稽古終ったの, 何と穏やかならぬこと, 何と穏厚篤実な信心家, 何と恐しい, 何と突拍子もない, 何と笑えてたのしい, 何と笑えるそして又, 何と笑われても致方, 何と笑止千万でしょう, 何と筆不精だったでしょう, 何と筒井自身はそ, 何と答えしぞ, 何と答えるったって別に, 何と答えるべきか参考, 何と答えんかと予審廷, 何と答へん術だに知らず, 何と簡潔な何と, 何ともったぶどう鼠, 何と籠つた葡萄鼠の曇, 何と精神や感覚, 何と糸瓜と糸瓜, 何との上, 何と紙屑買一人を鉄砲, 何と素子にしらすべきな, 何と素晴しいふらんす語, 何と素晴らしきアイデアでは, 何と素直で善良, 何と索莫な, 何と紫式部清少納言のたぐい, 何と細かい場面では, 何と細心に自分, 何との匂い, 何と経つのが, 何と結構な料理, 何と絵蝋燭を燃した, 何と続けたらよからう, 何と縁遠いことか, 何と美しき好々爺な, 何と美しく何と, 何と美しく気高いことよ, 何と老いて落ちついた, 何と考えさせられることだろう, 何と考えましょうぞ, 何と考えられなければならない, 何と考えるであろうか, 何と考えるべきであるか, 何と考え違いしたもの, 何と考へたからとて奈何, 何と考へられようと例へば, 何とたか, 何と聞えたか恐らく, 何と聞きたるにや余, 何と聞きますか, 何と聞き僻めけむ, 何と聞くらむ, 何と聞分けた事もござりません, 何と聴くらむ, 何と肥えた鰯だらう, 何と背後からもの, 何と能率をあげた, 何と能率的でしょう, 何と腹の中で見, 何とをつき合わせ, 何と自ら呼ぶかを, 何と自分たち母娘の愛, 何と自分たる者に恥, 何と自然の力, 何と自由詩のリズム, 何と致されたのでご, 何と致しましてご苦労, 何と致しましたな, 何と致すのだ, 何と興味つきない角度, 何と興味深いことだろう, 何と船乗りへ届かない, 何とつよくかがやい, 何と色々な事, 何と色濃いことであろう, 何と芋屋のお, 何と苛酷に押し戻されね, 何と苦しいことだろう, 何と苦しかったろう, 何と苦しく抑えられ息, 何と苦しむことか, 何と荒っぽい容赦ない, 何と荒れている, 何と莞爾に明日, 何と莫大な脳力, 何と落ちつき払つてゐること, 何と薄倖な鮒, 何と薄気味わるい後味, 何と薬局めいて, 何と藤孝の申す, 何との頭, 何とがいない, 何と蜻蛉をねらふ, 何と血行をよく, 何と行ったきりで, 何ともなく, 何と表したらよいか, 何とへた, 何と仰ろうが, 何と西村に話しかけられ, 何と介は, 何と要領を伝え, 何と覆えないでしょう才能だの, 何と見えたであらうか, 何と見すぎている, 何と見たらいいの, 何と見つるぞ, 何と見へるか知らん, 何と見ましたか定めし, 何と見られたらいいの, 何と見られるのでしょう, 何と見られるであろうか碧空, 何と見るだろう乎, 何と見るべきであろうか, 何と見ればよい, 何と見上げた勇気では, 何と見定める事も, 何と見立てられることかと, 何と見解の浅い, 何と視るだらうわしは, 何と覚しめすな, 何と覚し召すな, 何と親密で人間, 何と親父の奴, 何とてゐる, 何と解いたもので御座いませう, 何と解くや, 何と解こうか, 何と解してゐよう, 何と言い出すだろうと色々, 何と言い立てる思案も, 何と言い返す言葉も, 何と言うだか, 何と言うべき歟, 何と言うべきであろうか, 何と言つたつて見窄, 何と言つたつて外国人だからね, 何と言つたツけ, 何と言つた今の連中, 何と言つておいのりをする, 何と言つて來てもお, 何と言つて外へ出よう, 何と言つて私はお前, 何と言つて約束した, 何と言つて返事するかと, 何と言ひなさるん, 何と言ふかそれは分らない, 何と言ふか情緒が濃厚, 何と言ふたら形容し盡くせ, 何と言りやなど問, 何と言わしゃんす, 何と計らうべきかそこ, 何と訊かれると返事, 何と許すことに, 何と訳して好い, 何と訳したもんだらう, 何と訴えても家士, 何と訴えようともこちら, 何と評されても構わない, 何と評したものであろう, 何と評すべきか, 何と評すべきであろうか, 何と評するであらうか, 何と詠むだらうと興味, 何と詩人めいた仕事, 何と詫びたらよからう, 何と詫びようかなどと外, 何と詫びることが, 何と詫び言を云っ, 何と詭弁を弄, 何と話したものか, 何と説いて聞かせ, 何と説き明かしていい, 何と読み且それと, 何と読みますか, 何と読んでいい, 何と読んだか, 何と読んだであろうか, 何と論じようと僕, 何と諫言して, 何と諭しても, 何とつたら可, 何と謂うかを尋ね, 何と謂つても都, 何と謂われても管, 何と謂ツたツ, 何と讀みますると御, 何と讃えてよろしい, 何と豪いか恐入ったろう, 何と貢さん私の顔, 何と貧しい淫楽の, 何と貧しく味氣なかつた, 何と貧困なもの, 何と貪慾に自分, 何と責めても口, 何と貴方は約束, 何と貴重なよろこびでしょう, 何と買おうと思っ, 何とかな事, 何と賑やかな虫, 何と質素で隅, 何と赤かったろう, 何と越前守の知らない, 何と足利家の執事, 何とのかなし, 何と身なりも小さい, 何と辛いでしょう, 何と迂遠であらうか, 何とい移ろい, 何と近代の新, 何と近代的な, 何と返さん言葉も, 何と返す言葉も, 何とも可, 何とカイする, 何と途轍もない, 何とかに走る, 何と逢瀬があわれ, 何と遁げる処, 何と遊ばしまする御所存, 何とひは, 何と違う感じでしょう, 何と遠くから持っ, 何と遠心力がつよい, 何と遣繰したってどう, 何と適切に対比, 何と適当な役目, 何と酒屋は横着, 何とったか, 何と重いでは, 何と重厚に自然, 何と重蔵が宥め, 何と野分でしょう, 何と鈍く頑強に, 何と鋭く閃いたでしょう, 何と錦太郎が殺した, 何と長閑な春, 何との枕, 何と闇太郎がすっかり, 何と隠してもいけねえ, 何と雄弁に語っ, 何と雪白裸身の美女, 何と露店のうどん, 何と青いでしょう, 何と青白き大佐だった, 何と青葉の風, 何と静寂な自由, 何と面白いいいものだろう, 何と面白い愉しいことでしょう, 何ともなく, 何と音楽がきこえ, 何と響いたか翁, 何と頑張らうと僕, 何と領域の狭い, 何との落ち込ん, 何と頼んでも牛飼, 何との赤む, 何との赤む, 何と顔向けができる, 何とるだろう, 何とがひどい, 何と退きも, 何と飛行機の音, 何と食べ物の多い, 何とのうまい, 何とを散らすまい, 何と馬鹿でしょうね, 何と馬鹿げた手紙では, 何と馬鹿馬鹿しい国である, 何と馴れない痛いよう, 何と駁して宜いか, 何と騒いでも無駄, 何と驚くべき事実であった, 何と驚異的な精力, 何とを折っ, 何と骨だらけな蒼い, 何と價で, 何と高いだろう, 何と高価についた, 何と高手小手に縛られ, 何と高氏が答えおった, 何と振り乱して, 何と鬱陶しいことか, 何と魂消たなア, 何と魔術の式, 何とかに追跡, 何と鮮やかにベロア, 何と鮮明に語られ, 何といや燕, 何と鳴こうとも話, 何と鳴子の渡, 何とが言っ, 何と鶴さん一しょに行かない, 何と麗しく天心に, 何と黄色いカナリヤであったろう, 何と齢四十にし, 何とPWの僕