青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何で~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

体~ 体系~ ~何 何~ 何かしら~ 何かと~ 何しろ~ 何ぞ~ ~何だか 何だか~
何で~
~何と 何と~ ~何とか 何とか~ ~何となく 何となく~ ~何とも 何とも~ 何もかも~ 何もの~

「何で~」 1883, 20ppm, 5652位

▼ 何ですっ~ (89, 4.7%)

602 てあなた

1 [27件] さ, その無礼, てあの, ておじいさん, てこいつアひで, てね, てもう一度, てわかっ, て世界, て今年, て佃島, て光子さん, て女, て弁信さん, て情けない, て毎晩旦那, て狼, て神主様, て窓, て若様, て茂太郎さん, て蛙, て身体, て違います, て違った, て骸骨, 勅が

▼ 何でございます~ (68, 3.6%)

1763 かな 2 かその, か手前

1 [38件] あの北の方, あの騒ぎ, え, かお, かそれ, かね天狗様, かわざわざ, か女学校, か扶桑, か私, か誠に, か鰐淵さん, がお, がここ, が只今, が固い, って, ついお, とねこれ, と聞返す, どうしてそんなにおなり, なあその, ねま, ね何, ね弁天, のこの, の御前様, へえ全く, まア其の, やら私, よ, よお蔦さん, よ抱え, わ, わそりゃ, エ本当の, 一つ地面内に, 私が

▼ 何で~ (59, 3.1%)

23 ざります 4 ざりますか, ざりまするか 3 ざりまする 2 あんす, ざりまして, ざりましょう, ざりましょうか, ざりますな, ざりますゆえ

1 [13件] さんしょう, ざえます, ざえますお, ざりましょうあの, ざりますえ, ざりまするで, ざりますわたくし, ざります何事, ざります嬢, ざりまっ, ざりやすよ, ざんすと, わりまする

▼ 何で~ (51, 2.7%)

9 ない 5 ないが, ないこと 3 ないの, ないよう 2 ない事

1 [24件] ありますぞの, ありません, ないがね, ないこの, ないさ, ないせいぜい, ないね, ないのよ, ないやう, ないん, ない事件, ない二次方程式, ない人, ない音, なかった, なくて, なくやはり, なく明い, よい, よいどう, ツと, 実行出来なかった, 悪く見え, 知らぬは

▼ 何であらう~ (42, 2.2%)

153 が父 2 が人

1 [22件] かとひどく, かと思つて, かと思ふ, かと私, がそれ, がた, が一人, が考へ, と, とま, とも, ともとに角先づ直接性, と一心に, と優れた, と思ふ, と構はず, と相談, と考へる, と見, と遠慮なく, 何が, 私は

▼ 何でそんな~ (42, 2.2%)

6 ことを 2 事に, 事を, 所に, 真似を

1 [28件] お前の, くだらない痩せ我慢, ことが, ことしなさったいうたら, こと訊くだ, ところから, ところに, ものが, ものを, もんと, 不景気な, 事云う, 勧誘を, 妙な, 妙な聞き, 常套手段に, 心ない, 悪戯を, 惨事を, 愚かな, 敵の, 槍を, 物を, 者を, 苦手な, 衝撃を, 軽はずみな, 馬鹿な

▼ 何で~ (33, 1.8%)

3 何でえ 2 躰よく

1 [28件] おりゃ士族, けねえどかねえ, しゃらくせえ, す先程は, といっ, どうし, ばかに, 乞食だ, 乞食の, 人騒がせを, 何しく, 何で手, 勝手に, 失敬しただ, 妙な, 婆アの, 岡つ, 持つてけ, 支倉が, 支那か, 汝りやお, 江戸ッ子が, 然う, 爺, 盲目に, 篦棒め己が, 面白くもねえ, 騒々しい

▼ 何であつ~ (30, 1.6%)

12 たか 4 たかは, たの, たらう 2 たかを, たらうか 1 たかと, たかといふ

▼ 何でこの~ (29, 1.5%)

3 ような

1 [26件] ひとは, まま, まま江南に, ような戯れ, ように, わし程の, ポーズを, 世の中へ, 両人が, 二人に, 二人を, 人が, 先に, 前に, 官兵衛の, 寒いの, 山の, 川へ, 広い諸国, 斎藤下野の, 状を, 私が, 空漠な, 身が, 閉めきった浴槽, 風が

▼ 何でその~ (28, 1.5%)

9 ような 6 ように 2 人を

1 [11件] 優勢な, 子鹿を, 家を, 手紙を, 時私だけ, 村, 様な, 歌が, 表現し得る, 親の, 計画を

▼ 何で~ (27, 1.4%)

3 ざりませう

1 [24件] ざりましょう, め, 体が, 作に, 使者の, 別れかと, 口を, 妻と, 市を, 手に, 手打に, 断わりるの, 暇が, 泣きに, 洗いに, 浦の, 湯殿を, 美津を, 見忘れして, 見舞状だけ, 言葉に, 訊ね遊ばしますか, 訪ねして, 頼みなさるの

▼ 何でこんな~ (26, 1.4%)

3 所に

1 [23件] ことを, ところに, ところへ, ところを, バカな, 事を, 動物を, 厚かましい奴ら, 唖なんぞ, 境遇に, 大戦争, 席で, 忍苦を, 意外な, 所を, 狭苦しい鼻, 真似を, 縁談が, 自分の, 芝居が, 芝居を, 薬を, 間抜野郎に

▼ 何で~ (26, 1.4%)

3

1 [23件] があなた, がお前, が仕合者, が失礼, が是, が王様, が貴方, が軽々しく, だけ此, にお詫び, にか, に異存, に責任, に辞表, の不為, の妻, の心持, は敵同志, は為ましたらう, までも, を制止, を助ける, 共女性

▼ 何でそんなに~ (25, 1.3%)

1 [25件] いつまでも, おかしいの, ごあいさつ, そわ, はしゃいでるの, 何遍も, 好えの, 忠義だ, 急に, 息切らしてん, 悲しいもの, 情ないこと, 欠席した, 沈んで, 珍らしい, 私の, 縛られるよう, 芽出度い, 苛立つの, 衝突した, 身を, 遠慮を, 金が, 雨が, 騒ぐん

▼ 何でまた~ (25, 1.3%)

2 それ程に, そんなに借金, 私が

1 [19件] あすこまで, あたしが, あんな女ッ子, あんな浮気, おれたちは, おれの, こういう仙女, こんな九州くん, こんな田舎, そんな事, そんな牛みたい, そんな物, 戦を, 戸外で, 明りを, 清光館という, 貴殿まで, 酔狂に, 飮まねえんだ

▼ 何である~ (22, 1.2%)

6 にしろ, にせよ 2 にし, にもせよ 1 としてもとにかく, としても論理, とも少し, な, にした, に拘らず

▼ 何ですね~ (21, 1.1%)

1 [21件] あなたは, あれから, あれは, お前さん, お前そんな, お前は, この夜ふけ, こんな具合, そりや, そんな恰好, 一ちゃんは, 今度百合子が, 何が, 唯今も, 壁布の, 変な, 小母さん, 御米さん, 襦袢の, 跣足で, 近頃は

▼ 何で御座います~ (17, 0.9%)

32 かえ, か私, ね 1 があちら, がみんな, が死んだ, が私, が親父, けれどこれ, つて, よお年

▼ 何でせう~ (15, 0.8%)

3 親分 2 あれ, ね 1 か, ね此, ね親分, メチール入りの, 加留多なんか, 斯う, 歌留多なんか, 知吉さんといふ

▼ 何でこんなに~ (13, 0.7%)

4 暗いの 1 あわてなければ, さみしい風ふく, はずかしいの, 乞食が, 焦燥してる, 窮命する, 身を, 遅いの, 遅れたの

▼ 何でそう~ (13, 0.7%)

1 [13件] いい出したかを, せき立てるのよ, でないという, なの, なるの, も厳重, わしの, 云うか, 己を, 彼が, 満足げに, 無茶な, 私の

▼ 何でそれ~ (13, 0.7%)

1 [13件] がし, がなりましょう, が咎められる, に叛, は何処, までを孔明, をきめる, を孔明, を御, を打っ, を正直, を焼き捨てる, を見きわめる

▼ 何で~ (12, 0.6%)

1 [12件] ええちょい, この近在, 二階の, 加茂川亘さんて, 双葉屋と, 合せてなんて, 忘れたん, 日傘を, 木戸銭なんか, 案ずるより, 為に, 私どもが

▼ 何で自分~ (12, 0.6%)

1 [12件] から適, が彼, が此那, の仲間, はこんな, はこんなに, は言う, ばかり報酬, をあれ丈, をそれほど, を態, を迎え

▼ 何でげす~ (11, 0.6%)

21 かえ, かどうしても, か余程, か名, か金, ね, 何した, 八丁堀さんと, 家老や

▼ 何であの~ (9, 0.5%)

2 ような, ように 1 旅の, 時お, 時引く, 時蕎麦屋にでも, 福慈の

▼ 何で~ (9, 0.5%)

1 のお, の人, の時代, まであの, までぐずぐず, まで放っといた, まで気, まで秀子, まで見えぬ

▼ 何で~ (9, 0.5%)

1 が借りる, が門, にこれ, のさげとる, の家, の手落ち, の肩章, は此様, は罪

▼ 何でございましょう~ (8, 0.4%)

21 かあやつめら, かと言い, か奥様, か本人, 殿様その, 私が

▼ 何で~ (8, 0.4%)

2 ねんこいさん 1 いうたら男, いうたら異性, ねそんな, ねん, 知って, 知らんこないこないの

▼ 何で~ (7, 0.4%)

4 つても 1 つたに, ない大食いや, ない残酷

▼ 何でこれ~ (7, 0.4%)

1 が仇名, が女人, が黙視, に尽きよう, へ, へせせり出, へ出直し

▼ 何でごぜ~ (7, 0.4%)

2 えます, えやす 1 えましょうね, えますな, えやす鴻の巣

▼ 何ですえ~ (7, 0.4%)

4 親分 1 いったい, このざま, それは

▼ 何でわし~ (7, 0.4%)

1 が不, が安閑, が狐, が隠密, にさ, の駒, を討つ

▼ 何で~ (7, 0.4%)

1 坐いましたが, 坐りますお腹, 尋ねに, 座りませう, 打擲です, 離縁に, 食事を

▼ 何であんな~ (6, 0.3%)

1 でたらめの, ところに, 不愉快な, 大胆不敵が, 意外な, 格にも

▼ 何で~ (6, 0.3%)

1 しょうえ, すい, すか, すかお前様子守唄拵え, すね, せうね

▼ 何でこう~ (6, 0.3%)

1 まで迷うた, 三名が, 急激な, 日本の, 自分に, 長く行っ

▼ 何でわざわざ~ (6, 0.3%)

1 お客殿, こんな家, 人の, 公山氏などの, 晩に, 訪ねて

▼ 何で~ (6, 0.3%)

1 が憧憬, が苦しむ, のため, の憐れみ, はああ, を追う

▼ 何であんなに~ (5, 0.3%)

1 冷遇くし, 空とぼけて迄, 腹を, 自分の, 髮の

▼ 何でお前~ (5, 0.3%)

2 を呼 1 がこの, だけ先, は奮発

▼ 何でここ~ (5, 0.3%)

1 に泊っ, のとこ傷, の家, へ, まで参った

▼ 何でござる~ (5, 0.3%)

21 その女髪云々, てな, 十郎左殿の

▼ 何で~ (5, 0.3%)

2 ないに 1 ない口惜しい, なたは, なたへ

▼ 何でもさう~ (5, 0.3%)

1 いふ事に, いふ現実上の, いふ風に, え理由ぢ, 軽さ

▼ 何でわたし~ (5, 0.3%)

1 がおまえ一人, がこの世, は今, は見下げられる, を殺す

▼ 何で其の~ (5, 0.3%)

3 様な 1 方は, 薬を

▼ 何で出来~ (5, 0.3%)

3 ている 1 てゐる, て居ります

▼ 何で~ (5, 0.3%)

1 さうお, 事務所へ, 其の旅商人, 取潰して, 後悔する

▼ 何で~ (5, 0.3%)

3 よる雲 2 よる

▼ 何で彼女~ (5, 0.3%)

1 がそんなに, が泣く, が腹, が苛立ってる, の声

▼ 何で~ (5, 0.3%)

1 にさう, にそんな, に客, に態度, に抜け

▼ 何で生き~ (5, 0.3%)

2 て行く 1 かへる, ていられる, て居る

▼ 何でああ~ (4, 0.2%)

1 いう約束, 変人な, 早う土地, 疑い深いでしょう

▼ 何でおれ~ (4, 0.2%)

1 に馴染, の姿, の床, の足

▼ 何で~ (4, 0.2%)

2 ような 1 知らん胸騒ぎ, 言さん

▼ 何ですい~ (4, 0.2%)

1 ありゃあ, お螻, 品物は, 病気は

▼ 何でそのまま~ (4, 0.2%)

1 この陣門, にし, に置ける, 先を

▼ 何ででき~ (4, 0.2%)

2 てます 1 てい, ていた

▼ 何でもちやん~ (4, 0.2%)

1 とご存じ, と分つ, と心得, と感づい

▼ 何でわたくし~ (4, 0.2%)

1 がさげすん, に不服, に残した, に臍の緒

▼ 何で人間~ (4, 0.2%)

1 が人間らしく, の名誉, の手, は昨日みたい

▼ 何で~ (4, 0.2%)

1 が晴れやか, が泣く, に内証, に関係

▼ 何で喧嘩~ (4, 0.2%)

2 をした 1 なすったんだい, を始めた

▼ 何で~ (4, 0.2%)

2 の中 1 に帰らず, を耐震的

▼ 何で~ (4, 0.2%)

1 が戻, が面目, に対してそんな, に痛痒

▼ 何で来た~ (4, 0.2%)

1 かをさえ訊かなけれ, か知らぬ, のだろう, んだい

▼ 何で秀子~ (4, 0.2%)

1 が囚人, が生涯私, の云う, は権田

▼ 何でがす~ (3, 0.2%)

1 がわし, けど今日, 御贔屓

▼ 何でもみ~ (3, 0.2%)

1 な交換, な外国, な自分

▼ 何で~ (3, 0.2%)

1 がナ, なこない, ナ青切符

▼ 何で~ (3, 0.2%)

3 くさい子供

▼ 何で今日~ (3, 0.2%)

1 いわれへん人, に限っ, まで

▼ 何で~ (3, 0.2%)

1 に殉ずる, の邪魔, の邸内

▼ 何で~ (3, 0.2%)

1 など申しましょう, や偽り, をつく

▼ 何で定まる~ (3, 0.2%)

21 かこれ

▼ 何で彼奴~ (3, 0.2%)

2 が出さん 1 に貸す

▼ 何で忘れ~ (3, 0.2%)

2 てよい 1 ておりましょう

▼ 何で拙者~ (3, 0.2%)

1 が, その貴殿, の屋敷

▼ 何で拵えた~ (3, 0.2%)

1 かという, ものか, ものかと

▼ 何で~ (3, 0.2%)

1 の如く, の戸, の通り

▼ 何で~ (3, 0.2%)

1 こそ俺, ごとき者, の顔

▼ 何で泣く~ (3, 0.2%)

1 か, やら分らぬ, んです

▼ 何で~ (3, 0.2%)

1 ずきでございましょう, に指, を節

▼ 何で自殺~ (3, 0.2%)

1 したん, しようと, なんぞする

▼ 何で黙っ~ (3, 0.2%)

1 て置ける, て行っちまうだ, て見

▼ 何であたし~ (2, 0.1%)

1 がお父さん, をこんな

▼ 何であなた~ (2, 0.1%)

1 が宅, の仰有る

▼ 何であら~ (2, 0.1%)

1 ふ, ふと思ふ

▼ 何であれ~ (2, 0.1%)

1 だけ便利, を聞

▼ 何でいけない~ (2, 0.1%)

1 かと申します, んだ

▼ 何でいつ~ (2, 0.1%)

1 までも愚図愚図, まで良人

▼ 何でおめおめ~ (2, 0.1%)

1 助けられました, 老父に

▼ 何でおろそか~ (2, 0.1%)

1 にしよう, に思われましょう

▼ 何でお礼~ (2, 0.1%)

1 が返せる, を言います

▼ 何でかく~ (2, 0.1%)

1 まで宏壮, も素迅

▼ 何でかば~ (2, 0.1%)

2

▼ 何できめる~ (2, 0.1%)

1 か, かという

▼ 何でこない~ (2, 0.1%)

1 な無粋, におそおまし

▼ 何でござん~ (2, 0.1%)

1 すかね, すね

▼ 何でそち~ (2, 0.1%)

1 はおれ, はこんな

▼ 何でそれほど~ (2, 0.1%)

1 寺田さんを, 雪子ちゃんから

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 か極り, か私

▼ 何でつくる~ (2, 0.1%)

2 のだらう

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 まえ如き取るにも, よう聞いて

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 もない, も巣

▼ 何でとがめる~ (2, 0.1%)

1 もんか, 事が

▼ 何でどす~ (2, 0.1%)

1 やろ, やろ何で

▼ 何でひと~ (2, 0.1%)

1 からその, の智恵

▼ 何でまだ~ (2, 0.1%)

1 水手桶を, 生々しい当年

▼ 何でもす~ (2, 0.1%)

1 びやな, ツかり

▼ 何でもっと~ (2, 0.1%)

1 早く時間, 早帰っ

▼ 何でもとり混ぜ~ (2, 0.1%)

2 て喋り

▼ 何でやろ~ (2, 0.1%)

1 これも, なあ

▼ 何でわすれ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, てしまふ

▼ 何でわれわれ~ (2, 0.1%)

1 に否や, の知った

▼ 何でパン~ (2, 0.1%)

2 の代

▼ 何で~ (2, 0.1%)

2 水が

▼ 何で二人~ (2, 0.1%)

1 を付け狙う, 死ぬ必要

▼ 何で会わさ~ (2, 0.1%)

2 りょうかと

▼ 何で何で~ (2, 0.1%)

1 お美津, ござります

▼ 何で先生~ (2, 0.1%)

1 の人格, を疑いましょう

▼ 何で其様~ (2, 0.1%)

1 な気, な馬鹿

▼ 何で割る~ (2, 0.1%)

1 のか, のかね

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 にこんな, はそんなに

▼ 何で否や~ (2, 0.1%)

1 は御, を申しましょう

▼ 何で国家~ (2, 0.1%)

1 の考, を代表

▼ 何で天下~ (2, 0.1%)

1 の事, の政事

▼ 何で姉さん~ (2, 0.1%)

2 が上げる

▼ 何で子供~ (2, 0.1%)

2 出来るはず

▼ 何で左様~ (2, 0.1%)

1 な事, な自由

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 に小遣, の足

▼ 何で彼ら~ (2, 0.1%)

1 が, が偽っ

▼ 何で必要~ (2, 0.1%)

1 があつ, がある

▼ 何で忘れる~ (2, 0.1%)

1 ものでござろう, 事が

▼ 何で悠々~ (2, 0.1%)

1 とここ, 中央と

▼ 何で悪い~ (2, 0.1%)

1 ことでしょう, のだろう

▼ 何で悲しい~ (2, 0.1%)

1 もので, 思いさすもん

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 なんぞを出しやがる, を執っ

▼ 何で拵え~ (2, 0.1%)

2 てある

▼ 何で旅人~ (2, 0.1%)

1 でございます, などを泊める

▼ 何で有馬~ (2, 0.1%)

2 の人形筆

▼ 何で死ぬ~ (2, 0.1%)

1 か知れた, 気に

▼ 何で死ん~ (2, 0.1%)

1 だりする, でも広告代

▼ 何で殺した~ (2, 0.1%)

1 か判らない, んだ

▼ 何で決める~ (2, 0.1%)

1 かと言え, のです

▼ 何で泣い~ (2, 0.1%)

1 ていた, ておる

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 を出す, を流そう

▼ 何で無い~ (2, 0.1%)

1 かを, か何

▼ 何で無益~ (2, 0.1%)

1 にその, の苦痛

▼ 何で生活~ (2, 0.1%)

1 して, してるの

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 が騒ぐ, に合わせる

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 の剣, の犯人

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 をつけた, を醒ました

▼ 何で突然~ (2, 0.1%)

1 あんなと, この一夜

▼ 何で藤巴~ (2, 0.1%)

1 にあらためた, を選んだ

▼ 何で証明~ (2, 0.1%)

1 して, しようと

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 にかけられた, ばかりばたばた

▼ 何で逃亡~ (2, 0.1%)

1 など仕ます, を勧めます

▼ 何で道誉~ (2, 0.1%)

1 があずかり知ろう, が獄

▼ 何で~ (2, 0.1%)

1 かに信長, かに鳴海城

▼1* [685件]

何であた, 何でぁその年, 何であっしのよう, 何であてになる, 何でありたいかもしくは, 何でありまして, 何でありましたかという事, 何であるであろうか, 何であるべきかである, 何であんたはんに会わん, 何であんなにニヤニヤ笑いながら, 何でわーいという, 何でいうてこんな, 何でいけんの, 何でいちいち孔明に, 何でいったい半兵衛様の, 何でいつわりを, 何でいびきに関係, 何でいらっしゃいますかちっとも, 何でいらつしやいませう, 何でうしろ暗い憚り, 何でうそなどいう, 何でおいらんが何者, 何でおえいに婿, 何でおかしいか, 何でおくれをとりましょう, 何でおしい事が, 何でおしまいにしよう, 何でおじゃるとは平太, 何でおっ母さんを, 何でおとどめ申そういや, 何でおとなしい技術出の, 何でおとなしくお公卿様, 何でおのれ如き素浪人, 何でおまえ方をただ, 何でおれ達のあと, 何でおろかしい獣に, 何でお出でになっ, 何でお前さん常磐御前から頼まれ, 何でお前らはおれ, 何でお前逃出したの, 何でお呼びになる, 何でお母さんなどと呼ばれる, 何でお祖母さんが恭一, 何でお笑いなさるの, 何でかかることに, 何でかこの人, 何でかで落ことした, 何でかの女が, 何でかほどな大事, 何でかような大事, 何でかりにもその, 何できたとも問, 何できのうは態度, 何できまりが悪く, 何できまると云え, 何できめたもんやらう, 何できょうまで生き, 何でくだらない隠し立てなんか, 何でくよくよするもん, 何でけさはそんなに, 何でこいさんは佐助どん, 何でこういう人に, 何でこうして宝蔵院衆が, 何でこしらへて, 何でこしらえてあるん, 何でこっちの為, 何でこれしきの小城, 何でこれらの者, 何でこれ以上の浮雲, 何でこれ私等婆様の中, 何でございますなら御奉公人, 何でございます飛んだ疎匆, 何でござれ歩きながら器用, 何でござろうな, 何でござんしょうそれ, 何でごぜエますよ, 何でごろごろ怠けて, 何でごわすないったい, 何でさあ最寄りの, 何でさような暴, 何でしようそら彼, 何ですか余り感心出来ない男, 何ですぐ神, 何ですげなく見て, 何ですそのオタンチン・パレオロガス, 何ですね乗ってお, 何でするものか, 何でせうあててごらん, 何でそうたびたび私の, 何でそうびくりびく, 何でそこに立っ, 何でそこらに立っ, 何でそれしきの敵, 何でそんなら早うそう, 何でそんげな事, 何でそんなにそわそわして, 何でそんなにゴタゴタなすったので, 何でたまろう呂布陳宮の, 何でだって占えるん, 何でだつぺなまあお, 何でちょっとも手紙来, 何でっしゃろな, 何ででたらめなこと, 何で問うも, 何でといふやうな, 何でどうしたん, 何でどうして切ったもの, 何でどんな役目に, 何でなあんでえ, 何でにわかに菜園に, 何でのんきな顔, 何ではい歩行け, 何ではかるかという, 何ではびこられるものか, 何で修練し, 何でふたたび不知哉丸を, 何でふつうの旅人, 何でほかの女, 何でほかのをつくる, 何でまあ重力打消, 何でまいそんじる事が, 何でみずから堤防の口, 何でみだりに自己を, 何でむざと官兵衛どのにとって大切, 何でむ構やせぬよ, 何でもえいさ, 何でもさう見えるんか, 何でもしやべり得る, 何でもすつかり無情を, 何でもすつかり知り抜いてゐる, 何でもって全部, 何でもとる主義が, 何でもどつかの料理屋みたい, 何でもものがさ, 何でももうぐらぐらゆれる, 何でももうやってやろう, 何でやって来たんやろ, 何でやつて居た, 何でやむなき合戦になど, 何でゆるめられるか, 何でよく知りえようか, 何でわが猛勇な, 何でわが子を盟主, 何でわるいという肩つき, 何でわれからわが, 何でわれ一人このまま, 何であの坊主, 何でこんなもの, 何でエ古川緑波めセヴィラのこと, 何でエ絹布のはっぴ, 何でエ貴様ピアノひけるか, 何でエ間抜けな面, 何でカフェが忘ら, 何でケチをつけ, 何でシュールがどう, 何でソンナに往来, 何でチウ事もあらへんけん, 何でトリックを考える, 何でブルジョワだと, 何でムザムザ電車に乗る, 何で一つの小説, 何で一人前の男, 何で一人息子を奉公, 何で一刻を争っ, 何で一国の上, 何で一日のま, 何で一木下ごときを, 何で一本調子ばかりでいましょう, 何で一点たりとも, 何で一般の暮し, 何で一點たりとも虚僞, 何で三千に足らない, 何で三千円と云, 何で上帝に訴えた, 何で下馬せねば, 何で同意な, 何で不思議がある, 何で不正か何で, 何で不都合なの, 何で世人の衆苦充満, 何で世話を焼く, 何で世間へ云いましょう, 何で丞相の職, 何で中新田城から幾里, 何で九郎冠者のよう, 何で二三十斤の火薬, 何で二年早すぎた, 何で二本の刀, 何で五大国の一, 何で五郎をつけ廻す, 何で京都の兇変, 何で亭主を恨む, 何で人々がさまで, 何で人類の喜び, 何で今さら彼を捨て, 何で今日礼を厚う, 何で今時分こんな処, 何で介抱されました, 何で仕事の邪魔, 何で他人の生命, 何で代議制と名づけられよう, 何で仮借などする, 何で仮名などつかいなさる, 何で仰せのよう暴虐, 何で伯父などを殺しましょう, 何で伸子がそれ, 何でういう, 何で何方の御, 何で余命を惜しもう, 何で作って居る, 何で使者たるもの, 何でた, 何で信長ほどの者, 何で信長公には御, 何でなどを申上, 何でより之, 何でがつく, 何で傷けたものかひどく, 何で働くか知っ, 何で僕たちはこんな, 何で僧侶に見せぬ, 何で兄さんにこんな, 何で兄者を陥す, 何でに立っ, 何で先刻からそういう, 何で先頃部下の者, 何で公卿だけの力, 何で共通のもの, 何で兼子に気兼ね, 何で再び人間に, 何でてきた, 何で出るかは知らない, 何で出世間とは何, 何で出来たものと, 何で出来ましょうか, 何で出来よう肉体的の, 何で出来るか分りました, 何で出来るべきものであろう, 何で分つたと思, 何で分れるだろうか, 何で切支丹の御, 何で初めからいわん, 何で別れるのです, 何で加盟したもの, 何でを惜しみましょう, 何で勅使がご, 何で動かしますのや, 何で動かすか風の音, 何で包むもの持っ, 何で包んだ即ち此コロップ, 何での皮, 何で区別するん, 何で医者薬が要る, 何で千恵造の様, 何で千浪のこの, 何で千里の松江, 何で半月がかりでためた, 何で卑怯で有りません, 何で危害を加えましょう, 何で取次ぐか, 何で口外するもの, 何で古典だけでお, 何で叱りつけて追い返し, 何で吉岡がああ, 何で吉里がこんな, 何でによっ, 何で名だたる牢人衆などを, 何で吹聴なんかをする, 何で吾が妻女を, 何で呂伯奢を, 何での新鋭, 何で呉君の厚恩, 何で周囲に当り散らす, 何で周玄さんというお, 何で味方の陣, 何で味方同士の喧嘩, 何で和女勤める気, 何で和解するの, 何でなしと, 何で咎めるかサア返答, 何で唯々とお, 何で唯々諾々と服従, 何で啼くのか, 何でにかかわる, 何でべている, 何で四五日無届欠席をした, 何で四十一まで結婚, 何で四十一歳で, 何で四月までこんな, 何でを興し, 何で国事を談ずる, 何で土地の權利, 何で地上の我々, 何で地震を恐れる, 何でになりました, 何で変ったりなんぞする, 何で変死なんかした, 何では有名, 何で夕刻からでなけれ, 何で夕顔がこの, 何でに勝てる, 何で坂に, 何で大事がなろう, 何で大切な物, 何で大王にはそれしき, 何で大言壮語家であるか, 何での羽衣, 何で奇麗な事, 何で女子衆みたいなもん, 何で好きなお, 何で好んで飛びこん, 何で好感を持たず, 何で妻子がない, 何でが飲まない, 何で妾ひとりだけが, 何でにほし, 何で子どもなどと, 何で孔子がそんな, 何で孤独が恐い, 何で学校を出た, 何で官位を貶し, 何で官兵衛をさし向け, 何で官途を罷め, 何でにし, 何で家の子郎党に武装, 何で寂心が三河, 何で富山が後, 何で将帥のより, 何で小さい人智を以て, 何で小さな感情などに, 何で小林ごときもの, 何での口, 何で屋根屋のまね, 何での井さん, 何で山木判官へ嫁ごう, 何で左樣なこと, 何で差し図などする, 何で市さんの気に入る, 何で帝王の子, 何で帯代が三十両, 何で帰るものかと, 何で平岡が庇護, 何で平気でいる, 何で幸福なの, 何で庄司が自分, 何でを掃い, 何で弊履のごとく捨てられよう, 何で弱音を吐く, 何でになりませう, 何で彼ら遺臣間の乱後, 何で彼様男の所, 何で往来するか, 何で待っておる, 何での世, 何で後世に生れた, 何で従わねば成らぬ, 何で従兄の家, 何で得意になるね, 何で御前を悪, 何で御座いましょうけれども今夜, 何で御意に抗いましょう, 何で御門を頼っ, 何で御馳走して, 何でなく見, 何で心外か, 何で忘れようぞ, 何でがしい, 何でを押さるる, 何で忽然として, 何で怖いんだい, 何で怖かろうわれら, 何で怖気の起こるべき, 何で怨霊などを恐れよう, 何で怪からんなどと, 何で怪しう思はしやる, 何で怯もうと何で, 何で恐れることが, 何でをかかした, 何で恥ずかしいのだ, 何で恥ぢるに当る, 何での源, 何で悪かろう, 何で悪く思うもん, 何で情ないのです, 何で情深い父上が, 何でいこと, 何で惣左を, 何でだの妻, 何で愛して生活, 何で愛他主義であろうぞ, 何で感じたのでしょう, 何で感謝なんぞ予期, 何で憶えてるもんかね, 何で懸けておく, 何で成都の臣民, 何で我等の前, 何で戦わなければならなかった, 何で戦術が変らず, 何で所期の作戦, 何で手紙を盗んだ, 何で打たれても打たれ, 何で打った呆れて物, 何で打つのです, 何で払いましたか, 何で押している, 何で担がうやら, 何で担ごうやら, 何で拙者そなたに, 何ではう, 何で拭い消すか, 何で拭おうとするで, 何で拭こうかと迷っ, 何で拵えますか, 何で拵えるかと言います, 何で拵らえるか, 何で持っていらっしった, 何で捕まったのか, 何で探知するか, 何で撲られたのか, 何で救援に来た, 何で敗北と諦め, 何で敗者のわが, 何で教会の損害, 何で数時間余もあんな, 何でがある, 何で數時間餘も那麼處, 何でれるだろう, 何で斯様なこと, 何で旦那様がたばかり, 何でよ帰っ, 何で早くそれを, 何で明日を恃, 何で明智さんなんかお願い, 何で昨今の大事, 何で昨日あのよう, 何でをしら, 何でも計らず, 何で普請の御, 何でを取らす, 何で最愛なもの, 何でつたか, 何で有らうが自分, 何で有りましょう私は, 何で有るかを知悉, 何で有ろうとあの, 何で有名になっ, 何で未来の創造, 何で本心を打明けよう, 何で本気で婦人, 何で朱褒の片言, 何での者, 何で来るのだろう, 何で東京へ行かはれしまへ, 何で染めたか分らず, 何で柴田修理勝家ともあ, 何で梅茶亭からわざわざ, 何で楽しかろう, 何で槍術の心得なき, 何で権利がおま, 何で権殿のいわれる, 何で横着だ, 何で歌はずに居られ, 何で正季の仕置, 何で正成が同調, 何で正直に歓べる, 何で此世に生命, 何で此処いかんのん, 何で此方から持っ, 何で此様贅沢が出来る, 何で此等を, 何で此際女などに現, 何で武士道の純, 何で武蔵の苦しみ, 何で死物が羨ましかろ, 何で殺さうつてんだ, 何で殺されたか夫, 何で殺す殺されるというよう, 何で殺害をいたしましょう, 何で毎晩この家, 何で毎晩薬飲まされん, 何で毒殺しようと, 何で比田の家, 何で氏郷に毒, 何で民弥が帰る, 何で気がついたかそう, 何で気分が悪い, 何で求めたのだ, 何で汚いか, 何で江上の水軍, 何で江戸表へ来, 何で沢庵の首, 何で沸湯が出る, 何で治まらなかった歟納屋衆が, 何で法官の下, 何で泣いてるの, 何で泣かるるかことに, 何で泣くんだい, 何で注射せえ, 何で浜通り来なん, 何で浦原嬢の死骸, 何で消すおまけに, 何で深川の果て, 何で渡されようか, 何で渡邊織江を殺害, 何で滑稽だなんて, 何で濡れ蓆を被せた, 何で瀕死の病人, 何でをたきましょう, 何で火中へ投じられた, 何でたの, 何で為るに当る, 何で無くてはならぬ, 何で無断上洛にございましょう, 何で無理があろう, 何で無駄だ, 何では母, 何で牛肉なんか買っ, 何で物取りでしょう, 何で物惜しみなど仕りましょう, 何で物騒なの, 何で独り豪いでしょう, 何で独り弱者でしょう, 何でが婆化, 何で猜疑され軽蔑, 何でを観る, 何では養子先, 何で甚藏が呶, 何で生かして城, 何で生きてるんだ, 何で生きるか, 何で生けどつたらい, 何で生れたのであらう, 何で生れ年月の如何, 何で生計を立てた, 何で田沼先生が自分, 何でのする, 何で異存がご, 何で異議や御, 何で発狂したの, 何で盗人であろう, 何で看過して, 何で真相が解ります, 何で眺めてるのかと, 何で知らぬ顔をしましょう, 何で知者といえよう, 何で示すかという, 何で祖母が私, 何で祖父があんなに, 何で私達がこれ, 何で私邸の門, 何でといおう, 何で稽古に寄越しなさった, 何で穏やかに済もう, 何でとして北条家, 何で突いたのでしょう, 何で立ちましょうや, 何で笊組の用心棒, 何で簡単に出られる, 何で取など, 何で精進料理ということ, 何で紳士の名, 何で綿貫と会う, 何で総帥にはそれ, 何で締めて置く, 何でもゆかり, 何で縁談のさまたげ, 何で美しくあり得よう, 何で美代吉さんです是, 何で美国が買う, 何で肉親の兄弟, 何で脂肪分を取ります, 何で脚絆だ草鞋, 何でが立つ, 何で臣下の手, 何で自分たち親のない, 何で自分計り報酬をされぬ, 何で自害なされます, 何でが楯, 何で舟橋が無事, 何で良人がその, 何で花田中尉に用, 何で芸術が出来る, 何で若殿にはご, 何で苦しい修行など, 何で苦労する, 何で蔦屋へ泊り込んだ, 何で薄情でおられましょう, 何でから棒, 何で虎井夫人の室, 何で虚欺を言, 何で虚言を吐きましょう, 何で行ったの, 何で表現されるかと, 何でを押える, 何でを掻い, 何で補って健康, 何で補ふかと云, 何で製したものか, 何で製造したか, 何で要るか知らぬ, 何で見る必要が, 何で見合せるのだ, 何で覚えられへんねん, 何で親子五人の命, 何で角屋へ行っ, 何で計られている, 何で許すもんか, 何で詑びるのか私には分りませんでした, 何でまったか, 何で話すの, 何で誘惑しようと, 何でくもの, 何で謝罪になる, 何で讀んだのか, 何で豐臣秀次が熱海, 何で負けるものか, 何で貴女様のお, 何で貴様の報告, 何で貴殿に怨恨, 何で買うかと思われ, 何でしい罪, 何で起き上ろうとした, 何で起って行った, 何で足下はあの, 何でを投げる, 何で軽々しい奇襲などに, 何で辛棒なんてする, 何で退けと仰せられます, 何で退校になる, 何で這入つて来た, 何で這入って来た, 何で造ったものか, 何で連れていっ, 何で遅く来ると, 何で遠慮して, 何で邪魔するの, 何でふの, 何で醫者藥が要る, 何でが入る, 何で金さんのとこ, 何で金無垢の煙管, 何で釣るか, 何で鉛毒を消すだろう, 何でなど鳴らした, 何で鍛えられたかということ, 何で鍛え得たか, 何でを何, 何で鎌倉のご, 何で長篠の包囲, 何でだろう, 何で門違いといわれる, 何で開けますの, 何で関羽が屈する, 何で附けた傷と, 何で隆吉に対してそんなに, 何で階下におり, 何で隠してなさった, 何で雨戸を開け放す, 何で雲めが思ふであらう, 何で静養がその, 何で非人がやつ, 何で面汚しなん, 何で面白いだろう, 何で面白からう, 何で面白くもない, 何でがする, 何で頼まれん何で, 何で食うて行く, 何で食っている, 何で食つて居るん, 何で食べていた, 何で食味を誇る, 何で食物がいる, 何で飲むもんかい, 何での跡, 何で養うつもりかと, 何で養蚕が出来る, 何で馬鹿なもん, 何で高岡の者, 何で高飛びなんかが出来る, 何でを破る, 何で鳴らすかというごとき, 何で鳶頭がどう, 何で黙りこくってるんだ