青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「体系~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~住ん 住ん~ ~住居 住居~ 住民~ 佐~ 佐々木~ 佐渡~ ~体 体~
体系~
~何 何~ 何かしら~ 何かと~ 何しろ~ 何ぞ~ ~何だか 何だか~ 何で~ ~何と

「体系~」 1185, 13ppm, 8600位

▼ 体系~ (192, 16.2%)

6 持って, 組織する 4 なして, 構成する 3 意味する, 有って, 有つ, 立てて 2 もって, 完成し, 展開する, 必要と, 承認しない, 支持し, 用意し, 組み立てること, 組織し, 考えて

1 [140件] すでにつくり上げ, その内, たてること, ちゃんと腹, つくること, でっち上げたり, ととのえること, とる過程, なお実在論, なさぬまでも, なしそれ以外, なした物, なし後世, なす, なすに, なすの, なすはず, なすもの, なす一群, なぜに, ひねり上げる際, もたない, もち始めたよ, もち得る, もつもの, もつよう, やである, よく理解, 一個人の, 不成立ならしめる, 与えました, 与えようとは, 与えられ彼等, 予め持っ, 事実の, 云い直せば, 今一般に, 今日世間では, 作らずして, 使用し, 備えて, 備えること, 優越する, 優越せね, 全うせむがためなり, 分解し, 取って, 可視的に, 合目的的に, 問題に, 嗤って, 外に, 大プシコロギスムス, 失わしめる, 好きだ, 実験し, 導き出そうと, 小説の, 展開させる, 建設した, 建設する, 形づくるやう, 形成する, 微に, 想定した, 意味し, 意味した, 愛好する, 成す, 或いは認識, 打ち建てると, 打ち立てる, 押し除けようとしか, 拒否する, 拡張し, 持たざるを, 持ち得ない所以, 持つこと, 指すばかり, 排斥する, 採りながら, 摸索によって, 支配し, 整えて, 新に, 日常選択する, 是非とも, 書き出したが, 有する大, 有った実験, 有つべきで, 検討しよう, 構成した, 欠く故, 求むる心, 求めるため, 測定し定める, 爆砕し, 特に表面, 特色づける, 産んだもの, 用いること, 真理として, 示さなくても, 積極的に, 立てようと, 立てるからばかり, 立てるの, 範疇組織と, 築き上げた哲学者, 築き上げて, 築くこと, 組み立てたり, 組み立てるの, 組織した, 維持し, 襲踏しない, 要約し, 見つけ出すこと, 見出し新た, 解説これ力める, 計ること, 豊かに, 貫くばかり, 述べたもの, 述べるやう, 追はず, 造られては, 造り上げて, 造るの, 造るべき筈, 連想しなけれ, 道化芝居を, 選ばねば, 選ぶ時, 選ぶ標準, 選んでは, 選択する, 部分として, 銘々に

▼ 体系~ (154, 13.0%)

7 内に 4 ことだ 3 下に, 中に 2 上で, 中で, 内で, 内部に, 出発を, 完全を, 弁証法, 概念は, 認識には, 重大な

1 [117件] あまりに直接, うちにおいて, ことで, ことであるらしい, ことを, この論理学的構成, ための, もとに, ものである, ように, エントロピーの, メカニズムに, 一つだ, 一つである, 一つ而も, 一環を, 一般的な, 一部を, 一部分を, 上の, 世界が, 並立は, 中には, 中心問題にまで, 中心的位置を, 主体であっ, 主観的な, 他の, 代りに, 使用を, 使用法を, 優劣と, 全体性, 内容と, 内容は, 内的法則から, 凡てか, 出発である, 創造者こそは, 加速度を, 動きでは, 動力の, 動機を, 単なる法字引, 即ち理論自身, 名に, 哲学においては, 国家では, 基く直観, 基準と, 基礎に, 壮麗である, 夫, 如きが, 如きは, 如きもの, 妥当性を, 姿こそ, 導入を, 崩壊として, 崩壊直後哲学は, 建設に, 形式を, 成立を, 批判, 技術, 採用を, 改造である, 数だけの, 方は, 有つ, 根本的な, 根柢に, 根柢には, 極限概念と, 概念が, 概念に, 構成, 模型に, 次元とは, 次元とも, 歴史上の, 混在を, 理論的動機づけ, 異動で, 相当重大な, 相違に, 矛盾衝突より, 破壊宗教批判でなく, 確立と共に, 空間では, 竜骨と, 端初は, 第一段, 第一範疇, 素材として, 終結状態であっ, 網に, 美しさ, 美事な, 習慣から, 自身の, 衰滅は, 要素な, 見取り図は, 解法を, 設定が, 設定なし, 設定を, 誇示な, 説明と, 諸原理, 間に, 間の, 首尾一貫には, 骨子に, 骨格であろう

▼ 体系~ (101, 8.5%)

2 なくては, 得られる, 技術だ, 空間の

1 [93件] あって, あるだけ, いかばかり真理, かかる絶対的出発, このよう, このギリシア哲学, すぐ様約束, そのままの, その例, その固定性, その対立, それから, それに対し, できあが, できうるか, どういう傾向, どうである, どんなに哲学的, なくかつ, なければ, まず先, イソモルフィックだ, ギリシア哲学の, 一つの, 一体どこ, 一般に, 与へられなければ, 之を, 予めある, 云わば, 任意の, 何かの, 何より時宜, 何故今日, 依然として, 其他の, 具体化された, 処で, 出来ても, 出来ようと, 出来上ったり, 初めて成立, 単なる自然, 即ち理論, 哲学体系が, 哲学的乃至, 営む場合, 在るか, 基く根本的, 存在するであろう, 存在するなら, 学問性を, 実在の, 実現される, 待って, 微分的な, 必要でなけれ, 恥を, 成り立ったとして, 成り立って, 或る, 打ち建てられる, 技能を, 技術的なる, 技術的範疇と, 採り入れられて, 本当に直接, 構成される, 横たわって, 次元に, 歴史的陶冶に, 民主主義化し, 決定され, 現に存在, 現わす, 現われると, 現在とは, 現実の, 理論的概念の, 生むまで, 破産を, 示す思想, 社会的に, 立てられた, 立場に, 組みあって, 総合的で, 苟にも, 認識論だ, 論理乃至, 身体である, 適宜に, 非人格的

▼ 体系~ (93, 7.8%)

2 之を, 次の

1 [89件] あまりそんなにクルクル変る, かくの, ここでは, これを, それが, ただその, ただの, だから, どうなる, どのよう, ないから, ないが, もとの, もはやそれ以上発展, もはや人格, カントの, シェリングだ, ナンセンスだ, 一つの, 一般に, 一遍も, 世界観を, 並び存, 之に, 乾坤から, 事実上決して, 事実上評論家の, 事物の, 云うまでも, 云わば, 互に補足, 人により, 人間の, 今日何処の, 何と, 作れないと, 元来かの, 共軛的であらざる, 内部に, 出来て, 出来上らない, 単にその, 即ち論理, 又一つ, 哲学体系の, 唯物弁証法と, 外でも, 大義名分思想には, 実在乃至, 容易に, 小じんまり, 常に既成, 彼の, 彼らが, 従属及び, 必ずしも一切, 必ずしも自然科学, 必ず一つ, 必ず常に不完全, 恰も方法, 所謂技術そのものでは, 方法を, 時としては, 時によって, 根底から, 決して原印象, 決して解釈哲学, 無論概念, 無論物理学, 状態である, 現実そのものの, 瓦解しない, 略三つの, 科学的カテゴリーの, 立場の, 範疇の, 簡単に, 翻訳し得る, 自然科学的範疇体系との, 自然自身の, 自由主義を, 若干の, 観念的なる, 認識に, 論理学から, 造らないらしい体系, 造る, 適当な, 静止した

▼ 体系~ (91, 7.7%)

5 於て 4 外ならない, 於ては 3 近いもの 2 よれば, 他ならない, 基いて, 較べて

1 [67件] この語, して, そういくつ, ぞくして, ぞくするか, では, まとめるという, みずから頷い, よると, 一段落を, 上程した, 他の, 代るべき哲学, 代るもの, 依る共和国, 個性の, 入れると, 共通な, 到って, 到達する, 到達出来る, 合うよう, 在ると, 基く, 外ならぬ, 存するの, 対応し, 対応せしめられる, 対立する, 対立せしめた, 対立せね, 居坐わら, 属する理由, 従うとき必然的, 捕われて, 摂取され, 数えなければ, 於けるその, 於ける両者, 於ける叙述, 於ける所謂, 於ける誤謬, 於ける諸, 於てのみ, 服属せし, 止まって, 止まらざるを, 熱中し, 立って, 立つ知識, 組織されね, 組織される, 組織だてられて, 組織立て, 組織立てる, 結びつける綱, 編み込まれたの, 編入する, 繋がること, 織り込まれたもの, 考え及ぶから, 背を, 貢献する, 足を, 関わり合って, 関連し, 集中される

▼ 体系~ (64, 5.4%)

2 なる, なれば, 云っても, 共軛的である

1 [56件] いい社会的体系, いうと, し方法, するもの, する際, そうした運動, その兌換価値, その社会的運動, どうディスチャージ, なって, なづけて, なるから, なるべきもの, ファシズム, 一定の, 並んで, 云うが, 云えば, 代ろうと, 全く別, 共軛性を, 共軛的な, 労働技能との, 同一である, 名づけて, 呼ばれる, 呼ぶ意味, 宗教的認識体系とが, 定義される, 彼等の, 従ってその, 技能とが, 文芸に, 方法とは, 根本的に, 機械論的範疇体系とが, 次元そのものとを, 正反対に, 無用な, 無縁である, 無関係だ, 無関係で, 独立した, 独立に, 直接に, 看做され得るもの, 社会科学に, 社会科学の, 神話の, 絶対性との, 考えられたに対して, 考えられる, 考えられるであろうから, 考える哲学者, 見立てられて, 諸根本

▼ 体系~ (48, 4.1%)

2 であること, なもの, に叙述

1 [42件] だという, であったから, であって, であれば, でなくては, で組織的, で纏ったシステム, ということ, と云う, な, なその, なの, なる思考, なフラーゼオロギー, な全体, な又は, な含蓄, な執着力, な方面, な科学的, な著書, な調和, な論理, にも行かなかった, にやる, に凍りつい, に又, に大成, に展開, に数学的, に浮き出し, に深められぬ, に異, に発展, に結びついた, に纏った, に著述, に見直し, に評論, に読まね, に講壇的, に齎す

▼ 体系~ (30, 2.5%)

2 された意識, したの, して

1 [24件] が到る, が成立, された, されたもの, されて, されない意識, されること, されるの, され尖鋭化, したもの, しても, しようと, し得るもの, し文学, し発展, し組織化, するため, するの, であるといふ, でなければ, にほかならない, に外, の経済, はこの

▼ 体系として~ (22, 1.9%)

2 定着された, 自覚し

1 [18件] どういう根本欠陥, どういう特徴, 仕上げられて, 例の, 又は反, 反映する, 吾, 多少とも, 対立する, 徹底する, 未だかつて無い, 樹立する, 現われて, 理解され, 発表せられた, 知的に, 築き上げこれ, 築き上げられようと

▼ 体系概念~ (19, 1.6%)

2 への運動, を優越

1 [15件] が之, が方法概念, であっても, との相互, との運動, に対して有, に対せしめ, に対立, に較べ, の直接, はこの, は益々, へ運ばれね, も同じ, を完全

▼ 体系から~ (16, 1.4%)

1 [16件] その完備, 云えば, 云って, 出て, 切断し, 導入方程式に, 峻別し, 押しだして, 来たもの, 来る, 機械的に, 次の, 準戦時体制, 独立した, 独立である, 独立な

▼ 体系である~ (14, 1.2%)

1 [14件] かのよう, かの問題, から之, がイデオロギー, ことによって, ことを, とすれ, と信ぜざる, と考えられる, にも拘らず, のである, ばかりでなく, 社会主義や, 術語に

▼ 体系では~ (14, 1.2%)

5 ない, なくて 1 ありえなかった, ないという, なく, なくなって

▼ 体系という~ (14, 1.2%)

3 ような 2 ものは, ものを 1 ことの, ことも, ものが, ものに, ものの, 観念が, 言葉が

▼ 体系にまで~ (14, 1.2%)

2 定着された

1 [12件] 仕上げたもの, 仕上げられたという, 形象化す, 拡大する, 構成する, 発育し, 組織される, 組織した, 組織化された, 組織立てられた, 組織立てられない, 育って

▼ 体系~ (12, 1.0%)

2 ない 1 ない一時的, 亦同じく, 出来上るの, 別な, 労働力も, 同じ領域, 大いに存在, 存在しない, 少しはっきりし, 構成しない

▼ 体系とは~ (11, 0.9%)

1 [11件] シェマ, 一切の, 交互作用に, 併し, 例の, 反対に, 同一である, 同一では, 実を, 時にこの, 要するに一定

▼ 体系~ (11, 0.9%)

2 又方法 1 それに, 動的体系は, 思想を, 政治学組織や, 文化上の, 熱情や, 理論の, 科学の, 組織とは

▼ 体系~ (10, 0.8%)

2 と云った 1 てた, ということ, というなら, と主張, と云う, と云っ, と考えられる, などと云っ

▼ 体系としての~ (9, 0.8%)

2 クリティシズムと 1 イズムと, クリティシズム, ヒューマニティー主義とは, 一つの, 技術に関する, 数の, 自然科学が

▼ 体系づける~ (8, 0.7%)

2 ことである, ことは 1 ことに, ためでない, といふ一句, のは

▼ 体系との~ (8, 0.7%)

1 ための, 乖離, 代表者だ, 対比による, 混合折衷を, 連帯関係, 間に, 関係に

▼ 体系によって~ (8, 0.7%)

2 初めて組織 1 この条件, 初めて保証, 変更されね, 書かれたところ, 欲望の, 説明される

▼ 体系そのもの~ (7, 0.6%)

1 が歴史観, が生活, が連続的, こそ哲学, に外, を含む, を追い越し

▼ 体系づけられ~ (7, 0.6%)

2 ている 1 ていない, てもゐない, て在る, 組織づけられた, 組織的に

▼ 体系とが~ (7, 0.6%)

1 あるの, 充分に, 含まれる, 対立する, 当然又, 求められたる学問性, 直接に

▼ 体系~ (6, 0.5%)

3 のである 1 ので, のであった, 同情や

▼ 体系~ (6, 0.5%)

1 のイソモルフィック, のキャッシュバリュー, の共軛関係, の基柢, の必然, の秩序

▼ 体系であっ~ (5, 0.4%)

1 てその, てそれ, てまだ決して, て抽象的, て方法

▼ 体系であった~ (5, 0.4%)

1 が哲学体系, に拘らず, のだ, のである, 機械論を

▼ 体系なる~ (5, 0.4%)

2 ものが, 言葉は 1 ものは

▼ 体系による~ (5, 0.4%)

1 三次元空間の, 分類から, 分類が, 外は, 空間の

▼ 体系ある~ (4, 0.3%)

1 思想として, 研究は, 自由詩論の, 論文では

▼ 体系づけ~ (4, 0.3%)

1 ている, てはゐない, て展開, 組織し

▼ 体系であり~ (4, 0.3%)

1 そしてその, より衒学的, 又ヘーゲル, 哲学の

▼ 体系でも~ (4, 0.3%)

1 あり方法, ないから, なく又, 一応は

▼ 体系としては~ (4, 0.3%)

1 この同じこと, 成り立ち得ないと, 現われずに, 肯定しえない

▼ 体系にとって~ (4, 0.3%)

1 意識とは, 最もふさわしい, 無用であり, 特徴的と

▼ 体系乃至~ (4, 0.3%)

1 その素朴, 理論体系と, 組織を, 認識方法に

▼ 体系的全体~ (4, 0.3%)

1 だって夫, というもの, という合言葉, は連続的

▼ 体系からの~ (3, 0.3%)

1 単なる個々, 所産である, 演繹として

▼ 体系づけよう~ (3, 0.3%)

2 とした 1 とする

▼ 体系でしか~ (3, 0.3%)

2 ない 1 ないであろう

▼ 体系などが~ (3, 0.3%)

1 こうした世界像, 文学という, 行なわれるが

▼ 体系などは~ (3, 0.3%)

1 却って認識, 彼らにとっては, 自然科学の

▼ 体系などを~ (3, 0.3%)

1 作ること, 指すの, 考えざるを

▼ 体系主義~ (3, 0.3%)

1 という立場, ともいうべき, と同様

▼ 体系全体~ (3, 0.3%)

1 に対する自然哲学, は不変, を没落

▼ 体系即ち~ (3, 0.3%)

1 一つの, 測定の, 範疇の

▼ 体系~ (3, 0.3%)

1 にあっただろう, を充分自覚, を理論

▼ 体系立った~ (3, 0.3%)

1 ピラミッドを, 所謂大学の, 著書である

▼ 体系自身~ (3, 0.3%)

1 がこの, がどんなに, と可

▼ 体系からは~ (2, 0.2%)

1 独立な, 独立の

▼ 体系づけられた~ (2, 0.2%)

2 意識を

▼ 体系でなく~ (2, 0.2%)

2 てはならぬ

▼ 体系でなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならず, ばならなかった

▼ 体系とか~ (2, 0.2%)

1 いったもの, 秩序とかいふ

▼ 体系とに~ (2, 0.2%)

1 乏しいこと, 区別される

▼ 体系とを~ (2, 0.2%)

1 区別する, 有って

▼ 体系には~ (2, 0.2%)

1 属さないもの, 決して属す

▼ 体系にも~ (2, 0.2%)

1 この歴史的条件, みぬかれた彼

▼ 体系により~ (2, 0.2%)

1 また先, 計算した

▼ 体系に対する~ (2, 0.2%)

1 意味を, 方法の

▼ 体系より~ (2, 0.2%)

2 均衡に

▼ 体系をも~ (2, 0.2%)

1 満足せしめね, 貫かなければ

▼ 体系~ (2, 0.2%)

1 として生長, の殆

▼ 体系的思想~ (2, 0.2%)

1 でもない, の皆無

▼ 体系的自由主義~ (2, 0.2%)

1 で科学的社会主義, 又この

▼ 体系組織~ (2, 0.2%)

1 という認識目的, とを持った

▼1* [67件]

体系いわゆる絶対者を, 体系こそ夫である, 体系ごとに加えれ, 体系しか出来上る心配, 体系そういう意味での, 体系それが, 体系それ自身が自我, 体系だけは之に, 体系づけたので, 体系づけられねばならぬ, 体系であるならば幾何学, 体系といふものを, 体系とかいう概念を以ては, 体系とかというものへ, 体系とかを超越した, 体系としてしか発育し得ない, 体系としてのみ現実的である, 体系とでも云うべきもの, 体系ともいうべき代数, 体系なくして, 体系においては経験は, 体系にしか現われて, 体系について云おうと, 体系によっては充分に, 体系によっても工業が, 体系ばかりを愛好しない, 体系一気呵成に, 体系までも持たないよう, 体系やは現在の, 体系ゆえに空間, 体系よりは均衡に, 体系よりも常に何, 体系らしいものを, 体系らしくはない, 体系をとつて若々しく, 体系をばより現実的, 体系を通して前に, 体系ヒエラルキーによって分けられた, 体系に取り入れなかった, 体系が数, 体系云い換えれば公理, 体系以前の乱雑混濁, 体系以外の何もの, 体系従って又科学的方法, 体系機構を用意, 体系に近い, 体系的クリティシズムと普通, 体系的一であって, 体系的傾向を示した, 体系的叙述のみが有, 体系的哲学以上の真理, 体系的本性を離れ, 体系的理論となる, 体系的発展をも試みる, 体系的真実を持った, 体系的秩序の中, 体系的結合こそが現, 体系的衝動としてのイズム, 体系相互間の共軛性, 体系デアル, 体系空間の確立, 体系立ててみれ, 体系立てられつつある, 体系筋ミチ立チテ在リ, 体系組織上の必要, 体系組織法に彼等, 体系論者としてのカント