青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

住む~ ~住ん 住ん~ ~住居 住居~ 住民~ 佐~ 佐々木~ 佐渡~ ~体
体~
体系~ ~何 何~ 何かしら~ 何かと~ 何しろ~ 何ぞ~ ~何だか 何だか~ 何で~

「体~」 15093, 163ppm, 640位

▼ 体~ (4085, 27.1%)

54 見て 36 起して 34 して 29 横に 26 動かして 23 大事に, 大切に 19 斜めに 18 なして 16 見ると, 起した 15 洗って 13 包んで, 悪くし 12 もって, ゆすって, 前に, 動かすこと 11 のばして, 左右に, 拭いて, 持って, 斜に 10 かわして, 丈夫に, 動かした 9 お大切, つつんで, 前へ, 装って 8 崩して, 曲げて, 自由に 7 わるくし, 前後に, 楽に, 運んで 6 お大事, ひらいて, ゆすぶって, 二つに, 成して, 抱いて, 拝し, 横たえて, 離れて 5 かがめて, かたくし, ふるわせて, よせて, 動かすの, 吐いて, 呉, 置いて, 開いて

4 [42件] うごかすと, おこして, かかえて, かくして, こわして, しびら, すくめて, すりつけて, のびのびと, ふるわして, ふるわせた, もたせかけて, やすめて, ゆすぶりながら, よじって, 乗り出して, 休めて, 入れて, 反らして, 取って, 右に, 小さくし, 屈めて, 延ばして, 押して, 拭いた, 拭いたり, 揺すって, 揺って, 支えながら, 支へ, 支へて, 沈めて, 濡らして, 現わし, 縮めて, 自分の, 診て, 調べて, 貫いて, 起こして, 起すと

3 [83件] うごかして, うしろへ, おさえて, おしつけて, かがめると, かわした, かわすと, くねらせて, くねらせながら, くの, こわばらして, ずらして, そこに, その中, つけて, なさ, ねじって, ねじ向けて, ひねって, ひるがえして, ふいて, ぶっつけて, まかせて, まもって, もてあまして, 並べて, 仰向けに, 伏せて, 伸して, 具えて, 動かさずに, 動かしても, 動かすと, 固くし, 埋めて, 堅くし, 壁に, 売るの, 大地に, 宙に, 寄せて, 少し前, 屈めた, 弾ませて, 投げて, 抱きあげて, 抱き起して, 抱くよう, 押しつけて, 拭くこと, 持てあまして, 揺られながら, 支えて, 放して, 暖めて, 横たえた, 横たえたの, 横抱きに, 洗うの, 湯に, 無理に, 照らして, 犠牲に, 痙攣させ, 真直に, 砂の, 置くところ, 背後へ, 萎びさせて, 装うて, 見せて, 見た, 見るより, 見る事, 貸して, 起そうと, 転じて, 近づけて, 隠した, 震わして, 静かに, 鞭打ちながら, 顫はせ

2 [228件] あげんと, あたためて, あてた時, ありのままに, うしろに, うずめて, うちあてた, おいて, かわしながら, くずして, くっつけて, くるりと, ぐるぐると, こすりながら, しずかに, した弟, じっとし, ずらした, そのままに, ちぢめて, ちぢめるよう, つけた, とばして, どうする, どこへ, なげて, なげ出して, なめて, のそのそと, のばしながら, のばすと, のり出して, ひたして, ひどく打ったらしく, ひねると, ひやして, ぴったりと, ふきながら, ふくらまして, ふりながら, ふるはせて, ふわりと, ぶっつけながら, ぶつつけ, まかして, むき出しに, むりに, もがいて, もたせかけると, もだえて, もち上げる, もてあました, もて余して, ゆすぶりいかにも, よくし, よこたえて, わるくする, クルリと, 一つの, 一層小さく, 一本の, 一生懸命に, 三畳の, 上下に, 両手で, 両腕, 中心に, 丸くし, 丸めて, 乗り出すよう, 仲間にも, 休めること, 伸ばして, 伸ばすと, 作って, 保って, 倒れるかと, 借りるつもり, 元に, 入れること, 冷やして, 凭せ, 出して, 前や, 前屈みに, 劬って, 労して, 動かしたので, 動かしながら, 動かす気配, 動かせて, 動かせば, 動かそうと, 動し, 包んだ, 卑しくした, 反らした, 反らせたと, 叩いて, 右へ, 吐くと, 地に, 地面に, 垂直に, 売って, 多くす, 大きくゆすぶる, 妙に, 守って, 安楽椅子に, 寄せました, 寄せ合った, 少しでも, 少し反身, 屈して, 屈伸させ, 山路へ, 岸の, 崇めたもの, 左に, 左の, 床に, 引いた, 引きずるよう, 引き寄せた, 彫る人, 得たもの, 心配する, 悪くする, 戦慄が, 打棄, 扶けて, 投げこんで, 投げた, 投げだして, 投出して, 抱えて, 抱き上げて, 抱くの, 押つ, 押つけた, 拭く, 拭くと, 拭って, 持ち上げて, 持つて, 捩って, 捻った, 捻って, 描くさま, 揺すぶって, 揺りながら, 日に, 暫くは, 椅子の, 検査する, 構成し, 横え, 横たえたまま, 横仆え, 横倒しに, 橋の, 気に, 水車の, 求めて, 注意し, 浸した, 温めたり, 滑らかに, 片寄せて, 物理的集団の, 畳に, 痛めたため, 発見した, 直すこと, 真直ぐに, 眺めて, 知って, 知らないと, 硬ばらせ, 示して, 私は, 窓から, 窓の, 立たせて, 緩うし, 縛って, 縛りつけて, 縛り付けて, 縛り付けられて, 縮めながら, 翻え, 背後から, 腕で, 自分で, 苦しませるだけ, 草の, 荒縄で, 蝦の, 装いながら, 複雑に, 見たこと, 見られるの, 解剖し, 起こした, 起こしました, 起したの, 起しました, 起すが, 躍らした, 躍らしながら, 軽がる, 載せて, 退いて, 透明に, 隠さなければ, 隠したが, 隠して, 震わした, 震わせうつ向いて, 震わせて, 青白くいろどった, 鞍の, 預けて, 顫は, 顫わせた, 養って, 馴らすため

1 [2557件 抜粋] あげて, あちらこちらへ, あとへ, あらゆる点, あらわすと, いう, いささか前屈み, いちいちていねい, いよいよ地, うかすよう, うけ上, うす桃色, うねうねさせ, えびの, おして, おそうて, おふき, お動かし, お見比べなさいまし, かえること, かがめたまま, かがめ吸いつくよう, かくすが, かげに, かためるため, かぼそい娘さん, かるく押し戻し, かわしたの, かわす, かわせる筈, きつくだきしめました, ぎゅっと押し入れさせた, くずおれさ, くっ付けしばらく, くつろぐ事, くねくねさしてる, くねらせたり, くるんだ, ぐいぐいおし, ぐたりと靠せかけさせる, ぐらぐらと, ぐんなりさせて片手を, こごめて, こしらえろ, こするだけ, この鉄骨, こわしたこと, こわしては, こわばらしちまうん, ごしごし遣られる, さけて, ささえること, さすったり, さらけ, しかたなし, したと, した覆面, しっかり抱きしめ, してるもん, しばるん, しらべて, じかに撫でられ, すくめた, すこし休めた, すべりだした, すりつけんばかりに, ずしりと, ずらせて, ずんぐりと, そこねたら何と, そなえて, その儘, その言葉, そらせ足, たたきながら, だきしめた, ちぢめた, ちょこなんとかしこまらせ, ぢつと, つかまえたとたん, つきぬけて, つくと, つけさ, つつみそれ, つないで, で弁三, とどめて, どうと, どんと, なお雨, ながめ入って, なげつけて, なさず見るに, なさなくとも, なしません, なすまいと, なでまわしたが, ぬくめさえ, ねじったよう, ねじるの, ねらって, のせたまま, のばした時, のり出した, はすに, はらった, ひきずって, ひき立てられどうして, ひそませて, ひっくりかえして, ひつかき破つ, ひどく悪くし, ひねり室, びくっと, ふくの, ふっ飛ばす暴力, ふり寸刻, ふるわした, ふるわせ, ぶっつけても, ぶんなぐった, ほぐして, まかせたと, まげて, ましに, また裏返し, まはし, まわすよう, むごくあつかっ, もう一人, もがきながら, もじもじさし, もたせかけ例, もたせて, もったもの, もてあつかいかねた, もとでに, やかれどんなに, やすめながら, やっと支え, ゆがめて, ゆすつて, ゆすぶり尻尾, ゆすりあげたもの, ゆする, ゆりさげられて, ようやくこらえ, よごすの, よそおい恒川さん達, よよと畳, グニャグニャさせる, ズズズと, テーブルへ, ハッキリと, ピッタリと, マメに, ワルトンは, 一室の, 一目見る, 三人で, 上げた, 上へ, 不安状態に, 両手の, 中心と, 丹念に, 乗り入れて, 乾かしに, 二人の, 井戸端で, 人目から, 仕方で, 仰いだ, 任さうと, 任せると, 休ませたの, 休めたい気持, 休めたもの, 休めると, 伝つて耳許まで, 伸ばす度, 低めて, 作ったという, 使い過ぎた, 使って, 保つて, 倒に, 借りたい旨, 偸み, 傾けた, 働かせながら, 先ずそこ, 入れたあと, 全うした, 円くし, 凝っとは, 凭たせかけた, 出す勇気, 初めて自分, 刺して, 前のめりに, 前進させ, 創造した, 励ますもの, 動かさないから, 動かさなければ, 動かしたが, 動かしちゃ, 動かしハンケチ, 動かし通し気, 動かすので, 動かぬよう, 包むと, 半ば抱く, 半分廊下へ, 卑しくする, 厚いゴム, 反らし突込み, 収めて, 取りつけたよう, 取做, 古綿, 吊し上げわが家の, 吐くもの, 向けて, 向ふ, 吹き抜けふと, 周りから, 喩え様の, 四つに, 囲いながら, 圧しつけた, 地味な, 埋めるよう, 堅固に, 壊すと, 売つたお陰, 売るよう, 変に, 大庭の, 天秤へ, 失ふに, 女は, 委せること, 存分に, 安全な, 完成しよう, 害しないもの, 寄せかけて, 寄せ合って, 寝かした, 小さくする, 小掻, 小魚, 少しばかし, 少し座蒲団, 少し避け, 屈めねば, 山茶花の, 崩すには, 巧まずして, 巻く, 帳場格子にも, 平気で, 床の, 延べたり, 廻すと, 引き上げて, 引き起しながら, 引っ抱えた, 引外し, 弾丸の, 彩られて, 彼の, 後の, 得て, 心配そうに, 思いおこし閉口, 思ひ出すと, 息子に, 悶えて, 愛しめ, 慄わして, 憎む, 成さぬし, 成すこと, 戻しながら, 打ち付けた反動, 打つの, 扱う方, 抑えナイフ, 投げだした, 投げ出した, 投倒せ, 折りまげて, 抜け出させたが, 抱えたまま, 抱きあげたかと, 抱きすくめるよう, 抱き左, 抱き縮めた, 抱くこと, 抱へる, 押しつけるよう, 押し沈め腰, 押入の, 拭いも, 拭きましょう, 拭き急いで, 拭き衣服, 拭ふ, 持ちあぐんで, 持ち支えて, 持つた白魚, 持余し, 指す帆村, 振つて二人, 振り向けると, 振るよう, 捨てる吐血, 捩ったが, 据えました, 捻つて, 掠めて, 揉む人, 揺すった, 揺った, 揺ぶる, 揺り椅子に, 搦ましあった, 摺り寄せて, 撫でまわされて, 撫で廻しながら, 擡げたナオミ, 擲き, 支えた, 支えるよう, 故郷に, 整えた, 斜よりも, 早く水, 暖め濡れたズボン, 曲げかけると, 曲げ何, 替して, 木刀などで, 杖に, 染めて, 根張りの, 梁の, 検められて, 楯に, 構成する, 横たえたこと, 横の, 欄干へ, 歪めて, 母に, 気づかって, 水に, 氷の, 求めると, 決めずに, 沈めヒョイ, 治してから, 洗いあげく, 洗い島, 洗うのに, 洗ひました, 洗われて, 浄めて, 浮かしたと, 浮かせたまま, 海藻の, 液化する, 清めこれ, 清浄に, 温め昼, 演じながら, 濡らしたこと, 濤と, 為し藩主浅野氏, 無念そうに, 無理にでも, 焼きこがして, 熱して, 爪の, 犯さねば, 猶々御, 現わす, 用心する, 画かしめた, 疲労れさせた, 痛めても, 癒せ, 目撃し, 直すつもり, 相かわらず, 真裸に, 着せられて, 知らずに, 砂原の, 硬くし, 確り抱き締め, 示しもし, 私へ, 穢すに従って, 突き仆し, 突き飛ばし, 突差に, 窺いつつ, 立てなおすと, 端た, 粧うて, 細引で, 絞り手拭, 緩やかに, 縒ぢ廻される, 縛られる勤人, 縮めるばかり, 置くには, 翻えし, 考えると, 胎児の, 能, 腐らしたもの, 腹ン這い, 膝へ, 自動車で, 船桁へ, 苦労し, 落し蒲団, 葬れよ, 蔽うて, 虫が, 蝕んだと, 衝いて, 表わすで, 被ふてゐる, 装い続けて, 装ひ, 製出し, 覆つて, 見せず多く内的過程, 見たいという, 見たる老婢, 見つけ出しました, 見と, 見ますと, 見るに, 見下しながら, 見廻した, 視つめながら, 解決する, 託した経験, 詠み侍る事定家, 調べ出した, 貸せの, 起き返らせ主税, 起こすと, 起しかけた, 起した儘, 起し部屋, 足業に, 踏み越えて, 蹴とばした, 身持ちよく, 躱わす, 軟く, 軽くしめつける, 返して, 逆しまに, 這ひ出し, 進める道, 運ばした, 遠ざけるよう, 避けたかと, 重くし, 重苦しく運ん, 銷磨し, 鍛えるん, 鑑賞した, 開いたが, 陶器の, 隠す, 集めて, 離れようとは, 震は, 震わせながら, 青年は, 靠らせ, 頂戴いたし, 頼もしそう, 顕微鏡で, 風呂桶へ, 食い物に, 食付けた, 養うとて, 馬上に, 鯱子張らせ

▼ 体~ (2427, 16.1%)

33 中に 29 工合が, 男が 27 上に 20 男は 17 ように 16 ために, 調子が 14 工合は 13 ような, 中で 11 中を, 向きを 10 まわりに, 中には, 具合が, 方が 9 うちに, ことを, 内に, 大きさ 8 どこかを, まわりを, 上へ 7 中の, 位置を, 力が, 調子は, 重みで 6 ことは, どこかに, なかに, 工合も, 方は, 男を, 節々が, 自由が, 自由を

5 [12件] がっしりした, ことについて, まはり, もので, 上には, 上を, 周囲に, 囲り, 男に, 神の, 線を, 重心を

4 [17件] い, せいだ, ものが, 丈夫な, 下に, 下へ, 具合は, 内部に, 前で, 半分を, 工合を, 方も, 為に, 者が, 調子も, 長さ, 顫える

3 [50件] いいこと, こと, ことが, どの部分, なかで, なかにも, ほうは, ものに, ものを, やうに, わりに, 一部が, 一部だ, 一部に, 一部を, 上にも, 中から, 中心を, 人が, 何処かに, 具合を, 半分が, 可い, 周囲を, 外に, 外を, 導入を, 工合の, 工合わるく, 平均を, 悪さ, 或る, 戦法に, 方向を, 様子が, 毛を, 男, 男で, 男と, 疲れも, 疲れを, 痛みも, 痛みを, 自由は, 衰弱が, 調子を, 運動に, 重みを, 重味を, 骨が

2 [147件] あいて, あること, いい監禁, うちには, うちを, ことについての, ことばかり, ことも, ことをも, こなしが, こなしに, すべてが, すみずみ, ためだ, ためには, ためにも, つりあいを, どこかが, どこに, どこにも, どこを, なかが, なかの, ふるえが, ほっそりした, ままその, ままに, よわいという, 一要素としての, 一部分に, 上あたりへ, 上の, 下から, 下で, 下にも, 下の, 不自由な, 中が, 中は, 事情が, 二人の, 交わりを, 人形を, 他の, 何処から, 俳句を, 全体に, 内が, 前に, 力で, 力は, 力を, 加減が, 動かし方, 動かないこと, 匂いが, 厚みが, 名であり, 周囲の, 国が, 大きなもの, 大きな男, 大さ, 如くに, 始末を, 姿勢と, 小さい伸子, 小柄な, 小説を, 工合で, 工合わるし, 巨き, 巨人が, 巨大な, 弱いこと, 弱い事, 弱い亭主, 弱い人, 弱って, 形が, 形を, 後端に, 御仏, 御様子, 恰好に, 悪いとき, 悪い時, 感想を, 或部分, 持って, 振り方, 描き方, 文章が, 文章と, 文章に, 方々が, 木像を, 条件で, 様な, 毒です, 深い秘密, 滋養に, 特殊な, 男だった, 男でありました, 男である, 男の, 異状を, 疲れが, 病気を, 白骨が, 皮膚に, 秘密について, 純白な, 組織が, 置きどころ, 者を, 肉を, 自由な, 色が, 色の, 若い男, 蔭に, 血液を, 衰弱し, 裡に, 観音の, 観音は, 観音様に, 解決を, 言文一致な, 言語は, 詩とを, 調子に, 諸部, 逞しい姉, 部分が, 部分に, 部分を, 重みが, 重みに, 重みの, 重味で, 震えるの, 震えるよう, 顫え, 鬼の

1 [1417件 抜粋] あかを, あちこちしこりが, あっち側に, あらゆる筋肉, あんばいでも, いいお洒落, いいとこ, いい仕事, いい取引, いい女中, いい居残り, いい心中, いい捕虜, いい置い, いい誘拐みたい, いい駈, いずこ, いろんな場所, うごきを, うちでも, うねりが, えらい商売, おやじが, お厭いも, お客降込められ, お弱い, お花さん, かげから, かたちに, がんじ, が一人, きまりが, くずれかかった疥癩, ぐあいがよくないからいつか気分の, ぐあいがわるそうだね, ぐあいに同情し, ぐあいまで尋ね, こつこつした, ことごとくが, ことで, ことです, ことなら, ことよろしく, こと本当に本当に, こと確に, こなしから, こなしで, こなしは, こなし声の, こなし差出た, ごときお, さ, しかも俗語, しまった若い, しれない物騒, すぐれぬもの, すぐ上, ずんぐりした, せいでなく, そぶりなど, ためと, ためにと, つかめない色々, つかれを, つくりが, つめたいの, とおるくらいの, どこかでは, どこからか, どこへも, どこやらに, ない形, なかを, ぬくもりは, はいられるだけの, ひどくつかれた, ひねり具合で, ひよわい小竹, ふりようと, ふるえを, へんな, ほそい娘, ほとけの, また胖, まま, まま傷つき倒れ, まま手も, まま表に, まま遊び戯れ, まわりにゃ, むきを, もあります, もちかたが, もてる限り, もの, ものであった, ものでしょう, ものな, ものは, やすまる暇, やつれたの, よいお, よい殺人, よい謀叛, よごれを, よわいつや子は, よわさ, わからない言葉, アガキが, サボタージュで, ダーリヤ・パヴロヴナは, パルプが, マメな, リズムも, 一つ一つとして, 一人の, 一文云々という, 一片や, 一等卒に, 一部として, 一部分だけが, 一部分にでも, 丈夫さうな, 上から, 上においても, 上下が, 下屋敷へ, 不安と, 不自由だった, 両側へ, 中だ, 中二体焼け, 中心に, 丹智さんが, 主人公をば, 事, 事より, 事情について, 二人連れの, 二種を以て, 五つから, 亡骸は, 人々が, 人でありまし, 人一倍丈夫, 人柄に, 人造人間が, 人間でも, 人間の, 人骨が, 仏が, 仏像が, 仕型, 代りに, 仮名を, 会真, 位置で, 何のと, 何物たるを, 保養を, 俺が, 健な, 健康を, 傷手が, 元気にも, 光景だ, 全力を, 全面丈けは, 具合がが, 具合も, 内からとも, 内部から, 再建の, 冷え切る, 出られるぐらいに, 分子や, 利く奴, 前の, 前後左右から, 割には, 割合に, 力でなけれ, 加減で, 勇者を, 動かし工合, 動きで, 動きを, 動けない事, 勢いに, 半ばを, 半纏着を, 単位, 危険を, 原理から, 古めかしい仏像, 可い自殺, 右半分を, 合せ鏡の, 名の, 向を, 吾輩が, 周囲で, 周囲へ, 和幣三本を, 唱導の, 善い泥棒, 四方に, 回復が, 団員の, 固め眼の, 圧を, 地蔵尊の, 基本は, 境界に, 壮佼あり, 変化に, 外からは, 外へ, 外側へ, 外部に, 大きいどっち, 大きいソヴェト市民, 大きい叔母, 大きい王さま, 大きい給仕, 大きく力, 大きなアバタ面, 大きな象, 大柄な, 太つたの, 女が, 女は, 好い, 好い事, 好い嘘, 如く世間, 始末に, 姿勢そういう, 婦人車掌が, 子ども地蔵が, 存在である, 完備を, 官能的な, 客が, 容体を, 容易ならぬ, 密度が, 小さいせい, 小さい五, 小さい動作, 小さい小童, 小さい息, 小さい雌鶏, 小さな赤黒い, 小唄, 小説が, 居ずまひ, 屈強な, 山, 崩れた渡辺, 崩れる音, 工合いがよく, 工合さえ, 工合でも, 工合まで, 工合午後から, 左慈そのまま, 己を, 幅の, 平面斜めに, 幽霊も, 建設的破棄である, 弱いため, 弱いツルゲーネフ, 弱い塚越, 弱い娘, 弱い母親, 弱い自分, 弱くその, 強弱に, 当りが, 形にも, 形式に, 形状大小についても, 彫刻的及び, 彼女が, 後肢の, 循環を, 忙しかった, 怖ろ, 性質から, 恋着の, 恰好など, 恰好を, 悪いこと, 悪人なり, 意志である, 意義を, 感じは, 感情が, 懶いところ, 戦法への, 戦闘機の, 手法を, 押されて, 持つ気持, 持主で, 振動自身が, 支えかたも, 放射を, 故障を, 散文よりも, 整数論を, 文字で, 文章がの, 文章では, 文章も, 新体詩見た, 方向性磁気指力線と, 景物詩, 暗い奴等, 曲線は, 最も美しい, 有つ, 木乃伊そのものには, 末流を, 条件に, 板が, 栄養補給が, 格好の, 検査迄, 概念の, 構えには, 構えは, 構え先ず先ず, 構え目の, 構へ, 構造最も異に, 様子そしてまた, 様子を, 横手から, 機縁を, 歌なり, 正常振幅, 死体だった, 母である, 毒でござる, 比重, 毛の, 氏子組織を, 気持は, 氷に, 汗を, 決定性から, 法螺談大, 洞に, 液体である, 清らかな, 温さ, 温り, 温度が, 漸進的衰弱短期では, 火の, 無限なる, 熱力学の, 爪は, 物質である, 状態が, 狂いを, 独立という, 現実については, 現象に, 生命だ, 生命現象を, 生活は, 生理的な, 男だの, 男も, 男甲走りたる, 異状に, 疲れるの, 疲労が, 疲労れた, 病, 病人ばかり, 痛いの, 痛みに, 痩せて, 発展の, 発育期で, 白衣も, 皮を, 皺襞については, 盲目の, 真の, 真中頃を, 真黒な, 眼球の, 知れない恐怖感, 知れない支那人, 知れぬこと, 知れぬ怒り, 知れぬ白覆面, 知れねえ瘡, 短詩として, 研究が, 硬さ, 祖霊です, 神様の, 私, 秘仏が, 秘密を, 立像が, 第二, 筋一つ動かさなかった, 節々も, 精力を, 精華を, 細いため, 細胞であり, 組立てが, 組織は, 絵の具が, 線も, 練磨という, 縮まるよう, 羅漢の, 美を, 者じゃ, 者である, 者に, 者や, 耳と, 肉にも, 肉塊を, 肥つた血気の, 胴体を, 脂肪を, 腐つて, 腰帯に, 膩き, 自由だけでも, 自由利けしません, 良い口調, 色から, 色白の, 若い者以外, 苦しみも, 萎びて, 落着きを, 薄黒色, 血が, 行き場の, 表現として, 衰えとともに, 補いに, 見通しでも, 観音様が, 解剖などは, 触感は, 詞章の, 詩は, 詩篇とを, 説明句の, 調子から, 調子によって, 調子はい, 調節を, 諸山が, 賀川君は, 赤外線透過度を, 跡を, 軌道は, 転がって, 軽い私, 輪郭までを, 輻射により, 途に, 連中が, 週期的すべり, 運動が, 遣り場が, 部分, 部品を, 重い方, 重さ, 重量で, 釣合いよう, 間から, 陰にな, 隅が, 雲なんて, 震い出したの, 青年である, 項参照, 頸には, 養生を, 馬来人は, 骸骨だった, 魅力に

▼ 体~ (1574, 10.4%)

14 弱って 12 弱くて 10 疲れて 7 弱いの 6 すくんで, 弱いから, 浮いて, 自由に 5 だるくて, 宙に, 弱いと, 急に, 悪いの, 悪いので, 震えて

4 [14件] つかれて, ぶるぶると, 丈夫に, 大きいから, 小さいので, 小さくて, 延びて, 悪いと, 悪くて, 痩せて, 自分の, 衰弱し, 震えた, 顫える

3 [34件] あいたので, あいて, あたたかに, あたたまって, ある, いくつあっ, くるくると, しっかりし, しびれて, すきとおって, ぞくぞくした, ぞくぞくと, ふらふらし, もんどり打っ, 冷えて, 出来て, 動いて, 固くなっ, 大きくて, 宙を, 小刻みに, 怠い, 悪くって, 悪くなっ, 悪くなった, 水に, 熱くなる, 空を, 綿の, 縮むよう, 軽くなった, 雨に, 顫え, 顫えて

2 [89件] あいた, あって, あれば, いやに, お悪い, かたくなっ, くさって, ころがって, しゃんとし, すくむやう, それに, ぞくぞくする, だるいと, なおるまで, ふるえた, ふるえて, ふるえるよう, ふるへて, ふわりと, ましに, もって, もとの, やせて, よくない, よくなったら, よくなる, わな, わなわなと, わるいの, わるければ, スーと, 一層縮, 丈夫で, 丈夫なら, 下へ, 不自由な, 二つに, 元気だったら, 前へ, 堅くなっ, 堅くなり, 外部の, 大きかった, 大きくては, 天狗岩の, 妙に, 存在する, 尋常で, 小く, 小さいから, 小さくても, 少し悪い, 幾つあっ, 弱いので, 弱かった, 弱くては, 悪い, 悪いわけ, 悪いん, 悪かった, 悪くなる, 持て余されて, 揺れて, 斜に, 朽れまし, 柔かくて, 横たわって, 横に, 横わっ, 汚れて, 浮くよう, 痛いの, 白くて, 着物だけの, 硬張っ, 立って, 腐つて, 苦しくない, 角張って, 言うこと, 谷川に, 軽くなる, 透明に, 達者に, 重いので, 重くて, 頭から, 飛び上るほどの, 馬鹿に

1 [1136件 抜粋] ああやっと, あいちまったので, あくから, あくまで待っ, あたたかくなります, あたたまるもの, あった事, あつたら, あの探照灯, あまり丈夫, ありありと, あれから, あんまり肥え, いい気持, いかにも巧妙, いかにも落ちつい, いくらか, いくら雨に, いたくて, いまでは, いよいよ弱く, うごかなかった, うすくなっちゃった, うめきだしたが, おそろしく巨, お島, お弱い, お悪く, かういふ風, かくれるよう, かたどられて, かぼそい, がたがたふるえ, がたがたふるえる, きかないの, きかぬと, きつくて, きょときょと後ろ, ぎこちなかろう, ぎごちなく, くずれる, くたくたであった, くるしかった, ぐつたり熱く, ぐらぐらしてる, けだるく時々, この世の中, この場合浮彫, こわばったり, こんなで, さわる事, しきりにもまれます, しっとりし, しびれる位, しゃんとしない, しゃんと立てない, じんじんする, すくむよう, すぐれぬと, すこしだるく, すこしも窮屈そう, すっかりよくなっ, すっきりした, すっぽりと, すでに入門, ずんずんと, そうやっ, そこの, そのせつな, その本相, それと, そんな風, た, たいへんに, たしかに母親, たといどういう, たまらぬと, たまりませんね, たまるまいよ, だしぬけに, だるくなっ, だるく極端, だんだんしびれ, だんだん弱く, ちがう, ちらと, つけられて, つめたくなる, つりさ, とうとうこの世, とても無理, どうかし, どうなった, どうもほんとう, どこに, どたどた, どんどんきれい, どんなに小さく, なおれば, にわかにぐらぐらと, ねむる時, のしかかって, はがれなくて, はじめて自分, はっきりと, ばらばらに, ひっ附くよう, ひとりでにすっかり沈ん, ひどく弱い, ひどく疲労, ひどく細った, ひよろひよろ, ひらりと, ふがいなくも, ふとって, ふるえる, ふるえるやう, ふるえる程いや, ふるへるやう, ふわふわと, ぶつかった, ぶるぶるッ, ぶるぶる震え出した, へとへとに, ほっと熱ばん, ほてり身ぶるい, ほのぐらい室内灯, ほんもの, ぽちゃぽちゃし, ぽっとあつく, まえで, まだ其の, まつかに, まるで空気, まるまると, むしばまれて, めり込むや, もう一寸何, もたんつく, もちにくい, もったりと, もつたりと, やがてほかほか, やっと入る, ゆられるの, ゆれると, よくこれ, よくなった, よけい畸形, よろけ合ったかと, よわくて, よわったよう, らくになった, わくわくと, わなないて, わるい, わるいという, わるかった, わるくなった, ガタ, ガチガチふるえる, ギシギシし, シーンと, ズデンと, デカイから, ドッと, ネト, ビクつく, フーッと, ベッドの, ポーと, ワナワナ震え, 一つでは, 一つ一つ積極的な, 一つ大きく, 一丈二尺の, 一個所膨んだ, 一寸八分しきゃないとかいうあれをもじってみんなが, 一層懶かっ, 丈夫である, 丈夫でなく, 丈夫で肥っ, 上へ, 上を, 不器用に, 不意に, 両手の, 乗ったそれなり, 乾きあがる感じ, 乾瓢の, 二つも, 二ツにも, 二階へ, 五つも, 人並でない, 人目も, 今にも仰向け, 今何よりも, 今程, 仰向けに, 休まるという, 何かに, 何事をか, 何処へか, 余りに偉大, 保つまい, 倒れて, 健全でなけれ, 傍に, 元どおり, 元気ない, 充分通れる, 入るだけの, 入用だったら, 全く無事, 冷えかけた, 凌ぎよく, 凍えるよう, 凝り固まつて, 刀を, 分りませぬ, 分銅の, 利かないと, 利かなくなって, 利きなさらねえたった, 前かがみに, 前晩あたり, 動いたもん, 動かず三つ四つ, 動かせなかったの, 動かなかったし, 動き出して, 動くと, 動く時, 勝れないで, 十分丈夫でない, 千鈞の, 半分痺れた, 厚くじゅんさい, 又少し吐き出された, 反りかえるよう, 同じ振動数, 吹く風, 喘息病みの万年床に, 四尺ぐらいに, 固くなる, 地に, 地の, 垢に, 壊れかかったセルロイド, 変る, 夏草の, 大きいばかり, 大きくくゆったり, 大きくなりました, 大きく腕力, 大事だ, 大儀だ, 大儀に, 大切だ, 太った者, 太十, 好かった, 好けれや, 嬰児の, 孤絶し, 宙が, 室内の, 寒いよう, 寒そう, 寸法の, 小さいほど, 小さくなつた, 小さく尖っ, 小岩を, 少しまし, 少し慄, 少し落, 岩の, 崩れたと, 崩れるよう, 左右に, 平常で, 平常に, 底の, 延び足, 引きずられ体, 引き戻されると, 引ッかかった, 弛い, 弱々しかった, 弱いこと, 弱いたち, 弱いところ, 弱いん, 弱かったらしい, 弱くちゃ, 弱くなった, 弱くなる, 弱く人手, 弱っては, 弱る, 弱るにつれて, 弱るよう, 強健で, 弾丸に, 彼の, 御なおりあそばしたなら, 御仁体なり, 心配で, 必要と, 快くなったら, 怖ろ, 思うよう, 怠けるばかり, 悪いしっかり, 悪いという, 悪いよ, 悪かつ, 悪くなつ, 悪くなり, 悪るい, 悪化しない, 意外な, 慄然と, 懈い懈いと, 手を, 拭かれ頭, 持重りが, 揺いで, 整うて, 日本の, 明かに, 暇な, 曠野の, 曲つて頭が, 朝は, 未知な, 本当に弱られた, 来て, 果してやはり愛すべき, 柔く, 根笹の, 案じられまする, 椅子の, 極度に, 楽で, 楽です, 楽に, 権の, 横たわった, 樺太庁は, 次第に腹の中, 欲しい, 武骨で, 段々と, 段々重く, 気分わるく, 気懈く, 水煙と, 永遠だ, 汗ばんで, 沈んだ, 泳ぎ出し始めた, 活, 浪の, 浮き上つ, 浮く, 浮動し, 海草の, 浸って, 涼しくなった, 混んだプラットフォーム, 清浄に, 温まつて, 温まるにつれて, 温もらぬ, 満潮に, 溶けて, 演説口調に, 火の, 無抵抗に, 無比の, 無限に, 焼きつくされるよう, 煎餅の, 熱くなり, 熱と, 片輪, 現われねえのみ, 生きるという, 生き縄, 生れようと, 異常な, 疲れずに, 疲れやすく, 疲労れた, 痒くなる, 痛いので, 痛くって, 痛くなる, 痛む, 痺れたは, 癒ったら, 癒る, 白いから, 直にそれら, 真の, 真実でない, 真直に, 砂を, 破れシャツ一枚に, 硬ばったよう, 私の, 穏か, 空いて, 空きませぬが, 突然がたりと, 窮屈に, 立ち直って, 竦むの, 端の, 粉みじんに, 納豆の, 紙帳へ, 続くまいと, 緊まっ, 締まったところ, 縒れるよう, 縮んで, 肥えてな, 育ったり, 背中へぐ, 腐りかかって, 腺病質な, 自ら剛く, 至って健康, 良くなかつた, 色んな野心, 苦しいので, 苦しくなっ, 草色の, 萎縮する, 落ち込まぬよう, 蒸発し, 薄白く, 蛇で, 血の, 衣絵さんの, 衰へて, 襖へ, 見えない, 見えねえん, 見え出しました, 見つかったとき, 触れて, 触れるあらゆる, 記憶力の, 赤いから, 起き上がる, 跳ぶ, 踊り出す目, 軟い, 転がり縁側, 軽いので, 軽くなっ, 辛い昨日, 透き徹る程, 這い込んで, 運ばれるだけでも, 達磨の, 達者で, 達者なら, 邪魔を, 重いから, 重くなっ, 重くるしいので, 重たく水底, 金の, 鉄塔ごと左右に, 鎔けて, 長いから, 陸地へ, 障子に, 雪やら, 電気か, 震える, 震えるほど, 震え出すよう, 震動の, 音も, 頭の, 顫うのとを, 顫ひだした, 風も, 馬鈴藷や, 髣髴と, 魚屋やれ, 麻痺した, 黒い膚

▼ 体~ (1341, 8.9%)

49 なって 37 して 11 気を 10 つけて, なった 7 毒だ 6 なつた, よくない, 力が, 手を, 着けて, 見えた 5 巻いて, 隙が 4 しみて, 力の, 塗った香料, 異状が, 見えました, 見える

3 [15件] しては, ついて, なったの, なったよう, なるの, 傷を, 分れて, 力を, 害を, 持って, 書いて, 注意し, 無理を, 相違ない, 足が

2 [60件] お見う, かかって, こたえるの, こたへるので, されて, さわっては, さわりますから, さわると, しがみついて, その原因, つけだしたが, なる, なるか, なること, ぴったりと, ふれられるの, もてなして, 中ろうと, 五分の隙も, 似合は, 備わって, 入って, 分けて, 合って, 合わせて, 展開し, 属すと, 属するもの, 当たって, 怪我でも, 悪い, 感じた肝腎要め, 捲きついた, 於ては, 於ても, 楽を, 残って, 毒が, 汗の, 波を, 深く心魄, 痛みを, 石の, 精分を, 腕を, 見えて, 見えます, 見えるの, 触って, 触れた, 触れて, 触れること, 言った, 附けて, 附加する, 降りかかる白雪, 障りは, 頭を, 風を, 驚いて

1 [982件 抜粋] あたえる, あった窪みを, あの変, あらず, ありつたけ, あるかには, ある打撲傷, あれば, あわせては, い, いいこと, いい出すと, いけないって, いささか拍子抜け, いたして, いっぱいであった, いつなれる, いやな, うけた手傷以上, うつ, おぼえた, およぼす影響, お坊さん, お病, かえったそう, かえるか, かかった, かけた湯, かけられたよう, かける毛皮, かなり満足, かまけて, かわるの, くっついたもの, くっついては, くつつく, くらべて, ぐなりとした, こたえた夏, こたえよう, こたえること, こたえるのね, こたえるもの, こたへるもの, この害, この額堂下, こめて, ござりまする, さはる筈, されたの, さわった時, さわらせて, さわりは, さわるからと, さわる風, さわろうとでも, しがみつく, した上, しつくり来ないし, しても, してやりたいからね, しなだれかかったらしい, しみこむの, しみわたったので, しょんぼり立っ, じかにあたっ, すくなからずひかれ, すこしあか, すりよせた, するつもり, するん, ずっと上, そこの, そのアクセント, その塊, それを, そんな秘密, ただならぬ様子, だぶつきかげん, ちょっとだれ, ついた汚点, ついた肉襦袢, ついて行った時計, つく, つくろつて, つけた, つける必要, つたわる並木道, つまずいて, つりあう足, つり合わない声, できて, とらわれる, とりつけて, どんな変化, ない役, なったいきさつ, なったが, なっただろう, なった私, なってからの, なにか変った, ならねば, なられること, なりたいの, なりましたか, なりましたれば, なりますと, なり乾燥, なり後, なり私, なるであろうと, なるに, なる私, なれたのに, なんとなく殺気, ぬられて, はっきり書き, はなつて, ひたと身, ぴったりよりつい, ぴったり篏, ぴつたり工合好く, ぴつたり着いた, ふさわしく小さい両方, ふりかけて, ふれたでは, ふれると, ぶつかって, ほおずりしました, ほろりと, まいて, まきついた, まきつけやっと, まけて, またまた異常, まとい, まといました, まとった, まわって, みちた, めくらじま, もたれかかって, もてなし旅, もとづく快楽, やや低い, よいという, よくきく, よく合わない, よく見, よりかかって, わるいこと, わるかった, カスリ傷でも, コバルト色シャツの, ドイツ婦人と, ボール紙の, メルデ実験に, 一生の, 一面に, 下帯一つ半紙を, 不具であるだろう, 不釣合な, 与るパン, 中る鞭, 乗しか, 事を, 二度も, 交って, 今も, 今脈うっ, 伝わった, 伝わって, 似あわず元気, 似たもの, 似合う薄め, 似合はず容貌が, 似合わず吃驚, 似合わない大声, 似合わぬ強い, 住む我ら, 何の, 何所か, 作って, 佩びまた, 侍り, 倒れ団扇, 倣ひ, 傷の, 元気が, 先づ, 免じて, 入り心肝二臓, 入れて, 具体化しよう, 冷水を, 出会した事, 出逢う, 利き目, 前よりも, 創を, 加茂の, 効くよう, 包括せらるる, 化けるのに, 十分気を, 危害を, 厚ぼったい霜降り, 及ぼして, 及ぼす害, 友禅模様の, 反抗する, 取つて返し, 取りつくろい将軍家, 受入れる力, 叩き込んで, 合うところ, 合せた具足, 合った背広服, 合は, 合わしては, 合わせれば, 合わないよう, 合わない無, 合わない衣服, 同じ血, 吸いつけたよう, 吹聴し, 呻吟し, 咬み付いたまま, 品も, 喰っついて, 四階造の, 回ったが, 回復した, 圧しつけながら, 堪えがたい気, 塗つた香料は, 塩まい, 墨染の, 変じガス体, 変ったこと, 変わりが, 変調が, 大どくだろう, 大礼服, 奇怪な, 妻の, 実にわるく, 容れた, 宿るの, 寸法が, 小さい枠, 少しでも, 就いての, 就ての, 巣喰っ, 巻きつけながら, 巻き付けて, 帰った時, 平べ, 幾廻も, 引き据え上, 張りきらした肉感的, 弾力の, 当った, 当ると, 影響し, 得三, 復したの, 微笑を, 心に, 忌み嫌われた細菌, 快くも, 思った, 思わず腕, 恢復し, 悪いところ, 悪い事, 悪うござんす, 悪寒の, 悪戯を, 惚れて, 意外な, 感じられて, 感じられるの, 感心する, 慄え, 成るので, 戻ったの, 戻らぬと, 打ち悩まされここ, 打つかった, 打附, 扱える程度, 抱いた感じ, 押寄せて, 持たせた二人, 持て做, 指でも, 指一本でも, 捲き付けそうして, 掛かる, 控え目に, 描いて, 支へ, 改革せられたら, 故障ある, 敏感な, 敷かれて, 新聞記事に, 於て, 早ねは, 暑気は, 書きつづりしもの, 書き直した二冊, 書を, 最初の, 有益な, 果たしてよく人, 染み渡ったよう, 桃色絹の, 植え移され忽ち, 樹皮の, 次から, 止まりました, 正しいとも, 歩く馬, 残れる本来, 毒した, 毒でございます, 比較し, 気づいて, 気息を, 汗が, 沢山の, 油を, 泌み込ん, 派手な, 浴びて, 海の, 涼しい風, 添うて, 湯気が, 滲み出して, 滲透らせ, 潰瘍や, 瀟洒と, 火が, 灰色っぽい, 無理が, 無理に, 照り映えるころ, 熱が, 爪を, 牝を, 猛烈な, 猛然と組みついた, 現して, 現われて, 生命を, 申しくろめ三谷さん, 申せば, 異変が, 異状は, 疵が, 病いを, 痙攣する, 癒りたい, 白タビを, 目を, 目立ない渋い, 直接影響を, 直面し, 相当した, 相見え, 眼を, 着いた一切, 着物を, 破れた着物, 磨きを, 祈り下して, 私の, 秘密に, 移して, 突き込む, 立たずに, 答うる, 簡単なる, 米琉の, 粘ばり, 紅入, 細くて, 絡わりつい, 綱を, 綿密な, 縦に, 纏い付けて, 纏った, 纏まって, 纏わって, 美しいです, 羽が, 羽毛を, 聞いて, 肉が, 胡坐の, 胸を, 脈うっ, 膝で, 自信ない, 自分の, 致し成し事情探索, 色目を, 茶碗を, 草鞋裁付を, 落着い, 蓋を, 薄手な, 虫を, 虱が, 行きわ, 衝動を, 被見, 裾を, 見うけられる, 見えたけれども, 見えないところ, 見えるが, 見え一代, 見せかけるべく撮影, 見せかけ明るき, 見つけた, 見上げ候, 見出されると, 見受けられき, 見渡した時, 親が, 触らせながら, 触りますぞ, 触れない前, 触れられたもの, 触れるばかり, 触れる事, 言い做し皿, 記述し, 詰め込んだの, 財布を, 赤地錦の, 起りそれ, 足を, 跳びかかりその, 蹲ま, 車の, 近づくの, 返りますと, 迫つて来る, 這入つて, 通ずる時, 通ぜずして, 通信が, 造った点, 進んで, 過ぎない, 過ぎなかったので, 過なかつた, 遮られ隠されて, 重々しく威厳, 重さうに荷物, 重傷を, 鉈を, 鉛筆で, 鋭敏の, 長い間, 間違いの, 闇黒を, 附けなければ, 附ける事, 降りかかって, 降り濺ぐ, 障ったよう, 障らなければ, 障らぬお, 障りますやめて, 障ると, 集らせたくないので, 雪の, 電気が, 青い蔓, 響いて, 頤で, 類推した, 飜訳した, 飾りつけの, 駄目だ, 驚いては, 鳴る三つ, 黄巾赤帽を, 黒い染み, 黒ちりめんの

▼ 体~ (1147, 7.6%)

5 いかがです, 急に 4 宙に 3 そこから, どうです, 一つの, 丈夫で, 下に, 元の, 完全に, 宙を, 彼の, 横に

2 [57件] いかがでしょう, かれの, くるくると, どうでしょう, どんなで, なんの, ひらひらと, もんどり打っ, よろよろと, キリキリと, 一般的に, 人に, 今にも何, 他人の, 仮の, 何か, 善いの, 地の, 大丈夫な, 大切に, 小さいが, 小柄で, 小柄である, 岩の上へ, 床を, 弱かった, 後ろの, 慄え, 散々に, 朱に, 水の, 湖心寺の前へ, 疲れて, 疲労れ, 痩せて, 発達し, 相変らずです, 石の, 硬直した, 綿の, 肥満し, 自分で, 自分の, 自然と, 自由に, 苦も, 蘆の, 見る見るうち, 軟かな, 隣の, 離れても, 青黄ろく, 非常に, 鞠みたいに, 鞭の, 顫え, 骨に

1 [989件 抜粋] あおむけに, あたたかに, あの壁, あまり丈夫, ある大きな, あゝでも, いうこと, いきと, いたいたしく痩せおとろえ, いったい何, いつとは, いつのまにか二ひき, いつまでも, いつも熱く, いびつ私の, いよいよはげしく, いわゆる逓累話, うしろの, うっすらと, おのずから片身向い, おれが, お前の, お米, お酒, かたく死ん, きかない, ぐったりつかれ, ぐにゃりとなり虚脱し始め, こっぱみじんになってしまいます, このほう, この城内, この通り湯気, この頃, ころがるよう, こんなに小さい, こんなに貧弱, さか, さすがに, さっきから, さてさて尋常事, しかしそれ, しなやかである, しゃんとし, すくなくとも三重, すぐ途中, すこぶる頑強, すずしい柔らかい手触り, すっかりよく, すでに幾つ, すでに自然, ずっと調子, ずるずると, ずんずん伸び, そなた, そのままふんわりと, そのまま沈ん, その下, その中, その個々, その反対, その日, その歌, その物語, その金盥, それきり実家に, それより, そんなに悪く, ぞくぞくとして, たいへんはげしい, たくさんたくさんで, ただ一つ, たちまち押し上げられ, たちまち胴中, たっしゃの, たまを, だれの, ちいさいが, ちゃんと拭い, ぢつ, つづいて, つり合わない, とたんに動物的, とてもいい, とても痩せ, どういうの, どうかしらと, どうでした, どうなっ, どうもありません, どうも相, どこが, どこまでも, どしんと, どちらかと, どっちかと, どんとその, どーん, なくつて大小, なして, にわかにその, はげしく揺れた, はたして徳義, ひきそばめて, ひとりで, ひどく細そり, ひよわいので, ふきとばされそう, ふらふらと, ふわりと, ぶるぶる顫, ほとんど自由, ほんとに痛々しい, ぼっと熱く, まさしくあちら, まさしく市兵衛, まさに十九世紀, またおれ, またへん, まだそのまま姿勢, まだ充分発育, まだ十四, まだ堅く, まだ未熟, まだ発見, まだ老耄, まだ若い, まっさ, まっ直, まるでだにの, まるで薄い, みごとに, みだれたの, みるみる暴漢, むちむちと豊かな, もうこれ以上骨, もうすっかり検査, もう五六尺上, もう地球, もう波, もう耳門, もう駄目, もちろん骨一本, もっと小さい, もとの, もとより以来, もはや単なる, もはや社会的, やがて牆, やせ細り尻尾, やはり米友, ゆうべが, ゆるやかな, よくない, よく出, よく見えない, よし手, よその, よろめいて, わたしには, わなわなふるえ, わるいし, わるくな, エレーナの, グッと, グニャグニャと, ゴム毬が, スーと, ズルズルと, ヒラリと, フランソアより, ブルッセルに, ヘトヘトに, ポクリと, モチ竿に, 一たん岩に, 一つも, 一めんに, 一人の, 一体どうした, 一層力無げ, 一層衰弱, 一朶の, 一角に, 七日の, 丈夫だ, 丈夫です, 三月ほど, 三綱五常も, 不具もしくは, 不滅なる, 並木の, 中心を, 丸く縛り竦められ, 二つあ, 二三度前後に, 二十四日以来可成り, 二隻の, 五寸も, 亡びても, 人後身は, 人間の, 今も, 他ならぬ, 仰向, 伸びを, 低能の, 何んと, 侏儒みたいに, 依然として顫, 倒れて, 健康な, 傍若無人を, 僕自身ハッキリ, 充分に, 光りを, 全く以, 全体金茶色で, 八島に, 公園裏を, 其頃でも, 内陣の, 再び花, 凍っちまいますわ, 凝結した, 切るに従って, 刹那の, 前のめりに, 前よりも, 割合丈夫, 動かさずに, 動かせないまま, 動かなくなって, 勢いよく地上, 勾配の, 十六位かと, 十四です, 半分以上口の, 単に所謂全体主義, 単衣もの, 反対に, 吉原に, 唐船出入す, 四五人が, 図ぬけ, 土に, 地ひびきを, 地へも, 城中にて, 塔の, 壮健か, 売らぬ, 変化自由の, 多病にも, 大いが, 大きいけれど, 大きな野望, 大二郎の, 大分回復し, 大層好く, 大砲を, 天秤棒の, 夫の, 女の, 如何で御座います, 妙に, 孔雀の, 安らかで, 宙で, 実在せず, 家の, 寒くなっ, 尊いもの, 小い, 小さいし, 小さく四年生, 小づくりで, 小石にでも, 小門の, 少しも, 少し変, 山の, 山へ, 崖の, 崩れて, 崩れるよう, 巌流の, 川へ, 巴旦杏の, 常に私たちはじめ天地, 常態には, 年々いくつか, 幸いに, 幾十丈幾百丈底の, 床上に, 庭に, 弛緩し, 弱いし, 弱くなっ, 弱く時々, 弱って, 弱るどころ, 強い, 強うございます, 強健だ, 彼を, 後日ミロの, 心棒の, 快いかな, 忽ち何人, 怒りの, 急流に, 恐怖と, 息を, 悠々と, 悪寒に, 意外に, 愚か美しい, 戸に, 戸棚の, 手さぐりに, 投げ倒された, 押潰される, 拭いても, 振子の, 故の, 敏捷らしく, 敵を, 斜めに, 既にもう其処, 日に, 日本人の, 昂奮の, 明白に, 昼間見, 普通に, 曲り出した, 最早トラ, 木の実の, 木葉微塵と, 本来無限性の, 机に, 朽木倒れ, 束縛せられ, 松の, 枕絵の, 枯木の, 柱と, 梁に, 棟木の, 榻に, 権助の, 横の, 欠落状態を, 次第に蛇, 武公子から, 武蔵の, 死を, 死んでも, 殆ど車体の, 殺すこと, 気味の, 氷よりも, 汗ばんで, 池の, 決して温まる, 油の, 浪に, 浮船刃は, 海中へ, 消えて, 深いがけ, 渋面を, 湖水の, 溶けて, 漬けたよう, 激昂に, 火の, 烈しい弾み, 無形である, 熱く燃えさかる, 燈心の, 物の本などで, 物質から, 特別人間離れし, 狐よりも, 猴の, 獣に, 率いるもの, 生まれ変わったよう, 畜生同然に, 畳付の, 疲れ気根, 疲労れ切っ, 疾風を, 病院に, 痩せた骨太, 痩せ骨, 癒らねえ, 皆さんの, 皆まるで, 皆萎える, 目に, 相変らず, 真っ赤で, 眠くて, 瞬く間, 矢張石山さんが, 石地蔵なる, 砂原の, 碌に, 磁石の, 神に対し, 私の, 窟の, 笑ったまんま, 筋肉が, 粉微塵だ, 精細な, 素早く横, 細いだが, 細工場にて, 線路の, 縞馬の, 罪の, 美しく見えた, 耳が, 肩も, 背後から, 背後向きに, 能うかぎり, 脾弱かつ, 腐るん, 腸が, 自らそれを, 自然に, 自由でも, 至極小ぢんまりで, 舷を, 苦しいけれども, 莚床へ, 華やかな, 落ちないで, 蓋を, 蔓で, 薄樺色, 蛇の, 蟇の, 血で, 衣に, 衰えて, 袋の, 裸に, 褪せた尻切, 見えなくなった, 見て, 見られたもの, 見当らずそこ, 誰やらが, 調和の, 谷底まで, 賊勢の, 贅肉と, 赤黒く光沢, 跳りあがっ, 軽々と持ちあげられた, 軽く揺れた, 軽軽と離屋, 近い丈, 逞しく顔, 遊女から, 遠く行け, 醜悪だった, 重い緞子, 金剛身じゃ, 鉄の, 鍛えて, 長さ数寸, 長身髪は, 防水扉を, 階段を, 雛壇の, 離れること, 雲霧の, 震える程, 静かに, 音楽家の, 頑丈な, 顛倒り, 類体なりという, 風に, 風鳥の, 飛べり, 飯田町なる, 馬もろとも, 髪を, 魑魅魍魎の, 魚雷くらいの, 鳶に, 黒い枝, 黒と

▼ 体~ (544, 3.6%)

7 あつた 6 帰って 5 それを, 書いて 4 逃げて 3 ござります, 椅子の, 自分の

2 [18件] あッた, おらんと, この先, この座敷, ござりました, しばらくは, それは, 何かを, 働いて, 入って, 再び旅, 恐入るが, 感じて, 押して, 昼間働い, 甲種に, 知って, 私の

1 [472件] あなたに, あの大屋台, あんな大きなお, いくども, いささか茫然自失, いずまいを, いた時分, いよいよ犬, いられたが, いられる, いる, いると, いるの, いる時分, うかうか外へ, うちへ, おまけに, おりんは, おれの, お暇, お角さん, お買物, かいて, きょう立つ, くわしく書い, ぐいと美しい, こういう折, こう言い出しました, こう言葉, こちらを, この場, この集合体, これは, これも, こんなに悶え, こんな宿世, こんな所, こんな靴, ござえして, ござりましょ, ごつごつした, さてどこ, しかも優秀, せう, そういうあいだ, そういううち, そう云いました, そこを, そのまま行き過ぎる, その垣根, その店, その数大凡三十人許, その話, それで, それに, そんな母子, たいていは, ただ使者, ただ烟, だが兄貴, つまり実験, であった, できて, できること, でジルベール, とり立てていうほどの, どのよう, どんな女, なぐさめたの, なにより, にこにこ笑い, はござりませぬ, はしっこく, ひかれて, ふっと吹い, ぼんやりし, まだ歩きつづけ, みな引き揚げた, むしゃりと, もって, もどったところ, もどって, やって, ゆったりと, ようこ, よくあれ, よくでき, よく大胆, よもやまの, よろよろと, わかる, わが家へ, わざわざ伊勢, わしに, わめき続けた, ゐて, イタリア人の, オズオズと, ガタガタと, グルリと, コーンヤックの, シオシオと, スタスタと, ステッキと, チンチンチャイナマンと, テレリと, トーテムとか, ト立とう, ドギマギし, ドシドシ前進する, ニコニコし, ニュアンスと, バタバタと, フンドシ一つで, プッツリ言葉を, プラットフォームから, ボンヤリし, ポカンと, ポーズする, 一つ屋敷に, 一人が, 一人残らず捕らえられた, 一升からとは, 一向支度, 一文菓子の, 一枚一枚畳を, 一気呵成に, 一生懸命に, 一般に, 三甚の, 上り口に, 下から, 下へも, 下りつい, 両側が, 主君の, 久しぶりで, 云った, 仁王立ちに, 今一番富士太鼓を, 休んで, 位置を, 体操を, 何か, 何でふたたび不知哉丸, 何の, 余は, 使者の, 例の, 価値を, 傍の, 働いた方, 働けないもの, 先刻からの, 入水後已に, 全身に, 其の上最初, 写真を, 冷たくなった, 出合って, 出来た球, 出来ない仕事, 出発した, 出立した, 初めて実証, 初めました, 前髪姿の, 労働手段体制自身によって, 労働者からは, 労役に, 包んで, 十度ほど, 半分死ん, 南条の, 又酒, 反問した, 取るが, 可恐し, 各自に, 向うの, 向き直る, 君は, 含蓄に, 呆れると, 味わったの, 問うた, 喫烟し, 嘉十郎に, 在らつし, 坐って, 堪えるだけの, 塊まりとして, 声の, 声も, 夕食を, 外は, 外へ, 多くの, 夜目にも, 大きな背中, 大して無理, 大地の, 天井を, 太って, 夫人は, 妊娠した, 妙子さんの, 妹に, 姿を, 子が, 子供の, 客は, 室内を, 家の, 宿を, 宿賃を, 寄宿寮に, 寒い所, 寝そべって, 尋ねかけた, 尋常の, 小さい小, 小舎へ, 少し文三, 居て, 屋根を, 山の, 岩石の, 島田の, 左右異なる, 帰らっしゃった, 帰らつし, 帰りました, 帰るばかりさ, 帰京した, 年の, 広い台所, 床べたへ, 店の, 座の, 廊下を, 引きさ, 引き揚げて, 引き揚げるより, 引上げました, 引籠っ, 引込まねえか, 引返すと, 引退った, 引退って, 張り込んで, 役立つもの, 彼を, 彼女は, 心を, 急に, 急行券を, 恐縮し, 感じとって, 感じ尼, 成員が, 我ながら, 手紙を, 打っつかって, 打つかって, 折目を, 押しあけて, 振り返って, 掩蔽される, 改めて翩翻, 改めて血染, 放り出されて, 敏捷に, 救われる金, 日傭取稼ぎは, 日向の, 日頃赭い, 明るい方, 明智の, 書いた, 書かれたそれら, 書かれた小説, 書かれた歴史, 書かれて, 最早や, 有ったが, 本陣を, 杉子を, 林の, 椅子を, 構内へ, 横を, 樹が, 次の, 止めも, 此家を, 武丸が, 歩きまわって, 歩んで, 死者狂ひ, 殆ん, 殊に韻律, 毛筋も, 気楽に, 汗が, 江戸へ, 決定感を, 沈ませ肩, 泳ぎたいやつ, 海洋の, 涙ぐみながら, 清吉の, 温めて, 溌溂と, 滋養剤を, 無理な, 無遠慮に, 煙草を, 煙草をのみに, 熱心に, 物置き, 独で, 猪口を, 猶起き残る, 現わし, 生きて, 甲府を, 申し訳ございません, 申すやう, 男の, 画室を, 目も, 眺めるので, 眼が, 眼だけを, 眼を, 知った, 知らず識ら, 知ること, 知ろうと, 神奈川迄, 秀吉を, 私貴方に, 突き破った, 突き飛ばしはね飛ばしその, 突然起っ, 立ちながら, 立揚る, 立派な, 立退くだろうと, 笑いを, 筆を, 答える, 精一杯やっ, 紅閨の, 納まって, 経た経験, 経験し, 絶えず寂, 綴って, 総体茶色だ, 羽ぶるいする, 習作めいた, 翻筋斗を, 翻訳した, 考えれば, 考え込みながら, 而も, 聞きすました, 肉太に, 肩を, 背後に, 胡坐を, 腕組みを, 腰を, 膨れた豊か, 自信あり, 自分が, 自分で, 自分何処いも出られ, 自転車などに, 興行は, 色つきで, 芳原被り, 若人の, 葬りは, 藪外を, 血の気を, 行きつ戻りつして, 行く気, 衣紋掛けの, 解決し, 解決しなけれ, 言つた, 詫び入るの, 語り出したところ, 説教しろ, 説明する, 調子を, 調査を, 謡本の, 警視総監と, 谷間から, 責められたか, 責められたん, 賄い方, 赤ん坊を, 赤合羽などを, 起きつ転びつ逃げて, 足が, 足の, 足りる用, 踏んまたがれて, 身を, 車なども, 輝く日だまり, 返事も, 返事を, 退却した, 逃げかえった, 逃げかえって, 逃げだす, 逃げだす診察室, 逃げました, 逃げ出さなければ, 逃げ出した私, 逃げ出した鐚助, 逃げ出す途中, 逃げ去る, 逃げ帰った借金取, 逃げ帰った杉野子爵, 逃げ帰った者, 逃げ帰つた杉野子爵, 逃げ帰りいまいまし, 逃げ帰りおった, 逃げ帰りそれ, 逃げ帰りましたが, 逃げ帰るに, 逃げ帰るの, 逃げ散って, 逃げ返った処, 逐いまわし初め, 逐電した, 遊戯に, 運ばれて, 部屋全体が, 重ね合わせて, 金時け, 釣り人どもの, 鏡を, 長い間肺, 門を, 門内へ, 間が, 間に合うこと, 間道を, 隠すよう, 雑談いたし, 震く唇, 静かに, 靴足袋で, 顔が, 顔も, 類の, 飛起て, 食卓に, 飲むの, 高岡を, 髪を, 麻布林念寺前の, 鼠は, 鼻紙で

▼ 体~ (397, 2.6%)

26 心も 4 丈夫に, 疲れて 3 形が, 精神も, 魂も 2 くずれるよう, 一緒に, 何も, 力の, 声も, 小さい, 弱って, 汚れの, 無くて, 肥えて

1 [334件] あたたかくけっして, あたたまり腹ごしらえ, あたま, あらゆる嵐, ある, いくらか, いくらかよくなっ, いくらか潤う, いたわって, いつか投げ捨て, いやに, うごかせないよう, うしろへ, おなじもの, お健者そう, お前に, お弱い, お弱く, お疲れ, お通夜で, かぼそいながら, か弱く見える, くずさぬ自, くたくたに, げっそり瘠せ, この情趣, さすがに, さそく, さっき須美子の, さっぱりと, しかし盲腸, しっかりした, しなびたよう, しなやかに, しゃんとし, じょうぶに, すうと, すきと, すぐれぬ御, すこし疲れ, すっかり癒, すべてを, ずっと大きい, そこへ, そのまま霞, その時, それに, それほど拙く, たいして大きく, ただ薬の, だんだん重く, つかったので, つかれずに, つけて, とけて, ともにぶつける, とろかして, どこか, ない, ないので, なく, なくさっさと, なくスルスル, なく眠るん, なく自分, なしに, なにも, ぬくもり殊, ぬくもるの, のびのびと, ばらばらと, ひたとあの, ひどく弱っ, ひまな, ひよわい気, ひよわい者, びくとも, ふるえて, へたへたと, ほぐれ出して, また一つ, また一時, また信念, また気, まだその, めきめきと, めちゃめちゃに, めっきりお, めっきり若返った, もうめちゃめちゃ, やせこけて, やわらかに, よくし, よくなっ, よくなった, よほどよくなりました, ろくにきかん, ろくに動かせない, わからないん, ズラリと, 一廻り大きく, 一所に, 一手繰り鎖を, 一種の, 丈夫さが, 丈夫だった, 丈夫だつた, 丈夫で, 丈夫です, 丈夫でやっ, 三体も, 不恰好に, 不断に, 両手も, 主の, 久米之, 乗物も, 二三歩動きはじめた, 互いにぴったりより, 亦物質, 人なみより, 今夜の, 今年の, 仏像を, 休め今夜, 伸び熟れ, 体でございます, 何だか輪, 個人と, 健やかに, 健康です, 側に, 元気も, 充電された, 全く信一, 八つ裂きに, 共に大地, 冷えれば, 冷たいん, 出せた身, 別々に, 別条ない, 前のめりに, 前よりは, 動かさずに, 動かさない, 動かなければ, 却って旅, 古ぼけた麻布, 同じ理, 同体に, 咄嗟に, 唐物ずくめの, 善助の, 嘴も, 四肢も, 地上に, 均一で, 埋まるかと, 壊出し, 壮健じゃ, 変って, 大きいし, 大きかった, 大きくなっ, 大きく力, 大きく見かけ, 大きく見事, 大きく頭脳, 大しては, 大丈夫と, 大切に, 太く手足, 孱弱く, 完成する, 実にいい, 寒さ, 小さく年, 小さく顔, 少しは, 少しも, 岩角から, 崩さずぢ, 平常に, 年齢の, 引き入れられるよう, 弱々しくって, 弱いから, 弱いし, 弱く気, 弱った時期, 弱つて, 弱りはてて, 強くなかつた, 弾力に, 彼女は, 後で御, 徐々に恢復, 御大事, 御座無く, 心までも, 心持も, 忘れて, 思わないじゃァ, 急な, 恢復いたした, 恢復しなく, 悪かった, 意気地なく, 意識も, 感情も, 憤怒の, 懶るくさせ, 手も, 手足も, 手車と, 打ち忘れて, 押し包んで, 拭かずに, 拭きさっぱり, 持って, 持てませぬな, 支えかねる心地, 敏捷で, 敏捷でない, 整い意義, 日ましに, 日光浴させなく, 明日からは, 昔の, 服も, 本当になり, 本復し, 杉の, 楽だ, 楽に, 楽よ, 次第に利かなくなった, 次第に回復, 次第に蝕まれ, 此で, 段々癒, 気分も, 沈めて, 治りましたから, 泡と, 洗いさっぱり, 洗えやしません, 浮ぶん, 消え入るよう, 渦に, 温まると共に, 溶かされて, 溶けて, 漸く汗ばん, 火が, 無く何とも, 無理でした, 熟して, 熱くなっ, 現われる余地, 疲れると, 疵に, 病身だつた, 痛めずに, 痩せるわ, 癒す努力, 目立つほど, 知れぬ旅館, 知れん, 破タン, 硬ばっ, 硬ばり, 碧く, 確かであった, 祀って, 神経も, 私の, 立てねば, 粘い巧緻, 糖尿の, 細く釣棹, 細胞膜も, 綺麗な, 綺麗に, 綿の, 美少年の, 自然に, 自由です, 自由自在に, 至って健か, 船に, 良くない, 芸も, 苦しいので, 苦しい位, 苦しくなく, 落ち着いて, 落着いた, 虚弱な, 融けるやう, 血まみれで, 衰えて, 見えずあの, 見つからなかった, 調子づき, 諸仆, 貰うつもり, 超え剣, 足も, 軽くなるだらう, 辛かった, 近づく事, 途端に, 逞しい醜い神, 運び出す暇, 適当の, 酒に, 重く成熟, 閑で, 関羽の, 随分衰弱, 集った, 雪の, 雲霧は, 震え始めました, 非常に, 面白く殿様, 順調で, 頑丈で, 頭も, 顫く, 馴れよ, 骨太に

▼ 体~ (267, 1.8%)

17 の血 5 の力, の神経 4 の筋肉 3 が震

2 [18件] がぞくぞく, が妙, が急, が火, が痛む, が顫, に入り, に冷汗, に力, に厚く, に集られ, の毛穴, の汚れた, の脈, の血液, へ吸収, をぶる, を繃帯

1 [197件] かじかむほどに, からす, から冷たい, から出た, から汗, から滲み出す, が, がいや, がこごえ, がこの間, がしびれ, がじん, がすくむ, がちぎれちぎれ, がぽかぽか, がカーツ, がガクガク, がガタガタ, がコ, がジンジン, がゾッと, がヅタ, がヒオップ, がムズムズ, が一度, が一杯, が固く, が堅く, が弾み上る, が悪い, が慄, が擽つたく, が無性に, が熱く, が燃える, が硬い, が緊張, が脹れふさがっ, すっかり緑, すつかり緑, すでにその, ぞっとする, であばれまわった, でハツ, で一番脂肪, で伸び, で右向け, で外, で舞って, で苦しん, で震え, にあふれ, にうけた, にうろこ, にお, にかかっ, にかかった, にこたえた, にし, にじっとり, にとび散っ, には無数, には発音器, にべたべた, にまぶし付けた, にみなぎっ, にむくみ, にドッシリ, に一杯力, に不足, に伝はつ, に伝わった, に侵入, に円か, に冷や汗, に剱, に力瘤, に含められ, に吸収, に回っ, に存, に存在, に完全, に廻っ, に強い, に循つて了つて, に悪寒, に掻きむしった, に日光, に染みた, に染み込ん, に油, に油汗, に波うっ, に流れ, に流れた, に浴びた, に浴びなけれ, に浸みこん, に消化吸収, に渦巻いた, に湧, に漲っ, に激しい, に瀰漫, に熱っぽいけだる, に生肉, に留まる, に精力, に置かね, に胴, に膏油, に茶色, に行き渡っ, に見えた, に鎮定, に隙, に露, に養成, の, のねばり, ののたうつ, の一寸々, の健やか, の力み, の彼方, の感情, の機関, の毛, の油汗, の活動写真, の皺, の筋, の筋骨, の精力, の総て, の線, の羽根, の肉, の脂, の脂肪, の腫れた, の血汐, の血潮, の諸, の金飾り, の飛行機, びっしょりし, へお, へか, へぶつぶつ, へ入る, へ空気, へ降りかかっ, へ魂, まつ黒, まるでヒビ, もうそれ, より小, より彼, をけいれん, をこつ, をこわばらせ, をさがす, をとびまわっ, をもくもく, をブルブル, を冷たい, を包ん, を反抗, を巻く, を戦かせた, を探っ, を晒, を歩きまわる, を熱い, を白布, を眼, を荒れ, を荒れ狂う, を走りまわる, を重苦しく, を震わす, を顫わせ, を飴湯, を馳, を駆け, を駆け巡る, を駈りまわっ, チカチカあつい, 全存在, 汗ばんで, 洗って, 照り出されながら, 燃えて, 燃え立つ, 諸機関

▼ 体~ (263, 1.7%)

24 なって 7 一緒に 6 心との 4 なす 3 いっても, なること, 心の

2 [17件] する巨大, なすの, なったの, なつて, なる, 不吊, 体が, 体とが, 化して, 反対に, 同じやう, 心とを, 心は, 心を, 考えて, 自分の, 魂とを

1 [179件] あの小さな光, いいいかさま, いうか, いっては, おいで, ござい, ござアいか, しその, したらと, しなやかな, し釈迦, すると, するなり, する所, する故, そう違った, そこに, その男, それにも, つき出た腹, つぎの, つりあは, なく仏像, なすべき言句, なすも, なったが, なったもの, なったよう, なった今, なった博士夫人, なった清家博士, ならせ給, なり, なりさらに, なりました, なりましたが, なり屋根, なり生産, なるであらうが, なるであろう, なるに, にらみ合わせて, ねちねちした, ひろびろした, ぶっつけ合って, ほかにも, みられるべきもの, コンクリート塀との, ネオン, ピッタリ密着, ベッドの, ロマンチックな, 一しょに, 一しよ, 一つに, 丁度反対, 二足の, 云うもの, 云はず上に, 云ふ, 云わず顔, 人間の, 伸子の, 低温体の, 体と, 体との, 体の, 体を, 例の, 信ぜられて, 克己勤勉さを, 共和体の, 刀が, 刃とが, 別々に, 刻んで, 剣に, 化合する, 十五歳の, 半日日の, 協和, 台座との, 同じよう, 同体に, 同様に, 名づけるかね, 唱えて, 声とに, 大きなる, 女体が, 女体とでは, 実朝, 密着せしむ, 小さな足, 己達の, 心が, 心で, 心と, 心とが, 心とにな, 忠実に, 思いうれしく, 怪自動車, 成さねば, 手とを, 手帖と, 手慣れた杖, 撞着する, 擦れ合, 擦れ合うよう, 木全体は, 来たらば, 極体, 楽天地の, 殆ん, 決して内地人, 混同なすっ, 火の, 為して, 為るとも, 熱い様, 熱烈な, 物質との, 申さねば, 申して, 申し上げたので, 申す数, 異人臭, 皆伝の, 直角を, 相談し, 眉の, 眼とで, 知りながら, 硝子管との, 称して, 称すべきであるなどという, 称するの, 称する歌, 稼ぎ過ぎる風潮, 窓の, 精神とによって, 精神とを, 精神に, 精神の, 縒れて, 翅の, 老嫗, 考えるもの, 考える他, 考へて, 肉の, 脂肪の, 腕を, 自己自己の, 自然との, 蒼白い顔, 見えし, 見ると, 見る精神, 見做, 見受け申したが, 言ひ, 言ふ, 誤認した, 近い生活, 違うの, 醜い顔, 重なって, 鋭敏な, 闘って, 隙間を, 頭を, 頭脳は, 顔とに, 顔貌の, 顔面の, 髪の, 魂とが

▼ 体じゅう~ (207, 1.4%)

12 の血 3 が熱く, の痛み, の皮膚 2 がぞっと, にしみわたった, の毛穴, の神経, の筋肉, の血管, を揉ん, を血

1 [170件] からきらきら, から味わいつくそう, から密書, から意識的, から慶長判, から焦げくさい, から解, があたたまっ, がおののきました, がかすか, がかっか, ががくがく, がくわっと, がこわばった, がしびれる, がじんと, がすっかり, がぞくぞく, がとろけ込む, がどうか, がふるえ, がよじれる, が便所, が健康, が凍る, が寒く, が小, が微か, が惹きこまれ, が明るく, が汗, が濁り, が火照っ, が炎, が無色, が熱, が痛ん, が痛懶く, が細かく, が総毛立つ, が緑色, が腹立ち, が薄ぐろく, が軟かく, が透明, が青み掛かっ, が顫, こわれたセンベ, しゃくりを, だった, ですすり上げた, で味, で呶, で大きな大きな, で彼, で息, で慟哭, で泣いた, で笑い出す, で聞い, で興奮, で顫, にかつて, にしみわたらせ, にしみわたる, にしみ渡った, にその, にたちまち, にでき, にははげしく, にひろがり, によみがえった, に一絲, に出た, に力, に十二ヵ所, に反射, に感じ, に押し出され, に持っ, に新た, に暑, に汗, に沸, に浴び, に満ち, に溌剌, に無数, に疵, に瘤, に矢, に立てこすり, のあらゆる, のここかしこ, のもの, のポケット, の何処, の凄, の力, の垢, の埃, の声, の悲しみ, の敵意, の毛あな, の毛孔, の気持, の熱気, の硬め, の線, の肉, の腫物, の血イ一遍, の衣類, の重み, の関節, の顫, はれたよう, はれたんで, は火みたい, へお, へのこし, へ刎, ぽっと熱く, も透明, をし, をずーっと, をそそけさせた, をぴくぴく, をブルブル, をミリミリ, を丁寧, を人, を円く, を刺し廻る, を嗅がせる, を強ばらせ, を心臓, を振りしぼっ, を撫でまわされ, を撫で廻した, を旋, を泥, を湯, を焦かれ, を焼い, を燦め, を痛々しく, を真赤, を眼, を硬, を硬め, を耐えられない, を耳, を螫, を針鼠, を震わす, を震動, を馳, ビリビリ伝わる, 何だか, 切ないよう, 熱いよう, 熱くなる, 燃えるよう, 苦しいよう, 苦しかった, 軟かに, 震わせて, 黒く驚く

▼ 体から~ (149, 1.0%)

4 酒の 3 手を, 離れて 2 何か, 利益社会へ, 取って, 抜け出して, 排泄する, 汗が, 湯気を, 言えば

1 [123件] あらゆる滋養, あんなに騒々しく, いい匂い, いつも酸っぱい, うごいて, しみだすあまったるい, しめっぽい台所, すっと伝, すでにその, すべての, その歯, なくなって, なるたけ離す, にげ出して, ぬいで, ぬけて, のそのそと, はなして, はね返って, はれが, ひとりでに出た, ふきだして, ぶら下がった, もぎとられた一部分, アフロディーテーの, グッと, 三途の川の, 今度は, 何かが, 何でも, 優秀なる, 光りなり色彩, 光明が, 光物でも, 再び離れ去る, 出すの, 出たので, 出たり, 出るだろうかと, 出る放射線, 出る物, 刃が, 分離される, 剥ぎ取れない, 力が, 卵を, 取り去られた時, 受ける形容, 噴いた血, 外へ, 奪って, 女体に, 奴隷制に, 少し捨て, 帽子手拭其他何でも, 後光が, 心に, 抜けきらないよう, 押花の, 推測し, 撥ね良正, 放たれる香気, 放射し, 放散する, 暗示を, 来るところ, 沸, 流れたの, 流れて, 流れ出る線, 流れ出る膿, 浮くよう, 消えて, 消して, 淫蕩な, 湧き出るやう, 湯気が, 溢れる文学上, 火の, 烈しい空気, 焼栗, 燃やすの, 病を, 病後の, 病的な, 病菌が, 癒して, 発しるもの, 発しる汗, 発散した, 目に, 目を, 着物を, 知識を, 突然四尺余, 立ちのぼる芳香, 立ち離れ, 精巧な, 編みものを, 羽が, 肉が, 芽を, 血を, 衣服を, 見れば, 解きはなすこと, 議員の, 身を, 辷り落ちまいと, 這い出した, 遠くはなし, 遠ざかるに, 隕石に, 離したこと, 離して, 離しとも, 離れずに, 離れやすく, 離れるから, 霜が, 顔を, 飛び去ったよう, 養分を

▼ 体~ (144, 1.0%)

7 のだ, のである 5 ことは 4 もので, んだ, んです 3 ので 2 ことが, ことに, のであった, のです, 名前が, 子供だ, 男は

1 [96件] いい音, うれしいもの, ことじゃ, ことせん, ことで, ことには, ことを, こと言は, の, のが, のであります, のでお, ので依怙地, ので兎, ので兵庫, ので刀屋, ので別に, ので周囲, ので隆景, のと, のに他家, のや, みすぼらしい川船, ものさ, ものだ, ものである, ものに, ものにて, もんで, やや滑稽, んで, ギザギザの, ギリシャ, ワラヒ声を, 事に, 事を, 事言ひよる, 亢奮でも, 人物は, 人間に, 修練を, 典型が, 出没さ, 分析病の, 力が, 動作を, 原始的な, 取合せに, 名の, 名前も, 嗤ひ, 土蔵が, 墓場を, 声が, 声を, 女だ, 対を, 小説ばかり, 平和を, 形孤独で, 戦きに, 扮装で, 捏り, 旅の, 明滅を, 無関心さ, 物だ, 物語が, 現象が, 生き物にとって, 病状の, 癖が, 看板が, 眼つきを, 着物を, 窓を, 笑ひ, 絵が, 老人を, 腫物を, 舞まわされ, 船の, 言葉で, 話だ, 話で, 質問を, 赤ん坊として, 趣きで, 長ぼそい, 雲形を, 順ちゃんすけべいと, 順ちゃん甚平さん, 風体を, 飄逸味と, 馬子が, 鼠の

▼ 体よく~ (123, 0.8%)

4 取返したの 2 して, それを, 中止され, 埋け芋籠, 延ばされたこと, 捲き上げられたやう, 捲き上げられたよう, 断った, 断られて, 追っ払われたん

1 [99件] いって, いひ黒めたまひ, うや, お下り頂戴, お大, お嬢様を, お断りし, お断りを, こちらの, ことわるの, この場, この際弟嫁, これを, ごまかそうとして, しまい失, ちりちりと, つくろって, とまり切らない車台, まとめて, わしに, スパイに, ツヂツマを, マアマア式に, 並べ出したの, 他国へ, 分れよう, 切りあげも, 別れを, 利用された, 勝家に, 医者の, 取りつくろって, 台の, 告げて, 夫の, 夫婦として, 奪って, 学校を, 客を, 小狐, 志望者を, 悴を, 愛国主義の, 手を, 打ち切る方法, 抑えて, 拒絶された, 拒絶し, 拒絶った, 按摩さんに, 挨拶し, 振られたよう, 捌かれたり, 据えて, 断って, 断つた, 断られた, 断られたよ, 断られるん, 断りました, 断りましょう, 断る, 断る処, 断わること, 楓の, 此方から, 清吉を, 物を, 由良と, 申して, 相槌を, 組を, 美沢の, 翻弄され, 自分の, 草鞋銭が, 見切りを, 言はれ, 調子を, 賃無しで, 跡を, 返礼を, 追い払おう, 追い払われた形, 追い返されること, 追い返す目算, 追っ払うが, 追っ払おうとしても, 追ひ返される, 追払われては, 退学させられ, 送金を, 逃げたが, 逃げようと, 遇って, 遠ざけられ朋友, 避けた, 隠居させ, 食い留められた連中

▼ 体には~ (116, 0.8%)

4 何の 2 もう縄, 怪しい物, 生命が

1 [106件] あたらず彼, あたらず破裂, いいです, いくつも, いって, いぶかしいく, いろいろの, うすよごれた, おれの, お毒, かえられないから, かえられませぬ, この登り, さすが拳法, さわり申し候, その水, その養生, それほど熱, たまらなく似合う, つまりカリエス, どこから, どんな危険, なおのことである, ながねんの, なって, なれず殆, なんの, ひかかる道徳的, まだら, まだ血液, まつ黒な, もう牢獄, もっと野菜, やはり暗い, よく気, 一枚ずつ, 一種の, 一種ふしぎな, 五分の隙さえ, 人絹の, 今うるさい, 以前から, 以前の, 休日を, 何でも, 何人か, 作用する, 先天的に, 全くよく, 全然力, 別に異常, 刺青手には, 区別が, 厚き木綿着類, 古瓢, 嗅ぎ馴れない異臭, 塩気が, 夕陽が, 夫を, 妙に, 子供は, 子宮後屈が, 少しづつ異状, 少しばかり, 属しないよう, 徹えません, 怖毛, 息使いの, 戻れないと, 指さへ, 指一つ触らず, 政治は, 斯うし, 昼間の, 普通の, 欠点が, 歩くこと, 毒だ, 毛の, 気を, 注連縄が, 活溌な, 湯に, 無機物とは, 犬の, 猶温みありき, 異変は, 病気が, 窩人の, 紅, 綿の, 耐えられさうに, 肉が, 襟の, 赤い繻子, 超人間的, 近づくと, 過ぎましょうぞ, 適せぬ, 酒を, 鎖こそ, 隙が, 隠す必要, 非常に, 飛び離れて, 髑髏や

▼ 体~ (108, 0.7%)

4 手を 2 ふりかけました

1 [102件] からみついた, くっ付いた, こてこてと, これらの, しがみついたまま, じゃれついた, すがりながら, すべてを, そっとかけ, その香水, それぞれ両手を, とびかかった, のしかかり, はいって, はいると, ばりかかって, ぱっと著せ, ひどい力, ぴったり付け, ふわりと, ぶちまけて, ぶつか, ぶつかったところ, ぶつかった巨木, ぶつかるばかり, まさに触れよう, もたれかかるよう, グザと, ドンと, ヒヤリと, ヒューッと, ブリ返し, 一二箇所傷を, 一度に, 乗移るの, 二個所に, 倒れかかった, 光の, 切りこんで, 加えられて, 向けられて, 吸い付いたかの, 土間に, 垢抜けた様子, 執成しを, 塗り殺された者, 女性の, 寄り集まっ, 巻きつけて, 巻つきました, 帰って, 復る, 惹きつけた, 懸るよう, 手出しされた, 投附けます, 抱きついて, 抱き附いて, 拭いを, 挂けて, 指も, 捻じ込んだり, 掴まられたんで, 掻巻を, 柄元迄, 滲み通った, 火が, 片手を, 目を, 直接の, 着せかけて, 組みついて, 絵の具を, 綱を, 縋りついた, 繋がったの, 纏って, 罷出, 背後から, 自分の, 自然と, 舞い戻ろうと, 虫でも, 蛇を, 視線が, 親父から, 触れること, 貼りついた, 転向した, 近寄って, 送られて, 這い上がった, 通って, 降か, 降かかって, 降りかかった, 降りかかったが, 降りかかって, 頭上から, 飛びついて, 馬のりに, 高まるもの

▼ 体~ (85, 0.6%)

3 と思っ, なあ, ねえ 2 から, ということ, といふ, な, もの, よ

1 [64件] あてばさ, おれの, お前なんかに, からいい, からかまうまい, からこれから, からしばらく, からという, からと言います, からどう, からなあ, からなそれ, からなア, からね, から去年, から只, から恢復, から気分, から涼しい, から直に, から私, から置土産, から門前払い, がぱんぱんと眼, がケルゼン, が併, が時彦, けどまだ, けどもまだ, し, し単に, し開い, その苦痛, ぞ, ぞと実地, つた何もかもなく, つて此頃は, と, という, といううち, というの, というほか, という話, といっ, といった, とその, とみえ, ともいい得る, と思います, と思う, と評しなけれ, なう, なんぞと利いた, のに笑う, ものそれ位の, ものでございます, ものもろに, もんです, よ私, わね, ッた, 体が, 樋口君どこから, 用心した

▼ 体では~ (56, 0.4%)

7 ない 4 なかった, なくて 3 ないの 2 ありません

1 [36件] ありますまいか, あるが, あるし, ある尤も, かえってお, かえって殿, すぐに, せぬ気, ちと対照, とても望み, どうしてもベッド, ないだろうか, ないという, ないらしい, ないん, なし流石, なし神尾, ひとりで, もうその, もはや堪え, 一緒に, 出せそう, 剣道の, 心もとのう, 情婦だって, 所在も, 毎日の, 無い, 無理な, 理論の, 終日耽溺から, 蝶よりも, 行かれないと, 見込が, 豚な, 足が

▼ 体にも~ (56, 0.4%)

3 心にも 2 頭にも

1 [51件] いいの, いちばん愉しい, さわります, せよレンズ, そうした血, その地方, その弱々しい, なり得る銅, べとべと塗っ, またすこし, もっと烈しい, よいらしい, よくいる, よくは, よく晩飯, よし御, ゴム長にも, 仕事にも, 伝わって, 優雅の, 元気にも, 分らなすぎること, 利いて, 印が, 同じもの, 大層利きます, 小ざっぱりした, 彼の, 怠けぐせが, 数右衛門の, 新しいと, 既に死臭, 時々癌腫, 木曾侍の, 毒だ, 毒でしょう, 気分にも, 深い処, 温い血, 無理が, 甦って, 異常は, 疫病が, 真白な, 私の, 純潔な, 見えません, 触れるほど, 関らず, 障るの, 青い血管

▼ 体全体~ (55, 0.4%)

2 が熱, の調子

1 [51件] から嘔, から放射, から脈々, がこういう, がふらついた, がふわり, がもうすっかり, がガタ, が一つ, が一種, が光沢, が厚ぼったい, が大きな, が恢復, が恥し, が神経的粘り, が船尾, が黒ずん, で媚び, で抵抗, で歯ぎしり, で点頭い, で示し, で飛び上っ, と顔, どうかお, についても同じ, には平静, に地上, に流るるごとく, に漲った, に漲つ, に男の子, に異様, に脂肪, のいたみ, のつかれ, の引千, の心持, の栄養, の格好, の注意, の艶, の重量, の長, は, はまるで, を斜め, を調べ, を鎌首, を隠し

▼ 体でも~ (49, 0.3%)

3 悪いの 2 お悪い, なかった, 買って

1 [40件] あたためこ, あり他, あるいは身分, いくらかの, おすぐれなさいませぬ, お悪く, ことにその, この寒空, さすりましょう, ぢやも, ないから, ないし, ないの, ないので, ないのに, ないまた, ない別種, 六体でも, 医師が, 嘘を, 売れ口は, 屋敷外へ, 平気です, 心の, 悪いよう, 悪くした, 悪くて, 悪くは, 打棄, 拭いて, 揉みましょうか, 此世に, 毀したらどう, 渡して, 病んで, 痛むかね, 癒して, 知れます, 純粋な, 言葉でも

▼ 体~ (45, 0.3%)

5 ている 2 て大学, て父

1 [36件] て, てい, てそれ, てつて, ててん, てなるべく, てのこと, てより, て三年, て世界, て人間, て何で, て列侯, て国家, て埋める, て城門, て天下, て奉仕, て山河, て平伏し, て張飛, て彼, て文化職業界, て曹操, て朕, て来る, て民, て真砂町, て肩, て自, て船, て蘭方医, て見る, て誤り, て雉子町, て驀進

▼ 体にて~ (41, 0.3%)

2 妾の

1 [39件] いづくに秘事, お越しに, その目, たたずむ, なお余念, よろめきながら, アア誤てり, 今暫く, 今暫らく発表, 何故の, 候, 叢に, 吾が膝頭, 問いぬ, 土間あり, 始終耳, 娘死骸を, 容を, 寝椅子, 引き退るを, 彼に, 彼の, 御報道, 御座候との, 戻りし時, 旅の, 正面の, 田舎への, 考えて, 荷拵えを, 親ら愛孫の, 訪い来る事, 走り出で, 身神俄かに, 逃れ去る, 遁出しつ, 鉢巻を, 鏡の, 長き髯

▼ 体~ (41, 0.3%)

2 おどおどした, 色の, 頭を

1 [35件] あっち向で, いやいや青茶, おど, さかいそない, な, ばさばさふりかぶった, まざまざと, よってし, メリンスの, 何, 候文の, 力の, 嘴に, 子供たちに, 心の, 惨殺された, 愁の, 手足に, 智子の, 熱ばんだ, 痩せ細, 着物の, 神経の, 精神は, 細胞膜其の, 肩を, 膠質の, 自分の, 自然物からの, 足を, 道具を, 鞏膜の, 頭に, 顔の, 髪の

▼ 体である~ (37, 0.2%)

2 ことは, のを

1 [33件] かなくっ, からそれ, から自重, がなかなか, がシュペングラー, が大連, が石橋ジーナ, ことが, ことを, し女, し水, その前, という, ところの, と云う, と同様, と教える, と見, のに民子, ふつうの, ような, ロビンソンをもって, 事が, 二人の, 以上その, 余, 場合, 場合は, 日本プロレタリア文化連盟の, 科学の, 米国の, 軍隊の, 限りは

▼ 体という~ (34, 0.2%)

8 ものは 5 ものが 3 のは 2 ような

1 [16件] ことが, ことを, もの, ものについて, ものに対して, ものの, ものを, やつ, ように, 人形共の, 奴が, 意味よりも, 概念が, 皆わが, 進歩した, 風に

▼ 体あたり~ (30, 0.2%)

3 をくれ, をし 2 でドア, をくれた

1 [20件] からら, ぐらいでひっくり返る, して, だ, でこわす, でばっかりやっ, でぶつかる, で怪物, で打ちこわし, で気絶, と感じ, にとびかかっ, にぶつかった, に十手, に抗議, の命令, をあてられ, をくらわした, をくれる, を食い

▼ 体として~ (30, 0.2%)

2 取扱われ個人

1 [28件] おる, この集合体, スポーツの, 処理したい, 出発する, 取り扱われて, 図書館が, 図書館界を, 多くの, 存在する, 尊崇礼拝し, 提出した, 援助されたい, 政治闘争の, 日本プロレタリア文化連盟を, 書き綴, 此話を, 民族を, 満足出来なくなる, 現われるもの, 現実に, 現実諸相を, 眺めると, 神の, 緊密な, 自然を, 財団法人, 透明である

▼ 体であった~ (28, 0.2%)

3 がやがて 2 がたちまち

1 [23件] からである, から百姓弥之助, が, がお, がおれ, がかの, がこの, がこれ, がすぐ, がその, がそれ, が中村君, が二の腕, が何, が又, が実は, が氏, が細君, こと, し博士, という, にした, にもかかわらず

▼ 体です~ (23, 0.2%)

2 から, よ

1 [19件] からさあ, からすぐ, からただ, からな, から七兵衛, から娘, から毎日役所, から浮気, から舞踏, から評判, けれども誰, し新陳代謝, と云う, ねえ叔父さん, の, よって, よとの追加, 動物でも, 将来に

▼ 体~ (23, 0.2%)

1 [23件] が増えた, が殖える, だけで落第, だけはわずか, と死, と比較, なぞもかなり, になっ, に達する, の二十分の一, の二十分の一以下万分の一, は二十二貫, は十一貫, は十八貫目足らず, も一番, も二十一貫, も二十貫位, も身長, や身長, をささえかね, をはかつ, を持ち答える, を持った

▼ 体としての~ (22, 0.1%)

2 人間の, 歴史の

1 [18件] うそが, まことと, 下山総裁が, 主観的客観から, 人間は, 出版研究所なる, 図書館の, 存在であります, 客観が, 影を, 意志の, 所謂歴史に対する, 構成を, 特殊なる, 生活とによって, 私に, 私の, 美を

▼ 体とは~ (22, 0.1%)

4 何ぞや

1 [18件] いえ疲労, すっかりその, そういう順助, そのつくり, ちがうの, ほとんど抑え, 不釣合な, 云えません, 凡そ天地, 外から, 寧ろ対立的, 思えなかった, 思われぬ和やかさ, 恐ろしい勢い, 正反対の, 比べものに, 申せいたし方, 砕け合って

▼ 体とを~ (20, 0.1%)

1 [20件] お愛し, それから引, つなぐ無気味, ばらばらに, もぎ離して, やさしく調和, 一つに, 別に考, 床の, 強壮に, 感動で, 持って, 描き出して, 有つて居た, 極端に, 見ると, 見比べると, 親切に, 貫いて, 貫き流れて

▼ 体より~ (20, 0.1%)

2 神経の

1 [18件] なる一王国, 一杯を, 出て, 出でたる印象風, 分泌する, 去りたりと, 啓示感応ある, 大きい熊手, 大きな声, 大きな木剣, 大きな荷, 寧ろそちら, 我を, 気疲れも, 淡々しく, 遥かに, 離れ水素, 青光を

▼ 体ごと~ (19, 0.1%)

1 [19件] ころがり廻る, さらわれるよう, その涙, とけこんだよう, はまった, ふわー, ぶつかって, ぶつかりたいほど, ぶつけて, まつわりついて, ゆする程度, 吊り上げそう, 吹き飛ばしそう, 引っぱって, 引込まれそう, 投げそう, 掬い上げられた経験, 笑ったの, 高く掬い上げられ

▼ 体なる~ (19, 0.1%)

3 ものは

1 [16件] かという, がごとくなる, こと, ご聖体, に妾, は勿論, より一日, 一つの, 人物は, 動物を, 故余は, 発想法も, 處折, 表徴能力を, 装ひ, 迷信では

▼ 体との~ (18, 0.1%)

3 間に

1 [15件] この区別, なかに, 二つだ, 別あり, 動きを, 対面は, 持主である, 持主に, 接触によって, 揉み合, 生々しい人間たち, 醜さ, 関係などを, 関係空中磁気, 飢渇から

▼ 体からは~ (17, 0.1%)

2 血が

1 [15件] それは, なれて, ぷんと高く, まだ学者先生, 一面に, 丁度神さま, 不思議な, 半人半獣の, 常に陽気, 抜けて, 発見されない, 精悍な, 膏が, 蒼い苔, 陰惨な

▼ 体一つ~ (17, 0.1%)

2 のオルガン

1 [15件] ぐらいは自分, である, でかたまりあっ, でさえ困難, ですから, で上下動的運動, で何とか, で東京, で行く, で追い出されました, にさえも一万円, のおと, の境遇, へ組みつい, 残って

▼ 体~ (17, 0.1%)

1 [17件] だという, な土台, な極端, な結合関係, に, にいずれ, になっ, にみられる, にも経済行為, に何らかの, に労働, に大原君, に対立, に自由, に買食, の実力, の振動

▼ 体とが~ (15, 0.1%)

1 [15件] そう叫ぶ, そこまで, ぴたりと, ぶっつかった, ぶつかって, まだまだ一致, まるで不調和, もって, ポーと, 分れたそれ, 密着し, 支えられるもの, 暖り合う, 犇と, 複雑な

▼ 体さえ~ (14, 0.1%)

2 持って

1 [12件] いつどう, このとおり, なおせば, よければ, 丈夫であったら, 丈夫な, 強ければ, 戻ると, 横たえれば, 無事でいれ, 自分で, 軽くなれ

▼ 体について~ (14, 0.1%)

1 [14件] いつも配慮, いないで, いろいろ心配, これまで, ゐて, 作人が, 動けるぐらい, 居るけれども, 心配し, 来た感じ, 相談し, 私は, 見たに, 重大な

▼ 体まで~ (14, 0.1%)

1 [14件] こわばって, しらべ始めた, そうなり, むしられる思い, 一刀に, 売ったり, 寛いだ心安, 底へ, 引取つて世話を, 濡れ透ったのに, 見て, 親の, 隠して, 雨が

▼ 体~ (14, 0.1%)

1 [14件] ありて, からまだ, が出た, が除, が高い, ではなかっ, に思い, に浮かされる, に温め, に熱く, のぬくもり, の損失, は三十五度, は今

▼ 体だった~ (13, 0.1%)

1 [13件] からそれ, が, がああ, がこれ, がやがてキッ, が即座, が奇態, が武蔵, とある, という, のである, のです, のでやがて

▼ 体たる~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことが, ことは, や不可知的不可思議, や水滸伝, や物, ゆえんは, ゆえんを, を知れ, 一個の, 人間に, 国家の, 自分たちのみが

▼ 体だけは~ (12, 0.1%)

1 [12件] くつろいでも, ここから, どうやら応急修理, ほろびても, 丈夫に, 丈夫にと, 人手に, 大事に, 指一本触れず, 無事な, 細心に, 達者に

▼ 体であり~ (12, 0.1%)

1 [12件] その中間, それだけ又, ながら思う, ながら極度, ながら毛むくじゃら, 乙号は, 又トーテム, 四国や, 天下の, 水そのものが, 石坂洋次郎などの, 長きにわたる

▼ 体~ (11, 0.1%)

1 [11件] しらんが, それとも又, 三体ぐらい, 人の, 何万体か, 知らないが, 解らないと, 鎌倉の, 電波の, 非力者の, 頭の

▼ 体じゃ~ (11, 0.1%)

3 ないか 1 ありません, そなた, ないわ, ねえか, もう駄目, アない, 今まで, 鬼も

▼ 体だけ~ (11, 0.1%)

1 [11件] その場, ぢや, ついて, でない, で苦し, で頭, 他の, 出懸けて, 動かして, 撰り出し, 義理にもと

▼ 体~ (11, 0.1%)

3 やない 2 うを 1 うから, やによつ, や戸外, ゆうが, ゆう汗, ゆう醜い

▼ 体ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] くねらせて, だ, でなく帰路, 健で, 固うなっ, 大きい人, 大く, 大事に, 日が, 豌, 運んで

▼ 体~ (11, 0.1%)

2 の膿壊 1 として分解, に於ける, に照応, も初めて, をなし, をなす, をも膿, を与える, を諸

▼ 体した~ (10, 0.1%)

1 が, といわれる, のである, もので, ものと, ジューヴェの, ローマの, 人には, 偏見なき, 慶応の

▼ 体~ (10, 0.1%)

1 となっ, のご, の彫像, の数々, の表情, は刻まれ, へ老師, へ行く, をすっかり, を一わたり

▼ 体畸形~ (10, 0.1%)

1 が健康, こそ嵯峨家, のこと, のそれ, の二人, の右側, の片割れ, の片方, の特徴, の相手

▼ 体をも~ (9, 0.1%)

1 てあつかつて, わざと示し, 仰ぎ申したく近く歳暮, 己に, 弁えませず御, 拝み奉らうずる, 考察の, 見た, 魂をも

▼ 体~ (9, 0.1%)

1 が銀鱗, で凍っ, のこと, の変らない, は塗り立て, は真っ黒, も変わらず, も用, も若鮎

▼ 体~ (9, 0.1%)

1 が破り得ぬ, だ諸君の, です, ではありません, にかなわねえ, の名人, の心得, の鮮かさ, をもっ

▼ 体こそ~ (8, 0.1%)

1 いわゆる, 利かぬよう, 小さいが, 小さくても, 小さく痩せ, 痩せて, 粗末に, 那

▼ 体~ (8, 0.1%)

1 モノ参合力ヲ, モノ召捕, 写真ヲ, 化石ヲ, 向キ, 白雲内ニ消, 種々ナ点ガソレラニ合致シテイナケレバ駄目ダ, 重ミ

▼ 体~ (8, 0.1%)

1 コノヨウナ菩薩像ニ刻マセテ密カニ観音カ勢至ニ擬シソレヲ予, 包ンデヤッテカラ, 寄セ着ケテ乗ル, 彎曲サセルベク命ゼラレル, 拭キ取, 振廻シサエスレバ, 為シテイル様コレハ危イ, 預ケナケレバナラナイ

▼ 体そのもの~ (7, 0.0%)

1 があんまり, が既に, としての絶間, にまだ, の女, は全く, は未来永劫

▼ 体だけを~ (7, 0.0%)

1 お大事, カッキリ, 先に, 急速に, 畳の, 積んで, 窟の

▼ 体であっ~ (7, 0.0%)

1 たりする, ても夜, ても深度, てビュッ, て出し, て大, て後

▼ 体とに~ (7, 0.0%)

1 かけて, ずっと今, なり切れないもの, ひきつりを, 反射し, 受けと, 響いて

▼ 体とも~ (7, 0.0%)

1 いうべき一大現象, とんと感じ得ない, に船, 坐像である, 西瓜の, 見え, 見るべき人間

▼ 体への~ (7, 0.0%)

1 好奇心がに, 推移私は, 本能の, 本能的な, 道が, 隠されたる反感, 騒ぎだ

▼ 体~ (7, 0.0%)

1 が然ること, と云, と云つたの, に拠つて, に背きたる, の然, を創

▼ 体好く~ (7, 0.0%)

1 お代の, お暇, 書生に, 申せば, 紛らさんため例, 辞つたくらゐ, 辞る

▼ 体当たり~ (7, 0.0%)

2 を喰らった 1 でとび出した, でまず, の経験, をくれ, を喰え

▼ 体この~ (6, 0.0%)

1 ような, 上とも, 女は, 宅従前住人絶え, 心の, 部屋は

▼ 体なら~ (6, 0.0%)

1 あの程度, お断わりだ, しを済ました, ばその, ば何, ば草鞋

▼ 体にな~ (6, 0.0%)

1 つてぱたぱた飛ん, つても, つてゐた, つて居よう, つて歩いた, つて黄色に

▼ 体によって~ (6, 0.0%)

1 されること, ぴしゃりと, 一般的に, 中毒した, 半分以上塞がっ, 肝油を

▼ 体みたい~ (6, 0.0%)

1 な面白い, に, にくわっと, に光っ, に抱き合っ, に言う

▼ 体以上~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 の三つ, の事, の木剣, は泥水

▼ 体天皇~ (6, 0.0%)

1 となり給う, の御, の御代, の御宇, の時, の皇子椀子皇子

▼ 体~ (5, 0.0%)

1 大事に, 大切に, 百姓どもも, 身内たり, 酒が

▼ 体ぐるみ~ (5, 0.0%)

1 だッ, どうッ, フラフラと, 廻して, 投げ伏せた

▼ 体~ (5, 0.0%)

1 なくては, へもてあつ, へ健康, へ動かせ, へ窶れる

▼ 体~ (5, 0.0%)

1 ゃよもあるめえ, やない, ゅうがちくりちくりとやられている, ゅうがふるえはじめてとまらなくなった, ゅうなのかわからないほどひろがり激烈に

▼ 体すなわち~ (5, 0.0%)

1 かかる身体, 太陽が, 無始無終なりと, 物質なりと, 組織ある

▼ 体だって~ (5, 0.0%)

1 丈夫に, 出て, 大切です, 弱くなりましょう, 肥って

▼ 体でございます~ (5, 0.0%)

1 から, からいずれ, が万一, が折, わ

▼ 体でした~ (5, 0.0%)

2 がやがて 1 からもう, がやや, けれども見れ

▼ 体なりし~ (5, 0.0%)

1 がある, がこの, がやをら白羽二重, が如何, が妾

▼ 体なんか~ (5, 0.0%)

1 すっかりがっちりし, どうな, どこへ, ひとちぢみ, 見つかる筈

▼ 体までが~ (5, 0.0%)

1 この儘何処, すっかりこの, そっちの, ふくらみ拡がつて, 透きとおるよう

▼ 体をかは~ (5, 0.0%)

1 さなかつたもの, さなければ, した, して, してしか

▼ 体をね~ (5, 0.0%)

2 ぢ向け 1 ぢくる, ぢつ, ぢつた

▼ 体あり~ (4, 0.0%)

1 これは, て内外相合し, 無君, 立君専政あり

▼ 体いっぱい~ (4, 0.0%)

2 が針金 1 にかざっ, に力ん

▼ 体~ (4, 0.0%)

2 しに 1 ざりましたゆえ, 大切に

▼ 体ずつ~ (4, 0.0%)

1 この正月, 並んで, 二列の, 犇

▼ 体それ~ (4, 0.0%)

1 だけが幻, に似た, に身長, は主

▼ 体でない~ (4, 0.0%)

1 お方が, ことは, のだ, 大月玄蕃汝ごとき

▼ 体での~ (4, 0.0%)

1 そりの, 教師または, 父地縁共同体での, 領主精神共同体での

▼ 体といふ~ (4, 0.0%)

1 ものは, ものを, 特殊な, 皆我いふ所の

▼ 体としては~ (4, 0.0%)

1 仕方の, 珍らしく, 見つけもの, 許し難い

▼ 体なり~ (4, 0.0%)

1 この娘, 云々され, 今までに, 先なる

▼ 体なれ~ (4, 0.0%)

1 ば, ばとて奉公人, ば何事, ば己

▼ 体についても~ (4, 0.0%)

1 何についても, 健康を, 私が, 私は

▼ 体にまで~ (4, 0.0%)

1 のぼせ上り, グル, 及んだ, 袋叩きに

▼ 体ほど~ (4, 0.0%)

1 あって, かえって若い, ならべて, 残つたのです

▼ 体または~ (4, 0.0%)

3 暴力によって 1 体系を

▼ 体よろしく~ (4, 0.0%)

1 ここから, ひとしきり鷹揚, 与の, 六区の

▼ 体をよ~ (4, 0.0%)

4 こに

▼ 体付き~ (4, 0.0%)

1 で解ります, のきゃしゃ, まで獣類, をし

▼ 体~ (4, 0.0%)

3 大切に 1 心配を

▼ 体文字~ (4, 0.0%)

1 が混, でも感じ, の下, の何処

▼ 体構え~ (4, 0.0%)

1 が箱崎縞, になる, に不思議, に本気

▼ 体~ (4, 0.0%)

2 御坐 1 御座候に, 細工に

▼ 体~ (4, 0.0%)

1 などに理解, の仮定, を一番, を読んだ

▼ 体~ (4, 0.0%)

1 に取り付けられ, の過度, は大きく, も甚

▼ 体~ (4, 0.0%)

1 と憂鬱, は栄養不良, を, を前

▼ 体~ (4, 0.0%)

2 と人格, の頭

▼ 体あの~ (3, 0.0%)

1 一件は, 時と, 顔は

▼ 体かの~ (3, 0.0%)

1 ように, 焼死体は, 青黒い屍体

▼ 体からも~ (3, 0.0%)

1 声が, 蒸れ出るやう, 髪の

▼ 体くに~ (3, 0.0%)

1 の中, はそれ, への自覚

▼ 体であります~ (3, 0.0%)

1 がこれ, がさて, ゆえふと

▼ 体でなく~ (3, 0.0%)

1 これを, 一体でも, 同体である

▼ 体とともに~ (3, 0.0%)

1 ザーッと, レオナルドとの, 滅亡する

▼ 体と共に~ (3, 0.0%)

1 もっと深く, 一遍に, 相手の

▼ 体どこ~ (3, 0.0%)

1 か猟犬, へ来た, へ行ったのぞい

▼ 体どんな~ (3, 0.0%)

1 歌を, 良心な, 風でした

▼ 体なく~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, てもよい, 寝込んで

▼ 体なども~ (3, 0.0%)

1 ありました, 疲労した, 親に

▼ 体にかけて~ (3, 0.0%)

1 おやり, 寺で, 若々しいよろこび

▼ 体についての~ (3, 0.0%)

1 場合に, 本は, 私の

▼ 体にでも~ (3, 0.0%)

1 おいそれと霊, さわっては, ならなく

▼ 体にとって~ (3, 0.0%)

1 いったい何, それが, 最も自然

▼ 体に対する~ (3, 0.0%)

1 反動と, 岩を, 愛に

▼ 体よりも~ (3, 0.0%)

1 光り姿, 軽い, 顔の

▼ 体一面~ (3, 0.0%)

1 なの, にもつれかかつ, に浸み渡る

▼ 体~ (3, 0.0%)

1 には枝, に毛, に生じ

▼ 体~ (3, 0.0%)

2 でも洞穴 1 かにつけ

▼ 体具合~ (3, 0.0%)

2 が悪い 1 が悪

▼ 体及び~ (3, 0.0%)

1 其他故人に, 心の, 諸太陽

▼ 体女体~ (3, 0.0%)

1 の二, の双, の美しい

▼ 体~ (3, 0.0%)

1 のさびしさ, の柿, やったらあ

▼ 体小説~ (3, 0.0%)

1 の古い, も斯, を書き上げた

▼ 体工合~ (3, 0.0%)

1 がわるく, が判らなく, の悪い

▼ 体~ (3, 0.0%)

1 だその, とが時田, を改めて

▼ 体~ (3, 0.0%)

3 を見

▼ 体~ (3, 0.0%)

2 持てば 1 もてば

▼ 体置き~ (3, 0.0%)

1 すべてが, の眼, は先生

▼ 体~ (3, 0.0%)

1 くお頭, く彼, く礼

▼ 体~ (3, 0.0%)

2 は地 1 は鬼

▼ 体ある~ (2, 0.0%)

1 ことを, を要す

▼ 体いっぱい力~ (2, 0.0%)

2 を入れ

▼ 体いと~ (2, 0.0%)

1 にが, 堅牢なり

▼ 体がぞ~ (2, 0.0%)

1 くと, ッと

▼ 体ぐせ~ (2, 0.0%)

1 のうつった, は平常

▼ 体ぐらい~ (2, 0.0%)

1 それも, 鞠に

▼ 体これ~ (2, 0.0%)

1 でご免, ほど邪慳

▼ 体しっかり~ (2, 0.0%)

1 して, つつまれて

▼ 体そう~ (2, 0.0%)

1 に言っ, ままには

▼ 体その~ (2, 0.0%)

1 内部に, 話てえ

▼ 体だけでも~ (2, 0.0%)

1 丈夫に, 無事だった

▼ 体だの~ (2, 0.0%)

1 手だの, 階段だの

▼ 体だろう~ (2, 0.0%)

1 とも思われる, にと思う

▼ 体ぢゆう~ (2, 0.0%)

1 の肉, の脈

▼ 体でありました~ (2, 0.0%)

1 がその, がやがて

▼ 体でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばなにひとつ初心, ばならない

▼ 体とで~ (2, 0.0%)

1 この七八年, 常識の

▼ 体とな~ (2, 0.0%)

2 つた皮膚は

▼ 体どういう~ (2, 0.0%)

1 訳で, 話しを

▼ 体なお~ (2, 0.0%)

1 幾多の, 有形と

▼ 体なき~ (2, 0.0%)

1 ために, と其右

▼ 体などが~ (2, 0.0%)

1 あるが, 無茶苦茶に

▼ 体などは~ (2, 0.0%)

1 どうなっ, 本当に美しい

▼ 体などを~ (2, 0.0%)

1 洗って, 見られては

▼ 体なりと~ (2, 0.0%)

1 いうべし, 仮定し

▼ 体なんて~ (2, 0.0%)

1 いもの, 何処へ

▼ 体にあたって~ (2, 0.0%)

1 とびちるとき, 来た

▼ 体において~ (2, 0.0%)

1 その身体, もっとも貴

▼ 体にだって~ (2, 0.0%)

1 お悪く, 有益です

▼ 体による~ (2, 0.0%)

1 一つの, 新聞紙の

▼ 体ばっかり~ (2, 0.0%)

1 着ぶくれて, 神様から

▼ 体へも~ (2, 0.0%)

1 この青い, 斑点を

▼ 体ほども~ (2, 0.0%)

1 あるの, ある大き

▼ 体まことに~ (2, 0.0%)

1 散々であった, 文筆の

▼ 体まるで~ (2, 0.0%)

1 将棋の, 花魁と

▼ 体もろ~ (2, 0.0%)

1 とも声, とも突っ込ん

▼ 体ゆえ~ (2, 0.0%)

1 仕かた, 頑張れと

▼ 体ゆたか~ (2, 0.0%)

1 なり, にゆっくり心から

▼ 体を以て~ (2, 0.0%)

1 した抄訳, 紫苑秋海棠

▼ 体エネルギー~ (2, 0.0%)

1 に帰し, をその

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 アル, 出テ行ッテシマッタ

▼ 体一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に詰まる, に赤い

▼ 体一個~ (2, 0.0%)

1 に化し, まず突立

▼ 体万民翼賛~ (2, 0.0%)

1 の原理, の皇道

▼ 体~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 体中万遍~ (2, 0.0%)

1 なく刺される, なく掻きたくなる

▼ 体中珠数生~ (2, 0.0%)

1 になった, になつたの

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 で屋根, の通り

▼ 体~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 体全く~ (2, 0.0%)

1 消滅し, 異に

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 にただ, に其組織

▼ 体凝視~ (2, 0.0%)

1 の名人, を起す

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 仏御利益疑, 空当事即

▼ 体又は~ (2, 0.0%)

1 一位の, 民譚或は

▼ 体同時に~ (2, 0.0%)

2 上ると

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 は太陽, を支配

▼ 体問題~ (2, 0.0%)

1 という処, は力学

▼ 体地蔵~ (2, 0.0%)

1 のこと, の一つ

▼ 体容易~ (2, 0.0%)

1 ならずと, ならず医師

▼ 体当て~ (2, 0.0%)

1 に雨戸, を食わし

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 を持たぬ, を高めよう

▼ 体恰好~ (2, 0.0%)

1 の男女, も男性的

▼ 体或は~ (2, 0.0%)

1 描写体の, 群行の

▼ 体~ (2, 0.0%)

2 が暮れる

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 の背骨, の脊骨

▼ 体欲情欲~ (2, 0.0%)

1 を誘起, を誘起し大

▼ 体正しから~ (2, 0.0%)

1 ざれば, ず体

▼ 体死ん~ (2, 0.0%)

2 でお詫び

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 がほのめく, をつけ

▼ 体気ハ感ジテ遂ニ通ズ~ (2, 0.0%)

2 即チ心

▼ 体洗っ~ (2, 0.0%)

1 て夕飯, て折

▼ 体混淆~ (2, 0.0%)

2 せる叙情詩

▼ 体無始無終~ (2, 0.0%)

2 なりとする

▼ 体獅子~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の変身

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 で重い, を知る

▼ 体登山~ (2, 0.0%)

1 にやって来, に際し神

▼ 体的労働~ (2, 0.0%)

1 とに服する, と心的労働

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 と云い, を表示

▼ 体~ (2, 0.0%)

2 五回参照

▼ 体統関係~ (2, 0.0%)

1 に這入っ, も殆

▼ 体~ (2, 0.0%)

2 だった

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 ても愛想, 及候得共我一代は

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 なぞで人, の零本

▼ 体~ (2, 0.0%)

1 と電線, のまわり

▼ 体輻射則~ (2, 0.0%)

1 を如何, を發表

▼ 体達し~ (2, 0.0%)

1 て一路信念, て居つた

▼1* [565件]

あい並んだもので, 体あたしに分け, 体あたり戦術でもっ, 体あたり無造作に持った, 体あつた, 体あらずほとんど五分時, 体あるいは虚無から, 体いかがでしょうと, 体いずれへなり, 体いたって軽く人これ, 体いちめんにマツヤニ, 体いろいろありがとう, 体うごかすよくよくでなけれ, 体おくれている, 体おとなしやかに念佛, 体おれを撲っ, 体かということが, 体かにわれた分身, 体かはらで, 体かも知れない, 体からだけ発散する, 体がかがまって, 体がちつとも, 体がと云ふより, 体くれぐれも御大切, 体ぐるみうしろへうしろ, 体ぐるみ右へ寄っ, 体ぐるみ吹ッ飛ばされそう, 体ぐるみ杖の上, 体ぐるみ林檎樽の中, 体ぐるみ武蔵は絶えま, 体ぐるみ籠抜けに, 体ぐるみ自分へぶつかっ, 体ここにあり, 体こしらへ, 体ことごとく赤し食う, 体これらのこと, 体ごとすりつくよう, 体ごとそこへ坐りこんだ, 体ごとそっち向いて, 体ごと右手をあげ, 体ごと奴の鼻っ柱, 体ごと床から掬いあげられた, 体ごと撥ね返すよう, 体ごと椅子をこちら, 体ごと検査所の台, 体ごと男の方, 体ごと真黒焦げに成っ, 体ごと自分の前, 体ごと跳ね上ったよう, 体ごと重吉を車内, 体ごと餌壺に入っ, 体さ四十五貫くくりつけて, 体さ疵のつく, 体しかなくもがいた, 体してて, 体してるじゃない, 体しびれる程の, 体じゃあないでは, 体じゃなど悪口し, 体じゃにさても, 体じゅうざわざわと寒, 体じゅうアセモにつつまれ, 体じゅうガタガタ震えながら, 体じゅう俄に熱く, 体じゅう引き潮加減ながら調和, 体じゅう得体の知れない, 体じゅう打ち身だらけになっ, 体じゅう水を浴びた, 体じゅう熱が出た, 体じゅう生活じゅうに通う, 体じゅう真赤にし, 体じゅう血だらけのベロヴゾーロフ, 体じゅう血まみれでは, 体じゅう非常にだるかっ, 体じゅう顫い着きたいよう, 体すこし疲れて, 体すこやかなり, 体すっかりちゃんとしたら私, 体すれすれにとどいた, 体せる人の, 体ぜんたいの長, 体そう身儘にもなりますまい, 体そっと抜き足を, 体そのまま耐えがたく思いやっ, 体その後お体, 体だけでの使われかた, 体だけにして, 体だけのことを, 体だしね何, 体だったであろうか, 体だるくお感じ, 体だろう食うほどの芸, 体だ堕ちる体なら, 体ぢうに化粧でもし, 体ぢゅう撒かれたなどという, 体ったらない, 体ってのは, 体つかまつらざる場合に, 体つづけへんさかい一, 体づゝさんだはらにのせて河に流す, 体であったらこのよう, 体であろうとを問わず, 体でかうして, 体でございまして, 体でございましたそれが, 体でございまするな, 体でござるが, 体でしてな, 体でしかあらわせない, 体でなくなっていた, 体でなくなるしとうとう, 体ではと医者は, 体とかも分らないので, 体とから私は, 体とがはなれば, 体ときには三体の, 体とくに肩つきに, 体としても見ること, 体とではないか, 体とやらの数を, 体どうですか, 体どうしても互いに惚れ合って, 体どうせふくの, 体どうぞ御大切, 体どころか着物の, 体どなたか様, 体どもの上, 体ない事だ, 体ながらどちらかと, 体なし心の, 体なぞが行われては, 体など肥って, 体などではなくて, 体などの基本図が, 体なにしろ社長です, 体ならすてる命は, 体なりしも道理その, 体なりということに, 体なりにもり上って, 体なんぞというものは, 体なんぞは消て, 体な光りを放ち, 体にあたる痛さ, 体については申しあげたとおり, 体についてやしねえか, 体にとッつく, 体にとっては薬餌よりも, 体にのさの, 体にまでも滲み込んで, 体にわ三方に, 体に対してゆるめないで, 体に対してさえ権利を, 体に対しての怨みと, 体に対しても常に新鮮, 体に従ってどちらでも, 体に関する条の, 体のせゐだよ, 体のばさと, 体のみ倒れかかりぬ, 体のみが見えて, 体のみを学んで, 体はいちように青銅, 体はがくりと, 体はじめより高, 体はずーッと悪い, 体はと見ると, 体ははづみを食つて勢よく, 体はめちやくちやに, 体ばかりは大きくなりました, 体ばっかりをうごかして, 体ひとたび動きて, 体ひとつ売ってでも, 体びっしょりになっ, 体ふるひ足わな, 体ぶりしまいには, 体へは出来るだけ, 体ほどは運び込む手伝, 体ほろ酔で漫読, 体ますますわるくもう, 体までは八メートルある, 体まるきり食べずに, 体まわりを取り巻く, 体がくる, 体みたように, 体めいてゐる, 体もかはせさ, 体もしくは人像に, 体もちと無理, 体もとより直接, 体やなどから判断し, 体やのんに, 体やや離れて, 体ややしばらくという, 体ゆえむりに宿所, 体ゆゑの名といふ, 体よう逃げてしも, 体よくそう言って, 体よしなにお取次, 体よじれながら横ざま, 体よりはむしろおまえ, 体らしい理窟が, 体れんげ台の上, 体アイヌの, 体わしもいったん, 体わるくあっちへ, 体をかはかして, 体をけづつてもゐるのだ, 体をさえ解し得ない民衆, 体をずつと背後へ, 体をのそっとたっ, 体をめぐってヒラヒラと, 体をよけながらすこし声, 体を通して正しき屈折律, 体を通じて毛を, 体カラ出テイルトハ思エズドウシテモ虫ガ鳴イテイルヨウニ聞エル, 体急ニフラフラトシテ平衡, 体ガ一方ヘ傾クノデアル, 体ガ倒レソウニナッタリ地下ヘ滅入, 体ギンとなる, 体シ普ク之ヲ全国ニ告諭セ, 体ジュウニ湿リ気ガアリ長襦袢ガベットリシテイタ, 体ジュウヲ可愛ガルコトヨ, 体セサル吏僚カ国法ヲ無視シ国際条約, 体ソースその他いろいろの, 体ツキガ透イテ見エル, 体障リマスカラ, 体ニ御座候哀れ今一度御意度得存候然者, 体ノコナシガ手ノ持ッテ行キヨウ, 体ノドコカシラニチョットシタ些細ナ斑点, 体ハ一通リ拭イテアッタガマダ体ジュウニ湿リ気ガアリ長襦袢ガベットリシテイタ, 体ハ波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, 体フランスの優美, 体ヲモウ一度仰向, 体の道徳, 体一めんが, 体一ツまたこそ, 体一匹投げ出しあそれで, 体一味の帰結, 体一心の体, 体一身の屍, 体一軒家を買取った, 体一転して, 体上下に波動, 体予した, 体不可欠の認識手段, 体不相応な大, 体並び立つがごとく, 体並んでいる, 体中うろこが浮い, 体中どこからどこ, 体中びっくりする程, 体中まっ黒だから, 体中傷だらけだよ, 体中刀傷や矢傷, 体中大汗になっ, 体中小豆のなか, 体中忠義の炎, 体中水にぬれた, 体中水だらけの圓朝, 体中汗びっしょりに, 体中泥だらけになった, 体中眼なん, 体中着物をはたはた, 体中血だらけに撲たれた, 体丸く肥え毎, 体丸出しの赤裸, 体乱歩の, 体も胸, 体事も無げなる其面もち, 体二人ともぼんやり, 体云々のこと, 体りには, 体従来已久, 体付近にある, 体以外のもの, 体以外ノトコロカラ鳴ッテ, 体住吉辺りまではこの, 体何とやらむ先方, 体何とも合点が, 体何者かに足, 体信士庚申元文五年閏七月十七日, 体のよう, 体をどう, 体倦むの時, 体健かにし, 体全体露を含んだ, 体全然吾人の, 体全部に点々, 体六百体と半日, 体凛然として今や, 体ばかり人形師, 体分子より成る, 体分子構造のごとき, 体なくし, 体動かしてもう, 体される一方, 体千体と申す, 体半分を突込, 体南方先生外国で十五年仙人暮し, 体単にそれ丈け, 体しと, 体即ち世界国の, 体をきい, 体只管に皇軍使命, 体合して一体, 体合一せる刹那, 体同じように, 体同一となる, 体同様長々と, 体否やはありません, 体否形状大小を備えた, 体呑み去っていた, 体しながら, 体和楽歓游の日, 体問題解決の特有, 体固定化された個々, 体在るのである, 体地縁共同体精神共同体などがある, 体地蔵様にお参り, 体城中の人民, 体に弱い, 体外部は鬘体, 体夜目にも光る, 体夜露でく, 体大きくて悍, 体大きな割合に, 体大してわるいの, 体大切にしろ, 体天下分け取りの分け前, 体天皇御世系について案, 体太郎二山の裾, 体の体, 体女体太郎山丸山などが秋, 体姿とを武器, 体子心にも義理, 体珍の, 体安閑宣化欽明敏達用明崇峻推古の諸, 体載って, 体の円美, 体に在学中種目ハイ・ジャムプ記録一米五七, 体なりと雖ども, 体小さく清潔で, 体小人閑居して, 体ということ, 体崩して駈出し, 体崩壊より奴隷制, 体巡査鉄砲雁の血, 体平らにて物, 体幾重にも御自愛, 体引挟みて, 体をかけました, 体当たりめいたものを, 体よく整い, 体彼等の乱刃, 体従って電子, 体従本以来不生不滅, 体ではあるまい, 体思ひやられて痛み, 体されて, 体悠長に貴様, 体悪くしたら朝, 体からず大, 体愚図愚図しちゃいられねえ, 体愛語の女, 体成り候は, 体打ちすくみて覚えず, 体抱き上げるように, 体押え切れない力で, 体押しにかかった, 体振動学とでもいうべきであろう, 体掻きむしるように, 体支柱が重, 体いか, 体亦吾体, 体散じてまた, 体を, 体文化翼賛の美果, 体文章に就, 体斜めにかわし, 体日本が最も, 体星雲の表面, 体の鐘, 体暗黒にし, 体曲がれば影斜, 体に無く, 体朝以後推古時代までの間, 体本明にし, 体に押しつくるごとく, 体の舞手たち, 体の実, 体極めて長大身丘壟の, 体を進め, 体歌所はし, 体正面奥の赤い, 体死して亡びざる, 体がある, 体気まま育ちの小児, 体流れて, 体の芸術, 体浅ましい御姿, 体浅間若しくは富士御岳, 体浮び出た火影に, 体湿りて寒, 体源抄十に, 体滞在は随意, 体いくら考え, 体為いかんとも為様, 体無始無終自存自立なりとする, 体焼けて文珠菩薩, 体ゆる汝, 体に夜明し, 体が火の玉, 体物質より成る, 体特にヘリウムと, 体に爲, 体狂詩が添え, 体狼腰豹頭猿臂まことに稀代, 体の基本, 体生れ更り同士, 体画竜のご, 体異様なれば, 体畸形特有の奇異, 体疥癩の病人, 体痩せて飛鳥, 体痺れて動かず, 体るるを, 体癒さなければならない, 体発見ボートルレの災難, 体白け渡って言葉, 体白根は雲中, 体百出人面獣行曾て愧, 体百戯芸妓と共に歌舞伎, 体的人間存在なの, 体的放任主義を執る, 体的欲望は毫も, 体的状態より次第に, 体具わるかつて, 体皇海袈裟丸武尊を始め小野子, 体の前, 体相当以上弱ッ, 体相見え多少とも, 体真宗真教等と解する, 体短く中太い, 体短小にし, 体破片は火の玉, 体社会生活が世界中, 体ともいうべき, 体秀郷時代より甚だ, 体の下, 体空洞な, 体窮命したこと, 体立たせ給う基督と, 体も雲, 体ありて, 体精神共同体などがある, 体によっては尽す, 体細く薄黒く, 体はお, 体縮み脊髄の, 体を画きつくす, 体肝胆相照すといふ趣き, 体肥えて走る, 体かに即ち, 体を活発, 体脚絆を堅く, 体脱落なり, 体自ら陰陽を為す, 体自伝はここ, 体自分でやる気, 体自身が考え, 体は嫌い, 体船頭らしい男, 体良く身売りを, 体艶史の影響, 体と人気, 体若旦那さまは未だ, 体荒神足留稲荷とそれぞれいわれ, 体葺屋だな, 体くさいだろ, 体虚飾の悪徳, 体よりは欧亜, 体のごとし, 体行燈体と云, 体であるから, 体を見る, 体裾野におけるちくいち, 体見えざれば予, 体見え檣頭の旗影, 体見せて下さい, 体見るに忍びざる, 体見聞大いに驚き, 体観者の内, 体解して, 体解することである, 体り鴨居, 体に示される, 体証したことで, 体詩一巻これは何れ, 体詩中の詩, 体である, 体せずには, 体調べをし, 体諸共奈辺にか飛び去り, 体諸物の破片, 体買うのか, 体貸座敷の書記さん, 体跫音そんなもの, 体身中が荒彫り, 体軽く軽くなった, 体輪廓の素直さ, 体追い込まれている, 体造らしてそれぞれ, 体を, 体道成徳の人, 体超入, 体達した人に, 体達せられた今に, 体達せんとする, 体配りがまた, 体のいい, 体重き御国禁, 体量万年湯ではかったら, 体量二十七貫見かけは堂々たる, 体量二十貫の同氏, 体量五十基瓦即ち十三貫目余, 体量五十貫もある, 体量十一貫位であったが, 体量十三貫に足りなかった, 体量十二貫五百目このごろ郵便局でかかっ, 体量十八貫と云う, 体量十四貫七百というの, 体量器の据えつけ, 体量四十一貫身のたけ六尺八寸, 体量四十三貫ありしと, 体量四十八貫つづいて, 体量四十四貫同じく大関, 体量真綿入のどてら, 体量等との間, 体量表と比較, 体長きこと蟒蛇に, 体長く痩せ尾, 体関係が横たわっ, 体阿波へ立ち帰ろう, 体附きをし, 体限りとアッサリ, 体隠士の中, 体雑沓の護摩堂付近, 体雨宿りして, 体霊一如の考え方, 体に心閑, 体物質性と, 体して, 体するだろう, 体顕し給うものという, 体の花鳥図, 体風身の術, 体の強風, 体飛行機が売れたらしい, 体飾るから二体, 体に不足, 体駒井甚三郎はその, 体魄一淪より気, 体黒いものは, 体黒白虎斑の馬