青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「佐々木~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

低く~ 住~ ~住む 住む~ ~住ん 住ん~ ~住居 住居~ 住民~ 佐~
佐々木~
佐渡~ ~体 体~ 体系~ ~何 何~ 何かしら~ 何かと~ 何しろ~ 何ぞ~

「佐々木~」 1011, 11ppm, 9898位

▼ 佐々木小次郎~ (156, 15.4%)

5 という者 3 との試合, の名, もまた

2 [11件] というの, という人間, とかいう者, とはどうして, と武蔵, なの, なる者, のため, のほう, の自信, を相手

1 [120件] から武骨, がいつのまにか, がか, がそこ, がつい, がぶらりと, が一同, が世間, が今, が何, が六十以上, が参っ, が天下, が巌流島, が得意, が慶長十七年, が江戸, が物, が自分, が起居, さ, さすがに, だが, だった, だったか, だと, であった, であったから, であると, でさえ, とある, といい, という一介, という名, といっ, といつか, とお, とかいいました, とその, との巌流島, との決闘, とはおれ, とはわし, とは一体, とは何, ともいわれる, とやらのため, とやらをこの, と一手, と吉岡清十郎, と申す, と積年, と聞きました, と見えた, と試合, なりとは, に, にちがい, について, についてでござる, になり切っ, には雪辱, に出会, に助けられ, に対して印可目録, に対する怒り, に彼, に手伝う, のす, のほか, の住居, の刀, の姿, の影, の忠言, の所有, の手のうち, の手紙, の推薦, の胸, の腕前, の遺跡, の門前, の顔, の駈け, は, はいう, はいま, はこっち, はほとんど, は一生, は不平, は先刻, は同国越前, は名門, は手, は折, は汝ら, は石切たち, は絹, は藩, は頻り, へ出会い状, も, もここ, も久しく, も喰えぬ, も富田門, も通った, を, をきっと, をよく, を二人, を偉, を先, を打った, を打つた, を眼, を見, 生れて

▼ 佐々木道誉~ (129, 12.8%)

5 の名 2 が高氏, であった, なる者, の招き

1 [116件] おなじく秀綱, かさも, から兄高氏, が, がお迎え, がその, がちら, がどんな, がみずから顔, が伊吹, が兵五千, が出, が尊氏, が帝, が幕府, が急, が笑っ, が約, が耳, が返した, が選ばれ, が都, が駒, こそは油断, ただちに対戦, だ, だかたく, だそしてまた, だの上杉憲房, であったかも, であったこと, であったの, である, ですらもまだ, という者, という資格, といえ, とのふしぎ, との対決, とは宗家, とは違う, ともいわれる, と不和, と名, と土岐左近, と尊氏, と帝, などの顔ぶれ, にはなれなかった, ぬけぬけと, ぬけ目, のあの, のこと, のぼだい寺, のデザイン, の一家臣, の一族, の一群, の一軍, の伝え聞き, の兵, の名代, の城府, の姿, の子, の家来民谷玄蕃, の寝, の屋敷うち, の手勢二, の画像, の笑い黒子, の筆蹟, の聞え, の裏切り, の計, の話し, の邸内, の降参, の陣立ち, の領下, の黄母衣組, はすぐ, はつまり, はどこ, はなん, は始終, は残り, は水, は決して, は近江, は都ずれ, は高時, へ, への恨み, へ数日前, までがたれ, もおなじ, もおります, もお迎え, もまた, もやむをえず, も坐っ, も来, も重, も麾下, や左近ら, よく近江, をあまく, をし, を先頭, を攻める, を数日前, を眼, を見, を見くらべ, を訪う

▼ 佐々木~ (58, 5.7%)

2 ような, 兄弟どもは, 墓も, 家臣の, 挨拶を

1 [48件] ことは, でんを, ところへ, やつこの, ように, 両君を, 二人の, 伊吹兵一千は, 兄弟どもが, 兄弟は, 入道道誉, 内の, 功を, 同族だ, 同族六角時信も, 名代, 向背こそ, 囁きに, 場合, 場合に, 奥さんから, 宗家という, 家中は, 家來など, 家来な, 家臣は, 宿ニ御成奉, 庄佐々木高綱の, 徒党であった, 手に, 手は, 支族であり, 旦那様も, 曲て, 末弟などに, 末流だ, 紋は, 細君, 誰, 金入を, 鐙を, 門は, 陣へ, 雑人ばら待てっ, 領土つまり道誉の, 領土です, 顔を, 風儀などは

▼ 佐々木~ (38, 3.8%)

32 が, が死んだ, に従え, や荒君

1 [27件] が不在, が死ん, が馬車, が黒石, に渡し, に私, のところ, の報告, の所, の手紙, の記述, の話, の説, は, はよく, はオヒナサマ, は大いに, は荷風, は言っ, は遅く, は馬車, もすでに, も峠, も引い, も遠野, や柳田君, 幼きころ

▼ 佐々木~ (35, 3.5%)

2 予防注射を, 建久の

1 [31件] あの夜, あの夜家, いう迄も, うまいもの, しばらくし, そういっ, その後六ヶ月間びっこを引き私は, まだ帰らない, みごとに, テーブルの, 三郎か, 仲間の, 何を, 佛門に, 傍から, 剣術家では, 度々訪ね, 彼の, 心から怒っ, 恐くは, 折々云った, 最も苛辣, 毒殺された, 猶も眞顏, 疾くに, 発起人を, 皆が, 聞いて, 自棄の, 見えぬか, 酒照りも

▼ 佐々木~ (27, 2.7%)

1 [27件] ツイこの間死ん, 一族と, 今日は, 先頭に, 出て, 向うから, 固い荷鞍, 執権高時の, 家へ, 寝返りの, 局の, 山田と, 幾瓦かの, 御前へ, 恥か, 書いたん, 来ました, 来る菅富士男, 来北海道石炭鉱業会社, 梶原を, 自白した, 許へ, 買ったの, 近江七郡守護の, 近頃では, 金を, 馬券を

▼ 佐々木殿~ (24, 2.4%)

2 のお

1 [22件] いや佐々木, か, がここ, が増員, が通られます, ご自身, では, とは何, と見違えた, にはなにぶん, に負けた, のおや, の京屋敷, の供, の山吹一揆, の望み, の馬, へお, へは身, もお, も今暁急, も頼朝公以来

▼ 佐々木~ (23, 2.3%)

4 の祖父

1 [19件] から得た, か小国氏, が岸田劉生, とであった, とに気の毒そう, と下男, と松浦氏, にさ, にては母人ひとり縫物, の一族, の伯母, の招待, の曾祖母, の曾祖母年, の祖母, は人力車, も中村氏, を訪問, 及び矢田部氏

▼ 佐々木~ (17, 1.7%)

2 のうごき

1 [15件] があれ, ががぜん, がどう, のあいだ, の一人, の一支族, の信胤, の全面的, の定紋, の手, の拠地, の諸家, は平家, は浦, は近江佐々木

▼ 佐々木さん~ (16, 1.6%)

1 [16件] があなた, がおいで, でいいたい, ですか, というひと, と久しく, などの論文, にお目にかかり, にもほか, の奥さん, の納屋, はふしぎそう, は佐々木さん, も, をそ, を退治

▼ 佐々木~ (15, 1.5%)

1 [15件] がまず, とわかる, と共に奥州, に飼われ, に養女, のおん名, の冠者輩, の城下, の家名, の御家人, の手, の本城, の者, の臣十名, へ仕え

▼ 佐々木~ (14, 1.4%)

1 [14件] いい名, 三人で, 下男の, 同じ荻窪署, 名を, 呼びすてるぞ, 土井, 岩井が, 梶原の, 沢との, 申すか, 申す武者, 称する者, 誘って

▼ 佐々木~ (13, 1.3%)

2 相手に

1 [11件] おいはらい都, こめて, 名乗る一族, 呼べ, 引き離して, 御使, 措いては, 毒殺しました, 演な, 置いて, 訪ねて

▼ 佐々木どの~ (9, 0.9%)

2 の御 1 はきょう, へ申す, も御供, よな, をこちら, をこれ, 言い残した

▼ 佐々木一族~ (9, 0.9%)

1 だし, でこの, には余りに, の六角信詮, の分流, の禍, の鉄壁, は三好, やその他

▼ 佐々木~ (8, 0.8%)

1 しては, すぎない, 代ったから, 済まないけれど, 言わせれば, 買って, 貸したん, 頼んで

▼ 佐々木俊一~ (8, 0.8%)

321 がセロ, が雲, のクサリ

▼ 佐々木六角~ (8, 0.8%)

1 が立て籠っ, と浅井長政, の一族, は自分, も起っ, や承, や浅井長政, を攻めほろぼし

▼ 佐々木巌流~ (8, 0.8%)

2 の試合 1 が吉岡, であった, というもの, の門人, はしばらく, は庭

▼ 佐々木彦三郎~ (7, 0.7%)

1 と名乗っ, はすぐ, は学友三, は学友達, は長大息, は随分, を取り巻き

▼ 佐々木~ (7, 0.7%)

1 の, のとこ, のところ, の二人, の原作, の滑稽小説, 其の他

▼ 佐々木~ (6, 0.6%)

1 三人ハ瓢亭ノ, 代理ハ御免蒙, 寝タベッドニハ, 帰朝祝賀宴ガアッタノデ十時過, 案内役ニ附ケテ行カセルコトニシテイタ, 留守ノ

▼ 佐々木~ (6, 0.6%)

1 傍ニ置イテ三時カラ五時頃マデホテルノロビーデアレカコレカト話シ合ッタ, 呼ブ, 誘イニ来ル, 起シノブロンヲ注射シテ貰ウ, 追ッ拂ッテシマウ, 除イテ颯子菊太郎兄弟ノ

▼ 佐々木兄弟~ (6, 0.6%)

1 が帰った, の父秀義, の行動, は, は表, を見くらべ

▼ 佐々木先生~ (5, 0.5%)

1 が掛けといた, としては栄養学者, に逢, の住所, の所

▼ 佐々木味津三~ (5, 0.5%)

1 が, の, のむっつり, の両君, もう一歩

▼ 佐々木喜善君~ (5, 0.5%)

2 の, の報告 1 も引き続き

▼ 佐々木盛綱~ (5, 0.5%)

2 と大野九郎兵衛, は忠勇 1 を遣はせる

▼ 佐々木道誉どの~ (5, 0.5%)

1 がおい, でございまする, のよう, の名代, の御

▼ 佐々木邦氏~ (5, 0.5%)

1 が見え, に問い合せた, の家, の顔, を訪れる

▼ 佐々木高綱~ (5, 0.5%)

1 であった, と梶原景季, の屋敷, の紋, を勤め

▼ 佐々木~ (4, 0.4%)

1 つまりは, また地面, 昨夜ことごとく, 速見も

▼ 佐々木~ (4, 0.4%)

1 直グ脈, 頻リニコノ天候, 頻リニ首, 黙ッテ血壓ダケ

▼ 佐々木~ (4, 0.4%)

2 七は 1 七から, 七の

▼ 佐々木~ (4, 0.4%)

1 だ, であったの, に断たれた, の軍勢

▼ 佐々木小次郎殿~ (4, 0.4%)

1 では, とある, といえ, と信じ

▼ 佐々木~ (4, 0.4%)

1 禎が, 禎に, 禎の, 禎三井寺の

▼ 佐々木~ (4, 0.4%)

1 でございますか, では, に来, の所

▼ 佐々木清高~ (4, 0.4%)

1 なの, は佐々木党, は赤, を伴っ

▼ 佐々木看護婦~ (4, 0.4%)

1 からやがて, に代っ, の語る, は父

▼ 佐々木道誉ら~ (4, 0.4%)

1 の先鋒, の兵, の列, もつづい

▼ 佐々木高氏~ (4, 0.4%)

1 がもひとつ, が胸, のそば, も

▼ 佐々木という~ (3, 0.3%)

1 家の, 病院に, 顔揃いで

▼ 佐々木~ (3, 0.3%)

1 目を, 行ったもの, 見せよ

▼ 佐々木~ (3, 0.3%)

1 又這入, 戻ルマデニ仕事, 頻リニクド

▼ 佐々木与次郎~ (3, 0.3%)

1 といっ, と署名, に会っ

▼ 佐々木京助~ (3, 0.3%)

1 のよう, の妻敏子, を殺し

▼ 佐々木入道道誉~ (3, 0.3%)

1 が二階堂, に申しつくる, は生駒山

▼ 佐々木博士~ (3, 0.3%)

1 の言えるごとく, の話, の養父

▼ 佐々木喜善氏~ (3, 0.3%)

1 が収集, が筆, の話

▼ 佐々木四郎高綱~ (3, 0.3%)

1 っ, の宇治川, の許

▼ 佐々木基一~ (3, 0.3%)

1 がいう, もさうで, もそう

▼ 佐々木定綱~ (3, 0.3%)

1 に命じ, の弟, や経高

▼ 佐々木岸柳~ (3, 0.3%)

1 という野郎, はもっと, を木刀

▼ 佐々木忠次郎博士~ (3, 0.3%)

2 と松浦佐 1 は昨年十月

▼ 佐々木源三秀義~ (3, 0.3%)

1 と重国どの, の旧領, は近江

▼ 佐々木~ (2, 0.2%)

2 おざる

▼ 佐々木との~ (2, 0.2%)

1 一ト揉め, 対決の

▼ 佐々木~ (2, 0.2%)

1 小山の, 茂木で

▼ 佐々木嘉兵衛~ (2, 0.2%)

1 という人, 或る

▼ 佐々木基一君~ (2, 0.2%)

1 より来信, をわずらわす

▼ 佐々木惣一博士~ (2, 0.2%)

1 は蜜柑, を筆頭

▼ 佐々木~ (2, 0.2%)

1 ではとうに, の旗幟

▼ 佐々木昂さん~ (2, 0.2%)

1 と相談, は国分

▼ 佐々木東洋~ (2, 0.2%)

1 という人, という医者

▼ 佐々木次郎大和淡路~ (2, 0.2%)

1 の三名, の変装

▼ 佐々木源三~ (2, 0.2%)

2 が子

▼ 佐々木源兵衛~ (2, 0.2%)

1 が詰めかけ, は莞爾

▼ 佐々木玄龍~ (2, 0.2%)

1 であった, は所用

▼ 佐々木知事~ (2, 0.2%)

1 も内心, を説伏せ

▼ 佐々木~ (2, 0.2%)

1 の族党, は二つ

▼ 佐々木茂索~ (2, 0.2%)

1 がいる, の紹介

▼ 佐々木道誉さま~ (2, 0.2%)

1 なども古く, のおや

▼ 佐々木邦さん~ (2, 0.2%)

1 とは将来大事, と益田甫さん

▼ 佐々木鏡石君~ (2, 0.2%)

1 が近ごろ研究, より聞き

▼ 佐々木高綱堀藤次~ (2, 0.2%)

1 などのわずか, 同じく四郎

▼ 佐々木高美氏~ (2, 0.2%)

1 と中村久弘氏, は既に

▼1* [201件]

佐々木から佐々木の, 佐々木ときが, 佐々木すらもさよう, 佐々木ずれの武者, 佐々木たちは, 佐々木ちょっと降りて, 佐々木であったがこの, 佐々木であろうと誰, 佐々木でも頼むはず, 佐々木といったような, 佐々木といふ人が, 佐々木とともに銀座の, 佐々木とは柏村の, 佐々木とも私には, 佐々木など誰も, 佐々木などの寝返りさえ, 佐々木なら読むかもしれない, 佐々木なんか輸血まで, 佐々木には断ったろうね, 佐々木にも大酒, 佐々木のぶ子の母, 佐々木へはおれから, 佐々木よりほかに, 佐々木らしくて賑, 佐々木っかく, 佐々木カラ耳寄リノ話ヲ聞ク, 佐々木ガアトヲ追ッテ来ル, 佐々木ガオ静ニ聞キニ行ッテ戻ッテ, 佐々木ガシノミンヲ四錠スヽメ尿道ヲ湯タンポデ, 佐々木ガヒドク心配スルノデ又三十分ホド, 佐々木ガ上半身ヲ起シタ, 佐々木ガ口ヲ挟ンダ, 佐々木ガ庭ノ散歩, 佐々木ガ心配シテ毎日予ヲ仰, 佐々木ガ書斎ニ来血壓ヲ測, 佐々木ガ牽引ノ時間, 佐々木ガ腰ヲ押シテクレル, 佐々木ガ血壓計ヲ持ッテ, 佐々木ガPQ病院ヘ行キ, 佐々木サンヲ行カシテオヤンナサイヨ, 佐々木サンカラ伺イマシタガ大丈夫デスカオ爺チャンオ痛イコトハオ痛イデショウガソンナコトヲナサラナイデモ今ニキット, 佐々木サンガ寝テヽクレヽバ何カアッタッテ安心ジャナイカ, 佐々木サンガ縁側カラ見テルワヨ, 佐々木サント静ガ東京ニオリマスコトハオリマスケレドモオ爺チャンヲオ一人オ残シ申シトクノハ心配デゴザイマスシソレニ軽井沢ハプールノ水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, 佐々木サンニ叱ラレチャウワ, 佐々木サンハ暫クロビーニデモ行ッテラシッテ下サイヨイヽ機会ダカラ, 佐々木サンヤオ静ト一緒ニ這入リマスカラ, 佐々木サンヲオ預リシマス, 佐々木サン君ハ隣ニ寝テクレ給エ, 佐々木トハ一等五子ハ二等デアル, 佐々木トハ夜ガ晩イカラト云ウノデ吉兆ニ泊ル, 佐々木ト二人ジャ心細イカラ, 佐々木ト云ウ目算デアッタガ動キ出シテ見ルト窓際ハ風ガスウ, 佐々木ニスヽメラレテクラッカー二個ニクラフトチーズ少量ヲ添エテ食ベ, 佐々木ニナラ見ラレテモイヽケレド, 佐々木ニハ或ル程度察知サレテモ仕方ガナイ, 佐々木ニハ都合ガイヽノダガコチラハ颯子ガ何ト云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, 佐々木ニモ見ラレヌヨウニ, 佐々木ニモ暇ヲ与, 佐々木ニ手ヲ曳カレテ庭, 佐々木ニ聞イテ見ル, 佐々木ニ談判ニてかた付申候, 佐々木ノイナイ夜ハドウスルカト云ウト婆サンガ代リニ佐々木ノベッドニ寝ルコトニシテアル, 佐々木ノベッドニ寝ルコトニシテアル, 佐々木ノヨウニ上手ニ親切ニハ助ケテクレナイ, 佐々木ハ予ヲ無理ヤリニ寝室, 佐々木ハ二等車デアル, 佐々木ハ何ニ使ウノカ全ク見当ガツカナイラシク, 佐々木ハ埼玉県ノ生, 佐々木ハ激シク反対シコンナ高血壓ノ際ニ旅行ハ思イモ寄リマセン, 佐々木ハ顔色ヲ変エタガ, 佐々木マデ心配ソウニ庭ヘ出, 佐々木早速気, 佐々木一人がいい, 佐々木一夫氏という農村, 佐々木一家とは仲違, 佐々木三四郎毛利荒次郎ニて中, 佐々木三郎左衛門が一番, 佐々木三郎左衛門塩谷高清の三人, 佐々木三郎盛綱加藤次景廉, 佐々木与次郎以外に書ける, 佐々木久波紫が大御, 佐々木五郎義清結城左衛門尉朝光等各陣, 佐々木京極氏のお, 佐々木伊勢守へ荒獅子, 佐々木佐渡の判官入道道誉, 佐々木作松と佐々木清助, 佐々木作樂氏と共に本郷, 佐々木俊郎と云う, 佐々木信一郎と申す, 佐々木信綱さんに問, 佐々木信綱先生の神田小川町, 佐々木兄弟その他なお遅, 佐々木兄弟四人の親, 佐々木党加治源太左衛門らが知った, 佐々木入道承禎, 佐々木六角殿の旗下, 佐々木六角氏の観音寺, 佐々木六角浅井の諸家, 佐々木六角高頼が本所領家, 佐々木剋嘉君とここ, 佐々木劔刀斎岸柳の動静, 佐々木助七は小黒部, 佐々木北涯氏の家, 佐々木博士吉井北原與謝野伊藤古泉斎藤平野上田諸氏が集, 佐々木博士竹田博士文学部の和辻博士, 佐々木只三郎のため, 佐々木只三郎らの手, 佐々木同族の清高, 佐々木君次も同じ, 佐々木君等がはなばなしく, 佐々木味津三君の大衆小説, 佐々木味津三氏もまい, 佐々木喜善さんの採訪, 佐々木喬農学博士も同じく, 佐々木嘯虎君の, 佐々木四郎左衛門高綱の子, 佐々木基一荒正人本多秋五などといふ評論家, 佐々木塩冶の一族, 佐々木太郎右衛門も土木工事, 佐々木太郎定綱を頭, 佐々木夫人がゐ, 佐々木でその, 佐々木孝丸さんはペルリ上陸記念碑, 佐々木孝丸村山知義田口憲一青野季吉前田河広一郎金子洋文葉山嘉樹小堀甚二等は脱退, 佐々木孝丸氏がお, 佐々木孝丸滝沢修松本克平嵯峨善兵島公靖その他の人々, 佐々木定綱どの経高どの以下, 佐々木定綱盛綱の兄弟, 佐々木定綱盛綱高綱の兄弟三人, 佐々木定綱高綱らの末裔, 佐々木家お抱えの田楽師, 佐々木小次郎ずれを何でそのまま, 佐々木小次郎どのか, 佐々木小次郎どのあなたに訊い, 佐々木小次郎儀試合仰せ被, 佐々木小次郎奴にひどい, 佐々木小次郎様に違い, 佐々木小次郎逃げかくれする侍, 佐々木屋形では, 佐々木岩次郎の諸氏, 佐々木巌柳を打ち倒し, 佐々木巌流どのにも藩公, 佐々木巖流というの, 佐々木左衛門尉広綱, 佐々木左門の弟, 佐々木平井甚助を城, 佐々木忠次郎とかいう人, 佐々木惣一との対談, 佐々木抜関斎の老臣平井加賀守どの, 佐々木支族は南海, 佐々木文仲と云, 佐々木旅館といふの, 佐々木よう何とか, 佐々木東洋氏が, 佐々木多君, 佐々木権右衛門を残し, 佐々木次郎と変名, 佐々木殿先にここ, 佐々木氏そこもとらし, 佐々木氏下野の宇都宮, 佐々木氏勝を娶っ, 佐々木氏等僕は持参, 佐々木にもこんな, 佐々木清助という二人, 佐々木源兵衛小腰を屈め, 佐々木照山も蒙, 佐々木病院にゆく, 佐々木直木などの連中, 佐々木看護婦ガ寝ルコトニナッタ, 佐々木看護婦婆サンマデ附イテ来ル, 佐々木より佐々木氏, 佐々木秀茂の乳母比夜叉御前, 佐々木の與八, 佐々木繁君説に山神, 佐々木繁氏来示には陸中遠野地方, 佐々木義賢が凡物, 佐々木能理男が, 佐々木蔵原村山等の人々, 佐々木誉めの, 佐々木道元飛松與次郎等は何れ, 佐々木道誉ほか百名余の盛宴, 佐々木道誉みずから筆をとった, 佐々木道誉以下これを見とどけた, 佐々木道誉以下土岐左近らもとにかく, 佐々木道誉土岐頼遠高, 佐々木道誉斯波高経らがあと, 佐々木道誉秀綱の父子, 佐々木道誉等大小の侯伯, 佐々木道誉身分は月, 佐々木邦先生より十吾一味, 佐々木邦先生夫妻が見物, 佐々木邦氏主裁のユーモア, 佐々木鉄窓氏と小国露堂氏, 佐々木隆興吉田富三両博士, 佐々木が通った, 佐々木高嶺及び私, 佐々木高志氏伊藤正弘氏千頭直雄氏中村岩馬氏は先づ發, 佐々木高秀公のお, 佐々木高綱あたりと関係, 佐々木高頼が寄進