青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「代り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~付け 付け~ 仙~ 仙台~ ~代 代~ 代々~ ~代っ 代っ~ ~代り
代り~
~代表 代表~ 令~ 令嬢~ ~以 以~ ~以上 以上~ 以下~ ~以前

「代り~」 8516, 88ppm, 1259位

▼ 代り~ (4658, 54.7%)

42 して 21 なって 20 自分の 16 今度は 15 何か 13 働いて, 私の, 私は 12 彼の 11 行って 10 私を 9 これを, なる, 出て 8 そこに, それを, なるもの, 之を, 使って, 彼等は 7 他の, 彼は, 持って, 次の, 私が, 自分が 6 子供の, 新らしい, 来て, 自分で 5 なるの, 二人の, 僕が, 僕は, 彼が, 持つて, 相手の, 酒を, 鉄の, 頭を

4 [14件] そこへ, わたしの, 一人の, 人間の, 今の, 今は, 何の, 八五郎を, 其頃は, 女を, 此の, 眼を, 石を, 穴の

3 [52件] あなたの, あなたは, お前が, お前の, ここの, ここへ, こんどは, したり, しても, しようと, それが, た, つれて, なつて, なりそう, なるやう, ほかの, ボートへ, メリケン粉を, 事物の, 二つの, 使つてゐる, 俺が, 僕の, 入って, 外の, 妙に, 少年の, 急に, 我れ, 手に, 敵を, 日數を, 東京へ, 水を, 火の車でも, 牛の, 用いて, 用ゐ, 私に, 立する, 答へて, 舌を, 行くこと, 身を, 金を, 静かに, 頭に, 顔を, 首を, 馬を, 黙って

2 [266件] あいそ笑いを, あなたが, あなたに, あなたを, いつでも, いまは, うすべり, おれは, お光, お前を, お墓, がぶ, ここでは, このへん, この男, この落葉松, これは, しそこで, した, すべてが, せめて落雁, そこには, そのなまけ者, それよりも, ぢつと, なったの, なにを, なるかよ, なるといふ, なんとなくがさつい, まゐりませう, みすみす四十四万両, むかしの, もつと, やって, やつて, わしが, アキの, ギリシア人は, コキ使はれ, ダグラスを, ヒモを, ビールを, ピアノを, マルクス, モナリザの, レモン油と, 一本の, 一番先だ, 一般に, 丁寧な, 三十歳から, 三四杯の, 上使が, 不規則な, 主人の, 之との, 之に, 云つた, 云わば, 五段教授法を以て, 交際の, 人が, 人形の, 今夜は, 何かの, 何が, 何も, 何を, 何等かの, 使はれ, 使ふ, 使われる, 使用し, 例の, 俺の, 僕等の, 元の, 兄の, 先生の, 先達ての, 入れて, 公然たる, 其処に, 其処へ, 内閣を, 出した, 出すといふ, 出たもの, 出来るだけ, 分福の, 別の, 到るところ, 力を, 労働力を, 勘が, 北支事件の, 北支那に, 十七ばかりの, 南京豆を, 友人を, 反って, 取って, 可能的な, 同じ六年, 周囲の, 味が, 命さへも, 命令者を, 和約, 問題の, 型の, 場所の, 声を, 夜は, 大事に, 大砲を, 天上の, 天人の, 夫人の, 奉公に, 好奇心が, 妹の, 娘の, 嫁の, 存在という, 官紀大に, 実行を, 家と, 家の, 小判を, 小姓の, 小鈴, 少しは, 少しも, 尺八を, 屯所の, 己が, 己の, 市子を, 平茸, 店の, 庭を, 当然な, 当然尊徳, 彼らの, 彼を, 彼女の, 彼女は, 彼自身が, 彼自身の, 従来の, 心臓の, 必要な, 恭一と, 息子の, 手前が, 手紙を, 探して, 撞木の, 政治制度という, 數個の, 文学的な, 文芸という, 文身の, 新たに, 新聞の, 日本の, 時と, 時としては, 時には偏頗, 書いて, 最初の, 本を, 来たの, 杭の, 杯を, 柴刈りに, 歌を, 此を, 死に際なんて, 死んで, 殺されて, 殺されるの, 母と, 汽車の, 活動を, 浴客同士の, 滅多に, 灰を, 無慈悲な, 父親の, 牝ばかり, 物の, 狸囃子を, 玉枝は, 王主人を, 生きた人間, 生涯照りつこない, 生血を, 畑の, 疵が, 発行する, 真実を, 知らず識ら, 私共が, 科学の, 秩序も, 秩序頗る, 立って, 立てられるもの, 簡単な, 粽を, 精神を, 精神的に, 紀昌が, 結んで, 絶対に, 綺麗に, 緊張を, 置いて, 置くこと, 聞えて, 自分は, 自分も, 自分自身の, 自己の, 自然を, 花嫁に, 茶器を, 落ぶれ, 葡萄酒を, 薄いウエーファー, 薪を, 虫が, 蝙蝠傘を, 表の, 表象を, 裏の, 見て, 親の, 詩は, 読本作者の, 誰か, 誰かが, 讀本作者の, 貰って, 資本を, 車の, 軽蔑と, 退くの, 連れて, 金が, 銀場へ, 静かな, 靴紐と, 鞄の, 頭が, 頭は, 頼まれて, 馬の, 髪の, 鳥の, 麦酒を, 黄金を, 鼻を

1 [3537件 抜粋] あくまで農業生産, あなたも, あの女, あの男, あまりに小さな, あんな猿みたい, いざ仕事, いつか僕の, いて, いま売り, うえさせたきささげ, おいで, おちおち正月気分, おらが, お前おれを, お味噌, お富, お松さんに, お聴きいたします, お説教, かういふ熱心, かけながら, がっしりした, きょうは, けっして一行, ここに, この, この三物, この二千万, この屍体, この星雲内部, この矛盾, この苦しみ, この首, これと, こんなに偉く, こッち, さして, しいんと凍りつく, した老婆, し一杯, すさまじい雷, すると, せしが, せん子を, そこい, そのほか, その代用物, その出発点, その名誉, その役, その物語, その返事, それぞれの, ただその後, ただ科学, たのんで, だん, ちょっとうなずい, つかわして, ですね, とりいだします品物, どこでも, どんなにでも, なったよう, なりました, なり帆村, なるには, なるらしくその, なる金銭, なんと彼, はき頭, ひきわたす明治, ひとりよがりで, ふと気, まいりましても, またお前, またりっぱ, また天然, また疑わしい, まばらな, むの, もう一つ, もし吾, もっと弾力, もと, やったくらい, よい技術, より不, わたくし共, ゐるの, アルトイノフが, イルマンの, エル, カッフェーの, ガリを, キンダマ譚から, クレイグが, コキ使う, サンドウィッチを, ジナイーダの, スピードが, タッタ今まで, チチコフは, ドサ貫に, ノリ子さんの, バルボサの, ヒューマニズムへ, フィルムの, ブルジョアが, ヘルメット帽を, ポケツト老子を, ミドリの, モオニングを, ランプを, ローラが, 一つお願いが, 一カ所か, 一倍内職を, 一夜だけ, 一層深山, 一方で, 一本で, 一筆描き, 一陶の, 万一僕, 三十二字の, 三浦が, 上帝或は, 下り坂は, 下書きノートの, 不幸を, 与へる, 丞相, 中に, 丸太を, 久野女史の, 九〇パーセントの, 事実が, 二三の, 二十歳台で, 二百兩受取つたに, 五十人百人力の, 亜米加利の, 人々は, 人力を, 人民戦線の, 人間は, 今にも切れ, 今夜から, 今春長谷川天渓さんが, 仕付方は, 以前飯田橋舞踏場で, 会合に, 伺いまして, 住職に, 何という, 何んと, 何時に, 余り遠い, 使いを, 使うの, 使った方, 使つて居ります, 例えば本質, 信仰を, 俺は, 個性的なる, 働かされて, 僧都の, 先づ第, 入れても, 八畳と, 其の学問, 内部では, 冬閑散で, 凡ての, 出すこと, 出向いて, 刀架に, 刑事が, 利右衛門の, 前へ, 努力賞という, 勞働を, 医者の, 十五に, 十言一句を, 千葉ウジを, 南京豆胡麻を, 単に次, 危険が, 却って多少とも, 卷くです, 厳密な, 又何ひとつ, 取上げを, 受持って, 古人の, 古銅づくりの, 召連れ, 各々の, 吉川氏が, 同種類, 君の, 吸引する, 呪ひ, 呼んだ車夫, 哲学的な, 唸り声, 喉佛は, 單調な, 囚人の, 団十郎は, 国体を, 国際文化局を, 地べたを, 地獄谷などという, 埋めましたならば, 墮す, 夏は, 多くも, 多少無理, 夜の, 大分落付い, 大層味が, 大空は, 天使でも, 太鼓を, 奥さんと, 女学生の, 如何にも零落れた, 妻子を, 娘が, 媒妁人へ, 子分どもを, 季節が, 安くて, 実は全然, 客観的な, 家族の, 寝れば, 寺男が, 導き入れられた言葉, 小刀を, 小藤田正一, 少しばかり, 少数の, 屋根板の, 山伏に, 山葵を, 巡視し, 巧に, 帆で, 常識の, 平和に, 年賀の, 幾らか賢く, 庄次郎へ, 度々手紙, 弁証法そのものを, 弥兵衛を, 当時としては, 役に立ち過ぎる憂い, 彼女が, 彼奴が, 後ろの, 御宇日本天皇詔旨と, 御飯が, 徹宵警戒の, 心配しだした, 怒り出したね, 思わず手, 怪物の, 恐怖から, 患者達の, 情操と, 意識の, 慈恩寺の, 懺悔の, 或はそれで安楽, 戸棚が, 扉に, 手前どもの, 手軽な, 払ふ, 折々用い, 抱きしめた, 拳骨を, 持ち出されるもの, 振り廻し, 掛け引き一つ, 掲ぐる第, 撃たせた銃声, 撞いて, 教科書以上教科書以外実生活に, 数学的に, 文吾はんあんたに, 文明, 料理した, 新しい発明, 新米の, 旅行に, 日曜学校で, 日本紀の, 早坂に, 明日からは, 春子さんと, 時々チビ, 景品を, 暫く死人, 書斎の, 最終から, 月給で, 木の, 木村さんが, 本当の, 杉の, 束縛と, 来るべき六十, 東宝売出しの, 柳の, 株屋さんと, 桶と, 植え込んだ, 極めて一般的, 槌で, 横槌などを, 機嫌も, 櫂馬車や, 次郎を, 正に社会的存在, 此等の, 歴史哲学に, 死ねるもん, 母の, 毒薬と, 気管の, 水松の, 永久に, 江戸つ, 沢山食べる, 治療主義に, 洋服姿の, 活きた女菩薩, 浪六の, 海図を, 深いため息, 減ぜられる, 湖水が, 準備が, 瀕死の, 炭を, 無事で還っ, 焼ければ, 煙草を, 熱情を, 父母へ, 牡丹の, 特に或, 狂気の, 猫が, 獅子頭を, 玩具に, 現実に, 瓢で, 甚だ食指, 生命は, 生活と, 用いたの, 用いる, 用ゐられ, 画筆を, 畳が, 病気が, 白いタンク, 白紙に, 盗賊が, 直ちに実行, 相当程度の, 真一文字に, 眠れないといふ, 着るかも, 矢島君に, 石塊を, 砂糖や, 磔に, 社会の, 社会科学的な, 神奴の, 秀吉は, 私共をも, 科学主義を, 稍や, 空中から, 空間に対して, 窓下を, 立上つて障子に, 笑って, 等身大の, 篠子が, 粗朶を, 糠の, 純真を, 素ッ気ない, 細い脚, 経験主義的な, 絵に, 続々と, 縛られても, 羊群の, 群を, 老婆が, 耳を, 聞くも, 股を, 胸を, 腕一本所望じゃ, 自ら律する, 自己成立の, 自然人の, 自腹を, 舷側を, 花を, 若い奴, 苦闘を, 荊州の, 萎びた自分, 蒔蔵は, 蔽ひひ, 薄気味悪く思われる, 藝術家の, 虚無融通の, 血液を, 行つてやつて, 表現という, 補祭が, 西洋間が, 見舞と, 観察者の, 解放奴隷の, 訊き返した, 診察したら, 話を, 読んで, 調和を, 謡ったか, 豆腐を, 豹の, 貴様を, 資本が, 質料と, 赤だの, 起つて, 身共に, 軍部の, 迎えて, 返事し, 逃げるに, 通俗への, 過ぎなかった, 道庵が, 遠からぬ, 遣る品, 都会には, 酒でも, 采配を, 野良仕事も, 金六円の, 金色の, 鉄兜を, 銀色に, 銘々の, 長く明けた, 開拓地の, 陽の, 隣り座敷, 雨傘を, 雹の, 電話に, 青い簾, 青電球の, 靴足袋買っ, 頭から, 頼むべき医者, 風呂の, 食ひつい, 食糧品の, 飼って, 首から, 馬の背の, 騒いで, 高い税, 高等學校の, 髷を, 鯨を, 鴉で, 鷹見泉石の, 黍の, 黨の

▼ 代り~ (254, 3.0%)

8 人が 4 ものを, 者が 3 ものが, ような, 品を, 木を, 車も

2 [15件] ある處, うどんを, お暇, やうな, ように, 下着類は, 人を, 女を, 小娘が, 石を, 砲手を, 註文を, 誰かを, 酒を, 馬を

1 [193件] あしらいに, あるまで, ある処, お土産, お民, があるで, がまだ, が二つ, こと何うし, この毬, この記事, そうした笞, つもりで, ときに, ひとを, ものだ, もんだ, も一人, やつは, を差し上げた, アンペラが, ガラス見つけた, シャフトを, ストーブも, ズルチンを, タイヤも, ニセ首, バケツに, モチを, ロケットも, ヴァイオリンを, 一僕庄公を, 一徳には, 三月三日が, 上着とか, 上菓子に, 世話まで, 世間體の, 人々を, 人いない, 人足が, 人足ども総勢六人柳橋に, 人足二人を, 人足共總勢六人柳橋に, 仏像を, 何かを, 使者を, 働きを, 先生が, 八疊で, 具合で, 内弟子を, 切符を, 前のよりも, 労働者を, 取柄にとて, 古い布切れ, 品が, 品などが, 回転装置を, 墓所を, 声の, 夜なべ仕事に, 大工伊兵衛と, 奉公人の, 奉公人を, 女が, 女と, 女に, 女は, 女中が, 女中一人とが, 奴隷や, 娘については, 婆やが, 婆やでも, 学生が, 定形倒置も, 客分で, 将を, 小さな抽出, 小さな棚, 小さな雑誌, 小鉄板, 居候で, 屍体が, 差料を, 幅の, 幕の内を, 年礼に, 年禮に, 幾らも, 広告風船を, 役は, 役目を, 御慰み, 徳利が, 戸板が, 手を, 手伝ひ, 手形に, 手軽な, 批評を, 挟み箱, 掛り人には, 摺鉢の, 新しい日記帳, 方が, 早さ, 晦日に, 晴着を, 木の, 札が, 机に, 来て, 松明か, 板圍ひ, 棕梠の, 歌を, 汁椀を, 油納め, 活き如来様, 温かい物, 火鉢は, 煙草入を, 燃料と, 牛乳を, 物を, 犬を, 生を, 生命が, 男を, 留守居が, 番頭が, 目じるし, 石油箱を, 石田, 砂糖が, 硝子戸が, 礼は, 空缶を, 笑顔さえも, 筵が, 箱に, 箱の, 紙包を, 紙片を, 細竹を, 縁側へ, 縄に, 羽子の, 者を, 者共も, 聟を, 職業が, 能勢が, 脚一組とを, 自然科学の, 般若湯を, 船員を, 花やかさを, 若い和尚さん, 茶呑茶碗を, 蓋を, 蕎麦を, 薬として, 藁蒲団と, 衣が, 西洋皿を, 見つかるまで, 言葉を, 説は, 誰か, 貝殻は, 運ちゃんだ, 道具に, 部下が, 部員を, 金剛杖が, 釜足の, 鉦鼓を, 鍵で, 鍵は, 鍵を, 阿呆陀羅経だ, 附合で, 雑誌を, 雪を, 青銅の, 靴が, 靴と, 頻繁な, 鶯を

▼ 代りには~ (152, 1.8%)

2 それを, どこへ, なりさ, 喜びが, 悪なり, 灰汁が, 自殺が, 誰にも, 誰の

1 [134件] あなた方の, あの男, いったんさめる, いったん家, いつて, いよいよ刑, おまえたちの, おれが, お籠り, お金なら, きっとあの, きつく耳, こっちの, この無念さ, これが, これを, さあ葺くべし, して, そこい, その報酬, その孫娘, その愛する, たくさん重ねた, だますこと, どことなく険, ならず炭取り, なりません, なるだらう, なるだろう, なるでしょう, はなはだ単調, ふり落ちる泪, また新, もう一つ, もっと安定, もとの, やっとの, よく働く, アベコベに, シナの, ビールと, 一つ一つの, 一人の, 一千百十一を, 一千百十二を, 一升徳利に, 一方に, 一方には, 一生操を, 一遍, 下總, 不平も, 両藩必死, 二千頭必要に, 人に, 人間が, 今の, 今まで, 今日は, 何うかと, 何かに, 何が, 使へ, 僕が, 兄上大石殿始め一党の, 先祖代々の, 其家が, 出すの, 前ほどに, 大和巡りとて, 大概返事を, 大浦先生いざまず, 大豆を, 姉と, 嫌味の, 子供に, 安村省三が, 専門家としての, 強ひ, 形勝の, 律義一色で, 恒川名, 悪に関する, 成べく陰口, 或いは折檻, 戸口を, 拙老, 拳銃も, 断然不, 昼飯を, 時々軽蔑, 時に淫蕩, 本庄鬼六も, 櫟の, 此家に, 歩くん, 気に, 水松の, 無事に, 然まで, 猥り, 生き残られたる人, 祭りの, 竹矢来や, 米屋には, 精悍な, 縁台の, 老後の, 自ら処する, 自転車でしょう, 興奮も, 芭蕉翁や, 花廼屋が, 茶飲み茶碗が, 蔬菜の, 行末の, 袈裟を, 親を, 言うこと, 身が, 通人を, 釘勘の, 闘剣が, 露西亜の, 非常に, 面白い事, 領土一ヶ国を, 領土一箇国を, 頭の, 首尾が, 馬が, 馬鹿をもって, 骨を, 黄な

▼ 代り~ (141, 1.7%)

12 して 8 勤めて 3 取りに

2 [11件] するの, するもの, つとめて, つとめる, もつて, やって, やつて, 入れて, 取って, 成して, 貰った

1 [96件] あつらえながら, いいつけたあと, いいつけて, いいつけるせい, いかほどよろこんだ, いれた, くれなどと, こしらえたらどう, さがして, させて, させられるもの, させるの, させるよう, した, した中童子, しては, しなくちゃ, する, するさ, するたあ, するには, するよう, する人, する度, する海人, する爲, する隅, せねば, つとめさせるの, つとめた, つとめたらしくポータブル, つとめたん, つとめました, つとめるかな, つとめるの, つとめるべき代用品, つとめる人, なして, なし西南, なすもの, みつけるまでの, めつけ, やりましょう, やると, 一苦労せ, 与へると, 中年の, 仰せつかって, 作りました, 入れること, 入れると, 函館から, 加えて, 加へて, 努めて, 務めて, 務める事務員, 勤めた, 勤めろと, 勧めると, 取て, 取らせて, 呉れ給, 呼び女たち, 執筆中丁度一ヶ月前九月四日午後二時に, 待って, 忘れたとか, 押しつけられて, 拵えて, 持たず, 持って, 持つて, 捜すまでは, 探さうよと, 探すこと, 搜すまでは, 文芸に, 新調せね, 早く書い, 村の, 煙突が, 申しつけい, 目的の, 目附けなけれ, 看護婦の, 約束し, 考へなければ, 考へる, 育てて, 補充し, 見た, 運んで, 頭の, 頼んだ, 食べる心地, 鴉で

▼ 代り~ (79, 0.9%)

3 不義を 2 内閣を, 山房に, 我等を, 起りたる俳句幾分

1 [68件] この事, その任, その猛, どれ少し, まえが, われ汝を, アヌンチヤタと, ダンテに, ダンテの, ベアトリーチェに, ポレンタ家に, 一文を, 之を, 人が, 介抱せん, 作れる歌十首, 元鼎春水, 其事務を, 出来れば, 只一聲大, 君たれ, 場に, 外して, 大いに述懐, 姫男の, 婦と, 婦人に, 宮墻を, 家事万端の, 師匠と, 役者似顔絵の, 役者絵を, 思ひ量る, 惡源太が, 我に, 手紙往復の, 授洗僧に, 攻者と, 政務を, 書く人, 本邸に, 次の, 歌を, 正義を, 此処に, 此地に, 死せばよ, 死せん, 死に得るもの, 汝を, 漸く坐る, 爽かに, 立ち働き, 第二問, 第五列部隊, 答へ, 肯へる, 舜の, 舟を, 若し疑, 苦情を, 茲で, 藤を, 起りしは, 道を, 酌する, 防者と, 驛

▼ 代り~ (68, 0.8%)

2 のお, の家, の首, はこの, はもう一度, は一日, は貴君, も宗さん

1 [52件] からあなた様, がお, がこうして, がこの, が勝つたら, が帰つて, が怨まれます, が持っ, が歸つて來, が死にまし, にも何, に対しては露骨, に無断, のお願い, の中, の云う, の外出, の志しでございます, の恋人, の所有船, の手, の方, の校正, の死骸, の申, の身, の頬, の願, の願い, はあと, はその, は一二, は亡くなった, は余興, は家, は尼, は張浩, は彼女, は忘れられぬ, は時々ふと, は柏, は概ね, は生れ, は百合さん, は監督役, は自分, は薄い, は近来稀, も生木, も陽気, を一生涯, を救っ

▼ 代りとして~ (60, 0.7%)

2 末席に, 腕の, 興るべき新しい

1 [54件] あなたが, おたけ, この人, この度野試合に, この系統, この間うちから, これから後, これ以下の, すぐ千代子, そこに, まいった小幡民部, やはり他, よろしく冥福, ウドンたらふく, カヨさんから, 伊登志部を, 使用する, 僕の, 勧められた塩鯖, 只の, 召されるやう, 四年兵に, 国民生活安定問題の, 大ムレ権現, 小僧を, 小長谷部を, 島津ひょうご, 島津へ, 崔述の, 庭先に, 我輩が, 或る, 挨拶した年老いた, 推薦された, 旧著, 未来の, 栄さんという, 消費すべき, 漆塗り大船型の, 焼酎半杯六銭, 私にも, 立って, 立つて, 紙片が, 素晴らしい全裸, 職員室と, 肩に, 茶入を, 莫大な, 裏方に, 農産物を, 近藤薬局に, 重野安繹先生が, 養子の

▼ 代りこの~ (50, 0.6%)

2 三村の, 男は, 跡始末は

1 [44件] あたりで, あつしが, お北, お荷物, お詫びとして, ねじあげて, ままで, ように, 一戦だけ, 三つの, 事を, 代官の, 個人不安を, 先は, 写真を, 品々に対する, 地を, 女を, 妥当は, 婆の, 家とは, 家の, 宿まで, 年から, 年の, 影を, 後は, 急落によって, 方は, 日本へ, 時間には, 時間を, 果物は, 犯人を, 男が, 百円も, 窮屈な, 節の, 蒲団は, 試験に, 趣は, 近郷三県で, 金を, 鼓を

▼ 代り~ (43, 0.5%)

6 来るの 2 ないので

1 [35件] ありさうに, あります, あるか, あるが, あるでしょうか, あるという, いちいちといふ, おりますから, くる, できたって, できたの, ないこと, ないとは, ないん, ミカン箱である, 一人入る, 両面を, 付添うて, 作れるん, 出て, 出来る, 出来るで案じること, 出来るまで, 古賀君よりも, 審議会である, 届いたらお雪ちゃん, 幾つも, 必要どんな, 来るん, 立派に, 行くぞ, 要るな, 見つかるか, 見付かって, 選挙せられ

▼ 代りその~ (39, 0.5%)

2 六人の, 方は

1 [35件] ほかときおり, 一つを, 不似合, 人の, 仲介の, 体を, 何かを, 作者を, 前に, 埋め合せと, 夕方に, 女たちの, 妹の, 屹立を以て, 強さ, 愛しやう, 方も, 日の, 日大穴が, 時々の, 時は, 時指輪を, 晏如を, 晩叔母の, 書きぶり, 権利と, 無線電信が, 筋の, 粉で, 粗野は, 色の, 芸術を, 酒を, 首貰った, 骨で

▼ 代り~ (36, 0.4%)

2 なった, 云って, 致しまして

1 [30件] いうより, おあきらめ下さろう, お前自身の, した, して, し如何, し豊か, す, なって, なつて, なります, なり神様, なり筆, なる, なるし, なるの, なるべき, なるべき学説, なろうか, 云ふ, 云わなくたって, 信仰した, 思えば, 思召しなさいまし, 申しあげて, 聞いただけで, 見えて, 言っちゃ, 言わんでも, 通行人の

▼ 代り立ち代り~ (36, 0.4%)

1 [36件] いろいろの, お礼に, ここに, さっきとも, せわしそう, その炉, に泣き腫らし, に詰め切っ, の來診, の来訪, パンパンが, 二時間にわたって, 亡者に, 交錯する, 來た, 各社の, 名刺を, 向ふ, 大勢の, 大抵二三人づつゐた, 姫路を, 小便を, 少憩を, 彼の, 彼らの, 忙しげ, 本買いの, 煩さい, 現はれ, 現代式の, 白洲に, 耳を, 買ひ, 長く流, 電話を, 顔を

▼ 代り~ (32, 0.4%)

2 比奈坊に

1 [30件] シヤウガが, 世辞が, 世辭が, 互ひも一と, 互も, 別れに, 勝手口から, 勢と, 千代さんを, 半は, 吉が, 国侍らしい, 國侍らしい, 夏が, 好きな, 妻は, 姉さんかて, 屋敷へ, 店の, 役には, 梅殺しの, 紋殺しの, 経なんどは, 給金なし, 艶の, 辺は, 静を, 靜を, 食事も, 鳥の

▼ 代り~ (30, 0.4%)

2 ない, ねえ追, 動く道路

1 [24件] いくらでも, いくらでもある, いとやすい, おもしろい, つとまらないよ, なかつたの, ねえん, もう手, アトカラアトカラ, シチウなり, 不思議ず, 今日だらう, 今日だろう, 出来て, 出来ないし, 勤まらない, 妹の, 帝都劇場の, 犬は, 見つかりさ, 身共が, 身近くの, 難儀です, 雪子さんが

▼ 代りまた~ (23, 0.3%)

1 [23件] あの女, いくらでも質問, さして悲しい, それが, それ以上の, も以前, やり方も, わが軍律, 下手な, 兄以上に, 危険も, 同時にこれ, 大切な, 後に, 斯んな, 決して無性, 無口過ぎ, 積戻し, 芝居でも, 親の, 詩歌管絃の, 非常に, 鴉が

▼ 代りお前~ (22, 0.3%)

2 の名前, の背中

1 [18件] かて僕, が一人前, だっていつ, とは離縁, には上田, には主, には別に, にも頼ん, のよう, の命, の嗜, の望み, の童話, の顏色, はイワン, も嘘, も己, んとこ

▼ 代り~ (22, 0.3%)

1 [22件] うも, かくれるよろしい, かにつけ, か再び, か楽器, か気に入らない, か温まる, か犯人, か着物, か賭けましょう, か賭けませう, か面白い, が建てられるであろう, ですぜ, でもやります, ともなかっ, なと, によらず, のお, やおま, をやらし, を喋る

▼ 代り自分~ (22, 0.3%)

2 と同じ

1 [20件] から云, と女, にも五分の, に読ん, のこと, のところ, のなか, のルバーシカ, の前, の好み, の教, の方, の猛烈, の病気, もすすめられる, も亦, も付合っ, も先生, も奥, も買食い程度

▼ 代りにも~ (21, 0.2%)

2 なります, 服従を

1 [17件] たびたび使, なったらしい細作り, なって, なっていう, なつたの, なつたらしい, なつた訳, ならう, ならないやね, なり且, なるめ, 一度一人で, 一度卵酒, 南京豆胡麻和えという, 用いられる, 石を, 長年し

▼ 代り~ (20, 0.2%)

2 はこの

1 [18件] が死人, が留守, が筆, とはこれ, のそう, の家, の所, の方, はいろいろ, はそれだけ, はオルガン, は先生, は同僚, は夫丈, は諸君, は饂飩, を信じ, を除け

▼ 代り~ (20, 0.2%)

2 の眼

1 [18件] がアメリカ留学時代, が不明, が忍んだ, にはその, の一粒きり, の人, の咳ばらい, の方, の率いた, は不断, は今後五年生, は何, は全力, は新劇, は死, は突然, は臨終, は赤見沢博士

▼ 代り~ (19, 0.2%)

2 今日は, 大量殺人の

1 [15件] あつたらしい, あらうつる, さ, なといかにも, やるだな, 一人二役を, 一方は, 休む, 彼は, 所謂各種, 気が, 無暗に, 除隊を, 障子には, 首に

▼ 代り今度~ (19, 0.2%)

2 の日曜

1 [17件] お兄, のよう, の世, はあなた, はいよいよ, は向側, は団結, は大きな, は左, は殺された, は火, は私, は立派, は雪, もっと暖か, 来たら話す, 襲うて

▼ 代り少し~ (19, 0.2%)

1 [19件] うまくおだてあげられる, おそくなっ, お転婆です, からだ, ずつ乱暴者, でもあせつたら, でも度, ばかり, 危ないよ, 好みが, 御願が, 心の, 熱いかも, 痛いから, 砂が, 砂がは, 金を, 頼みが, 馬鹿に

▼ 代りばんこ~ (17, 0.2%)

1 [17件] におじょうさん, にみんな, にサービス, にピストン, に何, に口説い, に大, に引きつけられ, に思ひ出し, に持つ, に指揮者, に曲つて, に気, に泊り歩い, に着ませう, に見, に話

▼ 代りこれ~ (16, 0.2%)

1 [16件] だけは隠さず, だけは隱, といふ新, と云つてぴつたりしたものは何ひとつ, と思い込む, なら大丈夫, なら馬, は土地柄, は自分, は自己卑下, ほど不確か, までの分, も酒, を突, を調べる, 上げるから

▼ 代り~ (16, 0.2%)

2 が, とか何とか

1 [12件] という, といっ, といつ, といふ, と云っ, と自覚, と見え, と言っ, と言つて, と言われ, など, ねその

▼ 代り~ (16, 0.2%)

1 [16件] から十年, から誡め, じゃスッテンテン, だってがつがつ, にお, のよう, の如き, までとは方角, まで外, まで見た, 取引しかかっ, 召して, 寿江子が, 持って, 見たこと, 通って

▼ 代り~ (16, 0.2%)

2 の兄さん, の方

1 [12件] が少し, には御礼, に一大傑作, に見せ, の事, の命, の手助け, の著作, はあの, はこの, は決して, を贅澤

▼ 代り代り~ (15, 0.2%)

2 にやつ

1 [13件] にくる, にシネ, に伸ばし, に使い分け, に出, に手, に持つ, に来, に聞え, に自分, に訪ね合っ, に髱, 乗るといふ

▼ 代りおれ~ (13, 0.2%)

2 の眷属たち

1 [11件] が先, が受け合ったら, のほう, の云う, の持ってる, の方, は何, は泊め, は生涯御前, は貧乏, も下腹

▼ 代りそれ~ (13, 0.2%)

1 [13件] がまた, が出来なかつたら, が解けた, だけで, は二人, まであと十日, より早く, を填め合せる, を想, を拾った, を握っ, を読み終っ, を買い取った

▼ 代り~ (13, 0.2%)

1 [13件] これぞという, それから, スラリと, 一び心を, 一転し, 何処の, 何處の, 儲けも, 別の, 少しでも, 手苛い, 甚, 鴉が

▼ 代り彼女~ (12, 0.1%)

1 [12件] が結婚, に酒, のいや, のからだ, の夫, は三人, は何だか, は周組南一家, は料理, は津田, は父, は珍

▼ 代り番こ~ (12, 0.1%)

2 だ船, におりるだ 1 にどなる, に徹夜, に本, に湯, に留守居, に直す, に隔週, に隙

▼ 代りにゃ~ (11, 0.1%)

1 [11件] あこっち, あ今, あ酒買い, さっぱりする, どんなお, アこ, アこれから, 土産が, 女の, 暮が, 貴様が

▼ 代り~ (11, 0.1%)

2 して, 時には 1 する, つと着実, なし仕方, まだだし, 入れないで, 大抵極まってる, 済んで

▼ 代り~ (10, 0.1%)

2 に主人 1 から注ぎ込まれた, の事, の室, の患者達, の方面, の運命, の雇人隊, 兵科を

▼ 代りにと~ (9, 0.1%)

1 かような, 一寸した, 久五郎は, 叔父貴の, 夫人は, 奥様が, 沢山に, 言うので, 静かに

▼ 代りにな~ (9, 0.1%)

1 あたしの, つてそれを, つてわたしの, つて一手に, つて呉れる, つて居, つて死ん, つて重荷を, 明日からは

▼ 代り~ (9, 0.1%)

2 から御 1 には決して, にもたれかかる, の心, の曲, の見, も嫌い, を皮肉り

▼ 代りあの~ (8, 0.1%)

2 塀の, 浪人者を 1 復員軍人に, 條件通りを, 知事は, 種馬を

▼ 代りもう~ (8, 0.1%)

2 次の 1 この人, これまでという, これより, キッコの, 十一銭の, 新劇では

▼ 代りわたし~ (8, 0.1%)

1 がこの世, が宿, の仕事, の心, はまた, はわたし, は一夜, は力仕事

▼ 代り一日~ (8, 0.1%)

2 も早く 1 か二日, に三枚, に十六時間, に十六時間ぐらゐ寝床, の日当, 待って

▼ 代り~ (8, 0.1%)

1 あさ, が死ん, の所, の持物, の方, は店, もまた, れの

▼ 代り~ (8, 0.1%)

2 金を 1 先生の, 先祖代々の, 医者は, 城内仕事は, 母さんから, 茶だけは

▼ 代り~ (8, 0.1%)

1 がさめる, が實物經濟, で前, と出, になる, の休憩時間, の廻る, をつぎ込ん

▼ 代り立ち~ (8, 0.1%)

1 かわりここ, かわり生き生き, かわり色んな, かわり諸, かわり送り言葉, 変り過ぎ去る, 換り, 替り雑然として

▼ 代り~ (8, 0.1%)

1 がどう, にもお, にもさう, にもできる, にも憎まれない, にも言っ, の顏, も彼

▼ 代り~ (8, 0.1%)

2 はうんと 1 があった, がいります, にした, にならない, を三十両, を殆

▼ 代りあなた~ (7, 0.1%)

1 がイヤ, が稼いだ, と二人, の方, もあの, もお, もほとばしりならない

▼ 代りでも~ (7, 0.1%)

2 あるまいが 1 あの分, あるまいけれど, あるよう, するの, なさそう

▼ 代りという~ (7, 0.1%)

3 わけで 1 ことを, のが, 事が, 訳で

▼ 代りどこ~ (7, 0.1%)

1 かで畑, かにローカル, かの小さい, から這い出した, の隅, へ行く, まで行っ

▼ 代り~ (7, 0.1%)

2 んだ, 表の 1 の, のだ, のである

▼ 代りよく~ (7, 0.1%)

1 おぼえて, われわれ未熟な, 人に, 供養すべきや, 僕の, 気を, 肥つては

▼ 代り~ (7, 0.1%)

1 っ平に, の男, 學病院か, 疵も, 部分の, 風格は, 骨折りでさ

▼ 代り~ (7, 0.1%)

3 でもない 1 であるので, と場合, には今, の三月三日

▼ 代りここ~ (6, 0.1%)

1 からはやく, からは悪, でお, にふかく, までくる, まで書い

▼ 代りこんな~ (6, 0.1%)

1 ことも, のは, ものが, 人騷がせは, 傑作が, 田舎です

▼ 代り人間~ (6, 0.1%)

1 が信用, なら誰, の獰猛, の生活, の相場, はたしか

▼ 代り今夜~ (6, 0.1%)

1 が最後, にも貴方, は一, は大いに, は夫, は姫

▼ 代り~ (6, 0.1%)

1 がよそ, の明け, の露店, はぐっすり, は九時, もむろん

▼ 代り~ (6, 0.1%)

2 に代り 1 にかわり, にもせ, に代った, に代り明かし暮し

▼ 代り~ (6, 0.1%)

1 こぐらゐ, にその, に寝ずの番, に点滅, に続い, に自宅

▼ 代り相手~ (6, 0.1%)

2 も同じ 1 から小言, と共に言葉, の腹, の要求通り下馬

▼ 代り~ (6, 0.1%)

1 代りいろんな, 代りお世話, 代り来る頭山翁, 代り間, 代る人, 代る門弟

▼ 代りこんど~ (5, 0.1%)

1 の土曜日, はよす, は個展, は僕, 追い出されても

▼ 代りどんな~ (5, 0.1%)

1 むずかしい事, 不埓, 優秀な, 凶作でも, 善い事

▼ 代りほか~ (5, 0.1%)

1 の人, の人達, の利息, の嫌, はけっして

▼ 代りもし~ (5, 0.1%)

2 曲者が 1 あなたが, 第一期, 落つこつて

▼ 代り今年~ (5, 0.1%)

1 からは張物, の四月三十日, はこれ, は鰻, 取って

▼ 代り~ (5, 0.1%)

1 がお前, が喰い込め, の娘, はよい, は仕事

▼ 代り~ (5, 0.1%)

1 が自分, の義経, をこしらえ, をつとめ, を勤めた

▼ 代り日本~ (5, 0.1%)

2 のお嬢さん 1 では各種, におけるヤソ会, の事情

▼ 代り明日~ (5, 0.1%)

1 からこの, から暫く, にでもすぐ, になる, は此方

▼ 代り~ (5, 0.1%)

2 の月 1 に月, のところどころ, は緑色

▼ 代り~ (5, 0.1%)

1 が減つたの, が痛, に溜つて, ばかり太鼓, へ入っ

▼ 代り~ (5, 0.1%)

1 として私一人, のまわり, は転々, をもっ, を入れ

▼ 代り~ (5, 0.1%)

1 があるだろう, がうま, はやめた, は上等, ものまず

▼ 代りあたし~ (4, 0.0%)

1 の前, は一生, もあなた, も身状

▼ 代りあと~ (4, 0.0%)

1 では白銅一枚, の會話, の歌, は構わない

▼ 代りあんまり~ (4, 0.0%)

1 俺の, 早く付火道具, 早く放火道具, 色気を

▼ 代りいざ~ (4, 0.0%)

1 という時, となったら, と言, 社会に

▼ 代りいつも~ (4, 0.0%)

1 あたります, ほど上っ調子, まとまつた金, 笑声満堂といふ

▼ 代りから~ (4, 0.0%)

2 だア 1 住み込んだ新参, 私一人に

▼ 代りこれから~ (4, 0.0%)

1 が大, はをばさん, 一日も, 巴里の

▼ 代り一つ~ (4, 0.0%)

2 だけ頼み 1 だけでよろしい, も空いた

▼ 代り~ (4, 0.0%)

2 の方 1 のやや, を使っ

▼ 代り向う~ (4, 0.0%)

1 じゃ私, でも来なかった, へ行った, もそれ

▼ 代り夕方~ (4, 0.0%)

1 から雨, でも魚, にさ, にはどこ

▼ 代り~ (4, 0.0%)

1 から大きい, に学ん, のお客さま, の生徒

▼ 代り~ (4, 0.0%)

1 の素性, の頼み, もお, もどんな

▼ 代り子供~ (4, 0.0%)

1 の戸籍, の時分, はもう一度, は己

▼ 代り~ (4, 0.0%)

1 で少々, で樣子, は何, は極めて

▼ 代り~ (4, 0.0%)

1 が来ない, だったら正直, はあるまい, を墨だらけ

▼ 代り時々~ (4, 0.0%)

1 は樣子, 会つ, 出した火の元用心, 姪の

▼ 代り曲者~ (4, 0.0%)

2 の消えた 1 は容易, を突きとめ

▼ 代り~ (4, 0.0%)

2 當の 1 は速達, を二三册

▼ 代り東京~ (4, 0.0%)

1 のいい, の雜誌, へ行, へ行ったら

▼ 代り~ (4, 0.0%)

1 の市四郎, の本, の鼻, れを

▼ 代り~ (4, 0.0%)

1 が利く, が向いた, が進め, のいい

▼ 代り直ぐ~ (4, 0.0%)

1 出発だ, 堤下が, 祝言し, 電報を

▼ 代り立代り~ (4, 0.0%)

1 して, 撃ち上げられて, 近附い, 開く大

▼ 代り非常~ (4, 0.0%)

1 にいい, に厳粛, に空想的, に親しみ

▼ 代り~ (4, 0.0%)

2 の方 1 がラフ, が禿げ出した

▼ 代りあした~ (3, 0.0%)

1 になったら, の朝, は早く

▼ 代りいろんな~ (3, 0.0%)

2 人が 1 ことを

▼ 代りこっち~ (3, 0.0%)

1 だってときどき, の眼, もふざけ切っ

▼ 代りすぐ~ (3, 0.0%)

1 いらっしゃいませね, 公判を, 捕まるぞ

▼ 代りすっかり~ (3, 0.0%)

1 あっちの, お話しする, 事務員に

▼ 代りそこ~ (3, 0.0%)

1 いら中, にあの, は冬雪

▼ 代りとても~ (3, 0.0%)

1 そつち, 生きては, 辛い心持

▼ 代りとは~ (3, 0.0%)

1 いえども, 云ふ, 誰が

▼ 代りどれ~ (3, 0.0%)

1 が本当, もこれ, も可愛げ

▼ 代りなど~ (3, 0.0%)

1 一夜の, 勤めて, 拵えて

▼ 代りまで~ (3, 0.0%)

1 勤めねば, 来て, 辛抱する

▼ 代りわし~ (3, 0.0%)

1 が君, の講義, は何

▼ 代りチップ~ (3, 0.0%)

2 は三円 1 をはずむ

▼ 代り一週間~ (3, 0.0%)

1 の内, はかかるでしょう, も置く

▼ 代り二人~ (3, 0.0%)

1 で寄席, の身体, は競つて

▼ 代り今日~ (3, 0.0%)

1 これから高萩, さし上げた馬匹金銀, はお詫び

▼ 代り他人~ (3, 0.0%)

1 であれば, に云う, のもの

▼ 代り何だか~ (3, 0.0%)

1 妙に, 急に, 眼が

▼ 代り何ん~ (3, 0.0%)

3 でも

▼ 代り全く~ (3, 0.0%)

1 と言っ, の無筆, 別な

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 に何等, の疑念, の質問

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 の人, の日, へ進ん

▼ 代り博士~ (3, 0.0%)

1 が今お, にお, のお

▼ 代り同じ~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 儒家の

▼ 代り土地~ (3, 0.0%)

2 の者 1 が凍る

▼ 代り大した~ (3, 0.0%)

2 辛抱役だ 1 後任者が

▼ 代り大和~ (3, 0.0%)

1 からは一歩, の国, の國

▼ 代り大変~ (3, 0.0%)

1 な御面相, な薄汚い, 寒い

▼ 代り天気~ (3, 0.0%)

1 がカラリ, の悪い, はきらきら

▼ 代り失敗~ (3, 0.0%)

2 てもう 1 すると

▼ 代り女房~ (3, 0.0%)

1 にも娘, のやつ, も男

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 な人間, な疑ひを, に内

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 がもう, に奇妙, の御

▼ 代り~ (3, 0.0%)

2 たる者の 1 としてマリア

▼ 代り安心~ (3, 0.0%)

1 して, だ, です

▼ 代り少年~ (3, 0.0%)

1 の記憶, はだんだん, は猿

▼ 代り帰り~ (3, 0.0%)

1 にはきっと, には福引, の金田

▼ 代り彼等~ (3, 0.0%)

1 には真似, はお礼, はフランス語

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 が練れ, の内側, 利いた若い

▼ 代り恐ろしく~ (3, 0.0%)

2 深刻を 1 暑っ

▼ 代り手紙~ (3, 0.0%)

1 さえ書く, は何, を書きます

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 が暮れたら, が暮れる, に数回平野水

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 し神妙, の名, の名残り

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 がある, のできた, はいる

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 じゃあある, の出, の夜

▼ 代り正直~ (3, 0.0%)

1 だった, で無邪気, と賞め

▼ 代り決して~ (3, 0.0%)

1 こちと, た, 優雅にも

▼ 代り~ (3, 0.0%)

2 に向っ 1 へ入

▼ 代り生活~ (3, 0.0%)

1 に必要, は安定, は誰

▼ 代り病人~ (3, 0.0%)

2 の世話 1 のほう

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 二の, 二號を, 五番目に

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 で一層, をすえ, をすゑ命

▼ 代り~ (3, 0.0%)

1 がまとまった, が纏まっ, のお

▼ 代り貴女~ (3, 0.0%)

1 には兄さん, に御, もどうぞ

▼ 代り遺骸~ (3, 0.0%)

1 となっ, はこっち, は此方

▼ 代り隣り~ (3, 0.0%)

1 にある, の夫婦喧嘩, の方

▼ 代りあっし~ (2, 0.0%)

1 が手伝っ, の素姓

▼ 代りあっち~ (2, 0.0%)

1 からお, で粟粥

▼ 代りあつし~ (2, 0.0%)

1 が手傳つて, の素姓

▼ 代りあなた方~ (2, 0.0%)

1 が落第, に味噌汁

▼ 代りあまり~ (2, 0.0%)

1 出過ぎると, 悲しさ

▼ 代りあらゆる~ (2, 0.0%)

1 昆虫が, 親愛の

▼ 代りある~ (2, 0.0%)

1 掬すべき, 日土人用の

▼ 代りあんた~ (2, 0.0%)

1 が私たち, の背中

▼ 代りいい~ (2, 0.0%)

1 娘を, 小説を

▼ 代りいつか~ (2, 0.0%)

1 はきっと, は必ず

▼ 代りいつのまにか~ (2, 0.0%)

1 一ぴきの, 顔じゅうしわに

▼ 代りいろいろ~ (2, 0.0%)

1 の人, 未練も

▼ 代りうるさい~ (2, 0.0%)

1 ことも, 悩みは

▼ 代りうんと~ (2, 0.0%)

1 働かう, 金を

▼ 代りお前さん~ (2, 0.0%)

1 の体, はお

▼ 代りお気~ (2, 0.0%)

1 に召しましたら, に召す

▼ 代りお父さん~ (2, 0.0%)

1 が選んだ, やお母さん

▼ 代りお礼~ (2, 0.0%)

1 として少し, の方

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 わて, 自分の

▼ 代りかと~ (2, 0.0%)

1 思えば, 訊く

▼ 代りかなり~ (2, 0.0%)

1 の不安, 厳しい詮議

▼ 代りきっと~ (2, 0.0%)

1 外れると, 買手を

▼ 代りくろがね~ (2, 0.0%)

2

▼ 代りこいつ~ (2, 0.0%)

1 の身体, を金

▼ 代りこういう~ (2, 0.0%)

1 小さいしかし, 重い菓子

▼ 代りこちら~ (2, 0.0%)

1 からもよほど, もまた

▼ 代りさっき~ (2, 0.0%)

1 のよう, の吊

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 て何, て親方

▼ 代りしゅっこ~ (2, 0.0%)

2 はそこら中

▼ 代りじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, なかったん

▼ 代りすず子さん私~ (2, 0.0%)

2 も以前

▼ 代りすばらしい~ (2, 0.0%)

1 冒険を, 拾いものを

▼ 代りせめて~ (2, 0.0%)

1 この花, 今宵だけでも

▼ 代りそうした~ (2, 0.0%)

1 哲学乃至, 夢中遊行の

▼ 代りつけ~ (2, 0.0%)

2 上らせれば

▼ 代りである~ (2, 0.0%)

1 だけに座, ように

▼ 代りです~ (2, 0.0%)

1 が, よ

▼ 代りでは~ (2, 0.0%)

1 いけないすると, いけないん

▼ 代りどうか~ (2, 0.0%)

1 兄さん粂を, 年内に

▼ 代りどうしても~ (2, 0.0%)

1 あたしの, エキスプレッションが

▼ 代りどうも~ (2, 0.0%)

1 うらやましかつ, 骨が

▼ 代りどんなに~ (2, 0.0%)

1 問い訊し, 長い間

▼ 代りなにか~ (2, 0.0%)

1 思いつめてるといった, 重いもの

▼ 代りなんか~ (2, 0.0%)

1 いくらでも, 盛う必要

▼ 代りにこそ~ (2, 0.0%)

1 千代を, 科学の

▼ 代りにでも~ (2, 0.0%)

1 したの, 御用ひ

▼ 代りになんぞ~ (2, 0.0%)

1 一寸だ, 後の

▼ 代りにに~ (2, 0.0%)

1 いる人, やと

▼ 代りにね~ (2, 0.0%)

1 え貴方, お嬢さん

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 今親方其処で, 金鍔を

▼ 代りひどい~ (2, 0.0%)

1 耄け, 風だ

▼ 代りぴたり~ (2, 0.0%)

1 と条件, と留った

▼ 代りみたい~ (2, 0.0%)

1 な, に奥様がた

▼ 代りみんな~ (2, 0.0%)

2 話した後

▼ 代りもしも~ (2, 0.0%)

2 人生に

▼ 代りもっと~ (2, 0.0%)

1 皺苦茶だ, 苦しまなければ

▼ 代りやや~ (2, 0.0%)

2 もする

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 つくりお茶, つくり落ち着いて

▼ 代りわたくし~ (2, 0.0%)

1 の命, はつとめて

▼ 代りをも~ (2, 0.0%)

1 兼ねて, 務めて

▼ 代りパンパン~ (2, 0.0%)

1 には昼食, のタックル

▼ 代り一人~ (2, 0.0%)

1 に一度, 治せば

▼ 代り一層~ (2, 0.0%)

1 広汎な, 惜氣も

▼ 代り一度~ (2, 0.0%)

1 しくじれば, 見出した愛人

▼ 代り一種~ (2, 0.0%)

1 のリズミカル, の洒脱さ

▼ 代り三人~ (2, 0.0%)

1 の可愛らしい, は家

▼ 代り三千代~ (2, 0.0%)

2 に対しては一点

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 には手織, に向

▼ 代り不同~ (2, 0.0%)

2 も一番

▼ 代り二度~ (2, 0.0%)

1 とこの, も三度

▼ 代り二階~ (2, 0.0%)

1 は火鉢, へ一寸

▼ 代り人目~ (2, 0.0%)

2 に付かない

▼ 代り以来子~ (2, 0.0%)

1 としても取り, としても取り扱わない

▼ 代り何人~ (2, 0.0%)

1 でも何人, となく

▼ 代り使い~ (2, 0.0%)

1 から帰る, にくい左手

▼ 代り僕達~ (2, 0.0%)

1 の成績展覧会, は此処

▼ 代り儲かつたら~ (2, 0.0%)

2 割前を

▼ 代り八五郎~ (2, 0.0%)

1 に頼まれれ, は叔母さん

▼ 代り公平~ (2, 0.0%)

1 に願いたい, に願ひたい

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 の着換一, は滅多

▼ 代り出る~ (2, 0.0%)

1 ものは, 所へ

▼ 代り別に~ (2, 0.0%)

2 窮迫も

▼ 代り利息~ (2, 0.0%)

2 は倍

▼ 代り勉強~ (2, 0.0%)

1 するもの, だけはしない

▼ 代り勝造叔父さん~ (2, 0.0%)

2 だけは付けた

▼ 代り十分~ (2, 0.0%)

2 骨折り甲斐

▼ 代り千代子~ (2, 0.0%)

1 からなぜ, が常に

▼ 代り原料~ (2, 0.0%)

1 は廉, へ手数

▼ 代り口前~ (2, 0.0%)

2 と男前

▼ 代り古い~ (2, 0.0%)

2 祠を

▼ 代り台所~ (2, 0.0%)

1 が共同, へ往

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 の如き, の手の甲

▼ 代り同業中~ (2, 0.0%)

2 の切れ者

▼ 代り向後~ (2, 0.0%)

1 はきっと, 一切無心が

▼ 代り君たち~ (2, 0.0%)

1 のぞうきん, の方

▼ 代り吝き~ (2, 0.0%)

2 事も

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 はなかなか, はよかっ

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 ある限り, にも身上

▼ 代り堅い~ (2, 0.0%)

2 のと

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 も立てず

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 になる, は葦

▼ 代り多く~ (2, 0.0%)

1 は旅先, 売る方針

▼ 代り多少~ (2, 0.0%)

1 とも他, とも真面目

▼ 代り大事~ (2, 0.0%)

1 な本, に読ん

▼ 代り大阪~ (2, 0.0%)

1 へ移住, も東京

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 として尊敬, はすこぶる

▼ 代り奥様~ (2, 0.0%)

1 の後, の方

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 のお, のこと

▼ 代り学校~ (2, 0.0%)

2 へも行かず

▼ 代り安全~ (2, 0.0%)

1 であり安定, でございます

▼ 代り宗助~ (2, 0.0%)

2 は自分

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 が来る, といっ

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 にい, のなか

▼ 代り小判~ (2, 0.0%)

2 には目印

▼ 代り小説~ (2, 0.0%)

1 に登場, よりも神秘的

▼ 代り帰る~ (2, 0.0%)

1 んだ, 路を

▼ 代り常に~ (2, 0.0%)

2 自信と

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 のひける, の中

▼ 代り強い~ (2, 0.0%)

1 弓の, 酸性土壌な

▼ 代り彼ら~ (2, 0.0%)

1 は殆ど農奴, も彼

▼ 代り御前~ (2, 0.0%)

1 の叔父さん, はここ

▼ 代り忠実~ (2, 0.0%)

1 な番犬, に生産

▼ 代り恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 出鱈目で, 辻斬りからは

▼ 代り悪く~ (2, 0.0%)

1 いえば, 整つては

▼ 代り愛嬌~ (2, 0.0%)

1 があっ, がたっぷり

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 は深

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 る日, る種類

▼ 代り手前~ (2, 0.0%)

1 には多分, を横須賀

▼ 代り手堅い~ (2, 0.0%)

1 取引き, 歌手でした

▼ 代り押しつけられた~ (2, 0.0%)

2 事柄を

▼ 代り推し~ (2, 0.0%)

2 て御

▼ 代り支那~ (2, 0.0%)

1 には海鼠, の芝居

▼ 代り文化式~ (2, 0.0%)

1 が全盛, の方

▼ 代り文壇~ (2, 0.0%)

1 で鼠, の先輩

▼ 代り料理~ (2, 0.0%)

1 は日本, を平げ

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 うして

▼ 代り新吉岩松~ (2, 0.0%)

1 という二人, といふ二人

▼ 代り日用~ (2, 0.0%)

1 の雑器, の雜器

▼ 代り旦那~ (2, 0.0%)

1 に一分貰, もお

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 の王陽明, 早朝に

▼ 代り明日あたり~ (2, 0.0%)

2 は御馳走

▼ 代り明朝~ (2, 0.0%)

1 になりますれ, は

▼ 代り最初~ (2, 0.0%)

1 にお, の煉り

▼ 代り最後~ (2, 0.0%)

1 には年, までこ

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 代り条件~ (2, 0.0%)

1 があった, を一つ

▼ 代り来る~ (2, 0.0%)

1 たびの, なとも言わない

▼ 代り来年雪~ (2, 0.0%)

2 が消えたら

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 の方, の黒い

▼ 代り柔順~ (2, 0.0%)

2 に物

▼ 代り栄え~ (2, 0.0%)

2 がしない

▼ 代り正直者~ (2, 0.0%)

2 で骨惜しみ

▼ 代り此人~ (2, 0.0%)

2 の鍛つた包丁

▼ 代り此方~ (2, 0.0%)

1 のリウヤア, の縞

▼ 代り此腕環~ (2, 0.0%)

1 を与える, を貰う

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 りには, りは

▼ 代り殺された~ (2, 0.0%)

1 のが, のは

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 が少し, の廻り

▼ 代り汚い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 包を

▼ 代り汽車~ (2, 0.0%)

1 もトラック, をさほど

▼ 代り注意人物~ (2, 0.0%)

1 が沢山, が澤山

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 は孤獨, は義雄

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 にはちょっと, はふんだんに

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 が移らなけれ, を焚く

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 を消し

▼ 代り熨斗~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ 代り熱い~ (2, 0.0%)

1 のをも, 湯や

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 さえその, の遺産

▼ 代り特別~ (2, 0.0%)

1 よりぬき, を以

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 のため, を描け

▼ 代り玉子~ (2, 0.0%)

1 は人工孵卵器, を産む

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 だけは云っ, のなくなった

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 としては誠に, のくせ

▼ 代り町内~ (2, 0.0%)

2 の旦那衆

▼ 代り町家~ (2, 0.0%)

2 にも武家

▼ 代り病気~ (2, 0.0%)

1 をする, を深部

▼ 代り百人町~ (2, 0.0%)

1 の百兵衛, の百兵衞

▼ 代り相当~ (2, 0.0%)

2 の優秀

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 の鋭い

▼ 代り着物~ (2, 0.0%)

1 もそれほど, を着

▼ 代り確か~ (2, 0.0%)

1 に僕自身, り仕入れて

▼ 代り神田一番~ (2, 0.0%)

2 の結構

▼ 代り立ち代り出~ (2, 0.0%)

1 たり入, たり入っ

▼ 代り立ち代る~ (2, 0.0%)

2 客を

▼ 代り簡単~ (2, 0.0%)

1 な花生け, に片づけたい

▼ 代り粟八分の飯~ (2, 0.0%)

2 で忍耐

▼ 代り約束~ (2, 0.0%)

1 は守っ, を忘れ

▼ 代り細君~ (2, 0.0%)

1 を奪, を奪っちまう

▼ 代り結納~ (2, 0.0%)

1 は千両箱, は千兩箱

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 の出来, は好き

▼ 代り絶えず~ (2, 0.0%)

1 神経を, 繰りかえし読む

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 僧も

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 に接した

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 も立てず

▼ 代り職員室~ (2, 0.0%)

1 で使, で用

▼ 代り脇差~ (2, 0.0%)

2 程も幅

▼ 代り舞台~ (2, 0.0%)

1 ではいかに, の前面右手

▼ 代り良い~ (2, 0.0%)

1 年増が, 話を

▼ 代り苦しい~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ 代り褒美~ (2, 0.0%)

2 はフイ

▼ 代り親分~ (2, 0.0%)

2 あの浪人者

▼ 代り言葉~ (2, 0.0%)

1 の繋がり, はどうしても

▼ 代り身上~ (2, 0.0%)

1 の方, の贅沢

▼ 代り返す~ (2, 0.0%)

1 手で, 時には

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 も幾百両, も我等

▼ 代り途中~ (2, 0.0%)

1 で面白く, の血の池

▼ 代り通り~ (2, 0.0%)

1 からはもっとも, からは尤も

▼ 代り遊び人風情~ (2, 0.0%)

2 に女出入り

▼ 代り遊び友達~ (2, 0.0%)

1 にはこの, には此上

▼ 代り遣り~ (2, 0.0%)

1 損え, 損へば

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 さも

▼ 代り長い~ (2, 0.0%)

1 時間の, 間御

▼ 代り~ (2, 0.0%)

2 は少し

▼ 代り静か~ (2, 0.0%)

2 で落ち

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 の通る, を凌ぎ

▼ 代り首尾~ (2, 0.0%)

1 よく遣っ, 好く持っ

▼ 代り~ (2, 0.0%)

1 の声, の渡っ

▼1* [1450件]

代り、駄夫が敷居, 代りつて病氣ばかり, 代りああ云う立派, 代りあいまする事, 代りあしたつからこの, 代りあすこへは玉縁, 代りあそこにはもう, 代りあたしたちは誰, 代りあたらなかったら今の, 代りあと二十回でまとめる, 代りあと僅かで仕事, 代りあばれてやる, 代りあまり必須でない科目, 代りあまり重要でないと, 代りあみだ様, 代りあらためて主催者側へ, 代りあれだけの長櫃, 代りあゝ云ふ, 代りいいかね一番手直りだ, 代りいかな珍しいもの, 代りいかなる傑作でも, 代りいくぶん安心の, 代りいくらかでもいい, 代りいくら相談をかけ, 代りいくら骨を折っ, 代りいじくり方が, 代りいずれはお, 代りいっしょに散歩, 代りいっぽうではオペラ, 代りいつまで経っ, 代りいつかおいでよ二三日中, 代りいつか小林に書い, 代りいつか時節を待っ, 代りいつたいどこで, 代りいつの間にかその自由さ, 代りいはば思考, 代りいまに大した御, 代りいやなト書き, 代りいわば思考の, 代りうっかり信用する, 代りうれなかったらこれに, 代りおいらが明日, 代りおかしい事が, 代りおじさんここを通しておくれ, 代りおとなしくするん, 代りおばあさま, 代りおまえの知っ, 代りおまえさんが一心うち, 代りおらが偉く, 代りおん教を捨てた, 代りお世話に上る, 代りお仕着せの酒, 代りお伽に使っ, 代りお前らを監獄イ, 代りお嬢さんの方, 代りお嬢様に少し, 代りお座敷は暢気, 代りお直段は, 代りお祭り氣分は申分, 代りお節介でおし, 代りお茶とお花, 代りお萩は死ぬ, 代りお話をし, 代りお達しにそむく, 代りお金のある, 代りお雪ちゃんがちょいちょい, 代りお願いがある, 代りかかりつけの野口猫医師, 代りかさかさした暖か, 代りかつ毛利家の, 代りきょうは店, 代りくらいあたしにだって, 代りくらいに考えてるかも, 代りぐったりして, 代りぐらいだったら他, 代りぐらいに喫煙室を, 代りぐらいにはなるよう, 代りよい一夜, 代りここん所へ, 代りことさら迎えも, 代りこの小さな泉水に, 代りこの間いった通り, 代りこまかい感受性を, 代りこまったことには, 代りこれら遊星はいったん, 代りこれ一ツ卓絶て出来る, 代りこれ以下にはビタ一文, 代りこんど仕事があつ, 代りこんど江戸へ出たら, 代り自分が, 代りご馳走なんかしない, 代りういふ, 代りさえ更に持っ, 代りさえも映ろうという, 代りさして熱意も, 代りさんざん敵を, 代りしかも射損じたの, 代りじきに帰っ, 代りつかりさら, 代りすこぶる分りにくい, 代りずいぶんお金が, 代りずっと遠方までの, 代りそうするには, 代りそこら一面にその, 代りそちの妻子, 代りそちらの息, 代りその大きな柔らかな, 代りその間は毎日毎日不思議, 代りそれぞれ身分がある, 代りそれで私の, 代りッた, 代りたしかにその代り, 代りただ聞きつ放しに, 代りただ喰べてゆく, 代りたった一と, 代りたまへ, 代りたまに東京へ, 代りたんとは無え, 代りだったのだ, 代りだっていうん, 代りだれが目立っ, 代りだ取っておけ, 代りだ見付けた者が, 代りちと変った供, 代りちょいと脂っこい, 代りちょいちょいわが輩への, 代りちょっと悪戯好きであった, 代りちよツとでも皮肉, 代りやない, 代りつい近所だ, 代りつきのお, 代りつていふやう, 代りつまり私の, 代りつめたくて長く, 代りてをりふし一, 代りであったがそろそろ, 代りでありお茶の, 代りであろうと想われ, 代りといったような, 代りといふこと以外に, 代りときどき出した火の元用心, 代りとしか思えませぬ, 代りとしてのみこと, 代りとしては或はよかっ, 代りとも思つて御覧下さい, 代りどうなっても, 代りどうぞ半分だけで, 代りどの爻も, 代りなあ淋しい死に, 代りなどとは余り作意, 代りなまじっか自由が, 代りなめし賃が, 代りなら少し頭脳, 代りなりまたわたし, 代りなるほどという様子, 代りなるべく三十分以内にね, 代りなんて出来は, 代りなんとなく興ざめな, 代りにかぶつて, 代りにかの蛇を, 代りにだけつかったこと, 代りについて行つたのを, 代りにて相つとめ, 代りにとしてついて, 代りにはも變だ, 代りにまでも用ひられる, 代りにやならないぜ, 代りにやらむとするは赤き, 代りにより穏やかな, 代りのんびりしたもん, 代りはなはだ不味いもの, 代りひとたび受けた恨み, 代りひとつ自分がぶつ, 代りひどく気分が, 代りひどくおとなしかった, 代りひやかしたり何, 代りふだん丈夫なもの, 代りふとつた白蛆の, 代りへの明渡の, 代りへは何なり, 代りほとんど真っ赤に, 代りほめた所は, 代りたこ, 代りまことに苦り切った顔, 代りまず幸さきを, 代りまたの日を固く, 代りまだあれほど, 代りみなさんの前, 代りみなさん大変な働き者, 代りめったにお, 代りめつたに出かけない, 代りもう何もかも嫌に, 代りもう少し夫を, 代りもしくは社会が, 代りもの云はん長安の, 代りからどす, 代りやがて森の, 代りやくで夜赤ちゃんの, 代りやたらに重ね, 代りやっぱり姉弟に, 代りやつらはただ, 代りやぼったいばかりの重厚さ, 代りやらに松ヶ根の, 代りゆうべだけは夢, 代りゆるやかな黒い, 代りたんこよ, 代りよい石に, 代りよう働かしより, 代りよくよく狙い撃ちに, 代りよく可愛がって, 代りよし子が美禰子, 代りよほどの無法者, 代りよりおほらかな, 代りらくらくと蚊帳, 代りらしいのおとなしくっ, 代りわがままを仰し, 代りわが国には主要, 代りわたしどもはほんとう, 代りわりを受ける, 代りアイリッシユ人が常に, 代りアメリカ自身の行動, 代りアラ又ぶりかえした, 代りアルゴン大将が戦争次官, 代りイザ蓋を, 代りイヤ生え際が聊か, 代りインデペンデントの精神, 代りエロになつ, 代りオヤジの私, 代りオーバーだけは毛皮, 代りカジノビスケットを一片, 代りカフェーの店先, 代りカルタ遊びは毎晩, 代りガラツ八と一緒, 代りキッスして, 代りキット男の子を生みなさい, 代りキリシタン武士高山右近の活躍, 代りクリスマスの日, 代りグズ弁がたんまり, 代りケガをし, 代りサイコロ下さい, 代りスキーをぬげ, 代りスープを取る, 代りソバ以外に肴, 代りタイヤはアア, 代りダンナが望み, 代りチノヴニクの代り, 代りツボ平と結婚, 代りドライバアはそいつ, 代りドン助はバネ人形, 代りニヒリストらしいところ, 代りノズドゥリョフは酒, 代りハネ十時こぼれさ, 代りハムにでもする, 代りバターの上等, 代りパンに焼く, 代りヒドイ目に逢った, 代りビールを飲ませ, 代りピエルなら追って, 代りピッチは早い, 代りフィリーモンとボーシス, 代りフランケの前, 代りプログラムには印刷, 代りヘンに甘酢ッぱい子供, 代りホテルその他マンチェスターの代表的, 代りマスクをかける, 代りマッチは一箱, 代りマッチ工場独特の骨壊疽, 代りママが勘弁, 代りマリア像は人間, 代りマンゴーや柑橘類, 代りミシンのうなり, 代りモノになる, 代りモー一つ何か見せ, 代りランを注文, 代りリルケが佛蘭西語, 代りリン兄弟の三人, 代りルグナンシェから金, 代りしよに, 代り一ばん頻繁にいが栗, 代り一ぺんに消え, 代り一カ月間と期限, 代り一パイ屋の門口, 代り一世一代に献詩, 代り一両は口止め, 代り一人娘の富子, 代り一件の手箱, 代り一兩は口止め, 代り一円の方, 代り一分一厘間違い無しに証拠不充分, 代り一切の費用, 代り一刻もする, 代り一匹について一両, 代り一升余れば, 代り一同にこの, 代り一寸ですよ, 代り一工夫して, 代り一年の大体半分, 代り一度千束町に落ち込んだ, 代り一張羅は代無し, 代り一文も置かぬ, 代り一方には生, 代り一旦やりかけた以上, 代り一旦こうと思いこんだ, 代り一時それがわが, 代り一時性のもの, 代り一時的のもの, 代り一晩置くと, 代り一本の茶褐色, 代り一生側へ置い, 代り一生旦那に面倒, 代り一筆請取を書い, 代り一等席に淀君, 代り一箇の娼婦, 代り一緒に笑い, 代り一般的の事物, 代り一週に二度, 代り一部の間, 代り一面世間と没交渉, 代り一面識の一座, 代り丁度首を, 代り七万両の金, 代り万一三日のあいだ, 代り万事私の一存, 代り丈夫ですよ, 代り三つボタンが恐ろしい, 代り三分の一ぐらい死ぬ, 代り三分の一ぐらゐ死ぬ覚悟, 代り三島屋に三十七八年, 代り三年忌にはどうか, 代り三度三度食べるもの, 代り三萬兩の身代, 代り三輪の親分, 代り上さんも子供, 代り上品で粋, 代り上等に出来, 代り下りなら引返して, 代り下女のお, 代り下男代りにこき使い, 代り下町へは滅多, 代り下足番の時, 代り不出来な顔, 代り不幸にも女子, 代り不景気と云っ, 代り不服や反抗, 代り世界一の大, 代り世辭も驅, 代り世間へいい, 代り中国征伐のついで, 代り中川のヨ太公, 代り主人が死んだ, 代り主人峰右衛門の生命, 代り主人峰右衞門の生命, 代り久しぶりでお前さん, 代りを出来る, 代り乗ってる人間は, 代り乗るといふこと, 代り九つの脆い, 代り乱杭を二三十本, 代りの方, 代り予期しなかった二人, 代り事件の後始末, 代り事務所のカンバン, 代り事実と云う, 代り事情を述べる, 代り事成就なせば, 代り事物の諸, 代り二つ振りの玉子, 代り二ヶ月ぐらゐたつととにかく田舎初段, 代り二三日中にこのあいだ, 代り二年経って, 代り二度とこんなこと, 代り二日二晩しとしとと降りつづけた, 代り二月中にはきつ, 代り云いさえすれ, 代り云わば少し, 代り互いに相手を, 代り五六分経ったと, 代り五兵衛は貞宗紛失, 代り五兵衞は貞宗紛失, 代り五十両で連判帳, 代り五十兩で連判帳, 代り五日に一円ぐらゐづつ, 代り五週間も遊び, 代りしでも, 代り亡命印度人の配下, 代り京都の冬, 代り亭主野郎のこの, 代り人一倍心配も, 代り人中に出る, 代り人前に出せない, 代り人夫として酷使, 代り人情風俗についての天才的, 代り人殺しはいつ, 代り人気のない, 代り人相の鑑定, 代り仇討発足とのくだり, 代り今てめえが俺, 代り今十円の給料, 代り今夜のは本当に, 代り今夜一晩は語り, 代り今夜十時から二時間, 代り今夜滝村をサービス, 代り今度のが当り, 代り今度はさ程権柄ずく, 代り今度水仙の花, 代り今度都合のいい, 代り今後ますます貴様, 代り今日中に探し出し, 代り今晩はとても, 代り今月は戸塚, 代り仏蘭西語なら本国語同様自由自在, 代り仕事についても欲望, 代り他所で泊っ, 代り代り病気をする, 代り代り貰いに来させる, 代り代り逞くしながら, 代り代り食事の当番, 代り代用教員をやれる, 代りて今日, 代り以前よりは気, 代り以前目貫といわれた, 代り以後はちと, 代り以来胸おどるよう, 代り伊藤君いろ, 代り休まってかんしゃく, 代りはせるの, 代り会社に対しては責任, 代り会見談を書かし, 代り伯母さんの分, 代り何とでも答えられる, 代り何となく憂容を, 代り何ともいえぬ陰惨, 代り何もかもありのままを云っ, 代り何処が国家, 代り何分か今日, 代り何十人という職工, 代り何年いや何十年, 代り何時何処で御, 代り何處へでも自由, 代りが脱, 代り余らのやう, 代り余り人に愛し, 代り佛法僧は近, 代りの感銘, 代り作品の出来栄え, 代り佳肴があ, 代り使ひ込んだ品, 代り使い込んだ品で, 代りの主観的, 代りに騒々しく, 代り信一は又, 代り信州へ帰, 代り信長の領内, 代り修一は京都, 代り俺ら働くにゃ, 代りの名, 代り個人的な印象, 代り借りた者は, 代り借金といふ, 代り停年で辞める, 代り健康さうで, 代りとしてお前, 代りをさして, 代り働いても食えない, 代り僕二郎ちゃんの兄ちゃん, 代り僕等はもつ, 代りの御朱印, 代り儒教思想による聖天子, 代り儲かるぜ十二分, 代り元々兄弟同様の, 代り元服して, 代り先生の世話, 代り代りし, 代り入って来る, 代り全身が微笑, 代り八面に敵, 代り六十四碗の御馳走, 代り六尺駕舁の中, 代り共に亡びること, 代り兵役に就かせ, 代り其の方には, 代り其様な客, 代り内々は神山守, 代り内容は千変一律, 代り内心の考え, 代り内懷中からズルズル, 代り内科小児科皮膚科産婦人科の四つ, 代り内緒の話, 代り内證の話, 代り内部が議事堂, 代り円卓の正面, 代り冗談のつもり, 代り冬休という奴, 代り冷笑の影, 代り凡そ窮屈ぢや, 代り凡ての物, 代りとしては一年増, 代りはいりし, 代り出先を馴染, 代り出来のよい, 代り分け前は七三, 代り分量が少い, 代り初めは嚇し, 代り初春は早々, 代り初枝はとられた, 代り利子はいらない, 代り利益もきわめて, 代り刺青をされ, 代り前代未聞の経験, 代り前後の関係, 代り前面の樹木, 代り剛健党にならなく, 代り創口が余り, 代り創痕から何, 代り力仕事はなん, 代り動作や表情, 代り勘さんがよく, 代り勝てば加増, 代り勤め上げれば暖簾分け, 代り北海道の栗, 代り医者にかけ, 代り十万石の大名, 代り十五日の縁日, 代り十円貸すんぜ, 代り十数戸の僻村, 代り十文半の甲, 代り十斤に足りなかったら足りない, 代り十歳位な小, 代り十錢か十五錢, 代り千両箱を背負った, 代り千二に一目, 代り千兩箱を背負つた化物, 代り半日の世話, 代り半歳經たぬうち, 代り卒業すれば, 代り南原杉子の肉体, 代り南向きの縁, 代り単なる体操もしくは, 代り危いところへ間, 代り危ないところへ, 代り却ってそれだけ真剣に, 代り原稿が出来たら, 代り原稿料はうんと, 代りにやり, 代り去勢した後, 代り友情に慰安, 代り双眼鏡の主人, 代り對的にでも, 代り反省のない, 代り取られても泣言, 代り取次いでも小言, 代り受話器の中, 代り口数からいう, 代り古しえの, 代り古人の圈, 代り叩かれる方も, 代り台詞は日本語, 代り合せ剃刀は兇器以外, 代り合つて日夜病床に附き切, 代り合つて牛の番, 代り合つて看病でもし, 代り吉川の奥さん, 代り残り惜しそう, 代り名器と自信, 代り名画は至, 代り名香をふんだんに, 代りふの, 代り向う二十年の間, 代り君枝を河童路地, 代り周馬はお, 代り味方になったら, 代り呼吸もつがせぬ, 代り命掛けで, 代り咽喉がいっぱい, 代り品物の何, 代り品等滞るもの, 代り哈爾賓を見, 代りが分厚く大きく, 代り唐紙の立てつけ, 代りのやう, 代りとは申さない, 代り問い詰められた口惜し涙, 代り喚き叫び哀しみ求むる, 代り嘔吐があった, 代りだという, 代り囚人は一足, 代り四人も茫然, 代り四十一と云う, 代り四年の月日, 代り四斗俵を七ツ, 代り四日の初, 代り四谷見附の所, 代り四足に力, 代り四辺は森閑, 代り困る事には, 代り国文専攻の学者, 代り国民の間, 代りとしては大した, 代り園絵を神保, 代り圓滿無事を樂しん, 代りをはこばない, 代り土地柄が悪く, 代り土手の甚藏, 代り土方伯の十時, 代り在来の小説, 代り地主は, 代り地峡方面の総督, 代り地方が繁昌, 代り地道であるらしい, 代り坐ったと思ったら, 代り坑夫に使っ, 代り埋めた地面の, 代り執拗で病的, 代り堂々たる設備で, 代り堅く守って, 代り弁と, 代り報告の結末, 代り報酬は極, 代り込められて, 代り墓場の塀外, 代り売った金は, 代り売値の価, 代り夏休みになったら, 代り夕景の忙しい, 代り夕暮どきを, 代り夕食手当を特に, 代り外国人の客, 代り多い家では, 代り多分のこと, 代り多少気味の悪い, 代り多良井八百五十石も木葉微塵, 代り夜業は自分, 代りでも可, 代り大いにピリリと, 代り大して悪くも, 代り大人物でもない, 代り大分色は黒く, 代り大学部三年の学生, 代り大将五人の名, 代り大晦日の晩, 代り大牛になります, 代り大衆に顧みられなくなった, 代り大阪人同士が仲よく, 代り大雨が降り出す, 代り天井の上, 代り天声という名, 代り天成の輝, 代り天才の血, 代り天才的な心眼, 代り天真ランマン近代人に欠乏, 代り天神さんの境内, 代り太い吐息を, 代り太刀音を聞い, 代り太鼓の音, 代り失墜の心配, 代り奉公人にも近所, 代り奉幣使として当, 代り奥の院へ行ったら, 代り奥行きは間口, 代りにはお産, 代り女の子の達引, 代り女優にしてやったら, 代り女学世界といふ雑誌, 代り好きなもの, 代り如何なる贅沢家も, 代り妖気も神様, 代りが小心, 代りに会見, 代り姉さんも負けてる, 代りの姿, 代り嫌悪が憎悪, 代り子供たちは変, 代り季節じゃあるまい, 代り季節ぢやあるまい, 代り学問にかける, 代り学生も出, 代り宇内を統治, 代り安かったん, 代り安全率の少ない, 代り官話は達者, 代り実に厄介な, 代り実家の方, 代り実際上何ら, 代り客間へ案内, 代り宣教師たちの財宝, 代りを自分, 代り室内に洗面, 代り家屋の建築費, 代り家庭の経済, 代り家族に冷淡, 代り家族救済として後, 代り家賃は無, 代り容易な場合, 代り宿へ着く, 代り宿屋なんぞのない, 代りい途中, 代り寂しくて不便, 代り寄り集まって, 代り寝られないような, 代り寝覚めの悪い, 代り寿江子のピアノ, 代り将棋と囲碁, 代り尋常以上の快楽, 代り小さい虫が, 代り小さくッてよ, 代り小兼を女房, 代り小判三千兩はたしかに, 代り小学校を出た, 代り小屋にある, 代り小屋頭などには足洗, 代り小庭の朝露, 代り小母さんも今夜, 代り小田原の町, 代り小皿に盛りまし, 代り小粒一つづつ貰ひましたから, 代り小舷に繻子, 代り小説家は上っ, 代り少々万年で, 代り少女歌劇もなく, 代り少量ずつの料理, 代り尖鋭でない, 代り就職口がみつかる, 代り尺八はかなり, 代り屋内が薄暗く, 代り層雲峡と北鎮岳, 代りから掘り出した, 代り山の手の芸者, 代り山中ハハイハイトイイオッタ故親分ノヨウダッケ, 代り山分けにし, 代り山田勝次郎氏が京大, 代り山脇玄内を縛ったら, 代り山野に漫談, 代り山間の局地局地, 代り屹度辛抱をしなくつ, 代り岡島の講, 代りの穴, 代り岩魚がゐる, 代りの柳, 代りへ出, 代り川幅の狭められた, 代り川開きの晩, 代り工業生産はわれわれ, 代りの頬, 代り左手の壁, 代り左母次郎に腹, 代り巧みに人, 代り市中通行を禁止, 代り市村奥の山, 代りを使, 代り師匠の内弟子, 代りをお送り, 代り帰っても落ち, 代り帰つても落ち, 代り常連の誰, 代り帽子を海, 代り平作の日ごろ, 代り平馬わしの一身, 代りひに, 代り幸福が訪問, 代り広い二間の, 代り広小路伯爵たちは赤電車, 代り広田さんの事, 代り庄三郎さんは掟通り首, 代り店中に特別, 代り度いが為の策謀, 代り度いが爲の策謀, 代り建築と称する, 代り建築家が設計, 代り弓子を自分, 代り弓師藤四郎奥村八郎右衛門はじめ御老中方, 代り弓師藤四郎奧村八郎右衞門はじめ御老中方, 代り引つれて来た, 代り引替えの品, 代りの方, 代り弟子らと共に麻裃, 代り張り合いの無い, 代り張合が強く, 代り当てにし, 代り当らず障らずの材料, 代り当り前の人間, 代り当人に附属, 代り当分の間, 代り彗星の表面, 代りもい, 代り役得もありました, 代り役者には君, 代り彼女自身をおどろかし, 代り彼女達は又, 代り彼奴が特別室, 代り往復は貨物船, 代り往昔の海賊船, 代り後のが先, 代り御意に入れ, 代り御礼として叛民, 代り御飯の足し, 代り御馳走はありません, 代り徹頭徹尾浪漫派では, 代り心理的にはいくらか, 代り心眼を開く, 代り心細いには違, 代り心臓がドキ, 代り必ずぶち壊して, 代りなの, 代り忠實で丁寧, 代り快い諧謔が, 代り快活な微笑, 代り忽ちその結果, 代り思いよらぬ蛤, 代り思う存分駒に, 代り思惟と感情, 代り怠ることの, 代り急須に茶, 代りに合わない, 代り恐らく天地開闢以来これほど, 代り息子と同い年, 代り恰好のいい, 代り悉皆こっちの, 代り悟りもない, 代り悪い事は, 代り悪口言ふ者, 代りい事, 代り意外の処, 代り愛情の方, 代り感情的な一つ, 代り我自身だけに関する経験, 代り或は柴を, 代り戦地でも舎営, 代り戯曲は実によく, 代り戰爭に行きます, 代り所謂宗匠に視せる, 代り所謂百年を期する, 代り手前勝手の云い, 代り手当は充分, 代り手箱を手, 代り手際の良い, 代り手首のあたり, 代り打明けていった, 代り押入などは充分, 代りふもの, 代り拙者の方, 代り拠所ない恐怖, 代り持って来なかった, 代り接吻と身, 代りもなかっ, 代り損卦の相談, 代り撃ち上げられている, 代り支配人としては此上, 代り政府の代弁者たち, 代り敗戦という経験, 代り敗者となり, 代り教授たりしこ, 代り敬太郎の秩序, 代り数十年を経, 代り敷金を半年分九兩, 代り文化的に民衆, 代り文字の末, 代り料理方の大和, 代り断っておく, 代り断わっておく, 代りに恐ろしき, 代り新しい国民教育の, 代り新たな吸血鬼事件, 代り新子さんの酒場, 代り新田先生は望遠鏡, 代り新米の勘定奉行, 代り新聞は浴場前, 代り方々のお, 代り日中でもよく, 代り日吉も家, 代り日曜が延び, 代り日本料理の原料, 代り日給を貰う, 代り日記は面白く, 代り旦那お前様がつれ, 代り山道なら, 代り旧式のお嬢さんぢ, 代り旨く持ち込めば, 代り過ぎた埋葬, 代り早く腐敗します, 代り早合点とムカツ腹立て, 代りの来, 代り明後日の晩, 代り明日おれ茉莉ン家で泊め, 代りの光, 代り春子の出盛り, 代り昼寝をするだろう, 代り昼後は飯, 代り時によると, 代り時には飛んでも, 代り時勢がわるけれ, 代り時間を十分, 代り晝間だと, 代り景色はい, 代り晴れてお上, 代り智慧の方, 代り智能線と運命線, 代りい, 代り暫く誰も, 代り暫らく默つてゐて, 代り更に賃金までも, 代り書きかけて, 代り書き手の筆, 代り書物に対する所有欲, 代り替りに此土, 代り最も肥沃な, 代り最新式の気分, 代り月夜の湖畔, 代り月給も昇げ, 代りは早く, 代り期日の制限, 代り期日ものなどで追, 代り木々の芽, 代りの妹, 代り末始終芸の, 代り本妻お静, 代り本当の下手人, 代りの生活, 代り村内の出費, 代り村尾は殆, 代り束髪の令嬢, 代り来年はきっと, 代り杵太郎の剃刀, 代り松並木や青田, 代り松子さんはお母さん, 代り松月館の方, 代り果てしのない, 代りが半分往来, 代りや色合, 代り柔らかな心地, 代り柘榴に於, 代りせぬ序詞, 代り桐花カスミさんなどの女連, 代り桜林で遊ぶ, 代りの家連, 代り森田思軒が, 代り検事と課長, 代り検視の係官, 代り極めて多彩であります, 代りでねえ坂, 代り楽しみもあるでしょう, 代り様々のアクセッサリー, 代り権貴な人, 代りの切株, 代りを渡つたら, 代り機嫌よくにこにこ, 代りの講演, 代り次男友川三次郎矩行仇討執心の趣, 代り歌舞伎役者と間違える, 代り止めますから今, 代り枝は, 代り正々堂々とやる, 代り正体もなかなか, 代り正直一途で健康さ, 代り此上もなく, 代り此事を一言, 代り此処の博士, 代り此窮窟な主義, 代り此處から逃出, 代り此辺なら決して, 代り武さんが折り, 代り武松の足どり, 代り武蔵野の時雨, 代り歩きまわるにはいい, 代り死んでから後, 代り死んだと思った, 代り死人の皮, 代り死後の知己, 代り段々むずかしくなっ, 代り殺人事件があっ, 代り殿方にはいけません, 代りはとられた, 代り母さんの世話, 代り母たちは妾, 代り母鶏に抱かせ, 代り毎日いくらかずつ仕事, 代り比倫を絶, 代りの温泉スケツチ, 代り氏郷も酷い, 代り気むずかしい点も, 代り気味わるいこと, 代り気持よい点滴, 代り気立のやさしい, 代り気管支加答児と中耳炎, 代り氣分はまた, 代りの潤沢, 代り水徳を以て帝, 代り永くはいけない, 代りで着物, 代りも殺し, 代り江戸の眞ん中, 代り江戸表へ入り, 代り沙漠のはて, 代り沙翁の劇, 代り沢山の荷物, 代り沢山金は取れなかった, 代り沢庵の捕えた, 代り河水はいつも, 代り治る見込が, 代り法世の批評, 代り法螺の貝, 代り法衣の襞, 代り泣いてゐる, 代り洋酒の杯, 代り洒落担ぎ合い大口高笑都々逸の, 代り洪水地帯の住民, 代り活動女優とか西洋もの, 代り浅草の鰻屋, 代り浮世の楽, 代り浮氣過ぎましたね, 代り涼しい処で, 代り深い考へは, 代りを癒したら, 代り渠自身にはその, 代り渾然たる完璧, 代り谷国四郎君の, 代り満天の星, 代り満身の営養分, 代り源因を話さない, 代り滅法綺麗な, 代り漸く光明皇后を, 代り激しい下痢と, 代り濁酒をたくさん, 代り無ければ無く, 代り無代で宜, 代り無頓着な採光, 代り焼けた大講堂, 代りの如く, 代り照葉は社長, 代り煮込みものには, 代り父母や自分, 代り父親の東条英教中将, 代り片隅へ陣どったら, 代り牛肉屋にもそれぞれ長所, 代りがなけれ, 代り物事を断じて, 代り物柔かで腰, 代り物質的にはどんなに, 代り特に誰かが, 代り特殊な官能, 代りも上物, 代り犯人の当った, 代り献上箱の横, 代りり塞ぎ込んで, 代り玉川權之助は輕業, 代りらしくも, 代り珠子が私, 代り倶楽部員は, 代り現在のブルジョア観念論, 代り現金だよ, 代り理由を話しましたら, 代り理窟で行つて, 代り理解のこの, 代り墻の, 代り生きている, 代り生き戻り損う, 代り生れた時から, 代り生れ變つてをる, 代り生命の方, 代り生命がけの御, 代り生存競争も烈しく, 代り生徒に何かしら実用, 代り生活全体としては向上, 代り用心棒を十人, 代り田地はない, 代り田舎者千代千兵衛へ立ち向かった, 代り田舎育ちだから, 代り甲斐性のな, 代り申分のない, 代り男たちがどんな, 代り男性とはうま, 代り町全体が石段, 代りが忙しく, 代り留置場入りは枚挙, 代り異国の人々, 代りれば, 代り疲れる事も, 代り病身な母, 代り病身そうな細腰, 代り病院の払い, 代り痒い処へ, 代り痛い目に, 代り痩せ型で, 代りれば, 代り白蝋のよう, 代り白金分離の仕事, 代り百円分の薬, 代り百姓仕事には人並, 代り百文とも少なく, 代り百法は確か, 代り百目蝋燭が晝, 代りも破れ, 代りにこぼれ, 代り盆暮に津田, 代り目下先生の膝下, 代り目下売出中の各, 代り目方で気, 代り目立ってもらう, 代り目黒を通る, 代り相撲とりになっ, 代りに柔, 代り看病だけはし, 代り県尉の任, 代り眞物の高力左近太夫高長, 代り真夏にも寒菊, 代り真暗な杉, 代り真物の高力左近太夫高長, 代り真面目で何より, 代りはトロトロ, 代り睡眠薬はやめ, 代り睫毛にたまっ, 代りを出す, 代り知っている, 代り知らないで濟む時代, 代り石村のところ, 代り確り顏を, 代り示威運動をやる, 代りはするだろう, 代り社会的に有用, 代り社長はあなた, 代り神田中の新造, 代り神經の鋭, 代り祟りというもの, 代り福代ちやんの旦那さま, 代りはするだらう, 代り禽獣が子供, 代り秀でた細眉と, 代り秀吉の千瓢, 代り私たちとすれちがい, 代り私たち父娘の身, 代り私どものできる, 代り私みたいな者, 代り私着物なんか一枚, 代り私自身も仏さま, 代り私達の間, 代り私達父娘の身, 代り秋末の肌寒, 代り秋風が立ち始め, 代りは中央, 代り稽古には一ヶ月半, 代り空気は軽い, 代り突然妙な, 代り立ち代って幾人, 代り立ち代りからんでは離れ, 代り立ち代りせはしさう, 代り立ち代りつめかけてるのよ, 代り立ち代りやってき, 代り立ち代り問い詰めても昭青年, 代り立ち代り寄りたかって来る, 代り立ち代り捧げ持って来る, 代り立ち代り来て彼, 代り立ち代り残らずやって来たがとうとうしまいに, 代り立ち代り浮かみあらわれて来る, 代り立ち代り獲ものは, 代り立ち代り現れてくる, 代り立ち代り現れる峻峰奇峰の, 代り立ち代り眠るまもなく押しよせ, 代り立ち代り舞ったり謡っ, 代り立ち代り襲ってくる, 代り立ち代り這入つて來て, 代り立ち代り驚くべきほどの早, 代り立っていた, 代り立代りお伽に使っ, 代り立代り一パイ屋の門口, 代り立代り出はいりし, 代り立代り寄り集まって, 代り立代り訊問する連中, 代り立代り飯を喰う, 代り端唄を一つ, 代り競走者であるまゆみ, 代りがちっとも, 代りは例年, 代りを挙げる, 代り米塩の資, 代り米粒一つも鐚一文, 代り精力的な様子, 代り精神には利益, 代り精製して, 代り紅葉見物の連中, 代り純文学としては甚, 代り純益一万円突破の際, 代りも悪し, 代りばらしいの, 代り素人でがすから痛い, 代り素晴らしい事を, 代り紫錦を連れ, 代り累々と書物, 代り紹介する時, 代り給料は望み次第, 代り絵画的に明暗, 代り絶対君主の彼女, 代り縁日ものを買う, 代りの物, 代り縫い悪いのよ, 代り羅生門河岸へ行く, 代り美くしい人, 代り美代ちゃんはちゃんと, 代り美味しいおやつ, 代り義理人情があり過ぎる, 代り義男はちつ, 代り翌日ッから御, 代りも何, 代り聞き惚れてゐた, 代り聯隊ぢゆうにイワン, 代り肝心の, 代り肥った吉川夫人の, 代り胃腸にはわるい, 代りの高い, 代り背中のところ, 代りの方, 代り能う限り滑稽な, 代りの低い, 代りの骨, 代りを撫す, 代りは硬い, 代り膏気もなかっ, 代りを貸し, 代り臨終の床, 代り發的に, 代り自分ぐるみ書斎を街頭, 代り至る所に, 代り舗装道路の上, 代りの大, 代り船長の服, 代りが白く, 代り色めき立って割り込ん, 代り芸事にかけてはいかなる, 代り若々しい峯子の, 代り若し遺産と, 代り苦力と同房, 代り英語は更に, 代り茂ちゃんはきっと, 代り茶代に一両, 代りを一本, 代り菊治は人殺し, 代り菓子は食う, 代り萬一俺の母親, 代りの落ち, 代り葡萄糖やヴィタミン剤, 代り葡萄酒の瓶, 代り蒸風呂にはいった, 代り薄茶よりも水, 代り薬剤師の竹村春枝, 代り藝事は大した, 代り藤原釜足改め鶏太を借りる, 代りは一ツ, 代りとって, 代りが沢山, 代り蝙蝠傘を持っ, 代り蝠女が皆んな, 代りが採れない, 代りの附いた, 代り血統上の親和力, 代りの貝, 代りを受, 代りに自分, 代りの方, 代り西から来る, 代り西洋は写真, 代り西洋料理七皿だ, 代り要心さえし, 代り見え隠れに二人, 代り見たいにさこれは, 代り見下せば千仞, 代り見事な袈裟掛け, 代り見料は少し, 代り見知らぬ他国から, 代り見舞に来, 代り猿の, 代り親しい者とも, 代り親たちに択出, 代り親分錢形の親分さん, 代り親孝行の金, 代り親方と一所, 代り親爺はそれ, 代り解る部分が, 代りひ解けなかつたらおいら, 代り訊きますよ, 代り訊問する連中, 代り記念として庭, 代り記者はあまり, 代り診察がすむ, 代り註文は山, 代り評議で定まった, 代り詰めに詰め込んだ, 代り話頭を前, 代り誓ってくれるだろう, 代り誤魔化しも間違い, 代り誰か一人急いで, 代り調伏の証拠, 代り論敵を目ざさず, 代り諦めのいい, 代り諷刺は昔, 代り諸君にも幾らか, 代り諸種の情報, 代り講義の方, 代りなこと, 代り變てこな字, 代り貞操を賭けなき, 代り責め問われて, 代り責任はがっちり, 代り貰いに来させる, 代り方様も, 代り貴方は世界中, 代り貴方これをお手本, 代り貴殿のお力, 代り買う方で, 代り貸越しに, 代り費用はフンダン, 代り賃金はずっと, 代りしい乞食姿, 代り質屋の利息, 代り質屋さんが商売柄, 代り質草も粉煙草, 代り賭博だの何, 代りや黄, 代り赤色光はいつの間にか, 代り走らしめ而し, 代り起居注などといふ種類, 代り起業祭の角力, 代りの医者, 代り足腰が立つ, 代り足音だけは先刻, 代り踏みつけられてもよろしい, 代り身分と身上, 代り身體は大, 代り軍用金を借せ, 代り轉軫の部分, 代り辛労に報, 代り辛抱をしろ, 代り辛防をし抜いた, 代り辯舌爽やかで男, 代り附いて, 代り近いうちに, 代り近くに水田, 代り近代的國家の壓制, 代り近江には沢山, 代り近江屋のほう, 代り近頃毘沙門の境内, 代り返さなきや組頭, 代り退屈はしない, 代り逆用も出来る, 代り通路をつかい, 代りくしながら, 代り逞しい武士が, 代り速水女史に呼ばれる, 代りがある, 代り遊芸は一通り, 代り過去十日間のうち, 代りを教え, 代り道樂氣が拔, 代り道理上からいえ, 代り道路一つ距てて前方一面, 代り遺物として貴様, 代り部署をもたない, 代り郷土の自然, 代り都合のいい, 代りでもした, 代り酒量は殖え, 代り酔っ払って口説い, 代り重くるしい疑惑と, 代り野菜の分量, 代り金庫の棚, 代り金杉の親分, 代り金箱の中, 代り金蔵さん決してほか, 代りがなく, 代り釣りと来たら, 代り釣具其の他, 代り鉄甲の精兵五百, 代り鉛筆と解剖刀, 代り銀座でも連れ, 代り銅鑼が鳴る, 代り銘々が自家, 代り銭十貫銀でもいい, 代り鐚一文自分の意志, 代り長い淡黄の, 代り長く持ちません, 代り長襦袢だけは一々, 代りを一歩, 代り開く大汽鑵, 代り開業してから, 代りがな, 代り間違っても大きい, 代り間違つても大きい, 代り父様に, 代り陽明先生の如き, 代り隊員の姿, 代り階下の女房, 代り随分もて余されたもの, 代り隣国の信濃, 代り隨分難儀もした, 代り隼団から青蛇団, 代りは六本, 代り雅名も毎号, 代り雇人の給料, 代り雑誌へ眼薬, 代り雛鳥はまだ, 代り雪五郎とヨリ, 代り電柱の上, 代り電灯が一つ, 代り電話を引い, 代り霧隠れ雲隠れの秘薬, 代り青瓢箪が化け, 代り静夫みたいな悪戯者, 代り非情な父, 代り面白かつたら, 代り面白くない, 代りの全, 代りが聞える, 代り須山はおやじ, 代り須永さんあんたもそれ, 代り頼まれればいつ, 代り頼むと何, 代り頼芸の愛妾, 代り風俗は一變, 代り風景の捨, 代り風通しも日, 代り食べさして煙草代, 代り食べ頃はたった, 代り食事の当番, 代り食堂にはじめて, 代り食料品を取り, 代り食物や飲物, 代り食物屋の軒電灯, 代りを喰う, 代り飯時が来, 代り飼い犬となっ, 代り飽くまでも戯曲の, 代り饂飩にし, 代りにもならない, 代り香気が幾分, 代り駄賃として途中, 代り駅以外の場所, 代り騷ぎの始まる, 代り驚くほど報酬, 代りが折れる, 代り骨折り甲斐は, 代り高く聞えよがしに, 代り高原君ほど長く, 代りが島, 代り魚肉の片身, 代りに不, 代り鮮やかな愛らしい, 代り鶴さんの朋輩, 代り鹿や猪, 代り麻雀と撞球, 代り黒田家経営の精練所, 代り黙って立ち上る, 代りも譲る, 代りの在所