青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「代々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~付いた 付いた~ 付き~ 付く~ ~付け 付け~ 仙~ 仙台~ ~代 代~
代々~
~代っ 代っ~ ~代り 代り~ ~代表 代表~ 令~ 令嬢~ ~以 以~

「代々~」 1053, 11ppm, 9912位

▼ 代々~ (460, 43.7%)

4 中臣自身此山へ, 墓が, 墓な, 家の, 家を, 財産を 3 人間が, 位牌を, 勅撰集の, 天皇は, 日のみ, 者が, 進化の

2 [31件] インカの, 主人の, 人々の, 人も, 位牌と, 位牌の, 児童が, 医業を, 君が, 墓, 墓の, 墓も, 墓を, 壬生部の, 天皇春宮上皇女院藤壺ノ, 学者の, 家業を, 将軍家から, 将軍家より, 屋敷を, 当主は, 御恩, 撰集世々の, 歌よみが, 民族が, 法主の, 法華宗の, 者も, 芸人は, 薄暗い質屋, 霊の

1 [353件] いまや終ろう, うちでの, お位牌, お出入り, お城, お山の, お方には, この實入り, ご仁政, しきたりだ, たくさんな, であろう, ひじり, ものが, ものだ, やり方に, インカによって, ノレンに, 一つの, 上方の, 世主厚く, 中でも, 主上は, 主人が, 主人は, 乞食の, 人々から, 人の, 今川に, 仕事だ, 仕来りに従って, 仕来りを, 休み茶屋を, 位牌だけは, 位牌に, 位牌は, 位牌も, 位牌青山家の, 住居である, 住職の, 何億何千万年に, 俗謡類を, 信心にも, 偉さ, 先祖たちが, 先祖の, 先祖を, 兩替屋地味に, 八兵衛おふくろは, 六段八畝という, 兵道家に, 兵道方先師達一人として, 凡俗な, 出入りで, 出入りであった, 出入り先である, 出入り屋敷と, 出入先である, 分限者で, 努力を, 動物が, 動物や, 動物心理の, 北条殿の, 医師でございました, 医者でした, 千人同心で, 友であり, 口傳に, 古い感情, 古文と, 同居人たちの, 同心でした, 名で, 名人が, 名人の, 名人上手によって, 名人聖人の, 名刀じゃ, 名和, 名門と, 后妃に, 君侯はじめ臣下や, 君恩の, 呉服商で, 和蘭甲比丹から, 唇の, 商人では, 商人に, 商売だ, 商売です, 商売に, 商売を, 因業で, 団右衛門から, 国造が, 土人酋長が, 土地を, 土着農で, 土蔵であれ, 城主が, 城址に, 執権から, 堂上方の, 墓と, 墓に, 墓地が, 墓地に, 墓地へ, 墓地を, 墓所が, 墓所の, 墓所へ, 墓詣, 墓詣り, 多くの, 大ブルジョア, 天子様が, 天皇, 天皇が, 天皇の, 天皇殿を, 女中に, 好みに, 妃嬪は, 姿を, 嫡女が, 子孫に, 学生に, 学者が, 守備隊長を, 宗教である, 宗教を, 宗旨を, 宗祖高僧がたの, 定めであった, 宝であるし, 宝物でございまし, 実際生活, 家だった, 家に, 家伝いっさいの, 家憲どおり七郎兵衛さんが, 家族が, 家来でございます, 家来も, 家来筋に, 家柄で, 家柄に, 家柄は, 家業の, 家訓で, 宿命の, 将も, 将軍始め大名旗本諸家の, 將軍始め大名旗本諸家の, 尊貴に, 小さい石塔, 小作人の, 小児たちの, 小店が, 小百姓は, 居館も, 屋形が, 山臥にて, 帝が, 帝の, 帝父祖の, 帝王の, 帝王皇后の, 年寄役でも, 店子であるらしい, 廟, 廟所ある, 廟所じゃ, 当主と, 当主の, 当主を, 形容に, 後までも, 後藤家は, 御先祖, 御先祖様, 御先組, 御尊霊, 御用聞き, 御番所, 御身代, 御金改め役, 御霊に, 徳川家は, 忌日命日には, 志を, 忠勤を, 忠誠に, 恩義を, 愛犬の, 慣わしに, 慣わしは, 慣例では, 慣習によって, 我家の, 戒名は, 才気と, 掟と, 放蕩つづき, 政治家を, 故郷と, 故郷へ, 教師は, 数各, 文書すべてを, 方針と, 日の, 日本人である, 朝敵である, 本城である, 村人の, 植木屋が, 楠木家の, 業さらし, 様々の, 歌人が, 歌集を, 正しい誇り, 正直酒屋で, 武名に, 殿さまは, 殿様は, 水呑み百姓で, 江戸っ, 江戸っ子で, 江戸ッ子で, 江戸ツ子で, 法華宗で, 浪人者で, 源氏読みの, 為めには, 無上の, 爐を, 父親が, 物々しい墓石, 猟師で, 玄人が, 王様の, 瓦落多を, 田舎者よ, 男子の, 當主は, 病人だ, 百姓で, 百姓に, 皇帝は, 盗賊によって, 目明しで, 相模屋を, 相続人は, 眞志屋は, 石塔の, 祕傳を, 祖先が, 祖先は, 祖母や, 神職の, 禅宗で, 秘密で, 稼ぎ手で, 精神生活の, 精霊と, 系図が, 系譜に, 紺屋で, 経験とによって, 総監の, 練習が, 罪の, 習慣で, 老祖大仙, 耶蘇教信心が, 聖人様よ, 職務で, 肉問屋の, 肖像が, 肖像画を, 能楽師が, 臣下に, 舞台上の, 船場住居や, 色盲か, 苔さびたおくつきに額ずいた, 若々しい芽, 苦心を, 菩提所かかる, 菩提所で, 落語家だ, 蓄積と, 藩主この, 藩主は, 藩侯も, 血に, 血染の, 血管を, 血統の, 血統を, 西園寺家は, 規定に, 親ご, 親しい人々, 親分大磯の, 観世大夫が, 言い伝えで, 記憶の, 諸精霊, 譜代である, 譲りもの, 財産, 貧乏と, 貧乏を, 貧乏大名, 貫主が, 貴族な, 質屋だ, 農家ばかりの, 通り名で, 通称が, 通称であった, 連中が, 連歌師皆力を, 道教家が, 遺伝と, 遺物たる, 遺言で, 遺訓に, 郎党だろう, 郷士で, 郷士であっ, 都である, 都会生活と, 重恩を, 長官が, 門徒年は, 霊廟が, 非人で, 非常な, 音楽家で, 領主も, 領地を, 領民も, 香七香兵衞香之, 魂が, 鰭を, 鴻恩を, 麦畑を

▼ 代々から~ (21, 2.0%)

2 伝は, 伝わって, 遺伝し

1 [15件] いた旧, うけついだ財産, お母様に, のこって, まだそんな, 一村の, 伝わった色々, 其の当主, 受け伝えて, 子々孫々に, 流れ伝わって, 禄を, 稟け, 積み重なって, 鷄も

▼ 代々~ (17, 1.6%)

2 進化し

1 [15件] あるから, ここに, このあたり, せっかく丹精, 住んで, 体験し, 何度も, 僕の, 古めかしい薬屋, 命より, 大きな眼玉, 恩誼を, 生れて, 長寿じゃ, 黄金の

▼ 代々からの~ (15, 1.4%)

1 [15件] 堅い門徒, 大名主, 大檀越, 宝物です, 宝石好きで, 山や, 庄屋づとめや百姓仕事を, 熟練を, 百姓であった, 百姓の, 神経に, 習慣であっ, 農民の, 遺伝が, 遺伝で

▼ 代々この~ (14, 1.3%)

2 国の, 地に, 地方の 1 伊勢の, 土地の, 地方に, 家号を, 木曾で, 村に, 柳生の, 秘密を

▼ 代々その~ (9, 0.9%)

1 勢力が, 土地の, 女子を, 家へは, 掟を, 神官である, 祠官と, 虫の, 長たる

▼ 代々~ (8, 0.8%)

1 なっても, わたって, 伝えた紙細工, 伝えると, 受け嗣ぐもの, 当る人間たち, 持ち伝えられる間, 通わして

▼ 代々落ち目~ (8, 0.8%)

8 になる

▼ 代々伝わる~ (6, 0.6%)

1 と考え, 家宝が, 家宝の, 村正の, 武具だけでも, 白金の

▼ 代々~ (5, 0.5%)

3 経て 1 思ひ唯, 經て

▼ 代々~ (5, 0.5%)

1 につたわった, に伝わり, に伝わりました, の稼業, の長

▼ 代々~ (4, 0.4%)

1 住まいなさる広い, 奥坊主だった, 扶持を, 船手頭でございまし

▼ 代々ここ~ (4, 0.4%)

1 に定住, の土, の社, の神殿

▼ 代々~ (4, 0.4%)

2 墓伊沢主 1 墓, 墓である

▼ 代々伝わった~ (4, 0.4%)

1 もので, 富裕な, 由緒ある, 秘密である

▼ 代々住ん~ (4, 0.4%)

2 でいる 1 でい, でおられた

▼ 代々百姓~ (4, 0.4%)

3 をし 1 だったが

▼ 代々相伝~ (4, 0.4%)

1 え永く, して, の本性, わりて

▼ 代々それ~ (3, 0.3%)

1 がため, だった, を大切

▼ 代々~ (3, 0.3%)

1 いわれるとの, 云つても, 囘向を

▼ 代々~ (3, 0.3%)

1 から子, のすつ, も孫

▼ 代々持ち伝え~ (3, 0.3%)

1 ていた, ていました, ても破損

▼ 代々片目~ (3, 0.3%)

3 であったという

▼ 代々~ (3, 0.3%)

3 伝えて

▼ 代々これ~ (2, 0.2%)

1 にばかりは叱, を行っ

▼ 代々そう~ (2, 0.2%)

2 心得て

▼ 代々つかえ~ (2, 0.2%)

2 てきた

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 ござります, 御傳授

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 才幹も, 東照権現からの

▼ 代々より~ (2, 0.2%)

1 困窮な, 遺伝し来りたる

▼ 代々京都~ (2, 0.2%)

1 の, の吉田神社

▼ 代々仕えた~ (2, 0.2%)

1 典医でした, 料理番だった

▼ 代々伝えられ~ (2, 0.2%)

1 て人, て来た

▼ 代々伝わっ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て来

▼ 代々医者~ (2, 0.2%)

1 であった, をし

▼ 代々坐しき~ (2, 0.2%)

2 日向すでに

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 の方, ばかりで

▼ 代々子供~ (2, 0.2%)

1 が育たなかった, の少い家

▼ 代々将軍~ (2, 0.2%)

1 が太刀, のお

▼ 代々幕府~ (2, 0.2%)

1 とともにし, の扶持

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 だわ, の国際アパート

▼ 代々庄屋~ (2, 0.2%)

1 の家柄, を勤め

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 懇意を, 扶持を

▼ 代々朝廷~ (2, 0.2%)

1 に仕え, の一武官

▼ 代々木野~ (2, 0.2%)

2 かけて

▼ 代々本陣庄屋問屋~ (2, 0.2%)

2 の三役

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 のたばね, の人

▼ 代々武人~ (2, 0.2%)

1 である, でシゴイさん

▼ 代々武田家~ (2, 0.2%)

1 の鉄則, より社領

▼ 代々武道~ (2, 0.2%)

2 の御

▼ 代々田舎~ (2, 0.2%)

1 にうずもれ, の惣庄屋

▼ 代々百年~ (2, 0.2%)

1 の御, も使い馴らした

▼ 代々皇室~ (2, 0.2%)

2 に伝わる

▼ 代々秩父~ (2, 0.2%)

1 の奥地, の山

▼ 代々荏原屋敷~ (2, 0.2%)

1 にあり, に有り

▼ 代々蓄積~ (2, 0.2%)

2 した富

▼ 代々農業~ (2, 0.2%)

1 とはなつ, をつづけ

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 に伝わった, に隠れ

▼ 代々~ (2, 0.2%)

1 の病気, を悩ました

▼1* [369件]

代々あそこを大切, 代々あるいは代官あるいは, 代々いろんな人たちが, 代々うけついできた, 代々うち続いた旧家が, 代々はる事, 代々かうやつて沢山, 代々かかってどれ, 代々かくのご, 代々きまりになっ, 代々こうした病気に, 代々こころがけのいい, 代々こちらで暮らした, 代々こんなに零落れたこと, 代々ういふ事, 代々すっぽん料理が好き, 代々ッと, 代々そこで油, 代々けれど, 代々つたわッたる, 代々つづいている, 代々であるというの, 代々でも高時, 代々とともにお米, 代々によって繰返し繰返し味い直され, 代々のやしきだ, 代々まだ続いて, 代々まつりを断, 代々まで暮さなければ, 代々つて來て, 代々やっている, 代々よそへ逸れず, 代々よりの齋藤一家が, 代々わずかずつ増加, 代々を通じて最も光栄, 代々オホクニヌシでありその, 代々タイ七とかタイ平, 代々切ナル願ナリキ昔始テ此武藏野, 代々モスリンの織, 代々レコ根性があるちうで, 代々一人はきつ, 代々一人っ子が続い, 代々一生はげしいむごたらしい労働, 代々一種の蠱術, 代々七八代も続き, 代々三位にまで叙せられた, 代々三沢伊織と名乗る, 代々三高生の巣, 代々に立っ, 代々上品な数寄者, 代々下積みにいる, 代々不信心だから, 代々不具な賤民, 代々不思議と女, 代々世子が二十歳, 代々世襲のわけ, 代々世話して, 代々中津川の本陣, 代々久兵衛と名乗っ, 代々久高氏の女性, 代々乞食を続け, 代々二条派正統の武家歌人, 代々二疋ずつの子, 代々二百五十石を取っ, 代々五代に亙っ, 代々五郎兵衞と云つた, 代々井上嘉門が支配, 代々りを, 代々京都伏見稲荷山の祠官, 代々亭主に放蕩, 代々仏法にご, 代々伊予松山藩の士, 代々伊勢守であった, 代々伊織を称し, 代々はつた宝物, 代々伝えきたった料理法が, 代々伝えたということ, 代々伝えられた技であります, 代々伝はる紺屋の型, 代々伝へたる家領ことごとく, 代々伝へられて保存, 代々住持しきたり, 代々何十名の戦死者, 代々信仰がつづいた, 代々修験道に帰依, 代々偉い人にばかり, 代々備前国上道郡浮田村の里正, 代々へてさ, 代々僅少な扶持, 代々優ったもののみが, 代々優者のみが生き残る, 代々八王子に住ん, 代々公儀の御用達, 代々其家は仙右衞門, 代々其擁護者の家, 代々内訌によっていい, 代々ていた, 代々刻み着けて, 代々を磨い, 代々剣術の家, 代々力持が出る, 代々勘解由という名, 代々勤めていた, 代々勤王をもっ, 代々北京の大, 代々十郎右衛門でして, 代々半兵衞と云, 代々又右衛門を名乗っ, 代々魂丹を, 代々受け繼いでゐる, 代々司法官であった, 代々吉川銀右衛門と称した, 代々吉左衛門の名, 代々の一字, 代々名将だからとて, 代々が一人宛, 代々善根を積まず, 代々国津神の女, 代々国王がお, 代々土着の家柄, 代々地図をみる, 代々地方の大きな, 代々執念深いのさ, 代々執政を務め, 代々堀川の仏具屋, 代々堂守をさせ, 代々堅気一方に正直律義, 代々堅氣一方に正直律義, 代々墓所を守っ, 代々の夜, 代々外交を司る, 代々多勢の人, 代々夜目が利く, 代々教正の, 代々大きな権力を, 代々大夫の職, 代々大宰府の吏, 代々天狗の顔, 代々天皇が国, 代々女の子ばかりで, 代々女児しか生まれない, 代々姪の浜で農業, 代々のほう, 代々子々孫々までも憤つ, 代々子孫に伝え, 代々学医であったから, 代々学問をした, 代々学者で法談, 代々孫兵衛の家, 代々安穏にすごし, 代々宋朝の旗本, 代々宮大工だったお, 代々家人としてその, 代々家禄で衣食, 代々家老は家老, 代々容易ならん苦心, 代々富有なる生活, 代々富裕な生活, 代々小堀遠州家, 代々少しづゝ変化させ, 代々善を, 代々山伏だ, 代々山王様宗だが, 代々川下の河内平野, 代々と仰がれし, 代々平家のご, 代々年寄役でもあつ, 代々幾人も女校長, 代々彫刻を業, 代々彫刻師で十八歳, 代々を継い, 代々御家に御, 代々御家人で今, 代々御家運の衰微, 代々徳川家に功労, 代々心掛けよく暮らした, 代々忘れぬものだ, 代々忠勤のほ, 代々息子が嫁, 代々慈悲の伝統, 代々扶持せられて, 代々折口彦七で曾祖父, 代々折口彦右衛門で今, 代々来り候牛馬引捨, 代々持ち來つた家業であります, 代々持つて居た, 代々持来候捨場所比木村勿論朝比奈村上十五日, 代々捕縄の古く, 代々摂津和泉河内この三国, 代々支配権を奮った, 代々政治になれ, 代々教導を以て任, 代々敵視して, 代々文学のお, 代々の如き, 代々日本の土地, 代々日本人の一番世話, 代々旧家の方, 代々明君さ, 代々からあの, 代々昵懇の間柄, 代々木版を業, 代々木賀に豊饒, 代々本能的に天朝様, 代々本陣問屋庄屋の三役, 代々材木商人であり父, 代々東京で暮らした, 代々東洋人と結婚, 代々松岡家は天台宗門, 代々松平郷で田, 代々栄えております, 代々植付けられて, 代々楢井家に積ん, 代々っている, 代々橋本家の病気, 代々橘屋は学問, 代々機業を営ん, 代々次々呻きの, 代々の家, 代々此処の長, 代々此習慣がついてる, 代々を好ん, 代々武功の士, 代々武勇にすぐれた, 代々武将でありこれ, 代々歴史を編纂, 代々死んでった, 代々残っている, 代々気狂が出来ます, 代々永く続いて, 代々江州鍛冶の名家, 代々油屋だった国広屋, 代々法華宗を信仰, 代々津軽藩の百姓, 代々浄土宗の家, 代々浮浪生活を継続, 代々清僧が住職, 代々湯太夫たる土豪本多氏, 代々漢室の大, 代々漢朝の臣, 代々灯台技師として聞え, 代々無位無官の者, 代々父祖の職業, 代々輪が, 代々物頭列を勤め, 代々特別な技術, 代々猟人なら鳥娘, 代々と云う, 代々獵人なら鳥娘, 代々生き残って子孫, 代々生んでるので萎縮, 代々産業をうく, 代々田尻家の奉公人, 代々でなければ, 代々男児は白痴, 代々異国と御直, 代々畳屋をやっ, 代々白並の漁師原, 代々皇統の家柄たる, 代々盲目をもっ, 代々相ついで農業工業等, 代々相当の頭脳, 代々真宗でした, 代々着物のしみ抜き屋, 代々石切だからよ, 代々研究を重ね, 代々確執をつづけ, 代々祖先の経営, 代々神祇祭祀を掌, 代々祭って来た, 代々祭司を務める, 代々積み貯えた金銀が, 代々立后の姫ぎみ, 代々の家, 代々算筆で立っ, 代々管掌して, 代々節倹して, 代々精神病の血統, 代々糺罪の吏, 代々紙漉きに慣れ, 代々經學の家, 代々続いて継母, 代々続いた長崎の, 代々総家の相続人, 代々縁談に不自由, 代々總領は親, 代々いた廣田, 代々美貌よりも香好き女, 代々に親しん, 代々聞えた堅気な, 代々育っている, 代々育つ京の, 代々胃癌で死ぬ, 代々自分の妻, 代々色好みなの, 代々の仲門前, 代々芸術家を好き, 代々若い時に, 代々英主を出した, 代々茶碗を生ん, 代々草ぶかい田舎に, 代々が好き, 代々菩提所とし, 代々葬後墓を発き, 代々薩摩の国, 代々をお, 代々薬屋にて当時熱心, 代々の刀鍛冶, 代々蜂須賀といい, 代々血統相続で今日, 代々はれるやう, 代々行われた土俗が, 代々裁判官や役人, 代々親戚の者, 代々親鸞聖人以来でありしかも, 代々観世よりの細工, 代々組で, 代々言い残された談判が, 代々評定席の上席, 代々請地に住ん, 代々豪傑が現われた, 代々豪士として勢威, 代々財宝を守護, 代々貴様までも根, 代々質両替をやっ, 代々質兩替をやつ, 代々質屋を営み, 代々質素だいいちの, 代々赤松宗旦といっ, 代々近村の重次郎, 代々近江伊吹に住みおります, 代々道場を持っ, 代々遺して来た, 代々酒屋を営み, 代々醫者で僕, 代々重次郎さんてえもの, 代々野獣を商っ, 代々を瓶一杯づつ, 代々金もちだったこと, 代々金沢町に住み, 代々鎌倉の幕府, 代々鎗一筋の家柄, 代々長命の一族, 代々長子伝燈の法則, 代々長崎通詞であり, 代々長者の鶴谷喜十郎様, 代々阪上田村麿将軍の旧, 代々陶器を焼い, 代々隠岐守と称, 代々人頭で, 代々非常な遠祖, 代々非業の最後, 代々預かってい, 代々頑わ者と生まれ, 代々食べないのだ, 代々なわれた老, 代々養子である, 代々馬廻りで候, 代々馬霊教をもっ, 代々馴れて結核, 代々落者なんか, 代々高官の地位, 代々鬼太夫などと名乗り, 代々魚問屋で相当, 代々魚爬虫猿等の生活器官, 代々鯨とりだ, 代々鵙屋安左衛門を称し, 代々鶏卵を食せず, 代々黒田藩の禄