青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仙台~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

付~ ~付い 付い~ ~付いた 付いた~ 付き~ 付く~ ~付け 付け~ 仙~
仙台~
~代 代~ 代々~ ~代っ 代っ~ ~代り 代り~ ~代表 代表~ 令~

「仙台~」 1067, 11ppm, 9801位

▼ 仙台~ (250, 23.4%)

4 屋敷へ 3 仏兵助と, 城下へ, 方へ, 第二高等学校

2 [14件] まちに, 人たちは, 城下は, 屋敷に, 市中を, 新聞に, 方に, 書生で, 松島へ, 殿様の, 町で, 街を, 部隊に, 駅から

1 [206件] おみやげという, お城, お奉行, お実家, お家では, お家と, お屋敷, ことが, こと東京の, こんな気風, ための, ときに, とよく, まちにとって, まちへ, まちを, ようすは, ような, ステーションの, 一年は, 中心という, 二高や, 井上といふ, 人が, 人たちだって, 人で, 人でなけれ, 人に, 人渡れる, 人間は, 仏兵助だ, 仏兵助という, 仏兵助なる, 仏兵助に, 仏兵助の, 仏兵助ファッショイ連女軽業の, 伊達に, 伊達一家中国は, 伊達家との, 伊達政宗が, 伊達政宗も, 伊達藩の, 何師団かが, 停車場に, 先代萩は, 六十万石を, 兵助と, 兵営に, 刑務所に, 刑務所へ, 劇場で, 動物園は, 吉村侯でございました, 同勢は, 同藩中, 名に, 名産の, 国学者小倉博翁を, 国歌とも, 国産を, 土にも, 土井教授の, 土地へ, 地へ, 地を, 城に, 城下で, 城下では, 城下でも, 城下の, 城下も, 城下を, 城下外れです, 塩竃から, 大学の, 大学へ, 大町という, 大金持, 奥山, 女学校出だ, 女学者, 妹の, 子供たちさえ, 学校からと, 学校に, 学生間に, 実家に, 客舎へ, 家では, 家に, 家中の, 家中は, 家中を, 家老, 家老は, 小淵, 小鶴, 少し手前, 屋敷は, 工藤平助と, 市を, 市中に, 市中の, 市民だ, 師団に, 幼年校僕は, 広瀬川で, 役人から, 役人及河内の, 彼の, 御家に, 御牢内, 情勢を, 手の, 投石事件, 支局小牛田の, 政治は, 政治を, 新聞で, 新聞には, 新聞にも, 方々は, 方さ, 方で, 方にも, 方より, 旅から, 旅は, 旅舎で, 旅行から, 昔話が, 春, 景色が, 有志では, 本丸城代この, 本多光太郎先生と, 本藩, 東北大学工科在学中から, 東北学院だ, 東北帝大は, 林子平や, 某中学校, 某家に, 柴舟細川の, 桜と, 殿様が, 河北新報社から, 洋学者大童信太夫を, 浅草とも, 浪人が, 牢の, 生で, 生れか, 生れ幼少の, 生家に, 産谷風梶之助は, 田舎とも, 田舎言葉で, 町に, 町を, 町中を, 町外れの, 町奉行丹野元之丞が, 界隈を, 目貫きの通りの, 石巻へ, 神宮で, 秋が, 種馬和蘭進献の, 第二師団, 第二高等中学校, 紛争についてか, 者が, 船を, 藩士が, 藩士小野太左衛門が, 街は, 袴を, 裏長屋に, 親分, 観客たちは, 観衆も, 語彙と, 警察に, 谷風なりと, 谷風出づるに, 谷風没し, 近村で, 連坊小路に, 遊廓で, 金華山から, 針久旅館とかに, 鉱山局に, 開祖政宗公が, 間は, 閨秀詩人高橋玉蕉女史の, 陸奥守様さて, 電気会社へ, 青葉城に, 面目, 駅は, 高等学校で, 高等学校に, 鯛味噌を, 鰻には, 鶴鳴社福島県下の

▼ 仙台~ (85, 8.0%)

2 出て, 居たので, 遊んで

1 [79件] ある東北学院, いくばく, いたが, いたの, いた時, いって, いて, いるが, いると, いるという, いるとき, いるよう, いる勘解由, いる大学, いる学校友達, いる小, いる弟, くるたび, この人形, はいれば, はやって, やって, やって来たの, ゐた娘, ゐて, 事件が, 伊予守忠弘は, 住むこと, 入った日, 入るの, 入るや, 入る前, 出づる予定, 初雪が, 向かった, 埋もれに, 大地震, 女子自由党を, 帰って, 帰つてブラ, 帰て, 帰りではまた, 引込んで, 往き江戸, 往つて享保元年に, 於ても, 来たころ, 来て, 来られさ, 東北帝国大学が, 板垣退助の, 武芸の, 比較し, 滞在される, 滞在し, 滞在ち, 無いもの, 生れた, 留まること, 目のあたり来た, 着いた, 着いた時分, 着いて, 着くこと, 着く予定, 移ったとき, 立ちの, 著いて, 行くこと, 行ったかと, 行って, 行つた, 被入しった時分, 通じる, 連れて, 遊んだの, 銀行員の, 露西亜の, 高尾の

▼ 仙台~ (83, 7.8%)

3 行って 2 去って, 送られる途中, 連れて

1 [74件] いった, いって, いら, お届け, かけて, ついたの, とばしました, のり込んだそう, まいった渡辺七兵衛, まいります, やっちまう, ゆき着くまえに, ゆく父, ゆけば, 下つた, 下つた事, 乗り込んだ, 使者に, 供を, 兄は, 出ずば, 出たとき, 出なければ, 出るから, 出るため, 出るつもり, 出る舟旅, 出発し, 原稿依頼に, 参り仙台様, 向っての, 向ふ, 帰て, 帰られたので, 帰ると, 急使を, 戻ったらその, 手紙を, 持ち帰り候, 持って, 持帰り候, 来た, 来たこと, 来て, 来られたいとの, 来ると, 来れば, 派遣される, 登って, 着いた, 着いたらともかく, 着いた甲斐, 着いて, 知らされるであろうとうてい, 立ち戻り半日, 行き青葉城, 行くこと, 行け, 行った, 行ったの, 行つた, 護送された, 護送される, 赴任し, 転任する, 辿り着いた, 近づいた時, 送ったという, 送られて, 逃げようと, 通じましょうか, 遊ぶ人, 遣つて大条玄蕃, 飛び出して

▼ 仙台から~ (44, 4.1%)

1 [44件] おおよそどの, おくさん子供, ここまで, こっちで, ですか, のは, はるばると, また大分先, もって, やって来たので, 一眸の, 中学生の, 付けられた与力, 会津福島の, 使者が, 出て, 北の, 十里外に, 南部へ, 取寄せたと, 古内志摩が, 古川あたりにかけて, 呼んで, 塩竈石の, 帰りの, 指図を, 日光と, 来たもの, 来た手紙, 東京の, 東京へ, 松島へ, 江戸へ, 江戸表へ, 湯治に, 牡鹿半島の, 物頭の, 病院へ, 石の, 越後あたりの, 逃げて, 遊女屋を, 里見さまと, 飛んで

▼ 仙台~ (44, 4.1%)

2 私が, 笹の

1 [40件] あった, あんな事, ぜひとも会う, どんな工作, ひまを, まいた変, 一番印象に, 三歳に, 下車し, 世話に, 凍った積雪, 出来た同僚, 出版された, 叔父の, 学び遊んで, 将軍の, 小宮さんの, 幕府の, 弁護士は, 彼と, 待つつもり, 扶持を, 捕へられて, 撒いたハイカラさん, 新聞社の, 暮したこと, 止るん, 江戸の, 活動写真が, 版行され, 猫と, 生まれて, 矢崎舎人が, 矢崎舎人に, 老いて, 聞いた, 聞きました, 見た時, 買って, 降りれば

▼ 仙台~ (34, 3.2%)

2 の人

1 [32件] からの頼み, から南, から追いこんだ, だから, では角田, とばかり信じ, と南部領, にあっ, においては前記, においては区別, において特に, におけるシシ踊り, にはいたる, にもこの, に着した, のうち, のたぶん, の下, の南, の月, の米, の角田, の追手, ばかりだ, へ入る, へ来, へ行く, をお立ち, を乗り出す, を二分, を脱走, を走る

▼ 仙台~ (26, 2.4%)

1 [26件] すぐる頃, とりつぶせと, はじめて見た, 出て, 出立した, 切り上げる事, 去った後, 去るつもり, 取り入れて, 城下に, 夜立ちする, 大都会, 想像させる, 振り出しに, 発し夜, 発足し, 立ちましたの, 立ち日, 立ち退いた極悪人, 立つとき, 舞台に, 起点としての, 逐い出された二人, 通らなければ, 避けて, 開府した

▼ 仙台~ (26, 2.4%)

2 の区別

1 [24件] がいよ, では宝暦, では長く, で戸板保佑, で開成丸, と全, には冗談, に預けられ, のご, の人, の仲介, の保護, の只野あや女, の哨兵線, の城下, の無気力残酷, の留守居, の留守居役, の蔵屋敷, の赤堀伝斎, の追手, の通券, の遠藤温氏, 旧岩

▼ 仙台~ (23, 2.2%)

1 [23件] うるさい, その中央, どうかね, どちらの, またぼつぼつ, よい都会, 仙台で, 伊達政宗の, 佐幕論に, 地理的には, 奥の, 好かった, 山と, 所謂文明開化の, 新しい大通り, 新万物相, 既に大半, 日本の, 昔の, 毎年二人任期は, 江戸時代の, 石の, 酷く変わっ

▼ 仙台~ (22, 2.1%)

2 の町はずれ

1 [20件] かその, から発行, か或いは, で買つたの, に住みきれない, に来, の人, の全滅, の周囲, の場末, の木下薬師, の歴史, の物産, の祝勝日, の西北, の郊外, の郡山, は既に, は雷, へ着いた

▼ 仙台には~ (13, 1.2%)

1 [13件] うまいもの, この木, その人, その頃東北学院長, また, もう十万, 二三の, 女子自由党という, 火事が, 無くては, 神尾の, 美い, 美人が

▼ 仙台~ (13, 1.2%)

2 の御

1 [11件] が京都, が大阪侯, が秋毎, と思い当る, に仕へ, に斬り附ける, に渡す, のお, の帰東, の邸, は伽羅

▼ 仙台~ (13, 1.2%)

2 がお, の御 1 お堀割, だ, では, と南部様, に吊し斬, のうち, のお, の藩士, へ人足

▼ 仙台~ (12, 1.1%)

2 に沿う 1 から千鳥橋, といふはこれ, とも云っ, と同じく, と大横川, と油堀, にかかった, の対岸, へ駈込んだ, を連

▼ 仙台より~ (10, 0.9%)

2 差下され 1 おくりくれして, 佐々木権右衛門が, 城内へ, 大槻斎宮の, 急使が, 渡辺金兵衛が, 米沢に, 西の

▼ 仙台城下~ (10, 0.9%)

1 が今日, で美, に無, に着い, の内外, の所見, の物騒, へまかり通ろう, へ乗込ん, を避ける

▼ 仙台では~ (9, 0.8%)

1 さだめし大, 仏兵助という, 六町一里を, 前には, 品格ある, 国目付に, 矢崎忠三郎と, 血気の, 連日にわたって

▼ 仙台まで~ (9, 0.8%)

1 いって, さりげなく出かけた, でも, もどる途中, 下って, 人力車で, 出かけて, 廻航し, 電車に

▼ 仙台~ (8, 0.7%)

2 いえば 1 いふ所より, 天女の, 月, 波田とは, 秋田とで, 長崎と

▼ 仙台医専~ (8, 0.7%)

1 にい, に清国留学生, に編入, の不名誉, の制服制帽, の歴史調査, の生徒, を卒業

▼ 仙台~ (8, 0.7%)

1 とは親類, に, にある, の定紋, の家士石母田外記, の船印, へ仕える, へ浅野家

▼ 仙台~ (7, 0.7%)

1 だ捕縛, で漢学, と見れ, の聡明, はまことに, は我執, は語っ

▼ 仙台地方~ (7, 0.7%)

1 でも珍, には昔, に流行, に限らず, の古い, の民謡, を旅行

▼ 仙台~ (7, 0.7%)

1 で, で階下, のききはじめだった, のよう, をあやつっ, をきい, を用

▼ 仙台~ (6, 0.6%)

1 塩竈や, 小諸へ, 尾張や, 常陸の, 新発田で, 石巻には

▼ 仙台六十万石~ (6, 0.6%)

1 の仕置, の取, の名, はおれ, は安泰, を横領

▼ 仙台河岸~ (6, 0.6%)

1 で見た, の侍, の手前, へ廻る, へ船, へ落

▼ 仙台藩士~ (6, 0.6%)

1 が遣た, の娘, の無情残酷, の腰抜け, の色めき立っ, わが退屈旗本早乙女主水

▼ 仙台でも~ (5, 0.5%)

1 まだ独身, チチンコと, 三十六人処刑されたらしい, 名代の, 騒ぎだすに

▼ 仙台附近~ (5, 0.5%)

1 でトウ, には, に最も, の農村, より又

▼ 仙台~ (4, 0.4%)

1 ぜ, てえ, といたします, とて決して

▼ 仙台にも~ (4, 0.4%)

2 あるが 1 この地名, 福岡にも

▼ 仙台市内~ (4, 0.4%)

1 では永く, のある, の随処, 良覚院町

▼ 仙台時代~ (4, 0.4%)

1 の周さん, の詩, の追憶, や母

▼ 仙台~ (4, 0.4%)

1 にはここ, に注ぐ, に無事入港, に近づく

▼ 仙台あたり~ (3, 0.3%)

1 から来た, から来る, の地方大学

▼ 仙台~ (3, 0.3%)

1 強風季節の, 焼けてさえ, 近くなる

▼ 仙台へは~ (3, 0.3%)

1 出ないの, 往かずに, 足を

▼ 仙台石巻~ (3, 0.3%)

1 とでもしゃれる, の港, へ着け

▼ 仙台~ (3, 0.3%)

2 の雄藩 1 の海

▼ 仙台~ (3, 0.3%)

1 の実録, の忠臣片岡外記, の殿様

▼ 仙台~ (3, 0.3%)

1 の一行, の列車, の電車

▼ 仙台陸奥守~ (3, 0.3%)

1 がお, だというは, のこと

▼ 仙台~ (3, 0.3%)

1 が河岸, の脂肪肉, は黒味

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 どこかの, 金沢へ

▼ 仙台くん~ (2, 0.2%)

1 だりまで来, だり迄引張り出され

▼ 仙台さま~ (2, 0.2%)

1 の御, 殺しゃせぬで新

▼ 仙台という~ (2, 0.2%)

1 こう揃った, 由緒ある

▼ 仙台とか~ (2, 0.2%)

1 尾張とか, 長崎とか

▼ 仙台における~ (2, 0.2%)

1 今までの, 早月親佐は

▼ 仙台へも~ (2, 0.2%)

1 お越しなさらぬ, 豊橋へも

▼ 仙台までは~ (2, 0.2%)

1 あるので, 列車で

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 中納言でござんしょう, 盛岡も

▼ 仙台よりも~ (2, 0.2%)

1 水陸輸送の, 猶奥

▼ 仙台中納言殿~ (2, 0.2%)

2 さえ少

▼ 仙台以北~ (2, 0.2%)

1 の海尊仙人, は始め

▼ 仙台伊達~ (2, 0.2%)

1 と言え, の青葉城下

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 に殺される, のなり

▼ 仙台六十二万石~ (2, 0.2%)

1 が安泰, は安泰

▼ 仙台刑務所~ (2, 0.2%)

2 での作業

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 十年三月には, 十年六月には

▼ 仙台名代~ (2, 0.2%)

1 の親分, の騎銃隊

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

2 の二ノ丸

▼ 仙台屋敷~ (2, 0.2%)

1 に生れた, の長屋

▼ 仙台川岸~ (2, 0.2%)

1 の侍, を向う

▼ 仙台市民~ (2, 0.2%)

1 こぞって邪心, は湧きかえった

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 というの, へ

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 一門でございましょう, 城下には

▼ 仙台政宗~ (2, 0.2%)

2 の歌

▼ 仙台方面~ (2, 0.2%)

1 へ出張, へ向け

▼ 仙台松島~ (2, 0.2%)

1 くらいまでは多数, を過ぎ

▼ 仙台武士~ (2, 0.2%)

1 がおかしい, の名

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 から到着, の鰹舟

▼ 仙台生れ~ (2, 0.2%)

1 で出羽某, の唄

▼ 仙台生活~ (2, 0.2%)

1 で東北弁, で東北辯

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

2 の巻

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 の積船, をうんと

▼ 仙台行き~ (2, 0.2%)

1 にはお, を思い立った

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 と東京語, のうち

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 で出る, はもう

▼ 仙台陸奥守六十八万石~ (2, 0.2%)

1 のお, の御

▼ 仙台青葉山~ (2, 0.2%)

1 を第, を選んだ

▼ 仙台~ (2, 0.2%)

1 でした, に下車

▼ 仙台騒動~ (2, 0.2%)

1 が発展, の此方面

▼1* [135件]

仙台あなどるべからずとでもいう, 仙台からの帰途本屋に, 仙台からは数百里を, 仙台ぐらゐの大きな駅, 仙台この二人の, 仙台そうして共に第, 仙台その他の有力, 仙台ちかくなって, 仙台ところには, 仙台てえのは, 仙台であろうが陸奥守, 仙台でさえそのよう, 仙台でしたから西北五里許, 仙台ではと甲斐は, 仙台とうとう塩竈まで, 仙台どころの比, 仙台などではノラスケホーホと, 仙台などと同じに, 仙台などの家老が, 仙台なまりがある, 仙台において幕府御国目付に, 仙台につきたるは, 仙台にて湖畔花郷二兄と共に, 仙台びとの我, 仙台へだけ来たなんて, 仙台までの切符を, 仙台までも見物を, 仙台までやつて来た, 仙台みそ田舎みその四種, 仙台よりの汽車中にて, 仙台よりはまだずっと奥, 仙台ホテル陸奥ホテル和風では針久, 仙台ミソと仙台平, 仙台の, 仙台二高時代の話なぞ, 仙台人一般の説, 仙台以北南部領の地点, 仙台以北平泉地方の一帯, 仙台以北登米地方にかけて同じ, 仙台以南ではどういう, 仙台以来のわたし, 仙台伊達家の家風, 仙台会津の援兵二万人, 仙台侯内藤様は下がり, 仙台侯始御処置有, 仙台俳句会に臨み, 仙台俳句会兼題をおくる, 仙台市街を, 仙台公秘蔵の王羲之, 仙台六十余万石の改易, 仙台六十八万石が何, 仙台六十四郡の主, 仙台加賀その他勢盛なる大名, 仙台加賀薩摩の三雄藩, 仙台北海道から九州, 仙台医学専門学校の生徒, 仙台医学専門学校クラス会幹事津田憲治とある, 仙台南部や津軽, 仙台南部津軽及び松前, 仙台及びその附近, 仙台名取川の上流, 仙台名影町の吉田屋, 仙台周辺の名所旧蹟, 仙台味噌を一樽買, 仙台在学中に始まっ, 仙台を上つて, 仙台坂石の車, 仙台城下高橋玉蕉先生の道場, 仙台城内の秘宝, 仙台堀入口より中洲, 仙台塩竈松島金華山などを四日間巡回, 仙台大名の, 仙台太守は更に, 仙台姫路竜山各師団, 仙台家中の紛争, 仙台屋平六の家, 仙台島津また何のその, 仙台市中を練り歩いた, 仙台市街の繁華, 仙台師団の急遽, 仙台引上げの踏切台, 仙台弥五七手代丁稚に扮, 仙台弥五七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 仙台控訴院に再審, 仙台支店は銀座, 仙台支部長として働き出した, 仙台教会に押川先生, 仙台新寺小路孝勝寺にある, 仙台方言考に出, 仙台時分には確か, 仙台本城への勤め, 仙台本田氏へ祖母君, 仙台札幌遠くは大連, 仙台東京と処, 仙台東北新聞の第, 仙台松山諸藩, 仙台横浜などに進んだ, 仙台殿一ッ橋殿脇坂殿大頭ばかりが並ん, 仙台気仙村父忠左衛門の時代, 仙台気風を論ずる, 仙台水戸などの小粒, 仙台江戸はもちろん, 仙台江戸京大阪また北, 仙台河北新報社の好意, 仙台の味噌, 仙台発行の, 仙台にゆがん, 仙台盛岡其盛岡に居た, 仙台着やうやく青衣子居, 仙台着抱壺君としんみり, 仙台福岡で画期的長講演, 仙台とかいふ紋所, 仙台米沢から遠く, 仙台米沢藩に託すべし, 仙台紀文を凌駕, 仙台綱宗神並父五平次先代芝翫の松前鉄之助, 仙台芸妓の一群, 仙台藩中のなにがし, 仙台藩主の場合, 仙台藩時代の彼, 仙台藩等と共に上書, 仙台藩閥を東京, 仙台虫喰だと, 仙台行臨時でしたが, 仙台辺りの士族, 仙台海老形に, 仙台郊外愛宕山の麓, 仙台へ入っ, 仙台金華山港町というところ, 仙台の中腹, 仙台陸奥のズウズウ国, 仙台陸軍地方幼年学校の一秀才, 仙台領以北でオカミ, 仙台領地方に行わるる, 仙台鳳谷小野寺謙刊行の蝦夷地図