青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「位~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伸び~ ~伸子 伸子~ ~似 似~ ~似た 似た~ 佃~ 但し~ ~位
位~
~位置 位置~ ~低い 低い~ ~低く 低く~ 住~ ~住む 住む~ ~住ん

「位~」 17024, 184ppm, 554位

▼ 位~ (4350, 25.6%)

121 ことは 109 事は 88 もので 82 ことで 79 大きさ 70 ものだ 51 ものである 42 事で 34 ものです 32 高さ 26 ことを 21 ものであった 19 広さ 17 ことが, 事が, 長さ, 間に 16 事を 15 事に, 大さ 14 ものは, 時間が 13 ことに, もの, ものに 12 ことなら, ものが, ものを, 厚さ 11 ものだった, ものであろう, 割合で, 女の, 年頃の 10 ところに 9 ものだらう, 割で, 女が, 数は, 數は, 深さ 8 ことである, ところで, ものであります, ものでした, 事なら, 時に, 程度に, 金が, 金は 7 ことだ, ものだろう, 声で, 数字が, 時で, 男が, 男の子が, 程度の 6 ものか, ものでございます, 事であった, 太さ, 女の子が, 數字は, 物を, 金を

5 [18件] ものでしょう, ものと, ものな, ものも, もんだ, もんで, 中に, 人で, 人の, 処で, 意味で, 所に, 数字は, 時間を, 木ぶりが, 男の, 穴が, 間を

4 [37件] つもりで, ものじゃ, ものだつた, もんだらう, 事だ, 人が, 人数で, 仕事は, 仕事を, 力は, 合計の, 女で, 子供が, 小声で, 年で, 年月の, 年配の, 心持で, 所で, 数の, 數字が, 早さ, 時だった, 用意は, 由, 穴は, 簡単な, 網を, 背の, 計算である, 話で, 距離に, 部屋に, 重さ, 金で, 間の, 3を

3 [61件] ことしか, ことであった, ことであります, でつぷりと, ところが, ところである, ところへ, もある, ものかも, ものぢや, もの一首も, もの二人や, もんです, 一人の, 事しか, 事です, 人も, 低いもの, 余裕は, 入り, 入りで, 処から, 分量に, 判断は, 判斷は, 前に, 割に, 力を, 収入が, 固さ, 外に, 女だ, 女は, 宜い, 小供, 岩の, 幅に, 年に, 意味に, 數の, 時から, 時が, 時であった, 気の, 気持で, 理由で, 生活が, 男で, 男と, 程度である, 程度まで, 程度迄, 穴を, 立派な, 者に, 蔵人を, 覚悟は, 速度で, 金の, 頃から, 頭の

2 [211件] い, いらぬ心配, うちに, おとなしそう, お坊さん, お粥, お言葉, お金は, ことじゃ, ことぢや, ことでした, ことです, ことには, ことの, ときで, ときに, ところだ, ところです, ところなら, ところを, ものから, ものさ, ものでありましょう, ものでなけれ, ものらしい, も一位の, も共に, をおと, んで, スピードで, テーマを, 丈の, 中将が, 中将は, 中将重, 乞食の, 予定で, 事, 事あ, 事であります, 事である, 事であろう, 事でない, 事理の, 二つの, 亡夫は, 人々が, 人であります, 人でした, 人と, 人より, 仕事, 仕事に, 値打の, 僅かな, 僅かの, 元気が, 入りだ, 処が, 処へ, 分量の, 割れ目を, 割合です, 割合に, 力で, 勇気は, 厚みに, 可愛い娘さん, 君の, 君は, 器用さを, 四角な, 地勢の, 声, 外八文字, 大丸髷, 大蟹, 女の子の, 奴なら, 奴を, 子の, 子供の, 子供を, 官人が, 室で, 家が, 家の, 寒さ, 小さい火花, 小炉が, 小綺麗な, 小金は, 少女, 少年が, 巣を, 巨大な, 差が, 差に, 平地に, 年から, 年の, 年輩で, 年頃で, 年頃に, 店は, 庭が, 役目は, 待遇を, 悪筆で, 情ない不調和さ, 意で, 意味である, 意外な, 所から, 所が, 所でも, 所へ, 所を, 措置は, 損害は, 数, 数が, 数である, 数字を, 數, 數が, 數である, 數字を, 方とは, 明るさ, 時です, 時の, 時代に, 時父から, 智慧が, 月が, 本に, 柘榴や, 殿の, 気持ちであった, 気持に, 池が, 濁りなら, 無垢清浄玉の, 状態に, 狐の, 狭さ, 獲物が, 理窟が, 生活を, 由です, 甲斐性者に, 男, 男を, 町で, 病気は, 痩せ枯びた人, 皮膚の, 眼の, 祖先の, 程度で, 程度であった, 程度では, 程度なら, 空間と, 符牒で, 答を, 精度で, 細心な, 給料を, 老僧, 考えで, 考えを, 考で, 者が, 者の, 者は, 聴衆に, 蔵人が, 血を, 覚悟が, 覺悟は, 話を, 調子で, 財産を, 責任を, 贅沢を, 赤ん坊に, 距離です, 身分に, 返辞を, 速さ, 部屋が, 酒を, 酔が, 重量が, 金なら, 金銭は, 鉄屑を, 鏡が, 間隔を, 雛鳥の, 雛鶏を, 青年の, 面倒は, 顔を, 高い裁判官, 鼎の, 2を, 7を, 8を

1 [2209件 抜粋] あせり, あらゆる観相的, ある良い, いきさつとは, うちあの, うれしさ, お世辞, お嫁さん, お局, お河童姿の, お茶代, お金には, かたちで, が, がじゃれ, がよい, こてと, ことぐらい, ことだけしか, ことであったろう, ことでしょう, ことなれ, ことア勝手に, こと知らなく, これも, ころ大塚窪町に, ごとは, すぐれて, せせこましい家, ための, つてゐた, つもりでなけれ, とき, ときまだ, とき母に, とこそんなに, ところかネ, ところだった, ところにまで, とで, にし, のろさ, は沢山, ひとだつた, べつ暇なし, まだ充分この世, みすぼらしい女, もつたい, ものそれも, ものであったら, ものでしたろう, ものなる, もののみ, もの別に, もんだせう, やせたの, よさ, をばんばん, ん気な, イラヒドイところの, ガランと, クロニオーンはた, ゴム管を, ダイヤ一つ持っ, ナーダックに, ブロックが, ポッチリ, モルモットを, 一つで, 一直線の, 上を, 上昇過程の, 不孝さに, 不満や, 中将と, 中将殿の, 中庭が, 中篇に, 久左衛門と, 了見で, 予算に, 事だつたら, 事な, 事には, 事も, 事也, 事実は, 事理は, 云い知れぬなつかし, 交流を通して, 人たらん, 人でなく, 人は, 人情を, 人柄である, 人間が, 人間らしい生活, 今日の, 仕事も, 付加額が, 以前の, 会社員風の, 位を, 位置に, 低い予審判事, 低い程度, 住居下総の, 体格です, 余情は, 使ひ, 価ある, 価の, 価格と, 修羅です, 値で, 値打に, 値段の, 傷では, 僧侶は, 儲けは, 児の, 入りの, 入口は, 公定相場で, 内容しか, 円丘を, 冠, 処であった, 処なら, 処を, 出来か, 出来栄と, 分量でしょう, 利根川なら, 刺戟には, 割りで, 劇場だ, 助手を, 労働者と, 勇気を, 勝でした, 勢でなけれ, 勲百等のと, 医者の, 卑しい女, 印象で, 卿, 厚紙に, 反応を, 収賄は, 古さ, 司令官に, 名人上手同志の, 向う意気が, 品が, 問題, 善人に, 噂で, 四数字も, 四角か, 国の, 圧迫には, 堀なんぞ, 報酬では, 墮落は, 声なれ, 変化を, 外出を, 夢は, 大きな声, 大きな足, 大事な, 大声で, 大家に, 大河童, 大籠, 大詩人, 大食家だ, 太夫という, 夫婦者で, 女だった, 女の子であった, 女や, 女神官である, 好者でありする, 妹を, 姿勢で, 威権を, 娘な, 婚礼による, 嫌いさ, 子供だった, 子供程, 字が, 存在も, 學問に, 安値な, 官吏である, 客を, 宦官が, 家兄に, 容色の, 富力を, 小き, 小さい家, 小さい白髪, 小さな人間, 小さな島, 小さな本, 小っ, 小大名, 小溝, 小説家として, 小銭しか, 少女は, 少年であった, 尼に, 屋敷は, 山女魚が, 峠には, 巌丈な, 川蝦を, 差違は, 市民しか, 帽子も, 平凡な, 平均で, 年にも, 年寄が, 年数同じ, 年輩そして, 年配だろう, 年齢に, 幼い少女, 広い意味, 店であろう, 座に, 建始元年より, 弟に, 強力の, 形には, 役人で, 待遇が, 得点の, 御姿, 御弟子, 復讐には, 微粒子である, 心もちを, 心持から, 心掛けは, 忍術使いです, 思召し, 恥しさ, 悟性に, 悪戦苦闘が, 惡醉語堀だ, 意に, 意味であります, 意気で, 意気込は, 意識が, 愛嬌を, 感じで, 感覚が, 憎惡, 成績をを, 所だ, 所では, 所までは, 手ずから丹精, 手口が, 手紙が, 才能が, 技巧なら, 抱負であるらしい, 挨拶は, 損害を, 摸写図も, 敏捷な, 数字と, 數量を, 文官, 方が, 旅です, 日常茶飯に, 日本語を, 明りなら, 時, 時であろう, 時は, 時代の, 時分にゃ, 時初めて, 時間かと, 時間内では, 智惠は, 暗号の, 月日が, 有様である, 期待を, 木ばかり, 未練は, 札を, 村道に, 板の, 栄蔵が, 格だ, 案内を, 椴松の, 槍の, 権力家である, 樫の, 權利が, 歌だ, 此楼の, 殿様だ, 毛を, 気は, 気持が, 気持を, 気風であります, 水兵服の, 汚いオヤジ, 池と, 油画を, 注意で, 洒落気は, 派手なつくり, 深刻さで, 清酒を, 湯上り, 溝が, 演説だつたら, 灯かげの, 無雑作, 熱で, 片端を, 物から, 特産物である, 狐肉は, 狭い陰気, 玄関の, 理窟は, 生徒が, 生霊を, 用心は, 田舎者らしい, 男だ, 男に, 男の子を, 町であった, 畳をのみ, 病魔に, 発作が, 白髪の, 目の, 直径の, 相違だった, 眞つ, 真情が, 眼明きの, 着物です, 矢である, 短い内, 短時日の, 石垣に, 砂糖を, 硝子管を, 神が, 神官の, 神神意悦ぶ計らひ, 神靈その, 私が, 称号が, 程度には, 積で, 空気を, 窪地が, 竹の, 筆で, 箱を, 範囲内では, 精進は, 細い声, 細かい細工, 細長い板敷, 絹は, 緑色の, 總晴まで, 罰が, 美しい子供, 美少年が, 義務教育の, 習慣に, 老先生, 考えです, 考へ方, 者である, 聲援を, 肉体的な, 背骨の, 脇差を, 腕前が, 自傷, 至って些細, 良人を, 色里と, 若い娘, 若者です, 苦しみを, 茶筒へ, 草鞋が, 菰で, 蓬髪の, 蔵人近衛の, 藝當は, 融通は, 表現は, 裳を, 西洋紙に, 見事の, 見当の, 覚悟をしか, 覬覦者たる, 覺悟が, 計算すなわち, 設計廊下を, 詰まらないお話, 話だ, 誤魔化ししか, 説法を, 警戒では, 豫定で, 貧乏世帯の, 責任は, 費用は, 資格であった, 赤い蛇, 趣味を, 距離が, 距離まで, 身じたくは, 身体を, 軽い意, 輕い, 辛抱は, 近くに, 返事が, 逗留の, 速度が, 連絡を, 道が, 道を, 違ひ, 遣ひ手, 部數で, 酒で, 醜態は, 量に, 金子をもって, 金錢は, 金髪に, 鈍感さなら, 鉄製の, 鐵砲が, 長たる, 間さ, 間でし, 間も, 間小作は, 間生き, 間違いさえ, 関係でしか, 附添人らしい, 隙が, 雄大な, 雛形を, 雨なら, 電気でも, 青年が, 青蛙の, 面前で, 鞄を, 響き, 頃突然, 頭では, 顔にも, 風波が, 飯に, 馬鹿値で, 骨に, 高いもの, 高い土地, 高い身分, 高位にも, 高度の, 髮を, 鮠との, 黒い前垂

▼ 位~ (1691, 9.9%)

105 して 45 なって 30 思って 16 おつきに, なった 15 考えて, 考へて 12 なると, 切って 10 なつた, 即き 9 なつて 8 ついた, なるの, 即く, 過ぎない 7 即い 6 なりました, 思つてゐた 5 あるの, なる, 即いた, 叙せられた, 過ぎなかつた 4 あるもの, おのぼり, なるだろう, 即きた, 心得て, 思つてゐる, 於て

3 [21件] とどむ, なったの, なっても, なります, 丸めて, 人の, 分けて, 切ります, 即かせた, 強烈である, 思った, 思つた, 止めて, 消して, 當る, 登って, 見えて, 見える, 見える色, 見て, 過ぎぬ

2 [92件] あり, ある規則, ある間, お即, さへ, しきや, する必要有, ついてからの, つかれたの, つくこと, つけて, なったろう, なった時, ならねば, なりますが, なりますと, なるかな, なるでしょう, なるには, なるはず, なるん, なる筈, なれ, グッと, 一つの, 上って, 云われて, 備る, 傾いた古い, 出て, 出来て, 列し, 卑しく見貶し, 単純に, 即か, 即かれ, 即くに, 在られたの, 在るもの, 変って, 好いお, 実の, 就くこと, 居ながら, 延びた漆黒, 延びてる時, 彼は, 御成りに, 思いながら, 思ったの, 思ひ出して, 思われました, 恢復し, 想像し, 成って, 挨拶を, 推さねば, 改め玉, 数多くの, 書いて, 書かれて, 朽ちながら, 柔和な, 止まつて, 殖えて, 水が, 深い根, 無理に, 登るべしと, 眼が, 私の, 私は, 突き出て, 立つべき不世出, 答の, 置いた, 置く, 置くこと, 考えられる, 自分の, 見えるが, 言うもの, 話を, 進んで, 過ぎないが, 過ぎないの, 過ぎなかった, 達するの, 離れて, 1が, 4の, 9が

1 [1045件 抜粋] あげたい, あそばすこと, あった天皇, あらざれば, あらずして, ありしもの, あり孤児, あるきみ, あるみか, ある人物, ある女性, ある者, いじめられて, いたが, いためます, います御方, いるうち, いる間, うまい物, おいでに, おごる法眼, おちて, おつけに, おのづか, おもって, おらんと, おり服飾供御天子, おれり, お上され, お即けしよう, お慕わし, お気を, お目にかかりに, かいがいしい女, かえります, かわらしめん, きちんと收, くらべれば, この婆さん, しそれから, したつて, したので, したらその, しては, しといて, しとかないかな, しまいには, しようと, すいて, すぎないそう, すぐれて, するが, すんなりし, せきを, せねば, そつと, その細か, それ位に, ちょいちょい顔, ついたこの, ついたとき, ついたはじめ, ついた成る程, ついて, つかせること, つかれるに, つきはやく, つき軍隊, つくぞ, つくとき, つくまでは, つく力, つく資格, とつて, とどめて, なされたもの, なす心, なったが, なったその, なったとは, なった男, なった頃, なってから, なつたさうです, なつたらう, ならぶべきに, なられました, なりこの, なりし由, なりたいと, なりぬ, なりましたこの, なりますだから, なりやした, なり得れば, なるかい, なるかという, なるさ, なるでしょうか, なるまで, なるらしい人形, なる下, なる兒, なる女, なる忰, なる由, なれば, なろうかな, のぼせ子孫, のぼりました, のぼること, のぼるの, のぼろうと, はなつたかね, ばらつと, ひどい病気, びっくりし, ふとって, ぶんねぎっ, ぼんやりし, みんなは, めんどうな, やっとくれる, やつと, よいと, よく煉っ, わかり切った事, ゐる一人, アッサリと, カンタンに, ゲツソリと, シリメツレツに, ナイフの, バイ菌でも, バルザックつづい, ブツブツに, ボーで, ムダ飯を, 一度づゝ村中, 一遍ずつ, 上げられる人, 上せて, 上つたときその, 上られた大師, 上りつめて, 上り今, 上る革命軍, 下げ源, 下煮, 世の中が, 丸く見える, 事務所の, 二人は, 云い合って, 云つたに, 京子の, 仏教に, 伸ばすの, 伸び乱れて, 似つかわしくない, 低められた, 住み馴れて, 使えると, 使はれる, 侍すること, 個人主義的な, 候ふ, 備はり, 傾いた, 働いて, 優遇したなら, 充つるほど, 先生は, 入門し, 公演し, 兵法を, 内容を, 出あるいたもの, 出しては, 出来るん, 出来上ったの, 分たれた部屋, 分れて, 分類する, 切り上げやう, 切るか, 列すること, 別けますが, 刳り拔, 割って, 勝つ工夫, 勤勉な, 卒業し, 即かざる, 即かしめんため, 即かるべきだ, 即かれなかった, 即かれる, 即かんこと, 即きます, 即くべく定められ, 即けるほどの, 厚く展し, 厳しく行われ, 及ぶ, 取り扱って, 叙するとかいふ, 叙せし, 叙せしめ給, 叙せられその後, 叙せられたが, 叙せられたばかりの, 叙せられた時, 叙せられるからと, 叙せられ給, 古い因縁, 古びて, 同情する, 名山の, 吸込みの, 吾国の, 味を, 啼き方, 四方へ, 固い, 固まつて來, 在り, 在り明年, 地口の, 坐す是, 型を, 売つて御覧, 売れたそう, 変更させた如き, 多寡を, 夥しく痛い熱, 大きい声, 大きく四方, 大切に, 大胆に, 太く短くどんなに, 妹が, 嬉しいの, 安心し, 室内へ, 寝なさるん, 小さくする, 小さな電燈, 小勢では, 小説界は, 少しばかり, 就いての, 就かれた, 就き政権, 居たるも, 居らしめざること, 居りこの, 居り宗教, 居るもの, 屋根を, 属す音楽家, 差支えが, 帰依し, 幸福, 広い, 廃園らしい, 延して, 引取る, 強い, 強い興味, 弾いたし, 当るもの, 当れる, 彼等は, 御即, 復されるやも, 復せず, 微細である, 心臓にも, 念を, 思いました, 思いましたよ, 思います云って, 思うけれども, 思ったよう, 思つ, 思つてね, 思つてやがてもう, 思つて居る, 思はれたが, 思はれんえ, 思ひつめてたン, 思ふて, 急激な, 恐れて, 感じた, 感じられる, 感じる, 感動した, 懲りる様, 成りませんければ, 我々の, 截った昆布, 戸外が, 手ひどい經驗, 手真似の, 折って, 押し直ろうと, 拝まれると, 指を, 捌いて, 据えたの, 据えても, 据ゑたのはツイ二た, 据ゑられてゐる, 据ゑることは本, 掛けぬまでも, 推されるべき傑物, 推すこと, 揃って, 支持し, 敏感な, 教育を, 新しい政府, 日本が, 日本女性の, 昇ってから, 映るだらう, 晴れ切った日, 暮して, 書いた, 書き上げて, 最初は, 本物らしく出来, 枝が, 柔順で, 極端な, 橿原宮に, 止った, 止まつたの, 止めること, 歪んで, 殆ん, 殖える, 比べると, 気嵩で, 沢山いろいろと, 泣いて, 流行った問題, 涼しかつ, 深い浅いが, 深く立罩め, 深刻に, 減じて, 減って, 準備に, 激減した, 濟まして, 煮詰った時裏漉し, 熱中し, 片づけて, 犠牲的な, 玉鬘を, 用ひよう, 當るべき, 疲労し, 痩せ衰, 発達する, 登らざら, 登らせられる皇太子様, 登られるという, 登りましてから, 登ると, 登るべしというは, 登る際, 白く脂, 盛んに, 相当した, 相手の, 眼界に, 着するが, 矢張り見, 石が, 石炭採掘量において, 私には, 私達は, 窮屈であった, 立って, 立てたほう, 立てりし, 簡単に, 粗雑に, 細かに, 網が, 繁つてゐました, 置いたこと, 置いたやうぢ, 置かるべきであると, 置かる可, 置かれるだろう, 置きその, 置き書籍, 置くため, 置くべきもの, 置くもの, 置こうと, 考えそう, 考えたこと, 考へたの, 考へてでも, 考へられて, 聞いた程, 肉が, 育つのみ, 腹を, 膨れて, 自動車の, 自若と, 至っては, 至ると, 至るまでは, 至る間, 致しませんでは, 船の, 芋粥を, 苦しませ苦し, 英語が, 荒い, 落着いた, 蒙古兵, 薄れて, 行き渡りさらに, 行ったから, 装飾が, 要心深い人間, 見えたが, 見えやしないかと, 見えるでしょう, 見えるのね, 見える婆, 見える橙黄色, 見える男, 見える菜穂子, 見える黒い汚い, 見るので, 見積る, 親しくなった, 言ったらお前達, 言つて呉れた, 計画性を, 詳細に, 警官を, 變化が, 負けといて, 賞められ, 賣れるもの, 距離を, 転じて, 軽く思つて, 軽く考え, 軽蔑され, 辛抱した, 農民たちは, 近い琉球神道, 近寄せて, 通つ, 進まれたら俗, 進み明治維新, 進んだ, 進歩し, 過ぎざるを, 過ぎないその, 過ぎない時代, 過ぎなかつたから, 過ぎぬ戦乱, 達したならば, 達せしむるなり, 遠大に, 郡吏や, 酔うの, 酔っ払えるん, 金が, 鎖と, 長州に, 開けて, 附けたの, 陞叙せられた, 雀斑が, 雛っ子の, 雨が, 静かに, 食べさせると, 食われて, 駭いた, 驚くやう, 體が, 高く高く飛ん, 高められる, 高間房一を, 鮮か

▼ 位~ (1048, 6.2%)

15 何でも 8 知って 7 して 6 持って 5 ある, 持つて 4 あるだらう, あるの, なるも, 何んで, 出來, 利仁の, 心得て, 1か

3 [16件] ありうちと, ありますよ, あるだろうと, あるでしょう, いいだろう, かけて, 出て, 喰は, 夢の, 屁とも, 承知し, 確に, 覚えて, 許して, 離れて, 9と

2 [52件] あつた, あるが, あろう, おあり, お有りでせう, お譲り, そこに, その中, ちゃんと心得, どうにでも, なんでも, やって, ハネ飛ばし, 五日市町の, 仕方が, 何でもなくなる, 何とも思つて, 何の, 入って, 入れますが, 共に7, 原稿料が, 口を, 奏け, 好いで, 嬉しいな, 平気でした, 当り前だ, 彼に, 彼の, 待たされて, 我慢し, 手づか, 承知致し説き聞かせ, 楽に, 欲しかつ, 死んで, 殺し兼ねません, 毎月出し, 生きのびること, 知らせて, 知ツてる, 聞いた事, 訳なく, 誰でも, 貸して, 造作も, 0である, 1で, 2と, 8の, 9に

1 [818件 抜粋] ああいう, あたりまえです, あっしと, あったでしたが, あって, あっても, あつちこつち, あつて, ありましたよ, ありますがな, ありますと, あるけれども, あるそれ, あるぞ, あるだらうと, あるであろう, あるでしょうよ, あるでせうが, あるに, ある人, ある所, ある様子, ある筈ぢ, あろうと, いけやしょう, いたします, いつたか, いつて, いつも夢, いて, いるもの, うすい髭, うすうす聴い, おめ, お前だ, お前にも, お午休み, お染, お比丘さん, お茶の子さい, お萩の, かうやつ, かかった, かかったね, かかりさ, かかるだろう, かかるの, かけたこと, かれ等, がまんします, きっと尋ねる, きつと, くれると, このよう, この地, この語, これらの, させて, されようもの, したかも, したけれども, したらしいが, してやる男, すぐ崩れ, するかも, するだらう, せねば, そう一年, そのため, その位置環境, その傑出, その子, それで, それでけろりと, それほど衰弱, そろそろ出, たっぷりある, たべたの, ちゃんと分っとる, ちゃんと調べ, つかまりそう, つきり, つくだろうと, つけると, つんと胸, どうかし, どうしても必要, どうしても燒, どうでも, どうにかなるだらう, どうにかなるだろう, どうやら殘つて, どっちも, どんなにでも, なかなかむつかしかっ, なくては, なくとも, なれた前方, なれた工場, なんでもね, なんとなく私, のんびりしたく, ひまであっ, また苦い, まだいい, まだ生, まとめたいと, まアゆっくり, もう少し正確, もう造作, ものずき, やりますが, やるでしょう, やれるからな, ゆつくり, よからう, よしやその, よろしゅうございましょう, わかりますよ, わけは, わたくしも, ウットリした, カ, クロムウェルよ, ゴタゴタした, シャリアピンに, ズバヌケて, ヘイチヤラで, ミニマムね, 一に, 一時間でも, 一煽りにも, 一緒に, 一銭の, 三十四で, 上に, 上京し, 不思議な, 両手を, 中納言で, 二条どのから, 云わねば, 五六年前から, 京都へ, 京都所司代と, 人に, 人体に, 人竝みな事を, 人通りも, 今更恐れる, 仕て, 休ませて, 会えたもの, 位田二十町に対して, 住んで, 何か, 何かの, 何とも思, 何とも思はず, 何よりも, 何処からでも, 何処でも, 余りに小さい, 作って, 作る, 使つたかも, 例の, 依然として周囲, 保存し, 俺が, 偉大なる, 傷を, 傾けること, 僕だ, 儀同, 元気が, 充分に, 入れます, 入れる, 全く不, 具えたりと, 冒された經驗, 出さねば, 出したかも, 出しても, 出せる程, 出たつて惡, 出来さうである, 出来た, 出来ぬこと, 出来るかも, 出来るから, 出来ると, 出来る者, 出来る自信, 分らない野郎, 分る, 分るかも, 切りさうな, 判つて来, 判りそう, 別に眼, 別荘の, 利仁や, 割れたでしょうし, 助けて, 勤まると, 十に, 十中八九この, 千世子にだって, 厭は, 取って, 取れるん, 叩かれるかも, 召上りました, 吸ひ兼ねない, 呉れるさ, 呼んだこと, 喰へる, 嗅ぎわけ得て, 四十を, 国憲の, 地方に, 塗りこくるので, 売れて, 外の, 多少持っ, 大した問題, 大丈夫お, 大丈夫担げる, 大坂城代として, 大抵彼, 大抵持っ, 大抵私共, 天位な, 天保十三年十二月廿二日従四位上に, 太だ, 奥さんの, 奮んで, 女房と, 如何と, 始まるだろう, 子供を, 孰方に, 安いもの, 安らかな, 安全である, 完全に, 実益を, 家に, 容易な, 寝られそう, 寝起きの, 實に, 小学校の, 小水滴付, 少し飮ん, 尾を, 居たやう, 居ると, 屑も, 岡惚れが, 差せるんで, 差支えなかろうが, 己は, 平次も, 平気だ, 平気で, 平気な, 年二期を, 床土を, 座右から, 延ばすべしと, 弁へて, 引き受けますよ, 引受ける氣, 弾くじゃ, 当り前じゃ, 当前, 当然だ, 彼にも, 彼処のも, 御在邸, 心得あるを, 必ず寄席, 必と, 思つてゐたらし, 怪しむに, 恋患いてえ, 惹くに, 意氣地の, 懐中に, 我慢も, 所持って, 手も, 手紙が, 打ちこ, 打ッ, 打開墾, 承認しよう, 拵えるぜ, 拵へ, 拵らえて, 持っても, 持つけれども, 持合せも, 振り廻す筈, 捻りさ, 掛るん, 推して, 掴む, 提出し, 損である, 携帯し, 撲殺する, 改めてジロリ, 放け兼ねないといふ, 敷いて, 敷けるの, 文学に, 新しい料理, 新聞で, 早く夜, 星でも, 普通だ, 書いて, 書きます, 書ける, 最上位, 最上禄は, 有って, 有るでせう, 朝飯前の, 本多博士の, 来さうなけは, 来て, 枕の, 棒に, 楽々とお, 欠かさずくり返し, 欠伸を, 歌つただらう, 正四位, 正四位上, 殆どべそ, 残して, 殺し兼ねないとは, 殺し兼ねねえ野郎, 殺せさうな, 母さんと, 江戸に, 沢山持っ, 油の, 泊まれるらしい強いて, 泊れる, 泳ぐこと, 洋行せね, 流暢な, 浮いてる筈, 消滅し, 渋江の, 温めて, 溜めて, 潰れます, 無事に, 無造作に, 父母を, 物の数でも, 独房に, 猫背の, 猫背を, 生きのびて, 用意し, 用意した, 留守に, 當つて置かなき, 痛くっても, 白痴の, 白髭や, 皆菊の, 目明きも, 直ぐ出来る, 相変らず, 眼を, 着せられると, 着なければ, 矢張り分る, 知つてる, 知つてゐる, 知つて居る, 知て, 確実に, 祖母から, 禄三十四石余特別給与四十石余位田四十石合計百十五石ほど, 私にとっては, 私の, 稼がねば, 稽古し, 穿いたろう, 立ち話も, 立てたこと, 笑って, 粗忽を, 細々と, 経ったの, 経過し, 経験され, 縁日の, 縛つて綺麗事に, 置きますが, 罷役, 羊を, 美味いと, 習わさんこと, 考えて, 聞かされた事, 聴き役, 肇も, 胡魔化せる, 腹を, 自分にも, 自分達が, 舂くこと, 船が, 芋粥を, 花岡の, 若い者, 莫迦らしく, 菜種の, 虫が, 融通する, 行って, 表現出来, 製造する, 要るでしょう, 見えますが, 見せたいの, 見て, 見届ける事, 觀光された, 言うべきが, 言ふ, 言わせますよ, 詰めこみます, 話しても, 読むから, 読んだ事, 読んで, 誰にも, 誰れ, 諳んじて, 讀んで, 豆大の, 貢がれましたよ, 貰えそう, 貰えたであろう, 貰った筈, 買うて, 買って, 買ふ, 赤くな, 赤鼻を, 足音や, 踏潰せ, 蹴飛ばしたこと, 辛棒が, 農業である, 返せるだろう, 送って, 逆徒の, 通して, 逢へ, 進むこと, 遊ぶ覚悟, 遊興を, 道連に, 遣るやう, 部屋の, 重いもの, 銀行に, 鍬を, 隆吉を, 雑作ありません, 離せると, 震動が, 静かに, 頂戴した, 頭の, 願えますが, 飛び越せます, 食は, 食はせ, 食ふ, 食わされるかも, 飲んだって, 養えますから, 高いと, 高くは, 黙つて, 2である

▼ 位~ (892, 5.2%)

83 あつた 6 あらう 5 せう 4 あつて, やって, ようございます, よかろう 3 あとは, いいだろう, ござります, それも, 勘弁し, 帰って, 私は, 非常に

2 [51件] あつたらう, いいでしょう, お終い, がすよ, こうして顔, すつかり, その外, それが, それに, それを, でも, は, は4, は6, また半分, よからう, よもや自分, 一応面会, 一日の, 人の, 人間という, 何か, 出来ます, 出来るもの, 出来るやろ, 出来るよう, 切り上げて, 力自慢に, 夜の目も, 大した事, 大抵の, 孫氏は, 容易に, 彼は, 心地よい冷さ, 早々に, 止まるか, 止めときます, 死んで, 気が, 沢山だ, 泣きは, 済ます事, 済むこと, 演じられなければ, 痛いと, 白菊が, 結婚した, 背丈は, 買って, 遂十日許り

1 [656件 抜粋] あっさりと, あつたの, あの模造品, あの残虐, あまり居士, あらうと, あらせられた, ありがとう, あれだけ, あんなのぢ, い, いい, いいと, いいの, いいん, いかにも姿, いかにも情趣, いきな, いつも簡単, いまこの, いやん, うら向き, おいて, おくの, おしまいでしょう, お出迎え, お別れ, お天氣さ, お止, お止り, お済ませ, かなり不体裁, かりて, がす, げす付合, こちらの, この上, この時位日本, これだけでも, これほどまでに, これまで, こんで, こんなに水銀, さしたる障り, さりとて何時, しかも史学, して, じっと生存, すぐに, すぐ後戻り, すまないと, すみました, すむこと, すんでの, せうかしら, せうな, せうね, そこからも, そのふち, そのほか着物, その不思議, その中, その他は, その修学, その博識, その場, その形, その藪, その評論中, それで新聞, それで筆, それで背丈, それ位の, そんなに悲しい, そんな不品行, そんな場合, そんな馬鹿, たとい無毒, ちっともめでたく, ちょうどいい, ちょっと変った, つかれては, つまり最近, できるもんぢゃない, とても堪忍, とりあえず吉原, とれもう, とんで, どうかの, どうぞ御, どうにかやっ, どこ迄, どんとくる, どんなに疲れ, なおり夜一時頃, ね見た, はあつ, はさほど, はっきり地理, はなかっ, はやり切れないでしょう, ふん縛ること, ぶつかって, ぼくを, ますます寒気, また不器用, また店, まだ小さい, みんな蔭では, もう, もう出します, もとより小森, やみました, やめて, やめること, やるの, やれ老人, よい, よいか, よろしい, よろしいよ, エート最初が, ガスと, クリスマスの, タイプの, ネいい, ハリアヒの, ブラックベリーの, ヘコタレルような, 一つの, 一万何千とかを, 一八三七年には, 一向けぶりも, 一向に蕎麦, 一対, 一年中を通じて, 一度かいだ, 一度赤面, 一斤に, 一日二ガロン半と, 一間位の, 丁度い, 丁度よい, 三度々々さう, 上の, 中, 中へ, 中を, 中絶し, 之を, 予定変更も, 二五〇万人, 二人とも, 二色の, 人を, 人生や, 今日でも, 今日の, 他に, 他氏から, 以下これに, 以下次號である, 何う, 何かに, 何しろ話し, 何んの, 何百何十という, 余の, 余り武辺, 余程格闘, 使っても, 例えばあの, 倫敦へ, 假令醫術が, 僕は, 充分であろう, 充分に, 充分分っ, 充分效くもの, 先祖から, 入れるよう, 全くもっ, 其の産出, 内, 冷えて, 出せると, 出たと, 出る文芸部貧困, 出来ますか, 出来ますね, 出来るしな, 出来ると, 出来る由, 出来上ります, 切り上げさせ, 切り上げられる場合, 初め, 判るだろう, 別に怪しみ, 別に抵抗, 別に気, 到着する, 到着出来る, 助平後家は, 勝手へ, 十あまりの, 十五日に, 千石とまでは, 博多魚市場の, 危險な, 却つて芸術家の, 原料を, 厶ります, 収まって, 古本屋から, 各々十数個の, 同人とも, 名だ, 向き合うけれども, 君にも, 吾輩の, 吾輩みたいな, 吾輩も, 問題に, 嘸お前さん, 噂に, 四位は, 四十そこ, 四十円以上です, 困りますお前さん, 固ります, 国家という, 土蔵の, 地声は, 埋葬する, 墨子派の, 壮健で, 売り出せば, 売る契約, 外へ, 多くの, 大きな身体, 大工が, 大抵は, 大抵菜っ葉, 失敬な, 女性は, 女房貰ふ, 好きな, 妻君は, 子持が, 実に寛大, 実験を, 室内装飾の, 密教が, 小便にでも, 少々なぐられ, 少しも, 少し酸味, 尾根の, 居たらしい, 山や, 帝都の, 帰らなければ, 帰るの, 幕に, 店の, 引き上げようじや, 弛みますけれども, 強いて爭はず, 強気一方の, 当時大和川附近の, 当選した, 彼の, 往生する, 後年の, 御免蒙ります, 御察し, 御機嫌を, 御正月, 御辛抱, 急病が, 恐ろしく身軽, 悄氣る, 感じの, 態, 成仏出来る, 我慢なさいまし, 我慢を, 或る, 戦闘意識の, 房一には, 所謂夭折という, 手に, 承知する, 折角ながら, 拙者は, 支那人とて, 政宗は, 散歩し, 料理論などは, 新しきもの, 新室に, 日に, 日頃に, 早く和, 早咲きの, 星が, 時々は, 晝は, 暮らして, 更に石槨, 有った, 朝は, 未墾地の, 本の, 朱子派でも, 東洋の, 枯涸されなかった, 楽に, 権現の, 橋本の, 止さう, 止めに, 止りました, 止り樹木, 此富豪翁も, 此邊には, 死ぬ, 死ぬよう, 死ねたら, 死んだん, 殆どそういう, 殆ど二人の, 殆ど何, 殆ど部屋一杯, 殆ど顧, 殆ん, 殊にも, 毎日諸氏のか, 気温も, 水も, 決して殺人, 沢山だろう, 沢山です, 浅いお, 消化します, 消化力の, 済して, 済まして, 済ます加減乗除, 済ませて, 済みましょう, 済みますから, 済みますが, 済みも, 済むかと, 済むかも, 湯に, 満足しなけれ, 満足とは, 潰れつちや, 濟み, 火さえ, 無論入口, 無論悲しみ, 無闇と, 然し米原雲海, 焼いて, 熱に, 父上から, 物を, 理くつが, 甚だ見かけ, 生活する, 生血が, 男の, 略します, 癒つた, 発表する, 百匁位に, 百姓は, 皆無と, 直ぐにそれ以上, 直ぐ受取つた, 直すこと, 相剋の, 短く切れた, 破壊せられる, 破談に, 神様を, 福島以北にも, 私へばかり, 私を, 稀には, 空しく暮れ, 空席沢山がっかり, 突つついた, 立派に, 簡単に, 約束が, 細い肋骨, 終ったそう, 終つて仕舞つたのは, 終りそれから, 終るべきこの, 結果が, 結構いた, 結構です, 綺麗な, 総て研究に, 罷めるもの, 美味しく戴けます, 美妙の, 胃中に, 背の, 能を, 能楽を, 脅しても, 腫物や, 腹を, 自ら俳句を, 自分の, 自分を, 自然に, 良人の, 色は, 色白の, 草鞋に, 落ちません, 葵阪の, 薄く曇った, 衆の, 行くの, 行けるの, 装飾と, 西北原に, 見ても, 覚えて, 角柱の, 解決は, 試験し, 話は, 話を, 誰にも, 誰一人疑いを, 談林の, 諦らめて, 買う, 買うその他, 買えた時代, 買える菜種鈎, 買おう気, 買った絵, 買われたもの, 賣れるもの, 起き女房, 転地し, 辛抱し, 辛棒し, 近所の, 追っぱらわれそう, 追付きません, 追着かぬ, 通つてしまへる, 連絡が, 過して, 適度の, 部屋は, 醒めるやう, 金属の, 銀座に, 長さ, 附近には, 陳列の, 随分珍, 随分痛かっ, 電話が, 静かである, 静かでした, 顔も, 風などは, 風景画家の, 食ふ, 食べられます, 食べると, 飲むこと, 餌の, 首を, 駄目だ, 駈け付けたと, 驚くには, 高利は, 高原地帯のせゐ, 高尚な, 鬼貫の, 鯛の, 鳩の, 鶏を, 黒い固い綱

▼ 位~ (664, 3.9%)

29 もので 20 んだ 19 のだ, ものだ 16 んです 15 ものである 13 ことは, ものです, 事は 10 のです 9 ことを, 事で 8 事を 7 のが, のである, もんだ 6 のを, 大きさ 5 ことで, の, ものが, ものだろう 4 ものさ, ものであろう, ものに, もんです, んで 3 ことなら, のであつ, のは, もの, ものでございます, もの絶えず, もんで, もんでしょう

2 [29件] のから, のでした, のに催眠術, ものだつた, ものでございませう, ものでした, ものでしょう, ものは, もの八百屋の, ブリキの, 割で, 単純な, 固さ, 大きな古びた, 容色だ, 小供, 年恰好で, 年配で, 所な, 早起, 烏帽子を, 禿が, 程度で, 程度の, 細い茎, 老人である, 聲で, 言葉で, 音が

1 [316件] いけない女, いや全く, お婆さんが, お茶の, かすれた声, ことが, ことだろう, ことであったろう, ことの, ことわかる, こと恥かしがる, この都, すばらしい別品, その国事, それより, たった一升位気まま, つまらなさ, とこだらう, ところが, ところが日本人, ところな, なまめかしさ, のか, のかと, ので, のであった, のであろう, のでこれ, のでしょう, のでせう, のでそこ, のでその, のでそんな, のでべん, ので以前, ので却って, ので小, ので少し, ので松, ので私たち, ので私達, ので竜子, ので緋, ので若い, ので道筋, のに, のにお前さん, のにこういう, のににせもの, のにまだ, のによく, のに反し, のに店, のに誰, のね大分楽, のぼろ, のよ, ものす, ものだった, ものだったであろう, ものだらう, ものであった, ものでありまし, ものでありませう, ものでし, ものな, ものなら, ものなるべし, ものへ, ものも, ものよ, ものを, ものニて, もんじゃあ, もんだらう, もんだろう, んだろう, んですっかり, んでせう, んでツイ, んで多分, んで高慢, サイド, シッポリと, シツポリと, スープを, ドロドロに, ドロドロの, パーセンテージで, ブリキ製の, ヘギの, ンだ, ンです, 一人は, 一人前の, 不消化物, 不自由は, 了見で, 予測めいた, 事が, 事じゃ, 事だ, 事であった, 事である, 事なら, 事実が, 事家も, 人々の, 人の, 人は, 人を, 人形が, 人格者であった, 人間だったら, 伯父須婆田車六の, 位地で, 体格に, 体験なら, 信心を, 信念は, 俺に, 値打だろう, 傷には, 働きが, 先生の, 兵を, 円いもの, 円い小さな, 几帳面な, 処, 処が, 処で, 処に, 処へ, 出版費は, 分量で, 分量に, 切れで, 別嬪さんが, 割に, 割合です, 勢の, 勢よ, 区別は, 厚さ, 厭や, 友禅ちりめんの, 可愛らしいお嬢さん, 可憐の, 器量を, 地位に, 堅固な, 場処と, 場處と, 境遇に, 声で, 大きさの, 大きな声, 大泥坊, 奧樣風の, 女で, 女は, 奴だ, 奴等は, 妙な, 始末で, 娘と, 娘とが, 婆さんに, 孔を, 字で, 学生を, 定期的な, 家な, 家は, 家を, 小さい鋳物, 小さき家, 小さな島, 小わ, 少歳, 巨大な, 布の, 平地が, 年増の, 年紀です, 年頃の, 弟さんを, 形ち, 從者門人を, 御幣担だ, 御飯を, 心得は, 心持で, 心掛けは, 忠義な, 怖いもな, 悟性の, 情合の, 想像を, 意気組です, 意気組を以て, 感じが, 感心に, 慾張で, 所だ, 所で, 所です, 所は, 所まで, 手ご, 揶揄弄言は, 施を, 明るさ, 星だ, 時が, 時間が, 智慧を, 書生さんが, 木綿ものを, 本が, 栗色を, 楽み, 槍の, 次男の, 歌なら, 毒の, 気は, 気安い口調, 気概が, 水を, 消息は, 湯で, 激毒だ, 瀑が, 火なら, 火傷なんぞ, 無礼を, 熱で, 熱度で, 熱度と, 牛の, 牛乳へ, 猿小屋が, 甚平凡な, 生活で, 男だ, 男で, 男に, 病人を, 痍の, 登山の, 白木の, 白湯同様の, 皮切りを, 目にも, 真実が, 真心な, 真紅の, 短かい脇差, 社會制度を, 稀には, 程度である, 積りに, 穴が, 笑ひ, 綺麗な, 縁の, 美い, 美濃四ツ折の, 考えで, 考へしか, 考へで, 者の, 者は, 肝っ玉の, 胴中の, 腕前は, 自由自在な, 芋虫を, 芽出たい, 苛い, 茶碗の, 荒療治で, 處に, 蛙だ, 表現力しか, 覚悟で, 覚悟でのう, 言葉は, 訳で, 訳です, 話だ, 變な, 費用なら, 賃銀を, 賞与を, 走り方でございました, 軍鷄雜種一羽引つ, 軽い考, 軽輩の, 辺かという, 道理の, 金は, 鈴を, 鉄線を, 間隔の, 陰徳は, 雄鶏を, 雛鶏を, 青田が, 風に, 食道楽会を, 高度の, 魔酔性の, 鶏を

▼ 位~ (519, 3.0%)

20 占めて 5 お譲り 4 かけた計算, 子孫に 3 お去り, もって, 失って, 持って, 授けて, 譲って

2 [25件] お退き, して, ゆずって, 保持する, 制すること, 制すること自体, 占めた, 占める, 失つた, 奪おうと, 奪った, 奪つた, 得て, 得るに, 授けられた, 授けられて, 標準と, 蔭子将門に, 見て, 貰って, 賜ひ, 賜わつて, 贈られたの, 避けて, 附合せに

1 [418件] あがなうため, あけて, あんな大きな奉書, いただいたお, いただいた鈴原, いただきたいと, うける, うけるの, うける身, うばおうと, うるも慾心なほ, おさずけ, おすべり, お与, お占め, お土産, お得, お継ぎ, お讓, お貰, きわめるであろうその, このさい皇太子, さずく, さずけた, さずけたうえ, さずけた位山, しめるかも, しりぞきロロ, すてて, すゝめ又, ずっと引き離した, そなえさえ, たずねて, ちょいと, ちょうだいする, ついだ日, つがず三たび天下, つぐこと, つけさせたの, つけた無手, つけて, つひに, とった, とったという, とったり, とつた, とやかくいう, とること, とれば, なし二十二歳, ぬすむ人, ねらって, のぞみやしません, のぞんで, まず解く, まづ, めいめいが, めでたく納める, もちつ, もった舞, やめて, やらう, やらなくて, やる外, ゆずったこと, ゆずろうと, ゆずろうとして, ゆずッて, キッと, モッケの, 一升の, 一合の, 一斤の, 一様に, 一段落として, 一番粉に, 三倍に, 三椏紙は, 三等貶し, 下ったところ, 与えたもの, 与えること, 与へるの, 中国に, 主題に, 争い, 争うこれ, 争うの, 争うほど, 争うもの, 云うはず, 交換する, 今の, 他の, 付与され, 代へ, 以つてバーナード・リーチの, 伝うべきかと, 低くし, 何様しよう, 使いますから, 使って, 保ちその, 保って, 保つこと, 保つを, 保つ能わざる兵戦上, 保つ轟玄八, 保てり, 信ずしかして, 借りに, 僭して, 充たされる個人, 切てもの, 切り出すこと, 初めは, 加えると, 加えるの, 加へ, 加へる, 勤めようという, 占むる至仏山でさえ, 占めたに, 占めまた, 占めるため, 占めるといふ, 占めるの, 占めるべきもの, 占める事, 占める人間, 占める希臘, 占め奥秩父, 占め居ること何人, 占め恩栄, 危くする, 去らしめ廟堂, 去りつ, 去るの, 取って, 取つて喰, 取られた, 取りながら, 取り上げて, 取り上げられて, 取り戻した, 取るとき, 取ろうと, 取直そうと, 受けたの, 受けたり, 受けて, 受けてから, 受けで, 受けんと, 受け中, 召さず真野, 各自に, 同時に結びつけた, 向うに, 呼込んで, 喰いても, 営利の, 嗣がれる様子, 嗣ぎ七九年, 嗣ぐや, 固うし, 国外に, 土御門天皇に, 堀河天皇に, 大阪に, 天照太神に, 太子に, 太子の, 失った, 失ったとき, 失った一局, 失ってからの, 失つたのである, 失つた二年前の, 失つた塚田の, 失つた時に, 失つてから, 失ふと, 失ふといふ, 失ふ時, 奪う, 奪うた, 奪う塚田, 奪う時, 奪ったの, 奪つた所謂靖難, 奪つた朝, 奪へる, 奪わん事, 奪還するだらう, 妹に, 姉の, 孫権へ, 定め給うた, 定基に, 尽くしたる世界, 常にしめ, 張って, 張られてべに, 張ろうと, 彼は, 得, 得た, 得たの, 得たよう, 得たりと, 得たるのみ, 得た明治二十三年, 得るかも, 得るには, 得るよう, 得る人相, 得んこと, 得姓名, 得蜀主, 怖がる君, 怖れぬ, 思わせるもの, 恐れて, 払った, 承け志, 抜こうと, 拝し, 持つて, 振り舞, 捨てないの, 授かったこと, 授かったという, 授かりて, 授かりました, 授かること, 授かると, 授かる筈, 授けたり, 授けに, 授けられたこと, 授けられたほど, 授けられたり, 授けられてからは, 授けられるといった, 授けられるの, 授けられる様, 授けられん, 授けられ修理権太夫, 授けられ遂に, 授けるの, 換えずに, 援けて, 政府に, 新聞取締法違反によって, 明けて, 明るませて, 易へ, 有する外電係, 望みながら, 望み謀, 望むべからずとの, 望んだという, 棄つること, 棄てて, 棄て布衣, 極めたという, 極めた人, 極めて置い, 極め驕り, 欠けば, 次の, 欲しがっ, 正して, 歸らない, 殺したところ, 水へ, 汚し得たこと, 泊めること, 火葬に, 營利の, 犠牲に, 犯す時, 狙う重臣, 独りで, 獲ようと, 獲得した, 王子に, 用いさせた, 白河天皇に, 皇太子に, 盗もて, 直して, 相手に, 着て, 着るし, 知らんで, 知りませんか, 示す名, 私に, 私も, 称してからも, 窺う, 窺うたが, 窺う前, 簒つた, 簒奪した, 組合せて, 経ぬと, 經過し, 継いだお祝い, 継いだアラビア, 継いで, 継がしめようという, 継がせられてから, 継がせ給うて, 継がなければ, 継ぎついで, 継ぎまた, 継ぎ憂悩, 継ぎ持統天皇, 繼げり, 羨まぬ者, 肉挽器械で, 與へられ, 舜帝に, 落ちた直後, 落とされて, 要しその, 要する, 覆したボナパルト, 見きわめて, 見た竜, 覬覦し奉った, 覬覦する, 設く, 許したもの, 誘ふのに, 読みあげるだけに, 読みて, 読むの, 請い妻, 諍ひ, 譲った, 譲ったという, 譲つて上皇と, 譲らしめられここ, 譲られた, 譲られたという, 譲られた後, 譲られるとき, 譲りたいと, 譲り受け給わらんこと, 譲り同, 譲り徳, 譲ること, 譲るといふ, 譲る七回, 譲ろうかとも, 讓らせ, 讓れり, 讓れる, 貰ふと, 貴び郷党, 貶されのち, 買った, 費やし都合四時間, 賜つて居る, 賜わったという, 賜わりまた, 賭けた大, 賭けて, 贈らる, 贈らるるよりは, 贈られた, 贈られたその, 贈られて, 贈られ宗政, 贈り給いまた, 贈り給う, 贈ること, 贈るといふ, 贏ち得た, 距てて, 転落する, 軽蔑した, 辱しめじ, 辱めざらん, 退かしめし, 退かれ光明太后, 退くこと, 退くと, 退くとかいう, 退くなどの, 退けるを, 退ってからは, 送り出してから, 逐はれ, 造ろうと, 連れて, 進ぜるもの, 進めお, 進歩と, 遜らんこと, 遜れるに, 遜れ給うた釈迦牟尼世尊, 附す, 陞し, 除くのほか, 隔てて, 離れ天, 非常に, 頂いても, 頂点として, 顧みて, 高める之, 高める魔術, 魏王に

▼ 位~ (372, 2.2%)

30 から 139 そうです 7 からね 6 と思う, もの 5 が其後 4 から人間, つたと, ね, わ 3 からその, からとても, から余程, が, というの, と思ふ

2 [22件] からお前, からきっと, からここ, からこの, から下手人, から何, から到底, から勿論, から子供, から弓矢, から東京, から私, が成長, ぜ, そうである, そうで御座います, ということ, とお, と申し, な, のに, 防腐法の

1 [218件] あれが, お町, かいや, かね, からあたし, からあなた, からいづれ, からお, からこまかく, からこれ, からこんな, からしのぎ, からそり, からそれ位, からそんな, からちょっくら, からと, からと断る, からどうしても, からどんな, からどんなに, からな, からなといふ, からなにか, からまア, からむろん, からめった, からやつ, からよっぽど, からよほど, からキット標本室, からチベット, からドイツ, からヒューマニチー, から世間, から並々, から中学, から之, から事務以外, から事務的才能, から事情, から二人, から京都, から人跡未到, から今度伸一郎氏, から仮令, から伯父, から何一つ, から侠, から其考え, から凡そ, から分らない, から初め, から力, から勝った, から十日, から印バンテン, から古, から右, から君, から吾が, から固, から土用中, から墨子, から多分, から大した, から大方, から如何に, から娘たち, から富士, から少し, から幾分, から床, から当番, から御目見得以上, から御馳走, から必ずしも, から恐らく, から恐ろしい, から感慨, から我身, から戦争, から打明け, から払溜, から文学的, から早く, から昔, から昔風, から朝日, から本統, から横, から此, から母, から氣, から水分, から沢山, から活気, から滅多, から無法, から無理, から牛肉中, から現場, から理髪店, から目, から眼, から着物, から矢張りここ, から知らない, から碌, から福澤, から罰當つて丸燒, から老人たち, から肯い, から胃腸, から舞踏, から花, から草刈, から蝋細工, から見ちがえてるだろう, から親分, から誠意, から變, から谷間田, から辛棒, から里, から銀座, から錢, から隨, から骨, から齒, か分ります, か知りません, か知れません, がお, がこれ, がそこ, がそれ, がとにかく, がね, がまさかこんなに, がもう, が一旦, が之, が仏蘭製, が何, が実に, が幕末維新, が彼女, が晴, が流石, が被, が被減数, が西条八十, けどねなん, けど医者, けれどもその, けれども私たち, けれど馬鹿, しする, しそれ, し二月, し何より, し又, し夫, し実際, そうでした, そうな, つたが, つたがと, つたので, とありました, といいました, という事, という説, といつた, といふ, といわれ, とおぼえ, とかそんな, とか数理, とか申しました, と云, と云う, と云ふ報知, と人, と人々, と医者, と好い, と思, と思います, と思っ, と思った, と思ひました, と思ひます, と申しました, と申します, と私, と言, と言う, なと思っ, なんてお, のにさ, のにナ, のに若し, まつて, ものね, ものねえ, もの今日が, わと野放図, わね, んだ, んべ, ァ, 五万円まで, 少し察し, 相な, 私の, 蠅取

▼ 位なら~ (289, 1.7%)

7 何も, 私は 4 今の

2 [20件] いつでも, その前, なんで平岡君, ば, ば何, ば私, まだ我慢, むしろ露伴柳浪美妙, 一そ川へでも, 一層此方, 人間の, 何の, 何故あの, 俺は, 初めから, 寧ろ依然, 最初から, 此方から, 私の, 自分の

1 [231件] ああいふ, あそこを, あっしは, あつしだ, あつしも, あれほど, あんたが, あんなに騒がなけれ, あんな事, い, いいだろう, いいね, いいん, いっその, いっそチェーホフ, いっそ晩, いっそ死んだ, お夏さん, お帰りなさい, こうして髀肉, ここに, この位勢, これまで, こんなに訳, こんな二十銭, せめて息, せめて父, そう逃げ隠れしなく, その儘死ん, その方, それ程の, そんなに大して重かっ, そんな挨拶, ついでに, とつく, と紀子, どうで, どうにか成る, どうにでも, どんな使でも, なぜ行方, はじめから, ばいっそ, ばいらない, ばさ, ばせめて, ばその, ばそれ, ばそんな, ばと大束, ばむしろ, ば出来る, ば剣ヶ倉, ば大丈夫, ば寧そ, ば寧ろ, ば彼, ば批評家たち, ば是, ば本懐, ば根, ば桜, ば楽々, ば無, ば純粋, ば苦労, ば賞め, ば鶴村さんだつ, ほんとうに, まあよかろ, また水谷さん, まだ, まだいい, まだしもの, まだしも声, まだしも結構, まだしも運, まだまし, まだ今, まだ可, まだ立派, まだ辛抱, もう少し史蹟, もう少し巣, よからう, オレが, タッタ二銭で, ノーベル賞金を, ブランカに, 一っ, 一層寺泊, 一層死にます, 一思いに, 一思に, 一足飛びだ, 三人でも, 三吉は, 三四円も, 下手人の, 不如私, 世話を, 世間の, 人が, 人に, 人間に, 今お前に, 今から, 今まで, 今までの, 今日來や, 今朝隊長の, 今迄, 他の, 会議の, 何でもねエ, 何で私達, 何にも, 何処かへ, 何故せつぱ詰つた場合, 何故危険, 何故私, 作家は, 俗な, 俺あ, 俺が, 俺の, 俺家の, 俺都合つける, 充分だろう, 全部を, 其の説明, 内に, 刈込める, 初から, 別に惜しい, 勉強次第物に, 同じもの, 同じよう, 向う岸へ, 君達は, 和歌宮師の, 品川の, 園絵は, 塵埃箱へ, 夜業でも, 大した事, 大丈夫お話が, 大丈夫だろう, 大丈夫でしょう, 天下に, 太鼓と, 夫に, 女優を, 妾は, 妾死んだ, 始から, 始めっ, 始めツから, 寧そ首でも, 寧ろ家内, 寧ろ早く, 寧ろ貴君, 小説は, 少し手数, 平素から, 建物の, 御相談, 御身分, 御馳走する, 必ず初, 必ず好かろ, 教へて, 敵の, 新宿にも, 日陰者でも, 早くくたば, 早く結婚, 昨夕の, 景色も, 最う少し, 未だ辛棒, 東京に, 此処の, 武士の, 汝を, 江戸に, 河野の, 洋行する, 洗濯一つも, 漠然として, 瀬川君の, 焼き芋でも, 父が, 牛肉でも, 物に, 犬の, 田舎へ, 病院中の, 癒つ, 百萬遍を, 真に有難い, 知つ, 石の, 私からでも, 私こんな, 私たちが, 私でも, 私にだって, 紙からは, 結構じゃ, 自分でも, 若い時, 苦心しやしない, 薬種屋へ, 行つても, 行つて搜し出し, 西洋草花を, 試行一點張り又は, 話を, 誰も, 警察なんか, 貴様が, 貴様の, 賑かな, 辞退する, 銀座まで, 頼は, 飯島は, 飯田さんも, 首いく, 首でも

▼ 位~ (222, 1.3%)

16 のもの 15 のこと 14 であつ 2 にしか思つて, になつ, の広, 前から

1 [169件] あいつの, あの唱, うぬで引つこぬ, うまいもの, お持ちです, か, かと問, かはつきり, が自然, その前, それを, づゝ私の, づゝ見舞つ, づゝ飲む, でこんなにも, でせう, では, では包み終せなく, でも彼, で今, で出来る, で引きあげよう, で斯, で書きあげ, で森野, で演出, で現に, で私, で而かも日, で脱稿, で解, な, な未練, な独り言, な程度, な苛立ち, な貯, にし, にしか考へず, にしか考へられなかつた, にしない, にすぎぬ, になら, になり, になる, になれる, には興味, には驚かん, にも見えた, に一杯寄り集, に冴えてる, に凪い, に思つて, に暮色, に樽野, に歩い, に淡い, に私達, に面倒, の, のお, のつもり, のものぢ, の價格, の全く, の割合, の大き, の大きな, の好く, の川幅, の年輩, の御, の恐怖, の手数, の旅費, の泊客, の泥酔状態, の盛況, の真似, の結果, の老人, の良心, の色, の芸, の若い, の藍色, の装, の距離, の返事, の返答, の速, の運動, の量, の金, の長, の間, の頭, の高, の高値, の齢, はある, はあるであらう, はきらさない, はされたい, はしてる, はする, はその, はわたし, は他, は伴, は停つ, は味, は左, は引越し, は探し, は無い, は続けなけれ, は自分, は行つて, は飲めよ, は黙つ, ほんとうらしく, までに集つた, までは堪へられる, もう一般的, も切々, も敷ける, よく似合つて, を習, 三日も, 交際が, 何だ, 何だ十位, 何んでも, 優しいので, 冷酷で, 前に, 勝手我儘な, 安全な, 平気で, 恐縮する, 手紙の, 損を, 明るい病室, 暗かつ, 有名な, 正直な, 気分が, 汽船は, 激しく震, 無茶な, 熱心に, 用が, 直ぐ出, 直ぐ癒, 相手に, 眼近に, 私の, 螢を, 貰つたのか, 貰へる, 買つたら, 買つて呉れ, 違ふ, 野蛮な, 金を, 長いの, 集つた, 霧が

▼ 位~ (217, 1.3%)

15 のもの 7 である 4 だろう, にし 3 だから, のこと, の事 2 から百号, だが, では出来ない, でも大きく, なもの, ならば, に思っ, の割合, の程度, 書生や

1 [158件] かも知れない, この谷, しかなかっ, しずかな, ずつ鶴見, せいぜい六号位い, その自由, それは, だった, だったの, て研究, であった, であります, である歩けば, である足, でしぼり出せぬ, では日本, でもあっ, で飛び出し, と思います, どうでも, なこと, ならあんな, ならもっと, ならモウ一度, なら同じく, なら同時に, なら寧ろ, なら当然, なら社会的, なペース, にありつけ, にしか値い, にしか心得, にしか思っ, につっ立っ, には慣れ切っ, に不完全, に善い, に打ち揚げ, に書い, に柵, に止まり, に止め, に驚い, のお召, のところ, のまつ, のアクサン, のクラシック, の仕事, の価値, の処, の地面, の変化, の大き, の安価, の審査員, の巨鳥, の御, の心配, の方, の材料, の水, の淋し, の深山, の熱, の犠牲, の痛, の看板, の穢, の篤信家, の蝉時雨, の貨物船, の近く, の金, の鈍感, の間違い, の関心, の音, の音階, の騒々し, の鰯, の鰺, はあっ, はある, はいる, はくれる, はこっち, はする, はどやすだろう, は何処, は出し, は宜, は我, は普通, は残し, は珍しい, は確か, は覚え, は覺, は読みこなせる, よく通った, ムツか, 不便な, 世の, 之を, 乞食の, 以上の, 具体的な, 前に, 医学は, 取りから, 取りを, 右往左往し, 各先輩, 大股に, 官僚的な, 容易な, 尤もらしく見える, 廣いものやら, 強い磁力, 忠義な, 憧憬の, 損を, 文章が, 昂奮し, 昔に, 是亦, 暗い晩, 暴露的パンフレットの, 有効な, 朴よりも, 此の, 殆ど直立同様の, 気が, 気持の, 清々しからぬ, 滅多に, 無用で, 物理学的研究方法を, 特殊な, 生硬だろう, 真剣な, 社会的に, 神経を, 私は, 積った, 素直さと, 考案出来ない, 胸が, 興奮し, 莫迦, 複雑な, 西洋の, 資本主義的生産機構や, 邪魔な, 駐屯し

▼ 位~ (204, 1.2%)

7 関の山だ 63 あつた, 何だ

2 [13件] ついて, 一番の, 丁度い, 夢想し, 穴だ, 自由に, 落だ, 関の山だろう, 関の山であった, 関の山らしい, 頂上です, 食べ頃です, 1と

1 [159件] あいて, あがるの, あった, あって, あまり大き, あるよう, ある威, ある處, い, いい, いいところ, いいので, いるので, こんなにも気苦労, せいぜいで, せめてもの, その体, ちがう, ちやうどかん, ちょうどいい, ついたため, ついたとか, つらいだけ, とり得, どうして見つけ出せない, どこの, ない, なくては, なした業績, なんだ, なんどす, のって, のぼって, ひつくりか, やや邦, よいでしょう, よかろう, よく近年, わかるの, オチさ, 一座を, 一時に, 一階上がっ, 丁度よい, 丁度大阪, 三年目と, 三条坊門を, 下の, 与えられたの, 与えられました, 人形の, 人間らしい, 付いたやら, 何か, 何ぞな, 何んだ, 傍らから, 備わり包, 儲けといふ, 全く別人, 出來, 分相応であっ, 加わると, 劣って, 合わされた, 呉八段に, 啼いて, 声楽家たちであり, 多かった, 多くて, 好都合である, 始めて, 安全な, 宝飾品として, 寺社奉行を, 導いて, 居たの, 左様に, 帰する, 度々異数, 当村, 彼の, 必ずしも単純, 怖くて, 思はしくない, 手一杯だらう, 持ちもの, 既に奮発, 是非とも, 書けないの, 最も適當, 木の, 来たの, 楽しみの, 欲しければ, 止りで, 歩いて, 段々昇進, 毎日の, 気に入らないん, 滿足である, 無色界合せ, 父の, 特殊な, 生活の, 生育する, 盛って, 目に, 相当だ, 相当の, 矢を, 私の, 精一杯じゃ, 精一杯だ, 結局で, 結局です, 継承された, 美人の, 美味いと, 色界其上の, 落だろう, 落ちたけれど, 落ちても, 落ちに, 落である, 見返った時, 這個の, 通用する, 進まないで, 遅刻し, 違いますお, 違いますんで, 違うだ, 違ふ, 適当だ, 適当である, 選ばれたる人々, 重喜を, 長崎の, 関の山さ, 関の山で, 関の山であろう, 附いたといふ, 雪華の, 頂上で, 顔を, 食えるよう, 首を, 馬の, 馴れない手, 高い伝統, 高くて, 高くも, 高まった, 鳴いて, 鳴門水陣の, 0と, 0とな, 9である

▼ 位です~ (204, 1.2%)

14 から 118 もの 5 からね 3 か, からまあ, ね, わ

2 [13件] からその, からそれ, からそんな, からまた, からもうすこし, からよく, から勿論, から私, から驚く, が, な, わね, んだ

1 [128件] かといっ, かな, かね, からうと, からこの, からこれ, からこんな, からそういう, からどう, からどうせ, からわたくし, からチベット, からチベット人, からパイ, から一つ売物, から一人前三十銭, から一應承つて, から下手人, から中, から五羽, から人殺し, から仕事, から僕, から先ず, から先代, から全く, から八五郎親分, から別に, から十人前, から唯, から嘘, から夢遊病者, から大いに, から女中, から好い, から学生, から學問, から安心, から定めし, から宵, から家, から寒, から封建時代, から平次, から年, から当局, から影, から御飯, から怜悧, から文章, から新, から旦那, から普通, から曉方, から此, から毒断, から河童, から温度, から無論, から物凄い, から田舍, から男の子, から盗み出し, から竿屋, から簡單, から素人, から耶教, から脛, から腸, から自分, から裏金, から貴方, から買う, から道, から配偶, から非常, から風土, から餘, から高城さん, から鶏, から鶏卵, がああ, がしかし, がそうした, がその, がそれ, がどこ, がね, がもう, がホントウ, がレモン油, が仕舞, が士, が大抵七割八割, が女牢, が娘, が心, が第, が誠に, が陽虎, が餓じい時, けれどお, けれども深, こういうお, し海鼠腸, それに, って, ねえ, の, のに, のに殊に, むんじゃないのかしら, むんでせうから, ものお, ものその, ものでも, ものね, ものを, もの五左衞門を, もの困りゃ, もの貴夫, よあれ, よといった自慢, よ本当に, わ自分, んでゐた, ウ, 達ちゃんポロポロ

▼ 位しか~ (170, 1.0%)

13 ない 5 なかった 3 ないが

2 [15件] ありませんよ, あるまいと, ないの, なかつた, 人家が, 付いて, 家の, 持たないの, 残らなかつた, 殘らなかつた, 無い, 無いのに, 見当らないので, 隔って, 離れて

1 [119件] いないこと, いなかった, いはしまいと, お逢いした, かからないの, かからぬ間, この小さい, その感情, たたないうち, たって, たつて, たべられないよう, つくらない, つけられない愚作, ないから, ないし, ないそう, ないという, ないのに, ないん, ないテーブル, ない小さい一間, ない所, ない村, ない男, ない短, なかったろう, なかつたけれども, なく近年京都, 上らないところ, 与へられないでは, 会ったこと, 伝えられは, 低くなかった, 住めない所, 余裕が, 保つまいから, 保有され, 働かないの, 入って, 入ってない, 入らず舞台バナ, 入らぬらしいが, 出掛けて, 判然し, 動いて, 募集しない, 取らぬそう, 取ること, 受けない, 地層の, 学校へ, 室の, 寝て, 寝ら, 小鳥の, 居ないの, 居ませんと, 居らずハルゼミ, 居らない, 居らないの, 工場に, 思ひ出さない, 意味の, 持たない, 持って, 持っても, 授業を, 揚りの, 搗けない, 數へ, 来ないの, 歌えません, 歩かない, 歩かないが, 歩かないの, 残った草稿, 残らなかった, 浮いて, 無いこの, 無いと, 無いま, 無かった, 無かつ, 無くなって, 無く平次, 眠って, 眠らず, 眠りや, 眠る間, 知らない明治人, 知りやしませんよ, 立たない当時, 経って, 經つてゐない, 聞えないの, 自分に, 花環を, 若くは, 行かないの, 行かなかった, 行き当らぬ宝, 行乞出来なかつた, 要らない, 見えないけれど, 覚えて, 覚えられなかった, 話せる奴, 認められて, 読めないの, 貰えず私, 起らぬの, 通わないこの, 違わぬこと, 重ねて, 開かぬ七寸, 隔たって, 離れない恐ろしく, 飛ばないで

▼ 位~ (158, 0.9%)

4 はもう 2 だ, と周馬, と啓之助, の前, の屋敷, は

1 [142件] あの炯々, お綱, があぶない, がおそろしく, がお前, がそれ, がなん, がズカズカ, が上がっ, が兵書, が幕府, が御, が手, が横, が自刃, が見えられたら, が降り, が驚いた, きびしくたたみかけ, こういう晩, しばらく小首, そっとたち, そのほか, その人, その様子, だけはおのれ, であった, であり柳川藩, でここ, というお方, とで双方傷だらけ, とほか三人組, と一緒, と一角, と共に船楼, と孫兵衛, と森啓之助様, どったり, などとともに昨年大阪表, など面, にし, について足, にどう, には不, に呼びつけられ, に囁いた, に声, に渡し, に知らせ, に面罵, のいる, のお, のところ, のニヤリ, の一行, の仮借, の側, の剣, の加勢, の助勢, の口, の口添え, の報告, の影, の思判, の息女, の感じる, の手出し, の様子, の死骸, の殺人好み, の目, の眺め, の耳, の落した, の行動, の記憶, の話, の追, の音声学, の顔, はいる, はうなずいた, はかこち, はしどろもどろ, はその, はどう, はぶっ, はまだ, はゆうゆう, はピン, は夜具, は安治川屋敷, は岩, は年, は得意, は数寄屋, は歯がゆ, は混惑, は物, は腰かけ, は膝, は行燈, は読みあげる, は賢く, は躬みずから, は迷っ, は間者牢, は静か, へ両, へ話, ほんとに剣山, まッ先, めったに余人, もすぐ, もただ, もつい, もよく, も九重, も孫兵衛, も木魂, も柳剛流, も片, も真偽, も襖, も重喜, も鼓, や拙者, らしい者, わが手功, をかえりみ, をへ, をゴマ化, を中心, を促し, を対手, を艫寄り, を見つける, 困ったこと, 大きくいっ, 帰ったらしい様子, 素早く二の矢

▼ 位~ (147, 0.9%)

15 のこと 12 のもの 4 の高 2 にしか思つて, のつもり, の大き, の大声, は平気

1 [106件] お友達, お金を, が何, が出来ない, が折々, しか飲ん, にしか見えない, にしたかつた, に変, に大きい, に幾分, に思つて, に思はれた, に此処, に母親, に混ん, に猫, に見え, に過激, に長く, の, のあとさき, のお, のところ, のは, のサラリイ, の予定, の予猶, の値打ち, の分量, の刺激, の割合, の割合ひで, の区別, の図々し, の娘, の容量, の年月, の意地悪, の愛嬌, の抒情詞, の接戦, の文句, の楽器, の為, の話下手, の説明, の貸家, の距離, の道楽, の金, の間凡そ二三十回, の間眠つた, の間隔, の隙, の音色, の題, はあるだらう, はか, はまさか, はもう, はやりとり, は何ん, は十分間, は払, は正確, は済し, は生じ, は生来, は立所, は解る, は頭, を気, を迷惑, ズルいこ, 三日目には, 下だつた, 事ほど, 何でえ, 何ん, 八人で, 凝然と, 前に, 前には, 力が, 君会社の, 大きなもの, 大きな木馬, 安易な, 張り合ひ, 彼処の, 時間が, 気を, 気分の, 熱心に, 独りで, 相手が, 眠つたんだらう, 美しい娘, 苦しい思ひ, 貰へる, 退屈を, 酒を, 重いか, 静かに, 頼みに

▼ 位~ (130, 0.8%)

3 高くなる 2 ある, して, とつた, 削りと, 書きこなすの

1 [117件] あったよう, あつた, ありそう, ありましたかと, あります, ありませうか, ありやんして, あり体, あるもの, ある人, ある大杉, ある広い, ある相当, ある縄, ある蟷螂, ある長々, ある高い, あろう, あろうかと, あろうかという, あろうと, いたが, いる, かかりましょう, ぐつてしまつたからである, さうや, さしあって, しなければ, そう高く, たせる事, ちがい禄, ないいわゆる, ないの, なかつたし, ひそんで, ぴたり一刀流, ぶつ通し, ぽんと, らは, われを, ゐた, ゐただらう, フライし, ランプを, 一大夫に, 与へ, 五位と, 何の, 出して, 出せば, 分って, 分つて, 前の, 十段も, 厳寒の, 取つて, 取り返したく思召, 受けたこと, 呑気に, 坐って, 外の, 大納言も, 失う順位戦, 官も, 居たで, 度々積った, 往った, 往復する, 待たされた, 待ったか, 後であらう, 得て, 御座いましょうか, 心得て, 押し流された時, 持ちきれなくなり兄袁紹, 持ち上げられること, 持って, 掃除せね, 攪き廻さなけれ, 暮せたらという, 有名無実な, 松の木も, 栗山とは, 残らずお返し, 江戸が, 深く掘れた, 満足の, 無用なら, 生えて, 生むので, 知らない顏, 積み上った吹溜り, 積上っ, 笠原の, 経つた頃, 経つて, 背丈が, 花束が, 蔵人は, 虚言を, 見た, 買つて来, 走ったかと, 躯が, 送れたらあんた, 進んだやう, 遂に其一族, 違うの, 隔たりて, 離れて, 食べられ一足飛, 飲み一週間位, 馳け, 高く, 高くな, 高くは

▼ 位である~ (129, 0.8%)

3 からその, がその 2 からこの, から今, から苔, がそれ, がぼんやり, が併, 我々が

1 [109件] いやん, かと云, から, からいやしくも, からこの間, からし, からその他, からなかなか, からまして, からもし, からオヲ, からチベット国民, から一国, から万事, から二十五日以後, から体, から何ぞ, から何処, から假, から儒者, から其, から其他, から古代, から大抵, から左, から平常, から当時, から怜悧, から恨み, から敢, から楽しみ, から無論, から現在, から番町, から當時, から相手, から精確, から般若三藏, から関氏, から陽気, から露店商人, から食堂, から飯, かを見ます, が, がこうした, がしかも, がしから, がその後, がどうも, がやがて, が一歩, が上, が二昼夜, が今日, が他, が假, が先づ彼等, が其後英國人, が初め, が南方, が同じ, が唯, が如竹, が子供, が我輩, が新, が深, が演技, が瀑壺, が畠, が私, が而, が醜業婦, けれども是, ことは, こと酒を, この豚, これは, し感情, し殊に, し考へ, そうだ, その海岸, それは, という理由, とかやり出す, とか従八位, と不意, と思う, なかなかの, なぞと, に船, のである, のでこの, ので翌年明治元年正月, のに, のにその, まったく坂本氏, ゆえに, ツマリ是れ, 不幸に, 今こそ, 即ち天災, 土人は, 是なら, 次第に進む, 田代の, 純詩的

▼ 位では~ (108, 0.6%)

4 容易に 3 よもや貴君, 迚も 2 あてに, ないか, なかなか承知, 満足に

1 [90件] あったし, ありません, あるまいか, いよいよ欺かれた, この腐れた, これは, これを, これ程の, こんなにほめ, こんなに大きい, さうい, しゃげるか, すみさ, とてもその, とても委しい, とても白鮫号, ない, ない保護者, ない直ちに, ない随分, なか, なかなか腹, なかなか血, なさそう, のびやかだ, びくとも, まだ淋し, やれる仕事, わからないが, ナカナカ癒りません, 一人の, 不足な, 世に, 中, 主人の, 乗り出されません, 人間の, 何の, 余程尤物, 其が, 分らぬ様, 到底こと足りる, 到底三遍, 午後二時頃から, 唯の, 埒の, 外れさ, 奥州侍は, 如何で, 嬢次様の, 安いで, 平次にも, 平気で, 役に立たないかも, 手に, 日本でも, 有難く思わなくなっ, 欠勤しない, 武に, 毎日いたずら半分に, 毎月毎月足が, 決して氣, 決して秩父, 油断の, 済まなかったでしょう, 火が, 生計が, 疾駆し, 眼が, 穴を, 空想出来なかつた, 缺勤しない, 美女佳人は, 聞入れなかつた, 胃に, 自然が, 血が, 血の, 被減数の, 被減數, 見付からないよ, 見分けの, 覚えられさ, 訳が, 識別出来ぬ, 追付かない話, 開かぬよう, 面白くない, 飛び出しさ, 駄目だ

▼ 位~ (92, 0.5%)

3 いって, して 2 なった, 一位は, 云ふ, 十位との

1 [78件] あきらかに, ありますが, あるの, あるは, いう, いへば, お十夜, きた日, すると, すれば, その権力, なし一族四十三人それぞれ, なったあと, なって, なつた, なる, なるこいつ, オネエルの, 三十四五の, 中納言の, 云うの, 云うよりも, 云える, 云ったと, 兼吉の, 利仁とが, 可懐味, 同じ労力, 君権とだけに, 呼ばれしは, 呼ぶ赤みがかった木理, 土地とを, 塩胡椒と, 大きそう, 大して気, 威力を, 宣る公卿, 広い領地, 弓槍の, 徽章とを, 思います, 思いますがと, 思う, 思うほど, 思ったのに, 思はるる暗室, 思はれる処, 思ふだらうが, 思われた, 思われる, 思われるが, 思われる半白, 思われる長, 思われる頂上, 思召被, 才と, 推定し, 断って, 月給が, 正六位, 殊遇とを, 決っては, 海軍大将の, 爲す, 登録せられ, 百の, 皆んなよく, 相関するある, 第二位, 腹の中で, 見えて, 見える子供, 見ゆる白髪, 見積られて, 覚えて, 貴族の, 起立位との, 順徳院の

▼ 位まで~ (92, 0.5%)

2 あって, でしたがね, やって, 下落し, 水に, 生きる, 私は, 行つた時には, 高くなる

1 [74件] あったです, ありましたらう, あります, ある, ある雪, かうして, して, そうだ, そうで, そこで, そのままの, それで, であるが, ですか, でね, とるもの, ほんの少し, もらつた人, やれるか, やれるの, ゆかなくては, よく着, 上等な, 下げて, 二週間ばかり, 伸びて, 冷して, 動いたら気持, 取り土地ッ児, 大きくなっ, 大きな力, 大差は, 宅下げ待っ, 実生活の, 居ると, 引き下ろしました, 御送り下さい, 恐しいどの, 悪い沢, 成功した, 掛ける, 数学と, 時々載せ, 曇か, 更新し得る, 来られたらそうして, 東京の, 林町から, 根拠を, 正確に, 氏に, 沈んで, 温度を, 溯つて, 焦点を, 用いる, 発展し, 着いて, 移ること, 純粋な, 続けて, 肥ったらまあ, 育て上げそれ, 行きつつ, 計算した, 訓練され, 記憶し, 警戒警報で, 負けて, 買った連中, 貸すよ, 賜わるべき筈, 達し得たかの, 香りを

▼ 位~ (89, 0.5%)

25 ている 6 て居る 4 ていた, てゐる 2 てい, てその, て物資, て遠眼鏡

1 [42件] てあたり一帯, ていない, ております, ておる, てかの, てからにし, てから外, てしかるべき, てのこと, ての台地, てはいる, てむっくり, てやっと, てゐた, てステファン五世, てパスツウル, て一個, て一子房, て一般, て万物, て世, て他, て以来, て凹凸, て到底, て南, て外側, て天武天皇, て寿六十九, て持つ, て旅人, て映画館, て村, て江戸, て生瀬, て第, て置いた, て自分, て若い, て里, とつて, 四時行はれ

▼ 位ある~ (86, 0.5%)

3 かまた, かわからない, んです 2 かね, か知れぬ, のかな, のだ, のは, わけに

1 [65件] え, か, かい, かというの, かとお, かと女, かな, かもしれない, から, かわからぬ, かを考へた, か分らない, か分らぬ, か判らない, か判らん, か殆, か殆ど記憶, か知らない, か知れない, か考えた, か自分, か頗る, がそれ等, がため, が六桁目, が欄干, が爲, けれどもかう, じゃぃ, ぢゃぃ, ところを, とも分らない, と思う, と思ひます, ねといふ, のか, のかい, のだろう, のである, ので六時, のも, ものかも, ものは, もんだ, ような, んだい, んだろう, 上に, 二疋の, 人であった, 僧職, 大男で, 女の, 奴じゃ, 奴な, 小さな髑髏, 山腹の, 座敷の, 普通人には, 然し恁, 立派な, 筈だ, 金貨を, 長三角形, 鯉を

▼ 位から~ (84, 0.5%)

2 十位へ, 千位へ, 1が

1 [78件] あるさ, あるです, おしのけて, お言葉, くりあ, くりあがった, その學問, その新, でも, どの位, めぐんで, やって, やつて, やめて, スープが, フランスで, ボツ, ボツボツと, レース編の, 一寸にも, 一尺に, 七・一七・二の, 三位とは, 三十人位まで, 上が, 上がって, 以下に, 伊井張りで, 僧侶に, 先の, 八寸位までの, 出たすた, 利くだらうと, 北は, 十二三位の, 十八九銭の, 十六階位までの, 十四五円, 十年間ばかり, 取りかかる考, 喬木が, 四五十年位過った, 変に, 始まるかと, 始めて, 始めなさった, 就職させなく, 店の, 彼の, 従五位に, 折々家族, 摘葉しまし, 書き出して, 根引いた, 正三位, 段々セッパ, 浮気心が, 滑り落ちたニコラス二世以上, 漸, 照會し, 皆無に, 眼が, 私は, 筆を, 結婚し, 育てたので, 落ちて, 落とすつもり, 言っては, 討幕の, 転落した, 転落しつ, 載せて, 退いて, 遠くの, 除かれその, 雪が, 頭髪を

▼ 位にしか~ (84, 0.5%)

4 考えて 3 見えなかった, 見えなかつた 2 ちらつかなくなり出して, ならず社, ならないと, 値踏が, 思つてゐない, 思はれないの

1 [62件] うけとられなかったでしょうと, かけないとき, こたえないだから, その京子, つかわれず栄えないこと, なって, ならない, ならないが, ならないのに, ならない少女, ならぬこと, ならぬとの, みえない沢村宗十郎君, わたしは, 出世を, 利かない下らない, 利用され, 当って, 思えないわ, 思って, 思っとらへん, 思つてない, 思つては, 思へなかつた, 思わなかったの, 思われなかった, 想えなかった, 感じないから, 感じない程度, 感ぜられないと, 感ぜられませぬが, 感動を, 戻らなかつたから, 扱われぬ事, 搖れないならば, 映って, 用いられぬ習慣, 窓が, 立つて, 精げられないだらうと, 考えませんでした, 考えられて, 考えられない, 考えられぬであろうと, 製品が, 見えず小柄, 見えた物, 見えないとても, 見えないの, 見えないよ, 見えないん, 見えない叔父, 見えない若, 見えない若々し, 見えなかったろう, 見えなかつたと, 見えまい, 見えませんでした, 見せやせんがなあ, 読んで, 達して, 顔の

▼ 位には~ (83, 0.5%)

7 なって 2 なった, なるの, なれると, ビクとも

1 [68件] あきて, ありつけるだろうと, あり付けそう, あり付けるだらう, いって, きいた筈, されたい, しあげなくっては, しやぎ, すぐに, たしかに籍, できるん, ないはず, なったであろう, なった筈, なりました, なりましょうかね, なる, なるだらう女, なるだろう, なるであろうかな, なるべきであったが, なれますのさ, まわった, みえた, キッと, ハネたい, 一切の, 上れない運命, 入りかねませんよ, 入れたが, 出来るです, 十分その, 即かず, 取られて, 延長できる, 当たるでしょうね, 当りますからね, 当るであろうとの, 必ず時には, 思いますねえ, 思うて, 思えるちょっとした, 思って, 思つた, 思ひしなるべし, 恐れ入ったねえ, 成ります処, 担ぎ上げられたかも, 暮して, 替えられぬ筈, 有り得るであらう, 楽観し, 湿布を, 溯り得ると, 発つて, 登用される, 私も, 立つたでせうが, 行きそう, 行くつもり, 見えますでしょう, 負けないだらう, 負りますまい, 買ふよ, 賑やかに, 起った, 達したらうか

▼ 位だった~ (64, 0.4%)

3 そうです, んです 2 からね, そうで, と思います, と思う, わ

1 [48件] かしら, かというよう, かな, かな小説, かも知れない, から一円, から十二尺, から長い, か覚え, か覚えません, が, がせめて, がそのうち, がそれ, がよく, が昨夜馬流, が然し, が顔, けれども十時頃, し男, じゃありません, そうだ, そうで御座います, と覚え, と言っ, と記憶, の, のだ, のであろう, のです, のでその, ので大変, ので大袈裟, ので接唇, ので証人, のに, のにその, のに私, のよ家, ひとが, もんだ, よ, ような, よくねられた, んでございます, 其内利助も, 同行の, 由

▼ 位であった~ (57, 0.3%)

4 という, と思う 3 がしかし 2 と思います

1 [44件] かしらこれ, かそれ, かと思う, かは今, から, からである, からどちら, から余程, から断っ, から殺戮, がその, がそれ, がそれでも, がなお, がやがて, が今, が円本, が地位, が夕方国元, が夫人, が検査, が極めて, が此頃, が父, が知識, が私, が竜子, が純白, が義母, が近年, けれども暁, けれど民子, ことを, そうです, のが, のだ, のであります, のに何, のに昭和十三年, ものが, 其処で, 字が, 時は, 頃の

▼ 位ずつ~ (54, 0.3%)

2 泊って

1 [52件] いられたら幸福, この小説, すかして, そこの, その具足, その附近, ちょっとした地主, であるから, できた, で日夜, のこされる様, ぶっつづけて, やって, われわれの, 一まとめに, 七日に, 七本に, 下って, 休んだが, 低下し, 何だか漫然と感興, 入れられるほど, 具足だけ, 出て, 出るです, 吾, 塩ものを, 女学校や, 定時の, 居られましたが, 年を, 忘れた頃, 恐ろしい眼, 掛るです, 教えを, 早くおき, 書いて, 村に, 橙酢でも, 正餐か, 歩んで, 殖えますかね, 減って, 病気を, 睡眠時間を, 背負うて, 見舞って, 語彙も, 這い上って, 遅らして, 雑司ヶ谷の, 離れて

▼ 位~ (39, 0.2%)

3 に叙せられた 2 に叙, に叙せられ, の少将

1 [30件] が上, だ, で卒, とある, といふむしろ, となった, になつ, に進められた, に遠, の位, の兵衛権佐, の兵部, の参議, の唐名, の棒, の開拓判官松浦竹四郎, までになつて, をいただきました, をもらった, をやり, を以て招安, を授, を授け, を授けられ, を賜わる, を贈られ, ノ侍従六万千石, 実近, 或は従五位下, 翌仁平元年正月六日従四位下

▼ 位~ (31, 0.2%)

2 のこと

1 [29件] からかな夜, からでしょう, からのお, からも, から一部, から思う, から船室, から非常, か忘れた, だったかに, でしたらう青木君, でしたろう青木君, ですかしら, ですよ, とはおかしい, と思われる, にちょっと, にロシア, に一台, に来, に流行った, の創設, の原料, の晩, の話, は海, へ行っ, までは牛込, 迄来年

▼ 位~ (29, 0.2%)

10 でもない 2 でもありません, でもあるまい, でも無い, も彼

1 [11件] か出来なけれ, か本当に, か痛々しい, でもなく, なのよ, のこたなかッぺ, の手数, の某, の渡りかけ, の造作, よりもたのしい

▼ 位にも~ (28, 0.2%)

3 見える 2 なって, 上らうといふ

1 [21件] この人, なった時, なるでございましょう, なろうかと, や, 一年位にも, 上って, 中御門中納言にも, 今健気でした, 優って, 勧めながら, 多く出, 当ろうか, 当局や, 昇ると, 減る事, 當らない, 自分は, 見えぬこと, 足らぬもの, 非ず

▼ 位~ (24, 0.1%)

1 [24件] ありなん, あわてなすった, しらべが, らちやん, わかりに, ッ魂消, ツ魂消, 上手な, 久美さんは, 互に離ればなれ, 仕払, 光さんが, 判りに, 利口な, 前方に, 収穫に, 増が, 安い事, 廉いか, 役に立ち得るか, 持ちに, 添に, 買いなさい, 貸しなすった

▼ 位でした~ (24, 0.1%)

3 がその 2 から, がこの, が私, もの

1 [13件] かその, からね, から相当, がいかにも, がそれ, がやがて, がやっと, が三人, が毎晩, けれどそれ, ぜ, のに, よ

▼ 位にまで~ (23, 0.1%)

2 なった, 高潮し

1 [19件] さう, なって, なつた, なられたこと人, なり得たらおれ, 二人の, 人に, 低くそれら, 卑しくさ, 単純化した, 叙せられた立派, 敏感に, 昇進した, 為て, 育って, 達した時, 達すること, 達せられると, 長大な

▼ 位までの~ (23, 0.1%)

2 間に, 間は

1 [19件] ことが, ことなら出来る, ものについて, 事お, 作に, 作品を, 初期微動を, 女の子を, 奴は, 小物は, 怠けもので, 文字を, 死を, 盲目な, 瞽官制度の, 社会で, 簡を, 電車の, 高さ

▼ 位~ (22, 0.1%)

1 [22件] がっかりしたでしょう, が最後, が泣い, が磨つて, と連れ添う, にとって嬉しい, の, の仕事, の堅実, の大好き, の心, の背後, はいつかそれ等, はこの, はその, は妙, は我, は泣いた, は激怒, は苦しい, より二ツ, をすすめ

▼ 位その~ (21, 0.1%)

2 人にとって, 外猫だの

1 [17件] 人でありましょう, 位の, 入口は, 周囲の, 外は, 夢に, 店に, 恐ろしさ, 感じ新鮮であった, 才学を, 時は, 望みを, 物の, 眼の, 舅の, 頃は, 騒ぎの

▼ 位~ (20, 0.1%)

1 [20件] やありません, やそんなに, やない, やね, やらう, やわからない, や人間, や仲, や君, や坊さん, や手, や泳, や滅多, や濟まね, や窓, や見, や變ら, や貧乏人, や迚, や防ぎ

▼ 位殿~ (20, 0.1%)

4 に献上 2 は, は此

1 [12件] からもまた, が自分, と高, にあげる, の上, の侍, の御, の看護, はその, はななめ, は守護, も

▼ 位ひで~ (19, 0.1%)

3 あつた

1 [16件] えとも, お仕舞ひなん, ごまかして, せう, そんな途方, はこれ, はとても, は律しられぬ, も飲む, やめて, 丁度好い, 少々費, 済して, 疲れるかね, 純造, 行かれる海辺

▼ 位までは~ (19, 0.1%)

1 [19件] この北城一帯, そういうこと, その妄執, たしかに平安朝美女, まあ無難, めでたく平穏, 一つの, 使へるだらう, 出たりなど, 劉向, 嫁入を, 急行らしい, 成り登るなり, 斬れるもの, 櫛一杯に, 毎日行っ, 特に変った, 生活の, 美人の

▼ 位~ (18, 0.1%)

2 しらん

1 [16件] あるいはその, すこし多く, それ以上の, であった, どうもいかん, まあみっともなく, わからなかったけれど, わかりません, 三代目位の, 二位であった, 今夜の, 今日は, 分らないの, 判明らない, 否な, 知らないが

▼ 位にて~ (18, 0.1%)

2 御座し

1 [16件] さらに異状, そのと, どうにか住まへる, サムライの, 七千三百五十七尺戸村牛岳が, 中, 充分の, 入学せる, 幸に, 庭の, 忠義の, 意を, 止めて, 殘念如何とも, 活動の, 生まれながら上下

▼ 位だつた~ (17, 0.1%)

2 がその

1 [15件] あのあなた, かな, かなと森林官, が, がずゐぶんくたぶれた, がそれでも, がはげしい, が今, が男, この二間, ぜ, ね, のでそれ, ので一層, よ

▼ 位だろう~ (17, 0.1%)

2

1 [15件] あゝ有難い, か, かぼろ洋服, か凄い, か私, か立派, けれど私, ということ, と思いました, と思います, と思った, と思われる, と言う, な, 十一二に

▼ 位でも~ (17, 0.1%)

3 あろうか 2 入山形

1 [12件] あったか, あったかと, あったでしょうが, どうにかならない, ようございます, よかろう, 出来得るよう, 有うかと, 構いません, 老鶏, 苦しいこと, 馬翁が

▼ 位よく~ (17, 0.1%)

4 知って

1 [13件] ばりな, わかった, 人に, 仕末, 出て, 出来るか, 出来るの, 分る, 分ること, 御存知なら, 湯煮, 煮詰めるの, 肖た双生児

▼ 位より~ (17, 0.1%)

4 外に

1 [13件] ありません, とるべきもの, 上は, 与える事, 出来ませんでした, 及第しなかつた, 取れないという, 多くは, 大きくならない, 昇進しなかった, 知らん, 考へられないから, 食わないよう

▼ 位以上~ (17, 0.1%)

3 及び別 2 の公卿

1 [12件] においては多く, になれ, には正, には食封, のきわめて, の人, の者猥, はどう, は餌, を朝臣, 諸司, 離れて

▼ 位~ (15, 0.1%)

2 が楽, の弱い

1 [11件] がつく, がめいつた事, が乗らなかった, が乗らなかつた, が利い, が狂, が違っ, にも留めなかった, にも留めなかつた, も体, を使っ

▼ 位~ (14, 0.1%)

1 [14件] だ逃げ, で流石, ならお, にゃ手, にアビクビク為, の価値, の恥, は遣る, ブンなぐっ, 力落だ, 探しても, 物の, 腹ア敲き破っ, 難儀を

▼ 位いい~ (13, 0.1%)

2 じや

1 [11件] お嬢さんに, お祖母ちゃん, かしれない, だろう, ぢや, とこは, 心持に, 気持な, 氣持な, 素質を, 頭の

▼ 位にな~ (13, 0.1%)

3 つてゐた 2 つてし, つてよ 1 つてから, つてその, つても, つて入らつ, つて其の, つて居ります

▼ 位~ (13, 0.1%)

1 [13件] さかい掘ったら出, ぜ引出し, ないか, ま, ッて, 五位が, 五位の, 區, 従五位を, 爵は, 赤を, 領地を, 鷹見泉石などが

▼ 位中将~ (13, 0.1%)

2 も来, 重衡 1 が訪ね, が負けぶるまい, って渾名, でいらっしゃいました, などもこうした, はいろいろ, は初恋, は始終, は身

▼ 位~ (13, 0.1%)

3 は精緻 1 だつて, の事, の脳神経, は小さかっ, は忙し, は怠け者, は腹, も道化人形, れ等, を恐ろし

▼ 位~ (13, 0.1%)

3 のお 1 えらい博識, お履物, がいらっしゃいます, がかわいがっ, が寮, と背中合せ, のお供, の御, は何, を並べたら

▼ 位かと~ (12, 0.1%)

1 [12件] あけすけに, いうと, 云ふと, 思いますが, 思う, 思うと, 思ってたら, 思つてたら, 思ふが, 考えて, 考ふる, 見えるよう

▼ 位じゃ~ (12, 0.1%)

1 [12件] ありませんか, げな, どうにもなりゃしません, 人間は, 利かないもん, 承知出来ません, 気絶も, 泣いたり, 腹が, 詰まらないねえ, 足りないで, 間に合わんよ

▼ 位であり~ (12, 0.1%)

1 [12件] そしてうず, そして真, それに, ながら荷船, コガワラヒワなども, ドン, 其処に, 前将軍家, 平安朝に, 成程, 横幅は, 職である

▼ 位~ (12, 0.1%)

1 [12件] あが, あがった数字, えつけ, だたつて, チョイ, 上った, 太子を, 宜奉, 心安いまま, 献上物の, 送られた数字, 送られた數字

▼ 位入れ~ (12, 0.1%)

2 て塩, て砂糖 1 ておく, てそれ, て別に, て弱い, て水, て混ぜます, て皆んな一緒, 交って

▼ 位時間~ (12, 0.1%)

4 がたった 2 が経った 1 がかかる, が懸る, が経過, と勞力, のたった, の隔たり

▼ 位かかる~ (11, 0.1%)

4 見込だ 1 そうで, という, と聞いた, のです, もので, わさ, ンです

▼ 位この~ (11, 0.1%)

1 [11件] ころから, サナトリウムだ, 下には, 友人の, 国民の, 国民或は, 天草の, 歌の, 言葉に, 質問は, 頃の

▼ 位であろう~ (11, 0.1%)

21 がしかし, がわたし, が奉行所, が色白, が途中, とひとり, と思われる, 幸いな, 或いは其の

▼ 位という~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことだ, のが, のだ, のと, 人の, 幾字は, 気風も, 狸が, 約束で, 軟論も, 長者である

▼ 位との~ (11, 0.1%)

2 二桁ものと, 間の 1 ことその, ひらきが, 一行である, 固に, 脈の, 開きが, 間には

▼ 位ゐだ~ (11, 0.1%)

7 つた 1 から相当, つた経木の, よ, 況して斯

▼ 位強い~ (11, 0.1%)

2 力で, 色を 1 かの疑問, から同じ, か知ってる, もの, 人に, 奴か, 有様では

▼ 位知っ~ (11, 0.1%)

3 ている 2 ていた 1 てい, ていなけれ, てさうな, てゐる, て居られる, て居り

▼ 位経った~ (11, 0.1%)

1 [11件] あとでは, か, かしらない, かよく, か全く, か半兵衛, か知らない, か自分, か赤ン坊, 後だ, 時でございましょう

▼ 位美しい~ (11, 0.1%)

2 海の 1 のであった, ものは, ものも, 噺は, 女に, 娘は, 純な, 顔を, 風景の

▼ 位長い~ (11, 0.1%)

2 さうだ 1 お方では, ものとして, 医者に, 時の, 毛皮の, 糸を, 間かう, 間の, 間有効な

▼ 位たつ~ (10, 0.1%)

2 たか判りません 1 てから, てからで, てから書きました, ともう, と又, と四等室位, と彼女, と高

▼ 位でございます~ (10, 0.1%)

2 から, からいざ 1 からそんなに, からね, から恨み, から煙管一本, と, もの

▼ 位でなけれ~ (10, 0.1%)

2 ば敵 1 ばいかん, ばいけない, ばならぬ, ばダメ, ばロース, ば出来ない, ば嘘, や噺家

▼ 位において~ (10, 0.1%)

9 成仏させる 1 その嬰児

▼ 位ひなら~ (10, 0.1%)

2 ば僕 1 お酒, ばきらきら, ばせめて, ば何ん, ば妾達, ば標準語, 好からう, 死んだ方

▼ 位~ (10, 0.1%)

1 から従五位下, で村岡五郎, とある, になった, に叙せられた, に当っ, に置い, の方, まで官, を授けられた

▼ 位~ (10, 0.1%)

1 が愕, が面好き, が頼みます, には親しい, にも裾分け, に堪へ, はこの, は愉快, も奇術師, を泣かし

▼ 位~ (10, 0.1%)

2 のこと 1 ですか, でもいい, で死ん, にはやせ, にはペテルブルグ, には子供, には本式, まで生存

▼ 位~ (10, 0.1%)

1 出来に, 希望なら, 常の, 常は, 湯上りなどの, 美しく見えた, 自分でなさる, 茶の, 逗留かも, 逗留でした

▼ 位自分~ (10, 0.1%)

1 で仕, にもたのしみです, に課した, に適当, の身, の金, は衰, を動かした, を愛し, を慰め

▼ 位あった~ (9, 0.1%)

2 のか 1 かと思う, かね, か知らない, か知りません, とお, のです, ように

▼ 位あつ~ (9, 0.1%)

2 た, たか 1 たの, たら, たら作れるだらう, ちでも, てい

▼ 位どう~ (9, 0.1%)

4 でも 2 だっていい 1 じゃな, でもし, なの

▼ 位ひだ~ (9, 0.1%)

7 つた 1 が四段, つたらう

▼ 位ゐなら~ (9, 0.1%)

1 ああいふ, ば時には, 一緒に, 何も, 其處に, 是非明日, 東京へ, 歩き度いと, 苦も

▼ 位人臣~ (9, 0.1%)

2 をきわめた, を極め, を極めた, を極める 1 をきわめる

▼ 位出し~ (9, 0.1%)

2 て居る 1 てもよい, ても可, てやる, て一名物, て下さいます, て林檎三つ, て貰える

▼ 位嬉しい~ (9, 0.1%)

1 かわからない, か知れなかった, か解, ことか, ことだ, ことは, ものだ, 事は, 時は

▼ 位~ (9, 0.1%)

1 が入っ, が有, に淡白, まうけの, をつけりゃ, を出す, を執っ, を溜めたらう, を納めれ

▼ 位面白い~ (9, 0.1%)

1 ものは, 事が, 事件が, 奴は, 家持ちを, 愉快な, 新作は, 本は, 生活を

▼ 位~ (8, 0.0%)

4 つても 1 がつて, つたの, つてよ, ツりやせん

▼ 位あり~ (8, 0.0%)

2 そうな, そうに 1 その孫たち, てその, 時には七, 長楕円形で

▼ 位いな~ (8, 0.0%)

3 のである 1 ことは, のが, のだ, のだった, のは

▼ 位これ~ (8, 0.0%)

1 では子供, にたいしてこの, は不思議, は変, までその, もその, を宮商角徴羽, を男らし

▼ 位したら~ (8, 0.0%)

2 と僕 1 きっとね, よいかとか, よさ, 任地へ, 到着する, 故郷へ

▼ 位ずつは~ (8, 0.0%)

1 どうしても要ります, 債券を, 叔父の, 大風か, 来る, 腕が, 身体の, 遣らかします

▼ 位それ~ (8, 0.0%)

1 に準じ, に葛蔓, は立派, も洋食屋, も直接消火, をうれしく, を取り, を苦痛

▼ 位だつたら~ (8, 0.0%)

1 一度出向い, 一思ひ, 何うにか, 何処の, 引揚げ, 食事を, 鶉にでも, 鹿児島の

▼ 位なれ~ (8, 0.0%)

1 どさりとて, ど気, ど氣, ばいくら, ば三間梯子, ば櫓, ば神経質, ば鼠

▼ 位~ (8, 0.0%)

1 が助かる, が悪く, が見たら, が集ま, に迷惑, の思はく, を馬鹿, 知れぬ苦労

▼ 位多く~ (8, 0.0%)

1 てもいい, の喰, の嘔吐, の時間, の秘密, の逢状, 攻撃される, 見られる場所

▼ 位沢山~ (8, 0.0%)

2 な家 1 あつた, あります, で丁度, なの, の歌, 大きい鯉

▼ 位立派~ (8, 0.0%)

1 でした, ならもう, な人間, な奴ども, な風采, にし, になっ, に生え揃っ

▼ 位~ (8, 0.0%)

2 が立ちました, を減らした 1 が減っ, が立った, の脹れた, も背

▼ 位高い~ (8, 0.0%)

1 かはまだ, かもとも思われた, のか, のである, ように, 御女性, 所に, 様に

▼ 位いる~ (7, 0.0%)

2 んだ 1 か, ことだろう, ことであろう, とほんとに, のか

▼ 位した~ (7, 0.0%)

2 もんでが 1 かということ, その屋敷町, のか, 時いや, 総ての

▼ 位だらう~ (7, 0.0%)

1 が端座, し支那, と思, と思つて, と思ひました, な, ね

▼ 位ほか~ (7, 0.0%)

1 なりゃあ, はなれ, 与えなかった彼, 寒さ, 思い出せぬ, 無かった, 経っては

▼ 位悪い~ (7, 0.0%)

2 国は 1 かあなた方, ものと, 失敗が, 女は, 家なれ

▼ 位あります~ (6, 0.0%)

1 か, が殊に, が水, ので専門学校, よ, よ親分さん

▼ 位かも~ (6, 0.0%)

2 しれない 1 しれず本当に, しれません, 知れず, 知れませんが

▼ 位であったろう~ (6, 0.0%)

21 と思います, と思う, と思われる, と自分

▼ 位であります~ (6, 0.0%)

1 からこれから, からすぐれた, から建築内部, から遠く, けれども實際應仁, のにいかに

▼ 位でしょう~ (6, 0.0%)

1 からねえ, か痩せた, がちゃんと, が美しい, と訊く, ね

▼ 位について~ (6, 0.0%)

1 やらうと, ゐたころ, 以来戦火乱箭の, 天下を, 日も, 漢朝の

▼ 位までに~ (6, 0.0%)

1 なった子, なります, 完了に, 至った人, 過ぎぬ故, 錦を

▼ 位以下~ (6, 0.0%)

1 において多く, には正, の下級地方官吏, の下級官吏, の多く, は一人

▼ 位~ (6, 0.0%)

2 きへ, の方 1 から既に, にあの

▼ 位古い~ (6, 0.0%)

2 んだ 1 ので, のと, ストック品でしょう, 所まで

▼ 位大きい~ (6, 0.0%)

1 のです, ものは, チョコレェトの, 女の子が, 瓶が, 西班牙櫛の

▼ 位大きな~ (6, 0.0%)

1 まるで暗い, ドンが, 価格札が, 奴だっ, 復讐は, 音響が

▼ 位~ (6, 0.0%)

1 おくれちまった, かならず例, たより頂いて, に五本, の賃銀引下げ, 出来る

▼ 位小さい~ (6, 0.0%)

1 のは, ものに, ものは, もんダチットモ誇る, 人は, 国だ

▼ 位幸福~ (6, 0.0%)

1 だったか, だったの, な奴, になる, に感じ, を味

▼ 位持っ~ (6, 0.0%)

1 てい, ていた, ておい, て居る, て行かれ, て行け

▼ 位早く~ (6, 0.0%)

1 ねなく, やつて, 打つかを, 正確に, 歩けるかを, 起きるの

▼ 位熱心~ (6, 0.0%)

1 であった, な奴, にその, にそんな, に掛けられた, に誠意

▼ 位行く~ (6, 0.0%)

2 と小さい 1 ぞ, の, ように, 筈の

▼ 位静か~ (6, 0.0%)

2 に呼 1 な町筋, にその, に眠っ, に蜻蛉

▼ 位あっ~ (5, 0.0%)

2 てもよ 1 てこれ, てよ, て写生

▼ 位あれ~ (5, 0.0%)

2 はほんの 1 ばちょっと, ば大概払い, ば宜いか

▼ 位いする~ (5, 0.0%)

1 ことに, ので祝儀, ものが, ものである, 立場が

▼ 位いだ~ (5, 0.0%)

1 からそう, から警察, がプリント, そうである, と云った

▼ 位いで~ (5, 0.0%)

1 偶, 尽きは, 御座居ます, 濟ますも, 自然科学などに

▼ 位いに~ (5, 0.0%)

1 一晩二晩の, 不定で, 備った, 現代の, 立命館大学の

▼ 位ずつの~ (5, 0.0%)

1 人足を, 僧禄を, 割りで, 割合と, 増加率を以て

▼ 位づつ~ (5, 0.0%)

1 の物持, 動くので, 呉れた, 掘られて, 誘ひ出し

▼ 位で御座います~ (5, 0.0%)

1 から, が, がそんな, が何, のに此

▼ 位とか~ (5, 0.0%)

1 いって, おもかげ, けちくさい, 侯爵とか, 称号が

▼ 位とも~ (5, 0.0%)

1 いった, いひたいやう, いわれる御仁, 見ゆる小柄, 見られない事

▼ 位どの~ (5, 0.0%)

1 には高, はそれ, 御所, 御所は, 顔も

▼ 位なる~ (5, 0.0%)

1 かしれない, がひとり忽然と, が周壁, が多く, 人が

▼ 位ひどく~ (5, 0.0%)

1 おやつれなすった, なった揚句, カーブを, 揺られた, 揺れるので

▼ 位までが~ (5, 0.0%)

1 中世何年位までが, 仮舎期で, 古代といふ, 房の, 近代である

▼ 位もう~ (5, 0.0%)

1 あっても, 一つの, 一人は, 分っても, 板行の

▼ 位わけ~ (5, 0.0%)

1 てやる, なしだ, のない, もない, も分らず

▼ 位ゐな~ (5, 0.0%)

2 のである, んだ 1 ものだ

▼ 位一体制~ (5, 0.0%)

1 になる, の在満, の改組案, の改革案, は当然

▼ 位中将信忠~ (5, 0.0%)

1 がいる, ともある, と聞えた, の名, も亦

▼ 位人間~ (5, 0.0%)

1 の情熱, の根性, の魂, は或, をさみしく

▼ 位仕事~ (5, 0.0%)

1 がある, がとん, をする, を楽しみ, 出来るか

▼ 位出来る~ (5, 0.0%)

1 かということ, からうるさい, ぢや, ように, 道が

▼ 位卿様~ (5, 0.0%)

1 が, で, に見つかっ, は, はどう

▼ 位大きく~ (5, 0.0%)

2 ないと 1 そこでは, なつて, 扁平な

▼ 位大納言~ (5, 0.0%)

1 にいたった, の地位, の旗, まで行ける, を以て終る

▼ 位~ (5, 0.0%)

1 のお, の高い, は従四位下右近衛中将, をはずかしめず, 正しきに

▼ 位~ (5, 0.0%)

2 が安 1 には余裕, に合ふか, も体

▼ 位明け~ (5, 0.0%)

1 ておく, ても平気, ても直に, て置い, なくつたつ

▼ 位書い~ (5, 0.0%)

1 てあった, てから婦人会, てきた, てなき, て安心

▼ 位続いた~ (5, 0.0%)

1 かとのお, かわかりません, がその間, のに遭遇, 恋が

▼ 位~ (5, 0.0%)

1 か前, でも接客日, でも読める, とも, にも逢はず

▼ 位離れた~ (5, 0.0%)

1 位置に, 処から, 処へ, 海の, 灌木の

▼ 位あと~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 から考え, には身體中汗

▼ 位ありましょう~ (4, 0.0%)

1 か, かね, かよほど, それに

▼ 位だったろう~ (4, 0.0%)

1 かな, そういうアイスクリーム, と思う, 八つか

▼ 位つきまとう~ (4, 0.0%)

4 て居る

▼ 位づける~ (4, 0.0%)

4 のは

▼ 位づゝ~ (4, 0.0%)

1 も起せる, 増してるから, 必ずあり, 遊んで

▼ 位でない~ (4, 0.0%)

1 かい, と味, もっと危険, 社会全体の

▼ 位とは~ (4, 0.0%)

1 このこと, 下らない, 別な, 知合ひ

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 つさりゐましたよ, られること, られる事, られる様

▼ 位ならいつ~ (4, 0.0%)

21 そ診察も, そ超然と

▼ 位につき~ (4, 0.0%)

1 たまえ, 民衆も, 給うたの, 給うまえに

▼ 位はっきり~ (4, 0.0%)

1 したもの, した差, 分って, 開いて

▼ 位もの~ (4, 0.0%)

1 も言はず, をかく, を言, 要らない犠牲

▼ 位よい~ (4, 0.0%)

1 か分らず, か分らない, 着物を, 質問を

▼ 位よりも~ (4, 0.0%)

1 卑下すれ, 尊い, 少し近い, 知恵が

▼ 位わかっ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ているだろう, て来た

▼ 位を以て~ (4, 0.0%)

1 す五, 抽斎に, 数へ, 誘われたが

▼ 位一體~ (4, 0.0%)

1 である, で三號殊, に關, の教理

▼ 位不愉快~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 である, に思った

▼ 位云っ~ (4, 0.0%)

2 て下さい 1 てよこし, て後

▼ 位健康~ (4, 0.0%)

2 に於 1 だが, を害し

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 つた様でした, つた樣でした, つて居ました, て二十分間位

▼ 位入っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, てゐた, てゐる, て来るだろう

▼ 位入る~ (4, 0.0%)

1 かわからない, のも, のを, んや

▼ 位即ち~ (4, 0.0%)

1 一分の半分です, 一合に, 半分間入れ, 皆様方の

▼ 位取った~ (4, 0.0%)

1 ばかりで身動き一つ, まま木像の, 二人は, 刀身が

▼ 位取る~ (4, 0.0%)

1 ので, のである, のです, 程の

▼ 位~ (4, 0.0%)

2 の選択 1 もよく, や子

▼ 位子供~ (4, 0.0%)

3 にくれる 1 だってするだろう

▼ 位少将~ (4, 0.0%)

1 が昨夜夜ふけ, の位, はそのまま, を迎え

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 というの, と新, の誘引, は実隆

▼ 位居る~ (4, 0.0%)

1 か知れませぬ, のだ, ようにも, んだ

▼ 位平気~ (4, 0.0%)

1 だからね, だよ, でやる, なの

▼ 位当然~ (4, 0.0%)

1 だと, で御, なこと, な事

▼ 位怪我~ (4, 0.0%)

1 は軽, は軽かっ, も何, をし

▼ 位~ (4, 0.0%)

2 をした 1 な目, をする

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 たかい, て崔, て貰え, ないとしても

▼ 位極めて~ (4, 0.0%)

1 上品な, 平気である, 平氣, 慎重であった

▼ 位権大納言~ (4, 0.0%)

1 となった, に昇った, に昇り, の叙任

▼ 位歩いた~ (4, 0.0%)

1 か分りません, か知らなかつた, とき又, んでせう

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 が出た, が各, で溶い, に漬け

▼ 位滞在~ (4, 0.0%)

2 して 1 する必要, の見込み

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 てその, てちょうど, てトースパン, のです

▼ 位~ (4, 0.0%)

2 が真, に散る

▼ 位経つ~ (4, 0.0%)

1 うちには, か経たない, と一週間一度, と目

▼ 位綺麗~ (4, 0.0%)

1 だ, な芝生, になり, に食う

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 いたか, いたところ, くので, けて行け

▼ 位興味~ (4, 0.0%)

1 ある課目, があった, の中心, 津々たるもの

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 つたつて, つてるの, はぬで, ひますか

▼ 位軽い~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 と思います, 代物な

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 來て, 書くと, 浸るやう, 第二段目

▼ 位通盛~ (4, 0.0%)

1 が此, の侍, の死骸, を始め

▼ 位違う~ (4, 0.0%)

1 か知れない, ことも, のだ, んだ

▼ 位違つて~ (4, 0.0%)

2 ゐても 1 も此, ゐた

▼ 位~ (4, 0.0%)

2 が熟し 1 がいい, を使っ

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 の皮, を会せ, を合す, を売つた

▼ 位~ (4, 0.0%)

1 の折れない, の折れる, を折っ, を折った

▼ 位~ (4, 0.0%)

3 に私 1 かにやつ

▼ 位あの~ (3, 0.0%)

1 二人の, 人がらと, 殺人事件を

▼ 位あらゆる~ (3, 0.0%)

2 責苦に 1 人間への

▼ 位いし~ (3, 0.0%)

1 か時間, か配慮, 得る

▼ 位いひ~ (3, 0.0%)

3 そうな

▼ 位いま~ (3, 0.0%)

1 での子供, での間夏冬, とまって

▼ 位いも~ (3, 0.0%)

2 あるの 1 飛出して

▼ 位いや~ (3, 0.0%)

1 です, なところ, な事

▼ 位お袋~ (3, 0.0%)

3 は時たま

▼ 位かかります~ (3, 0.0%)

1 から三十銭位, から箸, ね

▼ 位かすか~ (3, 0.0%)

2 な声 1 に女の子

▼ 位かな~ (3, 0.0%)

1 いまだに独り身, 三留位だろう, 兎に

▼ 位かなしい~ (3, 0.0%)

3 者は

▼ 位ここ~ (3, 0.0%)

1 で死ななけれ, にはその, へお

▼ 位~ (3, 0.0%)

2 あんすか 1 支度なさいました

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 う思ひつ, がし, 一向面白く

▼ 位そんな~ (3, 0.0%)

1 女は, 少女を, 風に

▼ 位たった~ (3, 0.0%)

1 か分らなかった, であろうか, でしょう

▼ 位だけ~ (3, 0.0%)

1 だ, ぢや, では

▼ 位だったら~ (3, 0.0%)

1 此世界は, 瓦斯ストーブで, 皆んな知ってる

▼ 位つづいた~ (3, 0.0%)

1 かと仰っし, かは自分, かむろん

▼ 位でしたら~ (3, 0.0%)

2 私は 1 どうぞお

▼ 位でしたろう~ (3, 0.0%)

1 か, かねえ, か折廻し

▼ 位で御座いました~ (3, 0.0%)

1 から私, がその, がそれ

▼ 位ならもつ~ (3, 0.0%)

1 と根本的, と池, と隱

▼ 位なら死ん~ (3, 0.0%)

1 でしまえ, でしまおう, で仕舞

▼ 位なら死んだ~ (3, 0.0%)

2 方が 1 ほうが

▼ 位なり~ (3, 0.0%)

1 しならん, 多くの, 職なり

▼ 位によ~ (3, 0.0%)

2 つて生れた 1 つて種類が

▼ 位に対して~ (3, 0.0%)

1 ともかくも, 御気の毒, 殆ど蠅

▼ 位のね~ (3, 0.0%)

2 うちは 1 うちしか

▼ 位ひである~ (3, 0.0%)

1 からほんとう, から道化, が兎

▼ 位ひな~ (3, 0.0%)

1 もので却つて先生方, 広さ, 淋しさ

▼ 位ほつ~ (3, 0.0%)

3 とした

▼ 位また~ (3, 0.0%)

1 のんびりと, 青年に, 飲ますが

▼ 位までには~ (3, 0.0%)

1 たちたいと, 帰らなくっちゃあ, 漕ぎつけ得るかも

▼ 位までも~ (3, 0.0%)

1 あり, 年貢米として, 着て

▼ 位みんな~ (3, 0.0%)

1 がお, のしあわせ, 出しますから

▼ 位めくら按摩~ (3, 0.0%)

3 に探

▼ 位もっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てもい, て来

▼ 位わたし~ (3, 0.0%)

1 と同じこの, はとにかく, はもとより

▼ 位ゐです~ (3, 0.0%)

1 か, が私, ね

▼ 位一体~ (3, 0.0%)

1 というやつ, というよう, の一位

▼ 位一度~ (3, 0.0%)

1 に召, に舐め, もとりかえられた

▼ 位~ (3, 0.0%)

3 仕合の

▼ 位不思議~ (3, 0.0%)

1 じゃない, でないこと, なもの

▼ 位以来~ (3, 0.0%)

1 およそ二十年, すでに四年, の数々

▼ 位低く~ (3, 0.0%)

1 おぢぎをして, お辞儀を, して

▼ 位便利~ (3, 0.0%)

1 なもの, な事, になる

▼ 位信用~ (3, 0.0%)

1 すべき媒妁人, のあった, 出来るかと

▼ 位元気~ (3, 0.0%)

1 になっ, になった, よく若かっ

▼ 位六位~ (3, 0.0%)

1 の蔵人, ほどの妻, までも着

▼ 位凛と~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 位出來~ (3, 0.0%)

1 たい, るだらうと, る道

▼ 位出来~ (3, 0.0%)

1 そうか, そうです, ていれ

▼ 位出来れ~ (3, 0.0%)

1 あ沢山, ばそれで, ば辛棒

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 があつ, のない, を入れれ

▼ 位厄介~ (3, 0.0%)

1 なもの, な遺言, 極まる苦手

▼ 位参議~ (3, 0.0%)

1 という位階, に任叙, の六波羅殿

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 いぢ, い心持, 哀さうな

▼ 位困難~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 しい探偵事件

▼ 位売れる~ (3, 0.0%)

1 ものか, ものかな, 雑文で

▼ 位変化~ (3, 0.0%)

2 したかを 1 させるか

▼ 位夢中~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 になつ

▼ 位大人~ (3, 0.0%)

1 になった, になりかけた, らしくなつ

▼ 位大切~ (3, 0.0%)

1 だか, な場合, な物

▼ 位~ (3, 0.0%)

2 に化け 1 の社会感情

▼ 位好い~ (3, 0.0%)

1 か分らない, ところは, 女を

▼ 位~ (3, 0.0%)

2 に僕等 1 な人間

▼ 位完全~ (3, 0.0%)

1 な事件, に出来, に同じ

▼ 位少し~ (3, 0.0%)

1 ずつ買っ, の肉, 沢山した

▼ 位強く~ (3, 0.0%)

2 ない火 1 彼等の

▼ 位当り前~ (3, 0.0%)

1 とは何, にやれ, の事

▼ 位徹夜~ (3, 0.0%)

2 して 1 したって

▼ 位心丈夫~ (3, 0.0%)

2 であらう是 1 であらうこれ

▼ 位感謝~ (3, 0.0%)

1 したか, して, をした

▼ 位憂鬱~ (3, 0.0%)

2 な旋律 1

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 が震え, の痛く, を入れ

▼ 位日本~ (3, 0.0%)

1 が勝つ, のもの, の陶器

▼ 位明白~ (3, 0.0%)

2 な事 1 であった

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 いので, い日, い時

▼ 位有る~ (3, 0.0%)

1 か何, か知れぬ, と同

▼ 位有村~ (3, 0.0%)

1 が帷幕, は腑, は薙刀

▼ 位案じたらう~ (3, 0.0%)

3 早くお

▼ 位歩い~ (3, 0.0%)

1 てまた, てみました, て喰っ

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 が生前, なども従来, の関ヶ原参加否定説

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 の出る, をかく, を絞り出す

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 煮て, 煮なければ, 煮ると

▼ 位無数~ (3, 0.0%)

2 の長所 1 の卵細胞

▼ 位無駄~ (3, 0.0%)

2 がつい 1 を出した

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 かつた, があっ, を出し

▼ 位獲得戦~ (3, 0.0%)

1 でさ, で第, の首位

▼ 位現在~ (3, 0.0%)

1 の吾, の英国, やさしいこと

▼ 位~ (3, 0.0%)

2 のない 1 ふるので

▼ 位~ (3, 0.0%)

2 ばくれ 1 かつた

▼ 位百年~ (3, 0.0%)

2 も辛棒出來 1 も辛棒

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 に同一, に独立, に編成

▼ 位~ (3, 0.0%)

2 を光らし 1 の前

▼ 位知つて~ (3, 0.0%)

2 ゐますよ 1 ゐたの

▼ 位簡単~ (3, 0.0%)

2 に分っ 1 で天井

▼ 位純粋~ (3, 0.0%)

1 なの, な作家, な芸術家

▼ 位置い~ (3, 0.0%)

1 てからの方, て僧侶, て往つた

▼ 位美しく~ (3, 0.0%)

1 咲いて, 大へん, 気持が

▼ 位色々~ (3, 0.0%)

1 な場面, な客, 助力を

▼ 位若い~ (3, 0.0%)

1 冷泉為尹を, 娘, 男を

▼ 位苦労~ (3, 0.0%)

1 をし, をした, をなされた

▼ 位苦心~ (3, 0.0%)

1 したか, して, をした

▼ 位要る~ (3, 0.0%)

1 かと云, のだ, ものか

▼ 位見せ~ (3, 0.0%)

1 て上げらア, て下さっ, て置く

▼ 位見事~ (3, 0.0%)

1 な身体, な身體, な風貌

▼ 位親切~ (3, 0.0%)

1 だったから, に世話, に思う

▼ 位~ (3, 0.0%)

1 なく出来る, なく隠れ, のわかる

▼ 位財産~ (3, 0.0%)

2 をお 1 をもも

▼ 位貸し~ (3, 0.0%)

1 てくれ, て呉れた, て遣っ

▼ 位身体~ (3, 0.0%)

1 があれ, が倦怠, も心

▼ 位辛抱~ (3, 0.0%)

1 して, しなくつちや, しろ

▼ 位迄の~ (3, 0.0%)

1 極めて短, 若い女, 高さ

▼ 位逗留~ (3, 0.0%)

1 して, しなくちゃあ, しなければ

▼ 位進ん~ (3, 0.0%)

2 でいる 1 で来た

▼ 位道後温泉~ (3, 0.0%)

2 へは数町 1 へは数丁

▼ 位長く~ (3, 0.0%)

1 使えるだろうと, 彼は, 支那の

▼ 位~ (3, 0.0%)

2 がある 1 をおい

▼ 位離れ~ (3, 0.0%)

1 ている, て居た, て斜

▼ 位飲んだ~ (3, 0.0%)

1 でせう, のだろう, んでせう

▼ 位高く~ (3, 0.0%)

2 して 1 なつて

▼ 位あがる~ (2, 0.0%)

1 かしれねえ, か大層

▼ 位あなた~ (2, 0.0%)

2 は御存じ

▼ 位ありゃ~ (2, 0.0%)

1 肴にゃ, 肴は

▼ 位あるだろう~ (2, 0.0%)

1 と人数, と夫

▼ 位いあれ~ (2, 0.0%)

2 ばいい

▼ 位いだった~ (2, 0.0%)

1 が頑丈, と言う

▼ 位いです~ (2, 0.0%)

1 のに, よ

▼ 位いまし~ (2, 0.0%)

2 がた私

▼ 位い取り落し~ (2, 0.0%)

2 てもこわれる

▼ 位~ (2, 0.0%)

2

▼ 位えらい~ (2, 0.0%)

1 勢ひ, 奴の

▼ 位おくれ~ (2, 0.0%)

1 てあの, ている

▼ 位おそろしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, 効果を以て

▼ 位おぼえ~ (2, 0.0%)

1 ているだろう, て置け

▼ 位お金~ (2, 0.0%)

1 がか, を使っ

▼ 位かうし~ (2, 0.0%)

1 て子守り, て立つ

▼ 位かかっ~ (2, 0.0%)

1 てあなた, てこれ

▼ 位かかりましょう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ 位かけ~ (2, 0.0%)

1 てくれる, ば目玉

▼ 位かしら~ (2, 0.0%)

1 女の子らしい, 面白いから

▼ 位かとも~ (2, 0.0%)

1 思う, 思われた

▼ 位かに~ (2, 0.0%)

1 あった日本, 吉川英治を

▼ 位からの~ (2, 0.0%)

1 事で, 男女を

▼ 位からは~ (2, 0.0%)

1 外人教師の, 銭湯の

▼ 位がっかり~ (2, 0.0%)

1 した, した事

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 さまは, てい

▼ 位きみ~ (2, 0.0%)

1 はうそ, はどう

▼ 位こまかく~ (2, 0.0%)

1 ふるいました, ふるひました

▼ 位さき~ (2, 0.0%)

1 によこし, は見当

▼ 位さま~ (2, 0.0%)

1 から相伝, がいとも

▼ 位しかして~ (2, 0.0%)

1 ゐませんので, 残りの

▼ 位しかは~ (2, 0.0%)

1 ひれないその, ひれない上

▼ 位したかつた~ (2, 0.0%)

2 つけ

▼ 位しっかり~ (2, 0.0%)

1 した具体性, して

▼ 位すき~ (2, 0.0%)

1 であった, なもの

▼ 位すぐ~ (2, 0.0%)

1 に, に醉

▼ 位すなわち~ (2, 0.0%)

1 従一位をば, 政治の

▼ 位すばらしい~ (2, 0.0%)

1 ものの, 勢である

▼ 位すべて~ (2, 0.0%)

1 の電車, は単純

▼ 位ずつに~ (2, 0.0%)

1 截らなけれ, 折って

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 なはり

▼ 位そう~ (2, 0.0%)

1 いえば, 二十五六にも

▼ 位そして~ (2, 0.0%)

1 この隣交際, 我国の

▼ 位それほど~ (2, 0.0%)

1 外出歩きを, 流行という

▼ 位それら~ (2, 0.0%)

1 のもの, の別荘

▼ 位たちました~ (2, 0.0%)

1 かふと, 丈夫な

▼ 位たより~ (2, 0.0%)

2 ない芸術

▼ 位だけは~ (2, 0.0%)

1 ずんずん上がる, まるで外

▼ 位ださうだ~ (2, 0.0%)

1 から無理, ねと云つて

▼ 位だぶだぶ~ (2, 0.0%)

2

▼ 位つき~ (2, 0.0%)

1 あひます, 難い事

▼ 位でありました~ (2, 0.0%)

1 が後, ので切符

▼ 位であれ~ (2, 0.0%)

1 ばなおなお, ば日頃

▼ 位でございました~ (2, 0.0%)

1 からね, そうです

▼ 位ででも~ (2, 0.0%)

1 あったの, あつた

▼ 位でなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃいかん, ちゃだめ

▼ 位でへ~ (2, 0.0%)

1 エ, ツへ

▼ 位といふ~ (2, 0.0%)

1 ところであつ, 方針で

▼ 位なお~ (2, 0.0%)

1 膳が, 靜が

▼ 位なき~ (2, 0.0%)

1 のみならず, 人で

▼ 位なく~ (2, 0.0%)

1 つちや, 姿美しからず

▼ 位なら生れない~ (2, 0.0%)

2 方が

▼ 位なんて~ (2, 0.0%)

1 お前そんな, 言う奴

▼ 位においては~ (2, 0.0%)

2 一町すなわち

▼ 位によって~ (2, 0.0%)

1 刊行された, 列座した

▼ 位のぼっ~ (2, 0.0%)

2 て一寸

▼ 位のや~ (2, 0.0%)

1 いろいろある, 天保銭位の

▼ 位はかない~ (2, 0.0%)

1 ばかり憂欝, ものは

▼ 位ひし~ (2, 0.0%)

1 か云, か発表

▼ 位ひど~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 位ひなの~ (2, 0.0%)

2

▼ 位ひなん~ (2, 0.0%)

1 だから, だが

▼ 位へは~ (2, 0.0%)

1 三重襲の, 往かれたもの

▼ 位ぺろり~ (2, 0.0%)

1 と喰, と片付けた

▼ 位まだ~ (2, 0.0%)

1 出してるかも, 来る予定

▼ 位までしか~ (2, 0.0%)

1 ないね, 届かないの

▼ 位もっとも~ (2, 0.0%)

1 十九の, 材料に

▼ 位やっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ておきましょう

▼ 位ゆく~ (2, 0.0%)

1 か, と成就社

▼ 位ゆっくり~ (2, 0.0%)

1 さしたげな, カーブを

▼ 位よう~ (2, 0.0%)

1 売れます, 御座んせう

▼ 位よかっ~ (2, 0.0%)

2 たか

▼ 位ゐしたら~ (2, 0.0%)

1 そろそろヘラ, どうな

▼ 位ゐである~ (2, 0.0%)

1 がその, のだ

▼ 位ゐる~ (2, 0.0%)

1 か, かな

▼ 位をば~ (2, 0.0%)

1 あまり惜しまず, 想知する

▼ 位イヤ~ (2, 0.0%)

1 なもの, に静か

▼ 位デリケート~ (2, 0.0%)

1 なもの, な研究

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 てハ, 居て

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 お局, 塊リアリテ

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 いり申候, おやしない致す

▼ 位ハイカラ~ (2, 0.0%)

2 に取り

▼ 位一つ事~ (2, 0.0%)

1 をぐる, をぐるぐる

▼ 位一年~ (2, 0.0%)

2 行かなくても

▼ 位一致~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 位一面~ (2, 0.0%)

1 から云, から云え

▼ 位丈夫~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 位三位~ (2, 0.0%)

1 に落とされ, の典侍

▼ 位上左権中将~ (2, 0.0%)

1 であった, であったが

▼ 位下侍従~ (2, 0.0%)

1 にも進み, に任

▼ 位下参議~ (2, 0.0%)

2 に補

▼ 位下左近衛少将~ (2, 0.0%)

1 に任官, に叙

▼ 位不可能~ (2, 0.0%)

1 とは思われません, な事

▼ 位世間~ (2, 0.0%)

1 から信用, に利益

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 にい, に埋没

▼ 位丸顔~ (2, 0.0%)

1 で色, に黒味勝

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 事に, 御風味

▼ 位争い~ (2, 0.0%)

1 というもの, というやつ

▼ 位五位~ (2, 0.0%)

1 が多く, の官人

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 の世の中, は活動写真

▼ 位休んだ~ (2, 0.0%)

1 ってそんなに, って何

▼ 位休養~ (2, 0.0%)

1 したかったのに, しなければ

▼ 位似つ~ (2, 0.0%)

2 かはしい

▼ 位低い~ (2, 0.0%)

1 ところで, ダダッ広い

▼ 位何時も~ (2, 0.0%)

2 よりは猶

▼ 位余計~ (2, 0.0%)

1 にあった, に寝る

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 の, の書

▼ 位侍従~ (2, 0.0%)

1 になっ, に終っ

▼ 位保護~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 位信任~ (2, 0.0%)

2 をされ

▼ 位僅か~ (2, 0.0%)

1 なん, な物

▼ 位儲かる~ (2, 0.0%)

1 かはこの, もんでしょう

▼ 位儲かるなら~ (2, 0.0%)

2 僕も

▼ 位入れよう~ (2, 0.0%)

2 かと思

▼ 位入れられる~ (2, 0.0%)

1 ものでしょう, やうに

▼ 位入用~ (2, 0.0%)

1 か精算, の由

▼ 位全く~ (2, 0.0%)

1 一人きりで, 一言も

▼ 位八十町~ (2, 0.0%)

2 より従五位八町

▼ 位八町~ (2, 0.0%)

1 まで, までを規定

▼ 位公爵~ (2, 0.0%)

1 を夫, を持ち

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 かしい事, ずかしい物

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 で責められた, の程度

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 そうな, てゐる

▼ 位出る~ (2, 0.0%)

1 そうだ, には出た

▼ 位分け~ (2, 0.0%)

1 ても好い, て師

▼ 位加え~ (2, 0.0%)

1 てよく, て火

▼ 位助け~ (2, 0.0%)

1 てもらう, になった

▼ 位勉強~ (2, 0.0%)

1 した, する

▼ 位勝ち~ (2, 0.0%)

1 すること自体, で十二時近く

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 の牌, を有し

▼ 位勲二等~ (2, 0.0%)

1 など, などと大きな

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 あんまり笑, 男自身の

▼ 位収入~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 位取っ~ (2, 0.0%)

1 てお, て動かぬ

▼ 位取れる~ (2, 0.0%)

1 のださうで, ようにと

▼ 位古く~ (2, 0.0%)

1 ならないで, 売り込んだ店

▼ 位可笑しい~ (2, 0.0%)

1 ものは, 物は

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 に乗込み, は屋久島海上

▼ 位同じ~ (2, 0.0%)

1 かちが, 伝統を

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 を偽称, を挙げる

▼ 位君権~ (2, 0.0%)

1 に固有専属, は立法

▼ 位喜ぶ~ (2, 0.0%)

1 かも知れぬ, か知れない

▼ 位喜んだ~ (2, 0.0%)

1 か知れなかった, か知れません

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 つてるから

▼ 位四方~ (2, 0.0%)

1 の神仏, は

▼ 位地獄漫遊~ (2, 0.0%)

2 と出かけ

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 な人, な態度

▼ 位夥しい~ (2, 0.0%)

1 でしょう都電, 男の

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 あばれに, キナ声デ

▼ 位大事~ (2, 0.0%)

1 なので, にし

▼ 位太鼓~ (2, 0.0%)

1 を叩き, を叩き立て

▼ 位好き~ (2, 0.0%)

1 で一種, な先生

▼ 位好奇心~ (2, 0.0%)

1 が強い, で一杯

▼ 位如何~ (2, 0.0%)

1 かなり, にある

▼ 位始末~ (2, 0.0%)

1 におえない, の悪い

▼ 位嬉し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 位嬉しく~ (2, 0.0%)

1 なって, 写りました

▼ 位子供心~ (2, 0.0%)

1 にも当惑, に興味

▼ 位安全~ (2, 0.0%)

1 な危険, にはこんでしまつた

▼ 位安心~ (2, 0.0%)

1 したと, なもの

▼ 位官名~ (2, 0.0%)

1 あるため, の肩書

▼ 位実に~ (2, 0.0%)

1 わけないはなし, 易々たる

▼ 位実行~ (2, 0.0%)

1 して, の出来る

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 があった, がとれる

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 位察し~ (2, 0.0%)

1 がつきやす, てい

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 であって, をうけた

▼ 位小さけれ~ (2, 0.0%)

2 ば三

▼ 位小指~ (2, 0.0%)

2 の先さ

▼ 位尤も~ (2, 0.0%)

1 であつ, です

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が水底, の計らい

▼ 位居た~ (2, 0.0%)

1 って大丈夫, のである

▼ 位已に~ (2, 0.0%)

1 司徒に, 高うし

▼ 位年上~ (2, 0.0%)

1 であろう, でしょう

▼ 位幾ら~ (2, 0.0%)

2 でも捕まる

▼ 位廻っ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て行く

▼ 位弁舌~ (2, 0.0%)

2 の巧み

▼ 位強かっ~ (2, 0.0%)

1 た, たと

▼ 位彼女~ (2, 0.0%)

1 の口, の黒い

▼ 位微妙~ (2, 0.0%)

1 なもの, な程度

▼ 位心持~ (2, 0.0%)

1 がいい, よい布袋

▼ 位心配~ (2, 0.0%)

1 したか, をした

▼ 位必ず~ (2, 0.0%)

1 肺の, 茂吉を

▼ 位必要~ (2, 0.0%)

1 とし, なもの

▼ 位思出~ (2, 0.0%)

1 の多い, の色

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 である, にも流れず

▼ 位恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ものは, 事だ

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 あるやつ, が切れ

▼ 位悪く~ (2, 0.0%)

1 したか, しても

▼ 位悲しい~ (2, 0.0%)

1 事だった, 思ひを

▼ 位感激~ (2, 0.0%)

1 して, せしめられたこと

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 な身分

▼ 位我我~ (2, 0.0%)

2 の未来

▼ 位或は~ (2, 0.0%)

1 それより, 泉石が

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 はえ, はどこらあたり

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 へて置く, へます

▼ 位挑戦者~ (2, 0.0%)

1 になり, になれ

▼ 位掛らなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば動かせない, ば完全

▼ 位掛る~ (2, 0.0%)

1 か知らん, そうです

▼ 位推して知るべし~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 へる事, を減じた

▼ 位文部卿~ (2, 0.0%)

1 にでもなった, のよう

▼ 位断っ~ (2, 0.0%)

1 てもそれ, て来ました

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 らしいの, らしい節

▼ 位方々~ (2, 0.0%)

1 でやつ, を探し廻った

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 かに思われ, かに見た

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 が経った

▼ 位時代~ (2, 0.0%)

1 に対して臆病, をくっきり

▼ 位晴れ晴れ~ (2, 0.0%)

1 した微笑, と美くし

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 になつ, を作つて

▼ 位暗かっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が間違っ, に貰つて

▼ 位有名~ (2, 0.0%)

1 な名医, になった

▼ 位有益~ (2, 0.0%)

1 だか, です

▼ 位有難い~ (2, 0.0%)

1 か知れない, ものは

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 をよんだ, 當で

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ 位東京~ (2, 0.0%)

1 に引っ返し, へ出張

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 でも鴨居

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 と背中合せ, の御

▼ 位権中納言~ (2, 0.0%)

2 に昇り

▼ 位残っ~ (2, 0.0%)

1 てい, ております

▼ 位残った~ (2, 0.0%)

1 のを, 所などは

▼ 位殖える~ (2, 0.0%)

1 か見よう, ものだ

▼ 位毎日~ (2, 0.0%)

1 産んで, 運んで

▼ 位気分~ (2, 0.0%)

1 がよく, わるくなっ

▼ 位気持~ (2, 0.0%)

1 が顛倒, よくそして

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が廻り, をつけ

▼ 位永く~ (2, 0.0%)

1 あの腰掛, ゆかなかったこと

▼ 位沈む~ (2, 0.0%)

2 と急

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 まで平ら

▼ 位注し~ (2, 0.0%)

1 て少し, て置い

▼ 位注意~ (2, 0.0%)

1 したか, します

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 をこぼし, をこぼした

▼ 位涼しい~ (2, 0.0%)

1 ので水, 目が

▼ 位淋し~ (2, 0.0%)

1 かつた, そうな

▼ 位淋しい~ (2, 0.0%)

1 もので, んだ

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 かつた, さは

▼ 位深く~ (2, 0.0%)

1 お辞儀を, 感じて

▼ 位深刻~ (2, 0.0%)

1 な興味, に真に

▼ 位混ぜ~ (2, 0.0%)

1 てバター, て煮

▼ 位無意味~ (2, 0.0%)

1 を極め, を極めて

▼ 位無理~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 位無能力~ (2, 0.0%)

1 かといふ事, かといふ事大臣

▼ 位焼け~ (2, 0.0%)

1 ていた, ば豚

▼ 位物見車~ (2, 0.0%)

2 の御供

▼ 位物音~ (2, 0.0%)

2 を立て

▼ 位生き~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来た

▼ 位用意~ (2, 0.0%)

1 して, する積り

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 には人, の人

▼ 位疲れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまっ

▼ 位病気~ (2, 0.0%)

1 についての智識, をする

▼ 位痛切~ (2, 0.0%)

1 だか, に感じるでしょう

▼ 位痛快~ (2, 0.0%)

1 な人物, な女

▼ 位白い~ (2, 0.0%)

1 壁の, 花の

▼ 位盗も~ (2, 0.0%)

2 てがん

▼ 位盗人~ (2, 0.0%)

1 の盛ん, を巧妙

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 な活動, に興業熱

▼ 位相手~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 位睡った~ (2, 0.0%)

1 かしらぬ, のか

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 かいも, かいセル

▼ 位社長~ (2, 0.0%)

2 や理事

▼ 位稽古~ (2, 0.0%)

2 しましたらそろそろ

▼ 位穿った~ (2, 0.0%)

2 要領を

▼ 位窮屈~ (2, 0.0%)

2

▼ 位立っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, ている

▼ 位立った~ (2, 0.0%)

2 か覚え

▼ 位立つ~ (2, 0.0%)

1 てからでなく, と刹那的

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 に置かれ, の召人

▼ 位素振り~ (2, 0.0%)

2 などがいかにも

▼ 位経っ~ (2, 0.0%)

1 てからでした, て軒灯

▼ 位結構~ (2, 0.0%)

1 な事, な御

▼ 位置戸~ (2, 0.0%)

1 の刑罰, を負

▼ 位美事~ (2, 0.0%)

1 でありまた, な彫物

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 には快い, を離れず

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が沸き立つ, をドキドキ

▼ 位臨命終時不随者~ (2, 0.0%)

1 という, といふの

▼ 位自動車~ (2, 0.0%)

1 で馳, を使

▼ 位自慢~ (2, 0.0%)

1 してるだけ, にしてる

▼ 位自然~ (2, 0.0%)

1 の儘, を描く

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が変わっ, の浅黒い

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 がたま, 咲く霧

▼ 位花岡~ (2, 0.0%)

2 の家来

▼ 位芽出度~ (2, 0.0%)

2 い事

▼ 位苦し~ (2, 0.0%)

2 かつたか

▼ 位苦しい~ (2, 0.0%)

1 ものだった, ものは

▼ 位苦しかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たり痛かっ

▼ 位苦しん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で居ります

▼ 位苦しんだ~ (2, 0.0%)

1 か知れない, と思いなさる

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 位行っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, て駅継

▼ 位見た~ (2, 0.0%)

1 ことは, 人の

▼ 位見る~ (2, 0.0%)

1 からに小柄, ものも

▼ 位親しかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たの

▼ 位記者~ (2, 0.0%)

2 を置かなく

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 をし, をなさつ

▼ 位話し~ (2, 0.0%)

1 ても障る, て上げ

▼ 位講演~ (2, 0.0%)

1 すること, の上手

▼ 位豪い~ (2, 0.0%)

2 人は

▼ 位貧弱~ (2, 0.0%)

1 な生活, な馬

▼ 位貰っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ています

▼ 位費用~ (2, 0.0%)

1 がかかる, だおれ

▼ 位贅沢~ (2, 0.0%)

2 な暮し

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が早かっ, より大きい

▼ 位転換~ (2, 0.0%)

1 と儀式張った, や最終子音消失や

▼ 位載せ~ (2, 0.0%)

1 てテンピ, て貰える

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 やかし, やきました

▼ 位迄に~ (2, 0.0%)

1 堕ちて, 墮ち

▼ 位近い~ (2, 0.0%)

1 のでまことに, 曙町に

▼ 位追加~ (2, 0.0%)

2 されるだらうと

▼ 位這入っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居り居りした

▼ 位進んだ~ (2, 0.0%)

1 かはつ, か見たくなっ

▼ 位遅れ~ (2, 0.0%)

1 て出る, て居る

▼ 位遊ん~ (2, 0.0%)

1 でもい, で行った

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 ふの, ふ人

▼ 位遣る~ (2, 0.0%)

1 のです, んでしょう

▼ 位醒させる~ (2, 0.0%)

1 かゆ, かゆっくり

▼ 位醜く~ (2, 0.0%)

2 たれ下って

▼ 位重い~ (2, 0.0%)

1 ものであります, 懲罰が

▼ 位鋭い~ (2, 0.0%)

1 ものを, 鴉の

▼ 位附け~ (2, 0.0%)

1 て置こう, になる

▼ 位隔てなくし~ (2, 0.0%)

2 て呉れる

▼ 位~ (2, 0.0%)

2 つたらうと

▼ 位集っ~ (2, 0.0%)

1 てナムアミダ, て流行

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 の中, の結晶

▼ 位青く~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ 位非常~ (2, 0.0%)

1 に優れた, に神経質

▼ 位面白く~ (2, 0.0%)

1 ておかしい, ないこと

▼ 位食べる~ (2, 0.0%)

1 よ, んです

▼ 位飲む~ (2, 0.0%)

1 ことも, に優る

▼ 位飲ん~ (2, 0.0%)

1 でもそんなに, でやる

▼ 位高かっ~ (2, 0.0%)

1 たの, た丘

▼ 位高き~ (2, 0.0%)

1 を嘲, 装を

▼ 位高名~ (2, 0.0%)

1 な絵師, な繪師

▼ 位黄金~ (2, 0.0%)

2 が一山

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が高い, もちならないもの

▼ 位~ (2, 0.0%)

1 が上, をとるであろう

▼1* [2017件]

あくどく強くさうし, 位あさはかなものである, 位あそばされたのである, 位あちらにいる, 位あったらよかろうに, 位あつく頑丈に, 位あの御仏の, 位あまり賢こく, 位あやふやであるかと, 位あらあ受取れ, 位ありしといふところ, 位ありとあらゆる物品に, 位ありゃしないがね, 位あるいてあと, 位あるけに息, 位あるでせうね, 位あろう白い髯, 位あわてた様子を, 位いあせっていたらしい, 位いえらい人だ, 位いかも問題, 位いが塩加減だ, 位いきなり後ろから, 位いくら私が, 位いけすかねえところか, 位いけるな, 位いただけですがそれから, 位いったんだからね, 位いでなくてはならぬ, 位いなくちゃもの, 位いなもので三食とも, 位いなら一国民として, 位いののびやかさを以て, 位いはさような, 位いるだろうか, 位いろいろ恐しい, 位い与えられるべきだと思う, 位い怒る気に, 位い怖ろしいもの, 位い持出したところで, 位い書けるなら自分も, 位い眠ったか解らない, 位い経た紺サアジの, 位い調べた所ろが, 位うっちゃっている, 位うまくことが, 位うれしいかしれません, 位うれしかった, 位うれしくなって, 位えなのは珍, 位えな唐鍬滅多打つたこ, 位おいて来る, 位おおどかに往来, 位おしいか分らないけれ, 位おしよせてくる, 位おぞけをふるっ, 位おちてゐる, 位おどかして置け, 位おどろいたのを, 位おもしろくないこと, 位お世話になり, 位お互いを叱り合った, 位お前の腕, 位お前さんの事, 位お前様それでも感心, 位お父さんの性格, 位お腹が空い, 位かいたものだ, 位かかりまっしゃ, 位かかろうわい, 位かさむか一大事, 位かって冗談いいっ, 位かということを, 位かなとおもは, 位かなり逞ましい, 位かの女は, 位かばって呉れ, 位からだにこたえないよ, 位かわって来, 位かんしゃくが起り, 位かんたんな, 位がまんして, 位きいていらつ, 位きく薬が, 位きっと一遍に, 位きついところの, 位きつくまきつける, 位きはずかしかったが, 位きびしく仕込まれて, 位きまって進んだ, 位きゃ経たないんでしょ, 位きらひなものは, 位きり無し, 位きわめて景気よし, 位ぎこちなく自分自身, 位くうが他, 位くたびれると机, 位くだらないのでがっかり, 位くだるんだ, 位くやしければかかっ, 位くりかえし手に, 位くれたところで, 位くわしく書きしるした, 位ぐっしょり汗を, 位ぐらゐの値打はある, 位けち臭いもの, 位けれ共主従, 位こういう人が, 位こそまだ大, 位こたえたから今日, 位こちら様に害, 位こってりと厚化粧, 位ことも鮮やか, 位このごろじゃァおい, 位この世の幸福, 位こまやかな手紙, 位これから暮すこと, 位こんな日が, 位こんなにうまくて, 位ごうごうと鳴らして, 位ございますがきょう, 位さえ賜わる事, 位さし上げんと, 位さして問題に, 位さし上げませうか, 位させそれによって, 位させた勅令に, 位させるためです, 位さっと降って, 位さばけた画家の, 位さまざまなアンプル, 位されるのは, 位さんのお, 位ざぶざぶと酒が飲みたくなる, 位しかくつついて, 位しかし幾分の, 位しかたがどうも, 位しかともつて, 位しかの待遇を, 位しきゃア来ません, 位しずかに燈籠, 位しといてもええ, 位しますから気候, 位しゃれた題です, 位しらんかおを, 位じっと目に, 位じゃあつまり私, 位すぎて私, 位すさまじい早さである, 位すっかり休んで, 位すでに変遷し, 位すべき著述である, 位ずうずうしい女は, 位ずっとロオヌの, 位ずつね何時まで, 位ずつも掃除を, 位ずらりと枕頭に, 位えぜ, 位せる人口約, 位そいつを熱心, 位そういうつやを, 位そちらでも使っ, 位そのまま置くと, 位その他は, 位そら病気を, 位そりゃ好い柄, 位それから飼料を, 位それでもどうやら釜屋, 位それ等がほしかっ, 位そんなに有名だった, 位そんなにもう下の, 位ぞんざいな細工, 位たしかに宛名を, 位たたきのめし, 位たち升たか, 位たって帰っ, 位たって仕舞うの, 位たつた頃それまで, 位たつたらうか, 位たてば交代, 位たべてゐた, 位たべ通すのである, 位たまると大家, 位ためるのは, 位たやすく並べること, 位だかうして俺, 位だすぞ, 位だっさかいお金, 位だったではない, 位だったでしょうか, 位だつたかね, 位だの金だの, 位ちがう結果に, 位ちぢめればやれます, 位ちゃんと弁まえ, 位ちょうどそれは, 位ちょっとしたノートや, 位ぢゃ腹が癒えない, 位っていうんです, 位ついて居たつ, 位つがれて泡, 位つくかしれぬ, 位つくる余地は, 位つづいている, 位つて一寸書い, 位つまむだけだ, 位つまらなくモザイックの, 位つまり数字で, 位つめてもいいけれ, 位つよい作用を, 位つりあげるだろうがね, 位づうづうしい女はありやしない, 位づけが明らか, 位づけするのは, 位づけすれば自分, 位づつあつまつて橋の方, 位づつは泊つてゐたから, 位づつオルガンを弾く, 位づつ四丁目へ行つて見てくれ, 位づつ報告を持つ, 位づつ與吉の笊, 位づゝすかしてあるに過ぎぬので, 位づゝ怪我人參候故早朝參候而, 位づゝ效いて, 位づゝ水は高, 位づゝ用候よし云々, 位づゝ竹の皮包, 位てつ夜をつづけた, 位であったであろうか彩色, 位であったならなんとか家計, 位であったら大助かりです, 位であったらしいがたしか, 位でありましてなか, 位でありまするから一緒, 位でありませうが兎, 位であるされば聊か, 位でございましょうか, 位でございまするが其時, 位でございませうか, 位でしてね, 位でしかなかった, 位でしょう考えるとおどろかれます, 位ですつかり禿にな, 位でというお話でした, 位でなくっては不安心, 位ではと思っても, 位で延びた五分刈頭鉄縁の, 位としか見えないという, 位としてただ一人という, 位とともに皇后宮職は, 位とどけられるから, 位とどめてみた, 位とられたことは, 位とりすましていた, 位とれないものか, 位とれる仕事は, 位とを具えて, 位と共に寄宿舎へ, 位どうかなりますわね, 位どうぞと言, 位どこから手, 位どんなことされつ, 位ないってこと, 位なおすつもりで, 位なおったら働いていい, 位なくっちゃいけ, 位なければ足りない, 位なこた仕方あんめえな, 位なさるのです, 位など貰ひました, 位などでこの夫人, 位などと申すは, 位などというものも, 位などのそれとは, 位なども足りない若, 位なひこばえと, 位ならうといふ, 位ならせたらと思っ, 位ならべてある, 位ならほんたうに死んだ, 位ならやめても好い, 位ならわかる積りだ, 位なら仕ない方が, 位なら使わないと云っ, 位なら出さないで迷惑, 位なら出来るけれども水仕事, 位なら取つてくれるだらう, 位なら始めつから其方, 位なら定めて此上, 位なら差しあげますわ, 位なら成る程髪の毛も, 位なら手放してもよろし, 位なら手放しなさるンで, 位なら打たせられに行くで, 位なら捕れるだらうな, 位なら放しなさるンです, 位なら有るという, 位なら歩けますから是非模様, 位なら泊めてやっ, 位なら生ている, 位なら生きてる甲斐が, 位なら行かない方が, 位なら行けると思われる, 位なら見ない方が, 位なら覚えはある, 位なら返つて窮屈, 位なら頼むサ, 位なりきと云, 位なりし麦土佐にては, 位なるべし三束釣れ, 位なんだね, 位なんかがいりますか, 位なんぼ損だか, 位な弱り方を, 位な明かなことは, 位な見すぼらしい程度の, 位な診斷で, 位にあたり前の, 位における腰部の, 位にかけ上った, 位についてもなおこの, 位につけ奉らむと, 位にでも叙せて, 位にゃ食えそう, 位にや遣つて貰, 位にらみ合いをしたっ, 位にをられた, 位に対してだけは正面から, 位に対する不安を, 位に対すると殆ど子供らしい, 位に従って種々雑多, 位に迄引き上げた, 位下らなくて, 位ねばり気が, 位のこたあ知ってる, 位のちのこと, 位のてまえそのまま, 位のなま涼しい, 位のばかりだから, 位のみが自然の, 位のめらせながら, 位のり出せばよい, 位のろしのやう, 位のろのろした存在, 位はかばつても, 位はがれしやらはれのやつれ, 位はぎれ好く言つた, 位はよういでない, 位は種民天といふ種民天, 位ばかり高く位負け, 位ばかりの総監督, 位ばっかり高くて, 位ひされたつて何でも, 位ひだつた光子との二人姉妹, 位ひつかまへられ, 位ひつそりと守つて, 位ひですよ, 位ひで六つかしいとは, 位ひで小田原の家, 位ひで競馬騒ぎも打ち止め, 位ひで買つたもの, 位ひで震へてしまつ, 位ひどいのは, 位ひなものかを明, 位ひならあたしは競馬場, 位ひならほんとの田舎, 位ひなら今直ぐ帰つた, 位ひなら俺だつて, 位ひなら僕はお前, 位ひなら大丈夫だらう, 位ひなら家へお, 位ひなら書き悩む方, 位ひなら未完のそれでも, 位ひなら滝は安らか, 位ひなら猛烈な奴, 位ひなら芸者でも細君, 位ひなら買つて貰へる, 位ひな彼の落ちつき, 位ひやひやした, 位ひらしかつた, 位ひろい伝統的な, 位ひろ子の話, 位ひ倒れるかと思つたの, 位ひ持つてゐる, 位ひ掛けて寄, 位ひ来るのが, 位ひ歩くのは, 位ひ経つたら吹雪に, 位ひ見に行つたつて, 位ひ起すのが, 位ひ飲むことは, 位びゅうびゅうと擲ぐるの, 位びんびん弾き返すの, 位ぴつたりと来る感じ, 位ふだんの十足, 位ふだん用のメリンス, 位ふるえ出していた, 位ぶさまな, 位ぶつと力, 位ぶん撲られて, 位ほかそれの持つべき, 位ほか一緒に居なかった, 位ほか私の頭, 位ほてっている, 位ほどの妻であろう, 位ほんたうの, 位ほん俵の上, 位ぼんやりして, 位まあ細帯, 位まぎれ込むものです, 位まくって小便, 位まことに不景氣, 位ましだか, 位ましだか分らない, 位ますのでしょう, 位または第五位, 位まっさおでうす気味悪い, 位までずつうす赤いスタンド, 位までで買えます, 位まとまった気の, 位まとめるとさらに, 位まともな女, 位みっともなく唇は, 位みな上方を視る, 位みにくい容貌であり, 位みやびてさえ見える, 位むきになっ, 位むしろ当然であつ, 位むつかしい文章が, 位むろん徳川時代に, 位めしあがりますの, 位めったにない騒ぎ, 位もう一度箱が, 位もちたる人, 位もてるのに神, 位もらってるもので, 位やったけれど別れ, 位やつたさかいの, 位やらせるのである, 位やられるのでむっくり, 位やりかねねえ, 位やり兼ねない男で, 位やれますねそうして, 位やれるでしょうねそう, 位すこし極言, 位よきは包永, 位よく勇ましく転んだ者, 位よけいに売れる, 位よむまでもなく, 位よりは区別を, 位よわりきってしまいました, 位らくに出る, 位らしいわ, 位らしくそれだけ又, 位わかったので, 位わからあね, 位わからずやのしみつたれ, 位わからない筈は, 位わかり易い話は, 位わかるように, 位わるいたくらみに, 位われわれを飢, 位ゐある羽鶏頭が, 位ゐあるでせうに, 位ゐしたものな, 位ゐしたら似て来ます, 位ゐするものである, 位ゐたか又, 位ゐでいいで, 位ゐでしたが常々往来, 位ゐならもつと大きな, 位ゐなら泳げるのよ, 位ゐなら貸してやらう, 位ゐやりたかつたが何, 位ゐ出たつてこいつ, 位ゐ出来あがりましたの原型, 位ゐ出来たんだ, 位ゐ分るんだ, 位ゐ曲り曲つて汽車の, 位ゐ書いてほしい, 位ゐ書きたいこと, 位ゐ書けるなら自分も, 位ゐ泳げたらさぞ愉快, 位ゐ減りかたが, 位ゐ焚いたつて始末が, 位ゐ続いたかしら, 位ゐ肥えてゐた, 位ゐ行くわ, 位ゐ許してやれ, 位ゐ読みますわよ, 位ゐ遊んで行, 位ゐ離れて見る, 位ゐ飛べたか, 位ゐ飲むかと訊く, 位をも得せしめぬほどに, 位をもって優待しよう, 位アクドイ残酷な悪戯, 位アテにならない, 位アリアリとわかった, 位ア來あんすでア, 位ア来あんす, 位ウーリュンポスを降り, 位オセッカイな国, 位カンゴクにはいる, 位ガーンと淋しい, 位キレイになっ, 位クランクを廻し, 位グレシア人が狡猾, 位グングンと私, 位コンスタントな注意, 位サマロフを知つて, 位サラダ油に漬け, 位シインとなっ, 位シッカリして, 位シビレます, 位シヤルマンに出来, 位シンとし, 位ジーンと寂しい, 位スゴイ頭を持っ, 位ステキなもん, 位ストーブなら四十分間位, 位スフィンクスと馬鹿囃子, 位ズツ評定所ヘ出, 位セッセとお, 位ゼニが集まった, 位タタキ落せるべよ, 位ダカラ世間デ呉レナイモ尤モダト思ッタ, 位ダガトウトウキズモ直リ, 位チェックのスーツ, 位チベット国中へ入っ, 位チヨウクワしても, 位デッカイ事をしでかさん, 位ドエライモノスゴイものであった, 位ナカナカずるい, 位ニシテヤッタガ何ヲイウニモ借金ガ五千両バカリアル, 位ノロノロと馬鹿らしく, 位ハリキって来た, 位ハ幾度モ取ッタコトガアル, 位バタつかざるを, 位バターを沢山, 位ヒシヒシと心, 位ヒッソリとし, 位ヒドイ怨みであった事, 位ヒドイ霧だから, 位ピッタリした学説, 位ピンビタンの方, 位プロザイツクな文学論, 位プンプンしても, 位ヘデもない, 位ヘトヘトに疲れ, 位ペコでしたから, 位ペダンチックになる, 位ホレーシォ・ネルソン・レーという清国, 位ポカと喰ら, 位ポカリと大きく, 位ムキになれる, 位メチャクチャな発達, 位ヨリ以上ヲ望マズ, 位リアリスチックな生きもの, 位ワケのない, 位賜ワランコトヲ, 位ヴァイオリンが嫌い, 位一人は五十, 位一体教会の中, 位一体的に日本, 位一体祭までの間, 位一回ごとに三〇万枚, 位一固まりになった, 位一度血液に毒素, 位一手に引受け, 位一斤余あります, 位一方で強引, 位一気に徹夜し, 位一番下の二重丸, 位一緒にやつ, 位一般性に立っ, 位一體本地垂迹のやう, 位一體説であるが, 位一%を含む, 位丁寧なお辞儀, 位丁度よろしい, 位七八町の間, 位七十一歳で権中納言, 位は八尺位, 位三段にわけ, 位三百戸より従三位百戸, 位上げようかなどと言っ, 位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 位上丹比間人宿禰に従五位下, 位上京されその, 位上佐伯部三国に外従五位下, 位上侍従になっ, 位上六年には十一歳, 位上分別かわかりません, 位上勲二等の位勲, 位上宰相松平大隅守として何不足, 位上少将高家の筆頭, 位上岡本保晃というもの, 位上左近少将と肩書, 位上常陸大掾, 位上常陸平氏の祖, 位上平好風, 位上流へ鱸, 位上火男神従五位下火売神の二社, 位上等な品, 位上肥後守といっ, 位上達した, 位上駿河守になった, 位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 位下伯太椿社を出す, 位下侍従兼肥後守にせられ, 位下勲六等という位階勲等, 位下右大辨, 位下右京大夫となり, 位下右兵衛督へ任命, 位下図書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, 位下大夫判官とよばれる, 位下安房守となり, 位下少将まで進んだ, 位下尾張浜主といふ百十三歳, 位下左権中将になっ, 位下左近衛権中将の昇進, 位下常陸大掾, 位下常陸介朝宗どのに出, 位下弾正忠という微, 位下摂津守とある, 位下族を惟任, 位下朝臣の格, 位下権中将に昇す, 位下段より仕掛け隙, 位下火売神の二社, 位下筑前守であつ, 位下長田の祖, 位下高麗若光, 位不便である, 位不具な状態, 位不味いものは, 位不安になつ, 位不幸を背負っ, 位不意にヤッ, 位不消化物でも病人, 位不細工でもたとえば, 位不運な者, 位与えなければなりません, 位与るぞ, 位世の中に理窟, 位世界の学者, 位並んで歩ける, 位中央へ載せ, 位中学校があっ, 位中宮太夫となった, 位中将名古屋藩知事を仰せ付けられる, 位中将忠吉卿御代清洲朝日村柿屋喜左衛門祖父物語一名朝日物語に云う, 位中将納言朝散太夫, 位中将維盛の第, 位中将資盛を大将, 位中将資盛さまも宇治, 位中將知盛を初め, 位中將維盛年二十七歳壽永三年三月十八日和歌, 位中肉は少し, 位丸顏に黒味勝, 位久し振りで心, 位乗って来れ, 位乗り廻しても, 位乗れる位の, 位乘氣なので, 位乱暴になる, 位事件のこと, 位事務の過重負担, 位事物の本質, 位二人の間, 位二位を争う, 位二円組の方, 位二度までも口訳文, 位二本烟筒に二本檣, 位二条中将雅経朝臣に付し, 位へば金, 位云いわけに, 位云ったのかも, 位云わせれば沢山, 位云われて来ただろう, 位五月二十六日更任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 位交際の機会, 位京都へ出張, 位人家を懐しく, 位人影がちつとも, 位人民を踏みつけ, 位人氣があつ, 位人泣かせのもの, 位人身をきわめた, 位が好ましき, 位仕上げの美事, 位仕方がない, 位仕方あんめえ, 位の社員, 位他人にた, 位付けてやります, 位付けせし君, 位代表作として展覧, 位以前の俤, 位仮名が混, 位が好かつたら, 位仲店から傍, 位伊勢朝臣継子大同の末春宮, 位伊香保にゐる, 位休ませたつて何だ, 位休まるであろうかと, 位休みと, 位休むサ, 位はないだらう, 位会った事が, 位会読をする, 位ておれ, 位似つかわしい景色だった, 位似合うのには, 位位田八十町に対して食封, 位位田八町合計十町二段を給せられる, 位低めていた, 位住うには不足, 位住んで居る, 位住んだといふの, 位何うにでも致します, 位何とかなりそう, 位何処かで会っ, 位何年から何年位, 位何度も匂, 位何斛かの血, 位何時見ても, 位余分な卓子, 位作れたつけが, 位作れますか, 位作れるものか, 位作品をのこし, 位作家にとっては重大, 位作物が取れる, 位作者を見る, 位佳き抒情を, 位使ってゐる, 位使ったことの, 位使わなければなりません, 位使われるし更に, 位て又林, 位仁親王殿下ノ, 位侯爵の幇間, 位つめり, 位保子である, 位保存ておけます, 位修正されて, 位が言ったら, 位俺らげよこしたつて, 位個人として幸福, 位倒れで実力, 位倒れたってそんなに, 位候補者が出来, 位借りて別居, 位借りてるんだ, 位借金の下, 位が安かっ, 位はり心立, 位傾ける事も, 位僕等は小さ, 位僧都定暁, 位儲けさせるなと思ふ, 位先きの方で何, 位先例を示した, 位光つてゐる, 位入りは五分, 位入れたらば御飯, 位入れるのです, 位入れ十分間ばかり弱火, 位入れ墨がし, 位入道の青侍, 位入道船に移り, 位入院しなければ, 位き完成, 位八十戸に増額, 位八畳には六人, 位公爵殿宮忠純老元帥, 位六円の稿料, 位六百戸より従四位八十戸, 位共産主義のい, 位小さい手一つ, 位其の向う岸即ち, 位其中で何, 位其人に接し, 位其處らを駈, 位内侍局とかいう肩書, 位内心悲憤して, 位内部的にも充実, 位冬瓜を水, 位冴えに冴えた, 位冷淡を極めて, 位凄いか話し, 位准三后という身分, 位凍って居る, 位としてゐた, 位凝ってるんだ, 位凝然と静まり返っ, 位凡その見当, 位出させることは, 位出さねばならぬ, 位出せば買える, 位出せないかね, 位出世をする, 位出来たんや, 位出来ない事は, 位出来なくては可哀相, 位出来ましたが又, 位出来ませうよ, 位出来るなら達者に, 位出炭が遅滞, 位分かってるよ充分家, 位分るようである, 位分捕されて泣いた, 位切ってしまい, 位切つてそれだけでお, 位切れといえ, 位切腹するぜ, 位列んで出来得る, 位初陣の功名, 位別に珍らしい, 位別段腹も, 位別荘があっ, 位利けば百舌鳥位, 位利口な人, 位利用して, 位利益があつ, 位にし, 位刺激した音, 位前々から覚悟, 位前後に揺り動かされ, 位前進して, 位割切れない理窟通りに, 位割安なもの, 位創作的苦労を積まなけれ, 位力強く生命そのものを, 位加えますしレモン, 位助かったかしれません, 位助かるか知んねえ, 位を經, 位勇んで部屋, 位勇士になり得る, 位動いて危, 位動けたからこの, 位動揺極まりない作風, 位からはこれ, 位勝手な人, 位勝氣の女, 位よく大胆, 位勲一等井上勝君像とある, 位勲一等伯爵という顕爵, 位勲一等伯爵山県有朋を筆頭, 位勲三等前の軍医監, 位勲三等河野英臣の発議, 位勲五等大物忌神社飽海郡の山上, 位勲何等の局長閣下, 位勲四等に叙せられ, 位勲爵の制, 位勳五等にのぼり, 位れて, 位包むだものでございませう, 位によっ, 位区々としてゐる, 位医学博士正木敬之氏が溺死体, 位十分にけだる, 位十時二十分ハネ宿へ帰り, 位十時半まで快く, 位午後三時からの講義, 位南北は二丁以上, 位南北七八町位の小さな, 位南原杉子もうすうす, 位博雅卿が朱雀門, 位占むるはオヂュシュウス, 位印象が違う, 位卿たちは世阿弥, 位卿なに気なくふりかえった, 位卿七八間離れた所, 位卿主人顔して, 位卿以下夜にまぎれ, 位卿吾を忘れ, 位卿孫兵衛助太刀の湧井道太郎, 位卿恬然として控え, 位卿有村妥協が嫌い, 位卿有村扇子をとっ, 位卿歯ぎしりを噛まず, 位卿秘蔵の小鼓撫子, 位卿翡翠が魚, 位卿身を屈し, 位卿酒樽の鏡, 位卿重喜の前, 位厚いのなら, 位厚顏な奴, 位厚顔な奴, 位ん中, 位だか, 位参議徳川家康こそ恃, 位及び胎児の, 位友人を失ッ, 位反省して, 位取つてある, 位取れたのである, 位取んなさいよと歯がゆ, 位取出したところで, 位くべき歳, 位受けるか何, 位が曲っ, 位口養生さえすれ, 位古かった, 位古びていた, 位古風な外套, 位召上っても障り, 位可哀想でしょう, 位可愛がって, 位可愛いのよ, 位可笑しかつた, 位先輩や, 位に変動, 位合意の下, 位合点か, 位二年十二月十日従二位建保元年二月二十七日正二位この, 位同格の最高機関, 位名高かったの, 位吐いてもいい, 位向上し人類, 位は信じないだろう, 位呉れてやつ, 位呑んだかな, 位呑気な戦争, 位呟くくせが, 位はしい, 位呪わしいものは, 位呪文がつづき, 位の違う, 位鳴って, 位呼吸をせん, 位哀れんで居た, 位のよい, 位品数のすくない, 位品行がよろしゅう, 位啼き続けることだらう, 位啼くといふ御, 位善良な人間, 位喋つたかもしれない, 位喜ばれたか知れない, 位喪失の刑, 位喰いますとそれ, 位喰ふた御馳走の事, 位営利を離れ, 位を集める, 位器用でなければ, 位囚人に苦しい, 位四人は綾, 位四回戦は翌々日, 位四百十七の, 位困ったかは大凡, 位困ってるんでしょう, 位困るのじゃ, 位図太い奴ア無い, 位固くなって, 位國家を益, 位土地が高燥, 位土肥は従四位, 位徳之首, 位坐っていた, 位城内の防備, 位執念深いものらしい, 位執拗に, 位基親卿は深く, 位堂々たる大木, 位堅く締めて, 位堪へ難いか, 位場外に詰め, 位増すか勿論, 位増大するか, 位から姿, 位声帯の技巧, 位売出すかということ, 位変った茸が, 位変ることでしょう, 位なら一晝夜, 位夏季なら知らぬこと其他, 位夕刻の一番, 位へ出し, 位外交官が三分の一位, 位かつた, 位多い処へ, 位多量の岩石, 位夜六・八どまりの有様, 位大いなる美徳を, 位大きかつたん, 位大まかである, 位大丈夫です, 位大官の身分, 位大小無数の書物, 位大抵は分っ, 位大江維時の子, 位大目に見, 位大納言師長の女, 位大胆である, 位大胆不敵な奴, 位大道具と照明部, 位天上の分子, 位天下泰平な事, 位天恵に乏しい, 位天才的だつたかは, 位太つて東北の一隅, 位太政大臣を贈位贈官, 位夫婦仲の良い, 位失敗したって, 位失望仕様として居る, 位失格は彼, 位奇抜とは思ふ, 位奇観はありますまい, 位の間, 位女丈夫タコツボ村のクマさん, 位女公内侍より以下, 位女性に珍しい, 位女房へ出す, 位女王ハナマキ村のタケさん, 位さそうな, 位好い加減な大き, 位好人物という話, 位好評を博した, 位好都合に統一, 位如何にも楽しさうに, 位妨げられている, 位が出, 位委しく調べた統計表, 位嫉妬深い人, 位なもの, 位嬉しかった, 位嬢様別しての, 位子爵某と昨日今日墨黒, 位学んだ事が, 位学問したとて, 位学校がよく, 位学識があれ, 位學界に貢獻, 位んじ, 位安くっても早く, 位安っぽくなって, 位安静にし, 位官等級の差別, 位官高下を問わず, 位定家卿などと共に和歌所, 位宛表から借りる, 位宛金の有る, 位え機会, 位実地の参考, 位実現されるか, 位実験とはとんでもなく, 位があっ, 位室生犀星なりに出来上っ, 位家中の家族, 位家賃が高く, 位容易に彼, 位寄越さないもので, 位寒い北の方から, 位寒かった, 位寛大であった, 位ている, 位寝ない事が, 位に, 位寺田は向こう, 位寿子に熱中, 位専門家は誰, 位将棋は面白い, 位に成れた, 位尋常でなくこの, 位小便から水蒸気, 位小刑部大明神は姫路城内, 位小夜子が申し出し, 位小柄な華奢, 位小田切さんが詰らなく, 位小癪に障る, 位小禽共の声, 位小言云われても, 位小食でした, 位小高い松ヶ枝が, 位少ない者は, 位少将右中弁などが御前, 位少食だった, 位居たらほんとにどんな, 位居ないであらう, 位居りましたか, 位屈強な若者, 位します, 位山林へ逃込候, 位山田の知らない, 位山葵卸しで, 位と其, 位岩倉三位と大き, 位工合よくここ, 位左衛門督をかね, 位巧妙な行き届いた偉大, 位巨額の輸入超過, 位はある, 位差引く積りだ, 位差支へがなく, 位がどうか, 位市民と没交渉, 位に対抗, 位師匠の作, 位帰って来ません, 位常套手段は無い, 位が一寸, 位干物に不思議, 位平げる此処, 位平らなもの, 位平中に思はれた, 位平永衡に嫁, 位が行っ, 位年下かも知れない, 位年中忙しくって, 位について生き繁っ, 位幽かなり, 位幾分現界の, 位さ五六畳程の, 位広い地域である, 位広くそして張り出した, 位広告通り人間らしい何もの, 位床屋を呼び来り, 位強い頼もしい男, 位度胸をすえ, 位座り込んで居る, 位にとまつ, 位かつた, 位建ててもいい, 位建保元年二月二十七日正二位このころ, 位廻ろうという勢い, 位廻転するか, 位引かけた, 位引き締めていた, 位引っぱって手伝い, 位引つ掛けて直ぐ, 位引ツ掛り相なもの, 位引摺りこんだ本格的理學者たち, 位引用なさる本, 位引退を宣言, 位には従五位下, 位弥之助を魅惑, 位弱い火に, 位弱って来た, 位張合のない, 位強引にし, 位強烈なもの, 位弾けたかどう, 位弾けるように, 位弾力をもっ, 位当ったのでその, 位当てがはずれ, 位彫り損って何遍, 位彼方で食, 位彼等の前, 位往生すれば, 位待ったのよ, 位従ってそれら, 位従者が其墓, 位得る処が, 位從つて金錢を得ん, 位復讐心の強い, 位徳用な事, 位徹底して, 位心強いかわかりません, 位心悸が亢進, 位心細いものは, 位心臓を窺, 位がしがっ, 位快くなって, 位念仏が影響, 位怒りにはち切れ, 位怒鳴る巡査と, 位怖いものア無, 位思いつくと童心, 位思っていたら, 位思ひ出されなくても差支, 位急足で踏出す, 位急速に向上, 位性急な, 位怪しい人物は, 位怪しからん話は, 位恐らく夢の, 位恐ろしゅうなりましたので, 位恥ずかしいことは, 位恥辱な事, 位恬然として世話, 位悠々と支えられる, 位悩乱され衝動, 位好者な, 位悪かったてんで, 位悪評野に満ち, 位悪魔のよう, 位悲しかったので, 位悲しくなつて, 位悲惨なもの, 位情ないものは, 位情實といふやう, 位情熱を感じ, 位惟盛をつかわされた, 位意味の深い, 位意外な出来事, 位さる, 位愛すべき楽天主義者だつた, 位感動させられた事, 位感銘させられて, 位慣れ切った道に, 位慰められることで, 位張ってるん, 位慾張つてらつし, 位憎い賊徒である, 位憎むべき言葉が, 位値が, 位懸け離れた人間であった, 位成長したか, 位我国の政治界, 位我慢して, 位我慢しまさ, 位我輩が止めた, 位ということ, 位なども自分, 位房法印とかに諫め, 位所謂世間を狭め, 位手もとが苦し, 位手前の沢, 位手数の要った, 位手近な物, 位手間が省ける, 位才気煥発だったか, 位ん擲ら, 位打ち抜いた長方形の, 位打ち解けた間柄であった, 位打ち込んで有らん, 位打つても泣かない, 位払うか分らない, 位払つても可, 位扱つてみては, 位技術は拙く, 位り出す富豪, 位投棄しよう, 位折敷を取る, 位抜き払った大刀, 位抜けたところが, 位押し強く出なけれ, 位抽斗が重く, 位拍子に乗ずる, 位け出した, 位拙い英語とを, 位ってゆく, 位拭いたつて泥か, 位拵えてお, 位になろう, 位持ちますから世話, 位持つて来た, 位持つでしょうか, 位持續するの, 位按摩して, 位挑戦試合では折柄大患後, 位捕って喜んでる, 位捨てても関はん, 位掛かったようであった, 位掛かり御門を, 位掛かりましたね, 位掛かれば出来上がり, 位掛けられたからつて御苦労さん, 位掛けんことには, 位掛らねえじゃア, 位掛れば出来上がり, 位採り溜めていた, 位採れたが今, 位採れるんかね, 位探してもロケット, 位探してるか知れねえ, 位推定一尺長さ以上, 位つたら隨分樂, 位揉んだところで, 位描いたっていい, 位提げている, 位摂政関白太政大臣になった, 位擂鉢で擂っ, 位收入がある, 位といっ, 位改善されつつ, 位朝鮮人も, 位效果的だか, 位数多く舞台を, 位整った顔は, 位もなき, 位文化の多面さ, 位新しかつた, 位新しい東京気分を, 位新築せねば, 位新鮮なもの, 位施しをし, 位に七度, 位日々炉を囲ん, 位日光が溢れた, 位日本化して, 位日本料理に馴れ, 位日本画の運命, 位日辨日朗の弟子日像, 位旨いものは, 位早いと起床, 位明けなくったってい, 位明るいのかと, 位明神總大將殉死紀氏竹内越中守正四位惟, 位とはい, 位是位の物, 位時節は早く, 位晩年下らない作, 位晩餐会を開いたら, 位普通の人, 位普通二升五合位それに準じ, 位景色などというの, 位晴天が連續, 位晶子さんを可愛, 位晶子夫人が笑う, 位智慧があれ, 位暑い印象を, 位暮すか知らぬ, 位つて, 位曲っています, 位書けそうなれ, 位書けない位なら, 位書ける様に, 位書ければスランプ, 位最も高きもの年給三万四千マルク, 位最初から其の, 位最新の大, 位月隈なかりける夜革堂, 位つたらえ, 位有り難い貴い重宝な, 位有効であるかを, 位有声と有位無声, 位有村啓之助の言葉, 位有難かったこと, 位である緋, 位朝飯前だん, 位本気で親切, 位本道の関所, 位が付いてるだらう, 位杏桃が間, 位材料に不足, 位が出来た, 位来たのか, 位来るでせう, 位来客か外出, 位東洋人は嫌味, 位松陰神社吉田松陰なり, 位果報な人, 位が生えるです, 位柔らかに焼け, 位栃の木はつまり, 位根強いもので, 位桃割に結っ, 位桜色だったの, 位植字の形式, 位植物の種類, 位植福の事例, 位極りが悪く, 位極官である, 位極度に徹底, 位楽しみなこと, 位楽みなものはない, 位構わないだろうと思いまし, 位様天井や縁, 位に切れる, 位権中納言宗春と連れ, 位横顔の美しい, 位機微にふれた, 位機械の音, 位の垣, 位欠席して, 位を論ずれ, 位欲ばりなの, 位歓迎されるであろう, 位反對, 位正しい考えを, 位正常であるか, 位正確な知識, 位の小さい, 位此処にい, 位此所にはその, 位此手を切る, 位此男の代り, 位歩いたでしょうか, 位歩き廻っていた, 位どめ, 位歴々とあらゆる, 位歴史的に波瀾, 位死なうかと思, 位死んだことだろう, 位死刑に遇う, 位死後の時間, 位んど, 位殆ど壞れ, 位殆どそつくりその, 位殆ど天照といふ字, 位殊に桂木の, 位りの, 位殴ってやる, 位殴れば息, 位殺し兼ねませんよ, 位殺人の兇器, 位殿上役人などには白い細長, 位殿御苦労ながら, 位母親が頼り, 位毘沙門隣の春月, 位気づよい又心のどか, 位気ままに自分, 位気品のある, 位気性がさっぱり, 位気永に構えた, 位気軽な良寛, 位気長に煮る, 位氣性の烈しい, 位水色が悪かろ, 位汚い間借りで, 位汚れきつた, 位決定戦を挑み, 位沢山採集した, 位沢田ををしむだ, 位河内守たるにすぎない, 位治めるだらうね, 位治癒に貢献, 位況して維新政府は, 位泉石の名, 位泊めてもよい, 位法師は世, 位泡沫銭の儲かる, 位波瀾なき平和, 位て居る, 位泣いたか知れやしない, 位泣きたいやうな, 位注ぎせえすり, 位泳げるんだ, 位洗うのを, 位洗ったので, 位洗わんちゅう法が, 位流されたのか, 位流暢に云, 位流行るに違, 位浅葱は六位, 位浮き上がりそうな, 位浮く事が, 位浴びた筈だ, 位の中, 位海外で富, 位海岸の隱見, 位消えている, 位淋しさうな方だ, 位淡泊を極めて, 位深い木立に, 位深い恐ろしさを, 位深く鋭く全生存, 位深切を尽した, 位混むと乗客, 位という者, 位清浄であった, 位温柔しい女, 位湿気て居る, 位溌剌としてゐる, 位源公七生滅賊の四大字, 位源朝臣に仰せ, 位源氏は劇, 位女王モモシキ村の, 位つたん, 位溜ってき, 位溜めておい, 位滅多にない, 位滔々たるもの, 位演奏があっ, 位漠然として居る, 位澄み切った明け方です, 位澤山あるか, 位激しい感情の, 位為子の腹, 位為子みなこの世の人, 位為子腹の宗良親王, 位烈しく側切れを, 位爲を, 位無いと何となく, 位無き者が, 位無位併せて, 位無声とがあります, 位無愛想な野郎, 位焦燥を感じた, 位焼きますがレデーケーキ, 位焼粉の入る, 位かい, 位煩って亡くなった, 位煮ないと茶, 位煮ますが火, 位煮ると肉, 位熱いものを, 位燧岳の紅葉, 位と実力, 位の額, 位のわき, 位物價の比例, 位物哀れに見えた, 位物悲しく情けない事は, 位犠牲におし, 位犯罪人の数, 位狡くて図々しい, 位猛烈な割, 位猥褻のもの, 位猫ッ被りは, 位獲得のリーグ戦, 位の歌, 位らしくはっきり, 位珍重しながら, 位現象は一寸, 位に合わなかった, 位理屈のわからぬ, 位理窟のわかる, 位理解する, 位之丞, 位生き生きと感じ, 位生レモンか橙酢, 位生暖かくつていろんな, 位生活的なひと, 位用いて水, 位用いたとても六十五万石, 位田舎暮しをする, 位上げる材料, 位申したって無責任, 位申しましたらうね, 位申し訳がない, 位男の子らしくなりました, 位画道でも高く, 位番所で窮命, 位畫道でも高く, 位つてゐるであらう, 位異常な興奮, 位當時の私, 位うから, 位病人が尋ね, 位かあねえ, 位痛いものだ, 位痛くっても縮ん, 位痛みアダリンの, 位痛み疲れてゐ, 位痩せている, 位の出た, 位にさはる, 位発行して, 位発表したと, 位発達して, 位白く光って, 位も承知, 位百合子とともに暮した, 位百戸までの食封, 位的中したよう, 位的結合によってそこ, 位皆林檎を描いた, 位皆水です, 位皇太后宮大夫まで登った, 位の固い, 位盛大になる, 位監事に補せられ, 位を着け, 位直ってもまた, 位直径のある, 位相伝の私, 位相当の太夫, 位看板に格式格式, 位真にせまって, 位真情にあふれた, 位真摯なもの, 位真理でないもの, 位真面目で熱心, 位眠っていました, 位眠ったか, 位眠ったでしょうかふと, 位眠ったら眼も, 位眠つたか知らぬ, 位眩しかった, 位着れるのにさ, 位着手の億劫, 位睨み合ったままじっと, 位知つてらな, 位知らんで金, 位知り合っている, 位知的で活動的, 位知識を持った, 位知識階級の人, 位短い脚とを, 位短くすぎて, 位破って這入る, 位碁石は取られ, 位の前, 位確りして, 位確立して, 位神様の内容, 位神社を建て, 位神経過敏になる, 位祟られるかわからない, 位の対比, 位禿げて居よう, 位私達が苦労, 位御師匠さん, 位種々な時, 位稲荷だの八雲明神, 位稲荷大明神と書い, 位稼いで帰つて, 位積みそうし, 位積み重なっている, 位積んだ方が, 位積極化すれば, 位空いてしまった, 位空中襲撃をし, 位空想のつよい, 位穿ってあっ, 位つ込みたくなるだらうよ, 位突飛な対照, 位窃盗常習犯にとっては何, 位立ちこめてゐ, 位立往生したよう, 位立所にケロリ, 位端折つたかも知れない, 位の葉, 位竹串へさして, 位竹内某など云, 位ふ, 位笑いながら言いました, 位が雪華, 位等下し置かれ候, 位の通った, 位をあけ, 位範季卿という人, 位簡単明瞭な原則, 位は喰ろ, 位粗野で行儀, 位素晴しい大砲, 位ねて, 位細々しい事まで, 位細かいもので, 位細かく切って, 位細田氏は私, 位経ちますとそれ, 位経つたとき鼻唄が, 位経過して, 位結ぶ隙は, 位結搆なこと, 位絶えず洗つてゐなけれ, 位絶食しても, 位ちましたか, 位經つてから有島さん, 位經過した後, 位続いている, 位続くのは, 位続け得るかは自分, 位綿密な程度, 位総て現代の平凡者, 位も濃い, 位緑色の鮮, 位緻密な質, 位の太, 位へるやう, 位縮まったに違い, 位縹緻のい, 位繁っている, 位繁昌した, 位繰返さないと解らない, 位繰返すやうです, 位置かなきやなりません, 位置き子供は, 位置けますか, 位が寒く, 位い女, 位美しかった, 位美人に似つかわしい美しい, 位美味に飽い, 位がつて, 位義務教育が行われ, 位老けて見える, 位老けたような, 位のある, 位というよう, 位聞いていた, 位を出した, 位聴いてやめ, 位肉的だか, 位肉體の觸覺, 位へていら, 位肥っていられます, 位肥るのです, 位をもちあげ, 位肩身が広かっ, 位の高い, 位胸糞のわるい, 位脂肪分を持っ, 位からおなか, 位脚湯するなり, 位腑甲斐ないもの, 位が利く, 位が曲がった, 位の上, 位腹立たしく感じたか, 位烈度い, 位自信のある, 位自分自身を嫌悪, 位自分達の下らない, 位自惚れて勝手気まま, 位自然肥料を詰め, 位自由に注意, 位致しますこれからは, 位へる金, 位興奮したこと, 位舞台へ立つ, 位舞踏者なる位, 位につかう, 位船體は黒色, 位良い女でした, 位良人の内部, 位良心がチクチク, 位芸術上で悟り, 位芸術的に書き流され, 位苛酷な調べ方, 位若かった, 位若くなる, 位若くしてこの世を, 位んで生死, 位苦しくなって, 位苦しみたくないように, 位苦しむのは, 位苦味の交つた, 位苦心惨憺して, 位苦痛を感じ, 位茅葺の繕, 位を刈ります, 位荒したか知れた, 位荒っぽく働いたって, 位荒日がある, 位莫迦にされれ, 位莫迦げてゐる, 位菅原朝臣の霊魂, 位菅原道真朝臣之を奉ず, 位華々しい業績を, 位華氏の百五, 位萎れ込んでいる, 位付いて, 位落つけない, 位が茂っ, 位蒸してメリケン粉, 位蒸焼にする, 位蒼白い横顔だった, 位をし, 位蔵人という立派, 位樺色で, 位藝術家の意久地, 位藤原之有村, 位藪枯しの, 位虚栄を求める, 位を正しく, 位のおき, 位や蛙, 位の声, 位が飛沫, 位行者武松らしい凄味, 位衰弱して, 位袖口から覗い, 位被せたってそんな, 位複雑な, 位複雑多角形な人類生活, 位西光寺さんの御, 位西洋には稀, 位てゐ, 位見えるかも知れねえ, 位見たいわ, 位見なれぬ美しさ, 位見出さなかったのか, 位見当りそうな, 位見忘れる様に, 位見抜いて頼もしく, 位見物して, 位覚えて居, 位親しかつた, 位親しい風である, 位親しくなった, 位親子二人裸でこの, 位覬覦の念, 位観測が抜ける, 位覺束ない話, 位解って下さる, 位解らない本は, 位解る人でございます, 位ひかねない間柄, 位言いかねない間柄な, 位言つたつて駄目である, 位言つてやる方, 位言ッたッ, 位言葉に力, 位計画するだらうと, 位計画的にやれ, 位討論する用意, 位訪問と出かける, 位詰めにし, 位話上手になる, 位誘惑に負け, 位第十七, 位語ってみ, 位語られている, 位語り合いましたがこの, 位誠実な心, 位誠意のある, 位誤魔化されている, 位読みては最早, 位読むに過ぎない, 位誰人の所業, 位調達の必要, 位も心熱, 位警視庁が厳しく, 位象牙の木地一杯, 位財産土地を持つ, 位貧乏し何, 位貧困に陥っ, 位貯蓄して, 位貰うのであろう, 位貰えるかも知れない, 位貰ったのかしら, 位貰つて行くこと, 位貴いか, 位貴く姿うるわしく, 位貴ければこれ, 位貴重なもの, 位へると, 位買いたい絵の具や, 位買うてやっ, 位買ってくれます, 位買入れる熱心が, 位貸さないだらうか, 位りますね, 位資人の選限, 位資本主義社会の悪習, 位資盛や備中守師盛たち, 位賢明で強健, 位賣れ殘る, 位赤い古傷の, 位赤くなって, 位赤毛碧眼の子供, 位走つたか憶え, 位走ると海浜, 位起きてい, 位起き上っていい, 位足駄はい, 位りを, 位をまちがえた, 位路銀を遣っ, 位躍るような, 位の高下, 位身上潰れるつち挨拶, 位身長は三間余り, 位身體も心, 位軋っている, 位転寝をする, 位軽くはあつ, 位軽快な車, 位辛い金を, 位辛うどざいましたか, 位辞するものに, 位農村の窮乏, 位辷るんだ, 位込み入った各種の, 位迄は消極策で, 位近づいたのか, 位近代夫婦生活の新, 位返事にはかかる, 位迫害を受ける, 位退屈な日, 位途絶えてい, 位這入るそうだ, 位通ったんだろう, 位通る人にも, 位通盛薩摩の守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人, 位速くまわって, 位造るんでしょう, 位造作もない, 位逢うかも知れない, 位連つて並んだり, 位連れて行っ, 位連続して, 位進み居り役送, 位進むかということ, 位進展するか, 位進捗したかを, 位進歩し得るかと, 位遁げつちや, 位遅れたぼんぼんに, 位遅れるかを測っ, 位遊びに行く, 位遊んだつて何でも, 位遊雅が反問, 位運命のつながり, 位運転手風の好男子, 位過ぎた処は, 位過った処が, 位道俊といふ者, 位道徳的に不都合, 位道楽がなく, 位達者でしかも, 位違ってもここ, 位違ふか少し考へ, 位遠くても地下電車, 位の門, 位邸内にいた, 位郡国定村で, 位部屋の中, 位都合のいい, 位鄭寧過ぎた, 位鄭重に保護, 位に, 位からツ, 位酔つてしまつ, 位酬いられるであろうか, 位酷いものだ, 位醜い河童も, 位重きをなし, 位重大な任務, 位重太郎になり得る, 位重徳なぞは一度, 位野暮な容子, 位野陣見るよう, 位量感があり, 位金三さんの親切, 位釣れない奴が, 位鉄扇の方, 位銭勘定の高い, 位の前, 位さ一糎ほどの, 位長かった, 位をあけ, 位開いて単純, 位開化を鼻, 位間に合うかは未知数, 位関係したと, 位閨門のおさまっ, 位阿呆らしいもの, 位阿部や伴, 位を定める如き, 位降っても今日, 位降りられた頃, 位陰欝なもの, 位って他, 位随筆が沢山, 位って居りました, 位隔たつてゐる, 位隔てなくした, 位隙だらけになっ, 位隠れた処罰されない, 位の方言, 位集つて来て, 位雑報を書く, 位雜報を書く, 位離れたらうと思つて, 位離れる程度に, 位難有迷惑な事, 位電車で自動車, 位は怪しく, 位露骨につと, 位青ざめて見えた, 位靜肅である, 位非凡な胃袋, 位の皮, 位面倒なこと, 位を立て, 位音樂における私, 位響いて来た, 位頑丈な普請, 位頭髪は真白, 位でも縊, 位頼理卿三十三同従三位, 位つて, 位があれ, 位風情のある, 位飛び上がった感じの, 位飛び出ている, 位飛ぶそうだ, 位飛べたか, 位飛んだかしら, 位飛沫を散らし, 位はせるとこ, 位食いますって言う, 位食べなければ承知せん位, 位食事はしない, 位食物を喫する, 位飢える修養が, 位の食えない, 位飯田軍造天狗軍中強豪を以て聞えた, 位飲まして返す, 位飲ませて貰, 位饒舌れるよう, 位でも牛, 位馬専門の人, 位馬鹿に生みつけ, 位馬鹿らしいような, 位馬鹿馬鹿しい話は, 位騒ぐ奴等だ, 位驚いたでしよう, 位驚き続けたことであろう, 位驚くほど生彩, 位高みに出来, 位高価な物, 位高尚で玄妙, 位高麗若光, 位髭久しぶりでしたね, 位にし, 位を奪われた, 位魅力ある海, 位の育ち, 位の鮮饌, 位の法律, 位の, 位麻積王の子, 位黒くなつた頭部, 位黒ちゃんを見舞っ, 位をとつ