青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「佃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伴~ 伸ばし~ ~伸び 伸び~ ~伸子 伸子~ ~似 似~ ~似た 似た~
佃~
但し~ ~位 位~ ~位置 位置~ ~低い 低い~ ~低く 低く~ 住~

「佃~」 1116, 12ppm, 9101位

▼ 佃~ (283, 25.4%)

8 伸子の 4 伸子を 3 伸子が

2 [17件] いそいで, そこに, そのよう, 何か, 何を, 例の, 彼の, 彼女を, 曖昧に, 机の, 椅子の, 気を, 腕組みを, 自分の, 落着い, 赤坂に, 黙って

1 [234件] ああやっ, あすこの, あまり自信, あわてて, いいと, いい工合, いい思いつき, いた, おかっぱ, からりと, ぐるりぐるり自分, この法律, しかしどう, しかし黙り込ん, じき壁の, すぐ彼女, すっかり悄, そういう多, そういう夜, そうなる, そこを, その人, その手元, その本, その点, その間に, それが, それの, それは, それを, たださえ, だんだん鋏, つや子や, どうするだろう, どこまでも, どっちにでも, どんな心持, なお手, なぜか, のろのろ眼球, はたはた網の, ひどく散文的, ほとんど一日, また伸子, また少量, まだ定, まだ庭, まっすぐ横田, まるで伸子, もういなかった, もう一度押しつける, もう本, もう灯, もう自分, もちろん読んだ, やがて心づい, やがて見舞う, やさしくくりかえした, やはり沈黙, やはり聖書, やや暫く沈黙, よろめくよう, ホテルの, 一寸間誤ついた, 一層疑わし, 一旦辞退, 一眠り熟睡した, 一箇処を, 一緒に, 丁寧に, 万事事情を, 三度目の, 上り框に, 上着だけ, 不快な, 不意な, 不興げに, 事務的な, 二つの, 二人の, 井戸の, 亢奮し, 今, 今数百哩離れた, 今日伸子が, 今朝から, 仕方ない, 伸子に, 伸子にとって, 佃で, 佃として, 低いこれ, 低く傷, 体の, 何と変, 依然として見た, 信州の, 先庭へ, 先達て佐々から, 全身の, 出勤し始めた, 別に感情, 到頭動かなかった, 力強く否定, 勤めに, 勤め先から, 勿論断る, 半ば夢中であった, 単純に, 却って前, 厭な, 去年往来を, 反感を, 同意も, 和一郎に, 和一郎にまで, 咎めるよう, 喰いつくよう, 四月早々, 固くなっ, 土蔵前の, 外套の, 夜よく, 大学へ, 大学正門前へ, 如何にも伸子, 官能の, 家の, 屡々その, 山高帽の, 岡本の, 常識から, 平常着に, 弁疎, 引ったくっ, 当惑し, 彼と, 彼らにとって, 彼らの, 彼一流の, 彼女の, 心配し, 念を, 手許の, 打たれたよう, 折れて, 指を, 捕えたその, 改めて初め, 旅行に, 時々伸子, 暫く黙っ, 最初から, 本を, 本気な, 東京へ, 案内を, 案外そう, 案外真面目, 椅子に, 業を, 横田の, 歎息する, 正面を, 歩調を, 毎晩伸子の, 毎朝大学へか, 毒々しい顔付, 決して迷惑, 沈黙で, 深く椅子, 満足そうに, 激しい言葉, 無関係だ, 無骨に, 熱心な, 珍しそう, 生れて, 生活の, 男で, 異常に, 疑わしげ, 痛いほど, 白い枕, 皿を, 目明しの, 眉を, 眉毛の, 真蒼, 眠って, 着換え, 着物を, 知らなかった, 神経の, 紐育の, 細かに, 結婚という, 総毛立ったよう, 老父に, 考えて, 考え深, 職業を, 職業紹介所を, 脇の下へ, 脚に, 自信ある, 自分からは, 自分が, 自分で, 自分に, 自分にとって, 興に, 興味も, 苦しい蛾, 蒲団から, 蒼白な, 訳も, 話下手であった, 起きて, 躊躇する, 近所の, 近頃の, 返事の, 迷惑そうであった, 迷惑らしく, 部屋に, 長く伸子, 長年アメリカの, 間もなく薬品類, 関係の, 電話箱の, 頬桁でも, 頭を, 顔を

▼ 佃~ (204, 18.3%)

4 言葉を, 顔を 3 ところへ, 心の, 老父は, 腕を

2 [16件] ことに, ところから, 云うこと, 声が, 姿が, 家の, 家へ, 家を, 方から, 方が, 方の, 方へ, 方を, 生涯は, 親方が, 返事は

1 [152件] あたりまで, あたりを, あとに, いう意味, いつも伸子, うちに, うちの, おふくろにまで, ぎごちない, ことで, こととを, ことを, さっくりしない心持, そのいい, そのよう, その言葉, ために, ところで, ものであった, わざと低めた, わたし場から, アメリカ時代からの, ズボンの, ハガキを, 上に, 下宿から, 下顎, 二本の, 云う言葉, 亡くなったしらせ, 仕事が, 住んで, 住吉の, 住居の, 体に, 何だか恩恵的, 信用は, 健康は, 側に, 側に対して, 再び懐疑的, 凡庸さに, 出店を, 勤め先に, 友人たちが, 友人を, 受けるだろう同情, 古くさい黒い山高帽, 名が, 名に, 名を, 名誉の, 名跡を, 喧嘩ごしな, 執って, 声にも, 夢を, 夫としての, 妻であった, 妻として, 姿は, 姿を, 姿美しかっ, 存在が, 家から, 家からは, 家が, 家へは, 家までは, 専門の, 岸の, 帆柱が, 幸福の, 幸福は, 床の, 強情そうに, 彫りの, 後を, 心持は, 性格を, 性質と, 性質との, 意見は, 態度に, 態度には, 態度に対する, 所有品と, 手に, 批評であった, 承諾を, 掴みを, 方で, 方に, 方は, 方まで, 旅費に, 暖かい心, 月給に, 服装を, 本籍地の, 来るかも, 枕の, 横顔に, 沖の, 注意の, 渡しなり, 渡し場に, 渡場に, 父親が, 生家へ, 生活目標は, 生真面目な, 病気が, 病気について, 皆に, 皮膚の, 着く朝, 着こんだ厚い, 着物であった, 知らない会社, 知らぬ人, 答えが, 細かいあら, 老年の, 老父が, 者で, 背中を, 膝に, 芦の, 苦痛が, 蒼めな, 行状を, 見舞に, 親しい友人, 言葉の, 誠意にさえ, 赤裸な, 踏んで, 身の上について, 身持の, 返答は, 返答を, 部屋の, 隣りに, 頭を, 頸に, 顔が, 顔の, 顔色が, 魂は, 魂へ, 黒い制服

▼ 佃~ (125, 11.2%)

6 入って 2 ここへ, 伸子の, 来て, 死んだ, 自分で, 自分の, 血を, 訊ねた

1 [103件] あまり暇つぶし, あらわれは, きいても, けげんそうに, こちらの, この微妙, さりげなく, しきりにまた, したこと, しようと, せわしなく重ね, そこの, そのとき, その人, その印刷物, そんな長時間, そんな風, たった一度, ちっともしん, どういう性格, どんな動機, なぜ直接自分, もう先, もとから, よいわるいは, ニューヨークで, 一般に, 万々一, 三十五歳で, 云った, 云って, 亡くなったしらせ, 亡くなったと, 伸子より, 伸子を, 何か, 何とか面倒, 何を, 傍から, 働いて, 儀式張って, 入院し, 勤め先から, 協議離婚を, 即座に, 壁に, 壁貼り, 妻である, 家に, 少し工合, 崩れた小, 市の, 帰って, 帰らないうち, 帰るの, 帰朝し, 床についてから, 弦の, 彼女から, 彼女の, 急に, 恐るべき敵, 悪いとばかり, 悪い良人, 手や, 手間を, 抑揚を, 指図した, 数日中に, 文面を, 本当に読む, 来た知らせ, 次の, 正直であった, 歯の, 氣が, 求めるよう, 溜息と, 無断で, 現れた, 病気で, 皆に, 目を, 着物を, 神経質な, 立ちかけて, 立って, 結核で, 縁側に, 腹立たしくなり, 自分にとって, 自然に, 若し強く, 誰かから, 貧しく社会的背景, 足繁く, 躊躇した, 部屋から, 重い筆, 関西方面に, 隠して, 露骨に, 顔を

▼ 佃~ (81, 7.3%)

8 結婚した 7 結婚し 4 自分との 2 わかれてから, 三人で, 暮して, 結婚する, 自分の, 離婚した

1 [50件] ああいう, いいあらそった, すんで, わかれ作品, わかれ長い, ミセス・フロラ・シドニスという, 一緒に, 並んで, 二人で, 会わなかった, 伸子との, 伸子とを, 伸子に, 伸子は, 公然と, 別れて, 別れなければ, 同じこと, 同じ倶楽部, 同じ学校, 呼び捨てる母, 四ヵ月の, 夫婦生活が, 婚約した, 川崎が, 彼の, 恋愛した, 暮すよう, 最後の, 朝子が, 東郷という, 殆ど形, 母とは, 狭く暮し, 生活した, 生活する, 生活できない, 移った, 結婚しよう, 結婚すれ, 織田と, 自分とが, 自分に, 自分達二人の, 誰かを, 赤坂に, 那須へ, 降りた時, 離婚しよう, 離婚する

▼ 佃~ (57, 5.1%)

4 向って 3 云った 2 訊いた

1 [48件] いた魚屋, いる時分, かかる新月, この懐疑, しろ時, せっついた, それが, そんな好意, なついて, ぶちまけて, よい感じ, 一言も, 与えられた信用状, 今受けた, 会いたく涙, 会い彼, 会うまでは, 会って, 出会ったこと, 協力する, 厄介を, 友達と, 反感が, 同情し, 同情すべきである, 向けた, 向った, 向っての, 引き立てられるよう, 念を, 意地わるい, 手紙を, 旨を, 疚しい打算, 笑いながら, 答えず伸子, 紹介した, 腕を, 自分に対する, 行届いた看護, 見えるだろうが, 話した, 話したとき, 説明した, 謝れるわけ, 送った, 送った手紙, 連れられて

▼ 佃さん~ (53, 4.7%)

3 という人 2 にお, は

1 [46件] かえ, があなた, がおいで, がお前, が人, が何, が子種, が話しました, だろう, て, てひと, です, とは十五, と大変, と御, と私, と話した, なんかどんな, にいろいろ, には早め, には私, にもいろいろ, にもお, にもした, にも上げる, に暗々, に来, のお, のする, の意見, はいた, はご, はどう, はどこ, は今, は以前高崎さん, は佃さん, は親御, は顔色, は駄目, もいい, もそう, を御, を愛し, を説明役, 御自身

▼ 佃~ (53, 4.7%)

2 にすん, の家, の手前, の砂

1 [45件] から, からは大変, から渡舟, が三角洲, では出入り, で私, と月島, にいた, には先生, に住ん, に同じ, に津波, に講釈場, の, のよう, の住吉神社, の図, の夜景銅版画, の小さな, の川寄り, の庭, の弁天様, の彼方, の東, の河沿, の海水館, の漁夫, の相生橋畔, の眺望, の者, の船宿, の閑居, の間, は一間, へお, へかへる, へむかう, へ徒刑, へ渡る, へ遁げ, もすっかり, も岸, を加賀藩, を雲, 近きところ

▼ 佃~ (48, 4.3%)

3 見た 2 入籍させる, 思うと

1 [41件] きっと幸福, さして漕ぐ, つきはなそうと, のこして, 不信と, 今度は, 佐, 佐々に, 呼んで, 嚇すまね, 夫と, 嫌悪した, 尊敬し, 巻き込むの, 思い浮ばせも, 恨んだり, 愛して, 我ものに, 打ちのめしたかった, 抱きしめた, 拒絶しかねた, 捕えると, 敬愛し, 断念させたい, 最も幸福, 案内し, 正面から, 母に, 気の毒に, 無理やり引きずり下した, 焦点と, 知って, 見たこと, 見つつ, 見上げた, 見出そうと, 誘った, 説きつけて, 迎えに, 風呂場へ, 養子に

▼ 佃との~ (41, 3.7%)

5 生活が, 生活に 4 間に 2 生活の

1 [25件] いきさつを, ことに, ことにつき, 交渉が, 別れは, 問答を, 家庭にも, 家庭生活で, 恋愛は, 気持の, 生活から, 生活で, 生活を, 生活紛糾の, 破局的な, 破綻が, 紛糾に, 結婚は, 結婚生活が, 結婚生活に, 繋りが, 苦しい生活, 苦しい葛藤, 間にあったすべて, 関係で

▼ 佃~ (28, 2.5%)

1 [28件] いそが, いて, うけないでいい, ぐうたら自分も, ここへ, こちらを, そう分れ, そこに, そのよう, それが, それと, そんな乙, 丁寧な, 万一運命, 上ったん, 伸子も, 内心では, 同じ考え, 同様の, 大丸に, 女主人公の, 手を, 承知する, 未だそれ, 立ち止まり伸子, 老人も, 釣られて, 頭を

▼ 佃から~ (14, 1.3%)

1 [14件] はなさせた, 会社へ, 伸子が, 出た渡船, 動坂に, 去ること, 奪い去ってでも, 帰京する, 感じたの, 来るあさり, 来る刺戟, 盆を, 電話が, 電話で

▼ 佃という~ (11, 1.0%)

1 [11件] のは, ひとの, ものが, アメリカごろつきと, 人に, 人は, 人間を, 同心に, 東洋語を, 男が, 男自分と

▼ 佃に対して~ (8, 0.7%)

2 伸子は 1 どう出, 何かの, 変ったもの, 多計代, 混り, 自分が

▼ 佃~ (7, 0.6%)

1 が亡くなった, が来る, と婚約, には先, は一種, は偽善者, は大分船

▼ 佃とは~ (4, 0.4%)

1 いろいろの, すぐ話, 別な, 図書館を

▼ 佃に対する~ (4, 0.4%)

1 小さな感謝, 心持より, 憎悪と, 母の

▼ 佃~ (3, 0.3%)

1 いるより, 結構よ, 育って

▼ 佃一人~ (3, 0.3%)

1 が屡々, が揃わない, に費

▼ 佃三弥~ (3, 0.3%)

1 が叫んだ, と連れ立ち, に指揮

▼ 佃~ (3, 0.3%)

1 のはずれ, よ八幡様, を知っ

▼ 佃~ (3, 0.3%)

2 の船 1 と山岸組

▼ 佃育ち~ (3, 0.3%)

2 の白魚さ 1 の白魚

▼ 佃さんあなた~ (2, 0.2%)

1 の御, もお

▼ 佃そっくり~ (2, 0.2%)

1 の外套, の横顔

▼ 佃とが~ (2, 0.2%)

1 睦じ, 話して

▼ 佃として~ (2, 0.2%)

1 かかれて, 生きる場所

▼ 佃には~ (2, 0.2%)

1 伸子の, 佃の

▼ 佃にも~ (2, 0.2%)

1 いろいろ理窟, 同じ渡し

▼ 佃~ (2, 0.2%)

1 伸子についての, 動坂の

▼ 佃より~ (2, 0.2%)

1 再び血族, 弟を

▼ 佃~ (2, 0.2%)

1 とはなれる, についても夢想

▼1* [59件]

からでもあたしの, 佃くる者も, 佃ぐるみ自分の家, 佃この関係から, 佃さえ颯爽と, 佃さん嫉妬がある, 佃さん沈黙も場合, 佃さん腹んなか, 佃さん自分じゃ出入り, 佃しかなかった, 佃からと云う, 佃だけと思えなかった, 佃だってわたしと, 佃であって見れ, 佃でない誰が, 佃でなく佃の, 佃での大店, 佃ではなかった, 佃でも憎らしく感じるだろう, 佃といた上今日招かれた, 佃とか何とか云う, 佃とこそ生活出来なかった, 佃とて木の, 佃とも恋愛し, 佃とを支配した, 佃なしでは, 佃なんかとは比べものに, 佃にたいして抱く苦し, 佃にたいする最後の, 佃にとって自分が, 佃にとっても伸子にとっても, 佃に関して口は, 佃行って, 佃また伸子に対して, 佃みたいな奴, 佃らしい横顔に, 佃故に河, 佃一予氏勝田主計氏正岡子規氏などである, 佃一郎という姓名, 佃久太夫山岸三十郎の二人, 佃と呼び捨てる, 佃信夫中村弼杉山茂丸等数十名の同志, 佃君歓迎の意, 佃品川の海, 佃夕方帰るの, 佃島のは達者, 佃島全体でで, 佃島心中などに捏ね上げ, 佃島深川万年橋本所竪川同じく本所五ツ目羅漢寺, 佃島石川島に燃え移り, 佃島石川島月島の一大島, 佃島西の上総澪, 佃島鉄砲洲にかけての風景, 佃政一家の客分, 佃教授並に夫人, 佃杢氏であった, 佃を唄い, 佃自分佐々の両親, 佃高蔵からはもし